JP2003033504A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2003033504A
JP2003033504A JP2001222825A JP2001222825A JP2003033504A JP 2003033504 A JP2003033504 A JP 2003033504A JP 2001222825 A JP2001222825 A JP 2001222825A JP 2001222825 A JP2001222825 A JP 2001222825A JP 2003033504 A JP2003033504 A JP 2003033504A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
displayed
symbols
display
state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001222825A
Other languages
English (en)
Inventor
Yuzo Ito
Koji Iwasa
裕造 伊藤
浩二 岩佐
Original Assignee
Newgin Corp
株式会社ニューギン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Newgin Corp, 株式会社ニューギン filed Critical Newgin Corp
Priority to JP2001222825A priority Critical patent/JP2003033504A/ja
Publication of JP2003033504A publication Critical patent/JP2003033504A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 図柄の再変動によって表示された図柄の種別
履歴を表示して遊技者に既に表示された図柄を認識させ
ることにより、遊技者に有利となる状態へ発展する期待
感をより一層高めることができる遊技機を提供すること
にある。 【解決手段】 可視表示部Hには、再変動によって表示
された図柄(第2図柄20)の種別履歴41を表示す
る。例えば、3回の再変動が行われる場合には、図柄の
種別履歴41として3つの図柄が表示されることにな
る。そして、遊技者は、種別履歴41から再変動に伴い
過去に表示された図柄の種別を認識し、今後、表示され
る図柄などを予測することができる。また、3回の再変
動時において、同一図柄が表示されると、種別履歴41
として同一図柄の組み合わせの態様が表示される。従っ
て、種別履歴41の組み合わせの態様から大当り状態を
付与することで、遊技者は、期待感を高めることができ
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、複数種類の図柄を
可変させて表示可能な可視表示部が設けられた図柄表示
手段を備えた遊技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、遊技機の一種であるパチンコ機
は、複数種類の図柄を可変させて表示可能な可視表示部
が設けられた図柄表示手段を備えている。その具体的な
ものとしては、例えば、数字図柄や文字図柄(又は絵図
柄)を液晶画面上に3列表示可能な図柄表示手段が知ら
れている。そして、このような図柄表示手段を備えたパ
チンコ機では、可視表示部に表示された図柄の組み合わ
せの態様から各種状態を認識できるようになっている。
【0003】例えば、前記可視表示部に特定の2列の図
柄が同一図柄となって表示された場合には、その図柄の
組み合わせの態様からリーチ状態を認識することができ
る。さらに、前記可視表示部に3列の図柄が同一図柄と
なって表示された場合には、その図柄の組み合わせの態
様から大当り状態を認識することができる。
【0004】ところで、従来のパチンコ機では、前記可
視表示部に図柄を表示する際、様々な演出(変動パター
ン)が行われており、遊技者に与える遊技効果を高めて
いる。これらの演出としては、例えば、可視表示部に表
示された全ての図柄、若しくは、特定の図柄のみを再び
変動させて、変動前の図柄の種類と同一、若しくは、異
なる種類の図柄を表示させる演出(所謂、再変動)が知
られている。この再変動によれば、例えば、リーチ状態
において、はずれ状態となる図柄を一旦表示させた後、
当該図柄を再び変動させることにより、遊技者は大当り
状態へ発展する期待感を再び得ることができるようにな
っている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、前述した再
変動の演出は、可視表示部において一旦図柄を表示した
後、該図柄の変動→図柄の表示→該図柄の変動→図柄の
表示→・・・という動作が繰り返し行われているに過ぎ
なかった。そのため、遊技者は、図柄が再び変動するこ
とにより大当り状態への発展を期待しつつも、可視表示
部において前述した単調な動作を眺めているだけであ
り、パチンコ遊技の面白みに欠けていた。
【0006】また、遊技者は、再変動によってどの図柄
が表示されるのかを図柄が表示された時点で認識するた
め、期待する図柄が表示されるか否かの期待感しか得る
ことができなかった。そのため、遊技者は、前述同様
に、再変動における単調な動作を眺めているだけであ
り、遊技の面白みに欠けていた。特に、変動後の図柄が
ランダムに選出されて表示されるパチンコ機の場合に
は、この問題が顕著に現れていた。
【0007】この発明は、このような従来の技術に存在
する問題点に着目してなされたものであり、その目的
は、図柄の再変動によって表示された図柄の種別履歴を
表示して遊技者に既に表示された図柄を認識させること
により、遊技者に有利となる状態へ発展する期待感をよ
り一層高めることができる遊技機を提供することにあ
る。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記問題点を解決するた
めに、請求項1に記載の発明は、複数種類の図柄を可変
させて表示可能な可視表示部が設けられた図柄表示手段
を備え、前記可視表示部に識別可能に表示された図柄の
組み合わせに関連して遊技が行われる遊技機において、
前記可視表示部に表示された所定の図柄が再変動するこ
とによって前記可視表示部に表示された図柄の種別履歴
を表示する表示手段を備えたことを要旨とする。
【0009】請求項2に記載の発明は、請求項1に記載
の遊技機において、前記表示手段に表示された図柄の種
別履歴が所定の条件を満たす場合、遊技者に有利となる
状態を付与するように構成したことを要旨とする。
【0010】
【発明の実施の形態】(第1の実施形態)以下、本発明
をその一種であるパチンコ遊技機(以下、「パチンコ
機」という。)に具体化した第1の実施形態を図1〜図
6に基づき説明する。
【0011】図1に略示するように、本実施形態のパチ
ンコ機10において機体の外郭をなす外枠11の開口前
面側には、各種の遊技用構成部材をセットする縦長方形
の中枠12が開閉及び着脱自在に組み付けられている。
そして、前記中枠12の前面側には、機内部に配置され
た遊技盤13を透視保護するためのガラス枠を備えた前
枠14と上球皿15が共に横開き状態で開閉可能に組み
付け整合されている。さらに、前記中枠12の下部には
下球皿16、打球発射装置17等が装着されている。ま
た、前記遊技盤13の遊技領域の略中央には、図柄を変
動させて図柄組み合わせゲームを行う図柄表示手段とし
ての図柄表示装置18が配設されている。
【0012】ここで、前記図柄表示装置18の具体的構
成について図2に基づき説明する。前記図柄表示装置1
8には、液晶画面からなる報知手段及び表示手段として
の可視表示部Hが設けられており、当該可視表示部Hに
は、図2で示すように複数列(本実施形態では、3列)
の第1図柄19、第2図柄20及び第3図柄21が各列
毎に表示されるようになっている。なお、「表示」と
は、前記可視表示部Hにおいて遊技者が図柄を識別でき
る状態で前記図柄が停止していることであり、「停止」
には、所謂、ゆれ変動と言われる一旦停止状態と完全に
停止した確定停止状態の何れの状態も含まれている。
【0013】また、本実施形態における第1〜第3図柄
19〜21は、複数種類(例えば、10種類)のキャラ
クタ図柄となっている。従って、遊技者は、可視表示部
Hに表示された第1〜第3図柄19〜21の組み合わせ
の態様から大当り状態、リーチ状態、若しくは、はずれ
状態の何れかの状態を認識することできる。例えば、図
2に示すように、可視表示部Hに表示された第1〜第3
図柄19〜21が同一の図柄(同一のキャラクタ)であ
る場合には、その組み合わせの態様から大当り状態を認
識することができる。また、特定の2列(例えば、第1
図柄19と第3図柄21)が同一の図柄(同一のキャラ
クタ)である場合には、その組み合わせの態様からリー
チ状態を認識することができる。さらに、可視表示部H
に表示された第1〜第3図柄19〜21が全て異なる場
合、若しくは、第1〜第3図柄19〜21のうち、何れ
か一つが異なる場合には、その組み合わせの態様からは
ずれ状態を認識することができる。
【0014】また、図1に示すように、前記遊技盤13
の遊技領域の略中央には、前記図柄表示装置18の下方
に図示しないソレノイドにより開閉動作を行う始動入賞
口22が配置されている。さらに、前記始動入賞口22
の下方には、図示しないソレノイドにより開閉動作を行
う大入賞口23が配置されている。従って、前記打球発
射装置17の操作により前記遊技盤13の遊技領域に打
球された遊技球が始動入賞口22へ入賞するか、若しく
は、始動保留球数の記憶値に基づき、前記図柄表示装置
18では図柄組み合わせゲームが行われるようになって
いる。
【0015】なお、「始動保留球数の記憶値」とは、前
記各図柄19〜21の変動中に始動入賞口22に入賞し
た遊技球の数を所定の上限値(一般的には4)の範囲内
で記憶した値である。そして、前記記憶値が0(零)の
場合には始動入賞口22への遊技球の入賞によって図柄
組み合わせゲームが行われると共に、前記記憶値が0
(零)以外の場合には当該記憶値に基づき図柄組み合わ
せゲームが行われる。なお、前記記憶値は、始動入賞口
22への遊技球の入賞により+1され、図柄組み合わせ
ゲームの開始により−1される。
【0016】そして、前記図柄組み合わせゲームの結
果、前記可視表示部Hで第1〜第3図柄19〜21が同
一の図柄となって表示された場合(図2の状態)には、
大当り状態となって前記大入賞口23の開閉により多数
の遊技球を獲得できるチャンスが遊技者に付与されるよ
うになっている。
【0017】また、前記パチンコ機10の機裏側には、
遊技内容を統括して制御する主制御基板24(以下、
「主基板」という。)が装着されている(図1に破線で
示す。)。そして、前記主基板24には、前記図柄表示
装置18に対し図柄制御を実行する制御手段としての図
柄制御基板(以下、「図柄基板」という。)25が接続
されている(図1に破線で示す。)。この図柄基板25
は、当該主基板24から出力された各種制御信号を入力
し、当該制御信号を構成する各種制御コマンドに基づき
前記図柄表示装置18の図柄制御を実行するようになっ
ている。そして、前記可視表示部Hでは、前記制御コマ
ンドに応じた図柄組み合わせゲームが行われることによ
って、前記第1〜第3図柄19〜21が表示されるよう
になっている。
【0018】次に、前記主基板24及び図柄基板25の
具体的な構成について図3に基づき詳細に説明する。最
初に、前記主基板24について説明すると、前記主基板
24はパチンコ機10全体を制御するメインCPU26
を備えており、当該メインCPU26にはROM27及
びRAM28が接続されている。そして、前記ROM2
7には、パチンコ機10を制御するための遊技制御プロ
グラムが記憶保持されている。また、前記ROM27に
は、大当り判定用乱数(0〜630)、大当り図柄乱数
(0〜9)、左はずれ図柄乱数(0〜9)、右はずれ図
柄乱数(0〜9)、中はずれ図柄乱数(0〜9)が記憶
保持されている。さらに、前記ROM27には、リーチ
判定用乱数(0〜59)、変動パターン振分け乱数(0
〜77)などの各種乱数や、前述した各種乱数の抽出値
に対応する各種制御コマンドが記憶保持されている。
【0019】なお、「変動パターン」とは、第1〜第3
図柄19〜21が変動を開始してから、前記各図柄19
〜21が所定の図柄を確定停止させるまでの間におい
て、前記変動パターン毎に予め定められた変動時間内に
おける前記各図柄19〜21の動作パターンを示したも
のである。即ち、変動パターンは、前記図柄表示装置1
8で行われる演出に相当するものであって、例えば、リ
ーチ状態となった時に特定の図柄をコマ送り、高速送
り、若しくは、図柄以外のキャラクタを動作させるなど
各図柄19〜21の動作パターンが示されている。
【0020】また、大当り判定用乱数は、前記始動入賞
口22に遊技球が入賞した際に抽出され、その抽出され
た値によって大当り状態となるか否かを判定するもので
ある。即ち、前記ROM27には、大当り判定用乱数
(0〜630)のうち、大当り状態と判定するための所
定の大当り値(例えば、7と373)が記憶されてお
り、前記メインCPU26は、抽出された値が前記大当
り値と一致した場合に大当り状態と判定する。
【0021】また、大当り図柄乱数は、大当り判定用乱
数から大当り値が抽出された場合に、最終的に確定停止
させる図柄を決定するための乱数である。そして、大当
り図柄乱数の数値である0(零)〜9は、前述した10
種類の図柄に対応している。従って、前記大当り判定用
乱数の抽出によって大当り状態が決定された場合、大当
り図柄乱数から抽出された数値に対応する図柄が確定停
止する図柄として決定される。
【0022】また、変動パターン振分け乱数は、ROM
27に予め記憶された複数の変動パターンのうち、何れ
の変動パターンを用いて第1〜第3図柄19〜21を変
動させるかを決定するための乱数である。そして、前記
変動パターンは、大当り状態用、リーチ状態用、はずれ
状態用など複数の状態毎に区分してテーブル化されてお
り、該テーブル毎に前記変動パターン振分け乱数の数値
が振分けられている。従って、メインCPU26は、例
えば、大当り判定用乱数の抽出によって大当り状態が決
定された場合、抽出した変動パターン振分け乱数の数値
に対応する変動パターンを大当り状態用の変動パターン
テーブルから選択する。
【0023】また、前記RAM28には、前記始動入賞
口22に入賞した遊技球のうち、始動保留球数として記
憶した前記記憶値や前記メインCPU26が演算処理し
た前記制御コマンドを記憶保持するようになっている。
そして、前記メインCPU26は、前記図柄表示装置1
8に対し図柄制御を指示する際、前記制御コマンドなど
を制御信号(8ビットの信号MD0〜MD7)として出
力ポート29及び出力バッファ30を介して前記図柄基
板25に出力するようになっている。また、前記メイン
CPU26は、前記制御信号の出力タイミングに併せ
て、前記図柄基板25に対し前記制御信号を構成する制
御コマンドの読込みを指示するための読込信号(INT
信号、若しくは、ストローブ信号)を出力ポート29及
び出力バッファ30を介して出力するようになってい
る。
【0024】ここで、前記制御コマンドについて簡単に
説明すると、前記主基板24のROM27には、前記各
図柄19〜21の変動開始及び変動パターンを指示する
変動開始コマンド、各図柄19〜21を各列毎に指示す
る図柄指定コマンド及び各図柄19〜21を確定停止さ
せる全図柄停止コマンドが記憶保持されている。そし
て、これらの各コマンドは、前記各種乱数の抽出値に基
づき選択されるようになっている。即ち、各変動パター
ンには、各別に対応する変動開始コマンドが定められて
おり、前記メインCPU26は変動パターン振分け乱数
の抽出値に応じて選択された変動パターンに対応する変
動開始コマンドを演算処理するようになっている。ま
た、第1〜第3図柄19〜21には、各別に対応する図
柄指定コマンドが定められており、前記メインCPU2
6は大当り図柄乱数や各はずれ図柄乱数の抽出値に応じ
て選択された図柄(キャラクタ図柄)に対応する図柄指
定コマンドを演算処理するようになっている。
【0025】次に、前記主基板24が前記図柄基板25
に対し図柄制御を指示するための制御コマンドを出力す
る態様の一例を説明する。前記主基板24のメインCP
U26は、前記始動入賞口22への遊技球の入賞に伴
い、前記大当り判定用乱数、及び、前記大当り図柄乱数
の各数値を抽出する。また、前記メインCPU26は、
抽出した大当り判定用乱数の数値が前記大当り値と一致
するか否かを判定する。そして、その判定結果が一致し
た場合、前記メインCPU26は、前記大当り図柄乱数
の数値に対応する図柄を確定停止させる図柄として決定
する。さらに、前記メインCPU26は、前記変動パタ
ーン振分け乱数の数値を抽出し、大当り状態用の変動パ
ターンテーブルから前記数値に対応する変動パターンを
選択する。
【0026】従って、前記メインCPU26は、最初
に、前記図柄基板25に対し、前記各図柄19〜21の
変動開始を指示すると共に、変動パターン振分け乱数の
抽出値によって選択された変動パターンからなる変動開
始コマンドを制御信号として出力する。次に、前記メイ
ンCPU26は、大当り図柄乱数の抽出値によって決定
された第1〜第3図柄19〜21に対応する各図柄指定
コマンドを制御信号として出力する。また、前記メイン
CPU26は、変動開始コマンドによって出力した変動
パターンに対応する変動時間に併せて、図柄指定コマン
ドで指示した全ての図柄を確定停止させるための全図柄
停止コマンドを制御信号として出力する。
【0027】次に、前記制御コマンドを入力し、当該コ
マンドに基づき図柄表示装置18の図柄制御を実行する
図柄基板25の具体的な構成について図3に基づき説明
する。
【0028】前記図柄基板25は、前記図柄表示装置1
8に対し図柄制御を実行するためのサブCPU31を備
えており、当該サブCPU31には前記主基板24が出
力した制御信号及び読込信号を入力する入力バッファ3
2が接続されている。さらに、前記入力バッファ32に
は入力ポート33が接続されており、前記制御信号は前
記入力ポート33を介して前記サブCPU31に入力さ
れるようになっている。
【0029】また、前記サブCPU31には、ROM3
4及びRAM35が接続されている。そして、前記RO
M34には、前記図柄表示装置18の図柄制御を行うた
めの制御プログラムや、前記変動開始コマンド(変動パ
ターン)に対応する具体的な制御内容(第1〜第3図柄
19〜21の動作パターン)が記憶保持されている。一
方、前記RAM35には、前記主基板24から出力され
た前記制御コマンドなどが記憶保持されるようになって
いる。
【0030】そして、前記サブCPU31には、前記第
1〜第3図柄19〜21の動作パターンに応じて、図柄
表示装置18(可視表示部H)の表示内容を制御するた
めのVDP(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサ)36
が接続されている。また、前記VDP36には、キャラ
クタROM37及びビデオRAM38が接続されてい
る。そして、前記キャラクタROM37には、前記可視
表示部Hに表示される、例えば、第1〜第3図柄19〜
21となるキャラクタ画、背景画や文字などの各種画像
情報が記憶保持されている。また、前記ビデオRAM3
8には、前記制御コマンドなどに基づき前記VDP36
が前記キャラクタROM37に記憶されている前記画像
情報を用いて生成した可視表示部Hの表示内容を制御す
るための表示制御情報が記憶保持されるようになってい
る。そして、前記VDP36は、前記表示制御情報を画
像信号に変換し、前記図柄表示装置18に対し出力する
ようになっている。
【0031】従って、前記図柄基板25(サブCPU3
1)は、前記制御コマンドを入力すると、該コマンドに
対応する制御内容に基づき、第1〜第3図柄19〜21
の変動開始から確定停止までの動作パターンを制御す
る。一方、前記VDP36は、前記制御内容に対応する
表示制御情報を生成し、当該表示制御情報に基づき図柄
表示装置18(可視表示部H)の表示内容を制御する。
これにより、前記可視表示部Hには第1〜第3図柄19
〜21が表示されると共に、前記各図柄19〜21の動
作パターンに応じて可視表示部Hにおける表示内容が制
御される。
【0032】次に、このように構成されたパチンコ機1
0において、前記変動パターン中に示された本実施形態
の特徴的な第1〜第3図柄19〜21の動作パターン、
特に、図柄の再変動に伴う特徴的な動作パターンについ
て図4〜図6に基づき詳細に説明する。
【0033】なお、「再変動」とは、前記図柄表示装置
18(可視表示部H)に第1〜第3図柄19〜21が表
示(一旦停止状態)された後、全ての図柄19〜21、
若しくは、第1〜第3図柄19〜21のうち所定の図柄
を再び変動させる演出である。
【0034】そして、本実施形態の特徴的な再変動に伴
う図柄の動作パターンは、リーチ状態となった時に、は
ずれ状態の図柄の組み合わせの態様となるように第2図
柄20を一旦表示させた後、当該図柄20を再変動させ
ることにより、遊技者が大当り状態となる期待感を再び
得ることができるようになっている。この時、本実施形
態においては、再変動させる第2図柄20が再び変動す
ることを期待できる回数を遊技者に対して予め報知する
ことにより、大当り状態(遊技者に有利となる状態)に
発展する期待感をより一層高めることができるようにな
っている。
【0035】以下に、本実施形態の再変動に伴う変動パ
ターンを実現するための具体的な構成について説明す
る。まず、前記変動パターンに対応する具体的な制御内
容には、第2図柄20が再び変動することを期待できる
回数(本実施形態では3回。以下、「再変動回数」とい
う。)が示されている。また、前記制御内容には、第2
図柄20が再変動する前に表示させる図柄、及び、再変
動に伴い前記第2図柄20として前記可視表示部Hに表
示させる図柄を選出するための処理内容が示されてい
る。そして、前記サブCPU31は、前記処理内容に基
づき、3回目の再変動に対応して表示する図柄を第2図
柄20に対応する図柄指定コマンドで指定された図柄と
して決定する一方で、その他の図柄を所定の方法に基づ
き夫々選出する。この選出方法としては、例えば、複数
種類の図柄(本実施形態では10種類)からランダムに
選出する方法や、図柄に配列順が規定されている場合に
は3回目に表示する図柄を基準として昇順側、若しく
は、降順側に配列されている3つの図柄を選出する方法
などが考えられる。なお、本実施形態では、前記サブC
PU31が図柄をランダムに選出する場合を例にして説
明する。
【0036】そして、前記サブCPU31は、前記変動
開始コマンド及び図柄指定コマンドを入力すると、3回
目の再変動に対応して表示する図柄を除いて、可視表示
部Hに一旦表示する図柄をランダムに選出して決定する
と共に、3回目の再変動に対応して表示する図柄を前記
図柄指定コマンドで指示された図柄として決定する。そ
して、前記VDP36は、前記サブCPU31によって
決定された各図柄を表示するための表示制御情報を生成
する。
【0037】また、前記図柄基板25のキャラクタRO
M37には、図4(c)に示すような、第2図柄20の
再変動回数40に対応する画像情報が記憶保持されてい
る。そして、前記VDP36は、前記画像情報に基づ
き、図柄の再変動が1回行われる毎に前記再変動回数4
0が減算された結果を可視表示部Hに表示するための表
示制御情報を生成する。
【0038】さらに、前記変動パターンに対応する具体
的な制御内容には、図5(a)に示すような、再変動に
伴い前記第2図柄20として前記可視表示部Hに表示し
た図柄の種別履歴41を表示することが示されている。
そのため、前記VDP36は、前記サブCPU31が選
出した図柄に対応するキャラクタ画を前記キャラクタR
OM37から読出し、種別履歴41として表示するため
の表示制御情報を生成する。
【0039】そして、生成された各表示制御情報は前記
図柄基板25のビデオRAM38に記憶保持されると共
に、前記制御内容(制御タイミング)に併せて画像信号
に変換されて前記図柄表示装置18に対し出力される。
また、前記可視表示部Hには、前記再変動回数40及び
種別履歴41を各別に表示するための表示位置(可視表
示部Hの右上隅、及び、左上隅)が定められている。そ
のため、前記VDP36は、前記再変動回数40及び種
別履歴41を前記表示制御情報に基づき各別に表示位置
に表示させるようになっている。そして、前記再変動回
数40及び種別履歴41の表示位置は、前記第1〜第3
図柄19〜21と重ならない位置となっているため、遊
技者に対し分かりやすく前記再変動回数40及び種別履
歴41を表示することができる。
【0040】次に、図柄の再変動に伴って、前記可視表
示部Hにおいて、第2図柄20が再び変動することを期
待できる回数(再変動回数40)を遊技者に対して予め
報知する態様を説明する。
【0041】前記図柄基板25(サブCPU31及びV
DP36)は、前記主基板24が出力した変動開始コマ
ンド及び各図柄指定コマンドに基づき、前記可視表示部
Hにおいて前記第1〜第3図柄19〜21を変動させ
る。また、前記図柄基板25は、変動を開始後、所定時
間が経過すると、前記第1〜第3図柄19〜21を順次
表示する(図4(a))。なお、図4(a)では、第
1,第3図柄19,21として同一の図柄(河童の女の
子の意匠からなる図柄)が表示され、可視表示部Hにお
いてリーチ状態となった状態が示されている。
【0042】また、図4(a)では、リーチ状態の演出
の結果、第2図柄20として第1,第3図柄19,21
とは異なる図柄(水の雫の意匠からなる図柄)が表示さ
れる。なお、このとき第2図柄20として一旦表示され
た図柄(水の雫の意匠からなる図柄)は、前記サブCP
U31によってランダムに選出された図柄となってい
る。また、可視表示部Hでは、第1〜第3図柄19〜2
1の組み合わせの態様からはずれ状態が認識できる状態
となっている。そして、可視表示部Hに表示された第1
〜第3図柄19〜21は、一旦停止状態、所謂、ゆれ変
動状態となっている。
【0043】次に、図4(a)の状態において、本実施
形態では、可視表示部Hに一旦表示された第2図柄20
を変動させることにより(図4(b))、第2図柄20
が再変動を開始することを遊技者に対し報知するように
なっている。従って、遊技者は、可視表示部Hにおいて
前記第2図柄20が変動する様子を見て、図柄の再変動
が行われることを認識することができる。また、遊技者
は、リーチ状態が認識できる状態において図柄の再変動
が開始されることにより、大当り状態への期待感を高め
ることができる。
【0044】そして、前記可視表示部Hには、一旦、図
4(a)の状態において表示された第2図柄20と同じ
図柄(水の雫の意匠からなる図柄)が再び表示される
(図4(c))。また、該図柄の表示と略同時に、前記
可視表示部Hの右上隅には、前記VDP36が画像信号
として出力した表示制御情報に基づき、再変動に基づく
前記第2図柄20の再変動回数40が表示される。従っ
て、パチンコ遊技中に遊技者の視線が最も多く集中する
可視表示部Hにおいて、前記再変動回数40を視覚的に
報知することで、遊技者は、再変動回数40(若しく
は、再変動回数40の残数)を容易に理解することがで
きる。
【0045】なお、図4及び図5の各図では、前記再変
動回数40が「×」印によって示されており、各図面に
示した「×」印の表示個数が前記再変動回数40に対応
している。より具体的に言えば、図4(c)の状態で
は、3つの「×」印が示されていることから、第2図柄
20の再変動回数40として3回を報知している。従っ
て、遊技者は、前記再変動回数40の表示内容を見て、
第2図柄20の再変動が繰り返し行われる間に、大当り
状態になることを期待することができる。即ち、第1,
第3図柄19,21と同一の図柄が前記可視表示部Hに
表示されるチャンスが3回付与されていることを認識で
きる。
【0046】そして、図4(c)の状態において、前記
可視表示部Hでは、前記第2図柄20の変動が開始、即
ち、前記第2図柄20の1回目の再変動が行われる(図
4(d))。また、図柄の再変動に対応して、前記再変
動回数40の表示内容は前記表示制御情報に基づき、3
つの「×」印から2つの「×」印の表示に変化する。即
ち、前記可視表示部Hでは、再変動に対応して、前記再
変動回数40の減算結果(図4(c)の状態→図4
(d)の状態では3−1=2)が報知される。その結
果、遊技者は、前記再変動回数40の減算結果を見るこ
とにより、第2図柄20の再変動回数40を正確に把握
することができる。
【0047】また、遊技者が思っている再変動回数と実
際の再変動回数とを整合させることができる。そのた
め、遊技者の覚え違い等によって、再変動回数がまだ存
在すると思っている状態で図柄の再変動が行われなかっ
た場合に遊技者を落胆させる事態の発生を抑制できると
共に、遊技者に対し不信感を与えないようにすることが
できる。また、図4(c)の状態で表示された再変動回
数40が、第2図柄20が再び変動することが期待でき
る回数を報知していることを認識出来なかった遊技者で
あっても、再変動回数40の減算結果を見ることによ
り、再変動回数40の表示内容と可視表示部Hで行われ
る図柄の再変動との対応関係を容易に把握することがで
きる。
【0048】そして、前記可視表示部Hには、図4
(c)の状態から第2図柄20の再変動によって新たな
図柄が表示される(図5(a))。なお、このとき第2
図柄20として一旦表示された図柄(大仏の意匠からな
る図柄)は、前記サブCPU31によって、1回目の再
変動時に表示させる図柄としてランダムに選出された図
柄となっている。そして、図5(a)の状態では、第2
図柄20が第1,第3図柄19,21とは異なる図柄で
表示されたことにより、前記可視表示部Hでは、依然と
してはずれ状態が認識できる状態となっている。また、
この状態で遊技者は、再変動回数40を見ることによ
り、残り2回の再変動によって、所望の図柄(この場合
には、第1,第3図柄19,21として表示された河童
の女の子の意匠からなる図柄)が表示されることを期待
する。
【0049】さらに、前記可視表示部Hの左上隅には、
再変動によって可視表示部Hに表示された図柄の種別履
歴41が、前記表示制御情報に基づき表示されるように
なっている。そして、本実施形態では、1回目の再変動
によって表示された図柄(大仏の意匠からなる図柄)
が、前記表示制御情報に基づき前記可視表示部Hの左上
隅に表示される。なお、図5(a)では、1回目の再変
動によって表示された図柄(大仏の意匠からなる図柄)
を「○」印で示している。従って、遊技者は、図柄の種
別履歴41を見ることによって、再変動に伴い過去に表
示された図柄の種別を認識することができ、例えば、今
後、表示される図柄の種別などを予想(予測)すること
ができる。
【0050】そして、図5(a)の状態において、前記
可視表示部Hでは、前記第2図柄20の2回目の再変動
が行われる(図5(b))。また、図柄の再変動に対応
して、前記再変動回数40の表示内容は前記表示制御情
報に基づき、2つの「×」印から1つの「×」印の表示
に変化する。即ち、前記可視表示部Hでは、再変動に対
応して、前記再変動回数40の減算結果(図5(a)の
状態→図5(b)の状態では2−1=1)が報知され
る。このとき、遊技者は、再変動によって、所望の図柄
が表示されることを期待しつつ、再変動回数40の残数
が「1」であることから、2回目の再変動によって所望
の図柄が表示されない場合でも、残り1回のチャンスが
あることを認識し、期待感を維持することができる。
【0051】そして、前記可視表示部Hには、図5
(a)の状態から第2図柄20の再変動によって新たな
図柄が表示される(図5(c))。なお、このとき第2
図柄20として一旦表示された図柄(雲の意匠からなる
図柄)は、前記サブCPU31によって、2回目の再変
動時に表示させる図柄としてランダムに選出された図柄
となっている。そして、図5(c)の状態では、第2図
柄20が第1,第3図柄19,21とは異なる図柄で表
示されたことにより、前記可視表示部Hでは、依然とし
てはずれ状態が認識できる状態となっている。また、こ
の状態において遊技者は、再変動回数40を見ることに
より、残り1回の再変動によって、所望の図柄が表示さ
れることをさらに強く期待する。
【0052】さらに、前記可視表示部Hの左上隅には、
再変動によって可視表示部Hに表示された図柄の種別履
歴41が、前記表示制御情報に基づき表示されるように
なっている。そして、本実施形態では、2回目の再変動
によって表示された図柄(雲の意匠からなる図柄)が、
前記表示制御情報に基づき前記可視表示部Hの左上隅に
表示される。なお、図5(c)では、2回目の再変動に
よって表示された図柄(雲の意匠からなる図柄)を
「△」印で示している。そして、2回目の再変動が終了
した時点で、前記種別履歴41として前記可視表示部H
の左上隅には、1回目の再変動(図5(a))で表示さ
れた図柄(大仏の意匠からなる図柄)と、2回目の再変
動(図5(c))で表示された図柄(雲の意匠からなる
図柄)が表示されている。また、遊技者は、この段階
で、今だ所望の図柄が表示されていない事を認識し、次
に、所望の図柄が表示されることをさらに強く期待す
る。
【0053】そして、図5(c)の状態において、前記
可視表示部Hでは、前記第2図柄20の3回目の再変動
が行われる(図5(d))。また、図柄の再変動に対応
して、前記再変動回数40の表示内容は前記表示制御情
報に基づき、1つの「×」印から0(零)の表示、即
ち、再変動回数40の表示が消去される。そして、この
状態で遊技者は、最後(3回目)の再変動が開始したこ
とを認識し、所望の図柄が表示される期待感を最高潮に
高めた状態で待つことができる。
【0054】そして、前記可視表示部Hには、図5
(c)の状態から第2図柄20の再変動によって新たな
図柄が表示される(図6)。なお、このとき第2図柄2
0として一旦表示された図柄(河童の女の子の意匠から
なる図柄)は、主基板24から出力された図柄指定コマ
ンドに対応する図柄となっている。また、前記可視表示
部Hの左上隅には、3回目の再変動によって可視表示部
Hに表示された図柄(河童の女の子の意匠からなる図
柄)が表示される。
【0055】そして、図6の状態において、前記可視表
示部Hには、第2図柄20が第1,第3図柄19,21
と同一の図柄で表示されたことにより、大当り状態が認
識できる状態となっている。従って、前記可視表示部H
に表示された第1〜第3図柄19〜21が確定停止する
ことにより大当り状態が確定(発生)する。そして、遊
技者には、前記大入賞口23の開閉により多数の遊技球
を獲得できるチャンスが付与される。
【0056】一方、3回目の再変動によって、第2図柄
20が第1,第3図柄19,21とは異なる図柄で可視
表示部Hに表示された場合、前記可視表示部Hでは、依
然としてはずれ状態が認識できる状態となっている。ま
た、第2図柄20の再変動回数40が0(零)であるた
め、前記可視表示部Hでは表示された第1〜第3図柄1
9〜21が確定停止し、はずれ状態が確定する。
【0057】従って、本実施形態によれば、以下に示す
効果を得ることができる。 (1)可視表示部Hには、リーチ状態の発生に伴う図柄
の再変動時に、第2図柄20の再変動回数40を報知す
るようになっている。そのため、遊技者は、再変動によ
って、第2図柄20が変動することを期待できる回数を
認識することができる。従って、大当り状態(遊技者が
有利となる状態)に発展する期待感をより一層高めるこ
とができる。
【0058】(2)また、遊技者は、再変動回数40の
表示内容を見て、第2図柄20の再変動が繰り返し行わ
れる間に、大当り状態になることを期待することができ
る。即ち、第1,第3図柄19,21と同一の図柄が前
記可視表示部Hに表示されるチャンスが3回付与されて
いることを認識でき、大当り状態に発展する期待感をさ
らに高めることができる。さらに、可視表示部Hに再変
動回数40が表示されることにより、遊技者は、表示さ
れた第1〜第3図柄19〜21の組み合わせの態様がは
ずれ状態であっても、再び、大当り状態に発展する期待
感を得ることができる。また、遊技者は、再変動回数4
0が表示されることにより、再変動が行われていること
を明確に理解することができる。
【0059】(3)可視表示部Hでは、第2図柄20の
再変動に対応して、再変動回数40の減算結果を報知す
るようになっている。そのため、遊技者が思っている再
変動回数と実際の再変動回数とを整合させることができ
る。従って、遊技者の覚え違い等によって、再変動回数
がまだ存在すると思っている状態で図柄の再変動が行わ
れなかった場合に遊技者を落胆させる事態の発生を抑制
できると共に、遊技者に対し不信感を与えないようにす
ることができる。また、再変動が行われる度に再変動回
数40の表示内容が変化するため、遊技者は、再変動回
数40の表示内容と可視表示部Hで行われる図柄の再変
動との対応関係を容易に把握することができる。さら
に、可視表示部Hに表示されている再変動回数40は、
図柄の再変動が行われる残数に対応しているため、所望
の図柄(図4(a)の状態では河童の意匠からなる図
柄)が表示されない場合でも、安心感を持ちつつ、再変
動回数40が0(零)回になるまで期待感を維持させる
ことができる。
【0060】(4)再変動回数40は、可視表示部Hに
おいて視覚的に報知されている。そのため、パチンコ遊
技中に遊技者の視線が最も多く集中する可視表示部Hに
おいて、再変動回数40を報知することができる。従っ
て、遊技者は、再変動回数40(若しくは、再変動回数
40の残数)が報知されていることが容易に理解でき、
遊技者の期待感の向上に貢献することができる。
【0061】(5)可視表示部Hには、再変動に伴って
第2図柄20として表示された図柄の種別履歴41が表
示されるようになっている。そのため、遊技者は、図柄
の種別履歴41を見ることによって、再変動に伴い過去
に表示された図柄の種別を認識することができる。従っ
て、遊技者は、再変動が開始された後の遊技の流れ(経
過)を確認しつつ、例えば、今後、表示される図柄など
を予想(予測)することができ、遊技者の期待感の向上
に貢献することができる。
【0062】(第2の実施形態)以下、本発明をその一
種であるパチンコ遊技機(以下、「パチンコ機」とい
う。)に具体化した第2の実施形態を図7に基づき説明
する。なお、既に説明した実施形態と同一構成(又は同
一制御内容)は、同一番号を付すなどして、その重複す
る説明を省略、若しくは、簡略する。
【0063】そして、本実施形態の特徴的な再変動に伴
う図柄の動作パターンは、前記第1の実施形態で説明し
た図柄の種別履歴41として表示された図柄の組み合わ
せの態様に新たなゲーム性を付与している。即ち、図柄
の種別履歴41として表示された図柄の組み合わせの態
様が所定の条件を満たす場合(例えば、同一の図柄が3
つ揃った場合)に、大当り状態(遊技者に有利となる状
態)を遊技者に付与するようになっている。
【0064】以下に、本実施形態の再変動に伴う変動パ
ターンを実現するための具体的な構成について説明す
る。まず、前記変動パターンに対応する具体的な制御内
容には、前記大当り判定用乱数から大当り値を抽出した
場合に、図柄を再変動(例えば、3回)させて、1回目
〜3回目の再変動時に何れも同一の図柄を可視表示部H
に表示させることが示されている。また、その表示する
図柄を選出するための処理内容が示されている。この選
出方法としては、例えば、大当り値を抽出した場合に
は、再変動によって表示する図柄を前記図柄指定コマン
ド(大当り図柄乱数に対応する図柄)によって指示され
た図柄とする一方で、リーチ状態を構成する第1,第3
図柄19,21や、第2図柄20が再変動する前に表示
させる図柄を複数種類の図柄からランダムに選出する方
法が考えられる。また、大当り値を抽出していない場合
には、前記第1の実施形態で説明したように、複数種類
の図柄(本実施形態では10種類)からランダムに選出
する方法が考えられる。なお、以下の説明では、大当り
判定用乱数から大当り値を抽出した場合を例にして説明
する。
【0065】そして、前記サブCPU31は、前記変動
開始コマンド及び図柄指定コマンドを入力すると、再変
動に対応して表示する図柄を前記図柄指定コマンドで指
示された図柄として決定する。一方で、前記サブCPU
31は、第1,第3図柄19,21をランダムに選出し
て決定する。そして、前記VDP36は、前記サブCP
U31によって決定された各図柄を表示するための表示
制御情報を生成する。また、前記VDP36は、前記第
1の実施形態と同様に、再変動回数40及び種別履歴4
1を表示するための表示制御情報を生成する。
【0066】次に、図柄の再変動に伴って、前記可視表
示部Hに表示された図柄の種別履歴41から遊技者に対
し大当り状態を付与する態様を説明する。前記図柄基板
25(サブCPU31及びVDP36)は、図4(a)
に示すように、第1〜第3図柄19〜21を順次表示す
る。なお、このとき第1〜第3図柄として一旦表示され
た各図柄は、前記サブCPU31によってランダムに選
出された図柄となっている。
【0067】そして、図4(a)の状態から前記第1の
実施形態と同様に、第2図柄20の再変動が3回繰り返
し行われる。このとき、1回目の再変動に対応して、図
7に示すように、第1,第3図柄19,21とは異なる
図柄(雲の意匠からなる図柄)が第2図柄20として表
示される。なお、このとき第2図柄20として一旦表示
された図柄(雲の意匠からなる図柄)は、主基板24か
ら出力された図柄指定コマンドに対応する図柄となって
いる。また、前記可視表示部Hの左上隅には、図柄の種
別履歴41として1回目の再変動に対応して表示された
図柄が表示される。
【0068】次に、2回目の再変動に対応して、図7に
示すように、第1,第3図柄19,21とは異なる図柄
(雲の意匠からなる図柄)が第2図柄20として表示さ
れる。なお、このとき第2図柄20として一旦表示され
た図柄(雲の意匠からなる図柄)は、主基板24から出
力された図柄指定コマンドに対応する図柄となってい
る。その一方で、2回目の再変動に対応して表示された
図柄は、1回目の再変動に対応して表示された図柄と同
一の図柄となっている。また、記可視表示部Hの左上隅
には、図柄の種別履歴41として2回目の再変動に対応
して表示された図柄が表示される。
【0069】そして、2回目の再変動が終了した時点
で、前記種別履歴41として前記可視表示部Hの左上隅
には、1回目の再変動で表示された図柄(雲の意匠から
なる図柄)と、2回目の再変動で表示された図柄(雲の
意匠からなる図柄)が表示されている。そのため、遊技
者は、前記種別履歴41から同一の図柄が2回連続して
表示されていることを認識できる。従って、遊技者は、
3回目の再変動によって、3回連続して同一の図柄が表
示されることにより大当り状態となる期待感を持つこと
ができる。
【0070】次に、3回目の再変動に対応して、図7に
示すように、第1,第3図柄19,21とは異なる図柄
(雲の意匠からなる図柄)が第2図柄20として表示さ
れる。なお、このとき第2図柄20として一旦表示され
た図柄(雲の意匠からなる図柄)は、主基板24から出
力された図柄指定コマンドに対応する図柄となってい
る。その結果、可視表示部Hでは、依然としてはずれ状
態が認識できる状態となっている。
【0071】その一方で、3回目の再変動に対応して表
示された図柄は、1回目,2回目の再変動に対応して表
示された図柄と同一の図柄となっている。そのため、図
柄の種別履歴41として3回目の再変動に対応して表示
された図柄が前記可視表示部Hの左上隅に表示される
と、前記種別履歴41としては同一図柄の組み合わせの
態様(可視表示部Hに表示された図柄による特定の組み
合わせの態様)が表示されたことになる。
【0072】そして、図7の状態において、図柄の種別
履歴41に表示された図柄が第1〜第3図柄19〜21
として可視表示部Hに表示されると、該可視表示部Hで
は、大当り状態が認識できる状態となる。従って、前記
可視表示部Hに表示された第1〜第3図柄19〜21
(雲の意匠からなる図柄)が確定停止することにより大
当り状態が確定(発生)する。そして、遊技者には、前
記大入賞口23の開閉により多数の遊技球を獲得できる
チャンスが付与される。
【0073】従って、本実施形態によれば、前記第1の
実施形態の効果(1)〜(5)に加えて、以下に示す効
果を得ることができる。 (6)図柄の再変動によって種別履歴41に表示された
図柄の組み合わせの態様が同一図柄の組み合わせの態様
である場合に、大当り状態が付与されるようになってい
る。即ち、図柄の再変動によって、同一図柄が3回連続
して表示された場合には、大当り状態となるようになっ
ている。そのため、遊技者は、種別履歴41に表示され
た図柄(再変動によって過去に表示された図柄)を認識
し、大当り状態へ発展する期待感をより一層高めること
ができる。そして、2回の再変動によって同一の図柄が
表示された場合には、3回目に再び同一の図柄が表示さ
れる期待感を高めた状態で、3回目の再変動を待つこと
ができる。
【0074】(7)また、リーチ状態が認識できる第
1,第3図柄19,21とは異なる種類の図柄が表示さ
れた場合でも、種別履歴41に表示された図柄の組み合
わせの態様から大当り状態へ発展するため、遊技者が思
いがけない(予想していない)演出を行うことができ
る。従って、パチンコ遊技により興趣を持たせることが
できる。
【0075】なお、前記各実施形態は以下のように変更
してもよい。 ・前記各実施形態では、図柄表示装置18の可視表示部
Hにおいて、再変動回数40を報知しているが、可視表
示部H以外を使用して再変動回数40を報知しても良
い。例えば、パチンコ機10に設置されたスピーカ45
(図1に示す)から所定の音声を繰り返し発することに
より、再変動回数40を報知しても良い。また、パチン
コ機10(前枠14)に設置された電飾表示部46から
所定の光を繰り返し発光することにより、再変動回数4
0を報知しても良い。さらに、図柄表示装置18とは別
に再変動回数40を報知するための報知手段(例えば、
7セグメントLEDなどからなる表示器)を設けても良
い。
【0076】・前記各実施形態では、図柄表示装置18
の可視表示部Hにおいて、図柄の種別履歴41を表示し
ているが、可視表示部H以外を使用して図柄の種別履歴
41を表示しても良い。例えば、パチンコ機10の前面
側に図柄の種別履歴41を専用に表示する表示器を設け
ても良い。
【0077】・前記各実施形態において、再変動回数4
0の報知態様(可視表示部Hの表示態様)は、どのよう
な形態であっても良い。例えば、前記各実施形態のよう
に、再変動回数40分だけ所定の記号、符号などを表示
して、再変動が行われる毎に1個ずつ消去しても良い
し、再変動回数40を直接数字表示して再変動が行われ
る毎に−1した数字を表示しても良い。また、文字、画
像などを再変動回数40として表示しても良い。
【0078】・前記各実施形態において、再変動回数4
0として、再変動によって表示されることが期待できる
図柄をそのまま前記再変動回数40分だけ視覚的に表示
しても良い。例えば、図5(a),(c)及び図6にお
いて第2図柄20として表示される3つの図柄を再変動
回数40として表示しても良い。このようにすれば、遊
技者は、再変動回数40を見ることによって、所望の図
柄が表示されている場合には、大当り状態へ発展する期
待感をさらに高めることができる。また、このように再
変動回数40を表示することにより、遊技者に対し親近
感を与えることもできる。
【0079】・前記各実施形態は、再抽選時においても
適用することができる。なお、「再抽選」とは、非特定
図柄の組み合わせの態様が特定図柄の組み合わせの態様
に変更される期待感を遊技者に持たせて遊技効果の向上
を図った演出である。そして、再抽選では、可視表示部
Hにおいて、同一図柄からなる図柄の組み合わせの態様
を一旦表示させた後、その組み合わせの態様を構成する
図柄を再変動させるようになっている。即ち、再抽選に
よって最終的に大当り状態となる図柄の組み合わせの態
様を構成する図柄の種類が決定されるようになってい
る。なお、「非特定図柄」とは大当り状態終了後に大当
り確率が変動せずに通常時と同じ低確率となる図柄であ
り、「特定図柄」とは大当り状態終了後に次回の大当り
状態開始時までに大当り確率が高確率(所謂、「確
変」)となり遊技者に有利な状態となる図柄である。こ
のような場合において、再変動回数40を遊技者に対し
報知することにより、遊技者は、特定図柄での大当り状
態を期待することができる。
【0080】・前記第1の実施形態において、1回目や
2回目の再変動によって、大当り状態となる図柄が表示
された際に、再変動回数40が残っている場合(=0
(零)でない場合)であっても、その時点で大当り状態
としても良い。また、前記各実施形態では、再変動回数
40分だけ第2図柄20の再変動が行われているが、再
変動回数40は、図柄が再び変動することを期待できる
回数であって、必ずしも表示された再変動回数40分だ
け図柄が再変動する必要はない。例えば、図5(c)で
示すように、再変動回数40の残数が1回ある状態で第
1〜第3図柄19〜21を確定停止させても良い。特
に、前述のように、再変動回数40として表示されるこ
とが期待できる図柄をそのまま視覚的に表示する場合に
は、再変動によって表示される迄の間、遊技者は大当り
状態となるか否かを判断することができず、遊技者に常
に緊張感を与えることができる。
【0081】・前記各実施形態における再変動回数40
は、3回に限定されることなく、1回、2回、4回、5
回など適宜変更することができる。また、これらの再変
動回数40は、例えば、変動パターン毎に予め設定され
ていたり、サブCPU31によってランダムに選出され
ても良い。
【0082】・前記各実施形態では、再変動回数40に
対応して第2図柄20が再変動するようになっている
が、第1図柄19、若しくは、第3図柄21の何れの図
柄が再変動しても良い。
【0083】・前記各実施形態は、液晶画面からなる可
視表示部Hを設けた図柄表示装置18以外の図柄表示装
置でも適用することができる。例えば、7セグメントL
ED式、ドットマトリクス式、機械式(ドラム式又はベ
ルト式)などの図柄表示装置においても同様に適用する
ことができる。
【0084】・前記第1の実施形態では、再変動回数4
0と図柄の種別履歴41の双方を可視表示部Hに表示し
ているが、種別履歴41の表示を省略し、再変動回数4
0のみを表示しても良い。
【0085】・前記第2の実施形態において次のような
演出を行うこともできる。例えば、非特定図柄からなる
第1,第3図柄19,21によってリーチ状態とし、図
柄の再変動に対応して同一の特定図柄を2回連続して表
示する。この状態において可視表示部Hでは、第1,第
3図柄19,21(非特定図柄)によるリーチ状態と、
図柄の種別履歴41として表示された同一の特定図柄に
よるリーチ状態の所謂、ダブルリーチの状態が表示され
ている。そして、3回目の再変動によって、非特定図
柄、若しくは、特定図柄の何れかの図柄を表示して、非
特定図柄による大当り状態、若しくは、特定図柄による
大当り状態とする。なお、非特定図柄同士、若しくは、
特定図柄同士によるダブルリーチであっても構わない。
このようにすれば、遊技者は、大当り状態に発展する期
待感をさらに高めることができる。
【0086】・前記第2の実施形態では、再変動回数4
0と図柄の種別履歴41の双方を可視表示部Hに表示し
ているが、再変動回数40の表示を省略し、図柄の種別
履歴41のみを表示しても良い。
【0087】・前記第2の実施形態では、図柄の種別履
歴41が同一図柄の組み合わせの態様となったことを条
件として大当り状態を付与しているが、その他の条件に
よって大当り状態などの遊技者に有利となる状態を付与
しても良い。例えば、複数種類の図柄を特定図柄と非特
定図柄などの関連性を有する同一種類(同一グループ)
に分類し、図柄の種別履歴41が同一種類の図柄の組み
合わせの態様となった場合に、大当り状態(又は、特定
図柄による大当り状態)を付与しても良い。
【0088】次に前記実施形態及び別例から把握できる
技術的思想について、以下に追記する。 (イ)請求項1又は請求項2に記載の遊技機において、
前記表示手段は、前記図柄表示手段の可視表示部であっ
て、前記可視表示部には、前記所定の図柄が再変動する
ことにより前記可視表示部に表示された図柄の種別履歴
を表示するための表示位置が定められている。
【0089】(ロ)請求項1又は請求項2に記載の遊技
機において、前記表示手段に表示された図柄が、特定の
組み合わせの態様となった場合に、大当り状態を付与す
るように構成した。
【0090】
【発明の効果】本発明によれば、図柄の再変動によって
表示された図柄の種別履歴を表示して遊技者に既に表示
された図柄を認識させることにより、遊技者に有利とな
る状態へ発展する期待感をより一層高めることができる
遊技機を提供することにある。
【図面の簡単な説明】
【図1】 パチンコ機の外観を示す正面図。
【図2】 図柄表示装置の可視表示部に表示された各図
柄を示す正面図。
【図3】 主制御基板と図柄制御基板の電気的構成を示
すブロック図。
【図4】 第1の実施形態において第2図柄が再変動す
る様子を示す模式図。
【図5】 同じく、第2図柄が再変動する様子を示す模
式図。
【図6】 同じく、第2図柄が再変動する様子を示す模
式図。
【図7】 第2の実施形態において、再変動によって表
示された図柄の種別履歴を示す説明図。
【符号の説明】
H…可視表示部(報知手段、表示手段)、10…パチン
コ遊技機(遊技機)、18…図柄表示装置(図柄表示手
段)、19〜21…図柄、25…図柄制御基板(制御手
段)40…再変動回数(図柄が再び変動することが期待
できる回数)、41…種別履歴。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数種類の図柄を可変させて表示可能な
    可視表示部が設けられた図柄表示手段を備え、前記可視
    表示部に識別可能に表示された図柄の組み合わせに関連
    して遊技が行われる遊技機において、 前記可視表示部に表示された所定の図柄が再変動するこ
    とによって前記可視表示部に表示された図柄の種別履歴
    を表示する表示手段を備えた遊技機。
  2. 【請求項2】 前記表示手段に表示された図柄の種別履
    歴が所定の条件を満たす場合、遊技者に有利となる状態
    を付与するように構成した請求項1に記載の遊技機。
JP2001222825A 2001-07-24 2001-07-24 遊技機 Pending JP2003033504A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001222825A JP2003033504A (ja) 2001-07-24 2001-07-24 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001222825A JP2003033504A (ja) 2001-07-24 2001-07-24 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003033504A true JP2003033504A (ja) 2003-02-04

Family

ID=19056246

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001222825A Pending JP2003033504A (ja) 2001-07-24 2001-07-24 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003033504A (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005177242A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005204889A (ja) * 2004-01-22 2005-08-04 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005211087A (ja) * 2004-01-27 2005-08-11 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005211157A (ja) * 2004-01-27 2005-08-11 Samii Kk 雀球遊技機
JP2010082171A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011206305A (ja) * 2010-03-30 2011-10-20 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012232006A (ja) * 2011-05-05 2012-11-29 Heiwa Corp 遊技機
JP2013027792A (ja) * 2012-11-09 2013-02-07 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2013188606A (ja) * 2013-06-28 2013-09-26 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014168615A (ja) * 2013-03-05 2014-09-18 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2015171492A (ja) * 2014-03-12 2015-10-01 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016137081A (ja) * 2015-01-27 2016-08-04 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2018068564A (ja) * 2016-10-27 2018-05-10 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005177242A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005204889A (ja) * 2004-01-22 2005-08-04 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005211087A (ja) * 2004-01-27 2005-08-11 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005211157A (ja) * 2004-01-27 2005-08-11 Samii Kk 雀球遊技機
JP4618706B2 (ja) * 2004-01-27 2011-01-26 サミー株式会社 雀球遊技機
JP2010082171A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011206305A (ja) * 2010-03-30 2011-10-20 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012232006A (ja) * 2011-05-05 2012-11-29 Heiwa Corp 遊技機
JP2013027792A (ja) * 2012-11-09 2013-02-07 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2014168615A (ja) * 2013-03-05 2014-09-18 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2013188606A (ja) * 2013-06-28 2013-09-26 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2015171492A (ja) * 2014-03-12 2015-10-01 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016137081A (ja) * 2015-01-27 2016-08-04 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2018068564A (ja) * 2016-10-27 2018-05-10 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3992381B2 (ja) 遊技機
JP4356978B2 (ja) 遊技機
JP4615285B2 (ja) 遊技機
JP5113403B2 (ja) 遊技機
JP4309328B2 (ja) 遊技機
JP4620335B2 (ja) 遊技機
JP4722383B2 (ja) 遊技機
JP2004016350A (ja) 遊技機
JP4255468B2 (ja) 弾球遊技機
JP2006006723A (ja) 弾球遊技機
US6213875B1 (en) Display for game and gaming machine
JP5422279B2 (ja) 遊技機
JP2005287895A (ja) 弾球遊技機
JP4014196B2 (ja) 弾球遊技機
JP2000135332A (ja) 遊技機
JP4495930B2 (ja) 遊技機
JP4656627B2 (ja) 遊技機
JP2004024277A (ja) 遊技機
JP5080790B2 (ja) 遊技機
JP4240920B2 (ja) 遊技機
JP4309403B2 (ja) 遊技機
JP2006239187A (ja) 遊技機
JP2005342249A (ja) 弾球遊技機
JPH10314401A (ja) 遊技機
JP2005102748A (ja) スロットマシン

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061023

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061114

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070115

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070306

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070502

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20070511

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20070601

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090907