JP2002266594A - トンネル覆工板およびその施工方法 - Google Patents

トンネル覆工板およびその施工方法

Info

Publication number
JP2002266594A
JP2002266594A JP2001066792A JP2001066792A JP2002266594A JP 2002266594 A JP2002266594 A JP 2002266594A JP 2001066792 A JP2001066792 A JP 2001066792A JP 2001066792 A JP2001066792 A JP 2001066792A JP 2002266594 A JP2002266594 A JP 2002266594A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tunnel
lining plate
lining
circumferential
adjacent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001066792A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshiji Matsumoto
嘉司 松本
Original Assignee
Yoshiji Matsumoto
嘉司 松本
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yoshiji Matsumoto, 嘉司 松本 filed Critical Yoshiji Matsumoto
Priority to JP2001066792A priority Critical patent/JP2002266594A/ja
Publication of JP2002266594A publication Critical patent/JP2002266594A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 新設トンネルの覆工、既設トンネルの補修に
適用可能であり、かつ材質が劣化しても緩んだ結合手段
の脱落を防止できるトンネル覆工板を提供する。 【解決手段】 覆工板本体12の一側部12aの延長上で一
方の突出部13を突出させ、反対側に同一形状に一方の切
欠部15を切欠形成する。覆工板本体12の他側部12bの延
長上で他方の突出部16を突出させ、反対側に同一形状に
他方の切欠部17を切欠形成する。一方の突出部13は、ト
ンネル周方向Zに隣接する他の覆工板本体の一方の切欠
部15と嵌合し、トンネル軸方向Yに挿入した結合ボルト
14aによりトンネル軸方向Yに隣接する他の覆工板本体
と結合させる。他方の突出部16は、トンネル周方向Zに
隣接する他の覆工板本体の他方の切欠部17と嵌合し、ト
ンネル軸方向Yに挿入した結合ボルト14bにより他の覆
工板本体と結合させる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、新設トンネル覆工
用および既設トンネル補修用のトンネル覆工板およびそ
の施工方法に関する。
【0002】
【従来の技術】シールド工法により施工される新設トン
ネル(以下、このトンネルを「シールドトンネル」とい
う)は、コンクリート製、鋼製または鋳鉄製のセグメン
トどうしを結合ボルトで結合して、円筒状の覆工として
いる。これらのセグメントの結合ボルトは、セグメント
の表面から挿入しているため、セグメントの劣化に伴っ
て脱落しやすい。
【0003】また、従来の既設トンネルの補修板は、H
形鋼を所定間隔で配置し、そのH形鋼間にコンクリート
製のプレキャスト板を落し込むか、またはプレキャスト
板を既設覆工にアンカボルトで止めるか、あるいはプレ
キャスト板どうしを相互に結合ボルトで結合することに
より、組立てているが、いずれの場合も、コンクリート
の劣化に伴って、アンカボルト、結合ボルトが脱落する
問題がある。さらに、H形鋼を配置する工法を用いる
と、トンネルの内空断面が小さくなり、現場の条件によ
って適用できない既設トンネルも生ずる問題がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】このように、従来のセ
グメントおよび補修板は、コンクリートの劣化に伴って
結合ボルトなどの結合手段が脱落する問題があるととも
に、従来の補修板は、現場の条件によって適用できない
既設トンネルも生ずる問題がある。
【0005】本発明は、このような点に鑑みなされたも
ので、新設トンネルの覆工および広範囲の既設トンネル
の補修に適用可能であり、かつ材質が劣化しても緩んだ
結合手段の脱落を防止できるトンネル覆工板およびその
施工方法を提供することを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1に記載された発
明は、板状であって少なくとも一側部および他側部がト
ンネル周方向に平行に形成された覆工板本体と、覆工板
本体の一側部の延長上で覆工板本体よりトンネル周方向
に突出されトンネル軸方向に挿入される結合手段により
トンネル軸方向に隣接する他の覆工板本体と結合される
一方の突出部と、覆工板本体の一側部のうち一方の突出
部とは反対側にて一方の突出部と同一形状に切欠形成さ
れトンネル周方向に隣接する他の覆工板本体から突出さ
れた一方の突出部と嵌合する一方の切欠部と、覆工板本
体の他側部の延長上で覆工板本体より一方の突出部とは
反対のトンネル周方向に突出されトンネル軸方向に挿入
される結合手段によりトンネル周方向に隣接する他の覆
工板本体と結合される他方の突出部と、覆工板本体の他
側部のうち他方の突出部とは反対側にて他方の突出部と
同一形状に切欠形成されトンネル周方向に隣接する他の
覆工板本体から突出された他方の突出部と嵌合する他方
の切欠部とを具備したトンネル覆工板である。
【0007】これにより、覆工板本体より突出された一
方の突出部を、トンネル軸方向に隣接する他の覆工板本
体に結合するとともに、覆工板本体より突出された他方
の突出部を、トンネル周方向に隣接する他の覆工板本体
に結合するので、覆工板本体どうしをトンネル軸方向お
よびトンネル周方向に確実に結合でき、新設トンネルの
覆工および広範囲の既設トンネルの補修に適用できる。
【0008】その際、一方の突出部および他方の突出部
に、トンネル周方向に隣接する他の覆工板本体に同一形
状に切欠形成された一方の切欠部および他方の切欠部が
それぞれ嵌合するので、隣接し合う覆工板本体間の密着
性を確保できる。
【0009】また、一方の突出部および他方の突出部を
結合する結合手段は、それぞれトンネル軸方向に挿入さ
れ、さらにこれらのトンネル軸方向に位置する他の覆工
板本体により係止されので、覆工板本体などの材質が劣
化して結合手段が緩んでも、その緩んだ結合手段の脱落
を防止できる。
【0010】請求項2に記載された発明は、請求項1記
載のトンネル覆工板における覆工板本体を、補強材によ
り補強されたコンクリート製としたものであり、覆工板
本体の強度を確保できる。
【0011】請求項3に記載された発明は、請求項1記
載のトンネル覆工板における覆工板本体を、プラスチッ
ク製としたものであり、覆工板本体の軽量化を図れる。
【0012】請求項4に記載された発明は、請求項1記
載のトンネル覆工板における覆工板本体を、金属製とし
たものであり、覆工板本体の薄肉化と強度の向上を図れ
る。
【0013】請求項5に記載された発明は、請求項1乃
至4のいずれか記載のトンネル覆工板における突出部
が、覆工板本体と一体に成形されたものであり、覆工板
本体と共に突出部を容易に成形できる。
【0014】請求項6に記載された発明は、請求項1乃
至4のいずれか記載のトンネル覆工板における突出部
が、覆工板本体と別体に成形され覆工板本体と一体化さ
れたものであり、突出部を薄くても強度を有する材質で
成形できる。
【0015】請求項7に記載された発明は、請求項1乃
至6のいずれか記載のトンネル覆工板において、覆工板
本体および突出部のいずれか一方からトンネル軸方向に
張出された張出部と、覆工板本体に凹状に設けられトン
ネル軸方向に隣接する他の覆工板本体の張出部と嵌合す
る嵌合溝とを具備したものであり、トンネル軸方向に隣
接する覆工板本体どうしを、張出部と嵌合溝との嵌合に
より正確に位置決めできるとともに、張出部が結合手段
としての結合ボルトなどの頭部である場合は、その頭部
に嵌合溝を嵌合して、結合手段の緩み止めおよび脱落防
止を図れる。
【0016】請求項8に記載された発明は、請求項1乃
至7のいずれか記載のトンネル覆工板において、覆工板
本体のほぼ中央部に、ねじ部材を螺合可能な貫通インサ
ートを設けたものであり、この貫通インサートから覆工
板本体の裏側に突出されたねじ部材により、覆工板本体
とトンネル覆工面との間に所定の裏込充填材の充填間隙
を確保したり、覆工板本体の表側に螺合されたねじ部材
により、鉄道トンネルまたは道路トンネルにおける配線
などの取付、下水トンネルにおける止水板などの取付に
利用できる。
【0017】請求項9に記載された発明は、請求項1乃
至8のいずれか記載のトンネル覆工板をトンネル周方向
に結合し、このトンネル周方向のトンネル覆工板の結合
をトンネル軸方向に順次移行させるトンネル覆工板の施
工方法であり、請求項1乃至8のいずれか記載のトンネ
ル覆工板をトンネル周方向に結合したものをトンネル軸
方向に伸ばして行くので、新設トンネルの覆工および広
範囲の既設トンネルの補修に適用できる。
【0018】請求項10に記載された発明は、請求項9
記載のトンネル覆工板の施工方法において、トンネル内
面のトンネル周方向に覆工板設置用のゲージ材を、トン
ネル内面の下部のトンネル軸方向に下部通し材をそれぞ
れアンカにより設置し、下部通し材およびゲージ材にレ
ベル調整可能な下端用第1覆工板を固定設置し、ゲージ
材に沿って下端用第1覆工板上に順次配置した請求項1
乃至8のいずれか記載のトンネル覆工板をゲージ材およ
びトンネル周方向に隣接する他のトンネル覆工板に結合
手段により結合することでトンネル内面に沿ってアーチ
状に閉合させ、下端用第1覆工板と隣接する下部通し材
上に下端用第1覆工板とは高さの異なるレベル調整可能
な下端用第2覆工板を配置して下部通し材および隣接す
る他のトンネル覆工板に固定設置し、下端用第1覆工板
およびこの下端用第1覆工板上に設置したトンネル覆工
板に沿って下端用第2覆工板上に順次配置した請求項1
乃至8のいずれか記載のトンネル覆工板をトンネル軸方
向およびトンネル周方向に隣接する他のトンネル覆工板
に結合手段により結合することでトンネル内面に沿って
アーチ状に閉合させ、下端用第1覆工板よりトンネル覆
工板をアーチ状に閉合させる工程と、下端用第2覆工板
よりトンネル覆工板をアーチ状に閉合させる工程とを交
互に繰り返すトンネル覆工板の施工方法である。
【0019】この施工方法は、ゲージ材および下部通し
材の設置時を除いて、既設トンネルの覆工面にアンカを
打つことなく、トンネル覆工板どうしを結合手段で結合
してアーチを構築するので、補修が可能な既設トンネル
の対象を拡大でき、また、請求項1乃至8のいずれか記
載のトンネル覆工板を用いて施工したから、結合ボルト
などの結合手段が緩んでも、その結合手段は隣接する他
のトンネル覆工板により係止されて、脱落するおそれが
ないので、結合手段の緩み確認などのメンテナンスを軽
減できる。
【0020】請求項11に記載された発明は、請求項1
乃至8のいずれか記載のトンネル覆工板をトンネル周方
向に無端状に結合し、始端部と終端部の結合部分では、
前記トンネル覆工板とは異形の覆工板を組合せて結合
し、このトンネル周方向のトンネル覆工板の結合をトン
ネル軸方向に順次移行させるトンネル覆工板の施工方法
であり、この施工方法は、シールド工法などにより掘削
された新設トンネルに適用でき、トンネル覆工板を円筒
状などに効率良く施工できる。
【0021】請求項12に記載された発明は、請求項9
乃至11のいずれか記載のトンネル覆工板の施工方法に
おいて、トンネル軸方向に相互に隣接し合うトンネル覆
工板が、トンネル周方向に位置ずれ配置されたものであ
り、トンネル覆工板間をトンネル周方向に位置ずれ配置
するので、各トンネル覆工板間を結合する結合手段を適
度な間隔にバランス良く配置できるとともに、各トンネ
ル覆工板の突出部に挿入された結合手段を隣接する他の
トンネル覆工板により係止できるので、結合手段の脱落
を確実に防止できる。
【0022】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る種々の実施の
形態を図1乃至図22を参照しながら説明する。
【0023】図1は、トンネル覆工板11の第1の実施の
形態を示し、その覆工板本体12は、図1(a)に示され
るように少なくとも一側部12aおよび他側部12bがトンネ
ル周方向Zに平行に形成され、図1(b)、(c)、
(d)、(e)に示されるように、平板状またはトンネ
ル周方向Zに円弧状に彎曲した曲板状に成形されてい
る。
【0024】図1(a)、(b)、(d)に示されるよ
うに、覆工板本体12の一側部12aの延長上で覆工板本体1
2よりトンネル周方向Zに、一方の突出部13が突出され
ている。この一方の突出部13は、図2に示されるような
トンネル軸方向Yに挿入される結合手段としての一方の
結合ボルト14aにより、トンネル軸方向Yに隣接する他
の覆工板本体12と結合される。
【0025】図1(a)、(b)、(e)に示されるよ
うに、覆工板本体12の一側部12aのうち一方の突出部13
とは反対側にて、一方の切欠部15が一方の突出部13と同
一形状に切欠形成されている。この一方の切欠部15は、
図2に示されるようにトンネル周方向Zに隣接する他の
覆工板本体12から突出された一方の突出部13と嵌合す
る。
【0026】図1(a)、(c)、(e)に示されるよ
うに、覆工板本体12の他側部12bの延長上で覆工板本体1
2より一方の突出部13とは反対のトンネル周方向Zに、
他方の突出部16が突出されている。この他方の突出部16
は、図2に示されるようにトンネル軸方向Yに挿入され
る結合手段としての他方の結合ボルト14bにより、トン
ネル周方向Zに隣接する他の覆工板本体12と結合され
る。
【0027】図1(a)、(c)、(d)に示されるよ
うに、覆工板本体12の他側部12bのうち他方の突出部16
とは反対側にて、他方の切欠部17が他方の突出部16と同
一形状に切欠形成されている。この他方の切欠部17は、
図2に示されるようにトンネル周方向Zに隣接する他の
覆工板本体12から突出された他方の突出部16と嵌合す
る。
【0028】覆工板本体12および各突出部13,16は、補
強材により補強されたコンクリートで一体に成形された
ものであり、覆工板本体12および突出部13,16の強度を
確保できるとともに、覆工板本体12と共に突出部13,16
を容易に成形できる。
【0029】補強材とは、鉄筋、樹脂(レジン)、繊維
強化プラスチック(FRP)などであり、補強材により
補強されたコンクリートとは、鉄筋コンクリート、樹脂
コンクリート、ファイバコンクリートなどである。
【0030】一方の突出部13および他方の突出部16に
は、図1(a)、(d)、(e)に示されるように、ト
ンネル軸方向Yに複数のボルト挿入穴18,19がそれぞれ
貫通して設けられ、また、覆工板本体12の他側部12bお
よび他方の切欠部17には、図1(a)、(c)に示され
るように、複数のボルト螺合穴21,22がそれぞれトンネ
ル軸方向Yに前記ボルト挿入穴18,19と等間隔で設けら
れている。
【0031】ボルト挿入穴18,19は、結合ボルト14a,1
4bの外径よりやや大径に形成され、また、ボルト螺合穴
21,22は、結合ボルト14a,14bのねじ溝部が螺合するね
じ穴である。
【0032】そして、図1(f)に示されるような結合
手段としての結合ボルト14aまたは14bが、一方の突出部
13のボルト挿入穴18に挿入されて、反対側に隣接する他
の覆工板本体12のボルト螺合穴21に螺入され、また、他
方の突出部16のボルト挿入穴19に挿入されて、反対側に
隣接する他の覆工板本体12の切欠部17のボルト螺合穴22
に螺入される。結合ボルト14a,14bのボルト頭部20は、
覆工板本体12より張出した張出部となる。
【0033】図1(a)、(b)に示されるように、覆
工板本体12の一方の切欠部15および一側部12aには複数
の嵌合溝24がトンネル軸方向Yにそれぞれ凹状に設けら
れている。これらの嵌合溝24は、トンネル軸方向Yおよ
びトンネル周方向Zに隣接する他の覆工板本体12の突出
部13,16からトンネル軸方向Yに張出された張出部とし
てのボルト頭部20と嵌合する。
【0034】そして、例えば、一方の突出部13および他
方の突出部16の挿入穴に挿入された結合手段としての結
合ボルト14aまたは14bのボルト頭部20が、これらの突出
部13,16よりY方向に張出して張出部となるので、この
場合は、そのボルト頭部20に、隣接する覆工板本体12の
嵌合溝24を嵌合して、隣接する覆工板本体12どうしを正
確に位置決めできるとともに、結合ボルト14aまたは14b
の緩み止めおよび脱落防止を図る。
【0035】その際、嵌合溝24内に、あらかじめセメン
トペーストまたは液状の接着剤などを詰めておき、これ
らの接着力で結合ボルト14aまたは14bのボルト頭部20を
結合する。これにより、コンクリートの劣化などで結合
ボルト14aまたは14bが緩んでも、その結合ボルト14aま
たは14bは嵌合溝24内に保たれ、脱落することがない。
【0036】図1(a)に示されるように、覆工板本体
12のほぼ中央部には、ねじ部材を螺合可能な貫通インサ
ート25が設けられている。この貫通インサート25の働き
は、後で図16に基づき説明する。
【0037】図2は、図1に示されたトンネル覆工板11
の施工例であり、覆工板本体12より突出された一方の突
出部13を、結合ボルト14aにより、トンネル軸方向Yに
隣接する他の覆工板本体12に結合するとともに、覆工板
本体12より突出された他方の突出部16を、結合ボルト14
bにより、トンネル周方向Zに隣接する他の覆工板本体1
2に結合するので、覆工板本体12どうしをトンネル軸方
向Yおよびトンネル周方向Zに確実に結合でき、新設ト
ンネルの覆工および広範囲の既設トンネルの補修に適用
できる。
【0038】その際、一方の突出部13および他方の突出
部16に、トンネル周方向Zに隣接する他の覆工板本体12
に同一形状に切欠形成された一方の切欠部15および他方
の切欠部17がそれぞれ嵌合するので、隣接し合う覆工板
本体12間の密着性を確保できる。
【0039】また、一方の突出部13および他方の突出部
16を結合する結合ボルト14a,14bは、それぞれトンネル
軸方向Yに挿入され、さらにこれらのトンネル軸方向Y
に位置する他の覆工板本体12により係止されので、覆工
板本体12などの材質が劣化して結合手段が緩んでも、そ
の緩んだ結合手段の脱落を防止できる。
【0040】特に、トンネル軸方向Yに相互に隣接し合
うトンネル覆工板11が、トンネル周方向Zに位置ずれ配
置されたものであり、トンネル覆工板11間をトンネル周
方向Zに位置ずれ配置するので、各トンネル覆工板11間
を結合する結合ボルト14a,14bを適度な間隔にバランス
良く配置できるとともに、各トンネル覆工板11の突出部
13,16に挿入された結合ボルト14a,14bを隣接する他の
トンネル覆工板11により係止できるので、これらの結合
ボルト14a,14bの脱落を確実に防止できる。
【0041】図3は、トンネル覆工板11の第2の実施の
形態を示し、その覆工板本体12は、図3(a)に示され
るように少なくとも一側部12aおよび他側部12bがトンネ
ル周方向Zに平行に形成され、図3(b)、(c)、
(d)に示されるように板状に成形された、補強材によ
り補強されたコンクリート製である。
【0042】図3(a)に示されるように覆工板本体12
の一側部12aの延長上で覆工板本体12よりトンネル周方
向Zに一方の突出部13が突出され、この一方の突出部13
は、図4に示されるようにトンネル軸方向Yに挿入され
る結合手段としての結合ボルト14aによりトンネル軸方
向Yに隣接する他の覆工板本体12と結合される。
【0043】覆工板本体12の一側部12aのうち一方の突
出部13とは反対側にて、一方の切欠部15が一方の突出部
13と同一形状に切欠形成され、この一方の切欠部15は、
図4に示されるようにトンネル周方向Zに隣接する他の
覆工板本体12から突出された一方の突出部13と嵌合す
る。
【0044】覆工板本体12の他側部12bの延長上で覆工
板本体12より一方の突出部13とは反対のトンネル周方向
Zに他方の突出部16が突出され、この他方の突出部16
は、図4に示されるようにトンネル軸方向Yに挿入され
る結合手段としての結合ボルト14bによりトンネル周方
向Zに隣接する他の覆工板本体12と結合される。
【0045】覆工板本体12の他側部12bのうち他方の突
出部16とは反対側にて、他方の切欠部17が他方の突出部
16と同一形状に切欠形成され、この他方の切欠部17は、
図4に示されるようにトンネル周方向Zに隣接する他の
覆工板本体12から突出された他方の突出部16と嵌合す
る。
【0046】一方の突出部13には、複数のボルト挿入穴
18がトンネル軸方向Yに貫通して設けられ、これらのボ
ルト挿入穴18と交互に結合手段としての複数の結合ボル
ト14bのほぼ半分が一体的に埋込まれ、残り半分が他方
の切欠部17内でトンネル軸方向Yに突出されている。
【0047】覆工板本体12の他側部12bには、結合手段
としての複数の結合ボルト14aのほぼ半分が一体的に埋
込まれ、残り半分がトンネル軸方向Yに突出されてい
る。
【0048】他方の突出部16には、複数のボルト挿入穴
19がトンネル軸方向Yに貫通して設けられている。
【0049】図3(a)に示されるように、各ボルト挿
入穴18,19には、左端の挿入口から先細状のテーパが付
けられ、右端側に結合ボルト14aまたは14bと螺合するナ
ットを嵌合するためのナット嵌合溝18a,19aが設けられ
ている。
【0050】このように、図3に示されたトンネル覆工
板11は、覆工板本体12に結合ボルト14aまたは14bが予め
一体的に埋込まれているので、図1に示されたトンネル
覆工板11のようなボルト螺合穴21,22は必要ない。
【0051】図3(a)に示されるように、覆工板本体
12のほぼ中央部には、ねじ部材を螺合可能な貫通インサ
ート25が設けられている。この貫通インサート25の働き
は、後で図16に基づき説明する。
【0052】そして、図4は、図3に示されたトンネル
覆工板11の施工例であり、覆工板本体12より突出された
一方の突出部13を、トンネル軸方向Yに隣接する他の覆
工板本体12にボルト結合するとともに、覆工板本体12よ
り突出された他方の突出部16を、トンネル周方向Zに隣
接する他の覆工板本体12にボルト結合するので、覆工板
本体12どうしをトンネル軸方向Yおよびトンネル周方向
Zに確実に結合でき、新設トンネルの覆工および広範囲
の既設トンネルの補修に適用できる。
【0053】その際、一方の突出部13のボルト挿入穴18
には、トンネル軸方向Yに隣接する他の覆工板本体12か
ら突出された結合ボルト14aが挿入され、また、他方の
突出部16のボルト挿入穴19には、トンネル周方向Zに隣
接する他の覆工板本体12から突出された結合ボルト14b
が挿入され、これらの結合ボルト14aまたは14bの先端ね
じ溝と螺合するナットにより固定される。
【0054】次に、図5乃至図8により、図1および図
2に示された第1の実施の形態に類似する他のトンネル
覆工板11を説明するが、第1の実施の形態と同様の部分
には、同一符号を付して、その説明を省略する。
【0055】図5は、トンネル覆工板11の第3の実施の
形態を示し、覆工板本体12から突出された一方の突出部
13および他方の突出部16が、覆工板本体12と別体に成形
されているが、覆工板本体12と一体化された結合板31,
32により設けられたものである。
【0056】例えば、覆工板本体12のコンクリートの補
強材と一体成形または溶接付けなどで一体化された鋼
製、ステンレス鋼製、鋳鋼製または繊維強化プラスチッ
ク製などの結合板31,32を、コンクリート成形部分から
露出させたものである。これにより、結合板31,32は、
突出部13,16を薄くても強度を有する材質で成形でき
る。
【0057】図6は、トンネル覆工板11の第4の実施の
形態を示し、図6(a)、(d)、(e)に示されるよ
うに、覆工板本体12は、補強材により補強されたコンク
リート製または金属製あるいはプラスチック製である
が、覆工板本体12の一側部12aおよび他側部12bに対し既
設トンネル壁面側の中央部分に凹部33を設けて、軽量化
を図ったものである。
【0058】図6(f)に示されるように、このトンネ
ル覆工板11の結合に用いられる結合手段は皿ねじ34であ
り、皿形の頭部35を有するので、図6(a)に示される
ように、上下の結合板31,32にこの頭部35と対応する形
状のねじ挿入穴36,37が設けられ、また、覆工板本体12
の他側部12bおよび他方の切欠部17には、皿ねじがねじ
込まれる木材または繊維強化プラスチックなどのプラス
チック材などの定着部38が埋込まれている。
【0059】このような皿ねじ34の頭部35は結合板31,
32の板厚内に収まり、ボルト頭部20のように結合板31,
32から張出す張出部がないので、これを補うために、図
6(a)、(c)、(e)に示されるように、下側の結
合板32に、トンネル軸方向Yに張出された張出部39が一
体に設けられ、また、図6(a)、(b)に示されるよ
うに、覆工板本体12の反対側の側面に、トンネル軸方向
Yに隣接する他の覆工板本体12の張出部39と嵌合する嵌
合溝24が形成された張出部嵌合板40が一体的に設けられ
ている。
【0060】結合板31,32、定着部38および張出部嵌合
板40は、覆工板本体12の中央部分の凹部33に対し両側の
肉厚部に設けることで、十分な取付強度を確保する。
【0061】なお、張出部39は、図6(a)に示される
ように覆工板本体12の領域に突設しても良いが、突出部
16の領域より突設してもよい。
【0062】そして、図7に示されるように、トンネル
軸方向Yに隣接する覆工板本体12どうしを、張出部39と
張出部嵌合板40の嵌合溝24との嵌合により正確に位置決
めできる。
【0063】図8は、トンネル覆工板11の第5の実施の
形態を示し、覆工板本体12と、ボルト挿入穴18,19が設
けられた結合板31,32と、ボルト螺合穴21,22が設けら
れた結合板41,42と、覆工板本体12の切欠部15および一
側部12aに設けられた張出部嵌合板40とが、プラスチッ
クまたは金属などにより薄い肉厚で一体に成形されたも
のであり、覆工板本体12と共にこれらの結合板31,32,
41,42などを容易に成形できる。
【0064】覆工板本体12に対し、結合板31,32,41,
42および張出部嵌合板40は、既設トンネル壁面側のみに
突設され、表面側に突起が出ないようにする。
【0065】プラスチック製の場合は、繊維強化プラス
チックなども含み、軽量化を図れる。また、金属製の場
合は、鋼製、ステンレス鋼製、鋳鋼製などであり、覆工
板本体12の薄肉化と強度の向上を図れる。
【0066】このような各種トンネル覆工板11は、平板
状に成形されたものを図示したが、トンネル形状に合わ
せて、弧状または多角形状に成形する。
【0067】図9は、結合手段としての結合ボルト14を
示し、相手側には、この結合ボルト14と螺合されるボル
ト螺合穴21,22が設けられている。この結合ボルト14
は、そのボルト頭部20をスパナなどにより回動されて、
ボルト螺合穴21,22のねじ溝に螺入される。その際、結
合ボルト14のボルト頭部20が、嵌合溝24と嵌合する張出
部となる。
【0068】図10は、結合手段としてのジョイント金
具(商品名クイックジョイント)50を示し、その挿入側
部材51には、頭部52と反対側の先端部に、先端に向かっ
て拡径するテーパ面部53と、先端に向かって縮径するテ
ーパ面部54とが連続的に設けられ、一方、相手側には、
受け穴55が設けられ、この受け穴55の開口部側には内テ
ーパ面56が設けられ、この内テーパ面56に同様のテーパ
を有する複数に分割された結合駒57が配置され、これら
の結合駒57は、介在板58を介して圧縮ばね59から押圧力
を受け、開口部の内テーパ面56に当接されている。
【0069】そして、指先で挿入側部材51の頭部52を押
圧して、テーパ面部54を受け穴55の開口部に押込むと、
挿入側部材51のテーパ面部54により押圧された複数の結
合駒57は、圧縮ばね59に抗して受け穴55の大径部分に移
動しながら拡径するので、挿入側部材51のテーパ面部54
から外れて、圧縮ばね59の復元力により開口部側へ押戻
される。これにより、複数の係合駒57は、開口部の内テ
ーパ面56に係合して縮径し、挿入側部材51のテーパ面部
53と係合し、挿入側部材51を抜止できる。結合時の挿入
側部材51の頭部52が、嵌合溝24と嵌合する張出部とな
る。
【0070】図11は、結合手段としての釘61を示し、
相手側には、木材またはプラスチック材などの定着部38
が覆工板本体12内に一体的に設けられている。この定着
部38は、覆工板本体12の外面側を台形の上辺とする断面
形状に設けることで、覆工板本体12からの抜出が防止さ
れている。釘61は、ハンマなどで定着部38に打ち込むだ
けで結合できる簡単な結合手段である。結合時の釘61の
頭部62が、嵌合溝24と嵌合する張出部となる。
【0071】図12は、結合手段としての皿ねじ34を示
し、相手側には、木材またはプラスチック材などの定着
部38が設けられている。この皿ねじ34は、頭部35に設け
られた溝にドライバを係合して回動することで定着部38
にねじ込む簡易な結合手段である。
【0072】次に、図13乃至図15は、既設トンネル
の覆工面を補修板としてのトンネル覆工板11により補修
する施工方法を説明する。
【0073】図13および図14に示されるように、既
に説明した補修板としてのトンネル覆工板11に加えて、
アーチ下端部では、補修板としての下端用第1覆工板71
および下端用第2覆工板72を用いる。
【0074】下端用第1覆工板71は、鉄筋コンクリー
ト、樹脂コンクリートまたはファイバコンクリート製の
覆工板本体73と、この覆工板本体73を固定するために覆
工板本体73の側面に一体化されたボルト結合用の結合板
74とを備えている。
【0075】下端用第2覆工板72は、鉄筋コンクリー
ト、樹脂コンクリートまたはファイバコンクリート製の
覆工板本体75と、この覆工板本体75を固定するために覆
工板本体75の側面に一体化されたボルト結合用の結合板
76とを備えている。
【0076】そして、図13に示されるように、トンネ
ル覆工板11をトンネル周方向Zおよび幅方向Xにアーチ
状に結合し、このトンネル周方向Zおよび幅方向Xのト
ンネル覆工板11の結合をトンネル軸方向Yに順次移行さ
せる際に、下端用第1覆工板71と下端用第2覆工板72と
を交互に用いることで、トンネル軸方向Yに相互に隣接
し合うトンネル覆工板11は、トンネル周方向Zに位置ず
れ配置されている。
【0077】この場合の施工方法をさらに詳しく説明す
ると、図14および図15に示されるように、トンネル
内面のトンネル周方向Zに覆工板設置用のゲージ材(C
形鋼)77を、またトンネル内面の下部のトンネル軸方向
Yに下部通し材(アングル材)78を配置し、既設覆工79
に設置されたホールインアンカ80と、ゲージ材77または
下部通し材78を通してこのホールインアンカ80に螺入さ
れたボルト81とにより、ゲージ材77および下部通し材78
をそれぞれ固定して設置する。なお、下部通し材78は、
図14に示される固定プレート82を介してボルト81によ
り固定される。
【0078】これらのゲージ材77および下部通し材78
に、下部通し材78に取り付けられたレベル調整ボルト83
と螺合するねじ穴を有しこのレベル調整ボルト83により
レベル調整可能な下端用第1覆工板71を固定設置し、さ
らに、ゲージ材77に沿って下端用第1覆工板71上に順次
配置したトンネル覆工板11を、ゲージ材77およびトンネ
ル周方向に隣接する他のトンネル覆工板11に結合ボルト
14aまたは14bにより結合することでトンネル内面に沿っ
てアーチ状に閉合させる。
【0079】さらに、下端用第1覆工板71と隣接する下
部通し材78上に、下端用第1覆工板71とは高さが異なる
とともにレベル調整ボルト84と螺合するねじ穴を有しこ
のレベル調整ボルト84によりレベル調整可能な下端用第
2覆工板72を配置して、下部通し材78および隣接する下
端用第1覆工板71に固定設置し、さらに、下端用第1覆
工板71およびこの下端用第1覆工板71上に順次設置した
トンネル覆工板11に沿って、下端用第2覆工板72上に順
次配置したトンネル覆工板11を、トンネル軸方向Yおよ
びトンネル周方向Zに隣接する他のトンネル覆工板11と
結合ボルト14aまたは14bにより結合することで、トンネ
ル内面に沿ってアーチ状に閉合させる。
【0080】このような下端用第1覆工板71よりトンネ
ル覆工板11をアーチ状に閉合させる工程と、下端用第2
覆工板72よりトンネル覆工板11をアーチ状に閉合させる
工程とを交互に繰返すことで、トンネル軸方向Yに相互
に隣接し合うトンネル覆工板11どうしが、トンネル周方
向に位置ずれ配置された状態を作る。
【0081】このとき、例えば、一方の突出部13および
他方の突出部16の挿入穴に挿入された結合手段としての
結合ボルト14aまたは14bのボルト頭部20が、これらの突
出部13,16よりY方向に張出して張出部となるので、こ
の場合は、そのボルト頭部20に、隣接する覆工板本体12
の嵌合溝24を嵌合して、隣接する覆工板本体12どうしを
正確に位置決めできるとともに、結合ボルト14aまたは1
4bの緩み止めおよび脱落防止を図る。
【0082】その際、嵌合溝24内に、あらかじめセメン
トペーストまたは液状の接着剤などを詰めておき、これ
らの接着力で結合ボルト14aまたは14bのボルト頭部20を
結合する。これにより、コンクリートの劣化などで結合
ボルト14aまたは14bが緩んでも、その結合ボルト14aま
たは14bは嵌合溝24内に保たれ、脱落することがない。
【0083】それから、図15に示されるように、トン
ネル内面に沿って閉合したアーチの脚部を、型枠支え筋
85とセパレータ86により支持された型枠87内に打設され
た根固めコンクリート88により固定し、また、既設覆工
内面とトンネル覆工板11の背面との隙間にモルタルなど
の裏込充填材89を充填する。
【0084】この施工方法は、ゲージ材77および下部通
し材78の設置時を除いて、既設トンネルの覆工面にアン
カを打つことなく、トンネル覆工板11どうしを結合ボル
ト14a,14bで結合してアーチを構築するので、補修が可
能な既設トンネルの対象を拡大でき、また、前記構造の
トンネル覆工板11を用いて施工したから、薄肉化を図れ
るとともに、結合ボルト14aまたは14bなどの結合手段が
緩んでも、その結合手段は隣接する他のトンネル覆工板
11により係止されて、脱落するおそれがないので、結合
手段の緩み確認などのメンテナンスを軽減できる。
【0085】図16に示されるように、各トンネル覆工
板11において、覆工板本体12のほぼ中央部には前記貫通
インサート25が設けられているので、この貫通インサー
ト25からトンネル覆工板11と既設覆工79の覆工面との間
に前記モルタルなどの裏込充填材89を注入したり、この
貫通インサート25に螺入されて覆工板本体12の裏側に突
出されたねじ部材91により、裏込充填材を充填するため
の所定の間隙92を確保したり、覆工板本体12の表側に螺
入されたねじ部材としての取付ボルト93により、例え
ば、鉄道トンネルまたは道路トンネルにおける配線や照
明器具の取付板、下水トンネルにおける止水板の取付板
などの取付板94を固定する。ねじ部材91などには、空気
抜き用の孔95が穿設されている。
【0086】図17に示されるように、鉄道トンネル96
を補修する際には、鉄道トンネル96の内空部に、列車が
通らない時間帯に足場97を組み、前述の手順でトンネル
覆工板11により補修する。
【0087】この鉄道トンネル96内の既設覆工面には、
電線などの配線や照明器具などが設置されている。例え
ば、1本のトロリ線98a、このトロリ線98aを支持する2
本のき電線98b、1本の無線用アンテナ線(LCX)98
c、2本の強電線98d、5本の弱電線98e、2本の信号ケ
ーブル98f、1本の光ケーブル98gなどが設置されてい
る。
【0088】これらの配線や照明器具などの取付は、図
16に示されるように覆工板本体12の貫通インサート25
に螺入された取付ボルト93により取付板94を固定し、こ
の取付板94に図示されない把持具などを介して、前記配
線や照明器具などを付け替えながら、トンネル覆工板11
による補修作業をトンネル軸方向Yに順次進行させる。
【0089】図18に示されるように、道路トンネル10
1を補修する際には、道路を閉鎖できない場合があるの
で、そのような場合は、少なくとも一車線分の道路幅を
中央に残して、その両側に車輪102により移動可能の門
型の移動足場103を組み、その移動足場103上でトンネル
覆工板11により既設覆工面を補修する。
【0090】この道路トンネル101内でも、既設覆工面
に電線などの配線や照明器具104があるので、図16に
示されるように覆工板本体12の貫通インサート25に螺入
された取付ボルト93により取付板94を固定し、この取付
板94に配線や照明器具104などを付け替えながら、トン
ネル覆工板11による補修作業をトンネル軸方向Yに順次
進行させる。
【0091】図19に示されるように、下水トンネル11
1を補修する場合は、トンネル覆工板11の貫通インサー
ト25に取付ボルト93により取付板94を固定し、この取付
板94を介して止水板112を取付け、この止水板112により
下水を止め、止水板112の上流側に溜まった下水113を水
中ポンプ114で汲出して下水パイプ115により下流に排水
することで、止水板112より下流側のトンネル内を空に
し、そこに移動足場を組んで、トンネル覆工板11の結合
および裏込充填材(モルタルなど)89の注入により、矢
印で示された施工方向に順次補修作業を進行させる。
【0092】その際、補修作業の先端部では、トンネル
覆工板11を360度の全周で自由に施工できるように、
下水パイプ115をパイプ足場116によりトンネル底面部よ
り浮かせた状態に設置して施工する。
【0093】以上の説明では、アーチ形断面のトンネル
96,101または円形断面のトンネル111について説明した
が、本トンネル覆工板11および施工方法は、図20およ
び図21に示されるような方形断面のトンネルにも適用
できる。
【0094】図20に示されるように、単線鉄道トンネ
ルまたは下水トンネルなどの方形トンネル121では、平
板状または曲板状の本トンネル覆工板11を方形の既設覆
工122に対し弧状断面に組立てた後、既設覆工122とトン
ネル覆工板11との隙間にモルタルまたは高流動コンクリ
ートなどの裏込充填材123を注入または充填する。
【0095】図21に示されるように、複線鉄道トンネ
ル124,125では、トンネル124,125間の隔壁126に設け
られた開口部127に複数の柱体128を立て、この柱体128
上に梁体129を設け、この梁体129から方形の既設覆工13
0に沿って平板状または曲板状のトンネル覆工板11を図
示される断面形状に施工した後、既設覆工130とトンネ
ル覆工板11との隙間にモルタルまたは高流動コンクリー
トなどの裏込充填材131を注入または充填する。
【0096】図22は、シールド工法により掘削された
新設トンネル(以下、このような新設トンネルを「シー
ルドトンネル」という)を覆工する施工例を示し、トン
ネル周方向Zに円弧状に彎曲されたトンネル覆工板とし
てのメインセグメント141を、トンネル周方向Zに無端
状に結合するが、始端部と終端部の結合部分ではメイン
セグメント141とは異形の覆工板としてのキーセグメン
ト142を施工方向と対向する方向から押込むようにして
リングを完成させる。
【0097】このため、メインセグメント141と、キー
セグメント142と、キーセグメント142の両側に位置する
異形の覆工板としての始端部セグメント143および終端
部セグメント144の4種類のセグメントを組合せて用
い、先ず、始端部セグメント143を取付け、メインセグ
メント141をリング構成方向に組み、最後に終端部セグ
メント144を組んでから、キーセグメント142を始端部セ
グメント143と終端部セグメント144との間に押込むよう
にする。
【0098】メインセグメント141は、図1に示された
トンネル覆工板11と同様のものであり、また、キーセグ
メント142は、トンネル軸方向Yの同一側に結合用の一
方および他方の突出部145が設けられ、また、始端部セ
グメント143は、トンネル軸方向Yの同一側に結合用の
一方および他方の突出部146が設けられ、終端部セグメ
ント144は、トンネル軸方向Yの反対側に結合用の一方
および他方の突出部147が設けられ、これらの突出部14
5,146,147に挿入されたボルトなどの結合手段により
固定される。
【0099】このトンネル周方向Zのセグメント無端状
結合をトンネル軸方向Yに順次繰返し施工することによ
り、シールドトンネルに適用でき、各セグメントを円筒
状に効率良く施工できる。この場合も、トンネル軸方向
Yに相互に隣接し合うセグメントは、トンネル周方向Z
に位置ずれ配置される。
【0100】以上のように、本トンネル覆工板は、同一
形状のものを組合せることで、円形、方形、アーチ形ま
たは多角形状の断面を持つ既設トンネルの全周または一
部を補修する補修板として、あるいは円形断面のシール
ドトンネルのセグメントとして、広範囲の施工に用いる
ことができる。すなわち、いずれの形態のトンネル覆工
板も、トンネル周方向Zに結合して形成したアーチまた
は円筒をトンネル軸方向Yに伸ばして行くので、広範囲
の既設トンネルの補修および新設トンネルの覆工に適用
できる。
【0101】
【発明の効果】請求項1記載の発明によれば、覆工板本
体より突出された一方の突出部を、トンネル軸方向に隣
接する他の覆工板本体に結合するとともに、覆工板本体
より突出された他方の突出部を、トンネル周方向に隣接
する他の覆工板本体に結合するので、覆工板本体どうし
をトンネル軸方向およびトンネル周方向に確実に結合で
き、新設トンネルの覆工および広範囲の既設トンネルの
補修に適用できる。その際、一方の突出部および他方の
突出部に、トンネル周方向に隣接する他の覆工板本体に
同一形状に切欠形成された一方の切欠部および他方の切
欠部がそれぞれ嵌合するので、隣接し合う覆工板本体間
の密着性を確保できる。また、一方の突出部および他方
の突出部を結合する結合手段は、それぞれトンネル軸方
向に挿入され、さらにこれらのトンネル軸方向に位置す
る他の覆工板本体により係止されので、覆工板本体など
の材質が劣化して結合手段が緩んでも、その緩んだ結合
手段の脱落を防止できる。
【0102】請求項2記載の発明によれば、覆工板本体
を、補強材により補強されたコンクリート製としたの
で、覆工板本体の強度を確保できる。
【0103】請求項3記載の発明によれば、覆工板本体
を、プラスチック製としたので、覆工板本体の軽量化を
図れる。
【0104】請求項4記載の発明によれば、覆工板本体
を金属製としたので、覆工板本体の薄肉化と強度の向上
を図れる。
【0105】請求項5記載の発明によれば、突出部が覆
工板本体と一体に成形されたので、覆工板本体と共に突
出部を容易に成形できる。
【0106】請求項6記載の発明によれば、突出部が覆
工板本体と別体に成形され、覆工板本体と一体化された
ので、突出部を薄くても強度を有する材質で成形でき
る。
【0107】請求項7記載の発明によれば、トンネル軸
方向に隣接する覆工板本体どうしを、張出部と嵌合溝と
の嵌合により正確に位置決めできるとともに、張出部が
結合手段としての結合ボルトなどの頭部である場合は、
その頭部に嵌合溝を嵌合して、結合手段の緩み止めおよ
び脱落防止を図れる。
【0108】請求項8記載の発明によれば、貫通インサ
ートから覆工板本体の裏側に突出されたねじ部材によ
り、覆工板本体とトンネル覆工面との間に所定の裏込充
填材の充填間隙を確保したり、覆工板本体の表側に螺合
されたねじ部材により、鉄道トンネルまたは道路トンネ
ルにおける配線などの取付、下水トンネルにおける止水
板などの取付に利用できる。
【0109】請求項9記載の発明によれば、請求項1乃
至8のいずれか記載のトンネル覆工板をトンネル周方向
に結合したものをトンネル軸方向に伸ばして行くので、
新設トンネルの覆工および広範囲の既設トンネルの補修
に適用できる。
【0110】請求項10記載の発明によれば、ゲージ材
および下部通し材の設置時を除いて、既設トンネルの覆
工面にアンカを打つことなく、トンネル覆工板どうしを
結合手段で結合してアーチを構築するので、補修が可能
な既設トンネルの対象を拡大でき、また、請求項1乃至
8のいずれか記載のトンネル覆工板を用いて施工したか
ら、結合ボルトなどの結合手段が緩んでも、その結合手
段は隣接する他のトンネル覆工板により係止されて、脱
落するおそれがないので、結合手段の緩み確認などのメ
ンテナンスを軽減できる。
【0111】請求項11記載の発明によれば、トンネル
覆工板をトンネル周方向に無端状に結合し、始端部と終
端部の結合部分では、前記トンネル覆工板とは異形の覆
工板を組合せて結合し、このトンネル周方向のトンネル
覆工板の結合をトンネル軸方向に順次移行させるトンネ
ル覆工板の施工方法であり、この施工方法は、シールド
工法などにより掘削された新設トンネルに適用でき、ト
ンネル覆工板を円筒状などに効率良く施工できる。
【0112】請求項12記載の発明によれば、トンネル
覆工板間をトンネル周方向に位置ずれ配置するので、各
トンネル覆工板間を結合する結合手段を適度な間隔にバ
ランス良く配置できるとともに、各トンネル覆工板の突
出部に挿入された結合手段を隣接する他のトンネル覆工
板により係止できるので、結合手段の脱落を確実に防止
できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】(a)は本発明に係るトンネル覆工板の第1の
実施の形態を示す正面図、(b)はその左側面図、
(c)はその右側面図、(d)はその上面図、(e)は
その下面図、(f)はその結合手段としての結合ボルト
を示す正面図である。
【図2】図1に示されたトンネル覆工板の施工例を示す
正面図である。
【図3】(a)は本発明に係るトンネル覆工板の第2の
実施の形態を示す正面図、(b)はその左側面図、
(c)はその右側面図、(d)はその下面図である。
【図4】図3に示されたトンネル覆工板の施工例を示す
正面図である。
【図5】(a)は本発明に係るトンネル覆工板の第3の
実施の形態を示す正面図、(b)はその左側面図、
(c)はその右側面図、(d)はその上面図、(e)は
その下面図である。
【図6】(a)は本発明に係るトンネル覆工板の第4の
実施の形態を示す正面図、(b)はその左側面図、
(c)はその右側面図、(d)はその上面図、(e)は
その下面図、(f)はその結合手段としての皿ねじを示
す正面図である。
【図7】図6に示されたトンネル覆工板の施工例を示す
正面図である。
【図8】(a)は本発明に係るトンネル覆工板の第5の
実施の形態を示す正面図、(b)はその左側面図、
(c)はその右側面図、(d)はその上面図、(e)は
その下面図である。
【図9】(a)は同上トンネル覆工板の結合手段として
の結合ボルトを示す正面図、(b)はそのボルト頭部を
示す側面図、(c)はそのボルト螺合穴を示す断面図で
ある。
【図10】(a)は同上トンネル覆工板の結合手段とし
てのジョイント金具の挿入側部材を示す正面図、(b)
はその頭部を示す側面図、(c)はその挿入側部材と嵌
合する相手側の断面図である。
【図11】(a)は同上トンネル覆工板の結合手段とし
ての釘を示す正面図、(b)はその頭部を示す側面図、
(c)はその釘の定着部を示す断面図である。
【図12】(a)は同上トンネル覆工板の結合手段とし
ての皿ねじを示す正面図、(b)はその頭部を示す側面
図、(c)はその皿ねじの定着部を示す断面図である。
【図13】同上トンネル覆工板により既設トンネルの覆
工面を補修した場合の斜視図である。
【図14】同上トンネル覆工板により既設トンネルの覆
工面を補修する場合の施工例を示す正面図である。
【図15】同上トンネル覆工板により既設トンネルの覆
工面を補修する場合の施工例を示す断面図である。
【図16】同上トンネル覆工板の貫通インサートの働き
を示す断面図である。
【図17】鉄道トンネルの既設覆工面を補修する場合の
施工例を示す断面図である。
【図18】道路トンネルの既設覆工面を補修する場合の
施工例を示す断面図である。
【図19】(a)は下水トンネルの既設覆工面を補修す
る場合の施工例を示すトンネル軸方向の断面図、(b)
はそのトンネル周方向の断面図である。
【図20】方形トンネルの既設覆工面を補修する場合の
施工例を示す断面図である。
【図21】複線トンネル内の既設覆工面を補修する場合
の施工例を示す断面図である。
【図22】同上トンネル覆工板によりシールドトンネル
を覆工する場合のセグメント配列例を示す説明図であ
る。
【符号の説明】
11 トンネル覆工板 12 覆工板本体 12a 一側部 12b 他側部 13 一方の突出部 14a 結合手段としての一方の結合ボルト 14b 結合手段としての他方の結合ボルト 15 一方の切欠部 16 他方の突出部 17 他方の切欠部 20 張出部としてのボルト頭部 24 嵌合溝 25 貫通インサート 39 張出部 71 下端用第1覆工板 72 下端用第2覆工板 77 ゲージ材 78 下部通し材 91 ねじ部材 93 ねじ部材としての取付ボルト

Claims (12)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 板状であって少なくとも一側部および他
    側部がトンネル周方向に平行に形成された覆工板本体
    と、 覆工板本体の一側部の延長上で覆工板本体よりトンネル
    周方向に突出されトンネル軸方向に挿入される結合手段
    によりトンネル軸方向に隣接する他の覆工板本体と結合
    される一方の突出部と、 覆工板本体の一側部のうち一方の突出部とは反対側にて
    一方の突出部と同一形状に切欠形成されトンネル周方向
    に隣接する他の覆工板本体から突出された一方の突出部
    と嵌合する一方の切欠部と、 覆工板本体の他側部の延長上で覆工板本体より一方の突
    出部とは反対のトンネル周方向に突出されトンネル軸方
    向に挿入される結合手段によりトンネル周方向に隣接す
    る他の覆工板本体と結合される他方の突出部と、 覆工板本体の他側部のうち他方の突出部とは反対側にて
    他方の突出部と同一形状に切欠形成されトンネル周方向
    に隣接する他の覆工板本体から突出された他方の突出部
    と嵌合する他方の切欠部とを具備したことを特徴とする
    トンネル覆工板。
  2. 【請求項2】 覆工板本体は、補強材により補強された
    コンクリート製であることを特徴とする請求項1記載の
    トンネル覆工板。
  3. 【請求項3】 覆工板本体は、プラスチック製であるこ
    とを特徴とする請求項1記載のトンネル覆工板。
  4. 【請求項4】 覆工板本体は、金属製であることを特徴
    とする請求項1記載のトンネル覆工板。
  5. 【請求項5】 突出部は、覆工板本体と一体に成形され
    たことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか記載のト
    ンネル覆工板。
  6. 【請求項6】 突出部は、覆工板本体と別体に成形され
    覆工板本体と一体化されたことを特徴とする請求項1乃
    至4のいずれか記載のトンネル覆工板。
  7. 【請求項7】 覆工板本体および突出部のいずれか一方
    からトンネル軸方向に張出された張出部と、 覆工板本体に凹状に設けられトンネル軸方向に隣接する
    他の覆工板本体の張出部と嵌合する嵌合溝とを具備した
    ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか記載のトン
    ネル覆工板。
  8. 【請求項8】 覆工板本体のほぼ中央部に設けられ、ね
    じ部材を螺合可能な貫通インサートを具備したことを特
    徴とする請求項1乃至7のいずれか記載のトンネル覆工
    板。
  9. 【請求項9】 請求項1乃至8のいずれか記載のトンネ
    ル覆工板をトンネル周方向に結合し、 このトンネル周方向のトンネル覆工板の結合をトンネル
    軸方向に順次移行させることを特徴とするトンネル覆工
    板の施工方法。
  10. 【請求項10】 トンネル内面のトンネル周方向に覆工
    板設置用のゲージ材を、トンネル内面の下部のトンネル
    軸方向に下部通し材をそれぞれアンカにより設置し、 下部通し材およびゲージ材にレベル調整可能な下端用第
    1覆工板を固定設置し、 ゲージ材に沿って下端用第1覆工板上に順次配置した請
    求項1乃至8のいずれか記載のトンネル覆工板をゲージ
    材およびトンネル周方向に隣接する他のトンネル覆工板
    に結合手段により結合することでトンネル内面に沿って
    アーチ状に閉合させ、 下端用第1覆工板と隣接する下部通し材上に下端用第1
    覆工板とは高さの異なるレベル調整可能な下端用第2覆
    工板を配置して下部通し材および隣接する他のトンネル
    覆工板に固定設置し、 下端用第1覆工板およびこの下端用第1覆工板上に設置
    したトンネル覆工板に沿って下端用第2覆工板上に順次
    配置した請求項1乃至8のいずれか記載のトンネル覆工
    板をトンネル軸方向およびトンネル周方向に隣接する他
    のトンネル覆工板に結合手段により結合することでトン
    ネル内面に沿ってアーチ状に閉合させ、 下端用第1覆工板よりトンネル覆工板をアーチ状に閉合
    させる工程と、下端用第2覆工板よりトンネル覆工板を
    アーチ状に閉合させる工程とを交互に繰り返したことを
    特徴とする請求項9記載のトンネル覆工板の施工方法。
  11. 【請求項11】 請求項1乃至8のいずれか記載のトン
    ネル覆工板をトンネル周方向に無端状に結合し、 始端部と終端部の結合部分では、請求項1乃至8のいず
    れか記載のトンネル覆工板とは異形の覆工板を組合せて
    結合し、 このトンネル周方向のトンネル覆工板の結合をトンネル
    軸方向に順次移行させることを特徴とするトンネル覆工
    板の施工方法。
  12. 【請求項12】 トンネル軸方向に相互に隣接し合うト
    ンネル覆工板は、トンネル周方向に位置ずれ配置された
    ことを特徴とする請求項9乃至11のいずれか記載のト
    ンネル覆工板の施工方法。
JP2001066792A 2001-03-09 2001-03-09 トンネル覆工板およびその施工方法 Pending JP2002266594A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001066792A JP2002266594A (ja) 2001-03-09 2001-03-09 トンネル覆工板およびその施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001066792A JP2002266594A (ja) 2001-03-09 2001-03-09 トンネル覆工板およびその施工方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002266594A true JP2002266594A (ja) 2002-09-18

Family

ID=18925244

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001066792A Pending JP2002266594A (ja) 2001-03-09 2001-03-09 トンネル覆工板およびその施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002266594A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006188856A (ja) * 2005-01-05 2006-07-20 Geostr Corp 既設トンネルの補修工法および補修用台車
JP2008115667A (ja) * 2006-11-08 2008-05-22 Geostr Corp トンネルの補修工法およびトンネル補修用覆工板
JP2009197529A (ja) * 2008-02-25 2009-09-03 Jfe Metal Products & Engineering Inc セグメント
JP2015067946A (ja) * 2013-09-26 2015-04-13 清水建設株式会社 トンネルの補強方法、鋼製セグメントピース扛上装置および鋼製セグメントピース

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006188856A (ja) * 2005-01-05 2006-07-20 Geostr Corp 既設トンネルの補修工法および補修用台車
JP4549191B2 (ja) * 2005-01-05 2010-09-22 ジオスター株式会社 既設トンネルの補修工法
JP2008115667A (ja) * 2006-11-08 2008-05-22 Geostr Corp トンネルの補修工法およびトンネル補修用覆工板
JP2009197529A (ja) * 2008-02-25 2009-09-03 Jfe Metal Products & Engineering Inc セグメント
JP2015067946A (ja) * 2013-09-26 2015-04-13 清水建設株式会社 トンネルの補強方法、鋼製セグメントピース扛上装置および鋼製セグメントピース

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI491800B (zh) 風力發電設施及風力發電設施塔段
JP2003314197A (ja) 管渠の補修方法、及び管渠内補修部構造
KR100766661B1 (ko) 콘크리트 충전 강관 거더
JP4033335B2 (ja) 既設管路の補修部材および補修構造
JP2004183273A (ja) トンネル構造物
JP2002266594A (ja) トンネル覆工板およびその施工方法
WO2007123329A1 (en) Mold for manufacturing u-type side gutter and its manufacturing method using the mold
RU2360078C2 (ru) Составной анкерный болт (варианты) и способ монтажа анкерного болта
JP2004162345A (ja) 既製杭と基礎の接合方法及び接合構造
KR101809032B1 (ko) 프리캐스트 원호 세그먼트와, 이를 결합하는 연결 구조 및 그 연결 방법
JP4179619B2 (ja) 地下埋設管の更生管及び更生方法
KR101216391B1 (ko) 프리스트레스 강선을 이용한 실드터널 세그먼트 구조 및 이를 이용한 실드터널 세그먼트 라이닝 체결방법
KR200292891Y1 (ko) 보강철근용 라이너스크류
JP2012001981A (ja) Sc杭,前記sc杭用の杭頭補強筋,及び前記sc杭に対する前記杭頭補強筋の取付方法
JP3787576B2 (ja) コッター式継手装置
JP2004204554A (ja) トンネル内面の補修構造
CN212563276U (zh) 一种隧道二次衬砌中埋式止水带固定装置
JP3800465B2 (ja) セグメントおよびこれを用いたシールド工法
JPH09264029A (ja) 構築用基礎及びこれを用いた基礎構造並びにこれらの施工方法
JPH11190135A (ja) コンクリート躯体壁面の改修ライニング工法及び改修ライニング構造
KR20190043293A (ko) 프리 캐스트 콘크리트 구조물 이음 공법
JP2004150258A (ja) トンネル補修覆工板およびトンネル補修覆工板の施工方法
JP4059751B2 (ja) トンネル覆工内面保護・補強用のセグメント及びトンネル覆工内面保護・補強構造
JP3799154B2 (ja) 型枠材の連結構造
JP2001227297A (ja) トンネル覆工の剥落防護構造物