JP2003275560A - 堆肥等の撹拌排出装置 - Google Patents

堆肥等の撹拌排出装置

Info

Publication number
JP2003275560A
JP2003275560A JP2002075308A JP2002075308A JP2003275560A JP 2003275560 A JP2003275560 A JP 2003275560A JP 2002075308 A JP2002075308 A JP 2002075308A JP 2002075308 A JP2002075308 A JP 2002075308A JP 2003275560 A JP2003275560 A JP 2003275560A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stirring
agitating
tank
shaft
blades
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002075308A
Other languages
English (en)
Inventor
Norio Ono
則男 大野
Takashi Kato
隆司 加藤
Naoyuki Sakamoto
直幸 坂本
Ayumi Tanaka
歩 田中
Original Assignee
Atex Co Ltd
株式会社アテックス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Atex Co Ltd, 株式会社アテックス filed Critical Atex Co Ltd
Priority to JP2002075308A priority Critical patent/JP2003275560A/ja
Publication of JP2003275560A publication Critical patent/JP2003275560A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】家畜排泄物のように含水率が高く塊状の原料を
も、水分調整材等の他の原料と迅速に均一に、又、細か
い粒子に分離して撹拌混合する。 【解決手段】タンク1内左右両側に互いに内向き回転イ
するとともに同方向Aへの搬送機能を有する複数の撹拌
爪2,2を備える二本の撹拌軸3,3を軸架し、その中央
下方には上記撹拌軸3,3と逆方向へより強い搬送機能
を有する複数の搬送翼4,4を備える搬送軸5を軸架す
るに、該左右の撹拌爪2,2と中央の搬送翼4,4の作用
範囲を平面視オーバーラップさせて配設するとともに、
該搬送軸5終端部のタンク1底板6には開閉自在の排出
口7を設けることにより、撹拌爪2,2と搬送翼4,4と
の相互作用を高めて堆肥原料を細かく分離して均一な撹
拌を行う。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、家畜の排泄物等に大
鋸屑等の水分調整材と、微生物等を繁殖させた堆肥化促
進材等を均一に撹拌混合するための撹拌装置に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】堆肥等の撹拌装置としては、特開平11
−128966号公報や実公平7−3917号公報に記
載された技術等がある。特開平11−128966号公
報に記載された技術にあっては、円筒状の混合ドラム内
に堆肥原料を収納して回転させるものであり、粒状物等
であれば比較的容易に撹拌混合できるものであるが、家
畜の排泄物等含水率の高い塊状のものに対しては、混合
ドラムに破砕機能がなく撹拌混合作用が十分行われ難
い。又、撹拌物の排出に際しては、混合ドラムを大きく
傾斜させる必要があり、大容量の装置には不向である。
又、実公平7−3917号公報に記載の技術にあって
も、単なるスクリューオーガーによって撹拌するもので
あり、乾燥調整済の粒状、又は粉状物の撹拌混合には対
応可能であるが、含水率の高い塊状のものは十分に撹拌
混合できないものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】この発明は上記の如き
従来技術の欠点を解消し、家畜排泄物等のように含水率
が高く塊状の原料をも、水分調整材や微生物等を繁殖さ
せる堆肥化促進材と、迅速に均一に、又、細い粒子に分
離して撹拌混合しようとするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】タンク1内左右両側に互
いに内向き回転イするとともに同方向Aへの搬送機能を
有する複数の撹拌爪2,2を備える二本の撹拌軸3,3を
軸架し、その中央下方には上記撹拌軸3,3と逆方向へ
より強い搬送機能を有する複数の搬送翼4,4を備える
搬送軸5を軸架するに、該左右の撹拌爪2,2と中央の
搬送翼4,4の作用範囲を平面視オーバーラップさせて
配設するとともに、該搬送軸5終端部のタンク1底板6
には開閉自在の排出口7を設けてなる堆肥等の撹拌排出
装置の構成とする。又、左右の撹拌爪2,2の受樋18
中央側上縁を浅く形成することにより、該撹拌爪2,2
の主体部を中央の搬送翼4,4と対向位置させてなる請
求項1記載の堆肥等の撹拌排出装置の構成とする。
【0005】
【発明の作用及び効果】請求項1の発明にあっては、タ
ンク1内に家畜排泄物と大鋸屑等の水分調整材と微生物
を繁殖させる堆肥化促進材を投入するとともに、タンク
1内左右両側部に位置する二本の撹拌軸3,3及び、そ
の中央下方に位置する搬送軸5を駆動する。タンク1内
両側部に位置する、例えば堆肥原料は、該タンク1内両
側部に位置し互いに内向き回転イする二本の撹拌軸3,
3に設けられ、同方向へ向け送り機能を有する複数の撹
拌爪2,2の回転により堆肥原料を下方からタンク1側
部を迂回して上方へ、更に、タンク1中央へ向け送り込
み撹拌しながら該撹拌爪2,2によって矢印A方向へ順
次搬送される。又、左右の撹拌爪2,2によってタンク
1中央へ送り込まれる堆肥原料は、その中央下方に位置
する搬送軸5の搬送翼4,4によって矢印B方向、即
ち、左右の撹拌軸3,3の搬送方向と逆方向へ搬送され
ながら両側の撹拌爪2,2との相互作用によって均一に
撹拌混合される。又、左右両側の撹拌爪2,2と中央の
搬送翼4,4の作用範囲を平面視オーバーラップさせて
配設するものであるから、両者をより接近させるととも
に、左右両側の撹拌爪2,2の内向回転イによって中央
側へ送り込まれる堆肥原料を直接搬送翼4,4上に供給
でき、又、搬送翼4,4によって掬い上げられる堆肥原
料を左右の撹拌爪2,2に引継がせて撹拌でき、塊状の
ものであっても両者のより効果的な相互作用によって細
かく分離して均一に撹拌できるものである。又、この撹
拌が終了すればタンク1の排出口7を開くことによって
排出可能である。請求項2記載の発明によれば、左右の
撹拌爪2,2の受樋18の中央側上縁を浅く形成するこ
とにより、該撹拌爪2,2の主体部を中央の搬送翼4,4
と対向位置させたものであるから、両者が相対向する範
囲を上下方向に大きくし、両者の相互作用による撹拌効
果を更に向上させることができる。
【0006】
【実施の形態】図例において、タンク1は下部タンク1
aと上部タンク1bとからなり、適宜支柱等によって枠
組補強される前板14、後板15と両側板12,12と
底板6等から構成してある。下部タンク1aの上枠19
には上部タンク1bの下枠20をボルト止め等により着
脱自在に設けてあり、タンク容量を調節する場合には、
上下タンク1a,1b間に同様の手段で中間タンクを介
在させる。下部タンク1a内の左右両側部には、夫々撹
拌軸3,3を前、後板14,15間に回転自在に軸架して
ある。該撹拌軸3周囲には複数の取付ブラケット21,
21を略全長に亘って溶着してあり、該ブラケット2
1,21に撹拌爪2,2を嵌入させボルト止めしてある。
該撹拌爪2は、耕耘刃の如き形状であって、即ち、厚肉
細幅の平板状材をブラケット21,21へ嵌入取着する
とともに、所定高さの取付部2aから順次回転方向イ後
方へ向け後退湾曲させる爪部2bを形成し、更にその先
端部を搬送方向A側へ屈曲させて送り面2cを形成して
ある。又、これらの回転方向前縁は、鋭角に形成し刃部
2dを設けてある。該左右の撹拌軸3,3の撹拌爪2,2
は、共に内向回転イ,イさせてあり、その回転方向は正
面視右側が左回転し、左側が右回転するがその搬送方向
を同方向A,Aとする為、左右の撹拌爪2,2の形状を左
右対称に構成してある。又、該撹拌爪2,2は撹拌軸3
の始端側から順次90度毎位相を変えてラセン状に取着
することにより、堆肥原料を撹拌しながら矢印A方向へ
搬送可能に構成してある。なお、前板14近傍には同位
相位置に二本の撹拌爪2,2を設け前板14側の堆肥原
料を素早く搬送し負荷の軽減を図っている。又、撹拌軸
3の終端側、即ち、後板15近傍の撹拌爪数本は送り面
2cを逆側に屈曲形成して逆送り撹拌爪2E,2Eとな
し、反矢印A方向へ搬送可能に構成してある。従って、
その送り面2cにより反矢印イ方向へ送り戻される堆肥
原料は、撹拌爪2,2により矢印A方向へ送られる堆肥
原料と撹拌されながら上方へ湧き上り中央側へ送り出さ
れる。この為、後板15側へ必要以上に圧送されること
がなく、負荷の軽減を図ることができる。搬送軸5は、
下部タンク1aの中央下方に位置して前、後板14,1
5間に矢印ロ方向へ回転自在に軸架してあり、又、該搬
送軸5の周囲にはその全長に亘って複数の搬送翼4,4
基部を溶着してある。該搬送翼4は平板からなり、その
基部を傾斜させて搬送軸5周囲に溶着することにより矢
印B方向への送り作用を有するものであり、複数の搬送
翼4,4を搬送軸5周囲に90度毎順次位相を変えてラ
セン状に取着することにより矢印B方向へ搬送可能に構
成してある。又、搬送翼4の搬送力を上げる為には、掬
上面を屈曲形成するとよい。又、この搬送軸5は一本で
あり、矢印A方向へ搬送する左右二本の撹拌軸3,3終
端から堆肥原料を引継いで矢印B方向へ循環搬送する構
成の為、その搬送量をバランスさせるべく、搬送翼4の
翼面を撹拌爪2,2のそれより大きく、又、取付傾斜角
度を大きく構成してある。
【0007】該搬送軸5終端部の下部タンク1aの底板
6には、前板14側から一定間隔をおいてシャッター2
2により開閉自在の排出口7を設けてある。該排出口7
と前板14間の搬送軸5には、他の搬送翼4と前後反転
させて逆送り可能の逆送り搬送翼4A,4Aを数枚設け
てあり、撹拌時の前板14側への堆肥原料の圧接を防止
し、又、排出時の排出効率を高めるものである。更に、
排出口7の中央付近に位置する搬送軸5には、細幅台形
板状の送り上げ翼8を取着してあり、搬送翼4,4によ
って矢印B方向へ搬送される堆肥原料を上方へ送り上
げ、左右の撹拌爪2,2に引継いで循環させるべく構成
してある。又、タンク1の前後が長い場合には、後板1
5と排出口7の間の中央付近の搬送軸5に同様の送り上
げ翼8を設け、堆肥原料の一部を上方へ送り上げ撹拌爪
2,2に引継せて循環させるとよい。左右両側の撹拌軸
3,3の搬送方向A終端には、後板15に沿って回転し
該後板15に付着する、又圧送される堆肥原料を掻取っ
て中央側へ掻送る掻送り翼17を設けてあり、搬送され
る堆肥原料を中央に位置し矢印B方向へ搬送機能を有す
る搬送翼4側へ掻送る為、撹拌軸3,3への負荷を軽減
できるものである。左右両側の撹拌軸3,3と、中央の
搬送軸5とは、夫々装着する撹拌爪2,2と搬送翼4,4
の作用範囲が平面視において一部オーバーラップさせる
如く接近させ、又、その上下関係は撹拌爪2,2の下方
側先端が搬送軸5の軸心近傍に位置する関係に設定して
ある。又、底板6を湾曲させ搬送翼4,4下部外周に沿
わせて形成する搬送受樋23の左右上縁を、該搬送軸5
の軸芯近傍に位置させ、該左右上縁から連続して左右の
撹拌爪2,2の受樋18,18を設けてある。従って、該
受樋18,18の中央側上縁を浅く形成することによ
り、撹拌爪2,2の主体部を中央の搬送翼4,4と対向位
置させてあり、両者が相対向する範囲を上下方向に大き
くし、両者の相互作用による撹拌効果を更に向上させる
ことができる。24はモータであって前板14に取着の
架台25上に載置され、チェン26を介して右側の撹拌
軸3を内向き回転イさせ、更にチェン27を介して中間
軸28を駆動し、該中間軸28と左側の撹拌軸3とをス
プロケット29,29伝動することにより該左側の撹拌
軸3を同じく内向き回転イ可能に駆動してある。30は
モータであって、同じく架台25上に載置され、チェン
31を介して搬送軸5を矢印ロ方向に回転させる。従っ
て、規定量以上の堆肥原料をタンク1内に投入して詰り
等が発生した場合等に、搬送軸5のみ専用のモータ30
で駆動するとともに排出口7を開口し、堆肥原料を排出
することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】平面図。
【図2】断面図。
【図3】正面図。
【図4】一部の拡大平面図。
【図5】一部の拡大平面図。
【符号の説明】
1 タンク 1a 下部タンク 1b 上部タンク 2 撹拌爪 2a 取付部 2b 爪部 2c 送り面 2d 刃部 2E 逆送り撹拌爪 3 撹拌軸 4 搬送翼 4A 逆送り搬送翼 5 搬送軸 6 底板 7 排出口 8 送り上げ翼 17 掻送り翼 18 受樋 23 搬送受樋 イ 内向回転 A 搬送方向 B 搬送方向
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 田中 歩 愛媛県松山市衣山1丁目2番5号株式会社 アテックス内 Fターム(参考) 2B052 AA01 4D004 AA01 AB01 BA04 CA15 CA18 CB02 CB08 CB28 CC08 4G078 AA02 AA07 AB20 BA01 BA07 DA01 DA04 DA28 EA10

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】タンク(1)内左右両側に互いに内向き回
    転(イ)するとともに同方向(A)への搬送機能を有す
    る複数の撹拌爪(2),(2)を備える二本の撹拌軸
    (3),(3)を軸架し、その中央下方には上記撹拌軸
    (3),(3)と逆方向へより強い搬送機能を有する複
    数の搬送翼(4),(4)を備える搬送軸(5)を軸架
    するに、該左右の撹拌爪(2),(2)と中央の搬送翼
    (4),(4)の作用範囲を平面視オーバーラップさせ
    て配設するとともに、該搬送軸(5)終端部のタンク
    (1)底板(6)には開閉自在の排出口(7)を設けて
    なる堆肥等の撹拌排出装置。
  2. 【請求項2】左右の撹拌爪(2),(2)の受樋(1
    8)中央側上縁を浅く形成することにより、該撹拌爪
    (2),(2)の主体部を中央の搬送翼(4),(4)と
    対向位置させてなる請求項1記載の堆肥等の撹拌排出装
    置。
JP2002075308A 2002-03-19 2002-03-19 堆肥等の撹拌排出装置 Pending JP2003275560A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002075308A JP2003275560A (ja) 2002-03-19 2002-03-19 堆肥等の撹拌排出装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002075308A JP2003275560A (ja) 2002-03-19 2002-03-19 堆肥等の撹拌排出装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003275560A true JP2003275560A (ja) 2003-09-30

Family

ID=29204414

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002075308A Pending JP2003275560A (ja) 2002-03-19 2002-03-19 堆肥等の撹拌排出装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003275560A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009106847A (ja) * 2007-10-30 2009-05-21 Fukoku Kogyo Kk 凝集反応槽
JP2019201562A (ja) * 2018-05-22 2019-11-28 株式会社タカキタ 肥料散布機

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009106847A (ja) * 2007-10-30 2009-05-21 Fukoku Kogyo Kk 凝集反応槽
JP4541393B2 (ja) * 2007-10-30 2010-09-08 富国工業株式会社 凝集反応槽
JP2019201562A (ja) * 2018-05-22 2019-11-28 株式会社タカキタ 肥料散布機
JP7045667B2 (ja) 2018-05-22 2022-04-01 株式会社タカキタ 肥料散布機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004315259A (ja) 堆肥等の攪拌装置
JP4526877B2 (ja) 現地採取土砂混合装置
JP2002105980A (ja) 連続固化処理装置
JP2004358419A (ja) 有機廃棄物処理用回転ドラム
JP2003275560A (ja) 堆肥等の撹拌排出装置
JP2006076859A (ja) 堆肥攪拌装置
JP2003275562A (ja) 堆肥等の撹拌装置
JP3881089B2 (ja) アスファルト再生材の加熱装置
JP2004315260A (ja) 堆肥等の撹拌排出装置
JP2004113878A (ja) 堆肥等の撹拌装置
JP2003275561A (ja) 堆肥等の撹拌装置
JP3992180B2 (ja) 混合攪拌方法及び同装置
JP4126398B2 (ja) 原料の攪拌、混合装置
JP2010038481A (ja) 回転ドラム式乾燥機
JP6889924B2 (ja) 撹拌混合装置
JP3955422B2 (ja) 泥土固化処理装置
JPH083191B2 (ja) 含水泥土連続固化装置
CN205662032U (zh) 一种带有清理刷子的刮板上料机
JP2002136856A (ja) 連続式一軸型パドルミキサ及びそれを用いた粘性物又は流動化物の製造方法
CN213226900U (zh) 一种碾轮式混沙机
CN210082140U (zh) 一种用于pa造粒机的物料混合机
CN214110912U (zh) 一种干混砂浆的一体式破碎输送装置
JP2002102893A (ja) 糞尿処理装置
JP6310957B2 (ja) 連続式団粒化撹拌装置
JP2002086004A (ja) 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置