JP2002372887A - 定着装置 - Google Patents

定着装置

Info

Publication number
JP2002372887A
JP2002372887A JP2001179171A JP2001179171A JP2002372887A JP 2002372887 A JP2002372887 A JP 2002372887A JP 2001179171 A JP2001179171 A JP 2001179171A JP 2001179171 A JP2001179171 A JP 2001179171A JP 2002372887 A JP2002372887 A JP 2002372887A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
member
fixing device
elastic member
fixing belt
fixing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001179171A
Other languages
English (en)
Inventor
Takeshi Fukuda
Yasutaka Goto
Hideki Sato
Shigeru Watanabe
秀樹 佐藤
康孝 後藤
茂 渡邊
福田  剛士
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP2001179171A priority Critical patent/JP2002372887A/ja
Publication of JP2002372887A publication Critical patent/JP2002372887A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【解決課題】 無端ベルト状に形成された定着ベルト
を、圧接部材によって加熱部材に圧接させるように構成
された定着装置において、加熱部材の熱が圧接部材を介
して逃げるのを防止し、ウオームアップ時間の短縮やコ
ストの低減が可能な定着装置を提供することを課題とす
る。 【解決手段】 内部に加熱源を有する加熱部材と、無端
ベルト状に形成された定着ベルトと、前記定着ベルトの
内部に配設され、当該定着ベルトを加熱部材の表面に圧
接させる弾性部材と非弾性部材とを有する圧接部材とを
備え、前記加熱ロールと定着ベルトの間に形成されるニ
ップ部に、未定着トナー像を担持した記録媒体を通過さ
せることにより定着を行なう定着装置において、前記圧
接部材の非弾性部材を、熱伝導率が10(W・m-1・K
-1)以下の材質で形成するように構成して課題を解決し
た。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明が属する技術分野】この発明は、電子写真方式、
静電記録方式、イオノグラフィー、磁気記録方式等の画
像形成方式を採用し、カラーや白黒の画像を形成する複
写機、プリンタ、ファクシミリ等の画像形成装置に用い
られる定着装置に関し、特に、加圧部材として無端ベル
ト状の定着ベルトを使用した定着装置において、定着ベ
ルトの内部に配設された圧接部材によって、当該定着ベ
ルトを加熱部材に圧接させるように構成した定着装置に
関するものである。

【0002】

【従来の技術】従来、上記電子写真方式等の画像形成方
式を採用した複写機やプリンタ、あるいはファクシミリ
等の画像形成装置においては、フルカラー化や高画質化
などの画質面での要求は勿論のこと、装置の小型化、長
寿命化、高生産性、省電力化、ファーストプリントアウ
トタイム(電源投入後、1枚目のプリントが可能になる
までの時間)の短縮など、様々な要求を満たすことが求
められてきている。

【0003】本出願人は、かかる複写機やプリンター等
の画像形成装置に求められるニーズに応えるべく、種々
の画像形成装置を提案してきており、例えば、特開平1
0−78686号公報に開示されているように、装置の
小型化が可能であり、しかも複雑な画像の位置ずれ防止
技術を用いることなく、高画質のカラー画像を形成する
ことが可能な画像形成装置について、既に提案してい
る。

【0004】この特開平10−78686号公報に開示
された画像形成装置は、種々の実施の形態を含むもので
あるが、その実施の形態の1つとして、2つの感光体と
1つの中間転写体とからなる単位構成体と、他の2つの
感光体と1つの中間転写体とからなる単位構成体が備え
られており、一方の2つの中間転写体は、さらにもう1
つの中間転写体に接するように構成したものが提案され
ている。ここに示された4つの感光体は共通の接線を有
しており、したがって、これらの4つの感光体の周囲に
配置された帯電装置、露光装置、現像装置、クリーニン
グ装置は、それぞれの感光体に対し同一位置に配置され
ており、各装置種類毎に装置の共通化が図られている。

【0005】この画像形成装置の場合、2つの感光体上
に形成された各トナー画像は、中間転写体に転写された
後第3の中間転写体に転写され、他方の2つの感光体上
に形成された各トナー画像は他方の中間転写体に転写さ
れた後第3の中間転写体に転写され、第3の中間転写体
に転写されたトナー画像が搬送されてきた記録用紙上に
一括して転写される。用紙上に転写されたトナー画像
は、定着装置により記録用紙上に定着される。上記中間
転写体は、ドラム型であって剛体からなるため、トナー
画像どうしの位置ずれは生じにくい。

【0006】ところで、この種の所謂タンデム型の画像
形成装置に使用される定着装置には、省電力化やファー
ストプリントアウトタイム(電源投入後、1枚目のプリ
ントが可能になるまでの時間)の短縮などの要求を満た
すことが求められる。

【0007】かかる要求に応える定着装置としては、内
部に加熱源を有する加熱ロールと、無端ベルト状に形成
された定着ベルトと、前記定着ベルトの両端部を回転自
在に支持するベルトガイド部材と、前記定着ベルトの内
部に配設されて当該定着ベルトを加熱ロールの表面に圧
接させる圧接部材とを備え、前記加熱ロールと定着ベル
トの間に形成されるニップ部に、未定着トナー像を担持
した記録媒体を通過させることにより、熱及び圧力によ
って定着処理を行なうように構成したものがある。

【0008】上記圧接部材は、加熱ロールと定着ベルト
とを所定の圧接力で圧接させるために、機械的な強度等
を考慮し、アルミニウム等の金属からなるヘッド部材
と、ゴム等からなる弾性体とを組み合わせて構成されて
いる。

【0009】この定着装置は、加圧部材がロール状の部
材ではなく、無端ベルト状に形成された定着ベルトを、
圧接部材によって加熱ロールに圧接させるように構成さ
れているので、加圧部材の熱容量を小さくすることがで
きるとともに、加熱ロールの薄肉化が可能となり、加熱
ロールを所定の定着温度に加熱するための電力を低減す
ることや時間を短縮することができ、省電力化やファー
ストプリントアウトタイム(電源投入後、1枚目のプリ
ントが可能になるまでの時間)の短縮を実現することが
可能となる。

【0010】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来技術の場合には、次のような問題点を有している。す
なわち、上記従来の画像形成装置に使用される定着装置
の場合には、加熱ロールと定着ベルトとを所定の圧接力
で圧接させるために、機械的な強度等を考慮して、圧接
部材が、アルミニウム等の金属からなるヘッド部材と、
ゴム等からなる弾性体とを組み合わせて構成されてい
る。そのため、上記定着装置においては、ウオームアッ
プ時に、加熱ロールの熱が、定着ベルトを介して、熱伝
導性の良いアルミニウム等の金属からなるヘッド部材に
逃げてしまい、ウオームアップ時間が長くなるという問
題点を有していた。また、上記定着装置においては、圧
接部材の一部であるヘッド部材が、アルミニウム等の金
属からなるため、加工が合成樹脂等に比べて困難であ
り、コストアップを招くという問題点も有していた。さ
らに、上記定着装置の場合には、圧接部材が、アルミニ
ウム等の金属からなるヘッド部材と、ゴム等からなる弾
性体とを組み合わせて構成されているため、ヘッド部材
と弾性体との組付精度等によっては、定着ベルトのニッ
プ圧力にばらつきが生じ、定着画像が乱れたり、定着不
良や紙しわが発生するという問題点を有していた。

【0011】また、上記定着装置の場合には、定着ベル
トの内部に配設された圧接部材によって、当該定着ベル
トを加熱ロールの表面に圧接させるように構成されてい
るので、圧接部材の圧力分布やニップ幅によっては、定
着処理を受ける用紙に紙しわが発生したり、定着不良が
発生するという問題点を有していた。

【0012】そこで、この発明は、上記従来技術の問題
点を解決するためになされたものであり、その目的とす
るところは、無端ベルト状に形成された定着ベルトを、
圧接部材によって加熱部材に圧接させるように構成され
た定着装置において、加熱部材の熱が圧接部材を介して
逃げるのを防止し、ウオームアップ時間の短縮やコスト
の低減が可能な定着装置を提供することにある。

【0013】また、この発明の他の目的とするところ
は、無端ベルト状に形成された定着ベルトを、圧接部材
によって加熱部材に圧接させるように構成された定着装
置において、圧接部材を改良することにより、定着画像
の乱れ、あるいは定着不良や紙しわが発生するのを防止
することが可能な定着装置を提供することにある。

【0014】

【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
め、請求項1に記載された発明は、加熱源により加熱さ
れる加熱部材と、無端ベルト状に形成された定着ベルト
と、前記定着ベルトの内部に配設され、当該定着ベルト
を加熱部材の表面に圧接させる弾性部材と非弾性部材と
を有する圧接部材とを備え、前記加熱ロールと定着ベル
トの間に形成されるニップ部に、未定着トナー像を担持
した記録媒体を通過させることにより定着を行なう定着
装置において、前記圧接部材の非弾性部材を、熱伝導率
が10(W・m-1・K-1)以下の材質で形成したことを
特徴とする定着装置である。

【0015】また、請求項2に記載された発明は、前記
圧接部材の非弾性部材を、耐熱性を有する合成樹脂で形
成したことを特徴とする請求項1に記載の定着装置であ
る。

【0016】さらに、請求項3に記載された発明は、前
記圧接部材の非弾性部材が、弾性部材の台座部を兼ねて
いることを特徴とする請求項1又は2に記載の定着装置
である。

【0017】又、請求項4に記載された発明は、前記圧
接部材の弾性部材が定着ベルトの軸方向に沿って形成す
る圧力分布を、中央部を高く、かつ端部を低く設定する
とともに、その非弾性部材が定着ベルトの軸方向に沿っ
て形成する圧力分布を、中央部を低く、かつ端部を高く
設定したことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに
記載の定着装置である。

【0018】更に、請求項5に記載された発明は、前記
圧接部材の弾性部材と非弾性部材の定着ベルトの軸方向
に沿った形状を、ともに中央部が高く、かつ端部が低く
なるように設定するとともに、中央部と端部との高さ寸
法差を、弾性部材の方が大きくなるように設定したこと
を特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の定着装
置である。

【0019】また、請求項6に記載された発明は、前記
弾性部材及び非弾性部材の中央部と端部との高さ寸法差
を、弾性部材が180μm以上、非弾性部材が180μ
m以下となるように設定したことを特徴とする請求項5
に記載の定着装置である。

【0020】さらに、請求項7に記載された発明は、前
記加熱部材と圧接部材のニップ幅を、4〜6mmに設定
したことを特徴とする請求項1乃至6のいずれかに記載
の定着装置である。

【0021】また更に、請求項8に記載された発明は、
前記圧接部材の弾性部材の幅を、3〜5mmに設定した
ことを特徴とする請求項1乃至7のいずれかに記載の定
着装置である。

【0022】さらに、請求項9に記載された発明は、前
記圧接部材の弾性部材をニップ部の入口側に、非弾性部
材をニップ部の出口側に配設するとともに、前記弾性部
材を非弾性部材側に向けて、3〜10度傾斜させたこと
を特徴とする請求項1乃至8のいずれかに記載の定着装
置である。

【0023】又、請求項10に記載された発明は、前記
圧接部材の弾性部材が非弾性部材よりも、加熱部材側に
300μm〜600μm突出していることを特徴とする
請求項1乃至9のいずれかに記載の定着装置である。

【0024】更に、請求項11に記載された発明は、前
記圧接部材の弾性部材が、硬度10〜30度(アスカー
C硬度)のゴム材料で形成されていることを特徴とする
請求項1乃至10のいずれかに記載の定着装置である。

【0025】

【発明の実施の形態】以下に、この発明の実施の形態に
ついて図面を参照して説明する。

【0026】図2はこの発明の実施の形態1に係る画像
形成装置としてのタンデム型のフルカラープリンタを示
すものである。

【0027】図2において、01はタンデム型のフルカラ
ープリンタの本体を示すものであり、このプリンタ本体
01の内部には、大別して、フルカラーの画像形成を行う
プリントヘッドデバイス(Print Head Device )02と、
このプリントヘッドデバイス02の像担持体としての4つ
の感光体ドラム11, 12, 13, 14に画像露光を施す露光装
置としてのROS(Raster Output Scanner )03と、上
記プリントヘッドデバイス02の各色の現像装置41, 42,
43, 44に対応する色のトナーを供給する4つのトナーボ
ックス04Y,04M,04C,04K と、上記プリントヘッドデバイ
ス02に記録媒体としての記録用紙Pを供給する給紙カセ
ット05と、上記プリントヘッドデバイス02からトナー像
が転写された記録用紙Pに対して、定着処理を施す定着
装置70と、この定着装置70によって片面に画像が定着さ
れた記録用紙Pを、表裏を反転した状態で、再度プリン
トヘッドデバイス02の転写部へと搬送する両面用搬送経
路07と、プリンタ本体01の外部から所望の記録用紙Pを
給紙する手差し給紙手段08と、プリンタの動作を制御す
るコントローラ09と、画像信号に対して画像処理を施す
画像処理回路や高圧電源回路等からなる電気回路10とが
設けられている。なお、図2中、Tは画像が形成された
記録用紙Pを排出する排出トイレを示すものであり、こ
の排出トイレT は、プリンタ本体01の上部に一体的に配
置されている。

【0028】上記プリンタ本体01の内部に配設される種
々の部材のうち、露光装置としてのROS03は、イエロ
ー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック
(K)の各色に対応した画像データに基づいて点灯駆動
される4つの半導体レーザや、これら4つの半導体レー
ザから出射される4本のレーザ光を、偏向走査するため
のf−θレンズやポリゴンミラー、あるいは複数枚の反
射ミラーなどから構成されている。

【0029】図3はこの発明の実施の形態1に係る画像
形成装置としてのタンデム型フルカラープリンタのプリ
ントヘッドデバイスを示すものである。尚、図3中の矢
印は、各回転部材の回転方向を示している。

【0030】このプリントヘッドデバイス02は、図3に
示すように、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン
(C)、ブラック(K)用の各感光体ドラム(像担持
体)11, 12, 13, 14を有する画像形成ユニット1, 2, 3,
4と、これら感光体ドラム11,12, 13, 14に接触する一
次帯電用の帯電ロール(接触型帯電装置)21, 22, 23,2
4と、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン
(C)、ブラック(K)の各色のレーザ光31, 32, 33,
34を照射するROS(露光装置)03(図2参照)と、上
記感光体ドラム11, 12, 13, 14上に形成された静電潜像
を、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、
ブラック(K)の各色のトナーで現像する現像装置41,
42, 43, 44と、上記4つの感光体ドラム11, 12, 13, 14
のうちの2つの感光体ドラム11, 12に接触する第1の一
次中間転写ドラム(中間転写体)51及び他の2つの感光
体ドラム13, 14に接触する第2の一次中間転写ドラム
(中間転写体)52と、上記第1、第2の一次中間転写ド
ラム51, 52に接触する二次中間転写ドラム(中間転写
体)53と、この二次中間転写ドラム53に接触する最終転
写ロール(転写部材)60とで、その主要部が構成されて
いる。

【0031】感光体ドラム11, 12, 13, 14は、共通の接
平面M を有するように一定の間隔をおいて配置されてい
る。また、第1の一次中間転写ドラム51及び第2の一次
中間転写ドラム52は、各回転軸が該感光体ドラム11, 1
2, 13, 14軸に対し平行かつ所定の対称面を境界とした
面対称の関係にあるように配置されている。さらに、二
次中間転写ドラム53は、該感光体ドラム11, 12, 13, 14
と回転軸が平行であるように配置されている。

【0032】各色毎の画像情報に応じた信号は、電気回
路10(図2参照)に配設された画像処理回路によりラス
タライジングされてROS03に入力される。このROS
03では、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン
(C)、ブラック(K)の各色のレーザ光31, 32, 33,
34が変調され、対応する色の感光体ドラム11, 12, 13,
14に照射される。

【0033】上記各感光体ドラム11, 12, 13, 14の周囲
では、周知の電子写真方式による各色毎の画像形成プロ
セスが行なわれる。まず、上記感光体ドラム11, 12, 1
3, 14としては、例えば、直径20mmのOPC感光体
を用いた感光体ドラムが用いられ、これらの感光体ドラ
ム11, 12, 13, 14は、例えば、95mm/secの回転速
度で回転駆動される。上記感光体ドラム11, 12, 13, 14
の表面は、図3に示すように、接触型帯電装置としての
帯電ロール21, 22, 23, 24に、約-840VのDC電圧を印
加することによって、例えば約-300V程度に帯電され
る。なお、上記接触型の帯電装置としては、ロールタイ
プのもの、フィルムタイプのもの、ブラシタイプのもの
等が挙げられるが、どのタイプのものを用いても良い。
この実施の形態では、近年、電子写真装置で一般に使用
されている帯電ロールを採用している。また、感光体ド
ラム11, 12, 13, 14の表面を帯電させるために、この実
施の形態では、DCのみ印加の帯電方式をとっている
が、AC+DC印加の帯電方式を用いても良い。

【0034】その後、感光体ドラム11, 12, 13, 14の表
面には、露光装置としてのROS03によってイエロー
(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック
(K)の各色に対応したレーザ光31, 32, 33, 34が照射
され、各色毎の入力画像情報に応じた静電潜像が形成さ
れる。感光体ドラム11, 12, 13, 14は、ROS03で静電
潜像が書き込まれた際に、その画像露光部の表面電位は
-60 V以下程度にまで除電される。

【0035】また、上記感光体ドラム11, 12, 13, 14の
表面に形成されたイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シ
アン(C)、ブラック(K)の各色に対応した静電潜像
は、対応する色の現像装置41, 42, 43, 44によって現像
され、感光体ドラム11, 12,13, 14上にイエロー
(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック
(K)の各色のトナー像として可視化される。

【0036】この実施の形態では、現像装置41, 42, 4
3, 44として、磁気ブラシ接触型の二成分現像方式を採
用しているが、この発明の適用範囲はこの現像方式に限
定されるものではなく、非接触型の現像方式においても
この発明を充分に適用することができることは勿論であ
る。

【0037】現像装置41, 42, 43, 44には、それぞれ色
の異なったイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン
(C)、ブラック(K)色のトナーと、キャリアからな
る現像剤が充填されている。これらの現像装置41, 42,
43, 44には、図2に示すように、対応する色のトナーボ
ックス04Y,04M,04C,04K からトナーが補給されると、こ
の補給されたトナーは、オーガー404 で充分にキャリア
と攪拌されて摩擦帯電される。現像ロール401 の内部に
は、複数の磁極を所定の角度に配置したマグネットロー
ル(不図示)が固定した状態で配置されている。この現
像ロール401 に現像剤を搬送するパドル403 によって、
当該現像ロール401 の表面近傍に搬送された現像剤は、
現像剤量規制部材402 によって現像部に搬送される量が
規制される。この実施の形態では、上記現像剤の量は、
30〜50g/m2 であり、また、このとき現像ロール401
上に存在するトナーの帯電量は、概ね-20 〜35μC/g
程度である。

【0038】上記現像ロール401 上に供給されたトナー
は、マグネットロールの磁力によって、キャリアとトナ
ーで構成された磁気ブラシ状となっており、この磁気ブ
ラシが感光体ドラム11, 12, 13, 14と接触している。こ
の現像ロール401 にAC+DCの現像バイアス電圧を印加し
て、現像ロール401 上のトナーを感光体ドラム11, 12,
13, 14上に形成された静電潜像に現像することにより、
トナー像が形成される。この実施の形態では、例えば、
現像バイアス電圧のAC成分が4 kHz、1.5 kVppで、
DC成分が-230V程度に設定されている。

【0039】この実施の形態では、上記現像装置41, 4
2, 43, 44において、トナーとして略球形状のトナーで
ある所謂”球形トナー”であって、その平均粒径が3〜
10μm程度のものが使用され、例えば、ブラック色の
トナーの平均粒径は8μm、カラートナーの平均粒径は
7μmに設定される。

【0040】次に、上記各感光体ドラム11, 12, 13, 14
上に形成されたイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シア
ン(C)、ブラック(K)の各色のトナー像は、第1の
一次中間転写ドラム51及び第2の一次中間転写ドラム52
上に、静電的に二次転写される。感光体ドラム11, 12上
に形成されたイエロー(Y)およびマゼンタ(M)色の
トナー像は、第1の一次中間転写ドラム51上に、感光体
ドラム13, 14上に形成されたシアン(C)、ブラック
(K)色のトナー像は、第2の一次中間転写ドラム52上
に、それぞれ転写される。従って、第1の一次中間転写
ドラム51上には、感光体ドラム11または12のどちらから
転写された単色像と、感光体ドラム11及び12の両方から
転写された2色のトナー像が重ね合わされた二重色像が
形成されることになる。また、第2の一次中間転写ドラ
ム52上にも、感光体ドラム13,14 から同様な単色像と二
重色像が形成される。

【0041】上記第1及び第2の一次中間転写ドラム5
1,52 上に感光体ドラム11,12,13,14からトナー像を静電
的に転写するために必要な表面電位は、+250〜500 V程
度である。この表面電位は、トナーの帯電状態や雰囲気
温度、湿度によって最適値に設定されることになる。こ
の雰囲気温度や湿度は、雰囲気温度や湿度によって抵抗
値が変化する特性を持った部材の抵抗値を検知すること
で簡易的に知ることが可能である。上述のように、トナ
ーの帯電量が-20 〜35μC/g の範囲内にあり、常温常
湿環境下にある場合には、第1及び第2の一次中間転写
ドラム51,52 の表面電位は、+380V程度が望ましい。

【0042】この実施の形態で用いる第1、第2の一次
中間転写ドラム51, 52は、例えば、外径が42mmに形成
され、抵抗値は108 Ω程度に設定される。第1、第2
の一次中間転写ドラム51, 52は、単層、あるいは複数層
からなる表面が可撓性、もしくは弾性を有する円筒状の
回転体であり、一般的にはFeやAl等からなる金属製
コアとしての金属パイプの上に、導電性シリコーンゴム
等で代表される低抵抗弾性ゴム層(R=102 〜103 Ω)
が、厚さ0.1 〜10mm程度に設けられている。更に、第
1、第2の中間転写ドラム51, 52の最表面は、代表的に
はフッ素樹脂微粒子を分散させたフッ素ゴムを厚さ3 〜
100 μmの高離型層(R=105 〜109 Ω)として形成
し、シランカップリング剤系の接着剤(プライマ)で接
着されている。ここで重要なのは、抵抗値と表面の離型
性であり、高離型層の抵抗値がR=10 5 〜109 Ω程度で
あり、高離型性を有する材料であれば、特に材料は限定
されない。

【0043】このように第1、第2の一次中間転写ドラ
ム51, 52上に形成された単色又は二重色のトナー像は、
二次中間転写ドラム53上に静電的に3次転写される。従
って、二次中間転写ドラム53上には、単色像からイエロ
ー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック
(K)色の四重色像までの最終的なトナー像が形成され
ることになる。

【0044】この二次中間転写ドラム53上へ第1及び第
2の一次中間転写ドラム51,52 からトナー像を静電的に
転写するために必要な表面電位は、+600〜1200V程度で
ある。この表面電位は、感光体ドラム11, 12, 13, 14か
ら第1の一次中間転写ドラム51及び第2の一次中間転写
ドラム52へ転写するときと同様に、トナーの帯電状態や
雰囲気温度、湿度によって最適値に設定されることにな
る。また、転写に必要なのは、第1及び第2の一次中間
転写ドラム51,52 と二次中間転写ドラム53との間の電位
差であるので、第1及び第2の一次中間転写ドラム51,5
2 の表面電位に応じた値に設定することが必要である。
上述のように、トナーの帯電量が-20 〜35μC/g の範
囲内にあり、常温常湿環境下であって、第1及び第2の
一次中間転写ドラム51,52 の表面電位が+380V程度の場
合には、二次中間転写ドラム53の表面電位は、+880V程
度、つまり第1及び第2の一次中間転写ドラム51,52 と
二次中間転写ドラム53との間の電位差は、+500V程度に
設定することが望ましい。

【0045】この実施の形態で用いる二次中間転写ドラ
ム53は、例えば、外径が第1及び第2の一次中間転写ド
ラム51,52 と同じ42mmに形成され、抵抗値は1011Ω
程度に設定される。また、上記二次中間転写ドラム53も
第1、第2の一次中間転写ドラム51, 52と同様、単層、
あるいは複数層からなる表面が可撓性、もしくは弾性を
有する円筒状の回転体であり、一般的にはFeやAl等
からなる金属製コアとしての金属パイプの上に、導電性
シリコーンゴム等で代表される低抵抗弾性ゴム層(R=
102 〜103 Ω)が、厚さ0.1 〜10mm程度に設けられてい
る。更に、二次中間転写ドラム53の最表面は、代表的に
はフッ素樹脂微粒子を分散させたフッ素ゴムを厚さ3 〜
100 μmの高離型層として形成し、シランカップリング
剤系の接着剤(プライマ)で接着されている。ここで、
二次中間転写ドラム53の抵抗値は、第1及び第2の一次
中間転写ドラム51,52 よりも高く設定する必要がある。
そうしないと、二次中間転写ドラム53が第1及び第2の
一次中間転写ドラム51,52を帯電してしまい、第1及び
第2の一次中間転写ドラム51,52 の表面電位の制御が難
しくなる。このような条件を満たす材料であれば、特に
材料は限定されない。

【0046】次に、上記二次中間転写ドラム53上に形成
された単色像から四重色像までの最終的なトナー像は、
最終転写ロール60によって、用紙搬送路を通る用紙Pに
3次転写される。この用紙Pは、不図示の紙送り工程を
経て用紙搬送ロール90を通過し、二次中間転写ドラム53
と最終転写ロール60のニップ部に送り込まれる。この最
終転写工程の後、用紙上に形成された最終的なトナー像
は、定着装置70によって定着され、一連の画像形成プロ
セスが完了する。

【0047】ところで、この実施の形態に係る定着装置
は、内部に加熱源を有する加熱部材と、無端ベルト状に
形成された定着ベルトと、前記定着ベルトの内部に配設
され、当該定着ベルトを加熱部材の表面に圧接させる弾
性部材と非弾性部材とからなる圧接部材とを備え、前記
加熱ロールと定着ベルトの間に形成されるニップ部に、
未定着トナー像を担持した記録媒体を通過させることに
より定着を行なう定着装置において、前記圧接部材の非
弾性部材を、熱伝導率が10(W・m-1・K-1)以下の
材質で形成するように構成されている。

【0048】上記圧接部材の非弾性部材は、例えば、耐
熱性を有する合成樹脂で形成され、この圧接部材の非弾
性部材が、弾性部材の台座部を兼ねるように構成しても
良い。

【0049】図4はこの実施の形態に係る定着装置の外
観を示す斜視図、図1はこの実施の形態に係る定着装置
を示す断面図である。

【0050】この実施の形態に係る定着装置70は、図1
に示すように、内部に加熱源701 を有する加熱部材とし
ての加熱ロール702 と、無端ベルト状の定着ベルト703
と、前記定着ベルト703 が回転自在となるように当該定
着ベルト703 の両端を支持するベルトガイド部材704
と、前記定着ベルト703 の内部に配設され、当該定着ベ
ルト703 を加熱ロール702 の表面に圧接させる弾性部材
と非弾性部材とからなる圧接部材705 と、前記定着ベル
ト703 の内面にオイルを供給するオイル供給部材として
のフェルト部材706 とを備えるように構成されている。
なお、図1中、750 は定着装置70の出口ロールを示して
いる。

【0051】上記加熱ロール702 は、鉄やステンレス等
からなる薄肉円筒状の芯金と、当該芯金の表面に被覆さ
れたシリコンゴム等からなる肉厚0.65mm程度の弾
性層と、当該弾性層の表面の被覆されたPFA等からな
る肉厚30μm程度の離型層とから構成されている。ま
た、上記加熱ロール702 の内部には、加熱源として60
0Wのハロゲンランプ701 が配設されている。

【0052】また、上記定着ベルト703 は、ポリイミド
等の合成樹脂によって、外径が30mm、肉厚が75μ
mの無端ベルト状に形成されており、必要に応じて、表
面にPFA等からなる離型層が設けられる。

【0053】さらに、上記ベルトガイド部材704 は、図
5及び図6に示すように、ベルトフレーム708 の両端部
に互いに平行に突設された嵌合部708aに嵌合された状態
で、ベルトハウジング707 の両端部に装着されるように
なっている。

【0054】この圧接部材705 は、図5及び図6に示す
ように、合成樹脂製のベルトハウジング707 と、当該ベ
ルトハウジング707 に嵌合状態に装着される断面略コ字
形状の金属製のベルトフレーム708 と、定着ベルト703
を加熱ロール702 に圧接させるための非弾性部材として
のニップヘッド部材709 と、当該ニップヘッド部材709
に装着される弾性部材としてのパッド部材710 とから、
主に構成されている。

【0055】上記圧接部材の非弾性部材としてのニップ
ヘッド部材709 は、熱伝導率が10(W・m-1・K-1
以下の耐熱性を有する合成樹脂で形成されている。この
ニップヘッド部材は、例えば、LCP、PET、PP
S、PBT、PES等の合成樹脂によって形成される。
これらの材料の熱伝導率は、図7に示すとおりであり、
参考までにアルミニウムの成型品の熱伝導率を示す。ア
ルミニウムの成型品からなるニップヘッド部材の熱伝導
率は、96(W・m-1・K-1)と非常に大きく、本発明
者らの検討によれば、ニップヘッド部材の熱伝導率が1
0(W・m-1・K -1)以下であれば、アルミニウムに比
べてウオームアップ時間の短縮が可能となる。また、上
記ニップヘッド部材の材質は、熱伝導率以外に、成型性
や耐熱性、あるいは硬さ・形状の維持性・コスト等を考
慮して選択されるが、この実施の形態では、成型性や耐
熱性等を考慮して、LCPが使用されている。なお、耐
熱温度としては、200℃以上であることが望ましい。

【0056】また、上記圧接部材705 のニップヘッド部
材709 は、図8乃至図10に示すように、細長い略直方
体状に形成されているとともに、その上面には、パッド
部材710 を嵌合するための凹所720 が長手方向に沿って
設けられている。また、上記ニップヘッド部材709 は、
その幅方向の一端部に、加熱ロール702 に圧接する所定
の幅の圧接部721 が、直線状に形成されており、この圧
接部721 は、ニップヘッド部材709 の表面から所定量だ
け突出するようになっている。さらに、上記ニップヘッ
ド部材709 の圧接部721 は、そのニップ部の出口側の部
分722 がR形状に湾曲させて形成されている。

【0057】また、上記ニップヘッド部材709 の圧接部
721 は、その上面が定着ベルト703の軸方向に沿って平
坦に形成されている訳ではなく、当該圧接部721 の上面
は、中央部が高く、両端部が低くなるように、上向きに
凸形状となるよう湾曲した形状になるように構成されて
いる。

【0058】さらに、上記パッド部材710 は、図9及び
図10に示すように、ニップヘッド部材709 の凹所720
に嵌合された状態で配設されており、当該ニップヘッド
部材709 は、パッド部材710 の台座部を兼ねるように構
成されている。このパッド部材710 は、図9に示すよう
に、薄い金属板723 上に接着された細長い直方体状に形
成された弾性体724 とから構成されている。パッド部材
710 の弾性体724 は、硬度が10〜30度(アスカーC
硬度)のゴム材料で形成されており、例えば、シリコン
ゴム等からなるものが用いられる。また、上記パッド部
材710 の金属板723 の両端部には、ニップヘッド部材70
9 の凹所720 の両端部に形成された溝725 に嵌合される
凸片726 が設けられている。なお、図10中、パッド部
材710 の金属板723 は、ニップヘッド部材709 の凹所72
0 から中央部が浮き上がった状態に図示されているが、
ニップヘッド部材709 及びパッド部材710 を加熱ロール
702 に圧接させた状態では、当該金属板723 はニップヘ
ッド部材709 の凹所720 の底面に密着した状態となる。

【0059】また、上記パッド部材710 は、加熱ロール
702 の表面に圧接した際の圧力分布が、定着ベルト703
の軸方向に沿って均一に形成されている訳ではなく、当
該パッド部材710 の圧力分布は、中央部が高く、両端部
が低くなるように、上向きに凸形状となるよう湾曲した
形状に設定されている。そのため、上記パッド部材710
は、中央部が厚く、両端部が薄くなるように形成しても
良いが、この実施の形態では、パッド部材710 の精度や
製造コスト等を考慮して、当該パッド部材710が装着さ
れるニップヘッド部材709 の凹所720 の底面を、定着ベ
ルト709 の軸方向に沿って、中央部が高く、両端部が低
くなるように設定されている。

【0060】さらに、上記パッド部材709 は、ニップ部
の出口側に位置するニップヘッド部材709 の圧接部721
側に傾斜した状態で、ニップヘッド部材709 に取り付け
られている。そのため、上記ニップヘッド部材709 の凹
所720 の底面は、図8(e)に示すように、幅方向に沿
って、圧接部721 側が低く、当該圧接部721 と反対側が
高くなるよう傾斜した状態で形成されている。このパッ
ド部材710 は、例えば、ニップ部の出口側に向けて、3
〜10度傾斜させた状態で取り付けられる。

【0061】上記の如く構成されるニップヘッド部材70
9 とパッド部材710 が、図1に示すように、加熱ロール
702 の表面に圧接した際に形成されるニップ部の幅は、
ニップヘッド部材709 の圧接部721 及びパッド部材710
の弾性体724 の幅によって決定されるが、これらニップ
ヘッド部材709 の圧接部721 及びパッド部材710 のニッ
プ幅は、例えば、4〜6mmに設定するのが望ましい。
また、上記パッド部材710 の弾性部体724 の幅は、例え
ば、3〜5mmに設定するのが望ましい。

【0062】さらに、上記パッド部材710 は、ニップヘ
ッド部材709 の圧接部721 よりも、加熱ロール702 側に
突出した状態で取り付けられるが、このパッド部材710
の突出量は、例えば、300μm〜600μmに設定す
るのが、望ましい。

【0063】また、上記オイル供給部材としてのフェル
ト部材706 は、例えば、ノーメックス(商品名)からな
り、当該フェルト部材706 には、粘度300csのアミ
ノSiオイル等からなるオイルが、2.0g程度含浸さ
れている。このフェルト部材706 は、図1及び図6に示
すように、ベルトフレーム708 の背面側に接着等の手段
によって固定した状態で取り付けられている。

【0064】さらに、上記圧接部材705 は、図11に示
すように、ベルトガイド部材704 を介して、アーム部材
717 に取り付けられており、このアーム部材717 は、コ
イルスプリング718 によって圧接部材705 を加熱ロール
702 に所定の圧力で圧接させるように構成されている。
なお、図6及び図11中、719 は定着ベルト 703と0圧
接部材705 との間に介在される合成樹脂製のフィルム状
のシート部材を示しており、やはり、定着ベルト703 と
圧接部材705 との間の摩擦を低減するものであるが、必
ずしも設けなくとも良い。

【0065】以上の構成において、この実施の形態に係
る定着装置では、次のようにして、無端ベルト状に形成
された定着ベルトを、圧接部材によって加熱部材に圧接
させるように構成された定着装置において、加熱部材の
熱が圧接部材を介して逃げるのを防止し、ウオームアッ
プ時間の短縮やコストの低減が可能となっている。

【0066】また、この実施の形態に係る定着装置で
は、次のようにして、無端ベルト状に形成された定着ベ
ルトを、圧接部材によって加熱部材に圧接させるように
構成された定着装置において、圧接部材を改良すること
により、定着画像の乱れ、あるいは定着不良や紙しわが
発生するのを防止することが可能となっている。

【0067】すなわち、この実施の形態に係る定着装置
70では、図1に示すように、内部に加熱源701 を有する
加熱ロール702 と、無端ベルト状に形成された定着ベル
ト703 と、前記定着ベルト703 が回転自在となるように
当該定着ベルト703 の両端を支持するベルトガイド部材
704 と、前記定着ベルト703 の内部に配設され、前記加
熱ロール702 の表面に定着ベルト703 を圧接させる圧接
部材705 と、前記定着ベルト703 の内面にオイルを供給
するフェルト部材706 とを備え、前記加熱ロール702 と
定着ベルト703 の間に形成されるニップ部に、未定着ト
ナー像を担持した記録媒体P を通過させることにより定
着を行なうようになっている。

【0068】ところで、上記定着装置70では、図1に示
すように、定着ベルト703 の内部に配設された圧接部材
705 によって、当該定着ベルト703 を加熱ロール702 の
表面に圧接させ、前記加熱ロール702 と定着ベルト703
の間に形成されるニップ部に、未定着トナー像を担持し
た記録媒体P を通過させることにより、加熱ロール702
によって未定着トナー像を加熱溶融させるとともに、加
熱ロール702 と定着ベルト703 との圧接力によって、加
熱溶融されたトナー像を記録媒体P 上に定着させ、永久
画像を得るように構成されている。

【0069】その際、上記加熱ロール702 と定着ベルト
703 との圧接力は、定着ベルト703を加熱ロール702 の
表面に圧接させる圧接部材705 によって決定される。こ
の圧接部材705 は、非弾性部材としてのニップヘッド部
材709 と、弾性部材としてのパッド部材710 とを備える
ように構成されている。

【0070】ところで、この実施の形態では、ニップヘ
ッド部材709 が、アルミニウム等の金属からなるのでは
なく、合成樹脂であるLCPによって形成されており、
このLCP樹脂の熱伝導率は、図7に示すように、0.
2〜0.4であって、アルミニウムの成型品の熱伝導率
である96(W・m-1・K-1)に比べて、非常に小さな
値となっている。そのため、ウオームアップ時に、加熱
ロール702 をハロゲンランプ701 によって所定の温度ま
で加熱する際に、当該加熱ロール702 の熱が定着ベルト
703 を介して、ニップヘッド部材709 側に逃げるのを大
幅に低減することができ、ウオームアップ時間の短縮が
可能となる。

【0071】また、この実施の形態では、ニップヘッド
部材709 の圧接部721 は、その上面が定着ベルト703 の
軸方向に沿って平坦に形成されている訳ではなく、当該
圧接部721 の上面は、中央部が高く、両端部が低くなる
ように、上向きに凸形状となるよう湾曲した形状に形成
されている。さらに、上記パッド部材710 は、加熱ロー
ル702 の表面に圧接した際の圧力分布が、定着ベルト70
3 の軸方向に沿って均一に形成されている訳ではなく、
当該パッド部材710 の圧力分布は、中央部が高く、両端
部が低くなるように、上向きに凸形状となるよう湾曲し
た形状に設定されている。

【0072】そこで、本発明者らは、図5に示すような
定着装置を試作し、ニップヘッド部材709 とパッド部材
710 の圧力分布を、中央部と端部との圧力比を変化させ
た場合に、紙しわの発生率がどのように変化するかを確
認する実験を行なった。

【0073】なお、実験は、富士ゼロックス社製の薄紙
であるS紙を使用し、紙しわに対してストレスの高い両
面走行によって行なった。

【0074】図12は上記実験の結果を示すものであ
り、この図12から明らかなように、ニップヘッド部材
709 の圧力分布は、中央部が低く、両端部が高い方が、
紙しわの発生がなく良好であり、パッド部材710 の圧力
分布は、中央部が高く、両端部が低い方が、紙しわの発
生がなく、良好であることがわかる。

【0075】次に、本発明者らは、図5に示すような定
着装置を試作し、ニップヘッド部材709 とパッド部材71
0 によって決定されるニップ幅を変化させた場合に、紙
しわの発生率及び定着性能がどのように変化するかを確
認する実験を行なった。

【0076】なお、実験は、富士ゼロックス社製の薄紙
であるS紙を使用し、紙しわに対してストレスの高い両
面走行によって行なった。

【0077】図13は上記実験の結果を示すものであ
り、この図13から明らかなように、ニップヘッド部材
790 とパッド部材710 によって決定されるニップ幅は、
4〜6mmであれば、紙しわの発生率及び定着性能とも
に、良好であることが分かる。

【0078】さらに、本発明者らは、図5に示すような
定着装置を試作し、ニップヘッド部材709 とパッド部材
710 によって決定されるニップ幅と、パッド部材710 の
傾斜角度を変化させた場合に、定着ベルト703 の軸方向
に沿って、圧力分布及びニップ幅がどのように変化する
かを確認する実験を行なった。

【0079】図14及び図15は上記実験の結果を示す
ものであり、図14及び図15から明らかなように、パ
ッド部材710 の傾斜角度を大きくすると、定着ベルト70
3 の軸方向に沿った圧力分布が、W字型になる傾向があ
るが、ニップヘッド部材709の剛性を高くして撓みを小
さくすれば、W字型になる傾向を低減でき、ニップ幅
は、4mmに設定し、傾斜角度は、10度に設定するの
が良いことがわかる。

【0080】また更に、本発明者らは、図5に示すよう
な定着装置を試作し、パッド部材710 の傾斜角度0°と
パッド幅5mmの組み合わせと、パッド部材710 の傾斜
角度10°とパッド幅4mmの組み合わせを使用し、ニ
ップヘッド部材709 に対するパッド部材710 の飛び出し
量を変化させた場合に、ニップ幅がどのように変化する
かを確認する実験を行なった。

【0081】図16は上記実験の結果を示すものであ
り、図16から明らかなように、パッド部材710 の傾斜
角度を0°よりも10°に設定することにより、ニップ
幅の変動を低減できることがわかる。このニップ幅の変
動は、ニップヘッド部材709 及びパッド部材710 の圧接
力に直接影響を与えるため、極力抑えるのが望ましい。

【0082】さらに、本発明者らは、図5に示すような
定着装置を試作し、ニップヘッド部材709 の圧接部721
とパッド部材710 の高さ寸法の差を変化させた場合に、
剥離不良率やカールしわがどのように変化するかを確認
する実験を行なった。

【0083】なお、剥離不良テストは、富士ゼロックス
社製の薄紙であるS紙を使用し、用紙先端の2mmの位
置に、高像密度画像を配して行なった。また、カールし
わテストは、富士ゼロックス社製の薄紙であるS紙(白
紙)を使用し、ハイグロスモード(半速定着により高
温)で実施した。

【0084】図17は上記実験の結果を示すものであ
り、図17から明らかなように、パッド部材710 の傾斜
角度を0°よりも10°に設定することにより、高さ寸
法差が300〜600μmの場合に、剥離不良率が0%
であり、しかもカールしわの発生を防止できることがわ
かる。

【0085】以上のように、上記実施の形態では、ニッ
プヘッド部材709 を、合成樹脂であるLCPによって形
成することにより、ウオームアップ時に、加熱ロール70
2 をハロゲンランプ701 によって所定の温度まで加熱す
る際に、当該加熱ロール702の熱が定着ベルト703 を介
して、ニップヘッド部材709 側に逃げるのを大幅に低減
することができ、ウオームアップ時間の短縮が可能とな
る。また、上記ニップヘッド部材709 は、合成樹脂であ
るLCPによって形成されているので、成型加工が容易
であり、コストの低減が可能となる。

【0086】また、上記ニップヘッド部材709 とパッド
部材710 の位置関係は、非常に重要となるが、ニップヘ
ッド部材709 がパッド部材710 の台座を兼ねることによ
り、両者の位置関係のばらつきを小さく抑えることがで
き、がたつきも防ぐことができるため、信頼性及び安定
性が向上する。また、部品点数が減少することによっ
て、コスト低減が可能となる。

【0087】さらに、上記パッド部材710 が定着ベルト
703 の軸方向に沿って形成する圧力分布を、上方に向け
て凸状に設定するとともに、ニップヘッド部材709 が定
着ベルト703 の軸方向に沿って形成する圧力分布を、下
方に向けて凸状に設定することにより、紙しわの発生を
確実に防止することができる。

【0088】また、加熱ロール702 とニップヘッド部材
709 及びパッド部材710 のニップ幅を、4〜6mmに設
定することにより、紙しわの発生を防止しつつ、十分な
定着性を得ることができる。

【0089】更に、パッド部材710 をニップ部の入口側
に、ニップヘッド部材709 をニップ部の出口側に配設す
るとともに、前記パッド部材710 をニップヘッド部材70
9 側に向けて、3〜10度傾斜させることにより、ニッ
プ幅を安定させることができ、安定した定着性を得るこ
とができる。

【0090】又、パッド部材710 がニップヘッド部材70
9 よりも、加熱ロール702 側に300μm〜600μm
突出するように設定することにより、良好な定着性を得
ることができ、しかも紙しわの発生を防止できる。

【0091】実施の形態2 図18はこの発明の実施の形態2を示すものであり、こ
の実施の形態2では、前記圧接部材の弾性部材と非弾性
部材が定着ベルトの軸方向に沿って形成する圧力分布
を、ともに上方に向けて凸状に設定するとともに、中央
部と端部との高さ寸法差を、弾性部材の方が大きくなる
ように設定されている。また、この実施の形態2では、
前記弾性部材及び非弾性部材の中央部と端部との高さ寸
法差を、弾性部材が180μm以上、非弾性部材が18
0μm以下となるように設定されている。

【0092】本発明者らは、図5に示すような定着装置
を試作し、ニップヘッド部材709 とパッド部材710 の中
央部と端部との高さ寸法差を、種々変化させて、定着ベ
ルト703 の軸方向に沿った圧力分布を測定する実験を行
なった。

【0093】なお、本発明者らの検討の結果、定着ベル
ト703 の軸方向に沿った圧力分布は、両端部の圧力が高
い方が望ましい。

【0094】図18は上記実験の条件及び実験結果を示
すものである。

【0095】この図18から明らかなように、定着ベル
ト703 の軸方向に沿った圧力分布は、両端部の圧力が高
い方が望ましく、両端部の圧力値が共に80を超えるの
は、水準2と3の場合のみであり、パッド部材710 及び
ニップヘッド部材709 の中央部と端部との高さ寸法差
を、パッド部材710 が180μm以上、ニップヘッド部
材709 が180μm以下となるように設定するのが望ま
しい。

【0096】また、前記圧接部材の弾性部材であるパッ
ド部材710 は、硬度10〜30度(アスカーC硬度)の
ゴム材料で形成するのが望ましい。

【0097】パッド部材710 の硬度が10度未満の場合
には、経時により硬度変化が起こり、使用不可であり、
また、軟らかすぎて、形状が崩れやすいため、好ましく
ない。また、硬度が30度を超える場合には、難いた
め、高さ寸法の寸法ずれが、圧力に与える影響が大き
く、硬度20度の場合で、許容できる高さ寸法公差が±
50μmであり、硬度が30度を超えると、高さ寸法公
差がこれを上回るため、量産性に適さない。ここでは、
量産性を確保できる硬度20度のものを用いている。

【0098】

【発明の効果】以上述べたように、この発明によれば、
無端ベルト状に形成された定着ベルトを、圧接部材によ
って加熱部材に圧接させるように構成された定着装置に
おいて、加熱部材の熱が圧接部材を介して逃げるのを防
止し、ウオームアップ時間の短縮やコストの低減が可能
な定着装置を提供することができる。

【0099】また、この発明によれば、無端ベルト状に
形成された定着ベルトを、圧接部材によって加熱部材に
圧接させるように構成された定着装置において、圧接部
材を改良することにより、定着画像の乱れ、あるいは定
着不良や紙しわが発生するのを防止することが可能な定
着装置を提供することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】 図1はこの発明の実施の形態1に係る定着装
置を示す断面図である。

【図2】 図2はこの発明の実施の形態1に係る画像形
成装置としてのタンデム型フルカラープリンタを示す全
体構成図である。

【図3】 図3はこの発明の実施の形態1に係る画像形
成装置としてのタンデム型フルカラープリンタのプリン
トヘッドデバイスを示す構成図である。

【図4】 図4は定着装置を示す外観斜視図である。

【図5】 図5は圧接部材を示す外観斜視図である。

【図6】 図6は圧接部材を示す分解斜視図である。

【図7】 図7は圧接部材を構成する材料の熱導電度を
示す図表である。

【図8】 図8は圧接部材を示す構成図である。

【図9】 図9は圧接部材を示す分解斜視図である。

【図10】 図10は圧接部材を示す斜視図である。

【図11】 図11はこの発明の実施の形態1に係る定
着装置を示す構成図である。

【図12】 図12は紙しわの発生率を示す図表であ
る。

【図13】 図13は紙しわの発生率を示す図表であ
る。

【図14】 図14は軸方向の位置における圧力分布を
示すグラフである。

【図15】 図15は軸方向の位置におけるニップ幅を
示すグラフである。

【図16】 図16は圧力ヘッドに対するニップ部材の
飛び出し量とニップ幅との関係を示すグラフである。

【図17】 図17はニップヘッド部材の圧接部とパッ
ド部材の高さ寸法と剥離不良率等との関係を示す図表で
ある。

【図18】 図18はニップヘッド部材の圧接部とパッ
ド部材の高さ寸法と圧力分布との関係を示すグラフであ
る。

【符号の説明】

70:定着装置、701 :加熱源、702 :加熱ロール、703
:定着ベルト、704 :ベルトガイド部材、 705:圧接
部材、709 :ニップヘッド部材、710 :パッド部材。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 佐藤 秀樹 埼玉県岩槻市府内3丁目7番1号 富士ゼ ロックス株式会社内 (72)発明者 福田 剛士 埼玉県岩槻市府内3丁目7番1号 富士ゼ ロックス株式会社内 Fターム(参考) 2H033 AA21 AA30 BA11 BA12 BB33 BB34

Claims (11)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 加熱源により加熱される加熱部材と、無
    端ベルト状に形成された定着ベルトと、前記定着ベルト
    の内部に配設され、当該定着ベルトを加熱部材の表面に
    圧接させる弾性部材と非弾性部材とを有する圧接部材と
    を備え、前記加熱ロールと定着ベルトの間に形成される
    ニップ部に、未定着トナー像を担持した記録媒体を通過
    させることにより定着を行なう定着装置において、 前記圧接部材の非弾性部材を、熱伝導率が10(W・m
    -1・K-1)以下の材質で形成したことを特徴とする定着
    装置。
  2. 【請求項2】 前記圧接部材の非弾性部材を、耐熱性を
    有する合成樹脂で形成したことを特徴とする請求項1に
    記載の定着装置。
  3. 【請求項3】 前記圧接部材の非弾性部材が、弾性部材
    の台座部を兼ねていることを特徴とする請求項1又は2
    に記載の定着装置。
  4. 【請求項4】 前記圧接部材の弾性部材が定着ベルトの
    軸方向に沿って形成する圧力分布を、中央部を高く、か
    つ端部を低く設定するとともに、その非弾性部材が定着
    ベルトの軸方向に沿って形成する圧力分布を、中央部を
    低く、かつ端部を高く設定したことを特徴とする請求項
    1乃至3のいずれかに記載の定着装置。
  5. 【請求項5】 前記圧接部材の弾性部材と非弾性部材の
    定着ベルトの軸方向に沿った形状を、ともに中央部が高
    く、かつ端部が低くなるように設定するとともに、中央
    部と端部との高さ寸法差を、弾性部材の方が大きくなる
    ように設定したことを特徴とする請求項1乃至3のいず
    れかに記載の定着装置。
  6. 【請求項6】 前記弾性部材及び非弾性部材の中央部と
    端部との高さ寸法差を、弾性部材が180μm以上、非
    弾性部材が180μm以下となるように設定したことを
    特徴とする請求項5に記載の定着装置。
  7. 【請求項7】 前記加熱部材と圧接部材のニップ幅を、
    4〜6mmに設定したことを特徴とする請求項1乃至6
    のいずれかに記載の定着装置。
  8. 【請求項8】 前記圧接部材の弾性部材の幅を、3〜5
    mmに設定したことを特徴とする請求項1乃至7のいず
    れかに記載の定着装置。
  9. 【請求項9】 前記圧接部材の弾性部材をニップ部の入
    口側に、非弾性部材をニップ部の出口側に配設するとと
    もに、前記弾性部材を非弾性部材側に向けて、3〜10
    度傾斜させたことを特徴とする請求項1乃至8のいずれ
    かに記載の定着装置。
  10. 【請求項10】 前記圧接部材の弾性部材が非弾性部材
    よりも、加熱部材側に300μm〜600μm突出して
    いることを特徴とする請求項1乃至9のいずれかに記載
    の定着装置。
  11. 【請求項11】 前記圧接部材の弾性部材が、硬度10
    〜30度(アスカーC硬度)のゴム材料で形成されてい
    ることを特徴とする請求項1乃至10のいずれかに記載
    の定着装置。
JP2001179171A 2001-06-13 2001-06-13 定着装置 Pending JP2002372887A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001179171A JP2002372887A (ja) 2001-06-13 2001-06-13 定着装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001179171A JP2002372887A (ja) 2001-06-13 2001-06-13 定着装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002372887A true JP2002372887A (ja) 2002-12-26

Family

ID=19019771

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001179171A Pending JP2002372887A (ja) 2001-06-13 2001-06-13 定着装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002372887A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006058527A (ja) * 2004-08-19 2006-03-02 Fuji Xerox Co Ltd 定着装置及び画像形成装置
JP2007279314A (ja) * 2006-04-05 2007-10-25 Fuji Xerox Co Ltd 定着装置及びこれを用いた画像形成装置並びに加圧パッド
JP2007322486A (ja) * 2006-05-30 2007-12-13 Fuji Xerox Co Ltd 画像形成装置、定着装置、及び定着ユニット
JP2008096633A (ja) * 2006-10-11 2008-04-24 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置および画像形成装置
JP2008107390A (ja) * 2006-10-23 2008-05-08 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置および画像形成装置
JP2010066475A (ja) * 2008-09-10 2010-03-25 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置および画像形成装置
JP2010197492A (ja) * 2009-02-23 2010-09-09 Konica Minolta Business Technologies Inc 押圧部材、定着装置および画像形成装置
CN101900982A (zh) * 2009-05-28 2010-12-01 柯尼卡美能达商用科技株式会社 定影装置和图像形成装置
CN102193450A (zh) * 2010-03-18 2011-09-21 株式会社理光 定影装置以及图像形成装置
JP2011186061A (ja) * 2010-03-05 2011-09-22 Ricoh Co Ltd 定着装置及び画像形成装置
JP2017021068A (ja) * 2015-07-07 2017-01-26 富士ゼロックス株式会社 定着装置および画像形成装置

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4548042B2 (ja) * 2004-08-19 2010-09-22 富士ゼロックス株式会社 定着装置及び画像形成装置
JP2006058527A (ja) * 2004-08-19 2006-03-02 Fuji Xerox Co Ltd 定着装置及び画像形成装置
JP2007279314A (ja) * 2006-04-05 2007-10-25 Fuji Xerox Co Ltd 定着装置及びこれを用いた画像形成装置並びに加圧パッド
JP2007322486A (ja) * 2006-05-30 2007-12-13 Fuji Xerox Co Ltd 画像形成装置、定着装置、及び定着ユニット
JP2008096633A (ja) * 2006-10-11 2008-04-24 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置および画像形成装置
JP2008107390A (ja) * 2006-10-23 2008-05-08 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置および画像形成装置
JP2010066475A (ja) * 2008-09-10 2010-03-25 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置および画像形成装置
US8200138B2 (en) 2009-02-23 2012-06-12 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Presser member, fixing device and image forming apparatus
JP2010197492A (ja) * 2009-02-23 2010-09-09 Konica Minolta Business Technologies Inc 押圧部材、定着装置および画像形成装置
CN101900982A (zh) * 2009-05-28 2010-12-01 柯尼卡美能达商用科技株式会社 定影装置和图像形成装置
JP2010276814A (ja) * 2009-05-28 2010-12-09 Konica Minolta Business Technologies Inc 定着装置及び画像形成装置
US8160485B2 (en) 2009-05-28 2012-04-17 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Fixing device and image forming device
JP2011186061A (ja) * 2010-03-05 2011-09-22 Ricoh Co Ltd 定着装置及び画像形成装置
CN102193450A (zh) * 2010-03-18 2011-09-21 株式会社理光 定影装置以及图像形成装置
CN102193450B (zh) * 2010-03-18 2014-10-22 株式会社理光 定影装置以及图像形成装置
JP2017021068A (ja) * 2015-07-07 2017-01-26 富士ゼロックス株式会社 定着装置および画像形成装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8843043B2 (en) Fixing device and image forming apparatus incorporating same
CN1287236C (zh) 图像形成装置
US8014711B2 (en) Fixing unit having enhanced temperature control and image forming apparatus using the same
US8195075B2 (en) Fixing unit having a resin surface and image forming apparatus using the same
US7177580B2 (en) Image forming method and apparatus for fixing an image
US8428502B2 (en) Belt-type fixing device and image forming apparatus using same
JP5904325B2 (ja) 定着装置及び画像形成装置
JP2011059537A (ja) 定着装置及び画像形成装置
US7463857B2 (en) Fixing device with peeling member for an image forming apparatus
US9052658B2 (en) Fixing device with a temperature detector adjacent an easily deformable location and image forming apparatus including same
US7502583B2 (en) Transfer device and image forming apparatus for enhancement of an image stored on a recording medium
US8478180B2 (en) Image heating apparatus
US7593680B2 (en) Image forming apparatus including a fixing apparatus capable of effectively maintaining fixability for an extended period of use
US6246035B1 (en) Heating device, image forming apparatus including the device and induction heating member included in the device
US7551882B2 (en) Image forming apparatus equipping improved transfer fixing apparatus
JP3817482B2 (ja) 加熱装置および画像形成装置
CN102467045A (zh) 定影装置及图像形成装置
US7711300B2 (en) Image forming apparatus
CN101546166A (zh) 定影器、包括定影器的图像形成设备以及定影方法
US7260354B2 (en) Image forming method
JP2006251722A (ja) 画像形成装置
JP2002341619A (ja) 光沢付与装置及びこれを用いたカラー画像形成装置
US7751768B2 (en) Fixing device and image forming apparatus including fixing device
CN102455643A (zh) 定影辊,定影装置以及图像形成装置
CN1752857A (zh) 彩色图像形成装置和图像形成方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040917

RD05 Notification of revocation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7425

Effective date: 20050509

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060315

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070402

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070717