JP2003341175A - 画像形成装置,蓄積文書出力方法および蓄積文書出力システム - Google Patents

画像形成装置,蓄積文書出力方法および蓄積文書出力システム

Info

Publication number
JP2003341175A
JP2003341175A JP2002215542A JP2002215542A JP2003341175A JP 2003341175 A JP2003341175 A JP 2003341175A JP 2002215542 A JP2002215542 A JP 2002215542A JP 2002215542 A JP2002215542 A JP 2002215542A JP 2003341175 A JP2003341175 A JP 2003341175A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
image forming
stored
forming apparatus
certification information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002215542A
Other languages
English (en)
Inventor
Sachiko Mihira
幸子 三平
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2002-76865 priority Critical
Priority to JP2002076865 priority
Application filed by Ricoh Co Ltd, 株式会社リコー filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP2002215542A priority patent/JP2003341175A/ja
Priority claimed from US10/390,782 external-priority patent/US7511842B2/en
Priority claimed from US10/453,686 external-priority patent/US20040070782A1/en
Publication of JP2003341175A publication Critical patent/JP2003341175A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】蓄積文書に対する認証機能を共有することがで
き、ネットワークおよび融合機のリソースを浪費するこ
となく蓄積文書の出力が可能な画像形成装置,蓄積文書
出力方法および蓄積文書出力システムを提供することを
目的とする。 【解決手段】第1の画像形成装置1aは、証明情報を生
成して送信する一方、第2の画像形成装置1bの文書出
力サービス133bから証明情報を利用した蓄積文書取
得要求を受信すると文書蓄積手段から蓄積文書を取得し
て第2の画像形成装置1bの文書出力サービス133b
に送信し、第2の画像形成装置1bは、証明情報を受信
すると証明情報を利用した蓄積文書取得要求を第1の画
像形成装置1aの文書管理サービス132aに送信する
一方、第1の画像形成装置1aの文書管理サービス13
2aから蓄積文書を取得して出力することにより上記課
題を解決する。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、画像形成装置,蓄
積文書出力方法および蓄積文書出力システムに係り、特
に外部のネットワーク機器からの要求に応じて蓄積文書
を出力するための画像形成装置,蓄積文書出力方法およ
び蓄積文書出力システムに関する。 【0002】 【従来の技術】近年、プリンタ,コピー,ファクシミリ
およびスキャナなどの各装置の機能を1つの筐体内に収
納した画像形成装置(以下、融合機という)が知られる
ようになった。この融合機は、1つの筐体内に表示部,
印刷部および撮像部などを設けると共に、プリンタ,コ
ピー,ファクシミリおよびスキャナにそれぞれ対応する
4種類のソフトウェアを設け、そのソフトウェアを切り
替えることより、プリンタ,コピー,ファクシミリおよ
びスキャナとして動作させるものである。 【0003】このような融合機は、例えば文書管理デー
タベース(以下、文書管理DBという)に文書ファイル
を蓄積文書として格納している。融合機はネットワーク
機器や他の融合機などにネットワークを介して接続さ
れ、ネットワーク機器などからの指示により文書管理D
Bに格納している蓄積文書の出力を行う。例えば融合機
は出力機能(印刷機能など)を利用して、文書管理DB
に格納している蓄積文書の出力を行う。なお、セキュリ
ティ上の問題に対応するため、融合機は文書管理DBに
格納している蓄積文書にパスワードを設定することが多
い。 【0004】例えば融合機の文書管理DBに格納されて
いる蓄積文書を出力する場合、ネットワーク機器は所望
の蓄積文書を識別するための文書IDおよびその蓄積文
書の使用権限を証明するパスワードを融合機に送信す
る。融合機はパスワード認証を行った後に、文書IDに
対応する蓄積文書を文書管理DBから読み出し、その蓄
積文書を出力する。 【0005】 【発明が解決しようとする課題】例えば1つ以上の融合
機およびネットワーク機器がネットワークを介して接続
されている蓄積文書出力システムでは、1つ以上の融合
機の文書管理DBに蓄積文書を格納している。 【0006】したがって、文書管理DBに格納されてい
る蓄積文書にパスワードが設定されている場合、蓄積文
書出力システムでは文書管理DBに蓄積文書を格納して
いる融合機ごとにパスワード認証の機能を設ける必要が
あり、機能が重複するという問題があった。 【0007】また、蓄積文書出力システムでは一の融合
機の文書管理DBに格納されている蓄積文書を他の融合
機で取り扱う場合、文書管理DBから読み出した蓄積文
書をそのまま複数の融合機間で転送する。したがって、
蓄積文書出力システムのネットワークおよび融合機のリ
ソースを無駄に浪費しているという問題があった。 【0008】本発明は、上記の点に鑑みなされたもの
で、蓄積文書に対する認証機能を共有することができ、
ネットワークおよび融合機のリソースを浪費することな
く蓄積文書の出力が可能な画像形成装置,蓄積文書出力
方法および蓄積文書出力システムを提供することを目的
とする。 【0009】 【課題を解決するための手段】そこで、上記課題を解決
するため、本発明は、画像形成処理で使用されるハード
ウェア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を
行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段と
を有する画像形成装置であって、外部のネットワーク機
器から前記文書蓄積手段に蓄積された蓄積文書に対する
証明情報取得要求を受信すると、前記証明情報取得要求
に応じた証明情報を生成して前記ネットワーク機器に送
信する一方、他の画像形成装置の文書出力サービスから
前記証明情報を利用した蓄積文書取得要求を受信する
と、前記証明情報に応じた蓄積文書を前記文書蓄積手段
から取得して前記他の画像形成装置の文書出力サービス
に送信する文書管理サービスを有することを特徴とす
る。 【0010】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置であって、外部のネット
ワーク機器から他の画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積
された蓄積文書に対する証明情報を受信すると、前記証
明情報を利用した蓄積文書取得要求を他の画像形成装置
の文書管理サービスに送信する一方、前記文書管理サー
ビスから前記証明情報に応じた蓄積文書を受信すると、
前記蓄積文書を出力する文書出力サービスを有すること
を特徴とする。 【0011】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置であって、外部のネット
ワーク機器から前記文書蓄積手段に蓄積された蓄積文書
に対する証明情報取得要求を受信すると、文書管理サー
ビスの使用権限を証明する第1の証明情報および前記証
明情報取得要求に応じた蓄積文書の使用権限を証明する
第2の証明情報を生成して前記ネットワーク機器に送信
する一方、他の画像形成装置の文書出力サービスから前
記第1および第2の証明情報を利用した蓄積文書取得要
求を受信すると、前記第2の証明情報に応じた蓄積文書
を前記文書蓄積手段から取得して前記他の画像形成装置
の文書出力サービスに送信する文書管理サービスを有す
ることを特徴とする。 【0012】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置であって、外部のネット
ワーク機器から他の画像形成装置の文書管理サービスの
使用権限を証明する第1の証明情報および前記蓄積文書
の使用権限を証明する第2の証明情報を受信すると、前
記第1および第2の証明情報を利用した蓄積文書取得要
求を前記他の画像形成装置の文書管理サービスに送信す
る一方、前記文書管理サービスから前記第2の証明情報
に応じた蓄積文書を受信すると、前記蓄積文書を出力す
る文書出力サービスを有することを特徴とする。 【0013】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置の蓄積文書出力方法であ
って、文書管理サービスが、外部のネットワーク機器か
ら前記文書蓄積手段に蓄積された蓄積文書に対する証明
情報取得要求を受信する段階と、前記文書管理サービス
が、前記証明情報取得要求に応じた証明情報を生成して
前記ネットワーク機器に送信する段階と、前記文書管理
サービスが、他の画像形成装置の文書出力サービスから
前記証明情報を利用した蓄積文書取得要求を受信する段
階と、前記文書管理サービスが、前記証明情報に応じた
蓄積文書を前記文書蓄積手段から取得して前記文書出力
サービスに送信する段階とを有することを特徴とする。 【0014】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置の蓄積文書出力方法であ
って、文書出力サービスが、外部のネットワーク機器か
ら他の画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積された蓄積文
書に対する証明情報を受信する段階と、前記文書出力サ
ービスが、前記証明情報を利用した蓄積文書取得要求を
他の画像形成装置の文書管理サービスに送信する段階
と、前記文書出力サービスが、前記他の画像形成装置の
文書管理サービスから前記証明情報に応じた蓄積文書を
受信する段階と、前記文書出力サービスが、前記識別情
報に応じた蓄積文書を出力する段階とを有することを特
徴とする。 【0015】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置の蓄積文書出力方法であ
って、文書管理サービスが、前記文書蓄積手段に蓄積さ
れた蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信する段階
と、前記文書管理サービスが、文書管理サービスの使用
権限を証明する第1の証明情報および前記証明情報取得
要求に応じた蓄積文書の使用権限を証明する第2の証明
情報を生成して前記ネットワーク機器に送信する段階
と、前記文書管理サービスが、前記他の画像形成装置の
文書出力サービスから前記第1および第2の証明情報を
利用した蓄積文書取得要求を受信する段階と、前記文書
管理サービスが、前記第2の証明情報に応じた蓄積文書
を前記文書蓄積手段から取得して前記他の画像形成装置
の文書出力サービスに送信する段階とを有することを特
徴とする。 【0016】また、本発明は、画像形成処理で使用され
るハードウェア資源と、画像形成に係るユーザサービス
の処理を行うプログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄
積手段とを有する画像形成装置の蓄積文書出力方法であ
って、文書出力サービスが、外部のネットワーク機器か
ら他の画像形成装置の文書管理サービスの使用権限を証
明する第1の証明情報および前記蓄積文書の使用権限を
証明する第2の証明情報を受信する段階と、前記文書出
力サービスが、前記第1および第2の証明情報を利用し
た蓄積文書取得要求を前記他の画像形成装置の文書管理
サービスに送信する段階と、前記文書出力サービスが、
前記文書管理サービスから前記第2の証明情報に応じた
蓄積文書を受信する段階と、前記文書出力サービスが、
前記蓄積文書を出力する段階とを有することを特徴とす
る。 【0017】また、本発明は、1つ以上の外部のネット
ワーク機器と、前記外部のネットワーク機器にネットワ
ークを介して接続された第1および第2の画像形成装置
とを用いて、前記画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積さ
れた蓄積文書を出力する蓄積文書出力システムであっ
て、前記第1の画像形成装置は、外部のネットワーク機
器から前記蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信す
ると前記証明情報取得要求に応じた証明情報を生成して
前記ネットワーク機器に送信する一方、前記第2の画像
形成装置の文書出力サービスから前記証明情報を利用し
た蓄積文書取得要求を受信すると前記証明情報に応じた
蓄積文書を前記文書蓄積手段から取得して前記第2の画
像形成装置の文書出力サービスに送信する文書管理サー
ビスを有し、前記第2の画像形成装置は、前記ネットワ
ーク機器から前記証明情報を受信すると前記証明情報を
利用した蓄積文書取得要求を前記第1の画像形成装置の
文書管理サービスに送信する一方、前記第1の画像形成
装置の文書管理サービスから前記証明情報に応じた蓄積
文書を受信すると前記識別情報に応じた蓄積文書を出力
する文書出力サービスを有することを特徴とする。 【0018】また、本発明は、1つ以上の外部のネット
ワーク機器と、前記外部のネットワーク機器にネットワ
ークを介して接続された第1および第2の画像形成装置
とを用いて、前記画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積さ
れた蓄積文書を出力する蓄積文書出力システムであっ
て、前記第1の画像形成装置は、外部のネットワーク機
器から前記蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信す
ると文書管理サービスの使用権限を証明する第1の証明
情報および前記証明情報取得要求に応じた蓄積文書の使
用権限を証明する第2の証明情報を生成して前記ネット
ワーク機器に送信する一方、前記第2の画像形成装置の
文書出力サービスから前記第1および第2の証明情報を
利用した蓄積情報取得要求を受信すると前記第2の証明
情報に応じた蓄積文書を前記文書蓄積手段から取得して
前記第2の画像形成装置の文書出力サービスに送信する
文書管理サービスを有し、前記第2の画像形成装置は、
前記ネットワーク機器から前記第1および第2の証明情
報を受信すると前記第1および第2の証明情報を利用し
た蓄積文書取得要求を前記第1の画像形成装置の文書管
理サービスに送信する一方、前記第1の画像形成装置の
文書管理サービスから前記第2の証明情報に応じた蓄積
文書を受信すると前記蓄積文書を出力する文書出力サー
ビスを有することを特徴とする。 【0019】本発明によれば、文書管理サービスが文書
蓄積手段に蓄積された蓄積文書に対する証明情報を生成
し、その証明情報に応じた蓄積文書の識別情報を生成
し、他の画像形成装置の文書出力サービスが蓄積文書の
識別情報を用いて蓄積文書の出力を行うことにより、蓄
積文書に対する認証機能を共有することができる。 【0020】また、証明情報を用いることで、複数の画
像形成装置間で無駄に蓄積文書を転送させる必要がなく
なるため、ネットワークおよび融合機のリソースを浪費
することなく蓄積文書の出力が可能となる。 【0021】 【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態につい
て図面に基づいて説明する。 【0022】図1は、本発明による融合機の一実施例の
構成図を示す。融合機1は、ソフトウェア群2と,融合
機起動部3と,ハードウェア資源4とを含むように構成
される。 【0023】融合機起動部3は融合機1の電源投入時に
最初に実行され、アプリケーション層5およびプラット
フォーム6を起動する。例えば融合機起動部3は、アプ
リケーション層5およびプラットフォーム6のプログラ
ムをハードディスク装置(以下、HDDという)などか
ら読み出し、読み出した各プログラムをメモリ領域に転
送して起動する。ハードウェア資源4は、白黒レーザプ
リンタ(B&W LP)11と,カラーレーザプリンタ
(Color LP)12と,スキャナやファクシミリ
などのハードウェアリソース13とを含む。 【0024】また、ソフトウェア群2は、UNIX(登
録商標)などのオペレーティングシステム(以下、OS
という)上に起動されているアプリケーション層5とプ
ラットフォーム6とを含む。アプリケーション層5は、
プリンタ,コピー,ファックスおよびスキャナなどの画
像形成にかかるユーザサービスにそれぞれ固有の処理を
行うプログラムを含む。 【0025】アプリケーション層5は、プリンタ用のア
プリケーションであるプリンタアプリ21と,コピー用
アプリケーションであるコピーアプリ22と,ファック
ス用アプリケーションであるファックスアプリ23と,
スキャナ用アプリケーションであるスキャナアプリ24
と,WEBページ用アプリケーションであるWEBペー
ジアプリ25と,シンプル・オブジェクト・アクセス・
プロトコル(以下、SOAPという)通信用アプリケー
ションであるSOAP通信アプリ26と,1つ以上の共
有ファンクション(以下、SFという)28からなる共
有ファンクション層7と,WEBページアプリ25及び
SOAP通信アプリ26とSF28との間に設けられた
WEBサービスファンクション(以下、WSFという)
27からなるラッピング層8とを含む。 【0026】WSF27は、予め定義されている関数に
よりWEBページアプリ25およびSOAP通信アプリ
26からの処理要求を受信可能とするアプリケーション
プログラムインターフェース(以下、APIという)5
1を有する。また、SF28は予め定義されている関数
によりWSF27からの処理要求を受信可能とするAP
I52を有する。 【0027】WSF27はAPI51を介してWEBペ
ージアプリ25およびSOAP通信アプリ26からの処
理要求を受信すると、その処理要求に応じてSF28を
選択する。WSF27はAPI51を介して受信した処
理要求を、その処理要求に応じて選択したSF28にA
PI52を介して送信する。SF28はAPI52を介
して処理要求を受信すると、その処理要求に応じた処理
を行う。 【0028】例えば図1の融合機1は2つのSF28を
含んでいるが、一方のSF28が後述する文書管理サー
ビス132a,132bの処理を行い、他方のSF28
が後述する文書出力サービス133a,133bの処理
を行う。 【0029】また、プラットフォーム6は、アプリケー
ション層5からの処理要求を解釈してハードウェア資源
4の獲得要求を発生するコントロールサービス層9と、
1つ以上のハードウェア資源4の管理を行ってコントロ
ールサービス層9からの獲得要求を調停するシステムリ
ソースマネージャ(以下、SRMという)39と、SR
M39からの獲得要求に応じてハードウェア資源4の管
理を行うハンドラ層10とを含む。 【0030】コントロールサービス層9は、ネットワー
クコントロールサービス(以下、NCSという)31,
デリバリーコントロールサービス(以下、DCSとい
う)32,オペレーションパネルコントロールサービス
(以下、OCSという)33,ファックスコントロール
サービス(以下、FCSという)34,エンジンコント
ロールサービス(以下、ECSという)35,メモリコ
ントロールサービス(以下、MCSという)36,ユー
ザインフォメーションコントロールサービス(以下、U
CSという)37,システムコントロールサービス(以
下、SCSという)38など、一つ以上のサービスモジ
ュールを含むように構成されている。 【0031】なお、プラットフォーム6は予め定義され
ている関数により、アプリケーション層5からの処理要
求を受信可能とするAPI53を有するように構成され
ている。OSは、アプリケーション層5およびプラット
フォーム6の各ソフトウェアをプロセスとして並列実行
する。 【0032】NCS31のプロセスは、ネットワークI
/Oを必要とするアプリケーションに対して共通に利用
できるサービスを提供するものであり、ネットワーク側
から各プロトコルによって受信したデータを各アプリケ
ーションに振り分けたり、各アプリケーションからのデ
ータをネットワーク側に送信する際の仲介を行う。 【0033】例えばNCS31は、ネットワークを介し
て接続されるネットワーク機器とのデータ通信をhtt
pd(HyperText Transfer Protocol Daemon)により、
HTTP(HyperText Transfer Protocol)で制御す
る。 【0034】DCS32のプロセスは、蓄積文書の配送
などの制御を行う。OCS33のプロセスは、オペレー
タと本体制御との間の情報伝達手段となるオペレーショ
ンパネルの制御を行う。FCS34のプロセスは、アプ
リケーション層5からPSTNまたはISDN網を利用
したファックス送受信,バックアップ用のメモリで管理
されている各種ファックスデータの登録/引用,ファッ
クス読み取り,ファックス受信印刷などを行うためのA
PIを提供する。 【0035】ECS35のプロセスは、白黒レーザプリ
ンタ11,カラーレーザプリンタ12,ハードウェアリ
ソース13などのエンジン部の制御を行う。MCS36
のプロセスは、メモリの取得および解放,HDDの利
用,画像データの圧縮および伸張などのメモリ制御を行
う。UCS37のプロセスは、ユーザ情報の管理を行う
ものである。 【0036】SCS38のプロセスは、アプリケーショ
ン管理,操作部制御,システム画面表示,LED表示,
ハードウェア資源管理,割り込みアプリケーション制御
などの処理を行う。 【0037】SRM39のプロセスは、SCS38と共
にシステムの制御およびハードウェア資源4の管理を行
うものである。例えばSRM39のプロセスは、白黒レ
ーザプリンタ11やカラーレーザプリンタ12などのハ
ードウェア資源4を利用する上位層からの獲得要求に従
って調停を行い、実行制御する。 【0038】具体的に、SRM39のプロセスは獲得要
求されたハードウェア資源4が利用可能であるか(他の
獲得要求により利用されていないかどうか)を判定し、
利用可能であれば獲得要求されたハードウェア資源4が
利用可能である旨を上位層に通知する。また、SRM3
9のプロセスは上位層からの獲得要求に対してハードウ
ェア資源4を利用するためのスケジューリングを行い、
要求内容(例えば、プリンタエンジンによる紙搬送と作
像動作,メモリ確保,ファイル生成など)を直接実施し
ている。 【0039】また、ハンドラ層10は後述するファック
スコントロールユニット(以下、FCUという)の管理
を行うファックスコントロールユニットハンドラ(以
下、FCUHという)40と、プロセスに対するメモリ
の割り振り及びプロセスに割り振ったメモリの管理を行
うイメージメモリハンドラ(以下、IMHという)41
とを含む。SRM39およびFCUH40は、予め定義
されている関数によりハードウェア資源4に対する処理
要求を送信可能とするエンジンI/F54を利用して、
ハードウェア資源4に対する処理要求を行う。 【0040】融合機1は、各アプリケーションで共通的
に必要な処理をプラットフォーム6で一元的に処理する
ことができる。次に、融合機1のハードウェア構成につ
いて説明する。 【0041】図2は、本発明による融合機の一実施例の
ハードウェア構成図を示す。融合機1は、コントローラ
60と,オペレーションパネル70と,FCU80と,
USBデバイス90と,IEEE1394デバイス10
0と,エンジン部110とを含む。 【0042】また、コントローラ60は、CPU61
と,システムメモリ(MEM−P)62と,ノースブリ
ッジ(以下、NBという)63と,サウスブリッジ(以
下、SBという)64と,ASIC66と,ローカルメ
モリ(MEM−C)67と,HDD68とを含む。 【0043】オペレーションパネル70は、コントロー
ラ60のASIC66に接続されている。また、FCU
80,USBデバイス90,IEEE1394デバイス
100およびエンジン部110は、コントローラ60の
ASIC66にPCIバスで接続されている。 【0044】コントローラ60は、ASIC66にロー
カルメモリ67,HDD68などが接続されると共に、
CPU61とASIC66とがCPUチップセットのN
B63を介して接続されている。このように、NB63
を介してCPU61とASIC66とを接続すれば、C
PU61のインターフェースが公開されていない場合に
対応できる。 【0045】なお、ASIC66とNB63とはPCI
バスを介して接続されているのでなく、AGP(Accele
rated Graphics Port)65を介して接続されている。
このように、図1のアプリケーション層5やプラットフ
ォーム6を形成する一つ以上のプロセスを実行制御する
ため、ASIC66とNB63とを低速のPCIバスで
なくAGP65を介して接続し、パフォーマンスの低下
を防いでいる。 【0046】CPU61は、融合機1の全体制御を行う
ものである。CPU61は、NCS31,DCS32,
OCS33,FCS34,ECS35,MCS36,U
CS37,SCS38,SRM39,FCUH40およ
びIMH41をOS上にそれぞれプロセスとして起動し
て実行させると共に、アプリケーション層5を形成する
プリンタアプリ21,コピーアプリ22,ファックスア
プリ23,スキャナアプリ24,WEBページアプリ2
5,SOAP通信アプリ26,WSF27およびSF2
8を起動して実行させる。 【0047】NB63は、CPU61,システムメモリ
62,SB64およびASIC66を接続するためのブ
リッジである。システムメモリ62は、融合機1の描画
用メモリなどとして用いるメモリである。SB64は、
NB63とROM,PCIバス,周辺デバイスとを接続
するためのブリッジである。また、ローカルメモリ67
はコピー用画像バッファ,符号バッファとして用いるメ
モリである。 【0048】ASIC66は、画像処理用のハードウェ
ア要素を有する画像処理用途向けのICである。HDD
68は、画像データの蓄積,文書データの蓄積,プログ
ラムの蓄積,フォントデータの蓄積,フォームの蓄積な
どを行うためのストレージである。また、オペレーショ
ンパネル70は、オペレータからの入力操作を受け付け
ると共に、オペレータに向けた表示を行う操作部であ
る。 【0049】以下、融合機1により実現される蓄積文書
出力方法について図面を参照しつつ順次説明していく。
図3は、本発明による第1実施例の蓄積文書出力方法に
ついて説明するための融合機の機能構成図を示す。な
お、図3の機能構成図は説明に必要のない機能構成を省
略している。 【0050】本発明の蓄積文書出力方法は融合機1a,
1bにインターネットなどのネットワークを介して接続
されるネットワーク機器120が、融合機1aに蓄積さ
れている文書ファイル(以下、蓄積文書という)を融合
機1bに出力(例えば、印刷など)させるためのもので
ある。 【0051】また、本発明の蓄積文書出力方法はネット
ワーク機器120,融合機1aの文書管理サービス13
2aおよび融合機1bの文書出力サービス133bがX
ML(eXtensible Markup Language)形式でデータ交換
を行う。なお、本発明の蓄積文書出力方法は、データ・
アクセス・プロトコルとしてSOAP(Simple Object
Access Protocol)と呼ばれる通信プロトコル規格を利
用する。 【0052】まず、ネットワーク機器120は融合機1
aに蓄積されている蓄積文書のリストおよび文書IDを
融合機1aなどから入手しているものとする。ネットワ
ーク機器120を操作するユーザは画面上に表示されて
いる蓄積文書のリストから出力を所望する蓄積文書を選
択すると共に、蓄積文書の出力にパスワードの入力が必
要であればパスワードを入力する。 【0053】ステップS11では、ネットワーク機器1
20が、ユーザにより選択された蓄積文書の文書IDお
よびパスワードを、NCS31aのhttpd131a
を介して融合機1aの文書管理サービス132aに送信
することで蓄積文書の利用チケット(以下、単にチケッ
トという)134の取得要求を行う。チケット取得要求
は、SOAPおよびXMLを利用して行われる。なお、
文書管理サービス132aは、図1のWSF27,SF
28に含まれる。 【0054】ステップS11に続いてステップS12に
進み、文書管理サービス132aはネットワーク機器1
20から受信した蓄積文書の文書IDおよびパスワード
をMCS36aに送信し、パスワードの認証要求を行
う。パスワード認証要求は、例えば文書IDおよびパス
ワードを引数としたパスワード認証要求関数「int mcsC
heckPassword(unsignedInt DocId, string passwor
d)」を用いて行う。MCS36aは、文書管理サービ
ス132aから受信した文書IDおよびパスワードを用
いてパスワード認証を行う。 【0055】ステップS12に続いてステップS13に
進み、MCS36aはパスワード認証の結果を文書管理
サービス132aに送信する。パスワード認証の結果
は、例えばパスワード認証要求関数の返り値としてMC
S36aから文書管理サービス132aに送信される。 【0056】文書IDのパスワード認証が正常に終了す
ると、文書管理サービス132aは図4に表すようなチ
ケットを生成する。図4は、チケットについて説明する
ための説明図を示す。図4(A)はネットワーク機器1
20,融合機1aの文書管理サービス132aおよび融
合機1bの文書出力サービス133bの間で転送される
チケット134の構造体である。チケット134は、チ
ケットID,チケットのデータサイズが格納されてい
る。 【0057】また、図4(B)はチケット134を照合
するための表135aである。表135aは文書管理サ
ービス132aにより保持される。表135aは、チケ
ット内容情報およびチケット管理情報を含む。図4
(B)のチケット内容情報は、チケットID,チケット
の有効期限,ファイル数,文書IDとしてのファイルI
Dとパスワードとが組になった構造体の配列を情報とし
て有している。また、チケット管理情報はカレントのチ
ケット番号,発行チケット数を情報として有している。
なお、チケット134と表135aとはチケットIDに
より関連付けられている。 【0058】ステップS14では、文書管理サービス1
32aが、生成したチケット134をNCS31aのh
ttpd131aを介してネットワーク機器120に送
信する。文書管理サービス132aからネットワーク機
器120へのチケット134の送信は、SOAPおよび
XMLを利用して行われる。 【0059】ステップS15では、ネットワーク機器1
20が、ステップS14で受信したチケット134をN
CS31bのhttpd131bを介して融合機1bの
文書出力サービス133bに送信し、蓄積文書の出力要
求を行う。蓄積文書の出力要求は、SOAPおよびXM
Lを利用して行われる。なお、文書出力サービス133
bは図1のWSF27,SF28に含まれる。 【0060】ステップS16では、文書出力サービス1
33bが、ステップS15で受信したチケット134を
NCS31bおよびNCS31aのhttpd131a
を介して融合機1aの文書管理サービス132aに送信
し、そのチケット134に対応する文書の取得要求を行
う。 【0061】ステップS17では、文書管理サービス1
32aが、受信したチケット134に含まれるチケット
IDに応じて表135aから文書IDを取得し、その文
書IDに対応する蓄積文書を文書管理DBから読み出
す。文書管理サービス132aは、読み出した蓄積文書
をNCS31aのhttpd131aおよびNCS31
bを介して融合機1bの文書出力サービス133bに送
信する。 【0062】ステップS18では、文書出力サービス1
33bが、ステップS17で受信した蓄積文書をDCS
32b,FCS34bまたはECS35bに送信し、そ
の蓄積文書の出力処理を行う。一例として、文書出力サ
ービス133bおよびECS35bが行う蓄積文書印刷
処理について図5を参照しつつ説明する。 【0063】図5は、文書出力サービスおよびECSが
行う蓄積文書印刷処理の一例のイベントフロー図を示
す。ステップS100では、文書出力サービス133b
が関数を用いてECS35bにジョブオープンを要求す
る。ステップS100に続いてステップS101に進
み、ECS35bは関数の返り値としてジョブIDを文
書出力サービス133bに送信する。 【0064】ステップS101に続いてステップS10
2に進み、文書出力サービス133bは関数を用いてE
CS35bにジョブ動作モードの設定を要求する。ステ
ップS102に続いてステップS103に進み、ECS
b35は関数の返り値としてジョブ動作モードの設定の
成功または失敗を文書出力サービス133bに送信す
る。 【0065】ステップS103に続いてステップS10
4に進み、ECS35bはイベントで実行可否通知を文
書出力サービス133bに送信する。ステップS104
に続いてステップS105に進み、文書出力サービス1
33bは関数を用いてECS35bにジョブエントリを
要求する。ステップS105に続いてステップS106
に進み、ECS35bは関数の返り値としてジョブエン
トリの成功または失敗を文書出力サービス133bに送
信する。 【0066】ステップS106に続いてステップS10
7に進み、ECS35bはイベントで実行可否通知を文
書出力サービス133bに送信する。ステップS107
に続いてステップS108に進み、文書出力サービス1
33bは関数を用いてECS35bにジョブ開始を要求
する。 【0067】ステップS108に続いてステップS10
9に進み、ECS35bはイベントでジョブ終了通知お
よび終了したジョブのジョブIDを文書出力サービス1
33bに送信する。ステップS109に続いてステップ
S110に進み、文書出力サービス133bが関数を用
いてECS35bにジョブクローズを要求する。例えば
図5のようなイベントフローにより、文書出力サービス
133bはステップS17で受信した蓄積文書の出力処
理を行うことができる。 【0068】ステップS18に続いてステップS19に
進み、文書出力サービス133bは出力処理の結果を、
NCS31bのhttpd131bを介してネットワー
ク機器120に送信する。ネットワーク機器120は融
合機1bから受信した出力処理の結果を画面上に表示す
る。 【0069】したがって、ユーザはネットワーク機器1
20を操作することにより、融合機1aの文書管理サー
ビス132aを利用して、融合機1aに蓄積されている
蓄積文書を融合機1bで容易に出力することが可能であ
る。 【0070】また、図3の蓄積文書出力システムではチ
ケット134を利用することで蓄積文書のデータ自体を
融合機1a,1b間で無駄に転送することがなくなり、
ネットワーク資源および融合機1a,1bのハードウェ
ア資源4の浪費を防ぐことができる。さらに、図3の蓄
積文書出力システムではチケット134を利用すること
で、文書出力サービス133bにパスワードを知らせる
ことなく認証済みの蓄積文書の出力が可能である。 【0071】図6は、本発明による第2実施例の蓄積文
書出力方法について説明するための融合機の機能構成図
を示す。なお、図6の機能構成図は説明に必要のない機
能構成を省略している。 【0072】ステップS21では、ネットワーク機器1
20が、融合機1aの文書管理サービス132aとセッ
ションを確立する。文書管理サービス132aは、文書
管理サービスのセッションオブジェクト142aと対応
付けた文書管理サービスの利用チケット141を取得す
る。本実施例では、文書管理サービスの利用チケットの
一例として文書管理サービスのセッションID141を
利用する。 【0073】また、ネットワーク機器120はユーザに
より選択された蓄積文書の文書IDおよびパスワード
を、NCS31aのhttpd131aを介して融合機
1aの文書管理サービス132aに送信することで蓄積
文書の利用チケット(以下、単にチケットという)14
0の取得要求を行う。 【0074】ステップS21に続いてステップS22に
進み、文書管理サービス132aはネットワーク機器1
20から受信した蓄積文書の文書IDおよびパスワード
をMCS36aに送信し、パスワードの認証要求を行
う。MCS36aは、文書管理サービス132aから受
信した文書IDおよびパスワードを用いてパスワード認
証を行う。 【0075】ステップS22に続いてステップS23に
進み、MCS36aはパスワード認証の結果を文書管理
サービス132aに送信する。文書IDのパスワード認
証が正常に終了すると、文書管理サービス132aは図
4に表すようなチケット140を生成する。 【0076】ステップS24では、文書管理サービス1
32aが、生成したチケット140および文書管理サー
ビスのセッションID141を、NCS31aのhtt
pd131aを介してネットワーク機器120に送信す
る。 【0077】ステップS25では、ネットワーク機器1
20が、ステップS24で受信したチケット140およ
び文書管理サービスのセッションID141をNCS3
1bのhttpd131bを介して融合機1bの文書出
力サービス133bに送信し、蓄積文書の出力要求を行
う。 【0078】ステップS26では、文書出力サービス1
33bが、ステップS25で受信したチケット140お
よび文書管理サービスのセッションID141をNCS
31bおよびNCS31aのhttpd131aを介し
て融合機1aの文書管理サービス132aに送信し、そ
のチケット140に対応する蓄積文書の取得要求を行
う。 【0079】ステップS27では、文書管理サービス1
32aが、受信したチケット140に含まれるチケット
IDに応じて表135aから文書IDを取得し、その文
書IDに対応する蓄積文書を文書管理DBから読み出
す。文書管理サービス132aは、読み出した蓄積文書
をNCS31aのhttpd131aおよびNCS31
bを介して融合機1bの文書出力サービス133bに送
信する。 【0080】なお、融合機1bの文書出力サービス13
3bが融合機1aの文書管理サービス132aから蓄積
文書を取得した後のステップS28〜S29の処理は図
3のステップS18〜S19の処理と同様であるため、
説明を省略する。 【0081】したがって、ユーザはネットワーク機器1
20を操作することにより、融合機1aの文書管理サー
ビス132aを利用して、融合機1aに蓄積されている
蓄積文書を融合機1bで容易に出力することが可能であ
る。 【0082】また、図6の蓄積文書出力システムではチ
ケット140および文書管理サービスのセッションID
141を利用することで、蓄積文書のデータ自体を融合
機1a,1b間で無駄に転送することがなくなり、ネッ
トワーク資源および融合機1a,1bのハードウェア資
源4の浪費を防ぐことができる。また、図6の蓄積文書
出力システムではチケット140および文書管理サービ
スのセッションID141を利用することで、文書出力
サービス133bにパスワードを知らせることなく認証
済みの蓄積文書の出力が可能である。さらに、図6の蓄
積文書出力システムでは文書管理サービスのセッション
ID141を利用することで、セキュリティの強化が可
能である。 【0083】なお、本実施例では蓄積文書利用認証情報
の一例としてチケット134および140を利用して説
明したが、蓄積文書の使用権限を証明する如何なる情報
であってもよい。また、本実施例では文書管理サービス
利用認証情報の一例として文書管理サービスのセッショ
ンID141を利用して説明したが、文書管理サービス
132aの使用権限を証明する如何なる情報であっても
よい。 【0084】本発明は上記の実施例に限定されるもので
はなく、本発明の範囲内で種々の変形や変更が可能であ
る。 【0085】 【発明の効果】上述の如く、本発明によれば、文書管理
サービスが文書蓄積手段に蓄積された蓄積文書に対する
証明情報を生成し、その証明情報に応じた蓄積文書の識
別情報を生成し、他の画像形成装置の文書出力サービス
が蓄積文書の識別情報を用いて蓄積文書の出力を行うこ
とにより、蓄積文書に対する認証機能を共有することが
できる。 【0086】また、証明情報を用いることで、複数の画
像形成装置間で無駄に蓄積文書を転送させる必要がなく
なるため、ネットワークおよび融合機のリソースを浪費
することなく蓄積文書の出力が可能となる。 【0087】

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明による融合機の一実施例の構成図であ
る。 【図2】本発明による融合機の一実施例のハードウェア
構成図である。 【図3】本発明による第1実施例の蓄積文書出力方法に
ついて説明するための融合機の機能構成図である。 【図4】チケットについて説明するための説明図であ
る。 【図5】文書出力サービスおよびECSが行う蓄積文書
印刷処理の一例のイベントフロー図である。 【図6】本発明による第2実施例の蓄積文書出力方法に
ついて説明するための融合機の機能構成図である。 【符号の説明】 1,1a,1b 融合機 2 ソフトウェア群 3 融合機起動部 4 ハードウェア資源 5 アプリケーション層 6 プラットフォーム 7 共有ファンクション層 8 ラッピング層 9 コントロールサービス層 10 ハンドラ層 11 白黒レーザプリンタ(B&W LP) 12 カラーレーザプリンタ(Color LP) 13 ハードウェアリソース 21 プリンタアプリ 22 コピーアプリ 23 ファックスアプリ 24 スキャナアプリ 25 WEBページアプリ 26 SOAP通信アプリ 27 WEBサービスファンクション(WSF) 28 共有ファンクション(SF) 31,31a,31b ネットワークコントロールサ
ービス(NCS) 32 デリバリーコントロールサービス(DCS) 33,33a,33b オペレーションパネルコント
ロールサービス(OCS) 34,34a,34b ファックスコントロールサー
ビス(FCS) 35,35a,35b エンジンコントロールサービ
ス(ECS) 36,36a,36b メモリコントロールサービス
(MCS) 37 ユーザインフォメーションコントロールサービ
ス(UCS) 38 システムコントロールサービス(SCS) 39 システムリソースマネージャ(SRM) 40 ファックスコントロールユニットハンドラ(F
CUH) 41 イメージメモリハンドラ(IMH) 51〜53 アプリケーションプログラムインターフ
ェース(API) 54 エンジンI/F 60 コントローラ 61 CPU 62 システムメモリ(MEM−P) 63 ノースブリッジ(NB) 64 サウスブリッジ(SB) 65 AGP(Accelerated Graphics Port) 66 ASIC 67 ローカルメモリ(MEM−C) 68 ハードディスク装置(HDD) 70 オペレーションパネル 80 ファックスコントロールユニット(FCU) 90 USBデバイス 100 IEEE1394デバイス 110 エンジン部 120 ネットワーク機器 131a,131b httpd(HyperText Transf
er Protocol Daemon) 132a,132b 文書管理サービス 133a,133b 文書出力サービス 134,140 チケット 135a,135b 表 141 文書管理サービスのセッションID 142a,142b 文書管理サービスのセッション
オブジェクト

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 1/32 B41J 29/00 Z Fターム(参考) 2C061 AP01 AP03 AP04 AP07 AQ06 AR01 CL08 CL10 HJ06 2C187 AD03 AD04 AD14 AE07 BF26 GD02 5B021 BB01 DD12 NN18 5C062 AA05 AA14 AA35 AB38 AB42 AC41 AC42 AC43 AF00 BA04 5C075 AB90 CA14 CD25 EE02

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 画像形成処理で使用されるハードウェア
    資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行うプ
    ログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有す
    る画像形成装置であって、 外部のネットワーク機器から前記文書蓄積手段に蓄積さ
    れた蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信すると、
    前記証明情報取得要求に応じた証明情報を生成して前記
    ネットワーク機器に送信する一方、 他の画像形成装置の文書出力サービスから前記証明情報
    を利用した蓄積文書取得要求を受信すると、前記証明情
    報に応じた蓄積文書を前記文書蓄積手段から取得して前
    記他の画像形成装置の文書出力サービスに送信する文書
    管理サービスを有することを特徴とする画像形成装置。 【請求項2】 前記文書管理サービスは、前記証明情報
    取得要求に応じた証明情報の内容および識別情報を生成
    し、前記証明情報の識別情報を証明情報として前記ネッ
    トワーク機器に送信する一方、前記証明情報の内容を保
    持することを特徴とする請求項1記載の画像形成装置。 【請求項3】 前記文書管理サービスは、前記証明情報
    を利用した蓄積文書取得要求を受信すると、前記証明情
    報の識別情報を用いて証明情報の内容を特定する一方、
    前記証明情報の内容に応じた蓄積文書を前記文書蓄積手
    段から取得して前記他の画像形成装置の文書出力サービ
    スに送信することを特徴とする請求項1記載の画像形成
    装置。 【請求項4】 前記証明情報取得要求は、少なくとも蓄
    積文書を識別するための識別情報および蓄積文書の使用
    権限を証明する暗証情報を含むことを特徴とする請求項
    1記載の画像形成装置。 【請求項5】 画像形成処理で使用されるハードウェア
    資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行うプ
    ログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有す
    る画像形成装置であって、 外部のネットワーク機器から他の画像形成装置の文書蓄
    積手段に蓄積された蓄積文書に対する証明情報を受信す
    ると、前記証明情報を利用した蓄積文書取得要求を他の
    画像形成装置の文書管理サービスに送信する一方、 前記文書管理サービスから前記証明情報に応じた蓄積文
    書を受信すると、前記蓄積文書を出力する文書出力サー
    ビスを有することを特徴とする画像形成装置。 【請求項6】 前記文書出力サービスは、前記ネットワ
    ーク機器から証明情報の識別情報を受信し、前記証明情
    報の識別情報を利用した蓄積文書取得要求を他の画像形
    成装置の文書管理サービスに送信することを特徴とする
    請求項5記載の画像形成装置。 【請求項7】 前記文書出力サービスは、前記識別情報
    に応じた蓄積文書を前記他の画像形成装置の文書蓄積手
    段から取得して出力する一方、その出力処理に応じた出
    力処理情報を前記外部のネットワーク機器に送信するこ
    とを特徴とする請求項5記載の画像形成装置。 【請求項8】 前記証明情報の内容は、前記文書蓄積手
    段に蓄積された蓄積文書のうち、少なくとも認証済みの
    蓄積文書の識別情報を含むことを特徴とする請求項2,
    3又は6何れか一項記載の画像形成装置。 【請求項9】 前記文書管理サービスおよび文書出力サ
    ービスと、前記外部のネットワーク機器とは、シンプル
    ・オブジェクト・アクセス・プロトコルを用いて通信す
    ることを特徴とする請求項1乃至8何れか一項記載の画
    像形成装置。 【請求項10】 画像形成処理で使用されるハードウェ
    ア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行う
    プログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有
    する画像形成装置であって、 外部のネットワーク機器から前記文書蓄積手段に蓄積さ
    れた蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信すると、
    文書管理サービスの使用権限を証明する第1の証明情報
    および前記証明情報取得要求に応じた蓄積文書の使用権
    限を証明する第2の証明情報を生成して前記ネットワー
    ク機器に送信する一方、 他の画像形成装置の文書出力サービスから前記第1およ
    び第2の証明情報を利用した蓄積文書取得要求を受信す
    ると、前記第2の証明情報に応じた蓄積文書を前記文書
    蓄積手段から取得して前記他の画像形成装置の文書出力
    サービスに送信する文書管理サービスを有することを特
    徴とする画像形成装置。 【請求項11】 前記文書管理サービスは、前記第1お
    よび第2の証明情報の内容および識別情報を生成し、前
    記第1および第2の証明情報の識別情報を前記ネットワ
    ーク機器に送信する一方、前記第1および第2の証明情
    報の内容を保持することを特徴とする請求項10記載の
    画像形成装置。 【請求項12】 前記文書管理サービスは、前記第1お
    よび第2の証明情報を利用した蓄積文書取得要求を受信
    すると、前記第1および第2の証明情報の識別情報を用
    いて前記第1および第2の証明情報の内容を特定する一
    方、前記第2の証明情報の内容に応じた蓄積文書を前記
    文書蓄積手段から取得して前記他の画像形成装置の文書
    出力サービスに送信することを特徴とする請求項10記
    載の画像形成装置。 【請求項13】 前記証明情報取得要求は、少なくとも
    蓄積文書を識別するための識別情報および蓄積文書の使
    用権限を証明する暗証情報を含むことを特徴とする請求
    項10記載の画像形成装置。 【請求項14】 画像形成処理で使用されるハードウェ
    ア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行う
    プログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有
    する画像形成装置であって、 外部のネットワーク機器から他の画像形成装置の文書管
    理サービスの使用権限を証明する第1の証明情報および
    前記蓄積文書の使用権限を証明する第2の証明情報を受
    信すると、前記第1および第2の証明情報を利用した蓄
    積文書取得要求を前記他の画像形成装置の文書管理サー
    ビスに送信する一方、 前記文書管理サービスから前記第2の証明情報に応じた
    蓄積文書を受信すると、前記蓄積文書を出力する文書出
    力サービスを有することを特徴とする画像形成装置。 【請求項15】 前記文書出力サービスは、前記ネット
    ワーク機器から前記第1および第2の証明情報の識別情
    報を受信し、前記第1および第2の証明情報の識別情報
    を利用した蓄積文書取得要求を他の画像形成装置の文書
    管理サービスに送信することを特徴とする請求項14記
    載の画像形成装置。 【請求項16】 前記文書出力サービスは、前記識別情
    報に応じた蓄積文書を前記他の画像形成装置の文書蓄積
    手段から取得して出力する一方、その出力処理に応じた
    出力処理情報を前記外部のネットワーク機器に送信する
    ことを特徴とする請求項14記載の画像形成装置。 【請求項17】 前記第2の証明情報の内容は、前記文
    書蓄積手段に蓄積された蓄積文書のうち、少なくとも認
    証済みの蓄積文書の識別情報を含むことを特徴とする請
    求項11,12又は15何れか一項記載の画像形成装
    置。 【請求項18】 前記文書管理サービスおよび文書出力
    サービスと、前記外部のネットワーク機器とは、シンプ
    ル・オブジェクト・アクセス・プロトコルを用いて通信
    することを特徴とする請求項10乃至17何れか一項記
    載の画像形成装置。 【請求項19】 画像形成処理で使用されるハードウェ
    ア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行う
    プログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有
    する画像形成装置の蓄積文書出力方法であって、 文書管理サービスが、外部のネットワーク機器から前記
    文書蓄積手段に蓄積された蓄積文書に対する証明情報取
    得要求を受信する段階と、 前記文書管理サービスが、前記証明情報取得要求に応じ
    た証明情報を生成して前記ネットワーク機器に送信する
    段階と、 前記文書管理サービスが、他の画像形成装置の文書出力
    サービスから前記証明情報を利用した蓄積文書取得要求
    を受信する段階と、 前記文書管理サービスが、前記証明情報に応じた蓄積文
    書を前記文書蓄積手段から取得して前記文書出力サービ
    スに送信する段階とを有することを特徴とする蓄積文書
    出力方法。 【請求項20】 画像形成処理で使用されるハードウェ
    ア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行う
    プログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有
    する画像形成装置の蓄積文書出力方法であって、 文書出力サービスが、外部のネットワーク機器から他の
    画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積された蓄積文書に対
    する証明情報を受信する段階と、 前記文書出力サービスが、前記証明情報を利用した蓄積
    文書取得要求を他の画像形成装置の文書管理サービスに
    送信する段階と、 前記文書出力サービスが、前記他の画像形成装置の文書
    管理サービスから前記証明情報に応じた蓄積文書を受信
    する段階と、 前記文書出力サービスが、前記識別情報に応じた蓄積文
    書を出力する段階とを有することを特徴とする蓄積文書
    出力方法。 【請求項21】 画像形成処理で使用されるハードウェ
    ア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行う
    プログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有
    する画像形成装置の蓄積文書出力方法であって、 文書管理サービスが、前記文書蓄積手段に蓄積された蓄
    積文書に対する証明情報取得要求を受信する段階と、 前記文書管理サービスが、文書管理サービスの使用権限
    を証明する第1の証明情報および前記証明情報取得要求
    に応じた蓄積文書の使用権限を証明する第2の証明情報
    を生成して前記ネットワーク機器に送信する段階と、 前記文書管理サービスが、前記他の画像形成装置の文書
    出力サービスから前記第1および第2の証明情報を利用
    した蓄積文書取得要求を受信する段階と、 前記文書管理サービスが、前記第2の証明情報に応じた
    蓄積文書を前記文書蓄積手段から取得して前記他の画像
    形成装置の文書出力サービスに送信する段階とを有する
    ことを特徴とする蓄積文書出力方法。 【請求項22】 画像形成処理で使用されるハードウェ
    ア資源と、画像形成に係るユーザサービスの処理を行う
    プログラムと、蓄積文書を蓄積する文書蓄積手段とを有
    する画像形成装置の蓄積文書出力方法であって、 文書出力サービスが、外部のネットワーク機器から他の
    画像形成装置の文書管理サービスの使用権限を証明する
    第1の証明情報および前記蓄積文書の使用権限を証明す
    る第2の証明情報を受信する段階と、 前記文書出力サービスが、前記第1および第2の証明情
    報を利用した蓄積文書取得要求を前記他の画像形成装置
    の文書管理サービスに送信する段階と、 前記文書出力サービスが、前記文書管理サービスから前
    記第2の証明情報に応じた蓄積文書を受信する段階と、 前記文書出力サービスが、前記蓄積文書を出力する段階
    とを有することを特徴とする蓄積文書出力方法。 【請求項23】 1つ以上の外部のネットワーク機器
    と、前記外部のネットワーク機器にネットワークを介し
    て接続された第1および第2の画像形成装置とを用い
    て、前記画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積された蓄積
    文書を出力する蓄積文書出力システムであって、 前記第1の画像形成装置は、外部のネットワーク機器か
    ら前記蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信すると
    前記証明情報取得要求に応じた証明情報を生成して前記
    ネットワーク機器に送信する一方、前記第2の画像形成
    装置の文書出力サービスから前記証明情報を利用した蓄
    積文書取得要求を受信すると前記証明情報に応じた蓄積
    文書を前記文書蓄積手段から取得して前記第2の画像形
    成装置の文書出力サービスに送信する文書管理サービス
    を有し、 前記第2の画像形成装置は、前記ネットワーク機器から
    前記証明情報を受信すると前記証明情報を利用した蓄積
    文書取得要求を前記第1の画像形成装置の文書管理サー
    ビスに送信する一方、前記第1の画像形成装置の文書管
    理サービスから前記証明情報に応じた蓄積文書を受信す
    ると前記識別情報に応じた蓄積文書を出力する文書出力
    サービスを有することを特徴とする蓄積文書出力システ
    ム。 【請求項24】 1つ以上の外部のネットワーク機器
    と、前記外部のネットワーク機器にネットワークを介し
    て接続された第1および第2の画像形成装置とを用い
    て、前記画像形成装置の文書蓄積手段に蓄積された蓄積
    文書を出力する蓄積文書出力システムであって、 前記第1の画像形成装置は、外部のネットワーク機器か
    ら前記蓄積文書に対する証明情報取得要求を受信すると
    文書管理サービスの使用権限を証明する第1の証明情報
    および前記証明情報取得要求に応じた蓄積文書の使用権
    限を証明する第2の証明情報を生成して前記ネットワー
    ク機器に送信する一方、前記第2の画像形成装置の文書
    出力サービスから前記第1および第2の証明情報を利用
    した蓄積情報取得要求を受信すると前記第2の証明情報
    に応じた蓄積文書を前記文書蓄積手段から取得して前記
    第2の画像形成装置の文書出力サービスに送信する文書
    管理サービスを有し、 前記第2の画像形成装置は、前記ネットワーク機器から
    前記第1および第2の証明情報を受信すると前記第1お
    よび第2の証明情報を利用した蓄積文書取得要求を前記
    第1の画像形成装置の文書管理サービスに送信する一
    方、前記第1の画像形成装置の文書管理サービスから前
    記第2の証明情報に応じた蓄積文書を受信すると前記蓄
    積文書を出力する文書出力サービスを有することを特徴
    とする蓄積文書出力システム。
JP2002215542A 2002-03-19 2002-07-24 画像形成装置,蓄積文書出力方法および蓄積文書出力システム Pending JP2003341175A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002-76865 2002-03-19
JP2002076865 2002-03-19
JP2002215542A JP2003341175A (ja) 2002-03-19 2002-07-24 画像形成装置,蓄積文書出力方法および蓄積文書出力システム

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002215542A JP2003341175A (ja) 2002-03-19 2002-07-24 画像形成装置,蓄積文書出力方法および蓄積文書出力システム
US10/390,782 US7511842B2 (en) 2002-03-19 2003-03-19 Image forming apparatus
US10/453,686 US20040070782A1 (en) 2002-06-05 2003-06-04 Image forming apparatus, stored document printing method and stored document printing system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003341175A true JP2003341175A (ja) 2003-12-03

Family

ID=29781883

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002215542A Pending JP2003341175A (ja) 2002-03-19 2002-07-24 画像形成装置,蓄積文書出力方法および蓄積文書出力システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003341175A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005182828A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 Xerox Corp 文書識別子に基づいて文書を提供するシステム及び方法
JP2006237877A (ja) * 2005-02-23 2006-09-07 Ricoh Co Ltd 画像形成装置、画像形成方法、及び画像形成プログラム
CN1754704B (zh) * 2004-09-27 2010-06-23 株式会社理光 多功能图像形成设备及其方法
JP2017184285A (ja) * 2017-06-15 2017-10-05 株式会社リコー 情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
US10244139B2 (en) 2008-01-16 2019-03-26 Ricoh Company, Ltd. Information processing apparatus, information processing method and computer-readable recording medium for executing an output process of document data by an image processing apparatus that does not have an application of the information processing apparatus

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005182828A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 Xerox Corp 文書識別子に基づいて文書を提供するシステム及び方法
CN1754704B (zh) * 2004-09-27 2010-06-23 株式会社理光 多功能图像形成设备及其方法
US7760383B2 (en) 2004-09-27 2010-07-20 Ricoh Company, Ltd. Multiple function image formation device and method including master and sub-service functions
JP2006237877A (ja) * 2005-02-23 2006-09-07 Ricoh Co Ltd 画像形成装置、画像形成方法、及び画像形成プログラム
US10244139B2 (en) 2008-01-16 2019-03-26 Ricoh Company, Ltd. Information processing apparatus, information processing method and computer-readable recording medium for executing an output process of document data by an image processing apparatus that does not have an application of the information processing apparatus
JP2017184285A (ja) * 2017-06-15 2017-10-05 株式会社リコー 情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6481724B2 (ja) 画像取扱装置、画像取扱方法及びプログラム
US10530941B2 (en) Image forming apparatus and scanned data process method
US9372648B2 (en) Image forming device capable of exchanging print data with another image forming device, and control method and storage medium therefor
US7755792B2 (en) Image processing apparatus, image apparatus system, and image processing method
US7613404B2 (en) Image forming apparatus transferring log information
EP2249555B1 (en) Method of and apparatus for image formation and computer product
EP1650953B1 (en) Image forming apparatus, a print process method, a computer program and a computer readable storage medium
KR101377468B1 (ko) 화상처리장치, 화상처리장치의 제어 방법 및 컴퓨터 프로그램을 격납한 기록 매체
US20150249724A1 (en) Information processing apparatus, information processing system, and recording medium
JP6414287B2 (ja) 印刷システム、画像形成装置、特定情報記憶装置とその処理方法及びプログラムに関する。
JP4759436B2 (ja) 画像取扱装置、画像処理システム、画像処理制御方法、及び画像処理制御プログラム
US8482778B2 (en) Print intermediary server and print intermediary method
US8867051B2 (en) Printing system, image forming apparatus, print data managing method thereof, and program
US8130404B2 (en) Image processing system and image processing apparatus
US8670145B2 (en) Controlling image processing system
US7395338B2 (en) Information processing apparatus and session management method
EP2285088B1 (en) Charging for image processing services carried out by service providing devices external to an image processing device
US7760380B2 (en) Image forming apparatus, control method thereof, image forming system, and program
JP3679349B2 (ja) 画像形成装置、画像形成方法、画像形成プログラムおよびアプリケーションプログラム
US20090180141A1 (en) Image Forming Apparatus, Charge Server and Image Forming System
US20050246428A1 (en) Service providing method, service providing apparatus, computer-readable storage medium and computer program product
US8982374B2 (en) Image forming system and image forming method for collectively supporting output data formats and authentication methods
EP3483762B1 (en) User authentication method and program, and image forming apparatus
JP4308676B2 (ja) 文字列処理装置,文字列処理方法および画像形成装置
JP4372147B2 (ja) 画像形成システム及び情報処理装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051011

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051018

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051219

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060411

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060511

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060621

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20060811