JP2003086133A - 高圧放電ランプ及びこれを用いた高圧放電ランプシステム - Google Patents

高圧放電ランプ及びこれを用いた高圧放電ランプシステム

Info

Publication number
JP2003086133A
JP2003086133A JP2001280062A JP2001280062A JP2003086133A JP 2003086133 A JP2003086133 A JP 2003086133A JP 2001280062 A JP2001280062 A JP 2001280062A JP 2001280062 A JP2001280062 A JP 2001280062A JP 2003086133 A JP2003086133 A JP 2003086133A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
arc tube
discharge lamp
pressure discharge
high pressure
neon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001280062A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3701222B2 (ja
Inventor
Masanori Azuma
Hiroshi Enami
Shunsuke Kakisaka
Yoshiharu Nishiura
Shigefumi Oda
昌範 東
俊介 柿坂
博司 榎並
重史 織田
義晴 西浦
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2001280062A priority Critical patent/JP3701222B2/ja
Publication of JP2003086133A publication Critical patent/JP2003086133A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3701222B2 publication Critical patent/JP3701222B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05BELECTRIC HEATING; ELECTRIC LIGHTING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05B41/00Circuit arrangements or apparatus for igniting or operating discharge lamps
    • H05B41/02Details
    • H05B41/04Starting switches
    • H05B41/06Starting switches thermal only
    • H05B41/08Starting switches thermal only heated by glow discharge
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01JELECTRIC DISCHARGE TUBES OR DISCHARGE LAMPS
    • H01J61/00Gas-discharge or vapour-discharge lamps
    • H01J61/02Details
    • H01J61/54Igniting arrangements, e.g. promoting ionisation for starting
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01JELECTRIC DISCHARGE TUBES OR DISCHARGE LAMPS
    • H01J61/00Gas-discharge or vapour-discharge lamps
    • H01J61/82Lamps with high-pressure unconstricted discharge having a cold pressure > 400 Torr
    • H01J61/827Metal halide arc lamps
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05BELECTRIC HEATING; ELECTRIC LIGHTING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05B41/00Circuit arrangements or apparatus for igniting or operating discharge lamps
    • H05B41/14Circuit arrangements
    • H05B41/26Circuit arrangements in which the lamp is fed by power derived from dc by means of a converter, e.g. by high-voltage dc
    • H05B41/28Circuit arrangements in which the lamp is fed by power derived from dc by means of a converter, e.g. by high-voltage dc using static converters
    • H05B41/288Circuit arrangements in which the lamp is fed by power derived from dc by means of a converter, e.g. by high-voltage dc using static converters with semiconductor devices and specially adapted for lamps without preheating electrodes, e.g. for high-intensity discharge lamps, high-pressure mercury or sodium lamps or low-pressure sodium lamps
    • H05B41/292Arrangements for protecting lamps or circuits against abnormal operating conditions
    • H05B41/2928Arrangements for protecting lamps or circuits against abnormal operating conditions for protecting the lamp against abnormal operating conditions
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B20/00Energy efficient lighting technologies
    • Y02B20/16Gas discharge lamps, e.g. fluorescent lamps, high intensity discharge lamps [HID] or molecular radiators
    • Y02B20/20High pressure [UHP] or high intensity discharge lamps [HID]
    • Y02B20/202Specially adapted circuits
    • Y02B20/208Specially adapted circuits providing detection and prevention of anomalous lamp operating conditions

Abstract

(57)【要約】 【課題】 アルミナセラミック発光管の始動補助用希ガ
スとしてネオン単体ガス又はネオン主体混合ガスを封入
し、封入圧力を13kPa以上とすることにより、高効
率・長寿命の高圧放電ランプを提供する。 【解決手段】 放電発光管部3と、放電発光管部3の両
端に形成されたアルミナセラミック細管部4、5と、細
間部4、5に隙間17、18が形成されるように配置さ
れた電極6、7と給電体12、13とを有するアルミナ
セラミック発光管1を備え、放電発光管部3には、始動
補助用希ガスとして封入圧力が13kPa以上のネオン
単体又はネオン主体混合ガスが封入されている。このこ
とにより、ランプ始動時に、放電アークが電極先端部か
ら、隙間17、18に飛ぶことが防止され、細管部4、
5のクラック・破損の発生を防止でき、長寿命特性を保
持し、かつ高効率の高圧放電ランプが得られる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、高圧放電ランプ、
特に多結晶体アルミナセラミック等のセラミック発光管
を有するメタルハライドランプの発光管構成に関するも
のである。

【0002】

【従来の技術】最近、発光管材料として、従来の石英に
代る材料である多結晶体アルミナセラミックを用いた新
しいメタルハライドランプが開発されている。アルミナ
セラミック発光管は、石英に比べて耐熱性が高いので、
発光管のより高い管壁負荷設計が可能となり、高効率・
高演色性のランプ特性が得られる。

【0003】従来のメタルハライドランプとしては、ラ
ンプ外管に始動装置を設置した、いわゆる始動装置内蔵
型ランプが主力タイプとして開発されてきた。このよう
な始動装置内蔵型ランプは、高圧水銀ランプ用等の簡易
な銅鉄形インダクタンス安定器により点灯が可能である
ためである。

【0004】例えば、既設の高圧水銀ランプ用安定器
に、高圧水銀ランプに代えて用いても、そのまま点灯す
ることができる。このため、始動装置内蔵型の石英発光
管を有するメタルハライドランプは、ランプシステムと
しての使い方が容易であり、しかも総合価格が低いこと
から、一般屋内用及び屋外照明用として広く普及してい
る。また、ランプ定格寿命時間としては、6000〜1
2000hrsの値が得られている。

【0005】一方、最近のアルミナセラミック発光管を
有するメタルハライドランプは、パルス電圧発生機能付
きの安定器により点灯されるランプが主流である。これ
らは現時点では、主に店舗等の商業空間の屋内照明用と
して使用されている。また、ランプ定格寿命時間として
は6000hrs以上の値が得られている。

【0006】図4及び図5は、従来の始動装置が内蔵さ
れていないアルミナセラミック管メタルハライドランプ
の典型的な発光管構成の一例を示している。図6は、図
4に示した発光管を用いたランプの全体構成の一例を示
している。

【0007】図4に示した発光管33は、発光管容器3
4を有しており、発光管容器34は、多結晶体アルミナ
セラミック材料で形成された放電発光管部35と、その
両端部に焼結された一対の細管部36、37で構成され
ている。放電発光管部35には、内部の両端から一対の
タングステンコイル電極38、39が延出している。タ
ングステンコイル電極38、39は、それぞれタングス
テン電極棒40、41とタングステンコイル42、43
の2つの部品で形成されている。

【0008】細管部36、37にはニオブ又は導電性サ
ーメットで形成された給電体44、45がフリット46
により気密封着されている。また、給電体44、45の
それぞれには、一方の端部にタングステン棒40、41
が溶着により保持されている。なお、導電性サーメット
で形成された給電体44、45では、それぞれ他方の端
部にニオブ等で形成された外部リード線が溶着・保持さ
れる場合もある。

【0009】ここで、フリット46は、タングステン棒
40、41端部の溶着部付近まで溶融・充填されてい
る。このように、フリット46を細管部36、37内の
全体に充填していないのは、このような構成がランプ点
灯時の発光物質によるフリット46の侵食を防止し、か
つタングステン電極棒40、41を直接フリット封着し
た場合におけるクラック・破損を防止するために必要不
可欠であるためである。また、これによりアルミナセラ
ミック管メタルハライドランプが実現できたともいえ
る。

【0010】また、この構成により、必然的に形成され
る細管部36、37とタングステン棒40、41との間
の隙間47、48においては、タングステン電極棒4
0、41には、通常モリブデンコイル49、50が巻か
れている。

【0011】図5は、発光管の別の一例を示しており、
細管部36、37の構成が図4に示した構成と異なって
いる。本図に示した発光管は、給電体44、45が発光
物質である金属ハライドに侵蝕されない導電性サーメッ
トで形成されている。このため、給電体44、45が電
極方向へ延長されており、モリブデンコイル49、50
が除かれている。

【0012】しかしながら、このような構成において
も、図4に示した発光管と同じ理由により、フリット4
6は細管部36、37の後方部分に封着されている。し
たがって、放電空間に近い側の発光管細管部36、37
の内壁面と給電体44、45との間には隙間47、48
が、図1の構成と比べ、より狭いながらも形成されてい
る。

【0013】また、図4、5に示した発光管内には、D
yI3、TmI3、HoI3、TlI、NaI等の金属ハ
ライドの発光物質51と、緩衝ガスとしての水銀及び始
動補助用希ガス52とが封入されている。ここで、始動
装置が内蔵されていないランプの始動補助用希ガス52
として、通常アルゴンArが7kPa以上13kPaよ
り小さい範囲で封入されている。

【0014】図6は、図4に示した発光管33を備えた
ランプの全体構成の一例を示している。本図に示したラ
ンプ53では、石英又は硬質ガラスで形成された外管バ
ルブ54の内部に発光管33が設置されており、外管バ
ルブ54には口金55が装着されている。外管バルブ5
4の内部には、窒素主体のガスが約70kPa封入され
ており、また発光管33の周りには、外管バルブ破損防
止用のシールド石英管56が設けられている。

【0015】図7は、従来の石英発光管を有する始動装
置内蔵型メタルハライドランプに、銅鉄形インダクタン
ス安定器を組合せた一例の点灯回路図を示している。本
図に示した石英発光管57は、管両端部に一対のタング
ステンコイル58、59が設けられており、一方の管端
部にはタングステン補助電極60が付設されている。管
内には、金属ハライドの発光物質61と、始動補助用希
ガス62とが封入されている。

【0016】始動補助用希ガス62としては、通常アル
ゴン(Ar)又はネオン・アルゴンペニングガス(Ne
と0.1〜2.0%Ar)が7kPa以上13kPaよ
り小さい範囲で封入されている。なお、0.1〜2.0
%Arは、Arのモル比、又は圧力比を表している。こ
のことは、以下の0.5%Arについても同じである。
完成されたランプ63においては、発光管57が外管ガ
ラスバルブ64の内部に設置されている。始動補助用希
ガス62がネオン・アルゴンぺニングガスの場合は、石
英発光管57から外管ガラスバルブ64内へのネオンガ
スの拡散防止のために、外管ガラスバルブ64内には、
ネオン混合のガスが約70kPa封入されている。

【0017】始動装置65は、グロー点灯管又は非線型
セラミックコンデンサで形成された電流スイッチング素
子66、電流制御用抵抗体67、及びバイメタルスイッ
チ68の直列回路から構成されており、石英発光管57
に並列に接続されている。

【0018】ランプ始動時には、電流スイッチング素子
66の動作に伴う電流遮断により、銅鉄形安定器69に
1.5〜2.0kVの範囲の高圧パルス電圧が誘起さ
れ、石英発光管57が始動される。この始動用の高圧パ
ルス電圧の値は、高圧水銀ランプ用安定器の耐圧性能を
確保するため、2.0kV以下に設定されている。

【0019】

【発明が解決しようとする課題】本発明者らは、アルミ
ナセラミック管メタルハライドランプの応用分野を拡大
して、照明分野での省エネルギー化を一層進めるため
に、従来の一般屋内用及び屋外照明用として普及してい
る石英発光管メタルハライドランプに代替でき、より高
効率のアルミナセラミック管メタルハライドランプの開
発に取り組んだ。

【0020】この開発における具体的な目標は、従来の
高圧水銀ランプ用等の簡易な銅鉄型安定器でも点灯で
き、かつランプ定格寿命時間が6000hrs以上であ
る始動装置内蔵型のアルミナセラミック管メタルハライ
ドランプの開発である。

【0021】本発明者らは、前記のような目標を達成す
るためには、まず発光管に封入される始動補助用希ガス
として、始動開始電圧がより低いネオン単体又はネオン
主体の混合ガス、例えばネオン・アルゴンペニングガス
等の採用に着眼した。

【0022】しかしながら、実験の結果、後に詳細を説
明するように、始動装置内蔵型のアルミナセラミック管
メタルハライドランプに、始動補助用希ガスとしてネオ
ン単体ガス又はネオン主体混合ガスを封入した構成で
は、始動開始電圧を低くできるものの、細管部のクラッ
クによりランプが短寿命になるという問題があることが
分かった。

【0023】本発明は、前記のような問題を解決するも
のであり、アルミナセラミック発光管を備えた高圧放電
ランプにおいて、始動補助用希ガスとしてネオン単体ガ
ス又はネオン主体混合ガスを封入し、封入圧力を13k
Pa以上とすることにより、高効率・長寿命の高圧放電
ランプを提供することを目的とする。

【0024】

【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため
に、本発明の高圧放電ランプは、放電発光管部と、前記
放電発光管部の両端に形成されたアルミナセラミック細
管部と、前記細間部の内壁面との間に隙間が形成される
ように配置された電極と給電体とを有するアルミナセラ
ミック発光管を備え、前記放電発光管部には、始動補助
用希ガスとしてネオン単体又はネオン主体混合ガスが封
入されており、封入圧力が13kPa以上であることを
特徴とする。前記のような高圧放電ランプによれば、ラ
ンプ始動時に、放電アークが電極先端部から、電極及び
給電体と細間部の内壁面との間の隙間に飛ぶことが防止
され、細管部のクラック・破損の発生も防止でき、低始
動電圧でありながら寿命時間6000hrs以上の長寿
命特性を保持し、かつ高効率の高圧放電ランプが得られ
る。

【0025】前記高圧放電ランプにおいては、前記封入
圧力が、15kPa以上であることが好ましい。また、
前記封入圧力が、20kPa以上であることが好まし
い。前記のような高圧放電ランプによれば、寿命特性が
より向上する。

【0026】また、前記ネオン主体混合ガスは、ネオン
・アルゴンペニングガスであることが好ましい。

【0027】また、前記アルミナセラミック発光管は、
外管バルブ内に設置されており、前記外管バルブ内に窒
素ガスが封入されていることが好ましい。前記のような
高圧放電ランプによれば、寿命末期に発光管がリーク
し、発光管内のネオンガスが外管バルブ内に拡散した場
合においても、外管内のガス濃度を窒素主体に保つこと
が可能となり、外管バルブ内での部品間の放電を完全に
防止することができ、安全性を高めることができる。

【0028】また、前記放電発光管部に沿って、始動補
助導体を設けていることが好ましい。

【0029】また、前記アルミナセラミック発光管は、
外管バルブ内に設置されており、前記外管バルブ内に始
動装置を設けていることが好ましい。

【0030】前記のように、始動補助導体や始動装置を
設けた構成によれば、始動特性を向上させることができ
る。このことにより、放電開始後、速やかに電極先端か
らのアーク放電に移行することができ、細管部での放電
時間が短くなり、局部的な温度上昇が防止できるので、
細管部のクラック・破損防止にも寄与することになり、
その結果寿命特性向上にも寄与することになる。

【0031】次に、本発明の高圧放電ランプシステム
は、前記高圧放電ランプを備えた高圧放電ランプシステ
ムであて、前記高圧放電ランプは、銅鉄形のインダクタ
ンス安定器により点灯されることを特徴とする。

【0032】

【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態につい
て図1〜3を用いて説明する。図1は、本発明の一実施
形態に係るランプワット300Wのアルミナセラミック
管メタルハライドランプの断面図を示している。図2
は、図1の発光管を備えたランプの全体構成図であり、
図3は図2に示したランプに安定器と組合せた一例のラ
ンプ点灯回路図を示している。

【0033】図1に示した発光管1の外観上の基本構成
は、図4の従来例に係るアルミナセラミック管メタルハ
ライドランプと同様である。発光管1は、発光管容器2
を有しており、発光管容器2は、多結晶体アルミナセラ
ミック材料で形成された放電発光管部3と、その両端部
に焼結された一対のアルミナセラミック細管部(以下、
「細管部」という。)4、5で構成されている。放電発
光管部3の両端には、一対のタングステンコイル電極
6、7が設けられている。

【0034】本実施形態では、放電発光管部3の内径φ
i=17.0mm、細管部4、5の内径1.3mm、電
極間距離Ld=24.0mmとした。タングステンコイ
ル電極6、7は、それぞれタングステン電極棒8、9
(線径0.7mm)とタングステンコイル10、11
(単線径0.2mmでコイル巻数10回)の2つの部品
で形成されている。

【0035】細管部4、5には、組成Al2350%/
Mo50%の導電性サーメットで形成された給電体1
2、13(直径1.2mm)が、Dy23、Al23
及びSiO2系の材料を混合したフリット14により気
密封着されている。

【0036】また、給電体12、13は、それぞれ一方
の端部にタングステン棒8、9が溶着・保持されてお
り、それぞれ他方の端部にニオブで形成された外部リー
ド線15、16(線径1.2mm)が溶着・保持されて
いる。

【0037】ここで、フリット14は、タングステン棒
8、9の溶着端部付近まで溶融・充填されている。この
構成に伴い、必然的に形成される細管部4、5の内壁面
とタングステン棒8、9との間の隙間17、18には、
モリブデンコイル19、20(線径0.25mm)が、
タングステン電極棒8、9に巻かれている。

【0038】発光管1内には、組成CeI340質量%
―NaI60質量%の金属ハライド13.5mgの発光
物質21、緩衝ガスとしての水銀Hg45mg、及び始
動開始電圧の低いネオン単体ガスNe又はネオン・アル
ゴンペニングガス(Neと0.5%Ar)の始動補助用
希ガス22が封入されている。

【0039】図2は、図1に示した発光管1を備えたラ
ンプの全体構成の一例を示している。本図に示したラン
プ23は、発光管1と始動装置24とが組み合わされて
いる。発光管1は、硬質ガラスの外管バルブ25の内部
に設置されている。さらに、始動開始電圧を一層低下さ
せるために、発光管容器2の放電発光管部3に沿って、
モリブデン線で形成された始動補助導体26が付設され
ている。

【0040】外管バルブ25の内部には、窒素ガス70
kPaが封入されており、発光管1の周りには外管バル
ブ破損防止用のシールド石英管27が設けられている。
最終的な完成状態では、外管バルブ25には口金28が
装着されている。

【0041】始動装置24は、図3に模式的な点灯回路
構成図を示したように、グロー点灯管を用いた電流スイ
ッチング素子29、電流制御用抵抗体30及びバイメタ
ルスイッチ31の直列回路から構成されており、これが
発光管1に並列に接続されている。ランプ始動時には、
グロー点灯管の電流スイッチング素子29の接点開閉動
作に伴う電流遮断により、高圧水銀ランプ300W用の
銅鉄形安定器32に1.5kV〜 2.0kVの高圧パル
ス電圧が誘起され、これにより発光管1が始動すう。始
動用の高圧パルス電圧の値は、高圧水銀ランプ用安定器
の耐圧性能を確保するため、2.0kV以下の範囲に設
定している。

【0042】以下、実験結果について説明する。実験に
用いたランプは、図1、2に示した構成である。最初
に、始動補助用希ガス22として、Neガス又はネオン
・アルゴンペニングガス(Neと0.5%Ar)を封入
した。封入圧力は、従来の通常値である10.5kPa
とした。この設定の下、初期特性(ランプエイジング時
間100hrs)を測定した。

【0043】この結果、ランプ入力300Wにおいて、
ランプ光束36500lm、ランプ効率121.7lm
/Wで平均演色評価数Ra72という優れたランプ特性
が得られた。また、誘起された2.0kV以下の高圧パ
ルス電圧の印加により、発光管1は確実に始動されるこ
とも確認された。

【0044】なお、前記ランプ構成において、始動補助
用希ガス22をNeガス又はネオン・アルゴンペニング
ガス(Neと0.5%Ar)の代わりに、従来のArガ
ス10.5kPaを封入した比較例、及び始動補助導体
26を付設しない比較例を試作してその始動特性を測定
したところ、発光管1は確実には始動しないことも検証
された。

【0045】次に、ネオン・アルゴンペニングガス(N
eと0.5%Ar)を10.5kPaで封入した前記ラン
プについて、エイジングによる寿命試験を行った。この
結果、エイジング時間1000hrsを超えると、発光
管1の両端における細管部4、5のクラック・破損が発
生して、ランプが短寿命に至ることが判明した。この現
象は、始動補助用希ガスとして、アルゴンArを用いた
従来のランプでは発生しなかった。

【0046】以上の実験結果より、始動装置及び始動補
助導体を有するアルミナセラミック発光管において、始
動補助用希ガスとして、Neガス又はネオン・アルゴン
ペニングガスを封入(封入圧力10.5kPa)したサ
ンプルは、ランプ特性、始動特性共に優れるものの、発
光管1の両端における細管部4、5のクラック・破損に
より短寿命となるという問題があることが分かった。

【0047】次に、細管部4、5のクラック・破損現象
を調べたところ、1000hrsを超えてエイジングさ
れたランプの始動時において、放電アークがタングステ
ン電極8、9の先端部から後方の根元側に飛ぶことが観
測された。また、クラック・破損した発光管1の電極根
元付近のモリブデンコイル19、20部分と、タングス
テン電極棒8、9部分に、放電による損傷があることが
確かめられた。

【0048】このことから、細管部4、5のクラック・
破損は、ランプ始動時に、放電アークが電極先端部か
ら、隙間17、18のモリブデンコイル19、20や細
管部4、5内のタングステン電極棒8、9へ飛ぶことに
よる熱衝撃が直接的要因であることが分かった。

【0049】さらに、放電アークが隙間17、18に飛
ぶ間接的要因は、第1に、基本特性として、アルゴン中
に比べてネオンガス中では、始動当初に電極先端部の陰
極領域でつくられた電子や水銀イオンが電極後方の隙間
17、18へ拡散し易いこと、第2に、いわゆるホロー
効果により、隙間17、18自体へ放電アークが集中し
易いこと、第3に、電極タングステンコイル10、11
の外径が細管部4、5の内径より多少小さいことの3つ
要因が複合されたものといえる。

【0050】このうち、特にホロー効果については、始
動装置内蔵型のアルミナセラミック管メタルハライドラ
ンプ特有の発光管構成に関係するものである。また、こ
のような放電アークの飛びがランプエイジング時間が長
くなるにつれて発生するのは、電極先端部の電子放射能
力の低下によるものといえる。

【0051】なお、図1の構成で説明したが、図5の構
成のように、導電性サーメットで形成された給電体が放
電空間側に延長され、モリブデンコイルが無い発光管に
おいても、ランプ始動時における電極後方への放電アー
クの飛びによる細管部のクラック・破損が発生した。

【0052】この場合は、特に放電アークは隙間17、
18付近の給電体12、13エッジに集中して飛ぶこと
が観測された。このことからも、放電アークの飛びが隙
間17、18の存在に関係していることは明らかであ
る。さらに、細管部4、5のクラック・破損の他に、給
電体4、5である導電性サーメットからモリブデンが蒸
発して、激しい発光管黒化も併せて観測された。

【0053】本発明者らは、このようなクラック・破損
の発生を防止するための種々の検討を行った。特に、始
動不良を防止する観点から、従来上限値を13kPaよ
り小さい範囲に抑えていた始動補助用希ガス22の封入
圧力についても、13kPa以上の範囲で種々の実験を
行なってみた。その結果、特に始動補助用希ガス22で
あるネオン単体又はネオン主体混合ガスの封入圧力を従
来値である7kPa以上13kPaより小さい範囲から
高めることが、簡易でありながら、確実で有効な手段で
あることが分かった。

【0054】このことについて、実験結果を用いながら
説明する。以下の表1に実験結果を示しており、実験に
用いたサンプル(No.1〜7)は、いずれも図1、2
に示した構成である。いずれのサンプルも、始動補助用
希ガス22として、ネオン・アルゴンペニングガス(N
eと0.5%Ar)を用いた。No.2〜7は、始動補
助用希ガス22の封入圧力を13〜40kPaの範囲で
6種類に変化させたサンプルであり、各20個のサンプ
ルについて、エイジングによる細管部4、5のクラック
・破損の発生状況を調べた。No.1は、比較のための
サンプルであり、始動補助用希ガス22の封入圧力を1
0.5kPaとした20個のサンプルについて、同様の
測定を行なった。

【0055】

【表1】

【0056】表1中、各測定値は、それぞれ20個のラ
ンプのうち、クラック・破損が発生したランプの累計個
数を示している。表1から分かるように、封入圧力が1
3kPa以上のサンプル2〜7についてはいずれも、エ
イジング時間6000hrsまでは、クラック・破損の
発生はゼロであった。また、封入圧力が20kPa以上
のサンプル5−7についてはいずれも、エイジング時間
12000hrsまでは、クラック・破損の発生はゼロ
であったすなわち、表1の結果から、封入圧力を13k
Pa以上とすることにより、目標値であるランプ定格寿
命時間6000hrsを確保することができ、封入圧力
をより大きくすることにより、ランプ定格寿命時間を伸
ばすことができることが分かる。

【0057】なお、始動補助用希ガスとして、ネオン単
体を用いても同様の結果が得られた。また、ネオン・ア
ルゴンペニングガスのAr量は、0.5%Arに限るも
のではなく、例えば0.1〜2.0%の範囲が好まし
い。

【0058】また、細管部4、5が図5と同様な構成で
あり、他は全て図1の構成である発光管を備えたランプ
においても、始動補助用希ガスであるネオン単体あるい
はネオン主体混合ガスの封入圧力を上記と同じ範囲に高
めることにより、細管部4、5のクラック・破損が同様
に防止された。

【0059】以上のような本発明の効果は、封入圧力増
大により、始動当初に電極先端部の陰極領域でつくられ
た電子や水銀イオンの電極後方の隙間17、18への拡
散が抑制されるためと考えられる。したがって、本発明
の効果は、メタルハライドランプに限るものではなく、
図1、5に示したような構成を有する発光管であれば、
水銀灯やナトリウム灯においても、発揮できるものと考
えられる。

【0060】また、本発明によりネオン単体又はネオン
主体混合ガスの封入圧力が増大されたランプ23におい
ても、ランプ効率、演色性等のランプ特性、及び始動特
性は維持され、前記のように封入圧力を10.5kPa
とした場合と同様の優れた特性が得られた。前記のよう
に、始動補助導体を付設しない比較例では、発光管が確
実に始動しないことから、本実施例の始動特性の維持に
ついては、始動装置及び始動補助導体を有する構成も寄
与しているものと考えられる。

【0061】また、始動特性が優れていると、放電開始
後、速やかに電極先端からのアーク放電に移行すること
ができる。このことにより、電極8、9後方のモリブデ
ンコイル19、20での放電時間が短くなり、モリブデ
ンコイル19、20近傍の局部的な温度上昇が防止でき
る。すなわち、始動特性が優れていると、細管部のクラ
ック・破損防止にも寄与することになり、その結果寿命
時間を伸ばすことにも寄与することになる。

【0062】さらに、高圧水銀ランプ用等の簡易な銅鉄
型安定器でも点灯できることになるので、本発明に係る
高圧放電ランプは、銅鉄型のインダクタンス安定器によ
り点灯される高圧放電ランプシステムにも有用である。

【0063】なお、本実施形態では、細管部と放電発光
部とが焼きばめ(焼結)により接合された放電容器の例
で説明したが、細管部と放電発光部とが一体成形された
放電容器についても同様の効果が得られる。

【0064】

【発明の効果】以上のように、本発明によれば、ランプ
始動時に、放電アークが電極先端部から、電極及び給電
体と細間部の内壁面との間の隙間に飛ぶことが防止さ
れ、細管部のクラック・破損の発生も防止でき、低始動
電圧でありながら長寿命であり、かつ高効率の高圧放電
ランプが得られ、しかも従来の高圧水銀ランプ用等の簡
易な銅鉄型安定器でも点灯できることになる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施形態に係るアルミナセラミック
管メタルハライドランプの発光管の断面図

【図2】本発明の一実施形態に係るアルミナセラミック
管メタルハライドランプの全体管構成図

【図3】本発明の一実施形態に係るアルミナセラミック
管メタルハライドランプの点灯回路構成図

【図4】従来のアルミナセラミック管メタルハライドラ
ンプの一例の断面図

【図5】従来のアルミナセラミック管メタルハライドラ
ンプの別の一例の断面図

【図6】従来のアルミナセラミック管メタルハライドラ
ンプの一例の全体構成図

【図7】従来の石英発光管を用いたメタルハライドラン
プの点灯回路の一例の構成図

【符号の説明】

1 アルミナセラミック発光管 2 発光管容器 3 放電発光管部 4,5 細管部 6,7 タングステン電極 8,9 タングステン電極棒 10、11 タングステンコイル 12、13 給電体 14 フリット 15、16 外部リード線 17、18 隙間 19、20 モリブデンコイル 21 発光物質 22 始動補助用希ガス 23 ランプ 24 始動装置 25 外管バルブ 26 始動補助導体 27 シールド石英管 28 口金 29 電流スイッチング素子 30 電流制御用抵抗体 31 バイメタルスイッチ 32 銅鉄形安定器

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 東 昌範 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 (72)発明者 柿坂 俊介 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 (72)発明者 榎並 博司 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 Fターム(参考) 3K014 AA01 EA00 5C015 PP02 QQ03 QQ18 RR05 5C039 BA06 BB01 BB03 BB07

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 放電発光管部と、前記放電発光管部の両
    端に形成されたアルミナセラミック細管部と、前記細間
    部の内壁面との間に隙間が形成されるように配置された
    電極棒と給電体とを有するアルミナセラミック発光管を
    備え、前記放電発光管部には、始動補助用希ガスとして
    ネオン単体又はネオン主体混合ガスが封入されており、
    封入圧力が13kPa以上であることを特徴とする高圧
    放電ランプ。
  2. 【請求項2】 前記封入圧力が、15kPa以上である
    請求項1に記載の高圧放電ランプ。
  3. 【請求項3】 前記封入圧力が、20kPa以上である
    請求項1に記載の高圧放電ランプ。
  4. 【請求項4】 前記ネオン主体混合ガスは、ネオン・ア
    ルゴンペニングガスである請求項1又は2に記載の高圧
    放電ランプ。
  5. 【請求項5】 前記アルミナセラミック発光管は、外管
    バルブ内に設置されており、前記外管バルブ内に窒素ガ
    スが封入されている請求項1から4のいずれかに記載の
    高圧放電ランプ。
  6. 【請求項6】 前記放電発光管部に沿って、始動補助導
    体を設けている請求項1から5のいずれかに記載の高圧
    放電ランプ。
  7. 【請求項7】 前記アルミナセラミック発光管は、外管
    バルブ内に設置されており、前記外管バルブ内に始動装
    置を設けている請求項1から6のいずれかに記載の高圧
    放電ランプ。
  8. 【請求項8】 請求項7に記載の高圧放電ランプを備え
    た高圧放電ランプシステムであて、前記高圧放電ランプ
    は、銅鉄形のインダクタンス安定器により点灯されるこ
    とを特徴とする高圧放電ランプシステム。
JP2001280062A 2001-09-14 2001-09-14 高圧放電ランプ及びこれを用いた高圧放電ランプシステム Expired - Fee Related JP3701222B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001280062A JP3701222B2 (ja) 2001-09-14 2001-09-14 高圧放電ランプ及びこれを用いた高圧放電ランプシステム

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001280062A JP3701222B2 (ja) 2001-09-14 2001-09-14 高圧放電ランプ及びこれを用いた高圧放電ランプシステム
EP02020223A EP1294011A3 (en) 2001-09-14 2002-09-10 High intensity discharge lamp and lighting system using the same
US10/242,563 US6943498B2 (en) 2001-09-14 2002-09-11 High intensity discharge lamp and high intensity discharge lamp system using the same
CNB021469911A CN1278371C (zh) 2001-09-14 2002-09-14 高压放电灯及使用该放电灯的高压放电灯系统

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003086133A true JP2003086133A (ja) 2003-03-20
JP3701222B2 JP3701222B2 (ja) 2005-09-28

Family

ID=19104126

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001280062A Expired - Fee Related JP3701222B2 (ja) 2001-09-14 2001-09-14 高圧放電ランプ及びこれを用いた高圧放電ランプシステム

Country Status (4)

Country Link
US (1) US6943498B2 (ja)
EP (1) EP1294011A3 (ja)
JP (1) JP3701222B2 (ja)
CN (1) CN1278371C (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005259691A (ja) * 2004-02-12 2005-09-22 Japan Storage Battery Co Ltd セラミックメタルハライドランプ及び照明器具
JP2013504849A (ja) * 2009-09-10 2013-02-07 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ 高輝度放電ランプ

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005285672A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd 高圧放電ランプ
WO2007004190A2 (en) * 2005-07-06 2007-01-11 Koninklijke Philips Electronics N.V. Energy efficient fluorescent lamp
US7434941B2 (en) * 2006-05-30 2008-10-14 Hewlett-Packard Development Company, L.P. System and method for arc lamp power control
DE102006033871A1 (de) * 2006-07-21 2008-01-24 Patent-Treuhand-Gesellschaft für elektrische Glühlampen mbH Entladungslampe mit Zündhilfselement
US7477021B2 (en) * 2006-09-18 2009-01-13 Inshore Holdings, Llc Non-discontinuous neon power supply with high power factor
DE102007015545A1 (de) 2007-03-30 2008-10-02 Osram Gesellschaft mit beschränkter Haftung Hochdruckentladungslampe
JP4613257B2 (ja) * 2008-03-27 2011-01-12 パナソニック株式会社 メタルハライドランプ、およびそれを用いた照明装置
DE202009018836U1 (de) * 2008-07-10 2013-10-22 Koninklijke Philips N.V. Natriumdampf-Hochdruckentladungslampe
WO2010076726A1 (en) 2008-12-30 2010-07-08 Koninklijke Philips Electronics, N.V. Low power ceramic gas discharge metal halide lamp with reduced glow voltage
EP2384516B1 (en) * 2008-12-30 2017-07-19 Philips Lighting Holding B.V. Metal halide lamp with ceramic discharge vessel
EP2384515A1 (en) * 2008-12-30 2011-11-09 Koninklijke Philips Electronics N.V. Ceramic gas discharge metal halide lamp
CN101916708A (zh) * 2010-06-25 2010-12-15 孙向阳 无汞节能灯
US8766518B2 (en) 2011-07-08 2014-07-01 General Electric Company High intensity discharge lamp with ignition aid
US8659225B2 (en) 2011-10-18 2014-02-25 General Electric Company High intensity discharge lamp with crown and foil ignition aid

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5591560A (en) * 1978-12-29 1980-07-11 Mitsubishi Electric Corp Metal halide lamp
US4281274A (en) * 1979-08-01 1981-07-28 General Electric Co. Discharge lamp having vitreous shield
JPS6034223B2 (ja) * 1980-06-18 1985-08-07 Tokyo Shibaura Electric Co
JPS57170496A (en) * 1981-04-15 1982-10-20 Hitachi Shomei Kk Device for firing discharge lamp
JPS6254232B2 (ja) 1981-08-31 1987-11-13 Matsushita Electronics Corp
US4523795A (en) * 1982-09-30 1985-06-18 Gte Products Corporation Discharge lamp operating apparatus and method
JPS63190245A (en) 1987-02-02 1988-08-05 Matsushita Electronics Corp High-pressure metal vapor discharge lamp
JPH07118303B2 (ja) 1987-07-09 1995-12-18 松下電子工業株式会社 メタルハライドランプ
US4987344A (en) * 1990-02-05 1991-01-22 Gte Products Corporation Arc discharge lamp with internal starter
JP3175224B2 (ja) 1991-09-27 2001-06-11 東芝ライテック株式会社 高圧放電灯
JP3397064B2 (ja) 1996-12-06 2003-04-14 ウシオ電機株式会社 放電ランプ
DE19731168A1 (de) * 1997-07-21 1999-01-28 Patent Treuhand Ges Fuer Elektrische Gluehlampen Mbh Beleuchtungssystem
JP2000228170A (ja) * 1998-12-04 2000-08-15 Toshiba Lighting & Technology Corp 高圧放電ランプ、高圧放電ランプ装置、高圧放電ランプ点灯装置および照明装置
WO2000074106A1 (en) * 1999-05-28 2000-12-07 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. High pressure metallic vapor discharge lamp
DE10028089B4 (de) * 1999-06-10 2010-12-09 Toshiba Lighting & Technology Corp. Beleuchtungseinrichtung mit einer Hochleistungs-Entladungslampe
JP2001230092A (ja) 1999-06-10 2001-08-24 Toshiba Lighting & Technology Corp 高圧放電ランプ点灯装置および照明装置
JP4135050B2 (ja) * 1999-12-08 2008-08-20 東芝ライテック株式会社 高圧放電ランプ、高圧放電ランプ点灯装置および照明装置
AU764833B2 (en) * 2000-06-30 2003-09-04 Toshiba Lighting & Technology Corporation A glow starter for a high-pressure discharge lamp
JP2002190281A (ja) * 2000-12-22 2002-07-05 Matsushita Electric Ind Co Ltd 高圧放電ランプ

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005259691A (ja) * 2004-02-12 2005-09-22 Japan Storage Battery Co Ltd セラミックメタルハライドランプ及び照明器具
JP2013504849A (ja) * 2009-09-10 2013-02-07 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ 高輝度放電ランプ

Also Published As

Publication number Publication date
CN1409361A (zh) 2003-04-09
US20030062832A1 (en) 2003-04-03
EP1294011A3 (en) 2003-10-15
CN1278371C (zh) 2006-10-04
US6943498B2 (en) 2005-09-13
JP3701222B2 (ja) 2005-09-28
EP1294011A2 (en) 2003-03-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4536513B2 (ja) 無水銀メタルハライドランプ
KR100493494B1 (ko) 메탈할라이드램프
EP1844488B1 (en) Ceramic metal halide lamp
JP5534641B2 (ja) メタルハライドランプ
US7245081B2 (en) High-intensity discharge lamp with particular metal halide gas filling and lighting device
US6707252B2 (en) Metal halide lamp
JP5020806B2 (ja) 最適な形状のセラミック・メタルハライド・ランプ
JP4798311B2 (ja) 放電ランプ
US5955845A (en) High pressure series arc discharge lamp construction with simplified starting aid
EP0903770B1 (de) Metallhalogenidlampe
JP3208087B2 (ja) メタルハライドランプ
JP3264189B2 (ja) 高圧金属蒸気放電ランプ
EP1092231B1 (en) Metal halide lamp
DE60130204T2 (de) Hochdruckentladungslampe
JP4961655B2 (ja) 放電ランプ
CN1322542C (zh) 陶瓷金属卤化物灯
KR20020007193A (ko) 무수은 메탈할라이드램프
US6756721B2 (en) Metal halide lamp
US8390196B2 (en) Methal halide lamp comprising a shaped ceramic discharge vessel
US6809478B2 (en) Metal halide lamp for automobile headlight
JP2004134398A (ja) メタルハライドランプ
US6995513B2 (en) Coil antenna/protection for ceramic metal halide lamps
US4475061A (en) High-pressure discharge lamp current supply member and mounting seal construction
US7233109B2 (en) Gas discharge lamp
US6815894B2 (en) Mercury-free arc tube for discharge lamp unit

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040517

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050331

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050405

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050616

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050624

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050708

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050712

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090722

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090722

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100722

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110722

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110722

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120722

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120722

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130722

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees