JP2003018595A - Video encoding system, video decoding system, video encoding method, and video decoding method - Google Patents

Video encoding system, video decoding system, video encoding method, and video decoding method

Info

Publication number
JP2003018595A
JP2003018595A JP2001202304A JP2001202304A JP2003018595A JP 2003018595 A JP2003018595 A JP 2003018595A JP 2001202304 A JP2001202304 A JP 2001202304A JP 2001202304 A JP2001202304 A JP 2001202304A JP 2003018595 A JP2003018595 A JP 2003018595A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
macro
block
video signal
group
video
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001202304A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
勝彦 ▲よし▼田
Shinjiro Mizuno
Masao Okabe
Katsuhiko Yoshiden
雅夫 岡部
慎二郎 水野
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2001202304A priority Critical patent/JP2003018595A/en
Publication of JP2003018595A publication Critical patent/JP2003018595A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
    • G06T9/00Image coding
    • G06T9/004Predictors, e.g. intraframe, interframe coding

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress propagation of error between frames at encoding of a video signal.
SOLUTION: The video encoding system comprises a block formation device 11 in which the input of video signal for a single screen is divided into macro block units to which prescribed numbers are sequentially allocated, and the macro block, K (rows)×L (columns), which occupies the single screen is assumed as a single macro block group, so that the video signal for the single screen is processed by the macro block group unit, and a high efficiency encoder 12 in which, based on the macro block group unit, the in-frame coding or the inter-frame prediction coding is performed with the video signal of the macro block unit, to provide encoded data. The macro block group is a range of error propagation between the macro blocks within the group.
COPYRIGHT: (C)2003,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、映像信号をフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化する映像符号化装置等に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to video coding apparatus that inter-frame prediction coding in coding or frame video signal. 【0002】 【従来の技術】近年、デジタルビデオ機器等の映像のデジタル信号処理では、限られた伝送レートでの記録/再生を実現するため、高能率符号化の技術開発が盛んに行われている。 [0002] In recent years, digital signal processing of the video such as a digital video equipment, to realize the recording / reproducing of a limited transmission rate, technical development of a high-efficiency encoding is performed extensively there. 高能率符号化とは、映像信号の持つ冗長度を利用して、データ量を圧縮する符号化方法であり、フレーム内の空間的相関やフレーム間の時間的相関を利用したデータ圧縮等がある。 The high efficiency coding, by utilizing the redundancy possessed by the image signal, a coding method for compressing the amount of data, there is data compression or the like using a temporal correlation between spatial correlation and frame in the frame . 【0003】フレーム内の空間的相関、つまりフレーム内において、任意の画素とその近隣の他画素は近い値をもつことが多いという特徴を利用したデータ圧縮方法としては、8画素×8画素のブロック(以下、直交変換ブロック)に分割し、直交変換ブロック単位で直交変換を行い圧縮する方法等が用いられることが多い。 [0003] spatial correlation within a frame, that is in the frame, as the data compression method using a characteristic that it is often other pixels of the neighborhood and any pixel having a value close, 8 pixels × 8 pixel block (hereinafter, the orthogonal transform block) is divided into, and a method of compressing performs orthogonal transformation in the orthogonal transformation blocks is often used. 直交変換により算出された直交変換係数は量子化され、統計的に定められた可変長符号化を行い、圧縮効率を向上して記録されることになる。 Orthogonal transform coefficient calculated by the orthogonal transformation is quantized, performs variable length coding defined statistically, to be recorded to improve the compression efficiency. なお、画面上で隣接する4個の輝度信号の直交変換ブロックと、それらと同一位置の色情報を表す2個の色差信号の直交変換ブロックとをあわせてマクロブロックと呼び、このマクロブロック単位に映像を符号化、復号化する。 Note that the orthogonal transformation block in the four luminance signal adjacent to each other on the screen, together with orthogonal transformation blocks of the two color difference signals representing the color information thereof in the same position is called a macro block, a macro block unit encoding video, it decodes. 【0004】また、フレーム間の時間的相関、つまりフレーム中のある位置に存在する画素ブロックは近隣フレームにおけるほぼ同じ位置にも存在することが多いという特徴を利用したデータ圧縮方法としては、そのフレームの画素データと近隣フレームの画素データとの差分データを符号化するものが一般的である。 Further, the temporal correlation between frames, that is, as almost the data compression method using a characteristic that it is often also present in the same position in the pixel block close frames existing with the frame position, the frame which encodes the difference data between the pixel data of the pixel data and the neighboring frames are generally used. 特に動画像を記録する場合は、ある画素ブロックが時間的に動いた位置を近隣のフレームから的確に予測し、予測された画素ブロックとの差分をとることで圧縮効率を上げることができる。 Especially when recording a moving image, it is possible to increase the compression efficiency by a certain pixel block accurately predicted from frames close temporally moved position, taking the difference between the predicted pixel blocks. このような方法は一般的に動き補償予測と呼ばれている。 Such methods are generally referred to as motion compensated prediction. 動き補償予測方式では、差分データを高能率符号化した符号データと動き情報を示す動きベクトルを伝送する。 The motion compensation prediction method, and transmits the motion vector indicating the difference data high-efficiency encoded code data and motion information. ここで入力される映像信号は、動き補償予測を用いずにフレーム内で符号化されるIフレーム、過去のフレームを参照画像として予測されるPフレーム、過去のフレームを参照画像とする予測、または未来のフレームを参照画像とする予測、またはその両方を用いる予測のうち一番圧縮効率のよい予測を適用するBフレームの中から選択し、高能率符号化されることになる。 Video signal input here, I frames encoded within a frame without using the motion compensated prediction, P-frame predicted a past frame as a reference image, predict the past frame as the reference image, or prediction a reference image future frame, or selected from the B frame to apply a good prediction of most compression efficiency of the prediction using both would be high-efficiency encoding. なお、 It should be noted that,
動き補償予測は上述したような4個の輝度信号の直交変換ブロックと2個の色差信号の直交変換ブロックで構成されるマクロブロックと呼ばれるブロック単位で行われる。 Motion compensation prediction is performed in units of blocks called macroblocks comprised of orthogonal transformation blocks of orthogonal transform blocks and two color difference signals of four luminance signal as described above. 【0005】さて、このような高能率符号化を施した符号化データは可変長符号化されているため、このまま単純に記録すると以下の不具合を生ずる。 [0005] Now, the encoded data subjected to such high efficiency coding because it is variable-length coding, results in the following problems with this state simply recorded. まず、可変長符号化された符号語を復号化する場合、1語ずつ順番に正しく復号していくことにより、全ての符号語を復号することが可能となる。 First, when decoding a variable length encoded codeword, by going correctly decoded one by one word, it becomes possible to decode all the code words. 【0006】しかし、記録媒体や伝送系の状態によっては正しく再生データを得られない場合が発生する。 However, if depending on the condition of the recording medium and the transmission system can not be obtained correctly reproduced data occurs. これをエラー発生という。 This is called the error occurred. エラー発生した箇所では符号語が正しく復号されず、さらにそれ以降の符号語も正しく復号されなくなってしまう。 In places that error is not decoded codeword is correct, no longer is further also decoded correctly later codeword. これをエラー伝搬という。 This is called error propagation. 【0007】そして、エラー伝搬により再生画質は著しく悪化してしまう。 [0007] Then, playback quality by error propagation resulting in significantly deteriorated. このエラー伝搬を抑制する方法としては、一般にMPEGと呼ばれる高能率符号化の国際標準規格で定義されているスライス構造というものがあげられる。 As a method of suppressing the error propagation, generally those that slice structures defined in the international standard for high efficiency coding called MPEG and the like. 【0008】スライスとは、各フレーム内においてマクロブロックを横方向に複数個集めてグループ化した一次元配列構造である。 [0008] The slice is a one-dimensional array structure that groups collect a plurality of macro blocks in the horizontal direction in each frame. このスライス単位にヘッダ情報や画面における位置情報等を付加した符号化データを記録する。 Recording the encoded data obtained by adding the position information and the like in the header information and screen the slice unit. 従って、エラー発生した箇所以降のマクロブロックはエラー伝搬するが、スライス単位でヘッダ情報を認識することにより、次のスライスでエラー伝搬をリセットすることが可能となる。 Therefore, macroblocks after location that error is error propagation, by recognizing header information in units of slices, it is possible to reset the error propagation in the next slice. 【0009】このように、あるスライス内にエラーが生じた場合、そのスライスの長さ分はエラーにより画質劣化を起こすが、次のスライスで回復することができ、エラーの影響を少なくすることができる。 [0009] Thus, if an error occurs in a certain slice, the length of the slice is caused degradation in image quality due to an error, but can be recovered in the next slice is possible to reduce the influence of the error it can. 望ましくは1個のマクロブロックごとにスライス構造を形成するのがよい。 Desirably preferably formed a slice structure for each macro blocks. 【0010】しかし、スライスのヘッダ情報は映像データと無関係な付加データであるため、むやみに多く付加すれば、限られた記録容量もしくは伝送容量において、 [0010] However, because the header information of a slice is independent of additional data and the video data, if excessively many additional, in a limited recording capacity or transmission capacity,
データの無駄な消費を招く。 It leads to wasteful consumption of data. そのため、画像データに対する容量割り当てがその分減少し、再生画質の劣化をもたらす。 Therefore, capacity allocation for the image data is correspondingly reduced, resulting in degradation of the reproduced image quality. よって、図4(a)に例示するように、実用上は複数のマクロブロックを横一列にしたスライス構造を形成することが一般的である。 Therefore, as illustrated in FIG. 4 (a), practically it is common to form a slice structure multiple macroblocks in a horizontal row. このとき、スライス構造は画面内で複数行にまたがって構成されることはない。 At this time, the slice structure is not to be configured across multiple lines on the screen. 【0011】一方、フレーム間予測符号化を行う場合、 Meanwhile, when performing inter-frame predictive coding,
このようなエラー伝搬はフレーム間にも及ぶ。 Such error propagation also extends between the frames. つまり、 That is,
フレーム間予測符号化の際に参照画像となるIフレームやPフレームでエラー発生した場合、それらを参照して動き補償予測符号化を行うフレームにもエラー伝搬するということである。 If you error in I frame or P frame as a reference image when interframe predictive coding is that also the error propagation to the frame for motion compensated prediction coding with reference to them. 【0012】例えばIフレームの1つのスライスがエラーとなった場合、この参照画像を参照するPフレームやBフレームの符号化データのうち、このエラーとなったスライスを参照したマクロブロックは正しく復号されない。 [0012] For example, when one slice of I frame is an error, among the encoded data of P frames and B frames that reference the reference picture, macroblock with reference to the slice becomes the error is not decoded correctly . そしてこのエラー伝搬は次のIフレームが来るまで続く。 And this error propagation continues until the next I-frame. 従って、定期的にIフレームを挿入しておくことによりエラー回復ポイントとする事ができる。 Therefore, it is possible to an error recovery point by previously inserting a regular I frame. 【0013】またMPEGでは、符号化効率を向上させるための方法として、フレーム間予測符号化を施されるフレームの場合、動きベクトルの伝送方法に工夫がされている。 [0013] In MPEG, a method for improving the coding efficiency, if the frame to be subjected to inter-frame predictive coding has been devised a method of transmitting motion vectors. つまり、先述したスライス毎に、先頭のマクロブロックの動きベクトルは実値を伝送するが、それ以降のマクロブロックにおける動きベクトルは一つ前のマクロブロックにおける動きベクトルとの差分を可変長符号化している。 In other words, each slice previously described, the motion vector of the first macroblock is to transmit actual value, motion vectors in subsequent macroblock by the variable length coding a difference between the motion vector in the previous macroblock there. これは、近接するマクロブロックの動きベクトルは互いに似たような値をとることが多いということを利用したものである。 This motion vector of a macroblock adjacent is obtained by utilizing the fact that often take values ​​as similar to each other. 【0014】以上のように、MPEGで規定されるような映像信号の高能率符号化方法を用いた映像記録装置が一般的である。 [0014] As described above, the image recording apparatus using the high-efficiency encoding method of the video signal as defined in the MPEG is general. 【0015】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような映像記録装置において、上記のように複数のマクロブロックでスライス構造を形成した場合、各スライスが動き補償を行うマクロブロックによって参照される確率が高く、フレーム間のエラー伝搬が大きいという点が課題であった。 [0015] SUMMARY OF THE INVENTION However, in such image recording apparatus, the case of forming the slice structure in the plurality of macro-blocks as described above, each slice is referenced by the macro block for motion compensation that the probability is high, that error propagation between frames is large has been a problem. スライスを構成するマクロブロック数が大きくなると、エラーが水平方向に延びて画質劣化が視覚的に目立ちやすかった。 If the number of macroblocks constituting a slice is increased, the error image degradation is likely conspicuous visually extend horizontally. 【0016】本発明は上記課題を鑑みて、フレーム間のエラー伝搬を抑制することと、視覚的に画質劣化を抑えるとともに、その際の圧縮効率を向上させることが可能な映像符号化装置、映像符号化方法等を提供することを目的とする。 The present invention in view of the above problems, and to suppress error propagation between frames, suppresses the visual image degradation, whereby the compression efficiency video encoding apparatus capable of improving the video and to provide a coding method and the like. 【0017】 【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、第1の本発明(請求項1に対応)は、一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、前記一画面内を占めるK [0017] To achieve the above object, according to an aspect of the first invention (corresponding to claim 1), an input for one screen of the video signal, a predetermined number sequentially K the assigned divided into macro-blocks, occupy the one screen
(行)×L(列)個分の前記マクロブロックを1つのマクロブロックグループとして、このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理するブロック処理手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る符号化手段とを備え、前記マクロブロックグループは、そのグループ内における前記マクロブロック間のエラー伝播の範囲である映像符号化装置である。 (Row) × L (column) number fraction of the macroblock as one macroblock group, and block processing means for processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, based on the macro-block group unit , and a coding means for obtaining encoded data subjected to intra-frame coding or inter-frame predictive encoding on a video signal of the macroblock, wherein the macroblock group, an error between the macroblocks within that group a video encoding apparatus in the range of propagation. 【0018】また、第2の本発明(請求項2に対応) [0018] The second of the present invention (corresponding to claim 2)
は、前記グループ内のK×L個のマクロブロックの配列の順番は、前記所定の番号が連続するマクロブロックが隣接するようになっている第1の本発明の映像符号化装置である。 The order of the sequence of K × L number of macro blocks in the group, macroblocks which the predetermined number is continuous is a video encoding apparatus of the first aspect of the present invention which are adapted to the adjacent. 【0019】また、第3の本発明(請求項3に対応) [0019] The third invention (corresponding to claim 3)
は、第1の本発明の映像符号化装置が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る復号化手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える逆ブロック処理手段とを備えた映像復号化装置である。 Obtained, and decoding means for obtaining a video signal of the macro block by decoding the encoded data first video encoding apparatus of the present invention is to obtain, on the basis of the macro-block group unit, said decoding means and the video signal of the macroblock unit, wherein a video decoding apparatus having a reverse block processing means for rearranging the order of forming the initial screen. 【0020】また、第4の本発明(請求項4に対応) Further, the fourth invention (corresponding to claim 4)
は、一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、前記一画面内を占めるK(行)×L(列)個分の前記マクロブロックを1つのマクロブロックグループとして、このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理する工程と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る工程とを備え、前記マクロブロックグループは、そのグループ内における前記マクロブロック間のエラー伝播の範囲である映像符号化方法である。 The input of one screen of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is assigned sequentially, the K occupying the one screen (row) × L (column) number fraction of the macroblock 1 as One macroblock group, a step of processing a video signal of the one screen at the macroblock group level, based on said macroblock group unit, intraframe encoding or interframe prediction to the video signal of the macroblock and a step of obtaining encoded data subjected to coding, the macroblock group is a video coding method in the range of error propagation between the macro-blocks within that group. 【0021】また、第5の本発明(請求項5に対応) [0021] The fifth of the present invention (corresponding to claim 5)
は、第4の本発明の映像符号化方法が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る工程と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える工程とを備えた映像復号化方法である。 Includes the steps of obtaining a fourth video signal of the macro block by decoding the encoded data to obtain video encoding method of the present invention, based on the macro-block group unit, said decoding means to obtain said a video signal in units of macroblocks, a video decoding method and a step of rearranging the order of forming the initial screen. 【0022】また、第6の本発明(請求項6に対応) Further, the present invention of a 6 (corresponding to claim 6)
は、第1の本発明の映像符号化装置の、一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、前記一画面内を占めるK(行) Is the first video encoding apparatus of the present invention, the input of one screen of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is assigned sequentially, K (rows) occupying the one screen
×L(列)個分の前記マクロブロックを1つのマクロブロックグループとして、このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理するブロック処理手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る符号化手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラムである。 The macroblocks × L (column) number fraction as one macroblock group, and block processing means for processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, based on the macro-block group unit, the macro is a program for causing a computer to function as all or part of the coding means to obtain coded data subjected to intra-frame coding or inter-frame predictive encoding on a video signal in units of blocks. 【0023】また、第7の本発明(請求項7に対応) Further, the present invention of the seventh (corresponding to claim 7)
は、第4の本発明の映像復号化装置の、第1の本発明の映像符号化装置が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る復号化手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える逆ブロック処理手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラムである。 Is the fourth image decoding device of the present invention, a decoding unit for obtaining a video signal of a first of said macro block by decoding the encoded data to obtain video encoding apparatus of the present invention, the macro based on the block group basis, an image signal of the macroblock, wherein the decoding means is obtained, the program for causing a computer to function as all or part of a reverse block processing means for rearranging the order of forming the one screen it is. 【0024】また、第8の本発明(請求項8に対応) Further, the present invention of the eighth (corresponding to claim 8)
は、第1の本発明の映像符号化装置の、一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、前記一画面内を占めるK(行) Is the first video encoding apparatus of the present invention, the input of one screen of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is assigned sequentially, K (rows) occupying the one screen
×L(列)個分の前記マクロブロックを1つのマクロブロックグループとして、このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理するブロック処理手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る符号化手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラムを担持した媒体であって、コンピュータにより処理可能なことを特徴とする媒体である。 The macroblocks × L (column) number fraction as one macroblock group, and block processing means for processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, based on the macro-block group unit, the macro a medium carrying a program for causing a computer to function as all or part of the coding means to obtain coded data subjected to intra-frame coding or inter-frame predictive encoding on a video signal in units of blocks, the computer a medium comprising a processable by. 【0025】また、第9の本発明(請求項9に対応) Further, the present invention of the ninth (corresponding to claim 9)
は、第4の本発明の映像復号化装置の、第1の本発明の映像符号化装置が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る復号化手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える逆ブロック処理手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラムを担持した媒体であって、コンピュータにより処理可能なことを特徴とする媒体である。 Is the fourth image decoding device of the present invention, a decoding unit for obtaining a video signal of a first of said macro block by decoding the encoded data to obtain video encoding apparatus of the present invention, the macro based on the block group basis, an image signal of the macroblock, wherein the decoding means is obtained, the program for causing a computer to function as all or part of a reverse block processing means for rearranging the order of forming the one screen the a carrying medium is a medium, characterized in that processable by a computer. 【0026】以上のような本発明は、例えば、映像信号をフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化して記録する映像記録装置であって、映像信号を入力し、画面内をブロック単位に分割し、ブロックをK×L個集めて1つのグループとし、グループ単位に所定の順番に映像信号を並び替え、さらにグループ内のブロックを所定の順番に並び替えて出力するブロック化器と、ブロック単位にフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行う高能率符号化器と、高能率符号化器によって符号化された符号化データに、グループ単位毎にヘッダ情報および位置情報を付加するヘッダ付加器と、ヘッダ付加器からの出力データを記録媒体に記録する記録器とを備えたものであってもよい。 The present invention as described above, for example, a video recording apparatus for recording by inter-frame prediction coding in coding or frame video signal, inputs a video signal, dividing the screen into blocks the block and K × L pieces collected one group, rearranges a video signal in a predetermined order in each group, and a block encoder to output instead further rearranges the blocks in a group in a predetermined order, in units of blocks a high-efficiency encoder that performs intra-frame coding or inter-frame predictive coding, the encoded data encoded by high-efficiency encoder, a header adder for adding the header information and the position information for each group unit it may be one that includes a recorder for recording the output data from the header adder on the recording medium. 【0027】これにより、再生時にエラーが発生した場合、他フレームへ及ぶエラー伝搬の影響を小さくすることが可能となる。 [0027] Thus, if an error occurs during reproduction, it is possible to reduce the influence of error propagation ranging to other frames. 【0028】また、本発明は、例えば映像記録装置において、ブロック化器において、グループ内のK×L個のブロックの順番を、グループ領域内の一端から他端へ向かい、常に隣接するブロック順序となるように順番を付け、この順番に従って映像信号を並び替えて出力するように構成したものであってもよい。 Further, the present invention is, for example, in a video recording device, in the blocking unit, the order of the K × L blocks in the group, directed from one end of the group area to the other, and the block order always adjacent so as to give the order, or may be configured to output the rearranged video signal in accordance with this order. 【0029】これにより、エラー伝搬を抑制するように記録できるとともに、圧縮効率を向上して記録することが可能となる。 [0029] Thus, it is possible to record so as to suppress error propagation, it is possible to record and improve the compression efficiency. 【0030】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。 [0030] PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. 【0031】(実施の形態1)以下、本発明の実施の形態1である映像記録装置について動作説明する。 [0031] (Embodiment 1) Hereinafter, the operation described video recording apparatus according to a first embodiment of the present invention. 図1は本実施形態における映像記録装置の構成図である。 Figure 1 is a block diagram of an image recording apparatus of this embodiment. 図1 Figure 1
において、10は映像入力端子、11はブロック化器、 In, the video input terminal 10, 11 blocking unit,
12は高能率符号化器、13はヘッダ付加器、14は記録回路、15は記録ヘッド、16は記録媒体である。 12 high efficiency encoder 13 header adder, 14 is a recording circuit, 15 a recording head, is 16 is a recording medium. 【0032】このように構成された映像記録装置について、以下に動作を示すとともに、これにより、本発明の映像符号化方法の一実施の形態について説明を行う。 [0032] The thus configured video recorder, with showing the operation below, thereby, a description is given of an embodiment of the image encoding method of the present invention. まず、映像入力端子10から映像信号が入力される。 First, the video signal from the video input terminal 10 is input. ブロック化器11は入力された映像信号を、各フレーム毎にマクロブロック単位にブロック化する。 Block generator 11 the input video signal is blocked into units of macroblocks for each frame. さらにブロック化器11は、このマクロブロックをK×L(K、L:ともに2以上の自然数)個集めて1つのグループとし、フレーム内を複数のグループに分け、グループ毎に映像信号を並べ替えて出力する。 Further blocking unit 11, the macro block K × L (K, L: both 2 or greater natural number) collected as one group, divided frame into a plurality of groups, Sort video signals for each group to output Te. 【0033】このブロック化器11の詳細な動作を図2 [0033] Figure 2 a detailed operation of the blocking unit 11
および図6を用いて説明する。 And it will be described with reference to FIG. なお図2、図6はブロック化器11の動作の具体的な概念図である。 Note 2, FIG. 6 is a concrete conceptual diagram of the operation of the blocking unit 11. 【0034】まず、図2(a)は、本発明の一画面分の映像信号に相当する、入力された映像信号の1フレームである。 [0034] First, FIG. 2 (a) corresponds to one screen of the video signal of the present invention, one frame of the input video signal. ブロック化器11はこのフレームを図2(c) Block generator 11 2 the frame (c)
のようなマクロブロックに分割する。 It is divided into macro-blocks such as. 先述したように、 As I mentioned previously,
マクロブロックは4個の輝度信号の直交変換ブロック(Y0〜Y3)と、2個の色差信号の直交変換ブロック(Cr、Cb)とからなるブロックデータである。 Macroblock is a four orthogonal transformation blocks of the luminance signal (Y0 to Y3), the block data consisting of orthogonal transform blocks of the two color difference signals (Cr, Cb). 【0035】はじめ、図6(a)に示すように、1フレームにおいて、マクロブロックは1フレームの左最上部から右端の横一列に、M1〜M45の所定の番号が割り当てられ、次の段には、M46〜M90の番号が割り当てられるというふうに、各段毎に、左端から右端へ横一列に配置され、配置順に番号が割り当てられる。 [0035] First, as shown in FIG. 6 (a), in one frame, macroblock in a row at the right end from the left top of the frame is assigned a predetermined number of M1~M45, to the next stage is, Fu that is assigned numbers M46~M90, in each stage are arranged in a row from the left end to the right, numbers are assigned in order of arrangement. 今回の場合、1フレームは、横方向に45個、縦方向に30個の計1350個のマクロブロックに分割される。 In the present case, one frame 45 laterally, is divided vertically into 30 total 1350 macroblocks. 【0036】次に、図6(a)に示すマクロブロックから、所定数のマクロブロックを取り出して一つのグループを形成する。 Next, from the macro block shown in FIG. 6 (a), to form one group removed a predetermined number of macro blocks. このとき、マクロブロックの取り出し方は、一画面内において、行方向のマクロブロックからK At this time, how extraction macroblock, within one screen, K from row of macroblocks
個(Kは2以上の整数)、列方向のマクロブロックからL個(Lは2以上の整数)といったように、平面の領域にまたがるようにする。 Pieces (K is an integer of 2 or more), as such the L from column macroblocks (L is an integer of 2 or more), so that across the region of the plane. 図2(b)はこれらのマクロブロックを3(行)×3(列)個(図2(b)ではK= FIG. 2 (b), the in these macroblocks 3 (rows) × 3 (rows) pieces (FIG. 2 (b) K =
3、L=3としている)の単位でグループ化したことを示している。 3, it shows that grouped in units of L = 3 is). 【0037】また、このグループは、MPEG2のスライスと同様に、そのグループ内に含まれるマクロブロックのエラー伝播の範囲を定める。 Further, this group, similar to the MPEG2 slices, delimiting the error propagation of macro-blocks included in the group. ただし、スライスが横一列のマクロブロックにて構成されるのに対して、このグループは、画面内にて行方向、列方向のいずれのマクロブロックにもまたがって構成される点が異なる。 However, while the slices are composed of macroblocks horizontal row, this group row direction in the screen, point constructed across either of the macro block in the column direction are different. 【0038】次に、マクロブロックの場合と同様に、このグループに、所定の番号を割り振り、1フレーム上に配置する。 Next, as in the case of macro-block, this group allocates a predetermined number, arranged on a frame. 例えばグループは1フレームの左最上部から右端の横一列に、G1〜G15の所定の番号が割り当てられ、次の段には、G16〜G30の番号が割り当てられる。 For example group in a row left from the top right edge of the frame is assigned a predetermined number of G1~G15, the next stage is assigned a number of G16~G30. 【0039】このようにグループ化することにより、図2(a)に示すように、フレーム内には複数のグループが形成される。 [0039] By grouping in this way, as shown in FIG. 2 (a), in the frame a plurality of groups are formed. なお、図2の映像信号では、G1〜G1 Incidentally, the video signal of FIG. 2, G1~G1
50の番号がそれぞれ割り当てられた、150個のグループが形成されている。 50 number has been assigned, respectively, 150 of the group is formed. 【0040】そしてブロック化器11は各グループを所定の順番で出力する。 [0040] The blocking unit 11 outputs each group in a predetermined order. 一例として図2(a)に示すような、割り当てられた順番(G1〜G150)で出力してもよいし、割り当てられた番号の順とは異なる順番で出力してもよい。 As shown in FIG. 2 (a) as an example, it may be output in the assigned order (G1~G150), may be output in a different order from the order of the assigned numbers. 【0041】さて、各グループ内では合計9個のマクロブロックが存在する。 [0041] Now, a total of nine of the macro block is present in each group. ブロック化器11は各グループ内のこれらのマクロブロックを所定の順番で出力する。 Block generator 11 outputs these macroblocks within each group in a predetermined order. 例えば図2(b)に示すような順番(M1〜M9)で出力してもよいし、割り当てられた番号の順とは異なる順番で出力してもよい。 For example it may be output in the order (M1 to M9), as shown in FIG. 2 (b), may be output in a different order from the order of the assigned numbers. 【0042】ブロック化器11は、以上のような映像信号の並べ替えを行ってマクロブロック単位にデータを出力する。 The blocking unit 11 performs reordering above-described video signal and outputs the data to the macro block unit. 【0043】次に高能率符号化器12は、入力されたデータをマクロブロック単位にフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化する。 [0043] Then the high-efficiency encoder 12 inter-frame prediction coding in coding or frame into macro-blocks of input data. 例えば、現フレームがIフレームであるならば、全てのマクロブロックはフレーム内符号化される。 For example, the current frame if an I frame, all macroblocks are intra-frame coded. もしIフレーム以外であれば、動き補償予測を用いたフレーム間予測符号化される。 If it is other than I-frames are inter-frame prediction coding using motion compensation prediction. 但し、動き補償予測により符号化効率が上がらないマクロブロックはフレーム内符号化される場合もある。 However, in some cases the macroblock does not increase coding efficiency by the motion compensation prediction is the frame coding. 図3に高能率符号化器12の具体的な構成を示す。 It shows a specific configuration of the high-efficiency encoder 12 in FIG. 3. 【0044】図3において、110は減算器、111は直交変換回路、112は量子化回路、113は可変長符号化回路、114は逆量子化回路、115は逆直交変換回路、116は加算器、117はメモリ、118は動き補償回路、119はスイッチである。 [0044] In FIG. 3, 110 subtractor, the orthogonal conversion circuit 111, 112 is a quantization circuit, a variable length encoding circuit 113, inverse quantization circuit 114, inverse orthogonal transform circuit 115, 116 is an adder , 117 memory, 118 is a motion compensation circuit, 119 is a switch. 【0045】まず、Iフレームのマクロブロックデータが減算器110に入力された場合、Iフレームはフレーム内符号化されるものであるから、スイッチ119をo [0045] First, if the macroblock data of I frame is input to the subtracter 110, since the I-frame is intended to be in-frame coding, the switch 119 o
ffするように設定する。 Set to ff. このため、減算器110は入力されたマクロブロックデータをそのまま出力する。 Therefore, the subtracter 110 outputs the macro-block data input. 次にマクロブロックデータは直交変換回路111で直交変換され、量子化回路112で量子化される。 Then the macroblock data is orthogonally converted by the orthogonal conversion circuit 111, it is quantized by the quantization circuit 112. ここで直交変換回路には通常離散コサイン変換(DCT)が用いられるが、その他の方式でも良い。 Here the orthogonal transform circuit normally a discrete cosine transform (DCT) is used, but may be other methods. 量子化回路112の出力は可変長符号化回路113と逆量子化回路114に入力される。 The output of the quantization circuit 112 is input to a variable length coding circuit 113 inverse quantization circuit 114. 可変長符号化回路113では、量子化されたマクロブロックデータを可変長符号化し、記録すべき符号化データとして後段の回路へ出力する。 In the variable length coding circuit 113, and variable-length coding the macroblock data quantized to output to a subsequent circuit as to be recorded coded data. 【0046】一方、逆量子化回路114へ入力されるデータは、他フレームの参照画面を作成するために用いられるデータであるので復号処理が施される。 Meanwhile, data input to the inverse quantization circuit 114, decoding processing is performed because the data used to create a reference picture for other frames. 【0047】まず、逆量子化回路114では量子化されたマクロブロックデータを逆量子化する。 [0047] First, the inverse quantizing the macroblock data quantized in the inverse quantization circuit 114. 逆量子化回路114から出力されるデータは逆直交変換回路115で逆直交変換され、加算器116に入力される。 Data output from the inverse quantization circuit 114 is inverse orthogonal transformation by the inverse orthogonal transform circuit 115, is input to the adder 116. 先に述べたようにスイッチ119はoffされているため、加算器116は入力データをそのまま出力する。 The switch 119 as previously described is turned off, the adder 116 directly outputs the input data. その後マクロブロックデータはメモリ117に記憶されて遅延される。 Then the macroblock data is delayed is stored in the memory 117. なお、このメモリは参照画面を保持しておくためのものである。 Note that this memory is intended for holding the reference picture. 但し、メモリ117に入力されるマクロブロックデータは、先述の通り図2に示す順番に並べ替えられているため、元の画面に戻るように並べ替えを施されてメモリ117に保持される。 However, the macro block data input to the memory 117, because it is rearranged in the order shown as Figure 2 of the foregoing, is subjected to rearrangement to return to the previous screen is held in the memory 117. 【0048】次にPフレームのマクロブロックデータが減算器110に入力された場合、Pフレームは直前のI [0048] Then if the macroblock data of the P frame is input to the subtracter 110, P-frame immediately before the I
またはPフレームを参照画面として動き補償フレーム間予測符号化されるものであるから、スイッチ119をo Or from a P frame as a reference picture is intended to be predictive coding motion compensation inter-frame, the switch 119 o
nするように設定する。 Set to n. ここでマクロブロックデータは動き補償回路118へも入力される。 Here macroblock data is also inputted to the motion compensation circuit 118. 動き補償回路11 The motion compensation circuit 11
8はマクロブロックデータが入力されると、復号された直前のIまたはPフレームのデータを参照画面として入力する。 8 When the macro block data is input, the input data of the I or P-frame immediately preceding decoded reference picture. 【0049】そして、あらかじめ設定された探索範囲で参照画面を探索し、最も相関の強いブロック領域を見つけ、予測データとして出力する。 [0049] Then, searches the reference picture in a preset search range, finding a strong block regions highest correlation is output as the prediction data. スイッチ119はon Switch 119 is on
になっているため、動き補償回路118から出力された予測データは、減算器110に入力される。 Since the turned in, the prediction data output from the motion compensation circuit 118 is input to the subtractor 110. また動き補償回路118は、このマクロブロックと予測したブロック領域との位置のずれを動きベクトルとして可変長符号化回路113に出力する。 The motion compensation circuit 118 outputs as a motion vector displacement between the positions of the macro block and the predicted block region to the variable length coding circuit 113. 減算器110では、入力されたマクロブロックと予測データの差分を演算して、差分データを出力する。 The subtracter 110, and calculates the difference between the predicted data and the input macroblock, and outputs the differential data. この差分データは直交変換回路11 This difference data is orthogonal transform circuit 11
1で直交変換され、量子化回路112で量子化される。 Orthogonally transformed at 1, it is quantized by the quantization circuit 112.
量子化回路112の出力は、可変長符号化回路113と逆量子化回路114に入力される。 The output of the quantization circuit 112 is input to the variable length coding circuit 113 to the inverse quantization circuit 114. 可変長符号化回路1 Variable-length coding circuit 1
13では、量子化された差分データを可変長符号化し、 In 13, the variable length encoding differential data quantized,
動きベクトルデータを組み込んで、記録すべき符号化データとして後段の回路へ出力する。 Incorporate motion vector data, and outputs it to the subsequent circuit as to be recorded coded data. 動きベクトルの組み込み方は、例えば各マクロブロックの符号データの特定位置に組み込むこととし、さらに直前のマクロブロックにおける動きベクトルとの差分値を可変長符号化して組み込むような構成が考えられる。 Built how motion vectors, for example, and be incorporated into a specific position of the encoded data of each macro block, configured as incorporated by variable-length coding a difference value between the motion vector is considered in more immediately preceding macroblock. 但し、グループ内で先頭のマクロブロックは差分をとることができないため実値を組み込むようにしなければならない。 However, the macro block start in the group must be to incorporate the real value because it is not possible to take the difference. なお、動きベクトルの組み込み方はこれに限定されるものでなく、構成は多々考えられる。 Incidentally, incorporation how the motion vector is not limited to this configuration is considered often. 【0050】一方、逆量子化回路114へ入力されるデータは、他フレームの参照画面を作成するために用いられるので、復号処理が施される。 On the other hand, data is inputted to the inverse quantization circuit 114, because it is used to create a reference screen of another frame, the decoding process is performed. まず、逆量子化回路1 First, the inverse quantization circuit 1
14では量子化されたマクロブロックデータを逆量子化する。 In 14 inversely quantizes the macro block data quantized. 逆量子化回路114から出力されるデータは逆直交変換回路115で逆直交変換され、加算器116に入力される。 Data output from the inverse quantization circuit 114 is inverse orthogonal transformation by the inverse orthogonal transform circuit 115, is input to the adder 116. このとき、スイッチ119はonになっているため、動き補償回路118から出力された予測データも加算器116に入力されている。 At this time, the switch 119 because it has become on, also predicted data outputted from the motion compensation circuit 118 is input to the adder 116. 加算器116は、この逆直交変換回路115からの出力データと動き補償回路118から出力された予測データを加算した結果を出力する。 The adder 116 outputs the result of adding the output predicted data from the output data and the motion compensation circuit 118 from the inverse orthogonal transform circuit 115. 加算器116からの出力はメモリ117に記憶されて遅延される。 The output from the adder 116 is delayed is stored in the memory 117. 但し、メモリ117に入力されるマクロブロックデータは、先述の通り図2に示す順番に並べ替えられているため、元の画面に戻るように並べ替えを施されてメモリ117に保持される。 However, the macro block data input to the memory 117, because it is rearranged in the order shown as Figure 2 of the foregoing, is subjected to rearrangement to return to the previous screen is held in the memory 117. 【0051】次にBフレームのマクロブロックデータが減算器110に入力された場合、Bフレームは直前に符号化されたIフレームやPフレームを参照画面として動き補償フレーム間予測符号化されるものであるから、スイッチ119をonするように設定する。 [0051] Then if the macroblock data of the B frame is input to the subtracter 110, B-frame intended to be motion-compensated interframe predictive coding a coded I-frame or P frame as a reference picture immediately before because there, set to on the switch 119. ここでマクロブロックデータは動き補償回路118へも入力される。 Here macroblock data is also inputted to the motion compensation circuit 118.
動き補償回路118はマクロブロックデータが入力されると、メモリ117から直前に符号化されたIフレームおよびPフレームの復号化データを参照画面として入力する。 When the motion compensation circuit 118 macroblock data is input, and inputs the decoded data of the I frame and P frame encoded immediately before from the memory 117 as a reference picture. もちろんBフレームの符号化は時間的に過去および未来に位置する2つのフレームから双方向予測することができるので、2つの参照画面を入力する。 Of course the encoding of the B frame can be bidirectionally predicted from two frames temporally located past and future, to enter two reference screen. そして、 And,
あらかじめ設定された探索範囲で参照画面を探索し、最も相関の強いブロック領域を見つけ、予測データとして出力する。 It searches the reference picture in a preset search range, finding a strong block regions highest correlation is output as the prediction data. スイッチ119はonになっているため、動き補償回路118から出力された予測データは、減算器110に入力される。 Since the switch 119 is turned on, the prediction data output from the motion compensation circuit 118 is input to the subtractor 110. 【0052】また、動き補償回路118は、動きベクトルを可変長符号化回路113に出力する。 [0052] The motion compensation circuit 118 outputs the motion vector to the variable-length coding circuit 113. 減算器110 Subtractor 110
では、入力されたマクロブロックと予測データの差分を演算して、差分データを出力する。 In, and calculates the difference of the prediction data and the input macroblock, and outputs the differential data. この差分データは直交変換回路111で直交変換され、量子化回路112で量子化される。 This difference data is orthogonally converted by the orthogonal conversion circuit 111, it is quantized by the quantization circuit 112. 量子化回路112の出力は、可変長符号化回路113に入力される。 The output of the quantization circuit 112 is input to the variable length coding circuit 113. 可変長符号化回路113では、量子化された差分データを可変長符号化し、先述のように動きベクトルデータを組み込んで、記録すべき符号化データとして後段の回路へ出力する。 In the variable length coding circuit 113, and variable length coding the differential data quantized, incorporate motion vector data as described above, and outputs to the subsequent circuit as to be recorded coded data. なお、Bフレームのデータは参照画面にならないので、上述したような復号化処理を施されない。 Since the data of the B-frame does not become the reference screen, not subjected to decoding processing as described above. 【0053】さて、このように高能率符号化された符号化データは、ヘッダ付加器13に入力される。 [0053] Now, high-efficiency encoded data encoded in this manner is input to the header adder 13. 符号化データはマクロブロック単位のデータであって、図2 Encoded data is a data of a macro block unit, FIG. 2
(a)〜(c)に示すようなグループ順、マクロブロック順に並べ替えられている。 (A) ~ (c) are shown as a group order, they are sorted into macroblocks order. ヘッダ付加器13は、この符号化データに、グループ単位でヘッダ情報および位置情報を挿入する。 Header adding unit 13, the encoded data and inserts header information and position information on a group basis. ヘッダ情報は例えば特殊な固定長符号であって、復号時において符号語の連続性に依存することなく機器が認識することができる情報であり、このヘッダ情報によりグループ単位の区切りの識別が可能となる。 The header information is, for example, a special fixed length code is information capable device to recognize without depending on the continuity of the codeword during decoding, and can be identified in the group unit delimited by the header information Become. またヘッダ情報は、このような機能を有するデータであればどのような形態を用いても良い。 The header information may be used any form as long as data having such a function. 【0054】次に位置情報は、各グループが画面のどの位置のデータであるかを示す情報である。 [0054] Then the location information is information each group indicating whether the data of which position on the screen. 例えば、先述の図2(a)に示す順番に符号化された場合、各グループの番号を位置情報として用いるようにすればよい。 For example, when it is encoded in the order shown in the aforementioned FIG. 2 (a), the it is sufficient to use a number of each group as the position information. 位置情報も、このような機能を有するデータであればどのような形態を用いても良い。 Position information may also be used any form as long as data having such a function. 【0055】記録回路14は、この符号化データを記録に適合するように加工する。 [0055] recording circuit 14, processed to fit the encoded data to the recording. 通常、符号化データを固定サイズに分割して記録ブロックを生成し、記録ブロック単位に誤り訂正符号化処理を施し、記録に適合する変調を施すものである。 Usually, by dividing the encoded data into a fixed size to generate a recording block, the error correction encoding processing is performed in the recording block unit, it performs a matching modulation recording. そして記録回路14の出力は記録ヘッド15によって、記録媒体16に記録される。 The output of the recording circuit 14 by the recording head 15, is recorded on the recording medium 16. 【0056】次に、上記のような動作により符号化、記録された映像信号を復号、再生するための映像再生装置の構成を図7に示す。 [0056] Next, the encoding by the operation as described above, decode the recorded video signal, a configuration of a video reproducing apparatus for reproducing in FIG. 図7において、図1と同一部または相当部には同一符号を付し、詳細な説明は省略する。 7, the same reference numerals denote the same portions or the corresponding portions in FIG. 1, a detailed description thereof will be omitted.
また70は再生ヘッド、71は再生回路、72は復号化器、73は逆配列器である。 The 70 reproducing head, 71 reproducing circuit, 72 is a decoder, 73 is an inverse sequence unit. 【0057】以上のような映像再生装置は、上記の映像記録装置と逆の手順により、記録媒体16に記録されたデータを復号、再生する。 [0057] The above video reproducing apparatus such as is the above-described image recording apparatus and the reverse order, decodes recorded on the recording medium 16 data, to reproduce. すなわち、再生ヘッド70 That is, the playback head 70
が、記録媒体16からデータを読み出すと、再生回路7 But reading the data from the recording medium 16, the reproducing circuit 7
1が、記録ブロックを結合して符号化データを復元する。 1, to restore the coded data by combining the recording block. 復元された符号化データは復号化器72において、 In reconstructed encoded data decoder 72,
高能率符号化器12の動作と逆手順の復号動作を施されることにより、図2(a)に示す1フレームを復元する。 By being subjected to a decoding operation of the high-efficiency operation and reverse procedure of the encoder 12, to restore the one frame shown in FIG. 2 (a). 【0058】さらに復元された1フレームは、逆配列器73にて、ブロック化器11と逆手順にてマクロブロックを並び換えることにより、図6(a)に示す、元の一画面の映像信号を再生し、後段の回路もしくはディスプレイ等の装置に出力する。 [0058] 1 frame is further restored at opposite sequence 73, by rearranging the macroblocks in reverse order with the blocking unit 11, shown in FIG. 6 (a), the original initial screen of the video signal reproduced, and outputs the device, such as the subsequent circuit or a display. 【0059】ところで、上記のような映像再生装置によって映像信号を復号、再生した場合、記録媒体16の状態によっては、正しくデータ再生できない場合がある。 By the way, the decoded video signal by the video reproducing apparatus as described above, when reproduced, the state of the recording medium 16 may not be correctly data reproduction.
ある程度のエラーは誤り訂正処理によって正しいデータに訂正されるが、訂正しきれない再生データは、マクロブロックの単位でエラーとなる。 Although some errors are corrected to the correct data by an error correction processing, the reproduction data which can not be corrected, an error in units of macro blocks. 可変長符号化されたデータは、1語ずつ順番に正しく復号していかないと全てのデータを復号できない。 Variable-length coded data can not decode all the data unless Ika correctly decoded one by one word. 【0060】はじめに、1フレーム内の映像信号の復号においては、復号の途中でエラーによってデータの連続性が途絶えると、それ以降のマクロブロックデータが復号できなくなる。 [0060] First, in the decoding of the video signal in one frame, the continuity of data by an error in the middle of the decoding is interrupted, the subsequent macroblock data can not be decoded. しかし符号化時にグループ単位でヘッダ情報が付加されており、このヘッダ情報によりエラー訂正が行われるため、このエラーの伝搬は、グループ単位でリセットされ、エラーの含まれるグループより後のグループのマクロブロックは正常に復号される。 However and header information is added in groups during encoding, since the error correction is performed by the header information, the propagation of this error is reset in groups, the macro block of the group after the group that includes error It is decoded properly. 【0061】次に、フレーム間の映像信号の復号におけるエラー伝搬の場合を、図4を用いて詳しく説明する。 Next, the case of the error propagation in the decoding of the video signal between frames will be described in detail with reference to FIG.
なお図4はエラー時の再生画面を示す図である。 Note 4 is a diagram showing a playback screen of the error. 【0062】図4(a)は従来のグループ化方法によって符号化した場合の再生時のエラー伝搬の様子を示し、 [0062] FIG. 4 (a) shows the state of error propagation during reproduction when encoded by a conventional grouping method,
グループを9個のマクロブロックで構成するものとしている。 It is assumed that the group consists of nine macro block. まず、参照画面として用いられるIフレームでエラーが発生したため、一つのグループがエラーとなっている。 First, because an error in the I frame used as a reference picture is generated, one group has an error. 【0063】次にこのIフレームを参照画面として用いてフレーム間予測符号化されたPフレームが復号されたとき、このエラーグループを参照するPフレームのマクロブロックにエラーが伝搬する。 Next when P frames inter-frame prediction coding with reference to the I frame as a reference picture is decoded, an error is propagated to the macroblocks of P frame that references the error group. また図4(a)では、 Also in FIG. 4 (a), the
簡単のため動きベクトルの探索範囲を±15画素として記録されたものとして説明する。 Be described as the motion vector search range was recorded as 15 pixels ± for simplicity. Iフレームで発生したエラーグループを参照する可能性があるのは、そのエラーグループと同一位置のPフレームの9マクロブロック(図中斜線部にて示す)およびその周囲のマクロブロックである。 There is likely to refer to error group generated in the I-frame, its (indicated by in FIG hatched portion) 9 macroblocks P frame error group in the same position and a macro-block of the surrounding. 従って図4(a)に示したように33個のマクロブロックにエラー伝搬する可能性がある。 Thus there is a possibility of error propagation in 33 macro blocks as shown in Figure 4 (a). 【0064】一方、図4(b)は本実施の形態のグループ化手段を用いて符号化した場合の再生時のエラー伝搬の様子を示す。 [0064] On the other hand, FIG. 4 (b) shows the state of error propagation during reproduction when coding with the grouping means of the present embodiment. 従来方法と比較するため、グループの構成を従来方法のときと同様に9マクロブロックとしている。 For comparison with the conventional method, and similarly to 9 macroblocks in the case of the conventional method the structure of the group. 図4(b)に示されるように、Iフレームの再生時に、3×3マクロブロックからなる1つのグループがエラーとなっている。 As shown in FIG. 4 (b), when reproducing the I-frame, one group consisting of 3 × 3 macroblock is an error. 【0065】次にこのIフレームを参照画面として用いてフレーム間予測符号化されたPフレームが復号されたとき、このエラーグループを参照するPフレームのマクロブロックにエラーが伝搬する。 Next when P frames inter-frame prediction coding with reference to the I frame as a reference picture is decoded, an error is propagated to the macroblocks of P frame that references the error group. また、従来方法と同様に動きベクトルの探索範囲を±15画素として記録されたものとする。 Further, it is assumed that the search range of motion similar to the conventional method vector was recorded as 15 pixels ±. Iフレームで発生したエラーグループを参照する可能性があるのは、そのエラーグループと同一位置のPフレームの9マクロブロック(図中斜線部にて示す)およびその周囲のマクロブロックである。 There is likely to refer to error group generated in the I-frame, its (indicated by in FIG hatched portion) 9 macroblocks P frame error group in the same position and a macro-block of the surrounding. 従って、図4(b)に示したように25個のマクロブロックにエラー伝搬する可能性がある。 Therefore, there is a possibility of error propagation into 25 macro-blocks as shown in Figure 4 (b). すなわち、本実施の形態においては、あるIフレームにおいて、従来例と同一数のマクロブロックからなるグループにエラーが発生したとしても、このエラーグループを参照する可能性のある、PフレームやBフレームのマクロブロックの数は、 That is, in this embodiment, in some I-frame, even if an error occurs to the group consisting of conventional same number and macroblock, is likely to refer to this error group, the P-frame or B-frame the number of macro blocks,
従来例のものより少ない。 Less than that of the conventional example. したがって、フレーム間のエラー伝搬の影響が少なくなる。 Thus, the effect of error propagation between frames is reduced. 【0066】以上のように、本発明の実施の形態1によれば、高能率符号化を行う前に、マクロブロックの並べ替えのための簡単な制御を行うだけで、再生時のエラー伝搬を従来よりも小さい領域に抑えることができる。 [0066] As described above, according to the first embodiment of the present invention, before performing the high-efficiency coding, only by performing a simple control for the rearrangement of macroblocks, error propagation during reproduction it can be suppressed to an area smaller than the conventional. 【0067】なお、上記の説明では、K行×L列のマクロブロックからなるグループは、K=3,L=3と仮定したが、K、Lともいずれも2以上の整数であれば、それぞれ任意の値を用いることができる。 [0067] In the above description, the group of macro-blocks of K rows × L columns, K = 3, L = 3 and it is assumed, K, if any 2 or more integer also as L, respectively it can be any value. 【0068】なお、マクロブロックは4個の輝度信号の直交変換ブロックと2個の色差信号の直交変換ブロックから構成するものとしたが、他の構成であっても良い。 [0068] Incidentally, the macroblock has been assumed that the configuration from the orthogonal transform block of the four luminance signal orthogonal transform blocks and two color difference signals, and may be other configurations.
いかなる構成であっても本発明を適用可能である。 Be of any configuration is applicable to the present invention. 【0069】なお、グループの順番およびグループ内でのマクロブロックの順番を図2に示すように仮定したが、あらかじめどのような順番にも設定可能である。 [0069] Incidentally, it is assumed the order of macro blocks in the order and group of the group as shown in FIG. 2, can be set in any order in advance. 【0070】(実施の形態2)次に、本発明の実施の形態2である映像記録装置について、その動作を説明する。 [0070] (Embodiment 2) Next, the video recording apparatus according to a second embodiment of the present invention will be explained. 【0071】本実施の形態における映像記録装置は、ブロック化器11において、グループ内のK×L個のブロックの順番を、グループ領域内の一端から他端へ向かい、常に隣接するブロック順序となるように順番を付け、順番に従って映像信号を並び替えて出力するように構成したものである。 [0071] Video recording apparatus of the present embodiment, the blocking unit 11, the order of the K × L blocks in the group, directed from one end of the group area to the other, always a block order in which adjacent with the order as, which is constituted so as to output the rearranged video signal according to the order. 本実施の形態である映像記録装置の構成は第1の実施の形態と同じ構成であり、図1におけるブロック化器11の動作が異なる。 Structure of a video recording apparatus which is the embodiment has the same configuration as the first embodiment, the operation of the blocking unit 11 in FIG. 1 are different. 以下、異なる動作について説明する。 The following describes the different operations. 【0072】図5は、本実施の形態における映像記録装置のブロック化器11によってグループ化されたマクロブロックの配列順を示す図である。 [0072] Figure 5 is a diagram showing the arrangement order of the macro blocks grouped by the block encoder 11 of the video recording apparatus of the present embodiment. ここでは、1つのグループを3×3マクロブロック(K=3、L=3とする)で構成するものとしている。 Here, it is assumed that constitute one group in 3 × 3 macroblocks (and K = 3, L = 3). 図示されるようにグループ内の各マクロブロックには特定の規則に従って順番が付されている(M1〜M9)。 Order are assigned according to a specific rule for each macroblock in the group as shown (M1 to M9). すなわち、グループ領域の左上隅に位置するマクロブロックを1番目とし、右下隅へ向かって、常に隣接するマクロブロックを選んで順番に番号付けした様子を表す。 That is, the macro block positioned in the upper left corner of the group area and first, toward the lower right corner, always represents a state in which numbered sequentially select the neighboring macroblocks. 【0073】ブロック化器11はこの順番に従ってマクロブロックを並べ替えて後段の回路に出力する。 [0073] blocking unit 11 is output to the circuit at the rear stage rearranges macro blocks in accordance with this order. 高能率符号化器12では、第1の実施形態における映像記録装置と同様な構成であって、詳細な構成は図3に示されるとおりである。 In the high-efficiency encoder 12, a video recording apparatus and same configuration in the first embodiment, a detailed configuration is as shown in Figure 3. 特に可変長符号化回路113が量子化されたデータに動きベクトルを組み込んで符号化データを出力する際に、動きベクトルの組み込み方をグループ内における直前のマクロブロックブロックの動きベクトルとの差分値を可変長符号化して組み込むようにした場合、マクロブロックが先述した規則によって並べ替えられているので、より効率よくデータ量圧縮することが可能となる。 Especially when the variable-length coding circuit 113 outputs the encoded data incorporating the motion vector data quantized, a difference value between the motion vector of the immediately preceding macroblock block built how motion vectors in the group If so incorporated by variable length coding, since the macro block is sorted by the rules previously described, it is possible to more efficient data compression amount. すなわち、映像信号は水平方向および垂直方向に2次元に相関を持つので、2次元に隣接するマクロブロックの動きベクトルも相関を持つことが多い。 That is, since the video signal has a correlation to the two-dimensionally in horizontal and vertical directions, often even with Correlation motion vector of a macroblock adjacent to the two-dimensional. 【0074】例えば、図2(b)のような順番で伝送するとM3のマクロブロックとM4のマクロブロックの位置が離れてしまうため、相関が弱くなる。 [0074] For example, since the order in the position of the macro block of the macroblock and M4 of the transmission M3 moves away as in FIG. 2 (b), the correlation is weakened. 従って動きベクトルの差分を可変長符号化するような効率よい圧縮方法が有効でなくなってしまう。 Thus efficient compression method such as variable length coding the differential motion vector no longer valid. 【0075】これに対して図5に示す本実施の形態のように、割り当てた番号が連続するマクロブロックが隣接するようになっているように並べ替えることで、映像信号の相関をよりいっそう有効に利用してデータ圧縮することができる。 [0075] In contrast, as in the present embodiment shown in FIG. 5, that the macroblock number assigned to successive sort as so adjacent, more effective correlation of the video signal it can be utilized to data compression to. 【0076】以上のように、実施の形態2によれば、実施の形態1と同じように、エラー伝搬の抑制効果やエラーによる画質劣化を視覚的に目立たなくする効果等を得ることに加えて、圧縮効率をさらに向上することが簡単に実現することができる。 [0076] As described above, according to the second embodiment, like the first embodiment, in addition to obtaining effects such that no visually noticeable image quality degradation due to suppression and errors error propagation it can be further improved compression efficiency realized easily. 【0077】なお、上記の説明では、K行×L列のマクロブロックからなるグループは、K=3,L=3と仮定したが、K、Lともいずれも2以上の整数であれば、それぞれ任意の値を用いることができる。 [0077] In the above description, the group of macro-blocks of K rows × L columns, K = 3, L = 3 and it is assumed, K, if any 2 or more integer also as L, respectively it can be any value. 【0078】なお、グループ内のマクロブロックの順番を図5に示すように仮定したが、グループ内の領域において、一端から他端へ向かい常に隣接したマクロブロックをとるような順番であれば、他の順番を付けても良い。 [0078] Incidentally, it is assumed the order of macro blocks in the group, as shown in FIG. 5, in the region in the group, if the order shown always takes a neighboring macroblock directed from one end to the other, other it may be attached to the order. 【0079】なお、グループ毎の順番はあらかじめ自由に設定可能である。 [0079] In addition, the order of each group can be set in advance freely. 【0080】また、上記の各実施の形態において、ブロック化器11は本発明のブロック処理手段の一例であり、高能率符号化器12は本発明の符号化手段の一例である。 [0080] Further, in the above embodiments, block generator 11 is an example of block processing unit of the present invention, high-efficiency encoder 12 is an example of a coding unit of the present invention. また、実施の形態におけるグループは本発明のマクロブロックグループの一例である。 The group in the embodiment is an example of a macro-block group of the present invention. また、復号化器7 Moreover, the decoder 7
2は本発明の復号手段の一例であり、逆配列器73は本発明の逆ブロック処理手段の一例である。 2 is an example of a decoding unit of the present invention, the inverse sequence unit 73 is an example of a reverse block processing unit of the present invention. 【0081】したがって、本発明は、映像信号を符号化または復号化できればよく、上記実施の形態におけるように映像記録装置または映像再生装置に限定されるものではなく、送信装置、受信装置やデータ伝送装置において実施するようにしてもよい。 [0081] Accordingly, the present invention may if encoding or decoding a video signal, is not limited to the video recording apparatus or video reproducing apparatus as in the above embodiment, the transmitting apparatus, receiving apparatus and data transmission it may be implemented in device. また、映像信号の符号化装置単体、もしくは復号化装置単体として実現してもよい。 It may also be implemented as an encoding apparatus alone or decoding apparatus alone, the video signal. 【0082】また、本発明は、上述した本発明の映像符号化装置または映像復号化装置の全部又は一部の手段(又は、装置、素子、回路、部等)の機能をコンピュータにより実行させるためのプログラムであって、コンピュータと協働して動作するプログラムである。 [0082] Further, the present invention, all or part of means of the video coding apparatus or image decoding apparatus of the present invention described above to be executed by (or, device, element, circuit, parts, etc.) the function of the computer a program is a program that operates in cooperation with the computer. 【0083】また、本発明は、上述した本発明の映像符号化装置または映像復号化装置の全部または一部の手段の全部または一部の機能をコンピュータにより実行させるためのプログラムを担持した媒体であり、コンピュータにより読み取り可能且つ、読み取られた前記プログラムが前記コンピュータと協動して前記動作を実行する媒体である。 [0083] Further, the present invention is a carrying medium a program for implementing the whole or a computer part of the functions of all or part of the means of image encoding device or image decoding device of the present invention described above There, readable by a computer and a medium for executing the operation the program in cooperation with the computer read. 【0084】なお、本発明の一部の手段(又は、装置、 [0084] A part of the means of the present invention (or device,
素子、回路、部等)、本発明の一部のステップ(又は、 Element, circuit, parts, etc.), some of the steps of the present invention (or,
工程、動作、作用等)とは、それらの複数の手段又はステップの内の、幾つかの手段又はステップを意味し、あるいは、一つの手段又はステップの内の、一部の機能又は一部の動作を意味するものである。 Steps, operations, and the action and the like), of those of the plurality of means or steps, means a number of means or steps, or of the one means or step, some of the functions or some it is intended to mean an operation. 【0085】また、本発明のプログラムを記録した、コンピュータに読みとり可能な記録媒体も本発明に含まれる。 [0085] Further, the program of the present invention is recorded, the recording medium readable to a computer is also included in the present invention. 【0086】また、本発明のプログラムの一利用形態は、コンピュータにより読み取り可能な記録媒体に記録され、コンピュータと協働して動作する態様であっても良い。 [0086] In addition, one utilizing form of the program of the present invention may be recorded in a computer-readable recording medium may be a mode that operates in cooperation with the computer. 【0087】また、本発明のプログラムの一利用形態は、伝送媒体中を伝送し、コンピュータにより読みとられ、コンピュータと協働して動作する態様であっても良い。 [0087] In addition, one utilizing form of the program of the present invention, transmitted through a transmission medium, read by a computer, may be a mode that operates in cooperation with the computer. 【0088】また、記録媒体としては、ROM等が含まれ、伝送媒体としては、インターネット、光ファイバ等の伝送機構、光・電波・音波等が含まれる。 [0088] Further, as the recording medium, ROM, etc. are included, as the transmission medium, the Internet, the transmission mechanism such as optical fiber, include light, radio waves, sound waves or the like. 【0089】また、上述した本発明のコンピュータは、 [0089] In addition, the computer of the present invention described above,
CPU等の純然たるハードウェアに限らず、ファームウェアや、OS、更に周辺機器を含むものであっても良い。 Not limited to pure hardware such as a CPU, firmware and, OS, it may be one further comprising a peripheral equipment. 【0090】なお、以上説明した様に、本発明の構成は、ソフトウェア的に実現しても良いし、ハードウェア的に実現しても良い。 [0090] It should be noted that, as described above, the configuration of the present invention may be realized in software, it may be implemented in hardware. 【0091】 【発明の効果】以上のように本発明によれば、マクロブロックを非常に効率よくグループ化する事ができ、再生時のエラー伝搬を抑制する効果が得られるとともに、視覚上エラーによる画質劣化を目立ちにくくする効果が得られる。 [0091] According to the present invention as described above, according to the present invention, can be very efficiently group the macroblock, together with the effect of suppressing the error propagation during reproduction is obtained, by visual error the effect of less noticeable degradation in image quality can be obtained. 【0092】また、さらに映像信号の相関を利用でき、 [0092] In addition, further it can use the correlation of the video signal,
圧縮効率を向上することができるという効果が得られる。 Effect that it is possible to improve the compression efficiency.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の実施の形態1における映像記録装置の構成を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration of a video recording apparatus according to the first embodiment of the BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] present invention. 【図2】(a)本発明の実施の形態1におけるブロック化器11の動作を説明する図である。 2 (a) is a diagram for explaining the operation of the blocking unit 11 in the first embodiment of the present invention. (b)本発明の実施の形態1におけるブロック化器11 (B) the blocking unit 11 in the first embodiment of the present invention
の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the. (c)本発明の実施の形態1におけるブロック化器11 (C) the blocking unit 11 in the first embodiment of the present invention
の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the. 【図3】本発明の実施の形態1における高能率符号化器12の詳細な構成を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing a detailed configuration of the high-efficiency encoder 12 in the first embodiment of the present invention. 【図4】(a)従来の技術における、フレーム間のエラー伝搬の様子を示す図である。 In [4] (a) the prior art, it is a diagram showing a state of error propagation between frames. (b)本発明の実施の形態1における、フレーム間のエラー伝搬の様子を示す図である。 (B) in the first embodiment of the present invention, showing the state of error propagation between frames. 【図5】本発明の実施の形態2におけるグループの構成を説明する図である。 5 is a diagram for explaining the structure of the group in the second embodiment of the present invention. 【図6】本発明の実施の形態1におけるブロック化器1 Block generator 1 in the first embodiment of the invention; FIG
1の動作を説明する図である。 It is a diagram illustrating a first operation. 【図7】本発明の実施の形態1における映像再生装置の構成を示す図である。 Is a diagram showing a configuration of a video reproducing apparatus according to the first embodiment of the present invention; FIG. 【符号の説明】 10 映像入力端子11 ブロック化器12 高能率符号化器13 ヘッダ付加器14 記録回路15 記録ヘッド16 記録媒体110 減算器111 直交変換回路112 量子化回路113 可変長符号化回路114 逆量子化回路115 逆直交変換回路116 加算器117 メモリ118 動き補償回路119 スイッチ [Description of Reference Numerals] 10 image input terminal 11 block generator 12 high-efficiency coder 13 header adder 14 recording circuit 15 the printhead 16 recording medium 110 subtractor 111 orthogonal transform circuit 112 quantization circuit 113 variable-length coding circuit 114 inverse quantization circuit 115 inverse orthogonal transform circuit 116 the adder 117 the memory 118 the motion compensation circuit 119 switches

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 ▲よし▼田 勝彦 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内Fターム(参考) 5C053 FA21 GA11 GB15 GB22 GB26 GB30 GB32 HB10 KA04 5C059 KK01 LC08 MA04 MA05 MA21 MC11 NN01 NN21 RB02 RB09 RC16 RC38 RC40 RF13 RF19 SS11 SS20 UA02 UA05 UA33 UA38 UA39 5J064 AA02 BA09 BA13 BB05 BC08 BC16 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of the continuation (72) inventor ▲ Yoshi ▼ fields Katsuhiko Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in the F-term (reference) 5C053 FA21 GA11 GB15 GB22 GB26 GB30 GB32 HB10 KA04 5C059 KK01 LC08 MA04 MA05 MA21 MC11 NN01 NN21 RB02 RB09 RC16 RC38 RC40 RF13 RF19 SS11 SS20 UA02 UA05 UA33 UA38 UA39 5J064 AA02 BA09 BA13 BB05 BC08 BC16

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、 The input of the Claims 1] one frame of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is allocated sequentially,
    前記一画面内を占めるK(行)×L(列)個分の前記マクロブロックを1つのマクロブロックグループとして、 The K (rows) × L (column) number fraction of the macro-block occupying the one screen as one macroblock group,
    このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理するブロック処理手段と、 前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る符号化手段とを備え、 前記マクロブロックグループは、そのグループ内における前記マクロブロック間のエラー伝播の範囲である映像符号化装置。 And block processing means for processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, based on the macro-block group unit, performs the macro frame to the video signal of the block coding or inter-frame predictive coding and a coding means for obtaining encoded data, the macro block group, the image encoding apparatus in the range of error propagation between the macro-blocks within that group. 【請求項2】 前記グループ内のK×L個のマクロブロックの配列の順番は、前記所定の番号が連続するマクロブロックが隣接するようになっている請求項1記載の映像符号化装置。 The order of 2. A sequence of K × L number of macro blocks in the group, the video encoding apparatus according to claim 1, wherein the macro block in which the predetermined number is continuous is in adjacent. 【請求項3】 請求項1に記載の映像符号化装置が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る復号化手段と、 前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える逆ブロック処理手段とを備えた映像復号化装置。 3. A decoding means for obtaining a by decoding the coded data obtained by the video encoding apparatus according to claim 1 video signal of the macroblock, based on the macro-block group unit, said decoding the video signal of the macroblock in which means is obtained, the video decoding apparatus comprising an inverse block processing means for rearranging the order of forming the initial screen. 【請求項4】 一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、 Input wherein one frame of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is allocated sequentially,
    前記一画面内を占めるK(行)×L(列)個分の前記マクロブロックを1つのマクロブロックグループとして、 The K (rows) × L (column) number fraction of the macro-block occupying the one screen as one macroblock group,
    このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理する工程と、 前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る工程とを備え、 前記マクロブロックグループは、そのグループ内における前記マクロブロック間のエラー伝播の範囲である映像符号化方法。 And processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, the macro based on the block group basis, encoding performed intra-frame coding or inter-frame predictive encoding on a video signal of the macroblock and a step of obtaining data, the macro block group, the video coding method in the range of error propagation between the macro-blocks within that group. 【請求項5】 請求項4に記載の映像符号化方法が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る工程と、 前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える工程とを備えた映像復号化方法。 5. A process for decrypting encoded data video encoding method according got in claim 4 to obtain an image signal of the macroblock, based on the macro-block group unit, said decoding means the video signal of the macro block obtained, the video decoding method and a step of rearranging the order of forming the initial screen. 【請求項6】 請求項1に記載の映像符号化装置の、一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、前記一画面内を占めるK(行)×L(列)個分の前記マクロブロックを1 Of 6. The video encoding apparatus according to claim 1, the input of one screen of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is allocated sequentially occupies the one screen K ( the macroblock row) × L (column) number fraction 1
    つのマクロブロックグループとして、このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理するブロック処理手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る符号化手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラム。 One of the macro-block group, the block processing means for processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, based on the macro-block group unit, intraframe encoding or frame, to the video signal of the macroblock program for causing a computer to function as all or part of the coding means for obtaining encoded data performed between predictive coding. 【請求項7】 請求項3に記載の映像復号化装置の、請求項1に記載の映像符号化装置が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る復号化手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、 Of 7. A video decoding apparatus according to claim 3, a decoding unit for obtaining a video signal of the macro block by decoding the encoded data to obtain video encoding apparatus according to claim 1 , based on the macro-block group unit,
    前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える逆ブロック処理手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラム。 Program for causing a computer to function the video signal of the macro block in which the decoding means is obtained, as all or part of a reverse block processing means for rearranging the order of forming the initial screen. 【請求項8】 請求項1に記載の映像符号化装置の、一画面分の映像信号の入力を、所定の番号が順次割り当てられたマクロブロック単位に分割し、前記一画面内を占めるK(行)×L(列)個分の前記マクロブロックを1 Of 8. The video encoding apparatus according to claim 1, the input of one screen of video signal is divided into macro-blocks in which a predetermined number is allocated sequentially occupies the one screen K ( the macroblock row) × L (column) number fraction 1
    つのマクロブロックグループとして、このマクロブロックグループ単位で前記一画面分の映像信号を処理するブロック処理手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、前記マクロブロック単位の映像信号に対しフレーム内符号化またはフレーム間予測符号化を行い符号化データを得る符号化手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラムを担持した媒体であって、コンピュータにより処理可能なことを特徴とする媒体。 One of the macro-block group, the block processing means for processing the video signal of the one screen at the macroblock group level, based on the macro-block group unit, intraframe encoding or frame, to the video signal of the macroblock a medium carrying a program for causing a computer to function as all or part of the coding means for obtaining encoded data performed between predictive coding, medium, characterized in that processable by a computer. 【請求項9】 請求項3に記載の映像復号化装置の、請求項1に記載の映像符号化装置が得た符号化データを復号化して前記マクロブロック単位の映像信号を得る復号化手段と、前記マクロブロックグループ単位に基づき、 Of 9. The video decoding apparatus according to claim 3, a decoding unit for obtaining a video signal of the macro block by decoding the encoded data to obtain video encoding apparatus according to claim 1 , based on the macro-block group unit,
    前記復号化手段が得た前記マクロブロック単位の映像信号を、前記一画面を形成する順序に並び替える逆ブロック処理手段との全部または一部としてコンピュータを機能させるためのプログラムを担持した媒体であって、コンピュータにより処理可能なことを特徴とする媒体。 There in medium carrying a program for causing a computer to function the video signal of the macro block in which the decoding means is obtained, as all or part of a reverse block processing means for rearranging the order of forming the one screen Te, medium, characterized in that processable by a computer.
JP2001202304A 2001-07-03 2001-07-03 Video encoding system, video decoding system, video encoding method, and video decoding method Pending JP2003018595A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001202304A JP2003018595A (en) 2001-07-03 2001-07-03 Video encoding system, video decoding system, video encoding method, and video decoding method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001202304A JP2003018595A (en) 2001-07-03 2001-07-03 Video encoding system, video decoding system, video encoding method, and video decoding method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003018595A true JP2003018595A (en) 2003-01-17

Family

ID=19039132

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001202304A Pending JP2003018595A (en) 2001-07-03 2001-07-03 Video encoding system, video decoding system, video encoding method, and video decoding method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003018595A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006352451A (en) * 2005-06-15 2006-12-28 Olympus Corp Image processor
JP2008529346A (en) * 2005-01-24 2008-07-31 トムソン ライセンシングThomson Licensing Crc video error detection technique using the parity code
US7881541B2 (en) * 2004-10-29 2011-02-01 Sony Corporation Coding apparatus, decoding apparatus, coding method and decoding method
JP2012019540A (en) * 2011-09-09 2012-01-26 Thomson Licensing Video error detection technique using crc parity code
CN103096078B (en) * 2006-01-09 2015-10-21 Lg电子株式会社 The interlayer prediction method for video signals and means
US9497453B2 (en) 2006-01-09 2016-11-15 Lg Electronics Inc. Inter-layer prediction method for video signal

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7881541B2 (en) * 2004-10-29 2011-02-01 Sony Corporation Coding apparatus, decoding apparatus, coding method and decoding method
US9204167B2 (en) 2005-01-24 2015-12-01 Thomson Licensing Video error detection technique using a CRC parity code
JP2008529346A (en) * 2005-01-24 2008-07-31 トムソン ライセンシングThomson Licensing Crc video error detection technique using the parity code
JP4713957B2 (en) * 2005-06-15 2011-06-29 オリンパスイメージング株式会社 Image processing apparatus
JP2006352451A (en) * 2005-06-15 2006-12-28 Olympus Corp Image processor
CN103096078B (en) * 2006-01-09 2015-10-21 Lg电子株式会社 The interlayer prediction method for video signals and means
US9497453B2 (en) 2006-01-09 2016-11-15 Lg Electronics Inc. Inter-layer prediction method for video signal
JP2012019540A (en) * 2011-09-09 2012-01-26 Thomson Licensing Video error detection technique using crc parity code

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7200275B2 (en) Skip macroblock coding
CN100417032C (en) Digital portable terminal
JP4625411B2 (en) Computer readable medium recording the encoding method and a program therefor of the image data
KR100371129B1 (en) Image predictive decoding apparatus and method thereof
JP4014263B2 (en) Video signal converting apparatus and a video signal conversion method
JP3404706B2 (en) Adaptive error correction device
JP4927753B2 (en) Moving picture coding method, moving picture decoding method, the moving picture coding apparatus, moving picture decoding apparatus, and a semiconductor device
KR100232992B1 (en) Moving picture decoding circuit
US20070065026A1 (en) Method of and apparatus for lossless video encoding and decoding
JP3072035B2 (en) 2-stage video films compression method and system
KR100984612B1 (en) Global motion compensation for video pictures
CN100407224C (en) Bit plane coding and decoding for the macroblock field / frame coding type information
CN101448162B (en) Method for processing video image
US6842484B2 (en) Method and apparatus for random forced intra-refresh in digital image and video coding
JP3689334B2 (en) Method for decoding a plurality of video frames in the video sequence
KR100564896B1 (en) Image coding method and apparatus, and storage medium
CN1135708C (en) Image signal processing system and method, decoder and decoding method
CN1200568C (en) Optimum scanning method for change coefficient in coding/decoding image and video
CN1044064C (en) Picture signal coding and decoding methods and picture signal coding and decoding appts.
KR100205503B1 (en) Video data encoding/decoding apparatus
KR100543700B1 (en) A method and an apparatus for redundant image encoding and decoding
CN1225126C (en) Space predicting method and apparatus for video encoding
CN1285216C (en) Image encoding method, image decoding method, image encoder, image decode, program, computer data signal, and image transmission system
CN102150425B (en) System and method for decoding using parallel processing
CN1202650C (en) Image processing method