JP2003323104A - Language learning system - Google Patents

Language learning system

Info

Publication number
JP2003323104A
JP2003323104A JP2002130797A JP2002130797A JP2003323104A JP 2003323104 A JP2003323104 A JP 2003323104A JP 2002130797 A JP2002130797 A JP 2002130797A JP 2002130797 A JP2002130797 A JP 2002130797A JP 2003323104 A JP2003323104 A JP 2003323104A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
index
learner
practice
sentence
teaching
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002130797A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Motonori Tsuda
元紀 津田
Original Assignee
Uchida Yoko Co Ltd
株式会社内田洋行
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Uchida Yoko Co Ltd, 株式会社内田洋行 filed Critical Uchida Yoko Co Ltd
Priority to JP2002130797A priority Critical patent/JP2003323104A/en
Publication of JP2003323104A publication Critical patent/JP2003323104A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a language learning system in which the parts to be repeated are automatically specified, and voice teaching materials for use in role-play and repeating can be easily created. <P>SOLUTION: In the language learning system, a teacher's terminal device and learner's terminal devices are connected via a network. The teacher's terminal device inserts an index indicating the break of a sentence into the voice of the text in use for the teaching material, creates an index information file including the information of the index, and distributes the index information file to the learner's terminals. The index information file includes the information of the pause time and presence/absence of recording of each sentence for repeated practices and also includes the information of presence/absence of reproduction, pause time, and presence/absence of recording for role-play. The learner's terminal device carries out voice reproduction for repeated practice/ role-play based on the index information file. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、学習者が端末装置
に向かい、教師用端末から送られてくる教材を使って学
習する語学学習システムに関し、特に、リスニングやス
ピーキングに効果的な語学学習を可能にするものであ
る。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a language learning system in which a learner goes to a terminal device and learns by using teaching materials sent from a teacher's terminal, and more particularly, to a language learning system effective for listening and speaking. It makes it possible.

【0002】[0002]

【従来の技術】従来のこの種の語学学習システムとし
て、例えば、特開2000−330463号公報に示さ
れたものがある。これは、教材蓄積配信装置と指導者用
端末装置と学習者用端末装置とをネットワークで接続し
た語学学習システムである。教材蓄積配信装置に記録す
る教材データは教材データ蓄積手段に記録され、同時
に、記録された教材の情報が教材データ管理手段に記録
される。また、指導者用端末装置からネットワークを介
して、教材の分割、連結、削除、複写など編集要求を受
信すると、教材データ管理手段に記憶されているセンテ
ンス開始/終了位置情報等が編集した教材情報に書き替
えられる。記録した教材を学習者へ送信する場合、教材
データ管理手段に記録されている教材情報から、送信す
る教材を探し、教材データ蓄積手段より読み出して学習
者用端末装置に配信する。この先行技術によれば、記録
した教材に対して、分割、連結、削除、複写等の教材編
集を容易に行うことができる。
2. Description of the Related Art As a conventional language learning system of this type, for example, there is one disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 2000-330463. This is a language learning system in which a teaching material storage / delivery device, a teacher terminal device, and a learner terminal device are connected by a network. The teaching material data recorded in the teaching material accumulating / delivering device is recorded in the teaching material data accumulating means, and at the same time, the information of the recorded teaching material is recorded in the teaching material data managing means. Further, when an editing request for dividing, linking, deleting, copying the teaching material is received from the instructor terminal device via the network, the teaching material information in which the sentence start / end position information stored in the teaching material data managing means is edited. Can be rewritten as When transmitting the recorded teaching material to the learner, the teaching material to be transmitted is searched from the teaching material information recorded in the teaching material data managing means, read from the teaching material data accumulating means, and distributed to the learner terminal device. According to this prior art, it is possible to easily edit the recorded teaching material such as dividing, linking, deleting and copying.

【0003】[0003]

【発明が解決しようとする課題】上記先行技術は、教材
データの任意の箇所を迅速に配信したり、教材の分割、
削除、移動、複写などの編集やポーズ時間の設定を簡単
な処理で実現するとともに、ヒアリングテストの自動進
行における回答時間の変更や提示する正答の変更など、
各種のテスト条件の設定や変更を簡単に実施することを
目的としている。
SUMMARY OF THE INVENTION The above-mentioned prior art is to rapidly distribute an arbitrary portion of the teaching material data, divide the teaching material,
Editing, such as deleting, moving, and copying, and setting of pause time are realized by simple processing, while changing the answer time and the correct answer to be presented in the automatic progress of the hearing test.
The purpose is to easily set and change various test conditions.

【0004】しかし、上記先行技術では教材データのイ
ンデックスを手動で挿入しなければならなかった。ま
た、上記先行技術は語学学習におけるヒアリングに有効
であったが、リスニングやスピーキングの訓練を効果的
に行うことができなかった。例えば、ロールプレイ(役
割練習)用やリピーティング(繰り返し練習)用の音声
教材を提供することはできなかった。
However, in the above-mentioned prior art, the index of the teaching material data had to be manually inserted. Further, although the above-mentioned prior art was effective for hearing in language learning, it was not possible to effectively carry out listening and speaking training. For example, it was not possible to provide audio teaching materials for role play (role practice) or repeating (repeated practice).

【0005】そこで、本発明は繰り返し箇所を自動的に
指定したり、ロールプレイ(役割練習)用やリピーティ
ング(繰り返し練習)用の音声教材を容易に作成できる
語学学習システムを提供することを目的とする。
Therefore, an object of the present invention is to provide a language learning system capable of automatically designating repetitive points and easily creating audio teaching materials for role play (role practice) and repeating (repeated practice). To do.

【0006】[0006]

【課題を解決するための手段】この発明は、教師用端末
装置と学習者用端末装置をネットワークで接続した語学
学習システムであって、前記教師用端末装置は、教材用
テキスト音声にそのセンテンスの区切りを示すインデッ
クスを設定し、前記インデックスに関する情報を含むイ
ンデックス情報ファイルを作成し、前記インデックス情
報ファイルを前記学習者用端末装置へ配信し、前記イン
デックス情報ファイルは、繰り返し練習用にセンテンス
毎のポーズ時間、録音の要否の情報を含むとともに、役
割練習用にセンテンス毎の再生の要否、ポーズ時間、録
音の要否の情報を含む、ものである。
SUMMARY OF THE INVENTION The present invention is a language learning system in which a teacher terminal device and a learner terminal device are connected by a network, wherein the teacher terminal device includes a text voice for teaching material as a sentence An index indicating a break is set, an index information file including information about the index is created, the index information file is distributed to the learner's terminal device, and the index information file is a pose for each sentence for repeated practice. In addition to including information on time and necessity of recording, information for necessity of reproduction for each sentence, pause time, and necessity of recording for role practice are included.

【0007】好ましくは、前記繰り返し練習用のポーズ
時間は、再生された直前のセンテンスと同じ時間に設定
される。
[0007] Preferably, the pause time for the repeated practice is set to the same time as the sentence immediately before being reproduced.

【0008】好ましくは、前記役割練習用のポーズ時間
は、再生されないセンテンスと同じ時間に設定される。
[0008] Preferably, the role practice pause time is set to the same time as the sentence not reproduced.

【0009】前記学習者用端末装置は、教材用テキスト
音声を再生するとき、前記インデックス情報ファイルに
含まれる繰り返し練習用の情報に基づきセンテンスの再
生の後に再生を一時停止し、この間の学習者の音声を録
音する。
[0009] The terminal device for learner, when reproducing the text voice for teaching material, pauses the reproduction after the reproduction of the sentence based on the information for repeated practice contained in the index information file, and Record voice.

【0010】前記学習者用端末装置は、教材用テキスト
音声を再生するとき、前記インデックス情報ファイルに
含まれる役割練習用の情報に基づきセンテンスの再生を
行うかどうか判定し、センテンスの再生を行わないとき
再生を一時停止し、この間の学習者の音声を録音する。
The terminal device for learner determines whether to reproduce the sentence based on the information for role practice contained in the index information file when reproducing the text voice for teaching material, and does not reproduce the sentence. When the playback is paused, the learner's voice is recorded during this period.

【0011】例えば、前記学習者用端末装置は、録音さ
れた学習者の音声を結合し、録音された学習者音声を結
合し、前記教師用端末装置へ送出する。
For example, the learner terminal device combines the recorded learner voices, combines the recorded learner voices, and sends them to the teacher terminal device.

【0012】好ましくは、前記教師用端末装置の画面に
おいて、前記教材用テキスト音声の時間、インデックス
名、繰り返し練習におけるポーズ時間・録音フラグ、及
び、役割練習における再生フラグ・ポーズ時間・録音フ
ラグが一覧形式で表示され、当該一覧形式において前記
繰り返し練習及び前記役割練習のパラメータの設定・再
設定が可能である。
[0012] Preferably, on the screen of the teacher terminal device, a list of the time of the text voice for teaching material, the index name, the pause time / recording flag in repeated practice, and the reproduction flag / pause time / recording flag in role practice It is displayed in a format, and in the list format, it is possible to set / reset the parameters of the repeating exercise and the role exercise.

【0013】[0013]

【発明の実施の形態】本発明の実施の形態に係るシステ
ムについて図面を参照して説明を加える。図1は本シス
テムの全体を示す図である。LAN5に教師用パソコン
1、少なくともひとつの学習者用パソコン2、コンソー
ルパソコン3及びサーバ4が接続されている。
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION A system according to an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. FIG. 1 is a diagram showing the entire system. A teacher personal computer 1, at least one learner personal computer 2, a console personal computer 3, and a server 4 are connected to the LAN 5.

【0014】教師用パソコン1は内蔵する教材アセンブ
ラ1aにより教材を編集・作成して学習用パソコン2に
配信するとともに、学習用パソコン2から学習者の発音
の録音データを受けて再生する。教師用パソコン1は共
通の教材を全部の学習者用パソコン2に配信することも
できるし、学習者毎に固有の教材を個別に配信すること
もできる。
The teacher's personal computer 1 edits / creates the teaching material by the built-in teaching material assembler 1a and distributes it to the learning personal computer 2, and receives the recorded data of the learner's pronunciation from the learning personal computer 2 and reproduces it. The teacher's personal computer 1 can deliver a common teaching material to all the learner's personal computers 2, or can deliver a unique teaching material to each learner individually.

【0015】教材アセンブラー1aはランゲージ‐ラボ
ラトリー(LL)授業で使用する教材を作成するアプリ
ケーションである。教材は1つ以上のテキストから構成
される。テキストには、教師が用意した音声ファイル
(テキスト音声)、テキスト音声のセンテンス区切りを
示すインデックス情報、テキスト音声に対応する英語文
とその日本語訳、ドリル学習用の問題データ(放送文、
問題文、選択肢、解説文、画像)が含まれる。図7はイ
ンデックス情報ファイルの詳細を示す。
The teaching material assembler 1a is an application for creating teaching materials used in a language-laboratory (LL) class. The teaching material consists of one or more texts. The text includes a voice file (text voice) prepared by the teacher, index information indicating sentence boundaries of the text voice, an English sentence corresponding to the text voice and its Japanese translation, question data for drill learning (broadcast text,
This includes question sentences, options, explanations, and images). FIG. 7 shows the details of the index information file.

【0016】教材アセンブラー1aにより、教師用パソ
コン1にはデジタル音声から簡単にオリジナル教材を作
成するための教材作成画面が表示される(図5参照)。
この画面において、テキスト音声の無音部分を自動的に
検出してインデックスを作成するオートインデックス作
成処理、ロールプレイ教材の役割パート・ポーズ時間・
学習者発音時の録音指定を行うロールプレイ教材作成、
リピーティング教材の繰り返し箇所・ポーズ時間・学習
者発音時の録音指定を行うリピーティング教材作成、及
び、テキスト音声にリンクした内容文、訳文、放送文、
問題文、選択肢、解説文を作成するドリルスタディ教材
作成を行うことができる。
The teaching material assembler 1a causes the teacher personal computer 1 to display a teaching material creation screen for easily creating an original teaching material from digital voice (see FIG. 5).
On this screen, automatic index creation processing that automatically detects silent parts of text voice and creates an index, role play material role part pause time
Creating role-play teaching materials that specify the recording when the learner pronounces
Creation of repeating teaching materials that specify repeat points of the teaching materials, pause time, and recording when the learner pronounces, as well as content sentences, translated sentences, broadcast sentences linked to text voice,
You can create drill study materials to create question sentences, options, and commentary.

【0017】学習用パソコン2は学習者一人に対して1
台割り当てられる。これに内蔵するソフトレコーダ2a
によりロールプレイ(役割練習)やリピーティング(繰
り返し練習)を行うとともに、ドリルスタディ2bによ
り、教材アセンブラー1aで作成された教材を使用して
ドリル学習を行う。学習者用パソコン2には、手本音声
の再生や学習者音声の再生・デジタル録音を行うための
ソフトレコーダ画面(図6参照)及び/又は画像付き問
題にも対応した個別学習用ツールであるドリルスタディ
画面が表示される。なお、学習用パソコン2には図示さ
れないヘッドセットあるいはスピーカー及びマイクが接
続されている。
The learning personal computer 2 is 1 for each learner.
Units are assigned. Built-in software recorder 2a
The role study (role practice) and the repeating (repeated practice) are performed, and the drill study 2b performs the drill learning using the teaching material created by the teaching material assembler 1a. The learner's personal computer 2 is an individual learning tool that also supports soft recorder screens (see FIG. 6) for playing model voices, playing learner voices, and digital recordings, and / or problems with images. The drill study screen is displayed. A headset or a speaker and a microphone (not shown) are connected to the learning personal computer 2.

【0018】ソフトレコーダー2aは、教材アセンブラ
ーで作成した教材を使用してリスニング練習や発音練習
するためのアプリケーションである。図6のソフトレコ
ーダ画面において、以下の機能を利用できる。 ・再生:手本及び学習者が録音した音声をそれぞれ再生
する。 ・特殊再生:手本と学習者音声を同時又は順次再生す
る。 ・録音:学習者の音声を録音する。 ・特殊録音:手本を再生しながら学習者音声を録音す
る。 ・再生スピードコントロール:手本や学習者音声の再生
速度をリアルタイムで変化させる。 ・繰り返し再生:インデックス間の繰り返し再生、指定
範囲の繰り返し再生を行う。 ・ロールプレイ:手本(会話教材)の1パートを役割練
習するモード。学習者用パートで指定時間ポーズとなり
その間に学習者が発音する。 ・リピーティング:手本を繰り返し発音練習するための
モード。手本の1インデックス再生後、指定時間ポーズ
となりその間に学習者が発音する。 ・パワーピッチ表示:手本及び学習者それぞれの波形・
ピッチを別領域で表示する。 ・テキスト内容表示:手本再生時にインデックス毎に対
応するテキスト内容を表示する。 ・テキスト訳文表示:手本再生時にインデックス毎に対
応する訳文を表示する。 ・音声提出:学習者が録音した音声を教師側の提出ホル
ダに提出する。 ・教材保存:手本の音声を外部メディアに出力する。
The soft recorder 2a is an application for practicing listening and pronunciation using the teaching material created by the teaching material assembler. The following functions are available on the soft recorder screen of FIG. -Playback: Play the model and the voice recorded by the learner.・ Special playback: Simultaneously or sequentially play the model and the learner's voice.・ Recording: Record the learner's voice.・ Special recording: Record learner's voice while playing the model. -Playback speed control: The playback speed of the model and the learner's voice is changed in real time. -Repeat playback: Repeat playback between indexes and repeat playback within a specified range.・ Role play: A mode in which one part of the role model (conversational teaching material) is practiced. The learner's part has a specified time pause and the learner pronounces during that time.・ Repeating: A mode to practice pronunciation repeatedly. After playing one index of the model, the learner pronounces during the designated time pause.・ Power pitch display: Waveform of each model and learner
Display the pitch in another area.・ Text content display: Displays the text content corresponding to each index when playing the model.・ Text translation display: Display the translation corresponding to each index when playing the model. -Voice submission: Submit the voice recorded by the learner to the teacher's submission holder.・ Storing materials: Output the model voice to external media.

【0019】コンソールパソコン3はシステム全体の制
御を行うためのものである。コンソールパソコン3には
図示しないコンソール画面が表示される。この画面にお
いて学習者パソコンの状態を表示したり選択したり、主
にLLの授業で使用する、巡回開始、共有、マーキン
グ、アナライザー、グループコール、教材送出、音声回
収などの基本ボタンを表示/選択したり、主に情報系の
授業で使用する、モニタ、画面転送、ロック、配布回
収、メッセージ送信、アプリ起動、グループ実習などの
拡張メニューボタンを表示/選択したり、その他管理系
ボタンなどを表示/選択する。
The console personal computer 3 is for controlling the entire system. A console screen (not shown) is displayed on the console personal computer 3. This screen displays and selects the status of the learner's personal computer, and displays / selects basic buttons such as patrol start, sharing, marking, analyzer, group call, teaching material delivery, and voice collection, which are mainly used in LL classes. Or display / select extended menu buttons such as monitor, screen transfer, lock, distribution collection, message transmission, application start, group practice, etc., which are mainly used in information related lessons, and display other management related buttons etc. /select.

【0020】サーバ4は教材データ及び学習者データを
保存・管理するためのものである。教材データは外部記
憶装置4aに置かれる。教材アセンブラ1aで編集する
とき、外部記憶装置4aからデータ読み込み、編集後の
データをこれに書き込む。学習者データについても同様
である。パソコン1,2がデータを直接配信することに
代えて、サーバのデータの記憶場所を指定してこれを受
信するように受信すべき相手のパソコンに指示するよう
にしてもよい。なお、教師用パソコン1及び学習者用パ
ソコン2で教材データ及び学習者データを直接扱うとき
は、サーバ4はなくてもよい。
The server 4 is for storing and managing teaching material data and learner data. The teaching material data is stored in the external storage device 4a. When editing with the teaching material assembler 1a, the data is read from the external storage device 4a and the edited data is written therein. The same applies to learner data. Instead of distributing the data directly by the personal computers 1 and 2, the data storage location of the server may be designated and the other personal computer to be received may be instructed to receive it. It should be noted that the server 4 may be omitted when the teaching material data and the learner data are directly handled by the teacher personal computer 1 and the learner personal computer 2.

【0021】本システムは、コンピュータを使った新し
いランゲージ‐ラボラトリー(LL)授業を実現するも
のである。例えば、操作画面に液晶タッチパネルを備
え、これに表示されるボタンのうち実行したいものを指
で押すだけで簡単に操作できる。本システムにおいて、
アナログメディアをデジタル化してコンピュータに記憶
し、活用することができる。デジタル化した音声データ
はオートインデックス作成機能を使って繰り返し箇所の
指定をしたり、ロールプレイ(役割練習)用やリピーテ
ィング(繰り返し練習)用の音声教材として利用でき
る。
This system realizes a new language-laboratory (LL) class using a computer. For example, a liquid crystal touch panel is provided on the operation screen, and one of the buttons displayed on the touch panel can be easily operated by simply pressing it with a finger. In this system,
Analog media can be digitized and stored in a computer for use. The digitized voice data can be used as audio teaching materials for role play (role practice) and repeating (repeated practice) by specifying the repeat points using the automatic index creation function.

【0022】本システムの特徴は、インデックス作成、
リピーティング(繰返し練習)用設定及びその処理、ロ
ールプレイ(役割練習)用設定及びその処理、及び、イ
ンデックス、インデックス毎の再生内容に対応した外国
語/日本語の設定、リピーティング設定、ロールプレイ
設定、1音声に対応した放送文/問題分/選択肢/画像
/解説を1画面で把握できる点にある。以下、これらに
ついて説明を加える。
The features of this system are that index creation,
Settings for repeating (repeating practice) and its processing, settings for role-playing (role practice) and their processing, and indexes, foreign language / Japanese settings corresponding to the playback contents of each index, repeating settings, role-play settings, The point is that the broadcast text / problem / choice / image / comment corresponding to one voice can be grasped on one screen. These will be described below.

【0023】(1)テキスト音声のインデックス作成 教材アセンブラー1aでは、テキスト音声のセンテンス
区切りを示すインデックスを作成することができる。こ
のインデックス作成操作をインデックス作成(ポージン
グ)と呼ぶ。ソフトレコーダー2aでは、インデックス
情報を元に発音練習を繰り返したり、後述するリピーテ
ィングやロールプレイに取り組むことができる。
(1) Creation of Text-to-Voice Index The teaching material assembler 1a can create an index indicating a sentence break of a text-to-speech. This index creation operation is called index creation (posing). In the soft recorder 2a, pronunciation practice can be repeated based on the index information, and repeating and role play described later can be performed.

【0024】インデックス作成には自動インデックス作
成と手動インデックス作成の2つの方法がある。
There are two methods of indexing, automatic indexing and manual indexing.

【0025】手動インデックスを作成するには、インデ
ックスを作成したい位置でテキスト音声の再生を一時停
止し、手動インデックスをクリックする。(図10参
照)。任意の個所でインデックスを作成できるため、イ
ンデックスの位置が必ずしもセンテンス区切りと一致す
るとは限らない。手動インデックス作成によれば、教師
が音声教材を再生しながら任意のタイミングで一時停止
し、そこにインデックスを作成(挿入)することができ
る。指定インデックスの削除も可能である。オーセンテ
ィック教材では、無音検出による自動インデックス作成
は難しいので手動インデックス作成が用いられるととも
に、教師が任意の箇所にインデックスを作成する場合に
も使用される。
To create a manual index, the text / voice reproduction is temporarily stopped at the position where the index is desired to be created, and the manual index is clicked. (See Figure 10). Since the index can be created at any position, the position of the index does not always match the sentence delimiter. According to the manual index creation, the teacher can pause (play) the audio material at an arbitrary timing and create (insert) the index there. You can also delete the specified index. In authentic teaching materials, automatic indexing by silence detection is difficult, so manual indexing is used, and it is also used when a teacher creates an index at an arbitrary position.

【0026】(2)リピーティング(繰返し練習)用設
定及びその処理 リピーティングはソフトレコーダー2aの動作モードの
ひとつで、学習者がテキスト音声のセンテンス毎に発音
練習を行うためのものである。テキスト音声が1センテ
ンス分再生されると、しばらくポーズ状態となり、その
間に学習者が発音練習を行う。ポーズ中に発音練習した
学習者の声を録音することもできる。
(2) Setting for Repeating (Repeat Practice) and Its Processing Repeating is one of the operation modes of the soft recorder 2a, and is for the learner to practice pronunciation for each sentence of text voice. When the text voice is reproduced for one sentence, the character is put into a pause state for a while, and the learner practices pronunciation during that time. It is also possible to record the voice of the learner who practiced pronunciation during the pause.

【0027】テキスト音声のセンテンス再生直後にポー
ズする時間、及び録音の有無は教材アセンブラー1aで
設定され、インデックス情報ファイルに書き込まれる。
The time to pause immediately after the reproduction of the sentence of the text voice and the presence / absence of recording are set by the teaching material assembler 1a and written in the index information file.

【0028】インデックス作成タイミングで、直前のイ
ンデックスとの時間を自動計算し、予め定められた『ポ
ーズ』時間に設定される。『ポーズ』時間は教師が任意
の時間に変更可能である。『ポーズ』時間に対応して、
『録音』の有無を設定可能である。変更した『ポーズ』
時間を図5の下部ボタンにて初期値にもどすことが可能
である。
At the index creation timing, the time with the immediately preceding index is automatically calculated and set to a predetermined "pause" time. The "pause" time can be changed by the teacher at any time. Corresponding to the "pause" time,
It is possible to set the presence or absence of "recording". Changed "pose"
The time can be returned to the initial value with the lower button of FIG.

【0029】ソフトレコーダ2aにおけるリピーティン
グ動作について図3のフローチャート及び図11の説明
図を参照して説明を加える。学習者がリピーティングモ
ードで教材を再生する(S12)と、その後、設定され
た『ポーズ』時間分、再生が一時停止する(S13)。
この『ポーズ』時間において学習者はスピーキングの繰
返し練習を行うことができる。インデックス情報ファイ
ルにおいて学習者の音声の録音が指定されているとき
(S14でYES)、学習者の発音を録音し(S1
5)、これらを結合し(S16)、教師用パソコン2あ
るいはサーバ4に送る。
The repeating operation of the soft recorder 2a will be described with reference to the flowchart of FIG. 3 and the explanatory view of FIG. When the learner plays the teaching material in the repeating mode (S12), thereafter, the playing is paused for the set "pause" time (S13).
During this “pause” time, the learner can practice repeated speaking. When the learner's voice recording is designated in the index information file (YES in S14), the learner's pronunciation is recorded (S1).
5) These are combined (S16) and sent to the teacher's personal computer 2 or server 4.

【0030】デフォルトで教材と同時間の『ポーズ』時
間が設定されるので、教師の設定が簡略化される。教師
が『ポーズ』時間を変更できるので、学習者のレベルに
合わせた、スピーキングの繰返し練習が可能となる。
『ポーズ』時間に学習者が繰返し発音した音声を自動録
音することを指定可能であるので、スピーキングの結果
を自分で、または教師が回収して評価することができ
る。
By default, the "pause" time is set simultaneously with the teaching material, which simplifies the setting of the teacher. The teacher can change the "pause" time, which enables repeated practice of speaking according to the learner's level.
Since it is possible to specify that the learner automatically repeats the voices pronounced during the "pause" time, the results of the speaking can be collected and evaluated by the teacher or by the teacher.

【0031】(3)ロールプレイ(役割練習)用設定 ロールプレイはソフトレコーダー2aの動作モードの一
つである。テキスト音声がA,Bの二人の会話で成り立
っているとして、学習者がAもしくはBの一方を担当し
て発音練習を行う。仮に、学習者がBを担当するものと
する。ソフトレコーダーはAの部分を再生すると、Bの
部分ではポーズ状態になる。学習者はポーズ中にBの部
分を発音練習する。発音練習中の声を録音することもで
きる。
(3) Setting for Role Play (Role Practice) Role play is one of the operation modes of the soft recorder 2a. Assuming that the text voice consists of two conversations A and B, the learner takes charge of one of A and B to practice pronunciation. It is assumed that the learner is in charge of B. When the soft recorder plays part A, part B becomes paused. The learner practices the pronunciation of part B during the pose. You can also record your voice during pronunciation practice.

【0032】ソフトレコーダーが再生するテキスト音声
のセンテンス、及び学習者が発音練習するためのポーズ
時間、録音の有無は教材アセンブラー1aで設定され
る。
The text utterance sentence reproduced by the soft recorder, the pause time for the learner to practice pronunciation, and the presence / absence of recording are set by the teaching material assembler 1a.

【0033】インデックス作成タイミングで、直前のイ
ンデックスとの時間を自動計算し、『ポーズ』時間に設
定される。再生させたい箇所のみを『再生』にて設定可
能である。『ポーズ』時間は教師が任意の時間に変更可
能である。ポーズ時間に対応して、録音の有無を設定可
能である。変更したポーズ時間を図5の下部ボタンにて
初期値にもどすことが可能である。
At the index creation timing, the time with the immediately preceding index is automatically calculated and set as the "pause" time. Only the part you want to play can be set by "Play". The "pause" time can be changed by the teacher at any time. Whether to record or not can be set according to the pause time. The changed pause time can be returned to the initial value with the lower button of FIG.

【0034】ソフトレコーダ2aにおけるロールプレイ
動作について図4のフローチャート及び図12の説明図
を参照して説明を加える。
The role play operation in the soft recorder 2a will be described with reference to the flowchart of FIG. 4 and the explanatory view of FIG.

【0035】学習者がロールプレイモードで教材の再生
ボタンを押すと、まず、1センテンス分のテキスト音声
を走査する(S22)。当該センテンスの再生フラグ
(インデックス情報ファイルのフラグ)がONであれば
(S23でYES)、当該1センテンス分のテキスト音
声を再生する(S24)。そして処理の始めに戻る。
When the learner presses the play button of the teaching material in the role play mode, first, the text voice for one sentence is scanned (S22). If the reproduction flag of the sentence (flag of the index information file) is ON (YES in S23), the text voice of the one sentence is reproduced (S24). Then, the process returns to the beginning.

【0036】一方、当該センテンスの再生フラグ(イン
デックス情報ファイルのフラグ)がOFFであれば(S
23でNO)、予め指定された時間だけ再生を停止する
(S25)。インデックス情報ファイルにおいて学習者
の音声の録音が指定されているとき(S26でYE
S)、学習者の発音を録音し(S27)、これらを結合
し(S28)、教師用パソコン2あるいはサーバ4に送
る。
On the other hand, if the reproduction flag of the sentence (flag of the index information file) is OFF (S
(NO at 23), the reproduction is stopped for a predetermined time (S25). When the recording of the learner's voice is designated in the index information file (YES in S26)
S), the learner's pronunciation is recorded (S27), these are combined (S28), and sent to the teacher's personal computer 2 or the server 4.

【0037】学習者がロールプレイモードで教材を再生
した際、インデックス情報ファイルにおいて『再生』設
定された箇所のみが再生され、『再生』設定されていな
い部分は設定されたポーズ時間分、再生が一時停止する
ので、スピーキングの役割練習が可能となる。デフォル
トで教材と同時間のポーズ時間が設定されるので、教師
の設定が簡略化される。教師がポーズ時間を変更できる
ので、学習者のレベルに合わせた、スピーキングの役割
練習が可能となる。スピーキングの結果を自分で、また
は教師が回収して評価することができる。
When the learner plays back the teaching material in the role play mode, only the part set to "play" in the index information file is played, and the part not set to "play" is played for the set pause time. Since it is paused, it becomes possible to practice the role of speaking. By default, a pause time is set for the teaching material and at the same time, which simplifies teacher settings. Since the teacher can change the pause time, it becomes possible to practice speaking roles according to the learner's level. Speaking results can be collected and evaluated by yourself or by a teacher.

【0038】(4)図5の教材アセンブラーの画面及び
図6のソフトレコーダーの画面において、インデック
ス、インデックス毎の再生内容に対応した外国語/日本
語の設定、リピーティング設定、ロールプレイ設定、1
音声に対応した放送文/問題分/選択肢/画像/解説が
同時に表示されているので、ひとつの画面で必要な情報
を把握できる。特に、図5において教材テキストの時
間、インデックス名、繰り返し練習におけるポーズ時間
・録音フラグ、役割練習における再生フラグ・ポーズ時
間・録音フラグが一覧形式で表示されているので、イン
デックスの設定状況が一目でわかる。とりわけ役割練習
においてどのパートを学習者に担当させるか容易に把握
できるとともに、その設定・再設定は極めて容易であ
る。
(4) On the screen of the teaching material assembler of FIG. 5 and the screen of the soft recorder of FIG. 6, indexes, foreign language / Japanese settings corresponding to the contents of reproduction for each index, repeating settings, role play settings, 1
Broadcast sentences / problems / choices / images / explanations corresponding to audio are displayed at the same time, so you can grasp the necessary information on one screen. In particular, in FIG. 5, the time of the teaching material text, the index name, the pause time / recording flag in repeated practice, and the play flag / pause time / recording flag in role practice are displayed in a list format, so that the index setting status can be seen at a glance. Recognize. Above all, it is possible to easily understand which part the learner is in charge of in role practice, and it is extremely easy to set and reset.

【0039】図5の教材アセンブラーの画面及び図6の
ソフトレコーダーの画面について簡単に説明を加える。
The screen of the teaching material assembler of FIG. 5 and the screen of the soft recorder of FIG. 6 will be briefly described.

【0040】図5の教材アセンブラーの画面において、
インデックス操作部(画面左側の時間、インデックス
名、繰り返し練習におけるポーズ時間・録音フラグ、役
割練習における再生フラグ・ポーズ時間・録音フラグを
含む一覧表の部分):テキスト音声に対してインデック
スが作成されている場合、有効となる。
On the screen of the teaching material assembler of FIG. 5,
Index operation part (time on the left side of the screen, index name, pause time / recording flag in repetitive practice, playback flag / pause time / recording flag in role practice): An index is created for text voice. If yes, it is valid.

【0041】インデックスNo.:インデックスに割り
振られる通番である。第1インデックスはテキスト音声
の先頭を示す。以下の機能はグリッドコントロールに割
り当てられ、横一行が同一インデックスに対応する。
Index No. : A serial number assigned to the index. The first index indicates the beginning of the text voice. The following functions are assigned to the grid control, and one horizontal line corresponds to the same index.

【0042】インデックス位置(時間):インデックス
位置(センテンスの開始時間)を表示する。テキスト音
声の先頭から見た相対時間を示す。(分:秒.100ミ
リ秒、すなわちmm:ss.nの表記)
Index position (time): The index position (start time of sentence) is displayed. Indicates the relative time seen from the beginning of the text voice. (Minutes: seconds.100 milliseconds, that is, mm: ss.n notation)

【0043】インデックス名:インデックスの名称を表
示する。
Index name: The name of the index is displayed.

【0044】繰り返し練習のポーズ:ソフトレコーダー
で実施するリピーティングにおいて、このインデックス
から始まるセンテンスを再生した直後、学習者が発音練
習するためにどのくらいポーズするか時間を秒単位で入
力する。デフォルトでは、次のインデックス位置との差
を求めて表示する(デフォルト・ポーズ時間)。
Pause for repetitive practice: In the repeating performed by the soft recorder, immediately after reproducing the sentence starting from this index, the learner inputs a time in seconds for how long the learner should pose to practice pronunciation. By default, the difference from the next index position is calculated and displayed (default pause time).

【0045】繰り返し練習の録音:ソフトレコーダーで
実施する繰り返し練習において、センテンス再生直後の
ポーズ中に学習者が行う発音練習を録音するかどうか設
定する。チェックボックスがonならば録音し、off
ならば録音しない。
Recording of repeated practice: In the repeated practice performed by the soft recorder, it is set whether or not to record the pronunciation practice performed by the learner during the pause immediately after the sentence reproduction. If the check box is on, record and turn off
If so, don't record.

【0046】役割練習の再生:ソフトレコーダーで実施
するロールプレイにおいて、ソフトレコーダーが再生す
るセンテンスを設定する。チェックボックスがonなら
ば再生し、offならば再生しない。学習者に対する会
話相手の部分を指定する。
Reproduction of role practice: In the role play performed by the soft recorder, the sentence reproduced by the soft recorder is set. If the check box is on, it plays. If it is off, it does not play. Specify the part of the conversation partner for the learner.

【0047】役割練習のポーズ:ソフトレコーダーで実
施するロールプレイにおいて、ソフトレコーダーが再生
しないセンテンスについて学習者が発音練習をするため
にどのくらいポーズするか秒単位で時間を入力する。デ
フォルトでは、次のインデックス位置との差を求めて表
示する(デフォルト・ポーズ時間)。
Pose for role practice: In a role play performed by a soft recorder, the learner inputs a time in seconds for how long the learner poses to practice pronunciation for a sentence that the soft recorder does not play. By default, the difference from the next index position is calculated and displayed (default pause time).

【0048】役割練習の録音:ソフトレコーダーで実施
するロールプレイにおいて、学習者が発音練習するセン
テンス(再生がoffのセンテンス)を録音するかどう
か設定する。チェックボックスがonならば録音し、o
ffならば録音しない。
Recording of role practice: In the role play performed by the soft recorder, it is set whether or not to record the sentence in which the learner practices pronunciation (sentence in which reproduction is off). If the check box is on, record and o
If ff, do not record.

【0049】インデックスの選択:インデックス操作部
をクリックすると、クリックした位置に対応する1行が
選択されて反転表示される。
Index selection: When the index operation section is clicked, one line corresponding to the clicked position is selected and highlighted.

【0050】選択したインデックスの削除ボタン:テキ
スト音声に対してインデックスが作成されていると有効
になる。インデックスを選択してこのボタンをクリック
すると、本当に削除するかどうか確認メッセージを表示
する。
Delete selected index button: Activated when an index has been created for text voice. Select an index and click this button to display a confirmation message asking if you really want to delete it.

【0051】自動インデックス作成ボタン:テキスト音
声が存在するとき有効になる。インデックスが既に表示
されているとき、このボタンをクリックすると確認メッ
セージを表示する。「インデックスを自動作成しますか
?」、選択肢は「はい」「いいえ」。「はい」を選択す
ると、既存のインデックスを全て破棄し、テキスト音声
を先頭から走査しながら無音個所を検出し、インデック
スを自動的に作成していく。「いいえ」を選択すると自
動インデックス作成を実行しない。
Automatic index creation button: Enabled when text voice is present. Click this button when the index is already displayed to display a confirmation message. "Do you want to create an index automatically?", The choices are "Yes" and "No". If "Yes" is selected, all existing indexes are discarded, silent areas are detected while scanning the text voice from the beginning, and indexes are automatically created. If you select "No", automatic indexing will not be executed.

【0052】(手動)インデックス作成ボタン:テキス
ト音声が存在するとき有効になる。再生ボタンをクリッ
クしてテキスト音声の再生を開始した後、一時停止ボタ
ンをクリックし、手動インデックス作成ボタンをクリッ
クすると、その時点をインデックスとして追加する。
(Manual) Index creation button: Enabled when text voice is present. Click the play button to start playing the text and voice, then click the pause button and click the manual indexing button to add that point as an index.

【0053】図6のソフトレコーダーの画面において、
インデックス表示部(画面右側の時間・インデックス名
の一覧表):テキスト音声に対してインデックスが作成
されている場合、有効となる。
On the screen of the soft recorder shown in FIG.
Index display section (time / index name list on the right side of the screen): This is enabled when an index is created for text audio.

【0054】インデックスNo.:インデックスに割り
振られる通番である。第1インデックスはテキスト音声
の先頭を示す。以下の機能はグリッドコントロールに割
り当てられ、横一行が同一インデックスに対応する。
Index No. : A serial number assigned to the index. The first index indicates the beginning of the text voice. The following functions are assigned to the grid control, and one horizontal line corresponds to the same index.

【0055】時間:インデックス位置(センテンスの開
始時間)を表示する。テキスト音声の先頭から見た相対
時間を示す。(分:秒.100ミリ秒、すなわちmm:
ss.nの表記)
Time: The index position (start time of sentence) is displayed. Indicates the relative time seen from the beginning of the text voice. (Minutes: seconds.100 milliseconds, or mm:
ss. notation)

【0056】インデックス名:インデックスの名称を表
示する。
Index name: The name of the index is displayed.

【0057】インデックスの選択:標準モード時にイン
デックス表示部をクリックすると、クリックした位置に
対応する1行が選択されて反転表示となり、テキスト音
声の再生開始位置が移動する。テキスト音声の再生中
は、現在再生しているセンテンスを反転表示する。再生
が進むにつれてセンテンスの反転表示も移動する。イン
デックスを選択すると、再生を一時停止して再生位置を
移動し、再生を再開する。
Index selection: When the index display section is clicked in the standard mode, one line corresponding to the clicked position is selected and highlighted, and the reproduction start position of the text voice is moved. During playback of text voice, the sentence currently being played is highlighted. As playback progresses, the highlighted display of the sentence also moves. When an index is selected, playback is paused, the playback position is moved, and playback is restarted.

【0058】以上のように、本システムによれば、自動
ポージング機能によりインデックスを自動生成するとと
もに、インデックスにフラグを設けることによりリピー
ティング機能及びロールプレイ機能を実現したので、以
下のような効果を奏する。 (1)学習者毎に再生パターンおよび再生タイミングが
選べる (2)学習者が自分の意思で再生パターンの選択、開始
ができる (3)録音が可能 (4)ポーズ時間が直前のインデックスとの時間として
自動設定される
As described above, according to the present system, the index is automatically generated by the automatic posing function, and the repeating function and the role play function are realized by providing the index with the flag, and thus the following effects are obtained. . (1) Replay pattern and replay timing can be selected for each learner (2) Replay pattern can be selected and started by the learner on his / her own will (3) Recording is possible (4) Pause time Time with the index immediately before Is automatically set as

【0059】本発明は、以上の実施の形態に限定される
ことなく、特許請求の範囲に記載された発明の範囲内
で、種々の変更が可能であり、それらも本発明の範囲内
に包含されるものであることは言うまでもない。
The present invention is not limited to the above embodiments, and various modifications can be made within the scope of the invention described in the claims, and these are also included in the scope of the present invention. It goes without saying that this is what is done.

【0060】また、本明細書において、手段/部とは必
ずしも物理的手段を意味するものではなく、各手段/部
の機能が、ソフトウェアによって実現される場合も包含
する。さらに、一つの手段の機能が、二つ以上の物理的
手段により実現されても、若しくは、二つ以上の手段の
機能が、一つの物理的手段により実現されてもよい。
Further, in the present specification, the means / unit does not necessarily mean a physical means, but also includes the case where the function of each means / unit is realized by software. Further, the function of one means may be realized by two or more physical means, or the functions of two or more means may be realized by one physical means.

【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]

【図1】 発明の実施の形態に係る語学学習システムの
全体図である。
FIG. 1 is an overall view of a language learning system according to an embodiment of the invention.

【図2】 発明の実施の形態に係るリピーティング(繰
り返し練習)処理のフローチャートである。
FIG. 2 is a flowchart of a repeating (repeating practice) process according to the embodiment of the invention.

【図3】 発明の実施の形態に係るロールプレイ(役割
練習)処理のフローチャートである。
FIG. 3 is a flowchart of a role play (role practice) process according to the embodiment of the invention.

【図4】 発明の実施の形態に係る教師用パソコン(教
材アセンブラ)の画面の例である。
FIG. 4 is an example of a screen of a teacher personal computer (teaching material assembler) according to the embodiment of the invention.

【図5】 発明の実施の形態に係る学習者用パソコン
(ソフトレコーダ)の画面の例である。
FIG. 5 is an example of a screen of a learner's personal computer (soft recorder) according to the embodiment of the invention.

【図6】 発明の実施の形態に係るインデックス情報フ
ァイルの説明図である。
FIG. 6 is an explanatory diagram of an index information file according to the embodiment of the invention.

【図7】 発明の実施の形態に係るインデックス手動挿
入の説明図である。
FIG. 7 is an explanatory diagram of manual index insertion according to the embodiment of the present invention.

【図8】 発明の実施の形態に係るリピーティング(繰
り返し練習)処理の説明図である。
FIG. 8 is an explanatory diagram of a repeating (repeating practice) process according to the embodiment of the invention.

【図9】 発明の実施の形態に係るロールプレイ(役割
練習)処理の説明図である。
FIG. 9 is an explanatory diagram of a role play (role practice) process according to the embodiment of the invention.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 教師用パソコン 2 学習者用パソコン 3 コンソールパソコン 4 サーバ 5 LAN 1 Teacher's PC 2 PC for learners 3 console personal computer 4 servers 5 LAN

Claims (7)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 教師用端末装置と学習者用端末装置をネ
ットワークで接続した語学学習システムであって、 前記教師用端末装置は、教材用テキスト音声にそのセン
テンスの区切りを示すインデックスを設定し、前記イン
デックスに関する情報を含むインデックス情報ファイル
を作成し、前記インデックス情報ファイルを前記学習者
用端末装置へ配信し、 前記インデックス情報ファイルは、繰り返し練習用にセ
ンテンス毎のポーズ時間、録音の要否の情報を含むとと
もに、役割練習用にセンテンス毎の再生の要否、ポーズ
時間、録音の要否の情報を含む、ことを特徴とする語学
学習システム。
1. A language learning system in which a teacher terminal device and a learner terminal device are connected to each other by a network, wherein the teacher terminal device sets an index indicating a sentence delimiter in a text voice for teaching material, An index information file including information about the index is created, and the index information file is distributed to the learner's terminal device. The index information file is a pause time for each sentence for repeated practice, and information on whether recording is necessary or not. In addition to the above, the language learning system is characterized by including information on the necessity of reproduction for each sentence, the pause time, and the necessity of recording for role practice.
【請求項2】 前記繰り返し練習用のポーズ時間は、再
生された直前のセンテンスと同じ時間に設定されること
を特徴とする請求項1記載の語学学習システム。
2. The language learning system according to claim 1, wherein the pause time for repetitive practice is set to the same time as the sentence immediately before being reproduced.
【請求項3】 前記役割練習用のポーズ時間は、再生さ
れないセンテンスと同じ時間に設定されることを特徴と
する請求項1記載の語学学習システム。
3. The language learning system according to claim 1, wherein the pause time for role practice is set to the same time as a sentence that is not reproduced.
【請求項4】 前記学習者用端末装置は、教材用テキス
ト音声を再生するとき、前記インデックス情報ファイル
に含まれる繰り返し練習用の情報に基づきセンテンスの
再生の後に再生を一時停止し、この間の学習者の音声を
録音することを特徴とする請求項1記載の語学学習シス
テム。
4. The terminal device for learners, when playing back the text voice for teaching material, pauses the playing after the sentence is played back based on the information for repeated practice contained in the index information file, and learns during this period. The language learning system according to claim 1, wherein the voice of the person is recorded.
【請求項5】 前記学習者用端末装置は、教材用テキス
ト音声を再生するとき、前記インデックス情報ファイル
に含まれる役割練習用の情報に基づきセンテンスの再生
を行うかどうか判定し、センテンスの再生を行わないと
き再生を一時停止し、この間の学習者の音声を録音する
ことを特徴とする請求項1記載の語学学習システム。
5. The terminal device for a learner, when reproducing a text voice for a teaching material, determines whether or not to reproduce a sentence based on information for role practice included in the index information file, and reproduces the sentence. 2. The language learning system according to claim 1, wherein the reproduction is paused when not being performed, and the learner's voice during this period is recorded.
【請求項6】 前記学習者用端末装置は、録音された学
習者の音声を結合し、録音された学習者音声を結合し、
前記教師用端末装置へ送出することを特徴とする請求項
4又は請求項5に記載の語学学習システム。
6. The learner terminal device combines recorded learner voices, combines recorded learner voices,
The language learning system according to claim 4 or 5, wherein the language learning system sends the teacher learning terminal device to the teacher terminal device.
【請求項7】 前記教師用端末装置の画面において、前
記教材用テキスト音声の時間、インデックス名、繰り返
し練習におけるポーズ時間・録音フラグ、及び、役割練
習における再生フラグ・ポーズ時間・録音フラグが一覧
形式で表示され、当該一覧形式において前記繰り返し練
習及び前記役割練習のパラメータの設定・再設定が可能
であることを特徴とする請求項1記載の語学学習システ
ム。
7. On the screen of the teacher terminal device, the list of time, index name, pause time / recording flag in repeated practice, and play flag / pause time / recording flag in role practice are displayed on the screen of the teacher terminal device. 2. The language learning system according to claim 1, wherein the list format is used to set / reset the parameters of the repetitive practice and the role practice.
JP2002130797A 2002-05-02 2002-05-02 Language learning system Pending JP2003323104A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002130797A JP2003323104A (en) 2002-05-02 2002-05-02 Language learning system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002130797A JP2003323104A (en) 2002-05-02 2002-05-02 Language learning system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003323104A true JP2003323104A (en) 2003-11-14

Family

ID=29543720

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002130797A Pending JP2003323104A (en) 2002-05-02 2002-05-02 Language learning system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003323104A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006162867A (en) * 2004-12-06 2006-06-22 Sharp Corp Output device and output method
JP2008083434A (en) * 2006-09-28 2008-04-10 Casio Comput Co Ltd Voice learning support apparatus and voice learning support program
JP2008299074A (en) * 2007-05-31 2008-12-11 Ampere:Kk Language learning system
KR100916520B1 (en) 2006-10-26 2009-09-08 강영욱 Method and Device to save,search,display data
JP2010072057A (en) * 2008-09-16 2010-04-02 Winbond Electron Corp Recording and playback method of voice, and electronic dictionary using the method
WO2012053805A2 (en) * 2010-10-18 2012-04-26 Lee Doohan Method for reproducing multimedia files, and multimedia file reproducer
KR101198528B1 (en) * 2009-08-21 2012-11-06 이두한 Multimedia player for studying foreign languages and playing method
JP2014228753A (en) * 2013-05-23 2014-12-08 富士通株式会社 Voice processing device, voice processing method, and voice processing program
JP2016114673A (en) * 2014-12-12 2016-06-23 カシオ計算機株式会社 Electronic equipment and program
JP2016151597A (en) * 2015-02-16 2016-08-22 株式会社東京Sim外語研究所 Foreign language learning system
JP6222611B1 (en) * 2016-09-28 2017-11-01 博司 関口 Digital audio information recording medium, program, and sound reproducing apparatus
CN112863275A (en) * 2019-11-12 2021-05-28 上海泽稷教育培训有限公司 Role-based network teaching method and system, storage medium and platform

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006162867A (en) * 2004-12-06 2006-06-22 Sharp Corp Output device and output method
JP4594056B2 (en) * 2004-12-06 2010-12-08 シャープ株式会社 Output device and output method
JP2008083434A (en) * 2006-09-28 2008-04-10 Casio Comput Co Ltd Voice learning support apparatus and voice learning support program
KR100916520B1 (en) 2006-10-26 2009-09-08 강영욱 Method and Device to save,search,display data
JP2008299074A (en) * 2007-05-31 2008-12-11 Ampere:Kk Language learning system
JP2010072057A (en) * 2008-09-16 2010-04-02 Winbond Electron Corp Recording and playback method of voice, and electronic dictionary using the method
KR101198528B1 (en) * 2009-08-21 2012-11-06 이두한 Multimedia player for studying foreign languages and playing method
WO2012053805A2 (en) * 2010-10-18 2012-04-26 Lee Doohan Method for reproducing multimedia files, and multimedia file reproducer
WO2012053805A3 (en) * 2010-10-18 2012-06-21 Lee Doohan Method for reproducing multimedia files, and multimedia file reproducer
JP2014228753A (en) * 2013-05-23 2014-12-08 富士通株式会社 Voice processing device, voice processing method, and voice processing program
JP2016114673A (en) * 2014-12-12 2016-06-23 カシオ計算機株式会社 Electronic equipment and program
JP2016151597A (en) * 2015-02-16 2016-08-22 株式会社東京Sim外語研究所 Foreign language learning system
JP6222611B1 (en) * 2016-09-28 2017-11-01 博司 関口 Digital audio information recording medium, program, and sound reproducing apparatus
CN112863275A (en) * 2019-11-12 2021-05-28 上海泽稷教育培训有限公司 Role-based network teaching method and system, storage medium and platform

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6283760B1 (en) Learning and entertainment device, method and system and storage media therefor
JP5580019B2 (en) Language learning support system and language learning support method
JP2004302171A (en) Device ,program, and recording medium for learning language
JP2003323104A (en) Language learning system
WO2003001430A1 (en) Content delivery method, scenario data, recording medium, and scenario data creation method
US20080113326A1 (en) Encoding and Decoding System for Making and Using Interactive Language Training and Entertainment Materials
JP2010002788A (en) Learning terminal, and learning program
JP2005242107A (en) Learning system
JP3978465B2 (en) Recording / playback device
KR20030065259A (en) Apparatus and method of learnning languages by sound recognition and sotring media of it
JPWO2005122106A1 (en) Learning support system
JP2008032788A (en) Program for creating data for language teaching material
JP2009282528A (en) Recording and reproducing device, recording and reproducing method and program
JP2004062036A (en) Language listening/speaking training system and method provided with function of random test, appropriate shadowing, and immediate rephrasing
JP2004282614A (en) Synchronous reproduction data generating apparatus, synchronous reproduction content providing apparatus, synchronous reproduction data generating method and content providing method
JP3949546B2 (en) Language teaching data generation method
KR100531694B1 (en) An Apparatus, Method For Providing Role Play Among Multiple User And Storage Media Thereof
JPH0816089A (en) Pronunciation comparing learning device
JP2008299074A (en) Language learning system
JP2006330395A (en) Repetitive learning method and system
JPH10282970A (en) Voice information display device
JP2008164701A (en) Language learning system, and program for language learning
KR100387102B1 (en) learning system using voice recorder
KR20020016509A (en) The multimedia electronic education system and the method thereof
JP2019109321A (en) Karaoke system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050214

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061006

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061012

A02 Decision of refusal

Effective date: 20070223

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02