JP2003222146A - シール付きアンギュラ玉軸受 - Google Patents

シール付きアンギュラ玉軸受

Info

Publication number
JP2003222146A
JP2003222146A JP2002024371A JP2002024371A JP2003222146A JP 2003222146 A JP2003222146 A JP 2003222146A JP 2002024371 A JP2002024371 A JP 2002024371A JP 2002024371 A JP2002024371 A JP 2002024371A JP 2003222146 A JP2003222146 A JP 2003222146A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seal
bearing
ball bearing
ring
angular contact
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002024371A
Other languages
English (en)
Inventor
Tsuyoshi Inaba
Yasushi Morita
Shinji Nishihata
康司 森田
堅 稲葉
伸司 西端
Original Assignee
Nsk Ltd
日本精工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nsk Ltd, 日本精工株式会社 filed Critical Nsk Ltd
Priority to JP2002024371A priority Critical patent/JP2003222146A/ja
Publication of JP2003222146A publication Critical patent/JP2003222146A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C35/00Rigid support of bearing units; Housings, e.g. caps, covers
    • F16C35/04Rigid support of bearing units; Housings, e.g. caps, covers in the case of ball or roller bearings
    • F16C35/06Mounting or dismounting of ball or roller bearings; Fixing them onto shaft or in housing
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/16Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with a single row of balls
    • F16C19/163Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with a single row of balls with angular contact
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7816Details of the sealing or parts thereof, e.g. geometry, material
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/008Identification means, e.g. markings, RFID-tags; Data transfer means
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • F16C33/7873Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a single sealing ring of generally L-shaped cross-section

Abstract

(57)【要約】 【課題】 軸受の正面側と背面側を容易且つ確実に判別
して組み付け方向の間違いを防止すると共に、組付作業
の効率の向上を図ることができる良好なシール付きアン
ギュラ玉軸受を提供する。 【解決手段】 シール付きアンギュラ玉軸受10は、カウ
ンターボアが内周面に形成された外輪12と内輪13との間
に複数の玉が周方向に転動可能に介装されている。外輪
12の内周面における軸線方向両端部には、軸受の両端開
口部を覆って外部からの異物の侵入防止や、グリース漏
れを防止するためのシール16a,16bが、それぞれ装着さ
れている。軸受の正面側のシール16aには、正面側を意
味する「FRONT」という文字17が、刻印等により表
示されている。軸受の背面側のシール16bには、背面側
を意味する「BACK」という文字18が、刻印等により
表示されている。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、軸線方向の両端開
口部にシールが装着されたシール付きアンギュラ玉軸受
に関する。 【0002】 【従来の技術】接触角を有するアンギュラ玉軸受は、軸
線方向の荷重を一方向にしか受けることができないた
め、通常は2個を対向させて使用するか2個以上を組み
合わせた軸受として用いられるが、取付けの際に方向を
間違えると、玉が軌道輪側のかかり代に乗り上げて異常
な音や振動、発熱を起こして破損することもあり、特
に、工作機械に用いられる場合には、振動や発熱が加工
精度を大きく低下させてしまうので大きな問題となる。 【0003】従来のアンギュラ玉軸受は、軸線方向の両
端開口部にシールがついていない開放型のものであった
ため、軸受内部の形状が見えて正面組合せや背面組合せ
等で組み付ける際にも軸受の方向が容易に判別でき、上
述した組み付け方向の間違いによる問題も殆ど発生する
ことはなかった。しかしながら、開放型のアンギュラ玉
軸受では、外部から塵やゴミなどの異物が侵入し易く、
それにより軌道面に圧痕がつき、異常発熱や焼き付きが
発生したり、軸受内のグリースが外部へ排出されること
による潤滑不良を生じるという問題があった。 【0004】そこで、最近では軸受の軸線方向の両端開
口部にシールを装着して外部からの異物の侵入防止や、
グリース漏れを防止できるようにしたシール付アンギュ
ラ玉軸受が用いられている。ところが、アンギュラ玉軸
受にシールを取付けてしまうと、軸受内部の形状が見え
なくなり、軸受の外観だけでは正面、背面の区別をする
ことができない。 【0005】このような事情から、従来のシール付きア
ンギュラ玉軸受においては、例えば実開平7−2533
4号公報等に開示されている「シール付転がり軸受」の
ように、内外輪の一端面にマークや凹凸を形成したり、
左右のシールの色や刻印、材質等を変える事により、軸
受の正面側と背面側との間に差異を設けて、軸受の方向
性を識別し、これにより上述した組み付け方向の間違い
を回避する方法が考えられる。 【0006】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述し
た如き従来のシール付きアンギュラ玉軸受では、内外輪
の一端面に設けたマークの有無や、左右のシールの違い
等で軸受の方向性を識別するので、個々の作業者が事前
に説明書等でどちらが軸受の正面側か背面側かを知る必
要があり、組付作業の効率が良くない。しかも、どちら
が軸受の正面側か背面側かを確実に覚えておかなければ
ならない為、作業者の負担が大きいという問題があっ
た。 【0007】従って、本発明の目的は上記課題を解消す
ることに係り、軸受の正面側と背面側を容易且つ確実に
判別して組み付け方向の間違いを防止すると共に、組付
作業の効率の向上を図ることができる良好なシール付き
アンギュラ玉軸受を提供することである。 【0008】 【課題を解決するための手段】本発明の上記目的は、外
輪と内輪との間に複数の玉が周方向に転動可能に介装さ
れると共に、軸線方向の両端開口部にシールが装着され
たシール付きアンギュラ玉軸受において、軸線方向の少
なくとも一端面には、軸受の正面側又は背面側を意味す
る文字が表示されていることを特徴とするシール付きア
ンギュラ玉軸受により達成される。 【0009】上記構成によれば、シール付きアンギュラ
玉軸受における軸線方向の少なくとも一端面に、軸受の
正面側又は背面側を意味する文字を表示しているので、
軸受の正面側と背面側を説明書等に頼ることなく見るだ
けで容易且つ確実に判別することができる。そこで、軸
受の組み付け方向の間違いを防止すると共に、組付作業
の効率の向上を図ることができる。尚、好ましくは前記
文字が、前記外輪又は前記内輪の少なくとも一方や、前
記シールに表示される。 【0010】 【発明の実施の形態】以下、添付図面に基づいて本発明
の一実施形態に係るシール付きアンギュラ玉軸受を詳細
に説明する。図1は本発明の第1実施形態に係るシール
付きアンギュラ玉軸受の正面図及び背面図であり、図2
は図1に示したシール付きアンギュラ玉軸受の要部断面
図である。 【0011】図1及び図2に示したように、本第1実施
形態に係るシール付きアンギュラ玉軸受10は、カウン
ターボア11が内周面に形成された外輪12と内輪13
との間に複数の玉14が保持器15を介して周方向に転
動可能に介装されており、これら玉14と外輪12及び
内輪13の各軌道面とは、所定の接触角をもって接触す
るようになっている。 【0012】前記外輪12の内周面における軸線方向両
端部には、軸受の両端開口部を覆って外部からの異物の
侵入防止や、グリース漏れを防止するためのシール16
a,16bが、それぞれ装着されている。これらシール
16a,16bは、接触ゴムシール或いは非接触ゴムシ
ールでも、金属製のシールドでも良い。ここで、前記シ
ール付きアンギュラ玉軸受10は、図1における右側面
が軸受の正面であり、左側面が背面である。 【0013】そして、前記シール付きアンギュラ玉軸受
10の正面側のシール16aには、図1(a)に示した
ように、正面側を意味する「FRONT」という文字1
7が、刻印等により表示されている。又、前記シール付
きアンギュラ玉軸受10の背面側のシール16bには、
図1(b)に示したように、背面側を意味する「BAC
K」という文字18が、刻印等により表示されている。 【0014】即ち、本第1実施形態に係るシール付きア
ンギュラ玉軸受10によれば、該シール付きアンギュラ
玉軸受10における軸線方向の一端面である正面側のシ
ール16aには、軸受の正面側を意味する「FRON
T」という文字17が表示してあり、他端面である背面
側のシール16bには、軸受の背面側を意味する「BA
CK」という文字18が表示してあるので、作業者は軸
受の正面側と背面側を説明書等に頼ることなく見るだけ
で容易且つ確実に判別することができる。 【0015】そこで、複数個のシール付きアンギュラ玉
軸受10を正面組合せや背面組合せ等に組み合わせて組
み付ける際には、各軸受の組み付け方向を間違えること
なく迅速且つ正確に組付作業を行うことができる。従っ
て、前記シール付きアンギュラ玉軸受10は、軸線方向
の両端開口部に装着したシール16a,16bにより外
部からの異物の侵入防止や、グリース漏れを防止できる
と共に、組み付け方向の間違いによる軸受の破損を回避
でき、組付作業効率の向上を図ることもできる。 【0016】図3は本発明の第2実施形態に係るシール
付きアンギュラ玉軸受の正面図及び背面図であり、図4
は図3に示したシール付きアンギュラ玉軸受の要部断面
図である。図3及び図4に示したように、本第2実施形
態に係るシール付きアンギュラ玉軸受20は、カウンタ
ーボア21が外周面に形成された内輪23と外輪22と
の間に複数の玉14が保持器25を介して周方向に転動
可能に介装されており、これら玉14と外輪22及び内
輪23の各軌道面とは、所定の接触角をもって接触する
ようになっている。 【0017】前記外輪22の内周面における軸線方向両
端部には、軸受の両端開口部を覆って外部からの異物の
侵入防止や、グリース漏れを防止するためのシール26
a,26bが、それぞれ装着されている。これらシール
26a,26bは、接触ゴムシール或いは非接触ゴムシ
ールでも、金属製のシールドでも良い。ここで、前記シ
ール付きアンギュラ玉軸受20は、図4における右側面
が軸受の正面であり、左側面が背面である。 【0018】そこで、前記シール付きアンギュラ玉軸受
20の正面側のシール26aには、図3(a)に示した
ように、正面側を意味する「正面」という文字27が、
刻印等により表示されている。又、前記シール付きアン
ギュラ玉軸受20の背面側のシール26bには、図3
(b)に示したように、背面側を意味する「背面」とい
う文字28が、刻印等により表示されている。 【0019】即ち、本第2実施形態に係るシール付きア
ンギュラ玉軸受20によれば、該シール付アンギュラ玉
軸受20における軸線方向の一端面である正面側のシー
ル26aには、軸受の正面側を意味する「正面」という
文字27が表示してあり、他端面である背面側のシール
26bには、軸受の背面側を意味する「背面」という文
字28が表示してあるので、作業者は軸受の正面側と背
面側を説明書等に頼ることなく見るだけで容易且つ確実
に判別することができる。 【0020】従って、前記シール付きアンギュラ玉軸受
20によっても、上記第1実施形態のシール付きアンギ
ュラ玉軸受10と同様に、軸線方向の両端開口部に装着
したシール26a,26bにより外部からの異物の侵入
防止や、グリース漏れを防止できると共に、組み付け方
向の間違いによる軸受の破損を回避でき、組付作業効率
の向上を図ることができる。 【0021】更に、図1及び図2に図示したシール付き
アンギュラ玉軸受10と、図3及び図4に図示したシー
ル付きアンギュラ玉軸受20とを見比べると明らかなよ
うに、前記シール付きアンギュラ玉軸受10における正
面側のシール16aは、背面側のシール16bよりも外
観上の周方向幅が広くなっている。これに対し、前記シ
ール付きアンギュラ玉軸受20における正面側のシール
26aは、背面側のシール26bよりも外観上の周方向
幅が狭くなっている。 【0022】そこで、これらシール付きアンギュラ玉軸
受10とシール付きアンギュラ玉軸受20とは、正面側
又は背面側におけるシールの外観上の周方向幅が逆にな
っており、上述した如き文字17,18や文字27,3
8の表示が無い場合には、これらシール付きアンギュラ
玉軸受10及びシール付きアンギュラ玉軸受20の外観
だけでは正面、背面の区別をすることが困難である。 【0023】尚、本発明のシール付きアンギュラ玉軸受
における内外輪、シール及び文字等の構成は、上記各実
施形態の構成に限定されるものではなく、本発明の趣旨
に基づいて種々の形態を採りうることは言うまでもな
い。例えば、上記各実施形態では、シール16a,16
b(26a,26b)を同一の材質で形成した場合を例
示したが、シールの材質や色を異ならせて、軸受の正
面、背面の判別をより容易に出来るようにしてもよい。 【0024】又、上記各実施形態では、各シール16
a,16b(26a,26b)に表示された文字17,
18(27,28)が、「FRONT」や「正面」等の
英語や日本語であるが、本発明はこれに限定されるもの
ではなく、軸受の正面側又は背面側を意味する文字であ
れば、「表」や「オモテ」等の他の文字でも良く、ドイ
ツ語やその他の国の言語で表示してもよい。 【0025】更に、上記各実施形態では、文字17,1
8(27,28)を刻印により表示した場合を例に採っ
たが、刻印の他に、塗布やスタンプ等により表示するよ
うにしてもよい。また、上記各実施形態では、各シール
16a,16b(26a,26b)に、文字17,18
(27,28)を表示した場合を例に採ったが、これに
代えて、文字17,18(27,28)を外輪12(2
2)又は内輪13(23)の端面に表示するようにして
もよい。 【0026】 【発明の効果】上述した本発明のシール付きアンギュラ
玉軸受によれば、シール付きアンギュラ玉軸受における
軸線方向の少なくとも一端面に、軸受の正面側又は背面
側を意味する文字を表示しているので、軸受の正面側と
背面側を説明書等に頼ることなく見るだけで容易且つ確
実に判別することができる。そこで、軸受の組み付け方
向の間違いを防止すると共に、組付作業の効率の向上を
図ることができる。

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の第1実施形態に係るシール付きアンギ
ュラ玉軸受の正面図及び背面図である。 【図2】図1に示したシール付きアンギュラ玉軸受の要
部断面図である。 【図3】本発明の第2実施形態に係るシール付きアンギ
ュラ玉軸受の正面図及び背面図である。 【図4】図3に示したシール付きアンギュラ玉軸受の要
部断面図である。 【符号の説明】 10 シール付きアンギュラ玉軸受 12 外輪 13 内輪 14 玉 16a,16b シール 17 文字 18 文字

フロントページの続き (72)発明者 西端 伸司 神奈川県藤沢市鵠沼神明一丁目5番50号 日本精工株式会社内 Fターム(参考) 3J016 AA01 BB01 CA01

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 外輪と内輪との間に複数の玉が周方向に
    転動可能に介装されると共に、軸線方向の両端開口部に
    シールが装着されたシール付きアンギュラ玉軸受におい
    て、 軸線方向の少なくとも一端面には、軸受の正面側又は背
    面側を意味する文字が表示されていることを特徴とする
    シール付きアンギュラ玉軸受。
JP2002024371A 2002-01-31 2002-01-31 シール付きアンギュラ玉軸受 Pending JP2003222146A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002024371A JP2003222146A (ja) 2002-01-31 2002-01-31 シール付きアンギュラ玉軸受

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002024371A JP2003222146A (ja) 2002-01-31 2002-01-31 シール付きアンギュラ玉軸受

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003222146A true JP2003222146A (ja) 2003-08-08

Family

ID=27746840

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002024371A Pending JP2003222146A (ja) 2002-01-31 2002-01-31 シール付きアンギュラ玉軸受

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003222146A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005257036A (ja) * 2004-03-15 2005-09-22 Nippon Thompson Co Ltd 給油プラグ及び給油プラグ付きスタッド形トラックローラ
WO2006057252A1 (ja) * 2004-11-26 2006-06-01 Jtekt Corporation 車輪用転がり軸受装置及びその製造方法並びに軸受部材の旋削装置
JP2006153087A (ja) * 2004-11-26 2006-06-15 Jtekt Corp 転がり軸受装置及びその製造方法
WO2008116440A3 (de) * 2007-03-23 2009-04-02 Schaeffler Kg Lager mit einem abdeckkörper
EP2581616A4 (en) * 2010-06-09 2017-06-28 NTN Corporation Ring member for rolling bearing raceway ring and rolling bearing

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005257036A (ja) * 2004-03-15 2005-09-22 Nippon Thompson Co Ltd 給油プラグ及び給油プラグ付きスタッド形トラックローラ
WO2006057252A1 (ja) * 2004-11-26 2006-06-01 Jtekt Corporation 車輪用転がり軸受装置及びその製造方法並びに軸受部材の旋削装置
JP2006153087A (ja) * 2004-11-26 2006-06-15 Jtekt Corp 転がり軸受装置及びその製造方法
US7886441B2 (en) 2004-11-26 2011-02-15 Jtekt Corporation Method of manufacturing a rolling bearing device having identification information
JP4678174B2 (ja) * 2004-11-26 2011-04-27 株式会社ジェイテクト 転がり軸受装置の製造方法
US8534923B2 (en) 2004-11-26 2013-09-17 Jtekt Corporation Rolling bearing device for a road-wheel, a method of manufacturing the same and a turning apparatus for a bearing member
WO2008116440A3 (de) * 2007-03-23 2009-04-02 Schaeffler Kg Lager mit einem abdeckkörper
EP2581616A4 (en) * 2010-06-09 2017-06-28 NTN Corporation Ring member for rolling bearing raceway ring and rolling bearing

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8342535B2 (en) Non-contact labyrinth seal assembly and method of construction thereof
EP0248572B1 (en) A bearing
JP3827950B2 (ja) 軸封止装置
EP0897486B1 (en) Sealing device for bearing arrangements and arrangement for sealing of a bearing device
US5242229A (en) Sealing structure for standardized bearing ring
KR101303587B1 (ko) 밀봉형 구름 베어링
EP1436152B1 (en) Rotation-support apparatus with rotation sensor device for drive-wheel
US8721186B2 (en) Bearing assembly with a protective cover for an encoder
US7380797B2 (en) Wheel support bearing assembly
US4699526A (en) Sealing device for bearings
EP0519654A2 (en) Bearing seals
EP0088517A2 (en) Rolling bearing assemblies fitted with seals
US7534047B2 (en) Journal bearing backing ring
JP4139462B2 (ja) 圧延機の作業ロールのための密封四列円錐ころ軸受
EP0450793A2 (en) Bearing assembly for a shaft journal
EP0894990B1 (en) Double seal bearing
JP2005061616A (ja) 車輪用軸受装置
US4799808A (en) Compact seal
US4516783A (en) Seal assembly with radially overlapping seal means
MX165792B (es) BEARING ASSEMBLIES WITH SOLID LUBRICANT
EP1620656B1 (en) Universal joint with integral seal deflector and retainer assembly
KR20040070071A (ko) 네크 시일
EP1471276A2 (en) Universal joint with venting seal assembly
US4755067A (en) Seal for spherical rolling bearings
CN1075903A (zh) 主要用于轧机机架工作轧辊上的密封式四列锥柱轴承

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040726

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20060324

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070221

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070413

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071017