JP2002323136A - Sealing device - Google Patents

Sealing device

Info

Publication number
JP2002323136A
JP2002323136A JP2001124303A JP2001124303A JP2002323136A JP 2002323136 A JP2002323136 A JP 2002323136A JP 2001124303 A JP2001124303 A JP 2001124303A JP 2001124303 A JP2001124303 A JP 2001124303A JP 2002323136 A JP2002323136 A JP 2002323136A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ring
sealing
sliding
seal
close contact
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001124303A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroaki Monma
弘明 門馬
Original Assignee
Nok Corp
エヌオーケー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nok Corp, エヌオーケー株式会社 filed Critical Nok Corp
Priority to JP2001124303A priority Critical patent/JP2002323136A/en
Publication of JP2002323136A publication Critical patent/JP2002323136A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sealing device of high reliability improving a displacement (eccentricity) follow-up property relating to a mating sliding surface. SOLUTION: A buckling 5 is provided with a taper 5a closely spaced with a backup ring 6 to press it to a sliding surface 2a of an upper member 2, and the backup ring 6 is provided with a taper 6a substantially adhering with the taper 5a of the buckling 5.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、隙間を形成する2
対向面のいずれか一方の面に形成された環状溝に配置さ
れて、該隙間を封止する密封装置に関するものである。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention
The present invention relates to a sealing device which is arranged in an annular groove formed on one of the opposing surfaces and seals the gap.

【0002】[0002]

【従来の技術】従来、この種の密封装置としては、例え
ば、図6に示すような密封装置が、用いられている。
2. Description of the Related Art Conventionally, as this type of sealing device, for example, a sealing device as shown in FIG. 6 has been used.

【0003】密封装置100は、図6に示すように、ゴ
ム状弾性体により形成されるOリング101と、Oリン
グ101のはみ出しを防ぐためにOリング101の低圧
側に設けられた樹脂製のバックアップリング102と、
から構成されている。
As shown in FIG. 6, a sealing device 100 includes an O-ring 101 formed of a rubber-like elastic body and a resin backup provided on the low-pressure side of the O-ring 101 to prevent the O-ring 101 from protruding. A ring 102,
It is composed of

【0004】しかしながら、この密封装置100は、高
圧・高速条件等の厳しい条件下にて使用される場合に
は、潤滑不良による摩耗が発生してしまう虞がある。ま
た、特に高圧条件下においては、摺動抵抗が大きくな
り、装置の作動性にまで影響してしまう虞がある。
[0004] However, when the sealing device 100 is used under severe conditions such as high pressure and high speed conditions, there is a possibility that abrasion occurs due to poor lubrication. In addition, especially under high pressure conditions, the sliding resistance increases, which may affect the operability of the device.

【0005】そこで、厳しい条件下においては、図7
(a),(b)に示すように、摺動面側に低摩擦の樹脂
製のシールリングを構成した密封装置110,120が
使用されている。
Therefore, under severe conditions, FIG.
As shown in (a) and (b), sealing devices 110 and 120 having a low-friction resin seal ring on the sliding surface side are used.

【0006】図7(a)のように、密封装置110は、
摺動面側に設けられた樹脂製のシールリング111と、
シールリング111を相手摺動面側に付勢するゴムリン
グ112と、低圧側に設けられた樹脂製のバックアップ
リング113と、から構成される。また、密封装置12
0は図7(b)に示すように、摺動面側に設けられた樹
脂製のシールリング121と、シールリング121を摺
動面側に付勢するゴムリング122と、低圧側に設けら
れた樹脂製のバックアップリング123と、から構成さ
れる。
[0006] As shown in FIG.
A resin seal ring 111 provided on the sliding surface side,
It is composed of a rubber ring 112 for urging the seal ring 111 toward the other sliding surface, and a resin backup ring 113 provided on the low pressure side. In addition, the sealing device 12
Reference numeral 0 denotes a resin seal ring 121 provided on the sliding surface side, a rubber ring 122 for urging the seal ring 121 toward the sliding surface side, and a low pressure side seal member, as shown in FIG. 7B. And a backup ring 123 made of resin.

【0007】このように構成された密封装置110,1
20により、耐久性の向上(特に、耐摩耗性向上・低摺
動抵抗)を図っている。
[0007] The sealing device 110, 1 constructed as described above.
20 improves durability (especially, abrasion resistance and low sliding resistance).

【0008】[0008]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
ような従来技術の密封装置110,120においては、
耐摩耗性の向上及び摺動抵抗低減としては効果がある
が、2部材間の変位が大きくなった場合に(高変位、高
偏心)、追随性が不足する可能性がある。
However, in the conventional sealing devices 110 and 120 as described above,
It is effective in improving wear resistance and reducing sliding resistance, but when displacement between two members is large (high displacement, high eccentricity), there is a possibility that followability is insufficient.

【0009】このような場合には、耐圧性が低下してし
まい、図8(a)においてC部に示すような、シールリ
ング111のはみ出しが発生してしまうことや、図8
(b)においてD部に示すように、ゴムリング112が
バックアップリング113と環状溝の溝底との間にはみ
出してしまうことによる損傷(いわゆるクワレ)等が発
生することが懸念される。
In such a case, the pressure resistance is reduced, and the seal ring 111 is protruded as shown in a portion C in FIG.
(B), there is a concern that the rubber ring 112 may protrude between the backup ring 113 and the groove bottom of the annular groove (so-called cracking) or the like as shown in a D part.

【0010】また、密封装置120においては段差形状
部があるために、高圧の条件下では、圧力による変形に
ともない引張り応力が生じてしまい、図8(c)におい
てE部に示すようなクラックが発生することが懸念され
る。
Further, since the sealing device 120 has a step-shaped portion, under high-pressure conditions, a tensile stress is generated due to the deformation due to the pressure, and cracks as shown in a portion E in FIG. It is feared that this will occur.

【0011】本発明は上記の従来技術の課題を解決する
ためになされたもので、その目的とするところは、相手
摺動面に対する変位(偏心)追随性を向上させた信頼性
の高い密封装置を提供することにある。
SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been made to solve the above-mentioned problems of the prior art, and an object of the present invention is to provide a highly reliable sealing device having improved followability of displacement (eccentricity) to a mating sliding surface. Is to provide.

【0012】[0012]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明にあっては、隙間を形成する2対向面のいずれ
か一方の面に形成された環状溝に配置されて、該隙間を
封止する密封装置であって、他方の面に密接する密接面
を有するシールリングと、前記密接面の反対側に密接し
て前記シールリングを前記他方の面に付勢する付勢リン
グと、前記シールリング及び前記付勢リングよりも低圧
側に配置されるバックアップリングと、を備えた密封装
置において、前記付勢リングは、前記バックアップリン
グに密接して該バックアップリングを少なくとも前記他
方の面側に押圧する傾斜面を備えるとともに、前記バッ
クアップリングは、前記付勢リングの前記傾斜面に略密
接する傾斜面を備えることを特徴とする。
In order to achieve the above object, according to the present invention, the gap is arranged in an annular groove formed on one of two opposing surfaces forming a gap, and the gap is formed. A sealing device for sealing, a seal ring having a close contact surface that is in close contact with the other surface, an urging ring that presses the seal ring to the other surface in close contact with the opposite side of the close contact surface, A backup ring disposed on a lower pressure side than the seal ring and the biasing ring, wherein the biasing ring is in close contact with the backup ring and the backup ring is disposed at least on the other surface side. And the backup ring has an inclined surface that is substantially in close contact with the inclined surface of the urging ring.

【0013】このように構成することにより、高圧側か
ら圧力がかかった場合に、前記付勢リングは低圧側に押
圧され、該付勢リング及び前記バックアップリングに設
けられた傾斜面により該バックアップリングは前記他方
の面側に押圧される。すなわち、2対向面が相対的に変
位(偏心)しても、該付勢リングは該バックアップリン
グを該他方の面側に付勢することができるので、該他方
の面に対する追随性を向上させることができる。
With this configuration, when pressure is applied from the high pressure side, the urging ring is pressed to the low pressure side, and the inclined surface provided on the urging ring and the backup ring causes the backup ring to be pressed. Is pressed against the other surface. That is, even if the two opposing surfaces are relatively displaced (eccentric), the urging ring can urge the backup ring toward the other surface, so that the followability to the other surface is improved. be able to.

【0014】さらに、バックアップリングに傾斜面が設
けられていることにより、従来のように前記付勢リング
が前記バックアップリングと環状溝の溝底面との間には
み出して損傷してしまう虞はなくなり、圧力による付勢
リングのクワレを低減させることができる。
Further, since the backup ring is provided with the inclined surface, there is no possibility that the urging ring protrudes between the backup ring and the groove bottom of the annular groove and is damaged as in the related art. Cracking of the biasing ring due to pressure can be reduced.

【0015】前記シールリングの前記密接面の少なくと
も反密封側の端部に面取り状部を設けたことも好適であ
る。
[0015] It is also preferable that a chamfered portion is provided at least at an end of the sealing ring on the side opposite to the sealing side.

【0016】このように構成することにより、高圧側か
らの圧力による前記シールリングのはみ出しを抑制する
ことが可能となる。
With this configuration, it is possible to suppress the protrusion of the seal ring due to the pressure from the high pressure side.

【0017】[0017]

【発明の実施の形態】以下に図面を参照して、この発明
の好適な実施の形態を例示的に詳しく説明する。ただ
し、この実施の形態に記載されている構成部品の寸法、
材質、形状それらの相対配置などは、発明が適用される
装置の構成や各種条件により適宜変更されるべきもので
あり、この発明の範囲を以下の実施の形態に限定する趣
旨のものではない。
Preferred embodiments of the present invention will be described in detail below with reference to the accompanying drawings. However, the dimensions of the components described in this embodiment,
The material, shape, and their relative arrangement should be appropriately changed depending on the configuration of the apparatus to which the invention is applied and various conditions, and are not intended to limit the scope of the invention to the following embodiments.

【0018】図1は、本実施の形態に係る密封装置1の
概略断面図であり、図2は密封装置1の構成を説明する
ための図である。
FIG. 1 is a schematic sectional view of a sealing device 1 according to the present embodiment, and FIG. 2 is a diagram for explaining the configuration of the sealing device 1.

【0019】密封装置1は、2対向面として、相対移動
を行う、例えば往復動軸とハウジングとにより形成され
る隙間にピストンシール(外周摺動用)やロッドシール
(内周摺動用)などとして設けられてもよく、また、端
面シールとして、2部材の端面間に設けられてもよい。
本実施の形態では、密封装置1が、相対的に移動する2
対向面の他方の面としての上部材2と、一方の面として
の下部材3との間に端面シールとして設けられた場合に
ついて説明する。
The sealing device 1 is provided as two opposing surfaces which perform relative movement, for example, as a piston seal (for sliding on the outer periphery) or a rod seal (for sliding on the inner periphery) in a gap formed between the reciprocating shaft and the housing. Alternatively, an end face seal may be provided between the end faces of the two members.
In the present embodiment, the sealing device 1
The case where an end surface seal is provided between the upper member 2 as the other surface of the opposing surface and the lower member 3 as one surface will be described.

【0020】密封装置1は、下部材3に形成された環状
溝3aに嵌め合わされ、上部材2の摺動面2aと、下部
材3の環状溝3aの溝底面3bとに密封接触するもので
あり、概略、摺動面2aに密接して摺動する摺動面4b
を有するシールリング4と、摺動面4bの反対側に設け
られてシールリング4を摺動面2aに付勢するとともに
溝底面3bに密接する付勢リングとしてのバックリング
5と、シールリング4及びバックリング5よりも低圧側
Lに配置されるバックアップリング6と、から構成され
ている。
The sealing device 1 is fitted in an annular groove 3a formed in the lower member 3, and makes sealing contact with the sliding surface 2a of the upper member 2 and the groove bottom surface 3b of the annular groove 3a of the lower member 3. Yes, roughly, sliding surface 4b that slides in close contact with sliding surface 2a
A seal ring 4 provided on the opposite side of the sliding surface 4b to urge the seal ring 4 against the sliding surface 2a and as a biasing ring closely contacting the groove bottom surface 3b; And a backup ring 6 disposed on the low pressure side L of the buckling 5.

【0021】ここで、シールリング4及びバックアップ
リング6の材料としては樹脂部材で構成し、例えば、P
TFE(四ふっ化エチレン樹脂)、PA(ポリアミド樹
脂)、若しくはこれらを組み合わせた樹脂等を用いるこ
とができるが、本実施の形態ではシールリング4にはP
TFE、バックアップリング6にはPAを用いている。
また、バックリング5はゴム状弾性部材で構成してい
る。
Here, the material of the seal ring 4 and the backup ring 6 is made of a resin material.
TFE (ethylene tetrafluoride resin), PA (polyamide resin), or a resin in which these are combined can be used.
PA is used for the TFE and the backup ring 6.
The buckling 5 is made of a rubber-like elastic member.

【0022】そして、本実施の形態の特徴的な構成とし
て、バックリング5には、バックアップリング6を摺動
面2a側に押し上げることが可能な傾斜面としてのテー
パ5aが設けられており、バックアップリング6には、
バックリング5のテーパ5aに対応した傾斜面としての
テーパ6aが設けられており、また、シールリング4に
は、摺動面2aと摺動する摺動面4bの両側に面取り状
部としての面取り4aが設けられている。ここで、面取
り4aは、少なくとも低圧側Lの端部に設けられていれ
ばよい。
As a characteristic configuration of the present embodiment, the back ring 5 is provided with a taper 5a as an inclined surface capable of pushing up the backup ring 6 to the sliding surface 2a side. Ring 6
A taper 6a as an inclined surface corresponding to the taper 5a of the buckling 5 is provided, and the seal ring 4 is chamfered as a chamfer on both sides of the sliding surface 2a and the sliding surface 4b. 4a is provided. Here, the chamfer 4a may be provided at least at the end on the low pressure side L.

【0023】図2(a)は密封装置1の構成を示す図で
あり、同図(b)はバックリング5の概略断面図、同図
(c)はバックアップリング6を示す概略断面図、同図
(d)はシールリング4を示す概略断面図である。
FIG. 2A is a view showing the structure of the sealing device 1, FIG. 2B is a schematic sectional view of the buckling 5, and FIG. 2C is a schematic sectional view showing the backup ring 6. FIG. 4D is a schematic sectional view showing the seal ring 4.

【0024】バックリング5は、図2(b)に示すよう
に、シールリング4に密接する密接面5bと、下部材3
の側壁面3cに密接する密接面5cと、下部材3の溝底
面3bに密接する密接面5dと、内周面(ロッドシール
やピストンシールにおいては側壁面となる)5eと、密
接面5bと密接面5cとの角部(上部材2側と低圧側L
との角部)に設けられたテーパ5aと、から構成されて
いる。ここで、テーパ5aのテーパ角度Aは、45°±
2°が好適である。
As shown in FIG. 2B, the buckling 5 has a close contact surface 5b which is in close contact with the seal ring 4 and a lower member 3
A close contact surface 5c closely contacting the side wall surface 3c, a close contact surface 5d closely contacting the groove bottom surface 3b of the lower member 3, an inner peripheral surface (which becomes a side wall surface in the case of a rod seal or a piston seal) 5e, and a close contact surface 5b. A corner with the close contact surface 5c (the upper member 2 side and the low pressure side L
And a taper 5a provided at a corner of the tapered portion. Here, the taper angle A of the taper 5a is 45 ° ±
2 ° is preferred.

【0025】バックアップリング6は、図2(c)に示
すように、バックリング5のテーパ5aに対応して設け
られたテーパ6aと、シールリング4に密接する密接面
6bと、下部材3の側壁面3cに密接する密接面6c
と、上部材2の摺動面2aに密接して摺動する摺動面6
dと、から構成されている。ここで、テーパ6aのテー
パ角度Bは、45°±2°が好適である。
As shown in FIG. 2C, the backup ring 6 has a taper 6 a provided corresponding to the taper 5 a of the back ring 5, a close contact surface 6 b closely contacting the seal ring 4, and a lower member 3. Close contact surface 6c closely contacting side wall surface 3c
And a sliding surface 6 that slides in close contact with the sliding surface 2a of the upper member 2.
d. Here, the taper angle B of the taper 6a is preferably 45 ° ± 2 °.

【0026】そして、シールリング4は、図2(d)に
示すように、上部材2の摺動面2aに密接して摺動する
摺動面4bと、摺動面4bの両端に設けられるテーパ4
aと、バックアップリング6の密接面6bに密接する密
接面4cと、バックリング5の密接面5bに密接してバ
ックリング5により摺動面2a側に付勢される密接面4
dと、内周面(ロッドシールやピストンシールにおいて
は側壁面となる)4eと、から構成される。
As shown in FIG. 2D, the seal ring 4 is provided at both ends of the sliding surface 4b that slides in close contact with the sliding surface 2a of the upper member 2, and at both ends of the sliding surface 4b. Taper 4
a, a close contact surface 4c which is in close contact with the close contact surface 6b of the backup ring 6, and a close contact surface 4 which is in close contact with the close contact surface 5b of the buck ring 5 and urged by the buck ring 5 toward the sliding surface 2a.
d and an inner peripheral surface (a side wall surface in the case of a rod seal or a piston seal) 4e.

【0027】このように構成される密封装置1は、バッ
クリング5がシールリング4を付勢することによって、
シールリング4の摺動面4bが上部材2の摺動面2aに
摺動密接することにより、ゴム状弾性体による摺動面を
備えたものより、耐久性(特に、耐摩耗性・低摺動抵
抗)を向上させている。また、バックアップリング6に
より、はみ出しを防止している。
In the sealing device 1 thus configured, the buckling 5 urges the seal ring 4 to
When the sliding surface 4b of the seal ring 4 is in sliding contact with the sliding surface 2a of the upper member 2, the sealing ring 4 is more durable (particularly wear-resistant and low-sliding) than the one provided with the sliding surface of the rubber-like elastic body. Dynamic resistance). The backup ring 6 prevents the protrusion.

【0028】そして、高圧側Hからの圧力によりバック
リング5は低圧側Lに押圧されるので、バックリング5
に設けられたテーパ5aは、バックアップリング6を上
部材2の摺動面2a側に押し上げ、また、バックアップ
リング6を下部材3の密接面3cへ密接させる。ここ
で、バックリング5はゴム状弾性体であり高圧側Hから
の圧力により変形するので、バックアップリング6への
押圧力がより高まる。
The buckling 5 is pressed against the low pressure side L by the pressure from the high pressure side H.
Is provided to push up the backup ring 6 to the sliding surface 2a side of the upper member 2, and to bring the backup ring 6 into close contact with the close contact surface 3c of the lower member 3. Here, since the buckling 5 is a rubber-like elastic body and is deformed by the pressure from the high pressure side H, the pressing force on the backup ring 6 is further increased.

【0029】すなわち、上部材2と下部材3とが相対的
に変位(偏心)しても、バックリング5によりシールリ
ング4及びバックアップリング6を上部材2の摺動面2
aに付勢させることができるので、追随性を向上させる
ことができる。したがって、密封性能を安定させるとと
もに、耐圧性を向上させることが可能となる。
That is, even if the upper member 2 and the lower member 3 are relatively displaced (eccentric), the seal ring 4 and the backup ring 6 are moved by the back ring 5 to the sliding surface 2 of the upper member 2.
Since it can be urged to a, the followability can be improved. Therefore, it is possible to stabilize the sealing performance and improve the pressure resistance.

【0030】したがって、図8(a)に示す従来のよう
な、はみ出しを抑制することができる。さらに、シール
リング4の摺動面4bの端部には面取り4aが設けられ
ているので、はみ出しが発生することもなくなる。
Therefore, it is possible to suppress the protrusion as in the related art shown in FIG. Further, since the chamfer 4a is provided at the end of the sliding surface 4b of the seal ring 4, no protrusion is generated.

【0031】また、バックリング5は、テーパとするこ
とにより、従来のような段差形状部は有しておらず圧力
により変形しても引張り応力が生じることもないので、
図8(c)に示すようなクラックが発生することもな
い。
Further, since the buckling 5 is tapered, it does not have a stepped portion as in the prior art, and does not generate tensile stress even if deformed by pressure.
There is no occurrence of cracks as shown in FIG.

【0032】また、バックアップリング6には、テーパ
6aが設けられているので、従来のようにバックリング
5がバックアップリング6と溝底面3bとの間にはみ出
して損傷してしまう虞はなくなり、圧力によるバックリ
ング5のクワレを低減させることができる。
Further, since the backup ring 6 is provided with the taper 6a, there is no possibility that the backup ring 5 protrudes between the backup ring 6 and the groove bottom surface 3b and is damaged as in the prior art. Buckling of the buckling 5 can be reduced.

【0033】したがって、密封装置1の長寿命化が実現
可能となる。
Therefore, the life of the sealing device 1 can be extended.

【0034】ここで、シールリング4及びバックアップ
リング6は、それぞれ、充填材を含有した樹脂部材であ
るとよい。充填材を含有することにより、耐圧性・耐摩
耗性の向上を図ることが可能となる。
Here, each of the seal ring 4 and the backup ring 6 is preferably a resin member containing a filler. By containing a filler, it is possible to improve pressure resistance and wear resistance.

【0035】また、バックリング5は、水素化ニトリル
ゴム(H−NBR)、もしくは、フッ素ゴム(FKM)
とすることにより、一般的に使用されているニトリルゴ
ム(NBR)と比較して耐熱性及び耐薬品性(耐油性)
を向上させることができる。
The buckling 5 is made of hydrogenated nitrile rubber (H-NBR) or fluoro rubber (FKM).
, Heat resistance and chemical resistance (oil resistance) compared to the commonly used nitrile rubber (NBR)
Can be improved.

【0036】次に、本実施の形態に係る密封装置1の好
適な適用例について説明する。
Next, a preferred application example of the sealing device 1 according to the present embodiment will be described.

【0037】図3は、本実施の形態に係る密封装置が適
用可能な圧延機の要部を示す概略斜視図である。
FIG. 3 is a schematic perspective view showing a main part of a rolling mill to which the sealing device according to the present embodiment can be applied.

【0038】板材を圧延する圧延機においては、補強ロ
ール13,14を軸方向に移動させたり、補強ロール1
3,14や圧延ロール11,12を被圧延材15を含む
面内でスライドさせることにより、被圧延材15の形状
を制御して圧延後の被圧延材15の形状不良を防止する
ことができる。
In a rolling mill for rolling a sheet material, the reinforcing rolls 13 and 14 are moved in the axial direction,
By sliding the rolls 3 and 14 and the rolling rolls 11 and 12 in the plane including the material 15 to be rolled, the shape of the material 15 to be rolled can be controlled and the shape defect of the material 15 to be rolled can be prevented. .

【0039】この様な場合において、本発明を適用した
密封装置1を、端面シールとして用いると好適である。
密封装置1は、上下補強ロールチョック16,17と、
不図示の圧下装置と、の間に設けられている。
In such a case, it is preferable to use the sealing device 1 to which the present invention is applied as an end face seal.
The sealing device 1 includes upper and lower reinforcing roll chocks 16 and 17,
It is provided between a pressing device (not shown).

【0040】図4(a)は、下補強ロールチョック17
と、圧下装置18と、それらの間に配置された密封装置
1と、の構成を説明するための概略図であり、同図
(b)は、概略断面図である。
FIG. 4A shows the lower reinforcing roll chock 17.
FIG. 3 is a schematic diagram for explaining the configuration of a pressing-down device 18 and a sealing device 1 disposed therebetween, and FIG. 2B is a schematic cross-sectional view.

【0041】下補強ロールチョック17の圧下装置18
に対向する面には、複数の環状溝19が設けられてお
り、この環状溝19のそれぞれに密封装置1が配置され
る。また、下補強ロールチョック17には、環状溝19
の環内を通して高圧給油される給油口20が形成されて
いる。
Lowering device 18 for lower reinforcing roll chock 17
Are provided with a plurality of annular grooves 19, and the sealing device 1 is disposed in each of the annular grooves 19. The lower reinforcing roll chock 17 has an annular groove 19.
A high-pressure refueling port 20 is formed through the inside of the ring.

【0042】図4(a)は、複数の環状溝19、密封装
置1、給油口20のうち一部のみを示すものであるが、
これら複数の密封装置1の間には、ブッシュ(固定軸受
け)21が設けられており、上下にかかる荷重のうち約
5%をブッシュ21が受け、残りの約95%は、給油口
20から高圧給油することによる油圧により受けてい
る。
FIG. 4A shows only a part of the plurality of annular grooves 19, the sealing device 1, and the oil supply port 20.
A bush (fixed bearing) 21 is provided between the plurality of sealing devices 1. The bush 21 receives about 5% of the load applied vertically, and the remaining 95% Received by oil pressure by refueling.

【0043】このような構成とすることにより、上下補
強ロールチョック16,17と、不図示の圧下装置との
間の摩擦を低減させることができ、上下補強ロール1
3,14を容易にスライドさせることができるものであ
る。
With such a configuration, the friction between the upper and lower reinforcing roll chocks 16 and 17 and a pressing device (not shown) can be reduced.
3 and 14 can be easily slid.

【0044】ここで、ブッシュ21の弾性変形が大きく
生じた場合などにより、補強ロールチョックと圧下装置
とが相対的に傾いてしまい、これらの間で、最大で1m
m程度の隙間が生じる可能性がある。
Here, when the elastic deformation of the bush 21 is large, the reinforcing roll chock and the rolling-down device are relatively inclined, and a distance of 1 m at a maximum between them.
There may be a gap of about m.

【0045】しかしながら、変位(偏心)追随性すなわ
ち耐圧性を向上させた密封装置1を適用することによ
り、この様な隙間が生じたとしても、密封性能が低下す
ることはない。すなわち、圧延機にあっては、高信頼性
及び長寿命化を図ることが可能となる。
However, by applying the sealing device 1 with improved displacement (eccentricity) followability, that is, pressure resistance, even if such a gap occurs, the sealing performance does not decrease. That is, in the rolling mill, high reliability and long life can be achieved.

【0046】図5(a)は、本実施の形態に係る密封装
置が適用可能な油圧シリンダ30の概略断面構成を示す
図である。
FIG. 5A is a diagram showing a schematic sectional configuration of a hydraulic cylinder 30 to which the sealing device according to the present embodiment can be applied.

【0047】この油圧シリンダ30は、シリンダ31
と、シリンダ31内部に摺動自在に挿嵌されるピストン
32と、ピストン32に連結されるピストンロッド33
と、ピストン32の摺動面をシールするピストンシール
34と、シリンダ31の内周とピストンロッド33との
隙間をシールするロッドシール35と、を備えている。
The hydraulic cylinder 30 includes a cylinder 31
A piston 32 slidably fitted in the cylinder 31 and a piston rod 33 connected to the piston 32
A piston seal 34 for sealing the sliding surface of the piston 32, and a rod seal 35 for sealing a gap between the inner circumference of the cylinder 31 and the piston rod 33.

【0048】ピストンシール34及びロッドシール35
には、このような機器に作用する高圧の油圧をシールす
るために、主に異物の混入を防止するコンタミシール3
4a,ダストシール35a、油圧をシールするピストン
シール34b,ロッドシール35b、油圧を補助的にシ
ールしたり、ピストンやピストンロッドの摺動位置を保
つウエアリング34c,バッファリング35c等の各種
のシールが複層的に備えられている。
The piston seal 34 and the rod seal 35
In order to seal high-pressure hydraulic pressure acting on such equipment, a contamination seal 3 mainly for preventing foreign matter from being mixed is provided.
4a, a dust seal 35a, a piston seal 34b for sealing oil pressure, a rod seal 35b, various seals such as an auxiliary seal for oil pressure, a wear ring 34c for maintaining a sliding position of a piston and a piston rod, and a buffer ring 35c. It is provided in layers.

【0049】ここで、ピストンシール34bとして、本
発明を適用した密封装置を図5(b),(c)に示すよ
うな外周摺動用として使用すると好適であり、また、ロ
ッドシール35bとして、本発明を適用した密封装置を
図5(d)に示すような内周摺動用として使用しても好
適である。
Here, as the piston seal 34b, it is preferable to use the sealing device to which the present invention is applied for sliding on the outer periphery as shown in FIGS. 5 (b) and 5 (c). It is also suitable to use the sealing device to which the invention is applied for sliding on the inner circumference as shown in FIG.

【0050】すなわち、軸方向に往復動する軸部材(例
えば、ピストンやロッド)の外周面と、該軸部材が挿通
される部材(例えば、シリンダ)の軸孔の内周面と、の
うちいずれか一方の周面上に形成された環状溝に取り付
けられることにより、該軸部材及び該軸部材が挿通され
る部材間の環状隙間を良好に密封することができる。
That is, either the outer peripheral surface of a shaft member (for example, a piston or a rod) that reciprocates in the axial direction or the inner peripheral surface of a shaft hole of a member (for example, a cylinder) into which the shaft member is inserted. By being attached to the annular groove formed on one of the peripheral surfaces, the annular gap between the shaft member and the member into which the shaft member is inserted can be sealed well.

【0051】なお、ピストンシール34bとして用いる
場合には両側から圧力がかかるため図5(b)に示す密
封装置を適用するには2個併用する必要があり、このよ
うな両側圧の用途においては、シールリング4の両側に
バックアップリング6が設けられ対称的に構成されて配
設される図5(c)に示すような密封装置を適用するこ
とにより、1個使いの使用が可能となり好適である。
Since pressure is applied from both sides when used as the piston seal 34b, it is necessary to use two of them in order to apply the sealing device shown in FIG. 5 (b). By applying a sealing device as shown in FIG. 5 (c) in which backup rings 6 are provided on both sides of the seal ring 4 and are arranged symmetrically, it is possible to use a single device. is there.

【0052】[0052]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
付勢リングはバックアップリングを少なくとも他方の面
側に押圧する傾斜面を備えるとともに、該バックアップ
リングは該付勢リングの傾斜面に略密接する傾斜面を備
えることにより、該他方の面に対する変位(偏心)追随
性を向上させることができるので、耐圧性を向上させる
ことができる。
As described above, according to the present invention,
The urging ring has an inclined surface that presses the backup ring toward at least the other surface, and the backup ring has an inclined surface that is substantially in contact with the inclined surface of the urging ring, so that the displacement with respect to the other surface ( (Eccentricity) Followability can be improved, so that pressure resistance can be improved.

【0053】さらに、バックアップリングに傾斜面を設
けることにより、従来のように前記付勢リングが前記バ
ックアップリングと環状溝の溝底面との間にはみ出して
損傷してしまう虞はなくなり、圧力による付勢リングの
クワレを低減させることができる。
Further, by providing the inclined surface on the backup ring, there is no possibility that the urging ring protrudes between the backup ring and the groove bottom surface of the annular groove and is damaged as in the prior art. Cracking of the power ring can be reduced.

【0054】したがって、耐圧性を向上させるととも
に、長寿命化を図ることが可能な信頼性の高い密封装置
を提供することが可能となる。
Therefore, it is possible to provide a highly reliable sealing device capable of improving the pressure resistance and extending the life.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本実施の形態に係る密封装置の概略断面図であ
る。
FIG. 1 is a schematic sectional view of a sealing device according to the present embodiment.

【図2】(a)は本実施の形態に係る密封装置の構成を
示す図、(b),(c),(d)はそれぞれバックリン
グ5、バックアップリング6、シールリング4を示す図
である。
2A is a diagram showing a configuration of a sealing device according to the present embodiment, and FIGS. 2B, 2C, and 2D are diagrams showing a buckling ring 5, a backup ring 6, and a sealing ring 4, respectively. is there.

【図3】本実施の形態に係る密封装置が適用される圧延
機の要部概略図である。
FIG. 3 is a schematic diagram of a main part of a rolling mill to which the sealing device according to the present embodiment is applied.

【図4】(a)は、下補強ロールチョックと、圧下装置
と、それらの間に配置された密封装置と、の構成を説明
するための概略図、同図(b)は、概略断面図である。
FIG. 4A is a schematic diagram for explaining the configuration of a lower reinforcing roll chock, a rolling-down device, and a sealing device disposed therebetween, and FIG. 4B is a schematic cross-sectional view. is there.

【図5】(a)は、本実施の形態に係る密封装置が適用
される油圧シリンダの概略断面構成を示す図、(b),
(c)は外周摺動用として使用される密封装置を示す
図、(d)は内周摺動用として使用される密封装置を示
す図である。
FIG. 5A is a diagram showing a schematic cross-sectional configuration of a hydraulic cylinder to which the sealing device according to the present embodiment is applied, and FIGS.
(C) is a diagram showing a sealing device used for sliding on the outer periphery, and (d) is a diagram showing a sealing device used for sliding on the inner periphery.

【図6】従来の密封装置を示す概略図である。FIG. 6 is a schematic view showing a conventional sealing device.

【図7】従来の密封装置を示す概略図である。FIG. 7 is a schematic view showing a conventional sealing device.

【図8】従来の密封装置を示す概略図である。FIG. 8 is a schematic view showing a conventional sealing device.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 密封装置 2 上部材 2a 摺動面 3 下部材 3a 環状溝 3b 溝底面 3c 側壁面 4 シールリング 4a 面取り 4b 摺動面 4c 密接面 4d 密接面 4e 内周面 5 バックリング 5a テーパ 5b 密接面 5c 密接面 5d 密接面 5e 内周面 6 バックアップリング 6a テーパ 6b 密接面 6c 密接面 6d 摺動面 11 上圧延ロール 12 下圧延ロール 13 上補強ロール 14 下補強ロール 15 被圧延材 16 上補強ロールチョック 17 下補強ロールチョック 18 圧下装置 19 環状溝 20 給油口 21 ブッシュ 30 油圧シリンダ 31 シリンダ 32 ピストン 33 ピストンロッド 34 ピストンシール 34a コンタミシール 34b ピストンシール 34c ウエアリング 35 ロッドシール 35a ダストシール 35b ロッドシール 35c バッファリング DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Sealing device 2 Upper member 2a Sliding surface 3 Lower member 3a Annular groove 3b Groove bottom surface 3c Side wall surface 4 Seal ring 4a Chamfering 4b Sliding surface 4c Close contact surface 4d Close contact surface 4e Inner peripheral surface 5 Buckling 5a Taper 5b Close contact surface 5c Close contact surface 5d Close contact surface 5e Inner peripheral surface 6 Backup ring 6a Taper 6b Close contact surface 6c Close contact surface 6d Sliding surface 11 Upper rolling roll 12 Lower rolling roll 13 Upper reinforcing roll 14 Lower reinforcing roll 15 Rolled material 16 Upper reinforcing roll chock 17 Lower Reinforcement roll chock 18 Pressure reduction device 19 Annular groove 20 Oil filler 21 Bush 30 Hydraulic cylinder 31 Cylinder 32 Piston 33 Piston rod 34 Piston seal 34a Contamination seal 34b Piston seal 34c Wear ring 35 Rod seal 35a Dust seal 35b Rod seal Le 35c buffering

Claims (2)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】隙間を形成する2対向面のいずれか一方の
    面に形成された環状溝に配置されて、該隙間を封止する
    密封装置であって、 他方の面に密接する密接面を有するシールリングと、 前記密接面の反対側に密接して前記シールリングを前記
    他方の面に付勢する付勢リングと、 前記シールリング及び前記付勢リングよりも低圧側に配
    置されるバックアップリングと、 を備えた密封装置において、 前記付勢リングは、前記バックアップリングに密接して
    該バックアップリングを少なくとも前記他方の面側に押
    圧する傾斜面を備えるとともに、 前記バックアップリングは、前記付勢リングの前記傾斜
    面に略密接する傾斜面を備えることを特徴とする密封装
    置。
    1. A sealing device which is disposed in an annular groove formed on one of two opposing surfaces forming a gap and seals the gap, wherein a sealing surface which closely contacts the other surface is provided. A seal ring having the same, an urging ring which is in close contact with the opposite surface of the contact surface and urges the seal ring to the other surface; and a backup ring which is disposed on a lower pressure side than the seal ring and the urging ring. Wherein the biasing ring includes an inclined surface that is in close contact with the backup ring and presses the backup ring toward at least the other surface, and the backup ring includes the biasing ring. The sealing device according to claim 1, further comprising an inclined surface substantially in close contact with said inclined surface.
  2. 【請求項2】前記シールリングの前記密接面の少なくと
    も反密封側の端部に面取り状部を設けたことを特徴とす
    る請求項1に記載の密封装置。
    2. The sealing device according to claim 1, wherein a chamfered portion is provided at least at an end of the sealing ring on the side opposite to the sealing side.
JP2001124303A 2001-04-23 2001-04-23 Sealing device Pending JP2002323136A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001124303A JP2002323136A (en) 2001-04-23 2001-04-23 Sealing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001124303A JP2002323136A (en) 2001-04-23 2001-04-23 Sealing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002323136A true JP2002323136A (en) 2002-11-08

Family

ID=18973711

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001124303A Pending JP2002323136A (en) 2001-04-23 2001-04-23 Sealing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002323136A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011153636A (en) * 2010-01-26 2011-08-11 Higashio Mech Co Ltd Pipe joint

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5870504U (en) * 1981-07-09 1983-05-13
JPH0265705U (en) * 1988-11-07 1990-05-17
JPH0571644A (en) * 1991-09-13 1993-03-23 Koyo Seiko Co Ltd Sealing device

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5870504U (en) * 1981-07-09 1983-05-13
JPH0265705U (en) * 1988-11-07 1990-05-17
JPH0571644A (en) * 1991-09-13 1993-03-23 Koyo Seiko Co Ltd Sealing device

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011153636A (en) * 2010-01-26 2011-08-11 Higashio Mech Co Ltd Pipe joint

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10359114B2 (en) Sealing device
US5431415A (en) Seal with acute heel angle
JP4254534B2 (en) Sealing device
EP1540227B1 (en) Threaded tube joint
US7296800B2 (en) Seal device
US3351350A (en) High pressure rod seal
JP3150861B2 (en) Reciprocating sealing device
DE60306883T2 (en) Backlash-free support ring for elastomer seal and flange
US6517081B2 (en) Machinery seal
US7134671B2 (en) Lip seal having increased contact force at interface and apparatus incorporating the same
CN100472107C (en) Bearing seal with flexible lip
US5172921A (en) Sealing device
US7559542B2 (en) Low impact gas spring
EP0207703B1 (en) Sealing assembly
US20110298183A1 (en) Sealing arrangement for sealing a piston rod of a reciprocating compressor
CA2709580C (en) Sealed threaded tubular connection which is resistant to successive pressure loads
KR20040070071A (en) Neck seal
US8413995B2 (en) Oil seal
US4709932A (en) Double wiper seal arrangement
US7793944B2 (en) Sealing device
US4190259A (en) Single apex two element fluid pressure seal assembly
EP0502409A1 (en) Pressure relieving slipper seal system
JP3543617B2 (en) Sealing device
JP4537001B2 (en) Seal device for roll bearings with radial displacement compensation mechanism
US9068656B2 (en) Seal and seal arrangement

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080324

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100826

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100831

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110111