JP2002327239A - 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法 - Google Patents

介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法

Info

Publication number
JP2002327239A
JP2002327239A JP2001135907A JP2001135907A JP2002327239A JP 2002327239 A JP2002327239 A JP 2002327239A JP 2001135907 A JP2001135907 A JP 2001135907A JP 2001135907 A JP2001135907 A JP 2001135907A JP 2002327239 A JP2002327239 A JP 2002327239A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slab
inclusions
molten steel
deoxidation
steel sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001135907A
Other languages
English (en)
Inventor
Masamitsu Wakao
昌光 若生
Katsuhiro Fuchigami
勝弘 淵上
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Steel Corp
Original Assignee
Nippon Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Steel Corp filed Critical Nippon Steel Corp
Priority to JP2001135907A priority Critical patent/JP2002327239A/ja
Publication of JP2002327239A publication Critical patent/JP2002327239A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 介在物個数の低減と介在物サイズの微細化を
安定して達成することが可能な薄板向鋼板用鋳片とその
製造方法を提供すること。 【解決手段】 薄鋼板用鋳片で制約を受けるMnやSi
そしてAl含有量に依存しない、介在物性欠陥の少ない
鋳片とその製造方法を提供するために、C、Mn、S
i、P、S、Al、Ti、Mg、N、酸素を適量含む炭
素鋼溶鋼を溶製する際に、脱炭を行なった後、減圧雰囲
気でC脱酸を行なって溶鋼中の酸素濃度を300ppm 以
下とし、その後、Ti、Zr、またはTi、Ceの順で
金属または合金として添加して脱酸し、その後必要に応
じてAlを添加して介在物欠陥の少ない薄鋼板用鋳片を
製造した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、薄鋼板向け炭素鋼
の連続鋳造鋳片とその製造方法に関し、特に介在物性欠
陥の少ない鋳片およびその製造方法に係わるものであ
る。
【0002】
【従来の技術】近年、連続鋳造法で製造した鋳片におけ
る介在物性の欠陥は非常に少なくなってきている。これ
は、溶鋼段階での脱酸法の技術改善や、連続鋳造におけ
る種々の介在物対策が効を奏した結果である。(第12
6・127回西山記念技術講座「高清浄鋼」社団法人日
本鉄鋼協会,1988) しかしながら、薄板向け鋳片、特に飲料缶素材用鋳片に
おいては、益々の介在物低減が要求されており、個数の
低減とともにそのサイズを小さくすることが求められて
いる。鋳片内の介在物個数を低減する技術としては、例
えば特開平07−300612号公報、特開平05−3
31522号公報等が、また、介在物のサイズを小さく
する技術としては、例えば特開平05−43977号公
報等がある。
【0003】飲料缶用鋳片内の介在物個数を低減する技
術として、上記特開平07−300612号公報には、
二次精錬において、溶鋼中にガス吹き込みランスからフ
ラックスを吹き込んで、該フラックスを介在物と凝集合
体させ、浮上させることが記載されているが、吹き込ん
だフラックスが溶鋼中に残留して介在物となる恐れがあ
った。
【0004】また、上記特開平05−331522号公
報では、転炉内へCaOを投入してスラグを固化させた
後、取鍋内に出鋼し、その後取鍋上のスラグにAlを添
加して、スラグ中FeO濃度を2%以下にすることを記
載しているが、スラグ中FeO濃度を安定的に2%以下
にするには、多量のAl投入が必要となり、コスト的に
高くなる。また、スラグ中FeO濃度を2%以下にして
も、Al脱酸を行なう限り、脱酸生成物であるアルミナ
が生成してクラスタ状になる。これは比重が大きいた
め、溶鋼表面への浮上によるアルミナクラスタ個数の大
幅減少は期待出来ない。
【0005】介在物のサイズを小さくする技術として
は、特開平05−43977号公報にTiとMgを溶鋼
中に添加することが開示されているが、Al含有量を
0.006質量%以下に制限しており、材質上Al含有
が必要な鋼材用途には使えない。また、TiやMg添加
前の溶鋼酸素濃度が高い場合には、TiやMgを添加し
て脱酸を行なっても、介在物の微細化効果が十分に発揮
されないことから、生成した介在物は大きなものとなっ
てしまう。
【0006】このようなことから、前記した従来の各公
開公報の技術では、薄板向鋼板用鋳片の介在物個数の低
減と、介在物サイズの微細化を安定して達成することは
困難であった。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、上記
した鋳片の介在物個数の低減と介在物サイズの微細化を
安定して達成することによって、介在物性欠陥の少ない
薄鋼板用鋳片とその製造方法を提供することである。す
なわち、本発明は、薄板製品で介在物性欠陥が発生しな
いための鋳片内介在物条件を達成できる鋳片とその鋳片
の製造方法である。特に、薄鋼板用鋳片で制約を受ける
MnやSiそしてAl含有量に依存しない、介在物性欠
陥の少ない鋳片とその製造方法を提供することを課題と
する。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は、溶鋼に脱酸材
を添加する前に、減圧雰囲気でC脱酸を行なって溶鋼中
の酸素濃度を300ppm 以下とし、その後、脱酸材とし
てTi、Zr、またはTi、Ceの順でそれぞれの脱酸
元素の金属またはそれぞれの脱酸元素の合金として添加
して脱酸し、その後必要に応じてAlを添加することに
より、製品加工において、介在物欠陥の生じにくい鋳片
とその製造方法を提供するものである。上記目的を達成
するために、本発明は以下の構成を特徴とする。
【0009】(1)質量%で、C:0.001〜0.5
%、Mn:0.01〜0.5%、Si:0.001〜
0.5%、P:0.001〜0.3%、S:0.000
5〜0.05%、Al:0.1%以下、Ti:0.00
8〜0.06%、N:0.0005〜0.01%、酸
素:0.0005〜0.0050%、さらにZr:0.
0005〜0.02%またはCe:0.0005〜0.
02%を含み、残部鉄および不可避的不純物からなる炭
素鋼鋳片で、該鋳片中の酸化物系介在物の内、長さ53
μm以上の介在物の個数が200個/kg以下であり、か
つ該介在物の内、アルミナ粒子が2個以上合体したアル
ミナクラスタ介在物の個数が20個/kg以下であること
を特徴とする介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片。 (2)質量%で、Nb:0.001〜0.10%、V:
0.005〜0.20%、Cr:0.01〜0.50
%、Mo:0.01〜0.50%、Cu:0.01〜
0.50%、Ni:0.01〜0.50%、B:0.0
002〜0.0020%の一種または二種以上を含有せ
しめることを特徴とする前記(1)記載の介在物性欠陥
の少ない薄鋼板用鋳片。
【0010】(3)質量%で、C:0.001〜0.5
%、Mn:0.01〜0.5%、Si:0.001〜
0.5%、P:0.001〜0.3%、S:0.000
5〜0.05%、Al:0.006%未満、Ti:0.
008〜0.06%、N:0.0005〜0.01%、
酸素:0.0005〜0.0050%、さらにZr:
0.0005〜0.02%またはCe:0.0005〜
0.02%を含み、残部鉄および不可避的不純物からな
る炭素鋼溶鋼を、脱炭後に減圧雰囲気でC脱酸を行って
該溶鋼中の酸素濃度を300ppm 以下とし、その後Ti
脱酸し、さらにZr脱酸またはCe脱酸して得られた溶
鋼から、連続鋳造して鋳片を得ることを特徴とする、介
在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片の製造方法。 (4)質量%で、C:0.001〜0.5%、Mn:
0.01〜0.5%、Si:0.001〜0.5%、
P:0.001〜0.3%、S:0.0005〜0.0
5%、Al:0.006〜0.1%以下、Ti:0.0
08〜0.06%、N:0.0005〜0.01%、酸
素:0.0005〜0.0050%、さらにZr:0.
0005〜0.02%またはCe:0.0005〜0.
02%を含み、残部鉄および不可避的不純物からなる炭
素鋼溶鋼を、脱炭後に減圧雰囲気でC脱酸を行なって該
溶鋼中の酸素濃度を300ppm 以下とし、その後Ti脱
酸し、さらにZr脱酸またはCe脱酸し、その後Al脱
酸して得られた溶鋼から、連続鋳造して鋳片を得ること
を特徴とする、介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片の製
造方法。 (5)質量%でNb:0.001〜0.10%、V:
0.005〜0.20%、Cr:0.01〜0.50
%、Mo:0.01〜0.50%、Cu:0.01〜
0.50%、Ni:0.01〜0.50%、B:0.0
002〜0.0020%の一種または二種以上を含有せ
しめることを特徴とする前記(3)又は(4)記載の介
在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片の製造方法。
【0011】
【発明の実施の形態】発明者らは先に、特開2000−
129332号公報、特開2000−129333号公
報、特開2000−144230号公報、特開2000
−144330を提示した。これらの発明は、脱酸の方
法を規定して、鋳片内の53μm以上の介在物個数を低
減させるための技術で、大きな効果が得られた。具体的
には、脱酸元素として、それぞれの発明において、Ti
−Mg−Al、Ti−Mg、Ti−Ca−Al、Ti−
Caの順番に添加して脱酸するものである。しかしなが
ら、発明者らはMgやCaの代わりに、ZrやCeを用
いても同じ様な効果が出せることを知見した。ただし、
同じ効果を出すためには、以下に述べるようにTi濃度
に制約が必要であり、この制約条件を満足すれば、同様
な効果が得られる。
【0012】まず、製品にとって介在物性欠陥の発生し
にくい鋳片の介在物条件であるが、これは先の発明(特
開2000−129332号公報、特開2000−12
9333号公報、特開2000−144230号公報、
特開2000−144330号公報)と同じであり、鋳
片内の介在物個数と欠陥発生率との関係において、鋳片
内の介在物のうち、長さ53μm以上の大きさのもの
が、鋳片1kgあたり200個以上あった場合と、長さ5
3μm以上のアルミナクラスタが、鋳片1kg当たり20
個以上存在した場合に製品欠陥発生率が高い、すなわち
製品欠陥が発生しやすい傾向にある。
【0013】ここで、アルミナクラスタは、複数の粒子
が凝集したもので、この集合体を1個と数える。一般的
にAl脱酸後の生成物であるアルミナは、一つ一つの粒
子は小さいが、生成後すぐに粒子どうしが凝集し、クラ
スタ状となってサイズが大きくなる。また、このクラス
タは、構成粒子どうしの間に鉄を含むので、比重が大き
く浮上しにくい。また、アルミナクラスタのほうが他の
介在物よりも、製品欠陥に与える影響が大きい。なお、
長さ53μmという数字は、介在物分析法におけるフィ
ルターの編み目のサイズである。
【0014】次に、このような鋳片内の介在物条件を満
たすための製造方法について検討した。発明者らは、ま
ず脱酸元素について着目した。アルミナクラスタを作る
ために有害なAlを脱酸材として用いないことを考え、
Alに代わる脱酸元素として、ZrとCeに着目した。
これらの元素は強脱酸の元素であり、既に溶鋼中に存在
する介在物を微細にする働きがあること、更に、強脱酸
元素自身が酸素と結合して微細な介在物となると考えら
れた。しかしながら、これらの介在物のサイズは、Zr
やCe添加前の溶鋼酸素濃度に大きく依存する。
【0015】発明者らは、ZrやCe酸化物系介在物の
サイズが小さくなるZrまたはCe添加前の溶鋼酸素濃
度について、ラボ実験により求めた。20kg容量の高周
波真空溶解炉を用いて実験を行ない、鋼の成分は0.0
4%C鋼で、Zr、Ce、酸素量を変化させた。なお、
他の成分は含まれていない。図1には、Zr脱酸直後の
ZrO2 酸化物介在物平均粒径と、Zr脱酸前の溶鋼酸
素濃度の関係、およびCe脱酸直後のCe酸化物介在物
平均粒径と、Ce脱酸前の溶鋼酸素濃度の関係を示す
が、溶鋼酸素濃度が30ppm 以下の場合に、生成した介
在物の平均サイズが10μm以下と非常に小さくなるこ
とが判った。ここで、介在物の個数ではなく、平均粒径
で評価した理由は、ラボ実験の場合には、溶鋼量が少な
く、相対的に攪拌力が強いために、溶鋼中の介在物が浮
上しやすく、実機での個数と対比させるのが困難である
ためである。本実験条件でのラボ実験で、介在物の平均
粒径が10μm以下の場合に、実機では長さ53μm以
上の介在物が少なくなることは、経験的に判っている。
【0016】先の発明では、脱酸元素はMgやCaであ
り、このような介在物が小さくなる条件を満たす溶鋼酸
素濃度は50ppm であったが、ZrやCeの場合には3
0ppm であることが、新たに判明した。これは、Zrや
CeはMgやCaに較べると、生成した介在物どうしが
若干凝集しやすい傾向にあるためだと考えられる。もち
ろん、Al酸化物(アルミナ)の凝集傾向の大きさに較
べると、その差はわずかである。
【0017】次に、ZrやCe添加前の溶鋼酸素濃度を
30ppm 以下に制御する手段について検討した。熱力学
的に検討すると、溶鋼酸素濃度を30ppm 以下にするた
めには、Tiを脱酸元素として選択するのが良いが、T
iの濃度があまり低すぎると、溶鋼酸素濃度30ppm を
達成することは出来ない。この観点から、発明者らは、
溶鋼酸素濃度30ppm を安定して達成するTi濃度の下
限として、80ppm が妥当であることを明らかにした。
【0018】このTiを添加する前の溶鋼酸素濃度につ
いては、先の発明で求めた条件が今回の場合にも当ては
まる。すなわち、Ti酸化物のサイズが小さくなるTi
添加前の溶鋼酸素濃度について、先の発明でラボ実験に
より求めた結果として、溶鋼酸素濃度が300ppm 以上
では、生成したTi酸化物のサイズが急激に大きくなる
ことが判っている。従って、Ti添加前の溶鋼酸素濃度
を300ppm 以下とする必要がある。
【0019】次に、Ti添加前の溶鋼酸素濃度を300
ppm 以下に制御する手段については、これも先の発明で
詳細に検討したように、減圧下でC脱酸を行なうことに
より、溶鋼酸素濃度を300ppm 以下にすることが妥当
である。C脱酸平衡から検討すると、例えばC濃度0.
04質量%の場合、溶鋼温度1600℃で雰囲気中のC
O分圧が約0.4であれば、平衡する溶鋼酸素濃度は約
300ppm となり、本発明で要求される条件を満足する
事が出来る。C脱酸は、脱酸生成物がCOガスであるた
め、溶鋼中に残留して介在物とならないことも大きな特
徴である。
【0020】次に、Al添加について検討した。本発明
では、Alを脱酸元素として使用しないことが基本的思
想であるが、発明の対象となる薄鋼板用鋳片では、材質
上Alが必要とされる場合がある。すなわち、Alは鋼
中でAlNとなって鋼の結晶粒の成長を抑える働きがあ
り、この観点から、必要成分として規格化されている。
しかしながら、Alは酸素との親和力が非常に大きいの
で、溶鋼酸素が高いうちにAlを添加すると、多量のア
ルミナ介在物が生成し、本発明の意図が満たされなくな
る。
【0021】そこで、本発明では、Alを添加する時期
として、ZrまたはCe添加の後と規定した。Alに較
べて、ZrやCeのほうが酸素親和力が大きいので、Z
rやCe添加により溶鋼酸素濃度は非常に低下してい
る。そこにAlを添加しても、Alは酸素と結合するこ
とがほとんどなく、溶鋼中に溶解する。すなわち、この
場合Alは脱酸元素としては働かない。従って、Zrや
Ce脱酸後にAlを添加することが重要である。
【0022】なお、脱酸を行なう前に、取鍋内溶鋼上の
スラグにCaOやAlを添加して、スラグ中の酸素ポテ
ンシャルを低下させる、いわゆるスラグ改質を行なうこ
とは、本発明の効果にとっても有利な方法であり、スラ
グ改質を行なうほうが、更なる介在物個数の低減と介在
物の微細化が期待できる。
【0023】次に、本発明の鋳片について詳細に説明す
るために、発明の条件を規定した理由を述べる。Cは鋼
の強度を持たす為に用いられる元素であるが、薄板向け
では深絞り用鋼板等でCを極力低減させたほうが望まし
い場合もある。しかしながら、Cが0.001質量%未
満では本発明におけるC脱酸が非常に困難になるので、
下限を0.001質量%とし、上限は板材で用いられる
最大炭素量として0.5質量%とした。
【0024】また、Mnも強度を得るためやSによる脆
化を抑制するために必要であり、上限はハイテン材等で
使用される場合の最大値0.5質量%とした。また、下
限は不可避的に混入するために0.01質量%とした。
Siも強度を得るためや高温特性を改善するために用い
られる元素であり、上限は0.5質量%とした。また、
不可避的に混入するためその下限を0.001質量%と
した。
【0025】Pは鋼に有害な元素であるため、極力少な
いほうが望ましいが、不可避的に混入するため下限値
0.001質量%が現実的である。しかしながら、鋼の
強度や耐食性向上の観点から多量のP添加を求められる
場合があるので、その上限を0.3質量%とした。これ
以上では、Pによる脆化の影響が強くなる。Sも同様に
製品特性に害をなす場合が多く、極力低位とすることが
望ましいが、不可避的に混入するため下限値0.000
5質量%が現実的である。また上限は連続鋳造時の割れ
を防ぐために0.05質量%とした。
【0026】Alは脱酸元素として一般的に使用されて
いるが、鋳片中の酸化物系介在物のうち、長さ53μm
以上の介在物の個数が200個/kg以下であり、かつそ
の内、アルミナ粒子が2個以上合体したアルミナクラス
タ介在物の個数が20個/kg以下であることを満たすた
めには、本発明では極力Alを脱酸元素として用いない
ことが、基本思想である。品質上Alが必要ない場合の
Al上限は0.006質量%とすることができる。
【0027】しかしながら、発明の対象となる薄鋼板用
鋳片においては、材質上Alが必要とされる場合があ
る。すなわち、Alは鋼中でAlNとなって鋼の結晶粒
の成長を抑える働きがあり、この観点から、必要成分と
して規格化されている。そこで、もしAlが必要な場合
には、下限を0.006質量%とした。また、上限は本
発明で用いるTiおよびMgの効果を阻害しないために
0.1質量%とした。
【0028】Nは、Alと化合してAlNをつくり、結
晶粒の成長を抑えることに利用される。この観点から用
いられている添加量の上限値として、0.01質量%と
した。また、不可避的に混入される分を考慮して、下限
値として0.0005質量%とした。
【0029】鋳片中の酸素量は、そのほとんどが鋳片内
の酸化物系介在物として含まれる分である。製品で有害
となる53μm以上の介在物については、極力少ないほ
うが望ましいが、大きな介在物が少なくなれば、必ず酸
素量が低くなるという訳ではない。すなわち、製品に無
害な微細介在物が多数あっても、酸素量は高くなる。従
って、酸素量があるレベル以下では、必ずしも酸素量は
介在物個数の指標とは成り得ないが、酸素値が非常に高
い場合には、大きな介在物個数が多くなる傾向が見られ
るので、上限を0.0050質量%とした。また、下限
については、不可避的に混入する分を考慮して、0.0
005質量%とした。
【0030】TiとZrまたはCeは本発明の重要な元
素である。鋳片中の酸化物系介在物のうち、長さ53μ
m以上の介在物の個数が200個/kg以下であり、かつ
その内、アルミナ粒子が2個以上合体したアルミナクラ
スタ介在物の個数が20個/kg以下であることを満たす
ためには、Alを脱酸材として用いるのではなく、前述
したようにTiやZrやCeを用いる必要があること
を、発明者らは知見したのである。
【0031】Tiの下限値は、脱酸効果を得るために
0.008質量%とし、上限については、多量に添加す
るとZrやCe脱酸の効果を阻害するので、0.06質
量%と規定した。ZrまたはCeについては、十分な脱
酸効果を得るために、下限値は0.0005質量%とし
た。上限値は、過剰に入れても効果が飽和するレベルと
して0.02質量%とした。
【0032】以上が、本発明が対象とする鋼の基本成分
であるが、強度や耐食性、焼き入れ性を初めとする材料
の諸特性を向上させるために、鋼の用途に応じてNb、
V、Cr、Mo、Cu、Ni、Bの一種または二種以上
を添加しても、本発明の効果は何ら損なわれるものでは
ない。すなわち、その添加量の範囲は、Nb:0.00
1〜0.10質量%、V:0.005〜0.20質量
%、Cr:0.01〜0.50質量%、Mo:0.01
〜0.50質量%、Cu:0.01〜0.50質量%、
Ni:0.01〜0.50質量%、B:0.0002〜
0.0020質量%とする。
【0033】この他の元素として、CaやREMの元素
が溶鋼中に含まれる場合もあるが、当該1元素につき1
0ppm までなら、含まれても本発明の効果に影響を与え
ることはない。
【0034】なお、実際の製造プロセスでは、添加した
元素が100%溶鋼中に含まれることになるわけではな
いので、歩留を考慮して余分に添加する必要がある。ま
た、添加方法については、特に規定はしない。上記条件
を満足するように鋼中に含有できる方法であれば、どの
ような方法でも構わない。また、鋳片中の酸化物系介在
物のうち、長さ53μm以上の介在物の個数を200個
/kg以下とし、かつその内のアルミナクラスタの個数を
20個/kg以下としたのは、先の発明(特開2000−
129332号公報)で製品欠陥の発生率が小さくなる
条件から決定したものである。
【0035】
【実施例】表1に示す成分の炭素鋼を下記の製造条件及
び表2に示す製造条件で製造し、得られた鋳片の介在物
個数と、鋳片を圧延して得られた鋼板および、それを素
材として加工した場合の結果について調査した。調査手
段としての介在物評価方法は、下記に示した方法で行な
った。なお、鋼種A−1、B−1、C−1はスラグ改質
として、取鍋内のスラグ上にAlを300kg添加した。
【0036】[製造条件] (1)製造プロセス:転炉→RH→連続鋳造→熱延→冷
延→製品加工 脱酸材投入場所:RH (2)連続鋳造:垂直曲げ型連鋳機(垂直部3m、曲げ
半径10.5m、スラブ連鋳機) 鋳片サイズ:幅1.8m一定、厚み0.28m
【0037】[介在物評価方法] (1)鋳片:鋳片幅方向1/4部で、上部表層から0.
14m深さまでのサンプルを採取。電解後、スライム抽
出を行い、53μm直径以上の介在物につき、個数を調
査。アルミナクラスタについてもカウント。 (2)表面疵:冷間圧延後、コイル表面を目視観察。 大きさ0.3m以上の欠陥個数1個/コイル以上を不合
格とする。 (3)内部欠陥:冷間圧延後、コイルを漏洩磁束方式で
測定。 0.15個/m2 以上を不合格とする。 (4)加工欠陥調査 鋼種A:深絞り時の表面疵 鋼種B,C,K,J,L,M,N:飲料缶の製缶時の割
れや穴あき 鋼種D:孔拡げ性試験 鋼種E,F,G,H,I:曲げ加工時の表面割れ
【0038】結果を表2に示す。表2より、本発明にお
いて規定する条件を満たす場合には、鋳片内の介在物個
数が少なく、表面疵や内部欠陥による不合格が発生せ
ず、更に加工時の欠陥も発生しないという良好な結果が
得られたことがわかる。
【0039】一方、本発明を満たさない比較材について
は、次の通り問題のある結果となった。すなわち、比較
材A−2、C−2、D−2、E−2、F−2、G−2、
H−2、I−2では、脱酸材の添加順序が異なるため
に、鋳片内介在物個数が多くなっている。比較材B−2
では、脱酸用合金元素添加前の溶鋼酸素濃度が400pp
m と高いために、鋳片内介在物個数が多くなっている。
また、比較材JではTi濃度が低くすぎてZr添加前の
溶鋼酸素濃度が高くなったために、また比較材KではZ
rが高く、本発明を満たさないため、比較材LではT
i、ZrまたはCe等の本発明元素を添加しなかったた
めに、鋳片内介在物個数が多くなっている。Mの場合に
は、Ti濃度が高すぎるために、また、比較材NではC
e濃度が高すぎるために、鋳片内介在物個数が多くなっ
た。この結果、本発明の条件を満たさない場合には、鋳
片内介在物の個数が多く、圧延後のコイル欠陥や製品加
工時の欠陥も発生している。
【0040】
【表1】
【0041】
【表2】
【0042】
【発明の効果】以上のように本発明により、有害な介在
物の個数が大幅に減少した薄鋼板用鋳片が得られ、圧延
後のコイル欠陥や製品加工時の欠陥が非常に少ないもの
が得られた。従って、本発明により、介在物性欠陥の少
ない薄鋼板用鋳片の製造が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】ZrまたはCe添加前の溶鋼酸素量と介在物サ
イズとの関係を示した図。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 4K013 AA07 BA14 CA02 CE01 CE06 EA18 EA26 4K070 AA02 AB17 AB20 AC02 AC21 AC26

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 質量%で、 C:0.001〜0.5%、 Mn:0.01〜0.5%、 Si:0.001〜0.5%、 P:0.001〜0.3%、 S:0.0005〜0.05%、 Al:0.1%以下、 Ti:0.008〜0.06%、 N:0.0005〜0.01%、 酸素:0.0005〜0.0050%、さらにZr:
    0.0005〜0.02%またはCe:0.0005〜
    0.02%を含み、残部鉄および不可避的不純物からな
    る炭素鋼鋳片で、該鋳片中の酸化物系介在物の内、長さ
    53μm以上の介在物の個数が200個/kg以下であ
    り、かつ該介在物の内、アルミナ粒子が2個以上合体し
    たアルミナクラスタ介在物の個数が20個/kg以下であ
    ることを特徴とする介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳
    片。
  2. 【請求項2】 質量%で、 Nb:0.001〜0.10%、 V:0.005〜0.20%、 Cr:0.01〜0.50%、 Mo:0.01〜0.50%、 Cu:0.01〜0.50%、 Ni:0.01〜0.50%、 B:0.0002〜0.0020% の一種または二種以上を含有せしめることを特徴とする
    請求項1記載の介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片。
  3. 【請求項3】 質量%で、 C:0.001〜0.5%、 Mn:0.01〜0.5%、 Si:0.001〜0.5%、 P:0.001〜0.3%、 S:0.0005〜0.05%、 Al:0.006%未満、 Ti:0.008〜0.06%、 N:0.0005〜0.01%、 酸素:0.0005〜0.0050%、さらにZr:
    0.0005〜0.02%またはCe:0.0005〜
    0.02%を含み、残部鉄および不可避的不純物からな
    る炭素鋼溶鋼を、脱炭後に減圧雰囲気でC脱酸を行って
    該溶鋼中の酸素濃度を300ppm 以下とし、その後Ti
    脱酸し、さらにZr脱酸またはCe脱酸して得られた溶
    鋼から、連続鋳造して鋳片を得ることを特徴とする、介
    在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片の製造方法。
  4. 【請求項4】 質量%で、 C:0.001〜0.5%、 Mn:0.01〜0.5%、 Si:0.001〜0.5%、 P:0.001〜0.3%、 S:0.0005〜0.05%、 Al:0.006〜0.1%以下、 Ti:0.008〜0.06%、 N:0.0005〜0.01%、 酸素:0.0005〜0.0050%、さらにZr:
    0.0005〜0.02%またはCe:0.0005〜
    0.02%を含み、残部鉄および不可避的不純物からな
    る炭素鋼溶鋼を、脱炭後に減圧雰囲気でC脱酸を行なっ
    て該溶鋼中の酸素濃度を300ppm 以下とし、その後T
    i脱酸し、さらにZr脱酸またはCe脱酸し、その後A
    l脱酸して得られた溶鋼から、連続鋳造して鋳片を得る
    ことを特徴とする、介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片
    の製造方法。
  5. 【請求項5】 質量%でNb:0.001〜0.10
    %、 V:0.005〜0.20%、 Cr:0.01〜0.50%、 Mo:0.01〜0.50%、 Cu:0.01〜0.50%、 Ni:0.01〜0.50%、 B:0.0002〜0.0020% の一種または二種以上を含有せしめることを特徴とする
    請求項3又は4記載の介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳
    片の製造方法。
JP2001135907A 2001-05-07 2001-05-07 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法 Withdrawn JP2002327239A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001135907A JP2002327239A (ja) 2001-05-07 2001-05-07 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001135907A JP2002327239A (ja) 2001-05-07 2001-05-07 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002327239A true JP2002327239A (ja) 2002-11-15

Family

ID=18983292

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001135907A Withdrawn JP2002327239A (ja) 2001-05-07 2001-05-07 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002327239A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004143510A (ja) * 2002-10-23 2004-05-20 Nippon Steel Corp 表面品質に優れた極低炭素または低炭素薄板用鋼板の溶製方法および連続鋳造鋳片
JP2004300502A (ja) * 2003-03-31 2004-10-28 Nippon Steel Corp 鋼の製造方法
JP2005298909A (ja) * 2004-04-13 2005-10-27 Nippon Steel Corp 表面割れの少ない鋳片
JP2006097110A (ja) * 2004-09-30 2006-04-13 Nippon Steel Corp 表面性状および内質に優れる薄鋼板および鋳片とその製造方法
JP2018015794A (ja) * 2016-07-29 2018-02-01 新日鐵住金株式会社 低炭素鋼薄肉鋳片の製造方法および低炭素鋼薄肉鋳片、並びに低炭素鋼薄鋼板の製造方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004143510A (ja) * 2002-10-23 2004-05-20 Nippon Steel Corp 表面品質に優れた極低炭素または低炭素薄板用鋼板の溶製方法および連続鋳造鋳片
JP2004300502A (ja) * 2003-03-31 2004-10-28 Nippon Steel Corp 鋼の製造方法
JP2005298909A (ja) * 2004-04-13 2005-10-27 Nippon Steel Corp 表面割れの少ない鋳片
JP2006097110A (ja) * 2004-09-30 2006-04-13 Nippon Steel Corp 表面性状および内質に優れる薄鋼板および鋳片とその製造方法
JP2018015794A (ja) * 2016-07-29 2018-02-01 新日鐵住金株式会社 低炭素鋼薄肉鋳片の製造方法および低炭素鋼薄肉鋳片、並びに低炭素鋼薄鋼板の製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7776162B2 (en) Steels with few alumina clusters
JP6869142B2 (ja) ステンレス鋼板およびその製造方法
TWI697562B (zh) 抗起皺性優異的肥粒鐵系不鏽鋼
JP5803824B2 (ja) 浸炭軸受鋼鋼材の溶製方法
JP2004156116A (ja) 薄鋼板および薄鋼板用溶鋼の脱酸方法
JP2020002408A (ja) 鋼の製造方法
JP2002327239A (ja) 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片およびその製造方法
JP6903182B1 (ja) 表面性状に優れたNi−Cr−Al−Fe合金およびその製造方法
JP2019039021A (ja) Ni−Cr−Mo−Nb合金およびその製造方法
JP3537685B2 (ja) 介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片およびその製造方法
JP7087724B2 (ja) 鋼の製造方法
JP3542913B2 (ja) 介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片およびその製造方法
JP2020033579A (ja) 表面性状に優れたステンレス鋼板およびその製造方法
JP4046255B2 (ja) 介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片およびその製造方法
JP3535026B2 (ja) 介在物性欠陥の少ない薄鋼板用鋳片およびその製造方法
JP2019178363A (ja) 製造性に優れた高Si含有のオーステナイト系ステンレス鋼
JP3302391B2 (ja) Mn酸化物とAl酸化物の微小粒子が分散した鋼
JP4012370B2 (ja) 介在物性欠陥のない薄鋼板用鋳片の製造方法
JP3881626B2 (ja) Fe−Ni合金の精錬方法
JP6269229B2 (ja) 高清浄鋼の溶製方法
JPH10237598A (ja) 加工割れ感受性の低いオーステナイト系ステンレス鋼及びその製造方法
JP3036373B2 (ja) 酸化物分散鋼の製造法
JP2002105527A (ja) 高清浄度鋼の製造方法
JPH0813024A (ja) 酸化物分散鋼の製造法
TW202138587A (zh) 不鏽鋼、不鏽鋼材及不鏽鋼的製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20080805