JP2002273458A - 排水の処理方法 - Google Patents

排水の処理方法

Info

Publication number
JP2002273458A
JP2002273458A JP2001080748A JP2001080748A JP2002273458A JP 2002273458 A JP2002273458 A JP 2002273458A JP 2001080748 A JP2001080748 A JP 2001080748A JP 2001080748 A JP2001080748 A JP 2001080748A JP 2002273458 A JP2002273458 A JP 2002273458A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
treatment
catalyst
wastewater
wet oxidation
harmful substances
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001080748A
Other languages
English (en)
Inventor
Junichi Miyake
純一 三宅
Toru Ishii
徹 石井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Shokubai Co Ltd
Original Assignee
Nippon Shokubai Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Shokubai Co Ltd filed Critical Nippon Shokubai Co Ltd
Priority to JP2001080748A priority Critical patent/JP2002273458A/ja
Publication of JP2002273458A publication Critical patent/JP2002273458A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Fire-Extinguishing Compositions (AREA)
  • Treatment Of Water By Oxidation Or Reduction (AREA)
  • Catalysts (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 排水中の有害物質、特にダイオキシン類を効
率よく除去する方法を提供する。 【解決手段】 触媒を充填した反応塔において、まず排
水中に分散している有害物質を常温で触媒に吸着させて
おき(吸着処理)、その後、反応塔を加熱して触媒に吸
着した有害物質を酸化分解する(湿式酸化処理)。排水
中の有害物質の濃度が低い場合には、触媒を用いて有害
物質を触媒上に吸着させて濃縮しておき、これを湿式酸
化処理することにより、効率的に処理することができ
る。吸着処理と湿式酸化処理は、一定時間ごとに交互に
繰り返し行うことが有効であるが、処理を効率的に行う
ためには反応塔を2塔以上設置して一つでは吸着処理、
残りでは湿式酸化処理を行うことにより連続的に処理す
ることが有効である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、排水中の有害物質
を分解除去する方法に関し、特に排水中のダイオキシン
類を効率よく分解除去する方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、排水中の有害物質を処理する方法
としては、生物処理法、燃焼法、湿式酸化法などが広く
知られている。生物処理法では、余剰汚泥などの副産物
が発生するため、その処理が問題となる場合が多く、ま
た有害物質の組成によっては生物処理が困難になるなど
の問題がある。また、燃焼法では、燃料として化石燃料
を燃焼させるため資源を浪費することになり、かつ地球
温暖化などの原因として問題視されている二酸化炭素の
排出量が増加するなどの問題がある。
【0003】一方、湿式酸化法は上記の問題がなく、非
常に優れている。しかし、排水中の有害物質の濃度が低
い場合には処理性能が低くなる問題があった。
【0004】また、ダイオキシン類は化学的に非常に安
定であり、自然界では半永久的に残存するといわれてい
るほど分解しにくい物質であるのに加え、排水中でのそ
の含有量が非常に低いため、これを効率よく処理するこ
とは従来の排水処理方法では困難であった。従来の排水
中のダイオキシン類の処理方法としては、生物学的分解
処理法、化学的分解処理方法、物理学的分解処理方法な
どの種々の方法が提案されているが、未だ効率的な処理
方法は確立されていない。
【0005】ダイオキシン類を含有する排水の処理方法
の一つとして湿式酸化処理が検討されている。しかし、
排水中のダイオキシン類の濃度は非常に低いため、湿式
酸化反応効率が悪く、処理性能を高くするためには、大
過剰の酸化剤を添加したり、触媒量を増加させたりする
必要があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、排水
中に含まれる有害物質を湿式酸化処理するにあたり、上
記問題点を解決できる新規な処理方法を提供することに
ある。本発明では、触媒を用いた湿式酸化処理における
処理性能をより一層向上できる新規な排水の処理方法を
提供することを目的としている。その中でも特に本発明
は、有害物質の濃度が低い排水を湿式酸化処理するとき
の処理性能を向上できる新規な排水の処理方法を提供す
ることを目的としている。有害物質の中でも特にダイオ
キシン類は、排水中の濃度が非常に低いため、本発明は
排水中のダイオキシン類を湿式酸化処理するときの処理
性能を向上させることを目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明者らは、上記の課
題を解決するために鋭意研究した結果、排水中の有害物
質を分解除去するにあたり、触媒を充填した反応塔にお
いて、まず排水中に分散している有害物質を常温で触媒
に吸着させておき(吸着処理)、その後、反応塔を加熱
して触媒に吸着した有害物質を酸化分解する(湿式酸化
処理)ことにより、効率的に有害物質を分解除去できる
ことを見出し、本発明を完成するに至った。
【0008】吸着処理と湿式酸化処理とは、一定時間ご
とに交互に繰り返し行うことが有効であるが、処理を効
率的に行うためには反応塔を2または3塔以上設置し、
一つの反応塔で吸着処理と湿式酸化処理とを交互に繰り
返して行い、それに対応して、他の反応塔では湿式酸化
処理と吸着処理とを交互に繰り返して行うことにより、
連続的に処理することが有効であることを見出した。ま
た、本発明は、排水中の有害物質の濃度が低い場合に特
に有効である。有害物質がダイオキシン類である場合に
は、その濃度がピコグラム(pg)〜ナノグラム(n
g)/リットルで表示されるように極めて低濃度であ
り、かつダイオキシン類は活性炭などの吸着剤に吸着し
やすい性質を持っているため、本発明は特に有効である
ことを見出した。
【0009】すなわち、本発明は、排水中の有害物質を
分解除去するにあたり、触媒を充填した反応塔におい
て、有害物質を触媒に吸着させる吸着処理と、触媒に吸
着した有害物質を酸化分解する湿式酸化処理とを、交互
に繰り返し行うことを特徴とする排水の処理方法であ
る。
【0010】
【発明の実施の形態】本発明において有害物質とは、排
水のCOD濃度に寄与する被酸化性物質などを意味し、
窒素含有化合物、硫黄含有化合物、有機ハロゲン化合物
など各種の有機物や無機物がこれに該当する。これらの
中でも本発明は、ダイオキシン類、特に数pg〜ng/
リットルという低濃度のダイオキシン類の処理に対して
有効である。
【0011】本発明における酸化分解とは、有害物質を
酸化および/または分解することを意味し、例えばエタ
ノールを酢酸にする酸化、酢酸を二酸化炭素と水にする
酸化分解、酢酸を二酸化炭素とメタンにする脱炭酸の分
解、各種の有機物を低分子量化する分解、尿素をアンモ
ニアと二酸化炭素にする加水分解、アンモニアやヒドラ
ジンを窒素ガスと水にする酸化分解、有機ハロゲン化合
物の酸化分解や脱塩素など、種々の態様を包含するもの
である。
【0012】本発明の処理対象となる排水としては、例
えば、化学プラント、電子部品製造設備、食品加工設
備、印刷製版設備、発電設備、写真処理設備、金属加工
設備、金属メッキ設備、金属精錬設備、紙パルプ製造設
備などの各種産業プラントから排出される排水や、屎
尿、下水などの生活排水、廃棄物焼却炉排水、埋立地浸
出水などの種々の排水が挙げられる。また、本発明の処
理対象となるダイオキシン類を含有する排水としては、
例えば、廃棄物焼却炉の排ガスを湿式洗浄した洗煙排水
などの廃棄物焼却炉からの排水や、浸出水などのゴミ埋
立地からの排水、あるいは金属精錬工業や紙パルプ工業
などの各種工業排水などが挙げられる。
【0013】以下、図1を用いて本発明の排水の処理方
法について説明するが、図1は本発明の実施態様の一例
を示す概略図であり、本発明で用いることができる装置
をこれに限定する趣旨ではない。
【0014】まず、吸着処理系統において、排水は原水
タンク1からポンプ2により常温常圧で常圧原水供給ラ
イン3を経て反応塔5にフィードされ、吸着処理され
る。この際の空間速度(LHSV)は特に限定されず、
反応塔の吸着処理能力によって適宜決定すればよいが、
通常、好ましくは0.1hr−1以上、より好ましくは
0.5hr−1以上、さらに好ましくは1hr−1以上
であり、好ましくは20hr−1以下、より好ましくは
10hr−1以下、さらに好ましくは5hr−1以下と
なるように調整することが推奨される。空間速度が0.
1hr−1未満の場合、処理量が低下して、過大な設備
が必要となることがある。また逆に20hr−1を超え
る場合には、吸着処理が十分に行えない場合がある。
【0015】反応塔5において有害物質を除去した吸着
処理水は、吸着処理水排出ライン6から排出される。反
応塔5にて吸着処理を一定時間行った後、切替ライン4
を切り替えることにより、吸着処理系統から湿式酸化処
理系統に反応塔を切り替える。反応塔を切り替える間隔
は、吸着処理性能によって適宜定めることができる。す
なわち、反応塔に充填された触媒に対する有害物質の吸
着が破過するまでの時間内で適宜定めることができる。
【0016】吸着処理した後、上記ライン切り替えによ
り湿式酸化処理系統に接続された反応塔5では、以下の
通り湿式酸化処理を行い、反応塔内に蓄積されている有
害物質を除去する。
【0017】湿式酸化処理系統では、原水タンク7から
排水を昇圧ポンプ8により昇圧フィードする。一方、酸
素源供給ライン10からは酸素源を導入し、コンプレッ
サー9で昇圧した後、排水に混入させる。ここで得られ
る気液混合物はライン11を経て熱交換器12で加熱さ
れ、さらに加熱器13で加熱された後、反応塔5に導入
され、ここで湿式酸化処理される。
【0018】原水タンク7は、原水タンク1と同一であ
ってもよく、別途設けてもよい。また、原水タンク7か
らは、純水を供給することもできる。その際、排水や純
水中に、有害物質の溶解を促進する溶剤や、湿式酸化反
応で分解されやすい助燃剤を添加することが有効であ
る。上記溶剤としては、例えば界面活性剤やアルコール
類などが挙げられ、助燃剤としては、例えば有機酸類、
アルデヒド類、糖類、ケトン類などが挙げられる。
【0019】昇圧ポンプで昇圧フィードする際の空間速
度(LHSV)は特に限定されず、反応塔の湿式酸化処
理能力によって適宜決定すればよいが、通常、好ましく
は0.1hr−1以上、より好ましくは0.5hr−1
以上、さらに好ましくは1hr−1以上であり、好まし
くは20hr−1以下、より好ましくは10hr−1
下、さらに好ましくは5hr−1以下となるように調整
することが推奨される。空間速度が0.1hr−1未満
の場合、湿式酸化処理量が低下して、過大な設備が必要
となることがある。また逆に20hr−1を超える場合
には、湿式酸化処理が十分行えない場合がある。
【0020】本発明の湿式酸化処理は酸素源の存在下で
行うことができる。酸素源としては、特に限定されるも
のではなく、純酸素、酸素富化ガス、空気、オゾン、過
酸化水素などを用いることができ、また、他のプラント
で生じた酸素含有ガスなどを利用することもできる。こ
れらの中でも特に空気を用いることが経済的観点から推
奨される。また、純酸素やオゾンは不活性ガスなどで希
釈して用いることもできる。排水のCOD濃度が低く、
かつ排水中に有害物質を酸化するのに十分な量の酸素が
溶存している場合には、酸素源を供給せずに排水中の溶
存酸素を酸素源として用いることもできる。
【0021】酸素源を供給する場合の供給量は特に限定
されず、排水中の有害物質を分解処理するのに必要な量
を供給すればよい。酸素源の供給量として好ましくは排
水の理論酸素要求量の0.5倍以上、より好ましくは1
倍以上であり、好ましくは100倍以下、より好ましく
は10倍以下の酸素量であることが推奨される。酸素源
の供給量が理論酸素要求量の0.5倍未満の場合は、排
水中の有害物質が十分に分解されない場合が多く、また
100倍を超えて供給しても設備が大型化するだけで処
理性能が向上しない場合が多い。ただし、排水中の有害
物質濃度が低く、上記範囲では酸素源の供給量が少ない
場合、系内の圧力を保持できなくなることがある。この
場合には、系内の圧力を保持できる量の酸素源を供給す
る必要がある。
【0022】排水に酸素源を混入させた気液混合物は、
熱交換器12に送られて予備加熱された後、さらに加熱
器13で加熱されて反応塔5に供給されるが、加熱方法
は特に限定されるものではなく、熱交換器12および/
または加熱器13によって加熱してもよく、さらに反応
塔5にヒーター(図示せず)などの加熱手段を設けて加
熱してもよい。これらの加熱手段は単独で用いてもよ
く、あるいは任意に組み合わせて用いることもできる。
【0023】また、熱交換器12に供給された排水は反
応塔5で処理され排出された高温の処理液によって熱交
換されてもよく、あるいは他のプラントから排出された
高温の液体によって熱交換されてもよく、排水を加熱す
るための熱媒体については特に限定されない。
【0024】気液混合物を反応塔5に供給する方法とし
ては、気液上向並流、気液下向並流、気液向流など種々
の形態を用いることができ、特に限定されない。
【0025】湿式酸化反応の反応温度は他の条件にも影
響されるが、370℃を超えると排水を液相状態に保持
できず、かつ設備が大型化したりランニングコストが上
昇することがあるので、加熱温度は370℃以下とする
ことが望ましい。また、触媒に炭素成分など可燃性の成
分が含まれている場合には、加熱温度は触媒が燃焼しな
い温度にする必要があり、好ましくは200℃以下、よ
り好ましくは170℃以下とすることが望ましい。一
方、排水の温度が100℃未満では湿式酸化反応を効率
的に行うことが困難になるので、好ましくは100℃以
上、より好ましくは105℃以上とすることが望まし
い。排水が元々高温である場合には加熱する必要がない
こともある。
【0026】本発明の湿式酸化反応は、排水が液相を保
持する圧力下に行うので、排水が液相を保持できるよう
に圧力を適宜調節することが望ましい。
【0027】本発明で用いる反応塔の種類、形状などは
特に限定されない。反応塔は単管式、多管式のいずれの
型式であってもよく、これらを複数組み合わせて用いる
こともできる。本発明の処理においては、反応塔を2塔
設置して、一つの反応塔で吸着処理を、その間、他の反
応塔では湿式酸化処理を行うという操作を交互に行うこ
とにより、連続的に排水中の有害物質を処理することが
有効であるが、反応塔を3塔以上設置する場合には、第
1塔→第2塔→第3塔・・・の順に直列につないで、最
初は第1塔で吸着処理、第2塔以降で湿式酸化処理を行
い、一定時間後には第1塔を湿式酸化処理に切り替えて
第2塔を吸着処理の先頭とし、湿式酸化処理した後の反
応塔は最後尾につなぐ、いわゆるメリーゴーランド方式
をとることが有効である。
【0028】反応塔が1基のみである場合には、吸着処
理と湿式酸化処理を定期的に切り替えることにより本発
明の処理方法を行うことができる。たとえば、図1の湿
式酸化処理系統のみを有する処理装置において、吸着処
理を行うときには酸化剤供給ライン10からの酸化剤供
給は行わず、系内を常圧にしておくことにより、吸着処
理と湿式酸化処理を1塔のみで行うことができる。本発
明で反応塔内に設置することのできる触媒としては、吸
着処理における有害物質の吸着能力が高く、かつ湿式酸
化処理における有害物質の酸化分解能力が高い触媒であ
ればいずれも用いることができ、例えば、活性炭、活性
コークス、グラファイトカーボン、活性炭素繊維、チタ
ン、ケイ素、アルミニウム、ジルコニウム、マンガン、
鉄、コバルト、ニッケル、セリウム、タングステン、
銅、銀、金、白金、パラジウム、ロジウム、ルテニウム
およびイリジウムから選ばれる少なくとも1種を含有す
る触媒を挙げることができる。上述した触媒の中でも、
次のA成分とB成分とを含有する触媒が好適に用いられ
る。ここでA成分とは、活性炭、活性コークス、グラフ
ァイトカーボン、活性炭素繊維、鉄、チタン、ケイ素、
アルミニウムおよびジルコニウムから選ばれる少なくと
も1種である。A成分の具体例としては、チタン酸化
物、鉄酸化物、ジルコニウム酸化物などの金属酸化物、
チタン酸化物−ジルコニウム酸化物、チタン酸化物−鉄
酸化物などの2元または多元系酸化物(複合酸化物も含
む)や、活性炭、活性コークス、グラファイトカーボ
ン、活性炭素繊維、もしくはこれらの混合物などを挙げ
ることができる。触媒中A成分の占める割合は、30〜
99.95質量%の範囲が好ましく、A成分を30質量
%以上の割合で用いることにより、触媒の耐久性が向上
する。
【0029】またB成分とは、マンガン、コバルト、ニ
ッケル、セリウム、タングステン、銅、銀、金、白金、
パラジウム、ロジウム、ルテニウムおよびイリジウムか
ら選ばれる少なくとも1種以上の元素および/または1
種以上の元素を含む化合物である。
【0030】B成分の具体例としては、前記元素の金
属、酸化物および複合酸化物を挙げることができるがこ
れらに限定される趣旨ではない。触媒中のB成分の割合
は0.05質量%以上が好ましく、70質量%以下であ
ることが好ましい。排水中の有害物質を十分に酸化およ
び/または分解処理するという観点からB成分を0.0
5質量%以上の割合で用いることが好ましい。
【0031】さらに、B成分の中でも、銀、金、白金、
パラジウム、ロジウム、ルテニウムおよびイリジウム
(以下、「B−1成分」という)から選ばれる少なくと
も1種以上の元素および/または1種以上の元素を含む
化合物の場合には、その割合(合計量)は触媒の10質
量%以下とするのが望ましい。10質量%を超える場
合、それに相応した処理性能の向上は認められず、また
これらは高価な原料であるため、触媒のコストが上昇す
るため望ましくない。
【0032】また、B成分のうち上記以外の、マンガ
ン、コバルト、ニッケル、セリウム、タングステンおよ
び銅(以下、「B−2成分」という)から選ばれる少な
くとも1種以上の元素および/または1種以上の元素を
含む化合物の場合、その割合(合計量)は触媒の70質
量%以下とするのが望ましい。
【0033】なお、合計量が触媒の0.05〜70質量
%の範囲であれば、B−1成分とB−2成分とを組み合
わせてもよく、その際、B−1成分を0.05〜10質
量%、B−2成分を0.05〜70質量%の範囲で組み
合わせて上記範囲内となるようにすることが推奨され
る。
【0034】触媒は、B成分として、B−1成分を含有
している場合が特に触媒活性が高く、効果的である。特
に、B−1成分の中でも、白金、パラジウム、ロジウ
ム、ルテニウムおよびイリジウムから選ばれる少なくと
も1種以上の元素および/または1種以上の元素の化合
物を含有している場合は触媒活性が高く好ましい。B−
2成分の中では、マンガン、コバルト、ニッケルおよび
銅から選ばれる少なくとも1種以上の元素および/また
は1種以上の元素を含む化合物が好適に用いられる。
【0035】触媒の形状については特に制限はなく、例
えば粒状、球状、ペレット状およびリング状のいずれで
もよく、またハニカム状などの一体構造体でもよい。懸
濁物を含む排水を処理する場合には、固形物や沈殿物な
どにより触媒層での閉塞が起こる可能性があるので、ハ
ニカム状のものが好適に用いられる。粒状、球状、ペレ
ット状、リング状の触媒を用いる場合、触媒の大きさは
特に限定されるものではないが、直径もしくは一辺の長
さが約3mm〜10mmのものが好適に用いられる。
【0036】また、反応塔内にはこれらの触媒以外に
も、気液の攪拌・接触効率の向上、気液の偏流低減など
を目的として、種々の充填物、内作物などを組み込んで
もよい。これらの充填物や内作物の材質・形状について
は特に限定されず、金属製あるいはセラミックス製のも
のを用いることができる。
【0037】反応塔5で処理された処理液は湿式酸化処
理液ライン14より排出されて必要に応じて熱交換器1
2や冷却器15で適宜冷却された後、気液分離器16に
よって気体と液体に分離される。この際、熱交換器12
と冷却器15は単独であるいは組み合わせて用いること
ができる。
【0038】気液分離器16では液面コントローラーL
Cを用いて液面を検出し、液面制御弁18によって気液
分離器16内の液面が一定となるように制御することが
望ましい。なお、ここで「一定」とは、液面が一定値あ
るいは一定の範囲内であることを意味する。
【0039】なお、処理水を冷却した後、圧力調節弁
(図示せず)を介して排出した後、気液分離器16によ
って気体と液体に分離してもよい。
【0040】気液分離器16で分離された液体は処理液
排出ライン17を通して排出されるが、これは処理液タ
ンク21に送液されてもよく、あるいは生物処理などの
公知の方法に供してさらに処理することもできる。
【0041】また、圧力は圧力コントローラーPCによ
り圧力を検出して圧力制御弁19を作動させて圧力を所
定値に維持することが望ましい。気液分離器16で分離
された気体は排ガス排出ライン20を通じて大気中に放
出してもよく、あるいはさらに公知の方法に供して処理
してもよい。
【0042】
【実施例】以下、実施例を挙げて本発明を更に具体的に
説明する。 実施例1 図1の湿式酸化処理系統のみの装置を使用し、排水の処
理を行った。反応塔5として直径25mm、長さ250
0mmの円筒状のものを用い、内部には触媒(ペレット
状)として活性炭とルテニウム(Ruとして0.3質量
%)とからなる触媒1リットルを充填した。処理に供し
た排水のCOD濃度は150mg/リットルであった。
まず、以下に示す通り吸着処理を行った。排水を原水タ
ンク7からポンプ8により1リットル/hrの流量で供
給した。反応塔5における吸着処理温度は20℃であ
り、圧力は常圧であった。吸着処理を行っている間は、
酸化剤供給ライン10からの空気の供給は行わなかっ
た。加熱器13による加熱、冷却器15による冷却も行
わなかった。圧力調節弁19は全開にしておき、吸着処
理液は処理液ライン17から排出した。吸着処理水のC
OD濃度は7mg/リットルであった。上記吸着処理を
500時間行った後、湿式酸化処理を行った。湿式酸化
処理では、原水タンク7から排水を昇圧ポンプ8により
1リットル/hrの流量で昇圧フィードした。また、空
気を酸素源供給ライン10から供給し、コンプレッサー
9で昇圧したあと、50Nリットル/hrの流量で排水
に混入した。この気液混合物を熱交換器12で加熱し、
さらに加熱器13で加熱した後、反応塔5に導入し、処
理温度120℃で湿式酸化処理した。被処理液は湿式酸
化処理液ライン14を経て、熱交換器12および冷却器
15により冷却した後、気液分離器16に導入した。気
液分離器16では、液面コントローラー(LC)により
液面を検出して液面制御弁18を作動させて一定の液面
を保持するとともに、圧力コントローラー(PC)によ
り圧力を検出して圧力制御弁19を作動させて0.4M
PaGの圧力を保持するように操作した。処理液は処理
液排出ライン17から処理液タンク21に排出した。湿
式酸化処理は24時間行った。湿式酸化処理水のCOD
濃度は5mg/リットルまで低減された。 実施例2 図1に示す装置を使用し、排水の処理を行った。反応塔
5として直径25mm、長さ2500mmの円筒状の反
応塔を2塔設置し、内部には触媒(ペレット状)として
活性炭とルテニウム(Ruとして0.3質量%)とから
なる触媒1リットルをそれぞれに充填した。処理はダイ
オキシン類含有排水を用い、そのダイオキシン類濃度は
450pg−TEQ/リットルであった。まず、吸着処
理系統において、排水を原水タンク1からポンプ2によ
り2リットル/hrの流量で供給した。反応塔5におけ
る吸着処理温度は20℃であり、圧力は常圧であった。
反応塔5において有害物質を除去した吸着処理水は、吸
着処理水排出ライン6から排出した。吸着処理水のダイ
オキシン類濃度は5pg−TEQ/リットルであった。
上記吸着処理を500時間行った後、切替ライン4を切
り替えることにより、吸着処理系統から湿式酸化処理系
統に反応塔を切り替え、もう一方の反応塔を吸着処理系
統に接続した。
【0043】湿式酸化処理系統では、原水タンク7から
排水を昇圧ポンプ8により1リットル/hrの流量で昇
圧フィードした。また、空気を酸素源供給ライン10か
ら供給し、コンプレッサー9で昇圧したあと、30Nリ
ットル/hrの流量で排水に混入した。この気液混合物
を熱交換器12で加熱し、さらに加熱器13で加熱した
後、反応塔5に導入し、処理温度120℃で湿式酸化処
理した。被処理液は湿式酸化処理液ライン14を経て、
熱交換器12および冷却器15により冷却した後、気液
分離器16に導入した。気液分離器16では、液面コン
トローラー(LC)により液面を検出して液面制御弁1
8を作動させて一定の液面を保持するとともに、圧力コ
ントローラー(PC)により圧力を検出して圧力制御弁
19を作動させて0.4MPaGの圧力を保持するよう
に操作した。処理液は処理液排出ライン17から処理液
タンク21に排出した。湿式酸化処理は24時間行っ
た。湿式酸化処理水のダイオキシン類濃度は6pg−T
EQ/リットルまで低減された。
【0044】
【発明の効果】本発明によれば、排水中に含有される有
害物質を、二次的に有害物質を生成することなく、炭酸
ガス、水、および溶解塩類や灰分などに効率よく転換せ
しめ、無害化することが可能である。本発明は、特にダ
イオキシン類の処理に有効である。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明に係る処理装置の実施態様の一つであ
る。
【符号の説明】
1.原水タンク 2.ポンプ 3.常圧原水供給ライン 4.切替ライン 5.反応塔 6.吸着処理水排出ライン 7.原水タンク 8.昇圧ポンプ 9.コンプレッサー 10.酸化剤供給ライン 11.ライン 12.熱交換器 13.加熱器 14.湿式酸化処理液ライン 15.冷却器 16.気液分離器 17.処理液排出ライン 18.液面制御弁 19.圧力制御弁 20.排ガス排出ライン 21.処理水タンク
フロントページの続き Fターム(参考) 2E191 BA12 BD13 4D050 AA12 AB19 BB01 BC01 BC02 BC04 BC05 BC06 BC07 CA06 4G069 AA03 BA08B BC70B CA05 CA07 CA10 CA19 DA06 EA02Y EA04Y

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 排水中の有害物質を分解除去するにあた
    り、触媒を充填した反応塔において、有害物質を触媒に
    吸着させる吸着処理と、触媒に吸着した有害物質を酸化
    分解する湿式酸化処理とを、交互に繰り返し行うことを
    特徴とする排水の処理方法。
  2. 【請求項2】 2塔以上の反応塔を設け、少なくとも一
    塔では吸着処理を行い、残りの少なくとも一塔では湿式
    酸化処理を行うことにより、排水中の有害物質を分解除
    去する請求項1に記載の排水の処理方法。
  3. 【請求項3】 触媒が、活性炭、活性コークス、グラフ
    ァイトカーボン、活性炭素繊維、チタン、ケイ素、アル
    ミニウム、ジルコニウム、マンガン、鉄、コバルト、ニ
    ッケル、セリウム、タングステン、銅、銀、金、白金、
    パラジウム、ロジウム、ルテニウムおよびイリジウムか
    ら選ばれる少なくとも1種を含有するものである請求項
    1または2に記載の排水の処理方法。
  4. 【請求項4】 有害物質がダイオキシン類である請求項
    1〜3のいずれかに記載の排水の処理方法。
JP2001080748A 2001-03-21 2001-03-21 排水の処理方法 Pending JP2002273458A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001080748A JP2002273458A (ja) 2001-03-21 2001-03-21 排水の処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001080748A JP2002273458A (ja) 2001-03-21 2001-03-21 排水の処理方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002273458A true JP2002273458A (ja) 2002-09-24

Family

ID=18936975

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001080748A Pending JP2002273458A (ja) 2001-03-21 2001-03-21 排水の処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002273458A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN116809009A (zh) * 2023-06-08 2023-09-29 华北水利水电大学 基于锰铁价态调控的改性活性焦及其制备方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN116809009A (zh) * 2023-06-08 2023-09-29 华北水利水电大学 基于锰铁价态调控的改性活性焦及其制备方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101045204B (zh) 用于废水处理的催化剂以及使用所述催化剂的废水处理方法
JP4932547B2 (ja) 排水処理用触媒及び該触媒を用いた排水の処理方法
JPH0377691A (ja) 廃水の処理方法
JP4907289B2 (ja) 排水の処理方法
JP4895215B2 (ja) 無機硫黄化合物を含有する排水の処理方法
KR20010050019A (ko) 액체에 함유된 다이옥신 및/또는 폴리 클로리네이티드바이페닐을 분해 또는 산화시키는 방법
JP4703227B2 (ja) 廃水の処理方法
JP2000117272A (ja) 廃水の処理方法
JP4173708B2 (ja) 排水の湿式酸化処理法および装置
JP2000117273A (ja) 廃水の処理方法
JP3321142B2 (ja) 排水の処理方法
JPH11300374A (ja) 排水の処理方法
JP2008207103A (ja) 排水の処理方法
JP2002273458A (ja) 排水の処理方法
JP5099950B2 (ja) 排水の処理方法
JP4223706B2 (ja) 排水の処理方法
JP2002086166A (ja) 排水の処理方法
JP2008207102A (ja) 排水の処理方法
JP2003094074A (ja) 排水の処理方法
JP2003236567A (ja) 無機硫黄化合物を含有する排水の処理方法
JPS62132589A (ja) 廃水の湿式酸化処理方法
JPH0454515B2 (ja)
JP2004105903A (ja) ヒドラジン含有排水の処理法
JPH08257575A (ja) 廃水の処理方法
JP3318131B2 (ja) 廃水処理用触媒およびその触媒を用いた廃水の処理方法