JP2003201634A - 先染糸およびその製造方法 - Google Patents

先染糸およびその製造方法

Info

Publication number
JP2003201634A
JP2003201634A JP2002302046A JP2002302046A JP2003201634A JP 2003201634 A JP2003201634 A JP 2003201634A JP 2002302046 A JP2002302046 A JP 2002302046A JP 2002302046 A JP2002302046 A JP 2002302046A JP 2003201634 A JP2003201634 A JP 2003201634A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
yarn
crimp
dyed
fiber
rate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002302046A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Yamazaki
博 山崎
Masataka Ikeda
昌孝 池田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Asahi Kasei Corp
Original Assignee
Asahi Kasei Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2001-331310 priority Critical
Priority to JP2001331310 priority
Application filed by Asahi Kasei Corp filed Critical Asahi Kasei Corp
Priority to JP2002302046A priority patent/JP2003201634A/ja
Publication of JP2003201634A publication Critical patent/JP2003201634A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 高捲縮で弾性回復率に優れ、織編物に用いる
と優れたストレッチ性を有し、風合いがソフトとなる先
染糸およびその製造方法を提供する。 【解決手段】 少なくとも1成分がポリトリメチレンテ
レフタレ−トからなる潜在捲縮発現性ポリエステル繊維
で構成され、かつ、染色されている糸条であって、該糸
条は、10%伸長時の弾性回復率が60%以上、捲縮伸
長率が30%以上、捲縮顕在化率が60%以上である先
染糸である。この先染め糸は、複合ポリエステル繊維で
構成された糸条からなるチ−ズを染色して先染糸を製造
するに際し、撚糸、弛緩熱処理およびチ−ズワインドを
連続的に行って捲縮を顕在化させたチ−ズを作成するこ
とにより製造される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、少なくとも1成分
がポリトリメチレンテレフタレ−トからなる潜在捲縮発
現性複合ポリエステル繊維で構成された先染糸およびこ
の先染糸を製造する方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】ポリトリメチレンテレフタレ−ト繊維
は、ナイロン繊維の持つ柔軟性とポリエステル繊維の持
つ機械的物性を併せもち、ストレッチ性(伸び易さと伸
びた後の回復のし易さ)に優れた特徴を有する繊維であ
り、主に、衣料用途分野に用いられている。特に、仮撚
加工等によって捲縮を付与したポリトリメチレンテレフ
タレ−ト繊維を用いた織編物に染色を施すと、ストレッ
チ性に優れた織編物が得られる。特許文献1には、ポリ
トリメチレンテレフタレ−ト繊維の染色に関する技術が
開示されているが、先染に関する記載は全くされていな
い。一方、高級化や、複雑な配色というファッション性
の面から、糸条を染色した後に織編物にする、いわゆる
先染織編物においても、ポリトリメチレンテレフタレ−
ト繊維の捲縮糸が持つ、優れたストレッチ性および膨ら
み感を発揮させたいという要望が高まってきている。
【0003】しかしながら、従来、仮撚加工等によって
捲縮を付与したポリトリメチレンテレフタレ−ト繊維の
チ−ズ先染糸は、捲縮伸長率が十分とはいえず、先染糸
を用いた織編物は、反染め織編物に比べるとストレッチ
性が劣るため、ストレッチ性に優れた織編物が得られる
先染糸は見出されていない。
【0004】
【特許文献1】特表平9−509225
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、高捲
縮で弾性回復率に優れ、織編物に用いると優れたストレ
ッチ性を付与し、風合いがソフトになる先染糸およびそ
の製造方法を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明者らは、上記の課
題を解決するために鋭意検討した結果、本発明を完成さ
せるに至った。すなわち、本発明は、以下の通りであ
る。 (1) 少なくとも1成分がポリトリメチレンテレフタ
レ−トからなる潜在捲縮発現性ポリエステル繊維で構成
され、かつ、染色されている糸条であって、該糸条は、
10%伸長時の弾性回復率が60%以上、捲縮伸長率が
30%以上、捲縮顕在化率が60%以上であることを特
徴とする先染糸。 (2) 染色前の潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維
が下記(a)〜(c)を満足することを特徴とする
(2)に記載の先染糸。 (a)初期引張抵抗度が10〜30cN/dtex (b)顕在捲縮の伸縮伸長率が10〜100%、かつ、
顕在捲縮の伸縮弾性率が80〜10 0% (c)100℃での熱収縮応力が0.1〜0.5cN/
dtex
【0007】(3) 少なくとも1成分がポリトリメチ
レンテレフタレ−トからなる潜在捲縮発現性複合ポリエ
ステル繊維で構成された糸条からチ−ズを作成し、これ
を染色して先染糸を製造するに際し、撚糸、弛緩熱処理
およびチ−ズワインドを連続的に行って捲縮を顕在化さ
せたチ−ズを作成することを特徴とする(1)に記載の
先染糸の製造方法。 (4) 潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維が下記
(a)〜(c)を満足することを特徴とする(3)に記
載の先染糸の製造方法。 (a)初期引張抵抗度が10〜30cN/dtex (b)顕在捲縮の伸縮伸長率が10〜100%、かつ、
顕在捲縮の伸縮弾性率が80〜10 0% (c)100℃における熱収縮応力が0.1〜0.5c
N/dtex
【0008】以下、本発明を詳細に説明する。本発明
は、潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維であって、少
なくとも一成分にポリトリメチレンテレフタレ−トを用
いる点に特徴がある。本発明の潜在捲縮発現性複合ポリ
エステル繊維は、熱処理によって捲縮を発現するもので
あり、このような繊維としては、二成分がサイドバイサ
イド型または偏芯鞘芯型に接合されたものが挙げられ
る。
【0009】二種のポリエステル成分の複合比(一般的
に質量比で、70/30〜30/70の範囲内のものが
多い)、接合面形状(直線または曲線形状のものがあ
る)は限定されない。全繊度は20〜300dtex、
単糸繊度は0.5〜20dtexが好ましく用いられる
がこれに限定されるものではない。潜在捲縮発現性複合
ポリエステル繊維を用いることによって、仮撚加工糸と
同程度の高い捲縮を有する先染め糸条が得られるだけで
なく、仮撚加工糸特有の残留トルクが無く、染色後のチ
−ズからコ−ンアップが容易となる。さらに、捲縮付与
工程が省略化できるのでコストの合理化も可能となる。
【0010】このような繊維の具体例として、特開20
01−40537号公報に開示されている、ポリトリメ
チレンテレフタレ−トを一成分とするものがある。すな
わち、少なくとも一成分をポリトリメチレンテレフタレ
−トとし、他のポリエステルとサイドバイサイド型また
は偏芯鞘芯型に接合して構成された複合繊維である。サ
イドバイサイド型の場合、二種のポリエステルポリマ−
の溶融粘度比は1.00〜2.00が好ましく、偏芯鞘
芯型の場合は、鞘ポリマ−と芯ポリマ−のアルカリ減量
速度比は、3倍以上、鞘ポリマ−が速いことが好まし
い。
【0011】具体的なポリマ−の組み合わせとしては、
ポリトリメチレンテレフタレ−ト(テレフタル酸を主た
るジカルボン酸とし、1.3−プロパンジオ−ルを主た
るグリコ−ル成分とするポリエステルであり、エチレン
グリコ−ル、ブタンジオ−ル等のグリコ−ル類やイソフ
タル酸、2.6−ナフタレンジカルボン酸等のジカルボ
ン酸等を共重合してもよい。他のポリマ−、艶消剤、難
燃剤、帯電防止剤、顔料等の添加剤を含有してもよ
い。)とポリエチレンテレフタレ−ト(テレフタル酸を
主たるジカルボン酸とし、エチレングリコ−ルを主たる
グリコ−ル成分とするポリエステルであり、ブタンジオ
−ル等のグリコ−ル類やイソフタル酸、2.6−ナフタ
レンジカルボン酸等のジカルボン酸等を共重合してもよ
い。他のポリマ−、艶消剤、難燃剤、帯電防止剤、顔料
等の添加剤を含有してもよい)との組み合わせ、および
ポリトリメチレンテレフタレ−トとポリブチレンテレフ
タレ−ト(テレフタル酸を主たるジカルボン酸とし、
1.4−ブタンジオ−ルを主たるグリコ−ル成分とする
ポリエステルであり、エチレングリコ−ル等のグリコ−
ル類やイソフタル酸、2.6−ナフタレンジカルボン酸
等のジカルボン酸等を共重合してもよい。この他、他の
ポリマ−、艶消剤、難燃剤、帯電防止剤、顔料等の添加
剤を含有してもよい)との組み合わせが好ましく、特
に、捲縮の内側にポリトリメチレンテレフタレ−トが配
置されていることが好ましい。
【0012】この他、特公昭43−19108号公報、
特開平11−189923号公報、特開2000−23
9927号公報、特開2000−256918号公報、
特開2000−328382号公報、特開2001−8
1640号公報等に開示された、第一成分がポリトリメ
チレンテレフタレ−ト、第二成分がポリトリメチレンテ
レフタレ−ト、ポリエチレンテレフタレ−ト、ポリブチ
レンテレフタレ−ト等のポリエステル、またはナイロン
が、並列的または偏芯的に配置された、サイドバイサイ
ド型または偏芯鞘芯型の複合繊維等が挙げられる。特
に、ポリトリメチレンテレフタレ−トと共重合ポリトリ
メチレンテレフタレ−トとの組み合わせ、および極限粘
度の異なる二種類のポリトリメチレンテレフタレ−トの
組み合わせが好ましい。
【0013】本発明に用いられる、染色に供する前の潜
在捲縮発現性複合ポリエステル繊維は、下記の物性を有
することが好ましい。この繊維の初期引張抵抗度は10
〜30cN/dtexが好ましく、20〜30cN/d
texがより好ましく、20〜27cN/dtexが最
も好ましい。初期引張抵抗度が10cN/dtex未満
のものは製造が困難である。この繊維の顕在捲縮の伸縮
伸長率は10〜100%が好ましく、10〜80%がよ
り好ましく、10〜60%が最も好ましい。顕在捲縮の
伸縮弾性率は80〜100%が好ましく、85〜100
%がより好ましく、85〜97%が最も好ましい。
【0014】さらに、本発明の繊維の100℃における
熱収縮応力は0.1〜0.5cN/dtexが好まし
く、0.1〜0.4cN/dtexがより好ましく、
0.1〜0.3cN/dtexが最も好ましい。100
℃における熱収縮応力は、弛緩熱処理工程において捲縮
を発現させるための重要な要件である。すなわち、加工
で加わる拘束力に打ち勝って捲縮が発現するためには、
100℃における熱収縮応力が0.1cN/dtex以
上であることが好ましい。本発明は、このような特性を
有する潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維を用いて構
成されるために、高捲縮で弾性回復率に優れ、織編物に
用いると優れたストレッチ性を付与し、風合いがソフト
な先染糸が得られる。
【0015】本発明の繊維の熱水処理後の伸縮伸長率は
100〜250%が好ましく、より好ましくは150〜
250%、最も好ましくは180〜250%である。ま
た熱水処理後の伸縮弾性率は90〜100%であること
が好ましく、より好ましくは95〜100%である。こ
のような、好ましい特性を有する潜在捲縮発現性複合ポ
リエステル繊維としては、固有粘度の異なる2種類のポ
リトリメチレンテレフタレ−トが互いにサイドバイサイ
ド型に複合された単糸から構成された複合繊維があげら
れる。2種類のポリトリメチレンテレフタレ−トの固有
粘度差は0.05〜0.4(dl/g)であることが好
ましく、より好ましくは0.1〜0.35(dl/
g)、最も好ましくは0.15〜0.35(dl/g)
である。例えば、高粘度側の固有粘度を0.7〜1.3
(dl/g)から選択した場合には、低粘度側の固有粘
度を0.5〜1.1(dl/g)から選択するのが好ま
しい。低粘度側の固有粘度は0.8(dl/g)以上が
好ましく、より好ましくは0.85〜1.0(dl/
g)、最も好ましくは0.9〜1.0(dl/g)であ
る。
【0016】この複合繊維の平均固有粘度は0.7〜
1.2(dl/g)が好ましく、0.8〜1.2(dl
/g)がより好ましく、0.85〜1.15(dl/
g)がさらに好ましく、0.9〜1.1(dl/g)が
最も好ましい。本発明で用いられる固有粘度の値は、使
用するポリマ−ではなく、糸の粘度をいう。この理由
は、ポリトリメチレンテレフタレ−ト特有の欠点とし
て、ポリエチレンテレフタレ−ト等と比較して熱分解が
生じ易く、高い固有粘度のポリマ−を使用しても熱分解
によって固有粘度が著しく低下し、複合マルチフィラメ
ントにおいては両者の固有粘度差を大きく維持すること
が困難であるためである。
【0017】ポリトリメチレンテレフタレ−トは、トリ
メチレンテレフタレ−ト単位を主たる繰り返し単位とす
るポリエステルであり、トリメチレンテレフタレ−ト単
位を50モル%以上、好ましくは70モル%以上、より
好ましくは80モル%以上、最も好ましくは90モル%
以上含むものである。したがって、第三成分として、他
の酸成分および/またはグリコ−ル成分の合計量が、5
0モル%以下、好ましくは30モル%以下、より好まし
くは20モル%以下、最も好ましくは10モル%以下の
範囲で含有されたポリトリメチレンテレフタレ−トを包
含する。
【0018】ポリトリメチレンテレフタレ−トは、テレ
フタル酸またはその機能的誘導体と、トリメチレングリ
コ−ルまたはその機能的誘導体とを、触媒の存在下で、
適当な反応条件下に結合せしめることにより合成され
る。この合成過程において、適当な一種または二種以上
の第三成分を添加して共重合ポリエステルとしてもよい
し、ポリエチレンテレフタレ−ト、ポリブチレンテレフ
タレ−ト等のポリトリメチレンテレフタレ−ト以外のポ
リエステルまたはナイロンと、ポリトリメチレンテレフ
タレ−トをそれぞれ別個に合成した後、ブレンドしても
よい。
【0019】添加する第三成分としては、脂肪族ジカル
ボン酸(シュウ酸、アジピン酸等)、脂環族ジカルボン
酸(シクロヘキサンジカルボン酸等)、芳香族ジカルボ
ン酸(イソフタル酸、ソジウムスルホイソフタル酸
等)、脂肪族グリコ−ル(エチレングリコ−ル、1,2
−プロピレングリコ−ル、テトラメチレングリコ−ル
等)、脂環族グリコ−ル(シクロヘキサンジメタノ−ル
等)、芳香族を含む脂肪族グリコ−ル(1,4−ビス
(β−ヒドロキシエトキシ)ベンゼン等)、ポリエ−テ
ルグリコ−ル(ポリエチレングリコ−ル、ポリプロピレ
ングリコ−ル等)、脂肪族オキシカルボン酸(ω−オキ
シカプロン酸等)、芳香族オキシカルボン酸(p−オキ
シ安息香酸等)等がある。1個または3個以上のエステ
ル形成性官能基を有する化合物(安息香酸等またはグリ
セリン等)も重合体が実質的に線状である範囲内で使用
できる。
【0020】さらに二酸化チタン等の艶消剤、リン酸等
の安定剤、ヒドロキシベンゾフェノン誘導体等の紫外線
吸収剤、タルク等の結晶化核剤、アエロジル等の易滑
剤、ヒンダ−ドフェノ−ル誘導体等の抗酸化剤、難燃
剤、制電剤、顔料、蛍光増白剤、赤外線吸収剤、消泡剤
等が含有されていてもよい。本発明で用いられる潜在捲
縮発現性複合ポリエステル繊維の紡糸法は、上記の各種
特開に開示されており、例えば、3000m/分以下の
巻取り速度で未延伸糸を得た後、2〜3.5倍程度で延
撚する方法が好ましいが、紡糸−延撚工程を直結した直
延法(スピンドロ−法)、巻取り速度5000m/分以
上の高速紡糸法(スピンテイクアップ法)を採用しても
よい。
【0021】繊維の形態は、長繊維でも短繊維でもよい
が、長繊維が好ましく、長さ方向に均一なものや太細の
あるものでもよい。繊維の断面形状は、丸型、三角、L
型、T型、Y型、W型、八葉型、偏平(扁平度1.3〜
4程度のもので、W型、I型、ブ−メラン型、波型、串団
子型、まゆ型、直方体型等がある)、ドッグボ−ン型等
の多角形型、多葉型、中空型や不定形なものでもよい。
【0022】糸条の形態としては、リング紡績糸、オ−
プンエンド紡績糸等の紡績糸、単糸デシテックスが0.
1〜5dtex程度のマルチフィラメント原糸(仮撚り
加工などの加工が行われていない糸)、甘撚糸〜強撚
糸、仮撚加工糸(POYの延伸仮撚糸を含む)、空気噴
射加工糸、押し込み加工糸、ニットデニット加工糸等が
ある。本発明に用いられる潜在捲縮発現性複合ポリエス
テル繊維は、破断強度が1.8cN/dtex以上であ
ることが好ましく、2.0〜4.0cN/dtexの範
囲であることがより好ましい。強度が1.8cN/dt
ex未満の場合は、先染め糸条の強度が低くなり、織編
物に用いた場合、引裂強度や破裂強度が不足することが
ある。
【0023】本発明の繊維の破断伸度は25%以上であ
ることが好ましく、30〜50%の範囲であることがよ
り好ましい。伸度が25%未満の場合はチ−ズワインド
時や染色後のリワインド時に糸切れ頻度が増す場合があ
る。本発明において、先染に用いられる潜在捲縮発現性
複合ポリエステル繊維で構成された糸条には、潜在捲縮
発現性複合ポリエステル繊維が含まれていればよく、糸
条中の潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維の割合は2
0質量%以上が好ましく、30質量%以上がより好まし
く、50質量%以上が最も好ましい。糸条中のこの繊維
の割合が減少するにつれて、ストレッチ性の良好な織編
物が得られにくくなる。
【0024】潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維と共
に用いることのできる繊維には制限がなく、例えば、
綿、羊毛、麻、絹等の天然繊維、キュプラレ−ヨン、ビ
スコ−スレ−ヨン、ポリノジックレ−ヨン、精製セルロ
−ス繊維、アセテ−ト繊維、ポリエチレンテレフタレ−
ト、ポリブチレンテレフタレ−ト、ポリトリメチレンテ
レフタレ−ト等のポリエステル系繊維、ナイロン繊維、
アクリル繊維等の各種人造繊維が挙げられる。さらには
上記の共重合体や、同種または異種ポリマ−を用いた複
合繊維(サイドバイサイド型、偏芯鞘芯型等)を混紡
(コアヤ−ン、サイロスパンやサイロフィル、ホロ−ス
ピンドル等)、カバリング(シングル、ダブル)、例え
ば、沸水収縮率3〜10%程度の低収縮糸、例えば、沸
水収縮率15〜30%程度高収縮糸との混繊や交撚、仮
撚(伸度差仮撚、POYの延伸仮撚における複合等)、
2フィ−ド空気噴射加工等の手段で混用してもよい。
【0025】本発明の潜在捲縮発現性複合ポリエステル
繊維は、捲縮伸長率が50%以上であることが好まし
く、より好ましくは100%以上である。この範囲であ
る糸条を用いることにより、捲縮伸長率が50%以上の
先染糸を得ることができる。なお、捲縮伸長率とは、
2.6×10-4cN/dtexの荷重下で、90℃×1
5分間の乾熱処理を行い、一昼夜放置した後、JIS−
L−1090伸縮性試験方法(A法)に準じて測定した
ものである。
【0026】本発明の潜在捲縮発現性複合ポリエステル
繊維に捲縮付与加工を行うと、捲縮伸長率が一層高めら
れるので好ましい。捲縮付与加工方法は限定されるもの
ではなく、仮撚加工、押し込み加工、ニットデニット等
が用いられ、仮撚加工により、一層捲縮伸長率が高めら
れるために好ましい。仮撚加工は、一般に用いられてい
るピンタイプ、フリクションタイプ、ニップベルトタイ
プ、エア−加撚タイプ等、いかなる方法によるものでも
よい。1ヒ−タ−仮撚および2ヒ−タ−仮撚のいずれで
あってもよい。さらにPOYの延伸仮撚であってもよ
い。
【0027】仮撚ヒ−タ−温度は、本発明の目的が達成
できる範囲で任意に設定することができ、一般的には、
第1ヒ−タ−の出口直後の糸条温度を100℃以上20
0℃以下とすることが好ましく、より好ましくは120
℃以上180℃以下、最も好ましくは130℃以上17
0℃以下である。必要に応じて、第2ヒ−タ−で熱セッ
トして、2ヒ−タ−仮撚糸としてもよい。第2ヒ−タ−
温度は100℃以上210℃以下が好ましく、より好ま
しくは第1ヒ−タ−の出口直後の糸条温度に対して−3
0℃以上、+50℃以下の範囲である。第2ヒ−タ−内
のオ−バ−フィ−ド率(第2オ−バ−フィ−ド率)は+
3%以上、+30%以下とするのが好ましい。
【0028】仮撚数(T)は、ポリエチレンテレフタレ
−ト系ポリエステル繊維の仮撚加工で通常に用いられる
範囲でよく、下記式で計算される。この場合、仮撚数の
係数Kの値が17600〜35000の範囲であること
が好ましく、仮撚加工糸によって好ましい仮撚数(T)
が決定される。 T(T/m)=K/{仮撚加工糸の繊度(dtex)}
0.5 仮撚加工した捲縮糸は残留トルクがあるので、このトル
クを軽減する為に仮撚方向の異なる捲縮糸を2本以上引
き揃えてもよい。さらに、収束性を高めるためにインタ
−レ−スノズルを用いて交絡させてもよい。
【0029】本発明において、捲縮糸は撚糸、弛緩熱処
理およびチ−ズワインドを連続的に行って捲縮を顕在化
させたチ−ズを作成することが重要である。上記のよう
な方法を採用すれば、撚糸された捲縮糸の持つ潜在的な
捲縮を均一に発現することでき、チ−ズにソフトワイン
ドが可能となるため、チ−ズ染色後のコ−ンへの解舒性
も良好で、高い捲縮伸長率を持つ先染糸が得られる。こ
の方法に用いられる装置の代表例としては、(株)石川
製作所製のDDW(商標)が挙げられる。この装置は、
ダブルツイスタ−方式で撚糸し、次いで、エプロンニッ
プ方式のフィ−ド装置により積極的に糸を送り出し、パ
イプヒ−タ−で非接触加熱を行って捲縮を顕在化させ、
その後、フィ−ド調整用のニップロ−ラ−の後にクイッ
クトラバ−ス方式で低テンション、低接圧でワインド可
能なチ−ズワインダ−からなる工程を、連続的、かつ、
一体化させたものである。
【0030】捲縮の顕在化を効率よく行うために、パイ
プヒ−タ−長やパイプ径を変更してもよい。必要に応じ
て、撚糸方向を各錘毎に変更できる装置、センサ−カッ
タ−、突上げ装置等を付与した装置でもよい。本発明の
撚糸、弛緩熱処理およびチ−ズワインドを連続的に行っ
て捲縮を顕在化させたチ−ズに巻かれた糸条の物性は、
捲縮伸長率が15%以上(但し、この捲縮伸長率は、後
述の測定方法において、乾熱処理を行わずに測定した値
である)であることが好ましく、より好ましくは30〜
300%、最も好ましくは40〜200%であり、沸水
収縮率は、好ましくは3%以下、より好ましくは2%以
下である。
【0031】捲縮を顕在化させて得られるチ−ズの形態
の巻密度は0.05〜0.5g/cm3 が好ましく、よ
り好ましくは0.08〜0.4g/cm3 、最も好まし
くは0.1〜0.20g/cm3 であり、糸の巻き量は
100〜2000gが好ましく、より好ましくは500
〜1100gである。捲縮を顕在化した糸の物性および
チ−ズ形態がこの範囲内にあれば、チ−ズ染色後のチ−
ズ内外層での色差がなく、糸長方向の捲縮斑のない、均
一で高捲縮な先染糸を得ることことができるので好まし
い。
【0032】撚糸、弛緩熱処理およびチ−ズワインドを
連続的に行う場合の条件は、例えば、(株)石川製作所
製のDDW(商標)を用い、加工速度を好ましくは50
〜200m、より好ましくは80〜150m/分とし、
撚糸を好ましくは0〜1000T/m、より好ましくは
50〜350T/m、弛緩熱温度を好ましくは100〜
220℃、より好ましくは150〜210℃、弛緩率を
好ましくは30〜400%、より好ましくは100〜3
00%とする。弛緩率は、下式で算出した値である。 弛緩率=〔パイプヒ−タ−入口の糸速/チ−ズワインド
時の糸速〕×100(%) 撚糸の撚り方向は、限定されるものではなく、必要に応
じて適宜選定すればよいが、潜在捲縮発現性複合ポリエ
ステル繊維で仮撚方向が片方向のみの仮撚糸を用いる場
合には、撚糸の方向としては、仮撚方向と逆方向に撚糸
を行うと、先染糸の捲縮伸長率を高くすることができる
ので好ましい。
【0033】本発明の潜在捲縮発現性複合ポリエステル
繊維は、撚糸回数を上げていくにつれて、先染め糸条の
捲縮弾性率が高くなる特徴を有しており、織編物に用い
るとストレッチバックを高めることができる。撚糸数を
200〜3000T/m、好ましくは500〜2000
T/mにすると、先染め糸条の捲縮弾性率が90%以上
となり、織編物に用いた場合、ストレッチの回復性が向
上するので好ましい。上記のように、撚糸回数を高くす
る場合には、必要に応じて、加工する前の捲縮糸にイタ
リ−撚糸機、リング撚糸機、ダブルツイスタ−等を使用
して撚糸を行ってもよい。
【0034】撚糸数が高くなるとトルクによってスナ−
ルが発生し、加工が困難になる場合には、本発明の目的
が達成できる限りにおいて、トルクを軽減する為に撚り
止めセットを行ってもよい。その場合、潜在捲縮発現性
複合ポリエステル繊維は、緊張状態では撚り止めセット
が効きにくいことから、糸条を弛緩しながら撚り止めセ
ットを行うことが好ましい。例えば、アルミニウム製つ
ば付きのシリンダ−内層に段ボ−ル製のダミ−クッショ
ン材を巻いた上に巻き返しを行って、十分に糸条を弛緩
させながら撚り止めセットを行う方法等がある。巻量と
しては、糸管巻きにおいてはセットをすることによって
巻形態が崩れない程度にすればよい。セットを十分に効
かせるためには、0.1cN/dtex以下の巻張力で
巻くことが好ましい。
【0035】セットを行う場合は、通常、真空セッタ−
等の装置を用いることができる。充分なセット効果、捲
縮の発現およびエネルギ−的な効率の点から、処理温度
は60〜110℃が好ましく、処理時間は、通常、10
〜60分が好ましい チ−ズワインド条件としては、巻取り時のオ−バ−フィ
−ド率を−50〜20%、好ましくは−15〜10%に
設定して、糸量を100〜2000gにすることが好ま
しい。チ−ズ巻取時の接圧は0〜2000gが好まし
く、800〜1500gがより好ましい。チ−ズワイン
ド綾角は5〜25°が好ましい。
【0036】次に、このようにして作成されたチ−ズを
染色する。チ−ズ染色方法は、限定されるものではな
く、通常、ポリエチレンテレフタレ−ト繊維等で行われ
ている方法を採用すればよい。例えば、一般に使用され
ているチ−ズ染色機を使用し、通常行われている、原糸
油剤等が洗浄される条件で精練をおこなうことができ
る。例えば、ノニオン系界面活性剤、炭酸ソ−ダ等の存
在下、50℃〜90℃の温度で10〜30分間行う。染
料としては、一般に用いられているポリエチレンテレフ
タレ−ト繊維用の分散染料を用いて、通常の方法で染色
することができる。アルカリ耐性のある分散染料を用い
てpH8〜11のアルカリ染色を行ってもよい。例え
ば、染色温度は90℃〜130℃、時間は15分〜12
0分の範囲である。
【0037】潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維が、
粘度の異なるポリトリメチレンテレフタレ−トで構成さ
れている場合には、ガラス転移点が低いため、90〜1
20℃といった、従来のポリエチレンテレフタレ−ト繊
維の染色より低温で染色しても優れた発色性が得られ
る。染色堅牢度を向上させる目的で、還元洗浄やソ−ピ
ングを行ってもよい。染色された糸条の編立性および柔
軟性を向上させるために、一般に市販されているオイリ
ング油剤等をチ−ズ形態や糸条で付与してもよい。
【0038】本発明によると、染色されたチ−ズから先
染糸をリワインドしてパッケ−ジ状に仕上げることが好
ましい。パッケ−ジ状へのリワインドは一般的な巻取り
機(ワインダ−)を用いて行えばよいが、ワインダ−に
はクイックトラバ−ス方式のものを用いることが好まし
い。チ−ズからの解舒方向は、一般的に行われる方法を
採用することができるが、巻き密度0.25g/cm3
以下の場合、タテ方向では糸が解舒できない場合があ
り、マンドルリ−ル等を使用してチ−ズを回転させなが
らヨコ方向に糸を解舒しながらコ−ン巻を行う。
【0039】パッケ−ジを形成する芯材は限定されるも
のではなく、芯材として、紙、プラスチック製等の平行
チ−ズ、コ−ン等が使用される。巻形状も限定されるも
のではなく、チ−ズ状、パイナップル状等に巻き取られ
る。先染糸のパッケ−ジは巻硬度30〜80度が好まし
く、より好ましくは40〜70度である。この範囲内で
あれば、織編物用に使用する際に、解舒性が良好とな
る。硬度は、JIS−K−6301加硫ゴム物理試験方
法に準拠したスプリング式硬さ試験機(高分子計器
(株)社製のアスカ−ゴム硬度計C型)を用いて測定す
る。巻取ったパッケ−ジの中央部2ヵ所、両端部各2ヵ
所の合計6ヵ所 の硬度を測定し平均値を求める。巻硬
度が30度未満であると、解舒性が不良となり、織編物
等の生産性が低下する場合がある。一方、巻硬度が80
度を越えると、巻取り時の張力を高く設定しなければな
らず、糸切れが多発し、巻取りが困難となったり、紙管
が巻張力に耐え切れず変形し、解舒性不良となる場合が
ある。また、捲縮が伸ばされるため捲縮顕在化率が低下
する場合もある。
【0040】例えば、巻硬度30〜80度のパッケ−ジ
を作成する方法としては、クイックトラバ−ス方式のワ
インダ−を使用して、コ−ンに平均巻き取り張力は0.
01cN/dtex〜0.22cN/dtex以下とす
る。本発明の先染糸は、捲縮伸長率が、好ましくは30
%以上、より好ましくは35〜300%、さらに好まし
くは50〜250%、最も好ましくは50〜200%で
ある。捲縮伸長率がこの範囲であると、ストレッチ性が
より一層優れた織編物を得ることができる。捲縮伸長率
は、2.6×10-4cN/dtexの荷重下で、乾熱9
0℃×15分処理を行い、一昼夜放置した後、JIS−
L−1090の伸縮性試験方法(A法)に準じて測定し
たものであり、捲縮糸が持つ潜在的な捲縮も熱処理によ
り顕在化させた状態で測定されるものである。
【0041】本発明の先染糸は、10%伸長時の弾性回
復率は、好ましくは60%以上であり、60%以上95
%以下がより好ましく、70%以上95%以下が最も好
ましい。10%伸長時の弾性回復率が60%以上である
と、ストレッチ性がより一層良好な織編物が得られる。
一般に、10%伸長時の弾性回復率が95%を越える糸
条を実用的に得ることは困難な場合がある。
【0042】本発明の先染糸は、捲縮顕在化率が、好ま
しくは60%以上であり、より好ましくは70〜95%
である。捲縮顕在化率がこの範囲にあると、ストレッチ
性が一層優れた織編物を得ることができる。先染糸の捲
縮顕在化率は、後で詳しく述べるように、未捲縮顕在化
捲縮伸長率(後述の捲縮伸長率測定方法において、乾熱
処理を行わずに測定した値である)と捲縮伸長率(乾熱
処理を行って捲縮を顕在化した値)より下記式にて算出
したものである。 捲縮顕在化率(%)=未捲縮顕在化捲縮伸長率/捲縮伸
長率×100 本発明の先染糸は、横編(セ−タ−等)、丸編・織物
(アウタ−、インナ−)、レ−ス、口ゴムや襟部用の付
属品、製紐、モ−ル糸、細巾テ−プ(織物、経編、横
編)、靴下、サポ−タ−、パンスト、タイツ、パイル織
編物(アウタ−、カ−シ−ト等)、カ−ペット等に使用
することができる。
【0043】
【発明の実施の形態】以下、本発明を実施例により具体
的に説明するが、本発明は実施例のみに限定されるもの
ではない。本発明に用いられる測定方法、評価方法は以
下の通りである。 (1)固有粘度 固有粘度[η](dl/g)は、次式の定義に基づいて
求められる値である。 定義中のηrは純度98%以上のo−クロロフェノ−ル
溶媒で溶解したポリトリメチレンテレフタレ−ト糸また
はポリエチレンテレフタレ−ト糸の稀釈溶液の35℃で
の粘度を、同一温度で測定した上記溶媒の粘度で除した
値であり、相対粘度と定義されているものである。Cは
g/100mlで表されるポリマ−濃度である。
【0044】なお、固有粘度の異なるポリマ−を用いた
複合マルチフィラメントは、マルチフィラメントを構成
するそれぞれの固有粘度を測定することは困難であるの
で、複合マルチフィラメントの紡糸条件と同じ条件で2
種類のポリマ−をそれぞれ単独で紡糸し、得られた糸を
用いて測定した固有粘度を、複合マルチフィラメントを
構成する固有粘度とした。
【0045】(2)初期引張抵抗度 JIS−L−1013化学繊維フィラメント糸試験方法
の初期引張抵抗度の試験方法に準じ、試料の単位繊度当
たり0.882mN/dtexの初荷重を掛けて引張試
験を行い、得られた荷重−伸長曲線から初期引張抵抗度
(cN/dtex)を算出し、10回の平均値を求め
る。
【0046】(3)伸縮伸長率、伸縮弾性率 JIS−L−1090合成繊維フィラメントかさ高加工
糸試験方法の伸縮性試験方法A法に準じて測定を行い、
伸縮伸長率(%)および伸縮弾性率(%)を算出し、1
0回の平均値を求める。顕在捲縮の伸縮伸長率および伸
縮弾性率は、巻取りパッケ−ジから解舒した試料を、温
度20±2℃、湿度65±2%の環境下で24時間放置
後に測定を行う。熱水処理後の伸縮伸長率および伸縮弾
性率は、無荷重で98℃の熱水中に30分間浸漬した
後、無荷重で24時間自然乾燥乾燥した試料を用いる。
【0047】(4)熱収縮応力 熱応力測定装置(カネボウエンジニアリング社製のKE
−2)を用いる。試料を20cmの長さに切り取り、両
端を結んで輪を作り測定装置に装填し、初荷重0.04
4cN/dtex、昇温速度100℃/分の条件で収縮
応力を測定し、得られた温度に対する熱収縮応力の変化
曲線から100℃における熱収縮応力を読み取る。
【0048】(5)強伸度特性 東洋ボ−ルドウィン社製のテンシロンを用い、試料長2
0cm、引張速度20cm/分の条件で、引張強度(c
N/dtex)、伸度(%)、初期弾性率(cN/dt
ex)を測定する。 (6)捲縮伸長率 繊維に2.6×10-4cN/dtexの荷重を加えた状
態で、タバイ社製パ−フェクトオ−ブンにて乾熱90℃
×15分処理を行い、一昼夜放置した後、JIS−L−
1090の伸縮性試験方法(A法)に準じて測定する。
【0049】捲縮を顕在化させた糸条の捲縮伸長率およ
び先染糸の未顕在化捲縮伸長率は、乾熱処理を行わずに
捲縮伸長率を測定する。先染糸の捲縮顕在化率は下記式
により算出する。 捲縮顕在化率(%)=未捲縮顕在化捲縮伸長率/捲縮伸
長率×100
【0050】(7)沸水収縮率 JIS−L−1013熱水収縮率測定法(B法)に準拠
して測定を行う。熱水の温度は100℃とする。
【0051】(8)弾性回復率 繊維を、チャック間距離20cmに0.0294cN/
dtexの初荷重をかけて引張試験機に取り付け、引張
速度20cm/分で伸長率20%まで伸長し、1分間放
置する。その後、再び同じ速度で収縮させ、応力−歪み
曲線を描く。収縮中、応力が0.0294cN/dte
xになった時の伸びを残留伸び(A)とする。20%伸
長時の弾性回復率は下記式にしたがって求める。 20%伸長時の弾性回復率(%)={(20−A)/2
0}×100 10%伸長時の弾性回復率は、初荷重および残留伸びを
読み取る応力を0.08826cN/dtexとし、伸
長率を10%までとして、上記と同様に行い、下記式に
したがって求める。 10%伸長時の弾性回復率(%)={(10−A)/1
0}×100
【0052】(9)横編地のストレッチ性 JIS−L−1018の伸長弾性率A法(定伸長法)に
準じて行う。自記装置付の定速引張試験機を用い、10
cm幅×15cm長さの試験片を用い、初荷重2.94
2cNをかけた後、つかみ幅2.5cm、つかみ間距離
10cmで、速度10cm/分で伸長率100%になる
まで伸長し、1分間放置する。その後、再び同じ速度で
収縮させ、応力−歪み曲線を描き、収縮中、応力が初荷
重と同じ応力になった時の残留伸びをL(mm)とし
て、下記式にしたがって回復率を求める。 回復率(%)={(100−L)/100}×100 得られた横編地の回復率から、ストレッチ性を下記のラ
ンク付けを行う。 ◎:回復率が90%を越える ○:回復率が85%以上90%未満 △:回復率が80%以上85%未満 ×:回復率が70%未満
【0053】(10)横編地の風合い 繊維の研究に従事する10人の検査員によって、手触り
による官能検査を行い、下記のランク付けを行う。 ○:ソフトと感じる △:ややソフトと感じる ×:硬いと感じる
【0054】
【実施例1】固有粘度の異なる二種類のポリトリメチレ
ンテレフタレ−トを、質量比率1:1でサイドバイサイ
ド型複合紡糸用紡口から押出し、紡糸温度265℃、紡
糸速度1500m/分で未延伸糸を得た。次いで、ホッ
トロ−ル温度55℃、ホットプレ−ト温度140℃、延
伸速度400m/分、延伸倍率は延伸後の繊度が56d
texとなるように設定して延撚し、56dtex/1
2fのサイドバイサイド型複合マルチフィラメント原糸
を得た。得られた原糸の固有粘度は高粘度側が[η]=
0.90、低粘度側が[η]=0.70であった。この
原糸の物性を表1に示す。
【0055】得られた56dtex/12fの原糸を
(株)石川製作所製のDDWを用いて撚糸、弛緩熱処
理、チ−ズワインドを一貫工程で行ってチ−ズを得た。
加工条件およびこの糸条の物性を表2に示す。得られた
チ−ズをチ−ズ染色機((株)日阪製作所製、小型チ−
ズ染色機)にセットし、1g/リットルのスコアロ−ル
(登録商標)FC−250(花王(株)製)を添加し
て、流量40リットル/分で常温から2℃/分の昇温速
度で90℃まで昇温し、90℃で10分間精練を行っ
た。
【0056】精練後、脱水、水洗を行い、分散染料とし
てDianix Blue(登録商標)AC−E(ダイ
スタ−ジャパン(株)製)1%omf、分散剤としてデ
ィスパ−(商標)TL (明成化学工業(株)製)0.
5g/リットルを加え、更に酢酸にてpH5に調整した
後、流量40リットル/分でイン−アウトで染液を循環
した。昇温速度2℃/分で110℃まで昇温し、110
℃で30分染色を行った。染色後、脱水、水洗を行い、
水酸化ナトリウムを1g/l、ハイドロサルファイトを
2g/l、サンモ−ル(登録商標)RC−700(日華
化学(株)製)を1g/l用いて、流量40リットル/
分に保ち、2℃/分の昇温速度で70℃まで昇温し、7
0℃で20分間還元洗浄を行った。還元洗浄後、脱液、
中和水洗を行い、シリコ−ン系柔軟剤としてロンサイズ
(登録商標)K−22(一方社(株)製)を5%omf
添加し、50℃で20分オイリング処理を行った。脱水
後、乾燥後、チ−ズをマンドルリ−ルにセットし、石川
製作所(株)社製のワインダ−を用いて、コ−ンに巻硬
度60度でワインドを行って先染糸を得た。
【0057】得られた先染糸の物性を表3に示す。この
先染糸を横編機(コッポ(株)製、14ゲ−ジ)に9本
引き揃え、24コ−ス、20ウエルの天竺組織の横編地
を作成し、ホフマンプレス機(神戸電気工業(株)製、
神戸プレス)にてスチ−ム仕上げを行って横編地を得
た。横編地の特性を評価した結果を表3に示す。この編
地は、ストレッチ性に優れ、風合いもソフトであった。
【0058】
【実施例2】固有粘度の異なる二種類のポリトリメチレ
ンテレフタレ−トを、質量比率1:1でサイドバイサイ
ド型複合紡糸用紡口から押出し、紡糸温度265℃、紡
糸速度1500m/分で未延伸糸を得た。次いで、ホッ
トロ−ル温度55℃、ホットプレ−ト温度140℃、延
伸速度400m/分、延伸倍率は延伸後の繊度が56d
texとなるように設定して延撚し、56dtex/1
2fのサイドバイサイド型複合マルチフィラメント原糸
を得た。得られた原糸の固有粘度は高粘度側が[η]=
0.86、低粘度側が[η]=0.69であった。この
原糸の物性を表1に示す。
【0059】得られた原糸をイタリ−撚糸機にてS方向
に890T/mの加撚を施した後、つぶれ紙管に巻き上
げ、オ−トクレ−ブにて70℃で20分の撚り止め蒸気
セットを行った糸条(捲縮伸長率は95%)を用いて、
実施例1と同様にしてチ−ズを作成した。この糸条の物
性を表2に示す。得られたチ−ズを実施例1と同様にチ
−ズ染色、仕上げ、コ−ンワインドを行った。得られた
先染糸の物性を表3に示す。この先染糸を用いて実施例
1と同様にして横編地を得た。横編地の特性は、表3に
示すように、ストレッチ性に優れ、風合いもソフトであ
った。
【0060】
【実施例3】固有粘度の異なる二種類のポリトリメチレ
ンテレフタレ−トを質量比率1:1でサイドバイサイド
型複合紡糸用紡口から押出しから押出し、紡糸温度26
5℃、紡糸速度1500m/分で未延伸糸を得た。次い
で、ホットロ−ル温度55℃、ホットプレ−ト温度14
0℃、延伸速度400m/分、延伸倍率は延伸後の繊度
が84dtexとなるように設定して延撚し、84dt
ex/12fのサイドバイサイド型複合マルチフィラメ
ントの原糸を得た。得られた原糸の固有粘度は高粘度側
が[η]=0.88、低粘度側が[η]=0.70であ
った。この原糸の物性を表1に示す。
【0061】得られた84dtex/12fのポリトリ
メチレンテレフタレ−トマルチフィラメント原糸を、
(株)石川製作所製のピン仮撚機IVF338を用い
て、糸速190m/分、仮撚数3400T/m、仮撚加
工温度170℃、1stフィ−ド0.0%とし、仮撚方
向SとZ方向のそれぞれ1本づつを引き揃えて、TUフ
ィ−ド4.1%の条件で加工を施し仮撚加工糸を得た。
得られた仮撚糸の捲縮伸長率は205%であった。
【0062】得られた原糸を用いて、実施例1と同様に
してチ−ズを作成した。この糸条の物性を表2に示す。
得られたチ−ズを実施例1と同様にチ−ズ染色、仕上
げ、コ−ンワインドを行った。得られた先染糸の物性を
表3に示す。この先染糸を実施例1で引き揃え本数を3
本に変更した以外は実施例1と同様にして横編地を得
た。横編地の布帛特性は、表3に示すように、ストレッ
チ性に優れ、風合いもソフトであった。
【0063】
【実施例4〜6】実施例1において、撚糸、弛緩熱処
理、チ−ズワインドの一貫工程の加工条件を表2に変更
した(糸条の物性を表2に示す)以外は実施例1と同様
にして先染糸と横編地を得た。得られた先染糸および横
編地の物性を表3に示す。実施例4〜6は、いずれも捲
縮伸長率が高く、10%伸長時の回復率も優れており、
横編地の布帛特性評価結果からも、ストレッチ性に優れ
ており、風合いもソフトなものであった。
【0064】
【比較例1】固有粘度の異なる二種類のポリエチレンテ
レフタレ−トを用いて56dtex/12fのサイドバ
イサイド型複合マルチフィラメントの原糸を得た。得ら
れた原糸の固有粘度は高粘度側が[η]=0.66、低
粘度側が[η]=0.50であった。この原糸の物性を
表1に示す。得られた原糸を用いて、実施例1の染色温
度を130℃に変更した以外は、実施例1と同様にし
て、先染糸を得た。得られた先染糸の物性を表3に示
す。この先染糸を用いて実施例1と同様にして横編地を
得た。横編地の布帛特性は、表3に示すようにストレッ
チ性に劣り、風合いも硬いものであった。
【0065】
【比較例2】実施例3において、84dtex/12f
のサイドバイサイド型複合マルチフィラメント原糸の代
わりに、84dtex/36fポリエチレンテレフタレ
−ト原糸(旭化成(株)製、強度3.9cN/dte
x、伸度35%、弾性率97cN/dtex、20%伸
長時の弾性回復率25%)を用い、仮撚条件を、仮撚数
3200T/m、仮撚加工温度220℃に変更した以外
は、実施例3と同様にして仮撚加工を行った。得られた
仮撚糸の捲縮伸長率は145%であった。
【0066】得られた仮撚糸を用いて、染色温度を13
0℃に変更した以外は実施例3と同様にして、先染糸を
得た。得られた先染糸の物性を表2に示す。得られた先
染糸を用いて実施例3と同様にして横編地を得た。横編
地の特性は、表3に示すように、ストレッチ性に劣り、
風合いも硬いものであった。
【0067】
【比較例3】比較例2の固有粘度の異なる二種類のポリ
エチレンテレフタレ−トを用いた56dtex/12f
のサイドバイサイド型複合マルチフィラメントの原糸を
用いて、実施例6の染色温度を130℃に変更した以外
は、実施例6と同様にして、先染糸を得た。得られた先
染糸の物性を表3に示す。この先染糸を用いて実施例6
と同様にして横編地を得た。横編地の布帛特性は、表3
に示すようにストレッチ性に劣り、風合いも硬いもので
あった。
【0068】
【表1】
【0069】
【表2】
【0070】
【表3】
【0071】
【発明の効果】本発明により、高捲縮で弾性回復率に優
れ、織編物に用いると優れたストレッチ性を付与し、風
合いがソフトになる先染糸およびその製造方法を提供す
ることができる。
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) // D01F 8/14 D01F 8/14 B Fターム(参考) 3B154 AA07 AA17 AB02 AB12 BA31 BB12 BB47 BB76 BF08 BF18 BF20 BF30 DA06 DA18 4H057 AA01 BA08 DA01 DA17 DA33 GA07 HA01 JA10 JB01 4L036 MA05 MA17 MA33 PA01 PA03 RA04 UA01 4L041 AA07 BA02 BA05 BA09 BC05 DD04

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 少なくとも1成分がポリトリメチレンテ
    レフタレ−トからなる潜在捲縮発現性ポリエステル繊維
    で構成され、かつ、染色されている糸条であって、該糸
    条は、10%伸長時の弾性回復率が60%以上、捲縮伸
    長率が30%以上、捲縮顕在化率が60%以上であるこ
    とを特徴とする先染糸。
  2. 【請求項2】 染色前の潜在捲縮発現性複合ポリエステ
    ル繊維が下記(a)〜(c)を満足することを特徴とす
    る請求項2記載の先染糸。 (a)初期引張抵抗度が10〜30cN/dtex (b)顕在捲縮の伸縮伸長率が10〜100%、かつ、
    顕在捲縮の伸縮弾性率が80〜10 0% (c)100℃での熱収縮応力が0.1〜0.5cN/
    dtex
  3. 【請求項3】 少なくとも1成分がポリトリメチレンテ
    レフタレ−トからなる潜在捲縮発現性複合ポリエステル
    繊維で構成された糸条からチ−ズを作成し、これを染色
    して先染糸を製造するに際し、撚糸、弛緩熱処理および
    チ−ズワインドを連続的に行って捲縮を顕在化させたチ
    −ズを作成することを特徴とする請求項1記載の先染糸
    の製造方法。
  4. 【請求項4】 潜在捲縮発現性複合ポリエステル繊維が
    下記(a)〜(c)を満足することを特徴とする請求項
    3記載の先染糸の製造方法。 (a)初期引張抵抗度が10〜30cN/dtex (b)顕在捲縮の伸縮伸長率が10〜100%、かつ、
    顕在捲縮の伸縮弾性率が80〜10 0% (c)100℃における熱収縮応力が0.1〜0.5c
    N/dtex
JP2002302046A 2001-10-29 2002-10-16 先染糸およびその製造方法 Pending JP2003201634A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001-331310 2001-10-29
JP2001331310 2001-10-29
JP2002302046A JP2003201634A (ja) 2001-10-29 2002-10-16 先染糸およびその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002302046A JP2003201634A (ja) 2001-10-29 2002-10-16 先染糸およびその製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003201634A true JP2003201634A (ja) 2003-07-18

Family

ID=27666616

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002302046A Pending JP2003201634A (ja) 2001-10-29 2002-10-16 先染糸およびその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003201634A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005082908A (ja) * 2003-09-05 2005-03-31 Toray Ind Inc 先染め糸およびその製造方法
JP2005226170A (ja) * 2004-02-10 2005-08-25 Toray Ind Inc 先染め糸の製造方法
KR100895513B1 (ko) 2007-03-29 2009-04-30 코오롱글로텍주식회사 고신율 사염사를 이용한 원단 및 이의 제조방법
KR101011369B1 (ko) 2008-07-07 2011-01-28 (주)시마 고스트레치성 소모조 직물의 제조방법
JP2015083725A (ja) * 2013-10-25 2015-04-30 平岡織染株式会社 ファブリック調遮熱膜材
CN106868613A (zh) * 2017-04-20 2017-06-20 广东秋盛资源股份有限公司 7d多孔中空纤维及其制备方法
CN110184769A (zh) * 2019-06-24 2019-08-30 芜湖昊顺服饰有限公司 一种生物质纤维面料清洗装置
CN113308780A (zh) * 2021-07-07 2021-08-27 郑方梅 紫外线面料纺织定型方法

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005082908A (ja) * 2003-09-05 2005-03-31 Toray Ind Inc 先染め糸およびその製造方法
JP4506130B2 (ja) * 2003-09-05 2010-07-21 東レ株式会社 先染め糸およびその製造方法
JP2005226170A (ja) * 2004-02-10 2005-08-25 Toray Ind Inc 先染め糸の製造方法
JP4691885B2 (ja) * 2004-02-10 2011-06-01 東レ株式会社 先染め糸の製造方法
KR100895513B1 (ko) 2007-03-29 2009-04-30 코오롱글로텍주식회사 고신율 사염사를 이용한 원단 및 이의 제조방법
KR101011369B1 (ko) 2008-07-07 2011-01-28 (주)시마 고스트레치성 소모조 직물의 제조방법
JP2015083725A (ja) * 2013-10-25 2015-04-30 平岡織染株式会社 ファブリック調遮熱膜材
CN106868613A (zh) * 2017-04-20 2017-06-20 广东秋盛资源股份有限公司 7d多孔中空纤维及其制备方法
CN110184769A (zh) * 2019-06-24 2019-08-30 芜湖昊顺服饰有限公司 一种生物质纤维面料清洗装置
CN110184769B (zh) * 2019-06-24 2021-11-12 芜湖昊顺服饰有限公司 一种生物质纤维面料清洗装置
CN113308780A (zh) * 2021-07-07 2021-08-27 郑方梅 紫外线面料纺织定型方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3500392B2 (ja) 先染め糸条
US6555220B1 (en) Composite fiber having favorable post-treatment processibility and method for producing the same
EP1443009B1 (en) Polyester composite fiber package
JP2007009395A (ja) ポリトリメチレンテレフタレート系極細仮撚糸およびその製造方法
JP2003201634A (ja) 先染糸およびその製造方法
JP2003213578A (ja) 先染め糸条
JP2009121003A (ja) 高収縮性分割可能型ポリエステル仮撚糸およびその製造方法
JP2005009015A (ja) 混用品
JP2003166136A (ja) ノントルク仮撚糸の製造方法
JP5217068B2 (ja) ループヤーンおよびその製造方法ならびに織編物
JP4253467B2 (ja) 刺繍レース用基布
JP2003020530A (ja) 先染糸の製造方法
JP2016125166A (ja) 複合仮撚加工糸およびその製造方法ならびに織編物
JP2007197864A (ja) ポリエステル混繊糸およびその織編物
JP2003336142A (ja) 織 物
JP2004256932A (ja) 複合糸
JP2001279562A (ja) 交編編地
JPH11269731A (ja) 複合糸条
JP4660882B2 (ja) 複合仮撚加工糸およびその製造方法
JP2002146641A (ja) 被覆弾性糸およびその製造方法
JP2004143630A (ja) ストレッチ性複合仮撚加工糸及びその製造方法
JP4622107B2 (ja) 仮撚加工糸およびその製造方法
JP2003155647A (ja) ラッセルレース
JP2003147654A (ja) 複合紡績糸
JP2003155634A (ja) 複合先染糸

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050927

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070831

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080108

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080227

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20080227

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080318

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080708