JP2003180942A - 遊技機及びプログラム及び記録媒体 - Google Patents

遊技機及びプログラム及び記録媒体

Info

Publication number
JP2003180942A
JP2003180942A JP2001383581A JP2001383581A JP2003180942A JP 2003180942 A JP2003180942 A JP 2003180942A JP 2001383581 A JP2001383581 A JP 2001383581A JP 2001383581 A JP2001383581 A JP 2001383581A JP 2003180942 A JP2003180942 A JP 2003180942A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
probability
setting
privilege
lottery
winning combination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001383581A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3910058B2 (ja
Inventor
Junichi Tamura
純一 田村
Original Assignee
Olympia:Kk
株式会社オリンピア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia:Kk, 株式会社オリンピア filed Critical Olympia:Kk
Priority to JP2001383581A priority Critical patent/JP3910058B2/ja
Publication of JP2003180942A publication Critical patent/JP2003180942A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3910058B2 publication Critical patent/JP3910058B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ペイアウト率の変更に伴う特典を付与するに
あたって、遊技者の不満を解消する。 【解決手段】 特典付与決定部43を、先行選択テーブ
ルメモリ45、後続選択テーブルメモリ46、判定部4
7から構成する。制御部30aは、先行選択テーブルメ
モリ45に、ペイアウト率の設定が行われる前に選択さ
れていたテーブルの種類を書き込み、後続選択テーブル
メモリ46に、新たに設定されたテーブルの種類を書き
込む。判定部47は、先行選択テーブルメモリ45に書
き込まれたテーブルの種類と、後続選択テーブルメモリ
46に書き込まれたテーブルの種類とを比較し、ペイア
ウト率が同一のテーブルに切り替えられたか否かを判定
する。ペイアウト率が変更前と同一であると判定された
場合は、制御部30aはAT抽選の当選確率を高確率に
する。ペイアウト率を変更しても、特典が付与されるか
否かは遊技者に気づかせないようにすることができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パチンコ店などの
遊技場に設置して使用される遊技機に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】パチンコ店などの遊技場に設置して使用
されるスロットマシンはパチスロ機と称され、その遊技
媒体となっているメダルに一定の価値が与えられて、ゲ
ームを行って獲得したメダルを種々の景品に交換するこ
とができる。このため、遊技者はメダルを大量に獲得す
るということだけを目的とし、ボーナスゲームモードに
移行する権利が得やすい台を選択してゲームを行おうと
するのが一般である。ボーナスゲームモードには例えば
ビッグボーナス(以下BB)モードやレギュラーボーナ
ス(RB)モードなどがあり、特にBBモードは、RB
モードに所定回数移行されるとともに、RBモードに移
行される前に、一定のメダルの払い出しが得られる小役
の当選確率が高くなるRB導入モードに移行されるた
め、短期間で大量のメダルを獲得することができる。
【0003】なお、本明細書中ではパチスロ機を例に挙
げて説明しているため、遊技媒体としてメダルを用いて
説明するが、遊技媒体としてはコインやパチンコ玉など
他の媒体も含む。また、「メダル(遊技媒体)投入」に
は、実際にメダル投入口にメダルを投入することの他
に、クレジットされたメダルをベットボタンなどにより
ベットすることを含む。さらに、当選絵柄を入賞有効ラ
イン上に揃えた状態を入賞、入賞となる前の状態で、電
子抽選により当選役が抽選されている状態を内部入賞と
する。
【0004】スロットマシンでは、ペイアウト率を例え
ば6段階に可変することが可能になっており、ペイアウ
ト率の設定によって上記のBBモードやRBモードに移
行される確率が変化する機種が殆どである。ペイアウト
率の変更は、日ごとに行われることが多く、例えばペイ
アウト率が高く設定されているスロットマシンは翌日ペ
イアウト率が低く設定されたり、あるいは、ペイアウト
率が低く設定されているスロットマシンは翌日ペイアウ
ト率が高く設定され、遊技者がペイアウト率の高いスロ
ットマシンを予測できないように工夫されている。そし
て、ペイアウト率を変更したことは、スロットマシンの
外観からは察知できないようになっており、どの遊技者
にとってもゲームが公平に行われるようになっている。
【0005】また、近年、ペイアウト率の変更が行われ
ると、ペイアウト率の変更後のゲームで遊技者に所定の
特典が付与されるようにした機能を設けた機種が数多く
提供されている。このような機能が設けられた機種とし
ては、例えばアシストタイム(AT)モード、あるいは
スーパーBB(SBB)モードとノーマルBB(NB
B)モードとの2種類のBBモードに移行されるものな
どがある。ATモードは、遊技者の利益獲得確率を高め
るために、リールの停止操作の態様が遊技者に報知され
るものであり、ATモードへの移行条件の一例として
は、ATモードへ移行する権利を付与するか否かを決定
するAT抽選に当選することがある。2種類のBBモー
ドが設けられた機種は、SBBモードのRB導入モード
でのゲームで、リールの停止操作の態様を報知すること
により、SBBモードで獲得されるメダルの枚数がNB
Bモードよりも多くなるようになっている。そして、こ
れらの機種では、ペイアウト率変更後に行われるゲーム
上の特典として、AT抽選の当選確率が高くされたり、
ペイアウト率変更後の最初に移行されるBBモードはS
BBモードにされたりする。上記のような機能は遊技者
にとって、スロットマシンへの興味を惹かれる要素の1
つとなっており、また、上記のような機能が設けられた
機種は稼働率がアップするため、遊技者側及び遊技場側
の双方から好まれる傾向にある。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】ところで、スロットマ
シンによっては、差枚数カウンタ機能と称される機能が
設けられているものがある。差枚数カウンタ機能が設け
られたスロットマシンでは、通常モードのゲームにおい
て、小役が当選されて払い出されたメダルの枚数と、ゲ
ームを行うにあたって投入されたメダルの枚数とを監視
しており、この2つの枚数から算出されるカウンタ値に
基づいて小役の抽選確率を変動させることにより、遊技
者に獲得されるメダルの枚数を一定に保つようにしてい
る。しかしながら、差枚数カウンタ機能が設けられたス
ロットマシンは、ペイアウト率の変更が行われるとカウ
ンタ値がリセットされるようになっているため、小役の
当選状況によってペイアウト率を変更したか否かが見抜
かれてしまうことがある。
【0007】また、スロットマシンでは、ペイアウト率
の変更を行うと内部入賞しているBBやRBはリセット
されてしまうため、内部入賞したBBやRBを入賞させ
ずにしておき、BBやRBが翌日に内部入賞したままか
否かを確認することにより、やはりペイアウト率が変更
されたか否かを見抜かれてしまうことがある。この他、
ペイアウト率の変更を行うと、リールの裏側に設けられ
たバックランプが独特のパターンで点灯するものもあ
る。
【0008】以上のように、ペイアウト率の変更を遊技
者に見抜かれてしまうことは、上述した特典の付与機能
が設けられた機種においては、ペイアウト率の変更とと
もに、特典の付与が行われることが見抜かれてしまうこ
とになるため、ペイアウト率の変更を見抜くことができ
る一部の遊技者が有利になり、ゲームの公平性が失われ
てしまうという問題があった。
【0009】他方、ペイアウト率の変更を全く見抜かれ
ないようにしてしまうと、ペイアウト率を見抜くことが
できる遊技者にとっては、ペイアウト率の変更を見抜く
楽しみが奪われてしまうことになり、例えば、ペイアウ
ト率が変更前よりも高くされたときの特典の付与とペイ
アウト率アップとによる大量メダル獲得への期待感な
ど、ゲームへの期待感が薄くなってしまうおそれがあ
る。
【0010】上記問題点を解決するために、本発明は簡
単な構成で、ペイアウト率を変更に伴う所定の特典を付
与するにあたって、遊技者の不満を解消できるようにし
た遊技機及びプログラム及び記録媒体を提供することを
目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明の遊技機は、ハズレ及び複数種類の当選役の
うちのいずれかを抽選により決定する当選役決定手段
と、前記当選役決定手段による抽選で用いられ、前記ハ
ズレ又は当選役の抽選確率が互いに異なる複数種類の確
率テーブルと、所定の設定操作を行うことにより、複数
種類の前記確率テーブルのうちから、いずれの確率テー
ブルを用いるかを選択する確率テーブル設定手段と、遊
技者にゲーム上の特典を与える特典付与手段とを備えた
遊技機において、前記確率テーブル設定手段により、先
行して選択された確率テーブルの種類を記憶する先行選
択テーブル記憶手段と、前記確率テーブル設定手段によ
り、後続して選択された確率テーブルの種類を記憶する
後続選択テーブル記憶手段と、前記先行選択テーブル記
憶手段に記憶された確率テーブルの種類と、前記後続選
択テーブル記憶手段に記憶された確率テーブルの種類と
を比較し、特定の選択パターンで確率テーブルの選択が
行われたか否かを判定する判定手段と、前記判定手段に
より、確率テーブルの選択が前記特定の選択パターンで
行われたことが判定された場合に、前記特典付与手段に
よる所定の特典の付与を実行させる特典付与実行手段と
を設けたものである。
【0012】なお、前記特定の選択パターンは、先行し
て選択された確率テーブルと後続して選択された確率テ
ーブルとが同じ確率テーブルの場合には、通常の特典付
与における利益よりも利益の小さい小特典を前記所定の
特典として付与することが好ましい。
【0013】また、前記特定の選択パターンとしては、
ハズレの抽選確率が高い確率テーブルが先行して選択さ
れ、ハズレの抽選確率が低い確率テーブルが後続して選
択された場合でもよい。この場合、ペイアウト率が高く
なることに加えて特典付与手段により特典の付与が実行
されるので、大量のメダルを獲得させて遊技者のゲーム
への興趣を高めることができる。
【0014】さらには、前記特定の選択パターンとし
て、ハズレの抽選確率が低い確率テーブルが先行して選
択され、ハズレの抽選確率が高い確率テーブルが後続し
て選択された場合としてもよい。この場合、ペイアウト
率が低くなるため、特典付与手段による特典の付与がペ
イアウト率が低くなったことへの救済措置となり、ま
た、特典の付与によりペイアウト率が低くなったことが
遊技者に気づかれなくなる。
【0015】この他、ハズレ及び複数種類の当選役のう
ちのいずれかを抽選により決定する当選役決定手段と、
前記当選役決定手段による抽選で用いられ、前記ハズレ
又は当選役の抽選確率が互いに異なる複数種類の確率テ
ーブルと、所定の設定操作を行うことにより、複数種類
の前記確率テーブルのうちから、いずれの確率テーブル
を用いるかを選択する確率テーブル設定手段と、遊技者
にゲーム上の特典を与える特典付与手段とを備えた遊技
機において、前記設定操作が繰り返し行われた回数を検
出する設定回数検出手段と、前記設定回数検出手段によ
り検出された繰り返し回数が所定回数に達したか否かを
判定する判定手段と、前記判定手段により、前記繰り返
し回数が所定回数に達したことが判定された場合に、前
記特典付与手段による所定の特典付与を実行させる特典
付与実行手段とを設けたものでもよい。
【0016】なお、用いるプログラムは、ハズレ及び複
数種類の当選役のうちのいずれかを抽選により決定する
当選役決定手段と、前記当選役決定手段による抽選で用
いられ、前記ハズレ又は当選役の抽選確率が互いに異な
る複数種類の確率テーブルと、所定の設定操作を行うこ
とにより、複数種類の前記確率テーブルのうちから、い
ずれの確率テーブルを用いるかを選択する確率テーブル
設定手段と、遊技者にゲーム上の特典を与える特典付与
手段と、前記確率テーブル設定手段により、先行して選
択された確率テーブルの種類を記憶する先行選択テーブ
ル記憶手段と、前記確率テーブル設定手段により、後続
して選択された確率テーブルの種類を記憶する後続選択
テーブル記憶手段と、前記先行選択テーブル記憶手段に
記憶された確率テーブルの種類と、前記後続選択テーブ
ル記憶手段に記憶された確率テーブルの種類とを比較
し、特定の選択パターンで確率テーブルの選択が行われ
たか否かを判定する判定手段と、前記判定手段により、
確率テーブルの選択が前記特定の選択パターンで行われ
たことが判定された場合に、前記特典付与手段による所
定の特典付与を実行させる特典付与実行手段として遊技
機のコンピュータを機能させるためのものである。
【0017】また、用いるプログラムは、ハズレ及び複
数種類の当選役のうちのいずれかを抽選により決定する
当選役決定手段と、所定の設定操作を行うことにより、
前記ハズレ又は当選役の抽選確率が互いに異なる複数種
類の前記確率テーブルのうちから、いずれの確率テーブ
ルを用いるかを選択する確率テーブル設定手段と、遊技
者にゲーム上の特典を与える特典付与手段と、前記設定
操作が繰り返し行われた回数を検出する設定回数検出手
段と、前記設定回数検出手段により検出された繰り返し
回数が所定回数に達したか否かを判定する判定手段と、
前記判定手段により、前記繰り返し回数が所定回数に達
したことが判定された場合に、前記特典付与手段による
所定の特典付与を実行させる特典付与実行手段として遊
技機のコンピュータを機能させるためのものでもよい。
【0018】使用する記録媒体は、請求項6記載のプロ
グラムを記録したコンピュータ読み取り可能なものであ
る。
【0019】また、使用する記録媒体は、請求項7記載
のプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能なも
のでもよい。
【0020】
【発明の実施の形態】図1に示されたスロットマシン1
0には、通常モード、BBモード、ATモードが設けら
れている。BBモードは、RBモードに3回移行される
か又はRB導入モードでのゲームが30回行われると終
了される。RBモードは12回のゲームが行われるか又
は所定の当選役が8回入賞されると終了する。RB導入
モードは、RBモードへ移行させるか否かを決定する抽
選が行われるとともに、小役の当選確率が通常モードよ
りもアップされる。ATモードは、AT抽選に当選する
とATモードに移行する権利が得られ、AT抽選でAT
モードに移行させる回数も同時に決定される。AT抽選
は通常モードのゲームで、ハズレ又は特定当選役(例え
ばチェリー)に当選したとき、又はRB導入モードのゲ
ームでハズレ、特定当選役に当選したときに行われる。
通常モードのゲームでAT抽選に当選すると、次回のゲ
ームからAT移行抽選が行われ、この抽選に当選すると
ATモードに移行される。1回のATモードは所定の小
役が12回入賞されるか又は18回のゲームが行われる
と終了される。
【0021】スロットマシン10は、筐体11の前面扉
12に4個の表示窓13が設けられ、各々の表示窓13
の奥に第1リール14a、第2リール14b、第3リー
ル14c及びサブリール15が回転自在に組み込まれて
いる。周知のように、第1〜第3リール14a〜14c
の外周には複数種類の絵柄が一定ピッチで配列され、リ
ールが停止した状態では表示窓13を通して1リール当
たり3個の絵柄が観察可能になる。これにより、各リー
ルの絵柄を1個ずつ組み合わせた直線状の入賞有効ライ
ンが横3本斜め2本の合計5本が設定される。
【0022】ゲームの開始に先立ってメダル投入口16
から1枚のメダルを投入したときには中央横一本の入賞
有効ラインが有効化され、2枚では横3本、3枚ではさ
らに斜め2本を加えた5本の入賞有効ラインが有効化さ
れる。また、メダルは50枚を限度にクレジット(貯
留)することが可能になっており、クレジットされてい
るメダルの枚数は、クレジット枚数表示器17により表
示される。なお、表示窓13から1リール当たり例えば
4個ずつの絵柄を観察できるようにしておき、横4本の
入賞有効ラインのほかに、各リールごとに絵柄を一個ず
つ組み合わせるように折れ曲がった別の入賞有効ライン
を設定することも可能である。
【0023】右端のサブリール15は、ATモードのゲ
ームで所定の小役(例えばベル)に当選したときに、ス
タートレバー18の操作により第1〜第3リール14a
〜14cとともに回転を始める。サブリール15の外周
には、第1〜第3リール14a〜14cの停止操作を行
う順序を示す絵柄が複数種類描かれており、これらの他
に何も描かれていない空白部分も設けられている。な
お、サブリール15の外周に描かれる絵柄は適宜の絵柄
にすることが好ましく、絵柄に限らず、例えばマークや
数字などにしてもよい。また、サブリール15には、特
定の当選役に当選したことを示したり、特定の当選役に
当選したか否かの期待度を示す絵柄を描くなど適宜の絵
柄を描いて適宜報知を行うようにしてよい。
【0024】サブリール15は、常態では、空白部分を
表示する位置で停止されており、ATモードのゲームで
ベルに当選すると、当選したベルを入賞させることが可
能になるリールの停止操作の順序を表示する位置で停止
される。遊技者は、サブリール15により表示された順
序に従ってストップボタン19a〜19cを操作するこ
とによりベルを確実に入賞させることができるようにな
る。なお、所定の小役はベルに限らず適宜の当選役に設
定することが好ましい。
【0025】ストップボタン19a〜19cは、これら
を操作することにより、各ボタンに対応した第1〜第3
リール14a〜14cが個別に停止される。ストップボ
タン19a〜19cの上方の操作パネルには、メダルが
クレジットされた状態でゲームを行うときに操作される
1ベットボタン、MAXベットボタン、ペイアウトボタ
ンなどの各種の操作ボタンが設けられている。これらの
操作ボタンの機能はいずれも周知であるのでその詳細に
ついては省略する。
【0026】筐体11の下部にはメダル受け皿20が設
けられており、このメダル受け皿20には、ゲームで入
賞が得られたときに得られる配当メダルが払い出し口2
1から払い出される。
【0027】筐体11内部の下方には、電源ボックス2
2が設けられている。図2に示すように、電源ボックス
22の前面には、電源スイッチ23、設定変更ボタン2
4、鍵穴25が設けられている。電源スイッチ23はス
ロットマシン10の電源のオン/オフを行うものであ
る。設定変更ボタン24は、スロットマシン10のペイ
アウト率の選択を行うものである。スロットマシン10
では、6段階のペイアウト率が設けられており、設定変
更ボタン24の1プッシュごとにペイアウト率が1段階
づつ順次に切り替えられていく。なお、設定変更ボタン
24が7回以上操作されると、最初のペイアウト率に戻
り、再び、6段階のペイアウト率が順次に切り替えられ
ていく。鍵穴25には、これに対応する設定キー26が
差し込まれ、電源スイッチ23をオフにした状態で、設
定キー26をオン位置に回動させ、この後、電源スイッ
チ23がオンにされると、設定変更ボタン24が操作可
能となる。設定変更ボタン24により、ペイアウト率の
選択が行われた後は、設定キー26をオフ位置に回動さ
せると遊技可能となり、1回のペイアウト率の設定が終
了となる。
【0028】筐体11上部には、AT抽選の当選確率が
高確率又は低確率のいずれの状態であるのかを示すAT
高確率表示部27及びAT低確率表示部28が設けられ
ている。AT高確率表示部27及びAT低確率表示部2
8の奥にはLEDが設けられており、AT抽選の当選確
率によっていずれかのLEDが点灯される。
【0029】図2に示すように、スロットマシン10の
作動は基本的にCPU30及びメモリ31を含むマイク
ロコンピュータによって管制される。CPU30には制
御部30aの他、後述する電子抽選部39、当選役決定
部40、特典付与決定部43、特典付与実行部48が設
けられている。メダルセンサ32はメダル投入口16か
ら投入された適正なメダルを検知し、制御部30aに入
力する。メダル投入口16の奥にはセレクタが組み込ま
れ、不適正なメダルはメダル受け皿20に排出される。
また、セレクタは不適切なタイミングでメダルの投入が
行われたとき、例えばゲームの途中や各種の操作ボタン
が押されたままの状態で投入されたメダルについても、
メダルセンサ32を経由させずにメダル受け皿20に排
出する。
【0030】なお、ゲームの開始に先立って投入するメ
ダルの枚数は1〜3枚に限られているため、クレジット
機能を用いていないときには4枚目以降に投入されたメ
ダルもメダルセンサ32で検知されることなくメダル受
け皿20に排出される。クレジット機能のオン/オフは
ペイアウトボタンの1プッシュごとに切替えられる。そ
して、クレジット機能がオン状態のときには4枚目以降
に投入されたメダルもメダルセンサ32で検知され、5
0枚を限度にスロットマシン内部にクレジットされる。
クレジットされたメダルの枚数はクレジット枚数表示器
17でデジタル表示される。クレジット機能を用いてい
るときには、前述した1ベットボタンやMAXベットボ
タンの操作によりメダルの投入操作が行われ、そのベッ
ト枚数がクレジット枚数から逐次に減算される。また、
ゲームの結果、当たりが得られたときには配当メダルも
クレジットされ、ペイアウトボタンを操作したときにク
レジットされたメダルが受け皿20に払い出される。
【0031】制御部30aは、ゲームの開始に先立って
投入された1〜3枚のメダルの枚数をメダルセンサ32
からの検知信号に基づいて計数し、これにより入賞有効
ラインの有効化本数を決定する。なお、クレジット枚数
は図示を省略した別のクレジットメダルカウンタで計数
される。
【0032】スタート信号センサ33は1〜3枚のメダ
ルが投入された後、スタートレバー18が操作されたと
きにゲームスタート信号を制御部30aに入力する。ゲ
ームスタート信号を受けて、制御部30aはメモリ31
のROM領域に格納されたゲーム実行プログラムに基づ
いて第1〜第3リール14a〜14cを回転させるとと
もにゲームの処理を開始する。ゲーム実行プログラムに
はBBモードやATモードの実行プログラムも含まれて
おり、制御部30aはこれらの実行プログラムを読み出
すことにより各モードでのゲームを実行する。なお、A
Tモードのゲームでは、第1〜第3リール14a〜14
cの回転と同時にサブリール15も回転される。
【0033】各リールの駆動及び停止制御は、リール駆
動コントローラ34によって行われる。それぞれのリー
ルは個別のステッピングモータ35a〜35dの駆動軸
に固着され、各ステッピングモータ35a〜35dの駆
動を制御することにより各リールの制御が行われる。な
お、メモリ31のRAM領域はワーキングエリアとなっ
ており、毎回のゲームごとに利用されるフラグやデータ
などの一時的保管や書き換えなどに用いられる。
【0034】ステッピングモータ35a〜35dは供給
された駆動パルスの個数に応じた回転角で回転するか
ら、制御部30aにより駆動パルスの供給個数を制御す
ることによって第1〜第3リール14a〜14c及びサ
ブリール15の回転角を制御することができ、また駆動
パルスの供給を絶つことによりリールの停止位置を決め
ることができる。また、各リールには、その基準位置に
反射信号部36a〜36dが一体に形成され、その一回
転ごとにフォトセンサ37a〜37dがそれぞれの反射
信号部の通過を光電検出する。フォトセンサ37a〜3
7dによる検知信号は、リールごとのリセット信号とし
て制御部30aに入力される。
【0035】制御部30a内にはステッピングモータ3
5a〜35dごとにパルスカウンタが設けられ、各々の
ステッピングモータ35a〜35dに供給された駆動パ
ルスの個数を計数する。そして、フォトセンサ37a〜
37dからリセット信号が入力されたときに、対応する
パルスカウンタのカウント値をクリアする。したがっ
て、それぞれのパルスカウンタには、各リールの1回転
内の回転角に対応した駆動パルスの個数が逐次に更新し
ながら保存されることになる。
【0036】メモリ31のROM領域には絵柄テーブル
が格納され、絵柄テーブルには、各リールの基準位置か
らの回転角に対応した駆動パルスの個数と、リールに一
定ピッチで配列されたそれぞれの絵柄を表す絵柄コード
とが対応づけられている。したがって、リールごとにパ
ルスカウンタのカウント値を監視することによって、例
えば中央の入賞有効ライン上にどの絵柄が移動してきて
いるのかを識別することができ、また、さらにどの程度
リールを回転させれば目的の絵柄がその入賞有効ライン
上に移動してくるのかを予測することができる。
【0037】ストップボタンセンサ38a〜38cは、
ストップボタン19a〜19cが操作されたときに制御
部30aにリールごとのストップ信号を入力する。スタ
ートレバー18を操作して全リールの回転が始まり、こ
れらの回転が定常速度に達した時点でストップボタン1
9a〜19cの操作が有効化される。その後、これらを
操作することによってそれぞれ対応する第1〜第3リー
ル14a〜14cの停止制御が開始される。なお、ベル
については、ストップボタン19a〜19cが所定の順
序で操作された場合にのみ入賞されるように第1〜第3
リール14a〜14cの停止制御が行われる。
【0038】第1〜第3リール14a〜14cの停止制
御は、当選絵柄4個分の範囲(引き込み範囲)内で行わ
れ、例えばストップボタン19a〜19cが操作された
ときに、入賞有効ライン上に位置している当選絵柄から
連続する4個の当選絵柄の中に、抽選で当選した当選役
を構成する当選絵柄が含まれている場合には、第1〜第
3リール14a〜14cが停止するまでの時間が遅らせ
られ、当選役を構成する当選絵柄が入賞有効ライン上に
停止される。なお、ベルを構成するベル絵柄は、ベル絵
柄同士の間隔が、当選絵柄4個分以内となるように配列
されており、ストップボタン19a〜19cの操作順序
が正しければ、操作タイミングに関係なく入賞されるよ
うになっている。
【0039】制御部30aは、ゲームスタート信号を受
けて電子抽選部39を作動させる。電子抽選部39は乱
数発生器と乱数値サンプリング回路とを含み、ゲームが
開始されるごとに1つの乱数値を抽選する。抽選された
乱数値は当選役決定部40に入力される。当選役決定部
40では、入力された値に応じて現在実行されたゲーム
でどのような当選役を与えるかを決定する。このように
電子抽選部39及び当選役決定部40は当選役決定手段
として機能する。
【0040】図4に示すように、当選役決定部40に
は、乱数値をその大きさに応じてグループ分けした当選
テーブルが複数設けられている。第1当選テーブル41
は、通常モードでのゲームでサンプリングされた乱数値
が、BBモードに移行する権利を与えるBB、所定枚数
のメダルの払出しだけを行う小役当選絵柄に対応する小
役、メダルの投入なしに同じベット数で次回のゲームを
行う権利を与えるリプレイ、一切当たりを発生させない
ハズレなどのいずれの絵柄に属しているかの判定、すな
わち当選判定に用いられる。なお、小役当選絵柄は複数
種類あり、それぞれに配当メダルが割り当てられてい
る。そして、サンプリングされた乱数値がいずれの当選
絵柄に属した値であるかによって当選の種類と絵柄が決
められる。
【0041】第1当選テーブル41には、第1〜第6設
定テーブル41a〜41fが設けられている。第1〜第
6設定テーブル41a〜41fは、小役、リプレイの当
選確率は、全て共通するように乱数値のグループ分けが
行われているが、ハズレの当選確率、つまりはBBの当
選確率が互いに異なるように乱数値のグループ分けが行
われており、これらのテーブルを切り替えて使用するこ
とにより、スロットマシン10のペイアウト率が変更さ
れる。なお、第1設定テーブル41aが最もBBの当選
確率が低く、第2、第3、第4、第5、第6設定テーブ
ルの順にBBの当選確率が高くなる。
【0042】当選役決定部40には、第1当選テーブル
の他に、BBモードで用いられるテーブルやBBが内部
入賞しているゲームで用いられるテーブルなどが設けら
れている。当選役決定部40でハズレ又は当選役が決定
されると、決定されたハズレ又は当選役の種類を示す当
選役決定信号が制御部30aに入力される。
【0043】設定変更ボタン24が操作され、ペイアウ
ト率の選択が行われると、設定変更センサ42からペイ
アウト率選択信号が制御部30aに入力される。制御部
30aはこれに応答して、電子抽選部39にテーブル選
択信号を入力し、サンプリングされた乱数値を第1当選
テーブル41の第1〜第6設定テーブル41a〜41f
のいずれのテーブルと照合させるのかが命令される。結
果的に設定変更ボタン24は確率テーブル設定手段とし
て機能する。
【0044】図5に示すように、特典付与決定部43
は、先行選択テーブルメモリ45、後続選択テーブルメ
モリ46、判定部47から構成されている。先行選択テ
ーブルメモリ45は先行選択テーブル記憶手段として機
能するものであり、設定変更ボタン24により、ペイア
ウト率の設定が行われる前に選択されていたテーブルの
種類が第1〜第6設定テーブル41a〜41fのいずれ
のテーブルなのかが書き込まれる。後続選択テーブルメ
モリ46は後続選択テーブル記憶手段として機能するも
のであり、新たに設定されたテーブルの種類が書き込ま
れる。判定部47は判定手段として機能するものであ
り、先行選択テーブルメモリ45に書き込まれたテーブ
ルの種類と、後続選択テーブルメモリ46に書き込まれ
たテーブルの種類とを比較し、ペイアウト率が同一のテ
ーブルに切り替えられたか否かを判定する。そして、判
定結果を示す判定信号が制御部30aに入力される。
【0045】図6に示すように、特典付与実行部48
は、AT抽選部50、高確率権利付与テーブル51、低
確率権利付与テーブル52、高確率用回数テーブル51
a、低確率用回数テーブル52a、ATフラグメモリ5
3、AT移行抽選部54、移行決定テーブル55から構
成されている。
【0046】AT抽選部50は、当選役決定部40でハ
ズレ又はチェリーが決定されたときに作動され、AT抽
選部50が作動されてAT抽選が行われる。高確率権利
付与テーブル51及び低確率権利付与テーブル52では
乱数値グループに当選又は不当選が割り当てられてお
り、AT抽選部50でサンプリングされた乱数値が高確
率権利付与テーブル51又は低確率権利付与テーブル5
2と照合されると、ATモードへ移行させる権利を付与
するか否かが決定される。
【0047】高確率用回数テーブル51a及び低確率用
回数テーブル52aでは、それぞれ乱数値グループにA
Tモードへの移行回数が割り当てられており、高確率用
回数テーブル51aは移行回数が多くなりやすいよう
に、また低確率用回数テーブル52aは移行回数が少な
くなりやすいように乱数値がグループ分けされている。
そして、高確率用回数テーブル51aを用いた抽選でA
Tモードへ移行させる権利を付与することが決定された
場合には、サンプリングされた乱数値は高確率用回数テ
ーブル51aと照合され、低確率用回数テーブル52a
を用いた抽選でATモードへ移行させる権利を付与する
ことが決定された場合には、サンプリングされた乱数値
は低確率用回数テーブル52aと照合されてATモード
へ移行させる回数が決定される。ATモードに移行させ
る権利を付与することが決定された場合は、決定された
回数分のATフラグがATフラグメモリ53に書き込ま
れる。なお、ATフラグが1個読み出されるとATモー
ドに1回移行される。
【0048】AT移行抽選部54は、AT抽選部50で
ATモードに移行する権利を付与することが決定された
ときに作動され、AT移行抽選が行われる。AT移行抽
選部53でサンプリングされた乱数値は移行回数決定テ
ーブル55と照合されてATモードに移行させるか否か
が決定される。ATモードに移行させることが決定され
ると、ATモード移行信号が制御部30aに入力され、
次回のゲームからATモードに移行される。
【0049】メダルホッパー56は、当選役の種類に応
じて規定枚数の配当メダルをメダル受け皿20に払い出
すか、あるいはクレジットカウンタにその規定枚数を加
算する。なお、当選役の種類ごとに配当メダルの枚数を
決めた配当テーブルはメモリ31のROM領域に格納さ
れており、制御部30aがこれを読み取ってメダルホッ
パー56を駆動する。
【0050】LED制御部57は、AT高確率表示部2
7の奥に組み込まれたLED58a及びAT低確率表示
部28の奥に組み込まれたLED58bの点灯制御をド
ライバ59を介して行う。
【0051】次に、上記のように構成されたスロットマ
シンの作用について説明する。図7に示すように、スロ
ットマシン10のペイアウト率の設定が開始されると、
先ず、設定キー26が鍵穴25に差し込まれるととも
に、時計方向に回転され、オン位置にセットされる。こ
の後、電源スイッチ23がオンにされるとともに、設定
変更ボタン24が操作され、ペイアウト率の選択が行わ
れる。
【0052】設定変更ボタン24が操作されると、設定
変更ボタン24の1プッシュごとに設定信号センサ42
から制御部30aにペイアウト率選択信号が入力され
る。これに応答して、制御部30aは、テーブル選択信
号を電子抽選部39に入力し、通常モードのゲームで、
第1〜第6設定テーブル41a〜41fのいずれの設定
テーブルを抽選で用いるのかを命令する。
【0053】ペイアウト率の選択が終了すると、設定キ
ー26が反時計方向に回動され、オフ位置にセットされ
る。これにより、ペイアウト率の設定が終了され、新た
に選択された確率テーブルの種類が第1〜第6設定テー
ブル41a〜41fのいずれであるかが、制御部30a
により後続選択テーブルメモリ46に書き込まれる。
【0054】そして、特典付与決定部43が作動され、
ペイアウト率設定後のゲームで遊技者に特典を付与する
か否かが決定される。特典付与決定部43では、判定部
47が先行選択テーブルメモリ45と後続選択テーブル
メモリ46とに書き込まれたテーブルの種類を読み出
し、ペイアウト率設定前のテーブルとペイアウト率設定
後のテーブルとの種類が比較される。そして、先行選択
テーブルメモリ45と後続選択テーブルメモリ46とに
同一のペイアウト率のテーブルが書き込まれているか否
かが判定される。判定結果は判定信号として制御部30
aに入力される。
【0055】このとき、後続選択テーブルメモリ46に
先行選択テーブルメモリ45と同一のペイアウト率のテ
ーブルが書き込まれていた場合、つまりは、設定後のペ
イアウト率が設定前と同じと判定された場合、制御部3
0aはAT抽選部50にAT高確率信号を入力するとと
もに、LED制御部57を作動させる。LED制御部5
7はドライバ59を介してLED58aを点灯させ、A
T高確率表示部27によりAT抽選の当選確率が高確率
であることを表示させる。
【0056】通常モードでゲームの開始に先立って1〜
3枚のメダルを投入すると、投入されたメダルの枚数が
制御部30aによりカウントされる。この後、スタート
レバー18によりゲームスタート操作を行うとスタート
信号センサ33から制御部30aにゲームスタート信号
が入力され、第1〜第3リール14a〜14cの回転が
開始される。
【0057】これと同時に電子抽選部39が乱数をサン
プリングし、その値が第1〜第6設定テーブル41a〜
41fのうちから、選択された設定テーブルと照合され
る。これにより、ハズレ又は当選役の種類が決定され、
当選役決定信号が制御部30aにフィードバックされ
る。当選役決定部40で当選役の種類が決定されるとス
トップボタン19a〜19cの操作が有効化される。制
御部30aはリールごとに設けられた前述のパルスカウ
ンタのカウント値を参照しながらストップボタン19a
〜19cの操作タイミングを監視し、当選役決定部40
で決定された当選絵柄が入賞有効ライン上に停止しやす
いように第1〜第3リール14a〜14cの停止制御を
行う。
【0058】当選役決定部40でハズレ又はチェリーが
決定された場合、制御部30aはAT抽選部50を作動
させる。AT抽選部50では乱数値が1つサンプリング
される。AT抽選部50にはAT高確率信号が入力され
ているため、AT抽選部50でサンプリングされた乱数
値は高確率権利付与テーブル51と照合されて、ATモ
ードに移行する権利を付与するか否かが決定される。A
Tモードに移行する権利を付与する場合には、さらにサ
ンプリングされた乱数値が高確率用回数テーブル51a
と照合されATモードへ移行させる回数が決定される。
ペイアウト率の設定が行われると、制御部30aはゲー
ムスタート信号が入力されるたびに、ゲームが行われた
回数をカウントしていく。そして、ペイアウト率設定後
に行われたゲームの回数が100回に達すると、AT抽
選部50にAT低確率信号を入力するとともに、LED
制御部57を作動させる。LED制御部57はドライバ
59を介してLED58bを点灯させ、AT低確率表示
部28によりAT抽選の当選確率が低確率であることを
表示させる。また、AT低確率信号に応答して、以降の
ゲームでAT抽選部50はサンプリングした乱数値を低
確率権利付与テーブル52と照合してAT抽選を行い、
ATモードへ移行する権利を付与することが決定された
場合には、乱数値を低確率用回数テーブル52aと照合
してATモードへ移行させる回数を決定する。
【0059】この場合、AT高確率表示部27によりA
T抽選の当選確率が高確率であることが表示されるた
め、遊技者はペイアウト率が変更されたことを察知でき
るが、一旦他のペイアウト率に変更してから、同じペイ
アウト率に戻せば、特典の付与は行われないため、遊技
者は変更されたペイアウト率を推測することが不可能と
なる。また、特典が付与されることを表示しなければ、
ペイアウト率が変更されたことを察知できても、特典が
付与されるか否かは察知することができなくなる。
【0060】AT抽選の結果は制御部30aに入力され
る。AT抽選に当選した場合は、決定された回数分のA
TフラグがATフラグメモリ53に書き込まれる。そし
て、次回のゲームからAT移行抽選部54が作動され、
AT移行抽選が行われる。AT移行抽選部54が作動さ
れると乱数値が1つサンプリングされ、移行決定テーブ
ル55と照合される。これにより、ATモードに移行さ
せるか否かが決定される。AT移行抽選でATモードに
移行させることが決定されると、ATモード移行信号が
制御部30aに入力される。ATモード移行信号に応答
して、制御部30aはATフラグメモリ53に書き込ま
れているATフラグを1個読み出して、「1」減算する
とともに、メモリ31のROM領域からATモードの実
行プログラムを読み出しATモードに移行させる。
【0061】ATモードのゲームでは、ベルに当選する
と第1〜第3リール14a〜14cとともにサブリール
15も同時に回転される。制御部30aは、ベルを入賞
させることが可能になるストップボタン19a〜19c
の操作順序を表示する位置でサブリール15が停止する
ようにサブリール15の停止制御を行う。遊技者はサブ
リール15で表示された操作順序に従ってストップボタ
ン19a〜19cを操作することにより、ベルを確実に
入賞させることができる。これにより、ATモードのゲ
ームはメダルを増やすことができる。ATモードは、所
定の小役が12回入賞されるか又は18回のゲームが行
われると終了される。ATモードが終了し、ATフラグ
メモリ53にATフラグが書き込まれている場合には、
再びAT移行抽選が行われる。ATフラグメモリ53の
ATフラグの数が「0」となった場合には通常のゲーム
が行われる。
【0062】また、当選役決定部40でBBが決定され
た場合には、制御部30aはメモリ31のROM領域か
らBBモードの実行プログラムを読み出しBBモードに
移行させる。BBモードでは、先ず、RB導入モードに
移行され、RB導入モードでRBモードに移行させる当
選役に当選し、これを入賞させると次回のゲームからR
Bモードに移行される。RBモードは所定の当選役が8
回入賞されるか又は12回のゲームが行われると終了さ
れる。BBモードはRB導入モードで30回のゲームが
行われるか又はRBモードに3回移行されると終了され
る。
【0063】上記実施形態では、ペイアウト率が設定前
よりも高くされた場合に、遊技者への特典付与が行われ
るようにしたが、ゲームが行われずにペイアウト率の設
定が繰り返し行われたときに特典の付与が行われるよう
にしてもよい。この場合、特典付与決定部を例えば図8
に示すような特典付与決定部60を用いることにより実
現可能となる。以下、特典付与決定部60を用いて、ペ
イアウト率の設定が2回繰り返し行われた場合に特典を
付与するようにした実施形態について図8及び図9を用
いて説明する。なお、上述の第1の実施形態と同じ機能
を持つ部分に関しては、同じ符号を用いて詳しい説明を
省略する。
【0064】特典付与判定部60は、設定回数検出部6
1と、判定部62とから構成されている。設定回数検出
部61は設定回数検出手段として機能するものであり、
設定変更ボタン24が操作されてペイアウト率が選択さ
れ、設定キー26がオフ位置にセットされたことを1回
として、ゲームが行われずにペイアウト率が設定された
繰り返し回数を検出する。繰り返し回数の検出はペイア
ウト率連続変更フラグ「偽」及び「真」を用いることに
より行われる。「偽」はペイアウト率の設定が1回行わ
れたことを示し、「真」はペイアウト率の設定が2回繰
り返し行われたことを示す。判定部62は判定手段とし
て機能するものであり、設定回数検出部54で検出され
た繰り返し回数が所定回数に達したか否かを判定する。
【0065】ペイアウト率の設定が開始されると、設定
変更ボタン24が操作されてペイアウト率の選択が行わ
れ、設定キー26がオフ位置にセットされる。これによ
り、ペイアウト率設定信号が制御部30aから設定回数
検出部61に入力される。設定回数検出部61では、ペ
イアウト率連続変更設定フラグが「偽」に設定される。
そして、判定部62により設定回数検出部61からペイ
アウト率連続設定変更フラグの読み出しが行われる。こ
のとき、フラグが「偽」であるため、判定部62はペイ
アウト率の設定が行われた回数が1回であると判定し、
特典の付与を行わないことを示す判定信号を制御部30
aに入力する。この後、ゲームが行われた場合は、電子
抽選部39及び当選役決定部40によりハズレ又は当選
役の種類が決定される。
【0066】また、再びペイアウト率の設定が開始され
ると、ペイアウト率設定信号が制御部30aから設定回
数検出部61に入力される。この場合、設定回数検出部
61では、ペイアウト率連続変更設定フラグが「偽」か
ら「真」に設定される。そして、判定部55によるペイ
アウト率連続変更設定フラグの読み出しが行われる。こ
のとき、フラグが「真」であるため、判定部62はペイ
アウト率の設定が行われた回数が2回であると判定し、
特典の付与を行うことを示す判定信号を制御部30aに
入力する。制御部30aはこれに応答してLED制御部
57を作動させ、ドライバ59を介してLED58aを
点灯させる。これにより、AT高確率表示部27により
AT抽選の当選確率が高確率であることを表示させる。
そして、制御部30aはAT抽選部50での抽選を高確
率権利付与テーブル51を用いて行わせる。
【0067】この場合、目的のペイアウト率に1回の変
更で設定した場合は、特典の付与が行われず、一旦ペイ
アウト率の設定を行ってから、再び、目的のペイアウト
率ペイアウト率を変更した場合は、特典の付与が行われ
るので、特典が付与されることの表示を行わなければ、
ペイアウト率を変更したことが見抜かれても、特典が付
与されるか否かは遊技者に気付かれないようにできる。
【0068】図10は記録媒体(CD,フレキシブルデ
ィスク,ICメモリ,MO等)60をスロットマシン1
0にインストールする例を示しており、記録媒体70に
は図7又は図9のフローチャートで示すような手段を、
CPU30とメモリ31とを含むコンピュータ71で実
現するためのプログラムが格納されている。この場合、
例えば当選役決定手段、確率テーブル設定手段、特典付
与手段、先行選択テーブル記憶手段、後続選択テーブル
記憶手段、判定手段、特典付与実行手段、あるいは、例
えば当選役決定手段、確率テーブル設定手段、特典付与
手段、設定回数検出手段、判定手段、特典付与実行手段
をコンピュータ71で実現するためのプログラムを記録
媒体70に記録する。そして、この記録媒体70を読み
取り装置72に装填して、プログラムをスロットマシン
10にインストールする。
【0069】なお、前記プログラムは、記録媒体70を
介してインストールする代わりにインターネットを利用
してスロットマシン10に配信することができる。ま
た、配信された本発明のプログラム、又は記録媒体70
から読み出した本発明のプログラムをパソコンにインス
トールし、モニタ上でスロットマシンゲームを行うこと
も可能である。
【0070】上記実施形態では、ペイアウト率が変更前
と同一に設定された場合に、遊技者への特典付与が行わ
れるようにしたが、この他に、例えばペイアウト率が変
更前よりも低く設定された場合に特典付与が行われるよ
うにしてもよい。この場合、特典の付与が行われること
により遊技者はペイアウト率が変更されたことを察知で
きるが、特典の付与が行われて一時的にメダルの獲得枚
数が増えるため、ペイアウト率が変更前よりも低くされ
たことは察知できない。また、特典の付与がペイアウト
率が低くされたことに対する救済となり、ペイアウト率
を低くしたことによって遊技者が大量のメダルを損失
し、ゲームへの興趣を失うことを防止することができ
る。
【0071】さらには、例えばペイアウト率が変更前よ
りも高く設定された場合に特典付与が行われるようにし
てもよい。この場合、特典の付与が行われることから遊
技者はペイアウト率が変更されたことを察知できる。し
かも、特典の付与が行われるうえにペイアウト率が変更
前よりも高く設定されているから、遊技者に大量のメダ
ルを獲得させることが可能になり、これにより遊技者の
ゲームへの興趣を高めることが可能になる。
【0072】上記実施形態では、ペイアウト率の設定が
特定のパターンで行われたときに付与される所定の特典
として、AT抽選の当選確率が高確率になるようにした
が、例えばBBモードをSBBモードとNBBモードと
で構成し、ペイアウト率変更後のゲームで最初に移行さ
れるBBモードがSBBモードになるようにしたり、A
Tモードの終了条件を複数種類設けるとともに、ペイア
ウト率変更後に最初に移行されるATモードの終了条件
はメダルの獲得枚数が多くなりやすい条件が選択されや
すくするなど所定の特典の態様は適宜の態様にしてよ
い。
【0073】上記実施形態では、ペイアウト率を6段階
に可変できるようにしたが、適宜の段階に可変できるよ
うにしてよい。また、ペイアウト率を変更する設定操作
を設定変更ボタン24の操作により行うようにしたが、
設定操作は例えば設定キー26をオン位置にセットしな
がら、スタートレバー18を操作するごとに行うことが
できるようにするなど、適宜の方法で行うことができる
ようにしてよい。
【0074】上記実施形態では、サブリール15を用い
て遊技者にリールの停止操作の態様を報知したが、例え
ば液晶パネル、ドットマトリクス表示器、音声など適宜
の手段で報知してよい。また、リールの停止操作の態様
は、例えば当選絵柄ごとの間隔が引き込み範囲以上とな
るように小役当選絵柄を配列しておき、このように配列
された小役当選絵柄のいずれかが当選したときは、入賞
有効ライン上に停止させる小役当選絵柄を報知したり、
あるいは、小役当選絵柄の報知とストップボタンの操作
順序の報知とを組み合わせるなど適宜の態様にしてよ
い。
【0075】上記実施形態では、ペイアウト率変更後の
100ゲームでAT抽選の当選確率が高確率になるよう
にしたが、例えばBBモード後の所定ゲーム数の間や通
常モードで所定の当選役が所定回数当選、あるいは、入
賞された場合に高確率になるようにするなど適宜のタイ
ミングでAT抽選の当選確率が高確率になるようにして
よい。
【0076】なお、本発明はリール駆動タイプのスロッ
トマシンに限らず、ビデオタイプのスロットマシンやパ
チンコ機などにも等しく適用することができる。さら
に、上記実施形態のように、入賞有効ラインが横3本、
斜め2本の合計5本設定された遊技機に限らず、その他
の入賞有効ライン数の遊技機にも本発明は適用可能であ
る。
【0077】
【発明の効果】以上のように、本発明によれば、確率テ
ーブルの選択が特定の選択パターンで行われたことが判
定された場合に、特典付与手段による所定の特典付与を
実行させるので、ペイアウト率を変更に伴う所定の特典
を付与するにあたって、遊技者の不満を解消できる。
【0078】また、設定操作の繰り返し回数が所定回数
に達したことが判定された場合に、特典付与手段による
所定の特典付与を実行させるので、ペイアウト率の変更
に伴うゲーム上の特典の付与を行うか否かを遊技者に気
付かれないようにすることが可能になり、これにより、
ペイアウト率を変更に伴う所定の特典を付与するにあた
って、遊技者の不満を解消できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を用いたスロットマシンの外観図であ
る。
【図2】電源ボックスの外観を示す斜視図である。
【図3】図1に示すスロットマシンの電気的概略構成を
示す機能ブロック図である。
【図4】当選役決定部の構成を示す機能ブロック図であ
る。
【図5】特典付与決定部の構成を示す機能ブロック図で
ある。
【図6】特典付与実行部の構成を示す機能ブロック図で
ある。
【図7】ペイアウト率変更の流れを示すフローチャート
である。
【図8】別な実施形態の特典付与決定部の構成を示す機
能ブロック図である。
【図9】別な実施形態のペイアウト率変更の流れを示す
フローチャートである。
【図10】プログラムが格納された記録媒体を、スロッ
トマシンにインストールする場合の説明図である。
【符号の説明】
10 スロットマシン 24 設定変更ボタン 26 設定変更キー 30 CPU 30a 制御部 31 メモリ 39,50 電子抽選部 40 当選役決定部 41 第1当選テーブル 42 設定信号センサ 43,60 特典付与決定部 45 先行選択テーブルメモリ 46 後続選択テーブルメモリ 47,62 判定部 48 特典付与実行部 61 設定回数検出部 70 記録媒体 71 コンピュータ 72 読み取り装置

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ハズレ及び複数種類の当選役のうちのい
    ずれかを抽選により決定する当選役決定手段と、前記当
    選役決定手段による抽選で用いられ、前記ハズレ又は当
    選役の抽選確率が互いに異なる複数種類の確率テーブル
    と、所定の設定操作を行うことにより、複数種類の前記
    確率テーブルのうちから、いずれの確率テーブルを用い
    るかを選択する確率テーブル設定手段と、遊技者にゲー
    ム上の特典を与える特典付与手段とを備えた遊技機にお
    いて、 前記確率テーブル設定手段により、先行して選択された
    確率テーブルの種類を記憶する先行選択テーブル記憶手
    段と、 前記確率テーブル設定手段により、後続して選択された
    確率テーブルの種類を記憶する後続選択テーブル記憶手
    段と、 前記先行選択テーブル記憶手段に記憶された確率テーブ
    ルの種類と、前記後続選択テーブル記憶手段に記憶され
    た確率テーブルの種類とを比較し、特定の選択パターン
    で確率テーブルの選択が行われたか否かを判定する判定
    手段と、 前記判定手段により、確率テーブルの選択が前記特定の
    選択パターンで行われたことが判定された場合に、前記
    特典付与手段による所定の特典付与を実行させる特典付
    与実行手段とを設けたことを特徴とする遊技機。
  2. 【請求項2】 前記特定の選択パターンは、先行して選
    択された確率テーブルと後続して選択された確率テーブ
    ルとが同じ確率テーブルの場合には、通常の特典付与に
    おける利益よりも利益の小さい小特典を前記所定の特典
    として付与することを特徴とする請求項1記載の遊技
    機。
  3. 【請求項3】 前記特定の選択パターンは、ハズレの抽
    選確率が高い確率テーブルが先行して選択され、ハズレ
    の抽選確率が低い確率テーブルが後続して選択された場
    合であることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記特定の選択パターンは、ハズレの抽
    選確率が低い確率テーブルが先行して選択され、ハズレ
    の抽選確率が高い確率テーブルが後続して選択された場
    合であることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 ハズレ及び複数種類の当選役のうちのい
    ずれかを抽選により決定する当選役決定手段と、前記当
    選役決定手段による抽選で用いられ、前記ハズレ又は当
    選役の抽選確率が互いに異なる複数種類の確率テーブル
    と、所定の設定操作を行うことにより、複数種類の前記
    確率テーブルのうちから、いずれの確率テーブルを用い
    るかを選択する確率テーブル設定手段と、遊技者にゲー
    ム上の特典を与える特典付与手段とを備えた遊技機にお
    いて、 前記設定操作が繰り返し行われた回数を検出する設定回
    数検出手段と、 前記設定回数検出手段により検出された繰り返し回数が
    所定回数に達したか否かを判定する判定手段と、 前記判定手段により、前記繰り返し回数が所定回数に達
    したことが判定された場合に、前記特典付与手段による
    所定の特典付与を実行させる特典付与実行手段とを設け
    たことを特徴とする遊技機。
  6. 【請求項6】 ハズレ及び複数種類の当選役のうちのい
    ずれかを抽選により決定する当選役決定手段と、 前記当選役決定手段による抽選で用いられ、前記ハズレ
    又は当選役の抽選確率が互いに異なる複数種類の確率テ
    ーブルと、所定の設定操作を行うことにより、複数種類
    の前記確率テーブルのうちから、いずれの確率テーブル
    を用いるかを選択する確率テーブル設定手段と、 遊技者にゲーム上の特典を与える特典付与手段と、 前記確率テーブル設定手段により、先行して選択された
    確率テーブルの種類を記憶する先行選択テーブル記憶手
    段と、 前記確率テーブル設定手段により、後続して選択された
    確率テーブルの種類を記憶する後続選択テーブル記憶手
    段と、 前記先行選択テーブル記憶手段に記憶された確率テーブ
    ルの種類と、前記後続選択テーブル記憶手段に記憶され
    た確率テーブルの種類とを比較し、特定の選択パターン
    で確率テーブルの選択が行われたか否かを判定する判定
    手段と、 前記判定手段により、確率テーブルの選択が前記特定の
    選択パターンで行われたことが判定された場合に、前記
    特典付与手段による所定の特典付与を実行させる特典付
    与実行手段として遊技機のコンピュータを機能させるた
    めのプログラム。
  7. 【請求項7】 ハズレ及び複数種類の当選役のうちのい
    ずれかを抽選により決定する当選役決定手段と、 所定の設定操作を行うことにより、前記ハズレ又は当選
    役の抽選確率が互いに異なる複数種類の前記確率テーブ
    ルのうちから、いずれの確率テーブルを用いるかを選択
    する確率テーブル設定手段と、 遊技者にゲーム上の特典を与える特典付与手段と、 前記設定操作が繰り返し行われた回数を検出する設定回
    数検出手段と、 前記設定回数検出手段により検出された繰り返し回数が
    所定回数に達したか否かを判定する判定手段と、 前記判定手段により、前記繰り返し回数が所定回数に達
    したことが判定された場合には、前記特典付与手段によ
    る特典の付与を実行させる特典付与実行手段として遊技
    機のコンピュータを機能させるためのプログラム。
  8. 【請求項8】 請求項6記載のプログラムを記録したコ
    ンピュータ読み取り可能な記録媒体。
  9. 【請求項9】 請求項7記載のプログラムを記録したコ
    ンピュータ読み取り可能な記録媒体。
JP2001383581A 2001-12-17 2001-12-17 遊技機及びプログラム及び記録媒体 Expired - Fee Related JP3910058B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001383581A JP3910058B2 (ja) 2001-12-17 2001-12-17 遊技機及びプログラム及び記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001383581A JP3910058B2 (ja) 2001-12-17 2001-12-17 遊技機及びプログラム及び記録媒体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003180942A true JP2003180942A (ja) 2003-07-02
JP3910058B2 JP3910058B2 (ja) 2007-04-25

Family

ID=27593578

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001383581A Expired - Fee Related JP3910058B2 (ja) 2001-12-17 2001-12-17 遊技機及びプログラム及び記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3910058B2 (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005118417A (ja) * 2003-10-20 2005-05-12 Daiman:Kk 遊技機
JP2007215605A (ja) * 2006-02-14 2007-08-30 Samii Kk スロットマシン
JP2010057737A (ja) * 2008-09-04 2010-03-18 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013056259A (ja) * 2012-12-27 2013-03-28 Olympia:Kk 遊技機
JP2013154202A (ja) * 2013-04-05 2013-08-15 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013154201A (ja) * 2013-04-05 2013-08-15 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013172979A (ja) * 2013-04-05 2013-09-05 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013248463A (ja) * 2013-07-31 2013-12-12 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2016032736A (ja) * 2015-11-18 2016-03-10 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
US9412219B2 (en) 2010-01-25 2016-08-09 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Gaming system and a method of gaming
JP2016202469A (ja) * 2015-04-21 2016-12-08 山佐株式会社 遊技機
JP2017047017A (ja) * 2015-09-03 2017-03-09 山佐株式会社 遊技機
JP2017205666A (ja) * 2017-09-05 2017-11-24 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005118417A (ja) * 2003-10-20 2005-05-12 Daiman:Kk 遊技機
JP2007215605A (ja) * 2006-02-14 2007-08-30 Samii Kk スロットマシン
JP2010057737A (ja) * 2008-09-04 2010-03-18 Universal Entertainment Corp 遊技機
US9412219B2 (en) 2010-01-25 2016-08-09 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Gaming system and a method of gaming
US9711012B2 (en) 2010-01-25 2017-07-18 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Gaming system and a method of gaming
JP2013056259A (ja) * 2012-12-27 2013-03-28 Olympia:Kk 遊技機
JP2013154202A (ja) * 2013-04-05 2013-08-15 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013154201A (ja) * 2013-04-05 2013-08-15 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013172979A (ja) * 2013-04-05 2013-09-05 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013248463A (ja) * 2013-07-31 2013-12-12 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2016202469A (ja) * 2015-04-21 2016-12-08 山佐株式会社 遊技機
JP2017047017A (ja) * 2015-09-03 2017-03-09 山佐株式会社 遊技機
JP2016032736A (ja) * 2015-11-18 2016-03-10 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2017205666A (ja) * 2017-09-05 2017-11-24 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP3910058B2 (ja) 2007-04-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4040353B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記憶媒体
JP2005006940A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2004321402A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP3989743B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2003299776A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2004041448A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP4139728B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記憶媒体
JP3910058B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2003250979A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP4125572B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2003093602A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2004329445A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2003079799A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP3922685B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2007143958A (ja) 遊技機、プログラム及び記憶媒体
JP2003093599A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2003144616A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP3928934B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2003093600A (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP3989741B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP4184043B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP3963351B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP4014933B2 (ja) 遊技機及びプログラム及び記憶媒体
JP2005278999A (ja) 遊技機、プログラム及び記憶媒体
JP2005027748A (ja) 遊技機、プログラム及び記録媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061227

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070117

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070123

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3910058

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110202

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110202

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120202

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130202

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140202

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees