JP2003076953A - Information processing system - Google Patents

Information processing system

Info

Publication number
JP2003076953A
JP2003076953A JP2001265074A JP2001265074A JP2003076953A JP 2003076953 A JP2003076953 A JP 2003076953A JP 2001265074 A JP2001265074 A JP 2001265074A JP 2001265074 A JP2001265074 A JP 2001265074A JP 2003076953 A JP2003076953 A JP 2003076953A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
memory
area
information
communication
refresh
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001265074A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tomonori Ariyoshi
智規 有吉
Original Assignee
Omron Corp
オムロン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To realize high speed information processing while maintaining the information of a memory at a suitable state by using a ferroelectric memory as an information storage medium and executing high speed refreshing at the time of communication. SOLUTION: A power supply generation circuit 15 for generating power necessary for operation by induced electromotive power generated by the ferroelectric memory 11 or a radio wave transmitted from an antenna 2 is integrated in an RF tag 1. At the time of communicating with the RF tag 1, a controller 3 transmits a refresh command at timing different from that of normal reading processing. A control circuit 16 in the tag 1 reads out data from the memory 11 in accordance with the refresh command to refresh the memory 11.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】この発明は、情報が書き込まれたメモリを具備するRFタグから非接触の状態で情報を読み出して認識するシステムに関し、特に、内部電源を持たないタイプのRFタグを交信対象とするシステムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] TECHNICAL FIELD OF THE INVENTION This invention information relates to a system for recognizing reads information in a non-contact state from the RF tag having memory written, in particular, internal the type of RF tag that does not have the power to a system for the communication target. 【0002】 【従来の技術】自動車工場などの自動組立ラインでは、 [0002] In the automatic assembly line, such as an automobile factory,
搬送される部品や中間加工品、またはこれらの搬送用のパレットに、その搬送物または製品の種類,ロボットに指示する作業の内容などを示す情報が書き込まれた記憶媒体を取り付け、各工程を実行する前にこの記憶媒体から情報を読み取って認識し、作業者に指示したり、ロボットを作動させるようにしている。 Transported the parts and the intermediate workpiece or pallet for these transport, mounting the type of transported material or product, a storage medium in which information is written indicating, for example, contents of the work to tell the robot, execute the steps recognized by reading information from the storage medium prior to, or tell the operator, so that to operate the robot. 特にこの種の記憶媒体として、半導体メモリや送受信用のコイルなどを内蔵した媒体はRFタグと呼ばれており、このRFタグと通信を行うためのアンテナ(リードライトアンテナ)やコントローラを配備して、RFタグに対する情報の読み書きを行うようにしたシステムは、「RFIDシステム」 Particularly this kind of storage media, media with a built-like coil for a semiconductor memory or transceiver is called RF tags, deploying an antenna (read-write antenna) and a controller for communicating with the RF tag , system adapted to read and write information to RF tags, "RFID system"
(Radio Frequency Identification Systemの略)と呼ばれている。 It has been called (short for Radio Frequency Identification System). 【0003】このRFIDシステムでは、リードライトアンテナ(以下、単に「アンテナ」という。)からRF [0003] RF In this RFID system, read-write antenna (hereinafter, simply referred to as "antenna".) From
タグに情報の読出しや書込みを要求するコマンドを送信する一方、RFタグからアンテナには、読み出された情報や書込み終了を知らせる応答信号などが送信される。 While sending a command requesting the reading or writing of information to the tag, the antenna from the RF tag, such as the response signal indicating the read information and write completion is sent.
また内部電源を持たないRFタグが使用される場合は、 In the case where the RF tag that does not have an internal power source is used,
アンテナ側からの送信波によってRFタグ側のコイルに誘導起電力を発生させることによって、RFタグの制御回路を駆動するようにしている。 By generating an induced electromotive force in the RF tag of the coil by the transmission wave from the antenna side, and to drive the control circuit of the RF tag. 【0004】 【発明が解決しようとする課題】一般に、半導体メモリのメモリセル内に蓄積された電荷は、時間の経過とともに減少するので、情報の消失を防止するために、メモリに対し、適当なタイミングで情報の再書込み(リフレッシュ)を行う必要がある。 In general [SUMMARY OF THE INVENTION], the charges accumulated in the memory cell of a semiconductor memory, due to the reduced with time, in order to prevent the loss of information, the memory, the appropriate there is a need to re-write (refresh) of information at the timing. 不揮発性メモリを具備する装置では、メモリに対するアクセスの回数や前回のアクセスからの経過時間などをチェックすることによって、リフレッシュを行うタイミングを判別し、その判別結果に基づいて装置内部でリフレッシュ処理を行うようにしている(特開2000−11670号公報)。 In apparatus having a non-volatile memory by checking the like elapsed time from the number or the previous access of the access to the memory, to determine the timing to be refreshed, the refresh process inside the device based on the determination result are as in (JP 2000-11670). しかしながら内部電源を持たないRFタグは、自身でリフレッシュを行うことは困難であるので、交信時に、コントローラからリフレッシュのためのコマンドを送信して、リフレッシュを行うようにしている。 RF tags that do not have an internal power source, however, since itself is difficult to perform the refresh in the time of communication, by sending a command for refreshing from the controller, and to perform a refresh. 【0005】従来のシステムでは、前記内部電源を持たないRFタグとして、主としてEEPROMを組み込んだものを使用している。 [0005] In conventional systems, as the RF tag without the internal power source, using primarily incorporating EEPROM. このようなRFタグに対するリフレッシュは、図9に示すように、まずRFタグにメモリ内の情報の読出しを指示するコマンド(リードコマンド)を送信した後、前記読み出された情報を再書き込みさせるコマンド(ライトコマンド)を送信することによって行われる。 Refresh for such RF tags, as shown in FIG. 9, after transmitting the command (read command) for instructing the reading of information in the memory in the RF tag, a command to rewrite the read information performed by transmitting the (write command). しかしながらこの方法では、リードコマンドによりRFタグ側で読み出された情報をコントローラに返送する必要があり(図中の)、またライトコマンドに対してもRFタグ側から書込み完了を示す応答信号を返送している(図中の)ので、リフレッシュのためには、RFタグとの間で最低2往復の交信を行う必要がある。 However, this method, it is necessary to return the information read by the RF tag side by the read command to the controller (in the figure), also returns a response signal indicating the completion of writing from the RF tag side to the write command since the (in the drawing), for refreshing, it is necessary to communicate the at least two round trips between the RF tag. またメモリを複数の領域に分割して領域毎にリフレッシュを行うようにすると、交信回数はさらに増え、高速処理が要求されるラインでの使用は困難となる。 Further, when to perform a refresh for each region by dividing the memory into a plurality of areas, communication number further increases, the use of the line where high speed processing is required is difficult. 【0006】この発明は上記問題に着目してなされたもので、情報記憶媒体として強誘電体メモリ(FeRA [0006] The invention has been made in view of the above problems, ferroelectric memories (FERA as an information storage medium
M)が組み込まれたRFタグを使用するとともに、交信が行われる際に高速のリフレッシュを行うことによって、メモリの情報を適正な状態に維持しつつ、高速の情報処理を実現することを目的とする。 With using the RF tag M) is incorporated, by performing a fast refresh when communication is performed, and aims while maintaining the information of the memory to a proper state, to realize a high-speed information processing to. 【0007】 【課題を解決するための手段】この発明にかかる情報処理システムは、上記したRFIDシステムのように、R [0007] Means for Solving the Problems An information processing system according to the present invention, as an RFID system described above, R
Fタグと、このRFタグに非接触の状態で交信して前記メモリに対する情報の読み書きを行うための制御装置とを具備するもので、特にRFタグとして、強誘電体メモリを具備するとともに外部からの電波により生じた誘導起電力を駆動源とするタイプのものを使用するようにしている。 And F tags, intended and a control unit for in communication in a state of non-contact with the RF tag reading and writing of information to the memory, in particular as an RF tag, from the outside as well as comprising a ferroelectric memory the induced electromotive force generated by the waves is to use what type of drive source. さらに、前記制御装置は、前記RFタグとの交信時に、通常の情報の読出しとは異なるタイミングでR Furthermore, the control device, when communication with the RF tag, R at a timing different from that of the reading of normal information
Fタグに情報の読出しを指示するコマンドを送信することにより、前記メモリの一部または全ての領域をリフレッシュするように構成されている。 By sending a command for instructing reading of information to the F tag is configured to refresh some or all of the area of ​​the memory. 【0008】前記RFタグは、たとえばベルトコンベア上を搬送される物品のような認識対象物に取り付けられて搬送されるもので、内部には、前記強誘電体メモリのほか、制御装置との交信のための回路や制御回路(CP [0008] The RF tag, for example, those on a belt conveyor are conveyed attached to a recognition object such as an article to be conveyed, inside, in addition to the ferroelectric memory, communication with the control device circuit and a control circuit (CP for
U)などが組み込まれている。 U) and the like have been incorporated. 前記強誘電体メモリには、前記認識対象物の種類や特性,その対象物の処理内容を示す情報などがあらかじめ書き込まれる。 And the ferroelectric memory, the type and characteristics of the object to be recognized, and information indicating the processing contents of the object is written in advance. また制御装置からのコマンドに応じて、メモリに新たな情報を書き込んだり、情報の書換えを行うように構成することもできる。 Further in accordance with a command from the control device writes new information in the memory may be configured to perform the rewriting of information. 【0009】前記制御装置は、前記したRFIDシステムのコントローラに相当するもので、RFタグに情報の読出しや書込みを指示するコマンドを送るとともに、そのコマンドに応じた処理結果などの送信を受け付ける。 [0009] The controller is equivalent to the controller of the above-described RFID system, and sends a command instructing the reading and writing of information to the RF tag, receives a transmission for the processing result according to the command.
なお、RFタグと直接交信を行うための手段(前記したリードライトアンテナ)は、制御装置と別体に構成することができるが、これに限らず、両者を一体化した形態の装置を制御装置として提供することもできる。 Incidentally, the means for performing an RF tag and direct contact (aforementioned read-write antenna) can be configured to control a separate body is not limited to this, the controller device in a form integrated with each other It can also be provided as. 【0010】なお、この情報処理システムを組立ラインや検査用のラインに導入する場合には、前記制御装置はラインに沿う複数位置にそれぞれ配備することができる。 [0010] In the case of introducing the information processing system to assembly lines or line for inspection, the controller can be deployed in a plurality positions along the line. またRFタグも、対象物の数に合わせて複数個設けられる。 The RF tag is also provided a plurality in accordance with the number of objects. 【0011】さらに前記制御装置は、上位の機器に接続されて、この上位機器からRFタグとの交信処理にかかる指令を受けたり、RFタグから読み出した情報を送信するように構成することができるが、これに限らず、制御装置で独自に交信処理を実行したり、RFタグから読み出した情報による認識処理を行うようにしてもよい。 Furthermore the control device is connected to the upper device, or receives an instruction related to communication processing with the RF tag from the host device may be configured to transmit the information read from the RF tag but not limited thereto, and perform their own communication processed by the control unit, it may perform the recognition process by the information read from the RF tag. 【0012】上記構成の制御装置は、RFタグに対する情報の読出しまたは書込みを行うためのコマンドや情報を送信する際に、その送信波によりRFタグ側に電力を誘起する。 [0012] Control device having the above structure, when sending commands and information for reading or writing information with respect to the RF tag, induces power to the RF tag side by the transmission wave. RFタグの制御回路は、この誘導起電力の供給を受けて駆動し、前記コマンドに応じた処理を行うとともに、必要に応じてその処理結果などを制御装置に送信する。 The control circuit of the RF tag is driven by being supplied with the induced electromotive force, it performs a process corresponding to the command, sends up its processing result to the controller as required. 【0013】強誘電体メモリは破壊読み出し型のメモリであるため、読出し処理を行うことによって、その読出し対象となったメモリセルに対する再書込みが行われて、前記メモリセルがリフレッシュされる。 [0013] Since the ferroelectric memory is a destructive read type memory, by performing the reading process, is rewriting performed to the memory cell from which it read, the memory cell is refreshed. この発明は、この強誘電体メモリの特性を利用してなされたもので、たとえばメモリに対する通常の読み書き処理を行う前または後に、処理対象外の領域を指定して読出しを行わせるようなコマンドを送信することにより、処理対象の領域のみならず、対象外の領域もリフレッシュすることができる。 The present invention has been made by utilizing the characteristics of the ferroelectric memory, for example, before or after performing a normal reading and writing process for the memory, a command that causes a read with a specified region of the outer processed by transmitting not only the region to be processed, the region of excluded also it can be refreshed. またメモリの全領域を読出し対象として指定すれば、メモリ全体を一括してリフレッシュすることができる。 Further, by specifying the total area of ​​the memory as a read target, it can be refreshed at once the entire memory. 【0014】通常の読み書き処理では、あくまでもアクセスされた領域のみがリフレッシュされるだけであるため、たとえ一交信期間内に複数回の読み書きを行ったとしても、処理対象とならない領域に対するリフレッシュは行われず、メモリ内のデータ保持期間にばらつきが生じる。 [0014] In the normal write processing, since only last accessed regions are only refreshed, even to read and write multiple times if in one communication period, a refresh for the area which is not processed is not performed , variations in the data retention in the memory. これに対し、この発明によれば、メモリの使用されない領域やメモリ全体に対するリフレッシュを行うことができるから、メモリ内のデータ保持期間を均等にすることができる。 In contrast, according to the present invention, since it is possible to perform refresh to the area or the entire memory that is not used in the memory, it is possible to equalize the data retention in the memory. しかもメモリ側の特性を利用して、制御装置から読出しを指示するコマンドを送信することでリフレッシュ動作を行わせることができるから、従来のEEPROMなどのメモリを持つRFタグを使用する場合に比べると、リフレッシュのための処理時間を大幅に短縮することができ、高速処理が要求されるラインにも十分に導入することができる。 Moreover by using the characteristics of the memory side, because it is possible to perform the refresh operation by sending a command instructing a read from the control device, as compared with the case of using the RF tag with a memory, such as a conventional EEPROM can greatly reduce the processing time for the refresh can be sufficiently introduced into the line for high speed processing is required. 【0015】なお、通常の処理における読出し用のコマンド(前記したリードコマンド)に対しては、RFタグで読み出した情報を制御装置に返送する必要がある。 [0015] Incidentally, with respect to the command for reading in a normal process (read command above), it is necessary to return the information read by the RF tag to the controller. しかしながらリフレッシュの際の読出し処理は、単に情報を再書込みするために読み出すだけで良いから、前記リフレッシュ用のコマンドとして、情報の返送を必要としない専用のコマンドを設定するのが望ましい。 However read process during refresh, simply because it is only read for rewriting information, as a command for the refresh, it is desirable to set a dedicated command which does not require the return of information. このようなコマンドによれば、制御装置側からの一方通行のコマンド送信によってメモリのリフレッシュを実行することができるから、リフレッシュのための交信にかかる時間を大幅に短縮することができる。 According to such a command, because by one command transmission passage from the control device side can execute the refresh memory, it is possible to significantly reduce the time it takes to communicate for a refresh. 【0016】好ましい態様では、前記RFタグのメモリには、制御装置との交信履歴を書き込むための交信履歴エリアが設定されている。 In Preferred embodiments, the memory of the RF tag, communication history area to write the communication history with the control device is set. また前記制御装置は、RFタグに交信履歴エリア内の送信を要求し、この要求に応じて送信された交信履歴に基づき前記メモリのリフレッシュを行うかどうかを判別するように構成される。 Also, the control device requests the transmission of traffic in the history area RF tag, configured to determine whether to refresh the memory based on the communication history transmitted in response to the request. 交信履歴エリアには、メモリへの情報の読み書き状況の履歴そのものを設定しても良いが、メモリへのアクセス回数や前回のアクセスからの経過時間などを格納し、これを交信の都度、書き換えるようにすれば、交信履歴エリアのサイズを固定することができる。 In the communication history area may be set history itself read and write status information to the memory but stores such as elapsed time from the access count and the last access to the memory, each time exchanging this rewritten as if done, it is possible to fix the size of the communication history area. なお、この交信履歴の書換えは、RFタグ側の制御回路によって、交信の都度、自動的に行われるのが望ましい。 Note that rewriting of the communication history, the control circuit of the RF tag side, each of the communication, are desirably automatically performed. 【0017】上記の態様によれば、交信履歴によって、 [0017] According to an aspect of the above, by the communication history,
アクセス回数の少ない領域や前回のアクセスからの経過時間が長い領域の有無を判別して、リフレッシュを行うタイミングを決定できるので、リフレッシュ処理を効率良く行うことができる。 Elapsed time from less space and last visit number of accesses is determined whether the long area, it is possible to determine the timing of refreshing can be performed efficiently refresh process. 【0018】なお、メモリは、通常、所定数の領域に分割して管理されるので、前記交信履歴エリアに、これら分割された領域毎に個別の交信履歴を格納することができる。 [0018] Incidentally, the memory is usually are managed by being divided into a predetermined number of regions, the communication history area, it is possible to store the individual communication history for each of these divided regions. この場合、制御装置は、各交信履歴に基づき、前記分割された各領域をリフレッシュするか否かを領域毎に個別に判別することができる。 In this case, the control device based on the communication history, whether to refresh the respective divided regions can be discriminated individually for each area. このような処理によれば、制御装置は、リフレッシュが必要な領域のみを指定してコマンドを送信することができるので、RFタグ側の負担を軽減することができる。 According to such processing, the control device, the refresh can transmit by specifying only the area necessary commands, it is possible to reduce the burden of the RF tag side. 【0019】ところで、RFタグのメモリには、一般に、ユーザーに開放されていない第1のメモリ領域(以下、「システムエリア」という。)とユーザーに開放された第2のメモリ領域(以下、「ユーザエリア」という。)とが設定されている。 By the way, in the memory of the RF tag, in general, a first memory area which is not open to the user (hereinafter, "system area".) And the second memory area which is open to the user (hereinafter, " that the user area ".) and has been set. システムエリアには、RF The system area, RF
タグの識別番号や書換えが禁止されたデータ領域を指定する情報など、一般ユーザによる読出しや書換えを禁止する必要のある情報が書き込まれる一方、ユーザエリアには、ユーザの使用用途に応じた情報(認識対象物に関する情報など)を自由に書き込むことができる。 Such as identification numbers and information rewriting specifying the forbidden data area of ​​the tag, while the need to prohibit the general user by reading and rewriting information is written, the user area, information corresponding to the user's intended use ( recognition object relating information) can be written freely. このようにメモリ内に2種類のメモリ領域が設定されている場合、制御装置は、まずシステムエリアの情報を読み出してRFタグの管理する情報の種類や書込みが可能な領域などを認識した上で、ユーザエリアに対する読み書き処理を行うようにしている。 Thus if the two kinds of memory area in the memory is set, the control device first reads the information in the system area on the recognition type and writable area of ​​the information managed by the RF tag , so that reading and writing process for the user area. 【0020】この発明では、前記システムエリアまたはユーザエリアのいずれにも、前記交信履歴エリアを設定することができる。 [0020] In the present invention, in any of the system area or a user area, it is possible to set the communication history area. 交信履歴エリアをシステムエリアに設定した場合、制御装置は、このシステムエリアに対する情報の読出し処理と同時に前記交信履歴エリア内の情報を読み出し、この読み出された交信履歴に基づき前記メモリをリフレッシュするかどうかを判別することができる。 Or if you set the communication history area in the system area, the controller reads the information at the same time the communication within the history area and reading process of information with respect to the system area, refreshing the memory based on the read communication history it is possible to determine how. また交信履歴エリアがユーザエリアに設定された場合も同様に、制御装置は、このユーザエリアに対する情報の読出し処理と同時に前記交信履歴エリア内の情報を読み出し、この読み出された交信履歴に基づき前記メモリをリフレッシュするかどうかを判別することができる。 Further Similarly, when the communication history area are set in the user area, the controller, the process of reading the information on the user area and simultaneously reads the information of the communication in the history area, the basis of this read communication history it is possible to determine whether to refresh the memory. 【0021】上記のような構成によれば、通常の情報の読出し処理を行う際に、読出し対象の領域とともに交信履歴の格納領域を指定することにより、認識処理のための情報と交信履歴とを一括して読み出すことができ、判別処理のために余分な交信時間をとることなく、効率の良い処理を行うことができる。 According to the above configuration, when performing read processing of ordinary information, by specifying the storage area of ​​the communication history with region to be read, and information and communication history for recognition can be read at once, without taking extra communication time for discrimination processing, efficient processing can be performed. 【0022】なお、ユーザエリアに交信履歴エリアを設定した場合は、書込み処理時には、通常使用されるコマンドのみで交信履歴を読み出すことはできないから、リフレッシュを行うのは情報の読出し処理時のみにするのが望ましい。 [0022] Incidentally, if you set the communication history area in the user area, during the write process, because it is impossible to read only in communication history command which is normally used, perform the refresh is only during reading processing of information It is desirable. これに対し、システムエリアに交信履歴エリアを設定した場合は、ユーザエリアに対する処理の内容に関わらず、交信の都度、交信履歴を読み出すことができ、リフレッシュが必要であると判別した場合は、ユーザエリアに対する通常の処理の前または処理完了後にリフレッシュを実行することができる。 In contrast, when setting the communication history area in the system area, regardless of the content of processing for the user area, each of the communication, it is possible to read the communication history, if it is determined that the refresh is required, the user It may perform refresh before normal processing or after completion of processing for the area. 【0023】 【発明の実施の形態】図1および図2は、この発明が適用されるRFIDシステムの概略構成を示す。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Figures 1 and 2 show a schematic configuration of an RFID system to which the present invention is applied. このシステムは、自動車の組立ラインなどの生産ライン(以下、 This system, production line, such as an automobile assembly line (below,
単に「ライン」と呼ぶ。 Simply referred to as a "line". )において、一連の組立作業に関する情報を管理することにより前記ラインを効率良く動かすためのもので、IDタグとしてのRFタグ1,リードライトアンテナ2(以下、単に「アンテナ2」という。),およびコントローラ3を基本構成とし、さらにコントローラ3の動作を制御するための上位機器4が配備される。 In) intended for moving the line efficiently by managing the information about the series of assembly operations, RF tag 1 as ID tags, the read-write antenna 2 (hereinafter, simply referred to as "antenna 2".), And the controller 3 is constituted basically, further the host device 4 for controlling the operation of the controller 3 is deployed. 【0024】前記RFタグ1は、図示しない搬送用のパレットに取り付けられて、パレット内の物品とともにラインを搬送されるもので、内部には、認識対象の情報が格納されたメモリ11のほか、送受信用のコイル12, [0024] The RF tag 1 is attached to the pallet for transport, not shown, intended to be conveyed to the line with the article in the palette, inside, in addition to the memory 11 in which information to be recognized are stored, coil 12 for transmission and reception,
コントローラ3からの配信情報やコマンドを取り出すための復調回路13,コントローラ3への情報送信のための変調回路14,電源生成回路15,制御回路16などが組み込まれる。 Demodulating circuit 13 for extracting a distribution information and commands from the controller 3, a modulation circuit 14 for transmission of information to the controller 3, the power generating circuit 15, a control circuit 16 is incorporated. 【0025】前記アンテナ2は、RFタグ1に対する情報の読み書きを行うためのもので、内部には、送信用, [0025] The antenna 2 is intended for reading and writing information to the RF tag 1, the internal, for transmission,
受信用の各コイル21,22,情報やコマンドの送信のための変調回路23,RFタグ1からの応答情報を取り出すための復調回路24,制御回路25などが組み込まれる。 Each coil 21 and 22 for receiving, demodulating circuit 24 for extracting the response information from the modulation circuit 23, RF tag 1 for the transmission of information and commands, and the control circuit 25 are incorporated. またコントローラ3は、前記アンテナ2および上位機器4とケーブル接続されており、制御回路31のほか、アンテナ2,上位機器4のそれぞれに対応するインターフェース回路32,33(図中、下位I/F回路3 The controller 3, the antenna 2 and the host device 4 and are cabled, another control circuit 31, an antenna 2, in the interface circuits 32 and 33 (drawing corresponding to respective host device 4, the lower I / F circuit 3
2,上位I/F回路33として示す。 2 shows the upper I / F circuit 33. )が組み込まれる。 ) It is incorporated. 【0026】前記上位機器4は、パーソナルコンピュータ,プログラマブルコントローラなどにより構成される。 [0026] The host device 4 is a personal computer, and the like programmable controller. これらの上位機器4は、組立処理用のロボットや中間加工物の検査装置などの動作を制御するためのもので、前記アンテナ2およびコントローラ3がRFタグ1 These host device 4 is for controlling the operation of such inspection apparatus for a robot and the intermediate workpiece for assembly processing, the antenna 2 and the controller 3 are RF tag 1
から読み出した情報を取り込んで認識し、各種の制御を実行するように設定されている。 Recognizing captures information read from, is configured to perform various controls. 【0027】なお、この実施例のRFタグ1は電池を内蔵しないタイプのものであり、アンテナ2がコマンドや情報を送信する際の送信波により発生した誘導起電力を駆動源として動作するように構成されている。 [0027] Incidentally, RF tag 1 of this embodiment is of the type without integral battery, the induced electromotive force generated by the transmission waves when the antenna 2 transmits commands and information to act as a drive source It is configured. RFタグ1内の電源生成回路15は、アンテナ2からの送信波によりコイル12に発生した誘導起電力を直流に変換するためのもので、前記制御回路16は、この電源生成回路15からの電源供給を受けてメモリ11からの情報の読出しやアンテナ2への情報送信のための処理を実行する。 Power generating circuit 15 of the RF tag 1 is used to convert the induced electromotive force generated in the coil 12 by the transmission wave from the antenna 2 to a DC, the control circuit 16, power from the power generating circuit 15 It receives supply performs processing for information transmission to the reading and antenna 2 information from the memory 11. 【0028】上記構成において、コントローラ3は、上位機器4からの指示に応じて、RFタグ1へのコマンドや送信情報を生成し、これを前記アンテナ2を介して送信する。 [0028] In the above structure, the controller 3 in response to an instruction from the host device 4 generates a command and transmits information to the RF tag 1, and transmits this via the antenna 2. RFタグ1は、この送信に応じた処理を行うとともに、必要に応じて、メモリ11から読み出した情報や処理が完了した旨を知らせる信号をコントローラ3に返送する。 RF tag 1 performs processing corresponding to the transmission, if necessary, to return a signal informing that the information and processing read from the memory 11 is completed in the controller 3. 【0029】さらにこの実施例では、前記RFタグ1のメモリ11として、強誘電体メモリを使用することによって、情報の読み書きに要する時間を短縮して高速の認識処理を行うようにしている。 Furthermore in this embodiment, as the memory 11 of the RF tag 1, by using a ferroelectric memory, and to perform high-speed recognition process by shortening the time required for reading and writing information. 強誘電体メモリは、メモリセルとしてのキャパシタの分極状態によって「1」または「0」のいずれかの情報を保持する不揮発性メモリであり、通常の環境下では、長期間にわたって情報を維持することができる。 The ferroelectric memory is a nonvolatile memory that holds information of either "1" or "0" by the polarization state of the capacitor as a memory cell, under normal circumstances, to maintain information over a long period of time can. ただし、図3に示すように、高温環境下におかれると、情報の保持期間が急激に低下するという弱点があるため、特に、溶接,塗装などの高温の工程が含まれるラインにおいては、適切なタイミングでメモリ11のリフレッシュを行う必要がある。 However, as shown in FIG. 3, when placed in a high temperature environment, since the retention period information a weakness that decreases rapidly, in particular, welding, in the line that contains the high-temperature processes such as painting, suitably it is necessary to refresh the memory 11 in such a timing. 【0030】この実施例のRFIDシステムでは、RF [0030] In the RFID system of this embodiment, RF
タグ1との交信時に、コントローラ3からRFタグ1 During the communication with the tag 1, RF tag 1 from the controller 3
に、メモリ11のリフレッシュを指示するコマンドを送信することによって、メモリ11を高速でリフレッシュするようにしている。 To, by sending a command for instructing refresh of the memory 11, so as to refresh the memory 11 at high speed. なお、上記したように、コントローラ3とRFタグ1との交信は、アンテナ2を介して行われるものであるが、以下の説明では、アンテナ2には特に言及せずに、コントローラ3とRFタグ1との間の交信処理として説明する。 Incidentally, as described above, the controller 3 and the communication between the RF tag 1, but is intended to be performed via the antenna 2, in the following description, without specific reference to the antenna 2, the controller 3 and the RF tag It described as communication processing between the 1. 【0031】図4(1)は、上記メモリ11をリフレッシュするための基本的な方法を示す。 FIG. 4 (1) shows the basic method for refreshing the memory 11. この方法では、R In this method, R
Fタグ1に通常の読み書き処理を行う前または後に、コントローラ3からRFタグ1に、メモリに対する情報の読出しを指示するコマンドを送信することによって、メモリ11の全領域をリフレッシュするようにしている。 Before or after performing a normal read and write processing to the F tag 1, from the controller 3 to the RF tag 1, by sending a command for instructing reading of information for the memory, so as to refresh the whole area of ​​the memory 11. 【0032】強誘電体メモリは、情報の読出しの際に、 The ferroelectric memory is, at the time of the reading of the information,
一旦、保持している情報を読み出してクリアした上で、 Once, after it cleared by reading the information held,
再度、元の情報を書き込む破壊読出し型のメモリであるため、前記RFタグ1の制御回路16がコントローラ3 Again, because it is the memory of the destructive read to write the original information, the control circuit 16 of the RF tag 1 controller 3
からのコマンドに応じて情報の読出し処理を実行すると、後はメモリ11側の機能のみで情報の再書込み処理が行われ、メモリ11がリフレッシュされることになる。 When you perform a process of reading information according to a command from the rewrite processing of the information only in the memory 11 side function is performed, the memory 11 is refreshed after. 【0033】コントローラ3から送信される上記コマンドは、通常の読出し指示用のリードコマンドとは異なり、読み出された情報の返送を求めないコマンドとして設定される。 [0033] The command transmitted from the controller 3 is different from the normal read command for read instruction, is set as a command not to seek return of the read information. (以下、このコマンドを「リフレッシュコマンド」と呼ぶ。)したがって、リフレッシュコマンドに対しては、RFタグ1からコントローラ3に返信を行う必要がないので、コントローラ3からの一方通行の通信によってリフレッシュを完了させることができる。 (Hereinafter, referred to as the command as "refresh command".) Thus, for a refresh command, it is not necessary to perform a reply from the RF tag 1 to the controller 3, completing the refresh by communication one way from the controller 3 it can be. またメモリ11における情報の読出しおよび再書込み処理は、メモリセル単位で個別に行われ、しかもごく短い期間内に完了するので、リフレッシュのための処理時間を大幅に短縮することができ、高速処理が要求されるラインにおいても十分に対応することができる。 The reading and re-writing process of information in the memory 11 is performed separately in the memory cell units, and since complete within a very short period, it is possible to greatly reduce the processing time for the refresh, high-speed processing it can sufficiently cope with the required line. 【0034】上記図4(1)の方法によれば、メモリ1 According to the method of FIG 4 (1), the memory 1
1全体を簡単かつ高速でリフレッシュすることができるから、たとえば高温の工程を通過した後にこの方法を実行するようにすれば、高温環境により寿命の低下した情報をリフレッシュして安定した処理を行うことができる。 Since it is possible to refresh 1 generally at easy and fast, for example if to perform the method after having passed through the high temperature step, to perform a stable treatment refresh the reduced information of the life by the high temperature environment can. またリフレッシュの対象とする領域はメモリ全域に限らず、一部の領域に限定しても良いので、ラインに沿う複数の位置において読出し対象の領域を変更しながら順番にリフレッシュを行うこともできる。 Area to be refreshed of interest also is not limited to the memory throughout so may be limited to a part of the region, it is also possible to perform the refresh in order while changing the region to be read at a plurality of locations along the line. 【0035】図4(2)は、前記メモリ11をリフレッシュするための第2の方法を示す。 FIG. 4 (2) shows a second method for refreshing the memory 11. この方法では、前記メモリ11のシステムエリア内に交信履歴データを書き込むための領域(以下、「交信履歴エリア」という。) In this way, the area for writing communication history data in the system area of ​​the memory 11 (hereinafter, referred to as "communication history area".)
を設定し、交信の都度、この交信履歴エリアを書き換えるとともに、この交信履歴データを用いてメモリ11をリフレッシュするかどうかを判別するようにしている。 Set, each of the communication, rewrites the communication history area, and so as to determine whether to refresh the memory 11 by using the communication history data.
なお、交信履歴データとしては、たとえばメモリ11に最後にアクセスした日時やアクセス回数などを設定し、 It should be noted that the communication as historical data, for example, to set the date and time and the number of accesses to the last access to the memory 11,
RFタグ1側で、交信の都度、書き換えるようにするのが望ましい。 In the RF tag 1 side, each of the communication, it is desirable to be rewritten. 【0036】前記判別処理は、コントローラ3から前記交信履歴データを読み出すためのコマンド(システムリードコマンド)を送信することによって行われる。 [0036] The determination process is performed by sending a command (system read command) for reading said communication history data from the controller 3. システムリードコマンドは、通常のリードコマンドと同様に、読出し情報の返送を求めるもので、コントローラ3 System read command, like a normal read command, and requests the return of the read information, the controller 3
は、このコマンドにより返送された交信履歴に基づき、 , Based on the communication history sent back by this command,
メモリ11のリフレッシュが必要であると判断した場合のみ、前記リフレッシュコマンドを送信するようにしている。 Only when the refresh of the memory 11 is judged to be necessary, and to transmit the refresh command. 【0037】図5は、メモリ11のデータ構成をリフレッシュ処理の具体的な方法とともに示す。 FIG. 5 is shown with a specific method of the refresh processing data configuration of the memory 11. 一般に、RF In general, RF
タグ1のメモリは、システムエリアおよびユーザエリアの2つのメモリ領域に区分されている。 Tag 1 of the memory is divided into two memory areas of the system area and the user area. システムエリアは、一般ユーザによるアクセスが禁止されたメモリ領域であり、RFタグ1に固有の認識コード,メモリ内の書換えが禁止された領域を示すロック設定情報などが書き込まれる。 System area, access by general users is a memory region is prohibited, unique recognition code in the RF tag 1, such as lock setting information indicating an area in which rewriting is prohibited in the memory is written. 一方、ユーザエリアは、ユーザが設定した情報を自由に書き込むことが可能なメモリ領域であって、 On the other hand, the user area is a memory area capable of writing information set by the user freely,
あらかじめ設定された情報のほか、ラインを通過する途中にコントローラ3からのライトコマンドにより与えられた情報を書き込むこともできる。 In addition to preset information you can also write information given on the way through the line by a write command from the controller 3. 【0038】従来のシステムにおいても、コントローラ3がRFタグ1と交信を行う際には、まず前記システムリードコマンドによりシステムエリア内の情報を読み出してアクセス可能な領域などを認識し、しかる後にリードコマンドまたはライトコマンドを送信するようにしている。 [0038] Also in the conventional system, when the controller 3 performs communication with the RF tag 1 recognizes and accessible area is first read out the information in the system area by the system read command, a read command and thereafter or it is to transmit a write command. 図5(1)(2)に示すようにシステムエリア内に交信履歴エリアを設定した場合、通常の交信において必ず実行されるシステムリードコマンドによって交信履歴データを読み出すことが可能となるから、実質的な交信回数を増やすことなく、リフレッシュが必要であるかどうかを判別することができる。 Figure 5 (1) Setting the communication history area in the system area as shown in (2), since it becomes possible to read out the communication log data by a system read command always executed in the normal communication, substantially without increasing the Do communication number, it is possible to determine whether the refresh is needed. またリフレッシュ処理を行う必要があると判別した場合には、前記した一方通行のリフレッシュコマンドを送信するだけでメモリ11 Further, when it is determined that it is necessary to perform the refresh process, the memory 11 only transmits a refresh command one way that the
をリフレッシュすることができるので、簡単かつ短時間でメモリ11内の情報を適正な状態にすることができる。 It is possible to refresh the information in the memory 11 can be in a proper state easily and in a short time. 【0039】なお、上記の方法では、システムリードコマンドに応じた読出し処理によってシステムエリアに対するリフレッシュを行うことができるので、前記リフレッシュコマンドの対象はユーザエリアに限定することができる。 [0039] In the above method, it is possible to perform refresh to the system area by reading processing according to the system read command, the target of the refresh command may be restricted to a user area. 【0040】図5(1)は、ユーザエリア全体を一括してリフレッシュする場合を示すもので、この場合は、交信履歴データとして、ユーザエリア全体に共通する交信履歴を設定すれば良い。 [0040] FIG. 5 (1) shows a case where refresh collectively the entire user area, in this case, as the communication history data, may be set communication history common to the whole user area. 図5(2)は、ユーザエリアを複数の領域A1,A2. 5 (2), a user area plurality of regions A1, A2. A3・・・に分割して領域毎にリフレッシュを実行するようにしたもので、この場合は、各領域毎の交信履歴を個別に設定して交信履歴エリアに格納する必要がある。 Which was so as to perform a refresh for each region is divided into A3 · · ·, in this case, it is necessary to store the communication history of each area in the communication history area set separately. 【0041】ところで交信履歴エリアは、システムエリアに限らず、図6(1)(2)に示すように、ユーザエリア側に設定することもできる。 By the way communication history area is not limited to a system area, as shown in FIG. 6 (1) (2) can be set in the user area side. この場合には、詳細は後記するが、RFタグ1に対し、通常のリードコマンドを送信する際に交信履歴を同時に読み出すように指定することによって、処理の効率化をはかることができる。 In this case, the details will be described later, but with respect to the RF tag 1, by specifying to read communication history when transmitting at the same time normal read command, it is possible to improve efficiency of processing.
なお、図6(1)の例では、図5(1)と同様に、交信履歴エリアには、ユーザエリア全体についての交信履歴が格納される。 In the example of FIG. 6 (1), as in FIG. 5 (1), the communication history area, the communication history for the entire user area is stored. これに対し、図6(2)の交信履歴エリアには、分割された領域A1,A2,A3・・・毎の交信履歴データが個別に格納される。 In contrast, in the communication history area in FIG. 6 (2) is divided regions A1, A2, A3 · · · each of communication history data is stored separately. 【0042】図7は、前記交信履歴エリアがシステムエリアに設定されている場合のコントローラ3の手順を示す。 [0042] Figure 7 shows a procedure of the controller 3 when the communication history area is set in the system area. なお、この図7および以下の説明においては、各処理のステップは「ST」と示す。 In the description of FIG. 7 and the following, steps of each processing shown as "ST". 【0043】この手順は、上位機器4から交信開始の指示を受けることによってスタートする。 [0043] to start by this procedure, receiving an instruction of the communication start from the host device 4. まず最初のST First of ST
1で、上位機器4よりRFタグ1に対する処理内容を示すコマンド(リードコマンドまたはライトコマンド)を受信すると、つぎのST2では、RFタグ1に対し、前記したシステムリードコマンドを送信する。 1, upon receiving a command (read command or write command) indicating the processing contents from the host device 4 for the RF tag 1, the following ST2, with respect to the RF tag 1 transmits a system read command above. 【0044】つぎのST3では、前記システムリードコマンドにより前記メモリ11のシステムエリアから読み出された情報(以下、「システムエリアデータ」という。)を受信する。 [0044] In the next ST3, the read out from the system area of ​​the memory 11 by the system read command information (hereinafter, referred to as "system area data".) To receive. ここでは詳細に示していないが、コントローラ3は、システムエリアデータに基づきアクセスすべき領域を判別したり、情報の書込みが可能か否かなどを判別するとともに、前記交信履歴データによりメモリ11のリフレッシュが必要であるかどうかを判断する。 Although not shown in detail here, the controller 3, or to determine the region to be accessed on the basis of the system area data, as well as determine the like whether or not it is possible to write information in the memory 11 by the communication history data refreshing it is determined whether or not there is a need. ここでメモリ11のリフレッシュが必要であると判断した場合は、ST4からST5に進み、RFタグ1に前記リフレッシュコマンドを送信する。 Here if it is determined that the refresh of the memory 11 is necessary, the process proceeds from ST4 to ST5, transmitting the refresh command to the RF tag 1. 【0045】この後、ST6では、前記ST1で上位機器4から得たコマンドに応じてRFタグ1にリードコマンドまたはライトコマンドを送信し、つぎのST7で、 [0045] Thereafter, in ST6, and it transmits a read command or a write command to the RF tag 1 in accordance with a command from the host device 4 with the ST1, in ST7 follows,
RFタグ1からの応答データを受信する。 Receiving the response data from the RF tag 1. さらに続くS Further subsequent S
T8では、ST7で受信したデータを上位機器4に転送し、処理を終了する。 In T8, transfers the data received in ST7 in the host device 4, the process ends. 【0046】なお、前記図5(2)に示した方法でリフレッシュを行う場合には、前記ST4では、領域A1, [0046] In performing refresh by the method shown in FIG. 5 (2), in the ST4, area A1,
A2,A3・・・毎にリフレッシュが必要であるかどうかを判別する。 A2, refresh to determine whether there is a need for each A3 ···. またつぎのST5では、リフレッシュが必要と判別された領域を指定してリフレッシュコマンドを送信することになる。 In ST5 of Matatsugi, will send a refresh command with the refresh is determined that the necessary area. また上記図7の手順では、通常のリードコマンドやライトコマンドに先行してリフレッシュコマンドを送信しているが、これに代えて、通常のコマンド送信やそのコマンドに対する処理が終了してからリフレッシュコマンドを送信するようにしてもよい。 In the procedure of FIG. 7, but transmits a refresh command prior to normal read command or a write command, instead of this, a refresh command after processing for a normal command transmission and the command is terminated it may be transmitted. 【0047】図8は、前記交信履歴エリアがユーザエリアに設定されている場合のコントローラ3の手順を示す。 [0047] Figure 8 shows a procedure of the controller 3 when the communication history area is set in the user area. なお、この図8では、前記図7との混同を避けるために、各処理のステップを「st」と示す。 Incidentally, shown in FIG. 8, in order to avoid confusion with the Figure 7, the steps of the processes as "st". 【0048】この手順でも、前記図7の手順と同様に、 [0048] In this procedure, analogous to the procedure of FIG. 7,
上位機器4から交信開始の指示を受けることによってスタートし、まず上位機器4からのコマンドを受信した後に、RFタグ1にシステムリードコマンドを送信してシステムエリアデータを取得する(st1〜3)。 Started by receiving an indication of traffic initiated from the host device 4, after receiving the command from the host device 4 first acquires system area data by sending system read command to the RF tag 1 (st1~3). 【0049】つぎに、前記上位機器4からのコマンドがリードコマンドの実行を指示するものである場合には、 Next, when the command from the host device 4 is for instructing the execution of the read command,
st4の判定が「YES」となってst5に進み、前記RFタグ1にリードコマンドを送信する。 Determination of st4 proceeds to st5 becomes "YES", and transmits the read command to the RF tag 1. なお、このリードコマンドでは、上位機器4から指示された読出し対象の領域に加えて前記交信履歴エリアが指定されることになる。 In this read command, so that the communication history area in addition to the area to be read designated by the host device 4 is designated. 【0050】つぎのst6で、前記リードコマンドによりRFタグ1側で読み出されたデータを受信すると、そのうちの交信履歴データに基づき、メモリ11のリフレッシュが必要であるかどうかをチェックする。 The following in st6, when receiving the data read by the RF tag 1 side by the read command, based on the communication history data of which checks whether a refresh of the memory 11 is required. ここでリフレッシュが必要であると判断されると、st7の判定が「YES」となってst8に進み、RFタグ1にリフレッシュコマンドを送信する。 If it is determined that where it refreshing is required, the process proceeds to st8 determination of st7 becomes "YES", it sends a refresh command to the RF tag 1. さらにst9では、前記受信データの残りの情報、すなわち本来の読出し対象の情報を選別して上位機器4に送信し、処理を終了する。 Furthermore, in st9, and sends the remaining information of the received data, that is, the host device 4 to sorting information of the original to be read, the process ends. 【0051】一方、上位機器4からライトコマンドの実行が指示された場合には、st4の判定が「NO」となってst10以降の手順を実行する。 Meanwhile, when the execution of the write command from the host device 4 is instructed, the determination of st4 executes st10 subsequent steps becomes "NO". st10では、上位機器4からの指示に応じたライトコマンドを送信する。 In st10, it transmits a write command in accordance with an instruction from the host device 4. この後、st11において、RFタグからの応答データ(書込みが完了したことを示す情報)を受信すると、続くst12で、この受信データを上位機器4に転送し、処理を終了する。 Thereafter, in st11, receives the response data from the RF tag (information indicating that the write is complete), in the subsequent st12, transfers the received data to the host device 4, the process ends. 【0052】なお、上記した各実施例では、リフレッシュコマンドに対するRFタグ1からの応答を不要としたが、コントローラ3がリフレッシュの完了を確認できるように、RFタグ1側から読出し処理の完了を知らせる応答信号を返送するようにしてもよい。 [0052] In the embodiments described above, was not necessary for a response from the RF tag 1 for refresh command, so the controller 3 can confirm the completion of the refresh, informs the completion of the reading process from the RF tag 1 side it may be sent back a response signal. ただし、この応答のために交信時間が冗長とならないように、実質的な信号のサイズは1ビット(「0」または「1」)とするのが望ましい。 However, as communication time for this response is not a redundant, the size of the substantial signal and 1 bit ( "0" or "1") is preferable. 【0053】 【発明の効果】上記したように、この発明にかかる情報処理システムでは、強誘電体メモリを具備するとともに外部からの電波により生じた誘導起電力を駆動源とするRFタグを使用するとともに、このRFタグとの交信時に、通常の情報の読出しとは異なるタイミングで情報の読出しを指示するコマンドを送信することよってメモリをリフレッシュするようにしたから、リフレッシュのための交信時間を大幅に削減することができ、メモリの情報を適正な状態に維持しつつ、高速の情報処理を実行することができる。 [0053] As described above, according to the present invention, in the information processing system according to the present invention, using RF tag whose drive source is the induced electromotive force generated by the electric wave from the outside as well as comprising a ferroelectric memory together, when communication with the RF tag, from the reading of normal information so as to refresh the memory I'm sending a command for instructing reading of information at different times, greatly communication time for refreshing can be reduced, while maintaining the information of the memory in a proper state, it is possible to perform a high-speed information processing.

【図面の簡単な説明】 【図1】この発明を適用するRFIDシステムの概略構成を示す説明図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS FIG. 1 is an explanatory diagram showing a schematic configuration of an RFID system according to this invention. 【図2】RFIDシステムの構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing the configuration of an RFID system. 【図3】強誘電体メモリのデータ保持時間の特性を示すグラフである。 3 is a graph showing the data retention time of the characteristic of the ferroelectric memory. 【図4】メモリリフレッシュの方法を示す説明図である。 4 is an explanatory diagram showing a method for memory refresh. 【図5】メモリのデータ構成をリフレッシュの方法とともに示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing with refresh data configuration of the memory process. 【図6】メモリのデータ構成をリフレッシュの方法とともに示す説明図である。 6 is an explanatory view showing with refresh data configuration of the memory process. 【図7】コントローラにおける処理手順を示すフローチャートである。 7 is a flowchart illustrating a processing procedure in the controller. 【図8】コントローラにおける処理手順を示すフローチャートである。 8 is a flowchart illustrating a processing procedure in the controller. 【図9】従来のメモリリフレッシュの方法を示す説明図である。 9 is an explanatory diagram showing a method of a conventional memory refresh. 【符号の説明】 1 RFタグ2 アンテナ3 コントローラ11 メモリ15 電源生成回路16,25 制御回路 [EXPLANATION OF SYMBOLS] 1 RF tag 2 antenna 3 controller 11 memory 15 power generating circuit 16 and 25 control circuit

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 強誘電体メモリを具備するとともに外部からの電波により生じた誘導起電力を駆動源とするRF RF whose drive source is the induced electromotive force generated by the electric wave from the outside as well as including the Patent Claims: 1. A ferroelectric memory
    タグと、このRFタグと非接触の状態で交信して前記メモリに対する情報の読み書きを行う制御装置とを具備して成るシステムであって、 前記制御装置は、前記RFタグとの交信時に、通常の情報の読出しとは異なるタイミングでRFタグに情報の読出しを指示するコマンドを送信することにより、前記メモリの一部または全ての領域をリフレッシュすることを特徴とする情報処理システム。 And tags, a system comprising and a control unit that reads and writes information with respect to the RF tag and the memory in communication with a non-contact state, the control device, when communication with the RF tag, usually the information processing system as the reading of information by sending a command for instructing reading of information in the RF tag at different times, characterized by refreshing a portion or all of the area of ​​the memory. 【請求項2】 前記RFタグのメモリには、制御装置との交信履歴を書き込むための交信履歴エリアが設定されており、 前記制御装置は、RFタグに前記交信履歴エリア内の交信履歴の送信を要求し、この要求に応じて送信された交信履歴に基づき前記メモリのリフレッシュを行うかどうかを判別する請求項1に記載された情報処理システム。 Wherein the memory of the RF tag, the control device is set with communication history area to write the communication history with said control device, the transmission of the communication history of the communication in the history area RF tag requests, the information processing system according to claim 1 to determine whether to refresh the memory based on the communication history transmitted in response to the request. 【請求項3】 前記交信履歴エリアは、前記メモリ内のユーザに開放されていないメモリ領域に設定され、 前記制御装置は、前記ユーザに開放されていないメモリ領域に対する情報の読出し処理と同時に前記交信履歴エリア内の情報を読み出し、この読み出された交信履歴に基づき前記メモリをリフレッシュするかどうかを判別するようにした請求項2に記載された情報処理システム。 Wherein the communication history area is set in the memory area which is not opened to the user in said memory, said control device, at the same time the communication with the process of reading information for the memory area which is not opened to the user reading the information in the history area, the information processing system of claim 2 which is adapted to determine whether to refresh the memory based on the read communication history. 【請求項4】 前記交信履歴エリアは、前記メモリ内のユーザに開放されたメモリ領域に設定され、 前記制御装置は、前記ユーザに開放されているメモリ領域に対する情報の読出し処理と同時に前記交信履歴エリア内の情報を読み出し、この読み出された交信履歴に基づき前記メモリをリフレッシュするかどうかを判別するようにした請求項2に記載された情報処理システム。 Wherein said communication history area is set in the memory area which is open to the user in said memory, said control device, at the same time the communication history and process of reading the information on the memory area that is open to the user reading the information in the area, the information processing system of claim 2 which is adapted to determine whether to refresh the memory based on the read communication history. 【請求項5】 前記交信履歴エリアには、前記メモリ内の分割された所定数の領域毎に個別の交信履歴が格納されており、前記制御装置は、各交信履歴に基づき前記分割された各領域をリフレッシュするか否かを領域毎に個別に判別する請求項2〜4のいずれかに記載された情報処理システム。 To wherein said communication history area, the are stored separate communication history for each of the divided predetermined number of regions in the memory, wherein the control device, each of which is the divided based on each communication history the information processing system according to any of claims 2-4 to determine individually whether to refresh the area for each area.
JP2001265074A 2001-08-31 2001-08-31 Information processing system Pending JP2003076953A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001265074A JP2003076953A (en) 2001-08-31 2001-08-31 Information processing system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001265074A JP2003076953A (en) 2001-08-31 2001-08-31 Information processing system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003076953A true true JP2003076953A (en) 2003-03-14

Family

ID=19091587

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001265074A Pending JP2003076953A (en) 2001-08-31 2001-08-31 Information processing system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003076953A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006112608A1 (en) * 2005-03-14 2006-10-26 Samsung Electronics Co., Ltd. Portable device for caching rf-id tag data and method thereof
KR100649832B1 (en) 2005-07-20 2006-11-17 주식회사 하이닉스반도체 Rfid device with non-volatile ferro-electrostatic memory
KR100732276B1 (en) 2005-05-30 2007-06-25 주식회사 하이닉스반도체 RFID device with Non-volatile ferroelectric memory
US7417885B2 (en) 2005-11-22 2008-08-26 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Data carrier system and data saving/restoring method thereof
EP1994512A2 (en) * 2006-03-16 2008-11-26 Symbol Technologies, Inc. Rfid tag data retention verification and refresh
US7966447B2 (en) * 2007-07-06 2011-06-21 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Systems and methods for determining refresh rate of memory based on RF activities
JP2015514024A (en) * 2012-06-21 2015-05-18 エイペックス マイクロエレクトロニクス カンパニー リミテッド Method of recording chip usage state information, the imaging box chip and imaging box
US9753680B2 (en) 2012-06-21 2017-09-05 Apex Microelectronics Company Limited Method for recording chip usage state information, chip of imaging cartridge and imaging cartridge

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8125317B2 (en) 2005-03-14 2012-02-28 Samsung Electronics Co., Ltd. Portable device for caching RFID tag and method thereof
WO2006112608A1 (en) * 2005-03-14 2006-10-26 Samsung Electronics Co., Ltd. Portable device for caching rf-id tag data and method thereof
KR100732276B1 (en) 2005-05-30 2007-06-25 주식회사 하이닉스반도체 RFID device with Non-volatile ferroelectric memory
US7366039B2 (en) 2005-05-30 2008-04-29 Hynix Semiconductor Inc. RFID device having nonvolatile ferroelectric memory device
US7602658B2 (en) 2005-05-30 2009-10-13 Hynix Semiconductor Inc. RFID device having nonvolatile ferroelectric memory device
US7417528B2 (en) 2005-07-20 2008-08-26 Hynix Semiconductor Inc. RFID device having nonvolatile ferroelectric memory device
US7902963B2 (en) 2005-07-20 2011-03-08 Hynix Semiconductor Inc. RFID device having nonvolatile ferroelectric memory device
KR100649832B1 (en) 2005-07-20 2006-11-17 주식회사 하이닉스반도체 Rfid device with non-volatile ferro-electrostatic memory
US7417885B2 (en) 2005-11-22 2008-08-26 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Data carrier system and data saving/restoring method thereof
EP1994512A4 (en) * 2006-03-16 2009-04-29 Symbol Technologies Inc Rfid tag data retention verification and refresh
US7605700B2 (en) 2006-03-16 2009-10-20 Symbol Technologies, Inc. RFID tag data retention verification and refresh
EP1994512A2 (en) * 2006-03-16 2008-11-26 Symbol Technologies, Inc. Rfid tag data retention verification and refresh
US7966447B2 (en) * 2007-07-06 2011-06-21 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Systems and methods for determining refresh rate of memory based on RF activities
JP2015514024A (en) * 2012-06-21 2015-05-18 エイペックス マイクロエレクトロニクス カンパニー リミテッド Method of recording chip usage state information, the imaging box chip and imaging box
US9753680B2 (en) 2012-06-21 2017-09-05 Apex Microelectronics Company Limited Method for recording chip usage state information, chip of imaging cartridge and imaging cartridge

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6220510B1 (en) Multi-application IC card with delegation feature
US4877945A (en) IC card having a function to exclude erroneous recording
US7233541B2 (en) Storage device
US5748915A (en) Transmission method of changing protocol and data processing apparatus using this method
US6809952B2 (en) Semiconductor integrated circuit, radio frequency identification transponder, and non-contact IC card
US7558110B2 (en) IC module and cellular phone
US6820208B2 (en) IC card, IC chip, data assuring method and power supply monitor method
US20040065733A1 (en) RFID tag and method for processing RFID data
US20050280511A1 (en) IC tag module, electronic device, information communication system, and communication control method for an IC tag module
US20070045425A1 (en) Memory card
US5434572A (en) System and method for initiating communications between a controller and a selected subset of multiple transponders in a common RF field
US5966082A (en) Method of flagging partial write in RF tags
JP2003271903A (en) Information communication system, information communication method, recording medium, recording/ reproducing device
US20060065730A1 (en) RFID system having a field reprogrammable RFID reader
EP0282926A2 (en) ID system and method of writing data in an ID system
US20080184372A1 (en) Storage device, data processing device, data processing system, and program
US20050231331A1 (en) RFID system including a programmable RF tag
US6199120B1 (en) IC card reading/writing apparatus and method for allowing use of multiple vendors
JP2003067683A (en) Recognition system in production line
JP2000163524A (en) Information processing system for non-contact information storage medium
US20090013125A1 (en) Memory card
US20010049775A1 (en) Communication device for rapidly and simultaneously writing onto a plurality of data carriers, and data carrier for such a communication device
US6981179B1 (en) Microcomputer having built-in nonvolatile memory and check system thereof and IC card packing microcomputer having built-in nonvolatile memory and check system thereof
US20080104768A1 (en) System of Washing Machine and Control Method Thereof
US6083771A (en) Method and system for manufacturing theft-deterrent computer components

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040908

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060310

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060620

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20061024