JP2003517882A - The article of disposable, including a laminated web with a hole - Google Patents

The article of disposable, including a laminated web with a hole

Info

Publication number
JP2003517882A
JP2003517882A JP2001546357A JP2001546357A JP2003517882A JP 2003517882 A JP2003517882 A JP 2003517882A JP 2001546357 A JP2001546357 A JP 2001546357A JP 2001546357 A JP2001546357 A JP 2001546357A JP 2003517882 A JP2003517882 A JP 2003517882A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
web
article
preferably
component
acid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001546357A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ジョセフ カルロ,ジョン
ブライアン ストルーブ,ジョン
ルース ダイ,デボラ
ヘリン ベンソン,ダグラス
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US09/467,938 priority Critical
Priority to US09/467,938 priority patent/US6884494B1/en
Priority to US55364100A priority
Priority to US09/553,641 priority
Priority to US09/584,676 priority
Priority to US58467600A priority
Application filed by ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー filed Critical ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority to PCT/US2000/034745 priority patent/WO2001045615A1/en
Publication of JP2003517882A publication Critical patent/JP2003517882A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B3/00Layered products comprising a layer with external or internal discontinuities or unevennesses, or a layer of non-planar form ; Layered products having particular features of form
    • B32B3/26Layered products comprising a layer with external or internal discontinuities or unevennesses, or a layer of non-planar form ; Layered products having particular features of form characterised by a particular shape of the outline of the cross-section of a continuous layer; characterised by a layer with cavities or internal voids ; characterised by an apertured layer
    • B32B3/266Layered products comprising a layer with external or internal discontinuities or unevennesses, or a layer of non-planar form ; Layered products having particular features of form characterised by a particular shape of the outline of the cross-section of a continuous layer; characterised by a layer with cavities or internal voids ; characterised by an apertured layer characterised by an apertured layer, the apertures going through the whole thickness of the layer, e.g. expanded metal, perforated layer, slit layer regular cells B32B3/12
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L13/00Implements for cleaning floors, carpets, furniture, walls, or wall coverings
    • A47L13/10Scrubbing; Scouring; Cleaning; Polishing
    • A47L13/16Cloths; Pads; Sponges
    • A47L13/17Cloths; Pads; Sponges containing cleaning agents
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51113Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin comprising an additive, e.g. lotion or odour control
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/5116Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin being formed of multiple layers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/512Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its apertures, e.g. perforations
    • A61F13/5123Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its apertures, e.g. perforations the apertures being formed on a multilayer top sheet
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/513Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by its function or properties, e.g. stretchability, breathability, rewet, visual effect; having areas of different permeability
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F13/534Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad
    • A61F13/537Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad characterised by a layer facilitating or inhibiting flow in one direction or plane, e.g. a wicking layer
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F13/539Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium characterised by the connection of the absorbent layers with each other or with the outer layers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/0208Tissues; Wipes; Patches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • A61Q19/10Washing or bathing preparations
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26FPERFORATING; PUNCHING; CUTTING-OUT; STAMPING-OUT; SEVERING BY MEANS OTHER THAN CUTTING
    • B26F1/00Perforating; Punching; Cutting-out; Stamping-out; Apparatus therefor
    • B26F1/18Perforating by slitting, i.e. forming cuts closed at their ends without removal of material
    • B26F1/20Perforating by slitting, i.e. forming cuts closed at their ends without removal of material with tools carried by a rotating drum or similar support
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26FPERFORATING; PUNCHING; CUTTING-OUT; STAMPING-OUT; SEVERING BY MEANS OTHER THAN CUTTING
    • B26F1/00Perforating; Punching; Cutting-out; Stamping-out; Apparatus therefor
    • B26F1/24Perforating by needles or pins
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B38/00Ancillary operations in connection with laminating processes
    • B32B38/04Punching, slitting or perforating
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B5/00Layered products characterised by the non- homogeneity or physical structure, i.e. comprising a fibrous, filamentary, particulate or foam layer; Layered products characterised by having a layer differing constitutionally or physically in different parts
    • B32B5/22Layered products characterised by the non- homogeneity or physical structure, i.e. comprising a fibrous, filamentary, particulate or foam layer; Layered products characterised by having a layer differing constitutionally or physically in different parts characterised by the presence of two or more layers which are next to each other and are fibrous, filamentary, formed of particles or foamed
    • B32B5/24Layered products characterised by the non- homogeneity or physical structure, i.e. comprising a fibrous, filamentary, particulate or foam layer; Layered products characterised by having a layer differing constitutionally or physically in different parts characterised by the presence of two or more layers which are next to each other and are fibrous, filamentary, formed of particles or foamed one layer being a fibrous or filamentary layer
    • B32B5/26Layered products characterised by the non- homogeneity or physical structure, i.e. comprising a fibrous, filamentary, particulate or foam layer; Layered products characterised by having a layer differing constitutionally or physically in different parts characterised by the presence of two or more layers which are next to each other and are fibrous, filamentary, formed of particles or foamed one layer being a fibrous or filamentary layer another layer next to it also being fibrous or filamentary
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B7/00Layered products characterised by the relation between layers; Layered products characterised by the relative orientation of features between layers, or by the relative values of a measurable parameter between layers, i.e. products comprising layers having different physical, chemical or physicochemical properties; Layered products characterised by the interconnection of layers
    • B32B7/04Interconnection of layers
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D17/00Detergent materials characterised by their shape or physical properties
    • C11D17/04Detergent materials characterised by their shape or physical properties combined with or containing other objects
    • C11D17/049Cleaning or scouring pads; Wipes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F13/534Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad
    • A61F13/537Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad characterised by a layer facilitating or inhibiting flow in one direction or plane, e.g. a wicking layer
    • A61F2013/53765Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad characterised by a layer facilitating or inhibiting flow in one direction or plane, e.g. a wicking layer characterized by its geometry
    • A61F2013/53782Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad characterised by a layer facilitating or inhibiting flow in one direction or plane, e.g. a wicking layer characterized by its geometry with holes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2305/00Condition, form or state of the layers or laminate
    • B32B2305/02Cellular or porous
    • B32B2305/026Porous
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2555/00Personal care
    • B32B2555/02Diapers or napkins

Abstract

(57)【要約】 多数の使用に好適な使い捨ての物品を開示する。 (57) Abstract: discloses a number of suitable disposable article use. 物品は、破断までの第1の伸長度を有する第1の延伸性ウェブ、及び複数の結合部位にて第1の延伸性ウェブと連結される第2の延伸性ウェブを含む孔のある積層ウェブを含み、第2の延伸性ウェブは破断までの第2の伸長度を有する。 Article, laminate web with a first extensible webs, and holes comprising a second extensible web at a plurality of binding sites are connected to the first extensible web having a first elongation to break wherein the second extensible web having a second elongation to break. 第3のウェブ素材は、第1と第2の不織布の間に配置され、第3のウェブ素材は、第1又は第2双方の破断までの伸長度よりも小さい第3の破断までの伸長度を有する。 The third web material is disposed between the first and second nonwoven, third web material, elongation of the up to three rupture less than elongation to break of the first or second both having. さらなる実施態様では、物品の孔のある積層ウェブは、不連続な結合部位にて連結される第1及び第2の延伸性ウェブ及び第1及び第2の不織布ウェブの間に配置される第3の素材を有する。 In a further embodiment, the laminate web with a hole of the article, the third disposed between the first and second extensible web and first and second nonwoven webs that are connected by a discontinuous binding site with the material. 第1及び第2の不織布ウェブは孔を介して液体連通状態にあり、坪量、繊維の配向、厚さ、及び密度から成る群から選択される少なくとも1つの特性によって区別される識別可能な領域を有する。 The first and second nonwoven webs have through holes in fluid communication with, the basis weight, fiber orientation, thickness, and at least one identifiable region are distinguished by a property selected from the group consisting of density having.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】 本発明は、孔のある多層積層ウェブ及び有益成分を含む使い捨ての物品に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to an article of disposable comprises a multilayer laminate web and beneficial component of holes. 【0002】 【発明が解決しようとする課題】 層状関係において別個のウェブを連結することによって形成される積層ウェブを含有する使い捨ての物品は、種々の適用で周知である。 [0002] The present invention is to provide a disposable article containing a laminated web formed by concatenating a separate web in laminar relationship is well known in a variety of applications. 例えば、積層不織布ウェブは、使い捨ての吸収物品(例えば、おむつ、成人失禁用製品)、クリーニング製品、研磨製品等に利用されることが多い。 For example, the laminated nonwoven webs, disposable absorbent articles (e.g., diapers, adult incontinence products), cleaning products, are often utilized in abrasive products. ウェブ成分に追加的な嵩又は柔軟性を提供するためにも不織布及び不織布積層品が利用される。 Nonwoven and nonwoven laminates are also used to provide additional bulk or softness to the web component. 同様に、フイルム/フイルム積層ウェブは、層状関係において種々のフィルムの特徴を組み合わせることによって利益を提供することができる。 Similarly, the film / film laminate web may provide a benefit by combining features of various films in a layered relationship. 積層ウェブは複合ウェブとも呼ぶことができる。 Laminate web can be also referred to as a composite web. 【0003】 あまり一般的ではない積層品の例には、異なった素材の積層品が挙げられる。 [0003] few examples of common and not laminate, include the different materials of the laminate.
素材は、機械的張力特性、熱特性又は視覚/触覚特性において異なっていてもよい。 Material, it may be different mechanical tensile properties, the thermal properties or visual / tactile properties. 例えば、相対的にこわばった布地に不織布を繋いで布地に柔らかい表面の感じを提供してもよい。 For example, it is possible to provide a feeling of soft surface fabric connecting the nonwoven fabric to a relatively stiff fabric. 融解結合、接着剤結合、超音波結合等によって異なった素材を繋いでもよい。 Melt bonding, adhesive bonding, may connect the different materials by ultrasonic bonding or the like. 結合方法は素材自体によって決められることが多いが、接着剤結合が必要なことが多い。 Binding method is often determined by the material itself, the adhesive bond is often required. 例えば、融解特性が大きく異なる積層又は複合素材は、積層の層の間に粘着性の層を必要としてもよい。 For example, the melting characteristics differ laminated or composite material may require adhesive layers between the laminated layers. 不織布材及び熱可塑性フイルム素材のような類似する融解特性を有する素材でさえ、好ましくない層間剥離を防ぐために適切な結合として粘着剤により繋ぐことが多い。 Even material having a melting properties similar to such as nonwoven materials and thermoplastic film materials, often connecting by adhesive as suitable coupling in order to prevent undesirable delamination. かかる加工方法は、粘着剤の添加によって高価となる可能性があり、加える粘着剤のレベルによって得られる積層品は相対的にこわばることが多い。 Such processing methods are likely to be expensive due to the addition of the adhesive, the laminate obtained by the level of the adhesive added is stiffen often relatively. 【0004】 孔のある積層ウェブは当該技術における方法によって作ることができる。 [0004] laminate web with a hole can be made by methods in the art. 不織布ウェブに孔を空ける有益な方法の1つは、例えば、一般的に譲渡されている米国特許第5,916,661号(1999年6月29日発行、ベンソン(Benson One useful way to leave a hole in the nonwoven web, for example, are commonly assigned U.S. Pat. No. 5,916,661 (Jun. 29, 1999 issue, Benson (Benson
)ら)に開示されている。 Disclosed in) et al). この特許は、例えば、少なくとも1層のメルトブロウンウェブ、結合したカードウェブ、又はその他の好適な素材に接合された少なくとも1層のスパンボンドされているウェブを有する積層素材を教示している。 This patent, for example, teaches a laminated material having a web that is spun-bonded at least one layer of meltblown web, bonded carded web, or at least one layer bonded to other suitable materials. かかる孔のあるウェブは使い捨て吸収製品の表面シートとして有用である。 Web with such holes are useful as the topsheet in disposable absorbent products. しかしながら、ベンソン(Benson)の661号は、完全に異なった素材(例えば、異なった素材部類の素材又は異なった素材特性を有する素材)を含む孔のある積層ウェブを教示していない。 However, 661 degree in Benson (Benson) is completely different material (e.g., material having a different material classes material or different material characteristic) does not teach laminate web with a hole containing. 【0005】 上述のように、不織布ウェブは、おむつ、失禁用ブリーフ、トレーニング用パンツ、女性用生理用品等の使い捨て吸収製品として、並びに使い捨てウェットタオル又は実質的な乾式拭き取り用品のようなパーソナルケアクリーニング製品の中で有益である。 [0005] As described above, the nonwoven web, diapers, incontinence briefs, pants for training, as disposable absorbent products such as feminine hygiene, as well as disposable wet towel or a substantial dry wipe personal care cleaning such as supplies it is beneficial in the product. 不織布はまた、使い捨ての衣類、外科用製品(例えば、掛け布、手術衣等)、耐久性衣類、自動車部品、自動車用手入れ用品、張り椅子、ろ過媒体、家庭用手入れ用品(例えば、磨き用拭き取り用品、ホコリ除去用拭き取り用品等)及びその他の消費材又は商品のようなその他の物品の有益な構成成分でもある。 Non-woven fabric also, disposable clothing, surgical products (for example, drapes, surgical gowns, etc.), durable clothing, auto parts, care products for the automotive, upholstered furniture, filtration media, household care products (for example, wipes Shine Housing is also a valuable component of the other articles, such as gifts, etc.), and other consumer goods or goods wipes dust removal. このような及びその他の適用において使用される不織布は、その幅広い視覚的及び触覚的特性から恩恵を受けている。 Nonwoven fabric used in such and other applications have benefited from the broad visual and tactile properties. しかしながら、単独で用いる場合、単一層の不織布は、特に織布又は編物と比べて、既知の製造方法に限界があるために、視覚的な、触覚的な、強度面又は吸収の特性を含めて有益な特性の範囲に限界がある。 However, when used alone, a nonwoven fabric of a single layer, particularly as compared to woven or knitted fabric, because there is a limit to the known manufacturing method, visual, tactile, including the characteristics of the intensity surface or absorption it is limited to a range of beneficial properties. 【0006】 従って、異なった素材特性の成分ウェブを有する積層ウェブを含有する使い捨ての物品を有することが望ましい。 Accordingly, it is desirable to have a disposable articles containing laminate web having components of different material properties web. 従って、粘着剤なしで構成層を接合することによって形成される積層ウェブを含有する使い捨ての物品を得ることが望ましい。 Therefore, it is desirable to obtain an article of disposable containing laminate web formed by bonding the structure layer with no adhesive. さらに、布地様又は編物様の外観及び感触を与える視覚的に識別可能な領域を得る孔のある積層ウェブを含有する使い捨ての物品を得ることが望ましい。 Further, it is desirable to obtain disposable articles containing laminate web with a hole to obtain a visually identifiable areas which give the appearance and feel of the fabric-like or knit-like. 【0007】 【課題を解決するための手段】 使い捨ての物品であって: a)複数の孔を有する積層ウェブであって、前記積層ウェブが: 1)破断までの第1の伸長度を有する第1の延伸性ウェブ; 2)複数の結合部位にて前記第1の延伸性ウェブに接合する第2の延伸性ウェブであって、破断までの第2の伸長度を有する前記第2の延伸性ウェブ;及び 3)前記第1のウェブと第2のウェブの間に配置される第3のウェブ素材であって、前記第1と第2の双方の破断までの伸長度よりも少ない第3の伸長度を有する前記第3のウェブを含み; b)前記積層ウェブに隣接して配置される有益成分を含む。 [0007] A disposable article Means for Solving the Problems]: a laminated web having a a) a plurality of holes, the laminated web is: 1) first with a first elongation to break 1 stretchability web; a 2) the second extensible web joined to said first extensible web at a plurality of binding sites, the second extensible having a second elongation to break web; and 3) a third web material wherein is arranged a first web and between the second web, the first and third less than the elongation to break of the second both wherein said third web having a degree of elongation; b) comprising a benefit agent which are disposed adjacent to the laminate web. 【0008】 もう1つの実施態様では、複数の別個の結合部位にて接合する第1及び第2の延伸性ウェブ及び第1及び第2の不織布ウェブの間に配置される第3の素材を有する孔のある積層ウェブが開示される。 [0008] In another embodiment, a third material disposed between the first and second extensible web and first and second nonwoven webs to be bonded at a plurality of distinct binding sites laminate web with a hole is disclosed. 第1及び第2の不織布ウェブは孔を介して液体で連絡し、坪量、繊維の配向、厚さ、及び密度から成る群から選択される少なくとも1つの特性によって区別される識別可能な領域を有する。 The first and second nonwoven webs through the hole to contact with the liquid, basis weight, fiber orientation, thickness, and identifiable areas which are distinguished by at least one property selected from the group consisting of density a. 【0009】 本明細書は、本発明を特に指摘し且つ明白に請求する特許請求の範囲で終わっているが、本発明は、成分が同様に同じ参照番号を与えられる添付の明細書と併せて、以下の図面によって更に良く理解できるであろう。 [0009] The present specification has finished with claims claim the present invention particularly and distinctly pointed out, the present invention, in conjunction with the specification of the attachments component is given the same reference numbers as well it will be better understood by the following drawings. 【0010】 本明細書で使用されるとき、用語、「吸収性物品」は、液体(例えば、水、クリーニング剤、コンディショナー、光沢剤、体内滲出液)を吸収及び含有する手段をいう。 [0010] As used herein, the term "absorbent article" refers to a liquid (e.g., water, cleaning agents, conditioners, luster agents, body exudates) a means for absorbing and containing. 特定の例では、その言回しは、体内から排出される種々の滲出液を吸収し、含有するために装着者の体に対して又は体の近傍に置かれる装置をいう。 In a particular example, the phraseology absorb various exudates discharged from the body, means a device to be placed in the vicinity of the wearer's body or relative to the body to contain.
別の例では、その語句は、消費者が意図する目的にその物品を利用する時まで有益成分を吸収し、保持する能力を有する物品をいう。 In another example, the phrase the consumer absorbs the benefit agent until the time of use of the article for the intended purpose, it refers to an article capable of holding. 【0011】 用語「使い捨ての」は、本明細書では、洗濯すること、さもなければ復元すること又は何回も再利用することを意図しない(すなわち、好ましくは、25回の使用後、さらに好ましくは約10回の使用後、さらに一層好ましくは約5回の使用後、及び最も好ましくはおよそ単一回数の使用後それらを捨てることを意図する)本発明の物品を表現するのに用いる。 The term "disposable", as used herein, be laundered or otherwise are not intended to be reused it or how many times to restore (i.e., preferably, after the use of 25 times, more preferably after use of about 10 times, even more preferably after use of about 5 times, and most preferably it is intended to throw them away after about the use of a single number) used to represent the articles of the present invention. かかる使い捨ての物品は、環境的に適合した方式でリサイクルされ、堆肥化され、又はさもなければ処置されるのが好ましい。 Articles such disposable is recycled in a manner that is environmentally compatible, is composted, or otherwise preferably be treated. 「一体型」使い捨ての物品は、別々のホルダーやライナーのような別々の操作部品を必要としないように、全体として揃ったものを形成するために一緒に合体させた別々の部品から形成される使い捨ての物品をいう。 Articles disposable "integral" is formed from separate holders and such separate operations part so as not to require a liner, separate parts which were combined together to form what uniform as a whole It refers to disposable goods. 【0012】 本明細書で使用されるとき、用語「不織布ウェブ」は、内部で重ね合わせているが、いかなる規則的でも、反復様式でもない個々の繊維又は糸の構造を有するウェブをいう。 [0012] As used herein, the term "nonwoven web", although superimposed inside, nor any regular means a web having individual fibers or threads structures nor repetitive manner. 不織布ウェブは、過去において、例えば、メルトブロウン工程、 Nonwoven webs, in the past, for example, meltblowing processes,
スパンボンディング工程及び結合カードウェブ工程のような種々の方法によって形成されてきた。 It has been formed by various methods such as spunbonding processes and bonded carded web processes. 【0013】 本明細書で使用されるとき、用語「微小繊維」は、約100ミクロンより大きくない平均直径を有する小さな直径の繊維をいう。 [0013] As used herein, the term "microfibers" refers to fibers of smaller diameter having an average diameter not greater than about 100 microns. 【0014】 本明細書で使用されるとき、用語、「メルトブロウン繊維」は、複数の微小な、通常円形の、金型毛細管を介して融解した熱可塑性の材料を融解糸又はフィラメントとして高速度の気流(例えば、空気)の中に押出すことにより形成され、 [0014] As used herein, the term "meltblown fibers", high speed a plurality of fine, usually circular, thermoplastic material melted through a die capillaries as a molten threads or filaments airflow (e.g., air) is formed by extruding into,
それによって融解した熱可塑性材料のフィラメントを細くして直径を小さくし、 Thereby to thin the filaments of thermoplastic material melted reduced diameter,
微小繊維の直径にしてもよい繊維をいう。 Even if the diameter of the micro-fiber refers to a good fiber. 従って、メルトブロウン繊維は高速度の気流によって運ばれ、採取する面の上に沈着し、無作為に分散したメルトブロウン繊維のウェブを形成する。 Accordingly, meltblown fibers are carried by the high velocity gas stream and deposited on a collection faces, to form a randomly dispersed meltblown fibers of the web. 【0015】 本明細書で使用されるとき、用語、「スパンボンド繊維」は、紡糸口金の複数の微小で通常円形の押出しフィラメントの直径を持つ毛細管から、融解した熱可塑性材料をフィラメントとして押出し、次いで延伸によって急速に縮小することによって形成される小さな直径の繊維をいう。 [0015] As used herein, the term "spunbonded fibers", extruded in a plurality of fine spinnerets from capillaries with a diameter of usually circular extruded filament, the molten thermoplastic material as filaments, then it refers to the fibers of smaller diameter formed by rapidly reduced by drawing. 【0016】 本明細書で使用されるとき、用語、「ポリマー」には、一般にホモポリマー、 [0016] As used herein, the term, the "polymer", generally a homopolymer,
例えば、ブロック、グラフト、ランダム及び交互性コポリマーのようなコポリマー、ターポリマー等、及びそれらの混合物並びに修飾物が挙げられるが、これに限定されない。 For example, block, graft, copolymers such as random and alternating copolymers, terpolymers, etc., and mixtures and modifications thereof, but is not limited thereto. さらに、特に限定しない限り、用語、「ポリマー」は、材料の可能なあらゆる幾何学的配置を包含しなければならない。 Furthermore, unless otherwise specifically limited, the term "polymer" shall encompass all geometrical arrangement possible materials. このような配置には、アイソタクチック、シンジオタクチック及びランダム対称が挙げられるが、これに限定されない。 Such arrangement, isotactic, including but syndiotactic and random symmetries, but are not limited thereto. 【0017】 本明細書で使用されるとき、用語、「伸縮自在の」は、偏った力を適用した場合、伸縮可能であり、すなわち、少なくとも約60パーセント(すなわち、引き伸ばされた偏った長さに対して、緩めた偏っていない長さの少なくとも約160 [0017] As used herein, the term "telescopic", when applied a biased force is stretchable, i.e., at least about 60 percent (i.e., stretched biased length respect, the length that is not biased loosened least about 160
パーセント)伸長可能であり、引き伸ばす、伸長力を解放した場合、伸長の少なくとも55パーセント回復するあらゆる材料をいう。 Percent) and can extend, stretch, when releasing the stretching force, it refers to any material that at least 55% recovery of elongation. 仮説的例は、少なくとも1 Hypothetical example, at least 1
. 60インチに伸長可能であり、1.60インチに伸長して解放した場合、1. And can extend to 60 inches, when released extends 1.60 inches 1.
27インチを超えない長さに戻る1インチの試料材料である。 Not exceeding 27 inches in the sample material of an inch back length. 多数の伸縮自在の材料が60パーセントを超えて(すなわち、緩めた長さの160パーセントをはるかに超える)伸長してもよく、例えば、100パーセント以上伸長してもよく、このような材料の多くが実質的に当初の緩めた長さに戻り、例えば、引き伸ばし力を緩めた場合、当初の緩めた長さの105パーセント以内に戻る。 Numerous stretchable material exceeds 60 percent (i.e., much more than 160 percent of the length loosening) may be extended, for example, may be extended 100 percent or more, many such materials There returns the length loosened substantially initially, for example, when loosening the stretching force, it returns within 105 percent of the original loosened length. 【0018】 本明細書で使用されるとき、用語、「伸縮自在でない」は、上記「伸縮自在」 [0018] As used herein, the term "non-stretchable" is the "telescoping"
の定義内に当てはまらないあらゆる材料をいう。 It refers to any material that of do not fit within the definition. 本明細書で使用されるとき、用語「延伸性がある」は、偏った力を適用した場合、破滅的な破損を経験することなく少なくとも約50パーセント伸長可能なあらゆる材料をいう。 As used herein, "there is extensible" term when applied a biased force, it refers to at least about 50 percent stretchable any material without experiencing catastrophic failure. 本発明の物品は、以下の必須成分を含む。 The article of the present invention comprises the following essential components. 【0019】 積層ウェブ図1に示されるように、本発明の物品の積層ウェブ10は、面と面との層状の関係において配置される少なくとも3つの層、ウェブ又はパイルを含む。 [0019] As shown in laminate web Figure 1, the laminated web 10 of the article of the invention comprises at least three layers are arranged in a layered relationship between the surface and the surface includes a web or pile. 層は本明細書に記載されるように処理可能なだけ十分薄くすべきであるが、実際の厚さ(すなわち、キャリパー)はかなり限られている。 Although the layer should be sufficiently thin as possible treated as described herein, the actual thickness (i.e., caliper) are rather limited. 第1の外層及び第2の外層2 The first outer layer and second outer layer 2
0、40はそれぞれ、破断までの第1の伸長度を有する第1の延伸性ウェブ及び破断までの第2の伸長度を有する第2の延伸性ウェブとして知られる。 0,40 respectively, it is known as the second extensible web having a second elongation up to the first extensible web and breaking with a first elongation to break. 第2の外層は好ましくは、第1の外層と同じ素材を含むが、異なった素材でもよい。 The second outer layer preferably comprises the same material as the first outer layer, or may be different materials. 少なくとも1つの第3の中心層30は、2つの外層の間に配置される。 At least one third central layer 30 is disposed between the two outer layers. 積層ウェブ1 Laminate web 1
0は、以下に記載される熱カレンダー工法によって処理され、構成要素である層を単一のウェブに形成するために、層20、30及び40を結合する役目を果す、複数の融解結合部位50を提供する。 0 is processed by hot calender method described below, in order to form a layer which is a component in a single web, serves to bond the layers 20, 30 and 40, a plurality of melting binding sites 50 I will provide a. 積層ウェブ10は主として不織布ウェブ及び複合材と絡めて配置されるが、原則として積層ウェブ10は、本明細書で開示されるように必要事項(例えば、融合特性、伸張性)を満たすいかなるウェブ素材からも作り上げることができる。 Although the laminated web 10 is mainly arranged twine and nonwoven webs and composites, laminated web 10 as a rule, necessary information as disclosed herein (e.g., fusion characteristics, extensible) any web material that satisfies it is possible to build from. 例えば、構成層は、フイルム、微細多孔性フイルム、孔あきフイルム等である。 For example, constituent layers, films, microporous films, a perforated film or the like. 【0020】 好ましくは、第1及び第2の外層は、不織布である。 [0020] Preferably, the first and second outer layer is a nonwoven fabric. 第1及び第2の外層に好適な不織布材には、セルロース誘導体、スポンジ(すなわち、天然及び合成の双方)、成形フィルム、詰綿、及びそれらの組合せが挙げられるが、これに限定されない。 Suitable nonwoven materials to the first and second outer layers, a cellulose derivative, sponges (i.e., both natural and synthetic), formed films, wadding, and combinations thereof, but is not limited thereto. 好ましくは、第1及び第2の外層はそれぞれ、セルロース性不織布、成形フィルム、詰綿、発泡体、スポンジ、網目状発泡体、真空形成積層体、スクリム、及びそれらの組合せから成る群から選択される材料を含む。 Preferably, each of the first and second outer layers, cellulosic nonwovens, formed films, wadding, foam, sponge, reticulated foams, vacuum formed laminate, scrims, and is selected from the group consisting of including that material. 【0021】 第1の層及び第2の層は、種々の天然及び合成の繊維又は材料を含んでもよい。 [0021] The first layer and the second layer may comprise fibers or materials of various natural and synthetic. 本明細書で用いられる「天然」とは、材料が植物、動物、昆虫、又は植物、動物、及び昆虫の副産物に由来することを意味する。 "Native" as used herein, means that the material derived from a plant, animal, insect, or plant, animal, and by-product insects. 従来の基礎出発物質は通常、 Conventional basic starting material is usually,
任意の一般の合成又は天然の織物長の繊維、又はそれらの組み合わせを含む、繊維状のウェブである。 Any general synthetic or natural textile-length fibers, or combinations thereof, a fibrous web. 【0022】 積層ウェブの層において有用な天然材料の非限定的な例としては、シルク繊維、ケラチン繊維、及びセルロース繊維が挙げられるが、これらに限定されない。 [0022] Non-limiting examples of natural materials useful in the layer of the laminate web are silk fibers, keratin fibers, and include cellulose fibers, but are not limited to.
ケラチン繊維の非限定的な例としては、羊毛繊維、ラクダ毛繊維等から成る群より選択されるものが挙げられる。 Non-limiting examples of keratin fibers include those selected from the group consisting of wool fibers, camel hair fibers, and the like. セルロース性繊維の非限定的な例としては、木材パルプ繊維、綿繊維、大麻繊維、黄麻繊維、亜麻繊維、及びこれらの組み合わせから成る群より選択されるものが挙げられる。 Non-limiting examples of cellulosic fibers, wood pulp fibers, cotton fibers, hemp fibers, jute fibers, flax fibers, and include those selected from the group consisting of. 本発明においては、セルロース繊維材料が好ましい。 In the present invention, cellulose fibers are preferable. 【0023】 積層ウェブの層において有用な合成材料の非限定的な例としては、アセテート繊維、アクリル繊維、セルロースエステル繊維、アクリル系繊維、ポリアミド繊維、ポリエステル繊維、ポリオレフィン繊維、ポリビニルアルコール繊維、レーヨン繊維、ポリエチレン発泡体、ポリウレタン発泡体、及びこれらの組み合わせから成る群より選択されるものが挙げられる。 [0023] Non-limiting examples of synthetic materials useful in the layer of the laminate web, acetate fibers, acrylic fibers, cellulose ester fibers, acrylic fibers, polyamide fibers, polyester fibers, polyolefin fibers, polyvinyl alcohol fibers, rayon fibers , polyethylene foam, polyurethane foam, and include those selected from the group consisting of. 好適な合成材料の例には、アクリラン、クレスラン及びアクリロニトリル系繊維、オーロンのようなアクリル製品;セルロースアセテート、アーネル及びアシーレ(acele)のようなセルロースエステル繊維;及びナイロン(例えばナイロン6、ナイロン66、ナイロン61 Examples of suitable synthetic materials, Akuriran, Kuresuran and acrylonitrile fiber, acrylic products, such as orlon; cellulose acetate, cellulose ester fibers such as Arnel and Ashire (Acele); and nylon (such as nylon 6, nylon 66, nylon 61
0等)のようなポリアミド;フォルトレール、コデル、及びポリエチレンテレフタレート繊維、ポリブチレンテレフタレート繊維、ダクロンのようなポリエステル;ポリプロピレン、ポリエチレンのようなポリオレフィン;ポリビニルアセテート繊維;ポリウレタン発泡体及びそれらの組合せが挙げられる。 Polyamides such as 0, etc.); polyurethanes foams and combinations thereof; fault rails, Koderu, and polyethylene terephthalate fibers, polybutylene terephthalate fibers, polyesters such as Dacron; polypropylene, polyolefins such as polyethylene; polyvinyl acetate fibers It is. それらから調製されるこのような及びその他の好適な繊維及び不織布は、一般に、リーデル( Such and other suitable fibers and the nonwoven fabric prepared therefrom are generally Riedel (
Riedel)著、「不織結合の方法及び材料」不織布の世界(1987年);アメリカ大百科事典(The Encyclopedia Americana)第11巻の147〜153ページ及び第26巻の566〜581ページ(1984年);米国特許第4,891, Riedel) al., "Non-woven binding of methods and materials," non-woven fabric of the world (1987); American Encyclopedia (The Encyclopedia Americana) 566~581 page (1984 of 147 to 153 pages and Vol. 26 of Vol. 11 ); U.S. Patent No. 4,891,
227号(1990年1月2日発行、タマン(Thaman)ら);及び米国特許第4 No. 227 (issued Jan. 2, 1990, Taman (Thaman) et al.); And US Pat. No. 4
,891,228号に記載されており、参考としてその全体を本明細書に組み入れる。 It is described in EP 891,228, incorporated herein in its entirety by reference. 【0024】 天然素材から作られる不織布は、繊維の液状懸濁液でできた細かなワイヤースクリーン上に最も普通に形成された布地又はシートで構成されている。 The nonwoven fabric made from natural materials is composed of the most commonly formed fabric or sheet on a fine wire screen made of a liquid suspension of the fibers. 参考文献としてその全体を本明細書に組み入れているC. C. which is incorporated herein in its entirety by reference A. A. ハンペルら(C.A.Hampel Hampel et al. (C.A.Hampel
)化学百科事典(The Encyclopedia of Chemistry)第3版、1973年793 ) Encyclopedia of Chemical (The Encyclopedia of Chemistry), 3rd edition, 1973 793
〜795ページ(1973年);アメリカ大百科事典(The Encyclopedia Ameri ~795 page (1973); American Encyclopedia (The Encyclopedia Ameri
cana)第21巻、376〜383ページ(1984年);及びG. cana) Vol. 21, 376-383 pages (1984); and G. A. A. スムーク(Smook)、パルプと製紙技術のハンドブック、パルプ及び製紙業界技術協会( Sumuku (Smook), Handbook of pulp and paper technology, pulp and paper industry Technology Association (
1986年)を参照のこと。 1986), a reference to that. 【0025】 本発明の積層ウェブにおいて有用な天然材料の不織布は、広範な市販品から入手してもよい。 The nonwoven fabric of natural materials useful in the laminate web of the present invention may be obtained from a wide variety of commercial products. 本明細書で有用な好適な市販紙層の例としては、ジェイムズ・リバー(James River)(ウィスコンシン州グリーンベイ(Green Bay))から市販されている坪量約71gsyを有する型押しされた、乾式形成のセルロース性化合物層エアテックス(Airtex)(登録商標)、及びウォーキソフトU. Examples of useful suitable commercially available paper layers herein, embossed with a basis weight of about 71gsy which is commercially available from James River (James River) (Green Bay, WI (Green Bay)), dry forming cellulosic compound layer Airtex (Airtex) (registered trademark), and Woki soft U. S. S. A. A.
(Walkisoft USA)(ノースカロライナ州マウントホリー(Mount Holly)) (Walkisoft USA) (North Carolina Mount Holly (Mount Holly))
から市販されている坪量約75gsyを有する型押しされた、乾式形成のセルロース性化合物ウォーキソフト(Walkisoft)(登録商標)が挙げられるが、これらに限定されない。 Embossed with a basis weight of about 75gsy which is commercially available from, cellulosic compounds dry form Woki software (Walkisoft) (R) include, but are not limited to. 【0026】 追加の好適な不織布材料には、米国特許第4,447,294号(1984年5月8日発行、オズボーン(Osborn));同第4,603,176号(1986 [0026] Additional suitable non-woven material, (issued May 8, 1984, Osborn (Osborn)) US Pat. No. 4,447,294; the same No. 4,603,176 (1986
年7月29日発行、ブジョルクイスト(Bjorkquist));同第4,981,55 July 29 issue, Bujorukuisuto (Bjorkquist)); the second 4,981,55
7号(1991年1月1日発行、ブジョルクイスト(Bjorkquist));同第5、 No. 7 (issued Jan. 1, 1991, Bujorukuisuto (Bjorkquist)); the fifth,
085、736号(1992年2月4日発行、ブジョルクイスト(Bjorkquist) No. 085,736 (issued Feb. 4, 1992, Bujorukuisuto (Bjorkquist)
);同第5,138,002号(1992年8月8日発行、ブジョルクイスト( ); The same No. 5,138,002 (August 8, 1992 issue, Bujorukuisuto (
Bjorkquist));同第5,262,007号(1993年11月16日発行、ファン(Phan)ら);同第5,264,082号(1993年11月23日発行、 Bjorkquist)); the same No. 5,262,007 (issued Nov. 16, 1993, fan (Phan) et al.); The same No. 5,264,082 (November 23, 1993 issue,
ファン(Phan)ら);同第4,637,859号(1987年1月20日発行、 Fan (Phan) et al.); The same No. 4,637,859 (issued Jan. 20, 1987,
トロカーン(Trokhan));同第4,529,480号(1985年6月16日発行、トロカーン(Trokhan));同第4,687,153号(1987年8月18日発行、マックネイル(McNeil));同第5、223、096号(1993 Torokan (Trokhan)); the same No. 4,529,480 (issued Jun. 16, 1985, Torokan (Trokhan)); the same No. 4,687,153 (issued Aug. 18, 1987, McNeill (McNeil )); the same No. 5,223,096 (1993
年6月29日発行、ファン(Phan)ら)及び同第5,679,222号(199 June 29 issue, fan (Phan) et al.) And the same No. 5,679,222 (199
7年10月21日発行、ラッシュ(Rasch)ら);同第5,628,097号( Issue 7 October 21, Rush (Rasch) et al.); The same No. 5,628,097 (
1997年5月13日発行、ベンソン(Benson)ら);同第5,916,661 Issued May 13, 1997, Benson (Benson) et al.); The first 5,916,661
号及び同第5,658,639号(双方共1999年6月29日発行、ベンソン(Benson)ら)に記載されるものが挙げられるが、これに限定されない;それぞれ参考としてその全体を本明細書に組み入れる。 No. and (issued both June 29, 1999, Benson (Benson) et al) the first 5,658,639 Patent may be mentioned those described in, but not limited to; hereby in its entirety respectively by reference incorporated in the book. 【0027】 不織布を作る方法は、当技術分野で周知である。 [0027] The method of making a non-woven fabric, is well known in the art. 一般に、これらの不織布は、 In general, these non-woven fabric,
乾式層形成、湿式層形成、融解ブロー成形、コフォーミング、スパンボンド、又はカーディング方法により作成することができ、これらの方法においては、初めに繊維又はフィラメントを長いものから所望の長さに切断し、水流又は気流に通した後、繊維の入った空気又は水を通すスクリーン上に堆積させる。 Dry layer formation, a wet layer formation, melting blow molding, co-forming, can be made by spunbond or carded process, in these methods, cutting the fibers or filaments from longer the beginning to the desired length and was passed through a water or air stream, it is deposited onto a screen through which enters the air or water of the fiber. でき上がった層は、生産法又は組成法の如何に関わらず、それ自体で支え合うウェブを形成するように個々の繊維を共につなぎ止めるための、いくつかの接合処理の少なくとも1つの処理を受ける。 Resulting layer, regardless of the production method or composition method for anchoring both the individual fibers to form a web support each other by itself, some receiving at least one treatment of the bonding process. 本発明では、空気絡合、水流絡合、熱結合、及びこのような工程の組合せを含むが、これに限定されない種々の工程によって不織布を含む層を調製することができる。 In the present invention, air entanglement, hydroentanglement, thermal bonding, and combinations of such steps, it is possible to prepare the layer containing the non-woven fabric by a variety of processes including, but not limited thereto. 【0028】 あまり伸長可能ではない第3の中心層も上記のような不織布であってもよい。 [0028] may be a third central layer also above-described nonwoven Less extensible.
さらに、中心層30それ自体は、外層と熱適合性である必要はない。 Further, the center layer 30 itself need not be an outer layer and the heat compatible. 中心層30 Center layer 30
は、さらに融解処理可能である必要はない。 Need not be further melt processed. それは、例えば、紙、ティッシュ、 It is, for example, paper, tissue,
紙タオル、紙ナプキンのようなセルロース性素材;金属ホイルのような金属素材;綿又はレーヨン混紡のような織物又は編物素材;若しくはポリエステル又は芳香族ポリアミドフイルムのような熱硬化性素材であることができる。 Paper towels, cellulosic materials such as paper napkins; be a thermoset material such as or polyester or aromatic polyamide film; metallic material such as a metal foil; fabric, such as cotton or rayon blend or knitted material it can. 中心層30 Center layer 30
は、孔のある層に加工するのに好適な特性を有するもう1つの不織布であることができる。 It may be another nonwoven fabric having properties suitable for processing into a layer with an aperture. 中心層30が融点を有する場合、外層よりも少なくとも約20℃高いのが好ましい。 If the center layer 30 has a melting point, preferably higher at least about 20 ° C. than the outer layer. しかしながら、中心層30は融点を有する必要はなく、積層体を接合するのに必要なカレンダー工法の温度にて単に軟化を経ればよい。 However, the central layer 30 need not have a melting point, may simply Having passed through the softening at temperatures calendaring necessary to bond the laminate. 金属ホイルのような特定の中心層の素材では、ウェブの熱処理によるいかなる軟化さえもない。 The material of particular central layer such as a metal foil, not even any softening by heat treatment of the web. 【0029】 本発明の予想外の利点の1つは、2つの外層に間に配置される中心層30の選択によって新規のウェブ特性を示すことができるという発見である。 [0029] One of the unexpected advantages of the present invention is the discovery that it is possible to indicate a new web properties by selection of the central layer 30 disposed between the two outer layers. 好ましくは、中心層の素材は、セルロース性物質、熱可塑性詰綿、金属ホイル、金属詰綿、 Preferably, the material of the central layer is a cellulosic material, thermoplastic wadding, metal foils, metal batting,
スポンジ、成形フィルム、及びそれらの組合せから成る群から選択される。 Sponge, molded films, and is selected from the group consisting of. 中心層に好適な素材は、上記で議論したものを包含してもよい。 Suitable materials in the central layer may include those discussed above. しかしながら、中心層は、第1及び第2の外層双方よりも小さい第3の伸長度の破損性を有することが重要である。 However, the center layer, have a third elongation of breakage smaller than the first and second outer layer both are important. 中心層として可能な素材が広範囲であることは、本発明の構造に驚くべき多様性をもたらし、それぞれが幅広い類別の最終使用に有益に適用される。 It can material as the central layer is a wide range results in a structure on the surprising versatility of the present invention are beneficially applied to the final use of each broad classification. 例えば、不織布の外層が、金属ホイルの中心層と共に用いられる場合、得られる積層体は、柔軟で、柔らかく、成形性がある金属性ウェブであり、折り畳んだとき、丸めたとき、又はさもなければ形を崩したとき、相対的に静かである。 For example, non-woven fabric of the outer layer, when used in conjunction with the central layer of the metal foil, the resulting laminate is flexible, soft, metallic webs that moldability, when folded, when rounded, or otherwise when you destroy the form, it is relatively quiet.
かかる材料は、例えば静電遮蔽を必要とする適用で用いることができる。 Such materials can be used in applications requiring, for example, electrostatic shielding. ティッシュペーパーの中心層を用いる場合、得られる積層体は、柔らかく、嵩がある吸収用ウェブである。 When using a center layer of tissue paper, the obtained laminate is soft and absorbent web is bulky. かかる積層体は、例えば拭い取り用具としての使用に好適である。 Such laminates are suitable for use for example as wiping tool. さらに、積層ウェブ10は熱可塑性粘着剤なしで形成されるので、耐久性のある、衣料品様の特性を得ることができる。 Further, the laminated web 10 so formed without thermoplastic adhesive, durable, it is possible to obtain characteristics of the clothing like. かかる積層体は使えなくなるまで何回も洗濯することができる。 Such a laminate can also be washing many times to become unusable. 【0030】 図2に示されるように、中心層30は、積層ウェブ10のウェブ構成層が、以下に詳説されるように処理されるとき、融解結合部位50の2つの素材の界面5 [0030] As shown in FIG. 2, the center layer 30, when the web layers constituting the laminate web 10 is processed as detailed below, the two materials interface melting binding sites 50 5
2にて第1の層20が第2の外層に直接融解結合できるように、融解結合部位5 At 2 as the first layer 20 can be melted directly coupled to the second outer layer, melting the binding site 5
0の領域において中心層30の部分が分離するように、選択される。 In 0 region the portion of central layer 30 so as to separate, is selected. 理論に束縛されないで、中心層を剪断すること、切断すること、さもなければ破損すること及び2つの外層の熱結合を可能にするために中心層の材料を十分に置き換えることによって中心層30のかかる分離を円滑にする。 Without being bound by theory, shearing the central layer, cutting, or otherwise the center layer 30 by well-replacing that the material of the central layer in order to allow thermal bonding of damage to it, and two outer layers to facilitate such separation. 従って、熱結合部位領域50 Thus, thermal bonding site region 50
から中心層30を「絞り取る」ことができるように、中心層30は、相対的に低い伸張性、相対的に高い被破壊性、又は相対的に高い変形性のようなかかる切り開きを可能にする特性を有するように選択すべきである。 As the central layer 30 can be "squeezed take" from the center layer 30 is relatively low extensibility, relatively high the destructible or relatively high deformability such cut open as possible so It should be selected to have the property of. 【0031】 理論に束縛されないで、積層ウェブの層の結合を達成し、続いてそこに孔を形成するために、以下に記載する熱による点カレンダー加工によって狭い幅寸法W [0031] Without being bound by theory, to achieve binding of the laminate web of the layer, followed in order to form therein holes, narrow width W by calendering point by heat, described below
及び高い縦横比を有する熱結合部位が形成されるべきであると考えられている。 And it is believed that it should heat binding site is formed with a high aspect ratio.
例えば、図3は、狭い幅寸法W及び高い縦横比有する、すなわち、長さLが幅W For example, FIG. 3 has a narrow width W and a high aspect ratio, i.e., length L a width W
よりもはるかに大きい単一の融解結合部位50の融解領域を示す。 Showing the melting region of the single melting binding site 50 much larger than. 長さLは適当な結合領域とするように選択すべきであり、一方幅Wは、結合部位(以下に記載するような)を形成するために用いられる隆起が、以下に記載する方法により結合部位の領域にて層30を切断する、剪断する、又はさもなければ分断することができるように、十分に狭い。 The length L should be selected to an appropriate binding region, whereas the width W is a bond by methods ridges used to form a binding site (as described below) are described below cutting the layer 30 at the site of the area, shearing, or otherwise so that it can be separated, sufficiently narrow. 幅Wは、約0.003インチと0.020インチの間であることができるが、好ましい実施態様では、約0.005インチと0. Width W can be between about 0.003 inches and 0.020 inches, in a preferred embodiment, the about 0.005 inches 0.
010インチの間であり、層30の特性によって調整されてもよい。 Is between 010 inches may be adjusted by the properties of the layer 30. 好ましい実施態様では、外層は孔のない状態で結合されるが、中心層は結合後、孔を空けられるように層30のみを分断する。 In a preferred embodiment, the outer layer are coupled with the absence of holes, the center layer after bonding, to divide only the layer 30 to be pierced. しかしながら、結合部位を形成するのに用いられる隆起は、一部の又は全ての結合部位にて全層、20、30、40を貫通した開口部を切断する、剪断する、分断する、さもなければ形成することが、一部の最終使用要件にとっては好ましいことがある。 However, ridges used to form a binding site, some or all layers in all binding sites, cutting the opening through the 20, 30, 40, shearing, severing, or otherwise be formed, it may be preferred for some end use requirements. 【0032】 縦横比は約3(すなわち、L/W比は3/1に等しい)と低くてもよいと考えられている。 The aspect ratio of about 3 (i.e., L / W ratio is equal to 3/1) are considered to be low as. それは約4と20の間であってもよい。 It may be between about 4 and 20. 好ましい1つの実施態様では、縦横比は約10である。 In one preferred embodiment, the aspect ratio is about 10. 融解結合部位50の縦横比は、以下に記載するようなカレンダー加工ローラーの点結合隆起の相当する縦横比によってのみ制限される。 Aspect ratio of the melt bond sites 50 is only limited by the corresponding aspect ratio of point bonds raised calendering roller as described below. 【0033】 好ましい実施態様では、方向的に結合部位50の長さ方向に相当する各結合部位の縦軸は、規則的に配置され、一般的に機械の方向、図1で示されるMDに向いたパターンを反復する。 In [0033] preferred embodiment, the longitudinal axis of each binding site corresponding to the length direction of the directionally binding sites 50, are regularly arranged, generally the direction of the machine, toward the MD as shown in Figure 1 to repeat the stomach pattern. しかし、結合部位は規則的に配置されて、機械の交差方向、又は交差方向と機械方向とが混ざって無作為に向いたパターンを反復する。 However, the binding sites are regularly arranged, the machine cross direction, or the cross direction and the machine direction is repeated pattern oriented randomly mixed. 例えば、結合部位50は、「杉あや模様」のパターンで配置することができる。 For example, binding sites 50 may be arranged in a pattern of "Aya Sugi pattern". 【0034】 本発明のもう1つの利益は、上述した熱により結合された積層ウェブが、融解結合部位50の縦軸、lに一般に対角線状の方向に引き伸ばされる又は伸長されるときに得られる。 [0034] Another benefit of the present invention, the laminate web which is bonded by heat as described above, the longitudinal axis of the melting binding sites 50, obtained when commonly being stretched is or extended diagonally in the direction l. 融解結合部位50における融解結合は、結合部位にてウェブの局所的に弱い部分を作る傾向がある。 Melting bond in the melting binding sites 50, there is a tendency to create a locally weak portion of the web at the binding site. 従って、結合部位50の縦軸lに一般的に対角線状の方向にウェブ10の一部分が伸長されるにつれて、結合部位における素材は張力を失くし、孔が形成される。 Therefore, as part of a general web 10 in diagonal direction to the longitudinal axis l of the binding site 50 is extended, the material in the binding site tension Losing, holes are formed. 融解結合部位50の相対的に高い縦横比によって、十分な伸長の際形成されるべき相対的に大きな孔が可能になる。 The relatively high aspect ratio of the melt bond sites 50, relatively large pores becomes possible to be formed when a sufficient elongation. 積層ウェブ10が均一に引っ張られるとき、結果として、融解結合部位50のパターンに相当する複数の孔60の規則的なパターンが得られる。 When the laminated web 10 is pulled uniformly, as a result, regular patterns of a plurality of holes 60 corresponding to the pattern of the melt bond sites 50 are obtained. 【0035】 図4は、本発明で有用な孔の空いた積層ウェブの部分的な切り取り面を示している。 [0035] Figure 4 shows a partial cut surfaces of the laminated webs vacant useful hole in the present invention. 示されるように、部分的な切り取りによってプランビューの中における各層又はひだを見ることができる。 As shown, it is possible to see the layers or folds in the in the plan view by partial cut. 図4に示される積層ウェブ10は、熱結合した積層体を融解結合部位の縦軸に対して対角線状の方向、この場合、機械に交差する方向、CDにおいて引き伸ばされた後、製造される。 Laminate web 10 shown in FIG. 4, diagonal direction a laminate that is thermally bonded to the longitudinal axis of the melting binding site, in this case, the direction crossing the machine, after being stretched in CD, is manufactured. 示されるように、相対的に弱い結合部位が張力を失くすにつれて、以前融解結合部位50だった場所に、 As shown, the relatively weak binding sites tension as camphor lost, the location was previously melted binding site 50,
孔60が生じる。 Hole 60 occurs. また示されるように、中心層30は、中心層30の材料特性に依存して、積層体の中で一般に均一に分布したままである。 As also shown, the center layer 30, depending on the material properties of the central layer 30, remains uniformly distributed generally in the stack. 【0036】 孔60が形成されるとき、層20、30、40の熱で結合した部分は、主として結合部位50の長さ寸法に相当する孔の周辺部分にとどまったままである。 [0036] When the hole 60 is formed, the portion bonded by the heat of the layer 20, 30, remains largely remained a peripheral portion of the hole corresponding to the length dimension of the binding sites 50. 従って、各孔60は、全周は熱結合材料ではないが、図4の62で表されるようにごく一部は結合したままである。 Accordingly, each hole 60, the entire circumference is not a thermal bonding material, the small portion as represented by 62 in FIG. 4 remain bound. かかる積層ウェブの有益な特性の1つは、いったん孔があくと、中心層との液体の連絡が助長されることである。 One of the beneficial properties of such a laminate web is once hole drilled, the contact of the liquid with the central layer is promoted. 従って、2つの相対的に吸収性でない外層の間で吸収性の中心層30を用いることができ、積層体10は、外部面の手触りが相対的に乾いた吸収性の拭い取り用品とすることができる。 Therefore, it is possible to use a central layer 30 of the absorbent between the outer layer is not a two relatively absorbent, laminate 10, be absorbent wiping articles which touch the outer surface is dry relatively can. 【0037】 図5は、図4において示された横断面の模式図である。 [0037] FIG. 5 is a schematic diagram of a cross section shown in FIG. 示されるように、積層体がTの方向に伸長された場合、孔60が形成する。 As shown, when the laminate is stretched in the direction T, then hole 60 is formed. 【0038】 特定の好ましい実施態様では、積層ウェブは、表面積の約10%〜約20%が「孔のある領域」である表面積を有することを特徴とする。 [0038] In certain preferred embodiments, the laminated web is from about 10% to about 20% of the surface area and having a surface area which is "area of ​​pores". 本明細書で使用されるとき、「孔のある領域」は、特定の領域をカバーするのに必要な素材の量が、 As used herein, "region of holes" is the amount of material needed to cover a specific area,
引き伸ばし/リングロールの後生じるウェブの伸長のために最少化されるようにウェブに孔があいている又は孔を含有することを意味する。 Means containing or holes holes in the web is free to be minimized for web elongation occurring after stretching / ring rolling. さらに好ましくは、 More preferably,
ウェブの孔のある領域は約11%〜約17%である。 Region of the web of the holes is about 11% to about 17%. 【0039】 図4を参照して積層ウェブが伸長されたとき派生する本発明の物品のもう1つの利益は、2つの外層より弱い破損伸長性を有する中心層30がいずれかの外層よりも小さな伸張性にて張力を失うことである。 [0039] Another benefit of the article of the present invention derived when the reference to laminate web 4 is extended a small than the outer central layer 30 is either with a weak damaged stretch of two outer layers it is to lose the tension in the stretch. 従って、積層体が融解結合部位50の縦軸 lに対して一般的に対角線状に伸長される場合、外層20及び40 Thus, if the laminate is generally extended diagonally to the longitudinal axis l of the melted binding sites 50, the outer layer 20 and 40
は伸長して孔を形成する。 To form a hole in extension. しかしながら、外層よりも弱い破損伸張性を有する中心層30は、伸長後、中心層30が積層ウェブ10の孔のない領域にわたってもはや均一に分布しないように十分な伸長で破損する。 However, the center layer 30 having a weak breakage extensible than the outer layer after stretching, the central layer 30 from being damaged with sufficient elongation to no longer uniformly distributed over the area without holes of the laminated web 10. 【0040】 2つの外層よりも弱い破損伸張性を有する中心層を有するウェブの実施態様の1つの実施例が、図5において示される部分的な切り取り図である。 [0040] One embodiment of the web embodiment having a central layer having a weak breakage extensible than the two outer layers is a partial cutaway view shown in FIG. 部分的な切り取りによってプランビューの中に各層又はひだを見ることができる。 You can see the layers or folds in the plan view by partial cut. 示されるように、伸長後、中心層30は、断片化し、中心層素材の不連続領域を形成する。 As shown, after stretching, the center layer 30 is fragmented to form discontinuous regions of the central layer material. このような不連続領域は、図5に示される列におけるように相対的に均一に分布してもよく、又は、融解結合部位50のパターン及び採用される伸長方法によっては相対的に無作為に分布してもよい。 Such discrete areas may be relatively uniformly distributed as in the sequence shown in Figure 5, or relatively randomly by the pattern and extension methods employed for melting the binding site 50 it may be distributed. 図5に示されるものに類似する構造を有するウェブ10の実施例の1つは、相対的に低い伸張性のティッシュペーパーの中心層と共に相対的に伸長可能である不織布の外層を有するウェブである。 One embodiment of the web 10 having a similar structure to that shown in FIG. 5 is a web having a nonwoven outer layer can be relatively extended with the center layer of the relatively low extensibility of tissue paper . 【0041】 図6に記載される積層ウェブ構造の驚くべき利益は、坪量、厚さ、密度、及びそれらの組合せから成る群から選択される少なくとも1つの特性によって区別される、ウェブの孔のない部分における識別可能な領域の存在である。 The surprising benefit of the laminated web structure as described in FIG. 6, the basis weight, thickness, density, and are distinguished by at least one property selected from the group consisting of, the web of holes the presence of identifiable regions in portions without. 図7の横断面に示すように、数個のかかる領域が区別される。 As shown in the cross-section of FIG. 7, several of such regions can be distinguished. 好ましい実施態様では、領域は視覚的に区別され、積層ウェブに審美的に心地よい外観及び本発明の物品において特に有用であるという感触をを与える。 In a preferred embodiment, the regions are visually distinguishable, give the feel that is particularly useful laminate web in the article of aesthetically pleasing appearance and present invention. 領域はまた積層体に衣類のような又は編物のような質感を与えてもよい。 Region also may provide a texture as such or knitted as garment laminate. 【0042】 図7を参照して、示された横断面において数個の構造的に識別可能な領域が同定される。 [0042] With reference to FIG. 7, several structurally identifiable areas in transverse cross-section shown is identified. 64で示される領域は孔60に相当する。 Region indicated by 64 corresponds to the hole 60. ウェブの孔のない領域では、領域66は中心層30を含む相対的に坪量の高い領域である。 In the region without the web pores, region 66 is a relatively high basis weight comprising a central layer 30 area. 領域68は、中心層30が破損し、分離している、すなわち、もはや完全には存在しない、ウェブ10の相対的に低い坪量領域を形成する積層ウェブの一部分を表す。 Region 68 central layer 30 is damaged, it is separated, i.e., do not exist in longer completely represent the portion of the laminate web to form a relatively low basis weight regions of the web 10. 一般に、 In general,
坪量が高ければ高い領域ほど、相応して密度も高い領域になるが、そのようになる必要はない。 More the higher the basis weight regions of high, although a density correspondingly also higher regions need not be so. 例えば、複数の坪量の領域に加えて複数の密度の領域を形成するために、伸長後エンボス加工工程を適用することができる。 For example, in order to form a region of a plurality of density in addition to the areas of a plurality of basis weight can be applied elongation after embossing step. 高い坪量又は高密度の領域のいずれかについて、差異は単に指の間で擦ることによって識別できることが多い。 For any high basis weight or density region, a difference is often simply be identified by rubbing between the fingers. 【0043】 一般に、機械方向MDに伸長する融解結合部位50の一般に並行の列を有し、 [0043] In general, it has a generally parallel columns of melting binding site 50 extending in the machine direction MD,
相応して伸長されたとき一般に並行な孔の列を形成する、そして外層よりも低い破損伸張性を有する中心層を有する積層ウェブ10について、得られる伸長され、孔の空いた積層ウェブ10は、機械方向MD、例えば図6及び図7の領域68 Forming a row of generally parallel hole when extended correspondingly, and the laminated web 10 having a central layer having a low breakage extensibility than the outer layer, is elongated obtained laminate web 10 which vacant holes, machine direction MD, for example, FIG. 6 and regions 68 in FIG. 7
における孔の間の一般に低い坪量、低密度の領域を特徴とする。 Generally lower basis weight between the holes in, and wherein the region of low density. 同様に、積層ウェブ10は、機械と交差する方向CD、例えば図7の領域66における隣接する孔の列の間の相対的に高い坪量、高密度の領域を特徴とする。 Similarly, the laminated web 10 is relatively high basis weight between adjacent rows of holes in the direction CD, for example, region 66 in FIG. 7 intersecting the machine, characterized by high-density region. 中心層材料30及び積層後に可能な操作、例えば、エンボス加工工程の選択によって、積層ウェブの厚さも同様に変化させることができ、厚い領域ほど一般に高い密度の領域に相当する。 Central layer material 30 and possible after laminating operation, for example, by selection of the embossing process, the thickness of the laminate web also can be varied as well, corresponding to the region of generally high density thicker region. 【0044】 本発明で有用な積層ウェブのもう1つの実施態様は、外層が繊維の方向によって差別化される識別可能な領域を特徴とするとき、不織布ウェブを利用するものである。 [0044] Another embodiment of a useful laminate web in the present invention, when the outer layer is characterized by identifiable areas which are differentiated by the direction of the fibers, is to utilize the nonwoven web. ほかの領域よりも大きな伸長を経る、ウェブ内の限定された領域を与えることによって、繊維の配向を差別化することができる。 Undergo greater elongation than the other region, by providing a limited area in the web can be differentiated the orientation of the fibers. 例えば、図6の領域6 For example, region 6 in FIG. 6
8に相当する領域において、より強くウェブ10を局所的にピンと引っ張ることによって、繊維の有意に再配向した領域が形成される。 In the region corresponding to the 8 by pulling locally pins stronger web 10, significantly reoriented regions of the fibers are formed. かかる局所的な引っ張りは以下に記載する本発明の方法によって可能である。 Such localized tension is possible by the method of the invention described below. 【0045】 図8は、伸長されて孔を形成し、局所的に伸長されて繊維が再配向した領域6 [0045] Figure 8 is extended to form a hole, region 6 is locally elongated fibers reorientation
8を生じた、本発明の拡大した詳細なウェブを示す顕微鏡写真である。 8 occurs, a microscopic photograph showing an enlarged detailed web of the present invention. 図8で見ることができるように、ほかよりも大きな程度でウェブの一部分を局所的に伸長することにより、それによって形成された孔は大きさが異なることができる。 As can be seen in FIG. 8, by locally stretching the portion of the web to a greater degree than other, it hole formed by the can in size differ. 従って、図8の70として一般的に示される領域は、72によって示される領域よりもさらにひずみを受ける(すなわち、局所的伸長)。 Therefore, a region generally shown as 70 in FIG. 8, further subjected to distortion than region indicated by 72 (i.e., local elongation). 従って、領域70における孔は、領域72におけるものよりも大きく、領域72における不織布ウェブ素材の坪量は、領域70における不織布ウェブ素材の坪量よりも小さい。 Thus, the holes in the region 70, greater than that in region 72, the basis weight of the nonwoven web material in the region 72 is less than the basis weight of the nonwoven web material in the region 70. 局在したひずみの差別による坪量の差異に加えて、本発明の積層ウェブは、繊維が再配向した識別可能な領域68も示すことができる。 In addition to the basis weight differences due discrimination strain localized, laminate web of the present invention can also exhibit identifiable areas 68 of fiber reorientation. このような領域では、繊維は、一般的な無作為の方向から伸長方向に優位な向きに再配向をしている。 In such regions, the fibers are re-oriented dominant orientation in the direction of the common random extension direction. 【0046】 図6に見られるようなウェブ10を作るために、中心層30は、多数の異なった材料のいずれであってもよい。 [0046] To make the web 10 as seen in FIG. 6, the center layer 30 may be any of a number of different materials. 例えば、外層20及び40が相対的に高い破損伸張性を有する不織布ウェブであれば、中心層30は、2つの外層に比べて相対的に低い破損伸張性を有する紙、ティッシュペーパー、熱可塑性フイルム、金属ホイル、閉鎖型又は解放型セル発泡体、又はその他のいかなる材料であってもよい。 For example, if the nonwoven web layer 20 and 40 have a relatively high failure extensible, center layer 30 of paper having a relatively low breakage elongation as compared to the two outer layers, tissue paper, a thermoplastic film , metal foil, closed or open type cell foam, or other may be any material. 孔を形成するために中心層が伸長方向において相対的に伸長可能でないという制約があるだけで、外層材料はそれ自体異なってもよい。 Only there is a restriction that the central layer to form a hole is not possible relatively extended in the direction of elongation, the outer layer material may be different itself. 【0047】 加えて、1つを超える中心層30を用いることで有益な結果が得られる。 [0047] Additionally, beneficial results by using a central layer 30 of more than one. 例えば、セルロース性のティッシュの中心層及び高分子フィルムを含む追加の中心層を含み、両中心層が不織布の第1及び第2の外層の間に配置される積層ウェブは、一方が他方よりも相対的にさらに吸収性である吸収性拭い取り物品を製造することができる。 For example, include additional center layer including the central layer and the polymer film of cellulosic tissue, laminate web both central layer is disposed between the first and second outer layers of nonwoven fabric, than one of the other it is possible to manufacture an absorbent wiping article is more absorbable relatively. 追加の高分子フィルムの中心層が3次元の成形フィルムであれば、フイルム側は、多数の拭い取り用品で有益である、付加された質感を積層体に与えることができる。 If formed film center layer of a three-dimensional additional polymeric film, film side can give beneficial in many wiping products, the added texture to the laminate. 本発明の使用に好適な顕微鏡的に膨張させられた、3次元の成形フィルムには、一般的に譲渡された米国特許第3,929,135号(1 Was suitable microscopically inflated for use in the present invention, the molded film of a three-dimensional, generally assigned U.S. Patent No. 3,929,135 (1
975年12月30日発行、トンプソン(Thompson))、及び米国特許第4,3 Issue 975 December 30, Thompson (Thompson)), and US Pat. No. 4,3
42,314号(1982年8月3日発行、ラデル(Radel)ら)に記載されるものが挙げられ、両特許はここに、参考として本明細書に組み入れる。 No. 42,314 (Aug. 3, 1982, Radel (Radel) et al) include those described in, both patents hereby incorporated herein by reference. 【0048】 中心層は、エラストマーであってもよく、「水滴耐性多孔性の伸長可能なウェブ」と題し、1997年3月14日クロー(Curro)らによって出願され、一般に譲渡された米国特許出願出願番号第08/816、106号に記載されるような顕微鏡的に伸長され、真空で形成された、3次元のエラストマー成形フィルムであることができ、この特許を参考として本明細書に組み入れる。 The central layer may be an elastomer, titled "water droplet resistance porous stretchable web", filed by 1997 14 March claw (Curro) et al, commonly assigned U.S. patent application Ser. application number is microscopically extension as described in No. 08 / 816,106, which is formed by a vacuum, can be an elastomeric formed film of a three-dimensional, incorporated herein by this patent by reference. さらに、中心層は、双方とも参考として本明細書に組み入れる、一般に譲渡された米国特許第4,629,643号(1986年12月16日発行、クロー(Curro)ら)及び同第4,609,518号(1986年9月2日発行、クローら)に記載されるような微小な孔を有する3次元の成形フィルムであることができる。 Further, the center layer, both incorporated herein by reference, generally is assigned U.S. Patent No. 4,629,643 (Dec. 16, 1986 issued claw (Curro) et al) and the first 4,609 it can be a formed film of a three-dimensional having minute pores, such as described in 518 No. (issued Sep. 2, 1986, claw et al). 【0049】 中心層は、参考として本明細書に組み入れる米国特許第5,518,801号(1996年5月21日発行、チャペル(Chappell)ら)で開示されているような引張り可能な網目組織を有するウェブ素材であることができる。 The central layer is by reference as herein incorporated U.S. Patent No. 5,518,801 (issued May 21, 1996, Chapel (Chappell) et al), as disclosed in a tensile possible network structure it can be a web material having a. かかるウェブは、例えばプレート又はロールを合わせることによるエンボス加工によって形成される構造的に弾性ゴム様のフィルム(SELF)であることができる。 Such web can be, for example, plates or structures are formed by embossing to elastic rubber-like films by combining the roll (SELF). 【0050】 中心層は、吸収性の孔の空いたセル発泡体ウェブ材料であることができる。 The central layer may be a cell foam web material free absorbent pores. おむつのような高性能の吸収性物品に特に好適な吸収性発泡体は、高内相エマルション(以後「HIPE」という)により製造される。 Particularly suitable absorbent foams for high performance absorbent articles such as diapers are produced by high internal phase emulsion (hereinafter referred to as "HIPE"). 例えば、米国特許第5,2 For example, U.S. Patent No. 5,2
60,345号(1993年11月9日発行、デスマリアス(DesMarais)ら) No. 60,345 (published November 9, 1993, Desumariasu (DesMarais), et al.)
、及び米国特許第5,268,224号(1993年12月7日発行、デスマリアス(DesMarais)ら)を参照のこと、ここで参考として本明細書に組み入れる。 , And U.S. Patent No. 5,268,224 (Dec. 7, 1993 issued Desumariasu (DesMarais) et al) See, here incorporated herein by reference. このような吸収性HIPE発泡体は、(a)そのあとに続く収容すべき出てくる液体に備えるために、吸収された尿又はその他の体液を当初の衝撃帯から泡状構造物の他の領域に移すための相対的に良好な灯心現象及び液体分配特性;及び(b)負荷のもと、すなわち圧縮力のもとでの相対的に高い液体収容能力を伴った相対的に高い保存能力を含む、望ましい液体取り扱い特性を提供する。 Such absorbent HIPE foam, (a) to prepare for the liquid coming out to be accommodated subsequent Then, it absorbed urine or other body fluids of the original from the impact zone other of foam structure relatively good wicking and liquid distribution characteristics for transfer to the region; and (b) the load of the original, i.e. relatively high storage capacity accompanied by a relatively high liquid capacity under compressive force including, to provide the desired liquid handling characteristics. 【0051】 中心層30はさらに吸収性ゲル化素材を含んでもよい。 The center layer 30 may further comprise a absorbent gelling material. 例えば、本発明の積層ウェブを吸収性拭き取り物品又は本発明の使い捨て吸収性物品として用いる場合、超吸収剤又はヒドロゲル素材は、優れた吸収性を提供する可能性がある。 For example, when used as a disposable absorbent article of the absorbent wiping articles or the present invention the laminate web of the present invention, superabsorbent or hydrogel material, may provide superior absorbency. 本明細書で使用されるとき、「ヒドロゲル」によって水性の液体を吸収し、適度な圧力下でそれを保持することが可能な無機又は有機化合物を意味する。 As used herein, to absorb aqueous liquids by "hydrogel" means capable inorganic or organic compound hold it under moderate pressures. 良好な結果のためには、ヒドロゲルは非水溶性であるべきである。 For good results, the hydrogel should be water-insoluble. 例は、シリカゲルのような無機材料及び架橋ポリマーのような有機化合物である。 Examples are organic compounds such as inorganic materials and crosslinked polymers such as silica gel. 架橋は、共有結合、イオン結合、ファンデルワールス結合、又は水素結合であってもよい。 Crosslinking is a covalent bond, ionic bond, or a van der Waals bond, or hydrogen bond. ポリマーの例には、ポリアクリルアミド、ポリビニルアルコール、エチレン無水マレイン酸コポリマー、ポリビニルエーテル、ヒドロキシプロピルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ポリビニルピリジン等が挙げられる。 Examples of polymers include polyacrylamides, polyvinyl alcohol, ethylene maleic anhydride copolymers, polyvinyl ethers, hydroxypropyl cellulose, carboxymethyl cellulose, polyvinyl pyridine, and the like. 好適なゲル化素材は、 Suitable gelling material,
本発明のパーソナルケア物品に関する「任意成分」において以下に記載する。 Described below in the "optional ingredients" relates to personal care articles of the present invention. しかしながら、かかるゲル化素材は、物品の意図される用途にかかわりなく、本発明の物品のそれぞれにおいて利用されてもよいことを理解すべきである。 However, such gelling material, regardless of the intended use of the article, it should be understood that may be utilized in each of the articles of the present invention. 【0052】 結合のための粘着剤を用いずに異なった材料からウェブを作ることができるので、積層ウェブの構造は本発明の物品の組み立てで特に有用である。 [0052] Since the different materials without using an adhesive for bonding can make the web structure of the laminate web is particularly useful in the assembly of the article of the present invention. 複数の融解結合部位50は積層内で構成成分のウェブを一緒に保持するのに十分であり、そのため積層ウェブは、整合性を進め、使用するために単一のウェブとして挙動し、望ましくない層間剥離がない。 The multiple melting binding site 50 is sufficient to hold together the web components in the stack, therefore laminate web advances the integrity, behave as a single web to use, unwanted interlayer peeling is not. しかしながら、一部の実施態様、及び特定の素材については、少なくとも2つの構成層の間に粘着剤を適用することが有益な場合がある。 However, some embodiments, and for certain materials, it may be beneficial to apply an adhesive between the at least two constituent layers. 【0053】 積層ウェブの製造方法図9を参照すると、本物品の積層ウェブを製造する方法が100にて模式的に説明されている。 [0053] With reference to manufacturing process diagrams 9 of the laminated web, the method of manufacturing the genuine article laminate web is schematically described in 100. 第1の相対的に伸長可能なウェブ120が供給ロール104から巻き戻され、 First relatively stretchable web 120 is unwound from supply roll 104,
供給ロール104がそれと関係ある矢印で示される方向に回転するように、それと関係ある矢印で示される方向に進む。 As the supply roll 104 rotates in the direction indicated by the certain relationship therewith arrow therewith advances in the direction indicated by the relationship some arrows. 同様に、第2の相対的に伸長可能なウェブ140が供給ロール105から巻き戻される。 Similarly, a second relatively stretchable web 140 is unwound from a supply roll 105. 中心層130は同様に供給ロール107から引き出される。 Central layer 130 is drawn from the same supply roll 107. 3つの構成成分(又は、1より多い中心層を用いる場合、それ以上)が、ローラー110と112で形成される、熱による結合のローラー配置108のロール間隙を通過する。 Three components (or, when using a more central layer than 1, more) is formed by a roller 110 and 112, it passes through the nip roller arrangement 108 of the coupling due to heat. 【0054】 外層のいずれかが、双方とも参考として本明細書に組み入れる、一般に譲渡された米国特許第4,629,643号(1986年12月16日発行、クロー( [0054] one of the outer layer, both incorporated herein by reference, in general, assigned US Patent No. 4,629,643 (December 16, 1986 issue, Claw (
Curro)ら)及び同第4,609,518号(1986年9月2日発行、クローら)に記載されるような微小な孔を有する3次元成形フィルムのような成形フィルムを含むことができる。 Curro) et al) and Nos. 4,609,518 (issued Sep. 2, 1986, may include a formed film such as a three-dimensional formed film having minute pores, such as described in claw et al) . 【0055】 好ましい実施態様では、外層の双方が不織布材を含み、同一であってもよい。 In [0055] preferred embodiment, both the outer layer comprises a nonwoven material, it may be the same.
不織布材は、例えば、既知のメルトブロウン法又は既知の回転結合法のような既知の不織布押し出し法によって形成されてもよく、先ず、供給ロール上に結合されることなく及び/又は保存されることなく、ロール間隙106を直接通過する。 Nonwoven materials, for example, may be formed by known nonwoven extrusion processes, such as the known melt blown method or a known rotary coupling method, first, and / or conserved it without being coupled on the supply roll without passing through the nip 106 directly. しかしながら、好ましい実施態様では、不織布ウェブそれ自体が、供給ロール上の市販されている熱で点結合した(連結された)ウェブである。 However, in a preferred embodiment, the nonwoven web itself was point bonded with heat that is commercially available on the supply roll (linked) is a web. 【0056】 第3の中心層が第1及び第2の外層双方よりも伸長可能でなければ、不織布ウェブの外層は、弾性であっても弾性でなくてもよい。 [0056] If the third central layer be extendible than the first and second outer layer both outer layers of the nonwoven web may not be elastically be an elastic. 不織布ウェブは、回転結合ウェブ、メルトブロウンウェブ又は結合カードウェブを含めて、融解融合可能ないかなるウェブであってもよい。 Nonwoven webs, rotary coupling web, including meltblown web or bonded carded web may be melt fusible any web. 不織布ウェブがメルトブロウン繊維のウェブであれば、メルトブロウン微小繊維を含んでもよい。 If the nonwoven web is meltblown fiber webs may include meltblown microfibers. 不織布ウェブは、例えば、ポリオレフィンのような繊維形成ポリマーから作られてもよい。 Nonwoven web, for example, may be made from fiber-forming polymers such as polyolefins. 例示となるポリオレフィンには、1以上のポリプロピレン、ポリエチレン、エチレンコポリマー、 Polyolefins the illustration, one or more of polypropylene, polyethylene, ethylene copolymers,
プロピレンコポリマー、及びブテンコポリマーが挙げられる。 Propylene copolymers, and butene copolymers and the like. 不織布ウェブは、 Nonwoven web,
約10〜約60グラム/平方(gsm)の間、及びさらに好ましくは約15〜約30gsmの坪量を有することができる。 Between about 10 to about 60 grams / square (gsm), and more preferably have a basis weight of about 15 to about 30 gsm. 【0057】 不織布の外層はそれぞれそれ自体、例えば、メルトブロウンウェブ、結合カードウェブ、又はその他の好適な素材の少なくとも一層に連結する回転結合の少なくとも一層を有する複数層の素材であってもよい。 [0057] Each of the outer layers of the nonwoven fabric itself, for example, meltblown webs, bonded carded web or other suitable material may be a material a plurality of layers having at least one layer of a rotating coupling at least to further coupling. 例えば、不織布ウェブは、約0.2〜約8オンス/平方ヤードの坪量を有するスパンボンドされているポリプロピレンの第1の層、約0.2〜約4オンス/平方ヤードの坪量を有するメルトブロウンポリプロピレンの層、及び約0.2〜約8オンス/平方ヤードの坪量を有するスパンボンドされているポリプロピレンの第2の層を有する複数層のウェブであってもよい。 For example, the nonwoven web has a basis weight of the first layer of polypropylene spunbonded has a basis weight of from about 0.2 to about 8 oz / yd, from about 0.2 to about 4 oz / yd a layer of meltblown polypropylene, and may be a web of multiple layers having a second layer of polypropylene spunbonded has a basis weight of from about 0.2 to about 8 oz / yd. 別の方法としては、不織布ウェブは、約0.2〜約10オンス/平方ヤードの坪量を有するスパンボンドされているウェブ又は約0.2〜約8オンス/平方ヤードの坪量を有するメルトブロウンウェブのような材料の単一層であってもよい。 Alternatively, the nonwoven web is a melt having a basis weight of the web, or from about 0.2 to about 8 oz / yd being spunbond having a basis weight of about 0.2 to about 10 oz / yd it may be a single layer of material, such as a blown web. 【0058】 不織布ウェブの外層は、2又はそれより多くの異なった繊維の混合物又は繊維及び粒子の混合物から成る複合体であってもよい。 [0058] The outer layer of the nonwoven web may be a composite body consisting of a mixture of two or more different mixtures, or fibers and particles of fibers. かかる混合物は、共に混合された繊維、並びに、例えば木材パルプ、主要繊維及び粒子のようなその他の素材が繊維が集まるより前に密接に絡合するように、メルトブロウン繊維又は回転結合繊維が運ばれている気流に繊維及び/又は粒子状物質を加えることによって形成してもよい。 Such mixtures, fibers mixed together, and, for example wood pulp, as other materials such as the major fibers and particles entangled closely before the fibers are gathered, meltblown fibers or rotary coupling fibers luck may be formed by adding fibers and / or particulate matter to the airflow that Barre. 【0059】 本明細書に記載されるように積層ウェブを加工する前に、それぞれの層の繊維の外側のカバーを結合によって連結し、干渉性のウェブ構造を形成することができる。 [0059] Before processing the laminated web as described herein, the outer cover of the fibers in each layer are connected by a bond, it can form a coherent web structure. 好適な結合技法には、点カレンダー加工、水流絡合、及びニードリングのような化学結合、超音波結合、熱結合が挙げられるが、これに限定されない。 Suitable bonding techniques, the point calendering, hydroentangling, and chemically bonds such as needling, ultrasonic bonding, although thermal bonding include, but are not limited thereto. 【0060】 図9及び10を参照して、不織布熱結合ローラー配置108は、好ましくはパターン化したカレンダーローラー110及び滑らかなアンビルロール112を含む。 [0060] With reference to FIGS. 9 and 10, a nonwoven fabric heat bonded roller arrangement 108 preferably comprises a calender roller 110 and a smooth anvil roll 112 patterned. パターン化したカレンダーローラー110及び滑らかなアンビルロール11 Calendar roller 110 and a smooth anvil roll 11 was patterned
2の1つ又は両方は、加熱されてもよく、結合部位にて中心層30を同時に置き換え、複数の結合部位にて2つの外層を融解結合するための所望の温度(あれば)と圧力を得るために、2つのローラー間の圧力は周知の手段によって調整してもよい。 One or both of the 2 may be heated, replacing the central layer 30 at the same time at the binding site, the desired temperature, if any, and pressure to melt bond the two outer layers at a plurality of binding sites to obtain the pressure between the two rollers may be adjusted by well known means. 【0061】 パターン化したカレンダーローラー110は、円形の円筒状表面114及び表面114から外面に伸びる複数の隆起又はパターン要素116を有するように構成される。 [0061] The patterned calender roller 110 is configured to have a plurality of ridges or pattern elements 116 which extend to the outer surface of a circular cylindrical surface 114 and surface 114. 隆起116は、構成する各隆起116と共にあらかじめ決められたパターンで配置され、融解結合部位にて中心層30を置き換え、複数の位置にて2 Ridge 116 is disposed in a predetermined pattern with each protuberance 116 which constitutes, replacing the central layer 30 at melting binding sites, 2 at a plurality of locations
つの外層を融解結合するように配置される。 It is arranged One of the outer layer to melt bonding. 隆起のパターンは図11に示す。 Pattern of ridges 11. 示されるように、隆起116は、約0.003インチと0.020インチの間でありうるが、好ましい実施態様では約0.010インチである相対的に小さな幅、 As shown, ridges 116 is can be between about 0.003 inches and 0.020 inches in the preferred embodiment is about 0.010 inches relatively small width,
WPを有する。 With the WP. 隆起は、約0.030インチと約0.200インチの間の長さL Ridge has a length between about 0.030 inches and about 0.200 inches L
Pを有することができ、及び好ましい実施態様では約0.100インチの長さを有する。 It can have a P, and in a preferred embodiment has a length of about 0.100 inches. 好ましい実施態様では、隆起は10の縦横比を有する。 In a preferred embodiment, ridges have an aspect ratio of 10. 示されるパターンは、一般に列の中にある交互交替の隆起の規則的な反復パターンであり、約0 Pattern shown is generally a regular repeating pattern of ridges staggered in the inside of the column, about 0
. 010インチと約0.200インチの間の列間隔、RSによりそれぞれ分離される。 010 inches and row spacing between about 0.200 inches, are respectively separated by RS. 好ましい実施態様では、列間隔RSは約0.060インチである。 In a preferred embodiment, row spacing RS is about 0.060 inches. 隆起の間隔によって列の中で隆起は離れて間隔を空けることができ、PSは一般に隆起の長さLPに等しい。 Raised in the column by the distance of the ridges can be spaced apart, PS generally raised equal to the length LP. しかし、間隔及びパターンは、所望の最終製品によっていかなる方法においても変化することができる。 However, spacing and pattern can be changed in any way by the desired end product. 【0062】 図10に示されるように、パターン化されたカレンダーローラー110は、表面114のほぼ全体に拡がる隆起116の反復パターンを有することができる。 [0062] As shown in FIG. 10, calender rollers 110 patterned can have a repeating pattern of raised 116 extending substantially the entire surface 114.
別の方法としては、隆起116は表面114の一部分の周り、又は一部分に拡がってもよい。 Alternatively, the raised 116 around a portion of the surface 114, or may be spread to a portion. 同様に、隆起116は反復しないパターン又は無作為な方向を向いた隆起の反復パターンであってもよい。 Similarly, ridges 116 may be a repeating pattern of raised facing pattern or random direction without repeating. 【0063】 隆起116は、好ましくは表面114から放射状に外側に伸び、長方形又は幾分楕円形の末端の最終面117を有する切頭円錐形状である。 [0063] ridge 116 is a frusto-conical shape preferably extending radially outward from the surface 114, with a final surface 117 of the end of the rectangular or somewhat oval. それによって本発明の範囲をこの構成のみの隆起に限定することは意図しないが、図11を参照して上記で示されるように、隆起が同様に末端最終表面117にて狭い幅と高い縦横比を有していれば、融解結合部位50の高い縦横比のみが達成可能であると現在考えられている。 Intended thereby to limit the scope of the present invention a raised this configuration only, as indicated above with reference to FIG. 11, a narrow width and a high aspect ratio at elevations likewise terminal end surface 117 if a, currently it believed that only high aspect ratios melting binding site 50 can be achieved. 理論によって束縛されないで、末端最終表面117に好適なその他の形状には、円形、四角形、長方形、等が挙げられるが、それらが積層ウェブの結合及び孔空けを円滑にするならば、これらに限定されないと考えられている。 Without being bound by theory, a suitable other shapes to terminal end surface 117 may be circular, square, rectangular, but and the like, if they facilitate drilled binding and hole of a laminated web, limited to It is believed not to be. ローラー110は好ましくは、末端表面117の全てが、ローラー110 Roller 110 is preferably, all of the end surface 117, the roller 110
の回転軸に対して同軸である想像上右に回る円筒の中に位置するように仕上げられる。 Of it finished so as to be positioned within the cylinder around the imaginary right coaxial to the rotation axis. 【0064】 隆起の高さは、結合される積層体の厚さに基づいて選択すべきである。 [0064] The height of the ridges should be chosen based on the thickness of the laminate is bonded. 一般に、適切な結合が結合部位で生じるように、高さの寸法はカレンダー加工の工程の間及び結合部位のみにて積層ウェブの最大厚さよりも大きくすべきである。 Generally, as occurs under suitable binding binding site, a height dimension should be greater than the maximum thickness of the laminate web at only between and binding site of step of calendering. 【0065】 アンビルローラー112は、好ましくは滑らかな表面であり、右に回るスチールの円筒である。 [0065] anvil roller 112 is preferably a smooth surface, a cylinder of steel that turn to the right. 【0066】 ローラーの間隙106を通過した後、3つの(以上の)構成成分ウェブ120 [0066] After passing through the gap 106 of the roller, the three (or more) component web 120
、130、及び140は積層ウェブ10に形成される。 , 130, and 140 are formed on the laminate web 10. 工程においてこの点で図1及び図2に示されるように、外層は熱によって結合され、孔は空けられない。 As shown in FIGS. 1 and 2 at this point in the process, the outer layer is bonded by heat, holes are not drilled.
ウェブ130からの中心層30は、ローラー間隙106にて隆起116に取って代わられることにより孔を空けられる。 Central layer 30 from web 130 is pierced by being replaced by ridge 116 at the roller gap 106. 【0067】 積層ウェブ10は、結合部位50の軸Iに対して対角線状の方向にてウェブの一部分を伸長した積層ウェブ全体において孔を形成するようにさらに加工されてもよい。 [0067] laminate web 10 may be further processed to form a hole in the stacked entire web which expands the portion of the web at diagonal direction with respect to the axis I of the binding sites 50. ウェブの孔のある領域が形成されるのはこの工程である。 The area of ​​the web holes are formed is this process. 図9及び10 9 and 10
で示されるように、軸Iは一般に、加工されるウェブの機械方向MDに平行である。 In As shown, the axis I generally parallel to the web in the machine direction MD to be processed. 従って、結合した部分における交差する方向CDでの伸長は、ウェブにおいて破れ、孔が空いて孔を形成する結合部位50を生じる。 Thus, extension in the direction CD crossing the bonded moieties are broken in the web, resulting in the binding site 50 to form a hole vacant holes. 【0068】 ウェブを横切って孔を形成する方法の1つは、少なくともある程度まで互いに相補的である3次元表面を有する相対する加圧装置、134と136を用いる漸進伸張システム132によって形成されるローラー間隙130をウェブが通過することである。 [0068] Roller One method of forming a hole across the web formed by the incremental stretching system 132 using the relative pressure device, 134 and 136 having a three-dimensional surface that is at least complementary to each other to a certain extent the gap 130 the web is to pass through. 積層ウェブの伸張は、テンターリング又は手によることも含めてその他の公知の方法によって達成してもよい。 Stretch of the laminate web may be achieved by also other known methods, including that caused by a tenter ring or hands. しかしながら、ウェブを横切って一様な引張りレベルを達成するには、特に局所的な引っ張りの差別が所望であれば、本明細書で開示される漸進伸張システムが好ましい。 However, to achieve uniform tension level across the web, if desired especially local tension of discrimination, incremental stretching system disclosed herein is preferred. 【0069】 ここで図12に、漸進伸張ローラー134及び136を含む漸進伸張システム132の断片的拡大図が示される。 [0069] Here, in FIG. 12, fragmentary enlarged view of the incremental stretching system 132 comprising incremental stretching rollers 134 and 136 are shown. 漸進伸張ローラー134は、ローラー134 Gradual extension roller 134, the roller 134
全体に広がる複数の歯160及び相当する溝161を包含する。 It includes a plurality of teeth 160 and corresponding grooves 161 which spread throughout. 漸進伸張ローラー136は、複数の歯162及び相当する複数の溝163を包含する。 Incremental stretching roller 136 includes a plurality of grooves 163 a plurality of teeth 162 and corresponding. ローラー134上の歯160は、ローラー136上の溝163とかみ合い、又は連動し、 Teeth 160 on roller 134 is engaged with the groove 163 on the rollers 136, or interlocked,
一方ローラー136上の歯162は、ローラー134上の溝161とかみ合うか又は連動する。 Meanwhile teeth 162 on roller 136 or interlocking mesh with the grooves 161 on roller 134. 各ローラーの歯は、図13に示すように三角形の形状である。 The teeth of each roller is in the shape of a triangle as shown in FIG. 13. 仕上ったウェブにおける特定の効果が所望であれば、歯の頂点はやや丸くてもよい。 If a particular effect in finished web desired, the apex of the teeth may be slightly rounded. 【0070】 図13を参照して、それぞれローラー134及び136の歯160及び162 [0070] With reference to FIG. 13, the teeth 160 and 162, respectively rollers 134 and 136
のかみ合わせ部分が示される。 Engagement part of is shown. 本明細書で使用されるとき、用語「ピッチ」は、 When used herein, the term "pitch",
隣接する歯の頂点間の距離をいう。 It refers to the distance between the apexes of adjacent teeth. ピッチは、約0.02〜約0.30インチの間であることができ、好ましくは約0.05及び約0.15インチの間である。 Pitch, it can be between about 0.02 about 0.30 inches, preferably between about 0.05 and about 0.15 inches.
歯の高さ(又は深さ)は、歯の基部から歯の頂点までで測定され、好ましくは全ての歯について等しい。 Tooth height (or depth) is measured from the base of the tooth to the apex of the tooth, preferably equal for all teeth. 歯の高さは約0.10インチと0.90インチの間であり、好ましくは約0.25インチと0.50インチの間である。 The height of the teeth is between about 0.10 inches and 0.90 inches, preferably between about 0.25 inches 0.50 inches. 【0071】 1つのロールにおける歯160は、1つのロールにおける歯(例えば、歯16 [0071] teeth 160 in one roll, teeth in one roll (e.g., tooth 16
0)が、合わせたロールにおける歯の間で溝(例えば、溝163)にかみ合うように別のロールの歯162からの1/2ピッチで埋め合わせることができる。 0), the groove between the teeth in the combined roll (e.g., can be compensated by 1/2 pitch from another roll of teeth 162 to engage the groove 163). 互いに関連して「連動する」か又はかみ合って操作する位置にローラーがある場合、その埋め合わせによって2つのローラーがかみ合うことができる。 If there is a roller in connection with "interlocking" or meshed operating position to each other, it is possible to have two rollers mesh with the make up. 好ましい実施態様では、それぞれのローラーの歯は部分的にのみかみ合う。 In a preferred embodiment, the teeth of each roller engages only partially. 相対するローラー上の歯がかみ合う程度を本明細書では、歯の「かみ合いの深さ」又は「DOE The herein extent that the teeth engage on the opposed rollers, "engagement depth" of teeth or "DOE
」という。 That ". 図13に示すように、DOE、Eは、それぞれのローラー上の歯の頂点が同じ平面にある平面P1(かみ合わせ0%)で示される位置から1つのロールの歯の頂点が相対するロールの溝に向かって平面P1を越えて内側に伸びる平面P2により示される位置までの距離である。 As shown in FIG. 13, DOE, E, the groove of each of the one tooth vertex opposite rolls of the roll from the position indicated by plane P1 where the apex of the teeth on the rollers are in the same plane (0% engagement) is the distance to the position shown by a plane P2 extending inwardly beyond the plane P1 toward the. 特定の積層ウェブに関する最適の又は効果的なDOEは、歯の高さとピッチ及びウェブの材料に依存する。 Optimum or effective DOE for a particular laminate web is dependent on the height and pitch and web of material of the tooth. 【0072】 その他の実施態様では、合わせるロールの歯は、相対するロールの溝と共に配置する必要はない。 [0072] In another embodiment, the teeth of the roll to match need not be located with the grooves of the opposing roll. すなわち、歯は、軽いかみ合わせから大きなかみ合わせまでの範囲である程度、溝を伴う位相の外にあってもよい。 That is, the teeth to some extent in the range up to large bite from mild engagement, be outside of the phase with the grooves. 【0073】 融解結合位置50を有する積層ウェブ10は、漸進伸張システム132を通過するので、積層ウェブ10は、CD又は交差機械方向において引っ張りの対象となり、CD方向にて積層ウェブ10は伸長する。 [0073] the laminated web 10 having a melting binding position 50, so passing through the incremental stretching system 132, the laminated web 10 are subject to tension in the CD or cross-machine direction, the laminated web 10 by the CD direction is elongated. 別の方法として又は加えて、積層ウェブ10は、MD(機械方向)において引っ張られてもよい。 Or in addition Alternatively, the laminated web 10 may be pulled in MD (machine direction). 積層ウェブ1 Laminate web 1
0にかかる引っ張り力は、それが、融解結合位置50を分離させ又は破り、積層ウェブ10において融解結合位置50に一致する複数の孔60を創るように調整することができる(例えば、DOEを調整することによって)。 0 In such a tensile force, it is to separate the melted bonding position 50 or breaking, can be adjusted to create a plurality of holes 60 that match the melt bonding position 50 in the laminated web 10 (e.g., adjust the DOE By). しかしながら、 However,
積層ウェブ10の融解結合の部分は、図4における部分62によって示されるようにそのままであり、それによって融解結合位置が破裂した後でさえ、不織布ウェブを整合的な状態に保つ。 Portion of the melt bond of the laminated web 10 is directly as indicated by the portion 62 in FIG. 4, whereby even after the melting bonding sites is ruptured, keep the nonwoven web consistent state. 【0074】 漸進伸張システム132により適用される引っ張り力の対象とした後、積層ウェブ10は、積層ウェブの融解結合領域50に一致する複数の孔60を包含する。 [0074] After subjected to tensile force applied progressively decompression system 132, the laminated web 10 includes a plurality of holes 60 that match the melt bond region 50 of the laminate web. 上述のように、孔60の周辺の端の部分は融解結合領域60の残り部分を包含する。 As described above, the end portion near the hole 60 includes a remaining portion of the melted binding region 60. 残り部分60は、積層ウェブのさらなる引き裂き又は層間剥離に抵抗するのに役立つと考えられている。 The remaining portion 60 is believed to help to resist further tearing or delamination of the laminate web. 【0075】 2つの実質的に同一のロール134及び136の代わりに、1つ又は両方のロールを改変して伸長及び追加のパターンを作ることができる。 [0075] Instead of two substantially identical rolls 134 and 136, it is possible to alter one or both of the rolls make extension and additional patterns. 例えば、図14のロール236で示されるように。 For example, as indicated by the roll 236 of FIG. 14. 1つ又は両方のロールを改変して、ロールの表面上で数個の均等に間隔の空いた薄い平面の溝246に歯を切断することができる。 By modifying one or both of the rolls, it is possible to cut the teeth into the groove 246 of the thin plane vacant several evenly spaced on the surface of the roll. 図14では、斬新伸張ローラー234及び236を含む別の斬新伸張システム232の拡大図が示されている。 In Figure 14, the enlarged view of another novel decompression system 232 which includes a novel stretching rollers 234 and 236 are shown. 斬新伸張ローラー234は、ローラー234 Innovative extension roller 234, the roller 234
のおよそ全周に広がる複数の歯260及び相当する溝261を包含する。 It includes a plurality of teeth 260 and corresponding grooves 261 which approximately extends the entire circumference of the. 漸進伸張ローラー236は、複数の歯262及び相当する複数の溝263を包含する。 Incremental stretching roller 236 includes a plurality of grooves 263 a plurality of teeth 262 and corresponding.
ローラー234上の歯260は、ローラー236上の溝263とかみ合い、又は連動し、一方ローラー236上の歯262は、ローラー234上の溝261とかみ合う又は連動する。 Teeth 260 on roller 234 is engaged with the groove 263 on the rollers 236, or interlocked, whereas the teeth 262 on roller 236 mesh or interlock with grooves 261 on roller 234. 変形しなかった積層ウェブ素材の領域が伸張後もそのままであるように、1つ又は両方のローラー上の歯は、機械加工によって形成される溝246を有することができる。 After the region of not deformed laminate web material stretched so also as teeth on one or both rollers may have a groove 246 that is formed by machining. ロールの好適なパターンは、米国特許第5,5 Suitable pattern rolls, U.S. Patent No. 5,5
18,801号(チャペル(Chappell)らの名のもとに1996年5月21日発行)に記載されており、その開示を参考として本明細書に組み入れる。 No. 18,801 are described in (Chapel (issued May 21, 1996 on the basis of Chappell), et al. In the name), incorporated herein in its disclosure as a reference. 【0076】 同様に、漸進伸張は、合わせるロールによって図15のように方向付けられる。 [0076] Similarly, gradual expansion is oriented as shown in Figure 15 by combining rolls. かかるロールは、それぞれロール334又は336の軸Aに平行に走る一連のうね360、362及び谷361、363を含む。 Such rolls, series caries running parallel to the axis A of the roll 334 or 336 each include 360, 362 and valleys 361, 363. うねはロールの表面上に複数の三角形形状の歯を形成する。 Ridges forming teeth of a plurality of triangular-shaped on the surface of the roll. ロールのいずれか又は両方は、円筒状ロールの周囲に方向付けられる一連の空間の空いたチャンネル346を有してもよい。 Either or both of the rolls may have a channel 346 which empty set of space that is directed around a cylindrical roll. 示されるロールは、それが加工されるときウェブの機械交差方向(CD)に一般に平行に向いた軸Iを有する結合部位50を有する積層体を漸進的に伸張することにおいて有効である。 Roll shown are effective in progressively stretch a laminate having a binding site 50 having an axis I oriented generally parallel to the web of the cross-machine direction (CD) when it is processed. 【0077】 1つの実施態様では、本発明の物品の積層ウェブを製造する方法は、CD及びMDの漸進伸張を含むことができる。 [0077] In one embodiment, a method of manufacturing a laminate web of the articles of the present invention may include a gradual extension of the CD and MD. 図16に示すように、一対(図16で示されるように一連の空間の空いたチャンネル246を包含する232)がCDの伸張を行い、もう一対332がMDの伸張を行うように、2対の漸進伸張ロールを一直線に使用することができる。 As shown in FIG. 16, a pair (232 including channel 246 empty set of space, as shown in FIG. 16) performs a stretching of the CD, as another pair 332 performs elongation of MD, 2 pairs the gradual expansion roll can be used in a straight line. この方法によって多数の興味深い布地様の構造を本発明の物品に組み入れることができる。 Many interesting fabric-like structure by this method can be incorporated into the article of the present invention. 得られる触覚及び視覚的外観によって、かかる布地様ウェブは本発明の物品で使用するのに理想的となる。 The tactile and visual appearance obtained, such cloth-like web is ideal for use in an article of the present invention. 【0078】 有益成分本発明の物品は、積層ウェブに隣接して配置される有益成分をさらに含む。 [0078] The article of the benefit agent present invention further comprises a benefit agent which are disposed adjacent to the laminate web. 本発明の物品は、例えば、パーソナルケア、家庭用手入れ等多数の領域における使用に好適なので、有益成分は、クリーニング成分、コンディショニング成分、化粧品成分、クリーニング成分、磨き/掃除成分、及びそれらの組合せから成る群から選択されてもよい。 The article of the present invention, for example, because it is suitable for use in personal care, household care, etc. a number of regions, the beneficial ingredient, cleaning component, a conditioning component, cosmetic ingredients, cleaning components, polishing / cleaning components, and combinations thereof it may be selected from the group consisting of. 【0079】 クレンジング成分クレンジング成分である好適な有益成分は、好ましくは1以上の界面活性剤を含む。 [0079] Preferred benefit agents a cleansing component cleansing component preferably comprises one or more surfactants. クレンジング成分は、積層ウェブに隣接して配置される。 Cleansing component is disposed adjacent to the laminate web. 特定の実施態様では、クレンジング成分は、積層ウェブの層に含浸される。 In certain embodiments, the cleansing component is impregnated into a layer of the laminated web. その他の実施態様では、クレンジング成分は、積層ウェブの層/ひだの1以上の表面に沈着される。 In other embodiments, the cleansing component is deposited on one or more surfaces of the layer / folds of the laminate web.
本発明の物品は、積層ウェブの質量を基にして約10%〜約1、000%、好ましくは約50%〜約600%、及び更に好ましくは約100%〜約250%の界面活性剤を含む。 The article of the present invention, from about 10% to about 000% based on the weight of the laminate web, preferably about 50% to about 600%, and more preferably about 100% to about 250% of a surfactant including. また、本発明の物品は好ましくは積層ウェブの質量に対し、少なくとも約1gの界面活性剤を含んで成る。 The article of the present invention is preferably to the mass of the laminate web, comprising a surfactant of at least about 1g. したがって、クレンジング成分は、 Thus, the cleansing component,
乾燥工程を要せずに、ウェブに添加してもよい。 Without requiring a drying step, it may be added to the web. 【0080】 クレンジング成分の界面活性剤は、好ましくは発泡性界面活性剤である。 [0080] Surfactants of the cleansing component are preferably lathering surfactants. 本明細書で用いられる「発泡性界面活性剤」とは、水と混ぜて機械的に攪拌した場合に、泡沫又は泡を発生する界面活性剤を意味する。 The term "lathering surfactant" as used herein, when mechanically agitated mixed with water, is meant a surfactant that generates foam or foam. かかる界面活性剤は、消費者にとって泡の増加がクレンジング効果を示すものとして重要であるので好ましい。 Such surfactants increase bubbles preferred because it is important as an indication of cleansing effectiveness for consumers. 特定のパーソナルケア実施態様では、界面活性剤又は界面活性剤の組み合わせは穏かであるのが好ましい。 In certain personal care embodiments, the combination of the surfactant or surfactant is preferably a gently. 本明細書で使用する時、「穏やか」という用語は、 As used herein, the term "moderate" is,
通常は天然石鹸と合成界面活性剤の組合せである通常の棒状石鹸母材(例えば、 Normal soap bar matrix is ​​usually a combination of natural soap and synthetic surfactant (e.g.,
レーバー(Lever、登録商標)2000及びゼスト(Zest、登録商標))よりも皮膚に対して、本発明の界面活性剤及び物品の方が、少なくともより穏やかであるということを意味している。 Laver (Lever, R) 2000 and Zest (Zest, R) against the skin than) found the following surfactants and articles of the present invention, which means that it is milder than at least. 界面活性剤を含有する物品の穏やかさ又は逆に刺激性を測定する方法は、皮膚バリア破壊試験に基づく。 Method of measuring irritating to calm or reverse of the article containing a surface active agent is based on a skin barrier destruction test. この試験では、界面活性剤が穏やかであればあるほど、皮膚のバリアは破壊されない。 In this test, the more surfactant is if mild, skin barrier is not destroyed. 皮膚バリア破壊は、試験溶液から皮膚の表皮を介して拡散体チャンバー中の生理的緩衝液に通過してくる放射性標識(トリチウム標識)水(3H−H 2 O)相対量を測定する。 Skin barrier destruction is radiolabeled (tritiated) coming through the physiological buffer in the diffuser chamber through the epidermis of the skin from the test solution for measuring the water (3H-H 2 O) relative amount. この試験は、T. This test, T. J. J. フランツ(Franz)著「ジャーナル・インベスティゲイティブ・ダーマトロジー(J. Invest. Dermatol)」の64巻190〜195ページ(1975年);及び米国特許第4,673,525号(1987年6月16日発行、スモール(Small)ら)に記載されており、双方ともその全体を参考として本明細書に組み入れる。 Franz (Franz) al., "Journal Investing Institute Gay Restorative-Damato Biology (. J. Invest Dermatol)" of Vol. 64 190-195 pages (1975); and US Pat. No. 4,673,525 (June 1987 16 days issued are described in Small (Small) et al), both incorporated herein by reference in its entirety. 当業者に周知の界面活性剤の穏やかさを測定するその他の試験方法もまた使用することができる。 Other test methods for measuring the mildness of the known surfactants to those skilled in the art can also be used. 【0081】 本発明において、広範な発泡性界面活性剤が有用であり、発泡性界面活性剤としては、陰イオン系発泡性界面活性剤、非イオン系発泡性界面活性剤、陽イオン系発泡性界面活性剤、両性イオン系発泡性界面活性剤、及びこれらの混合物より成る群から選択されるものが挙げられる。 [0081] In the present invention, it is useful broad foaming surfactant, the foaming surfactant, anionic lathering surfactant, nonionic lathering surfactants, cationic foaming surfactants, zwitterionic lathering surfactants, and include those selected from the group consisting of mixtures. 【0082】 陰イオン系発泡性界面活性剤物品のクレンジング成分で有用な陰イオン系発泡性界面活性剤の非限定例は、 [0082] Nonlimiting examples of anionic foaming surfactants useful anionic cleansing component dosage article foaming surfactant,
マッカーチェオンの「洗剤と乳化剤(Detergents and Emulsifiers)」、北アメリカ版(1986年)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(allu Makkah over Choi "detergent and an emulsifier (Detergents and Emulsifiers)" on, the North American edition (1986), Arureddo Publishing Corporation (allu
red Publishing Corporation)より出版;マッカーチェオンズの「機能性素材( red Publishing Corporation) from publication; of Makkah over Choi Onzu "functional materials (
Functional Materials)」、北アメリカ版(1992);米国特許第3,929 Functional Materials) ", North American Edition (1992); US Patent No. 3,929
,678号(1975年12月30日発行、ローリン(Laughlin)ら)に開示されており、それぞれその全体を参考として本明細書に組み入れる。 (Issued Dec. 30, 1975, Rollin (Laughlin) et al) 678 No. are disclosed in, respectively incorporated herein by reference in its entirety. 【0083】 本発明においては、広範な陰イオン系界面活性剤が潜在的に有用である。 [0083] In the present invention, a wide range of anionic surfactants are potentially useful. 陰イオン系発泡性界面活性剤の非限定的な例としては、アルキル及びアルキルエーテルサルフェート類、サルフェート化モノグリセリド類、スルホン化オレフィン類、アルキルアリールスルホネート類、第一又は第二アルカンスルホネート類、アルキルスルホコハク酸塩類、アシルタウレート類、アシルイセチオネート類、アルキルグリセリルエーテルスルホネート、スルホン化メチルエステル類、スルホン化脂肪酸類、アルキルホスフェート類、エトキシル化アルキルホスフェート類、アシルグルタメート類、アシルサルコシネート類、アルキルスルホアセテート類、アシル化ペプチド類、アルキルエーテルカルボキシレート類、アシルラクチレート類、陰イオン系フルオロ界面活性剤、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される Nonlimiting examples of anionic lathering surfactants, alkyl and alkyl ether sulfates, sulfated monoglycerides, sulfonated olefins, alkyl aryl sulfonates, primary or secondary alkane sulfonates, alkyl sulfosuccinates acid salts, acyl taurates, acyl isethionates, alkyl glyceryl ether sulfonates, sulfonated methyl esters, sulfonated fatty acids, alkyl phosphates, ethoxylated alkyl phosphates, acyl glutamates such, acyl sarcosinates, alkyl sulfoacetates, acylated peptides, alkyl ether carboxylates, acyl lactylates, are selected from anionic fluorosurfactants, and the group consisting of combinations thereof のが挙げられる。 And the like of it. 陰イオン系界面活性剤の組み合わせは本発明において効果的に使用することができる。 Combinations of anionic surfactants can be used effectively in the present invention. 【0084】 クレンジング成分に用いられる陰イオン系界面活性剤としては、アルキル及びアルキルエーテルサルフェート類が挙げられる。 [0084] As anionic surface active agent used in the cleansing component include alkyl and alkyl ether sulfates. これらの物質は、それぞれ式: These materials have the respective formulas:
R10−SO3M及びR1(CH2H4O)x−O−SO3Mを有する。 Having a R10-SO3M and R1 (CH2H4O) x-O-SO3M. 式中、 In the formula,
R1は飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状の、炭素数約8〜約24のアルキル基であり、xは1〜10であり、Mは、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン及びモノエタノールアミン等の、水溶性陽イオンである。 R1 is a saturated or unsaturated, branched or unbranched, alkyl radical of from about 8 to about 24 carbon atoms, x is 1 to 10, M is ammonium, sodium, potassium, magnesium, triethanolamine, such as diethanolamine and monoethanolamine, a water-soluble cation. アルキル硫酸塩は、代表的には、三酸化イオウを用いた一価アルコール(炭素数約8〜約24)の硫酸化、又は他の公知硫酸化技術によって製造される。 Alkyl sulfates are typically sulfation of monohydric alcohols with sulfur trioxide (about 8 to about 24 carbon atoms), or are prepared by other known sulfation technique. アルキルエーテル硫酸塩は、通常、エチレンオキシドと一価アルコール(炭素数約8〜約24)との縮合生成物を硫酸化して製造される。 Alkyl ether sulfates are typically the condensation products of ethylene oxide with monohydric alcohols (about 8 to about 24 carbon atoms) are prepared by sulfation. これらのアルコールは、例えばヤシ油、獣脂等の脂肪から誘導することができ、又は合成することもできる。 These alcohols, for example coconut oil, can be derived from fats tallow, or can be synthesized. クレンジング成分に用いられ得るアルキルサルフェートの具体例には、ラウリル又はミリスチルサルフェートの、ナトリウム、アンモニウム、カリウム、マグネシウム又はTEA塩がある。 Specific examples of alkyl sulfates which may be used in the cleansing component, of lauryl or myristyl sulfate, sodium, ammonium, potassium, and magnesium, or TEA salts. 用いられ得るアルキルエーテルサルフェートの例としては、アンモニウム、ナトリウム、マグネシウム又はTEAラウレス−3サルフェートが挙げられる。 Examples of may be used alkyl ether sulfate, ammonium, sodium, magnesium or TEA laureth -3 sulfate. 【0085】 陰イオン系界面活性剤の別の好適な部類は、式R1CO−O−CH2−C(O [0085] Another suitable class of anionic surfactants are of the formula R1CO-O-CH2-C (O
H)H−CH2−O−S03Mの硫酸化モノグリセリドである。 H) is a sulfated monoglyceride of H-CH2-O-S03M. 式中、R1は、 In the formula, R1 is,
炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状のアルキル基であり、Mは、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン及びモノエタノールアミン等の水溶性陽イオンである。 About 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched alkyl group, M is ammonium, sodium, potassium, magnesium, triethanolamine, diethanolamine and monoethanolamine it is a water-soluble cation. これらは通常、グリセリンと脂肪酸(炭素数約8〜約24)を反応させてモノグリセリドを形成し、続いてこのモノグリセリドを三酸化イオウで硫酸化することによって製造される。 It is usually reacted with glycerol and a fatty acid (about 8 to about 24 carbon atoms) to form a monoglyceride and subsequently prepared by sulfating the monoglyceride in sulfur trioxide. 硫酸化モノグリセリドの例には、硫酸ココモノグリセリドナトリウムがある。 Examples of the sulfated monoglyceride, a sulfate sodium cocomonoglyceride. 【0086】 他の好適な陰イオン系界面活性剤としては、式:R1SO3Mのオレフィンスルホン酸塩が挙げられる。 [0086] Other suitable anionic surfactants are of the formula: olefin sulfonates R1SO3M thereof. 式中、R1は炭素数約12〜約24のモノオレフィンであり、Mは、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン及びモノエタノールアミン等の水溶性陽イオンである。 Wherein, R1 is a mono-olefin from about 12 to about 24 carbon atoms, M is ammonium, sodium, potassium, magnesium, triethanolamine, water-soluble cation such as diethanolamine and monoethanolamine. これらの化合物は、α−オレフィンを非錯体の三酸化イオウを用いてスルホン化した後、反応によって形成された任意のスルトン類が加水分解されて対応するヒドロキシアルカンスルホン酸塩を得るような条件で、酸反応混合物を中和することによって製造することができる。 These compounds, the α- olefins after sulfonation with sulfur trioxide of uncomplexed, under conditions such that any sultones which have been formed by the reaction to obtain the hydroxy alkane sulfonates corresponding hydrolyzed it can be prepared by neutralizing the acid reaction mixture. スルホン化オレフィンの例には、 Examples of sulfonated olefins,
C14/C16α−オレフィンスルホン酸ナトリウムがある。 C14 / C16α- there olefin sodium sulfonate. 【0087】 他の好適な陰イオン系界面活性剤は、式R1−C6H4−SO3Mの直鎖状アルキルベンゼンスルホン酸塩である。 [0087] Other suitable anionic surfactants are linear alkyl benzene sulfonic acid salt of formula R1-C6H4-SO3M. 式中、R1は、炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状のアルキル基であり、Mは、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン及びモノエタノールアミン等の水溶性陽イオンである。 Wherein, R1 is from about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched alkyl group, M is ammonium, sodium, potassium, magnesium, triethanolamine, a water-soluble cation such as diethanolamine and monoethanolamine. これらは直鎖アルキルベンゼンを三酸化イオウでスルホン化することによって形成される。 These are formed by sulfonation with sulfur trioxide of linear alkyl benzene. この陰イオン系界面活性剤の例には、ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムがある。 Examples of anionic surface active agent, there are sodium dodecylbenzenesulfonate. 【0088】 このクレンジング成分に好適な更に他の陰イオン系界面活性剤としては、式R [0088] Still other anionic surfactants suitable for this cleansing component of the formula R
1SO3Mの第1級又は第2級アルカンスルホン酸塩が挙げられる。 Primary or secondary alkane sulfonates 1SO3M thereof. 式中、R1 In the formula, R1
は、炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状のアルキル鎖であり、Mは、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン及びモノエタノールアミン等の水溶性陽イオンである。 Is about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched alkyl chains, M is ammonium, sodium, potassium, magnesium, triethanolamine, diethanolamine and monoethanolamine a water-soluble cation such as amines. これらは通常、塩素及び紫外線の存在下での二酸化イオウによるパラフィンのスルホン化、又は別の公知のスルホン化方法によって形成される。 These are usually sulfonation of paraffins by sulfur dioxide in the presence of chlorine and ultraviolet light, or formed by another known sulfonation method. スルホン化はアルキル鎖の2位又は1位で起こり得る。 The sulfonation can occur in 2-position or 1-position of the alkyl chain. 本発明において有用なアルカンスルホン酸塩の例には、アルカリ金属又はアンモニウムC13〜C17パラフィンスルホン酸塩がある。 Examples of useful alkane sulfonates in the present invention, there is an alkali metal or ammonium C13~C17 paraffin sulfonate. 【0089】 更に別の好適な陰イオン系界面活性剤はアルキルスルホコハク酸塩類であり、 [0089] Further suitable anionic surfactants are alkyl sulfosuccinate salts,
N−オクタデシルスルホコハク酸二ナトリウム、ラウリルスルホコハク酸二アンモニウム、N−(1,2−ジカルボキシエチル)−N−オクタデシルスルホコハク酸四ナトリウム、スルホコハク酸ナトリウムのジアミルエステル、スルホコハク酸ナトリウムのジヘキシルエステル、及びスルホコハク酸ナトリウムのジオクチルエステルが挙げられる。 N- octadecyl sulfosuccinate disodium, lauryl sulfosuccinate, diammonium, N- (1,2-di-carboxyethyl) -N- octadecyl sulfosuccinate tetrasodium, diamyl ester of sodium sulfosuccinic acid, dihexyl ester of sodium sulfosuccinic acid, and, dioctyl ester of sodium sulfosuccinic acid. 【0090】 2−アミノエタンスルホン酸としても知られるタウリンに基づいたタウリン酸塩も有用である。 [0090] 2-aminoethanesulfonic taurate salt based on taurine, also known as sulfonic acid are also useful. タウリン酸塩の例としては、本明細書に全て参考として組み入れる米国特許第2,658,072号に詳述されているような、ドデシルアミンをイセチオン酸ナトリウムと反応させて製造されるもの等の、N−アルキルタウリン類が挙げられる。 Examples of taurates, such as described in detail in U.S. Pat. No. 2,658,072 incorporated as all reference herein, such as those prepared by reacting dodecylamine with sodium isethionate , N- alkyltaurines the like. タウリンに基づく他の例としては、n−メチルタウリンと脂肪酸(炭素数約8〜約24の)との反応によって形成されるアシルタウリン類が挙げられる。 Other examples based on taurine, acyl taurines formed by the reaction of n- methyl taurine with fatty acids (from about 8 to about 24 carbon atoms) are exemplified. 【0091】 クレンジング成分に好適に用いられる別の部類の陰イオン系界面活性剤としては、アシルイセチオン酸がある。 [0091] Another class of anionic surfactants suitable for use in cleansing component may acyl isethionate. アシルイセチオン酸は、通常、式:R1CO− Acyl isethionate is, usually, the formula: R1CO-
O−CH2CH2SO3Mを有する。 With the O-CH2CH2SO3M. 式中、R1は炭素数約10〜約30の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状のアルキル基であり、Mは陽イオンである。 Wherein, R1 is from about 10 to about 30 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched alkyl group, M is a cation. これらは通常、脂肪酸(炭素数約8〜約30)とイセチオン酸アルカリ金属塩との反応によって形成される。 These are typically formed by reaction with a fatty acid (about 8 to about 30 carbon atoms) and isethionate alkali metal salts. これらアシルイセチオン酸塩類の非限定的な例としては、ココイルイセチオン酸アンモニウム、ココイルイセチオン酸ナトリウム、ラウロイルイセチオン酸ナトリウム及びそれらの混合物が挙げられる。 Nonlimiting examples of these acyl isethionates salts, ammonium cocoyl isethionate, sodium cocoyl isethionate, sodium lauroyl isethionate, and mixtures thereof. 【0092】 更に別の好適な陰イオン系界面活性剤類としては、式R1−OCH2−C(O [0092] Still another preferred anionic surfactants of the formula R1-OCH2-C (O
H)H−CH2−SO3Mのアルキルグリセリルエーテルスルホン酸塩がある。 H) and alkyl glyceryl ether sulfonates H-CH2-SO3M.
式中、R1は、炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状のアルキル基であり、Mは、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン及びモノエタノールアミン等の水溶性陽イオンである。 Wherein, R1 is from about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched alkyl group, M is ammonium, sodium, potassium, magnesium, triethanolamine, a water-soluble cation such as diethanolamine and monoethanolamine. これらは、エピクロロヒドリン、亜硫酸水素ナトリウムと脂肪族アルコール(炭素数約8〜約24)との反応、又は他の公知の方法によって形成することができる。 These can be formed epichlorohydrin, reaction with sodium bisulfite with fatty alcohols (about 8 to about 24 carbon atoms), or by other known methods. 一例は、ココグリセリルエーテルスルホン酸ナトリウムである。 One example is a coco glyceryl ether sulfonate, sodium. 【0093】 他の好適な陰イオン系界面活性剤としては、式:R1−CH(SO4)−CO [0093] Other suitable anionic surfactants are of the formula: R1-CH (SO4) -CO
OHのスルホン化脂肪酸、及び式:R1−CH(SO4)−CO−O−CH3のスルホン化メチルエステルが挙げられる。 OH sulfonated fatty acids, and the formula: R1-CH (SO4) -CO-O-CH3 sulfonated methyl esters and the like. 式中、R1は、炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状のアルキル基である。 Wherein, R1 is from about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched alkyl group. これらは、三酸化イオウによる(炭素数約8〜約24の)脂肪酸又はアルキルメチルエステルのスルホン化、又は別の公知スルホン化技術によって製造することができる。 These can be prepared by a three by oxidation of sulfur (about 8 to about 24 carbon atoms) sulfonation of fatty acids or alkyl methyl esters, or another known sulfonation technique. 例えば、α−スルホン化ヤシ脂肪酸及びラウリルメチルエステルが挙げられる。 For example, α- sulfonated coconut fatty acid and lauryl methyl ester. 【0094】 他の陰イオン系物質としては、炭素数約8〜約24の分岐状又は非分岐状一価アルコールと五酸化リンとの反応によって形成される、モノアルキル、ジアルキル、及びトリアルキルリン酸塩等のリン酸塩が挙げられる。 [0094] Other anionic materials, are formed by the reaction of branched or unbranched monohydric alcohols with phosphorus pentoxide from about 8 to about 24 carbon atoms, monoalkyl, dialkyl, and trialkyl phosphate phosphates such as acid salts. これらもまた他の公知のリン酸化方法によって形成される。 These are also formed by other known phosphorylation methods. 界面活性剤のこの部類の例には、モノ又はジラウリルリン酸ナトリウムがある。 Examples of this class of surfactants is sodium mono or dilauryl phosphate. かかるリン酸塩は、エトキシ化、例えば、エトキシ化モノアルキルホスフェートであってもよい。 Such phosphates are ethoxylated, e.g., it may be an ethoxylated monoalkyl phosphates. 【0095】 他の陰イオン系物質としては、式:R1CO−N(COOH)−CH2CH2 [0095] Other anionic materials, wherein: R1CO-N (COOH) -CH2CH2
−CO2Mに対応するアシルグルタミン酸塩が挙げられる。 Acyl glutamates corresponding to -CO2M the like. 式中、R1は炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状の、アルキル又はアルケニル基であり、Mは水溶性陽イオンである。 Wherein, R1 is from about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched, alkyl or alkenyl radical, M is a water-soluble cation. それらの非限定的な例としては、 Non-limiting examples thereof,
ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、及びココイルグルタミン酸ナトリウムが挙げられる。 Sodium lauroyl glutamate, and sodium cocoyl glutamate and the like. 【0096】 他の陰イオン系物質としては、式:R1CON(CH3)−CH2CH2−C [0096] Other anionic materials, formula: R1CON (CH3) -CH2CH2-C
O2Mに対応するアルカノイルサルコシン酸塩が挙げられる。 Alkanoyl sarcosinate salt corresponding to O2M the like. 式中、R1は炭素数約10〜約20の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状の、アルキル又はアルケニル基であり、Mは水溶性陽イオンである。 Wherein, R1 is from about 10 to about 20 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched, alkyl or alkenyl radical, M is a water-soluble cation. それらの非限定的な例としては、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム、ココイルサルコシン酸ナトリウム、及びラウロイルサルコシン酸アンモニウムが挙げられる。 Non-limiting examples thereof include sodium lauroyl sarcosinate, sodium cocoyl sarcosinate, and include ammonium lauroyl sarcosinate. 【0097】 他の陰イオン系物質としては、式:R1−(OCH2CH2)x−OCH2− [0097] Other anionic substance, the formula: R1- (OCH2CH2) x-OCH2-
CO2Mに対応するアルキルエーテルカルボキシレートが挙げられる。 Alkyl ether carboxylates corresponding to CO2M the like. 式中、R In the formula, R
1は炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状の、アルキル又はアルケニル基であり、xは1〜10であり、Mは水溶性陽イオンである。 1 of about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched, alkyl or alkenyl group, x is 1 to 10, M is a water soluble cation .
それらの非限定的な例としては、ラウレスカルボン酸ナトリウムが挙げられる。 Non-limiting examples of which include sodium laureth carboxylate. 【0098】 他の陰イオン系物質としては、式:R1CO−[O−CH(CH3)−CO] [0098] Other anionic materials has the formula: R1CO- [O-CH (CH3) -CO]
x−CO2Mに対応するアシルラクチレートが挙げられる。 Acyl lactylates corresponding to the x-CO2M the like. 式中、R1は炭素数約8〜約24の、飽和又は不飽和の、分枝状又は非分枝状の、アルキル又はアルケニル基であり、xは3であり、Mは水溶性陽イオンである。 Wherein, R1 is from about 8 to about 24 carbon atoms, saturated or unsaturated, branched or unbranched, alkyl or alkenyl radical, x is 3, M is a water soluble cation is there. それらの非限定的な例としては、ココイルラクチレートナトリウムが挙げられる。 Non-limiting examples of which include cocoyl lactylate sodium. 【0099】 他の陰イオン系物質としてはカルボン酸塩が挙げられ、それらの非限定的な例としては、ラウロイルカルボン酸ナトリウム、ココイルカルボン酸ナトリウム、 [0099] Other anionic materials include carboxylic acid salts, as their non-limiting example, sodium lauroyl carboxylate, sodium cocoyl carboxylate,
及びラウロイルカルボン酸アンモニウムが挙げられる。 And and ammonium lauroyl carboxylate. また、陰イオン系フッ素系界面活性剤も用いることができる。 It can also be used anionic fluorinated surfactants. 【0100】 その他の陰イオン系物質としては、植物及び/又は動物油脂の鹸化に由来する天然石鹸が挙げられ、それらの例としては、ラウリル酸ナトリウム、ミリスチン酸ナトリウム、パルミチン酸塩、ステアリン酸塩、獣脂塩、ココエートが挙げられる。 [0100] Other anionic materials include natural soaps are exemplified derived from saponification of vegetable and / or animal oils and fats, examples of which include sodium laurate, sodium myristate, palmitate, stearate , tallow salts, cocoate. 【0101】 任意の対陽イオンMを、陰イオン系界面活性剤に用いることができる。 [0102] Any counter cation M, can be used in anionic surfactant. 好ましくは、対陽イオンは、ナトリウム、カリウム、アンモニウム、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、及びトリエタノールアミンから成る群より選択される。 Preferably, counter cations are sodium, potassium, ammonium, monoethanolamine, diethanolamine, and is selected from the group consisting of triethanolamine. 更に好ましくは、対陽イオンはアンモニウムである。 More preferably, the counter cation is ammonium. 【0102】 非イオン系発泡性界面活性剤本物品のクレンジング成分に使用される非イオン系発泡性界面活性剤の非限定的な例は、「マッカーチェオンズの洗剤と乳化剤(Detergents and Emulsifiers [0102] Non-limiting examples of nonionic lathering surfactants for use in the cleansing component of nonionic lathering surfactants The article, "Mecca over Choi Onzu detergent and an emulsifier (Detergents and Emulsifiers
)」、北アメリカ版(1986年)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(Allured Publishing Corporation)より出版;及び「マッカーチェオンズの機能的物質(Functional Materials)」北アメリカ版(1992年)に開示されており、これらは両者とも、全て参考として本明細書に組み入れる。 ) ", North American edition (1986), published by Arureddo Publishing Corporation (Allured Publishing Corporation); are disclosed in and" Makkah over Choi Onzu of functional materials (Functional Materials) "North American Edition (1992) , these are both incorporated herein all as a reference. 【0103】 本明細書において有用な非イオン系発泡性界面活性剤としては、アルキルグルコシド、アルキルポリグルコシド、ポリヒドロキシ脂肪酸アミド、アルコキシル化脂肪酸エステル、スクロースエステル、アミンオキシド、及びこれらの混合物より成る群から選択されるものが挙げられる。 [0103] As nonionic lathering surfactants useful herein are alkyl glucosides, alkyl polyglucosides, polyhydroxy fatty acid amides, alkoxylated fatty acid esters, sucrose esters, amine oxides, and the group consisting of mixtures thereof those selected from the like. 【0104】 本明細書においてアルキルグルコシド及びアルキルポリグルコシドは有用であり、長鎖アルコール、例えば、糖もしくはデンプン又は糖もしくはデンプンポリマーを有するC8〜30アルコール、即ちグリコシド又はポリグリコシドの縮合生成物として広く定義することができる。 [0104] alkyl glucosides and alkyl polyglucosides herein are useful, long chain alcohols, for example, widely as C8~30 alcohol, i.e. condensation product of glycoside or polyglycoside having a sugar or starch or sugar or starch polymers it can be defined. これらの化合物は式(S) n −O−R These compounds formula (S) n -O-R
で表すことができ、式中、Sはグルコース、フルクトース、マンノース、及びガラクトース等の糖部分であり;nは、約1から約1000までの整数であり、R It can be represented by, where, S is glucose, fructose, mannose, and a sugar moiety of galactose; n is an integer from about 1 to about 1000, R
はC8〜30アルキル基である。 It is a C8~30 alkyl group. アルキル基が誘導され得る長鎖アルコールの例としては、デシルアルコール、セチルアルコール、ステアリルアルコール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、オレイルアルコール等が挙げられる。 Examples of long chain alcohols from which the alkyl group can be derived include decyl alcohol, cetyl alcohol, stearyl alcohol, lauryl alcohol, myristyl alcohol, oleyl alcohol, and the like.
このような界面活性剤の好ましい例には、Sがグルコース部分、RがC8〜20 Preferred examples of such surfactants, S is a glucose moiety, R is C8~20
アルキル基、及びnが約1から約9までの整数であるものが挙げられる。 Alkyl group, and those wherein n is an integer from about 1 to about 9. このような界面活性剤で市販されている例には、デシルポリグルコシド(ヘンケルからAPG325CSとして市販)及びラウリルポリグルコシド(ヘンケルからAP Such examples with a surfactant is commercially available, (commercially available as APG325CS from Henkel) decyl polyglucoside and lauryl polyglucoside (AP from Henkel
G600CS及び625CSとして市販)が挙げられる。 Available as G600CS and 625CS) are exemplified. また、スクロースココエート及びスクロースラウレート等のスクロースエステル界面活性剤も有用である。 Further, sucrose ester surfactants such as sucrose cocoate and sucrose laurate are also useful. 【0105】 その他の有用な非イオン系界面活性剤には、ポリヒドロキシ脂肪酸アミド界面活性剤が含まれ、更にその具体例では以下の構造式に相当するグルコサミドが包含される: 【化1】 [0105] Other useful nonionic surfactants include polyhydroxy fatty acid amide surfactants, yet the specific examples encompassed is glucosamide corresponding to the following structural formula: 【0106】 式中:R 1は、H、C 1 〜C 4のアルキル基、2−ヒドロキシエチル、2−ヒドロキシ−プロピルで、好ましくはC 1 〜C 4のアルキル基、更に好ましくは、メチル基又はエチル基、最も好ましくは、メチル基であり;R 2は、C 5 〜C 31のアルキル基又はアルケニル基で、好ましくは、C 7 〜C 19のアルキル基又はアルケニル基、更に好ましくは、C 9 〜C 17のアルキル基又はアルケニル基、最も好ましくは、C 11 〜C 15のアルキル基又はアルケニル基であり;及びZは、少なくとも3 [0106] formula: R 1 is, H, an alkyl group of C 1 -C 4, 2-hydroxyethyl, 2-hydroxypropyl - propyl, preferably an alkyl group of C 1 -C 4, more preferably, a methyl group or ethyl, most preferably a methyl group; R 2 is an alkyl or alkenyl group C 5 -C 31, preferably an alkyl or alkenyl group C 7 -C 19, more preferably, C alkyl or alkenyl group of 9 -C 17, and most preferably, an alkyl group or an alkenyl group of C 11 -C 15; and Z is at least 3
個の水酸基が直接鎖に結合した直鎖状ヒドロカルビル鎖を有するポリヒドロキシヒドロカルビル部分、又はそのアルコキシル化誘導体(好ましくはエトキシ化又はプロポキシル化)である。 Polyhydroxy hydrocarbyl moiety having a linear hydrocarbyl chain number of hydroxyl groups directly bonded to chain, or a alkoxylated derivative (preferably ethoxylated or propoxylated) it is. Zは、好ましくはグルコース、フルクトース、マルトース、ラクトース、ガラクトース、マンノース、キシロース、及びそれらの混合物からなる群から選択される糖部分である。 Z is preferably glucose, fructose, maltose, lactose, galactose, mannose, xylose, and sugar moiety selected from the group consisting of mixtures thereof. 上記の構造に相当する特に好ましい界面活性剤は、ココナッツアルキルN−メチルグルコシドアミド(即ち、式中R 2 CO−部分は、ヤシ油脂肪酸に由来する)である。 A particularly preferred surfactant corresponding to the above structure is coconut alkyl N- methyl glucoside amide (i.e., wherein R 2 CO- moiety is derived from coconut oil fatty acids) is. ポリヒドロキシ脂肪酸アミドを含有する組成物を製造する方法は、例えば、トーマスヘドレイ(Thomas H Method for producing a composition containing polyhydroxy fatty acid amides are, for example, Thomas octahedrite Ray (Thomas H
edley)社により1959年2月18日に公開された英国特許明細書第809, edley) by the company in 1959 February has been published in 18 days UK Patent Specification No. 809,
060号;米国特許第2,965,576号(1960年12月20日発行、E 060 Patent; US Pat. No. 2,965,576 (1960 December 20 issue, E
. R. R. ウイルソン(Wilson));米国特許第2,703,798号(1955年3月8日発行、A.M.シュワルツ(Schwartz));及び米国特許第1,985 Wilson (Wilson)); US Pat. No. 2,703,798 (March 8, 1955 issue, A.M Schwartz (Schwartz.)); And US Pat. No. 1,985
,424号(1934年12月25日発行、ピゴット(Piggott))に開示されており;それぞれその全体を参考として本明細書に組み入れる。 (Issued Dec. 25, 1934, Piggott (Piggott)) 424 No. is disclosed in; each incorporated herein by reference in its entirety. 【0107】 非イオン系界面活性剤のその他の例としてはアミンオキシドが挙げられる。 [0107] include amine oxide Other examples of nonionic surfactants. アミンオキシドは、一般式R 123 N→Oに相当し、式中R 1は、約8個〜約18 Amine oxides, general formula R 1 R 2 R 3 corresponds to the N → O, wherein R 1 is from about 8 to about 18
個の炭素原子を持つアルキル基、アルケニル基またはモノヒドロキシアルキル基、0〜約10個のエチレンオキシド部分、及び0〜約1個のグリセリル部分を含有し、R 2及びR 3は、例えば、メチル、エチル、プロピル、ヒドロキシエチル、 Number of alkyl radicals having carbon atoms, alkenyl or monohydroxyalkyl radical, containing from 0 to about 10 ethylene oxide moieties, and from 0 to about 1 glyceryl moiety, R 2 and R 3 are, for example, methyl, ethyl, propyl, hydroxyethyl,
またはヒドロキシプロピル基のように約1個〜約3個の炭素原子及び0〜約1個のヒドロキシ基を含有する。 Or from about 1 to about 3 carbon atoms and from 0 to about 1 hydroxy group such as hydroxy propyl. 式中の矢印は半極性結合の通常表記である。 Arrow in the formula is usually denoted semipolar bond. 本発明における用途に好適なアミンオキシドの例としては、ジメチル−ドデシルアミンオキシド、オレイルジ(2−ヒドロキシエチル)アミンオキシド、ジメチルオクチルアミンオキシド、ジメチルデシルアミンオキシド、ジメチルテトラデシルアミンオキシド、3,6,9−トリオキサヘプタデシルジエチルアミンオキシド、 Examples of suitable amine oxides for use in the present invention include dimethyl - dodecylamine oxide, Oreiruji (2-hydroxyethyl) amine oxide, dimethyl octylamine oxide, dimethyl decyl amine oxide, dimethyl tetradecyl amine oxide, 3,6, 9-trio Kisa heptadecyl diethylamine oxide,
ジ(2−ヒドロキシエチル)テトラデシルアミンオキシド、2−ドデコキシエチルジメチルアミンオキシド、3−ドデコキシ−2−ヒドロキシプロピルジ(3− Di (2-hydroxyethyl) tetradecylamine oxide, 2-de Deco carboxyethyl dimethylamine oxide, 3-dodecoxy-2-hydroxypropyl di (3
ヒドロキシプロピル)アミンオキシド、ジメチルヘキサデシルアミンオキシドが挙げられる。 Hydroxypropyl) amine oxide, dimethyl hexadecyl amine oxide. 【0108】 本発明において用いられる好ましい非イオン系界面活性剤の非限定的な例には、C8〜C14グルコースアミド類、C8〜C14アルキルポリグルコシド類、 [0108] Non-limiting examples of preferred nonionic surfactants for use in the present invention, C8-C14 glucose amides, C8-C14 alkyl polyglucosides,
スクロースココエート、スクロースラウレート、ラウラミンオキシド、ココアミンオキシド、及びこれらの混合物より成る群から選択されるものがある。 Sucrose cocoate, sucrose laurate, lauramine oxide, cocoamine oxide, and those selected from the group consisting of mixtures. 【0109】 陽イオン系発泡性界面活性剤陽イオン系発泡性界面活性剤も本発明の物品のクレンジング成分において有用である。 [0109] Cationic lathering surfactants cationic lathering surfactants are also useful in the cleansing component of the article of the present invention. 好適な陽イオン系発泡性界面活性剤としては、脂肪族アミン、ジ脂肪第四級アミン、トリ脂肪第四級アミン、イミダゾリニウム第四級アミン、及びこれらの組み合わせが挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable cationic lathering surfactants include aliphatic amines, di fatty quaternary amines, tri fatty quaternary amines, imidazolinium quaternary amines, and combinations thereof, in these but it is not limited. 好適な脂肪族アミンとしては、セチルトリメチルアンモニウムブロミド等のモノアルキル第四級アミンが挙げられる。 Suitable aliphatic amines include monoalkyl quaternary amines, such as cetyl trimethyl ammonium bromide. 好適な第四級アミンは、ジアルキルアミドエチルヒドロキシエチルアンモニウムメトサルフェートである。 Suitable quaternary amine is dialkylamido ethyl hydroxyethyl ammonium methosulfate. しかし、脂肪族アミンが好ましい。 However, aliphatic amines are preferred. 陽イオン系発泡性界面活性剤がクレンジング成分の主要な発泡性界面活性剤である場合は、発泡促進剤を使用することが好ましい。 If cationic lathering surfactants is the primary lathering surfactant of the cleansing component, it is preferred to use a foaming accelerator. 加えて、非イオン系界面活性剤は、そのような陽イオン系発泡性界面活性剤との組合わせにおいて、特に有用であることがわかっている。 In addition, nonionic surface active agents, in combination with such cationic lathering surfactant has been found to be particularly useful. 【0110】 両性イオン系発泡性界面活性剤本明細書で用いられる「両性発泡性界面活性剤」という用語は双性界面活性剤を包括することを意図しており、双性界面活性剤は両性イオン系界面活性剤のサブセットとして当業者に周知である。 [0110] The term "amphoteric lathering surfactant," as used zwitterionic lathering surfactants herein are intended to encompass zwitterionic surfactants, zwitterionic surfactants Amphoteric as a subset of ionic surface active agent well known to those skilled in the art. 本発明のクレンジング成分においては広範な両性発泡性界面活性剤を用いることができる。 It can be used a wide range of amphoteric lathering surfactants in the cleansing component of the present invention. 特に有用なものは、脂肪族二級及び第三級アミンの誘導体として広く記載されているものであり、好ましくは、この場合窒素は陽イオン状態であり、脂肪族基は直鎖又は分枝鎖であることができ、そして基の1つは、例えば、カルボキシ、スルホン酸塩、硫酸塩、リン酸塩、又はホスホン酸塩のようなイオン化可能水溶性基を含有するものである。 Particularly useful are those which are broadly described as derivatives of aliphatic secondary and tertiary amines, preferably nitrogen in this case is a cation state, aliphatic radical is a linear or branched it can be, and one of the groups, for example those containing carboxy, sulfonate, an ionizable water solubilizing group such as sulfate, phosphate, or phosphonate. 【0111】 本発明の成分において有用な両性イオン系界面活性剤の非限定的な例は、「マッカーチェオンの洗剤と乳化剤」(McCutcheon's, Detergents and Emulsifiers [0111] Non-limiting examples of useful zwitterionic surfactants in component of the present invention, "Mecca over Choi on the detergent and emulsifier" (McCutcheon's, Detergents and Emulsifiers
)、北アメリカ版(1986年)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーションより出版;及び「マッカーチェオンの機能的物質」(McCutcheon's,Functio ), North American edition (1986), published by Arureddo Publishing Corporation; and "Makkah over Choi on functional materials" (McCutcheon's, Functio
nal Materials)北アメリカ版(1992年)に開示されており、これらは両者とも、全て参考として本明細書に組み入れる。 nal Materials) are disclosed in, North American Edition (1992), which are both incorporated herein all as a reference. 【0112】 両性又は双性界面活性剤の非限定的な例には、ベタイン類、スルタイン類、ヒドロキシスルタイン類、アルキルイミノアセテート類、イミノジアルカノエート類、アミノアルカノエート類、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものがある。 [0112] Non-limiting examples of amphoteric or zwitterionic surfactants are betaines, sultaines, hydroxy sultaine, alkyl imino acetates, iminodialkanoates, amino alkanoate, and mixtures thereof those selected from the group consisting of. 【0113】 ベタイン類の例としては、ココジメチルカルボキシメチルベタイン、ラウリルジメチルカルボキシメチルベタイン、ラウリルジメチルアルファカルボキシエチルベタイン、セチルジメチルカルボキシメチルベタイン、セチルジメチルベタイン(ロンザ社(LonzaCorp.)からロンザイン(Lonzaine)16SPの名で市販されている)、ラウリルビス−(2−ヒドロキシエチル)カルボキシメチルベタイン、オレイルジメチルガンマ−カルボキシプロピルベタイン、ラウリルビス−( [0113] Examples of betaines, coco dimethyl carboxymethyl betaine, lauryl dimethyl carboxymethyl betaine, lauryl dimethyl alpha-carboxyethyl betaine, cetyl dimethyl carboxymethyl betaine, cetyl dimethyl betaine (Lonza (LonzaCorp.) From Ronzain (Lonzaine) marketed under the name 16SP), Raurirubisu - (2-hydroxyethyl) carboxymethyl betaine, oleyl dimethyl gamma - carboxypropyl betaine, Raurirubisu - (
2−ヒドロキシプロピル)アルファ−カルボキシエチルベタイン、ココジメチルスルホプロピルベタイン、ラウリルジメチルスルホエチルベタイン、ラウリルビス−(2−ヒドロキシエチル)スルホプロピルベタイン、アミドベタイン類及びアミドスルホベタイン類(ここで遊離基RCONH(CH 23はベタインの窒素原子と接合している)、オレイルベタイン(ヘンケル(Henkel)から両性ベルベテックス(Velvetex)OLB−50として市販)、及びコカミドプロピルベタイン(ヘンケルからベルベテックスBK−35及びBA−35として市販)等の高級アルキルベタイン類が挙げられる。 2-hydroxypropyl) alpha - carboxyethyl betaine, coco dimethyl sulfopropyl betaine, lauryl dimethyl sulfoethyl betaine, lauryl - (2-hydroxyethyl) sulfopropyl betaine, amido betaines and amido sulfobetaines (wherein the free radical RCONH ( CH 2) 3 is bonded to the nitrogen atom of the betaine), oleyl betaine (available from Henkel (Henkel) as amphoteric Velvetex (Velvetex) OLB-50), and cocamidopropyl betaine (Velvetex BK-35 from Henkel and higher alkyl betaines commercial) and the like as BA-35. 【0114】 スルタイン類及びヒドロキシスルタイン類の例としては、コカミドプロピルヒドロキシスルタイン(ローヌ・プーラン(Rhone Poulenc)からミラテイン(Mir [0114] Examples of sultaines and hydroxy sultaine compounds, Miratein from cocamidopropyl hydroxy sultaine (Rhône-Poulenc (Rhone Poulenc) (Mir
ataine)CBSとして市販)等の物質が挙げられる。 Ataine) substances commercially available), and the like as CBS. 【0115】 本発明に使用するのに好ましいものは以下の構造を有する両性イオン系界面活性剤である: 【化2】 [0115] Preferred for use in the present invention is a zwitterionic surfactant having the following structure: ## STR2 ## 【0116】 式中R 1は、非置換型、飽和又は不飽和、直鎖又は分枝鎖のアルキル基で約9個〜約22個の炭素原子を有するものである。 [0116] wherein R 1 is unsubstituted, saturated or unsaturated, those having from about 9 to about 22 carbon atoms in straight or branched chain alkyl group. 好ましいR 1は約11個〜約18個の炭素原子を有し;更に好ましくは約12個〜約18個の炭素原子を有し;更に一層好ましくは約14個〜約18個の炭素原子を有し;mは1〜約3の整数であり、更に好ましくは約2〜約3の整数であり、更に好ましくは約3である;nは0か1であり、好ましくは1である;R 2及びR 3は、1個〜約3個の炭素原子を有し、置換されていない又はヒドロキシ基で単一置換されているアルキル基から成るグループから別々に選択し、好ましくはR 2及びR 3は、CH 3であり;Xは、CO 2 、SO 3及びSO 4から成るグループから選択する;R 4は、飽和又は不飽和、直鎖又は分枝鎖で、置換されていない又はヒドロキシ基で単一置換されている、1個〜約5個の炭素原子を持つアルキル基から成るグルー The even more preferably from about 14 to about 18 carbon atoms; preferred R 1 is about 11 to about 18 amino having carbon atoms; more preferably about 12 to have about 18 carbon atoms a; m is 1 to about 3 integers, still more preferably from about 2 to about 3 integer, more preferably about 3; a 1 n is 0 or is preferably 1; R 2 and R 3 has from 1 to about 3 carbon atoms, selected independently from the group consisting of an alkyl group that is monosubstituted by unsubstituted or hydroxy groups, preferably R 2 and R 3 is an CH 3; X is selected from the group consisting of CO 2, SO 3 and SO 4; R 4 is a saturated or unsaturated, linear or branched, unsubstituted or hydroxy group in which is monosubstituted, glue consisting of alkyl groups having 1 to about 5 carbon atoms から選択する。 To choose from.
XがCO 2の場合、R 4は好ましくは1個又は3個の炭素原子を有し、更に好ましくは1個の炭素原子を有する。 When X is CO 2, R 4 preferably has 1 or 3 carbon atoms, more preferably having 1 carbon atom. XがSO 3又はSO 4の場合、R 4は好ましくは約2個〜約4個の炭素原子を有し、更に好ましくは3個の炭素原子を有する。 When X is SO 3 or SO 4, R 4 preferably has from about 2 to about 4 carbon atoms, more preferably having 3 carbon atoms. 【0117】 本発明の両性イオン系界面活性剤の例には以下の化合物が含まれる: 【化3】 [0117] Examples of zwitterionic surfactants of the present invention include the following compounds: ## STR3 ## 【0118】 他の有用な両性イオン系界面活性剤の例には、式RN[CH 2m CO 2 M] 2及びRNH(CH 2m CO 2 Mのアルキルイミノアセテート類、及びイミノジアルカノエート類及びアミノアルカノエート類があり、式中、mは1〜4、RはC 8 [0118] Examples of other useful amphoteric surfactants include alkyl imino acetates of formula RN [CH 2) m CO 2 M] 2 and RNH (CH 2) m CO 2 M, and Iminojiarukano There are benzoate acids and amino alkanoate such, wherein, m is 1 to 4, R is C 8
〜C 22のアルキル基またはアルケニル基、Mは、水素、アルカリ金属、アルカリ土類金属アンモニウム、またはアルカノールアンモニウムである。 Alkyl or alkenyl group -C 22, M is hydrogen, alkali metal, alkaline earth metal ammonium, or alkanolammonium. また、イミダゾリニウム及びアンモニウム誘導体も挙げられる。 Moreover, imidazolinium and ammonium derivatives may also be mentioned. 好適な両性イオン系界面活性剤の具体例には、3−ドデシル−アミノプロピオン酸ナトリウム、3−ドデシルアミノプロパンスルホン酸ナトリウム、参考としてその全体を本明細書に組み入れる米国特許第2,438,091号の教示に従って製造されるもののようなN Specific examples of suitable zwitterionic surfactants include 3-dodecyl - sodium aminopropionic acid, 3-dodecyl amino propane sulfonate, sodium first the U.S. Patent incorporated herein in its entirety by reference 2,438,091 N, such as those produced according to the teaching of No.
−高級アルキルアスパラギン酸;及び「ミラノール」の商品名で販売され、参考としてその全体を本明細書に組み入れる米国特許第2,528,378号に記載される製品が挙げられる。 - higher alkyl aspartic acids; and sold under the trade name "Miranol", as the products described in U.S. Pat. No. 2,528,378 incorporated herein in its entirety by reference. 有用な両性イオン系界面活性剤のその他の例としては、コアミドプロピル塩化PG−ジモニウムホスフェート(モナコープ(Mona Cor Other examples of useful zwitterionic surfactants, co amidopropyl chloride PG- dimonium phosphate (Monakopu (Mona Cor
p.)からモナクエート(Monaquat)PTCとして市販されている)等の両性リン酸塩が挙げられる。 p.) Monakueto (Monaquat) commercially available as PTC) amphoteric phosphates, and the like from. ラウロアンホジ酢酸二ナトリウム、ラウロアンホ酢酸ナトリウム、及びそれらの混合物等のアンホ酢酸も有用である。 Rauroanhoji disodium, sodium lauroamphoacetate, and also amphoacetates of mixtures thereof are useful. 【0119】 好ましい発泡性界面活性剤は、ラウロイルサルコシン酸アンモニウム、トリデセス硫酸ナトリウム、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ココイルイセチオン酸アンモニウム、ココイルイセチオン酸ナトリウム、ラウロイルイセチオン酸ナトリウム、セチル硫酸ナトリウム、モノラウリルリン酸ナトリウム、エトキシ化モノアルキルリン酸、ココグリセリルエーテルスルホン酸ナトリウム、C 9 〜C 22ナトリウム石鹸、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される陰イオン系発泡性界面活性剤;ラウラミンオキシド、ココアミンオキシド、デシルポリグルコース、ラウリルポリグルコース、スクロースココエー [0119] Preferred lathering surfactants are ammonium lauroyl sarcosinate, sodium trideceth sulfate, sodium lauroyl sarcosinate, ammonium laureth sulfate, sodium laureth sulfate, ammonium lauryl sulfate, sodium lauryl sulfate, ammonium cocoyl isethionate, sodium cocoyl isethionate , sodium lauroyl isethionate, is selected from sodium cetyl sulfate, sodium monolauryl phosphate, ethoxylated monoalkyl phosphate, sodium coco glyceryl ether sulfonate, C 9 -C 22 sodium soaps, and from the group consisting of combinations thereof anionic lathering surfactants; lauramine oxide, cocoamine oxide, decyl polyglucose, lauryl polyglucose, sucrose here er ト、C12〜14のグルコサミド、スクロースラウレート、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される非イオン系発泡性界面活性剤;脂肪族アミン、ジ脂肪第四級アミン、トリ脂肪第四級アミン、イミダゾリニウム第四級アミン、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される陽イオン系発泡性界面活性剤;ラウロアンホ二酢酸二ナトリウム、ラウロアンホ酢酸ナトリウム、セチルジメチルベタイン、ココアミドプロピルベタイン、ココアミドプロピルヒドロキシスルタイン、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される両性イオン系界面活性剤である。 DOO, glucosamide of C12-14, sucrose laurate, and nonionic foaming surfactant is selected from the group consisting a combination thereof, aliphatic amines, di fatty quaternary amines, tri fatty quaternary amines, imidazolinium quaternary amines, and cationic lathering surfactant is selected from the group consisting of a combination thereof; disodium lauroamphodiacetate, sodium lauroamphoacetate, cetyl dimethyl betaine, cocoamidopropyl betaine, cocoamidopropyl hydroxy sultaine, and a zwitterionic surfactant selected from the group consisting of a combination thereof. 【0120】 コンディショニング成分本発明の特定の実施態様では、本物品は、コンディショニング成分である有益成分を本質的に含む。 [0120] In certain embodiments of the conditioning component present invention, the article essentially comprises a benefit agent which is conditioning component. このコンディショニング成分は非水溶性基材に隣接して配置され、積層ウェブの約10質量%〜約1000質量%、更に好ましくは約10 The conditioning component is disposed adjacent to the water insoluble substrate, of about 10% to about 1000% by weight of the laminate web, and more preferably about 10
質量%〜約500質量%、及び最も好ましくは約10質量%〜約250質量%のコンディショニング成分を含む。 % To about 500% by weight, and most preferably a conditioning component of about 10% to about 250% by weight. 好ましくは、コンディショニング成分は、積層ウェブの1以上の層の表面に配置される。 Preferably, the conditioning component is disposed on the surface of one or more layers of the laminated web. さらに一層好ましくは、コンディショニング成分は、得られる積層ウェブの1以上の外側表面上に配置される。 Even more preferably, the conditioning components are located on one or more outer surfaces of the obtained laminated web. 好ましくは、コンディショニング剤は、疎水性コンディショニング剤、親水性コンディショニング剤、構造化コンディショニング剤、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される。 Preferably, the conditioning agent is a hydrophobic conditioning agents, hydrophilic conditioning agents, structured conditioning agents, and is selected from the group consisting of a combination thereof. 【0121】 疎水性コンディショニング剤本発明の物品は、物品を使用している間、皮膚や毛髪にコンディショニング効果を与えるのに有用な、1以上の疎水性コンディショニング剤を含んでもよい。 [0121] The article of the hydrophobic conditioning agent present invention, while using the article, useful to provide a conditioning benefit to the skin or hair, may include one or more hydrophobic conditioning agents.
本発明の物品は、積層ウェブの質量に対し、好ましくは約0.5質量%〜約1, The article of the present invention, the mass of the laminate web to, preferably about 0.5 wt% to about 1,
000質量%、更に好ましくは約1質量%〜約200質量%、最も好ましくは約10質量%〜約100質量%の疎水性コンディショニング剤を含む。 000 wt%, more preferably from about 1% to about 200 wt%, and most preferably from about 10% to about 100% by weight of the hydrophobic conditioning agent. 【0122】 疎水性コンディショニング剤は、その算術加重平均溶解度パラメータが10. [0122] hydrophobic conditioning agents, an arithmetic weighted mean solubility parameter of 10.
5以下であるような、1以上の疎水性コンディショニング剤から選択され得る。 5 such that the following may be selected from one or more hydrophobic conditioning agents.
化合物の一つが10.5より大きい独立した溶解度パラメータを有する場合、溶解度パラメータのこの数学的定義に基づいて、例えば、2以上の化合物を含んで成る疎水性コンディショニング剤に要求される算術加重平均溶解度パラメータ、 If one of the compounds having a solubility parameter greater independent 10.5, based on this mathematical definition of solubility parameters, for example, an arithmetic weighted mean solubility required for the hydrophobic conditioning agent comprising two or more compounds parameters,
即ち10.5以下を達成することは可能であることが認められる。 That is possible to achieve a 10.5 or less is found to be possible. 【0123】 溶解度パラメータは、当業界において通常の技術を有する調剤に携わる化学者には周知であり、配合過程において物質の適合性と溶解度を決める指針として日常的に用いられている。 [0123] Solubility parameters are in the art are well known to chemists involved in dispensing of ordinary skill, it is routinely used as a guide for determining the solubility and compatibility of materials in the formulation process. 化学的化合物の溶解度パラメータδは、その化合物についての凝集エネルギー密度の平方根として定義される。 Solubility parameter δ of a chemical compound is defined as the square root of the cohesive energy density for that compound. 一般に、化合物に対する溶解度パラメータは、 In general, the solubility parameter for a compound,
以下の方程式を用いて、気化熱に寄与する付加基の表に載っている値及びその化合物の成分のモル体積から計算する: 【0124】 【数1】 Using the following equation to calculate the molar volume of component values ​​are listed in the table contributes additional groups vaporization heat and its compounds: [0124] Equation 1] 式中、Σ iiは寄与する付加基の気化熱の総計であり、 Σ iiは寄与する付加基のモル体積の総計である。 Wherein, Σ i E i is the sum of the heat of vaporization contributes additional groups, Σ i m i is the sum of the molar volume of contributing additional groups. 【0125】 多種多様な原子及び原子の基に対する寄与する付加基の気化熱とモル体積の標準一覧表は、バートンA. [0125] Standard list of evaporation heat and molar volume contributing additional groups to groups of a wide variety of atoms and atoms, Burton A. F. F. M. M. 溶解度パラメータのハンドブック、CRC出版、6章、表3、64〜66ページ(1985年)に集約され、全て参考として本明細書に組み入れる。 Handbook of solubility parameters, CRC Press, Chapter 6, are summarized in Table 3,64~66 page (1985), incorporated herein by reference all. 上の溶解度パラメータの方程式は、R. Equation of the solubility parameter of the above, R. F. F. フェドールズ(Fedors)の「溶解度パラメータと液体のモル容量を両方計算する方法(A Me How to both calculate the "solubility parameter and molar volume of the liquid Fe Dolls (Fedors) (A Me
thod for Estimating Both the Solubility Parameters and Molar Volumes of thod for Estimating Both the Solubility Parameters and Molar Volumes of
Liquids)」ポリマー工学と科学(Polymer Engineering and Science)第14巻2号、147〜154ページ(1974年2月)に記載されており、全て参考として本明細書に組み入れる。 Liquids) "polymer engineering and science (Polymer Engineering and Science) Vol. 14 No. 2, are described in 147 to 154 pages (February 1974), incorporated herein all as a reference. 【0126】 溶解度パラメータは混合物の法則に従い、物質の混合物に対する溶解度パラメータは、その混合物の各成分に対する溶解度パラメータを加重して計算した平均(即ち加重平均)によって与えられる。 [0126] Solubility parameters in accordance with the law of mixtures, the solubility parameter for a mixture of materials is given by the average was calculated weighted solubility parameters for each component of the mixture (i.e. the weighted average). 本明細書でその全体を参考として引用する化学と物理学のハンドブック、第57版、CRC出版、C726ページ(19 Handbook of Chemistry and Physics reference in its entirety herein by reference, 57th ed., CRC publication, C726 page (19
76−1977年)を参照のこと。 76-1977) for more information. 【0127】 製剤に携わる化学者は一般に(cal/cm 31/2を用いて溶解度パラメータを報告する。 [0127] chemist working in the formulation is generally (cal / cm 3) Report solubility parameter using 1/2. 気化熱に対する付加基の寄与一覧表の値は、溶解度パラメータのハンドブックではkJ/mol単位で報告されている。 The value of the contribution list of additional groups to the heat of vaporization, in Handbook of Solubility Parameters are reported in kJ / mol units. しかしながら、このような一覧表の値は、以下の周知の関係を用いて容易にcal/molに変換される: 1J/mOl=0.239006cal/mOl及び1000J=1KJ 【0128】 参考としてその全体を本明細書に組み入れるA. However, the value of such a list is readily converted to cal / mol using the known relationship of the following: 1J / mOl = 0.239006cal / mOl and 1000 J = 1 kJ [0128] reference in its entirety A., which is incorporated herein J. J. ゴードンら(Gordon)「 Godonra (Gordon) "
化学者参考書(The Chemist's Companion)」ジョン・ウイリーアンドサン(Joh Chemist reference book (The Chemist's Companion), "John Wiley & Sons (Joh
n Wiley & Sons)456〜463ページ(1972年)を参照のこと。 n Wiley & Sons) 456~463 page (1972) refer to. 【0129】 溶解度パラメータも多種多様な化学物質について一覧表にまとめられている。 [0129] solubility parameters also are summarized in the table for a wide variety of chemical substances.
溶解度パラメータの一覧表は、上で引用した溶解度パラメータのハンドブック( List of solubility parameters, Handbook of solubility parameters cited above (
Handbook of Solubility Parameters)に見られる。 Seen in the Handbook of Solubility Parameters). また、参考としてその全体を本明細書に組み入れるC. In addition, C., which is incorporated in its entirety herein by reference D. D. ボーガン(Vaughan)の「製品、包装品、浸透及び保存における溶解度効果(Solubility Effects In Product、 Package、 Pe "Product, packaging of Vaughan (Vaughan), solubility effects in penetration and storage (Solubility Effects In Product, Package, Pe
netration、 And Preservation)」化粧品及びトイレタリー(Cosmetics and To netration, And Preservation) "Cosmetics and Toiletries (Cosmetics and To
iletries)(103巻、1988年10月号、47〜69ページ)も参照のこと。 iletries) (103 volumes, 1988 October, 47 to 69 pages) See also. 【0130】 疎水性コンディショニング剤の非限定的な例としては、鉱物油、ワセリン、レシチン、水素添加レシチン、ラノリン、ラノリン誘導体、C7〜C40の分枝鎖炭化水素、C1〜C30のカルボン酸のC1〜C30のアルコールエステル、C [0130] Nonlimiting examples of hydrophobic conditioning agents, mineral oil, petrolatum, lecithin, hydrogenated lecithin, lanolin, lanolin derivatives, branched chain hydrocarbons C7~C40, C1 carboxylic acid C1~C30 alcohol ester of ~C30, C
2〜C30のジカルボン酸のC1〜C30のアルコールエステル、C1〜C30 Alcohol esters of C1-C30 dicarboxylic acids 2~C30, C1~C30
のカルボン酸のモノグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のジグリセリド、C Monoglycerides of carboxylic acids, diglycerides of carboxylic acids of C1-C30, C
1〜C30のカルボン酸のトリグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のエチレングリコールモノエステル、C1〜C30のカルボン酸のエチレングリコールジエステル、C1〜C30のカルボン酸のプロピレングリコールモノエステル、C Triglycerides of carboxylic acids 1~C30, ethylene glycol monoesters of carboxylic acids of C1-C30, ethylene glycol diesters of carboxylic acids of C1-C30, propylene glycol monoesters of carboxylic acids of C1-C30, C
1〜C30のカルボン酸のプロピレングリコールジエステル、C1〜C30のカルボン酸モノエステル及び糖のポリエステル、ポリジアルキルシロキサン類、ポリジアリールシロキサン類、ポリアルカリールシロキサン類、3〜9個のケイ素原子を有するシクロメチコン類、植物油、硬化植物油、ポリプロピレングリコールC4〜C20アルキルエーテル、ジ(C8〜C30アルキル)エーテル、及びこれらの組み合わせより成る群から選択されるものが挙げられる。 Propylene glycol diester of a carboxylic acid 1~C30, carboxylic acid monoesters and polyesters of sugars C1-C30, polydialkylsiloxanes, polydiene siloxanes, poly alkaryl siloxanes, cycloalkyl having 3 to 9 silicon atoms methicone, vegetable oils, hydrogenated vegetable oils, polypropylene glycol C4~C20 alkyl ethers, di (C8 to C30 alkyl) ether, and include those selected from the group consisting of a combination thereof. 【0131】 液状ワセリンとして知られる鉱油は、石油から得られる液状炭化水素の混合物である。 [0131] mineral oils known as liquid petrolatum is a mixture of liquid hydrocarbons obtained from petroleum. 全て参考として本明細書に組み入れるメルクインデックス(The Merck All Merck Index, which is incorporated herein by reference (The Merck
Index)(第10版、エントリー7048、1033ページ、1983年)及び国際化粧品成分事典(International Cosmetic Ingredient Dictionary)(第5 Index) (10th Edition, entry 7048,1033 page, 1983) and International Cosmetic Ingredient Dictionary (International Cosmetic Ingredient Dictionary) (fifth
版、第1巻、415〜417ページ、1993年)を参照のこと。 Edition, Volume 1, 415-417 page, 1993) see. 【0132】 石油ゼリーとしても知られるワセリンは、非直鎖の固体炭化水素と高沸点液状炭化水素のコロイド系で、ほとんどの液状炭化水素はミセルの内側にある。 [0132] Petrolatum, which is also known as petroleum jelly, a non-linear solid colloidal system of hydrocarbon and high-boiling liquid hydrocarbons, most of the liquid hydrocarbons inside the micelles. メルクインデックス、第10版の見出し項目7047、1033ページ(1983年);シンドラー(Schindler)著薬剤化粧品業界(Drug. Cosmet. Ind)の89巻、36〜37、76、78〜80及び82ページ(1961年);及び国際化粧品成分辞典(International Cosmetic Ingredient Dictionary)、第5版の第1 Merck Index, 10th Edition of heading items 7047,1033 page (1983); Schindler (Schindler) Author drug cosmetics industry (.. Drug Cosmet Ind) 89 Volume, 36~37,76,78~80 and 82 page ( 1961); and International cosmetic ingredient dictionary (International cosmetic ingredient dictionary), the first of the fifth edition 1
巻537ページ(1993年)を参照のこと。 Winding 537 pages (1993) refer to. これらはその全体を参考として本明細書に組み入れる。 Which are incorporated herein by reference in its entirety. 【0133】 レシチンもまた、疎水性コンディショニング剤として有用である。 [0133] lecithin are also useful as a hydrophobic conditioning agent. レシチンは、特定脂肪酸のジグリセリドの天然由来の混合物であり、リン酸のコリンエステルに結合している。 Lecithin is a mixture of naturally occurring diglycerides of certain fatty acids, bound to the choline ester of phosphoric acid. 【0134】 本明細書では約7個〜約40個の炭素原子を持つ直鎖及び分枝鎖炭化水素が有用である。 [0134] In the present specification straight and branched chain hydrocarbons having from about 7 to about 40 carbon atoms are useful. これらの炭化水素物質の非限定的な例としては、ドデカン、イソドデカン、スクアラン、コレステロール、水素添加ポリイソブチレン、ドコサン(即ちC 22炭化水素)、ヘキサデカン、イソヘキサデカン(パーメチル(登録商標) Nonlimiting examples of these hydrocarbon materials include dodecane, isododecane, squalane, cholesterol, hydrogenated polyisobutylene, docosane (i.e. C 22 hydrocarbon), hexadecane, isohexadecane (Permethyl (TM)
101Aとして、米国ニュージャージー州、サウス・プレインフィールドのプレスパース(Presperse)から市販されている炭化水素)が挙げられる。 As 101A, NJ, hydrocarbons) can be mentioned commercially available from South Plainfield Presperse (Presperse). C7〜C C7~C
40の分枝鎖炭化水素であるC7〜C40イソパラフィンも有用である。 C7~C40 isoparaffin is a branched chain hydrocarbon of 40 are also useful. 分枝状液体炭化水素であるポリデセンもまた、本明細書において有用であり、モービル・ケミカル(Mobile Chemical)(米国ニュージャージー州、エジソン)より商品名プレシン(Puresyn)100(登録商標)及びプレシン3000(登録商標)で販売されている。 A branched liquid hydrocarbon polydecene also useful herein, Mobil Chemical (Mobile Chemical) (New Jersey, Edison) the trade Pureshin (Puresyn) 100 (R) and Pureshin 3000 ( It is sold under the registered trademark). 【0135】 芳香族誘導体と同様に直鎖及び分枝鎖を包含するC1〜C30カルボン酸及びC2〜C30ジカルボン酸のC1〜C30アルコールエステルも有用である。 [0135] C1~C30 alcohol esters of aromatic derivatives as well as C1~C30 carboxylic acids and C2~C30 dicarboxylic acid include straight-chain and branched-chain are also useful. C
1〜C30カルボン酸のモノグリセリド、C1〜C30カルボン酸のジグリセリド、C1〜C30カルボン酸のトリグリセリド、C1〜C30カルボン酸のエチレングリコールモノエステル、C1〜C30カルボン酸エチレングリコールジエステル、C1〜C30カルボン酸のプロピレングリコールモノエステル、及びC 1~C30 monoglycerides of carboxylic acids, diglycerides of C1-C30 carboxylic acids, triglycerides of C1-C30 carboxylic acids, ethylene glycol monoesters of C1-C30 carboxylic acids, C1-C30 carboxylic acids, ethylene glycol diesters of C1-C30 carboxylic acids propylene glycol monoesters, and C
1〜C30カルボン酸のプロピレングリコールジエステルのようなエステルも有用である。 1~C30 esters such as propylene glycol diester of carboxylic acids are also useful. 本明細書では直鎖、分枝鎖及びアリールカルボン酸が包含される。 Herein a linear, branched and aryl carboxylic acids. このような物質のプロポキシル化及びエトキシル化誘導体も有用である。 Propoxylated and ethoxylated derivatives of these materials are also useful. 非限定的な例には、セバシン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジイソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、プロピオン酸ミリスチル、ジステアリン酸エチレングリコール、2−エチルヘキシルパルミチン酸、イソデシルネオペンタン酸、ジ−2−エチルヘキシルマレイン酸、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸ミリスチル、ステアリン酸ステアリル、ステアリン酸セチル、ベヘニルベヘン酸塩、ジオクチルマレイン酸、セバシン酸ジオクチル、アジピン酸ジイソプロピル、オクタン酸セチル、ジリノール酸ジイソプロピル、カプリル/カプリントリグリセリド、PEG−6カプリル/カプリントリグリセリド、PEG−8 Non-limiting examples include diisopropyl sebacate, diisopropyl adipate, isopropyl myristate, isopropyl palmitate, myristyl propionate, ethylene glycol distearate, 2-ethylhexyl palmitate, isodecyl neo pentanoic acid, di-2-ethylhexyl maleate, cetyl palmitate, myristyl myristate, stearyl stearate, cetyl stearate, Behenirubehen salt, dioctyl maleate, dioctyl sebacate, diisopropyl adipate, cetyl octanoate, diisopropyl dilinoleate, caprylic / capric triglyceride, PEG- 6 caprylic / capric triglyceride, PEG-8
カプリル/カプリントリグリセリド、及びそれらの混合物がある。 Caprylic / capric triglyceride, and mixtures thereof. 【0136】 糖及び関連物質のC1〜C30モノエステルとポリエステルの多くもまた有用である。 [0136] Many C1~C30 monoesters and polyesters of sugars and related materials are also useful. このようなエステルは糖、あるいは多価アルコール部分及び1以上のカルボン酸部分に由来している。 Such esters are derived from a sugar or polyhydric alcohol moiety and one or more carboxylic acid moieties. 構成成分の酸及び糖によって、これらのエステルは室温で液体であったり、固体であったりする。 The acid and sugar components, these esters or a liquid at room temperature, or a solid. 液状エステルの例には:グルコーステトラオレエート、大豆油脂肪酸(不飽和)のグルコーステトラエステル、 Examples of liquid esters: glucose tetraoleate, the glucose tetraesters of soybean oil fatty acids (unsaturated),
混合大豆油脂肪酸のマンノーステトラエステル、オレイン酸のガラクトーステトラエステル、リノール酸のアラビノーステトラエステル、キシローステトラリノレート、ガラクトースペンタオレエート、ソルビトールテトラオレエート、不飽和大豆油脂肪酸のソルビトールヘキサエステル、キシリトールペンタオレエート、スクローステトラオレエート、スクロースペンタオレエート、スクロースヘキサオレエート、スクロースヘプタオレエート、スクロースオクタオレエート、及びそれらの混合物が挙げられる。 Mannose tetraesters of mixed soybean oil fatty acids, the galactose tetraesters of oleic acid, the arabinose tetraesters of linoleic acid, xylose tetra linoleate, galactose pentaoleate, sorbitol tetraoleate, sorbitol hexaesters of unsaturated soybean oil fatty acids, xylitol penta oleate, sucrose tetraoleate, sucrose pentaoleate, sucrose hexaoleate, sucrose hepta oleate, sucrose octa oleate, and mixtures thereof. 固体状エステルの例には:カルボン酸エステル部分が1:2のモル比でパルミトオレエートとアラキデートであるソルビトールヘキサエステル;カルボン酸エステル部分が1:3のモル比でリノレートとベヘネートであるラフィノースのオクタエステル;エステル化カルボン酸部分が3: Examples of solid esters: carboxylic acid ester moieties are 1: 2 molar ratio with palmitoyl oleate and sorbitol hexa esters is arachidate; carboxylic acid ester moiety is 1: linoleate and behenate in a molar ratio of 3 raffinose octaester of; esterifying carboxylic acid moieties are 3:
4のモル比でヒマワリの種油脂肪酸とリグノセレートであるマルトースのヘプタエステル;エステル化カルボン酸部分が2;6のモル比でオレエートとベヘネートであるスクロースのオクタエステル;及びエステル化カルボン酸部分が1:3 Heptaester of maltose is seed oil fatty acids and Rigunosereto sunflower in a molar ratio of 4: esterifying carboxylic acid moieties are 2; octaester of sucrose is oleate and behenate in a molar ratio of 6; and esterified carboxylic acid moiety 1 : 3
:4のモル比でラウレート、リノレート、とベヘネートであるスクロースのオクタエステルが挙げられる。 : Laurate in a mole ratio of 4, linoleate, and the octaester of sucrose and the like is behenate. 好ましい固形状物質は、エステル化度が7〜8で、脂肪酸部分がC18モノ−及び/又はジ−不飽和及びベヘン酸であり、不飽和:ベヘン酸のモル比が1:7〜3:5であるスクロースポリエステルである。 Preferred solid materials are in degree of esterification is 7-8, the fatty acid moiety C18 mono - and / or di - an unsaturated and behenic acids, unsaturated molar ratio of behenic acid of 1: 7 to 3: 5 it is a sucrose polyester is. 特に好ましい固形状糖ポリエステルは、分子中に約7のベヘン脂肪酸部分と約1のオレイン酸部分があるスクロースのオクタエステルである。 Particularly preferred solid sugar polyester is the octaester of sucrose is about 7 behenic fatty acid moieties and about 1 oleic acid moiety in the molecule. その他の物質には、スクロースの綿実油又は大豆油の脂肪酸エステルが含まれる。 Other materials include fatty acid esters of cottonseed oil or soybean oil sucrose. エステル素材についてはさらに、1977年1月25日に発行された米国特許第2,831,854号(ジャンダセック、Jandacek)、米国特許第4,005,196号;1977年1月25日に発行された米国特許第4,005,195号(ジャンダセック、Ja Ester material further for, 1977 January 25, issued U.S. Patent No. 2,831,854 (Jandasekku, Jandacek), U.S. Pat. No. 4,005,196; issued Jan. 25, 1977 U.S. Patent No. 4,005,195 (Jandasekku, Ja
ndacek)、1994年4月26日に発行された米国特許第5,306,516号(レットンら);1994年4月26日に発行された米国特許第5,306,5 Ndacek), patent US, issued Apr. 26, 1994, No. 5,306,516 (Retton et al); issued April 26, 1994 U.S. Patent No. 5,306,5
15号(レットンら);1994年4月26日に発行された米国特許第5,30 No. 15 (Retton et al.); April 1994, issued 26 US Patent No. 5,30
5,514号(レットンら);1989年1月10日に発行された米国特許第4 No. 5,514 (Retton et al.); January 1989 issued 10 days US 4
,797,300号(ジャンダセック、Jandacek)、;1976年6月15日に発行された米国特許第3,963,699号(リジーら、Rizzi);1985年5月21日に発行された米国特許第4,518,772号(ボルペヘインら、Vo , No. 797,300 (Jandasekku, Jandacek) ,; 1976 June 15, issued U.S. Patent No. 3,963,699 (Lizzie et al, Rizzi); issued US patents on May 21, 1985 No. 4,518,772 (Borupehein et al., Vo
lpenhein);及び1985年5月21日に発行された米国特許第4,517,3 lpenhein); and the United States patent was issued on May 21, 1985 No. 4,517,3
60号(ボルペヘインら、Volpenhein)に記載されており;それぞれその全てを参考として本明細書に組み入れる。 60 No. (Borupehein et al, Volpenhein) are described in; incorporated herein in its entirety respectively by reference. 【0137】 ポリジアルキルシロキサン類、ポリジアリ−ルシロキサン類、及びポリアルカリルシロキサン類のような非揮発性シリコーンも有用なオイルである。 [0137] polydialkylsiloxanes, Porijiari - Le siloxanes, and non-volatile silicones, such as poly alkaryl siloxanes are also useful oils. このようなシリコーンは1991年12月3日に発行された米国特許第5,069,89 Such silicones are U.S. Patent issued Dec. 3, 1991 No. 5,069,89
7号(オール)の中で開示されており、本明細書では参考としてその全てを引用する。 Are disclosed in the No. 7 (ol), herein reference in its entirety by reference. ポリアルキルシロキサンは、一般化学式R 3 SiO[R 2 SiO] x SiR 3に相当し、式中、Rはアルキル基(好ましくはRはメチル又はエチル基であり、 Polyalkylsiloxanes correspond to the general chemical formula R 3 SiO [R 2 SiO] x SiR 3, wherein, R is an alkyl group (preferably R is methyl or ethyl group,
更に好ましくはメチル基である)及びxは約500までの整数で、望ましい分子量を達成するために選択される。 More preferably methyl group), and x is an integer up to about 500, chosen to achieve the desired molecular weight. 市販されているポリアルキルシロキサンとしては、ジメチコーンとしても知られているポリジメチルシロキサンが挙げられ、その非限定的な例としては、ゼネラル・エレクトリックが販売しているヴィカシル(Vicasil)(登録商標)シリーズ及びダウ・コーニング・コーポレーションが販売しているダウ・コーニング(登録商標)200シリーズが挙げられる。 The polyalkylsiloxanes are commercially available polydimethylsiloxanes are mentioned, also known as dimethicones, as a non-limiting example, Vikashiru the General Electric sells (Vicasil) (registered trademark) series and Dow Corning (R) Dow Corning Corporation has sold include the 200 series. 本明細書で有用なポリジメチルシロキサンの具体例には、10センチストークスの粘度及び200℃を超える沸点を有するダウ・コーニング(登録商標)225液、 Specific examples of useful polydimethylsiloxanes herein, Dow Corning having a boiling point greater than the viscosity and 200 ° C. for 10 centistokes (TM) 225 solution,
及びダウ・コーニング(登録商標)200液でそれぞれ50、350、及び12 And Dow Corning (R), respectively 200 solution 50,350, and 12
、500センチストークスの粘度、及び200℃を超える沸点を有するものが挙げられる。 , Those having a boiling point greater than the viscosity of 500 centistokes, and 200 ° C.. 一般化学式[(CH 23 SiO 1/2x [SiO 2 ]y(式中、xは約1〜約500の整数であり、yは約1〜約500の整数である)に相当するポリマー材料であるトリメチルシロキシシリケートのような材料も有用である。 General chemical formula [(CH 2) 3 SiO 1/2 ] x [SiO 2] y ( where, x is from about 1 to about 500, y is an integer of from about 1 to about 500 integer) corresponding to materials such as trimethylsiloxysilicate a polymeric material are also useful. 市販のトリメチルシロキシシリケートは、ダウ・コーニング(登録商標)593液としてジメチコーンとの混合物として販売されている。 Commercially available trimethylsiloxysilicate is sold as a mixture with dimethicone as Dow Corning® 593 fluid. ヒドロキシ末端を持つジメチルシリコーンであるジメチコノールも本明細書では有用である。 Dimethiconol is a dimethyl silicone having a hydroxy terminated are also useful herein. このような素材は一般化学式R 3 SiO[R 2 SiO] x SiR 2 OH及びHOR 2 SiO[R 2 Such materials are the general chemical formula R 3 SiO [R 2 SiO] x SiR 2 OH and HOR 2 SiO [R 2 S
iO] x SiR 2 OHで表すことができ、式中、Rはアルキル基(好ましくはRはメチル又はエチル、更に好ましくはメチルである)及びxは、望ましい分子量を達成するために選択される約500までの整数である。 iO] can be represented by x SiR 2 OH, wherein, R is (preferably R is methyl or ethyl, more preferably methyl) alkyl group and x is from about chosen to achieve the desired molecular weight it is an integer of up to 500. 市販のジメチコノールは、通常ジメチコーン又はシクロメチコンとの混合物(例えば、ダウ・コーニング(登録商標)1401、1402及び1403液)として販売されている。 Commercially available dimethiconols are sold as a normal dimethicone or a mixture of cyclomethicone (e.g., Dow Corning ® 1401, 1402 and 1403 solution). 25 25
℃にて約15から約65センチストークスの粘度を持つポリメチルフェニルシロキサンと共に、ポリアルキルアリールシロキサンもここでは有用である。 ℃ with polymethylphenylsiloxane from about 15 having a viscosity of about 65 centistokes at, polyalkylaryl siloxanes are also useful herein. このような素材は、例えばSF1075メチルフェニル液(ゼネラル・エレクトリックカンパニーにより販売されている)及び556化粧品グレードのフェニルトリメチコーン液(ダウ・コーニング・コーポレーションにより販売されている)として入手することができる。 Such materials are available as for example SF1075 methylphenyl fluid (General Electric sold by Company) and 556 Cosmetic Grade phenyl trimethicone fluid (sold by Dow Corning Corporation) . メチルデシルシリコーン及びメチルオクチルシリコーン等のアルキル化シリコーンは、本発明において有用であり、ゼネラル・エレクトリックより販売されている。 Alkyl silicones such as methyl decyl silicone and methyloctyl silicone are useful in the present invention, sold by General Electric. また、アルキル鎖の炭素数が10〜50である、 The number of carbon atoms of the alkyl chain is 10 to 50,
アルキルメチコーン及びアルキルジメチコーン等のアルキル修飾シロキサンも本発明において有用である。 Alkyl modification siloxanes such as alkyl methicones and alkyl dimethicones are also useful in the present invention. このようなシロキサンは、商品名エイビル・ワックス(ABIL WAX)9810(C 2 4〜C 2 8アルキルメチコーン)(ゴールドシュミッド(Goldschmidt)より販売)及びSF1632(セテアリールメチコーン)( Such siloxanes are trade names Eibiru Wax (ABIL WAX) 9810 (C 2 4~C 2 8 alkyl methicone) (sold by Gold shoe mid (Goldschmidt)) and SF1632 (cetearyl methicone) (
ゼネラル・エレクトリックより販売)として販売されている。 It has been sold as sold by General Electric). 【0138】 また、植物油及び水素化植物油も本発明において有用である。 [0138] In addition, vegetable oils and hydrogenated vegetable oils are also useful in the present invention. 植物油及び硬化植物油の例としては、ベニバナ油、ヒマシ油、ヤシ油、綿実油、メンハーデン油、パーム核油、パーム油、ピーナツ油、大豆油、菜種油、アマニ油、米糠油、松根油、ゴマ油、ヒマワリ種子油、硬化ベニバナ油、硬化ヒマシ油、硬化ヤシ油、 Examples of vegetable oils and hydrogenated vegetable oils include safflower oil, castor oil, coconut oil, cottonseed oil, menhaden oil, palm kernel oil, palm oil, peanut oil, soybean oil, rapeseed oil, linseed oil, rice bran oil, pine oil, sesame oil, sunflower seed oil, hydrogenated safflower oil, hydrogenated castor oil, hydrogenated coconut oil,
硬化綿実油、硬化メンハーデン油、硬化パーム核油、硬化パーム油、硬化ピーナツ油、硬化大豆油、硬化菜種油、硬化アマニ油、硬化糠油、硬化ゴマ油、硬化ヒマワリ種子油、及びこれらの混合物が挙げられる。 Hydrogenated cottonseed oil, hydrogenated menhaden oil, hydrogenated palm kernel oil, hydrogenated palm oil, hydrogenated peanut oil, hydrogenated soybean oil, hydrogenated rapeseed oil, hydrogenated linseed oil, hardened rice bran oil, hydrogenated sesame oil, hydrogenated sunflower seed oil, and mixtures thereof. 【0139】 また、ポリプロピレングリコールのC4〜C20アルキルエーテル、ポリプロピレングリコールのC1〜C20カルボン酸エステル、及びジ−C8〜C30アルキルエーテルも有用である。 [0139] Also, C4-C20 alkyl ethers of polypropylene glycols, C1 to C20 carboxylic acid esters of polypropylene glycol, and di -C8~C30 alkyl ethers are also useful. このような素材の非限定的な例としては、PPG Non-limiting examples of such materials, PPG
−14ブチルエーテル、PPG−15ステアリルエーテル、ジオクチルエーテル、ドデシルオクチルエーテル、及びこれらの混合物が挙げられる。 -14 butyl ether, PPG-15 stearyl ether, dioctyl ether, dodecyl octyl ether, and mixtures thereof. 【0140】 また、疎水性キレート化剤も疎水性コンディショニング剤として本発明において有用である。 [0140] Also, hydrophobic chelating agents are also useful in the present invention as a hydrophobic conditioning agent. 好適な作用剤は、米国特許第4,387,244号(1983年6月7日発行、スカロン(Scanlon)ら)、及び米国特許同時係属出願 出願番号第09/258,747号及び同第09/259,485号(シュワルツ(Sc Suitable agents are described in U.S. Patent No. 4,387,244 (June 7, 1983 issued Sukaron (Scanlon) et al), and U.S. Patent co-pending application Serial No. 09 / 258,747 item and the 09 / 259,485 No. (Schwartz (Sc
hwartz)らの名のもとに1999年2月26日提出)に記載されている。 To the original hwartz) et al name are described in the filed February 26, 1999). 【0141】 好ましい疎水性コンディショニング剤は、鉱物油、ワセリン、レシチン、水素添加レシチン、ラノリン、ラノリン誘導体、C7〜C40の分枝鎖炭化水素、C [0141] Preferred hydrophobic conditioning agents are mineral oil, petrolatum, lecithin, hydrogenated lecithin, lanolin, lanolin derivatives, branched chain hydrocarbons C7~C40, C
1〜C30のカルボン酸のC1〜C30のアルコールエステル、C2〜C30のジカルボン酸のC1〜C30のアルコールエステル、C1〜C30のカルボン酸のモノグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のジグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のトリグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のエチレングリコールモノエステル、C1〜C30のカルボン酸のエチレングリコールジエステル、C Alcohol esters of C1-C30 carboxylic acids 1~C30, alcohol esters of C1-C30 dicarboxylic acids C2 to C30, monoglyceride of a carboxylic acid of C1-C30, diglycerides of carboxylic acids C1-C30, of C1-C30 triglycerides of carboxylic acids, ethylene glycol monoesters of carboxylic acids of C1-C30, ethylene glycol diesters of carboxylic acids of C1-C30, C
1〜C30のカルボン酸のプロピレングリコールモノエステル、C1〜C30のカルボン酸のプロピレングリコールジエステル、C1〜C30のカルボン酸モノエステル及び糖のポリエステル、ポリジアルキルシロキサン類、ポリジアリールシロキサン類、ポリアルキルアリールシロキサン類、3〜9個のケイ素原子を有するシクロメチコン類、植物油、硬化植物油、ポリプロピレングリコールC4〜 Propylene glycol monoesters of carboxylic acids 1~C30, propylene glycol diester of a carboxylic acid of C1-C30, carboxylic acid monoesters and polyesters of sugars C1-C30, polydialkylsiloxanes, polydiene siloxanes, polyalkylarylsiloxanes s, cyclomethicones having 3 to 9 silicon atoms, vegetable oils, hydrogenated vegetable oils, polypropylene glycol C4~
C20アルキルエーテル、ジ(C8〜C30アルキル)エーテル、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される。 C20 alkyl ether, di (C8 to C30 alkyl) ether, and is selected from the group consisting of a combination thereof. 【0142】 親水性コンディショニング剤本発明の物品はまた、1以上の親水性コンディショニング剤を含む有益成分も含む。 [0142] The article of the hydrophilic conditioning agent present invention also includes valuable component comprising one or more hydrophilic conditioning agents. 親水性コンディショニング剤の非限定的な例としては、多価アルコール、 Nonlimiting examples of hydrophilic conditioning agents, polyhydric alcohols,
ポリプロピレングリコール、ポリエチレングリコール、尿素類、ピロリドンカルボン酸、エトキシル化及び/又はプロポキシル化C3〜C6ジオール及びトリオール、α−ヒドロキシC2〜C6カルボン酸、エトキシル化及び/又はプロポキシル化糖、ポリアクリル酸コポリマー、炭素数約12以下の糖、炭素数約12以下の糖アルコール、及びこれらの混合物より成る群から選択されるものが挙げられる。 Polypropylene glycol, polyethylene glycol, ureas, pyrolidone carboxylic acids, ethoxylated and / or propoxylated C3~C6 diols and triols, alpha-hydroxy C2~C6 acids, ethoxylated and / or propoxylated sugars, polyacrylic acid copolymer, about 12 or less sugars carbon atoms, include those selected from about 12 below the sugar alcohol carbon number, and from the group consisting of mixtures thereof. 有用な親水性コンディショニング剤の具体的な例としては、尿素;グアニジン;グリコール酸及びグリコール酸塩(例えば、アンモニウム及び第四級アルキルアンモニウム);乳酸及び乳酸塩(例えば、アンモニウム及び第四級アルキルアンモニウム);スクロース、フルクトース、グルコース、エルスロース、エリスリトール、ソルビトール、マンニトール、グリセロール、ヘキサントリオール、プロピレングリコール、ブチレングリコール、ヘキシレングリコール等;P Specific examples of useful hydrophilic conditioning agents include urea; guanidine; glycolic acid and glycolate salts (e.g., ammonium and quaternary alkyl ammonium); lactic acid and lactate salts (e.g., ammonium and quaternary alkyl ammonium ); sucrose, fructose, glucose, Els loin, erythritol, sorbitol, mannitol, glycerol, hexanetriol, propylene glycol, butylene glycol, hexylene glycol and the like; P
EG−2、PEG−3、PEG−30、PEG−50等のポリエチレングリコール、PPG−9、PPG−12、PPG−15、PPG−17、PPG−20、 EG-2, PEG-3, PEG-30, polyethylene glycols such as PEG-50, PPG-9, PPG-12, PPG-15, PPG-17, PPG-20,
PPG−26、PPG−30、PPG−34等のポリプロピレングリコール;アルコキシル化グルコース;ヒアルロン酸;陽イオン系スキンコンディショニングポリマー(例えば、ポリクアテルニウムポリマー等の四級アンモニウムポリマー);及びこれらの混合物等の物質が挙げられる。 PPG-26, PPG-30, polypropylene glycols such as PPG-34; alkoxylated glucose; hyaluronic acid; cationic skin conditioning polymers (e.g., quaternary ammonium polymers such as Polyquaternium polymers); and mixtures thereof include the substance. 本発明の物品においては、特にグリセロールが好ましい親水性コンディショニング剤である。 In the article of the present invention, in particular glycerol are preferred hydrophilic conditioning agents. また、あらゆる種々の形態のアロエ・ベラ(例えば、アロエ・ベラジェル)、キトサン及びキトサン誘導体、例えば、キトサン乳酸塩、ラクタミドモノエタノールアミン;アセトアミドモノエタノールアミン;及びこれらの混合物等の物質も有用である。 Further, aloe vera in any variety of forms (e.g., aloe Berajeru), chitosan and chitosan derivatives, e.g., chitosan lactate, lactamide monoethanolamine; acetamide monoethanolamine; and materials like these mixtures also useful is there. 参考としてその全体を本明細書に組み入れる米国特許第4,976,953号(19 U.S. Patent No. 4,976,953 incorporated herein in its entirety by reference (19
90年12月11日発行、オール(Orr)ら)に記載されるプロポキシル化グリセロールに記載されるようなプロポキシル化グリセロールも有用である。 90 11 December issue, propoxylated glycerol as described in propoxylated glycerols described in ol (Orr) et al.) Are also useful. 【0143】 有益成分は、種々の形態に調製され得る。 [0143] benefit agent may be prepared in various forms. 本発明の一つの態様においては、有益成分はエマルションの形態である。 In one embodiment of the present invention, the beneficial ingredient in the form of an emulsion. 本発明においては、例えば、水中油型、油中水型、水中油中水型及びシリコーン中水中油型エマルションが有用である。 In the present invention, for example, oil-in-water, water-in-oil, water type and silicone oil-in-water emulsion water in oil useful. エマルションのこの文脈において用いられる場合、「水」は、水だけではなく、水溶性、又はグリセリンのような水混和性物質も表し得る。 When used in this context of the emulsion, "water" is not only water, a water-soluble, or water-miscible substances such as glycerine may represent. 【0144】 好ましい有益成分はエマルションを含み、このエマルションは更に水相及び油相を含む。 [0144] Preferred benefit agents include emulsions, the emulsion further comprises an aqueous phase and an oil phase. 当業者が理解するように、任意の成分は、この成分中の治療有益物質の溶解性/分散性に依存して、まず、水相又は油相のいずれかに分布する。 As the skilled artisan will appreciate, any components depending on the solubility / dispersibility of the therapeutic benefit agent in the component, is first distributed in either the water or oil phase. 一つの態様において、油相は1以上の疎水性コンディショニング剤を含む。 In one embodiment, the oil phase comprises one or more hydrophobic conditioning agents. 別の態様では、水相は1以上の親水性のコンディショニング剤を含む。 In another aspect, the aqueous phase comprises one or more hydrophilic conditioning agents. 【0145】 本発明の有益成分は、エマルションの形態であり、一般に、水相、及び油相又は脂質相を含む。 [0145] A benefit agent of the present invention is in the form of an emulsion generally comprises an aqueous phase, and the oil phase or the lipid phase. 好適な油類又は脂質類は、動物、植物又は石油に由来してもよく、天然でも合成(即ち、人工的)でもよい。 Suitable oils or lipids animals, may be derived from vegetable or petroleum, both natural and synthetic (i.e., artificial) may be. 好適な油相成分及び水相成分は上で議論されている。 Suitable oil phase component and aqueous phase component are discussed above. 好ましいエマルション形態としては、油中水型エマルション、シリコーン中水型エマルション、及び他の逆性エマルションが挙げられる。 Preferred emulsion forms, water-in-oil emulsion, water-in-silicone emulsions, and other inverse emulsion and the like. 加えて、好ましいエマルションは、油中グリセリンエマルションが生じるような、 Additionally, preferred emulsions, in such glycerin emulsion occurs oils,
グリセリン等の親水性コンディショニング剤も含む。 Hydrophilic conditioning agents such as glycerin also be included. 【0146】 エマルション形態である本発明の有益成分、特にコンディショニング成分は、 [0146] A benefit agent of the invention which are emulsion form, in particular conditioning component,
好ましくは有益成分の質量の約1質量%〜約10質量%、さらに好ましくは約2 Preferably from about 1% to about 10% by weight of the benefit agent, more preferably about 2
質量%〜約5質量%の乳化剤(すなわち、界面活性剤)を含有する。 % To about 5 wt% of the emulsifier (i.e., surfactant) containing. 乳化剤は、 Emulsifier,
非イオン系、陰イオン又は陽イオン系であってもよい。 Nonionic may be anionic or cationic. 好適な乳化剤は、197 Suitable emulsifiers are, 197
3年8月28日発行のディッカート(Dickert)らによる米国特許3,755, 3 years 28 August issue of the Extended cart (Dickert) US patent by et al. 3,755,
560号;1983年12月20日発行のディクソン(Dixon)らによる米国特許4,421,769号;及び「マカッチャンの洗剤と乳化剤(McCutcheon's D 560 No.; 1983 December 20 issue of Dixon (Dixon) et al U.S. Pat. No. 4,421,769; and "McCutcheon detergent and an emulsifier (McCutcheon's D
etergents and Emulsifiers)」北米版、317〜324頁(1986年)と同様に上記で開示されている。 etergents and Emulsifiers) "North American version, has been disclosed in the same manner described above and pages 317-324 (1986). また、エマルション形態中の有益成分は、皮膚に適用する際の起泡を最小限にするために、消泡剤を含んでもよい。 The benefit agent in the emulsion form, in order to minimize foaming upon application to the skin may also include an antifoaming agent. 消泡剤としては、高分子量のシリコーン、及びそのような利用について周知のその他の物質が挙げられる。 As the antifoaming agent, high molecular weight silicone, and include known other materials for such use. 【0147】 また、有益成分は微小エマルションの形態であってもよい。 [0147] Moreover, the beneficial component may be in the form of micro-emulsions. 本明細書で用いられる「微小エマルション」とは、両親媒性分子である界面活性剤によって安定化された2つの非混合性溶媒(一方は非極性で、他方は極性)の、熱力学的に安定した混合物を指す。 The "micro-emulsion" as used herein, immiscible solvent two stabilized by a surfactant is an amphiphilic molecule (one non-polar and the other polarity) of thermodynamically It refers to a stable mixture. 好ましい微小エマルションとしては、油中水型微小エマルションが挙げられる。 Preferred micro emulsions include water-in-oil micro-emulsion. 【0148】 構造化コンディショニング剤コンディショニング成分である有益成分は、構造化コンディショニング剤も含んでもよい。 [0148] A benefit agent is a structured conditioning agents the conditioning component may also include structured conditioning agents. 好適な構造化コンディショニング剤としては、セラミド、リポソーム等の小胞状構造が挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable structuring conditioning agents, ceramides, although vesicular structure of a liposome, and the like, without limitation. 【0149】 もう1つの実施態様では、有益成分のコンディショニング剤は、コアセルベート−形成組成物に含有される。 [0149] In another embodiment, the conditioning agent of the beneficial component coacervate - contained in the formed composition. 好ましくは、コアセルベート−起泡組成物は、陽イオン系ポリマー、陰イオン系界面活性剤、及びこれらのポリマー及び界面活性剤の皮膚科学的に許容され得るキャリアを含む。 Preferably, the coacervate - foaming composition comprises cationic polymer, anionic surfactant, and an acceptable carrier dermatologically of these polymers and surfactants. 陽イオン系ポリマーは、天然主鎖の第四級アンモニウムポリマー、合成主鎖の第四級アンモニウムポリマー、天然主鎖の両性型ポリマー、合成主鎖の両性型ポリマー、及びこれらの組み合わせより成る群から選択され得る。 The cationic polymers, quaternary ammonium polymers of natural backbone quaternary ammonium polymers of synthetic backbone, natural backbone amphoteric type polymers, synthetic backbone amphoteric type polymers, and from the group consisting of combinations thereof It may be selected. 【0150】 更に好ましくは、陽イオン系ポリマーは、ポリクアテルニウム−4、ポリクアテルニウム−10、ポリクアテルニウム−24、PG−ヒドロキシエチルセルロースアルキルジモニウムクロライド、グアー(guar)ヒドロキシプロピルトリモニウムクロライド、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロライド、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される天然主鎖の第四級アンモニウムポリマー;ポリクアテルニウム−2、ポリクアテルニウム−6、 [0150] More preferably, the cationic polymer, Polyquaternium -4, polyquaternium -10, polyquaternium -24, PG- hydroxyethyl cellulose alkyl dimonium chloride, guar (guar) hydroxypropyltrimonium Mo chloride, hydroxypropyl guar hydroxypropyltrimonium chloride, and quaternary ammonium polymers of natural backbone selected from the group consisting of a combination thereof; Polyquaternium -2, polyquaternium-6,
ポリクアテルニウム−7、ポリクアテルニウム−11、ポリクアテルニウム−1 Polyquaternium-7, polyquaternium -11 polyquaternium -1
6、ポリクアテルニウム−17、ポリクアテルニウム−18、ポリクアテルニウム−28、ポリクアテルニウム−32、ポリクアテルニウム−37、ポリクアテルニウム−43、ポリクアテルニウム−44、ポリクアテルニウム−46、ポリメタクリルアミドプロピルトリモニウムクロライド、アクリルアミドプロピルトリモニウムクロライド/アクリルアミドコポリマー、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される合成主鎖の第四級アンモニウムポリマー;キトサン、四級化タンパク質、加水分解タンパク質、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される天然主鎖の両性型ポリマー;ポリクアテルニウム−22、ポリクアテルニウム−39、ポリクアテルニウム−47、アジピン酸/ジメチルアミノヒドロキシプロピルジエ 6, polyquaternium -17, polyquaternium -18, polyquaternium -28, polyquaternium -32, polyquaternium -37, polyquaternium -43, polyquaternium -44 , Polyquaternium -46, poly trimonium chloride, acrylamidopropyl trimonium chloride / acrylamide copolymers, and quaternary ammonium polymers of synthetic backbone selected from the group consisting of a combination thereof; chitosan, quaternary protein, hydrolyzed protein, and natural backbone amphoteric type polymers selected from the group consisting of a combination thereof; Polyquaternium -22, polyquaternium -39, polyquaternium -47, adipic acid / dimethylaminohydroxypropyl Jie レントリアミンコポリマー、ポリビニルピロリドン/ジメチルアミノエチルメタクリレートコポリマー、ビニルカプロラクタム/ポリビニルピロリドン/ジメチルアミノエチルメタクリレートコポリマー、ビナリカプロラクタム/ポリビニルピロリドン/ジメチルアミノプロピルメタクリルアミドターポリマー、ポリビニルピロリドン/ジメチルアミノプロピルメタクリルアミドコポリマー、ポリアミン、及びこれらの組み合わせより成る群より選択される合成主鎖の両性型ポリマー;及び、これらの組み合わせより成る群から選択される。 Triamine copolymers, polyvinyl pyrrolidone / dimethylaminoethyl methacrylate copolymer, vinylcaprolactam / polyvinylpyrrolidone / dimethylaminoethyl methacrylate copolymer, bi Nari caprolactam / polyvinylpyrrolidone / dimethylaminopropylmethacrylamide terpolymer, polyvinylpyrrolidone / dimethylaminopropylmethacrylamide copolymer, polyamines, and amphoteric polymers synthetic backbone selected from the group consisting of a combination thereof; and is selected from the group consisting of combinations. 更に好ましくは、陽イオン系ポリマーは合成主鎖の両性型ポリマーである。 More preferably, the cationic polymer is an amphoteric polymer of synthetic backbone. 更に一層好ましくは、陽イオン系ポリマーはポリアミンである。 Even more preferably, the cationic polymer is a polyamine. 【0151】 陽イオン系ポリマーがポリアミンである場合、陽イオン系ポリアミンポリマーは、ポリエチレンイミン、ポリビニルアミン、ポリプロピレンイミン、ポリリシン、及びこれらの組み合わせより成る群から選択されることが好ましい。 [0151] When cationic polymer is a polyamine, the cationic polyamine polymer, polyethylenimine, polyvinylamine, polypropylene, polylysine, and be selected from the group consisting of combinations of these preferred. 更に好ましくは、陽イオン系ポリアミンポリマーはポリエチレンイミンである。 More preferably, the cationic polyamine polymer is polyethylene imine. 【0152】 陽イオン系ポリマーがポリアミンである特定の態様では、ポリアミンは疎水的に又は親水的に修飾されていてもよい。 [0152] In certain embodiments cationic polymer is a polyamine, the polyamine may be hydrophobically or hydrophilically modified. この例では、陽イオン系ポリアミンポリマーは、ベンジル化ポリアミン、エトキシル化ポリアミン、プロポキシル化ポリアミン、アルキル化ポリアミン、アミド化ポリアミン、エステル化ポリアミン、 In this example, the cationic polyamine polymer, benzylated polyamines, ethoxylated polyamines, propoxylated polyamines, alkylated polyamines, amidated polyamines, esterified polyamines,
及びこれらの組み合わせより成る群から選択される。 And it is selected from the group consisting of a combination thereof. コアセルベート形成組成物は、コアセルベート形成組成物の質量に対して、約0.01質量%〜約20質量%、更に好ましくは約0.05質量%〜約10質量%、最も好ましくは約0.1 Coacervate-forming composition, relative to the weight of the coacervate-forming composition, from about 0.01% to about 20 wt%, more preferably from about 0.05% to about 10 wt%, and most preferably about 0.1
質量%〜約5質量%の陽イオン系ポリマーを含む。 Containing mass% to about 5% by weight of the cationic polymer. 【0153】 コアセルベート−形成の背景で使用するのに好適な陰イオン系界面活性剤には、「クレンジング成分」に関するとして上記で議論されたものが挙げられる。 [0153] coacervate - Suitable anionic surfactants for use in the context of forming include those discussed above as directed to "cleansing component." 好ましくは、コアセルベート−形成組成物に関する陰イオン系界面活性剤は、サルコシネート、グルタメート、アルキル硫酸ナトリウム、アルキル硫酸アンモニウム、アルキレス硫酸ナトリウム、アルキレス硫酸アンモニウム、ラウレス−n− Preferably, the coacervate - anionic surfactant on the formation composition, sarcosinates, glutamates, sodium alkyl sulfate, alkyl sulfate, sodium Arukiresu sulfate, Arukiresu sulfate, ammonium laureth -n-
硫酸アンモニウム、ラウレス−n−硫酸ナトリウム、イセチオネート、グリセリルエーテルスルホネート、スルホスクシネート及びそれらの組合せから成る群から選択される。 Sulfate, ammonium laureth -n- sodium sulfate, isethionate, glyceryl ether sulfonates, sulfo succinate and combinations thereof. 更に好ましくは、陰イオン系界面活性剤は、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム、ラウロイルグルタミン酸モノナトリウム、アルキル硫酸ナトリウム、アルキル硫酸アンモニウム、アルキレス硫酸ナトリウム、アルキレス硫酸アンモニウム、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される。 More preferably, the anionic surfactant is sodium lauroyl sarcosinate, lauroyl monosodium glutamate, sodium alkyl sulfate, alkyl sulfate, sodium Arukiresu sulfate, Arukiresu ammonium sulfate, and is selected from the group consisting of a combination thereof. 【0154】 好適なコアセルベート形成組成物は、更に、それぞれ1999年9月16日出願の、同時係属中の米国特許出願第09/397,747号、シュワルツら;第09/397,746号、ハインリッヒ(Heinrich)ら;第09/397,71 [0154] Suitable coacervate-forming composition, further, filed respectively on September 16, 1999, U.S. Patent Application Serial No. 09 / 397,747 copending, Schwartz et al., No. 09 / 397,746, Heinrich (Heinrich), et al .; No. 09 / 397,71
2号、シュワルツら;第09/397,723号、ハインリッヒ(Heinrich)ら;及び、第09/397,722号、ベンキタラマン(Venkitaraman)ら、に記載されている。 No. 2, Schwartz et al., No. 09 / 397,723, Heinrich (Heinrich) et al; and No. 09 / 397,722, Benkitaraman (Venkitaraman) et al, which is incorporated herein by reference. 【0155】 あるいは、コアセルベート形成組成物は、陰イオン系ポリマー、陽イオン系界面活性剤、及び、ポリマー及び界面活性剤の皮膚科学的に許容され得るキャリアを含んで成ってもよい。 [0155] Alternatively, the coacervate-forming composition, anionic polymers, cationic surfactants, and may comprise a polymer and a surfactant carrier skin can be scientifically acceptable. 陰イオン系ポリマーは、ポリアクリル酸ポリマー、ポリアクリルアミドポリマー、アクリル酸、アクリルアミド、及び他の天然又は合成ポリマー(例えば、ポリスチレン、ポリブテン、ポリウレタン等)のコポリマー、天然由来のゴム、及びこれらの組み合わせより成る群から選択されてもよい。 Anionic polymers include polyacrylic acid polymers, polyacrylamide polymers, acrylic acid, acrylamide, and other natural or synthetic polymers (e.g., polystyrene, polybutene, polyurethane, etc.) copolymers, naturally occurring gums, and a combination thereof it may be selected from the group consisting of.
好適なゴムとしては、アルギン酸塩(例えば、アルギン酸プロピレングリコール)、ペクチン、キトサン(例えば、キトサン乳酸塩)、及び修飾ゴム(例えば、 Suitable rubbers, alginates (e.g., propylene glycol alginate), pectins, chitosans (e.g., chitosan lactate), and modified rubber (e.g.,
デンプンオクテニルコハク酸)、及びこれらの組み合わせが挙げられる。 Starch octenyl succinate), and combinations thereof. 更に好ましくは、陰イオン系ポリマーは、ポリアクリル酸ポリマー、ポリアクリルアミドポリマー、ペクチン、キトサン、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される。 More preferably, the anionic polymer is polyacrylic acid polymers, polyacrylamide polymers, is selected pectin, chitosan, and from the group consisting of a combination thereof. 本発明の好ましい物品は、コアセルベート形成組成物の質量に対して、 Preferred articles of the present invention, relative to the weight of the coacervate-forming composition,
約0.01〜約20質量%、更に好ましくは約0.05質量%〜約10質量%、 About 0.01 to about 20 wt%, more preferably from about 0.05% to about 10 wt%,
最も好ましくは約0.1質量%〜約5質量%の陰イオン系ポリマーを含む。 Most preferably from about 0.1% to about 5 wt% of the anionic polymer. 好適な陽イオン界面活性剤としては本明細書に記載したものが挙げられるが、それらに限定されない。 Suitable cationic surfactants include those described herein, but is not limited thereto. 【0156】 化粧品成分パーソナルケア領域において、本物品の有益成分は、コンディショニング剤だけでなく、脱臭剤/制汗剤、抗にきび活性物質、抗しわ活性物質、抗菌活性物質、抗カビ活性物質、抗炎症性活性物質、局所麻酔活性物質、人工日焼け剤及び促進剤、抗ウイルス剤、酵素、サンスクリーン活性物質、抗酸化剤、皮膚剥離剤、 [0156] In the cosmetic ingredients personal care area, the beneficial component of the article, as well as conditioning agents, deodorant / antiperspirant, anti-acne actives, anti-wrinkle actives, antimicrobial actives, antifungal actives, anti inflammatory actives, topical anesthetic actives, artificial tanning agents and accelerators, anti-viral agents, enzymes, sunscreen actives, antioxidants, exfoliant,
並びにこれらの組み合わせを含むが、これらに限定されない種々の薬剤の上記表面への沈着による治療的又は審美的皮膚又は毛髪利益を提供するのに適している。 And combinations thereof, are suitable for providing therapeutic or aesthetic skin or hair benefits by deposition onto the surfaces of various agents including, but not limited to. このような追加的な活性成分は、以下の「任意成分」の項でさらに詳説する。 Such additional active ingredients will be further detailed in the following section "optional components". 【0157】 本物品に包含するのに好適である追加の化粧品成分は、ファンデーション、ほお紅、しみかくし組成物、及びその他の典型的な化粧品用着色製品である。 [0157] Additional cosmetic ingredients are suitable for inclusion in the article, the foundations, blushers, stain hiding compositions, and other typical cosmetic coloring products. かかる成分は、実際において本発明の物品をメークアップ用に好適なものにする。 Such components into suitable articles of the present invention for make-up in practice. 【0158】 区別のつかない成分及び複数の機能を持つ1単位の有益成分を形成するような方法において、有益成分は、クレンジング成分、コンディショニング成分、化粧品成分、クリーニング成分、磨き成分、等の組み合わせを含んでもよいことは理解されるべきである。 [0158] In such a manner as to form a beneficial component of a unit with a component and a plurality of functional indistinguishable benefit agent is a cleansing component, conditioning component, cosmetic ingredients, cleaning components, polishing component, a combination of equal which may contain it is to be understood. 【0159】 クリーニング成分家庭用手入れ用の使用について、本物品の有益成分は、家事領域、例えば、カウンタートップ、壁、洗面台、浴槽、床、窓等のような硬質面の清浄効果を提供するのに好適である。 [0159] For use for cleaning component home care, beneficial component of the article is, housework area, for example, to provide counter tops, walls, washbasins, bathtubs, floors, the cleaning effect of a hard surface such as a window or the like it is suitable for. かかる有益成分を以後、クリーニング成分という。 Such benefit agents hereinafter referred cleaning component. 好ましくは、硬い領域に原液のまま及び濃縮した方式で容易に適用することができるので、かかるクリーニング成分は、液状である。 Since preferably, can be readily applied remain and concentrated scheme stock a hard region, such cleaning component is liquid. しかしながら、使用の際、それらが水又はもう1つの液体に溶解する限り、固形状のクリーニング成分も許容可能である。 However, in use, so long as they are dissolved in water or another liquid, solid cleaning composition also acceptable. 好ましくは本発明のクリーニング成分は、処理される表面を親水性にする、相対的に親水性のポリマーを安全且つ有効量含む。 Cleaning component preferably present invention, the surface to be treated to a hydrophilic, comprising safe and effective amount of a relatively hydrophilic polymer. 親水性におけるこの増大は、表面からの水の「シーティング」及び/又は表面からの水の拡散を提供することにより改善された最終的な外観を提供し、この効果は好ましくは、表面が再湿潤したとき、及び再湿潤後続いて乾いたときにさえ見られる。 This increase in hydrophilicity provides final appearance which is improved by providing the diffusion of water from the "sheeting" and / or the surface of the water from the surface, this effect is preferably surface rewet when, and even seen when dry followed after re-wetting. 【0160】 日常のシャワー製品に使用することが意図される、本発明のそのような物品について「シーティング」効果は、処理される表面のほとんどが縦の面なので、特に注目に値する。 [0160] It is intended to be used for daily shower products, such "sheeting" effect on the article of the present invention is, most of the surface to be processed because the vertical surface, is particularly noteworthy. 従って、利益は、ガラス、セラミック及びほうろうのような湿った表面にさらに強いものに注目される。 Accordingly, benefits may be noted glass, the even more resistant to such a wet surface as ceramic and enamel. 水が、表面に「シート」のように均一に落ちる及び/又は表面に拡散する場合、例えば、乾いた際に形成される「硬水の染み」の形成を最小限にとどめる。 Water, to diffuse uniformly fall and / or surface, such as "sheet" on the surface, for example, to minimize the formation of "hard water spots" formed when dry. 床クリーニング剤の背景で使用することが意図される本発明の物品については、該ポリマーは、表面を濡らすのを改善しクリーニング性能を助ける。 The article of the invention be used in the context of floor cleaning agent is intended, the polymer improves the wetting of the surface assist in cleaning performance. 【0161】 ポリマーの実質性は、シーティング及びクリーニング効果を延長するので有益である。 [0161] substantial polymer is beneficial because it extends the sheeting and cleaning effect. 好ましいポリマーのもう1つの重要な特徴は、乾いた際に残留物を欠くことである。 Another important feature of preferred polymers is lack of residue upon dry. 好ましいポリマーを含む組成物は、くもりがほとんどない又はまったくないという最終結果を助長しながら、床の上でさらに均一に乾燥する。 Compositions comprising preferred polymers, while promoting the final result that there is little or no haze, and further dried uniformly on the floor. 【0162】 多数の材料がシーティング及び染み消し効果を提供することができるが、好ましい材料はアミンオキシド親水性基を含有するポリマーである。 [0162] A number of materials can provide a seating and stains off effect, the preferred material is a polymer containing an amine oxide hydrophilic group. スルホネート、 Sulfonate,
ピロリドン、及び/又はカルボキシレート基のようなその他の親水性基を含有するポリマーも用いることができる。 Polymers containing other hydrophilic groups such as pyrrolidone, and / or carboxylate groups can also be used. 望ましいポリ−スルホネートポリマーの例には、ポリビニルスルホネートが挙げられ、さらに好ましくは、モノマー−ポリマーダジャック(Dajac)(19053ペンシルベニア州、フェスタービル、バストレトン・パイク1675番地)により販売されているもののようなポリスチレンスルホネートが挙げられる。 Preferably poly - Examples of sulfonate polymers include polyvinyl sulfonate, more preferably, monomer - a polymer Da jack (Dajac) (19053 Pa, Fester Bill, Basutoreton Pike 1675 address) as those sold by a polystyrene sulfonates. 典型的な式は以下のとおりである。 Typical formula is as follows. 【0163】 −[CH(C 64 SO 3 Na)−CH 2n −CH(C 65 )−CH 2 − 式中、nは以下に記載されるような適当な分子量を与える数である。 [0163] - [CH (C 6 H 4 SO 3 Na) -CH 2] n -CH (C 6 H 5) -CH 2 - wherein the number n is to provide a suitable molecular weight as described below it is. 【0164】 典型的な分子量は、約10,000〜約1,000,000、好ましくは約2 [0164] Typical molecular weight ranges from about 10,000 to about 1,000,000, preferably about 2
00,000〜約700,000である。 00,000~ is about 700,000. ピロリドン官能性を含有する好ましいポリマーには、ポリビニルピロリドン、四級化ピロリドン誘導体(例えば、インターナショナル・スペシャルティ・プロダクツのガフクァット755N)、並びにポリビニルピロリドン/メタクリル酸ジメチルアミノエチル(ISPから入手可能)及びポリビニルピロリドン/アクリレート(BASFから入手可能)のようなピロリドンを含有するコポリマーが挙げられる。 Preferred polymers containing pyrrolidone functionalities include polyvinyl pyrrolidone, quaternized pyrrolidone derivatives (e.g., Gafquat 755N International Specialty Products), and (available from ISP) polyvinylpyrrolidone / dimethylaminoethyl methacrylate and polyvinylpyrrolidone / acrylate include copolymers containing pyrrolidone, such as (available from BASF). 親水性基も含有する陽イオン系材料、及び複数のエーテル結合を含有するポリマーを含めたその他の材料も、染色性及び親水性を提供することができる。 Other materials, including cationic materials, and polymers that contain multiple ether linkages also contains hydrophilic group can provide dyeability and hydrophilicity. 陽イオン系材料には、陽イオン系糖及び/又はデンプン誘導体が挙げられ、ポリプロピレンオキシド及びエチレンオキシドの混合物を主成分とする典型的なブロックコポリマークリーニング性界面活性剤は、ポリエーテル材料の代表的なものである。 The cationic materials include cationic sugar and / or starch derivatives, typical block copolymers cleaning surfactant based on a mixture of polypropylene oxide and ethylene oxide are representative of the polyether materials it is intended. しかしながら、ポリエーテル材料の方が実質的ではない。 However, towards the polyether material is not substantially a. 【0165】 好ましいポリマーは、水溶性アミンオキシド部分を含む。 [0165] Preferred polymers include water-soluble amine oxide moieties. アミンオキシド基の部分的な正の荷電が、表面基材の表面にポリマーを付着するように作用することができるので、水がさらに「シート」になり易いと考えられている。 Partial positive charge of the amine oxide groups, it is possible to act to adhere the polymer to the surface of the surface substrate, it is believed prone to water more "sheets". アミンオキシド部分はまた、セラミックタイル、ガラス、繊維ガラス、ほうろう、リノリウム、ワックス禁止のタイル、及び消費者の家庭で一般に出会うその他の硬質面のような硬質面基材と水素結合することができる。 The amine oxide moiety can also be a hard surface substrate hydrogen bonds, such as ceramic tile, glass, fiberglass, enamel, linoleum, other hard surfaces to meet general household wax prohibition of tiles, and consumers. ポリマーの付着がさらに「シーティング」を促進する程度まで、高い分子量の材料が好ましい。 To the extent that the adhesion of the polymer to promote further the "sheeting", material of higher molecular weight is preferred. 高い分子量によって、アミンオキシドを基にしたポリマーの効率性及び有効性が改善される。 The high molecular weight, efficiency and effectiveness of the polymers based on amine oxide is improved. 本発明の好ましいポリマーは、少なくとも1つのN−オキシド基を含有する1以上のモノマー単位を有する。 Preferred polymers of the present invention have one or more monomeric units containing at least one N- oxide group. 少なくとも約10%、好ましくは約50%より多くの、さらに好ましくは約90%より多くの前記ポリマーを形成する前記モノマーがアミンオキシド基を含有する。 At least about 10%, preferably more than about 50%, more preferably the monomer to form a number of the polymer from about 90% contain an amine oxide group. 下記一般式によってこのようなポリマーを記載することができる: 【0166】 P(B) 式中Pは、ポリマー主鎖を形成するために結合する単独重合可能な及びコポリマー形成可能な部分、好ましくはビニル部分、例えばC(R)2−−C(R)2 By the following general formula can be described such polymers: [0166] P (B) wherein P is homopolymerizable and copolymers formed moiety binds to form a polymer backbone, preferably vinyl moiety, for example C (R) 2 - C (R) 2
で、その際、RがH、C 1 〜C 12 (好ましくはC.サブ.1〜C.サブ.4)のアルキル(アルキレン)、C 6 〜C 12のアリール(アリーレン)及び/又はBであるものから選択され;Bは、置換された及び非置換の、線状及び環状のC 1 In its case, R is H, C 1 -C 12 (preferably C. sub .1~C. Sub .4) alkyl (alkylene), aryl of C 6 -C 12 (arylene) and / or B It is selected from one thing; B is a substituted or unsubstituted, C 1 ~ linear and cyclic
12のアルキル、C 1 〜C 12のアルキレン、C 1 〜C 12の複素環、芳香族C 6 〜C 1 2の基から選択される部分であり、その際少なくとも前記B部分の1つは、少なくとも1つの存在するアミンオキシド(−−NSYMBOL 174 \f "Symbol" \s 12O Alkyl of C 12, a portion where alkylene, heterocyclic ring C 1 -C 12, being selected from the group of aromatic C 6 -C 1 2 of C 1 -C 12, at least one of said B moieties that case At least one existing amine oxide (--NSYMBOL 174 \ f "Symbol" \ s 12O
)基を有し;uは、少なくとも約10%〜約90%のアミンオキシド基を含有するモノマーを提供する数であり;tは、ポリマーの平均分子量が約2,000〜 ) Having a group; u is a number that provides a monomer containing at least about 10% to about 90% of the amine oxide group; t has an average molecular weight of the polymer is about 2,000
約500,000、好ましくは約5,000〜約250,000、さらに好ましくは約7,500〜約200,000となるような数である。 About 500,000, a number such as preferably from about 5,000 to about 250,000, more preferably of about 7,500 to about 200,000. 【0167】 クリーニング成分で有用な好ましいポリマーは、消費者にとって表面基材を魅力ないようにするような目に見える残留物を残さずに、実質的であるという予期しない特性を持つ。 [0167] Preferred useful cleaning ingredient polymers without leaving a visible residue, such as so unattractive surface substrate for consumers, with unexpected property of being substantially. 好ましいポリマーには、ポリ(4−ビニルピリジン N−オキシド)ポリマー(PVNO)、例えば、以下の部分を含むモノマーの重合により形成されるものが挙げられる: 【化4】 Preferred polymers include poly (4-vinyl pyridine N- oxide) polymers (PVNO), e.g., those formed by polymerization of monomers containing the following moieties: 4] 【0168】 式中、ポリマーの平均分子量は、約2,000〜約500,000、好ましくは約5,000〜約400,000、さらに好ましくは約7,500〜約300 [0168] In the formula, the average molecular weight of the polymer is from about 2,000 to about 500,000, preferably about 5,000 to about 400,000, more preferably from about 7,500 to about 300
,000である。 , It is 000. 一般に、高い分子量のポリマーが好ましい。 In general, polymers of high molecular weight are preferred. 高い分子量のポリマーは、低レベルの濡らすためのポリマーの使用を可能にすることが多く、床用クリーニング製品で利益を提供することができる。 Polymers of high molecular weight can be able to allow the use of polymers to wet the low-level number, provide benefits in floor cleaning products. 本発明で有用なポリマーの望ましい分子量範囲は、400,000〜1,500,000の範囲が好ましい分子量であるポリカルボキシレート、ポリスチレンスルホネート、及びポリエーテルを主とする添加剤に関する当該技術において見い出されているものとは対照的に位置している。 The desired molecular weight range of polymers useful in the present invention is found polycarboxylates range 400,000~1,500,000 is the preferred molecular weight, a polystyrene sulfonate, and in the technology relating to additives which mainly polyether and from those that are located in contrast. 本発明の好ましいポリ−アミンオキシドポリマーがより低分子量であるのは、より高分子量のこれらポリマーを製造するのが極めて困難であることによる。 Preferred poly invention - the amine oxide polymer is lower molecular weight is by for more production of these high molecular weight polymer is extremely difficult. 【0169】 アミンオキシドポリマーのレベルは、通常、最終使用組成物/溶液の約0.5 [0169] The level of amine oxide polymer is generally end use composition / solution to about 0.5
質量%未満、好ましくは約0.005質量%〜約0.4質量%、さらに好ましくは約0.01質量%〜約0.3質量%である。 Less than mass%, preferably from about 0.005% to about 0.4 wt%, more preferably from about 0.01% to about 0.3 wt%. 【0170】 本発明の水溶性ポリマーとして使用することができるホモポリマー及びコポリマーの非限定例の一部は:アジピン酸/ジメチルアミノヒドロキシプロピルジエチレントリアミンコポリマー;アジピン酸/エポキシプロピルジエチレントリアミンコポリマー;ポリビニルアルコール;メタクリロイルエチルベタイン/メタクリレートコポリマー;エチルアクリレート/メチルメタクリレート/メタクリル酸/アクリル酸コポリマー;ポリアミン樹脂;及びポリ四級化アミン樹脂;ポリ(エテニルホルムアミド);ポリ(ビニルアミン)塩酸塩;ポリ(ビニルアルコール−コ−6%ビニルアミン);ポリ(ビニルアルコール−コ−12%ビニルアミン);ポリ(ビニルアルコール−コ−6%ビニルアミン塩酸塩);及びポリ(ビニル [0170] Some non-limiting examples of homopolymers and copolymers which can be used as water-soluble polymers of the present invention: adipic acid / dimethylaminohydroxypropyl diethylenetriamine copolymer; adipic acid / epoxypropyl diethylenetriamine copolymer; polyvinyl alcohol; methacryloyl betaine / methacrylate copolymers, ethyl acrylate / methyl methacrylate / methacrylic acid / acrylic acid copolymer; polyamine resins; and polyquaternary amine resins; poly (ethenyl formamide); poly (vinylamine) hydrochloride; poly (vinyl alcohol - co -6% vinylamine), poly (vinyl alcohol - co -12% vinylamine), poly (vinyl alcohol - co -6% vinylamine hydrochloride); and poly (vinyl アルコール−コ−12%ビニルアミン塩酸塩)である。 Alcohol - is a co -12% vinylamine hydrochloride). 好ましくは、前記コポリマー及び/又はホモポリマーは、アジピン酸/ジメチルアミノヒドロキシプロピルジエチレントリアミンコポリマー;ポリ(ビニルピロリドン/メタクリル酸ジメチルアミノエチル);ポリビニルアルコール;エチルアクリレート/ Preferably, the copolymer and / or homopolymers, adipic acid / dimethylaminohydroxypropyl diethylenetriamine copolymer; poly (vinylpyrrolidone / dimethylaminoethyl methacrylate); polyvinyl alcohol; ethyl acrylate /
エチルメタクリレート/メタクリル酸/アクリル酸コポリマー;メタクリロイルエチルベタイン/メタクリレートコポリマー;ポリ四級化アミン樹脂;ポリ(エテニルホルムアミド);ポリ(ビニルアミン)塩酸塩;ポリ(ビニルアルコール−コ−6%ビニルアミン);ポリ(ビニルアルコール−コ−12%ビニルアミン);ポリ(ビニルアルコール−コ−6%ビニルアミン塩酸塩);及びポリ(ビニルアルコール−コ−12%ビニルアミン塩酸塩)から成る群から選択される。 Ethyl methacrylate / methacrylic acid / acrylic acid copolymer; methacryloyl ethyl betaine / methacrylate copolymers; polyquaternary amine resins; poly (ethenyl formamide); poly (vinylamine) hydrochloride; poly (vinyl alcohol - co -6% vinylamine); poly (vinyl alcohol - co -12% vinylamine); is selected from the group consisting of; - - (co -12% vinylamine hydrochloride vinyl alcohol) and poly (vinyl alcohol copolymers -6% vinylamine hydrochloride). 【0171】 本発明のクリーニング成分で有用なポリマーを、親水性モノマーのコポリマーから成る群から選択することができる。 [0171] The polymers useful in the cleaning component of the present invention may be selected from the group consisting of copolymers of hydrophilic monomers. 該ポリマーは、線状のランダム又はブロックコポリマー、及びそれらの混合物であることができる。 The polymer can be linear random or block copolymers, and mixtures thereof. 用語、「親水性」は、本明細書では水との親和性を有するその標準的な意味に一致して用いられる。 The term, "hydrophilic" is used herein to match the standard meaning of having affinity for water.
モノマー単位及びコポリマーを含むポリマー材料に関して本明細書で使用されるとき、「親水性」は実質的に水溶性を意味する。 As used herein with respect to polymeric material comprising monomeric units and copolymers, "hydrophilic" means substantially water soluble. この点で、「実質的には水溶性」とは、25℃で、濃度が0.2質量%、好ましくは1質量%において、蒸留( In this regard, the term "substantially water soluble", at 25 ° C., the concentration is 0.2 wt%, preferably 1 mass%, distilled (
又は同等の)水に可溶性の物質のことを言及する。 Or equivalent) refers to a soluble substance in water. その目的で、用語、「可溶性」、「溶解度」等は、当業者によく理解されているように、適用可能なとき、水又はその他の溶媒に溶解して均一な溶液を形成することができるモノマー又はポリマーの最大濃度に相当する。 To that end, the term, such as "soluble", "solubility", as is well understood by those skilled in the art, when applicable, it is possible to form a uniform solution by dissolving in water or other solvents It corresponds to the maximum concentration of monomer or polymer. 【0172】 有用な親水性モノマーの非限定例は、アクリル酸、メタクリル酸、クロトン酸、マレイン酸及びその半エステル、イタコン酸のような不飽和の有機モノ−及びポリカルボン酸;ビニルアルコール、アリルアルコールのような不飽和のアルコール;ビニルカプロラクタム、ビニルピリジン、ビニルイミダゾールのような極性ビニル複素環式化合物;ビニルアミン;ビニルスルホネート;アクリルアミド、例えば、N,N−ジメチルアクリルアミド、N−t−ブチルアクリルアミドのような不飽和のアミド;ヒドロキシエチルメタクリレート;メタクリル酸ジメチルアミノエチル;上に列記した酸及びアミンの塩;その他;及びそれらの混合物である。 [0172] Nonlimiting examples of useful hydrophilic monomers are acrylic acid, methacrylic acid, crotonic acid, maleic acid and its half esters, organic mono- unsaturated, such as itaconic acid - and polycarboxylic acids; vinyl alcohol, allyl unsaturated alcohols, such as alcohol, vinyl caprolactam, vinyl pyridine, polar vinyl heterocyclic compounds such as vinyl imidazole; vinylamine, vinyl sulfonate; acrylamides such, N, N-dimethyl acrylamide, the N-t-butylacrylamide amides such as unsaturated; salt of the acid listed above and an amine; hydroxyethyl methacrylate; dimethylaminoethyl methacrylate is and mixtures thereof; other. 好ましい親水性モノマーの一部は、アクリル酸、メタクリル酸、N,N Some preferred hydrophilic monomers are acrylic acid, methacrylic acid, N, N
−ジメチルアクリルアミド、N. - dimethylacrylamide, N. N−ジメチルメタクリルアミド、N−t−ブチルアクリルアミド、メタクリル酸ジメチルアミノエチル、及びそれらの混合物である。 N- dimethyl methacrylamide, N-t-butyl acrylamide, dimethylaminoethyl methacrylate, and mixtures thereof. 【0173】 ポリカルボキシレートポリマーは、少なくとも一部がカルボキシ官能性を含有するモノマーの重合によって形成されるものである。 [0173] polycarboxylate polymer is at least in part is formed by polymerization of monomers containing carboxy functional. 一般的なモノマーには、アクリル酸、マレイン酸、エチレン、ビニルピロリドン、メタクリル酸、メタクリロイルエチルベタイン等が挙げられる。 Typical monomers include acrylic acid, maleic acid, ethylene, vinyl pyrrolidone, methacrylic acid, methacryloyl ethyl betaine. 染色性に関して好ましいポリマーは、さらに高い分子量を有するものである。 Preferred polymers regard dyeability are those having a higher molecular weight. 例えば、約10,000未満の分子量を有するポリアクリル酸は、特に実質的ではないので、通常、さらに高いレベル及び/又は両性及び/又は双極性のクリーニング性界面活性剤のような特定の界面活性剤があっても、あらゆる組成物で3回濡らし直すことにおいて親水性を提供しないが、約1000まで低下した分子量はある程度の結果を提供することができる。 For example, polyacrylic acid having a molecular weight of less than about 10,000, since it is not particularly substantially normally higher levels and / or specific surfactant, such as amphoteric and / or zwitterionic cleaning surfactant agent even if, does not provide a hydrophilic in the re-wetted 3 times with any composition, molecular weight was reduced to about 1000 can provide some results. 一般に、ポリマーは、約10,000を超える、好ましくは約20,000 In general, the polymer is greater than about 10,000, preferably about 20,000
を超える、さらに好ましくは約300,000を超える、さらに一層好ましくは約400,000を超える分子量を有するべきである。 More than, more preferably greater than about 300,000, even more preferably should have a molecular weight greater than about 400,000. さらに高い分子量のポリマー、例えば、3,000,000を超える分子量を有するものは、製剤化するのが極めて難しく、染み消し効果を提供することにおいて低い分子量のポリマーよりも有効ではないことも判っている。 Higher molecular weight polymers, e.g., those having a molecular weight of more than 3,000,000, are extremely difficult to formulate, also found that there is no more effective than polymers of lower molecular weight in providing stain off effect there. 従って、分子量は、通常、特にポリアクリレートについては、約20,000〜約3,000,000;好ましくは約2 Accordingly, the molecular weight, usually, especially for polyacrylates, from about 20,000 to about 3,000,000; preferably about 2
0,000〜約2,500,000;さらに好ましくは約300,000〜約2 0,000~ about 2,500,000; more preferably from about 300,000 to about 2
,000,000;及びさらに一層好ましくは約400,000〜約1,500 , 000,000; and even more preferably from about 400,000 to about 1,500
,000であるべきである。 , It should be 000. 【0174】 いくつかのポリカルボキシレートポリマーの利点は、かかるポリマーの洗剤ビルダーの有効性である。 [0174] An advantage of some polycarboxylate polymers is the effectiveness of detergent builders such polymers. かかるポリマーは、その他の洗剤ビルダーと同様に、フィルム形成/ストリーキングを傷つけるけれども、粒子状物質を含有する、典型的で、一般的な「除き難い」汚れに対して高められたクリーニング有効性を提供する。 Such polymers, like other detergent builders, although hurt filming / streaking, containing particulate material, typical, provide general "except hard" enhanced cleaning efficacy against fouling to. 【0175】 あるポリマー、特にポリカルボキシレートポリマーは、水溶液である組成物を増粘する。 [0175] Some polymers, especially polycarboxylate polymers, thicken the compositions that are aqueous solutions. このことは好ましい可能性がある。 This may be preferred. しかしながら、引き金式のスプレー装置と共に容器に組成物を入れた場合、組成物は過度の引き金圧を要求するほど濃厚ではない。 However, if you put the composition into a container with trigger-type spray device, the composition is not thick enough to require excessive trigger pressure. 通常、剪断のもとでの粘度は、約200cp未満、好ましくは約100cp未満、さらに好ましくは約50cp未満とするべきである。 The viscosity of normal, under shear, less than about 200 cp, preferably less than about 100 cp, more preferably should be less than about 50 cp. しかしながら、表面、特に縦面に組成物が流れ出すのを止めるために濃厚な組成物を有することは望ましい。 However, the surface, it is desirable to have a thick compositions to stop the composition flows especially vertical surfaces. 【0176】 本発明で使用するためのポリマーの非限定例には以下が挙げられる:ISPから名称「アクリドン」(Acrylidone)(登録商標)のもとで販売されているポリ(ビニルピロリドン/アクリル酸)及び名称「アクマー」(Accumer)(登録商標)のもとでローム&ハス(Rohm & Haas)から販売されているポリ(アクリル酸)。 [0176] Nonlimiting examples of polymers for use in the present invention include the following: Name from ISP "acridone" (Acrylidone) sold under the (R) poly (vinylpyrrolidone / acrylic acid ) and the name "Akuma" (Accumer) (poly sold from the original in the Rohm and lotus (Rohm & Haas) of the registered trademark) (acrylic acid). その他の好適な材料には、バーサフレックス(Versaflex)(登録商標) Other suitable materials, Versa Flex (Versaflex) (R)
、特にバーサフレックス7000の名のもとでナショナル・スターチ&ケミカル・カンパニーから販売されているスルホン化ポリスチレンポリマーが挙げられる。 , Sulfonated polystyrene polymers sold by National Starch & Chemical Company, and the like, especially under the name of Bertha flex 7000. 【0177】 ポリマー材料のレベルは通常、約0.5%未満、好ましくは約0.01%〜約0.4%、さらに好ましくは約0.01%〜約0.3%である。 [0177] The level of polymeric material is typically less than about 0.5%, preferably from about 0.01% to about 0.4%, more preferably from about 0.01% to about 0.3%. 一般に、低分子量ポリ(アクリル酸)のような低い分子量の物質、例えば、約10,000未満、及び特に約2,000の分子量を有するものは、特に低いレベル、例えば、約0.02%で濡らし直す際、良好な染み消し効果が得られない。 In general, lower molecular weight materials such as lower molecular weight poly (acrylic acid), e.g., less than about 10,000, and particularly those having a molecular weight of about 2000, in particular low levels, e.g., about 0.02% when the re-wet, not good stain off effect can not be obtained. 低いレベルではさらに効果的な物質のみを使用すべきである。 It should be used only more effective materials at the lower levels. 低い分子量の物質を使用するためには、例えば、陽イオン基のような、表面への付着を改善する基を添加することによって染色性を高めるべきであり、又は高いレベル、例えば、約0.05%にて物質を使用すべきである。 To use the materials of low molecular weight, for example, such as cationic groups should increase the dyeability by adding groups that improve adhesion to the surface, or higher levels, e.g., from about 0. it should be using the substance at 0.05%. 【0178】 クリーニング成分において好ましいポリマーは、ポリスチレンスルホネート; [0178] Preferred polymers in the cleaning component, polystyrene sulfonate;
ポリビニルピロリドン;ポリビニルピロリドンアクリル酸コポリマー;ポリビニルピロリドンアクリル酸コポリマーのナトリウム塩;ポリビニルピロリドンアクリル酸コポリマーのカリウム塩;ポリビニルピロリドン−ビニルイミダゾリン; Polyvinylpyrrolidone; polyvinylpyrrolidone acrylic acid copolymers, polyvinyl pyrrolidone, sodium salts of acrylic acid copolymers, polyvinyl pyrrolidone potassium salt of acrylic acid copolymers, polyvinyl pyrrolidone - vinyl imidazoline;
ポリビニルピリジン;ポリビニルピリジンn−オキシド;及びそれらの組合せから成る群から選択される。 Polyvinyl pyridine, polyvinyl pyridine n- oxide; and is selected from the group consisting of. 好ましいポリマーは、ポリビニルピリジンn−オキシドである。 A preferred polymer is polyvinyl pyridine n- oxide. 【0179】 クリーニング成分のもう1つの実施態様は、上記のポリマーではない、有効量の洗浄性界面活性剤を含む。 [0179] Another embodiment of the cleaning component is not in the above polymer, comprising an effective amount of a detersive surfactant. 好適な洗浄性界面活性剤は、クレンジング成分へ包含するのが好適であるとして、上で議論された起泡するものを包含する。 Suitable detersive surfactants include, as it is preferable to include the cleansing component, those frothing discussed above. 【0180】 本明細書で使用するのに好ましい界面活性剤は、米国特許第5,776,87 [0180] Preferred surfactants for use herein are described in U.S. Patent No. 5,776,87
2号(1998年7月7日発行、ギレット(Giret)ら);同第5,883,0 No. 2 (July 7, 1998 issue, Gillett (Giret) et al.); The second 5,883,0
59号(1999年3月16日発行、ファーマン(Furman)ら);同第5,88 No. 59 (issued March 16, 1999, Furman (Furman) et al.); The first 5,88
3,062号(1999年3月16日発行、アジソン(Addison)ら);及び同第5,906,973号(1999年5月25日発行、アウゾニス(Ouzounis) No. 3,062 (issued March 16, 1999, Addison (Addison) et al); and ibid. No. 5,906,973 (issued May 25, 1999, Auzonisu (Ouzounis)
ら)に記載されるアルキル多糖類である。 Alkyl polysaccharides described in et al). 【0181】 本明細書で使用するのに好適なアルキル多糖類は、米国特許第4,565,6 [0181] Suitable alkyl polysaccharides for use herein are described in U.S. Patent No. 4,565,6
47号(1986年1月21日発行、レナード(Llenado))で開示されており、約6〜約30の炭素原子、好ましくは約10〜約16の炭素原子を含有する疎水性基及び例えば、ポリグリコシドのような、多糖類の親水性基を有する。 No. 47 (issued Jan. 21, 1986, Leonard (Llenado)) are disclosed in, about 6 to about 30 carbon atoms, preferably hydrophobic group and, for example containing from about 10 to about 16 carbon atoms, polyglycosides, such as, a polysaccharide hydrophilic group. すすぎのない方法において使用するのに好適な酸性又はアルカリ性クリーニング用組成物/溶液については、好ましいアルキル多糖類は、鎖長の幅広い分布を含むのが好ましく、これらが、濡らすこと、クリーニングすること及び乾燥に際して残留物が少ないことの最良の組み合わせを提供する。 The suitable acidic or alkaline cleaning compositions / solutions for use in the process without rinsing, preferred alkyl polysaccharides is preferably comprises a broad distribution of chain lengths, these are wettable, it is cleaned and It provides the best combination of that residue is less on drying. この「幅広い分布」は、約1 This "broad distribution", about 1
0の炭素原子〜約16の炭素原子を含む、少なくとも約50%の鎖長混合物によって定義される。 Containing 0 carbon atoms to about 16 carbon atoms, it is defined by at least about 50% of the chain length mixtures. 好ましくは、アルキル多糖類のアルキル基は、好ましくは約6 Preferably, the alkyl group of the alkyl polysaccharide, preferably about 6
〜約18の炭素原子、さらに好ましくは約8〜約16の炭素原子の鎖長、及び分子当り約1〜約1.5の糖の基、好ましくはグルコシド基を含有する親水性基の混合物から成る。 To about 18 carbon atoms, more preferably a chain length of from about 8 to about 16 carbon atoms, and from about 1 to about 1.5 saccharide groups per molecule, preferably from mixture of hydrophilic groups containing glucoside groups Become. この「幅広い鎖長分布」は、約10の炭素原子〜約16の炭素原子を含む、少なくとも約50%の鎖長混合物によって定義される。 This "broad chain length distribution" includes about 10 carbon atoms to about 16 carbon atoms, is defined by at least about 50% of the chain length mixtures. 鎖長の幅広い混合物、特にC 8 〜C 16は、さらに狭い範囲の鎖長混合物に比較して、特に低い(すなわち、C 8 〜C 10又はC 8 〜C 12 )鎖長のアルキルポリグルコシド混合物に比較して極めて望ましい。 Broad mixture of chain lengths, particularly C 8 -C 16, compared to a narrower range chain length mixtures, particularly low (i.e., C 8 -C 10 or C 8 -C 12) chain length alkyl polyglucosides mixtures highly desirable in comparison to. 好ましいC 8〜16のアルキルポリグルコシドは、C 8 〜C 14のアルキルエトキシレートを含むその他の好ましい界面活性剤と同様に、 Alkylpolyglucosides preferred C 8 to 16, as well as other preferred surfactants, including alkyl ethoxylates C 8 -C 14,
さらに低くさらに狭い鎖長のアルキルポリグルコシドに対して、はるかに改善された香料溶解度を提供することも判っている。 Further with respect to further narrow chain length alkyl polyglucosides low, it has also been found possible to provide a perfume solubility is much improved. 例えば、グルコース、ガラクトース等の炭素原子5又は6を含有するいかなる還元糖も使用することができ、ガラクトシル部分をグルコシル部分と置換することができる。 For example, glucose, any reducing sugars which contain carbon atoms 5 or 6 of galactose can also be used, the galactosyl moieties can be substituted for the glucosyl moieties. (任意で疎水性基を2 (2 optionally a hydrophobic group
−、3−、4−等の位置に結合して、グルコシド又はガラクトシドに対立するものとしてグルコース又はガラクトースを生じる。 -, 3, bonded to either position 4 or the like, resulting in glucose or galactose as opposed to a glucoside or galactoside. )糖間結合は例えば、追加糖単位の1つの位置と既存糖単位の2、3、4及び/又は6位との間である。 ) Inter-sugar linkages for example, between one position of the additional saccharide units and 2, 3, 4 and / or 6-position of the existing sugar unit. グリコシルはグルコースから誘導されることが好ましい。 The glycosyl is preferably derived from glucose. 【0182】 場合により、望ましいというわけではないが、疎水部分と多糖部分を結合するポリアルキレンオキシド鎖が存在できる。 [0182] Optionally, although not desirable, there can be a polyalkylene oxide chain bonded hydrophobic moiety and the polysaccharide moiety. 好ましいアルキレンオキシドはエチレンオキシドである。 The preferred alkylene oxide is ethylene oxide. 典型的な疎水基としては炭素原子8〜18、好ましくは10 Typical carbon atoms 8 to 18 as a hydrophobic group, preferably from 10
〜16を有する飽和又は不飽和の分岐鎖又は直鎖アルキル基がある。 It is branched or straight chain saturated or unsaturated alkyl group having to 16. 好ましくは、アルキル基は直鎖飽和アルキル基である。 Preferably, the alkyl group is a straight chain saturated alkyl group. アルキル基は、約3以内の水酸基を含有し、及び/又はポリアルキレンオキシド鎖は約10以内、好ましくは5未満のアルキレンオキシド部分を含有することができる。 Alkyl group containing a hydroxyl group within about 3, and / or polyalkylene oxide chain is about 10, preferably within can contain an alkylene oxide moiety of less than 5. 好適なアルキル多糖類はオクチル、ノニルデシル、ウンデシルドデシル、トリデシル、テトラデシル、ペンタデシル、ヘキサデシル、ヘプタデシル、オクタデシル、ジ、トリ、テトラ、ペンタ及びヘキサグルコシド類、及び/又はガラクトース類である。 Suitable alkyl polysaccharides are octyl, nonyldecyl, an undecyl dodecyl, tridecyl, tetradecyl, pentadecyl, hexadecyl, heptadecyl, octadecyl, di-, tri-, tetra, penta and hexa glucosides, and / or galactose such. 好適なな混合物としてはココナツアルキル、ジ、トリ、テトラ及びペンタグルコシド類と獣脂アルキル、テトラ、ペンタ及びヘキサグルコシド類がある。 Coconut alkyl Suitable Do mixture is di-, tri-, tetra- and penta glucosides and tallow alkyl, tetra-, penta and hexa glucosides. 【0183】 これらの化合物を製造するため、アルコール又はアルキルポリエトキシアルコールが最初に形成され、しかる後グルコース又はグルコース源と反応せしめられて、グルコシドを形成する(1位で結合)。 [0183] To prepare these compounds, the alcohol or alkyl polyethoxy alcohol is formed first, is reacted with Thereafter glucose, or a source of glucose, (attachment at the 1-position) to form the glucoside. 次いで追加グリコシル単位はそれらの1位と既存グリコシル単位の2、3、4及び/又は6位、好ましくは主に2位との間で結合させることができる。 Then add glycosyl units 2, 3, 4 and / or 6-position of their 1-position and the existing glycosyl units can preferably be primarily coupled between the 2-position. 【0184】 アルキルポリグリコシド類では、糖部分は、加水分解された多糖類から創られるが、アルキル部分は、脂肪、油又は化学的に製造されたアルコールから誘導することができる。 [0184] In the alkyl polyglycosides, sugar moiety is made from hydrolyzed polysaccharides, the alkyl moiety can be derived fats, from oils or chemically produced alcohols. アルキルポリグリコシド類は、脂肪族アルコールと相対的親水性を定義するグルコース単位の数を伴った、グルコースのような糖類の縮合生成物である。 Alkylpolyglycosides was accompanied by the number of glucose units defining the aliphatic alcohol and the relative hydrophilicity are the condensation products of saccharides such as glucose. 上記で議論したように、脂肪族アルコールとの反応の前又は後のいずれかで糖単位をアルコキシル化することができる。 As discussed above, it can be alkoxylated sugar unit either before or after reaction with the fatty alcohols. 例えば、かかるアルキルポリグリコシド類は、WO86/05199号に詳細に記載されている。 For example, such alkyl polyglycosides are described in detail in Patent WO86 / 05 199. 典型的なアルキルポリグリコシド類は一般に、分子的に均一な生成物ではないが、アルキル基の混合物及び単糖類と別のオリゴ多糖類の混合物を表す。 Typical alkyl polyglycosides are generally not a molecularly uniform products, representing a mixture of the mixture and monosaccharides and different oligosaccharides polysaccharides alkyl group. アルキルポリグリコシド類(「APG」ともいわれることがある)は、その他の界面活性剤に比べて、表面の外観において追加的な改善を提供するので、発明の目的にとって好ましい。 Alkyl polyglycosides (sometimes also referred to as "APG"), as compared to other surfactants, because they provide additional improvement in surface appearance, preferred for the purposes of the invention. グリコシド部分は、好ましくはグルコース部分である。 Glycoside moieties are preferably glucose moieties. アルキル置換基は好ましくは、約8〜約18の炭素原子、好ましくは約8〜約10の炭素原子を含有する飽和又は不飽和のアルキル部分、又はかかるアルキル部分の混合物である。 Alkyl substituent is preferably from about 8 to about 18 carbon atoms, preferably an alkyl moiety of a saturated or unsaturated containing from about 8 to about 10 carbon atoms, or a mixture of such alkyl moieties.
8 〜C 16のアルキルポリグルコシド類は、セピックコーポレーション(Seppic Alkylpolyglucosides of C 8 -C 16 causes pick Corporation (Seppic
Corporation)(フランスの75 Quai d'Orsay、75321 パリ、Cedex 7) Corporation) (France 75 Quai d'Orsay, 75321 Paris, Cedex 7)
)から市販されている(例えば、シムソル(Simusol)(登録商標)界面活性剤及びヘンケルから入手可能なグルコポン(Glucopon)(登録商標)425である。しかしながら、アルキルポリグルコシドの純度は、性能、特に日常のシャワー製品技術を含む、特定の製品の最終結果にも影響しうることが見い出されている。本発明では、好ましいアルキルポリグルコシド類は、パーソナルクレンジングで使用するのに十分な程度に精製されたものである。最も好ましいものは、「化粧品グレード」のアルキルポリグルコシド類であり、特にC 8 〜C 16のアルキルポリグルコシド類であり、例えば、ヘンケル・コーポレーション(Henkel Corpo ) Are commercially available (e.g., Shimusoru (Simusol) from (R) available from surfactant and Henkel Glucopon (Glucopon) (R) is 425. However, the purity of the alkyl polyglucoside, the performance, especially including shower product technology everyday, the final result it has been found that also can affect. present invention for a particular product, the preferred alkyl polyglucosides are purified enough for use in personal cleansing those were. most preferred are alkyl polyglucosides of "cosmetic grade", in particular alkyl polyglucosides of C 8 -C 16, for example, Henkel Corporation (Henkel Corpo
ration)(Postfach 101100、D ドイツのジュッセルドルフD40191 ration) (Postfach 101100, D Germany of Ju' cell Rudolf D40191
ポストファク101100)から入手可能なプランタレン(Plantaren)200 Available from the post factory 101100) Plantaren (Plantaren) 200
0(登録商標)、プランタレン2000N(登録商標)、及びプランタレン20 0 (registered trademark), Plantaren 2000N (registered trademark), and PLANTAREN 20
00NUP(登録商標)である。 It is a 00NUP (registered trademark). 従って、かかる界面活性剤も、本物品がパーソナルケア用品に使用される場合、クレンジング成分中で好適に使用される。 Accordingly, such surfactants may, if the article is used in personal care products, is suitably used in the cleansing component. 【0185】 床、カウンター、壁等の用の場合、好ましい非イオン系界面活性剤のもう1つの部類はアルキルエトキシレート類である。 [0185] floors, counters, for use such as a wall, another class of preferred nonionic surfactants are alkyl ethoxylates. 本発明のアルキルエトキシレート類は、直鎖状又は分枝状いずれかであり、約8〜約14の炭素原子及び約4〜約2 Alkyl ethoxylates of the present invention are either linear or branched, about 8 to about 14 carbon atoms and from about 4 to about 2
5エチレンオキシド単位を含有する。 5 containing ethylene oxide units. アルキルエトキシレート類の例には、シェルコーポレーション(Shell Corporation)(テキサス州、ヒューストンのシェルプラザ、私書箱2463)から供給されるネオドール(Neodol)(登録商標) Examples of alkyl ethoxylates, Shell Corporation (Shell Corporation) (Houston, TX shell Plaza, PO Box 2463) Neodol supplied from (Neodol) (R)
91−6、ネオドール91−8(登録商標)、及びビスタコーポレーション(Vi 91-6, Neodol 91-8 (registered trademark), and Vista Corporation (Vi
sta Corporation)(テキサス州、ヒューストンのスレッドニードル900私書箱19029)から供給されるアルフォニック(Alfonic)(登録商標)810 sta Corporation) (TX Arufonikku supplied from the thread the needle 900, PO Box 19029) in Houston (Alfonic) (registered trademark) 810
−60が挙げれらる。 -60 can be mentioned Reraru. さらに好ましい界面活性剤は、約9〜約12の炭素原子、 Further preferred surfactants are from about 9 to about 12 carbon atoms,
及び約4〜約8のエチレンオキシド単位を含むアルキルエトキシレート類である。 And alkyl ethoxylates comprising from about 4 to about 8 ethylene oxide units. このような界面活性剤は、優れたクリーニング効果を提供し、必要とされる親水性ポリマーと相乗的に作用する。 Such surfactants, superior to provide a cleaning effect, act synergistically with the hydrophilic polymer is required. 最も好ましいアルキルエトキシレートは、商標ネオドール(Neodol)(登録商標)1−5のもとでシェルケミカルカンパニー(Shell Chemical Company)から入手可能なC 11 EO 5である。 The most preferred alkyl ethoxylate is C 11 EO 5, available from trademark Neodol (Neodol) Shell Chemical Company under the (R) 1-5 (Shell Chemical Company). この界面活性剤は、望ましい濡れ特性及びクリーニング特性を提供することが判っており、本発明の濡れたポリマーを含むマトリックスにおいて好ましいC 8〜16のアルキルポリグルコシドと有利に組み合わせることができる。 The surfactant is found to provide a desirable wetting properties and cleaning properties, it can be advantageously combined with an alkyl polyglucoside of the preferred C 8 to 16 in the matrix containing the wet polymer of the present invention. 理論により限定されることを望まないが、C 8〜16のアルキルポリグルコシドは、追加的に好ましいアルキルエトキシレートを含む組成物、特に優れた清浄のために好ましいアルキルエトキシレートが求められる場合に、優れた最終結果(すなわち、くもりを軽減する) If While not wishing to be limited by theory, alkylpolyglucosides of C 8 to 16 is a composition comprising additionally preferred alkyl ethoxylates, especially excellent preferred alkyl ethoxylates for cleaning is desired, excellent end result (i.e., reduce the haze)
を提供することができると考えられている。 It is believed that it is possible to provide a. 好ましいC 8〜16のアルキルポリグルコシドはまた、アルキルエトキシレートを含む組成物の香料溶解度を改善することが判っている。 Alkylpolyglucosides preferred C 8 to 16 are also found to improve perfume solubility of compositions comprising alkyl ethoxylates. さらに高いレベルの香料は、消費者が受け入れるのに有利である。 A higher level of perfume, is advantageous for consumers to accept. 【0186】 さらに好ましい洗浄性界面活性剤は、約8〜約18の炭素原子、さらに好ましくは約8〜約16の炭素原子を含有するアルキル基、及び分子当り約1〜約4、 [0186] Further preferred detersive surfactant, from about 8 to about 18 carbon atoms, more preferably an alkyl group, and a molecular per about 1 to about 4 containing about 8 to about 16 carbon atoms,
好ましくは約1〜約1.5の糖部分を有するアルキル多糖類洗浄性界面活性剤及び/又は約8〜約16の炭素原子及び約4〜約25オキシエチレン単位を含むアルキルエトキシレートと共に、約8〜約18の炭素原子、さらに好ましくは約8 Preferably with an alkyl ethoxylate comprising alkyl polysaccharide detergent surfactants and / or from about 8 to about 16 carbon atoms and from about 4 to about 25 oxyethylene units with a sugar moiety of from about 1 to about 1.5, about 8 to about 18 carbon atoms, more preferably from about 8
〜約16の炭素原子を含有するアルキル基、及び分子当り約1〜約4、好ましくは約1〜約1.5の糖部分を有するアルキル多糖類洗浄性界面活性剤から成る組み合わせ、及びそれらの組合せから成る群から選択される。 Alkyl group containing about 16 carbon atoms, and molecules per about 1 to about 4, preferably a combination consisting of alkyl polysaccharide detergent surfactants having the sugar moiety of from about 1 to about 1.5, and their It is selected from the group consisting of combinations. 【0187】 相対的に低いレベルの活性物質と共に本発明に基づく液状クリーニング成分が調製される。 [0187] Liquid cleaning composition according to the present invention together with the relatively low level of active substance is prepared. 通常、かかるクリーニング成分は、以下で議論するように十分な界面活性剤及び任意の溶媒を含み、硬質面洗剤がまだ経済的なままであるとき、有効であり;従って、それらは通常、組成物質量の約0.005%〜約0.5%の界面活性剤、好ましくはアルキルポリグリコシド及び/又はC 8〜14のアルキルエトキシレート界面活性剤、さらに好ましくは約0.01%〜約0.4%の界面活性剤、さらに一層好ましくは約0.01%〜約0.3%の界面活性剤を含有する。 Usually, such a cleaning component comprises sufficient surfactant and optional solvent, as discussed below, when the hard surface detergent remains still economical, are effective; therefore, they are usually compositions substance about 0.005% to about 0.5% of a surfactant in an amount, preferably an alkyl ethoxylate surfactant alkyl polyglycosides and / or C 8 to 14, more preferably from about 0.01% to about 0. 4% of surfactant, even more preferably from about 0.01% to about 0.3% of a surfactant. 高いレベルよりもむしろ低いレベルの界面活性剤が全体的な最終効果に有利であることが判っている。 It has been found to be advantageous to the overall final effect low levels of surfactant, rather than high levels. 主要な界面活性剤システムが好ましいアルキルエトキシレート類を包含するとき、特別の補助界面活性剤により最終的に得られるくもりが緩和されることも見い出されている。 When to encompass major surfactant system is preferably alkyl ethoxylates, finally obtained cloudy has been found to be alleviated by a special co-surfactant. 好ましい補助界面活性剤は、C 8のスルホネート及びポリ−ターゲント(Tergent)CS−1である。 Preferred co-surfactants are sulfonates and poly C 8 - a Tagento (Tergent) CS-1. 【0188】 家庭用手入れ分野において、本発明の物品は特に有用でありうる。 [0188] In household care field, the article of the present invention may be particularly useful. 例えば、本物品を衣類とともに格納袋に入れ、次いでその格納袋を乾燥機に入れて、乾燥機中でのクリーニング及び/又は衣類のリフレッシュ物品として使用してもよい。 For example, placed in a storage bag the article with the garment, then the storage bag placed in a dryer, may be used as a refresh articles cleaning and / or clothing in the dryer.
このような背景で、本発明の物品は実質的に乾燥していてもよいし、濡れていてもよい。 In this background, the article of the present invention may be substantially dried, or may be wet. 好ましくは、乾燥機内でのクリーニングに好適な本発明の物品は、水及び界面活性剤、香料、防腐剤、漂白剤、クリーニング助剤、有機溶媒及びそれらの混合物から成る群から選択される一員を含む。 Preferably, the article of the present invention suitable for cleaning in a dryer, the water and surfactant, perfume, preservatives, bleaches, cleaning aid, a member selected from the group consisting of organic solvents and their mixtures including. 好ましい有機溶媒は、グリコールエーテル類であり、具体的には、メトキシプロポキシプロパノール、エトキシプロポキシプロパノール、プロポキシプロポキシプロパノール、ブトキシプロポキシプロパノール、ブトキシプロパノール及びそれらの混合物である。 Preferred organic solvents are glycol ethers, specifically, methoxy propoxy propanol, ethoxy propoxy propanol, propoxy propoxy propanol, butoxy propoxy propanol, butoxy propanol and mixtures thereof. 界面活性剤は好ましくは、エトキシル化アルコール又はエトキシル化アルキルフェノールのような非イオン系界面活性剤であり、クリーニング/リフレッシュ組成物の約2質量%まで存在する。 The surfactant preferably is a nonionic surfactant such as ethoxylated alcohols or ethoxylated alkyl phenols, present up to about 2% by weight of the cleaning / refreshing composition. 本明細書で布地クリーニングに好適な典型的なクリーニング成分は、少なくとも約80質量%の水、好ましくは少なくとも約90質量% Suitable typical cleaning component to the fabric cleaning herein, at least about 80 wt% of water, preferably at least about 90 wt%
、さらに好ましくは少なくとも約95質量%の水を含むことができる。 , More preferably may comprise at least about 95% by weight of water. 【0189】 本発明のクリーニング成分に含有されることができる好適な有機溶媒、界面活性剤、香料、防腐剤、漂白剤及び清浄助剤は、米国特許第5,789,368号(1998年8月4日発行、ユー(You)ら)、及び米国特許第5,591,2 [0189] Suitable organic solvents that can be contained in the cleaning component of the present invention, surfactants, fragrances, preservatives, bleaches and cleaning aids, U.S. Patent No. 5,789,368 (1998 8 month 4 days issue, you (You) et al.), and US Patent No. 5,591,2
36号(1997年1月7日発行、レトカー(Roetker)ら)に見い出すことができる。 No. 36 (issued Jan. 7, 1997, Retoka (Roetker) et al.) Can be found in. ユーら及びレトカーらの特許の開示全体を参考として本明細書に組み入れる。 The entire disclosure of user et al. And Retoka et al patents incorporated herein by reference. 加えて、米国特許同時係属出願第08/789,171号(トリン(Trin In addition, U.S. Patent copending application Ser. No. 08 / 789,171 (Trinh (Trin
h)らの名のもとに1997年1月24日提出)は、好適なクリーニング成分である追加の組成物を記載している。 h) et al., based on submission January 24, 1997 in the name), describes a preferred cleaning component additional composition. トリンらの出願の開示全てを参考として本明細書に組み入れる。 It incorporated herein disclosed all Trindade et al, filed as a reference. 【0190】 布地のクリーニング/リフレッシュという背景において、本発明のクリーニング成分は、好ましくはエチレングリコール、プロパンジオールの異性体全て、ブタンジオールの異性体全て、ペンタンジオールの異性体全て、ヘキサンジオールの異性体全て及びそれらの混合物から成る群から選択される、さらに好ましくはネオペンチルグリコール、ポリエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、1,3−ブタンジオール、1−オクタノール及びそれらの混合物から成る群から選択される縮み軽減組成物を包含することが好ましい。 [0190] In the context of fabric cleaning / refreshing, cleaning component of the present invention, preferably ethylene glycol, all isomers of propanediol, isomers of butanediol all, all isomers of pentanediol, isomers of hexanediol It is selected from all, and mixtures thereof, more preferably neopentyl glycol, polyethylene glycol, 1,2-propanediol, 1,3-butanediol, is selected from the group consisting of 1-octanol and mixtures thereof it is preferred to include that shrinkage mitigation compositions. 縮み軽減組成物は、好ましくはネオペンチルグリコール又は1,2−プロパンジオールであり、さらに好ましくは1,2−プロパンジオールである。 Shrinkage mitigation composition is preferably neopentyl glycol or 1,2-propanediol, more preferably 1,2-propanediol. 縮み軽減組成物とクリーニング成分の比は、好ましくは約1:2〜約1:5、好ましくは約1:2〜約1:4、さらに好ましくは約1:3〜約1:4、及び最も好ましくは約1:3.6である。 The ratio of the mitigation compositions and cleaning component shrinkage, preferably about 1: 2 to about 1: 5, preferably from about 1: 2 to about 1: 4, more preferably from about 1: 3 to about 1: 4, and most preferably from about 1: 3.6. 上記の成分に加えて、クリーニング成分は任意で漂白剤、好ましくは過酸化水素を含んでもよい。 In addition to the above components, the cleaning component is optionally bleaching agent, preferably may include hydrogen peroxide. 【0191】 磨き/清掃成分現在開示されている物品の有益成分は、磨き/清掃成分であってもよい。 [0191] beneficial components of the article being polished / cleaning component presently disclosed may be polished / cleaning component. 本発明の物品の磨き/清掃効果は、本物品への汚れの付着を高めるあらゆる磨き/清掃成分によってシートの繊維を処理すること、特に表面を処理することによってさらに高めることができる。 Shine / cleaning effect of the articles of the present invention, treating the soiled sheet of fibers by any polishing / cleaning component for enhancing the adhesion to the article, can be further enhanced by particular processing the surface. 用いる場合、本物品の汚れを付着する能力を高めるのに十分なレベルで、本物品にかかる磨き/清掃成分が加えられる。 When used, at levels sufficient to enhance the ability to adhere stains the article, polishing / cleaning component according to the article is applied. しかしながら、消費者にとって表面が視覚的に許容可能であるように研磨される又は清掃されるべき表面上に、残される残留物の量を最小限にするように、添加剤のレベル及び種類を選択しなければならない。 However, the surface visually acceptable polished by or cleaned are to be on the surface as a consumer, the amount of residue left to minimize, select the level and types of additives Must. かかる添加剤は好ましくは、少なくとも約0.01質量%、さらに好ましくは少なくとも約0.1質量%、さらに好ましくは少なくとも約0.5質量%、さらに好ましくは少なくとも約1質量%、さらに一層好ましくは少なくとも約3質量%、さらに一層好ましくは少なくとも約4質量%の添加量にて本物品に適用される。 Preferably such additives, at least about 0.01 wt%, more preferably at least about 0.1 wt%, more preferably at least about 0.5 wt%, more preferably at least about 1 wt%, even more preferably at least about 3 wt%, even more preferably applied to the present article at least about 4 wt% of the added amount. 通常、添加量は、本物品の約0.1〜約25質量%、さらに好ましくは約0.5〜約20質量%、さらに好ましくは約1 Usually, the amount is from about 0.1 to about 25 wt% of the article, more preferably from about 0.5 to about 20 wt%, more preferably about 1
〜約15質量%、さらに一層好ましくは約2〜約10質量%、さらに一層好ましくは約4〜約8質量%、及び最も好ましくは約4〜約6質量%である。 To about 15 wt%, even more preferably from about 2 to about 10 wt%, even more preferably from about 4 to about 8 weight percent, and most preferably from about 4 to about 6 wt%. 【0192】 好ましい磨き/清掃成分は、ワックス、油、及びそれらの組合せから成る群から選択される物質を含む。 [0192] Preferred polishing / cleaning component comprises a wax, oil, and a material selected from the group consisting of. 好適なワックスには、種々の種類の炭化水素と共に、 Suitable waxes with various types of hydrocarbons,
特定の脂肪酸(例えば、飽和トリグリセリド)及び脂肪族アルコールのエステルが挙げられる。 Certain fatty acids (e.g., saturated triglycerides) include esters of and aliphatic alcohols. それらは天然資源(すなわち、動物、植物又は鉱物)に由来してもよいし、合成することもできる。 They natural resources (i.e., animal, vegetable or mineral) or may be derived from, can be synthesized. このような種々のワックスの混合物も使用することができる。 Mixtures of these various waxes can also be used. 本発明で使用することができる代表的な動物ワックス及び植物ワックスの一部には、蜜蝋、カルナウバ、鯨蝋、ラノリン、セラック蝋、キャンデリラ等が挙げられる。 Some representative animal waxes and plant waxes that may be used in the present invention include beeswax, carnauba, spermaceti, lanolin, shellac wax, candelilla, and the like. 本発明で使用することができる鉱物資源に由来する代表的なワックスには、パラフィン、ワセリン及び微晶性ワックスのような石油を基にしたワックス、及び白色セレシン蝋、黄色セレシン蝋、白色地蝋等のような化石又は土壌ワックスが挙げられる。 Representative waxes from mineral resources that can be used in the present invention, paraffin, wax based on oil, such as petrolatum and microcrystalline wax, and white ceresine wax, yellow ceresine wax, white ozokerite fossil or soil waxes such as like. 本発明で使用することができる代表的な合成ワックスには、ポリエチレンワックスのようなエチレン系ポリマー、フィッシャートロプシュ(Fischer−Tropsch)合成によって作られる「ハロワックス」、炭化水素型ワックスのような塩素化ナフタレン等が挙げられる。 Representative synthetic waxes that can be used in the present invention include ethylene-based polymers such as polyethylene wax, Fischer-Tropsch (Fischer-Tropsch) "halo wax" produced by synthesis, chlorination, such as hydrocarbon-type wax naphthalene, and the like. その他の好ましい磨き/清掃成分は、ワセリンのようなワックスと油の混合物として供給される。 Other preferred polishing / cleaning component is supplied as a mixture of wax and oil such as petrolatum. 【0193】 好ましい磨き/清掃成分は、ワックス及び鉱油の混合物を含み、これは本物品で拭い取られる表面上に残される残留物の量を最小限にする一方で、表面から粒子状物質を捕捉し、保持する本物品の能力を高める。 [0193] Preferred polishing / cleaning component comprises a mixture of wax and mineral oil, which while minimizing the amount of residue left on the surface to be wiped by the article, trapping the particulate matter from the surface and, enhance the ability of the article to be held. 鉱油及びワックスの混合物が利用される場合、成分は好ましくは、約1:99〜約7:3、さらに好ましくは約1:99〜約3:2、さらに一層好ましくは約1:99〜約2:3の油とワックスの質量比で混合される。 When a mixture of mineral oil and wax is utilized, the component is preferably from about 1: 99 to about 7: 3, more preferably from about 1: 99 to about 3: 2, even more preferably from about 1: 99 to about 2 : it is mixed at a mass ratio of 3 oil and wax. 特に好ましい実施態様では、油とワックスの質量比は約1:1であり、約5質量%の添加量にて添加剤は適用される。 In a particularly preferred embodiment, the weight ratio of oil and wax is about 1: 1, the additive is applied in amount of about 5 wt%. 磨き/清掃成分として好ましい混合物は、鉱油とパラフィンワックスの1:1混合物である。 Preferred mixtures as polishing / cleaning component 1 of mineral oil and paraffin wax: 1 mixture. 【0194】 本物品における磨き/清掃成分としてパラフィンワックスのようなワックスのみを利用することもできる。 [0194] only waxes such as paraffin wax as a polishing / cleaning component in the article the can also be used. ワックスが磨き/清掃成分のみである場合、本物品は好ましくは合成繊維から構成され、そのため本物品は依然として静電気特性を維持し、粒子状物質の捕捉及び保持が増強される。 If the wax is only polishing / cleaning component, it is the article which preferably is made of synthetic fibers, therefore the article is still maintaining the electrostatic characteristics, the capture and retention of particulate matter is enhanced. いかなる事象においても、本物品の積層ウェブが天然の及び/又は合成の繊維を含めば、本質的にワックスから成る磨き/清掃成分は、本物品の約4質量%未満、好ましくは約3質量%未満、さらに好ましくは約2質量%未満、及びさらに一層好ましくは約1質量%未満の添加量にて積層ウェブに通常適用される。 In any event, if including a laminated web of the article is a natural and / or synthetic fibers, polishing / cleaning component consisting essentially of waxes, less than about 4 wt% of the article, preferably about 3 wt% less, usually applied to the laminate web more preferably less than about 2 wt%, and in even more preferably from about amount of less than 1 wt%. さらに高いレベルにてワックスが積層ウェブに適用されれば、本物品の静電気特性は低下し、従って本物品の総合的な磨き/清掃効果も低下するので、このようなレベルが好ましい。 If a higher wax at levels applied to the laminate web, electrostatic characteristics of the article is reduced, hence also decreases the overall polishing / cleaning effect of the article, such levels are preferred. 【0195】 本物品における磨き/清掃成分として鉱油のみを利用することもできる。 [0195] It is also possible to use only the mineral oil as a polishing / cleaning component in the article. 本質的に鉱油から成る磨き/清掃成分は、本物品の約4質量%未満、好ましくは約3 Shine / cleaning component consisting essentially of mineral oil, less than about 4 wt% of the article, preferably about 3
質量%未満、さらに好ましくは約2質量%未満、及びさらに一層好ましくは約1 Less than mass%, more preferably less than about 2 wt%, and even more preferably about 1
質量%未満の添加量にて積層ウェブに通常適用される。 It is usually applied in the laminate web at amount of less than weight percent. 【0196】 添加剤が有効なレベルで、且つ好ましくは本物品の少なくとも1つの独立した連続領域に実質的に均一な方法で適用される場合、そのような低レベルは特に望ましい。 [0196] In the additive effective level and preferably when applied in a substantially uniform manner to at least one independent continuous area the article, such low levels particularly desirable. 特に物品への汚れの付着を改善する磨き/清掃成分を好ましく低いレベルで使用することは、本物品への汚れの付着を改善し、空気中におけるホコリの抑制、好ましい消費者の印象、特に触覚的印象が得られ、加えて、磨き/清掃成分は、香料、害虫制御成分、抗カビ剤を含む抗菌剤、及び多数のその他の有益成分、特に添加剤に可溶性又は分散性であるものを取り込み、結合する手段を提供する。 In particular the use of polishing / cleaning ingredients that improve adhesion of dirt to the article preferably low levels is to improve the adhesion of dirt to the article, the suppression of dust in the air, preferred consumer impressions, especially tactile impression is obtained, in addition, polishing / cleaning ingredients, perfumes, pest control ingredients, antimicrobials, including anti-fungal agents, and numerous other beneficial ingredients, those which are particularly soluble or dispersible in the additive incorporation , to provide a means for coupling. このような利益は例示のみが目的である。 Such benefits are only illustrative purpose. 【0197】 好ましくは、磨き/清掃成分は、それが磨き及び/又はホコリの除去に用いられる場合、本物品の静電気特性を有意に低下させない。 [0197] Preferably, polishing / cleaning component, it may be used for the removal of polishing and / or dust, it does not significantly decrease the electrostatic properties of the article. 本発明の物品は、粒子状物質、特に微細なホコリ状粒子物質に対する捕捉及び保持を促進するためにこのような背景で使用される場合、静電気特性を有することが好ましい。 The article of the present invention, when the particulate matter is used in this context to promote trapping and retention, particularly for fine dust-like particulate material preferably has an electrostatic property. 【0198】 種々の適用方法を介して、磨き/清掃成分を本物品に適用することができる。 [0198] through the various application methods, it is possible to apply the polishing / cleaning component in the article.
かかる方法には、手動のローリング、機械的なローリング、立て削り、超音波スプレー、圧力スプレー、ポンプスプレー、ディッピング等が挙げられる。 Such methods include manual rolling, mechanical rolling, vertical milling, ultrasonic spray, pressure spray, pump spray, dipping, and the like. 磨き/ Shine /
清掃成分の本物品への好ましい適用方法は、超音波スプレーである。 A preferred method of applying to the article of the cleaning component is an ultrasonic spray. 磨き/清掃成分は好ましくは本物品の積層ウェブの上に均一にスプレーされる。 Shine / cleaning component preferably is uniformly sprayed onto the laminate web of the article. 【0199】 磨き/清掃成分の本物品への適用のもう1つの好ましい方法は機械的ローリングである。 [0199] Another preferred method of application to the article of the polishing / cleaning component is a mechanical rolling. 本物品の製造工程の間、適用されるべき磨き/清掃成分で被覆された一連のローラーを介してそれらが供給される。 Between the article of the manufacturing process, they are fed through a series of rollers coated with be applied polishing / cleaning component. 成分を含有する鍋又は容器の中で回転することによって、磨き/清掃成分で被覆することができる。 By rotating in a pan or container containing the ingredients can be coated with Shine / cleaning component. ローラーを介して本物品に供給されるとき、成分はローラーから本物品に移行する。 When supplied to the article via the rollers, component moves from the roller to the article. 磨き/清掃成分が、特にワックス対鉱油比1:1のワックスと鉱油の混合物であれば、磨き/清掃成分を液体状態に維持するために、磨き/清掃成分を含有する鍋又は容器を約32℃〜約98℃、好ましくは約40℃〜約65℃の温度に加熱するのが好ましい。 Shine / cleaning component, in particular a wax-to-mineral ratio of 1: 1 if a mixture of wax and mineral oil, polish / cleaning component for maintaining the liquid state, about 32 pot or container containing polishing / cleaning components ° C. ~ about 98 ° C., preferably preferably heated to a temperature of about 40 ° C. ~ about 65 ° C.. かかる状況では、好ましくは、液体状態の熱い成分の温度と同様の温度にローラーも加熱する。 In such a situation, preferably also heated rollers similar temperature and the temperature of the hot components of the liquid state. 通常、成分混合物及びローラーの温度は、成分混合物の融点よりも少なくとも約5℃〜約10℃高く維持する。 Usually, the temperature of the component mixture and roller are maintained for at least about 5 ° C. higher to about 10 ° C. above the melting point of the component mixture. 【0200】 本物品の小規模製造については、手で操作できるローラーを利用し、成分でローラーを被覆し、本物品の表面を横切ってローラーを転がすことを含む手動ローリングを介して成分を本物品に適用することができる。 [0200] For small-scale production of the article, by utilizing a roller that can be operated by hand to coat the rollers with components, the article components via manual rolling comprising rolling a roller across the surface of the article it can be applied to. 【0201】 保湿測定法上述のとおり、特定の実施態様では、本発明の物品は、「実質的に乾燥」していると考えられる。 [0202] As moisturizing assay described above, in certain embodiments, the article of the present invention is considered to be "substantially dry". 本明細書で用いられる場合、「実質的に乾燥」は、本発明の物品の保湿値が、約0.95gms未満、好ましくは約0.75gms未満、より好ましくは約0.5gms未満、更に好ましくは約0.25gms未満、更になお好ましくは約0.15gms未満、最も好ましくは約0.1gms未満であることを意味する。 As used herein, "substantially dry" is moisturizing value of the articles of the present invention is less than about 0.95Gms, preferably less than about 0.75Gms, more preferably less than about 0.5Gms, more preferably means that less than about 0.25Gms, is even more preferably less than about 0.15Gms, most preferably less than about 0.1Gms. 保湿値は、ユーザーが本発明の特定の物品に触れた際に知覚する、「濡れた」拭き取り布の感触と反対の、乾燥した感触を表わす。 Coercive Shimechi the user perceives when touched certain articles of the present invention, "wet" wipes opposite feel of the fabric represents a dry feel. 【0202】 一方、「実質的に濡れて」いる本発明の物品がある。 [0202] On the other hand, there is an article of the present invention that are "substantially wet." 本明細書で使用されるとき、「実質的に濡れた」は、本物品が消費者の感触に対して濡れた感じがすることを意味する。 As used herein, "substantially wet" means that the feeling that the article is wet to the feel of the consumer. すなわち、かかる物品は約0.95gmsより大きい保湿値を示す。 In other words, such articles exhibit about 0.95gms greater moisturizing value. 【0203】 本物品及びその他の使い捨て基材を基にした製品の保湿値を定量するために、 [0203] In order to quantify the article and moisturizing value of products based on other disposable substrate,
以下の装置及び材料が必要である。 It is required following equipment and materials. 【表1】 [Table 1] 【0204】 次に、2枚のペーパータオルを別々に量り、各質量を記録する。 [0204] Next, weighed separately the two paper towels, recording each mass. 1枚のペーパータオルを平らな面(例えば、実験室のベンチ)上に置く。 Flat surface with a piece of paper towel (for example, a bench of laboratory) put it on. サンプルの物品を、 The articles of the sample,
そのタオルの上に置く。 Placed on top of the towel. もう一枚のタオルをサンプルの物品の上に置く。 Put another piece of the towel on top of the sample of the article. 次に、 next,
サンドイッチ上のサンプルの物品の上に、レキセイン、そして2000gのおもりを置く。 On top of the article of the sample on the sandwich, Rekisein, and put a weight of 2000g. 1分間待つ。 Wait for 1 minute. 1分後、おもり及びレキサインを除く。 After one minute, except the weight and Rekisain. 頂部及び底部のペーパータオルを量り、質量を記録する。 Weighed paper towel top and bottom, the weight is recorded. 【0205】 頂部及び底部の両方のペーパータオルについて、最終質量(1分後)から初めのペーパータオル質量を引くことによって、保湿値を算出する。 [0205] The paper towel for both top and bottom, by subtracting the first paper towel weight from the final weight (after 1 minute), to calculate the moisturizing value. 頂部及び底部のペーパータオルについて得られた質量差を足す。 Plus the mass difference obtained for paper towels of the top and bottom. 多数の物品について試験したと仮定して、総質量差を平均して保湿値を得る。 Assuming tested for a number of articles, and the average total mass difference obtaining moisturizing value. 【0206】 本発明のパーソナルケア用品に包含するのに好適な任意成分パーソナルケア適用に好適である本発明の物品は、本発明の利益を容認できないように変更しないという条件で、所定の製品形態で慣用的に使用されるような、種々のその他の成分を含有し得る。 [0206] The article of the present invention is suitable for the optional ingredients suitable personal care applications for inclusion in personal care articles of the present invention, with the proviso that not modified as unacceptable the benefits of the present invention, certain product forms in such as are customarily used, may contain various other ingredients. これらの任意成分はヒトの皮膚及び毛髪への適用に好適であるべきで、即ち、上記物品中に混合したときに、正しい医学的良識又は配合者の判断の範囲内で過度の毒性、非適合性、不安定性、アレルギー反応等なく、ヒトの皮膚に接触させて使用するのに好適であるべきである。 These optional components should be suitable for application to human skin and hair, that is, when mixed into the article, undue toxicity within the scope of sound medical decency or formulation's judgment, incompatible gender, instability, allergic response, and the like without should be suitable for use in contact with human skin. CT CT
FA化粧品成分ハンドブック(CTFACosmeticIngredientHandbook)、第2版(1992年)には、スキンケアに関連する業界で通常使用されるさまざまな非限定的な化粧品及び医薬品の構成成分が記載されており、それらは本発明の物品において使用するのに好適である。 FA Cosmetic Ingredient Handbook (ShitiefueishiosmeticIngredientHandbook), the second edition (1992), describes a variety of nonlimiting cosmetic and configuration pharmaceutical ingredients commonly used in the relevant industry skin care, they present invention it is suitable for use in the article. 【0207】 パーソナルケア領域では、好適な任意成分の部類の例には:酵素;研磨剤;皮膚剥離剤;吸収剤;香水、顔料、着色剤/着色料、精油、皮膚への刺激剤、収斂剤等の美容的構成成分(例えば、丁子油、メントール、カンファー、ユーカリ油、オイゲノール、メンチル乳酸塩、マンサク属の留出物);抗にきび剤(例えば、レソルシノール、イオウ、サリチル酸、エリスロマイシン、亜鉛等);固化防止剤;消泡剤;追加的抗細菌剤(例えば、ヨードプロピルブチルカーバメート) [0207] In the personal care area, Examples of classes of suitable optional ingredients: enzymes; abrasives; exfoliant; absorbents; fragrances, pigments, colorants / colorants, essential oils, to the skin irritant, astringent cosmetic components (e.g., clove oil, menthol, camphor, eucalyptus oil, eugenol, menthyl lactate, distillate witch hazel genus), such agents; anti-acne agents (e.g., resorcinol, sulfur, salicylic acid, erythromycin, zinc, etc. ); anti-caking agents; defoamers; additional antibacterial agents (e.g., iodopropyl butylcarbamate)
;酸化防止剤;結合剤;生物学的添加物;緩衝剤;充填剤;キレート化剤;化学的添加物;着色料;化粧用収斂剤;化粧用殺菌剤;変性剤;薬用収斂剤;外用鎮痛剤;皮膜形成剤又は材料、例えば、上記組成物の皮膜形成性及び直接染色性を補助するポリマー(例えば、エイコセン及びビニルピロリドンのコポリマー); , Antioxidants, binders, biological additives; buffering agents; fillers; chelating agents; chemical additives; colorants; cosmetic astringents; cosmetic fungicides; denaturant; medicated astringents; external analgesics; film formers or materials, e.g., polymers to aid film-forming and direct dyeing of the composition (e.g., eicosene and copolymers of vinyl pyrrolidone);
保湿剤;乳白剤;pH調整剤;噴射剤;還元剤;金属イオン封鎖剤;皮膚漂白剤(又は美白剤)(例えば、ヒドロキノン、コウジ酸、アスコルビン酸、アスコルビン酸リン酸マグネシウム、アスコルビルグルコサミン);皮膚鎮静剤及び/又は治療剤(例えば、パンテノール及び誘導体(例えば、エチルパンテノール)、 Humectants; opacifying; pH adjusting agents; propellants; reducing agent; sequestrants; skin bleaching (or lightening agents) (e.g., hydroquinone, kojic acid, ascorbic acid, magnesium ascorbyl phosphate, ascorbyl glucosamine); skin soothing agent and / or therapeutic agents (e.g., panthenol and derivatives (e.g., ethyl panthenol),
アロエ・ベラ、パントテン酸及びその誘導体、アラントイン、ビサボロール、及びグリチルリチン酸2カリウム);皮膚のしわの防止剤、遅延剤、阻止剤、及び/又は回復剤等の、皮膚の処理剤(例えば、乳酸及びグリコール酸等のα−ヒドロキシ酸、及びサリチル酸等のβ−ヒドロキシ酸);増粘剤;ヒドロコロイド; Aloe vera, pantothenic acid and its derivatives, allantoin, bisabolol, and dipotassium glycyrrhizinate); inhibitors of skin wrinkles, delay agents, such as blocking agents, and / or recovery agents, skin treating agents (e.g., lactic acid and α- hydroxy acids such as glycolic acid, and β- hydroxy acids such as salicylic acid); thickener; hydrocolloids;
特定のゼオライト、及びビタミン類及びそれらの誘導体(例えば、トコフェロール、トコフェロールソルベート、トコフェロールアセテート、β−カロチン、レチノイン酸、レチノール、レチノイド、レチニルパルミテート、ナイアシン、ニコチン酸アミド等)が挙げられる。 Specific zeolites, and vitamins and derivatives thereof (e.g., tocopherol, tocopherol sorbate, tocopherol acetate, beta-carotene, retinoic acid, retinol, retinoids, retinyl palmitate, niacin, nicotinamide, and the like). 本発明の物品は、公知のようなキャリア成分を包含してもよい。 The article of the present invention may include carrier components such as are known. このようなキャリアは、皮膚又は毛髪に適用するのに好適な、1以上の適合する液体又は固体の増量希釈剤又はビヒクルを含み得る。 Such carriers, suitable for application to the skin or hair, may include one or more compatible liquid or solid filler diluents or vehicles. 【0208】 本発明の物品は、1以上のそのような任意成分を任意に含有してもよい。 [0208] The article of the present invention may contain one or more of such optional components as desired. パーソナルケア用途に好適である本発明の好ましい物品は、ビタミン化合物、皮膚処理剤、抗にきび剤、抗しわ剤、抗皮膚萎縮剤、抗炎症剤、局所麻酔剤、人工日焼け剤及び日焼け促進剤、抗微生物剤、抗カビ剤、日焼け止め剤、酸化防止剤、皮膚剥離剤、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される、治療的有益物質を含んで成る、安全且つ有効量の治療的有益成分を任意に含む。 Preferred articles are vitamin compound which is a suitable present invention in personal care applications, skin benefit agents, anti-acne agents, anti-wrinkle agents, anti-skin atrophy agents, anti-inflammatory agents, local anesthetics, artificial tanning agents and tanning accelerators, antimicrobial agents, antifungal agents, sunscreens, antioxidants, exfoliant, and is selected from the group consisting a combination thereof, comprising a therapeutically valuable substances, safe and effective amount of therapeutic benefit component optionally include. 本明細書で用いる「安全且つ有効な量」とは、明白な効果又は利益を有意に引き起こすのに十分ではあるが、重篤な副作用(例えば、過度の毒性又はアレルギー反応)を避けるのに十分に少ない、即ち、適切な医学的良識の範囲内で危険率に対して妥当な利益を提供する、化合物又は成分の量を意味する。 Sufficiently "safe and effective amount" as used herein, although it is sufficient to significantly induce a positive effect or benefit, serious side effects (e.g., undue toxicity or allergic reaction) to avoid a small, i.e., to provide a reasonable benefit to risk ratio within the scope of sound medical decency, it means an amount of a compound or component. 【0209】 本発明において有用な任意成分は、それらの治療又は審美的利益、又は前提となっている作用様式によって分類することができる。 Optional components useful in the [0209] present invention may be categorized by their therapeutic or aesthetic benefit or mode of action are premised. しかし、本明細書において有用な任意成分は、ある場合は複数の治療又は審美的利益を提供し、又は複数の作用様式を介して機能することを理解すべきである。 However, optional components useful in the present specification is to be understood that the functions via a plurality of treatment or provide aesthetic benefits, or mode of action cases. したがって、本明細書での分類は、便宜上のことであって、該成分を特定の適用又は列記する適用に限定しようとするものではない。 Therefore, classifications herein is for convenience only thing not intended to limit the application to a particular application or list the ingredients. また、適用可能な場合、該成分の薬学的に許容される塩も本発明において有用である。 Also, where applicable, pharmaceutically acceptable salts of the components are also useful in the present invention. 【0210】 ビタミン化合物本発明の物品はビタミン化合物、前駆体、及びそれらの誘導体を含んでもよい。 [0210] Vitamin Compounds article of the present invention is vitamin compounds, precursors, and may include their derivatives. このようなビタミン化合物は、天然形態であっても合成形態であってもよい。 Such vitamin compound may be a synthetic form be natural form.
好適なビタミン化合物としては、ビタミンA(例えば、ベータカロチン、レチノイン酸、レチノール、レチノイド、パルミチン酸レチニル、プロプリオン酸レチニル等)、ビタミンB(例えば、ニコチン酸、ニコチン酸アミド、リボフラビン、パントテン酸等)、ビタミンC(例えば、アスコルビン酸等)、ビタミンD( Suitable vitamin compounds, vitamin A (e.g., beta carotene, retinoic acid, retinol, retinoids, retinyl palmitate, pro prion retinyl etc.), vitamin B (e.g., nicotinic acid, nicotinamide, riboflavin, pantothenic acid, etc. ), vitamin C (e.g., ascorbic acid), vitamin D (
例えば、エルゴステロール、エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール等)、ビタミンE(例えば、トコフェロールアセテート等)、及びビタミンK(例えば、フィトナジオン、メナジオン、フチオコール等)が挙げられるが、これらに限定されない。 For example, ergosterol, ergocalciferol, cholecalciferol, etc.), vitamin E (e.g., tocopherol acetate), and Vitamin K (e.g., phytonadione, menadione, Fuchiokoru etc.) include, but are not limited to. 【0211】 特に、本発明の物品は安全且つ有効量のビタミンB 3化合物を含んでもよい。 [0211] In particular, the article of the present invention may include vitamin B 3 compound in a safe and effective amount.
ビタミンB 3化合物は、その全体を参考として本明細書に組み入れる1997年4月11日に出願された米国特許同時係属出願出願番号第08/834,010 Vitamin B 3 compounds are described in U.S. Patent copending Application Serial Number filed on Apr. 11, 1997, incorporated herein by reference in its entirety 08 / 834,010
号(1997年10月30日に公開された国際公開WO97/39733A1号に相当する)に記載されるような皮膚の状態を調節するのに特に有用である。 It is particularly useful for regulating skin condition as described in EP (corresponding to International Publication No. WO97 / 39733A1, published Oct. 30, 1997). 本発明の治療成分は、好ましくは約0.01〜約50質量%、更に好ましくは約0 Therapeutic component of the present invention is preferably from about 0.01 to about 50 wt%, more preferably from about 0
. 1〜約10質量%、一層更に好ましくは約0.5〜約10質量%、尚一層好ましくは約1〜約5質量%、最も好ましくは約2〜約5質量%のビタミンB 3化合物を含む。 1 to about 10 wt%, including even more preferably from about 0.5 to about 10 wt%, even more preferably from about 1 to about 5 weight percent, and most preferably from about 2 to about 5 wt% vitamin B 3 compound . 【0212】 本明細書で用いる「ビタミンB 3化合物」とは次の構造式を有する化合物を意味する: 【化5】 [0212] The term "vitamin B 3 compound" as used herein means a compound having the following structural formula: 5] 式中、Rは−CONH 2 (即ち、ニコチン酸アミド)、−COOH(即ち、ニコチン酸)、又は−CH 2 OH(即ち、ニコチニルアルコール);それらの誘導体;及び上記いずれかの塩である。 Wherein, R -CONH 2 (i.e., nicotinic acid amide), - COOH (i.e., nicotinic acid), or -CH 2 OH (i.e., nicotinyl alcohol); is and above any salt; derivatives thereof . 【0213】 前記ビタミンB 3化合物の誘導体としては、ニコチン酸の非血管拡張性エステル、ニコチニルアミノ酸、カルボン酸のニコチニルアルコールエステル、ニコチン酸N−オキシド及びニコチン酸アミドN−オキシド等のニコチン酸エステルが挙げられる。 [0213] Derivatives of the vitamin B 3 compound, non-vasodilating esters, nicotinyl amino acids, nicotinyl alcohol esters of carboxylic acids, nicotinic acid N- oxide and nicotinic acids such as nicotinic acid amide N- oxide nicotinic acid ester, and the like. 【0214】 好適なビタミンB 3化合物の例は当業者に周知であり、例えば、シグマケミカルカンパニー(Sigma Chemical Company)(ミズーリ州セントルイス);ICN [0214] Examples of suitable vitamin B 3 compounds are well known to those skilled in the art, for example, Sigma Chemical Company (Sigma Chemical Company) (St. Louis, Mo.); ICN
バイオメディカルズ社(カリフォルニア州、アービン)及びアルドリッチケミカルカンパニー(Aldrich)(ウィスコンシン州、ミルウォーキー)のような多数の供給元から市販されている。 Biomedicals, Inc. (CA, Irvine) and Aldrich Chemical Company (Aldrich) (Milwaukee, Wis.) Are commercially available from a number of sources, such as. 【0215】 ビタミン化合物は実質的には純粋な材料として、又は天然(例えば、植物)原料から好適な物理的及び/又は化学的分離をすることによって得られる抽出物として含まれてもよい。 [0215] Vitamin compound as a substantially pure material, or in natural (e.g., plant) may be included as an extract obtained by suitable physical and / or chemical separation from the raw material. 【0216】 皮膚処理剤本発明の物品は1以上の皮膚処理剤を含有してもよい。 [0216] The article of the skin benefit agents present invention may contain one or more skin treating agents. 好適な皮膚処理剤は、 Suitable skin treating agents,
皮膚のしわを防ぐこと、遅らせること、止めること及び/又は覆すことに有効なものを包含する。 Preventing skin wrinkles, including it, and / or overturn the valid to stop delaying. 好適な皮膚処理剤の例には、乳酸及びグリコール酸のようなアルファ−ヒドロキシ酸及びサリチル酸のようなベータ−ヒドロキシ酸が挙げられるが、これに限定されない。 Examples of suitable skin treating agents, alpha, such as lactic acid and glycolic acid - beta, such as hydroxy acids and salicylic - including but hydroxy acids, but is not limited thereto. 【0217】 抗にきび剤本発明の物品に有用な抗にきび剤の例としては、サリチル酸(o−ヒドロキシ安息香酸)、5−オクタノイルサリチル酸等のサリチル酸の誘導体、及びレゾルシノール等の角質溶解剤;レチン酸及びその誘導体(例えば、シス及びトランス)等のレチノイド;イオウを含有するD型及びL型アミノ酸及びそれらの誘導体及び塩、特にそれらのN−アセチル誘導体であって、好ましい例はN−アセチル−L−システイン;リポ酸;過酸化ベンゾイル、オクトピロックス、テトラサイクリン、2,4,4'−トリクロロ−2'−ヒドロキシジフェニルエーテル、3 [0217] Examples of anti-acne agents useful in the articles of the anti-acne agents present invention, salicylic acid (o-hydroxybenzoic acid), 5-derivatives of salicylic acid such as octanoyl salicylic acid, and keratolytic agents such as resorcinol, retinoic acid and its derivatives (e.g., cis and trans) retinoids such as; D-type and L-type amino acids and their derivatives and salts containing sulfur, comprising in particular their N- acetyl derivatives, a preferred example is N- acetyl - L- cysteine; lipoic acid; benzoyl peroxide, octopirox, tetracycline, 2,4,4'-trichloro-2'-hydroxydiphenyl ether, 3
,4,4'−トリクロロバニライド、アゼライン酸及びその誘導体、フェノキシエタノール、フェノキシプロパノール、フェノキシイソプロパノール、酢酸エチル、クリンダマイシン及びメクロサイクリン等の抗生物質及び抗菌剤;フラボノイド等のセボスタット;及び、硫酸シムノール及びその誘導体、デオキシコール酸、及びコール酸等の胆汁酸塩が挙げられるが、これに限定されない。 , 4,4'-trichloro vanilla id, azelaic acid and its derivatives, phenoxyethanol, phenoxy propanol, phenoxy isopropanol, antibiotics and antimicrobial agents ethyl acetate, clindamycin and meclocycline like; Sebosutatto flavonoids and the like; and, sulfate Shimunoru and its derivatives, deoxycholate, and include bile salts such as cholic acid, but is not limited thereto. 【0218】 抗しわ剤及び抗皮膚萎縮剤本発明の物品で有用な抗しわ剤及び抗皮膚萎縮剤の例としては、レチン酸とその誘導体(例えばシス及びトランス);レチノール;レチニルエステル;ニコチン酸アミド、サリチル酸とその誘導体;イオウを含有するD型及びL型アミノ酸及びその誘導体及び塩、特にそのN−アセチル誘導体で、好ましい例としてはN [0218] Examples of anti-wrinkle and anti-wrinkle agents useful in articles of the anti-skin atrophy agents present invention and anti-skin atrophy agents, retinoic acid and its derivatives (e.g., cis and trans); retinol; retinyl esters; nicotine acid amides, salicylic acid and its derivatives; D-type and L-type amino acids and their derivatives and salts containing sulfur, in particular at its N- acetyl derivatives, a preferred example N
−アセチル−L−システイン;チオール、例えばエタンチオール;テルペンアルコール(例えば、ファルネソール);ヒドロキシ酸、フィチン酸、リポ酸;リソフォスファチド酸、及び皮膚剥離剤(例えばフェノール等)が挙げられるが、これに限定されない。 - Acetyl -L- cysteine; thiols, eg ethane thiol; terpene alcohols (e.g., farnesol); hydroxy acids, phytic acid, lipoic acid; Li Sophos phosphatidyl de acid, and skin peel agents (e.g., phenol, etc.) and the like, but it is not limited to this. 【0219】 非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDS)本発明の物品に有用なNSAIDSの例としては、これに限定されないが、以下のカテゴリー:プロピオン酸誘導体;酢酸誘導体;フェナミン酸誘導体;ビフェニルカルボン酸誘導体;及びオキシカムが挙げられる。 [0219] Examples of useful NSAIDS an article of non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDS) The present invention is not limited to, the following categories: propionic acid derivatives; acetic acid derivatives; fenamic acid derivatives; biphenylcarboxylic acid derivatives ; and oxicams and the like. このようなNSAID Such a NSAID
Sは全て1991年1月15日発行の米国特許第4,985,459号(サンシャインら)に完全に記載されており、ここではその全てを参考として引用する。 S is fully described in all 1991 January 15, published U.S. Pat. No. 4,985,459 (Sunshine et al.), Wherein the reference in their entirety by reference.
有用なNSAIDSの例としては、アセチルサリチル酸、イブプロフェン、ナプロキセン、ベノキサプロフェン、フルルビプロフェン、フェノプロフェン、フェンブフェン、ケトプロフェン、インドプロフェン、ピアプロフェン、カープロフェン、オキサプロジン、プラノプロフェン、ミクロプロフェン、チオキサプロフェン、スプロフェン、アルミノプロフェン、チアプロフェン酸、フルプロフェン及びバクロキシ酸が挙げられる。 Examples of useful NSAIDS include acetyl salicylic acid, ibuprofen, naproxen, benoxaprofen, flurbiprofen, fenoprofen, fenbufen, ketoprofen, indoprofen, Piapurofen, car fenoprofen, oxaprozin, pranoprofen, micro flurbiprofen, tioxaprofen, suprofen, alminoprofen, tiaprofenic acid, fluprofen and Bakurokishi acid. また、ヒドロコルチゾン等を包含するステロイド系抗炎症薬も有用である。 Moreover, steroidal anti-inflammatory drugs including hydrocortisone and the like are also useful. 【0220】 局所麻酔剤本発明の物品に有用な麻酔薬の例としては、ベンゾカイン、リドカイン、ブピバカイン、クロルプロカイン、ジブカイン、エチドカイン、メピバカイン、テトラカイン、ジクロニン、ヘキシルカイン、プロカイン、コカイン、ケタミン、プラモキシン、フェノール、及びこれらの薬学的に許容し得る塩が挙げられるが、 [0220] Examples of useful anesthetic article local anesthetic present invention include benzocaine, lidocaine, bupivacaine, chlorprocaine, dibucaine, etidocaine, mepivacaine, tetracaine, dyclonine, hexylcaine, procaine, cocaine, ketamine, pramoxine , phenols, and include salts acceptable their pharmaceutically,
これに限定されない。 But it is not limited to this. 【0221】 人工日焼け剤及び促進剤本発明の物品に有用な人工日焼け剤及び促進剤の例としては、ジヒドロキシアセトン、チロシン、エチルチロシナート等のチロシンエステル、及びホスホ−D [0221] Examples of artificial tanning agents and accelerators useful artificial tanning agents and accelerators to articles of the present invention, dihydroxyacetone, tyrosine, tyrosine esters such as ethyl tyrosinate diisocyanate, and phospho -D
OPAが挙げられるが、これに限定されない。 OPA including but not limited to. 【0222】 抗菌剤及び抗カビ剤本発明の物品で有用な抗細菌剤及び抗カビ剤の例としては、ベータラクタム剤、キノロン剤、シプロフロキサシン、ノルフロキサシン、テトラサイクリン、エリスロマイシン、アミカシン、2,4,4'−トリクロロ−2'−ヒドロキシジフェニルエーテル、3,4,4'−トリクロロカルバニリド、フェノキシエタノール、フェノキシプロパノール、フェノキシイソプロパノール、ドキシサイクリン、カプレオマイシン、クロルヘキシジン、クロルテトラサイクリン、オキシテトラサイクリン、クリンダマイシン、エタンブトール、イセチオン酸ヘキサミジン、メトロニダゾール、ペンタミジン、ゲンタマイシン、カナマイシン、リネオマイシン、メタサイクリン、メテナミン、ミノサイクリン、ネオマイシン [0222] Examples of antibacterial and antifungal agents article useful antibacterial and antifungal agent of the present invention, beta-lactam agents, quinolones, ciprofloxacin, norfloxacin, tetracycline, erythromycin, amikacin, 2, 4,4'-trichloro-2'-hydroxydiphenyl ether, 3,4,4'-trichlorocarbanilide, phenoxyethanol, phenoxy propanol, phenoxyisopropanol, doxycycline, capreomycin, chlorhexidine, chlortetracycline, oxytetracycline, clindamycin, ethambutol, hexamidine isethionate, metronidazole, pentamidine, gentamicin, kanamycin, neomycin Li, methacycline, methenamine, minocycline, neomycin ネチルミシン、パロモマイシン、ストレプトマイシン、トブラマイシン、ミコナゾール、塩酸テトラサイクリン、エリスロマイシン、亜鉛エリスロマイシン、エリスロマイシンエストレート、ステアリン酸エリスロマイシン、硫酸アミカシン、塩酸ドキシサイクリン、硫酸カプレオマイシン、グルコン酸クロルヘキシジン、塩酸クロルヘキシジン、塩酸クロルテトラサイクリン、塩酸オキシテトラサイクリン、塩酸クリンダマイシン、塩酸エタンブトール、塩酸メトロニダゾール、塩酸ペンタミジン、硫酸ゲンタマイシン、硫酸カナマイシン、塩酸リネオマイシン、 Netilmicin, paromomycin, streptomycin, tobramycin, miconazole, tetracycline hydrochloride, erythromycin, zinc erythromycin, erythromycin estolate, erythromycin stearate, amikacin sulfate, doxycycline hydrochloride, capreomycin sulfate, chlorhexidine gluconate, chlorhexidine hydrochloride, chlortetracycline hydrochloride, oxytetracycline , clindamycin hydrochloride, ethambutol hydrochloride, metronidazole hydrochloride, pentamidine hydrochloride, gentamicin sulfate, kanamycin sulfate, hydrochloric Li neomycin,
塩酸メタサイクリン、ヒプル酸メテナミン、マンデル酸メテナミン、塩酸ミノサイクリン、硫酸ネオマイシン、硫酸ネチルミシン、硫酸パロモマイシン、硫酸ストレプトマイシン、硫酸トブラマイシン、塩酸ミコナゾール、塩酸アマンファジン、硫酸アマンファジン、オクトピロックス、パラクロロメタキシレノール、ナイスタチン、トルナフテート、亜鉛ピリチオン及びクロトリマゾールが挙げられるが、これに限定されない。 Hydrochloric methacycline, methenamine hippurate, methenamine mandelate, minocycline hydrochloride, neomycin sulfate, netilmicin sulfate, paromomycin sulfate, streptomycin sulfate, tobramycin sulfate, miconazole hydrochloride, hydrochloric amanfadine, sulfuric amanfadine, octopirox, parachlorometaxylenol, nystatin, tolnaftate, zinc pyrithione and clotrimazole but are not limited thereto. 【0223】 抗ウイルス剤本発明の物品は、更に1以上の抗ウイルス剤を含んでもよい。 [0223] The article of the present invention is an anti-viral agent, may further comprise one or more antiviral agents. 好適な抗ウイルス剤としては、金属塩(例えば、硝酸銀、硫酸銅、塩化鉄等)及び有機酸(例えば、リンゴ酸、サリチル酸、コハク酸、安息香酸等)が挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable antiviral agents, metal salts (e.g., silver nitrate, copper sulfate, iron chloride, etc.) and organic acids (e.g., malic acid, salicylic acid, succinic acid, benzoic acid) include, but are not limited to. 追加の好適な抗ウイルス剤を含有する特定の組成物には、それぞれ1999年10月19日に出願された米国特許同時係属出願出願番号第09/ Additional Specific compositions containing a suitable antiviral agent, U.S. Patent co filed respectively on October 19, 1999 pending application Serial No. 09 /
421,084号(ベアーズ(Beerse)ら);同第09/421,131号(ビーダーマン(Biedermann)ら);同09/420,646号(モーガン(Morgan No. 421,084 (Bears (Beerse) et al); the No. 09 / 421,131 (Biedermann (Biedermann) et al); the 09 / No. 420,646 (Morgan (Morgan
)ら);及び同第09/421,179号(ページ(Page)ら)に記載されるものが挙げられる。 ) Et al); and include those described in the No. 09 / 421,179 (page (Page) et al). 酵素 【0224】 本発明の物品は、任意に1以上の酵素を含んでもよい。 The article of the enzyme [0224] The present invention may comprise one or more enzymes optionally. 好ましくは、このような酵素は皮膚科学的に許容され得る。 Preferably, such enzymes may be dermatologically acceptable. 好適な酵素としては、ケラチナーゼ、プロテアーゼ、アミラーゼ、サブチリシン、その他のペプチド等が挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable enzymes, keratinase, protease, amylase, subtilisin, although other peptides, and the like, without limitation. 【0225】 これに限定されるものではないが、ジ−、トリ−、テトラ−、及びペンタペプチド及びそれらの誘導体等のペプチドは、本発明の構成成分に安全かつ有効な量で包含されてもよい。 [0225] Without being limited thereto, di -, tri -, tetra -, and peptides such as pentapeptides and derivatives thereof, the components of the present invention be included in a safe and effective amount good. 本明細書で使用する時、「ペプチド」と言う用語は、天然に存在するペプチド及び合成ペプチドの両方を意味する。 As used herein, the term "peptide" refers to both peptides and synthetic peptides exist in nature. また、本明細書で有用なのは、ペプチドを含有する天然に存在する及び市販されている組成物である。 Also useful herein are compositions that are present and the commercially available naturally containing peptides. 【0226】 本明細書で使用するのに好適なジペプチドとしてはカルノシン(Carnosine、 [0226] Suitable dipeptides for use herein carnosine (Carnosine,
ベータ−ala−his)が挙げられる。 Beta -ala-his), and the like. 本明細書で使用するのに好適なトリペプチドは、gly−his−lys、arg−lys−arg、his−gly Suitable tripeptides for use herein include, gly-his-lys, arg-lys-arg, his-gly
−glyが挙げられる。 -gly and the like. 本好ましいトリペプチド及びそれの誘導体としては、パルミトイル−gly−his−lys、バイオペプチドCL(登録商標、パルミトイル−gly−his−lys100ppm)としてセデルマ(Sederma、フランス)から購入しても良い;ペプチドCK(arg−lys−arg);ペプチドCK+(ac−arg−lys−arg−NH 2 );及びシグマ(Sigma、米国ミズーリ州セントルイス)からイアミンとして市販されているhis−gly The present preferred tripeptides and derivatives thereof, palmitoyl -gly-his-lys, Biopeptide CL (TM, palmitoyl -gly-his-lys100ppm) as Sederuma (Sederma, France) may be purchased from, peptide CK (arg-lys-arg); peptide CK + (ac-arg-lys -arg-NH 2); and Sigma (Sigma, St. Louis, MO), commercially available as Iamin from his--gly
−glyの銅誘導体等が挙げられる。 Copper derivatives of -gly like. 本発明への使用に好適なテトラペプチドには、ペプチドE、arg−ser−arg−lys(配列番号:1)が含まれる。 Suitable tetrapeptides for use in the present invention, peptide E, arg-ser-arg-lys (SEQ ID NO: 1) contains. 本発明の使用に好適なペンタペプチドには、lys−thr−thr−lys Suitable pentapeptides for use in the present invention, lys-thr-thr-lys
−serが含まれる。 -ser are included. 市販されている好ましいペンタペプチド誘導体組成物はマトリキシル(Matrixyl、登録商標)で、これはパルミトイル−lys−thr− Preferred pentapeptide derivative composition is commercially available Matrixyl (Matrixyl, registered trademark) in which the palmitoyl -lys-Thr-
thr−lys−ser100ppm(配列番号2、セデルマ(Sederma、フランス)より市販されている)を含んでいる。 thr-lys-ser100ppm contains (SEQ ID NO: 2, Sederuma (Sederma, commercially available from France)). 【0227】 好ましくは、ペプチドはパルミトイル−lys−thr−thr−lys−s [0227] Preferably, the peptide palmitoyl -lys-thr-thr-lys-s
er、パルミトイル−gly‐his‐lys,ベータ−ala−his、それらの誘導体、及びそれらの組み合わせから選択される。 er, palmitoyl -gly-his-lys, beta-ala-his-, derivatives thereof, and combinations thereof. ペプチドはより好ましくはパルミトイル−lys−thr−thr−lys−ser、パルミトイル−g Peptide more preferably palmitoyl -lys-thr-thr-lys-ser, palmitoyl -g
ly−his−lys、それらの誘導体、及びそれらの組み合わせから選択される。 ly-his-lys, their derivatives, and combinations thereof. 更により好ましくは、ペプチドはパルミトイル−lys−thr−thr− Even more preferably, the peptide palmitoyl -lys-thr-thr-
lys−ser及びそれの誘導体から選択される。 It is selected from lys-ser and derivatives thereof. 【0228】 本発明の構成成分に含有される時、ペプチドは構成成分の質量が、好ましくは約1×10 -6 %〜約10%、より好ましくは約1×10 -6 %〜約0.1%、更により好ましくは約1×10 -5 %〜約0.01%の量で包含される。 [0228] When contained in the components of the present invention, the peptide is the mass of the constituent components, preferably about 1 × 10 -6% ~ about 10%, more preferably about 1 × 10 -6% ~ about 0. 1%, is still more preferably include about 1 × 10 -5% ~ about 0.01% of the amount. 上記ペプチドが、カルノシン(登録商標)である特定の成分では、成分は好ましくはその成分の約0.1〜約5質量%であるようなペプチドを含有する。 The peptide is, in certain component is carnosine (registered trademark), the component preferably contains a peptide as from about 0.1 to about 5 weight percent of that component. マトリキシル(Matr Matrixyl (Matr
ixyl、登録商標)、及び/又はバイオペプチドCL(Biopeptide、登録商標)が包含される他のペプチド含有成分の例では、成分は好ましくは成分質量の約0. Ixyl, R), and / or Biopeptide CL (Biopeptide, in the example of other peptides containing component registered trademark) and the like, the components are preferably about the component mass 0.
1〜約10%のマトリキシル(登録商標)、及び/又はバイオペプチドCL(登録商標)を含有する。 1 to about 10% of the Matrixyl (TM), and / or containing Biopeptide CL (R). 【0229】 日焼け止め活性剤本発明においては、日焼け止め剤も有用である。 [0229] In sunscreen actives present invention are also useful sunscreens. 多種多様な日焼け止め剤が、 A wide variety of sunscreen,
米国特許第5,087,445号(1992年2月11日発行、ハフィ(Haffey US Patent No. 5,087,445 (February 11, 1992 issue, Hafi (Haffey
)ら);米国特許第5,073,372号(1991年12月17日発行、ターナー(Turner)ら);米国特許第5,073,371号(1991年12月17 ) Et al.); Issued US Patent No. 5,073,372 (December 17, 1991, Turner (Turner), et al.); US Pat. No. 5,073,371 (December 1991 17
日発行、ターナー(Turner)ら);及びセガリン(Segarin)ら著、「化粧品の科学及び技術(Cosmetics Science and Technology)」の第VIII章の189 Day issue, Turner (Turner) et al.); And Segarin (Segarin) et al., Of Chapter VIII of the "cosmetic science and technology (Cosmetics Science and Technology)" 189
ページ以下参照に記載されており、全てそれら全体を参考として本明細書に組み入れる。 Pages are described in the reference below, incorporated herein all their entirety by reference. 本発明の組成物において有用な日焼け止め剤の非限定的な例には、2− Non-limiting examples of useful sunscreens in the compositions of the present invention, 2-
エチルヘキシルp−メトキシ桂皮酸エステル、2−エチルヘキシルN,N−ジメチルーp−アミノ安息香酸エステル、p−アミノ安息香酸、2−フェニルベンズイミダゾール−5−スルホン酸、オクトクリレン、オキシベンゼン、ホモメチルサリチル酸、サリチル酸オクチル、4,4'−メトキシ−t−ブチルジベンゾイルメタン、4−イソプロピルジベンゾイルメタン、3−ベンジリデンカンファー、3−(4−メチルベンジリデン)カンファー、二酸化チタン、酸化亜鉛、シリカ、酸化鉄、及びそれらの混合物より成る群から選択されるものがある。 Ethylhexyl p- methoxycinnamate, 2-ethylhexyl N, N-dimethyl-p- aminobenzoate, p- aminobenzoic acid, 2-phenylbenzimidazole-5-sulfonic acid, octocrylene, oxybenzene, homo methyl salicylate, salicylic acid octyl, 4,4'-methoxy -t- butyl dibenzoylmethane, 4-isopropyl dibenzoylmethane, 3-benzylidene camphor, 3- (4-methylbenzylidene) camphor, titanium dioxide, zinc oxide, silica, iron oxide, and those selected from the group consisting of mixtures thereof. なおその他の有用な日焼け止め剤は、1990年6月26日発行のサバテリ(Sabatell Still other useful sunscreens, Sabateri issued June 26, 1990 (Sabatell
i)の米国特許第4,937,370号及び1991年3月12日発行のサバテリ(Sabatelli)らの米国特許第4,999,186号に開示されているものであり、これら2つの参考文献は全て参考として本明細書に組み入れる。 Are those disclosed in U.S. Patent No. 4,999,186 of issued U.S. Patent 4,937,370 No. and March 12, 1991 Sabateri (Sabatelli) et i), these two references incorporated herein as all the reference. このような日焼け止め剤の特に好ましい例としては、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノンの4−N,N−(2−エチルヘキシル)メチルアミノ安息香酸エステル、4− Such Particularly preferred examples of sunscreens, 2,4 4-N dihydroxy benzophenone, N-(2-ethylhexyl) methyl-aminobenzoic acid ester, 4-
ヒドロキシジベンゾイルメタンとの4−N,N−(2−エチルヘキシル)メチルアミノ安息香酸エステル、2−ヒドロキシ−4−(2−ヒドロキシエトキシ)ベンゾフェノンの4−N,N−(2−エチルヘキシル)メチルアミノ安息香酸エステル、4−(2−ヒドロキシエトキシ)ジベンゾイルメタンの4−N,N−(2 4-N of a hydroxy dibenzoylmethane, N-(2-ethylhexyl) methyl-aminobenzoic acid ester, 2-hydroxy-4- (2-hydroxyethoxy) 4-N benzophenone, N-(2-ethylhexyl) methylamino benzoic acid ester, 4- (2-hydroxyethoxy) dibenzoylmethane 4-N, N- (2
−エチルヘキシル)メチルアミノ安息香酸エステル、及びそれらの混合物より成る群から選択されるものが挙げられる。 - ethylhexyl) methyl-aminobenzoic acid ester, and those selected from the group consisting of mixtures thereof. 用いることのできる日焼け止め剤の正確な量は、選んだ日焼け止め剤と達成する所望の太陽光線保護指数(SPF)に依存して変化する。 The exact amount of sunscreen may be used will vary depending upon the desired Sun Protection Factor to achieve the chosen sunscreen (SPF). SPFは、紅斑に対する日焼け止め剤の一般に用いられる光防護指標である。 SPF is a photoprotective index commonly used sunscreen against erythema. 本明細書では参考としてその全てを引用する連邦官報(43巻、 Federal Register (Vol. 43, quoting in its entirety by reference herein,
NO. NO. 166、38206〜38269ページ、1978年8月25日)を参照のこと。 166,38206~38269 page, August 25, 1978) See. 【0230】 ヒドロコロイドヒドロコロイドもまた、本発明の物品に任意に含まれてもよい。 [0230] Hydrocolloids Hydrocolloids may also be optionally included in the articles of the present invention. ヒドロコロイドは当技術分野で周知であり、本物品が少なくとも1回の完全なシャワー又は入浴の間持続するように、本発明のクレンジング成分に含まれる界面活性剤の有用期間を延長するのに有効である。 Hydrocolloids are well known in the art, as the article persists for at least one complete shower or bath, effective in prolonging the useful duration of the surfactant contained in the cleansing component of the present invention it is. 好適なヒドロコロイドとしては、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシルプロピルセルロース、メチル及びエチルセルロース、天然ゴム、ガドラス(gudr Suitable hydrocolloids, xanthan gum, carboxymethyl cellulose, hydroxyethyl cellulose, hydroxyl propyl cellulose, methyl and ethyl cellulose, natural rubber, Gadorasu (Gudr
as)グアーゴム、ビーン(bean)ゴム、天然デンプン、脱イオン化デンプン(例えば、デンプンオクチルコハク酸)等が挙げられるが、これらに限定されない。 as) guar gum, bean (bean) rubber, natural starch, deionized starches (e.g., although starch octyl succinic acid) and the like, without limitation. 【0231】 発熱性ゼオライト水と混合すると発熱反応するゼオライト及びその他の化合物もまた、本発明の物品に任意に含まれてもよい。 [0231] zeolite and other compounds to exothermic reaction when mixed with exothermic zeolite water may also be optionally included in the articles of the present invention. 【0232】 油溶性ポリマーゲル化剤本発明の物品は好ましくは、油溶性であり、且つ治療有益成分の疎水性材料( [0232] The article of the oil-soluble polymeric gelling agent present invention preferably are oil soluble, and therapeutic benefit component of the hydrophobic material (
例えば、油)と共にゲルを形成する、1以上のポリマー材料を含む。 For example, to form a gel with oil), comprises one or more polymeric materials. かかるポリマーは、このような材料を構造化し、結果として改善された安定性及び剪断耐性と共に柔軟なゲルを生じるために有益である。 Such polymers, such materials structured is beneficial to produce a flexible gel with improved stability and shear resistance as a result. 【0233】 疎水性ゲルが存在する場合、本物品は好ましくは、ポリマーゲル化剤の乾燥質量に基づいて算出される、基材シートの約0.05質量%〜約100質量%、さらに好ましくは約0.1質量%〜約20質量%、及び最も好ましくは約1質量% [0233] When the hydrophobic gel is present, the article preferably is calculated based on the dry weight of the polymeric gelling agent, from about 0.05% to about 100% by weight of the base sheet, more preferably about 0.1 wt% to about 20 wt%, and most preferably from about 1 wt%
〜約10質量%の油溶性ポリマーゲル化剤を含む。 To about 10% by weight including the oil-soluble polymeric gelling agent. 【0234】 特に好適なのは、軟化点<160℃で少なくとも部分的に架橋した油溶性高分子物質である。 [0234] Particularly preferred is an oil-soluble polymeric material that is at least partially crosslinked with a softening point <160 ° C.. 好適な物質は、PE(ポリエチレン)、PVA(ポリビニルアルコール)及び誘導体、PVP(ポリビニルピロリドン)及び誘導体、PVP/アルケンコポリマー、PVP/VAコポリマー、PVM/MA(メチルビニルエーテル/無水マレイン酸)コポリマー及びそのエステル並びにエーテル、特にポリ(アルキルビニルエーテル−コ−無水マレイン酸)コポリマー、エチレン/VA Suitable materials are, PE (polyethylene), PVA (polyvinyl alcohol) and derivatives, PVP (polyvinyl pyrrolidone) and derivatives, PVP / alkene copolymers, PVP / VA copolymers, PVM / MA (methyl vinyl ether / maleic anhydride) copolymers and their esters and ethers, particularly poly (alkyl vinyl ether - co - maleic anhydride) copolymers, ethylene / VA
コポリマー、スチレン/イソプレン、スチレン/エチレン/ブチレン、スチレン/エチレン/プロピレン、スチレン/エチレン/ブチル/スチレン及びスチレン/ブタジエンコポリマーの化学物質群によってもたらされる。 Copolymers, styrene / isoprene, provided by styrene / ethylene / butylene, styrene / ethylene / propylene, chemical groups styrene / ethylene / butyl / styrene and styrene / butadiene copolymers. 好適な物質は、例えばデュポン(ELVAX(登録商標)型)、BASF(LUVISKOL(登録商標)型)、シェル(KRATON(登録商標)ポリマー)及びISP(PV Suitable substances are, for example, DuPont (ELVAX (registered trademark) type), BASF (LUVISKOL (R) type), the shell (KRATON (R) polymers) and ISP (PV
P、GANTREZ(登録商標)及びGANEX(登録商標)型)から入手可能である。 P, available from GANTREZ (R) and GANEX (TM) type). 【0235】 ヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤本発明の特定の実施態様では、本物品は、ヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤及び水より形成される水性ゲル、即ち「ヒドロゲル」を任意に含んでもよい。 [0235] In certain embodiments of the hydrogel forming polymeric gelling agent present invention, the article may be an aqueous gel formed from hydrogel forming polymeric gelling agent and water, i.e. a "hydrogel" may optionally contain. 更に具体的には、ヒドロゲルは、本物品のクレンジング成分又は治療有益成分の中に含有される。 More specifically, the hydrogel is contained within the cleansing component or the therapeutic benefit component of the article. 水性ゲルが存在する場合、本物品は、水不溶性基材の質量に対して、ヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤を、乾燥質量換算で好ましくは約0.1 If the aqueous gel is present, the article is the mass of the water-insoluble substrate, a hydrogel forming polymeric gelling agent, preferably about a dry mass conversion 0.1
質量%〜約100質量%、更に好ましくは約3質量%〜約50質量%、最も好ましくは約5質量%〜約35質量%含む。 % To about 100% by weight, more preferably from about 3% to about 50 wt%, and most preferably from about 5% to about 35 wt%. 【0236】 一般に、本発明のヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤物質は、水溶性又は加水分解に際して水溶性になる、重合可能な不飽和酸含有モノマーより調製される、 [0236] Generally, hydrogel forming polymers gelling agent materials of the present invention will become water-soluble upon water-soluble or hydrolysis, are prepared from polymerizable unsaturated acid-containing monomers,
少なくとも部分的には架橋したポリマーである。 It is at least partially crosslinked polymer. これらの物質としては、少なくとも1つの炭素−炭素オレフィン性二重結合を含むオレフィンによる不飽和酸及び無水物等の(これらに限定されないが)、少なくとも1つの親水性基を有するモノエチレン性不飽和化合物が挙げられる。 These substances, at least one carbon - such as unsaturated acids and anhydrides with olefins containing carbon olefinic double bond (including but not limited to), monoethylenically unsaturated having at least one hydrophilic group compounds. これらのモノマーに関しては、水溶性とは、モノマーが25℃の脱イオン水に、少なくとも0.2%程度、好ましくは少なくとも1.0%程度溶解することを意味する。 For these monomers, the water-soluble, deionized water monomer 25 ° C., at least 0.2%, preferably about refers to the lysis of at least about 1.0%. 【0237】 重合に際し、上述したようなモノマー単位は、一般に、酸含有モノマーのポリマーゲル化剤物質(乾燥ポリマー質量基準)の、約25モル%〜99.99モル%、更に好ましくは約50モル%〜99.99モル%、最も好ましくは少なくとも約75モル%を構成する。 [0237] Upon polymerization, monomeric units as described above, generally, the acid-containing monomer polymer gelling agent material (dry polymer weight basis), about 25 mol% to 99.99 mol%, more preferably about 50 mole % 99.99 mol%, and most preferably at least about 75 mole%. 【0238】 本発明におけるヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、好ましくは得られるポリマーが約140℃未満でガラス転移温度(Tg)を示さないような充分な程度に部分的に架橋しており、したがって、本明細書で用いられる「ヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤」という用語は、このパラメータに適合するポリマーを意味する。 [0238] The hydrogel forming polymeric gelling agents in the present invention is preferably partially crosslinked to a sufficient extent that the resulting polymer does not exhibit a glass transition temperature (Tg) of less than about 140 ° C., thus the term "hydrogel forming polymeric gelling agent," as used herein, means compatible polymers for this parameter. 好ましくは、ヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、Tgが約180℃未満ではなく、更に好ましくは、約300℃以上の温度において、Tgはポリマーの分解に先立たない。 Preferably, the hydrogel-forming polymer gelling agents, Tg is not less than about 180 ° C., more preferably, at about 300 ° C. or higher temperatures, Tg is not bereaved degradation of the polymer. Tgは、5mg以下のサンプルを用い、20.0℃/分の加熱速度で実施される、示差走査熱量測定(DSC)によって測定することができる。 Tg is using the following sample 5 mg, carried out at a 20.0 ° C. / min heating rate, can be measured by differential scanning calorimetry (DSC). Tgは、DSC熱容量曲線上のガラス転移に対応する熱流変化の開始及び終了の中点として算出される。 Tg is calculated as the start and end of the mid-point in the heat flow change corresponding to the glass transition on the DSC heat capacity curve. Tgを決定するためのDSCの使用は当業者に周知であり、B. The use of DSC to determine Tg is well known in the art, B. カッセル(Cassel)及びM. Cassel (Cassel) and M. P. P. ディビド(DiVito)により「正確な熱力学及び動力学データを入手するためのDSCの利用」(Use of DSC To Dibido "Use of DSC to obtain accurate thermodynamic and kinetic data" by (DiVito) (Use of DSC To
Obtain Accurate Thermodynamic and Kinetic Data)の中でアメリカン・ラボラトリー・ジャーナルの1994年版1月号14〜19ページにて、及びB. At Obtain Accurate Thermodynamic and Kinetic Data) American Laboratory journal of the 1994 version January 14 to 19 pages in, and B. ワンダーリッチ(Wunderlich)によって「熱解析(Thermal Analysis)」(アカデミック・プレス社、1990年)の中に記載されている。 Wonder by rich (Wunderlich) "thermal analysis (Thermal Analysis)" (Academic Press, Inc., 1990) are described in the. 【0239】 ヒドロゲル形成性ポリマー物質は、吸収性が高いことが特徴であり、吸収した状態又は「ゲル」状態で水を保持することができる。 [0239] The hydrogel-forming polymeric material, it is highly absorbing is characterized, it is possible to retain the water absorbed state or "gel" state. 本発明の好ましいヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、ゲル化剤1g当たり少なくとも約40g、好ましくは少なくとも約60g/g、更に好ましくは少なくとも約80g/gの水(脱イオン化)を吸収することができる。 Preferred hydrogel forming polymeric gelling agent of the present invention is at least about 40g per gelling agent 1g, preferably at least about 60 g / g, more preferably able to absorb water (deionized) of at least about 80 g / g . 本明細書において「吸収容量」というこれらの値は、上述の吸収容量「ティーバッグ」試験の操作に従って定量することができる。 These values ​​called "absorption capacity" herein, can be determined according to the operation of the absorption capacity "Tea Bag" test described above. 【0240】 本発明のヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、一般に、少なくとも部分的に架橋している。 [0240] The hydrogel forming polymeric gelling agent of the present invention are generally at least partially crosslinked. 好適な架橋剤は当業者に周知であり、例えば、(1)少なくとも2つの重合可能な二重結合を有する化合物;(2)少なくとも1つの重合可能な二重結合及び少なくとも1つの酸含有モノマー物質反応性官能基を有する化合物;(3)少なくとも2つの酸含有モノマー物質反応性官能基を有する化合物;及び(4)イオン性架橋を形成することができる多価金属化合物が挙げられる。 Suitable cross-linking agents are well known in the art, for example, (1) compounds having at least two polymerizable double bonds; (2) at least one polymerizable double bond and at least one acid-containing monomer material compounds having a reactive functional group; (3) compounds having at least two acid-containing monomers material reactive functional groups; and (4) polyvalent metal compounds which can form ionic cross-linking and the like. 【0241】 少なくとも2つの重合性二重結合を有する架橋剤としては、(i)ジビニルベンゼン及びジビニルトルエン等のジ−又はポリビニル化合物;(ii)例えば、 [0241] As the crosslinking agent having at least two polymerizable double bonds, (i) di, such as divinylbenzene and divinyl toluene - or polyvinyl compounds; (ii) for example,
エチレングリコール、トリメチロールプロパン、グリセリン、又はポリオキシエチレングリコールのようなポリオールのジ又はトリアクリル酸エステルを含むポリオールと、不飽和モノ又はポリカルボン酸のジ又はポリエステル;(iii) Ethylene glycol, trimethylolpropane, glycerine, or a polyol containing a di- or triacrylate ester of a polyol such as polyoxyethylene glycol, di- or polyesters of unsaturated mono- or polycarboxylic acid; (iii)
N,N−メチレンビスアクリルアミド等のビスアクリルアミド;(iv)ポリイソシアネートを水酸基含有モノマーと反応させることによって得ることができるカルバミルエステル;(v)ポリオールのジ−又はポリアリルエーテル;(vi N, N-bis acrylamide methylene bis-acrylamide; carbamyl ester (iv) the polyisocyanate can be obtained by reacting with the hydroxyl group-containing monomer; (v) polyol di- - or polyallyl ether; (vi
)フタル酸ジアリル、アジピン酸ジアリル等の、ポリカルボン酸のジ−又はポリアリルエステル;(vii)ポリエチレングリコールモノアリルエーテルのアクリル酸エステルのような、ポリオールのモノアリルエステルと、不飽和モノ又はポリカルボン酸のエステル;(viii)ジ−又はトリアリルアミンが挙げられる。 ) Diallyl phthalate, such as diallyl adipate, di polycarboxylic acids - or poly allyl ester; (vii) such as acrylic acid esters of polyethylene glycol monoallyl ether, and mono-allyl esters of polyols, unsaturated mono- or poly esters of carboxylic acids; (viii) di- - or triallyl amines. 【0242】 少なくとも1つの重合可能な二重結合及び少なくとも1つの酸含有モノマー物質反応性官能基を有する架橋剤としては、N−メチロールアクリルアミド、グリシジルアクリレート等が挙げられる。 [0242] As at least one polymerizable double bond and a crosslinking agent having at least one acid-containing monomer material reactive functional group, N- methylol acrylamide, glycidyl acrylate. 少なくとも2つの酸含有モノマー物質反応性官能基を有する好適な架橋剤としては、グリオキサール;エチレングリコール及びグリセロール等のポリオール;アルキレンジアミン(例えば、エチレンジアミン)、ポリアルキレンポリアミン、ポリエポキシド、ジ−又はポリグリシジルエーテル等のポリアミンが挙げられる。 Suitable crosslinking agent having at least two acid-containing monomers material reactive functional groups, glyoxal; polyols ethylene glycol and glycerol; alkylene diamine (such as ethylene diamine), polyalkylene polyamines, polyepoxides, di- - or polyglycidyl ether polyamines and the like. イオン性架橋を形成することができる好適な多価金属架橋剤としては、例えば、酸化カルシウム及び二酢酸亜鉛等の、アルカリ土類金属(例えば、カルシウム、マグネシウム)及び亜鉛の酸化物、水酸化物及び弱酸塩(例えば、炭酸塩、酢酸塩等)が挙げられる。 Suitable polyvalent metal cross-linking agents which can form ionic cross-linking, for example, such as calcium oxide and secondary zinc acetate, alkaline earth metal (e.g., calcium, magnesium) and oxides of zinc, hydroxides and weak acid salts (e.g., carbonate, acetate and the like). 【0243】 前述の多数の種類の架橋剤は、双方とも参考として本明細書に組み入れる米国特許第4,076,663号(1978年2月28日発行、マスダら)、及び米国特許第4,861,539号(1989年8月29日発行、アレン(Allen) [0243] Many types of crosslinking agents described above are both incorporated herein by reference U.S. Patent 4,076,663 (Feb. 28, 1978, Masuda et al.), And U.S. Patent No. 4, No. 861,539 (issued Aug. 29, 1989, Allen (Allen)
ら)にさらに詳しく記載されている。 It is further described in et al). 好ましい架橋剤としては、ポリオールの不飽和モノ−又はポリカルボン酸モノアリルエステルのジ−又はポリエステル、ビスアクリルアミド、及びジ−又はトリアリルアミンが挙げられる。 Preferred crosslinking agents, polyol unsaturated mono- - or di polycarboxylic acid monoallyl ester - or polyester, bisacrylamide and di - or tri-allyl amines. 特に好ましい架橋剤の具体例としては、N,N'−メチレンビスアクリルアミド及びトリメチロールプロパントリアクリレートが挙げられる。 Specific examples of particularly preferred crosslinking agent, N, N'-methylene bisacrylamide and trimethylol propane triacrylate. 【0244】 架橋剤は、一般には、得られるヒドロゲル形成性ポリマー物質の約0.001 [0244] crosslinking agent is from about 0.001 generally resulting hydrogel-forming polymeric material
モル%〜5モル%を構成する。 Constituting mole% to 5 mole%. より一般的には、架橋剤は、本発明において用いられるヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤の約0.01モル%〜3モル%を構成する。 More generally, the crosslinking agent comprises from about 0.01 mole% to 3 mole% of the hydrogel forming polymeric gelling agent used in the present invention. 【0245】 本発明のヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、部分的中和型で用いられてもよい。 [0245] The hydrogel forming polymeric gelling agent of the present invention may be used in a partially neutralized. 本発明の目的のため、このような物質は、ポリマーを形成するのに用いられるモノマーの少なくとも25モル%、好ましくは少なくとも50モル%が塩基で中和されている酸基含有モノマーである場合には、部分的に中和されていると考えられる。 For the purposes of the present invention, such materials, at least 25 mole percent of monomers used to form the polymer, when preferred are acid group-containing monomer at least 50 mol% neutralized with a base It is believed to be partially neutralized. 好適な中和塩基陽イオンとしては、アルカリ及びアルカリ土類金属の水酸化物(例えば、KOH、NaOH)、アンモニウム、置換アンモニウム、 Suitable neutralizing bases cations include alkali and alkaline earth metal hydroxides (e.g., KOH, NaOH), ammonium, substituted ammonium,
及びアミノアルコール(例えば、2−アミノ−2−メチル−1,3−プロパンジオール、ジエタノールアミン、及び2−アミノ−2−メチル−1−プロパノール)等のアミンが挙げられる。 And amino alcohols (e.g., 2-amino-2-methyl-1,3-propanediol, diethanolamine, and 2-amino-2-methyl-1-propanol) amine, and the like. 使用された総モノマーにおいて、中和された酸基含有モノマーのこのパーセントは本明細書では「中和度」として称される。 In total monomer used, the percentage of the neutralized acid group-containing monomers is referred to as the "degree of neutralization" as used herein. 中和度は好ましくは98%を超えない。 The degree of neutralization preferably does not exceed 98%. 【0246】 本明細書で使用するのに好適なヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は当業者に周知であり、例えば、米国特許第4,076,663号(1978年2月28日発行、マスダら);米国特許第4,062,817号(1977年12月13日発行、ウエスターマン(Westerman));米国特許第4、286、082号(1 [0246] Suitable hydrogel forming polymeric gelling agents for use herein are well known to those skilled in the art, for example, U.S. Patent 4,076,663 (Feb. 28, 1978, Masuda et al. ); (issued Dec. 13, 1977, Westerman Man (Westerman) US Patent No. 4,062,817); US Pat. No. 4,286,082 (1
981年8月25日発行、ツバキモトら);米国特許第5,061,259号( 981 years August 25 issue, Tsubakimoto et al.); US Pat. No. 5,061,259 (
1991年10月29日発行、ゴールドマン(Goldman)ら)、及び米国特許第4,654,039号(1987年3月31日発行、ブランツ(Brandt)ら)に記載されており、それぞれ、その全体を本明細書に組み入れる。 Issued Oct. 29, 1991, Goldman (Goldman) et al), and U.S. Patent No. 4,654,039 (issued March 31, 1987, Brandt (Brandt) is described in et al.), Respectively, the incorporated herein in its entirety. 【0247】 本明細書で使用するのに好適なヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、米国特許第4,731,067号(1988年3月15日発行、ルカック(Le−Khac) [0247] Suitable hydrogel forming polymeric gelling agents for use herein are described in U.S. Patent No. 4,731,067 (March 15, 1988 issued Rukakku (Le-Khac)
)、米国特許第4,743,244号(1988年5月10日発行、ルカック) ), US Patent No. 4,743,244 (issued May 10, 1988, Rukakku)
、米国特許第4,813,945号(1989年3月21日発行、ルカック)、 , US Patent No. 4,813,945 (issued March 21, 1989, Rukakku),
米国特許第4,880,868号(1989年11月14日発行、ルカック)、 US Pat. No. 4,880,868 (issued Nov. 14, 1989, Rukakku),
米国特許第4,892,533号(1990年1月9日発行、ルカック)、米国特許第5,026,784号(1991年6月25日発行、ルカック)、米国特許第5,079,306号(1992年1月7日発行、ルカック)、米国特許第5,151,465号(1992年9月29日発行、ルカック)、米国特許第4 US Pat. No. 4,892,533 (issued Jan. 9, 1990, Rukakku), US Pat. No. 5,026,784 (issued Jun. 25, 1991, Rukakku), US Patent No. 5,079,306 No. (issued Jan. 7, 1992, Rukakku), US Patent No. 5,151,465 (September 29, 1992 issue, Rukakku), US Patent No. 4
,861,539号(1989年8月29日発行、アレン(Allen)、ファーラー(Farrer)、及びフレッシャー(Flesher))、及び米国特許第4,962. , No. 861,539 (August 29, 1989 issue, Allen (Allen), Farrar (Farrer), and Fresher (Flesher)), and US Pat. No. 4,962.
172号(1990年10月9日発行、アレン(Allen)、ファーラー(Farrer 172 issue (October 9, 1990 issue, Allen (Allen), Farrar (Farrer
)、及びフレッシャー(Flesher))にも記載されており、それぞれその全体を参考として本明細書に組み入れる。 ), And it is also described in Fresher (Flesher)), respectively incorporated herein by reference in its entirety. 【0248】 粒子形態の好適なヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、米国ヴァージニア州ポーツマスのヘキスト・セレンス社(Hoechst Celanese Corporation)(サンウェット(Sanwet)(商標)超吸収ポリマー)、日本の日本触媒(アクアリック( [0248] Suitable hydrogel forming polymeric gelling agent in particulate form in the United States Virginia Portsmouth Hoechst Serensu Inc. (Hoechst Celanese Corporation) (SANWET (Sanwet) (TM) superabsorbent polymer), Japan Nippon Shokubai ( Aqua Rick (
Aqualic)(商標)、例えば、L−75、L−76)及び米国ミシガン州ミッドランド(Midland)のダウ・ケミカル社(Dow Chemical Company)(ドライ・テック(Dry Tech)(商標))より市販されている。 AQUALIC) (TM), for example, commercially available from L-75, L-76) and Midland, Mich Dow Chemical Company (Midland) (Dow Chemical Company) (Dry Tech (Dry Tech) (TM)) there. 【0249】 繊維形態のヒドロゲル形成性ポリマーゲル化剤は、米国マサチューセッツ州レオミンスター(Leominster)のキャメロット・テクノロジー社(Camelot Techno [0249] The hydrogel-forming polymer gelling agents of the fiber form, Massachusetts Leominster Camelot Technologies Inc. (Leominster) (Camelot Techno
logies Inc. logies Inc. )(ファイバーソーブ(Fibersorb)(商標)、例えば、SA72 ) (Fiber-Sorb (Fibersorb) (TM), for example, SA72
00H、SA7200M、SA7000L、SA7000、及びSA7300) 00H, SA7200M, SA7000L, SA7000, and SA7300)
より市販されている。 It is more commercially available. 【0250】 また本発明の物品は、他の親水性ゲル化剤をも含んでもよい。 [0250] The article of the present invention may also comprise other hydrophilic gelling agents. これらとしては、セルロースエーテル(例えば、ヒドロキシエチルセルロース、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース)、ポリビニルピロリドン、ポリビニルアルコール、グアーゴム、ヒドロキシプロピルグアーゴム及びキサンタンゴム等の、種々の他の水溶性又はコロイド性水溶性ポリマーのみならず、比較的架橋度の低いもの以外の、Tgが140℃未満であるような、他に上述したようなカルボン酸含有ポリマーが挙げられる。 These include cellulose ethers (e.g., hydroxyethyl cellulose, methyl cellulose, hydroxypropylmethyl cellulose), polyvinyl pyrrolidone, polyvinyl alcohol, guar gum, such as hydroxypropyl guar gum and xanthan gum, only a variety of other water-soluble or colloidal water soluble polymer Narazu, other than those having a relatively low degree of crosslinking, Tg is such that less than 140 ° C., and a carboxylate-containing polymer as described above to another. これらの追加的親水性ゲル化剤の中で好ましいものは、酸含有ポリマー、特にカルボン酸含有ポリマーである。 Preferred among these additional hydrophilic gelling agents are the acid-containing polymers, in particular carboxylic acid containing polymer. 特に好ましいものは、多価アルコール、及び任意にアクリレートエステル又は多官能ビニリデンモノマーのポリアルケニルポリエーテルと架橋したアクリル酸の水溶性ポリマーを含むものである。 Particularly preferred are those comprising a polyhydric alcohol, and water-soluble polymers optionally acrylate esters or polyalkenyl polyether crosslinked with acrylic acid polyfunctional vinylidene monomer. 【0251】 本発明で有用な好ましいコポリマーは、アクリル酸、メタクリル酸及びエタクリル酸から成る群から選択される、95〜99質量パーセントのオレフィン性不飽和のカルボキシルモノマーを含有するモノマー混合物;約1〜約3.5質量パーセントの下記式のアクリレートエステル: 【0252】 【化6】 [0251] Preferred copolymers useful in the present invention, acrylic acid is selected from the group consisting of methacrylic acid and ethacrylic acid, a monomer mixture containing 95 to 99 weight percent of the carboxyl monomer olefinically unsaturated, about 1 about 3.5 weight percent of the formula acrylate esters: [0252] embedded image 式中、Rは、10〜30の炭素原子を含有するアルキル基であり、且つR 1は、 In the formula, R is an alkyl group containing 10 to 30 carbon atoms, and R 1 is
水素、メチル又はエチル;及び親多価アルコールは少なくとも3個の炭素原子及び少なくとも3個の水酸基を含有する、分子当り1より多いアルケニルエーテル基を含有する多価アルコールの、0.1〜0.6質量パーセントの重合可能な架橋ポリアルケニルポリエーテルである。 Hydrogen, methyl or ethyl; polyhydric alcohols containing and parent polyhydric alcohol contains at least 3 carbon atoms and at least 3 hydroxyl groups, more alkenyl ether groups than the molecular per, from 0.1 to 0. 6 is a polymerizable crosslinking polyalkenyl polyether of a mass percent. 【0253】 好ましくは、これらのポリマーは、約96〜約97.9質量%のアクリル酸、 [0253] Preferably, these polymers are from about 96 to about 97.9 weight percent of acrylic acid,
及び約2.5〜約3.5質量%のアクリル酸エステルであって、アルキル基が炭素数12〜22であるものを含み、R 1はメチルであり、最も好ましくは、アクリル酸エステルはステアリルメタクリレートである。 And from about 2.5 to about 3.5 wt% of acrylic acid ester, the alkyl group includes those which are 12 to 22 carbon atoms, R 1 is methyl, most preferably the acrylate ester stearyl it is a methacrylate. 好ましくは、架橋ポリアルケニルポリエーテルモノマーの量は約0.2〜0.4質量%である。 Preferably, the amount of crosslinking polyalkenyl polyether monomer is from about 0.2 to 0.4 wt%. 好ましい架橋ポリアルケニルポリエーテルモノマーは、アリルペンタエリスリトール、トリメチロールプロパンジアリルエーテル又はアリルスクロースである。 Preferred crosslinking polyalkenyl polyether monomers are allyl pentaerythritol, trimethylolpropane diallyl ether or allyl sucrose. このようなポリマーは、米国特許第4,509,949号(1985年4月5日発行、ファン(Huang)ら)に完全に記載されており、この特許を参考として本明細書に組み入れる。 Such polymers (issued Apr. 5, 1985, the fan (Huang) et al) U.S. Pat. No. 4,509,949 are fully described in, incorporated herein by this patent by reference. 【0254】 本発明において有用なその他の好ましいコポリマーは、少なくとも2つのモノマー成分を含むポリマーであり、一方はモノマーのオレフィン性不飽和カルボン酸であり、他方は多価アルコールのポリアルケニル、ポリエーテルである。 [0254] Other preferred copolymers useful in the present invention is a polymer comprising at least two monomer components, one is olefinically unsaturated carboxylic acid monomers, other polyhydric alcohols polyalkenyl, polyether is there. 追加的モノマー物質は、所望により、主たる割合でモノマー混合物中に存在していてもよい。 Additional monomeric materials may optionally be present in the monomer mixture in the primary rate. 【0255】 これらのカルボン酸ポリマーの製造に有用な第一のモノマー成分は、少なくとも1つの活性化炭素−炭素オレフィン性二重結合、及び少なくとも1つのカルボキシル基を含む、オレフィン性不飽和カルボン酸である。 [0255] The first monomer component useful in the preparation of these carboxylic polymers are at least one activated carbon - carbon olefinic double bond and at least one carboxyl group, with olefinically unsaturated carboxylic acids is there. 好ましいカルボン酸モノマーは、以下の一般構造を有するアクリル酸である。 Preferred carboxylic acid monomers are acrylic acid having the following general structure. 【0256】 【化7】 [0256] [of 7] 式中、R 2は、水素、ハロゲン、及びジシアン基(−C=N)、一価のアルキル基、一価のアルカリール基及び一価のシクロ脂肪族基より成る群から選択される置換基である。 Wherein, R 2 is hydrogen, halogen, and cyanogen group (-C = N), monovalent alkyl group, monovalent alkaryl radicals and monovalent substituents selected from the group consisting of cycloaliphatic group it is. この部類の中で、アクリル、メタクリル、及びエタクリル酸が最も好ましい。 Of this class, acrylic, methacrylic, and ethacrylic acid are most preferred. 別の有用なカルボン酸モノマーは、無水マレイン酸又はマレイン酸である。 Another useful carboxylic monomer is maleic acid or maleic anhydride. 使用される酸の量は、約95.5〜約98.9質量%である。 The amount of acid used is from about 95.5~ about 98.9 wt%. 【0257】 これらのカルボン酸ポリマー製造に有用な第2のモノマー成分は、オレフィン性二重結合が末端メチレン基:CH 2 =C<に連結して存在するアルケニル基等のアルケニルエーテル基を、1分子当たり1より多く有するポリアルケニルポリエーテルである。 [0257] These second monomer components useful in the carboxylic acid polymer produced, olefinic double bond is terminal methylene group: a CH 2 = alkenyl ether groups such as alkenyl groups present linked to C <, 1 is a polyalkenyl polyether having more than one molecule. 【0258】 ポリマー中に存在してもよい追加的モノマー物質としては、例えば、ブタジエン、イソプレン、ジビニルベンゼン、ジビニルナフタレン、アリルアクリレート等の、少なくとも2つの末端CH 2基を含む多官能ビニリデンモノマーが挙げられる。 [0258] The additional monomeric materials which may be present in the polymer, for example, include butadiene, isoprene, divinyl benzene, divinyl naphthalene, such as allyl acrylate, polyfunctional vinylidene monomer containing at least 2 terminal CH 2 group It is. これらのポリマーは、1957年7月2日発行のブラウン(Brown)の米国特許第2,798,053号に完全に記載されており、これは全て参考として本明細書に組み入れる。 These polymers are fully described in U.S. Pat. No. 2,798,053 of Brown, issued July 2, 1957 (Brown), which is incorporated herein all reference. 【0259】 本発明において有用なカルボン酸コポリマーの例としては、カルボマー934 [0259] Examples of useful carboxylic acid copolymer in the present invention include carbomer 934
、カルボマー941、カルボマー950、カルボマー951、カルボマー954 , Carbomer 941, carbomer 950, carbomer 951, carbomer 954
、カルボマー980、カルボマー981、カルボマー1342、アクリレート/ , Carbomer 980, carbomer 981, carbomer 1342, acrylate /
C10−30アルキルアクリレート架橋ポリマー(それぞれB.F.グッドリッチ(Goodrich)より、カルボポール934、カルボポール941、カルボポール950、カルボポール951、カルボポール954、カルボポール980、カルボポール981、カルボポール1342、及びペミュレン(Pemulen)シリーズとして入手可能)が挙げられる。 From C10-30 alkyl acrylate cross polymers (respectively B.F. Goodrich (Goodrich), Carbopol 934, Carbopol 941, Carbopol 950, Carbopol 951, Carbopol 954, Carbopol 980, Carbopol 981, Carbopol 1342, and Pemulen (Pemulen) available as series) and the like. 【0260】 本発明で有用なその他のカルボン酸コポリマーには、登録商標ホスタセレン( [0260] Other carboxylic acid copolymers useful in the present invention, R Hosutaseren (
Hostaceren)PN73のもとでヘキスト・セラニーズ・コーポレーション(Hoec Hostaceren) PN73 original with Hoechst Celanese Corporation (Hoec
hst Celanese Corporation)から販売されているアクリル酸/アクリルアミドコポリマーのナトリウム塩が挙げられる。 hst Celanese Corporation) include sodium salts of acrylic acid / acrylamide copolymers sold by. また、登録商標HYPANヒドロゲルのもとでリポケミカル社(Lipo Chemicals Inc.)から販売されているヒドロゲルポリマーも挙げられる。 Further, the hydrogel polymers sold under the registered trademark HYPAN hydrogels Lipo Chemical Company from (Lipo Chemicals Inc.) may also be mentioned. これらのヒドロゲルは、カルボキシル、アミド、及びアミジン等の種々の他のペンダント基を有するC−C主鎖上の硝酸塩の結晶性プリック(plicks)より成る。 These hydrogels, carboxyl, amides, and consisting of C-C backbone on nitrate crystalline prick (plicks) with various other pendant groups amidine. 一例としては、リポ・ケミカル社(Lipo Chemicals I As an example, Lipo Chemical Company (Lipo Chemicals I
nc.)より入手可能なポリマー粉末である、ハイパン(HYPAN)SA100Hが挙げられる。 nc. is a polymer powder available from) include Haipan (HYPAN) SA100H. 【0261】 これらのポリマーの酸性基を中和するのに用いる中和剤としては、前述のものが挙げられる。 [0261] as a neutralizing agent used to neutralize the acidic groups of these polymers include those previously described. 【0262】 高展性油本発明の物品の有益成分におけるもう1つの任意成分は、「高展性油」である。 [0262] Another optional component in the benefit component of the article of high malleability oil present invention is a "high malleable oil". ビタミンB 3化合物が有益成分に包含される場合、この高展性油が包含されることが特に好ましい。 If vitamin B 3 compound is included in the benefit agent, it is particularly preferable that the high malleability oil and the like. 本発明の非常に好ましいコンディショニング成分はさらに3〜10%、好ましくは約3〜約8%、より好ましくは約4〜約6%の次のものから選択される高展性油を包含する。 A highly preferred conditioning component of the present invention is further 3-10%, preferably include from about 3 to about 8%, high malleability oil and more preferably selected from those of about 4 to about 6 percent below. 【0263】 i)質量平均分子量が約100〜約1000の分枝鎖炭化水素及び ii)式Iの液体エステル皮膚軟化剤 【0264】 【化8】 [0263] i) a liquid ester emollient mass branched average molecular weight of about 100 to about 1000 hydrocarbons and ii) Formula I [0264] embedded image 式中、R 1はH又はCH 3から選択され、R 2 、R 3 、R 4はそれぞれ独立してC 1 In the formula, R 1 is selected from H or CH 3, R 2, R 3 , R 4 is C 1 ~ independently
20直鎖又は分岐鎖アルキルから選択され、そして、xは1〜20の整数である。 C 20 is selected from a straight or branched chain alkyl, and, x is an integer from 1 to 20. これらの高展性油はビタミンB 3化合物を皮膚に分配するのに有用である。 These high malleability oils useful vitamin B 3 compounds to dispense the skin. 【0265】 分枝鎖炭化水素の好適な例としてはイソドデカン、イソヘキサデカン及びイソエイコサンが挙げられる。 [0265] Suitable examples of branched chain hydrocarbons isododecane, isohexadecane and isoeicosane. 好ましくはイソヘキサデカンである。 Preferably isohexadecane. ポリ(アルファオレフィン)抗粘着剤が本明細書においてさらに以下に詳細に記載されており、 Poly (alpha-olefin) antiadherent is described in detail further herein below,
それは一般的には分枝鎖炭化水素である。 It is generally a branched hydrocarbon. これらの抗粘着剤が使用されるとき、 When these anti-tacking agent is used,
それらの量は前記の高展性油の濃度に含まれるものとみなされる。 These amounts are considered to be included in the concentration of the high malleability oil of the. 【0266】 上記式Iの好適なエステル皮膚軟化物質には、メチルイソステアレート、イソステアリン酸イソプロピル、イソステアリルネオペンタノエート、イソノニルイソノナノエート、イソデシルオクタノエート、イソデシルイソノナノエート、トリデシルイソノナノエート、ミリスチルオクタノエート、オクチルペラーゴネート、オクチルイソノナノエート、ミリスチルミリステート、ミリスチルネオペンタノエート、イソステアリルネオペンタノエート、ミリスチルオクタノエート、 [0266] Suitable esters emollient materials of Formula I, methyl isostearate, isopropyl isostearate, isostearyl neopentanoate, isononyl isononanoate, isodecyl octanoate, isodecyl isononanoate, tridecyl isononanoate, myristyl octanoate, octyl Bae Lago sulfonates, octyl isononanoate, myristyl myristate, myristyl neopentanoate, isostearyl neopentanoate, myristyl octanoate,
ミリスチルプロピオネート、イソプロピルミリステレート及びそれらの混合物が挙げられる。 Myristyl propionate, isopropyl myristate stearate rate and mixtures thereof. 本明細書の使用に好ましいエステル皮膚軟化剤は、イソノニルイソノナノエート、イソステアリルネオペンタノエート、イソステアリン酸メチル、 Preferred esters emollients for use herein are isononyl isononanoate, isostearyl neopentanoate, methyl isostearate,
イソステアリン酸イソプロピル、ステアリン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル及びこれらの混合物である。 Isopropyl isostearate, isopropyl stearate, isopropyl myristate and mixtures thereof. 【0267】 本明細書の使用にとりわけ好ましい高展性油は、イソヘキサデカン、イソノニルイソノナノエート、イソステアリン酸メチル、イソステアリン酸イソプロピル、又はそれらの混合物である。 [0267] Especially preferred high malleability oil for use herein are isohexadecane, isononyl isononanoate, methyl isostearate, isopropyl isostearate, or mixtures thereof. 本明細書の使用にさらにより好ましいのはイソヘキサデカン及びイソステアリン酸イソプロピルを含む高展性油の混合物である。 Preferred even more for use herein is a mixture of high malleable oil containing isohexadecane and isopropyl isostearate.
本発明の組成物が高濃度のグリセリンを含む場合、この様な混合物はとりわけ好ましい。 When the compositions of the present invention contains a high concentration of glycerin, such mixtures are particularly preferred. エステル皮膚軟化物質は、好ましくは組成物に、組成物の質量の約0. Ester emollient material is preferably in the composition, about the weight of the composition 0.
1〜約10%、好ましくは約0.1〜約8%、とりわけ好ましくは約0.5〜約5%の濃度で存在する。 1 to about 10%, preferably from about 0.1 to about 8%, especially preferably in a concentration from about 0.5 to about 5%. 【0268】 抗粘着剤ビタミンB 3化合物が同様に存在する場合、本発明の有益成分において1以上の抗粘着剤を包含することが好ましいかかる有益成分は、約0.3〜約4%、好ましくは約0.5〜約2.5%、さらにより好ましくは約1〜約2%の分子量約2 [0268] If the anti-adhesive vitamin B 3 compounds are present as well, one or more of such benefit agents it is preferred to include an anti-adhesive in the beneficial components of the present invention is from about 0.3 to about 4%, preferably from about 0.5 to about 2.5%, even more preferably from about 1 to about 2% of the molecular weight of about 2
60〜約1000を有するポリ(アルファオレフィン)から選択される抗粘着剤及びワセリン、セチルリシノレート及びラノリンから選択される閉塞剤を含む。 Anti-adherents and petrolatum are selected from poly (alpha-olefins) having 60 to about 1000, including an occlusion agent selected from cetyl ricinoleate and lanolin.
理論によって限定されないで、ポリ(アルファオレフィン)抗粘着剤と、閉塞性抗粘着剤とは異なった機構によって作用することは明らかであるにもかかわらず、両方とも高濃度のビタミンB 3化合物に密接に関連する皮膚のべたつき感を軽減するのに効果的である。 Without being limited by theory, the poly (alpha-olefin) anti-adherents, closely obstructive anti-adherents it is apparent that act by different mechanisms and even though both the high concentration of vitamin B 3 compounds it is effective to reduce the stickiness of the skin associated with. 抗粘着剤の混合物が除外されるものではないが、抗粘着剤が2種のうちの1種から選択された時、より良い効果が得られる。 Although not a mixture of anti-adhesives is excluded, when the anti-adhesive agent is selected from one of the two, a better effect can be obtained. 【0269】 前記のような好適なポリ(アルファオレフィン)類は、約6〜約14の炭素原子、好ましくは約6〜約12の炭素原子、特に約8〜約12炭素原子を有する1 [0269] Suitable poly (alpha-olefins) such as described above, from about 6 to about 14 carbon atoms, 1 preferably having from about 6 to about 12 carbon atoms, in particular from about 8 to about 12 carbon atoms
−アルケンモノマーから誘導することができる。 - it can be derived from an alkene monomer. 本明細書で有用なポリ(アルファオレフィン)類は好ましくは水素添加ポリ(アルファオレフィン)オリゴマー類である。 Useful poly (alpha-olefins) herein is preferably a hydrogenated poly (alpha-olefin) oligomers. 本明細書においてポリアルファオレフィンオリゴマー類を調製するのに有用な1−アルケンモノマーの例には、1−ヘキセン、1−オクテン、1−デセン、1−ドデセン、1−テトラデセン、4−メチル−1−ペンテンのような分枝鎖異性体、及びそれらの組合せが挙げられる。 Examples of useful 1-alkene monomers for preparing the polyalphaolefin oligomers herein are 1-hexene, 1-octene, 1-decene, 1-dodecene, 1-tetradecene, 4-methyl-1 - branched chain isomers such as pentene, and combinations thereof. 最も好ましいのは1−オクテンから1−ドデセンのオリゴマー或いはそれらの組み合わせである。 Most preferred is an oligomer or a combination thereof dodecene-octene. とりわけ好ましいのはポリデセンである。 Especially preferred is polydecene. 好適なポリデセン油はモービル化学社(Mobil Chem Suitable polydecene oil Mobil Chemical Co., Ltd. (Mobil Chem
ical Company、米国ニュージャージー08818、エディソン、私書箱3140 ical Company, NJ 08818, Edison, PO Box 3140
)から商品名ピュアシン4(Puresyn4)(登録商標)で、及びBPアモコ(BP ) Product Name Pyuashin 4 from (Puresyn4) (a registered trademark), and BP Amoco (BP
Amoco、イリノイ60601−7125、シカゴ、ランドルフドライブ、200 Amoco, Illinois 60601-7125, Chicago, Randolph Drive, 200
E)から商品名シルクフロー364NF(Silkflo364NF)(登録商標)で市販されている。 Which is commercially available under the trade name silk flow 364NF (Silkflo364NF) (registered trademark) from E). 最も好適な抗粘着剤はワセリンである。 The most preferred anti-adhesive is petrolatum. 【0270】 無機つや消し剤酸化チタン又は酸化亜鉛のような無機つや消し剤は本物品の有益成分に有用である。 [0270] Inorganic matting agents such as inorganic matting agent titanium oxide or zinc oxide are useful in the beneficial components of the article. 本発明に存在する場合、つや消し剤は望ましくない皮膚白化或いは不自然な「くすんだ」外観を避けるために、3%以下の濃度で使用する。 When present in the present invention, in order to avoid skin whitening matting agent is undesirable or unnatural "dull" appearance, used at a concentration of 3% or less. 本発明の使用に好ましいのは二酸化チタン及び特にアナターセ型二酸化チタンである。 Preferred for use in the present invention is given to titanium and particularly anatase type titanium dioxide. 【0271】 アナターセ型二酸化チタンは、密度が約3.90g/cm 3であり、及び正方晶系立方最密構造を有する。 [0271] anatase type titanium dioxide has a density of about 3.90 g / cm 3, and a tetragonal cubic close-packed structure. アナターセ型二酸化チタンの屈折率は2.55である。 The refractive index of anatase type titanium dioxide is 2.55. アナターセ型二酸化チタンはコボ製造社(Kobo Products Inc.)から商品名コボ(Kobo)BTD11S2で、ホイッタカー、クラーク、ダニエル(Whittake Anatase type titanium dioxide under the trade name Cobo (Kobo) BTD11S2 from Cobo manufacturer (Kobo Products Inc.), Whittaker, Clark, Daniel (Whittake
r、Clark、Daniels)(米国、ニュージャージー州、南プレーンフィールド(New r, Clark, Daniels) (United States, New Jersey, South Plainfield (New
Jersey、South Plainfield))から商品名TiO 2 9729で、カルドレ社(Ca Jersey, under the trade name TiO 2 9729 from South Plainfield)), Karudore Inc. (Ca
rdre Inc.、米国、ニュージャージー州、南プレーンフィールド)から商品名カルド70429で市販されている。 rdre Inc., the United States, New Jersey, which is commercially available under the trade name Cardo 70,429 from South Plainfield). 【0272】 皮膚の感触、皮膚の外観、及びエマルションとの適合性という見地から本発明への使用に好ましいつや消し剤は表面加工を施した顔料である。 [0272] skin feel, preferred matting agents for use in the appearance of the skin, and from the standpoint of compatibility with the emulsion to the present invention is a pigment which has been subjected to surface processing. 前記顔料はリシンのようなアミノ酸、シリコーン、ラウロイル、コラーゲン、ポリエチレン、レシチン、及びエステル油のような化合物で処理され得る。 The pigment amino acids such as lysine, silicones, lauroyl, collagen, polyethylene, may be treated with compounds such as lecithin, and ester oils. 最も好ましいつや消し剤は有機シリコーン(ポリシロキサン)処理顔料、例えばポリシロキサン処理二酸化チタンである。 The most preferred matting agents are organic silicone (polysiloxane) treated pigments, for example polysiloxane treated titanium dioxide. 最も好ましいのはポリシロキサン処理アナターセ型二酸化チタンである。 Most preferred is polysiloxane treated anatase type titanium dioxide. 表面処理の機能は顔料を疎水性に修飾することで、そのため顔料は水中油型エマルションの油相中で「湿潤性」となる。 Function of the surface treatment by modifying a pigment hydrophobic and therefore pigment is "wettable" in an oil phase of the oil-in-water emulsion. 【0273】 無機つや消し剤の総濃度は、約0〜約3%、及び好ましくは約0.1〜約2. [0273] The total concentration of the inorganic matting agent is from about 0 to about 3%, and preferably from about 0.1 to about 2.
5%、好ましくは約0.25%〜約2%でもよい。 5%, may preferably be from about 0.25% to about 2%. 【0274】 陽イオン系界面活性剤陽イオン系界面活性剤は、代表的には非発泡性界面活性剤として分類されるが、本発明の物品の所望の利益に否定的な影響を与えないならば、本発明の物品に使用してもよい。 [0274] cationic surfactants cationic surfactants, if typically is classified as a non-foaming surfactant, not negatively affect the desired benefits of the articles of the present invention if may be used in articles of the present invention. 【0275】 ここで有用な陽イオン系界面活性剤の非限定的な例は、「マッカーチェオンの洗剤と乳化剤(McCutcheon's、Detergents and Emulsifiers)」、北アメリカ版(1986年)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(allured Pu [0275] Non-limiting examples of useful herein cationic surfactants, "Makkah over Choi on the detergent and emulsifier (McCutcheon's, Detergents and Emulsifiers)", North American edition (1986), Arureddo Publishing Corporation (allured Pu
blishing Corporation)より出版;及び「マッカーチェオンズ機能的物質(McCu blishing Corporation) from the publication; and "Makkah over Choi Onzu functional substance (McCu
tcheon's Functional Materials)」北アメリカ版(1992);に開示されており、これらは両者とも、全て参考として本明細書に組み入れる。 tcheon's Functional Materials) "North American Edition (1992); are disclosed in, these are both incorporated herein all as a reference. 【0276】 ここで有用な陽イオン系界面活性剤の非限定的な例には、次式のような陽イオンアルキルアンモニウム塩が挙げられる: R 1234+-式中R 1は、約12個〜約18個の炭素原子を持つアルキル基、又は約12個〜 [0276] Non-limiting examples of useful herein cationic surfactant include cationic alkyl ammonium salts such as:: R 1 R 2 R 3 R 4 N + X - wherein R 1 is about 12 to about 18 alkyl groups having a carbon atom, or about 12 to
約18個の炭素原子を持つ芳香族基、アリール基又はアルカリル基;R 2 、R 3 About 18 aromatic group having carbon atoms, an aryl group or an alkaryl group; R 2, R 3,
及びR 4は、水素、約1個〜約18個の炭素原子を持つアルキル基、又は約1個〜約18個の炭素原子を持つ芳香族基、アリール基又はアルカリル基から別々に選択する;Xは、陰イオンで、好ましくは塩化塩、臭化塩、ヨウ化塩、アセテート、ホスフェート、ニトレート、硫酸塩、メチル硫酸、硫酸エチル、トシラート、乳酸塩、クエン酸塩、グリコール、及びこれらの混合物から成る群から選択される。 And R 4 is hydrogen, are independently selected from about 1 to about 18 alkyl groups having carbon atoms, or from about 1 to about 18 aromatic group having carbon atoms, an aryl group or an alkaryl group; X is an anion, preferably chloride salt, bromide salt, iodide Casio, acetate, phosphate, nitrate, sulfate, methyl sulfate, ethyl sulfate, tosylate, lactate, citrate, glycols, and mixtures thereof It is selected from the group consisting of. 更に、アルキル基はまた、エーテル結合又は水酸基又はアミノ基の置換基も含有することができる(例えば、アルキル基がポリエチレングリコール及びポリプロピレングリコール部分を含有することができる)。 Further, alkyl groups also substituents ether linkage or a hydroxyl or amino group can contain (e.g., can be an alkyl group containing polyethylene glycol and polypropylene glycol moieties). 【0277】 更に好ましくは、R 1は、炭素数約12〜約18のアルキル基であり;R 2は、 [0277] More preferably, R 1 is from about 12 to about 18 alkyl carbon atoms; R 2 is
水素又は炭素数約1〜約18のアルキル基から選択され;R 3及びR 4は、それぞれ水素又は炭素数約1〜約3のアルキル基から選択され;及び、Xは前の段落で述べたとおりである。 It is selected from about 1 to about 18 hydrogen or an alkyl group carbon atoms; R 3 and R 4 are each selected from hydrogen or from about 1 to about 3 alkyl group carbon atoms; and, X is mentioned in the previous paragraph it is as. 【0278】 最も好ましくは、R 1は、炭素数約12〜約18のアルキル基であり;R 2 、R [0278] Most preferably, R 1 is from about 12 to about 18 alkyl carbon atoms; R 2, R 3 、及びR 4は、水素又は炭素数約1〜約3のアルキル基から選択され;及び、X 3, and R 4 is selected from about 1 to about 3 alkyl group hydrogen or carbon atoms; and, X
は前述のとおりである。 It is as described above. 【0279】 あるいは、その他の有用な陽イオン系界面活性剤は、アミノ−アミドを含み、 [0279] Alternatively, other useful cationic surfactants include amino - include an amide,
そこでは、上の構造R 1が代わりにR 5 CO−(CH 2n −となり、式中、R 5は、約12個〜約22個の炭素原子を持つアルキル基であり、nは約2〜約6、更に好ましくは約2〜約4、及び最も好ましくは約2〜約3の整数である。 Where, R 5 CO- (CH 2) structure R 1 is alternatively above n - next, wherein, R 5 is an alkyl group having from about 12 to about 22 carbon atoms, n is about 2 to about 6, more preferably from about 2 to about 4, and most preferably from about 2 to about 3 integer. このような陽イオン乳化剤の非限定的な例には、ステアロアミドプロピルPG−ジモニウムクロリドホスフェート、ステアロアミドプロピルエチルジモニウムエソサルフェート、ステアロアミドプロピルジメチル(ミリスチルアセテート)塩化アンモニウム、ステアロアミドプロピルジメチルセテアリルアンモニウムトシラート、ステアロアミドプロピルジメチル塩化アンモニウム、ステアロアミドプロピルジメチル乳酸アンモニウム、及びそれらの混合物が包含される。 Non-limiting examples of such cationic emulsifiers, stearamide propyl PG- dimonium chloride phosphate, stearamide propyl ethyl dimonium lizardfish sulfate, stearamide propyl dimethyl (myristyl acetate) ammonium chloride, Sutearo amidopropyl dimethyl cetearyl ammonium tosylate, stearamide dimethyl ammonium chloride, stearamidopropyl dimethylamine lactate ammonium, and mixtures thereof. 【0280】 四級アンモニウム塩の陽イオン界面活性剤の非限定的な例としては、セチル塩化アンモニウム、セチル臭化アンモニウム、ラウリル塩化アンモニウム、ラウリル臭化アンモニウム、ステアリル塩化アンモニウム、ステアリル臭化アンモニウム、セチルジメチル塩化アンモニウム、セチルジメチル臭化アンモニウム、ラウリルジメチル塩化アンモニウム、ラウリルジメチル臭化アンモニウム、ステアリルジメチル塩化アンモニウム、ステアリルジメチル臭化アンモニウム、セチルトリメチル塩化アンモニウム、セチルトリメチル臭化アンモニウム、ラウリルトリメチル塩化アンモニウム、ラウリルトリメチル臭化アンモニウム、ステアリルトリメチル塩化アンモニウム、ステアリルトリメチル臭化アンモニウム、ラウリルジメチル [0280] Non-limiting examples of cationic surfactants quaternary ammonium salts include ammonium cetyl chloride, cetyl ammonium bromide, ammonium lauryl chloride, lauryl ammonium bromide, stearyl ammonium chloride, stearyl ammonium bromide, cetyl dimethyl ammonium chloride, cetyl dimethyl ammonium bromide, lauryl dimethyl ammonium chloride, lauryl dimethyl ammonium bromide, stearyl dimethyl ammonium chloride, stearyl dimethyl ammonium bromide, cetyl trimethyl ammonium chloride, cetyl trimethyl ammonium bromide, lauryl trimethyl ammonium chloride, lauryl trimethyl ammonium bromide, stearyl trimethyl ammonium chloride, stearyl trimethyl ammonium bromide, lauryl dimethyl 塩化アンモニウム、ステアリルジメチルセチルジタロージメチル塩化アンモニウム、ジセチル塩化アンモニウム、ジセチル臭化アンモニウム、ジラウリル塩化アンモニウム、ジラウリル臭化アンモニウム、ジステアリル塩化アンモニウム、ジステアリル臭化アンモニウム、ジセチルメチル塩化アンモニウム、ジセチルメチル臭化アンモニウム、ジラウリルメチル塩化アンモニウム、ジラウリルメチル臭化アンモニウム、ジステアリルメチル塩化アンモニウム、ジステアリルジメチル塩化アンモニウム、ジステアリルメチル臭化アンモニウム及びこれらの混合物から成る群より選択されるものが挙げられる。 Ammonium chloride, stearyl dimethyl cetyl ditallow dimethyl ammonium chloride, dicetyl ammonium chloride, dicetyl ammonium bromide, dilauryl ammonium chloride, dilauryl ammonium bromide, distearyl ammonium chloride, distearyl ammonium bromide, Jisechirumechiru ammonium chloride, Jisechirumechiru ammonium bromide, dilauryl methyl ammonium chloride, dilauryl methyl ammonium bromide, distearyl methyl ammonium chloride, distearyl dimethyl ammonium chloride, include those selected from the group consisting of distearyl ammonium bromide, and mixtures thereof. 更に四級アンモニウム塩としては、C12〜C22のアルキル炭素鎖がタロー脂肪酸又はココナッツ脂肪酸に由来するものが挙げられる。 Still quaternary ammonium salts include those alkyl carbon chain C12~C22 is derived from a tallow fatty acid or coconut fatty acid. 「タロー」という用語は、一般にC16〜C18 The term "tallow" is generally C16~C18
の範囲でアルキル鎖の混合物を持つような、タロー脂肪酸(通常水素添加タロー脂肪酸)に由来するアルキル基のことをいう。 Range have mixtures of alkyl chains, it refers to an alkyl group derived from tallow fatty acids (usually hydrogenated tallow fatty acids). 「ココナッツ」という用語は、一般にC12〜C14の範囲でアルキル鎖の混合物を持つような、ココナッツ脂肪酸に由来するアルキル基のことをいう。 The term "coconut" refers generally have mixtures of alkyl chains in the range of C12 -C14, it refers to an alkyl group derived from a coconut fatty acid. タローやココナッツに由来するような四級アンモニウム塩の例としては、ジタロージメチル塩化アンモニウム、ジタロージメチルアンモニウムメチルサルフェート、ジ(水素添加タロー)ジメチル塩化アンモニウム、ジ(水素添加タロー)ジメチル酢酸アンモニウム、ジタロージプロピルリン酸アンモニウム、ジタロージメチル硝酸アンモニウム、ジ(ココナッツアルキル)ジメチル塩化アンモニウム、ジ(ココナッツアルキル)ジメチル臭化アンモニウム、タロー塩化アンモニウム、ココナッツ塩化アンモニウム、ステアロアミドプロピル塩化PG−ジモニウムホスフェート、ステアロアミドプロピルエチルジモニウムエソサルフェート、ステアロアミドプロピルジメチル(ミリスチルアセテート)塩化アンモニウム、ステアロアミドプロ Examples of quaternary ammonium salts such as those derived from tallow and coconut, ditallow dimethyl ammonium chloride, ditallow dimethyl ammonium methyl sulfate, di (hydrogenated tallow) dimethyl ammonium chloride, di (hydrogenated tallow) dimethyl ammonium acetate, ditallow propyl ammonium phosphate, ditallow dimethyl ammonium nitrate, di (coconut alkyl) dimethyl ammonium chloride, di (coconut alkyl) dimethyl ammonium bromide, tallow ammonium chloride, coconut ammonium chloride, stearamide propyl chloride PG- dimonium phosphate, stearamide propyl ethyl dimonium lizardfish sulfate, stearamide propyl dimethyl (myristyl acetate) ammonium chloride, stearamide Pro ルジメチルセテアリルアンモニウムトシラート、ステアロアミドプロピルジメチル塩化アンモニウム、ステアロアミドプロピルジメチル乳酸アンモニウム、及びこれらの混合物が挙げられる。 Le dimethyl cetearyl ammonium tosylate, stearamide dimethyl ammonium chloride, stearamidopropyl dimethylamine lactate ammonium, and mixtures thereof. 【0281】 本発明において有用な好ましい陽イオン系界面活性剤としては、ジラウリルジメチル塩化アンモニウム、ジステアリルジメチル塩化アンモニウム、ジミリスチルジエチル塩化アンモニウム、ジパルミチルジメチル塩化アンモニウム、ジステアリルジメチル塩化アンモニウム、及びこれらの混合物から成る群から選択されたものが挙げられる。 [0281] Preferred cationic surfactants useful in the present invention, dilauryl dimethyl ammonium chloride, distearyl dimethyl ammonium chloride, dimyristyl diethyl ammonium chloride, dipalmityl dimethyl ammonium chloride, distearyl dimethyl ammonium chloride and, those selected from the group consisting of mixtures thereof. 【0282】 キレート剤(Chelators)本発明の物品は、安全且つ有効量のキレート剤、又はキレート化剤をも含んでもよい。 [0282] The articles of the chelating agent (chelators) present invention, a safe and effective amount of a chelating agent, or may also include a chelating agent. 本明細書で用いる「キレート剤」とは、金属イオンが容易に化学反応に加わったり、化学反応を触媒したりしないように、錯体を形成することによって系から金属イオンを除くことができる活性物質を意味する。 A "chelating agent" as used herein, applied or facilitate chemical reactions metal ions, so as not to or catalyze chemical reactions, the active substance can be removed metal ion from a system by forming a complex It means. キレート剤が包含されることは、角質層における鱗屑又は組織変化の一因となるような紫外線照射から、及び皮膚の損傷を起こし得るようなその他の環境化学物質から保護するために特に有用である。 The chelating agent is included is particularly useful to protect against other environmental chemicals, such as from ultraviolet radiation, such as to contribute dander or tissue changes, and may cause damage to the skin in the stratum corneum . 【0283】 安全且つ有効量のキレート剤を、主題発明の組成物に加えてもよく、好ましくは組成物の約0.1質量%〜約10質量%、更に好ましくは約1質量%〜約5質量%加えてもよい。 [0283] The safe and effective amount of a chelating agent may be added to the compositions of the subject invention, preferably from about 0.1% to about 10% by weight of the composition, more preferably from about 1% to about 5 it may be added mass%. 本明細書で有用なキレート剤の見本となるような例は、ビセットら(Bissett)の米国特許第5,487,884号(1996年1月30日発行);ブッシュら(Bush)らの国際公開第91/16035号(1995年1 Examples such that samples of useful chelating agents herein are described in U.S. Patent No. 5,487,884 (Jan. 30, 1996 issue) of Bisset et al (Bissett); International Bush et al (Bush) et Publication No. 91/16035 (1995 1
0月31日公開;及びブッシュら(Bush)らの国際公開第91/16034号( 0 May 31, the public; and Bush et al. (Bush) et al., International Publication No. WO 91/16034 (
1995年10月31日公開)に開示されている。 It is disclosed in published Oct. 31, 1995). 主題の発明の組成物に使用される好ましいキレート剤は、フリルジオキシム、フリルジオキシム誘導体、フリルモノオキシム、フリルモノオキシム誘導体、及びそれらの組合せである。 Preferred chelating agents for use in the compositions of the subject invention, furildioxime, furildioxime derivatives, furilmonoxime, furilmonoxime derivatives, and combinations thereof. 【0284】 フラボノイド本発明の物品は、任意にフラボノイド化合物を含んでもよい。 [0284] The article of the flavonoids present invention may optionally comprise a flavonoid compound. フラボノイドは米国特許第5,686,082号及び第5,686,367号に広範に開示されており、これらは両者とも参考として本明細書に組み入れる。 Flavonoids are broadly disclosed in U.S. Pat. No. 5,686,082 and No. 5,686,367, which are incorporated herein by reference both. 本発明で使用するのに適しているフラボノイドは、非置換フラバノン、モノ−置換フラバノン及びこれらの混合物から成る群から選択されるフラバノン;非置換カルコン、モノ− Flavonoids suitable for use in the present invention are unsubstituted flavanones, mono - flavanones selected from the group consisting of substituted flavanones, and mixtures thereof; unsubstituted chalcone, mono -
置換カルコン、ジ−置換カルコン、トリ−置換カルコン及びこれらの混合物から成る群から選択されるカルコン;非置換フラボン、モノ−置換フラボン、ジ−置換フラボン及びこれらの混合物から成る群から選択されるフラボン;1つ又はそれより多くのイソフラボン;非置換クマリン、モノ−置換クマリン、ジ−置換クマリン及びこれらの混合物から成る群から選択されるクマリン;非置換クロモン、モノ−置換クロモン、ジ−置換クロモン及びこれらの混合物から成る群から選択されるクロモン;1つ又はそれより多くのジクマロール;1つ又はそれより多くのクロマノン;1つ又はそれより多くのクロマノール;これらの異性体(例えばシス/トランス異性体);及びこれらの混合物である。 Substituted chalcones, di - substituted chalcone, tri - chalcone is selected from the group consisting of substituted chalcones, and mixtures thereof; unsubstituted flavones, mono - substituted flavones, di - flavones selected from the group consisting of substituted flavones, and mixtures thereof ; one or more isoflavones; unsubstituted coumarins, mono - - substituted coumarin, di coumarin is selected from the group consisting of substituted coumarins, and mixtures thereof; unsubstituted chromone, mono - substituted chromone, di - substituted chromone and chromone is selected from the group consisting of mixtures thereof; one or more dicoumarols; one or more chromanone; one or more chromanol; these isomers (e.g. cis / trans isomers ); a and mixtures thereof. 本明細書で使用する「 "As used herein,
置換型」という用語は、フラボノイドの1つ又はそれより多くの水素原子が独立して、ヒドロキシル、C1〜C8アルキル、C1〜C4アルコキシル、O−グリコシド等又はこれら置換基の混合で置換されているフラボノイドを意味する。 The term substituted "means that one or more hydrogen atoms which independently of flavonoids, hydroxyl, C1 to C8 alkyl, C1 -C4 alkoxyl, substituted with mixed O- glycoside, etc. or these substituents It means flavonoids. 【0285】 好適なフラボノイドの例としては、非置換フラバノン、モノヒドロキシフラバノン(例えば、2'−ヒドロキシフラバノン、6−ヒドロキシフラバノン、7− [0285] Examples of suitable flavonoids, unsubstituted flavanone, monohydroxy flavanones (e.g., 2'-hydroxy flavanone, 6-hydroxy flavanone, 7
ヒドロキシフラバノン等)、モノアルコキシフラバノン(例えば、5−メトキシフラバノン、6−メトキシフラバノン、7−メトキシフラバノン、4'−メトキシフラバノン等)、非置換カルコン(特に非置換トランスカルコン)、モノヒドロキシカルコン(例えば、2'−ヒドロキシカルコン、4'−ヒドロキシカルコン等)、ジヒドロキシカルコン(例えば、2',4−ジヒドロキシカルコン、2 Hydroxyflavanones etc.), mono-alkoxy flavanones (e.g., 5-methoxy flavanone, 6-methoxy flavanone, 7-methoxy flavanone, 4'-methoxy flavanone, etc.), unsubstituted chalcone (especially unsubstituted trans chalcone), monohydroxy chalcones (e.g. , 2'-hydroxy chalcone, 4'-hydroxy chalcone, etc.), dihydroxy chalcone (e.g., 2 ', 4-dihydroxy chalcone, 2
',4'−ジヒドロキシカルコン、2,2'−ジヒドロキシカルコン、2',3 ', 4'-dihydroxy chalcone, 2,2'-dihydroxy chalcone, 2', 3
−ジヒドロキシカルコン、2',5'−ジヒドロキシカルコン等)、及びトリヒドロキシカルコン(例えば、2',3',4'−トリヒドロキシカルコン、4, - dihydroxy chalcone, 2 ', 5'-dihydroxy chalcone, etc.), and trihydroxy chalcone (e.g., 2', 3 ', 4'-trihydroxy chalcone, 4,
2',4'−トリヒドロキシカルコン、2,2',4'−トリヒドロキシカルコン等)、非置換フラボン、7,2'−ジヒドロキシフラボン、3',4'−ジヒドロキシナフトフラボン、4'−ヒドロキシフラボン、5,6−ベンゾフラボン、及び7,8−ベンゾフラボン、非置換イソフラボン、ダイゼイン(daidzein) 2 ', 4'-trihydroxy chalcone, 2,2', 4'-trihydroxy chalcone, etc.), unsubstituted flavone, 7,2'- dihydroxy flavone, 3 ', 4'-dihydroxy-naphthaldehyde flavones, 4'-hydroxy flavone, 5,6-benzoflavone, and 7,8-benzoflavone, unsubstituted isoflavone, daidzein (daidzein)
(7,4'−ジヒドロキシイソフラボン)、5,7−ジヒドロキシ−4'−メトキシイソフラボン、大豆イソフラボン(大豆由来の抽出混合物)、非置換クマリン、4−ヒドロキシクマリン、7−ヒドロキシクマリン、6−ヒドロキシ−4− (7,4'-dihydroxy isoflavone), 5,7-dihydroxy-4'-methoxy isoflavone, (extract mixture from soybeans) Soy isoflavones, unsubstituted coumarin, 4-hydroxycoumarin, 7-hydroxycoumarin, 6-hydroxy - 4
メチルクマリン、非置換クロモン、3−ホルミルクロモン、3−ホルミル−6− Methylcoumarin, unsubstituted chromone, 3-Horumirukuromon, 3-formyl-6-
イソプロピルクロモン、非置換ジクマロール、非置換クロマノン、非置換クロマノール、及びこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。 Isopropyl chromone, unsubstituted dicoumarol, unsubstituted chromanone, unsubstituted chromanol, and mixtures thereof, without limitation. 【0286】 本発明に使用するのに好ましいものは、非置換フラバノン、メトキシフラバノン、非置換カルコン、2',4−ジヒドロキシカルコン及びこれらの混合物である。 [0286] Preferred for use in the present invention are unsubstituted flavanone, methoxy flavanones, unsubstituted chalcone, 2 ', 4-dihydroxy chalcone, and mixtures thereof. 最も好ましいものは、非置換フラバノン、非置換カルコン(特にトランス異性体)及びこれらの混合物である。 Most preferred are unsubstituted flavanone, unsubstituted chalcone (especially the trans isomer), and mixtures thereof. 【0287】 これらは、合成物質であるか又は天然由来(例えば、植物)からの抽出物として得ることができる。 [0287] These, or naturally derived, a synthetic material (e.g., plant) can be obtained as an extract from. 天然由来の物質を更に誘導化することもできる(例えば、 Naturally occurring substances may also be further derivatized (e.g.,
天然由来物から抽出後に製造されるグリコシド、エステル又はエーテル誘導体) Glycoside produced after extraction from naturally occurring products, ester or ether derivatives)
. 本発明で有用なフラボノイド化合物は、多数の供給元、例えば、インドファイン・ケミカル社(Indofine Chemical Company、 Inc.)(米国ニュージャージー州サマービル)、ステラロイズ社(Steraloids、 Inc.)(米国ニューハンプシャー州ウィルトン)及びアルドリッチ・ケミカル社(Aldrich Chemical Company Flavonoid compounds useful in the present invention, a number of sources, for example, India Fine Chemical Company (Indofine Chemical Company, Inc.) (NJ Somerville), Stella Lloyds (Steraloids, Inc.) (NH, USA Wilton ) and Aldrich Chemical Company (Aldrich Chemical Company
、Inc.)(米国ウィスコンシン州ミルウォーキー)から販売されている。 , Inc.) Is sold from (Milwaukee, Wis.). 上記フラボノイド化合物の混合物を使用してもよい。 It is also possible to use mixtures of the above flavonoid compounds. 【0288】 本明細書に記載したフラボノイド化合物は、本発明中では、好ましくは約0. [0288] Flavonoid compounds described herein, in the present invention is preferably about 0.
01%〜約20%まで、更に好ましくは約0.1%〜約10%まで、そして最も好ましくは約0.5%〜約5%までの濃度で存在している。 From 01% to about 20%, it is present more preferably from about 0.1% to about 10%, and most preferably in a concentration of up to about 0.5% to about 5%. 【0289】 ステロール本発明の物品は、安全且つ有効量の1以上のステロール化合物を含んでもよい。 [0289] Sterol article of the present invention may comprise one or more sterol compounds of safe and effective amount. 有用なステロール化合物の例としては、シトステロール、スチグマステロール、カンペステロール、ブラシカステロール(brassicasterol)、ラノステロール、7−デヒドロコレステロール、及びこれらの混合物が挙げられる。 Examples of useful sterol compounds include sitosterol, stigmasterol, campesterol, brassicasterol (brassicasterol), lanosterol, 7-dehydrocholesterol, and mixtures thereof. これらは、 They are,
合成由来のもの、又は天然供給源由来のもの、例えば、植物由来のものからの抽出混合物(例えば、フィトステロール)であり得る。 Of synthetic origin, or those derived from natural sources, for example, be a extraction mixture from those derived from plants (e.g., phytosterols). 抗セルライト剤 【0290】 本発明の物品は、有益成分において安全且つ有効量の抗セルライト剤を含んでもよい。 The article of anti-cellulite agents [0290] The present invention may comprise a safe and effective amount of an anti-cellulite agent in benefit agent. 好適な剤としては、キサンチン化合物(例えば、カフェイン、テオフィリン、テオブロミン、及びアミノフィリン)を挙げることが可能であるが、これらに限定されない。 Suitable agents, xanthine compounds (e.g., caffeine, theophylline, theobromine, and aminophylline) it is possible to include, but not limited to. 【0291】 皮膚美白剤本発明の物品は皮膚美白剤を含んでもよい。 [0291] The article of skin whitening agent present invention may comprise a skin lightening agent. 使用する際は、組成物は、組成物の質量の、好ましくは約0.1質量%〜約10質量%、更に好ましくは約0.2 In use, the composition, the weight of the composition, preferably from about 0.1% to about 10 wt%, more preferably from about 0.2
質量%〜約5質量%、更に好ましくは約0.5質量%〜約2質量%の皮膚美白剤を含む。 % To about 5 wt%, more preferably from about 0.5% to about 2% by weight of the skin lightening agent. 好適な皮膚美白剤としては、コウジ酸、アルブチン、アスコルビン酸及びこれらの誘導体、例えば、アスコルビン酸リン酸マグネシウム又はアスコルビン酸リン酸ナトリウム又はアスコルビン酸リン酸のその他の塩等の、当業者に公知のものが挙げられる。 Suitable skin lightening agents, kojic acid, arbutin, ascorbic acid and derivatives thereof, for example, such as other salts of ascorbyl phosphate magnesium or ascorbyl phosphate or sodium ascorbyl phosphate, known to those skilled in the art thing, and the like. また、本発明に用いるのに好適な皮膚美白剤として、ヒルブランド(Hillebrand)による1995年7月7日出願の同時係属出願第08 In addition, as a preferred skin lightening agent for use in the present invention, Hill brand in 1995 due to (Hillebrand) 7 July co-pending application Ser. No. 08 of the application
/479,935号で、1995年6月12日出願のPCT出願番号米国95/ / At No. 479,935, filed June 12, 1995, PCT Application No. US 95 /
07432に相当するもの;及びカラ・L・クバルネス(Kalla L. Kvalnes)、 What corresponds to 07432; and Kara · L · Kubarunesu (Kalla L. Kvalnes),
ミッシェル・A・デロング(Mitchell A. DeLong)、バートン・J・ブラッドベリー(Barton J. Bradbury)、クルティス・B・モトレー(Curtis B. Motley) Michel · A · DeLong (Mitchell A. DeLong), Barton · J · Bradbury (Barton J. Bradbury), Kurutisu · B · Motore (Curtis B. Motley)
及ジョン・D・びカーター(John D. Carter)による1995年2月24日出願の同時係属出願第08/390,152号で、1995年3月1日出願、199 In co-pending application Ser. No. 08 / 390,152 of February 24, 1995, filed by 及 John · D · fine Carter (John D. Carter), filed March 1, 1995, 199
5年9月8日公開のPCT出願番号米国95/02809に相当するものに記載されたものが挙げられる。 5 September 8 published PCT Application No. US 95/02809 include those described in those corresponding to. 【0292】 結合剤本発明の物品は、任意に結合剤を含んでもよい。 [0292] The article of the present invention the binder may optionally comprise a binder. 結合剤又は結合物質は、本発明の物品の種々の層を互いにシールし、物品の完全な状態を維持するために有用である。 Binder or binding agent, the various layers of the articles of the present invention sealed to each other, it is useful for maintaining the integrity of the article. 結合剤は、噴霧状、ウェブ、独立層、結合繊維等の種々の形態であってもよいが、これらに限定されない。 Binding agents, atomized, web, independently layer may is also be in various forms, such as bonding fibers, without limitation. 好適な結合剤は、ラテックス、ポリアミド、 Suitable binders, latex, polyamides,
ポリエステル、ポリオレフィン、及びこれらの組み合わせを含んでもよい。 Polyester, polyolefin, and may include a combination thereof. 【0293】 本発明を家庭用品(例えば、硬質面の清浄)に包含するのに好適な任意成分 有機クリーニング性溶媒開示された使い捨ての物品のクリーニング成分は、通常はクリーニング成分の約0.25質量%未満、及び、好みの増加する順に、少なくとも約0.5質量% [0293] The present invention household goods (e.g., cleaning of hard surfaces) cleaning component of the optional ingredients suitable organic cleaning solvents disclosed disposable article for inclusion in from about 0.25 wt normal cleaning ingredient % less, and, in increasing order of preference, at least about 0.5 wt%
及び約3.0質量%、及び、好みの増加する順に約7質量%及び約5質量%を超えない、有効量の1以上の有機クリーニング性溶媒を含有してもよい。 And about 3.0 wt%, and no more than about 7 wt% in order and about 5% by weight of increasing preference, may contain one or more organic cleaning solvents in an effective amount. 【0294】 界面活性剤は、疎水性クリーニング性溶媒が存在しなくてもクリーニング性及び/又は湿潤性を提供する。 [0294] surfactant provides cleaning and / or wetting even without the presence of hydrophobic cleaning solvent. しかしながら、正しい有機クリーニング性溶媒を使用することによって通常、クリーニング性をさらに改善することができる。 However, usually by using the correct organic cleaning solvent, it is possible to further improve the cleaning properties. 有機クリーニング性溶媒は、界面活性剤を助け、浴室でよく目にするような汚れを除去する作用剤を意味する。 The organic cleaning solvent may help surfactant is meant an agent for removing dirt such as often seen in the bathroom. 有機クリーニング性溶媒は、必要に応じて粘度の形成、及び組成物の安定性の増加に関与することができる。 The organic cleaning solvent can be involved in the increased stability of the optionally formed in viscosity, and composition. 溶媒が存在する場合、C If a solvent is present, C 8〜16のアルキルポリグルコシド類及びC 8〜14のアルキルエトキシレート類を含有する組成物は起泡性も低い。 Compositions containing 8-16 alkyl polyglucosides and alkyl ethoxylates of C 8 to 14 of lower foamability. 従って、処方中の疎水性溶媒のレベルを単に制御することによって、大部分において泡特性を制御することができる。 Therefore, by simply controlling the level of hydrophobic solvent in the formulation, it is possible to control the foam characteristics at most. 【0295】 かかる溶媒は通常、1〜3のエチレングリコール又はプロピレングリコール部分に結合する末端のC 3 〜C 6の炭化水素を有し、疎水性の適当な程度及び、好ましくは、表面活性を提供する。 [0295] Such solvents typically have 1 to 3 ethylene glycol or a hydrocarbon of C 3 -C 6 terminal which binds to propylene glycol moiety, a hydrophobic appropriate degree and, preferably, provide a surface-active to. エチレングリコール化学物質を主成分とする市販の疎水性クリーニング性溶媒の例には、モノ−エチレングリコールn−ヘキシルエーテル(ユニオン・カーバイドから入手可能なヘキシルセロソルブ(Cellosol Examples of commercially available hydrophobic cleaning solvent composed mainly of ethylene glycol chemistry, mono - ethylene glycol n- hexyl ether (hexyl available from Union Carbide cellosolve (Cellosol
ve)(登録商標))が挙げられる。 ve) (registered trademark)), and the like. プロピレングリコール化学物質を主成分とする市販の疎水性クリーニング性溶媒の例には、プロピル及びブチルアルコールのジ−、及びトリ−プロピレングリコール誘導体が挙げられ、アルコソルブ(Arco Examples of commercially available hydrophobic cleaning solvent composed mainly of propylene glycol chemistry, propyl and butyl alcohol di - and tri - propylene glycol derivatives and the like, Arukosorubu (Arco
solv)(登録商標)及びダウアノール(Dowanol)(登録商標)の商品名のもとでアルコケミカル(19073ペンシルベニア州、ニュートンスクエア、ウエストチェスターパイク3801番地)及びダウ・ケミカル(ミシガン州、ミッドランド、スエードロードN1691番地)から入手可能である。 solv) (registered trademark) and Dowanol (Dowanol) (registered trademark) the trade name of the original at the Arco Chemical (19073 Pennsylvania, Newtown Square, West Chester Pike address 3801) and Dow Chemical (Midland, Mich., suede load it is available from N1691 address). 【0296】 本発明の背景において、好ましい溶媒は、モノ−プロピレングリコールモノ− [0296] In the context of the present invention, preferred solvents are mono - propylene glycol mono -
プロピルエーテル、ジ−プロピレングリコールモノ−プロピルエーテル、モノ− Propyl ether, di - propylene glycol mono - propyl ether, mono -
プロピレングリコールモノブチルエーテル、ジ−プロピレングリコールモノ−プロピルエーテル、ジ−プロピレングリコールモノブチルエーテル;トリ−プロピレングリコールモノブチルエーテル;エチレングリコールモノブチルエーテル; Propylene glycol monobutyl ether, di - propylene glycol mono - propyl ether, di - propylene glycol monobutyl ether; tri - propylene glycol monobutyl ether, ethylene glycol monobutyl ether;
ジエチレングリコールモノブチルエーテル、エチレングリコールモノヘキシルエーテル及びジ−エチレングリコールモノヘキシルエーテル、及びそれらの混合物から成る群から選択される。 Diethylene glycol monobutyl ether, ethylene glycol monohexyl ether and di - ethylene glycol monohexyl ether, and is selected from the group consisting of mixtures thereof. 「ブチル」は、ノーマルブチル、イソブチルの双方及び第三級ブチル基を包含する。 "Butyl" includes normal butyl, both and tertiary butyl isobutyl. モノ−プロピレングリコール及びモノ−プロピレングリコールモノブチルエーテルが最も好ましいクリーニング性溶媒であり、 Mono - propylene glycol and mono - propylene glycol monobutyl ether is most preferred cleaning solvent,
ダウアノール(Dowanol)DPnP(登録商標)及びダウアノールDPnB(登録商標)の商品名のもとで入手可能である。 It is available under the trade name of Dowanol (Dowanol) DPnP (registered trademark) and Dowanol DPnB (registered trademark). ジ−プロピレングリコールモノ−t Di - propylene glycol mono -t
−ブチルエーテルは、アルコソルブ(Arcosolv)PTB(登録商標)の商品名のもとでアルコケミカルから市販されている。 - butyl ether is commercially available from Arco Chemical under the trade name of Arukosorubu (Arcosolv) PTB (registered trademark). 【0297】 有機クリーニング性溶媒の量は、組成物に存在するその他の成分の量によって変化することができる。 [0297] The amount of organic cleaning solvent can vary depending on the amount of other components present in the composition. 疎水性クリーニング性溶媒は通常、床用クリーニング製品のようなものにおいて良好なクリーニング性を得るのに役立つ。 Hydrophobic cleaning solvent is normally helpful in obtaining good cleaning properties in a kind of floor cleaning products. 【0298】 密閉空間におけるクリーニングでは、溶媒は、望ましくない小さな吸引可能な液滴を形成することがあり、従って、かかる空間を処置するのに使用する組成物/溶液は、かかる溶媒を望ましくは実質的に含まず、さらに好ましくは完全に含まない。 [0298] In the cleaning in enclosed spaces, the solvent may form undesirable small attractable droplet, therefore, the compositions / solutions for use in treating such spaces are desirably substantially such solvent specifically not including, more preferably completely free. 【0299】 共活性剤本物品のクリーニング成分は、少量の陰イオン系及び/又は非イオン系クリーニング性界面活性剤を包含することができる。 [0299] Cleaning components co-activator The article can include a small amount of anionic and / or nonionic cleaning surfactant. かかる陰イオン系界面活性剤は通常、約8〜約18の炭素原子、好ましくは約8〜約16の炭素原子を含有する疎水性鎖を含み、且つ通常、スルホネート又はカルボキシレートの親水性頭基を包含する。 Such anionic detergent will usually contain from about 8 to about 18 carbon atoms, preferably comprising a hydrophobic chain containing from about 8 to about 16 carbon atoms, and usually hydrophilic head group of the sulfonate or carboxylate It encompasses. 一般に、本明細書の組成物における任意の例えば、陰イオン系、界面活性剤のレベルは、クリーニング成分の約0.01質量%〜約0.25質量%、さらに好ましくは約0.01質量%〜約0.2質量%、最も好ましくは約0.01 In general, any example in the compositions herein, anionic, levels of surfactant, from about 0.01% to about 0.25% by weight of the cleaning composition, more preferably from about 0.01 wt% to about 0.2 wt%, and most preferably about 0.01
質量%〜約0.1質量%である。 % By mass to about 0.1 wt%. 【0300】 床、カウンター及びその他の表面への適用において、種類及びレベルの双方の選択について共活性剤の選択は決定的でありうる。 [0300] bed, in application to the counter and other surface, the choice of co-activator for the type and level of both the selection of can be decisive. 8 〜C 14のアルキルエトキシレート類を含むクリーニング成分では、低レベルのC 8スルホネートが、「調色」効果を提供することによって最終結果を改善することができることが見い出されている。 The cleaning component comprising alkyl ethoxylates of C 8 ~C 14, C 8 sulfonate low levels have been found to be able to improve the final result by providing a "toning" effect. 調色は最終的に得られる視覚的外観を改善することを意味し、それはかすみを減らすことに起因する。 Toning means to improve the visual appearance finally obtained, it is due to reducing haze. 存在すれば、C 8スルホネートは好ましくは、主要な界面活性剤に対する質量比、約1:10〜約1:1で用いられる。 If present, C 8 sulfonate is preferably the weight ratio main surfactant, from about 1: used in 1: 10 to about 1. 8 C 8
スルホネートは、バイオ−タージ(Bio−Terge)PAS−8(登録商標)の商品名でステパン(Stepan)から、同様にウィトコネート(Witconate)NAS−8 Sulfonates, Bio - Taj (Bio-Terge) PAS-8 from Stepan (Stepan) under the trade name (R), similarly Witokoneto (Witconate) NAS-8
(登録商標)の商品名のもとウィトココーポレーションから市販されている。 Which is commercially available from the original Conwy Toco Corporation under the trade name (registered trademark). 本発明に有益なもう1つの優れた「調色」界面活性剤は、BASFから購入することができるポリ−タージェント(Poly−Tergent)CS−1である。 Another outstanding "toning" surfactant useful in the present invention include poly can be purchased from BASF - a detergent (Poly-Tergent) CS-1. 存在すれば、ポリ−タージェント(Poly−Tergent)CS−1は好ましくは、主要な界面活性剤に対する質量比、約1:20〜約1:1で用いられる。 If present, poly - detergent (Poly-Tergent) CS-1 is preferably the weight ratio main surfactant, from about 1: used in 1: 20 to about 1. 【0301】 あまり好ましくないが、通常低レベルにて使用することができる、その他の界面活性剤には、C 8 〜C 18のアルキルスルホネート(ヘキスト(ドイツ、フランクフルト、Aktiengesellschaft、D−6230)のホスタプール(Hostapur)S [0301] Although less preferred, can be used in a normal low level, the other surfactants, Hosutapuru alkylsulfonate of C 8 -C 18 (Hoechst (Frankfurt, Germany, Aktiengesellschaft, D-6230) (Hostapur) S
AS(登録商標))、C 10 〜C 14の線状又は分枝状のアルキルベンゼンスルホネート類、C 9 〜C 15のアルキルエトキシカルボキシレート類の洗浄性界面活性剤(シェルケミカルコーポレーションから入手可能なネオドックス(Neodox)(登録商標)界面活性剤)、C 10〜14のアルキルサルフェート類及びエトキシサルフェート類(例えば、ステパンのステパノール(Stepanol)AM(登録商標))が挙げられる。 AS (registered trademark)), a linear or branched alkyl benzene sulfonates C 10 -C 14, available alkyl ethoxy carboxylates of detersive surfactant C 9 -C 15 from (Shell Chemical Corporation Neodokkusu (Neodox) (R) surfactants), alkyl sulfates and ethoxy sulfates of C 10 to 14 (e.g., Sutepanoru Stepan (Stepanol) AM (registered trademark)). アルキルエトキシカルボキシレート類は、香料を溶解するために極めて低いレベル(約0.01%以下)にて有利に使用することができる。 Alkyl ethoxy carboxylates can be advantageously used in very low levels (about 0.01% or less) to dissolve perfume. このことは、重要な利益であり、家庭用クリーニング物品として最も有効であるように本発明に必要な活性物質が低レベルで提供される。 This is an important benefit, the active substance required for the present invention to be most effective as a household cleaning articles are provided at a low level. 【0302】 本明細書で使用する別の非イオン系洗浄性界面活性剤は、一般に、アルコールの疎水性アルキル鎖に約6〜約16の炭素原子を含むアルコキシル化アルコールである。 [0302] Another non-ionic detersive surfactant, as used herein, generally, are alkoxylated alcohols containing from about 6 to about 16 carbon atoms in the hydrophobic alkyl chain of the alcohol. 通常、アルコキシル化基は、プロポキシ基又はエトキシ基と組み合わせたプロポキシ基である。 Usually, alkoxyl groups are propoxy groups in combination with propoxy or ethoxy group. かかる化合物は、ローディア(Rhodia)(08512ニュージャージー州、クランベリー私書箱425)から入手可能な、多種多様な鎖長及びアルコキシル化度を持つ商品名アンタロックス(Antarox)(登録商標) Such compounds, Rhodia (Rhodia) (08512 NJ, Cranbury PO Box 425), available from the trade name ANTAROX with a wide variety of chain lengths and degree of alkoxylation (Antarox) (R)
のもとで市販されている。 Of which are commercially available under. エチレンオキシドとプロピレンオキシドのブロックコポリマーも用いることができ、商品名プルロニック(登録商標)のもとでBAS Block copolymers of ethylene oxide and propylene oxide may also be used, under BAS trade name Pluronic®
Fから入手可能である。 It is available from F. 本明細書で使用するのに好ましい非イオン系洗浄性界面活性剤は、Rが約6〜約16、好ましくは約8〜約12の炭素原子を有するアルキル鎖であり、Xがプロポキシ、又はエトキシ基とプロポキシ基の混合物であり、nが約4〜約30、好ましくは約5〜約8の整数である式R(X) n Hに従う。 Preferred nonionic detergent surfactants for use herein, R of about 6 to about 16, preferably an alkyl chain having from about 8 to about 12 carbon atoms, X is propoxy, or ethoxy a mixture of groups and propoxy radical, n is from about 4 to about 30, preferably according to the formula R (X) n H is from about 5 to about 8 integer. 使用することができるその他の非イオン系界面活性剤には、糖のような天然資源に由来するものが挙げられ、C 8 〜C 16のN−アルキルグルコースアミド界面活性剤が挙げられる。 Other nonionic surfactants which may be used include those derived from natural sources such as sugars, N- alkyl glucose amide surfactants of C 8 -C 16 and the like. 存在すれば、代替の非イオン系界面活性剤の濃度は、クリーニング成分の約0.01質量%〜約0.2質量%、さらに好ましくは約0.0 If present, the concentration of nonionic surfactant alternative, about 0.01% to about 0.2% by weight of the cleaning composition, more preferably from about 0.0
1質量%〜約0.1質量%である。 1% by mass to about 0.1 wt%. 【0303】 モノ−又はポリカルボン酸石鹸のカス及び硬水の染みを除く目的で、本物品のクリーニング成分は、約2 [0303] mono - or for the purpose of removing stains Kas and hard water polycarboxylic acid soap, cleaning components of the article about 2
〜約5、さらに好ましくは約3のpHの酸性にすることができる。 To about 5, more preferably in an acidic approximately 3 pH. 約5未満、好ましくは約4未満のpKaを有する1以上の有機酸の使用を介して少なくとも部分的に、酸性度が達成される。 Less than about 5, preferably at least partially through the use of one or more organic acids having a pKa of less than about 4, the acidity is achieved. かかる有機酸は、増粘のための相形成に役立つことができ、必要に応じて硬水の染み除去特性を提供することができる。 Such organic acids may be useful in phase formation for thickening, it is possible to provide a stain removal properties of hard water as needed. 本発明の組成物の枠組みの範囲内で、有機酸は硬水除去の特性を良好にすることにおいて極めて効率的であることが見い出されている。 Within the framework of the compositions of the present invention, the organic acid has been found to be very efficient in that to improve the properties of the hard water removal. 低いpH及び1以上の好適な酸の使用は、消毒効果にとっても有利であることが判っている。 The use of low pH and one or more suitable acids has been found to be advantageous also for disinfection. 【0304】 好適なモノ−カルボン酸の例には、酢酸、グリコール酸又はβ−ヒドロキシプロピオン酸等が挙げられる。 [0304] Suitable mono - Examples of carboxylic acids, acetic acid, glycolic acid, or β- hydroxypropionic acid. 好適なポリカルボン酸の例には、クエン酸、酒石酸、コハク酸、グルタル酸、アジピン酸、及びそれらの混合物が挙げられる。 Examples of suitable polycarboxylic acids, citric acid, tartaric acid, succinic acid, glutaric acid, adipic acid, and mixtures thereof. かかる酸は商業的に容易に入手可能である。 Such acids are readily available commercially. さらに好ましいポリカルボン酸、特に非重合性ポリカルボン酸の例には、クエン酸(ウィスコンシン州、ミルウォーキー、ウエストセイントポールアベニュー1001番地のアルドリッチコーポレーションから入手可能)、「精製AGS二塩基酸」として販売され、デュポン(デラウエア州、ウィルミントン)から入手可能なコハク酸、グルタル酸及びアジピン酸の混合物、マレイン酸(アルドリッチから入手可能)、及びそれらの混合物が挙げられる。 Further preferred polycarboxylic acids, especially Examples of non-polymerizable polycarboxylic acids, citric acid (Milwaukee, Wis., Available from Aldrich Corporation of West Saint Paul Avenue address 1001), sold as "refined AGS diacid" , DuPont (Wilmington, Del.) succinic acid available from, mixtures of glutaric acid and adipic acid, maleic acid (available from Aldrich), and mixtures thereof. 特に、石鹸のカスのクリーニングを必要とする製品には、クエン酸が最も好ましい。 In particular, the products requiring cleaning of soap scum, and most preferably citric acid. グリコール酸、並びにアジピン酸、グルタル酸及びコハク酸の混合物は硬水除去についてさらに大きな利益を提供する。 Mixture of glycolic acid, and adipic acid, glutaric acid and succinic acid provides even greater benefits for hard water removal. 本明細書の組成物における有機酸の量は、クリーニング成分の約0.01質量%〜約1質量%、さらに好ましくは約0.01質量%〜約0.5質量%、最も好ましくは約0.025質量%〜約0.25質量%であることができる。 The amount of the organic acid in the compositions herein is from about 0.01% to about 1 wt% of the cleaning component, more preferably from about 0.01% to about 0.5% by weight, most preferably from about 0 it can be .025% by mass to about 0.25 wt%. 【0305】 悪臭抑制剤本発明のクリーニング成分においてシクロデキストリンを用いてもよい。 [0305] may be used cyclodextrin in the cleaning component of the malodor control agent present invention. 本明細書において使用される「シクロデキストリン」という用語には、6〜12個のグルコース単位を含有する非置換シクロデキストリンのような、既知のシクロデキストリン、特にα−シクロデキストリン、β−シクロデキストリン、γ−シクロデキストリン及び/又はそれらの誘導体、及び/又はそれらの混合物のいずれかが含まれる。 The term "cyclodextrin" as used herein, such as unsubstituted cyclodextrins containing from 6 to 12 glucose units, known cyclodextrin, particularly α- cyclodextrin, beta-cyclodextrin, either γ- cyclodextrin and / or their derivatives, and / or mixtures thereof are included. α−シクロデキストリンは6個のグルコース単位から成り、β− α- cyclodextrin consists of six glucose units, beta-
シクロデキストリンは7個のグルコース単位から成り、γ−シクロデキストリンはドーナツ形状の環の中に配置された8個のグルコース単位から成る。 Cyclodextrin consists of seven glucose units, .gamma.-cyclodextrin consists of eight glucose units arranged in donut-shaped rings. 特異的なカップリング及びグルコース単位の配置によって特定の容量の中空の内部とともに、柔軟性のない、円錐状の分子構造がシクロデキストリンに与えられている。 With the hollow interior of a specific volume by the arrangement of a specific coupling and glucose units, inflexible, conical molecular structure is given in cyclodextrin.
各内部の空洞の「内張り」は水素原子及びグリコシド結合する酸素原子によって形成され;従ってこの表面は、完全に疎水性である。 "Lining" of each internal cavity is formed by hydrogen atoms and oxygen atoms of the glycosidic bond; therefore this surface is completely hydrophobic. 空洞の独特の形状及び物理化学的特性は、シクロデキストリン分子が、空洞に取り付くことができる有機分子又は有機分子の一部を吸収すること(それとともに包接複合体を形成する)を可能にしている。 Unique shape and physical-chemical properties of the cavity, the cyclodextrin molecule, making it possible to absorb a portion of the organic molecule or organic molecules capable of attach the cavity (therewith to form an inclusion complex) there. 多数の悪臭分子及び香料分子をふくめて、多数の臭いのある分子が空洞に取り付くことができる。 Including many malodorous molecules and perfume molecules, molecules with a large number of odor may attach to the cavity. 従って、シクロデキストリン、特に異なった大きさの空洞を持つシクロデキストリン類の混合物は、反応性の官能基を含有していてもいなくてもよい芳しい有機物質の広域スペクトルにより生じる臭いを制御するのに用いることができる。 Therefore, cyclodextrins, and mixtures of cyclodextrins, especially with cavities of different sizes, to control odors caused by a broad spectrum of reactivity of good aromatic organic substance or may not contain functional groups it can be used. シクロデキストリンとにおいのある分子の複合体化は水の存在下で急速に起きる。 Complexation of molecules of cyclodextrin odor rapidly occurs in the presence of water. しかしながら、複合体形成の程度は、吸収される分子の極性にも依存する。 However, the extent of complex formation also depends on the polarity of the molecules is absorbed. 水溶液中では、親水性の強い分子(非常に水溶性であるもの)は部分的に吸収されるにすぎない。 In aqueous solution, the hydrophilic strong molecules (those which are highly water-soluble) are only partially absorbed. 従って、一部の極めて低い分子量の有機アミン及び酸が濡らした表面に低いレベルで存在する場合、シクロデキストリンはそれらとは効果的に複合体を形成しない。 Therefore, when present at low levels in some of the very low molecular weight organic amines and acids have wetted surface, cyclodextrin does not form effectively complex with them. しかしながら、水を除いた、例えば、表面を乾かしたとき、一部の低い分子量の有機アミン及び酸はさらに大きな親和性を有し、シクロデキストリンとさらに容易に複合体を作るようになる。 However, except for the water, for example, when dry the surface, organic amines and acids of some low molecular weight further has a greater affinity, so more easily make a complex with cyclodextrin. 【0306】 本発明の溶液を表面に適用したときにシクロデキストリンが様々な匂いの分子を吸収できるように、その溶液中のシクロデキストリンの中の空洞が、溶液中で本質的には満たされていない(シクロデキストリンが複合体を形成していないまま)ままであるべきである誘導体化されていない(通常の)β−シクロデキストリンは、室温にて約1.85%(100グラムの水の中に約1.85グラム)の溶解限度までのレベルで存在することができる。 [0306] The solution to absorb the molecules cyclodextrin of different odor when applied to the surface of the present invention, the cavity in the cyclodextrin in the solution is met essentially in solution not (as cyclodextrin uncomplexed) not in derivatized it should remain (usually) beta-cyclodextrin, in the about 1.85 percent (100 grams of water at room temperature It may be present at a level of up to the solubility limit of about 1.85 grams). β−シクロデキストリンは、水への溶解限度より高いシクロデキストリンのレベルを要求する成分では好ましくない。 β- cyclodextrin is not preferred in components requiring a higher level of cyclodextrin than the solubility limit in water. 誘導体化されていないβ−シクロデキストリンは、一般に誘導体化されたシクロデキストリンと相容性である好ましい界面活性剤のほとんどで表面活性に影響を及ぼすので、成分が界面活性剤を含有する場合、好ましくない。 β- cyclodextrin underivatized, since generally affect almost at the surface activity of the derivatized cyclodextrin and preferred surfactants are compatible, if component contains a surfactant, preferably Absent. 【0307】 好ましくは、本発明の水性クリーニング成分は透明である。 [0307] Preferably, the aqueous cleaning composition of the present invention is transparent. 本明細書に定義される「透明な」という用語は、約10cm未満の厚さを有する層を通して観察したときに、透明又は半透明、好ましくは「無色透明」の透明を意味する。 The term "transparent" as defined herein, when viewed through a layer having a thickness of less than about 10 cm, transparent or translucent, preferably means clear of "colorless and transparent". 【0308】 好ましくは、本発明で使用されるシクロデキストリンは、α−シクロデキストリン及び/又はそれらの誘導体、γ−シクロデキストリン及び/又はそれらの誘導体、誘導体化されたβ−シクロデキストリン、並びに/又はそれらの混合物のように、水溶性が高い。 [0308] Preferably, the cyclodextrins used in the present invention, alpha-cyclodextrin and / or their derivatives, .gamma.-cyclodextrin and / or derivatives thereof, derivatised β- cyclodextrin, and / or as the mixtures thereof, it is highly soluble in water. シクロデキストリン誘導体は主に、OH基のいくつかがOR基に変換された分子から成る。 Cyclodextrin derivatives are primarily composed of molecules which some OH groups are converted to OR groups. シクロデキストリン誘導体には、例えば、メチル化したシクロデキストリン、及びエチル化したシクロデキストリンのような短鎖アルキル基を有するシクロデキストリンであって、その際Rがメチル基又はエチル基であるシクロデキストリン;ヒドロキシプロピルシクロデキストリン及び/又はヒドロキシエチルシクロデキストリンのようなヒドロキシアルキル置換基を持つものであって、その際、Rは−CH 2 −CH(OH)−CH 3又は- CH 2 CH 2 −OHであるもの;マルトース結合のシクロデキストリンのような分枝状シクロデキストリン;2−ヒドロキシ−3−(ジメチルアミノ)プロピルエーテルを含有し、その際、RはpHの低い陽イオンであるCH 2 −CH(OH)−C The cyclodextrin derivatives, for example, cyclodextrins a cyclodextrin having a short-chain alkyl groups such as cyclodextrin and cyclodextrin, and ethylated were methylated, where R is methyl or ethyl; hydroxy It is those with hydroxyalkyl substituted groups, such as cyclodextrin and / or hydroxyethyl cyclodextrins, where, R represents -CH 2 -CH (OH) -CH 3 or - is CH 2 CH 2 -OH ones; branched cyclodextrin such as cyclodextrins maltose binding; containing 2-hydroxy-3- (dimethylamino) propyl ether, in which, R is a lower cation of pH CH 2 -CH (OH ) -C
2 −N(CH 32である陽イオンシクロデキストリン;例えば、2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピルエーテルクロリド基であって、その際RはCH 2 −CH(OH)−CH 2 −N + (CH 33 Cl -である四級アンモニウム; カルボキシメチルシクロデキストリン、シクロデキストリンサルフェート、 Cationic cyclodextrins H 2 -N (CH 3) is 2; for example, a 2-hydroxy-3- (trimethylammonio) propyl ether chloride groups, where R is CH 2 -CH (OH) -CH 2 -N + (CH 3) 3 Cl - quaternary ammonium is; carboxymethyl cyclodextrins, cyclodextrin sulfates,
及びシクロデキストリンスクシニレートのような陰イオンイオンシクロデキストリン;カルボキシメチル/四級アンモニウムシクロデキストリンのような両性シクロデキストリン;本明細書に参考として引用し組み入れた「シクロデキストリンの最小の化学修飾による最適な性能」("Optimal Performances with Minimal And anionic ion-cyclodextrin as cyclodextrin succinyl rate; best by the cited incorporated the "cyclodextrin minimum chemical modifications herein by reference; carboxymethyl / amphoteric cyclodextrins such as quaternary ammonium cyclodextrins such performance "(" Optimal performances with Minimal
chemical Modification of Cyclodextrins")、F.ダイダイニ−ピラード(F. chemical Modification of Cyclodextrins "), F Daidaini -. pillared (F.
Diedaini−Pilard)及びB. Diedaini-Pilard) and B. パーリー(B. Perly)、第7回国際シクロデキストリンシンポジウム要項集(1994年4月、49頁)に開示されたシクロデキストリンであって、その少なくとも1個のグルコピラノースユニットが3−6− Pearly (B. Perly), 7th International Cyclodextrin Symposium Guidelines Collection (April 1994, page 49) a cyclodextrin as disclosed in, at least one glucopyranose unit 3-6-
無水−シクロマルト構造、例えば、モノ−3−6−無水シクロデキストリンを有するシクロデキストリン;及びそれらの混合物が挙げられる。 Anhydride - Shikuromaruto structure, for example, cyclodextrins having a mono -3-6- anhydrous cyclodextrin; and mixtures thereof. その他のシクロデキストリンは、米国特許第3,426,011号(パーマータ(Parmerter)ら、1969年2月4日発行);第3,453,257号;第3,453,258 Other cyclodextrins are described in U.S. Patent No. 3,426,011 (Pamata (Parmerter) et al., Issued Feb. 4, 1969); No. 3,453,257; No. 3,453,258
号;第3,453,259号;及び第3,453,260号(全てパーマータ( Nos; No. 3,453,259; and No. 3,453,260 (all Pamata (
Parmerter)ら、全て1969年7月1日発行);第3,459,731号(グラメラ(Gramera)ら、1969年8月5日発行);第3,553,191号( Parmerter) et al., All issued Jul. 1, 1969); No. 3,459,731 (Guramera (Gramera) et al., Issued Aug. 5, 1969); No. 3,553,191 (
パーマータ(Parmerter)ら、1971年1月5日発行);第3,565,88 Pamata (Parmerter) et al., Issued Jan. 5, 1971); the first 3,565,88
7号(パーマータ(Parmerter)ら、1971年2月23日発行);第4,53 No. 7 (Pamata (Parmerter) et al., Issued Feb. 23, 1971); the first 4,53
5,152号(セトリ(Szejtli)ら、1985年8月13日発行);第4,6 No. 5,152 (Setori (Szejtli) et al, issued Aug. 13, 1985); the 4,6
16,008号(ヒライら、1986年10月7日発行);第4,678,59 No. 8,442 (Hirai et al., Issued Oct. 7, 1986); the first 4,678,59
8号(オギノら、1987年7月7日発行);第4,638,058号(ブランツ(Brandt)ら、1987年1月20日発行);及び第4,746,734号( No. 8 (Oginora, issued Jul. 7, 1987); No. 4,638,058 (Brandt (Brandt) et al., Issued Jan. 20, 1987); and No. 4,746,734 (
ツチヤマら、1988年5月24日発行)に開示されており、前記特許は全て参考として引用し、本明細書に組み入れる。 Tsuchiyama et al., Are disclosed in published May 24, 1988), all the patent is incorporated by reference, incorporated herein. 【0309】 水溶性の高いシクロデキストリンとは、水への溶解度が室温で100ml中の水に少なくとも約10g、好ましくは100ml中の水に少なくとも約20g、 [0309] The highly water-soluble cyclodextrin, at least about 10g water solubility of water in 100ml at room temperature, at least about 20g preferably in water in 100ml,
更に好ましくは室温で100ml中の水に少なくとも約25gであるシクロデキストリンである。 More preferably a cyclodextrin is at least about 25g of water in 100ml at room temperature. 可溶化非複合型のシクロデキストリンの利用可能度が、効果的及び効率的な匂いの調節性能に必須である。 Availability of cyclodextrin solubilized uncomplexed is essential in regulating the performance of effective and efficient odor. 可溶化された、水溶性シクロデキストリンは、表面に沈着されると非水溶性シクロデキストリンよりもさらに効率的な臭気制御性能を示すことができる。 Solubilized, water-soluble cyclodextrin can exhibit more efficient odor control performance than non-water-soluble cyclodextrin to be deposited on the surface. 【0310】 本明細書での使用に好適な好ましい水溶性シクロデキストリン誘導体の例は、 [0310] Examples of suitable preferred water-soluble cyclodextrin derivatives for use herein include,
ヒドロキシプロピルα−シクロデキストリン、メチル化α−シクロデキストリン、メチル化β−シクロデキストリン、ヒドロキシエチルβ−シクロデキストリン、及びヒドロキシプロピルβ−シクロデキストリンである。 Hydroxypropyl α- cyclodextrin, methylated α- cyclodextrin, methylated β- cyclodextrin, hydroxyethyl β- cyclodextrin, and hydroxypropyl β- cyclodextrin. ヒドロキシアルキルシクロデキストリン誘導体は好ましくは約1〜約14、さらに好ましくは約1. Hydroxyalkyl cyclodextrin derivatives preferably from about 1 to about 14, more preferably about 1.
5〜約7の置換度を有し、その際、シクロデキストリン当りのOR基の総数が、 5 has about 7 degrees of substitution, in which the total number of OR groups per cyclodextrin,
置換度として定義される。 It is defined as the degree of substitution. メチル化シクロデキストリン誘導体は通常、約1〜約18、好ましくは約3〜約16の置換度を有する。 Methylated cyclodextrin derivatives typically from about 1 to about 18, preferably from about 3 to about 16 degree of substitution. 既知のメチル化β−シクロデキストリンは、一般にDIMEBとして知られるヘプタキス−2,6−ジ−オー−メチル−β−シクロデキストリンであり、その際、各グルコース単位は、約1 Known methylated β- cyclodextrin, commonly heptakis-2,6-known as DIMEB - O - methyl -β- cyclodextrin, in which each glucose unit has about 1
4の置換度と共に約2のメチル基を有する。 About 2 methyl groups with 4 degrees of substitution. 好ましい、さらに市販されている、 Preferred are further commercially available,
メチル化β−シクロデキストリンは、通常約12.6の異なった置換度を有する、一般にRAMEBとして知られる、無作為にメチル化されたβ−シクロデキストリンである。 Methylated β- cyclodextrin, usually has a different degree of substitution of approximately 12.6, commonly known as RAMEB, a methylated β- cyclodextrin randomly. DIMEBは、好ましい界面活性剤の表面活性にRAMEBよりも大きく影響するので、RAMEBの方がDIMEBよりも好ましい。 DIMEB Since the impact greater than RAMEB the surface activity of the preferred surfactants, towards RAMEB is more preferred than DIMEB. 好ましいシクロデキストリンは、例えば、セレスター(Cerestar)USA社及びワッカーケミカルズ(Wacker Chemicals)社(米国)から入手可能である。 Preferred cyclodextrins are available, for example, from Cerestar (Cerestar) USA, Inc. and Wacker Chemicals (Wacker Chemicals) (USA). 【0311】 クリーニング成分においてシクロデキストリンの混合物を用いることが好ましいかもしれない。 [0311] It may be preferable to use a mixture of cyclodextrins in the cleaning component. かかる混合物は、さらに幅広い範囲の分子サイズを有するさらに幅広い範囲の芳しい分子と複合体化することによってさらに幅広く臭気を吸収する。 Such mixtures absorb more widely odors by further aromatic complexed with molecules of the wide range with a wider range molecular size. 好ましくは、シクロデキストリンの少なくとも一部分は、α−シクロデキストリン及び/又はその誘導体、γ−シクロデキストリン及び/又はその誘導体、及び/又は誘導体化されたβ−シクロデキストリンであり、さらに好ましくは、α−シクロデキストリン、又はα−シクロデキストリン誘導体と誘導体化されたβ−シクロデキストリンの混合物であり、さらに一層好ましくは、誘導体化されたα−シクロデキストリンと誘導体化されたβ−シクロデキストリンの混合物であり、最も好ましくは、ヒドロキシプロピルα−シクロデキストリンとヒドロキシプロピルβ−シクロデキストリンの混合物、及び/又はメチル化α−シクロデキストリンとメチル化β−シクロデキストリンの混合物である。 Preferably, at least a portion of the cyclodextrins is alpha-cyclodextrin and / or derivatives thereof, .gamma.-cyclodextrin and / or derivatives thereof, and / or derivatized β- cyclodextrin, more preferably, alpha- cyclodextrins, or α- mixture of cyclodextrin derivatives and derivatized β- cyclodextrin, even more preferably, a mixture of derivatized α- cyclodextrin derivatized β- cyclodextrin, most preferred is hydroxypropyl α- cyclodextrin hydroxypropyl β- cyclodextrin mixtures, and / or methylated α- cyclodextrin methylated β- mixture of cyclodextrins. 【0312】 特定の実施態様では、本発明のクリーニング成分は、通常の使用レベルで目に見える残留物が現れないように低レベルのシクロデキストリンを含有することが好ましい。 [0312] In certain embodiments, the cleaning composition of the present invention, it is preferable that visible residue in normal use levels contain low levels of cyclodextrin so as not to appear. 使用条件のもとで表面を処理するために使用されるクリーニング成分は、乾燥した場合、視覚的に識別できないのが好ましい。 Cleaning component used to treat the surface under usage conditions, when dried, preferably not be visually identified. 使用条件における使用組成物中のシクロデキストリンの通常レベルは、クリーニング成分の約0.01 Normal levels of cyclodextrin in the use composition in conditions of use, about the cleaning component 0.01
質量%〜約1質量%、好ましくは約0.05質量%〜約0.75質量%、さらに好ましくは約0.1質量%〜約0.5質量%である。 Wt% to about 1 wt%, preferably from about 0.05% to about 0.75 wt%, more preferably from about 0.1% to about 0.5% by weight. さらに高い濃度の成分は、 Further components of the high concentration of
許容し難い目に見える残留物を残す可能性がある。 It may leave residues that appear to unacceptable eyes. 【0313】 過酸化水素の発生源本物品のクリーニング成分は、さらなる消毒、静真菌及び殺真菌効果のために過酸化水素、又は過酸化水素の発生源を含有することができる。 [0313] Cleaning component sources the article of hydrogen peroxide, further disinfection and may contain a source of hydrogen peroxide, or hydrogen peroxide for the fungistatic and fungicidal effect. クリーニング成分の成分は過酸化水素の使用に実質的に適合性がある。 Component of the cleaning component is substantially compatible with the use of hydrogen peroxide. 好ましい過酸化水素には、過酸化ベンゾイル及び過酸化水素が挙げられる。 Preferred hydrogen peroxide, benzoyl peroxide and hydrogen peroxide. 本明細書における組成物の中で約0.05%〜約5%、さらに好ましくは約0.1%〜約3%、最も好ましくは約0.2%〜約1.5%のレベルにて任意で存在することができる。 About 0.05% to about 5% in the compositions herein, more preferably from about 0.1% to about 3%, at most preferably from about 0.2% to about 1.5% level it can be present in any. 【0314】 過酸化物が存在する場合、安定化システムを提供することが望ましい。 [0314] If the peroxide is present, it is desirable to provide a stabilization system. 好適な安定化システムは既知である。 Suitable stabilizing systems are known. 好ましい安定化システムは、クリーニング成分の約0.01質量%〜約0.5質量%、さらに好ましくは約0.01質量%〜約0 Preferred stabilizing system is from about 0.01% to about 0.5% by weight of the cleaning composition, more preferably from about 0.01% to about 0
. 25質量%、最も好ましくは約0.01質量%〜約0.1質量%のレベルで存在するラジカルスカベンジャー及び/又は金属キレート剤から成る。 25 wt%, and most preferably consists of radical scavengers and / or metal chelating agent present at a level of from about 0.01% to about 0.1 wt%. ラジカルスカベンジャーの例には、プロピルガレート、ブチル化ヒドロキシトルエン(BH Examples of radical scavengers, propyl gallate, butylated hydroxy toluene (BH
T)、ブチル化ヒドロキシアニソール(BHA)等のような酸化防止剤が挙げられる。 T), antioxidants such as butylated hydroxy anisole (BHA) and the like. 好適な金属キレート剤には、ジエチレントリアミンペンタ−アセテート、 Suitable metal chelating agents, diethylene triamine penta - acetate,
ジエチレントリアミンペンタ−メチレンホスフェート、ヒドロキシエチルジホスフェート等が挙げられる。 Diethylenetriamine penta - methylene phosphate, hydroxyethyl diphosphate and the like. 【0315】 増粘剤ポリマー本発明のクリーニング成分を増粘するために低レベルのポリマーを用いることができる。 [0315] can be used a low level of the polymer to thicken the cleaning components of the thickener polymers present invention. 一般に、増粘剤ポリマーのレベルは、製品の最終結果の特性を妨害しないようにできるだけ低く保つ。 In general, the level of the thickener polymer, kept so as not to interfere with the final result of the characteristics of the products as low as possible. 低濃度で使用すれば最終結果の特性も高めることができるので、キサンタンガムが特に好ましい増粘剤である。 Since the final results of characteristics when used in low concentration can also be increased, xanthan gum is particularly preferred thickener. 増粘ポリマー剤は、クリーニング成分の約0.001質量%〜約0.1質量%、さらに好ましくは約0.0025質量%〜約0.05質量%、最も好ましくは約0.005質量%〜約0.025質量%存在する。 Thickening polymer may vary from about 0.001% to about 0.1 wt% of the cleaning component, more preferably from about 0.0025% to about 0.05 wt%, and most preferably from about 0.005% to present from about 0.025 wt%. 【0316】 水性溶媒システム水性であるクリーニング成分は、成分の少なくとも約80質量%の水性溶媒、 [0316] Cleaning composition is an aqueous solvent system water is at least about 80 weight percent of the aqueous solvent components,
さらに好ましくは成分の約80質量%から99質量%を超える水性溶媒を含む。 More preferably comprises an aqueous solvent exceeding 99 wt% to about 80% by weight of the component.
水性成分は通常、ミセル形態であり、有意なミセルの膨潤を誘導する非水溶性成分を実質的なレベルで組み入れない。 Aqueous component is usually micellar form, does not incorporate a substantial level of non-water soluble components to induce swelling of the significant micelles. 【0317】 水性溶媒システムは、通常クリーニング性組成物に見られる低分子量で、高水溶性の溶媒、例えば、エタノール、イソプロパノール等を含むことができる。 [0317] Aqueous solvents system, a low molecular weight typically found in cleaning compositions, highly water-soluble solvents, for example, can include ethanol, isopropanol and the like. このような溶媒は、他の点で活性の低い成分に消毒特性を与えるために用いることができる。 Such solvents may be used to provide a disinfecting properties to lower component active in other respects. 加えて、香料の総レベルが極めて低い成分においてそれらは特に有用であることができる。 In addition, it is possible they are particularly useful total level of perfume is at very low component. 実際、高い揮発性の溶媒は、「揚力」を提供することができ、香料の特徴を高めることができる。 In fact, highly volatile solvents can provide "lift", it can enhance the characteristics of the perfume. 高い揮発性の溶媒は、存在する場合、通常、成分の約0.25質量%〜約5質量%、さらに好ましくは約0.5質量%〜 Highly volatile solvents, if present, usually about 0.25% to about 5% by weight of the component, more preferably from about 0.5% to
約3質量%、最も好ましくは約0.5質量%〜約2質量%存在する。 About 3 wt%, most preferably from about 0.5% to about 2%. かかる溶媒の例には、メタノール、エタノール、イソプロパノール、n−ブタノール、イソ−ブタノール、2−ブタノール、ペンタノール、2−メチル−1−ブタノール、 Examples of such solvents include methanol, ethanol, isopropanol, n- butanol, isobutanol - butanol, 2-butanol, pentanol, 2-methyl-1-butanol,
メトキシメタノール、メトキシエタノール、メトキシプロパノール、及びそれらの混合物が挙げられる。 Methoxymethanol, methoxyethanol, methoxy propanol, and mixtures thereof. 本発明のクリーニング成分は、その他の溶媒、特に、成分により創られる泡を実質的に軽減することができるパラフィン及びイソパラフィンも包含することができる。 Cleaning component of the present invention, other solvents, in particular, can include also paraffins and isoparaffins can substantially reduce the suds created by the composition. 【0318】 泡抑制剤本明細書で使用するのに好適なシリコーンの泡抑制剤は、いかなるシリコーン及びシリカ−シリコーン混合物も包含する。 [0318] Foam inhibitors suitable silicone for use in suds suppressors used herein, any silicone and silica - encompasses silicone mixture. シリコーンは一般に、アルキル化ポリシロキサン材料として表すことができるが、シリカは、通常、シリカエーロゲル及びキセロゲル及び種々のタイプの疎水性シリカによって例示される細かく分割された形態で用いられる。 Silicones generally can be represented as alkyl polysiloxane materials, silica is usually used in finely divided form is exemplified by silica aerogels and xerogels and various types of hydrophobic silica. 工業的慣習では、用語、「シリコーン」は、シロキサン単位及び種々のヒドロカルビル基を含有する、種々の相対的に高分子量のポリマーを含む総称となっている。 In industrial practice, the term "silicone" contain siloxane units and various hydrocarbyl groups, and has a generic term that includes a polymer of various relatively high molecular weight. 実際、シリコーン化合物は、当該技術で広範囲にわたって記載されており、例えば、米国特許第4,076,648号;同第4 Indeed, silicone compounds have been extensively described in the art, e.g., U.S. Patent No. 4,076,648; the fourth
,021,365号;同第4,749,740号;同第4,983,316号及び欧州特許:EP第150,872号;同第217,501号;及び同第499 , No. 021,365; the same No. 4,749,740; the first 4,983,316 Patent and European Patent: EP No. 150,872; the same No. 217,501; and the first 499
,364号を参照のこと。 , See No. 364. 前記特許はそれぞれ参考として本明細書に組み入れる。 It said patent each incorporated herein by reference. 好ましいのは、トリメチルシリル末端ブロック単位を有し、25℃にて5x1 Preference has trimethylsilyl end blocks, 5x1 at 25 ° C.
-52 /s〜0.1m 2 /sの粘度を有し、すなわち、nの値が40〜1500 0 -5 m 2 /s~0.1m has a viscosity of 2 / s, i.e., the value of n is from 40 to 1500
の範囲である、ポリジメチルシロキサンのようなポリジオルガノシロキサンである。 In the range of a polydiorganosiloxane such as polydimethylsiloxane. 容易に入手可能なこと及び相対的に低いコストのゆえに、これらが好ましい。 Because of readily be available and relatively low cost, it is preferred. 【0319】 本明細書のクリーニング成分において有用なシリコーン化合物の好ましい種類は、上記で開示された種類のアルキル化シロキサン及び固形状シリカの混合物を含む。 [0319] A preferred class of silicone compounds useful in the cleaning component herein comprises a mixture of the above disclosed type of alkylated siloxanes and solid silica. 固形状シリカは、燻蒸シリカ、沈殿シリカ又はゲル形成技法により作製されたシリカであってもよい。 Solid silica, fumed silica, it may be produced silica by precipitation silica or gel formation technique. シリカの上に直接結合するか又はシリコーン樹脂によってジアルキルシリル基及び/又はトリアルキルシラン基でシリカ粒子を処理することにより、シリカ粒子を疎水性にすることができる。 By treating the silica particles with a dialkyl silyl groups and / or trialkylsilane groups or by a silicone resin bonded directly onto the silica, the silica particles hydrophobic. 好ましいシリコーン化合物は、10mm〜20mmの範囲の粒子サイズ及び50m 2 /gを超える比表面積を有する疎水性のシラン化された、最も好ましくはトリメチルシラン化されたシリカを含む。 A preferred silicone compound was hydrophobic silanated having a specific surface area greater than the particle size and 50 m 2 / g in the range of 10 mm to 20 mm, most preferably silica, which is trimethyl silanized. 本発明に基づいた組成物に好適に用いられるシリコーン化合物は、平均粘度2x10 -42 /s〜1m 2 /sを有するシリコーン化合物で結果として生ずる総質量の1〜30質量%(さらに好ましくは2.0〜15質量%) Silicone compounds suitable for use in compositions according to the present invention have an average viscosity 2x10 -4 m 2 / s~1m 1~30 wt% of the total weight of the resulting silicone compound having a 2 / s (more preferably 2.0 to 15% by mass)
の範囲におけるシリカの量を有する。 With the amount of silica in the range of. 好ましいシリコーン化合物は、5x10 -32 /s〜0.1m 2 /sの範囲の粘度を有することができる。 Preferred silicone compounds may have a viscosity in the range of 5x10 -3 m 2 /s~0.1m 2 / s . 特に好適なのは、 Particularly preferred are,
2x10 -22 /s〜4.5x10 -22 /sの粘度を持つシリコーン化合物である。 2x10 is a silicone compound having a viscosity of -2 m 2 /s~4.5x10 -2 m 2 / s. 【0320】 本明細書で使用するのに好適なシリコーン化合物は、ローヌ・プーラン(Rhon [0320] Suitable silicone compounds for use herein include Rhone-Poulenc (Rhon
e Poulenc)、フエラー(Fueller)及びダウ・コーニングを含む種々の会社から市販されている。 e Poulenc), are commercially available from various companies including Fuera (Fueller) and Dow Corning. 本明細書で使用するためのシリコーン化合物の例は、双方ともダウ・コーニングから市販されているシリコーンDB(登録商標)100及びシリコーンエマルション2−3597(登録商標)である。 Examples of silicone compounds for use herein are both silicones available from Dow Corning DB (R) 100 and Silicone Emulsion 2-3597 (R). 【0321】 香料本物品のクリーニング成分に1以上の香料を包含してもよい。 [0321] may include one or more of the perfume in the cleaning component of the perfume the article. 本明細書で使用されるとき、香料は、主として嗅覚への寄与のために添加され、エタノールのような揮発性有機溶媒の使用によって補われることが多い香料の構成成分を包含する。 As used herein, perfume includes primarily be added for contribution to smell, the components of the perfume is often supplemented by the use of volatile organic solvents such as ethanol. 【0322】 ほとんどの硬質面洗剤製品はいくらかの香料を含有し、嗅覚の審美的な利益を提供し、製品が持つ可能性がある「化学的な」臭いのいかなるものも覆いかくす。 [0322] containing most of the hard surface cleaning products are some perfume to provide an aesthetic benefit of olfactory, the product is "chemically" possibly have hide also covers any of the smell. このような香料の極めて揮発性の高い、低く沸騰する(低い沸点を有する)香料成分の主な機能は、クリーニングされる表面のその後の臭いに影響を与えるよりもむしろ、製品それ自体の芳香を改善することである。 Such highly volatile perfumes, the main function of boiling (low with a boiling) perfume ingredients low, rather than impacting on the subsequent odor of the surface to be cleaned, the aroma of the product itself it is to improve. しかしながら、一部の揮発性が低く、沸点の高い香料成分は、表面に新鮮な且つ清浄な印象を提供することができ、成分が乾いた表面に沈着され、存在することが望ましいこともある。 However, some low volatility, high perfume ingredients having boiling point, can provide a fresh and clean impression to the surface, is deposited on the surface of the component is dried, it may be desirable to present. 【0323】 香料は好ましくは、染みや膜ができるのを最小限にとどめるためにさらに水溶性及び/又は揮発性であるものである。 [0323] Perfumes are preferably those that are further water-soluble and / or volatile to minimize the possible stains and films. 本明細書で有用な香料は、米国特許第5 Useful perfumes herein are described in U.S. Patent No. 5
,108,660号(1992年4月28日発行、マイケル(Michael))の、 , (Issued Apr. 28, 1992, Michael (Michael)) No. 108,660 of,
縦列8の48〜68行目、及び縦列9の1〜68行目、及び縦列10の1から2 48-68 line of column 8, and 1 to 68 line column 9, and from 1 to column 10 2
4行目にさらに詳細に記載されており、前記特許及び特に前記特別の部分を参考として組み入れる。 Fourth line are described in more detail in the incorporated patents and in particular the special part as a reference. 【0324】 香料成分は、芳香油、無水物、樹脂状物、樹脂、凝結物等のような天然産物、 [0324] perfume ingredients, essential oils, anhydrides, resin-like material, resin, natural products such as condensation, etc.,
及び/又は飽和及び不飽和化合物、脂肪族、炭素環式及び複素環式化合物を含む炭化水素類、アルコール類、アルデヒド類、ケトン類、エーテル類、酸類、アセタール類、ケタール類、ニトリル類等のような合成香料成分であってもよい。 And / or saturated and unsaturated compounds, aliphatic, hydrocarbons containing carbocyclic and heterocyclic compounds, alcohols, aldehydes, ketones, ethers, acids, acetals, ketals, such as nitriles or a synthetic perfume components such as. かかる香料成分の例は:グラニオール、グラニルアセテート、リナロール、リナリルアセテート、テトラヒドロリナロール、シトロネロール、シトロネリルアセテート、ジヒドロミルセロール、ジヒドロミルセニルアセテート、テルピネロール、テルピニルアセテート、2−フェニルレタノール、2−フェニルエチルアセテート、ベンジルアルコール、ベンジルアセテート、ベンジルサリシレート、ベンジルベンゾエート、スチラリルアセテート、アミルサリシレート、ジメチルベンジルカルビノール、トリクロロメチルフェニルカルビニルアセテート、p−第3 Examples of such perfume ingredients: Guranioru, Gras-yl acetate, linalool, linalyl acetate, tetrahydro linalool, citronellol, citronellyl acetate, Dihydromyrcenol roll, dihydro myrcenyl acetate, terpineol, terpinyl acetate, 2-phenyl-les pentanol, 2-phenylethyl acetate, benzyl alcohol, benzyl acetate, benzyl salicylate, benzyl benzoate, styrallyl acetate, amyl salicylate, dimethylbenzyl carbinol, trichloromethylphenyl carbinyl acetate, p- third
級. Grade. ブチル−シクロヘキシルアセテート、イソノニルアセテート、α−n−アミルシアナミックアルデヒド、α−ヘキシル−シンナミルアルデヒド、2−メチル−3−(p−第3級.ブチルフェニル)−プロパナール、2−メチル−3(p− Butyl - cyclohexyl acetate, isononyl acetate, alpha-n-amyl Ana aldehyde, alpha-hexyl - cinnamyl aldehyde, 2-methyl-3-(p-tertiary butyl phenyl.) - propanal, 2-methyl - 3 (p-
イソプロピルフェニル)プロパナール、3−(p−第3級.ブチルフェニル)プロパナール、トリシクロデセニルアセテート、トリシクロデセニルプロピオネート、4−(4−ヒドロキシ−4−メチルフェニル)−3−シクロヘキサンカルバアルデヒド、4−(4−メチル−3−ペンテニル)−3シクロヘキサンカルバアルデヒド、4−アセトキシ−3−ペンチル−テトラヒドロピラン、メチルジヒドロジャスモネート、2−n−ヘプチル−シクロペンタノン、3−メチル−2−ペンチル−シクロペンタノン、n−デカナール、n−ドデカナール、9−デセノール−1、フェノキシエチルイソブチレート、フェニルアセトアルデヒドアセタール、フェニルアセトアルデヒドジセチルアセタール、ゲラノニトリル、シトロネロニトリル、セドリ . Isopropylphenyl) propanal, 3- (p-tert-butylphenyl) propanal, tricyclodecenyl acetate, tricyclodecenyl propionate, 4- (4-hydroxy-4-methylphenyl) - 3-cyclohexane-carbaldehyde, 4- (4-methyl-3-pentenyl) -3 cyclohexane carbaldehyde, 4-acetoxy-3-pentyl - tetrahydropyran, methyl dihydro jasmonate, 2-n-heptyl - cyclopentanone, 3-methyl-2-pentyl - cyclopentanone, n- decanal, n- dodecanal, 9-decenol-1, phenoxyethyl isobutyrate, phenyl acetaldehyde acetal, phenylacetaldehyde dicetyl acetal, geranonitrile, Citrobacter Nero nitrile, Sedori アセテート、3−イソカンフィル−シクロヘキサノール、 Acetate, 3-Isokanfiru - cyclohexanol,
セドリルエーテル、イソロンギフォラノン、オーベピンニトリル、オーベピン、 Sedori ether, isobutyl Longhi follower La non, Obe pin nitrile, Obepin,
ヘリオトロピン、クマリン、ユージノール、バニリン、ジフェニルオキシド、ヒドロキシシトロネラール、イオノン類、メチルイオノン類、イソメチルイオノン類、イロン類、シス−3−ヘキサノール及びそのエステル類、インダン麝香、テトラリン麝香、イソクロマン麝香、大環状ケトン類、マクロラクトン麝香、エチレンブラシレート、芳香族ニトロ麝香である。 Heliotropin, coumarin, eugenol, vanillin, diphenyl oxide, hydroxy citronellal, ionones, methyl ionone compounds, iso-methyl ionone compounds, nylon compounds, cis-3-hexanol and its esters, indane musk, tetralin musk, isochroman musk , macrocyclic ketones, macrolactone musk, ethylene brassylate, aromatic nitro musk. 本明細書のクリーニング成分は通常、クリーニング成分の0.1質量%〜2質量%、好ましくは0.1質量%〜1 Cleaning component herein is typically 0.1 wt% to 2 wt% of the cleaning component, preferably 0.1 wt% to 1
質量%の香料成分又はその混合物を含む。 Containing mass% of a perfume ingredient, or mixtures thereof. 過酸化水素を含有する好ましい実施態様では、香料は、酸化物と適合性があるように選択しなければならない。 In a preferred embodiment containing hydrogen peroxide, fragrances must be chosen to be compatible with the oxide. 【0325】 1つの実行において、クリーニング成分の香料成分は、疎水性であり且つ揮発性が高く、例えば、約260℃未満、好ましくは約255℃未満;及びさらに好ましくは約250℃未満の沸点、及び少なくとも約3、好ましくは約3.1を超える、さらに一層好ましくは約3.2を超えるClogPを有する成分である。 [0325] In one execution, the perfume ingredients of the cleaning component, high is and volatile hydrophobic, for example, less than about 260 ° C., preferably less than about 255 ° C.; and more preferably less than about 250 ° C. boiling point, and at least about 3, preferably greater than about 3.1, even more preferably component having a ClogP of greater than about 3.2. 【0326】 多くの構成成分のlogPが報告されており、例えば、デイライトケミカルインフォーメーションシステム社(デイライトCIS、カリフォルニア州アーバイン)(Daylight Chemical Information Systems、Inc.;Daylight CIS)から入手できるポモナ92(Pomona92)データベースは、原文献からの引用に沿って多くのlogPを含有し得る。 [0326] have been many reports logP of constituents, for example, Daylight Chemical in formation Systems, Inc. (Daylight CIS, Irvine, California) (Daylight Chemical Information Systems, Inc; Daylight CIS.) Pomona 92, available from (Pomona92) database may contain many logP along quotations from the original literature. しかし、logP値は、最も簡単にはデイライトCISから入手できる「CLOGP」プログラムにより計算される。 However, logP value is calculated by the simplest available from Daylight CIS "CLOGP" program. このプログラムは、Pomona92データベースにあるデータの実験的なlogPの値も一覧にしている。 This program is in the list even experimental logP of the value of the data in the Pomona92 database. 「計算上のlogP」はハンスとレオ(Hansch and Leo)の断片アプローチによって決定する(本明細書に参考として組み入れるC. Hansch、 "LogP on the calculation" Hans and Leo (Hansch and Leo) is determined by the fragment approach of (C. Hansch, which is incorporated herein by reference,
PG Sammens、JB Taylor and CA Ramsden編のレオ著、「包括的医薬品化学」(Comprehensive Medicinal Chemistry)第4号(1990年)の中の29 PG Sammens, JB Taylor and CA Ramsden edited by Leo al., "Comprehensive Medicinal Chemistry" (Comprehensive Medicinal Chemistry) 29 in the No. 4 (1990)
5ページを参照のこと)。 See page 5). 分画法は、各構成成分の化学構造に基き、そして原子の数と種類、原子結合性及び化学結合を考慮する。 Fractionation method, based on the chemical structure of each component, and to consider the number and types of atoms, atomic bonding and chemical bonding. ClogP値は、最も信頼でき、且つ物理化学的特性の評価に広く用いられており、好ましくは本発明で有用な主溶媒成分の選択において実験的logP値の代わりに用いられる。 ClogP values ​​are the most reliable and widely used in the evaluation of the physico-chemical properties, preferably used instead of the experimental logP values ​​in the selection of useful primary solvent component in the present invention. Clog Clog
Pを計算するのに用いることができるその他の方法には、例えば、クリッペン( Other methods that can be used to calculate P, for example, Crippen (
Crippen)の1987年のJ. J. of 1987 Crippen) Chem. Chem. Inf. Inf. Comput. Comput. Sci27巻21ページで開示された断片化法;ビスワナダム(Viswanadhan)の1989年のJ. Sci27 Volume 21 fragmented method disclosed in page; J. of 1989 Bisuwanadamu (Viswanadhan) Chem. Chem. Inf. Inf. Comput. Comput. Sci29巻の163ページで開示された断片化法;及びブロト(Broto)の1984年のEur. Sci29 fragmentation method as disclosed in page 163 of Volume; and Eur 1984 Brod (Broto). J. J. Med. Med. Ch Ch
em. em. −Chim. -Chim. Theor. Theor. 19巻71ページで開示された方法が挙げられる。 19 Volume 71 method disclosed in page and the like. 【0327】 洗浄性ビルダー硬質面洗剤で有効であり、決定的なレベルで膜形成やストリーキングを軽減する洗剤ビルダーもクリーニング成分に包含されてもよい。 [0327] is effective in detergency builders hard surface detergent, detergent builder to reduce film formation or streaking a critical level may also be included in the cleaning component. 好ましい洗剤ビルダーは、ポリカルボン酸の開示の部分として前に記載した、クエン酸及び酒石酸を含むカルボン酸である。 Preferred detergent builders are described above as part of the disclosure of the polycarboxylic acid is a carboxylic acid containing citric acid and tartaric acid. 酒石酸はクリーニング性を改善し、洗剤ビルダーが硬質面洗剤に添加された場合、通常生じる膜形成/ストリーキングの問題を最小限にとどめることができる。 Tartaric acid improves cleaning properties, if the detergent builder is added to hard surface detergent normal film formation / streaking problems arising can be minimized. 【0328】 洗剤ビルダーは洗剤形成を提供するレベルにて存在し、前述した酸性pHの調整部分でないものは、通常、クリーニング成分の約0.01質量%〜約0.3質量%、さらに好ましくは約0.005質量%〜約0.2質量%、最も好ましくは約0.05質量%〜約0.1質量%のレベルで存在する。 [0328] Detergent builders are present at levels that provide detergent formation, are those that are not adjusted portion of the acidic pH as described above, usually about 0.01% to about 0.3 wt% of the cleaning component, more preferably about 0.005 wt% to about 0.2 wt%, and most preferably from about 0.05% to about 0.1 wt%. 【0329】 緩衝剤本物品のクリーニング成分は、洗剤組成物について公知であるその他の種々の付加的成分も含有することができる。 [0329] Cleaning components of the buffer The article may also contain various other additional components known for detergent compositions. 好ましくは、それらは、許容し難い膜形成/ストリーキングを生じるレベルでは使用されない。 Preferably, they are not used at levels that cause unacceptable film / streaking. 緩衝剤は本適用において重要な部類の付加的成分である。 Buffering agent is an additional component of the important class in this application. これは主として、用いられる活性物質が低レベルである結果として存在する。 This is mainly active substances used are present as a result is low. 理想的な緩衝剤システムは、ストリーキング/膜形成を招かない一方で、所望の狭い範囲にわたってpHを維持する。 An ideal buffer system, while does not cause streaking / film formation, maintaining the pH over a desired narrow range. 本発明の背景において好ましい緩衝液は、揮発性が高く、しかも使用中、クリーニング性利益を提供することができるものである。 Preferred buffers in the context of the present invention, highly volatile, yet in use, is capable of providing cleanability benefits. それ自体、揮発性の低い相当する緩衝剤よりも高いレベルでそれを使用することができるという点でそれらは有利である。 Itself, they are advantageous in that it can be used at higher levels than the buffer corresponding low volatility.
かかる緩衝剤は、低分子量、すなわち、約150g/モル未満を有する傾向があり、一般に1を超えない水酸基を含有する傾向がある。 Such buffers include, low molecular weight, i.e., tend to have less than about 150 g / mol, tend to contain generally no more than one hydroxyl group. 好ましい緩衝剤の例には、アンモニア、メタノールアミン、エタノールアミン、2−アミノ−2−メチル−1−プロパノール、2−ジメチルアミノ−2−メチル−1−プロパノール、酢酸、グリコール酸等が挙げられる。 Preferred examples of buffers include ammonia, methanol amine, ethanol amine, 2-amino-2-methyl-1-propanol, 2-dimethylamino-2-methyl-1-propanol, acetic acid, glycolic acid. このうち最も好ましいのは、アンモニア、2 Most preferred are ammonia these, 2
−ジメチルアミノ−2−メチル−1−プロパノール及び酢酸である。 - dimethylamino-2-methyl-1-propanol and acetic acid. 使用する場合、このような緩衝剤は約0.005%〜約0.5%で存在し、さらに揮発性の高い化合物については、さらに高いレベルがさらに好ましい。 When used, such buffering agents are present at about 0.005% to about 0.5%, for higher volatile compounds, more preferably a higher level. 【0330】 非揮発性の緩衝剤も本発明で使用することができる。 [0330] Non-volatile buffers can also be used in the present invention. かかる緩衝液は、ストリーキング/膜形成が増加する傾向にあるので、一般に好ましいレベルよりも低いレベルで使用しなければならない。 Such buffers, because it tends to streaking / film formation is increased, must be used at lower levels than generally preferred level. かかる緩衝剤の例には、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム及び重炭酸カリウム、1、3−ビス(アミノメチル)シクロヘキサン、クエン酸ナトリウム、クエン酸、マレイン酸、酒石酸等が挙げられるが、これに限定されない。 Examples of such buffers include sodium carbonate, potassium carbonate and potassium bicarbonate, 1,3-bis (aminomethyl) cyclohexane, sodium citrate, citric acid, maleic acid, tartaric acid and the like, but not limited to . 表面の損傷を誘発しない傾向のために、マレイン酸が緩衝液として特に好ましい。 For tendency not to induce surface damage, maleic acid is particularly preferred as the buffer. 登録されたEPA活性物質として抗菌利益を提供するので、 Since providing antimicrobial benefits as EPA actives registered,
クエン酸も望ましい。 Citric acid is also desirable. 加えて、親水性ポリマーを含むクリーニング成分では、特に本物品が日常のシャワーによるクリーニングに用いられる場合、酸性度は、さらに良好な濡れを提供し、長く継続する「シーティング」効果を提供することが見い出されている。 In addition, the cleaning component comprising a hydrophilic polymer, particularly when the article is used in cleaning by daily shower, acidity, can provide a better wetting, providing "sheeting" effect is long lasting It has been found. 使用する場合、非揮発性の緩衝剤は、組成物の約0.001 When used, the non-volatile buffering agent is about of the composition 0.001
質量%〜約0.05質量%にて存在する。 Present at weight percent to about 0.05 weight percent. 【0331】 その他の付加的成分の非限定例は:それらが、膜形成/ストリーキングに有害に影響しないという条件で、プロテアーゼのような酵素;トルエンスルホン酸ナトリウム、クメンスルホン酸ナトリウム及びキシレンスルホン酸カリウムのようなヒドロトロープ;約0.01%〜約0.5%、好ましくは約0.01%〜約0 [0331] Non-limiting examples of other additional ingredients: they, with the proviso that not deleteriously affect film formation / streaking, enzymes such as proteases; sodium toluenesulfonate, sodium potassium cumene sulfonate and xylene sulfonate hydrotropes, such as, from about 0.01% to about 0.5%, preferably from about 0.01% to about 0
. 1%のレベルでの親水性ポリマー以外の増粘剤;及び着色剤のような審美性を高める成分である。 1% non-hydrophilic polymer at the level of thickener; and a component to improve the aesthetics, such as coloring agents. 【0332】 防腐剤及び抗菌剤防腐剤を用いることができ、家事用途が意図される物品、特に高いレベルの水を含有する物品の多数の有益成分において必要とされてもよい。 [0332] can be used preservatives and antimicrobial agents preservatives, articles housework application is intended, it may be required in a number of beneficial components of an article containing a particularly high level of water. 防腐剤の例には、アンガスケミカル(Angus chemical)(米国、イリノイ州、ノースブルーク、 Examples of preservatives, Angus Chemical (Angus chemical) (United States, Illinois, North Bourke,
サンダーロード211番地)により販売されているブロノポール、ヘキシチジンが挙げられる。 Bronopol, which is sold by Thunder Road 211 address), include the Hekishichijin. その他の防腐剤には、カトン、2−((ヒドロキシメチル)(アミノ)エタノール、プロピレングリコール、ヒドロキシメチルアミノ酢酸ナトリウム、ホルムアルデヒド及びグルタールアルデヒド、ジクロロ−s−トリアジントリオン、トリクロロ−s−トリアジントリオン、及びジオクチルジメチルアンモニウムクロリド、ジデシルジメチルアンモニウムクロリド、C 12 、C 14及びC Other preservatives, Kathon, 2 - ((hydroxymethyl) (amino) ethanol, propylene glycol, hydroxymethyl amino sodium acetate, formaldehyde and glutaraldehyde, dichloro -s- triazine trione, trichloro -s- triazine trione, and dioctyl dimethyl ammonium chloride, didecyl dimethyl ammonium chloride, C 12, C 14 and C 16のジメチルベンジルを含む第四級アンモニウム塩が挙げられる。 Quaternary ammonium salts containing 16 dimethyl benzyl and the like. 好ましい防腐剤には、アビシアケミカルズ(Avicia Chemicals)(19897デラウエア州、 Preferred preservatives, Avecia Chemicals (Avicia Chemicals) (19897 Delaware,
ウィルミントン)により販売されている1,2−ベンジソチアゾリン−3−オン及びポリヘキサメチレンビグアニド並びにアルドリッチ−シグマ(Aldrich−Sig Sold by Wilmington) 1,2-benzylidene Seo thiazoline-3-one and polyhexamethylene biguanide and Aldrich - Sigma (Aldrich-Sig
ma)(1001 West Saint Paul Avenue、 Milwaukee、 WI 53233ウィスコンシン州、ミルウォーキー、ウエストセイントポールアベニュー1001番地)により販売されているクロルヘキシジンジアセテート、アークケミカルズ(Ar ma) (1001 West Saint Paul Avenue, Milwaukee, WI 53233 Wisconsin, Milwaukee, chlorhexidine diacetate sold by West Saint Paul Avenue address 1001), Arc Chemicals (Ar
ch Chemicals)(06856コネチカット州、ノルウォーク、メリットセブン5 ch Chemicals) (06856 Connecticut, Norwalk, merit Seven 5
01番地私書箱5204)により販売されているピリチオンナトリウムが挙げられる。 Sodium pyrithione sold by 01 address PO Box 5204) can be mentioned. 使用する場合、防腐剤は約0.0001%〜約0.01%の濃度にて優先的に存在する。 When used, preservatives are present preferentially at a concentration of about 0.0001% to about 0.01%. このような同一の防腐剤が、表面において抗菌制御を提供するように機能することができるが、通常、約0.005〜約0.1%のさらに高いレベルでの使用を必要とする。 Such same preservatives, can function to provide antibacterial control on the surface, usually requires the use of at higher levels of from about 0.005 to about 0.1%. 第四級アンモニウム塩を含むその他の抗菌剤も存在することができるが、高いレベル、すなわち、約0.05%より高いレベルでは、本発明の背景において好ましくない。 Can be also other antimicrobial agents including quaternary ammonium salts are present, a high level, i.e., at greater than about 0.05% level, unfavorable in the context of the present invention. かかる化合物は、好ましいポリマーの利点を妨害することが頻繁に見い出される。 Such compounds are frequently found to interfere with the benefits of the preferred polymers. 特に、第四級アンモニウム界面活性剤は硬質表面を疎水的に修飾する傾向がある。 In particular, quaternary ammonium surfactants tend to hydrophobically modify hard surfaces. 従って、十分な濃度の第四級アンモニウム界面活性剤を含む組成物では、好ましいポリマーは有効でないことが判っている。 Thus, in a composition comprising a quaternary ammonium surfactant sufficient concentration, preferred polymers have been found to be ineffective. ラウリルベタイン及びココアミドベタインを含む両性イオン系界面活性剤を用いて同様の結果が見い出されている。 It is found similar results with zwitterionic surfactants comprising lauryl betaine and cocoamidopropyl betaine. 存在する場合、陽イオン系又は両性イオン系界面活性剤のレベルは、約0.1%より低く、好ましくは約0.05% When present, the level of cationic or zwitterionic surfactant is lower than about 0.1%, preferably from about 0.05%
より低くすべきである。 It should be lower. オルソベンジル−パラ−クロロフェノールのようなさらに疎水性の抗菌剤/殺菌剤は避けられる。 Ortho benzyl - para - more hydrophobic antimicrobial agents / bactericides, such as chlorophenol is avoided. 存在する場合、かかる物質は約0.0 If present, such materials from about 0.0
5%未満のレベルに保つべきである。 It should be kept to a level of less than 5%. 【0333】 本発明の物品に包含するのに好適な追加的成分 追加の層特定の実施態様では、本発明の物品は、当業者が積層ウェブから分離した及び識別可能であると認識するであろう1以上の追加の層を含んでもよい。 [0333] In additional preferred ingredients additional layers specific embodiments for inclusion in the articles of the present invention, an article of the present invention, der recognize that those skilled in the art can be isolated and identified from laminate web They comprise wax 1 or more additional layers may be. かかる追加の層は、本物品の実質性を補うことによって物品の有効性を助けてもよい。 Such additional layers may assist in the efficiency of the article by supplementing the substantiality of the article. パーソナルケアの背景では、追加の層は、クリーニングされるべき及び/又は調子が整えられるべき領域に接する物品の面の柔らかい感触を高めるのに好適である。 In the context of personal care, additional layers are suitable for enhancing the soft feel of the surface of the article in contact with the cleaned are to and / or tone to is trimmed region. 好適な追加の層は、積層ウェブの好適な層として上記で議論した材料のいかなるものも包含する。 Suitable additional layers include any one of the materials discussed above as suitable layer of the laminated web. 【0334】 不織布は、本発明にとって好ましい追加の層である。 [0334] nonwoven fabric, the preferred additional layer for the present invention. 本発明において有用な、 Useful in the present invention,
合成材料でできた好適な不織布は、広範な市販品から入手することもできる。 Suitable nonwoven made of synthetic material can also be obtained from a wide variety of commercial products. 積層ウェブの層のために本明細書で有用な好適な材料の非限定例には、約50%レーヨンと50%ポリエステルを含有する、水で巻き込んだ孔のある素材で、平方メートル当たり約61グラム(gsm)の坪量を有し、ベラテック社(Veratech Nonlimiting examples of useful suitable materials herein for laminate web layer contains about 50% rayon and 50% polyester, a material with involving's hole with water, about 61 grams per square meter has a basis weight of (gsm), Beratekku Inc. (Veratech
. Inc、Walpole)から入手可能なHEF40−047;MAHEF140−10 . Inc, Walpole), available from HEF40-047; MAHEF140-10
2(約50%レーヨンと50%ポリエステルを含有し、水で巻き込んだ孔のある素材で、約67gsmの坪量を有し、上記のベラテック社から販売されている) 2 (containing about 50% rayon and 50% polyester, a material with involving's hole with water, it has a basis weight of about 67Gsm, sold from the above Beratekku Co.)
;ノボネット(Novonet)(登録商標)149−616、(約100%ポリプロピレンを含有し、熱で接合した格子模様の素材で、約60gsmの坪量を有し、 ; Nobonetto (Novonet) (registered trademark) 149-616, contains (about 100% polypropylene, a material of the lattice pattern bonded by heat, it has a basis weight of about 60 gsm,
上記のベラテック社から販売されている);ノボネット(登録商標)149−8 Sold from the above Beratekku Co.); Nobonetto (R) 149-8
01、(約69%レーヨン、約25%ポリプロピレン、及び約6%綿を含有し、 01, contains (about 69% rayon, about 25% polypropylene, and about 6% cotton,
熱接合した格子模様の素材で、約90gsmの坪量を有し、上記のベラテック社から販売されている);ノボネット(登録商標)149−191、(約69%レーヨン、約25%ポリプロピレン、及び約6%綿を含有し、熱接合した格子模様の素材で、約120gsmの坪量を有し、上記のベラテック社から販売されている);HEFナブテックス(Nubtex)(登録商標)149−801、(約100 A material of thermal bonding the grid pattern has a basis weight of about 90 gsm, available from above Beratekku Co.); Nobonetto (R) 149-191, (about 69% rayon, about 25% polypropylene, and contained about 6% cotton, a material of thermal bonding the grid pattern has a basis weight of about 120 gsm, available from above Beratekku Co.); HEF NAVTEX (Nubtex) (registered trademark) 149-801, (about 100
%ポリエステルを含有し、叩いて水で巻き込んだ穴のある素材で、約84gsm % Polyester containing, a material with holes that engulfed with water banging, about 84gsm
の坪量を有し、上記のベラテック社から販売されている);キーバック(Keybak Has a basis weight, available from the above Beratekku Co.); key back (Keybak
)(登録商標)951V、(約75%レーヨン、約25%アクリル繊維を含有し、乾燥した孔のある素材で、約51gsmの坪量を有し、チコピー(Chicopee, ) (R) 951V, (about 75% rayon, contained about 25% acrylic fibers, a material with a dry hole, having a basis weight of about 51Gsm, Chicopee (Chicopee,
New Brunswick, NJ)から入手できる);キーバック(登録商標)1368、 New Brunswick, available from NJ)); key back (registered trademark) 1368,
(約75%レーヨン、約25%ポリエステルを含有し、孔のある素材で、約47 (About 75% rayon, containing about 25% polyester, at a pore material, about 47
gsmの坪量を有し、上記のチコピーから入手できる);デュラレース(Durala Has a basis weight of gsm, available from the Chicopee); Dura Race (Durala
ce)(登録商標)1236、(約100%レーヨンを含有し、水で巻き込んだ孔のある素材で、約48〜約138gsmの坪量を有し、上記のチコピーから入手できる);デュラレース(登録商標)5904、(約100%ポリエステルを含有し、水で巻き込んだ孔のある素材で、約48〜約138gsmの坪量を有し、 ce) (registered trademark) 1236, containing (about 100% rayon, a material with involving's hole with water, has a basis weight of about 48 to about 138Gsm, available from the Chicopee); Dura race ( R) 5904, (containing about 100% polyester, a material with involving's hole with water, has a basis weight of about 48 to about 138Gsm,
上記のチコピーから入手できる);チコピー(Chicopee)(登録商標)5763 Available from the above Chicopee); Chicopee (Chicopee) (registered trademark) 5763
、(梳いて、水で孔を作った素材で(インチ当たり8x6の孔、センチ当り3x (Combed, in material that made the hole with water (holes per inch 8x6, centimeter per 3x
2の孔)、70%レーヨンと30%ポリエステル、及び任意選択で5質量%までのラテックス結合剤(アクリレート又はEVAを基にした)を含有し、約60〜 2 holes), and containing 70% rayon and 30% polyester, and latex binders up to 5 mass%, optionally (based on a acrylate or EVA), about 60
約90gsmの坪量を有し、チコピーから入手できる);チコピー(登録商標) Has a basis weight of about 90 gsm, available from Chicopee); Chicopee (R)
9900シリーズ(例えば、チコピー9931−62gsm、50/50のレーヨン/ポリエステル、及びチコピー9950−50Gsm、50/50のレーヨン/ポリエステル)(梳いて水で巻き込んだ素材で、50%のレーヨン/50% 9900 series (for example, Chicopee 9931-62gsm, 50/50 of rayon / polyester, and Chicopee 9950-50Gsm, 50/50 rayon / polyester) (a material that engulfed with water combed, 50% rayon / 50%
のポリエステルから0%のレーヨン/100%のポリエステル又は100%のレーヨン/0%のポリエステルの繊維組成物を含有し、約36gsmから約84g Containing fiber composition rayon / 0% polyester from the polyester 0% rayon / 100% polyester or 100%, from about 36gsm to about 84g
smの坪量を有し、チコピーから入手できる);ソンタラ(Sontara)8868 Has a basis weight of sm, available from Chicopee); Sontara (Sontara) 8868
、(水で巻き込んだ素材で、約50%のセルロースと約50%のポリエステルを含有し、約72gsmの坪量を有し、デュポンケミカル社から入手できる)が挙げられる。 (A material engulfed with water, containing about 50% cellulose and about 50% polyester, having a basis weight of about 72 gsm, available from Dupont Chemical Co., Ltd.). 好ましい不織布基材材料は、約24gsm〜約96gsm、更に好ましくは約36gsm〜約84gsm、及び最も好ましくは約42gsm〜約78 Preferred nonwoven substrate materials, about 24gsm~ about 96Gsm, more preferably from about 36gsm~ about 84Gsm, and most preferably from about 42gsm~ about 78
gsmの坪量を有する。 Having a basis weight of the gsm. 【0335】 追加の層は、1996年3月27日に公開された欧州特許出願第EP7025 [0335] additional layer, it was published on March 27, 1996, European Patent Application No. EP7025
50A1号に記載されたようなポリマーの網目状スポンジを含んでもよく、これは全て参考として本明細書に組み入れる。 It may include a reticulated sponge polymers, as described in JP 50A1, which is incorporated herein all reference. このようなポリマーの網目状スポンジは、ナイロン又は、オレフィンモノマーの付加ポリマー及びポリカルボン酸のポリアミド等の、強く柔軟性のあるポリマーから作られた、押し出して管状に網目加工したメッシュの、多数の層を含む。 Reticulated sponge of such polymers, nylon or polyamide, such as addition polymers and polycarboxylic acids olefin monomers, made from strong flexible polymer, the meshes mesh processed into a tubular extruded, multiple including the layers. 【0336】 上記追加の層はまた、成形フィルム及び複合材料、即ち多数の材料を含有する成形フィルムを含むこともできる。 [0336] The additional layers may also molded film and composite materials, i.e. can also include forming film containing a large number of materials. 好ましくは、このような成形フィルムは、肌にソフトな傾向のあるプラスチックを含む。 Preferably, such formed films comprise plastics with a soft tendency to skin. 好適な柔らかいプラスチック成形フィルムとしては、低密度ポリエチレン(LDPE)等のポリオレフィンが挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable soft plastic formed films include but are polyolefins such as low density polyethylene (LDPE), but are not limited to. 追加の層がプラスチックの成形フィルムを含むような、かかる場合では、層が液体透過性であるように層が有孔である、例えば大型の孔を持つ又は微細な孔を持つことが好ましい。 Additional layers such as those containing molded film of plastic, in such a case, the layer as the layer is liquid permeable is perforated, for example, preferably has a with or fine pores large pores. 1つの実施態様では、層は、微細な孔のみを有するプラスチックで形成されたフィルムを含む。 In one embodiment, the layer comprises a formed plastic having only fine pores film. もう1つの実施態様において、追加の層は微細な孔及び大型の孔の両方を有するプラスチック成形フィルムを含む。 In another embodiment, the additional layer comprises a plastic formed film which has both fine holes and large holes. かかる実施態様において、層は、そのような微細な孔を有するフィルムの布様の感触が与えられる、クレンジングされる及び/又は治療的に処置される領域に接触するのに適合する。 In such embodiments, the layer is adapted to contact the area feel cloth-like is given, that is to cleansed by and / or therapeutically treating a film having such fine pores. 好ましくは、このような実施態様において、微細な孔の表面変形は、追加の層の大型の孔の表面変形の反対に面する。 Preferably, in such embodiments, the surface modification of fine holes faces the opposite surface deformation of the large holes in the additional layer. このような例において、表面変形から形成される三次元の厚さによって、大型の孔は物品全体が濡れて泡立つのを最大にし、表面変形は物品を使用する間に一定に圧縮・減圧されて、泡立ったじゃばら状のものを作ると考えられる。 In such an example, the three-dimensional formed from the surface modified thickness, large pores to maximize bubbling of the wet the entire article surface deformation is compressed, decompression constant during the use of the article , it is considered to make things bellows of the foamed. 【0337】 いかなる場合においても、成形フィルムを含む追加の層は、好ましくは少なくとも約100個の孔/cm 2 、更に好ましくは少なくとも500個の孔/cm 2 [0337] In any case, the additional layer containing the formed film is preferably at least about 100 holes / cm 2, more preferably at least 500 holes / cm 2,
一層更に好ましくは少なくとも約1000個の孔/cm 2 、及び最も好ましくは少なくとも約1500個の孔/cm 2の基材の孔を有する。 Even more preferably at least about 1000 holes / cm 2, and most preferably at least about 1,500 apertures / cm 2 of the substrate hole. 本発明の更に好ましい実施態様は、約5cm 3 /cm 2 /秒〜約70cm 3 /cm 2 /秒、更に好ましくは約10cm 3 /cm 2 /秒〜約50cm 3 /cm 2 /秒及び最も好ましくは約15 A further preferred embodiment of the present invention is from about 5cm 3 / cm 2 / sec to about 70cm 3 / cm 2 / sec, more preferably from about 10cm 3 / cm 2 / sec to about 50cm 3 / cm 2 / sec, and most preferably ~ about 15
cm 3 /cm 2 /秒〜約40cm 3 /cm 2 /秒の水の流速を有する不織布層を包含する。 encompasses non-woven layer having a flow rate of cm 3 / cm 2 / s to about 40cm 3 / cm 2 / sec of water. 【0338】 本発明の不織布層で有用な好適な成形フイルム及び成形フイルムを含有する複合材料には、それぞれその全体を参考として本明細書に組み入れる、米国特許第4,342,314号(1982年8月3日発行、ラデル(Radel)ら)、一般に譲渡された米国特許同時係属出願出願番号第08/326,571号及びPC [0338] The composite materials containing useful suitable molding film and molded film with nonwoven layer of the present invention, respectively incorporated herein by reference in its entirety, U.S. Pat. No. 4,342,314 (1982 August 3 issued Radel (Radel) et al), commonly assigned U.S. patent co-pending application Ser. No. 08 / 326,571 Patent and PC
T出願第US95/07435号1995年6月12日に出願され、及び199 T Application No. US95 / 07,435 filed June 12, 1995, and 199
6年1月11日に公開された)、及び米国特許第4,629,643号(198 It was published on January 11, 1994), and US Patent No. 4,629,643 (198
6年12月16日発行、クロー(Curro)ら)で開示されるものが挙げられるが、これに限定されない。 Issue 6, December 16, include those disclosed in claw (Curro) et al), but is not limited thereto. その上、不織布層は、少なくとも1つの成形フィルム及び少なくとも1つの不織布を含み、その際、層が真空で形成される成形フィルム複合材料であってもよい。 Furthermore, the nonwoven layer comprises at least one formed film and at least one nonwoven, where, it may be a formed film composite material layers are formed by vacuum. 好適な成形フィルム複合材料としては、坪量が30g Suitable formed films composite basis weight 30g
smの梳いて毛羽立たせたポリプロピレンの不織布を成形フィルムと結合させることによって形成される真空積層複合成形フィルム材料が挙げられるが、これらに限定されない。 Vacuum laminated composite formed film material formed by causing the polypropylene nonwoven fabric fluffed carded a sm coupled with formed films include, but are not limited to. 【0339】 追加の層に好適なもう1つの好ましい材料は、詰綿である。 [0339] Another suitable additional layer preferred material is wadding. 好ましくは、かかる詰綿は合成材料を含んでいる。 Preferably, such wadding includes a synthetic material. 本明細書で使用するとき、「合成」とは、これらの材料が主として種々の人造材料又は更に改変されている天然材料から得られることを意味する。 As used herein, the term "synthetic" is meant that these materials are derived from natural materials that are primarily various artificial materials or further modified. 適当な合成材料にはアセテート繊維、アクリル繊維、セルロースエステル繊維、アクリル系繊維、ポリアミド繊維、ポリエステル繊維、ポリオレフィン繊維、ポリビニルアルコール繊維、レーヨン繊維、ポリエチレンフォーム、ポリウレタンフォーム及びこれらの組み合わせが含まれるが、これらに限定されない。 Acetate fibers Suitable synthetic materials, acrylic fibers, cellulose ester fibers, acrylic fibers, polyamide fibers, polyester fibers, polyolefin fibers, polyvinyl alcohol fibers, rayon fibers, polyethylene foam, including but polyurethane foam, and combinations thereof, but it is not limited to these. 好ましい合成材料、特に繊維はナイロン繊維、レーヨン繊維、ポリオレフィン繊維、ポリエステル繊維及びこれらの組み合わせからなる群から選択することができる。 Preferred synthetic materials, particularly fibers may be selected from nylon fiber, rayon fiber, polyolefin fiber, the group consisting of polyester fibers and combinations thereof. 好ましいポリオレフィン繊維は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリブチレン、ポリペンテン、並びにこれらの組み合わせ及びコポリマーから成る群より選択される繊維である。 Preferred polyolefin fibers are polyethylene, polypropylene, polybutylene, polypentene, and fibers selected from the group consisting of combinations and copolymers. より好ましいポリオレフィン繊維は、ポリエチレン、ポリプロピレン、並びにこれらの組み合わせ及びコポリマーから成る群より選択される繊維である。 More preferred polyolefin fibers are polyethylene, polypropylene, and fibers selected from the group consisting of combinations and copolymers. 好ましいポリエステル繊維は、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリシクロヘキシレンジメチレンテレフタレート、並びにこれらの組み合わせ及びコポリマーから成る群より選択される繊維である。 Preferred polyester fibers are polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, poly-cyclohexylene dimethylene terephthalate, as well as fibers selected from the group consisting of combinations and copolymers. より好ましいポリエステル繊維は、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、並びにこれらの組み合わせ及びコポリマーから成る群より選択される繊維である。 More preferred polyester fibers are polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, and a fiber selected from the group consisting of combinations and copolymers. 最も好ましい合成繊維は、ポリエチレンテレフタレートホモポリマーを含んでいる固体ステープルポリエステル繊維を含んでいる。 The most preferred synthetic fibers comprise solid staple polyester fibers containing polyethylene terephthalate homopolymer. 好適な合成材料に含まれるものは、固体単成分(すなわち化学的に均質な)繊維、マルチコンスティテューエント(すなわち、それぞれに繊維が2種以上の材料から作られている)繊維、マルチコンポーネント(すなわち、2種以上の異なったフィラメントを撚り合わせて太い繊維とした合成の)繊維、及びそれらの組合せがある。 Preferred are those included in synthetic materials, solid single component (i.e. chemically homogeneous) fibers, multi Constitution entry (i.e., made fibers from two or more materials respectively) fibers, multi-component (i.e., two or more different by twisting filaments and thick fibers synthetic) fibers, and combinations thereof. 好ましい繊維は、バイコンポーネント繊維、マルチコンスティテューエント繊維及びそれらの組合せである。 Preferred fibers are bicomponent fibers, multi Constitution entry fibers and combinations thereof. このようなバイコンポーネント繊維は、コア−シース配置又は並列配置を有していてもよい。 Such bicomponent fibers, the core - may have a sheath arrangement or parallel arrangement. いずれの例においても、詰綿は、上記で掲載した材料を含む繊維の組合せ又はそれ自体が上記で掲載した材料を含む繊維のいずれかを含んでもよい。 In either instance, wadding a combination or its own fiber containing material posted above may include any of the fibers comprising a material posted above. 【0340】 コア−シース繊維には、好ましくはコアが、シース材料よりも少なくとも約1 [0340] Core - The sheath fibers, preferably core is at least about than the sheath material 1
0℃高いT gを有するポリエステル、ポリオレフィン、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される材料を含む。 0 ℃ polyester having a high T g, polyolefins, and a material selected from the group consisting of a combination thereof. 反対に、バイコンポーネント繊維のシースは、好ましくは、コア材料よりも少なくとも約10℃低いT gを有するポリオレフィン、コア材料よりも少なくとも約10℃低いT gを有するポリエステル、 Conversely, bicomponent fibers of the sheath is preferably a polyolefin having at least about 10 ° C. T g below the core material, polyesters having at least about 10 ° C. T g below the core material,
ポリオレフィン、及びこれらの組み合わせより成る群から選択される材料を含む。 Polyolefins, and comprises a material selected from the group consisting of a combination thereof. 並列配置、コア−シース配置又は固体単一成分配置のいずれの場合においても、 Parallel arrangement, a core - in either case the sheath arrangement or solid single component configuration,
詰綿の繊維、特にバイコンポーネントタイプの繊維は螺旋若しくは渦巻き又は襞付き配置を示すことができる。 Fiber wadding, especially bicomponent fiber types can exhibit an arrangement with helical or spiral or folds. 【0341】 クレンジング、コンディショニング、化粧、かかる処置を必要とする表面の磨き /掃除、及びクリーニングする方法本発明は、本発明のパーソナルケア物品によって皮膚または毛髪をクリーニングおよびコンディショニングする方法に関する。 [0341] cleansing, conditioning, cosmetic, polishing / cleaning surfaces in need of such treatment, and Method for cleaning relates to a method for cleaning and conditioning the skin or hair by the personal care articles of the present invention. 本発明はさらに、化粧用剤を皮膚及び/又は毛髪に送達する方法に関する。 The present invention further provides a cosmetic agent to a method of delivering to the skin and / or hair. 本発明はまた、かかる処置を必要とする硬質表面を磨く/掃除する又はクリーニングするような家事使用に関する。 The present invention also relates to household use, such as polishing hard surfaces / cleaning or cleaning in need of such treatment.
このような方法はそれぞれ:a)任意で、本発明の実質的に乾燥した使い捨ての物品を水で濡らす工程及びb)拭い取る又は擦るような動きにて濡れた該物品を処置の必要な表面と接触させる工程を含む。 Each such method comprises: a) optionally, substantially step wetting the dry disposable article in water and b) wiping take or rubbing such necessary surface treatment of wet article by the motion of the present invention comprising contacting a. 【0342】 【実施例】 以下の実施例は本発明の範囲内の実施態様を更に記載しそして説明する。 [0342] The following examples are embodiments within the scope of the present invention is further described and explained. 以下の実施例では、成分は全て活性レベルで記載する。 The following examples describe in all components of the active level. これらの実施例は単に説明の目的だけで示されており、本発明の精神及び範囲から逸脱することなく本発明の多数の改変が可能であり、本発明を限定するものではない。 These examples are merely shown by illustrative purposes only, but may be many modifications of the present invention without departing from the spirit and scope of the present invention, not to limit the present invention. 成分は化学名、即ちCTFA名により識別される。 Components are identified by chemical name, i.e. CTFA name. 【0343】 I. [0343] I. クレンジング成分実施例1以下の方法で、本発明の物品の代表的なクレンジング成分を調製する。 Cleansing component of Example 1 the following methods to prepare representative cleansing component of the articles of the present invention. 以下の成分を包含する53.0グラムの固形石鹸を薄く削る。 Cut thin following 53.0 g solid soap including components. : 【表2】 : [Table 2] 【0344】 削った固形石鹸をグリセリン(99.7%)37.0gms、水9.5gms [0344] The solid soap shaved glycerin (99.7%) 37.0gms, water 9.5gms
、及び香料0.5gmsと混合する。 And mixed with perfume 0.5Gms. 混合物を連続的に攪拌しながら、200° Continuously stirring the mixture, 200 °
Fに加熱する。 Heated to F. 標準的な3ロールミルで混合物を冷却粉砕し、好適な密封容器にクレンジング成分を保管する。 The mixture was cooled ground in a standard 3-roll mill and store cleansing component in a suitable sealed container. 【0345】 実施例2以下の方法で、本発明の物品の代表的なクレンジング成分を調製する。 [0345] In Example 2 the following method for preparing a representative cleansing component for the articles of the present invention. 以下の成分を包含する40.0グラムの固形石鹸を薄く削る: 【表3】 The following cut thin 40.0 g solid soap, including the components: [Table 3] 【0346】 削った固形石鹸をグリセリン(99.7質量%)45.0gms、水4.5g [0346] The bar soap was shaved glycerol (99.7 wt%) 45.0gms, water 4.5g
ms、及び香料0.5gmsと混合する。 ms, and is mixed with perfume 0.5Gms. 混合物を連続的に攪拌しながら、20 Continuously stirring the mixture, 20
0°Fに加熱する。 Heated to 0 ° F. 標準的な3ロールミルで混合物を冷却粉砕し、好適な密封容器にクレンジング成分を保管する。 The mixture was cooled ground in a standard 3-roll mill and store cleansing component in a suitable sealed container. 【0347】 実施例3本発明の物品の代表的な粉末状のクレンジング成分を、以下の方法で調製する。 [0347] The typical powdered cleansing component of the article of Example 3 This invention is prepared in the following manner. 以下の成分を包含する40.0グラムの固形石鹸を薄く削る: 【表4】 The following cut thin 40.0 g solid soap, including the components: [Table 4] 好適な密封容器に固形石鹸のフレークを保管する。 Storing flakes bar soap into a suitable sealed container. 【0348】 実施例4本発明の物品の代表的な粉末状のクレンジング成分を、以下の方法で調製する。 [0348] The typical powdered cleansing component of the articles of Examples 4 invention, prepared in the following manner. 以下の成分を包含する40.0グラムの固形石鹸を薄く削る: 【表5】 The following of 40.0 g solid soap, including the ingredients thinly cut: [Table 5] 【0349】 固形石鹸のフレークを重炭酸ナトリウムと90:10の質量比で混合する。 [0349] mixing the flakes of soap bar in a weight ratio of sodium bicarbonate and 90:10. 標準的3ロールミルで混合物を2回粉砕する。 The mixture is milled twice on a standard 3-roll mill. フレークを回収し、好適な密封容器に保管する。 Flakes were collected and stored in a suitable sealed container. 【0350】 実施例5以下の方法で、本発明の物品の代表的なクレンジング成分を調製する。 [0350] In Example 5 the following methods to prepare representative cleansing component of the articles of the present invention. 実施例2のクレンジング成分を、固形石鹸フレークの質量に対して0.1%のプロテアーゼ酵素と混合する。 The cleansing component of Example 2 is mixed with 0.1% protease enzyme on the weight of the bar soap flakes. 次に、得られた混合物を、クレンジング成分の質量に対して2%の乾燥ヒドロコロイドのカルボキシメチルセルロースナトリウムと混合し、粉砕する。 Then, the resulting mixture was mixed with the sodium carboxymethyl cellulose 2% dry hydrocolloid relative to the weight of the cleansing component and ground. 酵素含有クレンジング成分を好適な密封容器に保管する。 The enzyme containing cleansing component store in a suitable sealed container. 【0351】 実施例6以下の成分を含有する代表的な液体クレンジング成分を調製する。 [0351] To prepare a typical liquid cleansing component containing Example 6 The following ingredients. 【表6】 [Table 6] 【0352】 実施例7 以下の方法で、本発明の物品の代表的なクレンジング成分を調製する。 [0352] In Example 7 the following methods to prepare representative cleansing component of the articles of the present invention. 3/4 3/4
カップのイソプロピルアルコール(99%)と共に実施例2の石鹸削り物3ポンドを石鹸が溶解するまで加熱する。 Soap cutting material 3 pounds Example 2 with cups of isopropyl alcohol (99%) is heated until dissolution is soap. 石鹸が溶解したら残りのアルコールを加える。 Add the rest of the alcohol Upon dissolution soap. できるだけ少量の水に溶解した10オンスの砂糖を加える。 Adding 10 oz sugar dissolved in the minimum amount of water. 8オンスのグリセリンに小匙約4杯の染料を混合する。 Mixing the teaspoon approximately 4 cups of dye 8 ounce glycerin. グリセリン(99.7%)を加える。 Add the glycerin (99.7%). 撹拌する。 And stirred. 薄い液体からロープ様のリボンが撹拌用具から落ちるまで濃度が変化し、 Concentration changes from thin liquid to fall from the rope-like ribbon is stirring tool,
材料のアリコートを冷たい面に落したとき固まるまで加熱を継続する。 Heating is continued until set when dropped aliquots of material cold side. 好適な容器に混合物を注いで固める。 Harden the mixture is poured into a suitable container. 混合物は加熱すると再融解可能であるという利点を有しており、物品を調製するのに容易な処理が可能である。 The mixture has the advantage of being re-melted on heating, it is possible to easily process for preparing an article. 【0353】 実施例8以下の成分を包含する代表的な非催涙液体クレンジング成分を調製する。 [0353] To prepare a typical non-tear liquid cleansing component include Example 8 The following ingredients. 【表7】 [Table 7] この組成物の際立った特徴は、皮膚及び眼に対する非刺激性である。 Distinguishing feature of the composition is non-irritating to the skin and eyes. 【0354】 実施例9 以下の成分を包含する代表的な液体クレンジング成分を調製する。 [0354] To prepare a typical liquid cleansing component include Example 9 The following ingredients. 【表8】 [Table 8] 混合物は敏感な皮膚で使用しても穏かである。 The mixture is gently be used in sensitive skin. 【0355】 実施例10 以下の成分を混合することによって代表的な液体クレンジング成分を調製する。 [0355] To prepare a typical liquid cleansing component by mixing the Example 10 the following ingredients. 【表9】 [Table 9] 【0356】 実施例11 以下の成分を混合することによって代表的なクレンジング成分を調製する。 [0356] preparing representative cleansing component by mixing the Example 11 the following ingredients. 【表10】 [Table 10] 【0357】 実施例12 以下の成分を包含する代表的なクレンジング成分を調製する。 [0357] preparing representative cleansing component include Example 12 the following ingredients. 【表11】 [Table 11] 【0358】 摂氏50度に混合物を加熱し、混合物が最初の質量の38%を失い、ペースト様の濃度を有するまで連続して撹拌する。 [0358] The mixture was heated to 50 degrees Celsius, the mixture loses 38% of the initial mass is stirred continuously until a concentration of the paste-like. ペーストは有利なことに基材層とともに容易に処理され、更に乾燥する必要がない。 Paste is readily processed with the base material layer can advantageously need not be further dried. 【0359】 実施例13 以下の成分を包含する代表的なクレンジング成分を調製する。 [0359] preparing representative cleansing component include Example 13 the following ingredients. 【表12】 [Table 12] 摂氏90度にて、高速剪断混合でSEFAコットネートの中にエチレンビニルアセテートポリマーを融解する。 At 90 degrees Celsius, to melt the ethylene vinyl acetate polymer into the SEFA Kottoneto fast shear mixing. 界面活性剤粉末及びクエン酸を加えて、混合する。 It added surfactant powders and citric acid and mix. シリコーンポリマーのミクロビーズを加え、混合し、冷却して固定する。 The microbeads of silicone polymer was added and mixed and fixed by cooling. 組成物は再融解可能であり、容易に基材層の中に含浸し、上に被覆する。 Compositions may be remelted, easily impregnated into the base layer is coated on top. 【0360】 実施例14 以下の成分を含有する代表的クレンジング成分を調製する。 [0360] preparing representative cleansing component containing Example 14 the following ingredients. 【表13】 [Table 13] アルコールエトキシレートを融解する。 To melt the alcohol ethoxylate. 均質になるまでカルボキシレートを混合する。 Mixing the carboxylate until homogeneous. 次に混合物を冷却し、使用の準備が整うまで固化する。 The mixture was then cooled and solidified to ready for use. 組成物は再融解可能であり、容易に布地の中に含浸し、上に被覆する。 Compositions may be remelted, readily impregnated into the fabric is coated on. 【0361】 実施例15 以下の成分を包含する代表的なクレンジング成分を調製する。 [0361] preparing representative cleansing component include Example 15 the following ingredients. 【表14】 [Table 14] 混合物を70℃に加熱し、ペースト様になるまで連続して撹拌する。 The mixture was heated to 70 ° C., and stirred continuously until a paste-like. 冷却し、 It cooled,
使用の準備が整うまで固化する。 To solidify until ready for use. 【0362】 実施例16 以下の成分を包含する代表的なクレンジング成分を調製する。 [0362] preparing representative cleansing component include Example 16 the following ingredients. 【表15】 [Table 15] 穏かに撹拌しながら、均質になるまで成分を共に加熱する。 With stirring gently, both to heat the components until homogeneous. 【0363】 実施例17 以下の成分を包含する代表的なクレンジング成分を調製する。 [0363] preparing representative cleansing component include Example 17 the following ingredients. 【表16】 [Table 16] 成分を60℃において以下の順で、それぞれが水に溶解するまでゆっくり加える:TEA、ラウリルホスフェート、グルコースアミド。 In the following order the ingredients at 60 ° C., is added slowly to each dissolved in water: TEA, lauryl phosphate, glucose amide. 45℃に冷却し、攪拌下、スルタイン、ポリクアテルニウム−39及び硫酸塩を加える。 45 was cooled to ° C., is added under stirring, sultaines, the polyquaternium -39 and sulfate. 香料、防腐剤を加え、室温に冷却する。 Perfume, preservative added, cooled to room temperature. 【0364】 実施例18 以下の成分を混合することによって代表的なクレンジング成分を調製する。 [0364] preparing representative cleansing component by mixing the Example 18 the following ingredients. 【表17】 [Table 17] 【0365】 実施例19 以下の成分を混合することによって代表的なクレンジング成分を調製する。 [0365] preparing representative cleansing component by mixing the Example 19 the following ingredients. 【表18】 [Table 18] 【0366】 実施例20 以下の成分を混合することによって代表的な抗菌クレンジング成分を調製する。 [0366] To prepare a typical antimicrobial cleansing component by mixing the Example 20 the following ingredients. 【表19】 [Table 19] 【0367】 実施例21以下の成分を混合することによって代表的な抗菌クレンジング成分を調製する。 [0367] To prepare a typical antimicrobial cleansing component by mixing the Example 21 the following ingredients. 【表20】 [Table 20] 【0368】 II. [0368] II. コンディショニング成分実施例22〜26 以下の成分を混合することにより代表的スキンコンディショニング成分を調製する。 Preparing representative skin conditioning component by mixing the conditioning component examples 22-26 the following ingredients. 【表21】 [Table 21] 【0369】 実施例27〜31 以下の成分を混合することにより代表的スキンコンディショニング成分を調製する。 [0369] preparing representative skin conditioning component by mixing examples 27 to 31 the following ingredients. 【表22】 [Table 22] 【0370】 実施例32 以下の成分を混合することにより代表的スキンコンディショニング成分を調製する。 [0370] preparing representative skin conditioning component by mixing the Example 32 the following ingredients. 【表23】 [Table 23] 【0371】 実施例33〜35 以下の成分を混合することにより代表的スキンコンディショニング成分を調製する。 [0371] preparing representative skin conditioning component by mixing examples 33 to 35 the following ingredients. 【表24】 [Table 24] 【0372】 実施例36〜40以下の方法で、本発明の物品の代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0372] In Example 36 to 40 The following method for preparing a representative conditioning component for the articles of the present invention. 【表25】 [Table 25] 【0373】 エマルション全てに関する処理: 70℃に疎水相を加熱し、活性のある疎水性スキンケア成分を加えて均質になるまで撹拌する。 [0373] processing of all emulsions: heating the hydrophobic phase to 70 ° C., stirred until homogeneous by adding a hydrophobic skin care ingredients that are active. 親水性相成分と活性のある親水性スキンケア成分を事前に混合し、それらを溶解又は分散するのに必要であれば穏かに加熱する。 The hydrophilic skin care ingredients with a hydrophilic phase component and the active premixed and heated to relaxing as necessary to dissolve or disperse them. これらを徐々に疎水相に加え、撹拌を継続する。 These gradually added to the hydrophobic phase, continuing the stirring. 均質化する(剪断力の高いミキサー;超音波ホモジナイザー;又はミクロフルイディクス・コープ(Microfluidics Corp.) Homogenized (high shear mixer; ultrasonic homogenizer; or Microfluidics Corp. (Microfluidics Corp.)
のミクロフルイダイザー(Microfluidizer)のような高圧ホモジナイザー)。 High-pressure homogenizer such as a microfluidizer (Microfluidizer)). 直ちに基材表面に適用し、氷中又は氷水中にて迅速に室温より低く冷却する。 Immediately applied to the substrate surface, it is cooled rapidly below room temperature in ice or ice water. 化学的安定性のために必要であれば窒素存在下で制御された環境にて保存する。 If it needed for chemical stability and stored at controlled environment under nitrogen presence. 【0374】 実施例41〜45以下の成分を用い、実施例30〜40に記載されるように、代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0374] Using Example 41-45 The following ingredients, as described in Example 30 to 40, to prepare a representative conditioning component. 【表26】 [Table 26] 【0375】 実施例46〜50以下の成分を用い、実施例36〜40に記載されるように、代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0375] Using Example 46-50 The following ingredients, as described in Example 36 to 40, to prepare a representative conditioning component. 【表27】 [Table 27] 【0376】 実施例47 : 微粒子に組み入れられたグリセリンを、次いで融解した脂質相と混合し、保存のために冷却した、又は基材に適用した。 [0376] Example 47: glycerin incorporated into microparticles, then mixed with melted lipid phase and cooled for storage or applied to a substrate. 【0377】 実施例51〜56 以下の成分を用い、実施例36〜40に記載されるように、代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0377] Using Example 51 to 56 The following ingredients, as described in Example 36 to 40, to prepare a representative conditioning component. 【表28】 [Table 28] 実施例57〜59 以下の方法で、本発明の物品の代表的なコンディショニング成分を調製する。 In Example 57-59 the following method for preparing a representative conditioning component for the articles of the present invention. 【表29】 [Table 29] 【0378】 微小エマルションが形成するまで成分を全て一緒に撹拌する。 [0378] stirred all together the ingredients until fine emulsion is formed. その溶解度パラメータが最も密接に一致する相にまずスキンケア成分を加える。 First Add skin care ingredients in a phase in which the solubility parameter most closely match. ワックスを加える場合、ワックスのちょうど融点までゆっくり加熱し、攪拌により拡散して基材に加える又は室温まで冷却して保存する。 When adding the wax, slowly heated to just the melting point of the wax, and store cooled to add or room temperature diffusion to the substrate by stirring. 【0379】 実施例60〜62以下の方法で、本発明の物品の代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0379] In Example 60 to 62 The following method for preparing a representative conditioning component for the articles of the present invention. 【表30】 [Table 30] 【0380】 その溶解度パラメータが最も密接に一致する相にまずスキンケア成分を加える。 [0380] Add first skin care ingredients in a phase in which the solubility parameter most closely match. 次いで、微小エマルションが形成するまで成分を全て一緒に撹拌する。 Then stirred all together the ingredients until fine emulsion is formed. 基材の表面にコートする。 It is coated on the surface of the substrate. 【0381】 実施例63〜68以下の方法で、本発明の物品の代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0381] In Example 63 to 68 The following method for preparing a representative conditioning component for the articles of the present invention. 【表31】 [Table 31] 【0382】 65℃に加熱しながら、低速羽根車のミキサーにて界面活性剤と脂肪族アルコールを混合する。 [0382] while heating to 65 ° C., mixed a surfactant and an aliphatic alcohol at a low speed impeller mixer. 混合しながら、熱源を外し、65℃に冷却する。 While mixing, remove the heat source, cooled to 65 ° C.. 陽イオン系ポリマーを加え、均質になるまで撹拌する。 It was added cationic polymer and stir until homogeneous. 撹拌しながら、A部分の残りの成分を徐々に加える。 While stirring, slowly added the remaining ingredients of the A moiety. 均質にしてエマルションとしてSEFAを分散する。 Homogeneous to distribute the SEFA as an emulsion. 約6.5のpHに達するまで濃硫酸で滴定する。 Titrate with concentrated sulfuric acid until a pH of about 6.5. A部分の組成物をトレイに広げ、本質的に水がなくなるまで65℃を超えない温度にて好適なオーブン(真空又は対流式) Spread composition A portion to the tray, suitable oven at essentially does not exceed 65 ° C. until the water runs out temperature (vacuum or convection)
の中で乾燥することにより乾燥した混合物を調製する。 The mixture was dried prepared by drying in a. 乾燥したA部分をB部分からのポリマーゲル化剤と混合し、加熱して溶解又は分散する。 The dried A portion was mixed with the polymer gelling agents from Part B, it is dissolved or dispersed heating. 得られた組成物を物理的ゲル化剤と混合する。 The resulting composition is mixed with the physical gelling agents. 加熱して融解し、ゲル化剤を組成物に溶解する。 Heated to melting, dissolving the gelling agent in the composition.
基材表面に適用する、又は室温に冷却して保存する。 It applied to the substrate surface, or save to cool to room temperature. 【0383】 実施例69〜74実施例63〜68で記載したように以下の成分を用いて、本発明の物品の代表的なコンディショニング成分を調製する。 [0383] using the following ingredients as described in Example 69-74 Example 63-68 are prepared representative conditioning component for the articles of the present invention. 【表32】 [Table 32] 【0384】 実施例75〜78 以下の成分を含有する代表的なスキンコンディショニング成分を調製する。 [0384] preparing representative skin conditioning component containing examples 75-78 the following ingredients. 【表33】 [Table 33] 【0385】 脂質成分を融解し、水(適用可能ならば)及び保湿剤を加え、界面活性剤を加えて加熱を継続し、均質になるまで撹拌する。 [0385] melting the lipid component, (if applicable) water and humectant were added and heating continued for added surfactant, and stirred until homogeneous. 室温まで冷却して、スキンケア活性物質及び沈着剤を加える。 Upon cooling to room temperature, added to skin care active and deposition agent. 硫酸にてpHを約7.0に合わせる。 Adjust the pH to about 7.0 with sulfuric acid. 基材にスプレーする、巻く、浸す、又はそうでなければ塗り、包装前に乾燥させる(水分を含有していれば)。 Spraying the substrate is wound, soaking, or coating otherwise (if containing moisture) to dry prior to packaging. 【0386】 実施例79〜82以下の成分を包含する代表的なスキンコンディショニング成分を調製する。 [0386] preparing representative skin conditioning component including examples 79-82 the following ingredients. 【表34】 [Table 34] 【0387】 実施例83〜86以下の成分を包含する代表的なスキンコンディショニング成分を調製する。 [0387] preparing representative skin conditioning component including examples 83 to 86 the following ingredients. 【表35】 [Table 35] 【0388】 実施例87〜88以下の成分を包含する代表的なスキンコンディショニング成分を調製する。 [0388] preparing representative skin conditioning component including examples 87-88 the following ingredients. 【表36】 [Table 36] 【0389】 実施例89以下の成分を混合することにより、特に乳児、幼児、及び小児による使用に好適な代表的スキンコンディショニング成分を調製する。 [0389] By mixing the Example 89 the following ingredients, in particular the preparation infants, toddlers, and suitable representative skin conditioning component in use by children. 【表37】 [Table 37] 【0390】 III. [0390] III. クリーニング成分実施例90〜91以下の成分を組み合わせることにより、日常のシャワー洗剤として使用するのに好適な代表的クリーニング成分を調製する。 By combining the cleaning component Example 90-91 The following ingredients to prepare a suitable representative cleaning ingredients for use as a daily shower cleaner. 【表38】 [Table 38] 【0391】 実施例92〜105以下の成分を混合することによって代表的な床クリーニング成分を調製する。 [0391] To prepare a typical floor cleaning component by admixing the examples 92 to 105 following ingredients. 【表39】 [Table 39] 【0392】 注:実施例92〜105における処方は全て、0.015%にてダウ・コーニン グのAF泡抑制剤、0.04%にて香料及び脱イオン水のバランスを含有する。 [0392] Note: Example Formulation in 92-105 all, AF suds suppressor from Dow Corning with 0.015%, containing the balance of perfume and deionized water at 0.04%. 組成 :原料は全て市販のものを購入する。 Composition: raw materials to buy all commercially available ones. 上記実施例で使用するPVNOはレイリー(Reilly)インダストリー製であり、分子量約20,000g/モルを有する。 PVNO used in the above embodiment is Rayleigh (Reilly) manufactured by Industries, having a molecular weight of about 20,000 g / mol. 界面活性剤は、ヘンケルから市販されているプランタレン(Plantaren)2 Surfactants, Plantaren commercially available from Henkel (Plantaren) 2
000、化粧品等級、C 8〜16アルキルポリグルコシドであり、ヘンケルのプランタレン1200は、市販の化粧品等級のC 10〜16アルキルポリグルコシドである。 000, cosmetic grade is C 8 to 16 alkyl polyglucosides, Plantaren 1200 Henkel is a C 10 to 16 alkyl polyglucoside commercial cosmetic grade. アクゾ(Akzo)のAG−6210は、市販の8〜12アルキルポリグルコシドであり、ネオドール(Neodol)C11EO5は、約11の炭素原子の平均鎖長を持つアルキル基及び平均で分子当り約5のエトキシ基を含有する市販の非イオン系アルキルエトキシレートである。 AG-6210 Akzo (Akzo) is a commercially available 8-12 alkyl polyglucoside, Neodol (Neodol) C11 EO5 is about 11 alkyl group and from about 5 ethoxy molecules per an average having an average chain length of the carbon atoms the commercially available nonionic alkyl ethoxylates containing group. 使用される溶媒は、シグマ−アルドリッチのプロピレングリコールプロピルエーテルである。 The solvent used is, Sigma - propylene glycol propyl ether Aldrich. 【0393】 実施例106〜111以下の成分を混合することによって代表的な抗菌硬質面クリーニング成分を調製する。 [0393] To prepare a typical antimicrobial hard surface cleaning components by mixing the examples 106 to 111 following ingredients. 【表40】 [Table 40] 【0394】 実施例112〜115以下の成分を混合することによって代表的な抗菌硬質面クリーニング成分を調製する。 [0394] To prepare a typical antimicrobial hard surface cleaning components by mixing the examples 112-115 following ingredients. 【表41】 [Table 41] 【0395】 実施例A〜E格納袋を介して布地を清浄し、リフレッシュするのに好適なクリーニング成分を調製する。 [0395] Clean the fabric through the examples A~E storage bag to prepare a suitable cleaning ingredients to refresh. 以下の成分を混合する。 Mixing the following ingredients. 【表42】 [Table 42] 【0396】 加えて、乾燥機における使用に好ましいクリーニング成分は以下である: 【表43】 [0396] In addition, preferred cleaning component for use in the dryer are the following: Table 43] 【0397】 加えて、乾燥機における使用に好ましいクリーニング成分は以下である: 【表44】 [0397] In addition, preferred cleaning component for use in the dryer are the following: Table 44] 【0398】 IV. [0398] IV. 化粧品成分実施例116皮膚へのUV照射に対して防護を提供するのに好適な化粧品成分を調製する。 To prepare suitable cosmetic ingredients to provide protection against UV radiation of cosmetic ingredients Example 116 skin. 【表45】 [Table 45] 【0399】 V. [0399] V. 積層ウェブ 本発明の物品に好適な例示となる積層ウェブとして、以下の実施例を表1に示す。 A laminated web of a suitable exemplified in the article of the laminate web present invention, shown in Table 1 to the following examples. 外層及び内層及び組み合わせの選択は実際上限りがないので、示される実施例は、積層ウェブの可能性のある構造を説明することを意味するのであって、いかなる特定の材料又は構造に限定することを意味するものではない。 Since the selection of the outer layer and the inner layer and the combination is no limited in practice, the embodiment shown is that a mean that to explain the structure of possible laminate web, limited to any particular material or structure not meant to be. 【0400】 材料の種々の組み合わせを表1に示す。 [0400] Various combinations of materials shown in Table 1. 層は、積層ウェブの外層から次の層に構造的に接近した順に番号が付けられている。 Layers are structurally closely spaced order number to the next layer is attached an outer layer of the laminated web. 従って、層1は常に外層であり、 Thus, the layer 1 is always an outer layer,
最後に番号を付けられた層も同様に外層である。 Last numbered layers is also the outer layer as well. 【0401】 クロペイ(Clopay)成形フイルムは、オハイオ州、シンシナティのクロペイから入手した。 [0401] Clopay (Clopay) molded film was obtained, Ohio, from Cincinnati Clopay. 「成形フイルム」によって、その中に起源を発し、ウェブの一方の面から広がり、その他方の面において孔を形成することで終了する毛管状網目構造の連続体を含む巨視的に伸長された3次元のプラスチックウェブを意味する。 By "molding film" emits origin therein, spreading from one surface of the web, it is macroscopically extension including a continuum of capillary like network to end by forming a hole in the other surface 3 It refers to the dimension of the plastic web.
かかる成形フイルムは、一般に譲渡された米国特許第4,342,314号(1 Such molded film were generally assigned U.S. Patent No. 4,342,314 (1
982年8月3日発行、ラデル(Radel)ら)で開示されている。 982 August 3 issue, disclosed in Radel (Radel) et al.). 【0402】 エラストマー成形フイルムは、インディアナ州、テレオートのトレデガー(Tr [0402] elastomer molded film is, Indiana, Tredegar of Tereoto (Tr
edegar)フイルムプロダクツから入手する。 edegar) to obtain from the film products. かかるフイルムは、上述した一般に譲渡された、クロー(Curro)らの名のもとで1997年3月14日出願された、断列耐性多孔性伸張性ウェブと題する米国特許同時係属出願出願番号第08/ Such film was transferred to the general described above, claw (Curro) et name filed March 14, 1997 under, the U.S. co-pending Application Serial Number entitled sectional train resistant porous extensible web 08 /
816,106号で開示された前述のラデルらのウェブにおける改良型である。 It is improved in Radel et webs of the aforementioned disclosed in Patent 816,106.
クローの106号は、一般に上述のラデルらに従った、公知のエラストマー材料から製造してもよく、ポリマー材料から積層してもよい、弾力を持たせたポリマーウェブを開示している。 No. 106 of the claw is generally in accordance with the Radel et al. Described above, may be prepared from known elastomeric material may be laminated from a polymeric material, discloses a polymer web which gave elasticity. この種の積層体は、エラストマー材料とあまり弾力的ではない膜層の同時押出し成形によって調製することができ、ウエストベルトの部分及びズボンの折り返しのような吸収性衣類の体に沿った部分で使用してもよい。 Laminate of this type can be prepared by co-extrusion of non A very resilient elastomeric material membrane layer, used in a portion along the body of the absorbent garment, such as a folded portion and pants waist belt it may be. 【0403】 高内相エマルションの開放気泡の起泡性材料は、上述の米国特許第5,260 [0403] foaming material open cell high internal phase emulsion, the above U.S. Patent No. 5,260
,345号及び米国特許第5,268,224号の教示に従って作ることができる。 It can be made according to the teachings of the 345 and U.S. Patent No. 5,268,224. BBA及びコロビン(Corovin)/BBA不織布は、サウスカロライナ州、クリーンビルのBBAから入手した。 BBA and Korobin (Corovin) / BBA non-woven fabric, South Carolina, was obtained from BBA of clean building. バウンティ(BOUNTY)(登録商標)ペーパータオルは、オハイオ州、シンシナティのプロクター&ギャンブル社から入手した。 Bounty (BOUNTY) (registered trademark) paper towels, was obtained from Ohio, Cincinnati, Procter & Gamble Company. 【0404】 以下に示す材料については、坪量は平方メートル当りのグラム(gsm)で表す。 [0404] The materials shown below, the basis weight expressed in grams (gsm) per square meter. 低密度のポリエチレンは、「LDPE」で示し;ポリプロピレンは「PP」 Low density polyethylene is indicated by "LDPE"; polypropylene "PP"
で示し;及びポリエチレンは「PE」で示す。 It indicated; and polyethylene are indicated by "PE". スパンボンドは「SB」で示す。 Spunbond is indicated by "SB". 【0405】 【表46】 [0405] [Table 46] 【0406】 V. [0406] V. 本発明の物品実施例125実施例22〜26のいずれか1つのスキンコンディショニング成分及び実施例124の積層ウェブを利用して、代表的な皮膚クレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 Using either one skin conditioning ingredients and laminate web of Example 124 of the article Example 125 Example 22-26 of the present invention, to prepare a representative skin cleansing and conditioning article. 【0407】 仕上がりウェブ当りの成分が1.25gに等しくなる割合で、基材ウェブの両面上にスロットダイを介してポンプにて熱い容器からスキンコンディショニング成分をスロット被覆し、成分が物品外部面で迅速に冷却するように冷却ファンを横断させる。 [0407] in a ratio ingredient per finished web is equal to 1.25 g, the skin conditioning component slot coated from a hot container at the pump through a slot die onto both sides of the substrate web, component in an article outer surface to cross the cooling fan so as to rapidly cool. 角の丸い約120mmX160mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 120mmX160mm corners. 【0408】 実施例126以下の方法で代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を製造する。 [0408] to produce a representative skin cleansing article and the skin conditioning article in Example 126 the following method. ウェブの中心に沿った単一のラインにおいて、コーティングの先端を介して連続的に押出すことによって、実施例11のクレンジング成分を実施例117の積層ウェブの一方の面に適用する。 In a single line along the center of the web, by be continuously extruded through the tip of the coating, apply the cleansing component of Example 11 on one surface of the laminated web of Example 117. 仕上り物品当り0.5グラムを得るような割合でクレンジング成分を押出す。 Extruding the cleansing component in a proportion so as to obtain 0.5 grams per finished article. クレンジング成分から20mm離して、クレンジング成分の両側で、幅30mmの2つの縞において実施例23のスキンコンディショニング成分をスロット被覆する。 Away 20mm from the cleansing component, on both sides of the cleansing component, slot coating the skin conditioning ingredients of Example 23 in two stripes of width 30 mm. 仕上り物品当りのスキンコンディショニング成分が、1.25gに等しくなる割合で積層ウェブの一方の面上にスロットダイを介して、ポンプにて熱い容器でスキンコンディショニング成分を適用する。 Skin conditioning component per finished article, through a slot die onto one side of the laminate web in equal proportions to 1.25 g, to apply a skin conditioning component in the hot container at the pump.
物品の外部面で迅速に冷却するように、ウェブに冷却ファンを横断させる。 As rapidly cooled with an external surface of the article, to cross the cooling fan on the web. 角の丸い約140mmX105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 140mmX105mm corners. 【0409】 実施例127以下の方法で代表的なクレンジング物品を調製する。 [0409] preparing representative cleansing article in Example 127 the following method. 実施例121の積層ウェブを200mmx200mmの小片に切断する。 The laminate web of Example 121 is cut into pieces of 200Mmx200mm. 0. 0.
25gのクレンジング成分が適用されるまで実施例19のクレンジング成分をブラシでウェブに適用する。 The cleansing component of Example 19 to the cleansing component of 25g is applied to applied to the web with a brush. 物品を乾燥し、使用の必要があるまで保存する。 The article is dried and stored until needed for use. 物品は、1つの柔らかい面及び深く清浄するためのもう1つの研磨面を持った2面性である。 Articles are two dimensions having another polishing surface for cleaning one soft surface and deep. 【0410】 実施例128〜132実施例36〜40のスキンコンディショニング成分を用いて、代表的な皮膚クレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 [0410] Using the skin conditioning ingredients of Example 128-132 Examples 36 to 40, to prepare a representative skin cleansing and conditioning article. ウェブの中心に沿った単一のラインにおいて、コーティングの先端を介して連続的に押出すことによって、実施例11のクレンジング成分を実施例119の積層ウェブの一方の面に適用する。 In a single line along the center of the web, by be continuously extruded through the tip of the coating, apply the cleansing component of Example 11 on one surface of the laminated web of Example 119. 仕上り物品当り0.5グラムを得るような割合でクレンジング成分を押出すエアレイされた、嵩張った、低密度の詰綿である第2の基材ウェブを、クレンジング成分を含有する層と接触させて第1の基材の上に連続的に送る。 The cleansing component is extruded air-laying at a rate so as to obtain 0.5 grams per finished article, bulky, the second substrate web is a wadding of low density, is contacted with a layer containing the cleansing component send continuously on the first substrate Te. 詰綿は、10%の15デニールのPET繊維、50%の3デニールの、PETコアとPEシースを伴ったバイコンポーネント繊維、及び40% Wadding 10% of 15 denier PET fibers, 50% of 3 denier, bicomponent fibers with PET core and PE sheath, and 40%
の10デニールの、同一のコア・シース組成のバイコンポーネント繊維の混合物を含み、平方メートル当り約50グラム(gsm)の坪量を有する。 10 denier, comprises a mixture of bicomponent fibers of the same core-sheath composition, having a basis weight of about 50 grams (gsm) per square meter. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 仕上がりウェブ当りの成分が、0.25g(約13gsmのアドオン)に等しくなる割合で基材ウェブの両面上にスロットダイを介して、ポンプにて熱い容器からスキンコンディショニング成分をスロット被覆し、コンディショニング成分が物品外部面で迅速に冷却するように冷却ファンを横断させる。 Component per finished web, through a slot die onto both sides of a substrate web at equal proportions 0.25 g (add-on of about 13 gsm), and slot coated skin conditioning component from the hot vessel at a pump, the conditioning component There is cross the cooling fan so as to rapidly cool an article outer surface. スロット被覆用容器を連続的に混合してエマルションの安定性を維持する。 A slot coating vessel continuously mixed to maintain stability of the emulsion. 角の丸い約120mmX160mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 120mmX160mm corners. 【0411】 実施例132〜136それぞれ実施例27〜31のスキンコンディショニング成分を用いて、代表的な皮膚クレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 [0411] Using the skin conditioning ingredients of Example 132 to 136, respectively Examples 27 to 31, to prepare a representative skin cleansing and conditioning article. ウェブの中心に沿った単一のラインにおいて、コーティングの先端を介して連続的に押出すことによって、実施例11のクレンジング成分を実施例120の積層ウェブの一方の面に適用する。 In a single line along the center of the web, by be continuously extruded through the tip of the coating, apply the cleansing component of Example 11 on one surface of the laminated web of Example 120. 仕上り物品当り0.5グラムを得るような割合でクレンジング成分を押出す。 Extruding the cleansing component in a proportion so as to obtain 0.5 grams per finished article. 界面活性剤含有層に接触して、それを置く第1の基材の上に第2の基材ウェブを連続して送り出す。 In contact with the surfactant-containing layer, feeding the second substrate web over the first substrate placing it in succession. 第2の基材は、デュポンから入手可能な50gsmの水流絡合したレーヨンとポリエステルの50:50混合物である。 The second substrate is a 50:50 mixture of rayon and polyester was hydroentangled of available 50gsm from DuPont. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine.
仕上がりウェブ当りの成分が0.25g(約13gsmのアドオン)に等しくなる割合で、基材ウェブの両面上にスロットダイを介して、ポンプにて熱い容器からスキンコンディショニング成分をスロット被覆し、成分が物品外部面で迅速に冷却するように冷却ファンを横断させる。 In proportions ingredient per finished web is equal to 0.25 g (add-on of about 13 gsm), through a slot die onto both surfaces of the substrate web, and slot coated skin conditioning component from the hot vessel at a pump, components to cross the cooling fan so as to rapidly cool an article outer surface. スロット被覆用容器を連続的に混合してエマルションの安定性を維持する。 A slot coating vessel continuously mixed to maintain stability of the emulsion. 角の丸い約200mmX130mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 200mmX130mm corners. 実施例137 【0412】 実施例8の液状クレンジング成分を用いて以下の方法にて代表的な皮膚クレンジング物品を調製する。 Using liquid cleansing component of Example 137 [0412] Example 8 to prepare a representative skin cleansing article in the following manner. 質量が約8グラム増加するまで、150mmx115mmの基材を組成物の浴液に浸すことによって、液状クレンジング成分を第1の基材に適用する。 Mass until increased about 8 grams by immersing the substrate 150mmx115mm the bath liquid composition, applying the liquid cleansing component to the first substrate. 基材は、空気を介して結合したポリエステル繊維を含む詰綿であり、平方メートル当り約100グラム(gsm)の坪量を有する。 The substrate is a wadding comprising polyester fibers bonded through the air, has a basis weight of about 100 grams (gsm) per square meter. 基材を乾燥する。 Drying the substrate. 実施例119の積層ウェブである第2の基材を第1の基材の上に置く。 Placing the second substrate is a laminated web of Example 119 on the first substrate. 実施例119の積層ウェブの第2の小片を第1の基材の下に置く。 Placing a second piece of laminated web of Example 119 below the first substrate. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機を用いて基材を一緒にシールする。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced apart, sealing the substrates together using an ultrasonic sealing machine. 角の丸い約140mmX105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 140mmX105mm corners. 【0413】 実施例138〜141それぞれ実施例117、118、119、及び123の積層ウェブを用いて以下の方法にて代表的なクレンジング物品を調製する。 [0413] preparing representative cleansing article in the following manner using the laminate web of Example 138-141 respectively Examples 117, 118, 119, and 123. 20mmの間隔で離れた4本の線状に、コーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 The four linear spaced at intervals of 20 mm, by extruding continuously through the tip of the coating, apply the cleansing component of Example 11 on one surface of the first substrate. 仕上り物品あたり4.4グラムのクレンジング成分が得られる割合でクレンジング成分を押出す。 Extruding the cleansing component in the proportions cleansing component 4.4 grams per finished article is obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35% The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 35%
の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - is air-laid, including bicomponent fibers of the sheath composition, bulky, a wad of low density, per square meter having a basis weight of about 85 g (gsm).
積層ウェブである第2の基材を、界面活性剤を含有する層に接触して置く第1の基材の上に連続的に送り込む。 The second substrate is a laminate web, on the first substrate placing it in contact with the layer containing a surfactant is fed continuously. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4m Across the web, diameter 4m, which was uniformly spaced
mのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Sealed in a pattern that includes a grid of sealing points of m, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 角の丸い約120mmX160mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 120mmX160mm corners. 【0414】 実施例142〜146実施例22〜26のスキンコンディショニング成分を用いて、以下のように代表的なクレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 [0414] Using the skin conditioning ingredients of Example 142 to 146 Examples 22 to 26, to prepare a representative cleansing and conditioning article in the following manner. 横に横断して20mmの間隔で離れた4本の線状に、コーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 Applied across laterally on the four linear spaced at intervals of 20 mm, by extruding continuously through the tip of the coating, the cleansing component of Example 11 on one surface of the first substrate to. 仕上った物品当り4.4グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.4 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - is air-laying comprising bicomponent fibers of the sheath composition and bulky, a wad of low density, about 85 grams per square meter (gsm
)の坪量を有する。 Having a basis weight of). 界面活性剤含有層に接触して、それを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 In contact with the surfactant-containing layer, it sends over the first substrate placing it in succession a second substrate. この第2の基材は第1と同一である。 The second substrate is identical to the first. 実施例1 Example 1
19の積層ウェブである第3の基材ウェブを、第2の基材に接触するように第2 19 third substrate web which is laminated web so as to be in contact with the second substrate second
の基材ウェブの上に連続して送りこむ。 It feeds continuously on top of the substrate web. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 仕上り物品あたり2gのスキンコンディショニング成分に等しい割合で、押し出しジェットの先端を介して熱い容器からポンプにてウェブの両面にスキンコンディショニング成分をドット被覆する。 At a rate equal to the skin conditioning components of 2g per finished article, dots covering the skin conditioning components from the hot container through the tip of the extrusion jet on both sides of the web at the pump. それぞれ約0 Each about 0
. 1gのコンディショニング成分を含有し、約4mmの直径を有し、シール点の一部に位置するドットの中に成分は分布する。 Containing 1g of conditioning components, has a diameter of about 4 mm, ingredient in a dot located on a part of the sealing points is distributed. 物品の外部面で迅速に冷却するように、冷却ファンを横切って物品を通す。 As rapidly cooled with an external surface of the article, through the article across a cooling fan. 角の丸い約140mmX105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 140mmX105mm corners. 【0415】 実施例147〜151実施例41〜45のスキンコンディショニング成分を用いて、以下のように代表的なクレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 [0415] Using the skin conditioning ingredients of Example 147-151 Examples 41 to 45, to prepare a representative cleansing and conditioning article in the following manner. 20mmの間隔で離れた4本の線状に、コーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 The four linear spaced at intervals of 20 mm, by extruding continuously through the tip of the coating, apply the cleansing component of Example 11 on one surface of the first substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers,
35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10 35% of 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 10 of 35%
デニールの同じコア−シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 Denier same core - is air-laid, including bicomponent fibers of the sheath composition, bulky, having a basis weight of a wadding of low density, about 85 grams per square meter (gsm). 界面活性剤含有層に接触してそれを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending over the first substrate placing it in contact with the surfactant-containing layer successively a second substrate. この第2の基材は第1と同一である。 The second substrate is identical to the first. 実施例117の積層ウェブである第3の基材ウェブを、第2の基材に接触するように第2の基材ウェブの上に連続して送りこむ。 A third substrate web which is laminated web of Example 117, in succession on the second substrate web to contact the second substrate feeds. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 仕上り物品あたり2gのスキンコンディショニング成分に等しい割合で、押し出しジェットの先端を介して、熱い容器からポンプにて積層ウェブにスキンコンディショニング成分をドット被覆する。 At a rate equal to the skin conditioning components of 2g per finished article, through the tip of the extrusion jet, dot covering a skin conditioning component in laminate web at the pump from the hot vessel. それぞれ約0.1gのコンディショニング成分を含有し、約4mmの直径を有し、シール点の一部に位置するドットの中に成分は分布する。 Each containing a conditioning component of about 0.1 g, have a diameter of about 4 mm, ingredient in a dot located on a part of the sealing points is distributed. 成分が物品の外部面で迅速に冷却するように、冷却ファンを横切って物品を通す。 Component to quickly cool outside surface of the article, through the article across a cooling fan. 角の丸い約140mmX105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 140mmX105mm corners. 【0416】 実施例152〜154実施例57〜59のスキンコンディショニング成分を利用して、以下のように代表的な皮膚クレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 [0416] Using the skin conditioning ingredients of Example 152-154 Examples 57-59, to prepare a representative skin cleansing and conditioning article in the following manner. 20mmの間隔で離れた4本の線状に、コーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例12のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 The four linear spaced at intervals of 20 mm, by extruding continuously through the tip of the coating, apply the cleansing component of Example 12 on one surface of the first substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers,
35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10 35% of 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 10 of 35%
デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 Denier same core - is air-laid, including bicomponent fibers of the sheath composition, bulky, having a basis weight of a wadding of low density, about 85 grams per square meter (gsm). クレンジング成分含有ウェブに接触してそれを置く第1の基材の上に第2 The on the first substrate in contact with the cleansing component containing the web placing it 2
の基材を連続して送り出す。 Sending out of the base material continuously. この第2の基材は第1と同一である。 The second substrate is identical to the first. 実施例117 Example 117
の積層ウェブである第3の基材ウェブを、第2の基材に接触するように第2の基材ウェブの上に連続して送りこむ。 Feeds of the third substrate web is laminated web continuously on the second substrate web to contact the second substrate. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 仕上がりウェブ当りの成分が2g(約68gsmのアドオン)に等しくなる割合で、基材ウェブの両面上にスロットダイを介して、ポンプにて熱い容器からスキンコンディショニング成分をスロット被覆し、成分が物品外部で迅速に冷却するように冷却ファンを横断させる。 In proportions ingredient per finished web is equal to 2 g (add-on about 68Gsm), through a slot die onto both surfaces of the substrate web, and slot coated skin conditioning component from the hot vessel at a pump, component article external in order to traverse a cooling fan to rapidly cool. 成分が物品の外部面で迅速に冷却するように、冷却ファンのそばで物品を通す。 Component to quickly cool outside surface of the article, through an article beside the cooling fan. 角の丸い約140mm Rounded corners about 140mm
X105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles to be rectangular X105mm. 【0417】 実施例155〜156実施例29〜30のスキンコンディショニング成分を用いて代表的なクレンジング及びコンディショニング物品を調製する。 Preparing representative cleansing and conditioning article using the [0417] skin conditioning ingredients of Example 155-156 Examples 29-30. ウェブの幅方向にそれぞれ20mm、40mm、及び20mmの距離で離れていて、ウェブの各面で平行なラインの対を作る4本の線状に、コーティングの先端を介して連続して押出すことによって実施例12のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 Each 20mm in the width direction of the web, 40 mm, and optionally at a distance of 20mm, the four linear making pairs of parallel lines on each side of the web, be extruded continuously through the tip of the coating applying the cleansing component of example 12 on one surface of the first substrate by. 仕上った物品当り4.4グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.4 g of the finished can be obtained. 基材は、10dのポリエステル繊維を含む、エアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約100グラムの坪量を有する。 Substrate comprises polyester fibers 10d, which is air-laid, bulky, a wad of low density, has a basis weight of about 100 grams per square meter. 界面活性剤含有層に接触してそれを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending over the first substrate placing it in contact with the surfactant-containing layer successively a second substrate. この第2の基材は、実施例1 The second substrate, Example 1
18の積層ウェブである。 18 is a laminated web. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 角の丸い約120mmX160mmの長方形にウェブを切断する。 To cut the web into a rectangle of round about 120mmX160mm corners. 2gのスキンコンディショニング成分を積層ウェブ上の物品に適用する。 Applying a skin conditioning component of 2g in an article on the laminate web. コーティングが直径約4mmのドット形態となるように、ピペットを用いて熱い液体(60−70℃)として成分を物品に適用する。 As the coating is a dot form having a diameter of about 4 mm, applying the component as a hot liquid (60-70 ° C.) to an article using a pipette. 各ドットは約0.1gの組成物を含有し、このようなドットはシール点の一部に位置する。 Each dot contains a composition of about 0.1 g, such dots are located on a part of the sealing point. 【0418】 実施例157〜159以下の方法で実施例1、2及び5のクレンジング成分と共に代表的な皮膚クレンジング及びスキンコンディショニング物品を調製する。 [0418] preparing representative skin cleansing and skin conditioning article with the cleansing components of Examples 1, 2 and 5 in Example 157-159 The following methods. 界面活性剤の非存在下で層をシールするために縁及び4分割区分の間に空間を残している、約10インチx12インチの長方形を形成する4分割区分に、低温融解の熱でシール可能な繊維を含む透過性で可融性のウェブに、8グラムのクレンジング成分を適用する。 Leaving a space between the edge and quartile for sealing layers in the absence of detergent, the quartile of forming a rectangular about 10 inches x12 inches, sealable by heat of a low temperature melting such fibers fusible web permeability including, applying a cleansing component 8 grams. 透過性のウェブは、一般に裁縫用具の流通業者から入手可能な、繊維性で、低密度のポリエチレン(LDPE又はLLDPE)素材である。 Permeability of the web is generally available from distributors sewing equipment, with fibrous, low density polyethylene (LDPE or LLDPE) material. ウェブと同じサイズに切断した4オンス/平方ヤードのポリエステル詰綿の層を可融性ウェブの上に置く。 Put a layer of polyester wadding 4 oz / square yard, which was cut to the same size as the web on top of the fusible web. ポリエステル詰綿は、4oz/yd 2の坪量を有し、平均直径約30ミクロンのポリエステル繊維から構成され、接着結合し、 Polyester wadding has a basis weight of 4oz / yd 2, is constructed from the average diameter of about 30 microns polyester fibers, adhesively bonded,
例えば、オハイオ州、シンシナティのスターン・テキスタイル(Stearns Textil For example, Ohio, Cincinnati Stern Textiles (Stearns Textil
es)からマウンテン・ミスト・エクストラ・ヘビイ・バッティング#205(Mo Mountain from es) · mist Extra Hebii, batting # 205 (Mo
untain Mist Extra Heavy Batting)として入手することができる。 Can be obtained as untain Mist Extra Heavy Batting). 実施例12 Example 12
3の積層ウェブの層を、物品の外部面を構成するカード不織布と共に融合可能なウェブの下に置く。 The 3 layers of the laminated web, put under fusible web with carded nonwoven that constitutes the external surface of the article. マサチューセッツ州、ハイアニスのセンコープ(Sencorp) Massachusetts, Hyannis Senkopu (Sencorp)
から入手可能なセンチネル(Sentinel)808型熱シール機のような圧プラテンのシール装置を利用して、熱シール金型によって、詰綿が融解して第1の層の中に流れ込み、従って適当なシールを形成する、通常、約300°F及び30ps Using the sealing device of pressure platen as possible sentinel (Sentinel) 808 type heat sealing machine available from, by heat sealing mold, it flows into the first layer wadding to melt, thus suitable forming a seal, usually about 300 ° F and 30ps
iで6〜10秒間の機械圧力シールで十分である、十分な温度と圧力とともに、 It is sufficient 6-10 seconds mechanical pressure seal at i, with sufficient temperature and pressure,
層を一緒に長方形の窓ガラス型にシールする。 Sealed window glass type rectangular layers together. シールは縁の周りで連続しており、幅約2mmに達するそれぞれX−及びY−方向に窓ガラス様の十字の部材を有する。 Seal is continuous around the edges and has a cross member, respectively X- and Y- directions on the window glass like reaching a width of about 2 mm. 冷却後、実施例22の3gのスキンコンディショニング成分を完成した物品の片面に適用する。 After cooling, it applied to one surface of the article to complete a skin conditioning component of 3g of Example 22. コーティングが直径約7mmのドット形態となるように、 As the coating is a dot form having a diameter of about 7 mm,
押し出しジェットの先端を介して熱い液体(70−80℃)としてコンディショニング成分を適用する。 Through the tip of the extrusion jet to apply a conditioning component as hot liquid (70-80 ° C.). 各ドットは約0.3gのコンディショニング成分を含有する。 Each dot contains a conditioning component of approximately 0.3 g. 物品を仕上げ、角を丸くして、使用直前まで保存する。 Finishing an article, with rounded corners, to save until ready for use. 【0419】 実施例160〜163以下の方法にて実施例7、13、14及び15のホットメルトクレンジング組成物により代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を調製する。 [0419] preparing representative skin cleansing article and the skin conditioning article by hot melt cleansing compositions of Examples 7,13,14 and 15 in Example 160-163 The following methods. 約80gsmの比率でウェブを均一に横切って成分をスロットで被覆することにより、ホットメルトクレンジング成分を連続的にウェブに加える。 By coating the component across a uniform web slot at a ratio of about 80 gsm, adding hot melt cleansing component continuously web. ウェブは、 Web,
40%の15デニールのポリエステル繊維、30%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び30%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含む嵩高い、エアレイされた詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 40% 15 denier polyester fibers, 30% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and the same core of 30% 10 denier - bulky comprising bicomponent fibers of the sheath composition was air-laid a wadding has a basis weight of about 85 g (gsm) per square meter. 界面活性剤含有層に接触してそれを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending over the first substrate placing it in contact with the surfactant-containing layer successively a second substrate. この第2の基材は、実施例1 The second substrate, Example 1
21の積層ウェブである。 21 is a laminated web. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 完成物品あたり約3gの割合で物品の両面を横切ってコンディショニング成分をドットで被覆することにより、実施例26のスキンコンディショニング成分をウェブに加える。 By coating the conditioning component in dots at a rate of about per finished article 3g across both sides of the article, applying a skin conditioning ingredients of Example 26 to the web. ドットはそれぞれ約0.1gの成分を含有し、約5mmの直径を有し、コンディショニング成分のドットは、それらが完成物品の中央にあるようにパッチ状に一緒に位置する。 Dots contain components respectively about 0.1 g, have a diameter of about 5 mm, dot conditioning components, they are located together in a patch form to the center of the finished article. 角の丸い約120mmX160m Rounded corners about 120mmX160m
mの長方形となる個々の物品に基材を切断する。 Cutting the substrate into individual articles comprising a rectangular m. 【0420】 実施例164以下の方法で代表的なクレンジング物品を調製する。 [0420] preparing representative cleansing article in Example 164 the following method. ウェブを横に横断して、20mmの間隔で離れた4本の線状にコーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1 Across the web laterally, by it is continuously extruded through four linearly coating the tip of the spaced at intervals of 20 mm, the cleansing component of Example 11 first
の基材の一方の面に適用する。 Applied on one surface of the substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - is air-laying comprising bicomponent fibers of the sheath composition and bulky, having a basis weight of a wadding of low density, about 85 grams per square meter (gsm). 界面活性剤含有層に接触してそれを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending over the first substrate placing it in contact with the surfactant-containing layer successively a second substrate. この第2の基材は、平方メートルあたり約120グラムの坪量(gsm)を持つポリエステルとパルプ繊維の混合物である。 The second substrate is a mixture of polyester and pulp fibers having a basis weight of about 120 grams per square meter (gsm). 第3の基材を第2の上に送り出す。 Sending the third base on the second. この第3の基材は、実施例119の積層ウェブである。 The third substrate is a laminated web of Example 119. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含むドットパターンをシールする、超音波シール機にウェブを連続的に送りこむ。 Across the web, uniformly seals a dot pattern comprising a grid of sealing points 4mm diameter spaced, the ultrasonic sealing apparatus feeds the web continuously. 角の丸い約140mmX105mmの長方形にウェブを切断する。 To cut the web into a rectangle of round about 140mmX105mm corners. 【0421】 実施例165以下の方法で代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を製造する。 [0421] to produce a representative skin cleansing article and the skin conditioning article in Example 165 the following method. ウェブを横に横断して、20mmの間隔で離れた4本の線状にコーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1 Across the web laterally, by it is continuously extruded through four linearly coating the tip of the spaced at intervals of 20 mm, the cleansing component of Example 11 first
の基材の一方の面に適用する。 Applied on one surface of the substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - is air-laying comprising bicomponent fibers of the sheath composition and bulky, having a basis weight of a wadding of low density, about 85 grams per square meter (gsm). クレンジング成分含有層に接触してそれを置く第1 In contact with the cleansing component containing layer put it first
の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending the second substrate continuously over the substrate. この第2の基材は、平方メートルあたり約120グラムの坪量(gsm)を持つポリエステルとパルプ繊維の混合物である。 The second substrate is a mixture of polyester and pulp fibers having a basis weight of about 120 grams per square meter (gsm). 第3の基材を第2の基材の上に送り出す。 Sending the third base on the second substrate. 第3の基材は、30%の1 The third substrate is 1 to 30%
5デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 5 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - is air-laid, including bicomponent fibers of the sheath composition, bulky, low-density a of wadding has a basis weight of about 85 g (gsm) per square meter. 第4の基材ウェブを実施例117の積層ウェブである第3のウェブの上に送り出す。 The fourth base web feeds on the third web is a laminate web of Example 117. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含むドットパターンをシールする、超音波シール機にウェブを連続的に送りこむ。 Across the web, uniformly seals a dot pattern comprising a grid of sealing points 4mm diameter spaced, the ultrasonic sealing apparatus feeds the web continuously. 【0422】 実施例166〜170以下の方法で代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を製造する。 [0422] to produce a representative skin cleansing article and the skin conditioning article in Example 166-170 The following methods. ウェブを横に横断して、20mmの間隔で離れた4本の線状にコーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1 Across the web laterally, by it is continuously extruded through four linearly coating the tip of the spaced at intervals of 20 mm, the cleansing component of Example 11 first
の基材の一方の面に適用する。 Applied on one surface of the substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア−シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(gsm)の坪量を有する。 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - is air-laying comprising bicomponent fibers of the sheath composition and bulky, having a basis weight of a wadding of low density, about 85 grams per square meter (gsm). クレンジング成分含有層に接触してそれを置く第1 In contact with the cleansing component containing layer put it first
の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending the second substrate continuously over the substrate. この第2の基材は、平方メートルあたり約120グラムの坪量(gsm)を持つポリエステルとパルプ繊維の混合物である。 The second substrate is a mixture of polyester and pulp fibers having a basis weight of about 120 grams per square meter (gsm). 第3の基材を第2の上に送り出す。 Sending the third base on the second. 第3の基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム( The third substrate is 30% 15 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers, and 35% 10 denier same core - the bicomponent fibers of the sheath composition is air-laid, including, bulky, a wad of low density, about per square meter 85 g (
gsm)の坪量を有する。 Having a basis weight of the gsm). 第4の基材ウェブを実施例117の積層ウェブである第3のウェブの上に送り出す。 The fourth base web feeds on the third web is a laminate web of Example 117. ウェブを再び巻き上げる。 Again wind up the web. ある長さのウェブを切断し、物品を横切って均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含むドットパターンをシールする、超音波シール機を用いて一緒にシールする。 Cutting a length of the web, sealing the dot pattern including a grid of sealing points 4mm diameter with uniformly spaced across the article, sealed together using an ultrasonic sealing machine. 約70 About 70
℃に維持された熱した容器、ポンプ、オン/オフバルブ付きマルチピペットの先端及びコーティングの先端のための電動式X−Y座標制御システムを含む、プログラム可能な制御された調量システムである、X−Yテーブルを用いて、両面にて物品上に実施例22〜26のいずれかのコンディショニング組成物2gをドットで被覆する。 Thermal containers were maintained in ° C., the pump comprises a motorized X-Y coordinate control system for the front end of the on / off valve with a multi-pipette tip and the coating is a programmable controlled metering system, X with -Y table, to cover any of the conditioning compositions 2g of example 22 to 26 with a dot on the article at both sides. ドットは約0.1gのコンディショニングシステムを含有し、約4mmの直径を有する。 Dot contains a conditioning system of approximately 0.1 g, with a diameter of about 4 mm. 物品表面にて成分は迅速に冷却する。 Components rapidly cooled at the article surface. 使用直前まで物品を包装する。 The packaging of the goods until just before use. 【0423】 実施例171〜172以下の方法で、実施例3及び4の界面活性剤粉末(クレンジング成分)と共に代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を調製する。 [0423] Example 171-172 The following method for preparing a representative skin cleansing article and the skin conditioning article with a surfactant powder of Example 3 and 4 (cleansing component).
4グラムの乾燥した界面活性剤粉末を、融点の低い、熱でシール可能な繊維で構成される透過性のある、可融性のウェブの一方の面に適用する。 4 grams dry detergent powder, low melting point, heat is transparent composed of sealable fibers, it applied to one surface of the web of fusible. 透過性のあるウェブは、ペロンによって製造され、イリノイ州、シカゴのH. A permeable web is manufactured by Perron, Illinois, Chicago H. レビンソン社(H. Levinson, Inc. (H.
Levinson & Co.)から入手可能なワンダー・アンダー(Wonder Under)である。 A possible Wonder under (Wonder Under) available from Levinson & Co.). 約17cmx19cmの卵形の領域の上に粉末を均一に撒く。 The powder uniformly sprinkled onto the oval area approximately 17Cmx19cm. ウェブと同じサイズに切断した2オンス/平方ヤードのポリエステル詰綿の層を可融性のウェブの上に置く。 Put a layer of polyester wadding 2 oz / square yard, which was cut to the same size as the web on top of the fusible web. ポリエステル詰綿は坪量2オンス/平方ヤードであり、平均直径約23ミクロンの繊維及び40ミクロンの繊維の混合物で構成され、少なくともその一部はけん縮している。 Polyester wadding is basis of 2 oz / is composed of a mixture of an average diameter of about 23 microns of the fiber and 40 micron fibers are crimped at least partially. 詰綿の厚さは、5gsiで測定して約0.23インチである。 The thickness of the batting is about 0.23 inches measured at 5Gsi. 詰綿は、約1270cfm/ft 2の空気透過性及び臨界圧約2.7c Wadding an air permeability of about 1270cfm / ft 2 and the critical pressure of about 2.7c
mH 2 Oの泡透過性を有する。 with foam permeability mH 2 O. 詰綿は、接着剤を利用せずに熱で接着すると考えられる。 Wadding is believed to adhere by heat without using an adhesive. 実施例118の積層ウェブである第2の基材層を可融性ウェブとして同一サイズに切断する。 A second substrate layer is a laminated web of Example 118 is cut into the same size as the fusible web. 第2の層は可融性ウェブの下に置き、マサチューセッツ州、ヒアニスのセンコープ(Sencorp)から入手可能なセンチネル型808熱密封機のような圧力プラテンの熱密封機を利用して、点接着を用いて層をともに密封し、また周囲2mm幅を熱密封金型で密封する。 The second layer placed under the fusible web, Massachusetts, using heat sealer pressure platen, such as available sentinel type 808 heat sealer from Senkopu (Sencorp) of Hianisu, a point bond used together to seal the layers, and also seal around 2mm wide by heat sealing die. 点接着はそれぞれ直径約3mm About 3mm each point adhesion diameter
に達し、均一に間隔を空けた約51の独立した密封点がある。 Reached, uniformly it has a separate sealing point of about 51 spaced. 物品を仕上げ、実施例32、33、34、又は35のいずれか1つのスキンコンディショニング成分2.5グラムを完成した物品の片面に適用する。 Finishing an article, it is applied to one surface of any one skin conditioning component 2.5 article completing the grams of Example 32, 33, 34, or 35. 被覆がそれぞれ約0.1gの成分を含有するドットの形態であるように、ピペットを用いて熱い液体(約50 Coating such that the dots form containing component of about 0.1g each, hot liquid (approximately 50 with a pipette
℃)として組成物を物品表面に適用し、このようなドットは、シール点の一部に位置する。 ° C.) The composition was applied to the article surface as such dots are located on a part of the sealing point. 物品表面上にて成分は迅速に冷却し、使用直前まで密封した金属フィルムの包装の中に保存する。 Components rapidly cooled at the article surface and stored in the packaging of the metal film sealed until just before use. 【0424】 実施例173以下の方法で代表的なクレンジング物品を調製する。 [0424] preparing representative cleansing article in Example 173 the following method. 実施例11のクレンジング成分4グラムを低融点の、熱でシール可能なポリアミド繊維を含む透過性の可融性のウェブの一方の面に塗布する。 Applying a cleansing Component 4 grams of Example 11 having a low melting point, on one surface of transparent fusible web comprising sealable polyamide fibers by heat. 透過性のあるウェブは、ペロンによって製造され、イリノイ州、シカゴのH. A permeable web is manufactured by Perron, Illinois, Chicago H. レビンソン社(H. Levinson, Inc. (H.
Levinson & Co.)から入手可能なワンダー・アンダー(Wonder Under)である。 A possible Wonder under (Wonder Under) available from Levinson & Co.). 約13cmx18cmの楕円型領域にクレンジング成分を塗布する。 The cleansing component is applied to the oval area of ​​about 13Cmx18cm. クレンジング成分を風乾する。 The cleansing component is air dried. ウェブと同じサイズに切断した2オンス/平方ヤードのポリエステル詰綿の層を可融性のウェブの上に置く。 Put a layer of polyester wadding 2 oz / square yard, which was cut to the same size as the web on top of the fusible web. ポリエステル詰綿は坪量2オンス/平方ヤードであり、平均直径約23ミクロンの繊維及び40ミクロンの繊維の混合物で構成され、少なくともその一部はけん縮している。 Polyester wadding is basis of 2 oz / is composed of a mixture of an average diameter of about 23 microns of the fiber and 40 micron fibers are crimped at least partially. 詰綿は、接着剤を利用せずに熱で接着すると考えられる。 Wadding is believed to adhere by heat without using an adhesive. 実施例123の積層ウェブの層を可融性ウェブの反対の面の上に置く。 Placing a layer of the laminated web of Example 123 on the opposite side of the fusible web. 物品の形状は約122mmx160mmの卵型である。 Shape of the article is oval about 122Mmx160mm. マサチューセッツ州、ハイアニスのセンコープ(Sencorp)から入手可能なセンチネル(Sentinel)808型熱シール機のような圧プラテンのシール装置を利用して、熱シール金型によって格子パターンで点接着を用いて層を一緒にシールする。 Massachusetts, using a sealing device for pressure platen as possible sentinel (Sentinel) 808 type heat sealing machine available from Hyannis Senkopu (Sencorp), a layer with a point bonding in a grid pattern by heat sealing mold to seal together. 点接着はそれぞれ直径約4mmに達し、均一に間隔の空いた約51 Spot gluing each reached a diameter of about 4 mm, about vacated evenly spacing 51
個の独立したシール点がある。 There is a number of independent seal point. 物品を仕上げ、物品の使用準備が整う。 Finishing an article, ready to use preparation of the article. 【0425】 実施例174〜194以下の方法で、実施例36〜56のスキンコンディショニング組成物を利用して、代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を調製する。 [0425] Example 174-194 The following method, utilizing the skin conditioning compositions of Examples 36 to 56, to prepare a representative skin cleansing article and the skin conditioning article. ウェブの幅方向にそれぞれ20mm、40mm、及び20mmの距離で離れていて、ウェブの各面で平行線の対を作る4本の線状に、コーティングの先端を介して連続して押出すことによって実施例11のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 Each 20mm in the width direction of the web, 40 mm, and optionally at a distance of 20mm, the four linear making pairs of parallel lines on each side of the web, by extruding successively through the tip of the coating applying the cleansing component of example 11 on one surface of the first substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、ポリエステル繊維を含む、エアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約100 Substrate comprises polyester fibers were air-laid, bulky, a wad of low density, about per square meter 100
グラムの坪量を有する。 Having a basis weight of grams. 第2の基材である、実施例120の積層ウェブをクレンジング成分に接触して置く第1の基材の上に送り出す。 A second substrate, sends over the first substrate placing it in contact with the laminated web of Example 120 in the cleansing component. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 仕上がりウェブ当りの成分が、3g Component per finished web, 3g
(面あたり約140gsmのアドオン)に等しくなる割合で基材ウェブの両面上に押し出しジェットの先端を介して、ポンプにて熱い容器からスキンコンディショニング成分をビーズで被覆するが、各ドットは約0.2gのコンディショナーを含有し、シール点に局在する。 In equal proportions (add-on of approximately per surface 140 gsm) extruded on both sides of the substrate web through the tip of the jet, but covers from the hot vessel at a pump skin conditioning component in beads, each dot of about 0. containing 2g conditioners, localized in the sealing point. 成分が物品の外部面で迅速に冷却するように、 As component is rapidly cooled by an external surface of the article,
冷却ファンを横切ってそれを通す。 Pass it across the cooling fan. 被覆用容器を連続的に混合してエマルションの安定性を維持する。 The coating container continuously mixed to maintain stability of the emulsion. 角の丸い約120mmX160mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 120mmX160mm corners. 【0426】 実施例195〜197実施例6、9及び10の液状クレンジング成分と共に代表的な皮膚クレンジング物品を調製する。 [0426] preparing representative skin cleansing article with the liquid cleansing component of Example 195-197 Examples 6,9 and 10. 端とシール部位を避けている窓ガラスの形に、2グラムのクレンジング成分が固化し、適用されるまでブラシにより被覆することによって、液状クレンジング成分を第1の基材の片面に適用する。 In the form of a window glass that avoids end-sealing portion, the cleansing component 2 grams is solidified, by coating by a brush until they are applied, applying a liquid cleansing component on one side of the first substrate. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールの、PETコアとPEシースを伴ったバイコンポーネント繊維、及び35%の10デニールの、同一のコア・シース組成のバイコンポーネント繊維の混合物を含み、平方メートル当り約100グラムに基本質量を有する(gsm)エアレイされた、嵩張った、低密度の詰綿である。 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 3 denier 35% bicomponent fibers with PET core and PE sheath, and 35% of 10 denier, the same core sheath composition bicomponent fibers mixtures comprise, it was (gsm) air-laying have a basis weight about 100 grams per square meter, bulky, a wad of low density. クレンジング成分を風乾する。 The cleansing component is air dried. 第2の基材である、実施例120の積層ウェブを第1の基材の上に送り出す。 A second substrate, feeding the laminated web of Example 120 on the first substrate. マサチューセッツ州、ハイアニスのセンコープ(Sencorp)から入手可能なセンチネル(Sentinel)808型熱シール機のような圧プラテンのシール装置を利用して、熱シール金型によって、適当なシールを形成するのに十分な温度と圧力とともに、層を一緒に長方形の窓ガラス型にシールする。 Massachusetts, using a sealing device for pressure platen as possible sentinel (Sentinel) 808 type heat sealing machine available from Hyannis Senkopu (Sencorp), by heat sealing mold, sufficient to form a suitable seal with a temperature and pressure, to seal the rectangular window glass-type layers together. シールは縁の周りで連続しており、幅約2mmに達するそれぞれX−及びY−方向に窓ガラス様の十字の部材を有する。 Seal is continuous around the edges and has a cross member, respectively X- and Y- directions on the window glass like reaching a width of about 2 mm. 物品を200mmx180mmのサイズに仕上げる 【0427】 実施例198〜200実施例60〜62のスキンコンディショニング成分と共に代表的な皮膚クレンジング物品を調製する。 Finish the article to the size of 200mmx180mm [0427] preparing representative skin cleansing article with the skin conditioning ingredients of Example 198-200 Examples 60-62. 端とシール部位を避けている窓ガラスの形に、2グラムのクレンジング成分が固化し、適用されるまでブラシにより被覆することによって実施例10の液状クレンジング成分を第1のの基材の片面に適用する。 In the form of a window glass that avoids end-seal portion 2 grams cleansing component is solidified, the liquid cleansing component of Example 10 by coating by a brush until it is applied to one side of the first of the base material apply. 第1の基材は、30%の15 The first substrate is 15 30%
デニールのPET繊維、35%の3デニールの、PETコアとPEシースを伴った二成分繊維、及び35%の10デニールの、同一のコア・シース組成の二成分繊維の混合物を含み、平方メートル当り約100グラムに坪量を有する(gsm Denier PET fibers, 3 denier 35% bicomponent fibers with PET core and PE sheath, and 35% 10 denier, comprise a mixture of bicomponent fibers of the same core-sheath composition, about per square meter having a basis weight to 100 grams (gsm
)エアレイされた、嵩張った、低密度の詰綿である。 ) Air-laid been, bulky, a wad of low density. クレンジング成分を風乾する。 The cleansing component is air dried. 実施例120の積層ウェブである第2の基材を第1の基材の上に送り出す。 Sending the second substrate is a laminated web of Example 120 on the first substrate.
マサチューセッツ州、ハイアニスのセンコープ(Sencorp)から入手可能なセンチネル(Sentinel)808型熱シール機のような圧プラテンのシール装置を利用して、熱シール金型によって、適当なシールを形成するのに十分な温度と圧力とともに、層を一緒に長方形の窓ガラス型にシールする。 Massachusetts, using a sealing device for pressure platen as possible sentinel (Sentinel) 808 type heat sealing machine available from Hyannis Senkopu (Sencorp), by heat sealing mold, sufficient to form a suitable seal with a temperature and pressure, to seal the rectangular window glass-type layers together. シールは縁の周りで連続しており、幅約2mmに達するそれぞれX−及びY−方向に窓ガラス様の十字の部材を有する。 Seal is continuous around the edges and has a cross member, respectively X- and Y- directions on the window glass like reaching a width of about 2 mm. 物品は切って揃えられ、1.5グラムのスキンコンディショニング成分を、1.5mmの間隙及び約60℃に保たれた送り容器を機械的に備えたスロットのあるローリング装置を介して成分を送ることにより、物品の嵩高い詰綿側に適用する。 Article aligned cut, the skin conditioning component 1.5 grams sending component feed vessel kept at a gap of 1.5mm and about 60 ° C. through a rolling device with mechanically with slot Accordingly, applying the bulky wadding side of the article. 物品表面上にて成分は迅速に冷却し、使用直前まで密封した金属フィルムの包装の中に保存する。 Components rapidly cooled at the article surface and stored in the packaging of the metal film sealed until just before use. 【0428】 実施例201実施例11のクレンジング成分及び実施例123並びに121の積層ウェブを用いて、以下の方法にて代表的な皮膚クレンジング物品を調製する。 [0428] Using the laminate web cleansing ingredients and Example 123 and 121 Examples 201 Example 11 is prepared representative skin cleansing article in the following manner. ウェブを横切って、20mmの間隔で離れた4本の線状にコーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 Across the web, by be continuously extruded through four linearly coating the tip of the spaced at intervals of 20 mm, to apply the cleansing component of Example 11 on one surface of the first substrate . 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールのPETコアとPEシースの二成分繊維、 The substrate, 30% of 15 denier PET fibers, 35% 3 denier PET core and PE sheath bicomponent fibers,
及び35%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維を含むエアレイされた、嵩高い、低密度の詰綿であり、平方メートルあたり約85グラム(g And 35% 10 denier same core - is air-laid, including bicomponent fibers of the sheath composition, bulky, a wad of low density, about 85 grams per square meter (g
sm)の坪量を有する。 Having a basis weight of sm). 実施例121の積層ウェブである第2の基材を、界面活性剤を含有する層に接触して置く第1の基材の上に連続的に送り込む。 The second substrate is a laminated web of Example 121, on the first substrate placing it in contact with the layer containing a surfactant is fed continuously. さらに研磨する成形フィルム面が物品の表面を形成するように積層ウェブを配置する。 Further shaped film surface to be polished is placed a laminated web so as to form a surface of the article. 実施例123の積層ウェブである第3の基材ウェブを、物品の外部面にてカード不織布と共に第1の基材の下に送り込む。 A third substrate web which is laminated web of Example 123, fed below the first substrate with carded nonwoven by the external surface of the article. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 物品は、丸い角を持つ120mmx160mmのサイズに個々に切断され、2つの表面で異なった感触を有する。 The article is cut into individual size of 120mmx160mm with rounded corners, it has a different feel in two surfaces. 【0429】 実施例202以下の方法で代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を製造する。 [0429] to produce a representative skin cleansing article and the skin conditioning article in Example 202 the following method. 実施例57のスキンコンディショニング成分4グラムを実施例173の仕上った物品の各面に半分ずつ適用する。 Applying halves the skin conditioning Component 4 grams of Example 57 on each side of the article finished the Example 173. 物品の各側面から2cm離して幅5mm及び長さ100mmの2つの縞を創るために、押し出しジェットの先端を用いて組成物を熱い液体(60−70℃)として適用する。 To create two stripes of width 5mm and a length of 100mm apart 2cm from each side of the article, applying the composition as a hot liquid (60-70 ° C.) using the tip of the extrusion jet. 【0430】 実施例203以下の方法で代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニング物品を製造する。 [0430] to produce a representative skin cleansing article and the skin conditioning article in Example 203 the following method. 実施例69〜72のいずれか1つのスキンコンディショニング成分3グラムを実施例173の仕上った物品の各面に半分ずつ適用する。 Any one skin conditioning Component 3 grams of Example 69 to 72 apply halves on each side of the article which finished the Example 173. 物品の各面に成分の半分を均一に熱い液体(60〜70℃)として、物品に成分をスロットコーティングすることによって適用する。 As each face hot half components uniformly in the liquid articles (60 to 70 ° C.), it is applied by slot coating the composition to the article. 実施例204 【0431】 Example 204 [0431] 以下の方法で代表的なクレンジング物品を調製する。 Preparing representative cleansing article in the following manner. 【0432】 横に横断して、20mmの間隔で離れた4本の線状にコーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1の基材の一方の面に適用する。 [0432] across the horizontal, by be continuously extruded through four linearly coating the tip of the spaced at intervals of 20 mm, one of the cleansing component of Example 11 first substrate to apply to the surface. 仕上った物品当り4.4グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.4 g of the finished can be obtained. 第1の基材は、30%の15デニールのPET繊維、35%の3デニールの、PETコアとPEシースを伴った二成分繊維、及び35%の10デニールの、同一のコア・シース組成の二成分繊維の混合物を含み、平方メートル当り約85グラムに坪量を有する(gsm)エアレイされた、嵩張った、低密度の詰綿である。 The first substrate is 30% 15 denier PET fibers, 3 denier 35% bicomponent fibers with PET core and PE sheath, and 35% 10 denier, the same core sheath composition two-component comprises a mixture of fibers was (gsm) air-laying have a basis weight about 85 grams per square meter, bulky, a wad of low density. クレンジング成分含有層に接触してそれを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending on the first substrate in contact with the cleansing component containing layer put it in succession a second substrate. この第2の基材は第1と同一である。 The second substrate is identical to the first. 第3の基材ウェブである実施例119の積層ウェブを、第2の基材に接触して第2の基材ウェブの上に連続して送りこむ。 The laminate web of the third substrate web in an exemplary 119, continuously in contact with the second substrate on the second substrate web feeds. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 角の丸い約140mmX1 Rounded corners about 140mmX1
05mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles to be rectangular 05Mm. 【0433】 実施例205以下の方法で代表的な皮膚クレンジング物品及びスキンコンディショニングキットを製造する。 [0433] to produce a representative skin cleansing article and the skin conditioning kits in Example 205 the following method. 実施例204の代表的なクレンジング物品を調製する。 Representative cleansing article of Example 204 is prepared. ウェブの幅にそれぞれ20mm、40mm、及び20mmの距離で離れていて、幅は各5mmの、ウェブの各面で平行なラインの対を作る4本の線状に、コーティングの先端を介して連続して押出すことによって、実施例22〜89のいずれか1つのコンディショニング成分を第1の基材の一方の面に適用することによって、スキンコンディショニング物品を調製する。 Continuous respective width of the web 20mm, though separated by 40 mm, and 20mm distance, width of each 5 mm, the four linear making pairs of parallel lines on each side of the web, through the tip of the coating by extruding and, by applying to one surface of any one of the conditioning component of example 22 to 89 the first substrate to prepare the skin conditioning article. 仕上り物品当り3グラムの成分を得るような割合でクレンジング成分を押出す。 Extruding the cleansing component in a proportion to obtain a component 3 grams per finished article. 基材は、70%のレーヨンと30%のPET繊維のスパンレース混合物であり、スチレン−ブタジエン接着剤で接着され、直径約2mmの孔を形成するように水流で孔が開けられ、約70g The substrate is a spunlace mixture of 70% rayon and 30% PET fibers, styrene - bonded butadiene adhesive, holes are drilled in the water to form a hole having a diameter of about 2 mm, about 70g
smの基本質量を有する。 Having a basis weight of sm. エアレイされた、嵩高く、低密度の詰綿である第2のウェブを、スキンコンディショニング成分を含有しない面上に第1の基材と接触して第1の基材の上に連続的に送り込む。 Air laid been bulky, the second web is a wadding of low density, continuously fed over the first substrate in contact with the first substrate on the side containing no skin conditioning components . 詰綿は、30%の15デニールのPE Wadding 30% 15 denier PE
T繊維、35%の3デニールの、PETコアとPEシースを伴ったバイコンポーネント繊維、及び35%の10デニールの、同一のコア・シース組成のバイコンポーネント繊維の混合物を含み、1平方メートル当り約100グラムに基本質量を有する(gsm)。 T fibers, 35% of 3 denier, comprise bicomponent fibers with PET core and PE sheath, and 35% 10 denier, a mixture of bicomponent fibers of the same core-sheath composition, about 100 per square meter having a basis weight in grams (gsm). ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 物品当り合計約51個のシール点を有する、約120mmx160m It has a total of about 51 amino sealing points per article, about 120mmx160m
mの長方形の、角の丸い個々の物品にウェブを切断する。 Rectangular in m, to cut the web into round individual articles corners. 皮膚クレンジング物品とスキンコンディショニング物品は単一の包装に一緒に包装される。 Skin cleansing article and the skin conditioning article are packaged together in a single package. 【0434】 実施例206実施例11のクレンジング成分を用いて以下の方法にて代表的な皮膚クレンジング物品を調製する。 [0434] preparing representative skin cleansing article in the following manner using the cleansing component of Example 206 Example 11. 2gのクレンジング成分を、5cmx8cmの大まかな楕円形状に第1の基材の上に広げる。 The cleansing component of 2g, spread over the first substrate to a rough oval shape 5Cmx8cm. 基材は、ジェネラルフォーム(General Foam)から入手可能な、 The substrate is available from the general form (General Foam),
厚さ320ミルを有するポリエーテル発泡体である。 It is a polyether foam having a thickness of 320 mils. 実施例117の積層ウェブである第2の基材の小片を第1の基材の上に置く。 Place a small piece of the second substrate is a laminated web of Example 117 on the first substrate. 実施例117の積層ウェブの第2の小片を第1の基材の下に置く。 Placing a second piece of laminated web of Example 117 below the first substrate. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機を用いて基材を一緒にシールする。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced apart, sealing the substrates together using an ultrasonic sealing machine. 角の丸い約140mmX105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 140mmX105mm corners. 【0435】 実施例207以下の方法で代表的なクレンジング物品を調製する。 [0435] preparing representative cleansing article in Example 207 the following method. ウェブを横に横断して、20mmの間隔で離れた4本の線状にコーティングの先端を介して連続的に押出すことにより、実施例11のクレンジング成分を第1 Across the web laterally, by it is continuously extruded through four linearly coating the tip of the spaced at intervals of 20 mm, the cleansing component of Example 11 first
の基材の一方の面に適用する。 Applied on one surface of the substrate. 仕上った物品当り4.0グラムのクレンジング成分が得られるような比率でクレンジング成分を押出す。 The cleansing component is extruded at a ratio such as cleansing component of the article per 4.0 g of the finished can be obtained. 第1の基材は、ポリスター(Polystar)AB1としてリベルテックス(Libeltex)NV(ベルギー)から入手可能なポリエステル繊維を含む、エアレイされた、嵩高い、低密度の、樹脂を結合した詰綿である。 The first substrate comprises a polyester fiber available from Polystar (Polystar) AB1 as Li Vertex (Libeltex) NV (Belgium), was air-laid, bulky, low density, is a wadding bound resin . 基材は平方メートルあたり約80グラム(gsm)の坪量を有する。 The substrate has a basis weight of about 80 grams per square meter (gsm). クレンジング成分含有層に接触してそれを置く第1の基材の上に第2の基材を連続して送り出す。 Sending on the first substrate in contact with the cleansing component containing layer put it in succession a second substrate. この第2の基材は、実施例120の積層ウェブである。 The second substrate is a laminated web of Example 120. 第3の基材を連続して第1のの基材ウェブの下にする。 Continuously third base is under the first of the substrate web. この第3の基材も、実施例120の積層ウェブである。 The third base is also a laminate web of Example 120. ウェブを横切って、均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする、超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Across the web, uniformly sealed with a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter spaced, continuously feeds the web to ultrasonic sealing machine. 角の丸い約140mmX105mmの長方形となる個々の物品にウェブを切断する。 Cutting the web into individual articles comprising a rectangular round about 140mmX105mm corners. 【0436】 実施例208実施例118又は実施例122の300mmx400mmの積層ウェブ片とともに実施例142の物品を包装することにより、小児用の皮膚クレンジング及び乾燥キットを調製する。 [0436] By packing the articles of Examples 142 with laminate web piece 300mmx400mm Example 208 Example 118 or Example 122 to prepare the skin cleansing and drying kit for children. 【0437】 実施例209実施例117〜124のいずれか1つの積層ウェブを実施例106〜115で示されるクリーニング成分で飽和することにより、代表的な抗菌硬質面クリーニング物品、例えば、抗菌特性を有する湿った拭い取り物品を調製する。 [0437] By saturated with cleaning ingredients shown any one of the laminated web of Example 209 Example 117 to 124 in Example 106 to 115, a typical antimicrobial hard surface cleaning article, for example, have antimicrobial properties the wet wiping article is prepared. 好ましくは、事前に湿らせた拭き取り物品を形成するために装着要素約3.2にてウェブ上に成分を装着する。 Preferably, mounting the component on the web at attachment element about 3.2 to form a wiping article was pre-wet. 次いで、得られた拭き取り物品を個々に又は複数包装で包装してもよい。 Then, the resulting wiping article may be packaged individually or packaged. 【0438】 実施例210実施例21及び22の抗菌クリーニング成分のいずれかで実施例117〜12 [0438] performed either antimicrobial cleaning ingredients of Example 210 Examples 21 and 22 Example 117-12
4のいずれか1つの積層ウェブを飽和することにより、代表的な抗菌硬質面クリーニング用の湿った拭き取り物品を調製する。 By saturating one of the laminated web 4, to prepare a typical wet wipe article having antibacterial hard surface cleaning. 次いで、得られた拭き取り物品を個々に又は複数包装で包装してもよい。 Then, the resulting wiping article may be packaged individually or packaged. 【0439】 実施例211代表的コンディショニング物品を以下の方法で製造する。 [0439] Example 211 a representative conditioning articles produced by the following method. それぞれ約0.05gの成分及び約3mmの直径を含有するドットを形成するように、押し出しジェットの先端を介して押出すことにより、実施例22〜89 So as to form a dot containing a diameter of the component and about 3mm to about 0.05g respectively, by extrusion through a tip of the extrusion jet, Example 22-89
のいずれかのコンディショニング成分を実施例117〜124の積層ウェブのいずれかに適用する。 To apply one of the conditioning component of any of the laminated web of Example 117-124. 仕上り物品当り1.1グラムの成分を得る割合で成分を押出す。 Extruding the components at a rate to obtain a component 1.1 grams per finished article. エアレイされた、嵩高く、低密度の詰綿である第2のウェブを、スキンコンディショニング成分を含有しない面上に第1の基材と接触して第1の基材の上に連続的に送り込む。 Air laid been bulky, the second web is a wadding of low density, continuously fed over the first substrate in contact with the first substrate on the side containing no skin conditioning components . 詰綿は、10%の15デニールのPET繊維、50%の3デニールのポリエチレンテレフタレート(PET)コアとポリエチレン(PE)シースの二成分繊維、及び40%の10デニールの同じコア‐シース組成物の二成分繊維の混合物を含み、平方メートルあたり約80グラム(gsm)の坪量を有する。 Wadding is 10% to 15 denier PET fibers, the same core of 50% 3 denier polyethylene terephthalate (PET) core and a polyethylene (PE) sheath bicomponent fibers, and 40% 10 denier - the sheath composition It comprises a mixture of bicomponent fibers has a basis weight of about 80 g (gsm) per square meter. ウェブを横切って均一に間隔を空けた直径4mmのシール点の格子を含む点パターンでシールする超音波シール機に連続的にウェブを送りこむ。 Ultrasonic sealing machine for sealing a pattern that includes a grid of sealing points 4mm diameter with uniformly spaced across the web feeds continuously web. 物品当り合計約51個のシール点を有する、約120mmx90mmの長方形に達する、 It has a total of about 51 amino sealing points per article, reaching rectangular about 120Mmx90mm,
角の丸い個々の物品にウェブを切断する。 To cut the web to round individual articles of the corner. 物品は、皮膚の小さな領域、例えば、 Article, a small area of ​​skin, for example,
顔、肘、頸及び/又は足に適用するのに好都合である。 Face, it is advantageous to apply the elbow, the neck and / or feet. 【0440】 実施例212代表的な床クリーニング物品を以下の方法で製造する。 [0440] Example 212 a typical floor cleaning articles produced by the following method. 実施例117〜124のいずれか1つの積層ウェブを100x130mmのパッドに切断する。 Any one of the laminated web of Example 117 to 124 is cut into a pad of 100X130mm. クロペイ(Clopay)により提供されるポリバリアをシートの裏側に取り付ける。 Attaching a Poribaria provided by Clopay (Clopay) on the back side of the sheet. パッドの全長に沿って2x25mm幅の取り付け用ストライプを取り付けて、パッドを用具に取り付ける。 Attach the mounting stripes 2x25mm width along the entire length of the pad to attach the pad to the implement. スイファー(Swiffer)乾燥掃除用モップの先端を100X130mm(拭き取り作用を起こす回転ヘッドを含む) Suifa (Swiffer) dry cleaning mop tip 100X130mm (including wiping rotary head causing an effect)
の寸法に切断する。 Cut to size. このモップの先端に、オス型のベルクロ(Velcro)片を接着剤で止めて、パッドを取り付けるための手段を提供する。 The tip of the mop, stop male Velcro (Velcro) strip with adhesive provides a means for attaching the pad. 実施例92〜105のクリーニング成分のいずれか1つをモップの先端に染み込ませる。 One of the cleaning ingredients of Example 92 to 105 impregnated mop tip. 消費者が使用する前に成分が漏れないようにモップの先端を包装する。 Consumer packaging mop tip to prevent leakage of components prior to use. 【0441】 実施例213代表的な床用磨き/清掃物品を以下の方法で製造する。 [0441] EXAMPLE 213 Typical floor polish / cleaning article produced by the following method. 実施例117〜124のいずれか1つの積層ウェブを100x130mmのパッドに切断する。 Any one of the laminated web of Example 117 to 124 is cut into a pad of 100X130mm. クロペイ(Clopay)により提供されるポリバリアをシートの裏側に取り付ける。 Attaching a Poribaria provided by Clopay (Clopay) on the back side of the sheet. パッドの全長に沿って2x25mm幅の取り付け用ストライプを取り付けて、パッドを用具に取り付ける。 Attach the mounting stripes 2x25mm width along the entire length of the pad to attach the pad to the implement. スイファー(Swiffer)(登録商標)乾燥掃除用モップの先端を100X130mm(拭き取り作用を起こす回転ヘッドを含む)の寸法に切断する。 Suifa (Swiffer) to cut the tip of the (R) dry cleaning mop dimensions 100X130mm (wipe includes a rotating head causing effects). このモップの先端に、オス型のベルクロ(Velc The distal end of the mop, male Velcro (Velc
ro)片を接着剤で止めて、パッドを取り付けるための手段を提供する。 Stop ro) pieces with an adhesive, it provides a means for attaching the pad. パッドをモップの先端に取り付ける前に、鉱物とワックスの1:1の質量比の混合物を含有する磨き清掃成分をパッドに装着する。 Before mounting the pad to the mop of the tip, 1 mineral wax: Wear polish cleaning component containing a mixture of a mass ratio of the pad. いったんパッドに成分を装着したら、 Once you have installed the component once pad,
使用直前まで得られた物品を包装する。 The packaging of goods obtained until just before use. 【0442】 実施例214代表的な磨き/清掃物品を以下の方法で製造する。 [0442] EXAMPLE 214 Typical polishing / cleaning article produced by the following method. 実施例117〜124のいずれか1つの積層ウェブを100x130mmのパッドに切断する。 Any one of the laminated web of Example 117 to 124 is cut into a pad of 100X130mm. 鉱物とワックスの1:1の質量比の混合物を含有する磨き清掃成分をパッドに装着する。 Mounting the polishing cleaning component containing a mixture of a mass ratio of the pad: Minerals wax 1. いったんパッドに成分を装着したら、使用直前まで得られた物品を包装する。 Once pad mounted components, packaging articles obtained unt