JP2003051176A - Video recording and reproducing device and video recording and reproducing method - Google Patents

Video recording and reproducing device and video recording and reproducing method

Info

Publication number
JP2003051176A
JP2003051176A JP2001238761A JP2001238761A JP2003051176A JP 2003051176 A JP2003051176 A JP 2003051176A JP 2001238761 A JP2001238761 A JP 2001238761A JP 2001238761 A JP2001238761 A JP 2001238761A JP 2003051176 A JP2003051176 A JP 2003051176A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
recording
disk medium
means
video
program
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001238761A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Fumihiko Taguchi
Hidemoto Takahashi
文彦 田口
英基 高橋
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To eliminate a necessity for specifying a disk medium when starting the recording of a video/sound whose recording capacity up to a recording termination is unknown in a video recording device having a plurality of disk media (hard disk etc.), distributed by a high speed bus (IEEE 1394 etc.). SOLUTION: A device controller tabulates, in advance, recording priority, available capacity, etc., of all connected disk media. When video/sound recording is requested, a device control part determines a disk medium on which a video/ sound is recorded using prepared table data and issues a command for starting the recording to a corresponding medium.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、例えばハードディスクドライブのような大容量かつ高速アクセス可能なディスク媒体を複数台と、複数台のデータ記録媒体を制御するための機器制御部と、両者をIEEE1394高速シリアルバス(以下、IEEE1394バスとする)などの高速バスや高速ネットワークで接続した環境で、映像や音声データを記録する際の操作性を向上させるための装置に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention is, for example, controls a plurality of large capacity and high speed accessible disk medium such as a hard disk drive, a plurality of data recording medium a device control unit for, both the IEEE1394 high-speed serial bus (hereinafter referred to as IEEE1394 bus) in an environment connected by a high speed bus or a high speed network such as, for improving the operability at the time of recording video and audio data to an apparatus. 【0002】 【従来の技術】従来、一般家庭においてテレビ放送の記録を行うにはテープ媒体を用いたビデオテープレコーダ(以下、VTRとする)が広く用いられている。 [0004] Conventionally, a video tape recorder using tape media to do the recording of the household television broadcast (hereinafter referred to as VTR) is widely used. このV This V
TRでは1本のテープで6時間以上のTV放送を記録できる利点がある。 In TR there is an advantage of being able to record the TV broadcast six hours or more in a single tape. しかし、ランダムアクセスができない事や記録と再生が同時にできない事、また記録の際に空き領域を見つけるのが困難であるという欠点が存在している。 However, there is a drawback that can play and it can not be random access and the recording can not be at the same time, also it is difficult to find a free area at the time of recording. 更に、複数台のVTRを利用した場合、1台目のVTR内のテープを記録し終わったので、他のVTRのテープを利用して記録を継続する、といった、いわゆるリレー記録を実現することは困難であった。 Furthermore, when using a plurality of VTR, since the finished recorded tape in first unit of VTR, to continue recording by using the tape of another VTR, such as, realizing a so-called relay recording It was difficult. 【0003】このVTRに対して、ハードディスクドライブ(以下、HDDとする)やDVD−RAMに代表される大容量かつ高速アクセス可能なディスク媒体は、大容量化、および低価格化が進んできており、映像や音声の記録メディアとしての用途が広がりつつある。 [0003] for this VTR, hard disk drive (hereinafter, HDD to) large-capacity and high-speed accessible disk media is represented by or DVD-RAM has been advancing a large capacity, and low cost , it is spreading use as a recording medium of video and audio. このため、複数台のディスク媒体を接続して更に大容量化を図る装置も考案されている。 Therefore, it is also devised further apparatus increase the capacity by connecting a plurality of disk media. 【0004】例えば、図1に複数台のディスク媒体を接続した映像記録再生装置101の構成を示す。 [0004] For example, illustrating a configuration of a video recording and reproducing apparatus 101 connecting a plurality of disk media in FIG. 同装置は機器制御部103、MPEGストリーム源106、ディスク媒体105、三者をつなげる高速ネットワーク10 The apparatus apparatus control unit 103, MPEG stream source 106, a disk medium 105, a high speed network 10 that connects the three-way
4、および操作部から構成されている。 4, and it is configured from the operation unit. 機器制御部10 Device control unit 10
3は内部に管理テーブル107を保持しており、ディスク媒体105は一台以上のHDDを含んでいる。 3 holds a management table 107 inside the disk medium 105 contains one or more units of the HDD. 【0005】管理テーブル107には高速ネットワーク104でつながれているHDD1〜HDD4までの全H [0005] All H up HDD1~HDD4 being connected by a high speed network 104 to the management table 107
DDの録画可能な空き容量を保持する。 To hold the recordable free space of the DD. MPEGストリーム源106からは予めコンテンツのバイト数が判明しているストリームファイルが出力される。 From the MPEG stream source 106 is output stream file in advance the number of bytes of content found. 以上の構成において、利用者からの録画命令が操作部102を通じて発行された時に録画を行うHDDを決定するまでの手順を示したのが図2である。 In the above configuration, the showing procedures until determining the HDD for performing recording when the recording command from the user is issued through the operation unit 102 is shown in FIG 2. 【0006】図2の録画機器選択開始201直後に、高速ネットワーク104で接続されている全てのHDDの空き容量を取得し、空き容量が多い順にリスト化する(ステップ202)。 [0006] the recording device selection start 201 immediately after 2, acquires the available capacity of all the HDD connected by a high speed network 104 and listed in the order space is large (step 202). 次のステップ203においてMP MP In the next step 203
EGストリーム源106から出力される予定のストリームのサイズと管理テーブル107を参照して、録画可能なHDDがあるかどうかを判断する。 With reference to size and management table 107 of the stream that is to be outputted from the EG stream source 106, to determine if there is recordable HDD. もし録画可能なH If recordable H
DDが存在するならば、機器制御部103は該当HDD If DD is present, the device control unit 103 corresponds HDD
に対して録画命令を発行することになる。 It will be issuing a recording command against. 録画可能なH Recordable H
DDが存在しない場合には録画失敗となる。 The recording failure in the case of DD does not exist. 【0007】しかし、録画に要する容量の不足度合いが軽度の場合には、MPEGストリームのビットレートを落とすことにより、録画ストリームの全バイト数を減らすことも可能である。 However, if insufficient degree of capacity required for recording is mild, by decreasing the bit rate of the MPEG stream, it is possible to reduce the total number of bytes of the recorded stream. ステップ204では減らした状態で録画可能なHDDの有無を確認し、該当HDDが存在すれば機器制御部103は録画命令を発行する(この場合、録画したストリームの画質は悪くなってしまう)。 The presence or absence of recordable HDD in a state of reduced step 204 to confirm, the device control unit 103 if there is a corresponding HDD issues a recording command (in this case, the image quality of the recorded stream deteriorates).
ビットレートを落とした状態でも録画可能なHDDが無い場合には録画失敗となる。 The recording failure if there is no recordable HDD is also in the state dropped the bit rate. 【0008】以上の手順で録画を行うためのHDDの決定を機器制御部が行うことにより、録画開始時の操作性の向上を図ることが可能である。 [0008] By the device control unit performs the determination of the HDD for performing recording by the above procedure, it is possible to improve the recording start time of the operability. 【0009】更に図3は同じディスク媒体であるDVD [0009] Further, FIG. 3 is the same disk media DVD
−RAMを使用した映像記録再生装置301の一例を示す。 It shows an example of a video recording and reproducing apparatus 301 using -RAM. この例では複数枚のDVD−RAMを搭載できるチェンジャ機能付の装置において利用者が所望する録画番組の再生開始を容易にすることを目的としている。 Is aimed at the user to facilitate the start of reproduction of a desired recorded program in the device with a changer function in this example can be mounted a plurality of DVD-RAM. 図3 Figure 3
の映像記録再生装置301は利用者の操作内容は操作部302を通じて機器制御部303に対して送られる。 Video recording and reproducing apparatus 301 of the operation contents of the user are sent to the device control unit 303 through the operation unit 302. 【0010】機器制御部は再生を行う番組が含まれるD [0010] D device control unit that contains the program to be reproduced
VD―RAMをDVD―RAMディスク群307から選択し、チェンジャ部304に指令してDVD―RAMドライブ305への入替を行う。 The VD-RAM Select from the DVD-RAM disk group 307, performs a replacement to the DVD-RAM drive 305 instructs the changer unit 304. DVD―RAMドライブ305に設定されたDVDから再生番組のストリームがデコーダ部306に送られることにより、映像の再生が行われる構成になっている。 By DVD-RAM drive 305 from the set DVD playback program stream is sent to the decoder unit 306 has a structure in which video is reproduced. 【0011】図3の構成のように複数のDVD―RAM [0011] A plurality of DVD-RAM as in the configuration shown in FIG. 3
の制御を行える映像記録再生装置において問題になるのが、どのDVD―RAMに所望の番組が含まれるかを探し出し、再生を開始することである。 That becomes a problem in the video recording and reproducing apparatus capable of performing control of, any DVD-RAM locates it contains a desired program, it is to start playing. この問題の対策として図3ではDVD―RAM群307に含まれる一枚のDVD―RAMを、先頭データを記録する専用ディスクとして扱うようにしている。 The single DVD-RAM included in Figure 3, DVD-RAM group 307 As a countermeasure for this problem, and handled as a dedicated disk for recording first data. すなわち、録画開始時には常に先頭データ記憶ディスク308を用いて、例えば番組Aの先頭データ331を録画する。 In other words, recording the start always with head data storage disk 308, for example, to record the first data 331 of the program A. 【0012】録画開始後、5分経過した時点で、DVD [0012] After the recording start, at the time of the lapse of 5 minutes, DVD
―RAMディスク群307に含まれる他のDVD―RA Other DVD-RA that is included in the -RAM disk group 307
Mに切替えて、番組Aの残りデータ321を録画する。 Switch to M, to record the remaining data 321 of the program A.
同様にして先頭データ記憶ディスク308には番組Bの先頭データ332、番組Cの先頭データ333、番組D Leading data 332 of the program B is the leading data storage disk 308 in the same manner, the first data 333 of the program C, program D
の先頭データ334と各ディスクに残りのデータを録画する。 To record the rest of the data and the first data 334 to each disk of. 【0013】この構成で再生する番組を選択する場合、 [0013] If you want to select a program to play in this configuration,
録画開始時と同様、先頭データ記憶ディスク308がD As with the recording start time, the first data storage disc 308 D
VD―RAMドライブ305にセットされる。 Is set to VD-RAM drive 305. 利用者はこの先頭データばかり集められているDVD―RAMで番組間サーチを利用することにより、視聴する番組を決定する。 The user by using the program between the search in the DVD-RAM, which is collected only the top data, to determine the program to be viewed. 機器制御部303は先頭データ部分の再生が終わるころに残りデータが含まれるDVD−RAMへの切替えをチェンジャ部304により実施後、再生を続行する。 Device control unit 303 after performing the switching of the DVD-RAM that contains the remaining data in the time the reproduction of the first data portion ends the changer 304, to continue playing. ディスクの切替わりの間の再生についてはDVD― For playback between switching instead of disk DVD-
RAMドライブ305、もしくはデコーダ部306に含まれるバッファ領域を用いることにより、映像の切れ目が目立たないようにしている。 By using the buffer region included in RAM drive 305 or the decoder unit 306, so that break of the image is inconspicuous. 【0014】以上の構成は複数台のHDDなどに置き換えても可能であり、ディスク媒体に録画されている番組の選択と再生を容易にすることができる。 [0014] The above configuration is also possible by replacing the like to a plurality of HDD, can facilitate regeneration and selection of programs recorded on the disk medium. 【0015】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら複数台のHDDを接続した場合の録画/再生制御に関して従来の技術では幾つかの問題点があった。 [0015] SUMMARY OF THE INVENTION However in the prior art with respect to the recording / reproduction control for connecting a plurality of HDD had several problems. 【0016】図2の手順で録画を開始する場合、予め録画を行う番組の容量、すなわちバイト数がわかっている必要がある。 [0016] When starting the recording by the procedure of FIG. 2, the capacity of a program to perform pre-recording, that it is necessary to know the number of bytes. しかし、番組の容量が予めわかるのは予約録画時のようにビットレートと録画時間が判っている場合や、ディスク媒体間のダビングなどの場合に限られてしまう。 However, the capacity of the program is found in advance and if found recording time and the bit rate as during scheduled recording, is limited in the case of dubbing between the disk medium. そのため、GUIによる操作パネル内の録画ボタンにより録画開始を行うなど、録画終了がいつになるか判らない場合には、録画に使用する機器を利用者が指定する必要が発生してしまう。 For this reason, such as performing the recording start by the recording button in the operation panel by the GUI, in the case where the recording end does not know what time to become, the need to user equipment to be used for recording to specify occurs. 【0017】また図2のステップ204で用いたビットレートを落とす事により詰込む方法についても、画質を落としたくない場合や、BSディジタルなどのストリームをそのまま記録する状況では有効な方法ということができない。 [0017] For a method of stuffing by decreasing the bit rate used in step 204 of FIG. 2, and if you do not want dropped image quality, it is impossible that an effective method in the context of recording as a stream, such as BS digital . 【0018】更に図3の構成による再生番組の指定方法についても、必ず先頭データを記憶しておく媒体が必要なことや、残りデータが収められている媒体を取り出して他の映像再生装置で使用すると、先頭データを見ることができないなどの問題がある。 Furthermore regard to specifying the reproduced program according to the configuration of FIG. 3, and may require medium to be always stored first data, used in other video reproduction device retrieves a medium remaining data are contained Then, there is a problem such as not being able to see the top data. 【0019】以上の問題点に対して、終了時間がわからない番組(以下、不定長の番組)の録画開始に際して制御部が自動的に使用するディスク媒体の選択を行うことにより操作性の向上を図る。 [0019] For above problems, the program (hereinafter, indefinite length of the program) that do not know the end time to improve the operability by performing the selection of the disk medium by the control unit upon start of recording is automatically used . また、不定長の番組を録画していると次第に使用できる容量が少なくなってくるので、録画を継続していく方法の実現が必要である。 Further, since the space available progressively when is recording an indefinite length of programs becomes less, it is necessary to realize how to continue the recording. 【0020】また、再生開始時の問題についても先頭データ記録ディスクのような特別な媒体を使用せずに視聴したい番組を選択する方法の実現により、操作性の向上を図る。 Further, the implementation of the method for selecting a program to be viewed without the use of special media such as leading data recording disks for playback start time of the problem, to improve the operability. 【0021】 【課題を解決するための手段】前記の録画に関する課題を解決するために、機器制御部に接続された複数のHD [0021] [Means for Solving the Problems] To solve the problems related to the recording, a plurality of HD connected to the device control unit
Dに対して、記録を行っていく順番(以下、記録優先度)を予め割り当てる。 Against D, the order is intended to make recording (hereinafter, recording priority) allocated in advance. 【0022】機器制御部は起動時に接続されている全てのHDDから使用可能容量を取得し、管理テーブルを作成する。 The device control unit acquires the available capacity from all HDD connected at startup to create a management table. 機器制御部に対して記録開始の指示があった場合、前記の方法で作成されたテーブルの記録優先度や使用可能容量から記録に使用するHDDを選択し、記録命令を発行する。 When instructed to start recording to the device control unit, to select the HDD to be used for recording from the recording priority or available capacity of the table created by the above method, to issue a recording instruction. 本発明により、使用者が記録を開始しようとするたびに、使用するHDDの選択を行うことが不要になり、操作性の向上を実現できる。 The present invention, each time the user wants to start recording, eliminates the need for carrying out the selection of the HDD to be used, can realize an improvement in operability. 【0023】また、機器制御部は接続されているHDD [0023] In addition, HDD device control unit is connected
で記録が行われている場合、定期的に該当HDDの使用可能容量を取得して前記で作成した管理テーブルのデータを更新する。 In the case where recording is taking place, and updates the data management table created in the acquire usable capacity regularly relevant HDD. 更新した管理テーブル内にて記録に使用しているHDDの使用可能容量が一定値よりも少なくなった場合、接続されている他のHDDから一台を選びリレー記録を行う。 If the available capacity of the HDD being used for recording in the updated management table becomes smaller than a predetermined value, it performs the relay recording select single from other HDD connected. 【0024】リレー記録を行うために、継続して記録するためのHDDを決める必要があるが、記録開始する際にHDDを決めた方法と同様、機器制御部が保持している管理テーブルを用いて継続先のHDDを決定する。 [0024] To perform the relay recording, it is necessary to determine the HDD for recording continuously, similar to the method decided HDD when starting recording, using the management table device control unit holds to determine the continuation destination of HDD Te. 継続元のHDDを停止させる前に、継続先のHDDで記録を開始することにより、映像を二重で記録する時間帯を作ることにより映像の欠落を防ぐことが実現できる。 Before stopping the antecedent of HDD, by starting recording in a continuous destination HDD, it can be realized to prevent the loss of image by making the time period for recording video in double. 【0025】HDDでは記録開始から記録停止までの間に記録したデータを一つの番組として扱うが、HDDはそれぞれの番組毎に一意のIDを割り当てている。 The handle data recorded in the period from the HDD recording start to the recording stop as one program but, HDD is assigned a unique ID for each program. リレー記録の際に継続元のHDDに記録されている番組の情報を記録する領域に継続先のHDDの識別番号と作成された番組のIDを書きこむ。 Write the ID of the continuation destination HDD identification numbers and program created the information of the program recorded in the antecedent of the HDD in a region to be recorded when the relay recording. 逆に継続先の番組の情報領域に継続元のHDDの識別番号と番組のIDを書きこんでおく。 The information area of ​​continuing destination program Conversely Prefer elaborate writing the ID of the identification number and the program of antecedent of the HDD. 両方の番組属性に書きこまれている番組のID ID of the program that has been written to both the program attribute of
を参照することにより、リレー記録された番組の依存関係を維持することができる。 By reference to the, it is possible to maintain the dependency of the relay recorded program. 【0026】また、前記の再生に関する課題を達成するために、予め機器制御部は接続された複数のHDDに録画されている番組毎に記録される番組名や録画開始時刻、および録画時間といった情報を読込む。 Further, in order to achieve the object relating to the reproduction, information such advance device controller program name and recording start time are recorded for each program recorded in a plurality of HDD connected, and recording time the reads. 読込まれたデータは記録されているHDDに関係なく一つの管理テーブルとしてまとめておく。 Read written data is kept together as a single management table regardless of the HDD recorded. 映像再生装置は作成された管理テーブルを用いて、番組一覧表を表示する。 The video playback device by using the management table that has been created, to display the program list. 視聴者は表示された番組一覧表の中から再生したい番組を指定するだけで、記録されているHDDの指定を行うことなく再生を開始することができる。 The viewer can start playback without performing a just, designation of HDD that has been recorded to specify the program you want to play from the program list that is displayed. 【0027】以上のような本発明を通して、複数台のH [0027] Through the present invention as described above, the plurality of H
DDを接続している環境においても、使用者は一台のH Even in an environment that is connected to the DD, of a single the user H
DDを制御している時と同等の操作性を維持することができる。 It is possible to maintain the same operability as when controlling the DD. 【0028】 【発明の実施の形態】以下、映像記録再生装置について図面を参照しながら説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinbelow, the present invention is described with reference to the drawings a video recording and reproducing apparatus. 【0029】(実施の形態1)図4は本発明の一実施例で映像記録装置401の概略図である。 FIG. 4 (Embodiment 1) is a schematic diagram of a video recording apparatus 401 in an embodiment of the present invention. 使用者が操作した内容を、操作部402を通して機器制御部403に対して指示を与える。 What the user has operated, gives an instruction to the device control unit 403 through the operation unit 402. 与えられた指示が記録開始である場合には、機器制御部から内蔵HDD405、もしくは外付HDD406に対して記録開始コマンドが発行される。 When given instruction is a start recording, the recording start command is issued to the internal HDD405 or external HDD 406, the device control unit. HDDはMPEGストリーム源407からのMPE HDD is MPE from the MPEG stream source 407
Gストリームデータを、IEEE1394バス404を経由して受け取り、記録を行う構成になっている。 The G stream data received via the IEEE1394 bus 404, and is configured to perform recording. 機器制御部403はIEEE1394バス404上に接続されている全HDDを管理するための容量管理テーブル4 Capacity for device control unit 403 which manages the entire HDD connected on the IEEE1394 bus 404 management table 4
08を内部に保持している。 Holding the 08 inside. 【0030】なお、内蔵HDD405と外付HDD40 [0030] In addition, the built-HDD405 and external HDD40
6の差異は、物理的に機器制御部403と同一の筐体(図4では外枠410で示される)に含まれているかどうかであり、IEEE1394バス404上での違いは特にない事とする。 Differences 6, physically device control unit 403 and the same housing and in whether it is included (shown by the outer frame 410 in FIG. 4), and there is no particular difference between on the IEEE1394 bus 404 . また、MPEGストリーム源407 In addition, MPEG stream source 407
は筐体内部、もしくは外部のいずれかに存在している。 Is present in one of the housing interior or exterior. 【0031】また、ここで使用するHDDはIEEE1 [0031] In addition, HDD used here IEEE1
394Trade Associate(以下、139 394Trade Associate (below, 139
4TA)により制定されている映像/音声ストリームを記録するためのハードディスク装置とする。 A hard disk device for recording video / audio stream being established by 4TA). このHDD This HDD
では録画の開始から停止までを一つの番組として扱う。 In dealing with from the start to the stop of the recording as one of the program.
更にRoot Contents List(以下、R In addition Root Contents List (below, R
CL)というデータ構造が定義されており、HDD全体の容量や記録番組数を管理するヘッダ部分と、各番組毎の番組名や録画時間などの属性データを保持するエントリー部から構成されている。 CL) that the data structures are defined, and a entry portion for holding the header portion for managing the number of capacity and recording programs whole HDD, the attribute data such as a program name and recording time of each program. なお、RCLのエントリー部の構造を説明する際にはテーブル構造を用いる。 Note that in describing the structure of the entry portion of the RCL is used table structure. 【0032】以上の構成で、本発明に関する映像記録装置の動作を説明する。 [0032] In the above configuration, an operation of the image recording apparatus relating to the present invention. 映像記録再生装置401の立上げ直後やIEEE1394バス404のバスリセット処理終了後、同バス上に新たなHDDが接続されていることが確認された場合、新しいHDDを記録に使用する際の優先度を割り当てる。 Priority for using the case where after the bus reset processing ends in the start-up or immediately after the IEEE1394 bus 404 of the video recording and reproducing apparatus 401, that a new HDD on the same bus is connected is confirmed, the new HDD to the recording assign a. この優先度は高低の2レベルを設定できる事とする。 This priority is to be able to set the two levels of high and low. 【0033】まず内蔵HDD405は機器制御部403 [0033] The first built-HDD405 device control unit 403
と同一筐体内にあるため、最優先で記録に使用したいので優先度を“高”に設定する。 Same for housing in the body, is set to "high" priority we want to use to record with the highest priority and. 一方、着脱が自由な外付HDD406に対しては、どのタイミングでIEEE1 On the other hand, attachment and detachment for a free external HDD406, at any timing IEEE1
394バス404上から外されてしまうかわからないため優先度を“低”に設定しておく。 394 is set to "low" priority because it does not know what will be removed from the bus 404. 設定した優先度は機器制御部403のEEPROMなどに記録しておき、次回の立上げ時からは記録した情報を利用することができる。 The set priority may be recorded, such as the EEPROM of the device control unit 403, from the next time startup can utilize the recorded information. なお、優先度を接続された台数に応じて1〜nまでレベル分けし、操作部402を通じて使用者が一台毎に指定する方法も可能である。 Note that sorted level until 1~n depending on the number of connected priority, a method for a user to specify for each single via the operation section 402 is also possible. この場合、新たにIEEE In this case, a new IEEE
1394バス404上に接続されたHDDに関しては、 For the connected HDD onto the 1394 bus 404,
当初、優先度が最も低いレベルに設定することになる。 Initially, so that the priority is set to the lowest level.
また、優先度を同レベルに設定することも可能とする。 Also possible to set a priority to the same level. 【0034】機器制御部403は立上げ時にIEEE1 The device control unit 403 at the time of start-up IEEE1
394バス404上に接続されている内蔵HDD40 394 built-in is connected to the bus 404 HDD40
5、ならびに外付HDD406の各々から使用可能容量を取得する。 5, and acquires the capacity available from each of the external HDD 406. この際、HDDにはIEEE1394の電源コマンド以外の制御コマンドを受付けない状態(以下、電源待機状態)になっている場合がある。 At this time, the HDD some cases in a state that does not accept a control command other than IEEE1394 power command (hereinafter power standby state). この場合、使用可能容量を取得することができないので、電源待機状態のHDDに対して機器制御部403は電源オンコマンドを発行する。 In this case, it is impossible to obtain the available capacity, the device control section 403 issues a power-on command to the HDD power standby mode. HDDが起動した後、使用可能容量を取得して容量管理テーブル408に追加する。 After the HDD is started, to add to the volume management table 408 to obtain the available capacity. また、使用可能容量の取得に失敗したHDDが存在し、数回リトライを行った上でも取得できない場合には、使用可能容量としては0バイトを設定しておく。 In addition, there is a HDD that fails to get the available capacity, in case you can not get even after performing several times retry, as the usable capacity is set to 0 bytes. 【0035】使用可能容量の取得と並行して、機器制御部403のEEPROMから各HDDの記録優先度を取得しておき、容量管理テーブル408に機器番号と共に使用可能容量、優先度を設定する。 [0035] In parallel with the acquisition of the available capacity, advance to get the recording priority of each HDD from EEPROM of the device control section 403, the available capacity with the instrument number in the capacity management table 408, sets the priority. 使用者が操作部40 The user operation unit 40
2を通して記録開始を指示してきた時、機器制御部40 When that has a record start command through 2, the device control unit 40
3は管理テーブル408に設定されているデータから、 3 from the data set in the management table 408,
記録に使用するHDDを選択する。 To select the HDD to be used for recording. 【0036】また、機器制御部403は一定時間毎に各HDDのステータスの取得を行うが、この工程で使用可能容量も同時に取得し容量の変化があれば容量管理テーブル408を更新する。 Further, although the device control unit 403 acquires the status of each HDD every predetermined time, available space in this step also has acquired a change in capacitance at the same time updates the capacity management table 408, if any. あるいは図4中のHDDの一部がDVD−RAMドライブに置換えられた場合も、挿入されているDVDの使用可能容量が取得できる場合には他のHDDと同様に、容量管理テーブル408に設定することができる。 Or even if some HDD in FIG. 4 is replaced by DVD-RAM drive, as well as other HDD if usable capacity of the DVD that is inserted can be obtained, and sets the volume management table 408 be able to. また、DVDが入替えられた場合、一定時間毎の使用可能容量取得の工程を用いることにより容量管理テーブル408の更新を行うことができる。 Also, if the DVD has been replaced, it is possible to update the capacity management table 408 by using the available capacity acquisition step every predetermined time interval. 更に、DVDがドライブに入れられていない場合には使用可能容量として0バイトを設定しておく。 In addition, if the DVD has not been put in the drive is set to 0 bytes as available capacity. 【0037】あるいはDVD―RAMドライブが混在している場合には、優先度のレベルを例えば「高」「中」 [0037] or if the DVD-RAM drives are mixed, the level of priority, for example, "high", "medium"
「低」の三段階に定義することも可能である。 It is also possible to define the three stages of the "low". このレベル分けの場合、内蔵HDDを「高」、外付HDDを「中」、DVD−RAMを「低」とレベル設定してDV If this level of classification, the built-in HDD "high", the external HDD "medium", the DVD-RAM is set level as "low" DV
D―RAMでの録画が最後になるようにすることもできる。 May be recorded in the D-RAM is made to be the last. この容量管理テーブル408を常に最新の状況に合わせておくことにより、記録開始コマンドを受けたときに管理テーブルの更新を行うステップがなくなり、操作に対するレスポンスの向上が図れる。 By keeping together the capacity management table 408 up to date status, there is no step of updating the management table when receiving a recording start command, thereby improving the response to the operation. 【0038】機器制御部403が記録に使用するHDD The HDD of the device control unit 403 is used for recording
を決定するまでの手順を図5、図6に示す。 Figures 5 and 6 show the procedure up to determine. ステップ5 Step 5
02の初期設定では、この処理に使用する各変数の値を初期化、特に優先度の比較レベルは最高値にしておく。 The 02 initialization, initialize the value of each variable used in this process, in particular the comparison level of priority keep the maximum value.
ステップ503の優先度判定1は接続されているHDD HDD priority determination 1 in step 503, which is connected
の内から1台ごとに優先度の比較レベルに適合するかどうかをチェックする。 Check whether they conform to compare the level of priority for each one from among. 適合した場合にはステップ504 Step 504 when adapted
の容量判定1において該当HDDに使用可能容量が残っているかどうかを判定する。 Determining whether more available to the appropriate HDD capacity in a capacity determining one. 【0039】残っている場合にはステップ505のフラグ判定1に進むが、このステップでのflagはステップ503の優先度判定1、ステップ504の容量判定1 [0039] Although when the remaining proceeds to the flag determination 1 in step 505, capacity determining priority determination 1, step 504 of flag step 503 in step 1
に適合したHDDが既に存在している場合にTRUEになっている。 It has become TRUE if the HDD adapted to the already exists. もし、チェック済み機器の中で既に適合する候補HDDがある場合にはステップ506の容量判定2でのチェックが加わることになる。 If there is already compatible candidate HDD in the checked devices will be joining a check in a volume determination 2 in step 506. 候補HDDの使用可能容量がチェック中のHDDよりも大きい場合には、 If the available capacity of the candidate HDD is larger than the HDD in check,
候補HDDを使用することになるので、ステップ508 It means the use of candidate HDD, step 508
のループ判定にそのまま進む。 The process proceeds to the loop decision. 候補HDDがなかった場合、もしくはチェック中HDDの使用可能容量のほうが大きい場合には、ステップ507の変数設定にてチェック中HDDを候補HDDとなるよう変数の設定を行うことになる。 If the candidate HDD did, or if greater towards the available capacity of the check in HDD will be to set the variable to the candidate HDD checking in HDD in the variable setting step 507. 【0040】ステップ508のループ判定で接続されているHDD全てに対してのチェックが済んだと判定された場合にはステップ601のフラグ判定2に進む。 [0040] proceeds to the flag determination 2 in step 601 if the check for all the HDD are connected by a loop determination of step 508 is determined after completion. ここで、候補HDDが定まっていない場合には、ステップ6 Here, if the candidate HDD is not determined, the step 6
04の優先度判定2にて優先度の比較レベルの確認を行う。 To confirm the comparison level of priority at 04 priority determination 2. もし、判定時の比較レベルが最低であれば、記録に使用できるHDDが接続されていないということで、ステップ605の録画機器選択失敗となる。 If it compares level is lowest when the determination, that the HDD that can be used for recording is not connected, the recording device selection fails in step 605. 【0041】また、優先度の比較レベルが最低でない場合には、ステップ602の優先度変更において比較レベルを一つ落として再度、ステップ503の優先度判定1 Further, when comparing the level of priority is not the lowest again dropped one comparison level at the priority changing step 602, the priority determination 1 in step 503
からのチェック処理を開始する。 Start checking processing from. 最後に、ステップ60 Finally, step 60
1のフラグ判定2にて候補HDDがある場合には、ステップ603の録画機器選択決定となり機器制御部は録画開始コマンドを発行することになる。 If in the first flag determination 2 is candidate HDD, the instrument controller will recording device selection decision in step 603 will issue a recording start command. 【0042】以上の手順について図4を一例として説明する。 The description of FIG. 4 as an example for the above procedure. 映像記録再生装置401には全部で4台のHDD Four HDD in total to a video recording and reproducing apparatus 401
が接続されている。 There has been connected. 前記の手順で容量管理テーブル40 Capacity management table in the procedure 40
8が既に用意されている。 8 has already been prepared. 操作部402からの記録開始コマンドに対して、機器制御部403は使用機器の選定を開始する。 The recording start command from the operation unit 402, the device control unit 403 starts the selection of the equipment used. 容量管理テーブル408において、HDD In capacity management table 408, HDD
1の優先度は「高」に設定されているので、ステップ5 Since 1 priority is set to "high", Step 5
03の優先度判定1は通過するが、ステップ504の容量判定1で使用可能容量が0のため候補HDDとはならない。 Priority determination 1 of the 03 passes, but not a candidate HDD for available capacity is 0 in a volume determination 1 in step 504. 【0043】優先度が「高」の機器は他にないため、ステップ601のフラグ判定2に到達しても候補HDDがない状態である。 The device priority "high" because no other is the absence of even a candidate HDD reaches the flag determining second step 601. そのため、ステップ602の優先度変更で優先度比較レベルを一段低い「低」にして、再度チェック処理を開始する。 Therefore, by comparing priority level one step lower "low" in the priority changing step 602, it starts again check process. HDD2〜4については優先度比較レベルがいずれも「低」なので全て使用機器候補に上がるが、ステップ506の容量判定2で使用可能容量が最大のHDD4が記録使用機器となる。 Any priority comparison level for HDD2~4 but rises to "low" so all equipment used candidates, available capacity is greatest HDD4 the recording equipment used in a volume determination 2 in step 506. もし、HDD If, HDD
2とHDD4の使用可能容量が共に1200Mバイトの場合には、先に判定対象となるHDD2が記録使用機器となる。 In the case of 2 and HDD4 both 1200M bytes available capacity is of, HDD 2 which is a previously determined target is recorded using equipment. 【0044】記録に使用するHDDが決定して記録を行っているときの接続図を図7に示す。 [0044] shows a connection diagram when HDD used for recording is performed to record determined in FIG. 機器制御部703 Device control unit 703
はMPEGストリーム源707とHDD4との間にpo po between the MPEG stream source 707 and HDD4 is
int−to−point(以下、p−to−p)のI int-to-point (hereinafter, p-to-p) of I
sochronosコネクション(以下、ISOコネクション)709を接続した上で、HDD4に対して記録命令を発行してMPEGストリーム源707からのMP sochronos connection (hereinafter, ISO connection) After connecting the 709, MP from the MPEG stream source 707 by issuing a recording instruction to HDD4
EGストリームデータの記録を開始する。 Start recording EG stream data. 【0045】なお、HDDとMPEGストリーム源の接続方法としてIEEE1394バス704を用いているが、実用的なビットレート(7Mbps程度以上)で転送できる他の高速バスや、高速ネットワークなどのネットワークを用いることも可能である。 [0045] Although using the IEEE1394 bus 704 as a connection method of the HDD and the MPEG stream source, a practical bit rate other and high-speed bus can be transferred (or about 7 Mbps), the use of a network of high-speed networks it is also possible. また、記録するフォーマットとしてはMPEGストリームを挙げているが、DVなどのフォーマットに対しても適用できる。 As the format for recording but cited MPEG stream can be applied to formats such as DV. 【0046】(実施の形態2)次に、前記実施の形態1 [0046] (Embodiment 2) Next, the embodiment 1
で記録を開始した後に、記録可能な使用可能容量が少なくなったために別のHDDで記録を継続するリレー記録に関して説明する。 In after starting the recording, it will be described relay recording to continue recording on another HDD to recordable usable capacity is low. 【0047】前記の図7においてMPEGストリーム源707からのMPEGストリームをHDD4で記録している。 [0047] is recorded in HDD4 the MPEG stream from the MPEG stream source 707 in FIG. 7 of the. 機器制御部703は一定時間毎に接続されているHDDの使用可能容量を取得しているが、HDD4は記録中なので容量管理テーブル708のHDD4に対する使用可能容量は絶えず更新されている。 Although the device control section 703 acquires the available capacity of the HDD which is connected at predetermined intervals, HDD4 the capacity used for HDD4 of so in recording capacity management table 708 is continuously updated. その結果、記録開始時の図4の容量管理テーブル408では1500M As a result, the capacity management table 408 at the start of the recording of Figure 4 1500M
バイトあった使用可能容量が、図7の容量管理テーブル708では100Mバイトまで減ってきている。 Available capacity there bytes, has been reduced to 100M bytes in capacity management table 708 in FIG. 機器制御部703はHDD4の使用可能容量が一定値(ここでは100Mバイトとする)を下回った場合、別のHDD Device control unit 703 if the available capacity of HDD4 falls below a predetermined value (here, 100M bytes), another HDD
を用いてリレー記録を行うための処理を開始する。 It starts processing for performing the relay recording with. 【0048】リレー記録を開始するにあたり、機器制御部703は前記録画開始の際の図5、図6記載の手順を用いて継続記録先となるHDDの選択を行う。 [0048] In starting a relay recording, the device control unit 703 selects a HDD as a continuous recording destination using the procedure of the recording Figure 5 at the start, Fig described. この時、 At this time,
現在記録中のHDD4はチェック対象から外す。 HDD4 currently being recorded is removed from the check target. 実際に図7の例を当てはめてみると、まず最初に優先度が"高" In fact try fitting the example in Figure 7, first priority is "high"
のHDD1が存在するが、ステップ504の容量判定1 HDD1 are present, but the capacity determination 1 in step 504
で使用可能容量が0のため候補HDDとはならない。 In available capacity can not be a candidate HDD for 0. このため、比較優先度を「低」に落とすと、残りのHDD Therefore, Dropping the comparison priority "low", the remaining HDD
2、HDD3が挙げられる。 2, HDD3 and the like. 【0049】ステップ504の容量判定1により使用可能容量が大きいHDD2を継続記録先HDDとする。 [0049] and continues recording destination HDD and HDD2 available capacity is larger by the capacity determination 1 in step 504. なお、この場合には継続記録先のHDDを決定することができたが、記録に使用できるHDDが接続されていない場合も考えられる。 Although it was possible to determine the continued recording destination HDD in this case, it is also considered if the HDD can be used for recording is not connected. この場合、リレー記録を実施することができず、記録中のHDDの使用可能容量がなくなった時点で記録処理は終了する。 In this case, it is not possible to implement the relay recording, the recording processing when the available capacity is used up in the HDD during the recording is terminated. 【0050】継続記録先HDDが決定すると、図8の状態を経由してから最終的に図9の状態に移行する。 [0050] When continuously recording destination HDD is determined, ultimately shifts to the state of FIG. 9 via the state of FIG. 8. まず、図8の機器制御部803はMPEGストリーム源8 First, the device control unit 803 of FIG. 8 is an MPEG stream source 8
07と継続記録先HDD2とのISOコネクション81 07 and ISO connection with the ongoing recording destination HDD2 81
0を確立する。 To establish a 0. その後、機器制御部803はHDD2に対して記録開始コマンドを発行して記録を開始する。 Then, the device control unit 803 to start recording by issuing the record start command to the HDD 2. 【0051】この時、IEEE1394バス804上ではMPEGストリーム源807からHDD2、HDD4 [0051] From this time, MPEG stream source 807 on the IEEE1394 bus 804 HDD2, HDD4
に対してISOコネクション809、810が二重に張られている。 ISO connection 809 and 810 are stretched to double against. この状態において両HDDでの記録を開始すると、MPEGストリーム源807からの同一ストリームの記録を行うことができる。 When recording is started in both HDD in this state, it is possible to record the same stream from the MPEG stream source 807. すなわち、図8の状態ではMPEGストリーム源807からのストリームを二重に記録していることになる。 In other words, it will have been recorded in dual streams from the MPEG stream source 807 in the state of FIG. 8. 【0052】前記、二重記録の状態をしばらく続けた後に、最終的に図9のHDD2のみでの記録に移行する。 [0052] The, after continued while the state of the dual recording, eventually migrated to record only HDD2 in FIG.
HDD2、HDD4での二重記録を開始した後、30秒経過した時点で機器制御部903はHDD4に対して停止コマンドを発行する。 HDD 2, after starting the double recording in the HDD 4, the device control section 903 at the time when 30 seconds have elapsed issues a stop command to the HDD 4. HDD4の停止後、MPEGストリーム源907とHDD4とのISOコネクションを切断する。 After stopping the HDD 4, it disconnects the ISO connection with the MPEG stream source 907 and HDD 4. 以上の手順でHDD4からHDD2へのリレー録画への一連の処理を実施することができる。 It is possible to perform a series of processes from HDD4 to relay recording into HDD2 the above procedure. 【0053】なお、前記の手順で制御部903はHDD [0053] The control unit 903 in the steps HDD
4に対して停止コマンドを発行しているが、HDD4の使用可能容量がなくなり自動的に停止するまで二重記録を続けることも可能である。 Issuing a stop command to 4, but it is also possible to continue the double recording until automatically stopped eliminates the available capacity of the HDD 4. この場合、二重記録を行った時間をHDD2もしくはHDD4に記録しておく必要がある。 In this case, it is necessary to record the time of performing the double recorded on HDD2 or HDD 4. 【0054】以上の手順でリレー記録していく時の様子を図10において時系列で示す。 [0054] In the above procedure is shown in time sequence in FIG. 10 the state in which continue to relay recorded. MPEGストリーム源407から記録映像ストリーム1001が出力されており、時間の経過は左から右に進んでいるものとする。 MPEG and from the stream source 407 is output recorded video stream 1001, the passage of time is assumed to proceed from left to right. H
DD4の記録データ1002は時間t2まで記録されており、HDD2の記録データ1003は時間t1から記録開始される。 Recording data 1002 of DD4 are recorded up to the time t2, the recording data 1003 of HDD2 is initiated recorded from time t1. 【0055】時間t1までの接続図は図7であり、HD [0055] connection diagram up to the time t1 is a diagram 7, HD
D4のみで記録映像ストリーム1001を記録している。 It has recorded recording video stream 1001 only D4. 斜線部の時間t1から時間t2の間の接続図は図8 Connection diagram between times t2 from the time t1 of the hatched portion 8
であり、HDD4、HDD2両方で記録映像ストリーム1001は記録されている。 , And the recording video stream 1001 in both HDD 4, HDD 2 is recorded. 時間t2以降の接続図は図9であり、HDD2のみで記録される。 Connection diagram after time t2 is 9, is recorded in only HDD 2. このようにして継続する部分の記録を二つのHDDで二重に行うことにより、映像の欠落を防ぐことができる。 By performing the recording part to continue this way doubly two HDD, it is possible to prevent the loss of image. 【0056】しかし、このままではリレー記録を行った際に、継続記録元と継続記録先の番組の依存関係が損なわれてしまうので、図11に示す番組管理方法を説明する。 [0056] However, when performing this remains in the relay recording, since the program dependencies continuous recording destination continues recording source is impaired, describing a program management method shown in FIG. 11. 【0057】1394TAの規格では番組毎に割振られるIDは各々のHDDが行っているため、映像記録再生装置1101全体では重複するIDが存在する。 [0057] Since the ID in the 1394TA standards allocated for each program is performed each of the HDD, ID overlapping exists across video recording and reproducing apparatus 1101. そこで、従来の方法で割振られるIDに、HDD毎に設定されるシリアル番号など各HDDを識別できる数値を組合わせることにより、IEEE1394バス1104上に同一の番組IDが存在していても各番組の識別を行うことができる。 Therefore, the ID that is allocated in a conventional manner, by combining the value that can identify each HDD such as a serial number set for each HDD, even if there is the same program ID on IEEE1394 bus 1104 for each program identification can be carried out. RCLテーブルに継続元ID、継続先ID Continue the original ID to RCL table, continue destination ID
を管理するフィールドを追加する。 To add a field to manage. 【0058】通常時にはこのフィールドに書き込まれているデータは存在していないが、リレー記録が行われた際には継続記録元、継続記録先の依存関係を機器制御部1103が記録する。 [0058] Normally the data does not exist written in this field when, continued recording source when the relay recording is performed, the device control unit 1103 to continue recording destination dependency records. 前記の例の場合、リレー記録が継続記録元HDD4から継続記録先HDD2へと行われた場合、継続記録開始により継続記録先HDD2の機器番号と生成された番組IDの組合わせである“2−ID For the example, the relay if the recording is performed from the continuous recording source HDD4 to continue recording destination HDD2, is a combination of the device number and the generated program ID of continuous recording destination HDD2 by starting continuous recording "2- ID
n”を継続記録元のRCLテーブル4の継続先ID欄に記録する。 【0059】更に機器制御部1103は継続記録元HD Recording the n "to continue the destination ID field of the continuous recording source RCL table 4. [0059] Furthermore the device control unit 1103 continues the recording source HD
D4の機器番号と記録を行っていた際の番組IDの組合わせである“4−IDm”を継続記録先のRCLテーブル2の継続元ID欄に記録する。 D4 device number and a combination of the program ID when the recording has been performed "4-IDm" is recorded in the continuous source ID field of the continuous recording destination RCL table 2. この手順によりリレー記録された番組に対して双方向のリスト化を行うことができ、番組間の依存関係を保持することができる。 This procedure can be performed listing bidirectional to the relay recorded program makes it possible to hold the dependencies between programs. この方法を利用すると一つの番組が3つ以上のHDDに分割されてリレー記録が行われても依存関係が損なわれる事はない。 There is no possibility that the dependencies are impaired is performed relay record one program Using this method is divided into three or more of the HDD. 【0060】なお、実施の形態1同様、記録する映像音声データのフォーマットとしてMPEGを挙げているが、他の映像フォーマットの場合でも有効である。 [0060] Note that, as in Embodiment 1, although cited MPEG as the format of the video and audio data to be recorded, it is effective even for other video formats. また、機器制御部と記録媒体の間を結合するためにIEE Furthermore, IEE to couple between the recording medium device control unit
E1394バスを挙げているが、他の高速バスや高速ネットワークなどを使用する場合でも有効である。 E1394 cites bus, is effective even when using, for example, other high speed buses and high-speed networks. 【0061】(実施の形態3)次に、前記実施の形態2 [0061] (Embodiment 3) Next, the second embodiment
で複数のディスク媒体にリレー記録を行った番組を再生する際の方法について説明する。 In the plurality of disk media how when reproducing a program subjected to relay recorded will be described. 【0062】図12の構成でHDD4に記録されている番組mから、継続記録先であるHDD2の番組nへのリレー再生開始までの手順を図13に示す。 [0062] from the program m recorded in the configuration in HDD4 in FIG 12 shows a procedure up to relay the playback start to the program n of HDD2 is a continuation recording destination in Figure 13. 前記、図11 Wherein, Figure 11
と異なり、MEPGストリーム源1107に相当する部分がデコーダ部1207になっている。 Unlike, the portion corresponding to the MEPG stream source 1107 is turned decoder 1207. このデコーダ部1207でHDDからのストリームを解析し、映像表示部1215で再生映像を表示する。 Analyzing the stream from HDD in the decoder 1207, displays a reproduced image in the video display unit 1215. 機器制御部1203 Device control unit 1203
は一定時間毎に各HDDのステータス取得を行っている。 It is going to obtain the status of each HDD at regular time intervals. 【0063】番組の再生中であるHDD4のステータスを取得したあとの解析処理開始がステップ1301になる。 [0063] analysis process start after having acquired the status of which is in the program of regeneration HDD4 is made to step 1301. まず、再生中の番組mにリレー記録で後に続く番組があるかどうかを判定する。 First, it is determined whether there is a program that follows a relay recording in the program m being reproduced. 番組があるとして、ステップ1304では継続先の記録機器が現在IEEE139 As there is a program, recording devices of continuing destination in step 1304 the current IEEE139
4バス1204上にあるかどうかを確認する。 4 to confirm whether or not there on bus 1204. リレー再生する番組がない、もしくは番組があっても記録した機器がつながれていない場合には、この時点で継続再生処理を終了する。 When relay play is no program to be, the or devices also recorded if there is a program is not connected ends the continuous playback process at this point. 【0064】リレー再生する場合には、再生中番組が終了する1分前と30秒前にそれぞれ定められた処理を機器制御部1203は行う必要がある。 [0064] When relay play is 1 minute before and device control unit 1203 processes defined respectively before 30 seconds the program during playback is finished, it is necessary to carry out. 再生番組終了1分前で、リレー再生する番組が記録されているHDD2が電源待機状態の場合には、機器制御部1203はIEE In reproducing the program end 1 minute ago, when HDD2 a program that relays reproduced is recorded is in the power standby state, the device control unit 1203 IEE
E1394バス1204を通して電源オンコマンドを発行する。 E1394 to issue a power-on command through the bus 1204. HDDの場合、電源オンコマンドを発行して再生可能な状態になるまでは15秒程度要するため、予めHDDの起動を行う。 For HDD, until reproducible state by issuing a power on command it takes about 15 seconds, performs pre-HDD startup. 【0065】続いて再生番組終了30秒前になった時点で再生対象のHDDの切替えを行う。 [0065] Subsequently, at the time when in playback program finished 30 seconds before performing the switching of the reproduction target of the HDD. ステップ130 Step 130
7,1308で今まで再生中だったHDD4に対して機器制御部1203は停止コマンドの発行とISOコネクションの切断を行う。 Device control unit 1203 against HDD4 was being played until now in 7,1308 performs the cutting of the issue and the ISO connection of the stop command. 直後のステップ1309で機器制御部1203はリレー再生を行うHDD2とデコーダ部1207の間にISOコネクションを確立する。 Device control unit 1203 in Step 1309 immediately establishes the ISO connection between HDD2 and a decoder unit 1207 that performs relay play. 確立後、ステップ1310で機器制御部1203はHDD2 After establishment, the device control unit 1203 in Step 1310 HDD 2
に対して再生開始コマンドを発行する。 To issue a reproduction start command to the. 以上の手順でH H In the above-described procedure
DD4からHDD2までのリレー再生を行うことができる。 It is possible to perform the relay play until the HDD2 from DD4. 【0066】なお、再生中の番組終端30秒前になった時点で再生機器の切替えを行っているが、RCLテーブルに二重記録している時間t秒を追加している場合には、番組終端からt秒前になった時点で再生機器の切り替えを行なうようにする。 [0066] It should be noted, it is performed the switching of the playback device when it becomes program termination 30 seconds before being played, if you are adding the time t seconds you are double recorded in the RCL table, program to perform the switching of the playback device when it becomes t seconds before terminating. 【0067】(実施の形態4)図14は本発明の一実施例で映像記録再生装置1401の概略図である。 [0067] (Embodiment 4) FIG. 14 is a schematic diagram of a video recording and reproducing apparatus 1401 in an embodiment of the present invention. 利用者の操作内容は操作部1402を通して機器制御部140 Operation contents of the user operation unit 1402 device control unit 140 through
3に与えられる。 It is given to the 3. 与えられた指示が特定番組の再生開始である場合には、機器制御部1403内の番組管理テーブルから指定番組を記録しているHDDを判別し、内蔵HDD1405もしくは外付HDD1406の内のいずれかに対して再生命令を発行する。 When given instruction is a start of reproduction of a particular program, it determines the HDD that records designated program from the program management table in the device control unit 1403, to one of the internal HDD1405 or external HDD1406 to issue a playback instruction for. 再生を開始したHD HD that started the playback
Dから出力されるMPEGストリームデータは、IEE MPEG stream data output from the D is, IEE
E1394バス1404を経由してデコーダ部1407 E1394 decoder unit 1407 via the bus 1404
に送られ、デコードした結果を映像表示部1409で表示を行う。 Sent to, and displays the video display unit 1409 a result of decoding. 【0068】以上の構成で、本発明に関する映像記録再生装置1401の動作を説明する。 [0068] In the above configuration, an operation of the video recording and reproducing apparatus 1401 relating to the present invention. 映像記録装置140 The video recording device 140
1の立上げ時にIEEE1394バス1404上に接続されている全てのHDDのRCLテーブルを取得する。 It acquires RCL tables of all HDD connected on the IEEE1394 bus 1404 during the first startup.
RCLテーブルの例が1410から1412である。 Examples of RCL table is 1412 from 1410. この例でのRCLテーブルは、各番組に対して各HDDが一意に割り当てるID、録画開始時間、および番組名で構成されている(1394TAの規格ではこれ以外の情報も含まれているが、ここでは一部のみを抽出している)。 The RCL table in this example, ID of the HDD for each program is uniquely assigned, recording start time, and the program name has been that (1394TA configuration in standard also includes information other than this, wherein in are extracted part only). 【0069】機器制御部1403はHDD1からHDD [0069] device control unit 1403 HDD from HDD1
2,HDD3と各々のRCLテーブルを取得し、番組管理テーブル1408を作成する。 2, obtains the HDD3 and each RCL table, creating a program management table 1408. 図16の番組管理テーブル1601は各HDDのRCLテーブルから作成した一例である。 Program management table 1601 of FIG. 16 is an example made from RCL table for each HDD. この番組管理テーブル1408の場合、録画している機器に関係なく録画開始時間に着目して番組が古い順にテーブルを作成している。 In the case of this program management table 1408, program by focusing on the recording start time, regardless of the equipment you are recording is creating a table in the old order. そのため、テーブルに機器番号メンバを追加して番組を録画しているHD Therefore, HD to add the equipment number members to the table is recording the program
Dの情報を保持している。 It holds the information of D. 番組毎のIDから録画されているHDDが判明できる場合には、機器番号メンバは不要である。 If the HDD has been recorded from the ID of each program can be known, device number members is not required. 【0070】また、各HDDのRCLテーブル自体は記録が行われた順番に並べられている。 [0070] Further, RCL table itself of each HDD are arranged in the recording is performed sequentially. そのため、RCL Therefore, RCL
テーブルに記録開始時間が記録されていない番組がある場合には、同一HDDの一つ前の番組が挿入された位置に続けてテーブルに挿入する(一つ前の番組がない場合には、番組管理テーブル1408の先頭に挿入する)。 When the recording start time in the table there is a program that is not recorded, when one and the same HDD previous program is inserted into the table following the inserted position (no previous program, the program It will be inserted at the top of the management table 1408). 【0071】また、IEEE1394バス1404上に接続されているHDDの内の幾つかが電源待機状態の場合には、機器制御部1403はIEEE1394バス1 [0071] Also, in some cases the power standby mode of the HDD which is connected on the IEEE1394 bus 1404, the device control unit 1403 IEEE1394 bus 1
404を経由で電源オンコマンドを発行してHDDを起動した後にRCLテーブル情報を取得しテーブル化する。 404 to get a table the RCL table information after starting the HDD by issuing a power-on command via the. 【0072】なお、この例ではIEEE1394バス1 [0072] It should be noted that in this example IEEE1394 bus 1
404上につながれている機器はHDDのみとしているが、DVD―RAMなどの他のディスク媒体との混在も可能である。 Devices are coupled on the 404 is only a HDD, but mixed with other disk media, such as DVD-RAM is possible. この場合、他のディスク媒体に対しては番組毎の情報を保持していることが望ましいが、保持できない場合には前記の記録開始時間が記録されていない番組と同様に番組管理テーブル1408の先頭から記録されている順番にテーブルに挿入していく。 The top of this case, it is preferable that holds the information of each program for other disk media, a program if it can not hold, as in the program recording start time of the has not been recorded management table 1408 It will be inserted into the table in the order in which they are recorded from. 【0073】(実施の形態5)次に前記、番組管理テーブル1408を用いて接続されているHDDに録画されている番組の再生方法を説明する。 [0073] (Embodiment 5) Next above, the method of reproducing programs recorded in the HDD are connected will be explained with reference to program management table 1408. 図17に前記の番組管理テーブル1408を用いて、機器制御部1403が映像表示部1409に表示する番組一覧表1701の一例を示す。 Using the program management table 1408 in FIG. 17, the device control unit 1403 indicates an example of a program list 1701 to be displayed on the video display unit 1409. ただし、この例では番組管理テーブル160 However, the program management table 160 in this example
1に放送チャンネルと録画時間のメンバを追加している。 We are adding a member of the recording time and the broadcast channel to 1. 【0074】逆に、番組管理テーブル1601のうちインデックス、機器番号と番組IDはテーブルのメンバではあるが、番組一覧表1701には表示されない。 [0074] On the other hand, the index of the program management table 1601, but the equipment number and the program ID is a member of the table, it does not appear in the program list 1701. この番組一覧表1701を見る限り、利用者は複数のHDD As far as this program list 1701, the user multiple of HDD
に録画されている番組一覧であることを意識することはない。 Not being aware that it is a list of programs that have been recorded on. 番組一覧表1701の一番左の列にある黒三角印1702は操作部1402を通じて利用者が上下に動かして、再生したい番組の位置にあわせることができる。 Black triangles 1702 in the far left column of the program list 1701 the user is moving up and down through the operation section 1402, it is possible to match the position of the program you want to play. 【0075】位置をあわせた後に、再生開始を指示すると黒三角印1702に該当する番組(図17では新世界紀行(1))の再生を開始する。 [0075] After the combined position, to start the playback of the program corresponding to the black triangle 1702 and instructs the start of reproduction (in FIG. 17 New World Travel (1)). この時、操作部140 At this time, the operation unit 140
2からは番組管理テーブル1601で設定されているインデックスが機器制御部1403に渡される(図17での新世界紀行(1)の場合にはインデックス=1となる)。 From 2 index that are set in the program management table 1601 is passed to the device control unit 1403 (the index = 1 in the case of New World Travel (1) in FIG. 17). 機器制御部1403は番組管理テーブル1408 Device control unit 1403 program management table 1408
から指定された番組を記録しているHDDを判別し、該当HDDとデコーダ部1407の間のISOコネクション確立後、該当HDDに対して再生指示を発行する(図17では、該当HDDはHDD1になる)。 The HDD that records the designated program to determine from, after ISO connection establishment between the corresponding HDD and a decoder unit 1407, issues a reproduction instruction to the relevant HDD (in FIG. 17, the corresponding HDD is in HDD1 ). 【0076】再生を開始する際に、該当HDDが電源待機状態の場合、機器制御部1403は前記HDDに対してIEEE1394バス1404経由で電源オンコマンドを発行する。 [0076] When starting playback, if appropriate HDD is in the power standby mode, the device control unit 1403 issues a power-on command via the IEEE1394 bus 1404 to the HDD. 前記HDDの起動が完了した後に、機器制御部1403は該当HDDとデコーダ部1407の間のISOコネクション確立後、指定された番組の再生コマンドを発行して、再生を開始する。 After activation of the HDD has been completed, the device control unit 1403 after ISO connection establishment between the corresponding HDD and a decoder unit 1407, by issuing a play command of the designated program, and starts playing. 【0077】なお、本発明全体において映像記録再生装置の立上げ時に行う処理を図15に示す。 [0077] Incidentally, the processing performed at the time of startup of the video recording and reproducing apparatus in the entire present invention shown in FIG. 15. 立上げ直後、 Immediately after start-up,
ステップ1502でIEEE1394バス上に電源待機状態のHDDが存在すれば、機器制御部から電源オンコマンドによりHDDの立上げを行う。 If there is HDD power standby mode on the IEEE1394 bus in step 1502, it performs startup of the HDD by power-on command from the device control unit. 立上げ後、IEE After start-up, IEE
E1394バス上のHDDに対して順番に情報の取得を行う。 E1394 carry out the acquisition of information in the order to the HDD on the bus. まず、ステップ1504においてHDDの使用可能容量と番組数を取得する。 First, to obtain the number of available capacity and the program of the HDD in step 1504. 【0078】この内、使用可能容量については容量管理テーブルに設定する。 [0078] Of these, for the available capacity set to capacity management table. また、取得した番組数について、 In addition, for the number of acquired program,
各番組について番組情報取得のループを実施する。 For each program to implement the loop of the program information acquisition. ステップ1506で各番組毎に保存されている番組ID、記録開始時間、番組名を取得して、番組管理テーブルを作成していく。 Program ID in step 1506 is stored for each program, recording start time, to obtain the program name, will create a program management table. 番組管理テーブルの構成メンバーに他の情報がある場合には同時に取得してテーブルに設定する。 To set the table to get at the same time if there is other information to members of the program management table.
以上の情報取得の手順を全番組、全HDDに対して行い、立上げ処理を終了する。 More information than the acquisition of the procedure all shows, performed for all HDD, to end the start-up process. 【0079】なお、この例では記録する映像音声データのフォーマットとしてMPEGを挙げているが、他の映像フォーマットの場合でも有効である。 [0079] Although cited MPEG as the format of the video and audio data to be recorded in this example, it is effective even for other video formats. 【0080】なお、この例では機器制御部と記録媒体の間を結合するためにIEEE1394バスを挙げているが、他の高速バスやイーサーネットなどのネットワークなどを使用する場合でも有効である。 [0080] Although taking the IEEE1394 bus to couple between the recording medium device control unit in this example, it is effective even when using a network such as other high-speed buses and Ethernet. 【0081】 【発明の効果】以上に説明したように、複数台のディスク媒体の使用可能容量や記録されている番組に関する情報を機器制御部において一元的に管理することにより、 [0081] As described above, according to the present invention, by centralized management of information related to a program that is available capacity or recording of a plurality of disk media in the device controller,
一台のディスク媒体を制御するような操作性の向上を図ることができる。 It is possible to improve the operability, such as to control the single disk medium. また、リレー記録機能やリレー再生機能を設けることにより映像データの欠落を防止することができる。 Further, it is possible to prevent the loss of image data by providing the relay recording function and relay play function.

【図面の簡単な説明】 【図1】従来の発明で録画機器選択方法を説明するための基本的な機器構成を示す図【図2】従来の発明において録画機器を選択するまでの手順をフローチャート【図3】従来の発明で再生番組選択方法を説明するための基本的な機器構成を示す図【図4】本発明の記録に使用する機器の決定に関する部分の基本的な機器構成を示す図【図5】本発明で記録に使用する機器の決定を行う手順をフローチャート【図6】本発明で記録に使用する機器の決定を行う手順をフローチャート【図7】本発明でリレー記録を行った時の、ISOコネクションの接続方法の遷移を示す接続図【図8】本発明でリレー記録を行った時の、ISOコネクションの接続方法の遷移を示す接続図【図9】本発明でリレー記録を行った時の、I Flowchart a procedure until the selected recording device in BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS FIG. 1 shows a prior invention by the recording device selection methods basic equipment configuration for illustrating the FIG. 2 prior invention shows a basic device configuration of a portion relating to the determination of the equipment used to record FIG. 3 shows a basic device configuration for explaining a reproducing program selection method in the conventional invention and FIG. 4 of the present invention was relay recorded in [5] the present invention in a flow chart a procedure for determination of equipment using procedure for determination of the equipment used in the recording in the flow chart the present invention; FIG 7 the invention when, at the time of performing relay recording in connection diagram 8 the invention showing a transition of a connection method ISO connection, the relay recording in connection diagram showing a transition of a connection method ISO connections [9] the present invention when I went, I SOコネクションの接続方法の遷移を示す接続図【図10】本発明でリレー記録を行った際の時系列での遷移を示す図【図11】本発明でリレー記録を行う際の機器構成と、 And device configuration in performing the relay recording in FIG. 11 the present invention showing the transition in time series when performing a relay recording in connection diagram Figure 10 the invention showing a transition of a connection method SO connection,
リレー記録前後の番組依存関係を保持するデータ構造を説明する図【図12】本発明でリレー再生を行う際の機器構成と、 And device configuration in performing the relay play in FIGS 12A and 12B present invention for explaining the data structure that holds the program dependencies before and after the relay recording,
リレー再生のための番組依存関係を保持するデータ構造を説明する図【図13】本発明でリレー再生のために、再生対象HD For relay play in FIGS 13 present invention for explaining the data structure that holds the program dependencies for relay play, reproduced HD
Dの切替えを行うまでの手順をフローチャート【図14】本発明で映像再生に要する基本的な機器構成と、HDDに記録されている番組のテーブル構造を示す図【図15】本発明で映像記録再生装置の立上げ時の手順についてフローチャート化した図【図16】本発明の図14の構成で各HDDが管理しているRCLテーブルの情報を集めて作成された番組管理テーブル1408の一例を示す図【図17】本発明の図16の番組管理テーブルを用いて図14の映像表示部1409に表示される番組一覧表の一例を示す図【符号の説明】 101 映像記録再生装置102 操作部103 機器制御部104 高速ネットワーク105 ディスク媒体106 MPEGストリーム源107 管理テーブル111 HDD1 112 HDD2 113 HDD3 D switching the basic device configuration required for video playback in step to the flowchart FIG. 14 the present invention to perform a video recording in Figure [15] The present invention showing the table structure of a program recorded in the HDD shows an example of a flowchart of the FIG. 16 shows a program management table 1408 of the HDD in the configuration of FIG. 14 of the present invention was made to collect information for RCL table managed procedure during startup of the reproduction apparatus Figure 17] Figure [eXPLANATION oF sYMBOLS] showing an example of a program list displayed on the video display unit 1409 of FIG. 14 by using the program management table of FIG. 16 of the present invention 101 video recording and reproducing apparatus 102 operating unit 103 device control unit 104 high-speed network 105 disk medium 106 MPEG stream source 107 management table 111 HDD1 112 HDD2 113 HDD3 14 HDD4 201 記録機器選択開始202 空き容量リスト作成203 コンテンツサイズ判断1 204 コンテンツサイズ判断2 205 記録機器選択失敗206 記録機器選択終了301 映像記録再生装置302 操作部303 機器制御部304 チェンジャ部305 DVD−RAMドライブ306 デコーダ部307 DVD―RAMディスク群308 先頭データ記憶ディスク311 ディスク1 312 ディスク2 313 ディスク3 314 ディスク4 321 番組Aの残りデータ322 番組Bの残りデータ323 番組Cの残りデータ324 番組Dの残りデータ331 番組Aの先頭データ332 番組Bの先頭データ333 番組Cの先頭データ334 番組Dの先頭データ401 映像記録再生装置402 操作部403 機器制御部404 14 HDD 4 201 recording device selection start 202 free space list 203 contents size determination 1 204 content size determination 2 205 recording device selection fails 206 recording device selection end 301 video recording and reproducing apparatus 302 operating unit 303 device control unit 304 changer 305 DVD- RAM drive 306 of the remaining data 324 program D of the remaining data 323 program C of the remaining data 322 program B of the decoder unit 307 DVD-RAM disc group 308 leading data storage disk 311 disk 1 312 disk 2 313 disc 3 314 disk 4 321 program a leading data 401 video recording and reproducing apparatus of the first data 334 program D of the head data 333 program C of the head data 332 program B of the remaining data 331 program a 402 operating section 403 device control unit 404 EEE1394バス405 内蔵HDD 406 外付HDD 407 MPEGストリーム源408 容量管理テーブル409 機器制御部404と同一筐体であることを示す外枠411 HDD1 412 HDD2 413 HDD3 414 HDD4 501 スタート502 初期設定503 優先度判定1 504 容量判定1 505 フラグ判定1 506 容量判定2 507 変数設定508 ループ判定601 フラグ判定2 602 優先度変更603 記録機器選択決定604 優先度判定2 605 記録機器選択失敗701 映像記録再生装置702 操作部703 機器制御部704 IEEE1394バス705 内蔵HDD 706 外付HDD 707 MPEGストリーム源708 容量管理テーブル709 ISOコネクション711 HDD1 712 HD EEE1394 outer frame 411 HDD1 412 HDD2 413 HDD3 414 HDD4 501 Start 502 initialization 503 the priority determination indicating that the bus 405 internal HDD 406 is an external HDD 407 MPEG stream source 408 volume management table 409 device control unit 404 and the same housing 1 504 capacity determining 1 505 flag determination 1 506 capacity determining 2 507 variable sets 508 loop decision 601 flag determining 2 602 priority changing 603 recording device selection decision 604 priority determination 2 605 recording device selection fails 701 video recording and reproducing apparatus 702 operating unit 703 device control unit 704 IEEE1394 bus 705 internal HDD 706 external HDD 707 MPEG stream source 708 volume management table 709 ISO connection 711 HDD 1 712 HD 2 713 HDD3 714 HDD4 801 映像記録再生装置802 操作部803 機器制御部804 IEEE1394バス805 内蔵HDD 806 外付HDD 807 MPEGストリーム源808 容量管理テーブル809 ISOコネクション810 ISOコネクション811 HDD1 812 HDD2 813 HDD3 814 HDD4 901 映像記録再生装置902 操作部903 機器制御部904 IEEE1394バス905 内蔵HDD 906 外付HDD 907 MPEGストリーム源908 容量管理テーブル910 ISOコネクション911 HDD1 912 HDD2 913 HDD3 914 HDD4 1001 記録映像ストリーム1002 HDD4の記録データ1003 HDD2の記録データ1004 時間t1 1005 2 713 HDD3 714 HDD4 801 video recording and reproducing apparatus 802 operating unit 803 device control unit 804 IEEE1394 bus 805 internal HDD 806 external HDD 807 MPEG stream source 808 volume management table 809 ISO connection 810 ISO connection 811 HDD1 812 HDD2 813 HDD3 814 HDD4 901 recording data 1003 of the video recording and reproducing apparatus 902 operating unit 903 device control unit 904 IEEE1394 bus 905 internal HDD 906 external HDD 907 MPEG stream source 908 volume management table 910 ISO connection 911 HDD1 912 HDD2 913 HDD3 914 HDD4 1001 recorded video stream 1002 HDD 4 HDD2 record data 1004 hours t1 1005 間t2 1101 映像記録再生装置1102 操作部1103 機器制御部1104 IEEE1394バス1105 内蔵HDD 1106 外付HDD 1107 MPEGストリーム源1108 容量管理テーブル1109 RCLテーブル2 1110 RCLテーブル4 1111 HDD1 1112 HDD2 1113 HDD3 1114 HDD4 1201 映像記録再生装置1202 操作部1203 機器制御部1204 IEEE1394バス1205 内蔵HDD 1206 外付HDD 1207 デコーダ部1208 容量管理テーブル1209 RCLテーブル2 1210 RCLテーブル4 1211 HDD1 1212 HDD2 1213 HDD3 1214 HDD4 1215 映像表示部1301 ポーリング処理開始1302 継続先番組の確認 During t2 1101 video recording and reproducing apparatus 1102 operating section 1103 device control unit 1104 IEEE1394 bus 1105 internal HDD 1106 external HDD 1107 MPEG stream source 1108 capacity management table 1109 RCL table 2 1110 RCL table 4 1111 HDD1 1112 HDD2 1113 HDD3 1114 HDD4 1201 video recording and reproducing apparatus 1202 operating section 1203 device control unit 1204 IEEE1394 bus 1205 internal HDD 1206 external HDD 1207 decoder 1208 capacity management table 1209 RCL table 2 1210 RCL table 4 1211 HDD1 1212 HDD2 1213 HDD3 1214 HDD4 1215 video display unit 1301 polling process confirmation of the start of 1302 continued destination program 303 継続再生処理不要1304 継続先HDD有無の確認1305 再生中番組の時間確認1306 継続先HDDの電源オン1307 再生中HDDの停止1308 再生中HDDのISOコネクション切断1309 継続先HDDのISOコネクション確立1310 継続先HDDの再生開始1311 ポーリング処理終了1401 映像記録再生装置1402 操作部1403 機器制御部1404 IEEE1394バス1405 内蔵HDD 1406 外付HDD 1407 デコーダ部1408 番組管理テーブル1409 映像表示部1410 RCLテーブル1 1411 RCLテーブル2 1412 RCLテーブル3 1421 HDD1 1422 HDD2 1423 HDD3 1501 立上げ処理開始1502 電源オンコマンドの発行1503 ル 303 continuous playback processing unnecessary 1304 continues destination HDD presence or absence of confirmation 1305 playing time confirmation 1306 continues destination HDD of power on 1307 ISO connection established 1310 continuation of the ISO disconnection 1309 continues destination HDD of Stop 1308 playing HDD of playing in the HDD of the program previous HDD reproduction start 1311 polling process ends 1401 video recording and reproducing apparatus 1402 operating section 1403 device control unit 1404 IEEE1394 bus 1405 internal HDD 1406 external HDD 1407 decoder 1408 program management table 1409 video display unit 1410 RCL table 1 1411 RCL table 2 1412 RCL table 3 1421 HDD1 1422 HDD2 1423 HDD3 1501 startup process start 1502 power-on command issuance 1503 Le プカウンタ1初期化1504 使用可能容量、番組数取得1505 ループカウンタ2初期化1506 番組情報取得1507 ループカウンタ2チェック1508 ループカウンタ1チェック1509 立上げ処理終了1601 機器制御部の番組管理テーブル1701 番組一覧表1702 番組フォーカス用マーク Loop counter 1 Initialization 1504 available capacity, acquisition program number 1505 loop counter 2 initializes 1506 the program information acquisition 1507 loop counter 2 Check 1508 loop counter 1 checks 1509 start-up process ends 1601 the program management table of the device control unit 1701 program listings 1702 mark for the program focus

フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 5/781 H04N 5/85 Z 5/85 5/92 H 5/92 G11B 27/02 K Fターム(参考) 5B065 BA01 CA03 CC03 CC08 5C052 AA02 CC06 5C053 FA23 LA06 LA11 5D044 AB05 AB07 BC01 CC04 CC09 DE02 DE03 DE12 DE22 DE54 DE57 DE58 DE92 GK05 GK08 GK12 HL02 5D110 AA13 AA21 AA27 AA29 BB20 BB21 CF04 CF11 DA14 DB09 Of the front page Continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (Reference) H04N 5/781 H04N 5/85 Z 5/85 5/92 H 5/92 G11B 27/02 K F -term (reference) 5B065 BA01 CA03 CC03 CC08 5C052 AA02 CC06 5C053 FA23 LA06 LA11 5D044 AB05 AB07 BC01 CC04 CC09 DE02 DE03 DE12 DE22 DE54 DE57 DE58 DE92 GK05 GK08 ​​GK12 HL02 5D110 AA13 AA21 AA27 AA29 BB20 BB21 CF04 CF11 DA14 DB09

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 複数台の分散配置された映像/音声(映像または音声のいずれか一方、もしくは両方)の記録再生用ディスク媒体と、各ディスク媒体に対する制御を行う手段と、前記ディスク媒体と前記制御手段の間でデータ送受信する手段と、前記ディスク媒体の各々に対して映像/音声記録に使用する優先度を割り当てる手段を有する映像記録再生装置。 A recording and reproducing disk medium of the Claims 1] plurality of distributed video / audio (either one or both of the video or audio), a means for controlling for each disk medium , video recording and reproducing apparatus having a means for assigning a priority to be used for video / audio recording means for data transmitted and received between the disk medium and the control unit, for each of the disk medium. 【請求項2】 複数台の分散配置された映像/音声の記録再生用ディスク媒体の各ディスク媒体に対する制御を行う工程と、前記ディスク媒体と前記制御手段の間でデータ送受信する工程と、前記ディスク媒体の各々に対して映像/音声記録に使用する優先度を割り当てる工程を有する映像記録再生方法。 2. A step of performing control for each disk medium plurality of distributed video / audio recording and reproducing disk medium, a step of data transmitted and received between the disk medium and the control means, said disk video recording and reproducing method comprising the step of assigning a priority to be used for video / audio recording for each medium. 【請求項3】 複数台の分散配置された映像/音声の記録再生用ディスク媒体と、各ディスク媒体に新たに映像/音声を記録できる容量を取得する手段と、前記ディスク媒体と前記取得手段の間でデータ送受信する手段と、 3. A plurality of distributed video / audio recording and reproducing disk medium, means for obtaining a capacity for newly recorded video / audio on the disk medium, the acquisition means and the disk medium It means for data transmission and reception between,
    前記ディスク媒体の各々に対して割り当てられている優先度と前記容量取得手段から得られる使用可能容量から接続されているディスク媒体全てについての管理テーブルを作成することができる手段を有する映像記録再生装置。 Video recording and reproducing apparatus having a means capable of creating a management table for all the disk medium connected from the available capacity obtained from Allocated priority and the capacity acquisition unit for each of the disk medium . 【請求項4】 複数台の分散配置されたディスク媒体の各ディスク媒体に新たに映像/音声を記録できる容量を取得する工程と、前記ディスク媒体と前記取得手段の間でデータ送受信する工程と、前記ディスク媒体の各々に対して割り当てられている優先度と前記容量取得手段から得られる使用可能容量を取得し、前記ディスク媒体全てのデータを含む管理テーブルを作成することができる工程を有する映像記録再生方法。 4. A process for obtaining a capacity for newly recorded video / audio on the disk medium a plurality of distributed disk medium, a step of data transmitted and received between the disk medium and the acquisition unit, video recording comprising a step that can get a usable capacity obtained from allocated priority and the capacity acquisition unit for each of the disk medium, to create a management table containing said disc medium every data playback method. 【請求項5】 複数台の分散配置された映像/音声の記録再生用ディスク媒体と、前記ディスク媒体全てについての記録優先度と使用可能容量を含む管理テーブルを作成できる手段と、前記ディスク媒体と前記作成手段の間でデータ送受信する手段と、記録終了時までの記録容量が不明である映像/音声の記録を開始するに際し、前記管理テーブルの優先度、ならびに使用可能容量から記録に使用するディスク媒体を決定できる手段を有する映像記録再生装置。 5. A plurality of distributed video / audio recording and reproducing disk medium, a means for creating a management table containing a recording priority and the available space for all the disk medium, and the disk medium means for data transmission and reception between said creating means, disks used upon recording capacity until the end of recording to start recording the video / audio is unknown, the priority of the management table, and the available capacity in the recording video recording and reproducing apparatus having a means capable of determining a medium. 【請求項6】 前記使用ディスク媒体を決定する手段は、決定したディスク媒体に対して、前記通信手段を用いて記録開始を指示する手段を持つ請求項5の映像記録再生装置。 Wherein means for determining the used disk medium, to the determined disk medium, the video recording and reproducing apparatus according to claim 5 having means for instructing recording start using the communication means. 【請求項7】 複数台の分散配置されたディスク媒体全ての記録優先度と使用可能容量を含む管理テーブルを作成できる工程と、前記ディスク媒体と前記作成手段の間でデータ送受信する工程と、記録終了時までの記録容量が不明である映像/音声の記録を開始するに際し、前記管理テーブルの優先度、ならびに使用可能容量から記録に使用するディスク媒体を決定できる工程を有する映像記録再生方法。 7. a plurality of distributed disk media every recording priority and process that can create a management table that has available capacity, the steps of data transmitted and received between the disk medium and the creating means, recorded upon recording capacity up to the end to start recording of video / audio is unknown, the priority of the management table, and image recording and reproducing method having a step capable of determining the disk medium to be used from the available capacity in the recording. 【請求項8】 前記使用ディスク媒体を決定する工程は、決定したディスク媒体に対して、前記通信工程により記録開始を指示する工程を持つ請求項7の映像記録再生方法。 Determining a wherein said used disk medium, to the determined disk medium, image recording and reproducing method according to claim 7 having the step of indicating a start recording by said communication step. 【請求項9】 一台の映像/音声の記録を行っているディスク媒体と、前記以外で分散配置された複数台の停止中のディスク媒体と、前記ディスク媒体の使用可能容量を取得できる手段と、前記ディスク媒体と前記取得手段の間でデータ送受信する手段と、一定時間毎に前記取得手段で使用可能容量を取得し、記録優先度と使用可能容量の管理を行う管理テーブルの更新を行う手段を有する映像記録再生装置。 9. A disk medium recording is performed in the single video / audio, and a plurality of disk media in suspension which are distributed outside the, and means for obtaining the available capacity of the disk medium , means for performing means for data transmitted and received between the disk medium and the acquisition unit acquires the available capacity in the acquisition unit for every predetermined time, the update of the management table for managing the available recording priority capacity video recording and reproducing apparatus having a. 【請求項10】 映像/音声の記録を行っている一台のディスク媒体から使用可能容量を取得する工程と、前記記録中以外で停止中のディスク媒体で、分散配置された複数台のディスク媒体を制御する工程と、前記ディスク媒体と前記取得手段の間でデータ送受信する手段と、一定時間毎に前記取得手段で使用可能容量を取得し、記録優先度と使用可能容量の管理を行う管理テーブルの更新を行う手段を有する映像記録再生装置。 10. A process for obtaining the capacity available from a single disk media recording is performed in the video / audio, the disk medium at rest outside in the recording, dispersing arranged plurality of disk media and controlling the management table performed and means for data transmitted and received between the disk medium and the acquisition unit acquires the capacity used by the acquisition unit at regular intervals, the recording priority and available capacity management video recording and reproducing apparatus comprising means for performing update. 【請求項11】 一台の映像/音声の記録を行っているディスク媒体と、前記以外で分散配置された複数台の停止中のディスク媒体と、前記ディスク媒体全てについての記録優先度と使用可能容量を含む管理テーブルを作成できる手段と、前記ディスク媒体と前記作成手段の間でデータ送受信する手段と、前記記録中の使用可能容量が一定値を下回った場合、前記管理テーブルの優先度、ならびに使用可能容量から記録の継続に使用するディスク媒体を決定できる手段を有する映像記録再生装置。 11. usable and disk media recording is performed in the single video / audio, and a plurality of disk media in suspension which are distributed outside the, the recording priority of all the disk medium and means for creating a management table including the capacitor, and means for data transmitted and received between said forming means and said disk medium, if the available capacity in the recording falls below a predetermined value, the priority of the management table, and video recording and reproducing apparatus having a means for determining a disk medium to be used from the available capacity for continued recording. 【請求項12】 前記継続使用ディスク媒体を決定する手段は、決定したディスク媒体に対して、前記通信手段を用いて記録開始を指示する手段を持ち、従来記録に使用していたディスク媒体と二重で映像/音声が記録できる請求項11の映像記録再生装置。 12. A means for determining the continued use disk medium, to the determined disk medium has means for instructing recording start using the communication means, the disk medium which has been used in the conventional recording two weight in video recording and reproducing apparatus according to claim 11, the video / audio can be recorded. 【請求項13】 一台の映像/音声の記録を行っているディスク媒体と、前記以外で分散配置された複数台の停止中のディスク媒体から記録優先度と使用可能容量を含む管理テーブルを作成できる工程と、前記ディスク媒体と前記作成手段の間でデータ送受信する工程と、前記記録中の使用可能容量が一定値を下回った場合、前記管理テーブルの優先度、ならびに使用可能容量から記録の継続に使用するディスク媒体を決定できる工程を有する映像記録再生方法。 13. A single video / audio disk media recording is performed, create a management table that has available a recording priority capacity from the disk medium a plurality of stopping that are distributed outside the a step that can be a step of data transmitted and received between said forming means and said disk medium, if the available capacity in the recording falls below a predetermined value, the priority of the management table, and continues recording from the usable capacity video recording and reproducing method having a step capable of determining the disk medium to be used for. 【請求項14】 前記継続使用ディスク媒体を決定する工程は、決定したディスク媒体に対して、前記通信工程を用いて記録開始を指示する工程を持ち、従来記録に使用していたディスク媒体と二重で映像/音声が記録できる請求項13の映像記録再生方法。 14. step of determining the continued use disk medium, to the determined disk medium has a step of instructing recording start using the communication process, the disk medium which has been used in the conventional recording two video recording and reproducing method according to claim 13, the video / audio can be recorded in heavy. 【請求項15】 一台の映像/音声の記録を行っているディスク媒体1と、前記ディスク媒体1の使用可能容量が一定値を下回ったため、新たに記録の継続を開始した分散配置されているディスク媒体2と、ディスク媒体のコンテンツ毎にIDを割り振る手段と、ディスク媒体のコンテンツ毎に設ける情報領域にコンテンツの情報を書きこむ手段と、前記ディスク媒体1,2と前記書込み手段の間でデータ送受信する手段と、前記ディスク媒体1 And 15. The disk medium 1 is performing a record of single video / audio, the order available capacity of the disk medium 1 falls below a predetermined value, is initiated the continuation of newly recorded distributed a disk medium 2, and means for allocating an ID to each content of the disk medium, means for writing the information content in the information area provided for each content of the disk medium, data between the writing means and the disk medium 2 and means for transmitting and receiving, the disk medium 1
    の記録中コンテンツの情報領域に前記書込み手段を用いて、ディスク媒体2の機器識別番号と前記ID割振り手段で得られるIDを書きこむことにより継続記録先のコンテンツを識別する手段と、前記ディスク媒体2の記録開始したコンテンツの情報領域に前記書込み手段を用いて、ディスク媒体1の機器識別番号と前記ID割振り手段で得られるIDを書きこむことにより継続記録元のコンテンツを識別する手段を有する映像記録再生装置。 Of using said writing means in the information area of ​​the recording in the content, means for identifying the content of the continuation recording destination by writing the ID obtained by the device identification number and the ID allocation means of the disk medium 2, the disk medium using said writing means in the information area of ​​the second recording start content, images having means for identifying the content of the continuation recording source by writing the ID obtained by the apparatus identification number of the disk medium 1 the ID allocation means recording and reproducing apparatus. 【請求項16】 映像/音声の記録を行っているディスク媒体1のコンテンツにIDを割振る工程と、前記ディスク媒体1の使用可能容量が一定値を下回ったため、新たに記録の継続を開始した分散配置されているディスク媒体2のコンテンツにIDを割振る工程と、ディスク媒体のコンテンツ毎に設ける情報領域にコンテンツの情報を書きこむ工程と、前記ディスク媒体1,2と前記書込み手段の間でデータ送受信する工程と、前記ディスク媒体1の記録中コンテンツの情報領域に前記書込み工程を用いて、ディスク媒体2の機器識別番号と前記ID割振り工程で得られるIDを書きこむことにより継続記録先のコンテンツを識別する工程と、前記ディスク媒体2の記録開始したコンテンツの情報領域に前記書込み工程を用いて、ディスク媒 16. A process for allocating an ID to the content of the disk medium 1 is performing recording of video / audio, because the available capacity of the disk medium 1 falls below a predetermined value, starts the continuation of newly recorded a step of allocating an ID to the content of the disk medium 2 are distributed, a step of writing the information of the content information area provided for each content of the disk medium, between said writing means and the disk medium 2 a step of data transmission and reception, said using said writing step in the information area of ​​the content recording disk medium 1, the continuous recording destination by writing the ID obtained by the apparatus identification number of the disk medium 2 the ID allocation process and identifying a content, using the writing process in the information area of ​​the content recorded start of the disk medium 2, a disk medium 体1の機器識別番号と前記ID割振り工程で得られるIDを書きこむことにより継続記録元のコンテンツを識別する工程を有する映像記録再生方法。 Video recording and reproducing method having a step of identifying the content of the continuation recording source by writing the ID obtained body 1 of the equipment identification number and in the ID allocation process. 【請求項17】 前記継続記録したディスク媒体に対して、前半部を記録しているディスク媒体1の再生から開始し、終端部に近づいた所で、後半部を記録しているディスク媒体2の再生に切替わる手段を持つ請求項15の映像記録再生装置。 Respect 17. The continuous recording disk medium, starting from the reproduction of the disk medium 1 having recorded the first half, where close to the terminal end, the disk medium 2 having recorded the latter half video recording and reproducing apparatus according to claim 15 having the switched means playback. 【請求項18】 前記継続記録したディスク媒体に対して、前半部を記録しているディスク媒体1の再生から開始し、終端部に近づいた所で、後半部を記録しているディスク媒体2の再生に切替わる工程を持つ請求項16の映像記録再生方法。 Respect 18. The continuous recording disk medium, starting from the reproduction of the disk medium 1 having recorded the first half, where close to the terminal end, the disk medium 2 having recorded the latter half video recording and reproducing method according to claim 16 with a switched process in reproduction. 【請求項19】 映像/音声により構成される複数の番組と、各番組に付随する属性データを記録するための分散配置された複数台のディスク媒体と、前記ディスク媒体に記録されている映像/音声に付随する属性データを取得する手段と、前記ディスク媒体と前記取得手段の間でデータ送受信する手段と、前記ディスク媒体に記録されている全てのコンテンツに付随する属性データを前記取得手段により取得し、一つの管理テーブルを作成する手段を有する映像記録再生装置。 19. A video / audio by a plurality composed programs, and a plurality of disk media, which is distributed for recording attribute data associated with each program, the video recorded on the disk medium / acquiring means for acquiring attribute data accompanying the voice, and means for data transmitted and received between the disk medium and the acquisition unit, the attribute data attached to all of the content recorded on the disk medium by the acquisition unit and, video recording and reproducing apparatus having means for creating a management table. 【請求項20】 前記管理テーブルの作成手段は、電源オンコマンドしか受付けない状態(以下 電源待機状態)であるディスク媒体が接続されている場合、該当ディスク媒体の電源を制御し、前記ディスク媒体が起動後、記録されている番組に付随する情報を取得し、管理テーブルに追加する手段を持つ請求項19の映像記録再生装置。 20. Creating means of the management table, when the disk medium is in a state that does not accept only the power-on command (hereinafter power standby state) is connected to control the power of the relevant disk medium, the disk medium after starting, to obtain information associated with the program being recorded, the video recording and reproducing apparatus according to claim 19 having means for adding the management table. 【請求項21】 前記管理テーブルの作成手段は、管理テーブルを用いて接続されている前記ディスク媒体全てに記録されている番組に付随する属性データを、記録しているディスク媒体に関係なく、一覧表示する手段を持つ請求項19の映像記録再生装置。 Creation means as claimed in claim 19, wherein the management table, the attribute data attached to the program recorded on the disk medium all connected with the management table, regardless of the disk medium being recorded, list video recording and reproducing apparatus according to claim 19 having means to display. 【請求項22】 前記表示手段は表示された番組の一覧の中から、番組を記録しているディスク媒体を指定することなく、番組を直接指定することにより番組の再生を開始できる手段を持つ請求項21の映像記録再生装置。 22. From the list of programs the display means displayed, without specifying the disc medium having recorded thereon a program, having means capable of initiating playback of the program by specifying the program directly billing video recording and reproducing apparatus of claim 21. 【請求項23】 前記再生開始手段は、指定番組を記録しているディスク媒体が電源待機状態の場合、電源を投入し、該当ディスク媒体が起動した後に、番組の再生を開始する手段を持つ請求項22の映像記録再生装置。 23. The reproduction start means, if the disk medium having recorded thereon a specified program is a power standby state, power is turned, after a relevant disk medium is started, claims having means to start playback of the program video recording and reproducing apparatus of claim 22. 【請求項24】 映像/音声により構成される複数の番組と、各番組に付随する属性データを記録するための分散配置された複数台のディスク媒体から、属性データを取得する工程と、前記ディスク媒体と前記取得手段の間でデータ送受信する工程と、前記ディスク媒体に記録されている全ての番組に付随する属性データを前記取得手段により取得し、一つの管理テーブルを作成する工程を有する映像記録再生方法。 And 24. A video / audio plurality of programs composed of, from a plurality of disk media, which is distributed for recording attribute data associated with each program, a step of acquiring the attribute data, said disk Gets a step of data transmitted and received between the acquisition unit and the medium, by the acquisition unit attribute data associated with all programs recorded on the disk medium, a video recording comprising the step of creating a single management table playback method. 【請求項25】 前記管理テーブルの作成工程は、電源待機状態であるディスク媒体が接続されている場合、該当ディスク媒体の電源を制御し、前記ディスク媒体が起動後、記録されている番組に付随する情報を取得し、管理テーブルに追加する工程を持つ請求項24の映像記録再生方法。 25. creation process of the management table, when the disk medium is a power standby state is connected to control the power of the relevant disk medium, associated to the program to the disk medium after startup is recorded the information to be acquired, the image recording and reproducing method according to claim 24 having the step of adding to the management table. 【請求項26】 前記管理テーブルの作成工程は、管理テーブルを用いて接続されている前記ディスク媒体全てに記録されている番組に付随する属性データを、記録しているディスク媒体に関係なく、一覧表示する工程を持つ請求項24の映像記録再生方法。 26. creation process of the management table, the attribute data attached to the program recorded on the disk medium all connected with the management table, regardless of the disk medium being recorded, list video recording and reproducing method according to claim 24 having the step of displaying. 【請求項27】 前記表示工程は表示された番組の一覧の中から、番組を記録しているディスク媒体を指定することなく、番組を直接指定することにより番組の再生を開始できる工程を持つ請求項26の映像記録再生方法。 From 27. the list of programs the display step which displays, without specifying the disc medium having recorded thereon a program, with the process can begin playback of the program by specifying the program directly billing video recording and reproducing method of claim 26. 【請求項28】 前記再生開始工程は、指定番組を記録しているディスク媒体が電源待機状態の場合、電源を投入し、該当ディスク媒体が起動した後に、番組の再生を開始する工程を持つ請求項27の映像記録再生方法。 28. The reproduction start process, when the disk medium having recorded thereon a specified program is a power standby state, power is turned, after a relevant disk medium is started, wherein with the step of starting the playback of the program the video recording and reproducing method of claim 27.
JP2001238761A 2001-08-07 2001-08-07 Video recording and reproducing device and video recording and reproducing method Pending JP2003051176A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001238761A JP2003051176A (en) 2001-08-07 2001-08-07 Video recording and reproducing device and video recording and reproducing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001238761A JP2003051176A (en) 2001-08-07 2001-08-07 Video recording and reproducing device and video recording and reproducing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003051176A true true JP2003051176A (en) 2003-02-21

Family

ID=19069626

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001238761A Pending JP2003051176A (en) 2001-08-07 2001-08-07 Video recording and reproducing device and video recording and reproducing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003051176A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005071373A (en) * 2003-08-21 2005-03-17 Thomson Licensing Sa Method for seamlessly dividing and restoring data stream in real time
JP2006108837A (en) * 2004-10-01 2006-04-20 Sharp Corp Av apparatus
JP2006108946A (en) * 2004-10-01 2006-04-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Device selection supporting apparatus, device selection supporting method, program, and storage medium
JP2006228403A (en) * 2005-01-19 2006-08-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd Information recording apparatus
JP2009515278A (en) * 2005-11-04 2009-04-09 トムソン ライセンシングThomson Licensing Method and apparatus for managing media storage device
JP2009230637A (en) * 2008-03-25 2009-10-08 Fujitsu Ltd External connector of auxiliary storage device
JP2010009570A (en) * 2008-06-27 2010-01-14 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Computer implemented method for energy conservation in multipath data communication, computer usable program product, and data processing system
US7685166B2 (en) 2005-01-19 2010-03-23 Panasonic Corporation Information recording apparatus
KR101063606B1 (en) * 2004-12-23 2011-09-07 엘지전자 주식회사 How to perform the recording in the digital recording device
JP5180077B2 (en) * 2006-08-11 2013-04-10 パナソニック株式会社 Recording and reproducing apparatus for performing a delay measures and power saving control of multiple drive devices
JP2014045365A (en) * 2012-08-27 2014-03-13 Canon Inc Recording device and control method of the same

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005071373A (en) * 2003-08-21 2005-03-17 Thomson Licensing Sa Method for seamlessly dividing and restoring data stream in real time
JP4657652B2 (en) * 2003-08-21 2011-03-23 トムソン ライセンシングThomson Licensing How to seamlessly splitting and restore a data stream in real time
JP4519596B2 (en) * 2004-10-01 2010-08-04 パナソニック株式会社 Device selection assistance apparatus, device selection support method, a program and a recording medium
JP2006108946A (en) * 2004-10-01 2006-04-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Device selection supporting apparatus, device selection supporting method, program, and storage medium
JP4557662B2 (en) * 2004-10-01 2010-10-06 シャープ株式会社 Av equipment
JP2006108837A (en) * 2004-10-01 2006-04-20 Sharp Corp Av apparatus
KR101063606B1 (en) * 2004-12-23 2011-09-07 엘지전자 주식회사 How to perform the recording in the digital recording device
JP2006228403A (en) * 2005-01-19 2006-08-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd Information recording apparatus
US7685166B2 (en) 2005-01-19 2010-03-23 Panasonic Corporation Information recording apparatus
JP2009515278A (en) * 2005-11-04 2009-04-09 トムソン ライセンシングThomson Licensing Method and apparatus for managing media storage device
JP5180077B2 (en) * 2006-08-11 2013-04-10 パナソニック株式会社 Recording and reproducing apparatus for performing a delay measures and power saving control of multiple drive devices
JP2009230637A (en) * 2008-03-25 2009-10-08 Fujitsu Ltd External connector of auxiliary storage device
JP2010009570A (en) * 2008-06-27 2010-01-14 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Computer implemented method for energy conservation in multipath data communication, computer usable program product, and data processing system
US7958381B2 (en) 2008-06-27 2011-06-07 International Business Machines Corporation Energy conservation in multipath data communications
JP2014045365A (en) * 2012-08-27 2014-03-13 Canon Inc Recording device and control method of the same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6931198B1 (en) Apparatus and method for downloading desired data signal to user-selectable storage unit
US6763429B1 (en) Method and apparatus for recording and playing back information
US6243353B1 (en) Recording/playback apparatus using recording reservation information written onto recording medium
JPH07334939A (en) Recording medium and its reproducing device
JP2004023326A (en) Video recorder
JP2003199004A (en) Apparatus for recording broadcasting signals with function of recording reservation
JPH11162119A (en) Data processor and data recording/reproducing method applied to the same
JPH10243352A (en) Video information recording and reproducing device
JP2000113641A (en) Image information recording device and image information reproducing apparatus
JP2001167491A (en) Digital recording/reproducing device using recording medium capable of randomly accessing, and recording/ reproducing method of digital data
JP2001292388A (en) Reproducing device
US6128432A (en) Method for reproducing data recorded at multiple angles on a recording medium
JP2001266548A (en) Video and voice data recording management method
JP2005276389A (en) Information recording and reproducing method and device
JPH10208392A (en) Recording and reproducing device
JP2004357035A (en) Portable information terminal device, video server device, and editing system
EP0942416A2 (en) Apparatus and method for recording data in the residual recording capacity of recording media
US20070269189A1 (en) Digital video disc (dvd) player or digital video recorder (dvr) playback with memory
JP2002150754A (en) Image recording/reproducing device having library function
JP2001118321A (en) Reproducing/recording system and method, reproducing device and recorder
JP2004297427A (en) Apparatus and method for managing content data
JPH08279273A (en) Recording and reproducing device for data, and method thereof
CN101057295A (en) Method and apparatus for writing information on picture data sections in a data stream and for using the information
JP2002016866A (en) File management system and status information transmitting system
JPH11341440A (en) Image display device and image switching display method applied to the device