JP2002300562A - 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法 - Google Patents

放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法

Info

Publication number
JP2002300562A
JP2002300562A JP2001097184A JP2001097184A JP2002300562A JP 2002300562 A JP2002300562 A JP 2002300562A JP 2001097184 A JP2001097184 A JP 2001097184A JP 2001097184 A JP2001097184 A JP 2001097184A JP 2002300562 A JP2002300562 A JP 2002300562A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording
broadcast program
distribution
information
request
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001097184A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshimasa Tanaka
良昌 田中
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Corp, 日本電気株式会社 filed Critical Nec Corp
Priority to JP2001097184A priority Critical patent/JP2002300562A/ja
Publication of JP2002300562A publication Critical patent/JP2002300562A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 遠隔操作により放送番組の録画/再生を行う
ことができる放送番組録画配信システム及び放送番組録
画配信方法を提供する。 【解決手段】 本発明の放送番組録画配信システムは、
情報端末(10a)と、WEBサーバ(60)とを備え
ている。情報端末(10a)は、通信ネットワーク(2
0)を介して放送番組の録画要求及び再生要求を行う。
WEBサーバ(60)は、通信ネットワーク(20)を
介して情報端末(10a)から受信される録画要求に応
答して、情報端末(10a)に割当てられた特定録画領
域(50a)に放送番組を格納し、再生要求に応答して
特定録画領域(50a)に録画された放送番組を通信ネ
ットワーク(20)を介して情報端末(10a)に送信
する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、通信ネットワーク
を利用した放送番組録画配信システム及び放送番組録画
配信方法に関する。
【0002】
【従来の技術】たとえば、TV放送によるオーディオ/
ビデオ情報は、家庭用VTRにより手軽に録画/再生を
行うことができる。また、家庭用VTRの録画予約機能
を用いることで、希望するTV放送の予約録画も行うこ
とができる。
【0003】ところが、このような家庭用VTRを用い
た場合、家庭用VTRの傍に居なければTV放送の録画
や録画予約を行うことができない。また、TV放送の録
画時間が長い場合や、ビデオテープの記録領域の残量が
少ない場合、家庭用VTRの傍に居なければビデオテー
プの入替えを行うことができず、録画切れを生じる場合
もある。
【0004】近年では、たとえばパーソナルコンピュー
タのハードディスクにTV放送の画像データや音声デー
タを記録できるようにしたものも開発されてはいるが、
特に、ハードディスクに画像データを記録する場合には
ハードディスクを大容量のものにする必要がある。この
場合、ハードディスクを大容量のものにすると、パーソ
ナルコンピュータの大型化やコストアップを招いてしま
うことになる。
【0005】放送番組を録画する従来技術として、特開
平11−195256号公報では同時に放映される複数
の番組の収録ができ、かつ、視聴する確立の高い番組を
確実に保存することのできる“番組予約収録システム”
が開示されている。
【0006】この番組予約収録システムは、番組情報入
力手段と番組情報記録手段と番組サーバと収録情報入力
手段と収録頻度情報保持手段と収録指令手段とコンテン
ツ選択手段とを有している。番組情報入力手段は、映像
及び/又は音声を含む放送番組コンテンツの番組情報を
入力する。番組情報記録手段は、番組情報入力手段によ
って入力された番組情報を記録する。番組サーバは、複
数の番組コンテンツを同時に入力して蓄積することが可
能である。収録情報入力手段は、複数の収録番組を入力
する。収録頻度情報保持手段は、番組サーバに対してユ
ーザが過去にアクセスした番組コンテンツを収集する。
収録指令手段は、収録頻度情報保持手段によって収集さ
れた番組コンテンツに基づき、ユーザの嗜好に合った番
組コンテンツを選択し、選択した番組コンテンツに対す
る収録指令を出力する。コンテンツ選択手段は、収録情
報入力手段から入力された情報のうち、収録指令手段に
よって収録指令が出力された情報を選択して番組サーバ
に加える。
【0007】また、特開2000−307993号公報
ではインターネットのファイルオブジェクトの閲覧か
ら、電子番組表を検索する“ファイルオブジェクト閲覧
と関連して提示されたテレビ番組表から、録画予約、ま
たは録画済みの番組再生を行うシステム”が開示されて
いる。
【0008】ファイルオブジェクト閲覧と関連して提示
されたテレビ番組表から、録画予約、または録画済みの
番組再生を行うシステムは、特徴抽出手段と番組検索手
段とテレビ番組予約録画手段とテレビ番組再生手段を備
えたことを特徴とする。特徴抽出手段は、ネットワーク
上のファイルオブジェクト内容から、特徴を抽出する。
番組検索手段は、特徴抽出手段により抽出された特徴に
よりテレビ番組表を検索する。テレビ番組予約録画手段
は、番組検索手段により検索された結果から番組を予約
する。テレビ番組再生手段は、テレビ番組録画予約手段
で録画されたテレビ番組を再生する。
【0009】また、特開平10−177777号公報で
は番組の放映時間の変更に対応して、予約時間を変更す
ることができる“番組予約システム及び記憶媒体”が開
示されている。
【0010】この番組予約システムによれば、パーソナ
ルコンピュータは、利用者により番組の予約の指示が入
力されると、指示された番組を予約するための番組予約
情報が格納されている番組情報予約ファイルをWWWサ
ーバからダウンロードし、その番組予約情報に基づいて
予約信号を生成し、ビデオに送信する。ビデオは、受信
した予約信号に従い録画予約の設定をする。パーソナル
コンピュータは、予約した番組の開始時刻の数分前に同
番組予約情報ファイルを再度WWWサーバからダウンロ
ードし、開始時刻等の変更をチェックする。変更があっ
た場合、パーソナルコンピュータは、予約の変更を指示
する予約変更信号を送信する。ビデオは受信した予約変
更信号に従って、録画予約の設定を変更する。
【0011】また、特開平10−155131号公報で
は“ネットワークサービスシステム”が開示されてい
る。このネットワークサービスシステムによれば、汎用
の通信ネットワークに接続された放送番組関連情報のデ
ータを保有し放送番組関連情報の提供等の特定のサービ
スを行うサーバと、汎用の通信ネットワークに接続され
た通信端末と、サーバと通信端末間の通信のための通信
フォーマットをもち放送番組情報、放送番組紹介、その
他の放送番組関連情報の提供を行う。
【0012】
【発明が解決しようとする課題】ユーザには遠隔操作に
より利用性が向上する放送番組録画配信システムが望ま
れる。
【0013】本発明の目的は、遠隔操作により放送番組
の録画/再生を行うことができる放送番組録画配信シス
テム及び放送番組録画配信方法を提供することにある。
【0014】また、本発明の他の目的は、録画切れを防
止することができる放送番組録画配信システム及び放送
番組録画配信方法を提供することにある。
【0015】また、本発明の更に他の目的は、ユーザ側
の情報端末の大型化やコストアップを防止することがで
きる放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方
法を提供することにある。
【0016】また、本発明の更に他の目的は、放送番組
の録画/再生のサービスを提供するサービス提供側の独
自の宣伝広告をユーザ側に配信することができる放送番
組録画配信システム及び放送番組録画配信方法を提供す
ることにある。
【0017】
【課題を解決するための手段】その課題を解決するため
の手段が、下記のように表現される。その表現中の請求
項対応の技術的事項には、括弧()付きで、番号、記号
等が添記されている。その番号、記号等は、本発明の実
施の複数・形態又は複数の実施例のうちの少なくとも1
つの実施の形態又は複数の実施例を構成する技術的事
項、特に、その実施の形態又は実施例に対応する図面に
表現されている技術的事項に付せられている参照番号、
参照記号等に一致している。このような参照番号、参照
記号は、請求項記載の技術的事項と実施の形態又は実施
例の技術的事項との対応・橋渡しを明白にしている。こ
のような対応・橋渡しは、請求項記載の技術的事項が実
施の形態又は実施例の技術的事項に限定されて解釈する
ことを意味しない。
【0018】本発明の放送番組録画配信システムは、情
報端末(10a)と、通信ネットワーク(20)と、W
EBサーバ(60)とを備えている。情報端末(10
a)は、通信ネットワーク(20)を介して放送番組の
録画要求及び再生要求を行う。WEBサーバ(60)
は、通信ネットワーク(20)を介して情報端末(10
a)から受信される録画要求に応答して、情報端末(1
0a)に割当てられた特定録画領域(50a)に放送番
組を格納し、再生要求に応答して特定録画領域(50
a)に録画された放送番組を通信ネットワーク(20)
を介して情報端末(10a)に送信する。
【0019】WEBサーバ(60)は、記録媒体(5
0)と、チューナ装置(40)と、WEB用ホストコン
ピュータ(30)とを備えている。記録媒体(50)
は、特定領域を含む複数の録画領域(50a、50b、
50c)を有する。チューナ装置(40)は放送番組を
受信する。WEB用ホストコンピュータ(30)は、通
信ネットワーク(20)を介して情報端末(10a)か
ら受信される録画要求に応答して、チューナ装置(4
0)を放送番組にチューニングし、チューナ装置(4
0)によって受信された放送番組が、特定録画領域(5
0a)に格納されるように記録媒体(50)を制御し、
再生要求に応答して特定録画領域(50a)に録画され
た放送番組を通信ネットワーク(20)を介して情報端
末(10a)に送信する。
【0020】録画要求及び再生要求にはパスワードに対
応した第1認証情報が含まれている。記録媒体(50)
は、第2認証情報を格納する認証情報格納領域(50
d)を更に有している。WEB用ホストコンピュータ
(30)は、第1認証情報と第2認証情報とを照合す
る。
【0021】WEB用ホストコンピュータ(30)は、
照合の結果に基づいて、チューナ装置(40)を放送番
組にチューニングし、チューナ装置(40)によって受
信された放送番組が、特定録画領域(50a)に格納さ
れるように記録媒体(50)を制御する。
【0022】WEB用ホストコンピュータ(30)は、
照合の結果に基づいて、特定録画領域(50a)に録画
された放送番組を通信ネットワーク(20)を介して情
報端末(10a)に送信する。
【0023】WEBサーバ(60)は、運営会社に属し
ている。送信された放送番組には運営会社の宣伝公告が
含まれる。
【0024】WEBサーバ(60)は、再生要求に応答
して録画された放送番組に宣伝公告を挿入する。
【0025】本発明の放送番組録画配信方法は、(a)
通信ネットワーク(20)を介して情報端末(10
a)から録画要求を受信するステップと、(b) 録画
要求に応答して、情報端末(10a)に割当てられた特
定録画領域(50a)に放送番組を格納するステップ
と、(c) 通信ネットワーク(20)を介して情報端
末(10a)から再生要求を受信するステップと、
(d) 再生要求に応答して特定録画領域(50a)に
録画された放送番組を通信ネットワーク(20)を介し
て情報端末(10a)に送信するステップとを備えてい
る。
【0026】(b)のステップは、(e) 放送番組を
受信するステップと、(f) 録画要求に応答して、放
送番組にチューニングするステップと、受信された放送
番組を特定録画領域(50a)に格納するステップとを
更に備えている。
【0027】(d)のステップは、(g) 再生要求に
応答して特定録画領域(50a)に録画された放送番組
に、放送番組以外の宣伝公告を挿入するステップと、
(h)通信ネットワーク(20)を介して情報端末(1
0a)に挿入された放送番組を送信するステップとを更
に備えている。
【0028】
【発明の実施の形態】添付図面を参照して、本発明によ
る放送番組録画配信システムの実施の形態を以下に説明
する。
【0029】図1は、本発明の放送番組録画配信システ
ムの構成を示すブロック図である。図2は、図1の放送
番組録画配信システムのWEB用ホストコンピュータ、
記録媒体の構成を示すブロック図である。
【0030】図1に示されるように、放送番組録画配信
システムは、複数のユーザとして例えばユーザA〜Cが
個々に使用する情報端末10a〜10cと、インターネ
ットを含む通信ネットワーク20と、インターネットサ
ービスプロバイダ(番組収録するサーバなどを提供する
運営会社、以下、ISPと称す)側のWEBサーバ60
とを備えている。情報端末10a〜10cとWEB用ホ
ストコンピュータ30は通信ネットワーク20を介して
相互に接続する。情報端末10a〜10cは、通信ネッ
トワーク20を介して放送番組の録画要求及び再生要求
を行う。WEBサーバ60は、通信ネットワーク20を
介して情報端末10a〜10cのいずれかから受信され
る録画要求に応答して、情報端末10a〜10cに割当
てられた特定録画領域に放送番組を格納し、再生要求に
応答して特定録画領域に録画された放送番組を通信ネッ
トワーク20を介して情報端末10に送信する。
【0031】WEBサーバ60は、WEB用ホストコン
ピュータ30と複数のTVチューナ装置40a〜40c
と記録媒体50とを備えている。記録媒体50は、WE
B用ホストコンピュータ30に接続され、特定領域を含
む複数の録画領域を有する。複数のTVチューナ装置4
0a〜40cは、WEB用ホストコンピュータ30に接
続され、放送番組を受信する。WEB用ホストコンピュ
ータ30は、通信ネットワーク20を介して情報端末1
0a〜10cのいずれかから受信される録画要求に応答
して、TVチューナ装置40を放送番組にチューニング
し、TVチューナ装置40によって受信された放送番組
が、特定録画領域に格納されるように記録媒体50を制
御し、再生要求に応答して特定録画領域に録画された放
送番組を通信ネットワーク20を介して情報端末10a
〜10cのいずれかの送信元端末に送信する。
【0032】各ユーザA〜Cが個々に使用する情報端末
10a〜10cとしては、たとえばパーソナルコンピュ
ータ、PDA(個人情報端末)、WEBTV、通信機能
を有したゲーム機器等を用いることができる。また、各
情報端末10a〜10cは、インターネットエクスプロ
ーラ等のWEBブラウザを使用することで、通信ネット
ワーク20を経由しISP側のWEB用ホストコンピュ
ータ30にアクセスすることができる。
【0033】さらに、各情報端末10a〜10cは、I
SP側が提供するホームページ上で録画予定時間、チャ
ンネル、認証情報等を入力することにより、録画予約を
行うことができる。また、同様に、ISP側が提供する
ホームページ上で画像や音声データの受信要求を入力す
ることにより、録画済の画像データと音声データを受信
することができる。
【0034】次に、図2を参照して、前述したWEB用
ホストコンピュータ30、記録媒体50の構成を詳細に
説明する。
【0035】図2に示されるように、WEB用ホストコ
ンピュータ30は、アクセス受付部31、ユーザ認証部
32、宣伝広告挿入部33、制御部34、録画/再生制
御部35、録画情報作成部36、チューナ制御部37を
備えている。制御部34は、各部の動作を制御する。
【0036】記録媒体50は、録画/再生制御部35に
よって画像データと音声データが記録されたり、記録済
の画像データと音声データが読出されたりするものであ
り、前述した特定録画領域として各ユーザA〜C毎に割
当てられたユーザAの録画領域50a、ユーザBの録画
領域50b、ユーザCの録画領域50cを有する。ま
た、記録媒体50は、ISP側へのサービス申込みを行
った各ユーザA〜Cの認証情報を格納するユーザ認証情
報格納領域50dを更に有する。
【0037】アクセス受付部31は、各ユーザA〜Cか
らの上述したホームページを介してのアクセスを受付け
る。ユーザ認証部32は、アクセス受付部31から各ユ
ーザA〜Cが入力したパスワードに対応した認証情報を
入力し、アクセス受付部31からの認証情報と、記録媒
体50のユーザ認証情報格納領域50dに格納された認
証情報とを照合してユーザA〜Cの認証を行う。ここ
で、パスワード等の認証情報は、予めISP側へのサー
ビス申込みが完了するとそれぞれのユーザA〜Cに対し
て発行されるものである。ISP側へのサービス申込み
は、所定の用紙に記入して郵送するか、又は上述したホ
ームページの所定のページ上で入力するかにより行われ
る。
【0038】録画情報作成部36は、アクセス受付部3
1から各ユーザA〜Cがホームページ上で入力した録画
予定時間やチャンネルのような情報を入力し、入力した
情報を録画情報として作成してチューナ制御部37に出
力する。ここで、録画予定時間には録画を予定する時間
の情報に加え、年月日の情報も含まれる。制御部34
は、空きのTVチューナ装置40a〜40cのいずれか
を選択するようにチューナ制御部37を制御する。チュ
ーナ制御部37は、制御部34によって空きのTVチュ
ーナ装置40a〜40cのいずれかを選択するととも
に、録画情報作成部36により作成された録画情報を元
に、選択したTVチューナ装置40a〜40cのいずれ
かを録画するための放送番組にチューニングを行う。ま
た、制御部34は、ユーザ認証部32により行われたユ
ーザA〜Cのいずれかの認証情報と、録画情報作成部3
6により作成された録画情報とを対応させて録画/再生
制御部35に出力する。
【0039】録画/再生制御部35は、ユーザ認証部3
2により行われたユーザA〜Cのいずれかの認証情報に
基づいて、チューナ制御部37を介して得られるTVチ
ューナ装置40によって受信された放送番組が、記録媒
体50の録画領域50a、録画領域50b、録画領域5
0cのいずれかに記録(格納)されるように記録媒体5
0を制御する。ここで、格納される放送番組には画像情
報と音声情報が含まれ、画像情報と音声情報は、録画/
再生制御部35により、記録媒体50の録画領域50
a、録画領域50b、録画領域50cのいずれかに画像
データと音声データとして記録される。また、録画/再
生制御部35は、ユーザ認証部32により行われたユー
ザA〜Cのいずれかの認証情報に基づいて、記録済の画
像データと音声データが、記録媒体50の録画領域50
a、録画領域50b、録画領域50cのいずれかから読
出されるように記録媒体50を制御する。
【0040】宣伝広告挿入部33は、制御部34によっ
て、録画済の画像データと音声データに放送番組の宣伝
公告に加えて、放送番組以外の宣伝公告として、挿入す
るべきISP側独自の宣伝広告を示すデータを録画/再
生制御部35に与える。制御部34は、アクセス受付部
31にユーザA〜Cからの受信要求があると、録画済の
画像データと音声データに挿入するべきISP側独自の
宣伝広告を示すデータを録画/再生制御部35に与える
ように宣伝広告挿入部33を制御する。
【0041】次に、本発明の放送番組録画配信システム
の動作について説明する。ここで、以下に説明する通信
ネットワーク20はインターネットとする。また、以下
に説明する録画はTV放送の画像データと音声データと
する。
【0042】放送番組録画配信システムの動作として
は、情報端末10a〜10cのいずれかにより(A)録
画予約を行うための録画要求と、(B)録画要求を行っ
た番組の再生要求とが挙げられる。ここで、録画要求及
び再生要求にはパスワードに対応した認証情報が含まれ
る。
【0043】まず、(A)録画要求の動作について図3
を参照しながら説明する。図3は、図1の放送番組録画
配信システムにおける録画要求についての動作を示すフ
ローチャート図である。
【0044】図3に示されるように、複数のユーザのう
ちの例えばユーザAは、情報端末10aにより、インタ
ーネット上に開設している録画予約を行う録画要求のホ
ームページにアクセスする(ステップA1)。これに応
答して、WEB用ホストコンピュータ30のアクセス受
付部31は、録画予定時間、チャンネル、認証情報等の
入力を促す画面を、アクセスのあった情報端末10aに
ダウンロードさせる(ステップA2)。
【0045】入力を促す画面がユーザAの情報端末10
aにダウンロードされた後、ユーザAは、その画面上の
所定の欄に録画時間、チャンネル、認証情報等を入力す
る(ステップA3)。その入力された情報は、WEB用
ホストコンピュータ30のアクセス受付部31によって
受付けられる(ステップA4)。
【0046】このとき、WEB用ホストコンピュータ3
0のユーザ認証部32は、アクセス受付部31からの認
証情報と、記録媒体50のユーザ認証情報格納領域50
dに格納されているユーザ認証情報との照合を行う(ス
テップA5)。一致している場合(ステップA6−YE
S)、ユーザ認証部32は、制御部34へ認証情報の一
致を通知する(ステップA7)。一方、ユーザ認証部3
2によるユーザ認証情報との照合が一致しない場合(ス
テップA6−NO)、ユーザ認証部32は、アクセス受
付部31から情報端末10aへエラー通知を出力する
(ステップA8)。ここで、エラー通知が出された場
合、ユーザAは、再度、ステップA1にて、ホームペー
ジへのアクセスにより、録画予約を行うことができる。
【0047】制御部34は、認証情報の一致の通知を受
取ると、アクセス受付部31によって受付けられた情報
からユーザAの指示が録画か再生かを判断する(ステッ
プA9)。判断の結果、録画である場合(ステップA9
−YES)、制御部34は、録画情報作成部36に対
し、録画予定時間やチャンネルのような情報を含む録画
情報の作成を指示する(ステップA10)。
【0048】録画情報作成部36によって作成された録
画情報がチューナ制御部37に渡されると、チューナ制
御部37は録画予定時間に達したか否かを判断する(ス
テップA11)。録画予定時間に達したと判断すると
(ステップA11−YES)、チューナ制御部37は、
空きのTVチューナ装置40a〜40cのいずれかを選
択し(例えば空きのTVチューナ装置は符号40aとす
る)、録画情報作成部36によって作成された録画情報
を元に、選択されたTVチューナ装置40aを録画する
ための放送番組にチューニングを行う(ステップA1
2)。
【0049】選択されたTVチューナ装置40aからの
画像情報と音声情報は、録画/再生制御部35により、
記録媒体50の各ユーザA〜C毎に割当てられたユーザ
Aの録画領域50a(特定録画領域)に画像データと音
声データとして記録される(ステップA13)。ここ
で、録画/再生制御部35による画像データと音声デー
タの記録先は、制御部34がアクセス受付部31によっ
て受付けられた情報から判断したユーザA〜Cに対応す
るよう指示される。また、記録媒体50に記録される画
像データと音声データのフォーマットはMPEG等の標
準的な形式で行うことができる。これにより、ユーザA
〜Cが使用する情報端末10a〜10cが特殊なもので
なくとも再生が可能となる。
【0050】以上のような手順により、各ユーザA〜C
からの録画指示に基づき、記録媒体50の各ユーザA〜
C毎に割当てられたそれぞれの録画領域(特定録画領
域)への画像データと音声データの記録が行われる。
【0051】次に、(B)再生要求の動作について図4
を参照しながら説明する。図4は、図1の放送番組録画
配信システムにおける再生要求についての動作を示すフ
ローチャート図である。
【0052】図4に示されるように、複数のユーザのう
ちの例えばユーザAは、上記同様に、情報端末10aに
より、インターネット上に開設している録画要求のホー
ムページにアクセスする(ステップB1)。これに応答
して、WEB用ホストコンピュータ30のアクセス受付
部31は、アクセスのあった情報端末10aにホームペ
ージをダウンロードさせる(ステップB2)。
【0053】ユーザAは、そのホームページの再生要求
の項目を選択する(ステップB3)。これに応答して、
アクセス受付部31からアクセスのあった情報端末10
aには、録画状況、再生希望の選択、認証情報の入力等
を示す画面がダウンロードされる(ステップB4)。
【0054】ユーザAは、ダウンロードされた画面の情
報から録画状況を確認するとともに、再生を希望する録
画データを選択し、さらに認証情報を入力し(ステップ
B5)、その入力された情報は、WEB用ホストコンピ
ュータ30のアクセス受付部31によって受付けられ
る。
【0055】このとき、WEB用ホストコンピュータ3
0のユーザ認証部32は、上記同様に、アクセス受付部
31からの認証情報と、記録媒体50のユーザ認証情報
格納領域50dに格納されているユーザ認証情報との照
合を行う(ステップB6)。一致している場合(ステッ
プB7−YES)、上記同様に、ユーザ認証部32は、
制御部34へ認証情報の一致を通知する。一方、ユーザ
認証部32によるユーザ認証情報との照合が一致しない
場合(ステップB7−NO)、ユーザ認証部32は、ア
クセス受付部31から情報端末10aへエラー通知を出
力する(ステップB8)。ここで、エラー通知が出され
た場合、ユーザAは、再度、ステップB1にて、ホーム
ページへのアクセスにより、再生要求を行うことができ
る。
【0056】制御部34は、認証情報の一致の通知を受
取ると、アクセス受付部31によって受付けられた情報
からユーザAの指示が録画か再生かを判断する(ステッ
プB9)。判断の結果、再生である場合(ステップB
9)、制御部34は、録画/再生制御部35に対し、再
生を指示する(ステップB10)。このとき、制御部3
4は、アクセス受付部31によって受付けられた情報か
らユーザA(ユーザAを示す認証情報)と再生を希望す
る録画データ(ユーザAの再生要求)とを対応させて録
画/再生制御部35に通知(指示)する。
【0057】録画/再生制御部35は、制御部34から
の指示に基づき、記録媒体50の各ユーザA〜C毎に割
当てられたユーザAの録画領域50a(特定録画領域)
からの画像データと音声データの読出しを行う(ステッ
プB11)。
【0058】宣伝広告挿入部33は、制御部34から宣
伝広告の挿入が指示されると(ステップB12)、その
挿入するべき宣伝広告を示すデータを録画/再生制御部
35に与える。録画/再生制御部35は、放送番組以外
の宣伝公告としてISP側独自の宣伝広告を示すデータ
を、記録媒体50の録画領域50aから読出した画像デ
ータと音声データに放送番組の宣伝公告に加えて、例え
ば放送番組の冒頭の時間等に付加(挿入)する(ステッ
プB13)。録画/再生制御部35は、画像データと音
声データの読出し及び宣伝広告を示すデータの付加が終
了すると、制御部34を介してアクセス受付部31に、
宣伝広告を示すデータが付加された画像データと音声デ
ータを出力する。それらのデータは、アクセス受付部3
1からアクセスのあった情報端末10aに放送番組とし
て送信される(ステップB14)。送信された放送番組
には、放送番組以外の宣伝公告としてISP側独自の宣
伝広告が含まれている。
【0059】情報端末10aは、アクセス受付部31か
ら送信されたデータを受信する(ステップB15)。再
生を要求したユーザAは、情報端末10aにより、宣伝
広告を示すデータが付加された画像データと音声データ
を再生する(ステップB16)。
【0060】これにより、再生を要求したユーザAは、
アクセス受付部31から送信されたデータを情報端末1
0aにより受信することで、録画を行った画像データと
音声データを視聴することができる。また、画像データ
と音声データの視聴の際には、宣伝広告挿入部33によ
って挿入されたISP側独自の広告も再生される。
【0061】以上のような手順により、各ユーザA〜C
からの再生指示に基づき、記録媒体50の各ユーザA〜
C毎に割当てられたそれぞれの録画領域(特定録画領
域)からの画像データと音声データ並びにISP側独自
の宣伝広告等の情報が、アクセスのあったユーザA〜C
に配信される。
【0062】このように、本発明の放送番組録画配信シ
ステムは、TV放送の番組の録画/再生要求を、インタ
ーネットとしての通信ネットワーク20に接続されたW
EB用ホストコンピュータ30が提供するWEBサイト
上で受付けるようにしているため、通信ネットワーク2
0に接続される情報端末10a〜10cを用いることに
より、遠隔操作により放送番組の録画/再生を行うこと
ができる。
【0063】また、本発明の放送番組録画配信システム
は、WEB用ホストコンピュータ30が通信ネットワー
ク20を介して情報端末10a〜10cからの録画要求
を受付けると、記録媒体50の各ユーザA〜C毎に割当
てられたユーザAの録画領域50a、ユーザBの録画領
域50b、ユーザCの録画領域50cのいずれかに画像
データと音声データとして録画要求に応じた放送番組が
記録されるので、録画切れを防止することができる。
【0064】また、本発明の放送番組録画配信システム
は、WEB用ホストコンピュータ30側の記録媒体50
に録画要求に応じた放送番組を録画するため、ユーザ側
の情報端末10a〜10cには、大容量の記録媒体が不
要となることから、情報端末10a〜10cの大型化や
コストアップを防止することができる。
【0065】また、本発明の放送番組録画配信システム
は、WEB用ホストコンピュータ30の宣伝広告挿入部
33により、情報端末10a〜10cからの再生要求が
あると、放送番組に宣伝広告を示すデータを挿入するた
め、放送番組の録画/再生のサービスを提供するISP
側の独自の宣伝広告をユーザ側に配信することができ
る。また、本発明の放送番組録画配信システムは、IS
P側の独自の宣伝広告を配信するため、ISP側の様々
なサービスをユーザA〜Cに提供することができ、ユー
ザA〜Cのリピート性を高めることもできる。更に、本
発明の放送番組録画配信システムは、ISP側の独自の
宣伝広告に、他社の宣伝広告も付加するため、宣伝広告
の収入も見込むことができる。
【0066】なお、本発明の放送番組録画配信システム
では、録画/再生を行う情報をTV放送の番組とした場
合について説明したが、この例に限らず、本発明の放送
番組録画配信システムの第2実施形態として、ラジオ放
送、BS放送についてもISP側でそれぞれの受信チュ
ーナを用意することにより適用できる。
【0067】また、本発明の放送番組録画配信システム
では、TV放送の番組の録画要求を、通信ネットワーク
20に接続されたWEB用ホストコンピュータ30によ
って受付けるとともに、再生要求があると通信ネットワ
ーク20を介して要求のあった情報端末10a〜10c
に配信する場合について説明したが、上記の例に限定さ
れるものではない。本発明の放送番組録画配信システム
の第3実施形態として、ISP側でTV放送の番組の全
てを記録媒体50に記録しておき、情報端末10a〜1
0cからは再生要求のみを受付けるようにすることもで
きる。この場合、情報端末10a〜10cから再生要求
を受付けたとき、VIDEO−CDやDVD等の記録媒
体に再生要求に応じたデータを記録させて郵送等のよう
な配送によりユーザA〜C側に届けるようにすることも
できる。
【0068】
【発明の効果】以上の説明により、本発明の放送番組録
画配信システムによれば、WEB用ホストコンピュータ
が通信ネットワークを介して情報端末からの録画要求を
受付けると、記録媒体の録画領域に録画要求に応じた放
送番組を録画し、再生要求があると録画領域に録画され
た放送番組を情報端末に送信するため、遠隔操作により
放送番組の録画/再生を行うことができる。
【0069】また、本発明の放送番組録画配信システム
によれば、WEB用ホストコンピュータが通信ネットワ
ークを介して情報端末からの録画要求を受付けると、記
録媒体の録画領域に録画要求に応じた放送番組を録画す
るため、録画切れを防止することができる。
【0070】また、本発明の放送番組録画配信システム
によれば、WEB用ホストコンピュータ側の記録媒体に
録画要求に応じた放送番組を録画するため、ユーザ側の
情報端末の大型化やコストアップを防止することができ
る。
【0071】また、本発明の放送番組録画配信システム
によれば、WEB用ホストコンピュータの宣伝広告挿入
部により、情報端末からの再生要求があると、放送番組
に宣伝広告を示すデータを挿入するため、放送番組の録
画/再生のサービスを提供するサービス提供側の独自の
宣伝広告をユーザ側に配信することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】図1は、本発明の放送番組録画配信システムの
構成を示すブロック図である。
【図2】図2は、図1の放送番組録画配信システムのW
EB用ホストコンピュータ、記録媒体の構成を示すブロ
ック図である。
【図3】図3は、図1の放送番組録画配信システムにお
ける録画要求についての動作を示すフローチャート図で
ある。
【図4】図4は、図1の放送番組録画配信システムにお
ける再生要求についての動作を示すフローチャート図で
ある。
【符号の説明】
10a〜10c 情報端末 20 通信ネットワーク 30 WEB用ホストコンピュータ 31 アクセス受付部 32 ユーザ認証部 33 宣伝広告挿入部 34 制御部 35 録画/再生制御部 36 録画情報作成部 37 チューナ制御部 40a〜40c TVチューナ装置 50 記録媒体 50a ユーザAの録画領域 50b ユーザBの録画領域 50c ユーザCの録画領域 50d ユーザ認証情報格納領域
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 5C052 AA01 AB02 CC01 DD04 5C063 AA01 AB03 AB05 AC01 AC05 AC10 CA36 DA13 5C064 BA07 BB10 BC06 BC18 BC23 BD02 BD08 5D044 AB05 AB07 BC08 CC09 GK11 HL11 JJ03

Claims (10)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 通信ネットワークと、 前記通信ネットワークを介して放送番組の録画要求及び
    再生要求を行う情報端末と、 前記通信ネットワークを介して前記情報端末から受信さ
    れる前記録画要求に応答して、前記情報端末に割当てら
    れた特定録画領域に前記放送番組を格納し、前記再生要
    求に応答して前記特定録画領域に録画された前記放送番
    組を前記通信ネットワークを介して前記情報端末に送信
    するWEBサーバとを備えた放送番組録画配信システ
    ム。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の放送番組録画配信シス
    テムにおいて、 前記WEBサーバは、前記特定領域を含む複数の録画領
    域を有する記録媒体と、 前記放送番組を受信するためのチューナ装置と、 前記通信ネットワークを介して前記情報端末から受信さ
    れる前記録画要求に応答して、前記チューナ装置を前記
    放送番組にチューニングし、前記チューナ装置によって
    受信された前記放送番組が、前記特定録画領域に格納さ
    れるように前記記録媒体を制御し、前記再生要求に応答
    して前記特定録画領域に録画された前記放送番組を前記
    通信ネットワークを介して前記情報端末に送信するWE
    B用ホストコンピュータとを備えた放送番組録画配信シ
    ステム。
  3. 【請求項3】 請求項2に記載の放送番組録画配信シス
    テムにおいて、 前記録画要求及び前記再生要求にはパスワードに対応し
    た第1認証情報が含まれ、 前記記録媒体は、第2認証情報を格納する認証情報格納
    領域を更に有し、 前記WEB用ホストコンピュータは、前記第1認証情報
    と前記第2認証情報とを照合する放送番組録画配信シス
    テム。
  4. 【請求項4】 請求項3に記載の放送番組録画配信シス
    テムにおいて、 前記WEB用ホストコンピュータは、前記照合の結果に
    基づいて、前記チューナ装置を前記放送番組にチューニ
    ングし、前記チューナ装置によって受信された前記放送
    番組が、前記特定録画領域に格納されるように前記記録
    媒体を制御する放送番組録画配信システム。
  5. 【請求項5】 請求項3又は4に記載の放送番組録画配
    信システムにおいて、 前記WEB用ホストコンピュータは、前記照合の結果に
    基づいて、前記特定録画領域に録画された前記放送番組
    を前記通信ネットワークを介して前記情報端末に送信す
    る放送番組録画配信システム。
  6. 【請求項6】 請求項1乃至5に記載の放送番組録画配
    信システムにおいて、 前記WEBサーバは、運営会社に属し、 前記送信された放送番組には前記運営会社の宣伝公告が
    含まれる放送番組録画配信システム。
  7. 【請求項7】 請求項6に記載の放送番組録画配信シス
    テムにおいて、 前記WEBサーバは、前記再生要求に応答して録画され
    た前記放送番組に前記宣伝公告を挿入する放送番組録画
    配信システム。
  8. 【請求項8】(a) 通信ネットワークを介して前記情
    報端末から録画要求を受信するステップと、(b) 前
    記録画要求に応答して、前記情報端末に割当てられた特
    定録画領域に放送番組を格納するステップと、(c)
    前記通信ネットワークを介して前記情報端末から再生要
    求を受信するステップと、(d) 前記再生要求に応答
    して前記特定録画領域に録画された前記放送番組を前記
    通信ネットワークを介して前記情報端末に送信するステ
    ップとを備えた放送番組録画配信方法。
  9. 【請求項9】 請求項8に記載の放送番組録画配信方法
    において、 前記(b)のステップは、(e) 前記放送番組を受信
    するステップと、(f) 前記録画要求に応答して、前
    記放送番組にチューニングするステップと、 前記受信された放送番組を前記特定録画領域に格納する
    ステップとを更に備えた放送番組録画配信方法。
  10. 【請求項10】 請求項8又は9に記載の放送番組録画
    配信方法において、 前記(d)のステップは、(g) 前記再生要求に応答
    して前記特定録画領域に録画された前記放送番組に、前
    記放送番組以外の宣伝公告を挿入するステップと、
    (h) 前記通信ネットワークを介して前記情報端末に
    前記挿入された放送番組を送信するステップとを更に備
    えた放送番組録画配信方法。
JP2001097184A 2001-03-29 2001-03-29 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法 Pending JP2002300562A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001097184A JP2002300562A (ja) 2001-03-29 2001-03-29 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001097184A JP2002300562A (ja) 2001-03-29 2001-03-29 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002300562A true JP2002300562A (ja) 2002-10-11

Family

ID=18950995

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001097184A Pending JP2002300562A (ja) 2001-03-29 2001-03-29 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002300562A (ja)

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0983991A (ja) * 1995-09-18 1997-03-28 Toshiba Corp 通信システムおよび番組視聴料徴収方法
JPH09294110A (ja) * 1996-04-24 1997-11-11 Canon Inc 光信号伝送装置
JP2001346141A (ja) * 2000-05-31 2001-12-14 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> ネットワークビデオレコーダ
JP2002084524A (ja) * 2000-09-06 2002-03-22 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置
JP2002101370A (ja) * 2000-09-26 2002-04-05 Funai Electric Co Ltd 放送番組データの記録配信方法とそれに用いる記録配信システム及びそれに用いる装置
JP2002135698A (ja) * 2000-10-25 2002-05-10 Chikako Saito インターネットを利用したテレビ放送の録画予約システム、ラジオ放送の録音予約システム、及び広告方法
JP2002140541A (ja) * 2000-08-22 2002-05-17 Adc Technology Kk コンテンツデータ蓄積システム及びプログラム
JP2002290882A (ja) * 2001-03-23 2002-10-04 Taito Corp 録画代行サービスシステム及び録画予約方法

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0983991A (ja) * 1995-09-18 1997-03-28 Toshiba Corp 通信システムおよび番組視聴料徴収方法
JPH09294110A (ja) * 1996-04-24 1997-11-11 Canon Inc 光信号伝送装置
JP2001346141A (ja) * 2000-05-31 2001-12-14 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> ネットワークビデオレコーダ
JP2002140541A (ja) * 2000-08-22 2002-05-17 Adc Technology Kk コンテンツデータ蓄積システム及びプログラム
JP2002084524A (ja) * 2000-09-06 2002-03-22 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置
JP2002101370A (ja) * 2000-09-26 2002-04-05 Funai Electric Co Ltd 放送番組データの記録配信方法とそれに用いる記録配信システム及びそれに用いる装置
JP2002135698A (ja) * 2000-10-25 2002-05-10 Chikako Saito インターネットを利用したテレビ放送の録画予約システム、ラジオ放送の録音予約システム、及び広告方法
JP2002290882A (ja) * 2001-03-23 2002-10-04 Taito Corp 録画代行サービスシステム及び録画予約方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9516393B2 (en) System for remotely controlling client recording and storage behavior
EP1331569B1 (en) Entertainment system for controlling distribution of content
CN100397899C (zh) 提供数据存储到点播媒体传递系统中服务器上的系统和方法
US7340527B2 (en) Content distribution system that distributes line of stream data generated by splicing plurality of pieces of stream data
KR100603091B1 (ko) 피드백 전송 시스템, 장치 및 방법
US20070244903A1 (en) Collectively managing media bookmarks
US20130007782A1 (en) Programming selection
JP4035993B2 (ja) データ処理装置及び方法
US20030088872A1 (en) Advanced television system
US20060020960A1 (en) System, method, and apparatus for secure sharing of multimedia content across several electronic devices
US20040117827A1 (en) Media processing system supporting personal advertisement channel and advertisement insertion into broadcast media
JP2003518833A (ja) 放送番組録画オーバラン及びアンダラン予約システム
EP1326437A2 (en) System and method for preparing a tv viewing schedule
US20020053090A1 (en) Data receiving apparatus and data receiving method
US20080262922A1 (en) Contents, teaser advertisement generating method, and content providing method
JP2003037802A (ja) コンテンツ配信システム
WO2006022304A1 (ja) コンテンツ起動制御装置
US20020152878A1 (en) System for delivering music and apparatus for receiving music data
JP2007094738A (ja) 嗜好情報処理システム、記録装置及び情報処理装置、並びに通信方法
JP2003271458A (ja) コンテンツ配信システムおよび、これに用いるコンピュータプログラム、記録媒体、端末装置、およびサーバ
US20130312032A1 (en) Media exchange network having media processing systems and personal computers with common user interfaces
JP2005303742A (ja) 情報処理装置および情報処理方法、プログラム、並びに、情報処理システム
US20040117821A1 (en) Method and system for media exchange network with service user interface
JP2004007026A (ja) コンテンツ管理システムおよび方法、視聴者装置、コンピュータプログラム
JP2005303743A (ja) 情報処理装置および情報処理方法、プログラム、並びに、情報処理システム

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20041130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050105

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050428