JP2003171928A - 合成地下壁体及びその構築方法 - Google Patents

合成地下壁体及びその構築方法

Info

Publication number
JP2003171928A
JP2003171928A JP2001370592A JP2001370592A JP2003171928A JP 2003171928 A JP2003171928 A JP 2003171928A JP 2001370592 A JP2001370592 A JP 2001370592A JP 2001370592 A JP2001370592 A JP 2001370592A JP 2003171928 A JP2003171928 A JP 2003171928A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
soil cement
wall body
wall
cement wall
steel material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001370592A
Other languages
English (en)
Inventor
Hirohisa Ookubo
浩弥 大久保
Osami Hashimoto
修身 橋本
Koichi Gunji
紘一 郡司
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JFE Steel Corp
Tenox Corp
Original Assignee
Tenox Corp
Kawasaki Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tenox Corp, Kawasaki Steel Corp filed Critical Tenox Corp
Priority to JP2001370592A priority Critical patent/JP2003171928A/ja
Publication of JP2003171928A publication Critical patent/JP2003171928A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】止水性に優れ、かつ、経済的な合成地下壁体及
びその構築方法を提供する。 【解決手段】合成地下壁体1は、両端に継手16を有す
る複数の鋼材12を、隣り合う鋼材12の継手16同士
が互いに連結しあうようにソイルセメント壁11内に連
続的に建て込んで芯材としたソイルセメント壁体10
と、ソイルセメント壁体10に隣接して構築される鉄筋
コンクリート壁体20とを具備している。ソイルセメン
ト壁体10及び鉄筋コンクリート壁体20は、鋼材12
に設けられた連結部材17によって一体化される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、山留め壁工法の一
つとして採用されるソイルセメント柱列壁を本設地下壁
の一部に利用する合成地下壁体及びその構築方法に関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来、地下壁を構築するための山留め壁
工法としてソイルセメント柱列壁工法が多く採用されて
きた。この工法では、一般に山留め壁は仮設としてのみ
利用され、本設時は埋設されたままとなり不経済であ
る。そこで、ソイルセメント柱列壁の芯材と地下壁とを
スタッドコネクタ等の連結部材により一体化することで
本設地下壁とする、いわゆるソイルセメント柱列合成地
下壁工法が研究され採用されてきている(例えば、特開
昭58- 29922号公報及び特開平7- 48846号
公報参照)。
【0003】このソイルセメント柱列合成地下壁工法の
一般例を図10を参照して説明すると、地中にソイルセ
メント壁101を構築するとともに、ソイルセメント壁
101内に複数の芯材(H形鋼)102を建て込んでソ
イルセメント壁体を構築し(図10(A)参照)、その
完成後、芯材102の内側面103まで地盤を掘削する
と共にソイルセメントを除去する(図10(A)及び
(B)参照)。その後、芯材102の内側面103に連
結部材としてのスタッドコネクタ104を溶接する(図
10(C)参照)。次いで、地下壁を構築する部分に鉄
筋105を配筋するとともに地下壁を構築する部分の内
面位置に型枠106を設置し、コンクリート107を打
設してソイルセメント壁101と地下壁とをスタッドコ
ネクタ104によって一体化している(図10(D)及
び(E)参照)。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、この従
来のソイルセメント柱列合成地下壁工法にあっては、隣
り合う芯材102間のソイルセメント部及びその内側の
地下壁を構成するコンクリート部に地震等によってひび
割れが発生することがあり、このひび割れが発生する
と、地下水がひび割れを通って地下構造物内部に浸水し
てくることが多い。このため、地下構造物内部に浸水し
た地下水を外部へ排出するのに多大な労力と費用を要す
ることになる。
【0005】一方、この浸水を防止する防水対策とし
て、地下壁の内面に防水シートを設置することも行われ
ている。しかし、この方法では、防水シート間の接続部
あるいは防水シートの端部から漏水してしまい、浸水に
対する根本的な対策にはならない。また、防水シートを
別個に用意する必要があり、コストが高くなってしま
う。従って、本発明は、上述の問題点を解決するために
なされたものであり、その目的は、止水性に優れ、か
つ、経済的な合成地下壁体及びその構築方法を提供する
ことにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記問題を解決するた
め、本発明のうち請求項1に係る合成地下壁体は、両端
に継手を有する複数の鋼材を、隣り合う前記鋼材の前記
継手同士が互いに連結しあうようにソイルセメント壁内
に連続的に建て込んで芯材としたソイルセメント壁体
と、該ソイルセメント壁体に隣接して構築される鉄筋コ
ンクリート壁体とを前記鋼材に設けられた連結部材によ
って一体化したことを特徴としている。
【0007】この合成地下壁体によれば、ソイルセメン
ト壁体において、隣り合う鋼材の継手同士が互いに連結
しあうように連続的に建て込んで芯材としてあるので、
地震等によってソイルセメント壁にひび割れが生じてそ
のひび割れの外側から地下水が浸水しても連続的に建て
込んだ鋼材によって鉄筋コンクリート壁体の内側地下室
への地下水の浸水が阻止される。このため、隣り合うH
形鋼間に間隔のあいた従来のソイルセメント柱列合成地
下壁に比して止水性が向上する。
【0008】また、本発明のうち請求項2に係る合成地
下壁体は、請求項1記載の発明において、前記鋼材が、
ウェブの両端に1対のフランジを設けたH形鋼の前記1
対のフランジの片方又は両方の両端に前記継手を形成し
たH形鋼矢板であることを特徴としている。この合成地
下壁体によれば、ソイルセメント壁体において、隣り合
うH形鋼矢板の継手同士を互いに連結しあうように建て
込んで芯材とすることができる。
【0009】本発明のうち請求項3に係る合成地下壁体
は、請求項1又は2記載の発明において、前記ソイルセ
メント壁が、該ソイルセメント壁の施工延長方向におい
てほぼ均一の肉厚で造成されていることを特徴としてい
る。この合成地下壁体によれば、鋼材の建て込みが容易
かつ確実に行えるとともにソイルセメント壁に無駄な厚
い部分がなくなり、経済的な合成地下壁体とすることが
できる。
【0010】本発明のうち請求項4に係る合成地下壁体
の構築方法は、地中にソイルセメント壁を構築する工程
と、該ソイルセメント壁内に、両端に継手を有する複数
の鋼材を隣り合う前記鋼材の前記継手同士が互いに連結
しあうように連続的に建て込んでソイルセメント壁体を
構築する工程と、前記ソイルセメント壁体の内側の地盤
を掘削すると共に前記鋼材の内側面までソイルセメント
を除去する工程と、前記鋼材の内側面に前記ソイルセメ
ント壁体と鉄筋コンクリート壁体とを一体化する連結部
材を設置する工程と、前記鉄筋コンクリート壁体を構築
する部分に鉄筋を配筋し、前記鉄筋コンクリート壁体を
構築する部分の内面位置に型枠を設置し、コンクリート
を打設して前記鉄筋コンクリート壁体を構築する工程と
を具備することを特徴としている。
【0011】この合成地下壁体の構築方法によれば、ソ
イルセメント壁内に、両端に継手を有する複数の鋼材を
隣り合う鋼材の前記継手同士が互いに連結しあうように
連続的に建て込んでソイルセメント壁体を構築するの
で、隣り合うH形鋼間に間隔のあいた従来のソイルセメ
ント柱列合成地下壁に比して止水性が向上した合成地下
壁を確実に施工することができる。また、本発明のうち
請求項5に係る合成地下壁体の構築方法は、請求項4記
載の発明において、前記鋼材の建て込み工程が、地表面
上に設置された、前記鋼材の少なくとも一部の外寸法と
略等しい内空間を有する位置決め部材の前記内空間内
に、前記鋼材の少なくとも一部を挿入してソイルセメン
ト壁内に鋼材を建て込むとともに、前記位置決め部材を
前記ソイルセメント壁が固まるまで残置する工程を含む
ことを特徴としている。
【0012】この合成地下壁体の構築方法によれば、鋼
材をソイルセメント壁に建て込む際に、地表面上に設置
された位置決め部材の内空間内に鋼材の少なくとも一部
を挿入する。このため、鋼材をソイルセメント壁に建て
込む際に、当該鋼材は位置決め部材によって位置決めさ
れて挿入される。また、前記位置決め部材は、ソイルセ
メント壁が固まるまで残置される。このため、当該鋼材
はソイルセメントが固まるまで位置決め部材によって位
置決めされた状態を維持する。
【0013】本発明においては、前記鋼材として、ウェ
ブの両端に1対のフランジを設けたH形鋼の前記1対の
フランジの片方又は両方の両端に前記継手を形成したH
形鋼矢板や、複数のウェブの両端に、両端に前記継手を
形成した直線状鋼矢板を設けてなる鋼矢板を用いること
ができ、これら鋼矢板を用いることにより、ソイルセメ
ント壁内に、複数の前記形状の鋼矢板を隣り合う鋼矢板
の継手同士が互いに連結しあうように連続的に建て込ん
でソイルセメント壁体を構築することができる。
【0014】更に、本発明のうち請求項6に係る合成地
下壁体の構築方法は、請求項4又は5記載の発明におい
て、前記ソイルセメント壁を構築する工程で、該ソイル
セメント壁を施工延長方向においてほぼ均一の肉厚で造
成することを特徴としている。この合成地下壁体の構築
方法によれば、鋼材の建て込みが容易かつ確実に行える
とともにソイルセメント壁に無駄な厚い部分がなくな
り、経済的なものとすることができる。
【0015】
【発明の実施の形態】次に本発明の実施形態を図面を参
照して説明する。図1は、本発明に係る合成地下壁体の
実施形態の概略断面図である。図2は、図1の2−2線
に沿った拡大断面図である。先ず、合成地下壁体1に使
用される鋼材について説明すると、図2に示すように、
ウェブ13の両端に1対のフランジ14,15を設けた
H形鋼の1対のフランジ14,15の片方15の両端に
継手16を形成したH形鋼矢板12が使用される。この
H形鋼矢板12は、T形鋼のウェブの先端に、両端に継
手16を形成した直線状の鋼矢板を溶接することによっ
て製造される。継手16の形状は、断面略コ字形を有
し、その内部に形成された内部空間で隣りの継手16の
一部を受容連結するようになっている。
【0016】そして、合成地下壁体1は、図1及び図2
に示すように、複数のH形鋼矢板12を、隣り合うH形
鋼矢板12の継手16同士が互いに連結しあうようにソ
イルセメント壁11内に連続的に建て込んで芯材とした
ソイルセメント壁体10と、ソイルセメント壁体10の
内側に隣接して構築される鉄筋コンクリート壁体20と
を具備している。そして、ソイルセメント壁体10と鉄
筋コンクリート壁体20とは、H形鋼矢板12の内側、
即ち鉄筋コンクリート壁体20を構築する側のフランジ
15の内側面にスタッド溶接された複数の異形鉄筋(連
結部材)17によって一体化されている。
【0017】次に、合成地下壁体1の構築方法につい
て、図1乃至図3を参照して説明する。図3は、ソイル
セメント壁内にH形鋼矢板を建て込む方法の説明図であ
り、(a)はソイルセメント壁の平面側から見た平面
図、(b)はソイルセメント壁の正面側から見た断面図
である。合成地下壁体1を構築するには、先ず、チェー
ンカッター式掘削装置等によって地盤Aを掘削しつつ、
その中にセメントミルクなどの固化液を注入してソイル
セメント壁11を構築する。このソイルセメント壁11
は、壁の施工延長方向においてほぼ均一の肉厚に造成さ
れる。
【0018】次いで、ソイルセメント壁11の中に、複
数のH形鋼矢板12を、隣り合うH形鋼矢板12の継手
16同士が互いに連結しあうように連続的に建て込み、
ソイルセメント壁体10を造成する。H形鋼矢板12の
建て込みに際しては、図3に示すように、H形鋼矢板1
2の上端部をワイヤWを介してクレーン(図示せず)で
吊った状態で、地表面上に設置された位置決め部材42
の内空間43内に、H形鋼矢板12の内側フランジ15
及び外側フランジ14の一部をそれらの下端部から挿入
し、所定の深度までH形鋼矢板12を自没させる。各位
置決め部材42の内空間43は、各H形鋼矢板12の外
側フランジ14及び内側フランジ15の外寸法と略等し
い寸法を有する。ここで、内側フランジ15側に位置す
る位置決め部材42は支持部材41によって支持され、
外側フランジ14側に位置する複数の位置決め部材42
は別個の支持部材41によって連結支持されている。そ
して、これら位置決め部材42は、ソイルセメント壁1
1が固まるまで残置される。
【0019】このようにしてソイルセメント壁体10を
造成した後、複数の位置決め部材42を取り除く。そし
て、ソイルセメント壁体10の内側、すなわちコンクリ
ートを打設する側の地盤Aを掘削するとともに、H形鋼
矢板12の内側フランジ15の内側面までソイルセメン
トを除去する。その後、内側フランジ15の内側面に複
数の異形鉄筋17をH形鋼矢板12の長手方向に沿って
スタッド溶接する。そして、図1に示すように、底版3
0を構築する部分に鉄筋(図示せず)を配筋するととも
にコンクリートを打設し、鉄筋コンクリート製の底版3
0を構築する。その後、鉄筋コンクリート壁体20を構
築する部分に鉄筋(図示せず)を配筋し、鉄筋コンクリ
ート壁体20を構築する部分の内面位置に型枠(図示せ
ず)を設置し、コンクリート21を打設して鉄筋コンク
リート壁体20を構築する。その後、鉄筋コンクリート
製の中柱32及び鉄筋コンクリート製の頂版31を構築
することにより、合成地下壁体1は完成する。
【0020】この合成地下壁体1によれば、ソイルセメ
ント壁体10において、複数のH形鋼矢板12を、隣り
合うH形鋼矢板12の継手16同士が互いに連結しあう
ように連続的に建て込んで芯材としてあるので、地震等
によってソイルセメント壁11にひび割れが生じてその
ひび割れの外側(図1及び図2における左側)から地下
水が浸水しても連続的に建て込んだH形鋼矢板12によ
って鉄筋コンクリート壁体20の内側地下室への地下水
の浸水が阻止される。このため、隣り合うH形鋼間に間
隔のあいた従来のソイルセメント柱列合成地下壁に比し
て止水性が向上することになる。
【0021】ところで、両端に継手16を形成したH形
鋼矢板12を芯材として使用する場合に、従来のソイル
セメント柱列壁工法を採用すると、H形鋼矢板12の重
心位置とソイルセメント柱の中心位置が、柱の施工延長
方向に生じる各々の施工誤差のために必ずしも一致せ
ず、例えばソイルセメント柱のラップ部(壁厚が他に比
べて薄い部分)近傍にH形鋼矢板12の重心位置が位置
するような場合に、H形鋼矢板12がソイルセメント柱
の壁面に接触してしまい挿入できない事態が生じ得る。
ソイルセメント柱のラップ部近傍にH形鋼矢板12の重
心位置が位置した場合でも、H形鋼矢板12がソイルセ
メント柱の壁面に接触しない程度の大きさのソイルセメ
ント柱を造成することによって前記問題を解決すること
ができる。しかし、このようにすると、ソイルセメント
柱の工費が増加してしまう。これに対して、本発明にあ
っては、ソイルセメント壁11が、ソイルセメント壁1
1の施工延長方向においてほぼ均一の肉厚で造成されて
いる。このため、ソイルセメント壁11の施工延長方向
におけるH形鋼矢板12の建て込み位置によってH形鋼
矢板12が挿入できないという事態は生ぜず、容易かつ
確実にH形鋼矢板12の建て込みを行える。また、ソイ
ルセメント壁11に無駄な厚い部分がなくなり、経済的
なものとすることができる。なお、ソイルセメント壁1
1を施工延長方向において均一の肉厚で造成するために
は、ソイルセメント壁11を構築する部分の地盤を掘削
する際に、チェーンカッター式掘削装置を用いることが
好ましい。
【0022】また、H形鋼矢板12をソイルセメント壁
11に建て込む際には、地表面上に設置された位置決め
部材42の内空間43内にH形鋼矢板12のフランジ1
4、15を挿入するようにしている。このため、H形鋼
矢板12をソイルセメント壁11に建て込む際に、H形
鋼矢板12は位置決め部材42によって位置決めされて
挿入されるので、H形鋼矢板12の変形、移動を阻止す
ることができる。また、位置決め部材42は、ソイルセ
メント壁11が固まるまで残置される。このため、H形
鋼矢板12はソイルセメント壁11が固まるまで位置決
め部材42によって位置決めされた状態を維持すること
ができる。
【0023】なお、複数のH形鋼矢板12をソイルセメ
ント壁11に建て込む際に、1つの位置決め部材42を
使用し、1本のH形鋼矢板12を建て込む毎に位置決め
部材42を転用することも可能である。しかし、この場
合、建て込み中のH形鋼矢板12から継手16を介して
荷重を受ける既設のH形鋼矢板12が変形、移動してし
まい、継手16のせりが大きくなり、その結果、建て込
み中のH形鋼矢板12が挿入できない事態が生じ得る。
このような既設のH形鋼矢板12の変形、移動は、ソイ
ルセメント壁が周囲の拘束力が小さい未硬化のソイルセ
メント壁である場合に、生じ易い。これに対して、複数
の位置決め部材42を使用し、1つのH形鋼矢板12の
建て込み後、ソイルセメント壁11が固まるまで当該位
置決め部材42を残置させる場合、そのH形鋼矢板12
はソイルセメント壁11が固まるまで位置決め部材42
によって位置決めされた状態を維持することができるの
で、次のH形鋼矢板12を建て込む際の、既設のH形鋼
矢板12の変形、移動が抑制され、H形鋼矢板12を容
易に、かつ、確実に建て込むことができる。
【0024】次に、合成地下壁体1に使用される鋼材の
変形例を、図4乃至図8を参照して説明する。図4は鋼
材の第1変形例の平面図、図5は鋼材の第2変形例の平
面図、図6は鋼材の第3変形例の平面図、図7は鋼材の
第4変形例の平面図、図8は鋼材の第5変形例の平面図
である。鋼材は、図2に示すウェブ13の両端に1対の
フランジ14,15を設けたH形鋼の1対のフランジ1
4,15の片方15の両端に継手16を形成したH形鋼
矢板12のみならず、図4乃至図8に示す種々形態の鋼
材を使用することができる。
【0025】図4に示す鋼材50は、H形鋼51の両方
のフランジ52,53の両端に、継手54を形成したも
のである。これによれば、隣り合う鋼材50の継手54
同士が互いに連結しあうように連続的に建て込んで芯材
とすると、両方のフランジ52,53による2列の連続
壁が構成されることになり、止水性が向上する。また、
図5に示す鋼材60は、H形鋼61の片側フランジ62
上に、両端に継手64のある直線状鋼矢板63を溶接に
よって取り付けたものである。これによれば、直線状鋼
矢板63の曲げ剛性が片側フランジ62分だけ向上し、
複数の鋼材60を建て込んだソイルセメント壁体10の
剛性が向上する。
【0026】更に、図6に示す鋼材70は、2本のウェ
ブ71,71の両端に、両端に継手73のある1対の直
線状鋼矢板72,72を溶接によって取り付けたもので
ある。ウェブ71は、2本以上であってもよい。また、
図7に示す鋼材80は、角形鋼管81の両側管部82,
82の上下端に継手83を溶接によって取り付けたもの
である。ウェブ71を複数本配置する図6に示す鋼材7
0や角形鋼管81を使用する図7に示す鋼材80の場
合、曲げ剛性が同等のH形鋼矢板と比べてソイルセメン
ト壁体10への単位面積当たりの鋼材重量が大きくな
り、工事費用が多大になる。このため、図2に示すH形
鋼矢板12を使用することが好ましい。
【0027】また、図8に示す鋼材90は、H形鋼91
の片側フランジ92の両端に継手93を形成し、その基
本構成は、図2に示すH形鋼矢板12と同一となってい
る。しかし、継手93の形状が図2に示すH形鋼矢板1
2の継手16と異なっている。即ち、継手93は、一部
にスリットを有する小径鋼管で形成され、H形鋼91の
片側フランジ92の両端に溶接によって取りつけられて
いる。次に、図9を参照して位置決め部材の変形例を説
明する。図9は、位置決め部材の変形例の正面図であ
る。
【0028】図9に示すように、1対の位置決め部材2
01が、H形鋼矢板12の内側フランジ15及び外側フ
ランジ14のそれぞれの側に設けられている。各位置決
め部材201は、地盤A上に配置された支持台205上
に配置され、基部202と、基部202上に設けられ、
H形鋼矢板12の内側フランジ15又は外側フランジ1
4を挟んで対向配置された1対の支軸203と、それら
支軸203に回動可能に設けられ、H形鋼矢板12の内
側フランジ15又は外側フランジ14を挟むように付勢
される1対の位置決め部204とを具備している。この
位置決め部材201は、図9に示すように、H形鋼矢板
12が2本以上で構成され、それらH形鋼矢板12を、
それらのウェブ13、内側フランジ15及び外側フラン
ジ14を跨ぐように配置された添接板206及びボルト
207によって現場でボルト接合する場合等、内側フラ
ンジ15又は外側フランジ14から突出する突出部が存
在する場合に、1対の位置決め部204,204間に形
成される内空間を変化させてそれら1対の位置決め部2
04,204で突出部を挟み込み、これによりH形鋼矢
板12の建て込み時の位置決めを行う。
【0029】以上、本発明の実施形態について説明して
きたが、本発明はこれに限定されず、種々の変更を行う
ことができる。例えば、H形鋼矢板12と鉄筋コンクリ
ート壁体10とを一体化する連結部材は、異形鉄筋17
をスタッド溶接して取りつけるのみならず、異形鉄筋1
7をフレア溶接で取りつけたり、スタッドジベルをスタ
ッド溶接で取りつけたり、鋼板を溶接で取りつけたりし
てもよい。
【0030】
【発明の効果】以上説明したように、本発明のうち請求
項1に係る合成地下壁体によれば、両端に継手を有する
複数の鋼材を、隣り合う前記鋼材の前記継手同士が互い
に連結しあうようにソイルセメント壁内に連続的に建て
込んで芯材としたので、地震等によってソイルセメント
壁にひび割れが生じてそのひび割れの外側から地下水が
浸水しても連続的に建て込んだ鋼材によって鉄筋コンク
リート壁体の内側地下室への地下水の浸水が阻止され
る。このため、隣り合うH形鋼間に間隔のあいた従来の
ソイルセメント柱列合成地下壁に比して止水性を向上さ
せることができる。また、地下水の浸水を防止するため
の鋼材以外の特別な手段を必要としないので、経済的な
合成地下壁体とするができる。
【0031】また、本発明のうち請求項2に係る合成地
下壁体によれば、請求項1記載の発明において、前記鋼
材が、ウェブの両端に1対のフランジを設けたH形鋼の
前記1対のフランジの片方又は両方の両端に前記継手を
形成したH形鋼矢板であるので、ソイルセメント壁体に
おいて、隣り合うH形鋼矢板の継手同士を互いに連結し
あうように建て込んで芯材とすることができる。本発明
のうち請求項3に係る合成地下壁体によれば、請求項1
又は2記載の発明において、前記ソイルセメント壁が、
該ソイルセメント壁の施工延長方向においてほぼ均一の
肉厚で造成されているので、鋼材の建て込みが容易かつ
確実に行えるとともにソイルセメント壁に無駄な厚い部
分がなくなり、経済的な合成地下壁体とすることができ
る。
【0032】更に、本発明のうち請求項4に係る合成地
下壁体の構築方法によれば、ソイルセメント壁内に、両
端に継手を有する複数の鋼材を隣り合う鋼材の前記継手
同士が互いに連結しあうように連続的に建て込んでソイ
ルセメント壁体を構築するので、隣り合うH形鋼間に間
隔のあいた従来のソイルセメント柱列合成地下壁に比し
て止水性が向上した合成地下壁を確実に施工することが
できる。また、本発明のうち請求項5に係る合成地下壁
体の構築方法によれば、請求項4記載の発明において、
前記鋼材の建て込み工程が、地表面上に設置された、前
記鋼材の少なくとも一部の外寸法と略等しい内空間を有
する位置決め部材の前記内空間内に、前記鋼材の少なく
とも一部を挿入してソイルセメント壁内に鋼材を建て込
むとともに、前記位置決め部材を前記ソイルセメント壁
が固まるまで残置する工程を含むので、鋼材をソイルセ
メント壁に建て込む際に、当該鋼材は位置決め部材によ
って位置決めされて挿入されると共に、当該鋼材はソイ
ルセメント壁が固まるまで位置決め部材によって位置決
めされた状態を維持することができる。
【0033】ここで、前記鋼材として、ウェブの両端に
1対のフランジを設けたH形鋼の前記1対のフランジの
片方又は両方の両端に前記継手を形成したH形鋼矢板
や、複数のウェブの両端に、両端に前記継手を形成した
直線状鋼矢板を設けてなる鋼矢板を用いることにより、
ソイルセメント壁内に、複数の前記形状の鋼矢板を隣り
合う鋼矢板の継手同士が互いに連結しあうように連続的
に建て込むことができる。
【0034】更に、本発明のうち請求項6に係る合成地
下壁体の構築方法によれば、請求項4又は5記載の発明
において、前記ソイルセメント壁を構築する工程で、該
ソイルセメント壁を施工延長方向においてほぼ均一の肉
厚で造成するので、鋼材の建て込みが容易かつ確実に行
えるとともにソイルセメント壁に無駄な厚い部分がなく
なり、経済的なものとすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る合成地下壁体の実施形態の概略断
面図である。
【図2】図1の2−2線に沿った拡大断面図である。
【図3】ソイルセメント壁内にH形鋼矢板を建て込む方
法の説明図であり、(a)はソイルセメント壁の平面側
から見た平面図、(b)はソイルセメント壁の正面側か
ら見た断面図である。
【図4】鋼材の第1変形例の平面図である。
【図5】鋼材の第2変形例の平面図である。
【図6】鋼材の第3変形例の平面図である。
【図7】鋼材の第4変形例の平面図である。
【図8】鋼材の第5変形例の平面図である。
【図9】位置決め部材の変形例の正面図である。
【図10】従来例の合成地下壁体の製造工程を示し、
(A)は芯材をソイルセメント壁内に建て込んだ状態の
断面図、(B)は芯材の内側面までソイルセメントを除
去した状態の断面図、(C)は芯材の内側面にスタッド
コネクタを取り付けた状態の断面図、(D)は地下壁構
築部分に鉄筋を配筋した状態の断面図、(E)は地下壁
構築部分の内面位置に型枠を設置すると共にコンクリー
トを打設した状態の断面図である。
【符号の説明】
1は合成地下壁体 10はソイルセメント壁体 11はソイルセメント壁 12はH形鋼矢板(鋼材) 13はウェブ 14,15はフランジ 16は継手 17は異形鉄筋(連結部材) 20は鉄筋コンクリート壁体 21はコンクリート 42は位置決め部材 43は内空間
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 橋本 修身 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 川 崎製鉄株式会社内 (72)発明者 郡司 紘一 東京都港区赤坂6丁目13番7号 株式会社 テノックス内 Fターム(参考) 2D047 AB08 2D049 EA02 EA09 FB03 FB13 FC03 GA15 GB05 GC11 GD03 GE03

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 両端に継手を有する複数の鋼材を、隣り
    合う前記鋼材の前記継手同士が互いに連結しあうように
    ソイルセメント壁内に連続的に建て込んで芯材としたソ
    イルセメント壁体と、該ソイルセメント壁体に隣接して
    構築される鉄筋コンクリート壁体とを前記鋼材に設けら
    れた連結部材によって一体化したことを特徴とする合成
    地下壁体。
  2. 【請求項2】 前記鋼材が、ウェブの両端に1対のフラ
    ンジを設けたH形鋼の前記1対のフランジの片方又は両
    方の両端に前記継手を形成したH形鋼矢板であることを
    特徴とする請求項1記載の合成地下壁体。
  3. 【請求項3】 前記ソイルセメント壁が、該ソイルセメ
    ント壁の施工延長方向においてほぼ均一の肉厚で造成さ
    れていることを特徴とする請求項1又は2記載の合成地
    下壁体。
  4. 【請求項4】 地中にソイルセメント壁を構築する工程
    と、 該ソイルセメント壁内に、両端に継手を有する複数の鋼
    材を隣り合う前記鋼材の前記継手同士が互いに連結しあ
    うように連続的に建て込んでソイルセメント壁体を構築
    する工程と、 前記ソイルセメント壁体の内側の地盤を掘削すると共に
    前記鋼材の内側面までソイルセメントを除去する工程
    と、 前記鋼材の内側面に前記ソイルセメント壁体と鉄筋コン
    クリート壁体とを一体化する連結部材を設置する工程
    と、 前記鉄筋コンクリート壁体を構築する部分に鉄筋を配筋
    し、前記鉄筋コンクリート壁体を構築する部分の内面位
    置に型枠を設置し、コンクリートを打設して前記鉄筋コ
    ンクリート壁体を構築する工程とを具備することを特徴
    とする合成地下壁体の構築方法。
  5. 【請求項5】 前記鋼材の建て込み工程が、地表面上に
    設置された、前記鋼材の少なくとも一部の外寸法と略等
    しい内空間を有する位置決め部材の前記内空間内に、前
    記鋼材の少なくとも一部を挿入してソイルセメント壁内
    に鋼材を建て込むとともに、前記位置決め部材を前記ソ
    イルセメント壁が固まるまで残置する工程を含むことを
    特徴とする請求項4記載の合成地下壁体の構築方法。
  6. 【請求項6】 前記ソイルセメント壁を構築する工程
    で、該ソイルセメント壁を施工延長方向においてほぼ均
    一の肉厚で造成することを特徴とする請求項4又は5記
    載の合成地下壁体の構築方法。
JP2001370592A 2001-12-04 2001-12-04 合成地下壁体及びその構築方法 Pending JP2003171928A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001370592A JP2003171928A (ja) 2001-12-04 2001-12-04 合成地下壁体及びその構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001370592A JP2003171928A (ja) 2001-12-04 2001-12-04 合成地下壁体及びその構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003171928A true JP2003171928A (ja) 2003-06-20

Family

ID=19179791

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001370592A Pending JP2003171928A (ja) 2001-12-04 2001-12-04 合成地下壁体及びその構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003171928A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011246910A (ja) * 2010-05-25 2011-12-08 Taisei Corp 地下構造物の構築方法
JP2017179827A (ja) * 2016-03-30 2017-10-05 株式会社カナサシテクノサービス 地中埋設された容積構造体の補強構造

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5829922A (en) * 1981-08-14 1983-02-22 Takenaka Komuten Co Ltd Constructing method for underground outer wall
JPH0431320Y2 (ja) * 1984-03-14 1992-07-28
JPH06264462A (ja) * 1993-03-11 1994-09-20 Nippon Steel Corp 鋼製壁と鉄筋コンクリート床版との接合構造
JPH07317087A (ja) * 1994-05-23 1995-12-05 Nippon Steel Corp 鋼製壁と鉄筋コンクリート床版との接合構造
JPH11158865A (ja) * 1997-11-28 1999-06-15 Kawasaki Steel Corp 鋼矢板を芯材とした壁体を持つ地中構造物及びその施工方法
JPH11323916A (ja) * 1998-05-21 1999-11-26 Ohbayashi Corp 地中壁の構築工法
JP2001173135A (ja) * 1999-12-21 2001-06-26 Penta Ocean Constr Co Ltd 構造物の地下外壁およびその構築工法
JP2001220763A (ja) * 2000-02-08 2001-08-17 Nippon Steel Corp 地下壁の排水処理方法および、この方法で構築した地下壁

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5829922A (en) * 1981-08-14 1983-02-22 Takenaka Komuten Co Ltd Constructing method for underground outer wall
JPH0431320Y2 (ja) * 1984-03-14 1992-07-28
JPH06264462A (ja) * 1993-03-11 1994-09-20 Nippon Steel Corp 鋼製壁と鉄筋コンクリート床版との接合構造
JPH07317087A (ja) * 1994-05-23 1995-12-05 Nippon Steel Corp 鋼製壁と鉄筋コンクリート床版との接合構造
JPH11158865A (ja) * 1997-11-28 1999-06-15 Kawasaki Steel Corp 鋼矢板を芯材とした壁体を持つ地中構造物及びその施工方法
JPH11323916A (ja) * 1998-05-21 1999-11-26 Ohbayashi Corp 地中壁の構築工法
JP2001173135A (ja) * 1999-12-21 2001-06-26 Penta Ocean Constr Co Ltd 構造物の地下外壁およびその構築工法
JP2001220763A (ja) * 2000-02-08 2001-08-17 Nippon Steel Corp 地下壁の排水処理方法および、この方法で構築した地下壁

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011246910A (ja) * 2010-05-25 2011-12-08 Taisei Corp 地下構造物の構築方法
JP2017179827A (ja) * 2016-03-30 2017-10-05 株式会社カナサシテクノサービス 地中埋設された容積構造体の補強構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100862977B1 (ko) 프리캐스트 콘크리트 널말뚝 시공방법
US20100319280A1 (en) Precast Temporary Facility Structure and a Construction Method for the Same
KR101167511B1 (ko) 기성 콘크리트 말뚝을 이용한 지하차도 및 그의 시공방법
KR101249603B1 (ko) 비개착 슬래브 구조물의 수직 응력에 저항하기 위한 강관 설치 구조 및 그 시공방법
JP2010196441A (ja) ソイルセメント地中連続壁の芯材
JP2003171928A (ja) 合成地下壁体及びその構築方法
KR101187174B1 (ko) 접합부에서의 전단결합 증진 구조를 가지는 그라우트-재킷을 이용한 기둥의 접합구조 및 이를 위한 받침장치
JP3251698B2 (ja) トンネル覆工用エレメントおよびそれを用いたトンネル構築方法
JP2001164563A (ja) 地下構造物の壁体に利用する鋼製部材を芯材とした地中壁
JP2012031678A (ja) 構造物用基礎およびその構築方法
KR20100118482A (ko) 매립형 철골띠장과 슬래브 강막작용을 이용하여 지하외벽의 한 측면이 연속시공이 가능하도록 한 지하 구조물 시공방법
JP2002047640A (ja) 液状化防止構造
JP5280150B2 (ja) 山留擁壁及び山留擁壁形成方法
JP2766884B2 (ja) 地中連続壁
JP2006022565A (ja) 地下連続壁の応力負担材および施工方法
JP3625750B2 (ja) 建物の地下部の構造
KR101238640B1 (ko) 지압전단띠에 의한 증진된 전단결합의 접합부를 가지는 기둥
KR101238641B1 (ko) 지압전단띠를 이용한 접합부에서의 전단결합 증진 구조를 가지는 기둥
KR101238639B1 (ko) 접합부에서의 전단결합 증진 구조를 가지는 기둥
CN111501832B (zh) 二墙合一式地下管廊施工方法及二墙合一式地下管廊结构
KR101880559B1 (ko) 합성벽체 건축물 시공법
CN212801564U (zh) 一种基坑钢板桩支护结构
JP2003055961A (ja) 鋼・コンクリート一体化地下壁およびその構築方法
KR101990920B1 (ko) 철근부착 강관구조체 및 이를 이용한 현장타설 콘크리트 파일 시공 방법
JPH08120638A (ja) 杭と梁との接合構造およびそれを用いた構造物の施工方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040407

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060418

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060815