JP2002364131A - 雨樋装置 - Google Patents

雨樋装置

Info

Publication number
JP2002364131A
JP2002364131A JP2001174376A JP2001174376A JP2002364131A JP 2002364131 A JP2002364131 A JP 2002364131A JP 2001174376 A JP2001174376 A JP 2001174376A JP 2001174376 A JP2001174376 A JP 2001174376A JP 2002364131 A JP2002364131 A JP 2002364131A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
eaves
gutter
eaves gutter
rainwater
rain
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001174376A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Takahashi
幸二 高橋
Seigo Aizaki
清吾 相崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sekisui Chemical Co Ltd
Original Assignee
Sekisui Chemical Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sekisui Chemical Co Ltd filed Critical Sekisui Chemical Co Ltd
Priority to JP2001174376A priority Critical patent/JP2002364131A/ja
Publication of JP2002364131A publication Critical patent/JP2002364131A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Building Awnings And Sunshades (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 軒先に軒樋が取付けられた雨樋装置におい
て、雨水を貯留することができる雨樋装置を提供するこ
とを目的とする。 【解決手段】 軒先に軒樋1、2が上下に複数段配設さ
れ、最上段の軒樋1が雨水を受けて下段の軒樋2に排水
し、下段の軒樋2が上段の軒樋1から排水された雨水を
貯留するように排水流入口61が一定水位を保持する位
置に設けられている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、雨水が貯留可能な
軒先の雨樋装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、建物の軒先に屋根から流れ落ちる
雨水を受け下方に排水する雨樋装置として、例えば、特
開平10─102699号公報に記載されているような
ものが知られている。
【0003】この従来の雨樋装置は、軒樋本体の前壁板
を後壁板より高く形成し、軒先に取付けた場合、前側か
ら見ると軒先の屋根瓦を覆い隠し、建物の軒先回りの意
匠的外観の優れたものである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
雨樋装置にあっては、軒先に取付けられた軒樋は雨水を
受けて下方に排水し、下方に接続された竪樋を介して地
中に埋設された排水管へと排水させてしまうので、雨水
を利用することができない。
【0005】本発明は、このような事情に鑑みて、軒先
に軒樋が取付けられた雨樋装置において、雨水を貯留す
ることができる雨樋装置を提供することを目的としてい
る。
【0006】
【課題を解決するための手段】このような目的を達成す
るために、本発明に係わる雨樋装置は、軒先に軒樋が上
下に複数段配設され、最上段の軒樋が雨水を受けて下段
の軒樋に排水し、下段の軒樋が上段の軒樋から排水され
た雨水を貯留するように排水流入口が一定水位を保持す
る位置に設けられていることを特徴としている。
【0007】
【実施例】次に、本発明の一実施例を、図1〜図3に基
づいて説明する。
【0008】図1は、本発明の一実施例を示す分解斜視
図である。この雨樋装置は、軒先に軒樋同士が長手方向
端部を互いに突き合わせた状態で、上下2段に配設さ
れ、上段の軒樋1が雨水を受けて下段の軒樋2に排水
し、下段の軒樋2が上段の軒樋1から流下した雨水を貯
留するようなされている。上段の軒樋1は雨樋吊具3に
より吊設され、集水器5と樋継手7に接続されるように
なっており、集水器5には排水ドレン51が設けられ排
水口が下方に開放している。同じく、下段の軒樋2は、
雨樋吊具4により吊設され、集水器6と樋継手8に接続
されるようになっており、集水器6には排水パイプ51
が下方の竪樋装置9に接続されている。
【0009】軒樋1は押出成形品で、図2に示すよう
に、本体部が平坦な底壁11の前側部から前側壁12が
立設され、かつ底壁11の後側部から後側壁13が立設
された溝形断面に形成されている。尚、前側壁12は底
壁11から外側に向けて若干傾斜して形成され、前記後
側壁13は底壁11に対して直角に形成されている。
【0010】また、前記前側壁12の上端には前耳14
が形成されており、この前耳14は内面側に溝141が
形成されるとともに上縁に係止爪142が設けられてい
る。更に、後側壁13の上端には後耳15が形成されて
おり、この後耳15は、内方に向けて突出された係止突
起151が形成されている。尚、前記前耳14の溝14
1及び後耳15の係止突起151は、軒樋1を樋支持具
3に取り付ける際の取付用溝の突起となる。
【0011】軒樋2は上記軒樋1と同じように押出成形
品であり、本体部が平坦な底壁21の前側部から前側壁
22が立設され、かつ底壁21の後側部から後側壁23
が立設された溝形断面に形成されている。尚、前側壁2
2は、中程が張り出すように張出部220が形成されて
おり、上部前壁221と下部前壁222からなる。下部
前壁222は、底壁21から屋外側に広がるように立ち
上げられ、上部前壁221は張出部220から屋内側に
向けて傾斜して形成されている。
【0012】また、前記前側壁22の上端には前耳24
が形成されており、この前耳24は内面側に溝241が
形成されるとともに上縁に係止爪242が設けられてい
る。更に、後側壁23の上端には後耳25が形成されて
おり、この後耳15は、内方に向けて突出された係止突
起251が形成されている。尚、前記前耳24の溝24
1及び後耳25の係止突起251は、軒樋2を雨樋吊具
4に取り付ける際の取付用溝の突起となる。
【0013】上段の軒樋1を吊設する雨樋吊具3は、取
付部31と支持部材32とからなり、支持部材32に
は、両端に前耳保持部33及び後耳保持部34が設けら
れている。また、下段の軒樋2を吊設する雨樋吊具4
は、取付部41と支持部材42とからなり、支持部材4
2には、両端に前耳保持部43及び後耳保持部44が設
けられている。
【0014】尚、図1〜図2において、50は上段の集
水器5の落とし口に取付けられるドレンであり、下向き
に開放されており、開放口51から雨水gが下段の軒樋
2側に流下するようになっている。60は下段の集水器
6内に突出して取付けられる排水パイプであって、突出
した上端の排水流入口61が一定水位を保持する高さh
に設定されている。また、排水パイブ60の下端は竪樋
装置9のエルボ91を介して竪樋92に接続されるよう
になっている。
【0015】上記の軒樋1、2を使用して雨樋装置を組
み立てるには、先ず、軒先の鼻隠し板kに雨樋吊具3を
上段に、雨樋吊具4を下段に配列し取付け位置を決めて
から、雨樋吊具3、4の取付部31、41をネジ等の固
定具35、45で挿着して、鼻隠し板kに螺着して、雨
樋吊具3、4を上下二段に配列して取付ける。
【0016】続いて、軒樋吊具3、4の前耳保持部、3
3、43に軒樋1、2の前耳14、24を係止させ、後
耳保持部34、44に軒樋1、2の後耳15、25を挿
入して係止させる。次に、上段の軒樋1を樋継手7で接
続するとともに、ドレン51が取り付けられた集水器5
を接続する。同じく、下段の軒樋2を樋継手8で接続す
るとともに、排水パイプ60が取付けられた集水器6を
接続し、排水パイプ60の下端部に竪樋装置9のエルボ
91を取付け、このエルボ91に竪樋92を接続する。
竪樋装置9の竪樋92は竪樋支持具93により建物の外
壁に固定される。
【0017】このようにすると、屋根から流れ落ちた雨
水は上段の軒樋1を流れて、集水器5に集められ、ドレ
ン50の開放口51から下段の軒樋2に排水される。上
段の軒樋1から排水された雨水は、下段の軒樋2の排水
パイプ60の排水流入口61の高さhの水位まで貯留さ
れると、排水パイプ60の排水流入口61からオーバー
フローにより竪樋装置9を介して地中に排水される。こ
れにより、下段の軒樋2には一定量の雨水が貯留され
る。
【0018】軒樋に貯留された雨水を、庭の散水等に利
用するには、下段の軒樋2の底壁21に開口されたドレ
ン口に接続された排水ホースの先端口のバルプを開いて
必要量の雨水を取り出せばよい。
【0019】以上、本発明実施例を図面に基づいて説明
してきたが、具体的な構成はこの実施例に限られるもの
ではなく本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等が
あっても本発明に含まれる。例えば、本発明雨樋装置
は、上段の軒樋1と下段の軒樋2との組み合わせは上記
実施例に限定されるものではない。下段に軒樋1を配列
し、上段に軒樋2を配列してもよく、図3に示すように
上段に配列された軒樋2の前側壁22の張出部220に
溝22aを形成したものであってもよい。また、上記実
施例では軒樋の配設は上下2段に配設したが、下段の軒
樋を複数段配設して貯留するようにしてもよい。この場
合は、2段目以降の軒樋には、上段側の軒樋から排水さ
れた雨水を貯留するように一定水位を保持する排水流入
口を設けるようにしてもよい。また、ドレン50及び排
水パイプ60は集水器5、6に設けるようにしたが、軒
樋1、2の底壁11、21に取付孔を穿設してドレン5
0及び排水パイプ60を取付けてもよい。
【0020】
【発明の効果】以上説明したように、本発明雨樋装置に
あっては、軒先に軒樋が上下に複数段配設され、最上段
の軒樋が雨水を受けて下段の軒樋に排水し、下段の軒樋
が上段の軒樋から排水された雨水を貯留するように排水
流入口が一定水位を保持する位置に設けられているの
で、軒樋内に雨水を貯留することができる。従って、渇
水期には、軒樋内の貯留水を庭の散水等に有効利用でき
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の雨樋装置の実施例を示す分解斜視図で
ある。
【図2】本発明の雨樋装置の軒先への取付け構造を示す
側面図図である。
【図3】同上の雨樋装置に使用される軒樋の他の組み合
わせ例を示す側面図である。
【符号の説明】
1、2 軒樋 3、4 雨樋吊具 5、6 集水器 50 ドレン 60 排水パイプ 61 排水流入口 9 竪樋装置

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 軒先に軒樋が上下に複数段配設され、最
    上段の軒樋が雨水を受けて下段の軒樋に排水し、下段の
    軒樋が上段の軒樋から排水された雨水を貯留するように
    排水流入口が一定水位を保持する位置に設けられている
    ことを特徴する雨樋装置。
JP2001174376A 2001-06-08 2001-06-08 雨樋装置 Withdrawn JP2002364131A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001174376A JP2002364131A (ja) 2001-06-08 2001-06-08 雨樋装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001174376A JP2002364131A (ja) 2001-06-08 2001-06-08 雨樋装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002364131A true JP2002364131A (ja) 2002-12-18

Family

ID=19015668

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001174376A Withdrawn JP2002364131A (ja) 2001-06-08 2001-06-08 雨樋装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002364131A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012107451A (ja) * 2010-11-18 2012-06-07 Sawaya:Kk 雨水の貯留構造及びこれを使用した雨水の循環システム

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012107451A (ja) * 2010-11-18 2012-06-07 Sawaya:Kk 雨水の貯留構造及びこれを使用した雨水の循環システム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7007429B2 (en) Vertical downspouts for gutter system
JP2002364131A (ja) 雨樋装置
JP4589656B2 (ja) 雨樋装置
JPH1096310A (ja) 建物の軒先排水構造
JP2006316532A (ja) 雨樋集水ます
JP2006052592A (ja) 簡易構造物
JP2894646B2 (ja) 排水構造
JP2005113459A (ja) 雨樋装置およびそれに用いる軒樋
JP2020084486A (ja) 軒先構造、及びその施工法
JP2005146637A (ja) 呼び樋
JP6773584B2 (ja) 支持部材及び屋外構造物
JP4018553B2 (ja) バルコニーの排水装置
JPH0258664A (ja) 軒樋の取付構造
JP3078216U (ja) 雨水再利用t型ソケット
JP4575113B2 (ja) 排水管飾り部材
JPH1181544A (ja) 軒先裏構造
JP2788617B2 (ja) 排水構造
JP2003119976A (ja) 這い樋と水上エルボとの接続装置
JPH09302770A (ja) 雨水利用設備
JP3115293U (ja) 排水管の接続具
JPH0258663A (ja) 軒樋の取付構造並びに吊具
CA2226643A1 (en) "screw-nail" for eavestrough easy-clean system
JPH0296046A (ja) 軒先構造
JP2015132115A (ja) 建物外部構築物
JP2000213124A (ja) 排水カバ―

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080218

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20090212