JP2003102390A - 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法 - Google Patents

多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法

Info

Publication number
JP2003102390A
JP2003102390A JP2002230027A JP2002230027A JP2003102390A JP 2003102390 A JP2003102390 A JP 2003102390A JP 2002230027 A JP2002230027 A JP 2002230027A JP 2002230027 A JP2002230027 A JP 2002230027A JP 2003102390 A JP2003102390 A JP 2003102390A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
component
present invention
food
double structure
animal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002230027A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4689932B2 (ja
JP2003102390A5 (ja
Inventor
Laura Paluch
パルク ローラ
Original Assignee
Kal Kan Foods Inc
カル カン フーズ, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to US09/040,399 priority Critical
Priority to US09/040,399 priority patent/US6117477A/en
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=21910779&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2003102390(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application filed by Kal Kan Foods Inc, カル カン フーズ, インコーポレイテッド filed Critical Kal Kan Foods Inc
Publication of JP2003102390A publication Critical patent/JP2003102390A/ja
Publication of JP2003102390A5 publication Critical patent/JP2003102390A5/ja
Publication of JP4689932B2 publication Critical patent/JP4689932B2/ja
Application granted granted Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K40/00Shaping or working-up of animal feeding-stuffs
    • A23K40/20Shaping or working-up of animal feeding-stuffs by moulding, e.g. making cakes or briquettes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K40/00Shaping or working-up of animal feeding-stuffs
    • A23K40/25Shaping or working-up of animal feeding-stuffs by extrusion
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K40/00Shaping or working-up of animal feeding-stuffs
    • A23K40/30Shaping or working-up of animal feeding-stuffs by encapsulating; by coating
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K50/00Feeding-stuffs specially adapted for particular animals
    • A23K50/40Feeding-stuffs specially adapted for particular animals for carnivorous animals, e.g. cats or dogs
    • A23K50/42Dry feed
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23PSHAPING OR WORKING OF FOODSTUFFS, NOT FULLY COVERED BY A SINGLE OTHER SUBCLASS
    • A23P20/00Coating of foodstuffs; Coatings therefor; Making laminated, multi-layered, stuffed or hollow foodstuffs
    • A23P20/20Making of laminated, multi-layered, stuffed or hollow foodstuffs, e.g. by wrapping in preformed edible dough sheets or in edible food containers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23PSHAPING OR WORKING OF FOODSTUFFS, NOT FULLY COVERED BY A SINGLE OTHER SUBCLASS
    • A23P30/00Shaping or working of foodstuffs characterised by the process or apparatus
    • A23P30/20Extruding
    • A23P30/25Co-extrusion of different foodstuffs
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S426/00Food or edible material: processes, compositions, and products
    • Y10S426/805Pet food for dog, cat, bird, or fish

Abstract

(57)【要約】 【課題】 本発明は、改良された味の良さを有する貯蔵
安定性の多成分食品、特に、嗜好性が顕著に改善された
多成分の乾燥したペット用食品または動物用食品、なら
びにその製造および使用方法を提供することを課題とす
る。 【解決手段】二重成分の嗜好性を増大させるために、外
側マトリクスによって取り囲まれ、脂質および固形分の
混合物である内部成分を有する動物用食品を作製する。
特に、嗜好性が有意に改善するために、より硬いシェル
材料に囲まれたより軟らかい脂質ベースの中心を有する
動物用食品を作製する。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】(発明の背景) (発明の分野)本発明は、食品に関し、そしてより詳細
には、嗜好性が顕著に改善された多成分の乾燥したペッ
ト用食品または動物用食品に関する。 【0002】 【従来の技術】(関連する背景分野)半湿性の食用製品
は当該分野で公知である。このような製品は、例えば、
乾燥成分に、水ベースの軟成分を添加することによって
作られる製品を含む。この水ベースの成分は、代表的
に、種々のゲル化剤、糖、塩、グリコールを使用して、
および/または熱を用いて安定化される。 【0003】米国特許第4,190,679号は、15
〜25%の水分を含み、水活性(water acti
vity)が0.5〜0.90である、軟かい湿性の肉
の部分を含む二重構造(texture)のペット用食
物を記載する。米国特許第3,916,029号は、外
部の練り状のシェルの中に半湿性の内部マトリクスを有
する中心充填ペット用食物を記載する。この内部マトリ
クスは、15〜40重量%の水分含量および約0.85
未満の水活性を有する。抗真菌剤が、カビの成長を防止
するために必要とされる。米国特許第3,922,35
3号は、約0.90を超える水活性および約50重量%
を超える水含量を有する肉ベースの充填物を有する、中
心充填製品に関する。圧力調理、酸性化、および抗真菌
剤が必要である。米国特許第4,006,266号は、
水、糖、タンパク質性接着剤、動物性タンパク質源、植
物性タンパク質源、脂肪および可塑剤から作られる軟成
分を有するに成分のペット用食物に関する。この軟成分
は、11〜14%の間の水分および0.60〜0.75
の水活性を有し、そして215〜180°Fの高温に供
される。上記の米国特許は、本明細書において参考とし
てその全体が援用される。 【0004】米国特許第4,508,741号は、二重
コーティングされた核を有するペット用食品を記載す
る。この核は、おもに、デンプン質の材料から作られ
る。米国特許第4,847,098号は、相対的に軟ら
かい相と接触する相対的に硬い相を有する二重構造の食
品を記載する。この軟相は、分散した水またはシロップ
相、少なくとも1つの乳化剤、および少量の油連続相か
ら作られる低脂肪含量の油中水エマルションである。軟
部分についての成分は、水、種々の穀物および肉の固形
分、プロピレングリコール、および水活性を制御するこ
とに役立つ高フルクトースのコーンシロップを含む。米
国特許第4,900,572号は、同時押し出し成型に
よって作られる二重構造のペット食品を記載する。軟ら
かい構造の内部成分が、熱および圧力に供され、そして
拡大のために水が添加されている。米国特許第4,79
5,655号は、二重部分のペット用食品を記載する。
1つの部分は、他の硬い乾燥部分よりも軟らかい。この
軟部分は、卵の固形分、穀粉、肉(meal)、糖およ
び30〜40重量%の水を含む。完成品は、ベーキング
されて安定性を確実にする。米国特許第4,364,9
25号は、種々の形状に成型された長寿命の骨を提供す
るように設計された二重構造のイヌ用咀嚼品(che
w)を提供する。この咀嚼品は、咀嚼を促進するための
ベーキングを含み得る。セルロース繊維、コラーゲン繊
維およびタンパク質繊維は、牛皮由来の結合剤と合わせ
られて、硬成分を形成する。この軟組成物は、充分には
規定されていない。上記の米国特許は、本明細書におい
て参考としてその全体が援用される。 【0005】米国特許第5,695,797号は、同時
押し出し成型したペット用食品を記載する。この食品に
おいて、外部ケーシングは、20%と40%との間の水
分含量を有し、そしてその充填物は総容量の30%と4
0%との間を示す。この製品は、リン酸のような保存
剤、水の作用を減弱化する添加剤、抗真菌成分、および
酸化防止剤を必要とする。なぜなら、米国特許第5,6
95,797号の製品は、高度の水分含量を有するから
である。上記の米国特許は、本明細書において参考とし
てその全体が援用される。 【0006】米国特許第5,641,529号および同
5,449,281号は、一定形状の同時押し出し成型
された製品および3次元の形状を調製するための種々の
機器を記載する。上記の米国特許は、本明細書において
参考としてその全体が援用される。 【0007】米国特許第4,273,788号は、硬ペ
ット食物および軟ペット食物のバルク混合物を記載す
る。この硬食物は、ぶつ切り(chunk)の形態であ
り、そしてこの軟食物は、細い紐状(strand)の
形態である。その軟紐状物は、半湿性であると記載され
ている。水は、押し出し成型の前にその軟組成物に添加
される。この押し出し成型組成物は、約215〜280
°Fの高温に供され、それにより、水分含量を、約11
〜14%へと低下させる。上記の米国特許は、本明細書
において参考としてその全体が援用される。米国特許第
4,574,690号は、成型された食物材料によって
取り囲まれた充填食品材料を有する同時押し出し成型食
品を生成するための装置および加工を記載する。米国特
許第4,025,690号は、練り構造で覆われた肉の
充填物を有するカール状の食品粒子を生成し得る食物押
し出し成型物を記載する。米国特許第5,208,05
9号は、二重構造の食物片を記載する。この食物片は、
加熱されたポンピング可能な食物材料が充填された溝を
有する。上記の米国特許は、本明細書において参考とし
てその全体が援用される。 【0008】米国特許第5,194,283号は、覆わ
れた芯を有する混合チーズ製品を記載している。この芯
は、外側の被覆層よりも比較的軟らかい。外側の層およ
び内部の芯は両方ともチーズであるので、いずれも高脂
肪組成物である。内部の芯は、内部のカード芯の脂肪含
有量を増加することにより外側の層よりも軟らかくされ
る。上記米国特許は、その全体を参照として援用する。 【0009】米国特許第5,643,623号および国
際公開第WO96/39869号は、αカロテン、ζカ
ロテン、フィトフルエン、フィトエン、ビタミンC、ビ
タミンE、またはクルクミンなどの酸化防止剤を送達す
るのに用いられる脂質ベースの芯を含む健康食品を記載
している。これらの酸化防止剤は脂溶性であり、脂質ベ
ースの芯に取り込まれる。上記米国特許および国際特許
公開は、その全体を本明細書に援用する。 【0010】味の良い食品を、水を用いずに提供するこ
とが望まれる。上述のように、従来製品は、乾燥ペット
食物または動物食物の味の良さを増すために水を使用し
ており、それにより、やや湿り気のあるペット用食品ま
たは動物用食品を生成している。ペット用食品または動
物用食品において多量の水の使用を避けることにより、
貯蔵安定性およびその他の特性を改善するのに極めて有
利となる。 【0011】また、様々な栄養、機能性、または薬学的
成分の送達系として機能する味の良い食品を提供するこ
とが望まれる。従来製品は安定性のためにかなりの熱処
理および/または酸性条件を必要とするので、典型的
に、これらの成分を送達できない。そのような厳しい条
件は、繊細な栄養、機能性、または薬学的成分を変性ま
たは破壊する。 【0012】さらに、水分制御に必要な入念なパッケー
ジング材料の必要を避ける製品を提供することが望まれ
る。 【0013】(発明の要旨)本発明は、改良された味の
良さを有する貯蔵安定性の多成分食品ならびにその製造
および使用方法を提供する。本発明の貯蔵安定性の多成
分ペット用食品または動物用食品は、様々な栄養、機能
性および/または薬学的成分の送達系として機能性す
る。また、そのような送達系を生成し使用する方法も本
発明により提供される。 【0014】本発明による二重構造動物用食品は、
(i)脂質を含む成分を少なくとも含む第一成分であっ
て、第一成分は、約25重量%より少ない総水分含有量
を有し、そして第一成分は、水相を含まない、第一成分
と、(ii)炭水化物、脂肪、蛋白質をまたはその組み
合わせを含む成分の少なくとも1つを含む第二成分であ
って、第二成分は、約25重量%より少ない総水分含有
量を有する第二成分と、を含み、ここで、この第一成分
は、少なくとも1つの部分が第二成分から分離した形で
あり、そして、この第二成分は、この分離した部分を少
なくとも部分的に包囲する。 【0015】本発明の二重構造の動物用食品の製造方法
は、第二成分内にある第一成分を同時押し出しし、押し
出し物を生成することを含み、ここで(a)この第一成
分は、25重量%より少ない総水分含有量を有し、そし
て(b)第二成分は、25重量%より少ない総水分含有
量を有し、炭水化物、脂肪、蛋白質をまたはその組み合
わせを含む成分の少なくとも1つを含み、その第一成分
は、その第二成分から分離した部分の形である。 【0016】本発明による、栄養、機能性、および薬学
的化合物から選択される成分の少なくとも1つを動物に
送達する方法は、本発明による二重構造動物用食品をそ
の動物に給餌する工程を含む。 【0017】本発明による、動物におけるインビボの酸
化剤防御指数(oxidant defense in
dex)の増加の方法は、本発明の動物用食品をその動
物に投与することを含む。 【0018】本発明による、動物において運動媒介の酸
化ストレスを減衰する方法は、本発明の動物用食品をそ
の動物に投与することを含む。 【0019】さらに、本発明は、皮膚および外皮の増
強、抗炎症性機能、呼吸改善機能、免疫応答機能増強、
抗酸化機能および/または寄生生物制御機能のような応
答を提供する成分のための機能性送達系を提供する。本
発明は、胃腸系の健康機能を維持するための抗生物質お
よび/または前生物質(prebiotics)および
/または共生物質(probiotics)のための機
能性送達系を提供する。 【0020】本発明は、食用内部成分および食用外部成
分からなる、2つの成分の、ペットまたは動物用食品を
提供する。内部成分は、ソフトクリーム様マトリクスを
形成する脂質および固体の混合物である。この軟マトリ
クスは、いかなる水の添加も必要なく形成されるので、
これは水の含量が最小限であり、そして水の活性レベル
が非常に低い。従って、この軟脂質組成物は、硬直性の
滅菌技術または安定化のための抗菌剤/抗真菌剤を必要
としない。軟脂質組成物は、どのような水分制御成分も
必要としない。外部成分は、穀類がベースであり、そし
て好ましくは、内部部分より硬い。外部成分は、押し出
し加工を介して生成される整列された「繊維性の」構造
を有し得る。 【0021】この2つの成分と構造の組み合わせは、単
一の成分の製品に作製された同じ組成的成分よりも嗜好
性の有利な上昇を提供する。従って、驚くべきことに、
本発明は、より硬いシェル材料に囲まれたより軟らかい
脂質ベースの中心を有することにより嗜好性の有意な改
善を提供する。 【0022】さらに、本発明は、単純なパッケージング
技術の使用を可能にする。なぜなら、脂質内部マトリク
スが穀類ベースのシェルにより囲まれることにより、驚
くべきことに、脂質材料は、シェルを通じての浸出から
保護されるからである。従って、本発明の二重成分の製
品についてはパッケージング材料上に脂質の浸出は存在
しない。代表的には、高い脂質含量の乾燥したペットま
たは動物用食品は、パッケージング材料上へ浸出し、そ
れにより望ましくない油染みが起こる。脂質が内部マト
リクス中で濃縮され、そして外部シェル成分により囲ま
れるという事実は、内部マトリクスが、先行技術の保護
されてない脂質材料よりも、浸出を生じることがない、
より高い脂質含量を有することを可能にする。従って、
本発明は、所望される高い脂質濃度を有し、高脂質含量
の製品に通常は、関連する、特殊化され、そして高価な
パッケージング技術を必要とすることなく、なおまだ単
純なパッケージング技術を使用する食品成分を提供す
る。 【0023】先行技術の製品は、種々の栄養性の添加物
成分、機能性添加物成分または薬学的添加物成分のため
の送達系として機能し得ない。なぜなら、先行技術は、
安定性のために有意な熱加工および/または酸性条件を
必要とするからである。このような厳しい条件は、この
ような添加物を変化または破壊する。しかし、本発明
は、このような厳しい条件を利用しない。さらに、破損
からの固有の栄養成分の変質を防ぐために、先行技術に
おいては、水分が制御されなければならない。しかし、
上記で考察したように、先行技術による水分制御に必要
である、より精巧なパッケージング材料および技術は、
本発明によっては必要でない。 【0024】本発明の種々の局面のさらなる目的、利点
および特徴は、その好ましい実施態様の以下の説明から
明白になる。この説明は、添付の図面と組み合わせて与
えられる。 【0025】 【発明が解決しようとする課題】本発明は、改良された
味の良さを有する貯蔵安定性の多成分食品、特に、嗜好
性が顕著に改善された多成分の乾燥したペット用食品ま
たは動物用食品、ならびにその製造および使用方法を提
供することを課題とする。 【0026】 【課題を解決するための手段】1つの局面において、本
発明は、以下:脂質を含む少なくとも1つの成分を含む
第一成分であって、該第一成分は約25重量%未満であ
る総水分含量を有し、かつ該第一成分は水層を含まな
い、第一成分;および炭水化物、脂肪、タンパク質また
はその組合せを含む少なくとも1つの成分を含む第二成
分であって、該第二成分は、約20重量%未満の総水分
含量を有する、第二成分、を含む二重構造の動物用食品
であって、ここで、 該第一成分は、該第二成分とは異なる少なくとも1つの
部分の形態にあり、そして該第二成分は、該少なくとも
1つの異なる部分を少なくとも部分的に取り囲む、二重
構造の動物用食品に関する。 【0027】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、20重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0028】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、15重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0029】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、12重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0030】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、10重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0031】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、8重量%未満の水分含量を有する、上記
の二重構造の動物用食品である。 【0032】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、6重量%未満の水分含量を有する、上記
の二重構造の動物用食品である。 【0033】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、20重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0034】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、15重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0035】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、10重量%未満の水分含量を有する、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0036】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの脂質が、長鎖または中程度の鎖の、
飽和または不飽和の、モノアシルグリセロール、ジアシ
ルグリセロールまたはトリアシルグリセロールを含む、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0037】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、さらに、炭水化物、脂肪、タンパク質お
よびこれらの組合せからなる群より選択される成分を含
む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0038】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、さらに、栄養性化合物、非栄養性化合
物、およびこれらの混合物からなる群より選択される少
なくとも1つのさらなる成分を含む、上記の二重構造の
動物用食品である。 【0039】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、前記栄養性化合物が、ミネラル補助剤、ビタミン
B、およびこれらの混合物からなる群より選択される、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0040】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、前記非栄養性化合物が、草本化合物、植物ベースの
抽出物、およびこれらの混合物からなる群より選択され
る、上記の二重構造の動物用食品である。 【0041】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、0.65未満のa、少なくとも10%
の脂肪含量を有し、そして脂質ならびにタンパク質およ
び炭水化物を含有する固体の混合物を含む、上記の二重
構造の動物用食品である。 【0042】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、上記第一成分が、約40〜90%の固体および10
〜60%の脂質を含み、該固体および脂質の重量%の合
計が100重量%を超えない、上記の二重構造の動物用
食品である。 【0043】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、上記第一成分が、約50〜80%の固体および20
〜50%の脂質を含み、該固体および脂質の重量%の合
計が100重量%を超えない、上記の二重構造の動物用
食品である。 【0044】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、上記第一成分が、約55〜65%の固体および45
〜35%の脂質を含み、該固体および脂質の重量%の合
計が100重量%を超えない、上記の二重構造の動物用
食品である。 【0045】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、上記第一成分が、約60%の固体および40%の脂
質を含み、該固体および脂質の重量%の合計が100重
量%を超えない、上記の二重構造の動物用食品である。 【0046】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、少なくとも1つの抗酸化剤を含む、上記
の二重構造の動物用食品である。 【0047】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、上記第一成分が、少なくとも1つの抗炎症剤を含
む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0048】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、0.65未満のaを有する、上記の二
重構造の動物用食品である。 【0049】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、0.50未満のaを有する、上記の二
重構造の動物用食品である。 【0050】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、0.40未満のaを有する、上記の二
重構造の動物用食品である。 【0051】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、0.35未満のaを有する、上記の二
重構造の動物用食品である。 【0052】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、10重量%より多い脂質含量を有する、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0053】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、15重量%より多い脂質含量を有する、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0054】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、20重量%より多い脂質含量を有する、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0055】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、30重量%より多い脂質含量を有する、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0056】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、栄養性化合物、機能性化合物、薬学的化
合物、およびこれらの混合物からなる群より選択される
少なくとも1つの添加物を含む、上記の二重構造の動物
用食品である。 【0057】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、動物の皮膚および/または外被を増強す
るように機能する少なくとも1つの化合物を含む、上記
の二重構造の動物用食品である。 【0058】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、抗炎症機能を増強するように機能する少
なくとも1つの化合物を含む、上記の二重構造の動物用
食品である。 【0059】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、抗酸化機能を増強するように機能する少
なくとも1つの化合物を含む、上記の二重構造の動物用
食品である。 【0060】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、呼吸を改善するように機能する少なくと
も1つの化合物を含む、上記の二重構造の動物用食品で
ある。 【0061】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、免疫応答機能を増強するように機能する
少なくとも1つの化合物を含む、上記の二重構造の動物
用食品である。 【0062】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、抗菌剤として機能する少なくとも1つの
化合物を含む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0063】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、少なくとも前生物質(prebioti
cs)または共生物質(probiotics)を含
む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0064】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、前記食品の約5〜50重量%を含む、上
記の二重構造の動物用食品である。 【0065】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、炭水化物、脂肪、タンパク質およびこれ
らの組合せを含む、上記の二重構造の動物用食品であ
る。 【0066】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、繊維性構造を含む、上記の二重構造の動
物用食品である。 【0067】好ましい実施形態において、本発明は、前
記食品が、少なくとも1つの香味増強剤で被膜される、
上記の二重構造の動物用食品である。 【0068】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、前記少なくとも1つの香味増強剤が、1〜10%の
脂質物質、1〜15%の消化物質またはこれらの混合物
を含む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0069】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、熱、光および酸素から該第一成分製品を
保護するために効果的な上記第二成分によって少なくと
も部分的に取り囲まれる、上記の二重構造の動物用食品
である。 【0070】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、該第一成分中の前記脂質物質を保護する
ために効果的な上記第二成分によって少なくとも部分的
に取り囲まれる、上記の二重構造の動物用食品である。 【0071】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、内部の芯の形態にある、上記の二重構造
の動物用食品である。 【0072】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、層の形態にある、上記の二重構造の動物
用食品である。 【0073】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、細片の形態にある、上記の二重構造の動
物用食品である。 【0074】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、上記第二成分内の塊(chunk)の形
態にある、上記の二重構造の動物用食品である。 【0075】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、上記第一成分の少なくとも75%を取り
囲む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0076】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、上記第一成分の少なくとも80%を取り
囲む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0077】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、上記第一成分の少なくとも85%を取り
囲む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0078】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、上記第一成分の少なくとも90%を取り
囲む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0079】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、上記第一成分の少なくとも95%を取り
囲む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0080】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第二成分が、上記第一成分の少なくとも100%を取
り囲む、上記の二重構造の動物用食品である。 【0081】好ましい実施形態において、本発明は、前
記食品が、AFCO標準に従って栄養学的に完全であ
る、上記の二重構造の動物用食品である。 【0082】好ましい実施形態において、本発明は、前
記食品が、シェルの中空部分に同時に押し出されるかま
たは注がれる芯部分と共に、該シェルの押し出しによっ
て連続ロープとして形成される、上記の二重構造の動物
用食品である。 【0083】1つの局面において、本発明は、二重構造
の動物用食品を作製する方法であって、押し出し成型物
を形成するために第二成分中の第一成分を同時に押し出
す工程を包含し、ここで、(a)該第一成分が少なくと
も1つの脂質および25重量%未満の水分を含み、そし
て(b)該第二成分が少なくとも25重量%未満の水分
を含みかつ炭水化物、脂肪、タンパク質、またはこれら
の混合物を少なくとも含み、ここで、該第一成分は該第
二成分とは異なる部分の形態にある、方法に関する。 【0084】好ましい実施形態において、本発明は、前
記押し出し成型物を成型小片に細分する工程、および該
成型小片を乾燥する工程をさらに包含する、上記の方法
である。 【0085】好ましい実施形態において、本発明は、前
記押し出し成型物を香味増強剤で被覆する工程をさらに
包含する、上記の方法である。 【0086】好ましい実施形態において、本発明は、上
記第一成分が、上記第二成分内の芯を形成する、上記の
方法である。 【0087】好ましい実施形態において、本発明は、前
記押し出し成型物が、押し付けることによって再分され
る、上記の方法である。 【0088】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、前記圧縮が、成型小片を形成する、上記の方法であ
る。 【0089】さらに好ましい実施形態において、本発明
は、前記成型小片が、上記第一成分が上記第二成分によ
って実質的に囲まれる枕形状である、上記の方法であ
る。 【0090】1つの局面において、本発明は、栄養性化
合物、機能性化合物、薬学的化合物からなる群より選択
される少なくとも1つの成分を該動物に送達する方法で
あって、上記の二重構造の動物用食品であるを該動物に
給餌する工程を包含する、方法に関する。 【0091】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの成分が、動物の皮膚および/または
外被を増強するように機能する少なくとも1つの化合物
を含む、上記の方法である。 【0092】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの成分が、抗炎症性機能を増強するよ
うに機能する少なくとも1つの化合物を含む、上記の方
法である。 【0093】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの成分が、抗酸化機能を増強するよう
に機能する少なくとも1つの化合物を含む、上記の方法
である。 【0094】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの成分が、呼吸を改善するように機能
する少なくとも1つの化合物を含む、上記の方法であ
る。 【0095】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの成分が、免疫応答機能を増強するよ
うに機能する少なくとも1つの化合物を含む、上記の方
法である。 【0096】好ましい実施形態において、本発明は、前
記少なくとも1つの成分が、抗菌成分として機能する少
なくとも1つの化合物を含む、上記の方法である。 【0097】好ましい実施形態において、本発明は、上
記の動物用食品を投与する工程を包含する、動物におけ
るインビボ酸化剤防御指数を増加する方法である。 【0098】好ましい実施形態において、本発明は、上
記の動物用食品を投与する工程を包含する、動物におけ
るインビボでの運動媒介性の酸化的ストレスを減弱する
方法である。 【0099】 【発明の実施の形態】(発明の詳細な説明)本発明は、
貯蔵安定性の二重構造の複数成分のペットまたは動物用
食品を提供する。この食品は、単一構造のペットまたは
動物用食品と比べて、有意に改善された嗜好性を有す
る、シェルまたはより硬いマトリクス物質部分に結合さ
れた、より軟性の脂質ベースの部分を含む。 【0100】本発明は、上昇した嗜好性を提供するが、
なおこの食品はAmericanFeed Contr
ols Officials(AFCO)の標準に従っ
て栄養的に完全である。。 【0101】本発明の1つの局面は、脂質を含有する、
より軟性の部分および穀類ベースのより硬い部分を有す
る二重構造の食用製品を提供する。このより軟性の成分
は、好ましくは、ソフトクリーム様マトリクスを形成す
る、脂質および固体の混合物である。この軟性マトリク
スは、最小限の水含量および非常に低い水活性レベルを
有するので、保存のための厳しい滅菌技術、水分制御の
ためのさらなる成分、または安定化のための抗菌剤/抗
真菌剤は必要ない。自然の貯蔵期限研究は、本発明の製
品が、1年後でさえも、優れた採餌効果を維持したまま
で、安定であることを示す。穀物ベースの成分は、好ま
しくは、脂質含有成分より硬い。 【0102】1つの実施態様に従って、穀物ベースの成
分は、内部部分の形態にある軟成分を囲む外部シェルを
形成する。図1を参照すれば、ペットまたは動物用食品
10は、内部部分11を囲む外部部分12を含む。食品
10の末端は、必要に応じて、曝露される内部部分11
を有し得るが、内部部分11は、外部部分12により末
端でカバーされることが好ましい。 【0103】本発明の1つの好ましい実施態様におい
て、押し出しシェル製品は、シェル押し出し機ダイプレ
ートに注ぎ込まれ、そして押し出しロープ中に均一に分
配された内部クリーム材料を含む。次いで、充填された
押し出しロープは、圧縮され、そして切断されて、食品
およびペットまたは動物用食品業において、「ピロー
(pillow:まくら)」形状として公知の形状を形
成する。この押し出し物は、水の使用の必要なく、任意
の好都合な押し出し加工および装置(例えば、半湿性の
ペットまたは動物用食品を形成するために水の使用を依
然必要とする、現在利用されている加工および装置)を
利用し得る。 【0104】他の例においては、押し出されるシェル材
料は、押し出しを改善するために、押し出しの前に食餌
(meal)成分に添加される25%までの水を含み得
る。しかし、押し出しロープの中心に同時押し出しされ
る軟性中心部分は、なんら添加水を含まない。外部シェ
ル材料に添加される水の量は、水の除去のための極度の
加熱を必要としない。これは、押し出し製品の幾何学的
条件のためである。本発明における水は、製品の全厚に
比べて相対的に薄いシェル中にのみある。結果として、
この水は、先行技術の製品における水についての相対的
に長い移動距離と比べて、表面までのより短い移動距離
を有し、そして比較的より低い温度およびより短時間の
加熱時間で追い出され得る。先行技術の製品は、製品全
体にわたって水を有し、より高い温度、およびより長い
加熱時間が必要である。従って、本発明の成分は、有害
に極度の加熱条件に供されない。 【0105】図6Aを参照すれば、ペットまたは動物用
食品60は、外部部分62を有する。食品60の断面、
図6Bを参照すれば、外部部分62は、内部部分61を
囲む。必要に応じて、外部部分62は、押し出し加工に
より生成される整列された「繊維性」構造69を有す
る。 【0106】他の実施態様は、軟性成分が穀物ベースの
成分を含むマトリクスにより部分的に囲まれる製品を含
む。この様式において、軟性部分は、穀物ベースのマト
リクス部分によりなお部分的に保護される。さらに、こ
の軟性成分は、「二重構造」(dual textur
e)が維持されるように、製品内における別個の部分の
形態である。本発明の二重構造局面の採餌能力の予期せ
ぬ増強が、このような部分的に囲まれた実施態様により
維持され、一方、安定性局面および非浸出局面は、完全
に囲まれた実施態様より低いことが理解される。 【0107】図2を参照すれば、ペットまたは動物用食
品20は、第二の、より硬い成分22の間にサンドイッ
チされた第一の、より軟性の成分21の層を含む。 【0108】図3を参照すれば、ペットまたは動物用食
品30は、第二の、より硬い成分32の上に第一の、よ
り軟性の成分31の小片を含む。 【0109】図4を参照すれば、ペットまたは動物用食
品40は、第二の、より硬い成分42の内部に第一の、
より軟性の成分41の分散塊(discrete ch
unk)を含む。 【0110】図5を参照すれば、ペットまたは動物用食
品50は、第二の、より硬い成分52と混合された第一
の、より軟性の成分51を含み、大理石模様の製品中に
分散した縞を形成する。この分散した縞は、分布または
量において無作為化されてもよいし、または予め決定さ
れてもよい。 【0111】図に例示される食品は、任意の都合のよい
大きさおよび形状(固体が噛むのに適した大きさの(b
ite−sized)片、および四角形、長方形、円
形、卵形、球形、楕円形、ドーナツ形または他の形状の
他の従来の菓子食品の大きさを含む)であり得ることが
理解されるべきである。任意の特定の動物への適用に適
した大きさおよび形状を決定することは当業者に明らか
である。 【0112】より軟らかい内部部分または成分は、約2
5重量%未満、有利には約20重量%未満、より有利に
は約15重量%未満の水分、さらにより有利には約12
重量%未満、なおさらに有利には10重量%未満、さら
になおより好ましくは8重量%未満、および最も好まし
くは6重量%未満の低い総水分含量を有する、脂質に基
づく組成物である。 【0113】より軟らかい内部部分または成分は、例え
ば、長鎖または中鎖の飽和または不飽和の非アシルグリ
セロール、ジアシルグリセロールまたはトリアシルグリ
セロールのような脂質を含む。例えば、炭水化物、脂
肪、タンパク質、およびそれらの組合せのような他の成
分が含まれ得る。さらなる成分は、例えば、栄養性化合
物または非栄養性化合物、またはそれらの組合せであり
得る。より軟らかい内部部分または成分に含まれ得る栄
養性化合物の例としては、ミネラル補助剤、ビタミンB
類、およびそれらの混合物が挙げられる。非栄養性化合
物としては、例えば、草本化合物、植物に基づく抽出物
またはそれらの混合物が挙げられる。さらに、この内部
部分または成分は、栄養性または非栄養性であり得る、
1以上の抗酸化成分を含み得る。栄養性酸化防止剤の例
としては、プロビタミンAカロテン、ビタミンC、ビタ
ミンE、およびそれらの混合物が挙げられる。プロビタ
ミンAカロテンの例としては、全トランスおよび全シス
のβカロテン、全トランスおよび全シスのαカロテン、
および全トランスおよび全シスのγカロテンが挙げられ
る。非栄養性酸化防止剤の例としては、非プロビタミン
Aカロテン、抗炎症剤、およびそれらの混合物が挙げら
れる。非プロビタミンAカロテンの例は、ζ(ゼータ)
カロテン、トランスリコペン、シスリコペン、フィトフ
ルエン、フィトエン、およびクルクミンである。抗炎症
剤の例としては、脂肪酸、ウコン抽出物(例えば、クル
クミン)、およびそれらの混合物が挙げられる。 【0114】より軟らかい内部部分または成分は、約
0.65未満の水分活性aを有することが有利であ
り、aは約0.50未満であることがより有利であ
り、aは約0.40未満であることがなおより有利で
あり、そしてaは約0.35未満であることが最も有
利である。 【0115】より軟らかい内部部分または成分の脂質含
量は、約10重量%を超えることが有利であり、この脂
質含量は約15重量%を超えることがより有利であり、
この脂質含量は、約20重量%を超えることがなおより
有利であり、そしてこの脂質含量は、約30重量%を超
えることが最も有利である。 【0116】この内部部分または成分は、約40〜90
重量%の固体および約10〜60重量%の脂質を含むこ
とが有利であり;この内部部分または成分は、約50〜
80重量%の固体および約20〜50重量%の脂質を含
むことがより有利であり;そしてこの内部部分または成
分は、約55〜65重量%の固体および約45〜35重
量%の脂質を含むことがなおより有利であり、ここで固
体および脂質の重量%の合計は、全ての場合で100%
を超えない。この内部部分または成分は、約60重量%
の固体および約40重量%の脂質を含むことが最も好ま
しい。 【0117】より軟らかい内部部分または成分は、栄養
性化合物、機能性化合物、薬学的化合物、およびそれら
の混合物のような添加剤を含み得る。このような添加剤
は、ペットの皮膚または膜特性を増強するために、抗炎
症性になるように、酸化防止剤になるように、口臭を改
善するために、免疫応答機能を増強するために、寄生体
と闘うために、または微生物と闘うために有効である添
加剤であり得る。さらに、このような添加剤は、例え
ば、抗炎症剤、および酸化防止剤、抗寄生生物剤、口臭
消臭剤、皮膚膜増強剤、湿潤剤、またはそれらの混合物
であり得る。 【0118】より軟らかい内部部分または成分は、総製
品の約5〜約50%の割合である。 【0119】より硬い外部部分または成分は、約25重
量%未満の低い総水分含量を有する組成物である。 【0120】より硬い外部部分または成分は、炭水化
物、脂肪、タンパク質、およびそれらの組合せを含む組
成物である。 【0121】本発明の局面は、種々の機能性成分、栄養
性成分、および/または薬学的成分のための送達系とし
て機能する、貯蔵安定性の二重構造の食品を提供する。
好ましくは、軟らかい成分は、機能性成分、特に熱、
光、および酸素に感受性である機能性成分のための送達
系として働く。軟らかい成分は、少なくとも部分的に
は、および好ましくは全体的に、シェル/マトリクス部
分により包装されるので、その機能性成分は、熱、光お
よび酸素から実質的に保護される。従って、本発明の1
つの局面は、貯蔵安定性の多成分のペット用または動物
用食品を提供し、ここで種々の機能性成分、栄養性成
分、および薬学的成分は、添加され得、そして中央の内
部マトリクスにおいて、熱、光、および酸素から保護さ
れ得る。さらに、製品を完全に混合した場合、いくつか
の機能性成分は、所望されない香りまたは色を示し得
る。部分的または全体のカプセル化は、このような問題
を実質的に克服する。さらに、脂質ベースの材料中に含
まれていることにより、一般に脂肪溶解性である、機能
性成分は、消化管においてより容易に吸収される。従っ
て、これらは、より効果的に投与される。 【0122】本発明の別の局面は、脂質内部マトリクス
が穀物ベースのシェル(これは、脂質物質を漏れから保
護して、それによって単純なパッケージ技術の使用を可
能にする)により囲まれる製品を提供する。 【0123】本発明は、皮膚および膜の増強のための機
能性送達系を提供する。例えば、ヒマワリ油またはベニ
バナ油における機能性成分であるリノール酸は、4〜8
g/400Kcalの標的化されたレベルで脂質ベース
の中心充填物質中に混合され得る。この多量のヒマワリ
油またはベニバナ油を、従来の乾燥したペット用または
動物用食餌に添加することは困難である。なぜなら、こ
の添加されたリノール酸は、押し出し成型パラメータを
変更し、それによって構造において所望されない変化、
製造コストの上昇、および漏れを最少にしかつ予防する
ためのパッケージ材料コストの上昇を生じるからであ
る。対照的に、本発明の脂質マトリクス部分中にリノー
ル酸を組み込むことは簡単である。例えば、イオウアミ
ノ酸のような他の成分は、脂質マトリクス部分において
固体の一部として添加され得る。これらのアミノ酸は、
熱に感受性であるので、従来の押し出し加工の温度の上
昇を経させるよりもむしろ、中心充填物内への組み込み
は、分解を予防する。 【0124】本発明の別の局面は、抗炎症性機能のため
の機能性送達系を提供する。例えば、クルクミンは、中
心の充填物質に添加され得る。この成分は鮮黄色なの
で、外部シェルへのこの成分の添加は、製品を所望され
ない色にする。中心の充填物質におけるこの成分の添加
は、鮮黄色を隠す。さらに、抗炎症性薬学的成分は、炎
症を制御するために、中心に充填された物質中に組み込
まれ得る。 【0125】本発明のなお別の局面は、口臭改善機能の
ための機能性送達系を提供する。ローズマリー油、チョ
ウジ油、およびパセリ種子油のような成分が、中心の充
填物質に添加され得る。これらの成分は、強い香味およ
び芳香を有するので、中心の充填物質中に混合すること
は、香味および芳香またはこれらの機能性成分を低下さ
せ、そしてまた、それらの安定性を増大させる。 【0126】本発明はまた、免疫応答機能の増大のため
の機能性送達系を提供する。例えば、マツヨイグサ油ま
たはechinaceaが、中心の充填物質に添加され
得、それによってそれらの分解を予防し、そしてそれら
の安定性を増強する。 【0127】本発明の別の局面は、抗酸化機能のための
機能性送達系を提供する。例えば、以下を含む酸化防止
剤として機能し得る種々の成分が存在する:(i)脂溶
性であり、従って脂質マトリクス部分中に容易かつ有利
に組み込まれる、ビタミンE、および(ii)鮮やかな
オレンジ色であり、そして熱、光および酸素に不安定で
あり、従って外部シェル物質により囲まれた中心の脂質
マトリクス部分中に有利に取り込まれる、カロテノイ
ド。 【0128】本発明はさらに、寄生体制御機能のための
機能性送達系を提供する。薬学的成分は、現在、錠剤中
に組み込まれている。このような錠剤は、しばしば、投
与するのが困難である。これらの成分を、投与の容易さ
のためにペット用または動物用食品中に組み込むことに
ついて、消費者による要望の増加が存在する。例えば、
イヌ糸状虫、腸の蠕虫、ノミ、および/またはダニに対
して有効な薬学的成分は、投与のために、本発明の中心
の脂質マトリクス部分中に組み込まれ得る。 【0129】本発明のなお別の局面は、胃腸の健常機能
の維持のための抗生物質ならびに/あるいは前生物質お
よび/または共生物質についての機能性送達系を提供す
る。種々の抗生物質が、中心脂質のマトリクス部分中に
組み込まれ得る。イヌリンまたはフルクトオリゴサッカ
リド(frutooligosaccharide)
(FOS)のような前生物質は、脂質と混和した固体の
混合の一部として組み込まれ得る。凍結乾燥されたla
ctobacillusまたはbifidobacte
riumのような共生物質がその脂質に添加され得、そ
して従来のペット用または動物用食品中へのそれらの組
み込みよりも高い生存率を有する。なぜなら、従来のペ
ット用または動物用食品の製造の厳しい滅菌加工は、必
要とされないからである。従って、凍結乾燥された細胞
は、本発明の脂質マトリクスにおいて休眠状態を維持
し、そして細胞が有利に増殖し得る胃腸管にこの細胞が
達するまで、保護されたままである。 【0130】本発明の二重構造の動物用食品は、特定の
ペットの型の適用に適した任意の都合のよい大きさであ
り得る。どの大きさが、例えば、子ネコ、ネコ、老いた
ネコ、小さいイヌ、中程度の大きさのイヌ、大きいイ
ヌ、および老いたイヌのような特定のペットの型に適切
であることは、当業者に公知である。 【0131】1つの例において、本発明の二重構造の動
物用食品は、約20mm未満の最大寸法および約15m
m未満の第二の最大寸法を有する。別の例において、こ
の最大寸法は、約8〜約10mmの範囲であり、そして
この第二の最大寸法は、約8〜約10mmの範囲であ
る。別の例としては、約10〜約12mmの範囲の最大
寸法および約14〜16mmの範囲の第二の最大寸法を
有する。別の例としては、約30mm未満の最大寸法お
よび約30mm未満の最大寸法を有する。 【0132】別の例において、本発明の二重構造の動物
用食品は、約7〜約15mmの範囲の第一の寸法、約7
〜約15mmの範囲の第二の寸法、および約3〜約10
mmの範囲の第3の寸法を有する実質的に直線で囲まれ
た箱の形状である。別の例において、この箱の形状は、
約15〜約30mmの範囲の第一の寸法、約15〜約3
0mmの範囲の第二の寸法、および約5〜約15mmの
範囲の第3の寸法を有する。 【0133】本発明の二重構造の動物用食品は、特定の
ペット型の適用に適切な任意の都合のよい個々の重量を
有して形成され得る。例えば、ネコについての1つの例
は、製品は、1片当たり約0.1〜約10グラムの重量
である。本発明は、1つの適用についての異なる重量の
片および均一な重量の片を混合する工程を含む。 【0134】 【実施例】(実施例)以下の実施例は、本発明の範囲内
に含まれるいくつかの製品、およびそのような二重構造
の製品を作製する方法の例証である。この実施例は、決
して、本発明の限定であると考えられるべきではない。
本発明に関して、多くの変更および改変が、過度な実験
なく当業者によってなされ得る。 【0135】一般に、本発明のペット用または動物用食
品を作製するために使用される特定の加工(例えば、混
合、挽き(grinding)、調理、加熱、押出また
はシェル形成)は、当該産業において周知である。さら
に、適切なペット用または動物用食品を製造するために
必要とされるような安全手順もまた、当該分野において
周知であり、そして本発明の実施において従われる。 【0136】温浸(digest)を使用する場合、安
全温浸条件もまた周知である(例えば、pHを約1.0
〜約5.0に維持すること)。 【0137】一般に、より硬いシェル成分は、ミリング
(milling)の前に磁石の存在下で均一に混合さ
れ、ミリングの間にデストナー(de−stoner)
を使用し、そしてこのミリングした製品を、金属検出器
を用いて試験し、潜在的に損傷性でかつ健康に良くない
いかなる金属小片をも除去する。ミルおよびシフター
は、ネコ用製品のために、例えば、約200μ〜約30
0μの平均粒子サイズを生じ得るべきである。他の動物
は、異なる粒子サイズを必要とし、これは当該分野にお
いて周知である。このシフターは、例えば揺動(osc
illating)/振動(vibrating)床シ
フターのような任意の簡便なシフターであり得る。 【0138】軟らかいコア成分(例えば、獣脂、ラー
ド、温浸物(digest)、混合ミートおよび植物油
のような)の安全な取り扱いもまた、ペット用または動
物用食品産業の当業者に周知である。例えば、タンクを
約45℃〜約75℃の温度に保つというような保存条件
は周知である。獣脂は、一般に、好ましくは約55℃〜
約65℃に温度調節されたバルク送達系から送達され
る。この獣脂は、好ましくは米国標準番号18のメッシ
ュフィルター(1,000ミクロンの最大穴)を通して
濾過される。適切な健康によいペット用または動物用食
品を製造するための、獣脂についてのそのような手順は
当該産業において周知である。 【0139】一般に、内部クリームマトリクスの乾燥ミ
ール成分を最初にミキサーに添加し、続いて獣脂ならび
に他の脂肪(fat)および油成分を添加することが推
奨される。必要に応じて、混合前に、乳化剤をこの獣脂
に添加し得る。適切な健康に良いペット用または動物用
食品を製造するために、空気中の粒子、粉塵およびはね
かけ(splashing)を、当該分野において公知
であるように最小にすべきである。このクリーム物質を
添加し、そして乾燥物質が観察されないように、この乾
燥物質が十分に混合されそしてこの脂肪および油成分で
コートされるまで混合すべきである。この絶対粘度は、
好ましくは、約32℃〜約50℃の温度範囲内で約2
5,000cP未満である。 【0140】クリームタンクは、有利には、掃いて平ら
にされ(swept−surfaced)、そして攪拌
され、製品を約40℃〜約50℃の温度に維持すべきで
ある。この攪拌機は、有利には、空気エントレインメン
ト(air entrainment)がボルテックス
形成するのを防ぐようにサイズ分けされるべきである。
混合の速度は、有利には、空気エントレインメントがボ
ルテックス形成するのを防ぐように制御されるべきであ
る。 【0141】Salmonellaおよび他の微生物の
混入を防ぐために、一般的手順に従うべきである。その
ような手順は、例えば、密封したシステムを、濾過およ
びUV処理した空気で正の圧力にて維持することを含
む。 【0142】任意の簡便な方法を使用して、クリームを
形成し得、外部シェル物質を形成し得、この物質を押出
し機にかけ得、そしてこの外部物質および内部物質を同
時に押し出し得る。本発明の組成物を使用して本発明の
製品を製造するためのそのような方法は、当業者に周知
である。 【0143】使用される特定の簡便な押出し機に必要な
適切な流動特性は、当業者に明白である。ミル、スクリ
ーン、フィルター、温度制御デバイス、安全装置、コン
トローラーなどの使用は、当該分野において周知であ
る。本発明の内部成分の軟らかい組成物は、加工処理の
ために水の添加を必要としないことは当業者に明白であ
る。しかし、簡便な押出し機装置における有効な加工処
理を可能にするために、本発明の内部成分は、その混合
物が十分に軟らかいように十分に高い温度で保たれるべ
きであり、そしてこの混合物が十分に硬いように十分に
低い温度に保たれるべきである。 【0144】粒子がこの装置に損傷を与えること、また
は消費者に対して有害となることを、このような粒子を
除くことによって(例えば、濾過、スクリーニング、磁
気による排除および沈降によるような任意の簡便な方法
によって)防ぐことは、当業者に明白である。 【0145】任意の簡便な押出し機が使用され得るが、
1つの例において、ツインスクリュー押出し機において
同時押出さいころ形状で成形されるように押出し機を使
用した。 【0146】1つの形態において、この押出し機への製
品の流れは、シェルを形成するためために、混合された
ミール、飲料水、蒸気注入、汲み上げ可能なミート封入
物、必要に応じて獣脂、およびのコーン油抽出補助添加
物を含んだ。プレコンディショナー(precondi
tioner)を使用して、押出し用にミールを調製し
た。この場合、加工処理を補助するために少量の水をシ
ェル成分に添加したが、この水は、押出し頭部での蒸発
によって、または約20分間の約220°F〜約250
°F(約100℃〜約116℃)での低い乾燥温度によ
って容易に除去された。この乾燥は、2段階(約220
°F(100℃)で約10分、続いて約250°F(1
16℃)で約10分)で実施され得る。内部の脂質に基
づく部分は、良好な断熱特性を有する。それによって、
穏やかな乾燥条件による品質の悪化から含有成分を保護
する。 【0147】より硬い外部シェル材料によって囲まれて
いるより軟らかい脂質内部材料を含む押出しされたロー
プを、そのより硬い外部材料によって完全に包まれたそ
のより軟らかい脂質内部材料を有するように末端で閉じ
られている、簡便にサイズ合わせされた小片に分け得
る。この分割は、例えばクリンパーを使用することによ
るような任意の簡便な加工により得る。そのようなクリ
ンパーは当該分野において周知である。 【0148】製品流上での凝縮は、回避されるべきであ
り、そしてこの加工装置は、化学的または蒸気によって
衛生的にされるべきである。健康に良いペット用または
動物用食品を提供するために、当業者に周知の他の衛生
測定に従うべきである。給餌実施は、通常、グラムで表
され、1給餌あたりの1匹のネコの平均摂取量を示す。
給餌実施を一定の日数にわたって行う場合、このグラム
は、1日あたりの1匹のネコの平均摂取量を示す。給餌
実施は、通常には%で表され、これは、他の食品よりも
1つの食品を好む動物の平均の%を示す。給餌実施およ
び給餌嗜好を決定するための試験手順は、当業者に周知
である。 【0149】以下の実施例において、用語「Chix」
は、ペット食品についての共通の必需品をいう。これ
は、屠殺されたニワトリの屠殺体の清潔な部分から作製
された挽かれたミールであり、そして当業者に公知の多
くの供給業者によって製造されている。 【0150】(実施例1A、1B、比較実施例1および
比較実施例2)実施例1Aは、表1に示される成分から
構成されるシェルを有して、そして表2に示される成分
を充填して作製した、本発明の二重構造のペット用また
は動物用食品であった。 【0151】 【表1】 【0152】 【表2】 実施例1Bは、実施例1Aと同様に作製されたが、ビー
フ、ビーフ/レバーブレンド、およびサケのうちの任意
のミートを含んでいた。このミート含有物を、総製品の
5重量%でシェルに添加した。 【0153】比較実施例1を、実施例1を作製するため
に使用したのと同じ量で、1つの一重構造のペット用ま
たは動物用食品にすべての成分を混合することによって
作製した。比較実施例2は、シェルのみであった。図7
に言及すると、実施例1Aの給餌実施は、給餌曲線71
によって示される。先行技術の比較実施例1の給餌実施
は、実施例1Aにおいて使用された成分と同じ成分を総
合して含んだ一重構造の食品についての給餌曲線72に
よって示す。本発明のシェル成分のみの給餌実施である
比較実施例2は、給餌曲線73によって示される。 【0154】実施例1Aおよび比較実施例1を、保存期
間/給餌実施試験に供した。実施例1Aは、14週間の
保存期間後に88gの摂取という給餌実施、32週間の
保存後に75gの摂取、そして59週間の保存後に78
gの摂取を示した。比較において、従来の一重構造製品
である比較実施例1は、14週間の保存期間後に65g
の摂取、32週間の保存後に65gの摂取、そして59
週間の保存後に62gの摂取の給餌実施を示した。 【0155】このデータは、全て同じ成分を含む単一成
分製品(比較実施例1)と比較した場合、または外部シ
ェル単独(比較実施例2)と比較した場合、本発明の二
重構造の実施例1Aについての給餌実施が増強したこと
を示す。本発明はより口当たりが良かった(palat
able)だけではなく、本発明が1年を越える保存期
間を通してその増加された口当たりの良さを保持した。 【0156】(実施例2:)本発明の二重構造のペット
用または動物用食品を、表3に示される成分から構成さ
れるシェルを有して、そして表4に示される成分を充填
して作製した。 【0157】 【表3】 【0158】 【表4】 押し出し時、充填されたシェルは、62.000重量%
のバッチミール、8.000%の肉、および30.00
0%の充填物を含んでいた。 【0159】実施例2は、6週後に96g、26週後に
71g、そして57週後に88gの増強した採餌成績を
示した。実施例1Bと同様に、必要に応じて肉を含ませ
て実施例2Bも行った。 【0160】他のネコ嗜好採餌は、本発明が、高レベル
の脂質を含む乾燥製品を包含する他の乾燥製品より8〜
10倍好まれることを示した。1つの比較試験におい
て、本発明のサケ風味の実施例を、同様にサケ風味の単
純な質感の比較例と比較した。本発明の採餌嗜好性は9
0.1%である一方、比較例は、9.9%の採餌嗜好性
を有した。 【0161】本発明の牛肉風味の実施例および牛肉風味
の比較例を使用する別の比較において、本発明は、比較
例の19.4%に対し、80.6%の採餌嗜好性を示し
た。 【0162】なお別の比較において、15分間の対応さ
せた嗜好性試験は、ネコの70.1%が本発明の実施例
を好む一方、29.9%が比較例を好んだことを、99
%の信頼性で示した。採餌成績は、比較例の17.7g
に比し、本発明の実施例については41.8gであっ
た。 【0163】乾燥ペット食または乾燥動物食についての
これらの結果(特に、ネコの採餌行動に関する)は、驚
くべきことであり、そして予期されなかった。本発明に
従う脂質ベースの内部マトリクスから生じる増加した美
味しさは、種々の栄養成分、機能成分、および薬学的成
分、特に、(i)脂質溶解性であり、(ii)熱、光、
または酸素による劣化を受け易く、あるいは(iii)
さもなければ味、色もしくは臭いのため与えることが困
難である成分について、以下の実施例により示されるよ
うに、送達系を提供する。 【0164】以下の実施例は、上記実施例において使用
された成分と同様な成分で作製された外部シェルを有
し、そして下記に示すような、より柔軟な内部脂質混合
物を有する本発明の他の実施態様を示す。 【0165】(実施例3)実施例3は、下記の表5に示
される成分を用いて内部充填物を作製することによって
作製される: 【0166】 【表5】 (実施例4)実施例4は、下記の表6に示される成分を
用いて内部充填物を作製することによって作製される: 【0167】 【表6】 (実施例5)実施例5は、下記の表7に示される成分を
用いて内部充填物を作製することによって作製される: 【0168】 【表7】 (実施例6)実施例6は、下記の表8に示される成分を
用いて内部充填物を作製することによって作製される: 【0169】 【表8】(実施例7)実施例7は、下記の表9に示される成分を
用いて内部充填物を作製することによって作製される: 【0170】 【表9】 (実施例8)実施例8は、下記の表10に示される成分
を用いて内部充填物を作製することによって作製され
る: 【0171】 【表10】 (実施例9)実施例9は、下記の表11に示される成分
を用いて内部充填物を作製することによって作製され
る: 【0172】 【表11】 (実施例10)実施例10は、下記の表12に示される
成分を用いて内部充填物を作製することによって作製さ
れる: 【0173】 【表12】(実施例11)実施例11は、下記の表13に示される
成分を用いて内部充填物を作製することによって作製さ
れる: 【0174】 【表13】 一般に、実施例3〜11の脂質中心マトリクスの近成
は、36重量%のタンパク質、6重量%の灰、42重量
%の脂肪、10重量%の炭水化物、および6重量%の水
分である。押し出し前の外部シェルに使用される粗バッ
チミールの近成(proximate)は、約13重量
%のタンパク質、7重量%の灰、6重量%の脂肪、4重
量%の繊維、40重量%の炭水化物、および10重量%
の水分である。新鮮な肉は、必要に応じて、押し出し前
に、バッチミールに添加され得る。タンパク質/炭水化
物は、肉添加に適合するよう調整される。しかし、それ
にもかかわらず、肉は脂肪含量を上昇させる。最終製品
は、約12重量%未満の水分含量および0.6を下回る
水活性を有する。 【0175】上記の本発明の説明は、例示を意図し、そ
して限定を意図するものではない。記載された実施態様
における種々の変更または改変を、当業者は想起し得
る。これらは、本発明の精神からも範囲からも逸脱する
ことなく行われ得る。 【0176】 【発明の効果】本発明は、改良された味の良さを有する
貯蔵安定性の多成分食品、特に、嗜好性が顕著に改善さ
れた多成分の乾燥したペット用食品または動物用食品、
ならびにその製造および使用方法を提供する。

【図面の簡単な説明】 【図1】図1は、本発明のペットまたは動物用食品の斜
視図である。 【図2】図2は、本発明のペットまたは動物用食品の斜
視図である。 【図3】図3は、本発明のペットまたは動物用食品の斜
視図である。 【図4】図4は、本発明のペットまたは動物用食品の斜
視図である。 【図5】図5は、本発明のペットまたは動物用食品の斜
視図である。 【図6A】図6Aは、本発明のペットまたは動物用食品
の模式的斜視図である。 【図6B】図6Bは、本発明のペットまたは動物用食品
の図6AのAA線断面にそった模式的断面図である。 【図7】図7は、本発明の二重構造実施態様の嗜好性
を、2つの単一構造製品の嗜好性と比較した、消費と時
間との間の関係のグラフ表示である。ここで縦軸は、消
費(グラム)を示し、そして横軸は時間(分)を示す。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 2B005 AA03 LA06 LA07 LB06 LB07 MC06 2B150 AA01 AA06 AB04 AE07 AE16 AE25 AE29 AE32 AE33 CD17 CJ07 CJ08 DA57 DC13 DJ01 DJ11 DJ27 DJ28

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 以下:クリーム構造のマトリクスを形成
    する脂質および固形成分の混合物を含む第一成分であっ
    て、該第一成分は水層を含まないで形成され、そして総
    水分含量が約15重量%未満である、第一成分;および
    炭水化物、脂肪、タンパク質またはその組合せを含む少
    なくとも1つの成分を含む第二成分であって、該第二成
    分は、約20重量%未満の総水分含量を有する、第二成
    分、を含む二重構造の動物用食品であって、ここで、 該第二成分は、該第一成分のクリーム構造のマトリクス
    を完全に取り囲み、そして第二成分と第一成分との同時
    押し出し成型によって形成されて、1つの二重成分押し
    出し成型物を形成する、二重構造の動物用食品。
JP2002230027A 1998-03-18 2002-08-07 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法 Expired - Lifetime JP4689932B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09/040,399 1998-03-18
US09/040,399 US6117477A (en) 1998-03-18 1998-03-18 Multicomponent food product and methods of making and using the same

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000536251 Division

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2003102390A true JP2003102390A (ja) 2003-04-08
JP2003102390A5 JP2003102390A5 (ja) 2006-11-16
JP4689932B2 JP4689932B2 (ja) 2011-06-01

Family

ID=21910779

Family Applications (4)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000536251A Withdrawn JP2002506620A (ja) 1998-03-18 1999-03-12 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法
JP2002230027A Expired - Lifetime JP4689932B2 (ja) 1998-03-18 2002-08-07 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法
JP2006261572A Withdrawn JP2007020580A (ja) 1998-03-18 2006-09-26 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法
JP2009042941A Pending JP2009112313A (ja) 1998-03-18 2009-02-25 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000536251A Withdrawn JP2002506620A (ja) 1998-03-18 1999-03-12 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法

Family Applications After (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006261572A Withdrawn JP2007020580A (ja) 1998-03-18 2006-09-26 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法
JP2009042941A Pending JP2009112313A (ja) 1998-03-18 2009-02-25 多成分食品ならびにそれを製造および使用する方法

Country Status (16)

Country Link
US (5) US6117477A (ja)
EP (6) EP2298081A1 (ja)
JP (4) JP2002506620A (ja)
KR (1) KR100438860B1 (ja)
CN (1) CN1245886C (ja)
AT (1) AT254404T (ja)
AU (1) AU747964B2 (ja)
BR (1) BR9908877A (ja)
CA (1) CA2324013C (ja)
DE (2) DE69912934T4 (ja)
DK (1) DK1063897T3 (ja)
ES (1) ES2212538T3 (ja)
PT (1) PT1063897E (ja)
RU (1) RU2234840C2 (ja)
TW (1) TW580370B (ja)
WO (1) WO1999047000A1 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008535501A (ja) * 2005-04-15 2008-09-04 トータル・アリメントス・エス/エーTotal Alimentos S/A 嗜好性を高める物質からなるコアとコーティングを有する飼料、およびその製造方法
JP2009540839A (ja) * 2006-07-05 2009-11-26 マース インコーポレーテッドMars Incorporated 味付けされたペットフード製品
US7698145B2 (en) * 2001-06-15 2010-04-13 Nestec S.A. Pet food kiosk
JP2013524819A (ja) * 2010-04-26 2013-06-20 マーク アンド チャペル (アイルランド) リミテッド 2種成分食品およびその製造方法

Families Citing this family (162)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB9815634D0 (en) * 1998-07-17 1998-09-16 Mars Uk Ltd Animal food composition
US6506401B1 (en) * 1999-01-28 2003-01-14 H. J. Heinz Company Filled edible product, and system and method for production of a filled edible product
US20030198661A1 (en) * 2000-01-31 2003-10-23 Mars Incorporated Antioxidant compositions and methods for companion animals
US6238715B1 (en) * 1999-02-02 2001-05-29 Robert Scott Baikie Chew toy for dogs and method of making the same
US6228418B1 (en) * 1999-04-07 2001-05-08 Cyvex Nutrition Vegetarian pet treat
US7258879B1 (en) 1999-09-06 2007-08-21 Mars, Inc. Food product and process for manufacturing same
GB0005839D0 (en) * 2000-03-10 2000-05-03 Provita Eurotech Ltd Storage and delivery of micro-organisms
CN1421017A (zh) * 2000-03-10 2003-05-28 罗尔斯顿·普林纳公司 使宠物食品个性化的方法和装置
GB0008657D0 (en) * 2000-04-07 2000-05-31 Mars Uk Ltd Pet food
EP1151673A3 (en) * 2000-05-03 2002-01-02 Societe Des Produits Nestle S.A. Confectionery product having a filling
FR2808970B1 (fr) * 2000-05-19 2003-01-31 Royal Canin Sa Aliment ralentissant la vitesse d'ingestion des chiens
DK200001245A (da) * 2000-08-23 2002-02-24 Edberg Dan Oudal Fremgangsmåde for produktion af foder indkapslet i en fordøjelig skal.
AU2007216796B2 (en) * 2000-10-31 2011-06-09 Colgate-Palmolive Company Composition and method
US20020076470A1 (en) 2000-10-31 2002-06-20 Colgate-Palmolive Company Composition and method
US8669282B2 (en) * 2000-10-31 2014-03-11 Hill's Pet Nutrition, Inc. Companion animal compositions including lipoic acid and methods of use thereof
GB0027761D0 (en) * 2000-11-14 2000-12-27 Nestle Sa Nutritional composition for an immune condition
US7214370B2 (en) * 2000-12-18 2007-05-08 Probiohealth, Llc Prebiotic and preservative uses of oil-emulsified probiotic encapsulations
US6517877B2 (en) * 2000-12-29 2003-02-11 Martin Francis Gannon Animal food product
AU2002256620B2 (en) 2001-02-19 2007-01-18 Societe Des Produits Nestle S.A. Consumable product containing probiotics
US7320807B2 (en) * 2001-04-12 2008-01-22 Sorrento Lactalis, Inc. Co-extruded cheese snacks
US6733263B2 (en) * 2001-04-13 2004-05-11 Hills Pet Nutrition Inc. Composition, process and apparatus
GB0113348D0 (en) * 2001-06-01 2001-07-25 Mars Uk Ltd Skin diet
GB0113751D0 (en) * 2001-06-06 2001-07-25 Dow Corning Surface treatment
US20050287263A1 (en) * 2001-06-13 2005-12-29 Yaron Mayer Proteinaceous food based on hempseed and/or other plants, that keeps the seed's nutritional value and does not use dangerous ingredients, such as preservatives or coloring.
US6493641B1 (en) 2001-06-15 2002-12-10 Nestec Ltd Methods and apparatus for customizing pet food
US20030009370A1 (en) * 2001-06-15 2003-01-09 Singh Bhajmohan (Ricky) Method and apparatus for customizing a multiple component pet food
AU2002319004B2 (en) * 2001-08-03 2006-05-18 Mars, Incorporated Method of utilising offals for pet food manufacture
US6767546B1 (en) * 2001-08-17 2004-07-27 The United States Of America As Represented By The Secretary Of Agriculture Use of echinacea as a feed additive to enhance protection against coccidiosis
US6783777B2 (en) * 2001-09-13 2004-08-31 Land O'lakes, Inc. Method of feeding swine
US6866862B2 (en) * 2001-10-05 2005-03-15 Rubicon Scientific Animal feeds including heartworm-prevention drugs
US6716448B2 (en) * 2001-10-05 2004-04-06 Rubicon Scientific Llc Domesticated household pet food including maintenance amounts of ivermectin
US7052712B2 (en) * 2001-10-05 2006-05-30 Rubicon Scientific Llc Animal feeds including actives and methods of preparing same
CN1589155B (zh) 2001-10-05 2010-05-26 鲁比康科学有限公司 含有活性物质的动物饲料和使用方法
DE60231322D1 (de) * 2001-11-12 2009-04-09 Mars Inc Nahrungsmittel für katzen und hunde
US7329426B2 (en) * 2001-11-13 2008-02-12 Applied Food Biotechnology, Inc. Treatment of vegetable oils or animal fats with sulfur or nitrogen donor compounds for animal food flavorings
US7101565B2 (en) 2002-02-05 2006-09-05 Corpak Medsystems, Inc. Probiotic/prebiotic composition and delivery method
DE20203242U1 (de) * 2002-03-01 2002-07-04 Flos Juergen Kalender mit einer Mehrzahl von Aufnahmemitteln
EP1344458A1 (en) * 2002-03-12 2003-09-17 Société des Produits Nestlé S.A. Probiotic delivery system
US20030194423A1 (en) * 2002-04-15 2003-10-16 Mars, Inc. Composition for enhancing nutritional content of food
DE10220728A1 (de) * 2002-05-08 2003-11-27 Berend-Jan Te Winkel Futtermittel sowie Verfahren und Maschine zu dessen Herstellung
US20050202063A1 (en) * 2003-08-26 2005-09-15 Ebn International Kft Food product
SE526943C2 (sv) * 2002-08-26 2005-11-22 Indevex Ab Födoämneskompositionsprodukt
US20050181097A1 (en) * 2002-09-16 2005-08-18 Mars, Inc. Nutritionally complete pet food and method of feeding and manufacturing same
US6896924B2 (en) * 2002-09-16 2005-05-24 Angel Hernandez Two-texture pet food product
JP2006501281A (ja) * 2002-09-26 2006-01-12 プロバイオヘルス・エルエルシー 油乳化プロバイオティックカプセル封入物のプレバイオティックおよび保存的使用
US7251059B2 (en) * 2002-10-16 2007-07-31 Xerox Corporation System for distinguishing line patterns from halftone screens in image data
US20040091579A1 (en) * 2002-11-13 2004-05-13 Rubicon Scientific Llc; Extruded foodstuffs having maintenance level actives
US8034372B2 (en) * 2003-03-05 2011-10-11 Nestec, Ltd. Dietary supplement for athletic pets
WO2004080200A1 (en) * 2003-03-11 2004-09-23 Inatech International Inc. Probiotic micro-organisms and uses thereof
US7749509B2 (en) * 2003-08-29 2010-07-06 Cobb And Company, Llp Treatment of autism using probiotic composition
US8192733B2 (en) 2003-08-29 2012-06-05 Cobb & Associates Probiotic composition useful for dietary augmentation and/or combating disease states and adverse physiological conditions
US20060177424A1 (en) * 2003-08-29 2006-08-10 Cobb Mark L Treatment of disease states and adverse physiological conditions utilizing anti-fungal compositions
US7759105B2 (en) * 2003-08-29 2010-07-20 Cobb & Company, Llp Probiotic composition useful for dietary augmentation and/or combating disease states and adverse physiological conditions
US7731976B2 (en) * 2003-08-29 2010-06-08 Cobb And Company, Llp Treatment of irritable bowel syndrome using probiotic composition
US8715717B2 (en) * 2003-09-05 2014-05-06 Hill's Pet Nutrition, Inc. Composition for animal consumption
US8128956B2 (en) * 2003-09-12 2012-03-06 Mars, Inc. Food product for hairball treatment
US20050064081A1 (en) * 2003-09-19 2005-03-24 Rapidx Technologies Inc. Food product and method
US7074445B2 (en) * 2003-10-30 2006-07-11 Frito-Lay North America, Inc. Method for adhering large seasoning bits to a food substrate
US7074446B2 (en) * 2003-10-30 2006-07-11 Frito-Lay North America, Inc. Method for making a dual-textured food substrate having large seasoning bits
US20050118299A1 (en) * 2003-12-01 2005-06-02 The Iams Company Companion animal compositions comprising short chain oligofructose
US20050118234A1 (en) * 2003-12-01 2005-06-02 The Iams Company Methods and kits related to administration of a fructooligosaccharide
US7785635B1 (en) * 2003-12-19 2010-08-31 The Procter & Gamble Company Methods of use of probiotic lactobacilli for companion animals
US20050158294A1 (en) 2003-12-19 2005-07-21 The Procter & Gamble Company Canine probiotic Bifidobacteria pseudolongum
US8877178B2 (en) 2003-12-19 2014-11-04 The Iams Company Methods of use of probiotic bifidobacteria for companion animals
US7713571B2 (en) 2004-03-15 2010-05-11 Michael Foods, Inc. Egg nuggets
US20050202151A1 (en) * 2004-03-15 2005-09-15 Land O'lakes, Inc. Method of preparing egg nuggets
JP2007530056A (ja) * 2004-03-30 2007-11-01 ドウド,キエロン 可食組成物及び包装
TWI274587B (en) * 2004-05-03 2007-03-01 Life Spring Biotech Co Ltd Complex face mask and methods of preparation thereof
US20050255148A1 (en) * 2004-05-17 2005-11-17 Puma Robert W Treat for administering medication to animals or pets
US20050276882A1 (en) * 2004-06-11 2005-12-15 Bishop William W Pet food, pet food pellets and process for making same
US20060008511A1 (en) * 2004-07-08 2006-01-12 Jhy-Jhu Lin Probiotic products for pet applications
US7935334B2 (en) * 2005-07-07 2011-05-03 Imagilin Technologies, LLC Probiotics as alternative medicines against infectious diseases
WO2006036797A1 (en) * 2004-09-27 2006-04-06 Nestec S.A. More appealing pet food products and their methods of preparation
US7318920B2 (en) * 2004-09-27 2008-01-15 Ez-Med Company Low water activity nutritional product having beneficial microbial and high oil content
US7332188B2 (en) * 2004-11-22 2008-02-19 T.F.H. Publications, Inc. Animal chew containing fermented soyfood
US8182855B2 (en) * 2004-11-22 2012-05-22 T.F.H. Publications, Inc. Fish food containing fermented soyfood
BRPI0518580A2 (pt) * 2004-11-24 2008-11-25 Hills Pet Nutrition Inc mÉtodo para melhorar a depuraÇço hepÁtica de substÂncias xenobiàticas em um animal, kit adequado para alimentar Ácido lipàico a um animal, meio para comunicar informaÇço, composiÇço, e, uso da composiÇço que compreende Ácido lipàico
US20090176864A1 (en) * 2004-11-24 2009-07-09 Hill's Pet Nutrition, Inc. Methods For Improving Hepatic and Immune Function In An Animal
CN104304671A (zh) 2004-12-29 2015-01-28 希尔氏宠物营养品公司 抑制动物学习和/或记忆减退的方法
BRPI0519610A2 (pt) * 2004-12-30 2009-02-25 Hills Pet Nutrition Inc mÉtodos para melhorar a qualidade de vida de um animal idoso ou muito idoso, de um canino de raÇa regular ou pequena, idoso ou muito idoso, de um cço de raÇa grande idoso ou muito idoso, e de um gato idoso ou muito idoso
US8252742B2 (en) 2004-12-30 2012-08-28 Hill's Pet Nutrition, Inc. Methods for enhancing the quality of life of a senior animal
DE102005008025A1 (de) * 2005-02-22 2006-08-31 Daimlerchrysler Ag Verfahren und Vorrichtung zur Drucküberwachung von Fahrzeugreifen
US20060228448A1 (en) * 2005-04-11 2006-10-12 The Iams Company Pet food compositions comprising two components
AU2006247503B2 (en) * 2005-05-13 2010-11-18 Hill's Pet Nutrition, Inc. Dry food compositions having enhanced palatability
WO2006125020A2 (en) * 2005-05-16 2006-11-23 Afb International Hypoallergenic flavor compositions and methods of managing allergic reactions in pets
CA2609904C (en) * 2005-05-27 2013-12-17 Del Monte Corporation Intermittent flow extrusion process and food product
CA2607949C (en) 2005-05-31 2012-09-25 Thomas William-Maxwell Boileau Feline probiotic bifidobacteria
CA2609617C (en) 2005-05-31 2014-07-08 The Iams Company Feline probiotic lactobacilli
US20080280274A1 (en) * 2005-06-01 2008-11-13 Kim Gene Friesen Methods For Enhancing Palatability of Compositions for Animal Consumption
DK1906912T3 (da) * 2005-07-14 2012-12-03 Hills Pet Nutrition Inc Fremgangsmåde til forlængelse af et dyrs levetid
DE102005034568A1 (de) 2005-07-22 2007-02-01 Mars Inc. Tierfutter mit Kern und Schale
US7651708B2 (en) 2005-07-22 2010-01-26 Mars, Inc. Method of producing an animal food product with a core and shell
WO2007038466A2 (en) * 2005-09-27 2007-04-05 Cobb & Company Treatment of bipolar disorder utilizing anti-fungal compositions
US20130022577A1 (en) * 2005-09-27 2013-01-24 Cobb & Associates Probiotic compositions useful for treatment of bipolar disorder
US20070280964A1 (en) * 2005-10-06 2007-12-06 Ruth Knorr Compositions and methods useful for modulating immunity, enhancing vaccine efficacy, decreasing morbidity associated with chronic FHV-1 infections, and preventing or treating conjunctivitis
AU2006298960B2 (en) * 2005-10-06 2011-05-12 Nestec S.A. Probiotic enterococci for improved immunity
US20090246320A1 (en) * 2005-11-28 2009-10-01 Jorrocks Pty. Ltd. Low temperature forming of feeds
EP1965660A2 (en) * 2005-12-28 2008-09-10 Nestec S.A. Multi-component food or feed product
US8124156B2 (en) * 2006-03-10 2012-02-28 T.F.H. Publications, Inc. Processes for forming multi-layered pet treats
US7691426B2 (en) 2006-06-09 2010-04-06 T.F.H. Publications, Inc. Animal chew combining edible resin and rawhide
WO2008019887A2 (en) * 2006-08-18 2008-02-21 Organobalance Gmbh Probiotic microorganisms for the reduction of manure odor
US7677203B2 (en) * 2006-11-21 2010-03-16 Mark Stern Edible pet chew
JP2010512162A (ja) * 2006-12-22 2010-04-22 ヅク シク イ 乳酸菌及び酵母を利用する畜産用発酵飼料並びにその製造方法
BRPI0806804A2 (pt) * 2007-01-19 2011-09-13 Iams Company composição e método de ingrediente sensìvel estabilizado
AU2008206670A1 (en) * 2007-01-19 2008-07-24 The Iams Company Composition and method of stabilized sensitive ingredient
WO2008087605A2 (en) * 2007-01-19 2008-07-24 The Iams Company Composition and method of stabilized sensitive ingredient
BRPI0806805A2 (pt) * 2007-01-19 2011-09-13 Iams Company composição e método de ingrediente sensìvel estabilizado
US20080254166A1 (en) * 2007-01-25 2008-10-16 Potter Susan M Food Additives Containing Combinations of Prebiotics and Probiotics
AU2008211600B8 (en) 2007-02-01 2014-02-13 Mars, Incorporated Method for decreasing inflammation and stress in a mammal using glucose antimetabolites, avocado or avocado extracts
US20080206405A1 (en) * 2007-02-22 2008-08-28 T.F.H. Publications, Inc. Pet Treat Containing Organic Nutrients
ITPD20070274A1 (it) 2007-08-08 2009-02-09 Sanypet S P A Crocchetta per animali e metodo per la sua produzione
AU2008304130B2 (en) * 2007-09-28 2013-09-12 Kellogg Company Particulate filled edible product and process for making
US9750267B2 (en) * 2007-10-24 2017-09-05 The Promotion In Motion Companies, Inc. Fruit snack with probiotics and method of manufacturing a fruit snack with probiotics
JP2011512818A (ja) * 2008-02-27 2011-04-28 キャドバリー アダムス ユーエスエー エルエルシー 複数領域菓子
US20090235872A1 (en) * 2008-03-19 2009-09-24 Nevenka Filipi Increased occupancy time pet chews
AU2009258221C1 (en) * 2008-04-29 2014-03-06 Société des Produits Nestlé S.A. Rotary forming devices and methods for using such devices
WO2009148521A1 (en) * 2008-06-03 2009-12-10 Nestec S.A. Palatability enhancers and methods for enhancing palatability
AU2008358376B2 (en) * 2008-06-27 2014-07-03 Mars, Incorporated Dimpled food product
US9771199B2 (en) 2008-07-07 2017-09-26 Mars, Incorporated Probiotic supplement, process for making, and packaging
US9232813B2 (en) * 2008-07-07 2016-01-12 The Iams Company Probiotic supplement, process for making, and packaging
US8945643B2 (en) 2008-08-21 2015-02-03 The Hillshire Brands, Company System and method for forming a multi-layer extruded food product
US8691303B2 (en) * 2009-07-31 2014-04-08 The Iams Company Dusted animal food
US9210945B2 (en) * 2009-07-31 2015-12-15 The Iams Company Animal food having low water activity
US10104903B2 (en) 2009-07-31 2018-10-23 Mars, Incorporated Animal food and its appearance
US9173423B2 (en) * 2009-07-31 2015-11-03 The Iams Company Animal food kibble with electrostatically adhered dusting
US20110027417A1 (en) * 2009-07-31 2011-02-03 Patrick Joseph Corrigan Process for Dusting Animal Food
EP2475507A4 (en) * 2009-09-11 2013-07-17 Mars Inc Pet food product bandolier
US20110077436A1 (en) * 2009-09-29 2011-03-31 Conocophillips Company Pretreatment of oils and/or fats
US20110076363A1 (en) * 2009-09-30 2011-03-31 Crosswind Industries, Inc. Co-extruded dual texture food product
AU2009356694B2 (en) 2009-12-18 2014-03-06 Hill's Pet Nutrition, Inc. Pet food compositions including probiotics and methods of manufacture and use thereof
WO2011075140A1 (en) 2009-12-18 2011-06-23 Hill's Pet Nutrition, Inc. Animal feed compositions and processes for producing
EP3289886B1 (en) * 2010-01-12 2019-05-15 Mars, Incorporated Multi-component pet food and method of manufacturing solid component
GB201004895D0 (en) * 2010-03-23 2010-05-05 Cadbury Uk Ltd Consumables and methods of production thereof
CN101878853A (zh) * 2010-06-22 2010-11-10 上海嘉邑进出口有限公司;湖北新美香食品有限公司 混合冻干食品制备方法及其产品
CA2812672C (en) * 2010-09-30 2019-07-30 Nestec S.A. Multi-textured animal treats
EP2452576A1 (en) * 2010-11-11 2012-05-16 Nestec S.A. Extruded non-replicating probiotic micro-organisms and their health benefits
CN103813719B (zh) * 2011-08-15 2017-06-13 雀巢产品技术援助有限公司 多质地动物点心
US20140255554A1 (en) * 2011-09-29 2014-09-11 Nestec S.A. Chewy food compositions
US20150004284A1 (en) * 2011-12-21 2015-01-01 Uni-Charm Corporation Pet food
USD699416S1 (en) 2012-04-17 2014-02-18 Del Monte Corporation Pet treat
US9661830B2 (en) 2012-04-17 2017-05-30 Big Heart Pet, Inc. Appetizing and dentally efficacious animal chews
US9737053B2 (en) 2012-04-17 2017-08-22 Big Heart Pet, Inc. Methods for making appetizing and dentally efficacious animal chews
US20130295227A1 (en) * 2012-05-01 2013-11-07 Robbert H. ter Haar Composition Comprising a Sensitive Ingredient
US9380804B2 (en) 2012-07-12 2016-07-05 The Hillshire Brands Company Systems and methods for food product extrusion
EP2928318A1 (en) * 2012-12-04 2015-10-14 Nestec S.A. Ravioli analogs and methods for making such analogs
CN103070316B (zh) * 2013-02-06 2014-04-23 烟台中宠食品有限公司 一种宠物食用披萨及其制作方法
US9357750B2 (en) * 2013-02-19 2016-06-07 R2P Group, Inc. Pet chew toy
CN105431159A (zh) * 2013-05-14 2016-03-23 马斯公司 关节护理组合物
USD739991S1 (en) * 2013-06-30 2015-10-06 Fusion Gourmet, Inc. Pillow shaped cookie with filling
EP3037002A4 (en) * 2013-07-01 2016-07-13 Unicharm Corp Pet food and method for producing pet food
CN103380871A (zh) * 2013-07-31 2013-11-06 常熟市汇康食品厂 提高活力的食品
AU2014365765B2 (en) * 2013-12-18 2018-06-28 Specialites Pet Food Palatability enhancers for pet food, method of preparation and uses thereof
CN106470554A (zh) * 2014-05-15 2017-03-01 特种宠物食品公司 在猫食品中使用的包含氨基反应物和羰基化合物的适口性增强剂
MX362573B (es) 2014-05-23 2019-01-23 Nch Corp Metodo para mejorar la calidad del agua de un estanque de acuicultura.
RU2680007C2 (ru) * 2014-07-30 2019-02-14 Нестек Са Устройства и способы заключения начинки в пищевой продукт
US9844930B2 (en) * 2014-11-05 2017-12-19 Xerox Corporation 3D printing of digestible shells for medicaments
JP5733709B1 (ja) * 2014-11-18 2015-06-10 ユニ・チャーム株式会社 猫用ペットフードおよびその製造方法
USD751266S1 (en) 2014-12-29 2016-03-15 Big Heart Pet Brands Pet chew
USD784650S1 (en) * 2015-03-19 2017-04-25 General Mills, Inc. Pizza product
WO2016187041A1 (en) 2015-05-16 2016-11-24 Big Heart Pet, Inc. Palatable expanded food products and methods of manufacture thereof
US9591869B2 (en) 2015-06-22 2017-03-14 Ridley USA Inc. Consumption-regulated feed block
USD851356S1 (en) * 2018-04-02 2019-06-18 Giorgio Giorgis Article of food

Family Cites Families (131)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3119691A (en) 1962-04-23 1964-01-28 Gen Foods Corp Novel farinaceous animal food
US3467525A (en) 1964-12-14 1969-09-16 Ralston Purina Co Process for making an animal food
US3480445A (en) 1965-10-21 1969-11-25 Kellog Co Method and means for making a composite food product
US3615675A (en) 1967-07-31 1971-10-26 Frito Lay Inc Method for making center-filled puffed food product
GB1253104A (ja) 1968-05-13 1971-11-10
US3541946A (en) 1968-05-13 1970-11-24 Quaker Oats Co Apparatus for continuously producing a center filled puffed cereal product
US3530491A (en) 1968-06-24 1970-09-22 Pillsbury Co Apparatus for forming food pieces
US3976799A (en) 1970-07-16 1976-08-24 Kelly Jr William H Method for making carnivore food
US3808340B1 (ja) 1971-07-12 1984-03-20
US4032665A (en) * 1973-09-10 1977-06-28 Ralston Purina Company Simulated bone
BE790990A (fr) 1971-11-15 1973-03-01 Kal Kan Foods Produit alimentaire
US3778209A (en) 1971-12-16 1973-12-11 Dan Morrison Meat Pies Inc Extruder for food products such as tamales
US3764715A (en) 1972-02-04 1973-10-09 Quaker Oats Co Method of simultaneously extruding and coating a ready-to-eat cereal
US3916029A (en) * 1972-08-04 1975-10-28 Campbell Soup Co Centerfilled pet food composition
US3908025A (en) 1972-09-21 1975-09-23 Ralston Purina Co Pet food product and method for forming same
CA1038218A (en) 1973-03-02 1978-09-12 William G. Stringer Expanded animal food coated with dextrin and fat
CA1038217A (en) 1973-03-02 1978-09-12 General Foods Corporation Coated expanded animal food
CA1030385A (en) 1974-03-25 1978-05-02 Alexander Balaz Centerfilled pet food product
US3922353A (en) * 1974-03-25 1975-11-25 Quaker Oats Co Shelf stable, high moisture, filled food product
US4025260A (en) * 1974-06-03 1977-05-24 Beatrice Foods Co. Food extrusion device
US3950551A (en) 1974-10-31 1976-04-13 Food Technology, Inc. Composite sugar syrup article and process
US4020187A (en) 1974-12-09 1977-04-26 Theracon, Inc. Method of producing dry pet food
US4364925A (en) * 1974-12-18 1982-12-21 Fisher Stanton E Unitized animal food system product
US4260635A (en) * 1974-12-18 1981-04-07 Fisher Stanton E Unitized animal food system product
US4266920A (en) 1975-03-10 1981-05-12 Rheon Automatic Machinery Co., Ltd. Apparatus for continuously manufacturing multi-layered dough materials
JPS5220545B2 (ja) 1975-03-10 1977-06-04
NL7507482A (en) 1975-06-23 1976-12-27 Quaker Oats Co Domestic animal foodstuff having moist filling - and extruded cereal coating for storage-stability
US4006266A (en) * 1975-10-08 1977-02-01 The Quaker Oats Company Process for making a dry pet food having a hard component and a soft component
US4190679A (en) * 1977-04-26 1980-02-26 General Foods Corporation Meaty textured pet food
IT1117077B (it) 1977-09-21 1986-02-10 Ferrero & C Spa P Prodotto alimentare con ripieno e procedimento per la sua preparazione
US4211797A (en) 1977-12-29 1980-07-08 General Foods Corporation Dry dog food of improved palatability
US4229485A (en) 1978-07-25 1980-10-21 Jerky Treats, Inc. Glazed liver coated biscuit or kibble for pets
US4162333A (en) 1978-08-03 1979-07-24 Mars Incorporated Method and apparatus for making filled food product
US4251201A (en) 1978-09-18 1981-02-17 Krysiak Janusz D Extrusion apparatus
US4273788A (en) * 1979-10-19 1981-06-16 The Quaker Oats Company Bulk packaged mixture of hard and soft pet foods
US4455333A (en) 1979-12-26 1984-06-19 The Procter & Gamble Company Doughs and cookies providing storage-stable texture variability
US4330562A (en) 1979-12-31 1982-05-18 Chb Foods, Inc. Intermediate moisture stabilized chunky food product and method
US4310558A (en) 1980-01-21 1982-01-12 Ralston Purina Company Extruded fiber mixture pet food
EP0071331A3 (en) 1981-07-29 1983-07-06 Ralston Purina Company A process for preparing a soft moist food product
US4391829A (en) 1981-08-13 1983-07-05 General Foods Corporation Dual enzyme digestion for a dog food of improved palatability
US4743459A (en) 1984-05-29 1988-05-10 Nabisco Brands, Inc. Canine biscuit containing discrete meat and/or meat by-product particles and method for making same
US4743461A (en) 1982-01-22 1988-05-10 Nabisco Brands, Inc. Canine biscuit containing discrete particles of meat and other materials and method for making same
US4743460A (en) 1983-11-07 1988-05-10 Nabisco Brands, Inc. Soft canine biscuit containing discrete particles of meat and other materials and method for making same
DE3364233D1 (en) * 1982-03-05 1986-07-31 Quaker France Animal foodstuff
US4503080A (en) 1982-07-08 1985-03-05 The Procter & Gamble Company Doughs and cookies providing storage-stable texture variability
US4508741A (en) * 1982-09-15 1985-04-02 Star-Kist Foods, Inc. Coated pet food and process for preparation thereof
JPS5951692A (en) 1982-09-18 1984-03-26 Ricoh Co Ltd Color encoder
JPH0325797B2 (ja) 1983-04-28 1991-04-08 Boeicho Gijutsu Kenkyu Honbucho
US4882185A (en) 1983-06-24 1989-11-21 Nabisco Brands, Inc. Method and apparatus for severing a coextrusion for making an enrobed food piece
US4469475A (en) 1983-07-01 1984-09-04 Krysiak Dobroslaw J Machinery for making encrusted food products
US4743458A (en) 1984-05-29 1988-05-10 Nabisco Brands, Inc. Soft canine biscuit containing discrete meat and/or meat by-product particles and method for making same
US4596714A (en) 1983-11-17 1986-06-24 The Procter & Gamble Company Process for making a baked filled snack product
US4661360A (en) 1983-11-17 1987-04-28 The Procter & Gamble Company Filled snack product having a hydrophilically coated filling
IT1184255B (it) 1984-02-02 1987-10-22 Perugina Spa Prodotto dolciario e procedimento per produrlo
US4873096A (en) * 1987-01-05 1989-10-10 Nabisco Brands, Inc. Simulated egg treats for pets
US4795655A (en) * 1984-02-08 1989-01-03 Nabisco Brands, Inc. Simulated egg treats for pets
US4643908A (en) 1984-06-19 1987-02-17 Pacific Kenyon Corp. Soft, moist pet food
US4610884A (en) 1984-06-29 1986-09-09 The Procter & Gamble Company Confectionery cremes
US4574690A (en) * 1984-07-13 1986-03-11 Chiao Tsu T Apparatus for forming wrapped food products
US4648821A (en) 1984-08-31 1987-03-10 Nabisco Brands, Inc. Apparatus for co-extrusion of a dough mass having dissimilar inner and outer portions
US4689238A (en) 1984-10-18 1987-08-25 Frito-Lay, Inc. Composite food product
US5223292A (en) * 1984-11-09 1993-06-29 Nabisco, Inc. Method and dough compositions for making shelf-stable soft or chewy cookies
JPS6219133B2 (ja) 1984-12-31 1987-04-27 Rheon Automatic Machinery Co
US4777058A (en) * 1985-02-11 1988-10-11 Star-Kist Foods, Inc. Composite animal food
US4735808A (en) 1985-04-16 1988-04-05 Nabisco Brands, Inc. Dietetic dog biscuits containing vegetable hulls
US4748031A (en) 1985-04-17 1988-05-31 Nabisco Brands, Inc. Method of triple co-extruding bakeable products
US4647467A (en) 1985-09-30 1987-03-03 Nabisco Brands, Inc. Apparatus and process for coextruding a fat and a dough
DK153042C (da) * 1985-11-04 1989-01-02 Novo Industri As Kaeledyrsfoder
US4888192A (en) 1986-03-05 1989-12-19 Nabisco Brands, Inc. Method for extrusion of baked goods
US4698004A (en) 1986-03-05 1987-10-06 Nabisco Brands, Inc. Nozzle for extrusion
US4762723A (en) 1986-06-24 1988-08-09 Nabisco Brands, Inc. Process for making coextruded filled cookies
GB2194125A (en) 1986-08-26 1988-03-02 Mars G B Ltd Co-extruded semi-moist food product
US4824684A (en) 1986-09-25 1989-04-25 Frito-Lay, Inc. High solids filling material and comestible product
US4919947A (en) 1986-09-25 1990-04-24 Frito-Lay, Inc. High solids filling material and comestible product
US4752484A (en) * 1986-12-23 1988-06-21 The Procter & Gamble Company Dual-textured cookie products containing a unique saccharide mixture
US4954061A (en) 1987-08-28 1990-09-04 The Quaker Oats Company Multi-orifice coextrusion apparatus
US4900572A (en) * 1987-08-28 1990-02-13 Quaker Oats Company Multi-orifice coextrusion method
JPH0433491B2 (ja) 1987-11-18 1992-06-03 Showa Denko Kk
US4975288A (en) 1987-12-08 1990-12-04 Warner-Lambert Company Method for making center-filled chewing gum
US4847098A (en) * 1988-03-18 1989-07-11 General Mills, Inc. Dual textured food piece of enhanced stability
US4853236A (en) * 1988-03-18 1989-08-01 General Mills, Inc. Dual textured food piece of enhanced stability
NO882653D0 (no) 1988-06-15 1988-06-15 Apothekernes Lab Doseringsform.
US5194283A (en) * 1988-09-15 1993-03-16 Nestec S.A. Process for the manufacture of composite cheese and product thereof
US5124161A (en) 1989-06-07 1992-06-23 Nabisco Brands, Inc. Filled, microwave expandable snack food product and method and apparatus for its production
AT117876T (de) 1989-10-02 1995-02-15 Unilever Nv Nahrungsmittel.
US5120554A (en) 1989-12-28 1992-06-09 Nestec S.A. Method for producing extruded center filled products
US5312633A (en) 1990-04-06 1994-05-17 Janet Schwartz Method of making a stuffed pretzel dough product and completed stuffed pretzel product
US5185167A (en) 1990-04-06 1993-02-09 Janet Schwartz Method of making a stuffed pretzel dough product and completed stuffed pretzel product
US5200212A (en) * 1990-05-10 1993-04-06 Axelrod Herbert R Dog chew with modifiable texture
US5069921A (en) 1990-06-25 1991-12-03 Madanat Edward A Method of preparing an encrusted food product
US5137737A (en) 1990-09-14 1992-08-11 Kraft General Foods, Inc. Shelf-stable, filled pasta products
DE69019975D1 (de) 1990-11-26 1995-07-13 Nestle Sa Verfahren und Vorrichtung zum Herstellen von Nahrungsmitteln durch Koch-Koextrusion.
US5208059A (en) * 1990-12-10 1993-05-04 General Mills, Inc. Dual textured food piece fabrication method
US5198239A (en) 1991-07-08 1993-03-30 Beavers Charles T Apparatus for co-extruding two food products
ES2094925T3 (es) 1991-08-15 1997-02-01 Unilever Nv Procedimiento y aparato para fabricar productos coextruidos.
US5227190A (en) 1991-10-16 1993-07-13 Tomorrow Valley Cooperative Services Livestock feed
US5304055A (en) * 1991-11-27 1994-04-19 Nabisco, Inc. Apparatus and methods for the production of three-dimensional food products
GB9127463D0 (en) 1991-12-28 1992-02-19 Devro Ltd Co-extruded collagen coated foodstuffs particularly sausages
US6001400A (en) 1991-12-31 1999-12-14 Burger; Alvin Process for producing combination cream cheese and bagel dough product
US5795603A (en) 1991-12-31 1998-08-18 Burger; Alvin Process for forming a filled torroidal bagel product
US5654021A (en) 1991-12-31 1997-08-05 Burger; Alvin Process for preparing a filled steamed bagel product
US5641527A (en) 1991-12-31 1997-06-24 Burger; Alvin Process of making filled boiled bagel product
DE69217037D1 (de) * 1992-03-02 1997-03-06 Nestle Sa Verfahren zur Herstellung eines Knochenförmigen Hundefutters
US5366750A (en) 1993-01-13 1994-11-22 Crompton & Knowles Corporation Thermostable edible composition having ultra-low water activity
US6060101A (en) 1994-09-02 2000-05-09 Designing Health, Inc. Dietary food supplement
US5405625A (en) 1993-07-21 1995-04-11 Nabisco, Inc. Cheese-filled snack
US5501868A (en) 1993-09-21 1996-03-26 Colgate Palmolive Company Extruded dog treat food product having improved resistance to breakage
US5449281A (en) * 1993-10-08 1995-09-12 Nestec S.A. Apparatus for preparing shaped co-extruded products
ZA9407020B (en) * 1993-10-08 1995-05-02 Nestle Sa A process and an arrangement for the production of a co-extruded product and the product obtained
US5695797A (en) * 1993-10-08 1997-12-09 Nestec S.A. Coextruded pet food product
US5906838A (en) 1993-12-13 1999-05-25 The Quaker Oats Company Symmetrical flow extrusion manifold
JP2894946B2 (ja) 1994-04-01 1999-05-24 株式会社ロッテ プレッツェルおよびその製造方法
DE69421527T2 (de) 1994-07-23 2000-06-21 Nestle Sa Verfahren und Vorrichtung zur Herstellung von gefüllten Teigprodukten
US5514388A (en) 1994-08-31 1996-05-07 Rohwer; Gary L. Encapsulated lipid-containing feed
DK0704158T3 (da) 1994-09-29 2001-09-24 Nestle Sa Ekstruderhoved
US5897895A (en) 1994-11-17 1999-04-27 Lettieri's Inc. Method for making extruded mounted food product
US5635237A (en) * 1995-01-31 1997-06-03 Rawhide Select Method of manufacturing substantially pure rawhide pet products
US5641529A (en) * 1995-03-15 1997-06-24 The Quaker Oats Company Extrusion apparatus and method for producing three-dimensional shapes
JP3613353B2 (ja) * 1995-04-17 2005-01-26 日本水産株式会社 エクストルーダを用いて加工された養魚用飼料
US5643623A (en) * 1995-06-07 1997-07-01 Mars Incorporated Health food product and its uses
DE69615937D1 (de) 1995-06-20 2001-11-22 Nestle Sa Trockenfutter für Haustiere, Verfahren und Vorrichtung zur Herstellung desselben
US5731029A (en) * 1995-07-26 1998-03-24 Nabisco Technology Company Method for making jerky products
US5686128A (en) 1995-08-31 1997-11-11 Nabisco Technology Company Apparatus and method for triple co-extruding a snack product
US5587193A (en) 1995-09-12 1996-12-24 Mjm Technologies Process for manufacturing fat-enriched foods
US5773070A (en) 1996-04-09 1998-06-30 Mjm Technologies Method of forming a semi-moist jerky or leathery pet foods or treats
DE69616298D1 (de) 1996-06-30 2001-11-29 Nestle Sa Vorrichtung zur Herstellung eines extrudierten Nahrungsprodukt
US5725873A (en) * 1996-07-22 1998-03-10 Wisconsin Alumni Research Foundation Method of improving the growth or the efficiency of feed conversion of an animal and compositions for use therein
DE29724816U1 (de) * 1997-01-09 2004-07-22 Société des Produits Nestlé S.A. Probiotik enthaltendes Getreideprodukt
EP0977489B1 (en) 1997-04-24 2005-11-23 Loders Croklaan B.V. Fat emulsions
US5932258A (en) 1998-04-06 1999-08-03 The Iams Company Composition and process for improving glucose metabolism in companion animals
IL138262A (en) 1999-09-22 2003-04-10 Nestle Sa Process for the manufacture of a composite consumable product by double extrusion

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7698145B2 (en) * 2001-06-15 2010-04-13 Nestec S.A. Pet food kiosk
JP2008535501A (ja) * 2005-04-15 2008-09-04 トータル・アリメントス・エス/エーTotal Alimentos S/A 嗜好性を高める物質からなるコアとコーティングを有する飼料、およびその製造方法
JP2009540839A (ja) * 2006-07-05 2009-11-26 マース インコーポレーテッドMars Incorporated 味付けされたペットフード製品
JP2013524819A (ja) * 2010-04-26 2013-06-20 マーク アンド チャペル (アイルランド) リミテッド 2種成分食品およびその製造方法

Also Published As

Publication number Publication date
US20050064073A1 (en) 2005-03-24
WO1999047000A1 (en) 1999-09-23
CN1301134A (zh) 2001-06-27
US20020022079A1 (en) 2002-02-21
AU747964B2 (en) 2002-05-30
US20010014360A1 (en) 2001-08-16
JP2007020580A (ja) 2007-02-01
US6117477A (en) 2000-09-12
AU2904699A (en) 1999-10-11
KR100438860B1 (ko) 2004-07-05
AT254404T (de) 2003-12-15
EP2292101A1 (en) 2011-03-09
CA2324013C (en) 2005-05-10
BR9908877A (pt) 2001-10-02
DE69912934T2 (de) 2004-09-02
EP2286672A1 (en) 2011-02-23
EP1063897A1 (en) 2001-01-03
US6827957B2 (en) 2004-12-07
CN1245886C (zh) 2006-03-22
RU2234840C2 (ru) 2004-08-27
DE69912934T4 (de) 2006-08-24
JP2002506620A (ja) 2002-03-05
JP4689932B2 (ja) 2011-06-01
EP1547471A1 (en) 2005-06-29
CA2324013A1 (en) 1999-09-23
DE69912934D1 (de) 2003-12-24
EP1388293A1 (en) 2004-02-11
JP2009112313A (ja) 2009-05-28
PT1063897E (pt) 2004-04-30
US6254910B1 (en) 2001-07-03
ES2212538T3 (es) 2004-07-16
TW580370B (en) 2004-03-21
US6312746B2 (en) 2001-11-06
EP2298081A1 (en) 2011-03-23
EP1063897B1 (en) 2003-11-19
DK1063897T3 (da) 2004-03-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE60032387T2 (de) Essbares thermoplastisches material sowie daraus erhältlicher, segmentierter kauknochen für haustiere
ES2690303T3 (es) Encapsulación de componentes fácilmente oxidables
EP0648076B1 (en) A microencapsulated oil or fat product
US4217370A (en) Lipid-containing feed supplements and foodstuffs
US6277420B1 (en) Combination rawhide and formulated food pet chew
AU752720B2 (en) Methods for the enrichment of live feed with nutrients essential for fish larvae
RU2324367C2 (ru) Корм для домашних животных и способ его производства
US7879377B2 (en) Pet snack
EP1213971B1 (en) Improving condition of elderly pets
US20070243311A1 (en) Weight management system for obese animals
JP4402952B2 (ja) 食品用表面コーティング組成物のライン上での混合及び適用のためのシステム及び方法
CA2582711C (en) Protein system and food products including same
US3922353A (en) Shelf stable, high moisture, filled food product
US4800099A (en) Canine biscuit containing discrete particles of meat and other materials and method for making same
US5695797A (en) Coextruded pet food product
US4454164A (en) Soft canine biscuit containing discrete meat and/or meat by-product particles and method for making same
US4229485A (en) Glazed liver coated biscuit or kibble for pets
RU2324364C2 (ru) Кормовой продукт с низкой объемной плотностью для домашних животных, способ его производства и способ регулирования массы тела домашних животных
EP0479555A2 (en) Extruded, high-fat animal feed nugget
US20080044481A1 (en) Microparticles for Oral Delivery
US3985904A (en) Shelf stable, high moisture, meat-containing food product
US20030215547A1 (en) Pet treat coating composition and process
US4070490A (en) Liver-like pet food
ES2269406T3 (es) Producto alimenticio para animales domesticos.
US4366175A (en) Glazed liver coated biscuit or kibble for pets

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060302

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060926

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20080214

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20080222

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080313

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080612

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20080612

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20081028

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090225

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20090319

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20090416

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20090522

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100323

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100329

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100405

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100408

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20100624

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110119

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110217

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term