JP2003235056A - 映像信号処理装置 - Google Patents

映像信号処理装置

Info

Publication number
JP2003235056A
JP2003235056A JP2002033930A JP2002033930A JP2003235056A JP 2003235056 A JP2003235056 A JP 2003235056A JP 2002033930 A JP2002033930 A JP 2002033930A JP 2002033930 A JP2002033930 A JP 2002033930A JP 2003235056 A JP2003235056 A JP 2003235056A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
signal
frequency component
circuit
color
bpf
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002033930A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Honda
Kenji Okumichi
賢司 奥道
広史 本田
Original Assignee
Pioneer Display Products Corp
Pioneer Electronic Corp
パイオニア・ディスプレイ・プロダクツ株式会社
パイオニア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Pioneer Display Products Corp, Pioneer Electronic Corp, パイオニア・ディスプレイ・プロダクツ株式会社, パイオニア株式会社 filed Critical Pioneer Display Products Corp
Priority to JP2002033930A priority Critical patent/JP2003235056A/ja
Publication of JP2003235056A publication Critical patent/JP2003235056A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/77Circuits for processing the brightness signal and the chrominance signal relative to each other, e.g. adjusting the phase of the brightness signal relative to the colour signal, correcting differential gain or differential phase

Abstract

(57)【要約】 【課題】 色信号中の色差信号の寄与分の帯域を拡大す
ることにより、色解像度を向上させることのできる映像
信号処理装置を提供する。 【解決手段】 入力する輝度信号Yの低域成分を算出す
る輝度信号低域成分算出回路2と、入力する色差信号R
−Yの低域成分を算出する色差信号低域成分算出回路5
と、入力する色信号Rの高域成分又は輝度信号Yの高域
成分を抽出する高域成分抽出回路8と、前記色差信号低
域成分を前記輝度信号低域成分で除算する除算回路7
と、除算回路7の出力信号と前記高域成分を乗算して前
記色信号の補正信号として出力する乗算回路9と、乗算
回路9から出力される補正信号と前記入力される色信号
Rを加算する加算回路11とを備えた。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、テレビジョン受像
機などにおける映像信号処理装置に係り、特に色差信号
の帯域を拡大することにより色解像度を向上させること
のできる映像信号処理装置に関する。 【0002】 【従来の技術】現在のテレビジョン放送は、TVカメラ
から出力された原色信号(R,G,B信号)を輝度信号
(Y信号)と色差信号(R−Y,B−Y信号など)に変
換し、その色差信号については帯域制限を行った後に色
副搬送波を変調して、輝度信号に多重して伝送してい
る。これは、色差信号の高域成分に対して人間の視覚特
性の感度が低いということを利用している。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】したがって、テレビジ
ョン受像機において、伝送された映像信号を復調して表
示した場合には、輝度信号に比較して色差信号の帯域が
狭いことにより、色解像度が悪く、色変化のある境界で
色にじみなどが生じてしまう問題点がある。 【0004】そこで、本発明は、上記した問題点に鑑み
てなされたもので、その課題は、色信号中の色差信号の
寄与分の帯域を拡大することにより、色解像度を向上さ
せることのできる映像信号処理装置を提供することにあ
る。 【0005】 【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
めに、請求項1に記載の発明は、入力する輝度信号の低
域成分を算出する輝度信号低域成分算出回路と、入力す
る色差信号の低域成分を算出する色差信号低域成分算出
回路と、入力する色信号の高域成分又は前記輝度信号の
高域成分を抽出する高域成分抽出回路と、前記色差信号
低域成分を前記輝度信号低域成分で除算する除算回路
と、前記除算回路の出力信号と前記高域成分を乗算して
前記色信号の補正信号として出力する乗算回路と、前記
乗算回路から出力される補正信号と前記入力される色信
号を加算する加算回路と、を備えたことを特徴とする。 【0006】この構成により、請求項1に記載の発明で
は、帯域制限前の色差信号の高域成分と輝度信号の高域
成分の比率が、帯域制限後の色差信号の低域成分と輝度
信号の低域成分の比率で推測することができ、この比率
を帯域制限された色信号高域成分に対する乗算係数とし
て用い、色信号の高域成分の補正値を得ることができ
る。したがって、色信号中の色差信号の寄与分の帯域を
拡大することにより、色解像度を向上させることができ
る。 【0007】上記の課題を解決するために、請求項2に
記載の発明は、請求項1に記載の映像信号処理装置にお
いて、前記乗算回路から出力される補正信号をゲイン調
整するゲイン調整回路を設けたことを特徴とする。 【0008】この構成により、請求項2に記載の発明で
は、色信号の補正信号をゲイン調整するゲイン調整回路
を設けたことにより、乗算回路から加算回路に出力され
る補正信号のゲインを容易に調整することができる。 【0009】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
に基づいて説明する。 【0010】図1は本発明に係る映像信号処理装置の一
実施の形態を示すブロック図、図2は図1の各フィルタ
のゲインを示す波形図、図3は図1のクリップ回路の出
力波形図である。なお、以下に説明する本実施の形態で
は、帯域制限後の色信号をR,G,B信号とし、かつ帯
域制限前の色信号をR´,G´,B´信号とし、図1で
は帯域制限後の色信号R、帯域制限前の色信号R´につ
いて説明する。 【0011】図1に示すように、本実施の形態の映像信
号処理装置は、色信号Rが輝度信号Yと加算されて色差
信号R−Yに変換するための減算回路1を有し、輝度信
号Yは直接輝度信号低域成分算出回路としてのバンドパ
スフィルタ(以下、BPFという。)2に入力し、この
BPF2は図2に示すように入力する輝度信号Yの低域
成分を算出してYBPF信号を出力し、このYBPF信号は絶
対値回路3に入力して絶対値信号である|YBPF|信号
を出力する。 【0012】この|YBPF|信号はクリップ回路4に入
力し、このクリップ回路4では図3に示すように絶対値
信号の値が小さくなり過ぎないように所定値以下では一
定値にクリップして|YBPF|´信号を出力する。 【0013】一方、加算回路1にて変換された色差信号
R−Yは、色差信号低域成分算出回路としてのBPF5
に入力し、このBPF5は、BPF2と同様に図2に示
すBPF特性を有し、入力する色差信号R−Yの低域成
分を算出して(R−Y)BPF信号を出力し、この(R−
Y)BPF信号は絶対値回路6に入力して絶対値信号であ
る|RBPF−YBPF|信号を出力する。 【0014】そして、上記したクリップ回路4から出力
された輝度信号低域成分である|Y BPF|´信号と、絶
対値回路6から出力された色差信号低域成分である|R
BPF−YBPF|信号は、除算回路7に入力し、この除算回
路7では|RBPF−YBPF|信号を|YBPF|´で除算し
た|RBPF−YBPF|/|YBPF|´信号を出力する。 【0015】また、TVカメラから出力された色信号R
は、直接色信号高域成分抽出回路としてのハイパスフィ
ルタ(以下、HPFという。)8に入力し、このHPF
8は図2に示すように入力する色信号Rの高域成分を抽
出してRHPF信号を出力する。 【0016】このRHPF信号と上記した除算回路7の出
力信号である|RBPF−YBPF|/|YBPF|´信号は乗
算回路9に入力し、この乗算回路9では|RBPF−YBPF
|/|YBPF|´信号にRHPF信号を乗算して色信号Rの
補正信号|RBPF−YBPF|×RHPF/|YBPF|´とし、
この補正信号|RBPF−YBPF|×RHPF/|YBPF|´を
ゲイン調整回路10に入力させる。 【0017】ゲイン調整回路10では、乗算回路9から
出力される補正信号|RBPF−YBPF|×RHPF/|YBPF
|´をゲイン調整用の信号に基づいてゲイン調整し、こ
のゲイン調整された補正信号を加算回路11に入力させ
る一方、TVカメラから出力された色信号Rを加算回路
11に入力させ、この加算回路11では上記ゲイン調整
された補正信号と色信号Rを加算する。これにより、帯
域制限前の色信号R´を推測することができる。なお、
帯域制限前の色信号G´,B´も色信号R´と同様に推
測することが可能となる。 【0018】次に、本実施の形態における映像信号処理
装置の原理を説明する。 【0019】上記のように帯域制限後の色信号R(G,
B)、帯域制限前の色信号R´(G´,B´)とする
と、低域では、RBPF=R´BPF、高域では、RHPF=Y
´HPF。 【0020】 【数1】 ここで、 【0021】 【数2】 Y´HPF:R´HPF≒Y´BPF:R´BPF=YBPF:RBPF とすると、すなわち元の色信号R´,G´,B´の比率
が低域から高域まで一定とすると、 【0022】 【数3】 R´≒R+(RBPF−YBPF)×RHPF/YBPF (1) 同様に 【0023】 【数4】 G´≒G+(GBPF−YBPF)×GHPF/YBPF (2) 【0024】 【数5】 B´≒B+(BBPF−YBPF)×BHPF/YBPF (3) となって帯域制限前の色信号R´,G´,B´を推測す
ることができる。 【0025】すなわち、R´:G´:B´の比率が周波
数帯域によらず一定ならR´:Y´の比率も周波数帯域
によらず一定である。従って、図4に示すように 【0026】 【数6】(R´BPF−Y´BPF):Y´BPF=(R´HPF
Y´HPF):Y´HPF と仮定した場合にR´BPF=RBPF、Y´BPF=YBPF、Y
´HPF=YHPF=RHPFの関係を用いて上式を書き換える
と 【0027】 【数7】(RBPF−YBPF):YBPF=(R´HPF
HPF):RHPF となってRの高域補正成分(R´HPF−RHPF)がYと帯
域制限後のRのみから求められる。 【0028】以上のようにして帯域制限前の色差信号R
´の高域成分と輝度信号の高域成分の比率が、帯域制限
後の色差信号Rの低域成分と輝度信号の低域成分の比率
で推測することができ、この比率を帯域制限された色信
号高域成分に対する乗算係数として用い、色信号の高域
成分の補正値を得ることができる。 【0029】なお、図1は式(1)を回路構成とし、処
理の都合上 【0030】 【数8】(RBPF−YBPF)/YBPF=|RBPF−YBPF
/|YBPF| としている。そして、図1におけるクリップ回路4で
は、上式において分母となる|YBPF|の値が小さくな
り過ぎないように所定値以下では一定値にクリップして
いる。 【0031】このようにして本実施の形態によれば、色
信号中の色差信号の寄与分の帯域を拡大することによ
り、色解像度を向上させることのできる。また、色信号
の補正信号をゲイン調整するゲイン調整回路10を設け
たことにより、乗算回路9から加算回路11に出力され
る補正信号のゲインを容易に調整することができる。 【0032】ところで、上記の例では、色信号RをHP
F8に入力して高域成分RHPFを抽出する例を示した
が、YHPF=RHPF=GHPF=BHPFなので、HPF8によ
り抽出するのは、輝度信号Yの高域成分RHPF、色信号
Gの高域成分GHPF、色信号Bの高域成分BHPFの内のい
ずれかを抽出するようにしてもよい。 【0033】また、色信号高域成分の補正値が過大とな
るのを防止するために、除算回路7の出力に対して固定
値の上限リミットをかけるようにしてもよい。 【0034】なお、上記の例においてBPF2,5で抽
出される低域成分は、直流を除いた低域成分を意味して
いる。 【0035】 【発明の効果】以上説明したように、請求項1に記載の
発明によれば、色信号中の色差信号の寄与分の帯域を拡
大することにより、色解像度を向上させ、色変化のある
境界で色にじみなどの不具合を未然に防止することがで
きる。 【0036】請求項2に記載の発明によれば、請求項1
に記載の発明の効果に加えて、色信号の補正信号を容易
に調整することができる。

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明に係る映像信号処理装置の一実施の形態
を示すブロック図である。 【図2】図1の各フィルタのゲインを示す波形図であ
る。 【図3】図1のクリップ回路の出力波形図である。 【図4】本実施の形態における映像信号処理装置の原理
を示す説明図である。 【符号の説明】 1…減算回路 2…BPF(輝度信号低域成分算出回路) 3…絶対値回路 4…クリップ回路 5…BPF(色差信号低域成分算出回路) 6…絶対値回路 7…除算回路 8…HPF(色信号高域成分抽出回路) 9…乗算回路 10…ゲイン調整回路 11…加算回路

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 奥道 賢司 山梨県中巨摩郡田富町西花輪2680番地 静 岡パイオニア株式会社甲府事業所内 Fターム(参考) 5C066 AA03 BA00 CA06 CA09 EC11 GA02 GA05 GB01 JA01 KD08 KE02 KE03

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 入力する輝度信号の低域成分を算出する
    輝度信号低域成分算出回路と、 入力する色差信号の低域成分を算出する色差信号低域成
    分算出回路と、 入力する色信号の高域成分又は前記輝度信号の高域成分
    を抽出する高域成分抽出回路と、 前記色差信号低域成分を前記輝度信号低域成分で除算す
    る除算回路と、 前記除算回路の出力信号と前記高域成分を乗算して前記
    色信号の補正信号として出力する乗算回路と、 前記乗算回路から出力される補正信号と前記入力される
    色信号を加算する加算回路と、 を備えたことを特徴とする映像信号処理装置。 【請求項2】 請求項1に記載の映像信号処理装置にお
    いて、 前記乗算回路から出力される補正信号をゲイン調整する
    ゲイン調整回路を設けたことを特徴とする映像信号処理
    装置。
JP2002033930A 2002-02-12 2002-02-12 映像信号処理装置 Pending JP2003235056A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002033930A JP2003235056A (ja) 2002-02-12 2002-02-12 映像信号処理装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002033930A JP2003235056A (ja) 2002-02-12 2002-02-12 映像信号処理装置
US10/350,135 US20030151693A1 (en) 2002-02-12 2003-01-24 Video signal processor processing color signals whose bands are limited

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003235056A true JP2003235056A (ja) 2003-08-22

Family

ID=27654902

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002033930A Pending JP2003235056A (ja) 2002-02-12 2002-02-12 映像信号処理装置

Country Status (2)

Country Link
US (1) US20030151693A1 (ja)
JP (1) JP2003235056A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007532999A (ja) * 2004-04-09 2007-11-15 クレアボワイヤント,インコーポレーテッド 高輝度サブピクセルレイアウトのための改良されたサブピクセルレンダリングフィルタ
KR100839916B1 (ko) 2006-12-14 2008-06-20 연세대학교 산학협력단 휘도-색도간 상관관계를 고려한 컬러 번짐 제거 장치 및 방법
JP2017228898A (ja) * 2016-06-21 2017-12-28 キヤノン株式会社 画像処理装置及び画像処理方法、コンピュータプログラム

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3880553B2 (ja) 2003-07-31 2007-02-14 キヤノン株式会社 画像処理方法および装置
US20100151473A1 (en) * 2008-12-10 2010-06-17 Yeakley Joanne M Methods and compositions for hybridizing nucleic acids

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4400721A (en) * 1981-07-13 1983-08-23 Albert Macovski Transition system for color television receivers
US5077603A (en) * 1990-06-22 1991-12-31 Albert Macovski Bandwidth extending system for color difference signals

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007532999A (ja) * 2004-04-09 2007-11-15 クレアボワイヤント,インコーポレーテッド 高輝度サブピクセルレイアウトのための改良されたサブピクセルレンダリングフィルタ
US8390646B2 (en) 2004-04-09 2013-03-05 Samsung Display Co., Ltd. Subpixel rendering filters for high brightness subpixel layouts
KR100839916B1 (ko) 2006-12-14 2008-06-20 연세대학교 산학협력단 휘도-색도간 상관관계를 고려한 컬러 번짐 제거 장치 및 방법
JP2017228898A (ja) * 2016-06-21 2017-12-28 キヤノン株式会社 画像処理装置及び画像処理方法、コンピュータプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
US20030151693A1 (en) 2003-08-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7995855B2 (en) Image processing method and apparatus
US20100310189A1 (en) Image processing device and method, program recording medium
CN1128540C (zh) 动态范围扩展的成像装置、摄像机及其方法
US5621480A (en) Image quality correction circuit and method based on color density
JP3634730B2 (ja) 色調補正回路および色相補正回路
JP2544982B2 (ja) 映像信号用デコ―ダ
EP0647069A1 (en) Adaptive video signal compression
CN1120634C (zh) 亮度信号与色度信号分离装置
US6028646A (en) Color image enhancement device for video display appliance
JP3153147B2 (ja) 撮像装置
US20030151684A1 (en) Contour-emphasizing circuit
JPH0944654A (ja) 画像処理装置、画像処理方法、ノイズ除去装置及びノイズ除去方法
CN1137574C (zh) 对视频图像的对比度进行动态改进所用的方法及设备
CN1049766A (zh) 包括自动对比度处理部分和“白展宽”处理部分的动态视频系统
EP1237360A1 (en) Contour correction device
JP2005217574A (ja) 映像信号処理装置及び方法
JP3999270B2 (ja) 鮮鋭度制御
JP3201449B2 (ja) 電子ディスプレイの映像表示処理方法およびその装置
US5097321A (en) Three dimensional adaptive decoding system and method
JP2000075852A (ja) 画像のディテ―ルを維持する方法
CN100530245C (zh) 从二维图像产生三维图像的装置及其方法
US9911181B2 (en) Method for inverse tone mapping of an image
US6078357A (en) Image mixing circuit
US4630101A (en) Chromakey signal producing apparatus
CN1217551C (zh) 用饱和控制来调整色饱和的方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20050117

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070302

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070313

A02 Decision of refusal

Effective date: 20070717

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02