JP2003146555A - エレベータ - Google Patents

エレベータ

Info

Publication number
JP2003146555A
JP2003146555A JP2001349552A JP2001349552A JP2003146555A JP 2003146555 A JP2003146555 A JP 2003146555A JP 2001349552 A JP2001349552 A JP 2001349552A JP 2001349552 A JP2001349552 A JP 2001349552A JP 2003146555 A JP2003146555 A JP 2003146555A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
car
counterweight
elevator
rope
hoisting machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001349552A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3991657B2 (ja
Inventor
Ritsu Teramoto
律 寺本
Atsuya Fujino
篤哉 藤野
Hiroshi Nagase
長瀬  博
Hiroichi Miyata
弘市 宮田
Hiromi Inaba
博美 稲葉
Akihiro Omiya
昭弘 大宮
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP2001349552A priority Critical patent/JP3991657B2/ja
Publication of JP2003146555A publication Critical patent/JP2003146555A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3991657B2 publication Critical patent/JP3991657B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B11/00Main component parts of lifts in, or associated with, buildings or other structures
    • B66B11/001Arrangement of controller, e.g. location
    • B66B11/002Arrangement of controller, e.g. location in the hoistway
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B11/00Main component parts of lifts in, or associated with, buildings or other structures
    • B66B11/0065Roping
    • B66B11/008Roping with hoisting rope or cable operated by frictional engagement with a winding drum or sheave
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B7/00Other common features of elevators
    • B66B7/02Guideways; Guides
    • B66B7/021Guideways; Guides with a particular position in the shaft

Abstract

(57)【要約】 【課題】昇降路下部に巻上機を設置したエレベータにお
いて、昇降路面積を低減する。 【解決手段】エレベータシャフト内に乗りかご1を収容
する。乗りかごが昇降する昇降路の下方には巻上機5、
6、7が配置されている。綱車5に懸架したロープで乗
りかごを昇降させる。乗りかごと釣り合わせるために釣
り合い重り13が備えられている。綱車の断面Rcと釣
り合い重りの断面Raとはシャフト内で前後方向および
左右方向に重なっていない。断面Raを上下に延ばした
釣合い重りの空間と乗りかごの昇降路との間に形成され
る隙間空間41に綱車に懸架されるロープを張り渡す。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はエレベータに係り、
特に昇降路の内部に巻上機を設けたエレベータに関す
る。
【0002】
【従来の技術】近年エレベータを省スペース化し、それ
とともに建築コストを削減するため、機械室を省いたい
わゆる機械室レスエレベータが普及しつつある。機械室
レスエレベータは、近隣地区の日照状態への影響を低減
できる効果もある。この機械室レスエレベータをさらに
省スペース化するため、昇降路断面積を縮小することが
望まれている。そのようなエレベータの例が、特開平7
−10437号公報に開示されている。この公報では、
ロープを駆動する綱車とモータを有する巻上機をカウン
タウエイト昇降通路の下部に配置ている。そして、巻上
機をカウンタウエイトの厚さ方向(前後方向)であって、
カウンタウエイトが昇降するシャフト空間から延長した
空間の内部に配置している。これにより、巻上機を効率
良く配置することが可能となり、昇降路断面積を縮小で
きる。
【0003】昇降路断面積を縮小する他の方法として、
特開平11−60117号公報には、ロープとプーリの
配置を工夫して、乗りかごの昇降ストロークよりも釣り
合い重りの昇降ストロークを小さくし、釣り合い重りの
昇降通路の上方に巻上機を配置している。これにより、
昇降路断面積を縮小している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記従来技術の中で、
特開平7-10437号公報に記載のものは、カウンタ
ウエイトの厚さ方向から見て両脇(前後方向)に、巻上機
から上方に伸びるロープを配置している。このため、カ
ウンタウエイトの前後方向寸法よりも綱車の直径を大き
くしなければならない。その結果、乗りかごに一定の速
度を発生させるのに必要な綱車およびモータの回転速度
が低下し、モータが大きなトルクを発生させる必要を生
じる。このことは、モータの大型化および高コスト化を
引き起こす。なお、カウンタウエイトの通路が最下階の
床付近まで占めるときは、カウンタウエイトの通路より
下部に位置する巻上機は最下階の床よりも下方に形成し
たピット空間内に設置しなければならず、水害時などに
冠水するおそれがある。この不具合を解消するために、
巻上機に防水処理を施すとコスト増となる。
【0005】また、上記特開平11−60117号公報
に記載のエレベータでは、昇降路の上部に巻上機を設置
しているので、据付時に巻上機を揚重しなければならな
い。さらに巻上機の保守点検時には、昇降路の上部にア
クセスしなければならず、保守点検が容易でない。重量
の大きい巻上機を昇降路上部に配置しているので、地震
時に建屋にかかる負担が大きくなるという不具合もあ
る。
【0006】本発明は上記従来技術の不具合に鑑みなさ
れたものであり、その目的はエレベータの据付や保守を
容易にし、エレベータの耐震性を向上させることにあ
る。本発明の他の目的は、エレベータの小型化にある。
本発明のさらに他の目的は、エレベータの防水処理を不
要にし、かつ冠水対策を施したエレベータを実現するこ
とにある。そして本発明では、これら目的の少なくとも
いずれかを達成することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
の本発明の特徴は、シャフト内に収容した乗りかごをこ
の乗りかごが昇降する昇降路の下方に配置した巻上機に
懸架したロープで昇降させるエレベータにおいて、前記
巻上機はモータを有し、前記乗りかごと釣り合わせる釣
り合い重りのシャフト内の前後および左右方向位置内に
モータのシャフト内位置が含まれことにある。
【0008】上記目的を達成するための本発明の他の特
徴は、シャフト内に収容した乗りかごをこの乗りかごが
昇降する昇降路の下方に配置した巻上機に懸架したロー
プで昇降させるエレベータにおいて、乗りかごの過速を
検出する過速検出装置を設け、この過速検出装置はガバ
ナ本体を有し、このガバナ本体と乗りかごに釣り合わせ
る釣り合い重りとのシャフト内位置が前後および左右方
向に重なる位置にしたものである。そして、この特徴に
おいて、過速検出装置はガバナプーリとガバナロープと
を有し、ガバナプーリのシャフト内位置が前後および左
右方向において釣り合い重りの位置と重ならないように
することが望ましい。
【0009】上記目的を達成するための本発明のさらに
他の特徴は、綱車とモータとブレーキとを有する巻上機
が乗りかごの昇降路の下方に配置され、綱車に懸架する
ロープを介して乗りかごおよび釣り合い重りを昇降させ
るエレベータにおいて、釣り合い重りの昇降ストローク
を乗りかごの昇降ストロークよりも短くし、モータの垂
直投影を釣り合い重りの垂直投影の内側にし、綱車の垂
直投影を釣り合い重りの垂直投影から離したものであ
る。
【0010】この特徴において、モータは略円筒形であ
って回転軸方向の長さが直径よりも小さい薄形モータで
あり、綱車に懸架されこの綱車の上方に延びる2組のロ
ープの双方を釣り合い重りの昇降空間と乗りかごの昇降
空間に挟まれた間隙空間に通すのが望ましい。また、釣
り合い重りの間隙空間に面する面と前記乗りかごの間隙
空間に面する面の少なくともいずれかに平滑板を設けて
もよく、モータは略円筒形であって回転軸方向の長さが
直径よりも長い小径長尺型のモータであり、前記綱車に
懸架されこの綱車の上方に延びる2組のロープの双方
を、前記釣り合い重りの昇降空間に隣り合う空間であっ
て左右両脇にある空間のいずれか一方を通るようにして
もよい。
【0011】上記目的を達成するための本発明のさらに
他の特徴は、シャフト内に収容した乗りかごをこの乗り
かごが昇降する昇降路の下方に配置した巻上機に懸架し
たロープで昇降させるエレベータにおいて、前記巻上機
に懸架されるロープの両延長は、前記乗りかごと釣り合
わせる釣合い重りの1つの側面に沿って上方に延びるこ
とにある。そしてこの特徴において、ロープは、断面円
形状の樹脂製のロープであることが望ましい。
【0012】また、上記いずれかの特徴において、釣り
合い重りを支持する支持レールを設け、この支持レール
のロープに面する側面に緩衝部材を設ける、釣り合い重
りの昇降空間と巻上機との間に緩衝器を配置する、巻上
機の下方にこの巻上機に動力を供給し回転動作を制御す
る制御盤を設けることが望ましい。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明のいくつかの実施例
を図面を用いて説明する。図1は、本発明に係るエレベ
ータの一実施例の分解斜視図である。エレベータは箱状
の乗りかご1を有し、この乗りかごには乗りかご側ドア
3から乗客が出入りする。乗りかご1は、図示しない乗
りかごレールおよび乗りかごガイドにより上下方向にの
み移動可能なように挟持されている。乗りかご1の下に
は乗りかご下プーリ9a、9bが取付けられており、こ
のプーリ9a、9bに介装したロープ2が、乗りかご1
を上下方向に支持する。ロープ2の一端は、乗りかご側
ロープ固定端8に固定されており、乗りかご下プーリ9
a、9b、頂部プーリ10、綱車5、中間プーリ22
a、釣り合い重りプーリ11および中間プーリ22bを
経て、釣り合い重り側ロープ固定端12に他端が固定さ
れている。ロープ2は、複数本のロープの組から構成さ
れている。最上方でロープ2を介装する頂部プーリ10
からエレベータ装置の下部に設けた綱車5へ至るロープ
と、綱車5から頂部プーリの下方に設けた中間プーリ2
2aに至るロープとが、乗りかご1と釣り合い重り13
の間を通過している。
【0014】綱車5には、この綱車5を回動させるモー
タ6および回動を制止するブレーキ7が接続されてい
る。綱車5、モータ6およびブレーキ7は、一体化され
ており、巻上機4を構成する。巻上機4に動力を供給し
回転動作を制御する制御盤14は、巻上機4の下方に配
置されている。ここで、巻上機4および制御盤14は、
水害時の冠水を防止するためには最下階床面よりも高い
位置にし、保守作業を容易にするためには最下階の天井
面よりも低い位置にすることが望ましい。ただし、制御
盤14位置は上記位置に限るものではなく、中間プーリ
22a、22bの上方に設置してもよい。
【0015】ロープ2の他端が固定される釣り合い重り
プーリ11には、釣り合い重り13が懸架されている。
釣り合い重り13は釣り合い重りレール18に狭持され
ており、上下方向にのみ移動可能となっている。釣り合
い重りレール18の下端は、床面に固定されるピットベ
ース24を介して、昇降路最下部のピット床面に固定さ
れている。レール18の中間部および上部には、図示し
ないブラケットが設けられており、このブラケットが昇
降路壁にレール18を固定している。釣り合い重り13
の重量は、乗りかご1に定格積載量の1/2の重量が積
載された場合に静止状態で釣り合う重量に設定される。
【0016】乗りかご1の昇降通路下方には、乗りかご
緩衝器20が設置されている。機構構成を簡単にするた
め、釣り合い重り13の昇降通路下方であって巻上機ベ
ース23の上面に、釣り合い重り緩衝器21を設けてい
る。この緩衝器21は、釣り合い重り昇降通路と巻上機
4との間に設置する。そして、少なくとも緩衝器21が
縮退したときの最上面が、巻上機4の最上面よりも上と
なるように設定する。これにより、エレベータの故障時
に釣り合い重り13が昇降通路を超えて下方に移動して
も、巻上機4が損傷するのを防止できる。
【0017】図1に示したエレベータの水平断面図を、
図2に示す。図2では、乗りかご側ドア3a、3bおよ
び乗り場側ドア15a、15bが図中左方に開く。ま
た、釣り合い重り13が乗りかご1の図中左方に位置し
ている。乗りかご1を挟持する乗りかごレール16およ
び乗りかごガイド17を、図2では左上方と右下方に配
置している。
【0018】エレベータの水平断面図において、巻上機
4のモータ6の垂直投影(モータ6の断面Ra)は釣り合
い重り13の垂直投影(釣合い重り13の断面Rb)の
内側にある。そして、綱車5の垂直投影(綱車5の断面
Rc)は、釣り合い重り13の垂直投影(釣合い重り1
3の断面Rb)と互いに離れている。ここで、釣り合い
重り13の垂直投影には、釣り合い重りがその昇降動作
で必要とする安全距離をも含めている。
【0019】モータ6の垂直投影を釣り合い重り13の
垂直投影の内側に設定するため、モータ6に略円筒形
で、回転軸方向の厚さが直径よりも小さい薄形モータを
用いている。モータ6を配置するために新たなスペース
を図2中に設ける必要がなく、昇降路19全体の面積を
低減できる。また、綱車5の垂直投影を釣り合い重り1
3の垂直投影と互いに離して設定したので、綱車5から
上方に延びる2組のロープは、釣り合い重り13の厚さ
方向両脇(図2で釣り合い重り13の上辺および下辺)
を通さないで、乗りかご1の昇降空間と釣り合い重り1
3の昇降空間の間に形成される間隙空間41を上方に延
ばすことができる。これにより、綱車5をロープの柔軟
性および寿命に基づいて小径化することができる。ま
た、乗りかごに一定の昇降速度を発生させるのに必要な
回転速度が高くなる。この結果、駆動モータ6は高回転
低トルクでよく、モータ6を小形化できる。
【0020】ところでエレベータに関する各国法規で
は、所定の定格速度を有するエレベータについて、何ら
かの原因により乗りかご1の走行速度が過大となったら
それを検出して非常停止させる手段を設けることを求め
ている。そこで、本実施例では、ガバナと呼ばれる過速
検出装置を設けている。ガバナ40は、ガバナ本体2
7、ガバナプーリ28、ガバナロープ42および乗りか
ご側ガバナロープ固定端29とを備えている。ガバナロ
ープ42は、昇降路の上部と下部に各々設置されるガバ
ナプーリ28に循環状に掛け渡されている。そして、ガ
バナロープ42は、乗りかご側ガバナロープ固定端29
に固定されている。これにより、ガバナロープ42は乗
りかご1と等しい速度で循環する。ここで、上部または
下部のガバナプーリ28のいずれかにガバナ本体27が
接続されており、ガバナプーリ28の回転速度が過大に
なったことを電気的および機械的に検出し、非常停止す
る。
【0021】ガバナ40の設置空間も、省スペース化が
求められている。そこで図2に示した実施例では、ガバ
ナ本体27の垂直投影(ガバナ本体27の断面Rd)を
釣り合い重り13の垂直投影(釣合い重り13の断面R
b)の内側に設定している。さらにガバナプーリ28の
垂直投影(ガバナプーリ28の断面Re)を釣り合い重り
13の垂直投影から離して設定している。乗りかご側ガ
バナロープ固定端29の垂直投影(固定端29の断面R
f)の一部と、ガバナプーリ28の垂直投影(ガバナプー
リ28の断面Re)の一部が重なるようにガバナロープ
固定端29とガバナプーリ28とを配置している。これ
により、ガバナ40の設置空間を釣り合い重り13の昇
降空間の下部に設定でき、昇降路断面積を低減できる。
【0022】間隙空間41について、図8に示す昇降路
水平断面を用いて説明する。図8において直線L1は、
釣り合い重り13と対向する乗りかご1の側面の最外形
線である。直線L2は、乗りかご1と対向する釣り合い
重り13の側面の最外形線である。直線L3およびL4
は、釣り合い重り13の外形の長手方向端を画する最外
形線である。ここで、最外形線を画定するときは、昇降
上必要となる安全距離を含んで決定している。間隙空間
41は、直線L1〜L4によって画される斜線領域R1を
鉛直方向、すなわち図8の紙面前後方向に押し出した領
域である。この間隙空間41にロープ2を配置する際に
は、左右両側に位置する乗りかご1および釣り合い重り
13とロープ2とが接触して、ロープ2に損傷が及ぶの
を防止しなければならない。そこで、本実施例では前述
した通り、綱車5の垂直投影を釣り合い重り13の垂直
投影から離して設定している。
【0023】図1および図2に示した機械室レスエレベ
ータの実施例の動作を、図6および図7を用いて説明す
る。図6は、乗りかご1が最下階に位置している状態を
示している。一方の釣り合い重り13は、昇降路の上部
に位置している。乗りかご1から上方へ延びるロープ2
は2組あり、釣り合い重り13から上方へ延びるロープ
2は3組ある。このため、乗りかご1の昇降ストローク
(図6の矢印A)と釣り合い重り13の昇降ストローク
(図6の矢印B)の比は、3:2となる。図7は、乗り
かご1がの最上階に位置した状態を示したものである。
乗りかご1が最上階まで移動しても、釣り合い重り13
は最下階の床面より高い位置に設置されている釣り合い
重り緩衝器21、巻上機4および制御盤14に衝突する
ことはない。本実施例によれば、昇降路下部に巻上機を
設置したので、据付、保守および耐震の面で有利であ
り、昇降路面積も低減できる。また、モータを過度に大
型化しないで、冠水対策としての防水処理が不要とな
る。
【0024】本発明の他の実施例を、図3に示す。本実
施例が図1および図2に示した実施例と異なるのは、巻
上機4に用いるモータを直径が回転軸方向長さより小さ
い小径長尺モータ6としたこと、モータ6の軸方向が釣
り合い重りレール同士18、18を結ぶ方向、すなわち
釣り合い重り13の長手方向に略平行にしたことにあ
る。これに伴い、綱車5から上方に延びる2組のロープ
2を共に、釣り合い重りを垂直投影したときの一方の短
辺と乗りかご側面と昇降路の壁面で区画される間隙空間
を通るようにしている。すなわち、巻上機4に懸架され
るロープ2の両延長2a、2bは、釣合い重りの1つの
側面に沿って上方に延びる。本実施例によれば、図1お
よび図2に示した実施例と同様に、モータを過度に大型
化することなく、昇降路下部に巻上機を設置して、昇降
路断面積を低減できる。
【0025】ここで、綱車5およびモータ6の直径を、
釣り合い重り13の厚さと略同程度かそれ以下とすれ
ば、昇降路断面積を低減する効果が増す。そこで、綱車
5を小径化して、綱車5部の大きさを低減する。綱車5
を小径化すると、懸架されるロープの寿命が制限され
る。ロープ寿命を所定寿命以上とするために、直径0.
5mm程度よりも小径の樹脂繊維や高張力鋼線を素線と
した柔軟なロープを、一般に用いられる素線径1mm程
度のロープの代わりに用いる。
【0026】図3に示した実施例の水平断面図を、図4
に示す。図4においても図2と同様に、モータ6の垂直
投影を釣り合い重り13の垂直投影の内側とし、綱車5
の垂直投影を釣り合い重り13の垂直投影から離して設
定している。ただし、図4に示した実施例と図2に示し
た実施例とでは綱車5の配置が異なっている。そのた
め、長尺小径モータを用いることが有効である。ガバナ
40の構成および配置は、図2に示した実施例と同様で
ある。
【0027】この図3および図4に示した実施例におけ
る間隙空間43、44について、図9を用いて詳細に説
明する。図9中の直線L1は、釣り合い重り13と対向
する乗りかご1の側面の最外形線である。直線L3およ
びL4は、釣り合い重り13の外形の長手方向端を画す
る最外形線である。間隙空間43、44は、直線L1、
L3、L4および昇降路壁32によって画される斜線領
域R2またはR3を鉛直方向に押し出した領域である。
【0028】上記いずれの実施例においても、地震発生
時には、乗りかご1、釣り合い重り13、ロープ2およ
び釣り合い重りレール18が揺動しても、互いに接触し
ないように設計する必要がある。しかし実際には、安全
設計範囲を超える規模の地震が発生すると、ロープ2が
これらの機器と接触し損傷するおそれがある。機器同士
が接触してロープ2が損傷すると、耐荷重が減少したり
寿命が短くなる。このような不具合を回避するため、上
記各実施例では、ロープの損傷防止手段を設けている。
【0029】図5を用いて、図1に示す実施例で用いる
ロープ2の損傷手段を説明する。ロープ2が通過する間
隙空間41に面する釣り合い重り13の側面13xと乗
りかご1の側面1xに、平滑板30、31を設けてい
る。平滑板30、31は、平滑な金属鋼板または樹脂製
板である。なお、平滑板30、31を釣り合い重り13
と乗りかご1の双方に必ずしも設ける必要はなく、より
ロープ2が接触し易い方に設けるだけでもよい。平滑板
30、31を設けたので、安全設計範囲を超えた規模の
地震が発生して、乗りかご1、釣り合い重り13および
ロープ2が揺動し互いに接触しても、ロープ2が損傷す
ることを防止できる。これにより、エレベータシステム
の信頼性を向上できる。
【0030】図3に示した実施例では、ロープ2の損傷
手段として、平滑板30を釣り合い重りレール18に設
けている。ここで、釣り合い重りレール18は元々が平
滑な面であることが多く、必ずしもレール18の全域に
平滑板30を設ける必要はない。例えば、レール18の
接合部の締結ボルトや締結プレートに保護カバーを設け
るようにしてもよい。図示しないが、ガバナロープの通
路周辺に平滑板や保護カバーを設けて損傷を防止しても
よい。
【0031】
【発明の効果】本発明によれば、乗りかごと釣り合い重
りとの間に形成される空間、または乗りかごより壁面側
であって釣り合い重りの両側に形成される空間を、綱車
に介装するロープが通るようにし、昇降路下部に巻上機
を設けたので、据付、保守および耐震の面で利便である
とともに昇降路面積を低減できる。また、モータを過度
に大型化しないで、冠水対策としての防水処理も不要と
なる。さらに、地震時などにロープが揺動しても、他の
部位と接触して損傷することを防止できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るエレベータの一実施例の分解斜視
図である。
【図2】図1に示したエレベータの水平断面図である。
【図3】本発明に係るエレベータの他の実施例の分解斜
視図である。
【図4】図2に示した実施例の水平断面図である。
【図5】図1のエレベータに用いる平滑板の詳を示す分
解斜視図である。
【図6】乗りかごと釣り合い重りの関係を説明する図で
ある。
【図7】乗りかごと釣り合い重りの関係を説明する図で
ある。
【図8】図1に示した実施例におけるロープ配置を説明
する図である。
【図9】図2に示した実施例におけるロープ配置を説明
する図である。
【符号の説明】
1…乗りかご、2…ロープ、3…乗りかご側ドア、4…
巻上機、5…綱車、6…モータ、7…ブレーキ、8…乗
りかご側ロープ固定端、9…乗りかご下プーリ、10…
頂部プーリ、11…釣り合い重りプーリ、12…釣り合
い重り側ロープ固定端、13…釣り合い重り、14…制
御盤、15…乗り場側ドア、16…乗りかごレール、1
7…乗りかごガイド、18…釣り合い重りレール、19
…昇降路、20…乗りかご緩衝器、21…釣り合い重り
緩衝器、22…中間プーリ、23…巻上機ベース、24
…ピットベース、25…防振ゴム、26…補助支持材、
27…ガバナ本体、28…ガバナプーリ、29…乗りか
ご側ガバナロープ固定端、30…釣り合い重り側平滑
板、31…乗りかご側平滑板、32…昇降路壁。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 長瀬 博 茨城県ひたちなか市市毛1070番地 株式会 社日立製作所ビルシステムグループ内 (72)発明者 宮田 弘市 茨城県ひたちなか市市毛1070番地 株式会 社日立製作所ビルシステムグループ内 (72)発明者 稲葉 博美 茨城県日立市大みか町七丁目1番1号 株 式会社日立製作所日立研究所内 (72)発明者 大宮 昭弘 茨城県ひたちなか市市毛1070番地 株式会 社日立製作所ビルシステムグループ内 Fターム(参考) 3F305 BA03 BB02 BB14 BB19 BC15 3F306 AA07 BA00 BB19 BC10

Claims (12)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】シャフト内に収容した乗りかごをこの乗り
    かごが昇降する昇降路の下方に配置した巻上機に懸架し
    たロープで昇降させるエレベータにおいて、前記巻上機
    はモータを有し、前記乗りかごと釣り合わせる釣り合い
    重りのシャフト内の前後および左右方向位置内にモータ
    のシャフト内位置が含まれることを特徴とするエレベー
    タ。
  2. 【請求項2】シャフト内に収容した乗りかごをこの乗り
    かごが昇降する昇降路の下方に配置した巻上機に懸架し
    たロープで昇降させるエレベータにおいて、前記乗りか
    ごの過速を検出する過速検出装置を設け、この過速検出
    装置はガバナ本体を有し、このガバナ本体と前記乗りか
    ごに釣り合わせる釣り合い重りとのシャフト内位置が前
    後および左右方向に重なる位置であることを特徴とする
    エレベータ。
  3. 【請求項3】綱車とモータとブレーキとを有する巻上機
    が乗りかごの昇降路の下方に配置され、前記綱車に懸架
    するロープを介して乗りかごおよび釣り合い重りを昇降
    させるエレベータにおいて、前記釣り合い重りの昇降ス
    トロークを前記乗りかごの昇降ストロークよりも短く
    し、前記モータの垂直投影を前記釣り合い重りの垂直投
    影の内側にし、前記綱車の垂直投影を釣り合い重りの垂
    直投影から離したことを特徴とするエレベータ。
  4. 【請求項4】前記モータは略円筒形であって回転軸方向
    の長さが直径よりも小さい薄形モータであり、前記綱車
    に懸架されこの綱車の上方に延びる2組のロープの双方
    を、前記釣り合い重りの昇降空間と乗りかごの昇降空間
    に挟まれた間隙空間を通したことを特徴とする請求項3
    に記載のエレベータ。
  5. 【請求項5】前記釣り合い重りの間隙空間に面する面と
    前記乗りかごの間隙空間に面する面の少なくともいずれ
    かに平滑板を設けたことを特徴とする請求項4に記載の
    エレベータ。
  6. 【請求項6】前記モータは略円筒形であって回転軸方向
    の長さが直径よりも長い小径長尺型モータであり、前記
    綱車に懸架されこの綱車の上方に延びる2組のロープの
    双方を、前記釣り合い重りの昇降空間に隣り合う空間で
    あって左右両脇にある空間のいずれか一方を通るように
    したことを特徴とする請求項3に記載のエレベータ。
  7. 【請求項7】前記釣り合い重りを支持する支持レールを
    設け、この支持レールの前記ロープに面する側面に緩衝
    部材を設けたことを特徴とする請求項1ないし3のいず
    れか1項に記載のエレベータ。
  8. 【請求項8】前記釣り合い重りの昇降空間と巻上機との
    間に緩衝器を配置したことを特徴とする請求項1ないし
    3のいずれか1項に記載のエレベータ。
  9. 【請求項9】前記巻上機の下方にこの巻上機に動力を供
    給し回転動作を制御する制御盤を設けたことを特徴とす
    る請求項1から3のいずれか1項に記載のエレベータ。
  10. 【請求項10】前記過速検出装置はガバナプーリとガバ
    ナロープとを有し、前記ガバナプーリのシャフト内位置
    が前後および左右方向において前記釣り合い重りの位置
    と重ならないことを特徴とする請求項2に記載のエレベ
    ータ。
  11. 【請求項11】シャフト内に収容した乗りかごをこの乗
    りかごが昇降する昇降路の下方に配置した巻上機に懸架
    したロープで昇降させるエレベータにおいて、前記巻上
    機に懸架されるロープの両延長は、前記乗りかごと釣り
    合わせる釣合い重りの1つの側面に沿って上方に延びる
    ことを特徴とするエレベータ。
  12. 【請求項12】前記ロープは、断面円形状の樹脂製のロ
    ープであることを特徴とする請求項11に記載のエレベ
    ータ。
JP2001349552A 2001-11-15 2001-11-15 エレベータ Expired - Fee Related JP3991657B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001349552A JP3991657B2 (ja) 2001-11-15 2001-11-15 エレベータ

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001349552A JP3991657B2 (ja) 2001-11-15 2001-11-15 エレベータ
PCT/JP2002/009518 WO2003042089A1 (fr) 2001-11-15 2002-09-17 Ascenseur

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003146555A true JP2003146555A (ja) 2003-05-21
JP3991657B2 JP3991657B2 (ja) 2007-10-17

Family

ID=19162205

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001349552A Expired - Fee Related JP3991657B2 (ja) 2001-11-15 2001-11-15 エレベータ

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3991657B2 (ja)
WO (1) WO2003042089A1 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005263490A (ja) * 2004-03-15 2005-09-29 Inventio Ag 大荷重用エレベータ
JPWO2005080250A1 (ja) * 2004-02-19 2007-10-25 三菱電機株式会社 機械室レスエレベータ
WO2010127512A1 (zh) * 2009-05-05 2010-11-11 苏州东南电梯(集团)有限公司 一种无机房电梯
JP2010280470A (ja) * 2009-06-03 2010-12-16 Hitachi Ltd エレベーター装置
JP2011001153A (ja) * 2009-06-17 2011-01-06 Hitachi Ltd エレベーター装置
CN102363486A (zh) * 2011-11-19 2012-02-29 希姆斯电梯(中国)有限公司 一种下置式无机房电梯
CN103171944A (zh) * 2011-12-21 2013-06-26 株式会社日立制作所 电梯的移动线缆装置

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE60043599D1 (de) * 2000-05-22 2010-02-04 Mitsubishi Electric Corp Aufzugsvorrichtung
JP2004075270A (ja) * 2002-08-14 2004-03-11 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ装置
ES2407981T3 (es) 2006-06-14 2013-06-17 Inventio Ag Elevator
EP1867597B1 (de) * 2006-06-14 2013-03-06 Inventio AG Aufzug
JP5631570B2 (ja) * 2009-09-24 2014-11-26 東芝エレベータ株式会社 エレベータ設備

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FI93632C (fi) * 1993-06-28 1995-05-10 Kone Oy Alakoneistoinen vetopyörähissi
FI100793B (fi) * 1995-06-22 1998-02-27 Kone Oy Vetopyörähissi
JP3704960B2 (ja) * 1998-07-31 2005-10-12 株式会社日立製作所 トラクションエレベーター
JP2001187678A (ja) * 1999-12-28 2001-07-10 Mitsubishi Electric Corp エレベータ装置
JP4433538B2 (ja) * 2000-01-07 2010-03-17 三菱電機株式会社 エレベーター装置
JP3724322B2 (ja) * 2000-03-15 2005-12-07 株式会社日立製作所 ワイヤロープとそれを用いたエレベータ
JP3077084U (ja) * 2000-10-18 2001-05-11 ホクショー株式会社 垂直搬送装置
JP2002179359A (ja) * 2000-12-18 2002-06-26 Hitachi Ltd エレベーター

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPWO2005080250A1 (ja) * 2004-02-19 2007-10-25 三菱電機株式会社 機械室レスエレベータ
JP2005263490A (ja) * 2004-03-15 2005-09-29 Inventio Ag 大荷重用エレベータ
WO2010127512A1 (zh) * 2009-05-05 2010-11-11 苏州东南电梯(集团)有限公司 一种无机房电梯
JP2010280470A (ja) * 2009-06-03 2010-12-16 Hitachi Ltd エレベーター装置
JP2011001153A (ja) * 2009-06-17 2011-01-06 Hitachi Ltd エレベーター装置
CN102363486A (zh) * 2011-11-19 2012-02-29 希姆斯电梯(中国)有限公司 一种下置式无机房电梯
CN103171944A (zh) * 2011-12-21 2013-06-26 株式会社日立制作所 电梯的移动线缆装置
CN103171944B (zh) * 2011-12-21 2015-10-21 株式会社日立制作所 电梯的移动线缆装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3991657B2 (ja) 2007-10-17
WO2003042089A1 (fr) 2003-05-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4191331B2 (ja) エレベーター装置
KR100618467B1 (ko) 엘리베이터 장치
WO2001042121A1 (fr) Dispositif d'ascenseur
JP3991657B2 (ja) エレベータ
EP1302430B1 (en) Elevator device
JP2004504239A (ja) 最小のビル空間を使用するエレベータ装置
JP2005112487A (ja) 機械室レスエレベータ装置
JP4934941B2 (ja) エレベータ装置
JP2004083231A (ja) エレベータ装置
JPWO2005105652A1 (ja) エレベータ装置
JP4849431B2 (ja) 機械室レスエレベータ
JPWO2005082767A1 (ja) エレベータ装置
JPWO2004050528A1 (ja) エレベータ装置
JP4091326B2 (ja) エレベーター装置
JP4172451B2 (ja) エレベーター装置
JP2000255941A (ja) エレベータの釣合おもり
JP3413868B2 (ja) リニアモータ駆動方式エレベータ装置
JPWO2004101419A1 (ja) エレベータ装置
JP4770241B2 (ja) エレベーター装置
JP2004002045A5 (ja)
JP2005075575A (ja) エレベータ装置
WO2005075335A1 (ja) エレベータ装置
JP3508768B2 (ja) エレベーター装置
JP3528840B2 (ja) 機械室レスエレベータ装置
JP2006151673A (ja) 機械室レスエレベータ装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040311

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20060419

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070206

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070402

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070703

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070716

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100803

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110803

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120803

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130803

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees