JP2002503226A - Personal care compositions comprising a silicone-containing adhesion copolymer - Google Patents

Personal care compositions comprising a silicone-containing adhesion copolymer

Info

Publication number
JP2002503226A
JP2002503226A JP54719998A JP54719998A JP2002503226A JP 2002503226 A JP2002503226 A JP 2002503226A JP 54719998 A JP54719998 A JP 54719998A JP 54719998 A JP54719998 A JP 54719998A JP 2002503226 A JP2002503226 A JP 2002503226A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
personal care
copolymer
hair
care composition
silicone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP54719998A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ブリジェット ジヴィデン,カスリーン
エドワード ジュニア ボリク,レイモンド
ミッダ,サンジーヴ
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/84Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions otherwise than those involving only carbon-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/89Polysiloxanes
    • A61K8/895Polysiloxanes containing silicon bound to unsaturated aliphatic groups, e.g. vinyl dimethicone
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/06Preparations for styling the hair, e.g. by temporary shaping or colouring
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q17/00Barrier preparations; Preparations brought into direct contact with the skin for affording protection against external influences, e.g. sunlight, X-rays or other harmful rays, corrosive materials, bacteria or insect stings
    • A61Q17/04Topical preparations for affording protection against sunlight or other radiation; Topical sun tanning preparations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • A61Q19/002Aftershave preparations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • A61Q19/08Anti-ageing preparations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q3/00Manicure or pedicure preparations
    • A61Q3/02Nail coatings
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/12Preparations containing hair conditioners

Abstract

(57)【要約】 本発明は、パーソナルケア組成物に関する。 (57) Abstract: The present invention relates to personal care compositions. これらの組成物は、シリコーン含有付着性コポリマーと、水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール及びこれらの混合物からなる群より選択された該コポリマーのための溶媒とを含む。 These compositions comprise a silicone-containing adhesion copolymers, water, ethanol, n- propanol, and a solvent for the isopropanol and the copolymer selected from the group consisting of mixtures. 当該組成物は、乾燥すると、約0.5kgf/mm 2よりも大きい凝集強度、約0.55kgfmm/mm 3を越える単位容量あたりの総エネルギー吸収を有する。 The composition, when dried, has a total energy absorption per unit volume exceeding greater cohesive strength than about 0.5 kgf / mm 2, about 0.55kgfmm / mm 3. 組成物はまた、乾燥すると、好ましくは約7000ergsを越える衝撃強度を有する。 The composition also, when dried, preferably has an impact strength of greater than about 7000Ergs. また、ここで定義された除去能方法諭によって決定された0から約3.5(0から4のスケール)の髪のこわさ及び0から3.5(0から4のスケール)の髪フレーキング値によって定義された髪からの改良された除去能を有する本発明のヘアスプレー実施形態が好ましい。 Also, here defined hair flaking values ​​of removability way about 0 determined by Satoru 3.5 from stiffness and 0 3.5 (scale 0-4) of the hair (0 from scale 4) hairspray embodiment of the present invention having an improved ability to remove from the hair as defined by is preferred.

Description

【発明の詳細な説明】 シリコーン含有付着性コポリマーを含むパーソナルケア組成物技術分野本発明は、パーソナルケア組成物に関し、特に、髪のこわさ(stiffness)及びフレーキング(flaking)値により定義された改良された髪からの除去能を有するヘアスプレー組成物に関する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Personal care compositions TECHNICAL FIELD The present invention comprising the silicone-containing adhesion copolymers relates personal care compositions, in particular, improvements have been defined by the hair stiffness (Stiffness) and flaking (flaking) value about hair spray composition having a capability of removing from is hair. これらの組成物は、シリコーン含有付着性コポリマーと、水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、アセトン、プロピレングリコール及びこれらの混合物からなる群より選択されたコポリマーのための溶媒とを含む。 These compositions comprise a silicone-containing adhesion copolymers, water, ethanol, n- propanol, isopropanol, acetone, and a solvent for the copolymer is selected from the group consisting of propylene glycol and mixtures thereof. 本組成物は、乾燥すると、約0.5kgf/mm 2よりも大きい凝集強度、約0.55kgfmm/mm 3よりも大きい単位容量あたりの総エネルギー吸収を示す。 The composition, when dried, shows about 0.5 kgf / mm 2 greater cohesive strength than the total energy absorption per unit larger capacity than about 0.55kgfmm / mm 3. 本組成物はまた、乾燥すると、好ましくは約7000er gsよりも大きい衝撃強度も示す。 The composition also, when dried, preferably exhibits also higher impact strength than about 7000er gs. 発明の背景パーソナルケア製品は、殆どの消費者の生活において重要な働きを果たしている。 Background personal care products of the invention, plays an important role in the life of most consumers. パーソナルケア製品は、広範な種々の製品及び形態にわたり、これにはシャンプー、セッケン、ヘアスプレー、ローション、クリーム、制汗剤、ニキビ防止製品、ネールエナメル、口紅、ファンデーション、マスカラ及びサンスクリーンが含まれる。 Personal care products, over a wide variety of products and forms include shampoos, soaps, hair sprays, lotions, creams, antiperspirants, anti-acne products, nail enamels, lipsticks, foundations, mascara, and sunscreen thereto . 消費者は、追求される所望の利益を提供して良好な価値を提示するパーソナルケア製品を絶えず追求している。 Consumers are constantly pursuing the personal care products that present a good value to provide a desired benefit to be pursued. 使用される多くのパーソナルケア製品は、種々の樹脂、ゴム及び付着性ポリマーを含有している。 Many personal care products used are contain various resins, rubber and adhesive polymers. ポリマーは、増粘、知覚特性、フィルム形成能、活性付着、 活性浸透、髪の保持などを含む種々の目的のために使用される。 Polymers, thickening, sensory properties, film forming ability, active deposition, are used for active penetration for various purposes, including hair hold. 結局、パーソナルケア製品中での使用のための改良された特性を有するポリマーを開発するため、絶え間ない追求が成されている。 After all, in order to develop a polymer having improved properties for use in personal care products, constant pursuit has been made. 驚くべきことに、所定の物理的パラメータを有するシリコーン含有付着性コポリマーがかなり有用であるということが、本発明において見出された。 Surprisingly, the fact that the silicone-containing adherent copolymer having a predetermined physical parameter is quite useful, has been found in the present invention. これらのコポリマーは、水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール及びこれらの混合物からなる群より選択されたこのコポリマーのための溶媒と組合わせて用いられる。 These copolymers are water, ethanol, n- propanol, used in combination with isopropanol and a solvent for the copolymer selected from the group consisting of mixtures. コポリマー溶媒混合物は、乾燥すると、約0.5kgf/mm 2よりも大きい凝集強度、約0.55kgfmm/mm 3よりも大きい単位容量あたりの総エネルギー吸収、好ましくは約7000ergsよりも大きい衝撃強度を有する。 Copolymers solvent mixture has and dried, cohesive strength greater than about 0.5 kgf / mm 2, the total energy absorption per unit larger capacity than about 0.55kgfmm / mm 3, the greater impact strength than preferably about 7000ergs . 特定の理論に限定されないが、乾燥ヘアスプレー組成物のこれらの物理的特性が、観察されるこの利益をもたらすと思われる。 While not limited to a particular theory, these physical characteristics of the dry hair spray composition is thought to confer this benefit to be observed. また本発明の好ましいヘアスプレー組成物が、シャンプーしている間での髪からの改良された除去能(removeability)を有することも見出され、この場合、除去能は、0から約3.5(0から4スケール)に及ぶ髪のこわさ及び髪フレーキング値について定義される。 Further preferred hair spray compositions of the present invention, also been found to have an improved ability to remove from the hair (removeability) between that shampoo, in this case, removability from 0 to about 3.5 It is defined for (0-4 scale) hair ranging stiffness and hair flaking values. これらの髪のこわさ及び髪のフレーキング値は、ヘアスプレー除去能の間接的な目安である。 Flaking values ​​of stiffness and hair of hair is an indirect measure of hair spray removal capability. これらの値のそれそれは、ここで定義される方法論に従って決定される。 It these values ​​it is determined according to the methodology defined herein. 従って、本発明の目的は、シリコーン含有付着性コポリマーと、水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、アセトン、プロピレングリコール及びこれらの混合物からなる群より選択されたコポリマーのための溶媒と、を含むパーソナルケア組成物を提供することである。 Thus, the personal object of the present invention, comprising a silicone-containing adhesion copolymers, water, ethanol, n- propanol, isopropanol, acetone, and the solvent for the propylene glycol and copolymers selected from the group consisting of a mixture thereof, the to provide a care composition. 本発明の他の目的は、これらの組成物を用いて皮膚又は髪を処理する方法を提供することである。 Another object of the present invention is to provide a method of treating the skin or hair using these compositions. 本発明の他の目的は、髪をスタイリングする及び保持する方法を提供することである。 Another object of the present invention is to provide a method for styling hair and retention. これらの及び他の目的は、以下の詳細な説明によりすぐに明らかとなるであろう。 These and other objects will become readily apparent from the following detailed description. 発明の要約本発明は、パーソナルケア組成物に関し、これは、 (a)約10,000から約5,000,000の重量平均分子量を有するシリコーン含有付着性コポリマー並びに、 (b)水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、アセトン、プロピレングリコール及びこれらの混合物からなる群より選択された前記コポリマーのための溶媒、 を含み、ここで前記組成物は、乾燥すると、約0.5kgf/mm 2よりも大きい凝集強度、約0.55kgfmm/mm 3を越える単位容量あたりの総エネルギー吸収を有する。 Summary of the Invention The present invention relates to a personal care composition, which is (a) a silicone-containing adherent about 10,000 with a weight average molecular weight of about 5,000,000 copolymers and, (b) water, ethanol, n- wherein propanol, isopropanol, acetone, solvent for propylene glycol and the copolymers selected from the group consisting of mixtures, and wherein said composition, when dried, than about 0.5 kgf / mm 2 large cohesive strength, has a total energy absorption per unit volume greater than about 0.55kgfmm / mm 3. 本組成物はまた、好ましくは改良された除去能を有するヘアスプレー組成物であり、ここで除去能は、0から約3.5の髪のこわさ度及び0から3.5(0から4スケール)の髪フレーキング値によって定義される。 The present compositions also preferably a hair spray composition having a capability of removing an improved, where removability is 4 scale from 0 to stiffness degree and 0 to about 3.5 Hair 3.5 (0 is defined by the hair flaking values). 更に他の実施形態では、本発明はパーソナルケア組成物に関し、ここで前記コポリマー成分は、乾燥すると、約7000ergsよりも大きい衝撃強度を有する。 In yet another embodiment, the copolymer component present invention relates to personal care compositions, wherein, when dried, has a greater impact strength than about 7000Ergs. 更に他の実施形態では、本発明は皮膚又は髪を処理する方法に関し、これは、 (a)約10,000から約5,000,000の重量平均分子量を有するシリコーン含有付着性コポリマー、並びに、 (b)水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、アセトン、プロピレングリコール及びこれらの混合物からなる群より選択された前記コポリマーのための溶媒、 を含む有効量の組成物を皮膚又は髪に塗布することを含み、ここで、前記組成物は、乾燥すると、約0.5kgf/mm 2よりも大きい凝集強度及び約0.55k gfmm/mm 3を越える単位容量当たりの総エネルギー吸収を有する。 In yet another embodiment, the present invention relates to a method of treating the skin or hair, which, (a) a silicone-containing adherent copolymer of about 10,000 with a weight average molecular weight of about 5,000,000, and, (b) water, ethanol, n- propanol, isopropanol, applying acetone solvent for the propylene glycol and the copolymers selected from the group consisting of mixtures, to the skin or hair an effective amount of a composition comprising wherein the wherein the composition, when dried, has a total energy absorption per unit volume in excess of cohesive strength and about 0.55k gfmm / mm 3 greater than about 0.5 kgf / mm 2. これらの方法は、好ましくは、ここで定義される除去能値(髪のこわさ及び髪のフレーキング値)を有する本発明のヘアスプレー組成物に向けられている。 These methods are preferably directed to hair spray compositions of the present invention having the herein removal capability value defined (stiffness and flaking values ​​hair hair). 図面の簡単な説明図1は、物理的特性、例えば、ここで記述される凝集強度及び単位容量当たりの総エネルギー吸収を測定するために有用なダンベル形状の平板乾燥ヘアスプレーフィルムサンプルの平面図を説明している。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS Figure 1, the physical properties, for example, a plan view of a flat dry hair spray film sample useful dumbbell shape in order to measure the total energy absorption per cohesive strength and unit volume is described herein It is described. 図2は、図1に説明されているダンベル形状乾燥フィルムの厚みを示す断面図を説明している。 Figure 2 illustrates a cross-sectional view showing the thickness of the dumbbell-shaped dry film as described in Figure 1. 発明の詳細な記載本発明の必須成分は、以下に記述される。 Essential components of DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The present invention is described below. 本発明の実施形態において有用な種々の任意の及び好適成分の非排除的な記載も含まれる。 Non-exclusive description of any and suitable ingredients various useful in the embodiments of the present invention are also included. 本発明は、ここで記述される必要な又は任意の配合剤及び/又は限定物のいずれもを含み、これらからなり及びこれらから本質的に成ることができる。 The invention will now include any of the described are required or optional compounding agents and / or limitations, can consist essentially made and from these these. 全てのパーセント及び率は、他に示さなければ重量基準で計算される。 All percentages and rates are calculated on a weight basis unless otherwise indicated. 全てのパーセントは、他に示さなければ全組成物に基づいて計算される。 All percentages are calculated based on the total composition unless otherwise indicated. 全ての分子量は、重量平均分子量であり、モル当たりのグラム単位で与えられる。 All molecular weights are weight average molecular weight is given in grams per mole. 全ての配合剤レベルは、その配合剤の活性レベルを基準としたものであり、他に示さない限り、溶媒、副産物又は商業的供給物中に存在し得る他の不純物を除いたものである。 All formulations levels are those relative to the activity level of the formulation, unless otherwise indicated, are excluded from solvents, other impurities that may be present in the products or commercial feed. 全ての測定は、他に示さない限り、およそ73°Fである周囲室温で成される。 All measurements unless otherwise indicated, are made at ambient room temperature is approximately 73 ° F. ここで参照される全ての文献は、特許、特許出願及び印刷刊行物全てを含み、 これにより本開示に全て援用して本文の一部とする。 All documents referenced herein are patent, including all patent applications and printed publications, which by all with the aid of the present disclosure as part of the body. 用語「人の髪への塗布に適する」とは、ここで用いられる場合、本組成物又はそのように記載された成分が、望ましくない毒性、不適合性、不安定性、アレルギー反応などを伴うこと無く、人の髪並びに頭皮及び皮膚と接触した使用に適することを意味する。 The term "suitable for application to human hair" as used herein, the compositions or so listed components, undesirable toxicity, incompatibility, instability, without involving undue toxicity means suitable for use in contact with the hair and scalp and skin of the human. 用語kgfは、重力加速度、即ち9.82m/s 2に付された重量キログラムを表す標準的物理用語である。 The term kgf is gravitational acceleration, is a standard physical term for weight kilograms attached that is 9.82m / s 2. シリコーン含有付着性コポリマー本発明の組成物は、組成物の約0.1重量%から約30重量%、好ましくは約0.5重量%から約20重量%、より好ましくは約0.5重量%から約10重量% のシリコーン含有付着性コポリマーを含む。 The composition of the silicone-containing adherent copolymer present invention, from about 0.1 wt% to about 30% by weight of the composition, preferably from about 0.5% to about 20 wt%, more preferably from about 0.5 wt% from about 10 weight percent of silicone-containing adherent copolymer. 「付着性」とは、表面に溶液として塗布され乾いた場合、例えば髪又は皮膚で、コポリマーがフィルム又は溶接部を形成することを意味する。 The term "adherent" when dry is applied as a solution to the surface, for example, hair or skin, copolymer means to form a film or weld. このようなフィルム又は溶接部は、当業者により理解されるような付着性及び凝集強度を有し得る。 Such films or welds may have adhesion and cohesive strength, as is understood by those skilled in the art. 「シリコーン含有」とは、コポリマーが、本明細書において更に定義されるような1以上のアルキル又はアリールシロキサン成分を含むことを意味する。 A "silicone-containing", copolymer, further meant to include one or more alkyl or aryl siloxane component as defined herein. 本発明のコポリマーは、シリコーングラフトコポリマー、シリコーンブロックコポリマー、硫黄連結シリコーン含有コポリマー、硫黄連結シリコーンブロックコポリマー及びこれらの混合物からなる群より選択されたものである。 The copolymers of the present invention are those selected from the group consisting of silicone graft copolymers, silicone block copolymers, sulfur-linked silicone containing copolymers, sulfur linked silicone block copolymers, and mixtures thereof. 用語「シリコーングラフトコポリマー」とは、高分子科学の分野の当業者に熟知されており、高分子シリコーン成分(即ち「グラフト体」)を、「骨格」と一般に呼ばれている他の高分子成分へ追加する又は「グラフトする」ことによって得られるコポリマーを記述するためにここで用いられる。 The term "silicone grafted polymer" is familiar to those skilled in the art of polymer science, polymer silicone component (i.e. "graft body"), and other polymeric components that are commonly referred to as "backbone" As used herein to describe the copolymers obtained by adding or "grafting" to. 骨格は普通、グラフト体よりも大きい分子量を有する。 Backbone will usually have a molecular weight greater than graft body. 従って、シリコーングラフトコポリマーは、ペンダント高分子シリコーン側鎖を有するポリマーとして、また、ポリマー骨格上への又はその内への高分子シリコーン側鎖の「グラフト」又は組み込みにより形成されるものとして記述されることができる。 Therefore, the silicone graft polymer is a polymer having pendant polymeric silicone side chains, also described as being formed by the "grafting" or incorporation of polymeric silicone side chains to of or onto the polymer backbone be able to. ポリマー骨格はホモポリマー又はコポリマーであることができる。 Polymer backbone may be a homopolymer or a copolymer. グラフトコポリマーは、種々のモノマーユニットから誘導される。 Graft polymer is derived from a variety of monomer units. 更に、これらのコポリマーは、非シリコーン含有マクロモノマー、例えばアクリレート、メタクリレート及び他のエチレン系成分の重合により形成されたマクロモノマーから誘導されたグラフト体を含むことができる。 Furthermore, these copolymers can include non-silicone-containing macromonomers, for example acrylates, it has been grafted material derived from the macromonomer formed by polymerization of methacrylate and other ethylenically components. これらのマクロモノマーは、高い(>25℃)又は低い(≦25℃)Tg値のいずれかを有するように選択されることができる。 These macromonomers can be selected high (> 25 ° C.) or lower to have either a (≦ 25 ℃) Tg values. 用語Tgは、ガラス転移温度を意味し、これは高分子科学分野の当業者に熟知されている。 The term Tg refers to the glass transition temperature, which is familiar to those skilled in polymer science fields. 用語「ブロックコポリマー」は高分子科学の当業者に熟知されており、より小さい繰返し単位で更に構成されている連続的にアレンジされた成分又はブロックを有するコポリマーを記述するためにここで用いられる。 The term "block copolymer" are familiar to those skilled in polymer science and is used herein to describe copolymers having sequentially arranged ingredients or block being further configured with a smaller repeating unit. ここでのブロックコポリマーは、シリコーンブロック又は非シリコーンブロックを含む。 Block copolymers herein comprise silicone block or non-silicone blocks. このブロックコポリマーは、次の構造によって表されることができる:A−B構造、これは2 つのブロックセグメントを含む;A−B−A、これは3つのブロックセグメントを含む;そして、−(A−B) n −、式中nは2以上の整数であり、これはマルチブロックを含む。 The block copolymer can be represented by the following structure: A-B structure, which includes two block segments; A-B-A, which includes three block segments; and, - (A -B) n -, n in the formula is an integer of 2 or more, which includes a multi-block. 用語「硫黄連結」は、ここで用語「硫黄連結シリコーングラフトコポリマー」 及び「硫黄連結シリコーンブロックコポリマー」に用いられる場合、硫黄連結( 即ち、−S−)、ジスルフィド結合(即ち、−S−S−)、又はスルフヒドリル基(即ち−SH)を含むシリコーングラフト又はブロックコポリマーを意味する。 The term "sulfur linked" as herein used the term "sulfur linked silicone graft polymer" and "sulfur linked silicone block copolymer", a sulfur linked (i.e., -S-), disulfide bonds (i.e., -S-S- ), or means a silicone graft or block copolymer comprising a sulfhydryl group (i.e., -SH). 本発明のコポリマー、又はその塩は、約73°Fで、少なくとも約0.1mg /mL、好ましくは少なくとも約0.5mg/mL、より好ましくは少なくとも約1mg/mLの濃度で、水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール及びこれらの混合物からなる群より選択された溶媒中において可溶又は分散可能である。 The copolymers of the invention, or a salt thereof, at about 73 ° F, at least about 0.1 mg / mL, preferably at least about 0.5 mg / mL, more preferably in a concentration of at least about 1 mg / mL, water, ethanol, n- propanol, soluble or in isopropanol and in a solvent selected from the group consisting of the mixture is dispersible. 本発明のコポリマーは、少なくとも約10,000の重量平均分子量(g/モル)を有する。 The copolymers of the present invention have weight average molecular weight of at least about 10,000 (g / mol). 実施上の理由、例えば粘性、加工性、審美特性、広がり性、配合適合性などから本発明の適用性を制限する場合を除き、分子量の上限はない。 For practical reasons, for example the viscosity, workability, aesthetic properties, spreading properties, except to limit the applicability of the present invention from such formulation compatibility, there is no upper limit for molecular weight. 重量平均分子量は、一般に約5,000,000よりも小さく、より一般的には約2 ,500,000よりも小さく、普通約1,500,000よりも小さい。 The weight average molecular weight is generally from about 5,000,000 less than, more typically about 2, less than 500,000, less than usual about 1,500,000. 好ましくは、重量平均分子量は、約10,000から約5,000,000、より好ましくは約20,000から約1,000,000、さらにより好ましくは約30,000 から約500,000、最も好ましくは約50,000から約300,000である。 Preferably, the weight average molecular weight from about 10,000 to about 5,000,000, more preferably from about 20,000 to about 1,000,000, even more preferably from about 30,000 to about 500,000, most preferably from about 50,000 to about 300,000. 乾燥ヘアスプレーフィルムの物理的パラメータ並びに可溶性又は分散性要件とコポリマーの分子量要件が適合するならば、広範囲のシリコーン含有付着性コポリマーが本発明には有用である。 If the physical parameters as well as soluble or dispersible requirement and molecular weight requirements of the copolymer of dry hair spray film to fit a wide range of silicone-containing adhesion copolymer useful in the present invention. シリコーングラフトコポリマー本発明のシリコーングラフトコポリマーは、ビニルモノマー単位と、高分子部分及びビニルモノマー単位と共重合可能なビニル成分を含むポリシロキサン含有マクロモノマー単位と、のランダム共重合により形成される。 Silicone graft polymer of the silicone grafted polymer present invention is formed with a vinyl monomer units, a polysiloxane containing macromonomer units comprising a polymeric moiety and a vinyl monomer units copolymerizable with vinyl component, by random copolymerization. 重合の完了の際に、マクロモノマー単位のシロキサン高分子部分は、コポリマーのポリシロキサン側鎖を形成する。 Upon completion of the polymerization, the siloxane polymer portion of the macromonomer units forms the polysiloxane side chains of the copolymer. ビニルモノマー単位とマクロモノマー単位のビニル成分部分とが骨格を形成する。 Vinyl component parts of the vinyl monomer units and macromonomer units forms a backbone. 選択され得るビニルモノマー及びポリシロキサン含有マクロモノマーは、コポリマーがここで記述された必要な特性を有する限り、広範な種々の構造を形成する。 Vinyl monomers and polysiloxane-containing macromonomer may be selected so long as it has the required characteristics copolymer described herein, to form a wide variety of structures. 当業者には、特に実施例から明らかなように、コポリマーは、骨格にグラフトした1以上のポリシロキサン側鎖を有してもよい。 Those skilled in the art, as is apparent in particular from examples, the copolymer may have one or more polysiloxane side chains grafted to the backbone. 更に、本発明の組成物は、コポリマーに加えて、骨格にグラフトしたポリシロキサン側鎖を有しない対応するコポリマーを低レベルで含むことができる。 Furthermore, the compositions of the present invention, in addition to the copolymer, can include corresponding copolymers having no polysiloxane side chains grafted onto the backbone at low levels. 当業界で既知のように、合成グラフト共重合方法は、高分子骨格に共有結合し、またペンダントとなるポリシロキサン側鎖を、含まない、1つ含む又は1つ以上含むポリマー分子の混合物を生成し得る。 As is known in the art, synthetic graft copolymerization method is covalently bonded to the polymer backbone, and a polysiloxane side chain of a pendant, not include, produces a mixture of one containing or that include one or more polymer molecules It can be. ポリマーサンプル中の側鎖の量及び数平均分子量の知識並びに、ポリマーサンプルの数平均分子量から、ポリマー骨格当たりのポリシロキサン側鎖の平均数を計算することは可能である。 Knowledge of the amount and the number average molecular weight of the side chains in the polymer sample as well, a number average molecular weight of the polymer sample, it is possible to calculate the average number of polysiloxane side chains per polymer backbone. グラフトコポリマーは、下記の3つの基準を満足すべきである: (1)乾燥したときに、コポリマーは、グラフト高分子側鎖部分を含む不連 続相と、非側鎖部分を含む連続相とに相分離する; (2)高分子側鎖部分は、骨格部分に共有結合する;並びに、 (3)高分子側鎖部分の数平均分子量は、約1,000から約50,000で ある。 Graft copolymers should satisfy the three following criteria: (1) when dried, the copolymer is a discontinuous phase comprising a graft polymer side chain moiety, a continuous phase comprising a non-side chain moiety phase separated into; (2) polymer side-chain moiety is covalently attached to the backbone moiety; and, (3) a number average molecular weight of the polymer side chain portion is from about 1,000 to about 50,000. 理論に拘束されないが、相分離特性は、コポリマーの特定の方向性を提供し、 これは触知感触、フィルム形成又は付着利益の所望の組み合わせ並びに、乾燥能の迅速性及び完全性がもたらされると思われる。 Without being bound by theory, the phase separation property provides a specific orientation of the copolymer, this tactile feel, the desired combination of film-forming or adhering income and, if rapidity and completeness of drying performance is provided Seem. 本発明の組成物の相分離特性は、下記のように特定され得る。 Phase separation properties of the compositions of the present invention may be specified as follows. コポリマーは、後述するように溶媒から固体のフィルムとしてキャストされる。 Copolymer is cast as a film from the solvent a solid as described below. このフィルムは、それから切断され、透過型電子顕微鏡によって検査される。 The film is then is cut and examined by transmission electron microscopy. ミクロ相分離(Microphase separation)は、連続相における包含物の観察によって確認される。 Microphase separation (Microphase separation) is confirmed by the observation of inclusions in the continuous phase. これらの包含物は、側鎖のサイズに(普通、数百nm、又はそれ以下)に適合するのに適当なサイズと、存在する側鎖の量に適合するのに適当な密度を有するべきである。 These inclusions should have the proper density to accommodate the amount of the side chain suitable and sizes, which are present to meet the size of the side chain (usually a few hundred nm, or less) is there. この挙動は、この構造を有するポリマーについての文献で充分に証明されている。 This behavior has been well demonstrated in the literature for polymers with this structure. 例えば、SDSmith,Ph.D. For example, SDSmith, Ph.D. Thesis,University of Virfinia,1987及びそこに掲載された文献を参照のこと。 Thesis, University of Virfinia, 1987 and there see the published literature to. この学位論文は援用して本文の一部とする。 This thesis is a part of the body with the aid. 本発明のコポリマーは、ビニルモノマーとポリシロキサンマクロモノマーの重合コンビネーションによって調製される。 The copolymers of the invention are prepared by polymerizing a combination of vinyl monomers and polysiloxane macromonomers. このコポリマーは、モノマー及びマクロモノマーのフリーラジカル重合によって合成できる。 The copolymer may be synthesized by free radical polymerization of the monomers and macromonomers. フリーラジカル重合方法の一般的な原理は、充分に理解されている。 General principles of free radical polymerization methods are well understood. 例えば、0dian,"Principles of Plo lymerization",第3版,John Wiley & Sons,1991,pp198-p334を参照のこと。 For example, 0dian, "Principles of Plo lymerization", Third Edition, John Wiley & Sons, 1991, pp198-p334 see. 反応が完了したときに反応物の粘度が程よくなるように、十分量の相溶性溶媒と共に、所望のビニルモノマー及びポリシロキサンマクロモノマーが全て反応器中に配置される。 As the viscosity of the reaction product when the reaction is complete is moderately, a sufficient amount together with compatible solvent, the desired vinyl monomers and polysiloxane macromonomers are arranged in all the reactor. 望ましくない停止剤、特に酸素は必要があれば除去される。 Undesirable terminators, especially oxygen removal if necessary. これは、排気することによって、又は例えばアルゴン若しくは窒素のような不活性ガスで充填することによって成される。 This is accomplished by evacuating, or for example, be done by filling with an inert gas such as argon or nitrogen. 開始剤が投入され、熱開始剤が用いられるならば、開始が起こるために必要となる温度に反応が付される。 Initiator is turned, if the thermal initiator is used, the reaction temperature necessary for starting occurs is subjected. 或いは、レドックス又は放射線開始が用いられ得る。 Alternatively, redox or radiation initiation can be used. 達成されるべき高いレベルの転換に必要な限り、普通、数時間から数日間、重合を進行させる。 As long as necessary to a higher level conversion to be achieved, typically several hours to several days, thereby promoting the polymerization. それから溶媒は、普通、蒸発によって又は非溶媒の添加によるコポリマーの沈殿によって、除去される。 Then the solvent is usually by precipitation of the copolymer by evaporation or by the addition of non-solvent is removed. コポリマーは、所望ならば、更に精製され得る。 Copolymers may, if desired, be further purified. バッチ反応の代わりには、コポリマーは半連続又は連続工程によって作製されることができる。 The place of the batch reaction, the copolymer can be prepared by semi-continuous or continuous process. 半連続工程では、モノマー又はマクロモノマーの2つ以上の添加が重合反応中に成される。 In semi-continuous process, two or more addition monomers or macromonomers are made during the polymerization reaction. これは、異なる速度で重合反応中で反応する数種のモノマーによりコポリマーが構成されている場合に有利である。 This is advantageous when the copolymer is composed of several monomers which react in a polymerization reaction at different rates. 異なる添加の時点で反応物に添加されたモノマーの比率は、最終産物のポリマーがより均一な構造を有するように、当業者によって調整できる。 The ratio of monomers charged to the reaction product at the time of the different additives, like polymers of the final product have a more uniform structure, can be adjusted by those skilled in the art. 換言すれば、最終産物のポリマーは、反応に装入されたモノマーのタイプのそれぞれについて、よりばらつきのないモノマー含量分布を有するであろう。 In other words, the polymer of the final product for each of the charging the type of monomers to the reaction, will have a more consistent free monomer content distribution. 関連したコポリマーの例及びそれらをどのように作製するかについては、1987 年9月15日発行のMazurekの米国特許第4,693,935号、1988年3月1日発行のClemens らの米国特許第4,728,571号に詳細に記述されており、これらの双方を援用して本文の一部とする。 For how to prepare relevant examples of copolymers and their, September 15 U.S. Pat. No. 4,693,935 of Mazurek, issued 1987, U.S. Patent No. 4,728,571 of Clemens et al., Issued March 1, 1988 It is described in detail, a part of the body with the aid of both. 付加的なシリコーングラフトポリマーもまた、Hayamaらの19 91年1月11日に欧州特許出願第0408311A2として公開された欧州特許出願90307528 .1、Suzukiらの1991年10月29日発行の米国特許第5,061,481号、1992年4月21日発行のBolichらの米国特許第5,106,609号、1992年3月31日発行のBolichらの米国特許第5,100,658号、1992年3月31日発行のAnsher-Jacksonらの米国特許第5,100,657号、1992年4月14日発行のBolichらの米国特許第5,104,646号、1991年8 月27日出願のBolichらの来国特許出願第07/758,319号、及び1991年8月27日出願のTorgersonらの米国特許出願第07/758,320号にも開示されており、これらを全て援用して本文の一部とする。 Additional silicone-grafted polymers are also disclosed in European Patent Application 90307528 .1 published as European Patent Application No. 0408311A2 to 19 January 1991 11th Hayama et al, a U.S. Patent, issued Oct. 29, 1991 Suzuki et al. No. 5,061,481, 1992 April 21 issue of Bolich et al., US Pat. No. 5,106,609, issued March 31, 1992 Bolich et al., US Pat. No. 5,100,658, issued March 31, 1992 Ansher-Jackson et al. US Pat. No. 5,100,657, 1992 April 14 issue of Bolich et al., US Pat. No. 5,104,646, come country patent application Ser. No. 07 / 758,319 of Bolich et al., filed Aug. 27, 1991, and August 1991 27 day are also disclosed in Torgerson et al., U.S. Patent application No. 07 / 758,320, filed as part of the body and all of them incorporated. このコポリマーは、ビニルモノマーとポリシロキサンマクロモノマーの重合コンビネーションによって調製される。 The copolymer is prepared by polymerizing a combination of vinyl monomers and polysiloxane macromonomers. コポリマー組成物は、重合反応容器に装入される或いは連続若しくは半連続方法に用いられるある量のそれそれのモノマーによって特徴付けられる。 Copolymer composition is characterized by its its monomers a quantity used for or continuous or semi-continuous process is charged to the polymerization reaction vessel. 特定のビニルモノマー単位及びポリシロキサンマクロモノマー単位の最適な選択及び組合わせによって、並びに十分、当業者の能力範囲内である単位の特定相対比の選択によって、コポリマーは、種々の物理特性とヘアケア用途において共通して使用される他の配合剤との適合性とについて最適化できる。 The optimal selection and combination of the specified vinyl monomer units and polysiloxane macromonomer units, as well as sufficient, the selection of the particular relative proportions of the unit which is within the capabilities of those skilled in the art, copolymers, various physical properties and hair care applications commonly it is optimized for the compatibility with other compounding agents used in the. ビニルモノマー単位本発明のシリコーン組成物は、約50重量%から約98重量%、好ましくは約60重量%から約95重量%、より好ましくは約70重量%から約90重量%のビニルモノマー単位を含む。 The silicone composition of the vinyl monomer units present invention comprises from about 50% to about 98 wt%, preferably from about 95% to about 60 wt%, more preferably from about 70% to about 90 wt.% Vinyl monomer units including. ビニルモノマー単位は、共重合可能モノマーから選択され、好ましくはエチレン的に不飽和なモノマーである。 Vinyl monomer units are selected from copolymerizable monomers, preferably ethylenically unsaturated monomers. 1つのタイプのビニルモノマー単位か2以上のビニルモノマー単位の組み合わせかが用いられ得る。 Or a combination of one type of vinyl monomer unit or two or more vinyl monomer units may be used. ビニルモノマーは、コポリマーの要件に適合するように選択される。 Vinyl monomers are selected to meet the requirements of the copolymer. 「共重合可能」とはここで用いられる場合、重合反応中において、1以上の慣用の合成技術、例えばイオン、乳液、分散、チューグラー・ナッタ、フリーラジカル、グループ転移又はステップ生長重合を用いて、ビニルモノマーが、ポリシロキサンマクロモノマーと反応又は重合することができることを意味する。 As used herein the term "copolymerizable", during the polymerization reaction, with one or more conventional synthetic techniques, such as ion, emulsions, dispersion, Chugura-Natta, free radical, group transfer or step growth polymerization, vinyl monomers is meant that can react or polymerize with a polysiloxane macromonomer. 本発明では、慣用のフリーラジカル開始技術を用いて共重合可能なモノマー及びマクロモノマーが好ましい。 In the present invention, copolymerizable monomers and macromonomers are preferred using conventional free radical initiated techniques. 用語「エチレン的に不飽和な」とは、ここで用いられる場合、少なくとも1つの重合可能炭素− 炭素二重結合を含み、これはモノ−、ジ−、トリ−、又はテトラ−置換されることができる物質を意味する。 The term "ethylenically unsaturated", as used herein, at least one polymerizable carbon - carbon double bond, which is mono-, - di -, tri - or tetra - be replaced It refers to a substance that can. モノマー単位は、親水性モノマー(普通、極性モノマー)又は、全てのコポリマーの可溶性特性が達成されるならば、疎水性モノマー(普通、低極性モノマー) とこのような親水性モノマーとの混合物から誘導できる。 Monomer units, hydrophilic monomers (typically polar monomers), or, if soluble characteristics of all of the copolymers is achieved, the hydrophobic monomer (usually low polarity monomers) derived from a mixture of such a hydrophilic monomer it can. ここで用いられる場合「親水性モノマー」とは、実質的に水溶性であるホモポリマーを形成するモノマーを意味し;「疎水性モノマー」とは、実質的に水不溶性ホモポリマーを形成するモノマーを意味する。 As used herein "hydrophilic monomer" refers to monomers that form homopolymers which are substantially water-soluble; the term "hydrophobic monomer", the monomers forming the substantially water-insoluble homopolymer means. ここで有用なモノマーの非限定クラスには、不飽和アルコール、不飽和モノカルボン酸、不飽和ジカルボン酸、不飽和無水物、不飽和モノカルボン酸のアルコールエステル、不飽和ジカルボン酸のアルコールエステル、不飽和無水物のアルコールエステル、不飽和モノカルボン酸のアルコキシル化エステル、不飽和ジカルボン酸のアルコキシル化エステル、不飽和無水物のアルコキシル化エステル、 不飽和モノカルボン酸のアミノアルキルエステル、不飽和ジカルボン酸のアミノアルキルエステル、不飽和無水物のアミノアルキルエステル、不飽和モノカルボン酸のアミド、不飽和ジカルボン酸のアミド、不飽和無水物のアミド、不飽和モノカルボン酸の塩、不飽和ジカルボン酸の塩、不飽和無水物の塩、不飽和炭化水素、不飽和ヘテロ環物 Here Nonlimiting classes of useful monomers, unsaturated alcohols, unsaturated monocarboxylic acids, unsaturated dicarboxylic acids, unsaturated anhydrides, alcohol esters of unsaturated monocarboxylic acids, alcohol esters of unsaturated dicarboxylic acids, unsaturated alcohol esters of saturated anhydrides, alkoxylated esters of unsaturated monocarboxylic acids, alkoxylated esters of unsaturated dicarboxylic acids, alkoxylated esters of unsaturated anhydrides, aminoalkyl esters of unsaturated monocarboxylic acids, unsaturated dicarboxylic acids aminoalkyl esters, aminoalkyl esters of unsaturated anhydrides, amides of unsaturated monocarboxylic acids, amides of unsaturated dicarboxylic acids, amides of unsaturated anhydrides, salts of unsaturated monocarboxylic acids, salts of unsaturated dicarboxylic acids, salts of unsaturated anhydrides, unsaturated hydrocarbons, unsaturated heterocyclic compounds 及びこれらの混合物からなる群より選択されたモノマーが含まれる。 And it includes monomers selected from the group consisting of mixtures. このようなモノマーの代表例には、アクリル酸、メタクリル酸、N,N−ジメチルアクリルアミド、ジメチルアミノエチルメタクリレート、四級化ジメチルアミノエチルメタクリレート、メタクリルアミド、N−t−ブチルアクリルアミド、マレイン酸、マレイン酸無水物及びその半エステル、クロトン酸、イタコン酸、アクリルアミド、アクリレートアルコール、ヒドロキシエチルメタクリレート、ジアリルジメチルアンモニウムクロライド、ビニルピロリドン、ビニルエーテル(例えば、メチルビニルエーテル)、マレイミド、ビニルピリジン、ビニルイミダゾール、他の極性ビニルヘテロ環物、スチレンスルホネート、アリルアルコール、ビニルアルコール(例えば、重合後にビニルアセテートを加水分解することにより生成されるもの)、 Representative examples of such monomers include acrylic acid, methacrylic acid, N, N-dimethylacrylamide, dimethylaminoethyl methacrylate, quaternized dimethylaminoethyl methacrylate, methacrylamide, N-t-butylacrylamide, maleic acid, maleic anhydride and its half esters, crotonic acid, itaconic acid, acrylamide, acrylate alcohols, hydroxyethyl methacrylate, diallyldimethyl ammonium chloride, vinyl pyrrolidone, vinyl ethers (e.g., methyl vinyl ether), maleimides, vinyl pyridine, vinyl imidazole, other polar Biniruhetero ring thereof, styrene sulfonate, allyl alcohol, vinyl alcohol (e.g., those produced by hydrolyzing vinyl acetate after polymerization), ニルカプロラクタム、C 1 −C 18アルコール、例えばメタノール、エタノール、メトキシエタノール、1−プロパノール、2−プロパノール、1−ブタノール、2−メチル−1−プロパノール、1−ペンタノール、 2−ペンタノール、3−ペンタノール、2−メチル−1−ブタノール、1−メチル−1−ブタノール、3−メチル−1−ブタノール、1−メチル−1−ペンタノール、2−メチル−1−ペンタノール、3−メチル−1−ペンタノール、t−ブタノール(2−メチル−2−プロパノール)、シクロヘキサノール、ネオデカノール、2−エチル−1−ブタノール、3−ヘプタノール、ベンジルアルコール、2 −オクタノール、6−メチル−1−ヘプタノール、2−エチル−1−ヘキサノール、3,5−ジメチル−1−ヘキサノール、3, Cycloalkenyl caprolactam, C 1 -C 18 alcohols, such as methanol, ethanol, methoxy ethanol, 1-propanol, 2-propanol, 1-butanol, 2-methyl-1-propanol, 1-pentanol, 2-pentanol, 3 pentanol, 2-methyl-1-butanol, 1-methyl-1-butanol, 3-methyl-1-butanol, 1-methyl-1-pentanol, 2-methyl-1-pentanol, 3-methyl-1 - pentanol, t-butanol (2-methyl-2-propanol), cyclohexanol, Neodekanoru, 2-ethyl-1-butanol, 3-heptanol, benzyl alcohol, 2 - octanol, 6-methyl-1-heptanol, 2 - ethyl-1-hexanol, 3,5-dimethyl-1-hexanol, 3, 5,5,−トリメチル−1−ヘキサノール、1−デカノール、1−ドデカノール、1−ヘキサデカノール、1−オクタデカノールなどのメタクリル酸エステルであって、ここでアルコールは約1− 18の炭素原子を有し、好ましくは約1−12の炭素原子数を有するもの;ジシクロペンテニルアクリレート;4−ビフェニルアクリレート;ペンタクロロフェニルアセテート;3,5−ジメチルアダマンチルアクリレート;3,5−ジメチルアダマンチルメタクリレート;4−メトキシカルボニルフェニルメタクリレート;トリメチルシリルメタクリレート;スチレン;アルファ−メチルスチレン及びt−ブチルスチレンを含むアルキル置換スチレン;ビニルエステル、これには、 ビニルアセテート、ビニルネオノナノエート、ビニルピルベート及 5,5, - trimethyl-1-hexanol, 1-decanol, 1-dodecanol, 1-hexadecanol, a methacrylic acid ester such as 1-octadecanol, wherein the alcohol is about 1 to 18 carbon atoms have, preferably those having a number of about 1-12 carbon atoms; dicyclopentenyl acrylate; 4-biphenyl acrylate; pentachlorophenyl acetate; 3,5-dimethyl adamantyl acrylate; 3,5-dimethyl adamantyl methacrylate; 4- methoxycarbonylphenyl methacrylate; trimethylsilyl methacrylate; styrene; alpha - methyl styrene and t- butyl alkyl-substituted styrene comprising styrene; vinyl esters, in which, vinyl acetate, vinyl neononanoate, vinyl pyruvate 及 ビニルプロピオネートが含まれる;ビニルクロリド;ビニリデンクロリド;ビニルトルエン;アルキルビニルエーテル、これにはイソブチルビニルエーテル及びs−ブチルビニルエーテルが含まれる;ブタジエン;シクロヘキサジエン;ビシクロヘプタジエン;2,3−ジカルボキシメチル−1,6−ヘキサジエン;エチレン;プロピレン;インデン;ノルボルニレン;β−ピネン;α−ピネン;上掲の酸及びアミンの塩並びに、これらの混合物が含まれる。 It includes vinyl propionate; vinyl chloride; vinylidene chloride; vinyl toluene; alkyl vinyl ethers, which includes isobutyl vinyl ether and s- butyl vinyl ether; butadiene; cyclohexadiene; bicycloalkyl cycloheptadiene; 2,3-di-carboxymethyl 1,6-hexadiene, ethylene, propylene, indene, norbornylene; beta-pinene; alpha-pinene; salts of acids and amines listed above as well as mixtures thereof. 四級化モノマーは、グラフトコポリマーの他のモノマーとの共重合の前後のいずれかで四級化され得る。 Quaternized monomers can be quaternized either before or after the copolymerization with other monomers of the graft copolymer. 好ましいモノマーには、アクリル酸、メタクリル酸、N,N−ジメチルアクリルアミド、ジメチルアミノエチルメタクリレート、四級化ジメチルアミノエチルメタクリレート、ビニルピロリドン、C 1 −C 18アルコールのアクリル若しくはメタクリル酸エステル、スチレン、アルファ−メチルスチレン、t−ブチルスチレン、ビニルアセテート、ビニルプロピオネート、2−メトキシエチルアクリレート、2−エトキシエチルアクリレート、n−ブチルメタクリレート、イソブチルメタクリレート、t−ブチルアクリレート、t−ブチルメタクリレート、2− エチルヘキシルメタクリレート、メチルメタクリレート、上掲の酸及びアミンのいずれもの塩、並びにこれらの混合物が含まれる。 Preferred monomers are acrylic acid, methacrylic acid, N, N-dimethylacrylamide, dimethylaminoethyl methacrylate, quaternized dimethylaminoethyl methacrylate, vinyl pyrrolidone, acrylic or methacrylic acid esters of C 1 -C 18 alcohols, styrene, alpha - methyl styrene, t- butyl styrene, vinyl acetate, vinyl propionate, 2-methoxyethyl acrylate, 2-ethoxyethyl acrylate, n- butyl methacrylate, isobutyl methacrylate, t- butyl acrylate, t- butyl methacrylate, 2-ethylhexyl methacrylate, methyl methacrylate, salts of any acids and amines listed above, and mixtures thereof. ポリシロキサンマクロモノマー単位本発明のコポリマーは、コポリマーの約2重量%から約50重量%、好ましくは約5重量%から約40重量%、より好ましくは約10重量%から約30重量% のポリシロキサンマクロモノマー単位を含む。 Copolymers of polysiloxane macromonomer units present invention comprise from about 2% to about 50 wt% of the copolymer, preferably from about 5% to about 40 wt%, more preferably from about 10% to about 30 wt% polysiloxane including the macro monomer units. ポリシロキサンマクロモノマー単位は、ビニルモノマーと共重合可能であり、 ここでマクロモノマーは、好ましくはビニル成分を有する。 Polysiloxane macromonomer units are copolymerizable with vinyl monomers, wherein the macromonomer preferably has a vinyl component. 1つのタイプのマクロモノマー単位又は2以上のマクロモノマー単位の組み合わせがここで利用することができる。 It can be a combination of one type of macromonomer unit or two or more macromonomer units are used here. マクロモノマーは、コポリマーの要件に適合するように選択される。 Macromonomers are selected to meet the requirements of the copolymer. 「共重合可能な」とはここで用いられる場合、上述したような1以上の慣用の合成技術を用いて、重合反応中で、マクロモノマーがビニルモノマーと反応する又は重合することができることを意味する。ここで有用なポリシロキサンマクロモノマーは、高分子部分と好ましくはエチレン的に不飽和な成分である重合可能成分とを含む。普通、好適マクロモノマーは、ビニル成分で末端キャップ化されたものである。 「末端キャップ化」とは、 ここで用いられる場合、ビニル成分がマクロモノマーの末端部に又はその近傍にあることを意味する。マクロモノマーは、当業界のポリマー化学者に熟知された種々の標準的な合成手順を利用して合成され得る。更に、これらのマクロモノマーは、市販ポリマーから開始して合成できる。普通、マクロモノマーの重量平均分子量は、約100 0から約50,000である。ポリシロキサンマクロモノマーは、下記の一般式で例示される: X(Y) n Si(R) 3-mm式中、Xはビニルモノマー単位と共重合可能なビニル基であり;Yは二価の連結基であり;各Rは水素、ヒドロキシ、C 1 −C 6アルキル、C 1 −C 6アルコキシ、 C 2 −C 6アルキルアミノ、スチリル、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルからなる群より独立して選択されたものであり;Zは少なくとも約1000の数平均分子量を有する一価のシロキサン高分子成分であって、これは共重合条件下では本質的に非反応性であり、上述のビニル高分子骨格にペンダントしており;nは0又は1であり;そして、mは1から3までの整数である。ポリシロキサンマクロモノマーは、約1000から約50,000、好ましくは約5,000から約30,000、より好ましくは約8,000から約25, 000の重量平均分子量を有する。好ましくは、ポリシロキサンマクロモノマーは、下記式から選択された式を有する; 又は X−CH 2 −(CH 2 ) s −Si(R 1 ) 3-m −Z m Or X-CH 2 - (CH 2 ) s -Si (R 1) 3-m -Z m 又は Or これらの構造中、sは0から約6の整数、好ましくは0、1、又は2、より好ましくは0又は1であり;mは1から3の整数、好ましくは1であり;pは0又は1であり;qは2から6の整数であり;各R 1は独立して、水素、ヒドロキシル、C 1 −C 6のアルキル、C 2 −C 6のアルキルアミノ、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルからなる群より独立して選択されたもの、 好ましくはC 1 −C 6のアルキル又はC 1 −C 6のアルキル若しくはアルコキシ置換フェニル、より好ましくはC 1 −C 6のアルキル、さらにより好ましくはメチルであり、R 2は独立して、C 1 −C 6アルキル又はC 1 −C 6アルキル置換フェニルからなる群より選択されたものてあり、好ましくはメチルである。 In these structures, s is an integer from 0 to about 6, preferably 0, 1, or 2, and more preferably lies in the 0 or 1; m is an integer from 1 to 3, preferably is 1; p is 0 or It is 1; q is an integer from 2 to 6; each R 1 is independently hydrogen, hydroxyl, alkyl of C 1 -C 6, alkyl amino C 2 -C 6, phenyl, C 1 -C 6 those independently selected from the group consisting of alkyl or alkoxy-substituted phenyl, preferably C 1 of -C 6 alkyl or an alkyl or alkoxy-substituted phenyl C 1 -C 6, more preferably an alkyl of C 1 -C 6, even more preferably methyl, R 2 is independently Te those selected from the group consisting of C 1 -C 6 alkyl or C 1 -C 6 alkyl substituted phenyl, preferably methyl. nは0から4までの整数、好ましくは0又は1であり、より好ましくは0であり;Xは N is an integer from 0 to 4, preferably 0 or 1, more preferably at 0; X is であり、式中R 3は水素又は−COOHであり、好ましくはR 3は水素であり;R 4は、水素、メチル又は−CH 2 COOH、好ましくはR 4はメチルであり;Zは , And the wherein R 3 is hydrogen or -COOH, preferably R 3 is hydrogen; R 4 is hydrogen, methyl or -CH 2 COOH, there preferably R 4 is methyl; Z is であり、式中R 5 、R 6及びR 7は、独立して水素、ヒドロキシル、C 1 −C 6アルキル、C 1 −C 6アルコキシ、C 2 −C 6アルキルアミノ、スチリル、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニル、水素又はヒドロキシルから選択されたものであり、好ましくはR 5 、R 6及びR 7は、C 1 −C 6アルキルで、より好ましくはメチルであり;rは約14から約700)好ましくは約60から約400であり、より好ましくはrは約100から約170である。 , And the wherein R 5, R 6 and R 7 are independently hydrogen, hydroxyl, C 1 -C 6 alkyl, C 1 -C 6 alkoxy, C 2 -C 6 alkylamino, styryl, phenyl, C 1 -C 6 alkyl or alkoxy-substituted phenyl, which is selected from hydrogen or hydroxyl, preferably R 5, R 6 and R 7 is a C 1 -C 6 alkyl, more preferably methyl; r is about from 14 to about 700) preferably about 60 about 400, more preferably r is from about 100 to about 170. シリコーンブロックコポリマーポリシロキサンの繰返しブロック単位を含むシリコーンブロックコポリマーも有用である。 Silicone block copolymers comprising repeating block units of the silicone block copolymer polysiloxane are also useful. シリコーン含有ブロックコポリマーの例は、1996年6月4日発行のGeckらの米国特許第5,523,365号;1987年8月25日発行のCrivelloの米国特許第4,689,289号;1 986年4月22日発行のCrivellの米国特許第4,584,356号;Macromolecular Design ,Concept & Priactice,MKMishra編,Polymer Frontiers International,In c.,Hopewell Jct.,NY(1994)及びBlock Coplymers,A.Noshay and JE. Silicone-containing block copolymer example, 1996 June 4 issue of Geck et al U.S. Pat. No. 5,523,365 No.; of Crivello 1987 August 25 issued U.S. Pat. No. 4,689,289; first published 1986 April 22 U.S. Patent No. 4,584,356 of Crivell;.. Macromolecular Design, Concept & Priactice, MKMishra ed, Polymer Frontiers International, in c, Hopewell Jct, NY (1994) and Block Coplymers, A.Noshay and JE. McGrath ,Academic Press,NY(1977)に見出される。 McGrath, Academic Press, found in NY (1977). これらを全て援用して本文の一部とする。 These all with the aid of a part of the body. 本発明のシリコーン含有ブロックコポリマーは、式A−B、A−B−A及び− (A−B) n −により記述でき、式中nは2以上の整数である。 Silicone-containing block copolymer of the present invention has the formula A-B, A-B- A and - (A-B) n - can be described by, n in the formula is an integer of 2 or more. A−Bは、二ブロック構造を表し、A−B−Aは三ブロック構造を表し、−(A−B) n −はマルチブロック構造を表す。 A-B represents a diblock structure, A-B-A represents a triblock structure, - (A-B) n - represents a multiblock structure. シリコーンブロック部分、Aは、下記の高分子構造 −−(SiR 2 O) m −− により表されることができ、式中各Rは独立して、水素、ヒドロキシ、C 1 −C 6 Silicone block portion, A is a polymer structure: - (SiR 2 O) m - by which it can to represent, each R in the formula is independently hydrogen, hydroxy, C 1 -C 6 アルキル、C 1 −C 6アルコキシ、C 2 −C 6アルキルアミニ、スチリル、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルからなる群より選択されたものであり、好ましくは式中Rはメチルである。 Alkyl, C 1 -C 6 alkoxy, C 2 -C 6 alkyl Amini, styryl, phenyl, which is selected from the group consisting of C 1 -C 6 alkyl or alkoxy-substituted phenyl, preferably wherein R is methyl is there. 上記式では、mは約10以上の整数であり、好ましくは、mは約40以上の整数であり、より好ましくは約60 以上であり、最も好ましくは約100以上である。 In the above formula, m is about 10 or greater, preferably, m is about 40 or greater, more preferably about 60 or more, and most preferably about 100 or more. 非シリコーンブロック、Bは、シリコーングラフトコポリマーについて上述したようなビニルモノマーから選択されたモノマーを含む。 Non-silicone block, B comprises a monomer selected from vinyl monomers as described above for silicone graft copolymers. ブロックコポリマーは、二ブロック、三ブロック及びより高度なマルチブロックコンビネーションと、少量のホモポリマーの混合物を含むことができる。 Block copolymer may include a diblock, triblock and higher multiblock combinations, a mixture of a small amount of homopolymer. 硫黄連結シリコーン含有コポリマー及び硫黄連結シリコーンブロックコポリマー硫黄連結シリコーン含有及びブロックコポリマーもここで有用である。 Sulfur linked silicone-containing copolymers, and sulfur linked silicone block copolymer sulfur linked silicone-containing and block copolymers are also useful herein. 上述したように、用語「硫黄連結」とは、これらのグラフト及びブロックコポリマーが硫黄連結(即ち、−S−)、ジスルフィド結合(即ち、−S−S−)、又はスルフヒドリル基(即ち、−SH)を含むことを意味する。 As described above, the term "sulfur linked", these graft and block copolymers sulfur linkages (i.e., -S-), disulfide bonds (i.e., -S-S-), or a sulfhydryl group (i.e., -SH ) is meant to include. これらの硫黄連結シリコーン含有及びブロックコポリマーは、下記の一般式により表される: These sulfur linked silicone-containing and block copolymers is represented by the following general formula: 式中、 G 5は独立して、アルキル、アリール、アルカリール、アルコキシ、アルキルアミノ、フルオロアルキル、水素及び−ZSAからなる群より選択された同一又は異なるものであることができる一価の成分を表し;ここでAは、高分子化フリーラジカル重合可能モノマーから本質的に成るビニル高分子セグメントを表し、 Zは二価の連結基である。 Wherein, G 5 is independently alkyl, aryl, alkaryl, alkoxy, alkylamino, fluoroalkyl, a component of monovalent can hydrogen and the same or different selected from the group consisting of -ZSA It expressed; wherein a represents a vinyl polymeric segment consisting essentially of polymerized free radically polymerizable monomer, Z is a divalent linking group. 有用な二価の連結基Zには、C 1 −C 10のアルキレン、アルカリーレン、アリーレン及びアルコキシアルキレンが含まれるが、これらに限定されない。 The linking group Z of useful divalent alkylene of C 1 -C 10, alkarylene, including but arylene and alkoxyalkylene, without limitation. 好ましくは、商業的入手可能を理由として、Zはメチレン及びプロピレンからなる群より選択される。 Preferably, for reasons of commercial available, Z is selected from the group consisting of methylene and propylene. 6は独立して、アルキル、アリール、アルカリール、アルコキシ、アルキルアミノ、フルオロアルキル、水素及び−ZSAからなる群より選択された同一又は異なるものであることができる一価の成分を表し; G 2はAを含み; G 4はAを含み; R 1は独立して、同一又は異なることができ、アルキル、アリール、アルカリール、アルコキシ、アルキルアミノ、フルオロアルキル、水素及びヒドロキシルからなる群より選択されたものである一価の成分を表す。 G 6 independently represent alkyl, aryl, alkaryl, alkoxy, alkylamino, fluoroalkyl, a component of monovalent can hydrogen and the same or different selected from the group consisting of -ZSA; G 2 comprises a; G 4 comprises a; independently R 1, same or different can selectively alkyl, aryl, alkaryl, alkoxy, alkylamino, fluoroalkyl, from the group consisting of hydrogen and hydroxyl a monovalent component is one that is. 好ましくは、R 1は商業的に入手可能なため、独立して、C 1-4のアルキル及びヒドロキシルからなる群より選択された同一又は異なるものであることができる。 Preferably, R 1 is for commercially available, it can independently be the same or different selected from the group consisting of alkyl and hydroxyl of C 1-4. 最も好ましくはR 1 Most preferably R 1 はメチルである。 It is methyl. 2は独立して、同一又は異なるものであることができ、二価の連結基を表す。 R 2 is independently can be the same or different, represents a divalent linking group. 適切な二価の連結基には、C 1からC 10のアルキレン、アリーレン、アルカリーレン及びアルコキシアルキレンが含まれるが、これらに限定されない。 The linking group suitable divalent alkylene to C 10 C 1, arylene, including but alkarylene and alkoxyalkylene, without limitation. 好ましくはR 2は、化合物の合成の容易性から、C 1-3のアルキレン及びC 7 −C 10のアルカリーレンからなる群より選択されたものである。 Preferably R 2 is for the ease of the synthesis of a compound, selected from the group consisting alkarylene alkylene and C 7 -C 10 of C 1-3. 最も好ましくはR 2は−C H 2 −、1,3−プロピレン及び Most preferably R 2 is -C H 2 -, 1,3- propylene and からなる群より選択されたものである。 It is those selected from the group consisting of. 3は独立して、同一又は異なるものであることができる一価の成分を表し、 これはアルキル、アリール、アルカリール、アルコキシ、アルキルアミノ、フルオロアルキル、水素及びヒドロキシルからなる群より選択されたものである。 R 3 independently represents a component of the monovalent may be identical or different, which alkyl, aryl, alkaryl, alkoxy, alkylamino, fluoroalkyl, selected from the group consisting of hydrogen and hydroxyl it is intended. 好ましくはR 3は独立して、商業的に入手可能なため、C 1-4のアルキル及びヒドロキシルからなる群より選択された同一又は異なるものであることができる一価の成分を表す。 Preferably R 3 is independently commercially since available, represents the component of the monovalent may be the same or different selected from the group consisting of alkyl and hydroxyl of C 1-4. 最も好ましくはR 3はメチルてある。 Most preferably R 3 is are methyl. 4は独立して、同一又は異なるものであることができ、二価の連結基を表す。 R 4 is independently can be the same or different, represents a divalent linking group. 適切な二価の連結基には、C 1からC 10のアルキレン、アリーレン、アルカリーレン及びアルコキシアルキレンが含まれるが、これらに限定されない。 The linking group suitable divalent alkylene to C 10 C 1, arylene, including but alkarylene and alkoxyalkylene, without limitation. 好ましくはR 4は、化合物の合成の容易性から、C 1-3のアルキレン及びC 7 −C 10のアルカリーレンからなる群より選択されたものである。 Preferably R 4 are as easiness of the synthesis of a compound, selected from the group consisting alkarylene alkylene and C 7 -C 10 of C 1-3. 最も好ましくはR 4は−CH 2 Most preferably R 4 is -CH 2 −、1,3−プロピレン及び -, 1,3-propylene and からなる群より選択されたものであり; xは0−3の整数であり; yは5以上の整数であり、好ましくはyは約14から約700の範囲の整数であり、好ましくは約100から約170であり; qは0−3の整数であり; ここで、下記の少なくとも1つは真実である qは少なくとも1の整数であり; xは少なくとも1の整数であり; G 5は少なくとも1の−ZSA成分を含み; G 6は少なくとも1の−ZSA成分を含むこと。 Are those selected from the group consisting of; x is an integer from 0-3; y is an integer of 5 or more, preferably y is an integer ranging from about 14 to about 700, preferably about 100 from between about 170; q is an integer from 0-3; wherein, q is at least one truth follows is an integer of at least 1; x is integer of at least 1; G 5 are at least It comprises one -ZSA component; G 6 is that it comprises at least one -ZSA component. 前で言及したように、Aは高分子化フリーラジカル重合可能モノマーから形成されたビニル高分子セグメントである。 As mentioned before, A is vinyl polymeric segment formed from polymerized free radically polymerizable monomer. Aの選択は、普通、組成物の意図された使用に基づいており、コポリマーの特性は、その意図目的を達成するために備えていなければならない。 Selection of A is usually based on the intended use of the composition, the properties of the copolymer must possess in order to achieve its intended purpose. Aがブロックコポリマーの場合のブロックを含むならば、AB及びABAアーキテクチャを有するポリマーは、メルカプト官能基−SH がそれぞれメルカプト官能シリコーン化合物の一端又は両端のケイ素原子に結合しているか否かに依存して得られ得る。 If A contains a block when the block copolymers, a polymer having AB and ABA architecture, depending on whether a mercapto functional group -SH is bonded to a silicon atom of one or both ends of each mercapto functional silicone compound It may be obtained Te. コポリマーのシリコーンセグメントに対するビニルポリマーブロック又はセグメントの重量比は、変わることができる。 The weight ratio of vinyl polymer block or segment to silicone segment of the copolymer can vary. 好適コポリマーは、全体的なポリマーの溶解性を保持する一方で異なる高分子セグメントのそれぞれにとって固有の特性をコポリマーが備えるために、ビニルポリマーセグメントとシリコーンセグメントとの重量比が約98:2から50:5 0の範囲にあるものである。 Preferred copolymers are specific characteristics in order to provide copolymers for each of the different polymeric segments while retaining the solubility of the overall polymer, the weight ratio of vinyl polymer segment and a silicone segment is about 98: 2 to 50 : one in which the range of 5 0. 硫黄連結シリコーンコポリマーは、1995年11月21日発行のKumarらの米国特許第5,468,477号及び1995年2月9日公開の3Mに譲渡されたPCT出願第WO95/0377 6号により詳細に記述されており、これらを全て援用して本文の一部とする。 Sulfur linked silicone copolymers are described in more detail in PCT Application No. WO95 / 0377 6 No., assigned to 3M, published February 9, 1995 November 21 issue of Kumar et al., U.S. Patent No. 5,468,477 and 1995 cage, and part of the body and all of these incorporated. 中和コポリマー当業界で既知のように、酸性官能基、例えばカルボキシル基を有するポリマーは、普通、ポリマーの溶解性/分散性を促進するために少なくとも部分的に中和形態で使用される。 As is known in the neutralization copolymer art, acidic functional groups, the polymer having, for example, carboxyl group, usually, is used in at least partially neutralized form to promote solubility / dispersibility of the polymer. さらに、中和形態の使用は、乾燥組成物の髪又は皮膚から除去される能力を補助する。 Furthermore, the use of neutralized form aids in the ability to be removed from the hair or skin of the dry composition. 中和された場合、約10%から100%、より好ましくは約20%から約90%、さらにより好ましくは約40%から約85%のコポリマーの酸性モノマーが中和されることが好ましい。 If it is neutralized to 100% to about 10%, more preferably from about 20% to about 90%, even more preferably preferably acidic monomer from about 40% to about 85% of the copolymer are neutralized. 有機又は無機(金属又はその他)の塩基を含む如何なる慣用的に使用される塩基も、ポリマーの中和のために使用できる。 Organic or inorganic (metallic or other) bases bases are any conventionally used containing also be used for neutralization of the polymers. 金属塩基は、本発明の組成物において特に有用である。 Metal base is particularly useful in the compositions of the present invention. カチオンがアンモニウム、アルカリ金属又はアルカリ土類金属である水酸化物が、本発明の組成物での使用に適切な中和剤である。 Hydroxides cations ammonium, alkali metal or alkaline earth metal, are suitable neutralizers for use in the compositions of the present invention. 本発明の組成物での使用に好適な中和剤は、水酸化カリウム及び水酸化ナトリウムである。 Suitable neutralizing agents for use in the compositions of the present invention are potassium hydroxide and sodium hydroxide. 本発明の組成物に含まれ得るその他の適切な中和剤の例には、アミン、特にアミノアルコール、例えば2−アミノ−2−メチル−1,3−プロパンジオール(A MPD)、2−アミノ−2−エチル−1,3−プロパンジオール(AEPD)、2− アミノ−2−メチル−1−プロパノール(AMP)、2−アミノ−1−ブタノール(AB),モノエタノールアミン(MEA)、ジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)、モノイソプロパノールアミン(MIPA)、ジイソプパノールアミン(DIPA)、トリイソプロパノールアミン(TIPA)及びジメチルステアロアミン(DMS)が含まれる。 Examples of other suitable neutralizing agents which may be included in the composition of the present invention are amines, especially amino alcohols such as 2-amino-2-methyl-1,3-propanediol (A MPD), 2-amino 2-ethyl-1,3-propanediol (AEPD), 2-amino-2-methyl-1-propanol (AMP), 2-amino-1-butanol (AB), monoethanolamine (MEA), diethanolamine ( DEA), triethanolamine (TEA), monoisopropanolamine (MIPA), di isopropoxy Pas alkanolamine (DIPA), include triisopropanolamine (TIPA) and dimethyl stearamidopropyl amine (DMS) is. 特に有用な中和剤は、アミンと金属塩基の混合物である。 Particularly useful neutralizing agents are mixtures of amines and metallic bases. 塩基性官能基、例えばアミノ基を有するポリマーは好ましくは、酸、例えば塩酸で少なくとも部分的に中和されている。 Basic functional group, the polymer having, for example, amino groups preferably is at least partially neutralized acid, such as hydrochloric acid. 中和は、当業界で周知の技術によって、またグラフトコポリマーを含むモノマーの重合の前又は後で実行できる。 Neutralization, by techniques well known in the art, also can be performed before or after the polymerization of monomers comprising the graft copolymer. コポリマーの溶解性は、上述したように、中和の後で、もしあるならばコポリマー/溶媒系に含まれ得る他の配合剤の添加の後で測定されるべきである。 The solubility of the copolymer, as described above, after neutralization, should be measured after the addition of other compounding agents may be included in the copolymer / solvent system if any. 本発明の好適ポリマー本発明の好適ポリマーの非限定例には、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ− n−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸)−グラフト−ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート− コ−アクリル酸)−グラフト−ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸)−グラフト−[ポリ(イソブチレン)ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(4−t−ブチルスチレン−コ−メタクリル酸)−グラフト−[ポリ(イソブチレン);ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルスチレン−コ−メタクリル酸)]−グラフト−[ポリ(2−エチルヘキシルメタクリレート)、ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアク Nonlimiting examples of suitable polymers of suitable polymers present invention of the present invention include poly [(t-butyl acrylate - co - n-butyl acrylate - co - acrylic acid) - graft - poly (dimethylsiloxane)], poly [( t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - acrylic acid) - graft - poly (dimethylsiloxane)], poly [(t-butyl acrylate - co - acrylic acid) - graft - [poly (isobutylene) poly (dimethylsiloxane)], poly [(4-t-butylstyrene - co - methacrylic acid) - graft - [poly (isobutylene); poly (dimethylsiloxane)], poly [(t-butylstyrene - co - methacrylic acid) ] - graft - [poly (2-ethylhexyl methacrylate), poly (dimethylsiloxane)], poly [(t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl Accession レート−コ−メタクリル酸)]−グラフト[ポリ(n−プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸);ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート−コ−メタクリル酸)] −グラフト−ポリ(n−プロピルメタクリレート−コ−アクリル酸);ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート−コ−メタクリル酸)]−グラフト−[ポリ(スチレン−コ−メタクリル酸);ポリ(ジメチルシロキサン)]、[ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸− コ−メタクリル酸)] n 、[ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ− Rate - co - methacrylic acid)] - graft [poly (n- propyl methacrylate - co - methacrylic acid); poly (dimethylsiloxane)], poly [(t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - methacrylic acid)] - graft - poly (n- propyl methacrylate - co - acrylic acid); poly (dimethylsiloxane)], poly [(t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - methacrylic acid)] - graft - [poly (styrene - co - methacrylic acid); poly (dimethylsiloxane)], [poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t-butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - acrylic acid - co - methacrylic acid)] n, [poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t-butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - アクリル酸−コ−メタクリル酸)−ブロック−ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸−コ−メタクリル酸)及びこれらの混合物からなる群より選択されたものが含まれる。 Acrylate - co - methacrylic acid) - block - poly (dimethylsiloxane)], poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t-butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - acrylic acid - co - methacrylic acid) and include those selected from the group consisting of mixtures. 本発明の好適ポリマーの非限定例には、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ− 2−メトキシエチルアクリレート−コ−メタクリル酸)]−グラフト−[ポリ(n− プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸);ポリ(ジメチルシロキサン)]、ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸) −グラフト−ポリ(ジメチルシロキサン)]、[ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸−コ−メタクリル酸)] n 、[ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t −ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−アクリル酸−コ−メタクリル酸)−ブロック−ポリ(ジメチルシロキサン)]からなる群より選択されたものが含まれる。 Nonlimiting examples of suitable polymers of the present invention include poly [(t-butyl acrylate - co - 2-methoxyethyl acrylate - co - methacrylic acid)] - graft - [poly (n- propyl methacrylate - co - methacrylic acid) ; poly (dimethylsiloxane)], poly [(t-butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - acrylic acid) - graft - poly (dimethylsiloxane)], [poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t - butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - acrylic acid - co - methacrylic acid)] n, [poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t - butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - acrylic acid - co - methacrylic acid) - block - include those selected from the group consisting of poly (dimethylsiloxane)]. 本発明のコポリマーのより特定の例には以下のものが含まれるが、ここで組成物は重合反応に用いられる各モノマーの重量パーセントで(即ち、装入されたモノマー及びマクロモノマーの重量パーセント)与えられる。 Although the more specific examples of copolymers of the present invention include the following, wherein the composition in weight percent of each monomer used in the polymerization reaction (i.e., the weight percent of monomers and macromonomers are charged) Given. ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート−コ−ア クリル酸)−グラフト−[ポリ(n−プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸) ;ポリ(ジメチルシロキサン)] 、これは約150,000の重量平均分子量を有しており、約22%のt−ブチルアクリレート、36%の2−メトキシエチルアクリレート、18%のアクリル酸、6%の約10,000の重量平均分子量を有するポリ(ジメチルシロキサン)マクロモノマー、18%の約6000の重量平均分子量を有するポリ(プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸)マクロモノマーを含む。 Poly (t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - A acrylic acid) - graft - [poly (n- propyl methacrylate - co - methacrylic acid); poly (dimethylsiloxane)], which is about 150, has a weight average molecular weight of 000, approximately 22% of t- butyl acrylate, 36% of 2-methoxyethyl acrylate, 18% acrylic acid, poly having a weight average molecular weight of about 10,000 6% ( dimethylsiloxane) macromonomer, 18% of about 6000 poly (propyl methacrylate having a weight average molecular weight of - co - including methacrylate) macromonomers. [ ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n −ブチルアクリレート−コ−アクリル酸−コ−メタクリル酸)] n 、これは約10 0,000の重量平均分子量を有しており、約62%のt−ブチルアクリレート、11%のアクリル酸、10%のメタクリル酸、17%の約10,000の分子量を有するポリ(ジメチルシロキサン)マクロアザ開始剤を含む。 [Poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t-butyl acrylate - co -n - butyl acrylate - co - acrylic acid - co - methacrylic acid)] n, which has a weight average molecular weight of about 10 0,000 and, about 62 percent of t- butyl acrylate, 11% acrylic acid, 10% methacrylic acid, poly (dimethylsiloxane) Makuroaza initiator having about 10,000 molecular weight of 17%. ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−メタクリル 酸−コ−アクリル酸)−グラフト−ポリジメチルシロキサン)] 、これは約150, 000の重量平均分子量を有しており、約43%のt−ブチルアクリレート27 %のn−ブチルアクリレート、10%のメタクリル酸、10%のアクリル酸及び、10%の約10,000の分子量を有するポリ(ジメチルシロキサン)マクロモノマーを含む。 Poly (t-butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - methacrylic acid - co - acrylic acid) - graft - poly dimethyl siloxane), which has a weight average molecular weight of about 150, 000, about 43% of t- butyl acrylate 27% of n- butyl acrylate, 10% methacrylic acid, 10% and acrylic acid, a poly (dimethylsiloxane) macromonomer having an approximately 10,000 molecular weight of 10%. ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート−コ−ア クリル酸)−グラフト−[ポリ(イソブチレン);ポリ(ジメチルシロキサン)] 、これは約200,000の重量平均分子量を有しており、約40%のt−ブチルアクリレート、20%のn−ブチルアクリレート、20%のアクリル酸、10%の約10,000の分子量を有するポリ(ジメチルシロキサン)マクロモノマー、 10%の約4,000の分子量を有するポリ(イソブチレン)マクロモノマーを含む。 Poly [(t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - A acrylic acid) - graft - [poly (isobutylene); poly (dimethylsiloxane)], which have a weight average molecular weight of about 200,000 and is about 40% of t- butyl acrylate, 20% of n- butyl acrylate, 20% acrylic acid, 10% to about 10,000 poly (dimethylsiloxane) macromonomer having a molecular weight of, 10% to about poly (isobutylene) macromonomer having a molecular weight of 4,000. 溶媒本発明の組成物は、組成物の約70重量%から約99.9重量%、好ましくは約75重量%から約98重量%、より好ましくは約85重量%から約98重量% のコポリマーのための溶媒を含む。 The solvent compositions of the present invention comprise from about 70% to about 99.9% by weight of the composition, preferably from about 75% to about 98 wt%, more preferably from about 85% to about 98% by weight of the copolymer including the solvent for. 溶媒は、水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール及びこれらの混合物からなる群より選択される。 The solvent is water, ethanol, n- propanol, is selected from the group consisting of isopropanol and mixtures thereof. 水及びアルコールの混合物を用いる場合、例えば、水−エタノール又は水−イソプロパノール−エタノールの場合は、組成物の水含量は、一般に、全組成物の約0.5重量%から約99重量%、好ましくは約5重量%から約50重量%の範囲である。 If a mixture of water and an alcohol, for example, water - ethanol or water - isopropanol - If ethanol, water content of the composition, typically from about 0.5% to about 99% by weight of the total composition, preferably ranges from about 5% to about 50 wt%. このような混合物では、アルコール溶媒は、一般に全組成物の約0. 5重量%から約99重量%、好ましくは約50重量%から約95重量%の範囲内で存在する。 In such mixtures, the alcohol solvents are generally from about 0.5% to about 99% by weight of the total composition, preferably present in the range of from about 50% to about 95 wt%. 本発明のさらに他の態様では、減少されたレベルの揮発性有機化合物、例えば溶媒を含むヘアスプレー組成物が提供される。 In yet another aspect of the present invention, volatile organic compounds reduced level, for example, hair spray composition comprising a solvent is provided. ここで用いられる場合、「揮発性有機化合物」又は「VOC」は、12未満の炭素原子を含む、又は約0.1mm Hgよりも高い蒸気圧を有するような有機化合物である。 As used herein, "volatile organic compound" or "VOC" includes carbon atoms of less than 12, or an organic compound such as those having a higher vapor pressure than about 0.1 mm Hg. 本発明の減少された揮発性有機化合物ヘアスプレー組成物は、80%を越えない揮発性有機化合物を含む。 Reduced volatile organic compound hair spray composition of the present invention comprise not more than 80% volatile organic compounds. 本組成物の特性本発明のパーソナルケア組成物は、乾燥した場合、凝集強度及び単位領域当たりの総エネルギー吸収によって定義される特定の物理特性を有する。 Personal care compositions of the characteristics present invention the composition, when dried, has a specific physical properties as defined by the total energy absorbed per cohesive strength and unit area. 乾燥組成物はまた、特定の衝撃強度特性と、本発明の好適なヘアスプレー実施形態で使用したときには、髪の硬化性及びフレーキング値の用語として定義される改良された除去能も示す。 Dry composition also includes a specific impact strength properties, when used in the preferred hairspray embodiments of the present invention also exhibit removability an improved defined as terms of curability and flaking values ​​hair. 凝集強度(kgf/mm 2凝集は、サンプル、例えば乾燥ヘアコポリマー溶媒組成物内部において形成された結合の強度である。 Cohesive strength (kgf / mm 2) aggregation, the sample is the intensity of the bond formed in the interior such as dry hair copolymer solvent composition. 凝集強度は、kgf/mm 2 (平方ミリメータ一当たりの重量のキログラム)で表され、これは、張力における変位に付された場合に物質が抵抗し得る最大単位応力である。 Cohesive strength, expressed in kgf / mm 2 (kilograms of weight per square millimeter I), which is the maximum unit stress which the substance may be resistance when subjected to a displacement in the tension. 応力は、元のサンプルの断面領域(mm 2 Stress, the original sample cross section area (mm 2 )に対する測定された負荷(kg×f)の率である。 ) Is the rate of measured load (kg × f) for. 本発明の乾燥組成物の凝集強度は、下記の方法を用いて測定される。 Cohesive strength of the dry composition of the present invention is measured using the following method. この方法は、1992年1月に刊行のASTM規格D638-91,Standard Test Method for Tensi le Properties of Plastics,に基づいており、これを援用して本文の一部とする。 This method, 1992 1 of the publication in May ASTM standard D638-91, Standard Test Method for Tensi le Properties of Plastics, is based on, and part of the body with the aid of this. 凝集強度を測定するための下記のテスト方法は、ASTM標準に類似しているが、乾燥フィルムの引張り特性をよりよく表すためにいくつかの変更が成される。 The following test methods for measuring the cohesive strength is similar to ASTM standard, some changes to represent better tensile properties of the dry film is made. 測定は約73°Fで及び約50%の相対湿度で行われる。 Measurement is carried out at about 73 ° F and about 50% relative humidity. ここで記述されるテスト方法は、約0.4mmに等しい厚みを有する改良されたダンベル形状を特別に使用し、ポリマーフィルムサンプルに対して力を加えるために試験機として、 インストロンモデルミニ−55(Instron Corp.Canton,MAから入手可能)を用いる。 Test methods described herein, using the improved dumbbell shape having a thickness equal to about 0.4mm specially, as a test machine for applying a force to the polymer film samples, an Instron Model Mini -55 using the (Instron Corp.Canton, available from MA). 乾燥フィルムサンプルは、PFA(パーフルオロアルコキシ)テフロン(登録商標)で被覆された平底アルミニウムモールド中において、所定量の本組成物を乾かすことにより調製される。 Dry film sample, in PFA (perfluoroalkoxy) Teflon® flat-bottomed aluminum mold coated with, is prepared by drying a quantity of the composition. コポリマーフィルムは、約73°F及び50%の相対湿度で、フィルムが「一定の重量」に到達するまで乾かされる。 Copolymer film, a relative humidity of about 73 ° F and 50%, are allowed to dry until the film reaches the "constant weight". 「一定の重量」とは、24時間の期間にわたりサンプルの重量変動が1%未満であることを意味する。 The "constant weight" means the weight variation of the sample over a period of 24 hours is less than 1%. 乾燥するフィルムは、不均一な乾燥及び気泡の形成を起こし得る気流から保護された領域に保持されるべきである。 Film drying should be held in a protected area from the air stream which can cause non-uniform drying and formation of bubbles. コポリマーフィルムは、試験のためにダンベル形状に切断される。 Copolymer film is cut into a dumbbell shape for testing. サンプルは、欠陥、即ちひび割れ、裂け目、傷などが実質的にないべきである。 Samples defects, i.e. cracks, fissures, scratches should not substantially. 図1及び2は、凝集強度及び単位体積当たりの総エネルギー吸収のためにここで記述される引張りテストに用いられるべき平板ダンベル形状フィルムを説明している。 1 and 2 illustrates a flat dumbbell-shaped film to be used for testing tensile is described herein for the total energy absorption per cohesive strength and unit volume. 図1は、ダンベル形状サンプルの平面図である。 Figure 1 is a plan view of the dumbbell-shaped samples. 図2は、ダンベル形状サンプルの断面図を説明している。 Figure 2 illustrates a cross-sectional view of a dumbbell-shaped samples. ダンベルの細幅部の幅1は3mmである(1=3)。 Width 1 of the narrow section of the dumbbell is 3mm (1 = 3). ダンベルの3mmの細幅部の長さ3は約1 3mmである。 The length of the narrow section of 3mm dumbbell 3 is about 1 3mm. (3=13mm)。 (3 = 13mm). 細幅部のゲージ長2は、サンプルの歪の測定に用いられる最初のフィルム長である。 Gauge length 2 narrow portion is the first film length used to measure the sample distortion. ゲージ長は、細幅部の長さと等しいかそれよりも短く、好ましくは細幅部と等しい(すなわち2=3)。 Gauge length is shorter than or equal to the length of the narrow section, preferably equal to the narrow portion (i.e. 2 = 3). ダンベルの末端の幅4は、約10mm(4=10mm)である。 Width 4 of the end of the dumbbell is about 10mm (4 = 10mm). フィルムの末端部間の距離5は、 約28mmである(5=28mm)。 The distance 5 between the end of the film is about 28mm (5 = 28mm). フィルムの全長6は、約64mmである(6 =64mm)。 Total length 6 of the film is about 64mm (6 = 64mm). フィルムの幅広末端部の長さは約18mm((6−5)/2=18 mm)である。 The length of the wide end of the film is about 18mm ((6-5) / 2 = 18 mm). フィルムの幅広末端と細幅部との間の変化部は、長さ約6.5m mである(すなわち、((5−3)/2=6.5)。また、細幅部の末端部位では、 中央部位が滑らかに曲がり、サンプルにおける如何なる応力点をも排除するべきである。変化部の曲率は、約0.5インチから約5インチの半径7を有するべきであり、細幅部に対して接線方向に連結するべきである。フィルムは、0.4m mの厚み8に形成されている(8=0.4mm)。ダンベル形状サンプルは、更に「一定の重量」に平衡化する。「一定の重量」とは、選択された4日間にわたり、平均重量利得又は損失が、前4日間で測定されたダンベルの形状と比較して0 .2%以内であり、4日間の期間中での2回の逐次測定の間で±0.2%を越える重量ドリフトが観察されるべきでないことを Changing portion between the wide end and the narrow portion of the film is the length of about 6.5m m (i.e., ((5-3) /2=6.5). Further, end portions of the narrow section in the central portion bends smoothly, any stress points in the sample should be excluded. curvature changing portion should from about 0.5 inches with a radius 7 of about 5 inches, the narrow section should be connected tangentially against. film, 0.4 m m a is formed to a thickness 8 (8 = 0.4mm). dumbbell shape sample is equilibrated to further "constant weight". the "constant weight" over the selected 4 days, the average weight gain or loss is within 0.2% as compared to the measured dumbbell shape before 4 days, in a period of 4 days that weight drift exceeds 0.2% ± between two successive measurements should not be observed 意味する。ダンベルはこの一定の重量に到達する7日間以内に試験されるべきである。 サンプルは、インストロンモデルミニ−55引張り試験機において試験される。サンプルをインストロンに載置する前に、ダンベル形状サンプルの細幅部の長さ3、幅1及び厚み8を、目盛りつきマイクロメータで最も近いミクロンに測定される。寸法測定は、単位測定領域毎に応力のためにインストロンによって要求される。ダンベルサンプルの幅広末端は、インストロンに留められ、毎分5mm の交差速度で引張られる。インストロン試験機はフィルムに付加された力全体( 例えばkgf)を測定する。これらの力は、フィルムの細幅部の断面領域に広がる。コポリマーの凝集強度は、フィルムの細幅部の断面領域によって分けられたインストロン Meaning. Dumbbell should be tested within 7 days to reach the constant weight. Samples, before placing tested in an Instron Model Mini -55 tensile tester. Samples Instron , required dumbbell-shaped samples of narrow section of length 3, the width 1 and the thickness 8, and the. size measurement measured to the nearest micron calibrated micrometer by Instron for stress per unit measurement region the. wider end of the dumbbell samples that are, fastened to the Instron and pulled at a cross speed per minute 5 mm. Instron measures the entire force which is added to the film (e.g. kgf). these forces are , spreads the cross-sectional area of ​​the narrow section of the film. cohesive strength of the copolymer, Instron separated by the cross-sectional area of ​​the narrow section of the film よって測定される最大単位力である。 本発明の組成物の乾燥コポリマー成分は、約0.5kgf/mm 2よりも大きい、好ましくは約0.6kgf/mm 2よりも大きく、より好ましくは約0.7kg f/mm 2よりも大きい凝集強度を有する。 単位体積当たりの総エネルギー吸収(例えば、kgfmm/mm 3単位体積当たりの総エネルギー吸収は、kgfmm/mm 3 (立方ミリメーターあたりの重量キログラム・ミリメーター)で表され、サンプルの元々の体積( mm 3 )に対する、自動破断点(kgf×mm)に到達するために必要な総エネルギーの割合である。破断点に到達するために必要な総エネルギーは、サンプルに対する変位対負荷曲線下の領域を決定することによる標準技術を用いて計算される。 Thus the maximum unit force measured dry copolymer component of the composition of the. Present invention is greater than about 0.5 kgf / mm 2, greater than preferably about 0.6 kgf / mm 2, more preferably about 0 have greater cohesive strength than .7kg f / mm 2. the total energy absorption per unit volume (e.g., kgfmm / mm 3) total energy absorption per unit volume, kgfmm / mm 3 (kilograms per cubic millimeter · expressed in millimeters), for the sample of the original volume (mm 3), the total energy rate required to reach the automatic break (kgf × mm). necessary to reach the break point the total energy is calculated using standard techniques by determining the area under the displacement vs. load curve for the sample. 単位体積当たりの総エネルギー吸収はまた高分子科学及び物質試験の分野における当業者によって「靭性」としても知られている。 Also known as "toughness" by those skilled in the total energy absorption also fields of polymer science and materials testing per unit volume. 測定は約73°F及び約50%の相対湿度で行われる。 Measurements are made at a relative humidity of about 73 ° F and about 50%. 本発明の乾燥コポリマー組成物は、約0.55kgfmm/mm 3を越える、 好ましくは約0.75kgfmm/mm 3を越える、より好ましくは約1.10 kgfmm/mm 3 、より好ましくは約1.60kgfmm/mm 3を越える、最も好ましくは約2.15kgfmm/mm 3を越える単位体積当たりの総エネルギー吸収を有する。 Dry copolymer composition of the present invention, greater than about 0.55kgfmm / mm 3, preferably greater than about 0.75kgfmm / mm 3, more preferably from about 1.10 kgfmm / mm 3, more preferably about 1.60kgfmm / mm 3 exceeds, and most preferably has a total energy absorption per unit volume greater than about 2.15kgfmm / mm 3. 衝撃強度衝撃強度は、サンプル破損を、例えば乾燥ヘアスプレー組成物において、生じるために必要な平均破損エネルギー(質量×重力×高さ)である。 Impact strength Impact strength, sample damage, for example in a drying hair spray composition is the average fracture energy required to produce (mass × gravity × height). サンプル破損は、通常の実験室の照明状態において裸眼で見ることができる落下重量の衝撃により発生するひび割れ又は裂け目によって特徴付けられる。 Sample failure is characterized by cracking or fissures caused by the impact of the drop weight can be seen with the naked eye in the lighting conditions of normal laboratory. 本発明の組成物の乾燥コポリマー成分の衝撃強度は、下記の方法を用いて決定される。 Impact strength of the dry copolymer component of the compositions of the present invention is determined using the following method. この方法は1995年に刊行のASTM規格D5420-93,Standard Test Metho d for Impact Resistance of Flat,Rigid Plastic Specimen by Means of a Str iker Impactedby a Falling Weight(Gardner Impact)に基づいており、これを援用して本文の一部とするが、乾燥フィルムの衝撃特性をよりよく表すためにいくつかの変更が成される。 This method is based on the ASTM standard D5420-93 of publication in 1995, Standard Test Metho d for Impact Resistance of Flat, Rigid Plastic Specimen by Means of a Str iker Impactedby a Falling Weight (Gardner Impact), the aid of this the part of the body Te, but some changes in order to better represent the impact properties of the dry film is made. 測定は約73°Fで及び約50%の相対湿度で行われる。 Measurement is carried out at about 73 ° F and about 50% relative humidity. ここで記述される試験方法は、約0.4mmの厚みを有する長方形の形状のサンプルを特に使用し、また70mmの距離でブラント表面のプローブを落とすように改変され、GCA X線硬度計のための精密科学ソレノイドコントローラ、 8mm 2の表面積を有するブランド表面円柱プローブ(OK M&T Corp.-パート番号WSU30)及び、1mm増加分で測る定規を備えたGCA/精密科学X線硬度計を使用する。 Test methods described herein, in particular using a sample of rectangular shape having a thickness of about 0.4 mm, also be modified to drop the probe blunt surface at a distance of 70 mm, for GCA X-ray hardness meter precision scientific solenoid controller, brand surface cylindrical probe having a surface area of 8mm 2 (OK M & T Corp.- part number WSU30) and, using a GCA / precision scientific X-ray hardness tester equipped with a ruler to measure in 1mm increments. サンプルは、凝集強度測定において上述したフィルム乾燥方法を使用して調製される。 Samples are prepared by using a film drying method described above in the cohesive strength measurement. コポリマーフィルムを、長方形形状、例えば10mm×20mmに切断する。 The copolymer film is cut rectangular, for example, 10 mm × 20 mm. サンプルの厚みは、0.4mmである。 Sample thickness is 0.4 mm. 種々の試験サンプルのフィルム厚は0.4mmの±15%以内に維持すべきである。 Film thickness of the various test samples should be maintained within ± 15% of 0.4 mm. 下記の測定手順が用いられる。 The following measurement procedure is used. ソレノイド操作プローブリリースコントローラを立ち上げる。 Launch the solenoid-operated probe release controller. コントローラは、赤色光により同定されるようなオン及びオフのサイクルを開始するべきである。 Controller should initiate a cycle of an on and off as identified by the red light. プローブの鋭い端部がフィルムに衝突しないように、プローブ面を、衝撃表面と同じ高さにする。 Sharp end of the probe so as not to impinge on the film, the probe surface and the same height as the impact surface. フィルムサンプルを標的領域上の衝撃試験機に置く。 Placing the film sample in the impact tester on the target area. フィルムサンプルに穏やかに計測定規を置く。 Put a gentle measurement ruler in the film sample. 光源がフィルムの表面と同一平面にあり、光源を、サンプルの表面を横切るように向ける。 Light source is on the same plane as the surface of the film, a light source directs across the surface of the sample. フィルムの小さい割れは光を反射し容易に検出され得る。 Small cracks of the film can be detected easily reflect light. プローブを所望の落下距離まで動かす。 Moving the probe to the desired falling distance. 提案された一連の距離は、1mm、3mm、5mm、10m m、15mm、20mm、25mm及び、70mmまでさらに5mmずつである(70mmが装置の上限)。 The proposed set of distance is 1mm, 3mm, 5mm, 10m m, 15mm, 20mm, 25mm and further by 5mm to 70mm (maximum 70mm The apparatus). 装置のスイッチを入れ、サンプル上にプローブを落とす。 Switch on the device, drop the probe on the sample. 衝撃エネルギーの測定における最初のステップは、フィルムを破砕するための必要なプローブの高さの範囲を見つけることである。 The first step in the measurement of the impact energy is to find the height range of the probe necessary for breaking the film. 最初のステップには1m mから始める。 The first step starts from 1 m m. 割れが観察されるまで、提案された一連の距離に従って動かし続ける。 Until cracks are observed, it continues to move according to the proposed set of distances were. 破砕が観察されたら、それを記録し、新しいサンプルに動かす。 After the crushing is observed, record it, move to a new sample. 衝撃エネルギーを決定する第二のステップは、新しいサンプルをセットして、範囲手順における観察された割れ地点で落下を始めることである。 A second step of determining the impact energy, sets the new sample is to begin dropping in the observed cracking point in a range procedures. 新しいフィルムサンプルをセットして、次の最も低いセッティングまでプローブを動かす。 New film sample was set, moving the probe until the next lowest setting. フィルムが破砕したら、結果を記録し、前述のステップを繰り返す。 When the film is crushed, and record the results, the steps described above are repeated. フィルムが破砕しなかったら、新しいサンプルをセットし、次の地点に動かす。 If you do not film is crushed, and set a new sample, move to the next point. 新しいサンプルをセットしてフィルムが割れるまで落下距離を増加することを続ける。 To set a new sample continue to increase the fall distance until the film is broken in. 5の割れ目を観察するまで手順を継続する。 To continue the process until you observe the 5 of crack. エネルギーの仕事量、即ち、下記の式を使用して割れ強度を計算する: W=m×g×h、 ここで、W=ergsでのエネルギーの仕事量、 m=プローブの質量(59.53g)(このプローブは、取り外し可能であり、 異なる質量又は衝撃表面積の1つと交換できる) g=重力定数(980.665cm/秒2 ) h=衝撃のためにプローブが移動する平均距離(cm) 本発明の乾燥ヘアスプレー組成物は、約7000ergsよりも大きい、好ましくは約20,000ergsよりも大きい、より好ましくは約50,000er gsよりも大きい衝撃強度を有する。 Work of energy, i.e., to calculate the intensity cracks using the formula: W = m × g × h, wherein the work of energy in W = ergs, m = probe mass (59.53G ) (this probe is removable, can one exchange of different mass or impact surface area) g = gravitational constant (980.665Cm / sec 2) h = mean distance (cm) the probe is moved to the impact dry hair spray composition of the invention is greater than about 7000Ergs, preferably from about greater than 20,000Ergs, greater impact strength than more preferably about 50,000er gs. ヘアスプレー除去能ここでの付着性コポリマーは、本発明の好ましいヘアスプレー実施形態での使用の際に、改良された除去能を有する。 Adhesion copolymers herein hairspray removal ability, in use of the preferred hairspray embodiments of the present invention has a removing ability with improved. この文脈では、除去能は、付着性コポリマーがシャンプー中に髪又は他の塗布表面から一層容易に取り除かれることを意味する。 In this context, removal capability means that the adhesion copolymer is more easily removed from the hair or other application surface in the shampoo. 本発明の好適ヘアスプレー組成物を定義する目的のために、除去能は、後述される除去能方法論に従って髪を処理した後での髪のこわさ及び観察可能な白い薄片(フレーク)の出現を評価することによって間接的に決定される。 For purposes of defining the preferred hair spray compositions of the present invention, removal capacity is evaluated the appearance of stiffness and observable white flakes hair after processing hair according removal capability methodology described below (flakes) It is indirectly determined by. シャンプー後のヘアスプレー配合物の除去能は、一連のシャンプーサイクル後に得られた髪のこわさ/柔らかさと髪における白い薄片の出現/非出現に相関することが見出された。 Ability to remove hair spray formulation after shampooing was found to correlate white in appearance / non occurrence of flakes in stiffness / softness and hair hair obtained after a series of shampooing cycles. 本発明のヘアスプレー組成物は、高い除去能、例えば減少したこわさ及び減少したフレーキングを有する。 Hair spray compositions of the present invention has a high removal capability and has a flaking example was reduced stiffness and reduced. 従って、用語「除去能」とはここで用いられる場合、後述される方法論に従って測定された髪のこわさ度(0−4スケール) 及び白いフレーキング値(0−4スケール)を指す。 Accordingly, as used herein the term "removal ability" refers to a stiffness of the hair was determined according to the methodology described below (0-4 scale) and white flaking values ​​(0-4 scale). 本発明の好適ヘアスプレー組成物を定義するために、ヘアスプレー組成物の除去能は、髪のこわさの値及び髪のフレーキング値の組み合わせとして定義され、 ここでヘアスプレー組成物は、0から約3.5、好ましくは0から約2.5、より好ましくは0から約2.0に及ぶ髪のフレーキング値と、0から約3.5、好ましくは0から約2.5、より好ましくは0から約2.0に及ぶ髪のこわさの値をもたらす。 To define the preferred hair spray compositions of the present invention, removability of the hair spray composition is defined as a combination of hair stiffness values ​​and hair flaking values, wherein the hair spray composition, from 0 about 3.5, preferably from 0 to about 2.5, and flaking values ​​hair ranging more preferably from 0 to about 2.0, from 0 to about 3.5, preferably from 0 to about 2.5, more preferably leads to a stiffness value of the hair ranging from 0 to about 2.0. 方法論:ヘアスプレー除去能本発明のヘアスプレー組成物の除去能は、髪のこわさ及び白い薄片の出現の用語で間接的に評価される場合、下記の方法論に従って決定される。 Methodology: removing ability of the hair spray composition hairspray removal capability present invention, when in hair stiffness and white terms of the appearance of the flakes is indirectly evaluated and determined according to the methodology described below. 方法論は、このようなヘアスプレー組成物がどれだけ容易に及び効率的に髪から除去されるかを間接的に決定するように、ヘアスプレー組成物の複数回塗布及び複数サイクルの塗布をシミュレートする。 Methodology to determine such hair spray compositions is how easily and efficiently removed from the hair indirectly simulate application of multiple coating and multiple cycles of hair spray composition to. ここで記述される方法論は、本発明のヘアスプレー実施形態によって目隠し状態で処理されたヘアスイッチ(髢)を評価する手段を提供する。 Here the methodology described in, provide a means of assessing hair switch (Kamoji) treated with blindfolded by hairspray embodiments of the present invention. 各髭がヘアスプレー実施形態で処理される方法と、各処理髢がそれから除去能のために評価される方法とを、以下に詳細に説明する。 And how the whiskers are treated with a hairspray embodiment, a method for the treatment Kamoji are evaluated for ability removal therefrom, it will be described in detail below. 二人の熟練パネリストがそれそれ、こわさ及び白薄片の出現について、同様に処理された髢又は髢のセットを評価する。 Two expert panellists it it, for the appearance of the stiffness and white flakes, evaluating the set of Kamoji or Kamoji treated similarly. パネリストはそれから、処理された髢のそれぞれを髪のこわさに対する数値スコア(0から4スケール)とフレーキングについての数値スコア(0から4スケール)に同じように割り当てる。 Panelists assigned then, just as the treated numerical score for each (from 0 to 4 scale) numerical score for stiffness of the hair and the flaking Kamoji (0-4 scale). 髢が異なるヘアスプレー実施形態で処理される順序は、順不同に一巡させる。 The order in which Kamoji are processed in different hairspray embodiments is round in random order. 2組の同様な髢を、それぞれのパネリストに対して、それぞれが評価のための新しい組の髢を有するように、後述するように用意する。 The two sets of similar Kamoji, for each panelist, as each having a new set of Kamoji for evaluation are prepared as described below. 目隠し状態で処理された髢を評価する前に、各パネリストはまた、髪のこわさ及びフレーキングに対するゼロ基準として未処理の髢(目隠し状態ではなく)を評価する。 Before evaluating Kamoji treated with blindfolded, each panelist also evaluates the raw Kamoji (not blindfolded) as a zero reference for the stiffness and flaking of the hair. 各パネリストはまた、フレーキング基準点としてコントロールの処理髢(スコア4.0)と、髪のこわさ基準として他のコントロールの処理髢(スコア4.0)とを評価する。 Each panelist also evaluates the control processing Kamoji (score 4.0) as flaking reference point, the processing of other controls as stiffness criteria hair Kamoji and (score 4.0). ここで定義される場合の髪のこわさの値は、二人のパネリストによって提供された髪のこわさスコアを平均することによって決定する。 Here stiffness value of hair when defined is determined by averaging the stiffness scores hair provided by two panelists. 同様に、ここで定義される場合の髪のフレーキング値は、二人のパネリストにより提供された髪のフレーキングスコアを平均することによって決定する。 Similarly, flaking values ​​hair As defined herein is determined by averaging the flaking score provided hair by two panelists. 髢は、下記のステップに従って、本発明のエアゾールか非エアゾールヘアスプレーかのいずれかで処理される。 Kamoji according the following steps are processed in either aerosol or non-aerosol hair sprays of the present invention. 髪のこわさ基準及びフレーキング基準は、また表2及び表3で後述されるような対応したヘアスプレー配合剤で処理されることを除き、下記のステップに従って調製する。 Stiffness criteria and flaking reference hair, also except be processed in the corresponding hair spray formulations as described in Table 2 and Table 3 are prepared according to the following steps. 1)きれいな髢(10インチのヨーロッパバージンブラウンヘア、20g) を、その結び目末端から垂直に吊るし、如何なる縺れをも取り除くよう に髢全体を梳かす(黒いゴム製の櫛、5インチで1インチ毎に1/2の 細い歯がある)。 1) Clean Kamoji (10 inch European virgin brown hair, and 20 g), suspended vertically from the knot end, any entanglement to remove also the comb the entire Kamoji (black rubber comb, each 1 inch 5 inches there is a fine tooth of 1/2). 2)必要であれば、髢上の如何なる静電気的蓄積を排除するために、静電気 銃を使用する。 2) If necessary, to eliminate any electrostatic build-up on the Kamoji, using an electrostatic gun. 3)非エアゾール製品について、髢に製品を10回のポンプ分塗布しながら 及び、流体での上下運動で噴霧スプレーパターンに動かして髢全体を被 覆しながら、4インチの距離から髢にスプレーし、又は、エアゾール製 品について、3秒間髢にエアゾールスチームを塗布しながら、及び流体 での上下運動でエアゾールスチームを動かして髢全体を被覆しながら、 6インチの距離から髢にスプレーする。 3) For non-aerosol products, product Oyobi while applying 10 times the pump portion of the in Kamoji, while overturning the entire Kamoji move the atomized spray pattern up and down movement in the fluid, then sprayed Kamoji from a distance of 4 inches or, for aerosol products, while the aerosol steam was applied for 3 seconds Kamoji, and move the aerosol steam up and down movement in the fluid while covering the entire Kamoji, sprayed Kamoji from a distance 6 inches. 4)髢の反対側に3を繰り返す。 4) Kamoji repeated 3 on the opposite side of. 5)髢の反対側をスプレーした後、その結び目末端から処理済髢を吊るし、 1時間周囲温度、圧力及び湿度で乾燥させる。 5) After spraying the opposite side of the Kamoji, hung processed Kamoji from the knot ends, ambient temperature for 1 hour, dried at a pressure and humidity. 6)乾燥した髢を黒いゴム櫛(5インチ×1インチ、1/2インチ毎に細い 歯)を用いて、髢の結び目末端からではあるが、最初は結んでいない末 端に向かって小さなストロークで始め、それから徐々に大きなストロー クで、処理済髢の結んでいない長さ全体にわたり櫛が通るまで櫛通すこ とによって梳かす。 7)ステップ1から6までを繰り返す。 8)処理済髢を水(+15−20グレン(grain)硬度、38℃、1ガロン/ 分の水圧)で濡らす。 9)1mLのシャンプー(表1:方法論シャンプー)を、濡れ髢の正面の長 さに沿って塗布し、他の1mLのシャンプーを、濡れ髢の裏側の長さに 沿って塗布する。 10)髢を上端から下端に(親指と指の間で左手右手交互に)1秒当たり1 ストロークで15秒間穏やかに搾る。 11)髢を水(38℃、+15−20グレン硬度、1ガロン/分の水圧)で 15秒間濯ぐ。第1指と第2指との間で髪を穏やかに絞り、5秒後、1 0秒後、最後の濯ぎ後に髢に指を引き降ろす 12)処理済髢を吊るし、温ボックスにおいて60℃で2時間乾燥させる。 13)温ボックスから、乾燥した髢を取り出す。 14)乾燥した髢を、黒いゴム櫛(5インチ×1インチ、1/2インチの細 かい歯)を用いて、髢の結び目末端からではあるが、最初は結んでいな い末端に向かって小さなストロークで始め、それから徐々に大きなスト ロークで、処理済髢の結んでいない長さ全体にわたり櫛が通るまで櫛通 すことによって梳かす。 15)ステップ1−14を繰り返す。 16)ステップ1−13を繰り返す。 17)パネリストはそれから処理済髢を、こわさ及び曲げの抵抗性について 利き手の第1指と第2指の間で、また親指と他の指との間で触ることに よって評価し、それから処理済髢の髪のこわさスコア(0から4スケー ル)に割り当てる。設定されたスコアの値は、髪のこわさ基準スコア (4)及び末処理の基準スコア(0)に関係する。 18)パネリストはそれから、上記ステップ14で説明した手順に従って評 価された髢を梳かし、それから白薄片、コーティング及び曇りについて 、梳かされた髢を視覚的に評価し、髪のフレーキングスコア(0から4 スケール)に割り当てる。割り当てスコアの値は、ヘアフレーキング基 準スコア(4)及び未処理基準スコア(0)に関係する。表1:方法論シャンプー 表2:高フレーキングのコントロール Table 2: Control of high-flaking 表3:高こわさのコントロール Table 3: High-stiffness control of 表1−3に記述された各配合物は、慣用の配合及び混合技術によって調整される。 Each formulation is described in Table 1-3 is adjusted by conventional formulation and mixing techniques. 任意配合剤本発明の組成物はまた、人の髪への塗布に適する広範な種々の任意配合剤を含むこともできる。 The composition of any formulations present invention may also include a wide variety of optional formulation agents suitable for application to human hair. ここでの組成物は、場合によって、コポリマーに対する可塑剤を含むことができる。 Wherein the composition optionally may contain a plasticizer for the copolymer. ヘアケア製品での使用に又は、髪若しくは皮膚への局所的塗布に適当な如何なる可塑剤をも使用することができる。 Or for use in hair care products, it can be used any plasticizer suitable for topical application to the hair or skin. 広範な種々の可塑剤は当業界で既知である。 Various plasticizers extensive are known in the art. これらには、グリセリン、ジイソブチルアジペート、ブチルステアレート、プロピレングリコール、トリC 2 −C 8アルキルシトレートが含まれ、またこれにはトリエチルシトレート及び、トリ−プロピル、−ブチル、−ペンチルなど、 トリエチルシトレートのアナログも含まれる。 These include glycerin, diisobutyl adipate, butyl stearate, propylene glycol, include tri-C 2 -C 8 alkyl citrates, also and triethyl citrate to, tri - propyl, - butyl, - pentyl, etc., triethyl analog of citrate are also included. トリエチルシトレートが好ましい。 Triethyl citrate is preferred. 可塑剤は、普通、組成物の約0.01重量%から約10重量%、好ましくは約0.05重量%から約3重量%、より好ましくは約0.05重量%から1重量%のレベルで使用される。 Plasticizers, typically from about 0.01% to about 10% by weight of the composition, preferably from about 0.05% to about 3 wt%, more preferably a level of from about 0.05 wt% to 1 wt% in is used. 好ましくは、グラフトコポリマーと可塑剤との重量比は、 約1:1から約40:1、好ましくは約2:1から約30:1、より好ましくは約3:1から約25:1である。 Preferably, the weight ratio of the graft copolymer and the plasticizer is from about 1: 1 to about 40: 1, preferably from about 2: 1: 1 to about 30: 1, more preferably from about 3: 1 to about 25 . 場合によっては、本発明の組成物は、ヘアスプレー組成物の粘性を低くするために有効な量の非界面活性イオン強度改質剤系を含むことができる。 Optionally, the compositions of the present invention can comprise a non-surfactant ionic strength modifier system in an amount effective to reduce the viscosity of the hair spray composition. 用いる場合、イオン強度改質剤は、本発明の組成物において組成物の少なくとも約0.01 重量%のレベルで存在することができる。 When used, the ionic strength modifiers can be present in at least about 0.01 weight percent of the level of the composition in the compositions of the present invention. 上限は、ヘアセッティング樹脂が溶解し続ける又は分散し続けるように、ここでの特定の組成物に存在することができるイオン硬度改質剤の最大量に依存している。 The upper limit is dependent on the maximum amount of hair-setting so that the resin continues to be continuously or dispersion dissolved, ion hardness modifier may be present in a particular composition herein. 当業者に理解されているように、 組成物のイオン強度が増加すると、樹脂は、やがては溶液の外に出てしまうか、 もはや親水性液体キャリア中に溶解若しくは分散し続けなくなり得る。 As understood by those skilled in the art, when the ionic strength of the composition is increased, the resin is eventually either travel outside of the solution can no longer continue to dissolve or disperse longer in a hydrophilic liquid carrier. イオン強度改質剤系レベルの上限は、特定のイオン強度改質剤、液体ビヒクル、樹脂、および組成物中に存在する他の配合剤に依存して変わり得る。 The upper limit of the ionic strength modifier system level, particular ionic strength modifiers, liquid vehicle, may vary depending on other formulation agents present resin, and in the composition. 従って、例えば、使用できるイオン強度改質剤の最大量は、水をより多く含む組成物と比較して、より少ない水を含有する液体ビヒクルの組成物で低い傾向がある。 Thus, for example, the maximum amount of the ionic strength modifiers that can be used, as compared to compositions containing more water, there is less tendency composition liquid vehicle that contains less water. 一般に、組成物は、約4重量%又はより少ない、より一般的には約2重量%以下、普通、約1重量%以下のイオン強度改質剤を含み得る。 In general, the composition is less than about 4 weight percent or, more typically about 2 weight percent, usually, may contain from about 1 wt% or less of the ionic strength modifier. 好ましくは、ここで組成物は、約0. 01%から約0.5%、より好ましくは約0.01%から約0.1%のイオン強度改質剤系を含み得る。 Preferably, wherein the composition comprises from about 0.01% to about 0.5%, more preferably it may comprise from about 0.01% to about 0.1% ionic strength modifier system. イオン強度改質剤系は、単量体カチオン及びアニオンの混合物を含む。 Ionic strength modifier system comprises a mixture of monomeric cations and anions. ここでのイオン強度改質剤系のイオンは、非表面活性であり、即ちそれらは表面張力を顕著に減少しない。 Wherein the ions of the ionic strength modifier system is a non-surface active, i.e. they do not reduce the surface tension markedly. ここでの目的のために非表面活性は、0.5%の水溶液濃度であり、5.0dynes/cm 2を越えない程度に表面張力を減らすイオンを意味するべきである。 Non surfactants for the purposes herein is an aqueous solution concentration of 0.5%, it shall mean ions to reduce the surface tension to an extent not exceeding 5.0dynes / cm 2. 一般に、ここでのイオン強度改質剤系のイオンは、混合物の場合、如何なる脂肪族炭素又は直鎖若しくは分岐鎖有機ヘテロ鎖においても、装入量当たり4以下の炭素原子、好ましくは2以下の炭素原子を有することにより特徴付けられ得る。 In general, where the ions of the ionic strength modifier system, the case of a mixture, in any aliphatic carbon or linear or branched organic heterochain, 4 or fewer carbon atoms per SoIriryou, preferably 2 or less It may be characterized by having a carbon atom. イオン強度改質剤系は、酸−塩基反応の産物であるタイプの単量体イオンを含む。 Ionic strength modifier system, acid - containing monomers ion type is the product of base reaction. 従って、塩基性及び酸性イオンOH -及びH +は、ここでのイオン強度改質剤系の一部を構成しないが、これらは組成物に存在し得る。 Thus, basic and acidic ions OH - and H + is not part of the ionic strength modifier system where they may be present in the composition. ここでのイオンは、それらがフリーイオンとして、即ち解離形態として、組成物中に存在することができるような形態で本組成物に混和される。 Wherein the ions, as they are free ions, i.e. a dissociated form, is incorporated into the composition in a form such that it can be present in the composition. 添加されたイオンの全てがフリーイオンとして組成物に存在する必要はないが、組成物中において少なくとも部分的に溶解性又は解離されるべきである。 Although all of the added ions is not required to be present in the composition as free ions, it should be at least partially soluble or dissociated in the composition. イオン強度改質剤は、本発明のヘアスタイリング組成物に、例えば可溶性塩の添加により又は酸及び塩基の混合物の添加により、又はこれらの組み合わせによって混和されることができる。 Ionic strength modifiers, the hair styling composition of the present invention, for example, by addition of additives or by acid and mixtures of bases soluble salt, or may be admixed by these combinations. イオン強度改質剤系のアニオン及びカチオンの双方が組成物に含まれることは、本発明の必要な態様である。 That both anions and cations of the ionic strength modifier system be included in the compositions is a necessary aspect of the present invention. 使用に適するカチオンには、例えばアルキル金属、例えばリチウム、ナトリウム及びカリウム、並びにアルカリ土類金属、例えばマグネシウム、カルシウム及びストロンチウムが含まれる。 The cations suitable for use include, for example, alkyl metal, such as lithium, sodium and potassium, and alkaline earth metals such as magnesium, calcium and strontium. 好適な二価のカチオンは、マグネシウムである。 Suitable divalent cations is magnesium. 好適な一価の金属イオンは、リチウム、ナトリウム及びカリウムであり、特にナトリウム及びカリウムである。 Preferred monovalent metal ions are lithium, sodium and potassium, especially sodium and potassium. ここでの組成物への適当な添加手段には、例えば塩基として、例えば水酸化物、水酸化ナトリウム及び水酸化カリウムと、これらが液体キャリアにおいて可溶性となるような塩、例えば、後述されるような単量体アニオンの塩が含まれる。 Suitable addition means to the compositions herein, for example, as a base, for example hydroxides, sodium hydroxide and potassium hydroxide, salts such as these become soluble in the liquid carrier, for example, as described below salts of such monomers anions include. 他の適当なカチオンには、有機イオン、例えば四級アンモニウムイオンと、カチオン性アミン、例えばアンモニウムモノ−、ジ−及びトリエタノールアミン、 トリエチルアミン、モルホリン、アミノメチルプロパノール(AMP)、アミノエチルプロパンジオールなどが含まれる。 Other suitable cations, and organic ions, such as quaternary ammonium ions, cationic amines, such as ammonium mono-, - di - and triethanolamine, triethylamine, morpholine, aminomethyl propanol (AMP), such as aminoethyl propanediol It is included. アンモニウム及びアミンは、好ましくは、塩の形態で、例えばヒドロクロリド塩として提供される。 Ammonium and amine are preferably in the form of salts, provided as example the hydrochloride salt. 使用できる単量体アニオンには、ハロゲンイオン、例えばクロリド、フルオリド、ブロミド及びヨージド、特にクロリド、スルフェート、エチルスルフェート、メチルスルフェート、シクロヘキシルスルフェート、チオスルフェート、トルエンスルホネート、キシレンスルホネート、シトレート、ニトレート、バイカーボネート、アジペート、スクシネート、サッカリネート、ベンゾエート、ラクテート、ボレート、イセチオネート、タートレート並びに、ヘアスタイリング組成物中で解離形態で存在することができる他の単量体アニオンが含まれる。 The monomeric anions that can be used include halogen ions, such as chloride, fluoride, bromide and iodide, particularly chloride, sulfate, ethyl sulfate, methyl sulfate, cyclohexyl sulfate, thiosulfate, toluene sulfonate, xylene sulfonate, citrate, nitrates, bicarbonates, adipate, succinate, saccharinate, benzoate, lactate, borate, isethionate, tartrate and include other monomer anion may be present in dissociated form in the hair styling composition. アニオンは、ここでの組成物へ、例えば液体ビヒクルにおいて少なくとも部分的に可溶性の酸又は塩の形態で添加され得、例えば、アセテート、シトレート、ニトレート、クロリド、スルフェートなどのナトリウム若しくはカリウム塩である。 Anions, wherein the composition, such as at least partially obtained is added in the form of soluble acid or salt in a liquid vehicle, for example, an acetate, citrate, nitrate, chloride, sodium or potassium salts, such as sulfates. 好ましくは、このような塩はビヒクルにおいて全体的に可溶性である。 Preferably, such salts are entirely soluble in the vehicle. イオン強度改質剤の使用は、揮発性有機溶媒組成物を減らすことに特に有用である。 The use of ionic strength modifiers are especially useful in reducing the volatile organic solvent compositions. 本発明の組成物はまた、種々の疎水性揮発性溶媒、例えばシクロメチコーンと、揮発性炭化水素、例えばイソドデカン及びイソヘキサデカンとも含むことができる。 The compositions of the present invention is also a variety of hydrophobic volatile solvent, for example, a cyclomethicone, volatile hydrocarbons, for example can also comprise a isododecane and isohexadecane. 本発明は、広範な種々の他の任意配合剤を含むことができ、これにはヘアケア組成物、特にヘアセッティング組成物、例えば特にヘアスプレー組成物及びヘアセッティングトニックでの使用について当業界で既知の如何なるタイプの配合剤の中のものも含まれる。 The present invention may include a wide variety of other optional compounding agents, including hair care compositions, known in particular hair setting compositions, such as, in particular, for use in hair spray compositions and hair setting tonics in the art also those in any type of formulation of. 一般に、このような他の補助剤(アジュバント)は、まとめて、約0.05重量%から約5重量%、好ましくは約0.1重量%から約3重量%で含まれることができる。 Generally, such other adjuvants (adjuvants) are collectively from about 0.05% to about 5 wt%, preferably from about 0.1 wt% contained about 3 wt%. このような慣用の任意補助剤は、当業者に周知であり、これには、界面活性剤(アニオン性、カチオン性、両性若しくは双性イオン性であってもよく、フッ素化界面活性剤及びシリコーンコポリオールを含む)、 噴射剤、ヘアコンディショニング剤(例えば、シリコーン流体、脂肪エステル、 脂肪アルコール、長鎖炭化水素、カチオン性界面活性剤など);皮膚軟化剤;滑剤及び浸透剤、例えば種々のラノリン化合物;タンパク質加水分解物及び他のタンパク質誘導体;エチレン付加物及びポリオキシエチレンコレステロール;染料、色味剤(tint)、ブリーチ、還元剤及び他の着色剤;pH調整剤;サンスクリーン剤;防腐剤;増粘剤(例えば、高分子増粘剤、例えばキサンタンガム);並びに香料が含まれるが、これらに限定されない。 Any adjuvants such conventional are well known to those skilled in the art, These include surfactants (anionic, cationic, may be amphoteric or zwitterionic, fluorinated surfactants and silicone Koh including polyols), a propellant, hair conditioning agents (e.g., silicone fluids, fatty esters, fatty alcohols, long chain hydrocarbons, such as cationic surfactants); emollients; lubricants and penetrants, such as various lanolin compounds; protein hydrolysates and other protein derivatives, ethylene adducts and polyoxyethylene cholesterol; dyes, tints (t int), bleach, reducing agent and other coloring agents; pH adjusting agents; sunscreens; preservatives ; thickeners (e.g., polymeric thickeners, such as xanthan gum); and including but perfume, without limitation. パーソナルケア製品本発明の組成物は、広範な種々のパーソナルケア製品として配合されることができる。 The composition of personal care products present invention can be formulated as a wide variety of personal care products. このような製品には、シャンプー、セッケン、ヘアスプレー、ローション、クリーム、制汗剤、ニキビ防止製品、ネールエナメル、ロ紅、ファンデーション、マスカラ及びサンスクリーンを含むことができる。 Such products may include shampoos, soaps, hair sprays, lotions, creams, antiperspirants, anti-acne products, nail enamel, Russia red, foundation, mascara and sunscreen. 好適実施形態では、本発明の組成物は、ヘアスプレー組成物として配合される。 In a preferred embodiment, the compositions of the present invention are formulated as a hairspray composition. 本発明のヘアスプレー配合剤は、スプレー又は噴霧製品として、ポンプスプレーディスペンサー又はエアゾール容器である容器から分配されることができる。 Hairspray formulations of the present invention, as a spray or spray products can be dispensed from the container is a pump spray dispenser or aerosol containers. このような容器は、当業者に周知であり、種々の製造者から商業的に入手可能であり、これには、American National Can Corp.とContinental Can Corp.が含まれる。 Such containers are well known to those skilled in the art, are commercially available from various manufacturers, This includes the American National Can Corp. and Continental Can Corp.. ヘアスプレー組成物が加圧エアゾール容器から分配される物である場合、1以上の慣用的に知られているエアゾール噴射剤で構成されている噴射剤は、本組成物を押出すために使用できる。 When hair spray compositions are those which are dispensed from a pressurized aerosol container, one or more propellants which are configured in a conventional manner to known aerosol propellants may be used to extrude the composition . 使用に適した噴射剤は、一般に、エアゾールに慣用的に用いられる液体化可能な如何なるガスにもすることができる。 Propellants suitable for use can generally be also conventionally liquid-enabling any gas used in aerosol. ここでの使用に適する噴射剤は、揮発性炭化水素噴射剤であり、これには、3から4の炭素原子の液体化低級炭化水素、例えばプロパン、ブタン及びイソブタンが含まれ得る。 Propellants suitable for use herein is a volatile hydrocarbon propellant, These include liquefied lower hydrocarbons of carbon atoms of 3 to 4, such as propane, may include butane and isobutane. 他の適当な噴射剤は、ヒドロフルオロカーボン、例えばデュ・ポンからDyme l 152Aとして供給される1,2−ジフルオロエタン(ヒドロフルオロカーボン152 A)である。 Other suitable propellants are hydrofluorocarbons, for example supplied by Du Pont as Dyme l 152A 1,2- difluoroethane (hydrofluorocarbon 152 A). 噴射剤の他の例は、ジメチルエーテル、窒素、二酸化炭素、亜酸化窒素及び空気ガスである。 Other examples of propellants are dimethylether, nitrogen, carbon dioxide, nitrous oxide and air gas. 単独で又は他の炭化水素と混合して用いられる炭化水素、特にイソブタンが好ましい。 Alone or in combination with other hydrocarbons in admixture with the hydrocarbon used, particularly isobutane preferred. エアゾール噴射剤は、本ヘアスプレー組成物と混合してもよく、また混合される噴射剤の量は、エアゾール分野で周知の普通の因子によって左右される。 Aerosol propellants, the amount of the hair spray composition and may be mixed, also mixed propellant is governed by well-known usual factors in aerosol art. 一般に、液体化可能噴射剤について、噴射剤のレベルは、全組成物の約10重量%から約60重量%、好ましくは全組成物の約15重量%から約50重量%である。 In general, the liquid of possible propellants, the level of propellant is from about 10% to about 60% by weight of the total composition, preferably from about 15% to about 50% by weight of the total composition. 或いは、噴射剤が例えば、American National Can Corp.からSEPROの商品名で販売されている2区画缶のタイプのような、ヘアスプレー組成物との接触から離されている圧縮エアゾールディスペンサーが使用できる。 Alternatively, propellant such as, for example, type 2 compartments cans sold under the trade name SEPRO from American National Can Corp., compression aerosol dispenser can be used which are separated from contact with the hair spray composition. 他の適当なエアゾールディスペンサーは、使用前にポンプ又は同等の装置によってディスペンサーへ充填され得る空気を噴射剤が圧縮していることによって特徴付けられるものである。 Other suitable aerosol dispensers are those propellant air can be filled into the dispenser by means of a pump or equivalent device prior to use characterized by being compressed. このようなディスペンサーは、1978年3月7日の0lofss onの米国特許第4,077,441号及び、1989年7月25日のTerStegeの米国特許第4,850, 577号に記述されており、これらを援用して本文の一部とし、また1992年2月21日出願のGosselinらの米国特許出願第07/839,648も援用して本文の一部とする。 Such dispensers, No. U.S. Patent 0Lofss on March 7, 1978 No. 4,077,441 and U.S. Patent TerStege on July 25, 1989 No. 4,850, are described in EP 577, with the aid of these as part of the body, also 1992, February 21, also with the aid of Gosselin et al., US patent application Ser. No. 07 / 839,648, filed on the part of the body. 使用に適する圧縮空気エアゾール容器はまた、VIDAL SASS0ON AIRSPRAY(商品名)ヘアスプレーの商品名でProcter & Gamble Companyから現在市販されている。 Compressed air aerosol containers suitable for use are also currently marketed by Procter & Gamble Company under the tradename VIDAL SASS0ON AIRSPRAY (trade name) hairspray. 慣用の非エアゾールポンプスプレーディスペンサー、即ち噴霧器も使用することができる。 Non-aerosol pump spray dispensers of conventional, i.e., sprayers can be used. 他のヘアスタイリング組成物には、トニック及びローションが含まれ、これらは普通、慣用のビン又はチューブに普通に分配されており、髪に直接的に塗布され、又はまず手に分配されてから髪に塗布される。 Other hair styling compositions, include tonics and lotions, which are normally are commonly distributed in conventional bottle or tube, it is directly applied to the hair or first hair from being distributed in the hand It is applied to. 作製方法本発明の組成物には、好適なヘアスプレー実施形態が含まれるが、これは、慣用の配合及び混合技術を用いて作製できる。 The compositions of the manufacturing method of the present invention include, but are preferred hairspray embodiments, which can be made using formulation and mixing techniques conventional. シリコーン含有付着性コポリマー及び溶媒は混合されて、均質な混合物をもたらす。 Silicone-containing adhesion copolymer and solvent are mixed, resulting in a homogeneous mixture. 如何なる他の配合剤も、それから添加されて混合されて、最終組成物を作る。 Any other compounding agents may then be mixed is added, making a final composition. ポリマーが中和される場合には、 中和剤は好ましくは他の配合剤の添加の前に添加される。 If the polymer is neutralized, the neutralizer is preferably added prior to the addition of other compounding ingredients. ヘアスプレー製品については、組成物は、慣用の機械的なポンプスプレー装置にパッケージされ、或いは、エアゾールスプレー製品のケースにパッケージされ、組成物は、最適な噴射システムを備えた慣用のエアゾール応器にパッケージされる。 For hair spray products, the composition is packaged in conventional mechanical pump spray devices, or packaged in the case of an aerosol spray products, the composition, in conventional aerosol 応器 with optimum injection system It is packaged. 使用方法本発明の組成物には、本発明の好適ヘアスプレー実施形態が含まれるが、これは、本発明の利益をもたらす慣用の方法において用いられる。 Compositions Using the present invention, including but preferred hairspray embodiments of the present invention, which is used in conventional manner to benefit of the present invention. このような製品は、皮膚又は髪に塗布されることができる。 Such products may be applied to the skin or hair. 製品の典型的な量は、皮膚又は髪に対して約0.1mg/cm 2から約25mg/cm 2の範囲にすることができるが、より広い範囲が、追加の製品塗布に依存して用いられることができる。 Typical amounts of product, which can range from about 0.1 mg / cm 2 to about 25 mg / cm 2 to the skin or hair, a wider range of uses, depending on the additional application of the product it is possible to be. ヘアケア製品については、この方法は一般に、髪が乾いて、所望のスタイルにアレンジする前及び/又は後で、乾燥した、わずかに湿った又は濡れた髪の毛に有効量の製品を塗布することを含む。 The hair care product, the method generally, the hair is dried, comprising desired style arrangements before and / or after the dry, application of an effective amount of the product to slightly damp, or wet hair . 製品に塗布は普通、適当な装置、例えば機械式ポンプスプレー、圧縮エアゾール容器、又は他の適当な手段を用いて製品をスプレーする又は噴霧することによって果たされる。 Coated products are usually suitable device, played by or spraying spraying the product with for example mechanical pump spray, compressed aerosol container, or other suitable means. 組成物は、それから乾き又は乾かされる。 The composition is then dry or allowed to dry. 「有効量」とは、髪の所望される保持及びスタイル利益をもたらすために充分な量を意味する。 An "effective amount" means an amount sufficient to provide the desired retention and style benefits are hair. 一般に、約0.5gから約30gの製品が髪に塗布され、これは、特定の製品配合物、ディスペンサータイプ、髪の長さ及び髪の毛のスタイルのタイプに依存している。 In general, it coated from about 0.5g to products hair approximately 30g, which is a specific product formulations rely on the dispenser type, length type and hair style hair. 下記の実験及び実施例は、本発明の範囲内の好適実施形態を更に説明する。 Experimental and Examples below further illustrate the preferred embodiments within the scope of the present invention. これらは、説明の目的にのみ与えられるので、本発明の制限として取り扱われるべきではなく、その多くの変更は、本発明の精神及び範囲を逸脱することなく可能である。 Since they are given for purposes of illustration only and should not be treated as limiting the present invention, many modifications are possible without departing from the spirit and scope of the invention. 実施例下記の実施例は、本発明の範囲内の好適実施形態を更に説明する。 EXAMPLES The following examples further illustrate the preferred embodiments within the scope of the present invention. この実施例は、説明の目的にのみ与えられるので、本発明の制限として取り扱われるべきではなく、その多くの変更は、本発明の精神及び範囲を逸脱することなく可能である。 This embodiment, since only given for illustrative purposes and should not be treated as limiting the present invention, many modifications are possible without departing from the spirit and scope of the invention. 配合物は、化合物名又はCTFA名により同定される。 Formulation is identified by the compound or CTFA name. 実施例1−4:マクロモノマー及びコポリマーの合成 実施例1 ビニルフェニル末端ポリ(n−プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸)マク ロモノマーの合成磁気スターラに取り付けられた丸底フラスコ中及びわずかなアルゴン圧(8ps i)下で、テトラヒドロフラン(1L)、トリメチルシリルメタクリレート(100 g、0.632モル)及びn−プロピルメタクリレート(100g、0.780モル)を添加する。 Example 1-4: Synthesis Example of the macromonomer and copolymer 1 vinylphenyl-terminated poly (n- propyl methacrylate - co - methacrylic acid) in a round bottom flask attached to a resultant magnetic stirrer McHenry Romonoma and slight argon pressure ( 8 ps i) under tetrahydrofuran (1L), trimethylsilyl methacrylate (100 g, 0.632 mol) and n- propyl methacrylate (100 g, addition of 0.780 moles). 溶液を、−80℃に冷却し、それからアニオン重合機構を介する鎖伸長のためにジフェニルヘキシルリチウム(0.0275モル)で開始する。 The solution was cooled to -80 ° C., then starting at diphenylhexyllithium for chain extension via anionic polymerization mechanism (0.0275 mol). 0.5時間攪拌し続けた後、ビニルベンゾイルクロリド(8.33mL、0.05モル)を溶液に装入し、0.5時間攪拌し続ける。 After stirring was continued for 0.5 hours, charged vinyl benzoyl chloride (8.33 ml, 0.05 mol) to the solution and continue stirring for 0.5 hours. 溶液をそれから、周囲温度まで温め、H 2 O(10mL)を添加して、0.25時間攪拌し、酸基を脱保護する。 The solution then allowed to warm to ambient temperature with the addition of H 2 O (10mL), stirred for 0.25 hours, deprotected groups. 約6 000の重量平均分子量を有するマクロモノマーを、得られた溶液をヘキサン中に沈降させ、沈殿物を回収し、真空下で乾燥することによって得る。 The macromonomer having a weight average molecular weight of about 6,000, allowed to settle resulting solution in hexane, the precipitate was collected, obtained by drying under vacuum. 実施例2 ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート−コ−ア クリル酸)−グラフト−[ポリ(プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸);ポ リ(ジメチルシロキサン)]コポリマーの合成還流冷却機、温度コントローラ、機械式攪拌機構を備えた丸底フラスコに及びわずかなアルゴン圧(8psi)で、アセトン(0.5L)、t−ブチルアクリレート(22.3g)、2−メトキシエチルアクリレート(36g)、アクリル酸(18g) 、ポリ(ジメチルシロキサン)マクロモノマー(6g)及びビニルフェニル末端( n−プロピルメタクリレート−コ−メタクリル酸)マクロモノマー(18g)(実施例1より)を添加する。 Example 2 Poly (t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - A acrylic acid) - graft - [poly (propyl methacrylate - co - methacrylic acid); Po Li (dimethylsiloxane)] Synthesis reflux copolymer chiller, temperature controller, with and in a round bottom flask equipped with a mechanical stirring mechanism slight argon pressure (8 psi), acetone (0.5 L), t-butyl acrylate (22.3 g), 2-methoxyethyl acrylate ( 36 g), acrylic acid (18 g), poly (dimethylsiloxane) macromonomer (6 g) and vinyl-terminated (n- propyl methacrylate - co - adding methacrylic acid) macromonomer (18 g) (from example 1). 溶液を、すべての成分が溶解するまで攪拌し、それから60℃に熱する。 The solution was stirred until all components are dissolved, heat then to 60 ° C.. アゾビスイソブチロニトリル(0.7g)をこの系に装入する。 Azobisisobutyronitrile (0.7 g) are charged to the system. 10時間後に、溶液を冷まして水に沈降させてシリコーン改質グラフトコポリマーを回収する。 After 10 hours, allowed to cool before the solution allowed to settle in the water to recover the silicone modified graft copolymer. 実施例3 ポリ(ジメチルシロキサン)−ブロック−ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n −ブチルアクリレート−コ−アクリル酸−コ−メタクリル酸] nコポリマーの合成 62.4部のt−ブチルアクリレート、20.8部のアクリル酸、200部のアセトン(溶液として)及び15部のイソプロパノール(鎖転移剤として)を丸底フラスコに置く。別に16.8部のVPS−1001(ポリ(ジメチルシロキサン)開始剤)マクロアザ開始剤(Wako Chemical USA,INC.,Richmond,VAから市販)を、200部のエチルアセテートに溶解し、この溶液を添加漏斗へ添加する。 反応容器をおよそ1時間、アルゴンで充填する。充填後に、アルゴンで閉鎖反応系における一定の加圧を維持する。反応混合物を58℃まで加熱する。VPS− 1001溶液を反応フラス Example 3 Poly (dimethylsiloxane) - block - poly (t-butyl acrylate - co -n - butyl acrylate - co - acrylic acid - co - methacrylic acid] n copolymer synthesis 62.4 parts of t-butyl acrylate, 20 .8 parts of acrylic acid, placed 200 parts of acetone (as a solution) and 15 parts isopropanol (as a chain transfer agent) in a round bottom flask. VPS-1001 separately from 16.8 parts (poly (dimethyl siloxane) initiator ) Makuroaza initiator (Wako Chemical USA, INC., Richmond, commercially available from VA), was dissolved in ethyl acetate 200 parts, this solution is added to the addition funnel. the reaction vessel for approximately 1 hour, filled with argon. after filling, it is heated to maintain a constant pressure in a closed reaction system with argon. the reaction mixture up to 58 ℃ .VPS- 1001 solution and the reaction flask に、1時間のコースにわたり滴下様式で添加する。 20分間、加熱及び攪拌を維持する。反応器を大気に開放することによって反応を停止し、室温まで冷ます。 ポリマーは、15部の水に1部のポリマー溶液を添加することによって溶液から沈殿させる。得られたポリマーはそれから、加熱乾燥のために真空オーブンに置かれる。乾燥後、ポリマーを、粉にして、20時間、ソックレー抽出機を使用してヘキサンで抽出する。ポリマーをそれから、オーブンにおいて熱で真空乾燥する。 実施例4 ポリ(t−ブチルアクリレート−コ−n−ブチルアクリレート−コ−メタクリル 酸−コ−アクリル酸)−グラフト−ポリ(ジメチルシロキサン)の合成 36部のt−ブチルアクリレート、27部のn−ブチルアクリレート、10部のメタクリル酸、1 To be added dropwise over the course of 1 hour. 20 min, maintaining the heating and stirring. The reactor was quenched by opening to the atmosphere and allowed to cool to room temperature. The polymer, water 15 parts is precipitated from solution by adding 1 part of the polymer solution. the obtained polymer is then, after. drying to be placed in a vacuum oven for heat drying, the polymer, in the powdered, 20 hours, the Soxhlet extractor using extracted with hexane polymer therefrom, and vacuum dried with heat in an oven example 4 poly.. (t-butyl acrylate - co -n- butyl acrylate - co - methacrylic acid - co - acrylic acid) - graft - poly synthesis 36 parts of t- butyl acrylate (dimethylsiloxane), 27 parts of n- butyl acrylate, 10 parts of methacrylic acid, 1 部のアクリル酸及び15部のポリジメチルシロキサンマクロモノマー(Chisso Corp.,東京、日本から入手可能)を丸底フラスコに置く。充分なアセトンを反応溶媒として添加して、濃度約20容量%の最終モノマーを生成する。反応容器をおよそ1時間、アルゴンで充填する。充填後に、アルゴンで閉鎖反応系における一定の加圧を維持する。反応混合物を58℃まで加熱する。 アセトン中10%溶液のアザビスイソブチロニトリル(モノマーの量に対して0. 5重量%)を調製し、それを反応混合物に添加する。20時間加熱及び攪拌を維持する。反応器を大気に開放することによって反応を停止し、室温まで冷ます。 ポリマーは、15部の水に1部のポリマー溶液を添加することによって溶液から沈殿させる。 Department of polydimethylsiloxane macromonomer of acrylic acid and 15 parts of placing the round bottom flask (Chisso Corp., Tokyo, available from Japan). Sufficient acetone was added as the reaction solvent, concentration to about 20 volume percent of the final generating a monomer. the reaction vessel for approximately 1 hour, after filling to. filling with argon to maintain a constant pressure in a closed reaction system with argon. the reaction mixture is heated to 58 ° C.. aza 10% solution in acetone were prepared (0.5 wt% relative to the amount of monomer) azobisisobutyronitrile, it maintains a .20 hour heating and stirring added to the reaction mixture. the reaction reactor by opening to atmosphere stop, cool to room temperature. the polymer is precipitated from solution by the addition of 1 part polymer solution to water 15 parts. 得られたポリマーをそれから、アセトンに再溶解する。 The resultant polymer was then redissolved in acetone. この手順を6回繰返し、最終ポリマーを加熱乾燥のために真空オーブンに置く。 This procedure was repeated 6 times, placed in a vacuum oven the final polymers for heat drying. 実施例5 アクリロイル末端化ポリイソブチレンマクロモノマーの合成 4,172g/molの重量平均分子量を有するヒドロキシル末端ポリイソブチレンポリマー(PIB−OH)100グラム(0.024モル)の溶液を、イソブチレンの慣用のリビングカルボカチオン重合によって調製する(例えば、G.Kaszas,P oly.Bull.,20,413(1989)に記述)。 The solution of Example 5 acryloyl-terminated hydroxyl-terminated polyisobutylene polymer having a weight average molecular weight of the synthetic 4,172g / mol polyisobutylene macromonomer (PIB-OH) 100 grams (0.024 moles), customary isobutylene Living prepared by carbocationic polymerization (e.g., G.Kaszas, P oly.Bull., described in 20,413 (1989)). 2倍モル過剰(4.84g、0.048モル) のトリエチルアミンをこの溶液に添加する。 2-fold molar excess (4.84 g, 0.048 mol) of triethylamine is added to the solution. この溶液を、0℃で乾燥メチレンクロリド(100g)においてアクリロイルクロリド(4.35g、0.048モル)の溶液に滴下で添加する。 The solution in dry methylene chloride (100 g) at 0 ℃ acryloyl chloride (4.35 g, 0.048 mol) is added dropwise to a solution of. 約12時間室温で攪拌し、混合物を濾過して、過剰のトリエチルアミン及びメチレンクロリドを蒸発させて、アクリロイル末端ポリイソブチレンマクロモノマーを得る。 And stirred for about 12 hours at room temperature, the mixture was filtered, excess triethylamine and methylene chloride is evaporated to yield an acryloyl-terminated polyisobutylene macromonomer. 実施例6 ポリ[(t−ブチルアクリレート−コ−2−メトキシエチルアクリレート−コ−ア クリル酸)−グラフト−[ポリ(イソブチレン);ポリ(ジメチルシロキサン)]の合 20部のアクリル酸、40部のt−ブチルアクリレート、20部のn−ブチルアクリレート、10部のポリイソブチレンマクロモノマー(4172mw)(実施例5 より)、10部のポリ(ジメチルシロキサン)をフラスコに置く。 Example 6 Poly [(t-butyl acrylate - co-2-methoxyethyl acrylate - co - A acrylic acid) - graft - [poly (isobutylene); poly (dimethylsiloxane)] synthetic 20 parts of acrylic acid of 40 Department of t- butyl acrylate, 20 parts of n- butyl acrylate, (from example 5) polyisobutylene macromonomer (4172Mw) of 10 parts, put 10 parts of poly (dimethylsiloxane) to the flask. 充分なテトラヒドロフランを反応溶媒として添加して、濃度約20容量%の最終モノマーを生成する。 Sufficient tetrahydrofuran was added as the reaction solvent, to produce a concentration of about 20 volume% of the final monomer. 反応容器を不活性雰囲気、好ましくは窒素又はアルゴンで充填する。 The reaction vessel inert atmosphere, preferably filled with nitrogen or argon. 開始剤、(2,2'−アザビスイソブチロニトリル)を所望の分子量に適当なレベルまで添加する。 Initiator is added to a suitable level to the desired molecular weight (2,2'-aza-bis-isobutyronitrile). 普通、これはモノマーの量に対して0.5重量%から1.0重量%までの範囲内である。 Normally, this is within a range from 0.5 wt% to 1.0 wt% relative to the amount of the monomers. 60℃に加熱して、攪拌しながら48時間、この温度に維持する。 Was heated to 60 ° C., with stirring for 48 hours, maintained at this temperature. 反応器を室温まで冷ますことによって反応を停止する。 The reactor to stop the reaction by cool to room temperature. ポリマーを、オーブンにおいて反応溶媒を乾燥して除去することにより、精製する。 Polymer, by removing by drying the reaction solvent in an oven, and purified. 或いは、アセトンをテトラフドロフランと置き換えて使用することができ、この場合には、ポリマーを水を添加することによって沈殿させ、沈殿したポリマーを回収し、乾燥する。 Alternatively, acetone can be used interchangeably with tetra off mud furan, in this case, the polymer was precipitated by adding water, the precipitated polymer was recovered and dried. 実施例7−14下記の実施例は、本発明の非エアゾールヘアスプレー組成物を代表する。 Example Example 7-14 The following are representative of non-aerosol hair spray compositions of the present invention. 1 PERMETHYL 99A、Presperse,Inc.,South Plainfield,NJ,USAから。 1 PERMETHYL 99A, Presperse, Inc., South Plainfield, NJ, from the USA. 2水酸化ナトリウムは30%活性。 2 Sodium hydroxide 30% active. 3水酸化カリウムは45%活性。 3 Potassium hydroxide 45% active. 4 SDA40(100%エタノール) 実施例15−20下記の実施例は本発明のエアゾールヘアスプレー組成物を代表する。 4 SDA40 (100% ethanol) Example Example 15-20 The following representative of aerosol hair spray compositions of the present invention. 1 PERMETHYL 99A、Presperse,Inc.,South Plainfield,NJ,USAから。 1 PERMETHYL 99A, Presperse, Inc., South Plainfield, NJ, from the USA. 2 CITROFLEX-2、Morflex,Inc.,Greensboro,NC,USAから。 2 CITROFLEX-2, Morflex, Inc. , Greensboro, NC, from the USA. 3水酸化ナトリウムは30%活性。 3 Sodium hydroxide is 30% active. 4水酸化カリウムは45%活性。 4 Potassium hydroxide is 45% active. 5 SDA40(100%エタノール) 6 DYMEL-A、デュポンから。 5 SDA40 (100% ethanol) 6 DYMEL-A, from DuPont. 7 DYMEL-152a、デュポンから。 7 DYMEL-152a, from DuPont. 本組成物は、上述のように、まずポリマーをエタノールと混合し、ポリマーを水酸化ナトリウム若しくはカリウムで中和し、それからイソドデカン、可塑剤、 香料及び水を混合しながら連続的に(適用可能であれば)添加することによって調製する。 The composition, as described above, the polymer is mixed with ethanol firstly, the polymer was neutralized with sodium hydroxide or potassium and then isododecane, plasticizer, continuously (applicable with mixing perfume and water if any) is prepared by adding. ナトリウムベンゾエートを用いる場合には、水添加の後に添加する。 When using sodium benzoate is added after water addition. 最も好ましくは、水及びナトリウムベンゾエートのプレミックスを作り、それから主な水の添加の後に添加する。 Most preferably, made of water and the premix of sodium benzoate, and then added after the addition of the primary water. エアゾール組成物のための噴射剤を、調製組成物の残りが添加された後に慣用のエアゾール容器に装入する。 The propellant for the aerosol composition, the remainder of the preparation composition is charged into a conventional aerosol container after being added. 実施例7−20に記述された本発明のヘアスプレー実施形態は、高い程度の髪からの除去能を有し、ここで記述された除去能方法論によって評価されたとき、 2.0よりも低い髪のこわさと2.0よりも低いフレーキング値をもたらす。 Hairspray embodiment of the present invention described in Example 7-20 has a capability of removing from the high degree of hair, when evaluated by the herein described the removability methodologies, lower than 2.0 bring the hair stiffness and low flaking value than 2.0. 本発明の特定の実施形態を記述したが、本発明に対する種々の変更及び改良が、本発明の精神及び範囲を逸脱することなくされ得ることは、当業者に自明であろう。 Having described specific embodiments of the present invention, various modifications and improvements to the present invention, it may be without departing from the spirit and scope of the invention will be apparent to those skilled in the art. 本発明の範囲内となるこのような全ての改良は、添付の請求の範囲内でカバーされることを意図している。 Range become all such modifications of the present invention are intended to be covered within the scope of the appended claims. 実施例21下記は本発明のヘアコンディショナー組成物の代表例である。 Example 21 The following are representative examples of hair conditioner compositions of the present invention. この製品は、コポリマー3をエタノールに分散させ、それから残りの配合剤を添加して、約30分間攪拌することによって調製される。 This product, by dispersing the copolymer 3 in ethanol, then by adding the rest of the formulation is prepared by stirring for about 30 minutes. 実施例22下記は本発明のヘアスタイリングジェル組成物の代表例である。 EXAMPLE 22 The following are representative examples of hair styling gel composition of the present invention. この製品は、コポリマー#4及びカルボマー(carbomer)940を水に分散させ、 水酸化ナトリウムを添加することによって調製される。 This product is a copolymer # 4 and carbomer (carbomer) 940 are dispersed in water, it is prepared by adding sodium hydroxide. この混合物を、約1時間半攪拌し、残りの成分を添加する。 The mixture was stirred for about 1 hour and a half, adding the remaining ingredients. 実施例23下記は本発明のスプレーオンジェルヘア組成物の代表例である。 EXAMPLE 23 The following are representative examples of spray-on gel hair compositions of the present invention. この製品は、コポリマー#2、エタノールを溶解し、水及び水酸化カリウム溶液を添加して、溶媒中へのコポリマーの混和を促進する。 This product is a copolymer # 2, was dissolved in ethanol, water and potassium hydroxide solution was added to facilitate incorporation of the copolymer into the solvent. 混合物を1時間半攪拌して、他の成分をこれに混合させる。 The mixture was stirred for 1 hour and a half, mixing the other components thereto. 実施例24下記は本発明のヘアスタイリングムース組成物の代表例である。 EXAMPLE 24 The following are representative examples of hair styling mousse compositions of the present invention. この製品は、コポリマー#2を水に溶解し、水酸化ナトリウム溶液を1時間半攪拌しながら添加することによって調製される。 This product is a copolymer # 2 was dissolved in water, it is prepared by adding with stirring 1.5 hours the sodium hydroxide solution. 他の成分(イソブタンを除く) を添加して、更に10分間混合する。 It was added to the other components (except isobutane) are mixed for another 10 minutes. それからアルミニウムエアゾール缶を、このバッチ93部で装填し、所定の位置にクリンプされるバルブを取り付け、最後に7部のイソブタンで圧力充填する。 Then the aluminum aerosol cans, were loaded with the batch 93 parts, fitted with a valve which is crimped into position, pressure filled with isobutane last 7 parts. この組成物は、コンディショナー、スタイリング及び保持をもたらすために髪への塗布に有用である。 The compositions are useful for application to the hair to provide conditioning, styling and retention. 実施例25 サンスクリーン組成物 Example 25 Sunscreen composition [1] BF. [1] BF. Goodrich,からCarbopol(商品名)1342として入手可能 水、エタノール、水酸化ナトリウム溶液及びポリマー4を、1時半混合する。 Goodrich, available as Carbopol (trade name) 1342 from water, ethanol, sodium hydroxide solution and the polymer 4, mixed 1:30. 残りの配合剤を添加して、更に30分間混合する。 It was added to the remaining formulation and mixed for another 30 minutes. 実施例26下記は本発明のニキビ防止組成物の代表例である。 EXAMPLE 26 The following are representative examples of anti-acne compositions of the present invention. この製品は、水、エタノール、コポリマー2及びカルボマーを約10分間、一緒にして混合することにより調製される。 This product is prepared water, ethanol, copolymers 2 and carbomer for about 10 minutes, by mixing together to. 残りの配合剤を添加して、混合物を更に約30分間攪拌する。 It was added to the remaining formulation, further stirred for about 30 minutes the mixture. この組成物は、改良された水抵抗性をもたらすために皮膚への塗布に有用であり、ニキビの処置に有用である。 The composition is useful for application to the skin to provide improved water resistance and are useful in the treatment of acne. 実施例27下記は、本発明のネールポリッシュクリアコート組成物の代表例である。 EXAMPLE 27 The following are representative examples of nail polish clearcoat composition of the present invention. この製品は、分散するまで全ての配合剤を混合することによって調製される。 This product is prepared by mixing all of the formulation until dispersed. 実施例28下記は、本発明の顔用しわ取り組成物の代表例である。 Example 28 The following are representative examples of facial wrinkle composition of the present invention. この製品は、分散するまで全ての配合剤を混合することによって調製される。 This product is prepared by mixing all of the formulation until dispersed. 実施例29下記は、本発明のスタイリングローション組成物の代表例である。 Example 29 The following are representative examples of styling lotion compositions of the present invention. 1 Aqualonから提供のNatrosol 250HH−ヒドロキシエチルセルロース。 1 Natrosol 250HH- hydroxyethyl cellulose available from Aqualon. このコポリマーを、まずエタノールに溶解し、それから残りの配合剤からなるプレミックスに添加し、よく分散するまで混合する。 The copolymer was first dissolved in ethanol, then added to a premix consisting of the remainder of the formulation, and mixed until well dispersed. 実施例30下記は、本発明のアフターシェーブローション組成物の代表例である。 Example 30 The following are representative examples of aftershave lotion compositions of the present invention. この製品は、分散するまで全ての配合剤を混合することによって調製される。 This product is prepared by mixing all of the formulation until dispersed.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61K 31/74 A61K 31/74 A61P 17/10 A61P 17/10 C08F 283/12 C08F 283/12 290/02 290/02 C08L 83/10 C08L 83/10 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR, NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,KE,L S,MW,SD,SZ,UG,ZW),EA(AM,AZ ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM),AL ,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG, ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) A61K 31/74 A61K 31/74 A61P 17/10 A61P 17/10 C08F 283/12 C08F 283/12 290/02 290/02 C08L 83/10 C08L 83/10 (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL , PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, KE, L S, MW, SD, SZ, UG, ZW), EA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, R, BY,CA,CH,CN,CU,CZ,DE,DK,E E,ES,FI,GB,GE,GH,GM,GW,HU ,ID,IL,IS,JP,KE,KG,KP,KR, KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,M D,MG,MK,MN,MW,MX,NO,NZ,PL ,PT,RO,RU,SD,SE,SG,SI,SK, SL,TJ,TM,TR,TT,UA,UG,UZ,V N,YU,ZW (72)発明者 ボリク,レイモンド エドワード ジュニ ア アメリカ合衆国、オハイオ州、メインヴィ ル、ストライカー、ロード 7201 (72)発明者 ジヴィデン,カスリーン ブリジェット アメリカ合衆国、オハイオ州、レバノン、 ティンバー、コート 2653 R, BY, CA, CH, CN, CU, CZ, DE, DK, E E, ES, FI, GB, GE, GH, GM, GW, HU, ID, IL, IS, JP, KE, KG, KP , KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, M D, MG, MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, UZ, V N, YU, ZW (72) inventor Borik, Raymond Edward junior United States, Ohio, Mein'vi Le, striker, Road 7201 ( 72) inventor Jividen, Kathleen Bridget United States, Ohio, Lebanon, Timber, coat 2653

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. (a)10,000から5,000,000の重量平均分子量を有するシリコーン含有付着性コポリマー、および、 (b)水、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール及びこれらの混合物からなる群より選択された前記コポリマーのための溶媒、 を含むパーソナルケアスプレー組成物であり、前記パーソナルケア組成物は、乾燥しているときに、0.5kgf/mm 2を越える凝集強度及び、0.55kgf mm/mm 3の単位容量当たりの総エネルギー吸収を有する当該パーソナルケアスプレー組成物。 (A) 10,000 from silicone-containing adherent copolymer having a weight average molecular weight of 5,000,000, and, (b) water, ethanol, n- propanol, isopropanol and the selected from the group consisting of mixtures a personal care spray composition comprising a solvent, a for the copolymer, the personal care composition, when dry, cohesive strength exceeding 0.5 kgf / mm 2 and, of 0.55kgf mm / mm 3 the personal care spray composition having a total energy absorption per unit volume. 2. 2. 請求の範囲第1項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記コポリマーは、73°Fで、少なくとも0.1mg/mLの濃度で前記溶媒に可溶又は分散可能である当該パーソナルケア組成物。 A personal care composition according to claim 1, wherein the copolymer is a 73 ° F, the personal care composition is soluble or said solvent at a concentration of at least 0.1 mg / mL are dispersible . 3. 3. 請求の範囲第1項又は第2項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記パーソナルケア組成物が、乾燥しているときに、0.7kgf/mm 2を越える凝集強度、1.10kgfmm/mm 3を越える総エネルギー吸収及び50, 000ergsを越える衝撃強度を有する当該パーソナルケア組成物。 A personal care composition according to claim 1 or claim 2, wherein the personal care composition, when dry, cohesive strength exceeding 0.7kgf / mm 2, 1.10kgfmm / the personal care compositions having impact strength greater than the total energy absorption and 50, 000ergs exceeding mm 3. 4. 4. 請求の範囲第1項乃至第3項のいずれか1項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記コポリマーが高分子骨格及び該骨格にグラフトしたポリシロキサン側鎖を含むシリコーングラフトコポリマーであり、前記コポリマーが下記の相対的重量パーセントのビニルモノマー単位及びポリシロキサン含有マクロモノマー単位のランダム共重合から形成される当該パーソナルケア組成物: a. A personal care composition according to any one of Claims paragraphs 1 through the third term is a silicone graft copolymer comprising a polysiloxane side chains said copolymer grafted to the polymer backbone and the backbone, It said copolymer the personal care composition is formed from the random copolymerization of vinyl monomer units and polysiloxane-containing macromonomer units relative weight percent of the following: a. 前記コポリマーの50重量%から98重量%のビニルモノマー単位、及び、 b. Vinyl monomer units from 50 wt% to 98 wt% of the copolymer, and, b. 前記コポリマーの2重量%から50重量%のポリシロキサン含有マクロモノマー単位であって、 前記ポリシロキサン含有マクロモノマー単位が、1,000から50,000の重量平均分子量を有し、また下記式に相当する: X(Y) n Si(R) 3-mm A polysiloxane-containing macromonomer units from 2 wt% to 50 wt% of said copolymer, said polysiloxane-containing macromonomer units have a weight average molecular weight of 1,000 to 50,000, and correspond to the following formula to: X (Y) n Si ( R) 3-m Z m Xは前記ビニルモノマー単位と共重合可能なビニル基; Yは二価の連結基; Rは水素、ヒドロキシ、C 1 −C 6アルキル、C 1 −C 6アルコキシ又はC 2 −C 6 X is the vinyl monomer units copolymerizable with vinyl group; Y is a divalent linking group; R is hydrogen, hydroxy, C 1 -C 6 alkyl, C 1 -C 6 alkoxy or C 2 -C 6 アルキルアミノ、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルからなる群より選択されたもの; Zは少なくとも1000の数平均分子量を有する一価のシロキサン高分子成分であって、これは共重合条件下では本質的に非反応性であり、重量後に上述のビニル高分子骨格にペンダントしている; nは0又は1;そして、 mは1から3までの整数。 Alkylamino, phenyl, C 1 -C 6 alkyl or those selected from the group consisting of alkoxy-substituted phenyl; Z is a siloxane polymer component of the monovalent having a number average molecular weight of at least 1000, which is co-polymerization conditions under is essentially unreactive, and pendant to the above-described vinyl polymer backbone after weight; n is 0 or 1; and m is an integer from 1 to 3. 5. 5. 請求の範囲第4項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記ビニルモノマー単位が、アクリル酸、メタクリル酸、N,N−ジメチルアクリルアミド、ジメチルアミノエチルメタクリレート、四級化ジメチルアミノエチルメタクリレート、ビニルピロリドン、C 1 −C 18アルコールのアクリル若しくはメタクリル酸エステル、スチレン、アルファ−メチルスチレン、t−ブチルスチレン、ビニルアセテート、ビニルプロピオネート、ビニルクロリド、ビニリデンクロリド、ビニルトルエン、ブタジエン、シクロヘキサジエン、エチレン、プロピレン− n−ブチルメタクリレート、イソブチルメタクリレート、t−ブチルアクリレート、t−ブチルメタクリレート、2−エチルヘキシルメタクリレート、メチルメタクリレート、上掲の酸及び A personal care composition according to claim 4, wherein the vinyl monomer units, acrylic acid, methacrylic acid, N, N-dimethylacrylamide, dimethylaminoethyl methacrylate, quaternized dimethylaminoethyl methacrylate, vinyl pyrrolidone, C 1 -C 18 acrylic or methacrylic acid esters of alcohols, styrene, alpha - methyl styrene, t- butyl styrene, vinyl acetate, vinyl propionate, vinyl chloride, vinylidene chloride, vinyl toluene, butadiene, cyclohexadiene, ethylene , propylene - n-butyl methacrylate, isobutyl methacrylate, t- butyl acrylate, t- butyl methacrylate, 2-ethylhexyl methacrylate, methyl methacrylate, acid supra and ミンのいずれもの塩、並びにこれらの混合物からなる群より選択されたものである当該パーソナルケア組成物。 Salts of any of the Min and the personal care compositions are those selected from the group consisting of mixtures. 6. 6. 請求の範囲第4項又は第5項に記載のパーソナルケア組成物であって、 前記ポリシロキサン含有マクロモノマー単位が、下記のものからなる群より選択されたものである当該パーソナルケア組成物: A personal care composition according to paragraph 4 or Claim 5, wherein the polysiloxane-containing macromonomer units, the personal care compositions are those selected from the group consisting of: X−CH 2 −(CH 2 ) s −Si(R 1 ) 3-m −Z m X-CH 2 - (CH 2 ) s -Si (R 1) 3-m -Z m 及び as well as 式中、sは0、1、2、3、4、5若しくは6;mは1、2若しくは3;pは0 ;qは2、3、4、5若しくは6;R 1は、水素、ヒドロキシル、C 1 −C 6のアルキル、C 1 −C 6のアルコキシ、C 2 −C 6のアルキルアミノ、フェニル、C 1 − C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルからなる群より選択されたものであり、R 2は、C 1 −C 6アルキル又はC 1 −C 6アルキル置換フェニルからなる群より選択されたものであり;nは0、1、2、3若しくは4;Xは Wherein, s is 0,1,2,3,4,5 or 6; m is 1, 2 or 3; p is 0; q is 2, 3, 4, 5 or 6; R 1 is hydrogen, hydroxyl , C alkyl 1 -C 6, alkoxy C 1 -C 6, alkyl amino C 2 -C 6, phenyl, C 1 - has been selected from C 6 alkyl or the group consisting of alkoxy-substituted phenyl, R 2 is intended are selected from the group consisting of C 1 -C 6 alkyl or C 1 -C 6 alkyl-substituted phenyl; n is 0, 1, 2, 3 or 4; X is であり、式中R 3は水素若しくは−COOH;R 4は、水素、メチル又は−CH 2 , And the hydrogen or -COOH formula in R 3; R 4 is hydrogen, methyl or -CH 2 COOH;Zは COOH; Z is であり、式中R 5 、R 6及びR 7は、独立して水素、ヒドロキシル、C 1 −C 6アルキル、C 1 −C 6アルコキシ、C 2 −C 6アルキルアミノ、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルから独立して選択されたものであり;r は約14から約700の整数。 , And the wherein R 5, R 6 and R 7 are independently hydrogen, hydroxyl, C 1 -C 6 alkyl, C 1 -C 6 alkoxy, C 2 -C 6 alkylamino, phenyl, C 1 -C 6 alkyl or is intended is independently selected from alkoxy-substituted phenyl; r is from about 14 to about 700 integer. 7. 7. 請求の範囲第1項、第2項若しくは第3項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記コポリマーがA−B、A−B−A及び−(A−B) n −からなる群より選択された構造に相当するシリコーンブロックコポリマーであり、前記コポリマーは、下記の相対重量パーセントのAビニルモノマー単位及びBシロキサン単位: a. Range first of claims, a personal care composition according to paragraph 2 or 3 wherein, said copolymer A-B, A-B- A and - from the group consisting of - (A-B) n a silicone block copolymer corresponding to the selected structure, the copolymer, the relative weight percent of the following a vinyl monomer units and B siloxane units: a. 前記コポリマーの2重量%から50重量%のAシリコーン単位及び、 b. A silicone units of 50 wt% from 2 wt% of the copolymer and, b. 前記コポリマーの50重量%から98重量%のBビニルモノマー単位、 ここでnは2以上の整数であるもの、 のランダム共重合により形成されたものである当該パーソナルケア組成物。 50 from the weight% of 98 wt% B vinyl monomer units of the copolymer, where those n is an integer of 2 or more, the personal care compositions is one formed by random copolymerization. 8. 8. 請求の範囲第7項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記ビニルモノマー単位が、アクリル酸、メタクリル酸、N,N−ジメチルアクリルアミド、ジメチルアミノエチルメタクリレート、四級化ジメチルアミノエチルメタクリレート、ビニルピロリドン、C 1 −C 18アルコールのアクリル若しくはメタクリル酸エステル、スチレン、アルファ−メチルスチレン、t−ブチルスチレン、 ビニルアセテート、ビニルプロピオネート、ビニルクロリド、ビニリデンクロリド、ビニルトルエン、ブタジエン、シクロヘキサジエン、エチレン、プロピレン−n−ブチルメタクリレート、イソブチルメタクリレート、t−ブチルアクリレート、t−ブチルメタクリレート、2−エチルヘキシルメタクリレート、メチルメタクリレート、上掲の酸及び A personal care composition according to claim 7, wherein the vinyl monomer units, acrylic acid, methacrylic acid, N, N-dimethylacrylamide, dimethylaminoethyl methacrylate, quaternized dimethylaminoethyl methacrylate, vinyl pyrrolidone, C 1 -C 18 acrylic or methacrylic acid esters of alcohols, styrene, alpha - methyl styrene, t- butyl styrene, vinyl acetate, vinyl propionate, vinyl chloride, vinylidene chloride, vinyl toluene, butadiene, cyclohexadiene, ethylene , propylene -n- butyl methacrylate, isobutyl methacrylate, t- butyl acrylate, t- butyl methacrylate, 2-ethylhexyl methacrylate, methyl methacrylate, acid supra and ミンのいずれもの塩、並びにこれらの混合物からなる群より選択されたものであり;前記シリコーンブロック部分Aが、下記の構造: −−(SiR 2 O) m −− で表され、式中各Rは独立して、水素、ヒドロキシ、C 1 −C 6アルキル、C 1 − C 6アルコキシ、C 2 −C 6アルキルアミノ、スチリル、フェニル、C 1 −C 6アルキル若しくはアルコキシ置換フェニルからなる群より選択されたものであり、m は約14以上の整数である当該パーソナルケア組成物。 Salts of any of the Min, and is intended are selected from the group consisting of mixtures thereof; said silicone block portion A are the following structure: - (SiR 2 O) m - is represented by the formula R independently, hydrogen, hydroxy, C 1 -C 6 alkyl, C 1 - select C 6 alkoxy, C 2 -C 6 alkylamino, styryl, phenyl, from the group consisting of C 1 -C 6 alkyl or alkoxy-substituted phenyl are those which are, m is the personal care composition is about 14 or more integer. 9. 9. 請求の範囲第1項乃至第8項のいずれか1項に記載のパーソナルケア組成物であって、前記組成物が、0から2.0の髪のこわさの値と0から2.0の髪のフレーキング値をもたらす当該パーソナルケア組成物。 A personal care composition according to any one range of paragraphs 1 through 8 of claims, wherein the composition, stiffness value and hair from 0 2.0 of hair from 0 2.0 the personal care composition that provides a flaking values. 10. 10. 有効量の、請求の範囲第1項乃至第9項のいずれか1項に記載のパーソナルケア組成物を髪に塗布するステップを含む髪のスタイリング方法。 An effective amount of the styling process hair comprising the step of applying the personal care composition to the hair according to any one of Claims paragraphs 1 through 9, wherein.
JP54719998A 1997-04-25 1998-04-24 Personal care compositions comprising a silicone-containing adhesion copolymer Pending JP2002503226A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US84293997 true 1997-04-25 1997-04-25
US93938597 true 1997-09-29 1997-09-29
US08/842,939 1997-09-29
US08/939,385 1997-09-29
PCT/US1998/008350 WO1998048772A1 (en) 1997-04-25 1998-04-24 Personal care compositions comprising a silicone-containing adhesive copolymer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002503226A true true JP2002503226A (en) 2002-01-29

Family

ID=27126376

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP54719998A Pending JP2002503226A (en) 1997-04-25 1998-04-24 Personal care compositions comprising a silicone-containing adhesion copolymer

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP0977544A1 (en)
JP (1) JP2002503226A (en)
CN (1) CN1260706A (en)
CA (1) CA2288089A1 (en)
WO (1) WO1998048772A1 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011153304A (en) * 2009-12-28 2011-08-11 Toray Ind Inc Method for producing silicone prepolymer
JP2013504665A (en) * 2009-09-14 2013-02-07 ダウ グローバル テクノロジーズ エルエルシー Polymers comprising units derived from ethylene and siloxanes
JP2017508823A (en) * 2013-12-18 2017-03-30 テーザ・ソシエタス・ヨーロピア Resistance shear resistance of pressure sensitive Chakuryo having high tack

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6165457A (en) * 1997-05-12 2000-12-26 The Procter & Gamble Company Personal care compositions containing toughened grafted polymers
EP1311230A2 (en) 2000-08-16 2003-05-21 L'oreal Hair styling composition comprising adhesive particles
DE602004026424D1 (en) 2003-03-24 2010-05-20 Unilever Nv Compositions for hair treatment
US20060024255A1 (en) 2004-07-30 2006-02-02 L'oréal Hair styling compositions comprising adhesive particles and non-adhesive particles
WO2013064596A1 (en) 2011-11-04 2013-05-10 Unilever Plc Hair styling composition

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5166276A (en) * 1989-07-12 1992-11-24 Mitsubishi Petrochemical Company Ltd. Polymer for hair-care products
US5565193A (en) * 1993-08-05 1996-10-15 Procter & Gamble Hair styling compositions containing a silicone grafted polymer and low level of a volatile hydrocarbon solvent
DE69619759D1 (en) * 1995-10-05 2002-04-18 Wako Pure Chem Ind Ltd Base material for hair cosmetics
US5653968A (en) * 1996-03-21 1997-08-05 The Proctor & Gamble Company Rinse-off hair care compositions

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013504665A (en) * 2009-09-14 2013-02-07 ダウ グローバル テクノロジーズ エルエルシー Polymers comprising units derived from ethylene and siloxanes
JP2011153304A (en) * 2009-12-28 2011-08-11 Toray Ind Inc Method for producing silicone prepolymer
JP2017508823A (en) * 2013-12-18 2017-03-30 テーザ・ソシエタス・ヨーロピア Resistance shear resistance of pressure sensitive Chakuryo having high tack

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP0977544A1 (en) 2000-02-09 application
CN1260706A (en) 2000-07-19 application
WO1998048772A1 (en) 1998-11-05 application
CA2288089A1 (en) 1998-11-05 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6346234B1 (en) Hair styling composition capable of being remodelled with a Tg of less than +10 °C
US6329472B1 (en) Water-soluble or water-dispersible graft copolymers based on a polyvinyllactam, their preparation and use
US6630133B1 (en) Cosmetic composition comprising at least one silicone/acrylate copolymer and at least one thickening agent
US5643581A (en) Cosmetic compositions and their uses
US20070264208A1 (en) Cosmetic and/or pharmaceutical composition comprising at least one copolymer comprising at least one ionizable group, and cosmetic treatment process
US20050031566A1 (en) Cosmetic and personal care compositions
US20020115780A1 (en) Use in cosmetics of block ethylene copolemers with elastic character and compositions containing same
US7423104B2 (en) Hyperbranched copolymer comprising monomers of choice, a composition, and a cosmetic method
US6410005B1 (en) Branched/block copolymers for treatment of keratinous substrates
US20110243864A1 (en) Dispersion of soft polymer particles, cosmetic composition comprising it and cosmetic treatment method
US6685925B2 (en) Cosmetic and personal care compositions
US20090202465A1 (en) Neutralised cationic polymer, composition containing said polymer and a cosmetic treatment method
US5565193A (en) Hair styling compositions containing a silicone grafted polymer and low level of a volatile hydrocarbon solvent
US20070003506A1 (en) Adhesive block ethylenic copolymers, cosmetic compositions containing them and cosmetic use of these copolymers
US20070286833A1 (en) Multistage polymer composition and method of use
WO2004058837A2 (en) Ampholytic copolymer and use thereof
US20040223933A1 (en) Cosmetic polymer composition and cosmetic
US5929173A (en) Toughened grafted polymers
US6165457A (en) Personal care compositions containing toughened grafted polymers
US5686066A (en) Polyaspartic acid Zwitterionic derivatives, preparation processes thereof, hair-treating compositions and cosmetic compositions
WO2000040628A1 (en) Branched/block copolymers for treatment of keratinous substrates
WO1993023446A2 (en) Adhesive agent containing polysiloxane-grafted polymer, and cosmetic compositions thereof
JP2001288233A (en) Novel polymer and cosmetic using the same
US6074628A (en) Hairspray compositions containing silicon block copolymers
US20040191199A1 (en) Cosmetic or dermatological composition comprising at least one gradient copolymer, makeup comprising the cosmetic or dermatological composition and cosmetic method using the composition