JP2003173150A - プラズマディスプレイ装置 - Google Patents

プラズマディスプレイ装置

Info

Publication number
JP2003173150A
JP2003173150A JP2001371267A JP2001371267A JP2003173150A JP 2003173150 A JP2003173150 A JP 2003173150A JP 2001371267 A JP2001371267 A JP 2001371267A JP 2001371267 A JP2001371267 A JP 2001371267A JP 2003173150 A JP2003173150 A JP 2003173150A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
circuit board
plasma display
electrodes
sustain
output
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001371267A
Other languages
English (en)
Inventor
Shinji Masuda
真司 増田
Mikio Sasaki
幹雄 佐々木
Keiji Morizaki
恵次 森崎
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2001371267A priority Critical patent/JP2003173150A/ja
Publication of JP2003173150A publication Critical patent/JP2003173150A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 プラズマディスプレイ装置において、インチ
サイズが変わっても部品を共用化しやすい構造を提供す
ることを目的とする。 【解決手段】 複数の放電セルを有するプラズマディス
プレイパネルと、このプラズマディスプレイパネルの複
数の維持電極に接続される配線パターンを有する複数の
フレキシブル配線板18と、このフレキシブル配線板1
8の配線パターンを通して維持電極に維持駆動電圧を印
加する維持駆動回路を有する回路基板ブロック11とを
有し、かつ複数の配線基板と回路基板ブロック11と
を、フレキシブル配線板18が接続されるコネクタ20
と回路基板ブロック11に接続されるコネクタ21とを
有する出力位置変換基板19を介して接続したものであ
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、大画面で、薄型、
軽量のディスプレイ装置として知られているプラズマデ
ィスプレイ装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】プラズマディスプレイ装置は、液晶パネ
ルに比べて高速の表示が可能であり視野角が広いこと、
大型化が容易であること、自発光型であるため表示品質
が高いことなどの理由から、フラットパネルディスプレ
イ技術の中で最近特に注目を集めている。
【0003】一般に、このプラズマディスプレイ装置で
は、ガス放電により紫外線を発生させ、この紫外線で蛍
光体を励起して発光させカラー表示を行っている。そし
て、基板上に隔壁によって区画された表示セルが設けら
れており、これに蛍光体層が形成されている構成を有す
る。
【0004】このプラズマディスプレイ装置には、大別
して、駆動的にはAC型とDC型があり、放電形式では
面放電型と対向放電型の2種類があるが、高精細化、大
画面化および製造の簡便性から、現状では、プラズマデ
ィスプレイ装置の主流は、3電極構造の面放電型のもの
で、その構造は、一方の基板上に平行に隣接した走査電
極、維持電極という表示電極対を有し、もう一方の基板
上に表示電極と交差する方向に配列されたアドレス電極
と、隔壁、蛍光体層を有するもので、比較的蛍光体層を
厚くすることができ、蛍光体によるカラー表示に適して
いる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】現在、プラズマディス
プレイ装置は、低インチサイズから高インチサイズまで
商品化されているが、同じ役割を果たす回路基板、接続
素子であっても、プラズマディスプレイ装置のインチサ
イズごとに開発、設計されており、設計時間が長期化
し、またサイズ毎に部品を用意する必要があることから
量産効果によるコストダウンが進行し難い状態にある。
【0006】本発明はこのような現状に鑑みなされたも
ので、インチサイズが変わっても部品を共用化しやすい
構造を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明のプラズマディスプレイ装置は、プラズマディ
スプレイパネルの複数の維持電極に接続される配線パタ
ーンを有する複数の配線基板と、この配線基板の配線パ
ターンを通して維持電極に維持駆動電圧を印加する維持
駆動回路を有する回路基板ブロックとを有し、かつ前記
複数の配線基板と回路基板ブロックとを、前記配線基板
が接続される接続部と前記回路基板ブロックに接続され
る接続部とを有する出力位置変換基板を介して接続した
ものである。
【0008】
【発明の実施の形態】すなわち、本発明の請求項1に記
載の発明は、一対の基板を放電空間を形成するように対
向配置しかつ一方の基板上に複数列の走査電極および維
持電極からなる表示電極を設けるとともに他方の基板に
前記表示電極に交差するように複数列のアドレス電極を
設けることにより構成された複数の放電セルを有するプ
ラズマディスプレイパネルと、このプラズマディスプレ
イパネルの前記複数の維持電極に接続される配線パター
ンを有する複数の配線基板と、この配線基板の配線パタ
ーンを通して前記維持電極に維持駆動電圧を印加する維
持駆動回路を有する回路基板ブロックとを有し、かつ前
記複数の配線基板と回路基板ブロックとを、前記配線基
板が接続される接続部と前記回路基板ブロックに接続さ
れる接続部とを有する出力位置変換基板を介して接続し
たことを特徴としている。
【0009】また、本発明では、回路基板ブロックの端
部と出力位置変換基板の端部に接続用のコネクタを配置
し、前記回路基板ブロックと出力位置変換基板とを突き
合わせるようにして接続するか、前記回路基板ブロック
と出力位置変換基板とを前記コネクタによる接続部分が
重なるようにして接続したものである。
【0010】すなわち、本発明のプラズマディスプレイ
装置では、プラズマディスプレイパネルのインチ数が変
化しても、出力位置変換基板の基板サイズとコネクタ位
置を変更するだけで、同じ維持駆動回路を使用すること
ができ、また維持電極数が異なったときには、出力位置
変換基板のコネクタ位置およびコネクタ数を変更するだ
けで、同じ配線基板を使用することができる。
【0011】以下、本発明の一実施の形態によるプラズ
マディスプレイ装置について、図1〜図7を用いて説明
する。
【0012】まず、プラズマディスプレイ装置における
プラズマディスプレイパネルの構造について図1を用い
て説明する。図1に示すように、ガラス基板などの透明
な前面側の基板1上には、走査電極と維持電極とで対を
なすストライプ状の表示電極2が複数列形成され、そし
てその電極群を覆うように誘電体層3が形成され、その
誘電体層3上には保護膜4が形成されている。
【0013】また、前記前面側の基板1に対向配置され
る背面側の基板5上には、走査電極および維持電極の表
示電極2と交差するように、オーバーコート層6で覆わ
れた複数列のストライプ状のアドレス電極7が形成され
ている。このアドレス電極7間のオーバーコート層6上
には、アドレス電極7と平行に複数の隔壁8が配置さ
れ、この隔壁8間の側面およびオーバーコート層6の表
面に蛍光体層9が設けられている。
【0014】これらの基板1と基板5とは、走査電極お
よび維持電極の表示電極2とアドレス電極7とがほぼ直
交するように、微小な放電空間を挟んで対向配置される
とともに、周囲が封止され、そして前記放電空間には、
ヘリウム、ネオン、アルゴン、キセノンのうちの一種ま
たは混合ガスが放電ガスとして封入されている。また、
放電空間は、隔壁8によって複数の区画に仕切ることに
より、表示電極2とアドレス電極7との交点が位置する
複数の放電セルが設けられ、その各放電セルには、赤
色、緑色および青色となるように蛍光体層9が一色ずつ
順次配置されている。
【0015】図2にこのプラズマディスプレイパネルの
電極配列を示しており、図2に示すように走査電極およ
び維持電極とアドレス電極とは、M行×N列のマトリッ
クス構成であり、行方向にはM行の走査電極SCN1〜
SCNMおよび維持電極SUS1〜SUSMが配列され、
列方向にはN列のアドレス電極D1〜DNが配列されてい
る。
【0016】このような電極構成のプラズマディスプレ
イパネルにおいては、アドレス電極と走査電極の間に書
き込みパルスを印加することにより、アドレス電極と走
査電極の間でアドレス放電を行い、放電セルを選択した
後、走査電極と維持電極との間に、交互に反転する周期
的な維持パルスを印加することにより、走査電極と維持
電極との間で維持放電を行い、所定の表示を行うもので
ある。
【0017】また、プラズマディスプレイ装置の階調表
示駆動方式としては、一般にADS(アドレス・表示期
間分離)方式が用いられている。ADS方式では、1フ
ィールドを複数のサブフィールドに時間的に分割する。
例えば、8ビットで256階調表示を行う場合は、1フ
ィールドを8つのサブフィールドに分割する。また、各
サブフィールドは、点灯セル選択のためのアドレス放電
が行われるアドレス期間と、表示のための維持放電が行
われる維持期間(表示放電期間)とに分離される。
【0018】このADS方式では、各サブフィールドで
第1ラインから第mラインまでPDPの全面にアドレス
放電による走査が行われ、全面アドレス放電終了時に維
持放電が行われる。
【0019】図3はプラズマディスプレイ装置の内部の
配置構造を示す平面図であり、図3において走査電極駆
動回路を有する回路基板ブロック10はパネルの走査電
極に所定の信号電圧を供給し、維持駆動回路を有する回
路基板ブロック11はパネルの維持電極に所定の信号電
圧を供給し、アドレス電極駆動回路を有する回路基板ブ
ロック12はパネルのアドレス電極に所定の信号電圧を
供給するもので、回路基板ブロック10、11は幅方向
の両端部にそれぞれ配置され、また回路基板ブロック1
2は高さ方向の上端部および下端部に配置されている。
なお、13は走査電極駆動用のICを搭載している回路
基板、14はアドレスドライバ用のICを搭載している
回路基板である。
【0020】回路基板ブロック15に搭載された信号処
理回路は、画像データをパネルの画素数に応じた画像デ
ータ信号に変換して走査電極駆動回路、維持駆動回路、
アドレス電極駆動回路に所定の信号を供給し、階調制御
等の表示駆動制御を行うもので、ほぼ中央部に配置され
ている。電源回路を有する回路基板ブロック16は、前
記各回路に電圧を供給するもので、前記回路基板ブロッ
ク15と同様、ほぼ中央部に配置されている。
【0021】配線基板としてのフレキシブル配線板17
は、パネルの複数の走査電極の電極引出部と回路基板ブ
ロック10とを接続し、フレキシブル配線板18は、パ
ネルの複数の維持電極の電極引出部と回路基板ブロック
11の維持駆動回路とを接続するもので、それぞれの電
極に接続される配線パターンを有している。
【0022】図4に維持駆動回路側の状態を示してお
り、この図4に示すように、前記複数のフレキシブル配
線板18と維持駆動回路を有する回路基板ブロック11
とは、出力位置変換基板19を介して接続されている。
この出力位置変換基板19には、前記フレキシブル配線
板18が接続される接続部としての複数のコネクタ20
と、前記回路基板ブロック11に接続される接続部とし
ての複数のコネクタ21とが配設されているとともに、
このコネクタ20とコネクタ21との間を接続する銅箔
による配線パターン(図示せず)が形成されている。
【0023】出力位置変換基板19のコネクタ20の位
置は、パネルの維持電極の取り出し位置とほぼ同じ位置
に配置されており、またパネルの維持電極の取り出し位
置にはフレキシブル配線板18の一端が接続され、その
フレキシブル配線板18の他端が出力位置変換基板19
のコネクタ20に装着することにより接続されている。
一方、出力位置変換基板19の維持駆動回路側のコネク
タ21は、維持電極を駆動する波形を発生する維持駆動
回路を搭載した回路基板ブロック11とコネクタ22に
装着することにより接続されている。すなわち、コネク
タ21、22は、ボード−ボードタイプのコネクタを構
成している。なお、図4において、23は維持駆動回路
を構成する各種の電子部品である。
【0024】この図4に示す構成においては、回路基板
ブロック11の維持駆動回路で発生した波形は、出力位
置変換基板19の配線パターン、コネクタ20、21、
22を経由してフレキシブル配線板18に伝わり、維持
電極に伝達される。維持電極数が同じでインチサイズを
変更するときには、出力位置変換基板19上のコネクタ
20の位置を、パネルの維持電極取り出し位置に合わせ
て変更し、維持電極数が変わるときには、それに合わせ
てコネクタ20の数を変更すればよい。
【0025】すなわち、従来においては、図5に示すよ
うに維持駆動回路を有する回路基板ブロック11にコネ
クタ20を設け、パネルの維持電極に接続したフレキシ
ブル配線板18を直接回路基板ブロック11に接続する
構成としており、パネルのインチサイズが変更された場
合には、それ毎に回路基板ブロック11を用意する必要
があり、商品化のための設計を都度行わなければならな
かった。
【0026】これに対して、本発明においては、配線パ
ターンの引き回しが容易な出力位置変換基板19さえ変
更すれば、回路基板ブロック11やフレキシブル配線板
18を多機種にわたり共用できるようになり、設計の簡
略化を図ることができる。また、回路基板ブロック11
の部品実装面と出力位置変換基板19のコネクタ取付け
面を同じにしておくことで、回路基板をシャーシ部材に
固定してからフレキシブル配線板18の装着やコネクタ
21、22の装着を行うことができ、プラズマディスプ
レイ装置の組立作業が容易となる。
【0027】図6および図7に本発明の他の実施の形態
による要部構造を示している。
【0028】図6に示す実施の形態のものは、回路基板
ブロック11と出力位置変換基板19に接続用のコネク
タ24、25を配置し、前記回路基板ブロック11と出
力位置変換基板19とを前記コネクタ24、25による
接続部分が重なるようにして接続したものである。すな
わち、回路基板ブロック11の部品実装面と出力位置変
換基板19のコネクタ取付け面とを反対とし、回路基板
ブロック11と出力位置変換基板19とが一部重なるよ
うに配置したものであり、回路全体を平面視したときの
面積を小さくすることができる。
【0029】また、図7に示す実施の形態は、回路基板
ブロック11の端部にカードエッジタイプのコネクタ2
6を配置し、出力位置変換基板19の端部にそのコネク
タ26に装着されるようにコネクタ部27を設け、前記
回路基板ブロック11と出力位置変換基板19とを突き
合わせるようにして接続したものである。コネクタ部2
7は、出力位置変換基板19の端部をコネクタ26に装
着可能な形状に加工し、かつその加工部分に出力位置変
換基板19の配線パターンの一端部の銅箔部分等の金属
を露出させることにより形成されている。
【0030】すなわち、この図7に示す実施の形態にお
いては、回路基板ブロック11上のコネクタ26に対
し、出力位置変換基板19のコネクタ部27を差し込む
というカードエッジタイプの接合方式を用いたもので、
回路基板ブロック11の部品実装面と出力位置変換基板
19のコネクタ取付け面とは、同じ面にも、反対の面に
もすることができ、しかも出力位置変換基板19に取り
付けるコネクタの数を減らすことができる。
【0031】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように本発明に
よるプラズマディスプレイ装置によれば、プラズマディ
スプレイ装置のインチサイズあるいは維持電極数が異な
ったとしても、回路基板変更が速やかに行える出力位置
変換基板を変更するだけでよく、維持駆動回路を有する
回路基板ブロックやパネルの維持電極に接続されるフレ
キシブル配線板を共用することができ、設計の簡略化に
よる設計時間の短縮化を図ることができるとともに、部
品の共用化を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施の形態によるプラズマディスプ
レイ装置のパネルの概略構成を示す斜視図
【図2】同プラズマディスプレイ装置のパネルの電極配
列を示す説明図
【図3】同プラズマディスプレイ装置の回路配置の一例
を示す平面図
【図4】同プラズマディスプレイ装置の要部構造を示す
斜視図
【図5】従来のプラズマディスプレイ装置の要部構造を
示す斜視図
【図6】本発明の他の実施の形態によるプラズマディス
プレイ装置の要部構造を示す斜視図
【図7】同じく本発明の他の実施の形態によるプラズマ
ディスプレイ装置の要部構造を示す斜視図
【符号の説明】
1、5 基板 2 表示電極 3 誘電体層 4 保護膜 6 オーバーコート層 7 アドレス電極 8 隔壁 9 蛍光体層 11 回路基板ブロック 18 フレキシブル配線板 19 出力位置変換基板 20、21、22、24、25、26 コネクタ 27 コネクタ部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 森崎 恵次 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 Fターム(参考) 5C094 AA43 AA44 AA48 AA51 BA31 CA19 DB01 DB02 DB05 FA01 GB01 5G435 AA17 BB06 CC09 EE32 EE34 EE46 EE47 KK05

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 一対の基板を放電空間を形成するように
    対向配置しかつ一方の基板上に複数列の走査電極および
    維持電極からなる表示電極を設けるとともに他方の基板
    に前記表示電極に交差するように複数列のアドレス電極
    を設けることにより構成された複数の放電セルを有する
    プラズマディスプレイパネルと、このプラズマディスプ
    レイパネルの前記複数の維持電極に接続される配線パタ
    ーンを有する複数の配線基板と、この配線基板の配線パ
    ターンを通して前記維持電極に維持駆動電圧を印加する
    維持駆動回路を有する回路基板ブロックとを有し、かつ
    前記複数の配線基板と回路基板ブロックとを、前記配線
    基板が接続される接続部と前記回路基板ブロックに接続
    される接続部とを有する出力位置変換基板を介して接続
    したことを特徴とするプラズマディスプレイ装置。
  2. 【請求項2】 回路基板ブロックの端部と出力位置変換
    基板の端部に接続用のコネクタを配置し、前記回路基板
    ブロックと出力位置変換基板とを突き合わせるようにし
    て接続した請求項1に記載のプラズマディスプレイ装
    置。
  3. 【請求項3】 回路基板ブロックと出力位置変換基板に
    接続用のコネクタを配置し、前記回路基板ブロックと出
    力位置変換基板とを前記コネクタによる接続部分が重な
    るようにして接続した請求項1に記載のプラズマディス
    プレイ装置。
JP2001371267A 2001-12-05 2001-12-05 プラズマディスプレイ装置 Pending JP2003173150A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001371267A JP2003173150A (ja) 2001-12-05 2001-12-05 プラズマディスプレイ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001371267A JP2003173150A (ja) 2001-12-05 2001-12-05 プラズマディスプレイ装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003173150A true JP2003173150A (ja) 2003-06-20

Family

ID=19180338

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001371267A Pending JP2003173150A (ja) 2001-12-05 2001-12-05 プラズマディスプレイ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003173150A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100612387B1 (ko) 2004-06-17 2006-08-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
JP2007232828A (ja) * 2006-02-28 2007-09-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd プラズマディスプレイ装置
CN100395803C (zh) * 2005-05-19 2008-06-18 中华映管股份有限公司 具有单边驱动电路的等离子体显示面板
JP2008200418A (ja) * 2007-02-22 2008-09-04 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機の中継基板及び当該中継基板を備えた遊技機
US7986373B2 (en) 2005-11-04 2011-07-26 Funai Electric Co., Ltd. Plasma television and panel type television
US8228280B2 (en) 2008-10-06 2012-07-24 Rohm Co., Ltd. Timing control circuit

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100612387B1 (ko) 2004-06-17 2006-08-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
CN100395803C (zh) * 2005-05-19 2008-06-18 中华映管股份有限公司 具有单边驱动电路的等离子体显示面板
US7986373B2 (en) 2005-11-04 2011-07-26 Funai Electric Co., Ltd. Plasma television and panel type television
JP2007232828A (ja) * 2006-02-28 2007-09-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd プラズマディスプレイ装置
JP2008200418A (ja) * 2007-02-22 2008-09-04 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機の中継基板及び当該中継基板を備えた遊技機
US8228280B2 (en) 2008-10-06 2012-07-24 Rohm Co., Ltd. Timing control circuit

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100530398B1 (ko) 플라즈마 디스플레이 장치
KR100550725B1 (ko) 플라즈마 디스플레이 장치
JP2000223034A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP2003173150A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP4301059B2 (ja) プラズマディスプレイパネル
JP2004096387A (ja) プラズマディスプレイパネル
US7586466B2 (en) Display panel including an improved electrode structure
JP2003043942A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2004031043A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP2003330408A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2005084363A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP3744470B2 (ja) プラズマディスプレイ装置
JP5011615B2 (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2003043944A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2004151307A (ja) プラズマディスプレイ装置
JPH10301506A (ja) マトリクス型表示装置
KR20050020227A (ko) 디스플레이 패널
JP2003330409A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2003043988A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2005049750A (ja) プラズマディスプレイ装置の駆動方法
JPH05314911A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP2004361690A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2002353660A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2004094091A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2003331731A (ja) プラズマディスプレイ装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20041112

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20050704

A977 Report on retrieval

Effective date: 20060531

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20060606

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060718

A02 Decision of refusal

Effective date: 20061017

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02