JP2003174548A - 通信装置 - Google Patents

通信装置

Info

Publication number
JP2003174548A
JP2003174548A JP2001371955A JP2001371955A JP2003174548A JP 2003174548 A JP2003174548 A JP 2003174548A JP 2001371955 A JP2001371955 A JP 2001371955A JP 2001371955 A JP2001371955 A JP 2001371955A JP 2003174548 A JP2003174548 A JP 2003174548A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
repeater
communication
facsimile
image information
final destination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001371955A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeki Takeuchi
茂樹 竹内
Original Assignee
Murata Mach Ltd
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Mach Ltd, 村田機械株式会社 filed Critical Murata Mach Ltd
Priority to JP2001371955A priority Critical patent/JP2003174548A/ja
Publication of JP2003174548A publication Critical patent/JP2003174548A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 最終宛先の通信装置の電話番号を入力するだ
けで自動的に中継機の指定を行える電子メール機能付き
の通信装置を提供する。 【解決手段】 インターネットファクシミリ装置1から
中継機3までは電子メールにて画像情報を送信し、中継
機3から最終宛先のファクシミリ装置4まではファクシ
ミリ通信にてその画像情報を送信するようにした通信シ
ステムにおいて、インターネットファクシミリ装置1に
入力された最終宛先のファクシミリ装置4の電話番号
(市外局番)に基づいて、最適な中継機3を自動的に決
定する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、画像情報を送信す
る通信装置に関し、特に、画像情報の電子メール通信と
ファクシミリ通信とを併せて行える通信装置に関する。

【0002】

【従来の技術】近年、ローカルなコンピュータ通信網を
通信回線で接続してネットワーク化したインターネット
を介して電子メールを配信するコンピュータ通信網が普
及している。コンピュータ通信網は、誤り訂正能力に優
れており、また遠距離であっても通信コストが安価であ
るという利点を有する。

【0003】一般的なファクシミリ通信では、ファクシ
ミリ装置からコンピュータ通信網へ直接通信することが
できない。しかし、ファクシミリ通信で通常送受信され
る原稿の画像情報を電子メール形式に変換する機能を有
することにより、画像情報のインターネット通信を可能
としたファクシミリ装置(インターネットファクシミリ
装置)が開発されている。

【0004】このようなインターネットファクシミリ装
置を利用した通信システムとして、インターネットファ
クシミリ装置から中継機としての他のインターネットフ
ァクシミリ装置までは電子メールにて画像情報を送信
し、中継機から最終宛先の通常のファクシミリ装置まで
はファクシミリ通信にてその画像情報を送信するように
した通信システムが知られている。この通信システムで
は、特に遠距離間における画像情報の通信コストの低減
化を図れるという利点がある。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】このような通信システ
ムにあっては、送信元のインターネットファクシミリ装
置にて、最終宛先のファクシミリ装置の電話番号に加え
て、所望の中継機を指定するために中継機のメールアド
レスを直接入力する必要があった。よって、ユーザにと
って、このメールアドレスの入力操作が煩わしく、中継
機の指定処理が面倒であるという問題がある。

【0006】本発明は斯かる事情に鑑みてなされたもの
であり、最終宛先の通信装置の電話番号を入力するだけ
で自動的に中継機の指定処理も行える電子メール機能付
きの通信装置を提供することを目的とする。

【0007】本発明の他の目的は、ワンタッチ入力によ
り中継機を指定できて中継機の指定処理を簡便に行える
電子メール機能付きの通信装置を提供することにある。

【0008】

【課題を解決するための手段】請求項1に係る通信装置
は、画像情報を、中継機までは電子メールにて送信し、
該中継機から最終宛先の通信装置まではファクシミリ通
信にて送信するようにした通信システムにおける、前記
中継機へ電子メールにて画像情報を送信する通信装置に
おいて、電話番号の入力を受付ける手段と、入力された
電話番号に基づいて前記中継機を決定する決定手段とを
備えることを特徴とする。

【0009】請求項1の通信装置にあっては、入力され
た電話番号に基づいて最適な中継機を自動的に決定す
る。よって、ユーザは、最終宛先の通信装置の電話番号
を入力するだけで良く、中継機のメールアドレスを入力
する必要がなくなる。

【0010】請求項2に係る通信装置は、請求項1にお
いて、前記決定手段が中継機を決定できたか否かを判断
する手段と、前記決定手段が中継機を決定できない場合
に、中継機を経由せずに前記最終宛先の通信装置へ直接
ファクシミリ通信にて前記画像情報を送信する手段とを
更に備えることを特徴とする。

【0011】請求項2の通信装置にあっては、最終宛先
の通信装置の電話番号に基づいて中継機を決定できない
場合に、中継機を経由せずにその最終宛先の通信装置へ
直接ファクシミリ通信にて画像情報を送信する。よっ
て、その電話番号に対応する中継機がない場合でも、そ
の最終宛先の通信装置へ画像情報を確実に送信できる。

【0012】請求項3に係る通信装置は、画像情報を、
中継機までは電子メールにて送信し、該中継機から最終
宛先の通信装置まではファクシミリ通信にて送信するよ
うにした通信システムにおける、前記中継機へ電子メー
ルにて画像情報を送信する通信装置において、複数の前
記中継機と複数の識別子との夫々の対応付けを記憶する
手段と、前記複数の識別子の入力を受付ける手段とを備
えることを特徴とする。

【0013】請求項3の通信装置にあっては、複数の中
継機夫々と複数の識別子夫々とを予め対応付けておき、
ユーザからその識別子の入力を受け付ける。よって、ユ
ーザは識別子を入力することによりワンタッチにて中継
機の指定を行えて、ユーザの操作性が向上する。この対
応付けは、最終宛先の通信装置の電話番号に対応させて
行うことができ、ユーザの意向を反映させた対応付けを
行える。

【0014】

【発明の実施の形態】以下、本発明をその実施の形態を
示す図面を参照して具体的に説明する。図1は、本発明
の通信装置を用いた通信システムの構成を示す模式図で
ある。図1において、1は電子メールによる画像情報の
送信とファクシミリ通信による画像情報の送信とを併せ
て行える本発明のインターネットファクシミリ装置であ
る。インターネットファクシミリ装置1は、回線Lによ
ってインターネット2に接続されている。また、インタ
ーネット2には、インターネットファクシミリ装置から
なる複数(図1の例では2個)の中継機3が接続されて
いる。各中継機3には、電話回線(PSTN)によって
複数のファクシミリ装置4が接続されている。

【0015】この通信システムにあっては、インターネ
ットファクシミリ装置1から各中継機3まではインター
ネット2を介した電子メールにて画像情報を送信し、各
中継機3から最終宛先の各ファクシミリ装置4までは電
話回線を介したファクシミリ通信にてその画像情報を送
信する。

【0016】(第1実施の形態)図2は、第1実施の形
態によるインターネットファクシミリ装置1の構成を示
すブロック図である。インターネットファクシミリ装置
1は、主制御部11,読取部12,記録部13,表示部
14,操作部15,ROM16,RAM17,画像メモ
リ18,モデム19,NCU(Network Control Unit)
20,LANインタフェース21等を備えている。

【0017】主制御部11は、具体的にはCPUで構成
されており、バス22を介してインターネットファクシ
ミリ装置1の上述したようなハードウェア各部と接続さ
れていて、それらを制御すると共に、ROM16に格納
されたコンピュータプログラムに従って、種々のソフト
ウェア的機能を実行する。

【0018】読取部12は、例えばCCDを利用したス
キャナで原稿を読み取り、ドットイメージデータを出力
する。記録部13は、電子写真方式のプリンタ装置であ
って、ファクシミリ通信または電子メールにより受信し
た画像情報、または、読取部2にて読み取った原稿の画
像情報をハードコピーとしてプリントアウトする。

【0019】表示部14は、液晶表示装置またはCRT
ディスプレイ等の表示装置であり、インターネットファ
クシミリ装置1の動作状態を表示したり、送信すべく読
み取った原稿の画像情報または受信した画像情報の表示
を行う。操作部15は、インターネットファクシミリ装
置1を操作するために必要な各種のキーを備えている。
なお、表示部14をタッチパネル方式とすることによ
り、操作部15の各種のキーの内の一部または全部を代
用することも可能である。

【0020】ROM16は、インターネットファクシミ
リ装置1の動作に必要な種々のソフトウェアのプログラ
ム(ファクシミリ通信の動作プログラム,電子メール通
信の動作プログラム,後述する処理の動作プログラムな
ど)を予め格納している。RAM17は、SRAMまた
はフラッシュメモリ等で構成され、ソフトウェアの実行
時に発生する一時的なデータを記憶する。また、RAM
17は,電話番号の市外局番と各中継機3のメールアド
レスとの対応付けを表す中継機対応テーブル17aを有
している。図3に、この中継機対応テーブル17aの一
例を示す。画像メモリ18は、DRAM等で構成され、
送信すべき画像情報または受信した画像情報を格納す
る。

【0021】モデム19は、バス22に接続されてお
り、ファクシミリ通信が可能なファクスモデムから構成
されている。また、モデム19は、同様にバス22に接
続されたNCU20と直接的に接続されている。NCU
20は、電話回線(PSTN)の閉結及び開放の動作を
行うハードウェアであり、必要に応じてモデム19を電
話回線と接続する。LANインタフェース21は回線L
によりLANを経由し、ネットワーク間の接続装置であ
るルータ(図示せず)を介してインターネット2と接続
されている。

【0022】第1実施の形態のインターネットファクシ
ミリ装置1は、入力されたファクシミリ装置4の電話番
号(市外局番)に基づき、中継機対応テーブル17aを
参照して最適の中継機3を決定する。そして、決定した
中継機3を介して、その中継機3までは電子メールに
て、その先はファクシミリ通信により、最終宛先のファ
クシミリ装置4へ画像情報を送信する。なお、このよう
にしても中継機3を決定できない場合には、ファクシミ
リ通信によって直接画像情報を最終宛先のファクシミリ
装置4へ送信する。

【0023】次に、動作について説明する。図5は、第
1実施の形態のインターネットファクシミリ装置1の処
理動作の手順を示すフローチャートである。

【0024】主制御部11は、中継機3を介する通信
(中継通信)の設定になっているか否かを判断する(ス
テップS1)。中継通信に設定されていない場合(S
1:NO)、つまり通常のファクシミリ通信に設定され
ている場合には、通常のファクシミリ通信の送信処理を
実行する(ステップS11)。

【0025】一方、中継通信が設定されている場合には
(S1:YES)、1または複数のファクシミリ装置4
の市外局番を含めた電話番号の入力を、操作部15によ
り受け付ける(ステップS2)。図4(a)に、この入
力された電話番号の一例を示す。

【0026】1つのファクシミリ装置4について、入力
された電話番号の市外局番に基づき、中継機対応テーブ
ル17aを参照して、対応する中継機3を検索する(ス
テップS3)。主制御部11は、検索の結果、対応する
中継機3を決定できたか否かを判断する(ステップS
4)。

【0027】対応する中継機3を決定できた場合には
(S4:YES)、そのファクシミリ装置4の電話番号
とその中継機3のメールアドレスとを中継通信のコマン
ドにセットする(ステップS5)。一方、対応する中継
機3を決定できない場合には(S4:NO)、そのファ
クシミリ装置4の電話番号をファクシミリ通信のコマン
ドにセットする(ステップS6)。

【0028】主制御部11は、入力された全てのファク
シミリ装置4の電話番号について、処理が終了したか否
かを判断する(ステップS7)。終了していない場合に
は(S7:NO)、入力された他のファクシミリ装置4
の電話番号に対して、S3〜S6の処理を繰り返す。図
4(b)に、このようにして得られたコマンド宛先の一
例を示す。

【0029】入力された全てのファクシミリ装置4の電
話番号についての処理が終了した場合には(S7::Y
ES)、読取部12にて、送信すべき原稿の画像を読み
取り、読み取った画像情報を画像メモリ18に格納する
(ステップS8)。次に、中継通信のコマンドを各中継
機3毎(各メールアドレス毎)に仕分けする(ステップ
S9)。そして、電子メールによる各中継機3への画像
情報の送信、及び/または、ファクシミリ通信による最
終宛先のファクシミリ装置4への画像情報の送信を実行
する(ステップS10)。

【0030】上述した第1実施の形態では、入力された
ファクシミリ装置4の電話番号(市外局番)に基づき、
中継機対応テーブル17aを参照して最適の中継機3を
自動的に決定するので、ユーザは中継機3を指定するた
めのメールアドレスを入力することが不要であり、操作
性が向上する。また、中継機3を自動的に決定できない
場合には、最終宛先のファクシミリ装置4へ画像情報を
直接ファクシミリ通信によって送信するので、そのよう
な場合でも最終宛先のファクシミリ装置4への送信を確
実に行える。

【0031】(第2実施の形態)図6は、第2実施の形
態によるインターネットファクシミリ装置1の構成を示
すブロック図である。図6において、図2と同一または
同様な部分には同一番号を付してそれらの説明は省略す
る。

【0032】RAM17は,各ファクシミリ装置4の電
話番号及び利用する中継機3の番号と操作部15の識別
子としての各短縮番号との対応付けを表す短縮ダイヤル
テーブル17bと、識別子としての各中継機3の番号と
各中継機3のメールアドレスとの対応付けを表す中継機
指定テーブル17cとを有している。図7(a),
(b)に、これらの短縮ダイヤルテーブル17b,中継
機指定テーブル17cの一例を夫々示す。

【0033】操作部15は、最終宛先のファクシミリ装
置4を設定するための短縮ダイヤルキー15aと、中継
機3を指定するための中継機指定キー15bとを備えて
いる。これらの短縮ダイヤルキー15a,中継機指定キ
ー15bによる入力は、上述の短縮ダイヤルテーブル1
7b,中継機指定テーブル17cに対応して認識され
る。

【0034】第2実施の形態のインターネットファクシ
ミリ装置1は、操作部15の短縮ダイヤルキー15a,
中継機指定キー15bを使用することにより、ユーザは
簡単な入力操作によって所望の中継機3を指定する。即
ち、短縮ダイヤルキー15aにてユーザが1つの短縮番
号を設定した場合には、短縮ダイヤルテーブル17b
(図7(a))に応じて所定の中継機3が指定され、中
継機指定キー15bにてユーザが1つの番号を設定した
場合には、中継機指定テーブル17c(図7(b))に
応じて中継機3の具体的なメールアドレスが選択され
る。

【0035】次に、動作について説明する。図8は、第
2実施の形態のインターネットファクシミリ装置1の処
理動作の手順を示すフローチャートである。

【0036】主制御部11は、短縮ダイヤルキー15a
を用いた最終宛先のファクシミリ装置4の設定がなされ
たか否かを判断する(ステップS21)。短縮ダイヤル
キー15aによる宛先設定がなされた場合には(S2
1:YES)、短縮ダイヤルテーブル17bを参照し
て、最終宛先のファクシミリ装置4の電話番号及び利用
する中継機3の番号を取得し、中継機3の番号が登録さ
れていれば、更に、中継機指定テーブル17cを参照し
て、その中継機3のメールアドレスを取得し(ステップ
S27)、ステップS28へ処理が進む。

【0037】短縮ダイヤルキー15aによる宛先設定で
ない場合には(S21:NO)、操作部15のテンキー
を用いた最終宛先のファクシミリ装置4の電話番号の直
接入力を受け付ける(ステップS22)。主制御部11
は、中継機3を利用する中継通信の設定であるか否かを
判断する(ステップS23)。ファクシミリ通信の設定
である場合には(S23:NO)、S28へ処理が進
む。

【0038】中継通信の設定である場合に(S23:Y
ES)、主制御部11は、中継機3のメールアドレスが
直接入力であるか否かを判断する(ステップS24)。
直接入力である場合には(S24:YES)、英文字,
数字入力によるユーザ所望の中継機3のメールアドレス
の指定を受け付ける(ステップS25)。直接入力でな
い場合には(S24:NO)、中継機指定キー15bに
よる1つの番号のユーザ入力を受け付け、中継機指定テ
ーブル17cを参照して、中継機3のメールアドレスを
取得する(ステップS26)

【0039】主制御部11は、中継機3の指定がなされ
たか否かを判断する(ステップS28)。中継機3が指
定されている場合には(S28:YES)、最終宛先の
ファクシミリ装置4の電話番号と中継機3のメールアド
レスとを中継通信のコマンドにセットする(ステップS
29)。一方、中継機3が指定されていない場合には
(S28:NO)、最終宛先のファクシミリ装置4の電
話番号をファクシミリ通信のコマンドにセットする(ス
テップS30)。

【0040】主制御部11は、他の最終宛先が残存して
いるか否かを判断する(ステップS31)。残存する場
合には(S31::YES)、次の最終宛先に関して、
S21〜S30の処理を繰り返す。

【0041】全ての最終宛先に関する処理が終了した場
合には(S31:NO)、読取部12にて、送信すべき
原稿の画像を読み取り、読み取った画像情報を画像メモ
リ18に格納する(ステップS32)。次に、中継通信
のコマンドを各中継機3毎(各メールアドレス毎)に仕
分けする(ステップS33)。そして、電子メールによ
る各中継機3への画像情報の送信、及び/または、ファ
クシミリ通信による最終宛先のファクシミリ装置4への
画像情報の送信を実行する(ステップS34)。

【0042】上述した第2実施の形態では、ユーザは、
短縮ダイヤルキー15aまたは中継機指定キー15bの
キー操作によって中継機3を指定するので、極めて簡便
に中継機3の指定を行える。また、短縮ダイヤルテーブ
ル17bにおける各ファクシミリ装置4と各中継機3と
の対応は、ユーザが任意に設定できるので、ユーザの意
向に沿った中継機3の指定を極めて容易に実現できる。

【0043】なお、上述した例では.中継機3を指定す
るための識別子として、番号を用いるようにしたが、英
文字,和文字,他の記号などを使用するようにしても良
い。

【0044】

【発明の効果】以上のように本発明では、入力された電
話番号に基づいて最適な中継機を決定するようにしたの
で、ユーザは、最終宛先の通信装置の電話番号を入力す
るだけで良く、指定する中継機のメールアドレスを入力
する必要がなく、操作性を向上することができる。

【0045】また本発明では、最終宛先の通信装置の電
話番号に基づいて中継機を決定できない場合に、中継機
を経由せずにその最終宛先の通信装置へ直接ファクシミ
リ通信にて画像情報を送信するようにしたので、その電
話番号に対応する中継機がない場合でも、最終宛先の通
信装置へ画像情報を確実に送信することができる。

【0046】更に本発明では、複数の中継機夫々と複数
の識別子夫々とを予め対応付けておき、ユーザからその
識別子の入力を受け付けるようにしたので、ユーザは識
別子を入力することによりワンタッチにて中継機の指定
を行えて、ユーザの操作性を向上することができ、ま
た、この対応付けは、最終宛先の通信装置の電話番号に
対応させて行えるため、ユーザの意向を反映させた対応
付けを行うことができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の通信装置を用いた通信システムの構成
を示す模式図である。

【図2】第1実施の形態によるインターネットファクシ
ミリ装置の構成を示すブロック図である。

【図3】中継機対応テーブルの一例を示す図である。

【図4】ファクシミリ装置の電話番号及びコマンド宛先
の一例を示す図である。

【図5】第1実施の形態のインターネットファクシミリ
装置の処理動作の手順を示すフローチャートである。

【図6】第2実施の形態によるインターネットファクシ
ミリ装置の構成を示すブロック図である。

【図7】短縮ダイヤルテーブル及び中継機指定テーブル
の一例を示す図である。

【図8】第2実施の形態のインターネットファクシミリ
装置の処理動作の手順を示すフローチャートである。

【符号の説明】

1 インターネットファクシミリ装置 2 インターネット 3 中継機 4 ファクシミリ装置 11 主制御部 15 操作部 15a 短縮ダイヤルキー 15b 中継機指定キー 16 ROM 17 RAM 17a 中継機対応テーブル 17b 短縮ダイヤルテーブル 17c 中継機指定テーブル 19 モデム 20 NCU 21 LANインタフェース

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 画像情報を、中継機までは電子メールに
    て送信し、該中継機から最終宛先の通信装置まではファ
    クシミリ通信にて送信するようにした通信システムにお
    ける、前記中継機へ電子メールにて画像情報を送信する
    通信装置において、電話番号の入力を受付ける手段と、
    入力された電話番号に基づいて前記中継機を決定する決
    定手段とを備えることを特徴とする通信装置。
  2. 【請求項2】 前記決定手段が中継機を決定できたか否
    かを判断する手段と、前記決定手段が中継機を決定でき
    ない場合に、中継機を経由せずに前記最終宛先の通信装
    置へ直接ファクシミリ通信にて前記画像情報を送信する
    手段とを更に備えることを特徴とする請求項1記載の通
    信装置。
  3. 【請求項3】 画像情報を、中継機までは電子メールに
    て送信し、該中継機から最終宛先の通信装置まではファ
    クシミリ通信にて送信するようにした通信システムにお
    ける、前記中継機へ電子メールにて画像情報を送信する
    通信装置において、複数の前記中継機と複数の識別子と
    の夫々の対応付けを記憶する手段と、前記複数の識別子
    の入力を受付ける手段とを備えることを特徴とする通信
    装置。
JP2001371955A 2001-12-05 2001-12-05 通信装置 Pending JP2003174548A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001371955A JP2003174548A (ja) 2001-12-05 2001-12-05 通信装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001371955A JP2003174548A (ja) 2001-12-05 2001-12-05 通信装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003174548A true JP2003174548A (ja) 2003-06-20

Family

ID=19180931

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001371955A Pending JP2003174548A (ja) 2001-12-05 2001-12-05 通信装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003174548A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7616336B2 (en) 2004-02-27 2009-11-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system with relaying server
US7826102B2 (en) 2004-02-27 2010-11-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7884956B2 (en) 2004-02-27 2011-02-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7616336B2 (en) 2004-02-27 2009-11-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system with relaying server
US7826102B2 (en) 2004-02-27 2010-11-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7884956B2 (en) 2004-02-27 2011-02-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE69822236T2 (de) Übertragungsvorrichtung mit Relaisfunktion und Relaisverfahren
US6785023B1 (en) Network facsimile apparatus
US8587839B2 (en) Image transmission system
US8472052B2 (en) Image reader converting image data into a data format corresponding to an application program, image reading system with the reader and image reading method for the system
US7155522B2 (en) Image information transmitting system, scanner apparatus and user terminal apparatus, and method for registering user terminal information to scanner apparatus
JP2941056B2 (ja) ファクシミリのルーティング方法
JP2004213246A (ja) データ処理装置
US7369257B2 (en) System including proxy server for processing data in place of client terminal
US20030135564A1 (en) Image communication apparatus and control method thereof
US7245391B2 (en) Facsimile device selecting transmission method appropriate for each transmission
JP4448022B2 (ja) 情報処理装置及びその制御方法、プログラム
JP3589969B2 (ja) 画像送信装置
JP5219418B2 (ja) ファイル送信装置、方法、プログラム
JP2003125001A (ja) 電子メール通信装置及び電子メール通信方法
US7564577B2 (en) Fax gateway, fax machine, and fax transmission system
US7693989B2 (en) Communication device preventing unauthorized access to its services via user intervention and a method thereof
US20160173706A1 (en) Image transmission apparatus
JP2009273028A (ja) データ送信装置、データ送信方法およびデータ送信プログラム
US8078959B2 (en) Image processing apparatus
JP2002342050A (ja) 画像形成装置、印刷方法、プログラム及び記録媒体
US7324223B1 (en) Network facsimile device and a method of controlling the network facsimile device
JP2009151686A (ja) ジョブ実行システム、携帯端末装置、ジョブ実行装置、ジョブデータ送信または受信方法、並びにジョブデータ送信または受信プログラム
US6922255B1 (en) Internet facsimile device
US5384830A (en) Apparatus with selective forwarding of facsimile and voice communications
US7119929B2 (en) Electronic mail machine and internet facsimile machine

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040128

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040203

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040324

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041019