JP2002312373A - Tooth form profile database - Google Patents

Tooth form profile database

Info

Publication number
JP2002312373A
JP2002312373A JP2001114818A JP2001114818A JP2002312373A JP 2002312373 A JP2002312373 A JP 2002312373A JP 2001114818 A JP2001114818 A JP 2001114818A JP 2001114818 A JP2001114818 A JP 2001114818A JP 2002312373 A JP2002312373 A JP 2002312373A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
tooth
patient
teeth
shape
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001114818A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takeo Komai
Tetsushi Nomoto
Masaki Otsuki
正樹 大槻
徹志 野本
健男 駒井
Original Assignee
Nikon Corp
Nikon Gijutsu Kobo:Kk
株式会社ニコン
株式会社ニコン技術工房
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To construct a tooth form profile database applying a low load to a computer and presenting good correspondence.
SOLUTION: This tooth form profile database is constructed of a first data group as a set of patient data consisting of a patient identification code specifying a patient and attribute data of the patient, a second data group as a set of tooth attribute data consisting of the patient identification code, tooth attribute data belonging to the patient matching the patient identification code, and a form data identification code applied to tooth form data, and a third data group as a set of tooth form profile data consisting of the tooth form data and a form data identification code applied to the tooth form data.
COPYRIGHT: (C)2002,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、CAD/CAMを用いた歯科治療技術に関し、特に歯形形状データを記憶保管する技術に関する。 The present invention relates to relates to a dental treatment technique using the CAD / CAM, in particular a storage storing technology tooth profile data.

【0002】 [0002]

【従来の技術】歯科治療において、インレーやクラウンなどの補綴物の製作にCADやCAMを利用する技術が提案されている。 BACKGROUND OF THE INVENTION In dental treatment, techniques utilizing CAD and CAM to the production of the prosthesis, such as an inlay or a crown has been proposed. 例えば、特開平9−159419に、 For example, in JP-A-9-159419,
患者の歯の模型を三次元測定手段で計測して、模型の形状を座標値で表現された点群としてデジタルデータ化し、このデジタルデータを患者毎に記憶手段に記憶する。 By measuring a model of the patient's tooth in three-dimensional measuring means, and the digital data the shape of the model as a point group is represented by the coordinate values, and stores the digital data in the storage means for each patient. そして、このデジタルデータに基づいて再現装置によって歯の模型を再現することが開示されている。 Then, to reproduce the dental model has been disclosed by the reproducing device on the basis of the digital data.

【0003】また、特開2000−107203に、クラウンを製作する場合、クラウンを装着する支台歯およびその周囲と対合歯、FGP(Functionaly Generated [0003] Also, in JP 2000-107203, when fabricating a crown, abutment tooth mounting the crown and its surrounding and opposite teeth, FGP (Functionaly Generated
PathTechnique) の印象を採取し、模型を制作し、模型を三次元測定技術により計測することにより治療した歯とその周囲のデータおよび対合側のデータを測定データとしてコンピュータに格納し、そのデータから三次元の計測形状モデルを作成し、この計測形状モデルの支台歯にデータベースから選択された標準的モデルを重ね合わせ、複製のおいて必要とされる形状と機能に適合するようにそのモデルを変形し、この変形されたモデルからN Taken impression of PathTechnique), produced a model, stored in a computer data of the treated teeth to the data and the pairing side of the periphery by measuring the three-dimensional measuring technique a model as measurement data, from the data create a three-dimensional measurement shape model, the model thus superimposed standard model selected from the database to the abutment tooth of measured shape model, conform to the shape and functionality required by have up for replication deformed, N from the modified model
Cデータを作成し、このNCデータによりフライス盤などのNC工作機を制御することによりクラウンを製作することが開示されている。 Create a C data, it is disclosed that to manufacture the crown by controlling the NC machine tool such as a milling machine by the NC data.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】歯の形状は一本毎に異なるものであり、更に同じ位置の歯でも個人毎に異なるものである。 Tooth [0006] shape is different for each one, those that vary from individual to individual even more teeth at the same position. 一方、標準的モデルは数種類しか用意されていないことが多い。 On the other hand, the standard model are often not prepared only several. その為、標準的モデルの形状は治療対象の歯の元の形状とは大きく異なっている。 Therefore, the shape of the standard model is significantly different from the original shape of the tooth being treated. その結果、前記モデルの変形、即ち補綴物の設計には多大の時間と高度の技術が必要であった。 As a result, deformation of the model, i.e., much time and highly skilled was required to prosthesis design. 更に、歯科医院において、製作された補綴物を治療対象歯に接合する際に、隣在歯との干渉や対合歯との噛合せの調整に多大の時間が必要であった。 Furthermore, in the dental office, in joining the fabricated prosthesis treated teeth, a lot of time was required to adjust the not engage with interfering or antagonistic tooth of the adjacent teeth.

【0005】また、歯の形状は極めて複雑なので前記点群は膨大な点の集合となり、前記デジタルデータのデータ量も大きなものとなる。 [0005] The shape of the teeth is very complex since the point group becomes a set of massive point, it becomes also large data amount of the digital data. また、歯の形状及び大きさは各位置の歯によって異なるので前記データ量は歯毎に大きく変動する。 Further, the shape and size of the teeth the data amount is different by the teeth of each position varies greatly for each tooth. 具体的には、前記データ量は100MB Specifically, the amount of data 100MB
〜200MBである。 Is ~200MB.

【0006】歯科治療の現場では、歯の形状データ以外にも様々なデータが必要である。 [0006] in the field of dental treatment, there is a need for a variety of data in addition to the teeth of the shape data. 例えば、患者の属性情報(住所、性別、年齢、健康保険に関する情報等)、歯並び情報(欠損歯、歯の相対位置等)、治療情報(補綴歯、ブリッジ範囲、矯正具範囲等)である。 For example, the patient attribute information (address, sex, age, information concerning health insurance), row of teeth information (missing teeth, the relative positions of the teeth, etc.), a treatment information (prosthetic teeth, bridges range, orthotic range). 一方、治療内容によっては歯の形状データまでは必要としない。 On the other hand, it does not require until the shape data of the dental depending therapeutic regimen.

【0007】前記各種データが患者毎に一体として記憶されていると、形状データを要しない場合であっても大きなデータ量の形状データを伴って処理される。 [0007] The various kinds of data when stored as integral for each patient, even when not required shape data is processed with the shape data of a large amount of data. さらに、特定の歯の形状データのみが必要な場合であっても全歯の形状データが呼び出される。 Further, the shape data of all the teeth are called even if only the shape data of the particular tooth is required. いずれの場合も、コンピュータに大きな負荷がかかるという問題があった。 In either case, there is a problem that a large load on the computer is applied.
これは、応答が遅いという問題点にもつながることである。 This is to lead to the problem of slow response.

【0008】本発明の目的は、コンピュータにかかる負荷が小さく、高い応答性で必要なデータを提供することができる歯形形状データベースの構造を提案することである。 An object of the present invention is that the load on the computer is small, proposes a structure of tooth profile database that can provide the necessary data with high responsiveness.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成する本発明は、患者を特定する患者識別符号と該患者の属性データとからなる患者データの集合である第1のデータ群と、前記患者識別符号と該患者識別符号に該当する患者に属する歯の属性データとその歯の形状データに付された形状データ識別符号とからなる歯属性データの集合である第2のデータ群と、歯の形状データとその形状データに付された形状データ識別符号とからなる歯形形状データの集合である第3のデータ群とからなることを特徴とする歯形形状データベースである。 To achieve the above object, according to the present invention, there is provided a first data group is a set of patient data comprising the patient identification code and the patient attribute data identifying a patient, the patient identification sign and patient identification code to the attribute data of the tooth belonging to the patient and the appropriate second data group is a set of teeth attribute data composed of the shape data identification code given to the shape data of the teeth, the shape of data to be tooth profile database, characterized by comprising a third data group is a set of tooth shape data consisting of a labeled shape data identification code to the shape data.

【0010】そして、更に下記のいずれかの特徴を有する歯形形状データベースである。 [0010] Then, a tooth profile database further having any of the following features. 第2のデータ群と第3 Second data group and the third
のデータ群の少なくとも一方は、患者識別符号毎に分けて記録されていること。 At least one group of data, it has been recorded separately for each patient identification code. 前記歯属性データは、複数歯にわたって施された歯科治療名とその範囲とを示すデータを含むこと。 The tooth attribute data include data indicating the dental names applied across teeth and their scope.

【0011】前記歯属性データは、各歯の相対的位置を示すデータ、又は歯軸線の方向示すデータを含むこと。 [0011] The tooth attribute data, data indicating the relative position of each tooth, or contain data indicating the direction of the tooth axis.
新たな患者データが作られたとき、第2のデータ群に前記患者に対応する28若しくは32の歯属性データ記録欄が作られること。 When a new patient data is made, the teeth attribute data record field of 28 or 32 corresponding to the patient in the second data group is created.

【0012】前記患者データは、最新の歯属性データの所定の項目内容を示すデータを含むこと。 [0012] The patient data may include data indicating a predetermined item contents of the latest dental attribute data. この場合、前記データは、第2のデータ群が更新されたときに更新されるか、前記データは、第1のデータ群において任意の患者が選択されたとき、該患者に関するデータが更新されるようにすることができる。 In this case, the data is either the second data group is updated when it is updated, the data, when any of the patients in the first data group is selected, the data related to the patient is updated it can be so.

【0013】第1のデータ群は歯科医院に保有され、第3のデータ群はデータセンタに保有されること。 A first group of data held in the dental office, the third group of data to be held in the data center. 入力された患者識別符号と補綴物の種類と補綴対象歯番号とに基づき、補綴物の形状に影響を与える歯の範囲を判断し、その範囲の歯の形状データを外部に出力すること。 Based on the inputted patient identification code and the type of prosthesis and prosthetic dental object number, to determine the scope of the teeth that affect the shape of the prosthesis, it outputs the shape data of the teeth of the range to the outside.

【0014】 [0014]

【発明の実施の形態】本発明の方法は図1に構成を示したコンピュータシステムによって実行される。 The method of the embodiment of the present invention is executed by a computer system showing the arrangement in Figure 1. 11はコンピュータ、12は公知の歯形形状測定装置、13はN 11 computer, 12 known tooth profile measuring device, 13 N
C加工装置、14は歯形形状データベースが記録された記憶装置である。 C processing unit, 14 is a memory device tooth profile database is recorded. 歯形形状測定装置12、NC加工装置13、記憶装置14はいずれもコンピュータ11とデータの授受可能に接続されている。 Tooth profile measuring device 12, NC machining device 13, storage device 14 is connected both to be exchanged computer 11 and data. 記憶装置14はコンピュータ11に含まれる構成であっても良い。 Storage device 14 may be configured to be included in the computer 11.

【0015】本発明の方法による歯科補綴物の設計手順の概要を図2に示す。 [0015] The outline of the design procedure of a dental prosthesis according to the method of the present invention shown in FIG. まず、ステップ1において、患者の健全な状態における歯の全体形状を全ての歯について計測し、その形状データ、即ち基本歯形データを記憶装置14に歯形形状データベースとして記録する。 First, in step 1, the overall shape of the teeth in a healthy state of the patient is measured for all the teeth, the shape data, i.e. to record the basic tooth profile data as the tooth profile database in the storage device 14. これは、できるだけ歯が健康な状態のうちに行うことが望ましい。 It is preferably possible teeth performed among healthy. しかしながら、補綴された状態であっても差し支えはない。 However, there is no harm in a state of being prosthesis. 即ち、前記健全な状態には補綴治療された状態も含まれるものとする。 That is, the in healthy also intended to be included while being prosthodontic treatment.

【0016】そして、ステップ2において歯の補綴治療が必要と判断される時まで待機する。 [0016] Then, the process waits until it is determined that required prosthetic dental treatment in step 2. 補綴治療が必要と判断された場合にはステップ3に進む。 If the prosthodontic treatment is deemed necessary, the process proceeds to step 3. ステップ3においては、補綴治療を要する歯から虫歯となった部分を取り除く整形処理をされた歯(これを支台歯という)の形状をステップ1と同じ方法、装置を用いて計測して支台歯歯形データを生成する。 In step 3, the shape of the same method as in step 1 of teeth of the shaping process of removing a portion changed from teeth and dental caries requiring prosthetic treatment (this is called abutment tooth), is measured using an apparatus abutment to generate a tooth tooth profile data.

【0017】そして、ステップ4〜ステップ6において補綴物を設計する。 [0017] Then, the design of the prosthesis in step 4 to step 6. 図3によって説明する。 It is described by Figure 3. ステップ4 Step 4
では、コンピュータ11の歯形モデル構成部111は歯形測定装置12から支台歯歯形データを、記憶装置14 In the abutment tooth data from tooth model configuration unit 111 of the computer 11 teeth measuring device 12, the storage device 14
から治療対象歯の基本歯形データを夫々読み込み、支台歯歯形データから支台歯歯形モデル(図3(a)の3 3 basic tooth profile data respectively read the treated teeth, abutment tooth model from the abutment tooth data (FIGS. 3 (a) from
1)を、基本歯形データから基本歯形モデル(図3 1), the basic tooth profile model from the basic tooth profile data (FIG. 3
(b)の32)を夫々構成する。 Respectively constitute (b) of 32). そして、支台歯歯形モデル31の非整形部分33と基本歯形モデルの該当部分34とが重なるように2つの歯形モデルの相対的位置を調整する(図3(c))。 Then, to adjust the relative position of the two tooth models so as to overlap and the corresponding part 34 of the unshaped portion 33 and the basic tooth profile model of the abutment tooth tooth model 31 (Figure 3 (c)).

【0018】前記重ね合わせ作業は、コンピュータ11 [0018] The superposition operation, the computer 11
の表示部に基本歯形モデルと支台歯歯形モデルとを重畳表示させ、補綴物の設計者(多くの場合歯科技工士である)が、前記一致の程度を視覚的に判断しながら前記2 To the display unit superimposed on the basic tooth profile model and the abutment tooth model (often a dental technician) designer of prosthesis, the while visually determine the extent of the match 2
つの歯形モデルを手操作によって相対的に平行移動、回転移動させて行う。 One of the relatively parallel movement by the tooth model manually performed by rotating movement. 前記重畳表示は、2つの歯形モデルを異なる色で、例えば補色で表示させると重なり合った部分を明瞭に認識することができるので好適である。 The superimposed display, the two teeth model in a different color, for example is suitable because the the overlapped portion is displayed in the complementary color can be clearly recognized.

【0019】重ね合わせの初期の段階では、2つの歯形モデルの対応する断面形状を重畳表示させ両者を一致させる作業を直交する2断面について行うようにすると短時間で両者をほぼ一致させることができる。 [0019] In the early stages of superposition, it is possible to substantially match each other in short time to carry out the 2 cross section perpendicular the task of matching the two superposed display the corresponding cross-sectional shape of the two teeth model . これは、歯の断面形状が顕著な方向性を有しているからである。 This is because the teeth of the cross-sectional shape has a significant directionality.

【0020】或いは、以下に説明する方法によることもできる。 [0020] Alternatively, it is also possible according to the method described below. この方法は、治療内容がクラウン治療である場合に特に好適である。 This method is particularly suitable when the therapeutic contents are crown treatment. 即ち、支台歯歯形モデルからクラウンの下端と支台歯とが接する曲線(図3(a)の3 That is, 3 curves in (FIGS. 3 (a) contacting and the lower end abutment crown from the abutment tooth model
5、これをマージンラインという)を特開平5−269 5, JP-A to the called margin line) which 5-269
146に開示された方法によって抽出する。 Extracted by the methods disclosed in 146. マージンライン35の抽出はコンピュータ11に設けたマージンライン抽出部(不図示)によって行われる。 Extraction of the margin line 35 is performed by the margin line extracting unit provided in the computer 11 (not shown). マージンライン35は通常3次元曲線である。 Margin line 35 is usually a three-dimensional curve. そして、マージンライン35が基本歯形モデルの表面上に最も良く一致するように基本歯形モデルと支台歯歯形モデルとを重ね合せる。 Then, the margin line 35 is superimposed to the basic tooth profile model and the abutment tooth model to best match the surface of the basic tooth profile models. 前記重ね合わせ作業は、前記手操作による方法と、 The superposition operation, a method according to the manual,
コンピュータ11に設けた位置調整部(不図示)によって行う方法がある。 A method of performing the position adjusting section which is provided in the computer 11 (not shown).

【0021】後者の方法では、2つの歯形モデル夫々の重心点及び所定の方法で求めた歯軸線を一致させ、次に、2つの歯形モデルを歯軸線を中心として相対的に所定の角度ピッチで回転させながら、マージンライン35 [0021] In the latter method, to match the tooth axis determined by two tooth model each of the center-of-gravity point and a predetermined method, then, the two teeth model at relatively predetermined angular pitch around the tooth axis while rotating, the margin line 35
上に等間隔に設定された各点と基本歯形モデルの表面との距離の自乗和の値が最小値となる回転位置を求める。 The value of the sum of the squares of the distances between each point and the basic tooth profile model of the surface set at equal intervals on the above finding the rotational position of the minimum value.
次いで、2つの歯形モデルを前記歯軸線に沿う両方向に所定のピッチで相対移動させると共に、前記歯軸線の周りに前記回転位置から両方向に所定の範囲内で所定のピッチずつ相対回転移動させて前記自乗和の値が最も小さくなる位置を探す。 Then, it causes relative movement at a predetermined pitch in both directions along the two tooth model to the tooth axis, by relatively rotating movement by a predetermined pitch within a predetermined range in both directions from the rotational position about the tooth axis a the value of the square sum Find smallest position.

【0022】前記自乗和の値が最小となる位置の探索は、極小値の概略存在位置を探索するために比較的大きいピッチで相対移動させる第1段階と、前記極小値の概略存在位置近傍の所定の範囲を詳細に探索するために、 [0022] The search for a position where the value of the square sum is minimized, a first step of relatively moving a relatively large pitch in order to explore the schematic location of the minimum value, the outline existing position near the minimum value to explore in more detail the predetermined range,
より小さいピッチで相対移動させる第2段階とで行うと良い。 It may be performed in a second step for relatively moving at a smaller pitch. また、前記マージンライン35に代えて、これを歯軸線に垂直な平面に投影した曲線を用いても良い。 Further, instead of the margin line 35, which may also be used projected curve a plane perpendicular to the tooth axis. 前記曲線は2次元曲線なので自乗和の値を求める演算の負荷が軽減される。 The curve load calculation for obtaining the value of the square sum because two-dimensional curve can be reduced.

【0023】そして、求めた位置に2つの歯形モデルを表示させて重ね合わせの程度を視覚的に確認する。 [0023] Then, the degree of superposition to display the two tooth model to the determined position to identify visually. 前記最小自乗和の値が小さい複数の位置に2つの歯形モデルを順次表示させ、重ね合わせの程度が良い位置を選択させるようにしても良い。 The minimum value of the square sum sequentially displaying two teeth model is small multiple locations, the degree of overlapping may be allowed to select a good position. もし、重ね合わせが不十分であると判断したときは前記手操作による重ね合わせ作業に移行する。 If, when the overlay is determined to be insufficient to shift the work superposition by the manual operation.

【0024】ステップ5では、基本歯形モデルと支台歯歯形モデルとに基づいて補綴物の初期モデルを生成する。 [0024] In Step 5, to generate an initial model of the prosthesis on the basis of the basic tooth profile model and the abutment tooth model. 例えば、コンピュータ11の補綴物モデル生成部1 For example, the prosthesis model generating unit 1 of the computer 11
12は基本歯形モデル32と支台歯歯形モデル31との差分、即ち非共通部分を求めるモデル間演算を行い、2 12 performs the difference between the basic tooth profile model 32 and the abutment tooth model 31, i.e. the model between calculation for obtaining the non-common part, 2
つの歯形の非共通部分を補綴物の初期モデルとする。 One of the non-common part of the tooth and initial model of the prosthesis.

【0025】或いは、基本歯形モデルに支台歯歯形モデルのマージンライン35を転写し、基本歯形モデルの転写されたマージンラインから歯根側(2つの歯形モデルの共通部分側)を削除し、残った部分を補綴物の初期モデルとする。 [0025] Alternatively, the transfer of the margin line 35 of the abutment tooth model in the basic tooth profile model, remove the root side from the transferred margin line of the basic tooth form model (intersection side of the two tooth model), remaining the part as the initial model of the prosthesis. このようにして図3(C)に斜線部36で示した補綴物の初期モデルが求められる。 The initial model of the prosthesis which hatched portion 36 in FIG. 3 (C) In this manner is obtained.

【0026】そして、ステップ6では、コンピュータ1 [0026] Then, in step 6, the computer 1
1上において前記初期モデルを必要に応じて変形させる調整を加えて補綴物モデルとする。 The prosthesis model in addition adjustments to deform as necessary the initial model on 1. 主たる調整はマージンライン部における支台歯との連続性の改善であり、マージンライン部をコンピュータ11の表示部に拡大表示させて設計者が手操作によって行う。 The main adjustment is improved continuity with the abutment tooth in the margin line portion, the designer by enlarge the margin line portion to the display portion of the computer 11 is done by manually. 前記初期モデルの外形形状は患者本人の治療対象歯が健康な状態であったときの形状であるから、マージンライン部で発生する段差が小さく連続性が良い。 Wherein since the outer shape of the initial model is in the form of time treated the patient's teeth himself was healthy, a step is good small continuity generated by margin line portion. しかしながら、支台歯歯形モデルと基本歯形モデルとの重ね合わせの不正確さや、歯の摩耗などによる歯の形状変化に起因する不連続部が発生することがあるので、そのような個所の形状を微調整する。 However, inaccuracies or superposition of the abutment tooth model and the basic tooth profile model, the discontinuity caused by the deformation of the teeth due to tooth wear may occur, the shape of such a point to fine-tune. しかしながら、この調整量は標準歯形モデルを用いる従来の方法に比較しれば僅かなもので済む。 However, the amount of adjustment requires only insignificant if may comparison with the conventional method using the standard tooth model.

【0027】更に、設計者は、コンピュータ11がチェックし他の部分とは異なる色で表示した、肉厚が所定値以下の部分を調整する。 Furthermore, the designer was displayed in a color different from the other portion checks the computer 11, the thickness is adjusted to the following partial predetermined value. かくして補綴物の形状が決定される。 Thus the shape of the prosthesis is determined. なお、支台歯歯形データを採取する時に対合歯や隣在歯の歯形データも採取し、その歯形モデルと初期モデルとの噛合せや干渉をチェックして問題がある個所の形状に調整を加えて、これを補綴物モデルとすることもある。 Incidentally, the adjustment to the opposite teeth also collected tooth data and adjacent teeth, the shape of the mesh was and interference is checked and problems points with its tooth profile model and the initial model when collecting abutment tooth profile data in addition, there is also a prosthesis model this.

【0028】ステップ7では、前記補綴物モデルを記憶部に記録する。 [0028] In step 7, recording the prosthesis model in the storage unit. 記憶装置14に記録しても良い。 The storage device 14 may be recorded. ステップ8では、前記補綴物モデルに基づいて補綴物を作成する。 In step 8, to create a prosthesis on the basis of the prosthesis model. 即ち、コンピュータ11は前記補綴物モデルから補綴物形状データを生成し、該補綴物形状データをNC加工装置13に読み込ませる。 That is, the computer 11 generates a prosthesis shape data from said prosthesis model, to read the prosthesis shape data to the NC machining apparatus 13. NC加工装置13は読み込んだ補綴物形状データに基づいて補綴物を製作する。 NC machining apparatus 13 for fabricating a prosthesis based on a prosthesis shape data read. 図3(d)の37は完成した補綴物である。 3 37 (d) is a prosthesis was completed.

【0029】そして、ステップ9では、前記補綴物は歯科医院において整形された治療対象歯に接合される。 [0029] In step 9, the prosthesis is bonded to the treated tooth is shaped in the dental office. そして、噛合せや隣在歯との干渉が歯科医師によって調整され、治療が完了する。 The interference between the meshing allowed and adjacent teeth is adjusted by the dentist, the treatment is completed. 上記方法によって補綴治療された歯の形状は、基本的にその歯が健康な状態であったときの形状に一致する。 Shape of teeth prosthesis treated by the method is basically the teeth matches the shape when was healthy. 従ってステップ9における調整はごく僅かなもので済む。 Thus adjustment in step 9 requires only negligible.

【0030】そしてステップ2に戻り、歯の補綴治療が必要になるたびにステップ3以下が実行される。 [0030] Then, the process returns to step 2, Step 3 following is executed whenever it needs to make a prosthetic dental treatment. 過去に本発明の方法で設計された補綴物によって補綴治療された歯を再び補綴治療する場合には、ステップ4の前又は後に、前回の治療時にステップ7で記録した補綴物モデルを記憶部から読み出して今回の初期モデル又は補綴物モデルと比較するステップを設けても良い。 When re prosthetic treating prosthetic treated teeth by prosthesis designed by the method of the present invention in the past, before or after step 4, the prosthesis model recorded in step 7 in the previous treatment from the storage unit it may be provided the step of comparing the read out time of the initial model or prosthesis model. 前記比較するステップは、例えば補綴物モデル生成部112を用いて2つの歯形モデルを重ね合わせて表示したり、両歯形モデルの差分を求めて共通部分とは異なる方法で表示することによって行うことができる。 It said comparing step is be done by displaying a different way than for example prosthesis model generating unit 112 and displays by overlapping two tooth model using the common portion obtains a difference between both teeth model it can. この比較表示は、初期モデルの形状の調整の容易化や、設計された補綴物モデルの形状の妥当性を検討するときに有効である。 The comparison display is facilitated and the adjustment of the shape of the initial model is effective when considering the appropriateness of the shape of the prosthesis models designed.

【0031】次に、前記歯形形状データベース(以下、 Next, the tooth profile database (hereinafter,
形状DBという)の詳細を説明する。 Describing the details of that shape DB). 形状DBは、患者の歯の印象を採取し、該印象に基づいて歯の模型を作製し、該模型の形状を計測してその形状データを得て、該形状データを所定の構造のデータベースに記憶させることにより構築される。 Shape DB, collect impression of the patient's teeth, based on the impression to form a dental model, to obtain the shape data to measure the 該模-like shape, the shape-data in a database of a given structure It is constructed by for storage. 形状DBには患者の属性情報、歯ならび情報、治療履歴情報なども記録され、患者の本人確認や補綴治療の方針決定の参考等に用いられる。 Patient of attribute information on the shape DB, row of teeth information, such as the treatment history information is also recorded, used as a reference, such as the policy decision of identification and prosthetic treatment of patients. なお、歯の形状を、歯の模型を計測するのではなく、実際の歯を口腔内で直接計測する技術、例えば口腔内に挿入した小型カメラで歯を撮影し、撮影した画像を解析して歯の形状を求めるなどの技術の開発が現在進められており、近い将来実用化されると思われる。 Incidentally, the shape of the teeth, instead of measuring the dental model, the actual teeth directly measurement technology in the oral cavity, taking the teeth inserted miniature camera for example into the oral cavity, by analyzing the captured image development of techniques such as determining the shape of the teeth are currently underway, it seems to be the near future practical use. 前記形状データはこのような計測技術によって得ても良い。 The shape data may be obtained by such measurement techniques.

【0032】形状DBは、図4に示したように第1レベル41、第2レベル42、第3レベル43の3つレベルで構成されている。 The shape DB is the first level 41, as shown in FIG. 4, the second level 42, is composed of three levels of third level 43. 第1レベル41には、主として患者の属性が記述されている。 The first level 41 has been mainly described the attributes of the patient. 患者の属性は患者本人に関する情報であり、歯との係わりは直接的にはない。 The patient of the attribute is information about the patient's own, regardless of the tooth is not to direct. 具体的には、各患者に付された患者識別符号(以下、患者I Specifically, patient identification code (hereinafter attached to each patient, I
D)、患者の氏名、住所、性別、年齢、電話番号、患者が加入している健康保険に関する情報等である。 D), is the information the patient's name, address, gender, age, telephone number, health insurance the patient has subscribed, and the like. 患者I Patient I
Dはこのシステムを利用する全ての患者毎に異なるものでなければならず、例えば国民年金番号などを用いることができる。 D must be different for each all patients using this system, for example, can be used as the national pension number.

【0033】第2レベル42には、歯の属性に関する情報が記述されている。 [0033] The second level 42, information about the attributes of the teeth is described. 前記情報には、その歯が属する患者の患者ID、各歯の歯形形状データ識別符号(以下、 The information, the patient ID of the patient to which the tooth belongs, each tooth tooth profile data identification code (hereinafter,
形状データID)、補綴履歴、補綴内容、補綴物の材質、補綴物の色合い、歯の位置、データ作成日などが含まれる。 Shape data ID), prosthetic history, prosthetic contents, the material of the prosthesis, color of the prosthesis, the position of the teeth, and the like data creation date. 形状データIDについては後に詳述する。 Will be described in detail later shape data ID. なお、各歯には図5に示すように歯番号が振られており、 Incidentally, each tooth has a tooth number is swung as shown in FIG. 5,
32種の歯番号で1人の患者に属する全ての歯(親知らずを含む)を表すことができる。 In 32 kinds of tooth numbers can represent all the teeth belonging to one patient (including the wisdom teeth).

【0034】第3レベル43には、各歯又はその補綴物の形状を表す歯形形状データ(以下、形状データ)が記述されている。 Thirdly level 43, tooth shape data representing the shape of each tooth or prosthesis (hereinafter, the shape data) are described. 形状データは、歯や補綴物の形状をその表面上の点の座標値として表した点群データである。 Shape data is a data group that represents the shape of the teeth and the prosthesis as a coordinate value of a point on that surface. 各形状データには形状データIDが付されている。 Each shape data are given the shape data ID. 形状データIDは、患者、歯番号、補綴履歴の一つでも異なれば異るものである。 Shape data ID are those yl Different patients, tooth numbers, even one of the prosthesis history. なお、形状データは公知の測定装置、例えば特開平7−181022や特開平9−159 The shape data is known measuring device, for example, JP-A-7-181022 and JP-A-9-159
419に開示された3次元形状測定装置で歯の模型を計測して得るか、例えば特開2000−107203に開示されたCADシステムによって設計された補綴物の形状データから得る。 419 or obtained by measuring the dental model in the disclosed 3-dimensional shape measuring device, obtained from the shape data of the prosthesis designed by CAD system disclosed in, for example, JP-2000-107203. 以下、各レベルの記録内容を詳細に説明する。 Hereinafter, explaining the recorded contents of each level in detail.

【0035】第1レベル41には、各患者毎に該患者に付された患者IDをファイル名とするファイルが作成されている。 [0035] in the first level 41, the file to the file name of the patient ID attached to the patient for each patient has been created. 図6に大井太郎氏(以下、患者Aという。患者ID20001)に関するファイルに記録された内容の一例を示す。 Taro Oi 6 shows an example of a content recorded in a file regarding (hereinafter. Patients ID20001 that the patient A). 前記ファイルには、患者の属性に関する前記各項目が記録されている(61)。 The file, each entry is recorded about the attributes of the patient (61). 更に、各歯の現在の状況を表した表62が記録されている。 Furthermore, Table 62 is recorded which represent the current status of each tooth. 表62の内容については後に詳説する。 Will be described in detail later in detail the contents of the table 62.

【0036】第2レベル42にも、各患者毎に、該患者に付された患者IDをファイル名とするファイルが作成されている。 [0036] Also in the second level 42, for each patient, file with the patient ID attached to the patient as the file name has been created. 各ファイルにはその患者IDの患者の各歯毎の属性を補綴状態が異なる毎に異なる1レコードとするレコード群が記録されている。 Each The file record group to different one record the attributes of each tooth of the patient's the patient ID each time the prosthesis different states are recorded. その内容の一例を図7 Figure 7 an example of its contents
に示す。 To show. 図7の各行が1レコードに対応している。 Each row of Figure 7 corresponds to one record.

【0037】前記各レコードには、歯番号、データ種別、補綴履歴、形状データID、補綴内容、補綴物の材質、補綴物の色合い、歯の位置データ、関係、データ作製日などが含まれている。 [0037] The each record, tooth number, data type, prosthesis history, shape data ID, prosthetic contents, the material of the prosthesis, color of the prosthesis, tooth position data, relationships, contains such data produced Date there. データ種別は、歯全体の形状データを1、補綴物の形状データを2として表している。 Data type represents the shape data of the entire dental 1, the shape data of the prosthesis as 2. 補綴履歴は、補綴されていない状態を0、補綴された状態を古い順に1、2、・・、nで表す。 Prosthetic history, represents a state that has not been prosthesis 0, 1 and 2 to the old order a prosthetic state,..., By n. 歯番号12 Tooth number 12
の歯は補綴治療を2回以上受けている(72)。 The tooth undergoing prosthetic treatment more than once (72). 本例では最新の2つだけを保持しそれ以前のデータは消去しているが、より多く保持していても良い。 In this example and data previously it holds only two latest being erased, it may also be more maintained. 逆に、より少なくしても良く、全く保持しなくても構わない。 Conversely, may be less, it may be omitted at all retained. 但し、その場合には以下に説明する内容の一部は適用されない。 However, in that case does not apply part of the contents to be described below.

【0038】補綴内容は、インレーを1、クラウンを2、ブリッジを3、単独義歯を4、複合義歯を5などで表す。 The prosthesis contents 1 inlays, 2 crowns, bridges 3, 4 alone denture represents a composite denture 5 or the like. また、歯の無い状態を便宜上、補綴内容99で表している。 For convenience the absence of teeth, are expressed in prosthetic contents 99. 歯の無い状態とは親知らずがまだ生えいていない状態(73)や、歯を欠損したままの状態(74) State of wisdom teeth is that there is no state of the teeth is not yet growing (73) and, while still lacking the teeth (74)
をいう。 The say.

【0039】補綴物の材質は、金を1、チタンを2、セラミックを3などで表す。 The material of the prosthesis represent a gold 1, titanium 2, the ceramic 3, or the like. 補綴物の色合いは補綴物がセラミックである場合に、その白さの程度を数値で表す。 Shades of the prosthesis when the prosthesis is a ceramic, representing the degree of whiteness numerically.
歯の位置データは、所定の座標系における歯の中心点及び歯の軸方向を示すものであり、データ種別1のレコードにのみ存在する。 Position data of the tooth, which shows an axial center point and the teeth in a predetermined coordinate system, only present in the data type 1 record. なお、歯の中心点、歯の軸は所定の方法で定義されるものとする。 The center point of the tooth, the axis of the tooth shall be defined in a predetermined manner.

【0040】関係は、ブリッジや複合義歯等で関連付けられた範囲や歯列矯正のためにワイヤーで結ばれ関連付けられた範囲を、独立した関連範囲毎に異なる記号で表したものである。 The relationship of the range associated connected by wires to the scope and orthodontic associated with bridges and composite dentures is a representation for each relevant range independent in different symbols. 本例では歯番号15〜17がブリッジ(記号B1と表示)されており、歯番号32〜42が歯列矯正中(記号K1と表示)であることを示している。 In this embodiment it has teeth numbers 15 to 17 are bridge (symbol B1 and the display), indicating that the tooth numbers 32-42 is in orthodontic (labeled symbol K1).
なお、歯列矯正による歯の移動状態を知るために前記歯の位置のデータが用いられる。 The data of the position of the tooth is used to determine the movement state of the teeth by orthodontic. データ作成日はその形状データの作成日を示す。 Data creation date indicates the creation date of the shape data.

【0041】なお、補綴内容が99である場合には歯番号以外の欄は空欄となる。 It should be noted, column other than the teeth number when prosthesis content is 99 is blank. 第3レベル43には、歯又は補綴物の表面上の点の位置を計測して得た各点の座標値が、レベル2の形状データIDをファイル名とするファイルに格納されている。 The third level 43, the coordinate values ​​of each point obtained by measuring the position of a point on the surface of the teeth or prosthesis are stored shape data ID of the level 2 in the file name and the file. 即ち、歯ID及び補綴履歴のいずれかが異なる毎に異なるファイルに格納されている。 That is, one of the teeth ID and prosthetic history are stored in different files for each different.
各ファイルに含まれる座標値の数nは一定ではなく各歯毎に異なるが、そのファイルサイズは100MB〜20 The number n of the coordinate values ​​included in each file is different for each tooth not constant, its file size 100MB~20
0MBに及ぶ。 Up to 0MB.

【0042】第3レベル43に記録された内容の一例を図8に示す。 [0042] An example of the recorded contents in the third level 43 shown in FIG. なお、備考欄は説明の為に付した欄であり実際の記録にはない。 It should be noted that the remarks column is a column that was subjected to for the explanation not in the actual recording. 図8において、81(ファイル1 8, 81 (file 1
0110〜ファイル10460)は、患者Aの親知らず4本と欠損したままになっている歯番号47の歯を除く27本の歯の健康状態における形状データである。 0110~ file 10460) is a shape data in the health of the 27 teeth excluding the teeth number 47 that remain deficient with four wisdom teeth of the patient A. 82 82
(ファイル20110〜ファイル20470)は、別の患者Bの親知らずを除く28本の歯の、健康状態における形状データである。 (File 20110~ file 20470) is 28 teeth except the wisdom teeth another patient B, and the shape data in the health condition. 83、84及び85は、夫々患者Aの歯番号11、12、21の補綴物の形状データである。 83, 84 and 85 are shape data of the prosthesis tooth number 11, 12 of the respective patient A. 86は患者Bの歯番号12の補綴物の形状データである。 86 is in the shape data of the prosthesis of the tooth No. 12 of the patient B.

【0043】87(ファイル30110〜ファイル30 [0043] 87 (file 30110~ file 30
470)は、更に別の患者Cの親知らずを除く28本の歯の、健康状態における形状データである。 470) is further for 28 teeth except the wisdom teeth another patient C, the shape data in the health condition. 88は、患者Aの歯番号28(親知らず)の健康状態での形状データである。 88 is the shape data in the health of the tooth number 28 (wisdom teeth) of the patient A. 88は81の形状データを作成した時点では生えていなかったが、歯番号28の親知らずが生えた後に印象を採取し作成した歯形模型を計測して得た形状データである。 88 did not grow at the time of creating the shape data 81, a shape data of the dental cast created collected impression obtained by measuring after grows wisdom teeth tooth number 28. 89は、患者Aの歯番号12の歯の補綴物の形状データであり、84の補綴治療以降になされた補綴治療に用いられた補綴物の形状データである。 89 is a shape data of the prosthesis of the teeth number 12 of the patient A, the shape data of the dental prosthesis used in prosthodontic treatment was made in prosthodontic treatment subsequent 84. レベル2において補綴履歴が古いレコードを消去するときに、 When the prosthetic history to erase the old record at level 2,
レベル3の対応する形状データも消去する。 Corresponding shape data of level 3 is also deleted.

【0044】この構造の歯形形状データベースにおいては、任意の患者の属性に関する情報は第1レベルのデータから抽出することができる。 [0044] In the tooth profile database for this structure, information about the attributes of any patient can be extracted from the first level of data. 任意の患者に属する任意の歯番号の歯の属性の詳細は、第1レベルの前記患者の患者IDで第2レベルを参照してファイル名が該患者I Any Any more teeth attributes tooth numbers belonging to the patient, the file name is the patient with reference to a second level in the patient ID of the patient's first level I
Dであるファイルとして抽出することができる。 It can be extracted as a file is D. 逆に、 vice versa,
第2レベルの任意のレコードは、そのレコードが含まれるファイルのファイル名で第1レベルを参照することによって、そのレコードが属する患者の属性を第1レベルのデータから知ることができる。 Any record of the second level, by referring to the first level in the file name of the file in which the records, it is possible to know the attributes of patients that record belongs from the first level of data.

【0045】第2レベルの歯番号と補綴履歴とに対応した形状データIDで第3レベルを参照することによって、任意の歯の形状データを抽出することができる。 [0045] By referring to the third level in the shape data ID corresponding to the a prosthesis history second level of tooth numbers, it is possible to extract the shape data of an arbitrary tooth. 逆に、第3レベルの形状データに付された形状データID Conversely, the shape data ID attached to the third level of shape data
で第2レベルを参照することによって、該形状データが属する歯の歯番号と補綴履歴、及び患者IDを特定することができる。 In by referring to the second level, it is possible to identify tooth numbers and prosthetic history of teeth the shape data belongs, and the patient ID.

【0046】ここで、第1レベルの表62(図6参照) [0046] Here, the first level table 62 (see FIG. 6)
を説明する。 It will be described. 表62には、32種の各歯番号に対して最新の補綴内容と関係とを対応付けるレコードが記録されている。 Table 62, a record associating the relationship between the latest prosthesis contents are recorded for 32 species of each tooth numbers. 表62は、患者の新規登録時に作成され、第2 Table 62 is created when a new registration of the patient, the second
レベルのデータが更新されたときに更新される。 Level of the data is updated when it is updated. 前記更新は、第2レベルからファイル名が欄61の患者IDに一致するファイルを選択し、各歯番号のレコードから補綴内容のデータが最大のレコードを選択し、そのレコードの該当項目を転記して行う。 The update file name from the second level to select the files that match the patient ID of the column 61, the data of the prosthesis content from the record of each tooth numbers and selecting the largest record, post the corresponding item of the record carried out. 従って、表62は常にその患者の歯の最新の状態を表している。 Accordingly, Table 62 is always represents the current state of the teeth of the patient.

【0047】さて、本発明の歯科補綴物設計方法は、図2に構成を示したようなスタンドアロンのコンピュータシステムで実行される他、例えば図9に構成の概略を示したコンピュータネットワークシステムで実行される。 [0047] Now, a dental prosthesis design method of the present invention is executed in a computer network system illustrated another running in a stand-alone computer system, such as showing a configuration in FIG. 2, a schematic configuration example in FIG. 9 that.
図9のコンピュータネットワークシステムは、歯科医院に設置されたパソコン91と歯科技工所に設置された作業用コンピュータ92とデータセンタに設置されたサーバーコンピュータ93と、これらを結ぶインターネット網などの通信手段94とで構成されている。 Computer network system of FIG. 9, the server computer 93 installed in the working computer 92 and the data center installed in the personal computer 91 and the dental laboratory installed in the dental office, communication means such as the Internet network connecting these 94 It is composed of a. また、歯科技工所の作業用コンピュータ92には、公知の歯形形状測定装置95とNCフライス盤などの加工装置96とが接続されている。 In addition, the working computer 92 of a dental laboratory, is connected to the processing device 96 such as a known tooth profile measuring device 95 and the NC milling machine.

【0048】前記形状DBは、第1レベルのデータ91 [0048] The shape DB is the first level data 91
1がパソコン91に、第2レベルのデータ931と第3 1 is a personal computer 91, a second level of data 931 3
レベルのデータ932とがサーバーコンピュータ93に分割されて格納されている。 And level data 932 are stored is divided into the server computer 93. 図2の手順が上記構成のコンピュータネットワークシステムにおいて実行される場合の手順を詳細に説明する。 Procedure of Figure 2 will be described procedure in detail when executed in a computer network system having the above configuration.

【0049】まず、図2のステップ1は図10に詳細を示した手順によって実行される。 Firstly, Step 1 in FIG. 2 is executed by the procedure shown in detail in FIG. 10. ステップ11では、歯科医院において、患者の氏名、住所、年齢などの属性データがパソコン91に入力される。 In step 11, in the dental clinic, the patient's name, address, attribute data such as age is input to the PC 91. パソコン91はその患者の患者IDをファイル名とするファイルをパソコン91の記憶装置上に作成し前記属性データを記録する(表61)。 PC 91 records the attribute data to create a file for the patient ID of the patient and the file name in a storage device of the personal computer 91 (Table 61). 同時にパソコン91は表62を用意する。 At the same time the personal computer 91 to prepare the table 62.
この時点では、いずれの表も歯番号以外の欄は空欄とされる。 At this point, column other than any table even teeth number is blank.

【0050】ステップ12では、歯科医院において歯の存否、及び既に補綴されている歯に関する情報、即ち補綴内容、材質、色合い、関係がパソコン91に入力され表62の各欄に記入される。 [0050] At step 12, presence or absence of teeth in the dental office, and already information on teeth being prosthesis, i.e. the prosthesis content, material, color, relations are entered in each field of the input to the PC 91 Table 62. 表62は前記入力を容易とする為に、更には後にステップ22で表示した表62から歯の現状把握が容易であるように、歯番号を歯並びの順に表示している。 Table 62 in order to facilitate the input, further, as after the current situation of the teeth from the table 62 displayed in step 22 is easy, and displaying the teeth number in the order of dentition. 図12の表121は、この時点での表62の状態を示したものである。 Table 121 in FIG. 12 is a diagram showing a state of the table 62 at this point. 親知らずは4本ともまだ生えていないので該当する歯番号の最新補綴内容欄は99とされている(123)。 Wisdom teeth latest prosthetic contents column of the corresponding tooth number since all four have not yet grown is 99 (123). 抜けたまま放置されている歯、歯番号47の最新補綴内容欄も99とされている(124)。 Teeth that are left with missing, there is a recent prosthesis contents column also 99 tooth number 47 (124). また、既にクラウン補綴されている歯番号27の最新補綴内容欄は2とされ、材質、色合の各欄に該当する記号が記入されている(122)。 Also, already latest prosthetic content column tooth number 27, which is a crown prosthesis is a 2, it entered a symbol corresponding material, in each field of the shade (122).

【0051】ステップ13では、表121のデータが患者IDと共にサーバーコンピュータ93に送られる。 In Step 13, the data in Table 121 is sent to the server computer 93 with the patient ID. ステップ14では、その患者の全ての歯の歯形印象が採られ、患者IDを添えて歯科技工所に送られる。 At step 14, tooth impression of all the teeth of the patient is taken and sent to the dental laboratory along with a patient ID.

【0052】ステップ15では、歯科技工所において前記印象に基づいて作成された歯形模型が歯形形状測定装置95で計測され、各歯の全体形状を示す形状データ(基本歯形データ)が生成される。 In step 15, the dental cast was created from the impression in the dental laboratory is measured by tooth profile measuring device 95, the shape data (basic tooth profile data) showing the entire shape of each tooth is produced. 同時に歯の位置を測定して歯の位置データを生成する。 Generating position data of the tooth to measure the position of the teeth at the same time.

【0053】ステップ16では、作業用コンピュータ9 [0053] In step 16, a working computer 9
2が各歯の形状IDを所定のルールに従って決定する。 2 determines the shape ID of each tooth according to a predetermined rule.
このステップをステップ15の前に行い、決定された形状データID及び患者ID、歯番号をステップ15で生成される各歯の基本歯形データの識別などに用いても良い。 Perform this step prior to the step 15, the determined shape data ID and the patient ID, the tooth numbers can be used, for example, identifying the base tooth profile data of each tooth that is generated in step 15.

【0054】ステップ17では、作業用コンピュータ9 [0054] In step 17, a working computer 9
2が各歯の基本歯形データと歯の位置データとを歯形形状測定装置95から読み込み、夫々に形状データIDとデータ種別(ここでは1)とデータ採取日とを添えてサーバーコンピュータ93に送信する。 2 reads the position data of the basic tooth profile data and the teeth of each tooth from the tooth profile measuring device 95, the shape data ID and data type respectively (in this case 1) transmits along with the data collection date on the server computer 93 .

【0055】ステップ18では、サーバーコンピュータ93が前記基本歯形データを前記形状データIDをファイル名としてファイルに記録する。 [0055] In step 18, the server computer 93 to record the basic tooth profile data to file the form data ID as the file name. これが第3レベルのデータ932である。 This is the data 932 of the third level. ステップ19では、サーバーコンピュータ93がステップ13で受けた表121のデータとステップ17で受けたデータとを表71の書式で記録する。 In step 19, the data server computer 93 is received at the data and the step 17 of the table 121 received at step 13 to record in the format of Table 71. これが第2レベルのデータ931である。 This is the second level of the data 931. 前記記録に際し、補綴履歴欄を、表121の補綴内容欄が99 Upon the recording, the prosthetic history column, prosthetic content column of the table 121 99
以外の数値である場合には1、99である場合には空欄、空欄である場合には0とする。 And 0 if blank, it is blank in the case when a value other than a 1,99. 補綴内容欄が99であるレコードは歯番号欄を除き空欄となる。 Record prosthesis content column is 99 is blank except for the teeth number column. その結果、 as a result,
表71からデータ種別が1又は空欄以外のレコードが削除された状態の表が作成される。 Data type from the table 71 is a table of state record is deleted except one or blank is created. この表に含まれるレコード数は32レコードである。 The number of records contained in the table is 32 records.

【0056】上記処理を初めて行ったときには存在せず図12の表121において補綴内容を99とされた歯(123)がその後生えたときには、その歯について前記ステップ12〜ステップ19の処理を行う。 [0056] When tooth prosthetic content was set to 99 in the table 121 in FIG. 12 does not exist when performing the first time the process (123) is then grown performs the process of step 12 to step 19 for the teeth. この場合にはステップ19において、該当するレコードが上書きされる。 In Step 19 In this case, the corresponding record is overwritten. 表71の歯番号28は、そのようにして内容が更新された状態になっている。 Tooth number 28 in Table 71, in a state where the content in this manner has been updated.

【0057】次に、図2のステップ2〜ステップ4の処理手順の詳細を図11によって説明する。 Next, it will be explained with reference to FIG. 11 the details of the processing procedure of steps 2 4 of Figure 2. 図2のステップ2の補綴治療の要否判断に際し、歯科医師は形状DB Upon necessity determination prosthetic treatment of Step 2 of Figure 2, dentist shape DB
のデータを参照することができる。 It is possible to see the data. 図11のステップ2 11 Step 2
1〜ステップ24がこれに該当する。 1 step 24 corresponds to this.

【0058】ステップ21において、パソコン91は入力された患者名によって第1レベルの表61のデータを検索し、該当するファイルを検出する。 [0058] In step 21, computer 91 retrieves the data of the first level of the table 61 by the patient name input, it detects the appropriate file. 患者IDが判っている場合は患者IDで検索しても良い。 If you know the patient ID may be searched by patient ID. そして検出したファイルの患者属性データ即ち表61を表示し、確認入力(複数のデータが検出された場合は選択入力)を求める。 And displays the patient attribute data i.e. Table 61 of the detected file, obtaining the confirmation input (if multiple data is detected select input). この処理は第1レベルのデータのみで処理することができる。 This treatment can be treated only with the first level of data.

【0059】ステップ22では、パソコン91は前記確認入力に応じてその患者の歯の現状を表示する。 [0059] At step 22, the personal computer 91 displays the current state of the teeth of the patient in response to the confirmation input. 即ち、 In other words,
表62、或いは表62を参照して作成した画面(図1 Table 62, or screen created with reference to Table 62 (FIG. 1
3)を表示する。 3) to display. 図13においては、健康歯は無印、インレー歯は○、クラウン歯は◎、ブリッジ歯はB、欠損歯は●、矯正中の歯はKで表示される。 13, Health tooth unmarked, inlay teeth ○, crown teeth ◎, bridge teeth of B, deficiency teeth ●, teeth in straightening is displayed in K. 図13の画面には詳細表示ボタン131が設けられている。 Detailed display button 131 is provided on the screen of FIG. 13. 前記処理は、第2レベルの表71を直接参照して行うこともできるが、第1レベルに表62を設けたのでパソコン91が記録している第1レベルのデータのみで行うことができるので軽快に処理することができる。 The treatment can also be carried out with reference to the second level of the table 71 directly, because since the table 62 is provided on the first level can be carried out only in the first-level computer 91 is recording data it can be treated lightly.

【0060】ステップ23では、パソコン91は詳細表示ボタン131のマウスクリックに応じてサーバーコンピュータ93にアクセスして第2レベルのデータ(表7 [0060] At step 23, the PC 91 accesses the server computer 93 in response to a mouse click detailed display button 131 a second-level data (Table 7
1)を表示する。 1) to display. 図13において任意の歯がマウスクリックされた後に詳細表示ボタン131がマウスクリックされた場合は、表71のその歯番号の部分だけを表示する。 Detailed display button 131 after any teeth are mouse click 13 is if it is a mouse click, to display only part of the tooth numbers in Table 71.

【0061】ステップ24では、歯科医師がステップ2 [0061] In step 24, dentist Step 2
2、ステップ23の表示を参照して補綴治療の要否を判断する。 2, to determine the necessity of the prosthesis treated with reference to the display in step 23. ステップ25では、歯科医院で治療対処歯の虫歯部分を取り除き整形された支台歯の印象が採取され、 In step 25, the impression of the shaped abutment remove caries portion of the treatment addressed teeth dental office is taken,
その歯の基本歯形形状データの形状データIDを添えて歯科技工所へ送られる。 It is sent to a dental laboratory along with the shape data ID of the basic tooth profile data of the teeth. 前記形状データIDはステップ23で表示された表71において、歯番号が治療対象歯の番号であり且つデータ種別が1である欄の符号として知ることができる。 In Table 71 the shape data ID is displayed in step 23, and the data type teeth number is the number of the treated tooth can be known as a sign of the field is 1.

【0062】なお、ステップ19の後に、サーバーコンピュータ93が患者IDと歯番号とを付した形状データIDをパソコン91に送り、パソコン91がこれを受けて表62に追加記録するステップを設け、ステップ25 [0062] Incidentally, after step 19, it sends the shape data ID server computer 93 is denoted by the patient ID and the teeth number to the computer 91, provided the step of adding recording computer 91 receives this Table 62, step 25
では表62から読み取った形状データIDを用いるようにしても良い。 In may be used a shape data ID read from the table 62. この場合には、ステップ23は過去の補綴履歴を特に必要とする場合以外は不要となる。 In this case, step 23 unless particularly required past prosthesis history becomes unnecessary.

【0063】ステップ26では、歯科技工所において前記印象に基づいて作製された支台歯の模型の形状が歯形形状測定装置95によって計測され、支台歯歯形データが生成される。 [0063] At step 26, the shape of a model of an abutment tooth made on the basis of the impression in the dental laboratory is measured by tooth profile measuring device 95, abutment tooth data is generated. ステップ27では、作業用コンピュータ92は前記支台歯歯形データを歯形形状測定装置95から読み込むと共に、サーバーコンピュータ93から前記形状データIDの形状データを読み込む。 In step 27, the working computer 92 reads in the abutment tooth data from the tooth profile measurement device 95 reads the shape data of the shape data ID from the server computer 93. この形状データは基本歯形データである。 This shape data is the basic tooth profile data.

【0064】ステップ28では、作業用コンピュータ9 [0064] In step 28, a working computer 9
2は支台歯歯形データから作製した支台歯歯形モデルと基本歯形データから作製した基本歯形モデルとをコンピュータ画面上に表示し、支台歯歯形モデルの非整形部分が基本歯形モデルと一致するように重ね合わせ、両者の差分を求めて補綴物の初期モデルとする。 2 displays the basic tooth profile model produced from abutment tooth model and the basic tooth profile data produced from abutment tooth data on a computer screen, unshaped portion of the abutment tooth model matches the basic tooth profile model was as superimposed, the initial model of the prosthesis obtaining a difference therebetween. そして、作業用コンピュータ92は歯科技工士等、補綴物設計者の指示入力に基づいて初期モデルを変形させる。 Then, the working computer 92 dental technician or the like, to deform the initial model based on the instruction input of the prosthesis designers. 前記指示入力は補綴物がその機能を充分に発揮するように補綴物の形状を調整する為の指示入力である。 The instruction input is an instruction input for adjusting the shape of the prosthesis so that the prosthesis is sufficiently exhibit its function. かくして、補綴物の設計が完了する。 Thus, the design of the prosthesis is completed.

【0065】補綴物の種類によっては補綴物を設計する時に周囲の歯との干渉や噛合せのチェックが必要である。 [0065] Depending on the type of prosthesis requires a check interfere and meshing with the teeth of the surroundings when designing a prosthesis. そこで、ステップ24において歯科医師に補綴物の種類を入力させ、ステップ27に先立って作業用コンピュータ92は前記補綴物の種類に基づいて補綴物の形状に影響を与える歯の範囲を決定し、その歯の形状データIDを求める。 Accordingly, to enter the type of prosthesis to the dentist in step 24, the working computer 92 prior to the step 27 determines the range of teeth which affects the shape of the prosthesis based on the type of the prosthesis, its obtaining the shape data ID of the teeth. 例えば、インレーであれば対合歯、クラウンであれば隣在歯と対噛歯とが対象とされる。 For example, antagonistic tooth, and the adjacent teeth and counter 噛歯 if crown is targeted if inlay. そして、ステップ27において、作業用コンピュータ92は前記形状データIDの形状データに加え、前記決定した範囲の歯の形状データもサーバーコンピュータ93から読込む。 Then, in step 27, the working computer 92 the addition to the shape data of the shape data ID, reads the shape data also server computer 93 of the teeth of the range the determined. そして、ステップ28において、これらの形状データに基づいて作成・表示された歯形モデルを用いて補綴物が設計される。 Then, in step 28, the prosthesis is designed using a tooth model created and displayed based on these shape data.

【0066】歯科技工士による補綴物の設計を容易にする為に、ステップ28に作業用コンピュータ92が歯科技工士の旧補綴物表示要求の入力に応じて過去の補綴物の属性や形状を表示する処理を加えても良い。 [0066] In order to facilitate the prosthesis of the design by the dental technician, display the attributes and the shape of the past of the prosthesis according to the input of the work for the computer 92 to step 28 the old prosthesis request to display the dental technician processing may be added to. 作業用コンピュータ92は、所定の操作による旧補綴物表示要求の入力に応じてサーバーコンピュータ93にアクセスし、第2レベルの表71を参照して前記形状データID Work computer 92 accesses the server computer 93 in response to the input of the old prosthesis display request by a predetermined operation, the shape data ID with reference to the second level of the table 71
の歯と歯番号が同一のレコードから補綴履歴の値が最大のレコードを検出してその内容を読み込み、表示する。 The value of the prosthesis history teeth and tooth numbers are from the same record of detecting the maximum of the record read its contents, and displays.

【0067】更に、そのレコードの形状データIDを参照して第3レベルから該当する形状データを読み込み、 [0067] Further, read the shape data corresponding the third level with reference to the shape data ID of the record,
該形状データに基づいて構成した旧補綴物モデルを表示する。 Displaying the old prosthesis model constructed on the basis of the shape data. 設計中の補綴物モデルと旧補綴物モデルとを比較することによって、より好ましい形状の補綴物を設計することができる。 By comparing the prosthesis model and the old prosthesis model in the design, it is possible to design a more preferred prosthesis shape. 設計中の補綴物モデルと旧補綴物モデルとを重ねて表示するようにすれば両者の差を明確にすることができ好ましい。 Preferably it is possible to clarify the difference between them when to display superimposed a prosthesis model and the old prosthesis model in the design. 前記比較は、前記2つのモデルの対応する断面形状を用いて行っても良い。 The comparison may be performed using a corresponding cross-sectional shape of the two models.

【0068】ステップ29では、作業用コンピュータ9 [0068] In step 29, a working computer 9
2は前記設計された補綴物モデルの形状をその表面上の点群の座標値で表した形状データを生成し、これに新たな形状データIDを付してサーバーコンピュータ93に送信する。 2 generates shape data representing the shape of the prosthesis models the design coordinate values ​​of the point group on its surface, is sent to the server computer 93 are denoted by the new shape data ID thereto. 更に、前記形状データIDと補綴内容、材質、色合い、関係、データ採取日等の補綴物属性を患者ID及び歯番号と共にサーバーコンピュータ93に送信する。 Furthermore, transmitting the shape data ID and prosthetic content, material, color, relations, the prosthesis attribute data collection date, etc. on the server computer 93 with the patient ID and tooth number. なお、補綴物属性は歯属性の一部である。 Incidentally, the prosthesis attribute is part of a tooth attributes. 前記補綴物属性は作業用コンピュータ92のキーボードなどから入力される。 The prosthesis attribute inputted from a keyboard of the working computer 92.

【0069】ステップ30では、サーバーコンピュータ93は前記形状データを前記形状データIDをファイル名として第3レベルに追加記録する。 [0069] At step 30, the server computer 93 adds records the shape data in the third level of the shaped data ID as the file name. 更に、サーバーコンピュータ93は、前記患者IDをファイル名とする第2レベルのファイルの表71に前記補綴物属性を新たなレコードとして追加記録する。 Further, the server computer 93 may include additional records the prosthesis attribute in Table 71 of the second level files that the patient ID as the file name as a new record. その結果、第2レベルのレコード数は増加する。 As a result, the number of records of the second level is increased. 図7の表71はそのようにてレコード数が増加した状態を示している。 Table 71 of FIG. 7 shows a state in which the number of records increases in such. なお、前記追加記録の際にデータ種別は2とし、補綴履歴を同一歯番号の既存レコードの最大値+1とする。 The data type in the additional recording is set to 2, the prosthetic history and maximum value +1 existing records in the same tooth number. 補綴治療が繰り返された結果、同一歯番号のレコードが4つ以上になるときは補綴履歴が0以外で最小値であるレコードを上書き更新する。 Results prosthetic treatment is repeated, when the record of the same tooth number is four or more overwrites the record prosthetic history is the minimum value is not zero.

【0070】ステップ31では、サーバーコンピュータ93が前記追加又は更新されたレコードにそのレコードが属するファイル名を添えてパソコン91に送信する。 [0070] In step 31, along with the name of the file to the record belongs to the record that the server computer 93 is the additional or update to send to the personal computer 91.
パソコン91はファイル名が一致する第1レベルのファイルの表62に所定の内容を転記する。 PC 91 to post certain contents in the table 62 of the first level of the file whose name matches. その結果、表6 As a result, Table 6
2はその患者の最新の歯の状態を示すデータに更新される。 2 is updated to data indicating the state of the art of the teeth of the patient. ステップ31の処理は、ステップ21の処理を行うときにその処理に先立ってパソコン91がサーバーコンピュータ93にアクセスして行うようにしても良い。 Processing in step 31, the PC 91 may perform to access the server computer 93 prior to its processing when performing the processing in step 21.

【0071】上記手順に続き図2のステップ8以降が実施されるが、ステップ8は作業用コンピュータ92で実施される。 [0071] Although subsequent Step 8 continued Figure 2 in the above procedure is performed, step 8 is carried out at a working computer 92. 作業用コンピュータ92が補綴物モデルから補綴物形状データを生成して該補綴物形状データを加工装置96に送信する。 Work computer 92 generates a prosthesis shape data from the prosthesis model and transmits the prosthesis form data to the processing device 96. 加工装置96は受信した補綴物形状データから加工に必要なデータを生成して補綴物を製作する。 Processing apparatus 96 generates the data required for processing the received prosthesis shape data for fabricating a prosthesis.

【0072】以上説明した歯形形状データベースでは親知らずのデータも記録できるようにしたが、親知らずは生えると直ぐに抜歯されることが多いので記録対象から外し、図6の表62や図10のステップ19で記録する表71から歯番号18、28、38、48の欄を削除しても良い。 [0072] In the above tooth profile database as described but as also wisdom tooth data can be recorded, since wisdom teeth are often extraction as soon as grow detached from the recording target, at step 19 the table 62 and 10 in FIG. 6 or from the table 71 to be recorded by deleting the column of teeth numbers 18,28,38,48.

【0073】上記設計方法及び設計システムにおいては、第1レベルのデータ、即ち患者の属性に関するデータは歯科医院のパソコン91に格納され、外部には患者ID、歯番号、形状データIDのみを出力するから個人情報は保護されている。 [0073] In the design method and design system, the first level of data, i.e., data about the attributes of the patient are stored in the computer 91 of the dental office, the external output patient ID, tooth number, only the shape data ID personal information is protected from. 更に、データセンタのサーバーコンピュータ93に第2レベル、第3レベルのデータを格納したので、別の歯科医院で補綴治療を受ける場合や、歯科医院が利用する歯科技工所を変えた場合でもそのデータを利用することができる。 Further, the second level to the server computer 93 of the data center, since stored data of the third level, or when, the data even when the dental office has changed its dental laboratory utilizing undergoing prosthetic treatment in another dental office it can be utilized.

【0074】なお、図9において、歯科医院のパソコン91又は歯科技工所の作業用コンピュータ92に第2レベルのデータを格納するようにすることもできる。 [0074] In FIG. 9, it is also a work computer 92 of the personal computer 91 or the dental laboratory in a dental clinic be adapted to store a second-level data. 前者の場合、パソコン91は第1レベルの表62を作成せず、第2レベルの表71を利用する。 In the former case, the PC 91 does not create a table 62 of the first level, using the second level of the table 71. 更に、作業用コンピュータ92に第2レベルのデータ及び第3レベルのデータを保有させても良く、この場合には使える歯科技工所が限定されるがデータセンタは不要となる。 Further, it may also be held data of the second level of the data and the third level in the working computer 92, although dental laboratory for use in this case is limited data center is not required.

【0075】各レベルは前記説明したものとは異なるデータ構造とすることができる。 [0075] Each level can be a different data structure than those described above described. 例えば、図14に本発明の形状DBの第2レベルの別例を示す。 For example, showing another example of the second-level shape DB of the present invention in FIG. 14. 本例においては、図7の各レコードにそのレコードが属する患者の患者IDを付して多数の患者の歯属性データが1つのファイルに記録されている。 In this example, the teeth attribute data of many patients are given the patient ID of the patient to which the record belongs to each record of Figure 7 is recorded in a single file. 即ち、患者ID20001の患者についてのレコードと、患者ID20002の患者についてのレコードとが発生順に混在している。 In other words, a record for the patient of patient ID20001, and a record for the patient of patient ID20002 are mixed in the order in which they occur. 図14において、141の部分には、患者ID20001の患者の健康な状態での歯属性(4本の親知らずが生えていないとの情報も含む)が32本の歯について記述されている。 14, portions 141 (including information that no grows four wisdom teeth) teeth attributes in healthy condition of the patient's patient ID20001 is described for 32 teeth. 142の部分には、患者ID20002の患者の健康な状態での歯属性が32本の歯について記述されている。 The 142 parts of teeth attributes in healthy condition of the patient's patient ID20002 have been described for 32 teeth. それに続く部分143には、患者ID20002の患者についてのレコード144と患者ID20001の患者についてのレコード(144以外)とが含まれている。 The portion 143 that follows, contains a record (144 otherwise) for patients in the record 144 and the patient ID20001 for patients patient ID20002.

【0076】また、第3レベルも他のレベルと同様に患者ID毎のレコードを1つのファイルにまとめて記録するようにすることもできる。 [0076] It is also possible to make the third level as well as other levels are recorded together records for each patient ID in one file.

【0077】 [0077]

【発明の効果】本発明によれば、コンピュータにかかる負荷が小さく、アプリケーションプログラムが求めに対して高い応答性をもって応ずる歯形形状データベースを構築することができる。 According to the present invention, it is possible to load on the computer is small, the application program is to construct a tooth profile database to comply with a high responsiveness to seek.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の歯形形状ベータベースを用いた歯科補綴物の設計方法が実施されるシステムの構成を示した図である。 1 is a diagram designing method showing the configuration of a system implemented in tooth profile beta based dental prostheses using the present invention.

【図2】本発明の歯形形状ベータベースを用いた歯科補綴物の設計方法による歯科補綴治療の手順を示した図である。 A diagram illustrating a procedure of a dental prosthesis treatment by a method of designing a dental prosthesis using a tooth profile beta based of the present invention; FIG.

【図3】本発明の歯形形状ベータベースを用いた歯科補綴物の設計方法を説明した図である。 3 is a diagram for explaining a method of designing a dental prosthesis using a tooth profile beta based the present invention.

【図4】本発明の歯形形状データベースの構造を示した図である。 4 is a diagram showing the structure of the tooth profile database of the present invention.

【図5】歯番号を説明する説明図である。 5 is an explanatory diagram for explaining the teeth number.

【図6】第1レベルの内容を示した図である。 6 is a diagram showing a first level content.

【図7】第2レベルの内容を示した図である。 7 is a diagram showing the contents of the second level.

【図8】第3レベルの内容を示した図である。 8 is a diagram showing the contents of the third level.

【図9】本発明の歯形形状ベータベースを用いた歯科補綴物の設計方法が実施される別のシステムの構成を示した図である。 9 is a diagram designing method showing the configuration of another system implemented dental prosthesis using the tooth profile beta based the present invention.

【図10】図2のステップ1の詳細を説明する図である。 10 is a diagram illustrating the details Step 1 of Figure 2.

【図11】図2のステップ2〜ステップ4の詳細を説明する図である。 11 is a step 2 illustrates details of step 4 in FIG. 2.

【図12】図11のステップ12における表62の状態を示した図である。 12 is a diagram showing a state of the table 62 at step 12 in FIG. 11.

【図13】図11のステップ22において、歯の現状を表示した図である。 In step 22 of FIG. 13 FIG. 11 is a diagram that displays the current state of the teeth.

【図14】第2レベルの内容の別の例を示した図である。 14 is a diagram showing another example of the contents of the second level.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11……コンピュータ 12……歯形形状測定装置 13……NC加工装置 14……記憶装置 31……整形処理された歯のコンピュータモデル 32……健康時の歯のコンピュータモデル 33……コンピュータモデル31において、整形処理された歯の非整形部に該当する部分 34……コンピュータモデル32において、33に該当する部分 35……マージンライン 36……コンピュータモデル21とコンピュータモデル22の差分 37……補綴物 91……歯科医院のパソコン 92……歯科技工所の作業用コンピュータ 93……データセンタのサーバーコンピュータ 11 In ...... computer 12 ...... tooth profile measuring device 13 ...... NC machining apparatus 14 ...... storage device 31 ...... shaping process tooth of computer model 32 ...... teeth during health computer model 33 ...... computer model 31 in the portion 34 ...... computer model 32 corresponding to the unshaped portion of teeth shaping process, corresponding to 33 parts 35 ...... margin line 36 difference 37 ...... computer model 21 and the computer model 22 ...... prosthesis 91 ...... dental clinic of the personal computer 92 ...... dental laboratory of the working computer 93 ...... data center server computer

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 大槻 正樹 東京都千代田区丸の内3丁目2番3号 株 式会社ニコン内 (72)発明者 野本 徹志 東京都品川区二葉1丁目3番25号 株式会 社ニコン技術工房内 Fターム(参考) 5B046 AA00 KA05 5B075 ND20 NK07 NK46 NR02 PP02 PP03 PQ02 PQ69 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Masaki Otsuki Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 3-chome No. 2 No. 3 Co., Ltd. in the Nikon (72) inventor under Tetsushi Shinagawa-ku, Tokyo Futaba 1-chome No. 3 No. 25 stock Board company Nikon technology workshop in the F-term (reference) 5B046 AA00 KA05 5B075 ND20 NK07 NK46 NR02 PP02 PP03 PQ02 PQ69

Claims (10)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 患者を特定する患者識別符号と該患者の属性データとからなる患者データの集合である第1のデータ群と、 前記患者識別符号と該患者識別符号に該当する患者に属する歯の属性データとその歯の形状データに付された形状データ識別符号とからなる歯属性データの集合である第2のデータ群と、 歯の形状データとその形状データに付された形状データ識別符号とからなる歯形形状データの集合である第3のデータ群とからなることを特徴とする歯形形状データベース。 1. A tooth belonging to the first data group is a set of patient data comprising the patient identification code and the patient attribute data for specifying the patient, the patient corresponding to the patient identification code and the patient identification code the attribute data and the second data group is a set of teeth attribute data comprising a given shape data identification code to the shape data of the teeth, the shape data and the shape data in the assigned shape data identification code tooth profile database, characterized by comprising a third data group is a set of tooth shape data consisting of a.
  2. 【請求項2】 請求項1において、 第2のデータ群と第3のデータ群の少なくとも一方は、 2. The method of claim 1, at least one of the second data group and the third group of data,
    患者識別符号毎に分けて記録されていることを特徴とする歯形形状データベース。 Tooth profile database, characterized in that it is recorded separately for each patient identification code.
  3. 【請求項3】 請求項1において、 前記歯属性データは、複数歯にわたって施された歯科治療名とその範囲とを示すデータを含むことを特徴とする歯形形状データベース。 3. The method of claim 1, wherein the tooth attribute data, tooth profile database which comprises data indicating dental names applied across teeth and their scope.
  4. 【請求項4】 請求項1において、 前記歯属性データは、各歯の相対的位置を示すデータ、 4. The method of claim 1, wherein the tooth attribute data, data indicating the relative position of each tooth,
    又は歯軸線の方向示すデータを含むことを特徴とする歯形形状データベース。 Or tooth profile database which comprises data indicative of the direction of the tooth axis.
  5. 【請求項5】 請求項1において、 新たな患者データが作られたとき、第2のデータ群に前記患者に対応する28若しくは32の歯属性データ記録欄が作られることを特徴とする歯形形状データベース。 5. The method of claim 1, when a new patient data is made, tooth profile, wherein the tooth attribute data record field of the second data 28 or corresponding to the patient group 32 is made database.
  6. 【請求項6】 請求項1において、 前記患者データは、最新の歯属性データの所定の項目内容を示すデータを含むことを特徴とする歯形形状データベース。 6. The method of claim 1, wherein the patient data, tooth profile database which comprises data indicative of a predetermined field contents of the latest dental attribute data.
  7. 【請求項7】 請求項6において、 前記データは、第2のデータ群が更新されたときに更新されることを特徴とする歯形形状データベース。 7. The method of claim 6, wherein the data is tooth profile database, wherein the second data group is updated when it is updated.
  8. 【請求項8】 請求項6において、 前記データは、第1のデータ群において任意の患者が選択されたとき、該患者に関するデータが更新されることを特徴とする歯形形状データベース。 8. The method of claim 6, wherein the data, when any of the patients in the first data group is selected, tooth profile database, wherein the data relating to the patient is updated.
  9. 【請求項9】 請求項1において、 第1のデータ群は歯科医院に保有され、第3のデータ群はデータセンタに保有されることを特徴とする歯形形状データベース。 9. The method of claim 1, the first data group is held in the dental office, the third data group tooth profile database, characterized in that it is held in the data center.
  10. 【請求項10】 請求項1において、 入力された患者識別符号と補綴物の種類と補綴対象歯番号とに基づき、補綴物の形状に影響を与える歯の範囲を判断し、その範囲の歯の形状データを外部に出力することを特徴とする歯形形状データベース。 10. The method of claim 1, based on the type and prosthetic dental object number of the input patient identification code and the prosthesis, to determine the scope of the teeth that affect the shape of the prosthesis, the teeth of the range tooth profile database and outputs shape data to the outside.
JP2001114818A 2001-04-13 2001-04-13 Tooth form profile database Pending JP2002312373A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001114818A JP2002312373A (en) 2001-04-13 2001-04-13 Tooth form profile database

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001114818A JP2002312373A (en) 2001-04-13 2001-04-13 Tooth form profile database

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002312373A true true JP2002312373A (en) 2002-10-25

Family

ID=18965814

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001114818A Pending JP2002312373A (en) 2001-04-13 2001-04-13 Tooth form profile database

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002312373A (en)

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007209473A (en) * 2006-02-08 2007-08-23 Gikou:Kk Support device for making dental prosthesis and program
US7580922B2 (en) 2005-01-04 2009-08-25 International Business Machines Corporation Methods for relating data in healthcare databases
US7792774B2 (en) 2007-02-26 2010-09-07 International Business Machines Corporation System and method for deriving a hierarchical event based database optimized for analysis of chaotic events
US7853611B2 (en) 2007-02-26 2010-12-14 International Business Machines Corporation System and method for deriving a hierarchical event based database having action triggers based on inferred probabilities
US7930262B2 (en) 2007-10-18 2011-04-19 International Business Machines Corporation System and method for the longitudinal analysis of education outcomes using cohort life cycles, cluster analytics-based cohort analysis, and probabilistic data schemas
US8055603B2 (en) 2006-10-03 2011-11-08 International Business Machines Corporation Automatic generation of new rules for processing synthetic events using computer-based learning processes
US8121858B2 (en) 2008-03-24 2012-02-21 International Business Machines Corporation Optimizing pharmaceutical treatment plans across multiple dimensions
US8131472B2 (en) 2004-09-28 2012-03-06 International Business Machines Corporation Methods for hierarchical organization of data associated with medical events in databases
US8145582B2 (en) 2006-10-03 2012-03-27 International Business Machines Corporation Synthetic events for real time patient analysis
US8200501B2 (en) 2006-01-26 2012-06-12 International Business Machines Corporation Methods, systems and computer program products for synthesizing medical procedure information in healthcare databases
US8346802B2 (en) 2007-02-26 2013-01-01 International Business Machines Corporation Deriving a hierarchical event based database optimized for pharmaceutical analysis
US8495069B2 (en) 2004-10-12 2013-07-23 International Business Machines Corporation Associating records in healthcare databases with individuals
US8566113B2 (en) 2006-02-07 2013-10-22 International Business Machines Corporation Methods, systems and computer program products for providing a level of anonymity to patient records/information
US8712955B2 (en) 2008-01-02 2014-04-29 International Business Machines Corporation Optimizing federated and ETL'd databases with considerations of specialized data structures within an environment having multidimensional constraint
US9202184B2 (en) 2006-09-07 2015-12-01 International Business Machines Corporation Optimizing the selection, verification, and deployment of expert resources in a time of chaos

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8131472B2 (en) 2004-09-28 2012-03-06 International Business Machines Corporation Methods for hierarchical organization of data associated with medical events in databases
US8782780B2 (en) 2004-09-28 2014-07-15 International Business Machines Corporation Hierarchical organization of data associated with events
US8892571B2 (en) 2004-10-12 2014-11-18 International Business Machines Corporation Systems for associating records in healthcare database with individuals
US8495069B2 (en) 2004-10-12 2013-07-23 International Business Machines Corporation Associating records in healthcare databases with individuals
US9230060B2 (en) 2004-10-12 2016-01-05 International Business Machines Corporation Associating records in healthcare databases with individuals
US7580922B2 (en) 2005-01-04 2009-08-25 International Business Machines Corporation Methods for relating data in healthcare databases
US8983951B2 (en) 2005-01-04 2015-03-17 International Business Machines Corporation Techniques for relating data in healthcare databases
US8200501B2 (en) 2006-01-26 2012-06-12 International Business Machines Corporation Methods, systems and computer program products for synthesizing medical procedure information in healthcare databases
US8566113B2 (en) 2006-02-07 2013-10-22 International Business Machines Corporation Methods, systems and computer program products for providing a level of anonymity to patient records/information
JP2007209473A (en) * 2006-02-08 2007-08-23 Gikou:Kk Support device for making dental prosthesis and program
US9202184B2 (en) 2006-09-07 2015-12-01 International Business Machines Corporation Optimizing the selection, verification, and deployment of expert resources in a time of chaos
US8145582B2 (en) 2006-10-03 2012-03-27 International Business Machines Corporation Synthetic events for real time patient analysis
US8055603B2 (en) 2006-10-03 2011-11-08 International Business Machines Corporation Automatic generation of new rules for processing synthetic events using computer-based learning processes
US8135740B2 (en) 2007-02-26 2012-03-13 International Business Machines Corporation Deriving a hierarchical event based database having action triggers based on inferred probabilities
US7853611B2 (en) 2007-02-26 2010-12-14 International Business Machines Corporation System and method for deriving a hierarchical event based database having action triggers based on inferred probabilities
US8346802B2 (en) 2007-02-26 2013-01-01 International Business Machines Corporation Deriving a hierarchical event based database optimized for pharmaceutical analysis
US7792774B2 (en) 2007-02-26 2010-09-07 International Business Machines Corporation System and method for deriving a hierarchical event based database optimized for analysis of chaotic events
US7930262B2 (en) 2007-10-18 2011-04-19 International Business Machines Corporation System and method for the longitudinal analysis of education outcomes using cohort life cycles, cluster analytics-based cohort analysis, and probabilistic data schemas
US8712955B2 (en) 2008-01-02 2014-04-29 International Business Machines Corporation Optimizing federated and ETL'd databases with considerations of specialized data structures within an environment having multidimensional constraint
US8121858B2 (en) 2008-03-24 2012-02-21 International Business Machines Corporation Optimizing pharmaceutical treatment plans across multiple dimensions

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Duret et al. CAD-CAM in dentistry
Davidowitz et al. The use of CAD/CAM in dentistry
Güth et al. Accuracy of digital models obtained by direct and indirect data capturing
US7013191B2 (en) Interactive orthodontic care system based on intra-oral scanning of teeth
US6648640B2 (en) Interactive orthodontic care system based on intra-oral scanning of teeth
US20040219490A1 (en) Device and method for manufacturing dental prosthesis
US8543234B2 (en) Method and software system for treatment planning and surgical guide CAD/CAM
US20080248443A1 (en) Clinician review of an orthodontic treatment plan and appliance
US7110844B2 (en) Method and system for fabricating a dental prosthesis, and a prosthesis wax model
US7236842B2 (en) System and method for manufacturing a dental prosthesis and a dental prosthesis manufactured thereby
Hajeer et al. Current Products and Practices: Applications of 3D imaging in orthodontics: Part II
US20040152036A1 (en) Architecture for treating teeth
US20050069188A1 (en) Methods for registration of three-dimensional frames to create three-dimensional virtual models of objects
US20090087817A1 (en) Method for producing a crown for an implant abutment
US5273429A (en) Method and apparatus for modeling a dental prosthesis
US7555403B2 (en) Method for manipulating a dental virtual model, method for creating physical entities based on a dental virtual model thus manipulated, and dental models thus created
US20030224316A1 (en) Method and apparatus using a scanned image for automatically placing bracket in pre-determined locations
US20020180760A1 (en) Method and workstation for generating virtual tooth models from three-dimensional tooth data
US20070172112A1 (en) Visual feedback of 3d scan parameters
US20050186540A1 (en) Method and system for designing and producing dental prostheses and appliances
US6227850B1 (en) Teeth viewing system
US20080020350A1 (en) System and method for three-dimensional complete tooth modeling
US20060115795A1 (en) Multi-component dental appliances and a method for constructing the same
US7215803B2 (en) Method and apparatus for interactive remote viewing and collaboration of dental images
US20060228010A1 (en) Scanning system and calibration method for capturing precise three-dimensional information of objects