JP2003509478A - 血小板関連障害を処置する方法および組成物 - Google Patents

血小板関連障害を処置する方法および組成物

Info

Publication number
JP2003509478A
JP2003509478A JP2001524681A JP2001524681A JP2003509478A JP 2003509478 A JP2003509478 A JP 2003509478A JP 2001524681 A JP2001524681 A JP 2001524681A JP 2001524681 A JP2001524681 A JP 2001524681A JP 2003509478 A JP2003509478 A JP 2003509478A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
subject
vascular
method
method according
platelet count
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001524681A
Other languages
English (en)
Inventor
ハンソン,ステファン・アール
Original Assignee
エモリー・ユニバーシティ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins
    • A61K31/435Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with one nitrogen as the only ring hetero atom
    • A61K31/4353Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with one nitrogen as the only ring hetero atom ortho- or peri-condensed with heterocyclic ring systems
    • A61K31/4365Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with one nitrogen as the only ring hetero atom ortho- or peri-condensed with heterocyclic ring systems the heterocyclic ring system having sulfur as a ring hetero atom, e.g. ticlopidine
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins
    • A61K31/495Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with two or more nitrogen atoms as the only ring heteroatoms, e.g. piperazine or tetrazines
    • A61K31/4965Non-condensed pyrazines
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins
    • A61K31/495Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with two or more nitrogen atoms as the only ring heteroatoms, e.g. piperazine or tetrazines
    • A61K31/505Pyrimidines; Hydrogenated pyrimidines, e.g. trimethoprim
    • A61K31/519Pyrimidines; Hydrogenated pyrimidines, e.g. trimethoprim ortho- or peri-condensed with heterocyclic rings
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins
    • A61K31/495Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with two or more nitrogen atoms as the only ring heteroatoms, e.g. piperazine or tetrazines
    • A61K31/505Pyrimidines; Hydrogenated pyrimidines, e.g. trimethoprim
    • A61K31/519Pyrimidines; Hydrogenated pyrimidines, e.g. trimethoprim ortho- or peri-condensed with heterocyclic rings
    • A61K31/52Purines, e.g. adenine
    • A61K31/522Purines, e.g. adenine having oxo groups directly attached to the heterocyclic ring, e.g. hypoxanthine, guanine, acyclovir
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/557Eicosanoids, e.g. leukotrienes or prostaglandins
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/60Salicylic acid; Derivatives thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/60Salicylic acid; Derivatives thereof
    • A61K31/612Salicylic acid; Derivatives thereof having the hydroxy group in position 2 esterified, e.g. salicylsulfuric acid
    • A61K31/616Salicylic acid; Derivatives thereof having the hydroxy group in position 2 esterified, e.g. salicylsulfuric acid by carboxylic acids, e.g. acetylsalicylic acid
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K38/00Medicinal preparations containing peptides
    • A61K38/16Peptides having more than 20 amino acids; Gastrins; Somatostatins; Melanotropins; Derivatives thereof
    • A61K38/43Enzymes; Proenzymes; Derivatives thereof
    • A61K38/46Hydrolases (3)
    • A61K38/48Hydrolases (3) acting on peptide bonds (3.4)
    • A61K38/49Urokinase; Tissue plasminogen activator
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K45/00Medicinal preparations containing active ingredients not provided for in groups A61K31/00 - A61K41/00
    • A61K45/06Mixtures of active ingredients without chemical characterisation, e.g. antiphlogistics and cardiaca
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K47/00Medicinal preparations characterised by the non-active ingredients used, e.g. carriers or inert additives; Targeting or modifying agents chemically bound to the active ingredient
    • A61K47/30Macromolecular organic or inorganic compounds, e.g. inorganic polyphosphates
    • A61K47/34Macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyesters, polyamino acids, polysiloxanes, polyphosphazines, copolymers of polyalkylene glycol or poloxamers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • A61K9/16Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction
    • A61K9/1605Excipients; Inactive ingredients
    • A61K9/1629Organic macromolecular compounds
    • A61K9/1641Organic macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyethylene glycol, poloxamers
    • A61K9/1647Polyesters, e.g. poly(lactide-co-glycolide)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/20Pills, tablets, discs, rods
    • A61K9/2004Excipients; Inactive ingredients
    • A61K9/2022Organic macromolecular compounds
    • A61K9/2031Organic macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyethylene glycol, polyethylene oxide, poloxamers
    • A61K9/204Polyesters, e.g. poly(lactide-co-glycolide)

Abstract

(57)【要約】 本発明は、循環性血小板の数を標準未満のレベルまで減少させる薬剤を投与することによって、塞栓症を含めた血管閉塞性イベントを阻止するための対象の予防的および治療的処置に関する。このような薬剤を含む方法および製剤を提供する。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 関連出願 本出願は、本明細書中にその内容がそのまま援用される、1999年9月21
日出願の“METHODS AND COMPOSITIONS FOR TREATING PLATELET-RELATED DISORDE
RS”と称する米国予備特許出願第60/154,929号に優先権を主張する。 【0002】 発明の分野 本発明は、血小板関連の血栓性障害および他の血管閉塞性障害の治療および/
または予防のための方法および製品に関する。 【0003】 発明の背景 血栓性または血栓塞栓性のイベントによって生じる状態は、西洋文明世界にお
ける成人の疾病および死亡の主因である。多大な努力および財源が、血栓性およ
び血栓閉塞性のイベントを伴う血管閉塞性疾患に関与する機構を理解することに
向けられてきている。これら努力は、多数の将来有望な治療薬を生じている。費
やされてきた努力および財源にもかかわらず、これら状態はなお、先進諸国の成
人集団の疾病および死亡の大部分の理由となっている。 【0004】 血小板は、止血並びに血栓性または血栓閉塞性イベントに関与する血液の重要
な細胞性成分である。血液学的増殖性障害、例えば、本態性血小板血症などに起
因するような異常に高い血小板計数は、血栓形成における重要な危険因子として
認められている。更に、アスピリンは、シクロオキシゲナーゼを阻害することが
知られ、したがって、血小板中のトロンボキサンA2の生産を妨げ、血栓性また
は血栓塞栓性イベントの発生数を低下させるということが長い間認められてきて
いる。しかしながら、アスピリンがその治療的作用を及ぼす機構は、アスピリン
が、血小板に影響を与えることに加えて、抗炎症性も有することが知られている
ことから、議論の余地がある。これまでに報告された治療計画には、それらの目
標として、血小板機能の阻害(例えば、血小板の接着、凝集または因子放出の阻
害)または若干の血液学的悪性度の異常に高いレベルを有する患者の血小板計数
の、標準レベルに近いレベルへの減少がある。骨髄増殖性障害のない対象におけ
る低標準レベルまたは標準未満のレベルまで血小板計数を減少させる治療的介入
は、標準血小板計数が正常な止血に臨界的であると考えられているので、基本的
には考えられてきていない。 【0005】 発明の要旨 本発明は、大まかな側面において、標準レベルの循環性血小板を有するものを
含めた対象が、血小板計数減少の結果としての重大な不利な結果を伴うことなく
、意外にも、標準未満のレベルへの血小板計数の減少から医学的利点を得ること
がありうるという驚くべき発見を含む。この利点は、広い安全領域内の血小板計
数の減少に比例するまたは相関することがありうる。したがって、部分的には標
準レベルの循環性血小板によって媒介される病理学的状態または過程を阻止する
ことが望まれる状況の場合、血小板計数を、好ましくは、標準未満のレベルまで
低下させ、それによって、その状態の発生、進行または伝播を阻止するまたはそ
の後退を促す又は強化するように対象を処置することができる。本発明の方法は
、血小板の存在によって引き起こされる異常な血管成長の発生数を減少させるの
にも有用である。 【0006】 不利な状態を生じる危険を減少させるように、または少なくとも部分的には血
小板によって媒介される不利な状態の進行および結果を阻止するように対象を処
置する方法を提供する。若干の側面において、対象は、血症板計数を低標準レベ
ルまで減少させるように処置されるが、他の側面において、対象は、血小板計数
を標準未満のレベルまで減少させるように処置される。一つの態様において、対
象は薬剤を用いて処置される。 【0007】 一つの側面において、本発明は、血管閉塞性イベントを阻止するように対象を
処置する方法を提供する。血管閉塞性イベントを阻止することとは、血管閉塞性
イベントの形成を妨げること、既に慢性化した血管閉塞性イベントの進行および
結果を減少させること、または血管閉塞性イベントの後退を誘導することを意味
する。本発明は、更に、血栓による完全なまたは部分的な血管遮断をもたらすこ
とがありうる血栓性イベント、または過度の細胞増殖による動脈狭窄症などであ
るがこれに制限されるわけではない血管閉塞性イベントによる対象の罹病率また
は死亡率を減少させることを目指す他の方法を提供する。 【0008】 これら本発明の方法は、このような処置を必要としている対象に、この対象の
血症板計数を減少させる薬剤を投与することを含む。この薬剤は、対象の血症板
計数を少なくとも低標準レベルまで減少させる有効量で投与される。このような
血症板計数の減少は、罹病率および/または死亡率を減少させ、それによって、
患者に有利な結果を提供するであろう。 【0009】 本明細書中で用いられる血管閉塞性イベントには、血管、ステントまたは血管
移植片の病理学的部分閉塞(狭窄化を含めた)または完全閉塞が含まれる。血管
閉塞性イベントとは、血栓性または血栓閉塞性イベント、およびそれらが生じる
血管閉塞障害または状態を含む意味である。したがって、血管閉塞性イベントは
、血液学的増殖性障害による高血小板計数に関連するものを除く、血栓性または
血栓閉塞性イベントによって部分的なまたは完全な血管閉塞を生じる全ての血管
閉塞性障害を含む意味である。本明細書中で用いられる血栓性イベントとは、局
所血栓性イベントおよび遠位血栓性イベント(例えば、血栓閉塞性イベント、例
えば、塞栓性発作)両方を含む意味である。血管閉塞性イベントには、血小板お
よびそれらが分泌する因子の存在によって引き起こされる異常な血管成長も含ま
れる。血管閉塞性イベントのこの後者の形態の例は、血管壁の内膜層の細胞の過
増殖によって血管の狭窄化(すなわち、局所的にかまたは血管の伸長部分全体の
血管直径の減少)を生じる血管内膜過形成である。 【0010】 好ましくは、対象は、薬剤を用いた処置を必要とする症状がそれ以外にはない
。若干の態様において、対象は、血液学的増殖性障害、例えば、骨髄増殖性疾患
などに関連した症状がない。好ましくは、対象はヒト被験者であるが、これに制
限されるわけではない。もう一つの態様において、対象は、見かけ上は健康であ
る。好ましい態様において、対象は、血液学的増殖性障害によって引き起こされ
る異常に高い血小板レベル(すなわち、標準範囲より高い血小板計数)を有して
いない。したがって、好ましくは、対象は、血液学的増殖性障害を有していない
。重要な態様において、対象は、処置前に標準の血小板計数を有する。若干の態
様において、対象は、平均標準レベルより高い血小板計数を有するが、まだ標準
の範囲内とみなされる。一例として、450x103個/μlの血小板計数を有
する対象は、標準範囲の上限にあると考えられ、本発明の方法によって処置され
る予定である。若干の態様において、対象は、通常の範囲を越える血小板計数を
有することがありうるが、潜伏性の血液学的増殖性障害が全くない。もう一つの
態様において、対象は、閉経後の女性ではない。 【0011】 若干の側面において、本発明は、血管閉塞性イベントの危険にさらされている
対象を処置するものである。これら対象は、以前の血管閉塞性イベントを有して
いたことがあってもよいしまたは有したことがなくてよい。本発明は、血管閉塞
性イベントに先立つ、血管閉塞性イベントの時点、および血管閉塞性イベント後
の対象の処置を含む。したがって、本明細書中で用いられる対象の“処置”とは
、予防的または治療的両方の処置を含む意味であり、血管閉塞性イベントの症状
または発生を全く制限するまたは排除するのに用いることができる。一つの態様
において、対象は、血管閉塞性イベントの症状を示していてよい。 【0012】 本発明は、血栓性イベントのような血管閉塞性イベントの異常に高い危険があ
る対象の治療も含むものである。対象は、血管疾患を有していてよい。血管疾患
は、動脈硬化症、心臓血管疾患、脳血管疾患、腎血管疾患、腸間膜血管疾患、肺
血管疾患、眼血管疾患および末梢血管疾患から成る群より選択されうる。 【0013】 もう一つの態様において、対象は、原発性血栓性イベントのような原発性血管
閉塞性イベントを有していた。薬剤は、原発性血管閉塞性イベント後の対象に投
与されてよい。本発明の方法は、続発性血栓性イベントの危険を減少させるため
のまたは既存の血栓性イベントの伝播を阻止するための対象の治療を含む。血栓
性イベントは、動脈血栓症、冠状動脈血栓症、心臓弁血栓症、冠状動脈狭窄症、
ステント血栓症および移植片血栓症から成る群より選択されうる。血管閉塞性イ
ベントには、血栓性イベントまたは血栓塞栓性イベントによって生じうる障害ま
たは状態も含まれ、この点で、血管閉塞性イベントには、心筋梗塞、発作および
一過性脳虚血発作が含まれるが、これに制限されるわけではない。重要な態様に
おいて、血管閉塞性イベントは心筋梗塞である。一つの態様において、対象は心
筋梗塞を有していた。高コレステロール血症、高血圧症またはアテローム性動脈
硬化症を有する対象も、本発明の方法によって治療することができる。 【0014】 なおもう一つの態様において、対象は、選択的外科的方法を受けるであろう対
象である。薬剤は、選択的外科的方法の前に、このような対象に投与されてよい
。本発明の方法は、外科的方法を受けた対象にも向けることができる。本明細書
中で用いられる外科的方法とは、古典的に外科的方法と見なされている方法、更
には、動脈造影法、血管造影法、血管形成術およびステンティングのような心臓
病学的介入方法を含む意味である。したがって、外科的方法は、選択的であろう
となかろうと、冠状動脈血管造影法、冠状動脈ステント配置、冠状動脈バイパス
手術、頸動脈法、末梢ステント配置、血管移植、血栓摘出術、末梢血管手術、血
管手術、臓器移植、人工心臓移植、血管形成術、血管レーザー治療、血管交換、
人工弁交換および血管ステンティング(stenting)から成る群より選択されうる
。 【0015】 好ましい態様において、薬剤はアナグレリド(anagrelide)である。一つの態
様において、薬剤はアナグレリドの誘導体である。重要な態様において、薬剤は
、2−アリールベンゾ[b]チオフェンではない。他の重要な態様において、薬
剤は、ラロキシフェン塩酸塩ではない。しかしながら、薬剤は、MPL経路阻害
剤ではない(すなわち、薬剤は、トロンボポエチンおよびMpl受容体に関係す
るシグナル伝達経路に影響を与えない)。 【0016】 薬剤は、対象において血小板計数を、好ましくは、少なくとも低標準レベルま
で減少させる有効量で投与される。一つの態様において、薬剤は、30μg/k
g/日〜150μg/kg/日の量で投与される。もう一つの態様において、薬
剤は、1μg/kg/日〜150μg/kg/日の量で投与される。若干の態様
において、これら後者の範囲は、薬剤がアナグレリドまたはアナグレリド誘導体
である場合に好適である。 【0017】 一つの態様において、薬剤は、対象が処置前に標準血小板計数を有する場合、
血小板計数を少なくとも低標準レベルまで減少させる有効量で投与される。もう
一つの態様において、薬剤は、減少させる有効量で投与される。 【0018】 若干の態様において、薬剤は、対象が処置前に標準を越える血小板計数を有す
る場合、血小板計数を標準未満のレベルまで減少させる有効量で投与される。こ
れら後者の態様において、対象は、血液学的増殖性障害を有していないかもしれ
ないが、そのように制限されるわけではない。 【0019】 具体的な態様に依って、血小板計数は、処置前レベルの少なくとも10%〜9
5%程度減少する。具体的な態様において、血小板計数は、少なくとも90%、
少なくとも80%、少なくとも70%、少なくとも60%、少なくとも50%、
少なくとも40%、少なくとも30%、少なくとも20%または少なくとも10
%減少する。若干の重要な態様において、血小板計数は10%より多く減少する
。もう一つの態様において、血小板計数は30%より多くまたは40%より多く
減少する。 【0020】 ヒト被験者の処置を含む若干の態様において、血小板計数は、好ましくは、2
00x103個/μl未満までに、また他に、150x103個/μl未満までに
減少する。なおもう一つの態様において、血小板計数は、ヒト被験者の血液の1
00x103個/μl未満までに減少する。血小板計数が低標準レベルまでに減
少する態様において、これは、平均標準血小板計数より10%少ないと定義され
る。他の態様において、血小板計数は、標準未満のレベルまでに減少する。 【0021】 なおもう一つの態様において、薬剤は、血小板計数を少なくとも10%減じて
、200x103個/μlを越える量までにする有効量で投与される。他の態様
において、薬剤は、血小板計数を少なくとも10%減じて、200x103個/
μl未満までにする有効量で投与される。他の態様において、薬剤は、血小板計
数を少なくとも20%減じて、200x103個/μl未満までにする有効量で
投与される。 【0022】 本発明の薬剤は、対象に通常必要とされると考えられる薬剤などの別の治療用
化合物と同時にまたは連続して投与することができる。このような薬剤には、血
管疾患または血管合併症(すなわち、このような疾患によって生じる合併症)を
処置するための薬剤が含まれる。若干の重要な態様において、血管疾患または血
管合併症を処置する薬剤は、抗血栓症薬である。抗血栓症薬は、抗凝固薬、フィ
ブリン溶解薬および血小板機能阻害剤から成る群より選択されうるが、これに制
限されるわけではない。したがって、一つの態様において、薬剤は、血小板機能
阻害剤と一緒に投与される。血小板機能阻害剤は、アスピリン、アブシキマブ(
abciximab)、クロピドグレル(clopidogrel)およびジピリダモールから成る群
より選択されうる。もう一つの態様において、薬剤は、抗凝固薬と一緒に投与さ
れてよい。抗凝固薬は、グリコサミノグリカン(例えば、ヘパリン)およびビタ
ミンKアンタゴニストから成る群より選択されうる。更に別の態様において、薬
剤は、組織プラスミノーゲンアクチベーター(TPA)、ストレプトキナーゼお
よびウロキナーゼのようなプラスミノーゲンアクチベーター、プラスミンおよび
プラスミノーゲンから成る群より選択されるものなどであるがこれに制限される
わけではないフィブリン溶解薬と一緒に投与される。この態様に依って、本発明
の薬剤は、血管疾患または血管合併症を処置するための薬剤の投与前、投与と同
時または投与後に投与されてよい。 【0023】 このような薬剤の他の有用な種類には、抗炎症薬、抗血栓症薬、抗血小板薬、
フィブリン溶解薬、脂質減少性薬、直接トロンビン阻害剤、糖タンパク質IIb/
IIIa受容体阻害剤、細胞接着分子に結合し且つこのような分子に付着する白血
球の能力を阻害する薬剤、カルシウムチャンネル遮断薬、βアドレナリン作動性
受容体遮断薬、シクロオキシゲナーゼ2阻害剤およびアンギオテンシン系阻害剤
が含まれるが、これに制限されるわけではない。 【0024】 一つの態様において、薬剤は、血栓性イベントのような原発性血管閉塞性イベ
ント後に投与される。薬剤は、経腸経路および非経口経路を含めた多数の方法で
投与することができる。若干の好ましい態様において、薬剤は徐放性装置中で投
与される。 【0025】 本発明は、更に、血小板計数を減少させる薬剤を含む多数の医薬製剤を提供す
る。本発明の医薬製剤は、血小板計数を減少させる1種類またはそれ以上の薬剤
および薬学的に許容しうる担体を含む。薬剤は、医薬製剤中に、血小板計数を減
少させる有効量で存在する。本発明の重要な態様において、医薬製剤は、血小板
計数を低標準レベルまでまたは標準未満のレベルまで減少させる有効量の薬剤を
含む。 【0026】 また更に別の側面において、本発明は、対象の血小板計数を減少させる薬剤を
含む徐放性装置であって、その薬剤を少なくとも7日間放出する徐放性装置を提
供する。一つの態様において、徐放性装置は、血管疾患または血管合併症を処置
する薬剤を更に含む。血管疾患または血管合併症を処置する薬剤は、抗血栓症薬
であってよいが、そのように制限されるわけではない。一つの態様において、抗
血栓症薬は、抗凝固薬、フィブリン溶解薬および血小板機能阻害剤から成る群よ
り選択される。 【0027】 好ましくは、薬剤を、徐放性装置から、対象の血小板計数を低標準レベルまた
は標準未満のレベルまで減少させる有効量で放出する。一つの態様において、薬
剤は、アナグレリドまたはアナグレリドの誘導体である。その態様および薬剤の
性状に依って、徐放性装置は、薬剤を30μg/kg/日〜150μg/kg/
日の速度で放出しうる。他の態様において、薬剤は、1μg/kg/日〜150
μg/kg/日の速度で放出しうる。一つの態様において、徐放性装置は、薬剤
を少なくとも30日間放出する。他の態様において、薬剤を少なくとも6ヶ月間
、少なくとも1年間、少なくとも2年間または少なくとも5年間またはそれ以上
放出する。好ましくは、薬剤を、血小板機能に影響を与えない有効量で放出する
。 【0028】 もう一つの側面において、対象の血液を、血小板のフェレーシスまたは吸着お
よび除去によるなどの手順を用いて、血小板計数を低標準レベルまたは標準未満
のレベルまで減少させるように体外処理する。対象、標的血小板計数および併用
療法は、上記の通りである。本発明のこの側面は、急性療法に特に適しているが
、そのように制限されるわけではない。 【0029】 発明の詳細な記述 意外にも、本発明は、ヒト被験者、特に、血液学的増殖性障害を有していない
被験者を、より低い血小板計数(低標準レベルまでまたは若干の好ましい状況に
おいては、標準未満のレベルまでのような)をもたらすように処置することが、
不利な副作用をほとんど伴うことなく、望ましい医学的利点を得ることができる
という発見を含んでいる。 【0030】 本発明は、一部分は、対象の血小板計数の、例えば、低標準、より好ましくは
、標準未満のレベルまでのような減少が、不利な副作用をほとんど伴うことなく
、対象における血栓性イベントなどの血管閉塞性イベントの危険を減少させると
いう発見を前提としている。本明細書中で用いられる血管閉塞性イベントは、対
象の血流を遅らせる、そして本発明の目的については、病理学的性質を有する程
度までの局所的かまたは全身的な血管内径の減少を特徴とするまたは引き起こす
イベントである。したがって、血管閉塞性イベントは、ステント、血管移植片ま
たは血管の病理学的狭窄化または閉塞を含む。本明細書中で用いられる“病理学
的狭窄化または閉塞”とは、異常なおよび/または疾患に関連した狭窄化または
閉塞を意味する。血管閉塞性イベントには、血管の狭窄化または閉塞を引き起こ
すイベント(血栓性イベント、血栓塞栓性イベントおよび血管内膜過形成など)
、更には、このような血管の狭窄化によって生じる状態(心筋梗塞および虚血性
発作など)が含まれる。 【0031】 血栓性イベントは、対象における、特に、血管系に存在する場合の血栓の形成
または存在に関連したイベントである。血栓は、血中因子、主として、血小板お
よびフィブリンの凝集であり、細胞性要素の捕捉は、しばしば、その形成点にお
いて血管閉塞を引き起こす。血栓性イベントは、主要部位での、更には、遠位部
位での血栓(すなわち、血栓塞栓症)を含む。血栓症とは、集合的には、血栓の
形成、発生または存在によって引き起こされる疾患を意味する。血栓塞栓症とは
、血流によって遠位部位に運ばれた血栓による、最初の血栓形成部位以外の血管
の遮断を特徴とする疾患を意味する。本明細書中で用いられる血栓症という用語
は、血栓塞栓症を含む意味である。 【0032】 血栓塞栓性イベントを含めた血栓性イベントは、特に、脳および心筋を含めた
臨界的器官への血流の減少を引き起こすことがありうるので、重症の医学的状態
でありうる。血栓性イベントの例には、ステントおよび移植片血栓症を含めた動
脈血栓症、心臓血栓症、冠状動脈血栓症、心臓弁血栓症および静脈血栓症が含ま
れるが、これに制限されるわけではない。心臓血栓症は、心臓における血栓症で
ある。動脈血栓症は、動脈における血栓症である。冠状動脈血栓症は、冠状動脈
における閉塞性血栓の発生であり、しばしば、突然死または心筋梗塞を引き起こ
す。静脈血栓症は、静脈における血栓症である。心臓弁血栓症は、心臓弁での血
栓症である。ステント血栓症は、血管ステントによって生じるおよび/またはそ
の付近に位置する血栓症である。移植片血栓症は、植え込まれた移植片、特に、
血管移植片によって生じるおよび/またはその付近に位置する血栓症である。 【0033】 血栓性イベントによって生じる状態または障害の例には、心筋梗塞、発作、一
過性脳虚血発作、一過性黒内障、大動脈狭窄症、心臓狭窄症、冠状動脈狭窄症お
よび肺狭窄症が含まれるが、これに制限されるわけではない。狭窄症は、管路ま
たは管の狭窄化または狭窄である。冠状動脈狭窄症は、冠状動脈の狭窄化または
狭窄である。心臓狭窄症は、任意の心臓通路または腔の狭窄化または縮小である
。肺狭窄症は、肺動脈と右心室との間の開口部の狭窄化である。大動脈狭窄症は
、心臓の大動脈口または大動脈自体の狭窄化である。 【0034】 血管閉塞性イベントには、血管狭窄化が、必ずしも血栓によって生じないが、
むしろ、血管内膜過形成などによる血管壁の厚化によって生じる障害も含まれる
。血管内膜過形成とは、血管壁の内膜層の細胞の異常増殖を特徴とする状態を意
味する。 【0035】 したがって、本発明の一つの側面は、血栓性イベントの危険を減少させる方法
に関する。具体的な態様において、この方法は、発作の危険を減少させる。発作
は、1種類またはそれ以上の閉塞性血栓によって生じる脳への酸素欠乏によって
生じる状態である。影響を受ける脳の部位に依って、発作は、一過性脳虚血発作
から致死までの広範囲の症状(例えば、昏睡、可逆性または不可逆性の麻痺、言
語障害または痴呆)を引き起こすことがありうる。好ましい態様において、発作
は、事実上非出血性である。 【0036】 本発明の方法は、もう一つの態様において、心筋梗塞の危険を減少させること
に関する。心筋梗塞とは、心筋への不可逆性損傷を意味する。心筋梗塞は、概し
て、冠状動脈の血栓閉塞(例えば、血栓閉塞症)後の冠状動脈血流の急激な減少
によって生じる。血栓は、多くの場合、罹病冠状動脈中のアテローム性動脈硬化
症斑の破裂後に形成する。このような損傷は、喫煙、高血圧症および脂質蓄積の
ような因子と高度に相関している。 【0037】 一過性脳虚血発作は、大脳循環における血栓塞栓症によって生じる一過性の急
性神経機能不全である。一過性黒内障は、網膜血管系における血栓塞栓症によっ
て生じる一時的単眼盲である。 【0038】 本発明の方法は、血栓性イベントのような原発性または続発性の血管閉塞性イ
ベントの危険を減少させるのにまたはこのようなイベントの進行を阻止するのに
用いることができる。原発性血管閉塞性イベントとは、対象が経験する最初の自
覚される血管閉塞性イベントを意味する。続発性血管閉塞性イベントとは、血管
閉塞性イベント(すなわち、原発性血管閉塞性イベント)を以前に経験している
と自覚しているまたは診断された対象において生じる血管閉塞性イベントを意味
する。 【0039】 本発明により、血栓性イベントのような血管閉塞性イベントの危険は、血小板
計数を“低標準レベル”まで、若干の態様においては、“標準未満のレベル”ま
で減少させる薬剤を対象に投与することによって減少する。本明細書中で用いら
れる“標準”血小板計数は、好ましくは、年齢および性別のような処置される個
体と同様の特性を有する対象を含む対照集団におけるレベルであってよい。“標
準”レベルは、例えば、ある集団を用いて、対象が属する特定の群についてのベ
ースライン領域を得る場合の一定範囲でもありうる。したがって、“標準”値は
、選択される具体的な集団に依ることがありうる。好ましくは、標準レベルは、
血小板に媒介される障害の前歴のない、見かけ上は健康な対象のレベルである。
次に、このような“標準”レベルを、予め選択された値として決定して、ある個
体が属する種類を考慮することができる。適当な範囲および種類は、当業者によ
って常套実験だけを用いて選択することができる。平均かまたは、その範囲内の
別の予め選択された数値を、標準の予め選択された値として決定することができ
る。 【0040】 本明細書中で用いられる“血小板レベル”、“血小板数”および“血小板計数
”という用語は、対象におけるある一定量の血液当たりの血小板の数を意味する
のに同じ意味に用いられる。血小板計数は、多数の方法(例えば、血液1μl当
たり、血液1ml当たり等)で言及されてよい。概して、血小板計数は、本明細
書中において、血液1μl当たりの血小板数(すなわち、血小板個数/μl)と
して言及されるが、しかしながら、他の単位を用いてよい。 【0041】 当該技術分野において知られているように、“健康な”ヒト被験者における血
小板の典型的な範囲は、約150x103個〜450x103個/μl(血液)(
平均300x103個/μl)である。したがって、本明細書中で用いられる“
標準未満のレベル”の血小板は、この集団の場合、典型的には、150x103
個/μl未満である。本明細書中で用いられる“低標準レベル”とは、平均標準
血小板計数より10%少ない血小板計数を意味する。したがって、この上述の集
団については、低標準レベルは血小板270x103個/μlであると考えられ
る。100x103個/μl未満の血小板計数を有するヒト被験者は、血小板減
少症と見なされる。25x103個/μl未満の血小板計数は、重症の血小板減
少症を示す。本発明は、270x103個、260x103個、250x103
、240x103個、230x103個、220x103個、210x103個/μ
l(血液)に等しいまたはそれ未満の血小板計数を生じる血小板計数の減少を含
むものである。好ましい態様において、血小板計数は、血小板減少症と見なされ
るレベルを越える、200x103個、190x103個、180x103個、1
70x103個、160x103個、150x103個、140x103個、130
x103個、120x103個、110x103個、100x103個/μlに等し
いまたはそれ未満である。それにもかかわらず、具体的な疾患、対象の年齢、身
体状態などの因子に依って、90x103個、80x103個、70x103個、
60x103個、50x103個および25x103個/μl(血液)に等しいま
たはそれ未満の血小板計数のような、より低いレベルが望まれるのが望ましいこ
とがありうるということは理解されるであろう。好ましい態様において、血小板
計数は、ヒト被験者において200x103個/μl未満に減少する。より好ま
しい態様において、血小板計数は、150x103個/μl未満に減少するが、
若干の他のなお一層好ましい態様においては、血小板計数は、ヒト被験者におい
て100x103個/μl未満に減少する。 【0042】 若干の状況において、処置後血小板計数がなお標準範囲内である場合、標準範
囲内の血小板計数を有する対象を、それら血小板計数を減少させ、それによって
血管閉塞性イベントの危険を減少させるために処置することが望ましいことがあ
りうる。一例として、本発明の方法は、高いがなお標準の範囲内である450x
103個/μlの血小板計数を有する対象を処置するのに用いることができる。
この対象は、血小板計数を標準範囲内のより低いレベル(例えば、本明細書中に
記載の低標準レベル)までかまたは標準未満のレベルまで減少させるために処置
されてよい。 【0043】 血小板減少は、対象における処置前血小板計数の百分率として測定することも
できる。したがって、本発明の薬剤は、血小板計数を処置前レベルの少なくとも
10%〜少なくとも95%減少させる有効量で投与されてよい。若干の態様にお
いて、薬剤は、血小板計数を処置前レベルの少なくとも20%、少なくとも30
%、少なくとも40%、少なくとも50%、少なくとも60%、少なくとも70
%、少なくとも80%または少なくとも90%減少させる有効量で投与される。
若干の態様において、対象は、血液学的増殖性障害に依ることがありうる、50
0x103個/μlを越えるまたは600x103個/μlを越える血小板計数の
ような、異常に高レベルの循環性血小板を有していない標準対象である。しかし
ながら、他の態様において、対象は、なお標準範囲内ではあるが高レベルの循環
性血小板を有する標準対象である。本発明は、この後者の群の対象を、この対象
が、骨髄増殖性疾患のような血液学的増殖性障害を有していないという条件付き
で処置するものである。また更に他の態様において、対象は、標準範囲を超える
血小板計数を有していてよいが、血液学的増殖性障害は有していない。好ましい
態様において、血小板は、処置前レベルの少なくとも20%減少する。より好ま
しい態様において、血小板は、処置前レベルの少なくとも20%〜少なくとも9
0%減少する。また更に他の態様において、血小板は、処置前レベルの50%を
越えて減少する。 【0044】 対象は、絶対レベル未満への血小板計数の降下(例えば、200x103個/
μl未満のような)および処置前レベルに相対する血小板計数の具体的な降下百
分率(例えば、少なくとも10%のような)の双方に達するように処置されうる
。一例として、対象は、血小板計数を少なくとも20%減少させるようにおよび
200x103個/μl未満の血小板計数を得るように処置されうる。 【0045】 本発明は、既存の血栓の成長を阻害することまたは血栓性イベントのような血
管閉塞性イベントの危険を低下させることから利点を得ると考えられる対象を処
置するものである。対象は、ヒト、非ヒト霊長類、イヌ、ネコ、ヒツジ、ヤギ、
ウマ、ウシ、ブタまたは齧歯類動物を含めた哺乳動物である。好ましい対象はヒ
トである。対象は、見かけ上は健康であってよい。見かけ上は健康な対象とは、
処置の時点で疾患症状を示さない対象である。言い換えると、このような個体は
、医学的専門家によって検討された場合、健康で且つ疾患症状がないと特性決定
されると考えられる。見かけ上は健康な対象は、しかしながら、血栓性イベント
の高い危険が考えられうる具体的な危険因子をなお示すことがありうる。例えば
、このような対象は、見かけ上は健康でありうるが、血栓症に関連した障害の家
族歴をなお有することがありうる。或いは、対象は、血管閉塞性疾患の症状(胸
痛、心悸亢進、息切れ、更には、医療の実務家に周知の広範囲の他の症状など)
を有することがありうるし、またはこのような疾患を有すると診断されたことが
ありうる。 【0046】 また更に他の態様において、対象は、対象中の血小板計数を減少させる薬剤を
用いた処置を必要とする症状をそれ以外には含まない対象である。これら対象は
、必ずしも見かけ上は健康でないかもしれないが、少なくとも、血小板計数を減
少させる薬剤を具体的に用いた処置を普通は必要とする症状を示さない。一例と
して、薬剤がアナグレリドである場合、この対象は、通常はアナグレリドを処方
すると考えられる障害(例えば、骨髄増殖性疾患)の徴候、症状または形跡をそ
れ以外には含まないことがありうる。アナグレリドは、従来、本態性血小板増加
症(ET)と診断された患者に処方されてきている。ETの特徴症状は、循環に
おける平均約600x103個/μl(血液)の異常に高レベルの血小板である
。他の造血細胞種類の関与および増加は、ETの共通の特徴では必ずしもない。
巨脾腫症も、このような患者において認められることがありうる。続発性血小板
増加症は、異常に多数の血小板に関連したもう一つの疾患状態である。この後者
の状態は、急性感染からの回復、癌腫およびリンパ腫を含めた悪性疾患、溶血性
貧血、急性出血、鉄欠乏症、ある種の薬物への応答、および慢性炎症性疾患のよ
うな種々の原発性状態によってその状態が生じるという点で、ETと区別される
。本発明の方法が考えられない対象は、アナグレリドのような薬剤を用いた処置
を既に必要とする状態、すなわち、続発性血小板増加症、本態性血小板増加症、
真性赤血球増加症、慢性骨髄性白血病および骨髄線維症と診断された対象である
。言い換えると、若干の好ましい態様において、対象は、血小板低下療法の必要
性が指示される血液学的増殖性障害(骨髄増殖性疾患など)を有する対象でも、
それと診断された対象でもない。 【0047】 対象は、血栓性イベントの異常に高い危険にさらされている対象でもありうる
。処置される対象は、血栓性イベントの傾向がある対象であってよい。この種類
の対象に含まれるのは、(1)外科的方法を受けていて、この方法にしたがって
固定される対象、(2)慢性うっ血性心不全のある対象、(3)アテローム性動
脈硬化症血管疾患のある対象、(4)好ましくは、異常に高い血小板計数を生じ
る血液学的悪性疾患以外の悪性疾患のある対象、および(5)妊娠している対象
である。血栓性イベントの傾向があるヒト被験者の大部分は、止血において認め
うる動揺を全く示さない。 【0048】 血栓性イベントの異常に高い危険がある対象の一つの種類は、原発性血栓性イ
ベントを以前に経験している対象である。血栓性イベントの異常に高い危険があ
る対象には、(i)血栓症に対する素質を遺伝している対象、例えば、血栓症関
連障害の家族歴のある対象、(ii)外科手術患者のような血栓性イベントの危険
を獲得した対象、および(iii)血栓症に関して高い危険指標が考えられる生活
習慣のある対象も含まれる。 【0049】 血栓症の異常に高い危険がある対象の一つの種類は、血管疾患のある対象であ
る。血管疾患とは、大小の動脈および静脈を含めた血管(集合的には、血管系と
して知られる)および血流の障害全てを広く包含する用語である。血管疾患の最
も一般的な形態は、動脈壁の厚化および硬化に関連した状態である動脈硬化症で
ある。本明細書中で用いられる動脈硬化症または動脈硬化状態とは、古典的アテ
ローム性動脈硬化症、加速性アテローム性動脈硬化症、アテローム性動脈硬化症
病変、および糖尿病の血管合併症を含めた望ましくない内皮および/または血管
平滑筋細胞増殖を特徴とするいずれか他の動脈硬化状態を意味する。それは、米
国およびほとんどの西洋化社会における死亡の大部分の原因であると考えられる
。 【0050】 大血管の動脈硬化症は、アテローム性動脈硬化症といわれる。アテローム性動
脈硬化症は、冠状動脈疾患、大動脈瘤、下肢の動脈疾患および脳血管疾患のよう
な障害において優先的に存在する基本的因子である。他の種類の動脈硬化症には
、限局性石灰性動脈硬化症(メンケベルク硬化症)および細動脈硬化症が含まれ
る。動脈硬化症以外の動脈疾患には、先天性構造欠陥、炎症性または肉芽腫性疾
患(例えば、梅毒性大動脈炎)、および高血圧症および自己免疫疾患のような小
血管障害が含まれる。早期動脈硬化症に関連する障害には、真性糖尿病、高血圧
症、家族性高コレステロール血症、家族性複合高脂血症、家族性異常βリポタン
パク質血症、家族性低αリポタンパク質血症、甲状腺機能低下症、コレステロー
ルエステル蓄積症、全身性エリテマトーデス、ホモシステイン血症、慢性腎不全
、慢性ビタミンD中毒、弾性線維性仮性黄色腫、乳児期の特発性動脈石灰化、初
老期の大動脈弁石灰化およびヴェルナー症候群が含まれる。 【0051】 心臓血管疾患、脳血管疾患および/または末梢血管疾患(例えば、糖尿病性足
、破損移植片)のある対象も、血栓性イベントの異常に高い危険にさらされてい
ると考えられる。心臓血管疾患とは、心臓および血管系の多数の障害を意味する
。脳血管疾患とは、大脳または脳の血管の多数の障害を意味する。末梢血管疾患
は、下肢のものを含めた末梢血管系の障害である。 【0052】 本発明の方法は、特定の血管閉塞性イベントを経験する異常に高い危険にさら
されている対象を処置するのに用いることができる。例えば、心筋梗塞の異常に
高い危険がある対象は、本発明の方法によって処置することができる。対象は、
原発性または続発性の心筋梗塞の危険を減少させるように予防的に処置されうる
。本明細書中で用いられる心筋梗塞の異常に高い危険がある対象には、不安定狭
心症、多重冠状動脈危険因子およびプリンズメタル型狭心症のある対象が含まれ
る。あまり一般的でない病因論的因子には、凝固能亢進、冠状動脈塞栓、膠原血
管病およびコカイン乱用が含まれる。 【0053】 発作、例えば、非出血性発作の異常に高い危険がある対象も、本発明によって
処置することができる。虚血性発作の異常に高い危険がある対象は、慣用的な医
学慣例にしたがって決定される種類であり、このような対象は、慣用的な医学慣
例において、発作に関する既知の危険因子を有するまたは脳血管イベントの増加
した危険を有すると識別されることがありうる。主な危険因子には、高血圧症、
高コレステロール血症および喫煙が含まれる。虚血性発作の異常に高い危険があ
る対象には、心房細動、心室頻拍、拡張型心筋症、および血液凝固阻止を必要と
する他の心臓状態のような、脳への減少した血流をもたらすことがありうる何ら
かの心臓状態を有する個体も含まれる。虚血性発作の異常に高い危険がある対象
には、狼瘡によって引き起こされるような動脈症または脳血管炎、カダシル症候
群(cadasil syndrome)のような先天性血管疾患、または片頭痛、特に長期間の
エピソードを含めた状態を有する個体も含まれる。 【0054】 血栓性イベントの異常に高い危険がある対象のもう一つの種類は、血管修復お
よび/または血管再生の目的の外科的または機械的介入法を受けるであろう対象
またはそれを既に受けた対象である。このような方法は、事実上、治療的または
診断的であってよいので、選択的処置または緊急処置でもありうるが、おそらく
は、血栓の形成または塞栓の放出の危険を伴う。この種類に属する方法には、末
梢血管手術を含めた血管手術、血管移植、血管レーザー治療、人工弁交換を含め
た血管交換、および血管ステンティング、心室補助法、人工心臓移植、被移植者
の血管系と移植臓器のインターフェースを必要とする心臓および他の臓器移植、
血栓摘出術、冠状動脈血管造影法、冠状動脈および末梢ステント配置、頸動脈血
管内膜切除術を含めた頸動脈法、脳血管造影法、血管を圧迫または閉塞する脳神
経外科的方法、心臓カテーテル法、バルーン血管形成術を含めた血管形成術、冠
状動脈バイパス手術が含まれるが、これに制限されるわけではない。外科的方法
の際のまたは直後の血栓形成の危険に加えて、外科的方法を受けていて、この方
法にしたがって現在固定されている対象にも危険がある。したがって、本発明は
、外科的方法の前の、際のおよび後の対象の処置を含むことを試みている。 【0055】 血栓性イベントの異常に高い危険への素因を対象に与える他の因子は、遺伝的
危険因子および生活習慣である。遺伝した状態は、概して、凝固能亢進状態また
は前血栓性状態と見なすことができる。前血栓性対象は、時々、初期(すなわち
、青年期またはヤングアダルトとして)のおよび/または明白な素因を与える状
態の不存在下における反復血栓塞栓性イベントの個人病歴、および/または血栓
症関連状態の家族歴を彼らが示す場合に識別されうる。歩行痛、虚血(すなわち
、血管の機能的狭窄または閉塞による身体部位への血流の不足)、壊疽(すなわ
ち、通常はかなりの量の且つ一般的には血流の減少に関連した組織の死)および
胸痛を経験した対象は、動脈血栓症または発作の個人病歴を有すると見なすこと
ができるので、血栓性イベントの危険にもさらされている。血栓性イベントの危
険因子には、抗トロンビンIII、プロテインC、プロテインSおよび凝固因子V
を含めた任意の多数の因子の欠乏および/または機能不全のような遺伝性の血液
学的異常も含まれる。心臓血管異常、すなわち、心臓血管系の先天性構造異常も
、血栓性イベントの危険因子と考えられる。アテローム性動脈硬化症斑破裂のよ
うな血管異常も、危険因子と考えられる。 【0056】 生活上の危険因子には、肥満症、高コレステロール、高脂血症および高血圧(
すなわち、高血圧症)のような他の危険因子に影響を与える程度までの喫煙、運
動不足および食事が含まれる。高コレステロール(すなわち、高コレステロール
血症)、高血圧(すなわち、高血圧症)、高脂血症および肥満症は、遺伝因子お
よび環境因子を含めた種々の非食事性原因要素によっても確実に引き起こされる
。 【0057】 高脂血症対象は、コレステロールおよびトリグリセリドのレベルが、高コレス
テロール血症および高トリグリセリド血症双方の対象について本明細書中に記載
のように設定された限界に等しいまたはそれを越える対象として定義される。高
コレステロール血症対象(すなわち、高コレステロールを有する対象)は、>1
60mg/dLのLDL(すなわち、低密度リポタンパク質)レベルを有するか
または、>130mg/dLのLDLレベル、および雄性、早期冠状動脈性心疾
患の家族歴、喫煙(1日に10本より多いタバコ)、高血圧症、低HDL(<3
5mg/dL)、真性糖尿病、高インスリン血症、腹部肥満、高リポタンパク質
(a)、および脳血管疾患または閉塞性末梢血管疾患の個人病歴から成る群より
選択される少なくとも二つの危険因子を有する。高トリグリセリド血症対象は、
>250mg/dLのトリグリセリド(TG)レベルを有する。 【0058】 高血圧である対象(すなわち、高血圧を有する対象)も、血栓性イベントの危
険にさらされている。高血圧の対象は、高い動脈血圧を持続的に経験している対
象である。高血圧症には、既知の原因がないことがありうるが、この場合、それ
は、本態性または特発性高血圧症といわれる。或いは、高血圧症は、他の原発性
疾患に関連していることがありうるが、この場合、それは、二次性高血圧症とい
われる。それは、概して、心疾患、末梢血管疾患、発作および腎疾患の発生の危
険因子と考えられる。成人の場合、85mmHg未満の拡張期圧を標準と見なし
、85〜89mmHgを高標準と見なし、90〜104mmHgを軽症の高血圧
症と見なし、105〜114mmHgを中程度の高血圧症と見なし、そして11
5mmHgまたはそれ以上を重症の高血圧症と見なす。拡張期圧が90mmHg
未満である場合、140mmHg未満の収縮期圧は標準血圧を示し、140〜1
59mmHgを境界型収縮期高血圧症とし、160mmHgまたはそれ以上を収
縮期高血圧症とする。したがって、一般的には、標準対象は、140/90また
はそれ未満の血圧を有する対象である。 【0059】 血栓性イベントの高い危険の原因となる他の危険因子、およびこのような血栓
性イベント(例えば、動脈硬化症)を引き起こす障害には、高脂血症、高血糖症
および真性糖尿病、ストレスおよび性格、低指数の高密度リポタンパク質(HD
L)、雄性、年齢、高インスリン血症、高リポタンパク質(a)、および脳血管
疾患または閉塞性末梢血管疾患の個人病歴が含まれる。高血糖症は、非制御糖尿
病を時々示す、高すぎる血中グルコースレベルに関連した状態である。それは、
身体に充分なインスリンがない場合またはグルコースを代謝するのにインスリン
を有効に用いることができない場合に生じる。この状態は、真性糖尿病、クッシ
ング病およびクッシング症候群に関連することがありうる。高血糖症の徴候は、
有意の口渇、口内乾燥および頻尿である。少なくとも50歳、より好ましくは、
60歳である標準的な無症候のヒト被験者も、血栓症の増加した危険にさらされ
ている。 【0060】 血管内膜過形成を有する危険にさらされている対象、更には、血管内膜過形成
を有する対象も、本発明の方法によって処置されるものである。したがって、本
発明の方法は、血管内膜過形成を有するまたはその危険にさらされている対象を
処置するのに、更には、血管内膜過形成の危険を減少させるのに用いることがで
きる。血管内膜過形成の一つの共通の形態は、アテローム性動脈硬化症である。 【0061】 本発明は、他の側面において、血栓症を有するまたは血栓性イベントを有する
と診断された対象を含めた、原発性血管閉塞性イベントを有していた対象または
血管閉塞性イベントを現在経験している対象を治療するものでもある。本発明は
、血管の異常治癒を示している対象を処置するのにも用いることができる。 【0062】 本発明の処置方法は、対象の循環性血小板計数を減少させる薬剤の、対象への
投与を含む。血小板計数を減少させる薬剤を、本明細書中において時々、血小板
減少性薬と称する。好ましくは、このような薬剤は、他の細胞種類のレベルに影
響を与えることなく、血小板計数だけを減少させる特異的作用を有するが、これ
ら後者の減少が、他の細胞種類におけるこのような減少に関連する許容し得ない
レベルの不利な副作用を生じないという条件ならば、この薬剤が他の細胞種類の
レベルを減少させてもよいということは理解されるはずである。例えば、薬剤は
、血小板の前駆細胞である巨核球のレベルを減少させることがありうるが、この
ような減少は、望ましくない副作用を全く示さない必要がある。もう一つの例と
して、ある薬剤は、血小板のような巨核球系統に限定された細胞、および別の血
球、またはこれら二つの細胞種類の共通の前駆細胞に細胞障害性でありうるが、
この場合、この薬剤は、他の細胞種類の同様の減少に関連する許容し得ないレベ
ルの副作用を伴うことなく、血小板計数を標準未満のレベルまで減少させること
ができる場合にのみ許容しうる。なおもう一つの例において、薬剤は、巨核球機
能を阻害することがありうる。このような薬剤をどのように選択し且つ区別する
かは、当業者に明らかであろう。 【0063】 血小板計数を減少させることが既に知られている薬剤には、(1)cAMPホ
スホジエステラーゼ阻害剤(例えば、アナグレリド)、6,7−ジクロロ−1,
5−ジヒドロイミダゾ−[2,1−b]キナゾリン−2(3H)−オンまたは6
,7−ジクロロ−1,2,3,5−テトラヒドロイミダゾ[2,1−b]キナゾ
リン−2−オン(米国特許第3,932,407号;同第4,146,718号
;RE31,617号,Haematologica 1992 77:40-3)、(2)糖タンパク質II
b/IIIa受容体抗体のような、血小板または巨核球によって特異的に発現され
る細胞表面受容体への抗体、(3)ブスルファン(Br.J.Haematol. 1986 62:229
-37)、ヒドロキシ尿素(N Engl J Med 1995 332:1132-6)、ヘプスルファン(h
epsulfan)リン32(Br J Radiol 1997 70:1169-73)、ピポブロマン(Scand J
.Haematol 1986 37:306-9)、シクロホスファミド(J Cell Physiol 1982 112:2
22-8)、若干のアルキル化剤および若干の代謝拮抗薬のような大部分の化学療法
抗癌薬、(4)αインターフェロン(Cancer Immunol Immunother 1987 25:266-
73)、γインターフェロン、トランスフォーミング成長因子β、好中球活性化ペ
プチド2およびその類似体(米国特許第5,472,944号)、マクロファー
ジ炎症性タンパク質およびその類似体(米国特許第5,306,709号)のよ
うな、サイトカイン、成長因子およびインターロイキン、(5)血小板因子4(
米国特許第5,185,323号)、トランスフォーミング成長因子β、巨核球
によって産生される12〜17kD糖タンパク質、トロンビンおよびトロンボス
ポンジンおよびそのアミノ(1〜174アミノ酸)末端フラグメント(J Lab Cl
in Med 1997 129:231-8)のような、血小板かまたは巨核球によって分泌される
化合物、および(6)トラニラスト(Tranilast)(Rizaben)(J Dermatol 199
8 25:706-9)のような抗ケロイド薬;フォルスコリンおよび脾臓抗成熟因子(米
国特許第4,088,753号)を含めた他の薬剤が含まれるが、これに制限さ
れるわけではない。 【0064】 前述の薬剤は全て、本発明の方法において、血栓症のような血管閉塞性イベン
トを予防するまたは治療する目的で、対象の標準血小板計数を、好ましくは、標
準未満のレベルまで減少させるのに用いるのに適していることがありうる。ある
場合には、これら利点は、血小板計数を低標準まで減少させることによって得ら
れるが、他のより好ましい場合には、血小板計数を標準未満のレベルまで減少さ
せる。本発明において有用な薬剤は、血小板機能に影響を与え、更には、血小板
計数を減少させることができることもありうるということは理解されるはずであ
る。しかしながら、好ましくは、このような薬剤は、薬剤の血小板減少活性に好
都合であり且つ血小板機能にはいずれにしてもほとんど影響を与えない用量、製
剤および投与計画で用いられる。 【0065】 血小板計数を減少させる薬剤のもう一つの種類は、MPL経路阻害薬である。
しかしながら、本発明は、本明細書中に提供される方法にこの種類の薬剤を含む
つもりはない。 【0066】 好ましい薬剤はアナグレリドである。アナグレリドは、血小板機能に影響を与
えることができるが、本発明の組成物および方法では、それを、血小板機能にほ
とんど影響を与えることなく血小板計数を(好ましくは、標準未満のレベルまで
)減少させる用量、製剤および投与計画で用いる。有効であるまたは親化合物よ
り有効であるアナグレリドの類似体(例えば、誘導体)も、本発明の方法で用い
るためのものである。好ましくは、このような類似体は、限られた副作用を有す
る巨核球系統に対する増加した力価および特異性についてもスクリーニングされ
ると考えられる。アナグレリド類似体の合成は、当該技術分野において常套的に
実施されている方法などの常套の化学修飾法によって行うことができる。アナグ
レリド類似体は、多数のグループによって報告されている。Jones et al. は、 類似体RS−82856の合成を報告した(J.Med.Chem. 1987 30:295-303)。 アナグレリド上の側鎖の指示された置換によって合成される血小板cAMPホス
ホジエステラーゼの他の阻害剤は、Meanwell et al.(J.Med.Chem. 1992 35:267
2-87)によって報告されている。他のアナグレリド類似体は、米国特許第3,9
32,407号、同第4,146,718号およびRE31,617号に示され
ている。 【0067】 上に挙げた薬剤の多くは、血小板計数を減少させることができるが、他の細胞
系統、特に、他の造血細胞系統に影響を与えることもできる。本発明の方法で用
いられる薬剤は、他の細胞種類への作用を制限する方法で提供されるまたは投与
されるのが好適である。これを行うことができる一つの方法は、巨核球系統に限
るとは考えられないが、他の細胞系統について限られた特異性を有する薬剤を識
別することである。上に挙げた薬剤の大部分はこの種類に属する。不必要な副作
用を制限するもう一つの方法は、血小板計数を減少させ且つ他の細胞種類に影響
を与えない最大用量で薬剤を投与することである。このような決定は、本明細書
中に記載の当該技術分野において標準的である検定のような in vitro クローン
原性検定を用いて行うことができる。特異性を提供するなおもう一つの方法は、
それ以外には非特異的の薬剤と、その非特異的薬剤を巨核球および血小板に集中
させるであろう分子とを複合させることである。可能性のあるターゲッティング
分子は、巨核球系統の細胞上で唯一発現される受容体を普通に結合するものであ
る。 【0068】 本発明の方法は、ライブラリー技術を用いて、受容体リガンド結合部位に結合
する低分子量ペプチドを含めた小型分子を識別する。アンタゴニスト識別用ライ
ブラリーを用いる一つの利点は、少ない反応容量中(すなわち、合成およびスク
リーニング反応中)の小型サイズの多数の異なった推定候補の容易な取扱いであ
る。ライブラリーのもう一つの利点は、特に、非ペプチド部分の場合に、天然に
存在する源を用いて、それ以外の場合は得られないかもしれないアンタゴニスト
を合成する能力である。 【0069】 分子のライブラリーを製造する方法は、当該技術分野において周知であり、多
数のライブラリーが商業的に入手可能である。本発明における目的のライブラリ
ーには、合成有機組合せライブラリーが含まれる。ライブラリーとは、合成小型
分子ライブラリーおよび化学ライブラリーを含む意味でもあるが、これに制限さ
れるわけではない。これらライブラリーは、上に識別された官能基の一つまたは
それ以上で置換された、環状炭素または複素環式構造および/または芳香族また
は多芳香族構造も含むことができる。 【0070】 小型分子組合せライブラリーも生じることができる。低分子量有機化合物の組
合せライブラリーは、一つまたはそれ以上の相違点が互いに異なる且つ多段階法
を用いた有機技法によって合成される近縁の類似体の集合である。組合せライブ
ラリーには、極めて多数の低分子量有機化合物が含まれる。組合せライブラリー
の一つの種類は、平行合成法によって製造されて、化合物アレイを生じる。本明
細書中で用いられる“化合物アレイ”は、デカルト座標におけるそれらの空間ア
ドレスによって識別可能な且つそれぞれの化合物が共通の分子コアおよび一つま
たはそれ以上の可変構造相違要素を有するように配置される化合物の集合である
。このような化合物アレイ中の化合物を、別々の反応容器中で平行して生じ、そ
れぞれの化合物は、その空間アドレスによって識別され且つ追跡される。平行合
成混合物および平行合成法の例は、1994年1月5日出願のU.S.S.N.
08/177,497号および1995年7月13日公開のその該当するPCT
公開特許出願WO95/18972号、および1998年1月27日に付与され
た米国特許第5,712,171号およびその該当するPCT公開特許出願WO
96/22529号に提供され、これらは本明細書中に援用される。 【0071】 推定上有用な薬剤を検査する一つの方法は、血小板または血小板前駆細胞(例
えば、巨核球または巨核球前駆細胞)を化合物に暴露後、それらの形態(例えば
、ライト染色のような適当な細胞染色技術を用いる)、数(例えば、コールター
カウンターを用いる)および/またはコロニー形成能を調べる in vitro 検定を
行うことである。これら後者の検定は、巨核球系統にかまたは巨核球系統から分
化することが知られている細胞系を用いて行うことができるが、これらのいくつ
かは、先行技術において樹立されており、その例には、Ba/F3およびUT−
7/GM細胞系、または骨髄のような一次造血組織が含まれる。巨核球コロニー
の数および質は、ライブラリーメンバーの存在および不存在の関数として決定す
ることができる。好ましくは、これら検定は、半固体培地中において、細胞集団
からの最大の巨核球コロニー成長を刺激するのに充分なトロンボポエチン量で細
胞を培養することによって行われる。次に、巨核球コロニー形成を減少させるの
に必要な量を決定するために、ライブラリーメンバーを培養物中に滴定する。こ
の方式では、巨核球成長を全く阻害するのに必要なアンタゴニストの量の他に、
その成長を阻害する量を具体的な百分率によって決定することもできる。例えば
、in vivo の血小板計数減少を達成するために、巨核球成長および増殖を50%
まで減少させることが望まれる場合、この検定を用いて、巨核球コロニー成長を
50%まで阻害するのに必要なアンタゴニストの量を決定することができる。本
明細書中に記載のようなクローン原性検定の重要な利点は、広範囲の造血細胞種
類へのライブラリーメンバーの作用を分析する能力である。成長因子の適切な混
合物を用いて、培養物中の種々の造血系統の成長を刺激することは可能であるの
で、それぞれの系統へのライブラリーメンバーの作用を研究することができる。
したがって、ライブラリーメンバーは、巨核球系統へのそれらの選択的作用につ
いて更にスクリーニングすることができる。本明細書中に記載のようなクローン
原性検定は、熟練技術者によって常套的に用いられる。前述の in vitro スクリ
ーニング検定はそれぞれ、高処理スクリーニングにしたがう。 【0072】 合成化合物の生物学的活性を測定するもう一つの方法は、動物、好ましくはマ
ウスに、例えば静脈内にその化合物を注射後、巨核球の成長および増殖または血
小板産生について分析する in vivo 検定を行うことである。巨核球へのライブ
ラリーメンバーの作用を決定するためには、骨髄および脾臓のような造血集団を
被処置マウスから採取し、in vitro 半固体クローン原性培地中にプレーティン
グすることができる。好ましくは、試験動物に由来する巨核球コロニーの数およ
び質は、対照担体(すなわち、生理食塩水)を注射された動物のそれと比較され
るべきである。或いは、被験動物の血小板計数を直接的に検定することができる
。これは、被験動物から採血し(通常は、尾または眼窩後静脈から)、血小板の
数を、血球計算器を用いて手動によってかまたはコールターカウンターのような
自動細胞計数器の使用によって計数することによることを含めた多数の方法で行
うことができる。不利な副作用も、推定上のアンタゴニストを注射された被験動
物においてこの方法で調べることができる。一つの可能性のある不利な副作用は
、血小板の急激な減少による凝血不能でありうる。凝血機能を評価するためには
、実験的にもたらされた創傷からの出血が凝血し、それによって停止するのに必
要な時間を測定する標準的な出血検定を用いることができる。血小板計数および
出血検定は、ヒト被験者において血小板計数および血小板活性の尺度として常套
的に行われている。100x103個/μl(血液)より大の血小板計数を有す
るヒト被験者は、概して、無症候であり、それらの出血時間は標準の範囲内であ
る。10分未満の出血時間を標準と見なす。血小板計数が100x103個/μ
l未満である場合、出血時間は延長され、血小板計数に直線的に関係していると
考えられる。50x103個/μl未満の血小板計数を有するヒト被験者は、簡
単に傷を負うが、20x103個/μl未満の血小板計数を有する被験者は、自
然内出血をしやすい。血小板計数および出血検定は、当業者によって常套的に実
施されているし、Harrison's Principles of Internal Medicine, Isselbacher,
McGraw Hill, New York (1994) に示されている。 【0073】 血小板計数を減少させるための物理的方法も存在する。これら方法には、他の
血液細胞成分からの血小板の遠心分離である血小板フェレーシスが含まれる。血
小板フェレーシスは、血小板減少を短時間で行う利点を提供する。これは、選択
的外科手術を予想外に計画された対象に望ましいことがありうる。血小板計数を
減少させる他の物理的方法には、血小板に特異的な結合パートナーを用いてコー
ティングされた固体状態マトリックス上への血小板の吸着の使用を含む。一例と
して、血小板は、血液から正の選択アフィニティー濾過を用いて取り出すことが
できる。このようなアプローチは、トロンボポエチンのような成長因子を結合し
ている固体マトリックスを含有するカラムに末梢血を加えることを含んでよい。
アフィニティークロマトグラフィーのもう一つの例は、いずれも血小板を結合す
ることが知られているフィブリノーゲン、フィブロネクチン、または好ましくは
、Arg−Gly−Aspトリペプチドを用いてコーティングされた固体状態セ
ファデックスG−10として得たアフィニティーマトリックス上での血液の溶離
を含んでよい。この後者のアプローチは、Besselink et al. によってヒト血小
板の結合について報告されている(J.Biomater.Sci.Polym.Ed. 1995 7:551-562
)。血液から血小板を分離する吸着技術で用いられうる血小板の他の結合パート
ナーは、Cook et al.(Thromb.Haemost. 1993 70:838-47)によって報告された
Ro−43−8857およびL−700,462ような糖タンパク質IIb/III
aアンタゴニストである。血液からの血小板の取り出しに有用なアフィニティー
分離のなおもう一つの形は、抗糖タンパク質IIb/IIIa受容体またはそのフラ
グメントのような血小板および/または巨核球に特異的な抗体に結合した固体マ
トリックスを用いる免疫アフィニティーである。 【0074】 したがって、本発明のこの側面において、対象の血液を取り出し、血小板を減
少させた後、全血小板計数が標準未満になるまで戻す。 本発明は、本発明の薬剤の製剤を提供する。これら製剤は、本発明の薬剤およ
び薬学的に許容しうる担体を含む。これら製剤は有効量で投与されてよい。有効
量は、投与方式、処置される具体的な状態および所望の結果に依るであろう。そ
れは、上に論及されるように、状態の段階、対象の年齢および身体状態、もしあ
れば併用療法の性質、および医療の実務家に周知の類似の因子にも依るであろう
。予防用途に関するそれは、処置される具体的な状態の開始を遅らせ、進行を阻
止しまたはその状態を全く停止させ、それによって患者に利益を与えるのに充分
な量である。処置用途のそれは、医学的に望ましい結果を達成することによって
患者に利益を与えるのに充分な量である。ある場合には、患者の利益は、罹病率
および/または死亡率の減少によって測定することができる。ある場合には、こ
れは、細胞の成熟および/または増殖の減少である。巨核球の場合、医学的に望
ましい結果は、巨核球の成熟、内重複化および/または増殖の遮断によって血栓
症を阻止することであってよい。他の場合には、それは、血小板の消費、排出ま
たは致死の増加である。最後に、投与される量は、対象において有意のレベルの
不利な副作用を伴うことなく、血小板計数を低標準レベルまで、より好ましくは
、標準未満のレベルまで減少させるのに有効な量である。 【0075】 概して、本発明の活性化合物の用量は、約0.01mg/kg/日〜1000
mg/kg/日であると考えられる。1〜500mg/kgの用量、好ましくは
、1〜100mg/kgの用量、なお一層好ましくは、1〜50mg/kgの用
量が適当であろうと考えられる。最も好ましい態様において、薬剤は、1μg/
kg/日〜10mg/kg/日の用量で、なお一層好ましくは、介入の目的およ
び処置される対象に依って1μg/kg/日〜150μg/kg/日および30
μg/kg/日〜150μg/kg/日の用量で投与されるであろう。後者の用
量範囲は、薬剤がアナグレリドである場合に好適である。種々の投与経路が利用
可能である。本発明の方法は、概して、臨床的に許容し得ない副作用を引き起こ
すことなく活性化合物の有効レベルを生じる任意の経腸または非経口方式を意味
する、医学的に許容しうるいずれの投与方式を用いても実施することができる。
このような投与方式には、経口、直腸、局所、鼻腔、肺内、腔内、経皮、皮間(
interdermal)、経粘膜、皮下、静脈内、動脈内、筋肉内または限局の経路が含
まれる。“非経口”という用語には、皮下、静脈内、筋肉内または注入が含まれ
る。静脈内経路または筋肉内経路のような注射可能経路は、長期間の治療および
予防には特に不適当である。それらは、しかしながら、経口投与が忌避である場
合には好適でありうる。経口投与は、患者並びに投薬計画への便宜のために、予
防的または治療的処置に好適であろう。 【0076】 経口投与に適した組成物は、別々の単位として、所定量の活性剤をそれぞれ含
有するカプセル剤、錠剤、トローチ錠のような即時放出製剤または制御放出製剤
双方で与えられてよい。他の組成物には、シロップ剤、エリキシル剤または乳剤
のような、水性液体または非水性液体中の懸濁剤が含まれる。 【0077】 非経口投与用製剤には、滅菌水性または非水性の液剤、懸濁剤および乳剤、更
には、制御放出製剤のような注射可能ドラッグデリバリー装置が含まれる。非水
性溶媒の例は、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール、オリーブ油の
ような植物油、およびオレイン酸エチルのような注射可能有機エステルである。
水性担体には、生理食塩水および緩衝化基剤を含めた、水、アルコール性/水性
の溶液、エマルジョンまたは懸濁液が含まれる。非経口ビヒクルには、塩化ナト
リウム溶液、リンガーデキストロース、デキストロースおよび塩化ナトリウム、
加乳リンガー液または固定油が含まれる。静脈内用ビヒクルには、補充液および
補給栄養素、補給電解質(リンガーデキストロースを基剤とするものなど)等が
含まれる。保存剤および他の添加剤、例えば、抗微生物薬、酸化防止剤、キレー
ト化剤および不活性ガス等なども存在してよい。より少ない用量は、静脈内投与
のような他の投与形態によって生じるであろう。対象における応答が、適用され
る初期用量で不充分である場合、より多い用量(または異なったより限局された
供給経路による有効により多い用量)を、患者耐性が許す程度まで用いてよい。
化合物の適当な全身レベルに達しさせるには、1日に多数回の用量が考えられる
。 【0078】 血小板計数を減少させる薬剤は、場合により、薬学的に許容しうる担体と混合
してよい。本明細書中で用いられる“薬学的に許容しうる担体”という用語は、
ヒトへの投与に適する1種類またはそれ以上の相容性固体または液体の充填剤、
希釈剤またはカプセル封入用物質を意味する。“担体”という用語は、適用を容
易にするために活性成分が混合される天然のまたは合成の有機または無機の成分
を意味する。医薬組成物の成分は、本発明の薬剤と一緒におよび互いに、所望の
製剤効力を実質的に損なうと考えられる相互作用が存在しないような方法で、同
時混合することもできる。 【0079】 投与される場合、本発明の製剤は、薬学的に許容しうる量でおよび薬学的に許
容しうる組成物中で用いられる。このような製剤は、常套的に、塩、緩衝化剤、
保存剤、相容性担体および場合により他の治療薬を含有してよい。薬剤中で用い
られる場合、塩類は、薬学的に許容しうる必要があるが、薬学的に許容し得ない
塩類は、好都合には、それらの薬学的に許容しうる塩を製造するのに用いること
ができるので、本発明の範囲から除外されない。このような薬理学的におよび薬
学的に許容しうる塩類には、次の酸、すなわち、塩酸、臭化水素酸、硫酸、硝酸
、リン酸、マレイン酸、酢酸、サリチル酸、クエン酸、ギ酸、マロン酸、コハク
酸等から製造されるものが含まれるが、これに制限されるわけではない。更に、
薬学的に許容しうる塩は、ナトリウム塩、カリウム塩またはカルシウム塩のよう
な、アルカリ金属塩またはアルカリ土類金属塩として製造することができる。 【0080】 他のデリバリーシステムには、即時放出製剤または制御放出製剤が含まれうる
。制御胞子油津製剤の例には、時間放出、遅延放出または徐放性のデリバリーシ
ステムが含まれる。このようなシステムは、毒性を減少させ、効力を増加させ、
そして血小板減少性薬の反復投与を免れることができ、ピークに関係した副作用
を減少させ且つ対象および医師の便宜を向上させる。多数の種類の放出デリバリ
ーシステムが利用可能であり、当業者に知られている。それらには、ポリ(ラク
チド−グリコリド)、コポリオキサレート、ポリカプロラクトン、脂質、ポリエ
ステルアミド、ポリオルトエステル、ポリヒドロキシ酪酸およびポリ酸無水物の
ようなポリマー基剤システムが含まれるが、これに制限されるわけではない。薬
物を含有する前述のポリマーのマイクロカプセル剤は、例えば、米国特許第5,
075,109号、コレステロールを含めた溶融ステロールおよび再結晶ステロ
ールのような非ポリマーシステムに記載されている。デリバリーシステムには、
コレステロールのようなステロール、コレステロールエステル、およびモノ−、
ジ−およびトリグリセリドのような脂肪酸または中性脂肪を含めた脂質;ヒドロ
ゲル放出システム;シラスティックシステム;ペプチド基剤システム;ワックス
コーティング;慣用的な結合剤および賦形剤を用いた圧縮錠剤;部分溶融植込錠
;等である非ポリマーシステムも含まれる。具体的な例には、(a)血小板減少
性薬が、米国特許第4,452,775号、第4,675,189号および第5
,736,152号に記載されたようなマトリックス中の形で含有されている浸
食性システムおよび(b)活性成分が、米国特許第3,854,480号、第5
,133,974号および第5,407,686号に記載のようなポリマーから
制御速度で浸透する拡散性システムが含まれるが、これに制限されるわけではな
い。更に、ポンプに基づくハードウェアデリバリーシステムを用いることができ
るが、このあるものは、植込みに適応する。 【0081】 長期徐放性植込錠(または装置)の使用は、血栓性イベントによって生じるイ
ベントなどの血管閉塞性イベントの高い危険にさらされている対象の処置に特に
適することがありうる。これら対象には、選択的血管手術を計画された対象が含
まれると考えられる。本明細書中で用いられる長期放出とは、植込錠が、活性成
分のレベルを少なくとも1週間、ある場合には、少なくとも30日間、他の場合
には、少なくとも60日間与えるように構築され且つ配置されていることを意味
する。より長期間の治療および予防を行う本発明の若干の側面において、徐放性
装置は、有効量の薬剤を少なくとも6ヶ月間、1年間、2年間またはある場合に
は5年間またはそれ以上放出することが望まれる。長期徐放性植込錠は、当業者
に周知であり、上記放出システムのいくつかを含む。 【0082】 本発明の方法で用いられる具体的な薬剤とは無関係に、徐放性装置による投与
は、ある場合には、単一ボーラス投与(非連続注射または経口デリバリーなど)
についてしばしば認められる薬剤のピークレベルを減少させることができるので
好ましい。対象における薬剤のピークレベルの減少は、副作用の可能性も減少さ
せる。一例として、アナグレリドの摂取によって生じる副作用は下痢である。ア
ナグレリドの徐放は、この副作用を最小限すると考えられる。 【0083】 本発明の薬剤は、対象への治療的および予防的利点のどちらかまたは両方を与
えるのに充分な一定時間投与されるべきである。概して、薬剤は、少なくとも1
日の間投与される。ある場合には、特に、対象が血管閉塞性イベントを有してい
た場合、または対象がこのようなイベントの危険にさらされている場合、薬剤を
対象の寿命の残りの期間投与してよい。薬剤が投与される速度は、対象の要求お
よび投与方式に依って異なってよい。例えば、ある場合には、対象に、例えば、
血管閉塞性イベント(心筋梗塞など)の際にまたは直後に、より多くの且つより
頻繁な用量の薬剤を投与することが必要でありうるが、但し、このような用量は
、血小板計数を減少させるが、血小板機能にはほとんど影響を与えないという条
件付きである。もう一方で、所望の血小板計数がいったん得られたら、それを維
持するために、より少ない用量を投与するのが望ましいことがありうる。また更
に他の態様では、本明細書中に記載のような、対象が生きている間中延長してよ
い処置期間中、同量の薬剤を投与してよい。投与頻度は、対象の特性に依って異
なってよい。薬剤は、これら期間が本明細書中に明確に挙げられていないとして
も、毎日、2日毎、3日毎、4日毎、5日毎、毎週、10日毎、2週間毎、毎月
またはそれ以上、またはそのいずれかの期間投与されてよい。 【0084】 他の側面において、本発明の薬剤は、別の薬剤、好ましくは、対象に通常必要
とされると考えられる薬剤と一緒に投与される。若干の態様において、薬剤は、
他の治療薬と実質的に同時に投与することができる。実質的に同時にとは、本発
明の血小板減少性薬を、他の治療薬の投与と合わせて直ぐに対象に投与すること
を意味し、それによって、二つの化合物は、相加的にまたは相乗的にも作用する
ことができ、例えば、血小板計数を減少させ且つそれらの凝集する能力を阻害す
ることによって血小板機能を低下させることができる。他の態様において、本発
明の血小板減少性薬は、他の治療薬の投与の前または後に投与される。 【0085】 本発明の薬剤は、いくつかの種類の治療薬と一緒に投与することができるが、
好ましくは、これら薬剤は、対象に通常必要とされると考えられるものである。
概して、これら薬剤は、血管障害および血管合併症を処置するのに有用であり且
つ現在処方されているものである。これら薬剤は、それらの機能によって、また
はそれらが処方される障害によって分類することができる。このような薬剤のい
くつか有用な種類には、抗炎症薬、抗血栓症薬、抗血小板薬、フィブリン溶解薬
、脂質減少性薬、直接トロンビン阻害剤、糖タンパク質IIb/IIIa受容体阻害
剤、細胞接着分子に結合し且つこのような分子に付着する白血球の能力を阻害す
る薬剤、カルシウムチャンネル遮断薬、βアドレナリン作動性受容体遮断薬、シ
クロオキシゲナーゼ2阻害剤およびアンギオテンシン系阻害剤が含まれるが、こ
れに制限されるわけではない。 【0086】 本発明の血小板減少性薬と一緒に投与することができる一つの広範な種類の薬
剤は、抗血栓症薬である。抗血栓症薬は、多数の可能な機構によって血栓の形成
を妨げる薬剤として定義され、それらには、フィブリン溶解薬、抗凝固薬および
血小板機能阻害剤が含まれる。 【0087】 フィブリン溶解薬は、血栓(例えば、血餅)を、通常は、酵素作用によるフィ
ブリンの溶解によって溶解する薬剤として定義される。血栓溶解薬の例には、ア
ンクロド、アニストレプラーゼ、乳酸ビソブリン(bisobrin lactate)、ブリノ
ラーゼ(brinolase)、ハーゲマン因子(すなわち、XII因子)フラグメント、モ
ルシドミン(molsidomine)、プラスミノーゲンアクチベーター、例えばストレ
プトキナーゼ、組織プラスミノーゲンアクチベーター(TPA)およびウロキナ
ーゼ、並びにプラスミンおよびプラスミノーゲンが含まれるが、これに制限され
るわけではない。抗凝固薬には、因子Xa、因子TFPI、因子VIIa、因子IX
c、因子Va、因子VIIIaの阻害剤、更には、他の凝固因子の阻害剤も含まれる
。 【0088】 抗凝固薬は、血餅の形成に不可欠な因子の産生、蓄積、分解および/または活
性化にマイナスの影響を与えることによって凝固経路を阻害する薬剤である。抗
凝固薬には、クマリンおよびクマリン誘導体(例えば、ワルファリンナトリウム
)のようなビタミンKアンタゴニスト;未分別型および低分子量型両方の、ヘパ
リンのようなグリコサミノグリカン(glycosoaminoglycans);アルデパリンナ
トリウム(ardeparin sodium)、ビバリルジン(bivalirudin)、ブロムインジ
オン、クマリンダルテパリンナトリウム(coumarine dalteparin sodium)、デ
スイルジン(desirudin)、ジクマロール、リアポラートナトリウム(lyapolate
sodium)、ナファモスタトメシラート(nafamostat mesylate)、フェンプロク
ーモン、スルファチドおよびチンザパリンナトリウム(tinzaparin sodium)が
含まれるが、これに制限されるわけではない。 【0089】 他の“抗凝固”および/または“フィブリン溶解”薬には、Plasminogen(プ
レカリクレイン、キニノーゲン、因子XII、因子XIIIa、プラスミノーゲンプロ
アクチベーターおよび組織プラスミノーゲンアクチベーター[TPA]の相互作
用によってプラスミンに)Streptokinase;Urokinase;Anisoylated Plasminoge
n Streptokinase Activator Complex;Pro-Urokinase;(Pro−UK);rT
PA(アルテプラーゼまたはアクチベース;rは組換え体を示す);rPro−
UK;Abbokinase;Eminase;Streptase Anagrelide Hydrochloride;Bivalirud
in;Dalteparin Sodium;Danaparoid Sodium;Dazoxiben Hydrochloride;Efega
tran Sulfate;Enoxaparin Sodium;Ifetroban;Ifetroban Sodium;Tinzaparin
Sodium;レタプラーゼ(retaplase);Trifenagrel;Warfarin;Dextrans が含
まれる。 【0090】 なお他の抗凝固薬には、Ancrod;Anticoagulant Citrate Dextrose Solution
;Anticoagulant Citrate Phosphate Dextrose Adenine Solution;Anticoagula
nt Citrate Phosphate Dextrose Solution;Anticoagulant Heparin Solution;
Anticoagulant Sodium Citrate Solution;Ardeparin Sodium;Bivalirudin;Br
omindione;Dalteparin Sodium;Desirudin;Dicumarol;Heparin Calcium;Hep
arin Sodium;Lyapolate Sodium;Nafamostat Mesylate;Phenprocoumon;Tinza
parin Sodium;Warfarin Sodium が含まれるが、これに制限されるわけではない
。 【0091】 ヘパリンは、発作を引き起こす場合の症状を安定化させることがありうるが、
抗凝固薬、急性完全発作には無用(おそらくは危険)であり、そして脳または他
の器官中への出血の増加した可能性ゆえに、高血圧患者では忌避である。このタ
イミングは議論の的であるが、抗凝固薬は、再発する心臓性塞栓を妨げるように
開始されてよい。組織プラスミノーゲンアクチベーターおよびストレプトキナー
ゼを含めた血餅溶解薬は、急性発作の極めて初期の処置について評価されている
。ニモジピンは、最近、虚血性発作後の生存および臨床的結果を向上させること
が示されている。 【0092】 血小板機能阻害剤は、成熟血小板の正常な生理学的役割(すなわち、それらの
正常な機能)を果たす能力を損なう薬剤である。血小板は、通常は、例えば細胞
性または非細胞性物質への接着、例えば血餅を形成する目的の凝集、および成長
因子(例えば、血小板由来成長因子(PDGF))および血小板顆粒成分などの
因子の放出のような、多数の生理学的過程に関与している。血小板機能阻害剤の
一つの下位区分は、血小板のそれら自体でまたは他の細胞性および非細胞性成分
と物理的に結合する能力を減少させまたは停止させ、それによって、血栓を形成
する血小板の能力を妨げる化合物である血小板凝集阻害剤である。 【0093】 有用な血小板機能阻害剤の例には、アカデシン(acadesine)、アナグレリド
(10mg/日を越える用量で与えられる場合)、アニパミル(anipamil)、ア
ルガトロバン(argatroban)、アスピリン、クロピドグレル(clopidogrel)、
非ステロイド抗炎症薬および合成化合物FR−122047のようなシクロオキ
シゲナーゼ阻害剤、ダナパロイドナトリウム(danaparoid sodium)、ダゾキシ
ベン塩酸塩、ジアデノシン5’,5”’−P1,P4−四リン酸(Ap4A)類
似体、ジフィブロチド(difibrotide)、ジラゼプ二塩酸塩(dilazep dihydroch
loride)、1,2−および1,3−グリセリルジニトラート、ジピリダモール、
ドーパミンおよび3−メトキシチラミン、硫酸エフェガトラン(efegatran sulf
ate)、エノキサパリンナトリウム(enoxaparin sodium)、グルカゴン、Ro−
43−8857およびL−700,462のような糖タンパク質IIb/IIIaア
ンタゴニスト、イフェトロバン(ifetroban)、イフェトロバンナトリウム、イ
ロプロスト(iloprost)、イソカルバシクリンメチルエステル、イソソルビド−
5−モノニトラート、イタジグレル(itazigrel)、ケタンセリンおよびBM−
13.177、ラミフィバン(lamifiban)、リファリジン(lifarizine)、モ
ルシドミン、ニフェジピン、オキサグレラート(oxagrelate)、PGE、レキシ
パファント(lexipafant)のような血小板活性化因子アンタゴニスト、プロスタ
サイクリン(PGI2)、ピラジン、カルバミン酸ピリジノール、ReoPro
(すなわち、アブシキマブ)、スルフィンピラゾン、合成化合物BN−5072
7、BN−52021、CV−4151、E−5510、FK−409、GU−
7、KB−2796、KBT−3022、KC−404、KF−4939、OP
−41483、TRK−100、TA−3090、TFC−612およびZK−
36374、2,4,5,7−テトラチアオクタン、2,4,5,7−テトラチ
アオクタン2,2−ジオキシド、2,4,5−トリチアヘキサン、テオフィリン
ペントキシフィリン、ピコタミド(picotamide)およびスロトロバン(sulotrob
an)のようなトロンボキサンおよびトロンボキサンシンターゼの阻害剤、チクロ
ピジン(ticlopidine)、チロフィバン(tirofiban)、トラピジルおよびチクロ
ピジン、トリフェナグレル(trifenagrel)、トリリノレイン、3−置換5,6
−ビス(4−メトキシフェニル)−1,2,4−トリアジン、および糖タンパク
質IIb/IIIa並びに米国特許第5,440,020号に開示されたものへの抗
体、および抗セロトニン薬、Clopridogrel;Sulfinpyrazone;Aspirin;Dipyrid
amole;Clofibrate;Pyridinol Carbamate;PGE;Glucagon;抗セロトニン薬
;Caffeine;Theophyllin Pentoxifyllin;Ticlopidine が含まれるが、これに
制限されるわけではない。 【0094】 “抗炎症”薬には、Aclofenac;Aclometasone Dipropionate;Algestone Acet
onide;Alpha Amylase;Amcinafal;Amcinafide;Amfenac Sodium;Amiprilose
Hydrochloride;Anakinra;Anirolac;Anitrazafen;Apazone;Balsalazide Dis
odium;Bendazac;Benoxaprofen;Benzydamine Hydrochloride;Bromelains;Br
operamole;Budesonide;Caprofen;Cicloprofen;Cintazone;Cliprofen;Clob
etazsol Propionate;Clobetasone Butyrate;Clopirac;Cloticasone Propiona
te;Cormethasone Acetate;Cortodoxone;Deflazacort;Desonide;Desoximeta
sone;Dexametasone Dipropionate;Diclofenac Potassium;Diclofenac Sodium
;Diflorasone Diacetate;Diflumidone Sodium;Diflunisal;Difluprednate;
Diftalone;Dimethyl Sulfoxide;Drocinonide;Endrysone;Enlimomab;Enolic
am Sodium;Epirizole;Etodolac;Etofenamate;Felbinac;Fenamole;Fenbufe
n;Fenclofenac;Fenclorac;Fendosal;Fenpipalone;Fentiazac;Flazalone;
Fluazacort;Flufenamic Acid;Flumizole;Flunisolide Acetate;Flunixin;F
lunixin Meglumine;Fluocortin Butyl;Fluorometholone Acetate;Fluquazone
;Flurbiprofen;Fluretofen;Fluticasone Propionate;Furaprofen;Furobufe
n;Halcinonide;Halobetasole Propionate;Halopredone Acetate;Ibufenac;
Ibuprofen;Ibuprofen Aluminium;Ibuprofen Piconol;Ilonidap;Indomethaci
n;Indomethacin Sodium;Indoprofen;Indoxole;Intrazole;Isoflupredone A
cetate;Isoxepac;Isoxicam;Ketoprofen;Lofemizole Hydrochloride;Lornox
icam;Loteprednol Etabonate;Meclofenamate Sodium;Meclofenamic Acid;Me
clorisone Dibutyrate;Mefenamic Acid;Mesalamine;Meseclazone;Metylpred
nisolone Suleptanate;Morniflumate;Nabumetone;Naproxen;Naproxen Sodiu
m;Naproxol;Nimazone;Olsalazine Sodium;Orgotein;Orpanoxin;Oxaprozin
;Oxyphenbutazone;Paranyline Hydrochloride;Pentosan Polysulfate Sodium
;Phenbutazone Sodium Glycerate;Pirfenidone;Piroxicam;Piroxicam Cinna
mate;Piroxicam Olamine;Pirprofen;Prednazate;Prifelone;Prodolic Acid
;Proquazone;Proxazole;Proxazole Citrate;Rimexolone;Romazarit;Salco
lex;Salnacedin;Salsalate;Salycilates;Sanguinarium Chloride;Seclazon
e;Sermetacin;Sudoxicam;Sulindac;Suprofen;Talmetacin;Talniflumate;
Talosalate;Tebufelone;Tenidap;Tenidap Sodium;Tenoxicam;Tesicam;Tes
imide;Tetrydamine;Tiopinac;Tixocortol Pivatlate;Tolmetin;Tolmetin S
odium;Triclonide;Triflumidate;Zidometacin;Glucocorticoids;Zomepirac
Sodium が含まれる。一つの好ましい抗炎症薬はアスピリンである。 【0095】 “脂質減少性”薬には、ゲムフィブロジル、コリスチラミン、コレスチポール
、ニコチン酸、プロブコールロバスタチン、フルバスタチン、シムバスタチン、
アトルバスタチン、プラバスタチン、シリバスタチン(cirivastatin)が含まれ
る。 【0096】 “直接トロンビン阻害剤”には、ヒルジン、ヒルジェン(hirugen)、ヒルロ
グ(hirulog)、アガトロバン(agatroban)、PPACK、トロンビンアプタマ
ーが含まれる。 【0097】 “糖タンパク質IIb/IIIa受容体阻害剤”は、抗体でも非抗体でもあり、R
eoPro(アブシキサマブ(abcixamab))、ラミフィバン、チロフィバンが
含まれるがこれに制限されるわけではない。 【0098】 “カルシウムチャンネル遮断薬”は、高血圧症、アンギナおよび心臓不整脈の
ようないくつかの心臓血管障害を含めた種々の疾患の抑制において重要な治療的
価値を有する化学的に異なった種類の化合物である(Fleckenstein, Cir.Re. v.
52,(suppl.1),p.13-16(1983);Fleckenstein, Experimental Facts and Therape
utic Prospects, John Wiley, New York (1983);McCall,D., Curr Pract Cardi
ol, v.10,p.1-11(1985))。カルシウムチャンネル遮断薬は、細胞のカルシウム
チャンネルを調節することによってカルシウムが細胞中に入るのを妨げるまたは
遅らせる不均一な群の薬物である。(Remington, The Science and Practice of
Pharmacy, Nineteenth Edition, Mack Publishing Company, Eaton,PA, p.963(
1995))。現在利用可能な、そして本発明によって有用なカルシウムチャンネル
の大部分は、次の三つの主要な化学的薬物群、すなわち、ニフェジピンのような
ジヒドロピリジン、ベラパミルのようなフェニルアルキルアミン、およびジルチ
アゼムのようなベンゾチアゼピンの内の一つに属する。本発明によって有用な他
のカルシウムチャンネル遮断薬には、アムリノン、アムロジピン、ベンシクラン
(bencyclane)、フェロジピン、フェンジリン(fendiline)、フルナリジン、
イスラジピン(isradipine)、ニカルジピン、ニモジピン、ペルヘキシレン、ガ
ロパミル(gallopamil)、チアパミル(tiapamil)およびチアパミル類似体(1
993RO−11−2933など)、フェニトイン、バルビツレート、およびペ
プチドジノルフィン、ω−コノトキシン、およびω−アガトキシン(agatoxin)
等および/またはそれらの薬学的に許容しうる塩が含まれるが、これに制限され
るわけではない。 【0099】 “βアドレナリン作動性受容体遮断薬”は、狭心症、高血圧症および心臓不整
脈の場合のカテコールアミンの心臓血管作用に拮抗する薬物の種類である。βア
ドレナリン作動性受容体遮断薬には、アテノロール、アセブトロール、アルプレ
ノロール、ベフノロール、ベタキソロール、ブニトロロール、カルテオロール、
セリプロロール、ヘドロキサロール(hedroxalol)、インデノロール、ラベタロ
ール、レボブノロール、メピンドロール(mepindolol)、メチプラノール(meth
ypranol)、メチンドール(metindol)、メトプロロール、メトリゾラノロール
、オクスプレノロール、ピンドロール、プロプラノロール、プラクトロール、プ
ラクトロール、ソタロルナドロール(sotalolnadolol)、チプレノロール、トマ
ロロール(tomalolol)、チモロール、ブプラノロール(bupranolol)、ペンブ
トロール、トリメプラノール、2−(3−(1,1−ジメチルエチル)アミノ−
2−ヒドロキシプロポキシ)−3−ピリデンカルボニトリルHCl、1−ブチル
アミノ−3−(2,5−ジクロロフェノキシ)−2−プロパノール、1−イソプ
ロピルアミノ−3−(4−(2−シクロプロピルメトキシエチル)フェノキシ)
−2−プロパノール、3−イソプロピルアミノ−1−(7−メチルインダン−4
−イルオキシ)−2−ブタノール、2−(3−t−ブチルアミノ−2−ヒドロキ
シプロピルチオ)−4−(5−カルバモイル−2−チエニル)チアゾール、7−
(2−ヒドロキシ−3−t−ブチルアミノプロポキシ)フタリドが含まれるが、
これに制限されるわけではない。上の同定された化合物は、異性体混合物として
、またはそれぞれの左旋性または右旋性の形で用いることができる。 【0100】 シクロオキシゲナーゼ2(COX−2)は、最近確認された形のシクロオキシ
ゲナーゼである。“シクロオキシゲナーゼ”は、種々のプロスタグランジンおよ
びトロンボキサンをアラキドン酸から産生する大部分の組織中に存在する酵素複
合体である。非ステロイド抗炎症薬は、それらの抗炎症活性、鎮痛活性および解
熱活性の大部分を与え、シクロオキシゲナーゼの阻害によって、ホルモン誘導子
宮収縮および若干の種類の癌成長を阻害する(プロスタグランジンG/Hシンタ
ーゼおよび/またはプロスタグランジンエンドペルオキシドシンターゼとしても
知られる)。初めは、一つの形のシクロオキシゲナーゼ、すなわち、“構成性酵
素”またはシクロオキシゲナーゼ1(COX−1)だけが知られていた。それは
、ウシ精嚢で最初に識別された。 【0101】 シクロオキシゲナーゼ2(COX−2)は、初めは、ニワトリ、ネズミおよび
ヒトの源からクローン化され、配列決定され、そして特性決定されている(例え
ば、Cromlish,et al. の1996年8月6日発行の、Merck Frosst Canada,Inc.
, Kirkland, CAに譲渡された“Human cyclooxygenase-2 cDNA and assays for
evaluating cyclooxygenase-2 activity”と称する米国特許第5,543,2
97号を参照されたい)。この酵素は、COX−1とは異なる。COX−2は、
マイトジェン、内毒素、ホルモン、サイトカインおよび成長因子を含めた多数の
物質によって迅速且つ容易に誘導可能である。プロスタグランジンは、生理学的
役割と病理学的役割の両方を有するので、構成性酵素COX−1は、主に、プロ
スタグランジンの内因的基礎放出の原因となり、したがって、胃腸完全性および
腎血流の維持などの生理学的機能において重要である。対照的に、誘導型COX
−2は、主に、プロスタグランジンの病理学的作用の原因となると考えられ、こ
の場合、酵素の迅速誘導は、炎症性物質、ホルモン、成長因子およびサイトカイ
ンのような物質に応答して生じると考えられる。したがって、COX−2の選択
的阻害剤は、慣用的な非ステロイド抗炎症薬と同様の抗炎症性、解熱性および鎮
痛性を有し、そして更に、減少した副作用を伴うが、ホルモン誘導子宮収縮を阻
害し且つ潜在的抗癌作用も有すると考えられる。具体的には、このようなCOX
−2阻害剤は、胃腸毒性の低い可能性、腎副作用の低い可能性、出血時間への減
少した作用、そしておそらくは、アスピリン感受性喘息患者において喘息発作を
引き起こす低い可能性を有すると考えられるので、本発明によって有用である。 【0102】 多数の選択的“COX−2阻害剤”は当該技術分野において知られている。こ
れらには、Merck Frosst Canada,Inc.(Kirkland, CA)にいずれも共通に譲渡
された米国特許第5,474,995号“Phenyl heterocycles as cox-2 inhib
itors”;米国特許第5,521,213号“Diaryl bicyclic heterocycles as
inhibitors of cyclooxyganase-2”;米国特許第5,536,752号“Pheny
l heterocycles as COX-2 inhibitors”;米国特許第5,550,142号“Ph
enyl heterocycles as COX-2 inhibitors”;米国特許第5,552,422号
“Aryl substituted 5,5 fused aromatic nitrogen compounds as anti-inflamm
atory agents”;米国特許第5,604,253号“N-benzylindol-3-yl propa
noic acid derivatives as cyclooxygenase inhibitors”;米国特許第5,60
4,260号“5-methanesulfonamido-1-indanones as an inhibitor of cycloo
xygenase-2”;米国特許第5,639,780号“N-benzyl indol-3-yl butano
ic acid derivatives as cyclooxygenase inhibitors”;米国特許第5,677
,318号“Diphenyl-1,2,3-thiadiazoles as anti-inflammatory agents”;
米国特許第5,691,374号“Diaryl-5-oxygenated-2-(5H)-furanones as
COX-2 inhibitors”;米国特許第5,698,584号“3,4-diaryl-2-hydroxy
-2,5-dihydrofurans as prodrugs to COX-2 inhibitors”;米国特許第5,71
0,140号“Phenyl heterocycles as COX-2 inhibitors”;米国特許第5,
733,909号“Diphenyl stilbenes as prodrugs to COX-2 inhibitors”;
米国特許第5,789,413号“Alkylated styrenes as prodrugs to COX-2
inhibitors”;米国特許第5,817,700号“Bisaryl cyclobutenes deriv
atives as cyclooxygenase inhibitors”;米国特許第5,849,943号“S
tilbene derivatives useful as cyclooxygenase-2 inhibitors”;米国特許第
5,861,419号“Substituted pyridines as selective cyclooxygenase-
2 inhibitors”;米国特許第5,922,742号“Pyridinyl-2-cyclopenten-
1-ones as selective cyclooxygenase-2 inhibitors”;米国特許第5,925
,631号“Alkylated styrenes as prodrugs to COX-2 inhibitors”に記載の
COX−2阻害剤が含まれるが、これに制限されるわけではない。追加のCOX
−2阻害剤は、G.D.Searle & Co.(Skokie, IL)に譲渡された“Substituted
sulfonylphenylheterocycles as cyclooxygenase-2 and 5-lipoxygenase inhibi
tors”と称する米国特許第5,643,933号にも記載されている。 【0103】 上記の多数のCOX−2阻害剤は、選択的COX−2阻害剤のプロドラッグで
あり、活性で且つ選択的なCOX−2阻害剤への in vivo 変換によって作用す
る。上記COX−2阻害剤プロドラッグから形成される活性で且つ選択的なCO
X−2阻害剤は、1995年1月5日公開のWO95/00501号、1995
年7月13日公開のWO95/18799号および1995年12月12日発行
の米国特許第5,474,995号に詳細に記載されている。“Human cyclooxy
genase-2 cDNA and assays for evaluating cyclooxygenase-2 activity”と称
される米国特許第5,543,297号の内容が与えられると、当業者は、ある
物質が選択的COX−2阻害剤であるかまたはCOX−2阻害剤のプロドラッグ
であるかどうか決定することができると考えられるので、本発明の一部分である
。 【0104】 “アンギオテンシン系阻害剤”は、アンギオテンシンIIの機能、合成または異
化を妨げる物質である。これら物質には、アンギオテンシン変換酵素(ACE)
阻害剤、アンギオテンシンIIアンタゴニスト、アンギオテンシンII受容体アンタ
ゴニスト、アンギオテンシンIIの異化を活性化する物質、最終的にはアンギオテ
ンシンIIが誘導されるアンギオテンシンIの合成を妨げる物質が含まれるが、こ
れに制限されるわけではない。レニン−アンギオテンシン系は、血行動態および
水・電解質平衡の調節に関与している。血量、腎灌流圧または血漿中のNa+
度を低下させる因子は、この系を活性化する性質があるが、これらパラメーター
を増加させる因子は、その機能を抑制する性質がある。 【0105】 アンギオテンシンIおよびアンギオテンシンIIは、酵素的レニン−アンギオテ
ンシン経路によって合成される。この合成過程は、酵素レニンが、血漿中の偽性
グロブリンであるアンギオテンシノーゲンに作用した時に開始されて、デカペプ
チドアンギオテンシンIを生じる。アンギオテンシンIは、アンギオテンシン変
換酵素(ACE)によってアンギオテンシンII(アンギオテンシン−[1−8]
オクタペプチド)に変換される。このアンギオテンシンIIは、種々の哺乳動物種
、例えば、ヒトの重症型の高血圧症の原因物質として関係している活性昇圧物質
である。 【0106】 アンギオテンシン(レニン−アンギオテンシン)系阻害剤は、アンギオテンシ
ノーゲンまたはアンギオテンシンIからのアンギオテンシンIIの産生を妨げる、
またはアンギオテンシンIIの活性を妨げるように作用する化合物である。このよ
うな阻害剤は、当業者に周知であり、レニンおよびACEを含めた、最終的なア
ンギオテンシンIIの産生に関与する酵素を阻害するように作用する化合物を含む
。それらには、いったん産生されたアンギオテンシンIIの活性を妨げる化合物も
含まれる。このような化合物の種類の例には、抗体(例えば、レニンへの)、ア
ミノ酸およびそれらの類似体(より大型の分子に結合したものを含めた)、ペプ
チド(アンギオテンシンのペプチド類似体およびアンギオテンシンIを含めた)
、プロレニン関連類似体等が含まれる。最も強力な且つ有用なレニン−アンギオ
テンシン系阻害剤の中にあるのは、レニン阻害剤、ACE阻害剤およびアンギオ
テンシンIIアンタゴニストである。本発明の好ましい態様において、レニン−ア
ンギオテンシン系阻害剤は、レニン阻害剤、ACE阻害剤およびアンギオテンシ
ンIIアンタゴニストである。 【0107】 “アンギオテンシンIIアンタゴニスト”は、アンギオテンシンII受容体に結合
し且つその活性を妨げることによってアンギオテンシンIIの活性を妨げる化合物
である。アンギオテンシンIIアンタゴニストは周知であり、ペプチド化合物およ
び非ペプチド化合物を含む。大部分のアンギオテンシンIIアンタゴニストは、8
位のフェニルアラニンの何か他のアミノ酸との置換によってアゴニスト活性が低
下している僅かに修飾された同族体であり、安定性は、in vivo 変性を遅らせる
他の置換によって増加することがありうる。アンギオテンシンIIアンタゴニスト
の例には、ペプチド化合物(例えば、サララシン、[(San1)(Val5)(
Ala8)]アンギオテンシン−(1−8)オクタペプチドおよび関連類似体)
;N−置換イミダゾール−2−オン(米国特許第5,087,634号);2−
N−ブチル−4−クロロ−1−(2−クロロベンジル)イミダゾール−5−酢酸
を含めた酢酸イミダゾール誘導体(Long et al., J.Pharmacol.Exp.Ther. 247(1
),1-7(1988) を参照されたい);4,5,6,7−テトラヒドロ−1H−イミダ
ゾ[4,5−c]ピリジン−6−カルボン酸および類似誘導体(米国特許第4,
816,463号);N2−テトラゾールβ−グルクロニド類似体(米国特許第
5,085,992号);置換されたピロール、ピラゾールおよびトリアゾール
(米国特許第5,081,127号);フェノール、および1,3−イミダゾー
ルのような複素環式誘導体(米国特許第5,073,566号);イミダゾ縮合
7員環複素環(米国特許第5,064,825号);ペプチド(例えば、米国特
許第4,772,684号);アンギオテンシンIIへの抗体(例えば、米国特許
第4,302,386号);およびビフェニルメチル置換イミダゾールのような
アラルキルイミダゾール化合物(例えば、EP253,310号、1988年1
月20日);ES8891(N−モルホリノアセチル−(−1−ナフチル)−L
−アラニル−(4,チアゾリル)−L−アラニル(35,45)−4−アミノ−
3−ヒドロキシ−5−シクロヘキサペンタノイル−N−ヘキシルアミド,Sankyo
Company,Ltd., Tokyo, Japan);SKF108566(E−α−2−[2−ブ
チル−1−(カルボキシフェニル)メチル]1H−イミダゾール−5−イル[メ
チラン]−2−チオフェンプロパン酸,Smith Kline Beecham Pharmaceuticals,
PA);Losartan(DUP753/MK954,DuPont Merck Pharmaceutical
Company);Remikirin(RO42−5892,F.Hoffman LaRoche AG);A2
アゴニスト(Marion Merrill Dow)および若干の非ペプチド複素環(G.D.Searle
and Company)が含まれる。 【0108】 “アンギオテンシン変換酵素(ACE)は、アンギオテンシンIのアンギオテ
ンシンIIへの変換を触媒する酵素である。ACE阻害剤には、ACEの活性を阻
害し、それによって昇圧物質アンギオテンシンIIの形成を減少させるまたは排除
することにより、レニン−アンギオテンシン系に介入するアミノ酸およびそれら
の誘導体、ジ−およびトリペプチドを含めたペプチド、およびACEへの抗体が
含まれる。ACE阻害剤は、医学的に、高血圧症、うっ血性心不全、心筋梗塞お
よび腎疾患を処置するのに用いられてきている。ACE阻害剤として有用である
ことが知られている化合物の種類には、カプトプリル(米国特許第4,105,
776号)およびゾフェノプリル(zofenopril)(米国特許第4,316,90
6号)のようなアシルメルカプトプロリンおよびメルカプトアルカノイルプロリ
ン;エナラプリル(米国特許第4,374,829号)、リシノプリル(米国特
許第4,374,829号)、キナプリル(quinapril)(米国特許第4,34
4,949号)、ラミプリル(米国特許第4,587,258号)およびペリン
ドプリル(perindopril)(米国特許第4,508,729号)のようなカルボ
キシアルキルジペプチド;シラザプリル(cilazapril)(米国特許第4,512
,924号)およびベナザプリル(benazapril)(米国特許第4,410,52
0号)のようなカルボキシアルキルジペプチド模擬体;フォシノプリル(fosino
pril)(米国特許第4,337,201号)およびトランドロプリル(trandolo
pril)のようなホスフィニルアルカノイルプロリンが含まれる。 【0109】 “レニン阻害剤”は、レニンの活性を妨げる化合物である。レニン阻害剤には
、アミノ酸およびそれらの誘導体、ペプチドおよびそれらの誘導体、およびレニ
ンへの抗体が含まれる。米国特許の主題であるレニン阻害剤の例は、次の通りで
ある。ペプチドの尿素誘導体(米国特許第5,116,835号);非ペプチド
結合によって連結されたアミノ酸(米国特許第5,114,937号);ジ−お
よびトリペプチド誘導体(米国特許第5,106,835号);アミノ酸および
それらの誘導体(米国特許第5,104,869号および同第5,095,11
9号);ジオールスルホンアミドおよびスルフィニル(米国特許第5,098,
924号);修飾ペプチド(米国特許第5,095,006号);ペプチジルβ
−アミノアシルアミノジオールカルバメート(米国特許第5,089,471号
);ピロールイミダゾロン(米国特許第5,075,451号);フッ素および
塩素スタチンまたはスタトン含有ペプチド(米国特許第5,066,643号)
;ペプチジルアミノジオール(米国特許第5,063,208号および同第4,
845,079号);N−モルホリノ誘導体(米国特許第5,055,466号
);ペプスタチン誘導体(米国特許第4,980,283号);N−複素環式ア
ルコール(米国特許第4,885,292号);レニンへの単クローン性抗体(
米国特許第4,780,401号);および種々の他のペプチドおよびそれらの
類似体(米国特許第5,071,837号、同第5,064,965号、同第5
,063,207号、同第5,036,054号、同第5,036,053号、
同第5,034,512号および同第4,894,437号)。 【0110】 細胞接着分子に結合し且つこのような分子に付着する白血球の能力を阻害する
薬剤には、ポリペプチド剤が含まれる。このようなポリペプチドには、慣用法に
よって製造される多クローン性抗体および単クローン性抗体が含まれる。このよ
うな抗体は、当該技術分野において既に知られており、抗ICAM1抗体、更に
は、他のこのような抗体が含まれる(抗体について最初の方の考察を参照された
い)。 【0111】 アスピリンとは別に、チクロピジンは、発作処置に有益であることが分かって
いるもう一つの抗血小板薬である。動脈血管内膜切除術は、症候性内頸動脈の7
0〜99%狭窄化を有する患者で必要とされることがありうる。しかしながら、
ほとんどの権威者は、頸動脈血管内膜切除術が、脳底−椎骨動脈系に関係しうる
TIAの患者、前の発作による有意の欠陥がある患者、または発作を引き起こし
ている患者には処方されないということに同意する。 【0112】 HMG−CoA(3−ヒドロキシ−3−メチルグルタリル補酵素A)レダクタ
ーゼは、コレステロール生合成における律速反応を触媒するミクロソーム酵素で
ある(HMG−CoA6 Mevalonate)。HMG−CoAレダクターゼ阻害剤は
、HMG−CoAレダクターゼを阻害し、結果として、コレステロールの合成を
阻害する。多数のHMG−CoAレダクターゼ阻害剤が、高コレステロール血症
の個体を処置するのに用いられてきている。より最近では、HMG−CoAレダ
クターゼ阻害剤は、発作の処置に有益であることが示されている(Endres M,et
al., Proc Natl Acad Sci USA, 1998,95:8880-5)。 【0113】 本発明の薬剤と同時投与するのに有用なHMG−CoAレダクターゼ阻害剤に
は、シンバスタチン(米国特許第4,444,784号)、ロバスタチン(米国
特許第4,231,938号)、プラバスタチンナトリウム(米国特許第4,3
46,227号)、フルバスタチン(fluvastatin)(米国特許第4,739,
073号)、アトルバスタチン(atorvastatin)(米国特許第5,273,99
5号)、セリバスタチン(cerivastatin)、および米国特許第5,622,98
5号、米国特許第5,135,935号、米国特許第5,356,896号、米
国特許第4,920,109号、米国特許第5,286,895号、米国特許第
5,262,435号、米国特許第5,260,332号、米国特許第5,31
7,031号、米国特許第5,283,256号、米国特許第5,256,68
9号、米国特許第5,182,298号、米国特許第5,369,125号、米
国特許第5,302,604号、米国特許第5,166,171号、米国特許第
5,202,327号、米国特許第5,276,021号、米国特許第5,19
6,440号、米国特許第5,091,386号、米国特許第5,091,37
8号、米国特許第4,904,646号、米国特許第5,385,932号、米
国特許第5,250,435号、米国特許第5,132,312号、米国特許第
5,130,306号、米国特許第5,116,870号、米国特許第5,11
2,857号、米国特許第5,102,911号、米国特許第5,098,93
1号、米国特許第5,081,136号、米国特許第5,025,000号、米
国特許第5,021,453号、米国特許第5,017,716号、米国特許第
5,001,144号、米国特許第5,001,128号、米国特許第4,99
7,837号、米国特許第4,996,234号、米国特許第4,994,49
4号、米国特許第4,992,429号、米国特許第4,970,231号、米
国特許第4,968,693号、米国特許第4,963,538号、米国特許第
4,957,940号、米国特許第4,950,675号、米国特許第4,94
6,864号、米国特許第4,946,860号、米国特許第4,940,80
0号、米国特許第4,940,727号、米国特許第4,939,143号、米
国特許第4,929,620号、米国特許第4,923,861号、米国特許第
4,906,657号、米国特許第4,906,624号および米国特許第4,
897,402号に記載された多数の他のものが含まれるが、これに制限される
わけではなく、これら特許の開示は本明細書中に援用される。 【0114】 酸化窒素(NO)は、心臓血管系、神経系および免疫系において多数の生理学
的役割を有するメッセンジャー分子として認識されている(Griffith,TM et al.
, J Am Coll Cardiol, 1988,12:797-806)。それは、血管弛緩、神経伝達および
病原体抑制を媒介する。NOは、L−アルギニンのグアニジノ窒素からNOシン
ターゼによって産生される(Moncada,S and Higgs,EA, Eur J Clin Invest, 199
1,21:361-374)。内皮細胞一酸化窒素合成酵素をアップレギュレーションする物
質には、L−アルギニン、rhoGTPアーゼ機能阻害剤(本明細書中にその開
示が援用される国際出願WO99/47153号を参照されたい)、およびアク
チン細胞骨格体制を破壊する物質(本明細書中にその開示が援用される国際出願
WO00/03746号を参照されたい)が含まれるが、これに制限されるわけ
ではない。 【0115】 本明細書中で用いられる“同時投与”とは、本発明の2種類またはそれ以上の
化合物(例えば、アナグレリド、および例えば、心臓血管状態の処置において有
益であることが知られている薬剤、例えば、抗凝固薬)を、単一組成物中の混合
物として同時に、またはそれら化合物が相加的にまたは相乗的にも作用しうるよ
うに、すなわち、心臓血管状態の心筋細胞死を減少させることに間に合わせて逐
次的に投与することを意味する。 【0116】 以上は、単に、若干の好ましい態様の詳細な説明にすぎないということは理解
されるはずである。したがって、種々の変更および均等物を、本発明の精神およ
び範囲から逸脱することなく生じることができるということは当業者に明らかな
はずである。本発明は、このような変更を全て請求の範囲の範囲内に包含するも
のである。 【0117】 本出願に引用されるまたは参照される参考文献、特許および特許出願および公
報はいずれも、本明細書中にそのまま援用される。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61K 38/36 A61P 3/06 38/48 7/02 45/06 9/10 A61P 3/06 103 7/02 9/12 9/10 9/14 103 11/00 9/12 13/12 9/14 27/14 11/00 43/00 121 13/12 A61K 37/47 27/14 37/46 43/00 121 37/04 Fターム(参考) 4C084 MA01 MA02 MA52 MA55 NA12 NA14 ZA332 ZA402 ZA442 ZA452 ZA542 ZA592 ZA812 ZC332 ZC422 4C086 AA01 CB05 MA01 MA02 MA08 MA09 MA10 MA52 MA55 NA12 NA14 ZA33 ZA40 ZA44 ZA45 ZA54 ZA59 ZA81 ZC33 ZC42

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 血管閉塞性イベントを阻止するように対象を処置する方法で
    あって、このような処置を必要としている対象に、該対象の血小板計数を減少さ
    せる薬剤を、該対象の血小板計数を少なくとも低標準レベルまで減少させる有効
    量で投与することを含む方法。 【請求項2】 ステント、血管または血管移植片の病理学的な狭窄化または
    閉塞である血管閉塞性イベントを阻止するように対象を処置する請求項1に記載
    の方法。 【請求項3】 血管内膜過形成である血管閉塞性イベントを阻止するように
    対象を処置する請求項1に記載の方法。 【請求項4】 血栓性イベントである血管閉塞性イベントを阻止するように
    対象を処置する請求項1に記載の方法。 【請求項5】 血栓性イベントが血栓塞栓性イベントである請求項4に記載
    の方法。 【請求項6】 血栓性イベントが原発性血栓性イベントである請求項4に記
    載の方法。 【請求項7】 血栓性イベントが続発性血栓性イベントである請求項4に記
    載の方法。 【請求項8】 血栓性イベントが、動脈血栓症、冠状動脈血栓症、静脈血栓
    症、微小血管血栓症、ステント血栓症、移植片血栓症および心臓弁血栓症から成
    る群より選択される請求項4に記載の方法。 【請求項9】 血管閉塞性イベントが、心筋梗塞、発作、一過性脳虚血発作
    および冠状動脈狭窄症から成る群より選択される請求項4に記載の方法。 【請求項10】 対象が、処置前に標準血小板計数を有する請求項1に記載
    の方法。 【請求項11】 血小板計数を標準未満のレベルまで減少させる請求項1に
    記載の方法。 【請求項12】 対象が、処置前に標準を越える血小板計数を有する請求項
    11に記載の方法。 【請求項13】 対象が、薬剤を用いた処置を必要とする症状がそれ以外に
    はない請求項1に記載の方法。 【請求項14】 対象が、血液学的増殖性障害がない請求項12に記載の方
    法。 【請求項15】 対象が、見かけ上は健康である請求項1に記載の方法。 【請求項16】 対象が、血管閉塞性イベントの症状を示す請求項1に記載
    の方法。 【請求項17】 対象がヒトである請求項1に記載の方法。 【請求項18】 対象に、異常に高い血栓性イベントの危険がある請求項1
    に記載の方法。 【請求項19】 対象が血管疾患を有する請求項1に記載の方法。 【請求項20】 血管疾患が、動脈硬化症、心臓血管疾患、脳血管疾患、腎
    血管疾患、腸間膜血管疾患、肺血管疾患、眼血管疾患および末梢血管疾患から成
    る群より選択される請求項19に記載の方法。 【請求項21】 対象が、原発性血栓性イベントを有していた請求項1に記
    載の方法。 【請求項22】 対象が、高コレステロール血症、高血圧症およびアテロー
    ム性動脈硬化症から成る群より選択される状態を有する請求項1に記載の方法。 【請求項23】 対象が、選択的外科的方法を受けるであろう請求項1に記
    載の方法。 【請求項24】 対象が、外科的方法を受けている請求項1に記載の方法。 【請求項25】 外科的方法が、冠状動脈血管造影法、冠状動脈ステント配
    置、冠状動脈バイパス手術、頸動脈法、末梢ステント配置、血管移植、血栓摘出
    術、末梢血管手術、血管手術、臓器移植、人工心臓移植、血管形成術、血管レー
    ザー治療、血管交換および血管ステンティングから成る群より選択される請求項
    23に記載の方法。 【請求項26】 外科的方法が、冠状動脈血管造影法、冠状動脈ステント配
    置、冠状動脈バイパス手術、頸動脈法、末梢ステント配置、血管移植、血栓摘出
    術、末梢血管手術、血管手術、臓器移植、人工心臓移植、血管形成術、血管レー
    ザー治療、血管交換および血管ステンティングから成る群より選択される請求項
    24に記載の方法。 【請求項27】 薬剤が、アナグレリドまたはその誘導体である請求項1に
    記載の方法。 【請求項28】 有効量が、30μg/kg/日〜150μg/kg/日の
    範囲内である請求項25に記載の方法。 【請求項29】 有効量が、1μg/kg/日〜150μg/kg/日の範
    囲内である請求項25に記載の方法。 【請求項30】 薬剤を少なくとも1週間投与する請求項1に記載の方法。 【請求項31】 血小板計数を少なくとも10%減少させる請求項1に記載
    の方法。 【請求項32】 血小板計数を少なくとも20%減少させる請求項1に記載
    の方法。 【請求項33】 血小板計数を少なくとも50%減少させる請求項1に記載
    の方法。 【請求項34】 血小板計数を200x103個/μl未満までに減少させ
    る請求項1に記載の方法。 【請求項35】 血小板計数を150x103個/μl未満までに減少させ
    る請求項1に記載の方法。 【請求項36】 血小板計数を100x103個/μl未満までに減少させ
    る請求項1に記載の方法。 【請求項37】 血小板計数を、少なくとも10%減じて、200x103
    個/μlを越えるまでにする請求項1に記載の方法。 【請求項38】 薬剤を、血管疾患または合併症を処置する薬剤と一緒に投
    与する請求項1に記載の方法。 【請求項39】 血管疾患または合併症を処置する薬剤が抗血栓症薬である
    請求項38に記載の方法。 【請求項40】 抗血栓症薬が、抗凝固薬、フィブリン溶解薬および血小板
    機能阻害剤から成る群より選択される請求項39に記載の方法。 【請求項41】 血小板機能阻害剤が、アスピリン、アブシキマブ、クロピ
    ドグレルおよびジピリダモールから成る群より選択される請求項40に記載の方
    法。 【請求項42】 抗凝固薬が、グリコサミノグリカンおよびビタミンKアン
    タゴニストから成る群より選択される請求項40に記載の方法。 【請求項43】 フィブリン溶解薬が、プラスミノーゲンアクチベーター、
    プラスミンおよびプラスミノーゲンから成る群より選択される請求項40に記載
    の方法。 【請求項44】 プラスミノーゲンアクチベーターが、組織プラスミノーゲ
    ンアクチベーター(TPA)、ストレプトキナーゼおよびウロキナーゼから成る
    群より選択される請求項43に記載の方法。 【請求項45】 薬剤を、選択的外科手術の前に投与する請求項23に記載
    の方法。 【請求項46】 薬剤を非経口経路によって投与する請求項1に記載の方法
    。 【請求項47】 薬剤を経腸経路によって投与する請求項1に記載の方法。 【請求項48】 薬剤を徐放性装置中で投与する請求項1に記載の方法。 【請求項49】 薬剤を、原発性血管閉塞性イベント後に投与する請求項2
    1に記載の方法。 【請求項50】 対象の血小板計数を減少させる薬剤を含む徐放性装置であ
    って、該薬剤を少なくとも7日間放出する徐放性装置。 【請求項51】 血管疾患または合併症を処置する薬剤を更に含む請求項5
    0に記載の徐放性装置。 【請求項52】 血管疾患または合併症を処置する薬剤が、抗凝固薬、フィ
    ブリン溶解薬および血小板機能阻害剤から成る群より選択される請求項50に記
    載の徐放性装置。 【請求項53】 薬剤を、対象の血小板計数を標準未満のレベルまで減少さ
    せる有効量で放出する請求項50に記載の徐放性装置。 【請求項54】 薬剤が、アナグレリドまたはその誘導体である請求項50
    に記載の徐放性装置。 【請求項55】 薬剤を、30μg/kg/日〜150μg/kg/日の速
    度で放出する請求項50に記載の徐放性装置。 【請求項56】 薬剤を、1μg/kg/日〜150μg/kg/日の速度
    で放出する請求項50に記載の徐放性装置。 【請求項57】 薬剤を少なくとも30日間放出する請求項50に記載の徐
    放性装置。 【請求項58】 薬剤を少なくとも6ヶ月間放出する請求項50に記載の徐
    放性装置。 【請求項59】 薬剤を少なくとも1年間放出する請求項50に記載の徐放
    性装置。 【請求項60】 薬剤を少なくとも5年間放出する請求項50に記載の徐放
    性装置。 【請求項61】 薬剤を、血小板機能に影響を与えない有効量で放出する請
    求項50に記載の徐放性装置。
JP2001524681A 1999-09-21 2000-09-21 血小板関連障害を処置する方法および組成物 Granted JP2003509478A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US15492999 true 1999-09-21 1999-09-21
US60/154,929 1999-09-21
PCT/US2000/025781 WO2001021259A3 (en) 1999-09-21 2000-09-21 Use and compositions for treating platelet-related disorders using anagrelide

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003509478A true true JP2003509478A (ja) 2003-03-11

Family

ID=22553421

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001524681A Granted JP2003509478A (ja) 1999-09-21 2000-09-21 血小板関連障害を処置する方法および組成物

Country Status (5)

Country Link
US (8) US6376242B1 (ja)
EP (2) EP1225901A2 (ja)
JP (1) JP2003509478A (ja)
CA (1) CA2382547A1 (ja)
WO (2) WO2001021163A3 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011524416A (ja) * 2008-06-16 2011-09-01 バイオバスキュラー・インコーポレイテッドBiovascular, Inc. 血小板の循環レベルを減少させる薬剤の制御放出組成物およびそのための方法

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7611533B2 (en) 1995-06-07 2009-11-03 Cook Incorporated Coated implantable medical device
WO2001021163A3 (en) * 1999-09-21 2002-03-07 Univ Emory Methods and compositions for treating platelet-related disorders using mpl pathway inhibitory agents
US20050119270A1 (en) * 2000-08-04 2005-06-02 Mason R. P. Synergistic effect of amlodipine and atorvastatin on aortic endothelial cell nitric oxide release
US7054758B2 (en) 2001-01-30 2006-05-30 Sciona Limited Computer-assisted means for assessing lifestyle risk factors
JP3767392B2 (ja) * 2001-02-05 2006-04-19 日産自動車株式会社 エンジンのカム軸回転位相検出装置及びシリンダ吸入空気量算出装置
US20070009529A1 (en) * 2002-03-26 2007-01-11 New York University Agents that dissolve arterial thrombi
WO2002077032A1 (en) * 2001-03-26 2002-10-03 New York University Antibodies that dissolve arterial thrombi
US7651695B2 (en) * 2001-05-18 2010-01-26 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Medicated stents for the treatment of vascular disease
WO2003051302A3 (en) * 2001-12-14 2003-09-04 Merouane Bencherif Methods and compositions for treatment of central nervous system disorders
US6702850B1 (en) * 2002-09-30 2004-03-09 Mediplex Corporation Korea Multi-coated drug-eluting stent for antithrombosis and antirestenosis
WO2004089184A3 (en) * 2003-04-01 2005-06-09 Diadexus Inc NEW USES OF Lp-PLA2 IN COMBINATION TO ASSESS CORONARY RISK
WO2004110427A1 (en) * 2003-06-18 2004-12-23 Institut De Cardiologie De Montréal /Montréal Heart Institute Preventing atrial fibrillation (af) with the use of statin drugs
US20070243632A1 (en) * 2003-07-08 2007-10-18 Coller Barry S Methods for measuring platelet reactivity of patients that have received drug eluting stents
US20050043786A1 (en) * 2003-08-18 2005-02-24 Medtronic Ave, Inc. Methods and apparatus for treatment of aneurysmal tissue
US20050085478A1 (en) * 2003-08-22 2005-04-21 Pharmacia Corporation Compositions of a cyclooxygenase-2 selective inhibitor and a low-molecular-weight heparin for the treatment of central nervous system damage
US9066912B2 (en) * 2003-11-17 2015-06-30 Ethicon, Inc. Drug-enhanced adhesion prevention
JP2007517550A (ja) 2004-01-02 2007-07-05 アドヴァンスド カーディオヴァスキュラー システムズ, インコーポレイテッド 高比重リポ蛋白をコーティングした医療デバイス
WO2005087266A1 (en) * 2004-03-05 2005-09-22 Vddi Pharmaceuticals Combination therapy for inhibition of platelet aggregation
US20050220835A1 (en) * 2004-03-30 2005-10-06 Jayaraman Ramesh B Agent eluting bioimplantable devices and polymer systems for their preparation
US7700608B2 (en) * 2004-08-04 2010-04-20 Shire Holdings Ag Quinazoline derivatives and their use in the treatment of thrombocythemia
US20060030574A1 (en) * 2004-08-04 2006-02-09 Shire Holdings Ag Quinazoline derivatives useful for the treatment of peripheral arterial disease and as phosphodiesterase inhibitors
US20080069814A1 (en) * 2005-01-05 2008-03-20 Novacea, Inc. Prevention of Thrombotic Disorders with Active Vitamin D Compounds or Mimics Thereof
JP2008538580A (ja) * 2005-04-22 2008-10-30 ノバセア インコーポレイティッド 活性ビタミンd化合物またはその模倣体による、化学療法または放射線療法と関連する肺疾患の治療、予防、および改善
US7731901B2 (en) * 2005-10-19 2010-06-08 Abbott Laboratories Apparatus and method for performing counts within a biologic fluid sample
DK1820506T3 (da) * 2006-02-09 2008-07-07 Teva Pharma Dipyridamol-formuleringer med forlænget frigivelse og fremgangsmåde til fremstilling heraf
WO2007139753A3 (en) * 2006-05-22 2008-02-07 Combinatorx Inc Methods and compositions for the treatment of diseases or conditions associated with increased c-reactive protein, interleukin-6, or interferon-gamma levels
US20100062066A1 (en) * 2006-11-14 2010-03-11 Acusphere, Inc Formulations of Tetrahydropyridine Antiplatelet Agents for Parenteral or Oral Administration
US7910597B2 (en) * 2006-11-28 2011-03-22 Shire Llc Substituted quinazolines
US8304420B2 (en) 2006-11-28 2012-11-06 Shire Llc Substituted quinazolines for reducing platelet count
WO2008074975A1 (en) * 2006-12-18 2008-06-26 Cardoz Ab New combination for use in the treatment of inflammatory disorders
WO2008075028A1 (en) * 2006-12-20 2008-06-26 Cardoz Ab New combination for use in the treatment of inflammatory disorders
WO2009007679A3 (en) * 2007-07-11 2009-03-12 Cardoz Ab Combination for use in the treatment of atherosclerosis comprising a mast cell inhibitor and a thromboxane a2 antagonist
WO2009007675A3 (en) * 2007-07-11 2009-03-12 Cardoz Ab Combination for use in the treatment of atherosclerosis comprising a mast cell inhibitor and a p2 gamma 12 antagonist
WO2009007680A3 (en) 2007-07-11 2009-03-12 Cardoz Ab Combinations comprising a mast cell inhibitor and a statin for use in the treatment of inflammatory disorders
US20090075955A1 (en) * 2007-09-19 2009-03-19 Combinatorx, Inc. Therapeutic regimens for the treatment of immunoinflammatory disorders
US8021854B2 (en) * 2007-10-05 2011-09-20 Attila Mady Method of treating vascular disease
US20090092693A1 (en) * 2007-10-05 2009-04-09 Mady Attila Platelet manipulation to prevent and treat endovascular disease and its sequelae, to prevent and treat arrhythmias and to prevent malignancy
WO2009049234A3 (en) * 2007-10-11 2010-07-01 Regents Of The University Of California Methods of treating coagulopathy
US20100021538A1 (en) * 2008-02-29 2010-01-28 Youngro Byun Pharmaceutical compositions containing heparin derivatives
US20110092463A1 (en) * 2008-04-07 2011-04-21 Johan Raud Combination for use in the treatment of inflammatory disorders
US20100080846A1 (en) * 2008-09-25 2010-04-01 Avshalom Ben-Menachem Dipyridamole and acetylsalicylic acid formulations and process for preparing same
US8753631B2 (en) * 2009-05-01 2014-06-17 New York University Therapeutic agents for inducing platelet fragmentation and treating thromboembolic disorders
WO2010129890A3 (en) * 2009-05-08 2011-03-31 Virginia Tech Intellectual Properties, Inc. Compounds and methods for inhibiting platelet aggregation
WO2018002673A1 (en) 2016-07-01 2018-01-04 N4 Pharma Uk Limited Novel formulations of angiotensin ii receptor antagonists

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3932407A (en) * 1973-11-19 1976-01-13 Bristol-Myers Company Optionally substituted 1,2,3,5-tetrahydroimidezo(2,1-b)-quinazolin-2-ones and 6(H)-1,2,3,4-tetrahydropyimido(2,1-b)quinazolin-2-ones
JPS5826817A (en) * 1981-07-30 1983-02-17 Bristol Myers Co Pharmaceutical composition
JPH09157227A (ja) * 1995-12-04 1997-06-17 Roberts Lab Inc エチル−n−(2,3−ジクロロ−6−ニトロベンジル)グリシンの製造方法
WO1998011896A1 (en) * 1996-09-18 1998-03-26 Merck & Co., Inc. Combination therapy for reducing the risks associated with cardiovascular disease
JPH1146781A (ja) * 1997-06-03 1999-02-23 Kureha Chem Ind Co Ltd ヒトadamts−1タンパク質、それをコードする遺伝子、医薬組成物、及びヒトadamts−1タンパク質の免疫学的分析方法

Family Cites Families (119)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3854480A (en) * 1969-04-01 1974-12-17 Alza Corp Drug-delivery system
USRE31617E (en) 1972-02-04 1984-06-26 Bristol-Myers Company Optionally substituted 1,2,3,5-tetrahydroimidezo(2,1-b)-quinazolin-2-ones and 6(H)-1,2,3,4-tetrahydropyimido(2,1-b)quinazolin-2-ones
US3978213A (en) 1972-07-10 1976-08-31 Nelson Research & Development Company Cosmetic use of cyclic amp and phosphodiesterase inhibitors
US4302386A (en) * 1978-08-25 1981-11-24 The Ohio State University Antigenic modification of polypeptides
US4088753A (en) 1975-04-16 1978-05-09 Parmer Laurence Pierpont Method of obtaining a splenic composition which inhibits platelet function and said composition
US4105776A (en) * 1976-06-21 1978-08-08 E. R. Squibb & Sons, Inc. Proline derivatives and related compounds
NL7807507A (nl) * 1977-07-25 1979-01-29 Hoffmann La Roche Tricyclische verbindingen.
DE2735830A1 (de) 1977-08-09 1979-03-01 Thomae Gmbh Dr K Antithrombotische arzneimittelkombination und verfahren zu ihrer herstellung
US4337254A (en) 1977-08-23 1982-06-29 Burroughs Wellcome Co. Pharmaceutical compositions
US4146718A (en) 1978-04-10 1979-03-27 Bristol-Myers Company Alkyl 5,6-dichloro-3,4-dihydro-2(1h)-iminoquinazoline-3-acetate hydrohalides
US4208521A (en) 1978-07-31 1980-06-17 Bristol-Myers Company Process for the preparation of imidazo[2,1-b]quinazolinones
US4316906A (en) * 1978-08-11 1982-02-23 E. R. Squibb & Sons, Inc. Mercaptoacyl derivatives of substituted prolines
US4231938A (en) * 1979-06-15 1980-11-04 Merck & Co., Inc. Hypocholesteremic fermentation products and process of preparation
NL7907800A (nl) 1979-10-23 1981-04-27 Acf Chemiefarma Nv Nieuwe 6,7-benzomorfanderivaten en zuuradditiezouten daarvan, farmaceutische preparaten die een dergelijke verbinding bevatten, alsmede werkwijze voor het bereiden van deze verbindingen en de farmaceutische preparaten.
US4508729A (en) * 1979-12-07 1985-04-02 Adir Substituted iminodiacids, their preparation and pharmaceutical compositions containing them
US4444784A (en) * 1980-08-05 1984-04-24 Merck & Co., Inc. Antihypercholesterolemic compounds
US4337201A (en) * 1980-12-04 1982-06-29 E. R. Squibb & Sons, Inc. Phosphinylalkanoyl substituted prolines
US4436934A (en) 1981-02-05 1984-03-13 Iowa State University Research Foundation, Inc. Bicyclic prostaglandin analogs and method of synthesis
US4432980A (en) 1981-07-30 1984-02-21 Bristol-Myers Company Pharmaceutical compositions
US4444777A (en) 1981-07-30 1984-04-24 Bristol-Myers Company Pharmaceutical compositions of anagrelide and sulfinpyrazone
US4416718A (en) * 1981-10-26 1983-11-22 Conwed Corporation Process for splitting sheet
GB2128984B (en) * 1982-05-12 1985-05-22 Hoffmann La Roche Diaza-bicyclic compounds
US4452775A (en) * 1982-12-03 1984-06-05 Syntex (U.S.A.) Inc. Cholesterol matrix delivery system for sustained release of macromolecules
US4490371A (en) * 1983-02-16 1984-12-25 Syntex (U.S.A.) Inc. N,N-Disubstituted-(2-oxo-1,2,3,5-tetrahydroimidazo-[2,1-B]quinazolinyl)oxyalkylamides
US4739073A (en) * 1983-11-04 1988-04-19 Sandoz Pharmaceuticals Corp. Intermediates in the synthesis of indole analogs of mevalonolactone and derivatives thereof
US4568676A (en) 1983-11-25 1986-02-04 Thomas Jefferson University Method of inhibiting aggregation using thromboxane synthetase inhibitor in combination with a cyclic AMP phosphodiesterase inhibitor
US5387413A (en) 1985-06-14 1995-02-07 The Research Foundation Of State University Of New York Method of inhibiting thrombus formation by the 7E3 monoclonal antibody
US4743445A (en) 1985-07-25 1988-05-10 Boehringer Ingelheim International Gmbh Method for treatment of essential (hemorrhagic) thrombocythemia
US4894437A (en) * 1985-11-15 1990-01-16 The Upjohn Company Novel renin inhibiting polypeptide analogs containing S-aryl-D- or L- or DL-cysteinyl, 3-(arylthio)lactic acid or 3-(arylthio)alkyl moieties
US4816463A (en) * 1986-04-01 1989-03-28 Warner-Lambert Company Substituted diimidazo [1,5-a: 4',5'-d]pyridines having antihypertensive activity
US5116870A (en) * 1986-06-23 1992-05-26 Merck & Co., Inc. HMG-CoA reductase inhibitors
DE3631294A1 (de) 1986-09-13 1988-03-24 Thomae Gmbh Dr K Neue synergistische kombination bestehend aus einem phosphodiesterase-hemmer und einem thromboxan-a(pfeil abwaerts)2(pfeil abwaerts)-antagonisten und deren verwendung bzw. herstellung
US5091378A (en) * 1987-05-22 1992-02-25 E. R. Squibb & Sons, Inc. Phosphorus-containing HMG-CoA reductase inhibitors, new intermediates and method
US4904646A (en) * 1987-05-22 1990-02-27 E. R. Squibb & Sons, Inc. Phosphorus-containing HMG-COA reductase inhibitors
US5017716A (en) * 1987-05-22 1991-05-21 E.R. Squibb & Sons, Inc. Phosphorous-containing HMG-CoA reductase inhibitors, new intermediates and method
JPS63314539A (en) * 1987-06-17 1988-12-22 Fuji Photo Film Co Ltd Photosensitive material
US4906624A (en) * 1987-09-08 1990-03-06 Warner-Lambert Company 6-(((Substituted)pyridin-3-yl)alkyl)-and alkenyl)-tetrahydro-4-hydroxypyran-2-one inhibitors of cholesterol biosynthesis
US4997837A (en) * 1987-09-08 1991-03-05 Warner-Lambert Company 6-(((substituted)pyridin-3-yl)alkyl)-and alkenyl)-tetrahydro-4-hydroxypyran-2-one inhibitors of cholesterol biosynthesis
US5089471A (en) * 1987-10-01 1992-02-18 G. D. Searle & Co. Peptidyl beta-aminoacyl aminodiol carbamates as anti-hypertensive agents
US4929620A (en) * 1987-12-10 1990-05-29 Warner-Lambert Company 5-pyrimidinyl-3,5-dihydroxy-6-heptenoic acid compounds useful as inhibitors of cholesterol biosynthesis
US4994494A (en) * 1987-12-21 1991-02-19 Rhone-Poulenc Rorer Pharmaceuticals Inc. HMG-COA reductase inhibitors
US4900754A (en) * 1987-12-21 1990-02-13 Rorer Pharmaceutical Corp. HMG-COA reductase inhibitors
US5001128A (en) * 1987-12-21 1991-03-19 Rhone-Poulenc Rorer Pharmaceuticals Inc. HMG-COA reductase inhibitors
US5001144A (en) * 1987-12-21 1991-03-19 Rhone-Poulenc Rorer Pharmaceuticals Inc. Substituted cyclohexene derivatives as HMG-CoA reductase inhibitors
US5081127A (en) * 1988-01-07 1992-01-14 E. I. Du Pont De Nemours And Company Substituted 1,2,3-triazole angiotensin II antagonists
US5185323A (en) 1988-03-31 1993-02-09 Temple University Suppression of megakaryocytopoiesis employing platelet factor 4 antimaturation factor
US4920109A (en) * 1988-04-18 1990-04-24 Merck & Co., Inc. Antifungal compositions and method of controlling mycotic infections
US4897402A (en) * 1988-06-29 1990-01-30 Merck & Co., Inc. 5-oxa, 5-thia, 5-aza HmG-CoA reductase inhibitors
US5196440A (en) * 1988-07-29 1993-03-23 Zambon Group S.P.A. Compounds active as inhibitors of the cholesterol biosynthesis
US4847276A (en) 1988-09-06 1989-07-11 Merrell Dow Pharmaceuticals Inc. Treatment of thromobocytosis with 5-(4-chlorophenyl)-2,4-diemthyl-3H-1,2,4-triazole-3-thione
DE3832570A1 (de) * 1988-09-24 1990-03-29 Hoechst Ag 7-substituierte derivate der 3,5-dihydroxyhept-6-insaeure, verfahren zur ihrer herstellung, ihre verwendung als arzneimittel, sowie zwischenprodukte
DE3841520A1 (de) * 1988-12-09 1990-06-13 Hoechst Ag Enzymhemmende harnstoffderivate von dipeptiden, verfahren zu ihrer herstellung, diese enthaltende mittel und ihre verwendung
US4906657A (en) * 1988-12-21 1990-03-06 Warner-Lambert Company Bicyclo heptane and bicyclo octane substituted inhibitors of cholesterol synthesis
US5106835A (en) * 1988-12-27 1992-04-21 American Cyanamid Company Renin inhibitors
US4923861A (en) * 1989-02-07 1990-05-08 Warner-Lambert Company 6-(2-(2-(Substituted amino)-3-quinolinyl) ethenyl and ethyl) tetrahydro-4-hydroxypyran-2-one inhibitors of cholesterol biosynthesis
US5102911A (en) * 1989-06-09 1992-04-07 Merck & Co, Inc. 4-Substituted HMG-CoA reductase inhibitors
DE4004820A1 (de) * 1989-08-05 1991-04-25 Bayer Ag Renininhibitoren, verfahren zur herstellung und ihre verwendung in arzneimitteln
US4992429A (en) * 1989-08-24 1991-02-12 Rhone-Poulenc Rorer Pharmaceuticals Inc. Novel HMG-COA reductase inhibitors
US5098931A (en) * 1989-08-31 1992-03-24 Merck & Co., Inc. 7-substituted HMG-CoA reductase inhibitors
US5098924A (en) * 1989-09-15 1992-03-24 E. R. Squibb & Sons, Inc. Diol sulfonamide and sulfinyl renin inhibitors
US5104869A (en) * 1989-10-11 1992-04-14 American Cyanamid Company Renin inhibitors
US5114937A (en) * 1989-11-28 1992-05-19 Warner-Lambert Company Renin inhibiting nonpeptides
US5095119A (en) * 1990-03-08 1992-03-10 American Home Products Corporation Renin inhibitors
US5622985A (en) * 1990-06-11 1997-04-22 Bristol-Myers Squibb Company Method for preventing a second heart attack employing an HMG CoA reductase inhibitor
US5085992A (en) * 1990-07-19 1992-02-04 Merck & Co., Inc. Microbial transformation process for antihypertensive products
US5207237A (en) * 1990-07-20 1993-05-04 Kew Import/Export Inc. Ozoneated liquid system
US5112857A (en) * 1990-09-04 1992-05-12 Merck & Co., Inc. Hmg-coa reductase inhibitor metabolites
US5087634A (en) * 1990-10-31 1992-02-11 G. D. Searle & Co. N-substituted imidazol-2-one compounds for treatment of circulatory disorders
US5182298A (en) * 1991-03-18 1993-01-26 Merck & Co., Inc. Cholesterol lowering agents
EP0586549B1 (en) 1991-05-10 2000-09-20 Genentech, Inc. Selecting ligand agonists and antagonists
JPH05271200A (ja) * 1991-05-22 1993-10-19 Egyt Gyogyszervegyeszeti Gyar 6,7−ジクロロ−1,5−ジヒドロ−イミダゾ〔2,1−b〕キナゾリン−2〔3H〕−オンの製造方法
US5391737A (en) 1991-05-22 1995-02-21 Egis Gyogyszergyar Process for the preparation of 6,7-dichloro-1,5-dihydroimidazo[2,1-b]quinazolin-2[3H]-one
US5202327A (en) * 1991-07-10 1993-04-13 E. R. Squibb & Sons, Inc. Phosphorus-containing hmg-coa reductase inhibitors
US5306709A (en) 1991-11-15 1994-04-26 The University Of Pennsylvania Suppression of megakaryocytopoiesis by macrophage inflammatory proteins
WO1993009794A1 (en) 1991-11-15 1993-05-27 University Of Pennsylvania Suppression of megakaryocytopoiesis by neutrophil activating peptide-2
US5407686A (en) * 1991-11-27 1995-04-18 Sidmak Laboratories, Inc. Sustained release composition for oral administration of active ingredient
US5286895A (en) * 1992-02-19 1994-02-15 Merck & Co., Inc. Cholesterol lowering compounds
US5302604A (en) * 1992-03-09 1994-04-12 Merck & Co., Inc. Cholesterol lowering compounds produced by directed biosynthesis
US5208237A (en) * 1992-04-03 1993-05-04 Bristol-Meyers Squibb Company 7-oxypropylsulfonamido-imidazo[4,5-b]quinolin-2-ones
US5348960A (en) * 1992-04-03 1994-09-20 Bristol-Myers Squibb Company Imidazo[4,5-b]quinolinyl oxy alkyl tetrazolyl piperidine derivatives
FR2691153B1 (fr) 1992-05-18 1995-06-30 Serbio Dodecapeptides monomere et dimere, utilisation en tant qu'agents anti-megacaryocytaires.
US5283256A (en) * 1992-07-22 1994-02-01 Merck & Co., Inc. Cholesterol-lowering agents
US5317031A (en) * 1992-10-19 1994-05-31 Merck & Co., Inc. Cholesterol lowering compounds
US5604260A (en) * 1992-12-11 1997-02-18 Merck Frosst Canada Inc. 5-methanesulfonamido-1-indanones as an inhibitor of cyclooxygenase-2
US5474995A (en) * 1993-06-24 1995-12-12 Merck Frosst Canada, Inc. Phenyl heterocycles as cox-2 inhibitors
US5391557A (en) 1993-10-15 1995-02-21 Eli Lilly And Company Methods for the treatment of peri-menopausal syndrome
US5498599A (en) * 1994-01-21 1996-03-12 Amgen Inc. Methods for stimulating platelet production
US5572944A (en) 1994-05-27 1996-11-12 S2 Yachts, Inc. Boat having stern mounted swim platform
US5620960A (en) 1994-08-15 1997-04-15 Uop Use of D-allose as an immunosuppressive agent
US5521213A (en) * 1994-08-29 1996-05-28 Merck Frosst Canada, Inc. Diaryl bicyclic heterocycles as inhibitors of cyclooxygenase-2
US5789539A (en) 1994-10-26 1998-08-04 Repligen Corporation Chemokine-like proteins and methods of use
US5712171A (en) * 1995-01-20 1998-01-27 Arqule, Inc. Method of generating a plurality of chemical compounds in a spatially arranged array
US5696250A (en) 1995-02-15 1997-12-09 Amgen Inc. DNA encoding megakaryocyte growth and development factor analogs
US5612053A (en) * 1995-04-07 1997-03-18 Edward Mendell Co., Inc. Controlled release insufflation carrier for medicaments
US5604253A (en) * 1995-05-22 1997-02-18 Merck Frosst Canada, Inc. N-benzylindol-3-yl propanoic acid derivatives as cyclooxygenase inhibitors
KR100436680B1 (ko) 1995-06-07 2004-09-18 글락소 그룹 리미티드 트롬보포이에틴 수용체에 결합하는 펩티드 및 화합물
US5869451A (en) 1995-06-07 1999-02-09 Glaxo Group Limited Peptides and compounds that bind to a receptor
US5736152A (en) * 1995-10-27 1998-04-07 Atrix Laboratories, Inc. Non-polymeric sustained release delivery system
US5733909A (en) * 1996-02-01 1998-03-31 Merck Frosst Canada, Inc. Diphenyl stilbenes as prodrugs to COX-2 inhibitors
US5753702A (en) * 1996-05-22 1998-05-19 University Of Vermont Arachidonic acid metabolite, 16-hete
US5861419A (en) * 1996-07-18 1999-01-19 Merck Frosst Canad, Inc. Substituted pyridines as selective cyclooxygenase-2 inhibitors
WO1998010765A1 (en) 1996-09-13 1998-03-19 The Board Of Trustees Of The Leland Stanford Junior University Non-hormonal method of contraception
US5932546A (en) 1996-10-04 1999-08-03 Glaxo Wellcome Inc. Peptides and compounds that bind to the thrombopoietin receptor
US5969451A (en) 1996-12-13 1999-10-19 General Electric Company Current-controlled magnetic thrust compensators for mechanical thrust bearings
US6150120A (en) 1997-05-20 2000-11-21 The Johns Hopkins University Methods to assay a thrombopoietin signaling defect in polycythemia vera platelets
US6008232A (en) 1997-08-20 1999-12-28 Eli Lilly And Company Methods for preventing headaches
US6103740A (en) 1997-08-21 2000-08-15 Eli Lilly And Company Methods for lowering platelet counts
US6342220B1 (en) * 1997-08-25 2002-01-29 Genentech, Inc. Agonist antibodies
US6156753A (en) 1997-10-28 2000-12-05 Vivus, Inc. Local administration of type III phosphodiesterase inhibitors for the treatment of erectile dysfunction
EP1043989A4 (en) 1998-01-06 2002-09-25 Gen Hospital Corp Use of mek1 inhibitors as protective agents against damage due to ischemia
WO2001021163A3 (en) * 1999-09-21 2002-03-07 Univ Emory Methods and compositions for treating platelet-related disorders using mpl pathway inhibitory agents
KR100392501B1 (ko) * 2000-06-28 2003-07-22 동국제약 주식회사 다중 에멀젼법에 의한 서방출성 미립구의 제조방법
US6388073B1 (en) * 2000-07-26 2002-05-14 Shire Us Inc. Method for the manufacture of anagrelide
US20020099013A1 (en) * 2000-11-14 2002-07-25 Thomas Piccariello Active agent delivery systems and methods for protecting and administering active agents
US6287599B1 (en) * 2000-12-20 2001-09-11 Shire Laboratories, Inc. Sustained release pharmaceutical dosage forms with minimized pH dependent dissolution profiles
WO2004000280A1 (en) * 2002-04-29 2003-12-31 Shire Laboraties, Inc. Pharmaceutical formulations with improved bioavailability
US7700608B2 (en) * 2004-08-04 2010-04-20 Shire Holdings Ag Quinazoline derivatives and their use in the treatment of thrombocythemia
US20060030574A1 (en) * 2004-08-04 2006-02-09 Shire Holdings Ag Quinazoline derivatives useful for the treatment of peripheral arterial disease and as phosphodiesterase inhibitors
GB2462022B (en) * 2008-06-16 2011-05-25 Biovascular Inc Controlled release compositions of agents that reduce circulating levels of platelets and methods thereof

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3932407A (en) * 1973-11-19 1976-01-13 Bristol-Myers Company Optionally substituted 1,2,3,5-tetrahydroimidezo(2,1-b)-quinazolin-2-ones and 6(H)-1,2,3,4-tetrahydropyimido(2,1-b)quinazolin-2-ones
JPS5826817A (en) * 1981-07-30 1983-02-17 Bristol Myers Co Pharmaceutical composition
JPH09157227A (ja) * 1995-12-04 1997-06-17 Roberts Lab Inc エチル−n−(2,3−ジクロロ−6−ニトロベンジル)グリシンの製造方法
WO1998011896A1 (en) * 1996-09-18 1998-03-26 Merck & Co., Inc. Combination therapy for reducing the risks associated with cardiovascular disease
JPH1146781A (ja) * 1997-06-03 1999-02-23 Kureha Chem Ind Co Ltd ヒトadamts−1タンパク質、それをコードする遺伝子、医薬組成物、及びヒトadamts−1タンパク質の免疫学的分析方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011524416A (ja) * 2008-06-16 2011-09-01 バイオバスキュラー・インコーポレイテッドBiovascular, Inc. 血小板の循環レベルを減少させる薬剤の制御放出組成物およびそのための方法
JP2015205922A (ja) * 2008-06-16 2015-11-19 バイオバスキュラー・インコーポレイテッドBiovascular, Inc. 血小板の循環レベルを減少させる薬剤の制御放出組成物およびそのための方法

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1225901A2 (en) 2002-07-31 application
US20080113024A1 (en) 2008-05-15 application
WO2001021259A3 (en) 2002-01-17 application
CA2382547A1 (en) 2001-03-29 application
US20040087035A1 (en) 2004-05-06 application
US6585995B1 (en) 2003-07-01 grant
US7022521B2 (en) 2006-04-04 grant
EP1216037A2 (en) 2002-06-26 application
US20040087486A1 (en) 2004-05-06 application
US20020119144A1 (en) 2002-08-29 application
US20100008913A1 (en) 2010-01-14 application
WO2001021163A2 (en) 2001-03-29 application
US20050228001A1 (en) 2005-10-13 application
WO2001021163A3 (en) 2002-03-07 application
WO2001021259A2 (en) 2001-03-29 application
US6376242B1 (en) 2002-04-23 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Miller Cardiovascular toxicities of immunosuppressive agents
Dzau et al. The cardiovascular disease continuum validated: clinical evidence of improved patient outcomes: part I: Pathophysiology and clinical trial evidence (risk factors through stable coronary artery disease)
US4444778A (en) Method and composition for treating atherosclerosis
US5453436A (en) Treatment of athereosclerosis using, carbazolyl-(4)-oxypropanolamine compounds
US20050209244A1 (en) N{5-[4-(4-methyl-piperazino-methyl)-benzoylamido]-2-methylphenyl}-4-(3-pyridyl)-2-pyrimidine-amine coated stents
Satoh et al. Cyclophilin A
Davis et al. The role of inflammation in vascular injury and repair
Arras et al. Tumor necrosis factor-alpha is expressed by monocytes/macrophages following cardiac microembolization and is antagonized by cyclosporine
Lee et al. Impaired angiogenesis in neuropeptide Y (NPY)-Y2 receptor knockout mice
US20040110747A1 (en) Use of meloxicam in combination with an antiplatelet agent for treatment of acute coronary syndrome and related conditions
Thurston et al. Reversal of two-kidney one clip renovascular hypertension in the rat.
US20050124667A1 (en) Oxamide inhibitors of plasminogen activator inhibitor-1
US20030162824A1 (en) Methods of treating or preventing a cardiovascular condition using a cyclooxygenase-1 inhibitor
US5514706A (en) Pharmaceutical compounds
US6218403B1 (en) Antithrombotic and antiatherogenic pharmaceutical composition including a thienopyridine derivative and an HMG-CoA-reductase inhibitor
US20030152566A1 (en) Soluble CD40L (CD154) as a prognostic marker of atherosclerotic diseases
US20060240014A1 (en) Methods and compounds for the treatment of vascular stenosis
WO2001076573A2 (en) Combination of at least two compounds selected from an at1-receptor antagonist or an ace inhibitor or a hmg-co-a reductase inhibitor groups
Alessi et al. Adipose tissue and atherothrombosis
US6369065B1 (en) CD40 signal blocking agent
EP1088550A1 (en) alpha-sulfonylamino hydroxamic acid inhibitors of matrix metallo-proteinases for the treatment of peripheral or central nervous system disorders
US6855734B2 (en) Glycine betaine and its use
Makino et al. Regression of hypertrophy after myocardial infarction is produced by the chronic blockade of angiotensin type 1 receptor in rats
US20060160793A1 (en) Use of meloxicam in combination with an antiplatelet agent for treatment of acute coronary syndrome and related conditions
US20030045562A1 (en) Treatment of inflammatory, cancer, and thrombosis disorders

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Effective date: 20050915

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

A521 Written amendment

Effective date: 20050915

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070919

A621 Written request for application examination

Effective date: 20070919

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A521 Written amendment

Effective date: 20071116

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20071116

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071116

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20071116

A711 Notification of change in applicant

Effective date: 20080130

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20080130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100914

A601 Written request for extension of time

Effective date: 20101013

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20101020

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110705