JP2003078565A - Wireless communication equipment - Google Patents

Wireless communication equipment

Info

Publication number
JP2003078565A
JP2003078565A JP2001260763A JP2001260763A JP2003078565A JP 2003078565 A JP2003078565 A JP 2003078565A JP 2001260763 A JP2001260763 A JP 2001260763A JP 2001260763 A JP2001260763 A JP 2001260763A JP 2003078565 A JP2003078565 A JP 2003078565A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data link
packet
ip packet
link frame
ip
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001260763A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Makoto Funabiki
Hirokazu Kobayashi
Taisuke Matsumoto
Yoshinori Watanabe
広和 小林
泰輔 松本
善規 渡辺
誠 船引
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide wireless communication equipment for improving through- put in a wireless packet communication system. SOLUTION: In the data link transmitting part in a wireless packet communication system, a plurality of IP packets are stored in one data link frame and transmitted by a buffer 12 so that overhead due to a header and error correction code to be added in a data link layer and a physical layer can be reduced, and through-put can be improved.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、複数の無線端末間でデータを通信する無線通信装置に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to a radio communication apparatus for communicating data between a plurality of wireless terminals. 【0002】 【従来の技術】従来、複数の端末から構成される無線パケット通信システムに関しては、例えば、IEEE S [0002] Conventionally, with respect to the radio packet communication system including a plurality of terminals, for example, IEEE S
td 802.11−1997で記載されているデータ伝送方式が用いられている。 Data transmission method that is described in td 802.11-1997 is used. この方式では、送信端末はネットワーク層からIPパケットを受け取った場合に、 In this method, when receiving the IP packet from the network layer transmission terminal,
そのサイズが2312バイト以下であれば、そのパケットにデータリンク層のヘッダならびに誤り検出符号を付加することによりデータリンクフレームを構成し、さらに物理層において物理層での処理に用いられるヘッダを付加し、データを送信する。 If its size is 2312 bytes or less, configure the data link frames by adding a header and error detection code of the data link layer to the packet, adding a header for use in the processing of the physical layer in addition physical layer , and it transmits the data. 【0003】また、ネットワーク層から受け取ったIP [0003] In addition, IP received from the network layer
パケットのサイズが2312バイトを超える場合には、 If the size of the packet is greater than 2312 bytes,
そのIPパケットを2312バイト以下のフラグメントと呼ばれる単位に分割し、フラグメントごとにデータリンク層のヘッダならびに誤り検出符号を付加することによりデータリンクフレームを構成し、さらに物理層において物理層での処理に用いられるヘッダを付加し、データを送信する。 Is divided into units called the IP packet with 2312 bytes or less fragments, configure the data link frames by adding a header and error detection code of the data link layer for each fragment, the processing in the physical layer in addition physical layer the header used by adding, to transmit the data. 受信端末は受信信号の物理層ヘッダによる処理を行った後、データリンクフレームのヘッダを参照することにより、宛先アドレスが自分のアドレスと一致し、かつ、誤り検出符号により誤りがパケットに含まれていないことが判定された場合にデータリンクヘッダと誤り検出符号を取り除いた部分をIPパケットとして、ネットワーク層に渡すとともに、送信端末宛に伝達確認のAckと呼ばれるパケットを送信する。 After receiving terminal performing the process according to the physical layer header of the received signals, by referring to the header of the data link frame, the destination address matches the own address, and, contained in the error packet by the error detection code the partial removal of the data link header and error detection code if it is determined not as an IP packet, along with the passed to the network layer, and transmits a packet called a transmission confirmation Ack addressed transmitting terminal. 送信端末は宛先端末から送達確認パケットAckを受け取った場合にパケットの伝送が成功したと判別する。 Transmitting terminal determines the transmission of the packet is successful when receiving the acknowledgment packet Ack from the destination terminal. 【0004】また、送達確認パケットAckが宛先端末から一定時間の間に返信されなかった場合には、直前に送信したパケットを再度、宛先端末宛に送信する。 Further, the acknowledgment packet Ack is if it is not returned for a certain time from the destination terminal, a packet transmitted immediately before again sent to the destination terminal. これら一連の動作を繰り返すことにより、通信が成り立っている。 By repeating the series of operations, which consists communications. 【0005】 【発明が解決しようとしている課題】近年のマルチメディア要素技術の発展に伴い、動画像などの高速、大容量なデータの通信要求が高まっている。 [0005] With the recent development of multimedia elements technology THE INVENTION It is an object trying to solve], is growing fast, such as moving images, communication requirements of large-capacity data. また、ケーブル配線の不要な無線パケット通信システムは高速化、低価格化が進んだことにより、現在、オフィスならびに家庭に普及しつつある。 In addition, unnecessary wireless packet communication system of cable wiring is faster, by that price reduction is progressing, there is currently becoming popular in the office and home. しかしながら、従来の無線パケット通信システムでは、有線パケット通信システムと比較して、データリンク層ならびに物理層でのヘッダならびに誤り訂正符号によるオーバヘッドが大きく、1つのデータリンクフレームに1つのIPパケットしか格納することができないため、パケットサイズが小さいIPパケットを連続して伝送するような場合には、実効伝送速度が大幅に低下するという第1の問題がある。 However, in the conventional radio packet communication system, as compared to the wired packet communication system, a header and a large overhead due to error correction code the data link layer and physical layer, only one IP packet on one data link frame for storing because it can not, in the case to transmit continuously small IP packet is packet size, there is a first problem that the effective transmission rate is greatly reduced. 【0006】また、従来の無線パケット通信システムでは、データリンク受信部における誤り検出により、受信フレームに誤りが含まれていれば、そのフレームをすべて破棄し、再送を行うため、データリンクフレームサイズが大きい場合には、伝送効率が低下するという第2の問題がある。 Further, in the conventional radio packet communication system, the error detection in the data link receiver, if it contains an error in the received frame, and discards all the frames, in order to perform retransmission, a data link frame size If large, there is a second problem that transmission efficiency is lowered. 【0007】そこで、本発明は、前記第1の問題点を解決するためのもので、ネットワーク層からのIPパケットを複数個まとめてデータリンクフレームに格納することにより、データリンク層ならびに物理層でのヘッダならびに誤り訂正符号によるオーバヘッドを少なくし、実行速度を高めることを目的とする。 [0007] The present invention is intended to solve the first problem, by storing the data link frame together a plurality of IP packets from the network layer, the data link layer and the physical layer header and to reduce the overhead due to error correction code, and an object thereof is to increase the execution speed. 【0008】また、本発明は、前記第2の問題点を解決するためのもので、1つのデータリンクフレームに含まれるIPパケットごとに誤り検出を行い、誤りが検出された場合には、IPパケット単位で再送を要求することにより、再送による伝送効率の低下を抑制することを目的とする。 Further, the present invention is the one for solving the second problem, performs error detection for each IP packets contained in one data link frame, when an error is detected, IP by requiring retransmission in units of packets, and an object thereof is to suppress a decrease in transmission efficiency due to retransmission. 【0009】 【課題を解決するための手段】本発明では、無線通信装置内において、IPパケットのサイズがあらかじめ定められた値以下であれば、そのパケットを一時バッファに保持しておき、宛先アドレスが同一であるIPパケットのサイズの和があらかじめ定められた値以上になった場合にそれらのパケットをまとめて1つのデータリンクフレームにまとめて伝送することにより、上記目的を達成するものである。 [0009] In the present invention SUMMARY OF THE INVENTION, in the wireless communication device, if less than the value the size of the IP packet is predetermined, it holds the packet in a temporary buffer, the destination address There by being transmitted into one data link frames together those packets if it becomes more than a value sum predetermined size of the IP packet are the same, is to achieve the above object. 【0010】また、本発明では、無線通信装置内において、送信時にIPパケットごとに誤り検出符号を付加し、受信時にIPパケットごとに誤り検出を行い、あるIPパケットに誤りが検出された場合には、そのパケットのみを再送するように送信端末に要求することにより、上記目的を達成するものである。 [0010] In the present invention, in a wireless communication device, and it adds an error detection code for each IP packet during transmission, performs error detection for each IP packet at the time of reception, to a certain IP packet if an error is detected by requesting the transmitting terminal to retransmit only the packet is intended to achieve the above object. 【0011】 【発明の実施の形態】本発明の請求項1に記載の発明は、無線通信装置内において、同一の宛先アドレスを持つ複数のIPパケットを1つのデータリンクフレームにまとめて伝送することにより、データリンク層ならびに物理層でのオーバヘッドを小さくし、実効伝送速度を向上させるという作用を有する。 [0011] The invention according to claim 1 of the embodiment of the present invention, in a wireless communication device, transmitting a plurality of IP packets having the same destination address into a single data link frame Accordingly, to reduce the overhead on the data link layer and the physical layer has the effect of improving the effective transmission rate. 【0012】本発明の請求項1に記載の発明は、無線通信装置内において、バッファに格納するデータのサイズをあらかじめ定めることにより、一定した伝送効率を確保できるという作用を有する。 [0012] According to a first aspect of the present invention, in a wireless communication device, by determining the size of data to be stored in the buffer in advance, an effect that can be secured constant transmission efficiency. 【0013】本発明の請求項3に記載の発明は、無線通信装置内において、バッファに格納するデータのサイズを再送回数などの過去のデータをもとに計算し、最も伝送効率のよくなる値に設定することにより、さまざまな状況下においても高い伝送効率を確保できるという作用を有する。 [0013] The invention described in claim 3 of the present invention, in a wireless communication device, to calculate the size of the data stored in the buffer based on historical data, such as number of retransmissions, the well becomes the value of the most transmission efficiency by setting, an effect that can ensure a high transmission efficiency even under a variety of circumstances. 【0014】本発明の請求項4に記載の発明は、無線通信装置内において、IPパケットをバッファに保持できる最大時間を定めることにより、動画などのリアルタイム性を有するデータにも対応できるという作用を有する。 [0014] The invention according to claim 4 of the present invention, in a wireless communication device, by determining the maximum time an IP packet can be held in the buffer, the effect of even data can cope with real-time capabilities, such as moving a. 【0015】本発明の請求項5に記載の発明は、無線通信装置内において、それぞれのIPパケットの上位層プロトコル情報などを用いて、各IPパケットについてバッファに保持できる最大時間を定めることにより、さまざまな要求品質を有するデータにも柔軟に対応できるという作用を有する。 [0015] The invention described in claim 5 of the present invention, in a wireless communication device, by using a higher layer protocol information for each IP packet, by determining the maximum time that can be held in the buffer for each IP packet, an effect that can flexibly cope with data with different quality requirements. 【0016】本発明の請求項6に記載の発明は、データリンクフレームに含まれる個々のIPパケットを効率よく取り出せるという作用を有する。 [0016] The invention described in claim 6 of the present invention has the effect of individual IP packets contained in the data link frame taken out efficiently. 【0017】本発明の請求項7に記載の発明は、無線通信装置内において、データリンク層で受信したデータリンクフレームに格納されている複数のIPパケットを順次ネットワーク層に渡すことにより、従来のネットワーク層とのインターフェースを保つことができるという作用を有する。 [0017] The invention according to claim 7 of the present invention, in a wireless communication device, by passing a plurality of IP packets stored in the data link frame received by the data link layer sequentially to the network layer, the conventional an effect that it is possible to maintain the interface with the network layer. 【0018】本発明の請求項8に記載の発明は、無線通信装置内において、データリンクフレームを送信する際に、個々のIPパケットに対して誤り検出符号を付加することにより、受信側で個々のIPパケットに対して誤り検出を行うことができるという作用を有する。 The invention described in claim 8 of the present invention, in a wireless communication device, when transmitting a data link frame by adding an error detection code for each IP packet, the individual at the receiving side an effect that it is possible to perform error detection on the IP packet. 【0019】本発明の請求項9に記載の発明は、無線通信装置内において、データリンクフレームを受信した際に、個々のIPパケットに対して誤り検出を行うことができ、誤りが検出された場合には、誤りを含むIPパケットのみを再送することにより、再送によるトラフィックの増加を抑制することができるという作用を有する。 [0019] The invention described in claim 9 of the present invention, in a wireless communication device, when receiving the data link frame, can perform error detection for each IP packet, an error is detected case, has the effect of by retransmitting only the IP packet including the error, it is possible to suppress an increase in traffic due to retransmissions. 【0020】以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して説明する。 [0020] Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. 【0021】(実施の形態1)本発明の実施の形態1について、データリンク送信部のブロック結線図を図1、 [0021] The first embodiment of the present invention (Embodiment 1) FIG. 1 is a block wiring diagram of the data link transmission section,
データリンクフレームの構成を図2、データリンク受信部のブロック結線図を図3に示す。 2 the configuration of the data link frame, a block connection diagram of a data link receiving unit shown in FIG. 【0022】図1において、1はIPパケットが入力される入力端子、2はデータリンク送信部において処理されたデータリンクフレームが出力される出力端子、11 [0022] In FIG. 1, 1 is an input terminal to which the IP packet is input, 2 output terminals datalink frames processed at the data link transmission unit is outputted, 11
は入力されたIPパケットのパケットサイズを判別するパケットサイズ判別部、12は複数のIPパケットを保持しておくためのバッファ、13はIPパケットの宛先アドレスおよびパケットサイズを記憶しておくためのI Packet size determination unit configured to determine a packet size of the input IP packet, 12 denotes a buffer for holding a plurality of IP packets, I for 13 to store the destination address and packet size of the IP packet
Pパケット情報記憶部、14はバッファに格納されている宛先アドレスが同じIPパケットのサイズの合計を計算するパケットサイズ計算部、15はIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測するタイマ、 P packet information storing unit, 14 measures the time from the stored packet size calculator destination address stored in the buffer to compute the sum of the sizes of the same IP packet, 15 IP packets in the buffer 12 timer ,
16はIPパケットからデータリンクフレームを構成するデータリンクフレーム構成部である。 16 is a data link frame structure portion constituting the data link frame from the IP packet. 【0023】以上のような構成において、以下にその動作を説明する。 [0023] In the above configuration, the operation thereof will be described below. 図1のデータリンク送信部においては、 In the data link transmission portion of FIG. 1,
図中に示されていないネットワーク層において処理が行われたIPパケット101が、IPパケット入力端子1 IP packet 101 of the processing in the network layer is performed not shown in the figure, the IP packet input terminal 1
から入力される。 It is input from. 次に、パケットサイズ判別部11は、 Next, the packet size determination unit 11,
入力されたIPパケット101のヘッダを参照し、ヘッダ31に記述されたIPパケットサイズがあらかじめ定められた値以下であれば、バッファ12にIPパケット102を渡し、あらかじめ定められた値を超える場合は、データリンクフレーム構成部16にIPパケット1 It refers to the header of the IP packet 101 that has been input, if less than the value described IP packet size is predetermined in the header 31, passes the IP packet 102 to the buffer 12, when it exceeds a predetermined value , IP packet 1 to the data link frame member 16
03を渡す。 03 pass. 【0024】バッファ12はIPパケットを一定時間保持する。 [0024] The buffer 12 for a certain period of time retain the IP packet. IPパケット情報記憶部13においては、バッファ12に保持されている各IPパケットのヘッダを参照し、そのIPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ104を記憶する。 In IP packet information storage unit 13, refers to the header of each IP packet held in the buffer 12, stores the destination address and the packet size 104 of the IP packet. パケットサイズ計算部14 Packet size calculation unit 14
では、IPパケット情報記憶部13から得た各IPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ情報105 In, IP packet information destination address of each IP packet from the storage unit 13 and the packet size information 105
を元に、バッファ12に格納されている同一の宛先アドレスを持つIPパケットの合計サイズを計算する。 Based on, it calculates the total size of the IP packet having the same destination address stored in the buffer 12. 【0025】合計サイズがあらかじめ定められた値以上になれば、バッファ12に送信許可信号106を送出し、それらのIPパケット108をバッファ12からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 [0025] Once the total size greater than or equal to a predetermined, and sends the transmission permission signal 106 to the buffer 12, which pass the IP packet 108 from the buffer 12 to the data link frame member 16. タイマ15は、 Timer 15,
バッファ12に格納されているIPパケットごとの複数のタイマを持ち、それぞれのIPパケットがバッファ1 It has a plurality of timers for each IP packet stored in the buffer 12, each of the IP packet buffer 1
2に格納されてからの時間を計測し、あらかじめ定められた時間経過した場合に、バッファ12に送信許可信号107を送出し、格納されてからあらかじめ定められた時間経過したIPパケットならびにそのパケットと同じ宛先アドレスを持つIPパケット108をバッファ12 Measures the time from the stored in the 2, when elapsed a predetermined time, and sends the transmission permission signal 107 to the buffer 12, and the IP packet and the packet passed a predetermined time after stored the IP packet 108 having the same destination address buffer 12
からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 It passed to the data link frame member 16 from. 【0026】データリンクフレーム構成部16では、バッファ12から受け取った複数のIPパケット108を図2に示すフレーム構成をもつデータリンクフレーム1 [0026] In the data link frame member 16, the data link frame 1 with a frame structure showing a plurality of IP packets 108 received from the buffer 12 in FIG. 2
09のデータ格納部分22に格納し、データリンクフレームに含まれるIPパケットの個数を示すパケット個数情報24、各IPパケットの先頭位置を示すパケット先頭位置情報25、宛先アドレス26、送信元アドレス2 Stored in the data storage part 22 of 09, the packet number information 24 indicating the number of IP packets contained in the data link frame, packet head position information 25 indicating the head position of each IP packet, the destination address 26, source address 2
7などを格納したデータリンクヘッダ21および誤り検出のためのCRC23を付加し、データリンクフレーム出力端子2から物理層に渡す。 Data link and stores a 7 header 21 and adds the CRC23 for error detection, and passes from the data link frame output terminal 2 to the physical layer. 【0027】ただし、図2に示したデータリンクフレーム構成は、IPパケットを4つ格納した場合であり、格納するIPパケットの個数はいくつでもよい。 [0027] However, the data link frame structure shown in FIG. 2 is a case for storing four IP packets, the number of IP packets to be stored may be many. また、ヘッダ21内の情報は代表的なもののみを示しており、他の情報も含まれる。 Moreover, the information in the header 21 is shown only typical ones, also include other information. また、パケット個数情報24ならびにパケット先頭位置情報25などのヘッダ21内の位置は図2に示した位置でなくてもよい。 The position of the header 21, such as packet number information 24 and the packet head position information 25 may not be the position shown in FIG. また、バッファ1 In addition, the buffer 1
2はそれぞれの宛先アドレスに対応した複数のバッファから構成することも考えられる。 2 is also conceivable to configure a plurality of buffers corresponding to the respective destination address. 【0028】図3において、3は物理層で処理されたデータリンクフレームが入力されるデータリンクフレーム入力端子、4はデータリンク受信部により処理されたI [0028] In FIG. 3, 3 a data link frame input data link frames processed by the physical layer are input, four were processed by the data link receiver I
Pパケットが出力されるIPパケット出力端子、31は入力されたデータリンクフレームのヘッダ情報を元にデータリンク処理を行うヘッダ処理部、32はデータリンクフレームの巡回冗長検査(CRC)23を計算することにより誤りを検出する誤り検出部、33はデータリンクフレームに含まれている複数のIPパケットを取り出すパケット抽出部である。 IP packet output terminal P packet is output, 31 a header processing unit for performing data link processing based on header information of the input data link frame, 32 computes a cyclic redundancy check (CRC) 23 of the data link frame error detecting unit for detecting an error by, 33 is packet extracting unit for taking out a plurality of IP packets contained in the data link frame. 【0029】図3のデータリンク受信部においては、図中には示されていない物理層において処理が行われた受信信号がデータリンクフレーム301としてデータリンクフレーム入力端子3に入力される。 [0029] In the data link receiver of Figure 3, the received signal processing is performed in the physical layer not shown in the figure is input as a data link frame 301 to the data link frame input terminal 3. ヘッダ処理部31 Header processing unit 31
では、データリンクフレームヘッダ21を参照し、宛先アドレス26が自局のアドレスと一致している場合にはデータリンクフレーム302を誤り検出部32に渡し、 Now, with reference to the data link frame header 21, if the destination address 26 matches the address of the own station passes the data link frames 302 to the error detection unit 32,
自局のアドレスと一致しない場合はデータリンクフレームを破棄する。 It does not match the address of the own station discards the data link frames. 【0030】誤り検出部32では、データリンクフレームのCRC23により誤り検出を行い、誤りが検出された場合には、データリンクフレームを破棄し、誤りが検出されなかった場合にはデータリンクフレーム303をIPパケット抽出部33に渡す。 [0030] The error detection unit 32 performs error detection by CRC23 of a data link frame, when an error is detected, discards the data link frame, the data link frame 303 if no error is detected It passed to the IP packet extraction unit 33. IPパケット抽出部3 IP packet extraction unit 3
3では、データリンクフレームのヘッダ21に含まれているパケット個数情報、パケット位置情報を用い、データリンクフレームのデータ格納部22に格納されているそれぞれのIPパケットを取り出し、取り出したIPパケット304を順番にIPパケット出力端子4よりネットワーク層に出力する。 In 3, the packet number information contained in the header 21 of the data link frame, using the packet position information, retrieves the respective IP packet stored in the data storage unit 22 of the data link frame, the IP packet 304 taken out sequentially output to the network layer from the IP packet output terminal 4. 【0031】ただし、ここで説明した処理以外にも通常のデータリンクでの処理が行われるが省略している。 [0031] However, although here in the processing of a normal data link other than the process described is carried out are omitted. また、各無線通信装置は必ずしも以上に説明したデータリンク送信部ならびに受信部の両方を持っている必要はなく、どちらか片方だけを持っていてもよい。 Further, each wireless communication device need not have both the data link transmission unit and receiving unit explained necessarily above, may have only one or the other. 【0032】(実施の形態2)本発明の実施の形態2について、データリンク送信部のブロック結線図を図4、 [0032] The second embodiment (Embodiment 2) The present invention, FIG. 4 is a block wiring diagram of the data link transmission section,
データリンクフレームの構成を図2、データリンク受信部のブロック結線図を図3に示す。 2 the configuration of the data link frame, a block connection diagram of a data link receiving unit shown in FIG. 【0033】図4において、1はIPパケットが入力される入力端子、2はデータリンク送信部において処理されたデータリンクフレームが出力される出力端子、11 [0033] In FIG. 4, 1 denotes an input terminal to which the IP packet is input, 2 output terminals datalink frames processed at the data link transmission unit is outputted, 11
は入力されたIPパケットのパケットサイズを判別するパケットサイズ判別部、12は複数のIPパケットを保持しておくためのバッファ、41はIPパケットの宛先アドレス、パケットサイズならびに上位プロトコル情報を記憶しておくためのIPパケット情報記憶部、14はバッファ12に格納されている宛先アドレスが同じIP The packet size determination section to determine the packet size of the input IP packet, 12 is a buffer for holding a plurality of IP packets, 41 stores the destination address of the IP packet, the packet size and the higher level protocol information IP packet information storage unit for placing, 14 destination address stored in the buffer 12 is the same IP
パケットのサイズの合計を計算するパケットサイズ計算部、42はIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測するタイマ、16はIPパケットからデータリンクフレームを構成するデータリンクフレーム構成部である。 Packet size calculation unit for calculating the sum of the size of the packet, 42 is a timer that IP packet to measure the time from the stored in the buffer 12, 16 is a data link frame structure portion constituting the data link frames from the IP packet . 【0034】以上のような構成において、以下にその動作を説明する。 [0034] In the above configuration, the operation thereof will be described below. 図4のデータリンク送信部においては、 In the data link transmission portion of FIG. 4,
図中に示されていないネットワーク層において処理が行われたIPパケット101が、IPパケット入力端子1 IP packet 101 of the processing in the network layer is performed not shown in the figure, the IP packet input terminal 1
から入力される。 It is input from. 次に、パケットサイズ判別部11は、 Next, the packet size determination unit 11,
入力されたIPパケット101のヘッダを参照し、ヘッダ31に記述されたIPパケットサイズがあらかじめ定められた値以下であれば、バッファ12にIPパケット102を渡し、あらかじめ定められた値を超える場合は、データリンクフレーム構成部16にIPパケット1 It refers to the header of the IP packet 101 that has been input, if less than the value described IP packet size is predetermined in the header 31, passes the IP packet 102 to the buffer 12, when it exceeds a predetermined value , IP packet 1 to the data link frame member 16
03を渡す。 03 pass. 【0035】バッファ12はIPパケットを一定時間保持する。 [0035] buffer 12 for a certain period of time retain the IP packet. IPパケット情報記憶部41においては、バッファ12に保持されている各IPパケットのヘッダを参照し、そのIPパケットの宛先アドレス、パケットサイズ、上位プロトコル情報401を記憶する。 In IP packet information storage unit 41, refers to the header of each IP packet held in the buffer 12, the destination address of the IP packet, the packet size, and stores the higher level protocol information 401. パケットサイズ計算部14では、IPパケット情報記憶部13から得た各IPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ情報105を元に、バッファ12に格納されている同一の宛先アドレスを持つIPパケットの合計サイズを計算する。 The packet size calculation unit 14, based on the destination address and the packet size information 105 of each IP packet from IP packet information storage unit 13, the total size of the IP packet having the same destination address stored in the buffer 12 calculate. 合計サイズがあらかじめ定められた値以上になれば、バッファ12に送信許可信号106を送出し、 If more than the total size is a predetermined value, and sends the transmission permission signal 106 to the buffer 12,
それらのIPパケット108をバッファ12からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 Their IP packet 108 passes from the buffer 12 to the data link frame member 16. 【0036】タイマ42は、バッファ12に格納されているIPパケットごとの複数のタイマを持ち、IPパケット102がバッファ12に格納されると、IPパケット情報記憶部41に記憶されているバッファ12に格納されたIPパケット102の上位プロトコル情報402 The timer 42 has a plurality of timers for each IP packet stored in the buffer 12, the IP packet 102 is stored in the buffer 12, the buffer 12 stored in the IP packet information storage unit 41 higher level protocol information 402 of the stored IP packet 102
を参照し、上位プロトコルがRTPなどの即時系データに用いられるプロトコルであればタイマ終了値をあらかじめ定められた標準のタイマ終了値よりも短い値に設定し、上位プロトコルがそれ以外であれば通常のタイマ終了値に設定するとともに、それぞれのIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測し、各パケットのタイマ終了値を経過した場合に、バッファ12に送信許可信号107を送出し、格納されてからタイマ終了値を経過したIPパケットならびにそのパケットと同じ宛先アドレスを持つIPパケット108をバッファ12 It refers to the, set to a value shorter than the standard timer end value defined timer end value in advance as long as the protocol used for immediate system data of the upper protocol such as RTP, if the upper protocol other than it usually and it sets the timer end value, each IP packet measures the time from the stored in the buffer 12, when the elapsed timer end value of each packet, and sends the transmission permission signal 107 to the buffer 12, the IP packet 108 with the stored IP packet and the expiration of the timer end value from the same destination address and the packet buffer 12
からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 It passed to the data link frame member 16 from. 【0037】データリンクフレーム構成部16では、バッファ12から受け取った複数のIPパケット108を図2に示すフレーム構成をもつデータリンクフレーム1 [0037] In the data link frame member 16, the data link frame 1 with a frame structure showing a plurality of IP packets 108 received from the buffer 12 in FIG. 2
09のデータ格納部分22に格納し、データリンクフレームに含まれるIPパケットの個数を示すパケット個数情報24、各IPパケットの先頭位置を示すパケット先頭位置情報25、宛先アドレス26、送信元アドレス2 Stored in the data storage part 22 of 09, the packet number information 24 indicating the number of IP packets contained in the data link frame, packet head position information 25 indicating the head position of each IP packet, the destination address 26, source address 2
7などを格納したデータリンクヘッダ21および誤り検出のためのCRC23を付加し、データリンクフレーム出力端子2から物理層に渡す。 Data link and stores a 7 header 21 and adds the CRC23 for error detection, and passes from the data link frame output terminal 2 to the physical layer. 【0038】ただし、図2に示したデータリンクフレーム構成は、IPパケットを4つ格納した場合であり、格納するIPパケットの個数はいくつでもよい。 [0038] However, the data link frame structure shown in FIG. 2 is a case for storing four IP packets, the number of IP packets to be stored may be many. また、ヘッダ21内の情報は代表的なもののみを示しており、他の情報も含まれる。 Moreover, the information in the header 21 is shown only typical ones, also include other information. また、パケット個数情報24ならびにパケット先頭位置情報25などのヘッダ21内の位置は図2に示した位置でなくてもよい。 The position of the header 21, such as packet number information 24 and the packet head position information 25 may not be the position shown in FIG. また、バッファ1 In addition, the buffer 1
2はそれぞれの宛先アドレスに対応した複数のバッファから構成することも考えられる。 2 is also conceivable to configure a plurality of buffers corresponding to the respective destination address. また、タイマ15のタイマ終了値の設定は、上位プロトコルだけでなく、他の許容遅延時間を示す情報を用いて、さらに細かく設定することも可能である。 The setting of the timer end value of the timer 15 is not only higher level protocol, using the information indicating the other allowable delay time, it can be set more finely. 【0039】図3のデータリンク受信部においては、実施の形態1と同様である。 [0039] In the data link receiver of FIG. 3, it is the same as in the first embodiment. 【0040】(実施の形態3)本発明の実施の形態3について、データリンク送信部のブロック結線図を図5、 [0040] The third embodiment (Embodiment 3) The present invention, FIG 5 is a block connection diagram of the data link transmission section,
データリンクフレームの構成を図2、データリンク受信部のブロック結線図を図3に示す。 2 the configuration of the data link frame, a block connection diagram of a data link receiving unit shown in FIG. 【0041】図5において、1はIPパケットが入力される入力端子、2はデータリンク送信部において処理されたデータリンクフレームが出力される出力端子、51 [0041] In FIG. 5, 1 denotes an input terminal to which the IP packet is input, 2 output terminals datalink frames processed at the data link transmission unit is outputted, 51
は入力されたIPパケットのパケットサイズを判別するパケットサイズ判別部、12は複数のIPパケットを保持しておくためのバッファ、13はIPパケットの宛先アドレスおよびパケットサイズを記憶しておくためのI Packet size determination unit configured to determine a packet size of the input IP packet, 12 denotes a buffer for holding a plurality of IP packets, I for 13 to store the destination address and packet size of the IP packet
Pパケット情報記憶部、52はバッファ12に格納されている宛先アドレスが同じIPパケットのサイズの合計を計算するパケットサイズ計算部、15はIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測するタイマ、16はIPパケットからデータリンクフレームを構成するデータリンクフレーム構成部、53は再送回数などの過去の伝送情報を記憶し、最適な送信パケットサイズを決定する送信パケットサイズ決定部である。 P packet information storage unit 52 the packet size calculation unit the destination address stored in the buffer 12 to calculate the total size of the same IP packet, 15 IP packets to measure the time from the stored in the buffer 12 timer, 16 data link frame structure portion constituting the data link frame from the IP packet, 53 stores the past transmission information such as the number of retransmissions, the transmission packet size determination unit configured to determine the optimal transmit packet size. 【0042】以上のような構成において、以下にその動作を説明する。 [0042] In the above configuration, the operation thereof will be described below. 図5のデータリンク送信部においては、 In the data link transmission portion of FIG. 5,
図中に示されていないネットワーク層において処理が行われたIPパケット101が、IPパケット入力端子1 IP packet 101 of the processing in the network layer is performed not shown in the figure, the IP packet input terminal 1
から入力される。 It is input from. 次に、パケットサイズ判別部51は、 Next, the packet size determination unit 51,
入力されたIPパケット101のヘッダを参照し、ヘッダ31に記述されたIPパケットサイズが送信パケットサイズ決定部53で設定された値501以下であれば、 Refers to the header of the IP packet 101 that has been input, if the IP packet size, which is described in the header 31 is less than the value 501 set by the transmission packet size determination unit 53,
バッファ12にIPパケット102を渡し、送信パケットサイズ決定部53で設定された値501を超える場合は、データリンクフレーム構成部16にIPパケット1 The buffer 12 passes the IP packet 102, if it exceeds the value 501 set by the transmission packet size determination unit 53, IP packet 1 to the data link frame member 16
03を渡す。 03 pass. 送信パケットサイズ決定部53では、データリンクフレームの再送回数などの過去の情報をもとに最適なパケットサイズを決定し、最適パケットサイズ5 In the transmission packet size determination unit 53, the historical information such as the number of retransmissions of the data link frame to determine the optimum packet size based on the optimal packet size 5
01ならびに502をパケットサイズ判定部51ならびにパケットサイズ計算部52に伝える。 01 and convey the 502 to the packet size determination unit 51 and the packet size calculation unit 52. 【0043】例えば、過去の情報から最も再送回数が少ないデータリンクフレームのサイズからデータリンクフレームのヘッダ21ならびにCRC23のサイズを引いた値を最適なパケットサイズに決定する。 [0043] For example, to determine a value obtained by subtracting the size of the header 21 and CRC23 of a data link frame from the size of the most number of retransmissions is less data link frames from the past information on the optimum packet size. バッファ12 Buffer 12
はIPパケットを一定時間保持する。 Is a fixed time holding the IP packet. IPパケット情報記憶部13においては、バッファ12に保持されている各IPパケットのヘッダを参照し、そのIPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ104を記憶する。 In IP packet information storage unit 13, refers to the header of each IP packet held in the buffer 12, stores the destination address and the packet size 104 of the IP packet. 【0044】パケットサイズ計算部52では、IPパケット情報記憶部13から得た各IPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ情報105を元に、バッファ12に格納されている同一の宛先アドレスを持つIP [0044] IP, packet size calculation unit 52, which based on the destination address and the packet size information 105 of each IP packet from IP packet information storage unit 13, having the same destination address stored in the buffer 12
パケットの合計サイズを計算する。 To calculate the total size of the packet. 合計サイズが送信パケットサイズ決定部で設定された値502以上になれば、バッファ12に送信許可信号106を送出し、それらのIPパケット108をバッファ12からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 If the total size or value 502 set by the transmission packet size determination unit, and sends the transmission permission signal 106 to the buffer 12, which pass the IP packet 108 from the buffer 12 to the data link frame member 16. 【0045】タイマ15は、バッファ12に格納されているIPパケットごとの複数のタイマを持ち、それぞれのIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測し、あらかじめ定められた時間経過した場合に、 The timer 15 has a plurality of timers for each IP packet stored in the buffer 12, when each IP packet measures the time from the stored in the buffer 12, which has passed a predetermined time to,
バッファ12に送信許可信号107を送出し、格納されてからあらかじめ定められた時間経過したIPパケットならびにそのパケットと同じ宛先アドレスを持つIPパケット108をバッファ12からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 It sends a transmission permission signal 107 to the buffer 12, the IP packet 108 with the stored IP packet and passed predetermined time after the same destination address and the packet passed from the buffer 12 to the data link frame member 16. 【0046】データリンクフレーム構成部16では、バッファ12から受け取った複数のIPパケット108を図2に示すフレーム構成をもつデータリンクフレーム1 [0046] In the data link frame member 16, the data link frame 1 with a frame structure showing a plurality of IP packets 108 received from the buffer 12 in FIG. 2
09のデータ格納部分22に格納し、データリンクフレームに含まれるIPパケットの個数を示すパケット個数情報24、各IPパケットの先頭位置を示すパケット先頭位置情報25、宛先アドレス26、送信元アドレス2 Stored in the data storage part 22 of 09, the packet number information 24 indicating the number of IP packets contained in the data link frame, packet head position information 25 indicating the head position of each IP packet, the destination address 26, source address 2
7などを格納したデータリンクヘッダ21および誤り検出のためのCRC23を付加し、データリンクフレーム出力端子2から物理層に渡す。 Data link and stores a 7 header 21 and adds the CRC23 for error detection, and passes from the data link frame output terminal 2 to the physical layer. 【0047】ただし、図2に示したデータリンクフレーム構成は、IPパケットを4つ格納した場合であり、格納するIPパケットの個数はいくつでもよい。 [0047] However, the data link frame structure shown in FIG. 2, a case for storing four IP packets, the number of IP packets to be stored may be many. また、ヘッダ21内の情報は代表的なもののみを示しており、他の情報も含まれる。 Moreover, the information in the header 21 is shown only typical ones, also include other information. また、パケット個数情報24ならびにパケット先頭位置情報25などのヘッダ21内の位置は図2に示した位置でなくてもよい。 The position of the header 21, such as packet number information 24 and the packet head position information 25 may not be the position shown in FIG. また、バッファ1 In addition, the buffer 1
2はそれぞれの宛先アドレスに対応した複数のバッファから構成することも考えられる。 2 is also conceivable to configure a plurality of buffers corresponding to the respective destination address. また、これらの機能は実施の形態2で説明したデータリンク送信部の上位プロトコルによるタイマ終了値の設定機能と同時に用いることができる。 Also, these functions can be used simultaneously with the setting function of the timer ends by the upper protocol of the data link transmission section described in the second embodiment. 【0048】図2のデータリンク受信部においては、実施の形態1と同様である。 [0048] In the data link receiver of Figure 2 is the same as in the first embodiment. 【0049】(実施の形態4)本発明の実施の形態4について、データリンク送信部のブロック結線図を図1、 [0049] The fourth embodiment (Embodiment 4) The present invention, FIG. 1 is a block wiring diagram of the data link transmission section,
データリンク受信部のブロック結線図を図2、データリンクフレームの構成を図6に示す。 Figure 2 is a block connection diagram of the data link receiver, the configuration of a data link frame shown in FIG. 【0050】図1において、1はIPパケットが入力される入力端子、2はデータリンク送信部において処理されたデータリンクフレームが出力される出力端子、11 [0050] In FIG. 1, 1 is an input terminal to which the IP packet is input, 2 output terminals datalink frames processed at the data link transmission unit is outputted, 11
は入力されたIPパケットのパケットサイズを判別するパケットサイズ判別部、12は複数のIPパケットを保持しておくためのバッファ、13はIPパケットの宛先アドレスおよびパケットサイズを記憶しておくためのI Packet size determination unit configured to determine a packet size of the input IP packet, 12 denotes a buffer for holding a plurality of IP packets, I for 13 to store the destination address and packet size of the IP packet
Pパケット情報記憶部、14はバッファ12に格納されている宛先アドレスが同じIPパケットのサイズの合計を計算するパケットサイズ計算部、15はIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測するタイマ、16はIPパケットからデータリンクフレームを構成するデータリンクフレーム構成部である。 P packet information storage unit, 14 a packet size calculator destination address stored in the buffer 12 to calculate the total size of the same IP packet, 15 IP packets to measure the time from the stored in the buffer 12 timer, 16 is a data link frame structure portion constituting the data link frame from the IP packet. 【0051】以上のような構成において、以下にその動作を説明する。 [0051] In the above configuration, the operation thereof will be described below. 図1のデータリンク送信部においては、 In the data link transmission portion of FIG. 1,
図中に示されていないネットワーク層において処理が行われたIPパケット101が、IPパケット入力端子1 IP packet 101 of the processing in the network layer is performed not shown in the figure, the IP packet input terminal 1
から入力される。 It is input from. 次に、パケットサイズ判別部11は、 Next, the packet size determination unit 11,
入力されたIPパケット101のヘッダを参照し、ヘッダ31に記述されたIPパケットサイズがあらかじめ定められた値以下であれば、バッファ12にIPパケット102を渡し、あらかじめ定められた値を超える場合は、データリンクフレーム構成部16にIPパケット1 It refers to the header of the IP packet 101 that has been input, if less than the value described IP packet size is predetermined in the header 31, passes the IP packet 102 to the buffer 12, when it exceeds a predetermined value , IP packet 1 to the data link frame member 16
03を渡す。 03 pass. 【0052】バッファ12はIPパケットを一定時間保持する。 [0052] buffer 12 for a certain period of time retain the IP packet. IPパケット情報記憶部13においては、バッファ12に保持されている各IPパケットのヘッダを参照し、そのIPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ104を記憶する。 In IP packet information storage unit 13, refers to the header of each IP packet held in the buffer 12, stores the destination address and the packet size 104 of the IP packet. パケットサイズ計算部14 Packet size calculation unit 14
では、IPパケット情報記憶部13から得た各IPパケットの宛先アドレスならびにパケットサイズ情報105 In, IP packet information destination address of each IP packet from the storage unit 13 and the packet size information 105
を元に、バッファ12に格納されている同一の宛先アドレスを持つIPパケットの合計サイズを計算する。 Based on, it calculates the total size of the IP packet having the same destination address stored in the buffer 12. 合計サイズがあらかじめ定められた値以上になれば、バッファ12に送信許可信号106を送出し、それらのIPパケット108をバッファ12からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 If more than the total size is a predetermined value, and sends the transmission permission signal 106 to the buffer 12, which pass the IP packet 108 from the buffer 12 to the data link frame member 16. タイマ15は、バッファ12に格納されているIPパケットごとの複数のタイマを持ち、それぞれのIPパケットがバッファ12に格納されてからの時間を計測し、あらかじめ定められた時間経過した場合に、バッファ12に送信許可信号107を送出し、格納されてからあらかじめ定められた時間経過したIPパケットならびにそのパケットと同じ宛先アドレスを持つIPパケット108をバッファ12からデータリンクフレーム構成部16に渡す。 If the timer 15 has a plurality of timers for each IP packet stored in the buffer 12, each IP packet measures the time from the stored in the buffer 12, which has passed a predetermined time, the buffer It sends a transmission permission signal 107 to 12, the IP packet 108 with the stored IP packet and passed predetermined time after the same destination address and the packet passed from the buffer 12 to the data link frame member 16. 【0053】データリンクフレーム構成部16では、バッファ12から受け取った複数のIPパケット108を図6に示すフレーム構成をもつデータリンクフレーム1 [0053] In the data link frame member 16, the data link frame 1 with a frame structure showing a plurality of IP packets 108 received from the buffer 12 in FIG. 6
09のデータ格納部分32に格納し、データリンクフレームに含まれるIPパケットの個数を示すパケット個数情報34、各IPパケットの先頭位置を示すパケット先頭位置情報35、宛先アドレス36、送信元アドレス3 Stored in the data storage part 32 of 09, the packet number information 34 indicating the number of IP packets contained in the data link frame, packet head position information 35 indicating the head position of each IP packet, the destination address 36, source address 3
7などを格納したデータリンクヘッダ31を付加する。 7 and adding a data link header 31 stored.
また、各IPパケットごとに計算した誤り検出のためのCRC61を各IPパケットの末尾に付加し、データリンクフレーム出力端子2から物理層に渡す。 Furthermore, the CRC61 for error detection calculated for each IP packet added to the end of each IP packet, and passes the data link frame output terminal 2 to the physical layer. 【0054】ただし、図6に示したデータリンクフレーム構成は、IPパケットを4つ格納した場合であり、格納するIPパケットの個数はいくつでもよい。 [0054] However, the data link frame structure shown in FIG. 6 is a case of storing four IP packets, the number of IP packets to be stored may be many. また、ヘッダ31内の情報は代表的なもののみを示しており、他の情報も含まれる。 Moreover, the information in the header 31 is shown only typical ones, also include other information. また、パケット個数情報34ならびにパケット先頭位置情報35などのヘッダ31内の位置は図3に示した位置でなくてもよい。 The position of the header 31, such as packet number information 34 and the packet head position information 35 may not be the position shown in FIG. また、バッファ1 In addition, the buffer 1
2はそれぞれの宛先アドレスに対応した複数のバッファから構成することも考えられる。 2 is also conceivable to configure a plurality of buffers corresponding to the respective destination address. 【0055】図3において、3は物理層で処理されたデータリンクフレームが入力されるデータリンクフレーム入力端子、4はデータリンク処理部により処理されたI [0055] In FIG. 3, the data link frame input data link frames processed by the physical layer are input 3, 4 were processed by the data link processor I
Pパケットが出力されるIPパケット出力端子、31は入力されたデータリンクフレームのヘッダ情報を元にデータリンク処理を行うヘッダ処理部、32はデータリンクフレームに含まれる個々のIPパケットの巡回冗長検査(CRC)61を計算することにより誤りを検出する誤り検出部、33はデータリンクフレームに含まれている複数のIPパケットを取り出すパケット抽出部である。 IP packet output terminal P packet is output, 31 a header processing unit for performing data link processing based on header information of the input data link frame, 32 cyclic redundancy check of the individual IP packets contained in the data link frame error detecting unit for detecting an error by calculating (CRC) 61, 33 is a packet extracting unit for taking out a plurality of IP packets contained in the data link frame. 【0056】図3のデータリンク受信部においては、図中には示されていない物理層において処理が行われた受信信号がデータリンクフレーム301としてデータリンクフレーム入力端子3に入力される。 [0056] In the data link receiver of Figure 3, the received signal processing is performed in the physical layer not shown in the figure is input as a data link frame 301 to the data link frame input terminal 3. ヘッダ処理部31 Header processing unit 31
では、データリンクフレームヘッダ21を参照し、宛先アドレス26が自局のアドレスと一致している場合にはデータリンクフレーム302を誤り検出部32に渡し、 Now, with reference to the data link frame header 21, if the destination address 26 matches the address of the own station passes the data link frames 302 to the error detection unit 32,
自局のアドレスと一致しない場合はデータリンクフレームを破棄する。 It does not match the address of the own station discards the data link frames. 【0057】誤り検出部32では、データリンクフレームのヘッダ21に含まれているパケット個数情報、パケット位置情報を用い、それぞれのIPパケットの末尾に付加されたCRC61により各IPパケットごとに誤り検出を行い、誤りが検出された場合には、IPパケット抽出部33に誤りを含むIPパケットの番号を渡す。 [0057] The error detection unit 32, the packet number information contained in the header 21 of the data link frame, using the packet position information, the error detection for each IP packet by CRC61 which is added to the end of each IP packet performed, if an error is detected, it passes the number of the IP packet including the error to the IP packet extracting unit 33. このIPパケットの番号は、送信側と受信側で同一のIP Number of the IP packet, the same IP in transmitter and receiver
パケットを示すようになっている。 It is adapted to indicate the packet. 【0058】その後、データリンクフレーム303をI [0058] After that, the data link frame 303 I
Pパケット抽出部33に渡す。 It passed to the P packet extraction unit 33. IPパケット抽出部33 IP packet extraction unit 33
では、データリンクフレームのヘッダ21に含まれているパケット個数情報、パケット位置情報を用い、データリンクフレームのデータ格納部22に格納されているそれぞれのIPパケットを取り出し、誤り検出部32により、誤りを含むIPパケットの番号が知らされている場合には、そのIPパケットを破棄し、それ以外のIPパケット304を順番にIPパケット出力端子4よりネットワーク層に出力する。 In the packet number information contained in the header 21 of the data link frame, using the packet position information, retrieves the respective IP packet stored in the data storage unit 22 of the data link frame, the error detection unit 32, an error If the number of the IP packet is informed including, the IP packets discarded, and outputs the IP packet 304 otherwise than IP packet output terminal 4 to the network layer in order. 誤りを含むIPパケットが存在した場合には、送信端末宛にそのIPパケットの番号を付加した再送要求フレームを送信する。 When the IP packet including the error exists, it transmits a retransmission request frame added with the number of the IP packets to the transmitting terminal. 【0059】送信端末は再送要求フレームを受信した場合には、そのフレームに示されている番号のIPパケットを再送する。 [0059] When the transmitting terminal receives the retransmission request frame, retransmits the IP packet with the number shown in the frame. ただし、ここで説明した処理以外にも通常のデータリンクでの処理が行われるが省略している。 However, although here the processing of a normal data link in addition to the processes described are performed are omitted.
また、IPパケット抽出後に誤り検出を行うことも可能である。 It is also possible to carry out the error detection after IP packet extraction. 【0060】ただし、各無線通信装置は必ずしも以上に説明したデータリンク送信部ならびに受信部の両方を持っている必要はなく、どちらか片方だけを持っていてもよい。 [0060] However, each wireless communication device need not have both the data link transmission unit and receiving unit explained necessarily above, may have only one or the other. また、実施の形態2ならびに実施の形態3の機能と同時に用いることも可能である。 It is also possible to use at the same time as the function of Embodiment 2 and Embodiment 3. 【0061】 【発明の効果】以上のように、本発明の効果としては、 [0061] As described above, according to the present invention, as an effect of the present invention,
無線パケット通信システムにおいて、ネットワーク層からのIPパケットサイズが小さい場合に、それらのパケットを1つのデータリンクフレームに格納して伝送することにより、データリンクフレームならびに物理層で付加されるヘッダならびに誤り検出符号によるオーバヘッドを少なくし、実効伝送速度を向上させることができる。 In a wireless packet communication system, when IP packet size from the network layer is small, by transmitting and storing those packets in one data link frame, the header and error detection are added by the data link frame and physical layer to reduce the overhead due to coding, it is possible to improve the effective transmission rate. 【0062】また、本発明によって、無線パケット通信システムにおいて、伝搬路状況などによりデータリンクフレームに誤りが生じた場合に、データリンクフレームに含まれるIPパケットごとに再送を要求することにより、再送による伝送効率の低下を抑制することができる。 [0062] Also provided by the present invention, in a wireless packet communication system, if the error in the data link frame due propagation condition occurs, by requesting retransmission for each IP packet included in the data link frame, by retransmission it is possible to suppress the reduction in transmission efficiency.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の実施の形態1における無線通信装置のデータリンク送信部のブロック結線図【図2】データリンクフレームのフレームフォーマットを示す図【図3】本発明の実施の形態1における無線通信装置のデータリンク受信部のブロック結線図【図4】本発明の実施の形態2における無線通信装置のデータリンク送信部のブロック結線図【図5】本発明の実施の形態3における無線通信装置のデータリンク送信部のブロック結線図【図6】データリンクフレームのフレームフォーマットを示す図【符号の説明】 1 IPパケット入力端子2 データリンクフレーム出力端子3 データリンクフレーム入力端子4 IPパケット出力端子11、51 パケットサイズ判別部12 バッファ13、41 IPパケット情報記 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS FIG. 1. FIG. 3 showing a frame format of a block connection diagram Figure 2 data link frame of data link transmission portion of a radio communication device in the first embodiment of the present invention; FIG invention implementation of a block wiring diagram of the data link transmission portion of a radio communication apparatus in the second embodiment of the block wiring diagram of a data link receiver [Fig. 4] the present invention of the radio communication device in the first embodiment the present invention; FIG block connection diagram of the data link transmission portion of a radio communication apparatus according to a third [6] [description of symbols is a diagram showing a frame format of a data link frame 1 IP packet input terminal 2 data link frame output terminal 3 data link frame input terminal 4 IP packet output terminal 11, 51 a packet size determination unit 12 buffers 13, 41 IP packet information recording 部14、52 パケットサイズ計算部15、42 タイマ16 データリンクフレーム構成部21 ヘッダ22 データ格納部23 CRC 24 パケット個数情報25 パケット先頭位置情報26 宛先アドレス27 送信元アドレス31 ヘッダ処理部32 誤り検出部33 IPパケット抽出部53 送信パケットサイズ決定部61 IPパケットごとのCRC 101、102、103、108、304 IPパケット109、301、302、303 データリンクフレーム104、105、401、402 IPパケット情報106、107 IPパケット送信許可信号501、502 送信パケットサイズ最適値 Parts 14 and 52 packet size calculation unit 15, 42 a timer 16 data link frame configuration section 21 header 22 data storage unit 23 CRC 24 packet number information 25 packet head position information 26 a destination address 27 source address 31 the header processing unit 32 error detection unit 33 CRC per IP packet extracting unit 53 transmits the packet size determination unit 61 IP packets 101,102,103,108,304 IP packet 109,301,302,303 datalink frames 104,105,401,402 IP packet information 106, 107 IP packet transmission permission signal 501 and 502 transmission packet size optimum value

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 松本 泰輔 神奈川県川崎市多摩区東三田3丁目10番1 号 松下技研株式会社内(72)発明者 渡辺 善規 神奈川県川崎市多摩区東三田3丁目10番1 号 松下技研株式会社内Fターム(参考) 5K030 GA01 HA08 LA01 LE13 5K033 AA01 CB01 CB04 CC01 DA17 DB13 DB14 DB16 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Matsumoto Taisuke Kawasaki City, Kanagawa Prefecture Tama-ku, Higashimita 3-chome 10th No. 1 Matsushitagiken within Co., Ltd. (72) inventor Yoshinori Watanabe Kawasaki City, Kanagawa Prefecture Tama-ku, Higashimita 3-chome No. 10 No. 1 Matsushitagiken Co., Ltd. in the F-term (reference) 5K030 GA01 HA08 LA01 LE13 5K033 AA01 CB01 CB04 CC01 DA17 DB13 DB14 DB16

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 1つのデータリンクフレームに同一の宛先アドレスを持つ複数のIPパケットをまとめて送信または受信する手段を具備する無線通信装置。 Claims 1. A radio communication apparatus comprising means for transmitting or receiving together multiple IP packets with the one data link frames to the same destination address. 【請求項2】 ネットワーク層からのIPパケットを入力とし、そのIPパケットのサイズがあらかじめ定められたスレッショルド値以下であれば、そのIPパケットの宛先アドレスを参照し、そのIPパケットを宛先アドレスに対応するバッファに出力し、あらかじめ定められたスレッショルド値を超える場合はそのIPパケットをデータリンクフレーム構成部に出力するパケット判別部と、パケット判別部から出力されたIPパケットを入力とし、そのIPパケットを一定時間保持しておくバッファと、バッファに入力されたIPパケットのヘッダを参照し、宛先アドレス又はパケットサイズを含む情報を記憶するIPパケット情報記憶部と、IPパケット情報記憶部を参照し、同一宛先アドレスを持つIPパケットのサイズの合計を計算 2. A receives the IP packet from the network layer, if below the threshold value in size predetermined of the IP packet, refers to the destination address of the IP packet, corresponding to the IP packet to the destination address output to buffer, and when exceeding the threshold value predetermined packet determination unit and outputs the IP packet to the data link frame configuration section inputs the IP packet output from the packet determining unit, the IP packet a buffer to hold a certain time, refers to the header of the IP packet input to the buffer, with reference the IP packet information storage unit, the IP packet information storing unit for storing information including the destination address or the packet size, the same calculate the total size of the IP packet with a destination address し、その合計があらかじめ定められたスレッショルド値を超えた場合にバッファに保持している複数のIPパケットをデータリンクフレーム構成部に出力することを指示するパケットサイズ計算部と、パケット判別部から出力されたIPパケットからデータリンクフレームを構成し出力する、またはバッファから出力された複数のIPパケットから1つのデータリンクフレームを構成し出力するデータリンクフレーム構成部を有する送信部を具備する請求項1記載の無線通信装置。 And a packet size calculation unit for instructing to output the plurality of IP packets held in the buffer in the data link frame configuration section if it exceeds the threshold value the sum predetermined output from the packet determination unit claim 1 having a transmission unit having a data link frame configuration section that outputs to configure the data link frames, or constitute one data link frame from a plurality of IP packets outputted from the buffer output from the IP packet the wireless communication apparatus according. 【請求項3】 データリンクフレームの再送回数などの過去の統計情報をもとに最も効率よくIPパケットを伝送できるデータリンクフレームのサイズを計算し、そのサイズをパケット判別部及びパケットサイズ計算部のスレッショルド値に設定する送信パケットサイズ決定部を具備する請求項2記載の無線通信装置。 3. Calculate the size of past data link frame statistics can be transmitted most efficiently IP packets based on such number of retransmissions of the data link frame, the size a packet determination unit and a packet size calculation unit of the the wireless communications apparatus of claim 2 wherein comprising a transmission packet size determination unit configured to set a threshold value. 【請求項4】 ネットワーク層からIPパケットを受け取った場合に、そのIPパケットがそれぞれのバッファに格納されてからの時間を計測し、予め定められたスレッショルド時間経過した場合に、そのバッファに保持されている全てのパケットをデータリンクフレーム構成部に出力することを指示するタイマを具備する請求項2及び3記載の無線通信装置。 If wherein receiving the IP packet from the network layer, when the IP packet is to measure the time from the stored in each buffer, which has passed threshold predetermined time is held in the buffer for all packet radio communication apparatus according to claim 2 and 3 wherein comprises a timer for instructing to output the data link frame structure unit. 【請求項5】 ネットワーク層からIPパケットを受け取った場合に、そのIPパケットのヘッダを参照し、そのIPパケットに含まれる情報が動画像などの即時系データの場合にはタイマのスレッショルド時間を短くし、 From wherein the network layer when receiving the IP packet, by referring to the header of the IP packet, shorten the threshold time of the timer when the information included in the IP packet is an immediate system data such as moving picture and,
    非同期系データの場合はタイマのスレッショルド時間を長くする請求項4記載の無線通信装置。 The wireless communications apparatus of claim 4, wherein a longer threshold time of the timer in the case of asynchronous data. 【請求項6】 データリンクフレームに含まれているI 6. I contained in the data link frame
    Pパケットの数と各IPパケットの先頭位置を示す情報を含むデータリンクフレームヘッダ構成と、そのデータリンクフレームヘッダを含んだデータリンクフレームを構成するデータリンクフレーム構成部を具備する請求項1記載の無線通信装置。 A data link frame header structure containing information indicating the head position of the number of each IP packet of the P packets, according to claim 1, further comprising a data link frame structure portion constituting the data link frame including the data link frame header wireless communication device. 【請求項7】 請求項6記載のデータリンクフレーム構成部により構成されたデータリンクフレームを入力とし、データリンクフレームヘッダに含まれているIPパケットの数と各IPパケットの先頭位置を示す情報を抽出し、その情報をIPパケット抽出部に渡すヘッダ処理部と、CRCによる誤り検出を行う誤り検出部と、誤り検出部において誤りが検出されなかったデータリンクフレームを入力とし、ヘッダ処理部からの情報をもとにそのデータリンクフレームに含まれる個々のIPパケットを抽出し、順次ネットワーク層に渡すIPパケット抽出部を含む受信部を具備する請求項1記載の無線通信装置。 7. A as input data link frame configured by the data link frame structure of claim 6, wherein the information indicating the head position of the number of each IP packet of an IP packet included in the data link frame header extracted, the header processing unit to pass the information to the IP packet extracting unit, an error detection unit operable to perform error detection by CRC, and inputs the data link frame error is not detected in the error detection unit, from the header processing unit extracted based on the individual IP packets contained in the data link frame information, sequentially radio communication apparatus according to claim 1, further comprising a receiving unit including an IP packet extracting unit to pass to the network layer. 【請求項8】 データリンクフレームに含まれている個々のIPパケットに誤り検出符号を付加するデータリンクフレーム構成と、そのデータリンクフレームを構成するデータリンクフレーム構成部を具備する請求項1記載の無線通信装置。 A data link frame structure for adding an error detection code to each of IP packets 8. contained in the data link frame, according to claim 1, further comprising a data link frame structure portion constituting the data link frame wireless communication device. 【請求項9】 請求項8記載のデータリンクフレームに含まれている個々のIPパケットについて誤り検出符号により、誤りが含まれているか否かを判別し、誤りが含まれているIPパケットが存在する場合には、送信端末に誤りが含まれているIPパケットのみを再送するように要求するフレームを送信する請求項1記載の無線通信装置。 9. The error detection code for each IP packet included in the data link frame of claim 8, to determine whether error is included, there are IP packets that contain errors when the radio communication apparatus according to claim 1, wherein transmitting a frame requesting to retransmit only the IP packets that contain errors in the transmission terminal.
JP2001260763A 2001-08-30 2001-08-30 Wireless communication equipment Pending JP2003078565A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001260763A JP2003078565A (en) 2001-08-30 2001-08-30 Wireless communication equipment

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001260763A JP2003078565A (en) 2001-08-30 2001-08-30 Wireless communication equipment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003078565A true true JP2003078565A (en) 2003-03-14

Family

ID=19087922

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001260763A Pending JP2003078565A (en) 2001-08-30 2001-08-30 Wireless communication equipment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003078565A (en)

Cited By (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004109981A1 (en) * 2003-06-04 2004-12-16 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Base station and radio terminal
JP2005184839A (en) * 2003-12-23 2005-07-07 Agere Systems Inc Frame aggregation
WO2005083951A1 (en) * 2004-02-27 2005-09-09 Sharp Kabushiki Kaisha Communication apparatus, communication method, communication program, and recording medium having recorded communication program therein
WO2006073038A1 (en) * 2005-01-05 2006-07-13 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Wireless communication apparatus
JP2006201909A (en) * 2005-01-19 2006-08-03 Ricoh Co Ltd Data transfer system and electronic equipment
JP2007088775A (en) * 2005-09-21 2007-04-05 Oki Electric Ind Co Ltd Radio communication system, device, and method
JP2007515113A (en) * 2003-11-24 2007-06-07 インテロン・コーポレーションIntellon Corporation Operation method in a network in which a plurality of stations communicate over a shared medium
JP2007235871A (en) * 2006-03-03 2007-09-13 Advanced Telecommunication Research Institute International Wireless device and wireless network system using it
JP2008526128A (en) * 2004-12-22 2008-07-17 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated How to use a shared resource in a communication system
JP2009207149A (en) * 2003-10-15 2009-09-10 Qualcomm Inc High speed media access control
JP2010505367A (en) * 2006-09-26 2010-02-18 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Efficient video packetization method for packet-switched video telephony applications.
US8009596B2 (en) 2006-11-30 2011-08-30 Kabushiki Kaisha Toshiba Data transmitting apparatus, data receiving apparatus, and data communication system
KR101072250B1 (en) 2010-01-22 2011-10-11 에스케이텔레콤 주식회사 Channel bonding system
US8102832B2 (en) 2003-05-12 2012-01-24 Qualcomm Incorporated Fast frequency hopping with a code division multiplexed pilot in an OFDMA system
US8233462B2 (en) 2003-10-15 2012-07-31 Qualcomm Incorporated High speed media access control and direct link protocol
US8284752B2 (en) 2003-10-15 2012-10-09 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for medium access control
JP2012209687A (en) * 2011-03-29 2012-10-25 Oki Electric Ind Co Ltd Information communication device and transmission control program
US8315271B2 (en) 2004-03-26 2012-11-20 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for an ad-hoc wireless communications system
US8401018B2 (en) 2004-06-02 2013-03-19 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for scheduling in a wireless network
JP2013093864A (en) * 2008-08-26 2013-05-16 Marvell World Trade Ltd Physical layer data unit format
US8462817B2 (en) 2003-10-15 2013-06-11 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for multiplexing protocol data units
US8472473B2 (en) 2003-10-15 2013-06-25 Qualcomm Incorporated Wireless LAN protocol stack
US8600336B2 (en) 2005-09-12 2013-12-03 Qualcomm Incorporated Scheduling with reverse direction grant in wireless communication systems
US8611283B2 (en) 2004-01-28 2013-12-17 Qualcomm Incorporated Method and apparatus of using a single channel to provide acknowledgement and assignment messages
US8638870B2 (en) 2004-12-22 2014-01-28 Qualcomm Incorporated MC-CDMA multiplexing in an orthogonal uplink
US8724555B2 (en) 2002-10-29 2014-05-13 Qualcomm Incorporated Uplink pilot and signaling transmission in wireless communication systems
JP2014209754A (en) * 2008-06-19 2014-11-06 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Hardware acceleration for wwan technologies
US8903440B2 (en) 2004-01-29 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Distributed hierarchical scheduling in an ad hoc network
US9226308B2 (en) 2003-10-15 2015-12-29 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for medium access control
US9357233B2 (en) 2008-02-26 2016-05-31 Qualcomm Incorporated Video decoder error handling
JP2016167874A (en) * 2004-05-07 2016-09-15 インターデイジタル テクノロジー コーポレーション Implementing data lifespan timer for enhanced dedicated channel transmissions
US9480074B2 (en) 2004-07-23 2016-10-25 Qualcomm Incorporated Enabling quick and easy demodulation

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61296838A (en) * 1985-06-25 1986-12-27 Nec Corp Transmission data relay control system in packet switching network
JPS6471360A (en) * 1987-09-11 1989-03-16 Nec Corp Packet multiplex division transmission system
JPH01175431A (en) * 1987-12-29 1989-07-11 Nec Corp Packet communication system
JPH01241243A (en) * 1988-03-23 1989-09-26 Mitsubishi Electric Corp Packet switching equipment
JPH0738606A (en) * 1993-07-16 1995-02-07 Toshiba Corp Exchange system
JPH07245628A (en) * 1994-01-11 1995-09-19 N T T Idou Tsuushinmou Kk Mobile radio communication system
JP2000286888A (en) * 1999-03-30 2000-10-13 Nec Corp Optical wave network data communication system
JP2001230795A (en) * 2000-02-16 2001-08-24 Sony Corp Wireless transmission method and wireless transmission system

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61296838A (en) * 1985-06-25 1986-12-27 Nec Corp Transmission data relay control system in packet switching network
JPS6471360A (en) * 1987-09-11 1989-03-16 Nec Corp Packet multiplex division transmission system
JPH01175431A (en) * 1987-12-29 1989-07-11 Nec Corp Packet communication system
JPH01241243A (en) * 1988-03-23 1989-09-26 Mitsubishi Electric Corp Packet switching equipment
JPH0738606A (en) * 1993-07-16 1995-02-07 Toshiba Corp Exchange system
JPH07245628A (en) * 1994-01-11 1995-09-19 N T T Idou Tsuushinmou Kk Mobile radio communication system
JP2000286888A (en) * 1999-03-30 2000-10-13 Nec Corp Optical wave network data communication system
JP2001230795A (en) * 2000-02-16 2001-08-24 Sony Corp Wireless transmission method and wireless transmission system

Cited By (56)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8724555B2 (en) 2002-10-29 2014-05-13 Qualcomm Incorporated Uplink pilot and signaling transmission in wireless communication systems
US9155106B2 (en) 2002-10-29 2015-10-06 Qualcomm Incorporated Uplink pilot and signaling transmission in wireless communication systems
US8102832B2 (en) 2003-05-12 2012-01-24 Qualcomm Incorporated Fast frequency hopping with a code division multiplexed pilot in an OFDMA system
JP4628953B2 (en) * 2003-06-04 2011-02-09 三菱電機株式会社 Communication method and the transmitter
KR100884120B1 (en) * 2003-06-04 2009-02-17 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 Transmitter and communication method
WO2004109981A1 (en) * 2003-06-04 2004-12-16 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Base station and radio terminal
US9072101B2 (en) 2003-10-15 2015-06-30 Qualcomm Incorporated High speed media access control and direct link protocol
US8233462B2 (en) 2003-10-15 2012-07-31 Qualcomm Incorporated High speed media access control and direct link protocol
US9226308B2 (en) 2003-10-15 2015-12-29 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for medium access control
US8284752B2 (en) 2003-10-15 2012-10-09 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for medium access control
US8582430B2 (en) 2003-10-15 2013-11-12 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for wireless LAN (WLAN) data multiplexing
US8483105B2 (en) 2003-10-15 2013-07-09 Qualcomm Incorporated High speed media access control
JP2009207149A (en) * 2003-10-15 2009-09-10 Qualcomm Inc High speed media access control
US9137087B2 (en) 2003-10-15 2015-09-15 Qualcomm Incorporated High speed media access control
US8774098B2 (en) 2003-10-15 2014-07-08 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for multiplexing protocol data units
US8462817B2 (en) 2003-10-15 2013-06-11 Qualcomm Incorporated Method, apparatus, and system for multiplexing protocol data units
US8472473B2 (en) 2003-10-15 2013-06-25 Qualcomm Incorporated Wireless LAN protocol stack
JP2007515113A (en) * 2003-11-24 2007-06-07 インテロン・コーポレーションIntellon Corporation Operation method in a network in which a plurality of stations communicate over a shared medium
JP4877979B2 (en) * 2003-11-24 2012-02-15 クアルコム アセロス インコーポレイテッドQualcomm Atheros, Inc. Operation method in a network in which a plurality of stations communicate over a shared medium
JP2007037196A (en) * 2003-12-23 2007-02-08 Agere Systems Inc Frame aggregation
JP2005184839A (en) * 2003-12-23 2005-07-07 Agere Systems Inc Frame aggregation
US8396064B2 (en) 2003-12-23 2013-03-12 Agere Systems Llc Frame aggregation
US8611283B2 (en) 2004-01-28 2013-12-17 Qualcomm Incorporated Method and apparatus of using a single channel to provide acknowledgement and assignment messages
US8903440B2 (en) 2004-01-29 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Distributed hierarchical scheduling in an ad hoc network
WO2005083951A1 (en) * 2004-02-27 2005-09-09 Sharp Kabushiki Kaisha Communication apparatus, communication method, communication program, and recording medium having recorded communication program therein
JP2009207162A (en) * 2004-02-27 2009-09-10 Sharp Corp Communication apparatus
US8315271B2 (en) 2004-03-26 2012-11-20 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for an ad-hoc wireless communications system
JP2016167874A (en) * 2004-05-07 2016-09-15 インターデイジタル テクノロジー コーポレーション Implementing data lifespan timer for enhanced dedicated channel transmissions
US9794031B2 (en) 2004-05-07 2017-10-17 Interdigital Technology Corporation Method and apparatus for implementing a data lifespan timer for enhanced dedicated channel transmissions
US8401018B2 (en) 2004-06-02 2013-03-19 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for scheduling in a wireless network
US9480074B2 (en) 2004-07-23 2016-10-25 Qualcomm Incorporated Enabling quick and easy demodulation
US9871617B2 (en) 2004-07-23 2018-01-16 Qualcomm Incorporated Method of optimizing portions of a frame
JP4723594B2 (en) * 2004-12-22 2011-07-13 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated How to use a shared resource in a communication system
JP2008526128A (en) * 2004-12-22 2008-07-17 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated How to use a shared resource in a communication system
US8817897B2 (en) 2004-12-22 2014-08-26 Qualcomm Incorporated MC-CDMA multiplexing in an orthogonal uplink
US8238923B2 (en) 2004-12-22 2012-08-07 Qualcomm Incorporated Method of using shared resources in a communication system
US8638870B2 (en) 2004-12-22 2014-01-28 Qualcomm Incorporated MC-CDMA multiplexing in an orthogonal uplink
US8649451B2 (en) 2004-12-22 2014-02-11 Qualcomm Incorporated MC-CDMA multiplexing in an orthogonal uplink
US8831115B2 (en) 2004-12-22 2014-09-09 Qualcomm Incorporated MC-CDMA multiplexing in an orthogonal uplink
WO2006073038A1 (en) * 2005-01-05 2006-07-13 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Wireless communication apparatus
JP2006201909A (en) * 2005-01-19 2006-08-03 Ricoh Co Ltd Data transfer system and electronic equipment
JP4704050B2 (en) * 2005-01-19 2011-06-15 株式会社リコー Data transfer system and electronic equipment
US9198194B2 (en) 2005-09-12 2015-11-24 Qualcomm Incorporated Scheduling with reverse direction grant in wireless communication systems
US8600336B2 (en) 2005-09-12 2013-12-03 Qualcomm Incorporated Scheduling with reverse direction grant in wireless communication systems
JP2007088775A (en) * 2005-09-21 2007-04-05 Oki Electric Ind Co Ltd Radio communication system, device, and method
JP2007235871A (en) * 2006-03-03 2007-09-13 Advanced Telecommunication Research Institute International Wireless device and wireless network system using it
JP2010505367A (en) * 2006-09-26 2010-02-18 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Efficient video packetization method for packet-switched video telephony applications.
US8379733B2 (en) 2006-09-26 2013-02-19 Qualcomm Incorporated Efficient video packetization methods for packet-switched video telephony applications
JP4880758B2 (en) * 2006-09-26 2012-02-22 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Efficient video packetization method for packet-switched video telephony applications.
US8009596B2 (en) 2006-11-30 2011-08-30 Kabushiki Kaisha Toshiba Data transmitting apparatus, data receiving apparatus, and data communication system
US9357233B2 (en) 2008-02-26 2016-05-31 Qualcomm Incorporated Video decoder error handling
JP2014209754A (en) * 2008-06-19 2014-11-06 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Hardware acceleration for wwan technologies
JP2013093864A (en) * 2008-08-26 2013-05-16 Marvell World Trade Ltd Physical layer data unit format
KR101072250B1 (en) 2010-01-22 2011-10-11 에스케이텔레콤 주식회사 Channel bonding system
US9008070B2 (en) 2011-03-29 2015-04-14 Oki Electric Industry Co., Ltd. Information communication apparatus and program storage medium
JP2012209687A (en) * 2011-03-29 2012-10-25 Oki Electric Ind Co Ltd Information communication device and transmission control program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5309562A (en) Method and apparatus for establishing protocol spoofing from a modem
US7068681B2 (en) Apparatus and method for exchanging variable-length data according to radio link protocol in mobile communication system
US6895010B1 (en) Apparatus and method for transmitting and receiving data according to radio link protocol in a mobile communications systems
US20070291646A1 (en) Retransmission control method and device
US6587985B1 (en) Data transmission method, data transmission apparatus, data receiving apparatus, and packet data structure
US6301249B1 (en) Efficient error control for wireless packet transmissions
US20070186134A1 (en) Method and system for generating block ancknowledgements in wireless communications
US20080080464A1 (en) Efficient TCP ACK prioritization in wireless networks
US5818852A (en) Packet data communication method and system
US4839891A (en) Method for controlling data flow
US20030023915A1 (en) Forward error correction system and method for packet based communication systems
US20030022628A1 (en) Data communication system and wireless communication device
US7031342B2 (en) Aligning data packets/frames for transmission over a network channel
US20010021984A1 (en) Apparatus and method for re-transmitting erroneous packet data
WO2000072498A1 (en) Limited automatic repeat request protocol for frame-based communication channels
JP2006060408A (en) Radio packet communication method and radio station
JP2001119437A (en) Data transmission method, data transmitter, data receiver and packet data structure
US20030028837A1 (en) Method for driving retransmission timer in mobile telecommunications system using radio link protocol
JPH07303117A (en) Congestion prevention method and packet communication system
JPH06237451A (en) Moving picture communication system and terminal equipment
JP2000151623A (en) Packet communication system
JP2003037606A (en) Device and method for radio communication
JPH0955776A (en) Packet communication device
US20030179752A1 (en) Reliable transport of TDM data streams over packet networks
JP2001069174A (en) Transmission control method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080620

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20080714

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20091119

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100415

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100420

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100604

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100906

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20101026