JP2003530280A - Automatic lock and automatic release connector group for connecting two members at least one of which has an undercut hole - Google Patents

Automatic lock and automatic release connector group for connecting two members at least one of which has an undercut hole

Info

Publication number
JP2003530280A
JP2003530280A JP2001574467A JP2001574467A JP2003530280A JP 2003530280 A JP2003530280 A JP 2003530280A JP 2001574467 A JP2001574467 A JP 2001574467A JP 2001574467 A JP2001574467 A JP 2001574467A JP 2003530280 A JP2003530280 A JP 2003530280A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
housing
locking
connector
members
lock
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001574467A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ノイフィンゲール,ホルスト
Original Assignee
ノイフィンゲール,ホルスト
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE10017236.9 priority Critical
Priority to DE2000117236 priority patent/DE10017236C2/en
Priority to DE10032566.1 priority
Priority to DE10032566A priority patent/DE10032566A1/en
Application filed by ノイフィンゲール,ホルスト filed Critical ノイフィンゲール,ホルスト
Priority to PCT/EP2001/003967 priority patent/WO2001076980A1/en
Publication of JP2003530280A publication Critical patent/JP2003530280A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D90/00Component parts, details or accessories for large containers
    • B65D90/0006Coupling devices between containers, e.g. ISO-containers
    • B65D90/0013Twist lock

Abstract

(57)【要約】 本発明は、少なくとも一方がコネクタ群を部分案内する孔を有し、好ましくは海上輸送コンテナである2つの部材を連結する自動ロック及び自動解除コネクタ群に関する。前記群は、ハウジング(2)と、解除位置と最接近位置の間を前後に移動可能な少なくとも1つのロック部材(170)と、部材の1つに固定されるハウジングに移動可能に取り付けられるストップ部材と、互いに固定される部材の相対移動時に、解除位置において、他の部材の孔に挿入されるロック部材とを有している。ストップ部材は、部材の更なる相対移動時に、他の部材によってハウジングに対して相対的に移動し、ロック部材を解除位置からロック位置に移動させる。ロック位置では、ロック部材が縦孔内のアンダーカットと係合し、2つの部材がロックされる。群は、更に、ロック部材が所定レベル以上の加速を受け、及び/または停止位置から移動する時に、ロック部材(170)がロック位置から、ロックされている2つの部材を分離する解除位置に移動するのを阻止するロック装置(182)を有している。 (57) Summary The present invention relates to a group of self-locking and self-releasing connectors which have two holes, at least one of which partially guides a group of connectors, and which connects two members which are preferably marine transport containers. The group includes a housing (2), at least one locking member (170) movable back and forth between a release position and a closest position, and a stop movably mounted on a housing secured to one of the members. It has a member and a lock member inserted into a hole of another member at the release position when the members fixed to each other move relative to each other. The stop member is moved relative to the housing by another member during further relative movement of the member, and moves the lock member from the release position to the lock position. In the locked position, the locking member engages the undercut in the vertical hole and the two members are locked. The group further moves the locking member (170) from the locked position to an unlocked position that separates the two locked members when the locking member undergoes acceleration above a predetermined level and / or moves from a stopped position. A locking device (182) for preventing locking.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention
【0001】[0001]
【発明の属する技術分野】TECHNICAL FIELD OF THE INVENTION
本発明は、少なくとも一方がコネクタ群を部分挿入または案内する(partial
insertion or introduction)アンダーカットホール(undercut hole)を有し、
好ましくは海上輸送コンテナのコーナー取付部(corner fitting)である2つの
部材を連結する自動ロック及び自動解除コネクタ群(self locking and self
releasing connector group)に関する。
The present invention provides at least one partial insertion or guiding of the connectors.
insertion or introduction) has an undercut hole,
A self-locking and self-locking connector group that connects two members, preferably the corner fittings of a shipping container.
release connector group).
【0002】[0002]
【従来の技術】[Prior art]
海上輸送コンテナは、いくつか積み重ねて船で輸送される。コンテナが航海中
にずれないようにするためには、コンテナを互いに確実に固定しなければならな
い。この点で、コネクタ群は、コンテナの中空コーナー取付部に取り付けられ、
他のコンテナの上に積み重ねたコンテナの横滑りや外れを防ぐ。このようなコネ
クタ群は、コンテナの荷卸の際に手動で解除しなければならないように構成され
ている。例えば、コーナー取付部の縦孔に挿通されたハンマーヘッドを、ハンマ
ーヘッドが、縦穴を下把持しなくなり、クレーンによるコンテナの持ち上げ移動
ができるようにコンテナを解除するまで回転させる。このような手動での部材群
の解除は、コンテナが最高10個まで積み重ねられため面倒であるとともに、船
のデッキ上に詰めて積み重ねられているコンテナ間の高所でコンテナを取り扱う
ため危険である。
Sea shipping containers are stacked and shipped by ship. To prevent the containers from slipping during the voyage, the containers must be securely fixed to each other. At this point, the connectors are attached to the hollow corner mounts of the container,
Prevents side-by-side slippage and dislodgement of stacked containers on top of other containers. Such a connector group is configured to be manually released when unloading the container. For example, the hammer head inserted through the vertical hole of the corner mounting portion is rotated until the hammer head does not grasp the vertical hole downward and the container is released so that the crane can lift and move the container. Such manual release of the member group is troublesome because a maximum of 10 containers are stacked, and it is dangerous because the containers are handled at a high place between the containers stacked and stacked on the deck of the ship. .
【0003】 DE4307781C2は、前記した問題を解決するように設計されたコンテ
ナ連結装置を提案している。このコンテナ連結装置は、貫通口を有し、いくつか
のハウジング部材からなるハウジングを備えている。この場合、ロックボルトが
貫通口に回転可能に取り付けられている。貫通口のハウジングの外側の端部には
、コンテナのコーナー取付部内で、ロック位置と解除位置間を交互に移動可能な
非対称横ロックが設けられている。ロックボルトは、船が横方向に傾いた時には
、積み重ねられているコンテナを互いに固定するために両コーナー取付部を下把
持するロック位置を取り、船がまっすぐに立った状態で航行中は、コンテナを外
すためにコンテナを他方から解除する解除状態を取るように、ハウジング部材内
の傾斜路に沿って移動可能なボール上に取り付けられている。
DE 4307781C2 proposes a container coupling device designed to solve the problems mentioned above. This container connecting device has a housing having a through hole and consisting of several housing members. In this case, the lock bolt is rotatably attached to the through hole. An asymmetric lateral lock is provided at the outer end of the housing of the through-hole, which is movable in the corner mounting portion of the container alternately between a locked position and a released position. The lock bolt takes a locking position that holds both corner mounting parts downward to fix the stacked containers to each other when the ship is tilted in the lateral direction. Mounted on a ball movable along a ramp in the housing member so as to assume an unlocked condition which unlocks the container from the other to disengage.
【0004】[0004]
【特許文献1】 西独国特許第4307781号明細書[Patent Document 1]           West German Patent No. 4307781
【0005】[0005]
【発明が解決しようとする課題】[Problems to be Solved by the Invention]
この従来の連結装置の特徴は、他にコンテナの確実な対向保持を保証するもの
がないため、船の揺動が比較的長い場合であっても、船の揺動時に高い感度で船
の揺動に必ず追従するために、ロックボルトは、並外れて安定しており、十分に
任に堪え得るものでなくてはならないことである。 本発明は、多種多様の状況において設置することができ、また、前記した問題
が生じない自動ロック及び自動解除コネクタ群を提供するという課題に対する解
決策を提供する。
The other characteristic of this conventional coupling device is that there is no other thing that guarantees reliable holding of the container facing each other, so even if the rocking of the ship is relatively long, the rocking of the ship is highly sensitive when the ship rocks. In order to keep up with the movement, the lock bolt must be exceptionally stable and fully durable. The present invention provides a solution to the problem of providing a self-locking and self-releasing connector group that can be installed in a wide variety of situations and that does not suffer from the aforementioned problems.
【0006】[0006]
【課題を解決するための手段】[Means for Solving the Problems]
この課題は、主要クレームの特徴によって満たされる。 本発明の部材群では、ロック部材は、重力、場合によっては慣性によってロッ
ク位置に移動するだけでなく、例えば、海上輸送コンテナ等の互いの方向に移動
する相互連結部材によって発生される大きな力で自身が移動する衝撃部材によっ
て積極的に移動する。このようにして、部材群は、しっかりと確実にコネクタ群
の構成要素を相互に連結する。 更に、ロック部材は、例えば船の揺動やローリング時等にコネクタ群が垂直位
置から移動する毎には移動しない。このように、長期の運転適応性が有利に作用
する。ロック装置には、ロック部材がロック位置から移動することを積極的に阻
止することができる組織的部材群が形成されている。これによって、コネクタ群
の機能的信頼性が増し、ロック装置は、外側に対してしっかり密封され、大きな
力がかからず、敏感に反応するように形成され、かつ、外部からの様々な作用に
対して各装置をロックすることができる。 従属クレームは、本発明のコネクタ群の有利な実施の形態や更に別の構成に関
するものであり、その利点は以下の記載で明らかとなる。 本発明は、様々な状況において設けることができる。少なくとも一方がアンダ
ーカットホールを有する2つの部材は、一方の部材が他方に移動する時にのみ自
動的に相互連結され、かつ、コネクタ群を手動操作することなく解除可能である
。この解除は、少なくとも1つのコネクタ群の部材の荷重及び/又は動きに関す
る所定の状態が満たされた時にのみ可能である。 本発明は、積み重ねたコンテナの対向固定に適しているばかりでなく、保持具
や建築要素等の適宜の穴を設けた他の部材を有する鉄道車両や荷台等で相互に連
結される隣接配置されたコンテナにも適している。
This task is met by the features of the main claim. In the group of members of the present invention, the locking members not only move to the locked position due to gravity, and possibly inertia, but also with a large force generated by the interconnecting members that move towards each other, such as a sea shipping container. It moves positively by the moving impact member itself. In this way, the member groups firmly and securely interconnect the components of the connector group. Further, the lock member does not move each time the connector group moves from the vertical position, for example, when the ship swings or rolls. In this way, long-term driving adaptability is beneficial. The locking device is formed with a group of structural members that can positively prevent the locking member from moving from the locked position. As a result, the functional reliability of the connector group is increased, the locking device is tightly sealed to the outside, is formed so as not to exert a large force, is sensitive, and is protected from various external effects. In contrast, each device can be locked. The dependent claims relate to advantageous embodiments and further configurations of the inventive connector group, the advantages of which will become apparent in the following description. The present invention can be provided in various situations. Two members, at least one of which has an undercut hole, are automatically interconnected only when one member moves to the other and can be released without manual manipulation of the connector group. This release is possible only when a predetermined condition for loading and / or movement of the members of the at least one connector group has been fulfilled. INDUSTRIAL APPLICABILITY The present invention is not only suitable for facing and fixing stacked containers, but also adjacently arranged to be interconnected with each other by a rail vehicle, a cargo bed, or the like having other members provided with appropriate holes such as holders and building elements. It is also suitable for containers.
【0007】[0007]
【発明の実施の形態】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
図1に示されているように、コネクタ群は、上端部3とフランジ4を有するハウ
ジング2を備えている。ハンマーヘッド6が、上端部3から延出している。タペ
ット状のストップ部材8が、ハウジング本体の下端部から延出している。ハンド
グリップ10が、フランジから延出している。11は、ボルトである。12は、
貫通孔であり、以下に詳述されているロックスライド14が移動可能である。 図2は、図1に正面図が示されているコネクタ群の側面図である。図から分か
るように、ハンマーヘッド6のヘッド14は、円環状ではなく、側面のディメン
ジョンより正面のディメンジョンがより大きい。
As shown in FIG. 1, the connector group includes a housing 2 having an upper end portion 3 and a flange 4. A hammer head 6 extends from the upper end portion 3. A tappet-shaped stop member 8 extends from the lower end of the housing body. The handgrip 10 extends from the flange. 11 is a bolt. 12 is
A through hole, through which the lock slide 14, which will be described in detail below, is movable. FIG. 2 is a side view of the connector group whose front view is shown in FIG. As can be seen, the head 14 of the hammerhead 6 is not annular and has a larger front dimension than side dimensions.
【0008】 ハウジング2は、下部シェル(lower shell)16(図3)と上部シェル(upper
shell)18(図4)により組み立てられる。 ハウジングを組み立てるには、上部シェル18を、紙面上で180度反時計方
向に回転させ、下部シェル16上にセットする。そして、両シェル内の対応する
孔に嵌まっているボルト11を螺合させることによって、両シェルが連結される
The housing 2 includes a lower shell 16 (FIG. 3) and an upper shell (upper shell).
shell) 18 (FIG. 4). To assemble the housing, the upper shell 18 is rotated 180 degrees counterclockwise on the page and set on the lower shell 16. Then, the two shells are connected by screwing the bolts 11 fitted into the corresponding holes in the two shells.
【0009】 シェル16及び18によって、上部空洞部20と内側空間部21が形成される
。ハンマーヘッド6は、上部空洞部20に移動可能に収容されており、フランジ
22によって、誤って外れないように、外形ロック方法(contoured Locking m
anner)及び保持方法(retaining manner)を用いて収容されている。バネ24は
、所定のロック位置にハンマーヘッド6を付勢する。ハンドグリップ10(図1
及び2)は、図示されていないショルダー部が貫通チャンネル26内に延出し、
プッシュプルケーブル(図示されていない)を介してフランジ22に連結されて
いる。これにより、ハンドグリップ10を引っ張ることによって、ハンマーヘッ
ド6は、バネ24の付勢力に抗して、ロック位置から解除位置まで回転可能であ
る。ハンドグリップ10を解除すると、ハンマーヘッド6は、ロック位置に戻る
The shells 16 and 18 form an upper cavity portion 20 and an inner space portion 21. The hammer head 6 is movably accommodated in the upper cavity portion 20 and has a contoured locking method (contoured locking) to prevent accidental disengagement by the flange 22.
anner) and a retaining manner. The spring 24 biases the hammer head 6 to a predetermined lock position. Handgrip 10 (Fig. 1
And 2), a shoulder portion (not shown) extends into the through channel 26,
It is connected to the flange 22 via a push-pull cable (not shown). Accordingly, by pulling the hand grip 10, the hammer head 6 can rotate from the lock position to the release position against the biasing force of the spring 24. When the handgrip 10 is released, the hammerhead 6 returns to the locked position.
【0010】 図3及び4から更に分かるように、図示の例では、上部シェル18の貫通口1
2に対応する下部シェル16の貫通口30は、組立てたられたハウジングにおい
て、両貫通口12と30が重ならず、ハウジング中央部に対して鏡像対象(mille
r-image symmetry)となるように配置されている。
As can be seen further from FIGS. 3 and 4, in the illustrated example, the through-hole 1 of the upper shell 18
The through-hole 30 of the lower shell 16 corresponding to No. 2 does not overlap the through-holes 12 and 30 in the assembled housing, and is a mirror image of the center of the housing.
r-image symmetry).
【0011】 図5は、左側半分に、図3のV−V面に沿った、下部シェル16の縦断面図を
示し、右側半分に、図4のV−V面に沿った、上部シェル18の縦断面図を示し
ている。図から分かるように、貫通口12と30は、同じ高さの所に配置されて
いる。更に、ボルト11(図1)を挿通するためにハウジングの両シェルに形成
された孔31が図5に示されている。
FIG. 5 shows, in the left half, a longitudinal sectional view of the lower shell 16 along the plane VV in FIG. 3, and in the right half, the upper shell 18 along the plane VV in FIG. FIG. As can be seen, the through holes 12 and 30 are arranged at the same height. Further, holes 31 formed in both shells of the housing for inserting the bolts 11 (FIG. 1) are shown in FIG.
【0012】 図7は、コネクタ群全体の斜視図であり、図示されているコネクタ群の貫通口
12は、図4のように丸みがなく、完全に直角である。 図6は、ハウジング2の内側空間部21に収容されるコネクタ群の3つの構成
要素を示している。
FIG. 7 is a perspective view of the entire connector group, and the through hole 12 of the illustrated connector group is not rounded as in FIG. 4 and is completely right angled. FIG. 6 shows three components of the connector group housed in the inner space portion 21 of the housing 2.
【0013】 ブリッジ型のスプレッド部材(bridge-typed spread component)32は、水
平シャンク(horizontal shank)34を有している。水平シャンク34からは、
180度対向して配置され、それぞれ上部に傾斜面38と凸部40が形成されて
いる2つのスプレッド片(spread piece)38が、外方に延出している。シャン
ク34から、タペット状のストップ部材8(tappet-like stop element)(図1
)が下方に延出している。 対応するロックスライド13(図1)(一方のみが示されている)は、傾斜面
46とガイド部材48を有し、各スプレッド片の傾斜面38と協働する。 更に、ハウジング52を有するロック装置50が設けられている。ロック装置
50には、バンド54が巻き付けられるシャフト(図10)が取り付けられてい
る。シャフトの回転は、図6のロック機構(図示されていない)によって阻止す
ることができる。
The bridge-typed spread component 32 has a horizontal shank 34. From the horizontal shank 34,
Two spread pieces 38, which are arranged to face each other by 180 degrees and each have an inclined surface 38 and a convex portion 40 formed on the upper portion thereof, extend outward. From the shank 34, a tappet-like stop element 8 (Fig. 1
) Extends downward. The corresponding locking slide 13 (FIG. 1) (only one shown) has a ramp 46 and a guide member 48 for cooperating with the ramp 38 of each spread piece. Furthermore, a locking device 50 having a housing 52 is provided. A shaft (FIG. 10) around which the band 54 is wound is attached to the locking device 50. Rotation of the shaft can be prevented by the locking mechanism of Figure 6 (not shown).
【0014】 完全なコネクタ群を形成するために、図示されている構成要素を組み立てる方
法は以下のとおりである。 まず、バネ24が付勢係合されたハンマーヘッド6が、下部シェル16の空洞
部20内に配置される。そして、ハンドグリップ10が、図示されていない連結
部を介してフランジ22に係合される。その後、スプレッド部材32が、ストッ
プ部材8が凹部または孔56(図3及び4)を介して下部シェル16の外側で下
方に延出するように、下部シェル16内に配置される。この状態で、バネ56(
図8)が、シャンク34と下部シェル16または後で組み付けられるハウジング
との間に配置される。その後、一方のロックスライド13が、貫通口30内に延
出するように、下部シェル16内に配置される。この状態で、バネ59(図8)
が、ロックスライド13のガイド部材48と下部シェル16との間に取り付けら
れる。更に、ロック装置50が、ハウジング52内、例えば、下部シェル16内
の対応する凹部(図示されていない)内に、固定配置される。そして、バンド5
4が、58(図6)の箇所でシャンク34に固定される。次に、他方のロックス
ライドが、他方のロックスライドのガイド部材と上部シェル18との間に別のバ
ネ59(図示されていない)を取り付けることによって、上部シェル18の貫通
孔30に挿入される。その後、上部シェル18が下部シェル16上に配置され、
ボルト12の螺合によってハウジング2が固定されて、完成状態となる。
The method of assembling the illustrated components to form the complete connector group is as follows. First, the hammer head 6 to which the spring 24 is biased and engaged is placed in the cavity 20 of the lower shell 16. Then, the handgrip 10 is engaged with the flange 22 via a connecting portion (not shown). The spread member 32 is then placed in the lower shell 16 such that the stop member 8 extends downwardly outside the lower shell 16 via the recess or hole 56 (FIGS. 3 and 4). In this state, the spring 56 (
FIG. 8) is arranged between the shank 34 and the lower shell 16 or a housing to be assembled later. Then, one lock slide 13 is arranged in the lower shell 16 so as to extend into the through hole 30. In this state, the spring 59 (Fig. 8)
Are mounted between the guide member 48 of the lock slide 13 and the lower shell 16. Furthermore, the locking device 50 is fixedly arranged in the housing 52, for example in a corresponding recess (not shown) in the lower shell 16. And band 5
4 is fixed to the shank 34 at 58 (FIG. 6). The other lock slide is then inserted into the through hole 30 of the upper shell 18 by attaching another spring 59 (not shown) between the guide member of the other lock slide and the upper shell 18. . Then, the upper shell 18 is placed on the lower shell 16,
The housing 2 is fixed by screwing the bolts 12 into a completed state.
【0015】 バネ59と56の力は、ロックスライド13が協働するバネの付勢作用によっ
て内側空間部21内に移動し、バネ56の圧力に打ち勝って、スプレッド部材3
2がハウジング床部に到達するまでスプレッド部材32を外側に押すように、互
いに相対的に設定される。構成要素の寸法は、ストップ部材8がハウジング2か
ら最大限下方に突出した最も深い位置に移動した時に、ロックスライド13が貫
通口12、30から突出しないように設定されている。この状態のコネクタ群が
、図8に示されている。図8では、ロックスライド13は、傾斜面38上の最大
内方位置に配置され、ハウジング2の外側に突出していない。図8から分かるよ
うに、磁石60が、ストップ部材8の下方後面に設けられている。全ての可動部
材が、ハウジング2の対応するガイド面によって確実に移動可能に案内される。
The force of the springs 59 and 56 is moved into the inner space 21 by the biasing action of the spring with which the lock slide 13 cooperates, overcomes the pressure of the spring 56, and spreads 3
Set relative to each other so as to push the spread members 32 outward until the two reach the housing floor. The dimensions of the constituent elements are set so that the lock slide 13 does not project from the through holes 12 and 30 when the stop member 8 moves to the deepest position where the stop member 8 projects downward from the housing 2 to the maximum extent. The connector group in this state is shown in FIG. In FIG. 8, the lock slide 13 is arranged at the maximum inward position on the inclined surface 38 and does not project to the outside of the housing 2. As can be seen from FIG. 8, a magnet 60 is provided on the lower rear surface of the stop member 8. All movable members are guided movably in a reliable manner by the corresponding guide surfaces of the housing 2.
【0016】 コネクタ群の機能を以下に説明する。 ハマーヘッド6は、ハンドグリップ10を用いて、図8に示すロック位置から
解除位置まで90度回転される。次に、ハンマーヘッドは、コーナー取付部64
の下面の縦孔66に挿入され、フランジ4がコーナー取付部64の下面に係合す
るまでコーナー取付部64の内部に挿入される。このようにして、ハウジング2
の端部3は、縦孔66内に延出し、ハウジング2を回転しないように固定する。
その後、ハンドグリップ10が解除されると、ハンマーヘッド6は、バネ24の
付勢作用によって、図8に示したロック位置まで回転する。ロック位置では、ハ
ンマーヘッドが縦孔66を下把持し、コネクタ群がコーナー取付部64または対
応するコンテナ(container)をロックする。
The function of the connector group will be described below. The hummer head 6 is rotated 90 degrees from the locked position to the unlocked position shown in FIG. 8 by using the hand grip 10. Next, the hammer head is attached to the corner mounting portion 64.
Is inserted into the vertical hole 66 on the lower surface of the corner mounting portion 64, and is inserted into the corner mounting portion 64 until the flange 4 engages with the lower surface of the corner mounting portion 64. In this way, the housing 2
End 3 extends into the vertical hole 66 and fixes the housing 2 against rotation.
After that, when the hand grip 10 is released, the hammer head 6 is rotated to the lock position shown in FIG. 8 by the urging action of the spring 24. In the locked position, the hammerhead grabs down the vertical hole 66 and the connector group locks the corner mount 64 or corresponding container.
【0017】 このコンテナまたはコーナー取付部64が、例えばクレーンによって、下部コ
ンテナ(lower container)または下部コンテナの上部コーナー取付部(upper co
rner fitting)68の方に下降すると、ハウジング2は、コーナー取付部68の
縦孔70を介してコーナー取付部68内に移動可能である。この移動または上部
コンテナの下降により、ストップ部材8は、コーナー取付部68の床部72上の
位置に到達する。ハウジング2が更に下降すると、ストップ部材8がハウジング
2内に押し込まれ、スプレッド部材32がハウジング2に対してハウジングの上
方に押される。これによって、バンド54は、ハウジング52内で巻き上げられ
、固定維持される。
This container or corner mount 64 may be provided, for example, by a crane, in a lower container or an upper corner mount of the lower container.
When the housing 2 is lowered toward the rner fitting 68, the housing 2 can move into the corner mounting portion 68 through the vertical hole 70 of the corner mounting portion 68. By this movement or the lowering of the upper container, the stop member 8 reaches the position on the floor 72 of the corner attachment portion 68. When the housing 2 is further lowered, the stop member 8 is pushed into the housing 2 and the spread member 32 is pushed above the housing with respect to the housing 2. As a result, the band 54 is rolled up in the housing 52 and is fixedly maintained.
【0018】 ロックスライド13は、上面が貫通口12、30の上縁部と係合しているため
、この上方への移動には追従できない。ロックスライド32は、最終的に図9に
示されている外部ロック位置に延出するまで、傾斜面38及び46の位置を介し
て、図8に示されている内部停止位置(inner rest position)から外方向にバ
ネ59の力に抗して押されて、貫通口12及び30から外方向に突出する。この
ロック位置では、ロックスライドは、ハウジング2から突出し、縦孔70を下把
持する。この位置では、図9に示されているように、フランジ4が下部コーナー
取付部68に押し付けられ、上部コーナー取付部64または協働するコンテナは
、下部コーナー取付部68または協働する下部コンテナから延出しているフラン
ジ4によって係合される。図10は、図9に示されている配列を、垂直軸に対し
て90度回転させた状態を示している。
Since the upper surface of the lock slide 13 is engaged with the upper edge portions of the through holes 12 and 30, the lock slide 13 cannot follow the upward movement. The lock slide 32, through the position of the ramps 38 and 46, finally reaches the inner rest position shown in FIG. 8 until it finally extends into the outer lock position shown in FIG. Is pushed outward from the spring 59 against the force of the spring 59 and projects outward from the through holes 12 and 30. In this lock position, the lock slide projects from the housing 2 and holds the vertical hole 70 downward. In this position, the flange 4 is pressed against the lower corner mount 68 and the upper corner mount 64 or cooperating container is moved from the lower corner mount 68 or cooperating lower container, as shown in FIG. It is engaged by the extending flange 4. FIG. 10 shows the arrangement shown in FIG. 9 rotated 90 degrees with respect to the vertical axis.
【0019】 対向するコンテナ間の側方移動は、ハウジング2と縦孔66及び70との形状
ロック係合(form-locking engagement)のため不可能である。 船上でコンテナを積み重ねる場合には、ロック装置50による、コーナー取付
部、したがってコンテナの、垂直方向における反対方向への解除に対する保護も
生じる。
Lateral movement between opposing containers is not possible due to the form-locking engagement between the housing 2 and the longitudinal holes 66 and 70. If the containers are stacked on board, there is also protection provided by the locking device 50 against unlocking the corner mounts and thus the containers in the opposite vertical direction.
【0020】 図11に、ロック装置50の構造または構成を例示している。シャフト76を
巻上げ方向に付勢するために、図示されていないバネがハウジング52内に設け
られている。シャフト76は、バンド54を巻き付けるように作動する。シャフ
ト76は、側面に、周縁部に歯形構造80が形成されているディスク76を有し
ている。ブロックタペット82は、歯形構造に隣接するハウジング内を可動案内
される。ブロックタペット82はレバー84に、レバー84はハウジング52に
取り付けられているレバー86に順に連結されている。慣性体88は、レバー8
5と86の間の接続箇所に設けられ、バネ92及び94で吊るされている。慣性
体88の下方への移動は、ストッパー96によって規制されている。
FIG. 11 illustrates the structure or configuration of the lock device 50. A spring (not shown) is provided in the housing 52 to bias the shaft 76 in the winding direction. The shaft 76 operates to wind the band 54. The shaft 76 has, on its side surface, a disk 76 having a toothed structure 80 formed on a peripheral portion thereof. The block tappet 82 is movably guided in the housing adjacent to the toothed structure. The block tappet 82 is connected to a lever 84, and the lever 84 is connected to a lever 86 attached to the housing 52 in order. Inertia 88 is lever 8
It is provided at the connection between 5 and 86 and is suspended by springs 92 and 94. The downward movement of the inertial body 88 is restricted by the stopper 96.
【0021】 前記した装置の機能を以下に説明する。 シャフト76が時計方向に回転するように付勢されるため、バンド54は常時
伸張状態に維持される。通常、シャフト76が回転可能であり、シャフト76が
時計方向に回転することで、スプレッド部材32とハウジング52との間の間隔
の拡大が可能である。この装置に作用する重力が下がった場合、例えば、船が波
の谷に突っ込んだ場合には、慣性体88は、バネ92及び94の作用によって、
平衡位置から外方向に移動する。これによって、レバー84と86間の角度が増
大し、ブロックタペット82が左方向に移動して歯形構造80内に突出し、バン
ド54が伸張する方向へのシャフトの回転が阻止される。通常またはそれ以上の
重力がかかった時には、シャフト76は、再度自由に回転可能である。
The function of the above-mentioned device will be described below. Since the shaft 76 is biased to rotate in the clockwise direction, the band 54 is always kept in the stretched state. Normally, the shaft 76 is rotatable, and the shaft 76 is rotated clockwise, so that the distance between the spread member 32 and the housing 52 can be increased. When the gravity acting on this device is reduced, for example when the ship plunges into a wave trough, the inertial body 88 is acted upon by the action of springs 92 and 94.
Move outward from the equilibrium position. This increases the angle between the levers 84 and 86 and causes the block tappet 82 to move to the left and project into the toothed structure 80, preventing rotation of the shaft in the direction in which the band 54 extends. When normal or greater gravity is exerted, shaft 76 is free to rotate again.
【0022】 コネクタ群に取り付けられるロック装置50は、以下のように機能する。 図8に示した位置を参照して、例えば、船が波の谷に突っ込んだ場合、上部コ
ーナー取付部64または上部コンテナが、下部コーナー取付部68から離れよう
とすることが想定される。この時、慣性体88は、重力の低下の影響を受けるた
め、バンド54の伸張が阻止される。ロックスライド13とコーナー取付部68
の内部上面との間に遊びが生じる結果、コネクタ群が上方に上がると、バンド5
4は、磁石60とコーナー取付部の床部72との間の保持力に打ち勝って、スプ
レッド部材62を上方に上げる。これによって、ロックスライド13が図示の位
置に保持され、コネクタ群の下部コーナー取付部68からの解除が阻止される。
このようにして、コンテナは、船が激しく移動した場合にも、他のコンテナに確
実に相互連結される。
The lock device 50 attached to the connector group functions as follows. With reference to the position shown in FIG. 8, it is envisioned that, for example, when a ship plunges into a wave trough, the upper corner mount 64 or upper container will tend to move away from the lower corner mount 68. At this time, the inertial body 88 is affected by the decrease in gravity, so that the extension of the band 54 is prevented. Lock slide 13 and corner mount 68
As a result of the play between the inner upper surface of the
4 overcomes the holding force between the magnet 60 and the floor portion 72 of the corner mounting portion to raise the spread member 62 upward. As a result, the lock slide 13 is held at the position shown in the figure, and the connector group is prevented from being released from the lower corner mounting portion 68.
In this way, the container is reliably interconnected with other containers, even in the case of heavy vessel movements.
【0023】 反対に、上部コーナー取付部64または協働するコンテナが、例えば、クレー
ンによって上方に持ち上げられた場合には、低下した重力は慣性体88に作用し
ない。これにより、バンド54が自由にシャフトから巻き出される。コネクタ群
が上動すると、ストップ部材42が、磁石60の電磁保持力により、床部72と
の係合が維持され、スプレッド部材32はハウジング2に対して下方に移動する
。これにより、ロックスライド54は、バネ59の作用によって内側に押され、
図7に示す、コーナー取付部68から外すためにコネクタ群を解除する位置に移
動する。スプレッド部材32がハウジング2の下端部に係合すると、ストップ部
材8は、自身を床部72から解除する。磁石60によって、ハウジング2の上動
時に、ストップ部材8は、最初はコーナー取付部68の床部72への係合が確実
に維持される。これによって、スプレッド部材32がハウジング2に対して確実
に外側に移動し、ロックスライド13が確実に内部の解除位置に戻る。
Conversely, if the upper corner mount 64 or cooperating container is lifted up, for example by a crane, the reduced gravity does not act on the inertial body 88. As a result, the band 54 is freely unwound from the shaft. When the connector group moves upward, the stop member 42 is maintained in engagement with the floor 72 by the electromagnetic holding force of the magnet 60, and the spread member 32 moves downward with respect to the housing 2. As a result, the lock slide 54 is pushed inward by the action of the spring 59,
The connector group is moved to a position shown in FIG. When the spread member 32 engages the lower end of the housing 2, the stop member 8 releases itself from the floor 72. The magnets 60 ensure that the stop member 8 initially remains engaged with the floor 72 of the corner mount 68 when the housing 2 is moving upwards. This ensures that the spread member 32 moves outward relative to the housing 2 and the lock slide 13 reliably returns to the internal release position.
【0024】 ロックスライド44を離すための個々の構成要素と傾斜面38及び46の寸法
は、ロックスライド13の上面とコーナー取付部68(図9)との間の間隔が最
小値となるように、相対的に設定される。この間隔aは、コネクタ群の挿入時に
は、ロックスライドがコーナー取付部68の内部に位置する時、ロックスライド
13がまずハウジングから縦孔70内の下把持位置に移動することができ、ハウ
ジング2が更に下方に移動する時に、コーナー取付部68の床部72との係合に
よってストップ部材8が上方に移動し、その後、ロックスライドが外側に移動す
るように決定される。
The dimensions of the individual components for releasing the lock slide 44 and the ramps 38 and 46 are such that the spacing between the top surface of the lock slide 13 and the corner mount 68 (FIG. 9) is minimal. , Relatively set. When the lock slide is located inside the corner mounting portion 68 when the connector group is inserted, the gap a can move the lock slide 13 from the housing to the lower grip position in the vertical hole 70 first, so that the housing 2 moves. When moving further downward, it is determined that the stop member 8 moves upward due to the engagement of the corner mounting portion 68 with the floor portion 72, and then the lock slide moves outward.
【0025】 図12及び13には、解除位置およびロック位置におけるコネクタ群の実施の
形態が示されている。ここで、前記した実施の形態との相違点を説明するためだ
けの目的で、図に参照番号が記載されている。ロックスライド13は、前記した
実施の形態の傾斜面に比べて大きい傾斜面が上面に設けられている。
12 and 13 show an embodiment of the connector group in the released position and the locked position. Here, reference numerals are described in the drawings only for the purpose of explaining the difference from the above-described embodiment. The lock slide 13 is provided with an inclined surface which is larger than the inclined surface of the above-described embodiment on the upper surface.
【0026】 同じように、貫通孔12及び30は、ロックスライドを上面及び下面に沿って
常に案内するように構成される必要はない。このように、ロックスライド13の
常時非障害案内(constant non-obstructed guiding)によって、ロックスライ
ドの下面が貫通口の下面に沿って確実に案内され、要素40の上面がハウジング
2の対応するガイド(図示されていない)に沿って確実に案内される。
Similarly, the through holes 12 and 30 need not be configured to always guide the locking slide along the upper and lower surfaces. Thus, the constant non-obstructed guiding of the lock slide 13 ensures that the lower surface of the lock slide is guided along the lower surface of the through hole and the upper surface of the element 40 corresponds to the corresponding guide of the housing 2 ( (Not shown) is reliably guided.
【0027】 この実施の形態の機能を以下に説明する。 ハウジング2を下部コーナー取付部68に挿入する時には、ロックスライド1
3は完全にハウジング2内に配置され、傾斜面68は、それぞれの貫通孔12ま
たは30の上縁部から離れている。ストップ部材8がコーナー取付部68の床部
72と係合すると(図12に示されている位置)、スプレッド部材62が上動す
る。ハウジング2が下部コーナー取付部内に更に下降すると、スプレッド部材3
2は、ハウジング2が完全に下降した位置(フランジ4と下部コーナー取付部6
8との係合)において、貫通口12及び13の上縁部間の最初の間隔がほぼ完全
になくなるまで、ロックスライド13を外側に移動させる。図13から分かるよ
うに、傾斜面68と縦孔70の縁部との間には、前記した実施の形態に比べて、
ほんの僅かの遊びしかなく、上部コーナー取付部64(上部コンテナの下部コー
ナー取付部)は、下部コーナー取付部68(下部コンテナの上部コーナー取付部
)からほんの僅かしか上動しない。この少ない遊びは、実質上、コンテナを垂直
方向に遊びのない状態(play-free manner)で固定するため、困難な航海には大
変有利である。
The function of this embodiment will be described below. When inserting the housing 2 into the lower corner mounting portion 68, the lock slide 1
3 is located entirely within the housing 2 and the beveled surface 68 is spaced from the upper edge of the respective through hole 12 or 30. When the stop member 8 engages the floor 72 of the corner mount 68 (the position shown in FIG. 12), the spread member 62 moves up. When the housing 2 is further lowered into the lower corner mounting portion, the spread member 3
2 is a position where the housing 2 is completely lowered (flange 4 and lower corner mounting portion 6
8), the locking slide 13 is moved outwardly until the initial distance between the upper edges of the through holes 12 and 13 is almost completely eliminated. As can be seen from FIG. 13, between the inclined surface 68 and the edge of the vertical hole 70, compared to the above-described embodiment,
With only a small amount of play, the upper corner mount 64 (the lower corner mount of the upper container) moves only slightly above the lower corner mount 68 (the upper corner mount of the lower container). This less play is very advantageous for difficult voyages, as it virtually locks the container vertically in a play-free manner.
【0028】 図14及び15には、図12及び13に示したタイプのコネクタ群の別の実施
の形態が示されている。この実施の形態では、ロックスライド13は、上面と下
面に、互いに平行であり、対応する貫通口12、30が形成されている傾斜面1
00、102を有している。傾斜面100、102は、外側に向き、上方に傾斜
している。傾斜面100、102の形状と、対応する貫通口12、30およびス
プレッド部材32またはその傾斜面の形状によって、以下のことが達成される。
ハウジング2を有するコネクタ群がコーナー取付部68内に十分突出する程度に
下降して、ストップ部材8が床部72に係合すると(図14)、ロックスライド
13は、ハウジング2の更なる下降により、外側上方に傾斜して移動する。そし
て、ハウジング2が完全に下降した状態では、ロックスライドは、図15に示す
位置に突出する。このように、ロックスライド13の上動時には、ハウジング2
の外側方向への移動の少なくとも一部が補償される。これにより、ロックスライ
ド13の上面とコーナー取付部68の上壁部との間の間隔は、コネクタ群の最初
に説明した実施の形態に比べて小さい。比較的僅かな間隔が有利に維持されてい
るので、ロックスライド13は、ハウジング2が上動すると、バネ59の復帰力
によってハウジング2内に移動される。スプレッド部材32とロックスライド1
3のガイド面または傾斜面によって、ロックスライドは、スプレッド部材の下動
時に斜め上方外側に移動し、または、斜め下方内側に移動する。このガイド面ま
たは傾斜面は、図14に破線で示されている他は、図14及び15には詳述され
ていない。
14 and 15 show another embodiment of a connector group of the type shown in FIGS. 12 and 13. In this embodiment, the lock slide 13 has an upper surface and a lower surface which are parallel to each other, and the inclined surface 1 on which the corresponding through holes 12, 30 are formed.
It has 00 and 102. The inclined surfaces 100 and 102 face outward and are inclined upward. Depending on the shape of the inclined surfaces 100, 102 and the corresponding shape of the through openings 12, 30 and the spread member 32 or its inclined surface, the following is achieved.
When the connector group having the housing 2 is lowered enough to project into the corner mounting portion 68 and the stop member 8 is engaged with the floor portion 72 (FIG. 14), the lock slide 13 is further lowered by the housing 2. , Tilt outward and move upward. Then, when the housing 2 is completely lowered, the lock slide projects to the position shown in FIG. Thus, when the lock slide 13 moves upward, the housing 2
Is compensated for at least part of its outward movement. Thereby, the distance between the upper surface of the lock slide 13 and the upper wall portion of the corner mounting portion 68 is smaller than that in the first-described embodiment of the connector group. The relatively small spacing is advantageously maintained so that the locking slide 13 is moved into the housing 2 by the restoring force of the spring 59 when the housing 2 moves upwards. Spread member 32 and lock slide 1
By the guide surface or the inclined surface of 3, the lock slide moves obliquely upward and outward when the spread member moves downward, or obliquely downward and inward. This guide surface or bevelled surface is not described in detail in FIGS. 14 and 15 except that it is shown in broken lines in FIG.
【0029】 図16及び17には、解除位置およびロック位置におけるコネクタ群の別の実
施の形態が示されている。この実施の形態では、ロックスライド13は、上面に
凹部103を有している。更に、スプレッド部材32の傾斜面38の外側端部及
び/又はロックスライド13の、傾斜面38と協働する部分には、隆起カム(rai
sed cam)104が設けられている。この実施の形態は、以下のように動作する
。ロックスライド13の外側方向への移動端近くで、隆起カム104によってロ
ックスライドが僅かに上がる。このロックスライドの隆起は、貫通口12、30
に対するロックスライド13の移動を可能にする凹部103によって可能である
。また、この実施の形態では、ロックスライドの移動ストロークの少なくとも一
部でロックスライドが隆起するので、ロックスライド13の上面とコーナー取付
部68の内面との間の間隔は、対応して減少する。
16 and 17 show another embodiment of the connector group in the released position and the locked position. In this embodiment, the lock slide 13 has a recess 103 on the upper surface. Further, a raised cam (rai) is provided at an outer end of the inclined surface 38 of the spread member 32 and / or a portion of the lock slide 13 that cooperates with the inclined surface 38.
sed cam) 104 is provided. This embodiment operates as follows. Near the end of the outward movement of the lock slide 13, the raised cam 104 slightly raises the lock slide. The ridges of this lock slide are the through holes 12, 30.
This is possible due to the recess 103 which allows the movement of the lock slide 13 with respect to. In addition, in this embodiment, since the lock slide is raised at least at a part of the movement stroke of the lock slide, the distance between the upper surface of the lock slide 13 and the inner surface of the corner mounting portion 68 is correspondingly reduced.
【0030】 ハウジング2、ロックスライド13、ハンマーヘッド6は、非常に大きな機械
的負荷がかかるので、鍛造鋼(wrought steel)または高価な鋳造金属(high val
ue cast metal)で形成することが望ましい。スプレッド部材32もこの材料で
形成すれば有利である。ロック装置50のハウジング52の内部は、水又はほこ
りが入らないように十分に保護されている。
Since the housing 2, the lock slide 13, and the hammer head 6 are subjected to a very large mechanical load, they are forged steel (wrought steel) or expensive cast metal (high val).
It is desirable to use ue cast metal). It is advantageous if the spread member 32 is also made of this material. The inside of the housing 52 of the locking device 50 is sufficiently protected against the ingress of water or dust.
【0031】 本発明は、様々な方法で変更可能である。例えば、ロック装置50は、所定の
速度を越えた時にバンド54の巻出し方向へのシャフトの回転を阻止する機構を
付加的に備えることができる。これによって、コネクタ群が下部コーナー取付部
68から外れてしまうようなハンマーヘッド6の上方への突然のまたは急激な持
ち上げが阻止される。このような回転阻止手段は、従来から知られているので、
ここではこれ以上説明しない。1つのロックスライドを設けてもよいし、2つ以
上のロックスライドを設けてもよい。コネクタ群が直接にハンマーヘッドととも
にコーナー取付部内に設置され、ハンマーヘッドのヘッドが縦孔を下把持するよ
うに回転可能である場合には、ハンマーヘッドの回転機構は省略することができ
る。ハンマーヘッドは、一体形成された単一片としてハウジングと一体に形成す
ることができる。ハウジングフランジは、コンテナの下部コーナー取付部がその
下に設置されている別のコンテナの上部コーナー取付部の上に直接載置可能とな
るように省略することができる。コネクタ群が、所定の状態下でのみハンマーヘ
ッド6の隆起時にコーナー取付部68から外れ、他の状態下ではコネクタ群の外
れを阻止するという本発明の本質的なアイデアが実行される限り、個々の構成要
素の構造形状に関する設計については幅広い自由度がある。
The present invention can be modified in various ways. For example, the locking device 50 can additionally include a mechanism that prevents rotation of the shaft in the unwinding direction of the band 54 when a predetermined speed is exceeded. This prevents a sudden or sudden upward lift of the hammerhead 6 which would cause the connector group to disengage from the lower corner mount 68. Since such a rotation preventing means has been conventionally known,
No further explanation is given here. One lock slide may be provided, or two or more lock slides may be provided. If the connector group is directly installed in the corner mounting portion together with the hammer head and the head of the hammer head is rotatable so as to grasp the vertical hole downward, the rotating mechanism of the hammer head can be omitted. The hammerhead can be integrally formed with the housing as a single integrally formed piece. The housing flange can be omitted so that the lower corner mount of a container can be placed directly on the upper corner mount of another container below it. As long as the essential idea of the invention is carried out is that the connector group is disengaged from the corner mount 68 when the hammerhead 6 is raised only under certain conditions and is prevented under other conditions. There is wide freedom in designing the structural shapes of the components.
【0032】 図18は、ロック装置110の変更例であり、スプレッド部材32上に取り付
けられた状態の斜視図である(例えば、図6参照)。
FIG. 18 is a modification of the locking device 110, and is a perspective view of the lock device 110 mounted on the spread member 32 (see, for example, FIG. 6).
【0033】 ロック装置110は、ハウジング半割部112及び114からなるロックハウ
ジング115を有している。ハウジング半割部112及び114は、互いに鏡像
対象に形成され、孔116挿通するボルト(図示されていない)によって、互い
に螺合連結可能である。タペット118は、ロックハウジング115内に収容さ
れ、シャフト120が、ロックハウジング115から突出してスプレッド部材3
2のシャンク34と螺合する。
The lock device 110 has a lock housing 115 composed of housing half parts 112 and 114. The housing halves 112 and 114 are formed as mirror images of each other, and can be screwed to each other by a bolt (not shown) inserted through the hole 116. The tappet 118 is housed in the lock housing 115, and the shaft 120 protrudes from the lock housing 115 to spread the spread member 3.
It is screwed with the second shank 34.
【0034】 シャフト120(図19)は、タペット120の周方向に互いに90度離間し
て設けられている4つのアーム124を有するヘッド122を備えている。各ア
ームは、横方向に延出するスロット126が形成されている。スロットは、シャ
フト120の中央部128から外側方向に延び、また、外側に傾斜し、全体とし
て、凹状の床面130とこれに対応する凸状のカバー面132が形成されている
。スロット126の傾斜角度は、例えば、水平に対して約4度である。
The shaft 120 (FIG. 19) is provided with a head 122 having four arms 124 that are provided 90 degrees apart from each other in the circumferential direction of the tappet 120. Each arm is formed with a laterally extending slot 126. The slot extends outwardly from the central portion 128 of the shaft 120 and slopes outward to form a generally concave floor surface 130 and a corresponding convex cover surface 132. The inclination angle of the slot 126 is, for example, about 4 degrees with respect to the horizontal.
【0035】 スロット196の高さとアーム124の幅は、ボールがスロットまたはアーム
を横方向に通過するので、ボール134がスロット内を遊びをもって移動するよ
うに設定される。
The height of the slot 196 and the width of the arm 124 are set so that the ball 134 has play in the slot as it passes laterally through the slot or arm.
【0036】 ハウジング半割部112及び114には、タペット118を収容する空洞部1
36がロックハウジング115内に形成されるように凹部が形成されている。空
洞部は、横断面(図23)においてタペット118のヘッド122の形状を有し
、縦断面(図22)においてタペット118の側面と同じ形状を有しているため
、空洞部136の縦寸法はアーム124の縦寸法より大きい。空洞部136の壁
部には溝138が設けられており、ハウジング112、114内のタペット11
8の所定の取付位置において、タペット118のスロット126が、溝を通って
延出するように構成されている。また、タペットを空洞部内に収容してハウジン
グを組付けた状態では、ボール134が溝138内に横方向に延出して、タペッ
トとハウジングとの間の縦方向への相対移動が阻止されるように構成されている
。この阻止は、ボール134がタペットの中間部、つまり、凹状床面130の基
部に配置される時にのみ解除することができる。この状態では、タペット122
に保持されたボール134は、ロックハウジング115に対して相対的に垂直方
向に移動可能である。この場合、ボール134は、断面でみて、溝138が終結
している箇所において、長手方向の下方に延出している凹部140に沿って移動
する。
In the housing halves 112 and 114, the cavity portion 1 that accommodates the tappet 118 is provided.
A recess is formed so that 36 is formed in the lock housing 115. The cavity has the shape of the head 122 of the tappet 118 in the cross section (FIG. 23) and the same shape as the side surface of the tappet 118 in the cross section (FIG. 22), so the vertical dimension of the cavity 136 is It is larger than the vertical dimension of the arm 124. A groove 138 is provided in the wall portion of the cavity 136, and the tappet 11 in the housing 112, 114 is provided.
At the predetermined mounting position of 8, the slot 126 of the tappet 118 is configured to extend through the groove. Further, in the state where the tappet is housed in the cavity and the housing is assembled, the balls 134 extend laterally in the groove 138 to prevent relative movement in the vertical direction between the tappet and the housing. Is configured. This blocking can only be released when the ball 134 is placed in the middle of the tappet, i.e. at the base of the concave floor surface 130. In this state, the tappet 122
The ball 134 held by is movable in the vertical direction relative to the lock housing 115. In this case, the ball 134 moves along the recess 140 extending downward in the longitudinal direction at the position where the groove 138 is terminated in the cross section.
【0037】 ロック装置110の機能は、前記したロック装置50の機能と基本的に同じで
ある。ロックハウジング115は、ロック装置50のハウジング52と同様に、
コネクタ群によって、少なくとも垂直方向にハウジング2に固定保持されている
。タペット118は、例えば端部の螺合によってスプレッド部材32のシャンク
34に螺合されている。シャフト120がロックハウジング115内に延出する
部分は、シャフト120を囲むベローズ142(図20)とロックハウジング1
15のフランジ144によってシールされている。
The function of the lock device 110 is basically the same as the function of the lock device 50 described above. The lock housing 115, like the housing 52 of the locking device 50,
It is fixedly held on the housing 2 at least in the vertical direction by the connector group. The tappet 118 is screwed to the shank 34 of the spread member 32, for example, by screwing the end portion. The portion where the shaft 120 extends into the lock housing 115 includes a bellows 142 (FIG. 20) surrounding the shaft 120 and the lock housing 1.
It is sealed by 15 flanges 144.
【0038】 タペット122が垂直方向に向いている時には、ボール134が中央部134
に配置されるので、タペット122とロックハウジング115との間の相対的な
垂直移動が可能である。溝138の位置は、図9に示されている状態、すなわち
、連結される2つのコーナー取付部64及び68がコネクタ群及びフランジ4を
介してしっかり連結され、積み重ねられた状態の時に、溝138がスロット12
6の中間部と一致するように設定される。
When the tappet 122 is oriented vertically, the ball 134 is moved to the central portion 134.
Since it is arranged in the vertical direction, relative vertical movement between the tappet 122 and the lock housing 115 is possible. The position of the groove 138 is in the state shown in FIG. 9, that is, when the two corner mounting portions 64 and 68 to be connected are firmly connected to each other through the connector group and the flange 4 and stacked, the groove 138 is positioned. In slot 12
6 is set to match the middle part.
【0039】 図9に示されている垂直位置が維持されると、上部コーナー取付部64の吊上
げに関連して、ロックハウジング115は、吊上げ移動にしたがって、コネクタ
群全体をハウジング2と共に移動させる。これにより、タペット118とロック
ハウジング115が解放されて互いに相対移動し、ストップ部材8によって保持
されているスプレッド部材32がハウジング2に対して下方に相対移動する。ま
た、ロックスライド13が解放されて内側への移動が可能となり、コネクタ群は
下部コーナー取付部68の外側に移動可能となる。
When the vertical position shown in FIG. 9 is maintained, in connection with the lifting of the upper corner mount 64, the lock housing 115 moves the entire connector group with the housing 2 in accordance with the lifting movement. As a result, the tappet 118 and the lock housing 115 are released and move relative to each other, and the spread member 32 held by the stop member 8 moves downward relative to the housing 2. Further, the lock slide 13 is released and can move inward, and the connector group can move to the outside of the lower corner mounting portion 68.
【0040】 この装置が図9に示されている位置から水平軸回りに傾くと、ボール134は
、スロット126とこれと協働する溝138それぞれの転倒軸に従って移動する
。この移動は、同じように円みをつけた移行部134(図23)によって容易に
なされる。ボール134がスロット126内に配置されるとすぐに、タペット1
18とロックハウジング115との間の相対移動が阻止される。この場合、上部
コーナー取付部64を吊上げると、ストップ部材8と下部コーナー取付部68の
床部72との係合が解除され、ロックスライド13が移動できるように解除され
ないので、コーナー取付部64及び68は連結状態を維持する。
When the device is tilted about the horizontal axis from the position shown in FIG. 9, the ball 134 moves along the tip axis of each of the slot 126 and its associated groove 138. This movement is facilitated by similarly rounded transitions 134 (FIG. 23). As soon as ball 134 is placed in slot 126, tappet 1
Relative movement between 18 and lock housing 115 is prevented. In this case, when the upper corner mounting portion 64 is lifted, the engagement between the stop member 8 and the floor portion 72 of the lower corner mounting portion 68 is released, and the lock slide 13 is not released so that it can be moved. And 68 maintain the connected state.
【0041】 上記したロック装置110の実施の形態は、様々の方法で変更可能である。例
えば、タペット118には、3つまたはそれ以外の数のアームを設けてもよい。
タペット118とロックハウジング115との間の更なる相対移動は、必ずしも
ロックハウジング115内の凹部140によって可能とされる必要はない。凹部
140の代わりに、タペット118のヘッド122の中央部に中央凸部146(
図24)を形成してもよい。この場合、スロット126の切取部分が上方に延び
て、垂直長手方向の穴状のスロット148が形成される。これにより、ロックハ
ウジング115が上動すると、溝138に保持されているボール134がスロッ
ト148内に沈み、タペットとロックハウジングを解放して相対移動を可能にす
る。
The embodiments of the locking device 110 described above can be modified in various ways. For example, tappet 118 may be provided with three or other numbers of arms.
Further relative movement between the tappet 118 and the lock housing 115 need not necessarily be enabled by the recess 140 in the lock housing 115. Instead of the concave portion 140, the central convex portion 146 (
FIG. 24) may be formed. In this case, the cutaway portion of slot 126 extends upward to form a vertical longitudinal slot 148. As a result, when the lock housing 115 moves upward, the ball 134 held in the groove 138 sinks into the slot 148, releasing the tappet and the lock housing to allow relative movement.
【0042】 本発明のコネクタ群の別の実施の形態を図25〜32を参照して説明する。既
に使用されている参照番号に関しては、既に説明した構成要素群または構成要素
と同一又は類似の機能を有する構成要素郡または構成要素に対して使用し、その
構造については再度説明しない。
Another embodiment of the connector group of the present invention will be described with reference to FIGS. The reference numerals already used are used for a component group or a component having the same or similar function as the component group or components already described, and the structure thereof will not be described again.
【0043】 図1及び2に示されているコネクタ群とは異なり、タペット状のストップ部材
8は、本実施の形態の同様の2つのシェルにより構成されるハウジング2の下面
から外側に突出していない。本実施の形態のストップ部材は、凸レバー150と
して形成され、凸面154を有する凸レバーがフランジ4の下面から下方に突出
するように、ハウジングに固定されたボルト152自体に取付けられている。凸
レバー150は、対応するスライド156の傾斜面を受ける傾斜面を有している
。スライド156は、ハウジング2内を案内され、ハウジングに対して相対移動
する。ねじバネ158は、ハウジング2とスライド156との間に設けられ、ス
ライドを図27の左方向に移動させる。
Unlike the connector group shown in FIGS. 1 and 2, the tappet-shaped stop member 8 does not project outward from the lower surface of the housing 2 constituted by the same two shells of this embodiment. . The stop member of the present embodiment is formed as a convex lever 150, and is attached to the bolt 152 itself fixed to the housing so that the convex lever having the convex surface 154 projects downward from the lower surface of the flange 4. The convex lever 150 has an inclined surface that receives the inclined surface of the corresponding slide 156. The slide 156 is guided in the housing 2 and moves relative to the housing. The screw spring 158 is provided between the housing 2 and the slide 156, and moves the slide to the left in FIG.
【0044】 スライドは、側面から見た全体形状がZ形状であり、図29にその斜視図が示
されている。スライドは、下方から延出する連行ピン(take along pin)162
が固定されている孔160を有する2つのサイドアーム159を有する。
The slide has an overall Z-shape when viewed from the side, and a perspective view thereof is shown in FIG. The slide is a take along pin 162 extending from below.
Has two side arms 159 having holes 160 fixed therein.
【0045】 凸レバー150から離れたスライド156のシャンクは、凹部166が形成さ
れた凸面164を有する。凹部166の機能は、以下で詳述する。
The shank of slide 156 away from convex lever 150 has a convex surface 164 with a concave portion 166 formed therein. The function of the recess 166 will be described in detail below.
【0046】 ロック部材170は、ハウジングに固定されているボルト168によって、ハ
ウジング2に旋回および移動可能に取り付けられている。ここで、ボルト168
は、ロック部材170の縦孔172(図28)に挿通されている。ロック部材1
70の高さは、ハウジング2の対向面に形成された対応する開口部174(図2
5)の高さに応じて設定される。
The lock member 170 is rotatably and movably attached to the housing 2 by a bolt 168 fixed to the housing. Where the bolt 168
Is inserted into the vertical hole 172 (FIG. 28) of the lock member 170. Lock member 1
The height of 70 corresponds to the corresponding opening 174 (FIG. 2) formed on the opposite surface of the housing 2.
It is set according to the height of 5).
【0047】 ロック装置は、ハウジング2の凹部に収容され、以下に図31及び32を参照
して説明するロックハウジング180に固定連結される。
The locking device is housed in the recess of the housing 2 and is fixedly connected to the locking housing 180 described below with reference to FIGS. 31 and 32.
【0048】 ロックハウジング180は上部部材184と下部部材186を有し、タペット
188がロックハウジング内を移動可能に案内される。タペット188は、シャ
フト190とヘッド192を有する。ヘッド192の上面には、中央部を有する
凹面194が形成されている。凹面の中央部は、タペット188の垂直位置にお
いて、質量体であるボール196が自力でその中央部に向かって移動するように
形成されている。
The lock housing 180 has an upper member 184 and a lower member 186, and a tappet 188 is movably guided in the lock housing. The tappet 188 has a shaft 190 and a head 192. A concave surface 194 having a central portion is formed on the upper surface of the head 192. The central portion of the concave surface is formed so that the ball 196, which is a mass body, moves toward the central portion by itself at the vertical position of the tappet 188.
【0049】 タペットに対向する上部部材184の内面198は、凹面194と対応する形
状で凸面が形成されているとともに、凹部200を有する。バネ202が、タペ
ット188と上部部材184との間に設けられている。
The inner surface 198 of the upper member 184 facing the tappet is formed with a convex surface in a shape corresponding to the concave surface 194 and has a concave portion 200. The spring 202 is provided between the tappet 188 and the upper member 184.
【0050】 上部部材184と下部部材186が、例えば、螺合、接着または他の固定手段
によって固定連結され、シャフト190がハウジング180から下方に突出する
ようにロック装置182を組み付け状態では、凹面194と内面198との間の
間隔は、ボール196の直径にほぼ等しい。従って、ロック装置182が横方向
の加速を受けまたは垂直位置から傾いた場合には、ボールは、凹面194と内面
198との間の中間スペースに移動することができる。これにより、タペット1
88の上動が阻止される。一方、ボール196が凹面194の中央または中間に
配置される場合には、タペット188がバネ202の力に抗して上方に押され、
ボール196が凹部200内に移動可能である。
The upper member 184 and the lower member 186 are fixedly connected to each other, for example, by screwing, gluing or other fixing means, and when the locking device 182 is assembled so that the shaft 190 projects downward from the housing 180, the concave surface 194 is formed. The distance between the inner surface 198 and the inner surface 198 is approximately equal to the diameter of the ball 196. Thus, if the locking device 182 experiences lateral acceleration or tilts from a vertical position, the ball can move into the intermediate space between the concave surface 194 and the inner surface 198. This makes tappet 1
Upward movement of 88 is blocked. On the other hand, when the ball 196 is arranged at the center or the middle of the concave surface 194, the tappet 188 is pushed upward against the force of the spring 202,
The ball 196 can move into the recess 200.
【0051】 図示のロック装置は、様々な用途に用いることができるので、ロック装置の保
護が必要である。
Since the illustrated locking device can be used for various purposes, it is necessary to protect the locking device.
【0052】 前記したコネクタ群の組立てを以下に説明する。 凸レバー150は、ハウジングのシェルの一方にボルト152によって取り付
けられる。ロック装置は、ハウジングのシェルの一方の対応する凹部に配置され
る。同様に、スライド156がバネ158と協動して取付けられる。これによっ
て、連行ピン162が、取り付けられたロック部材170の縦孔172内に延出
する。ハウジングのシェルは、ネジ11によって接合される。ボルト168は、
対応する開口部を通って下方から上方に案内され、ロック部材170をハウジン
グ内に位置決めする。ボルトは、既に取り付けられているロック部材170の縦
孔に挿通される。
Assembly of the connector group described above will be described below. The convex lever 150 is attached to one of the shells of the housing by a bolt 152. The locking device is arranged in a corresponding recess in one of the shells of the housing. Similarly, slide 156 is mounted in cooperation with spring 158. As a result, the entrainment pin 162 extends into the vertical hole 172 of the attached lock member 170. The shell of the housing is joined by screws 11. Bolt 168
Guided from below through above through corresponding openings, the locking member 170 is positioned within the housing. The bolt is inserted into the vertical hole of the lock member 170 which is already attached.
【0053】 解除状態において、スライド156は、バネ158によって、凸レバー150
が時計方向に傾いて、ハウジングの凸部と係合する程度に、図27の左方向に押
される。この時、図30から分かるように、ロック部材170は、外面追従面一
方法(contour-following flush manner)によって外面がハウジング2の外形に
沿って面一となり、図30に示す位置より内側に旋回した位置にあり、ハウジン
グから突出していない。ボルト188がスライド156の凸面164から外側に
移動し、ボール196が凹部200に配置される。
In the released state, the slide 156 is moved by the spring 158 by the convex lever 150.
Is tilted clockwise and is pushed leftward in FIG. 27 to the extent that it engages with the convex portion of the housing. At this time, as can be seen from FIG. 30, the lock member 170 has an outer surface flush with the outer shape of the housing 2 by a contour-following flush manner and pivots inward from the position shown in FIG. It is in the locked position and does not protrude from the housing. The bolt 188 moves outward from the convex surface 164 of the slide 156, and the ball 196 is placed in the concave portion 200.
【0054】 この状態で、コネクタ群のハウジング2がコーナー取付部の縦孔内を案内され
ると(図8及び9を比較)、凸レバー150は、コーナー取付部の上面と係合し
、図27の反時計方向に旋回する。このようにして、スライド156が右方向に
移動し、ロック部材170が、ハウジング2の外側に旋回する。そして、前記し
た実施の形態のロックスライド13の作用による動作と同様に、縦穴の縁部を下
把持する。これによって、2つのコーナー取付部は、前記した実施の形態と同様
の方法で固定連結される。スライド156が図27の右方向に移動することによ
って、凹部166が図示の中間位置から更に右方向に移動し、シャフト190が
完全に凹部166内に延出する。ここで、凹部の深さは、タペット188が、タ
ペット188の外側方向への移動を阻止するためにボール196が凹面194の
中心から外側に移動可能な最も深い位置まで延出するように設定される。ロック
装置182が垂直位置から傾きまたは横方向への加速を受けると、タペット18
8の外側方向への移動も同様に阻止される。この時、タペット188と凹部16
6との係合によって、スライド156の移動が阻止され、図示のコネクタ群によ
って互いに連結される2つの部材は、互いに固定連結された状態が維持される。
一方、ボール196が凹面194の中央に配置され、ハウジング2が上方に持ち
上げられると、スライド156は、凸レバー150の時計方向への旋回により、
バネ158の力によって押される。このレバーの旋回動は、ロック装置のバネ2
02の力に打ち勝ち、凹部166の壁部の適切な傾斜によってタペット188が
左上方に押されるように設定される。このように、ロック部材170がハウジン
グ内で旋回することによって、ハウジング2を縦孔から外すことができる。
In this state, when the housing 2 of the connector group is guided in the vertical hole of the corner mounting portion (compare FIGS. 8 and 9), the convex lever 150 engages with the upper surface of the corner mounting portion, Turn 27 counterclockwise. In this way, the slide 156 moves to the right and the lock member 170 pivots to the outside of the housing 2. Then, similarly to the operation by the action of the lock slide 13 of the above-described embodiment, the edge portion of the vertical hole is grasped downward. As a result, the two corner mounting portions are fixedly connected in the same manner as in the above-described embodiment. When the slide 156 moves to the right in FIG. 27, the recess 166 further moves to the right from the illustrated intermediate position, and the shaft 190 extends completely into the recess 166. Here, the depth of the recess is set so that the tappet 188 extends from the center of the concave surface 194 to the deepest position where the ball 196 can move outward to prevent the tappet 188 from moving outward. It When the locking device 182 is tilted or laterally accelerated from the vertical position, the tappet 18
The outward movement of 8 is likewise blocked. At this time, the tappet 188 and the recess 16
By the engagement with 6, the movement of the slide 156 is prevented, and the two members connected to each other by the illustrated connector group remain fixedly connected to each other.
On the other hand, when the ball 196 is arranged in the center of the concave surface 194 and the housing 2 is lifted upward, the slide 156 is rotated by the convex lever 150 in the clockwise direction.
It is pushed by the force of the spring 158. The swinging movement of this lever is caused by the spring 2 of the lock device.
The force of 02 is overcome and the tappet 188 is set to the upper left by the appropriate inclination of the wall of the recess 166. In this way, the housing 2 can be removed from the vertical hole by the lock member 170 pivoting inside the housing.
【0055】 ボルト168とロック部材170及びそれぞれのガイド部は、ロック部材が、
ハンマーヘッドへの引張力の印加によって加わる大きな力に対処できるように、
ハウジング2の開口部174に対応した大きさに形成される。
The bolt 168, the lock member 170, and the respective guide portions are
To cope with the large force applied by the application of tensile force to the hammerhead,
It is formed in a size corresponding to the opening 174 of the housing 2.
【0056】 前記した実施の形態は、様々な方法で変更可能である。例えば、ハンマーヘッ
ド6の代わりに、例えばシャーシまたはフレーム等の、ハウジング2を直接固定
できる固定片を用いてもよい。更に、例えば、取付部等のコネクタ群によって連
結される部材が横方向に連結または固定されるように、装置全体を回転させても
よい。この場合、例えば、ロック装置182等のロック装置は、横方向の力が加
わらない位置における解除位置だけでなく、垂直方向における解除位置に配列さ
れる。
The embodiment described above can be modified in various ways. For example, instead of the hammer head 6, a fixing piece such as a chassis or a frame that can directly fix the housing 2 may be used. Further, for example, the entire apparatus may be rotated so that the members connected by the connector group such as the mounting portion are connected or fixed in the lateral direction. In this case, for example, the lock device such as the lock device 182 is arranged not only in the release position in the position where no lateral force is applied but also in the vertical release position.
【0057】 ハンマーヘッド6を回転させて解除位置から外すには、いく通りか考えられる
。この場合、コネクタ群を上部コンテナ内またはロック位置に設けることができ
、あるいは、コネクタ群を上部コンテナ内に保持することができる。ハンマーヘ
ッドは手動で回転させてもよい。この場合には、例えば、ロック位置は通常の位
置であり、ハンマーヘッド14を、ハンドグリップ10によって、バネ力に抗し
て解除位置まで引張ることができる。また、ハンマーヘッド14をロック位置に
自動的に移動させてもよい。この場合には、例えば、別のレバーまたはボタンを
フランジ4の上面に設け、上に載っているコンテナによって上方から移動させる
。レバーまたはボタンが移動することによって、ハンマーヘッド14がロック位
置から解除位置に移動する。あるいは、ハンドグリップ10を使って、ロック位
置から解除位置に移動させてもよい。更に別の変更例では、ハンマーヘッド14
のロックは、ロック部材の移動に従って行われる。この場合には、例えば、スラ
イドの連行ピン162を上方に突出させて空洞部20内に延出させ、ハンマーヘ
ッド6がスライドの移動と協動して回転するように、連行ピン162をハンマー
ヘッド6のフランジ22(図3)に係合させる。
There are several ways to rotate the hammerhead 6 to remove it from the release position. In this case, the connectors can be provided in the upper container or in the locked position, or the connectors can be retained in the upper container. The hammerhead may be rotated manually. In this case, for example, the lock position is the normal position, and the hammer head 14 can be pulled by the hand grip 10 against the spring force to the release position. Further, the hammer head 14 may be automatically moved to the lock position. In this case, for example, another lever or button is provided on the upper surface of the flange 4 and is moved from above by the container placed on it. Movement of the lever or button moves the hammerhead 14 from the locked position to the unlocked position. Alternatively, the handgrip 10 may be used to move from the locked position to the unlocked position. In yet another modification, the hammerhead 14
The locking is performed according to the movement of the locking member. In this case, for example, the entrainment pin 162 of the slide is projected upward and extended into the cavity 20, so that the entrainment pin 162 is rotated in cooperation with the movement of the slide. 6 flange 22 (FIG. 3).
【0058】 別の変更例では、ハウジングのフランジ4を長くし、コネクタ群の隣接配置さ
れた2つのハウジングを互いに固定連結する。隣接配置されたコンテナにおける
2重コネクタ群にハウジングを挿入することによって、隣接するコンテナも固定
連結される。
In another variant, the flange 4 of the housing is lengthened and the two adjacent housings of the connector group are fixedly connected to each other. By inserting the housing into the double connector group of the adjacent containers, the adjacent containers are also fixedly connected.
【0059】 本発明のコネクタ群の別の実施の形態を図33〜38を参照して説明する。こ
の実施の形態は、図27に示した実施の形態と同じ基本的構造を有している。同
じ機能を有する同一の構成要素については同一の参照番号を用いている。
Another embodiment of the connector group of the present invention will be described with reference to FIGS. This embodiment has the same basic structure as the embodiment shown in FIG. The same reference numerals are used for the same components having the same functions.
【0060】 図示の例では、コネクタ群のハウジング2には、前記したハウジングを有して
いる場合のように、完全に延出したフランジは設けられていないが、代わりに、
凸レバー150がフランジ4上に突出するように設けられている側部突部のみを
有するフランジ4が設けられている。凸レバー150と協働するスライド156
の傾斜面は、図33に示されているように、スライドの左上方に形成されている
。スライド156は、スライド156の凹部とハンマーヘッド6のフランジ22
に偏心して設けられている凹部とに係合するタペット210を介して力を加える
。スライド156はハンマーヘッド6と協働し、ハンマーヘッド6は、スライド
の移動と協働して回転する。ロック部材170同様、ハンマーヘッド6の機能は
、図27に示す実施の形態と同じである。
In the example shown, the housing 2 of the connector group is not provided with a fully extended flange, as is the case with the housing described above, but instead
A flange 4 is provided which has only side projections which are provided so that the convex lever 150 projects above the flange 4. Slide 156 cooperating with convex lever 150
The inclined surface of the slide is formed on the upper left side of the slide, as shown in FIG. The slide 156 has a concave portion of the slide 156 and a flange 22 of the hammer head 6.
A force is applied through the tappet 210 that engages with the recessed portion that is eccentrically provided. The slide 156 cooperates with the hammer head 6, and the hammer head 6 rotates in cooperation with the movement of the slide. Like the lock member 170, the function of the hammer head 6 is the same as that of the embodiment shown in FIG.
【0061】 側方に突出する突出部212は、ハウジング2の下部に設けられ、前記したコ
ーナー取付部に相当する取付部218の内面に設けられた凹部214に係合する
。コーナーコネクタ取付部218の内側空間部219内に設けられたバネ220
は、ハウジング2の下面に係合し、コネクタ取付部218の床部224に押付け
られて支持される。床部224には、排水口222が設けられている。バネ22
0がコネクタ群のハウジング2を図の外側方向に押すことによって、凹部214
の上端部に突出部212が突出し、ハウジング2の上方への移動が制限される。
The protruding portion 212 protruding sideways is provided in the lower portion of the housing 2 and engages with the recess 214 provided on the inner surface of the mounting portion 218 corresponding to the above-mentioned corner mounting portion. Spring 220 provided in inner space 219 of corner connector mounting portion 218
Engages with the lower surface of the housing 2 and is pressed against and supported by the floor portion 224 of the connector mounting portion 218. The floor portion 224 is provided with a drainage port 222. Spring 22
0 pushes the housing 2 of the connector group in the outward direction of the drawing,
The protruding portion 212 protrudes from the upper end of the housing 2 and restricts the upward movement of the housing 2.
【0062】 コネクタ群の機能は、例えば、コンテナの下部コーナー取付部がコーナーコネ
クタ取付部218の上面に配置されると、凸レバー150が時計方向に回転し、
スライド156が移動することである。この時、ハンマーヘッド6は、図34に
示すようにロック位置に回転し、前記した実施の形態と同様に、図示されていな
い縦孔を有する上部コーナー取付部を下把持する。
The function of the connector group is, for example, when the lower corner mounting portion of the container is arranged on the upper surface of the corner connector mounting portion 218, the convex lever 150 rotates clockwise,
The slide 156 is to move. At this time, the hammer head 6 rotates to the lock position as shown in FIG. 34, and grips the upper corner attachment portion having the vertical hole (not shown) downward, as in the above-described embodiment.
【0063】 図35に示すように、ハウジング2をコネクタ取付部218の非取り外し位置
に保持する突出部212が、ハウジング2の4側面全てに形成されている。
As shown in FIG. 35, protrusions 212 for holding the housing 2 at the non-removal position of the connector mounting portion 218 are formed on all four side surfaces of the housing 2.
【0064】 バネ220の機能は、図36に矢印で示されているように、ハンマーヘッド6
またはハンマーヘッドまで延出しているハウジング2の上面が上方からの力を受
けた場合、ハウジング2全体がコネクタ取付部218内に移動可能とすることで
ある。この点において、バネ220は、摩擦力とバネ158の力に抗して凸レバ
ー150が旋回する時に、ハウジング2がコネクタ取付部218内に移動しない
ように、バネ158より強く設計される。
The function of the spring 220 is as shown by the arrow in FIG.
Alternatively, when the upper surface of the housing 2 extending to the hammer head receives a force from above, the entire housing 2 can be moved into the connector mounting portion 218. In this regard, the spring 220 is designed stronger than the spring 158 so that the housing 2 does not move into the connector mounting portion 218 when the convex lever 150 pivots against the frictional force and the force of the spring 158.
【0065】 図37は、この実施の形態のコネクタ群225の斜視図である。図38は、コ
ネクタ群225がコネクタ取付部218に取り付けられ状態を示している。コネ
クタ取付部218は、コネクタ群225の取り付け後に互いに固定連結される2
つの片226、228を組み付けたものである。
FIG. 37 is a perspective view of the connector group 225 of this embodiment. FIG. 38 shows a state in which the connector group 225 is attached to the connector attaching portion 218. The connector mounting portions 218 are fixedly connected to each other after the connector group 225 is mounted.
The two pieces 226 and 228 are assembled.
【0066】 この実施の形態のコネクタ群225の利点は、例えば、図39を参照すると、
以下のようにして達成される。 コネクタ取付部218は、例えば、鉄道貨車または他の従来の輸送台等の長手
方向搬送体230に、例えば、溶接等によって所定の箇所に固定される。コネク
タ群225は、取付部218内に取り付けられる。図示の例では、40フィート
コンテナ232が長手方向搬送体上に配置され、前記したように、コンテナのコ
ーナー取付部が、その下に配置される取付部218のコーナーと確実に連結され
る。図39に示されている構成の中間の取付部218は、40フィートコンテナ
のどのコーナー取付部にも対応しないが、40フィートコンテナ232の代わり
に輸送可能な20フィートコンテナのコーナー取付部には対応するように構成さ
れている。40フィートコンテナの輸送に関しては、中間の取付部218に取り
付けられたコネクタ群225が、図36に示されているように、取付部内に延出
しているので、積込・積卸時や輸送時に40フィートコンテナまたは20フィー
トコンテナの手動操作は発生しない。
The advantage of the connector group 225 of this embodiment is, for example, with reference to FIG.
It is achieved as follows. The connector mount 218 is secured in place, for example, by welding, to a longitudinal carrier 230, such as a rail freight car or other conventional carrier. The connector group 225 is mounted in the mounting portion 218. In the illustrated example, a 40 foot container 232 is placed on the longitudinal carrier to ensure that the corner mounts of the container are coupled to the corners of the mount 218 located below it, as described above. The middle mount 218 of the configuration shown in FIG. 39 does not correspond to any corner mount of a 40 foot container, but does fit a corner mount of a 20 foot container that can be transported instead of a 40 foot container 232. Is configured to. Regarding the transportation of the 40-foot container, the connector group 225 attached to the intermediate mounting portion 218 extends into the mounting portion as shown in FIG. 36, and therefore, during loading / unloading or transportation. No manual operation of 40 or 20 foot containers occurs.
【0067】 この実施の形態のコネクタ群225は、多くの方法で変更可能である。例えば
、突出部212をバネ力に抗して一方向に移動可能とし、適当な穴を有するコネ
クタ取付部218の構成において、突出部がハウジング2内に移動し、コネクタ
取付部218から外れるようにしてもよい。更に、突出部は、ハウジング内のロ
ック装置と同様に、道具を使って移動可能に構成してもよい。取付部材は、1つ
の部品として構成してもよい。
The connector group 225 of this embodiment can be modified in many ways. For example, the protrusion 212 can be moved in one direction against the spring force, and in the structure of the connector mounting portion 218 having an appropriate hole, the protrusion can be moved into the housing 2 and removed from the connector mounting portion 218. May be. Furthermore, the protrusion may be movable with a tool, similar to the locking device in the housing. The mounting member may be constructed as one piece.
【0068】 図40は、本発明のコネクタ群を鉄道貨車に取付けた図である。鉄道貨車の荷
台には、図37に関連し説明した方法と同様の方法で、コネクタ群225が固定
されるジョイント234が設けられている。各コネクタ群のハウジングは、それ
ぞれの蓋部に形成された対応する孔に取り付けることができる。ここで、突出部
212は、戻り方向に移動するように弾性的に付勢され、ハウジングは、蓋部と
整列させられる(コネクタ群のハウジングには、対応するフランジが設けられて
いる)。隆起位置における蓋部234と協働し、コネクタ群225は、コンテナ
の自動ロック及び解除のための作動準備位置にある。蓋部234が外方向に旋回
する位置では、コネクタ群は、コンテナに形成された同様の形状の孔の邪魔にな
らない。あるいは、コネクタ群のハウジングに溶接可能な蓋部234を用いるこ
とによって、例えば、図36に示されているような、バネ力に抗して移動可能な
コネクタ群の配列をもはや必要としない。
FIG. 40 is a diagram in which the connector group of the present invention is attached to a railway freight car. A joint 234 to which the connector group 225 is fixed is provided on the platform of the railway freight car by a method similar to that described with reference to FIG. The housing of each connector group can be attached to the corresponding hole formed in each lid. Here, the protrusion 212 is elastically biased to move in the return direction and the housing is aligned with the lid (the housing of the connector group is provided with a corresponding flange). Cooperating with the lid 234 in the raised position, the connector group 225 is in a ready position for automatic locking and unlocking of the container. In the position where the lid 234 pivots outwardly, the connector group does not interfere with similarly shaped holes formed in the container. Alternatively, by using a weldable lid 234 on the housing of the connector group, an array of connector groups moveable against spring forces, such as that shown in FIG. 36, is no longer required.
【0069】 このコネクタ群の実施の形態の数多くの変更例がある。各実施の形態の各特徴
は、互いに様々な方法で組み合わせることができる。例えば、コネクタ群全体を
90度回転させ、ロック装置の他の方向に一致させることによって、並列して配
置されている部材の連結にも使うことができる。コネクタ群を挿通可能な開口部
は、必ずしも縦孔である必要はなく、下把持できる適宜の非環状孔または等環状
孔であってもよい。
There are numerous variations of this connector group embodiment. The features of the embodiments can be combined with each other in various ways. For example, by rotating the entire connector group by 90 degrees and matching it with the other direction of the locking device, it can be used for connecting members arranged in parallel. The opening through which the connector group can be inserted does not necessarily have to be a vertical hole, and may be an appropriate non-annular hole or equi-annular hole that can be grasped downward.
【0070】 図41は、例えば図33〜38に示されているコネクタ群の変更例を、例えば
、鉄道貨車等の横断面に沿って見た概略図である。全体がコーナー取付部64の
縦孔66に延出するハウジング2の上端部3は、中間部において、縦孔66に対
して減少した質量を有し、上端に向かって外側に膨らんでいる。これにより、上
縁部236のみが、縦孔66のようにほぼ均一な寸法に形成される。
FIG. 41 is a schematic view of a modified example of the connector group shown in FIGS. 33 to 38, for example, as seen along the cross section of a railway freight car or the like. The upper end portion 3 of the housing 2, which entirely extends into the vertical hole 66 of the corner mounting portion 64, has a reduced mass with respect to the vertical hole 66 in the middle portion and bulges outward toward the upper end. As a result, only the upper edge portion 236 is formed to have a substantially uniform size like the vertical hole 66.
【0071】 このようにして、例えば、カーブの通過時等の、コーナー取付部64が水平な
両方向矢印の方向に横移動する時に、縦孔66の縁部が、上方に向かって広がっ
ている上端部3の傾斜面238と係合し、コーナー取付部64または協働するコ
ンテナが円弧状の両方向矢印の方向に傾かないように働く。
In this way, for example, when the corner attachment portion 64 moves laterally in the direction of the horizontal double-headed arrow, such as when passing a curve, the edge of the vertical hole 66 has an upper end that widens upward. Engages the ramped surface 238 of the section 3 and acts to prevent the corner mount 64 or cooperating container from tilting in the direction of the arc-shaped double-headed arrow.
【0072】 図42は、例えば、ハンマーヘッドが突出しているコンテナの上部コーナー取
付部が上部に図示されている図15のコネクタ群に相当するコネクタ群の一例を
示している。このコネクタ群のハウジング2は、例えば船上での使用のためにフ
ランジ4の下に、減少した断面で設けられる。フランジ4の上には、図示されて
いない上部コンテナのコーナー取付部が設けられる。例えば、嵐が図42の左手
側から吹くと、上部コンテナとそれと協働するコネクタ群が右方向に移動して、
下部コーナー取付部68を有する下部コンテナの上面の下縁部が傾斜面238と
係合する。この係合によって、下部コーナー取付部68内に制限された遊びでロ
ックされているコネクタ群のハウジング2は、下部コーナー取付部に対して上方
に移動できない。これによって、相互連結されたコンテナの安定性が強化される
FIG. 42 shows an example of a connector group corresponding to the connector group of FIG. 15 in which, for example, the upper corner mounting portion of the container from which the hammer head is projected is shown at the top. The housing 2 of this group of connectors is provided with a reduced cross section under the flange 4, for example for use on board. On the flange 4, a corner mounting portion (not shown) of the upper container is provided. For example, if a storm blows from the left-hand side of Figure 42, the upper container and its associated connector group move to the right,
The lower edge of the upper surface of the lower container having the lower corner mount 68 engages the ramp 238. Due to this engagement, the housing 2 of the connector group locked in the lower corner mounting portion 68 with limited play cannot move upward relative to the lower corner mounting portion. This enhances the stability of the interconnected containers.
【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]
【図1】 コネクタ群の側面図である。[Figure 1]   It is a side view of a connector group.
【図2】 コネクタ群の正面図である。[Fig. 2]   It is a front view of a connector group.
【図3】 ハウジングの下部シェルを示す図である。[Figure 3]   It is a figure which shows the lower shell of a housing.
【図4】 ハウジングの上部シェルを示す図である。[Figure 4]   It is a figure which shows the upper shell of a housing.
【図5】 図3及び図4に示すハウジングの上部シェル及び下部シェルの垂直断面図であ
る。
5 is a vertical sectional view of an upper shell and a lower shell of the housing shown in FIGS. 3 and 4. FIG.
【図6】 ハウジング内に設けられている構成要素の斜視図である。[Figure 6]   FIG. 3 is a perspective view of components provided in the housing.
【図7】 コネクタ群の斜視図である。[Figure 7]   It is a perspective view of a connector group.
【図8】 種々の機能状態におけるコネクタ群の側面図である。[Figure 8]   It is a side view of a connector group in various functional states.
【図9】 種々の機能状態におけるコネクタ群の側面図である。[Figure 9]   It is a side view of a connector group in various functional states.
【図10】 図9に示されている状態から垂直軸を中心に約90度回転させた状態の側面図
である。
FIG. 10 is a side view of the state shown in FIG. 9 rotated about 90 ° about the vertical axis.
【図11】 ロック装置の機能を説明する図である。FIG. 11   It is a figure explaining the function of a lock device.
【図12】 2つの異なる機能状態におけるコネクタ群の第2の実施の形態の側面図である
FIG. 12 is a side view of a second embodiment of a connector group in two different functional states.
【図13】 2つの異なる機能状態におけるコネクタ群の第2の実施の形態の側面図である
FIG. 13 is a side view of a second embodiment of a connector group in two different functional states.
【図14】 コネクタ群の第3の実施の形態の側面図である。FIG. 14   It is a side view of a 3rd embodiment of a connector group.
【図15】 コネクタ群の第3の実施の形態の側面図である。FIG. 15   It is a side view of a 3rd embodiment of a connector group.
【図16】 2つの異なる機能状態におけるコネクタ群の第4の実施の形態の側面図である
FIG. 16 is a side view of a fourth embodiment of a connector group in two different functional states.
【図17】 2つの異なる機能状態におけるコネクタ群の第4の実施の形態の側面図である
FIG. 17 is a side view of a fourth embodiment of a connector group in two different functional states.
【図18】 破線で示されている内部部分を有するロック部材と組み付けられるロック装置
の変更例の斜視図である。
FIG. 18 is a perspective view of a modification of the locking device assembled with a locking member having an internal portion shown in dashed lines.
【図19】 図19に示されているロック装置に設けられているタペットのロック方向に沿
った断面図である。
FIG. 19 is a cross-sectional view of the tappet provided in the locking device shown in FIG. 19 taken along the locking direction.
【図20】 ロック装置に設けられているベローズを示す図である。FIG. 20   It is a figure which shows the bellows provided in the locking device.
【図21】 ボールを示す図である。FIG. 21   It is a figure which shows a ball.
【図22】 図18のXII−XII面に沿った、ロックハウジングの垂直断面図である。FIG. 22 FIG. 19 is a vertical cross-sectional view of the lock housing taken along the plane XII-XII of FIG. 18.
【図23】 図18のXIII−XIII面に沿った、ロック装置の水平断面図である。FIG. 23   FIG. 19 is a horizontal sectional view of the locking device taken along the plane XIII-XIII in FIG. 18.
【図24】 タペットの変更例を示す図である。FIG. 24   It is a figure which shows the example of a change of a tappet.
【図25】 コネクタ群の変更例の斜視図である。FIG. 25   It is a perspective view of the example of a change of a connector group.
【図26】 図25に示されているコネクタ群の正面図である。FIG. 26   FIG. 26 is a front view of the connector group shown in FIG. 25.
【図27】 図25に示されているコネクタ群の軸方向断面図である。FIG. 27   FIG. 26 is an axial sectional view of the connector group shown in FIG. 25.
【図28】 2つのロック部材を示す図である。FIG. 28   It is a figure which shows two locking members.
【図29】 スライドの斜視図である。FIG. 29   It is a perspective view of a slide.
【図30】 図25に示されているコネクタ群の横方向断面図である。FIG. 30   FIG. 26 is a lateral cross-sectional view of the connector group shown in FIG. 25.
【図31】 ロック装置の分解図である。FIG. 31   It is an exploded view of a locking device.
【図32】 ロック装置の側面図である。FIG. 32   It is a side view of a locking device.
【図33】 図25に示されている実施の形態の変更例の解除状態における側面図である。FIG. 33   FIG. 26 is a side view of the modified example of the embodiment shown in FIG. 25 in a released state.
【図34】 図33に示されているコネクタ群のロック状態における側面図である。FIG. 34   FIG. 34 is a side view of the connector group shown in FIG. 33 in a locked state.
【図35】 分離された収容部材を有する、図33に示されているコネクタ群の背面図であ
る。
FIG. 35 is a rear view of the connector group shown in FIG. 33 with separated containment members.
【図36】 コネクタ群内に挿入される収容部材を有する、図33に対応する図である。FIG. 36   FIG. 34 is a view corresponding to FIG. 33, having a housing member inserted into the connector group.
【図37】 図33−36に示されているコネクタ群の斜視図である。FIG. 37   FIG. 33 is a perspective view of the connector group shown in FIGS. 33 to 36.
【図38】 収容部材内に配置された、図37に示されているコネクタ群を示す図である。FIG. 38   FIG. 38 is a diagram showing the connector group shown in FIG. 37, which is arranged in the housing member.
【図39】 図38に示されている装置の有利な配置を説明するための斜視図である。FIG. 39 FIG. 39 is a perspective view for explaining an advantageous arrangement of the device shown in FIG. 38.
【図40】 図37に示されていると同様の本発明のコネクタ群の配置のための鉄道車両の
断面図である。
40 is a cross-sectional view of a rail vehicle for an arrangement of connector groups of the present invention similar to that shown in FIG. 37.
【図41】 本発明のコネクタ群のハウジングの有利な詳細を示す図である。FIG. 41   FIG. 6 shows advantageous details of the housing of the connector group according to the invention.
【図42】 本発明のコネクタ群のハウジングの有利な詳細を示す図である。FIG. 42   FIG. 6 shows advantageous details of the housing of the connector group according to the invention.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
2 ハウジング 3 端部 4 フランジ 6 ハンマーヘッド 8 凸部またはストップ部材 10 ハンドグリップ 11 ねじ 12 貫通口 13 ロックスライド 14 ヘッド 16 下部シェル 18 上部シェル 20 空洞部 21 内側空間部 22 フランジ 24 回転バネ 26 貫通チャンネル 30 貫通口 31 孔 32 スプレッド部材 34 シャンク 36 スプレッド片 38 傾斜面 40 凸部 46 傾斜面 48 ガイド凸部 50 ロック装置 52 ハウジング 54 バンド 56 バネ 58 固定位置 59 バネ 60 磁石 64 コーナー取付部 66 縦孔 68 コーナー取付部 70 縦孔 72 床 74 ガイド 76 シャフト 78 ディスク 80 歯形構造 82 ロックタペット 84 レバー 88 慣性体 92 バネ 94 バネ 96 凸部 98 傾斜面 100 傾斜面 102 傾斜面 103 凹部 103 隆起カム 110 ロック装置 112 ハウジング半割部 114 ハウジング半割部 115 ロックハウジング 116 孔 118 タペット 120 シャフト 122 ヘッド 124 アーム 126 スロット 128 中央部 130 床面 132 カバー面 134 ボール 136 空洞部 138 溝 140 凹部 142 ベローズ 144 移行部 146 凸部 148 スロット 150 凸レバー 152 ボルト 154 凸面 156 スライド 158 バネ 159 アーム 160 孔 162 連行ピン 164 支持面 166 凹部 168 ボルト 170 ロック部材 172 縦孔 174 開口部 180 ロックハウジング 182 ロック装置 184 上部部材 186 下部部材 188 タペット 190 シャフト 192 ヘッド 194 凹面 196 ボール 198 内面 200 凹部 202 バネ 210 タペット 212 突出部 214 凹部 218 取付部 219 内面 220 バネ 222 排水口 226 片 228 片 230 長手方向搬送体 232 コンテナ 234 蓋部 236 縁部 238 傾斜面 2 housing 3 edges 4 flange 6 hammer head 8 Convex part or stop member 10 hand grip 11 screws 12 through holes 13 Rock slide 14 heads 16 Lower shell 18 upper shell 20 cavity 21 Inner space 22 Flange 24 rotating spring 26 through channels 30 through hole 31 holes 32 Spread member 34 shank 36 spread pieces 38 Inclined surface 40 convex 46 slope 48 Guide convex part 50 locking device 52 housing 54 bands 56 spring 58 fixed position 59 spring 60 magnets 64 corner mount 66 vertical holes 68 Corner mounting part 70 vertical holes 72 floors 74 Guide 76 shaft 78 discs 80 tooth structure 82 Rock Tappet 84 lever 88 inertial body 92 spring 94 spring 96 convex 98 Inclined surface 100 slope 102 inclined surface 103 recess 103 Raised cam 110 locking device 112 Housing half part 114 housing half section 115 lock housing 116 holes 118 tappets 120 shaft 122 head 124 arms 126 slots 128 central part 130 floor 132 Cover surface 134 balls 136 cavity 138 groove 140 recess 142 Bellows 144 Transition 146 convex 148 slots 150 convex lever 152 Volts 154 convex 156 slides 158 spring 159 Arm 160 holes 162 carry pin 164 support surface 166 recess 168 Volts 170 Lock member 172 Vertical hole 174 opening 180 lock housing 182 locking device 184 Upper member 186 Lower member 188 tappet 190 shaft 192 head 194 concave 196 ball 198 Inside 200 recesses 202 spring 210 tappets 212 Projection 214 recess 218 Mounting part 219 Inside 220 spring 222 Drainage port 226 pieces 228 pieces 230 Longitudinal carrier 232 container 234 Lid 236 edge 238 slope
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE,TR),CN,J P,KR,US─────────────────────────────────────────────────── ─── Continued front page    (81) Designated countries EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE, TR), CN, J P, KR, US

Claims (11)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】 少なくとも一方がコネクタ群を部分挿入または案内するアン
    ダーカットホールを有し、好ましくは海上輸送コンテナのコーナー取付部である
    2つの部材を連結する自動ロック及び自動解除コネクタ群であって、 ハウジング(2)と、 ハウジング(2)に移動可能に取り付けられ、解除位置とロック位置の間を移
    動可能である少なくとも1つのロック部材(13,170,6)と、 ハウジングに移動可能に取り付けられたストップ部材(8,150)であって
    、部材(64,218)は、ハウジングに取り付けられており、互いに連結され
    る2つの部材(64,68,218,232)の移動時、ロック部材の解除位置
    において、他の部材(86,232)の孔に挿入可能であり、他方の部材方向へ
    の更なる移動時、ストップ部材がハウジングに対して相対的に移動することによ
    って、ロック部材が解除位置からロック位置に移動して縦孔を下把持し、連結さ
    れる部材が互いに連結されるものと、 ロック装置(50,110,182)であって、ロック部材(13,170,
    6)が所定角度を超えて外側方向に加速され、及び/または停止位置から移動す
    る時にロック部材(13,170,6)の移動と関連して、互いに連結される部
    材がロック位置から解除位置に移動するのを阻止するものと、 を備える。
    1. A self-locking and self-releasing connector group for connecting two members, at least one of which has an undercut hole for partially inserting or guiding the connector group, and which is preferably a corner mounting portion of a sea shipping container. A housing (2), at least one locking member (13,170,6) movably mounted to the housing (2) and movable between a release position and a locking position, and movably mounted to the housing A stop member (8, 150) provided with the housing, the member (64, 218) being attached to the housing, when the two members (64, 68, 218, 232) connected to each other are moved, Can be inserted into the holes of the other members (86, 232) in the release position of the stop part, and the stop part is further moved in the direction of the other member. When the member moves relative to the housing, the lock member moves from the unlocked position to the locked position, holds the vertical hole downward, and the members to be connected are connected to each other. 110, 182) and the locking members (13, 170,
    6) in relation to the movement of the locking members (13, 170, 6) when they are accelerated outwardly beyond a predetermined angle and / or when they move from the rest position, the members to be connected to one another are in the unlocked position from the locked position. To prevent movement to.
  2. 【請求項2】 請求項1に記載のコネクタ群であって、ロック装置(182
    )は、互いに相対的に移動可能な2つの可動部材(188,180)と慣性体(
    196)を有し、ロック装置が水平スライド部材に当接し、及び/またはロック
    装置が通常位置から水平軸周りに傾いた時に、部材の相対移動を阻止する。
    2. The connector group according to claim 1, wherein a locking device (182) is provided.
    ) Is a movable member (188, 180) and an inertial body (188) that are movable relative to each other.
    196) to prevent relative movement of the members when the locking device abuts the horizontal slide member and / or when the locking device tilts from its normal position about the horizontal axis.
  3. 【請求項3】 請求項2に記載のコネクタ群であって、ロック装置(182
    )は、ロックハウジング(180)を有し、ロックハウジング内には、ロックハ
    ウジング内で移動可能に案内されるタペット(188)のヘッド(192)が収
    容され、ヘッドは、上面(194)を有し、該上面は、慣性体として作用するボ
    ール(196)が、ロック装置が、まっすぐ垂直方向を向き、横方向の力を受け
    ていない時に、上面の中央の最も深い位置に配置され、ロック装置が傾き、及び
    /または横方向の加速を受けると最も深い位位置から移動するように構成されて
    おり、また、ハウジング内にヘッドの外面(194)と対向して配置されたカウ
    ンター面(198)を有し、該カウンター面は、ボール(196)と協働し、ヘ
    ッドがカウンター面方向に移動するのを阻止するように構成されている。
    3. The connector group according to claim 2, wherein a locking device (182) is provided.
    ) Has a lock housing (180) in which is housed a head (192) of a tappet (188) movably guided in the lock housing, the head having an upper surface (194). However, the upper surface of the locking device is arranged at the deepest position in the center of the upper surface when the ball (196) acting as an inertial body is oriented in the vertical direction without any lateral force. Is configured to move from its deepest position when subjected to tilting and / or lateral acceleration, and a counter surface (198) located within the housing opposite the outer surface (194) of the head. The counter surface is configured to cooperate with the ball (196) to prevent the head from moving toward the counter surface.
  4. 【請求項4】 請求項1に記載のコネクタ群であって、ロック装置(50)
    は、ストップ部材と協働するバンド(54)が巻き付けられる回転シャフト(7
    6)と、所定の動作状態の発生時にシャフト(76)の回転を規制するロック機構
    (80,82)を有している。
    4. The group of connectors according to claim 1, wherein the locking device (50).
    Is a rotating shaft (7) around which a band (54) cooperating with a stop member is wound.
    6) and a lock mechanism (80, 82) for restricting rotation of the shaft (76) when a predetermined operating state occurs.
  5. 【請求項5】 請求項1〜4のいずれかに記載のコネクタ群であって、スト
    ップ部材(8,50)は、互いに連結される部材(64,68)が他の部材方向
    に移動する時に、ロック部材(13,170)を連結位置からロック位置にハウ
    ジングの側方に突出するように移動させる。
    5. The connector group according to claim 1, wherein the stop member (8, 50) is provided when the members (64, 68) connected to each other move toward other members. , The locking member (13, 170) is moved from the connecting position to the locking position so as to project laterally of the housing.
  6. 【請求項6】 請求項1〜5のいずれかに記載のコネクタ群であって、ハウ
    ジング(2)は、回転可能に取り付けられる配置においてその後面に配置される
    ハンマーヘッド(6)を有し、ハンマーヘッドは、互いに連結される部材(64
    )の一方の対応する縦孔(66)内に移動可能であり、ハンマーヘッドの回転に
    よりハウジングが固定され、ハンマーヘッドは縦孔内の下把持位置に回転可能で
    ある。
    6. The connector group according to claim 1, wherein the housing (2) has a hammerhead (6) arranged on its rear surface in a rotatably mounted arrangement. The hammer heads include members (64
    2) in one of the corresponding vertical holes (66), the rotation of the hammer head locks the housing, the hammer head being rotatable into a lower gripping position in the vertical hole.
  7. 【請求項7】 請求項1〜6のいずれかに記載のコネクタ群であって、スト
    ップ部材(150)は、互いに連結される部材(218,232)の移動時に、ハ
    ウジング(2)の後面に回転可能に取り付けられているロック部材(6)をロッ
    ク位置に回転させる。
    7. The connector group according to claim 1, wherein the stop member (150) is provided on the rear surface of the housing (2) when the members (218, 232) connected to each other are moved. Rotate the rotatably mounted lock member (6) to the locked position.
  8. 【請求項8】 請求項7に記載のコネクタ群であって、ロック部材は、ハン
    マーヘッド(6)を有している。
    8. The group of connectors according to claim 7, wherein the lock member has a hammer head (6).
  9. 【請求項9】 請求項7または8に記載のコネクタ群であって、互いに連結
    される部材(218)の1つの孔(170)に挿入されるハウジングの少なくと
    も一部は、孔内に突出し、孔を下把持し、縦孔の後方の空洞部(219)内への更
    なる移動時に、バネの力に抗して移動可能である。
    9. The connector group according to claim 7, wherein at least a part of the housing inserted into one hole (170) of the members (218) connected to each other projects into the hole, It is capable of gripping the hole down and moving against the force of the spring during further movement into the cavity (219) behind the vertical hole.
  10. 【請求項10】 請求項1〜9のいずれかに記載のコネクタ群であって、ハ
    ウジング(2)は、互いに連結される部材の少なくとも一方の最も外側の後面に
    係合するフランジ(4)を有し、ストップ部材(150)は、フランジの1つ上
    に延出する位置から、フランジとほぼ面一となる位置に移動可能にハウジングに
    取り付けられている。
    10. The connector group according to claim 1, wherein the housing (2) has a flange (4) engaging with an outermost rear surface of at least one of the members to be connected to each other. And a stop member (150) movably attached to the housing from a position extending above one of the flanges to a position substantially flush with the flanges.
  11. 【請求項11】 請求項1〜8のいずれかに記載のコネクタ群であって、互
    いに連結するために接近する方向に移動する部材(64,68)は、反対の方法
    でハウジング(2)の1つのフランジ(4)と係合する。
    11. The group of connectors according to claim 1, wherein the members (64, 68) which move in an approaching direction in order to connect to each other are provided in the opposite way on the housing (2). Engage with one flange (4).
JP2001574467A 2000-04-06 2001-04-06 Automatic lock and automatic release connector group for connecting two members at least one of which has an undercut hole Pending JP2003530280A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE10017236.9 2000-04-06
DE2000117236 DE10017236C2 (en) 2000-04-06 2000-04-06 Automatically lockable and detachable connection assembly, in particular for connecting two sea freight containers arranged one above the other
DE10032566.1 2000-07-05
DE10032566A DE10032566A1 (en) 2000-04-06 2000-07-05 Automatically detachable connection assembly, in particular for connecting two sea freight containers arranged one above the other
PCT/EP2001/003967 WO2001076980A1 (en) 2000-04-06 2001-04-06 Self-locking and -releasing connector group for the connection of two components, at least one of which comprises an undercut hole

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003530280A true JP2003530280A (en) 2003-10-14

Family

ID=26005214

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001574467A Pending JP2003530280A (en) 2000-04-06 2001-04-06 Automatic lock and automatic release connector group for connecting two members at least one of which has an undercut hole

Country Status (7)

Country Link
US (1) US20030164375A1 (en)
EP (1) EP1268311B1 (en)
JP (1) JP2003530280A (en)
CN (1) CN1209272C (en)
AT (1) AT258529T (en)
DE (2) DE10032566A1 (en)
WO (1) WO2001076980A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006051781A1 (en) * 2004-11-09 2006-05-18 Taiyo Seiki Iron Works Co., Ltd. Container connection device
JP2006143329A (en) * 2005-11-09 2006-06-08 Taiyo Seiki Kogyo Kk Container coupler

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100460465B1 (en) * 2002-05-30 2004-12-14 (주)파크랜드 Auto Locking Apparatus of Container for Ship
DE10238895C5 (en) 2002-08-24 2009-04-30 Sec Ship's Equipment Centre Bremen Gmbh Coupling piece for connecting two stacked containers, arrangement of stacked containers and method for connecting stacked containers with such dome pieces
DE102004012838A1 (en) * 2003-10-27 2005-10-06 Horst Neufingerl Automatic locking and releasing connection assembly
DE10356989A1 (en) * 2003-12-03 2005-07-07 Macgregor-Conver Gmbh Coupling piece and method for locking and unlocking coupling pieces for releasably connecting containers
DE102004016275A1 (en) * 2004-03-31 2005-10-20 Macgregor Conver Gmbh Coupling piece and method for locking and unlocking coupling pieces for releasably connecting containers
CN101058363A (en) * 2006-04-18 2007-10-24 欧赛特海洋运输公司 Safety lock for coupling devices
NL1031973C2 (en) 2006-06-09 2007-12-11 Logi D B V Locking device.
DE102009051795B3 (en) * 2009-11-03 2011-04-07 Deutsches Zentrum für Luft- und Raumfahrt e.V. Container, transport unit formed therefrom and container system
CN102166694B (en) * 2010-02-26 2013-12-04 中国海洋石油总公司 Spring type locking mechanism of automatic pipeline all-position welder
US9663021B1 (en) 2016-03-24 2017-05-30 Northrop Grumman Systems Corporation Expanding clamping twistlock for ISO aperture securement
CN106005780B (en) * 2016-07-15 2018-07-10 郑州九冶三维化工机械有限公司 A kind of Collapsible container quick coupling device
TWI626200B (en) * 2017-08-03 2018-06-11 Formosa Forges Corp Container coupling device

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3752511A (en) * 1971-06-04 1973-08-14 Line Fast Corp Container coupler
DE4307781C2 (en) * 1993-03-12 1998-08-27 Egon Van Freeden Vertical container coupling
TW380110B (en) * 1997-04-16 2000-01-21 Taiyo Seiki Iron Works Container connector
DE19734813A1 (en) * 1997-08-12 1999-02-18 Juergen Gloystein Baffle
DE29723812U1 (en) * 1997-09-19 1999-02-25 German Lashing Robert Boeck Gm Locking device for connecting containers
US5954531A (en) * 1997-10-01 1999-09-21 Ericsson Inc. Releasable locking mechanism
WO2000023358A1 (en) * 1998-10-19 2000-04-27 Kabushiki Kaisha Marifit Container connector
US6460227B2 (en) * 1999-12-27 2002-10-08 Buffers Usa, Inc. Locking device for use with stackable shipping containers

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006051781A1 (en) * 2004-11-09 2006-05-18 Taiyo Seiki Iron Works Co., Ltd. Container connection device
JPWO2006051781A1 (en) * 2004-11-09 2008-05-29 大洋製器工業株式会社 Container connector
JP4629052B2 (en) * 2004-11-09 2011-02-09 大洋製器工業株式会社 Container connector
KR101189629B1 (en) 2004-11-09 2012-10-10 다이요 세이키 고교 가부시키가이샤 Container connection device
JP2006143329A (en) * 2005-11-09 2006-06-08 Taiyo Seiki Kogyo Kk Container coupler

Also Published As

Publication number Publication date
CN1209272C (en) 2005-07-06
CN1427791A (en) 2003-07-02
US20030164375A1 (en) 2003-09-04
DE50101402D1 (en) 2004-03-04
EP1268311A1 (en) 2003-01-02
EP1268311B1 (en) 2004-01-28
DE10032566A1 (en) 2002-01-17
AT258529T (en) 2004-02-15
WO2001076980A1 (en) 2001-10-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003530280A (en) Automatic lock and automatic release connector group for connecting two members at least one of which has an undercut hole
KR20110066937A (en) Coupling device for coupling containers, particularly containers used in cargo ships
JP4753142B2 (en) Connecting piece for connecting two containers placed on the top and bottom, and a container having the connecting piece
JP4542129B2 (en) Lock device for tent
US5062752A (en) Container coupling device
CA2694248A1 (en) Latch device for securing cargo containers together and/or to vehicle decks
JP2013521199A (en) Connecting device for connecting containers, particularly for connecting containers used in cargo ships
CA1163865A (en) Cargo securement device
US6519816B1 (en) Container coupling device
US6000890A (en) Retractable self-locking cleat for rope, cable and the like
DE202016104990U1 (en) Lockable freight security
US6490766B1 (en) Coupling device including automatic latching lock
JP3543060B2 (en) Container positioning bracket
JP2006103694A (en) Folding type container
TW523484B (en) Automatically locking and releasing connecting assembly
KR102253300B1 (en) Container edge locks to lock shipping containers in place
KR102220698B1 (en) Sliding Roller having Double Locking Apparatus
JPH0563992U (en) Car storage device with safety function
JPH0563991U (en) Car storage device with safety function
JP2604557B2 (en) Anti-sway type car stop device
CN112896223A (en) Coupler and vehicle with same
JPH0898937A (en) Front frame hinge structure for pachinko machine
JPH0618956Y2 (en) Container lock device
JP5022414B2 (en) Locking device for lid for underground structure
JPH07156706A (en) Belt locking device