JP2003513365A - Distributed database management system - Google Patents

Distributed database management system

Info

Publication number
JP2003513365A
JP2003513365A JP2001534012A JP2001534012A JP2003513365A JP 2003513365 A JP2003513365 A JP 2003513365A JP 2001534012 A JP2001534012 A JP 2001534012A JP 2001534012 A JP2001534012 A JP 2001534012A JP 2003513365 A JP2003513365 A JP 2003513365A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
access
service
data service
system
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001534012A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ジョーガラス、ネクタリオス
マッカーニー、スティーブン
レベット、マイケル・チャールズ
Original Assignee
ブリティッシュ・テレコミュニケーションズ・パブリック・リミテッド・カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F17/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
    • G06F17/30Information retrieval; Database structures therefor ; File system structures therefor
    • G06F17/30286Information retrieval; Database structures therefor ; File system structures therefor in structured data stores
    • G06F17/30575Replication, distribution or synchronisation of data between databases or within a distributed database; Distributed database system architectures therefor

Abstract

(57)【要約】 本発明は、マルチユーザのデータベース環境においてデータへのアクセスを管理するシステムおよび方法を提供する。 (57) Abstract: The present invention provides a system and method for managing access to data in a multi-user database environment. システムは:データベースシステムにおいてデータにアクセスするためのデータアクセス要求を受信する受信機(48);データサービス(36)に対する識別子をデータベースシステム内に記憶するように構成されたレジスタ(27)であって、識別された各データサービスについて、第1のデータはこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関係し、第2のデータは少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能を実行することに関連するデータサービス資源に関係しているレジスタ(27);少なくとも1つのデータアクセス機能要件およびデータサービス資源要件を含む受信したデータアクセス要求をそれぞれの第1および第2のデータと比較して、要求にしたがってデータにアクセスすることが System: a receiver for receiving a data access request to access data in a database system (48); a data service configured register to store an identifier in a database system for (36) (27) , for each data service identified, the first data is related to at least one respective data access functions performed by the data service, it second data for performing at least one of each data access function register (27) which are involved in related data service resources; as compared to at least one data access functional requirements and data services each of the first and second data the received data access request including the resource requirements, have access to data in accordance with the request きるデータサービスを識別する比較器(24);およびデータアクセスのために比較器によって識別されるデータサービスを選択するためのセレクタ(52)とを含む。 And a and a selector (52) for selecting the data service identified by the comparator for data access; Kill comparator for identifying the data service (24). このシステムでは、クライアントアプリケーションは、機能的なデータアクセス要件および非機能的なサービス品質の要件にしたがってデータサービスを要求することができる。 In this system, the client application may request the data service according to functional data access requirements and non-functional quality of service requirements.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 発明の属する技術分野 本発明は、マルチユーザデータベース環境におけるデータアクセスのためのシステムおよび方法に関し、とくに分散形データベース環境におけるデータアクセスに関係する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] Technical Field The present invention belongs invention relates to systems and methods for data access in a multi-user database environment, particularly related to the data access in distributed database environment. 【0002】 従来の技術 本発明の文脈において、“データベース”という用語はデータの集まりに関係し、“分散形データベース”という用語は通信ネットワーク上で分散している論理的に関連するデータベースのグループ化に関係している。 [0002] In the context of the prior art the present invention, the term "database" is related to the collection of data, the term "distributed database" grouping of logically related databases distributed over a communications network It is related to. 通信ネットワークには、例えばローカルエリアネットワーク(local area network, LAN)、広域ネットワーク(wide area network, WAN)、またはインターネット構成要素を含む。 The communication network includes, for example, a local area network (local area network, LAN), wide area network (wide area network, WAN), or the Internet components. “分散形データベース管理システム(distributed database management syst "Distributed database management system (distributed database management syst
em, DDBMS)”という用語は、分散形データベースの管理に関係するソフトウエアシステムに関し、とくにデータベースユーザにトランスペアレントであると思われる分散を行う。本発明の文脈において、“ユーザ(user)”という用語は、 em, DDBMS) "term relates software system relating to the management of distributed databases, in particular in the context of performing. present invention a dispersion that appear to be transparent to the database users," the term user (user) " It is,
例えば人間のオペレータ、ローカルコンピュータシステム、および他のコンピュータシステムを含む。 Including, for example, a human operator, the local computer system, and other computer systems. ここで使用されている“データサービス(data service) Here it is used "data service (data service)
”という用語は、データアクセス機能のようなデータベースの操作によって設定できるデータベースに関係するサービスにかかわる。データサービスでは、アクセスするデータを管理および操作する。 【0003】 従来の分散形データベースでは、データは多数のローカルデータベースに分散されていて、ローカルデータベースは各データベースサーバによって通信ネットワークに接続されている。データサービスは、ローカルデータベースおよび各サーバによってクライアントアプリケーションに与えられ、クライアントアプリケーションは各クライアント端末上で実行され、クライアント端末は通信ネットワークに接続されている。 【0004】 大企業の広域データベースシステムは、通常は水平方向および垂直方向の両者の断片化に The term "is related to services related to a database that can be set by the operation of the database, such as data access function. The data services, to manage and manipulate the data to be accessed. [0003] In conventional distributed database, data many have been distributed in the local database, the local database is connected to the communication network by each database server. data service is provided to the client application by the local database and the server, the client application running on each client terminal is, the client terminal is connected to a communication network. [0004] wide-area database system large companies, usually fragmentation horizontal and vertical both 基いて(フラグメンテーションベースで)分散されている。水平方向に断片化されたデータベースでは、本質的に同じタイプのデータレコードは、製品のタイプまたは製造場所のような関係する特徴にしたがって分散されている。 The basis by (in fragmentation basis) are dispersed. Databases fragmented horizontally, the data records of essentially the same type are distributed in accordance with relevant characteristics such as the type or manufacturing location product .
垂直方向に断片化されたデータベースでは、データは購買、販売、および配給のようなデータの関連する機能にしたがって分散されている。 The fragmented database in the vertical direction, data purchase is distributed according to sales, and related functions of data such as distribution. データベースを断片化する結果として、データが複製されることになる。 As a result of fragmenting the database, the data is replicated. 【0005】 データベース環境におけるデータの複製に関係して重要な欠点があり、それらは、すなわち:―例えば、データベースシステム内の記憶容量の増加が要求されること;多数のデータの更新が要求されること;およびデータの不整合性に対する潜在性があることである。 [0005] related to the copy of the data in the database environment has important disadvantages, they are namely: - For example, the increased storage capacity in the database system is required; updates a number of data are required it; is that there is a potential for and data inconsistencies. これらの欠点にも関わらず、断片化は、企業のワイドシステムにおいて一般的に行われており、とくにここでは、データが規則的に多数の処理タスクを支援するように要求されている。 Despite these shortcomings, fragmentation, are common in corporate wide systems, where especially the data is required to support a large number of processing tasks regularly. これらのシステムでは、データの複製にはさらに冗長度が組み込まれていて、通信ネットワークの一部の故障、またはローカルデータベースあるいは関係するサーバの故障の際にデータベースの操作が継続することが保証されている。 In these systems, the replication of data is built further redundancy, the part of the communication network fails or is guaranteed to operate a database of when a failure of the server to the local database or relationship continues there. さらに加えて、データの複製は、 In addition, data replication,
データベースの応答時間と、データベース資源および通信バンド幅の競合とを低減することによってより効率的な局所的な処理を行う。 It makes more efficient local processing by reducing the database response time, and a competition database resources and communication bandwidth. 【0006】 企業のワイドシステムでは、通常はデータはローカルアプリケーションを支援するように複製され、すなわちローカルデータベースによって供給される特定のデータサービスを支援することを求められているデータのタイプを供給するようにデータが複製される。 [0006] In an enterprise-wide system, usually the data is replicated to support a local application, namely to supply the type of data that is required to support a particular data service to be provided by the local database data is replicated to. ヘテロジニアス(heterogeneous、異種混合)の環境では、複製されたデータのタイプは異なる局所的要件によってローカルデータベース間で相当に変化する。 Heterogeneous (heterogeneous, heterogeneous) In the environment, the type of replicated data vary considerably between local database by different local requirements. データ品質は、正確さなどのような種々の資源に関係する品質パラメータによって規定されるように、ローカルデータベース間で相当に変化する。 Data quality, as defined by the quality parameters related to various resources, such as accuracy, vary considerably between local database. 【0007】 ローカルデータベースのデータ品質は、多数の要因が影響を与えている。 [0007] The data quality of the local database, has given a number of factors influence. 例えば、データ更新は、ローカルデータベース要件によって判断されるように定期的に、またはユーザが開始した要求ごとに行うことができる。 For example, data update may be performed for each periodically as determined by the local database requirements, or user initiated requests. データ更新は、検査されていないが最新のデータ、または検査されたデータを正確さおよび正当性のような所定の品質基準にしたがわせることを含む。 Data update is not examined comprising causing follow the latest data or inspected predetermined quality criteria, such as data accuracy and validity. さらに加えて、データ更新は、ネットワーク容量またはCPU時間のようなシステムの資源の非可用性によって遅延させてもよい。 In addition, data update may be delayed by the non-availability of system resources such as network capacity or CPU time. 【0008】 したがって分散形データベースシステムにおけるローカルデータベースによって提供されるデータサービスは、通常は、データに関係する処理、すなわちデータ構造およびシステムアーキテクチャによって判断されるデータベース支援によって規定される機能性の特徴、およびデータ品質およびシステム資源のような非機能的資源が関係する特性によって特徴付けられる。 Accordingly data service provided by the local database in the distributed database systems, typically, the processing related to the data, i.e. the data structure and functionality of the features defined by a database support is determined by the system architecture, and non-functional resources, such as data quality and system resources are characterized by the properties concerned. 【0009】 既知の分散形データベースでは、それぞれのデータサービスの機能的特徴は、 [0009] In known distributed database, functional characteristics of the respective data services,
分散形データベース管理システム(distributed database management system, Distributed database management system (distributed database management system,
DDBMS)によって公開された(published、公知とした)インターフェイスアプリケーションとしてクライアントへ送られる。 Published by DDBMS) (published, was known) it is transmitted as an interface application to a client. 各公開されたインターフェイスはデータアクセス機能を規定し、すなわちデータベース操作であり、データサービスが実行できる。 Interfaces that are each published defining a data access function, that is, database operations, the data service can be executed. クライアントアプリケーションがインターフェイスを選択するとき、DDBMSは、選択されたインターフェイスにおいて特定されるデータベース操作を実行できるような適切なデータサービスを選択する。 When a client application to select the interface, DDBMS selects the appropriate data services that can perform database operations identified in the selected interface. 【0010】 このタイプのデータベースシステムの主な欠点は、公開されたインターフェイスが普通は2以上のデータサービスと関係していることである。 [0010] The main drawback of this type of database system, published interface is usually is to be associated with two or more data services. したがって、データベースの操作を実行できるデータサービス、すなわちアクセス機能は、DD Therefore, data services that can perform operations on the database, or access function, DD
BMSによって選択されるインターフェイスによって規定することができる。 It can be defined by an interface selected by the BMS. データ品質およびシステム応答時間のようなデータサービスの非機能の品質の特徴は、公開されたインターフェイスから非表示にされており、したがってDDBM Data quality and characteristics of the quality of the non-functionality of data services such as system response time is hidden from published interface, thus DDBM
Sによる適切なデータサービスの選択は、ユーザの非機能的なデータサービスの要件に依存する。 Selection of appropriate data services S is dependent on the requirements of the non-functional data service user. したがって、選択されたデータサービスの非機能の特徴はデータサービスが実行されるときのみ、ユーザに明らかになる。 Therefore, the characteristics of the non-functionality of the selected data service only, apparent to the user when the data service is executed. これに関して、データサービスのデータ品質および応答時間は全体的に、使用可能なデータサービスについてDDBMSによる任意の選択に依存する。 In this regard, overall data quality and response time of the data service is dependent on any selection by DDBMS for available data services. 【0011】 既知の分散形データベースシステムと関係する別の欠点は、とくに、多くのクライアントアプリケーションが同じデータサービスへ同時の実時間のアクセスを要求するとき、加入され過ぎてしまい(加入超過し)易くなることである。 [0011] Another drawback associated with known distributed database system is, in particular, when many of the client application requests a real-time access simultaneous to the same data services, too much is subscribed (the oversubscription) easy it is to become. 資源管理および資源割当て方法を使用して、ユーザが規定する優先度の指標に基いてデータサービスへのアクセスを制御することが知られている。 Use resource management and resource allocation method, it is known to control access to data services based on the indication of the priority user defined. しかしながら、このアプローチはデータベースシステムにおけるデータアクセス要求の相対的な優先度にのみ影響を与える。 However, this approach only affects the relative priority of the data access request in a database system. 【0012】 発明が解決しようとする課題 本発明の第1の態様にしたがって、データ管理システムであって: データベースシステムにおいてデータにアクセスするためのデータアクセス要求を受信する受信機と; それぞれのデータサービスに対する識別子をデータベースシステム内に記憶するように構成されたレジスタであって、識別された各データサービスについて、第1のデータがこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス資源に関係し、第2のデータが少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関連するデータサービス資源に関係している、レジスタと; 少なくとも1つのデータアクセス機能要件とデータサービス資源要件とを含む受信したデータアクセス要求を各第1および第2の [0012] According to a first aspect of the 0007 present invention, there is provided a data management system: a receiver for receiving a data access request to access data in a database system and; each data service a configured register to store an identifier in a database system for, for each data service identified, the first data is related to at least one respective data access resource is performed by the data service , second data is related to the data service resources associated with at least one respective data access functions, register and; the received data access request including at least one data access functional requirements and data services resource requirements each of the first and second データと比較して、要求にしたがってデータにアクセスすることができるデータサービスを識別する比較器と; データアクセスのために比較器によって識別されるデータサービスを選択するためのセレクタとを含むデータ管理システムを提供する。 Data management system including a selector for selecting the data service identified by the comparator for data access; compared to data comparator and identifying the data service can access the data in accordance with the request I will provide a. 【0013】 したがって本発明のシステムは、機能性のデータアクセス要件と非機能の資源に関係するサービス品質要件との両者にしたがってデータサービスを選択することができる。 [0013] Thus the system of the present invention, it is possible to select a data service in accordance with both the quality of service requirements related to the functionality of the data access requirements and non-functional resources. とくに、データ管理システムは、要求を実行する十分な機能と資源とをもつ使用可能なデータサービスをデータアクセス要求に容易に整合させることができる。 In particular, the data management system can be easily matched the available data services with sufficient capabilities and resources to perform the requested data access request. 機能性の要件と非機能の要件との両者について検討することによって、データ管理システムは、要求の要件に最も適したデータサービスを選択することができる。 By consider both the functional requirements and non functional requirements, the data management system can select the most appropriate data service requirements of the request. したがってより差別的な割当てが行われ、データベースシステム内に用意されているデータサービス資源を使用する。 Accordingly performed more discriminatory allocation, using the data service resources that are provided in the database system. とくに、本発明のデータ管理システムは、非常に機能的で、非常に資源の豊かなデータサービスへの超過加入を軽減することができる。 In particular, the data management system of the present invention is highly functional, can be very reduced excess join the rich data service resources. より低いレベルのデータアクセス機能またはデータサービス資源、あるいはこの両者を要求するデータアクセス要求は、データ管理システムによる可能なデータサービスを低減することができる。 Lower level data access functions or data service resources, or data access request to the both, can reduce the data service available by the data management system. 【0014】 好ましくは、レジスタは、少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関連する少なくとも1つのデータアクセス料金値(料金表にある値(tariff val [0014] Preferably, registers, at least one data access rates values ​​associated with at least one respective data access function (in tariff value (tariff val
ue))に関係する第3のデータを識別される各データサービスごとに記憶するようにも構成されている。 It is also configured to store for each data service identified third data related to ue)). したがって、それぞれのデータサービスによって実行される異なるデータアクセス機能、および付加的にまたは代わりにデータアクセス機能に関連する異なるデータベース資源に対して、異なる料金値を割り当てることができる。 Thus, different data access functions performed by each of the data services and for additionally or different database resources associated with the data access feature instead, may be assigned a different rate values. 【0015】 便利なことに、比較器は、前記データアクセス要求におけるデータアクセス料金要件と前記第3のデータとを比較するようにも構成される。 [0015] Conveniently, the comparator is also configured to compare the data access rates requirements and the third data in the data access request. このやり方では、 In this way,
本発明のシステムは、要求において識別される料金値要件にしたがって適切なデータサービスを選択することができる。 The system of the present invention, it is possible to select the appropriate data service according fee value requirements identified in the request. 異なるデータサービスに対して異なる料金値を使用すると、データサービスの超過加入に対する潜在性を軽減することができる。 Using different rates values ​​for different data services, it is possible to reduce the potential for excessive subscription data services. とくに、データサービス要求を使用して、データサービス機能および資源要件と、異なる要件に適用可能な料金値との釣り合いをとることができる。 In particular, using a data service request, and a data service function and resource requirements can balance the possible rates values ​​applied to different requirements. したがって、データアクセス要求を特定し過ぎること、したがってデータベース資源の浪費を軽減することができる。 Accordingly, it too specific data access request, thus it is possible to reduce the waste of database resources. 【0016】 好ましい実施形態では、セレクタは、所定の選択方式にしたがって好ましいデータサービスを選択するように構成されている。 [0016] In a preferred embodiment, the selector is configured to select a preferred data service according to a predetermined selection scheme. このやり方では、共通の選択方式を各データアクセス要に対して実行することができる。 In this manner, it is possible to perform a common selection system for each data access necessary. 【0017】 セレクタは、最低のデータアクセス料金値をもつデータサービスを選択するように構成されていることが好ましい。 [0017] The selector is preferably configured to select a data service with the lowest data access fee value. したがって、2以上のデータサービスがデータアクセス要求を実行できるとき、最もコスト効率のよいデータサービスが選択される。 Thus, two or more data services when you can perform a data access request, good data services with the most cost effective is selected. 【0018】 システムはさらに、データサービスアクセスイベントに関係するイベントデータを記録するイベントデータレコーダを含んでいることが好都合である。 The system further, it is advantageous that contains event data recorder that records event data related to the data service access event. したがってデータアクセスイベントは、データサービスと関係する料金値を動的に変更するために解析することができる。 Thus the data access events can be analyzed to dynamically change the fee value associated with a data service. さらに加えて、データサービス要求の各ソースについて使用レコードを維持することができる。 In addition, for each source of data service requests may be maintained using records. 【0019】 好ましい実施形態では、システムはさらに、請求書作成のために関連するデータアクセス料金データを前記イベントデータへ適用する請求書公開手段を含む。 [0019] In a preferred embodiment, the system further comprises a bill public means for applying the data access fee data associated for billing to the event data.
この請求書公開手段は容易に請求書作成を行う。 This invoice public means easily perform the billing. 【0020】 システムはさらに、データアクセス要求を公開するユーザをそれぞれの選択されたデータサービスに通信ネットワーク上で接続する接続マネージャを含むことが好ましい。 [0020] The system preferably further includes a connection manager for connecting the user to publish data access request over a communication network to each of the selected data service. 接続マネージャは、データ管理システムに通信機能を与え、選択されたデータサービスへのユーザのアクセスを制御する。 Connection manager provides a communication function to the data management system to control user access to selected data service. これは、データの破損および認証されていないユーザのアクセスから保護する。 This protects the user access that is not damaged and authentication data. 【0021】 接続マネージャは、それぞれのデータサービスの使用を監視するモニタを含むことが好都合である。 The connection manager, it is advantageous to include a monitor for monitoring the use of the respective data services. 接続マネージャを使用して、データ管理システムへ有益なデータベース使用情報を与えることができる。 Using the connection manager can provide valuable database usage information to the data management system. 【0022】 好ましい実施形態では、接続マネージャはさらに、各それぞれのデータサービスに接続されたユーザ数を制限するアクセス防止手段を含む。 [0022] In a preferred embodiment, the connection manager further includes access preventing means for limiting the number of users connected to the respective data services. このやり方では、 In this way,
接続マネージャは、各データサービスに接続されたユーザ数を監視し、最大数の接続に到達したときに、別の機能を制限することができる。 Connection manager monitors the number of users connected to the data service, when it reaches the maximum number of connections, it is possible to limit the different functions. 【0023】 システムはさらに、ユーザがレジスタ内のデータにアクセスするためのレジスタへのインターフェイスを含むことが好ましい。 [0023] The system preferably further includes an interface to register for a user to access the data in the register. したがって、データアクセス要求に関連するレジスタ内の情報へは容易にアクセスでき、この情報を使用して、 Accordingly, easily accessible to the information in the register associated with the data access request, and uses this information,
要求の精密な形態を判断することができる。 It is possible to determine the precise form of the request. 例えば、第1、第2、および第3のデータへアクセスして、要求されている資源の関係するサービス品質能力および関係する料金値と組み合わせてデータアクセス要求を実行することができるデータサービスを識別することができる。 For example, first, accesses to the second and third data, the requested identification data services that can perform data access request in combination with the quality of service capabilities and related fee value related to the resources that can do. 【0024】 システムはさらに、ユーザのアクセスのためにレジスタ内にデータをコンパイルするインターフェイスコンパイラを含むことが好都合である。 The system further, it is advantageous to include an interface compiler to compile the data in the register for user access. これは、ユーザによって登録データが破損されるのを防止できる。 This can prevent the registration data by the user is damaged. さらに、インターフェイスコンパイラは、レジスタ内のデータへの容易で経済的なアクセスを可能にする。 Furthermore, the interface compiler allows easy and economical access to data in the register. 【0025】 好ましい実施形態では、システムは分散形データベースの一部を含む。 [0025] In a preferred embodiment, the system includes a portion of distributed databases. したがってデータ管理システムは、分散形データベース環境において集中形のデータ管理機能を行うことができる。 Thus the data management system is able to perform data management functions centralized type in distributed database environment. 【0026】 本発明の第2の実施形態にしたがって、データ管理システムであって: データベースシステム内のデータにアクセスするためのデータアクセス要求を受信する受信機と; 各データサービスのための識別子をデータベースシステム内に記憶するように構成されているレジスタであって、識別された各データサービスについて、第1のデータはこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関係し、第2のデータは少なくともそれぞれのデータアクセス機能に関連する少なくとも1つのデータアクセス料金値に関係しているレジスタと; 少なくとも1つのデータアクセス機能要求とデータアクセス料金要求とを含む受信したデータアクセス要求をそれぞれの第1および第2のデータと比較 [0026] According to a second embodiment of the present invention, there is provided a data management system: a receiver for receiving a data access request to access data in a database system and; the identifier database for each data service a register configured to store in the system, for each data service identified, the first data is related to at least one respective data access functions performed by the data service, the second data at least one and registers involved in data access rates values ​​associated with at least each of the data access functions; received data access request of each comprising at least one data access function request and the data access rates request compared with the first and second data る比較器と; データアクセスについて比較器によって識別したデータサービスを選択するセレクタとを含むデータ管理システムを提供する。 For data access provides data management system comprising a selector for selecting data service identified by the comparator; comparator and that. 【0027】 本発明の第3の態様にしたがって、データベースシステムにおいてデータへのアクセスを管理する方法であって: データベースシステム内に用意されているデータサービスのための識別子をレジスタ内に記憶し、ここでは識別された各データサービスについて、第1のデータがこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関係し、第2のデータが少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能を実行することに関連するデータサービス資源に関係していることとする段階と; データベースシステム内のデータにアクセスするためのデータアクセス要求であって、少なくとも1つのデータアクセス機能要件とデータサービス資源要件とを含むデータアクセス要求を受信する段階と; 受 [0027] According to a third aspect of the present invention, there is provided a method for managing access to data in a database system: storing an identifier for the data services provided by the database system in a register, wherein in each data service identified, the first data is related to at least one respective data access functions performed by the data service, it second data to perform at least one respective data access function a method and be related to the associated data service resource; a data access request to access data in a database system, the data including at least one data access functional requirements and data services resource requirements phase and for receiving an access request; receiving 信したデータアクセス要求とそれぞれの第1および第2のデータとを比較して、要求にしたがってデータにアクセスできるデータサービスを識別する段階と; データアクセスのために比較することによって識別されたデータサービスを選択する段階とを含む方法を提供する。 By comparing the signal with a data access request and the respective first and second data, identifying a data service to access the data according to the request and; data service identified by comparison for data access which method comprises the steps of selecting a. 【0028】 この方法はさらに、少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関連する少なくとも1つのデータアクセス料金値に関係する第3のデータを識別された各データサービスごとに記憶する段階をさらに含むことが好ましい。 [0028] The method further may further comprise the step of storing at least every one of the respective data service identified third data related to at least one data access rates values ​​associated with each of the data access functions preferable. 【0029】 この方法はさらに、レジスタ内に記憶されたデータへのユーザアクセスを与える段階をさらに含むことが好ましい。 [0029] The method further may further include a step of providing user access to data stored in the register. 【0030】 この方法はさらに、ユーザアクセスのために記憶されたデータをコンパイルする段階を含むことが好都合である。 [0030] The method further it is advantageous to include the step of compiling the data stored for user access. 【0031】 好ましい実施形態では、資源データは:データサービス応答時間、データの正確さ、データの正当性、および最後のデータ更新後の時間を含むグループからデータを構成している。 [0031] In a preferred embodiment, the resource data: Data service response time, accuracy of data constitute data from the group including validity of data, and the time after the last data update. したがって、データサービス資源は、データに関係するパラメータか、またはシステムに関係するパラメータに関して規定することができる。 Thus, data service resource may be defined with respect to parameters relating to the parameter or system is related to the data. 【0032】 この方法は、オブジェクト指向のソフトウエア環境において実行されることが好ましい。 [0032] The method is preferably implemented in software environment an object-oriented. これは、レガシーデータベースシステム、すなわち既存のシステムにおいて本発明のシステムおよび方法を容易に統合し、さらにシステムにスケーラビリティを与え、ソフトウエア要素を再使用する。 This legacy database system, i.e. a system and method of the present invention is easily integrated in existing systems, further giving scalability system, reuse software components. 【0033】 レジスタ内にデータを記憶する段階は、通信プロトコル言語を使用して、それぞれオブジェクト指向のメッセージインターフェイスを公開する段階を含むことが好都合である。 The step of storing the data in the register using a communication protocol language, it is advantageous that each include a step of publishing the message object-oriented interface. 【0034】 ここで本発明を例示的に添付の図面を参照して記載することにする。 [0034] will be described with reference to the accompanying drawings of exemplary attach present invention herein. 【0035】 発明の実施の形態 図1のシステムを参照すると、マルチユーザの分散形データベース環境は、データベースを含む複数の分散しているノードから構成されており、通信ネットワーク14上でクライアントサーバノード10は一緒に接続されていて、さらに他のクライアントサーバ12にも接続されている。 Referring to the system in the form Figure 1 embodiment of the invention, distributed database environment multiuser is constituted by a plurality of Dispersed node containing a database, client server node over the communications network 14 10 It is be connected together and further connected to other client-server 12. ネットワーク14は、データベースが分散している範囲に依存して、例えばLAN、WAN、またはインターネットを含む。 Network 14 includes depending on the range the database is distributed, for example LAN, WAN, or the Internet. クライアントアプリケーションコードをラン(実行)する、クライアント端末16によって規定される複数のユーザアクセス手段は、従来のクライアント−サーバ構成において各サーバに接続されている。 To run the client application code (run), a plurality of user access means defined by the client terminal 16, traditional client - is connected to each server in the server configuration. サーバ10は、それぞれのローカルデータベース18にも接続され、一緒にデータサービスをクライアントアプリケーションへ供給する。 Server 10 is also connected to each of the local database 18, and supplies together data service to the client application. 図1のデータベースは、企業のワイドでヘテロジニアス(he Database of FIG. 1, heterogeneous (he wide enterprise
terogeneous、異種混合)の分散形データベースであり、例えばローカルデータベース構成、構造、データコンテンツ、問い合せ言語、インターフェイス、およびトランザクションプロトコルにおける差異を含むハードウエアの異質性(hete Terogeneous, a distributed database heterogeneous), for example, a local database configuration, structure, data content, query languages, interfaces, and hardware heterogeneity, including differences in transaction protocol (HETE
rogeneity)およびシステムの異質性の両者を含む。 Rogeneity) and both the heterogeneity of the system. 【0036】 図1のシステムは、さらに図2に示したように分散形データベース管理システム(distributed database management system, DDBMS)20を含む。 [0036] in FIG. 1 system further distributed database management system (distributed database management system, DDBMS) as shown in FIG. 2 includes a 20. DDBMS2 DDBMS2
0は、各データベースサーバノード10または特定のノードのみにおいて全体的にまたは部分的に複製される。 0 is wholly or partially replicated in only the database server node 10 or a specific node. DDBMSアーキテクチャは、データサービスの供給に重点を置いたオブジェクト指向のシステムを供給する。 DDBMS architecture provides an object-oriented system with a focus on the supply of the data service. アーキテクチャは、 Architecture,
クライアントアプリケーション34からデータサービス36を分離するブローカとして働く共通のシステムとしてDDBMSを構成する。 Constituting DDBMS as common system acting from the client application 34 as a broker for separating the data service 36. このアーキテクチャを使用して、データサービスは局所的に使用可能である、すなわちDDBMSがデータベース分散をクライアント34にトランスペアレントにするように、通信ネットワークはクライアントアプリケーションがDDBMSからデータサービスを要求することを可能にする。 Using this architecture, data service is locally available, that DDBMS is to transparently databases distributed to the client 34, the communication network to allow the client application requests data service from DDBMS to. 【0037】 各データサービスは、データサービスが実行可能である機能的なデータアクセス操作を記述しているインターフェイスの仕様と、データサービスの非機能の資源に関係する態様を記述している“プロトコル”の仕様とを公開する。 [0037] Each data service, a specification of the interface data service describes a possible that functional data access operations performed, describe the aspects relating to resources of the non-functionality of data services "protocol" to the public and the specification. これに関して、プロトコルの仕様は、サービスパラメータの品質に対する値、例えばデータの正確さ、データの正当性、最後の更新後の時間、データサービス応答時間、 In this regard, the protocol specification of the value for the quality of service parameters, for example, data accuracy, data validity, time after the last update, the data service response time,
などを規定する。 To define the like. プロトコルは、インターフェイスのインスタンスの特徴のステートメントである。 Protocol is a statement of the features of an instance of an interface. プロトコルは、インターフェイスの特徴を規定しないが、プロトコルと組み合わされるとき、インターフェイスによって示されることになる特徴を規定する。 Protocol does not specify the characteristics of the interface, when combined with the protocol defines the characteristics that will be indicated by the interface. 各データサービスは、プロトコルのコストを記述している“料金”仕様と、データサービスがこの料金を受諾できるクライアントアプリケーションの接続数とを公開する。 Each data service, to publish a "fee" specification describing the cost of the protocol, data services and the number of connections the client applications that can accept this fee. 料金の仕様は、特定のプロトコルを使用する一方で、インターフェイスにおいてデータアクセス機能を実行するコストを特定する。 Price specifications, while using a particular protocol, identifies the cost of performing the data access function in the interface.
本発明の文脈において、“料金(tariff)”という用語は、多数の異なるコストおよびサービスに関係し、すなわちこの“料金”という用語を遠隔通信の分野において同様に使用して、例えばコストが時間および日付に依存するとき、1組のコストを他の組のコストと区別する。 In the context of the present invention, the term "fee (tariff)" is related to the number of different cost and service, i.e. the term this "fee" was used as well in the field of telecommunications, for example cost time and when date-dependent, distinguish a set of costs and the cost of the other set. 【0038】 DDBMSは、データサービスインターフェイス、プロトコルおよび料金の仕様、およびクライアントアプリケーションによるデータサービスへの加入を公開する。 [0038] DDBMS publishes the subscription of data service interfaces, protocols and charges of specifications, and by the client application to the data service. 【0039】 クライアントアプリケーションは、データサービスへのアクセスを要求するとき、機能的なデータアクセス要件を満たすことができるインターフェイスと、非機能的なサービス品質要件を満たすことができるプロトコルとを識別する。 [0039] When a client application requests access to data services, identifying an interface that can meet the functional data access requirements, and protocols that can fulfill the non-functional quality of service requirements. インターフェイスが2以上のデータサービスによって支援されるとき、クライアントアプリケーションはデータサービスを選択することになる。 When the interface is supported by two or more data services, the client application will select a data service. プロトコルを識別することによって、クライアントアプリケーションは、機能性の要件と、資源に関係するサービス品質の非機能の要件とを満たすデータサービスを供給するデータサービスと疑似契約を始める。 By identifying a protocol, the client application initiates a functional requirements, data services and the pseudo agreement provides data services that meet the requirements of the service quality of the non-function related to the resource. このような契約の用語は、データサービスプロバイダと関連するデータベースユーザとの間の適切なサービスレベル協定(合意) Such contract terms, appropriate service level agreements between a database user associated with a data service provider (agreement)
で判断して決めることができる。 In can be determined in judgment. 本発明では、インターフェイスおよびプロトコルの仕様は、データサービスについての“申し込むための勧誘(invitation to In the present invention, interface and protocol specifications, solicitation to sign up "for the data service (invitation to
tender)”に類似したやり方でクライアントアプリケーションによって公開することができるか、またはその代わりに機構内の規格の本体(standards body)によって判断することができる。このような申し込み(tender)を行うとき、データサービスは料金の仕様を公開し、適切な実行を構築する。料金を公開することによって、データサービスはミクロ経済システムを使用して、それぞれの基礎となるデータサービスへのローディングを管理することができ、したがって基礎となるデータベースへのアクセスは、それぞれの料金仕様においてそれぞれのデータサービスのアクセスコストを変更することによって制御することができる。 【0040】 DDMBSは、データサービスの供給においてインターフェイス、実行、およびサービス品質の問 Or can be published by the client application in a similar manner to tender) ", or can be determined by the body (standards body) of instead of the mechanism standard. When performing such application (tender), data service has issued a specification of the fee, by exposing. fee to build a proper execution, data service uses the micro-economic system, to manage the loading of the data services that are each of the foundation can, therefore access to the underlying database may be controlled by changing the access cost for each of the data service in each fee specifications. [0040] DDMBS, the interface in the supply of the data service, execution, and quality of service question 題を分離する。データサービスは、インターフェイスの仕様、データサービスの非機能の特徴を記述しているプロトコルの仕様、およびデータサービスを使用するコストを記述している料金の仕様を公開する。クライアントアプリケーションは、インターフェイス、プロトコルの仕様、および付加的にまたは代わりに関係する料金の仕様を識別することによってデータサービスに加入する。 【0041】 ここで図3を参照すると、DDBMSは、クライアントアプリケーション34を通信ネットワーク14を介して適切なデータサービス36へ接続するデータサービスブローカ22を含んでいる。データサービスブローカは、データサービスマネージャ24およびデータサービスレジスタ26を含む。データサービスレジスタは、3つの関係するデータベー Separating the problem. Data service specification interface exposes the specification of rates describing the cost of using the specifications of the protocol describing the characteristics of the non-functionality of data services, and data services. Client application , the interface, subscribes to the data service by identifying the specifications of the fee related protocol specification, and additionally or alternatively. [0041] Referring now to FIG. 3, DDBMS the communication client application 34 contains data service broker 22 connecting via the network 14 to the appropriate data service 36. data service broker includes data service manager 24 and data services register 26. data service register has three related database 28、30、および32を含む。データベース28、30、および 28, 30, and 32. And database 28,
32は、分散形データベース環境における各データサービスに対して、それぞれデータサービス機能、品質、およびコストに関係する詳しい情報を記憶する。 32 stores for each data service in a distributed database environment, each data service functions, quality, and the detailed information relating to costs. データサービスレジスタマネージャ27は、データベース28、30、および32を管理する。 Data Services register manager 27 manages a database 28, 30, and 32. 【0042】 第1のデータベース28は、各データサービスが実行するデータアクセス機能に関係する情報を記憶する。 The first database 28 stores information related to data access functions that each data service performs. とくに、各データベースサーバ10は、各データサービスが実行できるデータアクセス機能または操作を特定するインターフェイス仕様を公開する。 In particular, each database server 10 publishes interface specification that the data service to identify the data access functions or operations can be performed. インターフェイス仕様は、特定のデータサービスへのアクセスを要求するクライアントアプリケーションの代わりにデータサービスマネージャによる次の参照のためにデータベース28内に記憶される。 Interface specification is stored in the database 28 for subsequent reference by the data service manager on behalf of a client application requests access to a particular data service. 各インターフェイスの名前はレジスタマネージャ27内に登録される。 The name of each interface is registered in the register manager 27. データベース28は、各インターフェイスに対して1つのエントリを含み、エントリはインターフェイスの名前、インターフェイスに提供したデータベースサーバの識別、インターフェイスが関係するデータサービスの識別、およびインターフェイス規定ソースコードを含むインターフェイス規定に関係する詳細から構成されている。 Database 28 includes one entry for each interface, entry name of the interface, the identity of the database server that provided the interface, the identification of the data service interface is concerned, and related to the interface defining containing interface defined source code and it is configured from the detailed to. 【0043】 この実施形態では、機能的なインターフェイス仕様は、CORBAインターフェイス規定言語(Interface Definition Language, IDL)のような標準の通信言語を使用して規定される(RTM;登録商標)。 [0043] In this embodiment, the functional interface specification, CORBA interface defined language (Interface Definition Language, IDL) is defined using the standard communication language, such as (RTM; registered trademark). IDLは一般的にオブジェクト指向のシステムにおいて使用される。 IDL is generally used in an object-oriented system. IDLは、異なるデータベースシステムおよびプラットフォームからのソフトウエアオブジェクトが互いに対話できるようにする。 IDL is a software object from a different database systems and platforms to interact with each other. 【0044】 第2のデータベース30は、各データサービスのサービス品質の特徴に関係する情報を記憶する。 The second database 30 stores information relating to the characteristics of service quality of the data service. とくに、各データベースサーバは、データベースサーバによって実行される各データサービスのサービス品質の特徴を規定するプロトコル仕様を公開する。 In particular, each database server publishes protocol specification that defines the characteristics of the service quality of the data service to be performed by the database server. プロトコルは、特定のデータサービスへのアクセスを要求するクライアントアプリケーションの代わりに、データサービスマネージャによる後の参照のためにデータベース30内に記憶される。 Protocol on behalf of the client application requesting access to a particular data service, stored in the database 30 for reference later by the data service manager. 各プロトコルの名前は、レジスタマネージャ27内に登録される。 The name of each protocol is registered in the register manager 27. データベース30はさらに各プロトコルに対して1つのエントリを含み、エントリはプロトコル名、プロトコルに提出されるデータベースサーバの識別子(ID)、プロトコルが関係するデータサービスの識別子、 Database 30 contains one entry for further each protocol entry protocol name, identifier (ID) of the database server that is submitted to the protocol, the data service identifier protocol is concerned,
およびプロトコル規定ソースコードを含むプロトコル規定に関係する詳細を含む。 And details relating to protocol specification including protocol specified source code. データベース30はさらに、各それぞれのプロトコルにおいて規定された各資源に関係するサービス品質のパラメータに対して1つのエントリを含み、エントリはプロトコル名、パラメータが適用されるデータアクセス機能名、パラメータ名、およびパラメータ値を含む。 Database 30 further includes one entry for quality of service parameter associated with each resource defined in each respective protocols, entry protocol name, the data access function name parameter is applied, the parameter name, and including the parameter value. 加えて、データベース30はさらに、それぞれのプロトコルに関連する各データアクセス機能に対してエントリを含み、エントリはそれぞれプロトコル名、データアクセス機能名、および接続セッションごとに許可されるデータベースの問い合せまたはトランザクションとデータアクセス機能を実行するデータサービスとの比率を規定する比率値を含む。 In addition, the database 30 further includes an entry for each data access functions associated with the respective protocol entry each protocol name, the data access function name, and the inquiry or transaction database allowed per connection session including the ratio values ​​defining the ratio between the data service to perform the data access capabilities. この実施形態では、プロトコルは、インターフェイス規定言語(Interface Definition Language, In this embodiment, the protocol interface defined language (Interface Definition Language,
IDL)に基づく通信言語、すなわちここでは“プロトコル規定言語(Protocol D Communication language based on IDL), i.e. where the "protocol specification language (Protocol D
efinition Language, PDL)”と呼ばれる言語を使用して規定される。 【0045】 第3のデータベース32は、各データサービスに関係するコストに関する情報を記憶する。とくに、各データベースサーバは、データサービスおよびデータサービスに加えられる資源の制限の使用コストを規定する料金仕様を公開する。料金は、特定のデータサービスへのアクセスを要求するクライアントアプリケーションの代わりにデータサービスマネージャによる次の参照のためにデータベース32 efinition Language, PDL) using a language called "is defined. [0045] The third database 32 stores information about the costs associated with each data service. In particular, the database server, data services and publishing fee specifications defining the cost of using the resource to be added to the data service restriction. database 32 fee, for subsequent reference by the data service manager on behalf of a client application requests access to a particular data service
内に記憶される。 It is stored within. 各料金名はレジスタマネージャ27内に登録される。 Each fee name is registered in the register manager 27. データベース32は、各料金に対して1つのエントリを含み、エントリは料金の名前、料金を提出したデータベースサーバの識別、料金が関係するデータサービスの識別、および料金規定ソースコードを含む料金規定に関係する詳細から構成されている。 Database 32 includes one entry for each fee, entry name of the fee, the identity of the database server that submitted the price, identification data service fee is concerned, and relating to rates specified including rates specified source code and it is configured from the detailed to.
データベース32はさらに、料金において規定された各パラメータに対するエントリを含み、エントリは料金名、パラメータが適用するデータアクセス機能名、パラメータ名、およびパラメータ値を含む。 Database 32 further includes an entry for each parameter defined in the rates, entry contains rates name, data access function name of the parameter is applied, parameter names, and parameter values. この実施形態では、料金はインターフェイス規定言語(Interface Definition Language, IDL)に基く通信言語、すなわちここでは“料金(率)規定言語(Tariff Definition Language, TDL)”と呼ばれている言語を使用して規定される。 In this embodiment, the fee is a communication language based on an interface defined language (Interface Definition Language, IDL), i.e. here by using the language are called "rates (rate) specified language (Tariff Definition Language, TDL)" It is defined. 料金は、関係するプロトコルによって規定されているインターフェイスのインスタンスにおいて各データアクセス機能のコストおよび最大使用について記述する。 Rate describes the costs and the maximum use of the data access functions in an instance of an interface that is defined by the relationship to the protocol. 料金はプロトコルによって別々に規定されており、したがってデータサービスは、それぞれの作業負荷およびデータアクセス実行技術に依存する種々の異なるコストで同じプロトコルを支援することができる。 Prices protocol are defined separately by, thus data services can support the same protocol in various different cost depends on the respective workload and data access execution technology. 【0046】 データサービスマネージャは、レジスタに接続され、レジスタ内に記載されていて、クライアントアプリケーションからユーザの規定されたデータサービス要求の要件を満たすことができるデータサービスを識別する。 [0046] Data service manager is connected to the register and is described in the register, it identifies the data services that can meet the requirements of the client application user defined data service request. 各クライアントアプリケーションにはデータ要求手段44が用意され、データサービスブローカへデータアクセス要求を公開する。 Each client application provides the data request unit 44, to expose the data access request to a data service broker. データサービス要求は、クライアントアプリケーションから通信インターフェイス46において受信され、通信インターフェイス46はネットワーク接続マネージャ48に接続されている。 Data service request is received at the communication interface 46 from the client application, a communication interface 46 is connected to a network connection manager 48. 接続マネージャは、データサービスマネージャによって選択された適切なデータサービスへクライアントアプリケーションを接続する。 Connection manager connects the client application to the appropriate data service selected by the data service manager. データサービスマネージャは、IDLコンパイラ38、 Data services manager, IDL compiler 38,
PDLコンパイラ40、およびTDLコンパイラ42を含み、レジスタ内のそれぞれのデータベース28、30、および32の問い合わせる。 It includes a PDL compiler 40 and TDL compiler 42, the respective databases 28, 30 in the register, and 32 of querying. 比較器50はデータサービスマネージャ内に用意され、クライアントアプリケーションからの受信したデータアクセス要求を、それぞれのデータベース28、30、および32内のインターフェイス、プロトコル、および料金の仕様と比較する。 The comparator 50 is provided to the data service in the manager, the received data access request from a client application, to compare the interface of each database 28, 30, and 32, the protocol, and the fee specifications. 比較器は、要求の要件を満たすことができるデータサービスを識別する。 Comparator identifies the data services that can meet the requirements of the requirements. 【0047】 代わりの実施形態(図示されていない)では、コンパイラ38、40、および42はクライアントアプリケーションにおいて用意され、クライアントアプリケーションが、データベース28、30、および32内のインターフェイス仕様、プロトコル仕様、および料金仕様にアクセスできるようにする。 [0047] In an alternative embodiment (not shown), the compiler 38, 40, and 42 are prepared in the client application, the client application interface specification database 28, 30, and 32, protocol specifications, and rates to allow access to the specification. 【0048】 データサービスマネージャにはさらに、データサービスセレクタ52が用意され、データサービスセレクタ52は比較器50によって識別される最も適切なデータサービスを選択するようにプログラムされている。 [0048] Data service manager further comprises a data service selector 52 are prepared, data service selector 52 is programmed to select the most appropriate data service identified by the comparator 50. セレクタは、それぞれの料金仕様において規定されているデータアクセスコスト値に基づく所定の選択基準にしたがってデータサービスを選択するようにプログラムされている。 Selector is programmed to select the data service according to a predetermined selection criterion based on the data access cost values ​​are defined in each of fee specifications. 【0049】 接続マネージャはモニタ52を含み、モニタ52は監視データベース54に接続されている。 The connection manager includes a monitor 52, the monitor 52 is connected to the monitoring database 54. モニタ52は、レジスタ内に記載されている全てのデータサービスの使用を監視する。 Monitor 52 monitors the use of all the data services that are listed in the register. モニタはさらに、各データサービスサーバの現在の作業負荷を監視し、クライアントアプリケーションによってデータサービスに対して行われた全ての接続についてのデータベース54内の記録を維持する。 Monitor further monitors the current workload of each data service server maintains a record in the database 54 for all connections made to the data service by a client application. 監視データベース54は、料金をレジスタに登録している各データサービスごとに1つのエントリを含む。 Monitoring database 54 includes one entry for each data service that has registered a fee register. 監視データベースは、各それぞれのデータサービスの名前およびアドレスを記録し、クライアントアプリケーションによる各データサービスの現在の使用度のカウントを維持するカウンタ56を用意されている。 Monitoring database records the name and address of each respective data services, are provided a counter 56 which maintains a count of the current usage of each data service by the client application. ネットワーク接続マネージャはこの情報を使用して、好ましいデータサービスが使用可能であるか、すなわち好ましいデータサービスまたは基礎となるデータベースサーバが別の接続を受諾できるかを判断する。 Network Connection Manager uses this information, preferably either data service is available, i.e. the preferred data service or underlying database server to determine acceptably another connection. データサービスまたはデータベースサーバへの接続が事前に判断された最大数に到達したときは、次の接続は接続マネージャ内のアクセス防止手段58によって防止される。 When the connection to the data service or database server has reached the maximum number that is determined in advance, the next connection is prevented by the access preventing means 58 in the connection manager. 【0050】 データサービスブローカはさらに、請求書作成のために請求書公開システム60 The data service broker further, bill the public system for billing 60
に接続されている。 It is connected to the. 請求書公開システムは、データサービスレジスタによって供給される料金データと監視データベースによって供給されるイベントデータとを使用して各データサービス接続と関係するコストを判断する。 Invoices publication system determines the cost associated with each data service connection using the event data provided by the fee data and monitoring database provided by the data service register. 請求書公開システムは、分散形データベースによって供給されるデータサービスの使用に対して加入者の口座に請求書を公開する。 Invoices publication system exposes a bill to the subscriber's account for the use of data services provided by the distributed database. 【0051】 監視データベース54はさらに、コスト判断手段62とも関係付けられていて、それぞれのデータサービスの現在の使用度または測定された期間における全使用度にしたがってデータベース32内のそれぞれのデータサービスの料金コストデータを調節する。 The monitoring database 54 further have also associated with cost determination unit 62, the respective rates for data services in the database 32 in accordance with all usage in current usage or measured period of the respective data services to adjust the cost data. 【0052】 ここで図4、5、および6を参照すると、フローチャートは、本発明の実施形態にしたがってマルチユーザの分散形データベース環境におけるデータへのアクセスを管理する方法を表わしている。 [0052] Referring now to FIGS. 4, 5 and 6, the flowchart represents a method for managing access to data in the distributed database environment multiuser accordance with an embodiment of the present invention. この実施形態では、この方法は、図1、2 In this embodiment, the method, FIGS
、および3を参照して記載した分散形データベースシステムにおいて実行される。 , And executed in a distributed database system described 3 with reference to. 【0053】 第1の段階100では、データへのアクセスを要求するクライアントアプリケーションは、通信ネットワーク14上でデータサービスブローカへ接続するために遠隔の呼を公開する。 [0053] In a first step 100, the client application requesting access to data exposes remote call to connect to the data service broker on the communication network 14. 接続が設定されると、段階102においてクライアントアプリケーションはDDBMSによって、データサービス要求を用意するように命令される。 When the connection is set, in step 102 the client application by DDBMS, is instructed to prepare the data service request. この段階102の前または後で、クライアントアプリケーションは、データサービス要求の詳細についてシステムのユーザに要求する。 Before or after this step 102, the client application requests for information about data service request to the user of the system. 例えば、クライアントは、インターフェイス名、プロトコル名、および料金名のドロップダウンメニュをもつグラフィックユーザインターフェイス(図示されていない)を表示し、 For example, the client, the interface name, protocol name, and graphic user interface with drop-down menu of fee name (not shown) to display,
ユーザはここから選択して、要求するデータアクセス要求を定める。 The user may select from here defines a data access request for requesting. 【0054】 完全に定められたデータサービス要求は、インターフェイス名、プロトコル名、および料金名を含むが、この実施形態では、インターフェイス名およびプロトコル名または料金名のみが必要である。 [0054] fully defined data service request interface name, protocol name, and including rates name, in this embodiment, only the interface name and the protocol name or fee name is required. 段階104では、クライアントアプリケーションは、インターフェイス、プロトコル、および料金のデータベースへのアクセス、すなわちデータベース内に含まれているそれぞれのインターフェイス、プロトコル、および料金、などへのアクセスを要求しているか否かをユーザに質問する。 At step 104, the client application interface, protocols, and access to rates database, i.e. the user each interface included in the database, protocol, and rates, whether requesting access to such to question. データベースへのアクセスが要求されているときは、段階106においてデータベースマネージャはアクセスを行う。 When access to the database is required, the database manager in step 106 performs the access. 段階108においてクライアントアプリケーションは、該または各データベースに問い合わせて、公開されたインターフェイス仕様、プロトコル仕様、および料金仕様のそれぞれに関係する情報を得る。 The client application at step 108, contact the or each database, get published interface specification, protocol specifications, and information relating to each of fee specifications. 段階110では、クライアントアプリケーションは、データサービスブローカへのデータサービス要求を公開する。 At step 110, the client application to publish data service request to a data service broker. データアクセス要求は、段階108において得られた情報を使用するか、または先のデータベース使用から求められた知識からクライアントアプリケーションによって規定される。 Data access request is defined to use the information obtained in step 108, or from the knowledge obtained from the previous database used by the client application. 【0055】 データサービスマネージャは、段階112においてデータアクセス要求が完全に規定されるか、すなわちそれぞれの料金仕様が関係するインターフェイスおよびプロトコルの両者を識別してから、要求に料金の名前が含まれているかを判断する。 [0055] Data service manager, if the data access request at step 112 is completely defined, i.e. after identifying both the interface and protocol, each of fee specifications concerned, contains the name of the fee request to determine the dolphin. データアクセス要求が料金名を含まないときは、段階114においてデータサービスマネージャは、要求にプロトコル名が含まれているか否かを判断する。 When the data access request does not include a fee name, data service manager in step 114, determines whether the protocol name is included in the request. データサービス要求が少なくとも1つのプロトコル名を用意していないときは、この要求は終了し、この方法は段階102へ戻る。 When the data service request is not available at least one protocol name, the request is terminated, the process returns to step 102. 【0056】 要求が完全に規定されているときは、段階118において料金データベースはデータサービスマネージャによって、データアクセス要求の要件を正確に満たしているデータサービスについてサーチされる。 [0056] When a request is fully defined, depending rates database data service manager in step 118, it is searched for data services that meet the requirements of the data access request correctly. データサービスマネージャは、段階 Data services manager, stage
120において要求の要件を満たしている適切なデータサービスの名前およびアドレスを識別する。 Identify the name and address of the appropriate data services that meet the requirements of the requirements in 120. これに関連して、料金によって特定のデータサービスをユニークに識別されると、このデータサービスのみの名前およびアドレスが識別されることになることに注意すべきである。 In this regard, as identified uniquely a specific data service by rates, the name and address of the data service only it should be noted that to be identified. 段階122においてデータサービスマネージャは、2以上のデータサービスが要求の要件を満たすことができるか否かを判断する。 Data service manager in step 122 determines whether two or more data services can meet the requirements of the request. イエスのときは、段階124においてデータサービス名はクライアントアプリケーションへ戻され、段階126においてクライアントアプリケーションは、インターフェイス、プロトコル、および料金のデータベース内のそれぞれのデータサービスに関係するアクセス情報のオプションを与えられる。 When yes, the data service name in step 124 is returned to the client application, the client application at step 126 is given interface, protocol, and the price each optional access information related to the data service in the database of. 段階127においてクライアントアプリケーションがデータベースにアクセスするときは、手続きは段階106および108の手続きにしたがう。 When a client application to access the database in step 127, the procedure follows the procedure of steps 106 and 108. 段階128においてクライアントアプリケーションが好ましいデータサービスを識別するとき、段階129においてデータサービスマネージャは、クライアントアプリケーションの代わりにデータサービスを選択する。 When in step 128 the client application to identify a preferred data service, the data service manager in step 129, selects the data service on behalf of the client application. 好ましいデータサービスが識別されないときは、段階129aにおいて適切なデータサービスが選択される。 When not being preferable data service identified, appropriate data service in step 129a is selected. 【0057】 データアクセス要求が、プロトコルは識別するが、料金を識別しないという意味で限定的に規定されているときは、段階130においてプロトコルデータベースはデータサービスマネージャによって、限定的に規定された要求の要件を満たしているデータサービスについてサーチされる。 [0057] Data access request, the protocol identifies is when it is limited defined in the sense that it does not identify the price, the protocol database in step 130 by the data service manager, the limited-defined required It is searched for data services that meet the requirements. データサービスマネージャは、段階132において要求の要件を満たす適切なデータサービスの名前およびアドレスを識別する。 Data service manager identifies the name and address of the appropriate data services to meet the requirements of the request in step 132. これに関連して、プロトコルが特定のデータサービスをユニークに識別するときは、データサービスマネージャは1つのみのデータサービスの名前およびアドレスを戻すことに注意すべきである。 In this connection, when the protocol to uniquely identify a particular data service, the data service manager should be noted that return the name and address of only one data service. 段階134において、データサービスマネージャは、2以上のデータサービスが要求の要件を満たすことができるか否かを判断する。 In step 134, the data service manager determines whether two or more data services can meet the requirements of the request. イエスのときは、段階136においてデータサービスの名前はクライアントアプリケーションへ戻され、段階138においてクライアントアプリケーションは、インターフェイス、プロトコル、および料金のデータベース内にそれぞれのデータサービスに関係するアクセス情報のオプションを与えられる。 When yes, the name of the data service in step 136 is returned to the client application, the client application at step 138, given interface, protocol, and the price in the database optional access information related to each of the data service .
段階139においてクライアントアプリケーションがデータベースにアクセスするときは、手続きは段階106および108の手続きにしたがう。 When a client application to access the database in step 139, the procedure follows the procedure of steps 106 and 108. 段階140においてクライアントアプリケーションが好ましいデータサービスを識別するときは、段階14 When a client application to identify a preferred data service in step 140, step 14
1においてセレクタは、クライアントアプリケーションの代わりにデータサービスを選択する。 In one selector selects the data service on behalf of the client application. 好ましいデータサービスがクライアントアプリケーションによって識別されないときは、段階142においてデータサービスマネージャは料金データベースにアクセスし、段階143においてそれぞれの料金仕様の各々のコストパラメータに問い合わせて、クライアントアプリケーションの代わりに最低使用コスト料金のデータサービスを選択する。 When preferred data service is not identified by the client application, the data service manager accesses the account database in step 142, contact the respective cost parameters of the respective fee specifications in step 143, minimum operating cost fee on behalf of the client application to select a data service. 【0058】 データサービスが選択されると、段階158において接続マネージャは監視データベースにアクセスして、選択されたデータサービスの現在の使用度とそれぞれのデータベースサーバの現在の使用度とを判断するためにカウンタに問い合わせる。 [0058] When the data service is selected, the connection manager at step 158 to access the monitoring database, to determine the current usage of the current usage and each database server of the selected data service query the counter. 現在の使用度が最大値よりも低いときは、段階160において接続マネージャはデータサービスアドレスを呼び、クライアントアプリケーションとそれぞれのデータベースサーバとの間に接続を設定する。 When the current usage is lower than the maximum value, the connection manager at step 160 calls the data service address, setting up a connection between the client application and each database server. 使用度が所定の値を越えているときは、段階159においてクライアントアプリケーションに知らされて、この方法は元のデータアクセス要求に依存して段階124または段階136の何れかに戻る。 When usage exceeds the predetermined value is informed in step 159 to the client application, the method returns to either step 124 or step 136, depending on the original data access request. 【0059】 段階162においてブローカはクライアントアプリケーションに選択されたデータサービスへのアクセスを与える。 [0059] broker in step 162 provides access to a data service selected in the client application. 段階164において接続マネージャは監視データベースへアクセスし、選択されたデータサービスのそれぞれの料金の仕様において特定される使用度のパラメータの値によってそれぞれのデータサービスの使用度のカウンタをインクリメントする。 Connection Manager in step 164 accesses to the monitoring database, increments the counter of the usage of each data service by the value of the parameter of usage identified in the specification of each of the rates for the selected data service. 段階166において接続が終了すると、段階168において使用度カウンタはそれぞれの使用度パラメータの値によってデクレメントする。 If the connection in step 166 is completed, it decrements usage counter by the value of each of the usage parameters at step 168. 【0060】 ここで、オブジェクト指向の環境で実行される本発明の実施形態において疑似コードについて記載する。 [0060] Here, describe pseudocode in embodiments of the present invention to be executed by the object-oriented environment. 【0061】 インターフェイス、プロトコル、および料金は発信者によってオブジェクトとしてインスタンス生成され、publishX()方法(なお、Xはインターフェイス、プロトコル、または料金の何れかである)を使用して、データサービスブローカへ提出される。 [0061] interface, protocols, and charges are instantiated as objects by the caller, PublishX () method (Note, X represents the interface, protocol, or either it charges) using the submitted data service broker It is. 例えば、方法publishTariff (t,DS)はデータサービスDSに対して料金tを公開する。 For example, the method publishTariff (t, DS) is to publish the fee t for the data service DS. インターフェイスおよびプロトコルは、データサービスまたはクライアントアプリケーションによって公開される。 Interface and protocol is published by the data service or client application. データサービスは:i) Data services: i)
インターフェイスにおいて規定されているデータベースの操作を支援できるデータサービスを供給できるときのインターフェイス;ii)規定されたサービス品質をもつデータサービスを供給できるときのプロトコル;およびiii)データサービスにおいてインターフェイスおよびプロトコルを支援するときの料金を公開する。 Support interfaces and protocols in and iii) data services; protocol when ii) can supply data service with the quality of service defined; interface when can supply data services that can support the operation of the database is defined in the interface to publish the price for the time to be. クライアントアプリケーションは、それぞれのデータおよび資源の関係するサービス品質の要件を精密に満たすデータサービスを要求されるときに、インターフェイスおよびプロトコルを公開する。 When a client application is required a precisely meet data service quality of service requirements of the relevant respective data and resources, to expose an interface and protocol. 公開されたインターフェイスまたはプロトコルは、自身をデータサービスブローカに登録しているデータサービスによって、またはデータアクセス要求におけるクライアントアプリケーションによって使用できる。 Published interface or protocol, the data service that has registered itself with the data service broker, or used by a client application in the data access request. これに関連して、データサービスは、各インターフェイス、プロトコル、および料金を公開することによって特定のデータサービスの登録された供給者(supplier)になることができる。 In this connection, the data service may be to each interface, protocols, and registered supplier of a particular data service by publishing fee (supplier). 【0062】 次の記述は、遠隔通信会社によって実行される企業の広域顧客データベースに関係する。 [0062] The following description is related to the wide-area customer database of companies that are executed by the telecommunications company. 【0063】 JAVA(RTM)プログラミング言語で顧客のデータを検索する既知のインターフェイスは次に示す: 【表1】 [0063] known interface to search for customer data in the JAVA (RTM) programming language is shown below: [Table 1] 【0064】 このインターフェイス仕様は、customer [0064] This interface specification, customer call call dataを構成するオブジェクトが、顧客識別番号を与えられている顧客の詳細を戻す方法getCustomerDetails()を用意するインターフェイスを与えることを記述する。 Objects that make up the data may describe to give an interface to provide a method getCustomerDetails () to return the details of the customer is given a customer identification number. インターフェイスが、要求を実行するための方法またはコードではなく、要求のフォーマットのみを記述することのみによってgetCustomerDetails()の方法の実行を非表示にする。 Interface, the request rather than a method or code for performing, only by describing only format requests to hide the execution of the method of getCustomerDetails (). インターフェイスは、方法getCustomerDetails()のサービス品質に関係する情報を与えない。 Interface does not provide information related to the quality of service method getCustomerDetails (). 【0065】 インターフェイスのcustomer [0065] interface of the customer call call dataに対してデータサービスによって実行されるインターフェイスの例を次に示す: 【表2】 data following the example of an interface that is executed by the data service to: TABLE 2 【0066】 クラスの顧客は、getCustomerDetails()の方法の構成を含むとき、インターフェイスのcustomer [0066] The class customers, when including the configuration of the method of getCustomerDetails (), the interface customer call call dataを実行する。 To run the data. この構成は、顧客のレコードを検索するコードの組であってもよい。 This configuration may be a set of codes to find the customer record. 例えば、アルゴリズムは、データへの逐次サーチ、すなわち顧客識別番号またはシステムオペレータへのサーチ要求に基づく指標サーチに関係する。 For example, the algorithm sequentially search for data, i.e. related to the index search based on the search request to the customer identification number or system operator. 構成がインターフェイスによってクライアントアプリケーションから隠されていても、インターフェイスを構成するデータサービスの性能は非表示にされない。 Configuration also have been hidden from the client application by the interface, the data services that make up the interface performance is not hidden. 本発明のシステムおよび方法では、データサービスの性能はプロトコルを規定することによって明示される。 In the system and method of the present invention, performance of the data service is manifested by defining a protocol. 【0067】 customer [0067] customer call call dataのインターフェイスに対するプロトコルの例を次に示す: 【表3】 The following shows an example of a protocol for data interface of: [Table 3] 【0068】 プロトコル仕様は、getCustomerDetails()の方法の4つの特性:すなわち、i [0068] protocol specification, the characteristics of the four ways getCustomerDetails (): i.e., i
)この方法によって戻されるデータの正確さが90%以上になること、ii)最大実行時間が100ユニットになること、iii)最大実行時間が1000ユニットになること、およびiv)少なくとも24時間ごとにデータが更新されることを記述している。 ) The accuracy of the data returned by this method is 90% or higher, ii) the maximum execution time is 100 units, iii) the maximum execution time is 1000 units, and iv) at least every 24 hours data is written to be updated. 【0069】 プロトコルにおいて特定されるパラメータは、プロトコルが関係するデータサービスの性質に依存する、各データサービスは、その性能を監視し、プロトコル内に記載された各パラメータに対する値を判断し、データサービスが、それが関係するプロトコルに説明されている性能要件を支援できるか否かを判断する。 [0069] parameters specified in the protocol will depend on the nature of the data service protocol is concerned, each data service monitors its performance, to determine the value for each parameter listed in the protocol, the data service but determines whether it can support the performance requirements described in the protocol concerned. パラメータの値は、定期的に監視されて、データサービスからブローカへ送られ、 The value of the parameter is monitored regularly sent from the data service to the broker,
登録データベースを更新する。 To update the registration database. 判断されると、更新されたパラメータ値はオペレータによってデータサービスマネージャへ送るためのデータサービスにおいて入力できるか、またはその代わりに値はデータサービスにおいてインストールされているソフトウエア内に埋め込まれた性能監視アルゴリズムを使用して自動的に生成される。 If it is determined, updated parameter values ​​Installed software embedded within the performance monitoring algorithm or can be entered in a data service, or alternatively the value in data services for sending to the data service manager by the operator It is automatically generated using. 【0070】 インターフェイスは、異なるデータサービス要件を満たす多くのプロトコルをもつ。 [0070] interface has a lot of protocol to meet the different data service requirements. 例えば、customer For example, customer call call dataのインターフェイスに対する代わりのプロトコルを次に示す: 【表4】 Shown below instead of the protocol for the data interface of: [Table 4] 【0071】 このプロトコルの仕様を同じインターフェイスで使用して、異なるサービス品質をもつデータサービスを与えることができる。 [0071] Using the specifications of this protocol with the same interface, it is possible to provide data services with different quality of service. プロトコルは最新のデータ(ti Protocol the latest data (ti
meliness=0)を与えるが、データサービスは、例えば他のデータサービスと競合するので、実行時間はより遅くなり、データはエラーを識別するために予め処理されていないので、正確さは低下する。 meliness = 0) give but data services, for example because it conflicts with other data services, execution time is slower, because the data has not been previously treated in order to identify the error, the accuracy decreases. このやり方では、クライアントアプリケーションは、最新の日付であるが、real In this way, the client application, but which is the latest date, real time time summary summary dataのプロトコルと同じ The same as the data of the protocol
customer customer call call dataのインターフェイスを構成しているデータサービスを使用することによって正確さの低い顧客データを得る。 Obtaining a low accuracy customer data by using the data services that make up the data interface. 【0072】 さらに加えて、プロトコル仕様を使用して、方法間の関係を設定することができる。 [0072] In addition, using a protocol specification, it is possible to set the relationship between methods. 例えば、customer For example, customer call call dataのインターフェイスの別のプロトコルを次に示す: 【表5】 Following another protocol of the data of the interface: [Table 5] 【0073】 このプロトコル仕様は、100回のgetCustomerDetails()への呼に対して1回のConnect()およびDisconnect()のように、方法Connect()、getCustomerDetails [0073] The protocol specification, as 100 times one Connect the call to GetCustomerDetails () of () and Disconnect (), the method Connect (), GetCustomerDetails
()、およびDisconnect()への呼間の関係を記述している。 (), And describes the relationships between calls to Disconnect (). この関係を使用して、 Using this relationship,
クライアントアプリケーションによって基礎となるデータベースを使用し過ぎるのを防ぐことができる。 It is possible to prevent the excessive use the underlying database by the client application. さらに加えて、クライアントアプリケーションはこの情報を使用して、その要求に対する最も適切なプロトコルを選択することができる。 In addition, the client application uses this information, it is possible to select the most appropriate protocol for that request. 【0074】 プロトコルsummary [0074] protocol summary dataに対する料金の例を次に示す: 【表6】 The following shows an example of a fee for the data: [Table 6] 【0075】 【表7】 [0075] [Table 7] 【0076】 この例では、料金のsummary [0076] In this example, the charge of summary data data costは、インターフェイスのcustomer cost is, the interface customer call call dataにおいてgetCustomerDetails()の方法を使用するコストを記述している。 It describes the cost of using the method of getCustomerDetails () in data.
方法は各呼に対するコストは200ユニットであり、データサービス資源の使用度に関する方法の実行コストは10ユニットである。 Method cost for each call is 200 units, the cost of executing the methods of utilization of the data service resource is 10 units. データサービスブローカは請求書公開システムとの組み合わせて料金規定における情報を使用し、データサービスの使用に対してクライアントアプリケーションに課金し、さらにクライアントの要件を満たすことができる最低コストのデータサービスを選択する。 Data service broker uses the information in the rates specified in conjunction with billing publishing system, and charges for the use of data services to a client application, selecting the lowest cost data services that can further meet the client requirements . 若干のデータサービスが基礎となるデータベースシステム上に大きい作業負荷を課さないので、実行パラメータごとの資源使用およびコストは別個に規定されるが、 Since some of the data service does not impose a large workload on the underlying database systems, resource use and the cost of each run parameters are separately defined,
他の理由、例えば、それぞれのプロトコルにおいて特定された正確さを実現するために相当量の事前処理が要求されるといった理由のために、この使用はコスト高になる。 Other reasons, for example, for reasons such as pre-processing of the substantial amounts in order to achieve the accuracy specified in each protocol is required, the use becomes costly. 【0077】 resource [0077] resource usageのパラメータは、接続マネージャによって使用されて、データサービスを使用してクライアントアプリケーション数を監視する。 Parameters of usage are used by the connection manager, monitors the number of client applications using the data service. resource resource usa usa
geのパラメータにより、接続マネージャは、データサービスが維持できるクライアントアプリケーション数を判断することができる。 The parameters of the ge, the connection manager may determine the number of client applications that data services can be maintained. 【0078】 例えば、プロトコルのsummary [0078] For example, summary of protocol data2に対する料金を次に示す: 【表8】 Following a fee for data2: [Table 8] 【0079】 【表9】 [0079] [Table 9] 【0080】 各クライアントアプリケーション接続が1つの方法を一度に実行できるときは、接続ごとの最大作業負荷は10ユニットである。 [0080] When connecting each client application can perform a one way at a time, the maximum workload per connection is 10 units. これに関して、データサービスの最大作業負荷が100ユニットであるときは、10のクライアントアプリケーション接続を支援することができる。 In this regard, when the maximum working load of the data service is 100 units, it can support 10 of the client application connections. 【0081】 料金を支援するデータサービスは、料金と関係するそれぞれのインターフェイスを実行し、それぞれのプロトコルを支援する実行方式を選択しなければならない。 [0081] data services to support the charges, perform each of the interfaces associated with fee, must select a running system to support the respective protocol. 【0082】 データサービスがクライアントアプリケーションによって要求されるときは、 [0082] When the data service is requested by the client application,
クライアントアプリケーションは、遠隔メソッド呼出し(Remote Method Invoca The client application, remote method invocation (Remote Method Invoca
tion, RMI)の呼ルックアップ方法を使用してデータサービスブローカへ接続する。 tion, connect using call lookup method RMI) to the data service broker. クライアントアプリケーションは、接続されると、ユーザの規定されたデータアクセス要求をデータサービスブローカへ公開する。 The client application connects to publish user defined data access request to a data service broker. インターフェイスが1つのみの特定のプロトコルと関係付けられるときは、データアクセス要求はインターフェイスとプロトコルと料金か、インターフェイスとプロトコルか、またはインターフェイスのみかを識別する。 When the interface is associated with only one specific protocol, the data access request identifies interfaces and protocols and or fees, or interfaces and protocols, or interface or only. 料金が1つのプロトコルのみと関係するとき、料金を特定するデータサービス要求も、料金と関係する関連するインターフェイスおよびプロトコルを識別する。 When charges associated with one and only one protocol, the data service request to identify the rates and to identify the associated interface and protocol associated with fee. このタイプの要求において、クライアントアプリケーションは、要求されるデータサービスの全ての特性、すなわちサービスの特徴の機能および品質並びにアクセス使用度コストを識別する。 In this type of request, the client application, all the characteristics of the required data services, namely identifying the function and quality and access usage cost of service features. 他方でデータサービス要求において料金が特定されないときは、データサービスマネージャは、最低使用度コストに基づく所定の方式を使用し、要求しているクライアントアプリケーションへの接続に対する適切なデータサービスを選択する。 When the rates in the other by the data service request is not specified, the data service manager, using a predetermined method based on the lowest usage costs, to select the appropriate data service for requesting connection to the client application. 【0083】 データサービスマネージャは、次に示すプログラミングインターフェイスを実行して、i)適切なデータサービスを位置付けるためのbroker [0083] data services manager, run the programming interface shown below, i) broker for locating the appropriate data services accessインターフェイス;ii)各使用可能なプロトコルを問い合わせるためのprotocol access interface; ii) protocol to query each available protocol definit definit
ionインターフェイス;iii)各使用可能な料金を問い合わせるためのtariff def ion interface; iii) tariff def for querying each of the possible use fee
initionインターフェイスを含む適切なデータサービスを選択する。 To select the appropriate data services, including inition interface. 【0084】 broker [0084] broker accessインターフェイスの例を次に示す: 【表10】 Following the example of access interface: [Table 10] 【0085】 【表11】 [0085] [Table 11] 【0086】 クライアントは、データ探索サービス方法(find data service method)を使用して適切なデータサービスを位置付ける。 [0086] The client uses the data search service method (find data service method) locate the appropriate data services. 例を次に示す: String [] service = broker.findDSTariff( tariff Examples are shown below: String [] service = broker.findDSTariff (tariff name ); 各findDSType呼は、使用可能なデータサービスアドレスを戻す。 name); each findDSType call returns the data services available address. データサービスアドレスは、標準のRMI接続アドレスである。 Data service address is a standard of RMI connection address. 2以上のデータサービスが使用可能であるときは、クライアントアプリケーションはレジスタのデータベースに問い合わせることができる。 When two or more data services are available, the client application can query the register database. 識別されたデータサービスの接続アドレスは、br Connection address of the identified data service, br
oker oker accessインターフェイスのgetDSTypeの方法へ送られて、データサービスのインターフェイス、プロトコル、および料金の名前を得る。 Is sent to the method of getDSType of access interface, get the data service interfaces, protocols, and charges of the name. クライアントアプリケーションは、それぞれのprotocol The client application, each of the protocol definitionおよびtariff definition and tariff definitionインターフェイスを使用して名前を付けられたプロトコルまたは料金の特性に関してデータサービスレジスタに問い合わせることができる。 definition interface can query the data service register in relation to the characteristics of Tagged protocol or fee the name using the. これらのインターフェイスは、データサービスマネージャによって、レジスタのデータベースへのアクセスを与えるように実行される。 These interfaces, the data service manager is executed to provide access to the register database. 【0087】 プロトコル規定および料金規定のインターフェイスの例を次に示す: 【表12】 [0087] shown below is an example of the interface of the protocol provisions and charges provisions: [Table 12] 【0088】 【表13】 [0088] [Table 13] 【0089】 選択されたデータサービスの作業負荷は、クライアントアプリケーションが接続を要求するときに判断される。 [0089] workload of the selected data service is determined when a client application requests a connection. 接続マネージャは、クライアントアプリケーションがデータサービスに加える潜在的な作業負荷を推定し、要求を拒絶するか、 The connection manager, the client application estimates the potential workload applied to the data service, the request is rejected,
または受諾する。 Or acceptance. これは、使用されている料金に対するresource This is, resource for the fee that is being used usageパラメータを使用して達成される。 It is achieved using the usage parameters. 接続が拒絶されるときは、クライアントアプリケーションはfindDSType方法によって戻されるリストからデータサービスの別の1つを選択しなければならない。 When the connection is rejected, the client application must select another one of the data service from the list returned by findDSType methods. 接続が受諾されるときは、データ接続マネージャはクライアントアプリケーションをデータサービスに接続する。 When a connection is accepted, the data connection manager connects the client application to the data service. findDSType方法によって戻されるアドレスは、RMIの呼を使用して接続を開くのに使用される。 Address returned by findDSType method is used to open the connection using the RMI calls. 接続マネージャが接続を要求するとき、データアクセスクラスのオブジェクトはT When the connection manager to request a connection, object data access class T
DLコンパイラによってインスタンス生成される。 It is instantiated by DL compiler. データアクセスクラスは、データサービスの周りでオブジェクトのラッパとして働く。 Data access classes, work around the data service as a wrapper for the object. データアクセスオブジェクトはインターフェイスを構成するが、データサービスの機能は構成しない。 Data access object constitutes the interface, but the function of the data service does not constitute.
データアクセスオブジェクトは、監視データベース内に選択したインターフェイスの構成を記録し、RMIの呼をデータサービスへ送る。 Data Access Objects records the configuration of the selected within the monitoring database interface, sends the RMI calls to data services. データサービスが方法の実行を完了するとき、データアクセスクラスのオブジェクトラッパを介してクライアントアプリケーションへ送られる。 When the data service has completed execution of the method, it is sent via an object wrapper data access class to the client application. 接続マネージャは、監視データベースを使用して、各データサービスの作業負荷にアクセスする。 Connection manager uses the monitoring database and accesses the work load of each data service. 各データアクセスオブジェクトは、データサービスへの各方法の呼ごとに監視データベース内のカウンタをインクリメントまたはデクレメントする。 Each data access object increments or decrements the counter in the monitoring database for each call of each method to data services. データアクセスオブジェクトは、インスタンス生成されるとき、例えば接続に関係する詳細および各方法の実行コストを記録するデータサービスイベントレコードを監視データベース内に生成し、さらにデータサービス内の各方法に対してアクセスカウンタを作動する。 Data access objects, when it is instantiated, for example, a data service event records for recording the execution cost details and the method related to the connection generated in the monitoring database, further access counter for each process in the data service to operate the. 【0090】 例えば、データアクセスタスクを与えるためにtariff summary data cost(料金表要約データコスト)をコンパイルする: 【表14】 [0090] For example, to compile the tariff summary data cost (tariff summary data cost) in order to provide data access task: [Table 14] 【0091】 このやり方で、データアクセスオブジェクト内の方法が呼ばれるときは、データアクセスオブジェクトの料金についてのresource [0091] In this way, when the method of data access within the object is called is, resource of the rates of the data access object usageパラメータによって監視データベース内の関連するデータサービスに対してカウンタをインクリメントする。 By usage parameter increments the counter for the associated data service in the monitoring database. 方法の呼が終了するときは、データアクセスオブジェクトは同じ量だけカウンタをデクレメントする。 When a call of a method is finished, the data access object decrements the counter by the same amount. したがって監視データベースは、データサービスの現在の使用度を含む。 Therefore monitoring database includes the current use of the data service. 【0092】 したがって要約して、データサービスにアクセスするために使用されるプロトコルとインターフェイスとを分離することによって、異なるデータサービス実行技術を使用して、異なるタイプのデータ操作を支援することができることが分かるであろう。 [0092] Thus in summary, by separating the protocols and interfaces that are used to access data services, using different data service execution technology that can support different types of data manipulation it will be appreciated. データサービスによって支援されるプロトコルは、データサービスによって実行されるデータ構造のタイプ、例えば基礎となるデータベースのデータの複製および分散方式を判断する。 Protocol supported by the data service, determines the type of data structure to be executed by the data service, the replication and distribution method of the database data, for example the underlying. プロトコルは、クライアントによって使用されるインターフェイスのタイプを判断せず、データサービスを支援する基礎となるデータベース管理システムの明示的な知識をクライアントに与えない。 Protocol does not determine the type of interface used by the client does not provide explicit knowledge of the database management system as a basis for supporting the data services to the client. クライアントは、実行したいデータ操作のタイプに対する適切なプロトコルを選択し、データサービスは、プロトコルを使用して一定の組の性能の特徴をクライアントに与えること保証する。 The client selects an appropriate protocol for the type of data operation to be executed, the data service ensures that gives the client the characteristics of fixed set of performance using the protocol. 【0093】 料金は、データサービスの使用に対してクライアントに“課金”するのに使用され、サービスによって与えられるデータのタイプ、クライアントによって採用されるプロトコルとインターフェイス、およびクライアントによって行われるデータ使用に基いている。 [0093] fee is used to "charge" to the client to use the data service, the type of data provided by the service, protocol and interface, and based on the data used to be made by the client to be employed by the client Iteiru. 例えば、データサービスは、簡単なデータベースのサーチおよびより複雑なデータ解析に対して実時間のトランザクション処理に対して最適化されるトランザクションプロトコルを与える。 For example, data services, providing an optimized are transaction protocol for a transaction processing real-time for searching and more complex data analysis of a simple database. トランザクションプロトコルは、比較的に維持し易い簡単なリレーショナルデータベースを使用して構成され、一方で解析プロトコルは、より管理し難いデータウエアハウスのような複雑なデータ構造を必要とする。 Transaction protocol is constructed using easily simple relational database maintained relatively, while the analysis protocol requires complex data structures, such as a more manageable hard data warehouse. ここでは、トランザクションプロトコルに関係する料金は、解析プロトコルに関係する料金と比較して廉価である。 Here, charge related to the transaction protocol is inexpensive as compared with the charges relating to the analysis protocol. 例えば、トランザクションプロトコルを使用してデータサービスに接続するクライアントおよび簡単なレコードサーチを行うインターフェイスは、低料金で性能がよい。 For example, interface for clients and simple records search connected to a data service using the transaction protocol, the better performance at low cost. しかしながら、クライアントが、同じトランザクションプロトコルを使用しているが、 However, although the client is using the same transaction protocol,
複雑なデータ解析を最適化するインターフェイスをもつデータサービスに接続するときは、同じ低料金であるが、劣悪な性能を経験する。 When you connect to a data service with the interface to optimize the complex data analysis is the same low-cost, experience poor performance. 他方で、複雑なデータ解析を行いたいクライアントは、解析プロトコルを選択する。 On the other hand, the client that wants to complex data analysis, to select the analysis protocol. 解析プロトコルは良好な性能を与えるが、データ構造はより複雑であり、料金がより高くなるのを管理することが困難である。 Analysis protocol gives good performance, but the data structure is more complicated, it is difficult to manage the rates may be higher. これに関して、料金は、サービスを支援し、かつデータを管理する複雑性に基いてデータサービスがクライアントに課金できるようにする。 In this regard, the fee is to support the service, and data services to be able to charge the client based on the complexity of managing the data. 【0094】 本発明は、既に記載した特定の実施形態に制限されないが、当業者には容易に明らかな代わりの実施形態を含むことが分かるであろう。 [0094] The present invention is not limited to the specific embodiments previously described, it will be seen to include a readily apparent alternative embodiments to those skilled in the art. 例えば、データベースは、分散形データベース以外の単一の自立形データベースによって与えられる。 For example, a database is provided by a single self-supporting database other than distributed databases.
さらに、本発明はオブジェクト指向のソフトウエア環境において実行される必要はない。 Furthermore, the present invention need not be performed in software environment an object-oriented. 【図面の簡単な説明】 【図1】 本発明の方法およびシステムのための分散形データベース環境を示す図。 It shows a distributed database environment for the methods and systems BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] present invention. 【図2】 本発明の実施形態にしたがう分散形管理システムを含む分散形データベースの機能のブロック図。 Block diagram of the function of distributed database that contains a distributed management system according to an embodiment of the present invention; FIG. 【図3】 本発明の実施形態にしたがう分散形データベース管理システムの一部についての詳細な機能のブロック図。 Block diagram of a detailed functional for some distributed database management system according to an embodiment of the present invention; FIG. 【図4】 本発明を実現する方法のフロー図。 Flow diagram of Figure 4. The method for implementing the present invention. 【図5】 本発明を実現する方法の、図4に続くフロー図。 [5] the method for implementing the present invention, a flow chart subsequent to FIG. 【図6】 本発明を実現する方法の、図5に続くフロー図。 [6] the method for implementing the present invention, a flow chart subsequent to FIG.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 レベット、マイケル・チャールズ イギリス国、アイピー12・4ディーエル、 サフォーク、ウッドブリッジ、ブルームヒ ース、キングストン・ライズ(番地なし) (72)発明者 ジョーガラス、ネクタリオス イギリス国、アイピー4・1ピーエヌ、サ フォーク、イプスウィッチ、メルビル・ロ ード 73 Fターム(参考) 5B082 FA16 HA00 【要約の続き】 イアントアプリケーションは、機能的なデータアクセス要件および非機能的なサービス品質の要件にしたがってデータサービスを要求することができる。 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of the continuation (72) inventor Rebetto, Michael Charles UK, IPD 12-4 Dieru, Suffolk, Woodbridge, Burumuhi over vinegar, Kingston Lies (no address) (72) inventor Joe glass, Nectarios UK, IPD 4-1 Pienu, forks, Ipswich, Melville and Russia over de 73 F-term (reference) 5B082 FA16 HA00 [summary of continued] Ian door application, functional data access requirements and non-functional according to the service quality requirements can request data service.

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 データ管理システムであって: データベースシステムにおいてデータにアクセスするためのデータアクセス要求を受信する受信機と; データサービスに対する識別子をデータベースシステム内に記憶するように構成されたレジスタであって、識別された各データサービスについて、第1のデータがこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス資源に関係し、第2のデータが少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能を実行することに関連するデータサービス資源に関係している、レジスタと; 少なくとも1つのデータアクセス機能要件とデータサービス資源要件とを含む受信したデータアクセス要求を各第1および第2のデータと比較して、要求にしたがってデ To store an identifier for the data service in the database system; a receiver for receiving a data access request to access data in a database system: a [claimed is: 1. A data management system a configured register, for each data service identified, the first data is related to at least one respective data access resource is performed by the data service, the second data is at least one of each is related to the data service resources associated with performing the data access functions, registers and, at least one data access functional requirements and data services resource requirements and the received data access request of each of the first and second containing in comparison with the data, de accordance with the request ータにアクセスすることができるデータサービスを識別する比較器と; データアクセスのために比較器によって識別されるデータサービスを選択するためのセレクタとを含むデータ管理システム。 Data management system including a selector for selecting the data service identified by the comparator for data access; comparator and identifying the data service that can be accessed over data. 【請求項2】 レジスタがさらに、少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関連している、少なくとも1つのデータアクセス料金値に関係する、 2. A register is further associated with at least one respective data access function, related to at least one data access fee value,
    第3のデータを、識別された各データサービスに対して記憶するように構成されている請求項1記載のシステム。 Third data, identified system according to claim 1, wherein configured to store for each data service was. 【請求項3】 比較器がさらに、前記データアクセス要求におけるデータアクセス料金要件を前記第3のデータと比較するように構成されている請求項2記載のシステム。 3. A comparator further wherein the data access system according to claim 2, wherein being configured to compare the data access rates requirements and the third data in the request. 【請求項4】 セレクタが、所定の選択方式にしたがって好ましいデータサービスを選択するように構成されている請求項1ないし3の何れか1項記載のシステム。 4. A selector according to claim 1 to 3 system according to any one of the is configured to select a preferred data service according to a predetermined selection scheme. 【請求項5】 セレクタが、最低データアクセス料金値をもつデータサービスを選択するように構成されている、請求項2または3に依存するときの、請求項4記載のシステム。 5. The selector is configured to select a data service with the lowest data access rates values, when dependent on claim 2 or 3, according to claim 4, wherein the system. 【請求項6】 データサービスアクセスイベントに関係するイベントデータを記録するためのイベントデータレコーダをさらに含む請求項2ないし5の何れか1項記載のシステム。 6. The data service system of any one of claims 2 to 5 access further comprises an event data recorder for recording event data relating to events. 【請求項7】 請求書作成のために関連するデータアクセス料金データを前記イベントデータに適用するための請求書公開手段をさらに含む請求項6記載のシステム。 7. The billing system of claim 6, further comprising a bill public means for applying the associated data access fee data in the event data for. 【請求項8】 データアクセス要求を公開するユーザをそれぞれの選択されたデータサービスへ接続するための接続マネージャをさらに含む請求項1ないし7の何れか1項記載のシステム。 8. claims 1 to 7 System according to any one of the user further comprises a connection manager to connect to each of the selected data service that exposes a data access request. 【請求項9】 接続マネージャが、それぞれのデータサービスの使用度を関しするモニタを含む請求項8記載のシステム。 9. The connection manager system of claim 8, further comprising a monitor that relates the use of the respective data services. 【請求項10】 接続マネージャがさらに、各それぞれのデータサービスへ接続されたユーザ数を制限するためのアクセス防止手段を含む請求項9記載のシステム。 10. A connection manager further system of claim 9 further comprising an access preventing means for limiting the number of users connected to each respective data service. 【請求項11】 レジスタ内のデータへのユーザアクセスのためにレジスタへのインターフェイスをさらに含む請求項1ないし10の何れか1項記載のシステム。 11. The system of any one of claims 1 to 10 further comprising an interface to register for a user access to data in the register. 【請求項12】 ユーザアクセスのためにレジスタ内のデータをコンパイルするためのインターフェイスコンパイラをさらに含む請求項11記載のシステム。 12. The system of claim 11, further comprising an interface compiler for compiling data in the register for user access. 【請求項13】 請求項1ないし12の何れか1項記載のデータ管理システムを含む分散形データベース。 13. distributed database that contains the data management system of any one of claims 1 to 12. 【請求項14】 データベースシステムにおいてデータへのアクセスを管理する方法であって: データベースシステム内に用意されているデータサービスのための識別子をレジスタ内に記憶し、ここでは識別された各データサービスについて、第1のデータがこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関係し、第2のデータが少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能を実行することに関連するデータサービス資源に関係していることとする段階と; データベースシステム内のデータにアクセスするためのデータアクセス要求であって、少なくとも1つのデータアクセス機能要件とデータサービス資源要件とを含むデータアクセス要求を受信する段階と; 受信したデータアクセス要求とそれ 14. A method for managing access to data in a database system: storing an identifier for the data services provided by the database system in the register, for each data service identified herein , the first data is related to at least one respective data access functions performed by the data service, regardless of the data service resources second data associated with performing at least one of each data access function a method and that it is; a data data access request for accessing the database system, the method comprising: receiving a data access request including at least one data access functional requirements and data services resource requirements; the received data access request and it ぞれの第1および第2のデータとを比較して、要求にしたがってデータにアクセスできるデータサービスを識別する段階と; データアクセスのために比較することによって識別されたデータサービスを選択する段階とを含む方法 【請求項15】 少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関連する少なくとも1つのデータアクセス料金値に関係する第3のデータを識別された各データサービスに対して記憶する段階をさらに含む請求項14記載の方法。 By comparing the first and second data, respectively, and identifying a data service to access the data according to the request; step of selecting the identified data service by comparing for data access and claims further comprising the step of storing for the process according to claim 15 wherein at least one of the data service identified third data related to at least one data access fee value associated with each of the data access functions, including the method of claim 14, wherein. 【請求項16】 前記データアクセス要求におけるデータアクセス料金要件を前記第3のデータと比較する段階をさらに含む請求項15記載の方法。 16. The method of claim 15, wherein step further comprises a the data access rates requirements of the data access request is compared with the third data. 【請求項17】 所定の選択方式にしたがってデータサービスを選択する請求項14ないし16の何れか1項記載の方法。 17. any one method according of claims 14 to select the data service according to a predetermined selection scheme 16. 【請求項18】 該方式が、最低データアクセス料金値をもつデータサービスを選択する段階を含む、請求項15または16に依存するときの、請求項17 18. Said formula includes the step of selecting a data service with the lowest data access rates values, when dependent on claim 15 or 16, claim 17
    記載の方法。 The method described. 【請求項19】 データサービスアクセスイベントに関係するイベントデータを記録する段階をさらに含む請求項15ないし18の何れか1項記載の方法。 19. claims 15 to 18 any one method according to further comprising the step of recording the event data related to the data service access event. 【請求項20】 請求書作成のために関連するデータアクセス料金データを前記イベントデータへ適用する段階をさらに含む請求項19記載の方法。 20. The method of claim 19, wherein the data access fee data associated for billing, further comprising the step of applying to the event data. 【請求項21】 それぞれの選択されたデータサービスへのデータアクセス要求を公開するユーザに接続する段階をさらに含む請求項14ないし20の何れか1項記載の方法。 21. The method of any one of claims 14 to 20 further comprising the step of connecting the user to publish data access request to each of the selected data service. 【請求項22】 それぞれのデータサービスの使用度を監視する段階をさらに含む請求項14ないし21の何れか1項記載の方法。 22. further comprising claims 14 to 21 any one method according the step of monitoring the use of the respective data services. 【請求項23】 各それぞれのデータサービスへ接続されたユーザ数を制限する段階をさらに含む請求項14ないし22の何れか1項記載の方法。 23. The method according to any one of claims 14 to 22 further comprising the step of limiting the number of users connected to each respective data service. 【請求項24】 記憶された第1、第2、および第3のデータへのユーザアクセスを与える段階をさらに含む請求項14ないし23の何れか1項記載の方法。 24. The first, second, and third methods according to any one of claims 14 to 23 further comprising the step of providing a user access to the data stored. 【請求項25】 ユーザアクセスのために記憶されたデータをコンパイルする段階をさらに含む請求項24記載の方法。 25. The method of claim 24, further comprising the step of compiling the data stored for user access. 【請求項26】 資源データが:データサービス応答時間、データの正確さ、データの正当性、および最後のデータ更新後の時間を含むグループからのデータを含む請求項14ないし25の何れか1項記載の方法。 26. Resource data: Data service response time, accuracy of data, validity of the data, and any one of claims 14 to 25 including the data from a group containing the last data updated time the method described. 【請求項27】 該方法が、オブジェクト指向のソフトウエア環境において実行される請求項14ないし26の何れか1項記載の方法。 27. The method The method according to any one of claims 14 to 26 is executed in a software environment an object-oriented. 【請求項28】 レジスタ内にデータを記憶する段階が、通信プロトコル言語を使用してそれぞれのオブジェクト指向のメッセージインターフェイスを公開する段階を含む請求項27記載の方法。 28. step of storing the data in the register 28. The method of claim 27, further comprising the step of using a communication protocol language to publish a message interface for each object-oriented. 【請求項29】 データ管理システムであって: データベースシステム内のデータにアクセスするためのデータアクセス要求を受信する受信機と; 各データサービスのための識別子をデータベースシステム内に記憶するように構成されているレジスタであって、識別された各データサービスについて、第1のデータがこのデータサービスによって実行される少なくとも1つのそれぞれのデータアクセス機能に関係し、第2のデータが少なくともそれぞれのデータアクセス機能に関連する少なくとも1つのデータアクセス料金値に関係しているレジスタと; 少なくとも1つのデータアクセス機能要求とデータアクセス料金要求とを含む受信したデータアクセス要求をそれぞれの第1および第2のデータと比較する比較器と; データアクセスについ Is configured to store an identifier for each data service in a database system; a receiver for receiving a data access request for accessing data in a database system: 29. A data management system a and has a register, for each data service identified, the first data is related to at least one respective data access functions performed by the data service, the second data at least each data access function a register that is associated with at least one data access rates values ​​associated with; compared to at least one data access function request and data access rates request and each of the first and second data the received data access request including for data access; comparator and to て比較器によって識別したデータサービスを選択するセレクタとを含むデータ管理システム。 Data management system including a selector for selecting data service identified by the comparator Te.
JP2001534012A 1999-10-27 2000-10-27 Distributed database management system Pending JP2003513365A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP99308488 1999-10-27
EP99308488.8 1999-10-27
PCT/GB2000/004149 WO2001031501A1 (en) 1999-10-27 2000-10-27 Distributed database management system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003513365A true true JP2003513365A (en) 2003-04-08

Family

ID=8241701

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001534012A Pending JP2003513365A (en) 1999-10-27 2000-10-27 Distributed database management system

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1242914A1 (en)
JP (1) JP2003513365A (en)
CA (1) CA2387087A1 (en)
WO (1) WO2001031501A1 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB0506534D0 (en) * 2005-03-31 2005-05-04 Motorola Inc Knowledge processing apparatus and method

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5560005A (en) * 1994-02-25 1996-09-24 Actamed Corp. Methods and systems for object-based relational distributed databases
EP0675451A3 (en) * 1994-03-30 1996-12-04 Siemens Stromberg Carlson A distributed database architecture and distributed database management system for open network evolution.

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1242914A1 (en) 2002-09-25 application
WO2001031501A1 (en) 2001-05-03 application
CA2387087A1 (en) 2001-05-03 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6442549B1 (en) Method, product, and apparatus for processing reusable information
US5953716A (en) Querying heterogeneous data sources distributed over a network using context interchange
US7124062B2 (en) Services search method
US6535874B2 (en) Technique for providing a universal query for multiple different databases
US7313575B2 (en) Data services handler
US6775658B1 (en) Notification by business rule trigger control
US6523041B1 (en) Data linking system and method using tokens
US6529950B1 (en) Policy-based multivariate application-level QoS negotiation for multimedia services
US5926817A (en) Graphical user interface-based, client-server system and method for decision making applications
US5852732A (en) Heterogeneous operations with differing transaction protocols
US6804674B2 (en) Scalable Content management system and method of using the same
US20040176968A1 (en) Systems and methods for dynamically configuring business processes
US20020026439A1 (en) System, method, and article of manufacture for maintaining and accessing a whois database
US20010056362A1 (en) Modular, convergent customer care and billing system
US20030187978A1 (en) Service request agency method, service request agency server and service request agency system
US5768587A (en) Operating a transaction manager with a non-compliant resource manager
US6415284B1 (en) Intelligent forms for improved automated workflow processing
US20040054787A1 (en) Domain-based management of distribution of digital content from multiple suppliers to multiple wireless services subscribers
US6470342B1 (en) Process of maintaining a distributed map of transaction identifiers and using hashing to access these maps
US20040139176A1 (en) Systems and methods for improving service delivery
US20020169625A1 (en) Software licensing management system
US6173407B1 (en) Method of authenticating and charging a client using a web infoshop service system
US20030055826A1 (en) System and method for connecting to and controlling to disparate databases
US20020107818A1 (en) System and method for expression-based pricing
US20020032692A1 (en) Workflow management method and workflow management system of controlling workflow process