JP2003190987A - 湖沼等の浄化方法 - Google Patents

湖沼等の浄化方法

Info

Publication number
JP2003190987A
JP2003190987A JP2001394888A JP2001394888A JP2003190987A JP 2003190987 A JP2003190987 A JP 2003190987A JP 2001394888 A JP2001394888 A JP 2001394888A JP 2001394888 A JP2001394888 A JP 2001394888A JP 2003190987 A JP2003190987 A JP 2003190987A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
treatment tank
marshes
treatment
lakes
tank
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001394888A
Other languages
English (en)
Inventor
Satoshi Nishikata
聡 西方
Kensuke Isobe
磯部  健介
Kosuke Nakahara
中原  浩介
Yuji Furuya
勇治 古屋
Original Assignee
Fuji Electric Co Ltd
富士電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Electric Co Ltd, 富士電機株式会社 filed Critical Fuji Electric Co Ltd
Priority to JP2001394888A priority Critical patent/JP2003190987A/ja
Publication of JP2003190987A publication Critical patent/JP2003190987A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/20Sludge processing
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/30Wastewater or sewage treatment systems using renewable energies
    • Y02W10/37Wastewater or sewage treatment systems using renewable energies using solar energy

Abstract

(57)【要約】 【課題】 藻類増殖の栄養塩である窒素を効率よく除去
するとともに、汚泥の発生量を抑制した湖沼等の浄化方
法を提供する。 【解決手段】 湖沼,河川,池,溜池,お堀など(湖沼
等)から導入した原水を浄化して、この浄化水を前記湖
沼等へ放流する湖沼等の浄化方法において、原水を、嫌
気性処理槽1において嫌気性処理を行った後、好気性処
理槽3において好気性処理を行い、この好気性処理槽内
の被処理水の一部を嫌気性処理槽1に還流し、さらに、
好気性処理槽3もしくは後段の沈殿池5から活性汚泥の
一部を引き抜いて嫌気性処理槽1に返送し、かつ前記活
性汚泥の一部とは異なる活性汚泥の一部を引き抜いて、
可溶化処理槽6において可溶化処理した後嫌気性処理槽
1に返送する工程を含むこととする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、湖沼,河川,
池,溜池,お堀など(湖沼等)から導入した原水を浄化
して、この浄化水を前記湖沼等へ放流する湖沼等の浄化
方法に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、湖沼等の閉鎖性水域では、生活排
水、工場排水などから自然の浄化能力を超える汚濁負荷
の流入があり、藻類の異常発生による悪臭、景観の悪
化、さらに上水の取水源となっている場合には浄水場で
のろ過障害、異臭味問題などの問題が生じている。
【0003】このため、これら水域の水質改善方法とし
て、いくつかの方式が提案されている。例えば、特開平
5−293479号公報においては、高濃度オゾンをス
クリュー型曝気機により微細気泡として直接、湖沼等の
水中に噴出させて藻類を死滅・分解させる方法が開示さ
れている。また、湖沼水等を一度、処理装置に導入し、
処理した後、湖沼等に返流する方式での生物処理を用い
た処理方法として、特開平7−265611号公報に、
ろ材槽でSS(浮遊性固形物)を除去した後、接触材槽
で好気性微生物により溶解性有機物を除去する方法が開
示されている。
【0004】さらに、SS,有機物だけでなく、藻類が
増殖する際の栄養塩である窒素,リンも除去する方法と
して、特開平11−104676号公報には、藻類付着
体表面で繁殖した藻類で栄養塩を除去する方法が、ま
た、特開平9−75983号公報には、生物接触ろ材表
面の微生物を、好気・嫌気の繰り返した状態に置くこと
により硝化,脱窒を行わせ、有機物とともに窒素及びリ
ンを除去する方法が開示されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来の湖沼等の浄化方法においては、下記のような問題が
あった。
【0006】まず、特開平5−293479号公報に記
載された方法では、直接、湖沼等に吹き込まれたオゾン
により藻類が死滅・分解されるが、藻類の分解により窒
素,リン,有機物は、再び湖沼等の水中に溶解し、藻類
増殖の栄養塩になるため藻類の発生は繰り返される。栄
養塩である窒素,リンを除去しない限り、根本的な解決
にはならない。
【0007】次に、特開平7−265611号公報に記
載された方法は、前段で藻類を含むSSを除去した後、
後段で有機物分解を行う方法であるが、この場合、窒
素,リンの除去に関しては、前段では藻類に含有されて
いる分および後段の好気性微生物が増殖することにより
除去される分の合計量しか除去されず、その量は限定さ
れる。また、前段のろ材槽は、閉塞を防止するため定期
的に洗浄する必要があるため、汚泥が発生するという問
題がある。
【0008】次に、特開平11−104676号公報
は、粒状の多孔質体や砂利からなる藻類付着体を利用し
て藻類のろ過による除去と、付着体表面で増殖する藻類
による窒素,リン等の栄養塩を除去する方法を開示する
が、この方法も付着体での閉塞を防止するため定期的な
水洗、汚泥の発生という問題がある。また付着体表面で
藻類が増殖するが、藻類に増殖に必要な光(太陽光)は
ある程度の厚さのある付着体の上部にしか照射されない
ため、藻類の増殖による栄養塩の除去量も限定される。
【0009】次に、特開平9−75983号公報に記載
の方法においては、生物学的硝化・脱窒を組み込んでい
るが、脱窒時に必要な有機物を原水のBODだけに依存
し、メタノール等の添加を行っていないため、窒素の除
去率は約36%と低い問題がある。
【0010】この発明は、上記従来の問題点に鑑みてな
されたもので、この発明の課題は、藻類増殖の栄養塩で
ある窒素を効率よく除去するとともに、汚泥の発生量を
抑制した湖沼等の浄化方法を提供することにある。
【0011】
【課題を解決するための手段】前述の課題を解決するた
めに、この発明は、湖沼,河川,池,溜池,お堀など
(湖沼等)から導入した原水を浄化して、この浄化水を
前記湖沼等へ放流する湖沼等の浄化方法において、前記
原水を、嫌気性処理槽において嫌気性処理を行った後、
好気性処理槽において好気性処理を行い、この好気性処
理槽内の被処理水の一部を前記嫌気性処理槽に還流し、
さらに、前記好気性処理槽もしくは後段の沈殿池から活
性汚泥の一部を引き抜いて前記嫌気性処理槽に返送し、
かつ前記活性汚泥の一部とは異なる活性汚泥の一部を引
き抜いて可溶化処理した後、前記嫌気性処理槽に返送す
る工程を含むこととする(請求項1の発明)。
【0012】また、公知の間歇的曝気装置を有する生物
処理槽を用いることにより、前記請求項1の発明と実質
的に同様の処理を行なうことができる。即ち、請求項1
に記載の湖沼等の浄化方法において、前記嫌気性処理槽
および好気性処理槽に代えて、間歇的曝気装置を有する
生物処理槽を設け、前記嫌気性処理と、好気性処理と、
前記好気性処理槽内の被処理水の一部を嫌気性処理槽に
還流する処理とを、前記生物処理槽において一括的に行
なうこととする(請求項2の発明)。
【0013】前記請求項1または2の発明により、湖沼
等の水のように、生物資化性が低い被処理水であって
も、脱窒反応を速やかに進行させ効率よく浄化できる。
【0014】前記請求項1または2の発明の実施態様と
しては、下記請求項3ないし5の発明が好ましい。即
ち、前記請求項1または2に記載の湖沼等の浄化方法に
おいて、前記嫌気性処理および好気性処理を含む生物処
理によって発生する汚泥量よりも多い量の活性汚泥を引
き抜いて可溶化処理した後、前記嫌気性処理槽または生
物処理槽に返送する(請求項3の発明)。これにより、
脱窒反応を速やかに進行させるだけでなく、余剰汚泥の
発生量を抑制した浄化処理が可能となる。詳細は、後述
する。
【0015】また、請求項1ないし3のいずれかに記載
の湖沼等の浄化方法において、前記可溶化処理は、ミル
法,ディスク法,超音波法等の破砕処理方式、酵素法,
細菌法等の生物学的処理方式、オゾン法,紫外線法,過
酸化水素法,電解法等の化学的処理方式のいずれかとす
る(請求項4の発明)。
【0016】湖沼等の浄化方法においては、簡単にして
エネルギー効率の高い可溶化処理方法が、特に望まれ
る。この観点から、下記請求項5の発明が好適である。
即ち、請求項1ないし3のいずれかに記載の湖沼等の浄
化方法において、前記可溶化処理は紫外線法とし、沈殿
池において濃縮された活性汚泥を引き抜いて、この活性
汚泥に0.5時間以上の紫外線照射を行なう処理とす
る。これについても、詳細は後述する。
【0017】
【発明の実施の形態】図面に基づき、本発明の実施例に
ついて以下にのべる。
【0018】図1は、本発明による湖沼等の浄化方法の
第1の実施例を示す概略系統図である。図1において、
1は湖沼等から導入した原水を嫌気性処理する嫌気性処
理槽であり、槽内では汚泥の沈殿を防ぐため、撹拌機2
によって撹拌される。3は好気性処理槽であり、散気装
置4によって空気または酸素が吹き込まれ、槽内は好気
性に維持される。5は沈殿池、6は沈殿池で沈殿した汚
泥を可溶化するための可溶化処理槽である。
【0019】さらに、図1において、好気性処理槽3内
の被処理水の一部は、循環水用配管7により嫌気性処理
槽1に還流される。また、沈殿池5で沈殿した活性汚泥
の一部は、返送汚泥配管8により好気性処理槽3に返送
される。さらにまた、前記活性汚泥とは別の活性汚泥の
一部を、沈殿池5から引き抜いて、可溶化処理槽6で可
溶化処理した後、可溶化返送汚泥配管6aにより、嫌気
性処理槽1に返送する。なお、前記活性汚泥は、好気性
処理槽3から引き抜くこともできる。
【0020】このような処理システムにおいて、湖沼等
の原水の浄化は次のように行われる。まず、原水は嫌気
性処理槽1に導入されるが、この嫌気性処理槽には、さ
らに沈殿地5で沈降、濃縮された返送汚泥、可溶化処理
槽6で処理された可溶化返送汚泥、好気性処理槽3から
の循環水が同時に導入される。この嫌気性処理槽1で
は、原水および循環水中に存在する亜硝酸性窒素(NO2 -
-N)、硝酸性窒素(NO3 --N)が返送汚泥中に存在する脱
窒菌により窒素ガス(N2)に還元されて大気中に放出さ
れる。この反応は以下の式で表される。
【0021】2NO3 - + 2(H2) → 2NO2 - + 2H2O 2NO2 - + 3(H2) → N2↑+ 2OH- +2H2O 上記反応において、H2は有機物の分解により供給され、
被処理水中の有機物やメタノールがこの水素供与体にな
るこれらの反応式からも分かる通り、NOx-N(NO2 --NとN
O3 --N の合計)の還元には有機物が必要である。脱窒速
度だけみれば、メタノールが脱窒菌の資化性も高く好都
合であるが、処理コストが高くなることと、貯蔵、補充
等の問題もあり、被処理水中の有機物を利用することが
多い。
【0022】ところで、被処理水が下水のような場合に
は、家庭等から排出されて処理場に到達するまでの時間
も短く生物処理も受けていないため、比較的、生物資化
性が良好で問題なく利用できるが、湖沼等の被処理水の
場合には生物資化性が低いため、本来、含有されている
有機物だけでは不充分である。このため、本発明におい
ては、可溶化処理槽6で活性汚泥を可溶化処理した後、
嫌気性処理槽1に供給する。
【0023】活性汚泥を可溶化処理する方法としては、
ミル法,ディスク法,超音波法等の破砕処理方式、酵素
法,細菌法等の生物学的処理方式、オゾン法,紫外線
法,過酸化水素法,電解法等の化学的処理方式などが知
られており、いずれの方式も採用できる。しかしなが
ら、湖沼等の浄化方法においては、簡単にしてエネルギ
ー効率の高い可溶化処理方法が、特に望まれる。この観
点から、後述する紫外線法が望ましい。
【0024】また、可溶化処理槽6で処理された汚泥
は、可溶化されて溶解性になった分だけでなく、残りの
固形分も紫外線によって殺菌されたり、あるいはオゾン
等により細胞壁が破壊されたりしている。このような固
形分は元々の汚泥に比べ、生分解性は高くなっているた
め、後続の好気性処理槽3で生物に分解され、結果的に
系外に排出される余剰汚泥を減量化することができる。
場合によっては余剰汚泥を全く発生させないようにする
ことも可能である。
【0025】前記余剰汚泥の減量化に関わり、特許第2
973761号公報には、「被処理液中のBODの同化
により増殖する汚泥量よりも多い量の活性汚泥を好気性
処理系から引抜き、オゾン処理して、前記好気性処理系
に導入するようにすることにより、負荷および処理効率
を低下させることなく、余剰汚泥の生成を抑制し、場合
によっては余剰汚泥の発生をゼロにすることも可能であ
る。」旨、さらに「増殖汚泥よりも多い量の引抜汚泥を
オゾン処理してBODに転換するため、増殖汚泥のみを
オゾン分解する場合よりも、無機化部分が多く、汚泥減
容化率は高い。増殖汚泥と無機化部分が等しくなるよう
に、引抜汚泥の量を決めると、余剰汚泥は実質的にゼロ
になる。」旨、記載されている(詳細原理は、前記公報
参照)。
【0026】本発明においても、例えば、前記嫌気性処
理および好気性処理を含む生物処理によって発生する汚
泥量よりも多い量の活性汚泥を引き抜いて可溶化処理し
た後、嫌気性処理槽に返送する、即ち、前述のような可
溶化工程を設けない場合に発生する余剰汚泥量以上の量
の汚泥を可溶化処理して、嫌気性処理槽1に戻すことに
より速やかな脱窒反応だけでなく、余剰汚泥を発生させ
ない浄化システムが可能となる。
【0027】ところで、好気性処理槽3においては、可
溶化した汚泥の分解、およびもともと湖沼等の原水中に
含有されている有機物の分解だけでなく、硝化菌により
アンモニア性窒素(NH4 --N)のNOx-Nへの酸化が行われ
る。NH4 --Nは湖沼等の原水に含有されている分だけでな
く、好気性処理槽3での有機物の酸化過程で生じる分も
酸化対象になる。この反応は以下の式で表される通り、N
H4 --NはNO2-Nを経由して最終的にはNO3 --Nまで酸化され
る。このNO3 --Nあるいは反応中間体であるNO2 --Nは、嫌
気性処理槽1に循環水として戻され、脱窒菌により、N2
に還元されることは前述したとおりである。
【0028】NH4 + + 1.5O2 → NO2 - + H2O + 2H+ NO2 - + 0.5O2 → NO3 - 次に、図2の実施例について以下に述べる。図2の実施
例が、図1の実施例と異なる点は、図1では嫌気性処理
槽1と好気性処理槽3とを別々の槽として設けていたの
に対し、図2では一つの生物反応槽10で嫌気性処理、
好気性処理を行っている点である。即ち、生物反応槽1
0においては、嫌気性処理時には散気装置4を停止し
て、撹拌機2で撹拌のみを行って脱窒反応を行わせ、好
気性処理時には逆に散気装置4を稼動し、撹拌機2を停
止した状態で、有機物の分解と硝化反応を行わせる。活
性汚泥の可溶化、及びこれによって生じる脱窒反応の促
進、余剰汚泥の減量化等については、図1の実施例と同
様である。
【0029】次に、前記活性汚泥を可溶化処理する方法
としての紫外線法の実施例について、以下に述べる。前
述のように、この発明の好ましい実施例においては、オ
ゾン処理よりも簡単な設備で活性汚泥を生分解可能な物
質へ変換する方法として、紫外線処理法を用いる。紫外
線は、殺菌作用のほかに菌体成分の一部を可溶化する作
用も持ち合わせている。即ち、紫外線照射により発生す
るラジカル種(主にOHラジカル)が、活性汚泥を酸化さ
せ、さらに紫外線が持つ殺菌作用が組み合わさって、活
性汚泥が処理される。なおここで、紫外線とは、波長が1
80〜380nm程度の光を指している。
【0030】上記特徴を利用して活性汚泥に紫外線処理
を施し、可溶化させる以下の実験を行った。実験を行った
汚泥濃度は、実際の生物処理系に用いられる汚泥濃度か
ら濃縮された状態にある汚泥の濃度、具体的にはMLSSが
2,000〜13,000mg/lの範囲についてであり、紫外線
が持つSS成分の可溶化効果の汚泥濃度依存性についての
実験を行なった。
【0031】図3は、前記可溶化効果の汚泥濃度依存性
に関する実験結果を示す。紫外線処理時間は1時間とし
た。この結果によれば、本実験で用いた濃度範囲では、
汚泥の濃度に比例して溶解性TOC(DOC)量は増加し、処理
すべき活性汚泥濃度を高くする程、多量の可溶化量を得
ることが可能であることが判明した。なお、前述の可溶
化量とは、以下の式で定義される。即ち、 可溶化量=△DOC=[(紫外線処理後DOC濃度)−(紫外
線処理前DOC濃度)] ここで、DOCは、Dissolved Organic Carbon:溶解性有機
炭素を意味し、また、前記TOCは、Total Organic Carbo
n:全有機炭素を意味する。
【0032】上記結果から、通常の活性汚泥処理法で適
用されるMLSS濃度(2,000mg/l程度)の活性汚泥を引
き抜いて紫外線で処理を行うよりも、高い濃度状態にあ
る活性汚泥を引き抜いて紫外線処理を施す方が、余剰汚
泥発生を抑制するために必要な汚泥処理の効率を上げる
ことができる。従って、例えば図1において、活性汚泥
は、好気性処理槽3から引き抜くよりも、沈殿池におい
て濃縮された活性汚泥を引き抜いて、紫外線処理を施す
方が有利である。通常、沈殿池において濃縮された活性
汚泥のMLSS濃度は、8,000mg/l程度であり、汚泥処
理の効率の上昇は、活性汚泥を生物分解可能な物質へ変
換するのに必要とされる投入エネルギーの減少に結びつ
くことから、全体としてのエネルギー効率を高めること
が可能となる。
【0033】さらに紫外線処理法においては、オゾンの
ような有害ガスを使用することはないために、排オゾン
設備などの付帯設備を必要としない。従って、オゾン処
理法に比べ設備が少なくて済むなどのメリットもある。
【0034】次に、図4について説明する。図4は可溶
化処理方法として紫外線照射(UV照射)を用いたとき
の可溶化量(ΔDOC:mg/l)とUV照射時間(h)
との関係を示す。紫外線照射は、SS:2,800mg/lの
汚泥700mlを二重円筒管内に充填し、内部から40Wの低
圧水銀ランプを照射することによって行った。
【0035】図4によれば、UV照射時間(h)が0.
5hまではΔDOC値が急上昇し、その後、0.5hから
約1h照射までは、ΔDOC値が略平坦となり、それ以降
また、UV照射時間とともに漸増する傾向を示す。この
傾向は、SS濃度を変えても、同様である。従って、前述
のように、沈殿池において濃縮された活性汚泥を引き抜
いて、この活性汚泥に0.5時間以上の紫外線照射を行
なう処理とすることにより、エネルギー効率の高い経済
的な処理が可能となる。有機物は紫外線照射によって可
溶化、低分子化されているため、生分解性は高く、前述
のようにして嫌気性処理槽1または生物処理槽10には
充分な有機物の供給が行なわれて、脱窒反応が速やかに
進行する。
【0036】
【発明の効果】上記のとおり、この発明によれば、湖
沼,河川,池,溜池,お堀など(湖沼等)から導入した
原水を浄化して、この浄化水を前記湖沼等へ放流する湖
沼等の浄化方法において、前記原水を、嫌気性処理槽に
おいて嫌気性処理を行った後、好気性処理槽において好
気性処理を行い、この好気性処理槽内の被処理水の一部
を前記嫌気性処理槽に還流し、さらに、前記好気性処理
槽もしくは後段の沈殿池から活性汚泥の一部を引き抜い
て前記嫌気性処理槽に返送し、かつ前記活性汚泥の一部
とは異なる活性汚泥の一部を引き抜いて可溶化処理した
後、前記嫌気性処理槽に返送する工程を含むこととした
ので、藻類増殖の栄養塩である窒素を効率よく除去する
とともに、汚泥の発生量を抑制した湖沼等の浄化方法を
提供することができる。
【0037】また、特に、前記可溶化処理は紫外線法と
し、沈殿池において濃縮された活性汚泥を引き抜いて、
この活性汚泥に0.5時間以上の紫外線照射を行なう処
理とすることにより、簡単にしてエネルギー効率の高い
湖沼等の浄化方法を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の湖沼等の浄化方法の実施例に関わる系
統図
【図2】図1とは異なる実施例に関わる系統図
【図3】本発明に関わり、可溶化効果の汚泥濃度依存性
に関する実験結果を示す図
【図4】本発明に関わり、可溶化量とUV照射時間との
関係の実験結果を示す図
【符号の説明】
1:嫌気性処理槽、2:撹拌機、3:好気性処理槽、
4:散気装置、5:沈殿池、6:可溶化処理槽、6a:
可溶化返送汚泥配管、7:循環水用配管、8:返送汚泥
配管、10:生物処理槽。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) C02F 11/00 C02F 11/00 Z 11/02 11/02 11/06 11/06 A (72)発明者 中原 浩介 神奈川県川崎市川崎区田辺新田1番1号 富士電機株式会社内 (72)発明者 古屋 勇治 神奈川県川崎市川崎区田辺新田1番1号 富士電機株式会社内 Fターム(参考) 4D028 BC26 BD00 BD08 BD11 CA09 CA15 CB02 CB08 4D040 BB05 BB07 BB57 BB63 BB91 4D059 AA05 BA00 BC02 BK11 BK12 BK21 BK22 BK23 CA28 DA43 EB16

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 湖沼,河川,池,溜池,お堀など(湖沼
    等)から導入した原水を浄化して、この浄化水を前記湖
    沼等へ放流する湖沼等の浄化方法において、前記原水
    を、嫌気性処理槽において嫌気性処理を行った後、好気
    性処理槽において好気性処理を行い、この好気性処理槽
    内の被処理水の一部を前記嫌気性処理槽に還流し、さら
    に、前記好気性処理槽もしくは後段の沈殿池から活性汚
    泥の一部を引き抜いて前記嫌気性処理槽に返送し、かつ
    前記活性汚泥の一部とは異なる活性汚泥の一部を引き抜
    いて可溶化処理した後、前記嫌気性処理槽に返送する工
    程を含むことを特徴とする湖沼等の浄化方法。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の湖沼等の浄化方法にお
    いて、前記嫌気性処理槽および好気性処理槽に代えて、
    間歇的曝気装置を有する生物処理槽を設け、前記嫌気性
    処理と、好気性処理と、前記好気性処理槽内の被処理水
    の一部を嫌気性処理槽に還流する処理とを、前記生物処
    理槽において一括的に行なうことを特徴とする湖沼等の
    浄化方法。
  3. 【請求項3】 請求項1または2に記載の湖沼等の浄化
    方法において、前記嫌気性処理および好気性処理を含む
    生物処理によって発生する汚泥量よりも多い量の活性汚
    泥を引き抜いて可溶化処理した後、前記嫌気性処理槽ま
    たは生物処理槽に返送することを特徴とする湖沼等の浄
    化方法。
  4. 【請求項4】 請求項1ないし3のいずれかに記載の湖
    沼等の浄化方法において、前記可溶化処理は、ミル法,
    ディスク法,超音波法等の破砕処理方式、酵素法,細菌
    法等の生物学的処理方式、オゾン法,紫外線法,過酸化
    水素法,電解法等の化学的処理方式のいずれかとするこ
    とを特徴とする湖沼等の浄化方法。
  5. 【請求項5】 請求項1ないし3のいずれかに記載の湖
    沼等の浄化方法において、前記可溶化処理は紫外線法と
    し、沈殿池において濃縮された活性汚泥を引き抜いて、
    この活性汚泥に0.5時間以上の紫外線照射を行なう処
    理とすることを特徴とする湖沼等の浄化方法。
JP2001394888A 2001-12-26 2001-12-26 湖沼等の浄化方法 Pending JP2003190987A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001394888A JP2003190987A (ja) 2001-12-26 2001-12-26 湖沼等の浄化方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001394888A JP2003190987A (ja) 2001-12-26 2001-12-26 湖沼等の浄化方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003190987A true JP2003190987A (ja) 2003-07-08

Family

ID=27601484

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001394888A Pending JP2003190987A (ja) 2001-12-26 2001-12-26 湖沼等の浄化方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003190987A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211715A (ja) * 2004-01-27 2005-08-11 Kobelco Eco-Solutions Co Ltd 有機性廃液の処理方法とその処理装置
JP2007021285A (ja) * 2005-07-12 2007-02-01 Mitsubishi Rayon Eng Co Ltd 余剰汚泥減容化方法及び余剰汚泥減容化装置
JP2008000745A (ja) * 2006-05-25 2008-01-10 Kato Construction Co Ltd 水質浄化処理方法
CN105523688A (zh) * 2014-10-16 2016-04-27 胜科工业有限公司 用于处理废水的设备和方法
CN108911413A (zh) * 2018-08-06 2018-11-30 邹泽深 一种污水污泥处理装置
CN109095714A (zh) * 2018-08-29 2018-12-28 李磊 一种好厌氧交替式污水净化槽及净化工艺

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211715A (ja) * 2004-01-27 2005-08-11 Kobelco Eco-Solutions Co Ltd 有機性廃液の処理方法とその処理装置
JP2007021285A (ja) * 2005-07-12 2007-02-01 Mitsubishi Rayon Eng Co Ltd 余剰汚泥減容化方法及び余剰汚泥減容化装置
JP2008000745A (ja) * 2006-05-25 2008-01-10 Kato Construction Co Ltd 水質浄化処理方法
CN105523688A (zh) * 2014-10-16 2016-04-27 胜科工业有限公司 用于处理废水的设备和方法
CN108911413A (zh) * 2018-08-06 2018-11-30 邹泽深 一种污水污泥处理装置
CN109095714A (zh) * 2018-08-29 2018-12-28 李磊 一种好厌氧交替式污水净化槽及净化工艺

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3531481B2 (ja) 廃水の処理方法及び装置
CN1309665C (zh) 脱氮除磷工艺——npr工艺
JP2008284427A (ja) 排水処理装置及び排水処理方法
KR101095576B1 (ko) 가축분뇨를 함유하는 폐수의 처리 장치, 이의 처리방법 및 액비 생산 방법
JP2007105631A (ja) 有機性排水の処理方法及び装置
JP2014097472A (ja) 有機性廃水の処理方法及び処理装置
US3867284A (en) Water treatment with nitrogen dioxide
JP2007105630A (ja) 有機性排水の処理方法
JPH0970598A (ja) 超純水製造装置
JP3483917B2 (ja) 汚水処理法
JP3867326B2 (ja) 活性汚泥法処理水のオゾン処理方法
CN104276722A (zh) 新型尾水提标系统
KR100583904B1 (ko) 오ㆍ폐수 고도처리 시스템
JP2004275820A (ja) 排水処理装置
JP2003190987A (ja) 湖沼等の浄化方法
JP4404976B2 (ja) 有機性廃水の処理方法及び有機性廃水の処理装置
JP3858271B2 (ja) 廃水処理方法及び装置
KR100478010B1 (ko) 폐수처리장치
KR200337564Y1 (ko) 오ㆍ폐수 고도처리 장치
JP6750930B6 (ja) 汚排水浄化システム
JP2946163B2 (ja) 廃水処理方法
JPH05277475A (ja) 有機物含有水の処理方法
JPH07323297A (ja) 有機性汚水の生物処理方法
JP4581174B2 (ja) 生物処理方法
JP2009039620A (ja) 余剰汚泥の減量方法及び減量化システム