JP2003297479A - 防水コネクタ - Google Patents

防水コネクタ

Info

Publication number
JP2003297479A
JP2003297479A JP2002102402A JP2002102402A JP2003297479A JP 2003297479 A JP2003297479 A JP 2003297479A JP 2002102402 A JP2002102402 A JP 2002102402A JP 2002102402 A JP2002102402 A JP 2002102402A JP 2003297479 A JP2003297479 A JP 2003297479A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seal member
male
housing
end surface
female housing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002102402A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3928460B2 (ja
Inventor
Senkichi Tanaka
宣吉 田中
Kiyobumi Ichida
清文 市田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sumitomo Wiring Systems Ltd
Original Assignee
Sumitomo Wiring Systems Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Wiring Systems Ltd filed Critical Sumitomo Wiring Systems Ltd
Priority to JP2002102402A priority Critical patent/JP3928460B2/ja
Priority to US10/370,058 priority patent/US6910905B2/en
Priority to TW92104566A priority patent/TWI256182B/zh
Priority to CN 03107718 priority patent/CN1262050C/zh
Publication of JP2003297479A publication Critical patent/JP2003297479A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3928460B2 publication Critical patent/JP3928460B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/46Bases; Cases
    • H01R13/52Dustproof, splashproof, drip-proof, waterproof, or flameproof cases
    • H01R13/521Sealing between contact members and housing, e.g. sealing insert
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/46Bases; Cases
    • H01R13/52Dustproof, splashproof, drip-proof, waterproof, or flameproof cases
    • H01R13/5205Sealing means between cable and housing, e.g. grommet
    • H01R13/5208Sealing means between cable and housing, e.g. grommet having at least two cable receiving openings
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/46Bases; Cases
    • H01R13/52Dustproof, splashproof, drip-proof, waterproof, or flameproof cases
    • H01R13/5219Sealing means between coupling parts, e.g. interfacial seal
    • H01R13/5221Sealing means between coupling parts, e.g. interfacial seal having cable sealing means

Abstract

(57)【要約】 【課題】 シール部材の装着を簡単とし、かつコネクタ
の小型化等を図る。 【解決手段】 雄ハウジング10の嵌合端面15では、
雄端子16の突出部分ごとに円柱状のシール突部17が
設けられる。雌ハウジング20の嵌合端面21では、各
キャビティ22の前面開口を囲むように背の低いリブ3
5が格子状に形成される。ホルダ40の前面板41の裏
面には、貫通孔51の開口されたシール部材50が二色
成形により一体形成され、ホルダ40の装着に伴い、当
接面54が嵌合端面21に押し付けられた状態に保持さ
れる。両ハウジング10,20が嵌合された際、雄ハウ
ジング10側では、シール部材50の貫通孔51がリッ
プ52を潰しつつシール突部17と周方向に沿って密着
し、一方雌ハウジング20側では、シール部材50の当
接面54が、リブ35を食い込ませつつ雌ハウジング2
0の嵌合端面21に面当たりされることで、個室防水が
図られる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、個室防水機能を備
えた防水コネクタに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の個室防水機能を備えた防
水コネクタとして、本願出願人の提案になる特開200
1−267000公報に記載されたものが知られてい
る。このものは、図11に示すように、雌端子2を収容
するキャビティ1Aを複数設けた雌ハウジング1と、こ
の雌ハウジング1を嵌合可能なフード部3Aを有するプ
リント基板用の雄ハウジング3とを備え、雄ハウジング
3にはL型の雄端子4の一端が嵌合端面3Bからフード
部3A内に突出して装着されている。ここで、雄ハウジ
ング3の嵌合端面3Bには、雄端子4の突出部分の回り
に取付凹部5が形成されて、その中にシール部材6が嵌
着されている。
【0003】このシール部材6の表面には孔6Aの回り
に圧入溝7が形成されているとともに、雌ハウジング1
の嵌合端面1Bには、キャビティ1Aの前面開口の回り
において、圧入溝7内に嵌まる環形のリブ8が立てられ
ている。そして、雄ハウジング3に対して雌ハウジング
1が嵌合されると、雌ハウジング1のリブ8がシール部
材6の圧入溝7に圧入され、雌ハウジング1側では、リ
ブ8の周面と圧入溝7の周面とが密着することにより、
また雄ハウジング3側では、取付凹部5の周面とシール
部材6の孔6Aの周面とが密着することによって、個室
防水が図られるようになっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかるに上記構造のも
のは、端的にはシール部材6が雄ハウジング3側に設け
られた構造であって、シール部材6を装着するに当たっ
ては、雄端子4の突出しているフード部3A内に挿入し
て、その奥にある取付凹部5に嵌め付けなくてはいけな
いため、装着の作業に手間が掛かるという問題があっ
た。本発明は上記のような事情に基づいて完成されたも
のであって、その目的は、シール部材の装着が簡単にで
き、かつコネクタの小型化等を図ることができるように
するところにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めの手段として、請求項1の発明に係る防水コネクタ
は、雌端子を収容するキャビティを複数設けた雌ハウジ
ングと、この雌ハウジングと嵌合可能で、前記雌端子と
接続される雄端子を嵌合端面から突出して設けた雄ハウ
ジングとを備え、前記雌ハウジングの嵌合端面には、前
記キャビティと対応した位置ごとに貫通孔が形成された
シール部材が当接され、各貫通孔は、前記雄ハウジング
の嵌合端面における前記雄端子の突出部分の外周に密着
可能となっている構成としたところに特徴を有する。
【0006】請求項2の発明は、請求項1に記載のもの
において、前記シール部材は、前記雌ハウジングの嵌合
端面に被着されるホルダによりこの嵌合端面上に保持さ
れているところに特徴を有する。請求項3の発明は、請
求項2に記載のものにおいて、前記シール部材は、二色
成形により前記ホルダと一体に形成されているところに
特徴を有する。
【0007】
【発明の作用及び効果】<請求項1の発明>雄雌のハウ
ジングを嵌合させると、貫通孔が雄端子の突出部分に緊
密に嵌合しつつ、シール部材が両ハウジングの嵌合端面
の間で挟持される。雄ハウジング側では、貫通孔の内周
面と雄端子の突出部分の外周面との周面同士で密着し、
一方、雌ハウジング側では、シール部材の当接面と嵌合
端面とが面当たり状に密着することによって、個室防水
が図られる。シール部材を、雌ハウジングの嵌合端面と
いった露出部分に装着する構造であるから、シール部材
の装着作業を簡単に行うことができる。
【0008】雌ハウジング側のシールに関し、シール部
材を雌ハウジングの嵌合端面に面当たりさせる構造であ
るから、周面同士でシールする場合と違って、シール部
材を分離して相手のリブを差し込むためのスペースを設
けることが不要であり、その分端子金具間のピッチを小
さくすることができて、ひいてはコネクタの小型化を図
ることができる。また仮に雄雌の端子金具間のピッチが
ずれていたとしても、シール部材は雌ハウジングの嵌合
端面上を摺接しながら、ずれを吸収することができる。
したがって、雄ハウジング側では全周にわたり、また雌
ハウジング側では全面にわたって均一なシールを施すこ
とができる。
【0009】<請求項2の発明>雌ハウジングの嵌合端
面にホルダを被着することによって、シール部材が嵌合
端面に当接した状態に保持される。 <請求項3の発明>シール部材をホルダに一体成形した
ことにより、部品点数の削減が図られるとともに、組み
付け作業も簡単となる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態を図1
ないし図10に基づいて説明する。本実施形態の防水コ
ネクタは大まかには、図1に示すように、雄ハウジング
10と、雌ハウジング20と、この雌ハウジング20に
装着されるシール部材50とから構成されている。なお
以下では、それぞれのハウジング10,20について、
嵌合面側を前方として説明する。雄ハウジング10は基
板取付型であって、合成樹脂材により形成されており、
本体板11の前面にフード部12が突設されるととも
に、後面の下部に、プリント基板Pに対する取付板13
が形成されている。本体板11の前面が、本発明に言う
雄ハウジング10の嵌合端面15となっている。
【0011】雄ハウジング10には、L形をなす雄端子
16がインサート成形によって装着されている。各雄端
子16の一端側が、図2にも示すように、7列で3段に
わたって整列されて嵌合端面15からフード部12内に
突出している。嵌合端面15における雄端子16の突出
部分には、それぞれ円柱状をなすシール突部17が形成
されている。各雄端子16の他端は、本体板11の後面
に突出したのち下方に屈曲され、取付板13がプリント
基板Pに取り付けられたのち、プリント基板Pの導電路
にハンダ付けされている。フード部12の上面の先端寄
りの位置には、ロック突部19が形成されている。
【0012】雌ハウジング20は同じく合成樹脂製であ
って、その前端側が雄ハウジング10のフード部12内
に嵌合可能なブロック状に形成されている。雌ハウジン
グ20側では、その前面が嵌合端面21となっている。
雌ハウジング20内には、図5にも示すように、前後方
向を向いたキャビティ22が、上記した雄ハウジング1
0側の雄端子16と対応した配置で形成されている。キ
ャビティ22の前面には、雄端子16が挿通可能な端子
挿通口23が開口されている。キャビティ22の底壁に
はランス24が設けられ、下方の撓み空間25に向けて
撓み変形可能となっており、撓み空間25の前方は開口
されて、係止解除用の治具の挿入口26となっている。
【0013】雌ハウジング20の後端側には、全キャビ
ティ22の入口に開口する装着孔28が形成され、その
中に、一括ゴム栓29が嵌着されてゴム栓押さえ30で
保持されている。そして、電線Wの端末に固着された雌
端子32が、一括ゴム栓29を貫通してキャビティ22
内に後方から挿入され、図3に示すように、正規位置ま
で挿入されたところでランス24が弾性的に係止して抜
け止めされ、一括ゴム栓29の貫通孔29Aが電線Wの
外周に密着することで、各キャビティ22の入口がシー
ルされるようになっている。また、雌ハウジング20の
上面には、雄ハウジング10側のロック突部19と係止
可能なシーソ状のロックアーム34が設けられている。
【0014】さて、雌ハウジング20の嵌合端面21に
は、個室防水用のシール部材50が装着されるようにな
っている。この雌ハウジング20の嵌合端面21には、
図3及び図5に示すように、各キャビティ22の端子挿
通口23と治具挿入口26とを内側に囲むようにして、
背の低いリブ35が格子状に形成されている。一方、雌
ハウジング20の嵌合端面21には、ホルダ40が取り
付けられるようになっている。このホルダ40は、雌ハ
ウジング20と同様に、PBT(ポリブチレンテレフタ
レート)等の硬質樹脂によって形成され、雌ハウジング
20の前端部分に被せられるキャップ状に形成されてい
る。
【0015】ホルダ40の前面板41には、図6にも示
すように、各キャビティ22と対応した位置ごとに円形
の窓孔42が開口されている。この窓孔42には、上記
した雄ハウジング10の嵌合端面15に突設されたシー
ル突部17が挿通可能となっている。窓孔42の表面側
の口縁には、ガイド用にテーパが付されている。また、
ホルダ40の上下及び左右の面には、係止片44が後方
を向いた片持ち状に形成され、撓み変形可能となってい
る。上面の係止片44は、他に比べて後方に突出してい
る。これに対し、雌ハウジング20の上下及び左右の面
には、上記した各係止片44を弾性的に係止する係止突
部37が形成されている。
【0016】ホルダ40の前面板41の裏面には、ほぼ
全面にわたって装着凹部46が形成され、その中に、厚
肉の板状をなすシール部材50が装着されている。この
シール部材50は、シリコーン等の軟質樹脂(ゴム)か
らなり、ホルダ40とは二色成形によって一体形成され
ている。前面板41の裏面に立てられたリブ43がシー
ル部材50中に突入されていることで、結合力が高めら
れている。シール部材50には、貫通孔51がホルダ4
0の窓孔42と整合した位置ごとに開口されている。こ
の貫通孔51の内周面には、リップ52が1条ずつ形成
されている。リップ52の内径寸法は、雄ハウジング1
0の嵌合端面15のシール突部17の外形寸法よりも少
し小さい設定となっている。なお、リップ52の形成位
置は、下段から上段に向けて順次に後方(図3の右側)
にずれている。
【0017】本実施形態の作用は以下のようである。図
3に示すように、すべてのキャビティ22に雌端子32
が挿入されてランス24により係止されたら、同図の矢
線に示すように、雌ハウジング20の前端部分にホルダ
40が被せられる。ホルダ40は、係止片44を外側に
開き変形させつつ押し込まれ、シール部材50の当接面
54がが雌ハウジング20の嵌合端面21に押し付けら
れた位置まで押し込まれたら、図1に示すように、係止
片44が復元変形して対応する係止突部37に係止し、
ホルダ40が取り付けられる。これに伴い、リブ35を
当接面54に食い込ませつつ、シール部材50が嵌合端
面21に弾性的に押し付けられる。
【0018】このように、雌ハウジング20に対してホ
ルダ40並びにシール部材50が装着されたら、図1の
矢線に示すように、雌ハウジング20を雄ハウジング1
0のフード部12内に嵌合する。嵌合が進むと、ロック
アーム34がロック突部19に乗り上げて撓み変形し、
また雄端子16の先端が、ホルダ40の窓孔42、シー
ル部材50の貫通孔51を通って端子挿通口23から対
応するキャビティ22内に相対的に進入し、キャビティ
22内に収容されている雌端子32の接続部33と次第
に接続する。それとともに、シール突部17が、同じく
ホルダ40の窓孔42を通って、リップ52を潰しつつ
シール部材50の貫通孔51内に進入する。
【0019】ホルダ40の前面板41が雄ハウジング1
0の嵌合端面15に達する正規位置まで押し込まれる
と、図8に示すように、ロックアーム34が復元変形し
つつロック突部19に係止し、雄雌のハウジング10,
20が正規嵌合状態にロックされる。このときには、対
応する雄雌の端子金具16,32同士が正規に接続され
る。また、シール部材50の貫通孔51の全長にわたっ
てシール突部17の先端側が嵌合される。ここで、雄ハ
ウジング10側では、シール部材50の貫通孔51の内
周面がリップ52を潰しつつシール突部17の外周面と
周方向に沿って密着し、一方、雌ハウジング20側で
は、シール部材50の当接面54が、雌ハウジング20
の嵌合端面21のリブ35に食い込ませつつ押しつけら
れることによって、個室防水が図られる。
【0020】本実施形態の効果を、概念図を用いて従来
例と比較しつつ説明する。本実施形態の概念図は図9及
び図10に、従来例の概念図は図12及び図13にそれ
ぞれ示されている。概念的な構造を簡単に繰り返すと、
従来例では、雄ハウジング3の嵌合端面3Bにおける雄
端子4の突出部分3Cにシール部材6の環形部分6Bが
嵌着されて、雄ハウジング10側のシールが取られると
ともに、雌ハウジング1の嵌合端面1Bにはキャビティ
1Aの前面開口の回りを囲むようにしてリブ8が立てら
れ、このリブ8がシール部材6の環形部分6Bの外周に
嵌着されることで雌ハウジング1側のシールが取られ
る。これに対して本実施形態では、雄ハウジング10の
嵌合端面15における雄端子16の突出部分(シール突
部17)にシール部材50の貫通孔51が嵌着されて、
雄ハウジング10側のシールが取られるとともに、この
シール部材50の当接面54が雌ハウジング20の嵌合
端面21(リブ35)に面当たりされることで雌ハウジ
ング20側のシールが取られる。
【0021】すなわち、雌ハウジング側のシール構造に
おいて、従来例では、シール部材6(環形部分6B)を
周方向に密着させるようになっているから、図13
(B)に示すように、シール部材6を雄端子4の突出位
置ごとに分離して、その間に相手のリブ8を挿入するた
めのスペースSを確保する必要がある。それに対し本実
施形態では、シール部材50を面当たりさせる構造であ
るから、図10(B)に示すように、上記したリブの挿
入スペースが不要であり、その分、端子金具16間のピ
ッチを小さくすることができ、ひいてはコネクタの小型
化を図ることができる。
【0022】また、仮に雄雌の端子金具間のピッチがず
れていたとすると、従来例では、シール部材6の環形部
分6Bは、その回りにリブ8が嵌合して径方向の動きが
拘束されているため、例えば、図13(B)において、
環形部分6Bにおける雄端子4の並んだ方向の一側(符
号6R)で大きく圧縮される一方、反対側(符号6L)
で圧縮量が小さく留められるといったように、雄雌の両
ハウジング3,1について、シールにむらができる。そ
れに対して本実施形態では、雌ハウジング20側ではシ
ール部材50が雌ハウジング20の嵌合端面21に面当
たりする構造であるから、上記のようなずれがあった場
合、シール部材50は雌ハウジング20の嵌合端面21
上を摺接しながら、ずれを吸収することができる。すな
わち、雄ハウジング10側では全周にわたり、また雌ハ
ウジング20側では全面にわたって均一なシールを施す
ことができる。
【0023】さらに本実施形態では、シール部材50
を、雌ハウジング20の嵌合端面21といった露出部分
に装着する構造であるから、シール部材50の装着の作
業自体を簡単に行うことができる。また、シール部材5
0はホルダ40により確実に保持され、しかもシール部
材50を二色成形によりホルダ40に一体形成したか
ら、部品点数の削減が図られ、かつ組み付け作業も簡単
に行うことができる。
【0024】<他の実施形態>本発明は上記記述及び図
面によって説明した実施形態に限定されるものではな
く、例えば次のような実施形態も本発明の技術的範囲に
含まれ、さらに、下記以外にも要旨を逸脱しない範囲内
で種々変更して実施することができる。 (1)上記実施形態ではシール部材をホルダと一体に形
成した場合を例示したが、シール部材をホルダとは別体
に形成してもよい。 (2)シール部材を別体に形成した場合、ホルダを用い
ることなく雌ハウジングの嵌合端面に直接に保持するよ
うにしてもよい。 (3)雄ハウジングは、キャビティを備えてその中に雄
端子を挿入する形式のものであってもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係るコネクタの嵌合前の
状態の側断面図
【図2】雄ハウジングの正面図
【図3】ホルダを雌ハウジングに装着する前の状態の側
断面図
【図4】その平面図
【図5】雌ハウジングの正面図
【図6】ホルダの正面図
【図7】雄雌のハウジングが嵌合された状態の平面図
【図8】その側断面図
【図9】本実施形態の概念を示す両ハウジングの嵌合前
の側断面図
【図10】(A)その嵌合後の側断面図 (B)(A)のX−X線拡大断面図
【図11】従来例の側断面図
【図12】従来例の概念を示す両ハウジングの嵌合前の
側断面図
【図13】(A)その嵌合後の側断面図 (B)(A)のx−x線拡大断面図
【符号の説明】
10…雄ハウジング 15…(雄ハウジング10の)嵌合端面 16…雄端子 17…シール突部(雄端子16の突出部分) 20…雌ハウジング 21…(雌ハウジング20の)嵌合端面 22…キャビティ 32…雌端子 35…リブ 40…ホルダ 41…前面板 42…窓孔 50…シール部材 51…貫通孔 52…リップ 54…当接面
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 5E087 EE14 FF06 FF13 LL02 LL03 LL12 LL13 LL17 MM05 QQ04 RR04 RR12 RR25

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 雌端子を収容するキャビティを複数設け
    た雌ハウジングと、この雌ハウジングと嵌合可能で、前
    記雌端子と接続される雄端子を嵌合端面から突出して設
    けた雄ハウジングとを備え、 前記雌ハウジングの嵌合端面には、前記キャビティと対
    応した位置ごとに貫通孔が形成されたシール部材が当接
    され、各貫通孔は、前記雄ハウジングの嵌合端面におけ
    る前記雄端子の突出部分の外周に密着可能となっている
    ことを特徴とする防水コネクタ。
  2. 【請求項2】 前記シール部材は、前記雌ハウジングの
    嵌合端面に被着されるホルダによりこの嵌合端面上に保
    持されていることを特徴とする請求項1記載の防水コネ
    クタ。
  3. 【請求項3】 前記シール部材は、二色成形により前記
    ホルダと一体に形成されていることを特徴とする請求項
    2記載の防水コネクタ。
JP2002102402A 2002-04-04 2002-04-04 防水コネクタ Expired - Lifetime JP3928460B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002102402A JP3928460B2 (ja) 2002-04-04 2002-04-04 防水コネクタ
US10/370,058 US6910905B2 (en) 2002-04-04 2003-02-21 Waterproof connector
TW92104566A TWI256182B (en) 2002-04-04 2003-03-04 Waterproof connector
CN 03107718 CN1262050C (zh) 2002-04-04 2003-04-02 防水连接器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002102402A JP3928460B2 (ja) 2002-04-04 2002-04-04 防水コネクタ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003297479A true JP2003297479A (ja) 2003-10-17
JP3928460B2 JP3928460B2 (ja) 2007-06-13

Family

ID=28672189

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002102402A Expired - Lifetime JP3928460B2 (ja) 2002-04-04 2002-04-04 防水コネクタ

Country Status (4)

Country Link
US (1) US6910905B2 (ja)
JP (1) JP3928460B2 (ja)
CN (1) CN1262050C (ja)
TW (1) TWI256182B (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006140019A (ja) * 2004-11-11 2006-06-01 Tyco Electronics Amp Kk 防水コネクタおよびシール部材
JP2008065991A (ja) * 2006-09-04 2008-03-21 Auto Network Gijutsu Kenkyusho:Kk 防水コネクタ
JP2008166105A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Sumitomo Wiring Syst Ltd 防水コネクタ
US7419395B2 (en) 2004-11-17 2008-09-02 Autonetworks Technologies, Ltd. Small double-locking waterproof connector
US7448894B2 (en) 2004-11-17 2008-11-11 Autonetworks Technologies, Ltd. Waterproof connector
JP2011065957A (ja) * 2009-09-18 2011-03-31 Japan Aviation Electronics Industry Ltd 防水コネクタ
WO2014167751A1 (ja) * 2013-04-09 2014-10-16 住友電装株式会社 防水コネクタ
CN112821116A (zh) * 2019-11-15 2021-05-18 住友电装株式会社 连接器

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE202004009662U1 (de) * 2004-06-18 2004-09-02 Erich Jaeger Gmbh & Co. Kg Steckeinheit für eine mehrpolige Steckverbindung
FR2874459B1 (fr) * 2004-08-20 2006-10-20 Souriau Soc Par Actions Simpli Module d'interconnexion apte a realiser des connexions electriques selectives entre une serie de conducteurs
DE202005019035U1 (de) * 2005-12-06 2007-04-19 Harting Electric Gmbh & Co. Kg Vorrichtung für ein axial verschiebbares Steckerkabel in einem Steckergehäuse
JP4222571B2 (ja) * 2006-08-17 2009-02-12 タイコエレクトロニクスアンプ株式会社 電子制御装置の筐体及び電気コネクタ
JP4941745B2 (ja) * 2007-06-19 2012-05-30 住友電装株式会社 コネクタ
JP5109785B2 (ja) * 2008-04-30 2012-12-26 住友電装株式会社 基板用コネクタの取付け構造
JP5314540B2 (ja) * 2009-09-01 2013-10-16 矢崎総業株式会社 コネクタ
JP2011198566A (ja) * 2010-03-18 2011-10-06 Sumitomo Wiring Syst Ltd 充電用コネクタ
CN102013589B (zh) * 2010-09-08 2014-01-01 佛山市山日汽车电动轮毂有限公司 易安装维护的插座及插头
CN102013590B (zh) * 2010-09-08 2013-11-13 深圳市智优电池集成技术有限公司 易安装维护的防水插座插头组件
JP5625793B2 (ja) * 2010-11-18 2014-11-19 住友電装株式会社 防水コネクタ
EP2456015A3 (de) 2010-11-23 2012-07-18 ERICH JAEGER GmbH + Co. KG Steckdose eines Kraftfahrzeugs
DE102011004347A1 (de) * 2011-02-17 2012-08-23 Tyco Electronics Amp Gmbh Elektrischer Verbinder und Stecksystem
JP5598384B2 (ja) * 2011-03-04 2014-10-01 住友電装株式会社 コネクタ
ITVI20110265A1 (it) * 2011-10-04 2013-04-05 Tyco Electronics Amp Italia Srl Alloggiamento per connettore
CN103227380B (zh) * 2012-01-25 2017-04-05 英洛瓦(天津)物探装备有限责任公司 供连接器使用的密封特征
US9368904B2 (en) 2012-10-19 2016-06-14 Lear Corporation Electrical connector assembly
JP5915594B2 (ja) * 2013-05-30 2016-05-11 住友電装株式会社 電子部品付きコネクタ
JP2016051634A (ja) * 2014-09-01 2016-04-11 住友電装株式会社 コネクタ
JP2018181787A (ja) * 2017-04-21 2018-11-15 住友電装株式会社 コネクタ
CN111262066B (zh) * 2017-06-23 2021-10-01 上海莫仕连接器有限公司 电源连接器
JP6793687B2 (ja) * 2018-07-02 2020-12-02 矢崎総業株式会社 コネクタ装置
JP6879624B1 (ja) * 2020-06-08 2021-06-02 住鉱テック株式会社 防水コネクタ

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2906986A (en) * 1954-04-23 1959-09-29 Edward J Schaefer Cable connector
JP2001244017A (ja) * 2000-02-25 2001-09-07 Yazaki Corp コネクタ結合構造
JP2001267000A (ja) * 2000-03-21 2001-09-28 Sumitomo Wiring Syst Ltd 防水コネクタ

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006140019A (ja) * 2004-11-11 2006-06-01 Tyco Electronics Amp Kk 防水コネクタおよびシール部材
US7419395B2 (en) 2004-11-17 2008-09-02 Autonetworks Technologies, Ltd. Small double-locking waterproof connector
US7448894B2 (en) 2004-11-17 2008-11-11 Autonetworks Technologies, Ltd. Waterproof connector
DE112005002830B4 (de) * 2004-11-17 2010-09-16 AUTONETWORKS Technologies, LTD., Yokkaichi Wasserdichter Verbinder
JP2008065991A (ja) * 2006-09-04 2008-03-21 Auto Network Gijutsu Kenkyusho:Kk 防水コネクタ
JP2008166105A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Sumitomo Wiring Syst Ltd 防水コネクタ
JP2011065957A (ja) * 2009-09-18 2011-03-31 Japan Aviation Electronics Industry Ltd 防水コネクタ
WO2014167751A1 (ja) * 2013-04-09 2014-10-16 住友電装株式会社 防水コネクタ
JP2014203774A (ja) * 2013-04-09 2014-10-27 住友電装株式会社 防水コネクタ
CN112821116A (zh) * 2019-11-15 2021-05-18 住友电装株式会社 连接器

Also Published As

Publication number Publication date
JP3928460B2 (ja) 2007-06-13
TW200305304A (en) 2003-10-16
CN1477735A (zh) 2004-02-25
US20030190830A1 (en) 2003-10-09
CN1262050C (zh) 2006-06-28
TWI256182B (en) 2006-06-01
US6910905B2 (en) 2005-06-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003297479A (ja) 防水コネクタ
JP4463665B2 (ja) 防水コネクタ
JP4401915B2 (ja) 液体浸入防止構造を備えたコネクタ
JP3478385B2 (ja) 防水コネクタ
US6872092B2 (en) Waterproof connector with waterproof rib for sealed engagement with a rubber plug
WO2006054574A1 (ja) 防水コネクタ
JP2002083646A (ja) 防水コネクタ
JP2001015205A (ja) 防水コネクタ
JP2008300199A (ja) コネクタ
JPH10223304A (ja) 防水型電気コネクタ組立体
JP2001068208A (ja) 防水コネクタ
JP2805436B2 (ja) 簡易防水コネクタ
JP6438675B2 (ja) コネクタの防水構造
WO2018105362A1 (ja) ゴムカバー付きコネクタ
TWI679818B (zh) 氣密型連接器
JP3229741B2 (ja) 防水コネクタ
JP3596427B2 (ja) 防水コネクタ
JP4781885B2 (ja) 防水コネクタ
JP3268941B2 (ja) 電気コネクタ
JP2901127B2 (ja) 防水コネクタ
JP2001319723A (ja) コネクタのシール構造
JPH0742017U (ja) 防水カプラ構造
JP2020161324A (ja) コネクタ嵌合体の製造システム
JP3437056B2 (ja) 防水コネクタのシール構造
JP2006140080A (ja) 防水コネクタ

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040707

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20060926

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061013

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20061019

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061024

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061221

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070213

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070226

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3928460

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110316

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120316

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120316

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130316

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140316

Year of fee payment: 7

EXPY Cancellation because of completion of term