JP2003253236A - 接着剤組成物 - Google Patents

接着剤組成物

Info

Publication number
JP2003253236A
JP2003253236A JP2002056426A JP2002056426A JP2003253236A JP 2003253236 A JP2003253236 A JP 2003253236A JP 2002056426 A JP2002056426 A JP 2002056426A JP 2002056426 A JP2002056426 A JP 2002056426A JP 2003253236 A JP2003253236 A JP 2003253236A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
curing
composition
lt
gt
microcapsules
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002056426A
Other languages
English (en)
Inventor
Masaru Takumi
勝 工
Original Assignee
Koyo Sangyo Co Ltd
光洋産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Koyo Sangyo Co Ltd, 光洋産業株式会社 filed Critical Koyo Sangyo Co Ltd
Priority to JP2002056426A priority Critical patent/JP2003253236A/ja
Publication of JP2003253236A publication Critical patent/JP2003253236A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】混合後は長時間安定であり、はりあわせ後は速
やかに硬化するウレタン接着剤を得る 【解決手段】アミンまたは有機スズ化合物をマイクロカ
プセルに内包し、これをあらかじめウレタン接着剤の主
剤あるいは硬化剤に添加しておき、主剤と硬化剤を混ぜ
た時点では、触媒とは隔離されており反応が緩やかであ
るが、貼りあわせた時にプレスすることにより、マイク
ロカプセルが割れて中身が飛び出し接着剤層を速硬化さ
せるように構成した。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は常温硬化型の2液反
応型ウレタン接着剤に関する。 【0002】 【従来の技術】従来のウレタン接着剤は液状のポリオー
ルの主剤と液状のポリイソシアネート化合物の硬化剤か
らなり、それらを混合することにより反応し、硬化す
る。常温で速硬化にするために、触媒としてアミン化合
物や有機スズ化合物を少量添加し反応速度を調節する方
法がよく知られている。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】これらの2液型接着剤
は混合直後から、硬化反応が始まり、粘度があがる。接
着作業の効率を上げるためには速硬化にする必要がある
が、速硬化にすればするほど、可使用時間が減り、使い
にくい物になる。本発明では、混合後は長時間安定であ
り、はりあわせ後は速やかに硬化する接着剤を得ること
を目的とする。 【0004】 【課題を解決するための手段】この課題を解決するため
に本発明は、硬化触媒をマイクロカプセルに内包し、こ
れをあらかじめ主剤あるいは硬化剤に添加しておき、主
剤と硬化剤を混ぜた時点では、触媒とは隔離されており
反応が緩やかであるが、貼りあわせた時にプレスするこ
とにより、マイクロカプセルが割れて中身が飛び出し接
着剤層を速硬化させるように構成したものである。これ
により、混合後は長時間安定であり、はりあわせ後は速
やかに硬化する接着剤が得られる。 【0005】 【発明の実施の形態】本発明の請求項1に記載の発明
は、液状のポリオール化合物及びポリイソシアネート化
合物からなる組成物中に、アミンまたは有機スズ化合物
を内包するマイクロカプセルを添加してなる組成物とし
たものであり、混合時は、触媒とは隔離されており反応
が緩やかであるが、貼りあわせた時にプレスすることに
より、マイクロカプセルが割れて中身が飛び出し水酸基
とイソシアネートの反応を促進するという作用を有す
る。 【0006】アミンとしてはN,N-ジメチルシクロヘキシ
ルアミン、ピリジン、テトラメチルブタンジアミン、N-
メチルモルフォリン、1,4−ジアザビシクロ2.2.2−オク
タンなど各種のアミンが使用可能であるが、なかでも1,
4−ジアザビシクロ2.2.2−オクタンは活性度が高く効果
的である。有機スズ化合物としてはスタンナスオクトエ
イト、ジブチルスズジラウレイトなどが非常に活性度が
高く効果的である。 【0007】発明者らが、研究を行った結果によると、
有機スズ化合物はアミンに比べて活性度が高く、少量の
添加で速硬化性が得られる傾向にあるが、アミン化合物
は接着性の向上に寄与するため、用途に応じて、それぞ
れの使い分けが可能である。活性度とは、硬化速度を速
める度合いのことであるり、触媒の活性度が高いほど添
加量は少なくてすむ。 【0008】マイクロカプセルの殻材料としては、ゼラ
チン、メラミン樹脂、ウレタン樹脂あるいはエポキシ樹
脂を使用したものが一般的ではあるが、これに限定され
るわけではない。攪拌機での混合で割れない程度の硬さ
をもち、1kg/cm2以上のプレス圧力でつぶれる物が好
ましい。 【0009】マイクロカプセルの粒径は2μ以上50μ
以下であるのがいい。2μ以下のものは工業的に製造す
るのが難しく又殻材料に対する内包物の割合が少なくな
るので実用的ではない。50μ以上だと塗布する際に接
着層の厚さに近くなり、塗布しづらいだけでなく、割れ
ても触媒が接着剤全体に行き渡りにくいので、充分な効
果が得られにくい。2μ以下だと殻が丈夫過ぎてプレス
程度の圧力では割れにくく、50μ以上では殻が割れやす
いので攪拌混合時に割れてしまう可能性がある。 【0010】 【実施例】次に、本発明の具体例を説明する。 (実施例1)ジブチルスズジラウレイトをエポキシ樹脂
の殻を用いてマイクロカプセル化し、直径10ミクロンの
ジブチルスズジラウレイト内包マイクロカプセルを得
た。ジブチルスズジラウレイト内包マイクロカプセルを
ポリオール(旭電化製P-400)を100重量部に対し
て1.0重量部添加し、充填材として炭酸カルシウムを1
00重量部加えて攪拌機でよく混合し、主剤とした。こ
れに硬化剤としてクルードのジフェニルメタンジイソシ
アネートをほぼ等量になるように75重量部加え、ウレ
タン接着剤組成物を得た。 【0011】このウレタン接着剤組成物をラワン材に塗
布し、同じラワン材と積層して常温で20kg/cm2の圧
力でプレスしたところ、1分で硬化した。1晩放置後、
圧縮せん断強度を測定したところ材料破壊した。次に、
このウレタン接着剤組成物を同様に混合して、粘度変化
を測定したところ、2時間後の粘度は初期粘度の2倍以
内であり、塗布可能であった。 【0012】(比較例1)ジブチルスズジラウレイト内
包マイクロカプセルを添加しない以外は実施例1と同じ
条件でポリオールと炭酸カルシウムを混合し主剤とし
た。これに実施例1と同様に硬化剤としてクルードのジ
フェニルメタンジイソシアネートを添加し、ウレタン接
着剤組成物を得た。このウレタン接着剤組成物を木材に
塗布し常温で20kg/cm2の圧力でプレスしたところ、
硬化に24時間を要した。 【0013】 【発明の効果】以上のように本発明によれば、混合後は
長時間安定であり、はりあわせ後は速やかに硬化すると
いう有利な効果が得られる。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】液状のポリオール化合物及びポリイソシア
    ネート化合物からなる組成物中に、アミンまたは有機ス
    ズ化合物を内包するマイクロカプセルを添加してなる組
    成物 【請求項2】マイクロカプセルの平均粒径が2μ以上5
    0μ以下であることを特徴とする請求項1の組成物
JP2002056426A 2002-03-01 2002-03-01 接着剤組成物 Pending JP2003253236A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002056426A JP2003253236A (ja) 2002-03-01 2002-03-01 接着剤組成物

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002056426A JP2003253236A (ja) 2002-03-01 2002-03-01 接着剤組成物

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003253236A true JP2003253236A (ja) 2003-09-10

Family

ID=28667003

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002056426A Pending JP2003253236A (ja) 2002-03-01 2002-03-01 接着剤組成物

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003253236A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1647587A1 (en) * 2004-10-12 2006-04-19 Henkel Kommanditgesellschaft auf Aktien Laminating adhesives containing microencapsulated catalysts
DE102005042035A1 (de) * 2005-09-02 2007-03-08 Infineon Technologies Ag Kunststoffgehäusemasse zum Einbetten von Halbleiterbauelementen in einem Kunststoffgehäuse und Verwendung der Kunststoffgehäusemasse
EP3156434A1 (de) * 2015-10-12 2017-04-19 Henkel AG & Co. KGaA Nanokapseln als thermolatente polymerisationskatalysatoren oder -initiatoren

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1647587A1 (en) * 2004-10-12 2006-04-19 Henkel Kommanditgesellschaft auf Aktien Laminating adhesives containing microencapsulated catalysts
DE102005042035A1 (de) * 2005-09-02 2007-03-08 Infineon Technologies Ag Kunststoffgehäusemasse zum Einbetten von Halbleiterbauelementen in einem Kunststoffgehäuse und Verwendung der Kunststoffgehäusemasse
US7728053B2 (en) 2005-09-02 2010-06-01 Infineon Technologies, Ag Plastic housing composition for embedding semiconductor devices in a plastic housing and use of the plastic housing composition
EP3156434A1 (de) * 2015-10-12 2017-04-19 Henkel AG & Co. KGaA Nanokapseln als thermolatente polymerisationskatalysatoren oder -initiatoren
WO2017063900A1 (de) * 2015-10-12 2017-04-20 Henkel Ag & Co. Kgaa Nanokapseln als thermolatente polymerisationskatalysatoren oder -initiatoren

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8796381B2 (en) Encapsulated cure systems
US3860565A (en) Encapsulated isocyanurate catalyst
CN101684176B (zh) 基于多烷氧基甲硅烷基官能化预聚物的聚合物材料、和由其组成的粘合剂和涂覆组合物
JP3622169B2 (ja) 低遊離モノマー含有で、低オリゴマー含有のイソシアネートプレポリマーからなるホットメルト接着剤
EP1404733B1 (de) Reaktive polyurethane mit einem geringen gehalt an monomeren diisocyanaten
Desai et al. Polyurethane adhesive system from biomaterial-based polyol for bonding wood
JP5420563B2 (ja) 繊維含有成形品を接着するための2成分系ポリウレタン接着剤
CA1297623C (en) High speed cure system
US4412033A (en) One-part, curable polyurethane
US4808639A (en) Liquid curable adhesive composition comprising a polyester resin and a microencapsulated peroxide curing agent
KR100900180B1 (ko) 과립 형태의 핫 멜트 접착제
EP0329187B1 (de) Verfahren zur Herstellung von Organomineralprodukten
US6133398A (en) One-part curable polyurethane adhesive
KR100496779B1 (ko) 1-부분경화성폴리우레탄접착제
US6129983A (en) Self-adhesive tape
US5410011A (en) One-component polyurethane type adhesive, and use thereof
EP0777695B2 (de) Polyurethan-zusammensetzungen mit niedrigem gehalt an monomeren diisocyanaten
EP1456266B1 (de) Reaktive polyurethane mit einem geringen gehalt an monomeren diisocyanaten
EP0300388B1 (de) Einkomponentige Polyurethansysteme mit viskositätsregulierenden Stoffen und ihre Verwendung.
US6231985B1 (en) Heat and radio frequency-curable two-pack soy protein-based polyurethane adhesive compositions
EP1456265A1 (de) Verfahren zur herstellung von monomerarmen polyurethan prepolymeren
SK470590A3 (en) The mastic composition
DE602004009786T2 (de) Klebstoffzusammensetzung auf basis von polyisocyanate zur verwendung in sandwichplatten
EP0801121B1 (de) Selbstklebeband auf Polyurethanbasis
HU0104671A2 (hu) Ütésálló epoxigyanta-készítmények

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20050225

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081202

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090331