JP2003137418A - 部品供給装置 - Google Patents

部品供給装置

Info

Publication number
JP2003137418A
JP2003137418A JP2001338465A JP2001338465A JP2003137418A JP 2003137418 A JP2003137418 A JP 2003137418A JP 2001338465 A JP2001338465 A JP 2001338465A JP 2001338465 A JP2001338465 A JP 2001338465A JP 2003137418 A JP2003137418 A JP 2003137418A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
component
fitting hole
fitted
parts
detection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001338465A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Murakado
博 村角
Masao Yamamoto
雅雄 山本
Original Assignee
Nitto Seiko Co Ltd
日東精工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nitto Seiko Co Ltd, 日東精工株式会社 filed Critical Nitto Seiko Co Ltd
Priority to JP2001338465A priority Critical patent/JP2003137418A/ja
Publication of JP2003137418A publication Critical patent/JP2003137418A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G47/00Article or material-handling devices associated with conveyors; Methods employing such devices
    • B65G47/02Devices for feeding articles or materials to conveyors
    • B65G47/04Devices for feeding articles or materials to conveyors for feeding articles
    • B65G47/12Devices for feeding articles or materials to conveyors for feeding articles from disorderly-arranged article piles or from loose assemblages of articles
    • B65G47/14Devices for feeding articles or materials to conveyors for feeding articles from disorderly-arranged article piles or from loose assemblages of articles arranging or orientating the articles by mechanical or pneumatic means during feeding
    • B65G47/1407Devices for feeding articles or materials to conveyors for feeding articles from disorderly-arranged article piles or from loose assemblages of articles arranging or orientating the articles by mechanical or pneumatic means during feeding the articles being fed from a container, e.g. a bowl
    • B65G47/1442Devices for feeding articles or materials to conveyors for feeding articles from disorderly-arranged article piles or from loose assemblages of articles arranging or orientating the articles by mechanical or pneumatic means during feeding the articles being fed from a container, e.g. a bowl by means of movement of the bottom or a part of the wall of the container
    • B65G47/1471Movement in one direction, substantially outwards

Abstract

(57)【要約】 【課題】方向性のある部品を正しい姿勢で供給すること
が可能な部品供給装置の提供。 【解決手段】本発明の部品供給装置は、部品が嵌合可能
な部品嵌合穴9bが複数設けられた分離プレート9を回
転させて部品嵌合穴9bに嵌合した部品を取り出し位置
に搬送供給するものであり、分離プレート9の各部品嵌
合穴9bには、外部に開口する開放口9dと、部品嵌合
穴9bに正しい姿勢で嵌合した部品によって閉塞される
検知ノズル9eとが連通している。これにより、検知ノ
ズル9eを通じてエア吸引を行った場合、部品嵌合穴9
bに部品が正しい姿勢で嵌合している時は検知ノズル9
eが部品によって閉塞されてエア吸引経路内の負圧が高
まり、部品が正しい姿勢で嵌合していない時は、開放口
9dから検出ノズル9eに流入するエアにより負圧が高
まらないように構成されている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、両端の形状が異な
ること等により方向性を有している部品の供給に適する
部品供給装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、一端にドライバ工具が係合可能な
十字穴、六角穴、すりわり等の駆動穴が形成された止め
ねじ等のように、両端の形状が異なる方向性を有する部
品の供給に際しては、供給先の作業機器による作業性を
向上するため、部品の姿勢を揃えて供給する必要があ
る。このため、この種の部品供給に際しては従来から特
開昭57−51610号公報に示されるパーツフィーダ
が用いられていた。この特開昭57−51610号公報
に示されるパーツフィーダは、図10に示すように、部
品50の移送経路51上に当該部品50が嵌合可能な孔
52aを形成した検出部52を設けるとともに、この検
出部52の孔52aに常時対向して連通する検出用吸入
ノズル53を配置し、この検出用吸入ノズル53に真空
スイッチ(図示せず)を連設した構造を有している。検
出用吸入ノズル53と検出部52との間には環状の空隙
54が設けられており、検出用吸入ノズル53からエア
吸引を行った場合に、空隙54内に部品50の突起等が
入り込んで検出用吸入ノズル53の口が閉塞され、これ
によって真空スイッチの負圧が高まるか否かを検出でき
るようになっている。そして、この結果に応じて検出部
52を所定方向に回転させることにより、部品取り出し
位置において部品50を一定の方向に向く姿勢に揃えて
取り出すことを可能としている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来の部
品供給装置において、部品を所定の姿勢に揃えて供給す
るためには、供給途中で一旦部品を1個ずつホルダに入
れて姿勢を判定し、その姿勢に応じてホルダを回転させ
なければならない。よって、部品1個当たりの供給スピ
ードが遅くなってしまい、多数の部品をスピーディに供
給しなければならない今日の生産現場には対応できない
等の問題が発生していた。また、部品の長さと幅(また
は長さと直径)がほぼ同じ寸法の部品については、部品
が様々な向きでホルダに入ることが可能となる。このた
め、こういった寸法比率の部品については、従来の部品
供給装置によって正しい姿勢で供給することが困難であ
った。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記課題に鑑
みて創成されたものであり、方向性のある部品を部品嵌
合穴に嵌合させて取り出し位置に供給する部品供給装置
であって、前記部品嵌合穴に連通して当該部品嵌合穴に
正しい姿勢で嵌合した部品によって閉塞され得る検知口
を設けるとともに、この検知口を通じてエアを吸引しそ
のエア挿通状態を検出する真空検出部を設け、さらに前
記部品嵌合穴に連通して外部に開口する開放口を設けた
ことを特徴とするものである。また本発明は、方向性の
ある部品を供給する部品供給装置であって、前記部品を
多数貯留可能なホッパ部と、このホッパ部の底部に水平
から所定角度傾斜して回転自在に設けられかつ前記部品
が嵌合可能な部品嵌合穴が複数配置された分離プレート
と、この分離プレートを回転駆動する回転駆動源とを有
し、前記分離プレートの各部品嵌合穴に連通して当該部
品嵌合穴に正しい姿勢で嵌合した部品によって閉塞され
得る検知口を設けるとともに、この検知口を通じてエア
を吸引しそのエア挿通状態を検出する真空検出部を設
け、さらに前記部品嵌合穴に連通して外部に開口する開
放口を設けたことを特徴とするものでもある。なお、前
記真空検出部は、分離プレートの部品嵌合穴に嵌合した
部品を取り出し位置または当該取り出し位置直前の所定
位置において検知口を通じたエアの挿通状態を検出し、
また回転駆動源は、前記真空検出部の検出結果が部品嵌
合穴に正しい姿勢で部品が嵌合していることを示す場合
は検出対象となった検知口に通じる部品嵌合穴が取り出
し位置移動した時に当該部品嵌合穴から部品が取り出さ
れるまで停止するように構成されていることが好まし
い。
【0005】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図1
乃至図9に基づいて説明する。なお、この発明の実施の
形態においては、方向性を有する部品の一例として、図
9に示すように一方の端部の直径方向全長に渡るすりわ
り2aが形成された止めねじ2を挙げ、これを供給する
部品供給装置について説明することとする。図1乃至図
4において、1は部品供給装置であり、前述の止めねじ
2を多数貯留可能なホッパ部3を備えている。このホッ
パ部3は、ベース4に取り付けられた台座部5と、この
台座部5に所定角度傾斜して取り付けられた円筒状のバ
ケット部6とから構成されている。このバケット部6の
上部開口端面は水平面6a及び鉛直面6bになるように
形成してあり、これにより開口部の面積を大きくして止
めねじ2を投入し易く、また、バケット部6内を視認し
易くしてある。
【0006】前記ホッパ部3の台座部5には、軸受部7
によって回転自在に支持された主軸8が挿通しており、
この主軸8の一端には台座部5の上面側、すなわちホッ
パ部3の底部に相当する位置に配置された分離プレート
9が一体に回転するよう連結されている。この分離プレ
ート9と台座部5との間には、後述のエア吸引の機密性
を高めるため、樹脂製のリングプレート10が介在させ
てある。また、分離プレート9と主軸8とは、蝶ボルト
Tにより連結してあり、分離プレート9を簡単に取り外
して交換できるようになっている。
【0007】前記分離プレート9は、円周部分に面取り
部9aが施された円盤形状を成しており、その円周部分
には、前記面取り部9aに対して直行する方向に延びて
分離プレート9を貫通する部品嵌合穴9bと、撹拌用凹
部9c(以下、単に凹部9cという)とが、分離プレー
ト9の回転中心回り、つまり前記主軸8の軸心回り、に
交互に複数、所定ピッチで等分配置されている。各部品
嵌合穴9bの軸線は、部品嵌合穴9bが分離プレート9
の回転にともなって最高位置に移動した時、鉛直方向を
向くようになっている。つまり、分離プレート9の取付
角度と面取り部9aの角度とでそのようになるように設
定されているのである。本部品供給装置1では、この分
離プレート9の最高位置が止めねじの取り出し位置に設
定されている。
【0008】前記各部品嵌合穴9b・・・は、止めねじ
が挿通可能な直径にしてあり、各部品嵌合穴9bには、
外部に開口する開放口9dが連通している。また、部品
嵌合穴9bの奥には、検知口の一例を成す検知ノズル9
eが部品嵌合穴9b内に突出するように取り付けられて
いる。この検知ノズル9eは、止めねじ2が進入不可能
な直径であり、止めねじ2が部品嵌合穴9bに正しい姿
勢で嵌合した場合に部品嵌合穴9b側の開口端が止めね
じ2によって閉塞されるように構成されている。この検
知ノズル9eは、分離プレート9bの底面に開口する接
続穴9fに連通している。
【0009】また、前記台座部5における分離プレート
9の下部に相当する箇所には、エア吸引装置(図示せ
ず)から延びる吸引ホース(図示せず)を接続可能な吸
引穴5aが形成されており、また、前記リングプレート
10には、吸引穴5aと分離プレート9の所定の接続穴
9fとを連通させるための連通穴10aが形成されてい
る。この連通穴10aは、図5に示すように、分離プレ
ート9の上下中心線L1に対して矢印Yで示す分離プレ
ート9の回転方向に所定角度θ傾斜した傾斜中心線L2
に線対称な円弧形状に構成されており、この連通穴10
aに連通する所定の部品嵌合穴9b・・・からエア吸引
が行えるように構成されている。
【0010】また、台座部5における分離プレート9の
ねじ取り出し位置(最高位)に相当する箇所には、エア
吸引装置(図示せず)から延びる前述の吸引ホースとは
別の吸引ホース11が接続された吸引穴5bが形成され
ており、前記リングプレート10には、取り出し位置に
位置する接続穴9fを吸引穴5bに連通させるための連
通穴10bが形成されている。さらに、吸引穴5bに接
続される吸引ホース11上には真空スイッチ12が設け
られており、この真空スイッチ12により、取り出し位
置にある分離プレート9の検知ノズル9e、接続穴9
f、連通穴10b、吸引穴5b、吸引ホース11を経由
して真空スイッチ12に至るエア吸引経路内の圧力(負
圧)変化を検知し、これによって同経路におけるエア挿
通状態を検出できるように構成されている。すなわち、
真空スイッチ12は、検出した負圧値が所定の基準値以
下の場合はONになり、基準値以上の場合はOFFにな
るように設定されている。この基準値は、予め止めねじ
を部品嵌合穴9bに正しい姿勢とそうでない姿勢とに嵌
合させてエア吸引を行った時の負圧値に基づいて決定さ
れる。図6(a)に示すように、部品嵌合穴9b開口側
(面取り部9a側)にすりわりが位置する向きが正しい
姿勢であり、この姿勢の時には、検知ノズル9eの開口
端が閉塞されて負圧が高まる。また、図6(b)に示す
ように、すりわり側が検知ノズルに載置される場合、あ
るいは図6(c)に示すように、止めねじが横倒しにな
って部品嵌合穴9b内に位置する場合には、すりわりま
たはねじ山の谷部分を通じて開放口9dからエアが吸入
されることになるため、負圧は通常よりも若干高まるも
のの、正しい姿勢の時のような値にはならない。吸引エ
アの圧力にもよるが、正しい姿勢にある時の負圧値とそ
うでない時との負圧値とは、1.5倍〜3倍程度の差が
ある。この差に基づき誤判定がされないレベルの値が真
空スイッチ12のON/OFF切り換えの基準値とされ
る。なお、開放口9dが設けられているため、止めねじ
2が部品嵌合穴9bに正しい姿勢で嵌合していない時の
検知ノズル9eへのエアの流入が確実となり、よって、
止めねじ2が部品嵌合穴9bに正しい姿勢で嵌合してい
る時と、そうでない時との負圧値の差が明確となり、高
精度の姿勢判別を行うことが可能となっている。
【0011】一方、前記主軸8の他端は、ベース4下部
に取り付けられたブラケット4aに回転自在に支持され
ており、その途中には、回転伝達ギア13および位置決
めカム14が一体に回転するように取り付けられてい
る。回転伝達ギア13は、図7に示すように円周部に所
定数の歯が形成された歯車であり、この回転伝達ギア1
3には、割出ギア15が間欠噛合するように構成されて
いる。また、前記位置決めカム14は、円板の円周部に
所定半径の円弧状切欠14a・・・を複数連設したスプ
ロケット形状のカム部材であり、この位置決めカム14
には、割出カム16が間欠的に係合するように構成され
ている。
【0012】前記割出ギア15及び割出カム16は、主
軸8と平行に延びて回転自在に配置された駆動軸17に
固定されているものであり、この駆動軸17の回転にと
もなって一体に回転する。割出ギア15は、円周部の所
定範囲にだけ前記回転伝達ギア13の歯と噛合可能な歯
部15aが形成された特殊形状の歯車であり、歯部15
a以外の周部分は、回転伝達ギア13に干渉しないよう
に削設されている(図7参照)。この構造により、回転
伝達ギア13は、割出ギア15が1回転する間に割出ギ
ア15の歯部15aと噛合している間だけ回転し、これ
を受けて前記分離プレート9が部品嵌合穴9bの1ピッ
チ分間欠回転するようになっている。つまり、割出ギア
15の歯部15aの形成範囲は、分離プレート9の部品
嵌合穴9bのピッチに合わせて設計されている。この割
出ギア15と回転伝達ギア13との噛合関係から生じる
分離プレート9の間欠回転により、部品嵌合穴9b・・
は、順次取り出し位置に一旦停止する。
【0013】また、前記割出カム16は、前記位置決め
カム14の円弧状切欠14aと同じ半径の係合円周部1
6aを部分的に有し、この係合円周部16a以外の部分
は、前記位置決めカム14に干渉しない径に構成されて
いる(図7参照)。この割出カム16は、前記割出ギア
15が回転伝達ギア13に噛合し始める時に係合円周部
16aが位置決めカム14の円弧状切欠14aから離
れ、割出ギア15と回転伝達ギア13との噛合が解かれ
る時に係合円周部16aが円弧状切欠14aに沿って係
合するよう配置されている。これにより、回転伝達ギア
13と割出ギア15とが噛合していない時に分離プレー
ト9が回転フリーとなって所定位置からずれるのを防止
している。
【0014】前記駆動軸17は、ブラケット4aに取り
付けられたシンクロナスモータ18(以下、単にモータ
18という)の出力軸18aと伝達ギア19a,19b
を介して連結されており、当該モータ18の駆動を受け
て回転するように構成されている。また、駆動軸17に
は、駆動軸17の周方向に突出する突起部20aを1箇
所設けたドグ20が取り付けられており、このドグ20
の突起部20aを検出できるよう、前記ベース4にはセ
ンサ21が設けられている。このセンサ21とドグ20
は、前記割出ギア15と回転伝達ギア13との作用によ
り分離プレート9が間欠回転し終わった時、つまり、部
品嵌合穴9bの何れかが取り出し位置に位置している
時、センサ21がドグ20の突起部20aを検出してO
Nになるように構成されている。
【0015】前述の構造で成る部品供給装置において、
モータ18が駆動すると駆動軸17が回転し、割出ギア
15、割出カム16及びドグ20が一体に回転する。割
出ギア15の回転にともなって回転伝達ギア13には間
欠的に回転が伝達され、これにより分離プレート9が矢
印Y方向に間欠回転する。この時、回転伝達ギア13と
割出ギア15の噛合が解かれる時点(分離プレート9、
主軸8等が停止する時点)において、位置決めカム14
の円弧状切欠14aには割出カム16の係合円周部16
aが係合するため、回転伝達ギア13、主軸8、分離プ
レート9をその場で正確に位置決めしておくことができ
る。つまり、回転伝達ギア13と割出ギア15との噛合
が解かれた時に、回転伝達ギア13、主軸8、分離プレ
ート9等が回転フリーになるのを防ぎ、回転伝達ギア1
3の位置ずれによる割出ギア15と回転伝達ギア13の
再噛合時の噛み込み、分離プレート9の間欠停止位置の
ずれなどを防ぐことができる。また、装置の電源が切ら
れた場合にも、前述の作用に加えてモータ固有の減速比
による回転負荷が作用するため、分離プレートが勝手に
回転して間欠停止位置がずれてしまうこともない。この
ように、分離プレート9の間欠回転における位置割出精
度は常に高精度に維持されるのである。
【0016】分離プレート9が間欠回転している状態
で、エア吸引装置の作動により吸引穴5aからエアの吸
引が開始されると、ホッパ部3に貯留された止めねじ2
は、分離プレート9の部品嵌合穴9bに吸引保持されて
取り出し位置に移送される。この時、ホッパ部3内の止
めねじ2・・・は、分離プレート9の凹部9cによって
撹拌されるため、部品嵌合穴9bへ吸引保持される確率
が高くなる。
【0017】また、分離プレート9の間欠回転にともな
い、ホッパ部3内の止めねじ2・・・は分離プレート9
との摩擦、凹部9c・・・による撹拌作用等により分離
プレート回転方向(矢印Y方向)に偏って分布する。こ
れに対し、連通穴10aは、傾斜中心線L2に対して線
対称な形、つまり、分離プレート9の回転方向にオフセ
ットして延びる形、に配置されているため、ホッパ部3
内の止めねじ2・・・が分離プレート9の回転方向に偏
っても、これらの止めねじ2・・・を部品嵌合穴9bに
効率よく吸引保持することができる。
【0018】一方、取り出し位置では吸引穴5bからエ
アの吸引が行われており、ここに連通した部品嵌合穴9
bに止めねじ2が正しい姿勢で保持されている場合に
は、部品嵌合穴9bから検知ノズル9e、接続穴9f、
連通穴10b、吸引穴5b、吸引ホース11を経由して
真空スイッチ12に至る経路内の負圧が高まり、これが
基準値よりも低い値(マイナスの値)となる。これによ
り真空スイッチ12はONし、同時に、部品嵌合穴9b
が取り出し位置に位置する時にはセンサ21がONにな
る。このため、取り出し位置にある部品嵌合穴9bに止
めねじ2が正しい姿勢で保持されていると見なしてモー
タ18の駆動が停止される。これにより、分離プレート
9の間欠回転そのものが停止される。この後、モータ1
8の駆動停止信号を受けた自動ねじ締めロボット(図示
せず)等が、取り出し位置にある部品嵌合穴9bの止め
ねじ2を取り出すと、センサ21がONの状態で真空ス
イッチ12がOFFになるため、これを受けてモータ1
8が再駆動し、分離プレート9の間欠回転を再開する。
また、部品嵌合穴9bに止めねじ2が正しい姿勢で嵌合
していない場合には、すりわり、ねじ山の谷部分等の隙
間を通じて開放口9dから検知ノズル9e内にエアが吸
入されるため、真空スイッチ12が検出する負圧値は基
準値よりも高い値となり、真空スイッチ12がOFFの
ままとなる。この場合(センサ21がONで真空スイッ
チ12がOFFの場合)にはモータ18は駆動を続け、
よって、正しい姿勢にない止めねじ2が嵌合した部品嵌
合穴9bは、分離プレート9の間欠回転にともなって止
めねじ2が嵌合したままで取り出し位置から去る。そし
て、この部品嵌合穴9bが斜め下方に向く位置(図4で
示した分離プレート9を時計の盤面になぞらえるなら3
時の位置を過ぎた位置)に達した段階で、止めねじ2は
部品嵌合穴9bから転落し、バケット部6内に戻る。こ
のようにして、順次取り出し位置に達した部品嵌合穴9
bに止めねじ2が正しい姿勢で保持されているか否かを
確認し、正しい姿勢にある止めねじ2だけを供給するこ
とができる。
【0019】前述の止めねじ2の供給動作において、分
離プレート9の間欠回転中に部品嵌合穴9bの形成され
ていない部分が連通穴10b上を通過する時にも、連通
穴10bから真空スイッチ12に至る経路内の真空圧が
高まって真空スイッチ12がONになる可能性がある。
しかし、この時にはセンサ21がOFFであるため、モ
ータ18の駆動が停止するような誤動作が発生すること
はない。
【0020】以上の本発明の実施の形態においては、方
向性のある部品の一例としてすりわり付きの止めねじ2
を採り上げたが、部品はこれに限定されず、正しい姿勢
で部品嵌合穴9bに嵌合した時には検知ノズル9eの開
口を閉塞し、正しい姿勢に嵌合していない時には開放口
9dから検知ノズル9e内へのエアの流入が生じ得る形
状の部品であれば、本部品供給装置1によって所定の姿
勢で供給することが可能である。ただし、止めねじでも
十字穴、六角穴等のねじ部に連通しない駆動部が形成さ
れた止めねじ2′や、図10に示したような一端の中心
に突起部が形成された部品等に対しては、図8(a)に
示すように、部品嵌合穴9bの途中に段差9gを設けた
穴構造を採用する必要がある。一般に止めねじは、日本
工業規格B1117及び同規格B1177に図示される
ように、駆動部が形成される面の周縁部分の面取り量
と、これと反対側のねじ先端面周縁の面取り量とに違い
があり、ねじ先端面周縁の面取り量の方が大きくされる
ことが多い。このため、前述のように部品嵌合穴9bに
段差9gを付けておくことにより、止めねじ2′がねじ
先端面を検知ノズル側に位置させる正しい姿勢で部品嵌
合穴9bに嵌合した時には、検知ノズル9eを閉塞し
(図8(b)参照)、その他の姿勢の時には、止めねじ
2′と検知ノズル9eとの間に空隙を生じさせる(図8
(c)参照)ことが可能となる。これにより、止めねじ
2′の姿勢に応じてエア吸引経路内の負圧に変化を生じ
させることが可能となり、上述同様に止めねじの姿勢判
別を行うことが可能となる。また、一端に突起部を有す
る部品についても、図8に示す構造を採用することによ
り姿勢判定が可能になる。つまり、段差部9gより奥に
は部品の本体部が進入できないようにしておき、突起部
が検知ノズル側に位置する正しい姿勢で保持された時に
は、突起部が検知ノズルを閉塞するように構成するとよ
い。これにより、部品嵌合穴9bに嵌合した部品の姿勢
に応じてエア吸引経路の負圧に変化を生じさせることが
可能になり、前述同様に部品の姿勢判別を行うことが可
能となる。
【0021】なお、上述の部品供給装置においては、止
めねじの取り出し位置において負圧のチェックを行うよ
うにしたが、これを取り出し位置よりも一つ手前の部品
嵌合穴9bの間欠停止位置で行うようにし、ここで止め
ねじを正しい姿勢に保持していると判定された部品嵌合
穴9bが取り出し位置に移動した時点でモータ18の駆
動を停止するようにしてもよい。
【0022】
【発明の効果】本発明に係る部品供給装置によれば、部
品嵌合穴に入って移送される過程で部品の姿勢を判定
し、正しい姿勢で部品嵌合穴に嵌合している部品だけを
取り出し位置で取り出すことができる。このため、従来
のように姿勢判別のための専用の機構に部品を一旦移す
ことが不要になり、よって、部品1個当たりの供給スピ
ードを早めることができ、多数の部品をスピーディに供
給することが可能となる。また、長さと幅(または長さ
と直径)がほぼ等しい寸法比率の部品についても、正し
い姿勢で部品嵌合穴に嵌合している部品のみを取り出す
ことができる等、様々な部品の供給に対応できる等の利
点もある。さらに、正しい向きで部品嵌合穴に嵌合して
いない部品については、分離プレートの回転にともなっ
て自動的に部品嵌合穴からホッパ部に排出することがで
きる。このように、本発明に係る部品供給装置は、正し
い姿勢にない部品を排除するための特別な機構を要さな
い合理的な構造であるため、装置の動作制御・メンテナ
ンス等が容易となるだけでなく、装置をコンパクトに構
成することができる等の利点もある。
【図面の簡単な説明】
【図1】(a)は本発明に係る部品供給装置の要部拡大
断面図であり、(b)は(a)中符号Zで示される部位
の拡大図である。
【図2】図3のA−A線に係る一部切欠断面図である。
【図3】本発明に係る部品供給装置の平面図である。
【図4】本発明に係る部品供給装置を分離プレートに正
対する方向から見た場合の分離プレート付近の拡大説明
図である。
【図5】本発明に係る部品供給装置の分離プレートを取
り外して図4と同方向から見た場合の拡大説明図であ
る。
【図6】本発明に係る部品供給装置の部品嵌合穴への止
めねじの嵌合状態を示す要部拡大断面図である。
【図7】図2のB−B線に係る要部拡大断面図である。
【図8】本発明に係る部品供給装置の他の実施形態とそ
の動作状態を示す要部拡大断面図である。
【図9】止めねじの拡大説明図であり、(a)は正面
図、(b)は側面図である。
【図10】従来例の説明図である。
【符号の説明】
1 部品供給装置 2 止めねじ 3 ホッパ部 5 台座部 5a 吸引穴 5b 吸引穴 6 バケット部 9 分離プレート 9b 部品嵌合穴 9c 撹拌ピン 9d 開放口 9e 検知ノズル 9f 接続穴 9g 段差部 10 リングプレート 10a 連通穴 10b 連通穴 11 吸引ホース 12 真空スイッチ 13 回転伝達ギア 14 位置決めカム 15 割出ギア 16 割出カム 18 シンクロナスモータ 20 ドグ 21 センサ
フロントページの続き Fターム(参考) 3F075 AA01 BA01 BB01 CA08 CB05 CC02 CC26 CC29 DA02 3F080 AA24 BA02 BC01 BC07 BC08 BD15 BF11 CC04 CC10 CC14 CC17 CD08 CF05 DB01 EA07 EA15 FA01 FB01 FB08

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】方向性のある部品を部品嵌合穴に嵌合させ
    て取り出し位置に供給する部品供給装置であって、 前記部品嵌合穴に連通して当該部品嵌合穴に正しい姿勢
    で嵌合した部品によって閉塞され得る検知口を設けると
    ともに、この検知口を通じてエアを吸引しそのエア挿通
    状態を検出可能な真空検出部を設け、さらに前記部品嵌
    合穴に連通して外部に開口する開放口を設けたことを特
    徴とする部品供給装置。
  2. 【請求項2】方向性のある部品を供給する部品供給装置
    であって、 前記部品を多数貯留可能なホッパ部と、このホッパ部の
    底部に水平から所定角度傾斜して回転自在に設けられか
    つ前記部品が嵌合可能な部品嵌合穴が複数配置された分
    離プレートと、この分離プレートを回転駆動する回転駆
    動源とを有し、 前記分離プレートの各部品嵌合穴に連通して当該部品嵌
    合穴に正しい姿勢で嵌合した部品によって閉塞され得る
    検知口を設けるとともに、この検知口を通じてエアを吸
    引しそのエア挿通状態を検出可能な真空検出部を設け、
    さらに前記部品嵌合穴に連通して外部に開口する開放口
    を設けたことを特徴とする部品供給装置。
  3. 【請求項3】真空検出部は、分離プレートの部品嵌合穴
    に嵌合した部品を取り出し位置または当該取り出し位置
    直前の所定位置において検知口を通じたエアの挿通状態
    を検出し、また分離プレートは、前記真空検出部の検出
    結果が部品嵌合穴に正しい姿勢で部品が嵌合しているこ
    とを示す場合は当該検出対象となった検知口に通じる部
    品嵌合穴が取り出し位置移動した時に当該部品嵌合穴か
    ら部品が取り出されるまで停止するように構成されてい
    ることを特徴とする請求項2に記載の部品供給装置。
JP2001338465A 2001-11-02 2001-11-02 部品供給装置 Pending JP2003137418A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001338465A JP2003137418A (ja) 2001-11-02 2001-11-02 部品供給装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001338465A JP2003137418A (ja) 2001-11-02 2001-11-02 部品供給装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003137418A true JP2003137418A (ja) 2003-05-14

Family

ID=19152954

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001338465A Pending JP2003137418A (ja) 2001-11-02 2001-11-02 部品供給装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003137418A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008150164A (ja) * 2006-12-18 2008-07-03 Toshiba Corp 部品供給装置
JP2011225358A (ja) * 2010-04-22 2011-11-10 Isuzu Motors Ltd スタッドボルト方向修正自動供給装置
KR101503883B1 (ko) * 2013-04-22 2015-03-20 에이엠티 주식회사 자재 공급 장치
CN105292989A (zh) * 2015-11-26 2016-02-03 河北工业大学 一种销钉自动上料装置
KR101906188B1 (ko) * 2018-03-05 2018-12-05 남윤욱 모재볼트 자동 공급 유닛

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008150164A (ja) * 2006-12-18 2008-07-03 Toshiba Corp 部品供給装置
JP2011225358A (ja) * 2010-04-22 2011-11-10 Isuzu Motors Ltd スタッドボルト方向修正自動供給装置
KR101503883B1 (ko) * 2013-04-22 2015-03-20 에이엠티 주식회사 자재 공급 장치
CN105292989A (zh) * 2015-11-26 2016-02-03 河北工业大学 一种销钉自动上料装置
KR101906188B1 (ko) * 2018-03-05 2018-12-05 남윤욱 모재볼트 자동 공급 유닛

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7608059B2 (en) Flow control apparatus
CN109109071B (zh) 刀片更换机构、切断装置以及刀片更换方法
TW201200286A (en) Automatic screw tightening apparatus
JP2003137418A (ja) 部品供給装置
CN103609006B (zh) 编码器、编码器的安装方法、编码器的更换方法及马达装置
JP2010010238A (ja) 部品包装テープタイプ判別装置及び部品実装機の制御装置
KR20040029422A (ko) 정제피이더
JP2008253121A (ja) 歯車機構及び減速機付モータ
JP2008119024A (ja) 水薬供給装置
WO2017109840A1 (ja) テープフィーダ及び部品実装機
JP4636969B2 (ja) ホモジナイザー
WO2017085826A1 (ja) テープフィーダ及び部品実装機
JP2003012139A (ja) 頭付き棒材の分離供給装置
JP2002068461A (ja) 頭付き棒材の分離供給装置
JP2002128266A (ja) 頭付き棒材の分離供給装置
JP2011131327A (ja) ねじ浮き検出装置を有する自動ねじ締め機
JP2006016173A (ja) 頭付き棒材の分離供給装置
JP3983079B2 (ja) 電動レンチ
JP2002087581A (ja) 頭付き棒材の分離供給装置
JP4386220B2 (ja) 極性反転装置
JP2011189425A (ja) スピンドル診断装置
KR100494945B1 (ko) 부품 정량 공급 장치
KR101626986B1 (ko) 감속 어태치먼트 정위치 보정 장치
JP3284011B2 (ja) 角チップ部品供給装置
JPH089375B2 (ja) チップ部品の装▲填▼装置