JP2002325888A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2002325888A
JP2002325888A JP2002051444A JP2002051444A JP2002325888A JP 2002325888 A JP2002325888 A JP 2002325888A JP 2002051444 A JP2002051444 A JP 2002051444A JP 2002051444 A JP2002051444 A JP 2002051444A JP 2002325888 A JP2002325888 A JP 2002325888A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lottery
winning
stop
effect
special
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002051444A
Other languages
English (en)
Inventor
Susumu Imazeki
進 今関
Norimichi Kishi
憲路 岸
Yoshinori Sugisaka
美紀 杉坂
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympia KK
Original Assignee
Olympia KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2001051394 priority Critical
Priority to JP2001-51394 priority
Application filed by Olympia KK filed Critical Olympia KK
Priority to JP2002051444A priority patent/JP2002325888A/ja
Publication of JP2002325888A publication Critical patent/JP2002325888A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 入賞抽選と演出抽選とが同一時期に集中する
ことを回避することができ、制御装置への負荷を遊技全
般に渡ってより平均化させることができる遊技機を提供
する。 【解決手段】 遊技機(10)は、入賞抽選手段(110)によ
る抽選後、回転リール(40)の停止操作時に、入賞抽選手
段(110)の抽選結果に基づいて、複数の特殊演出のうち
から、いずれの特殊演出を選択するかを乱数を用いた抽
選により決定するための特殊演出選択手段(160)を備
え、報知装置(66)は、特殊演出選択手段(160)の抽選結
果により決定された特殊演出を行うことを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、抽選結果に関す
る情報を演出を介して、遊技者に向かって報知可能な遊
技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の遊技機としては、乱数を
用いた抽選結果が入賞である場合に当該入賞図柄の入賞
フラグが成立し、前記入賞フラグ成立中に、前記回転リ
ールが停止した状態で、前記入賞フラグ成立中の入賞図
柄が所定の停止位置で停止したことを条件として入賞が
確定して遊技者に利益を付与するように設定されてい
る。
【0003】そして、入賞フラグが成立していることの
報知や、或いは入賞フラグが成立している可能性が大き
いことの報知等の入賞フラグ成立に関する情報を報知す
るか否かや、どのような種類の報知内容にするかは、入
賞抽選手段による入賞抽選と略同時に、乱数を用いた演
出抽選により決定されていた。具体的には、回転リール
の回転開始の契機となるスタートスイッチの操作タイミ
ングに基づいて、乱数を採取し、採取した乱数により、
入賞抽選が行われる。そして、入賞抽選手段による入賞
抽選の結果、所定の入賞フラグが成立した場合には、当
該入賞フラグ成立中の入賞図柄に関する所定の演出を行
うか否かや、どのような種類の演出を行うかを、乱数を
用いた演出抽選により決定していた。その際、演出抽選
に使用する乱数取得のタイミングは、スタートスイッチ
の操作タイミングを契機として設定されていた。すなわ
ち、演出抽選は、入賞抽選手段の入賞抽選と略同時に行
われていた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記した従来
の遊技機では、入賞抽選手段の入賞抽選のタイミング
と、複数の演出内容から、演出を行うか否かや、いかな
る種類の演出を行うかの演出抽選のタイミングとを、時
間的に、略同時期に設定している。このため、かかる一
時期に抽選処理が集中し、制御設計の時間的な自由度が
減少するといった第一の問題点があった。
【0005】また、従来の遊技機では、演出抽選は、遊
技者の操作や、技量に関係無く、遊技機内部の乱数抽選
により全て決定されるものであるため、遊技者によって
は、自己の技量に全く関係無く決定されることを面白く
ないと感じる者もいた。すなわち、演出抽選が、遊技者
の停止操作の技量に関係無く決定してしまい、遊技とし
て面白みがないという第二の問題点があった。
【0006】また、上記した従来の遊技機では、入賞抽
選手段の入賞抽選のタイミングと、複数の演出内容か
ら、演出を行うか否かや、いかなる種類の演出を行うか
の演出決定のタイミングとを、時間的に、略同時期に設
定している。このため、かかる一時期に処理が集中し、
制御設計の時間的な自由度が減少するといった第三の問
題点があった。
【0007】また、従来の遊技機では、演出抽選は、遊
技者の操作や、技量に関係無く、遊技機内部の決定によ
り全て決定されるものであるため、遊技者によっては、
自己の技量に全く関係無く決定されることを面白くない
と感じる者もいた。すなわち、演出決定が、遊技者の停
止操作の技量に関係無く決定してしまい、遊技として面
白みがないという第四の問題点があった。
【0008】そこで、各請求項にそれぞれ記載された各
発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてな
されたものであり、その目的とするところは、次の点に
ある。 (請求項1及び2)すなわち、請求項1及び2記載の発
明は、上記した従来の技術の有する第一の問題点に鑑み
てなされたものであり、その目的とするところは、入賞
抽選と演出抽選とが同一時期に集中することを回避する
ことができ、制御装置への負荷を遊技全般に渡ってより
平均化させることができる遊技機を提供しようとするも
のである。
【0009】(請求項3)請求項3記載の発明は、上記
した請求項1又は請求項2記載の発明の目的に加え、次
の点を目的とする。すなわち、請求項3記載の発明は、
第1番目の回転リールの停止操作以後に、報知装置によ
る入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が行わ
れ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることがで
きる遊技機を提供しようとするものである。
【0010】(請求項4)請求項4記載の発明は、上記
した請求項1または請求項2に記載の発明の目的に加
え、次の点を目的とする。すなわち、請求項4記載の発
明は、第2番目の回転リールの停止操作以後に、報知装
置による入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が
行われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせること
ができる遊技機を提供しようとするものである。
【0011】(請求項5)請求項5記載の発明は、上記
した請求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の目的
に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項5記載
の発明は、遊技内容をより難しく、且つ複雑なものにす
ることができ、遊技が単純なものとなることを回避する
ことができる遊技機を提供しようとするものである。
【0012】(請求項6)請求項6記載の発明は、上記
した請求項1乃至5のいずれか1項に記載の発明の目的
に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項6記載
の発明は、上記した従来の技術の有する第二の問題点に
鑑みてなされたものであり、自己の技量に基づく達成感
や満足感が得られて、遊技を面白いものにすることがで
きる遊技機を提供しようとするものである。
【0013】(請求項7及び8)すなわち、請求項7及
び8記載の発明は、上記した従来の技術の有する第三の
問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とすると
ころは、入賞抽選と演出決定とが同一時期に集中するこ
とを回避することができ、制御装置への負荷を遊技全般
に渡ってより平均化させることができる遊技機を提供し
ようとするものである。
【0014】(請求項9)請求項9記載の発明は、上記
した請求項7又は請求項8記載の発明の目的に加え、次
の点を目的とする。すなわち、請求項9記載の発明は、
第1番目の回転リールの停止操作以後に、報知装置によ
る入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が行わ
れ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることがで
きる遊技機を提供しようとするものである。
【0015】(請求項10)請求項10記載の発明は、
上記した請求項7または請求項8に記載の発明の目的に
加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項10記載
の発明は、第2番目の回転リールの停止操作以後に、報
知装置による入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演
出が行われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせる
ことができる遊技機を提供しようとするものである。
【0016】(請求項11)請求項11記載の発明は、
上記した請求項7乃至10のいずれか1項に記載の発明
の目的に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項
11記載の発明は、遊技内容をより難しく、且つ複雑な
ものにすることができ、遊技が単純なものとなることを
回避することができる遊技機を提供しようとするもので
ある。
【0017】(請求項12)請求項12記載の発明は、
上記した請求項7乃至11のいずれか1項に記載の発明
の目的に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項
12記載の発明は、上記した従来の技術の有する第四の
問題点に鑑みてなされたものであり、自己の技量に基づ
く達成感や満足感が得られて、遊技を面白いものにする
ことができる遊技機を提供しようとするものである。
【0018】(請求項13)請求項13記載の発明は、
上記した請求項1乃至12のいずれか1項に記載の発明
の目的に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項
13記載の発明は、自己の技量に基づく達成感や満足感
が得られて、遊技を面白いものにすることができる遊技
機を提供しようとするものである。
【0019】(請求項14)請求項14記載の発明は、
上記した請求項1乃至13のいずれか1項に記載の発明
の目的に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項
14記載の発明は、回転リールの停止操作後の遊技内容
をより難しく、且つ複雑なものにすることができ、遊技
が単純なものとなることを回避することができる遊技機
を提供しようとするものである。
【0020】(請求項15)請求項15記載の発明は、
上記した請求項7乃至12のいずれか1項に記載の発明
の目的に加え、次の点を目的とする。すなわち、請求項
15記載の発明は、過去の演出内容と、現在の演出内容
と、未来の演出内容とに、何らかの規則性や、関連性
や、連続性や、特徴性を持たせることができて、演出内
容を興味溢れるものにすることができる遊技機を提供し
ようとするものである。
【0021】
【課題を解決するための手段】(特徴点)各請求項にそ
れぞれ記載された各発明は、上記した各目的を達成する
ためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示
した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
【0022】なお、カッコ内の符号は、発明の実施の形
態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限
定するものではない。また、図面番号も、発明の実施の
形態において用いた図番を示し、本発明の技術的範囲を
限定するものでない。 (請求項1)請求項1記載の発明は、次の点を特徴とす
る。
【0023】すなわち、本実施の形態に係る遊技機(10)
は、周囲に複数の図柄(61)を表示した回転リール(40)
と、種々の情報を演出を介して遊技者に向かって報知す
るための報知装置(66)と、乱数を用いて入賞図柄(61)の
抽選を行うための入賞抽選手段(110)とを備えている。
そして、本実施の形態に係る遊技機(10)は、前記入賞抽
選手段(110)の抽選結果が入賞である場合に入賞図柄(6
1)が所定の停止位置で停止することを条件として入賞が
確定して遊技者に利益を付与するように設定されてい
る。
【0024】そして、前記演出は、前記報知装置(66)に
より抽選結果に関する情報を遊技者に向かって報知する
ための演出内容がそれぞれ異なる複数の特殊演出を有し
ている。そして、前記遊技機(10)は、前記入賞抽選手段
(110)による抽選後、前記回転リール(40)の停止操作時
に、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づいて、複
数の前記特殊演出のうちから、いずれの前記特殊演出を
選択するかを乱数を用いた抽選により決定するための特
殊演出選択手段(160)を備えている。
【0025】そして、前記報知装置(66)は、前記特殊演
出選択手段(160)の抽選結果により決定された前記特殊
演出を行うことを特徴とする。なお、ここで、「回転リ
ール(40)」とあるのは、周囲に複数の図柄を表示したも
のが、実際に回転するようなものに限定されるものでは
なく、液晶画面に表示されるようなものも含まれるもの
である。具体的には、例えば、パチンコ機等の遊技盤面
の中央に設けた液晶装置を使用することにより、周囲に
複数の図柄を表示した回転リールが回転するような画像
を当該液晶装置によって遊技者に向かって表示するもの
も含まれる。また、ここで、「遊技機(10)」とは、具体
的には、例えば、スロットマシンであるが、上述した回
転リール(40)を有するパチンコ機や、その他の遊技機を
含むものである。
【0026】また、ここで、「抽選結果に関する情報」
とは、入賞抽選手段(110)の抽選結果、主として、入賞
していることの情報を含むものであるが、その他にも、
入賞している可能性があることの情報や、入賞している
可能性の大小の情報や、入賞していないことの情報や、
入賞している入賞図柄を特定した情報や、複数の入賞図
柄のうち、いずれか一つの入賞図柄に関して入賞してい
ることの情報等も含むものである。また、ここで、「抽
選結果に関する情報」には、入賞していないにも拘わら
ず、入賞可能性が大であることの報知、いわゆるガセ報
知も含まれるものである。なお、ここで、「入賞する」
とは、停止制御が判断や条件に基づいて行われる、いわ
ゆる判断停止制御の場合、入賞抽選手段(110)の抽選結
果、入賞フラグが成立することを含むものであり、ま
た、停止制御が停止テーブルを用いた、いわゆるテーブ
ル停止制御の場合、入賞図柄を停止可能な停止テーブル
を選択することに決定することを含むものである。
【0027】また、ここで、「特殊演出」とは、遊技者
に向かって種々の情報を報知するための演出のうち、入
賞フラグ成立に関する情報を報知するための演出を意味
するものであって、具体的には、例えば、図5の演出
A、B、C、D、E、F、Zを意味するものである。ま
た、ここで、「前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基
づいて」とは、入賞抽選手段(110)の抽選結果に対応さ
せて、選択する特殊演出の種類や、抽選確率や、報知頻
度等を設定しているようなものを含むものである。具体
的には、例えば、図5に示すように、入賞抽選手段(11
0)の抽選結果、入賞図柄BBが入賞しているような場
合、入賞図柄BB用に予め設定された特殊演出の範囲の
中から、所定の抽選確率の下で抽選が行われるようなも
のを含むものである。
【0028】(作用)本発明は、特殊演出選択手段(16
0)が、入賞抽選手段(110)の抽選後、前記回転リール(4
0)の停止操作時に、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果
に基づいて、複数の特殊演出のうちから、いずれの特殊
演出を選択するかを乱数を用いた抽選により決定してい
る。このため、入賞抽選手段(110)の入賞に関する抽選
より後、回転リール(40)の停止操作時に、特殊演出選択
手段(160)による演出に関する抽選を行うことができ、
両者の実行時を時間的にずらして、両者の実行時の間隔
を開けることができ、入賞抽選と演出抽選とが同一時期
に集中することを回避することができる。これにより、
両者の実行時が、略同時期に重なるようなものと比較し
て、中央処理演算装置による演算処理や、当該演算処理
に基づく一連の制御処理が一時期に集中することを回避
することができ、制御装置への負荷を遊技全般に渡って
より平均化させることができ、制御設計の自由度を増加
させることができる。
【0029】(請求項2)請求項2記載の発明は、上記
した請求項1記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴
とする。すなわち、本発明に係る遊技機(10)は、周囲に
複数の図柄(61)を表示した回転リール(40)と、種々の情
報を演出を介して遊技者に向かって報知するための報知
装置(66)と、乱数を用いて入賞図柄(61)の抽選を行うた
めの入賞抽選手段(110)とを備えている。
【0030】本発明に係る遊技機(10)は、前記入賞抽選
手段(110)の抽選結果が入賞である場合に当該入賞図柄
(61)の入賞フラグが成立し、前記入賞フラグ成立中に、
前記回転リール(40)が停止した状態で、前記入賞フラグ
成立中の入賞図柄(61)が所定の停止位置で停止すること
を条件として入賞が確定して遊技者に利益を付与するよ
うに設定されている。
【0031】そして、前記演出は、前記報知装置(66)に
より入賞フラグ成立に関する情報を遊技者に向かって報
知するための演出内容がそれぞれ異なる複数の特殊演出
を有している。そして、前記遊技機(10)は、前記入賞抽
選手段(110)による抽選後、前記回転リール(40)の停止
操作時に、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づい
て、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの前記特殊
演出を選択するかを乱数を用いた抽選により決定するた
めの特殊演出選択手段(160)を備えている。
【0032】そして、前記報知装置(66)は、前記特殊演
出選択手段(160)の抽選結果により決定された前記特殊
演出を行うことを特徴とする。本発明は、請求項1記載
の発明中、「入賞抽選手段(110)の抽選結果が入賞であ
る場合」の「入賞」に、「入賞フラグ」の概念を用いて
説明することにより、請求項1記載の発明を特定してい
るものである。そして、作用は、請求項1と同様である
ため、説明を省略する。
【0033】(請求項3)請求項3記載の発明は、上記
した請求項1または請求項2記載の発明の特徴点に加
え、次の点を特徴とする。すなわち、前記回転リール(4
0)が複数の場合、前記特殊演出選択手段(160)の抽選の
契機となる前記回転リール(40)の停止操作は、第1番目
に停止操作を行った前記回転リール(40)の停止操作であ
ることを特徴とする。
【0034】(作用)本発明は、第1番目に停止操作を
行った回転リール(40)の停止操作を、特殊演出選択手段
(160)の乱数抽選の契機としている。このため、第1番
目の回転リール(40)の停止操作以後に、報知装置(66)に
よる入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づいた特殊演出
が行われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせるこ
とができる。
【0035】(請求項4)請求項4記載の発明は、上記
した請求項1または請求項2に記載の発明の特徴点に加
え、次の点を特徴とする。すなわち、前記回転リール(4
0)が複数の場合、前記特殊演出選択手段(160)の抽選の
契機となる前記回転リール(40)の停止操作は、第2番目
に停止操作を行った前記回転リール(40)の停止操作であ
ることを特徴とする。
【0036】(作用)本発明は、第2番目に停止操作を
行った回転リール(40)の停止操作を、特殊演出選択手段
(160)の乱数抽選の契機としている。このため、第2番
目の回転リール(40)の停止操作以後に、報知装置(66)に
よる入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づいた特殊演出
が行われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせるこ
とができる。
【0037】(請求項5)請求項5記載の発明は、上記
した請求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の特徴
点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記特殊演
出選択手段(160)は、前記回転リール(40)の停止操作
前、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づかずに、
複数の前記特殊演出のうちから、乱数を用いた抽選によ
り選択している。
【0038】そして、前記報知装置(66)は、前記回転リ
ール(40)の停止操作前、前記特殊演出を行うことを特徴
とする。 (作用)本発明は、報知装置(66)が、回転リール(40)の
停止操作前、入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づかず
に選択された特殊演出を行っている。このため、特殊演
出の種類から、単純に入賞抽選手段(110)の抽選結果を
類推することができない。これにより、遊技者から見
て、遊技内容をより難しく、且つ複雑なものにすること
ができ、遊技が単純なものとなることを回避することが
できる。
【0039】また、入賞抽選手段(110)の抽選結果、入
賞しているにも拘わらず、他の特殊演出が行われるよう
な場合、遊技の意外性を増加させることができる。ま
た、入賞抽選手段(110)の抽選結果、入賞していないに
も拘わらず、入賞を予感させるような特殊演出が行われ
るような場合、遊技者の入賞への期待感を抱かせること
ができる。
【0040】(請求項6)請求項6記載の発明は、上記
した請求項1乃至5のいずれか1項に記載の発明の特徴
点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記特殊演
出選択手段(160)は、抽選で入賞した入賞図柄(61)を所
定の停止位置に停止させることができたか否かにより、
いずれの特殊演出を選択するかの抽選確率を変更するこ
とを特徴とする。
【0041】なお、ここで、本発明は、具体的には、例
えば、図5に示すように、BBの入賞図柄を所定の停止
位置に停止させることができた場合、特殊演出Aの抽選
確率は90%に設定されるが、かかる入賞図柄を停止さ
せることができなかった場合、特殊演出Aの抽選確率が
20%に設定されるようなものを含むものである。 (作用)本発明は、抽選で入賞した入賞図柄を所定の停
止位置に停止させることができたか否かにより、特殊演
出の抽選確率を変更している。このため、遊技者の停止
操作の技量と、遊技者に報知される特殊演出の抽選確率
との間に相関を持たせることができる。これにより、遊
技者は、自己の停止操作の技量により、抽選確率に影響
を与えることができ、自己の技量に基づく達成感や満足
感が得られて、遊技を面白いものにすることができる。
【0042】(請求項7)請求項7記載の発明は、次の
点を特徴とする。すなわち、本実施の形態に係る遊技機
(10)は、周囲に複数の図柄(61)を表示した回転リール(4
0)と、種々の情報を演出を介して遊技者に向かって報知
するための報知装置(66)と、乱数を用いて入賞図柄(61)
の抽選を行うための入賞抽選手段(110)とを備えてい
る。
【0043】そして、本実施の形態に係る遊技機(10)
は、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果が入賞である場
合に入賞図柄(61)が所定の停止位置で停止することを条
件として入賞が確定して遊技者に利益を付与するように
設定されている。そして、前記演出は、前記報知装置(6
6)により抽選結果に関する情報を遊技者に向かって報知
するための演出内容がそれぞれ異なる複数の特殊演出を
有している。
【0044】そして、前記遊技機(10)は、前記入賞抽選
手段(110)による抽選後、前記回転リール(40)の停止操
作時に、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づい
て、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの前記特殊
演出を選択するかを決定するための特殊演出選択手段(1
60)を備えている。そして、前記報知装置(66)は、前記
特殊演出選択手段(160)の決定結果により決定された前
記特殊演出を行うことを特徴とする。
【0045】なお、ここで、「回転リール(40)」、「遊
技機(10)」、「抽選結果に関する情報」、「入賞する」
とあるのは、請求項1の手段で説明した内容と、同一で
ある。また、ここで、「特殊演出」とは、遊技者に向か
って種々の情報を報知するための演出のうち、入賞フラ
グ成立に関する情報を報知するための演出を意味するも
のであって、具体的には、例えば、図6、図13及び図
14の演出A、B、C、D、E、F、Zを含むものであ
る。
【0046】また、ここで、「前記入賞抽選手段(110)
の抽選結果に基づいて」とは、入賞抽選手段(110)の抽
選結果に対応させて、選択する特殊演出の種類や、特殊
演出の演出順列を設定しているようなものを含むもので
ある。具体的には、例えば、図14に示すように、入賞
抽選手段(110)の抽選結果、入賞図柄BBが入賞してい
るような場合、入賞図柄BB用に予め設定された特殊演
出の順列の中から、所定の順番で、特殊演出が行われる
ようなものを含むものである。
【0047】(作用)本発明は、特殊演出選択手段(16
0)が、入賞抽選手段(110)の抽選後、前記回転リール(4
0)の停止操作時に、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果
に基づいて、複数の特殊演出のうちから、いずれの特殊
演出を選択するかを決定している。このため、入賞抽選
手段(110)の入賞に関する抽選より後、回転リール(40)
の停止操作時に、特殊演出選択手段(160)による演出に
関する決定を行うことができ、両者の実行時を時間的に
ずらして、両者の実行時の間隔を開けることができ、入
賞抽選と演出決定とが同一時期に集中することを回避す
ることができる。これにより、両者の実行時が、略同時
期に重なるようなものと比較して、中央処理演算装置に
よる演算処理や、当該演算処理に基づく一連の制御処理
が一時期に集中することを回避することができ、制御装
置への負荷を遊技全般に渡ってより平均化させることが
でき、制御設計の自由度を増加させることができる。
【0048】(請求項8)請求項8記載の発明は、上記
した請求項7記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴
とする。すなわち、本発明に係る遊技機(10)は、周囲に
複数の図柄(61)を表示した回転リール(40)と、種々の情
報を演出を介して遊技者に向かって報知するための報知
装置(66)と、乱数を用いて入賞図柄(61)の抽選を行うた
めの入賞抽選手段(110)とを備えている。
【0049】本発明に係る遊技機(10)は、前記入賞抽選
手段(110)の抽選結果が入賞である場合に当該入賞図柄
(61)の入賞フラグが成立し、前記入賞フラグ成立中に、
前記回転リール(40)が停止した状態で、前記入賞フラグ
成立中の入賞図柄(61)が所定の停止位置で停止すること
を条件として入賞が確定して遊技者に利益を付与するよ
うに設定されている。
【0050】そして、前記演出は、前記報知装置(66)に
より入賞フラグ成立に関する情報を遊技者に向かって報
知するための演出内容がそれぞれ異なる複数の特殊演出
を有している。そして、前記遊技機(10)は、前記入賞抽
選手段(110)による抽選後、前記回転リール(40)の停止
操作時に、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づい
て、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの前記特殊
演出を選択するかを決定するための特殊演出選択手段(1
60)を備えている。
【0051】そして、前記報知装置(66)は、前記特殊演
出選択手段(160)の決定結果により決定された前記特殊
演出を行うことを特徴とする。本発明は、請求項7記載
の発明中、「入賞抽選手段(110)の抽選結果が入賞であ
る場合」の「入賞」に、「入賞フラグ」の概念を用いて
説明することにより、請求項7記載の発明を特定してい
るものである。そして、作用は、請求項7と同様である
ため、説明を省略する。
【0052】(請求項9)請求項9記載の発明は、上記
した請求項7または請求項8記載の発明の特徴点に加
え、次の点を特徴とする。すなわち、前記回転リール(4
0)が複数の場合、前記特殊演出選択手段(160)の決定の
契機となる前記回転リール(40)の停止操作は、第1番目
に停止操作を行った前記回転リール(40)の停止操作であ
ることを特徴とする。
【0053】(作用)本発明は、第1番目に停止操作を
行った回転リール(40)の停止操作を、特殊演出選択手段
(160)の決定の契機としている。このため、第1番目の
回転リール(40)の停止操作以後に、報知装置(66)による
入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づいた特殊演出が行
われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることが
できる。
【0054】(請求項10)請求項10記載の発明は、
上記した請求項7または請求項8に記載の発明の特徴点
に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記回転リー
ル(40)が複数の場合、前記特殊演出選択手段(160)の決
定の契機となる前記回転リール(40)の停止操作は、第2
番目に停止操作を行った前記回転リール(40)の停止操作
であることを特徴とする。
【0055】(作用)本発明は、第2番目に停止操作を
行った回転リール(40)の停止操作を、特殊演出選択手段
(160)の決定の契機としている。このため、第2番目の
回転リール(40)の停止操作以後に、報知装置(66)による
入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づいた特殊演出が行
われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることが
できる。
【0056】(請求項11)請求項11記載の発明は、
上記した請求項7乃至10のいずれか1項に記載の発明
の特徴点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記
特殊演出選択手段(160)は、前記回転リール(40)の停止
操作前、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づかず
に、複数の前記特殊演出のうちから、選択している。
【0057】そして、前記報知装置(66)は、前記回転リ
ール(40)の停止操作前、前記特殊演出を行うことを特徴
とする。 (作用)本発明は、報知装置(66)が、回転リール(40)の
停止操作前、入賞抽選手段(110)の抽選結果に基づかず
に選択された特殊演出を行っている。このため、特殊演
出の種類から、単純に入賞抽選手段(110)の抽選結果を
類推することができない。これにより、遊技者から見
て、遊技内容をより難しく、且つ複雑なものにすること
ができ、遊技が単純なものとなることを回避することが
できる。
【0058】また、入賞抽選手段(110)の抽選結果、入
賞しているにも拘わらず、他の特殊演出が行われるよう
な場合、遊技の意外性を増加させることができる。ま
た、入賞抽選手段(110)の抽選結果、入賞していないに
も拘わらず、入賞を予感させるような特殊演出が行われ
るような場合、遊技者の入賞への期待感を抱かせること
ができる。
【0059】(請求項12)請求項12記載の発明は、
上記した請求項7乃至11のいずれか1項に記載の発明
の特徴点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記
特殊演出選択手段(160)は、抽選で入賞した入賞図柄(6
1)を所定の停止位置に停止させることができたか否かに
より、いずれの特殊演出を選択するかの選択内容を変更
することを特徴とする。
【0060】なお、ここで、本発明は、具体的には、例
えば、図14に示すように、BBの入賞図柄を所定の停
止位置に停止させることができた場合、特殊演出の演出
順列テーブルとして、A→A→A→A→A→B→A→A
→A→Zを使用して、特殊演出が決定されるが、BBの
入賞図柄を所定の停止位置に停止させることができなか
った場合、特殊演出の演出順列テーブルとして、A→Z
→Z→A→Z→Z→Z→B→Z→Zを使用して、特殊演
出が決定されるようなものを含むものである。
【0061】(作用)本発明は、抽選で入賞した入賞図
柄を所定の停止位置に停止させることができたか否かに
より、特殊演出の選択内容を変更している。このため、
遊技者の停止操作の技量と、遊技者に報知される特殊演
出の決定との間に相関を持たせることができる。これに
より、遊技者は、自己の停止操作の技量により、特殊演
出の決定に影響を与えることができ、自己の技量に基づ
く達成感や満足感が得られて、遊技を面白いものにする
ことができる。
【0062】(請求項13)請求項13記載の発明は、
上記した請求項1乃至12のいずれか1項に記載の発明
の特徴点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記
特殊演出選択手段(160)は、抽選で入賞した入賞図柄(6
1)を所定の停止位置に停止させることができたか否かに
より、前記報知装置(66)による入賞フラグ成立に関する
情報の報知頻度を変更することを特徴とする。
【0063】なお、ここで、本発明は、具体的には、抽
選で入賞した入賞図柄を所定の停止位置に停止させるこ
とができたか否かにより、抽選結果に関する情報を報知
するか、或いは、報知しないかの報知頻度を変更するよ
うなものを含むものである。例えば、図5に示すよう
に、BBの入賞図柄を所定の停止位置に停止させること
ができた場合、報知無しを意味する特殊演出Zの抽選確
率は1%に設定されるが、かかる入賞図柄を停止させる
ことができなかった場合、報知無しを意味する特殊演出
Zの抽選確率が70%に設定されるようなものを含むも
のである。
【0064】また、例えば、図14に示すように、BB
の入賞図柄を所定の停止位置に停止させることができた
場合、報知無しを意味する特殊演出Zは、10回のう
ち、1回しか発生せずに、残りの9回は何らかの特殊演
出による報知が行われる。一方、BBの入賞図柄を停止
させることができなかった場合、報知無しを意味する特
殊演出Zは、10回のうち、7回も発生し、残りの3回
は何らかの特殊演出による報知が行われるように設定さ
れているものを含むものである。
【0065】(作用)本発明は、抽選で入賞した入賞図
柄を所定の停止位置に停止させることができたか否かに
より、抽選結果に関する情報の報知頻度を変更してい
る。このため、遊技者の停止操作の技量と、抽選結果に
関する情報の報知頻度との間に相関を持たせることがで
きる。これにより、遊技者は、自己の停止操作の技量に
より、抽選結果に関する情報の報知頻度に影響を与える
ことができ、自己の技量に基づく達成感や満足感が得ら
れて、遊技を面白いものにすることができる。
【0066】(請求項14)請求項14記載の発明は、
上記した請求項1乃至13のいずれか1項に記載の発明
の特徴点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記
報知装置(66)は、前記回転リール(40)の停止操作後も、
所定の割合で、前記入賞抽選手段(110)の抽選結果に基
づかずに決定された前記特殊演出を行うことを特徴とす
る。
【0067】なお、ここで、「所定の割合で」とは、具
体的には、例えば、遊技100回に対して予め定めたN
回の頻度で行うようなものや、乱数を用いた抽選によ
り、所定の抽選確率で行うようなものや、予め定めた所
定の順番で行うようなものを含むものである。また、こ
こで、本発明は、回転リール(40)の停止操作前の入賞抽
選手段(110)の抽選結果に基づかずに決定された特殊演
出を、所定の割合で、回転リール(40)の停止操作後も、
そのまま継続して行うようなものを含むものである。
【0068】また、ここで、本発明は、回転リール(40)
の停止操作後、回転リール(40)の停止操作前の入賞抽選
手段(110)の抽選結果に基づかずに決定された特殊演出
とは、全く無関係に、新たに、乱数を用いた抽選によ
り、図4に示すような抽選確率の抽選を行って、或い
は、予め定めた所定の順番等により、回転リール(40)の
停止操作後、新たに入賞抽選手段(110)の抽選結果に基
づかずに決定された特殊演出を行うようなものを含むも
のである。
【0069】(作用)本発明は、報知装置(66)が、回転
リール(40)の停止操作後も、所定の割合で、入賞抽選手
段(110)の抽選結果に基づかずに決定された特殊演出を
行う。このため、回転リール(40)の停止操作後の特殊演
出の種類から、単純に入賞抽選手段(110)の抽選結果を
類推することができない。これにより、回転リール(40)
の停止操作後の遊技内容をより難しく、且つ複雑なもの
にすることができ、遊技が単純なものとなることを回避
することができる。
【0070】本発明は、例えば、回転リール(40)の停止
操作後、入賞抽選手段(110)の抽選結果、入賞している
にも拘わらず、他の特殊演出が行われるような場合、遊
技の意外性を増加させることができる。また、回転リー
ル(40)の停止操作後、入賞抽選手段(110)の抽選結果、
入賞していないにも拘わらず、入賞を予感させるような
特殊演出が行われるような場合、遊技者の入賞への期待
感を増すことができる。
【0071】(請求項15)請求項15記載の発明は、
上記した請求項7乃至12のいずれか1項に記載の発明
の特徴点に加え、次の点を特徴とする。すなわち、前記
特殊演出選択手段(160)は、いずれの前記特殊演出を選
択するかの決定を、予め定められた所定の順序に従って
行うことを特徴とする。
【0072】本発明は、具体的には、図14に示すよう
な予め定められた所定の順序に従って、特殊演出選択手
段(160)が、回転リール(40)の停止操作時に、いずれの
特殊演出を選択するかの決定を、予め定められた所定の
順序に従って行うようなものを含むものである。例え
ば、回転リール(40)の停止操作の第1番目において、所
定の図柄を引き込んで停止させることができた場合、A
→A→A→A→A→B→A→A→A→Zの順序に従っ
て、特殊演出を決定し、所定の図柄を引き込んで停止さ
せることができなかった場合、A→Z→Z→A→Z→Z
→Z→B→Z→Zの順序に従って、特殊演出を決定する
ようなものを含むものである。
【0073】本発明は、具体的には、上述したA→A→
A→A→A→B→A→A→A→Zの例のように、所定の
入賞図柄の入賞フラグ成立において、所定の特殊演出の
頻度を増大させることにより、その特殊演出Aの発生
が、当該入賞図柄の入賞フラグが成立していることを想
起させるようなものを含むものである。本発明は、具体
的には、例えば、所定の入賞図柄の特殊演出の順序を、
同一種類の音の音量が、少しずつ大きくなるような特殊
演出を順番に並べることにより、所定の入賞図柄の入賞
を予想することができるようなものを含むものである。
【0074】本発明は、具体的には、例えば、所定の入
賞図柄の特殊演出の発生順序を、継続性や、連続性のあ
るものにすることにより、或いは、ストーリ性のある動
画面等にすることにより、当該演出が過去の演出と関連
性があることを理解できるようなものを含むものであ
る。 (作用)本発明は、特殊演出選択手段(160)が、いずれ
の特殊演出を選択するかの決定を、乱数による抽選によ
って行うものではなく、予め定められた所定の順序に従
って行っている。このため、乱数による抽選のときのよ
うな、特殊演出が全くランダムな発生傾向となるのでは
なく、特殊演出の発生種類や、発生順序を、特徴のある
ものに設定することが可能となる。すなわち、過去の演
出内容と、現在の演出内容と、未来の演出内容とに、何
らかの規則性や、関連性や、連続性や、特徴性を持たせ
ることが可能となる。これにより、演出内容にストーリ
性を持たせたりすること等が可能となり、演出内容を興
味溢れるものにすることができる。
【0075】
【発明の実施の形態】(第一の実施の形態) (図面の説明)図1乃至図11は、本発明の第一の実施
の形態を示すものである。図1は遊技機の入力、制御及
び出力のブロック図、図2は特殊演出選択手段のブロッ
ク図、図3は遊技機の外観正面図、図4は入賞抽選前の
ランダム演出の抽選確率の概略説明図、図5は停止操作
時の入賞図柄毎の特殊演出の抽選確率の概略説明図、図
6は特殊演出の演出内容の概略説明図、図7乃至図11
は遊技機の動作の概略のフローをそれぞれ示すものであ
る。
【0076】(遊技機10)図3中、10は、遊技機10を示
すものである。遊技機10は、図3に示すように、四角箱
状の筐体11を有する。前記筐体11の中央部から上部に
は、遊技者側に向かって臨む略四角窓状の表示窓12が形
成されている。そして、この表示窓12の略中央には、三
個の回転リール40の図柄61を見ることができる図柄表示
窓13が形成されている。
【0077】上記回転リール40は、図3の向かって左端
側に位置する左側回転リール43と、図3の向かって右端
側に位置する右側回転リール45と、この左側回転リール
43及び右側回転リール45の間に位置する中央回転リール
44とからなるものである。そして、遊技機10の前面側に
は、特に図示しないが、横方向に三本、左右の対角線上
の斜め方向に二本の合計五本の有効入賞ラインが形成さ
れている。
【0078】遊技機10の内部には、図示していないが、
遊技機10の全体の動作を制御するための制御装置20(図
1参照)が内蔵されている。 (制御装置20)上記制御装置20は、図示しないが、CP
Uを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備え
ている。そして、CPUがROMに記憶されたプログラ
ムを読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を有
するものである。
【0079】(1)遊技制御装置21 (2)演出制御装置22 図1に示すように、スタートスイッチ30及びストップス
イッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を
制御するための遊技制御装置21と、ランプやスピーカ等
の表示装置66を制御するための演出制御装置22とが内蔵
されている。また、CPUは、遊技制御装置21及び演出
制御装置22に、それぞれ一個ずつ配置されているが、特
にこれに限定されるものではなく、一個のCPUで制御
しても良く、或いは、二個以上のCPUで制御するよう
にしても良いものである。
【0080】また、CPU、ROM、RAM及びI/O
等は一体化されてワンチップを構成しても良いものであ
る。 (遊技制御装置21)上記遊技制御装置21は、スタートス
イッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リ
ール40の回転及び停止を制御するためのものである。そ
して、この遊技制御装置21は、次の(1)乃至(3)の
手段として機能する。
【0081】(1)通常遊技制御手段70 (2)特別遊技制御手段80 (3)入賞抽選手段110 なお、前記通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせる
ために通常遊技に関する制御を行うものであり、前記特
別遊技制御手段80は、特別遊技を行わせるために特別遊
技に関する制御を行うものである。
【0082】また、遊技制御装置21としては、上記した
(1)乃至(3)の手段に限定されるものではなく、他
の手段を含んでいても良い。 (演出制御装置22)上記演出制御装置22は、主として演
出データに関するものであって、報知ランプ69やスピー
カ67等の報知装置66を制御するためのものである。そし
て、遊技制御装置21の内部データの信頼性を担保するた
め、遊技制御装置21と演出制御装置22との間での信号の
やりとりは、一方通行となるように設定されている。す
なわち、遊技制御装置21から、演出制御装置22に向かっ
て出力信号のみが送出され、この演出制御装置22から遊
技制御装置21に向かっていかなる信号も送出されないよ
うに設定されている。これにより、抽選確率等の入賞抽
選に関するデータを有する遊技制御装置21のデータ保護
を容易なものにすることができる。
【0083】そして、この演出制御装置22は、次の
(1)乃至(3)の手段として機能する。 (1)入賞演出データ記憶手段120 (2)入賞演出制御手段150 (3)特殊演出選択手段160 また、演出制御装置22としては、上記した(1)乃至
(3)の手段に限定されるものではなく、他の手段を含
んでいても良い。
【0084】また、ここで、遊技機10は、遊技制御装置
21を配置した主基板23の他に、前記演出制御装置22を配
置したサブ基板24を設けているものである。このため、
サブ基板24を交換することにより、演出内容の一部だけ
が異なる姉妹機を簡単に製造することができる。また、
サブ基板24のみを容量や性能が異なる別のものに簡単に
交換することができるため、演出内容だけを、例えば、
静止画からなる文字表示だけ等の比較的簡単な演出内容
のものから、種々の背景の中で、キャラクターが登場す
る等の多色、高精細の動画からなる複雑な種々の演出内
容のもの等に容易に変更することができる。
【0085】また、遊技機に使用する制御プログラムを
開発するにあたって、主基板23とサブ基板24とに分離さ
れていることにより、開発中のバグが、主基板23側に存
在するのか、サブ基板24側に存在するのかの判断を容易
に行うことができ、制御プログラム全体を見直さなけれ
ばならなくなる可能性が低くなり、デバッグを容易に行
うことができ、制御プログラムの開発期間の短縮を図る
ことができる。
【0086】また、遊技の制御を行う主基板23と、演出
データ等を有するサブ基板24とを有しているため、主基
板23は外部からの操作や交換や異物の浸入が難しい密閉
式の容器内に堅固に固定し、サブ基板24は外部からの交
換が容易な容器内に簡便な手段により着脱可能に取り付
けることが可能となる。これにより、演出データ等は、
簡単に他のものに交換することができるが、抽選確率等
の重要データは外部から操作できないような構造のもの
に設計することが容易となる。
【0087】なお、本実施の形態は、上述したような主
基板23及びサブ基板24を備えているが、特にこれに限定
されるものではなく、主基板23のみからなるようなもの
や、或いは、更に複数のサブ基板24を備えているような
ものでも良いものである。 (入力段)上記制御装置20の入力段には、図1に示すよ
うに、次のパーツが接続されている。
【0088】(1)投入スイッチ15 (2)ベットスイッチ16 (3)精算スイッチ17 (4)スタートスイッチ30 (5)ストップスイッチ50 なお、入力段としては、上記した(1)乃至(5)のパ
ーツに限定されるものではない。
【0089】(出力段)上記制御装置20の出力段には、
図1に示すように、次のパーツが接続されている。 (1)リールユニット60 (2)ホッパーユニット65 (3)報知装置66(報知ランプ69、スピーカ67及び表示
装置68) なお、出力段としては、上記した(1)乃至(3)のパ
ーツに限定されるものではない。
【0090】(投入スイッチ15)上記投入スイッチ15
は、図3に示すように、回転リール40の斜め下方に位置
するスイッチであって、遊技メダルのメダル投入口18か
ら投入された遊技メダルを検知するためのものである。 (ベットスイッチ16)上記ベットスイッチ16は、図3に
示すように、回転リール40の下方に位置するスイッチで
あって、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるため
のものである。
【0091】(精算スイッチ17)上記精算スイッチ17
は、図3に示すように、回転リール40の斜め下方に位置
するスイッチであって、貯留した投入メダルを払い出す
ためのものである。 (スタートスイッチ30)上記スタートスイッチ30は、図
3に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレ
バーであって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッ
チ16の投入を条件に、または、「再遊技(リプレイ、Re
play)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、リー
ルユニット60の駆動を開始させるためのものである。
【0092】なお、ここで、「再遊技(リプレイ、Repl
ay)」とは、入賞抽選手段110の抽選により、「再遊技
(リプレイ、Replay)」のフラグが成立し、「再遊技
(リプレイ、Replay)」の図柄が有効入賞ライン上に揃
うことにより、次の遊技において、遊技メダルを新たに
投入することなく、再度、遊技を行うことができるもの
である。
【0093】(ストップスイッチ50)上記ストップスイ
ッチ50は、リールユニット60の駆動を停止させるための
ものである。具体的には、ストップスイッチ50は、図3
に示すように、各回転リール40に対応した三個のスイッ
チから構成され、各回転リール40の下方に1個ずつ配置
されているものである。回転リール40に対応したストッ
プスイッチ50の操作により、当該対応した回転リール40
が回転を停止するように設定されているものである。
【0094】(リールユニット60)上記リールユニット
60は、特に図示しないが枠体に固定或いは支持された三
個のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個
の回転リール40とから構成されている。そして、各回転
リール40は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転
ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープ42と
を備えている。このリールテープ42の外周面には、複数
個(例えば21個)の図柄61が表示されている。
【0095】(ホッパーユニット65)上記ホッパーユニ
ット65は、図示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技
者にメダルを払い出すためのものである。 (報知装置66)上記報知装置66は、遊技者に入賞等を音
や光や映像で報知させるためのものである。具体的に
は、報知装置66は、筐体11の下部に埋め込まれた左右2
個のスピーカ67と、表示窓12の上部中央に配置されたド
ット状の大型パネルLEDからなる表示装置68と、表示
窓12の周囲縁に配置された5個の報知ランプ69とを備え
ているものである。そして、この報知装置66は、演出制
御装置22の制御により、入賞時にスピーカ67から入賞音
を発生させ、報知ランプ69を点灯又は点滅させることに
より、また、表示装置68に図柄模様や文字列を点灯表示
させることにより、遊技者に入賞等を報知させるための
ものである。
【0096】上記報知装置66が行う演出には、この報知
装置66により、入賞抽選手段110の抽選結果に関する情
報、具体的には、入賞フラグ成立に関する情報を遊技者
に向かって報知するための特殊演出A、B、C・・・
F、Zを有している。そして、上記報知装置66は、回転
リール40の停止操作前、具体的には、特殊演出選択手段
160による演出抽選前、入賞抽選手段110の抽選結果に基
づかずに決定された特殊演出を行うものである。そし
て、上記報知装置66は、特殊演出選択手段160の演出抽
選後、入賞抽選手段110の抽選結果に基づいて決定され
た特殊演出を行うものである。
【0097】(特殊演出)上記特殊演出は、入賞抽選手
段110の抽選結果に関する情報、具体的には、入賞フラ
グ成立に関する情報を遊技者に向かって報知するため
に、報知装置66により行われる演出である。この特殊演
出は、その演出内容がそれぞれ異なる複数のものからな
るものである。なお、ここで、上記特殊演出には、入賞
抽選手段110の抽選結果に関する情報とは、異なる情
報、いわゆるガセ演出も含まれるものである。
【0098】上記特殊演出は、図6に示すように、演出
内容がそれぞれ異なるA、B、C、D、E、F、及びZ
からなる大要素特殊演出を備えている。そして、大要素
特殊演出Aは、二種類の音a及び音bと、二種類の発光
形態である発光a及び発光bとから構成されるものであ
って、音a→発光a→発光b→音bの順に行われる一連
の演出全体を意味するものである。すなわち、大要素特
殊演出Aは、上述した音及び発光形態の組合せからなる
一種類のものからなるものである。
【0099】なお、ここで、音aと音bとは異なる音で
あり、音aが「ドン」という太鼓の音であり、音bが
「ピー」という笛の音からなるものである。また、発光
aと発光bとは異なる発光形態であり、発光aが、5個
の報知ランプ69のうち、左下の報知ランプ69の点灯であ
り、発光bが、右下の報知ランプ69の点灯である。もち
ろん、これらの音や発光形態は上述したものに限定され
るものではなく、遊技者から見て、異なる音や、異なる
発光形態として認識できるものであれば、他の種類の音
や発光形態からなるものでも良いものである。そして、
図6に示すように、他の大要素特殊演出B乃至Fも、大
要素特殊演出Aと同様に、種々の音や発光形態から構成
されているものである。そして、かかる大要素特殊演出
A乃至Fを構成する音a乃至lや、発光a乃至lは、そ
れぞれの内容の詳細な説明は省略するが、上述した大要
素特殊演出Aと同様に、遊技者が、異なる音や、異なる
発光形態であることを認識できるように設定されている
ものである。なお、発光は、報知ランプ69だけではな
く、中央に位置するドット状の大型パネルLEDからな
る表示装置68を用いても良いものである。また、表示装
置68の代わりに液晶表示装置を配置して、種々の停止画
像や動画像を用いても良いものである。
【0100】ここで、入賞抽選手段110の抽選結果に基
づかずに決定される特殊演出は、第1番目に停止操作を
行った回転リール40の停止操作前、具体的には、スター
トスイッチ30の操作時、入賞抽選手段110の抽選結果に
基づかず特殊演出選択手段160の抽選により決定されて
いる。具体的には、かかる特殊演出は、図4に示す抽選
確率を使用した抽選により決定されている。そして、か
かる特殊演出は、スタートスイッチ30の操作時から第1
番目の回転リール40の停止操作時まで、報知装置66によ
り行われるものである。
【0101】そして、入賞抽選手段110の抽選結果に基
づいて決定される特殊演出は、第1番目に停止操作を行
った回転リール40の停止操作時、入賞抽選手段110の抽
選結果に基づいて特殊演出選択手段160により決定され
ている。具体的には、かかる特殊演出は、図5に示す抽
選確率を使用した抽選により決定されている。そして、
かかる特殊演出は、第1番目の回転リール40の停止操作
後、報知装置66により行われるものである。
【0102】(通常遊技制御手段70)上記通常遊技制御
手段70は、通常遊技を行わせるためのものである。すな
わち、メダルの投入若しくはベットスイッチ16の投入を
条件に、または、「再遊技(リプレイ、Replay)」時に
は前遊技から所定時間経過を条件に、スタートスイッチ
30を操作すると、リールユニット60が駆動され、三個の
回転リール40が回転を開始する。その後、ストップスイ
ッチ50の一個を操作すると、当該対応する回転リール40
の回転が停止する。そして、ストップスイッチ50を三個
全て操作し終わると、三個の回転リール40の回転が全て
停止する。このとき、表示窓12の有効入賞ライン上に、
予め設定された図柄61が停止すると、ホッパーユニット
65を介して所定枚数のメダルが払い出される。なお、メ
ダルを払い出す代わりに、クレジットしても良い。
【0103】入賞には、遊技メダルの払い出しを伴い、
遊技者に利益を付与する小役入賞と、この小役入賞より
もさらに大きな利益を遊技者に付与する特別入賞と、遊
技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを新たに投入
することなく再度の遊技を行うことができる「再遊技
(リプレイ、Replay)」とを備えている。そして、その
抽選結果がいずれかの入賞となった場合(内部的当選、
内部的入賞または内部当たりとも言う。)、その入賞に
対応した入賞フラグが成立する。そして、抽選結果が特
別入賞である場合に、特別入賞フラグが成立し、この特
別入賞フラグ成立中に、リールユニット60の回転リール
40の停止図柄61の組み合わせが、予め定められた所定の
特別入賞図柄61(例えば、有効入賞ライン上に「7」が
三個揃うもの)と一致したことを条件に入賞が確定し、
遊技者に有利な特別遊技を行わせるように形成されてい
る。そして、抽選により特別入賞フラグが成立したが、
回転リール40の停止図柄61の組み合わせが特別入賞図柄
61と一致していない場合、それ以後の遊技に特別入賞フ
ラグ成立の権利が持ち越されるように設定されている。
なお、小役の入賞フラグは、入賞フラグが成立した遊技
で入賞を確定させられない場合、入賞フラグ成立の権利
の次の遊技への持ち越しはない。
【0104】また、いずれかの入賞フラグが成立中に、
対応する入賞図柄61を有効入賞ライン上に揃えることが
できるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場
合、ストップスイッチ50のタイミングによるものであ
る。具体的には、ストップスイッチ50を操作した後、1
90ms以内に回転リール40が停止するように設定され
ているため、ストップスイッチ50を操作した後、そのま
ま停止させるか、或いは190ms以内に停止可能な回
転リール40の円周上の引き込み可能図柄61、例えば停止
図柄から連続する4個の引き込み可能図柄61の中に、対
応する入賞図柄61が含まれているような場合には、停止
するまでの時間を遅らせて、回転リール40は有効入賞ラ
イン上にその入賞図柄61を引き込んで停止する。一方、
かかる4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する入賞
図柄61が含まれていないような場合には、有効入賞ライ
ン上にその入賞図柄61を引き込んで停止することができ
ない。
【0105】(特別遊技制御手段80)上記特別遊技制御
手段80は、入賞抽選手段110の抽選結果に基づいて、遊
技者に有利な特別遊技を行わせるためのものである。上
記特別遊技としては、大別すると、次のゲームがある。 (1)特定導入遊技(BBゲーム) (2)特定遊技(RBゲーム) (3)特定入賞遊技(JACゲーム) なお、特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、
例えばBBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中で
無い場合にも単独で行われるものである。また、上記特
定入賞遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に
行われるものである。また、特別遊技としては、上記し
た(1)乃至(3)の遊技に限定されるものではない。
【0106】具体的には、通常遊技において、図示しな
いが、例えば「7」等の図柄61が有効入賞ライン上に三
個揃うと、ホッパーユニット65を介して、例えば15枚
のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始
される。そして、特別遊技制御手段80は、図1に示すよ
うに、大別すると、次の手段を備える。
【0107】(1)特定導入遊技制御手段91(BBゲー
ム制御手段90) (2)特定遊技制御手段101(RBゲーム制御手段100) (特定導入遊技制御手段91)上記特定導入遊技制御手段
91は、BBゲームを制御するためのBBゲーム制御手段
90である。
【0108】具体的には、BBゲームに移行すると、通
常遊技と同様の小役遊技が、最大3枚のメダルの投入に
よって開始され、3つの回転リールの回転を各々停止さ
せた際に、有効入賞ライン上に入賞図柄が揃っているか
否かによって、メダルの払い出しが行われるものであ
る。したがって、BBゲーム中の小役遊技では、通常遊
技と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものであ
る。ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するた
めの特定入賞図柄が有効入賞ライン上に揃った場合に
は、その後RBゲームに移行するものである。
【0109】なお、通常、BBゲーム中はRBゲームへ
の移行が、例えば最大3回行われることになっているた
めに、1回目のRBゲームが終了した後は、また前述し
たような通常遊技と同様な小役遊技の抽選及び制御が行
われるものである。そして、BBゲームでは、BBゲー
ム中のRBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、或
いはBBゲーム中の小役遊技が所定の最大回数、例えば
最大30回の終了により、BBゲームは終了するもので
ある。もちろん、BBゲーム中のRBゲームや、小役遊
技の最大回数は、上述したものに限定されるものではな
く、遊技機10の種類の違いにより、他の回数(例えば、
RBゲームの最大回数が2回)に設定されているもので
も良いものである。
【0110】(特定遊技制御手段101)上記特定遊技制
御手段101は、RBゲームを制御するためのものであ
る。具体的には、RBゲームに移行すると、メダルが1
枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が表示窓12
のセンターライン上に揃った場合に入賞確定となる特定
入賞遊技が行われるものである。そして、RBゲームで
は、入賞するか否かの特定入賞遊技が最大12回行える
ものであり、そのうち、最大8回の入賞確定が可能であ
る。すなわち、最大8回の入賞が確定するか、或いは最
大12回の特定入賞遊技の終了により、RBゲームは終
了するものである。
【0111】(入賞抽選手段110)上記入賞抽選手段110
は、予め定めた抽選確率に基づいて入賞か否かの入賞判
定の抽選を行うものである。そして、入賞抽選手段110
による抽選結果が入賞である場合(内部的当選、内部的
入賞または内部当たりとも言う。)に入賞フラグが成立
し、この入賞フラグ成立中に、回転リール40の停止図柄
の組み合わせが予め定められた入賞図柄と一致したこと
を条件に入賞が確定し、遊技者にメダルの払い出しや、
特別遊技等の利益が付与されるように設定されている。
【0112】上記入賞抽選手段110は、図1に示すよう
に、大別すると、次の手段を備える。 (1)乱数発生手段111 (2)乱数抽出手段112 (3)入賞判定テーブル113 (4)判定手段114 なお、入賞抽選手段110としては、上記した(1)乃至
(4)に限定されるものではない。
【0113】(乱数発生手段111)上記乱数発生手段111
は、入賞抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で
0乃至65535)で発生させるものである。なお、こ
こで、「乱数発生手段」には、ソフト乱数としての平均
採中法(n桁の数字を2乗して中央のn桁の数を取り出
すことの繰り返しによる乱数発生方法)等で乱数を発生
させることができるものや、一定範囲の数字を高速で1
ずつ加算するカウンタを用いて構成するものがある。例
えば、0乃至16383の範囲の数字を、1秒間に数百
万回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられ
る。そして、「乱数抽出手段」としては、スタートスイ
ッチを押したタイミングでカウンタの数字を読みとるこ
ととなる。このように形成すると、「乱数発生手段」で
は乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽出
手段」によって抽出される数字は、あたかも乱数のよう
な分布となるものである。このように結果として乱数の
ような分布を示す数字が得られる手段を、ここでは、
「乱数発生手段」或いは「乱数抽出手段」に含めて考え
るものである。
【0114】(乱数抽出手段112)上記乱数抽出手段112
は、乱数発生手段111が発生する乱数を、所定の条件
(例えば、スタートスイッチ30の操作)で抽出するもの
である。なお、この抽出した乱数を抽出乱数データとす
る。 (入賞判定テーブル113)上記入賞判定テーブル113は、
乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各入賞項目の
入賞領域を有するものである。
【0115】(判定手段114)上記判定手段114は、乱数
抽出手段112が抽出した抽出乱数データと、入賞判定テ
ーブル113の抽選確率データを基に乱数発生手段111がと
る乱数の全領域中の各入賞項目の入賞領域からなる入賞
判定領域データとを照合し、当該抽出乱数データが属す
る入賞領域に対応する入賞を決定するものである。
【0116】(入賞演出データ記憶手段120)上記入賞
演出データ記憶手段120は、上述した特殊演出A、・・
F、Zのそれぞれの演出データの内容を記憶しているも
のである。具体的には、図6に示す内容のものが記憶さ
れ、さらに、それぞれの特殊演出を構成する音a乃至l
や、発光a乃至lの演出データの内容を予め記憶してい
るものである。
【0117】さらに、入賞演出データ記憶手段120は、
BBゲーム等の各入賞図柄の入賞確定時の表示装置66の
スピーカ67から発生させるサウンドや、報知ランプ69の
点灯、点滅の時間や順序等のデータや、表示装置68に表
示される図柄模様及び文字列のデータが記憶されてい
る。もちろん、記憶する演出内容は、これらに限定され
るものではなく、予め記憶された音声や、振動や、他の
ランプの点灯等の種々の報知手段によるものを含んでも
良いものである。
【0118】(入賞演出制御手段150)上記入賞演出制
御手段150は、入賞演出データ記憶手段120からの各演出
データを、制御装置20等からの制御信号に基づいて、報
知装置66に出力し、かかる装置を制御するためのもので
ある。具体的には、入賞演出制御手段150は、特殊演出
選択手段160により決定されている特殊演出を、入賞演
出データ記憶手段120からの演出情報に基づいて、報知
ランプ69の所定位置のランプを点灯や点滅させたり、ス
ピーカ67から所定の電子音を発生させたり、表示装置68
に所定の図柄模様及び文字列を点灯表示させるものであ
る。
【0119】(特殊演出選択手段160)上記特殊演出選
択手段160は、報知装置66により行う特殊演出を、複数
の特殊演出A、B、C・・F、Zのうちから、乱数を用
いた抽選により選択するためのものである。具体的に
は、特殊演出選択手段160は、回転リール40の停止操作
前のスタートスイッチ30の操作時、入賞抽選手段110の
抽選結果に基づかずに、複数の特殊演出A、B、C・・
F、Zのうちから、乱数を用いた抽選により選択する。
そして、特殊演出選択手段160は、入賞抽選手段110によ
る入賞抽選後、回転リール40の停止操作時に、入賞抽選
手段110の抽選結果に基づいて、複数の特殊演出A、
B、C・・F、Zのうちから、いずれの特殊演出を選択
するかを乱数を用いた抽選により決定する。
【0120】ここで、特殊演出選択手段160の演出抽選
の契機となる回転リール40の停止操作は、遊技者が第1
番目に停止操作を行った回転リール40の停止操作に設定
されている。上記特殊演出選択手段160は、図2に示す
ように、大別すると、次の手段を備える。
【0121】(1)演出乱数発生手段171 (2)演出乱数抽出手段172 (3)演出判定テーブル173 (4)演出判定手段174 なお、特殊演出選択手段160としては、上記した(1)
乃至(4)に限定されるものではない。
【0122】(演出乱数発生手段171)上記演出乱数発
生手段171は、演出抽選用の乱数を所定の領域内(例え
ば十進数で0乃至65535)で発生させるものであ
る。なお、ここで、演出乱数発生手段171及び演出乱数
抽出手段172は、入賞抽選手段110で説明した乱数発生手
段111及び乱数抽出手段112と同様に、あたかも乱数のよ
うな分布となるものである。
【0123】(演出乱数抽出手段172)上記演出乱数抽
出手段172は、演出乱数発生手段171が発生する乱数を、
遊技者が第1番目に停止操作を行った回転リール40の当
該停止操作時に抽出するものである。なお、この抽出し
た乱数を抽出乱数データとする。 (演出判定テーブル173)上記演出判定テーブル173は、
各入賞図柄毎に予め設定されているものであって、演出
乱数発生手段171がとる乱数の全領域中、各入賞項目の
入賞領域を有するものである。
【0124】上記演出判定テーブル173は、図2に示す
ように、各入賞図柄等に対応した以下のテーブルを備え
る。 (1)BB演出判定テーブル181 (2)RB演出判定テーブル182 (3)ベル演出判定テーブル183 (4)プラム演出判定テーブル184 (5)チェリー演出判定テーブル185 (6)リプレイ演出判定テーブル186 (7)ハズレ演出判定テーブル187 (8)ランダム演出判定テーブル188 上記(1)乃至(7)の演出判定テーブル173の内容を
まとめたものを図5に示し、上記(8)のランダム演出
判定テーブル188を図4に示す。
【0125】上記演出判定テーブル173のうち、第1番
目に停止操作を行った回転リール40の当該停止操作時の
特殊演出選択手段160の演出抽選には、入賞抽選手段110
の抽選結果に基づいて、上記(1)乃至(7)のうち、
いずれか一つの演出判定テーブル173を使用する。具体
的には、例えば、入賞抽選手段110の入賞抽選の結果、
入賞図柄BBの入賞フラグが成立しているような場合、
図5に示すBBの項目の抽選確率を使用するものであ
る。その際、第1番目に停止操作を行った回転リール40
の上段、中断、下段の停止図柄の中のいずれか一つに、
入賞図柄BB(7、7、7)の7を停止できた場合、図
5のBBの項目の「引き込めた」の欄に記載されている
各大要素特殊演出の抽選確率(%)を使用するものであ
る。一方、第1番目に停止操作を行った回転リール40の
上段、中断、下段の停止図柄の中のいずれにも、入賞図
柄BB(7、7、7)の7を停止できなかった場合、図
5のBBの項目の「引き込めない」の欄に記載されてい
る各大要素特殊演出の抽選確率(%)を使用するもので
ある。
【0126】上述したように演出の抽選確率が選択され
ることにより、入賞抽選手段110の抽選結果、入賞図柄
BBの入賞フラグが成立して、当該入賞図柄の7を第1
番目の回転リール40の停止操作で、停止することができ
た場合、抽選確率90%の割合で大要素特殊演出Aが行
われるものである。また、入賞抽選手段110の抽選結
果、入賞図柄BBの入賞フラグが成立して、当該入賞図
柄の7を第1番目の回転リール40の停止操作で、停止す
ることができなかった場合、抽選確率70%の割合で特
殊演出が行われず、抽選確率20%の割合で大要素特殊
演出Aが行われるものである。このように、入賞フラグ
が成立中の入賞図柄を所定の停止位置に停止させること
ができたか否かにより、いずれの大要素特殊演出を選択
するかの抽選確率を変更しているものである。また、上
述した例では、「引き込めた」場合と、「引き込めな
い」場合とで、演出無しを意味する大要素特殊演出Zの
抽選確率が1%から70%に変更されている。これは、
入賞フラグが成立中の入賞図柄を所定の停止位置に停止
させることができたか否かにより、報知装置66による入
賞フラグ成立に関する情報の報知頻度を変更しているも
のである。
【0127】そして、入賞抽選手段110の抽選結果、R
B、ベル、プラム、チェリー、リプレイの入賞フラグが
成立した場合も、上述した説明と同様に、上記(2)乃
至(6)の各演出判定テーブル173の抽選確率が使用さ
れる。ここで、BB、RB、ベル、プラム、チェリー、
リプレイの各入賞図柄に対して、大要素特殊演出A、
B、C、D、E、F、Zが抽選確率90%の割合で対応
するように設定されている。そして、各入賞フラグ成立
中の入賞図柄に対して、各大要素特殊演出が、それぞれ
個別に対応している具体的な対応関係を、前面側の説明
文(図示せず)に記載してある。これにより、遊技者
は、演出内容が異なる各大要素特殊演出が行われること
により、いずれの入賞フラグが成立中であるかを、90
%程度の確率で推定することができるものである。もち
ろん、入賞フラグ成立中の入賞図柄と、各大要素特殊演
出との具体的な対応関係を表示せずに、対応関係がある
旨だけを、説明文等により表示して、具体的な対応関係
を遊技中に類推させるようにしても良いものである。さ
らに、対応関係がある旨すら遊技者に知らせずに、かか
る規則性や、その内容を遊技の進行によって判断させる
ようにしても良いものである。
【0128】そして、入賞抽選手段110の抽選結果、い
ずれの入賞図柄にも入賞しない場合、すなわち、いずれ
の入賞フラグも成立していない場合、特殊演出選択手段
160の演出抽選には、上記(7)のハズレ演出判定テー
ブル187の抽選確率を使用する。かかる場合、抽選確率
90%の割合で大要素特殊演出Z(演出無し)となり、
特殊演出は行われないものである。
【0129】上記演出判定テーブル173のうち、第1番
目に停止操作を行った回転リール40の当該停止操作前の
特殊演出選択手段160の演出抽選には、上記(8)のラ
ンダム演出判定テーブル188を使用する。かかるランダ
ム演出判定テーブル188を使用する演出抽選は、入賞抽
選手段110の抽選結果に基づかない演出抽選である。具
体的には、スタートスイッチ30の停止操作を契機とし
て、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成立中の入賞
図柄に関係なく、特殊演出選択手段160により抽選が行
われるものである。当該演出抽選は、図4に示すよう
に、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成立中の入賞
図柄に関係なく、大要素特殊演出A乃至Fの抽選確率
が、15%に設定され、演出無しが10%に設定されて
いるものである。
【0130】なお、上記演出判定テーブル173は、具体
的には、上述したような抽選確率(%)の数値ではな
く、各入賞図柄毎、演出抽選用の乱数の発生領域範囲
(例えば0乃至65535)における入賞幅となる抽選
確率データを有するものである。これらの抽選確率デー
タを乱数発生領域である65536の数値で割ることに
より、かかる場合の抽選確率(%)が算出可能なもので
ある。図4及び図5は、各入賞図柄の抽選確率データを
抽選確率(%)に変換した演出判定テーブルを示してい
るものである。
【0131】一例を挙げて説明すると、入賞抽選手段11
0の入賞抽選結果、入賞図柄BBの入賞フラグが成立
し、第1番目に停止操作を行った回転リール40で入賞図
柄BB(例えば、7、7、7)の7を引き込めることが
できた場合の演出判定テーブルには、実際には、大要素
特殊演出A、B、C、D、Zのそれぞれの抽選確率デー
タとして、58983、3277、1966、655、
655の数値が記憶されている。これらの抽選確率デー
タを乱数発生領域である65536の数値で割ることに
より、かかる場合の大要素特殊演出A、B、C、D、Z
の抽選確率(%)が算出可能なものである。すなわち入
賞図柄BBの入賞フラグ成立時、第1番目の回転リール
40の停止操作で当該入賞図柄BBの7を停止することが
できた場合の大要素特殊演出A、B、C、D、Zのそれ
ぞれの抽選確率(%)は、90%、5%、3%、1%、
1%に設定されているものである。
【0132】(演出判定手段174)上記演出判定手段174
は、演出乱数抽出手段172が抽出した抽出乱数データ
と、演出判定テーブル173の抽選確率データを基に演出
乱数発生手段171がとる乱数の全領域中の各大要素特殊
演出の領域からなる入賞判定領域データとを照合し、当
該抽出乱数データが属する領域に対応する特殊演出(大
要素特殊演出)を決定するものである。
【0133】なお、ここで、演出判定テーブル173の抽
選確率データを基に演出乱数発生手段171がとる乱数の
全領域中の各大要素特殊演出の領域からなる入賞判定領
域データとは、図5の上述したBBの「引き込めた」例
を用いると、具体的には、以下のように算出されるもの
である。すなわち、入賞図柄BBの入賞フラグが成立
し、且つ第1番目に停止操作を行った回転リール40で入
賞図柄BB(7、7、7)の7を図柄表示窓13内に停止
できた場合の大要素特殊演出A、B、C、D、Zのそれ
ぞれの抽選確率データとして、58983、3277、
1966、655、655が記憶されている場合、大要
素特殊演出A、B、C、D、Zのそれぞれの入賞判定領
域データは、順に、0〜58982、58983〜62
259、62260〜64225、64226〜648
80、64881〜65535となるものである。
【0134】(遊技機10の動作)次に、上記構成を備え
た遊技機の通常遊技の動作の概略について、図7乃至図
11に示したフローを用いて説明する。先ず、図7に示
すステップ100において、スタートスイッチ30が操作
されることにより、スタートスイッチ30がONとなる。
そして、次のステップ101に進む。
【0135】ステップ101において、入賞抽選手段11
0により入賞抽選処理が行われる。そして、次のステッ
プ102に進む。ステップ102において、特殊演出選
択手段160により、入賞抽選手段110の抽選結果に基づか
ない演出抽選処理、いわゆるランダム演出抽選処理が行
われる。そして、次のステップ103に進む。
【0136】ステップ103において、報知装置66によ
り、ランダム演出抽選処理の結果、選択された特殊演出
が行われる。そして、次のステップ104に進む。ステ
ップ104において、回転リール40の回転が開始する。
そして、次のステップ105に進む。ステップ105に
おいて、ストップスイッチ50が操作されることにより、
ストップスイッチ50がONとなる。そして、次のステッ
プ106に進む。
【0137】ステップ106において、回転リール40の
回転停止処理が行われる。そして、次のステップ107
に進む。ステップ107において、いずれかの入賞図柄
の入賞フラグが成立中か否かが判定される。そして、い
ずれかの入賞フラグが成立中であると判定された場合、
次のステップ108に進む。
【0138】ステップ108において、遊技者が停止操
作を行った回転リール40は、第2番目又は第3番目に停
止操作を行った回転リール40であるか否かが判定され
る。そして、遊技者が停止操作を行った回転リール40
は、第2番目又は第3番目に停止操作を行った回転リー
ル40でないと判定された場合、次のステップ109に進
む。
【0139】ステップ109において、第1番目に停止
操作を行った回転リール40で、入賞フラグ成立中の入賞
図柄を、図柄表示窓13の所定の位置に停止できたか否か
が判定される。そして、第1番目に停止操作を行った回
転リール40で、入賞フラグ成立中の入賞図柄を、図柄表
示窓13の所定の位置に停止できたと判定された場合、次
のステップ110に進む。
【0140】ステップ110において、特殊演出選択手
段160により、停止できた場合の演出抽選処理が行われ
る。具体的には、図5に示す入賞フラグ成立中の各入賞
図柄の「引き込めた」に相当する欄に記載された抽選確
率に基づいて、演出抽選処理が行われ、報知装置66によ
り演出する特殊演出の種類が決定されるものである。そ
して、次のステップ111に進む。
【0141】ステップ111において、ステップ110
の演出抽選処理により決定された特殊演出が、報知装置
66により行われる。そして、次のステップ114に進
む。ステップ114において、三個の回転リール40に対
応するストップスイッチ50の操作が行われたか否かが判
定される。そして、三個の回転リール40に対応するスト
ップスイッチ50の操作が行われたと判定された場合、次
のステップ115に進む。
【0142】ステップ115において、入賞フラグ成立
中に当該入賞フラグに対応する入賞図柄が有効入賞ライ
ン上に揃ったか否か、すなわち、入賞が確定したか否か
が判定される。そして、入賞が確定したと判定された場
合、次のステップ116に進む。ステップ116におい
て、入賞図柄に相当するメダルが払い出される。そし
て、遊技が終了する。
【0143】前記ステップ107において、いずれの入
賞フラグも成立していないと判定された場合、ステップ
114に進む。前記ステップ108において、遊技者が
停止操作を行った回転リール40は、第2番目又は第3番
目に停止操作を行った回転リール40であると判定された
場合、次のステップ114に進む。
【0144】前記ステップ109において、第1番目に
停止操作を行った回転リール40で、入賞フラグ成立中の
入賞図柄を、図柄表示窓13の所定の位置に停止できなか
ったと判定された場合、次のステップ112に進む。ス
テップ112において、特殊演出選択手段160により、
停止できない場合の演出抽選処理が行われる。具体的に
は、図5に示す入賞フラグ成立中の各入賞図柄の「引き
込めない」に相当する欄に記載された抽選確率に基づい
て、演出抽選処理が行われ、報知装置66により演出する
特殊演出の種類が決定されるものである。そして、次の
ステップ113に進む。
【0145】ステップ113において、ステップ112
の演出抽選処理により決定された特殊演出が、報知装置
66により行われる。そして、次のステップ114に進
む。前記ステップ115において、入賞フラグ成立中に
当該入賞フラグに対応する入賞図柄が有効入賞ライン上
に揃ったていない、すなわち、入賞が確定していないと
判定された場合、当該遊技は終了する。
【0146】上述したステップ101の入賞抽選処理に
ついて、図9のフローを用いて説明する。ステップ20
0において、入賞抽選手段110の乱数発生手段111により
発生された乱数の中から乱数抽出手段112により乱数が
抽出される。そして、次のステップ201に進む。
【0147】ステップ201において、抽出された乱数
が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そして、次の
ステップ202に進む。ステップ202において、判定
手段114により、抽出された乱数と、入賞判定テーブル1
13の入賞判定領域データとの比較が行われる。そして、
次のステップ203に進む。
【0148】ステップ203において、判定手段114に
より、抽出された乱数が、入賞判定テーブル113のどの
入賞領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が決定
される。そして、次のステップ204に進む。ステップ
204において、所定の図柄の蹴飛ばしと、所定図柄の
引き込みとが設定される。そして、抽選処理が終了す
る。
【0149】上述したステップ102の演出抽選処理に
ついて、図10のフローを用いて説明する。ステップ2
50において、特殊演出選択手段160の演出乱数発生手
段171により発生された乱数の中から演出乱数抽出手段1
72により乱数が抽出される。そして、次のステップ25
1に進む。
【0150】ステップ251において、抽出された乱数
が演出乱数抽出手段172の内部に記憶される。そして、
次のステップ252に進む。ステップ252において、
演出判定手段174により、抽出された乱数と、演出判定
テーブル173の入賞判定領域データとの比較が行われ
る。そして、次のステップ253に進む。
【0151】ステップ253において、演出判定手段17
4により、抽出された乱数が、演出判定テーブル173のど
の入賞領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が決
定される。そして、演出抽選処理が終了する。上述した
ステップ106の回転リール40の回転停止処理につい
て、図11を用いて説明する。
【0152】ステップ300において、所定の図柄に対
して、蹴飛ばしの設定が達成されたか否かが判定され
る。そして、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されて
いないと判定された場合、次のステップ301に進む。
ステップ301において、1個の図柄分だけ、回転リー
ル40を回転させる。すなわち、1個の図柄分だけ蹴飛ば
しを行う。そして、次のステップ302に進む。
【0153】ステップ302において、上述した1個の
図柄分だけ回転リール40を回転させた当該図柄の数がス
トップスイッチ50の操作後の4個目に該当するか否かが
判定される。そして、ストップスイッチ50を操作した
後、1図柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄
の数が4個目の場合には、次のステップ303に進む。
ステップ303において、回転リール40の回転を停止さ
せる。これにより、メダル投入から回転リール40の回転
停止までの遊技機10の動作が終了する。
【0154】前記ステップ300において、所定の図柄
の蹴飛ばしの設定が達成されていると判定された場合、
次のステップ304に進む。ステップ304において、
いずれかの図柄に対して引き込みが設定されているか否
かが判定される。そして、いずれかの図柄に対して引き
込みが設定されていると判定された場合、次のステップ
305に進む。
【0155】ステップ305において、引き込み設定が
達成されたか否かが判定される。そして、引き込み設定
が達成されたと判定された場合、次のステップ303に
進む。前記ステップ304において、いずれの図柄に対
しても引き込みが設定されていないと判定された場合、
ステップ303に進む。
【0156】前記ステップ305において、引き込み設
定が達成されていないと判定された場合、ステップ30
1に進む。前記ステップ302において、ストップスイ
ッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転リール40を回転さ
せてずらした図柄の数が4個目でない場合には、ステッ
プ300に戻る。
【0157】なお、上述した実施の形態において、回転
リール40の停止処理に関してステップ301乃至ステッ
プ305で説明しているが、この例は、引き込み範囲図
柄のうち、基準位置から近い図柄から条件を調査する、
いわゆる最小引き込み停止制御の例である。逆に、引き
込み範囲図柄のうち、基準位置から遠い図柄から条件を
調査する、いわゆる最大引き込み停止制御としても良
い。
【0158】更には、例えば、ストップスイッチ50を押
すタイミングで予め定めたテーブルに従って回転リール
40の停止位置を決定する、いわゆるテーブル停止制御の
方法によるものでも良いものである。このテーブル停止
制御は、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成立中の
入賞図柄に基づいた複数のテーブルを有し、この複数の
テーブルから適宜、遊技状況に応じたテーブルが選択さ
れるものである。
【0159】なお、テーブル停止制御においても、入賞
フラグが成立しているときには、その入賞フラグに対応
する図柄が有効入賞ライン上に揃うように、予めテーブ
ルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる引き込み
設定の一種を備えているものである。また、入賞フラグ
が成立していないときには、他の入賞図柄が有効入賞ラ
イン上に揃わないように、予めテーブルの上で停止位置
が決定されてあり、いわゆる蹴飛ばし設定の一種を備え
ているものである。
【0160】上述した本実施の形態では、特殊演出選択
手段160の抽選の契機は、遊技者による第1番目に停止
操作を行った回転リール40の当該停止操作に設定してい
るが、特に、これに限定されるものではない。例えば、
特殊演出選択手段160の抽選の契機を、遊技者による第
2番目に停止操作を行った回転リール40の当該停止操作
に設定しても良いものである。
【0161】さらに、特殊演出選択手段160による演出
抽選を、第1番目に停止操作を行った回転リール40の当
該停止操作時の1回だけ行っているが、これに限定され
ることなく、当該特殊演出選択手段160による演出抽選
を2回以上の複数回に設定しても良いものである。例え
ば、第1番目に停止操作を行った回転リール40の当該停
止操作時に特殊演出選択手段160による第1回目の演出
抽選を行い、第2番目に停止操作を行った回転リール40
の当該停止操作時に特殊演出選択手段160による第2回
目の演出抽選を行い、合計2回の演出抽選を行うように
しても良いものである。そして、かかる2回の演出抽選
の抽選確率や、報知頻度を、1回目より2回目の方が大
きくなるように設定しても良いものである。これによ
り、報知態様を、段階的に変化させることが可能となる
ものである。そして、それぞれの演出抽選においても、
本実施の形態と同様に、入賞フラグ成立中の入賞図柄を
所定の停止位置に停止することができたか否かにより、
抽選確率や、報知頻度を変更させるように設定すること
ができる。これにより、さらに、報知態様を、段階的に
変化させることが可能となるものである。かかる2回の
演出抽選の場合、1回目の演出抽選で入賞フラグ成立中
の場合は、当該入賞図柄が、略明らかになっているた
め、第2番目の回転リール40の停止操作において、遊技
者の技量をより反映させることができる。
【0162】上述した本実施の形態では、報知装置66
は、入賞抽選手段110の抽選結果に基づかずに決定され
た特殊演出を、第1番目の回転リール40の停止操作前に
行っている。そして、報知装置66は、第1番目の回転リ
ール40の停止操作後、入賞抽選手段110の抽選結果に基
づいて決定された特殊演出を行っている。しかし、これ
に限定されるものではなく、報知装置66は、第1番目の
回転リール40の停止操作後も、所定の割合で、入賞抽選
手段110の抽選結果に基づかずに決定された特殊演出を
行うようにしても良いものである。具体的には、例え
ば、入賞抽選手段110の抽選結果に基づかずに決定され
た特殊演出を、所定の割合で、第1番目の回転リール40
の停止操作後も、そのまま継続するようにしても良いも
のである。或いは、また、特殊演出選択手段160が、第
1番目の回転リール40の停止操作時、図5に示す演出判
定テーブル173を使用して抽選を行うのではなく、所定
の抽選確率或いは所定の頻度で、図4に示すランダム演
出判定テーブル188からなる演出判定テーブル173を使用
して新たに演出抽選を行うようにしても良いものであ
る。
【0163】(第二の実施の形態)図12乃至図15
は、本発明の第二の実施の形態であって、図12は特殊
演出選択手段のブロック図、図13は停止操作前の特殊
演出の演出順列テーブルの概略説明図、図14は特殊演
出の演出順列テーブルの概略説明図、図15は遊技機の
動作の概略のフローをそれぞれ示すものである。なお、
第一の実施の形態で使用した図面のうち、図1、図3、
図4、図6、図8、図9及び図11は、本実施の形態で
も、そのまま使用するものであり、それらの説明は省略
する。
【0164】本実施の形態は、特殊演出選択手段160
が、いずれの特殊演出を選択するかの決定を、予め定め
られた所定の順序に従って行うことを特徴とするもので
ある。本実施の形態に係る遊技機10の入力、制御及び出
力のブロック図は、第一の実施の形態で使用した図1と
同一である。そして、本実施の形態に係る特殊演出選択
手段160は、図2に示すような乱数発生手段111等を有す
るのではなく、図12に示すような演出順列テーブル21
0等を備えているものである。そして、図1に示したそ
の他の遊技制御装置21や、入賞演出データ記憶手段120
や、入賞演出制御手段150は、第一の実施の形態と同一
であるため、説明を省略する。
【0165】(特殊演出選択手段160)上記特殊演出選
択手段160は、報知装置66により行う特殊演出を、複数
の特殊演出A、B、C・・F、Zのうちから、いずれの
特殊演出を選択するかを、予め定められた所定の順序に
従って、選択するためのものである。具体的には、特殊
演出選択手段160は、スタートスイッチ30の操作後、回
転リール40が回転を開始して、その回転リール40の停止
操作前、入賞抽選手段110の抽選結果に基づかずに、7
個の特殊演出A、B、C、D、E、F、Zのうちから、
予め定めた所定の順番(図13)に従って、第一停止操
作までの特殊演出を選択する。
【0166】そして、特殊演出選択手段160は、入賞抽
選手段110による入賞抽選後、回転リール40の停止操作
時に、入賞抽選手段110の抽選結果に基づいて、7個の
特殊演出A、B、C、D、E、F、Zのうちから、いず
れの特殊演出を第一停止操作後の特殊演出として選択す
るかを、決定する。ここで、特殊演出選択手段160の演
出抽選の契機となる回転リール40の停止操作は、遊技者
が第1番目に停止操作を行った回転リール40の第一停止
操作に設定されている。
【0167】上記特殊演出選択手段160は、図12に示
すように、大別すると、次の手段を備える。 (1)演出順列テーブル210 (2)特殊演出順列番号演算記憶手段202 (3)特殊演出決定手段201 なお、特殊演出選択手段160としては、上記した(1)
乃至(3)に限定されるものではない。
【0168】(演出順列テーブル210)上記演出順列テ
ーブル210は、各入賞図柄毎に予め設定されているもの
であって、各入賞図柄の特殊演出の演出発生の時系列的
な順列(順番)を有するものである。上記演出順列テー
ブル210は、図12に示すように、各入賞図柄等に対応
した以下のテーブルを備える。
【0169】(1)BB演出順列テーブル211 (2)RB演出順列テーブル212 (3)ベル演出順列テーブル213 (4)プラム演出順列テーブル214 (5)チェリー演出順列テーブル215 (6)リプレイ演出順列テーブル216 (7)ハズレ演出順列テーブル217 (8)停止操作前演出順列テーブル218 上記(1)乃至(7)の演出順列テーブル210の内容を
まとめたものを図14に示し、上記(8)の停止操作前
演出順列テーブル218を図13に示す。
【0170】上記演出順列テーブル210のうち、第1番
目に停止操作を行った回転リール40の当該停止操作時の
特殊演出選択手段160の演出決定には、入賞抽選手段110
の抽選結果に基づいて、上記(1)乃至(7)のうち、
いずれか一つの演出順列テーブル210を使用する。具体
的には、例えば、入賞抽選手段110の入賞抽選の結果、
入賞図柄BBの入賞フラグが成立しているような場合、
図14に示すBBの項目の演出順列テーブル210を使用
するものである。その際、第1番目に停止操作を行った
回転リール40の上段、中断、下段の停止図柄の中のいず
れか一つに、入賞図柄BB(7、7、7)の7を停止で
きた場合、図14のBBの項目の「引き込めた」の欄に
記載されている各大要素特殊演出の演出順列、A→A→
A→A→A→B→A→A→A→Zを使用するものであ
る。一方、第1番目に停止操作を行った回転リール40の
上段、中断、下段の停止図柄の中のいずれにも、入賞図
柄BB(7、7、7)の7を停止できなかった場合、図
14のBBの項目の「引き込めない」の欄に記載されて
いる各大要素特殊演出の演出順列、A→Z→Z→A→Z
→Z→Z→B→Z→Zを使用するものである。
【0171】さらに、例えば、入賞抽選手段110の入賞
抽選の結果、入賞図柄ベルの入賞フラグが成立している
ような場合、図14に示すベルの項目の演出順列テーブ
ル210を使用するものである。その際、第1番目に停止
操作を行った回転リール40の上段、中断、下段の停止図
柄の中のいずれか一つに、入賞図柄ベル(ベル、ベル、
ベル)のベルを停止できた場合、図14のベルの項目の
「引き込めた」の欄に記載されている各大要素特殊演出
の演出順列、C→C→C→C→C→A→C→C→C→Z
を使用するものである。一方、第1番目に停止操作を行
った回転リール40の上段、中断、下段の停止図柄の中の
いずれにも、入賞図柄ベル(ベル、ベル、ベル)のベル
を停止できなかった場合、図14のベルの項目の「引き
込めない」の欄に記載されている各大要素特殊演出の演
出順列、Z→Z→C→Z→Z→C→Z→Z→Z→Zを使
用するものである。その他、入賞図柄RB、プラム、チ
ェリー、リプレイの場合も、上述したものと同様に設定
されているものである。また、ハズレの場合のハズレ演
出順列テーブル217と、停止操作前演出順列テーブル218
とは、引き込めた、引き込めないの設定はなく、一種類
の演出順列が設定されている。
【0172】(特殊演出順列番号演算記憶手段202)上
記特殊演出順列番号演算記憶手段202は、演出順列の番
号を演算するとともに、その演算結果を記憶するもので
ある。この演出順列の番号とは、各項目毎の演出順列テ
ーブル210に記憶されている10個の特殊演出のうち、
最初から数えて何番目の特殊演出を実施するかの数値を
意味するものである。この特殊演出順列番号演算記憶手
段202は、所定の項目に該当した場合、現在記憶してい
る演出順列の番号を採取して、当該数値に+1を加算し
て、その数値を、現在の演出順列の番号として内部に記
憶するものである。
【0173】この演出順列の番号は、電源投入時の初期
設定値として、いずれも0が設定されている。そして、
当該項目に該当するごとに、+1が加算され、10まで
加算されて、その10に+1が加算されると、数値1に
戻るように設定されているものである。すなわち、演出
順列の番号は、項目に該当する毎に、1、2、3、4、
5、6、7、8、9、10、1、2、3、・・・・のよ
うに1乃至10の数値を繰り返すように設定されている
ものである。
【0174】具体的には、例えば、電源投入した直後の
遊技で、特殊演出順列番号演算記憶手段202には、初期
設定値0が記憶されている。そして、当該遊技で、入賞
抽選手段110の入賞抽選の結果、入賞図柄BBの入賞フ
ラグが成立し、回転リール40の第1停止操作で、7を引
き込めた場合、特殊演出順列番号演算記憶手段202は、
初期設定値0に+1を加算し、当該数値1を現在の演出
順列の番号として、内部に記憶するものである。なお、
この特殊演出順列番号演算記憶手段202の演算及び記憶
は、各入賞図柄毎の引き込めた及び引き込めないのそれ
ぞれについて、独立に行われるものである。
【0175】また、ハズレ演出順列テーブル217を使用
するハズレと、停止操作前演出順列テーブル218を使用
する停止操作前とにおいては、引き込めた及び引き込め
ないの区別はなく、それぞれ一種類の演出順列番号の演
算及び記憶が行われるように設定されているものであ
る。 (特殊演出決定手段201)上記特殊演出決定手段201は、
演出順列テーブル210から採取した特殊演出の順列と、
特殊演出順列番号演算記憶手段202から採取した演出順
列の番号とから、実施する特殊演出の種類を、具体的に
特定して決定するためのものである。
【0176】具体的には、入賞抽選手段110の抽選結
果、BBゲームの入賞フラグが成立して、第一停止操作
で、BBゲームの入賞図柄7を所定位置に引き込んで停
止させることができた場合、演出順列テーブル210のB
B演出順列テーブル211から、特殊演出の順列として、
「引き込めた」に対応した演出順列A→A→A→A→A
→B→A→A→A→Zが採取される。そして、特殊演出
決定手段201は、特殊演出順列番号演算記憶手段202から
演出順列の番号として、6を採取したとすると、かかる
順列の最初から6番目の特殊演出Bを、実際に実施する
特殊演出として決定するものである。
【0177】また、入賞抽選手段110の抽選結果、BB
ゲームの入賞フラグが成立して、第一停止操作で、BB
ゲームの入賞図柄7を所定位置に引き込んで停止させる
ことができなかった場合、演出順列テーブル210のBB
演出順列テーブル211から、特殊演出の順列として、
「引き込めない」に対応した演出順列A→Z→Z→A→
Z→Z→Z→B→Z→Zが採取される。そして、特殊演
出決定手段201は、特殊演出順列番号演算記憶手段202か
ら演出順列の番号として、4を採取したとすると、かか
る順列の最初から4番目の特殊演出Aを、実際に実施す
る特殊演出として決定するものである。
【0178】上述したように演出順列が選択されること
により、入賞抽選手段110の抽選結果、入賞図柄BBの
入賞フラグが成立して、当該入賞図柄の7を第1番目の
回転リール40の停止操作で、停止することができた場
合、10回の特殊演出のうち、8回の割合で大要素特殊
演出Aが行われるものである。また、入賞抽選手段110
の抽選結果、入賞図柄BBの入賞フラグが成立して、当
該入賞図柄の7を第1番目の回転リール40の停止操作
で、停止することができなかった場合、10回の特殊演
出のうち、2回の割合で特殊演出Aが行われるものであ
る。
【0179】このように、入賞フラグが成立中の入賞図
柄を所定の停止位置に停止させることができたか否かに
より、いずれの大要素特殊演出を選択するかの選択内容
を変更しているものである。また、上述したBBの例で
は、「引き込めた」場合と、「引き込めない」場合と
で、演出無しを意味する大要素特殊演出Zの発生頻度
が、10回のうち、1回から7回に変更されている。こ
れは、入賞フラグが成立中の入賞図柄を所定の停止位置
に停止させることができたか否かにより、報知装置66に
よる入賞フラグ成立に関する情報の報知頻度を変更して
いるものである。
【0180】そして、入賞抽選手段110の抽選結果、R
B、ベル、プラム、チェリー、リプレイの入賞フラグが
成立した場合も、上述した説明と同様に、図14の各演
出順列テーブル210の演出順列が使用される。ここで、
BB、RB、ベル、プラム、チェリー、リプレイの各入
賞図柄に対して、各入賞図柄を第一停止操作で停止する
ことができた場合、大要素特殊演出A、B、C、D、
E、F、Zのうち対応する同一の特殊演出が、それぞれ
10回のうち、8回の割合で発生するように設定されて
いる。そして、各入賞フラグ成立中の入賞図柄に対し
て、各大要素特殊演出が、それぞれ個別に対応している
具体的な対応関係を、前面側の説明文(図示せず)に記
載してある。これにより、遊技者は、演出内容が異なる
各大要素特殊演出が行われることにより、いずれの入賞
フラグが成立中であるかを、10回中、8回の割合で推
定することができるものである。もちろん、入賞フラグ
成立中の入賞図柄と、各大要素特殊演出との具体的な対
応関係を表示せずに、対応関係がある旨だけを、説明文
等により表示して、具体的な対応関係を遊技中に類推さ
せるようにしても良いものである。さらに、対応関係が
ある旨すら遊技者に知らせずに、かかる規則性や、その
内容を遊技の進行によって判断させるようにしても良い
ものである。
【0181】そして、入賞抽選手段110の抽選結果、い
ずれの入賞図柄にも入賞しない場合、すなわち、いずれ
の入賞フラグも成立していない場合、特殊演出選択手段
160の演出順列には、上記(7)のハズレ演出順列テー
ブル217の演出順列を使用する。かかる場合、10回の
うち、9回の割合で大要素特殊演出Z(演出無し)とな
り、特殊演出は行われないものである。
【0182】上記演出順列テーブル210のうち、第1番
目に停止操作を行った回転リール40の当該停止操作前の
特殊演出選択手段160の演出順列は、上記(8)の停止
操作前演出順列テーブル218を使用する。かかる停止操
作前演出順列テーブル218を使用する演出順列は、入賞
抽選手段110の抽選結果に基づかない演出抽選である。
具体的には、スタートスイッチ30の停止操作を契機とし
て、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成立中の入賞
図柄に関係なく、特殊演出選択手段160により特殊演出
の決定が行われるものである。当該演出決定は、図13
に示すように、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成
立中の入賞図柄に関係なく、A→B→C→D→E→F→
Z→A→B→Cの演出順列で実施されるものである。
【0183】本実施の形態は、特殊演出選択手段160
が、いずれの特殊演出を選択するかの決定を、乱数によ
る抽選によって行うものではなく、演出順列テーブル21
0により予め定められた所定の順序(演出順列)に従っ
て行っている。このため、乱数による抽選のときのよう
な、特殊演出が全くランダムな発生傾向となるのではな
く、特殊演出の発生種類や、発生順序を、特徴のあるも
のに設定することが可能となる。すなわち、過去の演出
内容と、現在の演出内容と、未来の演出内容とに、何ら
かの規則性や、関連性や、連続性や、特徴性を持たせる
ことが可能となるものである。これにより、演出内容を
興味溢れるものにすることができる。
【0184】なお、ここで、本実施の形態では、特殊演
出A等が、音及び発光の組合せからなるものであった
が、特にこれに限定されるものではなく、これらの特殊
演出を、種々の動画像として、液晶表示装置を介して、
報知することができるようなものとしても良いものであ
る。かかる場合、一つのストーリ性を有する物語性の強
い動画像を、複数の特殊演出A1、A2、A3・・・A
10等に分解して、連続的に、並べることにより、連続
性や、ストーリ性のある演出を、行うことができるもの
である。
【0185】(遊技機10の動作)次に、上記構成を備え
た遊技機の通常遊技の動作の概略について、図15に示
したフローを用いて説明する。先ず、図15に示すステ
ップ200において、スタートスイッチ30が操作される
ことにより、スタートスイッチ30がONとなる。そし
て、次のステップ201に進む。
【0186】ステップ201において、入賞抽選手段11
0により入賞抽選処理が行われる。そして、次のステッ
プ202に進む。ステップ202において、回転リール
40の回転が開始する。そして、次のステップ203に進
む。ステップ203において、特殊演出選択手段160に
より、停止操作前演出順列テーブル218を使用して、回
転リール40の停止操作前の入賞抽選手段110の抽選結果
に基づかない演出決定処理、いわゆる停止操作前の演出
決定処理が行われる。そして、次のステップ204に進
む。
【0187】ステップ204において、報知装置66によ
り、停止操作前の演出決定処理の結果、選択された特殊
演出が行われる。そして、次のステップ205に進む。
ステップ205において、ストップスイッチ50が操作さ
れることにより、ストップスイッチ50がONとなる。そ
して、次のステップ206に進む。ステップ206にお
いて、回転リール40の回転停止処理が行われる。そし
て、次のステップ207に進む。
【0188】ステップ207において、いずれかの入賞
図柄の入賞フラグが成立中か否かが判定される。そし
て、いずれかの入賞フラグが成立中であると判定された
場合、次のステップ208に進む。ステップ208にお
いて、遊技者が停止操作を行った回転リール40は、第2
番目又は第3番目に停止操作を行った回転リール40であ
るか否かが判定される。そして、遊技者が停止操作を行
った回転リール40は、第2番目又は第3番目に停止操作
を行った回転リール40でないと判定された場合、次のス
テップ209に進む。
【0189】ステップ209において、第1番目に停止
操作を行った回転リール40で、入賞フラグ成立中の入賞
図柄を、図柄表示窓13の所定の位置に停止できたか否か
が判定される。そして、第1番目に停止操作を行った回
転リール40で、入賞フラグ成立中の入賞図柄を、図柄表
示窓13の所定の位置に停止できたと判定された場合、次
のステップ210に進む。
【0190】ステップ210において、特殊演出選択手
段160により、停止できた場合の演出決定処理が行われ
る。具体的には、特殊演出順列番号演算記憶手段202に
より、記憶されている演出順列の番号が採取されて、当
該数値に+1が加算されて、その数値が現在の演出順列
の番号となるものである。そして、特殊演出決定手段20
1により、図14に示す入賞フラグ成立中の各入賞図柄
の「引き込めた」に相当する欄に記載された演出順列テ
ーブル210の演出順列と、上述した演出順列の番号とに
基づいて、演出決定処理が行われ、演出する特殊演出の
種類が決定されるものである。そして、次のステップ2
11に進む。
【0191】ステップ211において、ステップ210
の演出決定処理により決定された特殊演出が、報知装置
66により行われる。そして、次のステップ214に進
む。ステップ214において、三個の回転リール40に対
応するストップスイッチ50の操作が行われたか否かが判
定される。そして、三個の回転リール40に対応するスト
ップスイッチ50の操作が行われたと判定された場合、次
のステップ115(図8)に進む。図8に示すステップ
115及び116は、第一の実施の形態で説明したもの
と同一であるため、それらの説明を省略する。
【0192】前記ステップ207において、いずれの入
賞フラグも成立していないと判定された場合、ステップ
214に進む。前記ステップ208において、遊技者が
停止操作を行った回転リール40は、第2番目又は第3番
目に停止操作を行った回転リール40であると判定された
場合、次のステップ214に進む。
【0193】前記ステップ209において、第1番目に
停止操作を行った回転リール40で、入賞フラグ成立中の
入賞図柄を、図柄表示窓13の所定の位置に停止できなか
ったと判定された場合、次のステップ212に進む。ス
テップ212において、特殊演出選択手段160により、
停止できない場合の演出決定処理が行われる。具体的に
は、特殊演出順列番号演算記憶手段202により、記憶さ
れている演出順列の番号が採取されて、当該数値に+1
が加算されて、その数値が現在の演出順列の番号となる
ものである。そして、特殊演出決定手段201により、図
14に示す入賞フラグ成立中の各入賞図柄の「引き込め
ない」に相当する欄に記載された演出順列テーブル210
の演出順列と、上述した演出順列の番号とに基づいて、
演出決定処理が行われ、演出する特殊演出の種類が決定
されるものである。そして、次のステップ213に進
む。
【0194】ステップ213において、ステップ212
の演出決定処理により決定された特殊演出が、報知装置
66により行われる。そして、次のステップ214に進
む。上述したステップ201の入賞抽選処理は、第一の
実施の形態で説明した図9のフローと同一であるため、
説明を省略する。上述したステップ206の回転リール
40の回転停止処理は、第一の実施の形態で説明した図1
1のフローと同一であるため、説明を省略する。
【0195】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成されている
ので、以下に記載されるような効果を奏する。 (請求項1及び2)請求項1及び2記載の発明によれ
ば、次のような効果を奏する。
【0196】すなわち、請求項1及び2記載の発明によ
れば、入賞抽選と演出抽選とが同一時期に集中すること
を回避することができ、制御装置への負荷を遊技全般に
渡ってより平均化させることができる遊技機を提供する
ことができる。 (請求項3)請求項3記載の発明によれば、上記した請
求項1又は請求項2記載の発明の効果に加え、次のよう
な効果を奏する。
【0197】すなわち、請求項3記載の発明によれば、
第1番目の回転リールの停止操作以後に、報知装置によ
る入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が行わ
れ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることがで
きる遊技機を提供することができる。 (請求項4)請求項4記載の発明によれば、上記した請
求項1または請求項2に記載の発明の効果に加え、次の
ような効果を奏する。
【0198】すなわち、請求項4記載の発明によれば、
第2番目の回転リールの停止操作以後に、報知装置によ
る入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が行わ
れ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることがで
きる遊技機を提供することができる。 (請求項5)請求項5記載の発明によれば、上記した請
求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の効果に加
え、次のような効果を奏する。
【0199】すなわち、請求項5記載の発明によれば、
遊技内容をより難しく、且つ複雑なものにすることがで
き、遊技が単純なものとなることを回避することができ
る遊技機を提供することができる。 (請求項6)請求項6記載の発明によれば、上記した請
求項1乃至5のいずれか1項に記載の発明の効果に加
え、次のような効果を奏する。
【0200】すなわち、請求項6記載の発明によれば、
自己の技量に基づく達成感や満足感が得られて、遊技を
面白いものにすることができる遊技機を提供することが
できる。 (請求項7及び8)請求項7及び8記載の発明によれ
ば、次のような効果を奏する。
【0201】すなわち、請求項7及び8記載の発明によ
れば、入賞抽選と演出決定とが同一時期に集中すること
を回避することができ、制御装置への負荷を遊技全般に
渡ってより平均化させることができる遊技機を提供する
ことができる。 (請求項9)請求項9記載の発明によれば、上記した請
求項7または請求項8に記載の発明の効果に加え、次の
ような効果を奏する。
【0202】すなわち、請求項9記載の発明によれば、
第1番目の回転リールの停止操作以後に、報知装置によ
る入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が行わ
れ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることがで
きる遊技機を提供することができる。 (請求項10)請求項10記載の発明によれば、上記し
た請求項7または請求項8に記載の発明の効果に加え、
次のような効果を奏する。
【0203】すなわち、請求項10記載の発明によれ
ば、第2番目の回転リールの停止操作以後に、報知装置
による入賞抽選手段の抽選結果に基づいた特殊演出が行
われ、抽選結果に関する情報を遊技者に知らせることが
できる遊技機を提供することができる。 (請求項11)請求項11記載の発明によれば、上記し
た請求項7乃至10のいずれか1項に記載の発明の効果
に加え、次のような効果を奏する。
【0204】すなわち、請求項11記載の発明によれ
ば、遊技内容をより難しく、且つ複雑なものにすること
ができ、遊技が単純なものとなることを回避することが
できる遊技機を提供することができる。 (請求項12)請求項12記載の発明によれば、上記し
た請求項7乃至11のいずれか1項に記載の発明の効果
に加え、次のような効果を奏する。
【0205】すなわち、請求項12記載の発明によれ
ば、自己の技量に基づく達成感や満足感が得られて、遊
技を面白いものにすることができる遊技機を提供するこ
とができる。 (請求項13)請求項13記載の発明によれば、上記し
た請求項1乃至12のいずれか1項に記載の発明の効果
に加え、次のような効果を奏する。
【0206】すなわち、請求項13記載の発明によれ
ば、自己の技量に基づく達成感や満足感が得られて、遊
技を面白いものにすることができる遊技機を提供するこ
とができる。 (請求項14)請求項14記載の発明によれば、上記し
た請求項1乃至13のいずれか1項に記載の発明の効果
に加え、次のような効果を奏する。
【0207】すなわち、請求項14記載の発明によれ
ば、回転リールの停止操作後の遊技内容をより難しく、
且つ複雑なものにすることができ、遊技が単純なものと
なることを回避することができる遊技機を提供すること
ができる。 (請求項15)請求項15記載の発明によれば、上記し
た請求項7乃至12のいずれか1項に記載の発明の効果
に加え、次のような効果を奏する。
【0208】すなわち、請求項15記載の発明によれ
ば、過去の演出内容と、現在の演出内容と、未来の演出
内容とに、何らかの規則性や、関連性や、連続性や、特
徴性を持たせることができて、演出内容を興味溢れるも
のにすることができる遊技機を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機の
入力、制御及び出力を示すブロック図である。
【図2】本発明の第一の実施の形態であって、特殊演出
選択手段を示すブロック図である。
【図3】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機を
示す外観正面図である。
【図4】本発明の第一の実施の形態であって、入賞抽選
前のランダム演出の抽選確率を示す概略説明図である。
【図5】本発明の第一の実施の形態であって、停止操作
時の入賞図柄毎の特殊演出の抽選確率を示す概略説明図
である。
【図6】本発明の第一の実施の形態であって、特殊演出
の演出内容を示す概略説明図である。
【図7】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機の
動作の概略を示すフローである。
【図8】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機の
動作の概略を示すフローである。
【図9】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機の
動作のうち、入賞抽選処理の概略を示すフローである。
【図10】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機
の動作のうち、演出抽選処理の概略を示すフローであ
る。
【図11】本発明の第一の実施の形態であって、遊技機
の動作のうち、回転リールの回転停止処理の概略を示す
フローである。
【図12】本発明の第二の実施の形態であって、特殊演
出選択手段を示すブロック図である。
【図13】本発明の第二の実施の形態であって、停止操
作前の特殊演出の演出順列テーブルを示す概略説明図で
ある。
【図14】本発明の第二の実施の形態であって、特殊演
出の演出順列テーブルを示す概略説明図である。
【図15】本発明の第二の実施の形態であって、遊技機
の動作の概略を示すフローである。
【符号の説明】
10 遊技機 11 筐体 12 表示窓 13 図柄表示窓 15 投入スイッチ 16 ベットスイ
ッチ 17 精算スイッチ 18 メダル投入
口 20 制御装置 21 遊技制御装
置 22 演出制御装置 23 主基板 24 サブ基板 30 スタートス
イッチ 40 回転リール 42 リールテー
プ 43 左側回転リール 44 中央回転リ
ール 45 右側回転リール 50 ストップス
イッチ 60 リールユニット 61 図柄 65 ホッパーユニット 66 報知装置 67 スピーカ 68 表示装置 69 報知ランプ 70 通常遊技制
御手段 80 特別遊技制御手段 90 BBゲーム
制御手段 91 特定導入遊技制御手段 100 RBゲーム
制御手段 101 特定遊技制御手段 110 入賞抽選手
段 111 乱数発生手段 112 乱数抽出手
段 113 入賞判定テーブル 114 判定手段 120 入賞演出データ記憶手段 150 入賞演出制
御手段 160 特殊演出選択手段 171 演出乱数発
生手段 172 演出乱数抽出手段 173 演出判定テ
ーブル 174 演出判定手段 181 BB演出判
定テーブル 182 RB演出判定テーブル 183 ベル演出判
定テーブル 184 プラム演出判定テーブル 185 チェリー演
出判定テーブル 186 リプレイ演出判定テーブル 187 ハズレ演出
判定テーブル 188 ランダム演出判定テーブル 201 特殊演出決
定手段 202 特殊演出順列番号演算記憶手段 210 演出順列テ
ーブル 211 BB演出順列テーブル 212 RB演出順
列テーブル 213 ベル演出順列テーブル 214 プラム演出
順列テーブル 215 チェリー演出順列テーブル 216 リプレイ演
出順列テーブル 217 ハズレ演出順列テーブル 218 停止操作前
演出順列テーブル
フロントページの続き (72)発明者 杉坂 美紀 東京都台東区東上野一丁目14番7号 株式 会社オリンピア東京支社内

Claims (15)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 周囲に複数の図柄を表示した回転リール
    と、 種々の情報を演出を介して遊技者に向かって報知するた
    めの報知装置と、 乱数を用いて入賞図柄の抽選を行うための入賞抽選手段
    とを備え、 前記入賞抽選手段の抽選結果が入賞である場合に入賞図
    柄が所定の停止位置で停止することを条件として入賞が
    確定して遊技者に利益を付与するように設定された遊技
    機において、 前記演出は、前記報知装置により抽選結果に関する情報
    を遊技者に向かって報知するための演出内容がそれぞれ
    異なる複数の特殊演出を有し、 前記遊技機は、前記入賞抽選手段による抽選後、前記回
    転リールの停止操作時に、前記入賞抽選手段の抽選結果
    に基づいて、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの
    前記特殊演出を選択するかを乱数を用いた抽選により決
    定するための特殊演出選択手段を備え、 前記報知装置は、前記特殊演出選択手段の抽選結果によ
    り決定された前記特殊演出を行うことを特徴とする遊技
    機。
  2. 【請求項2】 周囲に複数の図柄を表示した回転リール
    と、 種々の情報を演出を介して遊技者に向かって報知するた
    めの報知装置と、 乱数を用いて入賞図柄の抽選を行うための入賞抽選手段
    とを備え、 前記入賞抽選手段の抽選結果が入賞である場合に当該入
    賞図柄の入賞フラグが成立し、前記入賞フラグ成立中
    に、前記回転リールが停止した状態で、前記入賞フラグ
    成立中の入賞図柄が所定の停止位置で停止することを条
    件として入賞が確定して遊技者に利益を付与するように
    設定された遊技機において、 前記演出は、前記報知装置により入賞フラグ成立に関す
    る情報を遊技者に向かって報知するための演出内容がそ
    れぞれ異なる複数の特殊演出を有し、 前記遊技機は、前記入賞抽選手段による抽選後、前記回
    転リールの停止操作時に、前記入賞抽選手段の抽選結果
    に基づいて、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの
    前記特殊演出を選択するかを乱数を用いた抽選により決
    定するための特殊演出選択手段を備え、 前記報知装置は、前記特殊演出選択手段の抽選結果によ
    り決定された前記特殊演出を行うことを特徴とする請求
    項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 前記回転リールが複数の場合、前記特殊
    演出選択手段の抽選の契機となる前記回転リールの停止
    操作は、第1番目に停止操作を行った前記回転リールの
    停止操作であることを特徴とする請求項1または請求項
    2記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記回転リールが複数の場合、前記特殊
    演出選択手段の抽選の契機となる前記回転リールの停止
    操作は、第2番目に停止操作を行った前記回転リールの
    停止操作であることを特徴とする請求項1または請求項
    2記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 前記特殊演出選択手段は、前記回転リー
    ルの停止操作前、前記入賞抽選手段の抽選結果に基づか
    ずに、複数の前記特殊演出のうちから、乱数を用いた抽
    選により選択し、 前記報知装置は、前記回転リールの停止操作前、前記特
    殊演出を行うことを特徴とする請求項1乃至4のいずれ
    か1項に記載の遊技機。
  6. 【請求項6】 前記特殊演出選択手段は、抽選で入賞し
    た入賞図柄を所定の停止位置に停止させることができた
    か否かにより、いずれの特殊演出を選択するかの抽選確
    率を変更することを特徴とする請求項1乃至5のいずれ
    か1項に記載の遊技機。
  7. 【請求項7】 周囲に複数の図柄を表示した回転リール
    と、 種々の情報を演出を介して遊技者に向かって報知するた
    めの報知装置と、 乱数を用いて入賞図柄の抽選を行うための入賞抽選手段
    とを備え、 前記入賞抽選手段の抽選結果が入賞である場合に入賞図
    柄が所定の停止位置で停止することを条件として入賞が
    確定して遊技者に利益を付与するように設定された遊技
    機において、 前記演出は、前記報知装置により抽選結果に関する情報
    を遊技者に向かって報知するための演出内容がそれぞれ
    異なる複数の特殊演出を有し、 前記遊技機は、前記入賞抽選手段による抽選後、前記回
    転リールの停止操作時に、前記入賞抽選手段の抽選結果
    に基づいて、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの
    前記特殊演出を選択するかを決定するための特殊演出選
    択手段を備え、 前記報知装置は、前記特殊演出選択手段の決定結果によ
    り決定された前記特殊演出を行うことを特徴とする遊技
    機。
  8. 【請求項8】 周囲に複数の図柄を表示した回転リール
    と、 種々の情報を演出を介して遊技者に向かって報知するた
    めの報知装置と、 乱数を用いて入賞図柄の抽選を行うための入賞抽選手段
    とを備え、 前記入賞抽選手段の抽選結果が入賞である場合に当該入
    賞図柄の入賞フラグが成立し、前記入賞フラグ成立中
    に、前記回転リールが停止した状態で、前記入賞フラグ
    成立中の入賞図柄が所定の停止位置で停止することを条
    件として入賞が確定して遊技者に利益を付与するように
    設定された遊技機において、 前記演出は、前記報知装置により入賞フラグ成立に関す
    る情報を遊技者に向かって報知するための演出内容がそ
    れぞれ異なる複数の特殊演出を有し、 前記遊技機は、前記入賞抽選手段による抽選後、前記回
    転リールの停止操作時に、前記入賞抽選手段の抽選結果
    に基づいて、複数の前記特殊演出のうちから、いずれの
    前記特殊演出を選択するかを決定するための特殊演出選
    択手段を備え、 前記報知装置は、前記特殊演出選択手段の決定結果によ
    り決定された前記特殊演出を行うことを特徴とする請求
    項7記載の遊技機。
  9. 【請求項9】 前記回転リールが複数の場合、前記特殊
    演出選択手段の決定の契機となる前記回転リールの停止
    操作は、第1番目に停止操作を行った前記回転リールの
    停止操作であることを特徴とする請求項7または請求項
    8記載の遊技機。
  10. 【請求項10】 前記回転リールが複数の場合、前記特
    殊演出選択手段の決定の契機となる前記回転リールの停
    止操作は、第2番目に停止操作を行った前記回転リール
    の停止操作であることを特徴とする請求項7または請求
    項8記載の遊技機。
  11. 【請求項11】 前記特殊演出選択手段は、前記回転リ
    ールの停止操作前、前記入賞抽選手段の抽選結果に基づ
    かずに、複数の前記特殊演出のうちから、選択し、 前記報知装置は、前記回転リールの停止操作前、前記特
    殊演出を行うことを特徴とする請求項7乃至10のいず
    れか1項に記載の遊技機。
  12. 【請求項12】 前記特殊演出選択手段は、抽選で入賞
    した入賞図柄を所定の停止位置に停止させることができ
    たか否かにより、いずれの特殊演出を選択するかの選択
    内容を変更することを特徴とする請求項7乃至11のい
    ずれか1項に記載の遊技機。
  13. 【請求項13】 前記特殊演出選択手段は、抽選で入賞
    した入賞図柄を所定の停止位置に停止させることができ
    たか否かにより、前記報知装置による入賞フラグ成立に
    関する情報の報知頻度を変更することを特徴とする請求
    項1乃至12のいずれか1項に記載の遊技機。
  14. 【請求項14】 前記報知装置は、前記回転リールの停
    止操作後も、所定の割合で、前記入賞抽選手段の抽選結
    果に基づかずに決定された前記特殊演出を行うことを特
    徴とする請求項1乃至13のいずれか1項に記載の遊技
    機。
  15. 【請求項15】 前記特殊演出選択手段は、いずれの前
    記特殊演出を選択するかの決定を、予め定められた所定
    の順序に従って行うことを特徴とする請求項7乃至12
    のいずれか1項に記載の遊技機。
JP2002051444A 2001-02-27 2002-02-27 遊技機 Pending JP2002325888A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001051394 2001-02-27
JP2001-51394 2001-02-27
JP2002051444A JP2002325888A (ja) 2001-02-27 2002-02-27 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002051444A JP2002325888A (ja) 2001-02-27 2002-02-27 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002325888A true JP2002325888A (ja) 2002-11-12

Family

ID=26610147

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002051444A Pending JP2002325888A (ja) 2001-02-27 2002-02-27 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002325888A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004223003A (ja) * 2003-01-23 2004-08-12 Abilit Corp スロットマシン
JP2004321407A (ja) * 2003-04-23 2004-11-18 Sankyo Kk スロットマシン
JP2007143768A (ja) * 2005-11-25 2007-06-14 Aruze Corp 遊技機
JP2008200321A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 Samii Kk スロットマシン
JP2008229012A (ja) * 2007-03-20 2008-10-02 Samii Kk スロットマシン
JP2009034316A (ja) * 2007-08-01 2009-02-19 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010051485A (ja) * 2008-08-27 2010-03-11 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2012106092A (ja) * 2012-03-07 2012-06-07 Sammy Corp スロットマシン
JP2012213663A (ja) * 2012-08-15 2012-11-08 Sammy Corp スロットマシン
JP2016104062A (ja) * 2014-12-01 2016-06-09 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004223003A (ja) * 2003-01-23 2004-08-12 Abilit Corp スロットマシン
JP2004321407A (ja) * 2003-04-23 2004-11-18 Sankyo Kk スロットマシン
JP2007143768A (ja) * 2005-11-25 2007-06-14 Aruze Corp 遊技機
JP2008200321A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 Samii Kk スロットマシン
JP2008229012A (ja) * 2007-03-20 2008-10-02 Samii Kk スロットマシン
JP2009034316A (ja) * 2007-08-01 2009-02-19 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010051485A (ja) * 2008-08-27 2010-03-11 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2012106092A (ja) * 2012-03-07 2012-06-07 Sammy Corp スロットマシン
JP2012213663A (ja) * 2012-08-15 2012-11-08 Sammy Corp スロットマシン
JP2016104062A (ja) * 2014-12-01 2016-06-09 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004016376A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003079809A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003000792A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002263247A (ja) 遊技機
JP2003010388A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2004000801A (ja) スロットマシン
JP2003070970A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002253741A (ja) 遊技機
JP2001327658A (ja) 遊技機
JP2003079801A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003126369A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002095793A (ja) 遊技機
JP2003079791A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002224282A (ja) 遊技機
JP2003062170A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002325888A (ja) 遊技機
JP2002052137A (ja) 遊技機
JP2002153598A (ja) 遊技機
JP2003062180A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003000809A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003190391A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP3541000B2 (ja) 遊技機
JP2002355363A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP3771139B2 (ja) 遊技機
JP2002219208A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060620

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060831

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061026

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070222