JP2002357817A - 偏光板の貼り付け装置 - Google Patents

偏光板の貼り付け装置

Info

Publication number
JP2002357817A
JP2002357817A JP2001167774A JP2001167774A JP2002357817A JP 2002357817 A JP2002357817 A JP 2002357817A JP 2001167774 A JP2001167774 A JP 2001167774A JP 2001167774 A JP2001167774 A JP 2001167774A JP 2002357817 A JP2002357817 A JP 2002357817A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
polarizing plate
liquid crystal
crystal display
roll
holding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001167774A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasushi Ouchida
裕史 大内田
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2001167774A priority Critical patent/JP2002357817A/ja
Publication of JP2002357817A publication Critical patent/JP2002357817A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 偏光板の変形、そりに起因する貼り付け時の
位置ずれを解消することができる偏光板の貼り付け装置
を提供する。 【解決手段】 液晶表示素子2に貼り付ける偏光板5を
液晶表示素子2の表面に対して斜めに支持するための第
2の定盤3と、第2の定盤3に設けられ、偏光板5をそ
の端部を残して保持する第1の保持手段(4)と、偏光
板5の端部位置に設けられ、偏光板5を液晶表示素子2
の表面に圧着するためのロール6と、ロール6に設けら
れ、偏光板5の端部を保持する第2の保持手段(7)を
有するものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は偏光板の貼り付け装
置、特に、液晶表示装置を製造する際の液晶表示素子に
偏光板を貼り付けるための偏光板の貼り付け装置に関す
るものである。
【0002】
【従来の技術】以下、従来の偏光板の貼り付け装置につ
いて図面を参照しながら説明する。図2は従来の偏光板
の貼り付け装置の要部を示す側面図である。
【0003】図2において、1は液晶表示素子2を載置
する第1の定盤、3は偏光板5を保持する第2の定盤、
4は第2の定盤3に偏光板5を保持するための吸着溝
で、スリット状に形成され、真空吸引等の手段により偏
光板5を吸着している。6は偏光板5を液晶表示素子2
に加圧して貼り付けるための回転可能なロールで図の矢
印X,Y方向に上下するように構成されており、その初
期状態においては図の矢印X方向に変位した状態にあ
り、液晶表示素子2との間に間隙を有している。
【0004】偏光板5を貼り付けるには、まず、第2の
定盤3に吸着固定された偏光板5の端部をロール6と液
晶表示素子2の間の前記間隙内に位置させ、次にロール
6を矢印Y方向に変位させて偏光板5の端部を加圧しな
がら液晶表示素子2に押しつけ、第1の定盤1を左方
向、または第2の定盤3とロール6を同時に右方向に移
動させ、偏光板5を第2の定盤3による吸着から外しな
がら予め偏光板5に塗られた接着剤により、これを液晶
表示素子2に貼り付けるものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな構成では、偏光板5にそりが生じていた場合にロー
ル6の近傍の偏光板5の端部をロール6と液晶表示素子
2の間の間隙内に位置させた時、この端部が下方に曲が
って液晶表示素子2に接触し、予め偏光板5に塗られた
接着剤により正しくない位置に半固定され、その後のロ
ール6による加圧により、貼りつけの位置ずれが生じる
という問題があった。
【0006】本発明は上記従来の問題を解決するもので
あり、偏光板の変形あるいはそりに起因する貼り付け時
の位置ずれを解消することができる偏光板の貼り付け装
置を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の偏光板の貼り付
け装置は、液晶表示素子に貼り付ける偏光板を前記液晶
表示素子表面に対して斜めに支持するための定盤と、前
記定盤に設けられ、前記偏光板をその端部を残して保持
する第1の保持手段と、前記偏光板の端部位置に設けら
れ、前記偏光板を前記液晶表示素子表面に圧着するため
のロールと、前記ロールに設けられ、前記偏光板の端部
を保持する第2の保持手段を有するものである。
【0008】この発明によれば、そりが生じた偏光板、
特に、偏光板の端部でのそりによる偏光板の貼り付け位
置ずれを防止することができる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施の形態につ
いて、図面を参照しながら説明する。なお、前記従来の
ものと同一の部分については同一符号を用いるものとす
る。
【0010】図1は本発明の偏光板の貼り付け装置の一
実施の形態における装置要部の側面図である。図1にお
いて、1は液晶表示素子2を載置する第1の定盤、3は
偏光板5を保持する第2の定盤、4は第2の定盤3に偏
光板5を保持するための第1の保持手段である吸着溝で
スリット状に形成され、真空吸引等の手段により偏光板
5をその端部を残して吸着している。6は偏光板5の端
部位置に設けられ、偏光板5を液晶表示素子2の表面に
加圧して貼り付けるための回転可能なロールで図の矢印
X,Y方向に上下するように構成され、さらにその外周
部には偏光板5の第2の保持手段となるその端部を保持
するための吸着用溝7を備えている。この吸着用溝7は
スリット状に形成され、真空吸引等の手段により偏光板
5の端部を保持している。このロール6はその初期状態
において図の矢印X方向に変位した状態にあり、液晶表
示素子2との間に間隙を有している。
【0011】一般に、偏光板5は、高分子フィルムの延
伸等により製造されているため、そりが生じているもの
が多く、また、近年では、種々の光学特性改善のために
フィルムを数枚張り合わせたものがあり、張り合わせる
フィルムの延伸状態あるいは張り合わせの際に生じる引
っ張り差により偏光板にそりが生じているものが多い。
本装置においては、このように偏光板5のそり、特に偏
光板端部にそりがあっても吸着用溝7により偏光板5の
端部が保持される構成であるため、ロール6が矢印X方
向に変位している装置の初期状態において、貼り付けの
ために偏光板5の端部をロール6と液晶表示素子2の間
の間隙内に位置させた時、この端部がロール6に吸引さ
れて保持され、下方に垂れ下がるおそれがなく、そのま
まロール6を矢印Y方向に変位させて加圧しながら偏光
板5をその端部から前記従来装置と同様の動作で液晶表
示素子2に正確に貼りつけることができ、貼り付けの位
置ずれを生じることはない。
【0012】以上のように、本実施の形態によれば、液
晶表示素子への偏光板貼り付けの際、偏光板の端部がロ
ールに保持されているので、偏光板貼り付け時の位置ず
れを解消することができる。
【0013】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、液晶表示
素子に偏光板を圧着するロールに偏光板の保持手段を付
加することにより、偏光板貼り付けの際に生じる位置ず
れを解消することができ、貼り付け工程の歩留まりも向
上するという有利な効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の偏光板の貼り付け装置の一実施の形態
における装置要部の側面図
【図2】従来の偏光板の貼り付け装置の要部を示す側面
【符号の説明】
1 第1の定盤 2 液晶表示素子 3 第2の定盤 4 吸着溝 5 偏光板 6 ロール 7 吸着用溝
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 2H049 BA02 BC14 BC22 2H091 FA08X FA08Z FC29 FD12 FD15 LA12 4F211 AG03 AH73 SA07 SC06 SD01 SJ01 SJ13 SJ22 SJ23 SJ29 SP04

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 液晶表示素子に貼り付ける偏光板を前記
    液晶表示素子表面に対して斜めに支持するための定盤
    と、前記定盤に設けられ、前記偏光板をその端部を残し
    て保持する第1の保持手段と、前記偏光板の端部位置に
    設けられ、前記偏光板を前記液晶表示素子表面に圧着す
    るためのロールと、前記ロールに設けられ、前記偏光板
    の端部を保持する第2の保持手段を有することを特徴と
    する偏光板の貼り付け装置。
JP2001167774A 2001-06-04 2001-06-04 偏光板の貼り付け装置 Pending JP2002357817A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001167774A JP2002357817A (ja) 2001-06-04 2001-06-04 偏光板の貼り付け装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001167774A JP2002357817A (ja) 2001-06-04 2001-06-04 偏光板の貼り付け装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002357817A true JP2002357817A (ja) 2002-12-13

Family

ID=19010113

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001167774A Pending JP2002357817A (ja) 2001-06-04 2001-06-04 偏光板の貼り付け装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002357817A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005309371A (ja) * 2004-03-26 2005-11-04 Fuji Photo Film Co Ltd 光学フイルム貼着装置及び方法
KR100760561B1 (ko) * 2005-11-15 2007-09-20 주식회사 에이디엠 롤 장치
JP2008162230A (ja) * 2007-01-04 2008-07-17 Hitachi Plant Technologies Ltd フィルム貼付方法及びフィルム貼付装置
JP2008207451A (ja) * 2007-02-27 2008-09-11 Nagano Automation Kk ワークを貼り合わせるための装置
JP2009109979A (ja) * 2007-07-31 2009-05-21 Hitachi High-Technologies Corp 光学フィルム貼り付け装置及び表示用パネルの製造方法
TWI382923B (zh) * 2010-07-22 2013-01-21 Au Optronics Corp 軟性薄膜轉貼裝置及軟性薄膜轉貼方法
JP2013022760A (ja) * 2011-07-15 2013-02-04 Fuk:Kk フィルム貼付装置
TWI402161B (zh) * 2010-11-22 2013-07-21 Au Optronics Corp 貼合程序以及薄膜結構

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005309371A (ja) * 2004-03-26 2005-11-04 Fuji Photo Film Co Ltd 光学フイルム貼着装置及び方法
JP4620433B2 (ja) * 2004-03-26 2011-01-26 富士フイルム株式会社 光学フイルム貼着装置及び方法
KR100760561B1 (ko) * 2005-11-15 2007-09-20 주식회사 에이디엠 롤 장치
JP2008162230A (ja) * 2007-01-04 2008-07-17 Hitachi Plant Technologies Ltd フィルム貼付方法及びフィルム貼付装置
JP2008207451A (ja) * 2007-02-27 2008-09-11 Nagano Automation Kk ワークを貼り合わせるための装置
JP2009109979A (ja) * 2007-07-31 2009-05-21 Hitachi High-Technologies Corp 光学フィルム貼り付け装置及び表示用パネルの製造方法
TWI382923B (zh) * 2010-07-22 2013-01-21 Au Optronics Corp 軟性薄膜轉貼裝置及軟性薄膜轉貼方法
TWI402161B (zh) * 2010-11-22 2013-07-21 Au Optronics Corp 貼合程序以及薄膜結構
JP2013022760A (ja) * 2011-07-15 2013-02-04 Fuk:Kk フィルム貼付装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101538823B1 (ko) 액정 표시 장치의 제조 방법
JP4489414B2 (ja) 表示装置の製造方法及びその製造装置
JP2006292993A (ja) 貼り合わせ装置
KR20150134848A (ko) 디스플레이패널, 패널 부착 장치 및 이를 이용한 패널 부착 방법
KR20190079024A (ko) 기능성 필름 부착시스템
TWI449005B (zh) 功能性膜片貼合方法、貼合機台及膜片貼合對位方法
JP2013095006A (ja) 貼付装置および貼付方法
JP2002357817A (ja) 偏光板の貼り付け装置
KR101441194B1 (ko) 광학 시트 첩합 방법 및 장치 그리고 그것들에 사용하는 점착 시트
JP2008191438A (ja) 光学フィルム貼付け方法、光学フィルム貼付け装置、及び表示用パネルの製造方法
JP2006039238A (ja) 偏光板やarフィルム等の機能性フィルムの貼付装置
JP2008139523A (ja) 光学フィルム貼付け方法、光学フィルム貼付け装置、及び表示用パネルの製造方法
KR101753775B1 (ko) 액정 표시 장치 및 그 제조방법
KR20180083055A (ko) 기판 접합 방법
KR100723268B1 (ko) 플렉서블 액정 디스플레이의 곡면 형성 장치 및 방법
JP2010014901A (ja) 液晶表示装置の製造装置及び製造方法
JP5489499B2 (ja) 薄膜の貼り付け方法、およびそれにより製造されたペリクル光学素子
KR102172312B1 (ko) 접합 장치, 접합 방법, 광학 표시 디바이스의 생산 시스템 및 광학 표시 디바이스의 생산 방법
JP2001242448A (ja) 偏光板の剥離方法及びこれを用いた液晶装置の製造方法
JP2009109624A (ja) 液晶表示装置及びその製造方法
WO2015199133A1 (ja) 貼合装置、貼合方法、光学表示デバイスの生産システムおよび光学表示デバイスの生産方法
JP2003121832A (ja) フィルム貼付方法及び装置
JP2007065252A (ja) フィルムの貼着方法およびその装置
JP2006011198A (ja) 偏光板貼り付け装置および偏光板
JPH0682738A (ja) フィルム貼付方法およびフィルム貼付装置

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20061127