JP2003070969A - 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体 - Google Patents

遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Info

Publication number
JP2003070969A
JP2003070969A JP2001270437A JP2001270437A JP2003070969A JP 2003070969 A JP2003070969 A JP 2003070969A JP 2001270437 A JP2001270437 A JP 2001270437A JP 2001270437 A JP2001270437 A JP 2001270437A JP 2003070969 A JP2003070969 A JP 2003070969A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
effect
continuous
winning
lottery
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001270437A
Other languages
English (en)
Inventor
Susumu Imazeki
進 今関
Norimichi Kishi
憲路 岸
Yoshinori Sugisaka
美紀 杉坂
Takahiro Sakurai
隆博 桜井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympia KK
Original Assignee
Olympia KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia KK filed Critical Olympia KK
Priority to JP2001270437A priority Critical patent/JP2003070969A/ja
Publication of JP2003070969A publication Critical patent/JP2003070969A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 複数回の遊技に亘り連続した連続演出を行う
と共に、遊技に関連づけて連続演出についての諸決定を
行うことができる遊技機を提供すること。 【解決手段】 前記演出制御装置22は、複数回の遊技に
わたり連続した連続演出を行わせることができる連続演
出制御手段を少なくとも有し、前記連続演出制御手段
は、前記遊技制御装置21からの入力を条件に、連続演出
の有無及び実行形態を決定するように形成した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、当選か否かの抽
選を行い、抽選結果が所定の役に当選し、かつ遊技状況
が予め定められた態様になると入賞する遊技機であっ
て、複数回の遊技に亘り連続した連続演出を行うことが
可能な遊技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】遊技の進行に伴い、当選、入賞を報知す
る演出を行う遊技機は知られている。そして、その演出
は、一回の遊技において完結するものであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記した従来
の遊技機では、例えば、当選の権利が次遊技以降に持ち
越されるいわゆる特別当選の場合には、同じ演出が繰り
返されて遊技者を飽きさせる等、遊技者の興味を削ぐも
のであった。そこで、各請求項にそれぞれ記載された各
発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてな
されたものであり、その目的とするところは、次の点に
ある。
【0004】(請求項1)すなわち、請求項1記載の発
明は、複数回の遊技に亘り連続した連続演出を行うと共
に、遊技に関連づけて連続演出についての諸決定を行う
ことができる遊技機を提供しようとするものである。 (請求項2)請求項2記載の発明は、上記した請求項1
記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
【0005】すなわち、請求項2記載の発明は、連続演
出の実行頻度を変更可能な遊技機を提供しようとするも
のである。 (請求項3)請求項3記載の発明は、上記した請求項2
記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
【0006】すなわち、請求項3記載の発明は、連続演
出をキャンセルすることにより、連続演出の実行頻度が
変わる遊技機を提供しようとするものである。 (請求項4、5)請求項4、5記載の発明は、上記した
請求項1乃至3記載の発明の目的に加え、次の点を目的
とする。
【0007】すなわち、請求項4、5記載の発明は、連
続演出の開始時期についての種々のバリエーションを有
する遊技機を提供しようとするものである。 (請求項6、7)請求項6、7のそれぞれに記載の発明
は、次の点を目的とする。すなわち、請求項6、7のそ
れぞれに記載の発明は、上記請求項1乃至5記載の発明
の目的を達成することができる遊技機用プログラム又は
遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可
能な記録媒体をそれぞれ提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】(特徴点)各請求項にそ
れぞれ記載された各発明は、上記した各目的を達成する
ためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示
した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
【0009】なお、符号は、発明の実施の形態において
用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するもの
ではない。 (請求項1)請求項1記載の発明は、次の点を特徴とす
る。すなわち、請求項1記載の発明は、遊技機の作動を
制御すると共に、所定確率で当選役に係る抽選を行うた
めの遊技制御装置21と、演出を行うための演出制御装置
22とを有し、遊技機に対する操作により遊技機が作動
し、遊技機が所定の状態になることにより作動が終了す
る遊技機であって、抽選の結果、所定の当選役に当選
し、かつ遊技状況が予め定められた態様になることによ
り入賞となる遊技機において、前記演出制御装置22は、
複数回の遊技にわたり連続した連続演出を行わせること
ができる連続演出制御手段を少なくとも有し、前記連続
演出制御手段は、前記遊技制御装置21からの入力を条件
に、連続演出の有無及び実行形態を決定するように形成
されていることを特徴とする。
【0010】本発明は、抽選結果が所定の役に当選した
場合に、遊技状況が予め定められた態様になることによ
り入賞となる遊技機であって、遊技開始から遊技終了を
1回の遊技として、複数回の遊技を繰り返す遊技機、例
えばスロットマシンに適している。ここで、「遊技機に
対する操作」とは、例えばスタートスイッチ30を操作す
ることであり、ここでは、その操作を条件として遊技機
が作動を開始するものの他に、例えば、遊技メダル等を
遊技機に投入したり、ベットスイッチ16を操作するなど
の、遊技機が作動可能となる操作も含まれる。ここで、
ベットスイッチ16とは、クレジットをメダル等の投入に
代えるためのものである。
【0011】なお、遊技機としては、このほかに、遊技
機の作動を停止させるための操作手段、例えばストップ
スイッチ50を有していても良く、その操作が遊技を終了
させるための条件となっているものであっても良い。
「遊技機が所定の状態になる」とは、遊技機が遊技中と
は異なる状態になることである。スロットマシンを例に
すると、ストップスイッチ50の操作により回転リール40
が停止することである。そして、すべての回転リール40
が停止したところで遊技機の作動が終了するものであ
る。また、「遊技状況が予め定められた態様になる」と
は、例えば、回転リール40や液晶画面などの図柄表示手
段に表された図柄61が、予め定められた配置態様で表示
されたり、所定の配列となるように停止したりすること
である。
【0012】本発明における連続演出とは、ランプの点
滅、液晶画面の表示、音声などの演出が、上記した1回
の遊技中において完結しないで、次遊技、次々遊技へと
連続性をもって行われるものである。すなわち、前回の
遊技と次回の遊技との間に、物語性など何らかの関連性
を感じさせるような演出を行うものである。本発明にお
ける「連続演出制御手段」とは、連続演出の開始、実
行、終了等を制御するものであり、連続演出以外の演出
(独立演出)を制御可能に形成されていてもかまわな
い。
【0013】そして、連続演出制御手段は、遊技制御装
置21からの入力を条件に、連続演出の有無及び連続演出
の実行形態を決定することができる。ここで、「連続演
出の実行形態」とは、演出内容(ストーリー)、演出回
数、開始時期などの、連続演出がどのように行われるか
を指すものである。また、「遊技制御装置21からの入
力」とは、遊技制御装置21から所定の信号を受信するこ
とであって、例えば、抽選結果が所定の当選となった信
号、入賞した信号などのように、遊技状況の変化に基づ
く信号や、遊技機の操作手段、例えばスタートスイッチ
30の操作信号を受信することである。
【0014】本発明によれば、遊技制御装置21からの入
力に基づいて、連続演出の有無や、演出の内容、回数、
開始時期等の、連続演出の実行形態が決定される。この
とき、連続演出の有無と、実行形態とを、同時に決定し
ても良いし、タイミングを違えて、すなわち異なる入力
に基づいて決定しても良い。例えば、連続演出の有無
は、所定の入力を契機に抽選を行い決定することがで
き、連続演出の実行形態は、各入力信号の種類に応じ予
め定められた実行形態のデータを選択することにより、
あるいは所定の入力を契機に抽選を行い複数の実行形態
の中から抽選により、決定することができる。
【0015】(請求項2)請求項2記載の発明は、上記
した請求項1記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴
とする。すなわち、請求項2記載の発明は、前記連続演
出制御手段は、所定条件に応じて、連続演出の実行頻度
を変更可能に形成されていることを特徴とする。
【0016】ここで、「連続演出の実行頻度」とは、一
定の遊技回数中に連続演出が開始される割合のことであ
り、例えば、100ゲーム中に、10ゲームに亘る連続
演出が5回開始されるよりも、5ゲームに亘る連続演出
が10回開始される方が実行頻度は高い。実行頻度の変
更は、例えば、連続演出の決定が予め定められた入力信
号に基づき行われる場合には、連続演出の決定を行う頻
度を変更することにより、あるいは、連続演出の決定が
入力信号を契機に抽選により行われる場合には、抽選テ
ーブルの比率を変更することにより(すなわち連続演出
実行について確率の異なる複数の抽選テーブルを設ける
ことにより)、実現することができる。
【0017】また、「所定条件」としては、特定の当
選、特定の入賞、又はそれらの回数、対価を払い出す遊
技機にあっては払い出し対価量など、遊技状態に関わる
条件としてもよいし、遊技回数や経過時間、特定の操作
手段の操作に応じたものとしても良い。本発明によれ
ば、所定条件に応じ、連続演出が頻繁に実行されるよう
にすることもできるし、ほとんど実行されないようにす
ることもできる。
【0018】(請求項3)請求項3記載の発明は、上記
した請求項2記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴
とする。すなわち、請求項3記載の発明は、前記遊技機
は、操作手段の操作により連続演出の実行をキャンセル
可能に形成されており、前記連続演出制御手段は、連続
演出のキャンセル回数に応じて、連続演出の実行頻度を
変更可能に形成されていることを特徴とする。
【0019】ここで、連続演出をキャンセルするための
操作手段は、ベットスイッチ16やスタートスイッチ30や
ストップスイッチ50のように、遊技機を作動等させるた
めの操作手段と兼用になっていても良いし、演出キャン
セルスイッチのように、キャンセル専用の操作手段を設
けてあっても良い。なお、本発明において「実行頻度の
変更」は、頻度を低く変更するのが好ましいが、高く変
更するようにしてもかまわない。
【0020】本発明によれば、例えば、一定期間中の連
続演出のキャンセル回数が多いほど実行頻度を低くした
り、あるいは、キャンセル回数が所定回数に達したら実
行しない(実行頻度をゼロにする)ようにしたりするこ
とができる。 (請求項4)請求項4記載の発明は、上記した請求項1
乃至3記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とす
る。
【0021】すなわち、請求項4記載の発明は、前記連
続演出は、前記連続演出制御手段による決定が行われた
遊技において開始されることを特徴とする。本発明は、
連続演出の決定時期が、一回の遊技における遊技開始直
後、例えばスタートスイッチ30の操作時などのように、
決定後その遊技中に連続演出が開始される余裕のある場
合に意義がある。
【0022】本発明によれば、連続演出の有無及び実行
形態を決定したら、その決定が行われた遊技が終了する
までに、連続演出が開始される。 (請求項5)請求項5記載の発明は、上記した請求項1
乃至3記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とす
る。
【0023】すなわち、請求項5記載の発明は、前記連
続演出は、前記連続演出制御手段による決定が行われた
遊技の次遊技以降に開始されることを特徴とする。本発
明は、連続演出を決定する遊技と開始する遊技が異なる
ように形成したものである。
【0024】本発明によれば、連続演出の有無及び実行
形態を決定したら、その決定が行われた遊技が終了し、
次の遊技が開始された後に連続演出を開始することがで
きる。「次遊技以降に開始」とは、前記決定が行われた
遊技の直後の遊技において開始される場合のみならず、
例えば決定してからnゲーム後に開始される場合や、決
定後であって所定の当選、入賞、あるいは所定の遊技期
間が終了してから開始される場合も含むものである。
【0025】(請求項6)請求項6記載の発明は、次の
点を特徴とする。すなわち、請求項6記載の発明は、遊
技機を、遊技機の作動を制御する遊技制御手段、演出を
行わせるための演出制御手段、当選役に係る抽選を行う
ための当選抽選手段、抽選の結果、所定の当選役に当選
し、かつ遊技状況が予め定められた態様になった場合に
入賞として扱うための入賞手段、複数回の遊技にわたり
連続した連続演出を行うことができるように形成されて
いる連続演出制御手段、及び、前記遊技制御手段からの
入力を条件に、連続演出の有無及び実行形態を決定する
演出決定手段として機能させるための遊技機用プログラ
ムである。
【0026】ここで、遊技機としては、スロットマシン
などの現実の遊技機でもよく、液晶ディスプレイやCR
Tなどの画像表示装置に表示させた擬似的な遊技機であ
ってもよい。そして、この遊技機用プログラムを用いて
現実の遊技機を制御しようとする場合には、現実の遊技
機を作動させるための手段を設けることができる。例え
ば、対価の投入によりONとなる投入スイッチ15や、ス
タートスイッチ30などである。一方、この遊技機用プロ
グラムを用いて業務用、家庭用のテレビゲーム機等を制
御しようとする場合には、液晶ディスプレイやCRTな
どの画像表示装置に表示された遊技機を作動可能とさせ
るための手段を設けることができる。
【0027】前記入賞手段は、この遊技機用プログラム
を用いて現実の遊技機を制御しようとする場合には、入
賞によりメダル等の対価が払い出されるようにすること
ができる。例えば、ホッパーユニット65を作動させて遊
技者に対してメダル等の払い出しを行うように形成する
ことができる。一方、この遊技機用プログラムを用いて
業務用、家庭用のテレビゲーム機等を制御しようとする
場合には、液晶ディスプレイやCRTなどの画像表示装
置に、入賞時に対価の払い出しがなされるような画像
や、得点が加算されるような表示を行うように形成する
ことができる。
【0028】なお、前記連続演出制御手段は、連続演出
以外の演出(独立演出)を制御可能に形成されていても
かまわない。このように、本発明は、現実の遊技機を制
御するためのプログラムと、業務用、家庭用のテレビゲ
ーム機等に読み込まれることによりそれらを遊技機とし
て機能させるためのプログラムとの双方を含むものであ
る。
【0029】本発明によれば、遊技制御手段からの入力
に基づいて、連続演出の有無や、演出の内容、回数、開
始時期等の、連続演出の実行形態が決定される。このと
き、連続演出の有無と、実行形態とを、同時に決定して
も良いし、タイミングを違えて、すなわち異なる入力に
基づいて決定しても良い。また、前記連続演出制御手段
を、所定条件に応じて、連続演出の実行頻度を変更可能
に形成してもよい。このように形成することにより、所
定条件に応じ、連続演出が頻繁に実行されるようにする
こともできるし、ほとんど実行されないようにすること
もできる。
【0030】さらに、前記遊技機を、操作手段の操作に
より連続演出の実行をキャンセル可能に形成し、前記連
続演出制御手段は、連続演出のキャンセル回数により連
続演出の実行頻度を変更可能に形成してもよい。このよ
うに形成することにより、例えば、一定期間中の連続演
出のキャンセル回数が多いほど実行頻度を低くしたり、
あるいは、キャンセル回数が所定回数に達したら実行し
ない(実行頻度をゼロにする)ようにしたりすることが
できる。
【0031】なお、前記連続演出は、前記連続演出制御
手段による決定が行われた遊技において開始されること
としてもよいし、前記連続演出制御手段による決定が行
われた遊技の次遊技以降に開始されることとしても良
い。 (請求項7)請求項7記載の発明は、請求項6に記載し
た遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り
可能な記録媒体である。
【0032】すなわち、請求項7記載の発明は、遊技機
を、遊技機の作動を制御する遊技制御手段、演出を行わ
せるための演出制御手段、当選役に係る抽選を行うため
の当選抽選手段、抽選の結果、所定の当選役に当選し、
かつ遊技状況が予め定められた態様になった場合に入賞
として扱うための入賞手段、複数回の遊技にわたり連続
した連続演出を行うことができるように形成されている
連続演出制御手段、及び、前記遊技制御手段からの入力
を条件に、連続演出の有無及び実行形態を決定する演出
決定手段として機能させるための遊技機用プログラムを
記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体である。
【0033】本発明の作用、効果は、請求項6記載の発
明と同様である。
【0034】
【発明の実施の形態】本発明を表す好適な実施の形態
を、スロットマシンを例に、図面に基づき説明する。 (図面の説明)図1乃至図10は、本発明の実施の形態
を示すものである。
【0035】図1はスロットマシンの入力、制御及び出
力のブロック図、図2はスロットマシンの外観正面図及
び図3乃至図5はスロットマシンの動作の概略のフロー
をそれぞれ示すものである。また、図6は演出制御装置
22の詳細を、図7は連続演出の具体例を、図8乃至図1
0は演出選択の概略のフローをそれぞれ示すものであ
る。
【0036】(スロットマシン10)スロットマシン10
は、図2に示すように、四角箱状の筐体11を有する。こ
の筐体11には、遊技者側に向かって臨む表示窓12が形成
されており、さらに表示窓12には、三個の回転リール40
の図柄61を見ることができる図柄表示窓13が形成されて
いる。そして、スロットマシン10の略中央端部には、メ
ダル投入口14が設けられている。
【0037】スロットマシン10の内部には、図示してい
ないが、スロットマシン10の全体の動作を制御するため
の制御装置20(図1参照)が内蔵されている。 (制御装置20)上記制御装置20は、図示しないが、CP
Uを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備え
ている。ここでCPUは、一個に限定されず、二個以上
のCPUで制御するようにしてもよい。また、CPU、
ROM、RAM及びI/O等は一体化されてワンチップ
を構成してもよい。
【0038】制御装置20は、主制御装置20Aと、主制御
装置20Aからの信号を受信して作動する副制御装置20B
とから成り、CPUがROMに記憶されたプログラムを
読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を構成す
る。 (1)遊技制御装置21 (2)演出制御装置22 遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップス
イッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を
制御するためのものであり、主制御装置20Aに配置され
る。演出制御装置22は、ランプ68やスピーカ69等の表示
装置66を制御するためのものであり、副制御装置20Bに
配置される。なお、これらの詳細については後述する。
【0039】(入力段)上記制御装置20の入力段には、
図1に示すように、次のパーツが接続されている。 (1)投入スイッチ15 (2)ベットスイッチ16 (3)精算スイッチ17 (4)スタートスイッチ30 (5)ストップスイッチ50 なお、入力段としては、上記した(1)乃至(5)のパ
ーツに限定されるものではない。
【0040】(投入スイッチ15)投入スイッチ15は、図
2に示すように、メダル投入口14の下方に内蔵されたス
イッチであって、投入された遊技メダルを検知するため
のものである。 (ベットスイッチ16)ベットスイッチ16は、図2に示す
ように、回転リール40の下方に位置するスイッチであっ
て、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるためのも
のである。
【0041】(精算スイッチ17)精算スイッチ17は、図
2に示すように、回転リールの斜め下方に位置するスイ
ッチであって、貯留した投入メダルを払い出すためのも
のである。 (スタートスイッチ30)スタートスイッチ30は、図2に
示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレバー
であって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッチ16
の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には
前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット60の
駆動を開始させるためのものである。
【0042】なお、ここで、「再遊技(Replay)」と
は、当選抽選手段110の抽選により、「再遊技(Repla
y)」のフラグが成立し、「再遊技(Replay)」の図柄
が入賞有効ライン上に揃うことにより、次の遊技におい
て、遊技メダルを新たに投入することなく、再度、遊技
を行うことができるものである。 (ストップスイッチ50)ストップスイッチ50は、リール
ユニット60の駆動を停止させるためのものである。具体
的には、ストップスイッチ50は、図2に示すように、各
回転リール40に対応した三個のスイッチから構成され、
各回転リール40の下方に1個ずつ配置されているもので
ある。回転リール40に対応したストップスイッチ50の操
作により、当該対応した回転リール40が回転を停止する
ように設定されているものである。
【0043】(出力段)前記制御装置20の出力段には、
図1に示すように、次のパーツが接続されている。 (1)リールユニット60 (2)ホッパーユニット65 (3)表示装置66(演出表示部67及びランプ68及びスピ
ーカ69) なお、出力段としては、上記した(1)乃至(3)のパ
ーツに限定されるものではない。
【0044】(リールユニット60)リールユニット60
は、特に図示しないが枠体に固定或いは支持された三個
のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個の
回転リール40とから構成されている。そして、各回転リ
ール40は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転ド
ラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープ42とを
備えている。このリールテープ42の外周面には、複数個
(例えば21個)の図柄61が表示されている。
【0045】(ホッパーユニット65)ホッパーユニット
65は、図示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技者に
メダルを払い出すためのものである。 (表示装置66)表示装置66は、演出制御装置22の制御に
より、遊技者に入賞等を報知させるなど、種々の演出を
行うものである。具体的には、表示装置66は、演出表示
部67及びランプ68及びスピーカ69から構成されている。
【0046】演出表示部67は、回転リール40の上方に設
けられた窓部であり、LED、ドットマトリックス、液
晶画面等を用いて、入賞の報知その他の演出を表示する
ためのものである。なお、演出表示部67としては上記の
ものに限られず、例えば演出専用の回転リールを設け、
リールの図柄や文字等により演出を表示するようにして
も良い。
【0047】ランプ68及びスピーカ69は、発光体の点灯
又は点滅、入賞音の発生により入賞等を報知するための
ものである。 (遊技制御装置21)次に、遊技制御装置21について詳述
する。遊技制御装置21は、主制御装置20Aに配置され、
スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作によ
り、回転リール40の回転及び停止を制御するためのもの
である。そして、この遊技制御装置21は、次の(1)乃
至(3)の手段として機能する。
【0048】(1)通常遊技制御手段70 (2)特別遊技制御手段80 (3)当選抽選手段110 なお、前記通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせる
ために通常遊技に関する制御を行うものであり、前記特
別遊技制御手段80は、特別遊技を行わせるために特別遊
技に関する制御を行うものである。
【0049】また、遊技制御装置21としては、上記した
(1)乃至(3)の手段に限定されるものではなく、他
の手段を含んでいても良い。 (通常遊技制御手段70)通常遊技制御手段70は、通常遊
技を行わせるためのものである。すなわち、メダルの投
入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、
「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を
条件に、スタートスイッチ30を操作すると、リールユニ
ット60が駆動され、三個の回転リール40が回転を開始す
る。
【0050】その後、ストップスイッチ50の一個を操作
すると、当該対応する回転リール40の回転が停止する。
そして、ストップスイッチ50を三個全て操作し終わる
と、三個の回転リール40の回転が全て停止する。このと
き、表示窓12の入賞有効ライン上に、予め設定された図
柄61が停止すると、ホッパーユニット65を介して所定枚
数のメダルが払い出される。なお、メダルを払い出す代
わりに、クレジットしても良い。
【0051】当選には、入賞により遊技メダルの払い出
しを伴い、遊技者に利益を付与する小役当選と、この小
役当選よりもさらに大きな利益を遊技者に付与する特別
当選と、遊技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを
新たに投入することなく再度の遊技を行うことができる
「再遊技(Replay)」とを備えている。そして、その抽
選結果がいずれかの当選役に当選となった場合、その当
選役に対応した当選フラグが成立する。そして、抽選結
果が特別入賞である場合に、特別当選フラグが成立し、
この特別当選フラグ成立中に、リールユニット60の回転
リール40の停止図柄61の組み合わせが、予め定められた
所定の特別当選図柄61(例えば、入賞有効ライン上に
「7」が三個揃うもの)と一致したことを条件に入賞と
なり、遊技者に有利な特別遊技を行わせるように形成さ
れている。一方、抽選により特別当選フラグが成立した
が、回転リール40の停止図柄61の組み合わせが特別当選
図柄61と一致していない場合には、それ以後の遊技に特
別当選フラグ成立の権利が持ち越されるように設定され
ている。なお、小役の当選フラグは、当選フラグが成立
した遊技で入賞させられない場合、当選フラグ成立の権
利の次の遊技への持ち越しはない。
【0052】また、いずれかの当選フラグが成立中に、
対応する当選図柄61を入賞有効ライン上に揃えることが
できるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場
合、ストップスイッチ50のタイミングによるものであ
る。具体的には、ストップスイッチ50を操作した後、1
90ms以内に回転リール40が停止するように設定され
ているため、ストップスイッチ50を操作した後、そのま
ま停止させるか、或いは190ms以内に停止可能な回
転リール40の円周上の引き込み可能図柄61、例えば停止
図柄から連続する4個の引き込み可能図柄61の中に、対
応する当選図柄61が含まれているような場合には、停止
するまでの時間を遅らせて、回転リール40は入賞有効ラ
イン上にその当選図柄61を引き込んで停止する。一方、
かかる4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する当選
図柄61が含まれていないような場合には、入賞有効ライ
ン上にその当選図柄61を引き込んで停止することができ
ない。
【0053】(特別遊技制御手段80)特別遊技制御手段
80は、抽選手段の抽選結果に基づいて、遊技者に有利な
特別遊技を行わせるためのものである。上記特別遊技と
しては、大別すると、次のゲームがある。 (1)特定導入遊技(BBゲーム) (2)特定遊技(RBゲーム) (3)特定当選遊技(JACゲーム) なお、特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、
例えばBBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中で
無いときにも単独で行われる場合がある。また、上記特
定当選遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に
行われるものである。また、特別遊技としては、上記し
た(1)乃至(3)の遊技に限定されるものではない。
【0054】特別遊技制御手段80は、図1に示すよう
に、大別すると、次の手段を備える。 (1)特定導入遊技制御手段91(BBゲーム制御手段9
0) (2)特定遊技制御手段101(RBゲーム制御手段100) (特定導入遊技制御手段91)特定導入遊技制御手段91
は、BBゲームを制御するためのものである。
【0055】具体的には、通常遊技において、図示しな
いが、例えば「7」等の図柄61が入賞有効ライン上に三
個揃うと、ホッパーユニット65を介して、例えば15枚
のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始
される。BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に最
大3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リ
ールの回転を各々停止させた際に、入賞有効ライン上に
当選図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出
しが行われるものである。
【0056】したがって、BBゲーム中では、通常遊技
と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものである。
ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するための
特定当選図柄が入賞有効ライン上に揃った場合には、そ
の後RBゲームに移行するものである。なお、通常、B
Bゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行
われることになっているために、1回目のRBゲームが
終了した後は、また前述したような通常遊技と同様な抽
選及び制御が行われるものである。
【0057】そして、BBゲームでは、BBゲーム中の
RBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、或いはB
Bゲーム中の通常遊技が所定の最大回数、例えば最大3
0回の終了により、BBゲームは終了するものである。 (特定遊技制御手段101)特定遊技制御手段101は、RB
ゲームを制御するためのものである。
【0058】具体的には、RBゲームに移行すると、メ
ダルが1枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が
表示窓12のセンターライン上に揃った場合に入賞となる
特定当選遊技が行われるものである。そして、RBゲー
ムでは、入賞するか否かの特定当選遊技が最大12回行
えるものであり、そのうち、最大8回の入賞が可能であ
る。すなわち、最大8回の入賞するか、或いは最大12
回の特定当選遊技の終了により、RBゲームは終了する
ものである。
【0059】(当選抽選手段110)当選抽選手段110は、
予め定めた抽選確率に基づいて当選役の抽選を行うもの
である。そして、当選抽選手段110による抽選結果が当
選である場合に当選フラグが成立し、この当選フラグ成
立中に、回転リール40の停止図柄の組み合わせが予め定
められた当選図柄と一致したことを条件に入賞し、遊技
者にメダルの払い出しや、特別遊技等の利益が付与され
るように設定されている。
【0060】上記当選抽選手段110は、図1に示すよう
に、大別すると、次の手段を備える。 (1)乱数発生手段111 (2)乱数抽出手段112 (3)当選判定テーブル113 (4)判定手段114 なお、当選抽選手段110としては、上記した(1)乃至
(4)に限定されるものではない。
【0061】(乱数発生手段111)乱数発生手段111は、
当選抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜
65535)で発生させるものである。 (乱数抽出手段112)乱数抽出手段112は、乱数発生手段
111が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタート
スイッチ30の操作)で抽出するものである。なお、この
抽出した乱数を抽出乱数データとする。
【0062】なおここで、「乱数発生手段」としては、
ソフト乱数としての平均採中法等で乱数を発生させるこ
とができるものの他に、一定範囲の数字を高速で1ずつ
加算するカウンタを用いて構成することもできる。例え
ば、0〜16383の範囲の数字を、1秒間に700万
回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられる。
そして、「乱数抽出手段」としては、スタートスイッチ
を押したタイミングでカウンタの数字を読みとることな
る。
【0063】このように形成すると、「乱数発生手段」
では乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽
出手段」によって抽出される数字は、あたかも乱数のよ
うな分布となる。このように、結果として乱数のような
分布を示す数字が得られる手段を、ここでは「乱数発生
手段」あるいは「乱数抽出手段」に含めて考えるものと
する。
【0064】(当選判定テーブル113)当選判定テーブ
ル113は、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各入
賞項目の当選領域を有するものである。 (判定手段114)判定手段114は、乱数抽出手段112が抽
出した抽出乱数データと、当選判定テーブル113の抽選
確率データを基に、乱数発生手段111がとる乱数の全領
域中の各入賞項目の当選領域からなる当選判定領域デー
タとを照合し、当該抽出乱数データが属する当選領域に
対応する当選役を決定するものである。
【0065】(スロットマシン10の動作)次に、上記構
成を備えたスロットマシンの動作の概略について、図3
乃至図5に示したフローを用いて説明する。先ず、図3
に示すステップ100において、スタートスイッチ30が
操作されることにより、スタートスイッチ30がONとな
る。そして、次のステップ101に進む。
【0066】ステップ101において、当選抽選手段11
0により抽選処理が行われる。そして、次のステップ1
02に進む。ステップ102において、回転リール40の
回転が開始する。そして、次のステップ103に進む。
ステップ103において、ストップスイッチ50が操作さ
れることにより、ストップスイッチ50がONとなる。そ
して、次のステップ104に進む。
【0067】ステップ104において、回転リール40の
回転停止処理が行われる。そして、次のステップ105
に進む。ステップ105において、三個の回転リール40
に対応するストップスイッチ50の操作が行われたか否か
が判定される。そして、三個の回転リール40に対応する
ストップスイッチ50の操作が行われたと判定された場
合、次のステップ106に進む。
【0068】ステップ106において、当選フラグ成立
中に当該当選フラグに対応する当選図柄が入賞有効ライ
ン上に揃ったか否か、すなわち、入賞したか否かが判定
される。そして、入賞したと判定された場合、次のステ
ップ107に進む。ステップ107において、当選図柄
に相当するメダルが払い出される。そして、遊技が終了
する。
【0069】前記ステップ105において、三個の回転
リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われ
ていないと判定された場合、ステップ103に戻る。前
記ステップ106において、入賞していないと判定され
た場合、ステップ107を飛び越して、遊技が終了す
る。上述したステップ101の抽選処理について、図4
のフローを用いて説明する。
【0070】ステップ200において、当選抽選手段11
0の乱数発生手段111により発生された乱数の中から乱数
抽出手段112により乱数が抽出される。そして、次のス
テップ201に進む。ステップ201において、抽出さ
れた乱数が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そし
て、次のステップ202に進む。
【0071】ステップ202において、判定手段114に
より、抽出された乱数と、当選判定テーブル113の当選
判定領域データとの比較が行われる。そして、次のステ
ップ203に進む。ステップ203において、判定手段
114により、抽出された乱数が、当選判定テーブル113の
どの当選領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が
決定される。そして、次のステップ204に進む。
【0072】ステップ204において、所定の図柄の蹴
飛ばしと、所定図柄の引き込みとが設定される。そし
て、抽選処理が終了する。上述したステップ104の回
転リール40の回転停止処理について、図5を用いて説明
する。ステップ300において、所定の図柄に対して、
蹴飛ばしの設定が達成されたか否かが判定される。そし
て、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていないと
判定された場合、次のステップ301に進む。
【0073】ステップ301において、1個の図柄分だ
け、回転リール40を回転させる。すなわち、1個の図柄
分だけ蹴飛ばしを行う。そして、次のステップ302に
進む。ステップ302において、上述した1個の図柄分
だけ回転リール40を回転させた当該図柄の数がストップ
スイッチ50の操作後の4個目に該当するか否かが判定さ
れる。そして、ストップスイッチ50を操作した後、1図
柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4
個目の場合には、次のステップ303に進む。
【0074】ステップ303において、回転リール40の
回転を停止させる。これにより、メダル投入から回転リ
ール40の回転停止までのスロットマシン10の動作が終了
する。前記ステップ300において、所定の図柄の蹴飛
ばしの設定が達成されていると判定された場合、次のス
テップ304に進む。
【0075】ステップ304において、いずれかの図柄
に対して引き込みが設定されているか否かが判定され
る。そして、いずれかの図柄に対して引き込みが設定さ
れていると判定された場合、次のステップ305に進
む。ステップ305において、引き込み設定が達成され
たか否かが判定される。そして、引き込み設定が達成さ
れたと判定された場合、次のステップ303に進む。
【0076】前記ステップ304において、いずれの図
柄に対しても引き込みが設定されていないと判定された
場合、ステップ303に進む。前記ステップ305にお
いて、引き込み設定が達成されていないと判定された場
合、ステップ301に進む。前記ステップ302におい
て、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転
リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目でない
場合には、ステップ300に戻る。
【0077】なお、上述した実施の形態において、回転
リール40の停止処理に関してステップ301〜ステップ
305で説明しているが、この例は、いわゆる最小引き
込み停止制御の例であり、逆に最大引き込み停止制御と
しても良い。更には、例えば、ストップスイッチ50を押
すタイミングで予め定めたテーブルに従って回転リール
40の停止位置を決定する、いわゆるテーブル停止制御の
方法によるものでも良いものである。このテーブル停止
制御は、当選フラグ成立の有無や、当選フラグ成立中の
当選図柄に基づいた複数のテーブルを有し、この複数の
テーブルから適宜、遊技状況に応じたテーブルが選択さ
れるものである。
【0078】なお、テーブル停止制御においても、当選
フラグが成立しているときには、その当選フラグに対応
する図柄が入賞有効ライン上に揃うように、予めテーブ
ルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる引き込み
設定の一種を備えているものである。また、当選フラグ
が成立していないときには、他の当選図柄が入賞有効ラ
イン上に揃わないように、予めテーブルの上で停止位置
が決定されてあり、いわゆる蹴飛ばし設定の一種を備え
ているものである。
【0079】(演出制御装置22)次に、演出制御装置22
について詳述する。演出制御装置22は、遊技制御装置21
からの種々の演出要求信号に基づき、遊技の進行状況に
合わせて音声を発したり表示ランプの点滅を行うなど、
遊技に付随する演出を制御するためのものであり、副制
御装置20Bに配置されている。そして演出制御装置22
は、図1に示すように、次の(1)乃至(3)の手段を
有している。
【0080】(1)演出決定手段120 (2)遊技回数記憶手段130 (3)遊技信号送受信手段140 なお、演出制御装置22としては、上記(1)乃至(3)
の手段に限られず、他の手段を含んでいてもよい。
【0081】(演出決定手段120)演出決定手段120は、
演出を行うか否かを決定すると共に、複数の演出データ
の中から、所定の条件に応じて行われるべき演出データ
を選択するためのものである。そして、演出決定手段12
0は、連続演出制御手段として機能するものであり、図
6に示すように、次の(1)乃至(4)の手段を備え
る。
【0082】(1)演出データ記憶手段121 (2)決定条件判定手段122 (3)演出選択手段123 (4)演出データ出力手段124 (演出データ記憶手段121)演出データ記憶手段121は、
演出データを記憶するためのものである。この演出デー
タ記憶手段121の記憶している演出データは、独立演出
データ及び連続演出データである。
【0083】独立演出データとは、独立演出を行わせる
ための演出データである。独立演出とは、一回の遊技に
おいて完結する演出であり、例えばランプの点滅、画像
の表示、音声、演出リールの回転及び停止又はこれらの
組み合わせによるものである。ここで、「一回の遊技」
とは、メダルの投入もしくはベットスイッチ16の操作後
スタートスイッチ30を押下して遊技が開始されてから、
すべての回転リール40が停止し、次の遊技のためにメダ
ルの投入もしくはベットスイッチ16の操作をするまでの
間のことをいうものとする。
【0084】そして、たとえば画像の表示が刻々変化す
るなどの、一見して連続性のある演出であっても、一回
の遊技中に開始されかつ終了するものは、独立演出であ
る。連続演出データとは、連続演出を行わせるための演
出データである。連続演出とは、複数回の遊技にわたり
連続する演出であり、一回の遊技毎に何らかの関連性を
有するもののことである。そして、複数回の遊技にわた
り連続して行われる演出であっても、一回の遊技毎に同
一の演出が繰り返されるものは、連続演出ではない。
【0085】連続演出の具体例としては、例えば、人間
の一生や歴史上の出来事を表したストーリー、自動車レ
ースやマラソン、野球やサッカーなどのゲームを、複数
回の遊技に亘り順次表現していくものである。これら
は、演出表示部67に画像として表示したり、これにバッ
クライトや音声を組み合わせたりして行うことができ
る。
【0086】また、演出データとしては、例えば、それ
ぞれストーリーや連続回数の異なる演出データを複数設
けても良いし、遊技機ごとに一つの演出データを与え、
それがエンドレスに繰り返されるようにすることもでき
る。さらに、図7に示すように、全体として一つのスト
ーリーを表現する演出の随所に分岐点を設け、そこで抽
選を行ったり遊技状態を判断して、その結果に応じてそ
の先の演出内容が変化することができるような構成とし
ても良い。
【0087】(決定条件判定手段122)決定条件判定手
段122は、遊技状況その他が、演出の有無及び実行形態
の決定(以下演出に係る決定という)を行うための諸条
件に適合しているかどうかを判定するためのものであ
る。具体的には、決定条件判定手段122は、後述する遊
技信号送受信手段140に入力された遊技制御装置21から
の諸信号を受信して、前記条件判定を行うものである。
【0088】ここで、演出に係る決定を行うための条件
としては、操作手段の操作、所定の当選フラグの成
立、所定の入賞、遊技回数、経過時間、その他
の遊技状況の変化などとすることができる。操作手段
の操作とは、ベットスイッチ16やスタートスイッチ30や
ストップスイッチ50の操作、あるいはメダル投入による
投入スイッチ15をONとするなどのことである。この場
合には、各スイッチの操作信号受信が、連続演出に係る
決定を行うための適合条件となる。
【0089】所定の当選フラグの成立は、いずれかの
当選役に係る当選フラグ成立としてもよいし、特定の当
選フラグ成立としてもよい。この場合には、当選フラグ
成立信号受信が、連続演出に係る決定を行うための適合
条件となる。所定の入賞は、いずれかの入賞であって
もよいし、特定の入賞でもよい。この場合には、各回転
リール40がすべて停止したときに当選図柄61が所定の入
賞ラインに停止した信号、あるいはメダル払い出し信号
が、連続演出に係る決定を行うための適合条件となる。
【0090】遊技回数は、例えば、遊技回数n回ごと
としたり、前回の連続演出終了からn回としたりするこ
とができる。n値は予め定められていてもよいし、抽選
により決定しても良い。この場合には、例えばスタート
スイッチ30の操作信号や回転リール40の回転開始信号を
何回受信したかにより、連続演出に係る決定を行うため
の適合条件の判定を行う。
【0091】経過時間は、遊技開始など所定の基準時
からのn秒経過としてもよいし、n秒ごととしてもよ
い。n値は予め定められていてもよいし、抽選により決
定しても良い。この場合には、遊技制御装置21にあるタ
イマーからの信号が、連続演出に係る決定を行うための
適合条件となる。その他の遊技状況の変化とは、投入
メダルと払い出しメダルの差枚数が所定値となった場合
など、上記以外の遊技状況の変化のことである。
【0092】なお、演出に係る決定は、遊技制御装置21
からの入力があったときに限られず、演出制御装置22内
で独自に行うようにしても良い。例えば、演出制御装置
22に、演出を行うか否かの抽選をするための手段を設け
て、その抽選結果に基づいて演出に係る決定を行うよう
にしても良い。また、演出の有無を判断することなく、
原則として演出を行うように形成しても良い。すなわ
ち、遊技機が作動している間はずっと演出を行う決定を
するようにしたものである。この場合には、決定条件判
定手段122は、実行形態の決定を行うための条件のみを
判定することとなる。
【0093】さらに、演出の有無の決定と、実行形態の
決定とは必ずしも同時に行わなくても良い。例えば、演
出の有無の決定はスタートスイッチ30の操作時に行い、
実行形態の決定は、ストップスイッチ50の操作時や、演
出有りの決定後であって所定の当選フラグ成立時に行う
こともできる。この場合には、決定条件判定手段122
は、遊技信号送受信手段140から、スタートスイッチ30
の操作信号を受信することにより、演出の有無の決定条
件に適合と判断し、ストップスイッチ50の操作信号ある
いは所定の当選フラグ成立信号を受信したときに、実行
形態の決定条件に適合と判断する。
【0094】決定条件判定手段122は、連続演出に係る
決定の条件に該当する場合には、後述する演出選択手段
123又は演出データ出力手段124に信号を送信する。 (演出選択手段123)演出選択手段123は、演出の有無及
び演出内容を決定するためのものである。すなわち、前
記決定条件判定手段122からの信号を受信して、演出を
行うか否か、行う場合には連続演出か独立演出か、演出
データが複数ある場合にはいずれの演出を行うかを、抽
選により決定するためのものである。
【0095】そして、演出選択手段123は、図6に示す
ように、次の(1)及び(2)の手段を有している。な
お、演出選択手段123としては、(1)及び(2)以外
の手段を有していても良い。 (1)演出抽選手段220 (2)演出条件判定手段230 (演出抽選手段220)演出抽選手段220は、演出の有無及
び演出内容の抽選を行うためのものである。具体的に
は、演出抽選手段220は、演出抽選テーブル221と、抽選
テーブル変更手段222とを有している。なお、演出抽選
手段220としては、この他に、例えば乱数発生手段、乱
数抽出手段等の手段を有していても良い。
【0096】前記演出抽選テーブル221は、複数の演出
形態の領域を規定したものである。例えば、「演出無
し」の領域、「独立演出」の領域、「連続演出」の領域
がそれぞれ規定されていて、乱数抽出の結果抽出した乱
数値がどの領域に属するかにより、演出形態を決定する
ためのものである。なお、「連続演出」の領域として、
「連続演出A」、「連続演出B」のように、演出内容の
異なる複数の演出データの領域を設けても良い。
【0097】さらに、演出抽選手段220には、それぞれ
構成の異なる演出抽選テーブル221が複数設けられてい
る。例えば、「演出無し」の領域の異なるテーブルや、
「連続演出」と「独立演出」の比率が異なるテーブルで
ある。そして、いずれのテーブルを用いて抽選を行うか
により、演出の頻度や演出内容が変化することとなる。
なお、以上は、演出の有無と演出形態とを同時に決定す
る場合の抽選テーブルの構成であり、両者を同時に決定
しない場合には、演出の有無のみを決定するための抽選
テーブルと、演出内容を決定するための抽選テーブルを
設けることとなる。さらに、連続演出の内容を、所定条
件に応じて予め定めておくこともできるが、この場合に
は、演出抽選テーブル221は、演出の有無のみを決定す
るための抽選テーブルとなる。これらの場合において
も、それぞれの構成の異なる複数の抽選テーブルを設け
ることにより、演出の頻度や演出内容を変化させること
ができる。
【0098】抽選テーブル変更手段222は、所定条件に
応じて、演出抽選テーブル221を変更するためのもので
ある。すなわち、後述する演出条件判定手段230の判定
に基づき、いずれの演出抽選テーブル221を用いて演出
の抽選を行うかを決定するものである。演出抽選手段22
0は、抽選結果を演出データ出力手段124に送信する。
【0099】(演出条件判定手段230)演出条件判定手
段230は、遊技状況等が所定の条件を満たしているかど
うかを判断し、連続演出の開始、変更、終了等の決定を
行うためのものである。そして、演出条件判定手段230
が判断する諸条件とは、以下のようなものである。 (1)連続演出の実行頻度の変更条件 前述したように、演出抽選テーブル221を変更すること
により、連続演出の実行頻度や演出内容を変化させるこ
とができるので、連続演出の実行頻度の変更条件演と
は、換言すれば、演出抽選テーブル221の変更条件とい
うことができる。そして、その条件は、以下のようにす
ることができる。
【0100】特定の当選に基づくものとすることがで
きる。例えば、BB当選の場合や、特定の小役当選の場
合に、演出抽選テーブル221を変更する。あるいは、特
定の当選回数が一定以上になったときや、所定回数に達
したときに演出抽選テーブル221を変更することとして
も良い。さらには、特定の当選が連続して所定回数とな
った場合に、変更するようにしても良い。
【0101】特定の入賞に基づくものとすることがで
きる。例えば、BB入賞の場合や、特定の小役入賞の場
合に、演出抽選テーブル221を変更する。あるいは、特
定の入賞回数が一定以上になったときや、所定回数に達
したときに演出抽選テーブル221を変更することとして
も良い。さらには、特定の入賞が連続して所定回数とな
った場合に、変更するようにしても良い。
【0102】獲得メダル数に基づくものとすることが
できる。獲得メダル数とは、投入メダル数と払い出しメ
ダル数の差枚数のことである。例えば、獲得メダル数が
一定以上、一定以下、又は一定値となった場合に、演出
抽選テーブル221を変更する。 演出キャンセルスイッチの操作回数に基づくものとす
ることができる。例えば、演出キャンセルスイッチの操
作回数が一定以上になったら演出抽選テーブル221を変
更する。このとき、連続演出の領域の少ないテーブルに
変更するようにすれば、連続演出のキャンセル回数が多
い遊技者に対しては、連続演出の実行頻度を低くするこ
とができる。
【0103】特定の演出内容に基づくものとすること
ができる。例えば、連続演出データが図7に示すように
所々分岐点を有していて、どの方向に物語が展開するか
を抽選により決定する場合、特定の場面、例えば図7に
示す第五ゲームで演出5−1が選択された場合に、演出
抽選テーブル221を変更するものである。この場合に
は、次回の連続演出について、ここで変更された演出抽
選テーブル221が用いられることとなる。
【0104】抽選により決定することができる。すな
わち、複数の演出抽選テーブル221のなかから、いずれ
の演出抽選テーブル221を用いて演出の抽選を行うか
を、抽選により決定するものである。例えば、連続演出
開始時に、その連続演出を決定するための演出抽選テー
ブル221を抽選することができる。あるいは、連続演出
終了時に、次回の連続演出を決定するための演出抽選テ
ーブル221を抽選することができる。また、前記乃至
の条件該当を契機に、演出抽選テーブル221の抽選を
行うようにしても良い。
【0105】演出条件判定手段230は、実行頻度の変更
条件を満たしていると判断した場合には、演出抽選手段
220の抽選テーブル変更手段222にその信号を送出する。 (2)演出内容の決定条件 所定条件に応じて演出内容を予め定めておくこともでき
る。この場合には、演出内容の決定条件も判断すること
となる。そして、演出内容の決定条件は、以下のように
することができる。
【0106】当選フラグに応じて決定する。すなわ
ち、当選役に応じて予め演出内容が定められているもの
である。 遊技状態に応じて決定する。すなわち、遊技状態に応
じて予め演出内容が定められているものである。遊技状
態としては、獲得メダル(投入メダルと払い出しメダル
の差枚数)が一定以上、一定以下、あるいは一定範囲と
なった場合、当選回数あるいは入賞回数が所定回数とな
った場合、特定の当選回数又は入賞回数が所定回数とな
った場合、当選回数と入賞回数の差の回数が一定以上、
あるいは一定以下となった場合などである。
【0107】(3)演出開始条件 演出選択手段123が行う連続演出の有無及び演出内容の
決定と、演出開始は必ずしも同時でなくともよい。決定
と開始とが異なる時期である場合には、演出開始条件
は、以下のようにすることができる。 演出選択手段123の決定がされてからnゲーム後に開
始する。n値は、予め定められていても良いし、抽選に
より決定しても良い。
【0108】遊技状態に応じて開始する。例えば、獲
得メダルが一定以上、一定以下、あるいは一定範囲とな
った場合に開始する。又、当選回数あるいは入賞回数が
所定回数となった場合、特定の当選回数又は入賞回数が
所定回数となった場合に開始するようにしても良い。当
選回数と入賞回数の差の回数が一定以上、あるいは一定
以下となった場合に開始するようにしても良い。
【0109】当選フラグ成立を契機に開始する。これ
は、当選の報知演出とすることもできる。この場合、当
選の種類に関わりなくフラグが成立したら開始するもの
としても良いし、特定の当選フラグが成立した場合に開
始するようにしても良い。 抽選により開始する。すなわち、連続演出を開始する
か否かの抽選を行い、その結果に基づいて開始するもの
である。抽選は、ゲーム毎に行ってもよいし、遊技中の
所定時、例えば当選時や入賞時などに行っても良い。ま
た、ランダムに行っても良い。
【0110】そして、演出条件判定手段230は、演出開
始条件を満たしていると判断した場合には、演出開始の
決定を行い、演出データ出力手段124にその信号を送信
する。ところで、連続演出を一回の遊技中のうちどのタ
イミングで開始するかについては、以下のようにするこ
とができる。例えば、 1)回転リール40が全部停止してからスタートスイッチ30
が操作されるまでの間に連続演出を行うようにすること
ができる。この場合には、すべての回転リール40におけ
るモータの駆動停止が演出開始の条件となる。
【0111】2)スタートスイッチ30の操作と、ストップ
スイッチ50の最初の操作の間に連続演出を行うようにす
ることができる。この場合には、スタートスイッチ30の
操作信号が演出開始の条件となる。 3)メダル投入(又はベットスイッチ16の操作、以下同
じ)と、スタートスイッチ30の操作との間に連続演出を
行うようにすることができる。この場合には、ベットス
イッチ16の操作信号、又は投入スイッチ15がONとなっ
た信号が演出開始の条件となる。
【0112】4)メダル投入と、スタートスイッチ30の操
作との間、スタートスイッチ30の操作と、ストップスイ
ッチ50の最初の操作の間に連続演出を行うようにするこ
とができる。この場合、双方のうちいずれかの場合に行
うようにしても良いし、いずれの場合も行うようにして
もよい。その決定は、例えば抽選によるものでもよい
し、遊技状況に応じたものでも良い。
【0113】例えば、通常の連続演出は、スタートスイ
ッチ30の操作と、ストップスイッチ50の最初の操作の間
に行うようにし、当選の場合には、メダル投入と、スタ
ートスイッチ30の操作との間に行うようにすることがで
きる。あるいは、通常の連続演出は、メダル投入と、ス
タートスイッチ30の操作との間に行うようにし、当選の
場合にはタートスイッチ30の操作と、ストップスイッチ
50の最初の操作の間にも行われるようにしてもよい。
【0114】上記2)乃至4)は、連続演出により当選の報
知を行う場合に有効なタイミングである。このようにす
ることにより、遊技者をして、演出を最後まで見ようと
いう気持ちにさせることができる。 (4)演出変化条件 演出変化とは、連続演出中に独立演出が行われたり、別
の連続演出が開始されるなど、一方向の連続性を中断す
ることであり、あるいは、一のストーリーが途中から別
の方向に展開したり、結末が異なるものとなるなど、一
つの演出の流れが枝分かれしていくことである。
【0115】前者の例としては、例えば連続演出中に当
選したことを報知するために独立演出を行ったり、連続
演出中に入賞した場合に、特別演出に移行するものであ
る。後者の例を図7を用いて説明する。図中、四角で囲
んだ数字は、連続演出の順序を示し、1から8へと進む
につれ、例えば何らかのストーリーが展開していくよう
に形成されているものである。
【0116】まず、連続演出の開始が決定され、第一ゲ
ームにおいて演出1が行われる。次に第二ゲームにおい
て演出2が、同様に第三ゲーム、第四ゲームでは演出
3、4が行われる。ここで、第四ゲーム終了と第五ゲー
ム開始の間の所定時Pにおいて、演出を変化させるか否
かの判断を行う。判断は、抽選によるものでもよいし、
遊技状況に応じたものでもよい。例えば、抽選結果が
「変化させない」場合には演出5−1を選択し、「変化
させる」場合には演出5−2を選択するようにすること
ができる。そしてその結果により、第五ゲームにおいて
は、演出5−1が行われる場合と、演出5−2が行われ
る場合とに分かれる。
【0117】演出5−1が行われた場合には、連続演出
は第六ゲームの演出6−1で終了する。演出5−2が行
われた場合には、さらに第五ゲーム終了と第六ゲーム開
始の間の所定時Qにおいて、演出を変化させるか否かの
判断を行う。その結果、第六ゲームは演出6−2が行わ
れる場合と、演出6−3が行われる場合とに分かれる。
【0118】このように、連続演出中の所定時に、演出
変化をさせるか否かの判断をしながら継続していくこと
により、ストーリーの流れや結末を変化させるようにす
ることができる。そして、変化の契機は次のようなもの
とすることができる。 当選フラグの成立を契機に変化させる。これは、当選
フラグ成立の有無に関わらず連続演出を開始することを
前提として、連続演出中に当選したら演出を変化させて
当選の告知を行うものとなる。この場合、当選の種類に
関わりなく当選フラグが成立したら変化するようにして
も良いし、特定の当選の場合にのみ変化するようにして
も良い。
【0119】遊技状態の変化に応じて連続演出も変化
させる。遊技状態としては、獲得メダルが一定以上、一
定以下、あるいは一定範囲となった場合、当選回数ある
いは入賞回数が所定回数となった場合、特定の当選回数
又は入賞回数が所定回数となった場合、当選回数と入賞
回数の差の回数が一定以上、あるいは一定以下となった
場合などである。
【0120】なお、演出の変化により遊技状態の変化を
報知する場合、遊技状態の変化を忠実に知らせるものの
他、虚偽の報知を行う場合を設けてもよい。例えば、連
続演出実行中に当選フラグが成立した場合には、一連の
連続演出とは異なるパターンの他の演出を行うことによ
りフラグ成立を報知することができる。一方、当選フラ
グは成立していないが、演出を変化させて、フラグ不成
立時にもフラグが成立したかのように思わせる報知、す
なわち虚偽のフラグ成立を報知することもできる。さら
にこの場合、連続演出の実行回数が多いほど、報知の確
度が高くなるように形成しても良い。
【0121】抽選により変化の決定をする。すなわ
ち、連続演出を変化させるか否かの抽選を行い、その結
果に基づいて演出を変化させるものである。抽選は、ゲ
ーム毎に行ってもよいし、遊技中の所定時、例えば当選
時や入賞時などに行っても良い。また、ランダムに行っ
ても良い。上記の場合にも抽選により決定すること
ができる。
【0122】そして、演出変化条件を満たしていると判
断した場合には、演出変化の決定を行い、演出データ出
力手段124にその信号を送信する。 (5)演出終了条件 演出終了条件は、以下のようにすることができる。 予め定められた遊技回数の終了により終了する。
【0123】ひとつには、連続演出データの初期設定通
りに、演出を終了することができる。例えば、連続演出
が選択されると、5ゲームにわたり連続演出が行われる
ものとする。この場合には、5回の遊技終了が演出終了
条件となる。また、連続演出が選択されたときに連続演
出の行われるべき遊技回数の抽選を行い、その結果に基
づいて演出回数を決定してもよい。この場合には、抽選
結果による遊技回数の終了が連続演出終了条件となる。
【0124】遊技状態の変化に応じて終了する。すな
わち、遊技状態が所定の状態に至った場合を演出終了条
件とするものである。遊技状態としては、獲得メダル
数、すなわち払い出しメダル数と投入メダル数の差枚数
が一定以上、一定以下、あるいは一定範囲となった場
合、当選回数あるいは入賞回数が所定回数となった場
合、特定の当選回数又は入賞回数が所定回数となった場
合、当選回数と入賞回数の差の回数が一定以上、あるい
は一定以下となった場合などである。
【0125】また、遊技状態の変化として、遊技の終了
又は中断をも含めて考えても良い。ここでいう遊技の終
了とは、1回の遊技の終了ではなく、一人の遊技者があ
る台において遊技をするのを止めてしまうことである。
遊技の終了又は中断は、例えば、遊技が一定時間行われ
ていないことを判断するためのタイマーや、遊技機に人
がいないことを判断するためのセンサー等を設けること
により確認することができる。
【0126】抽選により終了を決定する。これは、一
回の演出終了毎に、あるいは所定回数の遊技毎に、次回
の演出を行うか否かの継続抽選を行うものである。この
場合には、継続抽選による「継続せず」の抽選結果が連
続演出終了条件となる。なお、上記乃至の場合、入
賞を演出終了条件として優先させることもできるし、入
賞に関わらず上記した諸条件を連続演出終了条件とする
こともできる。
【0127】遊技者の意思により終了可能とする。ま
ず、一回の遊技毎に演出を終了させる方法としては、連
続演出がスタートスイッチ30の操作とストップスイッチ
50の最初の操作の間に行われる場合には、ストップスイ
ッチ50の操作により、一回分の演出を終了させることが
できる。すなわち、ストップスイッチ50の最初の操作信
号が演出終了の条件となる。また、メダル投入とスター
トスイッチ30の操作との間、あるいは回転リール40が全
部停止してからスタートスイッチ30が操作されるまでの
間に連続演出が行われる場合には、スタートスイッチ30
の操作により、一回分の演出を終了させることができ
る。すなわち、スタートスイッチ30の操作信号が演出終
了の条件となる。
【0128】さらに、一回の遊技だけでなく、その後の
連続演出も見たくないという遊技者のためには、演出キ
ャンセルスイッチを設けてもよい。この場合は、当該ス
イッチの操作信号が演出終了の条件となる。演出キャン
セルスイッチは、専用のスイッチを形成しても良いし、
既存のスイッチ、例えば精算スイッチ17と兼用にしても
良い。
【0129】そして、所定の演出終了条件が満たされた
場合には、演出の終了を決定し、表示装置66等にその信
号を送信する。 (演出データ出力手段124)演出データ出力手段124は、
演出抽選手段220の抽選結果又は演出条件判定手段230の
決定に基づいて、演出データ記憶手段121が記憶してい
る複数の演出データの中から一の演出データを遊技機の
表示装置66に出力するためのものである。
【0130】(遊技回数記憶手段130)遊技回数記憶手
段130は、演出開始までの遊技回数、又は連続演出の行
われる遊技回数を記憶するためのものである。具体的に
は、演出データ出力手段124の決定した演出データに基
づき、又は演出選択手段123の決定に基づき、遊技回数
をカウントし記憶するとともに、所定のカウント数に達
した場合にはその信号を出力するものである。遊技回数
は、メダル投入又はスタートスイッチ30の押下を基準と
して、次のメダル投入又はスタートスイッチ30の押下ま
でを1ゲームとしてカウントする。
【0131】例えば、ある演出データについて、「n回
で演出終了」が予め定められている場合には、演出開始
時の遊技を1回目として、n回の遊技をカウントする。
そしてn回目の遊技をカウントし終わったところで、演
出条件判定手段230にn回の遊技終了の信号を送信す
る。また、演出決定後、抽選回数の遊技終了後に演出を
開始する場合には、抽選手段の抽選結果に応じて遊技回
数をカウントし、演出条件判定手段230にn回の遊技終
了の信号を送信する。
【0132】(遊技信号送受信手段140)遊技信号送受
信手段140は、遊技制御装置21の発する遊技に関する諸
信号を受信して、その情報を演出決定手段120の諸手段
及び遊技回数記憶手段130に送信するものである。 (演出選択及び決定)次に、上記構成を有する演出制御
装置22の演出選択決定の概略の一例を、図8のフローを
用いて説明する。なお、図中nは連続演出回数を、iは
連続演出の最大実行可能回数を、それぞれ表すものであ
る。
【0133】まず、図8に示すステップ400におい
て、決定条件判定手段122が、演出に係る決定を行うた
めの条件を満たしているかどうかを判断する。条件に該
当しない場合にはステップ400に戻る。条件に該当す
る場合には、次のステップ401に進む。ステップ40
1において、演出の選択を行う。すなわち、演出選択手
段123が演出の有無を抽選し行われるべき演出の態様を
決定する。そして、次のステップ402に進む。
【0134】ステップ402において、演出選択手段12
3が行った抽選結果が「演出なし」かどうかを判断す
る。「演出なし」の場合には、演出選択決定の処理を終
了する。「演出なし」でない場合、すなわち、「演出有
り」のときは、次のステップ403に進む。なお、演出
の有無及び演出態様を同時に抽選により決定する場合に
は抽選結果がいずれかの演出態様となったときを「演出
有り」として判断する。
【0135】ステップ403において、演出を開始する
かどうかを判断する。すなわち、所定の演出開始条件を
満たすかどうかを判断する。演出開始条件を満たさない
場合には、ステップ403に戻る。演出開始条件を満た
す場合には、次のステップ404に進む。ステップ40
4において、n回目の演出を行う。そして、次のステッ
プ405に進む。
【0136】ステップ405において、演出を終了する
かどうかを判断する。ここで、前記ステップ401にお
いて選択された演出が独立演出の場合には、演出終了と
判断する。また、連続演出の場合には、所定の演出終了
条件に該当するかどうかを判断する。例えば演出キャン
セルスイッチが操作されたか等を判断する。演出終了条
件に該当する場合には、連続演出は終了する。一方、演
出終了条件に該当しない場合には、次のステップ406
に進む。
【0137】ステップ406において、n=iかどうか
を判断する。すなわち、今行った連続演出が、最大実行
可能回数に達したかどうかを判断する。n=iの場合に
は、連続演出を終了する。一方、n=iでない場合に
は、次のステップ407に進む。ステップ407におい
て、演出を変更するかどうかを判断する。すなわち、所
定の演出変更条件に該当するかどうかを判断する。演出
変更条件を満たす場合には、連続演出を中止して、他の
演出を行う。ここで、他の演出は独立演出であっても連
続演出であっても良い。また、他の演出終了後は、連続
演出も終了するようにしても良いし、実行済みの連続演
出の続きに戻っても良い。
【0138】一方、演出変更条件に該当しない場合に
は、次のステップ408に進む。ステップ408におい
て、n=n+1とする。そして、ステップ404に戻
る。なお、以上述べた演出選択決定は、予め連続演出の
回数iが定められている場合についてであったが、遊技
毎に連続演出を継続するか否かの継続抽選を行い、連続
演出を終了するかどうかを決定しても良い。
【0139】次に、前記ステップ401の演出選択につ
いて詳細の一例を、図9のフローに基づき説明する。ま
ず、図8におけるステップ400において、演出に係る
決定をするための条件が満たしていると判断したら、ス
テップ500において、演出抽選テーブルを変更するか
どうかを判断する。すなわち、演出条件判定手段230
が、演出抽選テーブル221の変更条件に該当するか否か
を判断する。変更条件に該当する場合には、次のステッ
プ501に進む。
【0140】ステップ501において、抽選テーブル変
更手段222が演出抽選テーブル221を変更する。そして次
のステップ502に進む。前記ステップ500におい
て、演出抽選テーブルを変更しないと判断した場合に
は、ステップ501を飛び越して、ステップ502に進
む。ステップ502において、演出の抽選を行う。すな
わち、演出抽選手段220が、演出抽選テーブル221を用い
て演出の有無及び演出内容の抽選を行う。そして、図8
のステップ402に進む。
【0141】次に、連続演出の頻度を変更する場合の制
御の一例について、図10のフローに基づき説明する。
ステップ600において、連続演出の頻度を変更するか
どうかを判断する。すなわち、演出条件判定手段230
が、連続演出の実行頻度変更条件に該当するかどうかを
判断する。頻度を変更する場合には、次のステップ60
1に進む。
【0142】ステップ601において、演出抽選テーブ
ル221を変更する。すなわち、抽選テーブル変更手段222
が、変更条件に応じて、連続演出の領域の広い、又は狭
い、若しくは連続演出の領域の無い演出抽選テーブル22
1を選択する。そして、次のステップ602に進む。前
記ステップ600において、連続演出の実行頻度を変更
しないと判断した場合には、ステップ601を飛び越し
てステップ602に進む。
【0143】ステップ602において、決定条件判定手
段122が、演出に係る決定を行うための条件を満たして
いるかどうかを判断する。条件に該当しない場合にはス
テップ602に戻る。条件に該当する場合には、次のス
テップ603に進む。ステップ603において、演出の
抽選を行う。すなわち、演出抽選手段220が演出の有無
を抽選により決定する。このとき同時に演出の態様も抽
選により決定してもよい。そして、図8のステップ40
2に進む。
【0144】本実施の形態は、以上のように構成されて
いるものであるが、このスロットマシンは、遊技機を、
遊技機の作動を制御する遊技制御手段、遊技に付随する
演出を行わせるための演出制御手段、当選か否かの抽選
を行うための当選抽選手段、抽選の結果、所定の当選役
に当選し、かつ遊技状況が予め定められた態様になった
場合に入賞として扱うための入賞手段、遊技機の作動を
開始可能にするための遊技開始手段、遊技機の作動を開
始させるための遊技作動開始手段、及び、複数回の遊技
にわたり連続した連続演出を行うことができるように形
成されているとともに、前記連続演出を、前記遊技開始
手段の作動から遊技機の作動終了までの間に行わせるた
めの連続演出制御手段として機能させるための遊技用プ
ログラムによって制御することができる。
【0145】さらに、前記遊技用プログラムを記憶した
コンピュータ読み取り可能な記憶媒体を用いて制御する
ことができる。ここで、遊技開始手段は、遊技機を作動
可能とさせる手段であり、メダルの投入によりONとな
る投入スイッチ15や、ベットスイッチ16とすることがで
きる。一方、前記遊技機用プログラムを用いて、業務用
若しくは家庭用のテレビゲーム機を制御しようとする場
合には、現実のメダル投入は行えないので、例えばメダ
ルを投入したものとして扱われるようなスイッチ等を設
け、例えば液晶ディスプレイやCRT等の画像表示装置
に投入メダルの枚数を表示するように形成することがで
きる。
【0146】また、遊技作動開始手段は、スタートスイ
ッチ30とすることができる。そして、この遊技作動開始
手段により、複数の図柄を変動表示又は停止表示させる
ための図柄表示手段の複数の図柄が変動表示されるよう
に形成することができる。図柄表示手段としては、回転
リール40を用いたものでもよいし、液晶ディスプレイや
CRT等の画像表示装置に複数の図柄を順次表示させる
ようにしたものでもよい。
【0147】なお、前記図柄表示手段に表示された図柄
の変動表示は、図柄変動停止手段手段により停止表示さ
せることができ、この図柄変動停止手段手段は、ストッ
プスイッチ50とすることができる。さらに、入賞手段と
しては、前記遊技機用プログラムを用いてスロットマシ
ンを制御する場合には、ホッパーユニット65を介して遊
技者にメダルを払い出すように形成することができる。
一方、前記遊技機用プログラムを用いて、業務用若しく
は家庭用のテレビゲーム機を制御しようとする場合に
は、現実の遊技メダルの払い出しは行えないので、例え
ば液晶ディスプレイやCRT等の画像表示装置に、獲得
メダル数の枚数表示をしたり、メダルの増減がわかるよ
うな絵(動画でも静止画でもよい)を表示するように形
成することができる。
【0148】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成されている
ので、以下に記載されるような効果を奏する。 (請求項1)請求項1記載の発明によれば、複数回の遊
技に亘り連続した連続演出を行うと共に、遊技制御装置
21からの入力を条件に連続演出に係る諸決定がなされる
ので、遊技に関連づけた決定を行うことができる遊技機
を提供することができる。
【0149】(請求項2)請求項2記載の発明によれ
ば、上記した請求項1記載の発明の効果に加え、次のよ
うな効果を奏する。すなわち、請求項2記載の発明によ
れば、連続演出の実行頻度を変更可能な遊技機を提供す
ることができる。
【0150】(請求項3)請求項3記載の発明によれ
ば、上記した請求項2記載の発明の効果に加え、次のよ
うな効果を奏する。すなわち、請求項3記載の発明によ
れば、連続演出をキャンセルすることにより、連続演出
の実行頻度を変えることができ、連続演出を見たくない
遊技者にとっても煩わしくない遊技機を提供することが
できる。
【0151】(請求項4、5)請求項4、5記載の発明
によれば、上記した請求項1乃至3記載の発明の効果に
加え、次のような効果を奏する。すなわち、請求項4、
5記載の発明によれば、連続演出の開始時期についての
種々のバリエーションを有する遊技機を提供することが
できる。
【0152】(請求項6、7)請求項6、7のそれぞれ
に記載の発明によれば、上記請求項1乃至5記載の発明
の効果を奏する遊技機用プログラム又は遊技機用プログ
ラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体を
それぞれ提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の入力、制御及び出力を示すブロック図である。
【図2】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
を示す外観正面図である。
【図3】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作の概略を示すフローである。
【図4】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作のうち、抽選処理の概略を示すフローである。
【図5】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作のうち、回転リールの回転停止処理の概略を示す
フローである。
【図6】本発明の実施の形態であって、演出制御装置の
詳細を示すブロック図である。
【図7】本発明の実施の形態であって、連続演出データ
の具体例を示す概念図である。
【図8】本発明の実施の形態であって、連続演出の選択
及び決定の概略を示すフロー示すである。
【図9】本発明の実施の形態であって、連続演出の実行
及び終了の概略を示すフローである。
【図10】本発明の実施の形態であって、連続演出の実
行及び終了の概略を示すフローである。
【符号の説明】
10 スロットマシン 11 筺体 12 表示窓 13 図柄表示窓 15 投入スイッチ 16 ベットスイ
ッチ 17 精算スイッチ 20 制御装置 21 遊技制御装置 22 演出制御装
置 30 スタートスイッチ 40 回転リール 42 リールテープ 50 ストップス
イッチ 60 リールユニット 65 ホッパーユ
ニット 66 表示装置 70 通常遊技制
御手段 80 特別遊技制御手段 91 特定導入遊
技制御手段 101 特定遊技制御手段 110 当選抽選手
段 111 乱数発生手段 112 乱数抽出手
段 113 当選判定テーブル 114 判定手段 120 演出決定手段 130 遊技回数記
憶手段 140 遊技信号送受信手段
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 杉坂 美紀 東京都台東区東上野一丁目14番7号 株式 会社オリンピア内 (72)発明者 桜井 隆博 東京都台東区東上野一丁目14番7号 株式 会社オリンピア内

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 遊技機の作動を制御すると共に、所定確
    率で当選役に係る抽選を行うための遊技制御装置と、 演出を行うための演出制御装置とを有し、 遊技機に対する操作により遊技機が作動し、遊技機が所
    定の状態になることにより作動が終了する遊技機であっ
    て、 抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ遊技状況が予
    め定められた態様になることにより入賞となる遊技機に
    おいて、 前記演出制御装置は、複数回の遊技にわたり連続した連
    続演出を行わせることができる連続演出制御手段を少な
    くとも有し、 前記連続演出制御手段は、前記遊技制御装置からの入力
    を条件に、連続演出の有無及び実行形態を決定するよう
    に形成されていることを特徴とする遊技機。
  2. 【請求項2】 前記連続演出制御手段は、所定条件に応
    じて、連続演出の実行頻度を変更可能に形成されている
    ことを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 前記遊技機は、操作手段の操作により連
    続演出の実行をキャンセル可能に形成されており、 前記連続演出制御手段は、連続演出のキャンセル回数に
    応じて、連続演出の実行頻度を変更可能に形成されてい
    ることを特徴とする請求項2記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記連続演出は、前記連続演出制御手段
    による決定が行われた遊技において開始されることを特
    徴とする請求項1乃至3記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 前記連続演出は、前記連続演出制御手段
    による決定が行われた遊技の次遊技以降に開始されるこ
    とを特徴とする請求項1乃至3記載の遊技機。
  6. 【請求項6】 遊技機を、 遊技機の作動を制御する遊技制御手段、 演出を行わせるための演出制御手段、 当選役に係る抽選を行うための当選抽選手段、 抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ遊技状況が予
    め定められた態様になった場合に入賞として扱うための
    入賞手段、 複数回の遊技にわたり連続した連続演出を行うことがで
    きるように形成されている連続演出制御手段、及び、 前記遊技制御手段からの入力を条件に、連続演出の有無
    及び実行形態を決定する演出決定手段として機能させる
    ための遊技機用プログラム。
  7. 【請求項7】 請求項6記載の遊技機用プログラムを記
    録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。
JP2001270437A 2001-09-06 2001-09-06 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体 Withdrawn JP2003070969A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001270437A JP2003070969A (ja) 2001-09-06 2001-09-06 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001270437A JP2003070969A (ja) 2001-09-06 2001-09-06 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003070969A true JP2003070969A (ja) 2003-03-11

Family

ID=19096094

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001270437A Withdrawn JP2003070969A (ja) 2001-09-06 2001-09-06 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003070969A (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005006863A (ja) * 2003-06-18 2005-01-13 Sankyo Kk スロットマシン
JP2006230951A (ja) * 2005-02-28 2006-09-07 Aruze Corp 遊技機
JP2006325942A (ja) * 2005-05-26 2006-12-07 Samii Kk スロットマシン
WO2007058303A1 (ja) * 2005-11-17 2007-05-24 Heiwa Corporation 遊技機
JP2008113999A (ja) * 2006-11-08 2008-05-22 Samii Kk スロットマシン
JP2008245698A (ja) * 2007-03-29 2008-10-16 Samii Kk 遊技機
JP2009045294A (ja) * 2007-08-21 2009-03-05 Sankyo Co Ltd スロットマシン
JP2009172232A (ja) * 2008-01-25 2009-08-06 Sammy Corp 遊技機
JP2009279154A (ja) * 2008-05-22 2009-12-03 Sammy Corp 遊技機
JP4854100B1 (ja) * 2010-12-27 2012-01-11 ネット株式会社 遊技機
JP2014012161A (ja) * 2013-07-30 2014-01-23 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2015016085A (ja) * 2013-07-10 2015-01-29 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2016131802A (ja) * 2015-01-21 2016-07-25 株式会社藤商事 遊技機

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005006863A (ja) * 2003-06-18 2005-01-13 Sankyo Kk スロットマシン
JP2006230951A (ja) * 2005-02-28 2006-09-07 Aruze Corp 遊技機
JP2006325942A (ja) * 2005-05-26 2006-12-07 Samii Kk スロットマシン
JP4624426B2 (ja) * 2005-11-17 2011-02-02 株式会社平和 遊技機
WO2007058303A1 (ja) * 2005-11-17 2007-05-24 Heiwa Corporation 遊技機
JPWO2007058303A1 (ja) * 2005-11-17 2009-05-07 株式会社平和 遊技機
JP2008113999A (ja) * 2006-11-08 2008-05-22 Samii Kk スロットマシン
JP2008245698A (ja) * 2007-03-29 2008-10-16 Samii Kk 遊技機
JP2009045294A (ja) * 2007-08-21 2009-03-05 Sankyo Co Ltd スロットマシン
JP2009172232A (ja) * 2008-01-25 2009-08-06 Sammy Corp 遊技機
JP2009279154A (ja) * 2008-05-22 2009-12-03 Sammy Corp 遊技機
JP4854100B1 (ja) * 2010-12-27 2012-01-11 ネット株式会社 遊技機
JP2015016085A (ja) * 2013-07-10 2015-01-29 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2014012161A (ja) * 2013-07-30 2014-01-23 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2016131802A (ja) * 2015-01-21 2016-07-25 株式会社藤商事 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003000792A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP3905336B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003010388A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002263247A (ja) 遊技機
JP2003024517A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体
JP2007167271A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003019254A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003079801A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002253741A (ja) 遊技機
JP2003079791A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003070969A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002095793A (ja) 遊技機
JP2003154064A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002224282A (ja) 遊技機
JP2003062170A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003000809A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002078858A (ja) 遊技機
JP2002000803A (ja) スロットマシン
JP2002153598A (ja) 遊技機
JP2005198724A (ja) 遊技機
JP2002325888A (ja) 遊技機
JP2002355363A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP4203429B2 (ja) 遊技機
JP2003052910A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002058794A (ja) スロットマシン

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060405

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060803

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060908

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20061004

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20061102

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20081211