JP2003128905A - Thermoplastic resin composition - Google Patents

Thermoplastic resin composition

Info

Publication number
JP2003128905A
JP2003128905A JP2001327500A JP2001327500A JP2003128905A JP 2003128905 A JP2003128905 A JP 2003128905A JP 2001327500 A JP2001327500 A JP 2001327500A JP 2001327500 A JP2001327500 A JP 2001327500A JP 2003128905 A JP2003128905 A JP 2003128905A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
component
weight
preferably
parts
acid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001327500A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiromitsu Kizawa
大光 鬼澤
Original Assignee
Teijin Chem Ltd
帝人化成株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide PC/PET alloy having impact resistance, stiffness and heat resistance and stably exhibit effective properties by a regenerated polyethylene terephthalate and attain effective utilization thereof. SOLUTION: This thermoplastic resin composition is composed of (A) 10-95 pts.wt. aromatic polycarbonate and (B) 5-90 pts.wt. polyethylene terephthalate. In the component B, (i) a ratio of the weight average molecular weight (Mw) to the number average molecular weight (Mn) is 2.2-10 and (ii) the amount of the terminal carboxyl group is 15-100 eq/ton and (iii) the intrinsic viscosity measured at 35 deg.C by using o-chlorophenol as a solvent is 0.4-1.0.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、芳香族ポリカーボネートおよびポリエチレンテレフタレートからなる熱可塑性樹脂組成物に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to a thermoplastic resin composition comprising an aromatic polycarbonate and polyethylene terephthalate. 更に詳しくは該ポリエチレンテレフタレートは、その分子量分布Mw/Mnが2.2 More particularly the polyethylene terephthalate, the molecular weight distribution Mw / Mn 2.2
〜10であり、末端カルボキシル基量が15〜100e Is 10, the amount of terminal carboxyl group 15~100e
q/tonであり、固有粘度が0.4〜1.0の範囲であることを特徴とし、衝撃強度、剛性、および耐熱性に優れ、また成形品外観や耐薬品性等にも優れた熱可塑性樹脂組成物に関する。 A q / ton, characterized in that the intrinsic viscosity is in the range of 0.4 to 1.0, the impact strength, rigidity, and excellent in heat resistance and molded article appearance and chemical excellent thermal in resistance, etc. It relates thermoplastic resin composition. 【0002】 【従来の技術】芳香族ポリカーボネート樹脂とポリエチレンテレフタレート樹脂からなる樹脂組成物(以下単に“PC/PETアロイ”と称することがある)は、高水準の外観、並びに優れた機械特性、寸法安定性、および耐薬品性を有している為に各種工業分野で幅広く使用されている。 [0002] Aromatic resin composition comprising a polycarbonate resin and a polyethylene terephthalate resin (hereinafter simply referred to as "PC / PET alloy"), the high level of appearance, arranged in excellent mechanical properties, dimensional stability, and it is widely used in various industrial fields to have chemical resistance. 【0003】PC/PETアロイの特性は、芳香族ポリカーボネート樹脂の持つ優れた耐衝撃性、機械特性、寸法安定性等にポリエチレンテレフタレート樹脂のもつ耐薬品性を付与したものであるため、PC/PETアロイは、特に自動車の内装および外装部品の分野やOA機器の分野などにおいて有効に利用されている。 [0003] Characteristics of the PC / PET alloy has excellent impact resistance possessed by the aromatic polycarbonate resin, because mechanical properties is obtained by applying the chemical resistance possessed by the polyethylene terephthalate resin in dimensional stability, etc., PC / PET alloy is particularly effectively utilized in the fields of art and OA equipment automotive interior and exterior parts. 【0004】近年、自動車分野およびOA分野では、部品の薄肉化および軽量化等が急速に進行している。 [0004] In recent years, in the automotive field and OA field, thinner parts and weight reduction is progressing rapidly. 例えば、自動車分野では軽量化のためフェンダー等のボディパネルに代表される大型部品を樹脂材料にする技術開発が再び活発となっている。 For example, technical development for the large parts typified by body panels fenders etc. for lightening the resin material has become active again in the automotive field. これら薄肉化および軽量化が求められる部品においては高い剛性や耐衝撃性または耐熱性などを有する樹脂材料が要求される場合が多い。 These are often thin and the resin material having such high rigidity and impact resistance or heat resistance in parts weight is determined is required. 【0005】PC/PETアロイの衝撃強度を改善する手段として、従来より衝撃改質剤を添加することがなされている。 [0005] As means for improving the impact strength of the PC / PET alloy, have been made to add a conventionally impact modifier. 衝撃改質剤としては弾性重合体がよく用いられる。 The impact modifier commonly used elastic polymer. 弾性重合体はそのゴム成分の量によって改質効果が異なり、ゴム成分が比較的少ないもの(ABS樹脂、 Elastomeric polymer have different modification effect by the amount of the rubber component, as a rubber component is relatively small (ABS resin,
AES樹脂、ASA樹脂、HIPS樹脂等)は衝撃強度と共に流動性も改良することが可能である。 AES resin, ASA resin, HIPS resin) can be improved fluidity with the impact strength. 一方ゴム成分が比較的多いものは、少量で衝撃強度を改善可能である。 While those of the rubber component is relatively large, it is possible to improve the impact strength with a small amount. これらの特徴を生かすため、単独または複数の衝撃改質剤が使われる。 To take advantage of these features, either alone or more impact modifier is used. しかしながら、弾性重合体の配合は剛性、耐熱性などの低下を招く場合が多い。 However, blending of the elastomer stiffness, often leads to a decrease in heat resistance. また衝撃改質剤の添加は外観低下を生ずる場合もあり、良外観の要求のある部品においては好ましくない。 The addition of the impact modifier may also causing a decrease appearance, undesirable in part with the good appearance required. 【0006】上記の如く成形品の薄肉化若しくは軽量化が進行した場合、材料の機械強度、剛性、耐熱性、寸法安定性等に対しても高いレベルの性能が要求される。 [0006] If a thinner or lighter moldings as described above has proceeded, the mechanical strength of the material, rigidity, heat resistance, high levels of performance are required also for dimensional stability. かかる要求への対応としてPC/PETアロイに充填材を添加することは一般的な方法である。 It is common practice to add a filler to the PC / PET alloy as a response to such a request. しかしながら充填材の添加は、しばしば外観の悪化並びに衝撃強度の低下を生じ、また軽量化の障害にもなり得る。 However the addition of fillers, may be often caused a decrease in the deterioration as well as the impact strength of the appearance, and also the failure of weight reduction. したがって衝撃強度や剛性が良好な材料も求められる。 Therefore impact strength and rigidity are also required good material. 【0007】更に、特にOA機器分野においては、製品の安全性の観点から樹脂組成物に良好な難燃性が求められる。 Furthermore, particularly in OA equipment field, good flame retardancy to the resin composition from the viewpoint of safety of the product is required. 成形品の薄肉化はより高い難燃性を必要とする。 Thinning of the molded article requires a higher flame retardant.
より多くの難燃剤の添加は、衝撃強度をより低下させることが多い。 The addition of more flame retardants, often reduce more the impact strength. したがって難燃剤を添加する場合にも衝撃強度の良好なPC/PETアロイは有効である。 Thus good PC / PET alloy impact strength when adding a flame retardant is effective. 更にリン酸エステルなどの樹脂材料の耐熱性を低下させやすい難燃剤を使用する場合には、耐熱性の高いPC/PET When using a flame retardant tends to lower the heat resistance of the resin material such as further phosphoric acid esters, high heat resistance PC / PET
アロイが有効となる。 Alloy becomes effective. 【0008】またPC/PETアロイにはその溶融弾性効果を改善する目的で、溶融弾性効果改質剤を添加することもなされる。 [0008] The PC / PET alloy in order to improve its melt elasticity effect, also made adding a melt elasticity effect modifier. 溶融弾性効果が改善された場合、樹脂燃焼時の縮み上がりが強くなるため、燃焼時の溶融滴下を防止する効果が付与される。 If melt elasticity effect is improved, since the Chijimiagari during resin combustion is increased, the effect is applied to prevent dripping during burning. 更に溶融弾性効果の改善は、ブロー成形時や中空射出成形時の偏肉の抑制、並びに射出成形時のジェッティング現象の消失をもたらす。 Further improvement in melt elasticity effect, suppression of uneven thickness at the time of blow molding or hollow injection molding, and results in a loss of jetting phenomena during injection molding.
しかしながら、溶融弾性効果改質剤を添加すると衝撃強度等が低下する場合がある。 However, there are cases where the impact strength or the like decreases when the addition of melt elasticity effect modifier. かかる場合にも衝撃強度の良好なPC/PETアロイは有効である。 Good PC / PET alloy impact strength in such a case is effective. 【0009】一方で、近年環境意識の高まりから、使用済みの樹脂製品を回収し、再生して使用することが盛んに行われている。 [0009] On the other hand, from the increase in recent years environmental awareness, to collect the spent resin products, it has been actively be used to play. その中でもポリエチレテレフタレート樹脂の再生使用は盛んに行われており、ポリエチレンテレフタレート製容器(以下単に“PETボトル”と称する場合がある)から再生された再生ポリエチレンテレフタレート樹脂はよい一例である。 Reuse of polyethylene les terephthalate resin among them are actively conducted, recycled polyethylene terephthalate resin (if there is called hereinafter simply "PET bottles") reproduced from a polyethylene terephthalate container is a good example. しかしながら、ポリエチレテレフタレート樹脂の場合、再生加工する際の樹脂劣化の進行が早いなどの理由から品質を均一に維持するのが困難であるとの問題がある。 However, in the case of polyethylene les terephthalate resin, there are problems from the reasons such as the early progress of deterioration of the resin at the time of reproduction processing to be difficult to uniformly maintain the quality. 単一樹脂の品質のバラツキを吸収するためには、他の樹脂とのポリマーアロイとする方法がある。 In order to absorb the variation in the quality of a single resin, there is a method of a polymer alloy with other resin. 再生ポリエチレンテレフタレート樹脂に関して既に下記のような提案がなされている。 It is already proposed as follows have been made with respect to recycled polyethylene terephthalate resin. 【0010】特開平10−152603号公報には、ポリエチレンテレフタレート80〜99重量%、ポリカーボネート1〜20重量%からなる樹脂組成物を発泡成形することにより、木材に似た物性を有する材料が得られる旨が提案されている。 [0010] JP-A-10-152603, polyethylene terephthalate 80 to 99 wt%, by foam molding a resin composition comprising a polycarbonate 1-20 wt%, material having physical properties similar to wood is obtained effect has been proposed. 更にポリエチレンテレフタレートとしてPETボトルの再生品を使用することはより望ましい旨が記載されている。 It has been described that more desirable to further use a PET bottle refurbished as polyethylene terephthalate. 【0011】特開2000−135714号公報には、 [0011] in Japanese Unexamined Patent Publication No. 2000-135714,
使用済みのPETボトルから特定の工程を経て得られたチップ状の再生ポリエチレンテレフタレート樹脂と他の産業廃材からの再生材とアフィニティー樹脂バージン材からなる再生ペットボトルが記載されている。 Play PET bottles from used PET bottles consisting of recycled material and an affinity resin virgin material from specific regeneration step a through-obtained chip-like polyethylene terephthalate resin and other industries waste is described. 【0012】特開2001−55495号公報には、特定値以上の酸価、および特定範囲の固有粘度を有するポリエチレンテレフタレート樹脂にポリオルガノシロキサンゴムおよびポリアルキル(メタ)アクリレートゴムからなる複合ゴムのグラフト共重合体を添加した樹脂組成物が薄肉成形品に求められる高い衝撃強度を達成することが記載されている。 [0012] JP-A 2001-55495 discloses a specific value or more acid number, and graft composite rubber polyethylene terephthalate resin having an intrinsic viscosity in a specific range consisting polyorganosiloxane rubber and polyalkyl (meth) acrylate rubber discloses that a resin composition obtained by adding the copolymer to achieve the high impact strength required for the thin molded product. そしてその技術的課題はポリエチレンテレフタレート樹脂製品のリサイクル使用にある旨が記載されている。 And the technical problems have been described that in the recycling of polyethylene terephthalate resin products. 【0013】しかしながら上記いずれの公報においても、特定の性質を有するポリエチレンテレフタレートが、芳香族ポリカーボネートとの組合せにおいてより有効な特性を有することを開示するものではない。 [0013] However, even in any of the above publication, polyethylene terephthalate having a specific nature and is not intended to disclose that it has more effective properties in combination with aromatic polycarbonate. 更に再生ポリエチレンテレフタレート樹脂のより有効な活用法を十分に開示したとは言い難かった。 Furthermore to have fully disclosed a more effective method of utilizing recycled polyethylene terephthalate resin was hard to say. 【0014】一方で、特開平6−279664号公報には、低分子量のポリブチレンテレフタレート樹脂、高分子量のポリエステル樹脂、および特定の含リン化合物からなる樹脂組成物が記載され、該樹脂組成物は高流動性であり、溶融粘度の上昇のない良好な樹脂組成物である旨が記載されている。 [0014] On the other hand, Japanese Unexamined 6-279664 discloses a low molecular weight polybutylene terephthalate resin, describes a resin composition comprising a polyester resin, and a specific phosphorus-containing compounds of high molecular weight, the resin composition a high fluidity, it has been described that a rise without good resin composition melt viscosity. 更に芳香族ポリカーボネート樹脂を含んだ樹脂組成物についても開示されている。 It is also disclosed further resin composition comprising an aromatic polycarbonate resin. しかしながらかかる公報も特定の性質を有するポリエチレンテレフタレートが、芳香族ポリカーボネートとの組合せにおいてより有効な特性を有することを教示するものではなかった。 However polyethylene terephthalate also have certain properties such publications is, it did not teach that it has more effective properties in combination with aromatic polycarbonate. 【0015】上述の如く、(i)PC/PETアロイにおいては衝撃強度、剛性、耐熱性が良好な樹脂組成物が求められ、(ii)再生ポリエチレンテレフタレート樹脂の更なる有効活用も求められているものの、未だこれら課題の十分な解決がされているとは言い難い。 [0015] As described above, (i) impact strength in PC / PET alloy, the rigidity, heat resistance is required good resin composition is effectively used also required further in (ii) recycled polyethylene terephthalate resin although, it is hard to say still has to have been sufficient resolution of these problems. 【0016】 【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は、第1 [0016] An object of the present invention is to provide a method, first
に衝撃強度、剛性、耐熱性が良好なPC/PETアロイを提供することにある。 Impact strength, rigidity, heat resistance and to provide a good PC / PET alloy in. 更に本発明の第2の課題は再生ポリエチレンテレフタレート樹脂により有効な特性を安定して発揮させ、従来以上にその有効活用を達成する点にある。 Furthermore, the second object of the present invention is stable by exhibiting useful properties by recycled polyethylene terephthalate resin, in that it achieves its effective use than ever. 【0017】本発明者は、上記課題を解決すべく鋭意検討を重ねた結果、極めて驚くべきことに、特定の芳香族ポリカーボネート樹脂と特定の再生ポリエチレンテレフタレート樹脂とからなる樹脂組成物において、耐衝撃性、剛性、耐熱性がいずれも良好な熱可塑性樹脂組成物が得られることを見出した。 [0017] The present inventor has conducted extensive studies to solve the above problems, Quite surprisingly, in the resin composition comprising a specific aromatic polycarbonate resin and a specific playback polyethylene terephthalate resin, high impact found gender, stiffness, that heat resistance are all good thermoplastic resin composition is obtained. かかる知見に基づいて鋭意検討を行い、本発明を完成するに至った。 Carried out extensive studies on the basis of this finding, the present invention has been completed. 【0018】 【課題を解決するための手段】本発明は、(A)芳香族ポリカーボネート(A成分)10〜95重量部および(B)ポリエチレンテレフタレート(B成分)5〜90 [0018] According to an aspect of the present invention, (A) an aromatic polycarbonate (A component) 10 to 95 parts by weight of (B) polyethylene terephthalate (B component) 5 to 90
重量部の合計100重量部からなる樹脂組成物であって、該B成分は、(i)重量平均分子量(Mw)と数平均分子量(Mn)との比(Mw/Mn)が2.2〜1 A resin composition comprising 100 parts by weight of the total parts by weight, the B component is (i) a weight average molecular weight (Mw) to number average molecular weight (Mn) of the ratio of the (Mw / Mn) 2.2~ 1
0、(ii)末端カルボキシル基量が15〜100eq 0, (ii) the amount of terminal carboxyl groups 15~100eq
/ton、並びに(iii)o−クロロフェノールを溶媒として35℃で測定した固有粘度が0.4〜1.0の範囲であることを特徴とする熱可塑性樹脂組成物にかかるものである。 / Ton, and (iii) o-chlorophenol and the inherent viscosity measured at 35 ° C. as a solvent are those according to the thermoplastic resin composition, characterized in that in the range of 0.4 to 1.0. 【0019】本発明は好適には上記A成分50〜95重量部、および上記B成分5〜50重量部の合計100重量部からなるである上記熱可塑性樹脂組成物にかかるものである。 [0019] The present invention is preferably those according to the above A component 50 to 95 parts by weight, and the thermoplastic resin composition is composed of a total of 100 parts by weight of the component B 5 to 50 parts by weight. 【0020】本発明は好適には、A成分はそのフェノール性水酸基量が1〜50eq/ton、および粘度平均分子量が17,000〜27,000の芳香族ポリカーボネートである上記熱可塑性樹脂組成物にかかるものである。 [0020] The present invention is preferably, A components thereof phenolic hydroxyl group amount 1~50eq / ton, and a viscosity-average molecular weight in the thermoplastic resin composition is an aromatic polycarbonate 17,000~27,000 it is such a thing. 【0021】本発明は好適には、上記B成分は、o−クロロフェノールを溶媒として35℃で測定した固有粘度が0.65〜0.75である上記熱可塑性樹脂組成物にかかるものである。 [0021] The present invention Preferably, the B component is one that takes the o- chlorophenol the thermoplastic resin composition is intrinsic viscosity measured at 35 ° C. as a solvent is 0.65 to 0.75 . 【0022】更に本発明は好適には、上記B成分は、使用済みのポリエチレンテレフタレート製品を解重合の工程を経ることなく再生したポリエチレンテレフタレート樹脂である上記熱可塑性樹脂組成物にかかるものである。 [0022] The present invention is suitably further the B component are those according to the above-mentioned thermoplastic resin composition is a polyethylene terephthalate resin was regenerated without going through the depolymerization of polyethylene terephthalate products spent process. 【0023】以下、本発明の詳細について説明する。 [0023] The following is a detailed description of the present invention. 【0024】本発明のA成分である芳香族ポリカーボネートは、二価フェノールとカーボネート前駆体とを反応させて得られるものである。 The aromatic polycarbonate of the component A of the present invention is obtained by reacting a dihydric phenol with a carbonate precursor. 反応の方法としては界面重縮合法、溶融エステル交換法、カーボネートプレポリマーの固相エステル交換法、および環状カーボネート化合物の開環重合法などを挙げることができる。 Interfacial polycondensation as the reaction method, the melt ester exchange method, a solid phase ester exchange method of a carbonate prepolymer, and ring-opening polymerization of a cyclic carbonate compound can be exemplified. 【0025】二価フェノールの代表的な例としては、 [0025] Typical examples of the dihydric phenol,
2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン(通称ビスフェノールA)、2,2−ビス{(4−ヒドロキシ−3−メチル)フェニル}プロパン、2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)ブタン、2,2−ビス(4 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane (commonly called bisphenol A), 2,2-bis {(4-hydroxy-3-methyl) phenyl} propane, 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) butane, 2,2-bis (4
−ヒドロキシフェニル)−3−メチルブタン、9,9− - hydroxyphenyl) -3-methylbutane, 9,9
ビス{(4−ヒドロキシ−3−メチル)フェニル}フルオレン、2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)− Bis {(4-hydroxy-3-methyl) phenyl} fluorene, 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) -
3,3−ジメチルブタン、2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)−4−メチルペンタン、1,1−ビス(4 3,3-dimethyl butane, 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) -4-methylpentane, 1,1-bis (4
−ヒドロキシフェニル)−3,3,5−トリメチルシクロヘキサンおよびα,α'−ビス(4−ヒドロキシフェニル)−m−ジイソプロピルベンゼンなどを挙げることができる。 - hydroxyphenyl) -3,3,5-trimethylcyclohexane and alpha,. Alpha .'- bis (4-hydroxyphenyl)-m-diisopropyl benzene and the like. その他1,4−シクロヘキサンジメタノールなどの二価の脂肪族アルコールを共重合することも可能である。 It is also possible to copolymerize the divalent aliphatic alcohols such as other 1,4-cyclohexanedimethanol. 上記の各種二価フェノールから得られる芳香族ポリカーボネートの中でも、ビスフェノールAの単独重合体を特に好ましく挙げることができる。 Among the aromatic polycarbonates obtained from the various dihydric phenols, particular mention may be made preferably homopolymers of bisphenol A. かかる芳香族ポリカーボネートは、耐衝撃性が優れる点で好ましい。 Such aromatic polycarbonates are preferred from the viewpoint of impact resistance is excellent. 【0026】カーボネート前駆体としてはカルボニルハライド、カーボネートエステルまたはハロホルメート等が使用され、具体的にはホスゲン、ジフェニルカーボネートまたは二価フェノールのジハロホルメート等が挙げられる。 The carbonate carbonyl halide as a precursor, is used a carbonate ester or haloformate, specifically phosgene, dihaloformate like diphenyl carbonate or dihydric phenol. 【0027】上記二価フェノールとカーボネート前駆体を界面重縮合法または溶融エステル交換法によって反応させて芳香族ポリカーボネートを製造するに当っては、 [0027] The hitting To produce an aromatic polycarbonate of the dihydric phenol and the carbonate precursor are reacted by interfacial polycondensation or molten ester exchange method,
必要に応じて触媒、末端停止剤、二価フェノールが酸化するのを防止するための酸化防止剤等を使用してもよい。 Optionally catalysts, terminal capping agent may be used such as an antioxidant to prevent the dihydric phenol is oxidized. また芳香族ポリカーボネートは三官能以上の多官能性芳香族化合物を共重合した分岐ポリカーボネートであってもよい。 The aromatic polycarbonate may be a branched polycarbonate obtained by copolymerizing multi than trifunctional functional aromatic compound. 三官能以上の多官能性芳香族化合物としては、1,1,1−トリス(4−ヒドロキシフェニル)エタン、1,1,1−トリス(3,5−ジメチル−4−ヒドロキシフェニル)エタンなどが使用できる。 The trifunctional or higher polyfunctional aromatic compounds include 1,1,1-tris (4-hydroxyphenyl) ethane, etc. 1,1,1-tris (3,5-dimethyl-4-hydroxyphenyl) ethane It can be used. 【0028】分岐ポリカーボネートを生ずる多官能性化合物を含む場合、かかる割合は、芳香族ポリカーボネート全量中、0.001〜1モル%、好ましくは0.00 [0028] When including a polyfunctional compound that produces branched polycarbonate, such ratio, the aromatic polycarbonate total amount, 0.001 mol%, preferably from 0.00
5〜0.5モル%、特に好ましくは0.01〜0.3モル%である。 5 to 0.5 mol%, particularly preferably 0.01 to 0.3 mol%. また特に溶融エステル交換法の場合、副反応として分岐構造が生ずる場合があるが、かかる分岐構造量についても、芳香族ポリカーボネート全量中、0. Particularly, in the case of the melt transesterification process, sometimes branched structure is generated as a side reaction but, also according branched structure weight, the aromatic polycarbonate based on the total amount of 0.
001〜1モル%、好ましくは0.005〜0.5モル%、特に好ましくは0.01〜0.3モル%であるものが好ましい。 001-1 mole%, preferably from 0.005 to 0.5 mol%, particularly preferably preferably those which are 0.01 to 0.3 mol%. 尚、かかる割合については1 H−NMR測定により算出することが可能である。 Note that such a ratio can be calculated by 1 H-NMR measurement. 【0029】更に芳香族または脂肪族の二官能性カルボン酸を共重合したポリエステルカーボネートであってもよい。 [0029] may be further polyester carbonate obtained by copolymerizing a difunctional carboxylic acid aromatic or aliphatic. 脂肪族の二官能性カルボン酸としては、例えば炭素数8〜20、好ましくは10〜12の脂肪族の二官能性カルボン酸が挙げられる。 The difunctional carboxylic acids aliphatic, for example 8 to 20 carbon atoms, preferably difunctional carboxylic acids aliphatic 10-12. かかる脂肪族の二官能性のカルボン酸は、直鎖状、分枝状、環状のいずれであってもよい。 Bifunctional carboxylic acids such aliphatic, linear, branched, may be any of circular. 脂肪族の二官能性のカルボン酸は、α,ω−ジカルボン酸が好ましい。 Bifunctional carboxylic acid The aliphatic, alpha, .omega.-dicarboxylic acids are preferred. 脂肪族の二官能性のカルボン酸としては例えば、セバシン酸(デカン二酸)、ドデカン二酸、テトラデカン二酸、オクタデカン二酸、イコサン二酸等の直鎖飽和脂肪族ジカルボン酸が好ましく挙げられる。 The bifunctional carboxylic acid aliphatic such as sebacic acid (decanoic diacid), dodecanoic diacid, tetradecane diacid, octadecanoic diacid, a linear saturated aliphatic dicarboxylic acids such as icosanedioic acid are preferably exemplified. 【0030】更にポリオルガノシロキサン単位を共重合した、ポリカーボネート−ポリオルガノシロキサン共重合体の使用も可能である。 Furthermore by copolymerizing polyorganosiloxane units, polycarbonate - the use of polyorganosiloxane copolymer are possible. 【0031】芳香族ポリカーボネートは、上述した各種二価フェノールの異なるポリカーボネート、分岐成分を含有する分岐ポリカーボネート、各種のポリエステルカーボネート、ポリカーボネート−ポリオルガノシロキサン共重合体など各種の芳香族ポリカーボネートの2種以上を混合したものであってもよい。 [0031] Aromatic polycarbonates are polycarbonates of different above-described various dihydric phenols, branched polycarbonates containing branch components, various polyester carbonates, polycarbonates - polyorganosiloxane copolymer and various two or more kinds of aromatic polycarbonate mixing may be obtained by. 更に下記に示す製造法の異なる芳香族ポリカーボネート、末端停止剤の異なる芳香族ポリカーボネートなど各種についても2種以上を混合したものが使用できる。 Furthermore different aromatic polycarbonates of manufacturing method shown below, a mixture of two or more even for the various such different aromatic polycarbonates of terminating agent can be used. 【0032】芳香族ポリカーボネートの重合反応において界面重縮合法による反応は、通常二価フェノールとホスゲンとの反応であり、酸結合剤および有機溶媒の存在下に反応させる。 The reaction by the interfacial polycondensation in a polymerization reaction of an aromatic polycarbonate is the reaction of the ordinary dihydric phenol and phosgene are reacted in the presence of an acid binder and an organic solvent. 酸結合剤としては、例えば水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等のアルカリ金属水酸化物またはピリジン等のアミン化合物が用いられる。 As the acid binding agent, such as sodium hydroxide, an amine compound such as an alkali metal hydroxide or pyridine or potassium hydroxide. 有機溶媒としては、例えば塩化メチレン、クロロベンゼン等のハロゲン化炭化水素が用いられる。 As the organic solvent, such as methylene chloride, halogenated hydrocarbons such as chlorobenzene are used. また、反応促進のために例えばトリエチルアミン、テトラ−n−ブチルアンモニウムブロマイド、テトラ−n−ブチルホスホニウムブロマイド等の第三級アミン、第四級アンモニウム化合物、 Further, for example, triethylamine to promote the reaction, tetra -n- butylammonium bromide, tertiary amines such as tetra -n- butyl phosphonium bromide, quaternary ammonium compounds,
第四級ホスホニウム化合物等の触媒を用いることもできる。 It is also possible to use a catalyst such as a quaternary phosphonium compound. その際、反応温度は通常0〜40℃、反応時間は1 At this time, the reaction temperature is generally 0 to 40 ° C., the reaction time is 1
0分〜5時間程度、反応中のpHは9以上に保つのが好ましい。 0 minutes to 5 hours, pH during the reaction is preferably maintained at 9 or more. 【0033】また、かかる重合反応において、通常末端停止剤が使用される。 Further, in the polymerization reaction, usually to a terminal stopping agent is used. かかる末端停止剤として単官能フェノール類を使用することができる。 It can be used monofunctional phenol as such terminating agent. 単官能フェノール類の具体例としては、例えばフェノール、p−tert Specific examples of the monofunctional phenols include phenol, p-tert
−ブチルフェノール、p−クミルフェノールおよびイソオクチルフェノールが挙げられる。 - butylphenol, p- cumylphenol and isooctylphenol. また、末端停止剤は単独でまたは2種以上混合して使用してもよい。 The terminal capping agents may be used alone or in combination. 【0034】溶融エステル交換法による反応は、通常二価フェノールとカーボネートエステルとのエステル交換反応であり、不活性ガスの存在下に二価フェノールとカーボネートエステルとを加熱しながら混合して、生成するアルコールまたはフェノールを留出させる方法により行われる。 The reaction by the melt transesterification method is generally an ester exchange reaction between a dihydric phenol and a carbonate ester are mixed while heating a dihydric phenol and a carbonate ester in the presence of an inert gas, to produce It carried out by a method of distilling the alcohol or phenol. 反応温度は生成するアルコールまたはフェノールの沸点等により異なるが、通常120〜350℃の範囲である。 The reaction temperature varies depending on the boiling point or the like of an alcohol to produce or phenol, usually in the range of 120 to 350 ° C.. 反応後期には系を1.33×10 3 〜1 1.33 the system the reaction late × 10 3 to 1
3.3Pa程度に減圧して生成するアルコールまたはフェノールの留出を容易にさせる。 It was reduced to about 3.3Pa makes it easier to distill the alcohol or phenol produced. 反応時間は通常1〜4 Usually 1 to 4 reaction time
時間程度である。 It is about time. 【0035】カーボネートエステルとしては、置換されていてもよい炭素数6〜10のアリール基、アラルキル基あるいは炭素数1〜4のアルキル基などのエステルが挙げられ、なかでもジフェニルカーボネートが好ましい。 [0035] The carbonate ester, optionally substituted aryl group having 6 to 10 carbon atoms, include esters such as aralkyl group or an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, these, diphenyl carbonate is preferred. 【0036】また、重合速度を速めるために重合触媒を用いることができ、かかる重合触媒としては、例えば水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、二価フェノールのナトリウム塩、カリウム塩等のアルカリ金属化合物、水酸化カルシウム、水酸化バリウム、水酸化マグネシウム等のアルカリ土類金属化合物、テトラメチルアンモニウムヒドロキシド、テトラエチルアンモニウムヒドロキシド、トリメチルアミン、トリエチルアミン等の含窒素塩基性化合物などの触媒を用いることができる。 Further, it is possible to use a polymerization catalyst in order to accelerate the polymerization rate, as such polymerization catalyst, such as sodium hydroxide, potassium hydroxide, alkali metal compounds such as divalent sodium salt of phenol, potassium salt, water calcium oxide, barium hydroxide, alkali earth metal compounds such as magnesium hydroxide, tetramethylammonium hydroxide, tetraethylammonium hydroxide, can be used a catalyst such as trimethylamine, nitrogen-containing basic compounds such as triethylamine. 更にアルカリ(土類)金属のアルコキシド類、アルカリ(土類) In addition alkaline earth metal alkoxides, alkali (earth)
金属の有機酸塩類、ホウ素化合物類、ゲルマニウム化合物類、アンチモン化合物類、チタン化合物類、ジルコニウム化合物類などの通常エステル化反応、エステル交換反応に使用される触媒を用いることができる。 Metal organic acid salts, boron compounds, germanium compounds, antimony compounds, titanium compounds, usually the esterification reaction, such as zirconium compounds, there can be used a catalyst used in the transesterification reaction. 触媒は単独で使用してもよいし、2種以上を組み合わせて使用してもよい。 The catalyst may be used alone or may be used in combination of two or more thereof. これらの重合触媒の使用量は、原料の二価フェノール1モルに対し、好ましくは1×10 -8 〜1×1 The amount of the polymerization catalyst to dihydric phenol 1 mole of the raw material, preferably 1 × 10 -8 to 1 × 1
-3当量、より好ましくは1×10 -7 〜5×10 -4当量の範囲で選ばれる。 0 -3 equivalent, more preferably selected in a range of 1 × 10 -7 ~5 × 10 -4 equivalents. 【0037】溶融エステル交換法による反応ではフェノール性の末端基を減少するために、重縮反応の後期あるいは終了後に、例えば2−クロロフェニルフェニルカーボネート、2−メトキシカルボニルフェニルフェニルカーボネートおよび2−エトキシカルボニルフェニルフェニルカーボネート等の化合物を加えることができる。 [0037] For the reaction by the melt transesterification method to reduce the phenolic terminal groups, after late or end of polycondensation reaction, for example, 2-chlorophenyl phenyl carbonate, 2-methoxycarbonylphenyl phenyl carbonate and 2-ethoxycarbonyl-phenyl it can be added a compound such as phenyl carbonate. 【0038】さらに溶融エステル交換法では触媒の活性を中和する失活剤を用いることが好ましい。 [0038] It is preferred to use a deactivator for neutralizing the activity of the catalyst is further melt transesterification process. かかる失活剤の量としては、残存する触媒1モルに対して0.5〜 The amount of such deactivating agent, 0.5 to the catalyst to 1 mole of the remaining
50モルの割合で用いるのが好ましい。 Preferably used in a proportion of 50 mol. また重合後の芳香族ポリカーボネートに対し、0.01〜500ppm Also with respect to the aromatic polycarbonate after the polymerization, 0.01 to 500 ppm
の割合、より好ましくは0.01〜300ppm、特に好ましくは0.01〜100ppmの割合で使用する。 Ratio, more preferably 0.01~300Ppm, particularly preferably used in a proportion of 0.01 to 100 ppm.
失活剤としては、ドデシルベンゼンスルホン酸テトラブチルホスホニウム塩などのホスホニウム塩、テトラエチルアンモニウムドデシルベンジルサルフェートなどのアンモニウム塩などが好ましく挙げられる。 The deactivator, phosphonium salts such as dodecylbenzenesulfonic acid tetrabutylphosphonium salt, and ammonium salts such as tetraethylammonium dodecylbenzyl sulfate are preferably exemplified. 【0039】芳香族ポリカーボネートの粘度平均分子量は特に限定されないが、本発明においては15,000 [0039] The viscosity-average molecular weight of the aromatic polycarbonate is not particularly limited, in the present invention 15,000
〜100,000の範囲が好適である。 Range of 100,000 is preferred. 殊にA成分の芳香族ポリカーボネートが樹脂組成物100重量%中50 In particular aromatic polycarbonate component A resin composition 100 wt% 50
重量%以上含まれる場合には17,000〜27,00 If it included wt% or more 17,000~27,00
0がより好ましく、18,000〜25,000が更に好ましく、19,000〜24,000が特に好ましい。 0 is more preferable, still more preferably 18,000~25,000, particularly preferably 19,000~24,000. 粘度平均分子量が15,000未満であると強度などが低下し、更に得られる樹脂組成物の熱安定性が低下する場合がある。 It is the viscosity average molecular weight and decreases the strength is less than 15,000, the thermal stability of the more the resulting resin composition is lowered. 一方100,000を超えると流動性は低下するため、本発明においては好ましくない。 Meanwhile to lower the fluidity exceeds 100,000, not preferred in the present invention. 【0040】また本発明の芳香族ポリカーボネートにおいて、そのフェノール性水酸基量は1eq/ton以上が好ましく、2eq/ton以上がより好ましく、5e [0040] In the aromatic polycarbonate of the present invention, the phenolic hydroxyl group content is preferably at least 1 eq / ton, more preferably at least 2 eq / ton, 5e
q/ton以上が更に好ましい。 More than q / ton is more preferable. 一方上限は100eq On the other hand, the upper limit is 100eq
/ton以下が好ましく、50eq/ton以下がより好ましく、40eq/ton以下が更に好ましい。 / Ton or less, and more preferably at most 50 eq / ton, more preferably not more than 40 eq / ton. 1e 1e
q/ton以上であるとポリエチレンテレフタレート樹脂と適切な相互作用が得られ、100eq/ton以下であると熱安定性が良好であり、薄肉成形により好適である。 Suitable interact with polyethylene terephthalate resin When it is q / ton or more can be obtained, are thermally stable is not more than 100 eq / ton good, more suitable thin molding. 尚、該フェノール性水酸基量は、1H−NMR測定を行い、カーボネート結合を有する2価フェノールユニット、フェノール性水酸基を有する2価フェノールユニット、および末端停止剤のユニットのモル比を算出し、それに基づきポリマー重量当りのフェノール性水酸基量に換算することで求められる。 Incidentally, the phenolic hydroxyl group amount performs 1H-NMR measurement, dihydric phenol units having a carbonate bond, calculates a dihydric phenol units, and the molar ratio of the units of the terminal capping agent having a phenolic hydroxyl group, and based on obtained by converting a phenolic hydroxyl group per polymer weight. 【0041】上記により本発明の好適なA成分としてそのフェノール性水酸基量が1〜50eq/ton、および粘度平均分子量が17,000〜27,000の芳香族ポリカーボネートを挙げることができる。 [0041] The phenolic hydroxyl group content is 1~50eq / ton, and a viscosity-average molecular weight as a preferred component A of the present invention the above can be exemplified aromatic polycarbonate 17,000~27,000. 【0042】本発明のA成分の芳香族ポリカーボネートとしては、バージン原料だけでなく、使用済みの製品から再生されたポリカーボネート樹脂、いわゆるマテリアルリサイクルされた芳香族ポリカーボネート樹脂の使用も可能である。 [0042] As the aromatic polycarbonate of component A of the present invention not only virgin materials, polycarbonate resins regenerated from used products, use of so-called material recycled aromatic polycarbonate resins is also possible. 使用済みの製品としては防音壁、ガラス窓、透光屋根材、および自動車サンルーフなどに代表される各種グレージング材、風防や自動車ヘッドランプレンズなどの透明部材、水ボトルなどの容器、並びに光記録媒体などが好ましく挙げられる。 Used as the product sound barriers, glass windows, translucent roof materials, and various glazing materials typified by an automobile sunroof, transparent members such as windshields and automobile headlamp lenses, containers such as water bottles, and optical recording medium and the like preferably. これらは多量の添加剤や他樹脂などを含むことがなく、目的の品質が安定して得られやすい。 These are not, and the like large quantities of additives and other resins, easily obtained the desired quality is stable. 尚、上記のバージン原料とは、その製造後に未だ市場において使用されていない原料である。 Note that the above virgin raw material is a raw material that has not yet been used in the market after its preparation. 【0043】本発明でいう粘度平均分子量はまず次式にて算出される比粘度を塩化メチレン100mlに芳香族ポリカーボネート樹脂0.7gを20℃で溶解した溶液からオストワルド粘度計を用いて求め、 比粘度(η SP )=(t−t 0 )/t 0 [t 0は塩化メチレンの落下秒数、tは試料溶液の落下秒数]求められた比粘度を次式にて挿入して粘度平均分子量Mを求める。 [0043] The viscosity-average molecular weight in the present invention is determined using an Ostwald viscometer and the specific viscosity is calculated first by the following equation from the solution prepared by dissolving at 20 ° C. The aromatic polycarbonate resin 0.7g of methylene chloride 100 ml, the ratio viscosity (η SP) = (t- t 0) / t 0 [t 0 is falling seconds of methylene chloride, t is falling seconds of the sample solution] the viscosity average insert the the obtained specific viscosity by the following equation determine the molecular weight M. η SP /c=[η]+0.45×[η] 2 c(但し[η] η SP /c=[η]+0.45×[η] 2 c (but [η]
は極限粘度) [η]=1.23×10 -40.83 c=0.7 【0044】本発明のB成分であるポリエチレンテレフタレートは、ジカルボン酸成分としてテレフタル酸およびジオール成分としてエチレングリコールから主としてなる重合体であり、ポリエチレンテレフタレートを形成するジカルボン酸成分とジオール成分の内、ジカルボン酸成分100モル%中70モル%以上、好ましくは90 The intrinsic viscosity) [η] = 1.23 × 10 -4 M 0.83 c = 0.7 [0044] Polyethylene terephthalate is a B component of the present invention mainly ethylene glycol as terephthalic acid and a diol component as a dicarboxylic acid component a made polymer, among the dicarboxylic acid component and a diol component to form polyethylene terephthalate, dicarboxylic acid component 100 mol% of 70 mol% or more, preferably 90
モル%以上、最も好ましくは99モル%以上が芳香族ジカルボン酸であるポリエステルである。 Mol% or more, and most preferably a polyester 99 mol% or more is an aromatic dicarboxylic acid. 【0045】本発明のポリエチレンテレフタレートはテレフタル酸以外のジカルボン酸を共重合成分として含むものでもよい。 [0045] Polyethylene terephthalate of the present invention may be those containing dicarboxylic acids other than terephthalic acid as a copolymerization component. かかる他のジカルボン酸成分の例として、イソフタル酸、2−クロロテレフタル酸、2,5− Examples of such other dicarboxylic acid components, isophthalic acid, 2-chloro terephthalic acid, 2,5
ジクロロテレフタル酸、2−メチルテレフタル酸、4, Dichloro terephthalic acid, 2-methyl terephthalic acid, 4,
4−スチルベンジカルボン酸、4,4−ビフェニルジカルボン酸、オルトフタル酸、2,6−ナフタレンジカルボン酸、2,7−ナフタレンジカルボン酸、ビス安息香酸、ビス(p−カルボキシフェニル)メタン、アントラセンジカルボン酸、4,4−ジフェニルエーテルジカルボン酸、4,4−ジフェノキシエタンジカルボン酸、5 4 stilbene dicarboxylic acid, 4,4-biphenyl dicarboxylic acid, orthophthalic acid, 2,6-naphthalenedicarboxylic acid, 2,7-naphthalenedicarboxylic acid, bisbenzoic acid, bis (p- carboxyphenyl) methane, anthracene dicarboxylic acid, 4,4-diphenyl ether dicarboxylic acid, 4,4-diphenoxyethanedicarboxylic acid, 5
−Naスルホイソフタル酸、エチレン−ビス−p−安息香酸等があげられる。 -Na sulfoisophthalic acid, ethylene - bis -p- benzoic acid and the like. これらのジカルボン酸は単独でまたは2種以上混合して使用することができる。 These dicarboxylic acids may be used singly or as a mixture of two or more. テレフタル酸以外のジカルボン酸成分は、ジカルボン酸の全量を100モル%としたとき、30モル%以下が好ましく、 Dicarboxylic acid component other than terephthalic acid, when the total amount of dicarboxylic acid and 100 mole%, preferably 30 mol% or less,
20モル%以下がより好ましい。 20 mol% or less is more preferable. 【0046】更に本発明のポリエチレンテレフタレートには、上記芳香族ジカルボン酸以外に、30モル%未満の脂肪族ジカルボン酸成分を共重合することができる。 The polyethylene terephthalate of the present invention may further, in addition to the aromatic dicarboxylic acids can be copolymerized with aliphatic dicarboxylic acid components of less than 30 mol%.
その具体例として、アジピン酸、セバシン酸、アゼライン酸、ドデカン二酸、1,3−シクロヘキサンジカルボン酸、1,4−シクロヘキサンジカルボン酸等があげられる。 Specific examples thereof include adipic acid, sebacic acid, azelaic acid, dodecanedioic acid, 1,3-cyclohexanedicarboxylic acid, and 1,4-cyclohexanedicarboxylic acid. 【0047】また本発明のポリエチレンテレフタレートはエチレングリコール以外のジオール成分を共重合成分として含むものでもよい。 [0047] Polyethylene terephthalate of the present invention may be those containing diol component other than ethylene glycol as copolymerizable components. 他のジオール成分としては例えばエチレングリコール、ジエチレングリコール、1, Other diol components such as ethylene glycol, diethylene glycol, 1,
2−プロピレングリコール、1,3−プロパンジオール、2,2−ジメチル−1,3−プロパンジオール、トランス−または−2,2,4,4−テトラメチル−1, 2-propylene glycol, 1,3-propanediol, 2,2-dimethyl-1,3-propanediol, trans - or 2,2,4,4-tetramethyl-1,
3−シクロブタンジオール、1,4−ブタンジオール、 3-cyclobutanediol, 1,4-butanediol,
ネオペンチルグリコール、1,5−ペンタンジオール、 Neopentyl glycol, 1,5-pentanediol,
1,6−ヘキサンジオール、1,4−シクロヘキサンジメタノール、1,3−シクロヘキサンジメタノール、デカメチレングリコール、シクロヘキサンジオール、p− 1,6-hexanediol, 1,4-cyclohexanedimethanol, 1,3-cyclohexanedimethanol, decamethylene glycol, cyclohexanediol, p-
キシレンジオール、ビスフェノールA、テトラブロモビスフェノールA、テトラブロモビスフェノールA−ビス(2−ヒドロキシエチルエーテル)などを挙げることができる。 Xylene diol, bisphenol A, tetrabromobisphenol A, tetrabromobisphenol A- bis (2-hydroxyethyl ether) and the like. これらは単独でも、2種以上を混合して使用することができる。 It alone, may be used by mixing two or more kinds. 【0048】更にジオール成分としてわずかにポリエチレングリコールを共重合したポリエチレンテレフタレートも使用できる。 [0048] Moreover the polyethylene terephthalate slightly copolymerized polyethylene glycol as the diol component may be used. ポリエチレングリコールの分子量としては150〜6,000の範囲が好ましい。 The molecular weight of the polyethylene glycol preferably in the range of 150~6,000. 【0049】ポリエチレングリコール成分の組成割合としては、ジオール成分100重量%中、5重量%以下が好ましく、3重量%以下がより好ましく、2重量%以下が更に好ましい。 [0049] As the composition ratio of the polyethylene glycol component, the diol component 100 wt%, preferably 5 wt% or less, more preferably 3 wt% or less, 2 wt% or less is more preferable. 一方下限としては、0.5重量%以上が好ましく、1重量%以上がより好ましい。 Meanwhile the lower limit, preferably not less than 0.5 wt%, 1 wt% or more is more preferable. 【0050】更にポリエチレンテレフタレート中には、 [0050] and more in the polyethylene terephthalate,
通常重合時の副反応生成物としてジオール成分100モル%中、約0.5モル%以上のジエチレングリコール成分が含まれているが、かかるジエチレングリコール成分は6モル%以下が好ましく、5モル%以下が更に好ましい。 Diol component 100 mol% as a side reaction product of the normal polymerization, contains about 0.5 mole% or more of diethylene glycol component, such diethylene glycol component is preferably 6 mol% or less, further 5 mol% or less preferable. 【0051】本発明のポリエチレンテレフタレートにおいて、テレフタル酸成分の一部をイソフタル酸成分としたポリエチレンテレフタレート/イソフタレート共重合体(以下、TA/IA共重合体と略称することがある。)を構成するジカルボン酸成分のテレフタル酸とイソフタル酸の割合は、全ジカルボン酸成分を100モル%としたとき、テレフタル酸が70〜99.9モル%、 [0051] In the polyethylene terephthalate of the present invention, constituting a polyethylene terephthalate / isophthalate copolymer part of the terephthalic acid component and isophthalic acid component (hereinafter, sometimes abbreviated as TA / IA copolymer.) the proportion of terephthalic acid and isophthalic acid in the dicarboxylic acid component, is taken as 100 mol% of total dicarboxylic acid components, terephthalic acid 70 to 99.9 mole%,
好ましくは75〜99モル%、更に好ましくは80〜9 Preferably 75 to 99 mol%, more preferably 80-9
9モル%である。 9 is a mol%. また、イソフタル酸は0.1〜30モル%、好ましくは1〜25モル%、更に好ましくは1〜 Moreover, isophthalic acid 0.1-30 mol%, preferably from 1 to 25 mol%, more preferably 1 to
20モル%である。 Is 20 mol%. 【0052】更にこのTA/IA共重合体には、テレフタル酸とイソフタル酸以外の、ナフタレンジカルボン酸等前記の芳香族ジカルボン酸を10モル%以下、好ましくは5モル%以下、またアジピン酸等の前記の脂肪族ジカルボン酸を5モル%以下、好ましくは3モル%以下共重合することが可能であるが、ジカルボン酸成分がテレフタル酸とイソフタル酸のみからなるものが最も好ましい。 [0052] Further to this TA / IA copolymers, other than terephthalic acid and isophthalic acid, 10 mole% of aromatic dicarboxylic acids such as naphthalene dicarboxylic acid the less, preferably 5 mol% or less, also such as adipic acid the 5 mole% of aliphatic dicarboxylic acids or less, preferably it is possible to copolymerize the following 3 mol%, which the dicarboxylic acid component is composed of only terephthalic acid and isophthalic acid are most preferred. また、TA/IA共重合体におけるジオール成分としてエチレングリコール単独が最も好ましいが、エチレングリコール以外のジオール成分を共重合することも可能である。 Although ethylene glycol alone is most preferred as the diol component in the TA / IA copolymer, it is also possible to copolymerize the diol component other than ethylene glycol. 【0053】本発明のポリエチレンテレフタレートにおいてエチレングリコール成分の一部をネオペンチルグリコール成分としたポリエチレン/ネオペンチルテレフタレート共重合体(以下、EG/NPG共重合体と略称することがある。)を構成するジオール成分のエチレングリコールとネオペンチルグリコールの割合は、全ジオール酸成分100モル%とした時にエチレングリコールが90〜99モル%、好ましくは95〜99モル%、更に好ましくは97〜99モル%である。 [0053] Some of the ethylene glycol component in polyethylene terephthalate neopentyl glycol component and polyethylene / neopentyl Rutere terephthalate copolymer of the present invention (hereinafter, sometimes abbreviated as EG / NPG copolymer.) Constituting the ratio of ethylene glycol and neopentyl glycol diol component are ethylene glycol when the component 100 mol% total diol acid 90 to 99 mol%, preferably 95 to 99 mol%, more preferably 97-99 mol% . また、ネオペンチルグリコールは1〜10モル%、好ましくは1〜8モル%、更に好ましくは1〜5モル%である。 Further, it neopentyl glycol 10 mol%, preferably 1-8 mol%, more preferably 1 to 5 mol%. またエチレングリコールとネオペンチルグリコール以外のジオール成分を共重合することも可能である。 It is also possible to copolymerize the diol component other than ethylene glycol and neopentyl glycol. 【0054】このEG/NPG共重合体には、テレフタル酸以外のイソフタル酸やナフタレンジカルボン酸等、 [0054] The EG / NPG copolymer, such as isophthalic acid and naphthalene dicarboxylic acids other than terephthalic acid,
前記の芳香族ジカルボン酸を10モル%以下、好ましくは5モル%以下、またアジピン酸等の前記の脂肪族ジカルボン酸を5モル%以下、好ましくは3モル%以下共重合することが可能であるが、ジカルボン酸成分がテレフタル酸単独のものが最も好ましい。 The 10 mole% of aromatic dicarboxylic acids or less, preferably capable of 5 mol% or less, also following the 5 mole% of an aliphatic dicarboxylic acid such as adipic acid, preferably copolymerized than 3 mol% but it is most preferred dicarboxylic acid component alone terephthalic acid. また脂肪族ジカルボン酸を共重合することも可能である。 It is also possible to copolymerize aliphatic dicarboxylic acids. 【0055】本発明に使用されるポリエチレンテレフタレートの製造方法については、常法に従い、チタン、ゲルマニウム、アンチモン等を含有する重縮合触媒の存在下に、加熱しながらジカルボン酸成分と前記ジオール成分とを重合させ、副生する水または低級アルコールを系外に排出することにより行われる。 [0055] The method for producing polyethylene terephthalate for use in the present invention, according to a conventional method, titanium, germanium, in the presence of a polycondensation catalyst containing antimony, while heating a dicarboxylic acid component and the diol component It is polymerized, a byproduct water or a lower alcohol is performed by discharging out of the system. 例えば、ゲルマニウム系重合触媒としては、ゲルマニウムの酸化物、水酸化物、ハロゲン化物、アルコラート、フェノラート等が例示でき、更に具体的には、二酸化ゲルマニウム、水酸化ゲルマニウム、四塩化ゲルマニウム、テトラメトキシゲルマニウム等が例示される。 For example, as the germanium-based polymerization catalyst, oxides of germanium, hydroxides, halides, can be exemplified alcoholates, phenolates and the like, and more specifically, germanium dioxide, germanium hydroxide, germanium tetrachloride, tetramethoxysilane germanium There are exemplified. またその他、三酸化アンチモン等の非溶性触媒が例示される。 The other, non-soluble catalyst such as antimony trioxide and the like. 【0056】また本発明では、従来公知の重縮合の前段階であるエステル交換反応において使用される、マンガン、亜鉛、カルシウム、マグネシウム等の化合物を併せて使用でき、およびエステル交換反応終了後にリン酸または亜リン酸の化合物等により、かかる触媒を失活させて重縮合することも可能である。 [0056] Also in the present invention is used in the transesterification reaction is a conventional pre-stage of the polycondensation, manganese, zinc, calcium, it can be used in conjunction with compounds such as magnesium, and transesterification phosphoric acid after completion of the reaction or a compound such as phosphorous acid, it is also possible to polycondensation to inactivate such catalyst. ポリエチレンテレフタレートの製造方法は、バッチ式、連続重合式のいずれの方法をとることも可能である。 Manufacturing method of polyethylene terephthalate, batch, it is also possible to take any of the methods of continuous polymerization type. 【0057】本発明のB成分であるポリエチレンテレフタレートは、更に次の条件を満足するものである。 [0057] Polyethylene terephthalate is a B component of the present invention further satisfies the following condition. すなわち本発明のB成分は(i)重量平均分子量(Mw)と数平均分子量(Mn)との比(Mw/Mn)が2.2〜 That component B of the present invention is (i) a weight average molecular weight (Mw) to number average molecular weight (Mn) of the ratio of the (Mw / Mn) 2.2~
10、(ii)末端カルボキシル基量が15〜100e 10, (ii) the amount of terminal carboxyl groups 15~100e
q/ton、並びに(iii)o−クロロフェノールを溶媒として35℃で測定した固有粘度が0.4〜1.0 q / ton, and (iii) intrinsic viscosity measured at 35 ° C. The o- chlorophenol as a solvent is 0.4 to 1.0
の範囲であるポリエチレンテレフタレートである。 Polyethylene terephthalate in the range of. 【0058】上記条件(i)において好ましくはMw/ [0058] Preferably, in the above conditions (i) Mw /
Mnが2.4〜8であり、3〜6が更に好ましい。 Mn of 2.4 to 8, 3 to 6 is more preferable. Mw Mw
/Mnが2.2〜10の範囲を外れると衝撃強度の点で劣るようになる。 / Mn is inferior in terms of outside the impact strength of the range of 2.2 to 10. 【0059】上記条件(ii)において好ましくは末端カルボキシル基量が15〜70eq/tonであり、より好ましくは15〜50eq/tonであり、更に好ましくは15〜40eq/tonである。 [0059] Preferably the amount of terminal carboxyl groups in the above-mentioned conditional (ii) is 15~70eq / ton, more preferably 15~50eq / ton, more preferably from 15~40eq / ton. 末端カルボキシル基量が15eq/ton未満の場合は良好な衝撃強度、剛性、耐熱性、および外観が得られにくく、100 Good impact strength when the amount of terminal carboxyl groups is less than 15 eq / ton, rigidity, heat resistance, and hardly to obtain appearance, 100
eq/tonを超える場合には熱安定性が不十分となりやすい。 Thermal stability tends to be insufficient in the case of more than eq / ton. 【0060】上記条件(iii)において好ましくはo [0060] Preferably, in the above conditions (iii) o
−クロロフェノールを溶媒として35℃で測定した固有粘度が0.5〜0.8であり、より好ましくは0.6〜 - intrinsic viscosity chlorophenol measured at 35 ° C. as a solvent is 0.5 to 0.8, more preferably 0.6 to
0.75であり、更に好ましくは0.65〜0.75である。 0.75, more preferably from 0.65 to 0.75. かかる範囲内の場合に良好な衝撃強度、剛性、および耐熱性が達成される。 Good impact strength when in this range, stiffness, and heat resistance are achieved. 【0061】通常ポリエチレンテレフタレートの固有粘度が低いほど、PC/PETアロイの衝撃強度等が低下しやすく、一方では分子の可動性が高くなるため結晶化にはある程度有利に働く。 [0061] the more usual lower intrinsic viscosity polyethylene terephthalate, PC / PET impact strength alloy or the like tends to decrease, while the work somewhat advantageous in crystallization since mobility is high in the molecule. しかしながら本発明においては分子量分布をある程度広げることにより衝撃強度の低下を補っていると考えられる。 However, in the present invention it is considered to compensate for the decrease of impact strength by increasing the molecular weight distribution to some extent. すなわち分子量分布Mw That molecular weight distribution Mw
/Mnと固有粘度の間にも好ましい関係があり、本発明においては、Mw/Mnの値と固有粘度の値との積が1.5〜3であることが好ましく、1.6〜2.7であることがより好ましく、1.6〜2.5であることが更に好ましい。 / Mn and have preferred relationship also between the intrinsic viscosities, in the present invention, it is preferable that the product of the values ​​of the intrinsic viscosity of Mw / Mn is from 1.5 to 3, 1.6 to 2. more preferably 7, more preferably 1.6 to 2.5. 【0062】尚、上記条件(i)のMw/Mnの算出は次のGPC(ゲルパーミエーションクロマトグラフィー)法により行う。 [0062] The calculation of Mw / Mn of the condition (i) is carried out by the following GPC (gel permeation chromatography). すなわち温度23℃、相対湿度50 That is, the temperature 23 ° C., a relative humidity of 50
%の清浄な空気の環境下に置かれたGPC測定装置を用い、カラムとしてポリマーラボラトリーズ社製MIXE % Clean by GPC measurement device placed under the environment of air, manufactured by Polymer Laboratories MIXE as column
D−C(長さ300mm、内径7.5mm)、移動相としてクロロホルム、標準物質としてポリマーラボラトリーズ社製イージーキャルPS−2、及び検出器としてU D-C (length 300 mm, internal diameter 7.5 mm), chloroform as a mobile phase, U as a standard substance manufactured by Polymer Laboratories Easy Cal PS-2, and as a detector
V検出器(波長254nm)を用い、展開溶媒としてクロロホルムを使用し、ポリエチレンテレフタレート試料を一旦クロロホルム:ヘキサフルオロイソプロパノール=1:1(vol)混合溶液に溶解後、クロロホルムで希釈した濃度0.3mg/mlの溶液をGPC測定装置に100μlに注入し、カラム温度35℃及び流量1m Using V detector (wavelength 254 nm), using chloroform as the developing solvent, once chloroform polyethylene terephthalate sample: hexafluoroisopropanol = 1: 1 (vol) was dissolved in a mixed solution was diluted with chloroform concentration 0.3 mg / poured into 100 [mu] l ml of the solution to GPC measurement apparatus, column temperature 35 ° C. and the flow rate 1m
l/minの条件によりGPC測定を行い、試料の数平均分子量(Mn)、重量平均分子量(Mw)およびMw Performed GPC measurement under the conditions of l / min, the number average molecular weight of the sample (Mn), weight average molecular weight (Mw) and Mw
/Mnを算出する。 / Mn is calculated. 【0063】本発明の樹脂組成物は上記(i)〜(ii [0063] The resin composition of the present invention the above (i) ~ (ii
i)の条件を満足するポリエチレンテレフタレートと、 And polyethylene terephthalate which satisfies the condition of i),
特に特定条件を満足するポリカーボネートとを特定割合で混合することにより、良好な衝撃強度、剛性、耐熱性が達成される。 Particularly, by mixing the polycarbonate satisfying the specific condition in a specific ratio, excellent impact strength, rigidity, heat resistance is achieved. 上記(iii)の条件を満足した上において、上記(i)の条件は樹脂溶融時の分子の可動性と樹脂固化時の樹脂の強度を両立するのに有効な作用をすると考えられ、上記(ii)の条件は芳香族ポリカーボネートとポリエチレンテレフタレートとの間の適切な親和性を与え良好な分散性を得るのに有効な作用をするものと考えられる。 In on satisfying the above condition (iii), the above condition (i) is considered a beneficial effect to both the strength of the resin of mobility and during resin solidification molecules during resin melting, the ( condition ii) is thought to make an effective action to obtain good dispersibility provide adequate affinity between the aromatic polycarbonate and polyethylene terephthalate. これらの条件が共に満足されることにより、条件(i)による効果が条件(ii)による効果によって、より良好に発現すると考えられる。 By these conditions are satisfied together, the effect of condition (i) is the effect of the condition (ii), believed to express better. 【0064】更に本発明において重要なことは、上記条件(i)〜(iii)を満足するポリエチレンテレフタレートが、再生ポリエチレンテレフタレート樹脂において得られる点にある。 [0064] What is important in the present invention further include polyethylene terephthalate which satisfies the above conditions (i) ~ (iii) is in the point obtained in recycled polyethylene terephthalate resin. これはかかる再生樹脂の更なる有効活用を可能とする。 This allows for further effective use of such recycled resin. 【0065】再生ポリエチレンテレフタレート樹脂は、 [0065] recycled polyethylene terephthalate resin,
種々のポリエチレンテレフタレート樹脂製品から再生されたものであり、2種以上の製品が混在した状態から再生されたものでも構わない。 Has been reproduced from a variety of polyethylene terephthalate resin products, may be one of two or more products are reproduced from mixed state. かかる樹脂製品としては、 As such a resin product,
容器、フィルム、シート、繊維などが主として挙げられるが、より好適なものは容器、すなわちPETボトルである。 Containers, films, sheets, and the like fibers include primarily, more preferred are containers, that is, PET bottles. その利点は比較的製品使用期間が短期な場合が多く、再生樹脂の品質が安定し易く、また異物の混入をさけることが比較的容易な点にある。 The advantage is relatively If the product use period is short is large and easy quality recycled resin is stable, also it is a relatively easy point to avoid the contamination of foreign substances. 【0066】かかる再生ポリエチレンテレフタレート樹脂の態様として具体的には例えば、PETボトルを(1)粉砕し、(2)洗浄し、(3)脱水・乾燥し、 [0066] Specifically, as an embodiment of such a recycled polyethylene terephthalate resin for example, a PET bottle (1) was ground, (2) washing, (3) dehydrating and drying,
(4)熱溶融させてペレット状にしたものが挙げられる。 (4) include is thermally melted those into pellets. 当然(1)の粉砕のみを行ったもの、(2)の洗浄まで行ったもの、または(3)の乾燥まで行ったものも使用可能である。 Naturally (1) which only went grinding, can also be used having been subjected to the drying of those went to wash (2), or (3). 尚、洗浄後に粉砕を行うことも可能である。 It is also possible to carry out grinding after washing. また得られる樹脂組成物の熱安定性の点に配慮すれば、再生ポリエチレンテレフタレート樹脂中に水分を含有した状態で溶融加工を行うことは好ましくなく、洗浄工程を介した樹脂においては少なくとも芳香族ポリカーボネートとの混合前に乾燥処理を行うことが好ましい。 Further, if considering the point of thermal stability of the resulting resin composition, it is not preferable to perform the melt processing in a state of containing moisture in the recycled polyethylene terephthalate resin, the resin through a washing step of at least an aromatic polycarbonate it is preferable to perform a drying treatment prior to mixing with the. また再生ポリエチレンテレフタレート樹脂としては、製品の不適合品、スプルー、またはランナーなどから得られた粉砕品またはそれらを溶融して得たペレットなども使用可能である。 As also recycled polyethylene terephthalate resin, nonconforming products products, sprue or pulverized product obtained from such a runner or the like thereof were obtained by melting the pellets, it can be used. 【0067】再生ポリエチレンテレフタレート樹脂としては、回収された使用済のポリエチレンテレフタレート樹脂を解重合し、原料に近い段階から再度ポリエチレンテレフレタート樹脂を製造する技術も既に広く知られている。 [0067] The recycled polyethylene terephthalate resin, polyethylene terephthalate resin of the recovered spent depolymerized, techniques for fabricating again polyethyleneterephthalate letter preparative resin from close stage raw material is also already known. しかしながらかかるポリエチレンテレフタレート樹脂の場合は通常のバージン原料に近い特性を有する。 However having characteristics close to normal virgin raw material in the case of such a polyethylene terephthalate resin.
したがって本発明においてより好適なB成分としては使用済みのポリエチレンテレフタレート製品を解重合の工程を経ることなく再生したポリエチレンテレフタレート樹脂を挙げることができる。 Thus a more preferred component B in the present invention and polyethylene terephthalate resin was regenerated without going through the depolymerization of polyethylene terephthalate products spent process. 更にバージン原料のポリエチレンテレフタレートと再生ポリエチレンテレフタレート樹脂とを混合して使用することも可能である。 Furthermore it is also possible to use a mixture of polyethylene terephthalate virgin materials and recycled polyethylene terephthalate resin. 【0068】上記A成分とB成分との組成割合は、A成分10〜95重量部およびB成分5〜90重量部の合計100重量部である。 [0068] The composition ratio between the A component and the B component is a total of 100 parts by weight of 10 to 95 parts by weight of component B 5 to 90 parts by weight A component. 好ましくは2成分の合計100重量部当り、A成分の下限は30重量部以上、より好ましくは50重量部以上、更に好ましくは60重量部以上である。 Preferably the total 100 parts by weight per 2 component, the lower limit of the A component is 30 parts by weight or more, more preferably 50 parts by weight or more, further preferably 60 parts by weight or more. 一方B成分の上限は好ましくは70重量部以下、 On the other hand, the upper limit of the B component is preferably not more than 70 parts by weight,
より好ましくは50重量部以下、更に好ましくは40重量部以下である。 More preferably 50 parts by weight or less, even more preferably not more than 40 parts by weight. 殊にA成分の割合が50重量部以上(B成分の割合が50重量部以下)である場合には本発明はより有効な効果を発揮する。 In particular the proportion of component A is 50 parts by weight or more (the ratio of the B component is 50 or less parts by weight) The present invention when it is to exert a more effective effect. すなわち、本発明のより好適な態様としてA成分50〜95重量部、および上記B成分5〜50重量部の合計100重量部からなる熱可塑性樹脂組成物を挙げることができる。 In other words, it is possible to include more preferred A components 50 to 95 parts by weight as embodiments, and the thermoplastic resin composition comprising 100 parts by weight in total of the component B 5 to 50 parts by weight of the present invention. 【0069】本発明の熱可塑性樹脂組成物は、更に良好な衝撃強度を得るために、C成分として衝撃改質剤を含むことが好適である。 [0069] The thermoplastic resin composition of the present invention, in order to obtain better impact strength, it is preferable to include an impact modifier as component C. 一方で本発明の樹脂組成物は剛性、耐熱性が良好であるため、衝撃改質剤によるこれら特性の低下を補うことができる。 On the other hand the resin composition of the present invention is rigid, since the heat resistance is good, it is possible to compensate for the decrease of these properties due to the impact modifier. 【0070】衝撃改質剤としては各種の弾性重合体を挙げることができる。 [0070] The impact modifier may be mentioned various elastic polymers. ここで弾性重合体とは、ガラス転移温度が10℃以下、好ましくは−10℃以下、より好ましくは−30℃以下であるゴム成分と、該ゴム成分と共重合可能な単量体成分とを共重合した重合体をいう。 Here, the elastic polymer has a glass transition temperature of 10 ° C. or less, preferably -10 ° C. or less, a rubber component and more preferably -30 ° C. or less, and the rubber component and a copolymerizable monomer component It refers to a co-polymerized polymer. ゴム成分としては、ポリブタジエン、ポリイソプレン、ジエン系共重合体(例えば、スチレン・ブタジエンのランダム共重合体およびブロック共重合体、アクリロニトリル・ブタジエン共重合体、並びにアクリル・ブタジエンゴム(アクリル酸アルキルエステルまたはメタクリル酸アルキルエステルおよびブタジエンの共重合体)など)、エチレンとα−オレフィンとの共重合体(例えば、エチレン・プロピレンランダム共重合体およびブロック共重合体、エチレン・ブテンのランダム共重合体およびブロック共重合体など)、エチレンと不飽和カルボン酸エステルとの共重合体(例えばエチレン・メタクリレート共重合体、およびエチレン・ブチルアクリレート共重合体など)、エチレンと脂肪族ビニルとの共重合体(例えば、エチレン・ As the rubber component, polybutadiene, polyisoprene, diene copolymers (e.g., random copolymer and block copolymer of styrene-butadiene, acrylonitrile-butadiene copolymer, and acrylic-butadiene rubber (acrylic acid alkyl esters or copolymers of alkyl methacrylate and butadiene), etc.), copolymers of ethylene and α- olefin (e.g., ethylene-propylene random copolymer and block copolymer, a random copolymer of ethylene-butene and block copolymer, etc.), copolymers of ethylene and unsaturated carboxylic acid esters (such as ethylene-methacrylate copolymer, and ethylene-butyl acrylate copolymer), copolymers of ethylene and aliphatic vinyl (e.g. ,ethylene· 酸ビニル共重合体など)、エチレンとプロピレンと非共役ジエンターポリマー(例えば、エチレン・プロピレン・ヘキサジエン共重合体など)、アクリルゴム(例えば、ポリブチルアクリレート、ポリ(2−エチルヘキシルアクリレート)、およびブチルアクリレートと2−エチルヘキシルアクリレートとの共重合体など)、並びにシリコーン系ゴム(例えば、ポリオルガノシロキサンゴム、ポリオルガノシロキサンゴム成分とポリアルキル(メタ)アクリレートゴム成分とからなるIPN型ゴム;すなわち2つのゴム成分が分離できないように相互に絡み合った構造を有しているゴム、およびポリオルガノシロキサンゴム成分とポリイソブチレンゴム成分からなるIPN型ゴムなど)が挙げられる。 Acid vinyl copolymer), ethylene, propylene and non-conjugated diene terpolymer (e.g., ethylene-propylene-hexadiene copolymer), acrylic rubbers (e.g., polybutyl acrylate, poly (2-ethylhexyl acrylate), and butyl and copolymers of acrylate and 2-ethylhexyl acrylate), and silicone rubber (e.g., a polyorganosiloxane rubber, polyorganosiloxane rubber component and the polyalkyl (meth) consisting of acrylate rubber component IPN type rubber; that two rubber the rubber component has a mutually entangled structure inseparably, and a polyorganosiloxane rubber component and a polyisobutylene rubber component IPN type rubber and the like). 【0071】かかるゴム成分に共重合される単量体成分としては、芳香族ビニル化合物、シアン化ビニル化合物、(メタ)アクリル酸エステル化合物、(メタ)アクリル酸化合物などが好適に挙げられる。 [0071] As the monomer component to be copolymerized in such a rubber component, an aromatic vinyl compound, vinyl cyanide compound, (meth) acrylic acid ester compound include suitably and (meth) acrylic acid compound. その他の単量体成分としては、グリシジルメタクリレートなどのエポキシ基含有メタクリル酸エステル、マレイミド、N−メチルマレイミド、N−フェニルマレイミドなどのマレイミド系単量体、アクリル酸、メタクリル酸、マレイン酸、 Such other monomer components, an epoxy group-containing methacrylic acid esters such as glycidyl methacrylate, maleimide, N- methyl maleimide, maleimide monomers such as N- phenyl maleimide, acrylic acid, methacrylic acid, maleic acid,
無水マレイン酸、フタル酸、イタコン酸などのα,β− Maleic acid anhydride, phthalic acid, alpha, such as itaconic acid, beta-
不飽和カルボン酸およびその無水物等を挙げることができる。 It can be mentioned unsaturated carboxylic acids and their anhydrides. 【0072】より具体的には、SB(スチレン−ブタジエン)重合体、ABS(アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン)重合体、MBS(メチルメタクリレート− [0072] More specifically, SB (styrene - butadiene) polymer, ABS (acrylonitrile - butadiene - styrene) polymer, MBS (methyl methacrylate -
ブタジエン−スチレン)重合体、MABS(メチルメタクリレート−アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン)重合体、MB(メチルメタクリレート−ブタジエン)重合体、ASA(アクリロニトリル−スチレン−アクリルゴム)重合体、AES(アクリロニトリル−エチレンプロピレンゴム−スチレン)重合体、MA(メチルメタクリレート−アクリルゴム)重合体、MAS(メチルメタクリレート−アクリルゴム−スチレン)重合体、 Butadiene - styrene) polymer, MABS (methyl methacrylate - acrylonitrile - butadiene - styrene) polymer, MB (methyl methacrylate - butadiene) polymer, ASA (acrylonitrile - styrene - acrylic rubber) polymer, AES (acrylonitrile - ethylene-propylene rubber - styrene) polymer, MA (methyl methacrylate - acrylic rubber) polymer, MAS (methyl methacrylate - acrylic rubber - styrene) polymer,
メチルメタクリレート−アクリル・ブタジエンゴム共重合体、メチルメタクリレート−アクリル・ブタジエンゴム−スチレン共重合体、メチルメタクリレート−(アクリル・シリコーンIPNゴム)重合体などを挙げることができる。 Methyl methacrylate - acrylic-butadiene rubber copolymer, methyl methacrylate - acrylic-butadiene rubber - styrene copolymer, methyl methacrylate - and the like (acrylic silicone IPN rubber) polymer. 【0073】その他弾性重合体としては、スチレン系熱可塑性エラストマー、オレフィン系熱可塑性エラストマー、ポリウレタン系熱可塑性エラストマー、ポリエステル系熱可塑性エラストマー、ポリアミド系熱可塑性エラストマーなど各種の熱可塑性エラストマーが挙げられる。 [0073] Other elastic polymers, styrene-based thermoplastic elastomer, olefin-based thermoplastic elastomer, polyurethane thermoplastic elastomer, polyester thermoplastic elastomer include various thermoplastic elastomers such as polyamide thermoplastic elastomers. 【0074】上記弾性重合体中、ゴム成分の割合は5〜 [0074] In the elastic polymer, the proportion of the rubber component is 5 to
95重量%が好ましく、より好ましくは5〜85重量% Preferably 95 wt%, more preferably 5 to 85 wt%
である。 It is. 同様に熱可塑性エラストマーの場合ソフトセグメントの割合は5〜95重量%が好ましく、より好ましくは5〜85重量%である。 Ratio is preferably 5 to 95 wt% for the soft segment of the thermoplastic elastomer Similarly, more preferably from 5 to 85 wt%. 衝撃改質剤中のゴム成分またはソフトセグメントの割合が5〜40重量%の場合、 When the proportion of the rubber component or a soft segment in the impact modifier is 5 to 40 wt%,
衝撃改質剤の組成割合はA成分とB成分の合計100重量部に対し5〜50重量部が好ましく、10〜50重量部がより好ましく、10〜30重量部が更に好ましい。 The composition ratio of the impact modifier is preferably 5 to 50 parts by weight with respect to 100 parts by weight of the total of the components A and B, more preferably 10 to 50 parts by weight, more preferably 10 to 30 parts by weight.
衝撃改質剤中のゴム成分の割合が40重量%を超える場合には衝撃改質剤の組成割合はA成分とB成分の合計1 Total composition ratio of the impact modifier component A and the component B in the case where the proportion of the rubber component in the impact modifier is more than 40 wt% 1
00重量部に対し、0.1〜30重量部が好ましく、 00 parts by weight of, preferably 0.1 to 30 parts by weight,
0.5〜20重量部がより好ましく、1〜10重量部が更に好ましい。 More preferably 0.5 to 20 parts by weight, 1 to 10 parts by weight is more preferable. これらの組成割合では良好な剛性と衝撃強度との両立が得られる。 These composition ratios are obtained both with good stiffness and impact strength. 【0075】更にその他衝撃改質剤としては、ポリエチレン、ポリオルガノシロキサン、およびオレフィン類と不飽和カルボン酸エステルとの共重合体などを挙げることができる。 [0075] Still other impact modifiers, mention may be made of polyethylene, polyorganosiloxane, and copolymers of olefins and unsaturated carboxylic acid esters and the like. これらの衝撃改質剤における組成割合は、 The composition ratio of these impact modifiers,
A成分とB成分の合計100重量部に対し、0.1〜3 100 parts by weight of the total of components A and B, from 0.1 to 3
0重量部が好ましく、0.5〜20重量部がより好ましく、1〜10重量部が更に好ましい。 0 parts by weight, more preferably 0.5 to 20 parts by weight, 1 to 10 parts by weight is more preferable. 衝撃改質剤は単独での使用、および2種以上を組み合わせた使用のいずれも選択できる。 Impact modifiers used alone, and none of the combined use of two or more can be selected. 【0076】本発明では更にD成分として充填材を添加できる。 [0076] may be added a filler as further component D in the present invention. 本発明の熱可塑性樹脂組成物は衝撃強度が良好であるため、充填材の添加に伴う耐衝撃性の低下を補うことができる。 The thermoplastic resin composition of the present invention, since the impact strength is good, it is possible to compensate for the decrease in impact resistance due to the addition of the filler. 本発明で用いられる充填材としては特に限定されるものではないが、ガラス繊維(チョップドストランド)、炭素繊維、金属被覆炭素繊維、耐熱有機繊維、金属繊維、金属繊維、ワラストナイト、ゾノトライト、チタン酸カリウムウィスカー、ホウ酸アルミニウムウィスカー、塩基性硫酸マグネシウムウィスカー等の繊維状充填材、タルク、マイカ、ガラスフレーク、グラファイトフレーク等の板状充填材、ガラス短繊維(ミルドファイバー)、炭素短繊維、ガラスビーズ、ガラスバルーン、カオリン、クレー、炭酸カルシウム、酸化チタン等の粒子状充填剤を挙げることができる。 There are no particular restrictions on the filler used in the present invention, glass fiber (chopped strand), carbon fiber, metal-coated carbon fiber, heat-resistant organic fibers, metal fibers, metal fiber, wollastonite, xonotlite, titanium potassium whisker, aluminum borate whisker, basic fibrous fillers such as magnesium sulfate whisker, talc, mica, glass flake, platy fillers such as graphite flakes, glass wool (milled fiber), carbon short fiber, glass beads, and glass balloons, kaolin, clay, calcium carbonate, particulate fillers such as titanium oxide. 【0077】この場合耐熱性、剛性、機械強度等の観点からは、繊維状充填材が好ましい。 [0077] In this case the heat resistance, rigidity, from the viewpoint of mechanical strength, a fibrous filler is preferred. 殊に樹脂組成物中においてアスペクト比L/Dが2〜50の範囲を有し(L Particular aspect ratio L / D in the resin composition has a range of 2 to 50 (L
は数平均繊維長、Dは数平均繊維径)、数平均繊維長が100〜5000μmである繊維状充填材が好ましい。 The number average fiber length, D is the number-average fiber diameter), the fibrous filler the number average fiber length of 100~5000μm is preferred.
この場合、好適な添加量としては、1〜50重量%であり好ましくは5〜50重量%である。 In this case, the preferred amount is 1 to 50% by weight and preferably from 5 to 50 wt%. この場合に特に有用な充填材としてガラスファイバー、カーボンファイバーがあげられる。 Glass fiber, carbon fiber are mentioned as particularly useful filler in this case. 【0078】より外観、衝撃強度が必要とされる場合、 [0078] than the appearance, if the impact strength is required,
アスペクト比L/Dが2〜50の範囲を有し、数平均繊維長が0.3〜100μmの繊維状充填材がより好ましく用いられる。 The aspect ratio L / D has a range of 2 to 50, number average fiber length of the fibrous filler 0.3~100μm is more preferably used. この場合最適な添加量としては5〜60 As the case optimal amount 5-60
重量%であり、より好ましくは5〜40重量%である。 Percent by weight, more preferably 5 to 40 wt%.
殊にアスペクト比L/Dが2〜10であり、数平均繊維長が3〜10μmである繊維状充填材が好適に用いられる。 Particular aspect ratio L / D is 2-10, fibrous filler the number average fiber length of 3~10μm is suitably used. この場合の有用な充填材の例として珪灰石粉砕物(ワラストナイト)、ウイスカー等があげられ、特に好ましくは珪灰石粉砕物である。 Wollastonite pulverized Examples of useful fillers for this case (wollastonite) whiskers, and the like, particularly preferably wollastonite pulverized. 【0079】また、寸法安定性、とくに異方性の低減には板状充填材が好適に用いられる。 [0079] The dimensional stability, plate-like filler is preferably used in particular reduction of anisotropy. この場合、前記繊維状充填材と併用することにより耐熱性、剛性、機械的強度、衝撃強度、外観と異方性とのバランスをとることが可能である。 In this case, heat resistance be used in combination with the fibrous filler, rigidity, it is possible to take the mechanical strength, impact strength, and balance between the appearance and anisotropy. 【0080】板状充填材の平均粒子径は0.1〜400 [0080] The average particle diameter of the plate-like filler is 0.1 to 400
μmが好ましい。 μm is preferable. 平均粒子径が小さすぎる場合、充填材の十分な補強効果が得られず、平均粒子径が大きすぎる場合には外観が低下し、繊維状充填材を添加した場合と比較して、耐熱性、剛性、機械強度の改質効果も比較的低くなる。 When the average particle diameter is too small, sufficient reinforcing effect can not be obtained of the filler, the average appearance is reduced when the particle size is too large, as compared with the case of adding the fibrous filler, heat resistance, rigidity, modification effect of mechanical strength is relatively low. 【0081】本発明の熱可塑性樹脂組成物は更にE成分として難燃剤を含むことができる。 [0081] The thermoplastic resin composition of the present invention can further comprise a flame retardant as component E. 本発明の難燃剤としては、各種ホスフェート、ホスフェート、ホスホネート、ホスファイト、ホスホネート、ホスホニトリルに代表される有機リン化合物、無機酸のアルカリ(土類)金属塩、有機酸のアルカリ(土類)金属塩、有機ハロゲン化合物、赤リン、有機シロキサン、無機系リン酸塩、無機金属化合物の水和物などを挙げることができる。 The flame retardant of the present invention, various phosphates, phosphates, phosphonates, phosphites, phosphonates, organic phosphorus compounds such as phosphonitrilic, alkali inorganic acid (earth) metal salts, alkali organic acid (earth) metal salts, organic halogen compounds, red phosphorus, organic siloxane, inorganic phosphates, such as hydrates of inorganic metal compounds can be mentioned. 有機リン化合物においては特に1分子中に2個以上のリン原子を有する化合物が好適である。 It is particularly preferred compound having two or more phosphorus atoms in one molecule in the organic phosphorus compound. 【0082】有機リン化合物の好ましい態様として下記一般式(1)で表される1種または2種以上の化合物を挙げることができる。 [0082] can be exemplified one or two or more compounds represented by the following general formula In a preferred embodiment of the organic phosphorus compound (1). 【0083】 【化1】 [0083] [Formula 1] 【0084】(但し上記式中のYは、ハイドロキノン、 [0084] (wherein Y in the above formula, hydroquinone,
レゾルシノール、ビス(4−ヒドロキシジフェニル)メタン、ビスフェノールA、ジヒドロキシジフェニル、ジヒドロキシナフタレン、ビス(4−ヒドロキシフェニル)スルホン、ビス(4−ヒドロキシフェニル)ケトン、ビス(4−ヒドロキシフェニル)サルファイドから誘導されるものが挙げられ、j、k、l、mはそれぞれ独立して0または1であり、nは0〜5の整数であり、 Resorcinol, derived bis (4-hydroxydiphenyl) methane, bisphenol A, dihydroxydiphenyl, dihydroxynaphthalene, bis (4-hydroxyphenyl) sulfone, bis (4-hydroxyphenyl) ketone, a bis (4-hydroxyphenyl) sulfide those can be mentioned, j, k, l, m is 0 or 1 each independently, n is an integer of 0 to 5,
またはn数の異なるリン酸エステルの混合物の場合は0 Or when n number of different mixtures of phosphoric acid esters 0
〜5の平均値であり、R 1 、R 2 、R 3 、およびR 4はそれぞれ独立して1個以上のハロゲン原子を置換したもしくは置換していないフェノール、クレゾール、キシレノール、イソプロピルフェノール、ブチルフェノール、p− The average value of ~5, R 1, R 2, R 3, and R 4 are each independently one or more halogen atoms substituted or phenols which are not substituted, cresol, xylenol, isopropyl phenol, butyl phenol, p-
クミルフェノールから誘導されるものである。 Those derived from cumylphenol. ) この中で好ましくは、上記式中のYは、ハイドロキノン、レゾルシノール、ビスフェノールAから誘導されるものが挙げられ、j、k、l、mはそれぞれ1であり、 ) Is preferably in this, Y in the above formula, hydroquinone, resorcinol, include those derived from bisphenol A, j, k, l, m are each 1,
nは0〜3の整数であり、またはn数の異なるリン酸エステルのブレンドの場合は0〜3の平均値であり、 n is an integer of 0 to 3, or in the case of blends of n number of different phosphate esters is an average value of 0-3,
1 、R 2 、R 3 、およびR 4はそれぞれ独立して1個以上のハロゲン原子を置換したもしくは置換していないフェノール、クレゾール、キシレノールから誘導されるものである。 R 1, R 2, R 3, and R 4 are those derived independently one or more halogen atoms substituted or phenols which are not substituted, cresol, from xylenol. 【0085】更に、特に好ましくは、Yはレゾルシノール、ビスフェノールAから誘導されるものであり、j、 [0085] Further, particularly preferably, Y are those derived resorcinol, bisphenol A, j,
k、l、mはそれぞれ1であり、nは0または1であり、R k, l, m are each 1, n is 0 or 1, R 1 、R 2 、R 3 、およびR 4はそれぞれ独立してフェノールまたはキシレノールから誘導されるものである。 1, R 2, R 3, and R 4 are those derived independently from phenol or xylenol. 【0086】かかる有機リン化合物難燃剤の中でも、トリフェニルホスフェート、レゾルシノールビス(ジキシレニルホスフェート)およびビスフェノールAビス(ジフェニルホスフェート)が、難燃性および耐加水分解性が良好であるため好ましい。 [0086] Among the organic phosphorus compound flame retardants, triphenyl phosphate, resorcinol bis (magnetic Sile nil phosphate) and bisphenol A bis (diphenyl phosphate) are preferable because flame retardancy and hydrolysis resistance is excellent. 【0087】また好ましいホスホニトリル化合物として、フェノキシホスファゼンオリゴマーや環状フェノキシホスファゼンオリゴマーなどを挙げることができる。 [0087] Further preferred phosphonitrile compounds, such as phenoxyphosphazene oligomer and a cyclic phenoxyphosphazene oligomer can be exemplified. 【0088】本発明の無機酸のアルカリ(土類)金属塩におけるアルカリ金属としては、リチウム、ナトリウム、カリウム、セシウムなどが挙げられ、アルカリ(土類)金属としてはカルシウム、マグネシウム、バリウムなどが挙げられる。 [0088] As the alkali metal in the alkali metal or alkaline earth metal salt of an inorganic acid of the present invention include lithium, sodium, potassium, cesium and the like, calcium, magnesium, barium and the like exemplified as the alkaline (earth) metal It is. 一方無機酸としては、H 3 AlF 6 On the other hand, examples of the inorganic acids, H 3 AlF 6,
3 BF 6 、H 3 SbF 6 、H 2 TiF 6 、H 2 SiF 6 、H 3 H 3 BF 6, H 3 SbF 6, H 2 TiF 6, H 2 SiF 6, H 3
PO、H 2 ZrF 6 、H 2 WF 6 、HBF 4などが挙げられる。 PO, such as H 2 ZrF 6, H 2 WF 6, HBF 4 , and the like. 好ましい無機アルカリ金属塩または無機アルカリ土類金属塩としては、Na 3 AlF 6 、Ca 3 (AlF Preferred inorganic alkali metal salts or inorganic alkaline earth metal salts, Na 3 AlF 6, Ca 3 (AlF 6 ) 2が挙げられる。 6) 2, and the like. 【0089】本発明の有機酸のアルカリ(土類)金属塩におけるアルカリ金属としては、リチウム、ナトリウム、カリウム、セシウムなどが挙げられ、アルカリ(土類)金属としてはカルシウム、マグネシウム、バリウムなどが挙げられる。 [0089] alkali (earth) of the organic acid of the present invention as the alkali metal in the metal salts include lithium, sodium, potassium, cesium and the like, calcium, magnesium, barium and the like exemplified as the alkaline (earth) metal It is. 一方有機酸としては、有機酸としては、脂肪族スルホン酸、脂肪族硫酸エステル、芳香族スルホン酸、芳香族スルホンアミド、芳香族カルボン酸および脂肪族カルボン酸である。 On the other hand, examples of the organic acid, the organic acids, aliphatic sulfonic acids, aliphatic sulfuric acid esters, aromatic sulfonic acid, aromatic sulfonamides, aromatic carboxylic acids and aliphatic carboxylic acids. 具体例としては、メチルスルホン酸、ラウリル硫酸エステル、ヘキサデシル硫酸エステル、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル硫酸エステル、エチレングライコール、プロピレングライコール、ブタンジオールなどのモノまたはジ硫酸エステル、ペンタエリスリトールのモノ、ジ、トリまたはテトラ硫酸エステル、ステアリン酸モノグリセライドモノ硫酸エステル、1,3−ビス(2−エチルヘキシル)グリセリンエーテルモノ硫酸エステル、トリフルオロメタンスルホン酸、パーフルオロエタンスルホン酸、パーフルオロプロパンスルホン酸、パーフルオロブタンスルホン酸、パーフルオロメチルブタンスルホン酸、パーフルオロヘキサンスルホン酸、パーフルオロヘプタン Specific examples include methyl sulfonic acid, lauryl sulfate, hexadecyl sulfate, polyoxyethylene alkyl ether sulfuric acid ester, polyoxyethylene alkyl phenyl ether sulfate, ethylene of glycol, propylene of glycol, mono- or di-acid such as butanediol esters, mono pentaerythritol, di-, tri- or tetra-sulfuric acid ester, Monogu stearate Lise ride monosulfates, 1,3-bis (2-ethylhexyl) glycerol ether monosulfates, trifluoromethanesulfonic acid, perfluoroethane sulfonic acid, par fluoro propane sulfonic acid, perfluorobutane sulfonic acid, perfluoromethyl butane sulfonate, perfluorohexane sulfonate, perfluoroheptane ルホン酸、パーフルオロオクタンスルホン酸、ドデカンスルホン酸、ベンゼンスルホン酸、2,5−ジクロロベンゼンスルホン酸、2,4,6−トリクロロベンゼンスルホン酸、2,4,5−トリクロロベンゼンスルホン酸、ジフェニルスルホン−3−スルホン酸、ジフェニルスルホン−3,3'−ジスルホン酸、ナフタレントリスルホン酸、β−ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物、N− Sulfonic acid, perfluoro octane sulfonic acid, dodecane sulfonic acid, benzenesulfonic acid, 2,5-dichlorobenzene sulfonic acid, 2,4,6-trichlorobenzene sulfonic acid, 2,4,5-trichlorobenzene sulfonic acid, diphenyl sulfone 3-sulfonic acid, 3,3'-disulfonic acid, naphthalene tricarboxylic acid, beta-naphthalenesulfonic acid formalin condensate, N-
(p−トリルスルホニル)−p−トルエンスルホイミド、N−(N'−ベンジルアミノカルボニル)スルファニルイミド、およびN−(フェニルカルボキシル)スルファニルイミド、カプリル酸、ラウリル酸、安息香酸、 (P- tolyl sulfonyl)-p-toluenesulfonyl imide, N- (N'-benzylaminocarbonyl) sulfanyl Louis bromide, and N- (phenyl carboxyl) sulfanyl Louis bromide, caprylic acid, lauric acid, benzoic acid,
ナフトールカルボン酸、2,4,6−トリブロモ安息香酸などが挙げられる。 Naphthol carboxylic acid, 2,4,6-tribromo benzoate. 好ましい有機アルカリ金属塩または有機アルカリ土類金属塩としては、パーフルオロブタンスルホン酸カリウム、パーフルオロブタンスルホン酸ナトリウム、パーフルオロブタンスルホン酸カルシウム、パーフルオロブタンスルホン酸セシウム、ジフェニルスルホン−3−スルホン酸カリウム、ジフェニルスルホン−3,3'−ジスルホン酸カリウム、β−ナフタレンスルホン酸ナトリウムホルマリン縮合物、N−(p− Preferred organic alkali metal salt or an organic alkali earth metal salts, potassium perfluorobutane sulfonate, sodium perfluorobutane sulfonate, perfluoro butane sulfonic acid calcium, perfluorobutane sulfonic acid cesium diphenylsulfone-3-sulfonic acid potassium, potassium diphenylsulfone-3,3'-disulfonic acid, beta-naphthalenesulfonic acid, sodium formaldehyde condensate, N-(p-
トリルスルホニル)−p−トルエンスルホイミドカリウムが挙げられる。 Tolyl-sulfonyl)-p-toluenesulfonyl imide potassium. 【0090】有機ハロゲン化合物としては、例えばテトラブロモビスフェノールA(TBA)のカーボネートオリゴマー、デカブロモジフェニルエーテル、オクタブロモジフェニルエーテル、テトラブロモジフェニルエーテル、ヘキサブロモシクロドデカン、エチレンビステトラブロモフタルイミド、トリス(ペンタブロモベンジル) [0090] As the organic halogen compounds, for example carbonates oligomers of tetrabromobisphenol A (TBA), decabromodiphenyl ether, octabromodiphenyl ether, tetrabromo ether, hexabromocyclododecane, ethylene bistetrabromophthalimide, tris (pentabromobenzyl)
イソシアヌレート、ブロモ化ポリスチレン、TBAエポキシ樹脂、テトラブロモフェノール末端TBAエポキシ樹脂等が挙げられる。 Isocyanurate, brominated polystyrene, TBA epoxy resin, tetrabromo phenol terminated TBA epoxy resins. これらの中でも、テトラブロモビスフェノールAのカーボネートオリゴマーが好適である。 Among these, carbonates oligomers of tetrabromobisphenol A are preferred. 【0091】本発明の赤リンは、一般の赤リンの他に赤リン表面を熱硬化樹脂および/または無機材料を用いてマイクロカプセル化されている赤リンを挙げることができる。 [0091] Red phosphorus present invention, the red phosphorus surface can be mentioned red phosphorus is microencapsulated with a thermosetting resin and / or an inorganic material in addition to the ordinary red phosphorus. 更に安全性、作業性を良好とするためマスターペレット化したものが好ましく使用される。 Further safety, those master pellets for good workability are preferably used. 赤リンの平均粒径としては、1〜100μm、好ましくは1〜40μ The average particle diameter of red phosphorus, 1 to 100 [mu] m, preferably 1~40μ
mのものを挙げることができる。 Mention may be made of m. マイクロカプセル化した赤リン系難燃剤の市販品としては、ノーバエクセル1 Examples of commercially available microencapsulated red phosphorus-based flame retardant, Nova Excel 1
40、ノーバエクセルF−5(燐化学工業(株)製:商品名)、ヒシガードTP−10(日本化学工業(株) 40, Nova Excel F-5 (Rinkagakukogyo Co., Ltd.: trade name), Hishigado TP-10 (Nippon Chemical Industrial Co., Ltd.
製:商品名)、ホスタフラムRP614(クラリアント・ジャパン(株)製:商品名)などが挙げられる。 Ltd.: trade name), Hosutafuramu RP614 (Clariant Japan Co., Ltd.: trade name) and the like. 【0092】有機シロキサン難燃剤としては、下記一般式(2)で表わされる基本構造を有するものを挙げることができる。 [0092] As the organic siloxane flame retardants include those having a basic structure represented by the following general formula (2). 【0093】 【化2】 [0093] [Formula 2] 【0094】一般式(2)において、R 5 、R 6 、およびR 7はそれぞれ水素原子または炭素数1〜12の炭化水素基を示し、例えば炭素数1〜12のアルキル基、炭素数2〜12のアルケニル基、炭素数6〜12のアリール基、炭素数7〜12のアリールアルキル基などが挙げられる。 [0094] In the general formula (2), R 5, R 6, and R 7 each represent a hydrogen atom or a hydrocarbon group having 1 to 12 carbon atoms, an alkyl group having 1 to 12 carbon atoms, 2 carbon atoms 12 alkenyl group, an aryl group having 6 to 12 carbon atoms, and arylalkyl group having 7 to 12 carbon atoms. 5およびR 6のそれぞれの置換基はそれぞれ同一でも異なっていてもよい。 Each of the substituents R 5 and R 6 may each be the same or different. 8は、炭素数1〜4のアルキル基を示す。 R 8 represents an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms. 【0095】かかるアルキル基の具体例としてはメチル基、エチル基、n−プロピル基、n−プロピル基、イソプロピル基、各種ブチル基、各種ヘキシル基、シクロヘキシル基などが、アルケニル基の具体例としては、ビニル基、アリル基、シクロヘキセニル基などが、アリール基の具体例としては、フェニル基、ナフチル基、トリル基などが、アリールアルキル基の具体例としては、ベンジル基、β−フェネチル基、2−フェニルプロピル基などが挙げられる。 [0095] Such a methyl group Specific examples of the alkyl group, an ethyl group, n- propyl group, n- propyl group, an isopropyl group, various butyl groups, various hexyl groups, cyclohexyl groups, specific examples of alkenyl groups are , a vinyl group, an allyl group, cyclohexenyl group, specific examples of the aryl group, phenyl group, naphthyl group, tolyl group, specific examples of the aryl alkyl group, a benzyl group, beta-phenethyl group, 2 - such as phenylpropyl group. これらの中で、特にフェニル基、ビニル基およびメチル基がより有効な難燃性を発揮するため好ましく使用することができ、特にフェニル基を含有することが好ましい。 Among these, a phenyl group, can be preferably used for vinyl and methyl groups exert a more effective flame retardancy, it is particularly preferable to contain a phenyl group. かかるフェニル基は有機シロキサン中の有機基(R 5 、R 6 、R 7およびR 8 )のうち、少なくとも15モル%以上、好ましくは少なくとも20モル%、より好ましくは25〜90モル%、特に好ましくは25〜70モル%であることが好ましい。 Of this phenyl group of the organic group in the organosiloxane (R 5, R 6, R 7 and R 8), at least 15 mol%, preferably at least 20 mol%, more preferably 25 to 90 mol%, particularly preferably preferably is 25 to 70 mol%. 【0096】更にR 5 、R 6 、およびR 7のいずれかをフェノール性水酸基含有一価有機基とし、かかる有機シロキサン化合物をポリカーボネート樹脂と共重合させたものも使用することが可能である。 [0096] Moreover R 5, R 6, and any of R 7 and phenolic hydroxyl-functional monovalent organic group, such an organic siloxane compound can be also used those copolymerized with a polycarbonate resin. フェノール性水酸基含有一価有機基としては、例えば2−(o−ヒドロキシフェニル)エチル基、2−(p−ヒドロキシフェニル)エチル基、2−(m−ヒドロキシフェニル)エチル基、1 The phenolic hydroxyl-functional monovalent organic groups, for example 2-(o-hydroxyphenyl) ethyl group, 2-(p-hydroxyphenyl) ethyl group, 2-(m-hydroxyphenyl) ethyl group, 1
−(o−ヒドロキシフェニル)エチル基、1−(p−ヒドロキシフェニル)エチル基、1−(m−ヒドロキシフェニル)エチル基、3−(o−ヒドロキシフェニル)プロピル基、3−(p−ヒドロキシフェニル)プロピル基、3−(m−ヒドロキシフェニル)プロピル基、2− - (o-hydroxyphenyl) ethyl group, 1-(p-hydroxyphenyl) ethyl group, 1-(m-hydroxyphenyl) ethyl group, 3- (o-hydroxyphenyl) propyl group, 3- (p-hydroxyphenyl ) propyl group, 3- (m-hydroxyphenyl) propyl group, 2-
(o−ヒドロキシフェニル)プロピル基、2−(p−ヒドロキシフェニル)プロピル基、および2−(m−ヒドロキシフェニル)プロピル基などが挙げられる。 (O-hydroxyphenyl) propyl group, 2- (p-hydroxyphenyl) propyl group, and a 2-(m-hydroxyphenyl) propyl group. 【0097】一般式(2)におけるa、b、cおよびd [0097] a in the general formula (2), b, c and d
としては、0≦a≦0.75、0≦b≦1、0≦c≦ The, 0 ≦ a ≦ 0.75,0 ≦ b ≦ 1,0 ≦ c ≦
0.5、0≦d≦0.25および(a+b+c+d)= 0.5, 0 ≦ d ≦ 0.25 and (a + b + c + d) =
1の関係を満たすものである。 It satisfies a relationship. eとしては(a+b+c The e (a + b + c
+d)=1に対して、0≦e≦0.7を満たすものである。 Against + d) = 1, satisfies the 0 ≦ e ≦ 0.7. またcおよびdは同時に0ではない。 The c and d are not 0 at the same time. 更に0.5≦ Further 0.5 ≦
b≦0.9、0.1≦c≦0.5、かつ(b+c)が0.7以上であることが好ましい。 b ≦ 0.9,0.1 ≦ c ≦ 0.5 and, (b + c) is preferably not less than 0.7. また(a+b+c+ In addition (a + b + c +
d)=1に対して、0.1≦e≦0.5であることが好ましい。 Against d) = 1, it is preferable that 0.1 ≦ e ≦ 0.5. 【0098】更にかかる有機シロキサン化合物としては、25℃における動粘度が1〜10,000(×10 [0098] Yet according organosiloxane compound, the kinematic viscosity at 25 ℃ 1~10,000 (× 10
-62 /s=cSt(センチストークス))であることが好ましく、より好ましくは5〜1,000(×10 -6 Is preferably -6 m 2 / s = cSt (centistokes)), more preferably 5-1,000 (× 10 -6
2 /s)、更に好ましくは5〜300(×10 -62 m 2 / s), more preferably 5~300 (× 10 -6 m 2 /
s)、特に好ましくは5〜100(×10 -62 /s) s), particularly preferably 5~100 (× 10 -6 m 2 / s)
となるものである。 And it serves as a. 【0099】また難燃剤として、ポリリン酸アンモニウム塩のような無機リン酸塩を使用することができ、更に例えば水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム、ドロマイト、ハイドルタルサイト、水酸化カルシウム、水酸化バリウム、塩基性炭酸マグネシウム、水酸化ジルコニウムおよび酸化スズの水和物ような無機金属水酸化物を使用することができる。 [0099] As flame retardants, it is possible to use inorganic phosphate such as polyphosphate ammonium salt, such as aluminum hydroxide, magnesium hydroxide, dolomite, Hyde Rutaru site, calcium hydroxide, barium hydroxide, basic magnesium carbonate, may be used inorganic metal hydroxide such as hydrates of zirconium hydroxide and tin oxide. 【0100】その他難燃剤としては、ホウ酸亜鉛、メタホウ酸亜鉛、メタホウ酸バリウム、炭酸亜鉛、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、炭酸バリウム、酸化マグネシウム、酸化モリブデン、酸化ジルコニウム、酸化スズ、酸化アンチモンなどの無機系難燃剤を使用することができる。 [0100] Other flame retardants, zinc borate, zinc metaborate, barium metaborate, zinc carbonate, magnesium carbonate, calcium carbonate, barium carbonate, magnesium oxide, molybdenum oxide, zirconium oxide, tin oxide, inorganic antimony oxide it can be used system flame retardant. 【0101】難燃剤の組成割合は、その種類により好ましい範囲が異なる。 [0102] The composition ratio of the flame retardant, the preferred range varies depending on the type. 例えば、有機リン化合物および有機ハロゲン化合物においてはA成分およびB成分の合計1 For example, the sum of A and B components in an organic phosphorus compound and an organic halogen compound 1
00重量部当り0.5〜30重量部が好ましく、1〜2 0.5 to 30 parts by weight, preferably per 00 parts by weight, 1-2
5重量部がより好ましく、2〜20重量部が更に好ましい。 More preferably 5 parts by weight, more preferably 2 to 20 parts by weight. 有機酸のアルカリ(土類)金属塩においてはA成分およびB成分の合計100重量部当り0.0001〜1 Alkali organic acid (earth) total 100 parts by weight per A and B components in metal salt 0.0001
重量部が好ましく、0.001〜0.5重量部がより好ましく、0.003〜0.3重量部が更に好ましい。 It is preferred parts by weight, more preferably from 0.001 to 0.5 parts by weight, 0.003 to 0.3 parts by weight is more preferable. また有機シロキサン化合物においてはA成分およびB成分の合計100重量部当り0.1〜15重量部が好ましく、0.3〜10重量部がより好ましく、0.5〜5重量部が特に好ましい。 The preferred total 100 parts by weight per 0.1 to 15 parts by weight of components A and B in an organic siloxane compound, more preferably 0.3 to 10 parts by weight, particularly preferably 0.5 to 5 parts by weight. 尚、その他の難燃剤においても概してA成分およびB成分の合計100重量部当り0.1 Incidentally, a total of 100 parts by weight per generally A and B components in other flame retardants 0.1
〜30重量部の範囲とすることが好適である。 It is preferable in the range of 30 parts by weight. 【0102】本発明の熱可塑性樹脂組成物には、更にF [0102] The thermoplastic resin composition of the present invention further F
成分として溶融弾性効果改質剤を含むことができる。 It can include melt elasticity effect modifier as a component. 樹脂の溶融弾性の改良が必要な場合には該改質剤を含むことが好適である。 When improvement of the melt elasticity of the resin is required it is preferable to contain the modifying agent. 該改質剤による溶融弾性の改良効果としては、例えば燃焼中のドリップが防止による難燃性の向上、ブロー成形時のドローダウン性改良による偏肉の防止、ガスアシスト射出成形時の溶融弾性改良による偏肉の防止、およびベイラス効果による射出成形時のジェッティング防止などが挙げられる。 The effect of improving the melt elasticity by the modifying agent, for example improved flame retardancy by preventing dripping during combustion, prevention of uneven thickness due to drawdown improvement during blow molding, melt elasticity improving upon the gas-assisted injection molding prevention of uneven thickness due to, and the like jetting prevention during injection molding due Beiras effect. 【0103】かかる溶融弾性の改質効果は、基本的に高分子量のポリマーにより得られ、エチレン不飽和化合物のポリマーまたはコポリマーの場合には、その重量平均分子量が100万〜2000万、より好ましくは200 [0103] Such modification effect of melt elasticity is basically obtained by high molecular weight polymers, in the case of polymers or copolymers of ethylenically unsaturated compounds, the weight average molecular weight of 1,000,000 to 20,000,000, more preferably 200
万〜1000万のものが好適である。 10 million of those are preferred. エチレン不飽和化合物のポリマーまたはコポリマーとしては、ポリスチレン、ポリメチルメタクリレート、ポリ(アクリロニトリル−スチレン)コポリマー、およびポリテトラフルオロエチレンなどを代表的に挙げることができる。 The polymers or copolymers of ethylenically unsaturated compounds, polystyrene, polymethyl methacrylate, poly (acrylonitrile - styrene) copolymer, and polytetrafluoroethylene, and the like typically. 中でもポリテトラフルオロエチレンが好ましい。 Among them, polytetrafluoroethylene is preferable. これは緩和時間が長いほど効果を得る上で有利であり、そのためには軟化温度や融点が本発明の熱可塑性樹脂組成物の成形加工温度よりも高いものがより好ましいためである。 This is advantageous in relaxation time achieve the effect longer, because the softening temperature or melting point is because high is more preferable than the molding temperature of the thermoplastic resin composition of the present invention. 【0104】かかるポリテトラフルオロエチレン(以下単にPTFEと称することがある)は、通常フィブリル形成能を有するPTFEとして溶融滴下防止剤などに広く利用されている。 [0104] Such polytetrafluoroethylene (hereinafter simply referred to as PTFE) is widely used in such melt dripping preventing agent as PTFE having ordinary fibril-forming ability. かかるフィブリル形成能を有するP P with such fibril-forming ability
TFEの市販品としては例えば三井・デュポンフロロケミカル(株)のテフロン6J、ダイキン化学工業(株) Teflon 6J of, for example Du Pont-Mitsui Fluorochemicals as a commercial product of TFE (Ltd.), Daikin Chemical Industry Co., Ltd.
のポリフロンMPA FA500、F−201Lなどを挙げることができる。 , And the like of Polyflon MPA FA500, F-201L. PTFEの水性分散液の市販品としては、旭アイシーアイフロロポリマーズ(株)製のフルオンAD−1、AD−936、ダイキン工業(株)製のフルオンD−1、D−2、三井・デュポンフロロケミカル(株)製のテフロン30Jなどを代表として挙げることができる。 Examples of commercially available aqueous dispersion of PTFE, Asahi ICI Fluon AD-1 of Fluoropolymers Co., AD-936, Daikin Industries Ltd. Fluon D-1, D-2, DuPont-Mitsui Fluorochemicals such as Chemical Co., Ltd. of Teflon 30J can be mentioned as a representative. 【0105】更に、PTFEとしては樹脂との混合形態のものも使用可能である。 [0105] Further, the PTFE can also be used as mixed forms of the resin. 混合形態のPTFEとしては、(1)PTFEの水性分散液と有機重合体の水性分散液または溶液とを混合し共沈殿を行い共凝集混合物を得る方法(特開昭60−258263号公報、特開昭6 The PTFE mixed forms, (1) a method of obtaining an aqueous dispersion or a solution and mixed and then co-precipitated Co-aggregate mixture of the aqueous dispersion and an organic polymer PTFE (JP 60-258263, JP HirakiAkira 6
3−154744号公報などに記載された方法)、 Method described in such 3-154744 JP)
(2)PTFEの水性分散液と乾燥した有機重合体粒子とを混合する方法(特開平4−272957号公報に記載された方法)、(3)PTFEの水性分散液と有機重合体粒子溶液を均一に混合し、かかる混合物からそれぞれの媒体を同時に除去する方法(特開平06−2202 (2) a method of mixing the organic polymer particles and drying the aqueous dispersion of PTFE (method described in JP-A-4-272957), a (3) an aqueous dispersion of PTFE and an organic polymer particle solution homogeneously mixed, simultaneously removing each of the media from such mixture method (JP-a 06-2202
10号公報、特開平08−188653号公報などに記載された方法)、(4)PTFEの水性分散液中で有機重合体を形成する単量体を重合する方法(特開平9−9 10 No., the method described in such as JP-A-08-188653 JP), (4) a method of polymerizing a monomer for forming an organic polymer in aqueous dispersion of PTFE (JP-A-9-9
5583号公報に記載された方法)、および(5)PT Described in 5583 JP method), and (5) PT
FEの水性分散液と有機重合体分散液を均一に混合後、 After uniformly mixing an aqueous dispersion and an organic polymer dispersion of FE,
更に該混合分散液中でビニル系単量体を重合し、その後混合物を得る方法(特開平11−29679号などに記載された方法)により得られたものが使用できる。 Further polymerizing a vinyl monomer in the mixture dispersion, then those mixtures obtained by the method for obtaining a (the method described in such as JP-A-11-29679) can be used. これらの混合形態のPTFEの市販品としては、三菱レイヨン(株)の「メタブレンA3000」(商品名)、およびGEスペシャリティーケミカル社製 「BLENDE Examples of commercially available products of PTFE of these mixed forms, of Mitsubishi Rayon Co., Ltd. "Metablen A3000" (trade name), and GE Specialty Chemicals Co., Ltd. "BLENDE
X B449」(商品名)などを挙げることができる。 X B449 "and the like (trade name). 【0106】かかる溶融弾性効果改質剤の組成割合は、 [0106] Such compositions proportion of melt elasticity effect modifier,
A成分とB成分の合計100重量部当り0.01〜20 Total 100 parts by weight per component A and the component B 0.01-20
重量部が好ましく、0.05〜10重量部がより好ましく、0.1〜5重量部が更に好ましい。 It is preferred parts by weight, more preferably from 0.05 to 10 parts by weight, more preferably 0.1 to 5 parts by weight. 【0107】本発明の熱可塑性樹脂組成物には、芳香族ポリカーボネートとポリエチレンテレフタレートとのエステル交換反応を抑制するために、リン化合物からなる安定剤を含んでいることが好ましい。 [0107] The thermoplastic resin composition of the present invention, in order to suppress the ester exchange reaction between an aromatic polycarbonate and polyethylene terephthalate, and preferably contains a stabilizer comprising a phosphorus compound. かかるリン化合物からなる安定剤としては各種ホスファイト化合物、ホスホナイト化合物、およびホスフェート化合物などを好ましく挙げることができる。 Various phosphite compounds as stabilizers made of such phosphorus compounds, phosphonite compounds, and phosphate compounds, such as can be a preferably exemplified. 【0108】ホスファイト化合物としてはスピロ環骨格を有するホスファイトを第1に挙げることができる。 [0108] As the phosphite compound include phosphites having a spiro ring skeleton in the first. かかるホスファイトの具体例としては、ジステアリルペンタエリスリトールジホスファイト、ビス(2,4−ジ− Specific examples of such phosphite, distearyl pentaerythritol diphosphite, bis (2,4-di -
tert−ブチルフェニル)ペンタエリスリトールジホスファイト、ビス(2,6−ジ−tert−ブチル−4 tert- butylphenyl) pentaerythritol diphosphite, bis (2,6-di -tert- butyl-4
−メチルフェニル)ペンタエリスリトールジホスファイト、フェニルビスフェノールAペンタエリスリトールジホスファイト、ジシクロヘキシルペンタエリスリトールジホスファイトなどが挙げられ、好ましくはジステアリルペンタエリスリトールジホスファイト、ビス(2,4 - methylphenyl) pentaerythritol diphosphite, phenyl bisphenol A pentaerythritol diphosphite, and dicyclohexyl pentaerythritol diphosphite and the like, preferably distearyl pentaerythritol diphosphite, bis (2,4
−ジ−tert−ブチルフェニル)ペンタエリスリトールジホスファイト、ビス(2,6−ジ−tert−ブチル−4−メチルフェニル)ペンタエリスリトールジホスファイトを挙げることができる。 - can be exemplified di -tert- butylphenyl) pentaerythritol diphosphite, bis (2,6-di -tert- butyl-4-methylphenyl) pentaerythritol diphosphite. かかるホスファイト化合物は1種、または2種以上を併用することができる。 Such phosphite compounds can be used in combination one kind or two or more kinds. 【0109】更に他のホスファイト化合物としては、トリス(ジエチルフェニル)ホスファイト、トリス(ジ− [0109] Still other phosphite compounds include tris (diethylphenyl) phosphite, tris (di -
iso−プロピルフェニル)ホスファイト、トリス(ジ−n−ブチルフェニル)ホスファイト、トリス(2,4 iso- propylphenyl) phosphite, tris (di -n- butyl phenyl) phosphite, tris (2,4
−ジ−tert−ブチルフェニル)ホスファイト、トリス(2,6−ジ−tert−ブチルフェニル)ホスファイト、トリス(2,6−ジ−tert−ブチルフェニル)ホスファイトなどが挙げられる。 - di -tert- butylphenyl) phosphite, tris (2,6-di -tert- butylphenyl) phosphite, tris (2,6-di -tert- butylphenyl) phosphite and the like. 【0110】更に他のホスファイト化合物としては二価フェノール類と反応し環状構造を有するものも使用できる。 [0110] Still other phosphite compounds may also be used those having a cyclic structure react with dihydric phenols. 例えば、2,2'−メチレンビス(4,6−ジ−t For example, 2,2'-methylene bis (4,6-di -t
ert−ブチルフェニル)(2,4−ジ−tert−ブチルフェニル)ホスファイト、2,2'−メチレンビス(4,6−ジ−tert−ブチルフェニル)(2−te ert- butyl phenyl) (2,4-di -tert- butylphenyl) phosphite, 2,2'-methylenebis (4,6-di -tert- butylphenyl) (2-te
rt−ブチル−4−メチルフェニル)ホスファイト、 rt- butyl-4-methylphenyl) phosphite,
2,2'−メチレンビス(4−メチル−6−tert− 2,2'-methylenebis (4-methyl -6-tert
ブチルフェニル)(2−tert−ブチル−4−メチルフェニル)ホスファイト、2,2'−エチリデンビス Butylphenyl) (2-tert-butyl-4-methylphenyl) phosphite, 2,2'-ethylidene-bis
(4−メチル−6−tert−ブチルフェニル)(2− (4-methyl -6-tert-butylphenyl) (2-
tert−ブチル−4−メチルフェニル)ホスファイトなどを挙げることができる。 Such as tert- butyl-4-methylphenyl) phosphite and the like. 【0111】ホスフェート化合物としては、トリブチルホスフェート、トリメチルホスフェート、トリクレジルホスフェート、トリフェニルホスフェート、トリクロルフェニルホスフェート、トリエチルホスフェート、ジフェニルクレジルホスフェート、ジフェニルモノオルソキセニルホスフェート、トリブトキシエチルホスフェート、ジブチルホスフェート、ジオクチルホスフェート、 [0111] As the phosphate compound, tributyl phosphate, trimethyl phosphate, tricresyl phosphate, triphenyl phosphate, trichlorophenyl phosphate, triethyl phosphate, diphenyl cresyl phosphate, diphenyl mono-ortho hexenyl Le phosphate, tributoxyethyl phosphate, dibutyl phosphate, dioctyl phosphate,
ジイソプロピルホスフェートなどを挙げることができ、 Such as diisopropyl phosphate can be mentioned,
好ましくはトリフェニルホスフェート、トリメチルホスフェートである。 Preferably triphenyl phosphate, trimethyl phosphate. 【0112】ホスホナイト化合物としては、テトラキス(2,4−ジ−tert−ブチルフェニル)−4,4' [0112] As the phosphonite compound include tetrakis (2,4-di -tert- butylphenyl) -4,4 '
−ビフェニレンジホスホナイト、テトラキス(2,4− - biphenylene phosphonite, tetrakis (2,4
ジ−tert−ブチルフェニル)−4,3'−ビフェニレンジホスホナイト、テトラキス(2,4−ジ−ter Di -tert- butylphenyl) 4,3'-biphenylene diphosphonite, tetrakis (2,4-di -ter
t−ブチルフェニル)−3,3'−ビフェニレンジホスホナイト、テトラキス(2,6−ジ−tert−ブチルフェニル)−4,4'−ビフェニレンジホスホナイト、 t- butylphenyl) -3,3'-biphenylene diphosphonite, tetrakis (2,6-di -tert- butylphenyl) -4,4'-biphenylene phosphonite,
テトラキス(2,6−ジ−tert−ブチルフェニル) Tetrakis (2,6-di -tert- butylphenyl)
−4,3'−ビフェニレンジホスホナイト、テトラキス(2,6−ジ−tert−ブチルフェニル)−3,3' 4,3'-biphenylene phosphonite, tetrakis (2,6-di -tert- butylphenyl) -3,3 '
−ビフェニレンジホスホナイト、ビス(2,4−ジ−t - biphenylene phosphonite, bis (2,4-di -t
ert−ブチルフェニル)−4−フェニル−フェニルホスホナイト、ビス(2,4−ジ−tert−ブチルフェニル)−3−フェニル−フェニルホスホナイト、ビス(2,6−ジ−n−ブチルフェニル)−3−フェニル− ert- butylphenyl) -4-phenyl - phenyl phosphonite, bis (2,4-di -tert- butylphenyl) -3-phenyl - phenyl phosphonite, bis (2,6-di -n- butyl phenyl) - 3-phenyl -
フェニルホスホナイト、ビス(2,6−ジ−tert− Phenyl phosphonite, bis (2,6-di -tert-
ブチルフェニル)−4−フェニル−フェニルホスホナイト、ビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェニル)− Butylphenyl) -4-phenyl - phenyl phosphonite, bis (2,6-di -tert- butylphenyl) -
3−フェニル−フェニルホスホナイト等があげられ、テトラキス(ジ−tert−ブチルフェニル)−ビフェニレンジホスホナイト、ビス(ジ−tert−ブチルフェニル)−フェニル−フェニルホスホナイトが好ましく、 3-phenyl - phenyl phosphonite, and the like, tetrakis (di -tert- butylphenyl) - biphenylene phosphonite, bis (di -tert- butylphenyl) - phenyl - phenyl phosphonite are preferred,
テトラキス(2,4−ジ−tert−ブチルフェニル) Tetrakis (2,4-di -tert- butylphenyl)
−ビフェニレンジホスホナイト、ビス(2,4−ジ−t - biphenylene phosphonite, bis (2,4-di -t
ert−ブチルフェニル)−フェニル−フェニルホスホナイトがより好ましい。 ert- butyl phenyl) - phenyl - phenyl phosphonite are more preferred. かかるホスホナイト化合物は上記アルキル基が2以上置換したアリール基を有するホスファイト化合物との併用可能であり好ましい。 Such phosphonite compounds are possible in combination with phosphite compound having an aryl group substituted said alkyl group is 2 or more preferred. 【0113】リン化合物からなる安定剤としては、ホスファイト化合物またはホスホナイト化合物と、ホスフェート化合物を併用して使用することが好ましい。 [0113] As the stabilizer comprising phosphorus compounds, the phosphite compound or phosphonite compound is preferably used in combination with a phosphate compound. またリン化合物からなる安定剤の組成割合としては、A成分とB成分の合計100重量部に対して、0.001〜2重量部が好ましく、より好ましくは0.005〜1重量部、更に好ましくは0.01〜1重量部、特に好ましくは0.01〜0.5重量部である。 As the composition ratio of the stabilizing agent consisting of phosphorus compounds, per 100 parts by weight of the total of components A and B is preferably 0.001 parts by weight, more preferably 0.005-1 parts by weight, more preferably 0.01-1 parts by weight, particularly preferably 0.01 to 0.5 parts by weight. 【0114】更に本発明の熱可塑性樹脂組成物には、酸化防止剤、紫外線吸収剤、または光安定剤などを長期間における特性の劣化を抑制するために含むことができる。 [0114] The thermoplastic resin composition of the present invention may further be included to suppress the deterioration of the characteristics antioxidants, ultraviolet absorbers, or light stabilizers and the like in the long term. 【0115】酸化防止剤としては、フェノール系酸化防止剤、イオウ系酸化防止剤などを挙げることができる。 [0115] As the antioxidant include phenol-based antioxidants, and sulfur antioxidants.
フェノール系酸化防止剤としては種々のものを使用することができる。 Examples of the phenolic antioxidant can be used various ones. 【0116】フェノール系酸化防止剤の具体例としては、例えばn−オクタデシル−β−(4'−ヒドロキシ−3',5'−ジ−tert−ブチルフェニル)プロピオネート、2−tert−ブチル−6−(3'−ter [0116] Specific examples of the phenolic antioxidants, for example, n- octadecyl-.beta.-(4'-hydroxy-3 ', 5'-di -tert- butylphenyl) propionate, 2-tert-butyl-6- (3'-ter
t−ブチル−5'−メチル−2'−ヒドロキシベンジル)−4−メチルフェニルアクリレート、3,9−ビス{2−[3−(3−tert−ブチル−4−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)プロピオニルオキシ]−1, t- butyl-5'-methyl-2'-hydroxybenzyl) -4-methylphenyl acrylate, 3,9-bis {2- [3- (3-tert- butyl-4-hydroxy-5-methylphenyl) propionyl oxy] -1,
1,−ジメチルエチル}−2,4,8,10−テトラオキサスピロ[5,5]ウンデカン、およびテトラキス[メチレン−3−(3',5'−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニル)プロピオネート]メタンなどを好ましく挙げることができ、n−オクタデシル−β 1, - dimethylethyl} -2,4,8,10-spiro [5,5] undecane, and tetrakis [methylene-3- (3 ', 5'-di -tert- butyl-4-hydroxyphenyl) propionate], etc. can be made include preferably methane, n- octadecyl -β
−(4'−ヒドロキシ−3',5'−ジ−tert−ブチルフェニル)プロピオネートをより好ましく挙げることができる。 - (4'-hydroxy-3 ', 5'-di -tert- butylphenyl) propionate may be cited more preferably. 【0117】本発明のイオウ系酸化防止剤の具体例としては、ジラウリル−3,3'−チオジプロピオン酸エステル、ジトリデシル−3,3'−チオジプロピオン酸エステル、ジミリスチル−3,3'−チオジプロピオン酸エステル、ジステアリル−3,3'−チオジプロピオン酸エステル、ラウリルステアリル−3,3'−チオジプロピオン酸エステル、ペンタエリスリトールテトラ(β [0117] Specific examples of the sulfur-based antioxidant of the present invention, dilauryl-3,3'-thiodipropionate, ditridecyl 3,3'-thiodipropionate, dimyristyl-3,3'- thiodipropionate, distearyl-3,3'-thiodipropionate, lauryl stearyl 3,3'-thiodipropionate, pentaerythritol tetra (beta
−ラウリルチオプロピオネート)エステル、ビス[2− - laurylthiopropionate) ester, bis [2-
メチル−4−(3−ラウリルチオプロピオニルオキシ) Methyl-4- (3-lauryl-thio-propionyloxy)
−5−tert−ブチルフェニル]スルフィド、オクタデシルジスルフィド、メルカプトベンズイミダゾール、 -5-tert-butylphenyl] sulfide, dioctadecyl disulfide, mercaptobenzimidazole,
2−メルカプト−6−メチルベンズイミダゾール、1, 2-mercapto-6-methylbenzimidazole, 1,
1'−チオビス(2−ナフトール)などを挙げることができる。 1'-thiobis (2-naphthol), and the like. より好ましくは、ペンタエリスリトールテトラ(β−ラウリルチオプロピオネート)エステルを挙げることができる。 More preferably, mention may be made of pentaerythritol tetra (beta-laurylthiopropionate) ester. 【0118】紫外線吸収剤としては、例えば2−ヒドロキシ−4−n−ドデシルオキシベンゾフェノン、2, [0118] As the ultraviolet absorber, for example, 2-hydroxy -4-n-dodecyloxy benzophenone, 2,
2'−ジヒドロキシ−4,4'−ジメトキシベンゾフェノン、ビス(5−ベンゾイル−4−ヒドロキシ−2−メトキシフェニル)メタンなどに代表されるベンゾフェノン系紫外線吸収剤を挙げることができる。 2'-dihydroxy-4,4'-dimethoxy benzophenone, and bis (5-benzoyl-4-hydroxy-2-methoxyphenyl) benzophenone ultraviolet absorbers typified by methane. 【0119】また紫外線吸収剤としては例えば2− [0119] As the ultraviolet absorber such as 2-
(2'−ヒドロキシ−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、2−(2'−ヒドロキシ−5'−tert (2'-hydroxy-5'-methylphenyl) benzotriazole, 2- (2'-hydroxy-5'-tert
−オクチルフェニル)ベンゾトリアゾール、2−(2' - octylphenyl) benzotriazole, 2- (2 '
−ヒドロキシ−3',5'−ジ−tert−ブチルフェニル)ベンゾトリアゾール、2−(2'−ヒドロキシ− - hydroxy -3 ', 5'-di -tert- butylphenyl) benzotriazole, 2- (2'-hydroxy -
3',5'−ジ−tert−アミルフェニル)ベンゾトリアゾール、2−(2'−ヒドロキシ−3'−ドデシル−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、2− 3 ', 5'-di -tert- amyl phenyl) benzotriazole, 2- (2'-hydroxy-3'-dodecyl-5'-methylphenyl) benzotriazole, 2-
(2'−ヒドロキシ−3',5'−ビス(α,α'−ジメチルベンジル)フェニルベンゾトリアゾール、2− (2'-hydroxy-3 ', 5'-bis (alpha,. Alpha .'- dimethylbenzyl) phenyl benzotriazole, 2-
[2'−ヒドロキシ−3'−(3”,4”,5”,6” [2'-hydroxy-3 '- (3 ", 4", 5 ", 6"
−テトラフタルイミドメチル)−5'−メチルフェニル]ベンゾトリアゾール、2,2'メチレンビス[4− - tetramethyl) -5'-methylphenyl] benzotriazole, 2,2'-methylenebis [4-
(1,1,3,3−テトラメチルブチル)−6−(2H (1,1,3,3-tetramethylbutyl)-6-(2H
−ベンゾトリアゾール−2−イル)フェノール]、メチル−3−[3−tert−ブチル−5−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−4−ヒドロキシフェニルプロピオネート−ポリエチレングリコールとの縮合物に代表されるベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤を挙げることができる。 - benzotriazol-2-yl) phenol], methyl -3- [3-tert- butyl-5-(2H-benzotriazol-2-yl) -4-hydroxyphenyl propionate - represented condensate of polyethylene glycol benzotriazole ultraviolet absorber to be and the like. 【0120】更に紫外線吸収剤としては例えば、2− [0120] As further UV absorbers, for example, 2-
(4,6−ジフェニル−1,3,5−トリアジン−2− (4,6-diphenyl-1,3,5-triazin-2
イル)−5−ヘキシルオキシ−フェノール、2−(4, Yl) -5-hexyloxy - phenol, 2- (4,
6−ビス−(2,4−ジメチルフェニル−1,3,5− 3,6-Bis - (2,4-dimethyl-1,3,5
トリアジン−2−イル)−5−ヘキシルオキシ−フェノールなどのヒドロキシフェニルトリアジン系化合物を挙げることができる。 Triazin-2-yl) -5-hexyloxy - can be exemplified hydroxyphenyl triazine compound such as phenol. 【0121】またビス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)セバケート、ビス(1,2,2, [0121] The bis (2,2,6,6-tetramethyl-4-piperidyl) sebacate, bis (1,2,2,
6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)セバケート、 6,6-pentamethyl-4-piperidyl) sebacate,
テトラキス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)−1,2,3,4−ブタンテトラカルボキシレート、テトラキス(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)−1,2,3,4−ブタンテトラカルボキシレート、ポリ{[6−(1,1,3,3−テトラメチルブチル)アミノ−1,3,5−トリアジン− Tetrakis (2,2,6,6-tetramethyl-4-piperidyl) -1,2,3,4-butane tetracarboxylate, tetrakis (1,2,2,6,6-pentamethyl-4-piperidyl) - 1,2,3,4-butane tetracarboxylate, poly {[6- (1,1,3,3-tetramethylbutyl) amino-1,3,5-triazine -
2,4−ジイル][(2,2,6,6−テトラメチルピペリジル)イミノ]ヘキサメチレン[(2,2,6,6 2,4-diyl] [(2,2,6,6-tetramethyl-piperidyl) imino] hexamethylene [(2,2,6,6
−テトラメチルピペリジル)イミノ]}、ポリメチルプロピル3−オキシ−[4−(2,2,6,6−テトラメチル)ピペリジニル]シロキサンなどに代表されるヒンダードアミン系の光安定剤も含むことができ、かかる光安定剤は上記紫外線吸収剤や各種酸化防止剤との併用において、耐候性などの点においてより良好な性能を発揮する。 - tetramethylpiperidyl) imino]}, polymethyl propyl 3-oxy - [4- (also can contain 2,2,6,6-tetramethyl) piperidinyl] hindered amine light stabilizer typified by a siloxane such light stabilizers in combination with the ultraviolet absorber and various antioxidants, exhibit better performance in terms of weather resistance. 【0122】フェノール系酸化防止剤、またはイオウ系酸化防止剤の組成割合はそれぞれA成分とB成分の合計100重量部に対して、0.001〜2重量部が好ましく、より好ましくは0.005〜1重量部、更に好ましくは0.01〜1重量部、特に好ましくは0.01〜 [0122] Phenolic antioxidants, or the total 100 parts by weight of sulfur based respectively A component and B component composition ratio of the antioxidant is preferably 0.001 parts by weight, more preferably 0.005 to 1 parts by weight, more preferably 0.01 to 1 part by weight, particularly preferably 0.01 to
0.5重量部である。 0.5 parts by weight. 【0123】また紫外線吸収剤、光安定剤の組成割合は、それぞれA成分とB成分の合計100重量部に対して、0.001〜10重量部が好ましく、より好ましくは0.005〜5重量部、更に好ましくは0.01〜1 [0123] The ultraviolet absorber, the composition ratio of the light stabilizer per 100 parts by weight of the total of the components A and B, respectively, from 0.001 to 10 parts by weight, more preferably 0.005 to 5 weight parts, more preferably 0.01 to 1
重量部、特に好ましくは0.01〜3重量部である。 Parts by weight, particularly preferably 0.01 to 3 parts by weight. 【0124】本発明の熱可塑性樹脂組成物は離型剤を含有することもできる。 [0124] The thermoplastic resin composition of the present invention may also contain a releasing agent. かかる離型剤としては公知のものが使用できる。 What is known as such a release agent can be used. 例えば、飽和脂肪酸エステル(グリセリンの脂肪酸部分エステル、グリセリンの脂肪酸全エステル、ポリグリセリンの脂肪酸部分エステル、ポリグリセリンの脂肪酸全エステルなど)、不飽和脂肪酸エステル、ポリオレフィンワックス、フッ素化合物、パラフィンワックス、蜜蝋などを挙げることができる。 For example, saturated fatty acid ester (fatty acid partial esters of glycerol, fatty acid full esters of glycerol, fatty acid partial esters of polyglycerol, fatty acid full esters of polyglycerol), unsaturated fatty acid esters, polyolefin waxes, fluorine compound, paraffin wax, beeswax, etc. it can be mentioned. 【0125】離型剤はA成分とB成分の合計100重量部に対して、0.001〜2重量部が好ましく、より好ましくは0.005〜1重量部、更に好ましくは0.0 [0125] For the release agent is a total of 100 parts by weight of components A and B is preferably 0.001 parts by weight, more preferably 0.005-1 parts by weight, more preferably 0.0
1〜1重量部、特に好ましくは0.01〜0.5重量部である。 1 to 1 parts by weight, particularly preferably 0.01 to 0.5 parts by weight. 【0126】本発明の熱可塑性樹脂組成物には、本発明の効果を損なわない範囲において、帯電防止剤を含んでいてもよい。 [0126] The thermoplastic resin composition of the present invention, to the extent not to impair the effects of the present invention may contain an antistatic agent. かかる帯電防止剤としては、例えばポリエーテルエステルアミド、グリセリンモノステアレート、 Such antistatic agents such as polyether ester amide, glycerin monostearate,
ドデシルベンゼンスルホン酸アンモニウム塩、ドデシルベンゼンスルホン酸ホスホニウム塩、無水マレイン酸モノグリセライド、無水マレイン酸ジグリセライド等が挙げられる。 Dodecylbenzenesulfonic acid ammonium salt, dodecylbenzenesulfonic acid phosphonium salt, maleic acid monoglyceride anhydride include maleic anhydride diglyceride. かかる帯電防止剤の組成割合は、A成分およびB成分の合計100重量部に対して0.5〜20重量部が好ましい。 The composition ratio of such antistatic agents, 0.5 to 20 parts by weight per 100 parts by weight of the total of components A and B are preferred. 【0127】本発明の熱可塑性樹脂組成物には、本発明の効果を損なわない範囲において、他の樹脂を含んでいてもよい。 [0127] The thermoplastic resin composition of the present invention, to the extent not to impair the effects of the present invention may contain other resins. 他の樹脂としては、例えば、ポリアミド樹脂、ポリイミド樹脂、ポリエーテルイミド樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリフェニレンエーテル樹脂、ポリフェニレンスルフィド樹脂、ポリスルホン樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン等のポリオレフィン樹脂、ポリスチレン、アクリロニトリル−スチレン共重合体等のスチレン系樹脂、ポリメタクリレート樹脂、フェノール樹脂、 Other resins, for example, polyamide resins, polyimide resins, polyetherimide resins, polyurethane resins, polyphenylene ether resins, polyphenylene sulfide resins, polysulfone resins, polyolefin resins such as polyethylene and polypropylene, polystyrene, acrylonitrile - styrene copolymer styrenic resins, polymethacrylate resins, phenol resins,
エポキシ樹脂などの樹脂が挙げられる。 Resin such as epoxy resin. 【0128】更に、本発明の熱可塑性樹脂組成物には、 [0128] Further, the thermoplastic resin composition of the present invention,
本発明の効果を損なわない範囲において、その他各種添加剤を含むものであってもよい。 Within a range that does not impair the effects of the present invention, may contain other various additives. その他各種添加剤としては、例えば滑剤、着色剤(有機染料、有機顔料、無機顔料、カーボンブラックなど)、蛍光増白剤、蓄光顔料、蛍光染料、流動改質剤、結晶核剤、無機および有機の抗菌剤、光触媒系防汚剤、赤外線吸収剤、フォトクロミック剤などを挙げることができる。 Other additives, such as lubricants, colorants (organic dyes, organic pigments, inorganic pigments, such as carbon black), fluorescent brighteners, luminous pigments, fluorescent dyes, flow modifiers, crystal nucleating agents, inorganic and organic antimicrobial agents, photocatalytic antifouling agents, infrared absorbing agents, and the like photochromic agent. 【0129】本発明の熱可塑性樹脂組成物を製造するには、任意の方法が採用される。 [0129] To produce the thermoplastic resin composition of the present invention, any method is employed. 例えばA成分、B成分および任意に他の成分を予備混合し、その後溶融混練し、 For example the A component, B component and optionally other components are premixed, and then melt-kneaded,
ペレット化する方法を挙げることができる。 It is possible to include a method of pelletizing. 予備混合の手段としては、V型ブレンダー、ヘンシェルミキサー、 The means premixed, V-type blender, Henschel mixer,
メカノケミカル装置、押出混合機などを挙げることができる。 Mechanochemical apparatus, and the like extruding mixer. 予備混合においては場合により押出造粒器やブリケッティングマシーンなどにより造粒を行うこともできる。 Etc. By also possible to perform granulation extrusion granulator or briquetting machine optionally in the preliminary mixing. 予備混合後、ベント式二軸押出機に代表される溶融混練機で溶融混練、およびペレタイザー等の機器によりペレット化する。 After pre-mixing, melt-kneaded with a melt kneader typified by a vented twin-screw extruder, and pelletized by equipment such as a pelletizer. 【0130】他に、A成分、B成分および任意に他の成分を予備混合することなく、それぞれ独立に二軸押出機に代表される溶融混練機に供給する方法も取ることができる。 [0130] Other, A component, B component and optionally without premixing other components, it may take a method for supplying a melt kneader typified by independently twin-screw extruder. またA成分、B成分および任意の他の成分のうち一部の成分を予備混合した後、残りの成分と独立に溶融混練機に供給する方法が挙げられる。 The component A, were preliminarily mixed part of the composition of the B component and any other components, a method for supplying a melt kneader independently of the remaining components. 予備混合の手段や造粒に関しては、上記と同様である。 With respect to means and granulation premixing, it is as defined above. 尚、配合する成分に液状のものがある場合には、溶融混練機への供給にいわゆる液注装置、または液添装置を使用することができる。 In a case where there is liquid in the components to be blended, it can be used to feed the melt kneader so-called liquid dispensing device, or a Eki添 device. 【0131】更に本発明の熱可塑性樹脂組成物を製造する場合には、溶融混練前のA成分、およびB成分に含まれる水分が少ないことが好ましい。 [0131] In the case of producing the thermoplastic resin composition of the present invention further, A component before the melt kneading, and it is preferably less moisture in the B component. したがって熱風乾燥、電磁波乾燥、真空乾燥などの各種乾燥方法により乾燥させたA成分またはB成分を溶融混練することが好ましい。 Thus the hot air drying, electromagnetic wave drying, it is preferable to melt-kneading the component A or B components was dried by various drying methods such as vacuum drying. 一方溶融混練中にベント吸引は、あまり真空度を高くしないで行うことが好ましい。 Meanwhile vent suction during melt kneading is preferably performed without increasing too much the degree of vacuum. また窒素ガスなどを循環させながら揮発分を系外に排出する方法などもとることができる。 And it may also take a method of discharging to the outside the volatiles while circulating nitrogen gas. 【0132】本発明の熱可塑性樹脂組成物は通常かかるペレットを射出成形して成形品を得ることにより各種製品を製造することができる。 [0132] The thermoplastic resin composition of the present invention can be prepared various products by the usual such pellets by injection molding to obtain a molded article. かかる射出成形においては、通常のコールドランナー方式の成形法だけでなく、 In such injection molding, not only the molding of the conventional cold runner system,
ランナーレスを可能とするホットランナーによって製造することも可能である。 It is also possible to produce by hot runner to allow the runner-less. また射出成形においても、通常の成形方法だけでなくガスアシスト射出成形、射出圧縮成形、射出プレス成形、超高速射出成形、インサート成形、二色成形、サンドイッチ成形等を使用することができる。 Also in injection molding, gas assisted injection molding in addition to the normal method of molding, injection compression molding, injection press molding, ultra high speed injection molding, insert molding, two-color molding, it is possible to use a sandwich molding. 【0133】また本発明の熱可塑性樹脂組成物は、押出成形により各種異形押出成形品、シート、フィルムなどの形で使用することもできる。 [0133] The thermoplastic resin composition of the present invention, various profile extrusion articles by extrusion molding, sheet, may also be used in the form of such a film. またシート、フィルムの成形にはインフレーション法などが使用可能である。 The sheet, the shaping of the film such as an inflation method can be used. 更に特定の延伸操作をかけることにより熱収縮チューブとして成形することも可能である。 It is also possible to mold as a heat shrinkable tube by further applying a specific stretching operation. また本発明の熱可塑性樹脂組成物を溶融混練することなく回転成形により成形品とすることも可能である。 It is also possible to molded articles by rotational molding without melting and kneading the thermoplastic resin composition of the present invention. 更にブロー成形により各種中空成形品を得ることも可能である。 It is also possible to further obtain various hollow molded article by blow molding. 【0134】 【実施例】[実施例1〜7、比較例1〜4]以下に実施例を挙げて本発明を更に説明する。 [0134] EXAMPLES [Examples 1-7, Comparative Examples 1-4] further illustrate the present invention referring to Examples. 実施例および比較例は、表1記載の各成分を表記載の配合割合で、A成分、 Examples and Comparative Examples, the components shown in Table 1 at the mixing ratio shown in Table described, A component,
B成分を120℃で5時間熱風乾燥し、その他の成分と櫛歯付きのタンブラーで均一に混合後、径30mmφのベント式二軸押出機((株)日本製鋼所TEX30XS The B component was 5 hours air drying at 120 ° C., were uniformly mixed with other ingredients and comb toothed tumbler, the diameter of 30mmφ vented twin-screw extruder (Co. Japan Steel Works TEX30XS
ST)のスクリュー根元の第1供給口に供給し、シリンダおよびダイスの温度:280℃、スクリュー回転数: Is supplied to the first supply port of the screw root of the ST), the cylinder and die temperatures: 280 ° C., a screw rotation speed:
180rpm、吐出量:20kg/時、ベント吸引度: 180rpm, the discharge amount: 20kg / time, a vent suction degree:
10,000Paで押出を行い、ストランドを製造し、 Make extruded at 10,000Pa, to produce a strand,
次いでペレタイザーでペレット化した。 And then pelletized in a pelletizer. 尚、その他の成分のうち、D成分はスクリュー型サイドフィーダーを用いて押出機途中の第2供給口より供給した。 Among the other components, D components were supplied from the second supply port in the middle extruder using a screw-type side feeder. 第1供給口と第2供給口との供給量の調整は計量器[(株)クボタ製CWF]により精密に計測された。 Supply amount of adjustment of the first supply port and the second supply port was precisely measured by measuring instrument [Kubota Corporation Ltd. CWF]. またそれ以外の成分は予め約10倍量のポリエチレンテレフタレート樹脂とポリエチレン袋中で混合し、かかる予備混合物と残りの成分とを混合した。 The components other than it are mixed in advance about 10 volumes of a polyethylene terephthalate resin and the polyethylene bag in and mixed with such pre-mixture with the remaining components. 【0135】得られたペレットを120℃で6時間乾燥した後、射出成形機[FANUC(株)製T−150 [0135] The resulting pellets were dried for 6 hours at 120 ° C., an injection molding machine [FANUC (Ltd.) T-0.99
D]により成形温度270℃、金型温度70℃で所望の試験片を作成し、評価結果を表1に示した。 D] The molding temperature 270 ° C., to produce the desired specimen at a mold temperature of 70 ° C., the evaluation results in Table 1. 評価は下記の方法によった。 The evaluation was due to the following methods. (1)荷重たわみ温度(HDT) ISO 75に準拠し荷重0.45MPaにて測定した。 (1) comply with the heat deflection temperature (HDT) ISO 75 was measured under a load of 0.45MPa. (2)曲げ弾性率ISO 178に準拠し測定した。 (2) it was compliant measured flexural modulus ISO 178. (3)衝撃強度ISO 179に準拠し測定した。 (3) and conforms to the impact strength ISO 179 measurements. (4)流動性ISO 1133に準拠し280℃、2.16kgでのMVR(Melt Volume−Flow Rat (4) Compliance with 280 ° C. flowability ISO 1133, MVR at 2.16kg (Melt Volume-Flow Rat
e)を測定した。 e) was measured. (5)成形品外観自動車アウタードアハンドル成形品を成形し外観を以下の方法で評価した。 (5) the molding appearance of the molded article appearance automobile outer door handle molded products evaluated by the following method. ○ ジェッティング等の外観不良なし△ ジェッティング等の外観不良若干あり× ジェッティング等の外観不良発生【0136】なお、表中に記載の各成分を示す記号は下記の通りである。 ○ jetting, etc. No appearance defects of △ jet appearance failure [0136] such as appearance has defects slightly × jetting such computing Symbols indicating the respective components described in the table are as follows. (A成分) PC−1:ビスフェノールA型芳香族ポリカーボネート樹脂ペレット(帝人化成(株)「パンライト L−12 (A component) PC-1: bisphenol A type aromatic polycarbonate resin pellets (Teijin Chemicals Ltd., "Panlite L-12
25」、粘度平均分子量22,500、フェノール性水酸基12eq/ton) PC−2:ビスフェノールA型芳香族ポリカーボネート樹脂ペレット(三菱エンジニアリングプラスチックス(株)「ノバレックス 7025A」、粘度平均分子量23,600、フェノール性水酸基0.4eq/to 25 ", viscosity-average molecular weight 22,500, a phenolic hydroxyl group 12eq / ton) PC-2: bisphenol A type aromatic polycarbonate resin pellets (Mitsubishi Engineering Plastics Co., Ltd." NOVAREX 7025A ", viscosity-average molecular weight 23,600, phenolic hydroxyl group 0.4eq / to
n) 【0137】(B成分) PET−1:再生ポリエチレンテレフタレート樹脂(市場より回収したPETボトルを洗浄、粉砕、乾燥したもの。末端カルボキシル基量18eq/ton、Mw/M n) [0137] (B component) PET-1:. washed PET bottles recovered from recycled polyethylene terephthalate resin (market, pulverized, dried those terminal carboxyl group amount 18eq / ton, Mw / M
n=2.4、固有粘度0.71) PET−2:再生ポリエチレンテレフタレート樹脂(市場より回収したPETボトルを洗浄、粉砕、乾燥した後270℃にて溶融混練しペレット化したもの。末端カルボキシル基量21eq/ton、Mw/Mn=3.5、 n = 2.4, intrinsic viscosity 0.71) PET-2:. recycled polyethylene terephthalate resin (washed PET bottles recovered from the market, pulverized, at 270 ° C. After drying melt kneaded those pelletized terminal carboxyl group The amount 21eq / ton, Mw / Mn = 3.5,
固有粘度0.63) (B成分以外) PET−3:ポリエチレンテレフタレート樹脂(末端カルボキシル基量12eq/ton、Mw/Mn=1. The intrinsic viscosity 0.63) (except component B) PET-3: Polyethylene terephthalate resin (terminal carboxyl group amount 12eq / ton, Mw / Mn = 1.
9、固有粘度0.70、帝人(株)製「TR−455 9, intrinsic viscosity of 0.70, Teijin Co., Ltd. "TR-455
0」) 【0138】(C成分) IM:弾性重合体(三菱レイヨン(株)製「メタブレン S2001」) (D成分) GF:ガラス繊維のチョップドストランド(日東紡績(株)製「3PE944」) WSN:ワラストナイト(ナイコミネラルズ社製「NY 0 ") [0138] (C component) IM: an elastomeric polymer (Mitsubishi Rayon Co., Ltd." METABLEN S2001 ") (D component) GF: Glass fiber chopped strands (Nitto Boseki Co., Ltd." 3PE944 ") WSN : wollastonite (no children minerals Inc. "NY
GLOS4」) (E成分) TN:テトラブロモビスフェノールAのカーボネートオリゴマー(帝人化成(株)製「ファイヤガード FG7 GLOS4 ") (E component) TN: carbonate oligomer of tetrabromobisphenol A (Teijin Chemicals Ltd.," Fire Guard FG7
000」) (F成分) F−1:フィブリル形成能を有するポリテトラフルオロエチレン(ダイキン工業(株)製「ポリフロンMPA 000 ") (F component) F-1: polytetrafluoroethylene having fibril forming ability (Daikin Industries Co., Ltd.," POLYFLON MPA
FA−500」) F−2:フィブリル形成能を有するポリテトラフルオロエチレン粒子とスチレン−アクリロニトリル共重合体粒子からなる混合物(ポリテトラフルオロエチレン含有量50重量%)(GEスペシャリティーケミカルズ社製 FA-500 ") F-2: polytetrafluoroethylene particles and styrene having fibril forming ability - acrylonitrile copolymer mixture consisting of particles (polytetrafluoroethylene content of 50 wt%) (GE Specialty Chemicals Inc.
「BLENDEXB449」) 【0139】(その他の成分) ST:ホスファイト系熱安定剤(旭電化工業(株)製「アデカスタブPEP−8」) CB:カーボンブラック(三菱化学(株)製;ファーネスブラック MA−100、pH=3.5) DC:無水マレイン酸とα−オレフィンとの共重合体(三菱化学(株)製ダイヤカルナPA30M) 【0140】 【表1】 "BLENDEXB449") [0139] (Other components) ST: phosphite-based heat stabilizer (Asahi Denka Kogyo Co., Ltd. "STAB PEP-8") CB: carbon black (manufactured by Mitsubishi Chemical Corporation; furnace black MA -100, pH = 3.5) DC: copolymer of maleic anhydride and α- olefin DIACARNA PA30M Ltd. (Mitsubishi Chemical Corporation) [0140] [Table 1] 【0141】上記のように、本発明の熱可塑性樹脂組成物は、芳香族ポリカーボネートと特定の芳香族ポリエステル樹脂からなる組成物は衝撃強度、剛性、耐熱性に優れる。 [0141] As described above, the thermoplastic resin composition of the present invention, a composition comprising an aromatic polycarbonate and a specific aromatic polyester resin has excellent impact strength, rigidity, heat resistance. 更に流動性や外観などにおいても良好な特性を有する。 Further also has good characteristics in flowability and appearance. 殊に特定の芳香族ポリカーボネートにおいては良好である。 It is good in particular specific aromatic polycarbonate. 衝撃強度、剛性、耐熱性に優れるため、自動車分野、OA機器分野、電子・電気機器分野、建材分野、農業資材分野、漁業資材分野など幅広い産業分野に有効に活用されるものであり、その奏する産業上の効果は格別なものである。 Because of excellent impact strength, rigidity, heat resistance, which the automotive field, OA equipment field, electrical and electronic equipment fields, construction materials, agricultural materials art, and are effectively used in a wide range of industrial fields such as fisheries materials field, its response rate effect on the industry is one of exceptional.

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 (A)芳香族ポリカーボネート(A成分)10〜95重量部および(B)ポリエチレンテレフタレート(B成分)5〜90重量部の合計100重量部からなる樹脂組成物であって、該B成分は、(i)重量平均分子量(Mw)と数平均分子量(Mn)との比(M [Claims 1] (A) an aromatic polycarbonate (A component) 10 to 95 parts by weight of (B) polyethylene terephthalate (B component) resin consisting of 100 parts by weight of the total of 5 to 90 parts by weight be those, wherein component B, (i) the ratio of the weight average molecular weight (Mw) to number average molecular weight (Mn) (M
    w/Mn)が2.2〜10、(ii)末端カルボキシル基量が15〜100eq/ton、並びに(iii)o w / Mn) is 2.2~10, (ii) the amount of terminal carboxyl groups 15~100eq / ton, and (iii) o
    −クロロフェノールを溶媒として35℃で測定した固有粘度が0.4〜1.0の範囲であることを特徴とする熱可塑性樹脂組成物。 - Thermoplastic resin composition intrinsic viscosity chlorophenol measured at 35 ° C. as a solvent, characterized in that in the range of 0.4 to 1.0. 【請求項2】 上記A成分50〜95重量部、および上記B成分5〜50重量部の合計100重量部からなる請求項1に記載の熱可塑性樹脂組成物。 Wherein said Component A 50 to 95 parts by weight, and the thermoplastic resin composition of claim 1 comprising a total of 100 parts by weight of the component B 5 to 50 parts by weight. 【請求項3】 上記A成分はそのフェノール性水酸基量が1〜50eq/ton、および粘度平均分子量が1 Wherein said component A has its phenolic hydroxyl group content 1~50eq / ton, and a viscosity-average molecular weight of 1
    7,000〜27,000の芳香族ポリカーボネートである請求項1または2のいずれかに記載の熱可塑性樹脂組成物。 7,000~27,000 aromatic polycarbonate according to claim 1 or the thermoplastic resin composition according to any one of 2. 【請求項4】 上記B成分は、o−クロロフェノールを溶媒として35℃で測定した固有粘度が0.65〜0. Wherein said component B has an intrinsic viscosity measured at 35 ° C. The o- chlorophenol as a solvent is 0.65 to 0.
    75である請求項1〜3のいずれか1項に記載の熱可塑性樹脂組成物。 The thermoplastic resin composition according to any one of claims 1 to 3 is 75. 【請求項5】 上記B成分は、使用済みのポリエチレンテレフタレート製品を解重合の工程を経ることなく再生したポリエチレンテレフタレート樹脂である請求項1〜 Wherein said B component of claim 1 is polyethylene terephthalate resin was regenerated without going through the depolymerization of polyethylene terephthalate products spent process
    4のいずれか1項に記載の熱可塑性樹脂組成物。 The thermoplastic resin composition according to any one of 4.
JP2001327500A 2001-10-25 2001-10-25 Thermoplastic resin composition Pending JP2003128905A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001327500A JP2003128905A (en) 2001-10-25 2001-10-25 Thermoplastic resin composition

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001327500A JP2003128905A (en) 2001-10-25 2001-10-25 Thermoplastic resin composition

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003128905A true true JP2003128905A (en) 2003-05-08

Family

ID=19143720

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001327500A Pending JP2003128905A (en) 2001-10-25 2001-10-25 Thermoplastic resin composition

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003128905A (en)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004359220A (en) * 2003-05-12 2004-12-24 Teijin Chem Ltd Sheet-like window member and window structure
WO2006098461A1 (en) * 2005-03-16 2006-09-21 Teijin Chemicals Ltd. Resin composition
JP2006256007A (en) * 2005-03-16 2006-09-28 Teijin Chem Ltd Vehicle sheath material and its manufacturing method
JP2007023118A (en) * 2005-07-14 2007-02-01 Teijin Chem Ltd Thermoplastic resin composition
JP2007136804A (en) * 2005-11-17 2007-06-07 Teijin Chem Ltd Sheet-shaped window member and window structure
JP2008133387A (en) * 2006-11-29 2008-06-12 Tohoku Ricoh Co Ltd External part for household electric appliance/oa equipment and household electric appliance/oa equipment
US7536142B2 (en) * 2004-09-22 2009-05-19 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Transfer belt and full color image-forming apparatus equipped therewith
JP2009270121A (en) * 2003-05-12 2009-11-19 Teijin Chem Ltd Sheet-form window member and window structure
WO2010116920A1 (en) * 2009-04-09 2010-10-14 三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社 Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition and molded article
JP2010261020A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
JP2010261017A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
JP2010261019A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
JP2010261018A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
KR101257997B1 (en) 2009-12-18 2013-04-24 주식회사 삼양사 Thermoplastic resin composition

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004359220A (en) * 2003-05-12 2004-12-24 Teijin Chem Ltd Sheet-like window member and window structure
JP2009270121A (en) * 2003-05-12 2009-11-19 Teijin Chem Ltd Sheet-form window member and window structure
US7536142B2 (en) * 2004-09-22 2009-05-19 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Transfer belt and full color image-forming apparatus equipped therewith
WO2006098461A1 (en) * 2005-03-16 2006-09-21 Teijin Chemicals Ltd. Resin composition
JP2006256007A (en) * 2005-03-16 2006-09-28 Teijin Chem Ltd Vehicle sheath material and its manufacturing method
JP4705388B2 (en) * 2005-03-16 2011-06-22 帝人化成株式会社 Vehicle exterior materials and methods for their production
US7732520B2 (en) 2005-03-16 2010-06-08 Teijin Chemicals, Ltd. Resin composition
KR101268740B1 (en) 2005-03-16 2013-06-04 테이진 카세이 가부시키가이샤 Resin composition
JP2007023118A (en) * 2005-07-14 2007-02-01 Teijin Chem Ltd Thermoplastic resin composition
JP2007136804A (en) * 2005-11-17 2007-06-07 Teijin Chem Ltd Sheet-shaped window member and window structure
JP2008133387A (en) * 2006-11-29 2008-06-12 Tohoku Ricoh Co Ltd External part for household electric appliance/oa equipment and household electric appliance/oa equipment
WO2010116920A1 (en) * 2009-04-09 2010-10-14 三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社 Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition and molded article
JP2010261017A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
JP2010261019A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
JP2010261018A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
JP2010261020A (en) * 2009-04-09 2010-11-18 Mitsubishi Engineering Plastics Corp Polycarbonate/polyethylene terephthalate composite resin composition, and molded product
KR101257997B1 (en) 2009-12-18 2013-04-24 주식회사 삼양사 Thermoplastic resin composition

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5723526A (en) Resin composition and molded article
US5637643A (en) Polycarbonate resin composition and exterior automotive trim using same
US4657973A (en) Polycarbonate resin composition
US7405250B2 (en) High flow polyester composition, method of manufacture, and uses thereof
JP2006249292A (en) Polycarbonate resin composition
JP2001164105A (en) Glass-reinforced flame retarded polycarbonate resin composition
US6355767B1 (en) Aromatic polycarbonate resin composition
JP2004035587A (en) Polycarbonate resin composition and molding
JP2007070468A (en) Glass fiber-reinforced flame retardant resin composition
JP2006257126A (en) Flame-retardant aromatic polycarbonate resin composition
JP2006257284A (en) The aromatic polycarbonate resin composition
JP2006249291A (en) Glass-reinforced polycarbonate resin composition
JP2007031583A (en) Aromatic polycarbonate resin composition
JP5111458B2 (en) Method of reducing the pearlescent aromatic polycarbonate resin composition
JP2003213144A (en) Flame-retardant thermoplastic resin composition
JP2001240738A (en) Aromatic polycarbonate resin composition
JP2004217784A (en) Flame-retardant thermoplastic resin composition
JP2003171564A (en) Injection compression molded product
JP2002294063A (en) Flame-retardant aromatic polycarbonate resin composition
JP2004161980A (en) Antistatic polycarbonate resin composition
JP2002060612A (en) Flame-retardant aromatic polycarbonate resin composition
JP2009108281A (en) Flame-retardant and light-diffusing polycarbonate resin composition
JP2002265769A (en) Aromatic polycarbonate resin composition
US20120289655A1 (en) Polycarbonate resin composition
JP2001254009A (en) Molded article composed of polybutylene terephthalate resin composition