JP2003018587A - Intercom system - Google Patents

Intercom system

Info

Publication number
JP2003018587A
JP2003018587A JP2001198908A JP2001198908A JP2003018587A JP 2003018587 A JP2003018587 A JP 2003018587A JP 2001198908 A JP2001198908 A JP 2001198908A JP 2001198908 A JP2001198908 A JP 2001198908A JP 2003018587 A JP2003018587 A JP 2003018587A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image
visitor
doorphone
unit
collation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001198908A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Kurosaki
浩 黒崎
Toshiaki Morita
敏昭 森田
Original Assignee
Sharp Corp
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sharp Corp, シャープ株式会社 filed Critical Sharp Corp
Priority to JP2001198908A priority Critical patent/JP2003018587A/en
Publication of JP2003018587A publication Critical patent/JP2003018587A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To specify a visitor before the visitor presses the calling button of an intercom slave unit by monitoring the visitor by a camera at all times and surely photographing the visitor approaching an entrance by the camera. SOLUTION: An intercom system is composed of the intercom slave unit 1 provided with the camera 11 photographing the visitor approaching the entrance, and an intercom master unit 2 provided with an image recognition part 21 recognizing the face image of a person by an image photographed by the camera 11. The intercom master unit 2 is provided with a face image storage part 22 storing the various face images registered beforehand, and a collation part 23 collating the face image recognized by the image recognition part 21 with the face images stored in the face image storage part 22. Before the visitor presses the calling button of the intercom slave unit, the visitor is specified by the collation part 23 and guidance inside a house and security are confirmed.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention
【0001】[0001]
【発明の属する技術分野】本発明は、訪問者を撮影する
カメラを備えたドアフォン子機と、ドアフォン親機とか
らなるドアフォンシステムに関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a doorphone system including a doorphone slave unit equipped with a camera for photographing a visitor and a doorphone master unit.
【0002】[0002]
【従来の技術】従来のドアフォン装置は、訪問者がドア
フォン子機の呼び出しボタンを押したときにはじめて、
カメラを作動させて訪問者を撮影するようになってい
た。使用者は、この撮影された訪問者の画像を、リビン
グ等に設置されたドアフォン親機のモニタを通して目視
により確認することで、訪問者の確認を行っていた。し
かしながら、このような従来のドアフォン装置では、使
用者がいちいちドアフォン親機のところまで行ってモニ
タを見なければ、訪問者の確認を行うことができないと
いった問題があった。
2. Description of the Related Art A conventional doorphone device is only available when a visitor pushes a call button of a doorphone handset.
It was supposed to activate the camera and shoot visitors. The user confirms the visitor by visually confirming the photographed image of the visitor through the monitor of the doorphone master unit installed in the living room or the like. However, such a conventional doorphone device has a problem that the visitor cannot be confirmed unless the user goes to the doorphone master unit and looks at the monitor.
【0003】そこで、顔画像認識装置によりテレビカメ
ラによって撮像される顔画像を認識し、メモリに登録し
ている顔画像と照合し、CPUで個々の顔画像に対する
呼出音を選定して鳴動できるようにしたテレビドアホン
装置が特開2000−287196号公報に開示されて
いる。
Therefore, the face image recognition device recognizes the face image picked up by the television camera, collates it with the face image registered in the memory, and allows the CPU to select and ring a ringing tone for each face image. The TV intercom device described above is disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 2000-287196.
【0004】[0004]
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このテ
レビドアホン装置は、呼び出しボタンを押した訪問者だ
けを撮像するようになっているため、例えばテレビカメ
ラを手などで塞いで呼び出しボタンを押したような場合
には、訪問者を撮像することができず、訪問者を正しく
認識することができないといった問題があった。
However, since this TV door intercom apparatus is designed to capture only the image of the visitor who has pressed the call button, it seems that the TV camera is blocked by a hand or the like and the call button is pressed. In such a case, there is a problem that the visitor cannot be imaged and the visitor cannot be correctly recognized.
【0005】本発明は係る問題点を解決すべく創案され
たもので、その目的は、カメラにより訪問者の監視を常
時行い、玄関に接近してきた訪問者をカメラで確実に撮
影することにより、訪問者を確実に認識でき、セキュリ
ティ性の高いドアフォンシステムを提供することにあ
る。
The present invention was devised to solve the above problems, and its purpose is to constantly monitor a visitor with a camera and to ensure that the visitor approaching the entrance is photographed with the camera. It is to provide a highly secure door phone system that can surely recognize visitors.
【0006】[0006]
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、本発明のドアフォンシステムは、玄関に接近してき
た訪問者を撮影する撮像装置を備えたドアフォン子機
と、前記撮像装置で撮影された画像より人物の顔画像を
認識する認識手段を備えたドアフォン親機とからなり、
前記ドアフォン親機は、予め登録された種々の顔画像を
記憶する顔画像記憶手段と、前記認識手段により認識さ
れた顔画像と前記顔画像記憶手段に記憶されている顔画
像とを照合する照合手段とを備えており、訪問者がドア
フォン子機の呼び出しボタンを押す前に、前記照合手段
により訪問者を特定することを特徴とする。
In order to solve the above-mentioned problems, the doorphone system of the present invention has a doorphone subunit equipped with an image pickup device for photographing a visitor approaching the entrance, and the image pickup device. It consists of a doorphone base unit equipped with a recognition unit that recognizes a person's face image from an image,
The doorphone base unit collates face image storage means for storing various face images registered in advance, and collates the face image recognized by the recognition means with the face image stored in the face image storage means. Means for identifying the visitor by the collating means before the visitor presses the call button of the intercom slave.
【0007】このような特徴を有する本発明によれば、
例えば撮像装置で常時撮影を行っていれば、訪問者が呼
び出しボタンを押す前に、その訪問者を特定することが
できる。従って、例えば訪問者が撮像装置を手で塞いだ
状態で、または撮像装置の視野から外れた状態で呼び出
しボタンを押す等のいたずらをした場合でも、すでに訪
問者を特定できているので、いたずら対策となる。
According to the present invention having the above characteristics,
For example, if the imaging device is constantly shooting, the visitor can be identified before the visitor presses the call button. Therefore, for example, even if a visitor makes a prank such as pressing the call button with the image pickup device blocked by his / her hand or out of the visual field of the image pickup device, the visitor can already be identified. Becomes
【0008】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、ドアの施錠および解錠を行うドアロック手段と、前
記照合手段の照合結果に基づいて前記ドアロック手段の
施錠または解錠を制御する錠制御手段とを備えたことを
特徴とする。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the door lock means for locking and unlocking the door, and the lock control for controlling the locking or unlocking of the door lock means based on the collation result of the collating means. And means.
【0009】このような特徴を有する本発明によれば、
必要であれば、玄関まで行くことなく室内から解錠する
ことができる。従って、使用者(在宅者)が訪問者を確
認してから鍵を解除するまでの時間を短縮することがで
きる。また、ドアの施錠を忘れている場合などには、玄
関まで行くことなく施錠することができる。
According to the present invention having such characteristics,
If necessary, you can unlock it from the room without going to the entrance. Therefore, the time from when the user (at-home person) confirms the visitor to unlock the key can be shortened. Also, if you forget to lock the door, you can lock it without going to the entrance.
【0010】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記錠制御手段は、前記照合手段での照合の結果、
訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致した場合に
は、前記ドアロック手段を解錠制御することを特徴とす
る。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means is
When the visitor coincides with the person in the face image registered in advance, the door lock means is unlocked.
【0011】このような特徴を有する本発明によれば、
使用者(在宅者)が訪問者を確認してから鍵を解除する
までの時間を短縮することができる。
According to the present invention having such characteristics,
It is possible to shorten the time from when the user (at-home person) confirms the visitor to unlock the key.
【0012】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記錠制御手段は、前記照合手段での照合の結果、
訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致し、かつ、
その人物に対応したドアロック解除コードが前記ドアフ
ォン子機から入力された場合には、前記ドアロック手段
を解錠制御することを特徴とする。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means is
The visitor matches the person in the face image registered in advance, and
When the door lock release code corresponding to the person is input from the doorphone slave unit, the door lock means is unlocked.
【0013】このような特徴を有する本発明によれば、
画像確認ミスによるドアロックの解除や、暗証番号式の
ドアロックでは暗証番号が漏洩した場合に、許可された
者以外の人物によるドアロックの解除を防止することが
でき、セキュリティ性を高めることができる。また、個
人々々で覚え易い暗証番号を設定できるので、暗証番号
忘れも防ぐことができる。
According to the present invention having such characteristics,
It is possible to prevent the unlocking of the door lock by a person other than the authorized person when unlocking the door lock due to a mistake in image confirmation, or when the security code is leaked with the security code type door lock, which improves security. it can. In addition, since a personal identification number that can be easily remembered by individuals can be set, it is possible to prevent forgetting the personal identification number.
【0014】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記錠制御手段は、前記照合手段での照合の結果、
訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致しない場合
には、前記ドアロック手段を施錠制御することを特徴と
する。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means is
If the visitor does not match the person in the face image registered in advance, the door lock means is controlled to be locked.
【0015】このような特徴を有する本発明によれば、
知らない訪問者であった場合、ドアが開いている場合に
は自動的に施錠することができるので、不審者等の侵入
を未然に防止することができる。
According to the present invention having such characteristics,
If the visitor is a stranger and the door is open, it can be locked automatically, so that a suspicious person or the like can be prevented from entering.
【0016】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記錠制御手段は、前記照合手段で訪問者を照合し
た後、予め設定された一定時間内に前記ドアフォン子機
の呼び出しボタンが押されないままドアが開けられた場
合には、警報動作を実行することを特徴とする。また、
このような警報動作としては、前記ドアフォン子機のス
ピーカから警告音を出力する動作、および/または特定
の場所の端末装置に警報信号を送信する動作などがあ
る。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means does not press the call button of the doorphone handset within a predetermined time after the collation means collates the visitor. When the door is opened, the alarm action is executed. Also,
Such an alarm operation includes an operation of outputting an alarm sound from the speaker of the intercom slave and / or an operation of transmitting an alarm signal to a terminal device at a specific location.
【0017】このような特徴を有する本発明によれば、
不審者の侵入に対して警告を発することにより、不審者
の侵入を未然に防止することができる。
According to the present invention having such characteristics,
By issuing a warning against the intrusion of a suspicious person, the intrusion of a suspicious person can be prevented in advance.
【0018】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記照合手段で照合した人物の顔画像と撮影日時と
を閲覧可能に記憶する顔画像履歴記憶手段を備えたこと
を特徴とする。
Further, according to the doorphone system of the present invention, there is provided a face image history storing means for storing the face image of the person collated by the collating means and the photographing date and time so as to be browseable.
【0019】このような特徴を有する本発明によれば、
玄関に接近してきた訪問者は全て撮影され、その撮影画
像が日時とともに記憶されるので、いつ、どのような人
物が訪問してきたかを、過去に逆上って画像で確認する
ことができる。これにより、セキュリティ性も向上す
る。
According to the present invention having such characteristics,
All the visitors approaching the entrance are photographed, and the photographed images are stored together with the date and time, so that it is possible to check when and what kind of person was visiting in the image by going up in the past. This also improves security.
【0020】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記ドアフォン子機は、音声で応答するスピーカお
よび/または表示で応答する表示手段を備えており、前
記ドアフォン親機は、前記照合手段での照合結果に対応
した音声および/または表示による応答データを記憶す
る応答データ記憶手段と、前記照合手段での照合結果に
基づき、前記応答データ記憶手段から対応する応答デー
タを読み出して、前記ドアフォン子機のスピーカおよび
/または表示手段に応答データを出力する応答データ出
力制御手段とを備えたことを特徴とする。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the doorphone slave unit includes a speaker that responds by voice and / or a display unit that responds by display, and the doorphone master unit operates by the collating unit. Response data storage means for storing response data by voice and / or display corresponding to the collation result, and corresponding response data is read from the response data storage means based on the collation result by the collation means, and the intercom slave unit And a response data output control means for outputting response data to the speaker and / or the display means.
【0021】このような特徴を有する本発明によれば、
訪問者に対し、予め記憶されている応答データに基づい
て応答するように構成されているので、使用者は、全て
の訪問者に対して自ら対応する必要はなく、必要な場合
にのみ対応すればよい。
According to the present invention having such features,
Since it is configured to respond to the visitor based on the response data stored in advance, the user does not have to respond to all the visitors by himself / herself, but only when necessary. Good.
【0022】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、前記応答データ出力制御手段は、前記照合手段での
照合結果に基づき、認識された訪問者に対応して、応答
データを前記ドアフォン子機またはドアフォン親機の両
方もしくはいずれか一方に出力する応答モードを有する
ことを特徴とする。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the response data output control means, based on the collation result by the collation means, responds with the response data corresponding to the recognized visitor or the intercom slave device. It is characterized by having a response mode for outputting to both or one of the doorphone master units.
【0023】このような特徴を有する本発明によれば、
訪問者に対し、予め記憶されている応答データに基づい
て応答するように構成されているので、使用者は、全て
の訪問者に対して自ら対応する必要はなく、必要な場合
にのみ対応すればよい。
According to the present invention having such characteristics,
Since it is configured to respond to the visitor based on the response data stored in advance, the user does not have to respond to all the visitors by himself / herself, but only when necessary. Good.
【0024】[0024]
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態につい
て、図面を参照して説明する。
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Embodiments of the present invention will be described below with reference to the drawings.
【0025】図1は、本発明のドアフォンシステムの全
体構成を示すブロック図である。
FIG. 1 is a block diagram showing the overall construction of the doorphone system of the present invention.
【0026】本発明のドアフォンシステムは、玄関に取
り付けられるドアフォン子機1と、リビング等に取り付
けられるドアフォン親機2とが信号線L1によって双方
向に接続されている。また、ドアフォン親機2は、この
ような据え付け型ではなく、例えばパソコン等を用いる
ことも可能である。
In the doorphone system of the present invention, the doorphone slave unit 1 attached to the entrance and the doorphone master unit 2 attached to the living room are bidirectionally connected by the signal line L1. Further, the door phone master unit 2 may be, for example, a personal computer or the like instead of the stationary type.
【0027】ドアフォン子機1は、玄関に接近してきた
訪問者を撮影する撮像装置であるカメラ11、訪問者が
使用者(在宅者)と会話を行うためのマイク12および
スピーカ13、応答メッセージ等が表示される表示部1
4、使用者に訪問を知らせるための呼び出しボタン1
5、例えば家族等がドアロック解除コードを入力するた
めのキー入力部16、および多重化伝送部17から構成
されている。カメラ11は、本実施形態では、常時撮影
しているものとする。ただし、赤外線センサのような人
体感知センサを玄関先に取り付けておき、人体感知セン
サによって訪問者を検知したときにカメラ11による撮
影動作を開始するようにしてもよい。
The doorphone slave unit 1 is a camera 11 which is an image pickup device for photographing a visitor approaching the entrance, a microphone 12 and a speaker 13 for the visitor to talk with a user (home worker), a response message, etc. Display 1 where is displayed
4. Call button 1 to inform the user of the visit
5, a family member or the like is composed of a key input unit 16 for inputting a door lock release code and a multiplexing transmission unit 17. In the present embodiment, the camera 11 is assumed to be constantly shooting. However, a human body detection sensor such as an infrared sensor may be attached to the entrance, and the photographing operation by the camera 11 may be started when the visitor is detected by the human body detection sensor.
【0028】ドアフォン親機2は、カメラ11で撮影さ
れた画像より人物の顔画像を認識する画像認識部21、
予め登録された種々の顔画像を記憶する顔画像記憶部2
2、画像認識部21により認識された顔画像と顔画像記
憶部22に記憶されている顔画像とを照合する照合部2
3、照合部23での照合結果に基づいて、ドアの施錠お
よび解錠を行うドアロック手段41の施錠または解錠を
制御する制御部24、一定時間を計測するタイマー部2
5、照合部23で照合した人物の顔画像とその撮影日時
とを閲覧可能に記憶する顔画像履歴記憶部26、照合部
23での照合結果に対応した音声および/または表示に
よる応答データを記憶する応答データ記憶部27、使用
者(在宅者)が訪問者と会話を行うためのマイク28お
よびスピーカ29、応答メッセージ等が表示される表示
部30、および多重化伝送部31から構成されている。
The door phone master unit 2 recognizes a face image of a person from an image taken by the camera 11,
Face image storage unit 2 for storing various face images registered in advance
2. A collation unit 2 that collates the face image recognized by the image recognition unit 21 with the face image stored in the face image storage unit 22.
3. Based on the collation result of the collation unit 23, the control unit 24 that controls the locking or unlocking of the door lock means 41 that locks and unlocks the door, and the timer unit 2 that measures a certain time.
5. Face image history storage unit 26 that stores the face image of the person collated by the collation unit 23 and the shooting date and time of the person so that the voice and / or display response data corresponding to the collation result of the collation unit 23 can be stored. And a response data storage unit 27, a microphone 28 and a speaker 29 for a user (resident) to talk with a visitor, a display unit 30 for displaying a response message and the like, and a multiplexing transmission unit 31. .
【0029】制御部24は、照合部23での照合の結
果、訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致した場
合には、ドアロック手段41を解錠制御する。また、制
御部24は、照合部23での照合の結果、訪問者が予め
登録された顔画像の人物と一致し、かつ、その人物に対
応したドアロック解除コードがドアフォン子機1のキー
入力部16から入力された場合には、ドアロック手段4
1を解錠制御するようにしてもよい。さらに、制御部2
4は、照合部23での照合の結果、訪問者が予め登録さ
れた顔画像の人物と一致しない場合には、ドアロック手
段41を施錠制御する。
As a result of the collation performed by the collation unit 23, the control unit 24 controls the door lock means 41 to be unlocked when the visitor matches the person of the face image registered in advance. Further, as a result of the collation performed by the collation unit 23, the control unit 24 causes the visitor to match the person of the face image registered in advance, and the door lock release code corresponding to the person is keyed in on the doorphone subunit 1. When input from the section 16, the door lock means 4
1 may be unlocked. Furthermore, the control unit 2
When the visitor does not match the person of the face image registered in advance as a result of the collation performed by the collating unit 23, the control unit 4 controls the door lock unit 41 to be locked.
【0030】また、制御部24は、照合部23での照合
結果に基づき、応答データ記憶部27から対応する応答
データを読み出して、ドアフォン子機1のスピーカ13
や表示部14に応答データを出力する。また、照合部2
3での照合結果に基づき、認識された訪問者に対応し
て、応答データをドアフォン子機1のスピーカ13や表
示部14、またはドアフォン親機2のスピーカ29や表
示30の両方もしくはいずれか一方に出力する応答モー
ドを備えている。
The control unit 24 also reads the corresponding response data from the response data storage unit 27 based on the collation result of the collation unit 23, and the speaker 13 of the intercom slave unit 1.
The response data is output to the display unit 14. Also, the collating unit 2
Based on the collation result in 3, the response data corresponding to the recognized visitor, the speaker 13 and the display unit 14 of the doorphone slave unit 1, or the speaker 29 and the display 30 of the doorphone master unit 2, or either one of them. It has a response mode to output to.
【0031】さらに、制御部24は、照合部23で訪問
者を照合した後、タイマー部25で計測される予め設定
された一定時間内に、ドアフォン子機1の呼び出しボタ
ン15が押されないままドアが開けられた場合には、警
報動作を実行する。例えば、ドアフォン子機1のスピー
カ13から警告音を出力する。また、特定の場所の端末
装置51に警報信号を送信する。ここで、特定の場所の
端末装置51としては、例えば契約に基づくセキュリテ
ィ管理会社の端末装置であってもよいし、例えば外出先
の特定の端末装置であってもよい。また、居住者の所有
する携帯電話機であってもよい。ドアフォン親機2と端
末装置51とは、専用回線や公衆回線、インターネット
等の各種通信回線によって接続されている。
Further, after the collation unit 23 collates the visitor, the control unit 24 does not press the call button 15 of the intercom subunit 1 within a preset time period measured by the timer unit 25, and the door button is not pressed. If is opened, the alarm action is executed. For example, a warning sound is output from the speaker 13 of the intercom slave 1. Also, it sends an alarm signal to the terminal device 51 at a specific place. Here, the terminal device 51 at a specific location may be, for example, a terminal device of a security management company based on a contract, or may be, for example, a specific terminal device at a destination. It may also be a mobile phone owned by a resident. The doorphone base unit 2 and the terminal device 51 are connected to each other by a dedicated line, a public line, or various communication lines such as the Internet.
【0032】すなわち、本実施形態では、請求項に記載
の錠制御手段および応答データ出力制御手段は、制御部
24によって実現されている。
That is, in this embodiment, the lock control means and the response data output control means described in the claims are realized by the control unit 24.
【0033】顔画像記憶部22には、家族や親戚、家族
の友人や知人など、例えばドアロック手段41を解錠し
てもよいような人物の顔画像データが予め登録されてい
る。例えば、眉毛、目、鼻、口、耳の位置や輪郭、顔、
顎の輪郭といったデータが登録されている。このような
顔画像データの新たな登録や削除は、使用者の意思によ
り、ドアフォン親機2の図示しないキー入力部を操作す
ることによって随時行えるようになっている。
In the face image storage unit 22, face image data of a person such as a family member, a relative, a friend or acquaintance of the family member, who may unlock the door locking means 41, is registered in advance. For example, eyebrow, eye, nose, mouth, ear position and contour, face,
Data such as the contour of the chin is registered. Such new registration and deletion of face image data can be performed at any time by operating a key input unit (not shown) of the intercom base unit 2 according to the user's intention.
【0034】応答データ記憶部27には、認識/応答デ
ータベースが記憶されている。認識/応答データベース
は、例えば図3に示すように、人物の名前(顔画像記憶
部22に登録されている顔画像の人物に対応)、人物が
照合されたときの応答、およびその応答モード等を記載
している。この認識/応答データベースに記載されてい
る内容に従って、認識された人物に対応した応答が行わ
れる。
The response data storage unit 27 stores a recognition / response database. The recognition / response database is, for example, as shown in FIG. 3, the name of the person (corresponding to the person of the face image registered in the face image storage unit 22), the response when the person is collated, and its response mode, etc. Is described. According to the contents described in this recognition / response database, a response corresponding to the recognized person is made.
【0035】例えば、照合部23にて家族であると照合
(判断)された場合には、応答1に従って、ドアロック
手段41が解除される。これにより、家族の一員であれ
ば、鍵を持ち歩くことなくドアを開けて入ることができ
る。また、人物を確認してから鍵を解除する場合の時間
を短縮できるとともに、その手間を省くことができる。
For example, when the collation unit 23 collates (determines) that the family is a member, the door lock means 41 is released according to the response 1. This allows a member of the family to open the door and enter without having to carry a key. Further, it is possible to shorten the time required to unlock the key after confirming the person, and to save the labor.
【0036】また、認識される特定の訪問者に伝言等を
伝えたいことがある場合には、メッセージを記載してお
く。例えば、認識される特定の訪問者が兄の友達(××
さん)である場合、制御部24は、応答データ記憶部2
7の認識/応答データベースから、「××さん、今兄は
△△に行っています。」のメッセージを読み出し、これ
を例えば音声に変換してドアフォン子機1のスピーカ1
3から音声で出力し、または文字メッセージとしてドア
フォン子機1の表示部14に表示する。また、御用聞き
のような特定の訪問者の場合には、応答モードが(室外
+室内)となっていることから、ドアフォン子機1のス
ピーカ13や表示部14を通じてメッセージを訪問者に
通知すると同時に、ドアフォン親機1のスピーカ29や
表示部30を通じてメッセージを使用者にも通知する。
さらに、照合部23での照合の結果、訪問者の顔画像が
顔画像記憶部22に記憶されている顔画像と一致しない
場合、すなわち顔画像記憶部22に未登録の訪問者であ
る場合には、制御部24はドアロック手段41のロック
状態を確認して、ロックされていない場合にはドアをロ
ック(施錠)するとともに、ドアフォン親機2のスピー
カ29から未登録の訪問者であることを通知する。この
ように、訪問者のそれぞれに対応して、応答モードを室
外および室内ならびにその両方のいずれかに切り替える
ことができるようになっている。
If it is desired to convey a message or the like to a specific visitor who is recognized, a message is described. For example, a particular visitor that is recognized may be your brother's friend (xx
3), the control unit 24 determines that the response data storage unit 2
From the recognition / response database of No. 7, the message “Mr. xx, my brother is going to △△” is read, this is converted into voice, for example, and the speaker 1 of the intercom slave 1 is read.
3 is output as voice or displayed as a text message on the display unit 14 of the intercom slave 1. Further, in the case of a specific visitor such as an interview, since the response mode is (outdoor + indoor), when the message is notified to the visitor through the speaker 13 or the display unit 14 of the intercom subunit 1. At the same time, the user is also notified of the message through the speaker 29 and the display unit 30 of the doorphone master unit 1.
Further, as a result of the collation performed by the collating unit 23, when the face image of the visitor does not match the face image stored in the face image storage unit 22, that is, when the visitor is not registered in the face image storage unit 22. The controller 24 confirms the locked state of the door lock means 41, and locks (locks) the door if the door lock means 41 is not locked, and identifies that the visitor is an unregistered visitor from the speaker 29 of the doorphone master unit 2. To notify. In this way, the response mode can be switched to the outdoor mode, the indoor mode, or both in accordance with each visitor.
【0037】なお、認識/応答データベースも、使用者
の意思により、ドアフォン親機2の図示しないキー入力
部を操作することによって随時書き替えることができる
ようになっている。
The recognition / response database can also be rewritten at any time by operating the key input unit (not shown) of the doorphone master unit 2 according to the intention of the user.
【0038】また、画像認識部21にて認識された訪問
者の顔画像は、図4に示すように、画像が撮影された日
時とともに、顔画像履歴記憶部26に格納されている訪
問者データベースに記憶される。これにより、過去に逆
上って訪問者の顔画像を閲覧することができ、セキュリ
ティが向上する。この場合、ドアフォン親機2の表示部
30は、訪問者データベースに記憶されている過去の訪
問者を、例えば図5に示すようにサムネイル画像により
表示する。また、表示部30には、カメラ11からの画
像も表示される。
As shown in FIG. 4, the face image of the visitor recognized by the image recognition unit 21 is stored in the face image history storage unit 26 along with the date and time when the image was captured. Memorized in. As a result, the face image of the visitor can be browsed backwards and security is improved. In this case, the display unit 30 of the doorphone master device 2 displays past visitors stored in the visitor database as thumbnail images as shown in FIG. 5, for example. Further, the image from the camera 11 is also displayed on the display unit 30.
【0039】画像認識部21は、カメラ11からの画像
のうち人物が写っている画像を認識する。照合部23
は、画像認識部21で認識された顔画像と、顔画像記憶
部22に記憶されている顔画像データ(登録パターン)
とを照合する。これにより、家族、その他の登録されて
いる人物、および未登録者を認識でき、その人物に対し
てそれぞれの応答をすることができる。
The image recognition section 21 recognizes an image showing a person among the images from the camera 11. Collating unit 23
Is the face image recognized by the image recognition unit 21 and the face image data (registered pattern) stored in the face image storage unit 22.
And match. As a result, the family, other registered persons, and unregistered persons can be recognized, and respective responses can be made to the persons.
【0040】ここで、画像認識部22における画像認識
方法および照合部23における照合方法としては、従来
の方法を用いることができる。例えば、カメラ11によ
って撮影された画像のエッジ検出を行い、右目、左目、
鼻、口の場所を割り出し、右目と左目との間の距離、右
目と鼻との間の距離、左目と鼻との間の距離、鼻と口と
の間の距離をそれぞれ測定して、これら4つの測定値の
比をとり、顔画像記憶部22に記憶されている顔画像デ
ータと照合を行い、それぞれの比が同じ、あるいは近い
顔画像であれば、登録している顔画像であると判定する
アルゴリズムを用いることができる。または、カメラ1
1によって撮影された顔画像を抽出して、この顔画像部
分の拡大縮小処理を行い、顔画像記憶部22に記憶して
ある顔画像とサイズが合うようにして、画像を重ね合わ
せ、対応する部分の画素の差をとり、全て足し合わせた
数値が、ある一定値以下であれば、登録されている画像
であると判定し、一定値以上であれば未登録の顔画像で
あると判定するアルゴリズムを用いることもできる。
Here, as the image recognition method in the image recognition section 22 and the matching method in the matching section 23, conventional methods can be used. For example, the edge detection of the image captured by the camera 11 is performed, and the right eye, the left eye,
The positions of the nose and mouth are determined, and the distances between the right eye and the left eye, the distance between the right eye and the nose, the distance between the left eye and the nose, and the distance between the nose and mouth are measured, respectively, The ratio of the four measured values is calculated and compared with the face image data stored in the face image storage unit 22. If the face images have the same or close ratios, it is determined that the face image is a registered face image. A determination algorithm can be used. Or camera 1
The face image photographed by 1 is extracted, the face image portion is subjected to enlargement / reduction processing, the face image stored in the face image storage unit 22 is made to have the same size, and the images are overlaid to correspond to each other. It is determined that the image is a registered image if the sum of all the pixel values of the parts and the total value is less than a certain value, and if it is a certain value or more, it is an unregistered face image. Algorithms can also be used.
【0041】次に、上記構成のドアフォンシステムの動
作について、図2に示すフローチャートを参照して説明
する。
Next, the operation of the doorphone system having the above configuration will be described with reference to the flowchart shown in FIG.
【0042】このドアフォンシステムでは、カメラ11
により玄関先を常時撮影して、玄関先の画像を取得して
いる(ステップS1)。ここで、画像認識部21は、取
得した画像におけるフレーム当たりのシーンの変化を認
識し、人物が写っているかどうかを判断する(ステップ
S2、ステップS3)。そして、人物が写っていると判
断した場合(ステップS3でYESと判断した場合)に
は、照合部23により、そのときに顔画像認識部21で
認識されている顔画像と、顔画像記憶部22に記憶され
ている顔画像とを照合する(ステップS4)。
In this doorphone system, the camera 11
In this way, the front door is always photographed and an image of the front door is acquired (step S1). Here, the image recognition unit 21 recognizes a scene change per frame in the acquired image and determines whether or not a person is included (step S2, step S3). When it is determined that the person is included in the image (when YES is determined in step S3), the collation unit 23 recognizes the face image recognized by the face image recognition unit 21 at that time, and the face image storage unit. The face image stored in 22 is collated (step S4).
【0043】この照合では、まず家族であるかどうかを
判断し(ステップS5)、家族である場合(ステップS
5でYESと判断された場合)には、ドアロック手段4
1を解錠する(ステップS6)。
In this collation, it is first determined whether or not the family is a family (step S5), and if the family is a family (step S5).
If YES in 5), the door lock means 4
1 is unlocked (step S6).
【0044】一方、家族でない場合(ステップS5でN
Oと判断された場合)には、その他の登録パターン(友
人や知人等)と照合し(ステップS7)、その登録パタ
ーンに対応する応答を、ドアフォン子機1のスピーカ1
3から音声にて出力し、またはドアフォン子機1の表示
部14に文字にて表示する(ステップS8)。例えば、
訪問者が酒屋の人である場合には、図3に示す認識/応
答データベースに記載されている応答1の内容に従い、
ドアフォン子機1のスピーカ13から「××さんご苦労
さまです。しばらくお待ち下さい。」といった音声を出
力する。または、同様のメッセージを表示部14に表示
する。この場合、応答モードが(室外+室内)となって
いるので、ドアフォン親機2のスピーカ29からも同様
の音声を出力することにより、酒屋の人が訪ねてきたこ
とを使用者にも知らせることになる。
On the other hand, if it is not a family member (N in step S5)
If it is determined to be O), it is collated with other registered patterns (friends, acquaintances, etc.) (step S7), and a response corresponding to the registered pattern is sent to the speaker 1 of the intercom slave 1.
3 is output by voice or is displayed in characters on the display unit 14 of the intercom slave 1 (step S8). For example,
If the visitor is a liquor store, according to the contents of Response 1 described in the recognition / response database shown in FIG. 3,
From the speaker 13 of the doorphone handset 1, a voice such as "Thank you for your time. Please wait." Is output. Alternatively, a similar message is displayed on the display unit 14. In this case, since the response mode is (outdoor + indoor), the same sound is output from the speaker 29 of the intercom base unit 2 to notify the user that the person in the liquor store has visited. become.
【0045】一方、ステップS7にて、その他の登録パ
ターンとも一致しない場合(NOと判断された場合)に
は、訪問者が未登録者であるので、制御部24は、ドア
ロック手段41のロック状態を確認して、ロックされて
いない場合にはドアをロック(施錠)するとともに、ド
アフォン親機2のスピーカ29から未登録の訪問者であ
ることを通知する(ステップS9)。
On the other hand, if the registered pattern does not match any other registered pattern in step S7 (NO is determined), the visitor is an unregistered person, so the control unit 24 locks the door locking means 41. The state is checked, and if the door is not locked, the door is locked (locked), and the speaker 29 of the doorphone master unit 2 notifies that it is an unregistered visitor (step S9).
【0046】また、制御部24では、この時点でタイマ
ー部25を作動させ、一定時間(例えば1分等)の計測
を開始する(ステップS10)。そして、一定時間を経
過する前に、ドアフォン子機1の呼び出しボタン15が
押されないままドアが開けられたどうかを監視する(ス
テップS11、ステップS12)。その結果、一定時間
を経過する前に、ドアフォン子機1の呼び出しボタン1
5が押されないままドアが開けられた場合(すなわち、
ステップS11でNO、ステップS12でYESと判断
された場合)には、警報動作を実行する(ステップS1
3)。
In addition, the control unit 24 activates the timer unit 25 at this time point to start measuring for a fixed time (for example, 1 minute) (step S10). Then, it monitors whether the door is opened without pressing the call button 15 of the intercom slave 1 before a certain time has elapsed (steps S11 and S12). As a result, the calling button 1
If the door is opened without pressing 5 (ie,
If NO in step S11 and YES in step S12), an alarm operation is executed (step S1).
3).
【0047】警報動作としては、例えば、ドアフォン子
機1のスピーカ13から警告音を出力する。または、特
定の場所の端末装置51に警報信号を送信する等が考え
られる。ここで、特定の場所の端末装置51としては、
例えば契約に基づくセキュリティ管理会社の端末装置で
あってもよいし、例えば外出先の特定の端末装置であっ
てもよいし、外出中の使用者の所有する携帯電話機であ
ってもよい。
As the alarm operation, for example, a warning sound is output from the speaker 13 of the intercom slave 1. Alternatively, it may be possible to transmit an alarm signal to the terminal device 51 at a specific place. Here, as the terminal device 51 at a specific location,
For example, it may be a terminal device of a security management company based on a contract, a specific terminal device at a destination, or a mobile phone owned by a user who is out.
【0048】このような訪問者に対する照合と応答とを
行った後、制御部24は、その訪問者の画像を、撮影日
時とともに顔画像履歴記憶部26に追加記憶する(ステ
ップS14)。なお、使用者は、顔画像記憶部22に記
憶されている顔画像データベースや応答データ記憶部2
7に記憶されている認識/応答データベースなどの修正
や追加を行う場合には、必要に応じてこれらデータベー
スの修正、追加を行う(ステップS15、ステップS1
6)。
After such a collation and response to the visitor, the control unit 24 additionally stores the image of the visitor in the face image history storage unit 26 together with the shooting date and time (step S14). It should be noted that the user may select a face image database or response data storage unit 2 stored in the face image storage unit 22.
When the recognition / response database or the like stored in 7 is modified or added, these databases are modified or added as needed (step S15, step S1).
6).
【0049】なお、上記実施形態では、ステップS5で
家族であると判断された場合には、ステップS6でドア
ロック手段41を直ちに解錠するようにしているが、ス
テップS5で家族であると判断された場合には、次に、
その人物に対応したドアロック解除コード(例えば、4
桁の暗証番号等)がドアフォン子機1のキー入力部16
から入力されることを条件として、ドアロック手段41
を解錠制御するようにしてもよい。このようにすると、
セキュリティ性がより向上することになる。
In the above embodiment, if it is determined in step S5 that the family member is the family, the door lock means 41 is immediately unlocked in step S6, but it is determined in step S5 that the family member is the family member. If so, then
Door unlock code (for example, 4
The digit code number, etc.) is the key input unit 16 of the doorphone slave unit 1.
Door lock means 41 on condition that it is input from
May be controlled to be unlocked. This way,
Security will be further improved.
【0050】[0050]
【発明の効果】本発明のドアフォンシステムは、玄関に
接近してきた訪問者を撮影する撮像装置を備えたドアフ
ォン子機と、撮像装置で撮影された画像より人物の顔画
像を認識する認識手段を備えたドアフォン親機とからな
り、ドアフォン親機は、予め登録された種々の顔画像を
記憶する顔画像記憶手段と、認識手段により認識された
顔画像と顔画像記憶手段に記憶されている顔画像とを照
合する照合手段とを備えた構成としている。これによ
り、撮像装置で常時撮影を行っていれば、訪問者が呼び
出しボタンを押す前に、その訪問者を特定することがで
きるので、例えば訪問者が撮像装置を手で塞いだ状態
で、または撮像装置の視野から外れた状態で呼び出しボ
タンを押す等のいたずらをした場合でも、すでに訪問者
を特定できているので、そのようないたずらにも対応す
ることができる。
The doorphone system of the present invention comprises a doorphone slave unit having an image pickup device for photographing a visitor approaching the entrance, and a recognition means for recognizing a face image of a person from an image picked up by the image pickup device. The doorphone master unit includes a face image storage unit that stores various face images registered in advance, a face image recognized by the recognition unit, and a face stored in the face image storage unit. It is configured to include a matching unit that matches an image. This allows the visitor to be identified before the call button is pressed if the imager is constantly shooting, so that the visitor can block the imager with his or her hand, for example. Even if a mischief such as pressing a call button is made in a state where the visitor is out of the field of view of the image pickup apparatus, the visitor can be identified already, so that such mischief can be dealt with.
【0051】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、ドアの施錠および解錠を行うドアロック手段と、照
合手段の照合結果に基づいてドアロック手段の施錠また
は解錠を制御する錠制御手段とを備えた構成としたの
で、必要であれば、玄関まで行くことなく室内から解錠
することができる。従って、使用者が訪問者を確認して
から鍵を解除するまでの時間を短縮することができる。
また、ドアの施錠を忘れている場合などには、玄関まで
行くことなく施錠することができる。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the door lock means for locking and unlocking the door, and the lock control means for controlling the locking or unlocking of the door lock means based on the collation result of the collating means. Since it is configured to have, it can be unlocked from the room without going to the entrance if necessary. Therefore, the time from when the user confirms the visitor to unlocking the key can be shortened.
Also, if you forget to lock the door, you can lock it without going to the entrance.
【0052】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、錠制御手段は、照合手段での照合の結果、訪問者が
予め登録された顔画像の人物と一致した場合には、ドア
ロック手段を解錠制御する構成としたので、使用者が訪
問者を確認してから鍵を解除するまでの時間を短縮する
ことができる。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means unlocks the door locking means when the visitor matches the person of the face image registered in advance as a result of the matching by the matching means. Since the lock control is adopted, the time from the user confirming the visitor to the unlocking of the key can be shortened.
【0053】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、錠制御手段は、照合手段での照合の結果、訪問者が
予め登録された顔画像の人物と一致し、かつ、その人物
に対応したドアロック解除コードがドアフォン子機から
入力された場合には、ドアロック手段を解錠制御する構
成としたので、画像確認ミスによるドアロックの解除
や、暗証番号式のドアロックでは暗証番号が漏洩した場
合に、許可された者以外の人物によるドアロックの解除
を防止することができ、セキュリティ性を高めることが
できる。また、個人々々で覚え易い暗証番号を設定でき
るので、暗証番号忘れも防ぐことができる。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means, as a result of the collation by the collating means, the visitor coincides with the person of the face image registered in advance, and the door corresponding to the person. When the unlock code is input from the doorphone slave unit, the door lock means is configured to be unlocked, so the door lock is released due to a mistaken image confirmation, or the secret code is leaked in the secret code type door lock. In this case, the unlocking of the door by a person other than the authorized person can be prevented, and the security can be improved. In addition, since a personal identification number that can be easily remembered by individuals can be set, it is possible to prevent forgetting the personal identification number.
【0054】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、錠制御手段は、照合手段での照合の結果、訪問者が
予め登録された顔画像の人物と一致しない場合には、ド
アロック手段を施錠制御する構成としたので、知らない
訪問者であった場合、ドアが開いている場合には自動的
に施錠することができるので、不審者等の侵入を未然に
防止することができる。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the lock control means locks the door lock means when the visitor does not match the person of the face image registered in advance as a result of the collation by the collating means. Since it is configured to be controlled, since it is possible to automatically lock the door when the visitor is unknown and the door is open, it is possible to prevent a suspicious person or the like from entering.
【0055】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、錠制御手段は、照合手段で訪問者を照合した後、予
め設定された一定時間内に前記ドアフォン子機の呼び出
しボタンが押されないままドアが開けられた場合には、
警報動作を実行する構成としたので、不審者の侵入に対
して警告を発することにより、不審者の侵入を未然に防
止することができる。
Further, according to the doorphone system of the present invention, after the collating means collates the visitor, the lock control means operates the doorphone cordless handset without pressing the call button of the doorphone handset within a predetermined time. If opened,
Since the configuration is such that the alarm operation is executed, by issuing a warning against the intrusion of a suspicious person, the intrusion of a suspicious person can be prevented in advance.
【0056】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、照合手段で照合した人物の顔画像と撮影日時とを閲
覧可能に記憶する顔画像履歴記憶手段を備えた構成とし
たので、いつ、どのような人物が訪問してきたかを、過
去に逆上って画像で確認することができる。これによ
り、セキュリティ性も向上する。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the face image history storing means for storing the face image of the person and the shooting date and time verified by the comparing means is provided so that when and how You can check up on the image by going up in the past and seeing what kind of person is visiting. This also improves security.
【0057】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、ドアフォン子機は、音声で応答するスピーカおよび
/または表示で応答する表示手段を備えており、ドアフ
ォン親機は、照合手段での照合結果に対応した音声およ
び/または表示による応答データを記憶する応答データ
記憶手段と、照合手段での照合結果に基づき、応答デー
タ記憶手段から対応する応答データを読み出して、ドア
フォン子機のスピーカおよび/または表示手段に応答デ
ータを出力する応答データ出力制御手段とを備えた構成
としたので、使用者は、全ての訪問者に対して自ら対応
する必要はなく、必要な場合にのみ対応すればよい。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the doorphone slave unit is provided with the speaker that responds by voice and / or the display means that responds by the display, and the doorphone master unit displays the collation result by the collating unit. Based on the response data storage means for storing response data by corresponding voice and / or display and corresponding response data from the response data storage means on the basis of the matching result by the matching means, the speaker and / or the display of the intercom slave Since the constitution is provided with the response data output control means for outputting the response data to the means, the user does not have to deal with all the visitors by himself, but only if necessary.
【0058】また、本発明のドアフォンシステムによれ
ば、応答データ出力制御手段は、照合手段での照合結果
に基づき、認識された訪問者に対応して、応答データを
ドアフォン子機またはドアフォン親機の両方もしくはい
ずれか一方に出力する応答モードを有する構成としたの
で、使用者は、全ての訪問者に対して自ら対応する必要
はなく、必要な場合にのみ対応することができる。
Further, according to the doorphone system of the present invention, the response data output control means, based on the collation result by the collating means, responds to the recognized visitor with the response data as the doorphone slave unit or the doorphone master unit. Since it is configured to have a response mode for outputting to both or either of the above, the user does not have to deal with all the visitors by himself, but can respond only when necessary.
【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]
【図1】本発明のドアフォンシステムの全体構成を示す
ブロック図である。
FIG. 1 is a block diagram showing an overall configuration of a doorphone system of the present invention.
【図2】本発明のドアフォンシステムの動作を説明する
ためのフローチャートである。
FIG. 2 is a flowchart for explaining the operation of the doorphone system of the present invention.
【図3】認識/応答データベースの構成例を示す説明図
である。
FIG. 3 is an explanatory diagram showing a configuration example of a recognition / response database.
【図4】訪問者データべースの構成例を示す説明図であ
る。
FIG. 4 is an explanatory diagram showing a configuration example of a visitor database.
【図5】訪問者データベースに記憶されている過去の訪
問者を表示部に表示する例を示す説明図である。
FIG. 5 is an explanatory diagram showing an example of displaying past visitors stored in a visitor database on a display unit.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1 ドアフォン子機 2 ドアフォン親機 11 カメラ(撮像装置) 12 マイク 13 スピーカ 14 表示部 15 呼び出しボタン 16 キー入力部 17 多重化伝送部 21 画像認識部 22 顔画像記憶部 23 照合部 24 制御部 25 タイマー部 26 顔画像履歴記憶部 27 応答データ記憶部 28 マイク 29 スピーカ 30 表示部 31 多重化伝送部 41 ドアロック手段 51 端末装置 1 Doorphone cordless handset 2 door phone base unit 11 Camera (imaging device) 12 microphone 13 speakers 14 Display 15 Call button 16 key input section 17 Multiplexing transmitter 21 Image recognition unit 22 Face image storage 23 Collating part 24 Control unit 25 timer section 26 Face image history storage section 27 Response data storage unit 28 microphone 29 speakers 30 Display 31 multiplex transmission unit 41 Door lock means 51 terminal equipment
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04M 1/00 H04M 1/00 U 5K038 1/723 1/723 9/00 9/00 D H Fターム(参考) 2E250 AA02 BB05 BB10 BB53 BB62 CC15 CC21 CC28 CC29 DD01 DD08 EE02 EE03 FF06 FF11 5C054 AA01 CD06 FC00 FF03 FF06 FF07 GB02 GB12 HA18 HA22 5C084 AA02 AA07 BB34 CC19 DD11 GG52 GG54 GG78 HH02 5C087 AA02 AA03 AA04 AA08 AA19 AA37 AA44 DD05 DD24 EE05 EE06 EE08 EE18 FF24 GG02 GG19 GG66 5K027 AA09 BB01 FF01 FF22 HH29 5K038 CC02 DD15 DD23 FF01 GG06Continuation of front page (51) Int.Cl. 7 Identification code FI theme code (reference) H04M 1/00 H04M 1/00 U 5K038 1/723 1/723 9/00 9/00 DH F term (reference) 2E250 AA02 BB05 BB10 BB53 BB62 CC15 CC21 CC28 CC29 DD01 DD08 EE02 EE03 FF06 FF11 5C054 AA01 CD06 FC00 FF03 FF06 FF07 GB02 GB12 HA18 HA22 5C084 AA02 AA07 BB34 CC19 DD11 GG52 GG54 GG78 HH02 5C087 AA02 AA03 AA04 AA08 AA19 AA37 AA44 DD05 DD24 EE05 EE06 EE08 EE18 FF24 GG02 GG19 GG66 5K027 AA09 BB01 FF01 FF22 HH29 5K038 CC02 DD15 DD23 FF01 GG06

Claims (10)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】 玄関に接近してきた訪問者を撮影する撮
    像装置を備えたドアフォン子機と、前記撮像装置で撮影
    された画像より人物の顔画像を認識する認識手段を備え
    たドアフォン親機とからなり、 前記ドアフォン親機は、予め登録された種々の顔画像を
    記憶する顔画像記憶手段と、前記認識手段により認識さ
    れた顔画像と前記顔画像記憶手段に記憶されている顔画
    像とを照合する照合手段とを備えており、訪問者がドア
    フォン子機の呼び出しボタンを押す前に、前記照合手段
    により訪問者を特定することを特徴とするドアフォンシ
    ステム。
    1. A doorphone handset having an image pickup device for photographing a visitor approaching a front door, and a doorphone handset having a recognition means for recognizing a face image of a person from an image picked up by the image pickup device. The door phone master unit includes a face image storage unit that stores various face images registered in advance, a face image recognized by the recognition unit, and a face image stored in the face image storage unit. An intercom system comprising a collating means for collating, wherein the visitor is identified by the collating means before the visitor presses a call button of the intercom slave.
  2. 【請求項2】 ドアの施錠および解錠を行うドアロック
    手段と、前記照合手段の照合結果に基づいて前記ドアロ
    ック手段の施錠または解錠を制御する錠制御手段とを備
    えたことを特徴とする請求項1に記載のドアフォンシス
    テム。
    2. A door lock means for locking and unlocking a door, and a lock control means for controlling locking or unlocking of the door lock means based on a collation result of the collating means. The door phone system according to claim 1.
  3. 【請求項3】 前記錠制御手段は、前記照合手段での照
    合の結果、訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致
    した場合には、前記ドアロック手段を解錠制御すること
    を特徴とする請求項2に記載のドアフォンシステム。
    3. The lock control means controls unlocking of the door lock means when the visitor matches a person of a face image registered in advance as a result of the collation by the collating means. The doorphone system according to claim 2.
  4. 【請求項4】 前記錠制御手段は、前記照合手段での照
    合の結果、訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致
    し、かつ、その人物に対応したドアロック解除コードが
    前記ドアフォン子機から入力された場合には、前記ドア
    ロック手段を解錠制御することを特徴とする請求項2に
    記載のドアフォンシステム。
    4. The lock control means, as a result of the collation by the collating means, coincides with a person whose face image a visitor is registered in advance, and the door lock release code corresponding to the person is the doorphone child. The door phone system according to claim 2, wherein the door lock means is unlocked when input from a machine.
  5. 【請求項5】 前記錠制御手段は、前記照合手段での照
    合の結果、訪問者が予め登録された顔画像の人物と一致
    しない場合には、前記ドアロック手段を施錠制御するこ
    とを特徴とする請求項2ないし請求項4のいずれかに記
    載のドアフォンシステム。
    5. The lock control means controls the door lock means to lock if the visitor does not match the person of the face image registered in advance as a result of the collation by the collating means. The doorphone system according to any one of claims 2 to 4.
  6. 【請求項6】 前記錠制御手段は、前記照合手段で訪問
    者を照合した後、予め設定された一定時間内に前記ドア
    フォン子機の呼び出しボタンが押されないままドアが開
    けられた場合には、警報動作を実行することを特徴とす
    る請求項2ないし請求項5のいずれかに記載のドアフォ
    ンシステム。
    6. The lock control means, after collating the visitor by the collating means, if the door is opened without pressing the call button of the doorphone slave unit within a preset time, The intercom system according to any one of claims 2 to 5, wherein an alarm operation is performed.
  7. 【請求項7】 前記警報動作が、前記ドアフォン子機の
    スピーカから警告音を出力する動作、および/または特
    定の場所の端末装置に警報信号を送信する動作であるこ
    とを特徴とする請求項6に記載のドアフォンシステム。
    7. The alarm operation is an operation of outputting an alarm sound from a speaker of the doorphone slave unit and / or an operation of transmitting an alarm signal to a terminal device at a specific place. Doorphone system described in.
  8. 【請求項8】 前記照合手段で照合した人物の顔画像と
    撮影日時とを閲覧可能に記憶する顔画像履歴記憶手段を
    備えたことを特徴とする請求項1ないし請求項7のいず
    れかに記載のドアフォンシステム。
    8. The face image history storage means for storing the face image of a person collated by the collation means and the shooting date and time so as to be viewable, according to any one of claims 1 to 7. Door phone system.
  9. 【請求項9】 前記ドアフォン子機は、音声で応答する
    スピーカおよび/または表示で応答する表示手段を備え
    ており、 前記ドアフォン親機は、前記照合手段での照合結果に対
    応した音声および/または表示による応答データを記憶
    する応答データ記憶手段と、前記照合手段での照合結果
    に基づき、前記応答データ記憶手段から対応する応答デ
    ータを読み出して、前記ドアフォン子機のスピーカおよ
    び/または表示手段に応答データを出力する応答データ
    出力制御手段とを備えたことを特徴とする請求項1ない
    し請求項8のいずれかに記載のドアフォンシステム。
    9. The doorphone slave unit includes a speaker that responds with a voice and / or a display unit that responds with a display, and the doorphone master unit has a voice and / or a voice corresponding to the matching result of the matching unit. Response data storage means for storing response data by display, and corresponding response data is read out from the response data storage means based on the collation result by the collation means and responded to the speaker and / or the display means of the intercom slave. 9. A doorphone system according to claim 1, further comprising response data output control means for outputting data.
  10. 【請求項10】 前記応答データ出力制御手段は、前記
    照合手段での照合結果に基づき、認識された訪問者に対
    応して、応答データを前記ドアフォン子機またはドアフ
    ォン親機の両方もしくはいずれか一方に出力する応答モ
    ードを有することを特徴とする請求項9に記載のドアフ
    ォンシステム。
    10. The response data output control means, based on the collation result by the collation means, responds to the recognized visitor with response data of both or one of the doorphone slave unit and the doorphone master unit. The intercom system according to claim 9, wherein the intercom system has a response mode for outputting to.
JP2001198908A 2001-06-29 2001-06-29 Intercom system Pending JP2003018587A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001198908A JP2003018587A (en) 2001-06-29 2001-06-29 Intercom system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001198908A JP2003018587A (en) 2001-06-29 2001-06-29 Intercom system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003018587A true JP2003018587A (en) 2003-01-17

Family

ID=19036266

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001198908A Pending JP2003018587A (en) 2001-06-29 2001-06-29 Intercom system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003018587A (en)

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004220099A (en) * 2003-01-09 2004-08-05 Matsushita Electric Ind Co Ltd Interphone system
JP2004266714A (en) * 2003-03-04 2004-09-24 Omron Corp Personal identification device
JP2004348407A (en) * 2003-05-22 2004-12-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd Intruder detection system
JP2005029958A (en) * 2003-07-07 2005-02-03 Omron Corp Crime prevention system
JP2005038115A (en) * 2003-07-18 2005-02-10 Hitachi Ltd Intruder monitoring method and device
JP2005136894A (en) * 2003-10-31 2005-05-26 Aiphone Co Ltd Slave unit of camera for intercom
JP2006101196A (en) * 2004-09-29 2006-04-13 Aiphone Co Ltd Intercom system
JP2007096670A (en) * 2005-09-28 2007-04-12 Aiphone Co Ltd Interphone device
JP2007295120A (en) * 2006-04-21 2007-11-08 Mitsubishi Electric Corp Intercom system with camera
JP2008108151A (en) * 2006-10-27 2008-05-08 Funai Electric Co Ltd Monitoring system
JP2008124879A (en) * 2006-11-14 2008-05-29 Sogo Keibi Hosho Co Ltd Intercom device, visitor confirmation method and visitor confirmation program
JP2010239543A (en) * 2009-03-31 2010-10-21 Secom Co Ltd Intercom system
JP2011018362A (en) * 2003-07-18 2011-01-27 Canon Inc Image processing apparatus, imaging apparatus and image processing method
US8515136B2 (en) 2003-07-18 2013-08-20 Canon Kabushiki Kaisha Image processing device, image device, image processing method
JP2014192555A (en) * 2013-03-26 2014-10-06 Nippon Telegraph & Telephone East Corp Control system, control method, and computer program
JP2015064702A (en) * 2013-09-24 2015-04-09 東芝テック株式会社 Intrusion alarm device and program therefor
JP2016012209A (en) * 2014-06-27 2016-01-21 住友電工システムソリューション株式会社 Person monitoring device, person monitoring system, person monitoring method and computer program
JP2016024498A (en) * 2014-07-16 2016-02-08 トヨタホーム株式会社 Security system
KR20160018939A (en) * 2014-08-07 2016-02-18 주식회사 엘지유플러스 Visitant Confirming System, Wall-pad, Mobile Communication Terminal and Visitant Confirming Method
JP2017175510A (en) * 2016-03-25 2017-09-28 パナソニックIpマネジメント株式会社 Display terminal, display system, display terminal control method and program
JP2020102860A (en) * 2020-02-27 2020-07-02 パナソニックIpマネジメント株式会社 Display terminal, control method of display terminal, and program

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004220099A (en) * 2003-01-09 2004-08-05 Matsushita Electric Ind Co Ltd Interphone system
JP2004266714A (en) * 2003-03-04 2004-09-24 Omron Corp Personal identification device
JP2004348407A (en) * 2003-05-22 2004-12-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd Intruder detection system
JP2005029958A (en) * 2003-07-07 2005-02-03 Omron Corp Crime prevention system
JP2005038115A (en) * 2003-07-18 2005-02-10 Hitachi Ltd Intruder monitoring method and device
US8942436B2 (en) 2003-07-18 2015-01-27 Canon Kabushiki Kaisha Image processing device, imaging device, image processing method
JP2013178816A (en) * 2003-07-18 2013-09-09 Canon Inc Image processing apparatus, imaging apparatus and image processing method
US8515136B2 (en) 2003-07-18 2013-08-20 Canon Kabushiki Kaisha Image processing device, image device, image processing method
JP2011018362A (en) * 2003-07-18 2011-01-27 Canon Inc Image processing apparatus, imaging apparatus and image processing method
JP2005136894A (en) * 2003-10-31 2005-05-26 Aiphone Co Ltd Slave unit of camera for intercom
JP2006101196A (en) * 2004-09-29 2006-04-13 Aiphone Co Ltd Intercom system
JP2007096670A (en) * 2005-09-28 2007-04-12 Aiphone Co Ltd Interphone device
JP4682003B2 (en) * 2005-09-28 2011-05-11 アイホン株式会社 Intercom device
JP2007295120A (en) * 2006-04-21 2007-11-08 Mitsubishi Electric Corp Intercom system with camera
JP2008108151A (en) * 2006-10-27 2008-05-08 Funai Electric Co Ltd Monitoring system
JP2008124879A (en) * 2006-11-14 2008-05-29 Sogo Keibi Hosho Co Ltd Intercom device, visitor confirmation method and visitor confirmation program
JP2010239543A (en) * 2009-03-31 2010-10-21 Secom Co Ltd Intercom system
JP2014192555A (en) * 2013-03-26 2014-10-06 Nippon Telegraph & Telephone East Corp Control system, control method, and computer program
JP2015064702A (en) * 2013-09-24 2015-04-09 東芝テック株式会社 Intrusion alarm device and program therefor
JP2016012209A (en) * 2014-06-27 2016-01-21 住友電工システムソリューション株式会社 Person monitoring device, person monitoring system, person monitoring method and computer program
JP2016024498A (en) * 2014-07-16 2016-02-08 トヨタホーム株式会社 Security system
KR20160018939A (en) * 2014-08-07 2016-02-18 주식회사 엘지유플러스 Visitant Confirming System, Wall-pad, Mobile Communication Terminal and Visitant Confirming Method
KR102248554B1 (en) * 2014-08-07 2021-05-06 주식회사 엘지유플러스 Visitant Confirming System, Wall-pad, Mobile Communication Terminal and Visitant Confirming Method
JP2017175510A (en) * 2016-03-25 2017-09-28 パナソニックIpマネジメント株式会社 Display terminal, display system, display terminal control method and program
JP2020102860A (en) * 2020-02-27 2020-07-02 パナソニックIpマネジメント株式会社 Display terminal, control method of display terminal, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003018587A (en) Intercom system
US8294574B2 (en) Security device comprising a plurality of interfaces
JP2004013871A (en) Security system
WO2014157770A1 (en) Method for authenticating entrance and exit by using digital door lock and wireless communication terminal, and apparatus therefor
CN106600784A (en) Internet of things intelligent cat-eye system and use method thereof
JP3877171B2 (en) Security device control system and control method thereof
JP2005216186A (en) Lockup confirmation system
JP4344303B2 (en) Entrance / exit management system
JP2008266988A (en) Entry-exit control system
JP2006033558A (en) Intercom system
KR101025830B1 (en) A crime prevention system using recognition of a fingerprint
JP2005029958A (en) Crime prevention system
JP2010010900A (en) Intercom system
JP2004266714A (en) Personal identification device
JP2008208656A (en) Apartment housing interphone system
JP2006172274A (en) Monitoring system in dwelling unit
JP5140623B2 (en) Intercom system
JP2008079105A (en) Collective housing intercom system
JP2007124114A (en) Mobile phone and safety confirmation method
JP4346805B2 (en) Traffic regulation system
JP2006059230A (en) Entrance/exit management system
JP2002185624A (en) Home security system
JP2007104380A (en) Doorphone unit
JP2008293437A (en) Home security system and access permission system
JP2007104379A (en) Doorphone unit