JP2002346079A - 弾球遊技機 - Google Patents

弾球遊技機

Info

Publication number
JP2002346079A
JP2002346079A JP2001157142A JP2001157142A JP2002346079A JP 2002346079 A JP2002346079 A JP 2002346079A JP 2001157142 A JP2001157142 A JP 2001157142A JP 2001157142 A JP2001157142 A JP 2001157142A JP 2002346079 A JP2002346079 A JP 2002346079A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
ball
entry
peripheral
game machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001157142A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshiomi Ibarada
Shogo Tatsumi
Takahiro Uchigashima
Toshihiro Uchigashima
敏博 内ヶ島
隆寛 内ヶ島
正吾 巽
悦臣 茨田
Original Assignee
Takao:Kk
株式会社高尾
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Takao:Kk, 株式会社高尾 filed Critical Takao:Kk
Priority to JP2001157142A priority Critical patent/JP2002346079A/ja
Publication of JP2002346079A publication Critical patent/JP2002346079A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 弾球遊技機の遊技盤に装着される構造物のデ
ザインにおいて、球がみの考慮を不必要にする。 【解決手段】 センターケース14において、遊技球の
通過を阻止する周壁18を設けて、その内側の装飾枠2
0に相当する部分を進入規制領域としたので、装飾枠2
0の表面20aを球面状の傾斜にしても、これとガラス
板とに遊技球が挟まる(球がみが発生する)ことはな
い。構造物のデザインにおいて球がみを考慮する必要が
なくなるので、従来は球がみの危険性があって採用でき
なかったデザインでもを容易に採用できる。これによ
り、パチンコ機の印象を変化させることが容易になり、
他のパチンコ機等との差別化を図ることができる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、弾球遊技機の技術
分野に属する。

【0002】

【従来の技術】パチンコ機などの弾球遊技機では、遊技
盤の前面に形成された遊技領域に遊技球を撃ち込んで入
賞等を目的とする遊技が行われる。この弾球遊技機にお
いては、遊技に必須となる入球装置ばかりでなく表示装
置や装飾装置等の構造物が遊技盤に取り付けられてい
る。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】これら遊技盤に備えら
れる構造物に関しては、例えば構造物とガラス板との間
に遊技球が挟み込まれたりする、球がみの発生を防止す
ることが必須となるために、デザインが均一化してしま
うという問題があった。

【0004】

【課題を解決するための手段および発明の効果】上記課
題を解決するための請求項1記載の弾球遊技機は、遊技
盤の前面に形成された遊技領域に遊技球を撃ち込んで入
賞等を目的とする遊技が行われる弾球遊技機において、
遊技球の通過を阻止する進入規制手段により遊技球の進
入が阻まれる進入規制領域を前記遊技領域に設けたの
で、進入規制領域に位置する構造物などでの球がみを防
止できる。

【0005】また、その構造物のデザインにおいては球
がみを考慮する必要がなくなるので、構造物のデザイン
に従来とは異なる(従来は採用できなかったデザイン)
を容易に採用できる。これにより、弾球遊技機の印象を
変化させることが容易になり、他の弾球遊技機との差別
化を図ることができる。

【0006】進入規制手段は、例えば壁、遊技球が通過
できない間隔で配置した板材、ピン材或いは遊技釘等で
構成することができる。ただし、遊技球の通過を阻止す
ることができればよいので、これらの例に限るものでは
ない。なお、入賞等というのは賞球の対象となる事象で
あり、パチンコ機における入賞やアレンジボール式パチ
ンコ機における得点の成立が例示される。

【0007】請求項2記載のように、請求項1記載の弾
球遊技機において、前記進入規制手段を前記遊技盤に備
えられる構造物ごとに設けて、該構造物全体または一部
を前記進入規制領域とすれば、従来の構造物のデザイン
に規制されることなくデザインを決めることが可能にな
るので、構造物の設計時の負担を軽減できる。

【0008】また、実際に実射試験した際に問題となる
構造物にのみ進入規制手段を設けても、問題となりそう
な形状の構造物に予め一体成形するようにしても何ら差
し支えない。構造物によっては遊技球を受け入れたり通
過させたりするものもある。一例としてセンターケース
(表示装置を保護したり装飾するための枠状構造物)の
ようにワープ通路やステージを備えるものがある。この
ような構造物についてはステージ等に遊技球が進入でき
なければ意味がない。

【0009】このような構造物については請求項3の構
成で対処できる。すなわち、請求項3記載の弾球遊技機
は、請求項2記載の弾球遊技機において、前記進入規制
手段は、該進入規制手段が設けられた前記構造物に遊技
球を導くために設定されている進入経路からの遊技球の
進入は阻まない。例えばステージ等への進入経路からの
遊技球の進入は阻まないように進入規制手段を設けるか
ら、上記の問題に対応できる。

【0010】請求項4記載の弾球遊技機は、請求項1な
いし3のいずれか記載の弾球遊技機において、前記進入
規制手段は、前記遊技盤に備えられる構造物と一体成形
されているので、進入規制手段を設ける際の部品点数の
増加を防ぎ、廃棄やリサイクルの点でも有利になる。

【0011】また、請求項5記載のように、請求項1な
いし3のいずれか記載の弾球遊技機において、前記進入
規制手段は、前記遊技盤に備えられる構造物とは別個に
成形されている構成を採用してもよい。この場合は、従
来の構造物のデザインに規制されることなく、デザイン
を決めることが可能となるとともに、問題に対するデザ
インの変更(設計変更)についての負担も軽減させるこ
とができ、弾球遊技機の製造コストを抑えることができ
る。

【0012】請求項6記載の弾球遊技機は、請求項1な
いし5のいずれか記載の弾球遊技機において、前記進入
規制手段と前記遊技盤の前面側を覆うガラス板との距離
は、遊技球の直径未満に設定されていることを特徴とす
る。進入規制手段からガラス板までの距離を遊技球の直
径未満にすることで、進入規制手段の大きさ(遊技盤面
からの突出寸法)を必要最小限とすることが可能にな
り、進入規制手段を目立たなくすることができる。これ
により、構造物のデザインから与える印象を壊さないと
いう効果もある。

【0013】進入規制手段は、遊技盤に備えられる構造
物の少なくとも1つに設けてもよいし、遊技盤に備えら
れる構造物の少なくとも一部に設けてもよい。また、請
求項7記載のように、請求項1ないし6のいずれか記載
の弾球遊技機において、前記進入規制手段を透明または
半透明の材料で成形すれば、進入規制手段を目立たなく
することができ、構造物のデザインから与える印象を壊
すことがなくなる。

【0014】

【発明の実施の形態】次に、本発明の実施例により発明
の実施の形態を説明する。

【0015】

【実施例】図1は弾球遊技機の一種であるパチンコ機の
遊技盤10(ガラス越しに見える部分)の正面図であ
る。本実施例では遊技盤10(装着された部品も含む)
以外のパチンコ機の機械的な構成(枠装置など)は公知
技術に従っているので、図示と説明は省略する。

【0016】図1に示すとおり、実施例の遊技盤10に
は外レール11、内レール12、コーナーカバー9等で
囲まれた略円形の遊技領域13が形成されている。遊技
領域13のほぼ中央部にセンターケース14が取り付け
られ、センターケース14の左右には風車17が配され
ている。

【0017】センターケース14の中央部には矩形の液
晶パネル15が配されている。この液晶パネル15はセ
ンターケース14の背後側に取り付けられた液晶パネル
ユニット(図示は省略)の一部であり、特別図柄表示装
置と普通図柄表示装置とを兼ねている。

【0018】図2及び図3に示すように、センターケー
ス14は楕円状のケース本体部21と下部に配されたス
テージ16とから構成されている。ケース本体部21は
進入規制手段に該当する周壁18を外殻としている。こ
の周壁18は透明なプラスチック製で、液晶パネル15
の左右下隅付近を両端として、ほぼ楕円状に液晶パネル
15の左右及び上方を取り囲んでいる。ただし、液晶パ
ネル15の下方部分は周壁18がとぎれており、この下
方にステージ16が設けられている。

【0019】なお、周壁18の先端18aと遊技盤10
を覆うガラス板(図示省略)との距離は遊技球の直径未
満(本実施例の場合、遊技盤10とガラス板との距離は
約19mmで周壁18の遊技盤10からの立ち上がり高
さは約16mm。)なので、遊技球が周壁18の先端と
ガラス板との間に進入することはない。

【0020】また、周壁18の頂部には遊技盤10に垂
直な方向に沿う突起18bが設けられている。この突起
18bは曲率がなだらか(局部的にほぼ水平)となって
いる頂部にて遊技球が停滞するのを防止するものであ
る。周壁18からは4つの爪部23が延出されている。
センターケース14は、遊技盤10に設けられた取付開
口33に背面部を貫通させて(図2(b)参照)、爪部
23を貫通するビス(図示は省略)により遊技盤10に
固定されている。

【0021】周壁18の内側には、窓19を有する白色
半透明の装飾枠20が組み付けられている。装飾枠20
は、周壁18に嵌合状態となっていて、4カ所の係止爪
18cが嵌合を確実にするとともに抜けを防止してい
る。この装飾枠20の表面20aは、窓19の周部分が
高く(遊技盤10の表面に対して)窓19から離れるに
したがって低くなる球面状に傾斜しており、また縫い目
模様20bが設けられていて、野球のボールを模したデ
ザインである。

【0022】装飾枠20の窓19には窓枠19aがはめ
込まれ、その窓枠19aの背後に内枠22が取り付けら
れている。窓枠19aと内枠22とには、組み付け用の
爪部19b、22aがそれぞれ4箇所に設けられてお
り、爪部19b、22aを介して周壁18と一体成形さ
れた構造支持部18d及び装飾枠20に連結されてい
る。詳しくは、上下の爪部19b、22aを共に構造支
持部18dのピンに嵌合させ、左右の爪部19b、22
aを爪部22aの背後から貫通して装飾枠20に螺着さ
れたビスにより構造支持部18d及び装飾枠20に連結
されている。また、このように窓枠19aと内枠22と
を構造支持部18d及び装飾枠20に連結することによ
り、構造支持部18と装飾枠20とがビスにて連結され
るので、装飾枠20と周壁18との嵌合だけの場合より
も強固に連結されている。

【0023】内枠22の背後には、液晶パネル15を内
枠22の表示窓22bに整合させる体勢で、液晶パネル
ユニット(図示は液晶パネルユニットを取り付けていな
い状態)が配される。また、装飾枠20の背後には基板
24が配されており、基板24に取り付けられた多数の
LED24aが装飾枠20を照明して電飾効果を与え
る。なお、基板24は構造支持部18dによって支持さ
れている。

【0024】ステージ16は構造支持部18dに連設さ
れた基板部28にてケース本体部21に連結されてい
る。基板部28はビス穴が設けられた取付部28aや前
縁部32等を含む長環状の板体である。取付部28a
は、ケース本体部21の爪部23と同様に、これを貫通
するビス(図示は省略)により遊技盤10に固定されて
いる。また、基板部28は赤色のレンズ部34も保持し
ている。これらレンズ部34の背後には、それぞれLE
D24aが配されており、LED24aが点灯するとレ
ンズ部34が発光する。

【0025】基板部28の背後にはボス28bが立設さ
れており、これに螺着されたビス(図示略)にてスロー
プ体31が取り付けられている。スロープ体31の内部
は空洞になっており、その底面に相当する部分の中央に
凹部25、凹部25の左右に連接して副スロープ26、
副スロープ26に連接して主スロープ27が設けられて
いる。

【0026】凹部25は断面形状が円弧状の溝であり、
その幅及び深さは前縁側で大きくなっており、前縁側が
低く奥側が高い傾斜溝である。副スロープ26は、凹部
25との連設部が低くて凹部25から遠い側が高くな
る、緩やかな傾斜曲面である。主スロープ27も副スロ
ープ26と同様の傾斜曲面であるが、副スロープ26よ
りもわずかに急傾斜となっている。また、主スロープ2
7と副スロープ26との接続部には、副スロープ26側
が低くなる段差が形成されている。

【0027】また、主スロープ27、副スロープ26及
び凹部25の前方は前縁部32にて覆われている。前縁
部32は、主スロープ27に対応する敷居部分32aで
は主スロープ27よりもわずかに上方に突出している
が、副スロープ26及び凹部25に対応する部分ではこ
れらの前縁よりもわずかに下方に位置している。

【0028】一方、取付部28aから主スロープ27の
端部にかけて、基板部28から前方に延出された受棚2
9が設けられている。受棚29は、主スロープ27の端
部とほぼ一連のレベルとなる内棚29aと内棚29aよ
りも一段高い位置になる外棚29bとからなり、ともに
主スロープ27と同様に傾斜している。内棚29aの内
縁から前縁にわたる部分にはL字状のガイド30が立設
されている。このガイド30は内棚29aの2辺を覆う
ようにしており、その内側の角は曲面とされている。

【0029】図2(b)に示すとおり、センターケース
14を遊技盤10に固定した際には、爪部23及び取付
部28aの背面が遊技盤10に密接し、内枠22の大部
分とスロープ体31は取付開口33に嵌入した状態とな
るので、遊技盤10から突出する(遊技領域13内にな
る)のは、実質的に周壁18、装飾枠20、受棚29及
びガイド30だけとなる。そして、周壁18がその内側
への遊技球の進入を阻止するので、この周壁18で囲ま
れた部分(ほぼ装飾枠20に相当する部分)が進入規制
領域となる。

【0030】図1に示すように、ステージ16の下方に
はチューリップ式の可変入賞装置40が配置されてお
り、その左右には通過口41が配置されている。通過口
41は普通図柄始動口であり、遊技球が通過口41を通
過したことに起因して普通図柄抽選が行われ、普通図柄
抽選が当たりであると可変入賞装置40が設定時間だけ
開放される。なお、普通図柄抽選の結果は液晶パネル1
5の普通図柄で表示される。本実施例ではこの設定時間
は、通常遊技時では約0.3秒であるが高確率遊技(ま
たは時短遊技)では約2.6秒とされる。ただし、1開
放中に3個の入賞があると、前記時間に達しなくとも開
放が終了する。なお、高確率遊技または時短遊技につい
ては、本発明との関連が薄いので説明を省略する。

【0031】通過口41の横には、2つの入賞口42、
43を装飾材で一体化した入賞口ユニット44が設置さ
れ、その上方にはサイドランプ45が設置されている。
また、可変入賞装置40の下方には、アタッカー式の大
入賞装置46が設置され、その下方にはアウト穴47が
開口している。なお、遊技盤10には、多数の遊技釘が
植設されているが、これらは周知であるので図示と説明
を省略する。

【0032】可変入賞装置40は特別図柄始動口であ
り、可変入賞装置40に遊技球が入賞したことに起因す
る特別図柄抽選の結果が当たりであると、特別遊技とな
って大入賞装置46が開放される(図1に示すのは大入
賞装置46が開放した状態である。)。特別図柄抽選の
結果は液晶パネル15によって特別図柄で表示される。
特別遊技の進行手順(大入賞装置46の継続開放や終了
の条件等)は公知の第1種パチンコ機と同様であるの
で、詳細の説明は省略する。

【0033】本実施例のパチンコ機にあっては、遊技盤
10が上述のように構成されているので、遊技領域13
に撃ち込まれた遊技球が周壁18に接触すると、これに
よって跳ね返されたり、周壁18沿いに移動したりする
が、周壁18の内側(進入規制領域)には入り込まな
い。なお、周壁18が存在しない部分(両受棚29間の
上方)があるが、ここから進入規制領域に遊技球が進入
するには、その移動方向が上向きとなる必要がある。し
かし、遊技球がステージ16の下方にある遊技釘で跳躍
したとしても、進入規制領域にまで達するとは考えられ
ない。

【0034】したがって、遊技領域13に撃ち込まれた
遊技球は、すべてセンターケース14の左側または右側
の領域を流下してくる。そして、その遊技球の中には主
に遊技釘と衝突した結果、ステージ16の受棚29に乗
るものがある。受棚29に乗った遊技球は内棚29aか
ら主スロープ27に移動し、その傾斜によって転動す
る。主スロープ27を転動した遊技球の進路は、その勢
いによって違ってくる。例えばその勢いが強ければ2つ
の副スロープ26及び凹部25を通り越して他方の主ス
ロープ27に達したり、またそれほど勢いが強くなけれ
ば他方の主スロープ27までは達しないものもある。い
ずれにしても、両方の主スロープ27とこれらに挟まれ
た範囲内で例えば振り子状に遊動し、やがては勢いが弱
まって凹部25に捕捉される。そして、凹部25の前縁
から落下する。なお、中には凹部25に捕捉される前に
副スロープ26の前縁から落下してしまうものもある。
しかし、前縁部32の敷居部分32aが存在するため
に、主スロープ27の前縁から落下するものはほとんど
ない。凹部25のほぼ直下には可変入賞装置40が配置
されているので、凹部25から落下した遊技球が可変入
賞装置40に入賞する可能性が高くなっている。

【0035】このパチンコ機では、遊技球の通過を阻止
する周壁18(進入規制手段)を設けて、その内側すな
わち装飾枠20に相当する部分を進入規制領域としたの
で、装飾枠20の表面20aを球面状の傾斜にしても、
これとガラス板とに遊技球が挟まる(球がみが発生す
る)ことはない。このように、進入規制領域の構造物の
デザインにおいては球がみを考慮する必要がなくなるの
で、従来は球がみの危険性があって採用できなかったデ
ザインでもを容易に採用できる。これにより、パチンコ
機の印象を変化させることが容易になり、他のパチンコ
機等との差別化を図ることができる。

【0036】周壁18のような進入規制手段を遊技盤1
0に備えられる構造物ごとに設けて、構造物全体または
一部を進入規制領域とすれば、従来の構造物のデザイン
に規制されることなくデザインを決めることが可能にな
るので、構造物の設計時の負担を軽減できる。

【0037】進入規制手段となる周壁18は、センター
ケース14の各部を支持する構造支持部18dと一体成
形されているので、部品点数の増加を防ぎ、廃棄やリサ
イクルの点でも有利になっている。進入規制手段となる
周壁18と遊技盤10の前面側を覆うガラス板との距離
を遊技球の直径未満に設定することで遊技球の進入を阻
止する構造であるから、周壁18の遊技盤面からの突出
寸法を必要最小限とすることが可能になり、これの存在
を目立たなくすることができる。これにより、構造物の
デザインから与える印象を壊さないという効果もある。
しかも、周壁18を透明の材料で成形してあるので、周
壁18の存在は一層目立たず、構造物のデザインから与
える印象を壊す可能性はきわめて小さい。

【0038】以上、実施例に従って、本発明の実施の形
態について説明したが、本発明はこのような実施例に限
定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲
でさまざまに実施できることは言うまでもない。実施例
ではセンターケース(正確にはケース本体部)だけに進
入規制手段としての周壁を設けているが、複数の構造物
に進入規制手段を設けてもよい。

【0039】実施例のセンターケースではステージ部分
を進入規制領域の外に設けているが、例えばステージ等
を進入規制領域の範囲内に設置してもよい。その場合
は、遊技球をステージ等に誘導するために設定されてい
る進入経路を通っての遊技球の進入は阻まない構成(ス
テージ等への流入部分やステージ等に通じるワープ通路
の入口などでは遊技球を通過させる構成)とすればよ
い。このように構成すれば、遊技球を受け入れたり通過
させたりする構造物にも進入規制手段を設けることがで
きる。

【0040】実施例では周壁を構造支持部と一体成形し
ているが、進入規制手段を構造物とは別個に成形しても
よい。このようにしても、従来のように球がみを考慮し
て構造物をデザインする必要がなく、デザイン上の自由
度が高まる。しかも、何らかの事情でデザインの変更
(設計変更)が必要になった場合でも、デザインに関す
る負担も軽減させることができ、弾球遊技機の製造コス
トを抑えることができる。

【0041】また、進入規制手段を構造物とは別個にす
る場合、進入規制手段の一部または全部を遊技釘にて構
成することもできる。或いは構造物と一体となる部材と
遊技釘との共同で進入規制手段を構成してもよい。進入
規制手段は、遊技盤に備えられる構造物の少なくとも1
つに設けてもよいし、遊技盤に備えられる構造物の少な
くとも一部に設けてもよい。

【図面の簡単な説明】

【図1】 実施例の遊技盤の正面図。

【図2】 実施例のセンターケースの構造説明図。

【図3】 実施例のセンターケースの斜視図。

【符号の説明】

10 遊技盤 13 遊技領域 14 センターケース(構造物) 15 液晶パネル 16 ステージ 18 周壁(進入規制手段) 18d 構造支持部 20 装飾枠 21 ケース本体部(構造物) 22 内枠 24 基板 25 凹部 26 副スロープ 27 主スロープ 28 基板部 29 受棚 30 ガイド 31 スロープ体 40 可変入賞装置 41 通過口 42、43 入賞口 46 大入賞装置

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 巽 正吾 愛知県名古屋市中川区太平通1丁目3番地 株式会社高尾内 (72)発明者 茨田 悦臣 愛知県名古屋市中川区太平通1丁目3番地 株式会社高尾内 Fターム(参考) 2C088 BC25 DA07

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 遊技盤の前面に形成された遊技領域に遊
    技球を撃ち込んで入賞等を目的とする遊技が行われる弾
    球遊技機において、 遊技球の通過を阻止する進入規制手段により遊技球の進
    入が阻まれる進入規制領域を前記遊技領域に設けたこと
    を特徴とする弾球遊技機。
  2. 【請求項2】 請求項1記載の弾球遊技機において、 前記進入規制手段を前記遊技盤に備えられる構造物ごと
    に設けて、該構造物全体または一部を前記進入規制領域
    としたことを特徴とする弾球遊技機。
  3. 【請求項3】 請求項2記載の弾球遊技機において、 前記進入規制手段は、該進入規制手段が設けられた前記
    構造物に遊技球を導くために設定されている進入経路か
    らの遊技球の進入は阻まないことを特徴とする弾球遊技
    機。
  4. 【請求項4】 請求項1ないし3のいずれか記載の弾球
    遊技機において、 前記進入規制手段は、前記遊技盤に備えられる構造物と
    一体成形されていることを特徴とする弾球遊技機。
  5. 【請求項5】 請求項1ないし3のいずれか記載の弾球
    遊技機において、 前記進入規制手段は、前記遊技盤に備えられる構造物と
    は別個に成形されていることを特徴とする弾球遊技機。
  6. 【請求項6】 請求項1ないし5のいずれか記載の弾球
    遊技機において、 前記進入規制手段と前記遊技盤の前面側を覆うガラス板
    との距離は、遊技球の直径未満に設定されていることを
    特徴とする弾球遊技機。
  7. 【請求項7】 請求項1ないし6のいずれか記載の弾球
    遊技機において、 前記進入規制手段を透明または半透明の材料で成形した
    ことを特徴とする弾球遊技機。
JP2001157142A 2001-05-25 2001-05-25 弾球遊技機 Pending JP2002346079A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001157142A JP2002346079A (ja) 2001-05-25 2001-05-25 弾球遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001157142A JP2002346079A (ja) 2001-05-25 2001-05-25 弾球遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002346079A true JP2002346079A (ja) 2002-12-03

Family

ID=19001050

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001157142A Pending JP2002346079A (ja) 2001-05-25 2001-05-25 弾球遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002346079A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008125927A (ja) * 2006-11-24 2008-06-05 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2010119666A (ja) * 2008-11-20 2010-06-03 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2010158347A (ja) * 2009-01-07 2010-07-22 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010227369A (ja) * 2009-03-27 2010-10-14 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014221319A (ja) * 2014-06-18 2014-11-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2015231534A (ja) * 2015-07-13 2015-12-24 株式会社大都技研 遊技台

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008125927A (ja) * 2006-11-24 2008-06-05 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2010119666A (ja) * 2008-11-20 2010-06-03 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2010158347A (ja) * 2009-01-07 2010-07-22 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010227369A (ja) * 2009-03-27 2010-10-14 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014221319A (ja) * 2014-06-18 2014-11-27 株式会社大都技研 遊技台
JP2015231534A (ja) * 2015-07-13 2015-12-24 株式会社大都技研 遊技台

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4865049B2 (ja) 弾球遊技機
JP5234572B2 (ja) 遊技機
JP4992273B2 (ja) パチンコ機
JP5330638B2 (ja) 遊技機
JP5077652B2 (ja) 遊技機
JP2007325883A (ja) 遊技機及び遊技機用表示装置
US8480086B2 (en) Gaming device that intercepts light
JP2007325884A (ja) 遊技機
JP4906475B2 (ja) 遊技機
JP2007325878A (ja) 遊技機
JP4148315B2 (ja) 遊技機
JP2005152579A (ja) 弾球遊技機
JP2005131322A (ja) 弾球遊技機
JP5622114B2 (ja) 遊技機
JP4607368B2 (ja) 遊技機
JP3806073B2 (ja) パチンコ機
US20080153569A1 (en) Gaming device
JP5077654B2 (ja) 遊技機
JP3646526B2 (ja) 遊技機
JP2005152580A (ja) 弾球遊技機
US8690686B2 (en) Slot machine with lighted satellite speakers
JP4194056B2 (ja) 弾球遊技機
JP4657190B2 (ja) 弾球遊技機
JP2005152112A (ja) 弾球遊技機
JP5340079B2 (ja) 弾球遊技機