JP2003310954A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2003310954A
JP2003310954A JP2002118448A JP2002118448A JP2003310954A JP 2003310954 A JP2003310954 A JP 2003310954A JP 2002118448 A JP2002118448 A JP 2002118448A JP 2002118448 A JP2002118448 A JP 2002118448A JP 2003310954 A JP2003310954 A JP 2003310954A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
command
determination
notice
result
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2002118448A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazutoshi Nakajima
Shohachi Ugawa
和俊 中島
詔八 鵜川
Original Assignee
Sankyo Kk
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kk, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Kk
Priority to JP2002118448A priority Critical patent/JP2003310954A/ja
Publication of JP2003310954A publication Critical patent/JP2003310954A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 保留記憶画像により大当り等になることを予
告する表示態様を、遊技者に分かりやすくし、その表示
を見落としてしまい遊技者が気付かない不都合をを防止
できる遊技機を提供すること。 【解決手段】 実行条件成立時にこの実行条件成立に起
因する開始条件成立による図柄変動によって大当り等に
なるか否かの判定を行ない、該判定結果にもとづいて開
始条件成立時前に保留記憶画像を移動表示させるか否か
を決定可能にした。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、パチンコ遊技機な
どで代表される遊技機に関する。詳しくは、可変表示の
実行条件が成立した後、可変表示の開始条件の成立にも
とづいて可変表示を開始し、表示結果を導出表示可能な
可変表示装置を備え、前記表示結果が予め定めた特定の
表示結果となるときに遊技者にとって有利な特定遊技状
態を発生可能とする遊技機に関する。

【0002】

【従来の技術】この種の遊技機として従来から一般的に
知られているものに、たとえば、パチンコ遊技機のよう
に、可変表示の実行条件が成立した後、可変表示の開始
条件の成立にもとづいて可変表示を開始し、表示結果を
導出表示可能な可変表示装置を備え、前記表示結果が予
め定めた特定の表示結果となるときに遊技者にとって有
利な特定遊技状態を発生可能となるものがある。

【0003】このような遊技機において、大当りとなる
か否かをあらかじめ判定し、大当りとなる可能性がある
ことを保留記憶画像の表示色や形状を変化させることに
より予告報知し、遊技者に期待感を持たせ遊技演出を盛
り上げ興趣を向上させようとするものがあった。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
ような遊技機においては、保留記憶画像を用いて大当り
予告を行なう表示態様として保留記憶画像の色・形状・
大きさ等の表示のみを定位置で変化させることにより報
知していたため、遊技者は予告が行なわれていることに
気付き難く、また、表示態様として迫力がなく期待感が
持てず、遊技に面白味がないため飽きられる原因とな
り、今一遊技の興趣に欠けるものとなっていた。

【0005】この発明は上述の問題に鑑みてなされたも
のであって、その目的は、保留記憶画像を移動表示させ
大当り等を予告可能にすることにより、遊技の興趣性が
向上した遊技機を提供することである。

【0006】

【課題を解決するための手段の具体例およびその効果】
(1) 可変表示の実行条件(たとえば、始動入賞、所
定図柄停止、2段階入賞等)が成立した後、可変表示の
開始条件(たとえば、変動開始コマンド受信等)の成立
にもとづいて可変表示を開始し、表示結果を導出表示可
能な可変表示装置(可変表示装置8)を備え、前記表示
結果が予め定めた特定の表示結果(たとえば、「22
2」等のゾロ目)となるときに遊技者にとって有利な特
定遊技状態(大当り状態)を発生可能とする遊技機(パ
チンコ遊技機1)であって、未だ前記開始条件が成立し
ていない前記実行条件の成立が記憶されているときにそ
の旨を示す保留記憶画像(たとえば、始動入賞記憶画
像)を前記可変表示装置に表示させる保留記憶画像表示
制御手段(図18等参照)と、前記実行条件の成立時に
前記可変表示の内容および表示結果の決定にかかわる判
定(たとえば、確変・非確変大当り、リーチ、スーパー
リーチ、リーチ目等)のうちの少なくとも一部を行なう
実行条件成立時判定手段(図16等参照)とを備え、前
記保留記憶画像表示制御手段は、前記実行条件成立時判
定手段の判定結果にもとづいて、前記保留記憶画像を移
動表示させるか否かを決定する保留記憶画像移動決定手
段(図21等参照)と、当該判定された実行条件の成立
に起因する開始条件の成立以前に前記保留記憶画像移動
決定手段の決定にもとづいて前記保留記憶画像を移動表
示させる保留記憶画像移動表示手段(図25等参照)と
を含む。

【0007】上述の構成によれば、実行条件成立時に遊
技状態が特定遊技状態に移行されるか否か、または、停
止図柄がリーチとなり得るか否か等の判定が行なわれ、
その判定結果にもとづいて開始条件成立時以前から保留
記憶画像を移動表示させるか否か決定を行なうことがで
きる。これにより、保留記憶画像は遊技者が常に注意の
視線を向けている可変表示装置内で移動表示させること
ができるので、遊技者がかかる保留記憶画像の移動表示
を見落としてしまうといった不都合を防止することがで
きる。さらに、遊技者は大きな視点移動を行なうことな
く保留記憶画像の移動表示を確認することができ視覚的
に十分楽しむことができる。

【0008】(2) 前記保留記憶画像の移動表示態様
(図10等参照)は複数備えられ、前記保留記憶画像表
示制御手段は、前記保留記憶画像の移動表示態様を選択
する保留記憶画像移動表示選択手段(図21、図32等
参照)を含み、前記実行条件成立時判定手段の判定結果
が所定の結果(たとえば、確変大当り事前判定コマンド
等)であったときに、前記保留記憶画像移動表示選択手
段は、前記移動表示態様として特定の移動表示態様(た
とえば、移動パターン3、移動パターン4等)を他の移
動表示態様(たとえば、移動パターン1、移動パターン
2)よりも高い割合で選択する(図9等参照)。

【0009】上述の構成によれば、実行条件成立時判定
手段による判定結果が所定の結果であったときは、所定
の結果でなかったときと比較し高確率で、特定の移動表
示態様により移動表示を行なうことができる。これによ
り、特定の移動表示態様が選択されその態様で移動表示
されるか否かに遊技者は期待感を持つことができ、興趣
を向上させることができる。また、移動表示態様は複数
種類備えられているため、保留記憶画像を移動表示させ
ることにより行なわれる演出パターンを豊富にすること
ができるため、遊技の興趣を向上させることができる。

【0010】(3) 前記所定の結果は、前記実行条件
成立時判定手段により前記表示結果が前記特定の表示結
果になると判定された結果(確変・非確変大当り事前判
定コマンド)である。

【0011】上述の構成によれば、表示結果が特定の表
示結果となるか否かに関して開始条件成立前から特定の
移動表示態様により移動表示が実行されるため遊技者の
特定の表示結果が表示されることへの期待感を向上でき
る。

【0012】(4) 前記表示結果が特定の表示結果の
うち特別の表示結果(たとえば、「777」等)となっ
たときに前記特定遊技状態が発生する確率が向上する特
別遊技状態(いわゆる、確率変動状態)に制御可能であ
り、前記所定の結果は、前記実行条件成立時判定手段に
より前記表示結果が前記特別の表示結果となると判定さ
れた結果(確変大当り事前判定コマンド)である。

【0013】上述の構成によれば、表示結果が特別の表
示結果となるか否かに関して開始条件成立前から特定の
移動表示態様により移動表示が実行されるため遊技者の
特別の表示結果が表示されることへの期待感を向上でき
る。

【0014】(5) 前記特定の移動表示態様(移動パ
ターン3または移動パターン4参照)は、他の移動表示
態様(移動パターン1または移動パターン2参照)と比
較して移動距離範囲が異なる(図10と図12の点線部
分等参照)。

【0015】上述の構成によれば、移動表示態様が特定
の移動表示態様で実行されているか否かの区別がつきや
すく分かりやすくすることができる。

【0016】(6) 前記特定の移動表示態様は、他の
移動表示態様と比較して移動速度が異なる(図10と図
12の背景図柄等参照)。

【0017】上述の構成によれば、移動表示態様が特定
の移動表示態様で実行されているか否かの区別がつきや
すく分かりやすくすることができる。

【0018】(7) 前記保留記憶画像移動表示手段
は、前記保留記憶画像の移動表示を、当該移動表示を実
行する起因となった実行条件の成立による可変表示の開
始条件の成立以前の複数の可変表示(たとえば、特別図
柄変動)において実行する。

【0019】上述の構成によれば、複数の可変表示に亘
り何度も繰返し移動表示されるので遊技者の期待感と興
奮度を高めることができ、興趣をさらに向上させること
ができる。

【0020】(8) 遊技の進行を制御する遊技制御手
段(遊技制御基板31)と、前記遊技制御手段からのコ
マンド(たとえば、表示制御コマンド)にしたがって演
出(たとえば、可変表示装置8の可変表示,スピーカー
27から発せられる遊技音,遊技効果LED28等の点
灯パターン)の制御を行なう演出制御手段(たとえば、
表示制御基板80,演出制御基板81)とを備え、前記
遊技制御手段は、前記実行条件成立時判定手段の判定結
果を特定可能な判定結果コマンドを前記演出制御手段に
送信する判定結果コマンド送信手段(図11のS14参
照)を含み、前記演出制御手段は、前記保留記憶画像移
動決定手段を含み、前記保留記憶画像移動決定手段は、
前記判定結果コマンドにもとづいて前記保留記憶画像を
移動表示させるか否かを決定する(図9等参照)。

【0021】上述の構成によれば、演出制御手段は、遊
技制御手段から送信された判定結果コマンドを受信する
ことにより、保留記憶画像を移動表示させるか否かの決
定を行なうため、移動表示態様を多様化したときであっ
ても、遊技制御手段の制御負担を軽減することができ
る。

【0022】

【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態を図
面にもとづいて説明する。なお、以下の実施の形態にお
いては、遊技機の一例としてパチンコ遊技機を示すが、
表示状態が変化可能な可変表示装置を備え、該可変表示
装置による可変表示の実行条件が成立した後、可変表示
の開始条件の成立にもとづいて該可変表示装置の表示結
果を導出表示させるための可変表示が開始される遊技機
であれば他の遊技機においても適用することが可能であ
る。

【0023】第1実施形態 図1は、本発明に係る遊技機の一例のパチンコ遊技機1
およびこれに対応して設置されたカードユニット50の
正面図である。

【0024】パチンコ遊技機1は、額縁状に形成された
ガラス扉枠2を有する。ガラス扉枠2の下部表面には、
打球供給皿3がある。打球供給皿3の下部には、打球供
給皿3から溢れた景品玉を貯留する余剰玉受皿4と打球
を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5とが設けら
れている。ガラス扉枠2の後方には、遊技盤6が着脱可
能に取付けられている。また、遊技盤6の前面には遊技
領域7が設けられている。これについては、図2を用い
て後述する。また、遊技領域7の外側の左右上部には、
効果音を発する2つのスピーカ27が設けられている。
遊技領域7の外周には、遊技効果LED28aおよび遊
技効果LED28b,28cが設けられている。そし
て、この例では、ガラス扉枠2の左側中央部に、景品球
払出時に点灯する賞球ランプ51が設けられ、ガラス扉
枠2の中央上部、補給玉が切れたときに点灯する玉切れ
ランプ52が設けられている。

【0025】さらに、図1には、パチンコ遊技機1に隣
接して設置され、プリペイドカードが挿入されることに
より玉貸を可能にするカードユニット50も示されてい
る。カードユニット50には、カード利用可表示ランプ
151が設けられており、カードユニット50が使用可
能な状態にある旨が、このカード利用可表示ランプ15
1の点灯または点滅により遊技者に知らされる。このカ
ードユニット50は、遊技機設置島に設置されている複
数台のパチンコ遊技機1の間に挿入された状態で設置さ
れており、左右どちらの遊技機に接続されているかが連
結台方向表示器153により表示される。

【0026】遊技者がカード残高の記録されたプリペイ
ドカードをカード挿入口155に挿入すると、そのプリ
ペイドカードに記録されているカード残高が読取られ
る。次に、遊技者が所定の貸玉操作を行なうことによ
り、予め入力設定されている貸出単位額分の残高が減額
されるとともに、その貸出単位額分の打玉がパチンコ遊
技機1の打球供給皿3に貸出される。

【0027】カードユニット50には端数表示スイッチ
152が設けられている。この端数表示スイッチ152
を押圧操作することにより、たとえばカード残高やエラ
ーが発生した場合のエラーコードなどの情報がパチンコ
遊技機1に設けられた情報表示器(図示省略)に表示さ
れる。図中156はカードユニット錠であり、このカー
ドユニット錠156に所定のキーを挿入して解錠操作す
ることにより、カードユニット50の前面側を開成でき
るように構成されている。

【0028】図2は、パチンコ遊技機1の遊技盤6の前
面に設けられている遊技領域7を説明するための図であ
る。

【0029】遊技領域7の中央付近には、特別図柄表示
部9と遊技演出にあわせて作動する役物77を有する可
変表示装置8が設けられている。また、可変表示装置8
の下方中央部には始動入賞口14を構成する始動用電動
役物15が、その両側には通過ゲート11がそれぞれ設
けられている。さらに、始動入賞口14の下方には可変
入賞球装置19が取付けられている。

【0030】可変表示装置8の特別図柄表示部9では、
「左図柄」、「中図柄」、「右図柄」の3つの特別図柄
が上から下へスクロールされることによって可変表示さ
れる。このパチンコ遊技機1では、特別図柄として、左
中右図柄共通で数字図柄「1」〜「9」、および、英字
図柄「A」〜「C」の計12図柄が表示される。特別図
柄は、打玉が始動入賞口14へ始動入賞することにもと
づいて可変開始される。その他、特別図柄表示部9に
は、遊技の演出効果を高めるための様々なキャラクタが
表示される。

【0031】可変表示装置8の下部の通過ゲート11に
進入した打玉は、ゲートスイッチ12により検出された
後、アウト口26の方に導かれる。ゲートスイッチ12
で打玉が検出されると、特別図柄表示部9内上部左側に
停止表示されている普通図柄が可変開始する。そして、
その表示結果が予め定められた特定の表示結果(たとえ
ば「7」)となった場合には、ソレノイド16が励磁さ
れることによって始動入賞口14を構成している始動用
電動役物15が所定時間開成し、打玉を始動入賞口14
に入賞させやすい状態となる。特別図柄表示部9の可変
表示中に打玉が通過ゲート11を通過した場合には、そ
の通過が保留記憶に記憶され、特別図柄表示部9の可変
表示が終了して再度変動を開始可能な状態になってから
その保留記憶にもとづいて特別図柄表示部9が可変開始
する。この通過記憶の上限はたとえば「4」に定められ
ており、現時点での通過記憶数は特別図柄表示部9内上
部右側に表示される通過記憶表示により表示される。通
過記憶表示は、通過が記憶される毎に、その点灯表示を
1つ追加して点灯する。そして、特別図柄表示部9にお
いて普通図柄の可変表示が開始される毎に、点灯表示を
1つ消灯させる。

【0032】始動入賞口14に入った始動入賞玉は、始
動口スイッチ17によって検出される。始動口スイッチ
17で打玉が検出されると、可変表示装置8の特別図柄
が可変開始する。たとえば、特別図柄の可変表示中に打
玉が始動口スイッチ17で検出された場合には、その始
動入賞が記憶され、特別図柄の変動が終了して再度、変
動を開始可能な状態になってからその始動入賞記憶にも
とづいて特別図柄の可変表示を開始する。この始動入賞
記憶の上限はたとえば「4」に定められており、現時点
での始動入賞記憶数は特別図柄表示部9内に表示される
始動入賞記憶表示により表示される。始動入賞記憶表示
は、始動入賞が記憶される毎に、その点灯表示を1つ追
加して点灯する。そして、特別図柄表示部9において特
別図柄の可変表示が開始される毎に、点灯表示を1つ消
灯させる。なお、本実施形態においては、打玉の始動入
賞により可変表示が開始される前に大当り判定等がなさ
れ、かかる判定結果にもとづき、始動入賞記憶表示を移
動表示させ保留予告を行なっている。また、通過記憶表
示においても同様に、打玉の通過ゲートを通過したこと
により判定を行ない、その判定結果にもとづき移動表示
させ保留予告を行なうことができる。

【0033】次に、可変表示装置8における左中右の各
特別図柄のスクロールは、たとえば、左図柄、中図柄、
右図柄の順で終了して最終的な表示結果が導出表示され
る。その結果、同一種類の図柄のゾロ目(たとえば、1
11、222等)が停止表示されると大当りとなる。大
当りが発生すれば、ソレノイド21の励磁により開閉板
20が傾動して可変入賞球装置19の大入賞口が開口す
る。これにより、可変入賞球装置19が遊技者にとって
有利な第1の状態となる。この第1の状態は、所定期間
(たとえば30秒間)の経過または打玉の所定個数(た
とえば10個)の入賞のうちいずれか早い方の条件が成
立することにより終了し、遊技者にとって不利な第2の
状態となる。大入賞口には、特定領域(Vポケット)に
入った入賞玉を検出するVカウントスイッチ22と、特
定領域以外の通常領域へ入賞した入賞玉を検出するカウ
ントスイッチ23とが設けられている。第1の状態とな
っている可変入賞球装置19内に進入した打玉が特定領
域(Vポケット)に入賞してVカウントスイッチ22に
より検出されれば、その回の第1の状態が終了するのを
待って再度開閉板20が開成されて第1の状態となる。
この第1の状態の繰返し継続制御は最大15回まで実行
可能であり、繰返し継続制御が実行されている遊技状態
を特定遊技状態(大当り状態)という。なお、繰返し継
続制御において、可変入賞球装置19が第1の状態にさ
れている状態がラウンドと呼ばれる。繰返し継続制御の
実行上限回数が16回の場合には、第1ラウンドから第
16ラウンドまでの16ラウンド分、可変入賞球装置1
9が第1の状態にされ得る。

【0034】可変表示装置8に表示された大当りの結果
が予め定められた確変図柄のゾロ目により構成されるも
のである場合には、通常遊技状態に比べて大当りが発生
する確率が向上された確率変動状態となる。以下、確変
図柄による大当りを確変大当りという。また、確変図柄
以外の大当り図柄を非確変図柄といい、非確変図柄のゾ
ロ目による大当りを非確変大当りという。確変大当りが
発生すると、所定の継続期間だけ、確率変動状態に制御
される。また、この期間内に、再度確変大当りが発生し
た場合には、2回目の確変大当りに伴う特定遊技状態の
終了後に、再び確率変動状態となる。

【0035】したがって、確変大当りが連続する回数を
制限しない場合には、極めて長時間に亘って確率変動状
態に繰り返し制御される場合があり、特別遊技状態によ
り遊技者の射幸心を煽り過ぎてしまうことになる。

【0036】そこで、このパチンコ遊技機1では、確率
変動状態の継続制御が無制限に行なわれることを制限す
るために、確率変動状態中に確変大当りが連続的に発生
する回数について上限回数が設定されている。そして、
この上限回数にもとづいて大当りの表示態様が非確変大
当りとされた場合には、その時点で確率変動状態の継続
制御が強制的に終了する。なお、確変図柄での大当りを
禁止する制限が行なわれることは、リミッタの作動と呼
ばれる。

【0037】また、遊技盤6には、複数の入賞口24が
設けられている。また、遊技領域7の左右周辺には、遊
技中に点灯表示される装飾ランプ25が設けられ、下部
には、入賞しなかった打玉を回収するアウト口26があ
る。

【0038】次に、パチンコ遊技機1の背面の構造につ
いて説明する。図3はパチンコ遊技機1の内部構造を示
す全体背面図である。

【0039】パチンコ遊技機1の裏側には、前面枠2b
が設けられており、さらに向かって手前に機構板36が
備えられている。前面枠2bには、特別図柄表示部9の
表示制御を行なう表示制御基板80、基板ケース32に
覆われ遊技制御用マイクロコンピュータ等が搭載された
遊技制御基板31、およびパチンコ玉の払出制御を行な
う払出制御用マイクロコンピュータ等が搭載された払出
制御基板37が設置されている。さらに、モータの回転
力を利用して打玉を遊技領域7に発射する打球発射装置
34と、スピーカー27および遊技効果LED・ランプ
28a,28b,28cに信号を送るためのランプ制御
基板35が設けられている。一方、機構板36の上部に
は玉タンク38が設けられ、パチンコ遊技機1が遊技機
設置島に設置された状態でその上方からパチンコ玉が玉
タンク38に供給される。玉タンク38内のパチンコ玉
は、誘導樋39を通って球払出装置に供給される。

【0040】図4は、遊技制御基板31における回路構
成の一例を示すブロック図である。図4には、制御基板
として、遊技制御基板(主基板ともいう)31、払出制
御基板37、ランプ制御基板35、音声制御基板70、
および表示制御基板80が示されている。

【0041】払出制御基板37、ランプ制御基板35、
音声制御基板70および表示制御基板80には、マイク
ロコンピュータ等が搭載されており、たとえば、CPU
(Central Processing Unit )やI/Oポートが設けら
れている。

【0042】払出制御基板37には、球払出装置97、
および、カードユニット50が接続される。ランプ制御
基板35には、遊技効果LED28a,28b,28
c、賞球ランプ51、球切れランプ52、役物飾りラン
プ76および、装飾ランプ25が接続される。音声制御
基板70にはスピーカ27が接続される。

【0043】表示制御基板80には可変表示装置8(図
示省略)と、上述したランプ制御基板35、音声制御基
板70が接続される。

【0044】遊技制御基板31には、遊技制御プログラ
ムにしたがってパチンコ遊技機1を制御する基本回路
(遊技制御用マイクロコンピュータ)53と、スイッチ
回路58と、ソレノイド回路59と、情報出力回路64
と、アドレスデコード回路67とが設けられている。

【0045】基本回路53は、遊技制御用のマイクロコ
ンピュータであり、遊技制御用のプログラム等を記憶す
るROM(Read Only Memory)54、ワークメモリとし
て使用されるRAM(Random Access Memory)55、制
御用のプログラムにしたがって制御動作を行なうCPU
56、I/Oポート57を含む。基本回路53は、定期
的(たとえば2msec毎)にROM54に記憶されて
いる遊技制御プログラムを先頭から繰返し実行する。

【0046】スイッチ回路58は、各種スイッチからの
信号を基本回路53に与える回路である。スイッチ回路
58には、ゲートスイッチ12、始動口スイッチ17、
Vカウントスイッチ22、カウントスイッチ23、およ
び、賞球カウントスイッチ301A等が接続される。

【0047】情報出力回路64は、基本回路53から与
えられるデータにしたがって、確率変動が生じて確率変
動状態となっていることを示す確変情報、大当りが発生
し特定遊技状態となっていることを示す大当り情報、お
よび、始動入賞のうち特別図柄表示部9の可変表示に有
効に使用される始動入賞の発生を示す始動入賞情報をホ
ール管理コンピュータ等のホストコンピュータに対して
出力する回路である。

【0048】ソレノイド回路59は、始動用電動役物1
5の可動片を動作させるソレノイド16および可変入賞
球装置19の開閉板20を開閉するソレノイド21およ
び役物キャラクタ77を作動させるソレノイド13を遊
技制御用マイクロコンピュータ53からの指令に従って
駆動する回路である。

【0049】遊技制御基板31から払出制御基板37、
および表示制御基板80には、指令情報の一例となるコ
マンドが送信される。

【0050】遊技制御基板31から払出制御基板37に
伝送されるコマンドには、賞球の払出制御に関する指令
情報としてのコマンドと、貸玉の払出制御に関する指令
情報としてのコマンド(たとえば、玉貸し禁止コマン
ド、玉貸し禁止解除コマンド等)とが含まれる。

【0051】また、遊技制御基板31から表示制御基板
80に伝送されるコマンドは可変表示装置8の表示,遊
技効果LED28等のランプ点灯,スピーカー27から
発生される遊技音等の演出の制御に関する指令情報とし
て用いられる表示制御コマンドである。表示制御基板8
0では、伝送されてきた表示制御コマンドに応じて特別
図柄表示部9の表示制御を行なう。また、表示制御基板
80では、その伝送されてきた表示制御コマンドの解析
がなされ、ランプ・音制御コマンドを設定し、それぞれ
ランプ・音制御基板に出力される。この表示制御コマン
ドはそれぞれ1バイトデータからなるMODEデータと
EXTデータとの2組の2バイトデータから構成されて
いる。MODEデータは変動開始コマンドや確定図柄指
定コマンド等のコマンド種別を示すデータであり、EX
TデータはMODEデータにより示されたコマンド種別
のうちの特定の表示制御内容を具体的に指定するデータ
である。

【0052】表示制御基板80は、表示制御コマンドや
判定結果コマンドにもとづき、所定のランプ制御コマン
ドをランプ制御基板35へ出力する。ランプ制御基板3
5では、ランプ制御コマンドにもとづく上記電気的装飾
部品の点灯制御が行なわれる。

【0053】さらに、表示制御基板80は、表示制御コ
マンドや判定結果コマンドにもとづき、所定の音声制御
コマンドを音声制御基板70へ出力する。音声制御基板
70では、音声制御コマンドにもとづいて所定の効果音
をスピーカ27から出力させる制御が行なわれる。

【0054】基本回路53は、始動口スイッチ17の検
出信号、Vカウントスイッチ22の検出信号、カウント
スイッチ23の検出信号にもとづいて、所定個数の景品
玉を払出すための賞球信号を払出制御基板37に出力す
る。払出制御基板37では、その出力されてきた賞球信
号にもとづいて球払出装置97を制御して所定個数の景
品玉を払出すための制御を行なう。

【0055】具体的には、可変入賞球装置19の大入賞
口に入賞した入賞玉については1個の入賞玉につきたと
えば15個の景品玉が払出され、始動入賞口14に入賞
した入賞玉については1個の入賞玉につきたとえば6個
の景品玉が払出され、その他の入賞口24に入賞した入
賞玉については入賞玉1個につきたとえば10個の景品
玉が払出されるように制御される。

【0056】遊技制御基板31から払出制御基板37に
送られた賞球個数信号は、払出制御基板37に設けられ
た払出制御用マイクロコンピュータ(図示省略)により
受信される。払出制御用マイクロコンピュータは、球払
出装置97を駆動して賞球個数信号により特定される個
数の賞球を払出す制御を行なう。

【0057】図5は、遊技制御基板31側の基本回路5
3が遊技制御に用いる各種ランダムカウンタを示す図で
ある。図5には、ランダム1、ランダム2、ランダム
3、ランダム4(4−1,4−2,4−3)、ランダム
5の5種類のランダムカウンタが示されている。

【0058】ランダム1は、始動記憶がある場合にその
始動記憶にもとづく特別図柄の可変表示の結果を大当り
とするか否かを始動入賞時に決定するために用いられる
大当り決定用ランダムカウンタである。このランダムカ
ウンタ1は、タイマ割込毎(具体的には2msec)に
1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である
300まで加算更新された後再度0から加算更新され
る。

【0059】ランダム2は、ランダム1で大当りと決定
された場合の停止図柄(左,中,右が同一の停止図柄)
を始動入賞時に決定するために用いられるランダムカウ
ンタである。また、ランダム2での抽出値が奇数である
か偶数であるかにより、前述した確率変動状態へ移行さ
れるか否かが決定される。

【0060】ランダム3は、ランダム1で大当りと決定
されなかった場合の図柄変動演出がリーチ(たとえば、
左図柄と中図柄が同一の図柄)となり得るか否かを始動
入賞時に決定するために用いられるランダムカウンタで
ある。したがって、ランダム3の抽出値が所定の値であ
った場合(たとえば、「11」等)には、その始動記憶
に対応する停止図柄,図柄変動演出で必ずリーチ状態が
発生する。

【0061】ランダム4(4−1,4−2,4−3)
は、ランダム1の抽出値にもとづいて特別図柄の可変表
示の結果をはずれとすることが決定された場合に、はず
れ図柄の種類を決定するために用いられる停止図柄決定
用ランダムカウンタである。ただし、ランダム3の抽出
値が所定の値であった場合は、中図柄が左図柄と同一の
図柄に変更され、強制的にリーチ状態に突入することと
なる。

【0062】ランダム4−1は左図柄決定用であり、0
から加算されてその上限である11まで加算されると再
度0から加算される。ランダム4−2は、中図柄決定用
のランダムカウンタであり、0から加算されてその上限
である11まで加算されると再度0から加算される。ラ
ンダム4−2は、ランダム4−1の桁上げ毎に1ずつ加
算される。ランダム4−3は、右図柄決定用のランダム
カウンタであり、0から加算されてその上限である11
まで加算された後再度0から加算される。ランダム4−
3は、ランダム4−2の桁上げ毎に1ずつ加算される。

【0063】ランダム5は、特別図柄表示部9による表
示変動態様の種類を決定するためのランダムカウンタで
あり、0から加算更新されてその上限である250まで
加算更新された後再度0から加算更新される。このラン
ダム5は、タイマ割込毎すなわち2msec毎、およ
び、割込処理余り時間毎に1ずつ加算される。

【0064】なお、図示を省略したが、特別図柄表示部
9の表示画面中で表示される普通図柄の表示結果もラン
ダムカウンタにより決定される。そのランダムカウンタ
は、たとえば、2msec毎に1ずつ加算されるもので
あり、0からカウントアップして上限である10までカ
ウントアップした後再度0からカウントアップし直す。
このランダムカウンタのカウント値は、普通図柄の表示
結果にもとづいて発生する普通当りを発生させるか否か
をランダムに決定するためのものである。ゲートスイッ
チ12によりゲート通過検出がされると、それに応じて
ランダムカウンタのカウント値が抽出される。そして、
ゲート通過検出がされた場合は、その抽出されたランダ
ムカウンタの値が、普通当り判定値(たとえば「2」)
と一致するか否かの判断がなされ、一致した場合に普通
当りを発生させる制御が行なわれる。普通当りが決定さ
れた場合には、それに応じて普通当りに該当する停止図
柄が決定され、はずれが決定された場合には、その他の
ランダムカウンタを用いて普通図柄の停止表示結果が決
定される。

【0065】図6は、遊技制御基板31から表示制御基
板80へ伝送される図柄を特定するための表示制御コマ
ンドデータとランダム4カウンタの抽出値との対応関係
を記憶しているテーブルである。この図6のテーブル
は、遊技制御基板31内のROM54により記憶されて
いる。

【0066】コマンドデータは、2バイトデータで構成
されており、上位1バイトによりMODEデータが構成
され、下位1バイトによりEXTデータが構成されてい
る。MODEデータは、当該コマンドデータが何を指令
するデータかを大まかに特定するためのデータである。
EXTデータは、コマンドの具体的内容を指定するため
のデータである。

【0067】ランダム4−1〜ランダム4−3の抽出値
がたとえば「0」の場合には、EXTデータが00Hと
なり、抽出値が「1」の場合にはEXTデータが01H
となり、抽出値が「11」の場合にはEXTデータが0
BHとなる。したがって、たとえばランダム4−3の抽
出値が「5」であった場合には、表示コマンドは92H
05Hとなる。

【0068】図7は、変動開始コマンドによって特定さ
れる可変表示装置8の可変表示の表示時間および可変表
示パターンを説明するための図である。変動開始コマン
ドは、MODEデータは「80H」であり、EXTデー
タは「01H」「02H」「03H」…「86H」「8
7H」であり、番号それぞれに対応する可変表示装置8
の可変表示の表示時間はT1,T2,T3…T135,
T136であり、また、可変表示パターンは、「通常変
動はずれ」、「リーチAはずれ」、「時短A当り」…
「リーチFはずれ」、「リーチF当り」等である。

【0069】図8は、表示制御基板80が行なう保留予
告の選択に用いられる表示制御用乱数を生成するための
ランダムカウンタを説明するための図である。図8にお
いて、表示制御用乱数は、図柄変動中において保留予告
を行なうか否かの判定および保留予告の内容を選択する
ために用いられ、そのカウント範囲は0〜232であ
る。

【0070】上記した乱数を発生させている乱数発生手
段では、カウント範囲内を順次数値が更新される。そし
て、乱数発生手段で発生された乱数を抽出する抽出手段
によってカウント中の数値が抽出され、その抽出された
数値が判定対象となる数値のいかなる範囲に属するかに
より保留予告を行なうか否か、または、保留予告として
いかなる移動パターンで行なうかを決定するのに用いら
れる。

【0071】図9は、保留予告選択テーブルを説明する
ための図である。保留予告選択テーブルは、大当りとな
る確率が低確率時か高確率時かそれぞれに対応して設定
されている。たとえば、低確率時において遊技制御基板
31から送信されてきた判定結果コマンドが「リーチ事
前判定コマンド」であった場合は、図9(a)の低確率
時テーブルを参照し、左列「リーチ事前判定コマンド」
に対応してあらかじめ設定されている振分け率にしたが
い抽出した表示制御用乱数が「0〜195」のときは保
留予告なし、「195〜209」のときは移動パターン
1、「210〜219」のときは移動パターン2、「2
20〜229」のときは移動パターン3、「230〜2
32」のときは移動パターン4がそれぞれ保留予告とし
て選択決定されることとなる。以下それぞれのテーブル
について具体的に説明する。

【0072】図9(a)の低確率時テーブルにおいて
は、判定結果コマンド毎に「保留予告なし」と「移動パ
ターン1」から「移動パターン4」のうちから選択する
表示制御用乱数の抽出値の範囲が記憶されている。例え
ば、「はずれ事前判定コマンド」を示す判定結果コマン
ドが表示制御基板80に入力された場合においては、抽
出値が0〜230の範囲内の場合には「保留予告なし」
が選択され、抽出値が231〜232の範囲内の場合に
は「移動パターン1」が選択され、「移動パターン2」
から「移動パターン4」のうちのいずれかが選択される
場合はない。「非確変大当り事前判定コマンド」を示す
判定結果コマンドが表示制御基板80に入力された場合
においては、抽出値が0〜89の範囲内の場合には「保
留予告なし」が選択され、抽出値が90〜104の範囲
の場合には「移動パターン1」が選択され、抽出値が1
05〜126の範囲内の場合には「移動パターン2」が
選択され、抽出値が127〜216と217〜232の
範囲内の場合には、それぞれ「移動パターン3」と「移
動パターン4」が選択される。「確変大当り事前判定コ
マンド」を示す判定結果コマンドが表示制御基板80に
入力された場合においては、抽出値が0〜89の範囲内
の場合には「保留予告なし」が選択され、抽出値が90
〜111の範囲の場合には「移動パターン1」が選択さ
れ、抽出値が112〜126の範囲内の場合には「移動
パターン2」が選択され、抽出値が127〜142と1
43〜232の範囲内の場合には、それぞれ「移動パタ
ーン3」と「移動パターン4」が選択される。

【0073】図9(b)の高確率時テーブルにおいても
同様に、判定結果コマンド毎に「保留予告なし」と「移
動パターン1」から「移動パターン4」のうちから選択
する表示制御用乱数の抽出値の範囲が記憶されている。
例えば、「はずれ事前判定コマンド」を示す判定結果コ
マンドが表示制御基板80に入力された場合において
は、抽出値が0〜230の範囲内の場合には「保留予告
なし」が選択され、抽出値が231〜232の範囲内の
場合には「移動パターン1」が選択され、「移動パター
ン2」から「移動パターン4」のうちのいずれかが選択
される場合はない。「非確変大当り事前判定コマンド」
を示す判定結果コマンドが表示制御基板80に入力され
た場合においては、抽出値が0〜139の範囲内の場合
には「保留予告なし」が選択され、抽出値が140〜1
49の範囲の場合には「移動パターン1」が選択され、
抽出値が150〜224と225〜232の範囲内の場
合には、それぞれ「移動パターン3」と「移動パターン
4」が選択され、「移動パターン2」が選択されること
はない。「確変大当り事前判定コマンド」を示す判定結
果コマンドが表示制御基板80に入力された場合におい
ては、抽出値が0〜139の範囲内の場合には「保留予
告なし」が選択され、抽出値が140〜149の範囲の
場合には「移動パターン2」が選択され、抽出値が15
0〜157と225〜232の範囲内の場合には、それ
ぞれ「移動パターン3」と「移動パターン4」が選択さ
れ、「移動パターン1」が選択されることはない。

【0074】以上のように、遊技状態が確率変動状態で
あるか否かにより保留予告選択テーブルの決定がなさ
れ、遊技制御基板31から送信されてくる判定結果コマ
ンドにより異なる振分け率にもとづき、始動入賞記憶表
示等を移動表示させ保留予告を行なうか否かの決定や、
どのような移動パターンで保留予告を実行するのかを選
択することができる。

【0075】また、振分け率を各判定結果コマンドに対
し、細かく設定することで、保留予告の実行率,各移動
パターンの出現率・信頼度をいかようにも調整すること
ができ、プログラムを大幅に変更することなくデータの
変更のみでバリエーション豊かな保留予告を可能とする
ことができる。

【0076】低確率時テーブルにおいては、移動パター
ン1が保留予告として実行されたときは、大当りとなる
信頼度は低いが、大当りとなる場合は確変大当りとなる
確率が非確変大当りとなる確率よりも高く設定されてい
る。同様に、移動パターン2が保留予告として実行され
たときは、大当りとなる信頼度は低いが、大当りとなる
場合は非確変大当りとなる確率が確変大当りとなる確率
よりも高く設定されている。これにより、比較的多く出
現する移動パターン1または移動パターン2が実行され
たときは、そのパターンにより大当りになるのであれば
確変大当りになるのか非確変大当りになるのか思考する
ことができ、飽きることなく保留予告を楽しむことがで
きる。

【0077】また、移動パターン3と移動パターン4に
関しては、出現する確率は低いが、大当りとなる信頼度
が高く、さらに、それぞれの移動パターン3の場合は非
確変となる確率が高く、移動パターン4の場合は確変と
なる確率が高くなるように設定されている。これは、遊
技制御基板31から送信されてきた判定結果コマンドが
非確変・確変大当り事前判定コマンドであったときに、
移動パターン3または移動パターン4のいずれかを選択
する確率を、その判定結果コマンドがはずれ・リーチ事
前判定コマンドであるときに選択する確率よりも高く設
定していることによる。これにより、移動パターン3ま
たは移動パターン4により保留予告が実行された場合
に、遊技者は大当りになる期待感をさらに持つことがで
き遊技の興趣を向上させることができる。さらに、移動
パターン4であったときは、確変大当りになる確率が高
いため、保留予告が行なわれることに集中して遊技に望
むことができ興趣をさらに向上させることができる。

【0078】一方、高確率時テーブルにおいても、プロ
グラムを大幅に変更することなくデータの変更のみでバ
リエーション豊かな保留予告を可能とすることができ
る。移動パターン1が保留予告として実行されたとき
は、大当りとなる信頼度は低く、大当りとなる場合は確
変大当りとなる場合がないように設定されている。移動
パターン2が保留予告として実行されたときは、大当り
となる信頼度は低いが、大当りとなる場合は常に確変大
当りとなるように設定されている。移動パターン3と移
動パターン4に関しては、出現する確率は低いが、大当
りとなる信頼度が高く、さらに、移動パターン3の場合
は非確変となる確率が高く、移動パターン4の場合は確
変となる確率が高くなるように設定されている。それぞ
れの移動パターンによりその特色が異なるように設定さ
れているため、そのパターンにより大当りになるのであ
れば確変大当りになるのか非確変大当りになるのか思考
することができ、飽きることなく保留予告を楽しむこと
ができる。また、確変・非確変大当りとなるときには、
移動パターン3・4が移動パターン1・2よりも高い確
率で選択される。

【0079】図10から図13は、特別図柄表示部9に
おいて保留予告が実行されるときの始動入賞記憶表示1
0の表示態様と移動パターンを説明するための図であ
る。かかる表示態様と移動パターンは、図9を用いて前
述した保留予告フラグ1から保留予告フラグ4のそれぞ
れに対応しており、セットされている保留予告フラグに
より、以下説明する表示態様と移動パターンにより保留
予告が実行される。なお、前述したように、特別図柄表
示部9では、左中右の特別図柄の表示と始動入賞記憶表
示10の表示と併せて、普通図柄を表示する普通図柄表
示部41と普通入賞記憶表示42が表示される。また、
図10における始動入賞記憶表示10a,10b,10
c,10dが点灯しているとき(塗りつぶし状態時)
は、始動入賞記憶が4つ記憶されていることを報知して
おり、特別図柄の可変表示が消化される毎に、始動入賞
記憶表示10dから順に消灯(白抜き状態時)させる表
示処理がなされる。図11から図13の始動入賞記憶表
示も同様の表示処理がなされる。

【0080】図10は「保留予告フラグ1」がセットさ
れている移動パターン1についての保留予告を説明する
ための図である。移動パターン1では、始動入賞記憶表
示10の内、保留予告の対象となる始動入賞記憶表示1
0dの表示態様を変化させ、水平方向にジグザグに移動
させることにより保留予告を行なっている。

【0081】図10(a)は、可変表示開始直後の表示
画面を示している。左中右図柄の3つの特別図柄が上か
ら下へスクロールされている。

【0082】図10(b)(c)は、保留予告が実行さ
れる際の、始動入賞記憶表示の表示態様と移動パターン
を示している。まず、表示態様については、保留予告が
実行される前の始動入賞記憶表示10dと保留予告の実
行が開始された後の始動入賞記憶表示10d’の表示領
域と表示色を変更している(たとえば、表示されている
領域を広くし、表示色を赤色から青色に変更してい
る)。次に、移動パターンについては、表示態様が変化
した始動入賞記憶表示10d’がその他の始動入賞記憶
表示付近をジグザグに水平方向左側に移動し(図10
(b)中の点線矢印参照)表示画面上から消えた後、再
び画面右側から始動入賞記憶表示10d’が出現し元の
定位置に戻ります。

【0083】図10(d)は、保留予告終了後の表示画
面を示している。保留予告終了後も、左中右図柄の3つ
の特別図柄は上から下へスクロールが継続されている。

【0084】図11は「保留予告フラグ2」がセットさ
れている移動パターン2についての保留予告を説明する
ための図である。移動パターン2では、始動入賞記憶表
示10の内、保留予告の対象となる始動入賞記憶表示1
0dの表示態様を変化させ、垂直方向にジグザグに移動
させることにより保留予告を行なっている。

【0085】図11(a)は、可変表示開始直後の表示
画面を示している。左中右図柄の3つの特別図柄が上か
ら下へスクロールされている。

【0086】図11(b)(c)は、保留予告が実行さ
れる際の、始動入賞記憶表示の表示態様と移動パターン
を示している。まず、表示態様については、保留予告が
実行される前の始動入賞記憶表示10dを、保留予告の
実行が開始された後はキャラクタ11dに変化させてい
る。次に、移動パターンについては、表示態様が変化し
たキャラクタ11dがその他の始動入賞記憶表示付近を
巡回後、垂直方向上側に移動し(図11(b)中の点線
矢印参照)表示画面上から消えた後、再び画面下側から
キャラクタ11dが出現し(図11(c)参照)元の定
位置に戻ります。

【0087】図11(d)は、保留予告終了後の表示画
面を示している。保留予告終了後も、左中右図柄の3つ
の特別図柄が上から下へスクロールされている。

【0088】図12は「保留予告フラグ3」がセットさ
れている移動パターン3についての保留予告を説明する
ための図である。移動パターン3では、保留予告の対象
となる始動入賞記憶表示10cの表示態様は変化させ
ず、保留予告の対象とならない始動入賞記憶表示10
a,10bを含めたすべての始動入賞記憶表示を移動さ
せ、左中右図柄の順に図柄付近を巡回させることにより
保留予告を行なっている。なお、図12における始動入
賞記憶は3つとなっているため、4つ目の始動入賞記憶
表示10dは点灯していない表示状態(白抜き状態)と
なっている。

【0089】図12(a)は、可変表示開始直後の表示
画面を示している。左中右図柄の3つの特別図柄が上か
ら下へスクロールされている。

【0090】図12(b)(c)は、保留予告が実行さ
れる際の、始動入賞記憶表示の移動パターンを示してい
る。始動入賞し記憶されている3個の始動入賞記憶表示
10a,10b,10cが画面中央に移動し(図12
(b)参照)、スクロール中の中図柄の列において巡回
後、左図柄から右図柄へ同様にスクロール中の図柄の列
において巡回する。そして、図柄がリーチ状態になった
ときに、3個の始動入賞記憶表示10a,10b,10
cはそれぞれ元の定位置に戻る。

【0091】図12(d)は、保留予告終了後の表示画
面を示している。保留予告終了後は、左中図柄によりリ
ーチ状態となっており、右図柄は上から下へスクロール
されている。

【0092】図13は「保留予告フラグ4」がセットさ
れている移動パターン4についての保留予告を説明する
ための図である。移動パターン4では、すべての始動入
賞記憶表示10a,10b,10c,10dが高速で画
面上を移動させ、表示色を変えることによる残像で大当
り期待度を表示し保留予告を行なっている。

【0093】図13(a)は、可変表示開始直後の表示
画面を示している。左中右図柄の3つの特別図柄が上か
ら下へスクロールされている。

【0094】図13(b)(c)は、保留予告が実行さ
れる際の、始動入賞記憶表示の移動パターンと表示色を
変化させる区間を示している。始動入賞し記憶されてい
る4個の始動入賞記憶表示10a,10b,10c,1
0dがゆっくり画面左側上部に移動し、徐々に移動速度
を上げ大当り期待度を示す数字の形に添って高速移動が
続けられる。そして、図柄がリーチ状態になったとき
に、始動入賞記憶表示10a,10b,10c,10d
の表示色を実線部分と点線部分とで変えることにより、
画面上には残像が発生し、その残像により大当り期待度
を報知している。その後、すべての始動入賞記憶表示1
0a,10b,10c,10dはそれぞれ元の定位置に
戻る。

【0095】図13(d)は、保留予告終了後の表示画
面を示している。保留予告終了後は、左中図柄によりリ
ーチ状態となっており、右図柄は上から下へスクロール
されている。

【0096】以上のように、それぞれの保留予告フラグ
に対応した始動入賞記憶表示の表示態様や移動パターン
を説明したが、大当りへの信頼度を高く設定している保
留予告フラグ3と保留予告フラグ4における始動入賞記
憶表示の移動距離とその移動範囲を、保留予告フラグ1
と保留予告フラグ2の移動距離とその移動範囲よりも長
く・広くなるように異なるよう設定している。これによ
り、大当りへの信頼度が高い保留予告と大当りへの信頼
度がそれほど高くない保留予告との区別がつきやすく、
遊技者にとって認識しやすいため興趣を向上することが
できる。

【0097】また、大当りへの信頼度を高く設定してい
る保留予告フラグ3と保留予告フラグ4に対応する保留
予告の終了時には図柄変動がリーチ状態になっているの
に対し、大当りへの信頼度がそれほど高くない保留予告
フラグ1と保留予告フラグ2に対応する保留予告の終了
時には全図柄について変動がなされている。これは、始
動入賞記憶表示の移動速度や移動パターンが異なってい
ることによる。たとえば、移動パターン3についてはゆ
っくりと全図柄ラインを巡回するために時間がかかり、
移動パターン4については高速で移動させ、かつ、繰返
し移動させるため時間がかかりリーチ状態になっている
のに対し、移動パターン1と移動パターン2の保留予告
を行なうにあたりさほど時間がかからないため全図柄に
ついて未だ変動がなされているのである。これにより、
大当りへの信頼度が高い保留予告と大当りへの信頼度が
それほど高くない保留予告との区別をより容易にするこ
とができ遊技者にとって分かりやすく、興趣を向上する
ことができる。

【0098】なお、保留予告の表示態様として、一例を
示したが、これ以外の表示態様として、予告の開始時
期、予告の終了時期、始動入賞記憶表示画像の表示態様
等が異なっている態様であってもよく、通常の表示態様
と異なり、何かを予告していることを始動入賞記憶表示
画像を移動表示させることにより遊技者が認識できる態
様であればよい。

【0099】図14は、基本回路53により実行される
遊技制御メイン処理および割込処理を示すフローチャー
トである。図14において、(a)は遊技制御メイン処
理が示され、(b)にタイマ割込処理が示されている。
この割込処理は、たとえば2msec毎に1回実行され
る。

【0100】遊技制御メイン処理においては、まずステ
ップS(以下単にSという)01により、初期化処理が
行なわれる。初期化処理では、RAM55にエラーが含
まれているか判定され、エラーが含まれている場合に
は、RAM55を初期化することおよび各種フラグの初
期化設定などの処理が行なわれる。さらに、初期化処理
では、後述する割込処理を実行するタイミングを規定す
るタイマ割込時間(たとえば2msec)をCPU56
に設定する処理がなされる。これにより、電源投入等に
よるリセット後、最初の割込処理が実行されるタイミン
グを規定するための計時が開始される。また、初期化処
理においては、種々のタイマがセットされるとともに、
表示制御基板80等のサブ基板初期化コマンドを出力す
る処理が行なわれる。

【0101】次に、確定図柄(予定停止図柄)を決定す
る等のための表示用乱数更新処理がS02により行なわ
れる。このパチンコ遊技機1においては、可変表示装置
8の可変表示での特別図柄の確定図柄が乱数(ランダム
3,4,5のカウント値)にもとづいて決定される。こ
のS02では、停止図柄を決定するための表示用乱数
(ランダム3,4,5のカウント値)が更新される。通
常は、S02で処理される更新のみの無限ループを繰返
し実行がなされる。この間に、タイマ割込みが入ると図
11(b)のタイマ割込み処理の実行がなされる。図1
1(b)のタイマ割込み処理が実行された後には再度S
02のステップを無限ループで繰返し実行することとな
る。

【0102】S03では、ゲートスイッチ12、始動口
スイッチ17、Vカウントスイッチ22、カウントスイ
ッチ23等の状態を入力し、各入賞口や可変入賞球装置
に対する入賞があったか否か等を判定するスイッチ処理
がなされる。始動口スイッチ17により始動入賞が検出
された場合には、このスイッチ処理において、始動記憶
処理が実行される。具体的には、始動口スイッチ17に
より始動入賞が検出されると、そのタイミングで大当り
判定用のランダム1カウンタのカウント値が抽出され、
始動記憶用の特別図柄判定用バンクにその抽出値が記憶
される。これにより始動記憶がなされる。始動記憶用の
特別図柄判定用バンクは、バンク0〜バンク3の4箇所
から構成されており、この4箇所のバンクによって最大
4個の始動記憶が可能となる。よって、始動入賞が検出
された際にすべてのバンクに記憶がある場合には、その
始動入賞が無効とされる。

【0103】次に、S04によりエラー処理がなされ
る。このエラー処理は、パチンコ遊技機1の内部に備え
られている自己診断機能によって種々の異常診断を行な
い、その結果に応じて必要ならば警報を発生させる等の
処理である。

【0104】次にS05へ進み、乱数更新処理がなされ
る。これは、遊技制御に用いられる各種の判定用乱数を
示す各ランダムカウンタを更新する処理である。具体的
には、ランダム1,2のカウンタの更新処理である。よ
って、ランダム1,2のカウンタは2ms毎に1加算更
新がなされる。

【0105】次にS06へ進み、表示図柄乱数の更新処
理が行なわれる。この処理は、S03と同じ処理であ
り、具体的には、ランダム3,4,5のカウンタの更新
処理がなされる。

【0106】次にS07へ進み、特別図柄プロセス処理
がなされる。この特別図柄プロセス処理では、入賞確認
処理が行なわれた後に、複数種類の処理のうちの1つが
特別図柄プロセスフラグの値にしたがって選択されて実
行される。そして、特別図柄プロセスフラグの値は、遊
技状態に応じて各処理中において更新される。次に、普
通図柄プロセス処理がS08により行なわれる。この普
通図柄プロセス処理では、特別図柄表示部9内に表示さ
れている普通図柄を所定の順序で制御するための普通図
柄プロセスフラグにしたがって該当する処理が選び出さ
れて実行される。そして、普通図柄プロセスフラグの値
は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。

【0107】次にS09に進み、特別図柄コマンド処理
が実行される。この特別図柄コマンド処理は、前述した
特別図柄表示用のコマンドデータを基本回路53が表示
制御基板80へ伝送する処理である。次にS10へ進
み、普通図柄コマンド処理が実行される。この普通図柄
コマンド処理は、特別図柄表示部9内に表示されている
普通図柄を表示制御するためのコマンドデータを基本回
路53が表示制御基板80へ伝送する処理である。

【0108】次にS11へ進み、情報出力処理がなされ
る。この情報出力処理は、情報出力回路64を介して前
述した確変情報、大当り情報、始動情報を外部出力する
処理である。次にS12へ進み、ソレノイド出力処理が
なされる。このソレノイド出力処理は、前述したソレノ
イド13,16,21を励磁制御するための制御信号を
ソレノイド回路59へ出力するための処理である。次に
S13へ進み、賞球処理がなされる。この賞球処理は、
基本回路53が払出制御基板37に対し賞球個数信号と
賞球可能信号とを送信して、賞品球の払出指令を行なう
ための処理である。

【0109】次にS14へ進み、保留記憶処理がなされ
る。この保留記憶処理は、たとえば、始動入賞があって
保留記憶が増加した場合や変動が開始されて保留記憶が
減少した場合などの、保留記憶数が変化した場合に、保
留記憶数の表示を指定する保留記憶数コマンドを送信す
るとともに、後述する特別図柄プロセス処理で行なわれ
る入賞確認処理で設定された判定結果を示す判定結果コ
マンドを送信する。すなわち、保留記憶数コマンド送信
に関連して判定結果コマンドを送信している。これによ
り、保留記憶数コマンドのみを受信し、判定結果コマン
ドを受信することができずコマンドを取りこぼす不都合
の発生を未然に防ぎ、保留予告を実行する回数のずれな
どの発生を防止することができる。S15では、試験信
号出力処理がなされる。この試験信号出力処理は、遊技
状態に対応した正規のコマンドを出力しているか否かの
試験が行なわれる。たとえば、大当り時に、大当りに対
応したコマンドを出力しているか否かの試験が行なわれ
る。このS15の後の制御として、S02の無限ループ
を繰り返す処理が行なわれる。

【0110】図15は、図14のS07により示された
特別図柄プロセス処理のサブルーチンプログラムを示す
フローチャートである。この特別図柄プロセス処理は、
SA01の入賞確認処理が実行された後に特別図柄用プ
ロセスフラグの値に応じて、10種類の処理(SA02
〜SA11)の内、いずれかが実行されるように制御さ
れる。SA01〜SA11において、以下のような処理
が実行される。

【0111】SA01において、入賞確認処理が行なわ
れる。始動入賞口14(この実施の形態では可変入賞球
装置15の入賞口)に打玉が入賞して始動口スイッチ1
7がオンした場合に、各種の乱数判定処理が行なわれ、
抽出した乱数を各乱数記憶領域に記憶する処理が行なわ
れる。この処理については、図13等を用いて後述す
る。

【0112】SA02において、特別図柄変動待ち処理
が行なわれる。始動入賞があるか否か(始動記憶がある
か否か)を判定し、始動入賞がない場合には特別図柄表
示部9における表示状態を客待ちのための待機状態にす
るための指令情報を設定し、始動入賞がある場合には特
別図柄プロセスフラグを更新して特別図柄判定処理に移
行可能とする処理である。

【0113】SA03において、特別図柄判定処理が行
なわれる。特別図柄の可変表示が開始できる状態になる
と、始動入賞記憶数を確認する。始動入賞記憶数が0で
なければ、ランダム1カウンタを利用し抽出した大当り
判定用乱数の値に応じて、大当りとするかはずれとする
かを決定する。

【0114】SA04において、停止図柄設定処理が行
なわれる。ランダム4カウンタを利用し抽出したはずれ
図柄決定用乱数の値に応じて、左中右図柄の停止図柄を
決定する。

【0115】SA05において、変動パターン設定処理
が行なわれる。大当りか否かの判定結果およびリーチ判
定用乱数の値等に応じた変動パターンテーブルをルック
アップし、変動パターン決定用乱数の値に応じて変動パ
ターンを決定する。

【0116】SA06において、全図柄変動開始処理が
行なわれる。特別図柄表示部9において全図柄が変動開
始されるように制御する。このとき、表示制御基板80
に対し表示制御コマンドとして、変動パターンコマンド
と、左中右予定停止図柄(最終停止図柄)をそれぞれ指
令する左,中,右の3つの停止図柄コマンドとが送信さ
れる。

【0117】SA07において、全図柄停止待ち処理が
行なわれる。所定時間が経過すると、特別図柄表示部9
において表示される全図柄が停止されるように制御す
る。また、全図柄停止のタイミングまで、所定のタイミ
ングで左中図柄が停止されるように制御する。

【0118】SA08において、大当り表示処理が行な
われる。ランダム1にもとづく抽出値が大当り状態を発
生させる値であった場合には、ランダム2により抽出さ
れた値に対応した表示制御コマンドが表示制御基板80
に送信されるように制御するとともに内部状態(プロセ
スフラグ)をステップSA09に移行するように更新す
る。そうでない場合には、内部状態をステップSA02
に移行するように更新する。また、表示制御基板80の
表示制御用マイクロコンピュータは表示制御コマンドの
データにしたがって、特別図柄表示部9に大当り表示を
行なう。大当り表示は遊技者に大当りの発生を報知する
ためになされる処理である。

【0119】SA09において、大当り中ラウンド表示
処理が行なわれる。特別図柄表示部9に大当り中のラウ
ンドを表示する制御を開始する。

【0120】SA10において、大入賞口開放中V表示
処理が行なわれる。大当り中ラウンド表示の表示制御コ
マンドデータを表示制御基板80に送信する制御等を行
なう。大入賞口の閉成条件が成立し、大当り遊技状態の
継続条件が成立していれば内部状態をSA09に移行す
るように更新する。大当り遊技状態の終了条件が成立し
ていれば、内部状態をSA11に移行するように更新す
る。

【0121】SA11において、大当り終了表示処理が
行なわれる。大当り遊技状態が終了したことを遊技者に
報知するための表示を行なう。この表示が終了したら、
内部フラグ等を初期状態に戻し、内部状態をSA02に
移行するように更新する。

【0122】前述したように、始動入賞口14に打玉が
入賞すると、遊技制御基板31は、特別図柄プロセス処
理において、判定結果コマンドを設定するために大当り
とするかはずれとするかの決定、リーチ成立の決定、停
止図柄の決定等を行ない、その決定に応じた判定結果コ
マンドおよびINT信号を表示制御基板80に向けて出
力する。表示制御基板80側の表示制御用マイクロコン
ピュータは、遊技制御基板31からの判定結果コマンド
に応じて表示制御用乱数を抽出し、保留予告選択テーブ
ルの設定された振分け率にしたがい保留予告の決定を行
なう。

【0123】図16は、図15の特別図柄プロセス処理
で説明した2ms毎に行なわれるSA01の入賞確認処
理のサブルーチンプログラムを示すフローチャートであ
る。

【0124】まず、SB01では、始動入賞があったか
否かの判別がなされる。始動入賞がなかった場合は入賞
確認処理を終了し、始動入賞があった場合はSB02に
移行し、始動記憶数が「4」であるか否かの判別がなさ
れる。始動入賞記憶数が「4」であった場合は入賞確認
処理を終了し、始動入賞記憶数が「4」でなかった場合
にはSB03に移行し始動記憶数に「1」加算する処理
が行なわれる。

【0125】次に、SB04では、前述したランダム
1,2,3,4のカウンタ値を抽出する処理が行なわれ
る。SB05では、乱数判定処理が行なわれる。ここで
は、後述するように各種ランダムカウンタ値にもとづき
コマンドの設定がなされる。SB06では、SB04で
抽出したカウンタ値をそれぞれ対応した乱数記憶領域に
記憶する処理が行なわれる。

【0126】図17は、図14の入賞確認処理で説明し
たSB05の乱数判定処理のサブルーチンプログラムを
示すフローチャートである。

【0127】まず、SC01では、ランダム1カウンタ
を利用して抽出したカウント値が大当りとなる「7」で
あったか否かの判別がなされる。カウント値が「7」で
あった場合にはSC02に移行しランダム2カウンタを
利用し抽出したカウント値が確率変動大当りとなる「奇
数」であったか否かの判別がなされ、SC03・SC0
4に移行し、「奇数」であった場合は確変大当り事前判
定コマンドを送信設定し、「奇数」でなかった場合は非
確変大当り事前判定コマンドを送信設定し乱数判定処理
を終了する。

【0128】また、SC01で大当りではないと判別さ
れた場合にはSC05へ移行し、現在の遊技状態が確率
変動中であるフラグがオンであるか否かの判別がなされ
る。確率変動中であった場合にはSC06へ移行し、ラ
ンダム1カウンタを利用して抽出値が「7,17,4
1,57,107」のいずれかであったか否かの判別が
なされ、いずれかであった場合にはSC02へ移行し前
述した処理がなされる。いずれでもなかった場合にはS
C07へ移行し、ランダム3カウンタを利用して抽出し
たカウント値がリーチ状態になりうるカウント値「1
1」であったか否かの判別がなされる。「11」であっ
た場合にはSC08においてリーチ事前判定コマンドを
送信設定し、「11」でなかった場合にはSC09にお
いてはずれ事前判定コマンドを送信設定し乱数判定処理
を終了する。

【0129】なお、乱数判定処理で設定された判定結果
コマンドは、図14(b)のS14を用いて説明した保
留記憶処理において、始動入賞時に保留記憶数コマンド
と判定結果コマンドが遊技制御基板31から表示制御基
板80へ送信される。これにより、特別図柄コマンド処
理において遊技制御基板31から表示制御基板80へ変
動パターンコマンドや確定図柄(停止図柄)コマンドを
送信する処理と別個独立に判定結果コマンド等の送信が
行なわれるため、遊技制御基板31の処理負担を分散す
ることができる。

【0130】図18は、(a)が表示制御メイン処理を
示すフローチャートであり、(b)がタイマ割込処理を
説明するためのフローチャートである。表示制御メイン
処理においては、SD01において、初期化処理が行な
われる。この初期化処理においては、RAMに記憶され
ている記憶内容すべてが消去され、新たに各パラメータ
の初期値(たとえば、「0」)が設定される。次に、S
D02においては、乱数更新処理が行なわれる。この乱
数更新処理においては、表示制御用乱数の更新処理が行
なわれる。

【0131】次に、SD03においてタイマ割込フラグ
がセットされているか否かが判別される。タイマ割込フ
ラグがセットされていなければSD02に戻り、さらに
乱数を更新するが、タイマ割込フラグがセットされてい
れば、SD04に進みタイマ割込フラグをクリアしてか
らSD05においてコマンド解析処理を行なう。SD0
5のコマンド解析処理においては、遊技制御基板31か
ら送信されてきたコマンドを受信して、いかなるコマン
ドであるかを解析し、可変表示装置8に表示するための
図柄をセットする処理等が行なわれる。

【0132】次に、SD06においては、表示制御プロ
セス処理が行なわれる。この表示制御プロセス処理は、
図22を用いて後述するが、可変表示装置8に表示させ
るための変動開始コマンド受信待処理、可変表示動作設
定処理、図柄変動中処理、全図柄停止待ち処理、および
大当り表示処理等の処理が行なわれる。SD07におい
ては、音・ランプ制御コマンド処理が行なわれる。この
音・ランプ制御コマンド処理は、遊技制御基板31から
送信される変動パターンコマンドと実行される保留予告
に対応させて、遊技音発生に関する音制御コマンドと装
飾ランプ等の点灯パターンに関するランプ制御コマンド
をそれぞれ音制御基板70とランプ制御基板35に送信
を行なう。これにより、保留予告の実行が決定された場
合に保留予告に同調して遊技音の発生・ランプの点灯を
実行させる制御コマンドを送信することができるため可
変表示装置8に表示される演出等と遊技音・ランプの点
灯が相互にずれる不都合を未然に防止することができ
る。また、図18の(b)においてはタイマ割込処理が
行なわれ、SD08においてタイマ割込フラグがセット
される。そして、SD09において、タイマ割込許可が
なされてタイマ割込処理を終了する。なお、タイマ割り
込み処理は、33msec経過する毎に1回行なわれ
る。

【0133】図19は、遊技制御基板から送信されてき
たコマンドを記憶するための表示制御用CPU101の
RAM101aの記憶領域である受信コマンドバッファ
記憶領域を説明するための図である。遊技制御基板31
から送信されてきたコマンドを表示制御基板80が受信
するごとに、受信個数カウンタが0からカウントアップ
される。そして、コマンド受信個数カウンタが0のとき
には受信コマンドバッファ1が選択されて、その受信コ
マンドが記憶される。

【0134】図20は、遊技制御基板31から出力され
てきたコマンドが入力された表示制御基板80において
行なわれるコマンド解析処理を説明するためのフローチ
ャートである。図20に示すコマンド解析処理において
は、SE01〜SE05において、コマンド受信バッフ
ァに受信コマンドがあるか否か、左中右の図柄の指定コ
マンドであるか否かを判別し、各図柄停止格納エリアに
図柄番号を格納する。

【0135】また、SE03において受信コマンドが各
図柄指定コマンドでなければSE06に進み、受信コマ
ンドが変動パターン決定用コマンドであるか否かが判別
される。SE06において、受信コマンドが変動パター
ン決定用コマンドであれば、SE07においてコマンド
に対応したフラグをセットしてSE01に戻る。

【0136】また、SE06において受信コマンドが変
動パターン決定用コマンドでなければ、SE08におい
て受信コマンドが判定結果コマンドであるか否かが判別
される。受信コマンドが判定結果コマンドであった場合
には、SE09において図21を用い説明する保留予告
決定処理が行なわれ、保留予告フラグのセット等がなさ
れる。SE08において受信コマンドが判定結果コマン
ドでないと判別された場合には、SE10に進み受信コ
マンドがいかなるコマンドか判定して、対応したフラグ
をセットしてSE01に戻る。すなわち、変動開始コマ
ンドであれば変動開始コマンドに対応したフラグをセッ
トし、図柄確定コマンドであれば図柄確定コマンドに対
応したフラグをセットし、判定結果コマンドであれば選
択された保留予告フラグのセットが行なわれる。

【0137】図21は、図20を用いて前述したコマン
ド解析処理のSE09で行なわれる保留予告決定処理の
サブルーチンを説明するためのフローチャートである。
ここでは、送信されてきた判定結果コマンドと遊技状態
の大当り確率により決定されたテーブルの振分け率にし
たがって保留予告の決定が行なわれる。

【0138】SF01において、大当りとなる確率が高
確率状態である確変中か否かの判別がなされ、確変中で
なかった場合にはSF02へ移行し、保留予告の決定に
際して低確率時テーブルが用いられる。SF03におい
て、受信した判定結果コマンドがはずれ事前判定コマン
ドであるか否かの判別がなされ、はずれ事前判定コマン
ドであった場合にはSF04においてRS1−1の振分
け率にもとづき対応した保留予告フラグのセットがなさ
れる。次に、SF05において、受信した判定結果コマ
ンドがリーチ事前判定コマンドであるか否かの判別がな
され、リーチ事前判定コマンドであった場合にはSF0
6においてRS1−2の振分け率にもとづき対応した保
留予告フラグのセットがなされる。

【0139】SF07において、受信した判定結果コマ
ンドが非確変大当り事前判定コマンドであるか否かの判
別がなされ、非確変大当り事前判定コマンドであった場
合にはSF08においてRS1−3の振分け率にもとづ
き対応した保留予告フラグのセットがなされる。同様
に、SF09において、受信した判定結果コマンドが確
変大当り事前判定コマンドであるか否かの判別がなさ
れ、確変大当り事前判定コマンドであった場合にはSF
10においてRS1−4の振分け率にもとづき対応した
保留予告フラグのセットがなされ、SF20へ移行す
る。

【0140】また、SF01において、大当りとなる確
率が高確率状態である確変中か否かの判別がなされ、確
変中であった場合にはSF11へ移行し、保留予告の決
定に際して高確率時テーブルが用いられる。SF12に
おいて、受信した判定結果コマンドがはずれ事前判定コ
マンドであるか否かの判別がなされ、はずれ事前判定コ
マンドであった場合にはSF13においてRS2−1の
振分け率にもとづき対応した保留予告フラグのセットが
なされる。次に、SF14において、受信した判定結果
コマンドがリーチ事前判定コマンドであるか否かの判別
がなされ、リーチ事前判定コマンドであった場合にはS
F15においてRS2−2の振分け率にもとづき対応し
た保留予告フラグのセットがなされる。

【0141】SF16において、受信した判定結果コマ
ンドが非確変大当り事前判定コマンドであるか否かの判
別がなされ、非確変大当り事前判定コマンドであった場
合にはSF17においてRS2−3の振分け率にもとづ
き対応した保留予告フラグのセットがなされる。同様
に、SF18において、受信した判定結果コマンドが確
変大当り事前判定コマンドであるか否かの判別がなさ
れ、確変大当り事前判定コマンドであった場合にはSF
19においてRS2−4の振分け率にもとづき対応した
保留予告フラグのセットがなされ、SF20へ移行す
る。

【0142】SF20において、上述した処理において
保留予告フラグがセットされたか否かの判別がなされ、
セットされているときはSF21に進み、判定結果コマ
ンドと相互に関連して送信される保留記憶数コマンドに
対応する連続予告数の記憶がなされる。たとえば、始動
入賞記憶表示が2個表示されているときに、打玉が始動
入賞口に入賞し、大当り判定等が行なわれ確変大当りと
判定されたときにおいて、遊技制御基板31から判定結
果コマンドとして「確変大当り事前判定コマンド」と保
留記憶数コマンドとして「保留記憶数3コマンド」が相
互に関連して表示制御基板80に送信される。それを受
けた表示制御基板80では「確変大当り事前判定コマン
ド」をもとに保留予告フラグをセットし、「保留記憶数
3コマンド」をもとに該保留予告フラグに対応する連続
予告数が3であることの記憶がなされる。SF20にお
いて保留予告フラグがセットされていないとき、また
は、連続予告数の記憶がなされた後に、保留予告決定処
理を終了する。

【0143】なお、本実施形態においては、図14のS
14において説明したように、遊技制御基板31は、保
留記憶の数を示す保留記憶数を特定可能な保留記憶数コ
マンドを表示制御基板80に送信する保留記憶数コマン
ド送信手段を含んでおり、保留記憶画像移動決定手段
は、保留記憶数コマンドにもとづいて保留記憶画像を移
動表示させるか否かを決定している。これにより、表示
制御基板80は、遊技制御基板31から送信された保留
記憶数コマンドを受信することにより、何個目の保留記
憶にもとづき移動表示を行なうことが可能となり、確実
な回数分だけ保留記憶画像を移動表示させることができ
る。

【0144】図22は、表示制御プロセス処理を説明す
るためのフローチャートである。表示制御プロセス処理
においては、SG01において変動開始コマンド受信待
ち処理が行なわれる。変動開始コマンド受信待ち処理に
おいては、コマンド受信割込処理によって、可変表示の
時間および可変表示パターンを特定可能な変動開始コマ
ンド(変動パターンコマンド)を受信したか否かを確認
する。具体的には、変動開始コマンドが受信されたこと
を示すフラグがセットされたか否かを確認する。そのよ
うなフラグは、前述したように表示制御基板80の受信
コマンドバッファに格納された受信コマンドが、変動開
始コマンド(変動パターンコマンド)である場合にセッ
トされる。

【0145】また、SG02においては、可変表示動作
設定処理が行なわれる。可変表示動作設定処理において
は、変動開始コマンド(変動パターンコマンド)に応じ
て、可変表示パターンの設定をするとともに、保留予告
を行なう場合には、保留予告の設定を行なう。そして左
中右図柄の変動が開始されるように制御する。次に、S
G03においては、図柄変動中処理が行なわれる。図柄
変動中処理においては、変動パターンを構成する各変動
状態(変動速度や背景、キャラクタ)の切替タイミング
を制御するとともに、変動時間の終了を監視する。保留
予告を行なう場合はそのタイミングを制御する。また左
中図柄の停止制御を行なう。

【0146】SG04においては、全図柄停止待ち処理
が行なわれる。全図柄停止待ち処理においては、変動時
間の終了時に全図柄の停止を指示する図柄確定コマンド
を受信している場合に、図柄の変動を停止するための表
示制御(図柄確定制御)を行なう。また、SG05にお
いては大当り表示制御処理が行なわれる。大当り表示制
御処理においては、変動時間の経過後、確変大当り表示
または通常大当り表示するための制御を行なう。

【0147】図23は、変動開始コマンド受信待ち処理
を説明するためのフローチャートである。変動開始コマ
ンド受信待ち処理においては、まず、表示制御用CPU
101は、左中右図柄の変動を開始する指示をするとと
もに、可変表示時間および可変表示パターンを特定可能
な変動開始コマンドを受信したか否かが確認される(S
H01)。SH01において、変動開始コマンドを受信
していなければ、変動開始コマンド受信待ち処理をその
まま終了するが、変動開始コマンドを受信していれば、
SH02において、プロセスフラグを可変表示動作設定
処理に設定し変動開始コマンド受信待ち処理を終了す
る。この変動開始コマンドは、図7に示すいずれかであ
る。したがって、可変表示時間および可変表示パターン
を特定可能な変動開始コマンドを受信した場合には、表
示制御プロセスフラグの値を可変表示動作設定処理SG
02に対応した値に変更する。

【0148】なお、特別図柄を変動させるときに、遊技
制御基板31から表示制御基板80に、最初に送信され
るコマンドは変動開始コマンドである。そして、次に、
左中右図柄の停止図柄を指定するコマンドが送信されて
くる。最後に、図柄を確定する確定コマンドが送信され
てくる。それらはコマンドバッファに格納されている。

【0149】図24は、可変表示動作設定処理を説明す
るためのフローチャートである。図24に示すように、
可変表示動作設定処理においては、SI01において、
遊技制御基板31から送信されてきた受信コマンドに対
応した可変表示パターンを設定する。

【0150】SI02において、保留予告フラグが成立
しているか否かが判別される。保留予告フラグは、図2
1を用いて説明した保留予告決定処理においてセットさ
れる。SI02において保留予告フラグが成立している
と判別されればSI03とSI04に進み、保留予告開
始時間タイマをスタートさせ保留予告フラグに応じたキ
ャラクタや背景等の演出の設定がなされる。SI02に
おいて保留予告フラグが成立していないと判別されれば
そのままSI05に進む。

【0151】次に、SI05において可変表示装置8の
可変表示時間を計時するための可変表示時間タイマをス
タートさせる。次に、SI06において、設定された可
変表示パターンおよび可変表示時間で、可変表示装置8
において表示結果を導出表示するための可変表示を開始
する。次にSI07において、プロセスフラグを図柄変
動中処理に設定し可変表示動作設定処理を終了する。

【0152】図25は、図柄変動中処理を説明するため
のフローチャートである。図柄変動中処理においては、
SJ01において、保留予告を開始するまでの待機時間
を計数するための保留予告開始時間タイマがタイムアウ
トしたか否かが判別される。すなわち、保留予告を開始
すべきタイミングであるか否かが判別される。SJ01
において保留予告開始時間タイマがタイムアウトとなっ
ていればSJ02に進み、保留予告を行なうための表示
動作(図10等参照)の表示を開始する。SJ03にお
いては、図21において記憶された連続予告数が1減算
され、SJ04において減算された連続予告数が「0」
になっているか否かの判別がなされ、「0」であった場
合にはSJ05においてセットされていた保留予告フラ
グがクリアされる。これにより、可変表示毎に連続して
保留予告を実行可能に制御できる。

【0153】また、SJ06においては、表示結果を導
出表示するための可変表示を終了するタイミングである
か否かが判別される。SJ06において可変表示時間タ
イマがタイムアウトしていればSJ07に進み、プロセ
スフラグを全図柄停止待ち処理に設定し図柄変動中処理
を終了するが、SJ06において可変表示時間がタイム
アウトしていなければそのまま図柄変動中処理を終了す
る。

【0154】図26は、全図柄停止待ち処理を説明する
ためのフローチャートである。全図柄停止待ち処理にお
いては、まず、SK01において、左中右の図柄を停止
させるための確定コマンドを受信しているか否かが判別
される。SK01において確定コマンドを受信していな
ければ全図柄停止待ち処理をそのまま終了するが、SK
01において確定コマンドを受信していればSK02に
進み、確定図柄を表示する。次に、SK03において、
確定図柄が大当り図柄であるか否かが判別される。SK
03において確定図柄が大当り図柄であればSK04に
進み、プロセスフラグを大当り表示処理に設定し全図柄
停止待ち処理を終了するが、SK03において確定図柄
が大当り図柄でなければSK05に進み、プロセスフラ
グを変動開始コマンド受信待ち処理に設定し全図柄停止
待ち処理を終了する。

【0155】図27は、大当り表示処理を説明するため
のフローチャートである。大当り表示処理においては、
まず、SL01において、ファンファーレコマンドを受
信しているか否かの判別がなされる。ここで、ファンフ
ァーレコマンドとは、大当り表示(たとえば、「フィー
バー」表示など)を報知するためのコマンドであり、フ
ァンファーレコマンドを受信した後の大当り表示処理中
は確率変動中であっても、大当りとなる確率は通常の低
確率状態となる。受信していない場合には、大当り表示
処理を終了するが、受信していた場合にはSL02へ進
み、セットされている保留予告フラグのクリアがなされ
る。すなわち、始動入賞記憶中に保留予告フラグがセッ
トされている場合にはクリアされるため、大当り終了後
にそのクリアされた始動入賞記憶に対応した可変表示の
変動において連続保留予告は行なわれない。これによ
り、たとえば、確変中において、始動入賞記憶「2」に
高確率状態が終了する非確変図柄による大当りとなるフ
ラグがセットされており、始動入賞記憶「4」に高確率
時においてのみ大当りになりかつ保留予告フラグがセッ
トされている場合であっても、始動入賞記憶「2」の大
当り表示処理中に始動入賞記憶「4」の保留予告フラグ
はクリアされるため、整合の取れない保留予告が実行さ
れることを防止することができる。

【0156】次に、SL03において大当りが確率変動
状態を付随する確変大当りであるか否かが判別される。
SL03において確変大当りでなければSL05に進み
通常大当りであることを示す表示を行ないSL06に進
むが、SL03において大当りが確変大当りであればS
L04に進み確変大当りであることを示す表示を行ない
SL06に進む。SL06においては大当り遊技が終了
したか否かが判別される。SL06において大当り遊技
が終了していなければ大当り表示処理をそのまま終了す
るが、SL06において大当り遊技が終了していればS
L07に進みプロセスフラグを変動開始コマンド受信待
ち処理に設定し大当り表示処理を終了する。

【0157】次に、この実施の形態により得られる主な
効果をまとめて説明する。前述したように、実行条件成
立時(たとえば、始動入賞時)に遊技状態が大当りとな
り得るか否か、停止図柄がリーチとなり得るか否かの判
定が行なわれ、その判定結果にもとづいて始動入賞記憶
表示画像を移動表示させ保留予告を実行するか否かの決
定を行なうことができる。すなわち、始動入賞に起因す
る図柄変動が開始される前から、大当り判定等にもとづ
き、始動入賞記憶表示画像を移動表示させることによ
り、保留予告を行なうことができる。これにより、遊技
者が常に注意の視線を向けている可変表示装置内で、始
動入賞記憶画像を移動表示させることができるので、遊
技者がかかる始動入賞記憶画像の移動表示による保留予
告を見落としてしまうといった不都合を防止することが
できる。さらに、遊技者は大きな視点移動を行なうこと
なく始動入賞記憶画像の移動表示による多彩な保留予告
を視覚的に十分楽しむことができる。

【0158】前述したように、判定結果コマンドに対応
する振分け率にしたがい保留予告を実行するか否かの決
定を行ない、さらに、いずれの移動パターンを実行する
かを決定している。これにより、プログラムを大幅に変
更することなくデータの変更のみでバリエーション豊か
な保留予告を実行可能とすることができる。

【0159】また、保留予告として移動パターン3と移
動パターン4が選択される確率は、判定結果コマンドが
はずれ・リーチ事前判定コマンドであるときに選択され
る確率より、非確変・確変大当り事前判定コマンドであ
るときの方が高く設定されている。言いかえれば、移動
パターン3と移動パターン4を大当りとなる確率・信頼
度が高く設定されている。これにより、保留予告として
移動パターン3と移動パターン4が選択され、その態様
で表示されるか否かに遊技者は期待感を持つことがで
き、興趣を向上させることができる。また、大当りとな
ることを遊技者に事前に報知することができるととも
に、かかる移動パターン3と移動パターン4で予告が実
行されるため分かりやすい。

【0160】さらに、保留予告として移動パターン4が
選択され、その態様で表示されたときには、非確変大当
りになる確率よりも、確変大当りになる確率の方が高く
なるように設定されている。これにより、大当りとなる
ことを事前に報知することに加え、確変になることを事
前に報知することができるとともに、かかる移動パター
ン4で予告が実行されるため遊技者にとってわかりやす
く、より期待感を持ちながら遊技を続行することができ
る。

【0161】前述したように、大当りとなる確率が高い
移動パターン3と移動パターン4の表示態様は、始動記
憶表示画像が画面上を移動する距離範囲において長くか
つ広くなるように設定されており、大当りとなる確率が
低い移動パターン1と移動パターン2と比較し、その移
動距離範囲において異なるようにあらかじめ設定してい
る。さらに、移動パターン3の始動入賞記憶画像の移動
速度は、移動パターン1と移動パターン2と比較し極め
て遅く移動するよう、異なる速度に設定されている。こ
れにより、遊技者にとって大当りとなる確率が高い保留
予告であるか否か等の区別がつきやすく分かりやすくす
ることができる。また、視覚的に見た目で大当りになる
確率が高そうであり期待が持てる等の予測を立てること
ができ、遊技の興趣が向上する。なお、移動パターン4
については、何度も同じ表示を繰返して保留予告を行な
っており、その他の移動パターンと繰返し回数において
異なるように設定している。これにより、上述した効果
を発揮することに加え、何度も繰返すことにより遊技者
に強烈なインパクトを与え、遊技の興趣を向上させるこ
とができる。

【0162】前述したように、実行条件成立毎に、保留
記憶数を示す保留記憶数コマンドと、その保留記憶に対
応する判定結果コマンドを互いに関連させて表示制御基
板80に送信を行なう実施を説明した。これにより、保
留記憶と対応する判定結果コマンドがずれてしまう不都
合、たとえば、保留予告が行なわれるもととなる保留記
憶の可変表示の変動ではない時に保留予告が終了してし
まい、本来保留予告が行なわれるべき可変表示の変動で
保留予告が行われないといった不都合を防止することが
できる。また、実行条件成立時の保留記憶数回の可変表
示に亘り、保留予告を行なっている。これにより、大当
り等となることが接近していることを遊技者に報知可能
となり、何度も繰返し報知されるので遊技者のドキドキ
感をあおることができ、興趣をさらに向上させることが
できる。

【0163】前述したように、遊技制御基板31から送
信された保留記憶数コマンドにもとづき、表示制御基板
80において始動入賞記憶画像を移動表示させるか否か
の決定がなされるため、何個目の保留に基づく保留予告
なのかが表示制御基板80に伝えることができ、保留数
に応じた確実な保留予告を実行することができる。

【0164】前述したように、遊技制御基板31から送
信された判定結果コマンドにもとづき、表示制御基板8
0において始動入賞記憶画像を移動表示させるか否かの
決定がなされるため、保留予告としての移動表示態様や
その演出を多様化したときであっても、遊技制御基板3
1の制御負担を軽減することができる。このように、遊
技制御基板31が行なっていた制御を表示制御基板80
等のサブ基板に移行・分割させることにより、遊技制御
基板31に必要なプログラムや回路構成を簡素化させる
ことができる。これにより、大当りの発生や、大当りの
中でも確変当り等の判定を行ない、不正行為の対象とな
る遊技制御基板31の不正プログラムの検査を容易に行
なうことができ、延いては、不正プログラムの早期発見
につながる。さらに、不正回路の発見においても同様の
効果を奏することができる。

【0165】前述したように、実行条件成立時に保留予
告の選択に関わる判定結果コマンドを設定送信し、開始
条件成立時に大当り判定・大当り図柄判定・リーチ判定
・はずれ図柄判定を行ない対応するコマンドを設定送信
するため、遊技制御基板31の処理負担を分散すること
ができる。

【0166】第2実施形態 次に、第2実施形態を説明する。前述した第1実施形態
では、判定結果コマンドにもとづき保留予告を実行する
か否かの決定をし、保留予告コマンドにもとづき保留予
告の制御を行なう例を示したが、この第2実施形態にお
いては、より多くの可変表示に亘り保留予告を実行可能
であるときに、より高い確率で保留予告が実行される場
合について説明する。

【0167】図28は、表示制御基板80が行なう保留
予告を実行するか否かの決定に用いられる表示制御用乱
数を生成するための保留予告実行決定用ランダムカウン
タを説明するための図である。図28において、表示制
御用乱数は、図柄変動中において保留予告を行なうか否
かの判定に用いられ、そのカウント範囲は0〜11であ
る。

【0168】図29は、保留予告実行決定用テーブルを
説明するための図である。まず、保留予告実行決定用テ
ーブルは、大当りとなる確率が低確率時か高確率時かそ
れぞれに対応して設定されている。たとえば、低確率時
において遊技制御基板31から送信されてきた保留記憶
数コマンドが「保留記憶数「2」コマンド」であった場
合は、図29(a)の低確率時テーブルを参照し、左列
「保留記憶数「2」コマンド」に対応してあらかじめ設
定されている振分け率にしたがい保留予告実行決定用ラ
ンダムカウンタから抽出した乱数が「0〜9」のときは
保留予告フラグのセットは無、「10〜11」のときは
保留予告フラグのセットがなされる。以下それぞれのテ
ーブルについて具体的に説明する。

【0169】図29(a)の低確率時テーブルにおいて
は、保留記憶数コマンド毎に乱数の抽出値の範囲が記憶
されている。例えば、「保留記憶数「1」コマンド」を
示す保留記憶数コマンドが表示制御基板80に入力され
た場合においては、抽出値が0〜10の範囲内の場合に
は保留予告フラグのセットはなされず、抽出値が11の
場合には保留予告フラグのセットがなされる。「保留記
憶数「3」コマンド」,「保留記憶数「4」コマンド」
を示す保留記憶数コマンドについても同様に、それぞれ
対応する振分け率にしたがい保留予告フラグのセットが
なされる。

【0170】図29(b)の高確率時テーブルにおいて
も同様に、保留記憶数コマンド毎に乱数の抽出値の範囲
が記憶されている。例えば、「保留記憶数「3」コマン
ド」を示す保留記憶数コマンドが表示制御基板80に入
力された場合においては、抽出値が0〜9の範囲内の場
合には保留予告フラグのセットはなされず、抽出値が1
0〜11の範囲内の場合には保留予告フラグのセットが
なされる。「保留記憶数「4」コマンド」を示す保留記
憶数コマンドについても同様に、対応する振分け率にし
たがい保留予告フラグのセットがなされる。

【0171】以上のように、低確率時には始動入賞記憶
数が多いほど高確率で保留予告の実行がなされている。
これにより、遊技者は連続保留予告に遭遇できるチャン
スが増え興趣を向上させることができる。さらに高確率
時においては保留記憶数コマンドが保留記憶数「1」コ
マンドと保留記憶数「2」コマンドのときには、保留予
告フラグがセットされることがないように設定してあ
る。これにより、高確率状態において単に図柄変動させ
ている遊技に対して遊技者はその遊技演出に飽きてしま
う不都合を防止することができ、始動入賞記憶数が多い
ほど、保留予告が実行される確率を高くし、連続保留予
告を実行可能としているため、遊技の興趣を向上させる
ことができる。

【0172】図30は、保留予告フラグがセットされて
いるときに表示制御基板80が行なう保留予告パターン
の決定に用いられる表示制御用乱数を生成するためのラ
ンダムカウンタを説明するための図である。図8におい
て、表示制御用乱数は、図柄変動中において保留予告パ
ターンを決定するために用いられ、そのカウント範囲は
0〜232である。

【0173】図31は、保留予告パターン決定用テーブ
ルを説明するための図である。保留予告選択テーブル
は、大当りとなる確率が低確率時か高確率時かそれぞれ
に対応して設定されている。たとえば、低確率時におい
て遊技制御基板31から送信されてきた判定結果コマン
ドが「リーチ事前判定コマンド」であった場合は、図3
1(a)の低確率時テーブルを参照し、左列「リーチ事
前判定コマンド」に対応してあらかじめ設定されている
振分け率にしたがい抽出した表示制御用乱数が「0〜9
0」のときは移動パターン1、「91〜180」のとき
は移動パターン2、「181〜225」のときは移動パ
ターン3、「226〜232」のときは移動パターン4
がそれぞれ保留予告パターンとして選択決定されること
となる。なお、かかるテーブルに関しての説明は、図1
0を用いて前述した説明と重複するため省略する。

【0174】なお、第1実施形態との相違部分として、
確率変動中に保留予告が行なわれた場合には、確率変動
状態を終了させる普通図柄で大当りすることがないよう
設定し、かつ、確率変動状態を続行できる確変図柄で大
当りする確率が高くなるように設定している。これによ
り、確率変動中に確変図柄で大当りすることを望む遊技
者にとって、その確変図柄で大当りとなる変動前から期
待を募らせることができ、遊技に対する興趣を向上させ
ることができる。

【0175】図32は、第1実施形態で図20を用いて
前述したコマンド解析処理のSE09で行なわれる保留
予告決定処理のサブルーチンを説明するためのフローチ
ャートである。ここでは、送信されてきた保留記憶数コ
マンドにより保留予告を実行するか否かの決定がなさ
れ、判定結果コマンドにもとづき決定されたテーブルの
振分け率にしたがって実行される保留予告パターンの決
定が行なわれる。

【0176】SM01において、大当りとなる確率が高
確率状態である確変中か否かの判別がなされ、確変中で
なかった場合にはSM02へ移行し、保留予告の実行決
定に際して低確率時テーブルが用いられる。SM03に
おいて、受信した保留記憶数コマンドが保留記憶数
「1」コマンドであるか否かの判別がなされ、保留記憶
数「1」コマンドであった場合にはSM04においてR
S3−1の振分け率にもとづき保留予告フラグのセット
がなされる。次に、SM05において、受信した判定結
果コマンドが保留記憶数「2」コマンドであるか否かの
判別がなされ、保留記憶数「2」コマンドであった場合
にはSM06においてRS3−2の振分け率にもとづき
保留予告フラグのセットがなされる。

【0177】SM07において、受信した判定結果コマ
ンドが保留記憶数「3」コマンドであるか否かの判別が
なされ、保留記憶数「3」コマンドであった場合にはS
M08においてRS3−3の振分け率にもとづき保留予
告フラグのセットがなされる。同様に、SM09におい
て、受信した判定結果コマンドが保留記憶数「4」コマ
ンドであるか否かの判別がなされ、保留記憶数「4」コ
マンドであった場合にはSM10においてRS3−4の
振分け率にもとづき保留予告フラグのセットがなされ、
SM11へ移行する。

【0178】SM11において、保留予告フラグがセッ
トされたか否かの判別がなされ、セットされていたとき
には、SM12とSM13において図21を用いて説明
したSF02〜SF10の処理とほぼ同様の処理が行な
われ保留予告決定処理を終了する。なお、テーブルは、
図31のRS5を用いる。また、移動パターンフラグが
セットされ対応する連続予告数の記憶がなされる。よっ
て、表示制御プロセス処理においては、セットされてい
る移動パターンフラグと連続予告数にもとづいて保留予
告を実行することとなる。

【0179】また、SM01において、大当りとなる確
率が高確率状態である確変中か否かの判別がなされ、確
変中であった場合にはSM14へ移行し、保留予告の決
定に際して高確率時テーブルが用いられる。SM15に
おいて、受信した判定結果コマンドが保留記憶数「1」
コマンドであるか否かの判別がなされ、保留記憶数
「1」コマンドであった場合にはSM16においてRS
4−1の振分け率にもとづき保留予告フラグのセットが
なされる。次に、SM17において、受信した判定結果
コマンドが保留記憶数「2」コマンドであるか否かの判
別がなされ、保留記憶数「2」コマンドであった場合に
はSM18においてRS4−2の振分け率にもとづき保
留予告フラグのセットがなされる。

【0180】SM19において、受信した判定結果コマ
ンドが保留記憶数「3」コマンドであるか否かの判別が
なされ、保留記憶数「3」コマンドであった場合にはS
M20においてRS4−3の振分け率にもとづき保留予
告フラグのセットがなされる。同様に、SM21におい
て、受信した判定結果コマンドが保留記憶数「4」コマ
ンドであるか否かの判別がなされ、保留記憶数「4」コ
マンドであった場合にはSM22においてRS4−4の
振分け率にもとづき対応した保留予告フラグのセットが
なされ、SM23へ移行する。

【0181】SM23において、保留予告フラグがセッ
トされたか否かの判別がなされ、セットされていたとき
には、SM24とSM25において図21を用いて説明
したSF11〜SF19の処理とほぼ同様の処理が行な
われ保留予告決定処理を終了する。なお、テーブルは、
図31のRS6を用いる。また、移動パターンフラグが
セットされ対応する連続予告数の記憶がなされる。よっ
て、表示制御プロセス処理においては、セットされてい
る移動パターンフラグと連続予告数にもとづいて保留予
告を実行することとなる。

【0182】以上のように、本実施形態においては、保
留記憶数コマンドにもとづき保留予告フラグのセットを
行ない、保留予告フラグがセットされているときは判定
結果コマンドにもとづき保留予告パターンの決定を行な
っている。これにより、より多くの可変表示に亘り保留
予告を実行可能であるときに、より高い確率で保留予告
が実行されるため、遊技者にとって連続保留予告に遭遇
できるチャンスが増し、遊技の興趣を向上させることが
できる。

【0183】また、保留記憶数コマンドにもとづき保留
予告フラグのセットがなされ、保留予告フラグのセット
がなされているときのみ保留予告パターンの決定処理を
行なえばよく、常に行なう必要がなくなるため表示制御
基板80の制御負担を軽減することができる。

【0184】また、以上に示した第2実施形態について
は、前述した第1実施形態と共通する技術思想による構
成について、前述した第1実施形態の場合と同様の技術
的効果を得ることができる。

【0185】第3実施形態 次に、第3実施形態を説明する。前述した実施形態で
は、始動入賞記憶画像を移動表示させ予告を行なう保留
予告を図柄変動中に実行される一例を示したが、この第
3実施形態においては、保留予告を大当り表示処理にお
いても実行される場合について説明する。

【0186】図33は、本実施形態で用いる表示制御プ
ロセス処理における大当り表示処理のサブルーチンプロ
グラムを説明するための図である。大当り表示処理にお
いては、SN01において大当りが確率変動状態を付随
する確変大当りであるか否かが判別される。SN01に
おいて確変大当りでなければSN03に進み通常大当り
であることを示す表示を行ないSN04に進むが、SN
01において大当りが確変大当りであればSN02に進
み確変大当りであることを示す表示を行ないSN06に
進む。

【0187】SN06においては、このセットされてい
る保留予告フラグが保留予告フラグ「3」または保留予
告フラグ「4」のいずれかがセットされているか否かの
判別がなされている。セットされている保留予告フラグ
が保留予告フラグ「1」または「2」またはセットされ
ていないときは、SN07において保留予告の行なわれ
ない通常時の大当りラウンド消化画面表示が行なわれ
る。SN06においてセットされている保留予告フラグ
が保留予告フラグ「3」または「4」であったときは、
SN08において保留予告の行なわれる大当り予告ラウ
ンド消化画面表示が行なわれる。すなわち、遊技制御基
板31で大当り表示中であっても常に行なわれる入賞確
認処理において、始動入賞があれば判定結果コマンドの
設定送信がなされ、それを受信した表示制御基板80で
同じく大当り表示中であっても常に行なわれる保留予告
決定処理において、保留予告フラグのセットがなされ
る。SN06では、大当り表示前からセットされていた
保留予告フラグと大当り表示中にセットされた保留予告
フラグにもとづいてSN08の大当りを予告するラウン
ド消化画面の表示がなされ、保留予告フラグのセットさ
れていないもしくは保留予告フラグ「1」または「2」
であったときはSN07の予告をするものではない通常
のラウンド消化画面の表示を行なっている。よって、大
当り表示終了後の始動入賞記憶に大当りになる記憶が含
まれている可能性があることを予告することができる。

【0188】一方、通常大当りであったときは、SN0
3を経て、SN04により大当り前の遊技状態が確変状
態であったか否かの判別が行なわれる。確変状態でなか
ったときには、前述したSN06の処理に進み、確変状
態であったときには、SN05において保留予告フラグ
のクリアがなされ、SN09に進む。すなわち、大当り
前の遊技状態が確率変動状態であったときに、その確率
変動状態が終了する非確変大当りとなったときは保留予
告を実行させないように制御を行なっている。よって、
図27を用いて前述したような整合の取れない保留予告
が実行されることを防止することができる。

【0189】次に、SN09において、大当り遊技が終
了しているか否かの判別がなされ、大当り遊技が終了し
ていなければ大当り表示処理をそのまま終了するが、て
大当り遊技が終了していればSN10に進みプロセスフ
ラグを変動開始コマンド受信待ち処理に設定し大当り表
示処理を終了する。

【0190】なお、SN08で行なわれる大当りを予告
するラウンド消化画面として、図10から図13で説明
した始動入賞記憶画像の移動表示態様や、これと併せ
て、大当り演出を変更し保留予告を行なうようにしても
よい。たとえば、前半ラウンドの演出として、「怪物を
倒す」ことを目的としたストーリーを紹介する。後半ラ
ウンドの演出として始動入賞記憶画像を「剣を入手す
る」や「鉄の鎧を入手する」といったアイテムに変化さ
せ主人公に装備させるようにし、このストーリーを有利
に進めることができるような演出を行なう。そして、最
終ラウンドの演出として剣や鎧を装備した主人公が怪物
と闘い、その目的が達成されれば、現在の始動入賞記憶
の中に大当りが含まれている可能性があることを予告す
る。また、入手するアイテムの数が多いほど、すなわ
ち、始動入賞記憶画像がアイテムに変化した数が多いほ
ど、保留予告の信頼度を高くするように設定する。

【0191】上述したように、大当り表示画面におい
て、始動入賞記憶中に大当りとなる可能性があることを
予告する保留予告を行なうことにより、マンネリ化しや
すく飽きやすい大当り中のデモ画面の演出に遊技者を引
き付けることができる。また、大当り中のデモ画面の変
化に遊技者が再度の大当りへの期待感を持つことができ
る。さらに、大当り中に繰り広げられる演出を多彩にす
ることができ、興趣を向上させることができる。

【0192】また、以上に示した第3実施形態について
は、前述した第1・第2実施形態と共通する技術思想に
よる構成について、前述した第1・第2実施形態の場合
と同様の技術的効果を得ることができる。

【0193】次に、以上説明した実施の形態の変形例や
特徴点を以下に列挙する。 (1) 前述した実施形態においては、保留予告パター
ンとして、始動入賞記憶画像の表示態様を変化させる
(色、形状、大きさ、キャラクター等を変化させる)と
ともに、移動表示させる態様について説明したが、これ
に限らず、普通入賞記憶画像の表示態様を変化させると
ともに、移動表示させる態様にしてもよい。これによ
り、始動入賞記憶画像と普通入賞記憶画像を組み合わせ
て保留予告を行なうことで、移動するパターンや保留予
告演出を多彩にすることができ、遊技の興趣を向上させ
ることができる。また、大当りやリーチ等の特別図柄表
示部9に表示される特別図柄の識別情報の表示結果に関
連させ、始動入賞記憶画像を移動表示させ保留予告を行
なうか否かの決定がなされる実施を説明したが、これに
限らず、特別図柄表示部9内に表示される普通図柄表示
の識別情報の表示結果が特定の表示結果となる確率が高
確率になる場合や特定の表示結果となることをターゲッ
トに予告を行なうように設定してもよい。これにより、
通常、普通図柄の表示結果に興味を持たない遊技者にと
っても、予告が行なわれた場合に特別図柄の大当りかま
たは普通図柄の当りかどちらの予告か分からないため、
遊技演出に集中し興趣を向上させることができる。

【0194】(2) 前述した実施形態においては、実
行条件成立時にこの実行条件成立に起因する開始条件成
立時の図柄変動により大当り・リーチ等の判定を行な
い、その判定結果にもとづき、始動入賞記憶表示画像を
移動表示させ報知する保留予告を実行させるか否かの決
定を行なう実施について説明したが、これに限らず、開
始条件成立時の大当りとなる確率状態を実行条件成立時
に判定し、保留予告を実行するか否かの決定を行なうよ
うにしてもよい。すなわち、始動入賞時の見た目上の確
率状態ではなく、その始動入賞に対する特別図柄の変動
が開始されるときの実際の確率状態にしたがって大当り
・リーチ判定等を行ない、その判定結果にもとづくテー
ブルにしたがって保留予告を実行するか否かの決定を行
なってもよい。これにより、高確率状態時のみ保留予告
がなされる判定にもとづいた保留予告を、高確率状態が
終了した後に実行してしまうことを防止することができ
るとともに、高確率状態時には予告演出が行なわれな
い、もしくは、高確率状態時における大当り頻度に対す
る予告が行なわれる頻度が下がってしまう不都合を防止
することができる。言いかえれば、低確率状態時であり
ながら高確率状態時の判定基準にもとづく間違った予告
が実行されることを防止できるとともに、高確率状態時
に予告が行なわれる頻度が低下するようなことがなく常
に大当り頻度に対する予告が行なわれる頻度を一定に保
つことができる。さらに、各実施形態において説明し
た、保留予告フラグを強制的にクリアする処理を行なう
必要がなく、表示制御基板80の制御負担を軽減するこ
とができる。

【0195】(3) 前述した実施形態においては、遊
技制御基板31において実行条件成立時に大当り・リー
チ等の判定を行ない、その判定結果をコマンドとして表
示制御基板80に送信し、保留予告を行なうか否かの決
定を行ない、保留予告実行の場合にはフラグをセットし
保留予告を行なう実施について説明したが、これに限ら
ず、遊技制御基板31において判定結果コマンドを設定
するのではなく、判定結果フラグを設定するように構成
してもよい。これにより、表示制御基板80において改
めて判定結果コマンドにもとづきフラグをセットする制
御負担を軽減することができる。

【0196】(4) 前述した実施形態においては、遊
技制御基板31において実行条件成立時に大当り・リー
チ等の判定を行ない判定結果コマンドを設定し、保留予
告等の決定にのみ判定結果コマンドを用いる実施を説明
したが、これに限らず、この判定結果コマンドにもとづ
き特別図柄変動待ち処理等の特別図柄表示制御を行なう
よう構成してもよい。これにより、遊技制御基板31に
タイマ機能を設ける必要がなくなり、さらに、抽出した
乱数値を記憶バッファに記憶させる必要がなくなるため
制御負担を軽減することができる。

【0197】(5) 前述した実施形態においては、判
定結果コマンドが大当りと判定された場合であっても、
テーブルの振分け率にもとづいて保留予告が実行される
決定がなされなければ予告が行なわれない実施を説明し
たが、これに限らず、大当りと判定された場合には必ず
連続的に保留予告が行なわれるように設定してもよい。
これにより、大当りとなるときは必ず予告が行なわれる
ため、予告を体験できる機会が増え興趣が向上する。

【0198】(6) 前述した実施形態においては、遊
技制御基板31から表示制御基板80にコマンドが伝送
され、表示制御コマンド80から各基板にコマンドを伝
送する回路構成について説明したが、これに限らず、遊
技制御基板からのコマンドを音制御基板70あるいはラ
ンプ制御基板35に伝送してもよい。これにより、同期
のとれた演出を実行できることができる。また、制御負
担を各基板に分担することができる。また、遊技制御基
板31から送信されるコマンドは、表示制御基板80に
すべて入力され、そのコマンドと選択された保留予告に
もとづき、表示制御基板80において音制御コマンド・
ランプ制御コマンドが設定され、それぞれ音制御基板7
0とランプ制御基板35にコマンドを伝送し、各機器を
制御する回路構成を説明したが、これに限らず、表示制
御基板80と音制御基板70とランプ制御基板35の遊
技演出を制御する基板を演出制御基板(図示省略)にま
とめ、遊技制御基板31から演出制御基板に各種コマン
ドが送信され入出力ドライバ基板82を経て各機器を制
御するように回路を構成してもよい。これにより、選択
された保留予告にもとづく画面表示、遊技音、ランプ点
灯等の演出全体が常に同調している状態で遊技を楽しむ
ことができ、興趣を向上させることができる。

【0199】(7) 前述した実施形態においては、保
留記憶数を示す保留記憶数コマンドと判定結果コマンド
を関連させて表示制御基板80に送信する実施を説明し
たが、これに限らず、保留記憶数に対応した判定結果コ
マンドを設定し、判定結果コマンドのみを送信するよう
に構成してもよい。たとえば、保留記憶数「2」で判定
結果コマンドが「リーチ事前判定コマンド」の場合のコ
マンドを「85H02H」と取り決め、上位1バイトに
あたる「85H」がリーチ事前判定コマンドを示し、下
位1バイトにあたる「02H」が保留記憶数「2」を示
すようにしてもよい。また、保留記憶数「3」で判定結
果コマンドが「非確変大当り事前判定コマンド」の場合
のコマンドを「86H03H」と取り決め、上位1バイ
トにあたる「86H」が非確変大当り事前判定コマンド
を示し、下位1バイトにあたる「03H」が保留記憶数
「3」を示すようにしてもよい。これにより、保留記憶
数コマンドを関連させて送信する必要がなくなり遊技制
御基板31の制御負担を軽減することができる。

【0200】(8) 前述した実施形態においては、は
ずれ事前判定コマンドとリーチ事前判定コマンドと非確
変・確変大当り事前判定コマンドに対する保留予告を選
択するための選択テーブルとして同一の選択テーブルを
用いた。これに限らず、はずれ事前判定コマンドとリー
チ事前判定コマンドと非確変・確変大当り事前判定コマ
ンドのそれぞれについて選択テーブルを設定してもよ
い。これにより、保留予告パターンをそれぞれの判定結
果コマンドに対応して細かく設定することができ、保留
予告パターンによりリーチを予告しているのか大当りを
予告しているのか遊技者にとってわかりやすくすること
ができる。たとえば、リーチ事前判定コマンドに対応す
る予告パターンとして「3回変動後にスーパーリーチに
なるかも!」等や、非確変・確変大当り事前判定コマン
ドに対応する予告パターンとして「確変かな?それとも
普通かな?」等、それぞれの事前判定コマンドに対応し
た予告をすることが可能となる。

【0201】(9) 前述した実施形態においては、保
留予告が選択されたときに保留予告フラグがセットさ
れ、未だ可変表示が開始されていない保留記憶に対する
変動において保留予告が行なわれ、複数の始動入賞記憶
が存在するときに連続して保留予告が行なわれるように
構成されている実施を説明したが、これに限らず、複数
の始動入賞記憶が存在するときにおいても、保留予告が
選択された始動入賞記憶に対する変動においてのみ保留
予告を行なうように構成してもよい。また、連続予告回
数決定用ランダムカウンタを設け、連続予告演出回数を
決定するように構成してもよい。これにより、たとえ
ば、保留記憶が「3」のときに予告が実行されたときに
おいても、現在変動中のものが予告の対象となる変動な
のか、または、保留記憶「1」の変動が予告の対象とな
る変動なのか、あるいは、保留記憶「2」か「3」が予
告の対象となる変動なのか、遊技者がいずれの始動入賞
記憶に対する変動が予告の対象なのか予測をつけること
ができず、予告に対する期待が高まり興趣を向上するこ
とができる。さらに、上述した連続予告回数決定用ラン
ダムカウンタに予告を行なわない「0」を抽出可能に構
成してもよい。これにより、テーブルの構成において
「保留予告なし」を選択可能に構成する必要がなくなり
制御負担を軽減することができる。

【0202】(10) 今回開示された実施の形態はす
べての点で例示であって制限的なものではないと考えら
れるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなく
特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等
の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが
意図される。

【図面の簡単な説明】

【図1】 パチンコ遊技機を正面から見た正面図であ
る。

【図2】 パチンコ遊技機の遊技領域を正面から見た正
面図である。

【図3】 パチンコ遊技機の内部構造を説明するための
全体背面図である。

【図4】 遊技制御基板における回路構成の一例を説明
するためのブロック図である。

【図5】 パチンコ遊技機の遊技制御に用いられる乱数
を生成するための各種ランダムカウンタを示す説明図で
ある。

【図6】 確定図柄を指定するコマンドを説明するため
の図である。

【図7】 変動パターンコマンド(変動開始コマンド)
を説明するための図である。

【図8】 表示制御基板が行なう保留予告の選択に用い
られる表示制御用乱数を生成するためのランダムカウン
タを説明するための図である。

【図9】 保留予告選択テーブルを説明するための図で
ある。

【図10】 保留予告フラグ1がセットされている移動
パターン1についての保留予告を説明するための図であ
る。

【図11】 保留予告フラグ2がセットされている移動
パターン2についての保留予告を説明するための図であ
る。

【図12】 保留予告フラグ3がセットされている移動
パターン3についての保留予告を説明するための図であ
る。

【図13】 保留予告フラグ4がセットされている移動
パターン4についての保留予告を説明するための図であ
る。

【図14】 遊技制御基板により実行される遊技制御メ
イン処理および割り込み処理を説明するためのフローチ
ャートである。

【図15】 特別図柄プロセス処理のサブルーチンプロ
グラムを説明するためのフローチャートである。

【図16】 入賞確認処理のサブルーチンプログラムを
説明するためのフローチャートである。

【図17】 乱数判定処理のサブルーチンプログラムを
説明するためのフローチャートである。

【図18】 表示制御基板により実行される表示制御メ
イン処理および割り込み処理を説明するためのフローチ
ャートである。

【図19】 遊技制御基板から送信されてきたコマンド
を記憶するための表示制御用CPUの記憶領域(RA
M)である受信コマンドバッファ記憶領域を説明するた
めの図である。

【図20】 コマンド解析処理のサブルーチンプログラ
ムを説明するためのフローチャートである。

【図21】 保留予告決定処理のサブルーチンプログラ
ムを説明するためのフローチャートである。

【図22】 表示制御プロセス処理を説明するためのフ
ローチャートである。

【図23】 変動開始コマンド受信待ち処理を説明する
ためのフローチャートである。

【図24】 可変表示動作設定処理を説明するためのフ
ローチャートである。

【図25】 図柄変動中処理を説明するためのフローチ
ャートである。

【図26】 全図柄停止待ち処理を説明するためのフロ
ーチャートである。

【図27】 大当り表示処理を説明するためのフローチ
ャートである。

【図28】 表示制御基板が行なう保留予告を実行する
か否かの決定に用いられる表示制御用乱数を生成するた
めの保留予告実行決定用ランダムカウンタを説明するた
めの図である。

【図29】 保留予告実行決定用テーブルを説明するた
めの図である。

【図30】 表示制御基板が行なう保留予告パターンの
選択に用いられる表示制御用乱数を生成するための保留
予告パターン決定用ランダムカウンタを説明するための
図である。

【図31】 保留予告パターン決定用テーブルを説明す
るための図である。

【図32】 第2実施形態における保留予告決定処理の
サブルーチンプログラムを説明するためのフローチャー
トである。

【図33】 第3実施形態における大当り表示処理を説
明するためのフローチャートである。

【符号の説明】

1 パチンコ遊技機、80 表示制御基板、31 遊技
制御基板、35 ランプ制御基板、70 音制御基板、
81 演出制御基板、82 入出力ドライバ基板。

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 可変表示の実行条件が成立した後、可変
    表示の開始条件の成立にもとづいて可変表示を開始し、
    表示結果を導出表示可能な可変表示装置を備え、前記表
    示結果が予め定めた特定の表示結果となるときに遊技者
    にとって有利な特定遊技状態を発生可能とする遊技機で
    あって、 未だ前記開始条件が成立していない前記実行条件の成立
    が記憶されているときにその旨を示す保留記憶画像を前
    記可変表示装置に表示させる保留記憶画像表示制御手段
    と、 前記実行条件の成立時に前記可変表示の内容および表示
    結果の決定にかかわる判定のうちの少なくとも一部を行
    なう実行条件成立時判定手段とを備え、 前記保留記憶画像表示制御手段は、 前記実行条件成立時判定手段の判定結果にもとづいて、
    前記保留記憶画像を移動表示させるか否かを決定する保
    留記憶画像移動決定手段と、 当該判定された実行条件の成立に起因する開始条件の成
    立以前に前記保留記憶画像移動決定手段の決定にもとづ
    いて前記保留記憶画像を移動表示させる保留記憶画像移
    動表示手段とを含むことを特徴とする、遊技機。
  2. 【請求項2】 前記保留記憶画像の移動表示態様は複数
    備えられ、 前記保留記憶画像表示制御手段は、前記保留記憶画像の
    移動表示態様を選択する保留記憶画像移動表示選択手段
    を含み、 前記実行条件成立時判定手段の判定結果が所定の結果で
    あったときに、前記保留記憶画像移動表示選択手段は、
    前記移動表示態様として特定の移動表示態様を他の移動
    表示態様よりも高い割合で選択することを特徴とする、
    請求項1に記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 前記所定の結果は、前記実行条件成立時
    判定手段により前記表示結果が前記特定の表示結果とな
    ると判定された結果であることを特徴とする、請求項2
    に記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記表示結果が特定の表示結果のうち特
    別の表示結果となったときに前記特定遊技状態が発生す
    る確率が向上する特別遊技状態に制御可能であり、 前記所定の結果は、前記実行条件成立時判定手段により
    前記表示結果が前記特別の表示結果となると判定された
    結果であることを特徴とする、請求項2に記載の遊技
    機。
  5. 【請求項5】 前記特定の移動表示態様は、他の移動表
    示態様と比較して移動距離範囲が異なることを特徴とす
    る、請求項2から請求項4のいずれかに記載の遊技機。
  6. 【請求項6】 前記特定の移動表示態様は、他の移動表
    示態様と比較して移動速度が異なることを特徴とする、
    請求項2から請求項5のいずれかに記載の遊技機。
  7. 【請求項7】 前記保留記憶画像移動表示手段は、前記
    保留記憶画像の移動表示を、当該移動表示を実行する起
    因となった実行条件の成立による可変表示の開始条件の
    成立以前の複数の可変表示において実行することを特徴
    とする、請求項1から請求項6のいずれかに記載の遊技
    機。
  8. 【請求項8】 遊技の進行を制御する遊技制御手段と、 前記遊技制御手段からのコマンドにしたがって演出の制
    御を行なう演出制御手段とを備え、 前記遊技制御手段は、前記実行条件成立時判定手段の判
    定結果を特定可能な判定結果コマンドを前記演出制御手
    段に送信する判定結果コマンド送信手段を含み、 前記演出制御手段は、前記保留記憶画像移動決定手段を
    含み、 前記保留記憶画像移動決定手段は、前記判定結果コマン
    ドにもとづいて前記保留記憶画像を移動表示させるか否
    かを決定することを特徴とする、請求項1から請求項7
    のいずれかに記載の遊技機。
JP2002118448A 2002-04-19 2002-04-19 遊技機 Withdrawn JP2003310954A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002118448A JP2003310954A (ja) 2002-04-19 2002-04-19 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002118448A JP2003310954A (ja) 2002-04-19 2002-04-19 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003310954A true JP2003310954A (ja) 2003-11-05

Family

ID=29535339

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002118448A Withdrawn JP2003310954A (ja) 2002-04-19 2002-04-19 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003310954A (ja)

Cited By (76)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005168925A (ja) * 2003-12-12 2005-06-30 Aruze Corp 遊技機
JP2005185711A (ja) * 2003-12-26 2005-07-14 Abilit Corp 遊技機
JP2006015007A (ja) * 2004-07-02 2006-01-19 Newgin Corp 遊技機
JP2009273497A (ja) * 2008-05-12 2009-11-26 Fujishoji Co Ltd 弾球遊技機
JP2009300232A (ja) * 2008-06-12 2009-12-24 Shimadzu Corp Mapping analyzer
JP2010005262A (ja) * 2008-06-30 2010-01-14 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2010005302A (ja) * 2008-06-30 2010-01-14 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010035697A (ja) * 2008-08-01 2010-02-18 Kyoraku Sangyo Kk Game machine
JP2010046161A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010046160A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010046157A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010069221A (ja) * 2008-09-22 2010-04-02 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010069015A (ja) * 2008-09-18 2010-04-02 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010131277A (ja) * 2008-12-06 2010-06-17 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2011072691A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011072689A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011072690A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011072693A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011172810A (ja) * 2010-02-25 2011-09-08 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2011206432A (ja) * 2010-03-30 2011-10-20 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2011224215A (ja) * 2010-04-21 2011-11-10 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011245068A (ja) * 2010-05-28 2011-12-08 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2012016563A (ja) * 2009-12-25 2012-01-26 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012106046A (ja) * 2012-02-28 2012-06-07 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2012106047A (ja) * 2012-02-28 2012-06-07 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012130744A (ja) * 2012-02-28 2012-07-12 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012161578A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012161577A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012161576A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012200575A (ja) * 2011-03-28 2012-10-22 Heiwa Corp 遊技機
JP2013006042A (ja) * 2012-09-03 2013-01-10 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2013052314A (ja) * 2012-12-21 2013-03-21 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013099665A (ja) * 2013-03-05 2013-05-23 Sammy Corp Bullet ball machine
JP2013102936A (ja) * 2011-11-14 2013-05-30 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013102940A (ja) * 2011-11-14 2013-05-30 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013118927A (ja) * 2011-12-07 2013-06-17 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2013144002A (ja) * 2012-01-13 2013-07-25 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2014064804A (ja) * 2012-09-26 2014-04-17 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2014076320A (ja) * 2013-09-20 2014-05-01 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP5488734B1 (ja) * 2013-03-19 2014-05-14 タイヨーエレック株式会社 遊技機
JP2014111095A (ja) * 2013-11-11 2014-06-19 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014166504A (ja) * 2014-04-02 2014-09-11 Sanyo Product Co Ltd Bullet ball machine
JP2014180537A (ja) * 2014-02-24 2014-09-29 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2014184167A (ja) * 2014-04-10 2014-10-02 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014195640A (ja) * 2014-02-20 2014-10-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2014200260A (ja) * 2013-03-31 2014-10-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2014200262A (ja) * 2013-03-31 2014-10-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2014200261A (ja) * 2013-03-31 2014-10-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2014212942A (ja) * 2013-04-25 2014-11-17 マルホン工業株式会社 パチンコ遊技機
JP2014221223A (ja) * 2014-06-05 2014-11-27 豊丸産業株式会社 遊技機
JP2014233300A (ja) * 2013-05-30 2014-12-15 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015016339A (ja) * 2014-07-15 2015-01-29 株式会社三共 遊技機
JP2015027519A (ja) * 2014-09-12 2015-02-12 タイヨーエレック株式会社 遊技機
JP2015037620A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037622A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037618A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037623A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037624A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015039416A (ja) * 2013-08-20 2015-03-02 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015044107A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044118A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044119A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044108A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044109A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044120A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015057144A (ja) * 2014-12-19 2015-03-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015057143A (ja) * 2014-12-19 2015-03-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015057242A (ja) * 2014-12-25 2015-03-26 株式会社三共 遊技機
JP2015061624A (ja) * 2014-11-17 2015-04-02 株式会社大一商会 遊技機
JP2015071078A (ja) * 2014-12-11 2015-04-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015071050A (ja) * 2014-11-17 2015-04-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015097942A (ja) * 2015-03-04 2015-05-28 株式会社三共 Game machine
JP2017119179A (ja) * 2017-04-05 2017-07-06 豊丸産業株式会社 遊技機
JP2017148211A (ja) * 2016-02-24 2017-08-31 株式会社三共 遊技機
JP6268415B1 (ja) * 2016-09-27 2018-01-31 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2018134515A (ja) * 2009-12-25 2018-08-30 株式会社三洋物産 遊技機

Cited By (78)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005168925A (ja) * 2003-12-12 2005-06-30 Aruze Corp 遊技機
JP2005185711A (ja) * 2003-12-26 2005-07-14 Abilit Corp 遊技機
JP4691329B2 (ja) * 2004-07-02 2011-06-01 株式会社ニューギン 遊技機
JP2006015007A (ja) * 2004-07-02 2006-01-19 Newgin Corp 遊技機
JP2009273497A (ja) * 2008-05-12 2009-11-26 Fujishoji Co Ltd 弾球遊技機
JP2009300232A (ja) * 2008-06-12 2009-12-24 Shimadzu Corp Mapping analyzer
JP2010005262A (ja) * 2008-06-30 2010-01-14 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2010005302A (ja) * 2008-06-30 2010-01-14 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010035697A (ja) * 2008-08-01 2010-02-18 Kyoraku Sangyo Kk Game machine
JP2010046161A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010046157A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010046160A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010069015A (ja) * 2008-09-18 2010-04-02 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010069221A (ja) * 2008-09-22 2010-04-02 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010131277A (ja) * 2008-12-06 2010-06-17 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2011072691A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011072689A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011072690A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011072693A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2018134515A (ja) * 2009-12-25 2018-08-30 株式会社三洋物産 遊技機
JP2012016563A (ja) * 2009-12-25 2012-01-26 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015165991A (ja) * 2009-12-25 2015-09-24 株式会社三洋物産 遊技機
JP2011172810A (ja) * 2010-02-25 2011-09-08 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2011206432A (ja) * 2010-03-30 2011-10-20 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2011224215A (ja) * 2010-04-21 2011-11-10 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011245068A (ja) * 2010-05-28 2011-12-08 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2012161578A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012161577A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012161576A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012200575A (ja) * 2011-03-28 2012-10-22 Heiwa Corp 遊技機
JP2013102936A (ja) * 2011-11-14 2013-05-30 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013102940A (ja) * 2011-11-14 2013-05-30 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013118927A (ja) * 2011-12-07 2013-06-17 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2013144002A (ja) * 2012-01-13 2013-07-25 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2012106046A (ja) * 2012-02-28 2012-06-07 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2012106047A (ja) * 2012-02-28 2012-06-07 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012130744A (ja) * 2012-02-28 2012-07-12 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013006042A (ja) * 2012-09-03 2013-01-10 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2014064804A (ja) * 2012-09-26 2014-04-17 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2013052314A (ja) * 2012-12-21 2013-03-21 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013099665A (ja) * 2013-03-05 2013-05-23 Sammy Corp Bullet ball machine
JP5488734B1 (ja) * 2013-03-19 2014-05-14 タイヨーエレック株式会社 遊技機
JP2014200260A (ja) * 2013-03-31 2014-10-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2014200262A (ja) * 2013-03-31 2014-10-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2014200261A (ja) * 2013-03-31 2014-10-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2014212942A (ja) * 2013-04-25 2014-11-17 マルホン工業株式会社 パチンコ遊技機
JP2014233300A (ja) * 2013-05-30 2014-12-15 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015039416A (ja) * 2013-08-20 2015-03-02 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2014076320A (ja) * 2013-09-20 2014-05-01 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2014111095A (ja) * 2013-11-11 2014-06-19 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014195640A (ja) * 2014-02-20 2014-10-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2014180537A (ja) * 2014-02-24 2014-09-29 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2014166504A (ja) * 2014-04-02 2014-09-11 Sanyo Product Co Ltd Bullet ball machine
JP2014184167A (ja) * 2014-04-10 2014-10-02 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014221223A (ja) * 2014-06-05 2014-11-27 豊丸産業株式会社 遊技機
JP2015016339A (ja) * 2014-07-15 2015-01-29 株式会社三共 遊技機
JP2015027519A (ja) * 2014-09-12 2015-02-12 タイヨーエレック株式会社 遊技機
JP2015037618A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037623A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037624A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037620A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015037622A (ja) * 2014-11-17 2015-02-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015071050A (ja) * 2014-11-17 2015-04-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015061624A (ja) * 2014-11-17 2015-04-02 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044108A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044120A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044119A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015071078A (ja) * 2014-12-11 2015-04-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044107A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044109A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015044118A (ja) * 2014-12-11 2015-03-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2015057143A (ja) * 2014-12-19 2015-03-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015057144A (ja) * 2014-12-19 2015-03-26 株式会社大一商会 遊技機
JP2015057242A (ja) * 2014-12-25 2015-03-26 株式会社三共 遊技機
JP2015097942A (ja) * 2015-03-04 2015-05-28 株式会社三共 Game machine
JP2017148211A (ja) * 2016-02-24 2017-08-31 株式会社三共 遊技機
JP6268415B1 (ja) * 2016-09-27 2018-01-31 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2017119179A (ja) * 2017-04-05 2017-07-06 豊丸産業株式会社 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5893545B2 (ja) 遊技機
JP4286017B2 (ja) 遊技機
JP6134674B2 (ja) 遊技機
JP4190264B2 (ja) 遊技機
JP5528290B2 (ja) 遊技機
JP5250393B2 (ja) 遊技機
JP4386655B2 (ja) 遊技機
JP4225776B2 (ja) 遊技機
JP5571589B2 (ja) 遊技機
JP4762328B2 (ja) 遊技機
JP2004222927A (ja) 遊技機
JP3770501B2 (ja) 遊技機
JP2006192062A (ja) 遊技機
JP2004057495A (ja) 遊技機
JP5404833B2 (ja) Game machine
JP2000271296A (ja) 遊技機
JP2004344407A (ja) 遊技機
JP2004089610A (ja) 遊技機、パチンコ遊技プログラム、及びサーバ
JP5539053B2 (ja) 遊技機
JP6430687B2 (ja) 遊技機
JP2002210132A (ja) 弾球遊技機
JP5290711B2 (ja) 遊技機
JP5049378B2 (ja) 遊技機
JP5512947B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2003117133A (ja) 弾球遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050325

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20080417