JP2002288895A - 光記録媒体の製造方法 - Google Patents

光記録媒体の製造方法

Info

Publication number
JP2002288895A
JP2002288895A JP2001085840A JP2001085840A JP2002288895A JP 2002288895 A JP2002288895 A JP 2002288895A JP 2001085840 A JP2001085840 A JP 2001085840A JP 2001085840 A JP2001085840 A JP 2001085840A JP 2002288895 A JP2002288895 A JP 2002288895A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording medium
optical recording
light
information
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001085840A
Other languages
English (en)
Inventor
Jun Kanazawa
潤 金沢
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP2001085840A priority Critical patent/JP2002288895A/ja
Publication of JP2002288895A publication Critical patent/JP2002288895A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/02Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles
    • B29C43/14Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles in several steps
    • B29C43/146Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles in several steps for making multilayered articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/02Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles
    • B29C43/021Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles characterised by the shape of the surface
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/02Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles
    • B29C43/04Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles using movable moulds
    • B29C2043/043Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles using movable moulds rotating on their own axis without linear displacement
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/32Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C43/34Feeding the material to the mould or the compression means
    • B29C2043/3488Feeding the material to the mould or the compression means uniformly distributed into the mould

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】 微細凹凸情報面を有する光透過性シートを、
光記録媒体基板に接合して光記録媒体を製造する製造方
法における微細凹凸情報面を形成する樹脂の、基板から
のはみ出しを回避する。 【解決手段】 微細凹凸に対応する反転微細凹凸面を有
する転写用基板21を用意し、未硬化の樹脂層22をス
ピンコートし、一方、光記録媒体における光透過性シー
ト20の外形状より大きな外形状を有する光透過性シー
ト材20Sを用意し、これを転写用基板21の樹脂層2
2の塗布面に、全外周縁を転写用基板の全外周縁より外
方より突出延在させて圧着し、この光透過性シート材
に、転写用基板上の樹脂層を転写させる。その後、光透
過性シート材を樹脂層と共に転写用基板から剥離して、
転写用基板の反転微細凹凸面の反転による微細凹凸情報
面を形成し、その後、光透過性シート材の全外周を切断
除去して微細凹凸情報面を有する光透過性シートを形成
し、これを光記録媒体基板に接合する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、光ディスク等の光
記録媒体の製造方法に係わる。

【0002】

【従来の技術】大記録容量の光記録媒体としてDVD(D
igital Versatile Disc)が提案されている。このDVD
は、例えばその全体の厚さが、通常のコンパクトディス
ク(CD−ROM)の厚さに対応するように、それぞれ
厚さ0.6mmを有し、各一方の面に、情報記録面が形
成された2枚の記録媒体基板が、各情報記録面を内側に
して接合された構成を有し、その一方の記録媒体基板側
から、あるいは双方の基板側からそれぞれレーザ光の照
射がなされて、情報記録面に記録された情報、例えばト
ラッキング情報、データ情報等の読み出し、あるいはこ
の記録面に対する例えばデータ情報等の記録を行うよう
になされる。

【0003】しかしながら、昨今、より大記録容量の要
求、ひいては、より高記録密度化が要求されている。こ
の高記録密度化を図るには、光記録媒体に対する光再生
を行う光学ピックアップにおいて、光記録媒体の情報記
録面と対物レンズの間隔をできるだけ接近させ、対物レ
ンズの大開口数(N.A.)化を行い、更に短波長再生
レーザ光を用いてビームスポットの小径化を図ることが
必要となる。

【0004】このように、対物レンズの情報記録面との
間隔を接近化する光記録媒体、例えば光ディスク1は、
図1にその概略断面図を示し、図2にその要部の更に拡
大断面図を示すように、例えば厚さ0.1mmの肉薄の
光透過性層2と、厚さ1.1mm程度の肉厚の光記録媒
体基板3とが接着剤4によって接合されて成る。これら
光透過性層2と基板3との互いの接合面には、図2に示
すように、それぞれ例えばトラッキング情報、アドレス
情報、データ情報等の各種情報が記録されたあるいは記
録されるグループあるいはピット等による第1および第
2の微細凹凸情報面11および12が形成される。

【0005】この光記録媒体1の第1および第2の微細
凹凸情報面11および12に対する例えば再生レーザ光
Lの照射は、肉薄の光透過性層2側から行うようにし
て、対物レンズ5と、第1および第2の情報面11およ
び12との近接化を図るようになされる。この場合、第
1の微細凹凸情報面11の表面には、所要の反射率を有
する半透明の反射膜等(図示せず)が被着形成され、そ
れぞれレーザ光Lを図2に実線および鎖線で模式的に示
すように、第1または第2の微細凹凸情報面11または
12に対してフォーカシングさせることによってこれら
第1および第2の微細凹凸情報面11および12の情報
の読み出しがなされる。

【0006】

【発明が解決しようとする課題】ところで、この構成に
よる光記録媒体1を製造する場合、光透過性層2として
は、光透過性シートによって構成し、これに微細凹凸情
報面11を形成することが、製造の簡易化、安定性の上
で望ましいと考えられる。このような光透過性シートに
微細凹凸情報面11を形成する方法としては、例えば図
7Aにその概略断面図を示すように、この微細凹凸情報
面11の微細凹凸に対応しこれとは反転形状の微細凹凸
面31を有する転写用基板21を用意する。この反転微
細凹凸面31に、未硬化状態の紫外線硬化樹脂を塗布
し、この樹脂層を反硬化状態で、光透過性シートに、被
着転写し、表面に転写用基板21の反転微細凹凸面31
の凹凸が反転したすなわち目的とする第1の微細凹凸情
報面11を形成する方法を採ることが考えられている。

【0007】この場合、転写用基板21に対する樹脂層
の塗布は、比較的均一に、微細凹凸を埋込んで塗布する
ことのできるスピンコートによる。このスピンコート
は、図7Bに示すように、未硬化状態の紫外線硬化樹脂
22aを、転写用基板21をその中心軸を回転中心軸と
して低速回転した状態で滴下し、続いて高速回転させ、
図7Cに示すように、遠心力によって樹脂22aを外周
方向に流延させて樹脂層22を形成するという方法が採
られる。

【0008】一方、図7Dに示すように、図1および図
2で説明した光記録媒体1における光透過性層2とな
る、すなわち光記録媒体1と面形状および大きさが同一
の光透過性シート20を用意し、これを図8Aに示すよ
うに、転写用基板21上の樹脂層22に押圧する。

【0009】この状態で、樹脂層22に紫外線照射によ
る硬化処理を行い、図8Bに示すように、光透過性シー
ト20を、転写用基板21の反転微細凹凸面31から、
この反転微細凹凸面31の形状が反転して形成された第
1の微細凹凸情報面11が表面に形成された樹脂層22
と共に剥離する。

【0010】この剥離された第1の微細凹凸情報面11
が形成された光透過性シート20を、図8Cに示すよう
に、第2の微細凹凸情報面12が形成された光記録媒体
基板3に光透過性の接着剤4を介して接合する。このよ
うにして、図1および図2で示した光透過性層2による
第1の微細凹凸情報面11が形成され、光記録媒体基板
3による第2の微細凹凸情報面12とが、光透過性シー
ト20による肉薄の光透過性層2の表面に近接して形成
された目的とする光記録媒体1を得る。

【0011】ところが、この方法によって光記録媒体を
作製する場合、図7で示した樹脂のスピンコートにおい
て、転写用基板21の周辺部に、樹脂の溜まり22bが
生ずる場合あり、樹脂層22が、基板21の周縁部で肉
厚となる。このため、この樹脂層22が転写された光透
過シートを、光記録媒体基板3に転写させたとき、図8
Cに示すように、光記録媒体1の外周面から突出する樹
脂のはみ出し部6が発生する場合がある。

【0012】このようなはみ出し部6が存在すること
は、商品価値の低下を来すのみならず、特に、上述した
ように、第1および第2の微細凹凸情報面が、光記録媒
体の表面に近接して配置され、対物レンズ、すなわちピ
ックアップに近接して配置される光記録媒体において
は、その再生もしくは記録を行う装置における誤動作や
事故の発生原因となるおそれがある。そこで、このよう
なはみ出し部6は、図8Cに示すように、カッター7に
よって削り取るという作業がなされる。しかしながら、
このようなはみ出し部の発生のチェックや、削り取りの
作業は極めて煩雑で量産性を阻む。

【0013】

【課題を解決するための手段】本発明は、第1の微細凹
凸情報面を有する光透過性シートが、光記録媒体基板に
接合されて成る光記録媒体の製造方法であって、その微
細凹凸に対応する反転微細凹凸面を有する転写用基板を
用意する。そして、この転写用基板の反転微細凹凸面
に、未硬化の樹脂層をスピンコートする塗布工程と、光
記録媒体における光透過性シートの外形状より大きな外
形状を有する光透過性シート材を転写用基板の樹脂層の
塗布面に、その全外周縁が転写用基板の全外周縁より外
方に突出延在させて圧着し、光透過性シート材に、転写
用基板上の樹脂層を転写する転写圧着工程と、光透過性
シート材を樹脂層と共に転写用基板から剥離して、樹脂
層によって転写用基板の反転微細凹凸面の反転による第
1の微細凹凸情報面が形成された光透過性シート材を得
る剥離工程と、この剥離された光透過性シート材の全外
周を切断除去して微細凹凸情報面を有する光透過性シー
トを形成する工程と、この光透過性シートを光記録媒体
基板に接合する工程とをもって、目的とする第1の微細
凹凸情報面を有する光透過性シートが、光記録媒体基板
に接合されて成る光記録媒体を製造するものである。

【0014】尚、本発明でいう光透過性とは、光記録媒
体に照射される光、すなわち再生用レーザ光あるいは微
細凹凸情報面に記録可能な記録層を形成するときにおけ
る記録用レーザ光に対して透過性を示すことを指称する
ものである。

【0015】上述した本発明方法においては、第1の微
細凹凸情報面の形成に際しての転写用基板からの転写状
態においては、最終的に得る光記録媒体における光透過
性シートより大面積の光透過性シート材を用いてこのシ
ート材に対して第1の微細凹凸情報面を形成する樹脂層
の転写を行うものであり、その後その周辺をカッティン
グ除去して最終的に光記録媒体における所要の面積形状
を有する光透過性シートを形成するようにしたことか
ら、このカッティングによって、前述したスピンコート
で発生した樹脂の肉厚部を除去することができる。した
がって、本発明方法によれば、第1の微細凹凸情報面を
有する光透過性シートが光記録媒体基板に接合された光
記録媒体において、樹脂のはみ出しを回避できる。

【0016】また、本発明方法においては、転写用基板
に対してその外周縁から突出する大きさの光透過性シー
ト材を圧接することから、その剥離は、その突出縁を利
用した摘まみ上げ、あるいは真空吸引等によって行うこ
とができることから、この剥離作業の機械化、自動化が
可能となり、量産性を高めることができる。さらに、大
面積の光透過性シート材におけるカッティングの、自動
化は容易に行うことができるので、量産化は容易に行う
ことができるものである。

【0017】

【発明の実施の形態】本発明による光記録媒体の製造方
法の一実施形態を説明する。この実施形態においては、
光ディスクを製造する場合であって、この例において
も、図1および図2て説明したように、例えば厚さ0.
1mmの肉薄の光透過性層2を構成する光透過性シート
20と、厚さ1.1mm程度の肉厚の光記録媒体基板、
この例ではディスク基板3とが接着剤4によって接合さ
れて成る光記録媒体1、この例では光ディスクを製造す
る場合である。

【0018】この場合においても、これら光透過性シー
ト20と基板3との互いの接合面には、図2のその要部
の拡大断面図で示すように、それぞれ例えばトラッキン
グ情報、アドレス情報、データ情報等の各種情報が記録
されたあるいは記録されるグループあるいはピット等に
よる第1および第2の微細凹凸情報面11および12が
形成される。

【0019】この光記録媒体1の第1および第2の微細
凹凸情報面11および12に対する例えば再生レーザ光
Lの照射は、肉薄の光透過性シート20側からなされ、
対物レンズ5と、第1および第2の情報面11および1
2の近接化が図られている。

【0020】本発明のこの例においても、図3Aに示す
ように、最終的に形成する第1の微細凹凸情報面11に
対応し、これとは反転形状を有する反転微細凹凸面31
を有する転写用基板21を用意する。この反転微細凹凸
面31を有する転写用基板21は、例えば射出成形によ
るポリカーボネート(PC)等による樹脂基板によって
構成するとか、あるいは平滑面を有するガラス等の基板
上に未硬化の例えば紫外線硬化樹脂を塗布し、これに目
的とする第1の微細凹凸情報面に対応する凹凸を有する
スタンパを押圧して反転微細凹凸面31を形成するいわ
ゆる2P法(Photopolymerization 法) 等によって形成
することができる。

【0021】図3Bに示すように、この転写用基板21
を、その中心軸を回転中心として低速回転した状態で、
上述の未硬化状態の樹脂、例えば紫外線硬化樹脂22a
を、滴下し、続いて高速回転させ、図3Cに示すよう
に、遠心力によって樹脂を外周方向に流延させて樹脂層
22を形成する。

【0022】一方、図3Dに示すように、最終的に得る
目的とする光ディスクにおける光透過性シートを構成す
るが、これより大面積、すなわち光ディスクの外径より
大なる外径を有する例えばポリエチレンテレフタレート
フィルムより成る光透過性シート材20Sを用意する。

【0023】図4Aに示すように、この光透過性シート
材20Sを、転写用基板21上の樹脂層22に押圧す
る。このときこの光透過性シート材20Sは、その全周
縁が、転写用基板21の全外周より所要の幅Wをもって
突出することができる大きさに予め選定されるものであ
る。

【0024】この状態で、樹脂層22に紫外線照射によ
る硬化処理を行い、その後図4Bに示すように、光透過
性シート20を、転写用基板21の反転微細凹凸面31
から、この反転微細凹凸面31の形状が反転して形成さ
れた第1の微細凹凸情報面11が表面に形成された樹脂
層22と共に剥離する。

【0025】次に、このようにして得た第1の微細凹凸
情報面11が形成された光透過性シート20Sを図4B
に鎖線hおよびpをもって示すように、その中心部と周
縁部を切断するカッティングを行って図4Cに示すよう
に、中心孔20hが穿設され、最終的に得る目的とする
光ディスクの径を有する光透過性シート20を切り出
す。

【0026】このように光透過性シート20を切り出し
て後、あるいは光透過性シート材20Sの状態で、その
第1の微細凹凸情報面11の表面に所要の反射率を有す
る半透明の反射膜等(図示せず)を被着形成する。

【0027】次に、図4Dに示すように、光透過性シー
ト20を、その第1の微細凹凸情報面11側において、
光ディスクを構成する光記録媒体基板3に所定の位置関
係を保持して接着剤4を介して接合し、目的とする光記
録媒体1、すなわち光ディスクを得る。光記録媒体基板
3には、光透過性シート20との接合面に、第2の微細
凹凸情報面12が形成され、更に例えばその表面に反射
膜(図示せず)が被着されて成る。この第2の微細凹凸
情報面12が形成された光記録媒体基板3の作製は、通
常のCD−ROM等の製造方法におけると同様に、射出
成形あるいは前述した2P法によって形成することがで
きる。また、接着剤は、従来のDVD等によっておいて
2枚の基板の接合に用いられる光透過性を有する接着性
樹脂シートによって構成することができる。

【0028】この本発明製造方法によって作製した光記
録媒体例えば光ディスクを構成する光透過性シート20
は、光透過性シート材20Sの周囲が切断除去されて形
成されるものであり、このため図7および図8で説明し
たような樹脂の溜まり22bが生じた場合においても、
光記録媒体基板3との接合時においては、この肉厚部は
排除される。したがって、本発明方法においては、図8
Cで示した樹脂のはみ出し部6が発生することがない。

【0029】また、本発明製造方法においては、図4A
に示すように、光透過性シート材20Sの外周縁が、転
写用基板21の外周縁より、所要の幅Wをもって突出す
る大きさに、光透過性シート材20Sの面積選定を行う
ものであるが、この幅Wの選定によって、この光透過性
シート材20Sの転写用基板21からの剥離を、各種治
具ないしは装置を用いて容易に剥離したり、剥離の自動
化を図ることができる。

【0030】この剥離治具としては、例えば図5に示す
ように、転写用基板21の周縁から突出した光透過性シ
ート材20Sの外周縁部を、クランプするプライヤ型の
クランプ機構40によって構成することができ、このク
ランプ装置によって、光透過性シート材20Sの外周縁
部を摘まみあげて剥離するようにすることができる。あ
るいは例えば図6に示すように、例えば光透過性シート
材20Sの転写用基板21の周縁から突出した光透過性
シート材20Sの外周縁部と、例えば中心部にそれぞれ
対応して吸引口41および42を有し、これらが排気ポ
ンプに連結された真空吸着構成とされた吸着装置43を
設け、これによって転写用基板21から光透過性シート
材20Sを引き剥すようにすることができる。

【0031】尚、上述した例では、ROM型の光ディス
クを得る場合について主として説明したが、各第1およ
び第2の微細凹凸情報面11および12の一方もしくは
双方に、書き換え可能、あるいはライトワンスの記録層
が形成された構成とすることもできるなど上述した実施
形態および例に限定されることなく種々の光記録媒体、
特に光入射側に極く近接して情報面が形成される光透過
層を有する光記録媒体の製造に本発明を適用して同様の
効果を奏することができる。

【0032】

【発明の効果】上述したように、本発明によれば、肉薄
の光透過層を光透過性シートによって形成する光記録媒
体の製造方法で、転写用基板に形成した樹脂層の転写に
よって光透過性シートに微細凹凸情報面を形成する場合
における周辺部に形成される樹脂のはみ出しの問題を容
易に解決することができるものである。

【0033】すなわち、本発明製造方法では、最終的に
得る光記録媒体例えば光ディスクを構成する光透過性シ
ートを、これより大面積の光透過性シート材を用い、そ
の周囲を切断除去して形成する方法を採ることによっ
て、転写用基板に対してスピンコートによって樹脂を塗
布したことによって生じる周縁部に樹脂の溜まりによる
肉厚部を排除して光記録媒体基板の面形状および大きさ
に合致する光透過性シートを形成することができること
から、この光透過性シートが、光記録媒体基板に接合さ
れて得た目的とする光記録媒体において樹脂のはみ出し
部の発生が回避される。したがって、信頼性の高い光記
録媒体を確実に得ることができる。

【0034】また、本発明製造方法においては、光透過
性シート材を転写用基板に圧着して後、これを剥離する
場合において、その光透過性シート材の外周縁が、転写
用基板外周縁より、所要の幅Wをもって突出させること
ができることによって、その剥離作業は、前述したクラ
ンプ機構、吸着装置等の剥離治具あるいは剥離装置によ
って容易に、確実に、かつ自動化が可能となることによ
って量産性を高めることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明による光記録媒体の製造方法によって得
る光記録媒体の一例の概略断面図である。

【図2】図1で示した光記録媒体の要部の拡大断面図で
ある。

【図3】A〜Dは、それぞれ本発明製造方法の一例の一
部の工程における概略断面図である。

【図4】A〜Dは、それぞれ本発明製造方法の一例の一
部の工程における概略断面図である。

【図5】本発明製造方法の光透過性シート材の剥離工程
に用いるクランプ装置の一例の説明図である。

【図6】本発明製造方法の光透過性シート材の剥離工程
に用いる吸着装置の一例の説明図である。

【図7】A〜Dは、それぞれ従来製造方法の一部の工程
における概略断面図である。

【図8】A〜Cは、それぞれ従来製造方法の一部の工程
における概略断面図である。

【符号の説明】

1・・・光記録媒体、2・・・光透過性層、3・・・光
記録媒体基板(光ディスク基板)、4・・・接着剤、5
・・・対物レンズ、11・・・第1の微細凹凸情報面、
12・・・第2の微細凹凸情報面、20・・・光透過性
シート、21・・・転写用基板、22・・・樹脂層、2
2a・・・未硬化樹脂、22b・・・溜まり、31・・
・反転微細凹凸面、40・・・クランプ機構、41,4
2・・・吸引口、43・・・吸着装置、L・・・レーザ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 第1の微細凹凸情報面を有する光透過性
    シートが、光記録媒体基板に接合されて成る光記録媒体
    の製造方法であって、 転写用基板に形成された上記微細凹凸情報面の微細凹凸
    に対応する反転微細凹凸面に、未硬化の樹脂層をスピン
    コートする塗布工程と、 上記光記録媒体における光透過性シートの外形状より大
    きな外形状を有する光透過性シート材を上記転写用基板
    の上記樹脂層の塗布面に、その全外周縁を上記転写用基
    板の全外周縁より外方に突出延在させて圧着し、該光透
    過性シート材に、上記転写用基板上の上記樹脂層を転写
    する転写圧着工程と、 上記光透過性シート材を上記樹脂層と共に上記転写用基
    板から剥離して、上記樹脂層によって上記転写用基板の
    上記反転微細凹凸面の反転による上記第1の微細凹凸情
    報面が形成された光透過性シート材を得る剥離工程と、 該剥離された光透過性シート材の全外周を切断除去して
    上記第1の微細凹凸情報面を有する光透過性シートを形
    成する工程と、 該光透過性シートを上記光記録媒体基板に接合する工程
    とを有し、少なくとも上記第1の微細凹凸情報面が形成
    された光記録媒体を作製することを特徴とする光記録媒
    体の製造方法。
  2. 【請求項2】 上記光記録媒体基板の上記光透過性シー
    トの接合面側に、第2の微細凹凸情報面が形成されて成
    ることを特徴とする請求項1に記載の光記録媒体の製造
    方法。
JP2001085840A 2001-03-23 2001-03-23 光記録媒体の製造方法 Pending JP2002288895A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001085840A JP2002288895A (ja) 2001-03-23 2001-03-23 光記録媒体の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001085840A JP2002288895A (ja) 2001-03-23 2001-03-23 光記録媒体の製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002288895A true JP2002288895A (ja) 2002-10-04

Family

ID=18941291

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001085840A Pending JP2002288895A (ja) 2001-03-23 2001-03-23 光記録媒体の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002288895A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005063573A (ja) * 2003-08-14 2005-03-10 Sony Corp 光ディスク媒体の製造方法
WO2005048253A1 (ja) * 2003-11-12 2005-05-26 Mitsubishi Kagaku Media Co., Ltd. 光記録媒体の製造方法及び光透過性スタンパ
WO2009051272A1 (en) * 2007-10-19 2009-04-23 Showa Denko K.K. Method and apparatus for manufacturing a resin stamper for a recording medium
JP2009241274A (ja) * 2008-03-28 2009-10-22 Toshiba Corp インプリント方法およびスタンパ

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005063573A (ja) * 2003-08-14 2005-03-10 Sony Corp 光ディスク媒体の製造方法
WO2005048253A1 (ja) * 2003-11-12 2005-05-26 Mitsubishi Kagaku Media Co., Ltd. 光記録媒体の製造方法及び光透過性スタンパ
WO2009051272A1 (en) * 2007-10-19 2009-04-23 Showa Denko K.K. Method and apparatus for manufacturing a resin stamper for a recording medium
US8999220B2 (en) 2007-10-19 2015-04-07 Showa Denko K.K. Method and apparatus for manufacturing resin stamper, imprint method, magnetic recording medium, and magnetic recording/reproducing apparatus
JP2009241274A (ja) * 2008-03-28 2009-10-22 Toshiba Corp インプリント方法およびスタンパ
US7833458B2 (en) 2008-03-28 2010-11-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Imprinting method and stamper

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4638918B2 (ja) 光情報記録媒体
CN1225733C (zh) 光信息记录介质的制造方法和光信息记录介质
KR100248096B1 (ko) 광학정보기록매체, 그 제조방법 및 제조장치와 광학정보기록/재생장치
US7986601B2 (en) Multi-purpose high-density optical disc
KR100809788B1 (ko) 광기록매체, 광기록매체 제조방법, 광기록매체 제조장치 및 매체
JP2005353281A (ja) 光情報記録媒体及び光情報記録媒体の製造方法
EP0706178B1 (en) Optical information medium, method for producing the optical information medium, and unit for producing the optical information medium
KR100952067B1 (ko) 광학 기록매체
US20020145967A1 (en) Optical information medium and recording method therefor
US7161893B2 (en) Stamper for fabrication of optical recording medium, method of forming information recording area and light transmissive layer, and optical recording medium
WO2000023990A1 (fr) Support d'enregistrement d'information optique, procede et appareil d'enregistrement et de reproduction
US5716761A (en) Double-sided-multi-layered optical disc and a method for manufacturing the same
WO1999000794A1 (fr) Support d'enregistrement optique et dispositif de disque optique
JPH11120617A (ja) 光記録媒体
JP2002074749A (ja) 光学記録媒体およびその製造方法
EP0216915A1 (en) Process for fabricating optical recording disk
TWI279794B (en) Optical disc and its manufacturing method
KR20050097941A (ko) 광 데이터 저장매체의 제조방법, 광 데이터 저장매체와,상기 방법을 수행하기 위한 장치
US20040152501A1 (en) Gaming machine and display device therefor
JPH08329523A (ja) 光ディスク
JP2005085403A (ja) ディスク状記録媒体の製造方法及びディスク状記録媒体の製造方法に使用可能なスタンパ部材
JP2003272237A (ja) 光学記録媒体およびその製造方法
JP2001209980A (ja) 光学的情報記録媒体の製造方法および製造装置
EP1509915A2 (en) Method of manufacturing an optical storage medium and optical storage medium
JPWO2005088629A1 (ja) 多層情報記録媒体及びその製造方法