JP2002360776A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2002360776A
JP2002360776A JP2002022054A JP2002022054A JP2002360776A JP 2002360776 A JP2002360776 A JP 2002360776A JP 2002022054 A JP2002022054 A JP 2002022054A JP 2002022054 A JP2002022054 A JP 2002022054A JP 2002360776 A JP2002360776 A JP 2002360776A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
number
game
display
gaming machine
winning
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002022054A
Other languages
English (en)
Inventor
Keiichi Yoshida
慶一 吉田
Original Assignee
Konami Parlor Entertainment Kk
コナミパーラーエンタテインメント株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2001108029 priority Critical
Priority to JP2001-108029 priority
Application filed by Konami Parlor Entertainment Kk, コナミパーラーエンタテインメント株式会社 filed Critical Konami Parlor Entertainment Kk
Priority to JP2002022054A priority patent/JP2002360776A/ja
Publication of JP2002360776A publication Critical patent/JP2002360776A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F17/00Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services
    • G07F17/32Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for games, toys, sports, or amusements

Abstract

(57)【要約】 【課題】 所定図柄の入賞回数を表示して、遊技を継続
する上での楽しみを増すようにすること。 【解決手段】 本発明は、それぞれ複数の図柄が外周面
に設けられた複数のリールを回転させ、各リールの停止
によって決まる入賞ライン上の図柄の並びによって当選
役を決定する遊技機において、入賞ライン上に所定の当
選役に対応する図柄が並んだ場合、その並んだ回数を表
示する回数表示ランプ部24gと、回数表示ランプ部2
4gによる表示が所定の数に達した場合、当選役に応じ
た種類の遊技を開始する制御を行う遊技条件制御部41
とを備えている。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、例えばスロットマ
シン、ポーカーゲームマシン等のリールやディスプレイ
にシンボルが表示され、表示の結果によりメダルの配当
等の遊技価値の付与が行われる遊技機に関する。

【0002】

【従来の技術】一般に、遊技機としては、スロットマシ
ンやポーカーゲームマシン等のように、メダルや現金を
賭け、表示装置に表示されたシンボルの表示結果に応じ
て遊技者にメダルや現金の配当があるものが広く知られ
ている。

【0003】これらの遊技機においては、通常は、遊技
の結果として、「勝ち」若しくは「当たり」、「負け」
若しくは「はずれ」または「引き分け」若しくは「リプ
レイ」があり、「勝ち」若しくは「当たり」の場合にの
み、表示されたシンボルまたはシンボルの組み合わせで
ある役に応じた配当が支払われるようになっている。

【0004】スロットマシンは、円柱状の外周面に複数
種類のシンボルが記された複数個のリールと、リールを
表示する表示窓と、ゲームを開始するためのスタートレ
バーを備えるものがある。また、物理的なリールに代え
て、画像装置に表示されるシンボルが切り替わるように
したビデオ式スロットマシンがある。これらのスロット
マシンでは、遊技者からは一つの窓を介して一つの表示
列に例えば3個の図柄がみえるようになっている。

【0005】各表示列の図柄を横切る例えば横3本と斜
め2本の線は入賞ラインと呼ばれる。遊技者がメダルを
投入すると、投入したメダル枚数に応じた数の入賞ライ
ンが有効となる。遊技者がスタートレバーを押し下げる
と全リールが一斉に回転し、一定時間が経つと各リール
が各々停止する。そして、有効な入賞ラインに役のシン
ボルが揃って停止すると、役が成立して入賞となる。こ
れにより遊技者は成立した役に応じた配当を獲得するこ
とができ、メダルを再び投入すれば、次のゲームを開始
することができる。

【0006】最近のスロットマシンにおいては、スター
トレバーを操作したことを契機として抽選を行い、抽選
結果に基づいて、図柄が表示されるものが一般的となっ
てきている。

【0007】さらに、スロットマシンの中には、各表示
列に対応したストップボタンを備えるものがある。これ
は、抽選結果のみならず、さらに、遊技者がストップボ
タンを押すタイミングにより、表示結果が変わるもので
ある。

【0008】また、スロットマシンでは、遊技者の興趣
を高めるべく、通常のゲームのほかに、特に「大当た
り」に相当する「ボーナスゲーム」を備えるものがあ
る。

【0009】ボーナスゲームには、例えば、ボーナスシ
ンボルが入賞ラインに揃うとボーナスの配当を獲得する
権利が与えられるが、その後、サブゲームがおこなわ
れ、サブゲームで規定する条件を満たすことができた場
合、ボーナスの配当を得られるものや、メダルを新たに
賭けることなく数回ゲームができるフリーゲーム獲得な
どがある。サブゲームとしては、ワイルドシンボル、例
えばバンカーの図柄を表示させた後、金庫の図柄が表示
できるものなどである。ボーナスゲーム時は、画面上に
ダイスが現れ、ダイスの目により、配当が決まるものな
どがある。また、ボーナスの権利がある場合に、そのボ
ーナスを取得できなかったときには、そのボーナス配当
が積み残しされ、その後のボーナス取得者に、前のボー
ナスゲームの配当を加算して払い出されるような、プロ
グレッシブゲームの等のジャックポット(大量払い出
し)ゲームがある。

【0010】特に、スロットマシンの中でストップボタ
ンを備えるもののなかには、ボーナスゲームのなかに、
「ビッグボーナスゲーム」というものがある。これは、
ボーナスシンボルの図柄の組み合わせが揃って入賞した
後のゲームが所定の条件が満了するまでに、中当たりに
相当する「レギュラーボーナス賞」及び小当たりに相当
する「小役賞」の当選確率が高くなるものである。「レ
ギュラーボーナス賞」とは、例えばBAR−BAR−B
ARの図柄が揃った際に、入賞確率が極めて高い「ジャ
ックゲーム」を行える賞である。「ジャックゲーム」と
は、内部抽選によって、1つの賞かはずれのいずれかが
抽選されるゲームをいう。「ジャックゲーム」は通常1
2ゲームか入賞8回のいずれか早いほうがなされたとき
に終了する。このような当選確率の高い遊技が所定遊技
数(例えば最大30回)終了するか、またはレギュラー
ボーナス入賞が所定回数(例えば3回)発生すると、
「ビッグボーナスゲーム」は終了し通常の遊技状態に戻
る。

【0011】このような「ビッグボーナスゲーム」によ
り、一般に、遊技者は、400〜600枚程度のメダル
を獲得することができる。つまり、遊技結果が「大当た
り」に当選すれば、遊技者は、通常の遊技より多くのメ
ダルを獲得し得るようになる。これにより、「ビッグボ
ーナスゲーム」を実施する遊技機では、より多くのメダ
ル獲得を目標とする遊技者の興趣を高められる。

【0012】ストップボタンを備えたスロットマシンで
は、このほか、当選した特定の賞に関連した情報を常に
遊技者に報知する「報知ゲーム」等によりメダルを獲得
しやすくしたものもあるが、これらは、すべて入賞した
場合にのみ遊技者が利益を得られるものである。

【0013】また、ビデオゲーム機の中には、このほか
に、テーブルゲームのポーカーゲームマシンやブラック
ジャックゲームマシンがある。

【0014】これらビデオゲームは、いずれも、従来か
らのカードゲームをそのまま機械にしたものであり、既
存の役が、既存の配当に応じて支払われるものであっ
た。

【0015】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな遊技機においては、ゲームに当たりや勝ちにならな
いと配当がなされず、また、報償も得られないため、運
が悪い遊技者は、長時間ゲームを続けても負けやはずれ
が多いためゲームの興味を殺がれてしまう。特に、リー
ルストップボタンを備えた遊技機では、初心者等は、内
部抽選で当選していても入賞することができずに、メダ
ルを浪費するのみにとどまってしまう。また、現れにく
い特定のシンボルが1枚表示されたとしても報償は得ら
れたものはなく、入賞ではないが、内部抽選が当選した
時に当選役の図柄が1枚だけ揃わないことが、複数回表
示されたとしても何も報償を得られるものが存在してい
なかった。

【0016】しかも、カードによるビデオゲームマシン
でのゲームは、従来のゲームの規則に則った役や配当の
みで、遊技者の興味を欠いたものとなっていた。

【0017】このような遊技機においては、上記のよう
な惜しいゲームが頻出しても、何ら救済がされないた
め、特に初心者にとって、その遊技機のゲームのおもし
ろみを味わうことができない状態でもあった。

【0018】さらに、従来のこのような遊技機におい
て、遊技を始めてから役が入賞した回数を表示する機能
は設けられていない。すなわち、いままでの遊技で、遊
技者がどれだけ役に入賞したのかを把握する手段はな
く、単にある遊技での入賞か否かによってメダルの獲得
枚数や遊技条件が決まっている。このため、例えば多く
入賞した人や長時間遊技を行った人であっても、入賞回
数の少ない人や始めたばかりの人と同じ条件で遊技を行
うことになり、単調な流れになってしまう。

【0019】

【課題を解決するための手段】本発明は、このような課
題を解決するために成されたものである。すなわち、本
発明は、複数種類のシンボルが表示される第1の表示装
置を備え、この表示装置に表示されたシンボルの組み合
わせが揃うと入賞し、入賞に応じた遊技価値の付与がな
される遊技機であって、制御装置を備えており、この制
御装置として、特定シンボルを含むシンボルの組み合わ
せまたはシンボルの特定の組み合わせが第1の表示装置
に表示された表示回数を記憶する記憶部と、記憶部に記
憶された表示回数が規定回数以上か否かを判断する判断
部と、判断部で前記規定回数以上表示されたと判断され
た場合には、報償を付与する信号を発生する信号発生部
とを備えているものである。

【0020】このような本発明では、特定シンボルを含
むシンボルの組み合わせまたはシンボルの特定の組み合
わせが第1の表示装置に表示された回数を記憶してお
き、この回数が規定回数以上になった場合には報償を付
与するため、遊技者は特定のシンボルを含むシンボルの
組み合わせまたは所定のシンボルの組み合わせになる回
数を蓄積する楽しみや、遊技を続ける楽しみが増えるよ
うになる。これにより、特定のシンボルが第1の表示装
置に1つ以上表示されることで報償を受けられることの
楽しみが増えることとなる。また、表示回数を表示する
ことによって遊技者に提供することにより、報償を得ら
れるにはどれくらいであるかが遊技者は知ることができ
るため、遊技に集中することができる。

【0021】また、本発明の遊技機における制御装置
は、規定回数を決定する抽選部を備えている。このよう
な本発明では、規定回数を抽選により決定することで、
満足する条件の困難性の難易度が変わり、緊張感を味わ
える楽しみがますようになる。

【0022】また、本発明の遊技機における制御装置
は、特定シンボルまたはシンボルの特定の組み合わせを
決定するものでもある。このような本発明では、シンボ
ルまたはシンボルの組み合わせにすることで、変化に富
んだゲームが楽しめるようになる。

【0023】また、本発明の遊技機における制御装置
は、ゲームの回数を計数する計数部を備え、予め定めら
れたゲームの回数と計数部で計数されたゲームの回数と
を比較し、計数されたゲームの回数の方が大きい場合に
は、規定回数以上表示されたと判断しないことを特徴と
する。このような本発明では、定められたゲーム回数
(例えば30ゲーム)中に定められた表示が規定表示回
数(例えば5回)なされない場合は報償を得られないこ
とにより、緊張感がますようになる。

【0024】また、本発明は、シンボルの特定の組み合
わせが役のシンボルの組み合わせであることを特徴とす
る。このような本発明では、遊技を続ける間に役のシン
ボルの組み合わせが揃った回数を把握でき、遊技を続け
ていく楽しみが増すようになる。

【0025】また、本発明は、シンボルの特定の組み合
わせが役以外のシンボルの組み合わせであったり、役を
構成するシンボルの組み合わせとは1つだけ異なるシン
ボルで構成されるシンボルの組み合わせであることを特
徴とする。ここで、役とはシンボルの組み合わせのうち
遊技価値を与えるものをいう。このような本発明では、
組み合わせが役以外であるときに、惜しいゲームが頻出
した際にも、救済されるため遊技が続ける意欲がわき、
また、遊技者が努力に報いるような利益を得たような充
足感も得られるものとなる。

【0026】また、本発明は、報償として特定の遊技を
開始できるものであることを特徴とする。このような本
発明では、報償が、特定の遊技ができることにより、直
接入賞した際に得られるような配当とは別のゲームを行
える楽しみがわく。

【0027】また、本発明は、報償として新たに遊技価
値を賭けることなく次ゲームができることを特徴とす
る。このように遊技価値を賭けることのないフリーゲー
ムやリプレイ等が行うことができれば、また、役に入賞
するための権利を付与したり、内部抽選の結果を遊技者
に付与することで、間接的ではあるが、結果として所持
メダルや現金を増やすことができるものとなる。

【0028】また、本発明は、報償として遊技価値が付
与されることを特徴とする。これにより、長時間遊技を
続けていく楽しみが増すようになる。

【0029】また、本発明は、報償として、抽選部が役
に入賞するための権利を次ゲームで付与するものであ
る。これにより、次ゲームでの入賞確率が高まって遊技
を長く続けていく楽しみが増すようになる。

【0030】また、本発明は、入賞するシンボルを予め
内部抽選で決定する遊技機であって、報償としてその内
部抽選の結果を次ゲームで付与することを特徴とする。
ここで、内部抽選により抽選されたものを当選、当選
後、所定のシンボルの組み合わせが揃った場合を入賞と
いう。このような本発明では、同じ内部抽選の結果が次
ゲームで付与されるため、遊技を継続して楽しむ興味が
わくようになる。

【0031】また、本発明は、記憶部に記憶された表示
回数を、第1の表示装置若しくは第2の表示装置に表示
するものである。ここで、第1の表示装置とは、例えば
リールユニットのような特定のシンボルを表示する窓や
ブラウン管、液晶等のディスプレイをいい、第2の表示
装置とは、例えば液晶や7セグメント、LEDのような
表示装置をいう。このような本発明では、表示回数の表
示によって視覚的に特定のシンボルの組み合わせ回数を
把握できるようになる。

【0032】また、本発明は、それぞれ複数の図柄が外
周面に設けられた複数のリールを回転させ、各リールの
停止によって決まる入賞ライン上の図柄の並びによって
当選役を決定する遊技機において、入賞ライン上に所定
の当選役に対応する図柄が並んだ場合、その並んだ回数
を表示する回数表示手段と、回数表示手段による表示が
所定の数に達した場合、当選役に応じた種類の遊技を開
始する制御を行う制御手段とを備えている。

【0033】このような本発明では、入賞ライン上に所
定の当選役に対応する図柄が並んだ場合に、その並んだ
回数すなわち所定の当選役に入賞した回数が回数表示手
段によって表示されることから、遊技者は、いままでど
のくらい所定の当選役に入賞したかを把握することがで
きる。また、その回数が所定の数に達した場合、当選役
に応じた種類の遊技(例えば、再遊技、ボーナスゲー
ム)を行うよう制御手段で制御することから、遊技者は
所定の当選役の入賞回数を蓄積する楽しみ、遊技を続け
る楽しみが増えるようになる。

【0034】また、本発明は、制御手段によって当選役
に応じた種類の遊技として再遊技を設定することを特徴
とする。これにより、次の遊技をもう一度行うことがで
き長時間遊技を行う楽しみが増すようになる。

【0035】また、本発明は、再遊技の期間を当選役に
応じて設定するものである。これにより、当選役に応じ
て再遊技の期間が変わり、変化に富んだ遊技を楽しめる
ようになる。

【0036】また、本発明は、制御手段により当選役に
応じた種類の遊技として、当選役が再度出現する確率を
高くするよう制御するものである。これにより、遊技を
続けていく楽しみが増すようになる。

【0037】また、本発明は、回数表示手段によって回
数の表示を所定数に達した段階で全て消すことを特徴と
する。これにより、表示回数を増やす楽しみを新たに与
えることができるようになる。

【0038】また、本発明は、回数表示手段によって回
数の表示を所定数に達した段階で一部消すことを特徴と
する。これにより、所定数に達した後に全て最初からや
り直ししなくても済むようになり、遊技を継続して行う
楽しみが増すようになる。

【0039】また、本発明は、それぞれ複数の図柄が外
周面に設けられた複数のリールを回転させ、各リールの
停止によって決まる入賞ライン上の図柄の並びによって
当選役を決定する遊技機において、入賞ライン上に所定
の図柄が並んだ場合、その並んだ回数を表示する回数表
示手段と、回数表示手段による表示が所定の数に達した
場合、前記所定の図柄に応じた種類の遊技を開始する制
御を行う制御手段とを備えることを特徴とする遊技機で
ある。このような本発明では、入賞ライン上に所定の図
柄が並んだ回数を回数表示手段に表示するため、いまま
での遊技で所定の図柄が何回入賞ライン上に揃ったかを
把握でき、またその表示が所定回数に達した段階でその
図柄に応じた種類の遊技を開始できるため、長時間遊技
を行う場合の楽しみが増すようになる。

【0040】

【発明の実施の形態】(できれば、パチスロでないスロ
ットマシンやポーカーゲームマシンをいれたいのです
が。特許2882771等を参考にしてください。)以
下、図面に基づき本発明に係る遊技機について説明す
る。ただし、ここでは、本発明をパチスロ機に適用した
場合を例に挙げて説明する。

【0041】〔概略構成の説明〕先ず、標準的なパチス
ロ機の構成について説明する。図1は、パチスロ機の一
例の外観構成を示す正面図である。図例のように、パチ
スロ機1は、前面パネル部2と、これを開閉自在に支持
する箱型のキャビネット部3とから構成される。

【0042】前面パネル部2には、各リールの図柄(シ
ンボル)を3コマ分ずつ表示可能な図柄表示窓21と、
遊技媒体であるメダルを投入するためのメダル投入口2
2と、図柄表示窓21の左側に位置するランプ部23
(1枚賭けランプ部23a、2枚賭けランプ部23b、
3枚賭けランプ部23c)と、図柄表示窓21の右側に
位置するランプ部24(インサートメダルランプ部24
a、ウィンランプ部24b、ボーナスゲームランプ部2
4c、ビッグボーナスゲームランプ部24d、ゲームオ
ーバーランプ部24e、リプレイランプ部24f)と、
図柄表示窓21の下側に位置する表示部25(クレジッ
ト表示部25a、ペイアウト表示部25b、ボーナスゲ
ーム回数表示部25c)と、図柄表示窓21の上方に位
置する液晶パネル部26と、遊技者が操作する操作ボタ
ン(MAXベットボタン27c、スタートレバー27
d、リール毎に設けられたストップボタン27e)と、
メダルを排出するためのメダル払い出し口28と、その
メダルが排出されるメダル受け皿29と、が設けられて
いる。また、前面パネル部2の裏側には、メダル投入口
22に接続され、投入されたメダルの真偽や枚数を判別
するメダル判別装置(ただし不図示)が設けられてい
る。

【0043】図2は、パチスロ機の一例の内部構成を示
す概略図である。キャビネット部3の内部には、外周面
上に複数の図柄がプリントされた3個のリール31a〜
31cと、各リール31a〜31cの回転制御をはじめ
とした各種制御に必要な回路基板32と、多数枚(例え
ば200枚)のメダルを貯留および払い出し可能なメダ
ル払い出し装置34と、各種効果音を出力するスピーカ
35と、各部への電源供給を行う電源ボックス36と、
が組み込まれている。

【0044】〔遊技の概要の説明〕次に、以上のように
構成されたパチスロ機1を使用した遊技の手順およびそ
の際のパチスロ機1での動作の概要について説明する。
パチスロ機1を使用して遊技する場合、遊技者は、先
ず、メダル投入口22にメダルを投入する。このとき、
前面パネル部2では、遊技者にメダル投入を促すべく、
インサートメダルランプ部24aが点灯している。

【0045】メダルの投入があると、メダル投入口22
に接続するメダル判別装置は、投入されたメダルが有効
なものであるか否かを判別する。そして、メダル判別装
置で所定の条件に照らし合格と判別されたメダルは、有
効なメダルとしてカウントされ、メダル払い出し装置3
4へと送られる。一方、不合格のメダルは、カウントさ
れずにメダル払い出し口28から返却される。

【0046】有効なメダルがカウントされると、前面パ
ネル部2では、そのカウント枚数に応じてランプ部23
が点灯する。例えば、カウント枚数が1枚であれば、1
枚賭けランプ部23aが点灯し、賭数が1枚に設定され
たことを遊技者に報知する。カウント枚数が2枚であれ
ば、1枚賭けランプ部23aおよび2枚賭けランプ部2
3bが点灯し、賭数が2枚に設定されたことを遊技者に
報知する。カウント枚数が3枚であれば、1枚賭けラン
プ部23a、2枚賭けランプ部23bおよび3枚賭けラ
ンプ部23cが全て点灯し、賭数が3枚に設定されたこ
とを遊技者に報知する。このように、ランプ部23は、
3個のリール31a〜31c上における有効ラインを表
示する役割も兼ねている。

【0047】また、カウント枚数が4枚以上であれば、
前面パネル部2では、3枚を超えた枚数分をクレジット
表示部25aがデジタル表示する。クレジット表示部2
5aによる表示(クレジット表示)は、メダルの投入毎
に1ずつ加算更新される。なお、クレジット数が予め設
定された制限数(例えば50)に達した等の理由によっ
て、インサートメダルランプ部24aが消灯していると
きにメダル投入があると、そのメダルはカウントされず
にメダル払い出し口28から返却される。

【0048】ところで、クレジット表示部25aの表示
が既に3以上となっている場合に、遊技者がMAXベッ
トボタン27cを押下すると、クレジット表示が3減算
更新されるとともに、ランプ部23が全て点灯し、賭数
が3枚に設定される。このように、賭数の設定は、メダ
ル投入のみならず、MAXベットボタン27cの押下に
よって行うことも可能である。ただし、クレジット表示
部25aの表示が1または2の場合には、MAXベット
ボタン27cの押下によって、そのクレジット数に応じ
た賭数(1枚または2枚)が設定されることになる。

【0049】メダル投入口22へのメダル投入またはM
AXベットボタン27cの押下によって賭数が3枚に設
定されると、遊技者は、スタートレバー27dの操作が
可能となる。このとき、前面パネル部2では、ランプ点
灯等によりその旨を遊技者に報知するようにしてもよ
い。3枚の賭数の設定後、遊技者が遊技開始を要求する
ためスタートレバー27dを操作すると、3個のリール
31a〜31cは、後述するリール駆動モータ(ステッ
ピングモータ)の駆動によって回転し、図柄の可変表示
を開始する。その後、遊技者がストップボタン27eを
押下すると、各ストップボタン27eに対応するリール
31a〜31cがそれぞれ個別に停止する。ただし、遊
技者がストップボタン27eを押下しない場合には、所
定時間の経過後に各リール31a〜31cが自動的に停
止する。

【0050】全てのリール31a〜31cが止まると、
一遊技が終了するとともに、そのときの図柄表示窓21
の有効ライン(入賞判定ライン)上に揃った図柄の組み
合わせが予め定められた「当選役」と比較され、遊技の
結果、すなわち入賞の有無が判定される。このとき、図
柄表示窓21に表示される横3列と斜め対角線上2列の
合計5列が入賞判定ラインとなる。なお、図柄の比較及
び判定は、回路基板32上に実現される後述の制御機能
によって行われる。

【0051】遊技結果には、大別すると、「当たり」と
「はずれ」と「再遊技」がある。また、「当たり」の例
としては、「小当たり(小役)」と「中当たり(レギュ
ラーボーナス)」と「大当たり(ビッグボーナス)」と
がある。

【0052】例えば、後述する以外の図柄である小役図
柄が入賞判定ライン上に揃うと、遊技結果は、「当た
り」の中の「小役」となり、揃った図柄の種類に応じて
予め定められた枚数(例えば2枚〜15枚)分だけメダ
ルが払い出され、クレジット表示の加算またはメダル払
い出し口28からの払い出しが行われる。この場合、遊
技者には、前面パネル部2のウィンランプ部24bの点
灯によって遊技結果が小役入賞であることが報知され
る。さらには、ペイアウト表示部25bによるデジタル
表示によって、メダルの払い出し枚数が報知される。

【0053】また、レギュラーボーナス図柄(例えば
「BAR」)が入賞判定ライン上に揃うと、遊技結果
は、「当たり」の中の「レギュラーボーナス」となり、
所定枚数(例えば15枚)のメダル払い出しに加えて、
「レギュラーボーナスゲーム」と呼ばれる特別遊技を所
定遊技数だけ行うことが可能となる。この場合、遊技者
には、前面パネル部2のボーナスゲームランプ部24c
の点灯によって遊技結果がレギュラーボーナス入賞であ
ることが報知される。

【0054】レギュラーボーナスゲーム時には、遊技者
にとって有利な特別遊技が所定遊技数(例えば最大12
回)だけ続く。レギュラーボーナスゲームでは、遊技毎
の賭数が1枚しか認められないが、入賞判定ライン上に
所定図柄(例えば「JAC」)を揃えることにより(以
下、これを「JAC入賞」という)、所定枚数(例えば
15枚)のメダル払い出しが得られる。そして、所定遊
技数が終了するか、またはJAC入賞が所定回数(例え
ば8回)発生すると、レギュラーボーナスゲームは終了
し通常の遊技状態に戻る。

【0055】ビッグボーナス図柄(例えば「7」または
「A」)が入賞判定ライン上に揃った場合には、遊技結
果は「当たり」の中の「ビッグボーナス」となり、所定
枚数(例えば15枚)のメダル払い出しに加えて、「ビ
ッグボーナスゲーム」と呼ばれる特別遊技を所定条件が
満了するまで行うことが可能となる。この場合、遊技者
には、前面パネル部2のビッグボーナスゲームランプ部
24dの点灯によって遊技結果がビッグボーナス入賞で
あることが報知される。

【0056】ビッグボーナスゲーム時には、遊技者にと
ってレギュラーボーナスゲーム時よりも一層有利な特別
遊技が最大所定遊技数(通常は、例えば30回)だけ続
く。ビッグボーナスゲームでは、通常の遊技の場合と同
様に小役入賞またはレギュラーボーナス入賞の発生によ
ってメダル払い出しが得られるが、その入賞確率が通常
よりも高くなる。そして、所定遊技数が終了するか、ま
たはレギュラーボーナス入賞が所定回数(通常は、例え
ば3回)発生すると、ビッグボーナスゲームは終了し通
常の遊技状態に戻る。

【0057】なお、レギュラーボーナスゲームおよびビ
ッグボーナスゲームの消化回数は、前面パネル部2のボ
ーナスゲーム回数表示部25cによる表示を通じて、遊
技者に報知される。また、レギュラーボーナスゲーム時
およびビッグボーナスゲーム時も、メダルの払い出し枚
数については、小役入賞の場合と同様に、ペイアウト表
示部25bにデジタル表示される。

【0058】入賞判定ライン上に同一図柄が全く揃わな
かった場合には、遊技結果が「はずれ」となり、遊技者
に対して何らの遊技上の特典も与えられない。

【0059】また、入賞判定ライン上に揃った図柄が再
遊技図柄であると、遊技結果は、いわゆる引き分けに相
当する「再遊技」となり、メダルの払い出しは行われな
いが、遊技者は新たなメダルの投入またはベットを行わ
ずに、再び「再遊技」となった遊技と同一条件で遊技を
行うことが可能になる。この場合、遊技結果が「再遊
技」である旨は、前面パネル部2のリプレイランプ部2
4fの点灯によって遊技者に報知される。

【0060】このようにして、一遊技が終了し、遊技結
果が決定し、その遊技結果が報知されると、遊技者は、
報知された遊技結果に対応しつつ、引き続き次の遊技を
行うことになる。

【0061】なお、遊技結果の報知は、上述したような
ランプ部24の点灯ではなく、ランプ部24の点滅やス
ピーカ35からの効果音の出力等と組み合わせて行うよ
うにしてもよい。

【0062】〔遊技の制御に必要な機能構成の説明〕次
に、以上のような遊技結果の決定をはじめとした各種動
作制御を行うために必要となる、パチスロ機1の機能構
成について説明する。図3は、パチスロ機の一例の機能
構成を示すブロック図である。パチスロ機1の回路基板
32上には、CPU(Central Processing Unit)、R
OM(Read Only Memory)、RAM(Random Access Me
mory)、各種インターフェイス等の組み合わせによって
中央制御装置(マイクロコンピュータ)4が構成されて
いる。中央制御装置4は、ROMに格納された所定プロ
グラムをCPUが実行することにより、遊技条件制御部
41、内部当選抽選部42、リール駆動制御部43、当
選管理部44および報知部45としての機能を実現す
る。

【0063】遊技条件制御部41は、遊技の開始条件を
管理するためのものであり、メダル判別装置からのメダ
ルカウント通知、MAXベットボタン27cの押下、ま
たは当選管理部44からの「再遊技」への入賞通知があ
ると、遊技が開始可能であると判断し、それに応答して
前面パネル部2のランプ部23の点灯やスピーカ35か
らの効果音の出力等を行うようになっている。これによ
り、遊技者には、開始しようとする遊技の条件(賭数お
よび有効ライン)が報知される。

【0064】内部当選抽選部42は、遊技条件制御部4
1による遊技条件の報知処理後、遊技者によるスタート
レバー27dの操作があると、その操作によって開始さ
れる遊技について、いわゆる内部抽選を行うものであ
る。内部抽選とは、遊技の結果をどうするか、すなわち
遊技の当選役をどの当選役にするかを、その遊技が終了
するのに先立って、パチスロ機1の内部で抽選すること
をいう。

【0065】内部当選抽選部42では、このような内部
抽選を、乱数を利用して行う。つまり、内部当選抽選部
42は、スタートレバー27dの操作(遊技の開始)が
あると、乱数発生器等を用いて乱数を発生する(以下、
この乱数を「当選判定用乱数」という)。そして、予め
当選判定用乱数の値と当選役の数値範囲との対応関係が
記述された当選判定テーブル42aに基づいて、発生し
た当選判定用乱数の値がどの数値範囲に属するかを判断
する。このようにして、内部当選抽選部42は、発生し
た当選判定用乱数から導かれる当選役の特定を行う。

【0066】このとき、当選役決定の基になる当選判定
テーブル42aには、複数の当選役それぞれについての
数値範囲が規定されているが、その数値範囲の大きさが
当選役毎に異なっており、これにより各当選役に対する
当選確率に差が生じている。例えば、「ビッグボーナ
ス」に関する数値範囲は小さいのでその当選確率が低い
が、「はずれ」に関する数値範囲は大きいのでその当選
確率が高い、といった具合である。

【0067】つまり、内部抽選は、当選判定用乱数の値
が当選判定テーブル42a上のどの数値範囲に属するか
によって決定され、「はずれ」および「再遊技」を含め
た複数種類の当選フラグによって表される。どの当選役
にヒットするかは、このような当選判定テーブル42a
のデータ設定に応じた確率の下で決まるため、遊技者の
技量に極端に左右されることなく、例えば遊技場の1日
の営業時間内でのトータル的なメダル支払い率が略一定
に維持されることになる。

【0068】ただし、内部当選抽選部42は、当選確率
の異なる二つの当選判定テーブル42aを有しており、
詳細を後述するように、必要に応じて各当選判定テーブ
ル42aを使い分けるようになっている。各当選判定テ
ーブル42aの相違は、「再遊技」への当選確率にあ
る。すなわち、一方の当選判定テーブル(以下「通常テ
ーブル」という)は、「当たり」、「はずれ」および
「再遊技」のそれぞれの当選役について数値範囲が規定
されているが、他方の当選判定テーブル(以下「リプレ
ーテーブル」という)では、「はずれ」についての数値
範囲が「再遊技」についてのものに置換されている。こ
れにより、リプレーテーブルでは、通常テーブルに比べ
て、「再遊技」への当選確率が高くなっている。なお、
リプレーテーブルにおける数値範囲の置換は、「はず
れ」について数値範囲の全部を「再遊技」に置換して
も、あるいは「はずれ」について数値範囲の一部を「再
遊技」に置換してもよい。

【0069】リール駆動制御部43は、各リール31a
〜31cの回転動作を制御するものである。すなわち、
リール駆動制御部43は、遊技者によるスタートレバー
27dの操作があると、リール駆動モータに駆動指示を
与えて各リール31a〜31cを回転させ、遊技者によ
るストップボタン27eの押下があると、またはスター
トレバー27d操作後に所定時間が経過すると、リール
駆動モータに停止指示を与えて各リール31a〜31c
を停止させる。

【0070】ただし、リール駆動制御部43は、各リー
ル31a〜31cを停止させるのにあたって、各リール
31a〜31cの引き込み制御を行うようになってい
る。引き込み制御とは、内部当選抽選部42での内部抽
選の結果に沿うように、各リール31a〜31cの停止
タイミングを制御することをいう。

【0071】例えば、ストップボタン27eの押下に応
じて各リール31a〜31cを停止させる場合であれ
ば、リール駆動制御部43は、そのストップボタン27
eの押下から所定時間(例えば190msec)以内に
各リール31a〜31cを停止させるが、その停止まで
の時間が必ずしも一律ではなく、所定時間の範囲内で内
部当選抽選部42での内部抽選の結果に沿うように停止
図柄を調整する。これにより、例えば最大で4コマ分だ
け各リール31a〜31cの停止位置を調整できるの
で、内部当選抽選部42での内部抽選の結果が「はず
れ」であれば、遊技者が「当たり」を発生させるタイミ
ングでストップボタン27eを押下しても、入賞判定ラ
イン上に図柄が揃わないようにする。一方、内部当選抽
選部42での内部抽選の結果が「当たり」であれば、入
賞判定ライン上に該当する図柄が揃うように各リール3
1a〜31cを停止させる。

【0072】さらに、リール駆動制御部43は、例え
ば、内部当選抽選部42での内部抽選の結果、当選フラ
グが立っているにも拘わらず、遊技者が各リール31a
〜31cの図柄を揃えられなかった場合に、各リール3
1a〜31cの停止図柄を通常と異なる態様にすること
で、いわゆる「リーチ目」を表示して、内部当選抽選部
42での内部抽選の結果を遊技者に報知する、といった
ことも行い得る。ここで、「リーチ目」とは、内部当選
抽選部42での内部抽選の結果を遊技者に報知するため
のものをいい、ボーナス役のように内部当選していても
入賞できなかったが次の遊技以降も内部当選状態を継続
させることができる場合に、各リール31a〜31cに
よって停止表示される表示態様のことをいう。ただし、
小役のように内部当選の結果が一遊技のみ有効である場
合には、表示しても意味がないことから、「リーチ目」
は表示されない。

【0073】このようなリール駆動制御部43における
引き込み制御は、各リール31a〜31cを駆動するリ
ール駆動モータが、ステッピングモータからなるので実
現可能となる。つまり、リール駆動制御部43は、リー
ル駆動モータに対するパルス制御を通じて、各リール3
1a〜31cの入賞判定ライン上における表示図柄を常
に把握することができるので、上述したような引き込み
制御を行うことができる。

【0074】当選管理部44は、リール駆動制御部43
が停止させた各リール31a〜31cの入賞判定ライン
上における表示図柄を、予め定められた「当選役」と比
較し、遊技の結果、すなわちその遊技における入賞の有
無を判定するものである。詳しくは、リール駆動制御部
43での引き込み制御による停止図柄の調整幅には限界
があることから、内部当選抽選部42での内部抽選の結
果が「当たり」または「再遊技」であり、かつ、リール
駆動制御部43が停止させた各リール31a〜31cの
入賞判定ライン上における表示図柄が「当たり」または
「再遊技」であれば、遊技結果が「当たり」または「再
遊技」であると判定し、それ以外の場合には全て遊技結
果が「はずれ」であると判定する。そして、その判定結
果に応じて、当選管理部44は、遊技者に対するメダル
払い出しを行うように、前面パネル部2のクレジット表
示部25aまたはメダル払い出し装置34に指示を与え
る。

【0075】また、当選管理部44では、遊技結果が
「中当たり(レギュラーボーナス)」または「大当たり
(ビッグボーナス)」であると判定した場合に、それ以
降、内部当選状態を継続させ、一定期間だけ「レギュラ
ーボーナスゲーム」または「ビッグボーナスゲーム」を
遊技者に行わせるように決定するが、その決定に併せて
当該一定期間の終了条件の設定をも行うようになってい
る。

【0076】遊技結果報知部45は、前面パネル部2の
ランプ部24を点灯(または点滅)させたり、スピーカ
35から効果音を出力したり、液晶パネル部26におけ
る画像の表示態様(演出効果)を可変させることによっ
て、当選管理部44が判定した遊技結果等を遊技者に対
して報知するものである。

【0077】また、遊技結果報知部45には回数表示制
御部45aが含まれている。回数表示制御部45aは、
入賞ライン上に所定の当選役に対応する図柄が並んだ場
合、その並んだ回数を液晶パネル部26等に表示する制
御を行う。所定の当選役の入賞回数は、例えば回数表示
ランプ部24gや、液晶パネル部26にグラフィックス
表示される。

【0078】〔制御処理動作例の説明〕次に、以上のよ
うな機能構成を実現する中央制御装置4が、遊技機1で
の遊技の際に行う制御動作例について説明する。図4お
よび図5は、中央制御装置による制御処理動作の概要を
示すフローチャートである。

【0079】図4に示すように、中央制御装置4は、遊
技者によるメダル投入またはベット操作(MAXベット
ボタン27cの押下)の後(ステップ101、以下ステ
ップを「S」と略す)、遊技者によるスタートレバー2
7dの操作があると(S102)、遊技のための制御動
作を開始する。

【0080】このとき、中央制御装置4では、遊技のた
めの制御動作の開始にあたって、先ず、その遊技がリプ
レータイム中のものであるか否かを、内部当選抽選部4
2が判断する(S103)。リプレータイムとは、「再
遊技」への当選確率が高くなっている状態(期間)のこ
とをいう。内部当選抽選部42では、この判断を、当選
フラグの一つであるリプレータイム中フラグが立ってい
るか否かに基づいて行うようにすればよい。

【0081】この判断の結果、リプレータイム中でなけ
れば、内部当選抽選部42は、内部抽選を行う際に基に
する当選判定テーブル42aを、通常テーブルとする設
定を行う(S104)。

【0082】一方、リプレータイム中であれば、内部当
選抽選部42は内部抽選を行う際に基にする当選判定テ
ーブル42aを、リプレーテーブルとする設定を行う
(S105)。そして、リプレータイムにおける遊技数
のカウント値を「1」減算した後(S106)、そのカ
ウント値が「0」となったか否かを判断し(S10
7)、「0」となればリプレータイム中フラグをクリア
する(S108)。

【0083】このようにして、当選判定テーブル42a
についての設定、すなわち通常テーブルかリプレーテー
ブルかの設定を行った後は、続けて、内部当選抽選部4
2が内部抽選処理を行うとともに(S109)、リール
駆動制御部43が各リール31a〜31cの回転動作を
開始する(S110)。このとき、遊技結果報知部45
は、内部当選抽選部42での内部抽選の結果を受けて、
適宜液晶パネル部26における画像の表示態様(演出効
果)を可変させ、遊技者に対する遊技中演出処理を行う
ようにしてもよい(S111)。

【0084】その後、遊技者がストップボタン27eを
押下するか、または所定時間が経過すると、図5に示す
ように、リール駆動制御部43は、内部当選抽選部42
での内部抽選の結果に基づいて各リール31a〜31c
の引き込み制御を行いつつ、各リール31a〜31cの
回転を停止させる(S112)。このとき、例えばボー
ナス役に内部当選しているのに遊技者が入賞できなけれ
ば、リール駆動制御部43は、適宜各リール31a〜3
1cの停止図柄の表示態様を可変させ、遊技者に対する
遊技後演出処理(例えば「リーチ目」の表示)を行うよ
うにしてもよい(S113)。

【0085】リール駆動制御部43が各リール31a〜
31cを停止させた後は、当選管理部44がその遊技に
おける入賞の有無を判定し(S114)、判定結果が
「当たり」であれば、遊技者に対するメダル払い出し処
理を行うように、前面パネル部2のクレジット表示部2
5aまたはメダル払い出し装置34に指示を与える(S
115)。

【0086】次いで、当選管理部44は、所定図柄が揃
った場合にその入賞回数を表示するため、入賞ライン上
に停止したリール31a〜31cの図柄が予め表示(例
えば、ランプ表示)に対応する図柄であるか否かを判断
し(S116)、対応する図柄に入賞している場合に
は、その対応する図柄の入賞回数を表示する回数表示ラ
ンプ部24g等の点灯を1つ増加させる(S117)。

【0087】そして、その入賞回数が所定数に達したか
否かを判断し(S118)、達している場合には、遊技
条件制御部41によって、その図柄に対応した遊技を開
始するよう制御し(S119)、入賞回数を示す回数表
示ランプ部24g等のリセット処理を行う(S12
0)。このリセット処理では、全てのランプを消灯して
も、一部のみ消灯してランプ点灯を残すようにしてもよ
い。ランプ点灯がいくつか残っている場合には、入賞に
よってその残りから順に増加していく。

【0088】次に、当選管理部44は、各リール31a
〜31cの停止によって終了した遊技が「レギュラーボ
ーナスゲーム(RB)」中のものであったか否かを判断
し(S121)、そうであれば「RB」の終了条件(例
えば規定回数の終了)が満たされたかを判断する処理を
行う(S122)。また、「RB」中のものでなけれ
ば、続いて、当選管理部44は、「当たり」の種類が
「RB」であるか否かを判断し(S123)、そうであ
れば「RB」の開始処理を行う(S124)。さらに、
当選管理部44は、「当たり」の種類が「ビッグボーナ
スゲーム(BB)」中における「RB」の場合にも、同
様に「RB」の開始処理を行う。

【0089】また、「当たり」の種類が「RB」でなけ
れば、当選管理部44は、各リール31a〜31cの停
止によって終了した遊技が「BB」中のものであったか
否かを判断し(S125)、そうであれば「BB」の終
了条件(例えば規定回数の終了)が満たされたか否かを
判断する処理を行う(S300)。また、「BB」中の
ものでなければ、続いて、当選管理部44は、「当た
り」の種類が「BB」であるか否かを判断し(S12
6)、そうであれば「BB」の開始処理を行う(S20
0)。

【0090】また、遊技の入賞有無の判定結果が「当た
り」ではなく、引き分けに相当する「再遊技」である場
合には(S127)、当選管理部44は、その旨を遊技
条件制御部41へ通知する。これを受けて、遊技条件制
御部41は、再遊技成立時のメダル投入条件、すなわち
次に開始しようとする「再遊技」におけるメダル投入条
件を報知する。詳しくは、再遊技成立時のメダル投入枚
数と同一の枚数分だけ、擬似的なメダル投入音をスピー
カ35から出力し、さらにはそのメダル投入枚数分だけ
前面パネル部2のランプ部23を点灯させる。そして、
遊技条件制御部41は、遊技者が新たなメダルの投入ま
たはベットを行わずに再び遊技を行うことを可能にす
る。

【0091】次に、以上のような制御処理の中で行われ
るBB開始処理(図5におけるS200)についてさら
に詳しく説明する。図6は、BB開始処理の一例を示す
フローチャートである。

【0092】BB開始処理は、「当たり」の種類が「B
B」であった場合、すなわちビッグボーナス図柄(例え
ば「7」または「A」)が入賞判定ライン上に揃った場
合に行われる。BB開始処理では、当選管理部44が、
先ず、BB遊技中フラグを立てる(S201)。このよ
うな当選フラグを立てることで、当選管理部44は、次
に行う遊技が「BB」であることを内部当選抽選部42
等に通知する。さらに、当選管理部44は、その「B
B」の終了条件である「RB入賞」の回数(例えば3
回)および最大遊技数(例えば30回)を、当選管理部
44が使用するメモリ領域内のカウンタに設定する(S
202,S203)。

【0093】続いて、以上のようなBB開始処理に対応
して行われるBB終了判定処理(図5におけるS30
0)についてさらに詳しく説明する。図7は、中央制御
装置による制御処理動作のうちのBB終了判定処理の一
例を示すフローチャートである。

【0094】BB終了判定処理では、当選管理部44
が、カウンタに設定された「BB」期間中の遊技数また
はRB入賞回数(以下、これらを「残ゲーム数」と総称
する)の減算処理を行った後に(S301)、その残ゲ
ーム数が「0」であるか否かを判断し(S302)、
「0」でなければ「BB」の残ゲーム数をボーナスゲー
ム回数表示部25cに表示させる(S303)。そし
て、次の遊技も、引き続いて同一の「BB」設定条件に
て行う。

【0095】一方、「BB」の残ゲーム数が「0」であ
れば(S302)、当選管理部44は、「BB」の遊技
中であることを示すBB遊技中フラグをクリアし(S3
04)、「BB」の遊技を終了する。

【0096】次に、本実施形態に係る遊技機での入賞回
数表示の具体例を説明する。図8は、遊技機の液晶パネ
ル部およびリール部周辺を示す図である。この遊技機で
は、液晶パネル部26の左右両側に所定の図柄(シンボ
ル)に応じた回数表示ランプ部24gが設けられてい
る。回数表示ランプ部24gは、例えばLEDから構成
され、各々の図柄に対して例えば7個が直線状に配置さ
れている。

【0097】回数表示ランプ部24gに対して表示のた
めの信号を与えるのは図3に示す遊技条件制御部41で
ある。遊技条件制御部41は、特定シンボルを含むシン
ボルの組み合わせまたはシンボルの特定の組み合わせに
なった場合に回数表示ランプ部24gへランプ表示を行
うための信号を与える。

【0098】また、遊技条件制御部41は、特定シンボ
ルを含むシンボルの組み合わせまたはシンボルの特定の
組み合わせが表示装置である回数表示ランプ部24gに
表示された表示回数を記憶する記憶部と、記憶部に記憶
された表示回数が規定回数以上か否かを判断する判断部
と、判断部で前記規定回数以上表示されたと判断された
場合には、報償を付与する信号を発生する信号発生部と
を備えている。

【0099】さらに、遊技条件制御部41は、前記規定
回数を決定したり、計数対象となる特定シンボルまたは
シンボルの組み合わせを決定する抽選部を備えている。

【0100】ここで、各図柄に応じた回数表示ランプ部
24gは、それぞれ入賞した回数分だけLEDが点灯し
た状態となっている。例えば、「7」の図柄では、4個
のLEDが点灯しており、前回のリセット時点から4回
入賞したことを示している。このLEDの点灯個数は、
遊技条件制御部41の記憶部に記憶されているものと対
応している。なお、リセットの際に全てのLEDを消灯
しないで残しておく場合には、その残り点灯数に入賞回
数を含めた数となっている。

【0101】同様に、図8に示す状態では、「BAR」
図柄では2個のLEDが点灯し、「スイカ」図柄では6
個のLEDが点灯し、「ベル」図柄では3個のLEDが
点灯し、「オレンジ」図柄では5個のLEDが点灯し、
「チェリー」図柄では1個のLEDが点灯している。

【0102】ここで、次の遊技で「スイカ」図柄が入賞
ライン(例えば、図中「1」に示すライン)に揃ったと
すると、液晶パネル部26に「スイカ」のグラフィック
スと、例えば「GET」といった表示を行う。また、グ
ラフィックス表示とともに音声や効果音を発するように
してもよい。

【0103】その後、図9(a)〜(b)に示すよう
に、「スイカ」のグラフィックスが「スイカ」図柄に対
応する回数表示ランプ部24gの方向(図9では液晶パ
ネル部26の左下)に向かって残像とともに収束してい
き、消えるとともにLEDの点灯が1つ増加する。他の
図柄の場合にも同様で、図柄が入賞ラインに揃った場合
にはその図柄のグラフィックスを液晶パネル部26に表
示するとともに、グラフィックスが対応する図柄のLE
D方向へ収束していき、その図柄のLEDの点灯を1つ
増加させる。これにより、各図柄に応じた入賞回数がL
EDの点灯個数によって把握できるようになる。

【0104】また、LEDの点灯が規定回数に対応する
例えば7個全てになった場合、全てのLEDの色が変わ
ったり、点滅になってその図柄に応じた報償(特定遊技
状態を含む)を与えることを報知する。

【0105】報償の種類としては、図柄の種類によって
予め設定されている。例えば、「チェリー」図柄、「オ
レンジ」図柄、「ベル」図柄の場合には、リプレイ期間
(例えば、「チェリー」図柄ではリプレイ期間が1回、
「オレンジ」図柄ではリプレイ期間が2回、「ベル」図
柄ではリプレイ期間が3回といったように図柄によって
重み付けを行ってもよい)が開始され、「スイカ」図
柄、「BAR」図柄、「7」図柄の場合には、次の遊技
で各図柄の内部フラグが立って、その図柄の揃う確率を
増加させたり、また、いわゆるリールの引き込み制御を
しない期間に入る。

【0106】また、規定回数に達した報償として、遊技
価値(メダル等)を付与したり、抽選部が役に入賞する
ための権利を次ゲームで付与するようにしたり、入賞す
るシンボルを予め内部抽選で決定する遊技機においては
報償として内部抽選の結果を次ゲームで付与するように
してもよい(例えば、特定のシンボルを揃えるための案
内をランプ表示等で報知する等)。

【0107】さらに、遊技条件制御部41にゲームの回
数を計数する計数部を備えておき、予め定められたゲー
ムの回数と計数部で計数されたゲームの回数とを比較
し、計数されたゲームの回数の方が大きい場合には、前
記の報償等を与えないようにしもてよい。例えば、30
ゲーム中に5回のシンボル組み合わせにならないと報償
等を与えないように制御してもよい。

【0108】また、計数対象となるシンボルの特定の組
み合わせは、役のシンボルの組み合わせであっても、役
以外のシンボルの組み合わせであってもよい。また、役
を構成するシンボルの組み合わせとは1つだけ異なるシ
ンボルで構成されているシンボル組み合わせであっても
よい。

【0109】このような制御によって、遊技者は遊技を
始めてからどれくらい入賞回数や所定のシンボル組み合
わせが蓄積されたか、また、あと何回で7個(規定回
数)に達して特定遊技状態や報償を得ることができるか
を容易に把握でき、遊技を続けていくうえでの楽しみを
増すことができるようになる。

【0110】なお、上記説明したLEDの個数、対応す
る図柄の例、図柄に応じた特定遊技の種類などはこれに
限定されるものではない。また、入賞回数を示す手段と
して回数表示ランプ部24gを用いたが、液晶パネル部
26でグラフィックス表示するようにしてもよい。

【0111】また、本実施形態では、入賞ライン上に所
定の当選役に対応する図柄が並んだ場合に、その並んだ
回数すなわち所定の当選役に入賞した回数が回数表示手
段によって表示されると説明したが、本発明はこれに限
定されるものではない。つまり、本発明は、入賞ライン
上に所定の当選役に対応する図柄が並んで入賞しなかっ
た場合(特定の同じ図柄が2つや、特定の別の図柄が3
つ並んだ場合)であってもよい。

【0112】次に、本発明をポーカーゲームマシンに適
用した例を説明する。図10は、一実施形態のポーカー
ゲームマシンを示す斜視図、図11は同左側面図、図1
2は断面図である。本実施形態のポーカーゲームマシン
は、表示画面上に複数のカードを表示し、プレーヤーが
必要なカードを決定してそれ以外のカードを交換し、カ
ードの組み合わせが入賞役に該当すると所定の配当が得
られるようなゲーム装置である。

【0113】図10〜図12において、200は箱状の
装置本体であり、後述する各種装置が収納されている。
装置本体200の前面には、それぞれ別体に形成された
第1の扉部材210及び第2の扉部材220が設けら
れ、これら第1の扉部材210及び第2の扉部材220
はそれぞれヒンジ部材230、240(図11において
のみ図示)により独立に水平方向開閉自在に支持されて
いる。なお、これら第1及び第2の扉部材210、22
0の開閉は図略のロック機構により通常は規制されてお
り、鍵等によりロックを解除すると開閉が可能になる。

【0114】第1の扉部材210は、装置本体200の
前面上部側に設けられ、その上部には本実施形態のポー
カーゲームマシンの名称等が記載されたタイトルパネル
250が設けられ、その下部には表示窓部260が設け
られ、プレーヤーはこの表示窓部260を介してCRT
270の表示画面270aを観察することができるよう
になっている。表示画面270aには、図略の表示制御
装置により5枚のカードが横一列に表向き又は裏向きに
表示されるとともに、入賞役毎の配当倍率、投入メダル
枚数、ベット枚数等が表示されている。

【0115】第2の扉部材220は、装置本体200の
前面下部側に設けられ、その上部が前方(図11におい
て右方)に膨出して上面がコンソール部280とされて
いる。このコンソール部280の右端部にはメダル投入
口290が、中央部にはコントロールパネル300が付
設されている。メダル投入口290は本実施形態のゲー
ム装置に使用されるメダルを1枚ずつ装置本体200内
に投入するものであり、その構成は周知であるので詳細
な説明は省略する。

【0116】図13は、コントロールパネル300を拡
大して示した平面図である。コントロールパネル300
には10個の押ボタンが付設されている。すなわち、プ
レーヤーから見て右端から順にディール・ドロー(DE
AL/DRAW)ボタン310、マックスベット(MA
X BET)ボタン320、1ベット(1BET)ボタ
ン330、コレクト・ペイアウト(COLLECT/P
AYOUT)ボタン340、ハーフ・ダブル(HALF
/DOUBLE)ボタン350が配置されている。ま
た、プレーヤーから見て奥側(図13において上側)に
はホールド(HOLD)ボタン360が5個配置されて
おり、各々のホールドボタン360が表示画面270a
に表示された5枚のカードの下方手前に位置するように
設定されている。各々の押ボタン310〜360内に
は、プレーヤーがそれぞれの押ボタン310〜360を
押下すると点灯するランプ(図14において符号550
で図示)が付設されている。

【0117】図10〜図12に戻って、370は本実施
形態のポーカーゲームマシンの名称等が記載されたタイ
トルパネルであり、第2の扉部材220の中央部に設け
られている。380は第2の扉部材220の下部に設け
られたメダル払出口であり、後述するメダルホッパー4
20からのメダルが払い出される。メダル払出口380
から払い出されたメダルは、第2の扉部材220の下端
に設けられたメダル受皿390に貯留される。なお、4
00は、第2の扉部材220の右側部に設けられた取手
である。

【0118】図12に詳細に示すように、第2の扉部材
220の背面には、メダル投入口290からのメダル投
入の有無を検出し、さらに投入されたメダルの種別、真
偽を選別するメダルセレクタ410が取り付けられてい
る。420はメダルホッパーであり、メダルセレクタ4
10により選別されたメダルを一時的に貯留し、後述す
る制御装置からの指令により所定枚数のメダルを計数し
てメダル払出口380を介して払い出す。430は制御
装置であり、本実施形態のポーカーゲームマシン全体の
制御を行う。なお、440は第1の扉部材210の背面
に取り付けられ、タイトルパネル250を背面から照明
する照明器具、450は第2の扉部材220の背面に取
り付けられ、タイトルパネル370を背面から照明する
照明器具である。

【0119】図14は本実施形態のポーカーゲームマシ
ンのシステム構成を示すブロック図である。図14にお
いて500はCPUであり、ROM510内に記憶され
たプログラムに従って各種動作を制御し、ゲーム全体の
進行を司る。

【0120】CPU500内には、カード交換装置50
0a、入賞判定装置500b及び配当倍率表示装置50
0cがそれぞれ設けられている。カード交換装置500
aは、後述するようにホールドボタン360が押下され
ていないカード(図15において630で図示)をディ
ール・ドローボタン310の押下により交換表示する。
入賞判定装置500bは、ディール・ドローボタン31
0の押下によりカード交換がされた後のカードの組み合
わせが、予め定められた入賞役に該当するか否かを判定
する。そして、配当倍率表示装置500cは、入賞役の
配当倍率をCRT270の表示画面270a上に表示す
る制御信号を後述する表示制御装置570に送出する。
また、この配当倍率表示装置500cは、ホールドボタ
ン360の押下によりカード交換が指示された際、この
カード交換指示により現在該当している入賞役、あるい
はカード交換により該当する可能性のある入賞役の配当
倍率をそれ以外の入賞役の配当倍率と視覚的に識別でき
るように表示制御する。

【0121】また、ROM510内には、ゲーム装置全
体制御用のプログラムに加えて、カード、文字作成用の
キャラクタデータ、画像制御用のプログラム等が格納さ
れている。520はRAMであり、CPU500からの
各種データ等を一時的に格納する。

【0122】530は各種押ボタン310〜360のそ
れぞれに付設され、押ボタン310〜360の押下を検
出して信号を送出するスイッチであり、このスイッチ5
30からの押下検出信号、及び上述したメダルセレクタ
410からのメダル投入検出信号は入力制御装置540
を介してCPU500に入力される。また、CPU50
0は、各押ボタン310〜360に付設されたランプ5
50、及びメダルホッパー420を制御する信号を出力
し、この制御信号は出力制御装置560を介してこれら
ランプ550及びメダルホッパー420に送出される。
同様に、CPU500はゲーム進行に必要な表示制御信
号を表示制御装置570に送出し、表示制御装置570
はこの制御信号に従って必要な画像をCRT270の表
示画面270a上に表示するための画像信号をCRT2
70に送出する。

【0123】ここで、本発明の制御装置はCPU500
と対応し、本発明の記憶部はRAM520と対応し、本
発明の判断部および信号発生部はCPU500によって
実行されるプログラム処理と対応している。

【0124】図15は本実施形態のポーカーゲームマシ
ンの表示画面270a上に表示される画像の一例を示す
図である。この表示画面270a上には、カード表示部
600、オッズ表表示部610、及びメダル枚数表示部
620がそれぞれ設けられている。

【0125】カード表示部600には、5枚のカード6
30が横1列に表示され、かつ、このカード630を交
換するか否かについてのプレーヤーの選択を表示するホ
ールド表示部640が各カード630の下方に表示され
ている。ホールド表示部640には、交換不要であるこ
とをプレーヤーが指示した(プレーヤーがホールドボタ
ン360を押下した)場合は「HELD」が表示され、
交換を指示した、あるいはプレーヤーが未だ交換の有無
を選択していない場合は「HOLD」が表示される。そ
して、プレーヤーがディール・ドローボタン310を押
すと交換選択されたカード630が一旦裏返しに表示さ
れ(図15の左端のカード630)、かつ、このカード
630に対応するホールド表示部640に「DRAW」
が表示される。この後、新たな絵柄のカード630が表
示される。

【0126】オッズ表表示部610には、予め定められ
た入賞役を表示する入賞役表示部650、及び、各入賞
役に予め割り当てられた配当倍率(オッズ)を表示する
オッズ表示部660が設けられている。なお、図示例で
はオッズ表示部660は空欄になっているが、通常は配
当倍率が数字の形式で表示される。

【0127】メダル枚数表示部620には、プレーヤー
が賭けた(ベットした)メダルの枚数を表示するベット
表示部670と、現在カード表示部600に表示されて
いるカード630により入賞役が形成されている場合に
ベット枚数とオッズとを掛け合わせたメダルの枚数、つ
まり入賞役形成によりプレーヤーが獲得したメダルの枚
数を表示する獲得枚数表示部680と、現在プレーヤー
が投入しかつ獲得したメダルの総枚数、つまりメダルの
保有枚数を表示する保有枚数表示部690とが設けられ
ている。

【0128】次に、本実施形態のポーカーゲームマシン
の動作を説明する。プレーヤーがメダル投入口290か
らメダルを投入するとゲームがスタートする。まず、プ
レーヤーが、投入したメダルのうち何枚のメダルをゲー
ムに賭ける(ベットする)かを1ベットボタン330及
びマックスベットボタン320により決定するのを待
ち、CPU500は、これら1ベットボタン330及び
マックスベットボタン320の押下を検出してベット表
示部670の表示を変更制御する。

【0129】次いで、プレーヤーによるディール・ドロ
ーボタン310の押下を待ち、CPU500は、ディー
ル・ドローボタン360の押下を検出して、表示制御装
置570を介してCRT270の表示画面270a上に
5枚のカード630を表向きに表示する。

【0130】プレーヤーは入賞役を作成するために交換
が必要なカード630と交換が不要なカード630とを
選択し、交換が不要なカード630に対応するホールド
ボタン360を押下して交換不要を指示する。配当倍率
表示装置500cは、交換が不要なカード630、つま
りホールドボタン360が押下されていないカード63
0により形成されている入賞役、及び、プレーヤーが指
示したカード交換により形成される可能性のある入賞役
を判定する。

【0131】配当倍率表示装置500cでは、既に入賞
役が形成されていると判定したか否かが判断され、入賞
役が形成されている場合、その入賞役に対応する入賞役
表示部650及びオッズ表示部660を強調表示するよ
うに表示制御する。一方、配当倍率表示装置500cが
形成される可能性があると判定した入賞役に対応する入
賞役表示部650及びオッズ表示部660を通常表示す
るように表示制御する。そして、配当倍率表示装置50
cが形成される可能性がないと判定した入賞役に対応す
る入賞役表示部650及びオッズ表示部660を弱く表
示するように表示制御する。

【0132】次に、本実施形態のポーカーゲームマシン
においてシンボルの特定の組み合わせ回数の表示につい
て説明する。図15に示すように、オッズ表示部660
には、そのポーカーゲームマシンにおける所定のカード
630の組み合わせになった回数が表示されている。例
えば、「ROYAL FLASH」や「STRAIGHT FLASH」など、特
定のカード630の組み合わせに揃った回数が、対応す
る組み合わせ毎に表示画面に表示され、特定のカード6
30の組み合わせに揃った場合には、それに加算した表
示がなされる。

【0133】回数の表示は、前回のリセット時点からの
加算であり、所定の回数まで達すると所定の報償を与え
るとともに、全て若しくは一部を消去する。与えられる
報償は、例えばカード630の組み合わせに応じて決め
られる。例えば、特定の遊技を開始したり、遊技価値で
あるメダル等を賭けることなく次のゲームを開始できた
り、所定量の遊技価値を付与したり、特定のカード63
0に入賞するための権利を次のゲームで付与したりす
る。

【0134】このような回数表示と報償付与によって、
長時間ゲームを行っていても特定のカード630の組み
合わせに入賞した回数や、所定回数に達して報償を得る
ための楽しみが増加してゲームを続けていくことが可能
となる。

【0135】以上、パチスロ機とポーカーゲーム機を例
として説明したが、本発明は、これら以外にも、例えば
コインを投入して遊技するスロットマシンをはじめとし
た他のアミューズメント機器に適用することが考えられ
る。したがって、本発明における可変表示手段は、本実
施形態で説明した3個のリール31a〜31cによる回
胴式のものに限らず、例えばCRT(Cathode Ray Tub
e)等からなるビデオ表示タイプのものであってもよ
い。例えば、ビデオスロット、ブラックジャック、花札
等のゲーム機に適用可能である。また、リールや回転表
示部が3つのものに限定されず、1つや2つ、それ以外
の個数のものであっても適用可能である。

【0136】

【発明の効果】以上に説明したように、本発明に係る遊
技機では、所定の当選役や所定の図柄による入賞回数を
蓄積する興味や、遊技を長く続ける楽しみが増加し、遊
技に対する興趣を高く維持しておくことが可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係る遊技機の一例の外観構成を示す正
面図である。

【図2】本発明に係る遊技機の一例の内部構成を示す概
略図である。

【図3】本発明に係る遊技機の一例の機能構成を示すブ
ロック図である。

【図4】本発明に係る遊技機の一例が備える中央制御装
置による制御動作例の概要を示すフローチャート(その
1)である。

【図5】本発明に係る遊技機の一例が備える中央制御装
置による制御動作例の概要を示すフローチャート(その
2)である。

【図6】本発明に係る遊技機の一例が備える中央制御装
置でのBB開始処理の概要を示すフローチャートであ
る。

【図7】本発明に係る遊技機の一例が備える中央制御装
置でのBB終了判定処理の概要を示すフローチャートで
ある。

【図8】入賞回数表示の具体例を説明する図(その1)

【図9】入賞回数表示の具体例を説明する図(その2)

【図10】ポーカーゲームマシンを説明する斜視図であ
る。

【図11】ポーカーゲームマシンを説明する左側面図で
ある。

【図12】ポーカーゲームマシンを説明する断面図であ
る。

【図13】コントロールパネルを説明する拡大正面図で
ある。

【図14】ポーカーゲームマシンのシステム構成を説明
するブロック図である。

【図15】表示画面の一例を説明する模式図である。

【符号の説明】

1…パチスロ機、4…中央制御装置、24g…回数表示
ランプ部、26…液晶パネル部、32…回路基板、41
…遊技条件制御部、42…内部当選抽選部、42a…当
選判定テーブル、43…リール駆動制御部、44…当選
管理部、45…遊技結果報知部、45a…回数表示制御
部、200…装置本体、260…表示窓部、270…C
RT、270a…表示画面、280…コンソール部、3
00…コントロールパネル、500…CPU、520…
RAM

Claims (21)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数種類のシンボルが表示される第1の
    表示装置を備え、該表示装置に表示されたシンボルの組
    み合わせが揃うと入賞し、入賞に応じた遊技価値の付与
    がなされる遊技機であって、 制御装置を備え、 前記制御装置は、特定シンボルを含むシンボルの組み合
    わせまたはシンボルの特定の組み合わせが第1の表示装
    置に表示された表示回数を記憶する記憶部と、 前記記憶部に記憶された表示回数が規定回数以上か否か
    を判断する判断部と、 前記判断部で前記規定回数以上表示されたと判断された
    場合には、報償を付与する信号を発生する信号発生部と
    からなることを特徴とする遊技機。
  2. 【請求項2】 前記制御装置は、前記規定回数を決定す
    る抽選部を備えることを特徴とする請求項1記載の遊技
    機。
  3. 【請求項3】 前記制御装置は、前記特定シンボル、ま
    たは前記シンボルの特定の組み合わせを決定することを
    特徴とする請求項1または2記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記制御装置は、ゲームの回数を計数す
    る計数部を備え、予め定められたゲームの回数と前記計
    数部で計数されたゲームの回数とを比較し、前記計数さ
    れたゲームの回数の方が大きい場合には、前記規定回数
    以上表示されたと判断しないことを特徴とする請求項1
    から3のいずれか1項に記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 前記シンボルの特定の組み合わせは、役
    のシンボルの組み合わせであることを特徴とする請求項
    1から4のいずれか1項に記載の遊技機。
  6. 【請求項6】 前記シンボルの特定の組み合わせは、役
    以外のシンボルの組み合わせであることを特徴とする請
    求項1から4のいずれか1項に記載の遊技機。
  7. 【請求項7】 前記シンボルの特定の組み合わせは、役
    を構成するシンボルの組み合わせとは1つだけ異なるシ
    ンボルで構成されているシンボル組み合わせであること
    を特徴とする請求項6記載の遊技機。
  8. 【請求項8】 前記報償は、特定の遊技が開始できるこ
    とを特徴とする請求項1から7のいずれか1項に記載の
    遊技機。
  9. 【請求項9】 前記報償は、新たに遊技価値を賭けるこ
    となく次ゲームができることを特徴とする請求項1から
    7のいずれか1項に記載の遊技機。
  10. 【請求項10】 前記報償は、遊技価値が付与されるこ
    とを特徴とする請求項1から7のいずれか1項に記載の
    遊技機。
  11. 【請求項11】 前記報償は、前記抽選部が、役に入賞
    するための権利を次ゲームで付与することを特徴とする
    請求項1から7のいずれか1項に記載の遊技機。
  12. 【請求項12】 入賞するシンボルを予め内部抽選で決
    定する遊技機であって、 前記報償は前記内部抽選の結果を次ゲームで付与するこ
    とを特徴とする請求項1から7のいずれか1項に記載の
    遊技機。
  13. 【請求項13】 前記記憶部に記憶された前記表示回数
    を、第1の表示装置若しくは第2の表示装置に表示する
    ことを特徴とする請求項1から7のいずれか1項に記載
    の遊技機。
  14. 【請求項14】 それぞれの複数の図柄が外周面に設け
    られた複数のリールを回転させ、各リールの停止によっ
    て決まる入賞ライン上の図柄の並びによって当選役を決
    定する遊技機において、 前記入賞ライン上に所定の図柄が並んだ場合、その並ん
    だ回数を表示する回数表示手段と、 前記回数表示手段による表示が所定の数に達した場合、
    前記所定の図柄に応じた種類の遊技を開始する制御を行
    う制御手段とを備えることを特徴とする遊技機。
  15. 【請求項15】 それぞれ複数の図柄が外周面に設けら
    れた複数のリールを回転させ、各リールの停止によって
    決まる入賞ライン上の図柄の並びによって当選役を決定
    する遊技機において、 前記入賞ライン上に所定の当選役に対応する図柄が並ん
    だ場合、その並んだ回数を表示する回数表示手段と、 前記回数表示手段による表示が所定の数に達した場合、
    前記当選役に応じた種類の遊技を開始する制御を行う制
    御手段とを備えることを特徴とする遊技機。
  16. 【請求項16】 前記制御手段は、前記当選役に応じた
    種類の遊技として、再遊技を設定することを特徴とする
    請求項1記載の遊技機。
  17. 【請求項17】 前記再遊技の期間は、前記当選役の種
    類に応じて設定されることを特徴とする請求項2記載の
    遊技機。
  18. 【請求項18】 前記制御手段は、前記当選役に応じた
    種類の遊技として、前記当選役が再度出現する確率が高
    くなるよう制御することを特徴とする請求項1記載の遊
    技機。
  19. 【請求項19】 前記回数表示手段は、前記回数の表示
    が所定数に達した段階でその表示を全て消すことを特徴
    とする請求項1記載の遊技機。
  20. 【請求項20】 前記回数表示手段は、前記回数の表示
    が所定数に達した段階でその表示の一部を消すことを特
    徴とする請求項1記載の遊技機。
  21. 【請求項21】 それぞれ複数の図柄が外周面に設けら
    れた複数のリールを回転させ、各リールの停止によって
    決まる入賞ライン上の図柄の並びによって当選役を決定
    する遊技機において、 前記入賞ライン上に所定の図柄が並んだ場合、その並ん
    だ回数を表示する回数表示手段と、 前記回数表示手段による表示が所定の数に達した場合、
    前記所定の図柄に応じた種類の遊技を開始する制御を行
    う制御手段とを備えることを特徴とする遊技機。
JP2002022054A 2001-04-06 2002-01-30 遊技機 Pending JP2002360776A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001108029 2001-04-06
JP2001-108029 2001-04-06
JP2002022054A JP2002360776A (ja) 2001-04-06 2002-01-30 遊技機

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002022054A JP2002360776A (ja) 2001-04-06 2002-01-30 遊技機
US10/115,243 US6916243B2 (en) 2001-04-06 2002-04-04 Gaming machine
AU32980/02A AU758255B2 (en) 2001-04-06 2002-04-08 Gaming machine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002360776A true JP2002360776A (ja) 2002-12-17

Family

ID=26613192

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002022054A Pending JP2002360776A (ja) 2001-04-06 2002-01-30 遊技機

Country Status (3)

Country Link
US (1) US6916243B2 (ja)
JP (1) JP2002360776A (ja)
AU (1) AU758255B2 (ja)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003000811A (ja) * 2001-06-26 2003-01-07 Heiwa Corp 遊技機
JP2004255100A (ja) * 2003-02-27 2004-09-16 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2005052636A (ja) * 2003-07-22 2005-03-03 Aruze Corp 遊技機
JP2007111242A (ja) * 2005-10-20 2007-05-10 Newgin Corp 遊技機
JP2007209809A (ja) * 2007-05-25 2007-08-23 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2007296113A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Newgin Corp 遊技機
JP2007296114A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Newgin Corp 遊技機
JP2010201243A (ja) * 2010-06-23 2010-09-16 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2010240389A (ja) * 2009-03-31 2010-10-28 Konami Gaming Inc ゲーム機
US7850519B2 (en) 2002-10-09 2010-12-14 Konami Gaming Incorporated Game machine
JP2011183185A (ja) * 2011-05-23 2011-09-22 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014121590A (ja) * 2013-11-20 2014-07-03 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014176488A (ja) * 2013-03-14 2014-09-25 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2015147135A (ja) * 2015-05-28 2015-08-20 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017099996A (ja) * 2017-03-06 2017-06-08 株式会社三洋物産 遊技機
JP2018050948A (ja) * 2016-09-28 2018-04-05 株式会社オリンピア 遊技機

Families Citing this family (50)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20030236115A1 (en) * 2002-06-24 2003-12-25 John Chamberlain Gaming apparatus with a consecutive wins multiplier
US20040053657A1 (en) * 2002-09-12 2004-03-18 Fiden Daniel P. Gaming machine with history display
US7867080B2 (en) 2002-09-18 2011-01-11 Igt Interactive streak game
US7980936B2 (en) * 2002-09-30 2011-07-19 Igt Apparatus and method for player interaction
US20050187003A1 (en) * 2002-11-20 2005-08-25 Takanobu Adachi Gaming machine
US20040219968A1 (en) * 2003-05-01 2004-11-04 Fiden Daniel P. Gaming machine with interactive pop-up windows
US8535143B2 (en) 2003-05-01 2013-09-17 Wms Gaming Inc. Gaming machine having enhanced bonus game play schemes
US20050014556A1 (en) * 2003-07-15 2005-01-20 Gerald Duhamel Method and apparatus to provide a game feature
US20050049030A1 (en) * 2003-07-18 2005-03-03 Motoaki Tachikawa Gaming machine with display device for variably displaying symbols thereon and capable of changing number or shapes of symbols under predetermined condition
JP2005131372A (ja) * 2003-10-08 2005-05-26 Aruze Corp 遊技機
EP1677880A4 (en) * 2003-10-17 2007-12-12 Dynamite Games Pty Ltd Gaming apparatus and systems
WO2005050411A2 (en) 2003-11-18 2005-06-02 Wagerworks, Inc. Awards based on multiplicity of game events
US20050130731A1 (en) * 2003-12-10 2005-06-16 Englman Allon G. Gaming machine having an enhanced game play scheme
US20050288096A1 (en) * 2004-06-23 2005-12-29 Walker Digital, Llc Methods and apparatus for facilitating a payout at a gaming device using audio / video content
US7695365B2 (en) * 2004-09-10 2010-04-13 Wms Gaming Inc. Slot machine with persistent change in symbol function
US8002626B2 (en) * 2005-01-18 2011-08-23 Wms Gaming Inc. Wagering game with enhancement feature for bonus-triggering event
US7503849B2 (en) * 2005-03-18 2009-03-17 Wms Gaming Wagering game with side-wagering feature on certain outcomes
JP2006340887A (ja) * 2005-06-09 2006-12-21 Aruze Corp 遊技機
US7727068B2 (en) * 2005-09-12 2010-06-01 Igt Gaming system having a common display, a first bonus game or a first bonus game paytable and an option to purchase a second bonus game or a second bonus game paytable with relatively expected higher values
JP2007130296A (ja) * 2005-11-11 2007-05-31 Aruze Corp 遊技機
US20070123332A1 (en) * 2005-11-30 2007-05-31 Aruze Corp. Gaming machine
US20070155475A1 (en) * 2006-01-04 2007-07-05 Alexander Gak An Apparatus And A Method For Playing A Game Having A Active And Passive Modes And Wager Conversion
US20070213115A1 (en) * 2006-03-08 2007-09-13 Aruze Corp. Gaming machine
JP2007307249A (ja) * 2006-05-19 2007-11-29 Aruze Corp スロットマシン
JP2007325885A (ja) * 2006-06-09 2007-12-20 Aruze Corp 遊技機
GB2452199A (en) * 2006-06-09 2009-02-25 Igt Reno Nev Progressive award selection in a wager game
US7674178B2 (en) * 2006-06-09 2010-03-09 Igt Gaming system and method for enabling a player to select progressive awards to try for and chances of winning progressive awards
US20080032768A1 (en) * 2006-08-02 2008-02-07 Aruze Gaming America, Inc. Slot machine and playing method thereof
US20080045314A1 (en) * 2006-08-18 2008-02-21 Aruze Gaming America, Inc. Slot machine and playing method thereof
US20080220847A1 (en) * 2007-03-06 2008-09-11 Aruze Gaming America, Inc. Game system including slot machines and game control method thereof
US20080220861A1 (en) * 2007-03-06 2008-09-11 Aruze Gaming America, Inc. Game system including slot machines and game control method thereof
JP2008264263A (ja) * 2007-04-20 2008-11-06 Aruze Corp 遊技機
JP2009017980A (ja) * 2007-07-10 2009-01-29 Aruze Corp 遊技機
JP2009017975A (ja) * 2007-07-10 2009-01-29 Aruze Corp 遊技機
JP2009017976A (ja) * 2007-07-10 2009-01-29 Aruze Corp 遊技機
JP2009017979A (ja) * 2007-07-10 2009-01-29 Aruze Corp 遊技機
AU2008229754A1 (en) * 2007-10-03 2009-04-23 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited A gaming system and a method of gaming
US20090124391A1 (en) * 2007-11-12 2009-05-14 Bally Gaming, Inc. Neworked Gaming System and Method Having a Multi-Progressive Feature
AU2012203020B2 (en) * 2007-11-30 2015-02-19 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited A gaming system and a method of gaming
AU2008243101B2 (en) 2007-11-30 2012-02-23 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited A gaming system and a method of gaming
US20100210336A1 (en) * 2009-02-18 2010-08-19 Bradley Berman System, Apparatus, and Method for Facilitating Guaranteed Number of Wins Events in Conjunction with a Gaming Activity
US9569932B2 (en) 2009-07-02 2017-02-14 Igt Central determination gaming system and method for providing a persistence game with predetermined game outcomes
US9275509B2 (en) * 2009-11-26 2016-03-01 Corg Group Trading LTD. Methods and devices for incremental wagering to earn multiple prizes per winning wager
US9123209B2 (en) 2011-12-15 2015-09-01 Wms Gaming Inc. Symbol collection during reel spin
US9183704B2 (en) 2012-07-26 2015-11-10 Bally Gaming, Inc. Wagering game with dynamic bonus triggers
US8840456B2 (en) 2012-09-25 2014-09-23 Igt Gaming system and method for providing an offer and acceptance game
US8784174B2 (en) 2012-09-25 2014-07-22 Igt Gaming system and method for providing an offer and acceptance game
US9449470B2 (en) 2013-03-15 2016-09-20 Bally Gaming, Inc. Wagering game with upgradable symbol stacks
US10147281B2 (en) 2014-07-24 2018-12-04 Igt Gaming system and method having matching symbol stacks and additional award opportunities
US10614669B2 (en) 2018-08-22 2020-04-07 Igt Central determination gaming system with incrementing awards

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0143111Y2 (ja) * 1981-12-22 1989-12-14
US4624459A (en) * 1985-09-12 1986-11-25 Bally Manufacturing Corporation Gaming device having random multiple payouts
JP3614873B2 (ja) 1993-07-20 2005-01-26 株式会社ソフィア 遊技機
US6012982A (en) * 1994-02-22 2000-01-11 Sigma Game Inc. Bonus award feature in linked gaming machines having a common feature controller
JP2882771B2 (ja) * 1996-02-19 1999-04-12 コナミ株式会社 画像表示ゲーム装置
JP3851396B2 (ja) 1997-01-17 2006-11-29 株式会社平和 遊戯機
JPH1119276A (ja) 1997-06-30 1999-01-26 Aruze Kk 遊技機
US6142873A (en) * 1998-09-22 2000-11-07 Casino Data Systems Gaming device
US6203430B1 (en) * 1998-10-01 2001-03-20 Walker Digital, Llc Electronic amusement device and method for enhanced slot machine play
JP2000334143A (ja) 1999-03-19 2000-12-05 Takao:Kk 遊技機
JP4297391B2 (ja) 1999-06-01 2009-07-15 株式会社シリウス スロットマシン
JP2001029584A (ja) 1999-07-21 2001-02-06 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2001087455A (ja) 1999-09-28 2001-04-03 Olympia:Kk スロットマシン
JP2001145736A (ja) 1999-11-19 2001-05-29 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ機
JP2001269441A (ja) 2000-03-27 2001-10-02 Toogo:Kk 遊戯装置の払出し制御装置
US6328649B1 (en) * 2000-07-27 2001-12-11 Igt Gaming device having multiple award enhancing levels
JP2002052137A (ja) 2000-08-11 2002-02-19 Olympia:Kk 遊技機

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003000811A (ja) * 2001-06-26 2003-01-07 Heiwa Corp 遊技機
US7850519B2 (en) 2002-10-09 2010-12-14 Konami Gaming Incorporated Game machine
JP2004255100A (ja) * 2003-02-27 2004-09-16 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP4513266B2 (ja) * 2003-02-27 2010-07-28 株式会社三洋物産 遊技機
JP2005052636A (ja) * 2003-07-22 2005-03-03 Aruze Corp 遊技機
JP2007111242A (ja) * 2005-10-20 2007-05-10 Newgin Corp 遊技機
JP2007296113A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Newgin Corp 遊技機
JP2007296114A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Newgin Corp 遊技機
JP2007209809A (ja) * 2007-05-25 2007-08-23 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
US8267770B2 (en) 2009-03-31 2012-09-18 Konami Gaming, Inc. Controller for initiating function associated with symbol counter used in gaming machine
JP2010240389A (ja) * 2009-03-31 2010-10-28 Konami Gaming Inc ゲーム機
JP2010201243A (ja) * 2010-06-23 2010-09-16 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011183185A (ja) * 2011-05-23 2011-09-22 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014176488A (ja) * 2013-03-14 2014-09-25 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2014121590A (ja) * 2013-11-20 2014-07-03 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015147135A (ja) * 2015-05-28 2015-08-20 株式会社三洋物産 遊技機
JP2018050948A (ja) * 2016-09-28 2018-04-05 株式会社オリンピア 遊技機
JP2017099996A (ja) * 2017-03-06 2017-06-08 株式会社三洋物産 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
AU3298002A (en) 2002-10-10
AU758255B2 (en) 2003-03-20
US20020155881A1 (en) 2002-10-24
US6916243B2 (en) 2005-07-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8974281B2 (en) Elimination games for gaming machines
JP5955672B2 (ja) 遊技機
US8721421B2 (en) Gaming apparatus and method having a separate but simultaneously operating bonus indicator
AU2005270750B2 (en) A tournament gaming system
US5393057A (en) Electronic gaming apparatus and method
KR100683620B1 (ko) 게임 시스템, 게임 제어 방법 및 컴퓨터 판독가능한 기억매체
AU2008200843B2 (en) Parallel Games on A Gaming Device
US7690976B2 (en) Poker game method and apparatus
US8177621B2 (en) Gaming machine with skill-based compensation
US4743024A (en) Amusement arcade machines for use in amusement and/or gaming or the like
JP3980802B2 (ja) 遊技機及び遊技システム
AU785105B2 (en) Gaming apparatus and method with game based credit roll-up time
JP4425442B2 (ja) スロットマシン
US7780511B2 (en) Gaming machine having a first bonus event that influences a probability of a second bonus event
US6585264B2 (en) Gaming machine with chess game feature
US7275989B2 (en) Slot machine method with individual symbol respin
US20110287841A1 (en) Game system and game control method
US7491121B2 (en) Gaming device and method
US20050101385A1 (en) Gaming system and gaming machine therefor
US20040087357A1 (en) Multi-game system
US20060135242A1 (en) Multi-player game and gaming system
US20040162129A1 (en) Apparatus and method for a gaming unit that changes with time
US20040116173A1 (en) Gaming device having skill and dexterity element
US20040266509A1 (en) Gaming machine with bingo feature
JP4290443B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040518