JP2003174598A - Information processor, information processing method, recording medium and program - Google Patents

Information processor, information processing method, recording medium and program

Info

Publication number
JP2003174598A
JP2003174598A JP2001373124A JP2001373124A JP2003174598A JP 2003174598 A JP2003174598 A JP 2003174598A JP 2001373124 A JP2001373124 A JP 2001373124A JP 2001373124 A JP2001373124 A JP 2001373124A JP 2003174598 A JP2003174598 A JP 2003174598A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
display
data
information
input
information processing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001373124A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003174598A5 (en )
JP4046994B2 (en )
Inventor
Atsushi Mizutome
Akio Saito
彰男 斉藤
敦 水留
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To automatically decide a viewing form of input sources matching the preference of a user on the basis of history information in simultaneously outputting the video images and sound of the input sources provided from a plurality of media by storing viewing patterns of the user in the past as the history information. <P>SOLUTION: A source ID selected as input is identified in a step S401, and whether the input source (or the combination thereof) is viewed in the past, that is, whether it is present in a viewing pattern history data base, is checked on the basis of the attribute data of the selected input source in the next step S402. In the case that it is present in the history data base, display is performed by the screen layout and sound mode of the highest frequency from the viewing patterns in the past (S403). <P>COPYRIGHT: (C)2003,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、画像データや音声データ等の情報を表示装置又は音声出力装置に出力する為の情報処理装置及び方法、並びに情報処理方法を実行する為のプログラムを記憶した記憶媒体に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to an information processing apparatus and method for outputting to the display device or audio output device image data and information such as audio data, and information processing and a storage medium storing a program for performing the method. 【0002】 【従来の技術】現在、家庭には様々なメディアから、情報の配信がなされている。 [0002] Currently, from a variety of media in the home, the delivery of information have been made. たとえば、放送波として、地上波、衛星、CATV(ケーブルTV)からのTVやラジオ、データ放送が提供されており、他方では、通信回線を通じて、インターネット、電子メールなどの画像、 For example, as a broadcast wave, ground wave, satellite, CATV (cable TV) from the TV or radio, the data broadcasting are provided, on the other hand, through a communication line, the Internet, images such as e-mail,
音声、情報サービス等が提供されている。 Voice, information services, etc. are provided. 【0003】加えて近年、CS(通信衛星)放送やCA [0003] In addition, in recent years, CS (communication satellite) broadcasting and CA
TV(ケーブルTV)等において、テレビジョン信号をデジタル化して伝送する、いわゆるデジタル放送システムが普及してきており、これらのシステムにおいては、 In TV (cable TV) or the like, and transmits the digitized television signals, so-called digital broadcasting system has come into wide use, in these systems,
デジタル圧縮・伝送技術の採用により、数100にも及ぶチャンネルを確保することも可能な為、従来にも増してきわめて多くのテレビ/ラジオ(音楽)番組を受信することが可能となってきている。 The adoption of digital compression and transmission technology, it has become possible because also be possible to secure a channel of up to number 100, to receive the conventional to be increased quite a lot of TV / radio (music) program . (また、AV機器のデジタル化が進み、DVD(デジタルビデオディスク)、 (Also, digitalization of AV devices advances, DVD (digital video disc),
DV(デジタルビデオ)、デジタルカメラ等のパッケージメディアとしての映像、音声ソースも家庭内に多数存在するようになってきた。 DV (digital video), the video as a package media such as a digital camera, even a sound source has become as there are many in the home. ) 【0004】このように、さまざまなメディアから提供される多種多様なTV番組や映像、情報サービスを享受するため、最近では、大型のディスプレイに、同時に複数のウインドウを開き、その各々に異なる入力ソースを割り当てるマルチウインドウの機能が実現されてきている。 ) [0004] Thus, in order to enjoy a wide variety of TV shows and video, information services that are available from a variety of media, in recent years, in large display, at the same time open multiple windows, different input to each function of the multi-window to assign a source has been realized. 【0005】 【発明が解決しようとする課題】今後の放送のデジタル化や通信インフラの整備などにより、家庭への映像や情報の入力ルートやその量は拡大傾向にあり、表示すべき情報量が今までにも増して増大することは想像に難くない。 [0005] [Problems that the Invention is to solve the above due to the development of digitalization and communication infrastructure of the future of broadcasting, input route and the amount of video and information to the home is located in the expansionary trend, the amount of information to be displayed imagine be increased than ever before. TV受像機のインターネット接続機能により、視聴中に番組に関連する情報をインターネット経由で入手しに行ったり、ある映像を視聴中に電子メールの着信が起こるといったケースも一般的になると予想される。 The Internet connection function of the TV receiver, or carried out the information related to the program while watching to get over the Internet, it is expected to be made in the general case, such as incoming e-mail some pictures while viewing occurs. また、TVの付属機能としてスケジュール管理機能やタイマなどによる定時刻受信などから、割り込み型で表示イベントが発生するといったケースも考えられる。 In addition, from such as a constant time reception by such as schedule management function and timers as TV of accessory functions, the case may also be considered, such as display the event in the interrupt type occurs. 【0006】このような状況においては、複数の映像や情報を同時表示できるマルチウインドウの機能は1つの解決策となるのだが、従来のマルチウインドウ制御システムにおいては、画面のレイアウトや入力ソースの切り替えを、ユーザがその都度変更する必要があり、入力ソースの組合せに適したユーザの好む画面レイアウトを実現するのに、結構な手間と時間がかかっていた。 [0006] In such a situation, the function of the multi-window that can simultaneously display a plurality of images and information, but he becomes one of the solutions, in the conventional multi-window control system, switching layout and input source of the screen the user will need to change each time, to realize the screen layout preferred by the user that is suitable for the combination of the input source, it takes a long fairly labor and time. たとえば、TV受像機における2画面表示であれば、ユーザはまず2画面表示を選択し、2画面表示に切り変わったら、各々の画面に所望の入力ソースが表示されるように選択、設定する操作を必要としていた。 For example, if the two-screen display in the TV receiver, the user selects the first two-screen display, when cut changes to two-screen display, selected to provide the desired input source to each of the screen is displayed, the operation of setting the it needed. 【0007】したがって、様々なメディアから供給される映像や情報を、本当にスムースに享受するためには、 [0007] Thus, the images and information to be supplied from a variety of media, really to enjoy the Smooth,
複数の入力ソースを同時視聴する際のマルチウインドウの画面レイアウトやその時の音声の選択、さらには、割り込み型の表示要求イベントが発生した場合のマルチウインドウヘの移行などを、ユーザの手を煩わせることなく行なうことが大切になってくる。 Multiple input sources simultaneously selected voice when the screen layout and its multi-window at the time of view, furthermore, migration and the multi-window F when the display request event interrupt type occurs, troubling the user it is carried out without coming become important. 【0008】従って、本発明は、ユーザの過去の視聴パターンを履歴情報として記憶し、複数のメディアから提供される入力ソースの映像や音声を同時出力する際、その履歴情報に基づいて自動的にユーザの嗜好に合った入力ソースの視聴形態を決定することができる情報処理装置及び方法、記録媒体並びにプログラムを提供することを目的とする。 Accordingly, the present invention stores the past viewing pattern of the user as history information, when simultaneously outputting the video and audio input source provided from a plurality of media, automatically based on the history information information processing apparatus and method capable of determining the viewing type of the input source that satisfies a user preference, and an object thereof is to provide a recording medium, and a program. 【0009】 【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するために、請求項1記載の情報処理装置は、データを入力する入力手段と、前記入力手段により入力された入力データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御する表示制御手段と、前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶する記憶手段とを有し、前記記憶手段は、複数の前記視聴パターンに係る情報を記憶することを特徴とする。 [0009] To achieve the Means for Solving the Problems] Such objects, an information processing apparatus comprising input means for inputting data, image according to input data input by said input means have the display control means controls to display on the display means in a predetermined display form, and storage means for storing a viewing patterns in association with each display form information according to the display mode and attribute information of the input data and said storage means, and to store the information related to a plurality of the viewing patterns. 【0010】また、請求項2記載の情報処理装置は、画像データ及び音声データを含むデータを入力する入力手段と、前記入力手段により入力された画像データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御する表示制御手段と、前記入力手段により入力された音声データに係る音声を所定の音声出力形態で音声出力手段に出力させるように制御する音声出力制御手段と、 Further, the information processing apparatus according to claim 2, wherein an input means for inputting data including image data and audio data, the display means an image of the image data input by said input means in a predetermined display form and sound output control means for controlling so as to output to the sound output unit in the display control means and a predetermined audio output form the sound according to the audio data inputted by said input means for controlling so as to display on,
前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報と前記音声出力形態に係る音声出力形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶する記憶手段とを有することを特徴とする。 And having a storage means for storing a viewing patterns in association with each audio output mode information according to the display form information and the audio output mode according to the display mode and attribute information of the input data. 【0011】また、請求項20記載の情報処理方法は、 [0011] The information processing method according to claim 20, wherein the
データを入力し、前記入力された入力データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御し、前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶手段に記憶し、複数の前記視聴パターンに係る情報を記憶することを特徴とする。 Enter the data, the image according to the input data the input control so as to display on the display means in a predetermined display form, in association with each display form information according to the display mode and attribute information of the input data stored in the storage unit as the viewing pattern, and to store the information related to a plurality of the viewing patterns. 【0012】また、請求項21記載の情報処理方法は、 [0012] The information processing method according to claim 21, wherein the
画像データ及び音声データを含むデータを入力し、前記入力された画像データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御し、前記入力された音声データに係る音声を所定の音声出力形態で音声出力手段に出力させるように制御し、前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報と前記音声出力形態に係る音声出力形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶手段に記憶することを特徴とする。 Enter the data including image data and audio data, the image according to the input image data is controlled so as to display on the display means in a predetermined display form, predetermined sound voice according to the voice data the input controlled so as to be output to the sound output unit in the output, the storage unit as the viewing patterns in association with each audio output mode information according to the display form information and the audio output mode according to the display mode and attribute information of the input data and to store the. 【0013】また、請求項39記載の記録媒体は、請求項20〜38の何れか1項に記載の情報処理方法の処理ステップをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録したことを特徴とする。 [0013] The recording medium of claim 39 is characterized by recording a program for executing the processing steps of the information processing method according to the computer in any one of claims 20-38. 【0014】また、請求項40記載のプログラムは、請求項20〜38の何れか1項に記載の情報処理方法の処理ステップをコンピュータに実行させることを特徴とする。 [0014] The program of claim 40 is characterized in that to perform the process steps of the information processing method according to any one of claims 20 to 38 in a computer. 【0015】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を添付図面を参照しながら詳細に説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail with reference to the accompanying drawings embodiments of the present invention. 【0016】<第1の実施形態>図1は、本発明の第1 [0016] <First Embodiment> FIG 1 is a first aspect of the present invention
の実施形態における情報処理装置を適用する統合型受信システムの主要ブロックを示したものである。 It shows the main blocks of the integrated reception system applying the information processing apparatus in the embodiment. 図1において、1Aはデジタル放送受信部であり、チューナ10 In Figure 1, 1A is a digital broadcast receiver, a tuner 10
1は、TVアンテナまたはケーブルを介して伝送されてくるデジタルテレビ放送波の中から、所定の周波数の電波を選択受信する。 1, from the digital TV broadcast wave transmitted via the TV antenna or cable, select receiving radio waves of a predetermined frequency. チューナ101によって選択受信された放送波はデジタルデータ復調回路102に送られ、 Broadcast wave selected received by the tuner 101 is sent to the digital data demodulation circuit 102,
復調、A/D変換、エラー訂正処理が行われる。 Demodulation, A / D conversion, the error correction processing is performed. その後、トランスポート・デスクランブラ103で、限定受信のためのスクランブル解除が行われ、トランスポート・ストリーム(TS)と呼ばれるデータ列を生成する。 Then, in the transport descrambler 103, descrambling for conditional access is performed to generate the data string called a transport stream (TS).
この際、放送波に重畳されて送られてくる限定受信の管理データ(EMM,ECM)を抽出してICカードインタフェース121に送り、ユーザが所有するICカードから読み出される契約条件と合致したプログラム(番組)であれば、次段以降で映像と音声、データのデコードが可能なように処理される。 In this case, the management data of limited reception sent superimposed on the broadcast wave (EMM, ECM) to extract feed to the IC card interface 121, a program that the user matches the terms and conditions to be read out from the IC card owned ( if the program), video and audio following stages is processed as decoded data is possible. 【0017】MPEG2トランスポート・デマルチプレクサ104は、入力されたトランスポート・ストリームをVideoストリーム、Audioストリーム、およびデータ放送関連のストリームに分割し、それぞれのストリームを再構築する。 The MPEG2 transport demultiplexer 104 divides the transport stream input Video stream, Audio streams, and the data broadcast-related streams, reconstructs the respective streams. 通常、一つのトランスポート・ Normally, one of the transport
ストリームには、複数の番組が多重化されており、さらに例えば衛星の一つのトランスポンダからは複数のトランスポート・ストリームが送信されている。 The stream, a plurality of programs are multiplexed, are transmitted a plurality of transport streams from further example satellite one transponder. よって、一つのチャンネルを選択するためには、前記MPEG2トランスポート・デマルチプレクサ104によって分離されたPSI(Program Specific Information)から、所望のチャンネルに関する情報(PID,PAT,NIT Therefore, to select one of the channels, from said PSI separated by MPEG2 transport demultiplexer 104 (Program Specific Information), information (PID for the desired channel, PAT, NIT
等)を抽出し、選局動作を行う。 Extracts etc.), perform the tuning operation. 【0018】Videoデコーダ106およびAudi [0018] Video decoder 106 and Audi
oデコーダ105は、Video及びAudioの各M o decoder 105, each M of Video and Audio
PEG2ストリームをそれぞれデコードする。 The PEG2 stream decoding, respectively. デコードされたAudio信号については、音声制御部108に送られ、Video信号については、次段のVideo The decoded Audio signals are transmitted to an audio control unit 108, the Video signal, next Video
インタフェース110aに送られる。 It is sent to the interface 110a. データデコーダ1 Data decoder 1
07は、BSデジタル放送で送出されるデータ放送関連のストリームをデコードする。 07 decodes the data broadcasting-related streams sent by BS digital broadcasting. より具体的には、DSM More specifically, DSM
−CCデコード処理ののち、XML関連の一連のファイルをRAM122のあらかじめ割り当てられた領域に格納する。 After the -CC decoding, and stores the XML-related set of files in preassigned regions of the RAM 122. 【0019】1B,1Cは、本情報処理装置にビデオ/ [0019] 1B, 1C, the present information processing apparatus to the video /
オーディオ信号経由で接続されるそのほかの外部AV機器である。 As a other external AV equipment connected audio signal. 音声制御部108は、マルチウインドウで表示する複数の入力ソースの各音声信号の出力先を決定するものである。 Voice control unit 108 is for determining an output destination of the audio signals of the plurality of input sources to be displayed in multi-window. 一般的には、最大画面で視聴しているものをメインスピーカ109aで再生し、サブのウインドウの音声をヘッドホン109bとするケースが多いが、 In general, to reproduce what is viewed at maximum screen main speaker 109a, although the sound of the sub-windows in many cases the headphone 109b,
本実施形態においては、過去の視聴履歴データに基づき、CPU123により制御、決定される。 In the present embodiment, based on the past viewing history data, controlled by the CPU 123, it is determined. 勿論、リモコン125などによりユーザが直接指定することも可能な構成となっている。 Of course, the user has become also configurable be specified directly by a remote controller 125. 【0020】Videoインタフェース110a〜11 [0020] Video interface 110a~11
0cは、1A,1B,1Cから出力されるVideo信号を受け取る入力部である。 0c is an input unit for receiving 1A, 1B, a Video signal output from 1C. 本実施形態においては、外部AV機器1Bからの入力部である110bはアナログVideo信号が入力され、外部AV機器1Cからの入力部である110cには、デジタルVideo信号入力仕様とした。 In the present embodiment, 110b is input from the external AV apparatus 1B is an analog Video signal input, the an input portion 110c of the external AV device 1C, and a digital Video signal input specification. アナログVideoインタフェース110 Analog Video interface 110
bは、A/Dコンバータやサンプリングクロック発生のためのPLL回路などで構成され、さらに必要に応じて色空間の変換回路やインタレース−プログレッシブ変換回路などを含むこともある。 b is comprised of a PLL circuit for the A / D converter and a sampling clock generator, converter and interlaced color space if necessary - sometimes including progressive conversion circuit. 【0021】デジタルVideoインタフェース110 [0021] Digital Video interface 110
cは、たとえばLVDS(Low Voltage Differential S c, for example LVDS (Low Voltage Differential S
ignaling)などの差動多重化信号であれば、その復号回路や電圧レベルの変換回路などで構成されている。 If differential multiplexed signal such ignaling), and is constituted by a conversion circuit of the decoding circuit or voltage level. ここでは、DigitalTV受信部1Aからの入力以外に、アナログ、デジタル各々1つずつの外部AV入力ポートを持つ形態となっている。 Here, in addition to the input from DigitalTV receiver 1A, and it has a form with an analog, an external AV input port of the digital one each by. また、そのほかの経路から入力されるソースとして、以下のものがある。 Further, as the source input from the other path, are the following. 【0022】IEEE1394インタフェース117 [0022] The IEEE1394 interface 117
a,117bは、本情報処理装置と外部AV機器やコンピュータ周辺機器などをデジタル接続するためのインタフェースであり、録画などのためのD−VHSや、DV a, 117b is like the information processing apparatus and the external AV devices and computer peripherals is an interface for digital connection, recording or D-VHS for such, DV
Dプレイヤなどが接続されている。 Such as D player is connected. モデム118は、有料放送の利用などユーザの視聴記録に関する情報を放送事業者側の管理センタに電話回線を通じて送るほか、インターネットに接続し、様々なホームページの閲覧や電子メールのやりとりする際のインタフェースとして機能する。 Modem 118, in addition to sending through the telephone line to the management center of the broadcaster's side the information concerning the viewing record of the user and the use of pay-TV, as an interface when connected to the Internet, the exchange of browsing and e-mail various Homepage Function. PCMCIAインタフェース119は、デジタルカメラなどで撮影した各種画像を取り込むためのインタフェースであり、デジタルカメラなどの記録メディアとして用いられているCF(Compact Flash)カードや、 PCMCIA interface 119 is an interface for capturing various images taken with a digital camera, or a CF (Compact Flash) card which is used as a recording medium such as a digital camera,
スマートメディアなどをアダプタを介して接続する。 Or the like is connected to smart media via an adapter. 【0023】ここで一度整理すると、本情報処理装置への入力ソースとしては、以下のものがある。 [0023] To summarize here once, as the input source to the information processing apparatus, there is the following. ・DigitalTV受信部(1A)からの映像、音声、データ・ビデオ/オーディオ信号の形で入力される外部AV機器(1B,1C)からの映像、音声・IEEE1394インタフェース経由で接続されるD Video from-DigitalTV receiver (1A), audio, video from an external AV device (1B, 1C) which is input in the form of data and video / audio signals, are connected via voice-IEEE1394 Interface D
VDやD−VHSなどの映像、音声・モデム経由で接続されるインターネットや電子メールの情報・PCMCIAインタフェース経由で接続されるデジタルカメラなどの画像データ【0024】解像度変換部111a〜111cは、その中に各々少なくとも1画面分のビデオメモリを擁し(図示せず)、非同期で入力されるVideoインタフェース110a〜110cからの映像データを一旦蓄えた後、CPU123とマルチ画面合成制御部112からの指示に従い、所定の画面フォーマット(サイズや色数) Images such as VD and D-VHS, the image data [0024] resolution converter 111a~111c such as a digital camera that is connected via the information-PCMCIA interface of the Internet and e-mail that is connected via voice-modem, among them each home to at least one frame of the video memory (not shown), is once stored video data from the video interface 110a~110c inputted asynchronously, in accordance with an instruction from the CPU123 and the multi-screen synthesis controller 112, predetermined screen format (the number of size and color)
に変換する。 To convert to. 【0025】なお、IEEE1394インタフェース1 [0025] It should be noted, IEEE1394 interface 1
17a,117bやモデム118,PCMCIAインタフェース119からの映像、画像データの解像度変換処理は、グラフィックスアクセラレータ115とグラフィックスメモリ116の一部により実現している。 17a, the video from 117b and a modem 118, PCMCIA interface 119, resolution conversion of image data is realized by a part of the graphics accelerator 115 and graphics memory 116. 【0026】グラフィックスアクセラレータ115は、 The graphics accelerator 115,
マルチウインドウ画面における各ウインドウの枠レイアウトや背景画、ホームページブラウザやメールのアプリケーション画面、操作メニューやアイコン、ボタンなどのグラフィカルなユーザインタフェース画面などを生成する。 Frame layout and background picture of each window in the multi-window screen, website browser and email application screen, operation menu and icons, to generate such as a graphical user interface screen, such as a button. 【0027】グラフィックスメモリ116は、動画プレーン、静止画プレーン、文字・図形プレーン、重ね合わせ/切替制御プレーンなど、複数のプレーンからなる構造を持ち、マルチ画面合成制御部112の管理により、 [0027] Graphics memory 116, video plane, a still picture plane, characters and graphics plane, such as overlay / switch control plane has a structure comprising a plurality of planes, by the management of the multi-image synthesis control unit 112,
それぞれの入力ソースからの映像、画像データの合成処理に用いられる。 Images from each input source, used for the synthesis processing of image data. 【0028】マルチ画面合成制御部112は、CPU1 [0028] The multi-screen synthesis control unit 112, CPU1
23との連携により、各入力ソースからの映像、画像、 In cooperation with 23, video from the input source image,
文字情報などのデータを、それぞれのビデオメモリアドレスから読み出したのち、所定の画面レイアウト(位置、サイズ、重ね合わせ効果、色数など)となるよう、 Data such as character information, after read out from each of the video memory address, a predetermined screen layout (position, size, overlay effects, number of colors, etc.) and so as,
グラフィックスメモリ116上にデータを展開、最終的なマルチ画面を生成する。 Developing data on the graphics memory 116 to generate the final multi-screen. 本実施形態においては、この画面レイアウトが、過去のユーザの視聴履歴に応じた提示形態に制御されることになるが、この点については、 In the present embodiment, the screen layout, will be controlled in presentation form according to the viewing history of past user, on this point,
後で説明する。 It will be described later. 【0029】出力制御部113は、最終的なマルチ画面をディスプレイ114に出力するために、ディスプレイ114の特性に応じた駆動タイミングの制御や表示フォーマットの変換等を行う。 The output control unit 113 to output a final multi-screen on the display 114, performs conversion of the control and display format of drive timing according to the characteristics of the display 114. ディスプレイ114としては、マルチウインドウの効果を活かす目的から、大画面で高精細なハイビジョン対応のプラズマディスプレイやプロジェクション型モニタを選択することが好ましい。 The display 114, for the purpose of taking advantage of the effect of the multi-window, it is preferable to select a plasma display or projection type monitors high-resolution high-definition on a large screen.
出力制御部113からは、これらのディスプレイに対応したタイミングならびに表示フォーマットで表示用データが出力される。 From the output control unit 113, the display data is output at these timings and the display format corresponding to the display. 【0030】プリンタインタフェース120は、文字通りプリンタを接続するポートであり、本情報処理装置の画面で確認しながら、デジタルカメラから入力した画像を編集・印刷したり、放送系(データ放送を含む)で配信される番組関連情報(旅行ガイドや料理のレシピ、懸賞応募先、各種クーポン券など)、さらにはホームページ情報の印刷などに利用される。 The printer interface 120 is a port for connecting a literally printer, while checking the screen of the information processing apparatus, or edit and print image inputted from the digital camera, a broadcast system (including a data broadcast) program-related information to be delivered (travel guide and cooking recipes, prize application destination, such as various types of coupons), further is used, such as the printing of the home page information. 【0031】CPU123は、これらの構成を統括制御するためのものである。 The CPU123 is for collectively controlling these configurations. つまり、CPU123は、前記デジタル放送系でのPSIに関連する各種テーブルの識別、判断、処理(チューナ選局、EPG関連情報の抽出、処理など)やデータ放送として送られてくるXML That, CPU 123 includes an identification of the various tables associated with PSI in the digital broadcasting system, determination processing (tuner selection, extraction of the EPG related information, processing, etc.) sent as and data broadcasting XML
関連ファイルの処理などのほかに、解像度変換部111 In addition to such processes related files, the resolution conversion unit 111
やマルチ画面合成制御部112などの表示関係の制御、 Control of the display relationships such and multi-image synthesis control unit 112,
音声制御部108など音声関係の制御、モデム118やIEEE1394インタフェース117などの外部とのインタフェース制御、さらにリモコン125を含むユーザインタフェース124の制御などを行う。 Control of speech related functions including voice control unit 108, interface control with an external, such as a modem 118 and the IEEE1394 interface 117, further performs a control of a user interface 124 that includes a remote control 125. また、CP In addition, CP
U123は、入力ソースの属性を検出する為の属性検出部130、表示/音声パラメータ検出部131を有し、 U123 has attribute detector 130, a display / speech parameter detector 131 for detecting the attribute of the input source,
並びに履歴データベースの作成、更新等の処理プログラムを実行する。 As well as the creation of the history database, and executes the processing program such as updating. 【0032】RAM122は、CPU123の外部メモリとして動作するほか、その一部が、ユーザの履歴データベースを記憶する手段132として機能する。 The RAM122, in addition to operating as an external memory of the CPU 123, a part thereof, to serve as a means 132 for storing the historical database of the user. ユーザインタフェース124は、適切な操作画面との連携により、入力メディアやテレビチャンネル、外部機器などの選択、操作を行うものであり、基本的にリモコン125 The user interface 124, in cooperation with appropriate operation screen, input media and television channels, the selection of an external device, which performs operations, basically remote control 125
で制御される。 In is controlled. 【0033】図2は、統合型受信システムの各装置を操作するためのリモコン125の構成例を示したものである。 [0033] Figure 2 illustrates an example structure of the controller 125 for operating the devices integrated reception system. 以下、本実施形態に関わる主要なボタンの機能について、マルチ画面の操作手順を例に説明する。 Hereinafter, the functions of the key button according to the present embodiment will be described an operation procedure of the multi-screen as an example. 【0034】まず、メニューボタン211や、チャンネルボタン201、入力ソース選択ボタン202などにより、ユーザが視聴しようとする映像や画像、情報ソースが選択されると、あらかじめ受信機にプリセットされている画面レイアウトで、シングルまたはマルチ画面表示が行われる。 [0034] First, and menu buttons 211, channel button 201, such as by the input source selection button 202, the image or images to try to view a user, the information source is selected, the screen is preset in advance receiver layout in, single or multi-screen display is performed. その後、ユーザは方向選択キー209の左右方向(次へ/戻る)を用いて、プリセットされた数種類の画面レイアウトパターンの中から、好みの画面レイアウトを選び、決定キー210(方向選択キーの中央部)を押すことでそれを選択する。 Then, the user uses the left-right direction of the direction selection key 209 (Next / back), from among the preset several screen layout patterns, select the display layout preference, the central portion of the enter key 210 (direction selection key ) to select it by pressing. 【0035】また、ユーザが自由にレイアウトを行いたい場合には、まずカスタムキー206を押したのち、各ウインドウの位置及び大きさを方向選択キー209を使って設定する。 Further, if the user wants to freely layout, first after pressing the custom key 206 to set the position and size of each window by using the direction selection key 209. 一連の操作は、画面上に表示される操作ガイドに従う形で行い、最後に決定キー210を押すことで、ユーザのカスタマイズされた画面が登録される。 A series of operations are performed in a manner according to the operation guide displayed on the screen, by pressing the last decision key 210, customized screen of a user is registered.
尚、画面、音声変更に関する操作に関しては、後でまた触れる。 It should be noted that the screen, with respect to the operations related to voice change, or touch later. 【0036】次に、本実施形態において、視聴パターンの履歴データベースを生成する際のCPU123の動作の流れについて説明する。 Next, in the present embodiment, description will be given of a flow of operation of the CPU123 in generating historical database viewing patterns. 図3は、CPU123に組み込まれた、ある入力ソース(TV、外部DVD、インターネットなど)からの映像、音声、文字等の情報の視聴に際し、その入力ソースからの情報の属性を検出するとともに、各入力ソースをどのような形態(画面レイアウトならびに音声モード)で視聴しているかを検出し、それらを関連付けた履歴データベース132を作成してR Figure 3 is incorporated in the CPU 123, a certain input source (TV, external DVD, Internet, etc.) video from, voice, upon viewing of information such as characters, detects the attribute information from the input source, the detecting whether the viewing in any form input source (screen layout and audio mode), to create a historical database 132 that associates them R
AM122内の履歴データベース記憶部132に格納するまでの基本的な動作フローを示したものである。 In which the history showing the basic operation flow until stored in the database storage unit 132 in the AM122. 【0037】図3のステップS301において、視聴の認識を行う。 [0037] In step S301 of FIG. 3, and recognizes viewing. ここでは、ある入力ソース(TVであればチャンネル)からの情報を一定時間以上視聴した場合に、その入力ソースからの情報を視聴したと認識する。 Here, it recognizes when view information from one input source (if TV channels) predetermined time or more, that it has view information from the input source.
画面レイアウトについても、一定時間以上同一レイアウトに固定された場合に、その画面レイアウトで視聴したと認識する。 For even screen layout, it recognizes when it is fixed to a predetermined time or more identical layout, and was viewed on the screen layout. 音声出力についても同様である。 The same is true for the audio output. これらは、TVチャンネル選択時などに所望のチャンネルを探す、いわゆるザッピングと呼ばれる動作時の視聴パターンを履歴データとして蓄えることを防ぐためのものである。 It finds a desired channel, such as during TV channel selection, is intended to prevent the store viewing patterns during operation called zapping as history data. 【0038】次に、ステップS302においては、ステップS301で視聴であると認識したものについて、入力ソースの属性を検出する。 Next, in step S302, for those recognized as being viewed in step S301, it detects the attribute of the input source. 図5に入力ソースの属性データの構成例を示した。 It shows an example of the structure of attribute data of the input source in FIG. 同図に示すように、まず管理番号としての入力ソースIDを決定した後、それぞれの入力ソース毎に、その属性データとして、メディアの種別、放送系の場合、番組やチャンネルのジャンル、タイトル、チャンネル番号、番組全体時間、視聴開始時間、アプリケーションの種別(TV、ホームページブラウジング、電子メール、スケジューラなど)などを検出し、1つのデータ構造体として管理する。 As shown in the figure, after first determining the input source ID as the management number, for each input source, as the attribute data, the type of media, if the broadcast system, the programs and channel category, title, channel number, the entire time program, viewing start time, the type of application (TV, website browsing, e-mail, scheduler, etc.) is detected and managed as a single data structure. 【0039】図5において、タイトル、ジャンル、チャンネル、番組全体時間などのパラメータは、メディアの種別により存在する場合にのみ抽出し、データとして存在しないメディアの場合はブランクとする。 [0039] In FIG. 5, title, genre, channel, the parameters, such as the program total time, and extracted only when there by the type of media, if the media is not present as data to the blank. また、視聴開始時間は、その入力ソースの視聴開始時間を認識するためのものであり、後で説明する割り込み型の入力イベントが発生したときの画面レイアウト制御の為のデータとして用いられる。 Moreover, viewing start time, its is for recognizing the viewing start time of the input source is used as the data for screen layout control when the interrupt type input events to be described later is generated. 【0040】図6に、属性データの中のメディアの種別の分類例を示した。 [0040] FIG. 6 shows a classification example of the type of media in the attribute data. メディアの種別としては、放送系からの入力4種類、インターネット(モデム入力)、外部AV入力、IEEE1394やPCMCIAインタフェースからの入力などのほかに、内部機能として搭載されている時計(タイマ)や、スケジューラからの入力も1 The types of media, input four types of from the broadcasting system, the Internet (modem input), the external AV input, in addition, such as input from the IEEE1394 or PCMCIA interface, and watch (timer) that is installed as an internal function, scheduler even if the input of from 1
つのメディアとして分類した。 One of were classified as media. 【0041】図7は、属性データの中の、メディアの種別がTV放送系及び外部接続機器からのデータ再生系である場合のジャンル分類の一例である。 [0041] FIG. 7, in the attribute data, which is an example of the genre classification of when the type of media is data playback system from the TV broadcasting system and the external connection device. ここでは、ニュース、スポーツ、映画、ドラマ、バラエティ、ドキュメンタリ、教養、の7つのジャンルに分類した。 In this case, it was classified news, sports, movie, drama, variety, documentaries, educated in seven genres,. 勿論、これ以外にもさまざまなものがあるが、ここではその他の扱いとした。 Of course, there are a variety other than this, here was the other treatment. 入力ソースの属性データの中でも特にジャンルは、例えばスポーツや映画などは大きいウインドウを用いて表示するなど、画面レイアウトや音声モードなどと密接な関係を持つケースが多い。 In particular genre in the attribute data of the input source, such as, for example, be displayed using the sports and like the movie big window, there are many cases that have such a close relationship screen layout and audio mode. 【0042】また、図8は、属性データの中のアプリケーションの分類例である。 Further, FIG. 8 is a classification example of an application in the attribute data. 本情報処理装置においては、 In the information processing apparatus,
TV放送の視聴機能以外にも、インターネットブラウザ、電子メール、さらには、内蔵機能として時計やスケジューラなどのアプリケーションを備えており、それらのアプリケーションの種別は、図5に示す属性データ中のアプリケーション情報として記憶される。 In addition to viewing function of TV broadcasting, Internet browser, e-mail, and further it is provided with an application such as a clock or a scheduler as a built-in function, the type of their application, as the application information in the attribute data shown in FIG. 5 It is stored. 【0043】これらメディアやジャンルの種別など、入力ソースに関する属性データは、デジタルTV放送系では、SDT(Service Description Table:サービス記述)やEIT(Event Information Table:イベント情報)と呼ばれるチャンネルに関するサービス付帯情報や番組に関する付帯情報として、放送波に多重化されて送られてくる。 [0043] such as these media and genre type, attribute data related to the input source is, in the digital TV broadcasting system, SDT (Service Description Table: service description) and EIT: services incidental information about the channel, called (Event Information Table event information) as supplementary information on and programs, transmitted is multiplexed on the broadcast wave. 従って、上記テーブルデータを、デジタル放送受信部1Aでフィルタリングしたのち、CPU12 Therefore, after the table data, filtered by the digital broadcast receiving unit 1A, CPU 12
3で処理することにより、図5に示す属性データを抽出することが出来る。 By treatment with 3, it is possible to extract the attribute data shown in FIG. また、放送系以外の外部入力ソースに関しては、CPU123が、各インタフェース入力部と連携することにより、各パラメータの検出を行う。 With respect to the external input source other than the broadcasting system, CPU 123 may, by cooperation with the interface input unit performs detection of each parameter. なお、外部接続機器からの再生系で、コンテンツデータと共にジャンル情報が入力される場合は、CPU123がジャンル情報を検出し、属性データとして記憶する。 In the reproduction system of the external device, if along with the content data genre information is input, CPU 123 detects the genre information is stored as attribute data. 【0044】引き続き、図3のステップS303において、各ウィンドウに表示された映像の表示パラメータを抽出する。 [0044] Subsequently, in step S303 in FIG. 3, it extracts the display parameters of the image displayed on each window. 図9に、本実施形態における表示パラメータの構成例を示した。 Figure 9 shows an example of a structure of a display parameter in this embodiment. 各入力ソースをどのウインドウで表示するかという、各ウインドウヘの入力ソースの割り当ては、CPU123により行われる。 Of how to display each input source in any window, the assignment of the input source of each window F is performed by CPU 123. 各ウインドウの表示パラメータデータには、まず、そのウインドウで表示している映像の入力ソースを示す入力ソースIDがある。 The display parameter data for each window, it is first input source ID indicating an input source of an image being displayed in the window. 入力ソースIDによって、その入力ソースの属性データがわかる(図5)ので、各ウインドウとそのウインドウに対応する入力ソースの属性とがここで関係づけられることになる。 The input source ID, since it is clear attribute data of the input source (Fig. 5), so that each window and the attributes of the input source corresponding to the window are related here. ここで、各ウィンドウにウィンドウ番号を割当てて管理してもよい。 Here, it may be managed by assigning a window number to each window. 【0045】また、図9に示す表示パラメータのうち、 Further, in the display parameters shown in FIG. 9,
ウインドウ開始アドレス〜レイヤまでの各データは、各ウインドウの表示に関するパラメータである。 Each data up windows start address through Layer is a parameter related to the display of each window. これらのパラメータは、CPU123がグラフィックスアクセラレータ115内の表示制御に関係するレジスタの値を参照することにより抽出する。 These parameters are extracted by CPU123 refers to the value of the register associated with the display control of the graphics accelerator 115. 各ウインドウの位置及びサイズに関するパラメータとして、開始アドレス(通常は左上のアドレスを示す)、X(横)方向サイズ(ドット数)、Y(縦)方向サイズ(ドット数)を、さらに、各ウインドウ間、背景画面との関係を示すパラメータとして、ウインドウのレイヤ位置、表示効果(透過度)などを抽出する。 As parameters related to the position and size of each window, the start address (normally indicating the upper left address), X (horizontal) direction size (number of dots), Y (vertical) direction size (number of dots), further, between the window , as a parameter indicating the relationship between the background screen, the layer position of the window, to extract a display effect (transparency) and the like. そのほか、必要に応じて各ウインドウの表示色数なども表示パラメータデータとして管理する。 In addition, even a display color count of each window managed as display parameter data as required. 【0046】次に、ステップS304において、音声パラメータの抽出を行う。 Next, in step S304, to extract speech parameters. 図10に本実施形態における音声パラメータデータの構成例を示した。 It shows an example of the configuration of a voice parameter data in this embodiment in FIG. 音声パラメータデータには、表示パラメータと同様、その出力チャンネルで出力している音声の入力ソースを示す入力ソースI The speech parameter data, similar to the display parameter, the input source I indicating the input source of the sound being output at its output channel
Dがある。 There is a D. これにより、どのような属性を持った入力ソースが、どの出力チャンネルで、どのようなモードで視聴されているかが関連づけられる。 Thus, the input source having what attributes, in which output channel, or being viewed in any mode is associated. 図11に出力チャンネルの分類例を示した。 It shows a classification example of the output channel 11. 本実施形態においては、メインスピーカ、ヘッドホン、外部出力1及び2、音声出力無しの5つのいずれかに分類される。 In the present embodiment, the main speaker, headphone, external output 1 and 2, are classified as either five without audio output. 【0047】また、図12は、音声モードの分類例である。 Further, FIG. 12 is a classification of an audio mode. マルチチャンネルステレオは、たとえば、DVDなどで採用されているドルビー5.1chやDTS(Dolb Multi-channel stereo, for example, DVD, etc. Dolby 5.1ch and DTS, which has been adopted by (Dolb
y Theater Surround)などのモードを指す。 It refers to the mode of such y Theater Surround). これらの音声関係のパラメータは、CPU123が、Audioデコーダ105や音声制御部108内と連携(レジスタ設定、モード識別)することにより、データの抽出を行う。 The parameters of these sound relationship, CPU 123 may cooperate with the Audio decoder 105 and the audio control unit 108 (register setting, the mode identification) by, for extracting the data. 【0048】次のステップS305において、ステップS302で検出した入力ソースの属性データと、ステップS303及びS304で検出した表示及び音声のパラメータデータとの関係を整理し、さまざまな入力ソースを、どのような画面レイアウト(表示パラメータ)、及び音声モードで、視聴していたかのデータベースを作成する。 [0048] In the next step S305, the attribute data of the input source detected in step S302, to organize the relationship between the display and the sound of parameter data detected in step S303 and S304, a variety of input sources, what screen layout (display parameters), and in the voice mode, or create a database had been viewing. すなわち、ステップS305では、入力ソースI That is, in step S305, the input source I
Dごとに、どのような表示及び音声パラメータで視聴していたかを視聴パターンとして記憶すると共に、その頻度を記憶する。 Each D, stores or has been watched in any display and voice parameters as the viewing pattern, and stores the frequency. さらに、複数の入力ソースを同時視聴していた場合においても、入力ソースIDの組合せパターンごとの表示及び音声パラメータを記憶すると共に、その頻度を記憶する。 Further, when you were simultaneously view multiple input sources also stores the display and audio parameters for each combination pattern of the input source ID, and stores the frequency. 【0049】履歴データベースとしては、同じ入力ソースIDを視聴した場合であっても、いくつかの視聴パターンデータが履歴として残るが、それぞれの場合の表示、音声パラメータを記憶し、頻度の高い順にソートし、記憶する。 [0049] As the history database, sorted even when watching the same input source ID, some but viewing patterns data remains as a history, a display in each case, storing speech parameters, a higher order of frequency and stores. また、表示パラメータのうち、ウインドウ開始アドレス、X方向サイズ、Y方向サイズに関しては、画面上の任意の値を採り得るため、特に図示していないが、近いアドレス並びにサイズの場合は、データの丸め込みを行い、ある範囲のものは同じデータ(値)として記憶するような仕様としている。 In addition, among the display parameters, window start addresses, X-direction size, with respect to the Y-direction size, to obtain take any value on the screen, though not shown, in the case of near address and size, rounding of the data It was carried out, and the specification, such as those in the range is stored as the same data (value). このようにして、 In this way,
さまざまな入力ソースをどのような画面、音声で視聴していたかという視聴パターンとその頻度が履歴データベースとして蓄積される。 What screen a variety of input sources, viewing patterns and the frequency of whether who are watching a voice it is stored as a history database. 【0050】図4は、ユーザがある入力ソースを視聴しようとした場合の画面レイアウト、音声モード決定までの基本動作フローである。 [0050] FIG. 4, the screen layout when you try to watch the input source that there is a user, which is the basic operation flow of up to voice mode decision. 図4において、ステップS4 4, step S4
01において、ユーザが視聴しようとしている映像、音声等の入力ソースIDの識別が行われる。 In 01, the image that the user is attempting to view, the identity of the input source ID such as audio are performed. この場合、1 In this case, 1
つの入力ソースのみ選択されているケースもあるであろうし、はじめから複数の入力ソースを選択するケースもある。 One of from would input source only in some cases have been selected, in some cases to select a plurality of input sources from the beginning. 【0051】ステップS401で、入力として選択された入力ソースIDの識別を行い、次のステップS402 [0051] In step S401, carried out the identification of the input source ID that has been selected as the input, the next step S402
で、選択された入力ソースの属性データに基づき、その入力ソース(またはその組合せ)が過去に視聴されているか否か、すなわちその視聴パターンが履歴データベースに存在するかをチェックする。 In, based on the attribute data of the input source selected, and checks whether the input source (or combination thereof) is viewed in the past, that is, the viewing patterns present in the historical database. 【0052】履歴データベースに存在した場合は、過去の視聴パターンの中から、まず最も頻度の高かった画面レイアウト、音声モードで表示し(S403)。 [0052] In the case that existed in the history database, from the past viewing pattern, first and most frequent higher were screen layout, displayed in the voice mode (S403). ユーザに対し、提示した画面レイアウト、音声モードでOKかどうかの間い合わせを行う(S404)。 User with the presented screen layout, the alignment had between whether or not OK in the voice mode is carried out (S404). 図13は、ユーザに対する問い合わせ画面(OSD表示)の一例である。 Figure 13 is an example of a query to the user screen (OSD display). 図13においては、視聴中の画面の左隅一部を占有する形での提示例を示したが、OSDの透過度を調整し、背景の画面を見せながらこの選択確認画面(画面モード、音声モード)の表示を行うことも可能である。 13 showed presentation example in the form that occupies a portion left corner of the screen being viewed, to adjust the OSD of permeability, the selection confirmation screen (screen mode while showing a screen background, audio mode it is also possible to perform the display of). さらに、あらかじめいくつかのパターンをプリセットしておき、たとえば図14に示すようなグラフィカルなデザイン表示とすることにより、より広い年齢層のユーザに対して親しみやすい形での提示も可能である。 Furthermore, leave preset several patterns in advance, for example, by a graphical design view as shown in FIG. 14, it is also possible presentation in familiar form to the user of a broader age. 【0053】ユーザが、リモコン操作で画面・音声ともにOKなる選択を行った場合は、そのままの画面で視聴し、一定時間以上経過した時点で、その結果を、属性データベースにフィードバックする(S420)(最も頻度の高かった、視聴パターンの度数がまた1つ追加されることになる)。 [0053] When the user, if you make the OK made selection to both the screen and sound on the remote control operation, to watch as it is on the screen, at the time that has passed more than a certain time, and the result is fed back to the attribute database (S420) ( the most frequent was high, so that the frequency of viewing patterns is also one additional). 仮に、NGなる選択を行った場合は、 If, in the case of performing the NG become selected,
あと2回、すなわち履歴データとして2番目、3番目に多かった視聴パターンでの提示を行う。 After 2 times, ie, the second as historical data, the presentation in frequent viewing patterns in the third do. 【0054】3回提示された視聴パターン中に、望ましい提示形態が無かった場合は、ステップS405にてユーザがリモコン操作により自由に選択、設定を行うモードヘと移行する。 [0054] During 3 viewing patterns presented times, if desired presentation form did not, freely chosen by the user remote control in step S405, the process proceeds Modohe to set. 具体的には、リモコンのカスタムキー206を押すことにより、画面または音声変更メニューを呼び出し、たとえば画面変更であれば、各ウインドウの位置及び大きさを方向選択キー209を使って設定する。 Specifically, by pressing a custom key 206 of the remote controller, you access a screen or voice change menu, for example if a screen change, to set the position and size of each window by using the direction selection key 209. 図15及び図16に、それぞれ画面及び音声変更の際の操作ガイド表示の例を示す。 15 and 16 show an example operation guide display during each screen and voice modification. 【0055】ユーザによる設定後、OKであれば、そのパターンで視聴を行い、前述と同様に履歴データベースヘのフィードバックを行う。 [0055] After the setting by the user, if it is OK, do the viewing in the pattern, performing the feedback of history database F in the same manner as described above. NGの場合は、2回までユーザによる変更(S405)にてリトライし、3回以上NGが続く場合は、あらかじめ設定してある(プリセットされている)画面レイアウト、音声モードで表示を行う。 For NG, and retry in user changes to 2 times (S405), when three or more times NG continues, is set in advance (preset by being) screen layout, the display is performed in the voice mode. 【0056】図4の動作フロー内には記載していないが、本実施形態における情報処理装置には、数種類の画面、音声パターンがプリセットされており、前述のように、ユーザはリモコンの方向選択キー209の左右方向(次へ/戻る)を用いて、プリセットされた数種類の画面、音声パターンの中から、好みの画面レイアウトを選び、決定キー210(方向選択キーの中央部)を押すことでそれを選択することが可能である。 [0056] Although not described in the operation flow of FIG. 4, the information processing apparatus of this embodiment, several screens, and the voice pattern is preset, as described above, the user direction selection on the remote control using the left-right direction key 209 (next / Back), by preset several screens, from the speech pattern, select the display layout preference, press the ENTER key 210 (the central part of the direction selection key) it is possible to select it. プリセットされたパターンでの視聴が選択された場合も、同様に、履歴データベースの更新が行われる。 Even if viewing on preset pattern is selected, similarly, update history database is performed. 【0057】一方、図4のステップS402において、 [0057] On the other hand, in step S402 in FIG. 4,
視聴しようとしている映像、音声等の入力ソースやその組合せが履歴データベースにない場合は、ステップS4 If the video you are trying to watch, the input source and the combination of voice or the like is not in the historical database, step S4
08にて、プリセットされた画面、音声パターンでの表示を行う。 At 08, it performs preset screen display in the speech pattern. ここでも、前述と同様に、複数のプリセットパターンの中からユーザが選択する。 Again, as before, the user selects from among a plurality of preset patterns. 【0058】ステップS409にて、提示形態の確認を行う。 [0058] In step S409, to confirm the presentation form. OKであれば、そのまま視聴し、履歴データベースを更新する。 If OK, as it is to watch, to update the historical database. 仮にNGの場合は、ステップS410にて、ユーザにより画面、音声パターンの変更が行われる。 The assumed case of NG, in step S410, the screen changes speech pattern is performed by the user. ここでの処理は、前述のステップS405での処理と同様である。 This process is the same as the processing in step S405 described above. 一方で、OKの場合は、そのパターンで視聴し、履歴データベースを更新する。 On the other hand, in the case of OK, you watch in the pattern, to update the historical database. 3回以上NGが続く場合は、ステップS412にて、強制的にあるプリセットパターンにて表示を行う。 If three or more NG continues at step S412, it performs display at preset pattern in the forced. 【0059】このようにして、最終的な画面、音声パターンでの視聴形態が選択、決定されるが、いずれのケースであっても、そのパターンで一定時間以上視聴したことを確認後、履歴データベースの更新を行う。 [0059] Thus, the final screen, viewing type of the voice pattern is selected, is determined, in either case, after confirming that watched a certain time or more in the pattern, a history database perform the update. 【0060】以上の説明は、はじめから1つもしくは複数の入力ソースを選択した場合に、画面、音声パターンを決定するケースであるが、すでにある入力ソースを視聴している最中に、電子メールやスケジューラ(タイマ)などからの割り込み型の表示要求(イベント)が発生したケースも起こりうる。 [0060] the above description, when you select one or more of the input source from the beginning, the screen, in the middle is a case to determine the voice pattern, you're watching the input source that is already, e-mail It may also occur and scheduler cases (timer) from such as interrupt type of display request (event) has occurred. また、ユーザ操作により新たな入力ソースからの情報の表示要求が発生する場合もある。 In some cases, the display request for information from a new input source by a user operation occurs. その場合であっても、割り込み型の表示イベントが発生した時点で、ステップS401に戻り、同様の処理を行う。 Even in this case, when the interrupt type display event occurs, the process returns to step S401, perform the same processing. 【0061】すなわち、最初のステップS401において、すでに視聴中の映像、音声等の入力ソースと割り込む形で発生した表示イベントの入力ソースとの関係に関して、前述と同様に履歴データベースにあるかを確認して、以下同様のフローにて処理されることになる。 [0061] That is, in a first step S401, already video being viewed, with respect to the relationship between the input source display events that occurred in the form of interrupting the input source, such as voice, to verify whether the history database in the same manner as described above Te, will be processed in a similar flow follows. 尚、 still,
割り込み型のイベントが発生した場合は、視聴パターンを決定する為の履歴データベースのパラメータとして、 If an interrupt type of event occurs, as a parameter of the historical database to determine the viewing patterns,
視聴経過時間を新たに加えてもよく、この点については後述する。 It may be newly added to the viewing elapsed time, which will be described later. 【0062】図17は、あるユーザにおける、入力ソースの属性とその入力ソースからの情報をどのような画面レイアウト、並びに音声モードで視聴していたかを表す履歴データベースの一例である。 [0062] Figure 17 is an example of a history database that represents the given user, information what screen layout from the input source and attributes of the input source, and whether people watch a voice mode. ここでは、視聴パターンA〜Hの8パターンに関して、過去もっとも多く視聴されていた画面レイアウトと音声モードがピックアップされテーブル化されている。 Here, viewing with respect to eight patterns of the pattern A~H, most screen layouts and audio mode, which has been watching the past has been tabled is picked up. 【0063】ここで、TV放送系や外部メディアからのデータ再生系のように、入力ソースの属性データにジャンル情報が含まれていれば、メディアとジャンルの組合せを入力ソースの属性として属性データベースのパラメータとし、インターネットの場合は、メディアとアプリケーションの組合せを入力ソースの属性としてデータベースのパラメータとする。 [0063] Here, as the data playback system from the TV broadcast system or external media, if it contains genre information to the attribute data of the input source, the combination of the media and the genre as an attribute of the input source of the attribute database as a parameter, in the case of the Internet, the parameters of the database the combination of media and applications as an attribute of the input source. つまり、入力ソースの属性としてメディアだけでなく、より細分化した属性を組み合わせることにより、入力ソースからの情報の内容を反映し、より的確に視聴パターンの履歴を管理するようにした。 That is, not only the media as an attribute of an input source, by combining the attributes further subdivided to reflect the contents of the information from the input source, and configured to manage a history of more accurately viewing patterns. 【0064】また、本データベース作成のために、ユーザごとの過去の視聴履歴をヒストグラム化し、設定により画面(ウインドウ)サイズなどに関しては、ある程度近いデータに関しては丸め込み処理(同一の履歴として扱う)を行い、その中からもっとも頻度の多かった画面、音声の組合せを抽出するという作業が、CPU12 [0064] In addition, for the purpose of creating this database, and a histogram of the past viewing history for each user, with respect to such as screen (window) size by the setting, do the rounding with respect to a certain extent close data processing (treated as the same history) , the most frequent frequent screen from among them, the work of extracting the combination of voice, CPU12
3のバックグラウンド処理として常に行われている。 It is always done as a background process of 3. 【0065】次に、いくつかの視聴パターンに関して、 Next, with respect to some of the viewing patterns,
過去の視聴履歴に基づきどのように処理されるかいくつかの例に従い説明する。 How they are processed based on past viewing history will now be described with reference to several examples. 図18は、図17における視聴パターンAの場合の画面レイアウトである。 Figure 18 is a screen layout when viewing the pattern A in Fig. 17. 入力ソースとしては「デジタルTV放送」1つで、ジャンルが「スポーツ」のケースである。 As the input source is a case of "digital TV broadcasting" one, the genre is "sports". 図17の履歴データベースによると、この入力ソースの場合は、このユーザは、画面レイアウトとしてワイドフル画面表示、音声としては、 According to the history database 17, in the case of the input source, the user is wide full screen display as the screen layout, the voice,
メインスピーカからステレオモードで視聴していたケースがもっとも多いため、本情報処理装置は、ユーザがその入力ソース(デジタルTV放送→スポーツ)を選択した時に、優先的にそのパターンでの提示を行うように制御する。 Because of the most common cases that had been viewing in stereo mode from the main speaker, the information processing apparatus, when the user selects the input source (digital TV broadcasting → Sports), to make a presentation in priority to the pattern to control to. (図4のステップS403) 【0066】図19は、図17における視聴パターンB (Step S403 in FIG. 4) [0066] Figure 19 is a view in Figure 17 the pattern B
の場合の画面レイアウトである。 In the case of a screen layout. これは、入力ソースとして「デジタルTV放送」2つで、その内1つがドラマ、もう1つがスポーツの場合の例である。 This is the "digital TV broadcasting" 2 Tsude as an input source, of which one is drama, is an example of a case in one another, but of sport. このユーザは過去、ドラマとスポーツ番組を同時視聴する際、ドラマをフル画面で表示しつつ、画面右下に子画面を開きスポーツの進行状況を確認するといった視聴パターンをもっとも多くとっていたため、優先的に図19に示すような画面レイアウトでの提示を行なう。 This user past, when simultaneous viewing the drama and sports programs, while displaying the drama in full screen, because it was taking most of the viewing patterns, such as to check the progress of the sport to open the child screen in the lower right corner of the screen, priority to perform the presentation of the screen layout as shown in FIG. 19. 【0067】図20は、図17における視聴パターンC [0067] Figure 20 is a view pattern C in FIG. 17
の場合の画面レイアウトである。 In the case of a screen layout. これは、TV放送でドキュメンタリの番組を視聴中、番組関連データを調べるためにブラウザを起動し、番組に関連するホームページ情報をチェックするシーンである。 This is a scene to check while watching a documentary program in TV broadcasting, to launch the browser in order to examine the program-related data, the home page information related to the program. このような状況において、過去にこのユーザは、TV画面を左2/3に、ホームページ(ブラウザ)の表示を右1/3に表示する形態で視聴しているケースが多かったため、図20に示すような画面レイアウトにて表示を行っている。 In such a situation, the user in the past, the TV screen to the left 2/3, the home page for the case being watched in the form to display the display of the (browser) to the right 1/3 there were many, shown in FIG. 20 It is doing a display at such a screen layout. 【0068】次に、ある入力ソースを視聴中に、ほかの入力ソースからの情報の表示要求(イベント)が発生した場合の、本情報処理装置の動作につき説明する。 [0068] Then, while viewing a certain input source, when the display request for information from other input source (event) occurs, it will be described operation of the information processing apparatus. 図2 Figure 2
1及び図22は、いずれもある入力ソースからの情報を視聴中に、電子メールの着信があった場合の提示例を示している。 1 and 22, while viewing the information from any of which input source, shows an example of presentation when there is an e-mail incoming call. (図17における視聴パターンD,E) 【0069】図21は、情報処理装置に対してIEEE (View in FIG. 17 pattern D, E) [0069] Figure 21, IEEE to the information processing apparatus
1394インタフェースで接続されたDVD装置からの映画をフル画面で視聴中、電子メールの着信が発生した場合の画面の表示例である。 While watching a movie from the connected DVD equipment in the 1394 interface in full-screen, it is a display example of a screen in a case where the incoming e-mail is generated. この場合、ユーザは、映画のシナリオ上、視聴を邪魔されたくないとの意図から、 In this case, the user, on the movie of the scenario, from the spirit of the not want to be disturbed the viewing,
図17の履歴データベースが示すように、電子メール着信時の画面レイアウトとして、画面右下部へのアイコン表示(図21参照)を選択していた。 As the history database of FIG. 17, as the screen layout at the time of e-mail incoming call, has been selected icon displayed on the screen bottom right (see Figure 21). このため、本情報処理装置は、履歴データベース中の図21に示すような表示態様を最初の提示形態として選択し、提示を行うよう自動制御する。 Therefore, the information processing device selects a display mode as shown in FIG. 21 in the history database as the first presentation form, and automatically controls to perform presentation. なお、履歴データベースに”メディア=1394接続機器、ジャンル=映画”という入力ソースの属性の組合せが存在しない場合は、前述のようにプリセットされたレイアウトを提示する。 It should be noted that, in the history database "media = 1394 connected devices, genre = movie" If the combination of the attributes of the input source that does not exist, to present a layout that is preset as described above. 【0070】図22は、図21と同様、ある入力ソースを視聴中における電子メール着信のケースである。 [0070] FIG. 22 is similar to FIG. 21, is the case of incoming e-mail in while watching a certain input source. ここでは、イベント発生前に視聴していた入力ソースの属性が異なる場合を示しており、図22では、フル画面でドラマを視聴中のメール着信となっている。 In this case, it shows a case where the input source that was viewed before the event occurs attribute is different, as shown in FIG. 22, and has a mail incoming call while watching a drama in full screen. この場合は、 in this case,
映画視聴中の様なアイコン表示ではなく、図22(b) Rather than as an icon display in movie viewing, as shown in FIG. 22 (b)
に示すように画面中央部の最上位レイヤに電子メールの着信を示す通知ウインドウが表示され、例えば、その3 Notification window indicating the incoming e-mail is displayed in the top layer of the screen central portion as shown in, for example, the 3
秒後に、図22(c)に示すように、自動的にメールアプリケーションを起動、画面の右側に1/3のサイズでウインドウを開くように制御している。 After seconds, as shown in FIG. 22 (c), automatically starts the mail application, are controlled to open a window with a size of 1/3 on the right side of the screen. 【0071】これは、映画に比べ、ドラマの方が割り込み型表示イベントに対して、このユーザが寛容な対応を行ってきた履歴に基づく結果である。 [0071] This is, compared to the movies, to the interrupt type display event is more of a drama, which is the result of the user is based on the history that has made a generous response. このメールアプリケーションのウインドウのサイズや位置、電子メールの着信通知ウインドウの表示から、メールアプリケーション起動までの移行タイミング等々は、ユーザの過去の履歴パターンにより決定されている。 The mail application size and position of the window, the display of the incoming e-mail notification window, the so timing of transition to e-mail application launch, are determined by the past history pattern of the user. 勿論、図4の動作フローのように、割り込み型の表示イベントであっても、 Of course, as in the operation flow of FIG. 4, it is a display event interrupt type,
必要に応じて、ユーザによるマニュアル的な設定を行い、それを記憶させることで好みの設定にすることが可能である。 If necessary, perform manual specific setting by the user, it is possible to set preferences by storing the same. 【0072】また、このような割り込み型の表示イベントに関しては、イベント発生前に視聴していた入力ソースと表示要求のあった入力ソースとの静的な関係だけでなく、同じ入力ソースの組合せであっても、イベント発生前に視聴していた入力ソースからの情報の視聴経過時間により、アイコン表示をさせるか、ウインドウをポップアップさせるか等々の提示する表示形態の選択が異なる場合がある。 [0072] In addition, with respect to such interrupt type of display events, not only the static relationship between the input source for which the display and the input source request, which had been viewing before the event occurs, a combination of the same input source even, the viewing elapsed time information from the input source which was viewed before the event occurs, or to an icon display, there are cases where selection of the display mode presenting the like or to pop up a window different. 【0073】たとえば、かなり視聴時間が経過し、映画のクライマックスシーンやスポーツの試合終了に近づいたときには、一般的にウインドウの自動ポップアップは敬遠される傾向にあると予想できる。 [0073] For example, passed a significant viewing time, when approaching the end of the game of the movie of the climax scene and sports, the automatic pop-up of the general window can be expected to tend to be shunned. 本実施形態においては、履歴データベースのパラメータとして入力ソースの属性をメディアとジャンル又はメディアとアプリケーションという組合せにしているが、その他に視聴経過時間を含めて1つのパラメータとしてもよい。 In this embodiment, although the attributes of the input source as the parameters of the historical database is a combination of media and genre or media and applications may be one parameter including the viewing elapsed time other. この場合、 in this case,
割り込み型の表示イベント発生時に視聴経過時間に基づいて画面レイアウトを提示することができる。 Can be presented to the screen layout based on the viewing elapsed time at the time of the interrupt type of display event occurs. つまり、 That is,
同一入力ソースの組合せであっても、割り込み型の表示イベントが発生したタイミングにより、異なる視聴パターンが選択される。 A combination of the same input source, the timing at which the interrupt type display event occurs, different viewing patterns are selected. 【0074】尚、視聴経過時間の計時は、本情報処理装置に設けられたカウンタ等の時計機能を用いても良いし、あるいは、TVプログラムなどであれば、放送波に重畳される番組に関する情報、またはインターネットやCD−ROMなどから得られる番組に関する情報を検出し、そのデータから視聴番組の開始又は終了時刻を検出し、現在時刻と比較することにより算出することも可能である。 [0074] Incidentally, measurement of the viewing elapsed time may be used a clock function of the counter or the like provided on the information processing apparatus, or if such as a TV program, information regarding the program to be superimposed on the broadcast wave or to detect the information about the program derived from the Internet, a CD-ROM, or to detect the start or end time of the viewing program from the data, it is possible to calculate by comparing the current time. 【0075】図23は、あるユーザの朝の視聴パターン例を示したものであり、単一画面視聴から図17における視聴パターンF,G,Hに至る提示形態の変化を示す図である。 [0075] Figure 23 is shows the morning viewing pattern example of a user, is a diagram showing changes in presentation form reaching the viewing patterns F, G, H in FIG. 17 from a single screen view. 図23(a)において、ニュース番組TV1 In FIG. 23 (a), the news program TV1
をフル画面で視聴しているときに、データ放送によるヘッドラインニュースDATA1及び時計表示T1をマルチウインドウ表示にて行うよう、ユーザがリモコンにより指示すると、図23(b)の提示形態に自動的に変化する(視聴パターンF)。 The while watching in full screen, to perform Headline News DATA1 and clock display T1 by the data broadcast in a multi-window display, the user instructs the remote controller, automatically presenting the form shown in FIG. 23 (b) change (viewing patterns F). 【0076】勿論、これは、これまで述べてきたケースと同様に、本情報処理装置が入力ソースの組合せを判断し、ユーザが過去にこの画面レイアウトでの視聴を行っていたことを検出して、自動的にレイアウト管理を行い提示するものである。 [0076] Of course, this is similar to the case described so far, the information processing apparatus determines the combination of the input source, by detecting that the user has performed from view in this screen layout in the past , it is intended to present automatically performs layout management. 【0077】さらに、ユーザによりデータ放送の天気予報DATA2の表示要求が追加発生すると、図23 [0077] In addition, when the request for displaying the weather forecast of the data broadcast by the user DATA2 to add generated, as shown in FIG. 23
(c)に示す画面レイアウトヘと変化する(視聴パターンG)。 Changes screen layout f shown in (c) (viewing patterns G). この場合では、データ放送によるヘッドラインニュースDATA1の表示エリアを縮め(L10→L1 In this case, shorten the display area of ​​the head line news DATA1 by the data broadcasting (L10 → L1
2)、その下に天気予報のウインドウを新たに開く(L 2), newly open the window of a weather forecast under the (L
14)。 14). 【0078】さらに、従来画面右下に表示していた時計表示T1は、ヘッドラインニュースのウインドウ内に重ね合わせる形態での提示に変化している(L11→L1 [0078] In addition, the clock display T1, which has been displayed in the conventional lower right of the screen, has been changed to the presentation in the form of superimposed in the head line news window (L11 → L1
3)。 3). 最後に、ユーザが天気予報のより詳細な情報を知るために、天気マークをリモコンにより選択・決定すると、図23(d)に示す画面レイアウトヘと変化する。 Finally, the user to know more detailed information of weather forecast, when selected and determined by the remote weather mark, changes screen layout f shown in FIG. 23 (d).
図23(d)では、ニュースTV1のウインドウの下部に、天気予報DATA2に関するより詳細な情報サブウインドウを開く形態となっている。 In FIG. 23 (d), the bottom of the window news TV1, and has a form to open more detailed information sub-window about the weather forecast DATA2. 【0079】図23においては、表示すべき入力ソースが順次増加する形で説明を行ったが、はじめから、ユーザが複数の入力ソースを選択した場合は一気に図23 [0079] In Figure 23, the input source to be displayed has been described in a manner that increases sequentially from the beginning, at once if the user selects a plurality of input sources 23
(d)の視聴パターンに移行することも勿論可能である。 It is of course possible to shift the viewing patterns of (d). 【0080】以上、ユーザの視聴履歴に基づき、画面レイアウト、音声モードを制御する情報処理装置に関して、図17の履歴データベース、図4の動作フロー、並びに図18から図23の画面例を中心に説明した。 [0080] above, based on the viewing history of the user, screen layout, with respect to an information processing apparatus for controlling a voice mode, described history database of FIG. 17, the operation flow of FIG. 4, as well as from FIG. 18 around the screen example of FIG. 23 did. なお、本実施形態(図1)においては、本発明による情報処理装置として表示部や放送受信部を含まない構成となっているが、本発明の本質からすれば本実施形態の構成に限定されることはなく、放送受信部を有し、表示部を持たないIRD(Integrated Receiver Decoder)や、 In the present embodiment (FIG. 1) has a configuration that does not include a display unit and a broadcast receiver as an information processing apparatus according to the present invention, limited to the configuration of this embodiment if the essence of the present invention not Rukoto, and has a broadcast receiving section, no display unit IRD (Integrated receiver Decoder),
放送受信部と表示部とを有するテレビジョン放送受信装置等に適用しても、同様の効果が得られることは明らかである。 Be applied to a television broadcast receiver or the like having a display unit and the broadcast receiver, it is apparent that the same effect can be obtained. 【0081】<第2の実施形態>次に、本発明の第2の実施形態における情報処理装置を適用する統合型受信システムの動作について説明する。 [0081] <Second Embodiment> Next, the operation of the integrated receiver system employing the information processing apparatus according to a second embodiment of the present invention. 本実施形態では、視聴時間帯毎に視聴パターンの履歴を管理することをその一つの特徴とする。 In the present embodiment, to manage the history of viewing patterns in each viewing time zone as one of its features. 【0082】図24は、本実施形態による視聴パターン履歴データベース作成の動作の流れを示したフローチャートである。 [0082] Figure 24 is a flowchart showing the flow of operation of the viewing pattern history database creation according to the present embodiment. ステップS2401〜ステップS2404 Step S2401~ step S2404
は、図3のステップS301〜ステップS304と同様の処理であるため説明は省略する。 It is described because it is similar to the processing of steps S301~ step S304 of FIG. 3 will be omitted. ステップS2405 Step S2405
では、図3のステップS302で検出した入力ソースの属性データと、ステップS301及びステップS304 In an input source attribute data detected in the step S302 of FIG. 3, steps S301 and S304
で検出した表示及び音声のパラメータデータとを整理し、視聴時間帯(日付、曜日)ごとに、どの入力ソースからの情報を、どのような画面レイアウト、及び音声モードで、視聴していたかのデータベースを作成する。 In to organize the detected display and voice of the parameter data, for each viewing time zone (date, day of the week), the information from any input source, any screen layout, and in the audio mode, whether the database has been viewed create. 【0083】履歴データベースとしては、同一時間帯ごとに、いくつかの視聴パターンデータが履歴として残るが、それぞれの場合の入力ソース、表示、音声パラメータを検出し、頻度の高い順にソートし、記憶する。 [0083] As the history database, every same time zone, but remains as a number of viewing pattern data history, the input source in each case, the display, detecting the speech parameters, sorted in order of most to least common, stores . 【0084】視聴時刻の計時は、基本的に、本情報処理装置に設けられた時計機能を用いるが、逐一、放送波に重畳される時刻(日付)情報を検出、時刻の校正を行っている。 [0084] measurement of the viewing time, basically, uses a clock function provided in the information processing apparatus, one by one, detecting the time (date) information to be superimposed on the broadcast wave, and performs calibration of the time . 【0085】また、表示パラメータのうち、ウインドウ開始アドレス、X方向サイズ、Y方向サイズに関しては、画面上の任意の値を採り得るため、特に図示していないが、近いアドレス並びにサイズの場合は、データの丸め込みを行い、ある範囲のものは同じデータ(値)として記憶するような仕様としている。 [0085] Further, in the display parameter, the window start addresses, X-direction size, with respect to the Y-direction size, to obtain take any value on the screen, though not shown, in the case of near address and size, It performs rounding data, and the specifications such as those of the range is stored as the same data (value). 【0086】このようにして、それぞれの時間帯、日付、曜日ごとに、どの入力ソースを、どのような画面、 [0086] In this way, each time zone, date, for each day of the week, which input source, what kind of screen,
音声で視聴していたかという視聴パターン、履歴データベースが蓄積される。 View of whether who are watching a voice pattern, a history database is accumulated. 【0087】図25は、ユーザがある時刻において何か視聴しようとした場合の、入力ソース、画面レイアウト、音声モード決定までの基本動作フローである。 [0087] FIG. 25 is, if you try to do something viewing at a time where there is a user, input source, screen layout, which is the basic operation flow of up to voice mode decision. 図2 Figure 2
5において、ステップS2501において、まず現在時刻(日付・曜日)の識別が行われる。 In 5, in step S2501, first, identification of the current time (day date) are performed. 次のステップS2 The next step S2
502で、識別された時刻情報に基づき、その時間帯での過去の視聴履歴が、履歴データベースに存在するかをチェックする。 In 502, based on the identified time information, past viewing history in that period of time, to check whether exists in the history database. 【0088】履歴データベースに存在した場合は、過去の視聴パターンの中から、まず最も頻度の高かった入力ソース(の組合せ)、画面レイアウト、音声モードで表示し(S2503)、ユーザに対して、提示した入力ソース、画面レイアウト、音声モードでOKかどうかの間い合わせを行う(S2504)。 [0088] In the case that existed in the history database, from the past viewing pattern, first and most frequent higher was input source (of the combination), screen layout, displayed in audio mode (S2503), to the user, presented input source, screen layout, the alignment had between whether or not OK in the voice mode is carried out (S2504). 既に説明したように、 As already explained,
この問い合わせ画面の一例は図13に示されている。 An example of the inquiry screen is shown in Figure 13. 【0089】ユーザが、リモコン操作で入力ソース、画面レイアウト、音声モードともにOKなる選択を行った場合は、そのままの視聴パターンで視聴し、一定時間以上経過した時点で、その結果を視聴パターンデータベースにフィードバックする(S2520)(最も頻度の高かった視聴パターンの度数が一つ追加されることになる)。 [0089] user, the input source with the remote controller, screen layout, the case of performing OK consisting selection in both audio mode, viewing as it viewing patterns, at the time of the lapse of a predetermined time or more, the result in the viewing pattern database feeding back (S2520) (the most power of the frequent high was viewing patterns will be added one). 仮に、NGなる選択を行った場合は、あと2回、 If, if you make the NG becomes selection, 2 more times,
すなわち履歴データとして2番目、3番目に多かった組合せ(視聴パターン)での提示を行う。 That second as history data, the presentation in frequent combinations third (viewing patterns) performed. 【0090】3回提示された視聴パターンの中に、望ましい提示形態が無かった場合は、ステップS2505にてユーザがリモコン操作により自由に選択、設定を行うモードヘと移行する。 [0090] In the presented viewing patterns 3 times, if desired presentation form was not freely selected by the user remote control in step S2505, the process proceeds Modohe to set. 具体的には、リモコンのカスタムキー206を押すことにより、入力ソース、画面レイアウト、または音声モード変更メニューを呼び出し、まずウインドウを選択した後(図26にフォーカス・カーソル移動による選択ガイドの一例を示した)、たとえば画面レイアウト変更であれば、各ウインドウの位置及び大きさを方向選択キー209を使って設定する。 Specifically, by pressing a custom key 206 of the remote control, the input source, screen layout or calls the voice mode change menu, after first selecting the window (Figure 26 shows an example of a selection guide by the focus cursor movement was), for example if the screen layout change, to set the position and size of each window by using the direction selection key 209. 図27及び前述の図15、図16に、それぞれ入力ソース(アプリケーション)、画面レイアウト及び音声モード変更の際の操作ガイド表示の例を示す。 Figure 27 and described above 15, 16, respectively input source (application), an example operation guide display upon the screen layout and the audio mode changes. 【0091】ユーザによる設定後、OKであれば、そのパターンで視聴を行い、前述と同様に視聴パターンデータベースヘのフィードバックを行う。 [0091] After the user setting, if OK, the make viewing in the pattern, a feedback viewing pattern database F in the same manner as described above. NGの場合は、2 In the case of NG, 2
回までユーザによる変更(S2505)にてリトライし、3回以上NGが続く場合は、あらかじめ時間帯ごとに設定してある(プリセットされている)入力ソース、 Retried at user changes (S2505) until times, if three or more NG persists, (which is preset) is set for each advance time zone input source,
画面レイアウト、音声モードで表示を行う。 Screen layout, the display is performed in the voice mode. 【0092】図25の動作フロー内には記載していないが、本実施形態における情報処理装置には、上記第1の実施形態と同様に、数種類の入力ソース、画面レイアウト、音声モードの視聴パターンがプリセットされており、前述のように、ユーザはリモコンの方向選択キー2 [0092] Although not shown in the operation in the flowchart of FIG. 25, the information processing apparatus of this embodiment, as in the first embodiment, several input sources, screen layout, the audio mode viewing patterns There are preset, as described above, the user selects the direction of the remote control key 2
09の左右方向(次へ/戻る)を用いて、プリセットされた数種類の視聴パターンの中から、好みのパターンを選び、決定キー210(方向選択キーの中央部)を押すことでそれを選択することが可能である。 With 09 in the horizontal direction (to the next / back), from among the preset several viewing patterns, select the pattern preference, select it by pressing the decision key 210 (the central part of the direction selection key) It is possible. 仮にその提示されたパターンでの視聴が選択された場合であっても、 Even if a viewing on the presented pattern is selected,
同様に、視聴パターンデータベースの更新が行われる。 Similarly, the updated viewing pattern database is performed. 【0093】一方、図25のステップS2502において、視聴しようとしている時間帯における視聴履歴がデータベースにない場合は、ステップS2508にて、プリセットされた入力ソース、画面レイアウト、音声モードのパターンで表示を行う。 [0093] On the other hand, in step S2502 of FIG. 25, when the viewing history in the time zone that you are trying to watch is not in the database is performed in step S2508, preset input source, screen layout, display pattern of the audio mode . ここでも、前述と同様に、 Again, in the same manner as described above,
複数のプリセットパターンの中から、ユーザが選択する。 From a plurality of preset patterns, the user selects. 【0094】ステップS2509にて、提示形態の確認を行う。 [0094] In step S2509, to confirm the presentation form. OKであれば、そのまま視聴し、履歴データを更新する。 If OK, as it is to watch, to update the historical data. 仮にNGの場合は、ステップS2510にて、ユーザにより入力ソースの選択、画面レイアウト、 If in the case of NG, in step S2510, selection of the input source by the user, screen layout,
音声モードのパターンの設定が行われる。 Setting the pattern of voice mode is performed. ここでの処理は、前述のステップS2505での処理と同様である。 This process is the same as the processing at the foregoing step S2505.
結果、OKの場合は、そのパターンで視聴し、履歴データを更新する。 A result, in the case of OK, watch in the pattern, to update the historical data. 【0095】ここで、3回以上NGが続く場合は、ステップS2512にて前回、同一時間帯で視聴していたパターンでの提示を行う。 [0095] Here, in the case where more than three times NG persists, do the last time, the presentation of a pattern that has been viewed in the same time zone in step S2512. 仮に、同一時間帯での視聴履歴データが存在しない場合は、前回電源遮断時のモード(TVなどであれぱ、そのチャンネル)での提示を行う。 If, when the viewing history data in the same time zone does not exist, do the presentation of the mode at the time of the previous power-off (arepa in such as TV, the channel). 【0096】このようにして、最終的に入力ソース、画面レイアウト、音声モードの組合せでの視聴パターンが選択、決定されるが、いずれのケースであっても、そのパターンで一定時間以上視聴したことを確認後、視聴パターン履歴データベースの更新を行う。 [0096] In this way, eventually the input source, screen layout, viewing patterns are selected in combination with audio mode, is determined, in either case, that watched a certain time or more in the pattern after confirming, updating the viewing patterns history database. 【0097】図28は、あるユーザにおける、タイムゾーン(時刻、曜日、日付)ごとに、どの入力ソースをどのような画面レイアウト、並びに音声モードで視聴していたかを表す履歴データベースの一例である。 [0097] FIG. 28 is, in a certain user, time zone (time of day, day of week, date) for each, what kind of screen layout which input source, and is an example of a history database that indicates whether or not to watch in the voice mode. ここでは、説明をわかりやすくするため、タイムゾーンのデータに具体的な数字、曜日、月等の表現を用いているが、 Here, in order to simplify the explanation, specific numbers in the time zone of the data, day of the week, but by using a representation of such month,
実際にはそれぞれのデータはあるコードとして割り振られている。 Actually it is allocated as certain code respective data. 勿論、本データベース作成のために、ユーザごとの過去の視聴履歴データをヒストグラム化し、その時刻、曜日、日付ごとにソートし、それぞれの場合において、最も頻度の高い入力ソース/画面/音声の組合せを抽出するという作業が、CPU123のバックグラウンド処理として常に行われている。 Of course, for the creation of this database, and histogram of past viewing history data for each user, the time of day, day of week, sorted by date, in each case, a combination of the most frequent input source / screen / audio task of extraction, which is always done as a background process of CPU 123. 【0098】尚、任意の値をとりうる画面(ウインドウ)サイズなどに関しては、丸め込み処理を行い、ある程度近しいデータに関しては、同一のデータとして取り扱うことにより、必要以上に組合せが増大しないよう工夫している。 [0098] Regarding the like screen (window) size can take any value, performs rounding processing with respect to a certain degree Chikashii data, by treating the same data, by devising such a combination is not increased more than necessary there. また、機器側の設定により、ユーザが選択できる範囲(ウインドウサイズ、位置)をある程度限定することも可能である。 Further, by setting the device side, the range (window size, position) the user can select it is also possible to be somewhat limited. 【0099】次に、いくつか例を挙げて、過去の視聴履歴に基づきどのように処理されるかについて説明する。 Next, some examples will be described how the process based on the past viewing history.
図29は、図28における視聴パターンAの場合の画面レイアウトである。 Figure 29 is a screen layout when viewing the pattern A in FIG 28. 視聴パターンAは、あるユーザのウィークデー(平日)の午前6時から7時の間に最も多く視聴していた組合せ(入力ソース/画面レイアウト/音声モード)を示している。 Viewing patterns A shows a certain user weekday combination was most often watched 7 o'clock AM 6:00 (weekdays) (Input Source / screen layout / voice mode). 月日欄は、空欄になっているが、これは月(季節)や日付に関係なく1年中この組合せが最も多いことを示している。 Date column, but is blank, which indicates that month (season) or 1 year this combination is the most common, regardless of the date. 【0100】図29においては、平日の朝という時間帯を反映して、多くの情報を入手しようとする提示形態となっている。 [0100] In FIG. 29, to reflect the time zone that weekday morning, and has a presentation form to try to get a lot of information. もっとも大きい画面L1でTV放送のCh Ch of TV broadcasting in most large screen L1
8の朝の番組を視聴しつつ、データ放送によるニュース(DATA1)と天気予報(DATA2)の内容を画面右部に2つの子画面を開いている。 While watching the 8 of the morning of the program, the contents of the weather forecast and the news (DATA1) by the data broadcasting (DATA2) to the right of the screen portion is open two child screen. ここでは、この3つのウインドウは重なり合うことなく配置されており、このレイアウト情報も当然履歴データベース内に記録されているものである。 Here it is disposed without overlapping the three windows are those recorded in the course also history database this layout information. さらに、ニュースのウインドウに重なる形で右上に本情報処理装置の内部機能(アプリケーション)の1つである時計を表示している。 Furthermore, displaying a is one clock of the internal functions of the information processing apparatus (application) to the upper right in a manner overlapping the news window. また、音声の出力先は、メインスピーカにTV放送(TV1)の音声を、データ放送によるニュース(DATA1)の音声情報は、ヘッドホンヘと出力されている。 In addition, the voice of the output destination, the voice of TV broadcasting to the main speaker (TV1), voice information of the news by the data broadcasting (DATA1) is output to the headphone f. 【0101】このユーザは、同時刻(曜日)において、 [0101] The user is, at the same time (day of the week),
前記4種類の入力ソースを同時に図13なる画面レイアウト、音声モードで視聴していることが最も多かったことから、本情報処理装置は、電源ONにしたら直ちに、 The 4 types of input sources at the same time 13 becomes a screen layout, because it was the highest being watched in audio mode, the information processing apparatus, soon as the power supply ON,
あるいは受信機の電源投入中であれば、逐一時刻情報をチェックし、その時刻(タイムゾーン)の視聴履歴データがあれば、まず優先的にその入力ソース、画面レイアウト、音声モードの組合せパターンでの提示を行う。 If or being powered on in the receiver, check one by one time information, if the viewing history data of the time (time zone), first preferentially the input source, screen layout, in combination patterns of speech mode carry out the presentation. 【0102】図30は、同じく平日の図29の状態から午前7時になったときの視聴パターン(視聴パターンB)の画面レイアウトである。 [0102] FIG. 30 is a screen layout of viewing patterns (viewing patterns B) when the same became weekdays from the state of FIG. 29 to 7 am. このユーザは、通常同時刻になると、TV放送のチャンネルをCh1に切り替え、さらに、午前6時台に天気予報を表示していたウインドウを交通情報(DATA3)に切り替えるという操作を慣例的に行っていた。 This user, and usually at the same time, switch the channel of the TV broadcasting to Ch1, further, it has carried out an operation of switching a window that displays the weather forecast to 6 o'clock am in the traffic information (DATA3) to the convention It was. このため、本情報処理装置は、同時刻になったことを検知すると、過去の視聴履歴データに基づいて、ユーザの手を煩わせることなく、図30に示す視聴パターンヘと自動的に切替制御を行う。 Therefore, the information processing apparatus detects that became the same time, based on the past viewing history data, without troubling the user, automatically switching control and view Patanhe shown in FIG. 30 do.
なお、自動的に切換制御を行う前に、一定時間警告表示を行い、警告表示中に視聴パターンの変更を禁止するような支持を可能としてもよい。 Note that before the automatic switching control is performed for a predetermined time warning display may be capable of supporting such that prohibits changing of the viewing patterns during warning display. 【0103】図31は、図28における視聴パターンC [0103] Figure 31 is a view pattern C in FIG. 28
の画面の一例である。 Which is of an example of a screen. これは、日曜日のお昼時(12− This is, at the Sunday lunch (12
12:30)にいつも見ているバラエティ番組(TV 12:30) to always look and variety shows (TV
3)がある場合の提示例となっている。 3) it has become a presentation example of a case where there is. ここでも、TV Again, TV
放送であればチャンネルの切り替え、画面(L5)、音声モード(M1)の設定などが、過去の履歴データに基づき、自動制御される。 Channel switching if broadcast, the screen (L5), and setting the audio mode (M1), based on past history data, is automatically controlled. 【0104】図32は、図28における視聴パターンE [0104] FIG. 32 is viewed in FIG. 28 pattern E
の画面の一例である。 Which is of an example of a screen. これは、特に4月から9月の間に多かった視聴パターンであり、水曜日の午後8時から9 This is, in particular, is a frequent viewing patterns during the period from 4 September, from 8 pm Wednesday 9
時の間、いつも見ているバラエティ番組(TV3)を見つつ、スポーツチャンネルで放送されているプロ野球ナイターの試合状況をPinP(ピクチャインピクチャ) O'clock, while looking at the variety show, which always see (TV3), of professional baseball night game being broadcast sports channel the game situation PinP (picture-in-picture)
画面で見るといったケースである。 It is the case, such as seen on the screen. このケースの場合、 In this case,
前述(図29〜図31)の“時刻”と“曜日”のパラメータに加え、“日付”を判断し、この日付の範囲外であった場合は、履歴による制御は行わない。 In addition to the aforementioned parameters in (FIGS. 29 to 31) "time" and "day of week", it is determined "date", when was outside the scope of this date, the control by the history is not performed. 図28では、 In FIG. 28,
月単位で異なる場合の履歴データ例を示したが、勿論、 Although the history data example of a case that is different on a monthly basis, of course,
日単位で管理することもできる。 It can also be managed on a daily basis. 【0105】次に、ある入力ソースを視聴中に、ほかの入力ソースの表示要求(イベント)が発生した場合の動作につき説明する。 [0105] Then, while viewing a certain input source, will be described operation in the case where the other of the input source display request (event) has occurred. 図33は、図28における視聴パターンF及びGの画面である。 Figure 33 is a screen view pattern F and G in FIG. 28. ここでは、火曜日の午後9 Here, on Tuesday afternoon 9
時から11時にかけて、毎年この期間(10月から12 Over the 11 o'clock from the time, from this period (October every year 12
月)だけ放映される映画番組(TV5)をワイドフル画面(L5)かつ、メインスピーカから、マルチチャンネルステレオ(M2)で視聴しているところに、割り込み型で電子メールの着信が発生したケースである。 Month) only movie programs to be broadcast (TV5) wide full screen (L5) and, from the main speaker, the place you're watching in a multi-channel stereo (M2), in the case of e-mail incoming call occurs in the interrupt type is there. 【0106】このユーザは、この時間帯であること、さらに映画を視聴中である(視聴を邪魔されたくない)ことから、図33に示すように、電子メール着信時の画面レイアウトとして、画面右下部へのアイコン表示とする提示形態を過去によく選択していた。 [0106] As a user, that this is a time zone, and more while watching the movie (do not want to be disturbed viewing) from it, as shown in FIG. 33, the screen layout at the time of incoming e-mail, screen right the presentation form of an icon display on the lower part has been selected well in the past. このため、本情報処理装置は、そのような表示態様を最初の提示形態として選択し、図33の様な提示を行うよう自動制御する。 Therefore, the information processing apparatus is to select such display modes as the first presentation form, and automatically controlled to provide a user, such as in FIG. 33. 【0107】図34は、また別の時刻状況、すなわち前述の図29(視聴パターンA)の状況において、電子メールの着信が発生した場合の提示例である。 [0107] Figure 34 is yet another time conditions, i.e. in the context of the aforementioned FIG. 29 (viewing patterns A), a presentation example in which the e-mail incoming call occurs. 視聴パターンAは、平日の朝の提示形態であり、ユーザにとって重要なメールである可能性があることなどから、より強く確認を促す提示形態を選択している。 Viewing patterns A is a presentation form of a weekday morning, and the like that there is likely to be an important e-mail to the user has selected the presentation form to prompt the confirmation stronger. 【0108】前述した通り、本情報処理装置においては、時刻(曜日、日付)に応じて、入力ソースや画面レイアウト、音声モードを、過去にもっとも多く視聴したパターンでまず提示を行うことを特徴としているが、ユーザがその提示をOKとしない場合は、前述の通り、リモコン操作により、ユーザによるカスタマイズ処理を行うことも可能である。 [0108] As described above, in the present information processing apparatus, depending on the time of day (day, date), the input source and screen layout, the audio mode, as characterized by performing the first presented most were viewing patterns in the past it is, but if the user does not present the same as OK, as described above, the remote control operation, it is also possible to customize processing by the user. 【0109】以上、ユーザの視聴履歴に基づき、画面レイアウト、音声モードを制御する情報処理装置に関して、図28の履歴データベース、図25の動作フロー、 [0109] above, based on the viewing history of the user, screen layout, with respect to an information processing apparatus for controlling a voice mode, the history database of FIG. 28, the operation flow of FIG. 25,
並びに図29から図34の画面例を中心に説明した。 And it has been described from FIG 29 mainly a screen example of FIG. 34. なお、本実施形態は、上記第1の実施形態と同様に、本発明による情報処理装置として表示部や放送受信部を含まない構成となっているが、本発明の本質からすれば本実施形態の構成に限定されることはなく、放送受信部を有し、表示部を持たないIRD(Integrated Receiver De The present embodiment is the similar to the first embodiment has a configuration that does not include a display unit and a broadcast receiver as an information processing apparatus according to the present invention, the present embodiment if the essence of the present invention the invention is not limited to the configuration of having a broadcast reception unit, no display unit IRD (Integrated receiver De
coder)や、放送受信部と表示部とを有するテレビジョン放送受信装置等に適用しても、同様の効果が得られることは明らかである。 coder) and be applied to a television broadcast receiver or the like having a display unit and the broadcast receiver, it is apparent that the same effect can be obtained. 【0110】上述した実施形態の機能を実現するべく各種のデバイスを動作させるように、該各種デバイスと接続された装置あるいはシステム内のコンピュータに対し、上記実施形態の機能を実現するためのソフトウェアのプログラムコードを供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(CPUあるいはMPU)に格納されたプログラムに従って上記各種デバイスを動作させることによって実施したものも、本発明の範疇に含まれる。 [0110] to operate the various devices to realize the functions of the above embodiments, to various devices and connected devices or computers in the system, the software for realizing the functions of the above embodiments supplying the program code, even those implemented by operating the various devices in accordance with the system or apparatus of a computer program stored in the (CPU or MPU), are included in the scope of the present invention. 【0111】また、この場合、上記ソフトウェアのプログラムコード自体が上述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコード自体、およびそのプログラムコードをコンピュータに供給するための手段、 [0111] In this case, the software program codes themselves realize the functions of the above-described embodiments, the program code itself and means for supplying the program codes to the computer,
例えばかかるプログラムコードを格納した記録媒体は本発明を構成する。 A recording medium that stores the program code constitute the present invention. かかるプログラムコードを記憶する記録媒体としては、例えばフレキシブルディスク、ハードディスク、光ディスク、光磁気ディスク、CD−RO As the storage medium for supplying such program code, a flexible disk, a hard disk, an optical disk, CD-RO
M、磁気テープ、不揮発性のメモリカード、ROM等を用いることができる。 M, a magnetic tape, a nonvolatile memory card, and a ROM. 【0112】また、コンピュータが供給されたプログラムコードを実行することにより、上述の実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードがコンピュータにおいて稼働しているOS(オペレーティングシステム)あるいは他のアプリケーションソフト等と共同して上述の実施形態の機能が実現される場合にもかかるプログラムコードは本発明の実施形態に含まれることは言うまでもない。 [0112] Further, by executing the program codes by the computer is supplied, not only the functions of the above-described embodiments are realized, the OS program code is (operating system) or other program code according to the functions of the above-described embodiments in cooperation with application software or the like is realized to be included in the embodiment of the present invention of course. 【0113】さらに、供給されたプログラムコードがコンピュータの機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに格納された後、そのプログラムコードの指示に基づいてその機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって上述した実施形態の機能が実現される場合にも本発明に含まれることは言うまでもない。 [0113] Furthermore, the supplied program code is stored in a memory provided in a function expansion unit connected to a function expansion board of a computer or computer, the function expansion board or function expansion unit based on an instruction of the program code performs part or all of a CPU or the like the actual processing provided in, also of course included in the present invention when the functions of the embodiments described above are realized by those processes. 【0114】 【発明の効果】以上の説明より明らかなように、本発明によれば、ユーザの過去の視聴パターンを履歴情報として記憶し、複数のメディアから提供される入力ソースの映像や音声を同時出力する際、その履歴情報に基づいて自動的にユーザの嗜好に合った入力ソースの視聴形態を決定することができる。 [0114] As apparent from the above description, according to the present invention, it stores a past viewing pattern of the user as history information, the video and audio input source provided from a plurality of media when simultaneous output, it is possible to automatically determine the viewing type of the input source that match the user's preference based on the history information.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の第1の実施形態における情報処理装置を含む統合型受信システムの主要部を示したブロック図である。 It is a block diagram showing a main part of an integrated receiver system including an information processing apparatus according to the first embodiment of the BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] present invention. 【図2】本発明の第1の実施形態において適用する情報処理装置を含む統合型受信システムを操作するためのリモコンの構成例を示した図である。 2 is a diagram showing a configuration example of a remote control for operating the integrated reception system including an information processing apparatus applied in the first embodiment of the present invention. 【図3】本発明の第1の実施形態における情報処理装置を適用する情報処理装置を含む統合型受信システムの動作の流れを示したフローチャートである。 3 is a flowchart showing a flow of operation of the integrated receiver system including an information processing apparatus for applying an information processing apparatus according to a first embodiment of the present invention. 【図4】本発明の第1の実施形態における画面レイアウト、音声モード決定までの基本動作の流れを示したフローチャートである。 [4] The first exemplary screen according layout of the present invention, is a flowchart showing the flow of basic operation of the up speech mode decision. 【図5】入力ソースの属性データの構成例を示した図である。 5 is a diagram showing a configuration example of an attribute data of the input source. 【図6】属性データ中のメディア種別の分類例を示した図である。 6 is a diagram showing a classification example of media in the attribute data type. 【図7】属性データ中のメディア種別がTV放送系である場合のジャンル分類の一例を示した図である。 FIG. 7 is a diagram media type in the attribute data showed an example of the genre classification of the case is the TV broadcasting system. 【図8】属性データ中のアプリケーションの分類例を示した図である。 8 is a diagram showing a classification example of an application in the attribute data. 【図9】本発明の第1の実施形態における表示パラメータの構成例を示した図である。 9 is a diagram showing an example of the configuration of display parameters in the first embodiment of the present invention. 【図10】音声パラメータデータの構成例を示した図である。 10 is a diagram showing an example of the configuration of a voice parameter data. 【図11】出力チャンネルの分類例を示した図である。 11 is a diagram showing a classification example of the output channels. 【図12】音声モードの分類例を示した図である。 12 is a diagram showing the classification of an audio mode. 【図13】ユーザに対する問い合わせ画面の一例を示した図である。 13 is a diagram showing an example of a query screen for the user. 【図14】ユーザに対する問い合わせ画面の他の例を示した図である。 14 is a diagram showing another example of the inquiry screen for the user. 【図15】画面及び音声変更の際の操作ガイド表示の一例を示した図である。 15 is a diagram showing an example operation guide display upon the screen and voice modification. 【図16】画面及び音声変更の際の操作ガイド表示の他の例を示した図である。 16 is a diagram showing another example of the operation guide display upon the screen and voice modification. 【図17】履歴データベースの一例を示した図である。 17 is a diagram showing an example of a history database. 【図18】一視聴パターンにおける画面レイアウト例を示した図である。 18 is a diagram showing a screen layout example of one viewing patterns. 【図19】他の視聴パターンにおける画面レイアウト例を示した図である。 19 is a diagram showing a screen layout examples in the other viewing patterns. 【図20】他の視聴パターンにおける画面レイアウト例を示した図である。 20 is a diagram showing a screen layout examples in the other viewing patterns. 【図21】映画をフル画面で視聴中に、電子メールの着信が発生したケースの画面レイアウト例を示した図である。 [21] a movie during viewing in full screen, which is a diagram of the incoming e-mail showed a screen layout example of a case that occurred. 【図22】他の入力ソースを視聴中における電子メール着信が発生したケースの画面レイアウト例を示した図である。 22 is a diagram incoming e-mail showed screen layout example of the case that have occurred in the view other input sources. 【図23】あるユーザの朝の視聴パターン例を示した図である。 23 is a diagram showing a morning viewing patterns of a user with. 【図24】本発明の第2の実施形態による視聴パターン履歴データベース作成の動作の流れを示したフローチャートである。 It is a flowchart showing a flow of operation of the viewing patterns history database created according to the second embodiment of Figure 24 the present invention. 【図25】ユーザがある時刻において何か視聴しようとした場合の、入力ソース。 [Figure 25] if you try to do something viewing at a time where there is a user, the input source. 画面レイアウト、音声モード決定までの基本動作の流れを示したフローチャートである。 Screen layout is a flowchart showing the flow of basic operation of the up speech mode decision. 【図26】フォーカス・カーソル移動による選択ガイドの一例を示した図である。 26 is a diagram showing an example of the selection guide by the focus cursor movement. 【図27】入力ソース、画面及び音声変更の際の操作ガイド表示の一例を示した図である。 [27] input source is a diagram showing an example of the operation guide display upon the screen and voice modification. 【図28】履歴データベースの一構成例を示した図である。 Figure 28 is a diagram showing a configuration example of a history database. 【図29】一視聴パターンにおける画面レイアウト例を示した図である。 29 is a diagram showing a screen layout example of one viewing patterns. 【図30】時間が経過して上記視聴パターンから移行した視聴パターンでの画面レイアウト例を示した図である。 [Figure 30] and the elapsed time is a diagram showing a screen layout example of the viewing pattern moving from the viewing patterns. 【図31】他の視聴パターンにおける画面レイアウト例を示した図である。 31 is a diagram showing a screen layout examples in the other viewing patterns. 【図32】他の視聴パターンにおける画面レイアウト例を示した図である。 32 is a diagram showing a screen layout examples in the other viewing patterns. 【図33】電子メール着信時における画面レイアウト例を示した図である。 FIG. 33 is a diagram showing a screen layout example at the time of incoming e-mail. 【図34】電子メール着信時における画面レイアウトの他の例を示した図である。 34 is a diagram showing another example of a screen layout at the time of e-mail arrival. 【符号の説明】 101 チューナ102 復調回路103 デスクランブラ104 MPEG2デマルチプレクサ105 Audioデコーダ106 Videoデコーダ107 データデコーダ108 音声制御部109 スピーカ110a〜c Videoインタフェース111a〜c 解像度変換部112 マルチ画面合成制御部113 出力制御部114 ディスプレイ115 グラフィックアクセラレータ116 グラフィックスメモリ117 IEEE1394インタフェース118 モデム119 PCMCIAインタフェース120 プリンタインタフェース121 ICカードインタフェース122 RAM 123 CPU 124 ユーザインタフェース125 リモコン126 DAC 130 属性検出部131 表示・音声パラメータ検出部132 履歴デ [EXPLANATION OF SYMBOLS] 101 tuner 102 demodulation circuit 103 descrambler 104 MPEG2 demultiplexer 105 Audio Decoder 106 Video Decoder 107 data decoder 108 audio control unit 109 loudspeaker 110a-c Video Interface 111a~c resolution converter 112 multi-image combining control unit 113 output control unit 114 display 115 graphics accelerator 116 graphics memory 117 IEEE1394 interface 118 modem 119 PCMCIA interface 120. The printer interface 121 IC card interface 122 RAM 123 CPU 124 user interface 125 remote 126 DAC 130 attribute detector 131 displays and audio parameter detector 132 history de タベース記憶部 Database storage unit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 5C025 AA30 BA14 BA22 BA25 BA28 CA02 CA09 CA10 CA11 CA19 CA20 CB02 CB03 CB05 CB06 CB07 CB08 CB09 CB10 DA01 DA05 5C063 AA01 AB03 AB07 AB09 AB10 AC01 AC06 AC10 CA20 CA23 CA29 CA36 CA40 DA02 DA03 DA05 DA07 DA13 DB10 EA01 EB33 EB38 EB40 EB42 EB46 5C064 BA01 BA07 BB07 BB10 BC23 BC25 BC27 BD03 BD09 BD16 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of continued F-term (reference) 5C025 AA30 BA14 BA22 BA25 BA28 CA02 CA09 CA10 CA11 CA19 CA20 CB02 CB03 CB05 CB06 CB07 CB08 CB09 CB10 DA01 DA05 5C063 AA01 AB03 AB07 AB09 AB10 AC01 AC06 AC10 CA20 CA23 CA29 CA36 CA40 DA02 DA03 DA05 DA07 DA13 DB10 EA01 EB33 EB38 EB40 EB42 EB46 5C064 BA01 BA07 BB07 BB10 BC23 BC25 BC27 BD03 BD09 BD16

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 データを入力する入力手段と、 前記入力手段により入力された入力データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御する表示制御手段と、 前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶する記憶手段とを有し、 前記記憶手段は、複数の前記視聴パターンに係る情報を記憶することを特徴とする情報処理装置。 Input means for inputting the Patent Claims 1 data, and display control means for controlling so as to display on the display means an image according to input data inputted by said input means in a predetermined display form , and a storage means for storing a viewing patterns in association with each display form information according to the display mode and attribute information of said input data, said storage means to store information relating to a plurality of the viewing patterns the information processing apparatus according to claim. 【請求項2】 画像データ及び音声データを含むデータを入力する入力手段と、 前記入力手段により入力された画像データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御する表示制御手段と、 前記入力手段により入力された音声データに係る音声を所定の音声出力形態で音声出力手段に出力させるように制御する音声出力制御手段と、 前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報と前記音声出力形態に係る音声出力形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶する記憶手段とを有することを特徴とする情報処理装置。 2. An image data and input means for inputting data including audio data, display control means for controlling the image according to the image data input by said input means so as to display on the display means in a predetermined display form When the audio output control means for controlling so as to output to the sound output unit audio according to the audio data in a predetermined audio output mode input by said input means, display according to the display mode and attribute information of the input data the information processing apparatus characterized by having a storage means for storing a viewing patterns in association with each audio output mode information according to the audio output mode and mode information. 【請求項3】 前記入力手段は、複数の入力ソースより複数のデータ列を入力可能であり、 前記表示手段は、前記複数のデータ列に夫々対応する画像を同時に表示可能であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の情報処理装置。 Wherein said input means is a plurality of possible inputs input source from the plurality of data columns, wherein the display means includes a wherein said plurality of data strings respectively corresponding images can be simultaneously displayed the information processing apparatus according to claim 1 or claim 2. 【請求項4】 前記入力ソースは、デジタルTV放送、 4. The method of claim 1, wherein the input source, digital TV broadcasting,
    アナログTV放送、デジタルデータ放送、アナログデータ放送、インターネット、VTR及びDVDを含む外部接続機器、前記情報処理装置により記録データを再生可能な記録媒体のうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項1又は請求項2記載の情報処理装置。 Analog TV broadcasting, digital data broadcasting, analog data broadcasting, internet, an external connection device comprising a VTR and DVD, characterized in that it comprises at least one of reproducing a recording medium capable of recording data by the information processing apparatus the information processing apparatus according to claim 1 or claim 2, wherein. 【請求項5】 前記属性情報は、前記入力データの入力ソース情報、チャンネル情報、ジャンル情報、番組のタイトル情報、番組の放送時間情報、視聴開始時間情報、 According to claim 5, wherein the attribute information, the input source information of the input data, channel information, genre information, title information of the program, broadcast time information of the program, viewing start time information,
    前記入力データの入力及び表示動作を実行するアプリケーション情報等のうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の情報処理装置。 The information processing apparatus according to claim 1 or claim 2, characterized in that it comprises at least one of such application information to perform input and display operations of said input data. 【請求項6】 前記表示形態情報は、前記画像を表示する為の画面サイズ、画面の表示位置、複数画面間の階層表示情報、画面の透過度を含む表示効果情報、及び画面の色数情報のうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の情報処理装置。 Wherein said display form information, screen size for displaying the image, the display position of the screen, hierarchical display information between a plurality of screens, display effect information including the transparency of the screen, and the color count information screen the information processing apparatus according to claim 1 or claim 2, characterized in that it comprises at least one of. 【請求項7】 前記表示制御手段は、前記記憶手段に記憶された視聴パターン中より前記入力手段により入力される入力データの属性情報に応じた視聴パターンを選択し、前記入力データに係る画像を前記選択された視聴パターンに従った表示形態で表示するように制御することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の情報処理装置。 Wherein said display control means selects a viewing pattern corresponding to the attribute information of the input data inputted by said input means from viewing patterns in stored in the storage means, an image according to the input data the information processing apparatus according to claim 1 or claim 2, wherein the controller controls to display in the display form in accordance with the selected viewing patterns. 【請求項8】 前記記憶手段は、前記視聴パターンに従った表示形態での画像の視聴回数と、前記視聴パターンとを対応付けて記憶し、 前記表示制御手段は、前記入力データの属性情報に応じた前記視聴パターン中より前記視聴回数の最も多い視聴パターンを選択することを特徴とする請求項7に記載の情報処理装置。 Wherein said storage means includes views of the image in a display form in accordance with the viewing pattern, and stores in association with the viewing pattern, wherein the display control unit, the attribute information of the input data the information processing apparatus according to claim 7, wherein selecting the largest viewing patterns of the views from the viewing patterns in corresponding. 【請求項9】 前記入力手段による前記入力データの入力を指示する指示手段を有し、 前記表示制御手段は、前記指示手段による指示に応じて前記指示手段により指示された入力データに係る画像の表示形態を決定することを特徴とする請求項7に記載の情報処理装置。 9. have instruction means for instructing an input of said input data by said input means, said display control means, the image of the input data designated by said instruction means in accordance with an instruction by said instructing means the information processing apparatus according to claim 7, characterized in that to determine the display mode. 【請求項10】 前記指示手段は、放送波の受信における選局、外部接続機器からのデータの再生、インターネットのブラウザの起動、及び前記情報処理装置により記録データを再生可能な記録媒体からのデータの再生のうち少なくとも何れか一つの動作を指示することを特徴とする請求項9に記載の情報処理装置。 Wherein said indicating means tuning the reception of the broadcast wave, the reproduction of data from the external device, launch of the Internet browser, and data from the recording medium capable of reproducing recorded data by the information processing apparatus the information processing apparatus according to claim 9, wherein the instructing at least one of the operation of the regeneration. 【請求項11】 アプリケーションを実行するアプリケーション実行手段を有し、 前記表示制御手段は更に、前記アプリケーション実行手段による前記アプリケーションの実行により発生する表示用データに係る画像をある表示形態で表示手段に表示させるように制御し、 前記記憶手段は更に、前記表示用データの属性情報と前記表示形態とを対応付けて視聴パターンとして記憶することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の情報処理装置。 Having an application execution unit that executes 11. applications, the display control means further displays on the display unit in the display mode in the image according to the display data generated by execution of the application by the application execution means controlled so as to, the storage means further processing according to claim 1 or claim 2, characterized in that stored as the viewing pattern in association with the display mode and the attribute information of the display data apparatus. 【請求項12】 前記表示制御手段は、前記記憶手段に記憶された視聴パターン中より前記アプリケーションの実行により発生する表示用データの属性情報に応じた視聴パターンを選択し、前記表示用データに係る画像を前記選択された視聴パターンに従った表示形態で表示するように制御することを特徴とする請求項11に記載の情報処理装置。 12. The display control means selects a viewing pattern corresponding to the attribute information of the display data generated by the execution of the more viewing patterns in stored in the storage unit application, according to the display data the information processing apparatus according to claim 11, wherein the controller controls to display in the display form in accordance with the image on the selected viewing patterns. 【請求項13】 前記アプリケーション実行手段は時計表示、スケジューラ通知、及び電子メールの受信の為のアプリケーションのうち、少なくとも何れか一つを実行することを特徴とする請求項12に記載の情報処理装置。 Wherein said application executing means is time display, the scheduler notifies, and among the applications for receiving e-mail, the information processing apparatus according to claim 12, characterized in that performing at least any one . 【請求項14】 前記表示制御手段は、前記アプリケーション実行手段による前記アプリケーションの実行中に前記表示用データが発生する場合、前記表示用データの発生に応じて前記表示用データの表示形態を決定することを特徴とする請求項12に記載の情報処理装置。 14. The display control means may control, when the display data during the execution of the application by the application execution unit occurs, determines the display form of the display data in response to the occurrence of the display data the information processing apparatus according to claim 12, characterized in that. 【請求項15】 前記アプリケーション実行手段は電子メールの受信及び表示を行う為のアプリケーションを実行し、 前記表示制御手段は、前記電子メールの受信に応じて前記電子メールの内容データの表示形態を決定することを特徴とする請求項14に記載の情報処理装置。 15. The application execution means executes the application for receiving and displaying the electronic mail, the display control unit determines a display form of the content data of the electronic mail in response to reception of the electronic mail the information processing apparatus according to claim 14, characterized in that. 【請求項16】 前記記憶手段は、前記入力データに係る画像の表示又は音声の出力が実行された時間に係る時間情報と前記視聴パターンとを対応付けて記憶することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の情報処理装置。 16. The storage means according to claim 1, characterized in that in association with each display or time information relating to a time output of the audio is performed in the image according to the input data and said viewing patterns or the information processing apparatus according to claim 2. 【請求項17】 前記記憶手段に記憶された前記時間情報に従って、所定の時間帯毎に前記視聴パターンの視聴回数と前記視聴パターンとを対応付けて記憶することを特徴とする請求項16に記載の情報処理装置。 According claim 17, wherein the time information stored in the storage means, according to claim 16, characterized in that in association with said viewing patterns and views of the viewing pattern for each predetermined time period the information processing apparatus. 【請求項18】 前記表示制御手段は、所定の時間になったことに応じて、前記所定の時間が含まれる前記所定の時間帯における前記視聴回数の多い視聴パターンに従って画像の表示又は音声の出力を行うように制御することを特徴とする請求項17に記載の情報処理装置。 18. The display control means, in response to reached a predetermined time, the display of the image in accordance with views of high viewing patterns or audio output in the predetermined time period that includes the predetermined time the information processing apparatus according to claim 17, wherein the controller controls to perform. 【請求項19】 前記音声出力状態は、モノラル、ステレオ、マルチチャンネルステレオ、及び2ヶ国語の音声出力モードのうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項2に記載の情報処理装置。 19. The audio output status is mono, stereo, multi-channel stereo, and an information processing apparatus according to claim 2, characterized in that it comprises at least one of two languages ​​of audio output mode . 【請求項20】 データを入力し、 前記入力された入力データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御し、 前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶手段に記憶し、 複数の前記視聴パターンに係る情報を記憶する情報処理方法。 20. Enter the data, the image according to the input data the input control so as to display on the display means in a predetermined display mode, the display mode information according to the display mode and attribute information of the input data DOO stored in the storage unit as the viewing patterns in association with each other, the information processing method of storing information relating to a plurality of the viewing patterns. 【請求項21】 画像データ及び音声データを含むデータを入力し、 前記入力された画像データに係る画像を所定の表示形態で表示手段に表示させるように制御し、 前記入力された音声データに係る音声を所定の音声出力形態で音声出力手段に出力させるように制御し、 前記入力データの属性情報と前記表示形態に係る表示形態情報と前記音声出力形態に係る音声出力形態情報とを対応付けて視聴パターンとして記憶手段に記憶することを特徴とする情報処理方法。 21. Enter the image data and the data including voice data, the image according to the input image data is controlled so as to display on the display means in a predetermined display form, according to the voice data the input voice controlled so as to output the sound output means in a predetermined audio output mode, the associates the audio output mode information according to the audio output mode and display mode information according to the display mode and attribute information of the input data the information processing method characterized by storing in the storage means as the viewing pattern. 【請求項22】 複数の入力ソースより複数のデータ列を入力可能であり、前記複数のデータ列に夫々対応する画像を同時に表示可能であることを特徴とする請求項2 22. A plurality of possible inputs a plurality of data strings from the input source according to claim 2, wherein the plurality of data strings respectively corresponding images can be simultaneously displayed
    0又は請求項21に記載の情報処理方法。 0 or the information processing method according to claim 21. 【請求項23】 前記入力ソースは、デジタルTV放送、アナログTV放送、デジタルデータ放送、アナログデータ放送、インターネット、VTR及びDVDを含む外部接続機器、前記情報処理装置により記録データを再生可能な記録媒体のうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項22記載の情報処理方法。 23. The input source can be a digital TV broadcasting, analog TV broadcasting, digital data broadcasting, analog data broadcasting, internet, external connection device, reproducible recording medium recording data by the information processing apparatus including a VTR and DVD the information processing method according to claim 22, characterized in that it comprises at least one of. 【請求項24】 前記属性情報は、前記入力データの入力ソース情報、チャンネル情報、ジャンル情報、番組のタイトル情報、番組の放送時間情報、視聴開始時間情報、前記入力データの入力及び表示動作を実行するアプリケーション情報等のうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項20又は請求項21に記載の情報処理方法。 24. The method of claim 23, wherein the attribute information, perform input source information of the input data, channel information, genre information, the title of the program information, broadcast time information of the program, viewing start time information, the input and display operation of the input data the information processing method according to claim 20 or claim 21, characterized in that it comprises at least one of such application information. 【請求項25】 前記表示形態情報は、前記画像を表示する為の画面サイズ、画面の表示位置、複数画面間の階層表示情報、画面の透過度等を含む表示効果情報、及び画面の色数情報のうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項20又は請求項21に記載の情報処理方法。 25. The display mode information, the screen size for displaying the image, the display position of the screen, hierarchical display information between a plurality of screens, display effect information including the permeability, etc. of the screen, and the number of colors in the screen the information processing method according to claim 20 or claim 21, characterized in that it comprises at least one of information. 【請求項26】 前記記憶手段に記憶された視聴パターン中より前記入力される入力データの属性情報に応じた視聴パターンを選択し、前記入力データに係る画像を前記選択された視聴パターンに従った表示形態で表示するように制御することを特徴とする請求項20又は請求項21に記載の情報処理方法。 26. Select the viewing pattern corresponding to the attribute information of the input data to be the input from viewing patterns in stored in the storage means, in accordance with image according to the input data to the selected viewing patterns the information processing method according to claim 20 or claim 21, wherein the controller controls to display in the display mode. 【請求項27】 前記記憶手段は、前記視聴パターンに従った表示形態での画像の視聴回数と、前記視聴パターンとを対応付けて記憶し、 前記情報処理方法は、前記入力データの属性情報に応じた前記視聴パターン中より前記視聴回数の最も多い視聴パターンを選択することを特徴とする請求項26に記載の情報処理方法。 27. The storage means includes views of the image in a display form in accordance with the viewing pattern, and stores in association with the viewing pattern, the information processing method, the attribute information of the input data the information processing method according to claim 26, characterized by selecting the largest viewing patterns of the views from the viewing patterns in corresponding. 【請求項28】 前記入力データの入力を指示し、 前記指示に応じて前記指示された入力データに係る画像の表示形態を決定することを特徴とする請求項20に記載の情報処理方法。 28. instructs input of the input data, the information processing method according to claim 20, characterized in that to determine the display mode of an image according to the instruction input data in response to the instruction. 【請求項29】 前記指示は、放送波の受信における選局、外部接続機器からのデータの再生、インターネットのブラウザの起動、及び前記情報処理装置により記録データを再生可能な記録媒体からのデータの再生のうち少なくとも何れか一つの動作の指示であることを特徴とする請求項28に記載の情報処理方法。 29. The instruction, channel selection in the reception of the broadcast wave, the reproduction of data from the external device, the Internet browser launch, and data from the recording medium capable of reproducing recorded data by the information processing apparatus the information processing method according to claim 28, wherein the at least indication of any one of the operation of the regeneration. 【請求項30】 アプリケーションを実行し、 前記アプリケーションの実行により発生する表示用データに係る画像をある表示形態で表示手段に表示させるように制御し、 前記記憶手段は更に、前記表示用データの属性情報と前記表示形態とを対応付けて視聴パターンとして記憶することを特徴とする請求項20又は請求項21に記載の情報処理方法。 30. Run the application, the control so as to display on the display unit in the display mode in the image according to the display data generated by execution of the application, the storage means further wherein said attribute of display data the information processing method according to claim 20 or claim 21, characterized in that stored as viewing patterns in association with information and the display mode. 【請求項31】 前記記憶手段に記憶された視聴パターン中より前記アプリケーションの実行により発生する表示用データの属性情報に応じた視聴パターンを選択し、 31. Select the viewing pattern corresponding to the attribute information of the display data generated by the execution of the more viewing patterns in stored in the storage unit application,
    前記表示用データに係る画像を前記選択された視聴パターンに従った表示形態で表示するように制御することを特徴とする請求項30に記載の情報処理方法。 The information processing method according to claim 30, wherein the controller controls to display in the display form in accordance with an image according to the display data to the selected viewing patterns. 【請求項32】 前記アプリケーションは、時計表示、 32. The application, clock display,
    スケジューラ通知、及び電子メールの受信の為のアプリケーションのうち、少なくとも何れか一つを実行することを特徴とする請求項31に記載の情報処理方法。 Scheduler notification, and among the applications for receiving e-mail, information processing method according to claim 31, characterized in that to perform at least any one. 【請求項33】 前記アプリケーションの実行中に前記表示用データが発生する場合、前記表示用データの発生に応じて前記表示用データの表示形態を決定することを特徴とする請求項31に記載の情報処理方法。 33. If the display data during execution of the application is generated, according to claim 31, wherein determining a display form of the display data in response to the occurrence of the display data information processing method. 【請求項34】 前記アプリケーションは電子メールの受信及び表示を行う為のアプリケーションであって、 前記電子メールの受信に応じて前記電子メールの内容データの表示形態を決定することを特徴とする請求項33 34. The application is an application for receiving and displaying electronic mail, claims, characterized in that to determine the display mode of the content data of the electronic mail in response to reception of the electronic mail 33
    に記載の情報処理方法。 The information processing method according to. 【請求項35】 前記記憶手段は、前記入力データに係る画像の表示又は音声の出力が実行された時間に係る時間情報と前記視聴パターンとを対応付けて記憶することを特徴とする請求項20又は請求項21に記載の情報処理方法。 35. The storage means according to claim, characterized in that in association with each display or time information relating to a time output of the audio is performed in the image according to the input data and said viewing patterns 20 or information processing method according to claim 21. 【請求項36】 前記記憶手段に記憶された前記時間情報に従って、所定の時間帯毎に前記視聴パターンの視聴回数と前記視聴パターンとを対応付けて記憶することを特徴とする請求項35に記載の情報処理方法。 According claim 36, wherein the time information stored in the storage means, according to claim 35, characterized in that in association with said viewing patterns and views of the viewing pattern for each predetermined time period the information processing method. 【請求項37】 所定の時間になったことに応じて、前記所定の時間が含まれる前記所定の時間帯における前記視聴回数の多い視聴パターンに従って画像の表示又は音声の出力を行うように制御することを特徴とする請求項36に記載の情報処理方法。 37. In response to reached a predetermined time, and controls so as to perform output of the display or audio image in accordance with many viewing patterns of the views in the predetermined time period that includes the predetermined time the information processing method according to claim 36, characterized in that. 【請求項38】 前記音声出力状態は、モノラル、ステレオ、マルチチャンネルステレオ、及び2ヶ国語の音声出力モードのうち少なくとも何れか一つを含むことを特徴とする請求項21に記載の情報処理方法。 38. The audio output status is mono, stereo, information processing method according to claim 21, characterized in that it comprises at least one of the audio output modes of the multi-channel stereo, and bilingual . 【請求項39】 請求項20〜38の何れか1項に記載の情報処理方法の処理ステップをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録したことを特徴とするコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 39. A computer-readable recording medium characterized by a program recorded in order to perform the process steps of the information processing method according to the computer in any one of claims 20-38. 【請求項40】 請求項20〜38の何れか1項に記載の情報処理方法の処理ステップをコンピュータに実行させるためのプログラム。 40. A program for executing the processing steps of the information processing method according to the computer in any one of claims 20-38.
JP2001373124A 2001-12-06 2001-12-06 Information processing apparatus and information processing method Active JP4046994B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001373124A JP4046994B2 (en) 2001-12-06 2001-12-06 Information processing apparatus and information processing method

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001373124A JP4046994B2 (en) 2001-12-06 2001-12-06 Information processing apparatus and information processing method
US10014397 US6943845B2 (en) 2000-12-15 2001-12-14 Apparatus and method for data processing, and storage medium
US11123058 US20050190295A1 (en) 2000-12-15 2005-05-06 Apparatus and method for data processing, and storage medium

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2003174598A true true JP2003174598A (en) 2003-06-20
JP2003174598A5 true JP2003174598A5 (en) 2007-01-25
JP4046994B2 JP4046994B2 (en) 2008-02-13

Family

ID=19181895

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001373124A Active JP4046994B2 (en) 2001-12-06 2001-12-06 Information processing apparatus and information processing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4046994B2 (en)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005174283A (en) * 2003-10-24 2005-06-30 Microsoft Corp Programming interface for computer platform
JP2006023551A (en) * 2004-07-08 2006-01-26 Funai Electric Co Ltd Image projector
WO2006059539A1 (en) * 2004-12-03 2006-06-08 Pioneer Corporation Broadcast program reception device, broadcast program reception signal processing device, method, and program
WO2006104071A1 (en) * 2005-03-29 2006-10-05 Nec Corporation Mobile terminal
JP2007067589A (en) * 2005-08-30 2007-03-15 Sharp Corp Display apparatus and data broadcast display method
WO2007135750A1 (en) * 2006-05-24 2007-11-29 Sharp Kabushiki Kaisha Television reception device, program, and recording medium
JP2008028785A (en) * 2006-07-24 2008-02-07 Sharp Corp Television receiver
JP2008305375A (en) * 2007-05-10 2008-12-18 Victor Co Of Japan Ltd Digital television receiver and display method of digital television receiver
JP2009118343A (en) * 2007-11-08 2009-05-28 Sony Corp Remote control terminal, information acquiring apparatus, information providing apparatus, information providing system, information providing method, and program
JP2010171992A (en) * 2010-03-08 2010-08-05 Sharp Corp Receiver and receiving method for broadcast
JP2010186131A (en) * 2009-02-13 2010-08-26 Mitsubishi Electric Corp Display area division variable display device
JP2010226706A (en) * 2009-03-20 2010-10-07 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method, system, and computer program for displaying secondary media stream within primary media stream
JP2010239345A (en) * 2009-03-31 2010-10-21 Video Research:Kk Viewing and listening channel determination method and system
US7944507B2 (en) 2008-08-28 2011-05-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Video processing apparatus and video processing method
JP2011217379A (en) * 2011-04-11 2011-10-27 Toshiba Corp Information reproduction method and information reproduction apparatus
JP2013025820A (en) * 2011-07-22 2013-02-04 Visteon Global Technologies Inc Automatic genre-based voice prompts
US8744142B2 (en) 2009-05-25 2014-06-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Presenting information based on whether a viewer corresponding to information is stored is present in an image
JP2014127879A (en) * 2012-12-26 2014-07-07 Panasonic Corp Broadcast image output device, broadcast image output method, and television
US8947442B2 (en) 2008-02-04 2015-02-03 Fujifilm Corporation Image display apparatus, display control method, and display control program

Cited By (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005174283A (en) * 2003-10-24 2005-06-30 Microsoft Corp Programming interface for computer platform
US9430193B2 (en) 2003-10-24 2016-08-30 Microsoft Technology Licensing, Llc Interface for a computer platform
US8312422B2 (en) 2003-10-24 2012-11-13 Microsoft Corporation Programming interface for a computer platform
US9459837B2 (en) 2003-10-24 2016-10-04 Microsoft Technology Licensing, Llc Interface for a computer platform
JP2006023551A (en) * 2004-07-08 2006-01-26 Funai Electric Co Ltd Image projector
JP4613534B2 (en) * 2004-07-08 2011-01-19 船井電機株式会社 Image projection for a projector
WO2006059539A1 (en) * 2004-12-03 2006-06-08 Pioneer Corporation Broadcast program reception device, broadcast program reception signal processing device, method, and program
WO2006104071A1 (en) * 2005-03-29 2006-10-05 Nec Corporation Mobile terminal
JP4658738B2 (en) * 2005-08-30 2011-03-23 シャープ株式会社 METHOD display device and the data broadcast display
JP2007067589A (en) * 2005-08-30 2007-03-15 Sharp Corp Display apparatus and data broadcast display method
WO2007135750A1 (en) * 2006-05-24 2007-11-29 Sharp Kabushiki Kaisha Television reception device, program, and recording medium
KR101010378B1 (en) * 2006-05-24 2011-01-21 샤프 가부시키가이샤 Television receiver
JP2008028785A (en) * 2006-07-24 2008-02-07 Sharp Corp Television receiver
JP2008305375A (en) * 2007-05-10 2008-12-18 Victor Co Of Japan Ltd Digital television receiver and display method of digital television receiver
JP4572928B2 (en) * 2007-11-08 2010-11-04 ソニー株式会社 Remote control terminal, the information acquiring apparatus, an information providing apparatus, information providing system, information providing method, and a program
JP2009118343A (en) * 2007-11-08 2009-05-28 Sony Corp Remote control terminal, information acquiring apparatus, information providing apparatus, information providing system, information providing method, and program
US8413207B2 (en) 2007-11-08 2013-04-02 Sony Corporation Remote control terminal, information acquiring apparatus, information providing apparatus, information providing system, information providing method, and program
US8947442B2 (en) 2008-02-04 2015-02-03 Fujifilm Corporation Image display apparatus, display control method, and display control program
US7944507B2 (en) 2008-08-28 2011-05-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Video processing apparatus and video processing method
US8223271B2 (en) 2008-08-28 2012-07-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Video processing apparatus and video processing method
JP2010186131A (en) * 2009-02-13 2010-08-26 Mitsubishi Electric Corp Display area division variable display device
US9258512B2 (en) 2009-03-20 2016-02-09 International Business Machines Corporation Digital video recorder broadcast overlays
JP2010226706A (en) * 2009-03-20 2010-10-07 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method, system, and computer program for displaying secondary media stream within primary media stream
JP2010239345A (en) * 2009-03-31 2010-10-21 Video Research:Kk Viewing and listening channel determination method and system
US8744142B2 (en) 2009-05-25 2014-06-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Presenting information based on whether a viewer corresponding to information is stored is present in an image
JP2010171992A (en) * 2010-03-08 2010-08-05 Sharp Corp Receiver and receiving method for broadcast
JP2011217379A (en) * 2011-04-11 2011-10-27 Toshiba Corp Information reproduction method and information reproduction apparatus
JP2013025820A (en) * 2011-07-22 2013-02-04 Visteon Global Technologies Inc Automatic genre-based voice prompts
JP2014127879A (en) * 2012-12-26 2014-07-07 Panasonic Corp Broadcast image output device, broadcast image output method, and television

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4046994B2 (en) 2008-02-13 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6426779B1 (en) Method and apparatus for providing favorite station and programming information in a multiple station broadcast system
US6412111B1 (en) Data processing system and method for implementing programmable distribution of information by a video server
US7506350B2 (en) System and method for simplifying different types of searches in electronic program guide
US6324694B1 (en) Method and apparatus for providing subsidiary data synchronous to primary content data
US7350157B1 (en) Filtering by broadcast or recording quality within an electronic program guide
US7996864B2 (en) Method and apparatus for displaying television programs and related text
US20070294726A1 (en) Ipg With Dvd Ordering Facility
US20020019982A1 (en) Data processing apparatus, data processing system, television signal receiving apparatus, and printing apparatus
US5977964A (en) Method and apparatus for automatically configuring a system based on a user&#39;s monitored system interaction and preferred system access times
US20080092173A1 (en) Systems and methods for modifying an interactive media guidance application interface based on time of day
US20020056104A1 (en) Folder-style program guide with categories and sub-categories
US20020124256A1 (en) Program guide display and recording/reproducing apparatus
US20050015803A1 (en) Systems and methods for providing real-time services in an interactive television program guide application
US6230322B1 (en) Music channel graphical user interface
US20030115607A1 (en) Device and method for displaying TV listings
US20070118852A1 (en) Virtual television channels for audio-video system
US7174512B2 (en) Portal for a communications system
US5828419A (en) Method and apparatus for generating television program guides utilizing icons
US6388715B1 (en) Television receiver
WO2001006788A1 (en) Interactive television program guide with selectable languages
WO2000052928A1 (en) System and method for eliminating redundant listings in an electronic program guide
US20030041327A1 (en) System with improved user interface
US6943845B2 (en) Apparatus and method for data processing, and storage medium
US20080178223A1 (en) Method and apparatus for displaying television programs and related text
US20040078806A1 (en) System and method for displaying a summary menu of stored user profiles

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041206

A521 Written amendment

Effective date: 20061204

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070529

A521 Written amendment

Effective date: 20070720

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071113

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071121

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101130

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101130

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111130

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121130

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131130

Year of fee payment: 6