JP2003515274A - Access diffusion in a packet data radio system - Google Patents

Access diffusion in a packet data radio system

Info

Publication number
JP2003515274A
JP2003515274A JP2001538341A JP2001538341A JP2003515274A JP 2003515274 A JP2003515274 A JP 2003515274A JP 2001538341 A JP2001538341 A JP 2001538341A JP 2001538341 A JP2001538341 A JP 2001538341A JP 2003515274 A JP2003515274 A JP 2003515274A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
terminal
message
packet data
system
access
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001538341A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
エリック ウェステルベルイ,
Original Assignee
テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W74/00Wireless channel access, e.g. scheduled or random access
    • H04W74/002Transmission of channel access control information
    • H04W74/006Transmission of channel access control information in the downlink, i.e. towards the terminal
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W74/00Wireless channel access, e.g. scheduled or random access
    • H04W74/08Non-scheduled or contention based access, e.g. random access, ALOHA, CSMA [Carrier Sense Multiple Access]
    • H04W74/0833Non-scheduled or contention based access, e.g. random access, ALOHA, CSMA [Carrier Sense Multiple Access] using a random access procedure

Abstract

(57)【要約】 アプリケーションホストから個々の端末への、パケットデータシステムを介したメッセージ送信を伴う、通信システムにおけるアクセス試行の拡散方法である。 (57) of the Abstract from the application host to individual terminals, involves message transmission via a packet data system, a method of diffusing an access attempt in a communication system. 各メッセージには時間間隔を指定するアクセス記述要素が含まれる。 Each message contains access description element that specifies the time interval. 各端末はそれぞれのメッセージを受信し、メッセージに対する応答を生成する。 Each terminal receives the respective message, generates a response to the message. この応答はランダムアクセスチャネル上で初期アップリンクアクセスを行うことによって実行される。 This response is performed by performing an initial uplink access on the random access channel. 最初のアクセスが成功すると、ネットワークはその端末がアプリケーションホストとの間の通信を実行時に使用するための端末用無線リソースを確保する。 When the first access is successful, the network the terminal to secure the terminal radio resource for use communication at runtime between an application host. 初期アクセスはメッセージに指定された時間間隔の経過後に送信される。 Initial access is transmitted after a time interval specified in the message. アプリケーションホストは異なる端末には異なる時間間隔を指定する。 Application host specifies the different time intervals to different terminals. 従って、端末によってなされるアクセス試行は長時間に渡って拡散され、ランダムアクセスチャネルにおける輻輳が削減される。 Accordingly, access attempts made by the terminal is spread over a long period of time, congestion in the random access channel is reduced.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 (発明の背景) 本発明はパケットデータシステムにおけるアクセス試行(access attempt)を拡散する方法及びシステムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] Background of the Invention The present invention relates to a method and system for spreading access attempt in a packet data system (access attempt). 【0002】 汎用パケット無線サービス(GPRS)は、セルラネットワーク、特にGSM [0002] General Packet Radio Service (GPRS) cellular networks, especially GSM
セルラネットワーク用の高速パケットデータサービスである。 Is a high-speed packet data services for cellular network. GPRSは既存の回線交換型GSMネットワークの上にパケットベースの無線インタフェースをオーバレイする。 GPRS will overlay the packet-based radio interface on the existing circuit switched GSM network. 情報はパケットによって運ばれ、パケットは受信サイトで再組み立てされる。 Information is carried by the packet, the packet is reassembled at the receiving site. 無線リソースはパケットが送信又は受信される時のみ使用される。 Radio resources are used only when a packet is transmitted or received.
これによって、各モバイルデータユーザが専用のチャネルを割り当てされる回線交換型のコネクションとは対照的に、複数のユーザで無線リソースを共用することが可能になる。 Thus, in contrast to the connection circuit-switched to each mobile data user is assigned a dedicated channel, it is possible to share the radio resources by multiple users. この結果、無線スペクトルの効率的な利用が実現される。 Consequently, efficient use of radio spectrum is achieved. さらに、GPRSのパケットに基づく方法は、モバイルパーソナルコンピュータからインターネットへのシームレスな接続を可能にする。 Furthermore, methods based on GPRS packet is from a mobile personal computer to enable seamless connection to the Internet. 【0003】 これらGPRSの有益な機能はオペレータが自らのGSMネットワークにおいて多くの新しいデータサービスを導入することを可能にしている。 [0003] beneficial features of these GPRS is to allow the operator to introduce a number of new data services in its own GSM network. 現在計画されているアプリケーションの1つにリアルタイムベッティング(くじ、馬券等の購入、賭け)(real-time betting)がある。 Real-time to one of the applications that are currently planned betting (lottery, purchase of betting tickets, etc., betting) there is a (real-time betting). 典型的なリアルタイムベッティング環境において、参加者はイベントの最中にそのイベントで何が起こるかの予測に基づいて賭けを行う。 In a typical real-time betting environment, participants place bets based on the prediction what is happen in the event during the event. 例えば、試合中に競技場にいる観客がリアルタイムベッティングに関与しても良い。 For example, the audience you are in the stadium during the match may be involved in the real-time betting. 例えば、参加者は次にゴールすると思うプレーヤや、( For example, a player that I think participants next goal is, (
アイスホッケーの試合で)次のパワープレイで点が入るか否かについて賭けを行うことができる。 Bet can do about ice hockey game) whether or not the point in the next power play entering. 競馬、クイズ又はゲーム番組に対する賭けも他のアプリケーションとして含まれる。 Horse racing, also bets on a quiz or game show is included as other applications. 関連するアプリケーションとしてはオークションでの入札、有価証券の売買、観客の投票等がある。 Bid in the auction is a related application, buying and selling of securities, there is a vote, etc. of the audience. 【0004】 これらアプリケーションの実施には無線システムの大きさを変える必要がある。 [0004] it is necessary to change the size of the radio system for the implementation of these applications. 例えば、リアルタイムベッティングの例では、多数の人(例えば数千人)が短時間、例えば10−30秒の間に賭けを行うであろう。 For example, in the example of real-time betting, many people (e.g. thousands) of short time would place bets for example during 10-30 seconds. 賭け動作のこの急激な増加は無線ネットワークのリソースに重い負荷をかける。 This sharp increase in the betting operation place a heavy load on resources of the wireless network. GPRSシステム及び他のパケットデータ無線システムはこのような特性を有するアプリケーションを取り扱いできないかもしれない。 GPRS system and other packet data radio system may not be able to handle the application having such characteristics. 【0005】 例えば、リアルタイムベッティング及びリアルタイム投票の様なアプリケーションにおける潜在的な問題は、それらがシステムへの無作為なアクセス試行数の非常に大きなピークを含むことである。 [0005] For example, real-time betting potential problem in applications such as and real-time vote is they contain a very large peak in the random access attempts the number of the system. これを説明するため、30秒以内に賭けが行われる例を考えてみる。 To illustrate this, consider an example in which the bet is carried out within 30 seconds. 大多数の参加者は与えられた30秒という期間の中の最後の10秒に賭けを行うと思われる。 The majority of the participants is likely to place bets in the last 10 seconds in the period of 30 seconds given. 一般的な構成において、無作為なアクセス試行に対しては一秒あたり40回の容量が与えられており、これがセルあたりの参加者数を400に制限している。 In a typical arrangement, random access is given a capacity 40 times per second for trial, which limits the number of participants per cell in 400. 400を超える参加者が賭けへの参加を選択すると、ランダムアクセスチャネルはアクセスバースト衝突によって混雑するようになる。 When participants choose to participate in betting more than 400, the random access channel will be congested by the access burst collision. これはセル内のGPRSサービスを事実上ストップさせる。 It is virtually stop GPRS services in the cell. ここで、すべてのアプリケーションが同一のランダムアクセスチャネルを共用しているため、GPRSサービスは賭けのシステムのみならず全GPRSアプリケーションについて膠着する。 Here, because all applications share a same random access channel, GPRS service is agglutinative on all GPRS application not only betting system. この状況はシステムオペレータにとって明らかに満足できないものである。 This situation is one which can not be clearly satisfactory for the system operator. 【0006】 より具体的には、2以上のユーザを有する無線パケットデータシステムにおいて、アップリンクリソースは理論的に(そしてしばしば物理的に)2つのグループに分割されている。 [0006] More specifically, in a wireless packet data system having two or more users, the uplink resource is divided theoretically (and often physically) two groups. 専用のリソースを割り当てられていない場合、移動局はアクセスチャネルグループにおいて初期アップリンクアクセスを実行する。 If not assigned dedicated resources, the mobile station performs an initial uplink access in the access channel group. 最初のアクセスが成功すると、ネットワークはその移動局用の無線リソースを専用リソースチャネルグループから確保する。 When the first access is successful, the network reserves radio resources for the mobile station from a dedicated resource channel group. GPRSにおいて、アクセスチャネルグループはパケットランダムアクセスチャネル(PRACH)又は場合によってはランダムアクセスチャネル(RACH)から構成される。 In GPRS, the access channel group consists of a random access channel (RACH) is the packet random access channel (PRACH) or. GPRSの専用リソースチャネルグループにおける論理チャネル(アップリンク上)は、パケットデータトラフィックチャネル(PDTCH)、パケット付随制御チャネル(PACCH Logical channel (on the uplink) in the GPRS dedicated resources channel group of the packet data traffic channel (PDTCH), the packet associated control channel (PACCH
)及びパケットタイミング制御チャネル(PTCCH)から構成される。 ) And consists of a packet timing control channel (PTCCH). 【0007】 アクセスチャネルグループ内のチャネル上で、移動局からネットワークへの送信タイミングは基本的に無作為である。 [0007] In the channel in the access channel group, the transmission timing from the mobile station to the network is essentially random. 2つの移動局が、アクセスバーストをシステムに送信することを同時に決定するかもしれない。 Two mobile stations, may simultaneously decides to send an access burst to the system. このようなことが起こると、ネットワークはいずれのアクセスバーストも復号化できず、両方のアクセス試行が失敗する。 When this occurs, the network can not be decrypted any access bursts, both access attempt fails. ランダムアクセスの衝突を制限するため、ランダムアクセスチャネルは適切に大きさを定めなくてはならない。 To limit the collision of the random access, the random access channel must be set appropriately sized. ランダムアクセスチャネルの最低容量(bare capacity)よりも約20%多いランダムアクセス試行があると、システムの効率は急速に悪化する。 If there is about 20% more random access attempts than the minimum amount of random access channel (bare capacity), the efficiency of the system is rapidly deteriorating. これは、ランダムアクセスチャネルの最低容量の粗々20%が有効ランダムアクセス容量であることを意味する。 This means that coarse s 20% of the minimum capacity of the random access channel is enabled random access capacity. GPRSにおいて、ランダムアクセスチャネルの有効容量は具体的なチャネル構成に依存するが、1秒あたり40〜320回のランダムアクセス試行である。 In GPRS, the effective capacity of the random access channel depends on the specific channel configuration, which is 40-320 times of the random access attempt per second. 一般的な構成では、ランダムアクセス容量は40回/秒に過ぎない。 In a typical configuration, random access capacity is only 40 times / sec. 大多数のアプリケーションにはこれでも十分だが、数千のリアルタイムベッターが同時にシステムにアクセスを試みる場合には不十分である。 Enough even this is the majority of applications, but the real-time Betta over thousands is insufficient when attempting to access the system at the same time. GPRSシステムのRACHにおける過負荷を図1に示す。 Overload on the RACH of the GPRS system shown in FIG. 図に示すように、多数のユーザが賭けの期限終了に近いほぼ同時刻に賭けに応じると、無線システムの有効RACH容量(点線で示す)を超える。 As shown, when the number of users responding to bet at approximately the same time close to the expiration of the bet, exceeds valid RACH capacity (shown by a dotted line) of the radio system. 上述のように、これはすべてのGPRSサービスを停止させうる。 As described above, this may be stopped all GPRS services. より具体的には、ピーク期間中及びその後しばらくはGPRSシステムに接続できなくなるかもしれない。 More specifically, you may not be connected to the GPRS system a while during and after the peak period. 【0008】 パケットデータシステムにおける衝突を削減、より具体的にはトラフィックのピークが有効RACH容量を超えないようにするため、様々な手法が提案されている。 [0008] reducing collisions in a packet data system, since more specifically so that the peak traffic does not exceed the valid RACH capacity, there have been proposed various methods. 衝突を削減する1つの簡単な方法は、論理チャネルを再構成してRACH One simple way of reducing collisions is to reconfigure the logical channel RACH
の有効容量を増やすことである。 It is to increase the effective capacity of. しかし、この方法には2つの重大な問題がある。 However, this approach has two serious problems. まず第1は、アクセスピークでない状態ではRACHがかなり大きすぎることである。 First of all, the state is not the access peak is that RACH is quite too large. 従って、RACHの平均利用率は非常に低く、高価な無線リソースがたまにしかないイベント(アクセスピーク)のために確保されることになる。 Therefore, the average utilization rate of the RACH is very low, will be reserved for events only occasionally expensive radio resource (access peak). このように、この方法は無線リソースを浪費する。 Thus, this method wastes radio resources. 第2に、RACHに割り当て可能な帯域幅には限界があることである。 Second, the bandwidth that can be allocated to RACH is that there is a limit. GPRSでは、現在のところ約320アクセス試行/秒に制限されている。 In GPRS, it is currently limited to about 320 access attempts / sec. 【0009】 他の従来手法はRACH容量を負荷(アクセス試行数)に対して動的に調整するものである。 [0009] Other conventional approaches are those dynamically adjusts the load of RACH capacity (access number of trials). この方法は上述の方法の第1の問題点を解決する。 This method solves the first problem of the above method. しかし、この方法においても、RACHに同時に割り当て可能な帯域幅の制限は依然として解決されない。 However, even in this method, limitations can be simultaneously allocated bandwidth RACH is still not resolved. さらに、GPRSにおけるPRACH上の帯域幅変更は論理制御チャネルの再構成によって実施される。 Furthermore, the bandwidth changes on the PRACH in GPRS is implemented by the reconstruction of the logical control channel. 移動局はシステム情報メッセージを再度読み込まねばならないため、この再構成は進行中の転送の中断を招く。 Since the mobile station that must read the system information message again, this reconstruction leads to interruption of the transfer in progress. 従って、P Therefore, P
RACHの帯域幅を余り頻繁に変更することは望ましくない。 It is changed less frequently the bandwidth of the RACH is undesirable. さらに、動的な手法は将来的なトラフィック負荷を予想することができず、既に発生した重負荷に対処するに過ぎない。 Furthermore, dynamic techniques can not predict the future traffic load, not only to cope with a heavy load has already occurred. そのため、動的な方法はアクセス試行の氾濫を防ぐことはできない。 Therefore, dynamic method can not prevent flooding of the access attempt. 単に輻輳が発生した際にその解決に役立つだけである。 Merely help to resolve them when congestion occurs. 【0010】 別の方法は、無線システムがアクセス失敗時に”バックオフ”手順を実行することによりアクセスピーク後の復旧を可能とすることで、衝突の問題を一部改善する。 [0010] Another method, a radio system that it allows the recovery after access peaks by executing the "back-off" procedure when access failure to improve some problems of the collision. 要するに、この方法によれば、ユーザが最初のアクセス試行に対して何の応答も受信しなかった場合、衝突が発生したとの仮定がなされる。 In short, according to this method, if the user has not received any response to the first access attempt, the assumption that the collision has occurred is made. そして、ユーザは最初の試行から無作為な時間が経過してから2度目の試行を送信する。 The user random time sends a second time and try elapsed since the first attempt. 2度目の試行も失敗した場合、さらに無作為に選択された時間経過後に3度目の試行が行われる。 If the second time trial also fails, the third time attempt is made after a lapse of further time that is randomly selected. 要求のインターバルは、より長い時間に渡ってアクセスを拡散させるため、失敗する毎に延ばすことができる。 Interval requests, to diffuse access over a longer period of time can be extended for each fail. このようにして、ユーザは以前行ったアクセスの再試行のインターバルよりも徐々に長く待たされるため、アクセスの輻輳は最終的には解決される。 In this way, since the user gradually to wait longer than the interval of the retry previously performed access has, congestion of the access is eventually resolved. 【0011】 しかし、この方法もまた上述した問題を満足の行くように解決はしない。 [0011] However, also does not solve satisfactorily the problem described above this method. 例えば、”バックオフ”はピーク(及びそれによるアクセス輻輳)の発生を防ぐことはできない。 For example, "back-off" can not prevent the occurrence of the peaks (and access by congestion). 単に発生した輻輳を解決可能なだけである。 Merely capable solve congestion has occurred. さらに、”バックオフ”方法はアクセスシステム内で実施される(又はアクセスシステム内に設けられる)ため、全てのアプリケーションに同一のアクセス拡散処理がなされ、システムへのアクセス試行時に遅延される。 Furthermore, "back-off" method (provided in or access system) implemented in the access system for, the same access diffusion treatment to all applications made is delayed during attempt to access the system. これはピークトラフィックにおける平均遅延を、リアルタイムベッティングに関与するユーザのみならず、全てのユーザが被ることを意味する。 This average delay in peak traffic, not only users participating in real-time betting, which means that all users suffer. これは音声通話のセットアップ時間を許容できない値にまで増加させるかも知れない。 This may increase to a value unacceptable setup time voice calls. 【0012】 このように、これら従来の手法は多くの問題を有している。 [0012] In this way, these conventional methods have a number of problems. 全般的に、従来技術はアクセス輻輳の発生を防ぐことができない。 In general, the prior art can not prevent the occurrence of access congestion. これらの技術は単に発生した輻輳を解決するのみである。 These techniques are merely solve the congestion has occurred. 第2に、これらの技術はシステム内の全サービスに対して影響し、特定のアプリケーションに対してのみ適用することができない。 Second, these techniques will impact on all services in the system, it can not be applied only to a specific application. 第3に、従来技術はアプリケーションレベルではなくパケットデータ無線システムの一部として実施される。 Third, the prior art is implemented as part of a packet data radio system, not the application level. これはアプリケーションと特定のパケットデータ無線システムとの間に複雑な依存性を与える。 This gives the complex dependencies between applications and particular packet data radio system. 【0013】 (発明の概要) 従って本発明の代表的な目的は、通信システムにおけるアクセス輻輳を削減するためのより効率的な方法を提供することによって、上述した問題を解決することにある。 [0013] Representative object of therefore SUMMARY OF THE INVENTION The present invention, by providing a more efficient way to reduce the access congestion in a communication system is to solve the aforementioned problems. 【0014】 この目的は通信システム内のアクセス試行を拡散する方法によって達成される。 [0014] This object is achieved by a method of diffusing an access attempt in the communication system. 通信システムはパケットデータシステムを介して複数の端末と通信可能に接続されるアプリケーションホストを含むことが可能である。 Communication system can include an application host communicatively connected to a plurality of terminals via a packet data system. パケットデータシステムはランダムアクセスチャネルを用いる。 Packet data system using a random access channel. この方法は、アプリケーションホストから各端末へパケットデータシステムを介してメッセージを送信するステップを有し、各メッセージには時間間隔を指定するアクセス記述要素が含まれている。 The method comprises the steps of sending a message via a packet data system to the terminal from the application host, each message includes access description element that specifies the time interval.
各端末はその個々のメッセージを受信し、それに対する応答を生成する。 Each terminal can receive the individual messages, it generates a response thereto. この応答はランダムアクセスチャネル上で初期アップリンクアクセスを行うことによって実行される。 This response is performed by performing an initial uplink access on the random access channel. 最初のアクセスが成功したら、ネットワークはその端末がアプリケーションホストと端末間での通信を行う際に使用するための無線リソースを確保する。 When the first access is successful, the network the terminal to secure the radio resources for use in communicating between applications the host and the terminal. 初期アクセスはメッセージ中に指定された時間間隔の経過後に送信される。 Initial access is transmitted after a specified time interval in the message. アプリケーションホストは異なる端末に対して異なる時間間隔を指定する。 Application host specifies the different time intervals for different terminals.
従って、端末によってなされるアクセス試行は長時間渡って拡散される。 Accordingly, access attempts made by the terminals are spread over a long period of time. アクセス試行の分配はアクセス試行がランダムアクセスチャネルの容量を超えないことを確実にする。 Distribution of access attempt to ensure that the access attempt does not exceed the capacity of the random access channel. 【0015】 この方法はアプリケーションレベルで実施可能であり、パケットデータシステムとは独立している。 [0015] The method may be embodied in an application level, independent of the packet data system. 従って、本方法はアプリケーションレベルとパケットデータシステムとの間で相互動作するための特別なプロトコルは一切必要としない。 Therefore, a special protocol for this method to interoperate between the application level and the packet data system is not required at all.
さらに、本方法は完全にアプリケーションレイヤ内に実装されるため、アクセス拡散を用いないアプリケーションには直接影響を与えない。 Furthermore, since the method is entirely implemented in the application layer, the application that does not use the access diffusion does not directly affect. 【0016】 本発明の上述した目的及び他の目的、特徴及び利点は以下の詳細な説明を図面と共に読むことによってより容易に理解されるであろう。 [0016] It will foregoing and other objects, features and advantages of the present invention will be more readily understood by the following detailed description when read with the accompanying drawings. 【0017】 (発明の詳細な説明) 以下の説明においては、限定ではなく説明を目的として、本発明の完全な理解を与えるための特定の詳細を説明する。 [0017] In the Detailed Description of the Invention The following description, for purposes of explanation and not limitation, specific details are set forth in order to provide a thorough understanding of the present invention. しかし、本発明がこれら特定の詳細とは離れた他の実施形態においても実施可能であることは、本技術分野の当業者には明らかであろう。 However, that the invention is also practiced in other embodiments that depart from these specific details it will be apparent to those skilled in the art. 他の例において、周知である方法、装置及び回路の詳細な説明は、不要な詳細によって本発明の説明がわかりにくくならないようにするため、 In another embodiment, a method is well known, the detailed description of the apparatus and circuits, so as not to obscure the description of the present invention with unnecessary detail,
省略する。 Omitted. 図面において、同じ参照数字は同じ機能を表す。 In the drawings, like reference numerals represent the same function. 【0018】 例えば、以下の検討はリアルタイムベッティング又はリアルタイム投票に関して構成される。 [0018] For example, the following discussion is made with respect to real-time betting or real-time vote. しかし、本技術分野に属する当業者はここで説明される原理が、 However, those skilled in the art that the principles described herein,
アクセスチャネルにおける輻輳を削減することによる利益を享受可能な任意のパケットデータシステムに適用可能であることを理解するであろう。 It will appreciate that it is applicable to any packet data system that can benefit from reducing the congestion in the access channel. さらに、アクセス拡散技術はGSM/GPRSシステムに関して説明されるが、このアクセス拡散技術はD−AMPS/EDGE、IS−95及び、UTMS及びCDMA2 Furthermore, although the access diffusion techniques are described with respect to GSM / GPRS system, the access diffusion technique D-AMPS / EDGE, IS-95 and, UTMS-and CDMA2
000と言った今後の広帯域システムを含む他のパケットデータシステムにも適用可能である。 To other packet data systems, including the future of the broadband system that said that 000 is applicable. 【0019】 図2は本発明のアクセス拡散技術を実施可能なシステム1の概要を示す図である。 [0019] FIG. 2 is a diagram showing an overview of possible system 1 accesses diffusion technique of the present invention. システムはアプリケーションホスト(又はサーバ)4を含む。 The system includes an application host (or server) 4. アプリケーションホスト4はアプリケーションを管理する。 Application host 4 to manage the application. リアルタイムベッティングアプリケーションにおいて、アプリケーションホスト4は賭けを策定し、端末装置5内に存在する対応するアプリケーションへ賭けの状況を通信し、賭けの結果を管理する責を負うサーバである。 In real-time betting application, application host 4 has formulated a bet, communicate the status of betting to the corresponding application exists in the terminal device 5 is a server liable to manage the results of bets. これらのタスクを実行するためのロジックはソフトウェア、別個の論理回路又はそれらの組み合わせによって実現可能である。 Logic to perform these tasks software, can be implemented by separate logic circuits, or a combination thereof. 【0020】 アプリケーションホスト4はGPRSシステム7と通信可能に接続される。 The application host 4 is communicatively connected to the GPRS system 7. G
PRSシステム7はアプリケーションホスト4と端末装置5間での通信を提供する。 PRS system 7 provides communication between the application host 4 and the terminal device 5. GPRSシステム7のアーキテクチャは、参照としてその全部が本明細書に組み入れられるTS GSM03.60に規定されている。 Architecture of a GPRS system 7, reference in its entirety is defined in TS GSM 03.60, which is incorporated herein. GPRSシステム7はG GPRS system 7 G
PRSネットワーク2を含み、また、GPRSネットワーク2は、当業者に知られるように、ゲートウェイGPRSサポートノード(GGSN)、在圏GPRS Comprises PRS network 2, also, GPRS network 2, as known to those skilled in the art, a Gateway GPRS Support Node (GGSN), Serving GPRS
サービスノード(SGSN)及びGPRS基地局システム(GPRS BSS) Service Node (SGSN) and GPRS base station system (GPRS BSS)
を含む。 including. 【0021】 GPRSネットワーク2は1つ以上のGSM/GPRS基地局6と通信可能に接続される。 The GPRS network 2 is communicatively connected to one or more GSM / GPRS base station 6. 基地局6は、GPRS無線ユニットを有するであろう移動局3と、 The base station 6, the mobile station 3 that would have a GPRS radio unit,
無線通信によって通信可能に接続される。 It is communicatively coupled via wireless communication. 移動局3はまた、端末装置5と直接インタフェースする。 Mobile station 3 is also directly interface to the terminal device 5. 端末装置5はラップトップコンピュータ、高度自動機能電話 Terminal device 5 laptop computers, advanced auto-function phone
(smart phone)、又はアプリケーションを実行し、移動局3とインタフェースすることが可能な任意の装置であってよい。 (Smart Phone), or execute the application may be any device capable of mobile station 3 and the interface. アプリケーションロジックは端末装置5内に存在し、ソフトウェア、個別の論理回路又はそれらの組み合わせにとして実現可能である。 Application logic exists in the terminal device 5, the software can be implemented as a discrete logic circuitry, or a combination thereof. 【0022】 図3は特定の例示的なリアルタイムベッティングアプリケーションに関するアクセス拡散技術を説明するフローチャートである。 [0022] FIG. 3 is a flow chart for explaining an access diffusion technique for a particular exemplary real-time betting application. ステップS1において、アプリケーションホスト4内のベッティングアプリケーションが、アクセス記述要素及び賭け状況を含むメッセージ(賭け提案メッセージ:Betting Offer Message) In step S1, betting application in the application host 4 access descriptive elements and messages containing betting status (bet proposal message: Betting Offer Message)
を生成する。 To generate. アクセス記述要素は、端末装置5内のアプリケーションがシステムへいつ応答すべきかを指定する情報を含んでいる。 Access description element, the application of the terminal device 5 contains information specifying when to respond to the system. 例えば、アクセス記述要素はアプリケーションに時刻t(tは賭け提案メッセージの受信後10〜30秒の間の無作為な時間)に応答を送信するように伝えることができる。 For example, the access description element time t to the application (t is random time between 10 and 30 seconds after receiving a wager proposal message) can be transmitted to send a response to. ステップS2において、賭け提案メッセージは端末装置5へ運ばれる。 In step S2, betting offer message is conveyed to the terminal device 5. ステップS3で、賭けの提案がエンドユーザに表示される。 In step S3, the proposal bet is displayed to the end user. ステップS4で、ユーザが所定の時間内に賭けに応答したかを判定する。 In step S4, a determination is made as to whether the user has answered the bet within a predetermined time. 応答があれば、ステップS5において、システムは応答メッセージを移動局3へ送信すべき時間を決定する。 If there is a response, in step S5, the system determines a time to transmit a response message to the mobile station 3. ステップS6で、端末装置5は応答メッセージを移動局3へ送信する。 In step S6, the terminal device 5 transmits a response message to the mobile station 3. ステップS7で、移動局3は標準的なGPRS手順に従って、ランダムアクセスチャネル上でシステムにアクセスする。 In step S7, the mobile station 3 according to standard GPRS procedures to access the system over a random access channel. 最後に、ステップS8で、応答メッセージがアプリケーションホスト4 Finally, in step S8, the response message application host 4
へ送られる。 It is sent to. 【0023】 上述の方法によれば、賭け提案メッセージ内にアクセス記述要素を含ませることで、端末装置5からの応答が賭け提案メッセージの受信後所定時間(例えば、 According to the above method, by including the access description element betting proposal message, received after a predetermined time of betting proposal message response from the terminal device 5 (e.g.,
1つの例示的な場合、約10〜30秒)に渡って均等に拡散される。 If one exemplary are evenly spread over approximately 10-30 seconds). GPRS移動局3は端末装置5からの要求メッセージ受信後、直ちにランダムアクセスチャネル上でアクセスバーストを送信するため、アクセスバーストもまた同一時間に渡って均等に拡散される。 After the request message received from the GPRS mobile station 3 the terminal device 5, in order to immediately send an access burst over the random access channel, the access burst is also uniformly spread over the same time. 従って、ランダムアクセスチャネルの過負荷を回避できる。 Therefore, it is possible to avoid overloading of the random access channel. 【0024】 図4及び図5は図3の方法の具体例を示す。 FIG. 4 and FIG. 5 shows a specific example of the method of FIG. アプリケーションホスト4が選択肢A及びBを用いて賭けを構成したとする。 Application host 4 and to constitute a wager using Option A and B. この代表的な場合において、アプリケーションホスト4はエンドユーザからの応答を60秒以内に得る必要がある。 In this exemplary case, the application host 4 is required to obtain a response from the end user within 60 seconds.
本発明による拡散技術がなければ、以前図1に説明したように、エンドユーザからの応答がランダムアクセスチャネルを輻輳させる大きなリスクがあるであろう。 Without diffusion technique according to the present invention, as described previously Figure 1, the response from the end user will be a great risk of congestion of the random access channel. 本発明の拡散技術を用いると、アプリケーションホスト4は賭け提案メッセージ内に、エンドユーザが選択肢A及びBの一方を賭け提案メッセージの受信後2 With diffusion technique of the present invention, the application host 4 betting proposal message, after receiving the proposal message end user bet one of Option A and B 2
0秒以内に応答しなければならないという要求を挿入する。 To insert a requirement that must respond within 00 seconds. さらに、アプリケーションホスト4は端末装置5内のベッティングアプリケーションに、賭け提案メッセージの受信後20〜55秒の間の無作為な時間に、賭けへの応答(reply)の送信を中止し、移動局3へ応答(response)を送信するよう指示するアクセス記述要素を提供する。 Furthermore, the betting application in the application host 4 terminal device 5, a random time between the reception after 20-55 seconds wager proposal message, stops transmission of a response to the wager (reply), the mobile station 3 providing access description element that instructs it to send a response (response) to. 【0025】 より具体的には、図4に示すイベントが図3に示したステップに対応している。 [0025] More specifically, the event shown in FIG. 4 corresponds to the step shown in FIG. 図に示されるように、賭け提案メッセージはイベント1〜3においてユーザへ転送され、表示される。 As shown, betting proposal message is forwarded in the event 1-3 to the user, it is displayed. 賭け提案メッセージはユーザに20秒以内に賭けに応じるよう指定する。 Bet proposal message specifies that respond to bet within 20 seconds to the user. (イベント4において判定される様に)ユーザがこの時間内に応答した場合、(イベント5及び6において)端末装置5は20〜55秒の無作為な時間停止した後、応答を移動局3へ送信する。 If (as is determined in event 4) user responds within this time, (in the event 5 and 6) after the terminal device 5 that has stopped random time 20-55 seconds, a response to the mobile station 3 Send. 移動局5がこの応答を受信すると、(イベント7及び8において)移動局はGPRSシステム7を介し、直ちにその応答をアプリケーションホスト4へ転送する。 When the mobile station 5 receives this response, the mobile station (in the event 7 and 8) via a GPRS system 7, immediately forwards the response to the application host 4. 【0026】 図5に示すように、上述の方法は賭けの応答を時間間隔に渡って分配す効果を有する。 As shown in FIG. 5, the method described above has the effect be distributed over the interval response betting time. 従って、ランダムアクセスチャネル上のトラフィックは常にこのチャネルの容量を超えることがない。 Accordingly, the traffic on the random access channel is not always exceeds the capacity of this channel. 【0027】 結論として、上述の方法はリアルタイムベッティング等のアクセス集中型アプリケーションが遭遇する問題を効果的に解決する。 [0027] In conclusion, the above described method effectively solves the problem that the access-intensive applications such as real-time betting is encountered. 従来システムとは対照的に、 In contrast to conventional systems,
本発明による方法はパケットデータ無線システムそのものの中ではなく、アプリケーションレベルで動作する。 The process according to the invention is not in the packet data radio system itself, operates at the application level. そのため、本発明による方法は、アクセス輻輳を回避すべき特定のアプリケーションからのアクセス負荷を制御するため、各アプリケーションに合わせた設計を提供する。 Therefore, the method according to the invention, to control access load from a specific application should be avoided access congestion, to provide a design tailored to each application. アプリケーションレベルで動作するため、本発明による方法は他のアプリケーションに対して透過的にアクセス拡散を行うことが可能である。 To operate at the application level, the method according to the present invention can be made transparent access spread to other applications. 例えば、アクセス拡散処理が特定のアプリケーションに付いての平均アクセス時間を増加させても、他のアプリケーションはそのアクセス時間に何の影響も受けない。 For example, even if the access diffusion processing increases the average access time with a particular application, other applications not receive any effect on the access time. さらに、本発明の方法は完全にアプリケーションレイヤの範囲内に留められているため、全てのパケットデータ無線システムに対して等しく良好に機能し、ベッティングアプリケーションとパケットデータ無線システムとの間にいかなる複雑な関係も引き起こさない。 Furthermore, since the method of the present invention is completely fastened within the application layer, equally well it works for all packet data radio system, any complex between the betting application and packet data radio system It does not cause the relationship. 【0028】 上述の通り、本発明による拡散方法はGPRS又はGMSセルラ環境に限定されない。 [0028] As described above, the diffusion process according to the present invention is not limited to GPRS or GMS cellular environment. この方法は、例えば、D−AMPS/EDGE、IS−95、UMTS This method, for example, D-AMPS / EDGE, IS-95, UMTS
、UTRA、CDMA2000システム及びランダムアクセスチャネルを用いる任意のパケットデータ無線システムにおいて使用可能である。 It can be used in any packet data radio system using UTRA, CDMA2000 systems and random access channel. さらに、本方法はハードワイヤードリンクを有するネットワーク(例えば、無線通信を用いないネットワーク)を含む、他のタイプのネットワークへの用途を有する。 Furthermore, the method network (e.g., network without using wireless communication) with a hard-wired link including, has application to other types of networks. 【0029】 本技術分野に属する当業者には、上述した原理の更に別の変形物は明らかであろう。 [0029] to those skilled in the art, further variations of the above-described principle will be apparent. そのような変形物及び変更物は以下の請求項に規定されるような本発明の範囲及び精神に含まれると見なされる。 Such variations and modifications thereof are considered to be within the scope and spirit of the invention as defined in the following claims. 【図面の簡単な説明】 【図1】 従来システムにおける、リアルタイムベッティングアプリケーションでのアクセス試行分布を示す図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] in a conventional system, a diagram showing the access attempt distribution of real-time betting application. 【図2】 本発明のアクセス拡散技術を実施するために使用可能な無線ネットワークを示す図である。 Is a diagram showing the available wireless networks to implement the access diffusion technique of the present invention; FIG. 【図3】 本発明のアクセス拡散技術を説明するフローチャートである。 3 is a flow chart for explaining an access diffusion technique of the present invention. 【図4】 本発明のアクセス拡散技術の一例におけるイベントのシーケンスを示すタイミング図である。 Is a timing diagram illustrating the sequence of events in an example of an access spreading techniques of the present invention; FIG. 【図5】 本発明による、リアルタイムベッティングアプリケーションにおけるアクセス試行分布を示す図である。 By Figure 5 present invention, showing the access attempt distribution in real-time betting application.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,K E,LS,MW,MZ,SD,SL,SZ,TZ,UG ,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD, RU,TJ,TM),AE,AG,AL,AM,AT, AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,BZ,C A,CH,CN,CR,CU,CZ,DE,DK,DM ,DZ,EE,ES,FI,GB,GD,GE,GH ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE ), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, K E, LS, MW, MZ, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZW), EA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, BZ, C A, CH, CN, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EE, ES, FI, GB, GD, GE, GH , GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,K E,KG,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS ,LT,LU,LV,MA,MD,MG,MK,MN, MW,MX,MZ,NO,NZ,PL,PT,RO,R U,SD,SE,SG,SI,SK,SL,TJ,TM ,TR,TT,TZ,UA,UG,UZ,VN,YU, ZA,ZW , GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, K E, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NO, NZ, PL, PT, RO, R U, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, TZ, UA, UG, UZ, VN , YU, ZA, ZW

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 ランダムアクセスチャネルを用いるパケットデータシステムを介して、少なくとも1つの端末と通信可能に接続されるアプリケーションホストを含む通信システムにおける、アクセス輻輳を削減する方法であって、 時間間隔を指定するアクセス記述要素を含んだメッセージを、前記アプリケーションホストから、前記パケットデータシステムを介して前記端末へ送信するステップと、 前記メッセージを前記端末で受信するステップと、 前記端末において前記メッセージへの応答を生成するステップと、 前記応答を、前記メッセージに指定された時間間隔の経過後に、前記パケットデータシステムの前記ランダムアクセスチャネルを介して送信するステップとを有することを特徴とする方法。 [Claims 1 through a packet data system using a random access channel, in a communication system including an application host that is communicatively coupled to at least one terminal, there a way to reduce access congestion Te, a message containing the access description element that specifies the time interval from the application host, and transmitting to the terminal via the packet data system, comprising: receiving the message at the terminal, at the terminal and generating a response to the message, the response, after a time interval specified in the message, and having and transmitting via the random access channel of the packet data system Method. 【請求項2】 他の端末に関する他の時間間隔と異なるように、前記端末に関する前記時間間隔を指定するステップを更に有することを特徴とする請求項1 2. As different from the other time intervals for other terminals, claim 1, characterized by further comprising the step of designating the time interval for the terminal
    記載の方法。 The method described. 【請求項3】 値を無作為に生成し、前記時間間隔を前記無作為に生成された値に基づいて計算するステップを更に有することを特徴とする請求項1記載の方法。 The 3. A value randomly generated, the method according to claim 1, further comprising the step of calculating on the basis of the time interval generated value to said random. 【請求項4】 前記メッセージが賭けの提案条件を搬送することを特徴とする請求項1記載の方法。 4. A method according to claim 1, wherein the said message conveying the proposed conditions of wager. 【請求項5】 前記賭けの提案条件が、ユーザが当該賭けの提案条件に応答可能な所定時間を指定することを特徴とする請求項4記載の方法。 5. A proposed conditions of the wager The method of claim 4, wherein the user characterized by designating a predetermined possible response time to propose terms of the wager. 【請求項6】 前記パケットデータシステムがGPRSパケットデータシステムであることを特徴とする請求項1記載の方法。 6. The method of claim 1, wherein the packet data system is a GPRS packet data system. 【請求項7】 前記パケットデータシステムが、無線通信を用いる基地局を介して移動局と通信可能に接続される通信ネットワークを含み、前記少なくとも1つの端末が前記移動局に接続されることを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said packet data system, characterized in that comprises a communication network communicatively coupled to the mobile station via the base station using a radio communication, said at least one terminal connected to the mobile station the method of claim 1 wherein. 【請求項8】 アプリケーションホストと、 少なくとも1つの端末と、 前記アプリケーションホストを前記少なくとも1つの端末と通信可能に接続するためにランダムアクセスチャネルを用いるパケットデータシステムと、 時間間隔を指定するアクセス記述要素を含んだメッセージを生成し、前記アプリケーションホストから前記パケットデータシステムを介して前記端末へ送信する、前記アプリケーションホストにおけるメッセージ生成ロジックと、 前記メッセージに対する応答を生成し、前記メッセージに指定された時間間隔の経過後に、前記パケットデータシステムの前記ランダムアクセスチャネルを介して前記アプリケーションホストへ送信する、前記端末における応答生成ロジックとを有することを特徴とする通信システム。 And application hosts [8 claim ## and at least one terminal, and the packet data system using a random access channel in order to connect the application host to be capable of communicating with said at least one terminal, an access description element that specifies the time interval It generates a message containing the application host via the packet data system transmits to the terminal, and the message generation logic in the application host to generate a response to the message, the time interval specified in the message communication system after the lapse, transmitted via the random access channel of the packet data system to the application host, and having a response generation logic in the terminal. 【請求項9】 前記メッセージ生成ロジックが、他の端末に関する他の時間間隔と異なるように、前記端末に関する前記時間間隔を指定することを特徴とする請求項8記載のシステム。 Wherein said message generation logic, so as to be different from the other time intervals for the other terminal, the system of claim 8, wherein the specifying the time interval for the terminal. 【請求項10】 前記メッセージ生成ロジックが、値を無作為に生成し、前記時間間隔を前記無作為に生成された値に基づいて計算することを特徴とする請求項8記載のシステム。 Wherein said message generation logic generates a value randomly system of claim 8, wherein the calculating on the basis of the time interval generated value to said random. 【請求項11】 前記メッセージが賭けの提案条件を搬送することを特徴とする請求項8記載のシステム。 11. The system of claim 8, wherein the said message conveying the proposed conditions of wager. 【請求項12】 前記賭けの提案条件が、ユーザが当該賭けの提案条件に応答可能な所定時間を指定することを特徴とする請求項11記載のシステム。 12. proposed conditions of the bet, the system of claim 11, wherein the user characterized by designating a predetermined possible response time to propose terms of the wager. 【請求項13】 前記パケットデータシステムがGPRSパケットデータシステムであることを特徴とする請求項8記載のシステム。 13. The system of claim 8, wherein the packet data system is a GPRS packet data system. 【請求項14】 前記パケットデータシステムが、無線通信を用いる基地局を介して移動局と通信可能に接続される通信ネットワークを含み、前記少なくとも1つの端末が前記移動局に接続されることを特徴とする請求項8記載のシステム。 14. The packet data system, characterized in that comprises a communication network communicatively coupled to the mobile station via the base station using a radio communication, said at least one terminal connected to the mobile station system according to claim 8,.
JP2001538341A 1999-11-15 2000-10-31 Access diffusion in a packet data radio system Withdrawn JP2003515274A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US44027899 true 1999-11-15 1999-11-15
US09/440,278 1999-11-15
PCT/SE2000/002133 WO2001037494A3 (en) 1999-11-15 2000-10-31 Access spreading in a packet data radio system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003515274A true true JP2003515274A (en) 2003-04-22

Family

ID=23748140

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001538341A Withdrawn JP2003515274A (en) 1999-11-15 2000-10-31 Access diffusion in a packet data radio system

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1230763A2 (en)
JP (1) JP2003515274A (en)
CN (1) CN1390410A (en)
WO (1) WO2001037494A3 (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008087941A1 (en) * 2007-01-19 2008-07-24 Ntt Docomo, Inc. Base station device, mobile station, mobile communication system, and communication control method
JP2010506254A (en) * 2006-09-28 2010-02-25 ハワード ダブリュ ラトニック Products and processes for processing the information associated with the weather and other events
US9406196B2 (en) 2003-04-10 2016-08-02 Cantor Index, Llc Real-time interactive wagering on event outcomes
US10074244B2 (en) 2013-10-21 2018-09-11 Cfph, Llc Products and processes for processing information related to weather and other events

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100438824B1 (en) 2001-08-23 2004-07-05 삼성전자주식회사 Methods for compensating propagation delay in point-to-multipoint data communication networks
JP2004289717A (en) * 2003-03-25 2004-10-14 Mitsubishi Electric Corp Random access control method, base station, and terminal device
CN100594478C (en) 2003-09-22 2010-03-17 富士通株式会社 Information processing apparatus, accesses dispersing method and system including the information processing apparatus
US7545827B2 (en) 2004-02-13 2009-06-09 Hong Kong Applied Science And Technology Research Institute Co., Ltd. Busy tone for wireless networks
CN101091350B (en) * 2004-11-03 2010-05-05 艾利森电话股份有限公司 Method and device for performance optimisation of a data distribution network
US7715864B2 (en) 2006-09-13 2010-05-11 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Arrangement and method for contention-based multi-access in a wireless communication system
CN102088729B (en) * 2009-12-02 2014-06-25 华为技术有限公司 Network access method, device and system

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5729542A (en) * 1995-06-28 1998-03-17 Motorola, Inc. Method and apparatus for communication system access
US6031832A (en) * 1996-11-27 2000-02-29 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Method and apparatus for improving performance of a packet communications system

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9406196B2 (en) 2003-04-10 2016-08-02 Cantor Index, Llc Real-time interactive wagering on event outcomes
US9805549B2 (en) 2003-04-10 2017-10-31 Cantor Index Llc Real-time interactive wagering on event outcomes
JP2010506254A (en) * 2006-09-28 2010-02-25 ハワード ダブリュ ラトニック Products and processes for processing the information associated with the weather and other events
WO2008087941A1 (en) * 2007-01-19 2008-07-24 Ntt Docomo, Inc. Base station device, mobile station, mobile communication system, and communication control method
US8514720B2 (en) 2007-01-19 2013-08-20 Ntt Docomo, Inc. Base station apparatus, mobile station, mobile communication system, and communication control method
JP5268654B2 (en) * 2007-01-19 2013-08-21 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ The base station apparatus and communication control method
US10074244B2 (en) 2013-10-21 2018-09-11 Cfph, Llc Products and processes for processing information related to weather and other events

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2001037494A3 (en) 2001-12-06 application
CN1390410A (en) 2003-01-08 application
WO2001037494A2 (en) 2001-05-25 application
EP1230763A2 (en) 2002-08-14 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6771635B1 (en) IP address allocation for mobile terminals
US7180879B2 (en) Method and apparatus for call setup latency reduction
US5513381A (en) Method for placing a communication group call in a multiple site trunked system
US20010055285A1 (en) Mobile communication system and gateway selecting method thereof
US20050207340A1 (en) Methods and apparatus for controlling IP applications during resources shortages
US20020160812A1 (en) Channel supervision in a radio network
US6493328B2 (en) Active set management in cellular wireless network that supports high data rate forward link transmissions
US20040219940A1 (en) Call setup method and system for push-to-talk service in a cellular mobile communication system
US20060063544A1 (en) Method and system for maintaining a wireless data connection
US20060063531A1 (en) System and method for providing a BCMCS service in a wireless communication system
WO1999052306A1 (en) Mobility management in packet radio networks
JP2005012806A (en) Method for minimizing backward channel interference caused by abnormally many access trials in wireless communication system
US20070099640A1 (en) Arbitration of resources at a wireless device among contending applications
CN1505336A (en) A control method for random access
WO2004032391A1 (en) Method and apparatus for managing the usage of data link resources
US20030076855A1 (en) Methods and apparatus for sharing network bandwidth
US7043751B1 (en) Method of allocating access rights to a telecommunications channel to subscriber stations of a telecommunications network and subscriber station
JP2005508588A (en) Communication system and method for sharing the load code division multiple access 2000 network
US7613169B2 (en) Enhancement of packet transfer mode when circuit switched resources are requested
JP2002335278A (en) Wireless data communication network changeover device and program for wireless data communication changeover processing
JP2003264878A (en) System and method for call admission for mobile communication system
JP2000513526A (en) Method and apparatus for efficient system access within the dispatch system
US7215677B2 (en) System and method for balancing load in a wireless LAN
US7664517B2 (en) Wireless communication system utilizing a persistence value for group communication requests to reduce latency
KR20050119407A (en) Method for deleting a session procedure

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20080108