JP2003146561A - ダブルデッキエレベータ - Google Patents

ダブルデッキエレベータ

Info

Publication number
JP2003146561A
JP2003146561A JP2002271861A JP2002271861A JP2003146561A JP 2003146561 A JP2003146561 A JP 2003146561A JP 2002271861 A JP2002271861 A JP 2002271861A JP 2002271861 A JP2002271861 A JP 2002271861A JP 2003146561 A JP2003146561 A JP 2003146561A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
car
sheave
deck elevator
double
hoistway
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002271861A
Other languages
English (en)
Inventor
Katsunori Hakozaki
勝則 箱崎
Original Assignee
Toshiba Elevator Co Ltd
東芝エレベータ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Elevator Co Ltd, 東芝エレベータ株式会社 filed Critical Toshiba Elevator Co Ltd
Priority to JP2002271861A priority Critical patent/JP2003146561A/ja
Publication of JP2003146561A publication Critical patent/JP2003146561A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】かご外での作業を安全に行うことができるダブ
ルデッキエレベータを提供する。 【解決手段】建物の昇降路内におけるガイドレールに案
内されて昇降移動可能なかご枠と、このかご枠内に設け
られた少なくとも一方が昇降移動可能な上部かご室及び
下部かご室と、この上部かご室または下部かご室の少な
くとも一方を昇降移動させる駆動手段とを備えたダブル
デッキエレベータにおいて、前記かご枠の上部に手すり
を含む部材で囲まれた作業スペースを形成したので、保
守・点検時などにおいて、上部かご及び下部かご間の間
隔調整作業などを、昇降路内において安全に行うことが
できる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、かご室を上下2段
に搭載したかごが昇降路を昇降するダブルデッキエレベ
ータに関する。
【0002】
【従来の技術】ダブルデッキエレベータにおいては、上
下のかごの敷居の間隔は、このエレベータが設置される
ビルの階高に合わせて組み込まれ、かごの着床に際して
は、一般のエレベータと同様に、かごの敷居が乗場の敷
居の位置と高さが一致するように制御盤で制御される。
【0003】この結果、高層化し大形化したビルでは、
朝夕のラッシュ時においても、1回の着床で上下に隣接
した二つの階の利用客が同時に昇降可能として、輸送力
の倍増が図られている。
【0004】ところが、このように構成されたダブルデ
ッキエレベータにおいては、このエレベータが設置され
るビルの乗場の階高が階床によってばらつくと、かごの
敷居と乗場の敷居の高さを合わせることができない。す
ると、昇降する利用者がつまづくおそれがあり、特に老
人などでは転倒するおそれがある。
【0005】そのため、着床時には、片側のかごをまず
着床階の高さに合わせて乗客を昇降させた後、かごを起
動して他側の階床に合わせる方法も考えられるが、する
と、一度かご戸を閉めて昇降させなければ動作しないの
で、輸送力の倍増を図ったこのダブルデッキエレベータ
の特長を損うだけでなく、他側の階床を利用する乗客に
対して、焦慮感を助長するおそれがある。
【0006】そこで、図5に示すように、主索3で吊り
下げられたかご枠7を用い、このかご枠7に収納された
上下のかご10A,10Bの間に駆動機構9を設けて、異な
る階高の乗場に移動する昇降動作中に、上段のかごを上
下動させて、敷居の高さを着床階に合わせる方法も検討
されている。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】このようなダブルデッ
キエレベータでは、保守点検作業時に、上下のかご10
A,10B間の間隔調整等の作業が必要になる。このよう
な調整作業は、昇降路内において、かご10A,10Bの外
部、例えば天井部に、作業者が載って所定の調整装置を
操作して行わなければならない。この作業は、昇降路内
における移動する可能性のあるかご10A,10B外での作
業であるため、転落防止など、安全性に特に留意する必
要がある。本発明の目的は、かご外での作業を安全に行
うことができるダブルデッキエレベータを提供すること
にある。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明によるダブルデッ
キエレベータは、建物の昇降路内におけるガイドレール
に案内されて昇降移動可能なかご枠と、このかご枠内に
設けられた少なくとも一方が昇降移動可能な上部かご室
及び下部かご室と、この上部かご室または下部かご室の
少なくとも一方を昇降移動させる駆動手段とを備えたダ
ブルデッキエレベータにおいて、前記かご枠の上部に手
すりを含む部材で囲まれた作業スペースを形成したこと
を特徴とする。また、本発明によるダブルデッキエレベ
ータは、手すりを含む部材によって囲まれた作業スペー
スに対向して制御箱を設けた構成でも良い。
【0009】これらの発明では、かご枠の上部に手すり
に囲まれた作業スペースを確保したので、保守・点検時
などにおいて、上部かご及び下部かご間の間隔調整作業
などを、昇降路内において安全に行うことができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明によるダブルデッキ
エレベータの一実施の形態を図面を参照して説明する。
図1(a)は、ダブルデッキエレベータの一例を示す斜
視図で、乗場は、紙面の制約上一階床のみを示す。図1
(a)において、昇降路の上端に形成された機械室11の
床11aには、巻上機5がマシンベッド8を介して設置さ
れ、この巻上機5の右側には、制御盤12が据え付けられ
ている。
【0011】昇降路には、かご用の一対のガイドレール
22Aとつり合いおもり用の一対のガイドレール22Bが壁
面に沿って平行に縦設され、アンカーナットやレールク
リップなどを介して垂直に固定されている。
【0012】巻上機5の出力軸の端部の巻上シーブ1に
は、主索3が巻装され、この主索3の片側は、マシンベ
ッド8に固定された図示しないそらせ車を経て昇降路を
垂下し、下端には、本発明の対象となるダブルデッキエ
レベータのかご6が吊り下げられている。
【0013】一方、巻上シーブ1の他側から垂下した主
索3の下端には、つり合いおもり14が吊り下げられてい
る。このつり合いおもり14に片側が繋止されたつり合い
ロープ23は、昇降路を垂下した後立ち上り、かご6の下
端に繋止されている。
【0014】かご6の下端には、テールコード15の片側
が固定され、このテールコード15は、昇降路を垂下した
後立ち上り、昇降路の上部に固定された接続箱17Cを経
て、前述した制御盤12に接続されている。接続箱17Cの
左側の上方には、調速機16が床11aに固定され、昇降路
の下端のピットには、緩衝器24が立設されている。
【0015】昇降路の上部の右側には、このエレベータ
が設置されたビルの最上階の乗場13が鎖線で示され、こ
の乗場13に取り付けられた押しボタンやスイッチに接続
された信号線は、昇降路の壁面に固定された制御箱17A
を経て、制御盤12に接続されている。
【0016】図1(b)は、図1(a)で示したかご6
を示す拡大詳細図である。図1(b)において、かご6
は、上部かご10A及び下部かご10Bと、これらの上部か
ご10A,下部かご10Bを収納するかご枠の縦梁19及びこ
の縦梁19の上端に溶接された上梁20などで主要部を構成
している。
【0017】上部かご10Aと下部かご10Bとの間には、
図示されていないが、図5で示した従来と同様の駆動機
構9が設けられており、上部かご10Aと下部かご10Bと
の間隔を変化させることができる。
【0018】上部かご10Aの前面には、両開き2枚戸形
のかご戸10aが示され、下部かご10Bの前面にもかご戸
10bが同様に示されている。下部かご10Bの下端の前面
には、かごの昇降によって発生する気流の渦を減らし騒
音を抑えるためのエプロン板18が垂設されている。
【0019】上梁20の中央部には、図1(a)で前述し
た主索3の下端の主索固定棒が貫通し、この主索固定棒
に遊嵌された図示しない圧縮コイルばねを介して上梁20
に係止されている。
【0020】また、かご枠の上部、すなわち、上梁20の
中央部の上部には、制御箱17Bが搭載され、この制御箱
17Bの後方には、保守・点検用の手すり21が横設され、
この手すり21は、上梁20の左右に固定された一対の支持
腕の後端に固定されている。
【0021】このように、かご枠の上部には制御箱17B
と対向し、保守・点検用の手すり21及び一対の支持腕で
囲まれた作業スペースが形成されている。したがって、
保守点検作業時等における昇降路内でのかご外作業を、
この手すり21などで囲まれた作業スペース内で安全に行
うことができ、転落事故などを確実に防止することがで
きる。
【0022】上記実施の形態では、かご間隔を変化させ
る方法として図5で示した駆動機構9を用いる場合を例
示したが、この方法は、上下動させる駆動機構9で増え
るかごの重量によって、巻上機の容量が増え、主索の形
格も増やさなければならない。
【0023】そこで、かごの重量や巻上機及び主索の定
格を増やすことなく、輸送力も低下させることなく、階
高の異なるビルに対応することのできる方法を図2及び
図3を用いて説明する。
【0024】図2において、マシンベッド8の右側に
は、図示しない右側面図では逆U字状のシーブ支え25A
が垂設され、このシーブ支え25Aの後方に対して、シー
ブ支え25Aと比べて高さが高いシーブ支え25Bが垂設さ
れている。このうち、前方のシーブ支え25Aには、そら
せシーブ2が図示しない軸と軸受を介して回転自在に挿
入されている。
【0025】後方のシーブ支え25Bには、前方のシーブ
支え25Aに形成された軸穴が上端となる上下方向に長い
軸穴が形成されている。この軸穴には、そらせシーブ2
と同一呼び径の調整シーブ4Aの軸が図示しない軸受を
介して挿入されている。
【0026】この軸受の軸方向の両側には、図示しない
案内板が挿入され、この案内板は、シーブ支え25Bの前
後の板の両面に配置されている。シーブ支え25Bの底部
には、電動操作のジャッキが収納され、このジャッキの
可動部の下端は、調整シーブ4Aの両側に垂下して、こ
の調整シーブ4Aの軸に連結されている。
【0027】巻上機5の巻上シーブ1に巻装された主索
3Aのうち、一部の主索3aは、そらせシーブ2に巻装
された後、巻上シーブ1に再び巻装され、そらせシーブ
2を経て垂下し、図3(a)に示すかご6のかご枠7の
上梁20に対して、図示しない主索固定棒と圧縮コイルば
ねを介して繋止されている。
【0028】一方、主索3Aのうち、他の一部の主索3
bは、調整シーブ4Aに巻装された後、巻上シーブ1に
再び巻装され、調整シーブ4Aを経て垂下し、図3に示
す上かご10Aの上梁に繋止されている。図3(a)にお
いて、かご枠7の上部に収納された上かご10Aは、かご
枠7の縦梁の内側に形成された図示しない案内溝に両側
の凸部が遊嵌している。
【0029】このように構成されたダブルデッキエレベ
ータにおいては、据付調整試験では、各階床毎に上かご
10Aの敷居と下かご10Bの敷居の高さが各階床の乗場の
敷居と一致するように、電動操作のジャッキが駆動さ
れ、各階床毎に電動機の回転角が制御盤の着床位置制御
回路に記憶させてある。
【0030】図2(b)は、階高間が高い乗場にかごを
着床させるときの調整シーブ4Aの駆動位置を示し、前
述した回転角度に駆動される電動機で動作する電動ジャ
ッキによって、かご10Aは前述した記憶位置に駆動され
る。
【0031】すなわち、調整シーブ4Aは下方に押し下
げられ、この結果、巻上シーブ1と調整シーブ4Aとの
軸間距離が広くなり、調整シーブ4Aから垂下した主索
3bは上方に持ち上げられ、図3(b)に示すように上
かご10Aも上方に持ち上げられる。
【0032】このように構成されたダブルデッキエレベ
ータにおいては、施工の誤差による階高の変動だけでな
く、玄関階との階高が他の階と比べて大きく異なるビル
に対しても対応することができる。
【0033】また、かごの重量や床面積を増やすことな
く実施することができるので、ビルの設計・利用上の制
約を減らすこともできるだけでなく、巻上機の負荷は変
わらないので、定格の増加を防ぐことができる。
【0034】図4(a)は、別の駆動方法を示す図で、
前述した図2(a)に対応する図である。図4(a)に
おいて、図2(a)と異なるところは、調整シーブの取
付位置である。すなわち、図4(a)においては、調整
シーブ4Bを支えるシーブ支え25Cは、マシンベッド8
の右端の上面に固定されている。
【0035】この場合も、シーブ支え25Cの底部には、
電動操作のジャッキが収納され、このジャッキの可動部
の上端は、調整シーブ4Bの軸に連結されている。この
ように構成されたダブルデッキエレベータにおいても、
据付調整試験では、上かごの敷居及び下かごの敷居の高
さが、各階床の乗場の敷居と一致するようにジャッキが
駆動され、その駆動量が制御盤に記憶される。
【0036】したがって、商業運転に入った場合には、
図4(b)に示すように調整シーブ4Bは駆動され、主
索3bはたわまされて、上かごは所定の高さに吊り上げ
られる。
【0037】なお、上記例では、上かごを持ち上げるた
めに調整シーブの軸を駆動した例で説明したが、同時に
そらせシーブを負荷の比に応じて僅かに駆動してもよ
い。この場合には、上下のかごの階高の調整時間を短縮
することができる利点がある。また、図3において、調
整シーブ4Bを巻上シーブ1とそらせシーブ2の間に設
け、主索3aを右上方に押圧してもよい。
【0038】
【発明の効果】本発明によれば、ダブルデッキエレベー
タを構成するかご枠の上部に保守・点検用の手すりなど
によって囲まれた作業スペースを形成したので、昇降路
内でのかご外作業を安全に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるダブルデッキエレベータの一実施
の形態を示しており、(a)は全体斜視図、(b)は拡
大詳細図である。
【図2】本発明に用いるかご間隔駆動方法の一例を説明
しており、(a)はかご間隔移動前の状態を示す図、
(b)はかご間隔移動時の状態を示す図である。
【図3】かご間隔駆動状態を説明しており、(a)は駆
動前、(b)は駆動後の状態を示している。
【図4】本発明に用いるかご間隔駆動方法の他の例を説
明しており、(a)はかご間隔移動前の状態を示す図、
(b)はかご間隔移動時の状態を示す図である。
【図5】従来のダブルデッキエレベータの一例を示すか
ご部分の正面図である。
【符号の説明】
1…巻上シーブ、2…そらせ車、3,3A,3a,3b
…主索、4A…調整シーブ、5…巻上機、6…かご、7
…かご枠、8…マシンベッド、9…駆動機構、10A…上
部かご、10B…下部かご、11…機械室、12…制御盤、13
…乗場、14…つり合いおもり、15…テールコード、16…
調速機、17A,17B…制御箱、18…エプロン、19…縦
梁、20…上梁、21…手すり、22A,22B…ガイドレー
ル、23…つり合いロープ、24…緩衝器、25A,25B,25
C…シーブ支え。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物の昇降路内におけるガイドレールに
    案内されて昇降移動可能なかご枠と、このかご枠内に設
    けられた少なくとも一方が昇降移動可能な上部かご室及
    び下部かご室と、この上部かご室または下部かご室の少
    なくとも一方を昇降移動させる駆動手段とを備えたダブ
    ルデッキエレベータにおいて、前記かご枠の上部に手す
    りを含む部材で囲まれた作業スペースを形成したことを
    特徴とするダブルデッキエレベータ。
  2. 【請求項2】 手すりを含む部材によって囲まれた作業
    スペースに対向して制御箱を設けたことを特徴とする請
    求項1に記載のダブルデッキエレベータ。
JP2002271861A 2002-09-18 2002-09-18 ダブルデッキエレベータ Pending JP2003146561A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002271861A JP2003146561A (ja) 2002-09-18 2002-09-18 ダブルデッキエレベータ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002271861A JP2003146561A (ja) 2002-09-18 2002-09-18 ダブルデッキエレベータ

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10031528A Division JPH11228058A (ja) 1998-02-13 1998-02-13 ダブルデッキエレベータ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003146561A true JP2003146561A (ja) 2003-05-21

Family

ID=19196941

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002271861A Pending JP2003146561A (ja) 2002-09-18 2002-09-18 ダブルデッキエレベータ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003146561A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7918319B2 (en) * 2006-05-01 2011-04-05 Mitsubishi Electric Corporation Elevator apparatus
WO2015082210A1 (de) * 2013-12-05 2015-06-11 Inventio Ag Aufzugsanlage

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7918319B2 (en) * 2006-05-01 2011-04-05 Mitsubishi Electric Corporation Elevator apparatus
WO2015082210A1 (de) * 2013-12-05 2015-06-11 Inventio Ag Aufzugsanlage
CN105764830A (zh) * 2013-12-05 2016-07-13 因温特奥股份公司 电梯设备
US10035683B2 (en) 2013-12-05 2018-07-31 Inventio Ag Elevator system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4742591B2 (ja) エレベータの終端安全装置
JP4191331B2 (ja) エレベーター装置
JP4107863B2 (ja) エレベータ装置
JP2010184791A (ja) エレベータ
WO2001062654A1 (fr) Dispositif elevateur
JP4270642B2 (ja) エレベーター装置
JPH11106159A (ja) エレベーター
JP4798694B2 (ja) エレベータ連絡階段における着座手段の移動装置
JP2003146555A (ja) エレベータ
JP2011093699A (ja) エレベータの落下防止構造
JP2003146561A (ja) ダブルデッキエレベータ
JP4848781B2 (ja) エレベータ装置
JPH11228058A (ja) ダブルデッキエレベータ
JP3797873B2 (ja) エレベータ装置
JPWO2007020674A1 (ja) エレベータ装置
JP2000255941A (ja) エレベータの釣合おもり
JP2004142853A (ja) エレベータ装置
JP2001097649A (ja) エレベーター装置
JP2003276967A (ja) 相互間隔可変ダブルデッキエレベーターかご
JPH11217950A (ja) 駐車設備のターンテーブル装置
JP3528840B2 (ja) 機械室レスエレベータ装置
JP2505628B2 (ja) ダブルデッキエレベ―タ
JP2785061B2 (ja) 工事用の高速人荷兼用エレベータ
JP2006151644A (ja) エレベータ装置
JPH09272671A (ja) エレベーターの据付装置及びエレベーターの据付工法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040712

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050614

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050808

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20051206

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060206

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060210

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20060421

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20080423

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080428

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20080423

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080808