JP2003190777A - 光触媒酸化チタン粒による液体改質装置 - Google Patents

光触媒酸化チタン粒による液体改質装置

Info

Publication number
JP2003190777A
JP2003190777A JP2001403292A JP2001403292A JP2003190777A JP 2003190777 A JP2003190777 A JP 2003190777A JP 2001403292 A JP2001403292 A JP 2001403292A JP 2001403292 A JP2001403292 A JP 2001403292A JP 2003190777 A JP2003190777 A JP 2003190777A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
liquid
light
pipe
oil
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001403292A
Other languages
English (en)
Inventor
Chitoshi Jinno
千年 神野
Nobuhito Abe
信人 阿部
Yoshiko Ishibashi
俶子 石橋
Futoshi Sumizaki
太志 炭崎
Original Assignee
Sennenjuku:Kk
有限会社千年塾
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sennenjuku:Kk, 有限会社千年塾 filed Critical Sennenjuku:Kk
Priority to JP2001403292A priority Critical patent/JP2003190777A/ja
Priority claimed from PCT/JP2002/013753 external-priority patent/WO2003055592A1/ja
Publication of JP2003190777A publication Critical patent/JP2003190777A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/30Wastewater or sewage treatment systems using renewable energies
    • Y02W10/37Wastewater or sewage treatment systems using renewable energies using solar energy

Abstract

(57)【要約】 【目的】 居住空間の物に有害な物質を消滅させるため
の1つとして、光触媒酸化チタン、その他を含む粒、板
により、液体の改質をはかる装置を提供し、水を使う人
が良い排水を流すことで、排水処理経費の削減をはか
る。 【構成】 光触媒酸化チタン粒等に密着した液に、太陽
光、ライトによる紫外線、及び電子による無光粒で液の
改質をする装置。そして目的、用途別に装置を変えるこ
とを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】環境、健康、有害物質除去産業に
関する。 【0002】 【従来の技術】従来、油の改質、水の浄化につき、多く
の技術があるが、特に水は多く、磁気電子、電気及び活
性炭法等で、油は電気関係有。(特許第2070640
号) 【0003】 【発明が解決しようとする課題】油、水等の液体改質の
課題は、大畧次の通りである。 1)燃料油は燃費効率向上と排ガス中の毒性除去。 2)作動油、天ぷら油等は劣化、酸化減少 3)水は、健康水にし味の良いもの、を造水する装置が
必要。 先願特許、特開2000−325970号の他にも有。 【0004】 【課題を解決するための手段】容器内に、光触媒酸化チ
タン粒を入れ、液を流動すると同時に、紫外線照射を行
う。多くの紫外線が中に入れた粒子に照射するのが必要
のため、容器材料には、石英ガラス、非晶質ポリオレフ
イン等を使用する。造液速度向上には、集光具、反射光
も設け、全自動装置とする。 【0005】 【作用】上記のように構成された改質装置は、太陽光は
連続流動する液体に強く照射するが、ビルの谷間、路地
の中に設置しないで、ビルの屋上、畠の温室の外に設置
することで作用も大きい。紫外線の透過率の高い石英ガ
ラス等も使用する。電気ライトによる紫外線照射は、ラ
イトの外周から全方位でるため、ライトに特殊シールを
設け、粒及び液に直接照射するので、これもまた紫外線
の作用強くなる。そして常に強い紫外線で改質速度を早
めることから、液体をとめて改質するのでなく道を長く
し、流動しながら改質でき、自動方式とした。また、紫
外線ライトの表面ガラスには、石英ガラス、非晶質ポリ
オレフィン及び弗素樹脂等を使用し透過率を高めると同
時に反対側にはアルミ箔を設け、僅かの反射線も作用す
るように実施した。 【0006】 【実施例】実施例について図面を参照して説明すると、
図1において、液体容器(5)の中心に紫外線ライト
(B)をたてに固定し、差込口(3)を上下に設け、ラ
イトの外側にオーバーフロパイプ(1)を固定し、その
中に光触媒酸化チタン粒を入れ、液の取入口(2)から
進入した液は、パイプを通りライトとオーバーフローパ
イプの隙間の底に出口(13)を設ける。電気パネル
(C)のスイッチを入れると、電磁バルブ(2)が開と
なり、液の進入と共にライトが点灯し、液は上昇しなが
ら改質され、オーバーフローされたものが、容器(D)
にたまり、満端でフロートセンサー(4)が作動、電磁
バルブが閉となり、ライトは消え完了。そして取出口バ
ルブ(6)を開き液を取出すと再びくり返すもので、本
装置は非常に小型。使用例としては水に対し次のもので
ある。1)家庭飲料用、2)洗淨美容水、3)家庭農園
の植物成育用、4)魚貝類の養殖実験用、5)水性イン
キ、塗料実験用、6)生鮮品の鮮度保持実験用7)防
錆、冷却効果実験用、に使われる。そして、油等の液体
改質は、1)潤滑油の性能実験用、2)燃料油(軽油
等)の排ガス、燃費節約実験用、3)天ぷら油の劣化防
止実験用、に実施されている。さらに小型低価格のた
め、家庭用に良い。 【0007】図2に示す実施例では、取入口(2)から
進入の液は、パネル(C)の操作により、復数のライ
ト、パイプを通過する構成のもので、ライトのパイプで
は上昇、接手(8)を通過し、細パイプ(7)は降下式
である。図1のライト1本の小型に対し、中型のため、
液の処理を約20倍にした。また、電気パネルにはタイ
マを設け、特殊処理液は長時間、紫外線照射が可能で次
の用途に使用される。1)食堂、ホテル等の飲料水用、
2)豆腐、納豆、モヤシ等の水用、3)老人ホーム施設
の風呂水美容水用、4)鉄筋コンクリートの強度向上、
及び水性塗料用、5)のり、こんぶの養殖実験用、6)
工場分野での防錆処理及び冷却水用、7)油の性能向上
用. 【0008】図3に示す実施例では、取入口(2)から
長路パイプ(9)を経て、取出口(6)に至る迄の缶内
部に、粒(A)を入れ、改質効率を高くし、上記図2に
比し更に大型とした。そして、天井及び両側には集光具
を設け、太陽紫外線専用である。大量造液には、低コス
トが必要のため、ビルの屋上、農家の庭等に設置し、
1)マンション、ビルの全体の飲料を含めた水用、2)
農林産物の増産用水、3)酒用の水用、4)土壌改良、
医療用、5)魚貝類の魚礁用、6)工業用油、軽油用、
7)切削水、冷却水用等に使用する。 【0009】図4は、上記実施例で説明の装置に使われ
る。光触媒酸化チタン粒の消耗交換の際、容易にし、交
換コスト低下のためのカートリッジである。外皮の内面
にはアルミ箔(11)を設け、内面は紫外線透過率の高
い細線網で作る。尚、図3装置の粒交換は、片側から空
気又は液体で圧し出すため、カートリッジ式にはしない
で進めている。さらに、中には、端部に1般フィルター
共入れも良。図5は、住宅の壁に嵌め込み方式で壁兼用
にしたもので、室内側には低発泡板で断熱材とし、外側
は紫外線を充分に受け、大量の改質液が造れる。パイプ
は復数設け、液の重量は大になるが、南側の紫外線を受
け易い壁にすれば、屋根の重量を大にしない故、地震に
も対処できる。尚本発明壁では粒の交換はカートリッジ
にし、タンク側(下)から出入れする。そして水装置の
場合、火事にも強い。さらに加えると、量でも紫外線は
有。 【0010】図6は、生鮮蔵庫の実施例で、生野菜、果
物、魚等を長期保存できるためのものである。本発明の
装置を密封できる物入れの中に設け、改質後の水を湿度
が低下した時(約95%)に天井から散布(霧散)し、
常に100%湿持。温度を℃〜+℃、中の物は包装無、
とすると改質水成分が仂く。図7は、雨樋の中に管を設
け、その中に液を流すもので、中には粒があり、長さが
多くできる。 【0011】 【発明の効果】本発明は以上の構成により、次の効果を
奏する。 1)残留塩素:不検出、有機物1.7mg/リットル
等、快適でうまい水になり、飲料用としてすばらしい。
マイナスイオンが体内に増えれば美肌になる。 2)水中の有害物質である、トリハロメタン、ブロモジ
クロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、
クロロホルム等を酸化還元作用で分解させ、殺菌、脱臭
も同時に行い、クラスターを小さくして活性化を付与し
ているため、膚への浸透がよく美容によい。マイナスイ
オン効果も大である。 3)水は、抗菌性が有り、水の分子が1/3になるた
め、有害性減少で農産物、植物の成育を早める。多造水
法としての図3、図7は高効率となる。 4)水の酸化還元電位が低くなり、魚貝の成育によい。 5)水に溶解性が良くなり(添加する他の微粒子に於
て)分散が良い。また防腐剤を入れなくても水が腐らな
いため水性塗料によい。 6)上記の水は腐らないため、生鮮品を長く保存するた
めに適している。 7)上記のため、錆ない水として広く工業用に使用で
き、防錆剤となる。 8)水は保存によくなると、豆腐、納豆、もやし等に広
く使える。 9)セメントを水で混ぜる時に使うと、コンクリートの
強度が向上し、鉄筋の防錆に関係し、よくなる。 10)水は酒、ビール等の原水となり、海洋深層水に匹
敵する。 11)燃料油の(軽油)排ガス減少、天ぷら油の酸化防
止をして過酸化脂質を残さぬようにする。軽油の燃焼効
率の向上は更に研究中。 12)潤滑油はすべりを高くする。劣化比率の研究中。
【図面の簡単な説明】 【図1】ブラックライトブルー蛍光ライト1本の小型液
体、改質装置の正面部分断面図である。 【図2】BLBライト多本の中型液体改質装置の正面斜
視図である。 【図3】太陽紫外線利用の大型液体改質装置の正面構成
図である。 【図4】光触媒酸化チタン粒の交換用カートリッヂ
(円)の断面図である。 【図5】壁の代りに嵌め込み式にした液体改質装置の側
面斜視図である。 【図6】本発明の水改質装置搭載した、生鮮蔵庫の正面
図である。 【図7】水の改質パイプを屋根の雨樋の中に設けた断面
図である。 【符号の説明】 A 光触媒酸化チタン粒 B ブラックライ
トブルー蛍光灯 C 電気パネル D 処理済タンク 1 オーバーフローパイプ 2 電磁バルブ付
取入口 3 蛍光ライトソケット 4 フロートスイ
ッチ 5 外容器タンク 6 取出口バルブ 7 降下パイプ 8 接手 9 密着管(PMMA材) 10 集光板 11 カートリッジ外周アルミ箔 12 細い線の網 13 液上昇口
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】 【提出日】平成14年5月8日(2002.5.8) 【手続補正1】 【補正対象書類名】明細書 【補正対象項目名】全文 【補正方法】変更 【補正内容】 【書類名】 明細書 【発明の名称】 光触媒酸化チタン粒による液体改質装
置 【特許請求の範囲】 【請求項1】 多数の光触媒酸化チタン粒を入れた容器
又は板に並べた皿に、太陽光、ブラックライト等の紫外
線を照射し、液をくぐり抜けることで改質液を得る装
置。また、紫外線等を不要とする粒を容器内に入れ光な
しで多くの粒空間内に加圧液を流し電気により改質液を
得るもの。 【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】 環境、健康、有害物質除去産業
に関する。 【0002】 【従来の技術】 従来、油の改質、水の活水化等につ
き、多くの技術があるが、磁気、電気、活性炭法による
ものが多く、油も同じで、光触媒、によるものは少しで
あった。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】 油、水等、液体改質
の課題は、次の通りである。 1) 燃料油は、大巾な燃費効率30%以上、及び排ガ
ス中の毒性除去。 2) 作動油、天ぷら油等は劣化、酸化防止減少率15
%以上。 3) 農業用水は、虫除去、農薬除去、根活力増大、工
業用水は、殺菌、防藻、防錆。飲料水は、防菌。マイナ
スイオンベランス水。魚貝用水は、ミネラル増養殖水。 本発明の装置に使用する板、粒は、先願特許特開200
0−325970号の光触媒酸化チタン粒及びその他の
無光粒を含め、装置に入れる。 【0004】 【課題を解決するための手段】 板皿、パイプ等の容器
内に、光触媒酸化チタン粒等を入れ、紫外線ライト、液
体流動する。外周からの紫外線照射には、石英ガラス、
非晶質ポリオレフィン系プラスチック等を使用し、内か
らの照射には、金属の反射光利用の形状にする。また、
光を必要としない酸化チタン粒内を流す液体型装置に
は、通過量調整の条件をつける。工業、農業用等使途の
異る多種の合質造液は、中に入れる多種の粒表面処理を
変え、対処するが、大畧その種類は数種にとどめ、薬用
を特殊品に加える。さらに太陽光利用の循環方式は、自
然の流れ式として重要である。 【0005】 【作用】 上記のように構成された改質装置は、液が流
れる際に発生する電子と共に、粒表面の触媒と作用し、
短時間で、脱塩素、分子の集りの小化等の作用をする。
また、太陽光の紫外線、ブラックライトによる紫外線等
による光触媒作用、が仂くが、粒材質を紫外線高透過性
にしたものは、中心にライトを入れたパイプ内の遠い距
離でも作用する。 【0006】 ワンパスで流す液は、酸化チタン粒の作
用効果から、道程を長くとり、循環で容器の液体を改質
する場合は、短長に無関係。従って、工業農業、食品
業、医療、等、合質的作用を適要する。 【0007】 【実施例】 図1は、小型で家庭用、として洗浄、料
理、飲料、美容、農園、魚イケス、マイナスイオンルー
ムコート混合、塗料、鮮度保持容器等、多種に、また油
の小量改質に適した装置で、容器(5)の中に、オーバ
ーフローパイプ(1)の中心に、紫外線蛍光ライト
(B)を設ける。粒は上記用途適合粒をパイプとライト
の空間に入れ、液の取入口(2)から進入液は、チュー
ブ(13)の出口からパイプ内に放出、上昇し、容器内
にたまる、フロートセンサー(4)が作動すると、電磁
バルブ(2)は閉となり、ライトは消灯、下の取出口
(6)を開き、出して使用すると、再度流れ、常に液タ
ンク(D)には改質済のもの。 【0008】 図2は、太陽光不可の場合の中型用で、
ビル、ホテル、食堂、クリーニング、工業、農業、漁業
用として使用される装置の例。又、燃料油、天ぷら油の
改質にも使う。液入口(2)から、フイルターパイプ
(7)の中を上昇し、磁石を含むフイルター(F)を通
過し、分配パイプ(8)から夫々の、ブラックライトと
粒のパイプ(1)に分配され、集水パイプ(9)に行
く。分配パイプの液量は、フロートスイッチ(4)でO
N、OFFし、液はタンク(5)から取出し使用され
る。農業用のエキス、農薬除去水等を作る場合は、分配
パイプに注入し、魚業ではミネラルを注入できる。 【0009】 図3は、太陽光利用兼ライト利用型で上
面の中心部には、多くの太陽光を受け、不足の時には裏
側にライトが設けられ、複数の粒管(10)を照射す
る。圧力水は入口(2)から進入、フイルター管(7)
を通り、マニホルド(11)から次のパイプに入る。そ
して全体のパイプを通り(6)から排出されるが、工業
用水の冷却タワー、コンプレッサーの水等は循環方式を
とるため中には防錆、防藻、抗菌性の粒を入れて、メン
テナンス0をはかる。また魚貝類の養殖用水、農業用水
等、大量水、循環式等により、複数通過で良質液となる
ことから、油の改質にも適す。透明パイプは、紫外線透
過率の高い石英ガラス及びPMMAを使用、本数は3〜
10本。尚出入口の非透明パイプの中には、無光の粒、
フイルター等により、電子効果によるマイナスイオン液
にかえる。 【0010】 図4は、生鮮品運搬、魚貝類運搬等イケ
ス用、稚貝、魚、小農園、工業用小機械の循環改質用と
している。液は入口(2)から圧力水油が浸入、中心の
ブラックライトとの中間の粒間をくぐりぬけた液は、フ
イルターを通り、出口(6)よりでる。最も小型で軽い
ため簡単取扱い。製氷用に良い。循環式で、銭湯、プー
ルにも適し、タイルの掃除が不要。 【0011】 図5は、シヤワーの管根元、セメントコ
ンクリー水、植物への散水、等、良改質液をできるだけ
長い道程チューブ方式にしたもの。入口(2)から進入
する圧力液は、光を必要としない電子粒の中をくぐりぬ
けることで良改質され、出口(6)から排出される。ス
パイラルチューブ(13)の中には合質粒が入れられ、
ケース(12)に収納するが、特に長距離の場合は、巻
取りコンセントのように横型にし、リール方式でチュー
ブを伸す便利式もある。コンパクトにしたものを、風呂
のシヤーワにつけると、肌に良い、洗済の少ない湯にな
るよう、粒材質を合せる。 【0012】 図6は壁をタンクにしたもの。太陽光利
用の屋根上又は、雨桶内等に改質装置(図10)を設け
ると、タンクを設けないで壁を使うことにした。火災に
もよい。 【0013】 図7は、冷凍庫、冷蔵庫よりも鮮度保持
が良い容器。容器(12)の天井に、水を落とす孔付網
(15)に、パイプ(6)から配水される水は下のタン
ク水槽から、粒、ブラックライトの中をくぐりぬけ定期
的に雨を降らせる。網棚には、肉、魚貝、野菜等の生鮮
品を保存するが、光で作られる創光水は、エチレンガス
を分解し、殺菌性が高く、腐らない水のため、冷蔵庫よ
りも鮮度が良好となる。密閉不要でコスト安。またこの
方式の容器は、キノコの生産工場にも良い。野菜等は無
農薬品となる。 【0014】 図8は、風呂の湯を循環する装置で、吸
込口パイプ(2)から吸いこまれた湯は、粒パイプの中
をくぐりぬけ、フィルター(F)を通り、排出口(6)
から瀧のように風呂へ戻っていく、この方式は風呂以外
のものにも水しぶきがマイナスイオンの発生源になるた
め多用される。殺菌力がある上、循環することでクラス
ターの大きさが小になる。 【0015】 図9は、出張、旅行、山海等で生活水が
欲しくなった時のために装置を携行して、山、川、現地
の水道水等を飲める水に改質する装置。上部のキャップ
をとり、2から水を入れ、ケースパイプ(1)の中に入
れた光触媒酸化チタン粒(A)と水の接触と、太陽光の
紫外線の仂きで、無害のうまい水にする。出口バルブ
(6)を開けると、フィルターを通った水は、下へで
る。脚は上にあげ、リングでとめ、バック内に収める。 【0016】 図10は、太陽光利用の方式を雨樋の中
に設けたもの、長い距離がとれるため、スペースの有効
利用と改質液の向上が計れる。また、近くの壁をタンク
にできる。 【0017】 図11は、光触媒酸化チタンの表面層図
で、数種の用途別に母体材質が異り、さらにその表面は
1層〜表面迄の担持、材、厚みが異る。母体にガラス、
セラミック、砂、鉱石、カーボン等、また、第1層から
表面層迄に酸化チタンその他の材質を使用し、それぞれ
の有害有機物の分解を可能にし、さらに太陽光、紫外線
ライト、遠赤外線、無光電子イオンの発生により、 1)動物の飲料、健康保持増進用水。 2)マイナスイオン用の水で体外から作用させる血行増
進元気力向上。 3)油では燃料油の効率向上、劣化防止。 その他、多種の粒による用途、をあげる。 【0018】 図12は、狭い乗物内で長時間見動きで
きないと発生する病気を防ぐため、血行増進用腰掛内マ
イナスイオンシートで、座席布内に入れる。光触媒酸化
チタン水+トルマリンイオン等の粉粒を封入したマスク
等は、顔面等に密着し、垂眠、肌の手入れ、美容の効果
も生む、また、吸気マスクは、マイナスイオン、花粉侵
入防止を兼ね、鼻下につけられない場合、これを丸め鼻
孔に入れる。 【0019】 以上図説明の他にも多くの実施例として
述べる。1)野菜・魚貝、肉等の処理屑は、汚物処理場
に運び込む迄の保存時、悪臭防止水装置として図3、図
4の循環式を。2)シャワー、コンクリート水等を得る
装置には、ワンパス改質とし、図5の形式を用い湯・水
の粒くぐり流さを増した例が多い、除菌、マイナスイオ
ン量調整を含め自在に使い分ける。さらに、フィルター
の設置により、磁気、炭等の機能も入れことを可とし
た。 【0020】 【発明の効果】1) 目的別によるが、改質装置水は、
残留塩素不検出、有機物1.7mg/l以下、水中の有
害物トリハロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロホル
ム、クロロホルム等は酸化還元作用で分解されているた
め、家庭、工場共に排水も良質水になることから、排水
汚水処理が楽になる。 2) 飲料用は健康増進、シャワー、風呂、プール、洗
濯、洗浄、美容、若返りする。 3) 植物、魚貝、肉等の長期鮮度保持、農作物の根活
力の向上、果実の粒揃い、果実の増量、農薬の分解除
去、汚物処理迄の1時期消臭等、エチレンガス分解効果
も生む。また、大巾な魚貝の増産効果を生む。 4) 油改質の効果は、燃料油は燃焼効率と、排ガスの
無害化を。−15%潤滑油、天ぷら油は劣化防止、耐久
性向上を5%以上にした。 5) コンクリート用水は、混和剤でなく固化用水で耐
久性、強度、均等質、水密性の4条件を克服し、骨材の
滑り性、充填性、ブリージング少の固化水は、次の効果
生む。すなわち、塩素を除去、酸化還元電位の低下、水
分子の微小化した水は、コンクリートの1)水密性を有
し、収縮率が下る、約13%。2)充填性が良いため、
ピンホール少、約10%。3)強度向上でセメントの節
約約13%。4)混和剤少しで可、安くなる約13%。 【図面の簡単な説明】 【図1】 ブラックライト使用のタンク付装置の半断面
図である。 【図2】 ブラックライト使用の集合式装置の正面図で
ある。 【図3】 太陽光利用の多筒方式の斜視図である。 【図4】 ブラックライト使用の循環式断面図である。 【図5】 携帯用浄水装置の正面半断図である。 【図6】 壁タンクの斜視図である。 【図7】 鮮度保持容器の正面断面図である。 【図8】 創光湯装置の1断面図である。 【図9】 カバン内にいる携行装置の正面図である。 【図10】雨樋内太陽光利用装置の断面図である。 【図11】太陽光、電子帯電粒の断面図である。 【図12】顔面マスク等の正面図である。 【符号の説明】 A 光触媒酸化チタンイオン等の固体担持帯電粒 B BLBブラックライトブルー蛍光ランプ C 電気
スイッチ D 処理液タンク F フィ
ルター 1 パイプ 2 入口
管 3 ソケット 4 フロ
ートスイッチ 5 タンク 6 取出
しバルブ 7 上昇パイプ 8 接手 9 フィルター取出板 10 集合
光パイプ 11 アニホルド 12 ケ
ース 13 丸めチューブ 14 網
皿 【手続補正2】 【補正対象書類名】図面 【補正対象項目名】全図 【補正方法】変更 【補正内容】 【図1】 【図2】 【図3】 【図4】 【図5】 【図6】 【図7】 【図8】 【図9】 【図10】 【図12】 【図11】 ─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】 【提出日】平成14年12月4日(2002.12.
4) 【手続補正1】 【補正対象書類名】明細書 【補正対象項目名】発明の詳細な説明 【補正方法】変更 【補正内容】 【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】環境、健康、有害物質除去産業に
関する。 【0002】 【従来の技術】従来、油の改質、水の活水化等について
は、多くの技術があるが、磁気、電気、活性炭などによ
るが多く、光触媒技術関連によるものは少しであった。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】油、水等、液体改質の
課題は、次の通りである。 1)燃料油(特に軽油)は、排ガス中の毒性除去20
%、燃費効率20%低減。 2)作動油、天ぷら油等は劣化、酸化防止減少率15%
以上。 3)農業用水は、虫、農薬の除去、及び根活力の増強。
工業用水は、殺菌、防錆、防藻。飲料水は、抗菌、イオ
ンバランス水。魚業用水は、魚貝に対し、ミネラル増殖
水を、そして海藻類には、増殖液。 本発明の装置の内部に入れる光触媒粒、粉は、上記の通
り使途により形の異なる装置に内容の異る粒、粉にな
り、中味は先願の特開−2000−325970号の光
触媒酸化チタン粒及び無光触媒粒も多数入れ、多種の使
途毎に使い分ける。 【0004】 【課題を解決するための手段】箱、皿、パイプ等の容器
内に、光触媒酸化チタン粒などのビーズを取付け、操入
し、流れだすことのないよう囲い、太陽光の紫外線を受
けやすく。またブラックライトの紫外線を受け易く、液
体を流動し易くする。外側からの、光の投射囲いには、
石英ガラス、及び非昌質ポリオレフィン系プラスチック
を、また内部には反射板利用の構成にする。そして光不
要の触媒ビーズ内を流す装置には、通過量調整を行い、
回数調整も併用する。工業、農業、魚業等使途の異る多
種の合質造液は粒表面処理で合目的質する。また薬用品
を入れることも行う。 【0005】 【作用】液がくぐり抜ける時に、粒ビーズ等の表面の触
媒に反応し軽油の場合、低硫黄化、小分子化を。水道水
の場合、脱塩素、抗菌、小分子化等、電子とイオンと紫
外線作用による。 【0006】ビーズの中をくぐり抜ける長さを多くでき
ない装置の場合、ワンパスで流す液は、酸化チタン粒中
時間を延長するため循環容器を設け、何回も何回も増や
していくことで作用効率を高める。海のいけす、工業用
のクーリングタワー用等によい。 【0007】 【実施例】図1は、家庭用小型として洗浄、調理、飲
料、美容、農園、魚イケス、マイナスイオンルームコー
ト混合、塗料、鮮度保持容器等、多種に、また油の小量
改質用に使用できるもの。容器(5)の中に、オーバー
フローパイプ(1)を設け、その中心に、ブラックライ
ト(B)を入れ、適合ビーズをパイプの内側とライトの
空間に入れ、液の取入口(2)から進入した液は、チュ
ーブ(13)の出口からパイプ内に流出上昇し、容器に
こぼれていく。容器の上部にあるフロートセンサー
(4)が作動すると、電磁バルブ(2)は閉となり、ラ
イトは消え、下の取出(6)から出す迄、たまった儘で
保管、使用すると液タンク(D)がなくなると又、自動
で作動する。常に改質済の液があるワンパス方式。 【0008】図2は、ビル、ホテル等の中型用で、食
堂、集合住宅、農工業、魚業用に使用例でブラックライ
ト式。油にも使うが、タンクからの循環も可能。液入口
(2)から、フィルターパイプ(7)の中を上昇し、磁
石リンクを通り抜け、分配パイプ(8)から、夫々のブ
ラックライトとビーズパイプ(1)に分配され、ビーズ
をくくりめけた液は、集液パイプ(9)から下のタンク
に集められる。分配パイプの液量は、フロートスイッチ
(4)で、ON、OFFし、液はタンク(5)から取出
す。農魚業用のミネラル、エキス及び農薬除去水など
は、分配パイプに点適注液する。 【0009】図3は、農工魚業の中型で、陽光、ライト
兼用型。工業用のクーリングタワー、コンプレッサー
水、軽油の改質等に使用し循環専用型である。太陽光を
受け易くした復数の透明パイプ(10)の中を、圧力液
が入口(2)から進入し、フィルター管(7)を通り、
マニホルド(11)を通り、次々とくぐり抜け出口
(6)から出ていく。工業用には、防錆、防藻、抗菌、
防汚性のビーズを入れ、パイプの反対裏側にはブラック
ライトを復数パイプの溝部に設けられているため、陽光
紫外線不足の時でも改質ができる。無光触媒ビーズを入
れたパイプの裏には、ブラックライトを設けず、透明石
英ガラス以外のパイプも使用できる。マイナスイオン、
電子赤外線反応ビーズは主として非透明パイプ内にも入
れる。圧力水のもの及び、油等、必要回数通しは、ポン
プを設け、短時間に、何千回通しで上質の改質液ができ
た。 【0010】図4は、小型で取扱い簡単型。生鮮品運
搬、魚貝類運搬、稚魚貝イケス、小農園、小農業、小機
械、小プール、銭湯、小製氷用等多用途用である。液は
入口(2)から加圧液が入り、中心のブラックライトの
外側を螺旋状にくぐり抜け、フィルターを通り、出口
(6)からでる。 【0011】図5は、寸法により、小型、大型の可能な
ワンパス型で、小型では、シャワートイレ、農園、用、
大型では、コンクリート用水。散水、油では小スペース
用で100%無光触媒ビーズ使用、リール巻取自由方
式。入口(2)から進入する圧力液は、イオン、電子ビ
ーズの長尺チューブ内をくぐり抜ける。スパイラルチュ
ーブ(13)は、内径約20φで、その中には50〜1
50mの中に多種のビーズが寸法毎に入れてあり、ケー
ス(12)に納まり、出口(6)から液出する。 【0012】図6は、建物の壁をタンクにし、陽光利用
改質水保存方法をかえたもの、小型の改質用装置でも、
タンクスペースを多くとれる。屋根上、雨樋内を改質装
置にし、上階の壁をタンク変りにすることで重力による
改質液ができる。 【0013】図7は、冷却機をもたない鮮度保持庫で、
寸法により、小大型可能。肉、野菜、魚貝、果物などの
鮮度を保つことができた。容器(12)の天井に水を雨
のように落とす孔付網(15)に、パイプ(6)から配
水される水を下部のタンク水槽からとり、定期的に雨を
降らせる。ブラックライトの外を通り抜けた水は、エチ
レンガスを分解し、殺菌性、不腐水のため、冷却なしで
保持できた。密閉度不要簡単装置。 【0014】図8は、小型では風呂、大型ではプール等
の水の改質用で循環型。吸込口(2)から吸込まれた液
は、粒パイプの中をくぐり抜け、フィルター(F)を通
り、排出口(6)から瀧のように落ち、戻っていく、こ
の方式は水しぶきがマイナスイオンの発生減になるため
良い。クラスターの大きさも循環で小化していく。 【0015】図9は、出張、旅行、山、海などで生活水
を必要としたときの携行装置で現地の川、水道水等を飲
める水に改質する。上部のキャップをとり、入口(2)
から水を入れ、(ケースパイプ(1)の中に、)光触媒
酸化チタン粒(A)その他に陽光と共に当ると、紫外線
の働きで無害のうまい水になる。出口バルブ(6)を開
けると、フィルターをくぐり抜け下へでる。脚は上にあ
げ脚とめリングで固定し、カバン内に袋と共に入れる。 【0016】図10は、太陽光利用の方式を雨樋の中に
設けたもの、長い距離がとれるため、スペースの有効利
用と液質が良い。また近くの壁をタンクにできる。 【0017】図11は、光触媒酸化チタン粒の表面層図
で、数種の用途別に母体材質が異り、さらにその表面
は、1層から数層迄の担持材質、厚みも異る。母体に
は、ガラス、セラミック、砂、鉱石、プラスチック、
紙、カーボン等を、そして表層材質に、チタンその他を
使用し、それぞれの有害、有機物の分解可能にした。ま
た陽光、ブラックライト、遠赤外線、電子イオンの発生
で液を活性化すると、 1)人類、動物の飲料、健康保持増進用. 2)イオン入り液で体外からの血行増進元気力向上. 3)軽油の低硫黄化と油の劣化防止化、他多くの用途別
ビーズとなる。 【0018】図12は、フエイスマスクに光触媒水を途
布し、水分とマスク内に配合されたイオンとの反応を活
発化させ、顔の皮膚から体内に浸透することで血行を増
進するもの。狭い乗物で長時間運動不足が続くと発生し
易い血栓症防止用として良結果を得た。このフエイスマ
スクに塗布する水は、図1で造水できる。また、このマ
スクは、肌のしみ、しわ、とり、美容用のため、の他、
花粉進入フィルターの役目。眠り用にも良い。 【0019】以上、図説明の他、さらに図13以降図で
述べる実例の他に、魚貝、野菜等の腐り防止用。除菌の
ための洗浄用。炭、磁気併用の浄水油。かび、抗菌用
等、あらゆる液の改質用ビーズと装置の研究を続行中。 【0020】図13は、軽油、貝保存、解凍及びクーリ
ングタワー用などの改質装置で、大量用のため、図3の
構成を更に変更したもの。タンク内の液はポンプ、上昇
し、給チューブで分配板に入れ、数本以上のパイプ
(1)の中の光触媒酸化チタン粒、及び無光触媒粒をく
ぐり抜け、引力でタンク内に落下する。1回のくぐり抜
けでは改質効果が不充分な場合、何回でも循環を可能と
した。無光ビーズ入りのため、夜も改質される。 【0021】図14は、大型船の中に保存中の海水等の
水の浄化をはかるための改質装置で、バクテリヤ、プラ
ンクトン等を死滅させ、腐らない水にする。水の入口側
のパイプ長さ約1m内に、約2〜3φの小径ビーズ(無
光触媒ビーズ)を入れ、小網を設け、ビーズの移動を防
止する。その次にパイプ径の2倍寸法長さの先に更に網
を設け、5〜8φの大粒径ビーズを長さ1m入れ、加圧
水を流すと、雑菌、その他の生物を0になった水を得る
ことができた。圧力水が小径ビーズをくぐり抜け空間に
たどりつく迄になくなり、次の大径ビーズで改質する。
この場合のビーズ母材にはプラスチックの中に無光触媒
粒粉をとぢこめるものが良い結果を得た。それは圧力に
よる表層はがれがなくなったもの。 【0022】図15は、風呂、シャワー水の給水部、ト
イレ排水の給水部等の手前に設ける改質装置で、下から
入る水は、パイプ内の無光触媒ビーズをくぐり抜ける間
に、夫々のビーズ効果により、消臭、抗菌、防汚等の働
きをする。 【0023】図16は、調理場、洗面場等の流し場排水
部U字管を変更して、特殊U字管にし、中に無光触媒ビ
ーズを入れたもの。ぬめりを除去し、きれいなさらさら
の水に改質され、排水管に流れていくため、管内つまり
がなく、排水処理施設の処理コストが低減する。生花を
永持ちさせること。園芸植物を強くし根活力向上用等の
水を造るのは上記図の中から量により選択できる。 【0024】 【発明の効果】油、水などの液体は、生活用、工業用、
農水産業用など、広分野の用途に合せ触媒ビーズの質
と、装置が異るが全般をまとめると、油は低硫黄化、水
は残留塩素不検出、有機物1.7mg以下、有害物トリ
ヘロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロホルム、クロ
ロホルム等は、酸化還元作用で分解されているため、排
水処理場の処理コスト削減となる。 1)油は、軽油の低硫黄化率15%以上が見込める。工
業用潤滑油、天ぷら油などは、8%寿命upとなった。 2)健康、美容、若返りのための水として効果はあっ
た。 3)洗浄性、がよくなり、防汚、防かび、レヂオナ菌な
どの殺菌性もあった。 4)食物の鮮度保持水は非常なる効果があり、冷蔵、冷
凍庫の不要な設備の研究が生れた。 5)無光触媒ビーズの開発が終了したため、ブラックラ
イト装置減少でコストが低減され、液の処理装置の簡素
化できた。 6)農作物、植物の根活力向上、キノコ等の水ができた
故増殖ができた。 7)防錆力、切削性の高い水ができた故、工業用水の改
質が可能となった。 8)コンクリート作成水は、ひびわれ性、水密性、強
度、耐久性の克服水が得られたため、コスト低下がはか
れた。それは、骨材の滑り性、充填性、ブリージング
小、塩素の除去、酸化還元電位の低下、水分子の小化に
よるもので収縮率13%低下、ピンホール10%低下、
セメント量13%減少となった。 【手続補正2】 【補正対象書類名】明細書 【補正対象項目名】図面の詳細な説明 【補正方法】変更 【補正内容】 【図面の簡単な説明】 【図1】ブラックライト使用タンク付装置の半断面図で
ある。 【図2】ブラックライト使用集合式装置の正面図であ
る。 【図3】太陽光利用多筒式装置の斜視図である。 【図4】ブラックライト使用循環式装置の断面図であ
る。 【図5】携帯用浄水装置の正面半断面図である。 【図6】壁タンクの斜視図である。 【図7】鮮度保持容器の正面断面図である。 【図8】風呂湯装置の1断面図である。 【図9】カバン内に入る携帯浄水装置の正面図である。 【図10】太陽光利用の雨樋内装置断面図である。 【図11】光触媒酸化チタン粒等の断面図である。 【図12】顔面マスクの正面図である。 【図13】陽光、無光2本立て循環式装置の側面図であ
る。 【図14】管内2種粒入り装置の断面図である。 【図15】便所、風呂、流し水前装置の外観図である。 【図16】流し台下等、排水U字型装置の構造図であ
る。 【符号の説明】 A 光触媒酸化チタン、無光触媒イオン等の固体担持帯
電ビーズ B BLBブラックライトブルー蛍光ランプ C 電気
スイッチ D 処理液タンク F フィ
ルター 1 パイプ 2 入口
管 3 ソケット 4 フロ
ートスイッチ 5 タンク 6 取出
しバルブ 7 上昇パイプ 8 接手 9 フィルター取出板 10 集合
光パイプ 11 マニホルド 12 ケ
ース 13 丸めチューブ 14 網
皿 【手続補正3】 【補正対象書類名】図面 【補正対象項目名】図13 【補正方法】追加 【補正内容】 【図13】 【手続補正4】 【補正対象書類名】図面 【補正対象項目名】図14 【補正方法】追加 【補正内容】 【図14】 【手続補正5】 【補正対象書類名】図面 【補正対象項目名】図15 【補正方法】追加 【補正内容】 【図15】 【手続補正6】 【補正対象書類名】図面 【補正対象項目名】図16 【補正方法】追加 【補正内容】 【図16】
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) C02F 1/72 101 C02F 1/72 101 4G075 ZAB ZAB (72)発明者 炭崎 太志 横浜市都筑区見花山23番35号 Fターム(参考) 2B104 AA01 AA16 AA22 BA13 CA01 EF09 2B314 MA45 PA11 4D037 AA02 AA06 AB04 AB14 BA18 BB01 BB02 BB04 CA12 4D050 AA02 AA04 AA06 AB04 AB19 BB01 BC06 BC09 BD02 BD08 4G069 AA02 BA04A BA04B BA48A CA05 CA19 EA02X EA02Y 4G075 AA13 BA06 CA33 CA54 EA01 EB09 EB32 FC04

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 多数の光触媒酸化チタン粒をくぐりぬけ
    る液体に、紫外線を照射し、液を自動的に流動させなが
    ら、目的にあった改質液を得る装置。紫外線は、太陽又
    は電気ライトから得、油、海水、水道水、湖水、地下
    水、及び雨水等から、目的に合致した粒、流速調整しな
    がら改質液を得るもので、紫外線の透過率の高い材料と
    して、石英ガラス、硬質ガラスの他、PMMA(不純物
    なしアクリル材60〜80%の透過率)及び光学グレー
    ドゼオネックス等を使う。
JP2001403292A 2001-12-27 2001-12-27 光触媒酸化チタン粒による液体改質装置 Pending JP2003190777A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001403292A JP2003190777A (ja) 2001-12-27 2001-12-27 光触媒酸化チタン粒による液体改質装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001403292A JP2003190777A (ja) 2001-12-27 2001-12-27 光触媒酸化チタン粒による液体改質装置
CN02157065A CN1461669A (zh) 2001-12-27 2002-12-24 通过光催化剂氧化钛粒子改性液体的装置
PCT/JP2002/013753 WO2003055592A1 (fr) 2001-12-27 2002-12-26 Dispositif de modification de matieres liquides au moyen de particules d'oxydes de titane photocatalytique, et dispositif gazeux faisant intervenir des particules pulverisees contenant un photocatalyseur et un revetement
AU2002359933A AU2002359933A1 (en) 2001-12-27 2002-12-26 Device for modifying liquid material using photocatalytic titanium oxide particles, and gas device using powdery particles comprising photocatalyst and coating material

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003190777A true JP2003190777A (ja) 2003-07-08

Family

ID=27605934

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001403292A Pending JP2003190777A (ja) 2001-12-27 2001-12-27 光触媒酸化チタン粒による液体改質装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2003190777A (ja)
CN (1) CN1461669A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007089425A (ja) * 2005-09-27 2007-04-12 Fujitsu Ltd 植物栽培用液の浄化装置及び植物栽培用液の浄化方法
US8398828B1 (en) 2012-01-06 2013-03-19 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US8658046B2 (en) 2011-12-02 2014-02-25 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US9045357B2 (en) 2012-01-06 2015-06-02 AquaMost, Inc. System for reducing contaminants from a photoelectrocatalytic oxidization apparatus through polarity reversal and method of operation
US9096450B2 (en) 2013-02-11 2015-08-04 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007089425A (ja) * 2005-09-27 2007-04-12 Fujitsu Ltd 植物栽培用液の浄化装置及び植物栽培用液の浄化方法
US8658046B2 (en) 2011-12-02 2014-02-25 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US8658035B2 (en) 2011-12-02 2014-02-25 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US8663471B1 (en) 2011-12-02 2014-03-04 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US8398828B1 (en) 2012-01-06 2013-03-19 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US8568573B2 (en) 2012-01-06 2013-10-29 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein
US9045357B2 (en) 2012-01-06 2015-06-02 AquaMost, Inc. System for reducing contaminants from a photoelectrocatalytic oxidization apparatus through polarity reversal and method of operation
US9096450B2 (en) 2013-02-11 2015-08-04 AquaMost, Inc. Apparatus and method for treating aqueous solutions and contaminants therein

Also Published As

Publication number Publication date
CN1461669A (zh) 2003-12-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6150413B2 (ja) アクアフォニックを利用した都心型バイオフラック養殖、及び植物栽培システム
US5322035A (en) Hydrological system for a closed ecological system
US4209943A (en) Process and apparatus for commercial farming of marine and freshwater hydrophytes
US8734646B1 (en) Bioremediation treatment for human sanitary waste
KR20080007964A (ko) 수생초목을 이용한 오수의 자연고도 정화장치
WO2014190571A1 (zh) 一种结合水产养殖及无土农业种植的系统
CN105417849A (zh) 一种适用于静水湖泊的底置式光催化浮岛
US9380766B2 (en) Aquaculture system
CN206909457U (zh) 一种双循环亲虾培育的水处理系统
JP2002102884A (ja) 生態系を応用したユニット型廃水処理装置及びその方法
JP2003190777A (ja) 光触媒酸化チタン粒による液体改質装置
Nelson et al. The water cycle in closed ecological systems: Perspectives from the Biosphere 2 and Laboratory Biosphere systems
CN107018945A (zh) 一种双循环亲虾培育的水处理系统及培育方法
CN206783470U (zh) 食品生产加工业废水、生活污水达标农灌资源化处理系统
CN2567207Y (zh) 生态污水处理装置
JP5753997B1 (ja) 光触媒による水質浄化装置
JP2007083218A (ja) 浄水装置とその濾過材の製造方法。
ES2251286B1 (es) Depuracion de aguas continentales mediante cultivos de macroalgas verdes filamentosas que absorban y reciclen nutrientes y/o fijen metales pesados generando biomasa vegetal.
KR20040057010A (ko) 광촉매 산화 치탄 알맹이의 액체 개질 장치
AT503083B1 (de) Verfahren zur aufbereitung von salzwasser und anlage zur durchführung des verfahrens
CN211631403U (zh) 一种用于室内养殖水的生态循环处理系统
CN208829511U (zh) 厨余废弃物生态预处理系统
Isaeva et al. Water treatment for the removal of iron and manganese
KR20070107315A (ko) 빌딩형 제염장
CN207845395U (zh) 一种适宜于农村地区的饮用水综合净化利用系统