JP2002522954A - Group addressing in a packet communication system - Google Patents

Group addressing in a packet communication system

Info

Publication number
JP2002522954A
JP2002522954A JP2000564329A JP2000564329A JP2002522954A JP 2002522954 A JP2002522954 A JP 2002522954A JP 2000564329 A JP2000564329 A JP 2000564329A JP 2000564329 A JP2000564329 A JP 2000564329A JP 2002522954 A JP2002522954 A JP 2002522954A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
block
blocks
plurality
sequence number
receiver
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000564329A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ヴェルディエ, リサ ドゥ
ダリボール トゥーリナ,
ファルーク ハーン,
ヨハン ラーソン,
Original Assignee
テレフォンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US13116698A priority Critical
Priority to US09/131,166 priority
Application filed by テレフォンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル) filed Critical テレフォンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)
Priority to PCT/SE1999/001349 priority patent/WO2000008796A1/en
Publication of JP2002522954A publication Critical patent/JP2002522954A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/12Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel
    • H04L1/16Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel in which the return channel carries supervisory signals, e.g. repetition request signals
    • H04L1/18Automatic repetition systems, e.g. van Duuren system ; ARQ protocols
    • H04L1/1812Hybrid protocols
    • H04L1/1819Hybrid protocols with retransmission of additional or different redundancy
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/0078Avoidance of errors by organising the transmitted data in a format specifically designed to deal with errors, e.g. location
    • H04L1/0083Formatting with frames or packets; Protocol or part of protocol for error control
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/12Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel
    • H04L1/16Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel in which the return channel carries supervisory signals, e.g. repetition request signals
    • H04L1/1607Details of the supervisory signal
    • H04L1/1642Formats specially adapted for sequence numbers
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/12Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel
    • H04L1/16Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel in which the return channel carries supervisory signals, e.g. repetition request signals
    • H04L1/18Automatic repetition systems, e.g. van Duuren system ; ARQ protocols
    • H04L1/1809Selective-repeat protocols
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/004Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using forward error control
    • H04L1/0056Systems characterized by the type of code used
    • H04L1/0067Rate matching
    • H04L1/0068Rate matching by puncturing

Abstract

(57)【要約】 誤受信されたデータブロックを取り扱う前進型誤信号訂正(FEC)/自動再送(ARQ)方式に対応した無線通信システムである。 (57) Abstract is erroneous received forward error correction handling data blocks (FEC) / automatic repeat (ARQ) wireless communication system corresponding to the method. データブロック自体とは別に各データブロックに対応するシーケンス番号を送信することによって、待ち時間の短縮、メモリ使用率の改善等の利点がある。 By the data blocks themselves to send the sequence number separately corresponding to each data block, shortening the waiting time, there is an advantage in improvement of memory utilization. ペイロードデータをブロック及びサブブロック自体から分離させて送信することで可変性の強い冗長方式が得られる。 Separate the payload data from the block and sub-block itself strong redundancy scheme of variability that transmits can be obtained. 例えば、ブロックシーケンス番号のグループをビットマップとして一括して送信することで、個々のシーケンス番号を全て特定する必要がなくなる。 For example, by transmitting collectively the group of the block sequence number as a bit map, there is no need to identify all the individual sequence number. その代わり、開始シーケンス番号を完全に特定し、それ以降のシーケンス番号を開始シーケンス番号からの偏差や増分によって表すことができる。 Instead, it can be represented by the deviation and increment from completely identify a starting sequence number, the starting sequence number and the subsequent sequence number.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【背景】 【background】

本発明は、一般的に通信システムにおける誤り対策に関し、特にディジタル通信システムにおける自動再送要求(ARQ)及び可変冗長を用いた誤り対策に関するものである。 The present invention relates generally to error protection in a communication system, the present invention relates to error measures using an automatic repeat request (ARQ) and variable redundancy, especially in digital communication systems.

【0002】 商業用通信システムの成長、特にセルラー無線通信システムの爆発的な成長により、システム設計者は通信品質を消費者の許容範囲より低くせずにシステム容量を増加させる方法を開発せざるを得なくなった。 [0002] Growth of commercial communications systems, in particular explosive growth of cellular radio communications system, a forced system designers not develop a method of increasing system capacity without lower than the allowable range of consumer communication quality obtained no longer. その目的を実現するための1 1 in order to achieve its purpose
つの方法は、搬送波にデータを印加するためにアナログ変調を用いたシステムから搬送波にデータを印加するためにディジタル変調を用いたシステムへの変更であった。 One method was changed to a system using a digital modulation to apply data to the carrier from the system using the analog modulation in order to apply the data to the carrier.

【0003】 無線ディジタル通信システムにおいて、変調方式、バースト方式、通信プロトコル等を含むほとんどのシステムパラメータは標準空間インタフェースによって特定される。 [0003] In wireless digital communications system, most of the system parameters, including modulation scheme, burst mode, a communication protocol such as is specified by the standard space interface. 例えば、欧州電気通信標準化機構(ETSI)によって、記号速度271kspsでガウス型最小偏位変調(GMSK)を用いて制御、音声又はデータ情報を無線周波数(RF)の物理チャネル又はリンクを介した時間分割多元接続(TDMA)方式の通信による全世界移動通信システム(GSM)が規定された。 For example, by the European Telecommunications Standards Institute (ETSI), controlled using a Gaussian minimum shift keying (GMSK) at a symbol rate 271Ksps, time division over a physical channel or link voice or data information radio frequency (RF) multiple access (TDMA) scheme eligible mobile communication system by the communication of the (GSM) has been defined. 米国では、電子通信工業会(TIA)が、RFリンクを介してデータ通信を行う差動4相位相変調(DQPSK)を用いたTDMA方式であるディジタル前進移動電話サービス(D−AMPS)の種類を規定するIS−54及びIS− In the US, the electronic Telecommunications Industry Association (TIA) is a type of digital advanced mobile phone service is a TDMA system using differential quadrature phase shift keying for data communication via an RF link (DQPSK) (D-AMPS) provisions iS-54 and IS-
136等の暫定標準を複数発表している。 Have more than one announced an interim standard, such as 136.

【0004】 TDMA方式においては、利用可能な周波数が1つ又は複数のRFチャネルに分割される。 [0004] In TDMA scheme, available frequencies are divided into one or more RF channels. RFチャネルは、更にTDMAフレームにおけるタイムスロットに対応する複数の物理チャネルに細分される。 RF channels are subdivided further into a plurality of physical channels corresponding to time slots in a TDMA frame. 論理チャネルは、変調及び符号方式が指定された1つ又は複数のチャネルからなる。 Logical channel consists of one or more channel modulation and coding schemes are specified. このようなシステムにおいて、 In such a system,
移動局は、上り及び下りRFチャネルを介してディジタル情報のバーストを送受信することで複数の分散された基地局と通信を行う。 Mobile station communicates with a plurality of distributed base stations by transmitting and receiving bursts of digital information over uplink and downlink RF channels.

【0005】 ディジタル通信システムは、誤受信された情報を取り扱うために様々な方法を採用する。 [0005] Digital communication systems employ various methods for handling the received misinformation. 一般的に、これらの方法には、誤受信された情報を訂正するために受信者を補助する前進型誤信号訂正(FEC)方法と、誤受信された情報を再送させる自動再送要求(ARQ)方法がある。 Generally, these in a way, erroneous received and forward error correction (FEC) method to assist the recipient to the information to correct the automatic repeat request to retransmit the received misinformation (ARQ) there is a method. 例えば、FEC方法は、変調前のデータの畳み込み又はブロック符号化を含む。 For example, FEC method includes convolutional or block coding of data before modulated. FEC符号化では、ある特定数のデータビットを(比較的大きい)特定数の符号ビットで表現することで冗長を発生させ、その結果誤りの訂正を可能とする。 The FEC coding, certain data bits of a particular number (relatively large) to generate a redundancy that expressed by a certain number of code bits, to allow correction of the resulting error. そのため、畳み込み符号を、1/2又は1/3等、その符号率で表現することが多く、ここで符号率が低い程誤りに対する保護率が高い反面、特定のチャネルビット速度に対して利用者ビット速度が低い。 Therefore, the convolutional code, etc. 1/2 or 1/3, is often expressed by the code rate, wherein the higher coding rate is low whereas protection rate against a high error, the user for a particular channel bit rate a low bit rate.

【0006】 ARQ方法では、受信されたデータのブロックに誤りがあるか調査し、誤りを含むブロックの再送を要求する。 [0006] In the ARQ method, to investigate whether there is an error in a block of received data, to request retransmission of a block including an error. 一例として、図1に、GSMのパケットデータサービスとして提案された汎用パケット無線サービス(GPRS)の最適化方法に従って作動する無線通信システムのブロックマッピング例を示す。 As an example, Figure 1 shows a block mapping example of a wireless communication system that operates in accordance with a method of optimizing the proposed General Packet Radio Service (GPRS) as a packet data service GSM. 図中、フレームヘッダ(FH)、情報のペイロード及びフレームチェックシーケンス(FC In the figure, the frame header (FH), the information payload and frame check sequence (FC
S)を含む論理リンク制御(LLC)フレームが、複数の無線リンク制御(RL Logical Link Control (LLC) frame, a plurality of radio link control containing S) (RL
C)ブロックにマッピングされ、各ブロックにはブロックヘッダ(BH)、情報フィールド及び情報フィールドにおいて誤りを探すために受信機が使用するブロックチェックシーケンス(BCS)も含む。 C) is mapped to the block, each block block header (BH), also block check sequence (BCS) the receiver uses to look for errors in the information field and information field including. RLCブロックは更に物理レイヤバースト、即ち送信に備えて搬送波上にGMSK変調された無線信号にマッピングされる。 RLC blocks are mapped further physical layer burst, i.e. the radio signal GMSK modulated onto a carrier in preparation for transmission. この例では、各RLCブロックに含まれる情報は送信用に4つのバースト(タイムスロット)にインターリーブすることができる。 In this example, the information contained in each RLC block can be interleaved in four bursts (time slots) for transmission.

【0007】 移動無線電話機における受信機等の受信機によって処理されると、各RLCブロックに対して、復調及びFEC復号後に、ブロックチェックシーケンスを周知の循環冗長チェック方法と共に使用して誤り調査を行うことができる。 [0007] Once processed by a receiver such as a receiver in a mobile radio telephone, for each RLC block, after demodulation and FEC decoding, performs error investigated using block check sequence with known cyclic redundancy check method be able to. FEC復号化後に誤りがある場合、再送すべきブロックを指定する要求を、例えば無線通信システムにおける基地局等の発信源に送り返す。 If there is an error after the FEC decoding, the request specifying the to be retransmitted block, for example, back to the source such as a base station in a wireless communication system.

【0008】 GPRS最適化によって4つのFEC符号化方式が得られる(3つの異なるレートの畳み込み符号と1つの非符号モード)。 [0008] Four FEC coding scheme by GPRS optimization is obtained (three different rates convolutional code and one non-coding mode). 現在のLLCフレームのために4 For the current LLC frame 4
つの内1つの符号化方式が選択されると、このフレームを分割してRLCブロックを形成する。 One one the encoding scheme is selected among, to form the RLC blocks by dividing a frame. 受信機においてRLCブロックに誤りがあると判断され、再送する必要が生じた場合、再送には元々選択されたFEC符号化方式が使用される。 It is determined that there is an error in the RLC block at the receiver, if the retransmission need to have occurred, FEC coding scheme is the retransmission was originally selected is used.
つまり、このシステムは再送目的では固定冗長を採用する。 That is, the system employs a fixed redundancy in retransmission purposes. 再送されたブロックは、送信データを正しく符号化する目的で、一般的にはソフト合成と称する処理で以前に送信されたものと合成することができる。 Retransmitted block, in order to correctly encode the transmission data, generally can be synthesized to have been transmitted earlier in the process referred to as soft combining.

【0009】 一般的に可変冗長と称する他に提案されている方式では、元々送信されたブロックが復号化できなかった場合に更なる冗長ビットを送信する。 [0009] In the method proposed in addition to generally referred to as variable redundancy originally sent block sends a further redundancy bits when decoding can not be performed. この方式は、図2に示してある。 This scheme is shown in Figure 2. この方式において、受信機は復号化を3回試みる。 In this scheme, the receiver attempts 3 number of decoding. 先ず、受信機は元々受信したデータブロック(冗長の有無に係らず)を復号化しようとする。 First, the receiver attempts to decode the originally received data block (regardless of the presence or absence of redundancy). 失敗した場合、受信機は更に冗長ビットR1を受信し、それを元々送信されたデータブロックと共に使用して復号化を試みる。 If unsuccessful, further receives the redundant bit R1 receiver attempts to decode using with originally transmitted data block it. 第3段階として、受信機は更に冗長情報R2のブロックを獲得し、これを元々受信されたデータブロックと、冗長ビットR1のブロックと併せて3度目の復号化を試みる。 As a third step, acquiring a block of the receiver further redundant information R2, attempts a data block which was originally received, the block in conjunction with the third time decoding of redundant bits R1. 復号化に成功するまでこの処理を繰り返すことができる。 Until a successful decode can repeat the process.

【0010】 図2に示した方法の課題は、復号化に成功するまでにデータブロック(及び追加された冗長ビットのブロック)を記憶するために必要なメモリの大きさであるが、この記憶は後に送信される冗長ブロック(例えばR1やR2)が独立して復号化することができないために必須である。 [0010] Problems of method shown in FIG. 2 is a size of memory required to store the data blocks before successfully decoded (and added redundant bit block), the memory is it is essential for the redundant block to be transmitted (e.g., R1 and R2) can not be decoded independently after. 通常、受信機は各受信ビットに対応する、受信ビットの復号化に関する信頼性を示す複数ビットのソフト値を記憶するため、記憶要件は益々厳しくなる。 Usually, corresponding to each received bit receiver, for storing the soft values ​​of a plurality of bits indicating the reliability of decoding the received bits, the storage requirement is more stringent. この課題は、"Complementary Punctured C This object is achieved, "Complementary Punctured C
onvolutional (CPC) Codes and their Applications", Samir Kallel, IEEE Tra onvolutional (CPC) Codes and their Applications ", Samir Kallel, IEEE Tra
nsactions on Communications, vol. 43, no. 6, pp. 2005-2009, June 1995に記載の方法を採用することで部分的に解消することが可能である。 nsactions on Communications, vol. 43, no. 6, pp. 2005-2009, it is possible to partially overcome by adopting the method described in June 1995. 上記文献には、各再送ブロックがそれ自体独立して復号化可能であり、メモリ領域が足りなくなった場合に以前に送信したブロックを破棄することが可能な誤り訂正方法が開示されている。 The above document, the retransmission block is decodable by itself independently, an error correction method capable of discarding the block memory area previously sent when you run out is disclosed.

【0011】 しかし、ソフト合成又は可変冗長が採用される場合、受信機が適切にブロックの処理を行えるよう、異なる情報ブロック及び/又は冗長ビットのブロック間を区別するために明確な送信ブロックの番号付けシーケンスが必要である。 [0011] However, if the soft combining or variable redundancy is employed, so that the receiver is able to process the appropriate block number of distinct transmission blocks to distinguish between the different information blocks and / or redundant bit block with the sequence is required. これは通常では送信ブロックにシーケンス番号を付加することで行われ、それによると受信機は受信ブロックを、合成/復号のために同一のデータに対応する以前に受信したブロックと確実にマッチングできる。 This is usually done by adding a sequence number to the transmission block, the receiver and due to it the reception block can be reliably matched with the block previously received corresponding to the same data for the synthesis / decoding.

【0012】 ブロックのシーケンス番号を表すデータと一緒に送信することにも問題がある。 [0012] There is no problem to transmit with the data representing the sequence number of the block. 例えば、受信されたシーケンス番号に誤りがあれば、受信機は受信情報を如何にして復号化やソフト合成目的に使用できるかを判断できなくなる可能性がある。 For example, if there is an error in the received sequence number, the receiver may become impossible to determine can be used in the how the received information decoding and soft synthetic purposes. シーケンス番号を保持するための方法はいくつか提案されている。 The method for holding the sequence number have been proposed. 例えば、シーケンス番号を、対応するペイロードデータと比較して例えば低い符号率を使用することで、高い保護率とすることが提案されている。 For example, the sequence number, the use of as compared to the corresponding payload data, for example a low code rate, it is proposed that a high protection rate. このようにして、受信機が復号可能なシーケンス番号を受信する可能性が高くなり、例えば受信ブロックを以前に受信したものとどのようにして関連付けるべきかを認知する可能性が高くなる。 In this way, more likely to receiver receives a sequence number that can be decoded, for example, the possibility of recognizing should associate any way that it has received the reception block previously higher.

【0013】 しかし、ペイロードデータをシーケンス番号と共に送信することで、既知の構成では生じない無線環境における非効率性を引き起こす。 [0013] However, by transmitting the payload data with a sequence number, causing inefficiency in the radio environment that does not occur in the known arrangement. シーケンス番号とペイロードデータを同時に同一周波数で送信した場合、両方共正しく受信されるか或いは誤って受信される可能性が非常に高い。 If you send the sequence number and the payload data at the same time at the same frequency, it is very likely to be received both or incorrectly correctly received. 可変冗長方式において、例えば、誤って復号化されたペイロードデータ部に対応するシーケンス番号等のブロック識別部を正確に復号化し、他のサブブロックと関連付けて適切に復号化することが好ましい。 In the variable redundancy schemes, for example, the block identification portion, such as a sequence number corresponding to the payload data portion which is erroneously decoded correctly decoded, it is preferable to appropriately decoded in association with the other sub-blocks.

【0014】 よって、付加信号を削減するARQ方式を改良し、記憶の使用率を改善し、より効率的な可変冗長処理を可能とするようサブブロックを識別できる新規の方法の提供が望まれていた。 [0014] Therefore, to improve the ARQ method to reduce the additional signals, to improve the utilization of storage, are provided novel method that can identify the sub-block to enable a more efficient variable redundancy processing is desired It was.

【0015】 [0015]

【概要】 【Overview】

送信機が各送信ブロックにシーケンス番号を含ませる必要がなくなるよう受信機が送信機が送信するブロック指示を制御する本発明により、従来の情報通信方法及び方式の欠点や制限が解消される。 Transmitter in accordance with the present invention that each transmit block to the receiver so that it is not necessary to include a sequence number for controlling the block instruction transmitter transmits, drawbacks and limitations of conventional information communication method and system are eliminated. このようにして、受信機は受信したブロックが1つ以上の誤りを伴って受信された場合にも係らず、受信したブロックと共に処理すべき記憶されたブロック(存在すれば)を必然的に知ることができる。 In this way, the receiver despite If the received blocks are received with one or more errors, knowing the received stored block to be processed with block (if present) inevitably be able to.

【0016】 本発明の一実施形態によると、受信機は送信機に送信用のシーケンス順を告知する受信ブロック指示メッセージを送ることができる。 [0016] According to one embodiment of the present invention, the receiver may send the received block indication message for notifying the sequence order for transmission to the transmitter. 受信機が再送が必要な情報のブロックを誤受信した場合、再送すべきブロックと、次に送信されるブロック群の中に再送ブロックの位置を指定する。 If the receiver receives erroneous blocks of retransmission information required, and to be retransmitted block, then specifies the position of the retransmission block in the block group to be transmitted. このようにして、受信機は各送信データブロックにシーケンス番号が含まれなくとも受信しているブロックを確実に認識することができる。 In this way, the receiver can reliably recognize the blocks that are received without contains a sequence number to each transmission data block.

【0017】 本発明の他の実施形態によると、受信機はブロックシーケンスの送信機に対してブロック毎に指示を出すことができる。 According to another embodiment of the invention, the receiver can instruct the each block to the transmitter of the block sequence. 例えば、受信機自体が送信制御フィールドを含むデータブロックを送信することができる。 For example, it is possible to receiver itself sends a data block including a transmission control field. 送信制御フィールドは送信機が次に受信機に送信すべきブロック番号を指定する。 Transmission control field specifies the block number to be transmitted to transmitter receiver then. ブロックを再送する必要がある場合(又は先行の送信ブロックに対応する追加の冗長ビットを供給する必要がある場合)、送信制御フィールドの値は先に送信されたブロックのシーケンス番号を示す。 (If you need to provide additional redundant bits corresponding to the transmission block or preceding) If it is necessary to retransmit the block, the value of the transmission control field indicates the sequence number of the block that was sent previously.

【0018】 パケットデータシステムにおいて、チャネルは例えば複数の移動局間で共有されることがある。 [0018] In a packet data system, the channel may be shared among, for example, a plurality of mobile stations. 例えば、1つの移動局が一対のチャネルの下り線部分でのみデータを受信しており、他の移動局が一対のチャネルの上り線部分でのみデータを送信している場合、先方の移動局は後方の移動局に宛てられた送信制御フィールド値を受信する。 For example, if one mobile station receives data only in the downlink line portion of a pair of channels, if the other mobile station is transmitting data only up line portions of a pair of channels, other party of the mobile station receiving a transmission control field value destined to the rear of the mobile station. 但し、先方の移動局が次に送信すべきブロックに関するシステムの指示を無視するよう、下り線通信において上り線状態フラグによって後方の移動局が指定される。 However, as the other party of the mobile station is then ignores instruction from the system relating to the block to be transmitted, the rear of the mobile station is designated by the uplink line status flag in the downlink line communication.

【0019】 本発明の他の実施形態によると、送信機は受信機に対してその後のブロック送信指示を告知するメッセージを送信することができる。 [0019] According to another embodiment of the present invention, the transmitter can send a message to notify the subsequent block transmission instruction to the receiver. そして、送信機はシーケンス番号を付加しなくともデータブロックをこの特定の順番に送信すれば良い。 Then, the transmitter may transmit a data block to this particular order without adding a sequence number.

【0020】 ペイロードデータの送信からブロック及びサブブロックの識別用の負荷を無くすことで、より強力な可変冗長方式を提供することができる。 [0020] By eliminating the load for identification of blocks and sub-blocks from the transmission of the payload data can provide a more powerful variable redundancy scheme. 例えば、ブロックシーケンス番号の群を一括してビットマップとして送信することで個別のシーケンス番号を完全に特定する必要がなくなる。 For example, completely eliminates the need to identify an individual sequence number by sending a bit map collectively a group of block sequence number. その代わり、開始シーケンス番号を完全に特定し、それ以降のシーケンス番号を開始シーケンス番号からの偏差や増分によって表すことができる。 Instead, it can be represented by the deviation and increment from completely identify a starting sequence number, the starting sequence number and the subsequent sequence number.

【0021】 [0021]

【詳細な説明】 Description]

次に挙げる実施例はTDMA無線通信システムでの使用を前提としたものである。 Listed below examples are based on the use in TDMA radio communication system. しかし、このアクセス方法はほんの一例に過ぎず、本発明は周波数分割多元接続(FDMA)、TDMA、符号分割多元接続(CDMA)又はそれらの組合わせ等、あらゆるアクセス方式に適用可能であることは当業者には理解されるであろう。 However, this access method is only a few examples, the present invention is frequency division multiple access (FDMA), TDMA, code division multiple access (CDMA) or combinations thereof, etc. It is applicable to any access method equivalent the skilled in the art will appreciate.

【0022】 更に、GSM通信システムに従った処理は、欧州電気通信標準化機構(ETS Furthermore, processing in accordance with the GSM communication system, the European Telecommunications Standards Institute (ETS
I)の文献ETS300573、ETS300574及びETS300578に記載されている。 It is described in the literature ETS300573, ETS300574 and ETS300578 of I). よって、提案のパケットデータに対するGPRS最適化(以下GPRSと称する)に伴うGSMシステムの処理は、本発明を理解するために必要な範囲だけ説明する。 Therefore, the processing of GSM system because of GPRS optimization (hereinafter referred to as GPRS) to the proposal of the packet data will be described only to the extent necessary to understand the present invention. 本発明を改良されたGPRSシステムにおける実施例に従って説明するが、本発明が広帯域CDMA又は無線ATM等様々なディジタル通信システムに適用可能であることは当業者には理解されるであろう。 Although described with reference to examples in GPRS improved system of the present invention, that the present invention is applicable to a wideband CDMA or wireless ATM, etc. Various digital communication system will be understood by those skilled in the art.

【0023】 図3(a)には、本発明の一実施例によるGSM形態による通信システム10 [0023] FIG. 3 is (a), a communication system 10 according to the GSM mode according to an embodiment of the present invention
を示す。 It is shown. システム10は呼を管理するための複数層を含む階層ネットワークからなる構成を有する。 The system 10 has a structure comprising a hierarchical network comprising a plurality of layers for managing calls. 上り線及び下り線の周波数群を使用して、システム10内で作動する移動局12はこれらの周波数に割当てられたタイムスロットを使用して呼に参加する。 Using a frequency group of the uplink line and downlink line, the mobile station 12 operating within the system 10 participate in calls using time slots allocated to these frequencies. 上層において、複数の移動交換センター(MSC)14が呼を発呼元から発呼先に回線を設定する。 In the upper layer, a plurality of mobile switching centers (MSC) 14 to set the line to the calling destination call from the calling side. 具体的に、これらの装置は呼の設定、制御及び終了を行う。 Specifically, these devices do call setup, control and termination. 関門MSCと称する1つのMSCが、公衆交換電話網(PSTN One of the MSC called a gateway MSC is, the public switched telephone network (PSTN
)18又はその他の公式又は私設のネットワークとの通信を管理する。 ) 18 or other managing communications with official or private network.

【0024】 下層において、各MSC14は複数の基地局制御局(BSC)16に接続される。 [0024] In the lower layer, each MSC14 is connected to a plurality of base station controller (BSC) 16. GSM規格に従って、BSC16とMSC14はCCITTの第7信号システムの移動アプリケーション部に基づくA−インタフェースと称する標準インタフェースによって通信を行う。 In accordance with the GSM standard, BSC 16 and MSC14 communicate by a standard interface referred to as the seventh based mobile application part of the signal system A- interface CCITT.

【0025】 更に低い階層では、各BSC16が複数の送受信基地局(BTS)20を管理する。 [0025] In a further lower hierarchy, each BSC16 manages a plurality of base transceiver stations (BTS) 20. 各BTS20は、1つ又は複数の通信セル21からなる特定の共通地域にサービスを提供する上り及び下りRFチャネルを使用する複数のTRX(図示せず)を含む。 Each BTS20 includes a plurality of TRX using one or more consisting of the communication cell 21 certain common regions upstream and downstream RF channels to provide service to a (not shown). BTS20は、指定されたセル内の移動局12に対するデータバーストの送受信のためのRFリンクを提供する。 BTS20 provides an RF link for transmitting and receiving data bursts for mobile stations 12 in a given cell. パケットデータを伝送するために使用される場合、これらのチャネルは一般的にパケットデータチャネル(PDC When used to transmit packet data, these channels typically packet data channel (PDC
H)と称する。 H) and is referred to. 実施例において、複数のBTS20が無線基地局(RBS)22 In an embodiment, a plurality of BTS20 radio base station (RBS) 22
に導入される。 It is introduced into. RBS22は、例えば本発明の出願人であるテレフォンアクチーボラゲット・エル・エム・エリクソンの製品であるRBS−2000型の製品で構成することができる。 RBS22, for example can be constituted by the applicant RBS-2000 type product is a telephone activator over Bora target el M. Ericsson products are of the present invention. 移動局12及びRBS22の適用例については、ここで参照する米国特許出願第08/921,319、「A Link Adaptation Method fo Application example of the mobile station 12 and RBS22 here to see US Patent Application No. 08 / 921,319, "A Link Adaptation Method fo
r Links Using Modulation Schemes That Have Different Symbol Rates」、Mag r Links Using Modulation Schemes That Have Different Symbol Rates ", Mag
nus Frodigh et al.に記載がある。 nus Frodigh et al. are described in.

【0026】 セルラーシステムにおいてパケットデータプロトコルを導入することの利点は、高データ速度に対応できることと、同時に無線インタフェースを介して無線周波数帯域幅を柔軟に且つ効率的に使用できることである。 The advantage of introducing the packet data protocol in cellular systems, and can be associated to the high data rate is to be flexible and efficient use of radio frequency bandwidth over the same time radio interface. GPRSの概念は、一人の利用者が複数の通信資源を同時に利用することができる所謂「マルチスロット処理」に対応したものである。 The concept of GPRS is to one user corresponding to a so-called "multislot process" that can utilize a plurality of communication resources at the same time.

【0027】 図3(b)に、GPRSネットワークの全体構造を示す。 [0027] in FIG. 3 (b), showing the overall structure of the GPRS network. GPRSはGSMの改良であるため、ネットワーク内の多くのノードや要素は図3(a)に関する上記の説明におけるものと類似している。 GPRS is because it is GSM improvement, many nodes and elements in the network are similar to those in the above description of FIG. 3 (a). 外部ネットワークからの情報パケットはGGSN(関門GPRSサービスノード)100からGPRSネットワークに進入する。 Information packets from external network enters the GPRS network from GGSN (Gateway GPRS Service Node) 100. 次いで、パケットはGGSNからバックボーンネットワーク120を介して、送信先のGPRS移動局が所在する地域にサービスを提供するSGSN( Then, the packet through the backbone network 120 from GGSN, GPRS mobile station of the transmission destination is to provide service in areas that are located SGSN (
サービスGPRSサポートノード)140に送られる。 Is sent to the service GPRS support node) 140. SGSN140から、専用GPRS通信によってパケットは正しいBSS(基地局システム)160に送信される。 From SGSN140, packet by dedicated GPRS communications are sent to the correct BSS (Base Station System) 160. BSSは基地局制御局(BSC)200と、ここでは1つのみ示す複数の送受信基地局(BTS)180を含む。 BSS includes a base station controller and (BSC) 200, wherein a plurality of base transceiver stations only one is shown a (BTS) 180. BTSとBSCとの間のインタフェースはA−ビスインタフェースと称する。 The interface between the BTS and the BSC is referred to as A- bis interface. BSCはGSM特有の名称であり、他のシステムにおいては、BSCと類似した役割を有するノードには無線ネットワーク制御局(RNC)を使用する。 BSC is a GSM specific names, in other systems, the node having a function similar to BSC uses a radio network controller (RNC). 次いで、パケットはBTS180によって空間インタフェースを介して選択された情報通信速度で遠隔ユニット210に対して送信される。 Then, the packet is transmitted to the remote unit 210 in data communication speed selected through the space interface by BTS180.

【0028】 GPRSレジスタは全てのGPRS加入者データを保持する。 [0028] The GPRS register holds all of the GPRS subscriber data. GPRSレジスタは、GSMシステムのHLR(ホーム所在レジスタ)220と統合されていてもいなくても良い。 GPRS register may or may not be integrated with HLR (home location register) 220 of the GSM system. 制限付ローミング等の相互サービスを図るため、加入者データをSGSNとMSC/VLR240間で交換するようにしても良い。 Order to mutual service of restricted roaming, etc., may be the subscriber data to be exchanged between SGSN and MSC / VLR240. BSC2 BSC2
00とMSC/VLR240との間のアクセスネットワークインタフェースは、 Access network interface between the 00 and the MSC / VLR240 is,
CCITTの第7信号システムの移動アプリケーション部に基づくA−インタフェースと称する標準インタフェースである。 Based on the moving application of the seventh signal system CCITT A- is a standard interface called interface. MSC/VLR240は、更にPS MSC / VLR240 further PS
TN260を介する地上回線システムへのアクセスも提供する。 Also it provides access to a land line system through the TN260.

【0029】 上述の通り、受信側(RBS180又はMS210)が送信側(MS210又はRBS180)によるRLCブロック(又はそれに関連する冗長ビット)の再送を要求できるよう、システム10に再送方法を設けることができる。 [0029] As described above, the receiving side (RBS180 or MS 210) is to be able to request retransmission of the RLC blocks (or redundant bits associated with it) by the sender (MS 210 or RBS180), can be provided a retransmission method in the system 10 . 本発明の実施例によると、データブロック自体の送信からブロックシーケンス番号を分離し、情報をペイロードデータと共に送信する必要なく受信者が受信ブロックのシーケンス番号を認識できるようにする。 According to an embodiment of the present invention, to separate the block sequence number from the transmission of the data block itself, without the need recipients to send with the payload data information to recognize the sequence number of the received block.

【0030】 ここで受信機制御ARQ方式と称する図4に示した例を検討する。 [0030] Consider the example shown in FIG. 4, it referred to as receiver control ARQ scheme here. この例では、送信機(例えば移動局)が、受信機(例えば基地局)に対して情報を7ブロック送信する旨のチャネル要求メッセージを送信する。 In this example, a transmitter (e.g. mobile station) transmits a channel request message to the effect that information to the 7 block transmission to the receiver (e.g., base station). この要求に対して、受信機はブロックを受信したい順番を示すメッセージを送信機に送る。 To this request, the receiver sends a message indicating the order in which you want to receive block to the transmitter. これは、送信すべきブロックの数の一部(この例において4つ)であっても良い。 This may be part of a number of blocks to be transmitted (four in this example). 例えば、このメッセージは6又は7ビット等の開始シーケンス番号を完全に特定し、それ以降のシーケンス番号をその増分として特定したビットマップの形式とすることができる。 For example, this message can be fully identify starting sequence number, such as 6 or 7 bits, the subsequent sequence number and format of the bitmap identified as its increment. 次いで、送信機はブロックをシーケンス番号を付加せずに指定された順番に送信する。 Then, the transmitter transmits the order specified block without adding a sequence number. 受信機はRX_BLOCK_ORDERメッセージによって定義されたシーケンス順序に関する知識を利用して例えば可変冗長方式等の上記の方法で受信された各ブロックを処理する。 The receiver processes each block received by the above-described method of knowledge such as by using, for example, variable redundancy scheme related sequence order defined by RX_BLOCK_ORDER message. この処理の一部として、受信機は受信ブロックの内、そのブロックに対して再度の復号化を試みるために更に付加冗長ビットを再送する必要があるような訂正不可能な誤りを有するブロックが含まれているかを判断する。 As part of this process, the receiver in the received block, contains blocks with uncorrectable errors that need to be further retransmit the additional redundant bits to attempt to re-decoding on the block whether the judges are.

【0031】 最初の4つのブロックが送受信された後、残りのブロックを送信してほしい順序を示す第2のRX_BLOCK_ORDERメッセージを送信する。 [0031] After the first four blocks are transmitted and received, and transmits the second RX_BLOCK_ORDER message indicating the order in which you want to send the remaining blocks. 図4に示すように、この第2のメッセージにおいて、受信機は元々受信されたブロックの内何れかの冗長ビットの第1群、即ちブロック2の冗長ビットR1の送信を要求する。 As shown in FIG. 4, in the second message, requesting a first group of one of the redundant bits of the block receiver was originally received, i.e. the block 2 to transmit redundant bits R1. この例において、受信機はブロック2のR1が最初に送信され、それに続いてブロック5、6及び7が送信されることを指定する。 In this example, the receiver sent R1 block 2 is first, followed by the block 5, 6 and 7 it specifies to be transmitted. ブロック2の冗長ビットR1を受信すると、受信機は送信機へ送った要求メッセージによって冗長ビットを識別することができるので、受信機はこの情報を以前に受信(及び保存)したブロック2に関連するものであることを理解し、例えば図2に示すように再度の復号化を試みることができる。 Upon receiving the redundant bit R1 of the block 2, so the receiver can distinguish redundant bits by a request message sent to the transmitter, the receiver associated with this information to the block 2 received (and stored) previously I understand that those can attempt to decode again for example as shown in FIG. このようにして、核ブロックと共に送信されるシーケンス番号を復号化せずに受信ブロックに対して適切に処理を行うことができる。 In this way, it is possible to perform appropriate processing on the received block without decoding the sequence number sent with nuclear blocks. この方法の採用方式を更に説明するために、次により具体的な実施例を検討する。 In order to further illustrate the adoption scheme of this method, consider the specific example the following.

【0032】 先ず、基地局がパケットデータ受信機であり、移動局がパケットデータ送信機である場合の実施例を説明する。 [0032] First, the base station is a packet data receiver will be described an embodiment in the mobile station is a packet data transmitter. 基地局は、下り信号によって、上り信号で送信すべきパケットの順序を基地局に知らせる。 Base station by the downlink signal, informing the order of packets to be transmitted uplink signal to the base station. このGPRS形態において、従来の形式を図5に示すGPRSMACヘッダを拡張することで、上り線の次のブロック期間において移動局が送信すべきブロックのシーケンス番号を含ませることができる。 In this GPRS mode, a legacy format to extend the GPRSMAC header shown in FIG. 5, it is possible to include a sequence number of the block to be transmitted by the mobile station in the next block period up line. 図5に示す従来の形式では、ブロック形式は上り線の状態フラグ(US In the conventional format shown in FIG. 5, block format of the uplink line status flag (US
F)、補助/ポーリングビット(S/P)、相対留保ブロック期間(RRBP) F), the auxiliary / polling bit (S / P), relative reserved block period (RRBP)
及びペイロードの種類(PT)を含むMACヘッダと、ヘッダ(RLCH)及びペイロードデータを含むRLCデータブロックと、ブロックチェックシーケンス(BCS)とを含む。 And a MAC header including a type (PT) of the payload, and RLC data block including a header (RLCH) and payload data, and a block check sequence (BCS).

【0033】 送信すべきブロックは、現在のGPRSシステムと同様に、シーケンス番号を振っても良い。 The block to be transmitted, as well as the current GPRS system, it may be waving a sequence number. しかし、本発明のこの実施例において、移動局又は同一のパケットデータチャネル(PDCH)を共有する複数の移動局に送信される各下りブロックの中に、上り信号において移動局に送信すべきブロックのシーケンス番号を含ませることができる。 However, in this embodiment of the present invention, in each downlink blocks to be transmitted the mobile station or to a plurality of mobile stations sharing the same packet data channel (PDCH), the block to be transmitted to the mobile station in the uplink signal it is possible to include a sequence number. 複数の移動局が同一のPDCHを使用している可能性があるが、次に送信すべきブロック、即ち次の新規ブロック又は以前のブロックに関連する再送/冗長ビット、を決定するためにネットワークから送信されたシーケンス番号を使用するのは、特定のブロックに対してMACヘッダによって指定された留保USFを有する移動局のみである。 Although a plurality of mobile stations is likely to use the same PDCH, then the block to be transmitted, i.e. the retransmission / redundancy bits associated with the next new block or a previous block, from the network in order to determine the to use the transmission sequence number is only mobile stations having a reserved USF specified by the MAC header for a particular block. 例えば、シーケンス番号は、図6 For example, the sequence number, Fig. 6
に示すフィールドである、ここで送信制御フラグ(TCF)と称するMACヘッダにおける新しく規定されたフィールドによって送信することができる。 Field indicates, it is possible to transmit the newly defined field in the MAC header, referred to herein as the transmission control flag (TCF). 更に、 In addition,
復号化に成功するまで、特定のブロックに関連する異なる冗長ユニット(可変冗長)を再送(ソフト合成)又は送信するために同一のシーケンス番号を下り通信において何度も繰り返すこともできる。 Until a successful decoding may be repeated many times in the downlink communication with the same sequence number to different redundant units (variable redundancy) retransmission (soft combining) or transmission associated with a particular block.

【0034】 本発明のこの実施例によると、誤受信されたブロックの冗長ユニットの再送/ [0034] According to this embodiment of the present invention, the redundant units erroneous received block retransmitted /
送信は、下りブロックのTCFフィールドを使用して誤受信の次のブロック期間中に要求することができる。 Transmission may be requested during the next block period the erroneous reception using TCF field of the downlink blocks. これによって、ある時間において待ち状態(即ち復号化の成功待ち)のブロックの数は最小限であるので、受信機のメモリ条件を緩くすることができる。 Thus, the number of blocks of waiting at a certain time state (i.e. decoding success wait) is because it is a minimum, it is possible to loose the memory requirements of the receiver. 同様に、この方法は従来の再送方法より小さな送信ウィンドウ長で送信できるようにし、よって例えば7ビット以下等の小さなシーケンス番号を使用することができる。 Similarly, the method can be to send a small transmission window length than conventional retransmission method, thus use a small sequence number, such as, for example, 7 bits or less. シーケンス番号を小さくすることで、上り信号( By reducing the sequence number, the uplink signal (
シーケンス番号がその中に送信された場合)に含まれるブロックにおいても、下り信号におけるTCFフィールド内でもオーバヘッド信号に要する帯域幅を縮小することができる。 Also in block sequence number is included if sent) therein, it is possible to reduce the bandwidth required for overhead signal in the TCF field in the downlink signal.

【0035】 例えば符号化及びソフト合成を増加させた再送を利用する誤り訂正方式等の特殊の条件下においては、特定ブロックのどのバージョン(サブブロック番号と称する)が処理されているのかを識別することも有効である。 [0035] For example, in special conditions, such as an error correction method using the retransmission increased coding and soft synthetic identifies what version of a particular block (referred to as a sub-block number) is being processed it is also effective. この概念は、同一無線ブロックに対応する4つのサブブロックを示す図7(a)に示してある。 This concept is shown in FIGS. 7 (a) showing the four sub-blocks corresponding to the same radio block. ここで、サブブロック1は元々の非符号化データである。 Here, the sub-block 1 is originally uncoded data. サブブロック2はデータと、符号化率1/2となる冗長ビット1ブロックとを含む。 Subblock 2 comprises a data and redundant bits one block as a coding rate of 1/2. 同様に、サブブロック3と4はデータと符号化率が1/3と1/4となる冗長ビットをそれぞれ2と3 Similarly, the sub-block 3 4 redundant bits data and the coding rate is 1/3 and 1/4 respectively 2 and 3
ブロック有する。 Block Yes. 受信機が特定のサブブロックの送信を要求することができるようにすることで、ネットワークが、例えば最低のキャリア−干渉比(C/I)で受信されたサブブロックの再送を要求することができる。 By receiver to be able to request transmission of a particular sub-block, the network is, for example, the lowest carrier - it is possible to request retransmission of the received sub-block-interference ratio (C / I) .

【0036】 本発明によるサブブロック番号を示すため、本発明の実施例は所謂スティーリングビットを使用する。 [0036] To illustrate the sub-block number in accordance with the present invention, examples of the present invention uses the so-called stealing bits. 本来、スティーリングビットと云う言葉の由来は、GS Originally, the origin of the word referred to as the stealing bits, GS
M方式において音声と回線のサービスが交換性であったことからである。 It is because the service voice and line were exchangeable in M ​​mode. よって、受信機に至急で信号を送信したい場合、送信者は例えば信号メッセージを完全な音声フレームで入れ替える。 Therefore, if you want to send a signal in the immediately to a receiver, the sender replaces the full speech frame, for example, signaling messages. よって、音声フレームは信号メッセージによって「盗まれた」こととされ、これはスティーリングフラグ又はビットによって示される。 Therefore, the speech frame is a possible "stolen" by the signaling messages, which is shown by stealing flag or bit.

【0037】 物理レイヤにおけるスティーリングビットの位置は図7(b)に示す。 The position of the stealing bits in the physical layer is shown in FIG. 7 (b). このスティーリングビットは、この名称のままであるが、GPRSシステムにおいては他の目的で用いられる。 The stealing bits, but remains in this name, in the GPRS system is used for other purposes. 上記の通り、GPRSシステムにおいて、456ビットからなる無線ブロックは各フレームに1バーストを含む4つのTDMAフレーム期間で送信される。 As described above, in the GPRS system, the radio block of 456 bits are transmitted in four TDMA frame periods including one burst in each frame. 1バーストはTDMAフレームの1スロットを占める。 1 burst occupies one slot of the TDMA frame. 例えば、GPRSにおいて、1/2、2/3、3/4及び1の4つの符号化率が特定される。 For example, in GPRS, 4 single code rate of 1 / 2,2 / 3,3 / 4 and 1 are identified. 特定の無線ブロックに使用される符号化率はスティーリングビットで示す。 Coding rate used for a particular radio block is indicated by stealing bits. 無線ブロックは各ブロックが2つのスティーリングビットを含む4つのバーストで送信されるため、符号化率を示すために8ビットが利用可能である。 Radio block because each block is transmitted in four bursts containing two stealing bits, 8 bits to indicate the coding rate are available.

【0038】 本発明の実施例は、スティーリングビットを更に他の目的で使用する。 Example of The present invention further used for other purposes the stealing bits. ハイブリッドARQ又はソフト合成を用いた場合にこれらの符号化方式は何れも必要ないため、本発明においてこれらのスティーリングビットを特定の送受信に関連するサブブロック番号を示すために使用することができる。 Since there is no need any of these coding schemes in the case of using the hybrid ARQ or soft combining can be used to indicate the sub-block number associated with a particular send and receive these stealing bits in the present invention. 特に、後位交換性であっても良いハミング距離5の8ビットコードである表1に示すコードワードを任意に個別のサブブロック番号に割当てることができる。 In particular, it can be assigned to any individual sub-block number codewords shown in Table 1 is an 8-bit code succeeding exchange which may be a Hamming distance 5. 又、サブブロック番号を明確に指定する必要がある場合、TCFフィールドを例えば1ビットで拡張して、ブロック及びサブブロック番号を示すことができる。 Further, if it is necessary to clearly specify the sub-block number, to extend the TCF field for example, 1 bit may indicate the block and sub-block number.

【0039】 この実施形態による受信機制御ARQの一例を図8に示す。 [0039] An example of a receiver control ARQ according to the embodiment in FIG. ここで、上部の長方形は、k=ブロック番号とし、I=サブブロック番号とした場合、シーケンス番号SN=k,1を有するネットワークに対して移動局に送信される上りパケットを表す。 The upper rectangle, and k = Block number, when the I = the subblock number represents the uplink packets to be transmitted to the mobile station to the network with a sequence number SN = k, 1. 但し、上記の通り、これらの番号は移動局には直接送信されない。 However, as described above, these numbers are the mobile station is not transmitted directly. 下部の長方形は送信すべき次のパケットのシーケンス番号と、特定のUSF値とを示す移動局(又はチャネルを共有する複数の移動局)に対してネットワークから送信される下りパケットを表す。 Lower rectangle represents the downlink packet transmitted from the network to the mobile station indicating the sequence number of the next packet to be transmitted, a certain USF values ​​(or a plurality of mobile stations share a channel). この例において、2人の利用者i及びjがネットワークへの送信のために同一のPDCHを共有する。 In this example, two users i and j share the same PDCH for transmission to the network. 更に、この例では、ネットワークが次の新しいブロック(即ち未だ送信されていないブロック)を要求する時、TCF値として特定されていないデフォルト値(D)を送信することができる。 Further, in this example, it is possible for the network to send when requesting the next new block (i.e. yet transmitted are not even block), the default value that is not identified as TCF value (D). 勿論、当業者であればどの場合であってもデフォルトを使用する必要もなく、実際のシーケンス番号を送信することができることが解るであろう。 Of course, regardless of when those skilled in the art without the need to use the default, it will be understood that it is possible to send the actual sequence number. ネットワークが受信した特定のブロックに対してCRCが失敗した場合、ネットワークはブロックの再送及び/又は冗長ビットの転送を要求する。 If the CRC for a particular block the network receives fails, the network requests retransmission and / or redundant bit transfer block. これは、図8において、CRCが失敗したと示してある2番目の上りブロック(SN=8,1)によって示す。 This is because, in FIG. 8, shown by the second uplink block is shown with CRC has failed (SN = 8,1). 次の下りブロックは誤受信されたブロック8に関連するTCF値を含み、その結果、移動局は次のタイムスロットにおいてブロック8及びサブブロック2を送信する。 The next downstream block includes a TCF value associated with the block 8 received erroneously, as a result, the mobile station transmits a block 8 and the sub-block 2 in the next time slot.

【0040】 USF指示が必要である場合、ネットワークが連続した下り通信を供給する必要がある可能性もある。 [0040] If the USF indication is required, the network is also possible that it is necessary to supply a continuous downlink communication. そうでなければ、例えば特定のPDCHに割当てられる利用者が1人のみである場合、ネットワークは利用可能な各タイムスロットにおいて下りパケットを送信することはできない。 Otherwise, for example if the user assigned to a particular PDCH is only one, the network is unable to transmit the downlink packet in each time slot available. このような状況では、移動局は、 In such a situation, the mobile station,
送信がなかった場合をシーケンスにおける次のパケットの要求、即ちデフォルトのTCF値が送信されたと見なすことができる。 The next packet request to when no transmission in the sequence, i.e. can be regarded as a default TCF values ​​are transmitted.

【0041】 上記の実施例では、基地局が受信機として機能し、移動局が送信機として機能するが、この状況では受信機が送信されるブロックの順番を決める。 [0041] In the above embodiment, the base station functions as a receiver, although the mobile station functions as a transmitter, determines the order of the blocks that the receiver is transmitted in this situation. しかし、本発明は逆の場合にも適用可能であり、以下その実施例を説明する。 However, the present invention is also applicable to the opposite case, the following will be described the embodiments. 上り線と同様に、単一の下りPDCH上に複数の暫定ブロックフロー(TBF)を多重化することができるが、目標の移動局受信者も下り線で明確に指定されていなければならないため、可変冗長に対応する際の複雑性が増加する。 Since as with up line, a plurality of provisional block flow on a single downlink PDCH to (TBF) can be multiplexed, which must be explicitly specified in the even downline mobile station receiver of the target, complexity when variable redundantly corresponding increases.

【0042】 上記のように、単一のPDCHを介して通信中の異なる移動局は、USFフィールドの使用によって識別される。 [0042] As described above, different mobile stations of communicating via a single PDCH is identified by the use of USF field. 具体的に、ネットワークはどの移動局(US Specifically, the network which the mobile station (US
F)から特定のブロック(TCF)の送信を要求しているのかを上り信号で示す。 Or from F) for requesting the transmission of the particular block (TCF) showing the uplink signals. 本発明によると、同じ方法を利用して特定の下りデータブロックがどの移動局に宛てられているのか示すことができる。 According to the present invention, by using the same method it can be indicated whether they are addressed to which mobile station a particular downlink data block. よって、図9に示すように、USFと同様にして、即ち同様の識別番号方式、同様の符号化等を使用して移動局を識別する下り線状態フィールド(DSF)をMACヘッダに付加することができる。 Therefore, as shown in FIG. 9, it in the same manner as USF, is added to words similar identification number system, like MAC header that identifies down line status field (DSF) to the mobile station by using the coding and the like can.
従って、下り信号でUSFとDSFを両方送信することができる。 Therefore, it is possible to both transmit a USF and DSF downlink signal. USFは、次のブロック期間で上り線で送信する移動局を示し、DSFは同一の下りPDCH USF indicates the mobile station to transmit the uplink line in the next block period, DSF is the same downlink PDCH
を共有する複数の内1つの移動局を示す。 It shows a plurality of one mobile station sharing the. 勿論、例えば下り線で送信されるペイロードデータがUSFによって指定された送信要求とは違う移動局に宛てられたものである場合等、USFとDSFは異なる値であっても良い。 Of course, for example, or when the payload data to be transmitted in the downlink line are those destined to a mobile station different from the specified transmission request by USF, USF and DSF may be different values.

【0043】 図4に示す実施形態について説明した方法と同様に、移動局から送信されるブロックの順番は、TX_BLOCK_ORDERメッセージによって移動局に転送することができる。 [0043] in a manner similar to that described for the embodiment shown in FIG. 4, the order of blocks to be transmitted from the mobile station, it can be transferred to the mobile station by TX_BLOCK_ORDER message. このメッセージは、移動局に対するパケット下り線指定メッセージの一部として、又は移動局からの確認/否認(ACK/NACK)メッセージに対する返事として送信することができる。 This message may be sent as part of a packet down line designated message to the mobile station, or as a reply to the confirmation / denial (ACK / NACK) message from the mobile station. この信号の例を図10に示す。 An example of this signal in FIG. 10. ここで、ネットワークは移動局に下りPDCHを割当て、先ずブロック1〜4 Here, the network assigns a downlink PDCH to the mobile station, first block 1-4
を送信することを示す。 Indicating that to send. これらの4つのブロックを送信した後、移動局はブロック1、3及び4の受信を確認するが、ブロック2を否認する。 After sending these four blocks, the mobile station is to acknowledge the blocks 1, 3 and 4, deny block 2. 次いで、ネットワークはブロック2(及び/又は付加冗長ビット)を再送し、それに続いてブロック5を送信することを移動局に知らせる。 Then, the network block 2 (and / or addition redundant bits) to retransmit, informs the mobile station that transmits the block 5 subsequently. ネットワークは、この信号の後、ブロック6及び7を送信することを知らせるメッセージを送り、続いてこれらのブロックを送信する。 Network, after the signal, sends a message indicating sending the block 6 and 7, followed by sending these blocks.

【0044】 割当てメッセージの一部であるか又は移動局からのACK/NACKメッセージに続く他にも、TX_BLOCK_ORDERメッセージはネットワークが必要とした時にいつでも送信可能である。 [0044] Also in addition to following the ACK / NACK message from some as or mobile station assignment message, TX_BLOCK_ORDER message can be sent whenever the network is required. よって、移動局はネットワークからの最新のTX_BLOCK_ORDERメッセージに特定されたシーケンス番号に従う。 Therefore, the mobile station follows the sequence number identified in the latest TX_BLOCK_ORDER message from the network.

【0045】 当業者には解る通り、TX_BLOCK_ORDERメッセージの形式は、設計事項等によって変化することもあり得る。 [0045] As understood by those skilled in the art, the form of TX_BLOCK_ORDER messages may also be changed by design matters. 但し、ブロックのシーケンスにおける順番を表すビットマップが送信されるACK/NACKメッセージに使用される通常の形式に似たものを使用することができる。 However, it is possible to use a bitmap indicating the order in the sequence of blocks is similar to the normal format used for ACK / NACK messages sent. 例えば、サブブロック番号を表すためにスティーリングビットが使用される場合、ビットマップは以下の表2 For example, if stealing bits are used to represent the sub-block number, the bitmap table 2 below
に示す、開始シーケンス番号が1であり、各ビットが特定のブロックを送信すべきかを表す形式を採ることができる。 Are shown, starting sequence number is 1, it is possible to each bit takes the form indicating whether to send a particular block. 従って、表2はブロック1〜4を送信させるための、即ちビットマップの最初の4つのビットが1であり、残りが0であるTX_BLOCK_ORDERメッセージを示す。 Therefore, Table 2 for transmitted blocks 1-4, that is, the first four bits of the bit map is 1, indicating the TX_BLOCK_ORDER message remainder is zero.

【0046】 例えばスティーリングビットをサブブロック番号を示すために使用できないため、TX_BLOCK_ORDERメッセージにおいてサブブロック番号を明確に指定する必要がある場合、他の形式のTX_BLOCK_ORDERメッセージを使用することができる。 [0046] For example the stealing bits can not be used to indicate the sub-block number, if it is necessary to clearly specify the sub-block number in TX_BLOCK_ORDER message can use other forms of TX_BLOCK_ORDER message. 例えば、表3にはネットワークが移動局に対してブロック2bに続いてブロック5aを送信する、即ちブロック2に関連する2度目の送信とブロック5に関連する1回目の送信を行うことを知らせるためのビットマップ形式を示す。 For example, the network is shown in Table 3 transmits the block 5a following the block 2b to the mobile station, i.e. the block 2 to signal to perform the associated first transmission in a second time transmission and the block 5 associated with It shows a bit map format.

【0047】 この例において、開始番号は2であり、ビットマップにおいて2ビットずつが表4で更に詳しく説明するようなブロック及びサブブロック番号を示すものである。 [0047] In this example, the start number is 2, two bits in the bitmap is an indication block and sub-block number, such as described in more detail in Table 4. よって、表3の例において、最初の2つのビット「10」はブロック2はバージョン2bとして送信され、次の2つの「00」フィールドはブロック3及び4が送信されず、次の「01」フィールドはブロック5がバージョン5aとして、即ちその初回として送信されることをそれぞれ示すものである。 Thus, in the example of Table 3, the first two bits "10" are block 2 is sent as version 2b, the two "00" field of the next not sent blocks 3 and 4, the following "01" field as block 5 version 5a, that is, those respectively to be transmitted as the first time.

【0048】 上記の本発明の実施例は、例えば無線通信システムにおけるパケットデータ通信等に適用できるブロックアドレッシング用の他の方式を提供するものである。 The embodiments of the invention described above are, for example, to provide other methods for block addressing that can be applied to packet data communications, such as in a wireless communication system.
本発明は、他のものを伴って、ペイロードデータとそれに付属するシーケンス番号の送信を分離するものである。 The invention, together with others, is to separate the transmission of payload data and a sequence number to which it pertains. このようにして、送信機は送信するデータブロックと共にシーケンス番号を送信する必要がなくなる。 In this way, the transmitter does not need to transmit the sequence number with the data block to be transmitted. この分離効果によると、 According to the separation effect,
シーケンス番号とそれに対応するデータブロックを、例えばFDD(周波数分割二重伝送)方式において下り線と上り線が異なる周波数に設定された場合には異なる時間及び/又は異なる周波数で、TDD(時間分割二重伝送)方式において異なる時間に送信することを可能とする。 The data block and the corresponding sequence numbers, for example, at different times and / or different frequencies in the case of FDD (Frequency division duplex) downline in scheme and uplink line is set to a different frequency, TDD (time division two It makes it possible to transmit at different times in the heavy transmission) scheme. ペイロードデータの送信をブロック及びサブブロックから分離することで、より強力な可変冗長方式が得られる。 By separating the transmission of payload data from the block and sub-block, a stronger variable redundancy schemes can be obtained. 例えば、複数のブロックシーケンス番号をビットマップとして一緒に送信することで、個別のシーケンス番号を完全に特定する必要がなくなる。 For example, by transmitting a plurality of block sequence numbers together as a bitmap, it is not necessary to identify the complete individual sequence number. その代わり、開始シーケンス番号を完全に特定し、それ以降のシーケンス番号を開始シーケンス番号からの偏差や増分で示すことができる。 Instead, completely identify the starting sequence number may indicate a later sequence number deviation and increment from starting sequence number.

【0049】 更に、上り線データ転送のTCFはACK/NACKメッセージの役割も有するため、本発明はメモリ条件も低くすることもできる。 [0049] Further, TCF of the uplink line data transfer to have a role in the ACK / NACK message, the present invention can also be lower memory requirements. よって、ブロックが欠けている場合、その直後にTCF内でシーケンス番号が送信され、次のブロック期間内に冗長/再送が行われる。 Therefore, if the missing blocks, the sequence number is transmitted within the TCF immediately thereafter, redundant / retransmission is performed within the next block period.

【0050】 本発明はいくつかの実施例によって詳細に説明したが、当業者には、発明の概念から逸脱せずに様々な変更が可能であることが明らかであろう。 [0050] The present invention has been described by some embodiments in detail, those skilled in the art will appreciate that various modifications are possible without departing from the inventive concept. 上記のブロック指示メッセージ又は送信制御フィールドは単なるシーケンス番号の他にも様々な情報を含むことができる。 Block indication message or transmission control fields described above may include in addition to various also of information just a sequence number. 例えば、ブロック/サブブロックをブロック期間内で(例えば図7(b)における4つのTDMAバーストのように)インターリーブすることで、1つのブロック期間内に複数のブロック/サブブロックを一緒に送信した場合、ブロック指示メッセージや送信制御フィールドに各ブロック/サブブロックの抽出方法やその識別番号等に関する情報を含ませることができる。 For example, (as in the four TDMA bursts in example FIG. 7 (b)) the block / sub-block in the block period by interleaving, when transmitting a plurality of blocks / subblocks together in one block period , it can include information about the extraction method and the identification number of each block / sub-block to block indication message and transmission control fields.
従って、本発明はそのあらゆる均等物をも包含する上記の請求項によって規定される。 Accordingly, the present invention is defined by the claims encompasses the even all equivalents.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 図1には、GSMに従って作動する従来のシステムにおける情報マッピングを示す。 The FIG. 1 shows the information mapping in a conventional system operating according to the GSM.

【図2】 図2には、従来の可変冗長方法を示す。 The Figure 2 shows a conventional variable redundancy methods.

【図3】 図3(a)は、本発明を利用したGSM通信システムを示すブロック図であり、図3(b)は、図3(a)のGSMシステムのGPRS最適化の例を説明するブロック図である。 [3] FIG. 3 (a) is a block diagram illustrating a GSM communications system utilizing the present invention, FIG. 3 (b), an example of a GPRS optimization of the GSM system shown in FIG. 3 (a) it is a block diagram.

【図4】 図4には、本発明の実施形態による受信機制御ARQを示す。 The Figure 4 shows a receiver control ARQ according to an embodiment of the present invention.

【図5】 図5には、従来の下り線データブロック用GPRS形式を示す。 In Figure 5 shows a conventional GPRS format for the downlink line data blocks.

【図6】 図6には、本発明の実施形態による下り線データブロック用の形式を示す。 In Figure 6 shows the format for the downlink line data blocks according to an embodiment of the present invention.

【図7】 図7(a)には、一実施形態によるFEC/ARQ方式におけるサブブロック間の符号化関係を示し、図7(b)には、スティーリングビットの位置を示す一実施形態によるGPRSシステムにおける無線ブロックのTDMAフレームへのマッピングを示す。 In [7] FIG. 7 (a) shows the coding relationship between the sub-blocks in FEC / ARQ scheme according to an exemplary embodiment, in FIG. 7 (b), according to one embodiment illustrating the position of the stealing bits It shows the mapping to TDMA frames of a radio block in GPRS system.

【図8】 図8には、本発明の一実施形態による上り線及び下り線通信のシーケンスを示す。 In Figure 8 shows the sequence of the uplink line and downlink line communication according to an exemplary embodiment of the present invention.

【図9】 図9には、本発明の他の実施形態による下り線データブロックの他の形式を示す。 In FIG. 9 shows another form of downline data block according to another embodiment of the present invention.

【図10】 図10には、本発明によるネットワーク制御ARQ形態による交信を示す。 In Figure 10, it shows the communication by the network control ARQ in accordance with the invention.

【手続補正書】特許協力条約第34条補正の翻訳文提出書 [Procedure amendment] of the Patent Cooperation Treaty Article 34 correction translation filings

【提出日】平成12年10月13日(2000.10.13) [Filing date] 2000 October 13 (2000.10.13)

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】特許請求の範囲 [Correction target item name] the scope of the appended claims

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【特許請求の範囲】 [The claims]

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,K E,LS,MW,SD,SL,SZ,UG,ZW),E A(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ ,TM),AE,AL,AM,AT,AU,AZ,BA ,BB,BG,BR,BY,CA,CH,CN,CR, CU,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,GB,G D,GE,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE ), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, K E, LS, MW, SD, SL, SZ, UG, ZW), E A (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AE, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR , BY, CA, CH, CN, CR, CU, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, GB, G D, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN ,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ,LC, LK,LR,LS,LT,LU,LV,MD,MG,M K,MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT,RO ,RU,SD,SE,SG,SI,SK,SL,TJ, TM,TR,TT,UA,UG,UZ,VN,YU,Z A,ZW (72)発明者 トゥーリナ, ダリボール スウェーデン国 エス−183 57 テービ ー, ジュルスホルムスヴェーゲン 93 (72)発明者 ドゥ ヴェルディエ, リサ スウェーデン国 エス−161 33 ブロン マ, ニップフィエルスヴェーゲン 10 Fターム(参考) 5K014 AA03 BA00 DA02 FA05 HA05 5K030 GA12 HA08 HB12 HB29 HC01 HC09 JA05 JL01 JT09 LA01 LB11 LE11 MB13 5K034 AA06 DD02 EE03 EE11 HH09 MM03 , IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MD, MG, M K, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, UZ, VN, YU, Z A, ZW (72) inventor Turina, Dariboru Sweden es - 183 57 Taybi over, Juru scan Holmes Weserblick Gen 93 (72) inventor de Verdier, Lisa Sweden es -161 33 Bron Ma, nip Fi Els Weserblick Gen 10 F-term (reference) 5K014 AA03 BA00 DA02 FA05 HA05 5K030 GA12 HA08 HB12 HB29 HC01 HC09 JA05 JL01 JT09 LA01 LB11 LE11 MB13 5K034 AA06 DD02 EE03 EE11 HH09 MM03

Claims (21)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 第1のプロセッサを有し、上りチャネル上で複数のデータブロックを送信する移動局、及び 第2のプロセッサを有し、該上りチャネル上の複数のデータブロックを受信する基地局を具備し、 該基地局が送信する該複数のデータブロックの好ましいシーケンス順を決定し、 該基地局が該移動局に該移動局が該複数の情報ブロックを送信すべきシーケンス順を示す情報を送信し、 該第1のプロセッサが該情報を処理し、それに従って該複数のブロックの送信を制御し、 該第2のプロセッサが該複数のブロックを該好ましい順に受信し、各ブロックをシーケンス番号に基づいて処理することを特徴とする無線通信システム。 [Claim 1 further comprising a first processor, the mobile station transmitting a plurality of data blocks on the uplink channel, and a second processor, a base station that receives a plurality of data blocks on said uplink channel comprising a base station determines a preferred sequence order of said plurality of data blocks to be transmitted, the information the base station indicates the sequence order to transmit the mobile station to the mobile station a plurality of information blocks transmitted, said first processor processes the information accordingly controls the transmission of the plurality of blocks, the second processor receives the plurality of blocks in the order of preference, each block in the sequence number wireless communication system, characterized in that the processing based.
  2. 【請求項2】 前記基地局が、前記情報として、複数のデータブロックの送信を指示するブロック指示メッセージを送信する請求項1に記載の無線通信システム。 Wherein said base station, as the information, the wireless communication system according to claim 1 for transmitting a block instruction message instructing the transmission of a plurality of data blocks.
  3. 【請求項3】 前記基地局が、前記情報として、前記移動局が次に送信すべき前記複数のブロックのシーケンス番号を示す送信制御フィールドを、下りチャネル上の下りブロックに含んで送信する請求項1に記載の無線通信システム。 Wherein the base station, as the information, claims wherein the mobile station then transmits control field indicating a sequence number of said plurality of blocks to be transmitted, and transmits comprise a downlink block on the downlink channel the wireless communication system according to 1.
  4. 【請求項4】 前記基地局が再送を要求していない場合、該送信制御フィールドがデフォルト値を含む請求項3に記載の無線通信システム。 Wherein when said base station has not requested retransmission, the wireless communication system of claim 3 wherein the transmission control field contains a default value.
  5. 【請求項5】 前記上りチャネル及び前記下りチャネルが、異なる周波数、 Wherein said uplink channel and the downlink channel, different frequencies,
    異なるタイムスロット及び異なる拡散コードの内少なくとも1つの異なる送信パラメータを使用して送信される請求項3に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 3 which is transmitted using at least one different transmission parameters of the different time slots and different spread codes.
  6. 【請求項6】 前記移動局が、シーケンス番号を付加せずに前記シーケンス順に前記複数のブロックを送信する請求項1に記載の無線通信システム。 6. The wireless communication system of claim 1 wherein the mobile station, for transmitting the plurality of blocks in the sequence order without adding a sequence number.
  7. 【請求項7】 サブブロック番号がスティーリングビットのマッピングによって示される請求項1に記載の無線通信システム。 7. A radio communication system according to claim 1, sub-block number indicated by the mapping stealing bits.
  8. 【請求項8】 前記送信制御フィールドが更にサブブロックを識別する請求項3に記載の無線通信システム。 8. A radio communication system according to claim 3 for identifying the transmission control field further sub-blocks.
  9. 【請求項9】 前記ブロック指示メッセージが、開始シーケンス番号とそれに続く少なくとも1つの増分を有するビットマップである請求項2に記載の無線通信システム。 Wherein said block indication message, the wireless communication system according to claim 2 is a bit map having at least one increment and subsequent starting sequence number.
  10. 【請求項10】 無線通信システムにおいて送信機から受信機に複数の情報ブロックを送信するための方法であって、 該受信機によって、該複数のブロックが送信されるべき特定のシーケンスを、 10. A method for transmitting a plurality of information blocks from a transmitter to a receiver in a wireless communication system, by the receiver, a specific sequence to blocks of said plurality of transmitted,
    該シーケンスを示すメッセージを該送信機に送信することで要求し、 該送信機によって、該複数のブロックを該シーケンスで該受信機に送信する過程を含む方法。 A message indicating the sequence requested by sending to the transmitter, by the transmitter, the method comprising: transmitting a plurality of blocks in the receiver the sequence.
  11. 【請求項11】 前記送信過程が、シーケンス番号を付加せずに前記複数のブロックを送信する過程を含む請求項10に記載の方法。 Wherein said transmission process, method according to claim 10 including the step of transmitting the plurality of blocks without adding a sequence number.
  12. 【請求項12】 前記受信機が前記無線通信ネットワークにおける基地局であり、該送信機が移動局である請求項10に記載の方法。 12. a base station wherein the receiver in the wireless communication network, the method according to claim 10 wherein said transmitter is a mobile station.
  13. 【請求項13】 前記複数のブロックが前記受信機に以前に送信された他の情報ブロックに対応する再送/冗長に関する情報ブロックを含むことを特徴とする請求項10に記載の方法。 13. The method of claim 10, characterized in that it comprises an information block associated with the retransmission / redundancy said plurality of blocks corresponding to the other information blocks previously transmitted to the receiver.
  14. 【請求項14】 無線通信システムにおいて送信機から受信機に複数の情報ブロックを送信するための方法であって、 該送信機によって、該複数のブロックが送信されるべきシーケンス順を示すメッセージを送信し、 該送信機によって、該複数のブロックを該シーケンスで該受信機に送信し、 該受信機によって、該複数のブロックをそれぞれ該シーケンス順を示す該メッセージより得たシーケンス番号を使用して処理する過程を含む方法。 14. A method for transmitting a plurality of information blocks from a transmitter to a receiver in a wireless communication system transmitting, by the transmitter, a message indicating a sequence order to block the plurality of are transmitted and, by the transmitter, the plurality of blocks transmitted to the receiver in the sequence by the receiver, using the sequence number obtained from the message indicating respectively the sequence order of the plurality of block processing the method comprising the step of.
  15. 【請求項15】 前記処理過程が更に、 前記メッセージにより、受信ブロックが以前に受信したブロックに関する情報を含むことを認識し、 前記以前に受信したブロックをメモリから読出し、 該受信ブロックと該以前に受信したブロックを併せて復号化しようとする過程を含む請求項14に記載の方法。 15. The process further, by the message, recognizes that contain information about block received reception block is previously block the previously received read from the memory, to the receiving block and 該以 ago the method of claim 14, together the received block containing the process to be decrypted.
  16. 【請求項16】 前記2回目の送信過程が更に、 シーケンス番号を付加せずに前記複数のブロックを送信する過程を含む請求項14に記載の方法。 16. The second transmission process further method of claim 14 including the step of transmitting the plurality of blocks without adding a sequence number.
  17. 【請求項17】 前記受信機が前記無線通信ネットワークにおける移動局であり、該送信機が基地局である請求項14に記載の方法。 17. A mobile station wherein the receiver in the wireless communication network, The method of claim 14 wherein the transmitter is a base station.
  18. 【請求項18】 前記複数のブロックが前記受信機に以前に送信された他の情報ブロックに対応する再送/冗長に関する情報ブロックを含むことを特徴とする請求項14に記載の方法。 18. The method of claim 14, characterized in that it comprises an information block associated with the retransmission / redundancy said plurality of blocks corresponding to the other information blocks previously transmitted to the receiver.
  19. 【請求項19】 前記要求が開始シーケンス番号とそれに続く少なくとも1 19. and subsequent said request starting sequence number at least
    つの増分を有するビットマップの形式を有する請求項10に記載の方法。 The method of claim 10 having the form of a bit map having a One increment.
  20. 【請求項20】 前記要求が開始シーケンス番号とそれに続く少なくとも1 20. The method of claim 19, wherein the request is the starting sequence number followed by the at least one
    つの増分を有するビットマップの形式を有する請求項14に記載の方法。 The method of claim 14 having the form of a bit map having a One increment.
  21. 【請求項21】 前記送信制御フィールドが更に前記複数のブロックのインターリーブに関する情報も提供する請求項3に記載のシステム。 21. The system of claim 3, wherein the transmission control field also provides further information regarding the interleaving of the plurality of blocks.
JP2000564329A 1998-08-07 1999-08-06 Group addressing in a packet communication system Pending JP2002522954A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13116698A true 1998-08-07 1998-08-07
US09/131,166 1998-08-07
PCT/SE1999/001349 WO2000008796A1 (en) 1998-08-07 1999-08-06 Group addressing in a packet communication system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002522954A true JP2002522954A (en) 2002-07-23

Family

ID=22448199

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000564329A Pending JP2002522954A (en) 1998-08-07 1999-08-06 Group addressing in a packet communication system

Country Status (6)

Country Link
EP (1) EP1103113A1 (en)
JP (1) JP2002522954A (en)
CN (1) CN1312988A (en)
AU (1) AU5663199A (en)
CA (1) CA2338696A1 (en)
WO (1) WO2000008796A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2019064815A1 (en) * 2017-09-27 2019-04-04 ソニー株式会社 Wireless lan communication device, wireless lan communication method and wireless lan communication program

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100624619B1 (en) 2000-04-10 2006-09-18 유티스타콤코리아 유한회사 Method of transmitting and receiving data for packet data service on wide-band wireless communication system
US6694469B1 (en) * 2000-04-14 2004-02-17 Qualcomm Incorporated Method and an apparatus for a quick retransmission of signals in a communication system
DE60035530T2 (en) 2000-05-17 2007-10-25 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd., Kadoma Hybrid ARQ system with data and control channel for data packet transmission
KR100640921B1 (en) * 2000-06-29 2006-11-02 엘지전자 주식회사 Method for Generating and Transmitting Protocol Data Unit
EP1168702A1 (en) * 2000-06-30 2002-01-02 Motorola, Inc. Data transmission system using a hybrid automatic repeat request protocol
US7310336B2 (en) 2001-05-18 2007-12-18 Esa Malkamaki Hybrid automatic repeat request (HARQ) scheme with in-sequence delivery of packets
JP2003078580A (en) * 2001-08-31 2003-03-14 Sony Corp Communication method and communication system
US8233501B2 (en) 2002-02-13 2012-07-31 Interdigital Technology Corporation Transport block set segmentation
US6975650B2 (en) * 2002-02-13 2005-12-13 Interdigital Technology Corporation Transport block set segmentation
US7286511B2 (en) * 2002-11-07 2007-10-23 Koninklijke Philips Electronics N.V. System and method for an IEEE 802.11 access point to prevent traffic suffering bad link quality from affecting other traffic
DE10252536A1 (en) * 2002-11-08 2004-05-27 Philips Intellectual Property & Standards Gmbh Data transmission method for universal mobile telecommunication system telephone, involves retransmitting second data packet, when the packet is not successfully decoded at receiver
US7979768B2 (en) 2006-03-21 2011-07-12 Interdigital Technology Corporation Method and system for implementing hybrid automatic repeat request
CN103873206B (en) * 2006-10-27 2019-02-15 富士通株式会社 Mobile terminal
KR100984811B1 (en) 2007-03-27 2010-10-01 삼성전자주식회사 Apparatus and method for transmitting/receiving data
US8553624B2 (en) 2007-10-10 2013-10-08 Samsung Electronics Co., Ltd. Asynchronous hybrid ARQ process indication in a MIMO wireless communication system
US8072911B2 (en) * 2008-02-06 2011-12-06 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Methods and devices relating to downlink assignments
EP2374003B1 (en) 2009-01-07 2015-03-11 INSERM (Institut National de la Santé et de la Recherche Médicale) Methods for the treatment, the prognostic assessment and the detection of breast cancer
CN101478318B (en) 2009-01-16 2012-07-18 中国人民解放军理工大学 Broadcast station collaborative communication method in ultra short wave Ad Hoc network
CN101877620B (en) * 2009-04-30 2013-08-14 华为技术有限公司 Method, apparatus and system for forward error correction
CN102577212B (en) * 2009-10-30 2015-06-17 三星电子株式会社 Apparatus and method for generating ARQ feedback message in wireless communication system
CN104036033A (en) * 2014-06-30 2014-09-10 北京数字认证股份有限公司 Certificate revocation list caching and checking method of digital certificate
CN107888341A (en) * 2016-09-29 2018-04-06 电信科学技术研究院 A kind of data transmission method and device

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE69525895D1 (en) * 1994-10-11 2002-04-25 Nippon Telegraph & Telephone System for retransmission in the data communication
JP3562124B2 (en) * 1996-03-06 2004-09-08 ソニー株式会社 Data communication method and data communication device

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2019064815A1 (en) * 2017-09-27 2019-04-04 ソニー株式会社 Wireless lan communication device, wireless lan communication method and wireless lan communication program

Also Published As

Publication number Publication date
EP1103113A1 (en) 2001-05-30
CN1312988A (en) 2001-09-12
CA2338696A1 (en) 2000-02-17
WO2000008796A1 (en) 2000-02-17
AU5663199A (en) 2000-02-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1157497B1 (en) Data retransmission method in a voice-over-data communication system
EP1931077B1 (en) Quality of Service control for a hybrid ARQ transmission apparatus with data and control channel for packet data transmission
EP1396119B1 (en) Method and system of retransmission
FI92125B (en) radiotelephone
JP4095618B2 (en) Packet format
EP2079182B1 (en) Sequence numbering range extending method and system for selective repeat transmission protocols
EP1119948B1 (en) A data segmentation method in a telecommunications system
EP1988658B1 (en) Automatic retransmission with order of information changed
US8009752B2 (en) Multi-carrier incremental redundancy for packet-based wireless communications
US5577046A (en) Automatic retransmission request
US7564827B2 (en) Adaptive hybrid retransmission method for wireless communications
CN1108722C (en) Method for achievement of automatic repeat request in mobile group communication system
JP5539496B2 (en) Method and apparatus for increasing the reliability of MAC messages
EP1191733B1 (en) Automatic retransmission request (ARQ) mode transaction, where a base station determines the status of frames sent to a mobile station
JP4794522B2 (en) Method and system for enabling hybrid automatic repeat request operation in a channel between stations of an orthogonal frequency division multiple access wireless communication network
JP2733110B2 (en) Wireless signal transmission system
JP3501462B2 (en) Sliding window data flow control system using adjustable window size
JP5047472B2 (en) MAC header compression used with frame aggregation
KR100900934B1 (en) System and method for increasing data throughput using a block acknowledgement
EP1429488B1 (en) Incremental redundancy support in an EDGE cellular wireless terminal
US7616639B2 (en) Transmitting and receiving control protocol data unit having processing time information
EP0290525B1 (en) Data transmission system with automatic repeat request
EP2198542B1 (en) Reducing system message overhead
US7385976B2 (en) Method for acknowledging data packets in a network
US20040160984A1 (en) Variable packet lengths for high packet data rate communications