JP2002351364A - 停留所の照明付表示装置 - Google Patents

停留所の照明付表示装置

Info

Publication number
JP2002351364A
JP2002351364A JP2001156991A JP2001156991A JP2002351364A JP 2002351364 A JP2002351364 A JP 2002351364A JP 2001156991 A JP2001156991 A JP 2001156991A JP 2001156991 A JP2001156991 A JP 2001156991A JP 2002351364 A JP2002351364 A JP 2002351364A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
light guide
guide plate
display
decorative
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001156991A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4717262B2 (ja
Inventor
Tomoyuki Kojima
智之 小島
Takayuki Konno
貴之 今野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyo Exterior Co Ltd
Tkk KK
Original Assignee
Toyo Exterior Co Ltd
Tkk KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyo Exterior Co Ltd, Tkk KK filed Critical Toyo Exterior Co Ltd
Priority to JP2001156991A priority Critical patent/JP4717262B2/ja
Publication of JP2002351364A publication Critical patent/JP2002351364A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4717262B2 publication Critical patent/JP4717262B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G09EDUCATION; CRYPTOGRAPHY; DISPLAY; ADVERTISING; SEALS
    • G09FDISPLAYING; ADVERTISING; SIGNS; LABELS OR NAME-PLATES; SEALS
    • G09F27/00Combined visual and audible advertising or displaying, e.g. for public address
    • G09F27/007Displays with power supply provided by solar cells or photocells

Abstract

(57)【要約】 【課題】 バス等の停留所の表示を背面照明して見易く
するとともにそのメンテナンスを可及的に簡易化する。 【解決手段】 停留所Aにおける支柱1の時刻表等の表
示板26を背面照明するようにLEDユニット22を上
端に嵌着した導光板21を設置し,正面の透明保護板2
7とともにこれら表示板26及び導光板21を支柱1の
化粧カバー7を開閉することによってスライド着脱自在
とし,またLEDユニット22の電源をソーラーパネル
によるバッテリーによるものとする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は公共交通機関の停留
所に関し,特にその照明付表示装置に関する。
【0002】
【従来の技術】この種停留所の照明付表示装置は,例え
ばバスの停留所に見られるように,支柱に時刻表,路線
図等をプリントして表示した表示板を設置し,その背面
に複数の蛍光灯光源を配置することによって該表示板を
背面照明するものとされている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしこの場合,蛍光
灯光源の配置によって表示板の背面照明に輝度ムラが生
じ易いこと,蛍光灯の寿命が比較的短いために光源切れ
が生じ易く,頻繁なメンテナンスを必要とすること,消
費電力が大きいために照明のランニングコストが高くな
ること等の問題点が残されている。
【0004】本発明はかかる事情に鑑みてなされたもの
で,その解決課題とするところは,表示板の照明が均一
で,メンテナンスを可及的に減少し,照明のランニング
コストを可及的に減少した停留所の照明付表示装置を提
供するにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題に沿って本発明
は,導光板を用いて表示板の背面照明を行なうことによ
って表示板を可及的均一にして見易いように照明する一
方,その光源をLEDとすることによってその長寿命化
を実現して,運行時刻の変更等の表示変更を除いて,メ
ンテナンスを可及的に不要化し,更にLED点灯の電源
をソーラー使用のものとすることによって照明のランニ
ングコストを可及的に不要化するようにする一方,停留
所の照明付表示装置として,上記表示変更等に際して表
示板(これに積層配置するフィルムを含む)の交換を可
及的に容易化するとともに屋外設置の停留所が受ける直
射光による影響等を可及的に解消するようにしたもので
あって,即ち請求項1に記載の発明を,公共交通機関の
停留所の支柱に設置した時刻表等の表示装置であって,
導光板と,該導光板の入射端面に多数のLEDを近接し
て並列するように該導光板の幅方向端部に着脱自在に設
置したLEDユニットと,上記導光板の正面側に配置し
た透光性の表示板と,該表示板の正面に配置した透明の
保護板とを備え,上記LEDの電源を支柱乃至支柱に設
置した屋根上に配置したソーラーパネルによる支柱内蔵
のバッテリー電源とするとともに上記LEDユニットを
設置した導光板,表示板及び保護板を上記支柱の幅方向
端部に配置した化粧カバーを開閉することによって幅方
向にスライド脱着自在とし且つ導光板,表示板及び保護
板との間に僅少空隙を配置してなることを特徴とする照
明付表示装置を有する停留所としたものである。
【0006】請求項2に記載の発明は,上記に加えて,
車両通行による振動等によって導光板とLED光源の位
置関係を簡易且つ確実に確保するとともに該位置関係が
ずれることによって表示板の背面照明に輝度の不均一性
が生じたりするのを解消し,屋外設置の照明装置として
長期に亘り表示板を見易く照明するものとするように,
これを,上記LEDユニットを,反射性のケースに多数
のLEDを設置しその導光板側に前後脚片を配置して構
成するとともに該前後脚片によって導光板幅方向端部を
被嵌挟持し,その長手方向複数箇所においてネジ固定す
ることによって上記導光板の幅方向端部に着脱自在に設
置してなることを特徴とする請求項1に記載の停留所の
照明付表示装置としたものである。
【0007】請求項3に記載の発明は,同じく上記に加
えて,停留所の支柱を部材を共通化しながら外観の良い
ものとするとともにその照明装置の設置を簡易且つ確実
に安定して行ない得るものとするように,これを,上記
支柱を,支柱フレームと,該支柱フレームの両側の側面
に設置した側面化粧カバー及び該側面化粧カバーの前後
端部又はその一方の端部に回動不能又は回動自在に配置
した開閉化粧カバーの複合部材による化粧カバーと,該
化粧カバーにおける開閉化粧カバー間に位置するように
架設配置した化粧横桟とを備えて構成し,任意の上下に
対向する化粧横桟を上記導光板,表示板及び保護板の保
持用とし,その余の上下に対向する化粧横枠を表示板,
化粧板等の保持用として構成してなることを特徴とする
請求項1又は2に記載の停留所の照明付表示装置とした
ものである。
【0008】本発明はこれらをそれぞれ発明の要旨とし
て上記課題解決の手段としたものである。
【0009】
【発明の実施の形態】以下図面の例に従って本発明を更
に具体的に説明すれば,Aはバス,市電等の停留所,2
0はその支柱1に設置した時刻表等の照明付表示装置で
あり,該表示装置20は,導光板21と,該導光板21
の入射端面に多数のLEDを近接して並列するように該
導光板21の幅方向端部に着脱自在に設置したLEDユ
ニット22と,上記導光板22の正面側に配置した透光
性の表示板26と,該表示板26の正面に配置した透明
の保護板27とを備え,上記LEDの電源を支柱1乃至
支柱1に設置した屋根2上に配置したソーラーパネル2
8による支柱1内蔵のバッテリー電源とするとともに上
記LEDユニット22を設置した導光板21,表示板2
6及び保護板27を上記支柱1の幅方向端部に配置した
化粧カバー7を開閉することによって幅方向にスライド
脱着自在とし且つ導光板21,表示板26及び保護板2
7との間に僅少空隙を配置したものとしてある。
【0010】即ち本例の停留所Aは,複数の支柱1を配
して,該複数の支柱1上に屋根2を載置して構成した独
立構築物としての屋根付停留所としてあり,上記表示装
置20は,上記複数のうち任意の支柱1,本例にあって
は一方端部の支柱1の正面乃至背面に配置してある。
【0011】このとき上記表示装置20を備えた支柱1
は,これを,支柱フレーム3と,該支柱フレーム3の両
側の側面に設置した側面化粧カバー8及び該側面化粧カ
バー8の前後端部又はその一方の端部に回動不能又は回
動自在に配置した開閉化粧カバー11の複合部材による
化粧カバー7と,該化粧カバー7における開閉化粧カバ
ー11間に位置するように架設配置した化粧横桟18と
を備えて構成したものとしてあり,また上記表示装置2
0を備えた支柱1以外の支柱は,これを,例えば外周4
面をフラットな垂直面とするようにアルミ押出材製,鋼
製等のものとしてある。
【0012】上記表示装置20を備えた支柱1における
本例の支柱フレーム3は幅方向両端に設置した,本例に
おいて片側を中空の矩形枠とし,他の片側をC字チャン
ネル枠9としたアルミ押出材又は鋼材による一対の縦枠
4と,該一対の縦枠4を連結する上下の横枠5とを備え
て構造躯体をなすように枠組みし,本例において縦枠4
間に裏板6を配置してボックス状としたものとして構成
してあり,上記化粧カバー7は,支柱1の側面に位置す
る縦枠4の外側面に設置して,該縦枠4を前後全面的に
被覆するように配置してあり,本例の化粧カバー7は,
支柱1の片側の側面において回動不能,即ち開閉不能
に,他の片側の側面においてその前後一端を回動自在,
即ち開閉自在とすることによってその部材の共通化を行
なうようにしてある。
【0013】即ち本例にあって上記側面化粧カバー8
は,上記支柱フレーム3の縦枠4に対接固定するC字チ
ャンネル材9とその開口側端部にスナップイン係止する
開口被覆用の被覆板材10とによるアルミ押出材製のも
のとし,また上記開閉化粧カバー11は,同じく上記支
柱フレーム3の縦枠4に対接固定する取付基材12と該
取付基材12に回動自在にヒンジ14連結した中空化粧
部材13とによる同じくアルミ押出材製のものとし,上
記回動不能のものとして用いる場合は中空化粧部材13
をそのまま,開閉化粧カバー11として用いる場合は中
空化粧部材13にロック受孔15,本例にあっては後述
のロック17の外形に応じた表面側の透孔と背面側のネ
ジ用の透孔をそれぞれ透設する加工を施して使用するよ
うにしてあり,このとき側面の被覆は,支柱1の片側に
おいて上記C字チャンネル材9及び中空化粧部材13を
取付基材12に対して回動不能に固定,例えばネジ16
止めし,その上記取付基材12をそれぞれ縦枠4に更に
ネジ16止め固定した後,上記C字チャンネル材9に被
覆板材10を装着するように行なう一方,支柱1の他の
片側においては同様にC字チャンネル材9及び中空化粧
部材13の回動自在性を維持した状態の開閉化粧カバー
11における同じく取付基材12をそれぞれ縦枠4にネ
ジ16止め固定し,同様に上記C字チャンネル材9に被
覆板材10を装着するように行い,それぞれ支柱1の側
面にこれを被覆した配置を行なうようにしてある。
【0014】このとき本例の上記ロック17は,頭部に
スパナ回転用の六角孔を備えるとともに上記縦枠4に設
置した雌ネジ孔に螺合する雄ネジを先端に備えたネジ部
材によるものとし,上記ロック受孔15に該ロック17
を挿入してスパナにより回転することによって,開閉化
粧カバー11,特にその上記中空化粧部材13を施開錠
自在に固定するようにしてある。
【0015】本例の化粧横桟18は,上下に突起乃至溝
を形成して上記導光板等を嵌合受入れするようにした中
空の桟材を用いて,上記回動不能又は回動自在の開閉化
粧カバー11間に架設配置してあり,該化粧横桟18は
これを支柱1の前面において長手方向端部一方を,上記
開閉不能とした開閉化粧カバー11に,長手方向端部他
方を縦枠4の前部にネジ16止めし,支柱の背面におい
ては長手方向端部をそれぞれ上記開閉不能とした開閉化
粧カバー11にネジ16止めして,支柱1の前後対応位
置に,上下端を含む多数本を水平に架設するように配置
してあり,これによって任意の上下に対向する一対の化
粧横桟18を上記導光板21,表示板26及び保護板2
7の保持用とし,その余の上下に対向する化粧横枠18
を表示板,化粧板等29の保持用として構成してある。
【0016】本例の表示装置20における導光板21
は,透明樹脂板の背面に密度変化によって入射光を導光
する微小多数のドットを形成し,背面に図示省略の反射
シートを,正面に同じく図示省略の拡散シートをそれぞ
れ積層配置したものとしてあり,またLEDユニット2
2は,これを,反射性のケース23に多数のLEDを設
置しその導光板21側に前後脚片24を配置して構成す
るとともに該前後脚片24によって導光板21幅方向端
部を被嵌挟持し,その長手方向複数箇所においてネジ2
5固定することによって上記導光板21の幅方向端部に
着脱自在に設置したものとしてある。
【0017】LEDユニット22のケース23は,その
上部をLED収納部とし,その前後下端から導光板21
の厚さに合せた前後脚片24を垂下した樹脂製のものと
し,その長手方向両端に透孔を設置したものとしてあ
り,一方上記透明樹脂板の導光板21を縦長矩形とし,
その幅方向両端部の上部にネジ25用の貫通孔を透設
し,上記LEDユニット22の導光板21への設置は,
ケース23の前後脚片を導光板21の上部を被嵌するよ
うにこれを挟持するとともに各LEDが入射端面をなす
導光板21の上端面に近接するように配置し,前後脚片
24の長手方向両端の透孔から導光板21の貫通孔を介
してネジ25を正面側から後部脚片24の透孔にタップ
を切るように螺装し,該ネジ25によってLEDユニッ
ト22を導光板21にネジ25固定するようにこれを行
なうものとしてある。
【0018】表示板26は透明乃至半透明の透光性を有
し,導光板21と同じ形状,大きさの矩形の樹脂板によ
るものとし,また保護板27は,表示装置20の最表面
にあって表示板(乃至これに貼着した表示フィルム)2
6を透視し得るように透明にして同じく導光板21及び
表示板26と同じ形状,大きさのものとしてある。
【0019】導光板21,表示板26及び保護板27
は,任意の上下一対の上記化粧横桟18に形成した上下
の突起乃至溝にそれぞれ嵌合することによって正面側か
ら保護板27,表示板26及び導光板21の順になるよ
うにそれぞれ上下の化粧横桟18間に設置し,上記幅方
向端部の開閉化粧カバー11,即ち回動自在の開閉化粧
カバーを開閉することによってスライド着脱自在に保持
するようにしてあり,このとき上記突起乃至溝の設置間
隔を規制することによって導光板21,表示板26及び
保護板27の間にそれぞれ,例えば数mm程度乃至それ
以下の僅少空隙を配置し,これによってスライド着脱に
際して各板を指先で摘んで容易に引出し得るようにして
ある。
【0020】本例にあってソーラーパネル28は,屋根
2上に向きを適宜に設定し,図示省略のバッテリーに昼
間時に充電し得るように設置してあり,該バッテリー
を電源としてLEDユニット22のLEDを発光し,導
光板21を均一に面照明することによって表示板26を
背面照明するようにしてある。
【0021】このとき本例のLEDユニット22のLE
D点灯及び消灯は,例えばソーラーパネル28の所定の
電圧以下への継続的降下を検知してスイッチを作動する
ことによって点灯し,7時間程度の点灯後の時間を検知
して同じくスイッチを作動して消灯するようにしてあ
り,これによって点灯及び消灯を自動的に行ない得るよ
うにしてある。
【0022】一方上記照明付表示装置20を設置する以
外の上下に対向する化粧横枠18には,照明なしの表示
板と保護板又は化粧板29を保持することによって,支
柱1を化粧してあり,このとき上記と同様に幅方向端部
にして回動自在の開閉化粧カバー11を有する部位に設
置したこれら表示板,化粧板等29は該開閉化粧カバー
11を開閉することによってスライド着脱自在のものと
することができる。
【0023】従って本例の停留所Aの照明付表示装置2
0は,導光板21を用いて表示板26の背面照明を行な
うことによって表示板26を可及的均一にして見易いよ
うに照明する一方,その光源をLEDとすることによっ
てその長寿命化を実現して,運行時刻の変更等の表示変
更を除いて,メンテナンスを可及的に不要化し,更にL
ED点灯の電源をソーラー使用のものとすることによっ
て照明のランニングコストを可及的に不要化するように
し,上記表示変更等に際して表示板26の交換を可及的
に容易化するとともに屋外設置の停留所Aが受ける直射
光による樹脂板の変形等の影響等を可及的に解消するよ
うにすることによって,表示板26の照明が均一で,メ
ンテナンスを可及的に減少し,照明のランニングコスト
を可及的に減少したものとすることができ,更に点灯及
び消灯を自動化したものとすることができる。
【0024】図示した例は以上のとおりとしたが,停留
所を屋根を付することなく支柱によって構成すること,
この場合を含めてソーラーパネルを支柱に設置するこ
と,停留所を市電等バス以外の公共交通機関用のものと
して構成すること,LEDユニットを導光板の下端又は
側端に設置し,上下端又は両側端に対向して配置するこ
と,化粧カバーを支柱の側面においてその側面全部を開
閉し得るように構成することすること等を含めて,本発
明の実施に当って,停留所,その支柱,表示装置,その
導光板,表示板,保護板,LEDユニット,ソーラーパ
ネル,バッテリー等の各具体的形状,構造,材質,数,
これらの関係,これらに対する付加等は,上記発明の要
旨に反しない限り様々な形態のものとすることができ
る。
【0025】
【発明の効果】本発明は以上のとおりに構成したから,
請求項1に記載の発明は,導光板を用いて表示板の背面
照明を行なうことによって表示板を可及的均一にして見
易いように照明する一方,その光源をLEDとすること
によってその長寿命化を実現して,運行時刻の変更等の
表示変更を除いて,メンテナンスを可及的に不要化し,
更にLED点灯の電源をソーラー使用のものとすること
によって照明のランニングコストを可及的に不要化する
ようにする一方,停留所の照明付表示装置として,上記
表示変更等に際して表示板(これに積層配置するフィル
ムを含む)の交換を可及的に容易化するとともに屋外設
置の停留所が受ける直射光による影響等を可及的に解消
するようにして,表示板の照明が均一で,メンテナンス
を可及的に減少し,照明のランニングコストを可及的に
減少した停留所の照明付表示装置を提供することができ
る。
【0026】請求項2に記載の発明は,上記に加えて,
車両通行による振動等によって導光板とLED光源の位
置関係を簡易且つ確実に確保するとともに該位置関係が
ずれることによって表示板の背面照明に輝度の不均一性
が生じたりするのを解消し,屋外設置の照明装置として
長期に亘り表示板を見易く照明するものとすることがで
きる。
【0027】請求項3に記載の発明は,同じく上記に加
えて,停留所の支柱を部材を共通化しながら外観の良い
ものとするとともにその照明装置の設置を簡易且つ確実
に安定して行ない得るものとすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】停留所の斜視図である。
【図2】表示装置を備えた支柱の縦断面図である。
【図3】図2の上方部分の部分拡大縦断面図である。
【図4】図2の支柱における上方部分の拡大横断面図で
ある。
【図5】導光板とLEDユニットの関係を示す側面図で
ある。
【符号の説明】
A 停留所 1 支柱 2 屋根 7 化粧カバー 8 側面化粧カバー 11 開閉化粧カバー 20 表示装置 21 導光板 22 LEDユニット 23 ケース 26 表示板 27 保護板 28 ソーラーパネル
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) // F21Y 101:02 F21Y 101:02 (72)発明者 今野 貴之 埼玉県川口市大字西立野788番地 株式会 社ティーケーケー内 Fターム(参考) 5C096 AA21 AA24 AA29 BA02 BB22 BB28 BB36 BB40 BB41 CA02 CB01 CC06 CD02 CD24 CD53 DA01 DA07 DB05 DD05 5F041 AA10 AA31 EE25 FF01

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 公共交通機関の停留所の支柱に設置した
    時刻表等の表示装置であって,導光板と,該導光板の入
    射端面に多数のLEDを近接して並列するように該導光
    板の幅方向端部に着脱自在に設置したLEDユニット
    と,上記導光板の正面側に配置した透光性の表示板と,
    該表示板の正面に配置した透明の保護板とを備え,上記
    LEDの電源を支柱乃至支柱に設置した屋根上に配置し
    たソーラーパネルによる支柱内蔵のバッテリー電源とす
    るとともに上記LEDユニットを設置した導光板,表示
    板及び保護板を上記支柱の幅方向端部に配置した化粧カ
    バーを開閉することによって幅方向にスライド脱着自在
    とし且つ導光板,表示板及び保護板との間に僅少空隙を
    配置してなることを特徴とする照明付表示装置を有する
    停留所。
  2. 【請求項2】 上記LEDユニットを,反射性のケース
    に多数のLEDを設置しその導光板側に前後脚片を配置
    して構成するとともに該前後脚片によって導光板幅方向
    端部を被嵌挟持し,その長手方向複数箇所においてネジ
    固定することによって上記導光板の幅方向端部に着脱自
    在に設置してなることを特徴とする請求項1に記載の停
    留所の照明付表示装置。
  3. 【請求項3】 上記支柱を,支柱フレームと,該支柱フ
    レームの両側の側面に設置した側面化粧カバー及び該側
    面化粧カバーの前後端部又はその一方の端部に回動不能
    又は回動自在に配置した開閉化粧カバーの複合部材によ
    る化粧カバーと,該化粧カバーにおける開閉化粧カバー
    間に位置するように架設配置した化粧横桟とを備えて構
    成し,任意の上下に対向する化粧横桟を上記導光板,表
    示板及び保護板の保持用とし,その余の上下に対向する
    化粧横枠を表示板,化粧板等の保持用として構成してな
    ることを特徴とする請求項1又は2に記載の停留所の照
    明付表示装置。
JP2001156991A 2001-05-25 2001-05-25 停留所の照明付表示装置 Expired - Lifetime JP4717262B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001156991A JP4717262B2 (ja) 2001-05-25 2001-05-25 停留所の照明付表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001156991A JP4717262B2 (ja) 2001-05-25 2001-05-25 停留所の照明付表示装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002351364A true JP2002351364A (ja) 2002-12-06
JP4717262B2 JP4717262B2 (ja) 2011-07-06

Family

ID=19000920

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001156991A Expired - Lifetime JP4717262B2 (ja) 2001-05-25 2001-05-25 停留所の照明付表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4717262B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100709723B1 (ko) * 2004-07-30 2007-04-19 (주)일루텍 태양광을 이용한 버스승강장 조명장치
JP2007154509A (ja) * 2005-12-05 2007-06-21 Ntt Facilities Inc タクシー待合所用発電システム
CN102760391A (zh) * 2012-06-28 2012-10-31 北京联合大学 带wifi接收系统的电子公交站牌

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6343180A (en) * 1986-08-08 1988-02-24 Hitachi Koki Co Ltd Two-color developing method
JPH07334109A (ja) * 1994-06-09 1995-12-22 Zeniya Alum Seisakusho:Kk 停留所用表示装置
JPH10143097A (ja) * 1996-11-11 1998-05-29 Koudou:Kk 掲示板
JPH10321020A (ja) * 1997-05-15 1998-12-04 Zeniya Alum Seisakusho:Kk 照明装置及び案内表示装置
JP2000057492A (ja) * 1998-08-07 2000-02-25 Trust:Kk バス停車場情報システム、及びバス停車場
JP2000206911A (ja) * 1999-01-08 2000-07-28 Sekisui Jushi Co Ltd 内照式表示システム
JP2001030698A (ja) * 1999-07-26 2001-02-06 Hideya Koshiyama 展示パネル装置

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6343180A (en) * 1986-08-08 1988-02-24 Hitachi Koki Co Ltd Two-color developing method
JPH07334109A (ja) * 1994-06-09 1995-12-22 Zeniya Alum Seisakusho:Kk 停留所用表示装置
JPH10143097A (ja) * 1996-11-11 1998-05-29 Koudou:Kk 掲示板
JPH10321020A (ja) * 1997-05-15 1998-12-04 Zeniya Alum Seisakusho:Kk 照明装置及び案内表示装置
JP2000057492A (ja) * 1998-08-07 2000-02-25 Trust:Kk バス停車場情報システム、及びバス停車場
JP2000206911A (ja) * 1999-01-08 2000-07-28 Sekisui Jushi Co Ltd 内照式表示システム
JP2001030698A (ja) * 1999-07-26 2001-02-06 Hideya Koshiyama 展示パネル装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100709723B1 (ko) * 2004-07-30 2007-04-19 (주)일루텍 태양광을 이용한 버스승강장 조명장치
JP2007154509A (ja) * 2005-12-05 2007-06-21 Ntt Facilities Inc タクシー待合所用発電システム
CN102760391A (zh) * 2012-06-28 2012-10-31 北京联合大学 带wifi接收系统的电子公交站牌

Also Published As

Publication number Publication date
JP4717262B2 (ja) 2011-07-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4430819A (en) Display sign assembly
JP4520494B2 (ja) ディスプレイ装置
US9214103B2 (en) Modular sign system
US6450657B1 (en) Lighted panel device able to be applied onto posts
RU2633268C2 (ru) Устройство для представления носителей информации
US5347736A (en) Illuminated sign
US20060191179A1 (en) Compact road sign display
JP2002351364A (ja) 停留所の照明付表示装置
KR101165988B1 (ko) 착탈식 버스정류장 쉘터 광고판
CN207185086U (zh) 模块化冷通道数据中心
US6530167B1 (en) Mounting channel and presentation means for mounting presentation elements
GB2468005A (en) LED illuminated light box display
CN201135296Y (zh) 一种展示陈列柜
JPH07334109A (ja) 停留所用表示装置
CN212394310U (zh) 便于储藏与展示的酒柜结构
CN211269756U (zh) 一种铁塔造型展示墙
CN210443213U (zh) 一种兼容性壁挂广告栏
CN212624661U (zh) 一种拼接式led显示屏
CN211742562U (zh) 一种木质太阳能发光指示牌
CN208722537U (zh) 便捷式党支部公告栏
CN212967026U (zh) 一种应用于自助贩售机的拼接式多媒体展台
CN2742518Y (zh) 广告展示层板灯
CN207687772U (zh) 一种无缝拼接的线条灯
KR20130088706A (ko) 착탈식 버스정류장 쉘터 광고판
CA2135862C (en) Attraction boards and the mountings therefor

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080522

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101201

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101214

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110214

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110329

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110330

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4717262

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140408

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140408

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term